青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「まつ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

また~ または~ ~まだ まだ~ まだまだ~ まっ~ まっすぐ~ ~まったく まったく~ ~まつ
まつ~
まつたく~ まとも~ まね~ ~まひ まひ~ ~まま まま~ まもなく~ まり~ ~まるで

「まつ~」 9184, 99ppm, 1108位

▼ まつ~ (3438, 37.4%)

327 ゐる 136 ゐるの 99 ゐた 33 ゐると 31 居る 30 ゐて 22 ゐるから 20 しまつ, ゐるが, ゐるやう 19 居るの 18 ゐるので 17 ゐたの, ゐました 16 來る 15 來た 14 来た 13 ゐます, ゐるぢ, ゐるん 12 いる, しまひました 11 いた, ゐたが, ゐること, 来る 10 ゐるのに 9 ゐたので, 居た, 来たの 8 くる, それから, ゐるもの, 何も, 来て, 来ると, 私は, 置いて 6 ある, ゐるし, ゐるよ, ゐるわ, 以来の, 何の, 居ります

5 [11件] いること, ゐるといふ, 下さい, 今では, 坐つて, 居りますが, 居るから, 居るぢ, 居ると, 居るやう, 誰も

4 [25件] あるの, い, いて, いるから, いるの, くるの, それを, ゆく, ゐない, ゐないの, ゐますよ, ゐるとは, ゐる所, ゐれば, 了ひ, 何か, 家持の, 居ること, 居るもの, 替りに, 来るの, 自分の, 行くの, 誇張した, 鳴きました

3 [47件] いたの, いると, いるので, いるよう, おいて, きた, きて, これを, しまふ, そこに, その上, それで, とう, どうしてよい, ゐたこと, ゐたもの, ゐなければ, ゐるかも, ゐるこの, ゐるさ, ゐるでは, ゐるに, ゐるらしい, ゐる事, ゐる彼, ゐる私, 何を, 例の, 呉れ, 居たの, 居ないの, 居ます, 居るが, 居るので, 居るよ, 居る地方, 彼は, 後の, 急に, 果ては空, 私を, 稍とも, 置いた, 置くの, 自分で, 貰ひ, 跡は

2 [141件] あとは, あなたの, あるやう, あるん, いたわけ, いつでも, います, いまは, いるが, おいたの, おいで, おかうと, おります, お辞儀を, かれ等, きたの, くると, くるので, こちらへ, この上, これは, しづかに, しまつて, しまひ, しまふと, しまふやう, しまへば, その以前, その場, その後に, その日, それでも吉ちや, た, だいぶ上機嫌, ぢつと, なんの, ますから, ますよ, まるで狂人, もつと, もとの, ものに, ものの, やつて, ゆくこと, ゆくの, ろ, ゐた姿, ゐても, ゐますから, ゐますからね, ゐますがね, ゐますさ, ゐますので, ゐようとは, ゐるか, ゐるけれども, ゐるその, ゐるそれ, ゐるだけ, ゐるだけの, ゐるところ, ゐるとしか, ゐるのみ, ゐるはず, ゐるばかり, ゐるらしかつ, ゐるらしくその, ゐるわけ, ゐる人間, ゐる今日, ゐる外, ゐる時, ゐる村, ゐる様子, ゐる自分, ゐる間, 一人の, 主人の, 了つた, 人の, 人間の, 今は, 今まで, 仕方が, 他の, 以來の, 何んの, 出懸けかねた, 動かない, 子供の, 家の, 居つたの, 居て, 居ますよ, 居らぬ, 居りました, 居りますから, 居るに, 居る事, 居る河, 居る道理, 山かせぎする, 彼と, 思はずフラフラ, 感服する, 机の, 来たので, 来たやう, 来たん, 次の, 氣の, 汽車に, 泣き以後, 泣くにも, 涙が, 清新な, 煙草の, 珈琲皿の, 眼が, 私に, 私も, 空を, 置かなければ, 置く庫, 置け, 老人の, 老人は, 聞いて, 肝心の, 胴揚に, 行くばかり, 行つた, 言ふ, 遠くの, 部屋を, 静に, 頭を, 馴染の, 鳴くスイッチ, 鼻の

