青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ませんでした~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~ますます ますます~ まする~ ~まず まず~ ませ~ ませう~ ませぬ~ ~ません ません~
ませんでした~
~また また~ または~ ~まだ まだ~ まだまだ~ まっ~ まっすぐ~ ~まったく まったく~

「ませんでした~」 1901, 21ppm, 5606位

▼ ませんでした~ (1040, 54.7%)

11 私は 7 そのうち 6 それは, 私が 5 これは, それが, 何か 4 あとで, あなたが, 今では, 彼の

3 [12件] この頃, その中, その代り, その時, それを, わたしの, 一人の, 今に, 今は, 俊夫君は, 母が, 自分の

2 [52件] ある日, あんまり御, お梶さん, お紺, お菊, この辺, さすがに, その内, その後お母さまご, その日, その頃, それから, それに, た, たうとう, どうした, なんでも, ひと月ほども, ほかの, やがて乾方, よく見, よく見る, わたしは, 一昨日帰っ, 不意に, 中頃から, 二人は, 今日の, 今日は, 今晩は, 他の, 何う, 何を, 偶, 兎に, 執念の, 天野君の, 妾は, 婆あ, 幹は, 後に, 心の, 忘れも, 怒って, 急に, 死ぬる, 目の, 能く, 言葉の, 踊りは, 非常に, 鼻と

