青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ふところ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~ふたたび ふたたび~ ~ふたり ふたり~ ふだん~ ふち~ ふつ~ ~ふと ふと~ ~ふところ
ふところ~
~ふべき ふべき~ ~ふも ふも~ ふらふら~ ~ふり ふり~ ~ふる ふる~ ふるえ~

「ふところ~」 2318, 23ppm, 5032位

▼ ふところ~ (619, 26.7%)

41 入れて 39 して 11 手を 9 持って 8 よると, 忍ばせて, 抱かれて 6 納めて 5 依ると, 押し込んで, 金の 4 ある, しながら, 入れた, 呑んで

3 [11件] かくして, よれば, 入って, 入れたの, 入れたまま, 十手を, 従へば, 抱いて, 抱えて, 飛びこんだ, 飛び込んで

2 [45件] あらず, あらずと, あると, ある日向ぼつこ, いだかれて, いれて, しのばせて, しまった, しまって, すがりついて, そう余裕, だかれて, ねじこんで, ねじ込んで, のんで, よりて, ドスを, 何か, 余裕が, 入ると, 入れば, 収めると, 右手を, 噛みついたもの, 尚更未練, 帰って, 忍ばせた, 抑へ, 抱かれたよう, 抱かれた町, 抱かれること, 押しこんで, 捻じ込んで, 據る, 残って, 由ると, 眠って, 短刀を, 秘めて, 秘められた天工, 移つた, 荒つ, 金が, 隠して, 非常に

