青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ふるえ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ふところ~ ~ふべき ふべき~ ~ふも ふも~ ふらふら~ ~ふり ふり~ ~ふる ふる~
ふるえ~
~ふれ ふれ~ ふん~ ~ぶ ぶ~ ~ぶつ ぶつ~ ぶらぶら~ ぶり~ ~ぶん

「ふるえ~」 1391, 14ppm, 8063位

▼ ふるえ~ (856, 61.5%)

181 いた 84 いる 74 いるの 31 いました 19 います 16 いるよう 14 きた 9 いたの, くるの 8 いて, きました 7 いるばかり, 来た 6 いましたが, いるじゃ, 居る 5 いたが, くる 4 いると, 居た, 来て

3 [11件] いますと, いるお, いるでは, いるという, いるな, いるので, いるん, おりました, しまった, はだしで, 仕方が

2 [25件] いたと, いたところ, いたので, いたよう, いない, いますよ, いら, いるから, いること, いるし, いるのに, いるのね, いる声, いる始末, おいでに, きて, 口が, 困った, 来る, 来るの, 泣いて, 目を, 聞える, 見えた, 身体を

1 [266件] あとから, いう, いけませんから, いたかわずも, いたけれど, いたでは, いたね, いたり, いたわ, いたん, いたマルタン, いた可愛い, いた始末, いた実際, いた日, いた様子, いた答えようと, いた編笠, いた若, いた裸人足, いた金次, いた阿部時夫, いた領民, いつもの, いなかった, いながら, いますね, いますやがて, いまにも, いらしった, いらっしゃる様子, いられる, いるあいだ, いるお化け, いるか, いるかすか, いるかと, いるが, いるけれども, いるその, いるたけしくん, いるだが, いるだろう, いるだろうなあ, いるところ, いるとしか, いるなか, いるね, いるほど, いるまだ, いるもの, いるよ, いるらしかった, いるらしく女, いるわが子, いるわけ, いるわね, いるノロ, いるノロちゃん, いるベス, いる一本, いる二児, いる伝六, いる伸子, いる前, いる厳, いる坊さん, いる女, いる奴, いる姉さん, いる姫, いる娘, いる存八, いる小さな, いる工場, いる店頭, いる手, いる指, いる春, いる机博士, いる梢, いる森, いる次郎, いる浅野蕗子, いる深夜, いる男, いる瞼, いる私, いる粂五郎, いる羽, いる胸, いる茶碗, いる見物人ら, いる馬, いる馬丁共, いれば, い両手, うた時計の, うまくさせた, うまく答案, うまく鳴らなかった, おいで, おられた, おりその, おりましたが, おりましたな, おりましたよ, おります, おりまする, おり眼, おるこれこれ, お金の, かぎから, きたこと, きます, くるよう, この窓, こわばりかけた体, しかたが, しばしは, しばらくは, しまいました, しまう, すきとおった空気いっぱい, すきとおる位, すくんだ様子, そこから, その場, その文案, それから, それからじっと, ぞくぞく寒, つたわって, とみには, どこからとも, なくつて, なにも, ならなかった, はては失神, ひざ小僧と, ふと目, ぼとぼとしずく, まるで聞きとれない, みえました, みえる, ものも, やがて咽ぶ, やしません, ゆらゆらと, らッし, われから, ゐた, ゐる, ゐるの, ウワゴトの, カスレて, カタカタと, キキキーッと, バタンと, パッと, ピカ一を, マントを, 一人の, 下に, 不健康であった, 両の, 云えなかっ, 今にも課長, 仕事が, 倒れそう, 兄の, 光って, 出なかった, 動いた, 動かなくなったの, 動けないよう, 動けなくなって, 参りました, 取り落した, 唇は, 困る, 困る然し, 坐って, 声が, 声を, 天外に, 室内を, 居りました, 居ります, 居るという, 居るの, 居る女, 居る男君, 山門の, 帰った, 待ちました, 後ろの, 心もち青みを, 心臓が, 心臓の, 怖がる, 思うま, 息を, 悲鳴に, 拭けなかった, 描けなかった, 数珠は, 映った男, 来たの, 来たわ, 来ました, 来ます, 来手, 椅子に, 歩きながら, 歯が, 歯は, 母を, 気味悪がっ, 泣いてるの, 泣きそう, 流れ出して, 海舟の, 漫画の, 濃き血, 火が, 物も, 現れて, 琴爪が, 異様に, 疳走った, 目に, 眼を, 眼玉が, 眼玉を, 着物の, 空の, 突立ってる, 立てるそば, 紙が, 締まらなかったそう, 美濃守に, 聞えた, 聞こえるだけ, 肌に, 腕まで, 自分の, 花が, 草の, 落ちた, 落ちる傘, 見えない両方, 見えるの, 見せた, 言った, 言葉が, 輝いて, 遠くまで, 鋭い切ない苦痛, 附け足した, 電気の, 霧に, 額に, 顔色を, 鳴りはじめる, 鼻を

