青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ません~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ます~ ~ますます ますます~ まする~ ~まず まず~ ませ~ ませう~ ませぬ~ ~ません
ません~
ませんでした~ ~また また~ または~ ~まだ まだ~ まだまだ~ まっ~ まっすぐ~ ~まったく

「ません~」 23055, 249ppm, 382位

▼ ません~ (7466, 32.4%)

109 私は 65 それは 59 私の 42 兎に 28 それが 26 これは 23 なんでも, 兎も 20 それを 19 あなたの 18 何でも 17 僕は, 此の 15 その代り 14 これを 13 今の, 何か 12 今日は, 平次は, 昔は 11 しかしそれ, その頃, 私が, 私には, 自分の 10 その時, それに, わたくしは, わたしは, 何を, 私も 9 これも, た, どうした, 人の, 人間の, 少くとも

8 [11件] あなたが, これが, さすがに, ともかくも, わたくしの, 併し, 僕の, 女の, 念の, 私としては, 私に

7 あなたは, あれは, ここに, しかしその, しかし私, それも, それよりも, 今は, 何んで, 彼の

6 [11件] そこは, それには, それより, 一と, 主人の, 何う, 何も, 妙に, 彼は, 日本の, 非常に

5 [25件] あの人, いずれに, お屋敷, ここの, これで, さう, しかし, そこが, その中, それと, そんなら, ちよつと, どうかお, わたくしが, わたしの, 不思議な, 今夜は, 去年の, 困ったこと, 妙な, 実は私, 父は, 貴方の, 貴方は, 近頃は

4 [40件] あなたに, いずれも, お静, こ, ここで, これだけは, これでも, こんなこと, そこに, その上, その前, その晩, それから, とにかくその, どうか, どうも私, なにぶんにも, ほかの, 中の, 主人が, 主人は, 二人の, 人間は, 今から, 今度の, 今日の, 何んと, 例の, 先生の, 兎にも, 実はその, 平次の, 幸いに, 心の, 折角の, 是は, 相手は, 確かに, 私たちは, 親の

3 [87件] あとで, あなたも, あなた様は, あのお, あの家, あまりの, いつでも, お一つ, お国, お話を, ここへ, このお, この場合, この時, この頃, これに, これまで, さうかと言つて, しかし何, すつかり, そうかと, その, そのうち, そのよう, その人, その眼, それでもこの, ただ私, とにかくこの, とにかくこれ, とにかくに, とにかく大, どうぞお, どうでも, どこか, なにかの, はたから, ほんとうの, ぼくの, もし私, やって, わたくしも, 一方は, 事実は, 人に, 今では, 今度は, 仕方が, 以上の, 何が, 何と, 何に, 八五郎が, 前にも, 召しあがって, 外に, 多くの, 大体に, 女は, 實は, 幸ひ, 急に, 或る, 手前は, 斯う, 旦那の, 旦那は, 明後日は, 昔の, 昨夜の, 東京の, 母の, 男の, 真の, 眼に, 私たちの, 第一, 自分は, 自然の, 舞台の, 蚊帳の, 誰か, 貴方が, 貴方も, 身の, 近所の, 首の

2 [402件] あいつが, あっしは, あとの, あなたから, あなたこそ, あの, あのお話, あのころ, あの事件, あの女, あの少し, あの時, あの男, ある時, あれぢや, あれほど, あれも, いかにも自尊心, いかにも非凡, いつか貴女に, いつまで, いつもの, いづれも, いまの, いやな, おそらくその, お上の, お二人, お互に, お前さんは, お勝手の, お嬢様, お孃さん, お菊, お靜, きょうは, けれども人間, けれども私, こういうこと, ここが, ここは, こちらの, こちらは, この, このごろは, この世に, この世の, この世間, この事, この事件, この二つ, この儘, この女, この家, この御, この手紙, この日, この次, この点, この男, この言葉, この辺, これからは, これからも, これから私, これらの, さてその, しかしあの, しかしこの, しかしこれ, しかしもし, しかし僕, しかし我々, しかし通信, そうでない, そう云った, そう申し, そこには, そこまで, そこらへ, そのお, その内, その十二支組, その唐櫃, その娘さん, その寒山, その御, その抗議, その男, その者, その貝, そりや, それさえ, それでもお, それでも小粒, それでも自分, それなら, それにしてもその, そればかり, そんなこと, そんな事, そんな恰好, そんな気, そんな風, ただあの, ただ何, ちょっとお, ちょっと見た, でもあんまり, でもたしかに, でもまあ, とにかくここ, とにかくこちら, どうかする, どうで, どうもこれ, どうもその, どうもそれ, どうもそんな, どうも頭, どこへ, なか, なぜそう落着, なにしろお, なにしろその, なんなら, なんに, ふたりの, ふと気, ふと目, ほんとうは, ぼくが, まあそういう, まあ日本語, まあ私, またその, まだ今, まだ身動き, もう一つ, もう一度必死, もう二十, もう少しあなた, もしそうだ, もしそうだったら, もし損失, もし直, もつと, わしが, わしは, わたくしとしては, わたしに, ツイ調子に, 一人で, 一体何, 一刻も, 一寸御, 一寸足, 一般の, 上下の, 不幸に, 不快な, 世の中には, 両親が, 中から, 中にも, 中年の, 中庭の, 主な, 主人始め店中の, 二三年前から, 二階の, 些と, 人を, 人生の, 人間一匹殺せる, 今でも, 今に, 今までの, 今夜に, 今年の, 今年は, 今度手前共の, 今日思い返し, 今晩は, 仕事が, 他の, 以前は, 何うせ, 何かの, 何しろ半, 何となく平次, 何の, 何ん, 何んか, 何んだ, 何んでも, 俊夫君の, 俳優の, 僕と, 僕に, 僕には, 僕も, 兄さんが, 先刻小唄の, 先生が, 先生なら, 全くの, 全く闇, 八五郎を, 其は, 内儀の, 出て, 前には, 前後の, 匕首を, 危いところを, 厚く感謝, 厭な, 只わけ, 只今は, 召上る, 同時にいきなり突き放されず, 君の, 四国の, 困つたこと, 外へ, 多くは, 夜中に, 夜前からの, 大したこと, 大体の, 大勢の, 大原の, 大変な, 大層面白く, 大森は, 大負け, 夫でも, 奉公人の, 女乞食に, 如何に, 妹の, 妹は, 婦人の, 実はあの, 家の, 小粒が, 少々お, 少々ばかり, 少し, 少しお, 少しの, 少しは, 少しばかり, 屋敷の, 山根君に, 左の, 差出人の, 師匠の, 年も, 幾分か, 床の間に, 床板一枚の, 底知れず, 庭には, 当地の, 当時の, 当時は, 役目です, 彼らは, 彼女は, 彼奴は, 御覽, 愛欲の, 成り上り者, 成程, 手口にも, 持って, 持物でも, 捕物帖としては, 文句は, 斯うし, 斯んな, 新聞に, 日本人は, 明るいこと, 明日の, 明日は, 明治時代の, 昔から, 昨夜は, 晴れて, 曲者は, 有合せで, 木戸を, 本人が, 本人の, 本當, 材料を, 来ても, 松虫や, 柄の, 根が, 検べ, 正直な, 正直の, 此処に, 死骸から, 殆ん, 殊更わたくし, 残って, 段々と, 母が, 母は, 毎日お, 気の, 氣が, 水分を, 江島屋の, 江戸に, 江戸川を, 江戸時代には, 決して無邪気, 油を, 泥棒の, 洗練された, 深く神, 漱石さんが, 火を, 特別の, 現在の, 理解する, 生れ乍らの, 生活には, 用心の, 用箪笥ごと庭に, 町人は, 番頭の, 白梅の, 目口も, 相手の, 眺めの, 眼と, 瞬くうち, 神の, 神経やみの, 私と, 私どもの, 私のは, 私共は, 突当りの, 立派な, 約束だの, 絵の, 継子さんは, 綺麗な, 縁の, 聲の, 職業的第六感とでも, 肚では, 腕は, 腹の中は, 色の, 色白の, 若い者, 葉の, 蒸汽は, 血の, 行って, 要するに, 親分さん, 親分の, 親分は, 親父が, 試みに, 話の, 話を, 誰も, 貴方には, 貸地家作, 身形も, 近いうち, 近頃の, 迚も, 追, 道, 道は, 道中で, 那, 邸内に, 部屋の, 金も, 震災以来三度も, 静止の, 非凡の, 頭から, 頭髪を, 頼りない, 風太郎が, 餅の, 首を, 馬が

1 [5166件 抜粋] ああいい, あすこの, あちらに, あつしの, あなたを, あのたい, あの会場, あの年増, あの晩吉岡さん, あの神主さん, あの風間, あまり重要, ある一家族, あれが, あわてたせゐか, あんまりびっくり, あッち, いささかも, いちばん初め, いつふりだす, いませがれが, いよいよ海岸, うわさに, おころさんには, おそらく小生, おととい以来伊賀鈴鹿美濃ざかいの野伏山賊の, お両人さま, お催し, お勝手に, お妾, お宅, お峯, お所, お正午近く学校, お瀧, お目, お組, お言葉, お金で, お雪ちゃんに, かうして, かく幼少, かねてからお, かれは, きょうに, けれども一身, こういう庭園, こうも, ここへまで, こっちから, このくら, このひとたち, この万籟死, この仲間, この参観, この地藏, この川, この明けっ放し, この洛中, この石臼, この記事, この郷土的, この頃中野君たち, これから当分, これほどの, こんな下手, こんな話, ご静居, さすがの, さて見世物, しかしあまりによく, しかしともあれ貴女, しかし人間, しかし天下, しかし既に, しかし結局, しかし高村さん, しろうと考えで, じつは研究ねっしん, すでに封印, ずいぶん諸方, せめて優れた, そういい伝え, そういっ, そうなると妻, そう穢多, そして大変仕事, そのかわり, そのほか, その二人, その他肩に, その作品, その印籠, その子守唄, その後の, その感じ, その時驅, その理智, その粗末, その血潮, その造作, その風聞, それから又ふた, それだけに私, それでは三輪, それでもあれ, それでもちょいちょい, それでもよく, それでも以前, それでも奥八畳, それでも横, それでも相手, それでも週, それにしてもびっくり, そればかりを, それら工夫の, そんなに立派, そんな直し物, たいてい一寸前後, たしかにそうです, たたいて, ただなさけなくっ, ただ先日, ただ気象学, ただ酒, たとい二つ三つ, たぶん土井さん, だいたい私, だん, ちょうどその, ちょっと持っ, ついする, つまり関東, でもこの間, でも掛川, ときには気付け薬, とにかくそういう, とにかくやす子, とにかく何, とにかく半年, とにかく少し具合, とにかく私たち, とにかく金, ともかく一つ, ともかく現在朧げ, どういうもの, どうかしたら, どうしてあんなに衣類, どうぞこちら, どうぞ此方, どうもろくな, どうも若い, どこから, どんなお, なかなかこんな, なにか一人, なにしろ喊, なにしろ裾野, なるなら黄色い, なんだかドス, なんとかなる, はたの, ひどく酢, ふつうの, ぶうー, ほんとは, まあいい, まあどうぞ, まあ初々しい, まあ精, まずこうした, まず私共, また変化, まだ絵図面, まんいち人どおり, まア困っ, みんな心霊術に関する, もうこちら, もう一度電話, もう少し親切, もう自動車, もしこの, もしや三甚さん, もし現代, もっとも物質的, やかましい物音, やはり出目あたり, やや長, よくは, よっぽど遠い, わざわざ和田さま, わたしばかりを, アタピンの, イエそういう, ガラツ八の, コルシカという, スエコの, ツラの, ネルロは, ヒヨイと, フロシキを, ボクは, ミュンヘン大学の, ライスカレーには, 一ぺんそれを, 一人のかか, 一刻ばかり, 一寸貴方, 一度なんか, 一旦御, 一番生命がけで, 一足でも, 丁度旦那様, 万事が, 三保の松原も, 三宅雪嶺氏御, 三百年前に, 上唇の, 不完全ながらも, 不景気の, 世間では, 中でもイギリス, 中等学校へ, 主人大村兵庫の, 九州で, 事実な, 二人だった, 二十四五三十二三三十七八で, 云わずに, 五条を, 亥刻, 人形としては, 人間並みには, 今まで, 今度こそ, 今日世界の, 今朝現金二千円を, 仔細あつ, 代価が, 仮死に, 住みよ, 何しろたいした, 何しろ仕様, 何しろ覆面太郎, 何だか欝, 何で帝王, 何とも云え, 何んとしても, 何分少しの, 何方へ, 何處か, 作州の, 俳優として, 催眠術師の, 僕だけの, 元私, 先ずこの, 先づ水曜の, 先日宿下りに, 先達て博識の, 全く知らん, 八五郎から, 六郎さんは, 其の貧相, 其處が, 円朝には, 凶器に, 出来るだけ, 切字も, 別にどうと, 前述の, 加賀越中には, 勝重の, 十七年の, 十八九から, 升屋では, 南清は, 厚く思召, 又市, 口だけは, 古賀さんに, 只貧乏, 合わせ文字, 同じ物語りで, 同時に軍備, 君には, 周りは, 唯, 唯果たして助かる, 問題が, 喧嘩の, 四万ルーブリと, 四邊は, 国語である, 地獄から, 基督教では, 売淫と, 外で, 多分は, 多分卒中, 多助を, 夢を, 大した物, 大切に, 大家や, 大抵四月縛, 大阪へ, 天気さえ, 夫人が, 女ざわりの地所では, 女出入りの, 奴めは, 妖婦型の, 始終注意, 娘は, 嬌瞋を, 学校へ, 宗教心, 実に具わっ, 実はそこ, 実は当家, 実は貸本, 実際的, 家では, 容態としては, 寝床で, 尊氏は, 小判を, 小林大内両, 少々位良心, 少しも, 少し聞込みました, 尺八なら, 山は, 岩と, 左肩胛骨の, 帰らずにも, 平安朝に, 年々の, 幸い絵, 広い意味, 弁信の, 強ひ, 当夜縫子の, 彼こそは, 彼岸詣り, 後世に, 御兄さん, 御岳さんだけ, 御殿山という, 御覧なさい, 微妙な, 必ずお, 思うよう, 恋に, 恐らく脱, 悟ること, 意地も, 憎らしいの, 我儘一パイな, 戯曲には, 扉の, 手続きが, 折角くれた, 捨置かれませんから, 支度が, 敗れると, 文句を, 新し橋, 旅人が, 日本では, 日頃温良な, 旧式の, 早速取調べ, 昔教会に, 昨日の, 是非白山を, 時には, 普通の, 曇つた日などには, 最初の, 朝まで, 本多右馬之, 村田が, 松の木が, 格別そうで, 植込の, 模造品な, 機械が, 歌を, 正月十五日の, 此大覺寺が, 此處で, 歩いて, 死んでも, 残余の, 毎年武田家の, 気は, 永樂錢一枚の, 決してお, 沢山は, 沼田の, 洗って, 深々と, 源泉の, 漸く脂, 焙烙地蔵の, 然しあの, 照国の, 燐寸を, 物事に, 犬なら, 玉の, 現在は, 琢磨氏は, 生来私, 用心深い上, 男でした, 町内でも, 留置場の, 疊の, 痕跡が, 白粉と, 百本杭から, 皆着る, 目附の, 眞つ, 眼の, 研究に, 神棚や, 私たちも, 私にとって, 私生児が, 秋川駿三と, 空想家夢想家の, 笑わずに, 米國と, 紙に, 終始チャン, 絵描きの, 編笠の, 罠に, 義理も, 考えると, 職掌柄でございます, 胎児は, 腸を, 自分で, 自負心が, 舞踊家が, 良い女, 芸者数名を, 若い男, 若し此処, 英雄文学社の, 菜切庖丁か, 蒼白く透き通つた細面, 藤原時代から, 蝉の, 行ったら行ったで, 表情的で, 西南地方に, 見たところ, 親としては, 親方も, 訪ねて, 話す方, 説明の, 調べて, 謀叛人の, 貫兵衞は, 貴方に, 贈答や, 起請などは, 身分不相応な, 転びさ, 近い所, 近頃米国, 通りがかりの, 過大に, 道楽と, 都会でも, 重三郎は, 金吾様も, 銘々の, 鑑定し, 間もなくお, 附近の, 随分使う, 離屋に, 青木さんの, 鞘は, 頻りと, 風下に, 食ひ, 飾り物の, 馴れて, 高一, 鯉坂君の, 鹿と

▼ ませんから~ (2462, 10.7%)

29 私は 25 御安心 15 私の 13 安心し 11 これは, 何う 10 私が 8 それは, どうか, 今日は 7 あなたの 6 その辺, それを, どうかお 5 あなたも, ご安心, どうぞお, どうぞ御, 此の, 私も

4 [19件] あなたに, これを, すぐに, た, みんなその, わたくしは, わたしは, 一人で, 今夜は, 何か, 店の, 彼の, 御心配, 心配し, 残念ながら, 決して御, 私に, 誰が, 誰も

3 [29件] あなたが, お砂糖, こ, ここで, この手紙, これで, これも, そういうこと, そのお, その時, その点, どうか御, どうぞその, わたくしが, 一緒に, 今度は, 何も, 何を, 何卒御, 分りませんが, 堪忍し, 島へ, 手を, 略しますが, 私たちは, 自分の, 自由に, 見て, 黙って

2 [121件] あきらめて, あちらへ, あの人, あの男, あれを, およしなさい, おわかり, お互に, お案じ, お話を, ここに, こちらに, このお, この二つ, この辺, これが, これだけ, ご心配, そこに, そのうち, そのおつもり, そのつもり, その中, その代り, その噂, その方, それだけは, それではもう, それにお, それらの, そんな事, たいていは, だいじょうぶです, ちょッと, です, どうかあの, どうか許し, どうした, どうぞ, どうぞ命, な, なんだか変, ほかの, まず百円, また明日, むやみに, もうお, よく参ります, よく存じません, よろしければ, わざと葉書, わたしが, わたしの, ッて, 世間の, 乳が, 二た, 二人し, 二十四日の, 亭主の, 人に, 今でも, 今の, 仕方なし, 何うし, 何が, 何の, 何れ後で, 何処か, 何卒お, 元の, 先へ, 兎も, 其所へ, 分りませんけれど, 力を, 夜は, 安心なさい, 家の, 家内にも, 左の, 廊下へ, 弟子は, 当分は, 形の, 後には, 御自由, 御迷惑さま, 御飯を, 心の, 念の, 思い切って, 慌て, 断るより, 斯う, 明日の, 暇を, 本気に, 止むを, 殺して, 母も, 水は, 渡して, 犯罪も, 生活教を, 申しますが, 病院に, 皆んな帰っ, 知らない土地, 私から, 自分で, 話して, 誰でも, 貴女も, 貴方の, 貴方も, 赤井左門も, 返して, 途中で, 遠慮する, 非常に

1 [1864件 抜粋] あくまでスパイ, あしたの, あたりの, あなたに対しては, あのあさ, あの無, ありのままを, いきなりその, いくら出, いずれのち, いっその, いつしか自分, いつもの, いづれメール, いまの, いよいよ図, いわゆる, うるさくなく, おいでを, おとなしく名乗っ, おひろいで, おらア方へ, お会いしたい, お君, お婆さんと, お客でも, お察し, お庭, お心休, お手もと, お断り致します, お構いなく往らしっ, お母様と, お泊, お玉は, お米, お美夜ちゃん, お聴, お許し下さい, お話致します, お連れ, お銀様, お願えです, かえして, かえって環境, かほどの, がぶ, きっと三十人, くせものは, こいつを, こうし, ここいらで, ここを, こっそり知人, このごろは, このまま蝙蝠, この前, この場, この子, この村, この短い, この連中, この鶉, これからひとつ, これきりに, これまた, これ位のが, こんな時, ご存じない, ご老体, さう, さしあたつて, さぞ御, さて建てる, しっかりとは, しばらく法力, すぐあちら, すつかり, ずんずん追いつかれ, せめて息子, せめて書籍, ぜひここ, そういうもの, そういう時, そうして置い, そう避難, そこでこれ, そこは, そちらの, そのご, そのまま怖, その一部分, その仕事, その前, その大, その弟, その悪, その日, その氣, その癇癪, その途中, それこそ, それだけになんだか, それでツイいたずら, それで車, それに, それも, そんなにうまく, そんなら, そんな物, たいへんでした, ただそれ, ただ大空, ただ神さま, たちまち風呂場一杯, だまつてみちをよけて, だんだん宥め, ちゃんと腰, ちょっと五分, ちょっと次, ちょっと細工, ついうっかり, つて恐れ入ります, でございます, で技術上是非劍山, ともかくも, どうかその, どうか一日, どうか助け, どうか御免, どうか見逃し, どうか食べ物, どうしてりゅう宮, どうせ新しく, どうぞそれだけお, どうぞゆっくりし, どうぞ伴, どうぞ教え, どうぞ私, どうなすったろう, どこかで, どこへか, どちらに, どんな事, なかなかやり, なにから, なるたけ簡略, なんだか気の毒, なんとも云えません, なんなり, ねえあなた, はにかんで, ひとまず言葉, へえお内儀さん, ほかに, ほんの少し, まあひとまずお, まあ我慢, まことに目立たなくなっ, まずこの, まず伊香保神社, またこの, また山車, まだ入場券, まだ此處, まづ日本獨特, まア向う, むしろ彼, もうすて, もう一度値, もう少しゆっくり歩い, もう話, もしや次郎兵衛, やっぱり大和ホテル, やはり女給, やはり暖, やはり疑惑, やること, ゆつくりなす, よくお, よく気, よけいな, よろしくお願い, よろしゅうございます, わしの, わたくし失礼し, わんわんと, エネルギーの, クラリネットとね, ショーバイは, スッカリ要心を, ダンスも, ツイ腹立まぎれ, ハッチの, ホホホホホ, マイナイスソースの, ロケット銀製のを, 一しょに, 一つ教え, 一二枚レコードでも, 一先ず村, 一合の, 一向存じませんでございます, 一度っきり帰っ, 一度見物, 一思いに, 一旦連れられ, 一燈園の, 一般の, 一通り弁明いたします, 万事お前に, 丈助も, 三味線で, 三津子も, 上人に, 下さい, 不安で, 不消化物を, 両親も, 中には, 主として芝居, 主従は, 事の, 二人で, 二枚折の, 人形を, 仇討ちの助太刀なんぞは, 今こそ, 今以, 今日の, 今日直, 今晩は, 仕舞い悪い, 他家の, 仙太郎は, 企画を, 伜が, 何うかし, 何ぞ賭けやしょう, 何とか其処, 何は, 何事も, 何卒そう被, 何卒自害, 何時までも, 何気なく彼, 使えません, 信州路へ, 働いただけを, 元々通り道連れ, 先づ皆さんが, 先生お, 全作ミヤ子を, 兵作お前やっ, 其等の, 内臓は, 再度参りました, 出て, 刀の, 分りやすい, 初めから, 別に家持手当, 前と, 加減を, 動かぬよう, 勝手に, 医学者たる, 十五日として, 単に参考, 危ないこと, 又一日隔, 又市, 取る物, 取極めました実は, 只いそがしい, 只畳, 吃驚しまし, 向こうへ, 呑気です, 唄の, 喰ふためには, 困ります, 国宝などでは, 塩うで, 夕方から, 多分七時, 多勢の, 大した騒ぎ, 大丈夫で, 大体を, 大急ぎで, 太い奴, 奇術師の, 女中どもを, 好加減, 妙庵先生は, 妻を, 姫も, 嫁も, 存じませんよ, 学校でこそ, 学術的な, 定めし母, 宜う, 実に苦しゅう, 室内は, 家まで, 家来達までが, 寂然として, 富士に, 寧ろ自分, 尋ねあぐんで, 小僧も, 小平は, 少しでも, 少しも, 届きません只, 山の, 左様なら, 差控え, 帰り, 年内の, 幸いの, 幽霊でさえ, 座敷へ, 廷章の, 引摺ってって, 当には, 当方の, 彼が, 往復ハガキを, 後生です, 御一所, 御免なさいまし, 御猶予, 御結婚問題, 復この, 心眼と, 心配に, 怒る人, 思う様に, 急に, 恐入りますが, 恰好が, 悪い事, 悪魔は, 惣次郎も, 愛国心という, 憚りながら御, 我慢しとい, 戸を, 手前に, 手燭を, 折々お側, 持って, 捜査機関の, 掻きながら, 放, 数多く実地, 斜陽族の, 新五郎は, 方々へ, 日本人は, 旦那へ, 早々世帯, 早く出, 早く持参, 早速これから届け, 明後日という, 明朝か, 昔の, 是は, 是非とも, 時折見舞っ, 暴れ狂ふ, 最も老, 月見寺に, 本当にどうかその, 来年雪が, 板の, 根本的概念を, 検査官は, 横柄に, 次版に, 此の程は, 此方へ, 死んで, 残念です, 母さんは, 母親には, 毛糸で, 水を, 江戸谷中三崎の, 決して決して御, 泉水について, 泳ぎの, 深くは, 渡邊さまの, 漁師は, 火を, 無理にも, 父の, 独身で, 猫に, 珍しいと, 甚吉が, 用意を, 田町まで, 申し上げますまい, 町の, 町年寄へ, 番頭を, 病院の, 白雲も, 皆さんは, 皆んな言つ, 目, 直接この, 省きました, 真実の, 知りません, 知ろう道理, 碌に, 祖五郎は, 福井町の, 私しは, 私ゃア寝ず, 科学上の, 窃かに, 窮境を, 立金を, 筋道が, 篤と源助, 米友も, 純綿では, 紺縮緬の, 結構な, 緩り, 翌朝に, 聞かずに, 聞く機会, 能い加減, 腕ききの, 膳に, 自分ひとりの, 自然最初の, 舟に, 船中で, 芸人と, 若し盗賊, 荷主全体つまり, 落着く, 虫の, 行列を, 表門へか, 見くびって, 覚めても, 親分の, 親方ちがっ, 言います貴女, 詫言を, 話を, 誠に心配, 読者と, 誰れで, 諦めて, 謹んで大命, 豹が, 貰う離縁状, 貴方本当に, 貸されませんよ, 蹌めき, 身軽口軽は, 軽蔑される, 返答を, 退く事, 逃げ出しました, 通常相当の, 遂に掃除, 道楽かと, 遠慮なさらず, 都合を, 重兵衛, 釜礁を, 銀の, 長い間, 閉めて, 間違っては, 随分危ない, 難儀を, 静かに, 面目なくっ, 頭立って, 食べるまで, 飴菓子を, 饂飩に, 馬鹿面は, 駒込片町の, 驚きまして, 鳥を

▼ ません~ (1628, 7.1%)

86 親分 3822 私は 10 そんなこと, 知ら, 私が 8 ほんとうに 7 それは, 私の 6 あなたは, それが, 旦那, 私も 5 あ, あなたの, それに, ねえ, ア, ッ, 何でも, 僕は 4 お孃さん, これは, それも, わたしは, 人の, 何か, 何人も, 此の, 私と, 貴方は

3 [15件] お母さん, これが, それだ, それを, つた今は, でも私, どうした, 今改めて, 何も, 僕が, 奥さん, 皆さん, 第一, 親分さん, 錢形の

2 [78件] あなたが, あなたも, あなたを, あのね, あれが, あれは, あれを, え江島屋さん, お互, お供を, お前さんが, お前さんは, きのう市場で, ここに, このまま, この景色, これ, こんな事, さぞやジヤマツケ, さア, すこし遅い, その上, その人, その時, それなら早く, そんな事, でも今度, どうか, どうしてあなた, ッて, ツ, ツて, 一体に, 下手人は, 今の, 今も, 今晩は, 今朝に, 他人の, 何うし, 何処を, 先生, 其, 其れ, 出掛にばかり, 切符は, 又ぶり返す, 大きいの, 大抵揃ひました, 女の, 少し待っ, 御父さん, 御用人, 急に, 怪しいか, 愛宕下から, 拝借した, 斯う, 本当にお気, 淋しくて, 父さんを, 盆踊を, 直ぐ溝, 私に, 私には, 私達が, 第二十一階選士, 繁青年は, 萩原さま, 見て, 親分武家も, 貴君が, 貴女が, 貴方が, 貴方に, 費用です, 違いますか, 銭が

