青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「まする~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~ました ました~ ましたら~ まして~ ましょう~ まじめ~ ~ます ます~ ~ますます ますます~
まする~
~まず まず~ ませ~ ませう~ ませぬ~ ~ません ません~ ませんでした~ ~また また~

「まする~」 2965, 32ppm, 3650位

▼ まする~ (641, 21.6%)

8 いうと, 云ふと 4 それは 3 これは, 何か, 意地も, 私は

2 [28件] お顔, ここに, これが, これも, そこに, パタリと, 中, 云ふ, 他の, 同じこと, 向うから, 喜び受けて, 如才なく, 娘も, 庭の, 意久地なく, 掘り出して, 早や, 早瀬子は, 欣, 無愛想に, 無骨な, 独逸は, 皆まで, 私と, 第一, 蒙古人, 貉や

1 [553件 抜粋] ああもったいない, あなた様のみ, あなた様は, あなた様方が, あなた鼻の, あの, あのボール紙, あの一枚岩, あの撥, あゝ勿体ない, いかに荒れたる, いきなりわたくし, いきなり駕籠屋, いくらでも世の中, いずれは, いつも蝦夷征伐, いはれても, いふが, いふて, いふと, うんそれなら, おくの, おこたえ申しあげる, おりふしの, お前では, お前様は, お味方, お國, お園, お城下, お瀧, お熊, お豊, お通り, かく文字, かなりの, からかわれて, かれこれ坊主, こ, ここにも, ここの, このとおり, この世から, この卦, この四角い, この地, この將, この御, この撫, この現象, この生涯, この鉢巻, これ, これで, これなる, これより, ご上人様, ご神罰, さっそく訴状箱, さようお, しましょう天人, すぐさま私, すなわち偶合論, せっかく信心, そう申し上げた, そのご, そのハンザキ, その家, その折, その日, その時夕方六時頃, その派, その男, その言, その門際, その馬車, それからお話, それから私, それが, それだけが, それで油, そんなら, ぞっといたします, たいていインド, ただただもう赤面, たとえお雪ちゃん, ちょうど月まわり, ついがっくり抜けまし, つい泣け, つい知らぬ, つまり裏, ではその, とある門辺, とても助かり, どうしてなかなか勢力, どうで, どうもそれ, どう歩い, なお天津罪, なにか幽霊, なんでも, ふいご, ふたりとも, ぽつう, まことにお, まことにフシギ, まず主, まず長篇大作, また一人, まづ伊勢, まるで鶉衣, もう店, もしやあの, もとからの, やがて荏原権右衛門, やつぱりこの, やれ御, よほどの, わたくしは, わたくしめは, アヽ悪い, ウマイ事を, オディセーの, パッタリ往来も, ヒヨツと, ボサッカの, ポカリと, ヤマメが, 一人の, 一切が, 一反歩を, 一寸學校, 一層感じ, 一年も, 一度毛, 一時間も, 一月あたりは, 一頃百畝すなわち, 一體堤防に, 丁度手に, 七百十九年か, 三人とも, 三声とは, 三年以前に, 三年前池上の, 三星の, 三等列車に, 不思議な, 世界大, 世間が, 両側共に, 並んで, 中頃に, 丹治も, 久しく閉された, 乳児に, 二日も, 二日目の, 二月四日の, 二階から, 云いしぎり咽, 云うお話, 云うこれから愈々, 云うは, 云う処, 云う巡礼敵討, 云う騒ぎ, 云って, 云ひし, 五十歳ぐらいの, 京洛の, 京風は, 人の, 人は, 人命に, 今から, 今まで, 今日の, 今日まで, 今朝程の, 今迄, 住民は, 何そんな, 何でも, 何れが, 何を, 何ん, 何故か判明, 余一余一, 余程奇態, 例えば人, 依田豐前守は, 偽りの, 傍に, 僅かな, 僅かに, 儼然たる, 