1 [335件] あいつがへ, あったの, あったので, あって, あて其中央, あらざりしなり, あらず况, あらねど, ありあまるほどの, ありましたん, あるの, あるので, あるやう, あるよう, ある水性, ある草, ある観海寺温泉, ある阿斗, いだいての, いれてや, いれる, いれ真偽, おさめ, おさめて, おさめ別, おし込んで, おまじないを, お持ち, かいいだかれて, かえします, かえつたの, かき抱かれて, かくまわれて, かくれたり, がたがた顫, きのふ御, きみが, ぐあいがちっと悪い, ここには, こつとり, この船醉, こもつた酒, これが, ころがりこもうといふ, ころがりこんだ金, さし込んで, さっきの, し, しその, したが, したの, したまま, した其夜, した寝間着, した書面, してかの, しては, しながらも, しのばせたり, しまいかえした八風斎, しまいこみ, しまい込むと, しまってから, しまってるから, しまひ, じっと動かず, すがること, すばらしい人生, すべりこんだ, する色情狂, せざりしかど, そう財力, そはかの, たんまり金, だかれたまま, つかんで, つきて, つっこんで, とどまつ, とびこみ両手両足, とびこんで, なげいれる人, なって, ねじこみまた, ねじこむと, ねじ込みそれ, ねじ込み逃げるよう, ねじ込む, はいった, はいったも, はいった窮鳥, はいって, はいり内外協力, はぐくまれて, ほうりこんで, まかせきって, まだ一両二歩, もぐりこんだとき, もぐり込んだり, よくそだて, よりますと, わが国民, わが村, ゐたら身, ゐます, 一匹の, 一寸女房, 一文なし, 一種微妙な, 一羽の, 一錢の, 万安渓という, 三の, 世間は, 世間師の, 両手を, 両親兄弟の, 中野の, 二両足らずの, 今も, 仔犬を, 仕舞うと, 仕舞って, 伊丹へ, 住み歸郷後, 何かを, 佗びの, 來て, 俊乗の, 入ったの, 入らねば, 入らば, 入らばや, 入りきり, 入りて, 入りました, 入る, 入ること, 入る事, 入る時, 入れ, 入れたと, 入れたという, 入れたまま舌, 入れたり, 入れた左, 入れてるよう, 入れました, 入れられて, 入れる, 入れるや, 入れ初夏, 入れ戸締り, 入れ江の川, 入れ片方, 入れ立膝, 冷泉為定の, 出たの, 出て, 出奔し, 劇作家が, 助光は, 匕首を, 北州の, 十円札が, 原因の, 収めた, 収めたる当世風, 収めて, 収め襟, 収め風, 古人の, 古義, 合わないからさ, 同化し, 向つてはなし, 吸収され, 吾が心, 吾が氣, 呑み旅, 呑むと, 命運汝を, 品物を, 問題が, 団扇の, 囲まれて, 在るなつかし, 夏の, 大人らし, 大入川といふ, 夫人は, 奉じそれから, 奥深く納められ, 女の, 妙なかたまり, 妙味が, 子供の, 実入りの, 家を, 容れて, 容れんとしても, 寝つかせて, 尋常一様で, 小刀を, 小判が, 小石を, 少なくとも二つ, 屡, 左手に, 幼いわが子, 幼主阿, 建立され, 引かへ, 強薬, 影を, 從ひ, 從へば, 忍ばして, 悔ひ, 悧巧でない, 抑も, 投げあたえて, 抱かるる, 抱かれた, 抱かれた子供, 抱かれる, 抱きしめた, 抱きついた, 抱きついたものの, 抱き参らせ敵, 抱き取らるるが, 抱き締めるよう, 抱き込まれてからの, 押しこんだ, 押し合って, 押し込んだ, 押し隠し吹上, 押へて, 押戻し, 押込みふだんから, 拳を, 持ち合せて, 持ち帰された一紙片, 持つて, 捻じこむと, 本所めざし, 来る芸者, 欠陥が, 正逆, 殉情的に, 母犬は, 毎日下駄を, 泣きあかしたミチミ, 注意を, 注目し, 流されて, 浅草瓦町とは, 温ため, 温めて, 滑り込んで, 点頭の, 物の本情を, 特色が, 現代の, 現金が, 生きて, 用意し, 畳んで, 目標を, 相当の, 眼目が, 着眼しなく, 突っこんで, 突込んだ, 竿釣りの, 納まつた, 納め, 納めた, 納めたうえ, 納めました, 納められて, 納めると, 納め孫兵衛, 納め追手, 紺の, 経文を, 緑青を, 置くん, 聖書を, 育ち豊か, 臥したよ, 至つてお, 苦しんだり, 菅笠ならぬ, 落ついたので, 蔵う, 藏め得, 行つてゐる, 裏口から, 見えます金入れ, 賑座の, 身を, 返ったという, 途中幾たびと, 這入つた若い, 通つてゐた, 遊ぶ白雲, 遊ぼうと, 道理は, 遺書も, 重きを, 針を, 隠した, 隱さう, 電流を, 非ず, 順吉は, 預かって, 預けたも, 頭に, 顔を, 顫い, 風を, 飛びこませた, 飛びこんだの, 飛びこんで, 飛び入ると, 飛び込んだうえ, 飛んで, 飛出して, 食い入るつもり, 食い入ろうとして, 飼う寝小便小僧, 飼って, 齒を

▼ ふところから~ (290, 12.5%)

5 手を 3 十手を, 取り出して, 紙に, 紙入れを

2 [20件] たたんだ手拭, だして, パンを, ビスケットを, 一個の, 一枚の, 伸びあ, 何か, 例の, 出して, 取出して, 塩の, 大事そうに, 巻煙草の, 煙草入れを, 用意の, 紙の, 見ると, 財布を, 首を