1 [1756件 抜粋] ああいふ, あたりには, あちらこちら歩き, あの子, あの踊り舞臺, あるかも, あるさ, あると, ある五連發, ある新しい, ある白, ある蟇口, あんたに, いいので, いくつかの, いたかい, いたわ, いつかな動かうとも, いつの間にかもう竈, いは, いません, いま俄に, いよいよいけない, いるか, いるとでも, いる人たち, いる如何なる, いれば, うぐいす谷の, うつろな, おいしいもの, おいた正, おかげで, おくだけ, おけない性, おのが, おクヤミ, お召し, お御輿, お気を, お米, お葬, お金も, かう答, きかれたほど, きちんと坐つた, きよとき, くつつ, くる思ひで, くる胸, くれた人々, くれ俺, ぐん, こちらを, この二, この通り, これが, こんなこと, さうし, さて心, しだいに顔全体, しまう事, しまひこの, しまふかの, しまふ時機, すぐに, ずゐぶん一緒, そこそこに, そして新, そして見る, そのか, そのなか, その中, その大内裏, その席, その後へ, その明くる日, その片方, その話, それからぢい, それぎりなんだが今日は, それではどんな, それに, それ以上の, ただ, ただ時勢, ちやうだいよ, ちろちろと, てらてらと, とても言ひ現し切れません, ともあれ君, どうかした, どうする, どうやら僕, どこの, どんな用事, ないてる, ながめるの, なるほどこれ, ねちねちと, はじめて可能, はやまつ, ぱらり, ひどく気持ち, ひろびろと, ほつと, ほろりと, まことに嘆か, ますだ, まだ殘暑, まな, まるで黙りこん, みて, むきに, もう一遍私, もう宿六, もし誰, もはや全然特別, もらひ小夜菊, やがてそこ, やつぱり村の, ゆかなくちや, ゆくかと, ゆくところ, ゆく感情, ようございました, りや何とも, わけも, わるい夜, ゐざりでも, ゐたし, ゐたと, ゐたら吾, ゐた七面鳥, ゐた昔, ゐた犬, ゐた窓, ゐた間, ゐた鴉, ゐてから, ゐないと, ゐない閑散, ゐねば, ゐましたが, ゐやがると, ゐら, ゐられない場合, ゐられる事自体, ゐるかと, ゐるかは, ゐるけれど, ゐるしや, ゐるため, ゐるだらうと, ゐるとしても, ゐるなんて, ゐるはじまつて, ゐるらしくほんとに, ゐるストオヴ, ゐるン, ゐる人, ゐる來い, ゐる午後三時, ゐる問題, ゐる學生, ゐる家具類, ゐる小説, ゐる恰好, ゐる挙手, ゐる時々, ゐる有, ゐる様, ゐる河, ゐる濱野, ゐる犬, ゐる男性, ゐる筈, ゐる絵, ゐる美しい, ゐる花, ゐる蝶々, ゐる路, ゐる限り, ゐる鳥, ア, イワンから, カーテンだけに, コツプを, シヤツと, ハルちやんが, フラフラと, ホツと, マリア・シユネエの, ユウジェニイと, ロツプを, 一つ北海道中を, 一册と, 一寸うれしく, 一度も, 一生その, 一礼し, 一言でも, 一體どうして, 上申せられた, 下さいな, 下女の, 下着一枚にな, 世界の, 丘の, 丸で, 久しぶりに, 乾いて, 了ふ, 二ヶ月程, 二人や, 二本めに, 互に肉, 五百兩の, 仇敵を, 今とな, 今や洗, 今後どう, 今朝明るく, 今迄, 仕舞へば, 以來で, 以後に, 以来ちやうど, 以来第, 仰せられますには, 何うし, 何かを, 何となくに, 何とも云, 何ものかに, 何処か, 何時の間にか六年, 作男の, 俵を, 俺は, 偶と, 僕の, 先生は, 全くお, 全く音, 六本めの, 其の強弱, 其所に, 其行方さへ, 円錐形に, 凝つと, 出る口癖, 切りだしたこと, 初版本, 前方が, 勉強しよう, 動きが, 十八九の, 午後にな, 印度支那産物誌や, 厭世観に, 又唄, 反対に, 受ける感銘, 口論と, 可笑しい事, 同じ海, 向島も, 呆ん, 呑気な, 呼吸を, 哄笑する, 啼いて, 嘉吉の, 四人は, 土藏の, 地面の, 埒も, 堪るもの, 夕刊を, 多分四月, 夜に, 夜更けまで, 大きな燒趾, 大した結構, 大変な, 大急ぎで, 大根さんと, 天井を, 夫れで, 奈良朝時代からは, 女性の, 妙な, 妾の, 始めて, 娘は, 孫に, 宜いんです, 客を, 家中が, 寢る, 将門の, 小楊枝で, 小肥りに, 少時小首を, 居さうな, 居たこと, 居たなら中根氏, 居た繩付, 居つたもの, 居なかつた様, 居ますが, 居ようといふ, 居られた, 居りますけれども, 居り又, 居るだらう炭, 居るところ, 居る之, 居る形, 居れと, 山の, 島田三郎氏の, 巻き込まれずに, 帰りさ, 平次と, 床へ, 座を, 形だけが, 彼の, 彼女は, 彼等は, 後で, 後へ, 心からの, 思はず涙ぐむ襟許, 急の, 悠然とどこ, 惜い, 慌てて, 懸命に, 戯曲を, 手早く仕度, 拝聴し, 振り向くだに, 散々ねぎつて, 文吾の, 新しいもの, 新聞に, 既に波頭, 日数が, 日頃の, 明日の, 是非とも, 暗い七月, 暫く見とれ, 曉方までには, 最初言おう, 月の, 朝晩の, 未だ月, 本当に物憂い, 李花は, 来さうで, 来たと, 来た山々, 来た為, 来よう, 来るまで, 来る客間, 来る筈, 来月三日の, 東京朝日新聞へ, 松年氏は, 枕もとの, 果は, 梨子を, 森の, 極めて平凡, 次には, 此を, 歩き度い, 死なうと, 死んで, 殆ん, 殺して, 毎日の, 民子の, 水と, 水洩れ, 泥も, 洋服屋に, 浮んで, 涙に, 済まない, 港を, 湯田へ, 漏らさぬやう, 濶然と, 無區別, 焼香諷経母よ, 牛飯や, 狩猟にも, 珍しい瓦, 現金が, 甚だ心細い, 生物の, 田地を, 男にも, 畢ふ, 當人を, 疲れた翼, 發想もしくは, 百兩を, 皇國の, 直ぐ原, 真つ, 眠りを, 着て, 石の, 硝子箱の, 私だけ, 私らに, 空と, 立つて, 筑波の, 策謀し, 純日本的, 終ひまで, 縁女は, 置いたこと, 置くとの, 美奈子と, 老母の, 耆婆扁鵲が, 聞こえは, 肉を, 腹を, 自ら風羅坊と, 至極ぼんやりと, 良かつ, 芒を, 若旦那を, 茶の間の, 菓子も, 蒔は, 藤枝に, 蟲の, 行きさ, 行く, 行くやう, 行く異常, 行けとも, 行つて淋し, 街の, 表向き通路の, 裕佐は, 見えたが, 見えるもの, 見つからないの, 見ると, 言葉から, 話さへ, 語り傳えられたもの, 豚の, 貰つ, 起きあがられない事, 足腰も, 踏みさうに爲, 身内の, 軽薄の, 近所の, 遂に又, 遊んで, 運動場の, 遣つたの, 酒がまはる, 酒盃を, 釣の, 鈴木君の, 錢形平次も, 長々と, 門外に, 間の, 間一髪の, 階段の, 雜談に, 雨で, 霧散さし, 面目次第も, 頭へ, 顔色を, 飯田町名物の, 餘り, 馬鹿丁寧に, 騷擾など, 高架線や, 鮫ヶ橋の, 鴨川の, 麥畑や

▼ まつ~ (3259, 35.5%)

310 のです 273 のだ 72 やうに 70 やうな 56 んです 5339 のであつ 35 のか 30 ことが 28 の, のだらう 25 ことを 2423 方が 22 といふこと 21 のだつた, のであらう 20 ものだ 1918 ぢや 16 と云, のである 15 ことは, 樣子です 13 からである, のでせう 12 ことに, もので, ものと 11 と思ふ, 金を 10 ことだらう, ことも, ぞ, といふの, な, 事を 9 がその, ことで 8 か, し, のかと, ような, わけで, 時に, 時の 7 といふ, といふ話, ときには, ところに, のは, ものを, やうだ, やうである 6 から, が私, こと, のを, やうです, ように, ンだ, 私は

5 [18件] かも知れない, がそれ, ぜ, といふ事, と言, のでその, のね, もの, ものか, ものが, やうで, んで, 彼の, 後で, 後は, 程に, 調子で, 金は

4 [21件] あとの, とかで, ときに, ところが, ね, のが, のだろう, ので, のでそれ, ので今, ので私, ものである, 一室に, 口調で, 女の, 家々の, 月輪の, 樣な, 樣子で, 私の, 自分を

3 [38件] あとで, かもしれない, がこの, がさ, がすぐ, がそれでも, くさういふ, けれども私, ことである, さ, といふやう, ときの, とさ, とみえ, と云つて, と言つて, のであ, のでわたし, ので何, ものだつた, ものな, ものは, わい, わけだ, わけである, わけです, 一つの, 上に, 上は, 事が, 事は, 今とな, 樣子だ, 気が, 氣が, 私には, 金が, 頃に

2 [112件] あたりに, あとでは, かしら, かその, からその, からな, から發光, か見えなく, があの, がきもの, がしかし, がね, がまだ, がもう, が今, が以来余, が元, が兎, が家康, が彼, が最後, が要するに, けど, けれど, ことだ, ことだつた, ことなど, ことやら, ために, といふもの, といふわけ, といふ風, とかいふこと, とか云, とき私は, ところで, ところな, ところを, としたら, と思つたの, と思はれる, と見える, のでお, のでこれ, のでこんど, のでそれから, のでたどるべき, のでなんにも, のでまた, のでもう, ので彼女, ので或, のに違, ほど, ほどで, までで, ものでございませう, ものでなく, ものに, ものの, ものも, もんです, やうでした, わけであります, わけな, 一日の, 事である, 人達の, 人間の, 以上は, 処が, 勝平は, 印象をば, 場合には, 大きな円か, 大きな圓, 少年も, 山と, 川瀬の, 平次は, 後では, 後の, 心の, 戦争を, 所で, 時で, 時には, 時間に, 様子である, 海の, 父親の, 物を, 現在では, 男が, 男の, 癖に, 石ツころ又, 程な, 筈だ, 者の, 耳木兎の, 自分が, 處を, 言葉の, 言葉を, 部屋の, 部屋へ, 金でも, 頃, 頃から, 頃は, 飯の