先ず体, 先ず此金, 先づ尤も嚴重な, 先の, 先ほど, 先生は, 先達ての, 光, 入口から, 八畳の, 其の内, 其の年, 其の頃, 其九百七十五條に, 其返事が, 其麦が, 凡夫二乗の, 処々に, 前なる, 力瘤という, 勅使の, 勇助が, 十三日の, 十八九の, 十六町三畝十歩の, 即座に, 参州の, 又焼, 又色々の, 口では, 古代といふ, 古代回鶻語で, 可哀相に, 吉原の, 同時に田地, 君側の, 呪詛は, 命を, 和尚が, 唱えながら, 喜路太夫と, 嘘の, 四万五千坪でございます, 四万五千坪は, 図に, 国王の, 地を, 地獄の, 壻の, 夕霞は, 外の, 多くの, 多分この, 大へん, 大抵その, 大抵四月頃盛, 大旦那様, 大概時雨が, 大概用も, 大王殿下は, 大見堂の, 大雨に, 大麦は, 天子は, 天明の, 太閤殿下の, 奥方の, 奥様の, 女房に, 好い白馬, 妻が, 始めてこの, 孔子は, 孝行の, 孫呉の, 安永年間田沼主, 実はお答え, 富士山は, 寛政四壬子年麻布大火で, 寝衣帯, 實に, 射ら, 小魚, 少し不都合, 少し変, 少し広い, 山で, 崖ぶち, 左の, 常陸に, 幅広の, 平家村といふ, 幸い明家, 幽かに, 庄吉め本堂の, 店の, 店口に, 弟の, 弱気の病馬, 役者だって, 後から, 御本, 御禊, 御老人, 心の, 必ず若い, 思うとおり, 悪事を, 情ないかな, 情ない死状, 意外な, 愚かしくも, 愚魯しくも, 愛に, 感じの, 憎いどころか, 憎らしい, 成る程, 我儘が, 我国の, 所謂虫が, 手前ども一統にも, 折しも社前, 抜身を, 指さして, 政七は, 文化を, 文明という, 文明の, 斯う, 新吉の, 方角という, 旅人の, 旅宿の, 日本の, 日本密教の, 日蓮上人が, 旦那さまには, 早速これ, 昨年の, 昨晩から, 是なる, 是は, 是れ, 是迄, 時代とともに, 晦日の, 晩に, 書の, 最早三百万両, 月曜水曜金曜には, 本所辺の, 束は, 東西南, 松山久馬の, 松柏生茂り, 松火を, 染井から, 柳田典藏は, 案の定それから, 案の定屋敷うち, 案外にも, 楠の, 極く, 権益問題とか, 樹本, 橋の, 此の, 此の前を, 此人は, 此方の, 此方へ, 殆ん, 殊の, 殿様の, 殿様は, 毎夜怪しい, 気息が, 気絶する, 注進さえ, 海雲は, 清左衞門が, 渡良瀬川朝日出づる頃より, 湯呑で, 漏斗の, 潟が, 火が, 父信玄の, 犯罪が, 狂人の, 独り生れ, 王, 現に被害者, 現金主義が, 琵琶湖が, 田舎の, 甲斐守様が, 申訳を, 男とも, 留守中に, 疑いも, 病人の, 皆京都の, 目の, 盲人の, 直ぐに, 相券芸妓, 相川も, 省みて, 眞達は, 真実の, 真白な, 真直に, 真間の, 矢がは, 矢張り儒教と, 神主様達が, 神樣が, 神経病とでも, 神通川の, 私どもにとっては, 私の, 私も, 秋葉の, 突当りが, 突然流し元, 第三囘目, 筋書通りに, 簡單に, 米友さんも, 約束し, 納豆納豆, 純粋に, 細かい物, 終には, 翌日申の, 耳へ, 聞いて, 聞えた, 職工の, 胆吹の, 胴巻が, 腰刃みだれ, 自分は, 自国の, 舟は, 船の, 良石和尚は, 若林博士は, 若殿様も, 茂之助は, 茶屋から, 草双紙の, 菅原家から, 落涙する, 藪の, 蛇は, 蝙蝠は, 血が, 衝立の, 表から, 裏手は, 要するに根本, 見えて, 見違える気遣い, 覗い違わず奧州屋, 親御の, 言った, 詫ことを, 詰らなく長く, 話は, 貧乏罰という, 貴下の, 貴方様で, 足利地方では, 農村では, 近辺の, 途端に, 這入口, 道も, 野にも, 金を, 金偏に, 金輪際まで, 銭金を, 錆も, 鐘ヶ淵という, 長州の, 門口から, 障子が, 障子に, 隠身避水火遁, 隣りの, 雨は, 雪の, 雷が, 雷象の, 面白う御座いました, 面部を, 頼んで, 馬が, 駕籠を, 鼠小紋の