1 [839件 抜粋] ああこの, あちらへ, あなたにだけは, あなた宜, あの不便, あの人, あの向う, あの晩僕, あの親切, あの青い美しい, ある時, ある朝僕, あんまりいろいろ, いえば, いずれ私, いったいどっち, いっぽうの, いつしか船員たち, いつでも, いつもお, いまの, いまは, いよいよ御, いろいろ撰定, いろいろ観察, おかあさんの, おじいさんは, おつね, おどろきました私, お八代さん, お前さんが, お松は, お父さま, お蔭様で, かういふ移動, かりそめ, かれこれもう暮れ六つ, けれどもその, こういう時, こうして泰平楽, ここに, こっち側の, このたくさん, この二三枚, この利休, この時, この正月三日, この決心, この財布, この頃政治, これから無職, これには, これも, こんどの, こんなこと, こんな塩梅, さう, さうなる, さしあたりうち, さて実際, さりとて又, さりとて私, しかしいつ, しかしこの, しかしこんなに, しかしせがれ, しかしその間, しかしそれ, しかしまた堀木, しかし不眠, しかし両親, しかし時々, しかし自分, しかし花江さん, しかもこの, しばらく前, じつはほんとう, すいぶん, ずいぶん歩きまわった, ずっと前, そういうわけ, そうそうあの, そのうちいつ, そのころ, そのしゃくり上げ, そのる, その一言一言, その代わり男, その前年, その印刷所, その女, その少年, その年, その後ある, その後は, その急, その時わたし, その狐, その真ん中, その若い, その記事, その身許, その間織田信長公の, その額, その風雨, その鳥, それぞれ付近の, それでもおどおど, それでもこの, それでもそうした, それでもたまに, それでもとても, それでも中, それでも五六百羽, それでも今日, それでも向う, それでも夜, それでも女, それでも毎日毎日, それでも私, それでも突堤, それでも診察, それと, それにしてもちっと, それにしても数ヶ月, それには, それによって, それよりも, そんなわけ, そんな記憶, たいそう知恵, たしかにあなた, たしかに軍艦淡路, ただいいえ, ただその, ただ僕, ただ本籍, たちまちまた, たまに, だん, だんだんハッキリし, だんだん深刻, ちょうどこの, ちょうど昨日, ついこの, ついその, つい時, でもよく, でもゲルダ, でも何方, でも峠, でも心, とうとう蘇生, ときどき打っ, とにかくあの, とにかくご, とにかく僕ら, とにかく半時間近く, とにかく杉浦, とにかく鼠色, ともあれ聖天の河ッ童穴以来, ともかくエタ, どういたします, どうしてもこの, どうしても江戸, どうもあんまりよく似, どうも夜半ひとり眼覺め, どうも大変, どうも蜆汁, どう考え, どこから, なにかの, なにしろたくさん, なにしろ凄まじい, なんです, なんといっ, なんとなく狡滑そう, はじめてあなた, ばあさんは, ひさびさ先日ほか, ふと気, ほぼその, ぼくは, まあ叩き出す, まあ早く, まさかこんな, まず探すべき, まだほんとう, まだ一週間, まるでほんとう, まア人殺し, みんなそう, みんな私の, むすめ, もう一人, もう一日, もう少し丁寧, もう落, もしかも, もしも皆さん, もし凍傷, もともと良人, やがて, やがてその, やがてそれ, やがてはっきりした, やがてもう大丈夫, やがてよくよく検め, やがてフランス, やがて一人, やがて全く色, やがて向こう, やがて次郎, やがて決心, やがて芭蕉等, やっと元気, やっと気, やっぱりやさしく, やはり寄る, やはり彼, やはり盗賊, よう, よくよく怪塔王, よく聞い, りっぱな, わたくしの, わたくしは, われわれが, イヤに, イヨイヨ押詰まった, キーシュは, ジョウは, スバーの, セラダは, ツイ忙しい, ナオミは, モウ一人の, ロンドンの, 一たい今日まで, 一度懲りた, 一方では, 一方の, 一生懸命で, 一郎少年が, 一錢玉が, 万一その, 三度三度食べよう, 三郎さんは, 下女の, 不安に, 不思議に, 世間には, 中には, 主人の, 久助さんは, 事務長の, 二三の, 二三年前に, 二年前母親が, 二日を, 二月ほど, 五体の, 五月に, 井田さんの, 亡くなつた, 人を, 人物の, 人通りの, 今こうして, 今でも, 今まで, 今度の, 今度は, 今日という, 今朝僕が, 今考え, 仕舞いには, 以前とは, 伊東の, 伯母さまの, 体が, 何かの, 何かを, 何でも, 何と返す, 何の, 何やらお, 何度も, 余り先で, 併し, 俊夫君が, 俗に, 倉田さんは, 僕には, 僕は, 兄キの, 先生から, 兎も, 八五郎が, 写真を, 初めて人間, 初夏の, 別にお, 別の, 前後の, 勇夫兄さまだけは, 包囲網を, 十三四歳の, 午から, 単に噂, 厳しい寒さ, 又ふらり, 叔母は, 口惜しがる, 古来未だ知られず, 唯その, 唯一人とは, 唯名前, 喜多院や, 噂に, 四十七年後の, 困ったこと, 園長は, 塾から, 夕方窓を, 多分お, 夢中遊行離魂病夢中の, 大体の, 大円盤, 大変な, 天下第, 天気の, 夫の, 夫人の, 夫人を, 奥様の, 女を, 女子文壇へ, 妙に, 姿恰好が, 子供たちが, 子宮繊維腫の, 子細あっ, 実はその, 家の, 宿の, 密議に, 将軍家だけは, 小さい女天一坊, 小平も, 小林君が, 小母さんは, 少くとも, 少しお, 少し落, 少数の, 山木の, 島後の, 市街の, 年老いた母親, 幸いそこ, 床の, 店に, 当人は, 彼は, 彼女の, 後でお, 後になつ, 御台さまを, 御家庭, 御本, 御覧の, 御隠居さま, 心走りに, 怖さ, 思慕の, 恐らく贋造紙幣, 愛と, 慥かお, 成績が, 戰爭の, 手の, 折よく, 指環に, 控え室や, 敵が, 方々の, 日が, 旦那様は, 昨日は, 時には面白い, 普通なら, 朝ほど, 朝廷の, 材木置場には, 林さんは, 林美雲が, 梅雨あがり, 棚田裁判長という, 様子が, 正坊, 武雄の, 殆ど七分通りは, 段々痩せ, 母は, 毎晩の, 比較的に, 気質は, 池崎の, 決してそういう, 決して戦地, 汽車へ, 河野の, 洞へ, 淀君の, 深くたずね, 測らずも, 湿つた夜, 満足でも, 漸く吾家, 漸く気, 濠一つ向こうへ, 烏は, 無事に, 無事高等二年に, 然しその, 然し彼女, 犬さんの, 犬の, 現場の, 男は, 町では, 番頭さんが, 皆が, 目, 直ぐに, 相手に, 真っ昼間の, 石垣の, 祖母の, 神々しい人相, 私としては, 私に, 私も, 私犯人の, 秘密が, 競争者らしい, 粘つた, 総じてもの, 美津子さんの, 翌朝に, 聞き合せて, 肥って, 能くまア斯んな, 腹壁には, 自分には, 自分ひとりの, 自殺幇助の, 至急都合, 良人が, 色々な, 芝増上寺の, 若し持つ, 藝と, 衝突の, 袖や, 見ないでも, 親の, 親八左衞門が, 言葉を, 読者諸君は, 諦めたよう, 警察の, 賀古氏は, 賀茂子爵の, 身内から, 軍艦では, 近いうち, 近く, 近頃では, 近頃の, 遂に私, 重圧は, 金を, 鉛筆の, 闇に, 陽が, 随分楽, 青年たちは, 青鼠色の, 静に, 風も, 飛び下りる方, 食べられるもの, 高等学校の, 髭なんぞ, 魚の, 鳴海司郎思わず, 黒っぽいよう, 黒井博士は

