青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ませ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

まして~ ましょう~ まじめ~ ~ます ます~ ~ますます ますます~ まする~ ~まず まず~
ませ~
ませう~ ませぬ~ ~ません ません~ ませんでした~ ~また また~ または~ ~まだ まだ~

「ませ~」 1079, 12ppm, 9365位

▼ ませ~ (274, 25.4%)

14 いた 7 いる 5 ゐた 4 ある 3 いて, ゐる, 下さい

2 [12件] あるの, いたが, いること, いるよう, おいて, くれ, しまつ, やつた, ゐて, 坐つて, 尋ねました, 来た

1 [211件] あげたいと, いいか, いたお, いたせい, いたその, いただいても, いただきましょう, いただきます, いただきまする, いただく時, いたなどと, いたの, いたバタ屋, いた事の, いた時, いた訳, いますそれ, いるお, いるだけに, いるところ, いるとも, いるの, いるので, いるわね, いるん, いる傍, いる清元, いる話, おあげした, おきました, おけば, おり和名鈔, お安, お綱さん, お腹の, お茶を, かう言, きた, きたの, きて, くださいよ, くれたあれ, くれたの, くれたり, くれた門口, くれた駒ヶ池, くれて, こうやっ, こっそり女郎買い, さて最後, さながら笑っ, しつかりキユーツ, しまった, しまったよう, すぐ二階, その間に, なるもん, ひたすらプランクトン, まだ魚, みたり, みるが, もう愛しい, もらいましたの, もらえますね, もらおう, もらふには, もろたり, やった, やったと, やったり, やらう, やらうなどと, やらなければ, やりたいと, やりたい人間, やる, やるなんて, やるよ, やれ, やろう, ゐたので, ゐた持病喘息, ゐた者, ゐても, ゐなくては, ゐました, ゐること, ゐるだけに, ゐるなど, ゐるに, ゐるの, ゐる例, ゐる親犬, ウンと, フラリと, 一緒に, 上げますから, 両国の, 中食も, 事件は, 事件を, 二手に, 云った, 何だか可愛, 何んと, 來た, 來る, 俺の, 倒おれ, 僕が, 八五郎の, 前觸, 又もや宙, 右源太が, 呆気に, 呆氣に, 呉れた, 呉れて, 呉れといふ, 呉れぬかと, 呉れました, 呉れ給, 呪言の, 味方にも, 呼びかけた, 咳入る, 商売を, 喫う, 嚴重に, 外へ, 大急ぎで, 大笑, 大阪へ, 婆, 宿の, 居た, 居たから, 居たの, 居た筈, 居ったならば, 居りましたが, 居ります, 居る, 居ると, 庄司右京は, 庭の, 彼の, 往生を, 必死に, 懷中の, 新橋ステーションの, 早速參, 明日は, 昏, 時々急所急所, 朝餉を, 杖を, 来ると, 歪んだ或, 歸つて來た, 熱い茶, 男の, 疑念さへ, 癒して, 百官敬ひか, 眞木の, 眠を, 社殿の, 祝言を, 素直に, 縋りつくよう, 置いたらどう, 置いてから, 置きたいの, 置くこと, 置く可, 置けと, 聴いて, 聴て, 自分の, 舶着場で, 蕎麥屋から, 行くといふ, 行李の, 衣類衣服の, 西川君は, 見える整った顔立, 見たら何, 見ろ, 言訳を, 詰寄った, 貰いましたよ, 貰ふ, 貰へる, 赤城家に, 身仕度も, 身悶を, 輝きの, 辭し去つた, 道路へ, 鈎という, 鈎といふ, 長い睫毛, 靜かに, 頂くの, 頂だい, 頂だいほほ, 顎の, 飛出しましたよ, 鶴卷町通りの, 鼻唄交り

▼ ませ~ (77, 7.1%)

3 先に 2 いう, いふ, 斷り, 祷みまつる, 言って, 赤らみて

1 [62件] あっさりやられた, あり, ある, いうので, いふと, いふので, おちついたところ, おっしゃるので, お願いし, お願いします, こう云っ, このよう, しきりに催促, そう云い遺し, そう云われ, そう申し上げ, その場, その間さがりし, ていねいに, またも女, ゆるく甘くいふ, わたしには, ハッキリ言, ハンケチを, 云う, 云うて, 云う丸太, 云って, 云ふ, 人は, 何事か, 供の, 別れし人, 古里の, 咒し奉りし, 哀音長く, 堅焼に, 堅燒に, 将軍家に, 平生から, 待てど, 御伝え下さい, 快く暇乞い, 断りを, 案の, 極り文句に, 正宗の, 演る, 甘味に, 申されましても, 申しあげましたので, 申しても, 申し上げますから, 祈つるなり, 祈りました, 言いました, 言う, 言った, 言つた, 訪の, 郎党共も, 飛ぶほた