▼ まする~ (604, 20.4%)

5 お前さまの 4 いかがで, それが, 私は 3 あれは, これは, これを, それは, それも, 何の, 此の

2 [20件] いかが, して, それなら, それを, それ程の, どうぞご, なにとぞお, なにぶんにも, まずお, 今は, 今日は, 何か, 何品で, 如何で, 御親切, 無理は, 石は, 私の, 若い者, 虚言は

1 [526件 抜粋] あいつの, あそこへ, あとあとは, あとの, あなたが, あなたさまは, あなた笛を, あの伊太夫, あの娘, あの病人, あれこそ, あれで, あれなら, いいなずけの, いかがか, いかがな, いかがに, いかほどお, いくら遊女, いけませぬかな, いずれも, いちどきにあなたさまともども, いち夜の, いったいどの, いつにも, いつも御, いまは, いやなに, いやもうことごとく, うかつにも, うしろの, うちの, おさしつかえございませぬ, おそれながら今日持参, おととしご, おゆるし, およろしく, おろかな, お住まい, お兄様, お入用, お出かけぎわにお言いのこしなされた, お刀, お召し, お変, お多忙, お家がらも, お差し, お年紀頃, お杉, お灯明料, お燗酒, お目, お笑いくださります, お約束, お聞き済み下されましょう, お襖, お館, かいもく居どころ, かすかに, かような, かように, こ, ここからは, ここで, こちらの, ことしの, ことにこの, このお, このまま, この五十年間, この儀, この問題, この変わり, この子たち, この寒い, この縁談, この老人, この雨, これからのち, これから立女役, これで, これなる, これにて, こんに, ご勢力, ご慈悲, さだめしご, さっぱり若旦那さま, さて貴方, さほどに, しかしこけ, しかし実は少しも, しかし御前, しとしとといや, しばらくお, じつはその, じつは一生一度, するとつい, せっかくながら, せめてお, ぜいたくも, そういう事柄, そういう様, そうです, そうと, そうやすやすとか, そこに, そのお, そのかわり, そのご, そのなか, そのよう, そのウィンパー, その区長さん, その反, その娘, その巻き奉書, その者, そもそもいかなる, そもそもの, それかと, それから後, それさえ, それなれ, それにて, それらは, たしかに何, たたき斬り三昧, ただいますぐと, ただいまたいへんで, ただひとつ, たったひとり, だれとも, だん, ちっとりこう, ちっと話, ちとそれ, つい半, つまらぬて, つまり巴里じゅう, ではあちら, では絵, でもあの, でもちっと, でも妙, とにかくこれ, ともかくお金, どうあっ, どうかハヤ, どうした, どうしていくら稼い, どうしてそれ, どうしてどうして今度, どうしてまた, どうして敵, どうせの, どうぞあなた, どうぞわたくしめ, どうで, どうも十兵衛どん, どうやらお, どこで, どのくらい, なにごとに, なにしろこの, なにとぞ先生, なれども, なんだか遠く, なんと申しまし, なんに, なんの, ひとつかういふ, ひとりよりは, ひと刻, ほんとうに, まことに自然, まずこの, まず大事, また一方, まだ上の句, まだ准三后, まだ確か, まるで玉子, まァそちら, もうもうなにもかも白状, もしやご, もし右門, やがてすぐ参られます, やっぱり子ども, やはり似, やはり若い, やはり貴公方, やもたても, よく, れっきとした士籍, わが身を, わたくしの, わたくしは, わたくし今一生一度の, わたしには, わらじ銭代りと, アレキサンドルを, スー, ドウゾ道を, 一たん三浦家へ, 一国の, 一寸一息, 一緒に, 万一その, 三代将軍様から, 三太や, 三河者は, 不和などと, 不幸な, 不思議と, 不立文字にて, 不調法を, 世間の, 世間も, 両方共に, 主人道誉の, 事火急の, 二と, 五百両だけ, 京都育児慈善会から, 今に手掛り, 今の, 今夜は, 今宵に, 今宵は, 今後の, 今後御, 今日より, 今日和尚の, 今晩月が, 今朝捉らえました, 仔細あっ, 仕官を, 他の, 仮令月日, 伜の, 伜はも, 伯父は, 何う, 何うも, 何しろ年, 何とぞ御, 何は, 何よりの, 何を, 何んの, 何分とも, 何分よろしくお, 何分効験, 何分旅先, 何卒これ, 何卒今後, 何卒格別, 何故に, 何者も, 余程精神, 作法の, 併かし是れ, 併し, 例の, 偖悪い, 偽りながらも, 働き盛り, 僧文雄の, 兄弟弟子の, 先づ大, 先年二人の, 先様の, 先生が, 先生様が, 全体貴方は, 兵法奨励の, 其に, 其の御, 其の色々, 其の虚無僧さん, 其れ, 其時には, 其様な, 内へ, 内実は, 出かけると, 出家の, 切支丹伴天連の, 初めまして, 前の, 前もって特に御, 十六の, 半年と, 危いところを, 去年の, 古島雛は, 古橋どのは, 只今とは, 只今の, 只今は, 只今斯様な, 同じく今日, 同じ持っ, 同伴の, 名が, 名前は, 吾等命を, 呉竹の, 命あ, 唯花崗岩, 商人で, 啖呵では, 嘘だ, 土地不案内の, 堂守を, 売れ行きも, 夢なら, 失礼ながら, 女の, 如何か, 如何致した, 妾身の上話し, 婆さんに, 子を, 安い品, 安全口金一名火事知らずと, 実にそれ以上, 実はあの, 実はお, 実はその, 実は今これ, 実は手前方, 実は未だ, 実は水鳥, 実は眠白様, 実は自分, 家中の, 實は, 小三郎は, 小宮山も, 小説中の, 少しく普通人, 少しく高尚, 山口屋の, 山田藤六が, 年とともに, 幸に, 幾らで, 幾重にもお, 廊下の, 弥吉が, 当兵道, 彼の, 彼奴なかなか, 得を, 御人払い, 御免状, 御再会, 御前の, 御前は, 御勘弁, 御在宅, 御教訓, 御用で, 御聞づらく, 徳川御, 忘れました, 忠相が, 念の, 思いのほかに, 思召し, 怪談に, 怪談の, 或いは又これから, 或は我邦, 手前に, 手前も, 手前事は, 手前通りがかりの, 手紙の, 拙者の, 拙者は, 故, 故に道程, 故立花伯, 数年ならずし, 数日の, 文明開化の, 断じて相討ち, 斯うも, 新吉さんと, 新吉は, 日本と, 日本を, 旦那様, 旦那様は, 旧の, 早々一旦江戸, 明日夕景手前隠, 昔から, 春葉君だ, 昨年夏も, 是を, 暖かで, 暮れ六つまえ, 曲げて, 最う取上せ, 最前からて, 月の, 未だ今晩, 本名で, 某奉行として, 極大昔, 極手堅く, 次の間を, 此度愈々, 武道は, 殿から, 殿下の, 殿様は, 母親が, 母親の, 毎晩一度ずつ, 気が, 気合のか, 泥坊が, 洛中に, 流儀の, 浪人し, 火急を, 然しこの, 玉子は, 生まれて, 生れ付い, 生憎の, 生来からの, 田舎のは, 田舎漢で, 男の, 白と, 白塗りにて, 皆因縁の, 目から, 直に晴れよう, 相馬大作なる, 真夜中に, 眼の, 神仏の, 禁厭同様の, 秋口蜻蛉の, 窯ばかりは, 立退, 竹棒渡りを, 罪の, 美人の, 胡乱と, 自分自身でございまする, 花と, 若し存命, 若旦那さまは, 若旦那様が, 葬儀万端を, 蒸菓子の, 蓮胤世捨人とは, 蔭じゃ, 裏向きは, 親の, 角右衞門は, 詰り悪い, 詰る所, 誠に有難う, 譬へて, 貴僧は, 貴所の, 貴郎様, 起りは, 越前が, 足が, 身がらお, 近いうち, 途中で, 連の, 道力自然に, 遠藤主計頭様が, 酒井俊蔵氏令嬢の, 醜婦が, 金の, 鑛毒の, 鑛毒其物の, 関東を, 閣下, 陛下の, 障子越に, 雪は, 霙は, 音羽は, 頼み手は, 飛び立つ程