▼ ふるえながら~ (214, 15.4%)

11 云った 4 立って 3 答えた, 見て 2 お兼, しっかりと, 出て, 呼んだと, 夢中で, 手を, 泣いて, 眼を, 絶叫する, 自分の

1 [173件] あっちこっちを, あと退り, あまえるよう, いいました, いぶかしそう, おみの, お互に, くくられて, こう白状, こう言いました, ささやいた, しかしその, しかも動く, すくっと, せかせかと, そっと大事, そつと, そのまっ暗, そのまま両手, その水, それにさん, たちのぼる, だまって, つげるの, つっ伏して, つめ寄った, でも頑張り, どうぞお, どこかの, なおも聞き耳, なにを, のぞいて, はいってる, ひそかに, ふところの, ぼくの, ますますしっかりと, よく考え, ろくろく口, わが家に, わき出しました, オイオイ泣き出しました, ガチョウの, パンと, ペンを, 一口飲む, 三びきの, 両袖, 中の, 主君の, 二三歩つい, 二階から, 人々の, 人さし指と, 佇んで, 兄さんの, 冷え切った両, 制止した, 前後左右を, 剣を, 動いて, 動き出して, 十円で, 半七, 古木学士の, 叫んだ, 台所へ, 呟いた, 周馬の, 土に, 坐って, 壁に, 壕の, 夜の, 夜を, 夜具の, 大きな眼, 太郎に, 娘は, 寝なければ, 対手を, 小さくなっ, 小さな家々, 小さな骨, 小べやの, 小林だ, 差出し差出したかと, 床の間へ, 引き上げて, 引き摺られて, 彼女が, 彼女の, 往還の, 待ち人や, 待って, 微かに, 恐怖の, 悪い悪い報告, 扇を, 拝みました, 持った, 指図に, 揚屋の, 普段から, 暢気で, 望遠鏡を, 木の, 村道の, 東の, 樺の木の, 歩いて, 歩きまわること, 毛布の, 水から, 泣きなすったっけ, 泣き出して, 消えると, 混乱した, 火の, 無言て, 牛骨が, 牧師を, 物置き, 玄徳を, 申しました, 申し上げました, 白状しました, 皿の, 目を, 目的地の, 着物の, 石炭がらの, 私の, 立ち上って, 立ったり, 答えたが, 続けた, 考えて, 耳を, 花婿の, 葦の, 蒼ざめて水には, 蝶太夫を, 襖を, 親方の, 言いだした, 言いました, 言った, 訴えた, 詫する, 話すところ, 語るの, 趙と, 蹄を, 身体を, 返事を, 通りに, 進んで, 運んで, 遠さ, 鍵を, 長い外套, 門の, 阿母さん, 障子に, 青ざめて, 頬に, 頬を, 顔を, 顔一ぱいで, 飛び出した, 首を, 黙って

▼ ふるえ~ (68, 4.9%)

8 帯びた声, 帯びて 5 おびて 2 刻んで, 帯びた, 歯の, 見せた, 頬に

1 [37件] おこしたけれども, おびたわり, おびた声, おびた祝歌, こらえた, 両手で, 噛んだまま, 噛んで, 師直は, 帯た, 帯びた啓之助, 帯びた溜息, 帯びた言葉, 帯びる語調, 後悔し, 怺え, 感じた, 感じながら, 感じる, 抑えきれぬもの, 抑えようと, 抑えること, 曳いて, 止めようと, 特有と, 相手まで, 禁じえない, 禁じえなかった, 緋縮緬に, 見せて, 見せながら, 見せ顔, 覚えたらしい, 走らせて, 起して, 部下に, 鎮めながら

▼ ふるえ~ (62, 4.5%)

6 でいった 5 で云った 3 で, で叫んだ 2 でこう, で人, になっ

1 [39件] が聞こえ, である, でいいました, でいいます, でかすか, できめつけました, でさ, でしかりつける, でしか話せなかろう, でそういった, でその, でつづけた, でどなりました, でひとりごと, でふたり, で丁坊, で口, で叫び, で叫びました, で呼び止めた, で尋ねました, で念, で歌, で物, で突飛, で答え, で答えた, で答えました, で話, で読みあげました, で逃げかける, にいう, もなく, もわれ, を出し, を出しました, を出す, を女, を彼ら

▼ ふるえ~ (44, 3.2%)

