青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ませう~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ましょう~ まじめ~ ~ます ます~ ~ますます ますます~ まする~ ~まず まず~ ませ~
ませう~
ませぬ~ ~ません ません~ ませんでした~ ~また また~ または~ ~まだ まだ~ まだまだ~

「ませう~」 1076, 12ppm, 9390位

▼ ませう~ (181, 16.8%)

13 言ふ 8 云ふ 5 いふ 4 いつて, 乳母が, 言つた 3 いふ事, 思ひます, 言ひかけ

2 [13件] いつたの, いふこと, 主張しはじめる, 出て, 思つて待つてる, 思ひました, 態とすね, 止めし事, 私は, 答へ, 言つ, 言はれた, 言ふと

1 [108件] あっさり言, あつて, あの人, いつた, いつたとき, いひながら, いふと, いふわけ, いふ時, お尋ねを, かう言, これも, さすがは, それは, ぞんじまして, なぶらるるやら, はつきり斷つてある, まよ, やうやく, 一旦返したさうです, 三人で, 下女の, 云つ, 云つた, 云つたら, 云つた様な, 云つてそこに, 云つては, 云つてゐた, 云つてゐる, 云つて下す, 云つて來られた, 云つて半分冗談に, 云つて大半彼が, 云つて来た, 云つて立つた, 云ひかね, 云ふからね, 云ふから私が, 元々その, 元気無げに, 先生に, 出る筈, 前置, 即ち嗜む, 原稿を, 受合ひました, 問掛けたり, 執こく, 外へ, 大沢君が, 奥へ, 女が, 妾の, 存じましたらもう, 家中皆が, 常に語つて, 引受けて, 待つたが, 思ひましたが, 思ひまして, 思ひますけれども, 思ひ決して, 思ふこと, 意気ご, 手を, 折よく, 故意と, 更に半道, 次第に乗地, 清二郎の, 温めて, 現実の, 申して, 申しでた, 申しましたら鉄, 申し出たもの, 申し込ませた, 盛んに, 破土竃, 私に, 私を, 約束しました, 約束する, 終に今夜, 考へるこの, 聲低に, 膳を, 良い加減, 言って, 言つたさうだ, 言つても, 言つて先き, 言つて居りました, 言つて帰つて行つた, 言つて歸りました, 言はれ, 言ひ, 言ひゐ, 言へば, 話し聲, 豐かに, 買ひ, 軽井, 返事を, 退場, 頼みも, 麻素子さんとそとに

▼ ませう~ (171, 15.9%)

19 親分 6 私は

2 [15件] え, こつち背中, そうなら, その時, その辺, それは, なか, ドラマで, 到底私ども, 捨てましよか, 浩さん, 知ら, 豪放と, 貴方に, 非常に

1 [116件] あそこなら, あなた, うしろの, お内儀さん, お口, お孃樣, お智恵, お母さん, お葉, お鈴さん, かういふこと, このたび縁, この君, この問題, こんな坊主頭ぢ, さうし, しかしそれにしても, すすり泣くヴイオロン, そのため, その悪業, その書物, その道を, それが, それとも, それともこれから, それともそれ, それとも往来, たべる物, ちよつと, ぢつ, つまりそこ, なんだかひどく, なんでもかでも, ひと思ひ, ふるさとへ, ほんた, ほんとうに, またそれ, みぢん, みんなで, ウフ, ツて, ペラペラと, 一緒に, 一言で, 三十五年から, 三度の, 三本の, 中から, 云ったら眼, 人と, 今晩は, 仕事の, 何とも云, 何なら, 何事にも, 僕は, 先生, 内から, 別段御, 勿論その, 十五日には, 十手を, 即ち私, 同胞として, 啼いて, 喜怒哀楽を, 団体の, 国民としての, 外向の, 大あばた, 大きな虹, 天狗の, 奇人と, 女の, 妾此頃大分レコードを, 少數, 山の, 幕張りが, 建國以來と, 後見人の, 徐々, 御苦吟, 御面倒ぢ, 必ズ語の, 日本を, 旦那, 昨夜は, 昨年も, 本當, 植物性の, 正しいこと, 灯火に, 生きて, 皆川樣, 真に今晩, 私などが, 私の, 私も, 立派な, 箇様な, 自ら心を, 自分でも, 色の, 英語の, 裸身の, 諸君の, 谷五郎親分は, 身分職業年齢に, 過度に, 釜吉も, 鎌倉にも, 飯田町は, 馬に, 麥を, 鼻の