▼ ませ~ (76, 7.0%)

2 かの人, この霜の, 天雲の, 己れ, 日の, 赤駒の, 雀も

1 [62件] あの子, あまぐもの, あを, かかる恋, かならず私, それを, つゆも, はかないこの, まこと美は, もう誰方, よいもの, よろづめでたく, ウーリュンポスの, トロイア軍は, 一と, 一晩だけ, 一足お先に, 一齊に, 世の中の, 使ひた, 児賤業を, 其海神の, 前駆の, 又頂き, 只今ぢき, 合祀の, 地上の, 夢候よ, 大したこと, 大根を, 岸の, 己が, 常無け, 平常の, 幾許かこ, 弓張の, 必ずその, 日ごとに, 明日が, 更にこなた, 梵王も, 死人に, 水鳥の, 温泉海辺にて, 濟んだ, 王の, 生きながらの, 真木の, 私なぞは, 私は, 給料なぞは, 羽ぐくみもちて行かまし, 花を, 苔むす石, 衆軍これを, 褒美が, 警察が, 足るもの, 金吾さんとも, 雲隠る, 鳳仙花せめて, 鶯の

▼ ませんで~ (66, 6.1%)

10 せうか 2 ごぜえます, なす

1 [52件] おしとおしたこと, お世話に, お兄様, お許し下さい, げした, げしてな, しよう, せう, でつい, どこも, どさくさし, のし, はござりますまいか, まことに立派, よろしう御座います, エヽ左樣でございます, スから, 一部分だけは, 伯父さんが, 伯父も, 其傍に, 出入りも, 塩味を, 大概魯西亜産の, 失礼いたしました, 失礼し, 失礼しました, 失礼です, 失礼を, 宜しゅうございます, 宮様へは, 寂然と, 御無沙汰を, 心配に, 悪口を, 悶々と, 手紙を, 歸つて來ました, 泣伏し, 済むかと, 済むもの, 源氏行灯です, 煩悶を, 私と, 私は, 結構でございます, 結構でした, 裏路から, 通したの, 遅う成りました, 隙が, 難儀を

▼ ませながら~ (25, 2.3%)

1 [25件] いった, その眼, それを, ふれ声, 傍に, 喉に, 小藤次, 思い詰めたキッパリ, 懇に, 擽ッ, 最前順吉が, 消えて, 片手に, 立って, 立止っ, 第二番目, 笹村に, 素っ気ない, 茶の, 追いて, 重い板戸, 野村は, 錯, 飲みだしたまでは, 馬具と

▼ ませ~ (18, 1.7%)

2 姉様

1 [16件] あけ下さいませ, いやでしたら, 休みなさりませ, 助けくださりませ, 勘定は, 宿もとまで, 履物は, 手間は, 早いお, 父様は, 目覚め遊ばしませ, 竹を, 逃げなさりませ, 逢わせくださいませと, 道お伴れ申せ, 顔が

▼ ませたり~ (14, 1.3%)

2 何か

1 [12件] して, するの, 一切五銭も, 一生懸命引止め, 下から, 下目を, 夏の, 畔の, 肩を, 荷馬を, 蝋を, 躊躇させ

▼ ませねど~ (14, 1.3%)

1 [14件] いつも過分, お身なり, かの丹下殿, この鬼頭天王様, そは, それを, とてもこの, もはやお, よも知れぬ, わたくしには, 人民一般の, 御住居, 浅草寺の, 腹に

▼ ませこの~ (10, 0.9%)

1 すみれ君おも, ままお, 井堰の, 城へ, 疲れは, 種から, 脊にと, 通り, 通り月見草が, 鯨についての

▼ ませそれ~ (10, 0.9%)

1 がその, が万一, が叶いますなら, こそ焼き殺され, でなかったら筒井, にいたしまし, はなる, より東京座, を云っ, を済まし

▼ ませ~ (10, 0.9%)