1 [1125件 抜粋] ああお顔, あたしに, あたし産れ, あつしは, あなた, あなたに, あなた様ばかりは, あのお嬢様, あのシュポーニカさん, あの人, あの宝石, あの思兼尊, あの松, あの絶大, あぶないです, あまりの, あやまって, ありませんでしたら私, あんなお方, あんなほんのちょっとした衝突, あんな店子, あんな気持, あゝ寧そ, いうて, いきなり突当っ, いくら何ん, いくら旗下, いったいあの, いつお前様に, いまさら一緒, いやしくも夫, いやもう, いよ, うっかり血, ええ沢庵さん, え如何, え随分, おいも, おじさん, おぢ, おまはりさん, おや貴下, お兄い様, お兄様, お前さんごらんなすった, お前さん貞藏さんじゃ, お可厭, お品さん, お婆さん堪らない, お嬢様に, お察し, お日様は, お望み通り, お正月の, お気に, お父さん, お疲れ, お神さん, お菓子は, お話しは, お貞さん, お隣座敷に, お願, お首領, かよわいわたし, きっとそれ, けがらわしいダッタン人, こいつは, こういっ, こうして田圃, ここらで, こっちへ, このあつし, この三つ, この仙人掌, この大木, この漫画, この署長さん, この間は, これこの, これで, これへ, こんなあんばい, こんなところ, こんなに顔, こんな惡戯, こんな道, さあどこ, さうなつた日, さっぱりなさい, して, しまひ, すぐ手, ずうずうしいで, せめて面, ぜんたい何の, そいで, そうなった, そこは, そしてあなた, そしてまんまと, そして僅か, そつと, そのあなた, そのくらい, その中, その儘許, その喜三郎さん, その女房, その後へ, その晩帰り, その気味, その縄, そらいつか, それで, それで貴方, それとも全部婦人団体, それならもう少し, それにあの, それに又わざわざ, それほどお金もち, それよりは, そんなこといつ, そんなじゃあ, そんなにい, そんなに暇, そんな奴, そんな怖い, たしかに二三度手紙, たつた十八, たとへ, たのむという, だから大事, だしぬけに, ちゃんと知っ, ちょいと, ちょうどこの, ちんちん動きます, つたのそれは, つまらない遊び, つれて, で雛段, ところが下女, ともかくも, どうか他, どうしてわたし, どうぞお, どうぞご, どうも間違い, どちらが, どっちだって, どのくらい, どのみち事面倒, なかなかよう, なぜあいさつ, なぜで, なつかしいなつかしい波, ならうこと, なんという, なんぼ僕, ねえあなた, ねえお若さん, ねえモトコさん, ねえ御隠居, ねえ秀子さん, ねずみが, ひもうせんだ, びっくりいたしまし, ふだんから, ぽかぽかとして, また相当, まだ, まだたっぷり二合位, まだ小さい, まァまァすっかり, まア御緩, みんなあなたを, みんなの, もうこの, もう一つ, もう一度そう云っ, もう何, もう書付, もしやそれ, もし幸内, もっとはっきり仰し, もみの, やすけりゃ少し, よくある, よく礼さん, わかって, わたくしどもの, わたくし何だか, わたしなんぞも, わたし恋の, ゑくぼとほくろはお蝶を, アハハハハハハ, イワン, クラフトさん, シテ貴方が, ショールなんぞも, タイラア氏や, ツヤ子さんが, ナニ皆な, ネーい, ネー貴君なんぼ, ハムレットさま, フリイデマンさん, ホホホ, マア斯うなんです, ヤーコプさん, リンゴ酒を, 一つ篠田様に, 一人で, 一寸, 一寸面白い, 一応お, 一枚嘗め, 丁度その, 丁度時計, 万一血, 三吉は, 三輪の, 下手人の, 不精だ, 丸部さん私は, 之を, 乗馬で, 二三度位なら, 二人で, 二十一の, 云々といった, 五月闇に, 人が, 人性の, 今に, 今日に, 今晩限りの, 今現に, 仏の, 仕方が, 他家には, 伺って, 位の, 何うも, 何しろ女, 何と, 何は, 何れ帰れ, 何んです, 何処かで, 何卒返却, 何心なく, 何處へ, 來させた, 俺は, 傲慢だ, 僕も, 先ア能く, 先月末に, 先生に, 先生畚は, 全くこの, 八方から, 其の儘, 其晩の, 出来なければ, 出過ぎたこと, 判らなきや, 別に悪口, 別嬪ばかり, 助けて, 勘弁し, 勿論, 十分間とは, 千両箱の, 千兩箱の, 半時間許, 去った女, 取れるか, 古今無双です, 台に, 同行は, 向うの, 君達, 否縁, 呵々, 唯事でない, 善, 囚人風呂で, 土地を, 土居さん, 坂本さん, 場席の, 外で, 夜中に, 大事な, 大事の, 大変です, 大層お, 大胆な, 大變, 夫が, 夫よりは, 奥さんが, 奥様, 女は, 女房の, 好んで, 妾の, 姉さんは, 威張ってるん, 子供は, 存じませんけれども, 学校の, 安藤の, 実は私, 実際監獄, 家搜し, 寒いのに, 寝棺では, 尋常な, 小林さんな, 小銀, 少し買つて, 屋敷は, 山田先生の, 巴丹杏や, 年かさの, 年は, 年増で, 幸いすう, 庇を, 店中の, 庭に, 当らずと, 彫刻には, 彼の, 後生の, 御主人, 御名代, 御招待, 御見え, 御隱居さん, 徹底的に, 怖い時, 性急ない, 恨みを, 悠々と, 悪党でも, 惜しい事, 憎らしいねえ, 憫然にねえ, 成り代って, 我が悪事, 手前も, 抱き止めずとも, 拙者は, 持ちぐされの, 捜査本部に, 握りつぶすこと, 政府は, 敵機の, 文学士だ, 新情婦, 既に第, 旦那さま, 旦那の, 早く呼び戻しなさい, 早く行きましょう, 明日ね, 昔の, 春吉に, 昨夜平, 昨日漁師たちが, 是は, 是程に, 時刻を, 智惠子さん, 曲者の, 書いて, 最早や, 本当の, 東京に, 柄こそ, 案外お洒落, 次の, 歌を, 正丑, 正直に, 此方で, 此様な, 武士の, 歯は, 殊に只今, 殺さなくっても, 毎晩の, 氷ノ山が, 泣くが, 流し元の, 深川の, 済んだこと, 火は, 無理でない, 然う, 然れ, 爾し, 物を, 猶も未練, 現にこの, 現今の, 理由が, 甘谷さん, 生前は, 男同士ふたり水入らずで, 留が, 當人は, 痩我慢にも, 発心が, 皆な, 直に死なね, 相当の, 眼が, 矢張り荘先生だった, 石原の, 礼なんて, 秀子を, 私では, 私なら, 私を, 秘密は, 竜宮には, 第一今月, 筋道を, 素人の, 結構です, 緯度から, 署長さんの, 聖天の, 肩の, 背の, 自分が, 舞台の, 良い陽氣, 若しお, 若し有れ, 若し間違, 苦しくて, 茶番も, 荒れて, 藍染川に, 藤波金三郎の, 血の, 行きますよ, 西洋の, 見事私は, 親が, 親分人間が, 親分早く, 親父が, 観音様は, 許して, 詳しい事, 誰が, 諸人を, 谷中の, 貴方ぐらいの, 貴方を, 貴方本当に, 貸して, 足の, 近過ぎ, 近頃玉ちやんが, 逃げて, 連れて, 遊んで, 道に, 道時が, 部屋は, 酷いよ, 野枝さんは, 金儲けは, 金銭の, 銀子さん私が, 長いあいだ此, 阿父さん, 隱さう, 雀の, 離縁状を, 電話は, 青春を, 頼もしい人, 飛付いて, 首に, 馬鹿の, 髯こそ, 魔の, 麓に, 黄梁の, 鼠も

▼ ません~ (1099, 4.8%)

86 親分 16 私は 8 あなたは, 私が 7 あなたの, 親分さん 65 それは, そんなこと 4 お粂, それに, 僕は, 旦那, 第一 3 お前さんの, ほんとうに, ツ, 何う, 何か, 兄さん, 御新造, 私の, 精

2 [55件] あの家, あれは, いけませんよ, お前さん, お父さん, お目, こ, この通り, これは, それだけは, そんなさもしい, そんなもの, ただ親元, どこに, はつはつは, へえ, ほんとに, また明日, イワン, 三輪の, 今の, 伯母さん, 僕が, 僕の, 兄樣兄樣と, 先生, 兎も, 冷えるもの, 去年の, 叔父さん, 向柳原, 味瓜は, 味瓜を, 大丈夫です, 奥さん, 彼の, 江戸一番の, 泥棒なんかに, 町方で, 石原の, 確に, 私には, 立派な, 親分の, 親分も, 親父の, 誰が, 課長さん, 錢形の, 長者丸の, 阿母さん, 阿父さん, 静に, 飛んでも, 馬鹿

1 [794件 抜粋] ああ分った, あっしが, あっしなんかの, あつしといふ, あつしなんかの, あつしも, あなたが, あなたに, あの人たち, あの小さな金, あの綺麗, あの話, あの騒ぎ, あまり変り過ぎ, あまり無理, ありや, あれッ, あんたほど, あんな人, あんな嘘つき, あんまりいろいろ, あんまり悪戯, い, いきなり親分, いきなり頭, いずれあれ, いずれ曲者, いっしょに, いつかこの, いどころ, いまの, いらっしゃいよ, いわんやブン, うちの, おっしゃいナ, おとなしくお, おばさん, おんなじです, お内儀さん, お前が, お前さんは, お前さん方は, お前に, お前は, お勝手へ, お医者, お城, お婆アさん, お嬢さま, お嬢様, お孃さん, お尋ねの, お帰り, お怪我, お母さん, お気の毒, お父さん今日は, お祖師様, お神楽笛, お種人參, お菊さん, お面, お願いだ, きっときっとそうに, きょうで, くそ虫さん, こう弱っ, こちらの, こっちが, このうえ, このなり, この二, この八五郎, この間も, これも, これ何時まで, こんな空, さうし, さア, しかしそれにしても責め苦, じつにひどい, すぐ帰っ, すこしだけ, ぜひとも, そいじゃ, そうする, そうでしょう, そのう, その代り釣り, その傘, その子, そら, そらね, それから私, それだ, それです, それでなく, それに一人前, それよりか, それを, そろそろ歩い, そんなことぢ, そんなの, そんなら, そんな人, そんな失礼, そんな心細い, そんな話, たいてい贅沢, たくさんだ, ただは, ただ今晩, ただ真面目, ただ陸, たった九十五カペイキ, たとい友さん, だいいち僕, だがひどい, だが浮気, だってあの, ちゃんと分っ, ちゃんと種, ちよツちよツちよツちよツ, ぢや, ですからそれ, ではさしあげましょう, でもこんな, でも世間, でも立派, でも足, でも野郎, とど助さん, どうあそばした, どうかお, どうした, どうして甥, どうせ私, どうなっ, どうも, どこにも, どっちも, どんな事, なあに, なにしろ人間, なんだか癲癇, なア忰, ねえ兄さん, ねえ彼ア, はい左様, はい腰, はじめから, ふふふ, へえ此様, ぼくの, まああの, まあなんて, まさかわたし, またわたし, まだそう思っ, まるで何, まア男, むしろ大木, むしろ流行, もうお, もうこれ, もしそうだ, もし一番, もし与え, もし書く, もっとも二両二分, もっと下手, もつと, やっぱりお金, やはり奴ら, ゆっくり御, よし娘, よそを, わしの, わたしたちは, わたしと, わたしの, わたしを, ゐら, アハ, アラ鍋です, アレクセイ・イヴァーノヴィチ大丈夫今日は, イワン兄さんは, エミに, オ, オホホホホ, クリストフさん, サア, サヽ早く, シタが, タクシーとんでもない, ッて, ッと, ニコニコと, ハイ三文も, ハヽヽどうせ, バビロンの, パーウェル・イワーノヴィッチ, ヒジキの, ピイクロフトさん, フフ, ヘイ左様なら, ヘッ, マリヤさん, リイリイリイ, リーザ私は, ロリーさん, 一つは, 一人だって, 一人の, 一昨日の, 一昨日もネ, 一騎討ちで, 丁寧に, 七兵衛おやじは, 万能の, 三拾両, 下手人は, 与八さんの, 中毒に, 串戯じゃねえ, 主ある, 事務長, 二人共, 五日の, 亥刻, 京都へ, 人が, 人に, 人生の, 人間としての, 人間なら, 今も, 今年の, 今度は, 今日は, 今日も, 今月に, 今生に, 他の, 仲働きが, 会いてえという, 何うし, 何しろふだん, 何だ, 何だって, 何で傷, 何に, 何も, 何を, 何時でも, 何時迄も, 何程意気地の, 例外が, 僕には, 億劫で, 兄さんいったい, 兄さん本, 先お前それに, 先刻から, 先刻の, 先方ぢや, 先生貴, 全く商法, 八さんは, 八五郎親分と, 其処へ, 冗談を, 別に, 利巧に, 加納屋の, 勉強する, 匕首か, 十六から, 千変万化です, 博士, 参りましょう, 又やられた, 口説いたの, 口開けです, 可哀そうな, 吉次だった, 君たち拙者は, 呑んで, 唐土の, 唯秀子, 善い心がけ, 喜三郎のは, 四ツ目の, 四五六七八もう, 地球だって, 坊は, 堅くて, 堺は, 壁に, 多分お, 夜が, 夜に, 大事に, 大変な, 大概なりを, 大澤家の, 大辻は, 失礼じゃ, 失礼だ, 奥さま, 奥さまや, 女が, 女の, 女一人と, 好いじゃ, 好いぢ, 如何した, 妙な, 始終明るく, 學校の, 宇佐美さん, 宗匠裏木戸の, 宜しいそれでは, 実はねえ, 家へ, 實は, 小説なら, 少しは, 尤もなまじ, 尤も使つたばかりの, 尤も連れが, 山下の, 山木の, 岩崎弥太郎さんと, 川の, 師匠を, 平家の, 庵室は, 弁信さんらしく, 彼れ, 待つてるぢ, 後暗いこと, 御やすい, 御前様と, 御姓名, 御新造殺された, 御自分, 怒ると, 恋患い, 悪魔が, 憚り乍ら, 憚り乍ら濡れ事の, 成り立たないのみ, 手を, 抓りゃ痛い, 掛け守り, 政府は, 新し橋, 新六郎さんと, 日の, 旦那これやあ, 旦那に, 旦那冷やかす, 旦那様頭へ, 旦那自慢じゃ, 昨年も, 昨日から, 是は, 是を, 時々匕, 木を, 木戸は, 末の, 本当に, 本当にあんまり可愛, 本物です, 本當, 杉さんそいつは, 村長さま, 柄の, 根が, 案じて, 梯子段は, 極く, 権力者の, 権堂が, 正直に, 此処で, 此方へ, 此間の, 歩いて, 死んだら牛, 死んでは, 殿方ばかりの, 母さんが, 毎晩こう, 水たまりを, 汚穢心を, 決して家来, 流行妓て, 浅かつ, 消化しきれない, 消防の, 濡れた足袋一足, 焙れば, 無理な, 父にも, 犬に, 狂と, 狂人に, 玉屋の, 現にお, 現にこの, 現に何ん, 生憎口は, 田舎じゃ, 男の, 町内の, 當人同士は, 痘瘡は, 白い紙, 皆んな仲好しで, 盗賊は, 相手が, 相手の, 真実です, 碌な, 神山様の, 秀子に対して, 秀子の, 私と, 私なら, 私はと, 私を, 私ア, 私イハア胸え, 私達の, 空つ, 第一侍, 第一読書, 細面の, 結構な, 罪に, 美緒さん, 能く, 自分の, 自暴に, 良家の, 苅谷さん, 若し昨夜, 若様が, 若樣, 萩原さまの, 藤波龍之進の, 行くもん, 親分さん敵を, 親分さん方, 親分は, 親分や, 親分今朝は, 親分向, 親分米櫃は, 話して, 話の, 誰かに, 諺にも, 谷中三崎町の, 財布位は, 貴女に, 貴方が, 貴方と, 貴方の, 辰巳藝者を, 近来は, 通り一丁目の, 道を, 遠慮なく言つて, 金が, 金兵衞の, 銀之助が, 長い間, 長崎で, 門口に, 阿賀妻さんそれを, 隱居の, 雁金さん, 青い梅, 青丹などとは, 静枝や, 靴を, 音なし, 頭に, 頭を, 顔を, 首相なんて, 馬鹿馬鹿しい, 鬼子母神は, 鰯の, 龜澤町の, MR

▼ ませんので~ (731, 3.2%)

32 ございます 11 した 10 ございますから 6 私が 5 私は 4 ございますが, ございますよ, それを, わたくしも 3 ございますけれど, どうした, わたくしは, 困ります, 私の

2 [33件] おかめ, お札を, ございますか, ござりました, したが, して, すぐさま御, それが, た, ただ私, はたで, ひとりの, へえ, まことに困り切ります, スタンレーは, 一人で, 中には, 今まで, 仕方なし, 何も, 先方に, 全く敵, 大抵の, 寄り寄りその, 手を, 村の, 村人達は, 止むを, 私たちは, 私に, 腹を, 默つて弟の, 黙って

1 [570件 抜粋] あくる日は, あたりを, あなたに, あなたの, あなた様の, あの方々, あの日, あの物置, あの通り, ある朝, いつもより, いやとにかく, いよいよ感心, いよいよ老耄, いろ, いろいろに, いわば彼, うれしゅうございます, おじゃまに, おとうさんに, おとどまりなさいませ, おらち, お供の, お天気, お孃樣, お寺へ, お忙, お手伝いでも, お母様が, お玉は, お畄守, お神さん, お竹, お花, お言葉, お訪ね, お通夜も, お部屋, お金を, お険, かまわずアレコレ, かように, きいて, きっと何, きのうも, きめんじょうと, きょうは, げすが, ここでは, ここに, こっそりと, この上, この人, この廓, この機会, この見渡す, この頃一度, これからずっと煙硝庫, これが, これは, こんなお, こんなみょう, こんな難儀, こン, ございますお出まし, ございますけれども, ございますもの, ござります, ごはんを, ご意中, さう, さてはと, しかし根, しかたなく, しかも私, しきり, してね, しばらくその, しばらくは, しばらく迷った, しようね, しんせつな, じっと見, すぐ出かけなけれ, すぐ立ちあがっ, すっかり安心, せうか, せっかくそこ, せめても, そういうところ, そこに, そっと奥, そのうち, そのため, そのとき, そのところ, そのほう, そのままつり, そのまま通りすぎよう, その人々, その仕事, その場, その夕方, その座談會, その手段, その最期, その港町, その点, その眉根, その辺, その馬, それぞれ職業なり, それに, それ自体としては, そんな新, そんな時, たいへん恨まれた, たけしくんは, ただ今は, ただ悪い悪い, だんだんひどく, つい, つい失礼, つい巡査さん, つい目鏡, つきとめては, とう, とうとうしまいに新宿駅, とうとう降参, とても叔父さま, とても死ぬ, とりあえず帰り, とんと一向存じません, どういった, どうか, どうかと, どうか去年あたり嫁, どうしていらっしゃる, どうしよう, どうする, どうもはっきりした, どうも自分, どこか, どこかの, どこが, どこと, どこへ, どんな用, なにとぞこの, なんだか不安心, なんとも申し上げかねます, にせものと, のんきな, はい, はござりませぬ是, はぶいて, びっくりしました, ふたりは, ふだんなら, ふと寫眞, ぶくりん, まあいい, まあもう少し辛抱, まあ小遣い取り, まあ紛失物, まことにお, まず第, また一人, また勇, まったく食っ, まづ日本, まるで墨汁, まんなかへ, みんなこう, むだです, むなしく残り, もう今日, もう少々御, もしも帰り, もどかしさ, やっと安心, やはり日本, やみの, よい絵, よくは, よくわかりません, よく日村瀬, よんどころなくそのまま, ろくなお話, わけを, わたくしども贅沢は, わたくし共は, わたしが, エエ腹立つ, カギは, サーカス団員三人と, ザンキいたし, ステトスコープも, トテモお, ドンドン巡査, ハッキリした, ハテどこ, ヘエ, ベソを, ホムダの, ボンヤリ隣席の, マタンは, レンズの, 一つ皆さんで, 一つ置い, 一同妙に, 一度お目にかかりたい, 一応試験, 一応長井, 一時は, 一生懸命に, 一筆かんた, 七つ道具の, 不本意ながら, 世間の, 中に, 中井少年が, 主人の, 乳児には, 二三日間の, 二日ばかり, 京子様が, 人夫に, 今いう, 今すぐ, 今度は, 今後は, 今日は, 今言った, 仕事も, 仕方なく, 他日に, 付近の, 代りに, 会いたくて, 伺う道理, 住居の, 体中が, 何う, 何うかと, 何か, 何かしら, 何が, 何しろどこ, 何だか気味が悪い, 何とかし, 何の, 何分あの, 何卒し, 信ちやんを, 僕も, 先づき, 先刻から, 先生は, 兎に, 兎も, 全く私, 全然そうでない, 全然ちがう, 全身の, 八五郎は, 公の, 兵隊に, 其の日, 内の, 円タクを, 再三辞退, 凡てを, 別々に, 前に, 千番に, 卻つてし, 去年僕が, 又一本, 取りに, 取敢, 叡山の, 只今の, 可けも, 右門を, 向うでも, 呆れて, 唯驚い, 困って, 困りました, 土地の, 土蔵の, 外出着には, 夜に, 夜分に, 大きなあくび, 大使館の, 大夫が, 大抵は, 大變, 天子さまは, 天神橋へ, 太田さんは, 夫婦の, 女官は, 女達は, 好意を, 妹の, 妾は, 姿を, 娘にも, 娘を, 嫌々腰, 学校で, 実に困っ, 実は主人, 実は固く, 実は妻, 実際吾, 家で, 家来達は, 容貌や, 寂しくて, 寝しなに, 寝床で, 小林君は, 小者が, 少々迷惑, 尚書の, 尤も其の, 屈託げに, 山人とともに, 山村の, 已むを, 市場で, 帝位に, 師匠の, 年號を, 幸いに, 幸一君は, 床に, 庫裏の, 庭の, 引かれるまま, 弟の, 当分近所の, 彼も, 後々の, 後年の, 後藤氏も, 従ってそんな, 御座いますが, 御座いますよ, 御推察の, 御殿を, 御滿足, 御礼心に, 御立腹, 御驚き, 忠平と, 念の, 思わずどなりかえしました, 思わず眼, 急に, 意趣を, 態とそのままに, 慥か何時ぞや三田, 或は重複, 手で, 手紙で, 手紙の, 持て余して, 指で, 挨拶の, 探検隊は, 掻き出いて, 料理人に, 方々を, 日が, 日は, 日曜日だけ, 早く大戸, 早川さんに, 時々聞い, 普通の, 暫らく路地に, 書くこと, 本題に, 村じゅうの, 根エ掘り, 梨売重助も, 椅子にかけて, 極りが, 極難所, 橋場の, 次第に憂ひ, 次郎が, 正ちゃんには, 死骸は, 殆ど酔っ, 残念です, 残念ながら, 母もかの, 毎日退屈で, 気持が, 水が, 水も, 決して我意, 汽車の, 海近い, 温度を, 為朝も, 無患子の, 無理やりに, 無論来, 父は, 爺さん牛は, 特にお, 珍重され, 甚だ当惑, 生まれて, 申しました, 畜養員と, 異議申請を, 病気でも, 百姓は, 盗んだ品物, 目下取調べ中であります, 直ぐには, 相変らず, 相宿を, 省略し, 短く簡単, 確かには, 私どもは, 私ども困っ, 私共は, 私共も, 私自身も, 空も, 簡単に, 紅茶だけ, 経験が, 結局默つても, 給金を, 総監も, 美代吉も, 翁も, 翌日町の, 老媼に, 胸では, 脱衣場は, 自分の, 自殺らしい, 至極ぼんやり, 致方ございません, 草葉で, 蛸漁の, 行届かんがち, 表は, 袖が, 見逃がして, 親仁殿は, 親戚の, 誠にどうも, 誠に当惑, 誠に申し兼ねました, 誰いい出す, 警官たちも, 警官隊も, 警察でも, 貴方は, 賢吉君が, 赤松家の, 趣向した, 車掌と, 近くまた, 近所の, 近頃は, 途中で, 途方に, 這入る事, 連れて, 遂に金博士, 遠眼鏡に, 酷く手持, 重ね重ね勿体ない, 鏡は, 閉塞装置に, 間も, 隨分苦勞を, 雨が, 電話を, 音が, 頂上へ, 須山中尉殿の, 飛ぶやう, 高徳の, 麻布の, 黒い顔

▼ ません~ (612, 2.7%)

24 それに 4 私は 3 あなたの, そうでなく, それに私, それは, またその, 男の, 私が, 私も

2 [20件] あなたも, あの人, こればかりは, そうかと, それが, それも, どこの, またあなた, またなん, もう自分, わたしの, わたしは, 保子さんも, 売るには, 女の, 宿屋の, 屹度再, 第一, 自分の, 足が