▼ ませんでしたから~ (192, 10.1%)

2 すぐその, それが, だまって, 仕方なし, 例の, 私は, 誰か, 雨が, 黙って

1 [174件] あるいは奥, あわてて, いく本かの, いつもあたし, いよいよ私, いわば一時, おおかた御存じ, おとうさんの, おばあさんは, お互, お友達, お尋ねする, お雪, きつと, この一国, この場, この画, これにも, さぞ喫驚, しばらくじっとし, しぶしぶながらも, しまいには, すぐに, すこし溯っ, すべてハンナが, そこでひろい, そこは, そこらは, そっと王さま, そのあたり, その秘密, その財産, それじゃ, それは, それほどの, それ落した, た, たうとう, ただぶっ, ただぶっきらぼう, ただぶつきら棒, ただ口の, たとえ五代将軍, ちっとも存じませんでした, つい, ついうかうか妖女, ついこの, とうとうお客, とうとうねずみ, どうぞご, どの位, どんなに弱い, ながいあ, なるべくなら, なんの, にわかに一つていねい, のどに, べつだんこわい, ほんとに一頃, また今度, まっさきにおなか, まま母, みつばち, みつばちのいう, みんな行く, もう母, もしとし子さん, やきもち焼き, やっぱりじっと立っ, やはり坊さん, ようやく気, より低音, わたくしは, わたしたちは, わたしは, ジャックは, トムさんは, ネネムの, マージの, 一々保存, 一枚の, 二人は, 今度のを, 伝六の, 何か, 何が, 俯向い, 僕も, 先生は, 再度測量, 冷たさ, 分りませんね, 初霜, 勉強する, 又二人, 同僚の, 嚇と, 土は, 城を, 夏に, 多分お, 多分盗賊, 多少狼狽, 大変筋の, 始終を, 娘は, 嫁に, 家も, 家族の, 宿の, 小塚ッ原行きなぞは, 少女は, 岩の, 差し当り原稿, 帰途宅へ, 平田伍三郎が, 年の, 当然の, 彼には, 彼の, 彼は, 彼らは, 御命令, 心で, 我慢を, 施しを, 明後日ごろさし入れだけにでも, 明日の, 最早私達, 朝鮮から, 本人は, 村人は, 止めて, 正直な, 此処で, 法科へ, 海の, 海人は, 灯の, 無論その, 特に注意, 特別に, 独りで, 町内で, 百姓家に, 知って, 破れたポケツト, 礼を, 祖父には, 私も, 米友が, 結果は, 腰に, 自分だけ, 自然御, 落ちついて, 見たもの, 見るかげ, 親方に, 親類も, 言い訳が, 詩を, 話は, 警察へ, 賢明に, 赤ン坊の, 躍起と, 近くに, 銀座を, 雷鳥さんは, 震災の, 青ひ, 非常に, 高輪の

▼ ませんでしたので~ (106, 5.6%)

6 私は 2 三疋とも, 年の, 文展時代の, 私も

1 [92件] いったんは, いつもお, おとうさんが, おりから, お客さんが, お母様は, かたがた来年の, こっちから, このたび, この旅行, こんな事, しかもレミヤ, しまいには, しゅろ, せめてきつねつき, せめて一, そうと, そのまま警視庁, その煩悩, それさえも, それに, それを, そろそろ懐中, たいてい読んだ, ただあなた方, ただ私共, たまらない程, ついたまま, つひ御返事, なんの, はなはだ御, ひょっとしたらわたし, ほっと安心, また同じ, また御, また私, みんな東京の, めずらしがっ, もしかしたら, ゆうべ消防の, アネサの, ツイうっかり, 一滴ずつの, 両親に, 中学の, 二人は, 仕方なし, 仲間に, 兄は, 全く無邪気, 内部の, 卵の, 又同じ, 又解った, 吉野山に, 名まえ, 外国の, 多分台湾館, 夜蔭に, 大いばり, 失礼な, 妾の, 子の, 子供心に, 学校の, 客は, 容赦なく, 寝ぼけながら, 巻を, 彼女は, 恐らくこの, 手間損だった, 斎藤先生も, 次長は, 殆ど默つて折口さん達, 法一は, 父の, 玉ねぎさんは, 町人は, 社長は, 私たちの, 私の, 私達は, 立って, 箪笥の, 綴り方, 袷を, 裏へ, 読むには, 誰も, 非常に, 黙つて何事