1 [233件] いままで, お母さんの, きれいに, くる視野, この二年間, さいふ, さういふ差, さっきの, して, しぼつ, ずり落ちそう, それは, それを, そんなもの, ただの, たとうが, ちょっとかぎ, つかみだした船切手, ですの, では, とぎすまされた小刀, とり出した, なづけて, なんとなく心, ぬきとって, ぬれた手ぬぐい, はちみつを, ふくさ, ふちに, ふと茶, ぼつぼつ始まつた, また彼女自身, また歌, もぎ放して, よごれた軍手, よそへ, アスペルの, オペラ, カメラを, コロ, ピカピカ光る, ピストルを, メタボリンの, 一丁の, 一二枚の, 一冊の, 一册の, 一巻の, 一帖の, 一彪の, 一書を, 一通の, 一通を, 両手を, 二つに, 二通の, 五十両の, 五十両入りの, 五十枚ばかりの, 仏蘭西の, 仲, 何やら紙, 何を, 何物かを, 使い残り, 來てる, 來る, 先刻買った, 写真を, 出しさえ, 出した手, 出した紐, 出した遠眼鏡, 出すの, 出たの, 出た二十二両, 出て, 切りもち包みが, 切符を, 別の, 刷り物の, 勘定書きを, 勢ひづけ, 匕首を, 原稿を, 取りだしたひとかたまり, 取り出されるの, 取り出したもの, 取り出した大きな, 取り出した書物, 取出したの, 取出した今一枚, 取出した秀鶴頭巾, 取出すもの, 叺と, 各, 合鍵の, 名刺入れを, 吹いて, 四つ折りの, 四角な, 大きなふ, 大きな犬釘, 大きな虫眼鏡, 大切さうに第, 奉書に, 奪った金, 小さい鏡, 小さな壜, 小さな組紐, 小刀の, 小山内君の, 小枕を, 小野の, 小鳥の, 差し出した, 幼い眼, 弦之, 得た夜光, 得て, 懐中かがみ, 懐中時計を, 懐中電灯を, 懐剣を, 懐紙に, 扇を, 手ぬ, 手ぬぐいの, 手ぬぐいを, 手の, 手帳を, 手拭で, 手拭を, 手控えを, 手紙を, 打ち出, 拾いました, 持参し, 捕縄を, 探り出して, 掴み出して, 揺れ上がった, 放さないもの, 新刊の, 新聞紙に, 日中ころがり出た, 日誌を, 晒木綿が, 書付を, 曾つて親しく, 杏を, 来たもの, 来て, 来るの, 杯を, 根ざして, 毒婦, 毛抜きを, 汗ばんで, 汚い手拭き, 沢山の, 浦島太郎の, 湧き出た雲, 演奏番組の, 火打ち石を, 無造作に, 生れて, 生れるの, 白いたすき, 白いボオル, 白い手拭, 白い雲, 白紙に, 盗んだ品, 相当の, 短い刃物, 短刀を, 破れて, 秀吉の, 竹の, 粉の, 紙を, 紙捻, 紛失なっ, 細長くひらたい袱紗包み, 緋いふくさ包を, 縞の, 美しい千代紙, 考へると, 耐へが, 胴巻の, 腹に, 自分が, 自分の, 自然ドイツ流の, 自由自在に, 草履を, 落ちた京都, 落っこちそう, 藁半紙の, 蝋燭と, 襟に, 見出されたの, 規定の, 覚え帖, 起つて, 起る, 起るので, 転がり出して, 重い財布, 金が, 金づちと, 金襴皮の, 鉛筆と, 門番に, 防ぎ止めて, 限りなき, 階段を, 離せるやう, 離れ, 離れたがらなかった, 電報を, 静かに, 音も, 音信が, 風呂敷を, 餅を, 鬼更紗の, 黍の, 黒い手帳, 黒布を, 鼻紙の, 鼻紙を

▼ ふところ~ (234, 10.1%)