1 [520件 抜粋] あいそは, あくまで反抗的態度, あそこから, あたくし, あたりは, あっても, あとで, あなたが, あなたは, あなた様の, あの, あのひと, あの着物, あの高い, あまりひどい, あらぬ疑い, あるひ, あれを, あんなノッポ, いざと, いっても, いつそ, いつも楽し, おまけに, おもしろくない, お召の, お姫さまに, お嫁さん, お屋敷, お手紙, お梅どん, お爺さんに, お組頭, お苦し, お蝶さん, お酒, お金は, お金も, かたがた二十四巻という, かたがた病床から, かりに与えた, きっと間違っ, こっちから, こっちの, ことに夜, ことに秘書, このとき, このやう, このソース, このフランツ, この二つ, この子, この幕, この近所, この間の, これが, これに, こんな事, こんな人, こんな式台, さう, さっきから, さりとてそのまま, しかたが, しかもその, しかも値段, したがってだました, したがって昨夜お宅, ずっと男世帯, ずゐぶん苦労, せっかくの, ぜひ憶えね, そうかって, そうと, そう一日針, そう信じこん, そう疑っ, そこからの, そこが, そこに, そこを, そして全体, そして我家, そのうえ客席, そのうち日本, そのうち路, そのため, そのま, その上あすこ, その中, その人間, その他心当りを, その心算, その朴, その点, その窓, その節お召, その裏, そりゃ全く, それかつて, それからこの, それこそ, それだ, それではと, それとなく家, それなりかつえ死になさらなく, それにあの, それには, それに三合入, それに主, それに二人, それに何処, それに光子さん, それに時々, それらしく振舞っ, それを, それ考えたら, そんなうすっぺら, そんなくらい, そんなところ, そんな事, たいしたことぢ, たいして臆病, たかだかスルメ二枚, たしか先月, ただおそろしく, ただ一種, ただ塾生たち, たつた一人, たと, ちっとも眠れません, ちょうど白山, ついでに, できます事, とにかくこの, とにかく賢妻, どうし, どうしても必要, どうなる, どうも空, どこから, どないし, どなたが, どんな人, なかには純然, なにしろ四十幾歳, なるたけ早い, ねえ明智さん, はいっては, はじめは, はっきりおっしゃっ, ひょッ, べつに知ろう, ほんた, ほんとうに, ほんとに何処, まあそれ, まあ日本人, まあ鵞鳥, まごまごする, まさかそんな, ましてこれ位お世話, まして僕, まじめに, また, またあたし, またあった, またぐずぐず, またここ, またこちら, またこの, またこれ, またさ, またそれら, またそんな, またたとえ, またちっとも, またとやかく, またどう, またべつに, また一々, また了解, また事実些程, また他, また何, また何もかも, また別段, また句法, また始終, また実際, また家, また往来, また恐怖心, また毛織物, また海上, また滅茶, また無数, また甥, また疲労, また私, また笹部, また自分, また誰, また豊か, また述べ, また鋼鉄, また馬車, まだどなた, まだまだ私共, まったく困った, まどを, みなさんを, みんなとは, むしろいつ, もうどうか, もしそれ, やっても, やはり行っ, よしあっ, よし不幸, よんどころなしに, わたしが, わたしたちは, わたしには, わたしも, わっし, アタクシも, オメオメ牛に, クラムの, ヘリコプターを, ホントウに, 一でなく, 一人一人の, 一大事件だ, 一度一寸突っついた, 一文も, 一時かなり長く, 一本調子な, 一生独身で, 一般的に, 万一そんな, 三味線では, 三味線は, 三枝ちゃんが, 三男の, 上流と, 世間の, 中には, 久七も, 予審の, 云々, 人に, 人の, 人任せでは, 人形あそび, 人間は, 今だって, 今でも, 今の, 今もっ, 今後とて, 今後も, 仕事は, 代議士に, 仮令そうだ, 仲間の, 会社も, 伯母の, 何が, 何でもちやん, 何ともかとも, 何の, 何を, 何処の, 何程男勝りでも, 余計な, 使えば, 俎の, 借金は, 偶に, 僕も, 元より, 先生も, 光子さんも, 兎に, 其運動自身が, 出入口の, 出来ないし, 前の, 前借の, 労働法も, 匪賊が, 単に性欲, 又いくら, 又こんな, 又売名, 又斧, 又昔, 又本人自身, 又誰, 友次郎の, 友達から, 只葛城, 召使たちには, 同時にまた, 君と, 味も, 唯おたがいに顔, 喉も, 喧嘩という, 困りましたよ, 国へは, 國へは, 地位の, 地方地方の, 地震も, 坊やは, 場合によっては, 場所についても, 夏に, 外に, 外にも, 多少映画, 夜も, 大丈夫です, 大分疲れ, 奉公人共も, 奥の, 妹なら, 娘も, 娘を, 子供の, 子供は, 存外質素, 学問を, 学校の, 官途に, 実にこまる, 実際の, 家に, 家も, 家具も, 寝室い入れる, 小太郎さんの, 小学生の, 小染さん, 小為替は, 少し皮肉, 少女は, 屍骸が, 平田伍三郎とは, 平野の, 年つきが, 幸平も, 建前が, 彦七の, 彼らの, 後ろから, 徐州には, 従ってこの, 御義理, 徹底的な, 心臓にも, 怪しいこと, 恃み, 惡い, 態度に, 或いは死んだ, 戯曲家は, 戸を, 手の, 手も, 手紙と, 手紙なんか, 抗議の, 折角ここ, 抜け出たあと, 揶揄つたら, 支那や, 文明流の, 斯う, 新しくこしらえさせる, 既定の, 日本髪の, 明日からは, 是非伺はう, 時々は, 書いても, 朝早くから, 未だ当地, 本家や, 材料は, 村尾さんと, 東京は, 次に来た, 此の, 此儘放つ, 武蔵の, 毎日退屈し, 比良山にも, 気も, 気分は, 氣概を, 決して永, 河魚も, 泰二君は, 湯水も, 滝沢三次郎の, 無筆だ, 無論何処, 無論男, 煉瓦の, 熱も, 爺さんは, 特別の, 犯行を, 狭い軽井沢, 猶それ, 猿は, 現にこう八千代サン, 生涯さう, 由兵衞は, 男が, 男なし, 男の子も, 男子と, 町の, 病気を, 白首の, 皆さんから, 相手に, 真実である, 眼エあく, 着せて, 睡眠も, 知るとしても, 硝子障子の, 確な, 私自身の, 秋ちゃんなんかが, 空も, 窓ガラス一つ壊れた, 立ち上ったまま何処, 第一品夫自身, 第一雲助, 第二, 紙の, 組合の, 経費も, 綿貫の, 総ての, 緑は, 美保子は, 聞きも, 脅迫の, 腹巻は, 自分が, 臭気は, 良人も, 若旦那は, 苦労が, 葬儀の, 血統を, 被害者を, 裏へ, 見張りの, 訪ねて, 詩を, 話を, 詳しく聞き糺す, 誕生の, 誠に当地, 誠に申し上げ, 読む人, 誰も, 誰を, 貨物自動車が, 責める資格, 貴女の, 起請などを, 近くでは, 近頃の, 退くこと, 逃げよ思, 道に, 道の, 道も, 道場も, 鍋焼饂飩も, 陽気に, 雨の, 靴も, 音楽の, 飛ぶ方向, 飛山君の, 食事の, 馴れない道, 魚屋も, 鯉かんさんが, 麦が

▼ ません~ (609, 2.6%)

19 云って 13 いって 10 言って 9 答えた 7 いう 6 云うから 5 申しました, 私は 4 いうので, 云った, 云ふ, 言った, 言つた 3 云う, 云うの, 云つた, 断ると, 申すは, 私が, 私の, 答えて, 言ふ

2 [37件] あの子, いうから, いうだろうと, いうと, いったって, いっても, いつて, いふ, ここで, こんなこと, そう言っ, 云うて, 云うと, 云えば, 云ったが, 云ったの, 云っても, 云て, 先方へ, 妻は, 小さく隅, 山車が, 彼も, 思います, 押問答し, 村の, 殊勝な, 申すの, 礼子の, 私も, 答えました, 答へ, 答へる, 自分の, 言訳を, 赤十字の, 頭を

1 [414件] あちらでは, あなたには, あなたまで, あの通り, あぶらあげの, ある, ある人, いいこと, いいこと教, いいたかったけれども, いいながらも, いいましたらそれなら, いいますと, いい放った最後, いうか, いうが, いうに, いうの, いうのに, いうより, いうんで, いえば, いかがでしょう, いかに心, いきなりひっくりかえっ, いけませんそう, いけませんので, いけませんよ, いじらしいこと, いたしますと, いったが, いつた, いつたやう, いつでも, いつ何時, いひつつ, いふと, いへば, いま言った, いわなければ, いわれたそう, うそを, うつりませんでございませう, うらめしげ, おっしゃった, お云い, お兄さま, お取り次ぎ, お噺, お待ち申し, お手代, お母さんが, お母様に, お焦れなさる, お父さんの, お菓子が, かえして, きっぱり人々, くらあ, くれぐれも念, けどられて, こういう風, こう御, こう遣っ, こたえた, このごろは, これから一足, これから飛道具, さも呆れた, しよつちう言, すげなく断りました, そう云った, そう書い, その, その場所, その役に立たなくなる, その芸妓, それも, たいへん困ります, ただお詫び, ただ珍, ちかつてかう, ちまたに, ちゃんと図面, ちやんと, でないとお話, とんでもない, どうも, どうも工合, なかなか受取ろう, なかなか良い, なぜ云わねえ, なりませんばかり, なれば, ぬかしたぶん, はいつて, はっきり云った, はっきり言っ, はっきり言った, ひどい眼, まあこうゆう, またまた元通り継立て, また姿, また菅子さん, まづ, もうお供, もう誰, もし口論, もっとユックリ頂戴, もっと以前, やうやく, やはり典雅, わが大戦隊, わざと避けた, わたくしの, わたしたちは, わたしは, サオオ嫌なこった, サ真実に, シヤナアンが, ゼリーが, ツイ先刻申上げ, フェルムが, 一人で, 三年越お, 与茂四郎, 両親が, 主張する, 事もなげに, 云いつつも, 云いましたけれども, 云い張れば, 云い訳するの, 云うこと, 云うてたぜ, 云うとね, 云うので, 云うよう, 云う奴, 云う実に, 云う様, 云う真, 云う答, 云う誓約文, 云え, 云えなくなった, 云える彼女, 云ったからにゃ, 云ったけれ共, 云ったそう, 云ったって, 云ったので, 云ったよう, 云ったらすぐ, 云ったらそれっきり, 云ったら浮, 云ったん, 云ってね, 云っては, 云ってばかり, 云っといて, 云つ, 云つたつ, 云つて往来の, 云つて茶など, 云ひます, 云ふから之れで, 云へとの, 云わぬばかり, 云われたくらい, 云切ったら, 互いに話し, 五兵衛は, 五色も, 亭主の, 人が, 今から, 仏造っ, 仕事に, 仰有ったから, 仰有られちゃ, 仲直り気味に, 何でも, 余の, 余り咲きません, 余所余所しい, 信助が, 僕が, 僕は, 優しく教え, 冗談いう, 出来ません, 分りませんが, 前提を, 力の, 力んで, 医者なみの, 取次の, 受け合った, 口外し, 叫びましたが, 可愛らしいの, 命に, 命までが, 哀れな, 喜んで, 四百円の, 困りますねえ, 園遊会の, 土地の, 売切れに, 外の, 外出禁制, 多鶴子が, 大変やさしく, 大真面目, 女は, 女中が, 女中の, 女房に, 妻が, 威張つた事は, 娘は, 存じます, 安心が, 安心させ, 宜く, 宣言した, 寂しくって, 寝かして, 将来子孫の, 小鳥の, 少し甘味, 居るの, 工合が, 巧妙に, 常に答, 常に答えた, 庄八も, 弁解を, 弁護士を, 強情を, 強情ッ張の, 彼女から, 後が, 復命する, 心が, 念を, 怒っちまった, 思いましたが, 思いますけれど, 思い切って, 思えば, 急に, 悄然と, 愚痴を, 我が親, 手遅れに, 拒絶した, 掛合った, 政夫さんが, 断りながら, 断わったそう, 断わって, 断わり碌, 断わるたび, 新しい画, 旅は, 旦那様方が, 明りを, 明日は, 本当に毒, 松岡家は, 梅幸は, 極力申した, 母親ばかり, 気の毒そうな, 泣く, 泣声で, 注意し, 注意する, 注意を, 浜には, 涙を, 湖とは, 漁師が, 片輪, 物靜かに, 猫八は, 王さまは, 現にまだその, 申されまして, 申しあげました, 申したのに, 申したら落話, 申しましたので, 申しましたらお笑い, 申しましたら爪印, 申しましてね, 申しましても, 申し上げたところが, 申し上げて, 申し上げました, 申し上げると, 申し上げれば, 申し上げろ, 申すが, 申すもの, 申す事, 申上げましたら, 申上げます, 申上げるべき, 病人らしい, 白状し, 皮膚が, 真に袖, 真珠入の, 神様に, 私から, 私に, 私共の, 立派に, 答えそう, 答えたいの, 答えたという, 答えた一言, 答えます, 答えますと, 答えるの, 簡単に, 素直に, 縋りつく一手, 繰り返して, 繰返すばかり, 老母や, 聞いたばかり, 聞いて, 腹が, 自分にも, 自白し, 興覚めな, 若旦那さまも, 苦笑し, 蒼白い顔, 衝放ねましたら, 親身に, 解りません, 解りませんお, 解り憎い, 言いかけると, 言いきったが, 言いたかったが, 言いながら, 言いますと, 言いわけ, 言い切りました, 言い切れば, 言い遁, 言う, 言うこと, 言うと, 言うの, 言うべくして, 言うん, 言ったかも, 言ったじゃ, 言ったそう, 言ったの, 言ったらいかが, 言ったら周さん, 言った方, 言った言葉, 言つても, 言つて断つた, 言つて置いた, 言はれた, 言ひた, 言ふんです, 言へ, 言われたの, 言われたらそれっきり, 訂正し, 証言し, 詑びるのです, 詫って, 詫びたん, 詫ぶる, 誓ったこと, 誓わせなお, 誓言しろ, 語った, 語って, 誠にお, 誠に何, 謙遜された, 謙遜した, 買つ, 返事する, 遂には, 道が, 都合が, 酒屋が, 鈎を, 降参を, 隠すよう, 隣の, 雛妓を, 非常に, 頑張れば, 顔を, 飛んだ恥, 食い残り, 鼻を, 鼻息が

▼ ませんけれど~ (517, 2.2%)

5 あの人, それは, 私は 4 あなたの, 私の 3 そのお, ともかくも, 何でも, 此の

2 [23件] あたしは, あなたが, こちらの, これが, しかしそれ, その代り, それを, とにかくその, どうもお, まだ若い, わたしは, 二人とも, 今から, 今は, 先生は, 原籍は, 大よそ, 嫌ひ, 容貌は, 少しは, 服装は, 毎晩泊りに, 知って

1 [436件] ああ取乱した, あがって, あそこのは, あた, あたくし, あたしすぐ, あたしそそっかしい, あたしちょっと, あたしつくづく, あたしには, あたしの, あたしまだ, あたま, あちらに, あなたには, あなたは, あの, あのひと, あの叔母さん, あの方, あの時分, あの源右衛門, あの男, あの頃, あまりよくほえます, ある処, あれっきり荒田さんの, あれでねえ, あれを, あんなに真っ, あんな人間, いい気味, いけないの, いずれ準備, いつかは, いつかフレンドシツプが, いつぞや神田, いつ部屋, いまそこで, いま壺が, いま申し上げた, いやです, いらっしゃいませんか, いろいろ考えます, うちは, おうち, おそらくそんな, おとうさんは, おぼろげなれ, お二階, お側について, お姫様は, お嬢さん買いかぶっ, お客は, お役に立て, お怒り, お望み, お気に, お気の毒, お父さんが, お父さんの, お金だけ, お銀様, かくの, かねて肺病, きっと書きます, けさ早く, けっして軽はずみ, こ, ここが, このごろ山岸さんの, この土地, この実験動物, この深, この間包む, これからちょいちょいどうぞお, これでは, これは, これも, こんなふう, こんな事, こんな話, こんな雨, さう, さうし, さうで, しかし二人, しきりに涙, しっかり護っ, すぐに, すこしの, ずっと以前, そういうわけ, そういう器械体操, そういえ, そうしたら正ちゃん, そこであの, そこでは, そこには, そこは, そしたら, そのおもしろい, そのかわりお座敷, その一生, その弟, その教育法, その時, その時分, その書置き, その災難, その花, その関係, そりゃいや, それが, それでは何卒, それでも, それでもなんだか, それでも家, それでも田舎, それでも眼, それでも私たち, それでも茂太郎, それほどまでに, それよりも, それ程に, そんなこと, そんなに厭, そんなに待っ, そんな憎まれる, そんな瓜二つ, そッと, た, たしかに物影, ただその, ただそれ, ただ山, たった一つ, ためしに, ちょっとお願い, ちょっと外, つい心, つぎ合わし, できてるん, でもあたし, でもあの, でもお, でもこの, でもそれ, でも全く, でも口, でも機械, でも気がつい, とかくこのごろ, ときには着替え, とにかくお, とにかくもっと柔らか, ともかく今, ともかく日本語, どうかお, どうかする, どうか召, どうして本名, どうぞ貴, どうにか看護婦志願, どうもあの, どうもね, どうもほか, どうも平さん, どう始末, なにかこうおかしな, なにか大変, なまじつか, なりますこと, なんだかたいへんむずかし, なんでも, なんとなく私, なんに, にくみも, ねえおせい様, ねえどうか, ほうって, ほかの, ほんとうに, まあなおった, まあ段々に, まあ涼しい, まさかあ, まずまずどんな, またそう, また同じ, また私, まったく気, みんな三人に, もう万感, もう春ごろ, もしそんな, もしもあの, もしも何, もしわたし, もし万, もし丸髷, もし出したら, もし寝言, もし歩い, もはや恋, やっぱりたかが金魚, やっぱり私, やつぱり大変不愉快でした, よい手本, よくまあそんな, よく見, わたしが, わたしに対して, わりに近頃, イヤがる, ジェステュアを, ゾッとしました, タイクツせざる, チベットの, ミチ子さんに, ムクの, ヴァン・ダインなどは, 一つこの, 一つの, 一つ所に, 一人決まった, 一切私に, 一日だけ, 一旦愛相, 一昨年の, 一時お宅の, 一時の, 一本一本吹く, 七兵衛の, 世の常の, 丙午の, 二見ヶ浦を, 五月五日と, 人に, 人力車で, 今まで, 今日の, 今日は, 今日先生が, 仏蘭西語は, 仕上がりについて, 仮りに, 何か, 何し, 何しろこの, 何しろ始末, 何だか一向さっぱりしません, 何だか世間, 何だか人間, 何とかあの, 何とかいたしませう, 何とかし, 何と云, 何分急病, 何卒お許し, 僕などは, 僕の, 僕は, 元氣, 兄の, 兎に, 全然反対, 八五郎さん代つ, 兵馬は, 其お, 其の御, 内は, 凹面鏡では, 出来ないもの, 別にこの, 前の, 力士の, 医者も, 受け売りの, 合羽坂の, 吉村さんの, 周囲の, 味方に, 唯ほんの, 坊やだけは, 外の, 多くは, 多分, 多分その, 多分話し, 夜にな, 夜は, 夜勉強しない, 大体そんな, 大恐慌, 大間知さん守随さんに, 天井に, 奥さんが, 奥様に, 女だ, 女に対して, 女の子かも, 好きでも, 好きな, 子供の, 存じて, 宅でも, 実際は, 宮仕えよりも, 少しお話, 少しふさわしく, 少し何ん, 少し普通, 山やに, 師匠の, 平生私達の, 幸内の, 幼い時, 店の, 度々人さま, 弁信さんに, 弟が, 弦之, 強い井上君, 後の, 御別荘, 御新造さんは, 御用は, 御自慢, 御覧なさい, 御飯でも, 心では, 思いきって, 急に, 恐れながら母, 或はさ, 手紙ぐらいは, 折角ご, 探偵小説作家たる, 数年前は, 数箇月の, 方々へ, 既に店番, 日本という, 日本は, 日本人は, 明日の, 是は, 時代おくれ, 暗い屋根裏, 書いても, 最近社長の, 月日を, 有るとでも, 本ものの, 本当によく似た, 本文の, 杉田には, 来客は, 楽屋の, 歌の, 死んだ身体, 殺して, 母さんの, 氏の, 永久に, 河野の, 河野は, 洗面や, 津の, 浅草の, 潜水機なら, 濃い青色, 無いこと, 無邪気な, 煙突から, 父母は, 獨身で, 生活内容には, 産婆に, 男性である, 百人の, 皆さんなどとは, 皆人の, 目は, 盲目で, 相当な, 相手が, 相手は, 知らないで, 神尾主膳の, 私が, 私それ程, 私に, 私には, 私弱りきりました, 第一, 籍を, 美人である, 羞恥心を, 義姉の, 聊か慰むる, 職人が, 自分の, 至って挙動, 芹粥を, 若し出来たなら, 若様の, 西洋の, 見るの, 親しく生活, 親方の, 解釈しきれない, 話しかけた筋, 誰かに, 財産は, 貴下が, 貴方の, 足の, 足許の, 身体だけは, 造化の, 逢えませんでは, 連れ戻るときわたし, 道場を, 都合の, 酒は, 重いらしい, 銀色の, 間に, 随分いや, 随分好い, 電気の, 順序よくお話, 頭の, 鬼門とか

▼ ませんけれども~ (366, 1.6%)

5 兎に, 私は 4 私の 3 それは

2 [16件] ある意味, この私, それが, そんなん, どうもあの, プウ・フウ新聞は, 主人の, 今の, 併し, 兎も, 外に, 多くは, 我邦の, 或る, 確かに, 自分の

1 [317件] あいぬ, あたくし, あたしの, あっちにも, あなたが, あなたも, あなた礼坊は, あの地方, あの男, あの竹, あの肝臓, あれはあ, あんまり問題, いけないこと, いちばん根本は, お刀, お前さんも, お力さんに, お君, お土産, お尋ね申します, お滝, こ, このマナサルワ湖, この二人, この人, この十日, この悪い, この総領娘, この西, この記事, これで, これを, こんなの, こんな本当, さぞ痛かろ, さればとて, しかしこうして奥様, しかしアレ, しかし一通り, しかし気の毒, すぐれて, そういう池, そうなる, そう遠く, その他の, その仙太郎親方, その代り今, その休養, その山, その穴, その筋, その蔵, その証拠, その近郷, その鼻息, そもそも, それでは何卒, それでは味, それでも今にも, それでも払渡し, それと, それなら, それにも, それによく, それによっても, それよりも, それを, そんなこと, そんなら, たしかにしんぞう, たしかに人, たしかに本人, ただ一つ何人, ついでだ, つい笑っ, つくづく私, つまり仏教, つまり他, でもたとえば, とても優しく, とにかくそれ, とにかくやつ, ともかく夏, ともかく母, どういう人, どうかし, どうしてよい, どうにも, どうも今, なかなかチベット, なんだかひどく私, なんとなくそんな, ね, ね見よう, ほんとに残念, まあこんな, まあそこ, まあ大抵そんな, まさかにそんなにも, まず全体, まず外, また武雄, また私, まア志, むかしは, もしこの, もしや道, もし仮にあった, もし熱, もともと国家, やがてすっくと立ち上っ, やす子の, やはりその, やはり貴種流離, やはり首筋, よく新しく, よんどころない訳, わたくしは, イタリー語の, エキス分を, ゴトーンと, シナ皇帝から, ゼーツン・ミラレバという, チベットにおいて, チャッブや, テンピでも, テンピなら, ナニもう, ビフテキの, プデンが, マッサージか, 一人二人お, 一所懸命やつて, 一番先へ, 一般に, 上野を, 下手に, 世間じゃ, 世間には, 中味の, 中身だけの, 久しぶりの, 之に, 事実ある, 二三人の, 人間として, 今から, 今その, 今までの, 今夜は, 今度夏休みに, 今日先生が, 会いたいん, 伯母さんその, 何う, 何しろ吾, 何せ力, 何だかあの, 何だかあんまり, 何だかアノ, 何となく中, 何に, 何卒し, 余り感心した, 余念を, 作者という, 例によって, 俳優の, 先日も, 先生は, 全体に, 公子の, 兵舎が, 其に対する, 其の頃, 冬は, 副食物拵えは, 勢い私, 勢ひ, 厳格に, 双方に, 叩きに, 只全く私, 右の, 周囲の, 和製の, 喜んで, 困つた事, 夏に, 外国の, 外道の, 大へん雨, 大体私共の, 大層もう結構, 大抵物品, 大牛, 女の, 子供の, 字体には, 宮廷に, 封建時代の, 小僧が, 少くとも, 少し用, 少し考え, 山国では, 差迫った場合, 帽子という, 平安朝に, 平民に, 強いて, 強いて譬えれ, 彼らの, 得手勝手ねえ, 徳義の, 心の, 心理学では, 心配し, 急ぐ時, 急に, 悪い時, 悪い癖, 懺悔の, 我々には, 或はかういふ, 戦争が, 折々は, 折には, 折角持っ, 持って, 支那料理では, 政府の, 文学という, 新らしい, 旅で, 日常の, 日本の, 昔は, 時々コッソリ, 最近では, 木村の, 東北地方を, 枯木も, 柿は, 梅の, 極く, 此の, 此儘に, 殆ど同じ, 母は, 毎日料理法を, 比較的そういう, 決して恋, 沢井の, 沢山に, 活字は, 無逸, 照も, 物には, 玄奘三蔵渡天の, 現代の, 用心に, 番頭に, 百合さんどうか, 相応の, 真底私は, 神仏の, 福代さんが, 私ども常識を, 私も, 私共は, 突然この, 立像を, 立派に, 箒で, 紋付の, 紫の, 結局は, 經塚と, 置電燈丈で, 習慣が, 老人にとっては, 考えて, 腐ったもの, 自分が, 自分だけの, 自分としては, 自然と, 良人たる, 良人の, 色の, 若旦那の, 萬事届い, 親たちが, 親父が, 言いましょうが, 訣らない, 誠に上品, 誰も, 譬へばなもと, 議会の, 貴方の, 貴老, 軒の, 辺鄙な, 造語能力が, 都会の, 長い髪の毛, 長く置い, 青年である, 面白いという, 面白い芝居, 頭の, 食パン屋が, 飽くまでもこれ, 黒百合の

▼ ません~ (346, 1.5%)

75 です 25 ですから 21 ですが 16 ですよ 15 ですか 12 ですもの 9 じゃ, んで 7 んに 6 ですけれど 3 ぢや, でしょうか, ですわ, んです 2 ですつて, です米友さん, は私, や, サ, シュピネルさん, 一点張で

1 [125件] あたし, あなたと, あなたの, あなたは, あの子, あれで, お嬢様は, お師匠さん, かえ, かと思う, かね, かよう, が, がむりでございましょうか, が壺, が当家, が残念, が評判, これは, じゃな, じゃよ, すぐ癒, そしてただ先生, そのおかげ, それは, そんなサトナリアム, たか子さんわけが, でありますけれども, でございました, でございましょう, でございましょうか, でしたら, でしょう, ですからねえ, ですがね, ですけど, ですけどね, ですけれどねえ, ですけれども, ですそれ, ですどうぞ, ですな, ですね, ですの, です一刻, です気, です私, では, ではあきらめます, でもあなた, と胆, どうせあなた, どうせ今来月, どうぞ先生, どうぞ勘忍, なら, はあなた, はいくら, はお, はかう, はきっと, はたびたび, はどう, はまことに, はもしや, は丹治, は何, は何ん, は余り, は余程, は勿論, は同じ, は奧州屋, は屋敷内, は御, は怠け, は是, は此, は残念, は殘念, は沢山, は淋しく, は片手落ち, は脛, は遺憾, もう, や寒い, ゆっくり遊ん, わたくしこんなに, わたしの, を, をあやうい, をおく, をお許し, をそう, をべつだん, をわたくし, を不思議, を取った, を大藏, を娘, を寂し, を無理, を義, んか, んを, カンカラカン, ホンの, ン, 一点張り, 一点張りで, 一点張りな, 二階に, 何事も, 叔父さん, 投げ出したと, 持って, 本当にせっかち, 百辺も, 神社へ, 私ぼんやりし, 自分ながら, 雨の, 食事を, 香川さん

▼ ません~ (215, 0.9%)

16 親分 2 それを, ですから, 何んとか, 六です, 小柄で, 盲目の, 神田で, 私は

1 [183件] ああそこ, あなたは, あのくらい, あの主人, あの浪人, あの船, あはははははは, あるなら伺いたいもの, あれが, あれは, いいじゃ, おっしゃって, おつとめ, おなじ事, おまけに, お勝手には, お可愛, お嬢さん, お梅, お母さんが, お父様, お野菜, かえって人, けさ午前五時半の, けれどあの, けれどおそらく, けれども何, こうして一匹一人, この世の, この節, こら, これじゃ, これは, これを, こんなに入る, さすがの, さっき一寸来た, しかし商売人, せめて字, せめて春先, そういう自然, そして叔父さん, その志向, その次, それが, それじゃ, それぢや, それに, それにあのお, それはね, そんなで, そんなにだだっ子, そんなら, そんな乱暴, そんな人, そんな恰好, たとえ十八文, だ, だから一旦, だが, だが父, でも, ところがどう, ところで親分, とても寝られないでしょう, とにかく一休さん, どうしていい, どうして行方不明, どこが, どこにも, どこへ, どんなにあの, どんな大力, どんな男, なあーに, なにしろ変ってる, べっぴんと, まだ呑み足りない, むずかしいもの, もう亥刻, もう少し當つて, やっぱり山, よしわかっ, アレ塩煎餅の, エミちゃんの, カアルあなたの, シャーロック, シーツいかがでしょう, ゼイタクは, トテモ, ナイフで, ヘボンの, ヱ, 一寸, 一度よん, 下手人に, 中旬か, 五十間, 今によくなる, 今の, 仕事は, 他の, 伯母さんは, 何う, 何が, 何とかしなく, 何にも, 例えば, 僕たちぜんたいどこに, 全然そんな, 切出しかな, 別れる時, 前世の, 十一月の, 十手だけは, 名代の, 君が, 垣根の, 城太さん, 報告し, 外へ, 多分あなた方, 大工の, 女が, 妙ね, 始めて会った, 子供たちの, 実に精力的, 帰ってから, 弁信さん, 引揚げませう, 御嫁さん, 御用人, 御病人, 恐ろしい剛力, 敬服します, 文具やに, 斯う, 旅から, 旗本か, 旦那今日は, 曾我兄弟ほど, 止めましょう, 死んでから, 殺し合っても, 母さん, 母様, 気が, 浪人ぐるみ引取っても, 済みませんね, 犯罪の, 用が, 白い布, 矢張手拭の, 私たちも, 私の, 私も, 私ゃア親方に, 立派な, 筆の, 節穴は, 粂どん実は, 精, 紙が, 結局, 線路に, 羨しいったらありません, 聞かして, 脈が, 自分が, 要するにみんな型, 親分どう, 親分もう一度, 論語より, 諸君は, 謹慎, 貴君は, 金が, 鏡といふ, 青表紙を, 音頭を, 頭がな, 食物を