1 [1176件 抜粋] あとらしく, あの五十年配, ある日, うしろめたさ, お前を, お鈴, かしらん, かたちね, かね, かも知れぬ, からあたし, からいや, からさ, からだ, からで, からです, からと説く, からなあ, からには早速, からをさ, からパン, から今, から何, から凡太, から助, から明日, から行乞, から足利末, から逃げ出す, から養命保身, か何, か大正浅草風俗文化史, があらゆる, がいま秋, がおり, がこツそり, がさる, がそれと, がそれ以來, がちらりと, がとにかく, がひと月, がふしぎ, がまだ何彼と, がまるで, がやがて, がわたくし, がモデル, が一方, が不, が二人, が人, が今に, が以上, が何と, が作者, が停車場, が僅, が僕たち, が別, が十二月二十日東京會館, が同時に, が四つ, が夜中, が奇妙, が妙, が娘, が實, が少年, が年, が後, が心覺, が或は, が政府, が明るい, が春, が李蹊, が次, が次兵衛, が此処, が決して, が片割れ, が獨櫻木大佐, が眠られない, が立花家橘, が羽二重, が翌, が表向き隠居, が観念, が話, が通俗小説, が馬鹿, が麻布區新龍土町, くさうした間, くせに, けれどうちぢ, けれどもいわゆる, けれどもきん, けれどもバルザック, けれども次兵衛, けれども能役者, けれどよく, けれど此頃, けれど落ちついた, ことだけは, ことです, ことと, ことなどを, ことみたいで, ことをば, この処置, この家, ころから, ころを, しそれに, しもう, し他, し別, し日本人, し氣, し私, し面白く, ぜその, そうです, そのま, その書きかけな, その瞬間, ぞうつ, ぞと彼, ぞ残念, ぞ馬鹿野郎, だけで, だけでも忽ち, で, といふあり, といふぢ, といふより, といふ其荷鞍, といふ始末, といふ岡本, といふ心持, といふ憾み, といふ気の毒, といふ状態, といふ落度, といふ訳, といふ話ぢ, とお前, とか激しい, ときさ, とき同情深き, とき抵抗の, とき然し, ところが其日, ところその, ところなども, ところの, ところ先生が, としてもそれ, としても周三, としても艦長, とすり, とでも仰, となる, とは思はれない, とは言えない, とわかる, と位, と安心, と後で, と思つて, と感づく, と橋, と白状, と私, と考へる, と見え, と見へる, と言う, と騷, なと思ひ, なり雀, ねおお, のかも, のちの, のでありました, のでがた, のでこまか, のでこれから, のでそれ以來, のでどうしても, のでどんな, のでみんな, のでもちろん, のでやう, のでビックリ, ので一, ので一層, ので三人, ので予定, ので二階, ので今後, ので仕度, ので保守家, ので先づ先づそれらの野望, ので其中, ので出すだ, ので到頭, ので北朗カラツけつ也, ので危機, ので吾等, ので四方, ので大して, ので女, ので姫, ので少し, ので庵, ので径, ので思ひ, ので悪魔, ので断念, ので栄蔵, ので止む, ので泉水, ので滝本, ので無闇, ので直吉, ので神田, ので紫玉, ので自分の, ので良寛さん, ので藁, ので見, ので豫期, ので辛くも, ので門衛君, のなら, のにおれ, のにも, のに僕, のに氣, のよ, は重々, ばかりだ, ばかりのところ, ばかりの鬪爭, ほうが, ほどに形, ほど不幸, までだ, までのこと, まま恨めし, ものでした, ものでない, ものなら, ものの如く, ものばかり, もんだ, やうお, やうでし, ようすを, ようで, よと富岡, よ多分, よ滝尾, われわれの, んで手, サロン風の, ハダカ女優が, フランシスカン一行は, マッチ箱を, ンで, 一と, 一件や, 一室が, 一室石津右門相變らず, 一條を, 一隅に, 上着を, 不思議な, 中で, 中二階に, 主君の, 事そして, 事だけ, 事で御座いました, 事なら, 事にも, 事實に, 些末主義だ, 人々によ, 人の, 人間で, 人間に, 今この, 今は, 今日でも, 仏門の, 以上その, 以上どうにも, 以上風聞が, 例は, 信一郎は, 催しでは, 僅かばかりの, 儘たつた, 儘誰彼の, 元の, 光景を, 凄い年増, 処に, 初秋の, 創作に, 勘又, 午後保吉は, 印である, 原稿紙の, 口元から, 口絵式写真よりも, 古い場所, 古い黄金, 右側通行を, 合槌を, 向ふ, 呼吸が, 唇の, 問ひ, 国家としての, 均整の, 場所だ, 場面を, 声が, 夢を, 大トルストイ, 大広間中に, 大通の, 大金を, 女中は, 女隱居は, 姉達には, 字も, 學生を, 安心感で, 室内の, 容色, 寂寥を, 小さな花, 小さな鐘, 小娘み, 少年ジジの, 山本さんの, 席順に, 平屋の, 平次の, 幻滅を, 座敷の, 建物の, 張板を, 当ての, 形だ, 形を, 彼だつた, 後しみじみ, 後までも, 心に, 忘れな草の, 急な, 怪鳥の, 悲しみが, 悴に, 愉快, 意見を, 感じな, 慈は, 或る, 戦争の, 所まで, 手術室の, 手飼の, 抱巻が, 教養人或, 敵の, 文句に, 新宿は, 新聞記者の, 方法を, 日ざし, 旧弊古風の, 星を, 時お, 時とは, 時にな, 時ふと, 時や, 時主人は, 時代と, 時代は, 時分に, 時即ち, 時幾は, 時次第に, 時細君は, 晩だつた, 晩彼は, 最初からの, 月夜, 朝の, 本音では, 松林の, 様な, 様子で, 樣子, 樽野を, 機関車の, 次第でございます, 正午頃にな, 歴史としては, 気で, 水を, 江戸前の, 深夜の, 湯の, 瀬戸内海だ, 為に, 熱病とは, 父, 状態を, 現金は, 生活は, 田原の, 由である, 男は, 町内に, 番の, 真理で, 知識も, 研屋五兵衞に, 福田徳三博士が, 秀吉は, 秋の, 程だ, 空氣を, 筈である, 筍, 答を, 経験を, 給料は, 維新後の, 缺點は, 美しく悲しげ, 美觀は, 考へが, 聲が, 職業も, 自分たちの, 自分に, 艶子さんは, 芥川は, 若い女, 草叢が, 落葉, 著述として, 薄暗い一室, 薄闇の, 藝術慾と, 虫, 蟋蟀は, 街道を, 見方に, 觀念が, 言ひ, 詩である, 話が, 誰彼あまり, 責任は, 資料が, 跡で, 路地に, 身体である, 遺族を, 部屋には, 野原へ, 錢を, 長閑な, 雛を, 青年に, 靴この, 頃この, 頃と, 頃ブランは, 頃下つ, 頃家の, 頃幸子は, 頃朝湯の, 頃而し, 頭の, 顛末を, 飼主の, 魂はい, 黒い背広

▼ まつすぐ~ (252, 2.7%)