▼ ませう~ (153, 14.2%)

4 私は 3 これは, それは, 日本の 2 お書き下さる, そのやう, 併し, 前のと, 私の

1 [130件] あの場合, あゝいふ風, いくら悪女, お持ち, お持ち帰り下さいまし, お生憎さま, お迎, お通りすがり, けれどもあんな, こちら様は, この, この時分, この正統記, この道, これも, さうせぬ, さらに重大, しかし今度, そこは, そこを, その一例, その主, その内容, その場合, その王樣, それから近頃, それが, それだけ, それと, それまで, それよりも, そんな事, た, ちよつと, ついでながら, とにかく宋學, とにかく從來支那, ともかくも, どうも相州さま, なほつけ加へて, なんにも分りません, また一つ, また一方, もう仕方, もともとそれ, わたくし共, 一つは, 一種の, 一般演劇界の, 之に, 人一人目鼻を, 今後は, 今日表面の, 今晩た, 以上の, 仮名手本忠臣蔵は, 何しろ一萬千百圓, 何たること, 何となく疲労, 佛教の, 便宜上こんな, 偖て, 健康な, 僅か半, 元はと, 兎に, 兎も, 八百や, 共に崇仏, 兵部卿に, 其時何と, 其時動い, 凡そ大概, 前以つてこれ, 十八歳の, 卿は, 只おぼつかない, 吃りには, 喰べ, 夏が, 奥さんの, 妙に, 実はハボ, 實際法律上で, 少しは, 左樣な, 帳簿証書の, 当泰平郷建設事務所, 彼清吉めが, 後の, 後年に, 御結婚, 御覽, 心の, 感情や, 手前は, 方々遠征を, 是非お出で下さいませ, 普通相談事や, 有名な, 東洋の, 根柢には, 植物学の, 楽壇における, 横からは, 橄欖島へ, 此の, 此は, 此質問は, 決してさやう, 然し其の, 片方は, 牧野信一の, 田地の, 皆人の, 矢張あの, 私にと, 私も, 第三, 篠田さん, 絹の, 茶立虫の, 藤原家といふ, 行きすがり, 要するにこ, 身代や, 近代獨逸に, 長くも, 面倒でございます, MSの

▼ ませうかと~ (26, 2.4%)

4 問へば 3 お高 2 言つた

1 [17件] いつて, うかが, き, その女, 不勝, 云つて聞いた, 云ふ, 反問した, 問うたら大官, 女賢しき, 泣きながら, 立ち上る拍子, 答へ, 聞いた, 聞かない譯, 言ふと, 訊ねたら

▼ ませうから~ (26, 2.4%)

2 それまで

1 [24件] あんなもの位, あゝいふ, これからお, その代り海, その時, それは, それを, どこまで, なかの, 一寸それだけ申, 何も, 内々で, 別段に, 參考に, 學問上から, 御飯を, 成程, 持ち出すこと, 暫くお上, 決して御, 瓦の, 私は, 苟も舟師提督閣下, 行つて話し

▼ ませう~ (26, 2.4%)

4 親分

1 [22件] あの文字花, おそろ, お互, そいつは, ついでに, でも舟, ひつひつひつ, 二三日口に, 兄さんちよつと, 八丁堀の, 別段飮, 叔父さん, 大和さんが, 姐さんには, 平生に, 早く, 東京に, 母ぢやが, 登山したい, 良い陽氣, 親分塀の, 越後屋さん

▼ ませうけれども~ (22, 2.0%)

2 しかし私, 兎に

1 [18件] この宋學, この流行, これで, ほんの少し, また正式, まつたくそんな, 之は, 何卒當年, 兎も, 其の當時, 其れ, 支那が, 本の, 私が, 私は, 蘇老, 近代人の, 餘程殺した