▼ ませんかと~ (195, 0.8%)

6 云って, 尋ねて 5 言って 4 いって, 云った 3 いうと, 云つた, 聞くと, 言うと

2 [11件] きいて, きたから, これは, 云い出した, 云うから, 云うの, 云ふと, 代助, 梅子が, 親し気, 言ったん

1 [136件] いいました, いうので, いった, いったつもり, いつたら洗うて, いはれて, いふと, いまは, いわれたこと, いわれ断っても, おっしゃって, お兄様, お小夜, きいたそう, きけば, この間から, これでもかといふ, しきりに申します, しんからの, すすめた, そそのかして, そそのかします, たずねた, たずねて, たづね, たのんだ, どの部屋, にこりと, はなはだ文学者ら, ひもじい腹, ぶたれて, ぼくが, まアそんな, わたくしは, わたしは, セシルが, 一ぴきのめばる, 不足を, 二重瞼の, 云いたい所, 云いますと, 云い訪ねて, 云うと, 云うほど, 云う意味, 云う案内, 云えば, 云ったこと, 云った時, 云つた事が, 云つた時帯の, 云ひたい所で, 云ふ, 云われたそう, 云われるので, 人に, 余計な, 來て, 信吉が, 先生から, 円朝が, 切りだしかけると, 吉田が, 呼びかけられて, 問いますと, 問うた, 図星を, 声を, 外の, 大概最後に, 女が, 妙に, 存じます孔子, 孰方からとものう, 安手に, 宿の, 尋ねた, 尋ねたらそれほど, 尋ねました所, 尋ね歩いて, 庭師に, 彼女は, 心得斬って, 思って, 悪口を, 戯れた歌, 戸籍しらべ, 手で, 技師の, 探して, 教えられたおかし, 方丈さまや, 時々尋ね, 案内が, 正直な, 母親が, 注意を, 申しますと, 監視の, 直ぐ言い出します, 私が, 私たちは, 私は, 笑って, 笑ふだらう, 聞いたらそう, 聞いたら先生, 聞く, 聞くから, 裏問ふ, 規約の, 言う意味, 言った, 言った時, 言つたといふ, 言つて用が, 言ひなじ, 言ふ, 言ふと, 言われました, 言葉は, 訊いた, 訊いたとき, 訊くと, 訊ねるの, 誘ひに, 賑かな, 質問した, 赤シャツが, 金魚の, 錫かんを, 電信柱は, 革の, 頼みましたが, 頼むの, 頼んで

▼ ません~ (179, 0.8%)

7 はあなた 3 の方

2 [14件] がそんなに, しは, のいう, の故郷, は, はそれ, はほんとう, は全く, は其の, は唯, は正直, は自分, は越中高岡, を貴方

1 [141件] あそれ, あね, あもう, あ御存じ, あ親, からは特に, があなた, がいきなり, がすすめ, がぼんやり, が世話, が今, が伊香保, が來, が刈り取, が助け, が十歳, が参った, が参りました, が参る, が只, が困ります, が如何よう, が妹, が嫁, が帰ります, が床, が後に, が斯, が書きます, が此, が此手, が濟, が縫つた財布, が若い, が貴女, が貴方, が踊り子, が開けた, が附い, しでは, だって素, などもよく, にそれ程, には, にはたった, に保護, に手, のいない, のほう, の云う, の力, の助太刀, の勘, の口, の喉笛, の姪, の娘, の家, の居る, の悪い, の方法, の秘密, の胸倉, の越權, の願, はお, はすっかり, はその, はそば, はちょっと, はとんだ, はどう, はどなた, はね実は, はまだ, はむしろ, はもう, はもう一応, はゆうべ一, はイヤ, はヘ, は二十四, は二疊, は他, は何, は何ん, は何所, は作家, は先つき手紙, は先刻, は其様, は内心痛快, は剃髪, は十七, は困ります, は変, は外国, は大事, は娘, は嬉し涙, は子供, は怖, は按摩膏, は放送局, は故, は斯ん, は日本莨, は暫く, は最う, は最初, は未だ, は此短刀, は此間, は殆, は気, は深川, は生, は目ざとい, は看護婦, は矯風会, は私, は米松, は結局彼女, は若様, は見られた, は覚悟, は誠に, は貧乏, は食客, へお, もお, もご, も只今, も女, も当年五十五歳, も敵, も行きたい, も貴所方, も路銀, を追いかけ

▼ ませんよう~ (146, 0.6%)

446 で, です 4 な訳 3 でした, なこと, な次第 2 なお, なものの, な御

1 [71件] あらためて山吹, いけませんよう, お別れ, ござんすか, ご入念, だったらどう, でございます, でございますが, でしたもと, でしたら何ん, でしたら明日, ですから, ですが, ですな, では, で八さん熊さん, なありさ, なふう, なら御, なわけ, な丈夫, な不都合さ, な変わり方, な失礼, な心持, な恐ろしい長い, な様子, な死に方, な気, な気持ち, な状態, な生きた屍, な私, な絵師, な羽目, な音色, にお, にそれでは, にたのみます, にと御, にと心ひそか, にと思った, にと書きます, にと私, にと袖, にどう, にどうか, になった, になにとぞ, になり, になります, にね, にもっと, にシッカリ, に何とか, に危, に口止め, に幾重にも, に弱りまし, に心づけます, に扉, に考えられます, に芸術, に覚悟, に追, に酩酊, に願えます, に鹿の子, ね, やっぱり美津, 御慈悲

▼ ませんもの~ (139, 0.6%)

4431 ですから 5 でしたから 4 でございます, でございますから, ねえ 32 でしょうか, ですからね, を, を余り, 何で姉さん

1 [34件] あって, がそうした, きっと讐, じゃところで, だつて, であの, でございまして, でございますが, ですがね, でせう, でと, で伊之助, で何と, で実に, で本人, と果敢, と見えます, ねあたし, ねでは, ね何となく, はためし, ほんの余計者, もう少しお, をそして, をそれほど, を御, を殺した, を間さん, ネ, ネつまらない, ネ昔, ヲ, 売もの, 故に琵琶

▼ ませんそれ~ (129, 0.6%)

3 だから, だのに, をあなた 2 はあなた方, はお, はお前, は人違い, は先生, は大丈夫, は自分, をお, 故にこの

1 [102件] から, から七万両, から藤田様, がこの, が伊津丸殿, が好都合, が当, が御, が恐ろしい, が悪い, が悪う, が慥か, が東, が老人, が証拠, じゃア相談, だからと, だけに備わる, つきり息, でございますから, で参りました, ならば, にいきあう, にお客様, にお父さん, にはただ, にわたし, に中條, に今, に今度金沢, に今朝, に先陣, に光, に包, に右内, に就, に悴, に旦那様, に晩学, に格子, に洋学, に火, に狐猿, に舌, に音, はかわいい, はこんな, はそれ, はとんでも, はまた, はまだ, はわたし, はウスノロ氏, はバルザック, は他, は何ん, は何事, は何故, は全く, は古, は唯, は嘘, は引つ掻き, は或, は数年前, は施十娘, は時, は殺された, は男, は白馬ヶ岳, は私, は穴山梅雪, は花, は鐙小屋, ばかりは, もこれ, もほか, も当, や, よく言うでしょう, よりか宇津木様, よりは矢張, よりカテリーナさん, より立つ, をお松さん, をどうして, をみんな, を一口, を今, を取っ, を思います, を思っ, を払いのけ, を振り切っ, を知っ, を聞き込んだ, を言う, を資本, を餌, 故に御無沙汰, 故に長浜, 故誠

▼ ませんけど~ (128, 0.6%)

3 そいでも 2 お酒, それは, 何でも, 光子さんの

1 [117件] あたしで, あたしに, あたしには, あたし最近ある, あの通りぢ, あまりよく似, あれほど, あんたこそ, あんたも, あんな気味, あんまり考え, いのちの, おかげさまで, おかみさんに, お医者はん, お茶を, ここの, このとき, この時計室, この清水, これは, これも, さう, すこしわけ, すべてが, そない, それで, それではアンマリ, それで気, それと, そんなふうにばかり, そんならそい, ただちょっと, ただわたし, たとえばモオツァルト, つまり猫, でもあなたお気, でもそれ, でもたとえどんなに, でもわたし, でも十年前, でも自分, とても怖く, とにかくそい, とにかく樂, どうかご, どんなに頼ん, なかなかそんな, なんでも, ふき残されて, ほかを, まアやっ, やはり父, ニヤニヤ笑, マアかんべんしっこです, 三好さんあんな, 人間には, 今さら仕様, 今の, 今また, 今度の, 今日は, 以前から, 会って, 何れ相談を, 何故だ, 先に, 利根川が, 利根川べりは, 多分そんな, 女中が, 女車掌だけは, 好きでございます, 媒妁だけは, 子供生れるいう, 学生の, 定夫兄さんも, 宛名は, 家内は, 小父さん, 役くらゐ, 後妻という, 心配です, 愛して, 日本で, 日本に, 時々おそろしい, 普通の, 村尾さんは, 母がなんて, 湘南の, 潮が, 琴は, 生活状態が, 田中, 病気で, 発送人の, 白く濁っ, 知って, 私が, 私は, 私はね, 立川景子さんから, 篤農家などと, 簡単に, 結局賃銀が, 義務よりも, 警察の, 谷窪の, 貴女の, 車なら, 近いうち, 隠して, 電話は, 頭まく, 頼みます, 首縊りでも

▼ ません~ (125, 0.5%)

2 あなたの, あなたも, そんなこと, 上手に, 何を, 少し渦, 近頃, 金さん

1 [109件] ああアレクセイ・フョードロヴィッチ, ああ左様, あたくし, あなた一人を, あのミーチャ, あの人, あんまりうるさい, いかにも独身者, いまの, おばさまありがとう, お坊ちゃん, お母さま, お父さま, お父さんの, お父様, かわいそうに, けれどまだまだ, けれども普通, けれども私, これからよ, これは, これ電気船です, ごらんなさい, さア此処, ぜひまいりましょう, そうです, その理由, その鉱毒問題, それともあなた, それに私, それは, それを, それ以上は, そんなにし, そんな事, そんな弱虫, ただちょっと, ただ自分, たとえ事情, だからその, だけど君子さん, だって私たち, つちが, ですけれども, どんな強い, なぜかと, なんでも, ほんとにわたくし, もしお, もしかする, わたしお, わたし前から, アンナ・グリゴーリエヴナ, キャラコさん, シュピネルさん, ダーネーさん, ニコライ, 一日も, 二人分四百円も, 今い, 今まで, 今晩に, 何うせ, 何でも, 何にも, 割合に, 却ってその, 可哀相に, 向ふ, 君子さんといふ, 塵劫記とは, 外に, 大門まで, 好いで, 好いでしょう, 好きで出てる, 好男子どころか, 宵の口から, 廻り合せだ, 御都合, 慌てて, 早く元服, 昨日なんかも, 書きたくなったから, 本当です, 本当よ, 決して決して, 熱なんか, 理屈を, 相手の, 相談や, 知りませんが, 禿な, 私に, 私は, 私を, 第一, 第一指, 結んでも, 自分で, 草鞋なんて, 親しいお, 貴夫, 貴方今まで, 貴郎, 起きちゃ, 通行の, 運命という, 飛行機が

▼ ません~ (103, 0.4%)

2 屋敷へ

1 [101件] さよに, じいさまも, そそうが, ついでの, ともを, めききを, やめに, ろ, わかりに, 主おもい, 乘ん, 互の, 使い先で, 侍さんの, 俊と, 借り申したもの, 入りなさいよ, 内儀さんも, 内儀さん危ない, 加減が, 助け下さいまし, 勢を, 医者さんで, 医者さんや, 取持, 可煩く, 台所の, 吉と, 君は, 吸物も, 咲に, 城の, 城へ, 天気でございます, 姓名を, 孃樣を, 子供も, 家主さん貴方何卒筆が, 尻が, 屋敷の, 屋敷様の, 帰りなさいッ, 幸は, 序の, 弟子さん方の, 役御免をと, 役目柄と, 恥しいの, 恥しいん, 情の, 気の毒です, 気の毒様で, 気もちの, 気楽でげしょう, 汁粉です, 求めに, 江戸へも, 温ければ, 湯銭たあせ, 濱が, 為に, 父さまの, 父さん, 目に, 目の, 礼物などは, 祖父様は, 米なし, 米は, 米を, 粂さんは, 粂の, 絹様から, 繼は, 腹が, 膳の, 芋の, 萬さんが, 薬が, 蘭さんの, 見捨てなさるとき, 説の, 諏訪様どうか, 賤は, 賽銭を, 起きなさいよ, 越は, 逃げに, 逢いに, 運び申した, 道楽でございます, 銀様だけ, 銀様で, 雪は, 顔に, 願え, 願と, 願ひ申します, 風呂へ, 香物を, 鮒は

▼ ません~ (103, 0.4%)

31 せうか 8 ござります 7 せう 4 せうね 3 困って 2 ござりましょう, せうかね, せうし, 居りましたが

1 [42件] いけません, いると, おりまして, お一人, お國, お嬉しゅう, お気の毒さま, お隠し, ござりました, すみませんでした, せうかしら, せうから, せうからね, せうけども, せうけれども, せうねエ, ちょっと沢井様, とんだ失礼, やっぱりもと, 仕方が, 出掛けて, 始終角突き合い, 宜う, 居たが, 居りますと, 帰りましたの, 引ッこむ, 引込んで, 弱つて, 御座り, 御挨拶, 御親切, 持ち切って, 済みました, 済みますか, 甚だ不, 甚だ御, 私は, 稼ぎますの, 竦んで, 結構でした, 見張りは

▼ ませんがね~ (101, 0.4%)

2 この先, 何せあなた, 併し, 私の, 私は

1 [91件] あっしは, あつしに, あなたと, あの女優志願, あの方, あれから, あんたが, あんまり世間, いかがです, いくさの, お前さんが, お君, お菊, お雪ちゃんの, かなりこれ, ここに, この怪物, この郡下, これからちょっと水車小屋, これでも, しかし今, しかし彼奴, すくなくとも椿屋, そういうもの, そういっ, その雷様, それが, それでは私, そんなこと, ただ今後, ちとその, ちょっくらお暇, でもご覧, とにかくあのお, とにかく冷房装置, とにかく歌います, どいつか, どうもわたし, なんだか気味が悪い, なんでも, なんに, へつ, まあ探っ, まあ私, まあ行っ, まア拝見, まア斯, もしそんなにあるなら, もし私持合せ, よそからの, わざわざお, わたしも, わっし, ステパン・ドミートリエヴィッチそれは, 一座の, 上總屋の, 下がった袷, 主人の, 人は, 人殺しの, 今月の, 他人の, 佐久間町の, 何處かで, 先生, 先生そう, 名題の, 夜道は, 大方そんな, 学校の, 守の, 少々お尋ね, 平田派の, 待ち合へ, 後ろに, 昨夜ッから, 柴井町, 江戸一番の, 清水には, 火の手は, 癪に, 矢の, 知らぬは, 私はね, 私も, 船の, 若し飯山, 親分, 親分何日ぐらい, 閾を, 黒ぽい

▼ ません~ (78, 0.3%)

162 何う, 奥さん

1 [58件] あっはっはっは, あのウスノロ, いったいびたてえのは, いつその, う, おいくつ, お前様は, お邪魔, ここへ, この頃, これは, こんな道, さあまあ, しかしこういう, じゃア, そういうこと, そして暖かく, そんな持ち, そんな覚え, ただほんの, だがあの, つかまへ, でございますから, でその, どこまで, ひとの, へい, むこうに, よしんば盗み出した, アこりゃ, アと, アわしゃやっぱり, ア来春を, ア此の間の, シンガポールから, ソンナ方, ハヽヽヽヽ, 何うも, 何しろ外貨獲得, 何と, 八歳の, 商売道具を, 夫に, 宗教的な, 断じて出来るこっ, 斯う, 斷じ, 東京から, 此の, 河野英吉夫人を, 活字引は, 然うし, 矢張ゆっくり, 私は, 行動の, 金がか, 金公にも, 高価い

▼ ませんその~ (75, 0.3%)

3 うちに 2 公方さま花の, 子には, 点は, 為に, 頃今の

1 [62件] うしろには, うちの, お話を, かはりこれ, かはり針仕事, かわりお, くらいなら, ことじゃ, ことは, ことを, ために, ひとの, フラ, 一念の, 上に, 上昨夜の, 下に, 中でも, 主人に, 二十五の, 代りお気に, 代りわたしの, 代り何分か, 代り私が, 代り給料は, 信念を, 内には, 剃刀は, 効果において, 十一人の, 反対に, 召連れ, 同情が, 報いで, 安樂椅子, 寒暖計を, 年寄に, 想像を, 成分を, 昼鳶を, 時, 時うるさい, 時の, 時は, 時分でも, 時分には, 時分の, 時座の, 朝は, 様子が, 民の, 油を, 点を, 点彼の, 生涯忘れられない, 男の, 翌日も, 袷は, 言語が, 調子が, 音色に, 預け先という

▼ ません~ (70, 0.3%)

8 うぞ 5 うか 4 うも 3 も彼 2 うして, の様, をなさる

1 [44件] うあっ, ういたしまして, うかして, うしたら, うです是, うもお, う云う, う致した, か外, か有ったら褒めよう, か着物, か間違い, がかく, だって其様, だって十二, てって, でしたらそのうち, ですか, でもいい, でもちゃんと, でもハア, でも其奴, でも気, ということ, にもなくなった, にも私, に仕ましょう, のかの, の因果, の病気, の目的, ぼ何, もいりません, もございません, も女郎, も拙者, をおい, をしよう, をやっ, を夢みた, を大きい, を察し, を見, を証拠

▼ ませんでも~ (67, 0.3%)

2 それは, どなたも, ようございます, 私の

1 [59件] あちら様で, あなたが, いいん, いちど助け, おわかり, お禁じ, ここに, この上, この病気, これで, これは, こればかりは, せめて縞柄, その因縁, その娘さん, その心情, その時, それだけの, どこかで, なにか大変, まず安らか, みなさんは, もう皆さん, わたくしは, 三人の, 伺いまして, 何となく謹みません, 何と言つて, 元々根本, 先生には, 厭な, 定めし諸君ら, 宜しゅうございます, 家で, 少し曲りまし, 尚侍などに, 山に, 御修行者, 御法通りに, 挨拶も, 捕えて, 旗本衆の, 死ぬにも, 物の, 玄関を, 生きて, 皆様たいてい, 私から, 私には, 私は, 私等は, 箱の, 美しいもの, 色も, 若くて, 親分さんあの, 貴方川留で, 開閉は, 非常に

▼ ません~ (66, 0.3%)

2 だがも, ないか

1 [62件] あやかりたいと, ありませんか, おまけに, お前さんの, お蔭で, お道姉さん, きっと放火, けれどもその, こいつかかり, こいつを, この合切袋, これでも, さうだ, そう思っ, そこでもって, そっくり貴方, そんな, ただ鼠, どうで, どうも, ぬめりと, ねえボリース・チモフェーイチ, もう五十両, もっともまだ臨海亭, わたしぁべらぼうめそんな, わたしあ, アネ本田なんぞに, パーヴェル・イヴァーヌィチ, 一人でも, 一寸此処, 伝の, 何うし, 八州の, 剃刀だけは, 十日変りの, 場所は, 夜に, 大恩, 姐御, 年齢も, 店を, 従って監督, 御新造が, 御用心, 抵抗する, 新聞記者までや, 旦那, 時々この, 本当に面白い, 此處に, 此間も, 気晴らしに, 氣色が, 瀬多の, 無論私たち, 燃立つ, 砒素の, 神詣り, 綱田屋五郎次郎首の, 誰も, 馬丁台に, 鬢付堀も

▼ ませんのに~ (65, 0.3%)

1 [65件] あの浅吉さん, いざ養子, いら立つ処, いろいろ尋ねます, お一方様, お宅, かわいそうに, きっと江戸, この店, この頃, これも, こんなところ, ごらんの, さすがに, しかもあなた, その五六百坪, その高慢, ただ米友さん, ただ面倒, でも昔, どうした, どうしてそんな, どうして交っ, どうして私, どうです, どこかへ, どんなこと, みぐるしい病人, もうお, もう世の中, やっと今こっち, クリームなんぞと, 不思議に, 亭主が, 人様の, 仔細の, 何でしょう, 余病まで, 僕は, 光子さんだけは, 出すこと, 厚い御, 同じよう, 奥州二本松と, 女房たちと, 娘の, 家来の, 御引留め申しまし, 御様子, 御離縁, 或る, 押並べて小, 改造社から, 法師を, 煤掃でも, 秀子は, 私は, 米友は, 若旦那などと, 見紛うよう, 角だって, 話は, 貧乏を, 賑か, 長治一人で

▼ ませんという~ (57, 0.2%)

6 のは 4 ような 2 ことで, ように, 言葉が, 返事, 返事である

1 [37件] かたいやく, ことでありました, ことです, ことを, そんな義理, ところに, のが, のだ, のでございます, のはね, のや, ひとである, 事を, 供述を, 冷淡な, 出鼻の, 即答で, 境涯に, 声が, 御返事で, 御返事な, 忠告の, 意味だ, 意味の, 所だ, 挨拶が, 理由も, 程度の, 答を, 置手紙を, 赤誠が, 返事だ, 返事であった, 返答でし, 返答でした, 音を, 風に

▼ ませんこの~ (54, 0.2%)

2 上は, 子は, 通り

1 [48件] あいだの, うえ融通し, お召の, お方が, ことは, ことを, できもの, とおり食らい酔っ, ま, わたしを, 下に, 二人を, 仕事が, 力を, 器量で, 国に, 土地では, 土地へ, 土間の, 地上の, 場で, 女だけは, 尺八の, 後だつ, 御城下, 時代の, 様子なら, 様子を, 深山険路の, 点において, 点は, 着物を, 私も, 粉砕された, 羽織を, 花の, 辞令は, 通りで, 通り癇癪玉が, 通り金無垢で, 通り鏡の, 醒ヶ井が, 金は, 隣りの, 震動が, 霙の, 頃の, 頃は

▼ ません~ (54, 0.2%)

4 親分 2 旦那

1 [48件] あいつは, あの男, あんたも, いつどこで, え鰻, おばさんの, お止め, ここんところ, このホシ, これでも, しっかりしなくっ, それこそ, それは, ただの, ちよつと, とても費用, なぜかって, なぜと, ひとつ歌っ, まるで奉公人, もう本年, 一人逃げや, 二度目の, 五百両の, 京女に, 人気の, 何も, 併し, 先刻も, 先方で, 夜半に, 子供が, 旦那一生に, 旦那貴方ア両方の, 殿様, 永年海で, 火に, 煮え沸, 畜生, 畳にも, 相良さん, 膝を, 若旦那あなたは, 袖ぐらい, 覚悟を, 飛騨の, 馬春堂だって, 鼻っ垂らし

▼ ませんあの~ (50, 0.2%)

3 人は 2 人が, 人に, 子は, 方の, 時の

1 [37件] あなたの, おばさんの, お松の, マドロスの, 上からは, 人たちは, 人だけが, 人の, 人はうらなりの, 人を, 健全な, 児は, 土手の, 女は, 姉さんの, 子が, 小法師, 屁っ, 御別宅, 方は, 時から, 時には, 時三十分ばかりは, 時代の, 晩も, 殿様から, 花魁が, 輩に, 辺は, 通り, 里ばかりは, 野郎に, 音色, 音色は, 騒ぎです, 高い峻, 鳥は

▼ ませんこと~ (50, 0.2%)

53 で, ね 2 でございました, でございます, には

1 [33件] からそう, がございまし, が起こっ, だけは成功, だけは残念, でありますし, でございますから, でございますと, です, ですし, ですよ, でもう, で先ず, で千秋万歳, で失礼, で弁, で悶々, で或, で操, で私, などから自分, には何とも, はうとうとしい, はお, はもっとも, は女たち, ゆえみなさま, をお, をなぜそんなに, をまあ, を人妻, を仏様, を悲しく

▼ ませんそう~ (50, 0.2%)

1210 です 2 でございます, でなければ

1 [24件] かといっ, かと言っ, したら私, して, すれば, であるよう, でご, でございませんと, でした, でしょう毎晩, ですから, でどうも, でなくても, でもしなけりゃ返す, で二月, で前, で菱屋太兵衛, としきゃ, なれば, 云いながら, 云うこと, 思いながら, 殿様の, 言って

▼ ませんよと~ (49, 0.2%)

2 いった, いって, 云って, 云ふ

1 [41件] いっても, いつて, いはれたこと, いふ, いわれたに, いわれると, お前言うだろう, そう言っ, 云う前, 云う姿勢, 云った, 云つた, 云つて帰つて来た, 云て, 云はれ, 云われれば, 仰しやつ, 出て, 叫び出す, 叱られたり, 吐いて, 向むい, 妻は, 常に云つて, 念を, 懇, 撲いた烟管, 断然申します, 母は, 注意し, 滋幹は, 白船君に, 答え人, 芸妓は, 芸者に, 薙刀つかひ, 虱に, 言いたい程, 言って, 言わぬばかりの, 調べたの

▼ ませんかね~ (48, 0.2%)

17 親分 2 それぢや

1 [29件] お母さん, お若い, この真昼間, そうして置い, ところがあの, どうも, ねえ奧さん, ほんとに, 今はじめて, 今時は, 何んだ, 何処で, 喧嘩は, 坂本さん, 御家老, 旦那様, 検事さん, 決して悪い, 皆さん, 私は, 私も, 綾子さん, 美智ちやん, 親分ちよいと, 親分此通り, 連れて, 銭形の, 錢形の, 食えさえ

▼ ませんからね~ (46, 0.2%)

1 [46件] あすこには, あなたの, あまり物思い, この家, これで, こんな瞬間, ご免を, じゃ別口, せっかくだ, そういうところ, そこで異人, その中, それから食べる, それだけは, それでもしや, それは, だってゾシマ長老, ときにはつよい, どうか, どうしても手, どうも, まあもう四, よくよくお, グリゴリイ・ワシーリエヴィッチ一匹の, ハハハ, 一つは, 一応与え, 不審に, 二重の, 仏様が, 何か, 何かの, 僕こ, 出来ること, 商売で, 島田糸なんぞに, 当たって, 怪我の, 惜しいこと, 拭きとったと, 昼間寝, 村を, 監は, 私は, 若い女, 間違って

▼ ませんあなた~ (43, 0.2%)

32 がお, のお, はお

1 [34件] おせつない, お一人, がお足, が全然, が小三郎さま, が悪い, だって御, と一緒, と二人, と私, なの, なんぞはお, にはなく, には冷たい, の名前, の妃, の心, の考, はいい, はかまわず, はきっと, はそう, はそんな, はまだ, はまるで, は何, は小夜子, は殻, まだそれ, もお, も心置き, を日頃, を解放, 一寸お

▼ ませんこれ~ (42, 0.2%)

2 でお

1 [40件] お筆さん, お繼, お繼私, が上手, が残念, が生涯唯一, こそ大事, でも新前, でも武士, でも男, でも神妙, で失礼, なら当分私, に有, はお, はおと, はどうも, はまた, はわたし, は兄, は全く, は大, は奥様, は家来, は廣小路, は既に, は皆, は私, は自分, は譬え, は鉛筆, へ酌ぎますか, まで信心, まで種々御苦労, もやはり, も出来ませんでした, も唱歌, よ九八郎どん, を召し, を過ち

▼ ませんわたし~ (41, 0.2%)

2 というもの, はこれ, は自分

1 [35件] がきっと, がそれ, がたしかに, が久助さん, が思い立っ, が来なけれ, が間, だけじゃありません, で御, という人間, なんだか頭, にとっても少し, にはわかっ, のため, の友達, の大好き, の耳, の聞いた, の足, の身, の連合いが甲府, は, はそれほど, は不幸, は今夜, は女, は女角力, は鬼子母神, もあなた, もまた, も久しく, も自分, も覚悟, を可愛がっ, を殺し