10 に立つ 5 に歩い 4 に進ん 3 な道, にし, に行く

2 [13件] な, にお, にわたし, に家, に昇つてゆき, に浮いた, に白状, に空, に立て, に走, を向い, 東京へ, 西に

1 [198件] いけば, おでん屋を, お帰り, ここへ, ずつと一列, その方, だい, です, でまつ白, なるを, な人間ぢ, な善良さ, な字, な影, な旗, な歩き方, な竹, な線, な舗道, な茎, な赤松, な逢, な運河, な雨, に, にいよ, にうち, にうつります, にかけた, にき, にきもの, にくる, にすきつ, にすすん, にする, にそそい, にその, にそのまま, にたち, につきぬける, につづき, にとは言わない, にどんどん, にならびました, にのび, にやつ, にわが家, にインド, にクリミヤ, にシヤボン玉, にパツューク, に一本足, に一本路, に三厩, に下り, に下りる, に中畑さん, に乗り込ん, に二ツ, に仏壇, に伸び, に來, に充滿, に別れよう, に勝手, に北, に北進, に十四五町, に南, に去つ, に参内, に口, に向う, に問屋, に四, に四方, に地球, に地面, に坂, に垂らした, に墓場, に天, に女帝陛下, に小泊, に帰つた, に幟町, に平生, に庫裡, に延し, に彼, に恭しく, に戻つ, に戻れ, に房一, に持ち上げ, に挙げ, に春, に来た, に東京, に歩いた, に歩く, に江戸, に流れ, に海, に煙, に申し述べまする, に眼, に福岡, に秋川家, に立ち, に立ちあがりました, に立ちのぼり, に立ちました, に立つた, に竜飛, に舞, に草, に落し, に蟹田, に行かう, に行きます, に行くなら, に西郷, に見え, に見えます, に見つめ, に見つめた, に見当, に見通し, に話, に走つ, に走りだした, に走れ, に起て, に路, に近づいた, に通じ, に通じる, に進み, に進みます, に道草, に部屋, に銀河, に雄二, に離れ家, に飛ん, に飛上り, に首, に馬耳, に馳せ, に麦, に黒く, の一本街, を見つめた, ヤレコノドツコイシヨ, 上野へ, 下に, 二階へ, 伸ばして, 傲岸な, 僕にも, 元柳町一帯, 前にな, 前の, 南へ, 向いてる先, 向うの, 喧嘩の, 大きなもの, 大田へ, 天へ, 富士山の, 帰つておやすみなさい, 帰る筈, 廊下が, 扉の, 据ゑつけられ, 放つて, 本館の, 東南へ, 歩きさ, 歩くの, 滑り墜ちて, 目を, 突つ切れなかつた, 突当るところ, 自分の, 荻窪へは, 行つて丁度, 見通せる玄關横, 貫いて, 走るだらだら, 這入つて, 通つて見る, 運動会を, 長野へ, 額から, 駅の

▼ まつたん~ (148, 1.6%)

4217 だよ 12 だから 8 だが 7 だつて 6 でせう 4 だぜ, だと, だな 3 だね, だもの, だらう, でございます, でね 2 だか

1 [27件] だお, だからな, だからなあ, だからね, だけど, だけれど, ださうです, だそして, だぞ, だつてさ, だふん, だらうが, だらうね, だらうツ, だらう夏, だわ, だ地震以来, だ温泉, だ相, だ着物一枚, だ阿母さん, である, でございますから, でございますよ, でございませう, でしよう, でないか

▼ まつ~ (86, 0.9%)

11 になつて 6 になつ 4 な顔, にし 3 な林檎, な顏 2 なうつくしい, な舌, になつて眼, にはれました, に上気, に燃え, に酔

1 [41件] だ, だよ, だらうし, で, でくちばし, なあかり, なお顔, なくだ, なのよ, なり, なエボレツト, な一本, な一直線, な光りは, な入日, な唇, な太陽, な奴, な支那服, な朝, な火, な眼, な羅紗, な色, な血, な贋, な酒, な雲, にした, になつたの, になつて石臼, になり, に光りだす, に光る, に切られ, に変り, に日光, に染められ, に澱ん, に血, に見えました

▼ まつ~ (82, 0.9%)

12 かさま 3 へそれ, へ日, をな 2 おにな, へ, へその, へ人間, へ彼等, へ私自身, を

1 [47件] おで, へあなた, へこ, へこつ, へもぎりとらるゝ, へを言ひたい許, へキヤベツ, へフーリエあら, へレウマチス, へ争論, へ人生, へ作家自体, へ入手困難, へ喉頭癩, へ売, へ夾竹桃, へ帝室馬車, へ幻滅, へ彼, へ御, へ戊午年以来種々姦吏, へ支店長, へ日本, へ柵, へ様々, へ江戸, へ粒太, へ老い, へ脇立, へ船, へ良心, へ貨幣鋳造, へ貴君, へ赤き, へ足利義満, へ長い, へ領地, へ饑, をだつた, をで, をになつて, をにま, をに延びました, をに群れ, をに陽, をの血, 出し物は

▼ まつたく~ (82, 0.9%)

6 の話 4 のところ 3 世の中は 2 の一文, の深切, の素裸, 明けは

1 [61件] うるさい世の中, おんなじだ, そうな, と云, と言, の, のひとり, の偶然, の唖, の嘘, の夜, の山, の有閑人, の無, の無表情, の燻し出しだ, の犠牲者, の田舎者, の発作, の空家, の袋, の非常時局, ひどいかぜ, ひどい貧乏, わけは, エンジンの, ネクタイ一本でも, ヤマが, 丸裸で, 人間の, 僕の, 切ない奴, 別人の, 危うございます, 反対な, 同じもの, 地主に, 天下一と, 好い気, 好い気味, 寒い町, 屋根うら, 暗い家, 暗い気持, 本局勤めなんて, 本物の, 無一文である, 申わけございません, 癖に, 秋雨だ, 箱を, 自分では, 若葉の, 身體または, 酒は, 長すぎる, 院長の, 雜誌の, 面白い対照, 風に, 黄色い嘴

▼ まつ~ (80, 0.9%)

3 だ, のほそながい 2 だつた, なは, な物, にこほり

1 [66件] だし, で, である, です, な, なあの, ないき, なうすい, なお皿, なしぶき, なすあし, なせなか, なの, なはだに, なガアゼ, な光, な壁, な家, な寺, な尾, な山百合, な岩, な建物, な指, な月光, な木, な桜, な歯, な火, な爺さん, な猫, な石, な紙, な羽, な臘, な花びら, な菊, な蛋白石, な裳, な雌鷄, な雪, な雲, な頁, な飴, な馬, な髮, な鷺, な鸚鵡, な齒, に, にう, にした, になつて, になり, に光つて, に光つて波, に光り, に照つて, に爆発, に白粉, に積つて, に降りつもりました, に雪, のま, の寢臺, の蝶下

▼ まつ~ (78, 0.8%)

4 に立つ 2 な大きな, な猫, な蛇, な髪, な鬼, になつ

1 [62件] けの崖下, だ, だから, だつた, であつ, でおどおど, でさ, でした, です, で鼻, なお草紙, なの, なもの, なラマ塔, な上着, な南, な大黒様, な婆さん, な工場服, な巨, な年寄夫婦, な憂鬱, な松, な森, な榧の木, な無患子, な煉薬, な盗森, な盤, な眼, な瞳, な砲艦, な紙, な袍, な貨車, な野原, な鍋, な頁, にかた, にくすぶつ, にし, にしたい, にすかし出され, になつた機關兵, になつて, にならんだ, にふくれ, にまつ, に埋まつた, に変, に汚れた, に濡れた, に眼界, に立つてる, に草, のぬたぬた坊主, の口, の線, の腐植土, の記憶, の集團, の鸚鵡

▼ まつたり~ (60, 0.7%)