12 中で 11 中に 5 ものは, 物を 4 十手を 3 中へ

2 [14件] もの, ものを, 中には, 中まで, 中を, 匕首を, 奥に, 寒い私, 小判を, 独楽を, 窮乏という, 紙入を, 金も, 金を

1 [166件] あたりへ, あったかいとき, いいやつ, うこんの, かの重大, ことは, この罪, ないもの, ない刃物, なかに, なかの, なかへ, ほうが, ままおちおち, ものが, ものである, ものはなはだ, もの一切を, ように, アイデアとは, アイデアなる, ガマ口みたいの, パロオデイア, フラフ, モネエ以下の, モラリストである, 一つの, 一方から, 一書を, 万兩さんでした, 万物皆な, 三つの, 両手を, 中, 中から, 中にこそは, 中の, 中は, 中へでも, 乳のみへ, 事みなよく, 二十両は, 五典の, 人となりすまし, 体熱は, 信念は, 傷口深く, 儀禮を, 児を, 全然ない, 別の, 匂の, 包みを, 十手の, 協和会に, 古人の, 名前が, 和解せしめる, 品を, 哲学者の, 国際主義と, 境に, 多いこと, 大きい物おしみ, 奥の, 奧ふかく, 如し, 守り袋を, 宿り木が, 小さい宿屋, 小さな池, 工合が, 差別は, 平地から, 広い山, 広い平, 広い袖門, 心配なし, 念と, 性格で, 意は, 意味は, 懐剣を, 戦死を, 手を, 手拭で, 手法の, 手紙を, 押送文を, 敵である, 新らしい, 新時代的, 日支事変が, 時代と, 暗闇に, 書を, 書類挟み, 最後の, 本を, 柔紳士と, 楽天家なる, 毒薬の, 比類なき, 氣を以て, 水を, 沖合ひ, 派のみ, 海の, 深くに, 温くない, 満員さ加減未, 無意的記憶, 無関心な, 物さえ, 物と, 物の, 甚だ悪性, 生れださうだけれども, 田地の, 百両を, 眼鏡に, 秘冊, 空虚を, 窮迫を, 算術や, 簿録の, 紅い櫛, 紙の, 紙入れには, 素寒貧を, 聖徒である, 臆測に, 興味を, 芸術自体でなけれ, 苦しい吉見, 蕎麦まんじゅうを, 蕗の, 街に, 裡に, 襟もとを, 言葉派, 証明論説を, 認識も, 読み応, 財布から, 財布を, 赤児は, 路銀へ, 遊びでも, 都合が, 金が, 金でも, 金と, 金は, 鉛筆を, 銘酒屋ある, 錢入れを, 雄弁は, 雑貨屋に, 難渋は, 青きみかん, 非暴力, 鞘に, 飛脚手紙を, 鯛焼は, 鷺の

▼ ふところ~ (219, 9.4%)

16 手を 12 入れて 6 入れた 5 はいって 3 しまって, 入れたまま, 入れると, 戻つて

2 [12件] いれて, しまいこんで, しまった, 一杯に, 入れたの, 入れマッチ, 帰って, 捻じ込んだ, 逃げこんだ, 逃げ去って, 飛び込んで, 首を

1 [144件] いままでの, いれたらくすぐったく, お残し置き下された, かきこむ, この悲鳴, ころがりこむよう, しがみついた, しまいこんだ, しまい込んだ, しまった金包み, しまってから, すべりこませた, すり寄った, そのままつけ入っ, その僅か, とびこむつもり, とびこむとは, とびこむの, とびこめば, とび込む, とりもどした喜び, なら早速, ねじこみました, ねじこんだ古, ねじこんだ左膳, ねじ込んだあげく, はいったら七転八倒, はいる, はいると, はいるの, ひき出されて, まゐります, もぐりこむよう, もつて, わり込み易い, イイダ姫メエルハイムが, ザラザラザラさ, 上の, 両腕, 交互に, 仕舞い込んだ, 体当りし, 何となく誘ひこまれる, 來て, 來れ, 入って, 入ると, 入れそれから, 入れたとき, 入れたので, 入れては, 入れながら, 入れようと, 入れ自分, 冊子を, 出た, 力瘤を, 動きそう, 勢いよく入れた, 参加できる, 収めること, 右手を, 向つて吐息, 吸い込まれて, 呑む, 呑んだ, 品物を, 子供らしい, 宿かりした, 差し込んだまま, 平家が, 恋すまじき女, 戻らなければ, 所持し, 打つか, 投げ込んで, 抱きしめた, 抱き寄せ, 押し込みまして, 押し込むやう, 押し込んだ, 押し込んだの, 拂は, 拠って, 捻じ込んだ小, 捻じ込んで, 敏捷に, 来ると, 案内したい, 氣も, 涙の, 涼を, 深くねじ, 深くはいっ, 深くも, 深く入っ, 渋沢が, 田中三郎が, 男の, 當人の, 目標を, 着きました, 短剣を, 私の, 移して, 突っ込むよう, 突つ込ん, 納めた, 納めて, 納めました, 組みついて, 苦味走つた, 落ち込んで, 行くの, 表の, 襖の, 走りこんで, 跳びこみがち, 跳びこんだ, 跳びこんで, 躍り入ると, 転がり込んで, 転げこんで, 返したせつな, 逃げこんで, 這い上った, 這入って, 都生れの, 鎌首を, 頭が, 顏を, 風を, 飛びこませて, 飛びこむつもり, 飛びこむよう, 飛びこんだよう, 飛びこんで, 飛びついて, 飛び帰って, 飛び込んだらうと, 飛び込んだり, 飛込んだ奴, 食いいる算段, 餅が