3 は今日 1 に考え, の命, の申す, はそれ, はちょっと, は私, も何

▼ ませなん~ (9, 0.8%)

51 だけん, だのう, だので, でもありません

▼ ませ~ (8, 0.7%)

2 うまし美々津, おほらかに, 明き日向 1 さもなく, 何も

▼ ませ~ (7, 0.6%)

1 ひて, ひ何とか, ふとも, ふも儘, へ, へりといへる聖歌, へり我聖手

▼ ませその~ (6, 0.6%)

1 しんぼうが, ため暁と, 上の, 御用心, 日の, 治部殿が

▼ ませてから~ (6, 0.6%)

2 又甲板 1 人を, 暫く職員室, 辨次の, 默つて帳面を

▼ ませねば~ (6, 0.6%)

1 お叱り, お氣, 今夜を, 伝通院の, 何にても, 石川五右衛門御意得たい

▼ ませ~ (6, 0.6%)

1 はなしは, 口ずからの, 口づか, 浪人様, 老中に, 親切な

▼ ませあの~ (5, 0.5%)

2 提灯は 1 ように, 弟君を, 辺りの

▼ ませ~ (5, 0.5%)

1 うお遊び, すれば, へすれ, アこれは, ア入っしゃい

▼ ませどうぞ~ (5, 0.5%)

1 お知らせくださいまし, お部屋, ごゆっくり, 御ゆっくり, 最う三十分許

▼ ませ~ (5, 0.5%)

1 かかった, なった若君, なって, 行つ, 連れて

▼ ませ~ (5, 0.5%)

3 か得られるで 2 か得られるでございましょう

▼ ませ子さん~ (5, 0.5%)

1 が第, に欣々さん, の室, は言う, も清方画伯

▼ ませきっと~ (4, 0.4%)

1 お届け, 一名だけは, 亡者に, 私が

▼ ませこれ~ (4, 0.4%)

1 がその, が五年前, が私, を召し

▼ ませこんな~ (4, 0.4%)

1 処では, 失礼を, 田舎で, 陋い

▼ ませては~ (4, 0.4%)

1 あるが, いかがでしょう, いても, ゐるので

▼ ませても~ (4, 0.4%)

1 いるし, 俺の, 居る, 私は

▼ ませ~ (4, 0.4%)

1 がぜひとも, しね, のでせう, のでその

▼ ませ今日~ (4, 0.4%)

2 は誠に 1 は能, もご

▼ ませ~ (4, 0.4%)

1 が所々, に自然, の黄菊白菊, をつくり

▼ ませあれ~ (3, 0.3%)

1 あのよう, が当世, は太公望

▼ ませ~ (3, 0.3%)

1 の, よ, ん

▼ ませかた~ (3, 0.3%)

1 も動き, 恐ろし学校, 恐ろし學校

▼ ませそうして~ (3, 0.3%)

1 この方, もしあの, 朝日権現の

▼ ませたる~ (3, 0.3%)

3 がお力

▼ ませつつ~ (3, 0.3%)

1 あるから, この新, 恒久的に

▼ ませとわ~ (3, 0.3%)

2 つと聲 1 つと声

▼ ませども~ (3, 0.3%)

1 別して威光, 恆は, 貸家では

▼ ませ~ (3, 0.3%)

1 うちに, 君ゆりおこす, 菊

▼ ませばか~ (3, 0.3%)

2 尊くて 1 吾の

▼ ませまた~ (3, 0.3%)

1 あの子, その新宮, 木花咲耶姫の

▼ ませ~ (3, 0.3%)

1 万事少し, 殿の, 若い人

▼ ませわたくし~ (3, 0.3%)

1 ごときを, のいのち, も安心

▼ ませ~ (3, 0.3%)

3 ですか

▼ ませ~ (3, 0.3%)

1 のブルース, の変った, を決め

▼ ませ未だ~ (3, 0.3%)

3 鬢の

▼ ませ~ (3, 0.3%)

3 の井

▼ ませあそこ~ (2, 0.2%)

1 のお, の庭

▼ ませいつも~ (2, 0.2%)

1 のやう, 待って

▼ ませこれから~ (2, 0.2%)

1 妾の, 舟を

▼ ませ~ (2, 0.2%)

1 断行なさいませ, 案内しましょう

▼ ませそう~ (2, 0.2%)

1 したら滝, なって

▼ ませそれでは~ (2, 0.2%)