▼ ませう~ (17, 1.6%)

1 [17件] こ, さぞ, またそれ以上, またほか, また外国文学, やはり表現, 一人, 北へ, 又, 又私, 御非難, 心持も, 或はそれ, 母妻子に, 特殊な, 私ども他人で, 自らの

▼ ませうけれど~ (16, 1.5%)

3 二言目には, 父さんや 1 さうで, そこは, それでは賭博者, そんな事, もしやあたし, 僻むが, 剛さん若し, 嫌抜い, 此方は, 私の

▼ ませう~ (16, 1.5%)

4 はもう 3 の時 1 が死ね, は, はあなた, はかう, は今, は今日, は地獄, は怖い, は日本橋通三丁目越前屋總七

▼ ませうとて~ (14, 1.3%)

3 横町の, 答へも 2 お關, 歸りか 1 お関, はたはた駆けよつ, はたはた驅, 帰りかかる客

▼ ませうとも~ (12, 1.1%)

1 [12件] それで愛相, ともかく哲學, 其を, 小三郎は, 御身躰が, 成程, 此の, 疾から, 私に, 私は, 私些とも, 青木君が

▼ ませう~ (12, 1.1%)

2 あしたの 1 え旦那, とりとめの, どうか幸福, テルコさん, ヱ, 一寸お, 一寸分り兼ねます, 今値段, 染井の, 美しいお嬢様

▼ ませうそれ~ (10, 0.9%)

2 までよりは一層 1 だのに, にいろ, には當地, はあなた, はなりません, ばかりが楽しみ, もよく, を梁

▼ ませうといふ~ (9, 0.8%)

2 心で 1 あくどい洒落, やうな, やうに, 心持である, 意味の, 此場合頂戴する, 程の

▼ ませう~ (8, 0.7%)

1 あがりなさいと, あがんなさいな, 夕食の, 孃さん, 役人に, 心當り, 薬は, 藥は

▼ ませう~ (8, 0.7%)

21 うしませう, うすると, うすれ, うでも, う書かう, アいらつ

▼ ませうその~ (8, 0.7%)

1 かはり何, 三四ヶ月と, 前に, 因縁が, 方が, 時あなたは, 時私は, 現在し

▼ ませうあの~ (6, 0.6%)

1 すぐそば, 傍へ, 子に, 山に, 方に, 陰に

▼ ませうこれ~ (5, 0.5%)

3 は私 1 はお, は入るでせう

▼ ませう~ (5, 0.5%)

1 主人は, 出馬に, 多用の, 安心なさいまし, 老体い

▼ ませう此方~ (5, 0.5%)

3 は此方 1 の支度, へ

▼ ませうそして~ (4, 0.4%)

1 ゆつくり, 其處から, 私の, 私は

▼ ませうよと~ (4, 0.4%)

1 いつた, 男達が, 言つた, 言ふけれ

▼ ませう~ (4, 0.4%)

1 とお, は栃木縣足利郡吾妻村字羽田, は皆様方, ればかりは

▼ ませうあれ~ (3, 0.3%)

1 が旗, が高橋, に居る

▼ ませうお供~ (3, 0.3%)

3 を致しませう

▼ ませうこの~ (3, 0.3%)

1 お品, 私でございます, 馬鹿者は

▼ ませうとは~ (3, 0.3%)

1 いひにくい, いひやすけれど, 云は

▼ ませうなどと~ (3, 0.3%)

1 云つた時代も, 差しつ差されつして, 母と

▼ ませうもう~ (3, 0.3%)

1 これだけより, 何時です, 遠慮なんか

▼ ませうやと~ (3, 0.3%)

1 答へ, 見得, 言つてかく

▼ ませう一年三百六十五日物いふ事~ (3, 0.3%)

3 も無く

▼ ませう~ (3, 0.3%)

1 ういたして, かまた, にかのお

▼ ませう女夫~ (3, 0.3%)

3 やくそく

▼ ませう此次~ (3, 0.3%)