8 して 7 する 4 した 2 すると, するの

1 [37件] あるひ, いでいでと, いろ, いろいろに, お客が, したもの, した後, してたらせつ, しなければ, すること, するやう, するよう, する勇氣, せずに, とかくぞんざい, と飛び退き, なかなかむづかしうございますわ, なすつて, もり上, 何か, 先鼻緒を, 動き出したり, 孤踏夫人に, 完全無缺な, 思はぬ來訪者, 惡い, 或る, 手にと, 散つたり, 時には, 沼岸の, 私の, 結局威厳を, 詰らない生活, 變つてし, 遊戯にな, 配給の

▼ まつたか~ (56, 0.6%)

18 のやう 4 と思はれる, の如く 3 と思ふ, と聞かれ 2 と云, の樣, も知れません

1 [18件] といふ程度, といふ風, とかいくら, とさ, と今日, と六尺, と思つて, と思はれ, と思ひました, と想, と言, なんぞのやう, ね, は正確, は知らない, へ, も知れませぬ, 分らない状態

▼ まつ~ (53, 0.6%)

36 ぐらに 2 ている

1 [15件] ぐら, ぐらにお城へ, ぐらにかけて来ます, ぐらに凧を, ぐらに島の, ぐらに村の, ぐらに相衝突し, ぐらに街を, ぐらゆけ, ぐらペーサンドロス襲ひ討つ, ぐら其長槍を, ぐら暮の, て食べた, やれい, やろ

▼ まつ~ (53, 0.6%)

2 ために, である, 林に, 殺気が

1 [45件] いいひと, かげうつりたり, がこの, きがある, ことにつき, ことを, このま, ためだ, ところまで, の去, はいい, ほかには, ももどかしく, わるくなった, ケット, 下で, 不安が, 不安を, 内は, 列, 列が, 前でも, 外せむすべな, 外せんすべ, 外には, 夫と, 小さな芽, 幹にあたり, 悪い二本, 方が, 木の, 林, 林は, 枝, 瓦斯体と, 留守, 耳もとで, 芽は, 落ち葉が, 葉ご, 薄墨を, 講演に, 赤き光さ, 針葉樹林を, 雌を

▼ まつ~ (49, 0.5%)

3 つてゐる 2 つて居る, 呼ばれたのに, 始めて

1 [40件] いかにも家庭的, お粂, こうである, さびしかりけり, し, して, じいっと千穂子, つてじやれ, つてふたつの, つてゐた, つてゐない, つて懷かしい思ひ, つて離れなかつた, どうなるだろう, ふたたびわかやい, まあざッ, ものうそう, よしなに頼む, り限り, れる苦, 一いち老人に, 一度書いた, 不恰好な, 世間に, 中風症で, 全く人間的, 善良で, 家が, 山に, 愁いと, 憂いもの, 期待の, 歯が, 潮風に, 甚だ愉快, 緑の, 薄目を, 警察署の, 起きてるの, 食事を

▼ まつさき~ (46, 0.5%)

2 に君, に月見

1 [42件] に, におち, にこれら, にとりあげられる, にぱつと雪, にアカイア勢, にイドメニュース, にバケツ, にメノイチオス, に分つた, に取り出さなけれ, に口, に合戦, に咲く, に喜ん, に喜んだ, に嫉妬, に思, に思わん, に意識, に感動, に戸町, に打ち, に拾, に数種, に敵勢, に盟, に神戸, に老爺, に考へる, に興奮, に落第, に蟹, に見えた, に見届けよう, に貝金陣太鼓, に身体全体ぼんやり, に酔つたあげく, に静岡, に馳, の大きな, の荷

▼ まつ~ (44, 0.5%)

9 して 3 林町に 2 つけて

1 [30件] いつまでも, きいた, くわしくお告げ, くわしく聞きとった, この少年, したので, してやらねば, しみじみと, し終りながら, つげいよいよ, とめの, もって, ると, イバンスに, 一家臣から, 中に, 伴ふ, 午後から, 原義の, 報告する, 始めて, 復習し, 治明博士に, 物語ろう, 考えて, 聞かして, 自供する, 話して, 詳しく語った, 語って

▼ まつ~ (44, 0.5%)

2 だつた, な夜空, な晩, な狹

1 [36件] だし, だつた台所, で, であつ, であり片手, でした, でしたが, でしんとして, でとうに, で分りません, で線路, で耳, なおし, なぬるぬる, なので姿, なので顏, なのに, なまるで, な中, な中庭, な別, な園, な地べた, な墓地, な墓場, な夜半, な小, な息, な悪魔蒼鉛, な森, な畑, な自然, な足もと, な路上, の中, らだ

▼ まつ~ (43, 0.5%)

3 つかない 2 それを, 十四歳に

1 [36件] いい, お嫁, ごときである, つかん, つらなり生えたり, できたらさっき, できない, ふいと, みずから痛みを, やっとの, わるい, わるいです, わるいの, 三時に, 云つた, 写真か, 多く臺灣, 姉に, 寐入つた, 寝たっきり, 寝入ったので, 悪い, 悪いや, 悪くなった, 惡いや, 散文物語特有の, 来吻, 生えて, 生え南部, 眼を, 自分に, 言った, 詳しく書い, 起きたよう, 雑巾を, 食事の

▼ まつくら~ (41, 0.4%)

63 になつ 2 で, なん, になりました, の地面

1 [24件] だつた, でござんす, でしいんと, でしかも, でした, で思ひ悩ん, で救, で空, なので, な地平線, な孔, な島, な所, な晩, な森林, な氣持, な畑, な簡易食堂, な茶の間, な雲, にし, になつて, になり, になる

▼ まつしろ~ (41, 0.4%)

3 な脚 2 な肉体, な腕, な花, な顔, の高い

1 [28件] おひ, で実に, な, なかん, なきれい, なすき, なシャツ, なテエブル, な二相系, な太い, な山々, な山百合, な椅子, な瀧, な肌, な襟足, な道葛, な鏡, な雪, におり, にけむりだし, になり, に光りかがやい, に山, に白粉, に見えた, に霽, の罅

▼ まつ~ (41, 0.4%)

4 になつて 3 な顔 2 なそら

1 [32件] だらうが, である, ですよ, で心, なこけもも, なまた, なもみ, なよ, な云, な唐檜, な夜, な太平洋, な太陽, な果実, な死んだよう, な水, な海, な稲, な空, な肌, な顏, な鴉, にさして, になつ, になつて溜息, になつて立ち, になりました, に光つて, に恨めし, に見える, に變つて, に錆びた

▼ まつ~ (39, 0.4%)

2 いて, 妻は, 長太郎とが, 長太郎とは

1 [31件] ある, いつた常緑針葉樹林, お言い, かしわが, しらなん, し聞かば, つてごつく, なくくつ, なびくと, ねるだよ, ひのきの, ふみし夕べ, まつり日いでし, ケットウ, 丁寧に, 人には, 吾たちぬれぬ, 明かに, 明智の, 極く短い, 欲しいなんち, 此處さ火と, 汝が, 洒落れて, 灌木の, 耻かしかつ, 観ぜしが, 言ふ, 長太郎とも, 長太郎も, 饒舌らせろ

▼ まつ~ (37, 0.4%)

5 の夢八 3 の男衆 2 から羽織

1 [27件] からあらわれた, から出た, から出る, から受け出され, という, というの, という家, といったな, とふきこんだ, と字, と小意気, にお, の上がり口, の主人, の家, の家人, の戸, の戸口, の格子ぐち, の門ぐち, へのりこんだ, へ乗りこむ, へ向かい, へ置い, へ自分, へ身, を泰軒

▼ まつてる~ (32, 0.3%)