3 止まらない, 止まらなかった 2 出て, 自分たちの, 走った

1 [32件] お綱, きた, つたわって, とまらず数分, とまらない, とまらないほど, とまらなかったの, とまるの, どうにも, ガクガクとして, シーツに, パッタリ止っ, 伸子を, 停らぬの, 先に, 出るまでに, 出る始末, 帯びる, 感じられる, 来たの, 来て, 来ました, 止った, 止まって, 止まなかったくらい, 止りません, 烈しく書けないらしい, 肩から, 衣桁にも, 身の, 身体全体に, 這いのぼって

▼ ふるえ~ (9, 0.6%)

1 おさまらないし, そう二つ, どうしよう, なかなか止まらなかった, 寝て, 次第に高く, 止まらないし, 止まらなかった, 止らなかった

▼ ふるえつつ~ (8, 0.6%)

1 さわって, 何度も, 夢うつつの, 次の間に, 次第次第に, 消え失せた, 眠って, 退いて

▼ ふるえ~ (8, 0.6%)

1 つれて, なるでしょうネエ, ふるえおののきに, ふるえて, みせながら, 気がついたと, 襲われたらしい, 襲われて

▼ ふるえ~ (6, 0.4%)

1 しないがね, するさ, 消えて, 見おとすまいと, 見せずなごやかな目笑, 静まって

▼ ふるえながらも~ (5, 0.4%)

1 岩の, 猛獣の, 目を, 笑い沈黙, 自分の

▼ ふるえ~ (5, 0.4%)

1 ある手, しずまるの, とまる丸薬, 留まらぬまま, 起るの

▼ ふるえその~ (3, 0.2%)

1 手が, 眼の, 顔色を

▼ ふるえたり~ (3, 0.2%)

1 いたしました由, ゆれたり, 眼尻に

▼ ふるえては~ (3, 0.2%)

2 いなかった 1 いない

▼ ふるえごえ~ (2, 0.1%)

1 で三浦, を出し

▼ ふるえつつも~ (2, 0.1%)

1 さめざめと, 離れ得ぬ苦しみ

▼ ふるえてさえ~ (2, 0.1%)

1 いました, いる

▼ ふるえ~ (2, 0.1%)

1 が烈しく, は涙以上

▼ ふるえ~ (2, 0.1%)

1 がガチガチ, の根

▼ ふるえ~ (2, 0.1%)

1 でささやいた, で一緒

▼ ふるえ~ (2, 0.1%)

1 が痺れる, が硬

▼ ふるえ~ (2, 0.1%)

1 のあたり, や腋の下

▼1* [81件]

ふるえいつも追いかけられて, ふるえ政は, ふるえおしりがゆがみ, ふるえがちであった, ふるえがらわたしは席, ふるえこれ以上たえがたいほどの, ふるえしかも川筋を, ふるえしんとした, ふるえじだんだをふん, ふるえそうになる, ふるえそれがせめて, ふるえそれからというもの, ふるえだんだん弱って, ふるえちゃいかんよ, ふるえっとですか, ふるえてさきみらしく, ふるえてなんかいるもん, ふるえてのひらいっぱい, ふるえてばかりいた, ふるえてばかりもいなかった, ふるえてばっかりいる哀れ, ふるえではないのに, ふるえ許されると, ふるえおしだった, ふるえながらに相手の, ふるえのろいの声, ふるえまさしく振り上げた拳, ふるえまでを伝える, ふるえゆらぎはためくすべて, ふるえロイドめがねの中, ふるえ一層烈しく顔, ふるえがッ, ふるえ上り膝を乗り出した, ふるえ上気した頬, ふるえ両手を合わせ, ふるえ乍ら月光の中, ふるえ乳房を掴んだ, ふるえを苦しめたく, ふるえたりする, ふるえ動悸が打つ, ふるえ勝ちであった, ふるえ呼吸が早く, ふるえもおののい, ふるえ嗚咽の音, ふるえと虱, ふるえの眼, ふるえ宋江の風態, ふるえ家々がゆれます, ふるえが豊か, ふるえ彼女に与えられる, ふるえって見る, ふるえをつめたう, ふるえ意外なこと, ふるえる者, ふるえ手足自ずから動き, ふるえを握りしめ, ふるえ時に蠅の, ふるえや梁木, ふるえがたれる, ふるえ満面蒼くなり, ふるえ灰色の眼, ふるえ煙突の中, ふるえもその, ふるえ甲斐をみつめる, ふるえ異様にかすれ, ふるえは血走っ, ふるえに涙, ふるえをとりあげました, ふるえ絶え間なく流れでる, ふるえ老眼鏡の中, ふるえと口, ふるえが憤っ, ふるえ視線定まらずただ, ふるえ躍動した, ふるえは油, ふるえ逆上的な昂奮, ふるえ電灯が明滅, ふるえ顔色は青ざめ, ふるえくと, ふるえがグッ, ふるえ髪ゆらぎ