1 に, に此次, の座敷

▼ ませう~ (3, 0.3%)

2 りませう歸 1 りませうえ

▼ ませう然し~ (3, 0.3%)

1 ですその, 汝に, 餘り

▼ ませう物言~ (3, 0.3%)

3 ふは

▼ ませう~ (3, 0.3%)

3 の黒い

▼ ませう~ (3, 0.3%)

3 を通つて

▼ ませう錢形~ (3, 0.3%)

2 の親分さん 1 の親分

▼ ませうあなた~ (2, 0.2%)

1 の御, は私

▼ ませうあまり~ (2, 0.2%)

1 といへ, 飲めませんけれど

▼ ませういつ~ (2, 0.2%)

2 でも極り

▼ ませうかね~ (2, 0.2%)

1 あは, もうただ

▼ ませうだが~ (2, 0.2%)

2 今起きた

▼ ませうつまり~ (2, 0.2%)

1 片道の, 西洋風な

▼ ませう~ (2, 0.2%)

1 せうか, 御座ります

▼ ませうとの~ (2, 0.2%)

1 事で, 事に

▼ ませうどう~ (2, 0.2%)

1 でも, 致したの

▼ ませう~ (2, 0.2%)

1 眞實やり切れぬ, 真実やり切れぬ

▼ ませうなんて~ (2, 0.2%)

2 おつ

▼ ませうにと~ (2, 0.2%)

1 いふは, 存じますの

▼ ませうほどに~ (2, 0.2%)

1 まあお茶, 含嗽手水も

▼ ませうまア~ (2, 0.2%)

2 旦那は

▼ ませうよく~ (2, 0.2%)

1 つて, 鳴きますな

▼ ませう~ (2, 0.2%)

1 て, てお

▼ ませうネか~ (2, 0.2%)

1 あさま, あちや

▼ ませう一つ~ (2, 0.2%)

1 お探し, は又

▼ ませう今日~ (2, 0.2%)

1 は申, わざわざここ

▼ ませう何と~ (2, 0.2%)

1 云つても, 申したつて

▼ ませう何時も~ (2, 0.2%)

2 のやう

▼ ませう~ (2, 0.2%)

1 には何だかさ, は植物

▼ ませう其時私~ (2, 0.2%)

2 は七つ

▼ ませう~ (2, 0.2%)

2 お驚

▼ ませう~ (2, 0.2%)

1 にまだ, より私

▼ ませう尤も~ (2, 0.2%)

1 永年勤めた, 泥棒に

▼ ませう最初~ (2, 0.2%)

2 は後

▼ ませう父さん~ (2, 0.2%)

1 が, はかう

▼ ませう相手~ (2, 0.2%)

1 が綺麗, は本

▼ ませう自分~ (2, 0.2%)

1 で紙, の生んだ

▼ ませう~ (2, 0.2%)

2 方方も

▼1* [195件]