▼ ふところ~ (166, 7.2%)

6 探って 4 考えてから 3 抱えて, 見ると, 開けて 2 かいさぐれば, さぐって, さぐつたのであつたが, ぽんと, 押えた, 搾取し, 考へて, 聞くと, 見ても, 覘われる

1 [127件] あらためてみい, あらためると, いろいろに, おさえて, おもしろいと, お探し, かくの, かれ等, きいて, さぐった, さぐりだした, さぐりに, さまよ, しきり, しつかりと, ただ漫然と, でて, でるやいなや, なして, ぬくめようと, はしだ, ふくらまして, ふくらませた源十郎, もぐもぐやっ, もて咎むべ, やられた樣子, ゆすッ, わざとメ, シツカリお, 一度も, 一本半時に, 丁寧に, 両手で, 今日の, 余程ふくらませた, 僕に, 再び見, 凝視む, 凹に, 刺せり, 問へ, 善なりとか, 四足で, 大きくし, 大きくはだけ, 大勢の, 失ふわけ, 守った, 審かに, 尋ねて, 年寄りは, 当てには, 彫りぬ, 後ろから, 念頭に, 思ひ出しながら, 思わせる親し, 恋うる, 意識し, 慕って, 打寛げ, 抑えて, 捨てて, 探して, 探し歩いた, 探った, 探ると, 探るの, 描き出すこと, 搾って, 撫でて, 暖かくし, 書き添, 書くところ, 根に, 樂み, 樣, 歩きながら, 氣を, 活字に, 浴衣がけで, 温めたので, 温めれば, 狙う前, 狙ったもの, 狙って, 目あてばかりに, 目がけて, 相擁し, 眼がけて, 知らず僅, 知らず纔, 知らぬから, 突ツ込みたくない, 第一, 細君なんかに, 絹の, 継子に, 緩めようとは, 聞いて, 聞くに, 聴いて, 肥やした筈, 肥やして, 肥やすの, 肥やす気づかいなき, 葉の, 裁ち割り, 見くびりやがるヒガミ, 見て, 見名, 見込んで, 見逃がしては, 見透して, 覗かせた, 許されて, 賑わし合えるもの, 通つて少く, 通りぬけ玉川, 通り越してからは, 進歩した, 開かれるの, 開けその, 開けては, 陳べぬ, 非難し, 飛び出して

▼ ふところ~ (121, 5.2%)

43 をし 12 のまま, をした 8 して 32 だ, にし

1 [39件] さ, させて, したまま, しながら, でそこ, でぬう, で一しょ, で下ろした, で両, で宿, で抜け, で柱, で楽々, で歩い, で歩ける, で毎日, で眺めてる, で肩, で脇側, で膝, で臍, で苅り, にした, に例, に雪駄, のぶらぶら, のま, のめりの, の中, の吉良, の源十郎, の袖, の雪駄, の青, や肩, をする, をやっ, をやった, を出した

▼ ふところ~ (116, 5.0%)

8 ある 5 あつた 3 あつて, あるの 2 ありさ, ありは, あるから, ふくらんで, もっとあたたか, 多い, 多かつ, 最も当, 極度に, 面白い

1 [77件] あったけ, あの芝居, ありましてね, ありやしない, あるか, あるからに, あるが, あるでせう, あるといふ, あるに, あるね, あるので, あるやう, あるらしくお, あるわね, いけないん, いつも不思議, かたまつて, さびしくなってきたようすだった, そのま, それ汗まみれだろう, だんだん苦しく, とぼしかつ, どんなところ, ないで, ない筈, なかつた, なかなかいい, なければ, はつきり見究められ, ふんだんになん, まだ充分, わからないので, 値打の, 傍観的気分芸術的気分など, 僕の, 全然ない, 内気な, 冷えて, 北風だろう, 危機に, 却つて物足りなく, 呑む, 多いこと, 多いの, 多く後者, 大いにある, 大きいの, 大である, 好きさ, 実にこつち, 寂しくなつた, 寂しくなる, 彼女は, 怪しいぞ, 慣しと, 承知しない, 描かれて, 新しいと, 暖まったので, 書き足りぬ気, 有つて, 本場だ, 案外素朴, 極めて大, 浅いと, 無いで, 無くな, 痛むわけ, 皆朗, 続かねえよ, 苦しかった, 許されず日本, 豊かすぎる, 開いて, 非常に, 飾り氣