▼ まする~ (86, 2.9%)

64 でございます 3 愛想御 2 だが, は日本

1 [69件] か, がわざわざ, がサラ, が冥路, が実は, が目, が眞葛周玄, が美しい, でございますけれども, と何れ, と天一坊, と御, はいかさま一膳飯, はお, はこげ, はこの, はじつは, はその, はそれ, はなんだか, はラ, は一人, は上方, は中, は今, は他, は仮令, は何より, は元来, は冤, は前, は召上り物, は唯, は國語, は外國, は大師, は山城, は弟, は当村, は当然, は御, は憫然, は殿さま, は百姓, は神, は竈, は能, は誠に, は部屋, は鋏, は防衛力, も二千年, も勿体ない, も即ち, も学問, も心持, も正しく, も親父, をも厭わず, をようやく, を仙太郎, を使っ, を力, を延享年中, を来る, を蔭, を見, を重助, 心得何卒

▼ まするから~ (85, 2.9%)

3 止めて 2 仙太郎が

1 [80件] いずれ機会, いずれ調べ上げた, ええ伯林, お客は, お止しな, お見のがし, お見合せなすっ, お連れ, この同じよう, これへ, こんじつ以来, して, しばらく船, その乳母, それからは, それとなく暇乞, それらを, とっくりごらん, どうか, どうぞ先生, どうぞ勘弁, どうぞ貴方様, どう成っ, ふしぎも, まず医者, もう遊び, わたくしどもは, 一日も, 一緒に, 中へ, 今度の, 今日の, 今日は, 仙太は, 伽羅大尽は, 何事が, 其のいましめ, 化け物の, 却って人通り, 又二度と, 只だ, 可愛相な, 台所で, 右の, 呆れ果てて, 哀れさも, 執事等も, 堪え兼, 家来の, 寄り附けません, 庄三郎の, 後日再び, 得に, 御断, 御用の, 御立腹, 怖, 思うこと, 振ります, 明方までには, 曲がりくねった細径, 月々可なりに, 此奴から, 段々見え隠れ, 漸, 無智無学, 皆様が, 直に承引, 竿先の, 細路ゆえ二人が, 義理を, 至急隣, 茲に, 見た処, 誰に, 足を, 身体で, 非常に, 驚いて, 魚田に

▼ まする~ (66, 2.2%)

3 つまらぬ事, 唯もう私 2 就いて

1 [58件] けっして金, げにも, これまで, これを, すなわち, せよ家々, それは, それらは, どうも何, みなさまとりわけ, やはり無, われわれの, ゴーゴンの, デンマーク人は, 世の, 世界広し, 今上天皇陛下, 今度は, 伊豆守様ご, 何ともお礼, 先立って, 古染付, 名器とは, 善悪不二大道無, 四谷へ, 困り果て, 夜食の, 孝助とは, 就ては, 屋台店の, 左程, 己が, 幕府は, 彼が, 御奉行様, 御陣屋, 戦いの, 手前が, 日本に, 旦那さまが, 明治十四年栃木縣の, 更らに, 最前も, 極めて正, 極めて正当, 此方へは, 水は, 沖縄の, 牧仲太郎殿の, 物に, 税は, 蓬が, 西欧辺より, 足利殿の, 逃げも, 通常の, 金を, 馬は

▼ まする~ (54, 1.8%)

2 これだけが, 歸る, 親方様の

1 [48件] ああなさけない, あの一番, いちだんとよい, ええわかりまする, これは, それではお, それともまたひとり, それとも以前, それとも又, それを, ただいまホコダ塚, ただ今ホコダ塚, ただ御, つまらぬあ, とんと手前, どういう様子, どうか, どちらぞ, ますます御, もしお, もしやかえって大, もちろんそれで, ゆゆしきご, ゑゝ解りまする, ウーム, 一刻も, 他の, 何もかもこの, 何様いふ, 嗚呼なさけ, 如何でございましょう, 委細は, 存じませぬが, 帰る事, 御前は, 御大藩, 御遠慮なく, 心奪われた, 忝けのう, 意外の, 支配頭の, 某こそは, 永らく御, 済まぬ済まぬ真実, 知りましねえけど, 知りませぬが, 若しや, 金を

▼ まする~ (45, 1.5%)

2 最前から

1 [43件] お江戸, その昔, その横, とう, とても足, なんぼう, まだ二十歳, わたくしの, ジプシー, 丈が, 九州帝国大学医学部精神病科本館の, 今晩の, 元来蔵元屋の, 冷風だ, 出羽は, 初手の, 剃刀二挺で, 却って不忠, 各国各, 大枚壱円と, 嬉しけれど, 小浜太夫, 御上人様源太様は, 恋の, 拙者が, 樺太海豹島は, 決して色, 流石に, 物の, 玄蕃の, 甚だ聽, 畢竟亞剌比亞語, 破れたモーニング, 神変不思議の, 私にとりまして, 羽生村の, 蔵元町と, 西側の, 誠にお, 近衛兵と, 陛下が, 露に, 養子で御座いました

▼ まするので~ (43, 1.5%)

2 これで, ござります

1 [39件] あちらへ, いつもよい, ござりまする, そこへ, それで, それにその, ただ居, はあ, ヘイ何う, 久しく私, 二重にも, 人間も, 今迄と, 何卒お, 厶ります, 大して客, 奉公人が, 奥さまは, 実にお, 実に恐縮, 家来の, 容易に, 寧ろ自殺, 小宮山は, 小紋三と, 山も, 御静養, 怖くて, 所詮不義, 手前も, 押っ張っ, 是には, 村方で, 極りが, 此の, 気を, 至急金子百両入用, 遠くも, 閣下