▼ ませんでした~ (85, 4.5%)

3 それも 2 私も

1 [80件] あまりくさい, あるいはそこで交叉, いよいよ息, いろいろな, えっちらおっちらの, おいでに, おそらくほんとう, おまけに, お噂, お持ち, お詣り, ご近所, しかもキシさん, じぶんたち, そのうち, そのほか, その頃取締り, それに, それは, ただ不安, てんでわらう, どこの, まさに城, ましてそういう, またあの, またその, またそんな, またなく, またデストゥパーゴ, また三百年前, また不可能, また別に, また彼等, また決して, また老母, また自分, ゆっくりおめにかかる, ゆつくりおめにかかる, わしと, わたしには, わたしも, 不本意, 今や帰り, 何の, 償うわけ, 八月の, 六ヶ敷い, 切身に, 又さ, 又気取られる, 同情も, 外にも, 外交官でも, 奥さんだって, 娘に, 安宅先生が, 宮様も, 少しく清潔, 復員し, 既に実行, 末の, 次には, 殊に経済的, 父が, 直接の, 知ろうとも, 社内に, 私だ, 私は, 第一, 終りの, 薬瓶は, 読んで, 谷村さんはめつ, 財務に, 遂, 降りたの, 雪も, 面倒臭くなったら, 面倒臭くなつたら

▼ ませんでしたけれど~ (79, 4.2%)

2 あとで, あなたの, 何か

1 [73件] あきらめないで, あのかたは御覧, いつか村人は, いつしか二人, いま眼の, いろいろな, お松としては, きっとその, こうしてお嬢様, この足跡, これが, さう, その後モスクヴァへ, その数, その顔色, それが, それでいてこの, それでも命, それでも飛ん, ただあの, ただうれし, ただその, とき, なんだか十三四, ひどくわたし, ほんとうに, まことにり, むっと咽, むりに, もう前, もし床, もし父, やや深い, プラトーは, 乙の, 事の, 人間よりは, 今と, 何でも, 其日の, 前にも, 前ほど, 勇三郎さんの, 取り急いで, 声が, 大変な, 大屋根, 実はこの, 小林君は, 小腋, 幸いに, 弁信が, 後で分りました, 後にな, 御顔, 感心な, 正覚坊と, 殿さまは, 洋子から, 父の, 生れてから, 確かに, 神仏二道の, 神尾も, 私が, 私は, 自分の, 要するにさきほど総代, 赤ちゃんは, 退引, 長兄の, 顔へ, 館長や

▼ ませんでしたけれども~ (63, 3.3%)

2 およそ見当

1 [61件] あの時分, あゝいふ, いよいよ出来上っ, いよいよ立っ, お正月でも, きれいさっぱり, このごろ怖, しかし実は幽か, そのなつかし, その一行, その後誰とも, その溝, その石, その翌日, その話, それが, それでも誰, ついあなた, とにかく追いすがっ, まず打たれる, やっぱり折助, わたし自分の, パラチブスに, 一別以来の, 一生片, 二度目に, 二晩続け, 人並以上に, 今は, 今申した, 何しろひょろひょろする, 何だか少しずつ, 保子さんと, 大体において, 大方狸穴の, 大東亜戦争, 天然自然の, 娘として, 宅の, 将軍家にと, 小森の, 彼等は, 後から, 所在な, 横合いから, 琴坐, 矢張貴方に, 私が, 私の, 臨湖の, 自分の, 自分も, 至って静か, 色は, 親しい間柄, 認められた金椎, 誰か, 追, 醒めた宇津木兵馬, 闇夜である, 頭の

▼ ませんでした~ (27, 1.4%)

92 知ら

1 [16件] お暑かっ, お雪ちゃんは, さあこうして, すこしもおぼえ, そうでも, そして日, その女, たいへんな, ついこの, 事変前など, 倉, 地鳴りでなけれ, 念の, 支那の, 矢張り, 知れませんが