▼ ませんとも~ (34, 0.1%)

1 [34件] あなたが, あの優しい, いえナニ物, お嬢様の, お話しします, この路筋, ずーっとお, そんなお, で私, みぢ, アッタスンさま, イヤな, クリストフさん, 一生着ない, 云いにくかっ, 令嬢だ, 何です, 妾に, 少し若く, 往きましょう, 忘れませんとも, 旦那さま, 早速連れ, 書いた, 梅干一つありゃ, 死にましても, 行きませう, 見たらそれ, 親分, 言い兼ねたもの, 言って, 言われない, 長老様, 餘つ

▼ ませんただ~ (32, 0.1%)

2 あなたの

1 [30件] あなたに, あの二人, お医者さま, その上, だまって, ちょっとした禁厭, ちょっとした縁, わたくしの, わたしに, われわれ絵描き社会で, ボンヤリと, 一心に神仏, 事実だけの, 人生を, 人間は, 何心なく, 向うの, 困ったこと, 尺八の, 心に, 怪我を, 手入れを, 推定した, 文世高と, 朱孝廉の, 清盛の, 白骨へ, 綺麗な, 自分で, 話の

▼ ません~ (32, 0.1%)

2 ことさ

1 [30件] えに, えよう, きみは, ことさね, さう, そう云った, そう言, そしてわしたち, それは, てんで相手, どうする, なにを, まえが, や, ッて, 云ったら何病, 人が, 卒然匿してた, 叔母様から, 口止めを, 大きな声, 建物は, 断っちま, 早くお, 私が, 私の, 言ったん, 誓って, 證文張つたんで, 金は

▼ ませんねえ~ (32, 0.1%)

2 家ぢや

1 [30件] あたしなんか, あれは, おやおやもう, お斬りなさるなら, お母さま, こういう話, こちらの, この着物そりゃあ, そんなこと, そんな家, どうも山, 今夜は, 今日という, 今日は, 何うし, 借金だらけだ, 先生どうぞ, 子の, 庄さんお, 弁信さん今に, 押掛の, 旦那は, 是から, 有難うございます, 残らず字, 皆さん, 相変らず, 誰か, 貞藏さん, 運命なんて

▼ ませんそんな~ (30, 0.1%)

3 ことを 2 こと, 事で

1 [23件] ぐずぐずし, ことあなた知っ, ことが, ことなら, ときには, のが, のは, もの, ような, わけです, 不人情な, 乱暴を, 了簡では, 事を, 場合で, 女ぢや, 悪いお, 意気地なし, 方なら, 時には, 檜扇で, 遊女は, 風に

▼ ませんどうか~ (28, 0.1%)

2 して, 御勘弁

1 [24件] いっしょの, いつでも, お慈悲, お許しを, お遊び, お静か, この私, したら, したら石臼, その時, なるでしょうと, 一つ其の, 何時までも, 六百円持っ, 友達の, 御免なすっ, 御辛防, 御遠慮なく, 打捨, 犬を, 私どもは, 私に, 舅さんに, 金も

▼ ません~ (28, 0.1%)

32

1 [23件] がございます, が亡骸, でご, でございまして, でございます, です, ですけれどね, でも, でもしや, で中, で剣術, で幾ら, と存じ, になっ, には肚, に由, はあの, はその, を, をひそか, を私, を致しました, を覚悟

▼ ませんからと~ (26, 0.1%)

2 自分は

1 [24件] いうので, いって, いわれたの, きのう話し, こう正直, ことわられいつも, このミウーソフ, そう言いなさい, それこそ, 云う, 云うの, 云ったとき, 云って, 云つて止められた, 先生に, 啖呵を, 固辞し, 平気な, 本音を, 申しまして, 言った, 訴える, 跣足の, 返すと

▼ ませんあれ~ (25, 0.1%)

2 は私

1 [23件] が上総, が反芻, が昨夜, が来, だけあれ, だけの由緒, でも昔, でも私, で御座います, の声, はああ, はたあい, は慶応二年, は歌, は看板, は真さま, は秋, は耳, は辻斬, は髷節, やあっし, をああ, をむざむざ

▼ ませんどうぞ~ (25, 0.1%)

2 お慈悲

1 [23件] あてに, あなたこれを, おあけ, お大事, お気を, お見, お見のがし下さいまし, てまえ, ランプを, 光子さんを, 助けて, 嬢様は, 安心し, 彼女を, 御勘弁, 御随意, 思ひ切つて喧嘩, 教えて, 明日まで, 最後の, 此の, 私の, 話して

▼ ませんまた~ (25, 0.1%)

1 [25件] あの男, あるはず, このお, これは, そのお母さん, それは, なるべく陸地, わたしたちが, わたしたちの, 人を, 先生に, 参りも, 困ったとまでも, 姿を, 左様な, 常人には, 御当人たち, 林の, 私だって, 舞台へ, 芸者に, 見えるはず, 誰も, 途中の, 違って

▼ ませんもう~ (24, 0.1%)

1 [24件] おあきらめ, おっしゃらないで, おなかが, ここへ, できませんわ, 一人医者を, 一分, 一刻経て, 一刻經てば, 五年たったら, 今晩きりで, 兄妹の, 十二時五分前よ, 取ッ, 帰りません, 彼が, 思案も, 懲, 朝もやが, 東京に, 直きお母さん, 覚悟を, 遅いです, 飲んでるん

▼ ませんわたくし~ (24, 0.1%)

2 の尋ねる, はこの

1 [20件] がどんな, が少, とした, にも覚悟, のやう, の五体, の勘, の子, の子孫, はあなた, はいま世界平和, はまだ, はマクシーモフ, は何, は依頼, は初め, は現在ここ, は琵琶, もそれ, を雪

▼ ません~ (24, 0.1%)

1 [24件] おっしゃったじゃ, こそ車夫, じゃア腰, のうち, の其の, の内, の学生, の時世, の時代, の様, は, はまだ, は其の, は分りません, は用水堀, までにない, までは我儘, までも報酬, まで一切, まで物事, 七草粥を, 云う通り, 水を, 迄の事

▼ ません~ (24, 0.1%)

1 [24件] 主人の, 主名を, 先祖さまの, 先祖様に対して, 勘当に, 城下の, 奉行所の, 奉行様, 尤も様でございます, 尤至極で, 心配なされる, 意見に, 承知の, 拾いも, 掛り合い遊ばさぬの, 様子を, 無礼至極じゃ, 紹介を, 縁が, 縁の, 註文と, 贔屓を, 迷惑でござんしょう, 遠慮を

▼ ませんしかし~ (22, 0.1%)

2 これは

1 [20件] あなたの, あなたは, お前さんが, この猿, その人, どうもうまい, なんぞ計らん, もし芸術作品, やがてわかるでしょう, わたしの, 一点, 僕は, 思い当ること, 教育者は, 是非とも, 瀬戸物が, 私が, 私としては, 糸子さんあなた私の, 苦労を

▼ ませんやう~ (22, 0.1%)

112 な次第, に願 1 で, でしたが, ですこの, でへ, で一度, に思はれます, 白くなります

▼ ません少し~ (21, 0.1%)

1 [21件] うと, お上り, でいい, はわたし, ばかり姿, ばかり尋ねたい, ばかり意見, もあの, も堪忍, も悪意, も興味, 思い上って, 我慢し, 手伝って, 機嫌の, 清算し, 絵心の, 衛生上の, 調べて, 身体を, 過ぎますが

▼ ません貴方~ (19, 0.1%)

2 でなければ

1 [17件] から堅い, が家出, が紳士, そんなに可, と一緒, に御, に迷惑, のお家, のやう, の傍, の前, は今, は堅, は明日, は衆人, も先刻, も真

▼ ませんのよ~ (18, 0.1%)

1 [18件] お口, お若い, くれて, そう云う, それは, ですから誰, どうかお, ほら, わたしが, わたしに, わたしの, キャラコさん, ッ, 不器用だ, 今日は, 何十万という, 此處, 相当の

▼ ません~ (18, 0.1%)

2 でも私, 私の

1 [14件] あなたは, でももう, 一服やりましょう, 会って, 何うし, 博士, 命拾いの, 大抵は, 既に貴女, 死ぬほど, 父と, 私だって, 私は, 自分の

▼ ませんもし~ (17, 0.1%)

1 [17件] あなた様が, おまかせが, お怪我, これが, その途中, そんなこと, また真如, わたしたちについて, 何か, 悪い廉, 旦那どうぞ, 熊の, 私が, 私に, 金助さんが, 間違っても, 鬼あり

▼ ません~ (17, 0.1%)

1 [17件] あ, が病氣, が行っ, が黒田組, にはこの, のやっ, の弟, の従妹, の志, の方, は僕, は女, は帰らなけれ, は新聞記者, は極力, は知り, も実は

▼ ません其の~ (17, 0.1%)

2 中に, 内に

1 [13件] まま二言と, 上殿様思いで, 上綺麗な, 人の, 後彼は, 後旦那様に, 時には, 晩の, 晩は, 次は, 翌年金五郎は, 証拠には, 頃には

▼ ません~ (16, 0.1%)

1 [16件] うおしや, うして, うで御, うで招魂社, かえとんだ, すれば, のみ悲しい, ア切るなら斬っ, ア泣き止ん, ア貸し, 人生は, 斬って, 新しい日耳曼帝国, 早く致せ, 然し旧友, 貴方も

▼ ませんがと~ (15, 0.1%)

2 言って

1 [13件] いうと, いって, いつて, いふと, どこおりなくやっ, 云いながら, 云うの, 云って, 仰有って, 斷わり, 畳に, 苦笑した, 言つて座敷へ

▼ ませんここ~ (15, 0.1%)

2 から吉原, がその

1 [11件] で殺される, で油断, で言います, にいる, の家, はお前, は近江, へ暫く, へ来, へ連れられ, までになった

▼ ません~ (15, 0.1%)

1 [15件] から借り, が楽しみ, が見ます, だから, にたよりたい, に見られる, のお, の噂, の墨, の心, の氣, の話, はどこ, はもう, を助ける

▼ ません全く~ (15, 0.1%)

1 [15件] あつしが, あの人ひとり, お浦, お銀様独得, のふり, の他人, 人違いでございます, 母親の, 水気の, 浮ばれないところ, 男で, 疲弊しきっ, 私が, 遺恨です, 髪の毛で

▼ ません~ (15, 0.1%)

2

1 [13件] か抜い, がこの, だって, だってほか, でもあの, でもお, にし, にもできる, に対して済まない, の仕業, もしらない, もわたし, も近寄る

▼ ませんそこで~ (14, 0.1%)

1 [14件] おもむろに一足, どうか精一杯, フト思いつい, 乱世に, 取調べの, 問題を, 彼等は, 昨夜は, 私は, 私も, 茶目気を, 見て, 雄二は, 鶏たちは

▼ ません~ (14, 0.1%)

1 [14件] え, この銀, これからおとなしく, それは, ただ詳しく, もはや敵, オ, 宜いかえ, 実に仕合せ, 水に, 火に, 神様の, 若僧に, 酒だけは

▼ ません~ (14, 0.1%)

1 [14件] だ奸夫, の按摩, 二本で, 問糺す, 實用計りを, 御出張, 心配に, 松谷秀子が, 歩いて, 殿様から, 気の毒です, 自分だけで, 貴方だけには, 遺恨と

▼ ませんわね~ (13, 0.1%)

1 [13件] あの男前, こんな時, そのお, それが, それに, それやもう, た, ですから, みんな何を, 主人が, 申し遅れて, 誰も, 間違って

▼ ません早く~ (13, 0.1%)

1 [13件] あの峠, いれて, おっしゃって, お帰んなさい, お引, お手打, 支度を, 相談の, 真砂町へ, 私の, 苦痛の, 飯が, 養子を

▼ ませんお前~ (12, 0.1%)

1 [12件] がわたし, が七歳, という人, とって, にも似合わない, に又, はお前, はきっと, はそんな, は此地, は知っ, をお

▼ ませんかつ~ (12, 0.1%)

73 たが 1 たから, たけれど

▼ ませんかという~ (12, 0.1%)

1 [12件] のである, ぼくの, ような, ような訊き, んです, 主人と, 始末です, 家事への, 尋ねである, 眼付で, 結論であった, 言葉でも

▼ ませんからな~ (12, 0.1%)

41 そこには, それでさすが, やっぱり政府, アハハむやみ, アハヽ無, ハヽヽ, マア, 別々に

▼ ませんこれから~ (12, 0.1%)

1 [12件] こちらの, は一世一代, は茶店, われわれ日本人は, 三人仲好う, 大急ぎで, 方々散歩し, 生きようと, 直ぐでも, 直ぐに, 遊び半分に, 重い刑

▼ ませんじゃ~ (12, 0.1%)

1 [12件] ここが, しかしわし, ないか, ないぜ, ないの, ない断わりなし, もし, ア手が, ア有りません, ア江戸へ, 困るからね, 法令の

▼ ませんどう~ (12, 0.1%)

1 [12件] かお, かお入りくださいまし, かお知らせ, かまあ平に, か堪忍, か御, か離縁, したこと, したの, します, しませう親分, と来る

▼ ませんねと~ (12, 0.1%)

2 云つてゐた 1 云う, 云った, 云ふ, 井谷も, 仰言いました, 嶮しい, 平気で, 心で, 笑って, 答えたが

▼ ません~ (12, 0.1%)

42 エー 1 い三井さん, い希代, い庭, い私, え不得手, エへ

▼ ません~ (12, 0.1%)

1 [12件] からお, から框, から相, から花魁がく, が金次郎, の田舎侍, は足利, へ何年ぶり, へ変, へ永禪, を見る, を貴方

▼ ません~ (12, 0.1%)

1 [12件] から一晩, から何れ, が分れ, が書生上り, でも私, のみは今, は主家金森家改易, は家造り, も敢, れから, れでは, 迄私

▼ ませんあなた様~ (11, 0.0%)

1 [11件] が当然, が男, が第, とお, にはほんとう, に助けられ, に祟り, のお, の方, は御, もまた

▼ ませんお前さん~ (11, 0.0%)

1 [11件] がここ, がそう, が他, こんなところ, と差向い, のは急場, の信用, の様, の発心, の量, も美代吉

▼ ませんそれに~ (11, 0.0%)

1 [11件] あなたこの, あなた附添のが, あの人, お借りできる, この人, この頃, じく, じくじく湿れ, 三階です, 私も, 誰が

▼ ませんどんな~ (11, 0.0%)

7 事が 1 ことが, 事で, 絶滅の, 苦しみでも

▼ ませんもん~ (11, 0.0%)

5 ですから 1 でしたから, ですからね, でへ, で末始終, な, やで

▼ ません~ (11, 0.0%)

1 [11件] お屋敷, のお, のまま父上, の後貴方, の時, の段, の盆前, の苦労, の通り, の鍵, の鎌

▼ ません決して~ (11, 0.0%)

2 違ひません 1 ありません火, ないん, 外出させない, 忘れては, 悪いこと, 所刑に, 男の, 皮肉に, 致しません

▼ ません若し~ (11, 0.0%)

1 [11件] お疑りなさるなら, お祖父さんが, お許しが, かしたらホテル, 兄が, 夫ほど, 小遣が, 私が, 貴女は, 貴様が, 遅くなれ

▼ ませんかな~ (10, 0.0%)

2 手の 1 お医者さま, お怪我, で書いた, やれも, ア, ジェコブ君, 伊賀之, 次郎ちゃん

▼ ませんこんな~ (10, 0.0%)

2 ところへ 1 ことで, ものを, 処が, 創ぐらいは, 稼業は, 處に, 親切な, 連中に

▼ ませんって~ (10, 0.0%)

1 いうと, いうん, いまに, そういつ, まだ何, んだ, サンプリスさんの, 云って, 名前を, 申しましたらきょう

▼ ません先生~ (10, 0.0%)

1 お抜き, がお, がお気付き, すでにお話, にはお, にも似合わん, のお, は私達, らしくも, 早くわたし

▼ ません~ (10, 0.0%)

1 あと戻りしたら, 一緒に, 何の, 何も, 同藩, 大きな身体, 御婦人, 此の, 菊坂に, 親とは

▼ ません~ (10, 0.0%)

1 あなたの, た今, った今, 伊之助さんの, 實らしく思はる, 温順しい, 畑の, 私を, 許嫁の, 遊び一方で

▼ ません~ (10, 0.0%)

5 けません 1 うが, うございますか, かあ, 怖可, 笑いのも

▼ ません~ (10, 0.0%)

1 から警察本署, ならば, に又, に就い, に此, は私, は貴方, れに, を書附, を老人

▼ ません実は~ (10, 0.0%)

1 こういうわけ, その婆, ぼく三十年前に, 召使の, 少々尋ねる, 彼の, 彼は, 私の, 私も, 鳴子屋の

▼ ませんこう~ (9, 0.0%)

3 して 1 なった以上, なりゃあ, 世の中が, 云う機会, 瓦っ, 見えても

▼ ませんそこ~ (9, 0.0%)

1 が畜生, にいる, にお気, はあなた方, は処女, へお, へ転がり込ん, をひとつ, を申した

▼ ませんそれで~ (9, 0.0%)

1 よく世間, カチーリ, 何う, 厳寒の, 夜が, 私は, 老母と, 英人商社には, 遅れを

▼ ませんだから~ (9, 0.0%)

2 疑いが 1 お前さんを, ねお, ネネにとっては, 其の前, 着物や, 私の, 自然に

▼ ませんでは~ (9, 0.0%)

1 このお, どうして組合せ文字, ひとつ夜の, 何を, 失礼, 御免, 早速山, 明日は, 暫くお

▼ ませんとは~ (9, 0.0%)

2 何の 1 いって, いへません, なおさら書けず, なんたる, ほざきやがるよ, 云えない, 言われない

▼ ませんどうも~ (9, 0.0%)

1 あの青梅, ハア三百両, 五千疋御散財を, 斯様な, 是では, 済みません, 眼ばかり, 纏らない, 都合が

▼ ませんなんて~ (9, 0.0%)

2 へっこんな 1 そう平気, そんな野暮かたぎ, ぬかす, 刃物三昧を, 牛肉は, 言いわけ, 謝罪り

▼ ませんほど~ (9, 0.0%)

1 お案じいたし, でした, でつい, 弱い気質, 手足を, 気を, 水の, 私たちが, 老人危篤な

▼ ませんほんの~ (9, 0.0%)

1 かすり傷, つい今しがた, ひょっとした, 一瞬間に, 一走りこの, 前触れで, 半刻, 少しばかり, 頸動脈を

▼ ません~ (9, 0.0%)

2 し御 1 しどうも, しね旦那, し六ヶ, し斯, し是, し此, し罪跡

▼ ません先ず~ (9, 0.0%)

1 お聞, その結果, まアお芽出度, 中気の, 其遺恨と, 肝腎な, 自分の, 請書を, 飲みましょうと

▼ ません~ (9, 0.0%)

1 か誠に, どうかこの, 何かと, 余儀なく此の度主人, 先に, 境木などに, 少し上っ, 或日用達, 昨夜貴方が

▼ ません旦那~ (9, 0.0%)

1 あ立派, がお茶, の御, の御新造, の方, の臨終, はたいへん, も待ってる, 忘れても

▼ ません自分~ (9, 0.0%)

1 でまた, で殺した, として握っ, には出来ない, の疫病, の言う, の身, の食い, の鼻

▼ ません誠に~ (9, 0.0%)

1 お恥かしゅうございますけれどもべん, お言葉, 商人なぞは, 御親切, 感心だ, 有難うございました, 有難う存じます, 済まねえが, 話は

▼ ませんがネ~ (8, 0.0%)

1 それでもマア普通, まあ見, ハハハ, 唯依頼, 折角母様, 明日の, 昨日私が, 私ツたら

▼ ませんさあ~ (8, 0.0%)

1 こちらへ, この通り潔白, それを, どうか, わたしを, 取って, 大変だ, 相手に

▼ ませんどこ~ (8, 0.0%)

2 かこの 1 といっ, にも合図, の物置, へ行つて, も一杯, をどう

▼ ませんなあ~ (8, 0.0%)

2 わいろで 1 そうして夫, といつて挨拶をかは, モール博士などという, 何も, 大分眼を, 猫

▼ ませんまだ~ (8, 0.0%)

1 あとが, うまいもの, お年, すつかり死ん, その手前, 実家には, 散らかって, 若いん

▼ ません二人~ (8, 0.0%)

1 でやりました, とも言葉, に死ね, に負け, の子供, の身体, はす, は死にかけた

▼ ません人間~ (8, 0.0%)

2 の力 1 が人間同士, が居, です同胞兄弟, と同じ, の体, の原始

▼ ません今日~ (8, 0.0%)

1 のお礼, のところ, はただ, は好い, は御機嫌, は是非とも, まで拙者, 初めて位

▼ ません何しろ~ (8, 0.0%)

1 あっちが, がんりきは, この誓文払, 家では, 暇を, 此処で, 面白い勝負, 飛んだ御

▼ ません何ん~ (8, 0.0%)

2 でも 1 だか, とか敵, としても小品, と何, と言う, な山

▼ ません~ (8, 0.0%)

3 に角, も角 1 に角大谷千尋, に角此

▼ ません~ (8, 0.0%)

1 には無論, のうち, のお母さん, の中, の者, へ帰る, を建て, を思い

▼ ません悪い~ (8, 0.0%)

2 事を 1 が悪い, ことと, ことなんか, のは, 人でなく, 地主なり

▼ ません~ (8, 0.0%)

1 が出ない, が血染, が見えたら, が違う, に持つ, の処, も利きません, を取っ

▼ ません~ (8, 0.0%)

2 は私 1 でございますから, でして, にあすこ, にはいったいどう, にはもはや, は

▼ ません~ (8, 0.0%)

1 でございましたが, に, にということ, にと思う, にと願っ, になります, に成っ, に私

▼ ません~ (8, 0.0%)

1 一に, 一信心者で, 一其の, 一初心の, 一御, 一背の, 一見た, 四次元の

▼ ませんあんな~ (7, 0.0%)

1 侍などに, 好いお方さま, 小悪, 弱氣, 性質の, 者の, 蒼澄んだ

▼ ませんいや~ (7, 0.0%)

1 どうして結構, わたくしどもばかり, 分別を, 寄って, 必ず御, 思い出しませんが, 此処へ

▼ ませんうち~ (7, 0.0%)

2 にお 1 に, にいそぎますでございます, にそろそろ, にもしも, は

▼ ませんけれどね~ (7, 0.0%)

1 ああ私, あのーあのーただ, もしあなた, 人間に, 子供が, 学課の, 私は

▼ ませんさかい~ (7, 0.0%)

1 こないだ光子さんが, とにかくお, どないし, 何処ぞ, 光子さん毎日々, 自分は, 逃げられること

▼ ませんしね~ (7, 0.0%)

1 あんたには, お一人, そして結局, それに, 今夜は, 其れ, 詩を

▼ ませんそして~ (7, 0.0%)

1 この人間, その為, それらの, わたくしによって, 三日までは, 彼女の, 灰を

▼ ません~ (7, 0.0%)

3 や, やて 1 やない

▼ ませんといふ~ (7, 0.0%)

1 ことを, それでは鉄鉢, のは, 大層御, 簡単な, 返事だつた, 陳辯書と

▼ ませんとにかく~ (7, 0.0%)

1 この三郷, これだけ, やって, 一通りお, 何かで, 地球の, 小田切さんとは

▼ ませんよという~ (7, 0.0%)

1 ことだった, これは, のである, ような, 一巡査の, 意味にも, 顔付だった

▼ ません~ (7, 0.0%)

2 に枕もと 1 には家光将軍宣下祝賀, には私等古参, に大変, に素早い, はひっそり

▼ ません何処~ (7, 0.0%)

1 かもらっ, か茶屋, と云っ, の奥さん, の御方, の物置, までもお供

▼ ません~ (7, 0.0%)

1 から來, でためらっ, に唯, の人, の学校友達, の鳥, へ出

▼ ません多分~ (7, 0.0%)

1 したで, に何, に買い出す, 何んで, 恥しさ, 死骸も, 私が

▼ ません~ (7, 0.0%)

1 から男, が誘い, に誘惑, の一人旅, も終, より慈悲, を騙す

▼ ません実に~ (7, 0.0%)

1 これには, めざましいグロテスク, 悔しいと, 憎い奴, 残念で, 気の, 面目次第も

▼ ません尤も~ (7, 0.0%)

1 お倉さん, 主人が, 同人の, 夜中の, 宅へ, 幼年の, 麻布の

▼ ません~ (7, 0.0%)

1 で, でころん, ででも野良, にある, の息, の鳥, 之助

▼ ません~ (7, 0.0%)

1 が, がよろしい, が宜しゅう, にお, のお, のこと, をお

▼ ません旦那様~ (7, 0.0%)

1 が聞い, にお願い, の前, は御存じ, へお, も御, をかついだ

▼ ません本当に~ (7, 0.0%)

1 お前さんの, お可愧, お大事, お愧しゅう, マア幼な, 小増さんを, 意地の

▼ ません私達~ (7, 0.0%)

2 に運 1 のア, の同窓, の頭, は今, は仲よく

▼ ません貴女~ (7, 0.0%)

1 さえ立ち去れ, と少年, に生命, の濡衣, は御飯, は私, を置い

▼ ませんかって~ (6, 0.0%)

1 きくん, どんなもの, 呼んで, 聞いて, 裏ぐちから, 訊ねましたん

▼ ませんからも~ (6, 0.0%)

2 少し借し, 少し先 1 すこし補足, 少し見合

▼ ませんたしかに~ (6, 0.0%)

1 ありません, あれは, この斑鳩嶽, この私, 女が, 男の

▼ ませんため~ (6, 0.0%)

1 か背中, にいろいろ, にそうして, にも, に二日, に今日限り

▼ ませんですから~ (6, 0.0%)

1 この土地, どこまでも, わたしが, 一つです, 作衛じいさんに, 登山界に

▼ ませんなどと~ (6, 0.0%)

1 丁寧な, 云って, 大きなこと, 屁理窟言っ, 西洋への, 調べに

▼ ませんはい~ (6, 0.0%)

1 と答えました, 何故に, 其理由は, 女の, 如何にも残念, 馬になぞ

▼ ませんよって~ (6, 0.0%)

1 あんたは, これを, また相談, 一遍あとの, 念を, 監督してる

▼ ません~ (6, 0.0%)

1 って, て, てお, てば, て云ってた, て継母

▼ ません~ (6, 0.0%)

1 これを, こんなところ, 今が, 奥も, 曾に, 浦原浦女は

▼ ません一度~ (6, 0.0%)

1 あつた, あなたを, だってそんな, 焼いて, 結婚した, 茶屋へ

▼ ません世間~ (6, 0.0%)

1 の人, の娘, の悪口, は反省, へ対し, 見ずで

▼ ません何卒~ (6, 0.0%)

1 お免, 先生を, 御立腹, 明年も, 私の, 迷いを

▼ ません勿論~ (6, 0.0%)

1 それは, 一切の, 無事を, 牛は, 私は, 課長は

▼ ません~ (6, 0.0%)

1 の持ちまえ, は先ず, は狼狽, れは, れを, を細輪

▼ ません~ (6, 0.0%)

1 から右, があった, が私, の役, は幾重にも, へその

▼ ません手前~ (6, 0.0%)

1 が仕合, が預ってる, の方, は相州東浦賀, は鹽原角右衞門, も剣道

▼ ません殊に~ (6, 0.0%)

1 アノ方を, 北條彦五郎は, 土地は, 彼は, 御当家様, 結構な

▼ ません~ (6, 0.0%)

1 お大事, が知, なの, な兄弟, な坊ちやん, な職方

▼ ません相手~ (6, 0.0%)

1 が金田, は何分, は大人, は御, は恐ろしい, は老人

▼ ません若い~ (6, 0.0%)

1 もので, 亭主は, 同志で, 御武家風, 時だ, 者が

▼ ませんあんまり~ (5, 0.0%)

2 綺麗な 1 しつっこいから, すること, 悪いこと

▼ ませんいずれ~ (5, 0.0%)

1 も屈強, も張子, 仕上げます, 山また, 後刻

▼ ませんいつも~ (5, 0.0%)