▼ まするよう~ (37, 1.2%)

83 な事

1 [26件] いくたび, さすれ, つつしんでお願い, で, でご, で心苦しい, なこと, なもの, なれば, なわけ, な恐ろしい, な有様, な覚え, にお守り, にとことづかりました, にと神様, にねえ, にまた, に取り計らいました, に古, に実は, の事, 何はなくともお礼, 御手伝い, 御願い致します, 願いあげまする

▼ ますること~ (33, 1.1%)

2 でご, になりました

1 [29件] があ, がございまする, が罪人, で, でございましたら御, で厶, で好, とをみな, には, はいかが, はお, はどうぞよくよく, は光栄, は印度, は寔, は將軍米准那, は少, は是, は来年四月一日, は申そう, は長く, やら, やらと人心地, ゆえ恐れ多い, をお願い, を忘れ, を禁止, 御賢察, 故黙っ

▼ まする~ (30, 1.0%)

3 それに, 厭や 2 喧嘩の

1 [22件] かような, ご機嫌, その中, その後には, それからあなた様, それにこの, それにもう, なほ他にも, またそれ, また織田, 一つは, 一方には, 予備の, 今までに, 其れ, 別してねたむところなぞないはずでござりまするが, 又たま, 又傳聞, 小言の, 深い品, 猪之, 第一犯

▼ まするもの~ (27, 0.9%)

3

1 [24件] か出来ませぬ, があります, でございますから, でしたならば, ですから, では, で若旦那様, で黒檀柄, と見えます, のやう, はその, はなかなか, は一年, は之, は全く, は堯舜, は御, は必ら, は春, は無限, は皆小身者, は芝, を悪い, 何かとまた

▼ まする~ (24, 0.8%)

2 へ這入っ

1 [22件] いずれ海, でカチーリ, で亭主, で推着けが, のお話, の炉壺, の観音堂, へ小僧, へ往, へ此者, へ稻垣小左衞門, へ花魁, へ襖, へ通り, へ門, へ音羽, まで参り, をおのれ, をそッ, を丈助, を今日あたり, を見

▼ まする~ (21, 0.7%)

3 もお 2 は何ん

1 [16件] が社会党, が赤岩様, なので, ならあなた様, のため, の一言一句, の所存, はこの, はどんな, は御酒, は決して, は私, もその, も兼ね, をもお, 共夫婦

▼ まする~ (20, 0.7%)

2 別れ申す

1 [18件] かわいそうな, 中身も, 入りなさい, 大名方一統が, 大尽の, 天気の, 形見の, 心安立ての, 旗下から, 暇を, 梅粂之助は, 槍に, 糸の, 縋りいたしま, 繼に, 言葉勿体のう, 願えいたします, 駈けつけ下され

▼ まするとて~ (20, 0.7%)

5 手を 3 如何にも落つ, 指さすを, 物思は 2 首尾よく 1 取乱して, 取亂, 日の, 是非な

▼ まする~ (20, 0.7%)

3 つらや 2 ならば

1 [15件] がチラリ, が現在, で, でございますが, で丁度, で現に, で私共, で追, というもの, なれば, になっ, になりまし, ばかり, も一ツ, を殿

▼ まするやう~ (18, 0.6%)

101 と, なら此上, にこの, にねえ, にもし, に取, に恁, へえ

▼ まするには~ (16, 0.5%)

1 [16件] このお, このお座敷, この刀, なかなか洒落, まず第, 一旦蔵元屋, 予て話, 今日の, 俗に, 染井伝中へ, 此の間に, 武士を, 漢語が, 盗取りました穢れた, 行くとき, 足も

▼ まする~ (16, 0.5%)

1 [16件] があっ, がその, が多い, が育て, が還俗, で, でお, でございます, でございますが, では, で永年, と其の, の妹, はこの, は元, を

▼ まするところ~ (15, 0.5%)

1 [15件] から幼少時代, この足袋, で厶, のご, の北西, の地方選挙, の蛇, は何, は神慮神事, へコチラ様, へ一個月, へ今度, へ幇間, へ親御様, 一見水蛭

▼ まする~ (15, 0.5%)

3 自分の 2 普請に 1 奉公は, 婦人が, 安心な, 安心なさっ, 所存で, 方々であります, 煙管を, 薬代なりと, 重病, 高免下さる

▼ まする~ (14, 0.5%)

61 あれあれ妻女山, おくがた, そのよう, ついては一先ず, 作阿弥殿, 大納言頼みまする, 早く早く早くここ, 頼みまする

▼ まするそれ~ (13, 0.4%)

3 は成 1 があらぬ, がため, に差支えまする, に権現様以前, は必ずや, は辱, をば何, 故せっかく, 故に, 故今

▼ まするという~ (13, 0.4%)

1 [13件] お芽出度, お隅仇打, ことを, のである, 女ながらも, 怪談の, 手紙を, 挨拶を, 此の, 申しわけだ, 答え, 足留めの, 雪江を

▼ まする~ (13, 0.4%)

1 [13件] にお, にもはや, に二日, に何, に其の, に夜, に妹, に日, に次第, に段々, に疲れた, に美惠比丘尼, の隠居

▼ まするけれど~ (12, 0.4%)

2 彼れ, 猿樂町を 1 あれほど, さし向, その何れ, それも, 今は, 此子の, 殿様の, 猿楽町を

▼ まするその~ (12, 0.4%)

1 [12件] あでやかな, こちらに, つもりで, 中に, 事は, 代りと, 前から, 客人の, 改心の, 方は, 苦しさ, 馬飼は

▼ まする~ (12, 0.4%)