3 んだ 2 ぢや, な, のだ

1 [23件] かい, かお母さん, からで, かナ, が奴等, さ, さこんな, の, のか, のさ, のよ, のを, は好い, やうな, わ, んか, んで, んです, 人たちは, 人間が, 内股を, 問題を, 物だ

▼ まつたらしい~ (26, 0.3%)

4 のです

1 [22件] がかう, がこれ, ことだけ, です, といふ牛若, と思つて, のだ, のでこれ, ので大した, のを, んだ, んです, 亭主に, 修一の, 兄は, 女は, 子供は, 武井さんの, 浪人者は, 私の, 私も, 電車や

▼ まつ~ (26, 0.3%)

4 きに

1 [22件] きにかけて, でよ, にお礼, にたつ, にトロちやん, に一歩前, に原, に呼出され, に彼, に捉, に教場, に文字, に梅干, に海, に移つて, に立つ, に脳天, に起き, に通り, に駈けつけた, の烏, の鬼カゲ

▼ まつかな~ (24, 0.3%)

2 光線が, 角が

1 [20件] うそで, けしの, りんご, マントが, マントを, 口に, 太陽が, 奴がね, 山男が, 果物が, 柿の, 柿もろた, 焔が, 狛犬は, 空と, 花が, 金太郎と, 顏し, 顔を, 髪を

▼ まつ~ (24, 0.3%)

1 [24件] あらずして, うつくしきころ, おえなかった, こまるおばあさん, しくは, しるしも, すると, するな, する術, できた物, 似て, 困つて, 引かれて, 弱らで一夜, 打ち明けて, 打明けて, 抱く者, 来て, 祝の, 種々法律的, 究した, 等しいといふ, 見て, 話しかけた

▼ まつまでも~ (24, 0.3%)

2 なく意見

1 [22件] ありません, ない, ないだろう, ない感情, なく, なくかなえられるだろう, なくみんな, なくやさしい声, なくわかり切つたこと, なく取りも, なく名目, なく君臣一如, なく孝高, なく小説家, なく帽子, なく彼, なく明らか, なく現代人, なく知れ切った, なく笠置, なく西洋一般, なく起つた

▼ まつかに~ (19, 0.2%)

8 して 2 なつて 1 うねる雨, しては, なりながら, なり十人分, もみづりて何, 咲いて, 怒つて, 焼けただれ, 熟れた

▼ まつても~ (18, 0.2%)

2

1 [16件] いけないの, まだ, よう捉へ, 何の, 判らないやう, 勘弁出来ん, 好いね, 尚進まね, 差支へ, 怨んぢ, 日曜に, 激しく全身, 父の, 血は, 見物に, 金が

▼ まつてから~ (17, 0.2%)

1 [17件] そつと, その文章, ぷつつり音信が, また酒, もう二十年, 七日に, 三年でも, 二ヶ月程後の, 少くも, 彼方此方と, 戻つて, 毎晩芝居へ, 直ぐに, 脱出さう, 酒宴が, 間の, 随分長い

▼ まつ黒い~ (16, 0.2%)

4 夜の 3 ものが 1 ものを, パイプを, 亀の, 影で, 猫シロと, 羊羹を, 脊の, 苔が, 衣を

▼ まつ白い~ (13, 0.1%)

2 壁の, 雲を 1 はつかね, ヴエルで, 人間と, 体を, 共同椅子が, 猫と, 男の子なんかは, 舟の, 雲の

▼ まつ直ぐ~ (13, 0.1%)

1 [13件] な一本道, な鼻筋, に仰, に伸ばし, に向, に杉林, に泳い, に眼科, に背伸び, に走, に風呂場, 右左へ, 差し上げられて

▼ まつこと~ (12, 0.1%)

2 にし, にする 1 でした, なしに, にしたい, にしよう, の久しき, はもう, ばかりで, 極めて篤く

▼ まつたらう~ (12, 0.1%)

2 今度は 1 か, かどう, から, が, が師吉井勇, とおも, と思はれた, と思はれます, ね, よ

▼ まつちや~ (12, 0.1%)

3 いけないよ 1 あ不可, あ困る, あ話, いけないなあ, いけません, くれた男, ならねえ, もうおし, もつたいないやう

▼ まつては~ (12, 0.1%)

2 ゐない 1 ゐた, ゐても, ゐないの, ゐないん, ゐなかつた, ゐまいし, ゐられず不満, 居ない, 張合も, 皮を

▼ まつはりつい~ (12, 0.1%)

3 てゐた 1 てくる, てゐる, てゐるだらう, てゐる下らん, て來, て吸, て居るで, て来る, て華やか

▼ まつたらしく~ (11, 0.1%)

1 [11件] おかみさん, なんだか混み, のつ, ふつつりと, 何時もの, 全身の, 多勢の, 押しつぶされた人, 次から, 警部は, 閉めきつ

▼ まつ~ (11, 0.1%)

2 もので 1 ことは, のを, はしごを, ぼうしを, 乘合自動車に, 僧衣で, 応接室に, 教科書が, 硯などを

▼ まつより~ (10, 0.1%)

2 ほかは, 外は 1 しかたが, ほかない, ほかに, ほか仕方が, 仕方が, 過ぎて

▼ まつさん~ (9, 0.1%)

1 が常磐津, が独り, という女中, とが二枚看板, と外, なる老妓, はただ, は只, は座敷

▼ まつしろい~ (9, 0.1%)

1 ほの, ほほに, 卵のはだの, 卵を, 女の, 皿のうへに, 睡蓮の, 腹の, 花からは

▼ まつ~ (9, 0.1%)

1 ぐこつちへ向, ぐにいそいでやつてくる, ぐにきつたつた崖の, ぐにこつちへ向い, ぐにこつちへ延び, ぐにこつちを見た, ぐにこゝにあつまる変電所の, ぐにそつちへかけて行きました, ぐにぶつかつてくる力が

▼ まつたんぢ~ (9, 0.1%)

5 やない 1 やありません, やあるまい, やいくら, やお話

▼ まつてあつ~ (9, 0.1%)

21 たの, たりし, たりする, た陽石, てそれ, て滅多に, て遺言

▼ まつはる~ (9, 0.1%)

2 暗い恐れ 1 ものか, やうに, をみよ, 不快な, 其の土塀, 故に, 淡い感傷

▼ まつくろ~ (8, 0.1%)

2 に見えた 1 なけむり, な巨, になつ, の集團, まつもみ, まつやくた

▼ まつてさ~ (8, 0.1%)

1 うして, う云, う云つた後, う言つた, お父さんは, ア, ガランと, 眼を

▼ まつしやろ~ (7, 0.1%)

21 お供養しなはるの, それを, な, 奥さん, 那処を

▼ まつたさう~ (7, 0.1%)

2 ぢや, で 1 であつ, でね, な

▼ まつたつ~ (7, 0.1%)

2 て云 1 て, てさ, てなん, て天分さ, て構

▼ まつ~ (7, 0.1%)

1 しなければ, つきそう, よく準備, 天幕の, 安心されない, 完了し, 愚と

▼ まつ~ (7, 0.1%)

1 おちて, にかが, の光る, の照る, はからくれ, は既に, は松

▼ まつ暗に~ (7, 0.1%)

4 なつて 1 した中, なつた, 暮れて

▼ まつ~ (6, 0.1%)

1 だ, だつた, だよ, ふに, めし一ぱい頼む, 庭へ

▼ まつたであらう~ (6, 0.1%)

1 か, から, か彼, これは, そして若し, と思はれます

▼ まつたとい~ (6, 0.1%)

2 はれて 1 つた絵である, つた風な, つて女房の, へる

▼ まつたらし~ (6, 0.1%)