1 お父さんを, お越しくださる, この通り, の通り, 相対的な

▼ ませんかねえ~ (5, 0.0%)

1 いいでしょう, お嬢さん, これは, どこぞ他に, 村の

▼ ませんからねと~ (5, 0.0%)

1 云うの, 彼は, 憫笑を以て, 答えた, 言い添えたもの

▼ ませんくらい~ (5, 0.0%)

1 で, でまして, で将軍家, なので, 質素な

▼ ませんけどね~ (5, 0.0%)

1 その一年半, ただ敦, わたしたちの, ソンナに, 四五日前ルリ君と

▼ ませんけども~ (5, 0.0%)

1 この事, まア話, 大層もう結構, 時二とか, 神様の

▼ ませんこっち~ (5, 0.0%)

1 が怖がる, の種, は透かさず, へお, よこしなさい二十歳

▼ ませんすぐ~ (5, 0.0%)

1 あなたを, にまた, に刃, 武の, 着替えますその間

▼ ませんそういう~ (5, 0.0%)

1 ことに, ことを, はずは, 仕事は, 地点に

▼ ませんつもり~ (5, 0.0%)

1 しかしお, で, でございます, で御座います, どすよって

▼ ませんとか~ (5, 0.0%)

1 いった, よく分りませんでした, ペコンと, 何とか云う, 指図を

▼ ませんところ~ (5, 0.0%)

1 からその, の尊い, の幽, は, はご

▼ ませんとの~ (5, 0.0%)

1 ことでした, ことです, 事でした, 診断を, 話だった

▼ ませんどうせ~ (5, 0.0%)

2 一度は 1 退屈な, 遊んで, 間抜けた

▼ ませんなぜ~ (5, 0.0%)

1 って, といっ, と言っ, ならその, 隠す云いなよ

▼ ませんなと~ (5, 0.0%)

1 いうこと, 古い銀煙管, 海仙氏も, 番頭の, 答えた

▼ ませんほんとう~ (5, 0.0%)

1 ですよ, に, にどんどん, にコレラ, はわたし

▼ ませんほんとに~ (5, 0.0%)

1 あなたの, あの方, ご存じない, 煩い孔雀, 輪郭の

▼ ませんまあ~ (5, 0.0%)

1 お一つ, 一合上戸ぐらいの, 一服おつけなさいまし, 止された方, 英雄豪傑の

▼ ませんまったく~ (5, 0.0%)

1 あのお内儀さん, ですよ, のところ, は此者, わからぬ女

▼ ませんまア~ (5, 0.0%)

1 一生懸命に, 五十両有れ, 笑談の, 考へても, 能く

▼ ませんもう少し~ (5, 0.0%)

1 だから, で柚子味噌, 様子を, 砕けたの, 辛防が

▼ ませんゆえ~ (5, 0.0%)

1 どうかし, もうもうご, 出て, 早く往, 追

▼ ませんよね~ (5, 0.0%)

1 いい子, えお祖母様, お初さん, 八五郎親分私は, 親分

▼ ませんわし~ (5, 0.0%)

1 に佳い, はお, は与兵衛, は武州, も何處

▼ ませんわと~ (5, 0.0%)

1 云う, 云う訓戒的, 大憤慨, 悲しそう, 答えただけ

▼ ません主人~ (5, 0.0%)

1 から預かっ, が言葉, さえ世, は立派, も見

▼ ません~ (5, 0.0%)

1 にも以前, に屁ッチョロ, のお, の事, の物

▼ ません~ (5, 0.0%)

1 でしたから, ですが, でそれに, で御座いますが, のこと

▼ ません何で~ (5, 0.0%)

1 ございますか, もちやんと, 四十一歳で, 秀子が, 見合せるの

▼ ません其処~ (5, 0.0%)

1 が私, に懇意, に手伝っ, に留守居, へお

▼ ません~ (5, 0.0%)

1 と存じまし, にこう, に何, 刻体を, 申した通り体

▼ ません~ (5, 0.0%)

1 にし, 動乱の, 奥様は, 有り名古屋, 真面目に

▼ ません子供~ (5, 0.0%)

1 でも大人, のため, の時分, の考えごと, も舐めます

▼ ません左様~ (5, 0.0%)

1 じゃア, なお方, なら, なら手前, なりますと

▼ ません拙者~ (5, 0.0%)

1 でも余り, の方, は人, は旅, も厄介人

▼ ません明日~ (5, 0.0%)

1 お出, になっ, は磔刑, は約束, 洗ったって

▼ ません時々~ (5, 0.0%)

1 あちらから, は我慢, 思い出したよう, 思ひ出したやう, 遊びに

▼ ません東京~ (5, 0.0%)

1 では今頃, の方, の知った, も旧, を立っ

▼ ません此処~ (5, 0.0%)

1 から三右衛門, で貴方癪, に参っ, は家, は往来

▼ ません此方~ (5, 0.0%)

1 でございますよ, で十日, の家, は富五郎, へ往く

▼ ません殿様~ (5, 0.0%)

1 がお, のお, の御, もよく, 決して御

▼ ません~ (5, 0.0%)

1 が悪い, の出端, の覇者, も酒, を流した

▼ ません江戸~ (5, 0.0%)

1 の町奉行, の近在, へ来, へ行け, までいらっしゃる

▼ ません然し~ (5, 0.0%)

1 あなたの, あの人, 僕のは, 冤罪の, 私は

▼ ません直に~ (5, 0.0%)

1 出立いたします, 屋敷へ, 引取る, 引抜いて, 萎れて

▼ ません確か~ (5, 0.0%)

1 においで, にそれ, にもう, に昨晩書類, に歿

▼ ません~ (5, 0.0%)

3 かけて 1 に誓い, に誓った

▼ ません私たち~ (5, 0.0%)

1 はお母さん, は大急ぎ, は海賊, は生き, を監視

▼ ません~ (5, 0.0%)

1 で, と思召, はだめ, は駄目, を置い

▼ ません~ (5, 0.0%)

1 から廻っ, でお嬢さん, に積ん, の夏目さん, の方

▼ ませんああ~ (4, 0.0%)

2 して 1 しないと, もうやがて帰っ

▼ ませんあつし~ (4, 0.0%)

1 の油斷, は娘運, は貧乏, も心

▼ ませんいくら~ (4, 0.0%)

1 甘木さんに, 申し上げましても, 輝さんが, 金助が

▼ ませんお雪ちゃん~ (4, 0.0%)

1 が昔, ぐらいよく, の帰る, の魂

▼ ませんお願い~ (4, 0.0%)

1 するの, でございます, でございますから, ですから

▼ ませんからねえ~ (4, 0.0%)

1 あすにでも, きっとチチコフ氏, 何卒直に遣っ, 手を

▼ ませんきっと~ (4, 0.0%)

1 そのうち, 仕損じますまい, 入りましたの, 帰って

▼ ません~ (4, 0.0%)

1 え, えよく, え結婚, どうぞ堪忍

▼ ませんこちら~ (4, 0.0%)

1 でと控え, の小屋, の殿様, は明るい

▼ ませんせっかく~ (4, 0.0%)

1 こうして危ない, 天皇様が, 月見草が, 聖賢の

▼ ませんそれから~ (4, 0.0%)

1 おじさまあたい歯の, それ一人で, 暫くし, 貴方は

▼ ませんそれでは~ (4, 0.0%)

1 あんまり取越し, 今晩は, 困ると, 申上げます

▼ ませんそんなに~ (4, 0.0%)

2 忙しく叩い 1 までし, 窮屈がらず

▼ ませんぞと~ (4, 0.0%)

1 いう, 申しあげて, 言い捨てて, 負けずに

▼ ませんだが~ (4, 0.0%)

1 ね堅, ほんの遊戯, 兄貴の, 矢張川口町へ

▼ ませんちょっと~ (4, 0.0%)

1 この辺, ただ口, 威厳さえ, 私の

▼ ませんつい~ (4, 0.0%)

1 あなたの, 一夜参りました, 以前の, 電車路ぐらいまで

▼ ませんつまり~ (4, 0.0%)

2 死んでしまつて 1 気は, 自然の

▼ ませんところが~ (4, 0.0%)

1 あの奥方, 今日家内が, 幸い, 青嵐の

▼ ませんどうしても~ (4, 0.0%)

1 これで, 白川まで, 私には, 粉が

▼ ませんどなた~ (4, 0.0%)

1 だって風邪, でいらつ, にでも自由, も暫らく

▼ ませんなん~ (4, 0.0%)

1 しろ竹生島, でもありません, でもない, の苦

▼ ません~ (4, 0.0%)

1 しても, そんな山, また父親, 御無用

▼ ませんのさ~ (4, 0.0%)

1 いや本心, しかし貧乏人, ようようゆうべひさしぶり, 其の子供

▼ ませんのね~ (4, 0.0%)

1 そうお, だら, どうした, 結婚し

▼ ませんばかり~ (4, 0.0%)

1 でなくそれ, でなく指物屋, でも, なの

▼ ませんぼく~ (4, 0.0%)

1 はそれ, はひとり, は香具師, 帰ります

▼ ませんやと~ (4, 0.0%)

1 云うところ, 云つてゐる, 威張った, 席亭大

▼ ませんわっ~ (4, 0.0%)

1 しが, しは, しを, はっは

▼ ませんホン~ (4, 0.0%)

1 の四, の有合せ, の袖, の軽い

▼ ません一つ~ (4, 0.0%)

1 でも古い, を疑ひ出す, 弾いて, 残らず手製

▼ ません今晩~ (4, 0.0%)

1 お酒宴, はお前さん, はなんとなく, はわたし

▼ ません仕方~ (4, 0.0%)

2 なしに 1 がありません, がない

▼ ません何と~ (4, 0.0%)

2 なれば 1 仰有, 短銃では

▼ ません何とか~ (4, 0.0%)

2 して 1 いう待合, 心配を

▼ ません~ (4, 0.0%)

1 に出せ, も思わぬ, をきかない, を出し

▼ ません~ (4, 0.0%)

1 じゃありません, だと, でない証拠, の母親

▼ ません失礼~ (4, 0.0%)

1 いたしました, しました, のみ致し, をお許し

▼ ません平次~ (4, 0.0%)

2 の男 1 と八五郎, の女房

▼ ません弁信さん~ (4, 0.0%)

1 と一緒, に聞い, は人, は疲れ

▼ ません御免~ (4, 0.0%)

1 こうむります, なすって, 下さいましハイ, 下さいましハイハイ

▼ ません~ (4, 0.0%)

1 に楽しみ, のこと, の腐った, は極

▼ ません~ (4, 0.0%)

1 うして, う云う, う仕, して

▼ ません~ (4, 0.0%)

1 からふしぎ, から申す, は美しかっ, は隨分何ん

▼ ません昨夜~ (4, 0.0%)

1 にもう, の人數, は, もだから

▼ ません時分~ (4, 0.0%)

1 だから, で只今, には光子さん, 故洋物店

▼ ません本当~ (4, 0.0%)

1 ですあれ, の事, の愛, を言う

▼ ません無理~ (4, 0.0%)

1 にでも室, に云, に後, もございますまい

▼ ません~ (4, 0.0%)

1 が叔母さん, なり私, の財産, も母

▼ ません~ (4, 0.0%)

1 うじゃ, して, ほど秘密, 見せるには

▼ ません~ (4, 0.0%)

1 が生え, ではい, の道理, をはぐくみ育てる

▼ ません皆さん~ (4, 0.0%)

1 が剣難, が喜ん, はわたし, 歩いて

▼ ません~ (4, 0.0%)

1 から思っ, の田舎料理, の闇, 蒼に

▼ ません~ (4, 0.0%)

2 の中 1 で帰っ, は打

▼ ません~ (4, 0.0%)

1 で下手, で差し当り, より奥, を通しません

▼ ません~ (4, 0.0%)

1 郎が, 郎でございます, 郎は, 郎着換も

▼ ません~ (3, 0.0%)

1 だかも, ツ, 痛い何

▼ ませんあなた方~ (3, 0.0%)

1 に尻押し, の我儘, の来る

▼ ませんあまり~ (3, 0.0%)

1 お名残, 穢うございます, 馬鹿馬鹿しくつて

▼ ませんある~ (3, 0.0%)

1 ように, 時は, 片田舎の

▼ ませんあゝ~ (3, 0.0%)

1 して, 有難い事, 済まないと

▼ ませんいっそ~ (3, 0.0%)

1 不景気の, 気は, 黙って

▼ ませんいつ~ (3, 0.0%)

1 でもそう, でも貧乏, まで待っ

▼ ませんおとなしく~ (3, 0.0%)

1 お家で, じっとし, 親方や

▼ ませんお嬢さん~ (3, 0.0%)

1 なんざ何, のため, ばっかりは働かない

▼ ませんお嬢様~ (3, 0.0%)

1 が何, のお気, をどこ

▼ ませんお客様~ (3, 0.0%)

2 の御 1 が折角

▼ ませんお父さん~ (3, 0.0%)

1 が助け, たった一言, ねえ少さいうち

▼ ませんかしら~ (3, 0.0%)

1 そうすれ, 午前中なら, 屏風の

▼ ませんかといふ~ (3, 0.0%)

1 思ひがけ, 見るだけでも, 調子で

▼ ませんかなどと~ (3, 0.0%)

1 戯談をね, 言ふ, 近所の

▼ ませんからさ~ (3, 0.0%)

1 まことに自由, 又お前はん, 押して云え

▼ ませんがなあ~ (3, 0.0%)

1 お島どん, これえ, その五人

▼ ませんけれどもね~ (3, 0.0%)

1 えお嬢様, 何でも, 私まだ

▼ ませんこういう~ (3, 0.0%)

1 ことに, 算術が, 風に

▼ ませんそりゃ~ (3, 0.0%)

2 アもう 1 お門違いです

▼ ませんたとい~ (3, 0.0%)

1 その人, 一時の, 髪の毛一筋ほども

▼ ませんたとえ~ (3, 0.0%)

1 どちらに, 京の, 大千世界を

▼ ませんちっとも~ (3, 0.0%)

1 おちついて, 極りの, 違いませんあの

▼ ませんですが~ (3, 0.0%)

1 それが, 今日先生の, 米友さんは

▼ ませんでね~ (3, 0.0%)

1 あなた, その木原店, 裁縫を

▼ ませんとても~ (3, 0.0%)

1 いけません巧, やりきれません, 可愛かった

▼ ませんともかく~ (3, 0.0%)

1 もこの, も白骨谷, も立

▼ ませんとんだ~ (3, 0.0%)

1 ことに, 恰好を, 騒ぎを

▼ ませんどちら~ (3, 0.0%)

1 でもよろしゅう, に致しまし, も浪人衆

▼ ませんなど~ (3, 0.0%)

1 いう, 思うて, 話が

▼ ませんなどという~ (3, 0.0%)

1 ような, 云いまわし, 答えは

▼ ませんなにしろ~ (3, 0.0%)

1 この通り, 五十三ではねえ, 旦那は

▼ ませんねんけど~ (3, 0.0%)

1 それが, とにかく子供, 二人の

▼ ません~ (3, 0.0%)

1 あなたの, 余程好い, 皮肉だ

▼ ませんへえ~ (3, 0.0%)

1 何う, 手前が, 開けます

▼ ませんほか~ (3, 0.0%)

1 に本職, のいたずら, の方

▼ ませんまさか~ (3, 0.0%)

1 ここに, 彼奴が, 途中で

▼ ませんみんな私~ (3, 0.0%)

2 が悪い 1 の不調法

▼ ませんもっと~ (3, 0.0%)

1 悪い人, 明るいところ, 面白い話

▼ ませんやっぱり~ (3, 0.0%)

1 人間です, 西洋流に, 酒と

▼ ませんよく~ (3, 0.0%)

1 なりました, 知って, 練れて

▼ ませんよへ~ (3, 0.0%)

2 ツへ 1

▼ ませんわけ~ (3, 0.0%)

1 です, で花魁, は昔

▼ ませんツイ~ (3, 0.0%)

1 その, ふら, 向つ

▼ ません不束~ (3, 0.0%)

1 だとか, でございますが, な者

▼ ません人殺し~ (3, 0.0%)

1 の下手人, の凶状持ち, の大罪

▼ ません今度~ (3, 0.0%)

1 はどう, も左様, 来たら屹度

▼ ません仮令~ (3, 0.0%)

1 親父を, 身体が, 長く下げまし

▼ ません何もかも~ (3, 0.0%)

1 分った今, 申上げます, 言って

▼ ません余り~ (3, 0.0%)

1 といえ, 極りの, 馬鹿な

▼ ません余程~ (3, 0.0%)

1 あなたは, 前から, 違つた芝居の

▼ ません~ (3, 0.0%)

1 が馬, でござる仮令, なんてもの

▼ ません先刻~ (3, 0.0%)

1 お約束, の三千ポンド, 逢ったら矢張平常

▼ ません~ (3, 0.0%)

1 れだから, れに, んなに無闇

▼ ません~ (3, 0.0%)

1 に, にいっそ, にお

▼ ません初め~ (3, 0.0%)

1 からその, から唯一本, から買切です

▼ ません~ (3, 0.0%)

1 は鶯, も知らぬ, 酒は

▼ ません名前~ (3, 0.0%)

1 は何, は又, までお

▼ ません大きな~ (3, 0.0%)

1 声で, 宗教大きな, 音楽堂で

▼ ません~ (3, 0.0%)

1 と地, にも昇れない, はまっ

▼ ません~ (3, 0.0%)

1 で向島親子, には古びた, は私

▼ ません~ (3, 0.0%)

1 から來, にお, に一寸姿

▼ ません~ (3, 0.0%)

1 それた位, 左衞門さえ, 県さん私知っ

▼ ません彼奴~ (3, 0.0%)

1 から私, も無駄挽, 一体そういう

▼ ません必ず~ (3, 0.0%)

1 何う, 徳操才色ふたつながら, 誰かの

▼ ません断じて~ (3, 0.0%)

1 ありませんが, できないです, 出来ない

▼ ません既に~ (3, 0.0%)

1 お紺婆, 昨年とかも, 頼んで

▼ ません時に~ (3, 0.0%)

1 お茶代, よると, 因りますとね

▼ ません~ (3, 0.0%)

1 がありません, へやたら, 舞台の

▼ ません様子~ (3, 0.0%)

1 だから, でありますゆえ, とにかく御

▼ ません段々~ (3, 0.0%)

1 ああなって, に冬, 日数も

▼ ません~ (3, 0.0%)

1 だっておりません, だつて, に吠えられる

▼ ません~ (3, 0.0%)

1 が嫌え, の坐, の方

▼ ません~ (3, 0.0%)

1 になる, に因果, に大胆

▼ ません直ぐ~ (3, 0.0%)

1 これで, にお, に巡査

▼ ません真実~ (3, 0.0%)

1 でげす, の伯父さん, は真実

▼ ません私ども~ (3, 0.0%)

1 の云う, は商用, は深川

▼ ません私共~ (3, 0.0%)

1 の鍬, みたよう, 殊に痴情

▼ ません~ (3, 0.0%)

1 で御座います, なので, 無うお

▼ ません立派~ (3, 0.0%)

1 な処, な生活, な行い

▼ ません約束~ (3, 0.0%)

1 しました, しますか, は出来ません

▼ ません親分~ (3, 0.0%)

1 お助け, お怨み, は

▼ ません親父~ (3, 0.0%)

1 が寝付いた, が死ん, の店受

▼ ません~ (3, 0.0%)

1 どもらこの, につまされました, のかるい

▼ ません身の上~ (3, 0.0%)

1 で, でございまして, でございますが

▼ ません身体~ (3, 0.0%)

1 のお, の斑, も動かす

▼ ません身分~ (3, 0.0%)

3 が何で

▼ ません近頃~ (3, 0.0%)

1 は二葉屋さん, は人, は昔

▼ ません~ (3, 0.0%)

1 の管, は僅か, をもっち

▼ ません随分~ (3, 0.0%)

1 催促が, 四十に, 酔って

▼ ません~ (3, 0.0%)

1 でも解ける, に埋れた, に当っ

▼ ません静か~ (3, 0.0%)

1 な心, にし, に上げた

▼ ません~ (3, 0.0%)

1 から柔弱野郎様, から柔弱野郎樣, のよく

▼ ません~ (3, 0.0%)

1 ついて, つきり, でもない

▼ ませんあたい~ (2, 0.0%)

1 は人, は嬉しく

▼ ませんあんた~ (2, 0.0%)

1 にもわっ, に売った

▼ ませんあんなに~ (2, 0.0%)

1 外は, 痩せ衰えて

▼ ませんいい~ (2, 0.0%)

1 気に, 気持どころか

▼ ませんいいえ~ (2, 0.0%)

1 わたくしは, 阿父さん

▼ ませんいかに~ (2, 0.0%)

1 たかくても, 死のうとして

▼ ませんいきなり~ (2, 0.0%)

1 息杖を, 私の

▼ ませんいま~ (2, 0.0%)

1 いった通り, では見

▼ ませんいろんな~ (2, 0.0%)

1 かぶと虫にも, 男が

▼ ませんうっかり~ (2, 0.0%)

1 して, 申上げ

▼ ませんお前様~ (2, 0.0%)

1 が仔細, の足

▼ ませんお呼び立て~ (2, 0.0%)

2 して

▼ ませんお母さん~ (2, 0.0%)

1 のいい, 御心配

▼ ませんお気~ (2, 0.0%)

1 に召されたら, に障ったら

▼ ませんお蔭~ (2, 0.0%)

1 で私, で腹

▼ ませんお許し~ (2, 0.0%)

1 下さい, 下さいませ

▼ ませんお話~ (2, 0.0%)

1 する気, をお

▼ ませんお隣~ (2, 0.0%)

1 じゃございません, のお客様

▼ ませんかえって~ (2, 0.0%)

1 おかしいと, 陽気の

▼ ませんかつて~ (2, 0.0%)

1 云つ, 聞いたで

▼ ませんかとは~ (2, 0.0%)

1 ひどく気障っぽい, 仲

▼ ませんかとも~ (2, 0.0%)

1 思ったん, 聞けまいじゃ

▼ ませんかの~ (2, 0.0%)

1 僕の, 見受けた処

▼ ませんかも~ (2, 0.0%)

1 しさうなら私, すこし

▼ ませんかよ~ (2, 0.0%)

1 え, ウ

▼ ませんからという~ (2, 0.0%)

1 ことに, 度胸を

▼ ませんかネ~ (2, 0.0%)

1 ハッハッハハ, ハハハ

▼ ませんがしかし~ (2, 0.0%)

1 仮りに, 殿下

▼ ませんがて~ (2, 0.0%)

2 まえが

▼ ませんがという~ (2, 0.0%)

1 のは, 始末です

▼ ませんがな~ (2, 0.0%)

2 気の

▼ ませんがへ~ (2, 0.0%)

1 エ, ッへ

▼ ませんがまた~ (2, 0.0%)

1 お許し下さい, 決して自殺

▼ ませんくら~ (2, 0.0%)

1 ゐ看病, ゐ苦しい

▼ ませんけどさ~ (2, 0.0%)

1 すべての, ヘヘヘ

▼ ませんこいつ~ (2, 0.0%)

1 の尾, は三年子

▼ ませんこうして~ (2, 0.0%)

1 お菊, 我々は

▼ ませんことに~ (2, 0.0%)

1 ここは, 現代は

▼ ませんこの世~ (2, 0.0%)

1 にたつた, につかわされた

▼ ませんこんど~ (2, 0.0%)

1 の整備, 出やがったら村

▼ ませんこんなに~ (2, 0.0%)

1 意氣地が, 火の

▼ ません~ (2, 0.0%)

1 承知でしょう, 近所の

▼ ませんさあお~ (2, 0.0%)

1 入りなさいまし, 逃げなさいまし

▼ ませんさか~ (2, 0.0%)

1 え, えな

▼ ませんさき~ (2, 0.0%)

1 にドーン, ほどからお話

▼ ませんさて~ (2, 0.0%)

1 早速ながら, 段々貴方

▼ ませんさなあ~ (2, 0.0%)

2 同僚

▼ ませんさよう~ (2, 0.0%)

1 ならと, ならば

▼ ませんされど~ (2, 0.0%)

1 いずれの, も婦人

▼ ませんしさ~ (2, 0.0%)

1 それに, 人の

▼ ませんしたがって~ (2, 0.0%)

1 ない角, 真の

▼ ませんしだい~ (2, 0.0%)

1 で, です

▼ ませんしばらく~ (2, 0.0%)

1 室, 待って

▼ ませんせめて~ (2, 0.0%)

1 お国, 同じ室

▼ ませんそうして~ (2, 0.0%)

1 ね着物, 襖を

▼ ませんそつ~ (2, 0.0%)

1 ちへよつて, と私

▼ ませんそのうち~ (2, 0.0%)

1 また一人, 雨も

▼ ませんそら~ (2, 0.0%)

1 ここに, 誤解や

▼ ませんそれだけ~ (2, 0.0%)

1 はやめ, 長い手紙

▼ ませんそれとも~ (2, 0.0%)

1 たって入っし, 若しや

▼ ませんたって~ (2, 0.0%)

1 何も, 福澤だ

▼ ませんたぶん~ (2, 0.0%)

1 兄さんは, 外に

▼ ませんちと~ (2, 0.0%)

1 入用が, 鼻が

▼ ませんとね~ (2, 0.0%)

1 お種, 愚図

▼ ませんとばかり~ (2, 0.0%)

1 ソッポを, 人前では

▼ ませんどういう~ (2, 0.0%)

1 ものでございましょう, 本な

▼ ませんどうして~ (2, 0.0%)

1 ここへ, 勿体ないお

▼ ませんどうぞちょっと~ (2, 0.0%)

1 お眼, 待って

▼ ませんどれ一つ~ (2, 0.0%)

1 やりましょうかね, やりませうかね

▼ ませんなに~ (2, 0.0%)

1 より効験, 宜しゅうございます

▼ ませんなんかと~ (2, 0.0%)

1 淋しさうに云つて, 言うやつ

▼ ませんねといふ~ (2, 0.0%)

1 意見で, 言葉を

▼ ませんねエ~ (2, 0.0%)

1 シテ見る, 泥棒する

▼ ませんのでな~ (2, 0.0%)

1 みなさんに, 町内の

▼ ませんのみ~ (2, 0.0%)

1 ならず先, ならず精神

▼ ませんのみか~ (2, 0.0%)

1 習えば, 頼りも

▼ ませんのよと~ (2, 0.0%)

1 心の, 言うと

▼ ませんまさしく~ (2, 0.0%)

1 女の, 焚火でありましょう

▼ ませんまず~ (2, 0.0%)

1 原始的という, 横綱の

▼ ませんまでも~ (2, 0.0%)

1 一体此家, 暮しに

▼ ませんまま~ (2, 0.0%)

1 で年, に左右

▼ ませんまるで~ (2, 0.0%)

1 人間の, 鐵の

▼ ませんみんな~ (2, 0.0%)

1 知って, 許せば

▼ ませんみんな顔~ (2, 0.0%)

2 をまっ

▼ ませんもしや~ (2, 0.0%)

1 お留守, 予想外に

▼ ませんもっとも~ (2, 0.0%)

1 私の, 黒い奴

▼ ませんもともと~ (2, 0.0%)

1 こっちの, 一切が

▼ ませんやはり~ (2, 0.0%)

1 神主です, 苦労人でない

▼ ませんゆゑ~ (2, 0.0%)

1 なつかしいお, 何分用意等

▼ ませんよし~ (2, 0.0%)

1 借りられるもの, 怪我が

▼ ませんよといった~ (2, 0.0%)

2 ような

▼ ませんよも~ (2, 0.0%)

1 すこし待っ, 一人の

▼ ません~ (2, 0.0%)

1 奥さんは, 女郎文学で

▼ ません一人~ (2, 0.0%)

1 の妹, 鬱いで

▼ ません一体~ (2, 0.0%)

1 人間が, 盗られたと

▼ ません一刻~ (2, 0.0%)

2 も早く

▼ ません一年~ (2, 0.0%)

1 でも二年, も土

▼ ません一旦~ (2, 0.0%)

1 お前は, 用いそこ

▼ ません一時~ (2, 0.0%)

1 に仲裁, はそう

▼ ません丁度~ (2, 0.0%)