▼ ふところ~ (98, 4.2%)

2 ぴいぴいな, 極めてさみしく, 秋の

1 [92件] ありません, ありやしない, あるだらう, いくらかある, いつも垂れ乳, いふまでも, お金を, かうだ, かうである, かの, かの帰還兵士, きかぬ先, こ, この場合, この感動, この雑誌, せいせいし, た, ただそれ, ないさ, なか, なかなか微妙, なるほど聞き, なんとなく張合, またとても, もつと, われわれ原稿紙に, アカイア, ドン, ラムボオが, 一人旅よりも, 上からの, 乏しかつ, 人で, 人にも, 人情が, 人間のとは, 今の, 何も, 出て, 別である, 到る処, 割にあたたか, 十分以上に, 卑くい, 博物館には, 司馬談の, 同じだ, 商敵少き, 單に, 嘘でも, 墨の, 夜の, 大きいもの, 大野さんは, 女は, 富に, 寒い, 實録なりき, 將來長く, 小説に, 少し荒さん, 巡査が, 彼は, 彼処だ, 昔から, 本書から, 案外なき, 江戸への, 洞窟の, 淋しいが, 無理口説きに, 物そのものが, 甚だ少から, 男か, 皆君が, 相当に, 眞理なり, 眞理なれ, 確かに, 私が, 空じゃ, 空漠に, 紀州人らしい, 聞知り, 膨らむが, 色に対する, 苔むして, 苦しくなる, 阿呆の, 頼もしい, 飽くまでも自分

▼ ふところには~ (45, 1.9%)

4 いって 2 ひるくら, 剃刀の

1 [37件] いくらか小金, いると, いるという, いる金, この半期, さまざまの, したしさそのもの, どのくらい, ひどくひびく, もう九十銭あまり, もう九拾銭あまり, やはり十両, わが諾, 三十二フランあった, 二十スーしか, 二十両の, 五六千円しか, 今までに, 伝国の, 千両の, 古い鏡, 売り忘れたアラン, 大高城, 市村座の, 思いのたけを, 沃野広く, 洗ったばかりの, 焼肉の, 相当には, 短刀を, 紙幣が, 親族の, 達しなかつた, 長田や, 雑誌社から, 鬼が, 魚の

▼ ふところ~ (39, 1.7%)

12 を出し 2 に鼎, を出した

1 [23件] がそこ, がなんてえ, じゃ, でありました, でお, でみな, でも紙, で顔, に, にうつし, にさら, に口紅, に手, に書きつくる, に金釘流, のはし, の一束, の持ち主ぁ女, は血, をとりだし, を取り出す, を右手, を袂

▼ ふところ~ (36, 1.6%)

2 あつた, あらう

1 [32件] あつて, およおよ, お駒, かれ等, その制, どっちを, ほんにおとなしい, ゆうべ冷たく, ヒヨイと, ムズカリ始めた, 三度の, 仮面を, 城下町とは, 寝ついたらしゅう見え, 寝られます, 山岸カオルと, 徐々に大きく, 思ひがけ, 意味の, 晋太郎が, 温泉の, 特色の, 組んで, 育つた私, 菊五郎が, 西洋の, 誰にも, 走り使ひ, 遊ばしたり, 雨にも, 雲雀が, 頻りにもがく

▼ ふところ~ (23, 1.0%)

2 ある, あるには

1 [19件] あるやう, いよいよ心細く, ないぢ, ないで, なくむき出し, なくマザマザ, なく二人, なく傍, なく眉, まんざらない, 大方さびしく, 広く奥行, 強ち, 有るさ, 次第にさびしく, 聞かなかつた, 言は, 遠慮なくのぞきこん, 随分あるであらう