1 [12件] でわたくしども, にこの, にウッカリ殿様, にタッタ一人, に因果, に大きに, に姉さん, に築地, に誰, に迎え酒, に途中, 婆さんが

▼ まする~ (12, 0.4%)

1 [12件] おたがいに言葉, にもまだ, にゃア, にわたくしたち, に何と, に小僧, に必ず, のその, はその, はなるほど, は賢者, もお

▼ まするこの~ (11, 0.4%)

1 [11件] お部屋, 三ツの, 下され物, 事件の, 子の, 御恩, 手紙と, 母の, 縁談に, 耳あげまする, 花を

▼ まするこれ~ (11, 0.4%)

2 は中休み 1 が手前, には何, に住所, はつい, は他, は則重, は蠅除, より八木, を召捕らん

▼ まする~ (11, 0.4%)

3 何時通つても, 見て 1 さぞ奥様, 山三郎が, 惜しげも, 私も, 見ますると

▼ まするうち~ (10, 0.3%)

1 にお, にしみじみ, にも何, に喉, に所謂, に気, に皆様, に私, に諸方, に過般来

▼ まするお話~ (10, 0.3%)

3 一寸一息 1 でございますが, に移ります, の中頃, は一息, は次, は鹽原多助一代記, をお

▼ まする~ (10, 0.3%)

1 いわゆる兵学, おのおの方御苦労千万ながら, か孫右衞門, ごらん下さる分には, そのうち静か, どうか一つあなた, どうぞこの, どうぞ縁, 失礼ながら, 隠処

▼ まする~ (9, 0.3%)

1 おろうそく, と思召, に飛んだ, の時間, は, はいつ, は我々, へ匿, も置かせず

▼ まするけれども~ (8, 0.3%)

1 お早く, これでも, つくづく溜息, 前途の, 字音に, 成行で, 此度の, 陸軍省の

▼ まする~ (7, 0.2%)

2 えと 1 いと, えとすなわち, えとテブル, えと本来, えと毛唐

▼ まする~ (7, 0.2%)

4 厶ります 1 げす, ごぜます, 御座ます

▼ まする~ (7, 0.2%)

1 あの崖際, お会い, はあ, 孔夫子の, 御令室, 滅多な, 留守中に

▼ まするほどに~ (7, 0.2%)

2 其氣で, 露さら故障はござりませぬ 1 あなた様にも, いつなと, その気

▼ まするゆえ~ (7, 0.2%)

1 どうかお, に余, よく存じ, 平にお, 御ゆるり, 御当家二分, 御迷惑

▼ まする~ (7, 0.2%)

1 が親, が金, ですヤ, ではお, では中, の大, へ掛合い

▼ まする次第~ (7, 0.2%)

32 で何 1 でございます, でございまするが

▼ まするあの~ (6, 0.2%)

1 お米, 倉の, 古市で, 女の子は, 影が, 者を

▼ まするため~ (6, 0.2%)

1 にこの, に人々, に今日鼻, に平生愛乗, に当分当家, に本来

▼ まするといふ~ (6, 0.2%)

3 旦那お 1 御書置, 意味だ, 顔眺め

▼ まするまで~ (6, 0.2%)

1 あちらへ, お助け, 主税は, 明王の, 横に, 艶

▼ まする~ (6, 0.2%)

1 お恥ずかしい, さほど遅う, やはりお, 唯養父, 恐多い, 苦しからじ

▼ まする~ (6, 0.2%)

2 表かとも 1 からその, に今, は一つ, までにこなた

▼ まする故に~ (6, 0.2%)

1 お父様, わたくしは, 少々の, 神尾家にとって, 私は, 餘の

▼ まするがて~ (5, 0.2%)

3 まえは 1 まえがた, まえの

▼ まするとは~ (5, 0.2%)

2 冥利の 1 あまりなる, 余りなる, 実に結構

▼ まするどうか~ (5, 0.2%)

1 お情, お通し下さいまし, それは, 御許し下さる, 盥へ

▼ まするによって~ (5, 0.2%)

1 どうぞ気味, よウ, 万一御, 兄喬之, 悲しい因縁

▼ まするのみ~ (5, 0.2%)

1 でございましたが, でして, ならず, ならず今日, ならず老齢

▼ まするより~ (5, 0.2%)

1 ほかには, むしろ黄道吉日, 他は, 武士として, 遥かに

▼ まするわたくし~ (5, 0.2%)

1 が真, の一生, の兄め, はお, は逃げなけれ

▼ まする~ (5, 0.2%)

2 うしても 1 うも御, かは存じませ, か機織道具

▼ まする~ (5, 0.2%)

2 れをば 1 が放蕩者ゆえ, に可, は妾

▼ まする~ (5, 0.2%)

1 で, と御, な次第, な記事, にといふ寿詞

▼ まする通り~ (5, 0.2%)

1 お暇, で別に, に絵巻物, のお金, 初めての

▼ まするあれ~ (4, 0.1%)

3 を思ふ 1 は通常

▼ まするいずれ~ (4, 0.1%)

1 にし, にてお, また人, 頼むとも

▼ まするどうぞ~ (4, 0.1%)

1 お慈悲, お癒し申し, お見知り, 武士の

▼ まするのに~ (4, 0.1%)

1 お手紙一つ, 兎に, 彼は, 暫くの

▼ まするやら~ (4, 0.1%)

1 その辺, それでも鉄道, 夫れ, 解から

▼ まする~ (4, 0.1%)

1 でと一々, ではござります, ではござりませぬ, にご

▼ まする~ (4, 0.1%)