6 かつた

▼ まつはりつく~ (6, 0.1%)

2 やうに 1 一ヶ年の, 子供を, 後腐れだけが, 蜘蛛の

▼ まつよう~ (6, 0.1%)

1 な不安, にそして, に次郎, に此, に気, に自由

▼ まつ~ (6, 0.1%)

2 の顔 1 が女中奉公, の弟, は好いた, も我が

▼ まつくらい~ (5, 0.1%)

1 なら家老, 体の, 奧隅に, 部屋で, 頬かむりの

▼ まつたけ~ (5, 0.1%)

1 がいい, なんかをま, にし, も二, やしめじ

▼ まつたさうだ~ (5, 0.1%)

1 が主, が私, けれど, し兜屋, よ

▼ まつたため~ (5, 0.1%)

1 あとへ, こ, それで却つて理解者, 数学に, 補祭の

▼ まつただ中~ (5, 0.1%)

1 にとび込ん, にゐる, に立ち, に細長く, を抛れた

▼ まつたわけ~ (5, 0.1%)

32 ぢや

▼ まつもの~ (5, 0.1%)

2 である 1 である事情, では, なり

▼ まつらむ~ (5, 0.1%)

2 として三度擧 1 としてま, として大殿, と思へ

▼ まつ~ (5, 0.1%)

1 ありしが, が時鳥, にいちばん, にそれ, を折しも

▼ まつ~ (5, 0.1%)

1 にし, にした, には伸べない, に山, に昇る

▼ まつたく別~ (4, 0.0%)

1 のこと, のもの, の素質, の話

▼ まつたこ~ (4, 0.0%)

2 とぢ 1 と兄, と等

▼ まつたせゐ~ (4, 0.0%)

1 か今晩, か昔ながら, でたしかに, もあつ

▼ まつところ~ (4, 0.0%)

1 がある, が多い, が多く, も非常

▼ まつはつ~ (4, 0.0%)

21 たやう, た男

▼ まつはれ~ (4, 0.0%)

1 たり, て春, て踏まる, て錢

▼ まつほか~ (4, 0.0%)

2 はない 1 ない, に今

▼ まつ~ (4, 0.0%)

1 かのには, まほのぼの, もみなどの, 清八は

▼ まつ必要~ (4, 0.0%)

1 があっ, なく抜き差し, はない, もあった

▼ まつ~ (4, 0.0%)

2 に暫し, に誰

▼ まつ~ (4, 0.0%)

2 な花 1 に咲いた, に熟れ

▼ まつ黄色~ (4, 0.0%)

1 なきたならしい, にさして, にし, に染める

▼ まつくろい~ (3, 0.0%)

1 羊毛の, 集團, 麦飯に

▼ まつくろく~ (3, 0.0%)

1 ろ蟻えつさつ, ろ蟻が, 立つて

▼ まつ~ (3, 0.0%)

1 え, えよおめ, と彼

▼ まつたくさうだ~ (3, 0.0%)

1 から, 今朝私は, 朝も

▼ まつたくち~ (3, 0.0%)

1 がつた, がつた天地, がつた風

▼ まつたくもう~ (3, 0.0%)

1 お取次ぎ, そんな心, 泊つてやらう

▼ まつたで~ (3, 0.0%)

1 がす, サ, 我等二人が

▼ まつたま~ (3, 0.0%)

1 までいつも, まではひらかない, までまた

▼ まつた如く~ (3, 0.0%)

1 吾, 時々彼, 更に又

▼ まつちい顔~ (3, 0.0%)

2 をあげた 1 を一種恭

▼ まつてからは~ (3, 0.0%)

1 おもち, 打つて, 松江の

▼ まつてら~ (3, 0.0%)

3

▼ まつてを~ (3, 0.0%)

1 られたもの, りを, る

▼ まつ~ (3, 0.0%)

1 ござりました, ござります, みんな青い

▼ まつとく~ (3, 0.0%)

2 弟の 1 から

▼ まつはり~ (3, 0.0%)

1 しげし夕, 附きからみつく女, 鳴くには

▼ まつぴら~ (3, 0.0%)

21 です

▼ まつぷたつに~ (3, 0.0%)

1 われて, われてるぞ, 割れつちま

▼ まつらく~ (3, 0.0%)

2 と申す 1

▼ まつ~ (3, 0.0%)

2 に今 1 はない

▼ まつ~ (3, 0.0%)

1 となつ, の中, の匂い

▼ まつ白く~ (3, 0.0%)

1 するりと脱, 立つて, 見えた

▼ まつ直に~ (3, 0.0%)

1 ラフアエル前派の, 向うから, 太陽へ

▼ まつ~ (3, 0.0%)

1 な夕やけ, な火の粉, な鷄冠

▼ まつ~ (3, 0.0%)

1 お神楽, にぞ日, のほととぎす初音

▼ まつ黒く~ (3, 0.0%)

1 なつて, なめらかな, ぬつた大きな

▼ まつ~ (2, 0.0%)

1 ひだ三時間ほど, をもり

▼ まつあいにく~ (2, 0.0%)

2 部屋が

▼ まつ~ (2, 0.0%)

1 にぐるみ, みや会田皆不幸な

▼ まつかい~ (2, 0.0%)

2

▼ まつかさ~ (2, 0.0%)

1 を川, を投げつけ

▼ まつかで~ (2, 0.0%)

1 あまい, 落葉を

▼ まつくらやみ~ (2, 0.0%)

1 で煮えてる, のなか

▼ まつこう~ (2, 0.0%)

1 から, から反ぱつ

▼ まつさきかけ~ (2, 0.0%)

2 て進みました

▼ まつしま~ (2, 0.0%)

1 やと古人, やまつしま

▼ まつすぎ~ (2, 0.0%)

1 灌木の, 等

▼ まつする~ (2, 0.0%)

1 ことも, 為

▼ まつせん~ (2, 0.0%)

1 か, や

▼ まつそれ~ (2, 0.0%)

2 に並ん

▼ まつたかたち~ (2, 0.0%)

1 である, なン

▼ まつたく君~ (2, 0.0%)

1 の, の云

▼ まつたさうで~ (2, 0.0%)

1 そのこと, 無くな

▼ まつたさうです~ (2, 0.0%)

1 が狐, よ

▼ まつたじ~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ まつたて~ (2, 0.0%)

1 えんで, え事ッ

▼ まつたでせう~ (2, 0.0%)

2

▼ まつため~ (2, 0.0%)

1 に居残っ, に現場

▼ まつたら~ (2, 0.0%)

1 どこか, 病院に

▼ まつ~ (2, 0.0%)

1 けれどもその, つたのだ

▼ まつだれ~ (2, 0.0%)

1 な, な様

▼ まつ~ (2, 0.0%)

1 山から, 山ゆふ越え行き

▼ まつちやダメ~ (2, 0.0%)

1 だわ, ですよ

▼ まつちや駄目~ (2, 0.0%)

2 だよ

▼ まつつた神社~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ まつてるだ~ (2, 0.0%)

1 よ, よウラース

▼ まつでした~ (2, 0.0%)

1 のでふたり, ので二人

▼ まつという~ (2, 0.0%)

1 こと, 女の

▼ まつとう~ (2, 0.0%)

1 し民族芸術, な男らしい

▼ まつなみ~ (2, 0.0%)

1 なりで, なりです

▼ まつには~ (2, 0.0%)

1 またじ, 皆子が

▼ まつばかり~ (2, 0.0%)

1 だよ, です

▼ まつばやし~ (2, 0.0%)