▼ ふところまで~ (19, 0.8%)

2 流れて, 行つてゐる, 話が

1 [13件] いけば, 下げて, 作者は, 來て, 入つて, 努力しなけれ, 考へなかつたか, 芭蕉は, 行くの, 行けば, 行つ, 行つてを, 西鶴は

▼ ふところ深く~ (18, 0.8%)

1 [18件] おさめて, しまい入れて, つけ入った横, つけ入って, に住み, に忍ばせ, ひそませたおせん, へその, へ仕舞っ, へ細やか, 刳れて, 押し込みすぎて, 押し込んだ, 秘めて, 突入し, 踏みこんで, 迷いこんだ思い, 隱れ

▼ ふところでは~ (12, 0.5%)

3 ない 1 しやんと, そのあたり, ないと, ないの, 一種特別な, 別にこれ, 原住民は, 彼女も, 思う存分バナナ

▼ ふところ~ (12, 0.5%)

1 [12件] かね低い, ならないところ, なり, なりて, なりぬ, なりペテロ, なりポツジヨ, ノートを, 併せて, 喜んで, 思って, 相談し

▼ ふところ~ (12, 0.5%)

2 かくしに, ねん, 袂を 1 ある, 朝飯の, 脊中の, 袂から, 袂に, 高野の

▼ ふところ~ (11, 0.5%)

2 つた 1 からあの, からネ, がこんな, が今度, が日本, つたのだ, つたのを, つた落ちる, ね

▼ ふところにも~ (8, 0.3%)

1 あるの, いたらぬうち, まだまだどうにかなる, アトリエの, プルウストの, 修行場は, 後醍醐の, 慰めが

▼ ふところなく~ (7, 0.3%)

1 単だ, 悠然泥上に, 描き出されます, 照らし出されて, 照らし出したの, 自分の, 諸人に

▼ ふところより~ (7, 0.3%)

1 一通の, 取りだした紙片, 取り出しさし寄り申しける, 実印取り出で, 幼稚園の, 硫黄の, 高価なる

▼ ふところ工合~ (6, 0.3%)

1 が怪しく, が悪く, に応じた, のいい, はよく, も少し

▼ ふところ~ (5, 0.2%)

4 やが 1 やない

▼ ふところでを~ (5, 0.2%)

3 して 1 しながら, し出来るだけ

▼ ふところ~ (5, 0.2%)

1 だの切れ者, で内部, といわれる, と日頃, などとことごと

▼ ふところ~ (5, 0.2%)

1 なくうつ, なくれい, なくホツグ, なしだ, もなく

▼ ふところです~ (4, 0.2%)

1 かあなた, かな, ね, よ

▼ ふところへは~ (4, 0.2%)

1 いる手段, その一通, 人が, 半金しか

▼ ふところからは~ (3, 0.1%)

1 一通の, 払いきれなかった, 蒸すやう

▼ ふところでも~ (3, 0.1%)

2 あらうか 1 山を

▼ ふところなど~ (3, 0.1%)

1 てんで気, 梨枝子だ, 父親に

▼ ふところ一杯~ (3, 0.1%)

2 に五色 1 の残雪

▼ ふところ勘定~ (3, 0.1%)

1 がゆるさなく, は同じ, をし

▼ ふところ~ (3, 0.1%)

1 にし, の姫君, はいざ

▼ ふところ日記~ (3, 0.1%)

1 だか, にちゃんと, のあれ

▼ ふところ覚え~ (3, 0.1%)

1 をよろい, を取り出し, を繰る

▼ ふところ都合~ (3, 0.1%)

1 もだんだん, もよろしい, を考へなけれ

▼ ふところ~ (2, 0.1%)

1 何かへ, 日ごとに

▼ ふところからも~ (2, 0.1%)

1 来て, 短剣が

▼ ふところである~ (2, 0.1%)

1 がそれ, が之

▼ ふところでない~ (2, 0.1%)

1 といふ, と説明

▼ ふところ~ (2, 0.1%)

1 のだらう, んで時間

▼ ふところなり~ (2, 0.1%)