2 は賣 1 は一つ, は売物買物お金さ

▼ まする其の~ (4, 0.1%)

1 どうも手当, 上に, 中灯火が, 前に

▼ まする~ (4, 0.1%)

1 という, の曳きます, は極, 子供仲間小者の

▼ まする~ (4, 0.1%)

1 が一人, は取っ, は年頃二十一二, もお前

▼ まする御機嫌~ (4, 0.1%)

3 に障つたら 1 よろしゅう

▼ まする~ (4, 0.1%)

1 がございます, でご, には参りませず, も申さず

▼ まする~ (4, 0.1%)

3 へ物 1 へもの

▼ まするあなた様~ (3, 0.1%)

1 のお, のおかげ, はどういう

▼ まするお召~ (3, 0.1%)

3 も縫

▼ まするかとて~ (3, 0.1%)

3 空を

▼ まするからは~ (3, 0.1%)

3 私は

▼ まするくらい~ (3, 0.1%)

1 だから, です, でなか

▼ まする~ (3, 0.1%)

1 うでございますから, うで恐れ入りました御, ア速かに

▼ まするそう~ (3, 0.1%)

1 で外国, なが, 致しますと

▼ まするつもり~ (3, 0.1%)

1 で, でございます, で何ん

▼ まするとの~ (3, 0.1%)

1 ことで, ことゆえ, 誓言立御

▼ まするはい~ (3, 0.1%)

3 昨夜は

▼ まする~ (3, 0.1%)

1 お着古し, からは御, に此

▼ まする今行~ (3, 0.1%)

3 まする私

▼ まする場所~ (3, 0.1%)

1 が九十カ所, にまいります, も幸い

▼ まする奇麗~ (3, 0.1%)

3 な花

▼ まする小宮山~ (3, 0.1%)

1 はあまり, はどの道, は山気膚

▼ まする~ (3, 0.1%)

2 うかと言つて 1 ればこそ

▼ まする度々~ (3, 0.1%)

2 舊の 1 旧の

▼ まする~ (3, 0.1%)

3 曲馬団の

▼ まする御酒~ (3, 0.1%)

3 の上

▼ まする心得~ (3, 0.1%)

21 でございますから

▼ まする敷金~ (3, 0.1%)

3 は唯今

▼ まする時分~ (3, 0.1%)

1 にあなた方, にこの, には小宮山

▼ まする様子~ (3, 0.1%)

1 その鳴, で何, 故まア此方

▼ まする相手~ (3, 0.1%)

3 はいくら

▼ まする~ (3, 0.1%)

1 にお, におとなし, の処

▼ まする~ (3, 0.1%)

3 は盛り

▼ まする~ (3, 0.1%)

3 は早く

▼ まする~ (3, 0.1%)

3 ふだけの

▼ まする~ (3, 0.1%)

2 孃は 1 嬢は

▼ まする~ (3, 0.1%)

1 で帝釈さま, で災難, はこちら

▼ まする~ (3, 0.1%)

1 このよう, に火, に腹帯

▼ まする面目~ (3, 0.1%)

1 が無い, なさ, も御

▼ まするあいだ~ (2, 0.1%)

1 あけくれおくがた, に女中

▼ まするあなた~ (2, 0.1%)

1 のお世話, の方

▼ まするあなた方~ (2, 0.1%)

1 の御, はお

▼ まするいかが~ (2, 0.1%)

1 でご, なもの

▼ まするお方~ (2, 0.1%)

1 じゃとの噂, でございます

▼ まするかと~ (2, 0.1%)

1 忙しげ, 忙し気

▼ まするこうして~ (2, 0.1%)

1 おれば, 姿を

▼ まするさあ~ (2, 0.1%)

2 何とで御座んす

▼ まするだけ~ (2, 0.1%)

1 でそれ, でどう

▼ まするちと~ (2, 0.1%)

1 あなた様に, 小屋へ

▼ まするとき~ (2, 0.1%)

1 には東京, にわれわれ

▼ ますると共に~ (2, 0.1%)

1 あなた様の, まずすべて

▼ まするまた~ (2, 0.1%)

1 他の, 拙者共の

▼ まするまだ~ (2, 0.1%)

1 お屋敷内, 新聞に

▼ まするもう~ (2, 0.1%)

1 わたしも, 私は

▼ まする~ (2, 0.1%)

1 かねての, 殺害する

▼ まする~ (2, 0.1%)

1 お上人様源太様は, とうとう自分

▼ まする上人様~ (2, 0.1%)

2 晴れて

▼ まする今日~ (2, 0.1%)

2 も今日

▼ まする~ (2, 0.1%)

1 で, で土蔵

▼ まする何卒~ (2, 0.1%)

1 この不具者, 御情け

▼ まする~ (2, 0.1%)

2 て下され

▼ まする其事~ (2, 0.1%)

2 は言

▼ まする只今~ (2, 0.1%)

1 亡くなりまして, 帰るでござるこれ女ども袴

▼ まする品物~ (2, 0.1%)

1 でナカナカ手, は右手

▼ まする~ (2, 0.1%)

2 不意で

▼ まする場合~ (2, 0.1%)

1 には男, にもせいぜい

▼ まする大きな~ (2, 0.1%)

1 煎餅壺に, 見事な

▼ まする女房~ (2, 0.1%)

2 もあり

▼ まする姿~ (2, 0.1%)

1 は草, を見た

▼ まする實家~ (2, 0.1%)

2 でも少し何とか

▼ まする工事~ (2, 0.1%)

2 は下手

▼ まする布卷吉~ (2, 0.1%)

2 と云う

▼ まする幇間~ (2, 0.1%)