1 も, や谷

▼ まつひこひこほ~ (2, 0.0%)

2 のに

▼ まつひのき~ (2, 0.0%)

1 のほか, ぶなの

▼ まつまでの~ (2, 0.0%)

1 お話を, 見物人の

▼ まつ~ (2, 0.0%)

1 でうたた, で摘む

▼ まつらん馬~ (2, 0.0%)

1 ひきて, 曳きて

▼ まつ~ (2, 0.0%)

2 はぬ

▼ まつ~ (2, 0.0%)

1 の音づれ, もなけれ

▼ まつ~ (2, 0.0%)

1 の浴衣, の爺さん

▼ まつ川さん~ (2, 0.0%)

1 で借りた, へ戻っ

▼ まつ暗い~ (2, 0.0%)

1 中に, 夜幕を

▼ まつ最中~ (2, 0.0%)

2 には歴史的

▼ まつ枝たみ子~ (2, 0.0%)

1 の姉妹, は女中奉公

▼ まつ正直~ (2, 0.0%)

1 に, の心

▼ まつ正面~ (2, 0.0%)

1 のずつと向う, をにらん

▼ まつ白ぢ~ (2, 0.0%)

2 やない

▼1* [254件]

まつてしまった, まついた女性は, まついやはやおかげ, まつぞまつ, まつかうに足疾, まつかの顏を, まつかんだの唄, まつきんぱら文鳥などが一つ, まつくらくらの二里, まつけど雨の, まつけどな僕夜中に, まつこそ宿の, まつさいちゆうの田圃, まつさかりのひとり, まつさき気に入, まつさせたがたまらない, まつさまなり, まつざかへ行く, まつざき五把宇陀飛駒もりした, まつざにひかえておりますと肌さむいかぜ, まつしかありません, まつしたものが, まつしやりましたが可, まつしろし潮さゐのう, まつしろなのだ, まつしろなる鶏の, まつたかうした高座, まつたかして後姿, まつたかね女房は言つて, まつたか売先が分らなき, まつたか後は知らねえ, まつたきひかりの, まつたくさうかも知れない, まつたくさうだらうと思ふ, まつたくさうでない月々の, まつたくしてゐない, まつたくすまないことを, まつたくそん時は, まつたくらゐの, まつたく気味が悪, まつたく面喰つた, まつたく類を異に, まつたこたあどうも, まつたたよ, まつただと云, まつただなかに於, まつただひとりかな, まつたちひさく, まつたとて僕, まつたのみならずその猫背, まつため迎ふる為, まつたより他に照子, まつたら余を攫, まつたりなどする, まつたりなんかして, まつたりは出來, まつたるぜ, まつたれも出来よう, まつたれるやうな, まつたろうと思われる, まつたわいと, まつたわけじやなし, まつた思ひ殘り, まつだけだ, まつだすなど, まつちいからだ, まつちい体躯それらの印象, まつちい娘の首根, まつちい眼はお婆さんそつくり, まつちい身體の久保さん, まつちい頤を撫でる, まつちく不器用な図体, まつちく指なんかも太く短く, まつちの山なりと, まつちやつたンだと, まつちやつてみんな色盲になる, まつちやなんにもならない, まつちや何うだ, まつちや何んにもならない, まつちや來ますからと, まつちや當人が浮ばれません, まつちや皆の衆, まつちようけんな, まつってなんだ, まつつた御様子, まつつた祠のある, まつつて暫し私, まつてあらアな, まつていへない, まつてからでも関係当事者の, まつてからの事である, まつてつッ立つて, まつてと急に, まつてな二人は, まつてにかわを, まつてねそいつを, まつてよどうする, まつてるたので, まつて踊りがうま, まつといで, まつといふ順になります, まつとこつちへ出し, まつなどに失敬千万な, まつなどを持ち運びの, まつなみ小学校のこう, まつならこりゃお侍様, まつなるうすくらがり, まつにしもさく藤, まつについて相談した, まつにもした口, まつずこ, まつのくゆるがごときうらむがごとき, まつのけの, まつのりとと言, まつはりたるに衣, まつはりついた感慨で, まつはりつかれる気が, まつはり合ひからみ合, まつはり花は無, まつはり言動のいつさい, まつはる事情や行, まつはる剣をうる, まつはる川の靄, まつはる幾多の胸, まつはる暮色と人通り, まつはる物語である, まつはる私の様々, まつはる踵を嘗める, まつはる運命と云, まつはる雌の孔雀, まつはる雲母色の空気, まつはる鬱屈や含羞, まつばかりとなって, まつばかりになって, まつばかりにて御座候, まつぱうを眞かうに, まつぱだかになつて虱をとる, まつひこね, まつひこねほのに, まつひつぎといふ, まつひまに私, まつぴらごめんとただ, まつぴらだと云ふだらう, まつぴらなンだから, まつぴら管絃はうんざり, まつぴるまのあかるい幻想にせめられ, まつぴるまの太陽も暗く, まつぴるまの空だ, まつふとしらず, まつほどに爆音は, まつほどもなく明智探偵, まつぼりなどもかう, まつまで文武天皇の, まつづおとそして, まつむしそう, まつむし草のむらさき, まつむし鈴虫くつわむし, まつもみつがすぎ, まつやうな心, まつやくたねご, まつやら宮の, まつゆきそうは, まつひぐさ, まつよりも自我の, まつらげる, まつらしいと前, まつらむがために京都に往, まつらむつきはへにつつ, まつらむとする状を明し, まつらむと欺陽りて, まつらむ九五の位, まつらむ状はいかに, まつらむ笑ひなしたまひそ, まつつてゐる, まつだね, まつケイオーに行き, まつユトリを失っ, まつ一人何だか自分, まつ並びに勅の, まつができれ, まつ二つに開き, まつないよう, まつ任務も多い, まつは, まつ兒めがなど, まつのもの, まつ喜びで一ぱい, まつ夕食後大さわぎ, まつ大略申し述べようと, まつ女中が辛棒, まつ子供のあの, まつと金字, まつの時鳥いま, まつ山路わかれず見え, まつご免を, まつ平になつて, まつ平らな水田, まつ広大な処女地, まつ心底でおります, まつが多かっ, まつ旦那様は生き生き, まつ旱天の痩民, まつの夜, まつ昨夜写真をとり, まつ昼間だと, まつ時間がすく, まつ晝間めでたい祝儀, まつ晝間王道坦々と歸, まつをとりたし, まつ暗い長い廊下に, まつ暗き海の, まつ最中そこへあたふた, まつ朝がたの泥酔, まつ朝戸出の手, まつ枝伝三郎千恵造三亀雄たみ子の七人きょうだい, まつ次第である, まつ此度はしるしみせ, まつにその, まつ気分に固定, まつ海筍海綿ウミシダウミエラなど極彩色, まつのほとり, まつ白い美しい王女は, まつ白界だ, まつの野, まつの釜, まつである, まつが, まつ糸瓜の花, まつの灯, まつ落葉まどろめば, まつの上, まつになつ, まつはうとく, まつになつて手, まつ買物の為, まつ迄もなく私, まつ樣に, まつ逆さまに転げ落ちました, まつ逆様に墜落, まつ逗子あたりの童, まつ部屋へ現れる, まつ間ガルモーシュカを弾い, まつのさだめなき, まつ青いとどまつが, まつ青き麦は, まつ青く太つてゐた, まつ頭痛がする, まつ鯛白鯛ヒラカツオカメアジなど多く, まつのもろ音哉, まつ黄いろな大きな, まつ黒こげになつた, まつ黒ぢやない, まつ黒両手もまつ, まつ黒黒