▼ ませんでした~ (22, 1.2%)

2 親分

1 [20件] あなたが, あの部屋, お銀様, しかし, それで貴方, ただスメルジャコフ, ほんとうに, まったく, 何だかその, 兄さんは, 坊ちゃんの, 妾の, 尤も橋詰, 山木さんの, 母が, 氣の, 社会党の, 第一, 解散した, 貴女の

▼ ませんでした~ (20, 1.1%)

1 [20件] いかにも実直さうに, おっしゃりながら, お云い, お母さんに, しんみり述懐, やつぱり煮え切らない, ハッキリ申, 云いますので, 云う, 云って, 云は, 答えました, 答へ, 言うの, 言ったな, 言つて溜息を, 言ひ切つた, 詫言を, 謝って, 達弥は

▼ ませんでしたのに~ (19, 1.0%)

1 [19件] いきなり先日, ここへ, それから, つい今, 今までの, 六月三日将軍家が, 危険を, 后の, 唾液の, 如何した, 少将さんは, 御往生, 御酒気, 恐ろしいこと, 恥ずかしくて, 朝ちょっと, 本当にうれし, 貴女は, 近頃は

▼ ませんでした~ (18, 0.9%)

2 です

1 [16件] か, が何より, が悪い, が残り多く, が積もり積もっ, けれど, ことに藝者衆, さ, それに何時, でございます, ですね, はあの, はかへす, をいとしく, をもったいない, 貴女に

▼ ませんでした~ (11, 0.6%)

1 [11件] あなたは, お互様, それでマネージャ, もうお, ヱ何だか, 何かしら, 十九日に, 折角おいで, 昨年の, 私は, 顔色が

▼ ませんでしたけど~ (10, 0.5%)

1 あれは, いろいろ為め, どうぞどっさりあがっ, 何だか急, 余まり口惜しかっ, 光子さん連れ, 別にそんな, 四十か, 弟は, 御食事中

▼ ませんでしたこと~ (7, 0.4%)

1 がどうやら少し, が口惜しく, が残念, が遺憾, は皆, もあなた, を誰

▼ ませんでしたそして~ (7, 0.4%)

1 そのカンテラ, その日, みんなと, やうやく, ジョン, 毎日の, 海風の

▼ ませんでしたそう~ (5, 0.3%)

1 で, でございます, です, で十四歳, 云えば

▼ ませんでした~ (5, 0.3%)

3 せうか 1 せうに, せうね

▼ ませんでした~ (5, 0.3%)

1 あたし, そんなこと, どの本, 円い黒い頭, 堪忍し

▼ ませんでしたといふ~ (4, 0.2%)

3 嘘を 1 文句の

▼ ませんでしたもの~ (4, 0.2%)

31 ですから

▼ ませんでした~ (3, 0.2%)

1 君さんの, 消息を, 約束の

▼ ませんでしたかと~ (3, 0.2%)

1 思ひますけど, 聞きました, 訊かれたので

▼ ませんでしたその~ (3, 0.2%)

1 当時その, 程度であった, 途端に

▼ ませんでしたそれ~ (3, 0.2%)

1 がいま, だのに, は何故か

▼ ませんでしたという~ (3, 0.2%)

1 ような, 不始末, 口上で

▼ ませんでした~ (3, 0.2%)

1 うか, うでも, はしませんでした

▼ ませんでしたあなた~ (2, 0.1%)

1 にはお, のお

▼ ませんでしたかしら~ (2, 0.1%)

1 うちへ, 何んだ

▼ ませんでしたがね~ (2, 0.1%)

1 この春あたり, 一人が

▼ ませんでしたこの~ (2, 0.1%)

1 位気性が, 位気性がさつぱりとしてゐますから

▼ ませんでしたすると~ (2, 0.1%)

1 不思議な, 昨年の

▼ ませんでしたそれだけ~ (2, 0.1%)

1 の説, 評判者でした

▼ ませんでしたそんな~ (2, 0.1%)

1 工合, 浅はかな

▼ ませんでしたでも~ (2, 0.1%)

1 会って, 越後の

▼ ませんでしたどうして~ (2, 0.1%)

1 いつごろから, 彼は

▼ ませんでした~ (2, 0.1%)

1 あつはつ, 漸

▼ ませんでしたねえ~ (2, 0.1%)

1 あなた無理も, 随分待ったでしょう

▼ ませんでしたまた~ (2, 0.1%)