ませうああ済みませんでした, ませうあつしはまだ, ませうあれ彼方に迎, ませうあれ彼處に迎, ませういとさはに, ませうええ胃病の, ませうおあひに, ませうおそくなツ, ませうおやおや店の, ませうお出でなさい, ませうお母さんは炬燵, ませうお金がこ, ませうかから金で, ませうかしら位の, ませうかといふわけな, ませうかといふはお秋, ませうかとか水なら, ませうかとにもかくにも, ませうかの小西節は, ませうかへツ, ませうかよ天王崎へ, ませうからと勿躰らしく, ませうからとのみ如何なる訳合, ませうがが然しちよ, ませうけど好色は, ませうこいつは話, ませうさあお背を, ませうさしたる儀でない, ませうさぞお驚, ませうしかし其中に, ませうえ, ませうそこへお, ませうそれくらゐで, ませうそれともカルデアの, ませうそんなお話は, ませうただし之は, ませうちよつとお, ませうや有りません, ませうつい財政を, ませうつて言ふつもりなの, ませうつて言ふんですよ, ませうとお目にかけて, ませうとてもぢつ, ませうとんとあんなやう, ませうどうか先生は, ませうどうぞ此方へ, ませうどれ丁度私, ませうなぞとは存じませぬ, ませうなんなら上, ませうにも全で, ませうねえ君, ませうねと私は, ませうねへ未だ先, ませうはあ一刻も, ませうはめを外す, ませうほんとうに, ませうまアまア念の, ませうみなさまお気づきの点, ませうみんな坊に持つ, ませう知れませぬゆゑ, ませう暫らくは, ませうやつと今, ませうつくりこ, ませうよろしう御座いますこの, ませうわたくし風情の眼, ませうわたしを今日, ませうまた一本燗, ませうアリストテレースは紀元前二百年代, ませうイエたんとは頂きません, ませうエジプト文明の栄華, ませうオヽ笑止博士論文よりは恋, ませうコロボックルが蝦夷, ませうステツキに風呂敷包, ませうナニ少しの, ませうハリダースが定, ませうバカな奴ら, ませうランプをさし挙げる, ませう一体に黒く, ませう一向にききめ, ませう一體何うした, ませう三足と歩かない, ませうから三十里, ませう二つか三つ, ませう五円位でしたらどうぞ, ませうは解悟, ませう人相を見たら, ませうでは休職, ませう今夜は遲, ませう仏罰も当りませう, ませう何しろ何百といふ, ませう何たることでございませう, ませう何分模樣を, ませう何卒お忘れ, ませう何様な物, ませうへ谷中村, ませう先年高崎に御, ませう先生に聞えない, ませう光子さんの踊, ませうも角, ませうも來い, ませう八さんどうせ私, ませう八重さんも行きません, ませうれを, ませう其處で道明寺屋吉左衞門, ませう或る, ませう味噌汁の毒, ませう土曜ですから, ませう基督は泣い, ませう大きな大きな忘却が, ませう大きに有難う存じました, ませう大急ぎで, ませう如何樣に, ませう実に好いぢ, ませうへ, ませう宿へ行つて, ませう寂しいからと庭, ませう寒中行者が浴びる, ませうに善い, ませう将軍家のお気, ませう小さな船, ませう少々お待ちなされ, ませう少しづつお疲れに, ませう屹度行きます, ませう岩見銀山は見えません, ませう川下へ流れ, ませうひその, ませう幸七さんもよく, ませう庚申薔薇に葉鷄頭, ませう度々丸佐に, ませう当季斯やうな物, ませう御免あそばしまして, ませう御足労ながら貴方, ませう徳川と申す, ませう志賀樣斯う言, ませう愉しく暮すこと, ませう或は何にも, ませうの震, ませうして, ませう旦那それ程迄に, ませう明後日の午後, ませう是非貰はう, ませう月夜の蟹, ませう當に, ませう本当に有難いこと, ませう来月にでもなれ, ませう松明を振りかざした, ませう極りが惡, ませう樽野さんのお母さん, ませう橋本明治氏よ, ませう此所はちよと這入つ, ませう此處は陽, ませう殿方とのお, ませう躾で, ませう無論然云ふ, ませう然しながら今日まで, ませう犬養さんは來, ませう玩具店が, ませう現に隣町の, ませう直ちに駿河以西の, ませうと鼻, ませう私どもは納戸, ませう程にと躰よく, ませう篠田さん私の苦悶, ませう粟田口の石橋, ませう紅い椿が, ませう綿密な注意, ませうと手拭, ませういて, ませう花木さんはお, ませう若旦那は私, ませうは挽き, ませう萬一嫁の身の上, ませう落着いて, ませうの中, ませうの厩, ませう親分十日の日, ませう親分耻も外聞, ませう親方様の御, ませう親方様堪忍して, ませうもゐやしません, ませう諸君もお, ませう谷中の三崎町, ませう貴僧お手拭, ませう貴女の女, ませう賞金もらつたらその, ませう近日どうぞ又, ませう近頃は, ませう遠くからお話, ませう那裡にも這裡, ませうたげな長櫃, ませう野山に骨, ませう靜夫樣も決, ませう馬車を降りた, ませう驚きなさいますな, ませうが附添つて