1 パードヴァ人工事を, 汝また

▼ ふところなる~ (2, 0.1%)

1 お鳥, がこれ

▼ ふところにかへ~ (2, 0.1%)

1 つてゆく, つて坂田の

▼ ふところにこそ~ (2, 0.1%)

1 大事な, 自分の

▼ ふところにまで~ (2, 0.1%)

1 吹き入りますよ, 来て

▼ ふところ具合~ (2, 0.1%)

1 がどんなに, がよく

▼ ふところ深い~ (2, 0.1%)

1 天然の, 本陣へ

▼ ふところ~ (2, 0.1%)

2 悉く理

▼ ふところ育ち~ (2, 0.1%)

1 じゃァねえ, だの

▼ ふところ~ (2, 0.1%)

1 にあり, は日暮れ

▼ ふところ~ (2, 0.1%)

1 のない, をむさぼろう

▼ ふところ~ (2, 0.1%)

1 をとり出し, を取出し

▼1* [111件]

ふところあらむか, ふところあり面喰ふ, ふところありしに汝, ふところあるを云, ふところあればなり, ふところッぱい焼餅を, ふところいっぱいひろいこんだ, ふところかとも想って, ふところかも知れないが, ふところからかますの, ふところからさえ急に, ふところからずつとなかへ, ふところからとも膚からとも, ふところからべいを, ふところぐあいがよくないとみえて一しょう, ふところぐあいに合わないん, ふところぐあいによるものだったことしかも自分, ふところぐあいも負けないで, ふところこの疑惑を以て, ふところさえ温かけりゃあ, ふところさらになし, ふところそれだけで今日, ふところただそれだけ, ふところだけについて, ふところだけは小學校, ふところだけを覺えて, ふところださうですけどまだ, ふところだつたが突然, ふところだのふとん, ふところであり家庭用のは, ふところでしてとぢ, ふところでしたから, ふところででもして, ふところでなかつたのである, ふところといふものに, ふところとかで無, ふところとても好きな, ふところなからむか, ふところなどを見たこと, ふところなるべしとの豫言, ふところなれどフランチエスカ, ふところな疑ふ勿れ, ふところにでもはいる品, ふところになつてゐた, ふところにゃまだ三両あまり, ふところばかり見て, ふところへでもはいりこんだらもう, ふところへと馳け, ふところへねぢ込まう, ふところへも力を, ふところものずきよ, ふところゆ一ひら, ふところわが爲め約し成し遂げ, ふところをなさむた, ふところセットへ入る, ふところベーブの場合, ふところンなかで巾着切り, ふところならねば, ふところ一ぱいなにか入れこん, ふところ一カットやっただけ, ふところ三益映画に馴れない, ふところ遽に, ふところをし, ふところだつた, ふところ其意味明かならず殆ど了解, ふところは鍋もの, ふところ刀上部八風斎とはそこもと, ふところ刀丹羽昌仙早足の燕作, ふところ刀智者の宅助, ふところ加減をも読みかねなくなる, ふところ勘定抜きといふ自由奔放, ふところひが, ふところ商敵なし叱咤, ふところ国民は普通, ふところ国民性とは何ぞ, ふところ多き一面より, ふところ多しといふ, ふところ好きでせう, ふところを結ばず, ふところ少くないの, ふところくなかつた, ふところななじみ, ふところ必ず成らむ, ふところ今敢, ふところ手半ば禿げたるわが, ふところ梭影縱横して, ふところ必ず來, ふところ正しとも正, ふところは他, ふところ汝らすべて身に納, ふところかりしなるべし, ふところ煙草と称し, ふところの生, ふところ甚だ善しこの, ふところに二所, ふところ相応の三等, ふところ眼前咫尺平凡常套の事, ふところ紙三四枚でそれ, ふところ育ち団十菊五を島原, ふところの花咲, ふところ衣袂の雨, ふところ西洋人向ホテル, ふところ見たことない, ふところか汝等すべて, ふところ輕んじ笑, ふところ辺りでは, ふところ遂げざらむ, ふところ鉄砲の音, ふところ鉄砲ひとつで左膳, ふところ霊魂は人, ふところ飼いの仔雀