1 中途で, 見えて

▼ ません万事~ (2, 0.0%)

1 の奉仕, は金助

▼ ません三年~ (2, 0.0%)

1 すれば, ですから

▼ ません三日~ (2, 0.0%)

1 に上げず, の間

▼ ません~ (2, 0.0%)

1 慣の, 斷から

▼ ません不思議~ (2, 0.0%)

2 なこと

▼ ません不意~ (2, 0.0%)

1 でしたから, に目

▼ ません世の中~ (2, 0.0%)

1 には癆, の事

▼ ません世界~ (2, 0.0%)

1 に思想, を得た

▼ ません主命~ (2, 0.0%)

2 で主人

▼ ません~ (2, 0.0%)

1 に反し, へお

▼ ません九月十三日~ (2, 0.0%)

2 の夜亥

▼ ません二つ~ (2, 0.0%)

1 あつた, でやりましょう

▼ ません二階~ (2, 0.0%)

1 の庇, の廊下

▼ ません五体~ (2, 0.0%)

1 を劇, を微塵

▼ ません五月二十六日~ (2, 0.0%)

2 の朝まだき

▼ ません今ここ~ (2, 0.0%)

1 で煙草, にいる

▼ ません今夜~ (2, 0.0%)

1 の橋場, は寝られません

▼ ません今朝~ (2, 0.0%)

1 も七草粥, 程少し

▼ ません仏様~ (2, 0.0%)

1 にはお, の前

▼ ません他人~ (2, 0.0%)

1 と交渉, にまでも自分

▼ ません以前~ (2, 0.0%)

1 の, の弁信さん

▼ ません伯耆~ (2, 0.0%)

2 の安

▼ ません何分~ (2, 0.0%)

1 この仕事, 私は

▼ ません何故~ (2, 0.0%)

1 と云, セレナ夫人は

▼ ません~ (2, 0.0%)

1 に挙げた, の熊

▼ ません~ (2, 0.0%)

1 が慰み, の娘

▼ ません~ (2, 0.0%)

1 からこう, は皆

▼ ません兄さん~ (2, 0.0%)

1 にはよい, はけっして

▼ ません~ (2, 0.0%)

1 から冷たい, ア欺された

▼ ません先達~ (2, 0.0%)

1 のお, は又

▼ ません六十~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ ません再び~ (2, 0.0%)

2 目的地へ

▼ ません出たとこ勝負~ (2, 0.0%)

1 でいたずら, で頼まれる

▼ ません~ (2, 0.0%)

1 に思う, のある

▼ ません医者~ (2, 0.0%)

1 の玄道, は居

▼ ません千万~ (2, 0.0%)

1 忝うございまする, 辱ない

▼ ません博士~ (2, 0.0%)

1 はどこ, はダメ

▼ ません友人~ (2, 0.0%)

1 が, を葬っ

▼ ません只今~ (2, 0.0%)

1 では少し, にも勘当

▼ ません~ (2, 0.0%)

1 あなたさまも, お前さんには

▼ ません国内~ (2, 0.0%)

1 だけに限っ, の人材

▼ ません土地~ (2, 0.0%)

1 のお, の生産

▼ ません地塗り~ (2, 0.0%)

2 とか空

▼ ません~ (2, 0.0%)

1 なこと, に目

▼ ません多助~ (2, 0.0%)

1 が馬, も世

▼ ません~ (2, 0.0%)

1 ですら, 巡ること

▼ ません夜半~ (2, 0.0%)

1 に客, に密

▼ ません大した~ (2, 0.0%)

1 お心掛け, ものです

▼ ません大抵~ (2, 0.0%)

1 のこと, は二十代

▼ ません夫婦~ (2, 0.0%)

1 と為らね, に成れ

▼ ません奥さん~ (2, 0.0%)

1 そんな元気, の事

▼ ません奥様~ (2, 0.0%)

1 どうぞお, もやはり

▼ ません女性~ (2, 0.0%)

1 が男性, の一人

▼ ません好き~ (2, 0.0%)

1 という扉, になる

▼ ません~ (2, 0.0%)

1 が参りたい, のお

▼ ません委しい~ (2, 0.0%)

2 事は

▼ ません~ (2, 0.0%)

1 で, は売っ

▼ ません娘さんちよ~ (2, 0.0%)

2 つとお

▼ ません婿~ (2, 0.0%)

2 を取る

▼ ません~ (2, 0.0%)

1 は無い, 刻

▼ ません孝行~ (2, 0.0%)

1 な君, のしたい

▼ ません安心~ (2, 0.0%)

2 して

▼ ません実際~ (2, 0.0%)

1 に私, 何を

▼ ません~ (2, 0.0%)

1 の前, 彌如き

▼ ません寧そ~ (2, 0.0%)

1 今茲, 御決心

▼ ません寧ろ~ (2, 0.0%)

1 勝手な, 私の

▼ ません少なくとも~ (2, 0.0%)

1 あの魔気, 農奴を

▼ ません~ (2, 0.0%)

1 ては一国, ましては

▼ ません~ (2, 0.0%)

1 の間, までが宿

▼ ません平常~ (2, 0.0%)

1 ならば, なら宜

▼ ません~ (2, 0.0%)

1 の行かん, を老

▼ ません~ (2, 0.0%)

2 にはもう

▼ ません~ (2, 0.0%)

1 の上, を具え

▼ ません従って~ (2, 0.0%)

1 この国, 山のね

▼ ません御新造~ (2, 0.0%)

2 は何

▼ ません忠孝~ (2, 0.0%)

1 このふたつ, 全からず

▼ ません怪我~ (2, 0.0%)

2 にでも一人

▼ ません憎い~ (2, 0.0%)

1 奴だ, 奴でございます

▼ ません支那人~ (2, 0.0%)

1 に読ませる, は入

▼ ません改めて~ (2, 0.0%)

1 自省を, 親の

▼ ません政府~ (2, 0.0%)

1 と雖, に楯

▼ ません敵討~ (2, 0.0%)

1 の本懐, を致した

▼ ません~ (2, 0.0%)

1 と云, まはり

▼ ません日本人~ (2, 0.0%)

2 は誰

▼ ません早い~ (2, 0.0%)

2 話が

▼ ません昔恩~ (2, 0.0%)

1 になった, になつ

▼ ません昨年~ (2, 0.0%)

1 から引続き, の八月

▼ ません昨日~ (2, 0.0%)

1 の午後, もおい

▼ ません昨晩~ (2, 0.0%)

1 からの陣触れ, もちょっと

▼ ません是非~ (2, 0.0%)

1 ともお世話, 書けの

▼ ません時代~ (2, 0.0%)

1 で原型, は永徳

▼ ません暫く~ (2, 0.0%)

1 此方にて, 経って

▼ ません最う~ (2, 0.0%)

1 身を, 逃れぬ所

▼ ません最初~ (2, 0.0%)

1 は猟師さん, 第一

▼ ません~ (2, 0.0%)

1 に源氏, 行けば

▼ ません~ (2, 0.0%)

1 が水, の衆

▼ ません~ (2, 0.0%)

2 の下

▼ ません~ (2, 0.0%)

1 は両, 合いを

▼ ません~ (2, 0.0%)

1 から次, のとき

▼ ません次第~ (2, 0.0%)

1 で御覧, によってはその

▼ ません次郎さん~ (2, 0.0%)

2 ばかりで

▼ ません此の間~ (2, 0.0%)

1 はお, も六十七

▼ ません此者~ (2, 0.0%)

1 は中, より先

▼ ません此處~ (2, 0.0%)

1 から聖堂, は湯島

▼ ません気の毒~ (2, 0.0%)

1 なの, な事

▼ ません江戸表~ (2, 0.0%)

1 においで, へ参り

▼ ません沢山~ (2, 0.0%)

1 です, ほしいの

▼ ません沿岸~ (2, 0.0%)

1 には地主, の人心

▼ ません清澄~ (2, 0.0%)

1 のお山, の茂太郎

▼ ません漸く~ (2, 0.0%)

1 嫁いて, 手掛りが

▼ ません~ (2, 0.0%)

1 は愛, を噴く

▼ ません~ (2, 0.0%)

1 作法者で, 届け出府の

▼ ません無礼~ (2, 0.0%)

1 なこと, は百

▼ ません~ (2, 0.0%)

1 うして, らば

▼ ません然るに~ (2, 0.0%)

1 アイノは, 此三本の

▼ ません牛乳~ (2, 0.0%)

1 もクリーム, を沢山

▼ ません~ (2, 0.0%)

1 の首, 売りません

▼ ません現に~ (2, 0.0%)

1 こうしてお嬢様, これには

▼ ません現在~ (2, 0.0%)

1 こんなに元気, の賀川豊彦

▼ ません理窟~ (2, 0.0%)

1 から言え, のため

▼ ません甚だ~ (2, 0.0%)

1 漠と, 薄情な

▼ ません甲府~ (2, 0.0%)

1 にいる, まで逃げれ

▼ ません町内~ (2, 0.0%)

1 の女の子, の若い

▼ ません画家~ (2, 0.0%)

1 が自画像, を個人的

▼ ません病気~ (2, 0.0%)

1 でもない, の経験

▼ ません登様あなた~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ ません皆んな申~ (2, 0.0%)

2 上げます

▼ ません~ (2, 0.0%)

1 の不自由, をぱちぱち

▼ ません目明し~ (2, 0.0%)

1 の猿, の釘勘

▼ ません~ (2, 0.0%)

1 変らず何, 変らず夜々

▼ ません真似~ (2, 0.0%)

1 をした, をする

▼ ません~ (2, 0.0%)

1 と見えまし, の悪い

▼ ません~ (2, 0.0%)

2

▼ ません種々~ (2, 0.0%)

1 深い訳, 考えましたが

▼ ません笑止~ (2, 0.0%)

2 しければ

▼ ません~ (2, 0.0%)

1 は最早, を蒔く

▼ ません米友さん~ (2, 0.0%)

1 とのあの, もちっとも

▼ ません粉雪~ (2, 0.0%)

2 の吹溜り

▼ ません素より~ (2, 0.0%)

1 器量は, 貴方さまに

▼ ません素人~ (2, 0.0%)

1 がこれ, でございましても

▼ ません~ (2, 0.0%)

1 が切れ, は切れ

▼ ません~ (2, 0.0%)

1 の深い, も報い

▼ ません~ (2, 0.0%)

1 して, し支那

▼ ません至って~ (2, 0.0%)

1 まめな, 上手で

▼ ません與助~ (2, 0.0%)

1 はウン, は翻筋斗

▼ ません芝居~ (2, 0.0%)

1 だとつッ, で演じまし

▼ ません~ (2, 0.0%)

1 の数, は預かり

▼ ません花活け~ (2, 0.0%)

2 へでもお

▼ ません花車~ (2, 0.0%)

1 は傍, も来た

▼ ません花魁~ (2, 0.0%)

1 で何, の御

▼ ません~ (2, 0.0%)

1 主人は, 先生

▼ ません若旦那~ (2, 0.0%)

1 のお, 先ずトロリと

▼ ません薄い~ (2, 0.0%)

1 刃物で, 鞣皮一重を

▼ ません~ (2, 0.0%)

1 でも鳥, もこいしげ

▼ ません~ (2, 0.0%)

1 がすっかり, の出る

▼ ません裁縫~ (2, 0.0%)

1 がえり, がへり

▼ ません親分私~ (2, 0.0%)

1 はもう, は怖かっ

▼ ません親方~ (2, 0.0%)

1 がそう, のため

▼ ません親類~ (2, 0.0%)

1 が深川, の

▼ ません~ (2, 0.0%)

1 つたらお婆さん, をお

▼ ません証拠~ (2, 0.0%)

1 がございまする, とみえます

▼ ません警官~ (2, 0.0%)

1 は敵, を呼ん

▼ ません警察~ (2, 0.0%)

1 へそう, へ馳附

▼ ません谷間田~ (2, 0.0%)

1 はアノ, より私

▼ ません貴方様~ (2, 0.0%)

1 がおいで, へ御

▼ ません~ (2, 0.0%)

1 の方, はつかれ

▼ ません跣足~ (2, 0.0%)

1 で庭, で雪

▼ ません鈴慕~ (2, 0.0%)

1 に誘惑, の悪気

▼ ません~ (2, 0.0%)

1 が好い, が悪う

▼ ません~ (2, 0.0%)

1 が降, に降られた

▼ ません~ (2, 0.0%)

1 がか, は薄りか

▼ ません風邪~ (2, 0.0%)

1 でも引い, を押損

▼ ません~ (2, 0.0%)

1 の屍, は鼻

▼ ません駕籠~ (2, 0.0%)

1 が重う, もたまりません

▼ ません~ (2, 0.0%)

1 が舍利, が舎利

▼ ません~ (2, 0.0%)

1 が十六, の丸い

▼1* [1701件]