1 明晩の, 正当な

▼ ませんでしたよう~ (2, 0.1%)

1 です, な私

▼ ませんでしたわたし~ (2, 0.1%)

1 が歌, にそんな

▼ ませんでした~ (2, 0.1%)

1 の風, へなど出ない

▼ ませんでした~ (2, 0.1%)

1 ごかし, の胸

▼ ませんでした~ (2, 0.1%)

1 のよう, はただ

▼ ませんでした~ (2, 0.1%)

1 の上, はあっ

▼1* [118件]

ませんでしたね, ませんでしたあなた様に気, ませんでしたあの時は, ませんでしたありがたうござりまする, ませんでしたありがとうござりますると, ませんでしたあれには怖, ませんでしたいつかわが一族, ませんでしたうちにもうこんなに, ませんでしたお松どのという存在, ませんでしたかいその一人, ませんでしたかいね何処で, ませんでしたかねそのちょっかい, ませんでしたからねまだね, ませんでしたがしかス何, ませんでしたがネ昨日です, ませんでしたきっと私などには, ませんでしたンが, ませんでしたけどねなんでも敏ちゃん, ませんでしたこと私の象牙, ませんでしたこれは文字, ませんでしたア, ませんでしたさあどこに, ませんでしたしかし私は, ませんでしたしかしながらこれは, ませんでしたせいですか, ませんでした私あ, ませんでしたそういうみち子の, ませんでしたそこで悪魔は, ませんでしたそれに私は, ませんでしたただ一様に, ませんでしたただ人の気, ませんでしたため遅れて, ませんでしただから私は, ませんでしたではその先, ませんでしたとかいふところを, ませんでしたところ或頃, ませんでしたところ女の子をその, ませんでしたともお松としては, ませんでしたどうしてもほかの, ませんでしたどうぞ御ゆるし下さいまし, ませんでしたなあ針目博士, ませんでしたなぜといへ, ませんでしたなみたいていの, ませんでしたなんにも知らない, ませんでしたのでねホホホ, ませんでしたのでへエ, ませんでしたのねえ狹い, ませんでしたのよずいぶんよく寝, ませんでしたはては大きな声, ませんでしたばかりでなく何, ませんでしたほんの家内だけの, ませんでしたまだたしかに一人闇から, ませんでしたみずからたがやして, ませんでしたみんな樫の木, ませんでしたもし酋長が, ませんでしたものの病気の, ませんでしたもんですから, ませんでしたゆえ手前共もいぶかし, ませんでしたよと云うの, ませんでしたわたくしの身体, ませんでした佐々君, ませんでしたネエ少しかお, ませんでしたネエ貴方のいらっしゃる, ませんでしたとっとっと, ませんでしたに毛皮, ませんでした上意というひと言, ませんでした二軒ばかりできいた, ませんでしたがこの, ませんでした人っ子ひとりおりませんでしたよ, ませんでした今晩は能, ませんでした何でも蕗子が, ませんでした何故なら美術批評家, ませんでした何時の間にまいりましたか, ませんでしたを聴い, ませんでした八五郎は隣, ませんでした出来のいい, ませんでしたにお, ませんでしたけに私, ませんでした卑怯な私, ませんでしたを蔽う, ませんでした大きに左様で, ませんでした奥さんを誘惑, ませんでしたが出, ませんでした女の子をなくしまし, ませんでしたやなんか, ませんでした実に雨は, ませんでした家中で身分, ませんでしたに不思議, ませんでした市民識者の輿論, ませんでした常盤御前は貞女, ませんでしたを慰めたく存じ, ませんでした恨めしさが, ませんでした恰も生理的な, ませんでした程是, ませんでしたには一人, ませんでしたの仕度, ませんでした最早妾の, ませんでしたに乗じ, ませんでした権次をかき退ける, ませんでした母親はしんぱい, ませんでした毎日毎日主人のかへり, ませんでした河田と私, ませんでした無精になつ, ませんでした父親は心, ませんでしたの人, ませんでした直ぐに私も, ませんでしたは彼女等, ませんでしたは世俗, ませんでした自分自身を知りませんでした, ませんでした荷車はぎいぎいとゆれ, ませんでしたのひしめき合いです, ませんでしたの出る, ませんでしたも外, ませんでした連れがあった, ませんでした鈴慕の音, ませんでしたに何, ませんでしたがひどかっ, ませんでしたも覚え