2 その節

▼ ませただいま~ (2, 0.2%)

1 御飯を, 軍勢に

▼ ませてを~ (2, 0.2%)

2 ります

▼ ませ~ (2, 0.2%)

2 一分だけ

▼ ませという~ (2, 0.2%)

1 のである, ような

▼ ませとか~ (2, 0.2%)

1 旅籠の, 聞きぬわれ

▼ ませとても~ (2, 0.2%)

1 生きがいの, 若い肉

▼ ませ~ (2, 0.2%)

1 常ならず見, 苦しき汗

▼ ませ~ (2, 0.2%)

1 かえり初日, さりませ

▼ ませなどと~ (2, 0.2%)

1 さも物々しく, 細々と

▼ ませなんだか~ (2, 0.2%)

1 な, 知って

▼ ませ~ (2, 0.2%)

1 ぜひカレワラ, 親分さん

▼ ませもう~ (2, 0.2%)

1 お別れ, 亥刻

▼ ませやや~ (2, 0.2%)

2 遠くとも

▼ ませよい~ (2, 0.2%)

1 お方, ように

▼ ませわたし~ (2, 0.2%)

1 が附い, も江戸

▼ ませ一寸こう~ (2, 0.2%)

2 お庭

▼ ませ~ (2, 0.2%)

1 に犧牲, の小

▼ ませ~ (2, 0.2%)

1 すぐ薬, の御

▼ ませ先生~ (2, 0.2%)

1 のお, を連れ出した

▼ ませ勿躰~ (2, 0.2%)

1 なけれど, なけれどこ

▼ ませ~ (2, 0.2%)

2 に聳

▼ ませ婿~ (2, 0.2%)

2 にせん

▼ ませ少し~ (2, 0.2%)

1 も飽きさせなかった, 甲板の

▼ ませ左様~ (2, 0.2%)

1 ならば, にお

▼ ませ憚りながら~ (2, 0.2%)

1 先を, 御城中

▼ ませ懺悔~ (2, 0.2%)

2 なさりませ

▼ ませ我夫~ (2, 0.2%)

1 はあの, は彼通り表裏

▼ ませ~ (2, 0.2%)

1 のお方, の順慶

▼ ませ永生~ (2, 0.2%)

2 の蝶

▼ ませ~ (2, 0.2%)

1 この人, また心

▼ ませ~ (2, 0.2%)

1 へと思入つて諫め, や

▼ ませ~ (2, 0.2%)

1 のごと, のごとく

▼ ませ琵琶~ (2, 0.2%)

1 はおそらく, は少々

▼1* [246件]