ませんああお気の毒な, ませんあいつの云う, ませんあいにくとこまかい, ませんあすでもあさっ, ませんあすこはまた, ませんあたい蛇だって狼, ませんあたしの一番大切, ませんあっけに取られ, ませんあっしの頼まれた, ませんあとのこと, ませんあなやと思ふ, ませんあなたこれをかけ, ませんあなた何をそんなに, ませんあなた景気が宜, ませんありゃ私の, ませんあれあれ私の, ませんあんしんして, ませんあッ監視灯が, ませんいいかげんにしない, ませんいいわけをする, ませんいかがでございましょう出過ぎた申し分, ませんいかなる場合にも, ませんいかにも英雄は, ませんいざ改めてお発し下さいませ, ませんいったい役人が, ませんいつか恋するよう, ませんいまお知らせ申そうか, ませんいやいや考へること, ませんいやただ世間には, ませんいろいろ手配を, ませんいわば主人といった, ませんいわば先ず造化の, ませんうち召上ると, ませんうんと云った, ません少しも, ませんえらいこと間違ひました, ませんおいしい物を, ませんおかけなさいこういう, ませんおかしい事が, ませんおかみさんのお, ませんおじいさんは嘘, ませんおじさんそそそんな礼儀, ませんおたがいに和衷協同し, ませんおばあさんですよ, ませんおばさんの面, ませんおまはんには, ませんおよそ江戸城の, ませんおれの行く, ませんお互いに男同士, ませんお伴いたしませう, ませんお出でなさいちょい, ませんお前さんたちも先, ませんお前さん何がそう, ませんお前たちの力, ませんお勝手で仕事, ませんお婆さんは世にも, ませんお客がムリ, ませんお寺様へ行っ, ませんお母さまぼくできないん, ませんお母さんアノ仙太郎親方が, ませんお母様が勧める, ませんお母様誤解して, ませんお湯にお, ませんお玉の家, ませんお盆にでもなれ, ませんお祖父さんの傍, ませんお立ち寄りを願います, ませんお詫びを申, ませんお金が欲しい, ませんお門違いじゃございません, ませんお預けですよ, ませんかいなや, ませんかかッた, ませんかけッけ, ませんかたからも今度, ませんかといったときは, ませんかとか何とか云われ, ませんかとでも云ったよう, ませんかとの仰せもつとも, ませんかなど引きとめたくも, ませんかなり厳粛な, ませんかなんぞと言って, ませんかなんて先生よく, ませんかねとははっきりしない, ませんかゆいところに, ませんからかとお気の毒, ませんからってお前の, ませんからとか何とか言訳, ませんからなあうちの, ませんからなどなかなか固苦しい, ませんからなどとひどく本気, ませんからねなどという人が, ませんからねね電報を, ませんからの事で, ませんからへエ, ませんからネ森彦叔父さんに, ませんかわいそうにぐっと, ませんかわりにはがらん, ませんかをいって, ませんがかといって, ませんがけだものみたい, ませんがこうして彼等と, ませんがさて脱獄し, ませんがとに角棒紅の, ませんがとにもかくにも, ませんがのいつか見た, ませんがも一つお願いが, ませんきっときっとお返し申します, ませんぐいと橇が, ませんぐらいのことは, ませんけっして望みません, ませんけどかといって, ませんけどねえ明けても, ませんけどナ女学生の, ませんけに濡手拭で, ませんけになあ先生, ませんけれどさて實現が, ませんけれどしもの方へ, ませんけれどでもそうし, ませんけれどもねえなにしろ親, ませんけんさあどうか, ませんッて, ませんこと後生一生のお願い, ませんこのごろじゃァどこ, ませんこの大きな力に, ませんこまかいところです, ませんこりゃ狼藉者め何等の, ませんこりゃ御新姐, ませんこれきりしかあげられません, ませんこれ如何ですこれ如何, ませんこれ婆ア此処へ連れ, ませんこれ家来の無調法, ませんころから親, ませんごぜえます, ませんさいぜんも申し上げる, ませんさいわいわたしは, ませんさかいもうどない, ませんさきほど店前で, ませんさけ大丈夫どす, ませんささこの上方, ませんさし当り兎なんぞがいい, ませんさすがの警官, ませんさぞ御愁傷様でございましょう, ませんさっき体を洗いました, ませんさっぱりして, ませんさもなくば, ませんさらばで御座います, ませんしかもわれら青二才が, ませんしといって, ませんしとやかな学僧, ませんしな車じゃ, ませんしょぼしょぼ雨の, ませんじっさい私は, ませんじっとして, ませんすこし休んで, ませんすっかり洗いざらいお話しいたし, ませんすなわち自分の, ませんすべての人, ませんすみませんが, ませんすみませんすみませんと何遍, ませんすると武が, ませんせいはすらり, ませんせいぜい五日か, ませんぜって私の, ませんぜとナイロンの, ませんぜひ聞かして, ませんなたは, ませんそうこうして, ませんそうしいて云うならば, ませんそこひででもございました, ませんそそそんな事, ませんそちらの惠梅様, ませんそちらさんこそどうぞ, ませんそっくり今日の, ませんそっちのお, ませんそのままあなたに, ませんその道の人, ませんその間あなたはここ, ませんそりゃあとてもヒドイん, ませんそれお前さんは婿どの, ませんそれぢや隨分御機嫌よう, ませんそれでもわたしは, ませんそれにしても筋合が, ませんそれほどにされた, ませんそれゆえ欲いと申されました, ませんそれ位の事, ませんそれ秋たけた野, ませんそんなれば, ませんそんじょそこらのアチカーソフ, ませんぞというような, ませんぞよ必ずとも, ませんたいへんですとにかくもう一度, ませんただこうしてながめて, ませんただしかし唯今, ませんただただ恐縮の, ませんたった一晩だけ, ませんたった今今の, ませんたとえば故郷の, ませんたまに入っ, ませんたまさか叱りましても, ませんたまに女が, ませんたまらないもので, ませんため屋の棟, ませんだいに様, ませんだがしかし大層好い, ませんだけにまだ心, ませんだっていやな, ませんだれにも判りません, ませんだんだん利きます, ませんちゃあんと, ませんちゃんと車屋の, ませんちゃんと一々お検め, ませんちやうど今, ませんちやうど三十五になりました, ませんちょと見, ませんちょいといかが, ませんちょうど去年の, ませんちよつとの, ませんちよいとその, ませんついに日暮れに, ませんつくづく愛想が, ませんつて返事しちや, ませんつまらないものです, ませんてねそんなに言いました, ませんてばあツ, ませんてんだ, ませんてネよ手紙へ, ませんでと斯う, ませんでなどと挨拶を, ませんでは又ね, ませんでもと存じて, ませんというは誠に早, ませんといったくらいだ, ませんとうとう繋いで, ませんとおつし, ませんときたら万事休す, ませんとこう申して, ませんとこうまあいったよう, ませんところでグリゴリイ・ワシーリエヴィッチは, ませんとさそれに, ませんとしても兎に, ませんとすれば私も, ませんとっぷり日は, ませんとでもなったら命, ませんとど助さん, ませんともと何故これ位, ませんどうかまああなた様も, ませんどうぞたんとお打ち下さいまし, ませんどうぞどうぞ生命を, ませんどうぞもう一週間イヤ, ませんどうぞ始終遊びに, ませんどうにかくっついてさえ, ませんどっかが心持, ませんどのみち殿様に, ませんどれ丈手伝いどれ丈勉強するかという, ませんどんより鼠色に, ませんなあにちっとばかり, ませんなかなか裏面に, ませんなかには涙を, ませんながいことあられ, ませんなにかの芸, ませんなにせ同権な, ませんなにせよほど熟練な, ませんなにとぞいつまでも, ませんなるほど此話し, ませんなんかとは云わないで, ませんなんと説明致しませう, ませんによって今度だけは, ませんねえお比奈さん, ませんねえと鼻で, ませんねえという興味ある, ませんねえとは寛怠, ませんねという返事に, ませんねなどと話すと, ませんのさと間接に, ませんのでがつかりして, ませんのでと同時にまた立ち上りました, ませんのでねお上へ, ませんのでのそれどころかここ, ませんのでのうばばの, ませんのでへエ, ませんのにねひどくすごい, ませんのねえ行きましょうよ, ませんはじめの日曜, ませんはずですのに, ませんばってん恵比寿ならご, ませんひとたび火の洗礼, ませんひとりのコレラ患者, ませんひとりでに血が, ませんひどい風ね, ませんひどくでっかい彫刻, ませんひょっとして, ませんほうぼうを, ませんほどのお歎, ませんほほほ, ませんほほほほほ, ませんほんのこの目と, ませんぼくらはかつて, ませんぽたぽたぐらい, ませんまああまり考へない方, ませんまあともかくわたしの, ませんまお一つそう, ませんまして芸術家が, ませんまじめにお尋ね, ませんまだいくらでも鯨は, ませんまったく少し心細い限り, ませんまっぴらです, ませんまつさきかけて, ませんまで種々お, ませんまるでまあ失礼な, ませんみじめなもん, ませんみぞれ雑炊, ませんみつともない, ませんみつちり句も作らなけれ, ませんみな失敗です駒井さん, ませんみんなわたしを嫌います, ませんみんな二束三文に売払っ, ませんみんな墨で描いた, ませんみんな寿命でございます前世, ませんみんな山からふき出した, ませんみんな白骨温泉の炉辺閑話, ませんむかし加賀の千代女, ませんむさ苦しい姿です, ませんむしろ小説体に, ませんないもの, ませんもうこの辺, ませんもう多分永久に, ませんもう決して足踏は, ませんもしかしてわたしからの, ませんもしもし番頭さんお, ませんもしもつと悪い状態, ませんもし相当多数の, ませんもっとはっきりおっしゃって, ませんもとの怨み, ませんもと安房国清澄の山, ませんものこれが, ませんもののはじめて聞いた, ませんもの一寸は来られない, ませんもの何です一体, ませんもの可恐くって, ませんもの後ろへ後ろ, ませんもの敵討の処, ませんもの貴方はお, ませんもろもろの災難, ませんやあねえ, ませんやという見得半分, ませんやね旦那, ませんやむを得ず洋髪な, ませんややともすると母に, ませんゆえお腹立でもございましょう, ませんゆえ三人の悪者, ませんゆえ久離きって, ませんゆえ何うなすった, ませんゆえ先ほどから不審, ませんゆえ先刻から検屍, ませんゆえ十一歳の時, ませんゆえ半信半疑に聞い, ませんゆえ圓次は右, ませんゆえ明早天出立致す了簡, ませんゆえ此の縁談, ませんゆえ永井喜八郎から用達, ませんゆえ誰あって, ませんゆえ起上って手水, ませんゆゑ無分別とは知り, ませんようやっと持上った, ませんよう朝晩凶事なく達者, ませんよしやアイノが, ませんよそへ出たく, ませんよとだけ言って, ませんよとのことでした, ませんよの一言に, ませんよのう源兵衞, ませんよろしく敬遠黙殺の, ませんよをかしな, ませんよんどころなくこうしてお, ませんりんこの渡し, ませんわが命の, ませんわしゃお前さんから助けられた, ませんわしらの身の上, ませんわずかなすすぎ洗たく位この, ませんわたくしどものため, ませんわたくし自身もまじめ, ませんわたしたちがこうして, ませんわたしどもこそお嬢様, ませんわたし自身の鼻, ませんわねえアンナ・グリゴーリエヴナ, ませんわねと云って, ませんわよ先生, ませんわれわれ火星人は物, ません百万だら並べた, ませんアネットを殺し, ませんアメリカだって御, ませんイエまア又, ませんイギリスの姫, ませんイヤな夢, ませんエこれが嬉しく, ませんオホホホ式であって, ませんガネと言う, ませんグルリと体, ませんグレーでもカツレツ, ませんコソ泥です, ませんコレお國, ませんゴムの生命, ませんサア既に斯, ませんサア是だけ聞け, ませんサア道さん私と一緒, ませんサア道九郎君嬢は全く, ませんサヨナラって, ませんジャックお願いですわ, ませんジャヴェルを殺した, ませんジーナとスパセニア, ませんスグ行って, ませんストオリーなどは問題, ませんスパセニアだったの, ませんズッと出, ませんズーと酔っ, ませんセンイ類や藥品, ませんソミイルのむす, ませんソレ香料の袋, ませんゾッキ屋某へ抵当, ませんダイヤ族の首狩, ませんツイ今しがた警察へ電話, ませんテバと口ごたえ, ませんデンマーク人は戦い, ませんトランスレートしては, ませんドウゾ御慈悲, ませんドチラへつとめまし, ませんネイかあ, ませんネーと意味, ませんハイ私はそう, ませんヘイ何方のお, ませんヘエ御免なすって, ませんヘルツェンシュトゥベなんかのこと, ませんホイツスラアの為, ませんボルネオは健康地, ませんポウと一つ, ませんマア癒るまではと, ませんマドロス君が先発, ませんムク犬もまた, ませんモリイシャしかしまず, ませんヤットお眠り, ませんレコードをかけ始めた, ませんロック鳥の卵, ませんワねえそうでしょう, ませんワネ私は, ませんに子規居士, ません一つ奮発して, ません一つ言をいっ, ません一二ケ月経ってから, ません一二度廊下でお, ません一人息子の清次郎, ません一人者ですから, ません一切わたしの方, ません一号と二号, ません一向知りません, ません一大事どうしよう, ません一家遠国へ流転, ません一度外へ出, ません一応ですいや, ません一攫千金お茶の子の朝飯前, ません一日にも書けません, ません一生恩に着ます, ません一生涯を旅, ません一番の難場, ません一番正直な雌, ません一筋道の里, ません一箱で一両, ません一致もこの, ません一茶以前に一茶, ません一角は狽, ません一通りわしのいう, ません一週間ばかりのうち, ません一面白妙なん, ません七ツの時, ません七景は霧, ません七足袋は製作, ません万が一間違っても, ません万一のため, ません万人ひとしく注意, ません三人に引きずられる, ません三八ですと, ません三八さんのお, ません三冊或は五冊, ません三千円や四千円, ません三国港でもありません, ません三芳君が二度目, ませんも下, ません上方見物はかこつけ, ません上本町のあと, ませんの仮庵室, ません下手人は思い, ません不思議そうな顔, ません不断から手癖, ません不調法が有ったら, ません不馴れなもの, ませんのい, ません世間並みのゴザ, ません世間様へお, ません世間樣へお, ません両人で手, ません両方から合せ, ません両親の愛, ません中央山脈の中, ません中根は早帰り, ません中津川の景蔵さん, ません中納言のお, ません丸山の御, ません丸部さん丸部さん貴方も口, ません丸部さん私は大変, ません丸部さん貴方にはおさらば, ませんある女, ません主家の恥辱, ません主家伊太夫のため, ませんと一緒, ません久しぶりで紋付, ません久兵衞の野郎, ません久助さんに間違い, ません乗物といっ, ません込んで, ませんの字, ません九州で生れた, ません九月の二十一日, ません九死の中, ません乞食同様になっ, ません乱世に乗じ, ません乳母がお母様, ません事実神楽は道楽, ません二つ三つ慰めの言葉, ません二三度とっくりと聞かせ, ません二三歩先に立った, ません二人おいでになりました, ません二十七日の晩, ません二十四五年前にお, ません二十面相はそうして, ません二声ばかり泣く, ません五八さん大きに御苦労, ません五六日前から山の手, ません五百草も千草, ません五郎さんがおさえ, ませんったお父さん, ませんから江戸, ません人たちはそれぞれ, ません人生は苦悩, ません人目にかけない, ません人違いにも程, ません人間正直はいい, ません今おいくつ位に, ません今にも追出され, ません今や信仰の, ません今夜音羽へ行っ, ません今家へ行ったらつかまる, ません今年は子, ません今後もあなた様, ません今日お婆さんがお湯, ません今日親類方に寄つて, ません今晩わたしは一つ, ません今晩一晩が一生, ません今殿様と一つ, ません仏道修業が自分, ません仔細はあと, ません仕事が違, ません仕事ギューギューで, ません仕様が無い, ません仕立ましたばかり, ません仙太郎親方も万年町, ません気の, ません代りに家, ません代わりにゃけっして, ません以上はもう, ません以上官吏執務規律にある, ません仰天せざるを, ません伊万里ですと, ません伊東の放言, ません伊津丸殿はおいで, ません伊香保のお隣室, ません伊香保饅頭は温かい, ませんと嫁, ません伝兵衛さんお前とわたし, ません伝吉さんはそんな, ません伝記の中, ません伯爵切手入れの中, ません伯父と兄, ません伯父さんのできる, ません伯父上はたしか, ませんにつれ, ません似顔へ吉野紙, ません但し貴方は, ません位野陣見るよう, ませんでございますから, ません体つきからそう, ません何せよほど熟練な, ません何だかあきるわ, ません何でも彼奴が, ません何とぞ如何ようにも, ません何とも名状の, ません何事も思召, ません何彼だって好い, ません何所かの貧民病院, ません何日入って, ません何時でもお, ません何時の間に私の, ません何時もぶりぶりして, ません何時何人の手, ません何様な事, ません何等の委細, ません何者に対しましても求めざる, ません何蕨でも生えてりゃ, ません何處かへ嫁, ません佛壇の中, ません佛樣にされる, ません作家の業, ません作物の凡, ません使いに出す, ません信仰であります, ません信号もかかげ, ません信州者だとも, ません俳優の尾張屋, ませんへ来られ, ませんに探り寄せた, ません僕たちは宇宙, ません僕なんざ年の暮, ませんで御座いまするが, ません先代から御, ません先刻アノ何が, ません先刻貴方は本堂, ません先天的に怒る, ません先方は浪人者, ません先生あなたが悪い, ません先生わたしが踊れるなら踊っ, ません先祖代々の禅宗, ません先約があります, ません光丸さんのいなくなった, ません光子さんは全く, ませんらっしゃいましよ, ません全員総上陸, ません八五郎親分を三日, ません八十歳の住職, ません八百やの, ません公高は私, ません六日におめでたい, ません六月七日の晩, ません六月十五日の夜, ません兵馬の手, ません其他の手段, ません其女といふは背, ません其子供は即ち, ません其時分にはもう, ません其月の二十一日小學校時代, ません其様な事, ません其間私は一日, ません内儀のお, ません内儀さんに怨, ません内緒事という, ません内部抵抗のつよい, ません冗談云っちゃ, ません写真もない, ません冬物の仕度, ません凶日に旅立つた, ません出戻りで肩身, ませんの油, ません切めて小梅, ません初茸でも何, ませんの夢, ません別してお俊, ません別に何の, ません別離を告げる, ません前日雪が降りました, ません前津小林の方, ませんよ, ません剣術も心得ません, ません剽窃をも試みなけれ, ません勇士の戦場, ません動きもしません, ません勘定をし, ませんでしょう此, ません勝負事は時, ません勤め奉公でございますから, ません勤王の方, ません勾配はどの, ません勿論まだ私の, ませんが, ません包み兼て白状, ません北国人の鎧, ません十一位でしたろうか, ません十一年あとの八月二十日, ません十円に売れ, ません十分で弱りきるまで, ません十日ばかり前お, ません十日以後は, ません十月の二十八日, ません十石三人扶持御作事方賄い役, ません千両といいてえ, ません南条様にお目にかかりたい, ません南瓜がちっと, ません南瓜畑の物置, ません南部の藍, ません単に逐一比較し, ません博奕の宿, ません印刷所も飯田町, ません即時に止めましょう, ません却って一人が, ません却って只見る方, ません却って後で生木を, ません原口作左衛門が死んだ, ません原子力を使っ, ません原子爆弾によって私, ません原田さんは着座, ません友さんは死んじゃった, ません友造君を迎え, ません口惜しい入らつし, ません口数に及ばず, ません古いもんで, ません古城の方, ません古銭研究会の幹事, ません只人の噂, ません叫び声を立てよう, ません上る物, ません可愛がるだけ, ません可愛い可愛いわたしの, ません合羽をお, ません海同胞です, ません同じ地点へ, ません同僚横井源太郎の死, ません同情ストライキそれはいけない, ません同時に人間には, ません同衾をなされ, ません名将の供養, ません名残を惜しん, ません名義が廃ります, ません向うは馴染, ません向う様のお, ませんは君, ませんな弁償, ません吾信州教育界の名誉, ません吾等は潔, ません味方でないもの, ません呼吸がみな発句, ませんでももしもまだ, ませんいでげすから, ませんかへる, ません咽喉を締められる, ません唄どころじゃない, ません唖頑聾或は悪い, ません唯もう御覧の, ません唯もう何となく怖くて, ません商人が大きく, ません善縁悪縁にかかわらず, ませんを突い, ません喜六やお前, ません喧嘩は緩く, ません嘆美でもありません, ません四ツ目屋の新, ません四五度行馴れて, ません四人とふたり, ません四十恰好の少し, ません四国を歩きます, ません四年已前に死, ません四日目になり, ません四月以降相当でした, ません因州鳥取あたりにその, ません因業なやつ, ません因縁がある, ません団子と申した, ません団子坂の角, ません図面を一つ, ません固いといった人, ません国民も張り切, ませんをできるだけ, ません土藏の闇, ません地主が不, ません地獄は怖, ません地獄絵のあと, ません地球よりもずっと, ません地者の達者, ません坊ちやんが生き, ません坊やは強い, ません坊主ですから, ません堅いお屋敷, ません堪忍して, ませんですから, ません塩気で締まっ, ません塩物をやった, ません境地にただ今, ません壁虎のよう, ません売人に確, ませんになる, ません夏子の丸い, ません外のは随分, ません多くはその, ません多分そうでしょうよ, ません多寡が吹け, ません夜なかにたべさせる, ません夜光の短刀, ません夜具蒲団はちゃんと, ません夜明けまでにさえ金子, ません夜更の事, ません夜更けになっ, ません夜遊びの歸, ません大きくなったらきっと, ません大丈夫です, ません大体便所の汲取口, ません大切に心得, ません大変よ大変, ません大変愚図だね, ません大好きです, ません大屋が云っ, ません大層おいしいから, ません大島の紺がすり, ません大悪非道の, ません大抵人殺は, ません大方一月に, ません大概英語でやっ, ません大江山さん貴方は隠し, ません大河の堰, ません大河湖沼が乏しい, ません大神は富貴, ません大船に乗っ, ません大蛇の火, ません大谷千尋は再三, ません大通りはつい, ません大道からお, ません天下の直参, ません天地というもの, ません天地間の重大事件, ません天運です広い, ません太公望様それ自身の本心, ません失敗だって何, ません失望しても, ません奉公人のうち, ません奥方様よりもわたし, ません奥行は存外, ません女の子でございます女の子, ません女一人を夜中, ません女子供はましてそう, ません女子蛆のうめきな, ません女房はどこ, ません女牛の乳, ません好い塩梅に, ません如何でございましょう往き, ません如斯な狭い, ません妊娠でないこと, ません妖怪や狐狸変化, ませんに気, ませんが必ず, ません姉さんにお, ません姉さん此の玉子焼, ません姉様確かりして, ません始めからお, ません始終外の, ません姿を見せたなら, ません姿見の前, ません娘何んで袖, ませんがね娘, ません婆さんお前は口, ませんだって言います, ません嬢ちゃん何うも, ません子供たちにまで, ません子分たちは無理無体, ません存分に御, ません孝助様後で御, ません学問は実地, ません学校でだって家, ません学者でもそう, ません学術的とはいわれません, ません孫めがお, ません孫兵衞さんお前さん一寸御, ません孫奴が畏れ多い, ません宅助に聞い, ません安兵衞どん能く考え, ません安息の疲れ, ません安物ながら博多, ません安田一角は喧嘩, ません完全な場所, ません宗悦が無礼, ません宗教を信じなけれ, ません宗教的にはなかなか, ません定吉はあの, ません宜しきようにと, ません宝永ですと, ませんを云う, ません実験室に付き物, ませんになる, ません家中の大, ません家庭料理へ生活費, ません家政婦の気狂い, ません家来がやる, ません容態ですから, ません容捨がなり兼ねる, ません容色風采この人, ません宿屋の下婢, ません寄合にも上席, ません密旨に忠義, ません寝巻のまま, ません寿命が尽きねえ, ませんを解い, ませんにその, ません将軍どうか首, ません尊い古人の, ません小さい時に, ません小さくとも六百坪, ません小児に乳, ません小名路の花屋, ません小学校のあの, ません小川様のお, ません小川町に講武所, ません小座敷には酒肴, ません小母さん冷やかしちゃ, ません小町の晩年, ません小禄でも宜しく, ません小紋の変り裏, ません小言を云っ, ません少々外に, ません少くともこれ, ません少なくも広大な, ません尚も最後の, ません尺八の音色, ません尾頭つきに何, ませんの平気, ませんにも及びますまい, ません屋敷は相馬, ません屠蘇の春, ません山風が出, ません屹度伯父に話, ませんつ引, ません岡崎街道でああ, ません岡村由兵衞の枕元, ません岩本さんのところ, ません川留めになる, ません工場がなけれ, ません左様さ投捨て仕舞いました外, ませんくなっ, ません之松さん, ません帆村探偵が声, ません帝王の都, ません師匠は先刻, ません師匠失敗ったのに, ません常識の人, ませんの半ば, ません幕府の方, ません平に御勘弁, ません平一郎さんいけません, ません平気で行けます, ません平田大人ではお話, ません幸いに私共, ません幸福でした, ません幾らひょっとこ見たよう, ません幾ら堀っても金, ません幾ら金を包ん, ません幾口もございます, ません幾日分もございません, ません幾百年此の底, ません広間の方, ませんの端, ません座敷好みなんぞし, ません廂下から土間, ません廊下へ行く, ません廊下伝いに行きます, ません建前にこうして, ません張合のない, ません当りさわりのない, ません当人も隠し, ません当分は室堂, ません当分私はだめ, ません当家の先生, ません当然聞くべき人, ません役目でございましてな, ません彼らはもちろん, ません彼方からいらっしゃる, ません彼様なもの, ません彼等は銭勘定, ません待合さんかもそれ, ませんは恐れ入ります, ません後で差引きますよ, ません後世には酒, ません後人の書いた, ません後生ですから, ません御存じの近頃江戸中, ません御徒町松山園に参り, ません御新造様は早くから, ません御礼はするです, ません御覧になった, ません御酒も随分, ません御飯ですもの, ません徳三郎を銭形, ません心から鶏の, ません心中者だ, ません心当りは無い, ません心得で居りまする, ません心掛けの宜, ません心耳をすまし, ません心臓に悪い, ません必らず横, ません必定全力を盡, ません忠義をすれ, ません怖い中で, ません怖くって恐ろしい, ません思いもよらぬ, ません思出し笑い, ません急用という程, ません怪しい道や, ません怪人のからだ, ません恐らくわずかばかりで, ません恐れ乍らその儀, ません恐ろしい事です, ません悋気は疑り, ませんまれます, ません悪くすると, ません悪人ではございません, ません悪漢の手, ません悪魔は一晩, ません悲惨ですね, ません情けない腹に, ません情なかったの, ません惜しいぢや, ません惡いものと答, ません愈々藻西に, ません愉快ぢやありません, ません意気地なしな, ませんに充実, ませんを与えられました, ません慚愧にたえません, ません慶長小判から今時, ませんの国, ませんい隠しだて, ません憫然だが, ません應用的に研究, ませんに突, ませんながら薄, ません我儘を申します, ません我慢出来るだけ, ません我等は此人, ません時雪の, ません或いは今生この世で, ません或はどこかに, ません或は又過去の, ません戦国時代の切支丹大名, ませんを開ける, ません戸外に出, ません戸締りを能くし, ません手前どもでは一本一文, ません手後れになる, ません手習をしまっ, ません手荒いことしない, ません手配はつけ, ません承知しません, ませんあしくも, ません折節ね旦那, ません押入の床, ませんなく坊さん, ません拳固で貴僧, ません拾い物でございますよ, ません持藥も用意, ませんを啣, ません推量して, ませんわない, ません損害を掛けた, ませんが立ちません, ません改札場の中, ません救いの手, ません散々揉み抜いた揚句, ませんれお詫び, ませんも味方, ません敵意がありません, ません文六ちゃんがこわい, ません文錢は何時, ません断念めましょう貴方, ません断念らないわけ, ません斯くの如く困窮零落, ません斯んな近事, ません斯様な結構, ません新しいとどうしても, ません新たに死ぬる, ません新五郎が帰っ, ません新刀と書いた, ません新吉さん帰って, ません新吉さん折角迎いにお出で, ません新聞にもあります, ません新聞紙包か何, ません新聞記者を呼ん, ません方丈様のおっしゃる, ませんが常住, ません旅先のこと, ません旅行は一等, ません旅費のところ, ません日本の古, ません日本左衛門の下風, ません日本部支那部安南部と分れ, ません日頃から一剋者, ません旦那先ほどは何と, ません旦那斯うしましょう, ません旦那方は秋祭り, ません旦那旦那怒っちゃ, ませんさ加減それに, ません早うお帰り, ません早坂勇さえも愕然, ません早慶戦でKO, ません早速万兩さんと, ません明夜十時三十分を期し, ません明瞭に言, ませんによって判断, ません映画で妙, ませんは早く, ません春先の或, ません春山氏を惨殺, ません春日さんのは幸い, ません春秋にはその, ません昨夜どなたかこの, ません昨夜店で帳合, ません昨夜風邪の氣味, ません昨日散歩のみぎり, ません昨日確定裁判を下された, ません昼日中提灯をつけ, ません昼過ぎになっ, ません時介の妻, ません時分ゆえ頓と分りません, ません時分亜米利加という処, ません時親の家, ません時間においで, ません晝間は忙しい, ません晩方直きその, ません晴れやかさもなければ元気, ません智慧も力, ません暗いなかで, ません暗黒のなか, ません暫らく休んで, ません暮しが苦しい, ません曲者の目的, ません更にあの山人たち, ません書生を刺した, ませんてハリダース, ません最うおくの一人で, ませんを見, ません有体に白状, ません望月さんどうぞ, ません望月君も他人, ません朝夕だけ, ません朝御飯が濟, ません朝日には附録, ません木具屋と申し, ません木島三郎という男, ません末期の煙草, ません末梢なのね, ません本人よりもよく, ません本国も悪銭身, ません本当に全く素朴に, ません本当はこ, ません本来ならば, ません本来女には家そのもの, ません本来女人というもの, ません本来虚弱な藤江老人, ません本船左舷後方の海上, ません本道をサッサ, ません杉村さんは疑っ, ません材料のある, ません来年は必ず, ませんの上, ません松さんも元, ません松本先生などがお, ませんへ徳川天一坊殿御旅館, ません板の間稼ぎでも何, ません板戸に手, ません板橋の方, ません柱一本立直らないで, ませんの木の下, ません柿の木金助ではございません, ません栄枯盛衰は世の常, ません栗皮茶のよう, ませんの方, ません案内役のわたくし, ません植木屋が十人, ません楠木方のほう, ません真面目な話しな, ません極力部屋を, ません楽屋はどっち, ませんで叩, ません槍持は仲間部屋, ませんに, ません権力の他, ません権田さんの外, ません横浜まで出迎え, ません樹木も多かろ, ませんの上, ませんみで, ません機変も妙味, ません欄干の始め, ません權六は上, ません次の間に居た, ません次男でした, ません欧米社会党の盛大, ませんが出まし, ませんい事で, ません正当防衛ですもの, ません正気でございますが, ません正直のこと, ません正義正義といったところ, ません此の方にか, ません此三筋を斯, ません此儘死にましては, ません此儘引取ること, ません此処らの女, ません此間から一疋, ませんは不在, ません武力が整い, ません武王は紂王, ません武蔵野といえ, ません歴史で少し, ませんの来る, ません死物狂い一生懸命に三藏, ません死骸の後, ませんには彼ア, ません残暑の頃, ません殺害して, ません殿様御機嫌様よう入っしゃいました, ません殿様方もお, ません殿樣あれは冬, ませんや妹, ません母ちゃんよ, ません母上あッち, ません母屋にいらっしゃる, ません母親は心配, ませんもお, ません毎年この暗闇祭, ません毎度また結構, ません毎日のやう, ません毎日毎日血腥さ, ませんです, ません比較したって, ません毛際から小脳部, ません毛頭覚えは, ませんがつかない, ません気持でした当, ません気絶させたの, ませんの付いた, ません氣分のひどく, ません氣味が惡, ません氣孔ひとつにも泣きたい, ません永らく御厄介, ません永世の蝶, ません永年潮風に吹かれ, ませんが身体, ません江戸時代に屡々, ませんへ出なく, ません法恩寺の方, ませんついたの, ません泣きは致しません, ません洒落を云っ, ませんがせんせ, ません流祖の反町, ません浜松の大, ません浜町まで参らなけれ, ません浩一郎から借りた, ません浪人者に斬られた, ません浪次と言っ, ません海嘯だけは用心, ません海岸三里四里の間, ません海老屋と違っ, ません消防の設備, ません淋しい苦しい世界を, ません深い訳の, ません深切で聞い, ません深尾殿なら貴方, ませんないこッ, ません渡邊殿は別段, ません温かいのを, ませんの水流, ませんでは本当, ません湯殿ですから, ません源因を虚偽, ません漁夫もいません, ません演繹法の推理, ません漢詩などはわれわれ, ません漸う此処まで, ません激情に煽られた, ません乱れた黒髪, ません濡手拭と百姓, ません火事ですたいへん, ません火口箱を探し, ません灰洗ひに, ません灰色の霧, ません災難には違いありません, ませんが悪い, ません炭荷を担い, ません点取り宗匠連が金, ませんの足, ません無いので, ません無くなつたの, ません無事で居たなら今頃, ません無法だと, ません無理やりいや応なしに, ません無闇に金, ません焼山になっ, ません煙草入だってこんな大きな, ません煤掃の時, ません煤掃きのドンパタ, ませんが出ました, ません父上の伊太夫様, ませんをお, ませんでも鳥, ません物笑いですから, ません物貰ひにも, ません犬畜生といっ, ません狂暴なあらし, ませんの化けた, ません狡猾なやり方, ません狩人は若々しい, ません独楽廻しじゃ有りません, ません独身者ですから, ません独逸のお, ません猛獣と一緒, ません猫めの頭, ません獄門橋の先, ませんですからね, ません散る刃, ません玩具にくれ, ません珍しい改まりよう, ません現代の社会組織下, ません現在私が見, ません現在貴君にその, ません現物をつみこん, ません理由があっ, ません琵琶湖は大きい, ませんは砕け, ません生れつきの眉, ません生得大の臆病, ません生涯でもお前さん, ません生涯私を度外, ません生臭坊主や心中, ません用心棒に雇つた, ません田舎仏師の拵えた, ません田舎者ゆえ盗られると, ません由十二月請求の分, ません甲州の山, ません上げますが, ません申刻少し前, ません男の子が今, ません男同士でも交情, ません男振りがよう, ません町人のお, ませんのお, ません畠山父子は共に, ません病死の積り, ません白い玉子焼だ, ません白く細かくて枸杞, ません白妙さんのお客様, ません白木でも朱塗, ません白馬からの下り, ません白骨以来ほんとうに落着, ませんの野郎, ません百姓には限りません, ません百年以上もつづいた, ません百文の香奠, ません皆お嬢様の方, ません皆きんが悪い, ません皆んな良い方々, ません皆んなぼんやりして, ません皆んな私の至らぬ, ません皆んな義兄に養, ません皆様へ御馳走, ません益々我が身に, ません盛んに一皮むける, ません盛岡でおろします, ません監視を部屋, ません目黒にも桐ヶ谷, ません盲人にからかつ, ませんきですよ, ません直し様もない, ません直ちにこの怪しい, ません直様返事をおしなさい, ません相場がねえ, ません相州の五郎入道, ません真影流の奥儀, ません眼前目に見える, ません眼隱しを, ません矢張晒木綿の褌, ません短剣でしたと, ません破壊です絶滅, ませんが欠けます, ません社會教化日でありますかういふ設定日, ません祖母の小さい, ません神主さん大丈夫だ大丈夫, ません神業ですよ, ません神楽師であります, ません神様もったいのうございます, ません神経を御, ません神経衰弱の薬, ません秀さんあッち, ません秀子に対する私, ません私のは大切, ません私はじめ夢の様, ません私一人が耻さ, ません私事はこの, ません私人では, ません科学などはそれ, ません科学者は研究, ませんにあっ, ません程なく御全快, ません暫くたっ, ません稲吉の体, ません稼ぎがあります, ません積りでへい, ませんかな日, ませんの中, ません穴蔵へ行く, ません空手形はださない, ません空気と水, ません空腹の余り, ません突然今朝思ひ立つた, ませんのわき, ません立上りさえしなかった, ません童子の旋, ません童謡が直に, ません竹生島へ渡ろう, ません竹町へ真っ直ぐ, ませんも嘸, ませんとなんと, ませんだけは慥か, ません米友さんわたしはお前さん, ません米友さん後生だから, ません米屋の隱居藤兵衞, ません才者の, ません粟粥や芋粥, ません粥河さんはねあれ, ません精進を妨げる, ません糖衣もなけれ, ませんだけでげす, ません紀州の師匠, ません八勺は, ませんが少し, ません紋床の親方, ませんへ包め, ません破と, ません紫縮緬が仲の町, ません紳士です, ませんの木綿糸, ません結城紬の着物, ません結婚したばかりの, ません結婚者は当然, ません結局残りましたの, ません結局それが幸い, ませんですら, ません絽色で丸, ません継母さんが悪い, ません綺麗な女, ませんりなさいましよ, ません総代を選ん, ません締りは内, ません締切の時間, ません縁側の上, ませんい一時, ません縦しや此, ません繊細い身体, ませんを解い, ませんも描く, ませんが当ります, ません美作城代家老私いまさか羊羹鹿の子餅, ません美濃の国, ません群集がです, ません義賊と名, ません老人方は相続, ません考えように依っ, ませんの下, ませんというもの, ませんをもん, ませんの低い, ません背中から肩, ません胸一杯でもの, ません脇の下をお, ません脊伸をし, ません脊伸びをし, ませんが冷えます, ません自前でございます, ません自殺する様, ません臭剥はまだ, ません至極高味でげし, ません與三郎さんが憎く, ません舞妓が出, ませんは手慣れた, ません船長様の御, ませんと金, ません芝口二丁目の仕事場, ません花屋でございます, ません花房一郎が警視庁, ません芳年の月百姿, ません芸者は孰, ません芸者衆なんか二階, ません芸術としては価値, ません苟も土そのものに, ません若い衆さんに一口, ません若い衆娘たちの相談相手, ません若江は亡, ません苦み走った芝居, ません苦痛を誘ひ, ません英国でも前, ません茂ちゃんほんとうにお前, ません茄子の鳴く, ませんは着物, ません荊妻もその, ません荷物にさわる, ません萩原さんはお, ません萬次郎さんとは仲, ません落人をかくまえ, ません落着いて, ません落語家社会でも三遊社, ません葉子さん信じて, ません薄田十五頃と申します, ません薩摩の泡盛, ません藤沢寺の遊行上人, ません藤野屋から来るなら, ません藤野屋杢左衞門は帯刀御免, ません藻西太郎も初め, ません虚空の中, ませんのうち, ません蜂須賀家の手, ません蝦蟇の方, ません衣裳を捨て, ませんでございますこんな, ません表向になりますれ, ません表紙なんか私, ません被害者です, ません裁判所の召喚, ません裏道から大廻り, ません西国の兵, ません西洋の山水画, ません要するに自由という, ません見掛けは綺麗, ません見苦しゅうございますが, ませんに愛想, ません親分さんお蝶, ません親方アこれから気, ません親類内から到来, ません親類身よりもこの, ません言葉は国, ません記事の取消し, ません証人は近所, ません評判の宜, ませんをかけます, ません試しに試す, ません詮方がない, ません詰らん者を集め, ませんの工合, ません誠に宜く働き人足, ません読書にし, ません調子が一つ, ません論文を書く, ません祖と, ません諸侯方の御, ません謄本を返し, ませんする事, ません警察長は僅か, ません議論家のよう, ません貝殻骨のところ, ませんの盗み, ません貧乏でございますから, ません貧乏暮しのうち, ません責め殺されて, ません貴下が放蕩, ません貴方一つ御読みなすっ, ません貴方樣を罪, ませんに迫られ, ません賛成です, ません賞めている, ません賭博は感心, ませんもだいぶ, ません贋金造りだなんて, ません越智こちですと, ません足元を括った, ません跛足の亭主, ませんを附け, ません路次の締り, ません身ども土民どもにも脆く, ません身扮も乞食, ません身體の恰好, ませんに残った, ません車夫は逃げよう, ません軍艦ではありません, ません軽い合服に, ません軽業を土台, ませんの源松, ません処でも, ません近江の国, ません近衛の町, ません近郷の人, ません近頃少し健廉を, ませんトンボウを, ません通い番頭で年, ません速やかに大兵, ません造化機論を拝見, ません遅くなって, ません遊女屋で柔術, ません運命のいたずら, ません過失って取, ません道徳の問題, ません違いませんわたし, ません遠いところを, ません遠からずくっきょう, ません遠く離れて, ません遠眼鏡で見, ませんくなりました, ません選者のおべっか, ません遺恨も唯, ません邏卒とか云っ, ませんが非, ません邪推でもなん, ません郁太郎がかわいそう, ません部屋の隅, ませんの上, ません重々悪い事, ません重々私が悪い, ません野淵君は英雄, ません野郎も薹, ません金なぞは一さいもら, ません金吾様は今に, ません金庫も此, ません金蔵です金蔵, ません金銭の外, ません金高にし, ません鈍刀で稍, ません鈴木屋さんで人, ませんでしょうそうして, ませんではありません, ません長州でも土佐, ません門口でつかまえ, ません門番にお, ません閑人でいらつ, ません間もなく疑が, ません間違つて釣れたの, ません関ヶ原まで伸そうで, ません関係は有, ません関東の地方, ません閣下ああしてやる, ません闘争のため, ません阪井については師範校, ません限り床の間か戸袋, ません陳腐だったかも, ませんって薬, ません障子をあけましょう, ません障子襖は閉切, ません隨分人樣にもよく, ません雁皮を細く, ません雇人でもない, ません離縁された亭主, ません難儀を救う, ません雨宿りにこの, ません雨工です, ません雰囲気と申します, ません電話をかける, ません電車でゐ睡りし, ませんのしらしらあけ, ません青鬚で唐棧, ませんかに鞘, ません非人乞食を御, ません非常の火, ません面倒だから, ません面倒くさいのよ, ません面白そうな, ません面白い気分の, ません面目次第もございません, ません音楽のこと, ません頂戴致します有難う, ません預り物でございまして, ません頭寒足熱ですかな, ません頼みがある, ませんに青筋, ませんは何様, ませんくは, ません願文の残り, ませんにふかれた, ません風上ですからね, ません風流ということ, ません食物のこと, ません飴屋もやった, ません飴屋さんとお話, ませんを食っ, ません養子の身の上, ません養父丸部朝夫に対し毒害, ません饂飩屋さんで泊める, ませんなんか恐く, ません首切台は知, ません首実検のため, ません香港経由の東京電報, ません馬春堂です, ません馬琴の前後, ません馬鹿だか, ません駒井甚三郎は改めて, ません籠ん中, ません騒ぎを起こす, ません高い山の, ません高山にい, ません高輪田長三は既に, ませんをぞんざい結び, ませんこそ眞, ません魔法などというもの, ません魔除にああ, ませんでも比目, ませんは少し, ません脅しの, ません鳥獣の沙汰, ません鳥羽伏見あたりで稽古, ませんというやつ, ませんという鳥, ませんの立場