ませあああなたは, ませあしひきの山, ませあなた様の御不, ませあまり美的で, ませあんがいかわった魚, ませあんなに明日は, ませあんまり暗うなりませぬ, ませあゝ最う目が, ませでも分ります, ませいざ伊那丸が, ませいのち短き人, ませいまになっ, ませいまにもドナリだ, ませおかあさんのメグ, ませお供をいたしまする, ませお召替えは, ませお待ち申して, ませお湯を是, ませお笑いなさりませ, ませお願い致します, ませからあなたから, ませおどろを, ませがきを蓮, ませづるる浪の, ませくりかえって, ませけれどもやっぱり私, ませこうして, ませこうしていては, ませこちらのまがい, ませごらんの通り, ませさあもう一献, ませさえすれば, ませさきほど使を以て, ませさらにそのうえ何か, ませざったが今日, ませあめつちの, ませしか一門の, ませしと世間の, ませすぐ執り除けますから, ませずいぶん骨も, ませせいぜい骨を, ませせっかくの酔い, ませせめてこの一くさり, ませそういうことにかけては, ませそして何処に, ませその間に大, ませそれから鍋は, ませそれで結構, ませたくさんはございません, ませたのしいルーム, ませだがちよいと, ませちやならねえ, ませちやんとやる, ませちょっと聞いて, ませてれ隠しに室内, ませでもこちらは, ませといふ希望の, ませとたんにゲーゲーと, ませどうでその, ませどのように, ませどんな貴い坊さん, ませなあに年はとつて, ませなにも籠城, ませなにしろ音に, ませなんだかいつものはげしい, ませにやならん, ませねども是非とも用立つ, ませねば淋しさは, ませしない, ませばこそ生きたるもの, ませばとて悪を, ませばやらめや, ませひとつぶの愛娘, ませぶりを, ませほらだいぶしずまっ, ませほんとうはそう, ませほんに物の, ませぼうをひっ外す, ませまだよろしうございます, ませまでして, ませみょうな物, ませみんなも待っ, ませと思いし, ませむかしのよう, ませむが元治元年に京都, ませむさくるしいところでございます, ませむら松の斜めみぎ, ませするが, ませもしそうでございませんならこの, ませもしや人が, ませやうはありません, ませやかましく私が, ませやつとの事, ませよと心皆集め, ませよといふ女その, ませよわき少女に, ませる, ませわたくしたち二人の者, ませわたくしどもにはわかりませぬ, ませ馬が, ませんでね一等車に, ませエヽ千日も万日, ませキット私はあと, ませもしゆるす, ませヤキモキしながら, ませんよ, ませ一つも笑わず, ませ一つ家へも館, ませ一人の稍, ませ一体ここは, ませ一寸斯う, ませ一枚摺にまで謠, ませ一生独り身で暮らす, ませ一遍にお, ませ七つの緒琴, ませ万事はのち, ませ三時過ぎ上野着四時十八分發の汽車, ませ不二を見, ませいふところ, ませ主人の承諾, ませ乍ら斯う囁やきました, ませ乍ら田氏はなるたけ, ませ乍ら疊の上, ませの成らざる, ませの堕落, ませ今にまたあの, ませ今夜はお, ませ今度は手, ませ代りに灰, ませ何んか御用, ませ何卒此の, ませ余りに拘泥する, ませ俄盲目の悲し, ませ先鋒の中, ませ刃物もさっき海, ませ初日から五日目, ませますため, ませ千枚分銅と申します, ませ原口作左衛門は本名, ませ去年の春, ませを一齊, ませ四年というものあなたさま, ませ四角に竹, ませ場合によっては大勢, ませ声あらば声をとどかせ, ませにどなた, ませ奥様が, ませ大勢の男, ませ大谷風呂の方, ませ天国と箱書き, ませ天樹院様だってお, ませと侮っ, ませ好い時刻に, ませ妹冴子より, ませは部屋, ませ宗介天狗の黄金, ませ宿福広大にし, ませ寢酒を一合, ませ翅ふりて, ませ届け先は, ませも野, ませ山の寺にも, ませ山尼の徒, ませ山路は栗, ませ左樣ならば, ませ常盤の君, ませ幾日でも, ませいのなら三田君, ませのさまよい, ませ廣沢の池, ませ御機嫌様よろしゅう貴方, ませ御用があら, ませ怪しい者を, ませや人妻, ませ所では, ませ手軽う見せて, ませ拙者が一心, ませとする, ませ旅行者無事に歸つた時, ませの神男, ませ立てる門, ませ東山いさよふ水, ませを蹴っ, ませ楚提が長く, ませだと, ませの日曜, ませ此願ひが, ませ殿下は間もなく, ませ毎夜毎夜私は花, ませ毒食をさせる, ませを汲ん, ませ永久に眠りませ, ませ永禪和尚とお, ませないけ, ませ決してあなた様の, ませ河原へひい, ませ洛東に老いゆく, ませ流れもぞする, ませ源家の残党, ませの音, ませ無頼の世捨人, ませの無礼, ませ猪牙とやらの難, ませ玉目はどこ, ませ空を, ませ生命あっての, ませ用箪笥へ入れた, ませ田舎でもこれ, ませ白骨の道, ませ白鳥のみねの樹間, ませ百城様兄様っ, ませが見えね, ませ石崎平馬, ませ神様よ, ませ神田の錢形平次, ませ私面前で蕃書, ませの家, ませ秋庭さん十一時すぎて, ませ竹川町で下車, ませによろぼい懸る, ませ米さへ乏し, ませ粗茶一つ召上っていらせられませ, ませ終日我も出でず, ませ結婚の際, ませを諦めよ, ませけてゐた, ませ義雄は旅かばん, ませを低く, ませ自分にも飮ん, ませ若狭の雪, ませ身体を利かなくし, ませ迅速に, ませ近頃これが, ませが遠う, ませ部屋の中, ませ清が, ませ金兵衛もお, ませ鎌倉の府, ませ長寿を表象, ませの山節, ませうもんかね, ませ関守様はこれ, ませ養子の伊三郎, ませ香水をお, ませ骨髄まで傷つけ合せる, ませも日本