1 でございます, で春木町さま

▼ まする御免~ (2, 0.1%)

2 下されと

▼ まする心配~ (2, 0.1%)

2 のあまり煩

▼ まする戀しき君~ (2, 0.1%)

2 さる詞

▼ まする~ (2, 0.1%)

2 れが

▼ まする時希有~ (2, 0.1%)

2 の大

▼ まする暴風雨~ (2, 0.1%)

2 が怖い

▼ まする有様陽気~ (2, 0.1%)

2 が土中

▼ まする~ (2, 0.1%)

1 が家, には丈助

▼ まする模様~ (2, 0.1%)

1 がご, でご

▼ まする~ (2, 0.1%)

2 を仕立

▼ まする~ (2, 0.1%)

1 も詠みまする, をうたい

▼ まする~ (2, 0.1%)

1 の小坊主, の書面

▼ まする~ (2, 0.1%)

1 ではござりませぬ, になる

▼ まする~ (2, 0.1%)

1 に何程自分, に腸

▼ まする~ (2, 0.1%)

2 なり所持

▼ まする流氣~ (2, 0.1%)

2 もあれ

▼ まする~ (2, 0.1%)

2 をお

▼ まする独楽~ (2, 0.1%)

1 の顔見世, はその

▼ まする癒つて兄樣~ (2, 0.1%)

2 のお

▼ まする皆太夫様~ (2, 0.1%)

2 の御

▼ まする矢野~ (2, 0.1%)

2 と申します

▼ まする私ども~ (2, 0.1%)

1 の忰, までもその

▼ まする積り~ (2, 0.1%)

1 でございます, でございますそれに

▼ まする~ (2, 0.1%)

1 で, でご

▼ まする~ (2, 0.1%)

1 は小者, は手前共

▼ まする総領~ (2, 0.1%)

2 の私

▼ まする腰抜鋸~ (2, 0.1%)

1 のやう, のよう

▼ まする~ (2, 0.1%)

2 のみ満々

▼ まする~ (2, 0.1%)

1 お手打, やはり面白

▼ まする途中~ (2, 0.1%)

1 でもって馬方, 測らず柳原河岸

▼ まする野生~ (2, 0.1%)

2 の宅

▼1* [424件]

まするわれに, まするあとでわかる, まするあの御承知の, まするいやお知らせだけ, まするうち奥方が側, まするお上人様のお, まするお湯は肌ざわりがまた天然, まするお礼方々今宵深川へお, まするお蔭さまで一人前, まするかおつれ合いでご, まするかの紀ノ国屋文左衛門が, まするかも知れません, まするからに水戸と, まするからの事なれ, まするがと婉曲に, まするがなんぞお気づきで, まするきょうというきょう, まするこうして, まするここは一応, ますることいかがでご, まするこれから奥寝殿この, まするさあさあ早く, まするさうかと言つて少し, まするさぞ不意で, まするさりとて当人の, まするしかしお上人様真実で, まするしかも評判の, まするしだいで, まするしとすれば, まするすなわちそれを, まするせいで子, まするそういうつもりで, まするそうしてこの子供, まするそうすると大概小普請という, まするそして昨晩も, まするそれから鳥でも, まするそれで拙者も, まするそれ程可愛い私さ, まするただし公任卿は, まするたったひとりの, まするたびにその, まするだけに普通の, まするだけの事, まするついこの先, まするつまり人間の, まするとかうはさ, まするとき釣に行く, まするところがねうち, まするところでお難儀, まするところ御前この者, まするとにもかくにも, まするどうか拙者, まするどうしても私共の, まするどうせあんな萌, まするどうぞもう一つお過ごしあそばされませ, まするどうぞよろしく云い含めて, まするどこにこの, まするどのお客様も, まするどんな御様子, まするなぞと思いつめたらしい, まするなというには, まするなにがし, まするなにぶんのお, まするなりにこの世を, まするなんともお礼の, まするにおいてをや, まするについて暫く眼, まするについては一応お話, まするにも拘らずその, まするのでなでは娘, まするはず一騎か二騎, まするはとお客の, まするばかりでなく同時に, まするばかりか譫言の, まするふたりのご, まするいこれ, まするほかにお, まするほどな貴方様, まするまことに斉名, まするまでには印度に, まするうな, まするもっともなあなた様, まするものの誰も, まするもの事の起こり, まするもの何うぞ, まするやう紺と金, まするゆえ主人も心配, まするゆえ今暫く御, まするゆえ小三郎は不思議, まするゆえ末長くご, まするゆえ法事供養をいたしたく, まするゆえ私も彼, まするゆかいな喜劇をごらん, まするそれこそは, まするよう主人からの言いつけ, まするよう伏願致します, まするよう小宮山の胸, まするよう折入って, まするよく主膳にも, まするよりと考えること, まするよりは親父も, まするわけで何卒, まするわたしが参りました, まするわれわれの楽しみ, まするですが, まするテーマの下, まするハイハイ懐炉を入れ, まする一ト組またこちら, まする一丁余りばかり離れ, まする一人の侍, まする一日十余時間休みもくれぬ, まする一本の木, まする三人の内, まする三日たてば, まする三日目には必ず, まする三様の鼻, まする上人の方, まする下河原清左衞門と申す, まする図下総の, まする世上の娘, まする三日の, まする主人には直ぐ, まする久助と申す, まする事ゆえ此の度江戸表へ立帰り, まする事故といはれ, まする二の丸に新た, まする五十鈴川を真中, まする交靈術が如何に, まするがあっ, まする人情噺しは, まする人様の外聞, まする人物と当時, まする親類立合と, まする今にもお召返しに, まする今晩もまた, まする仏蘭西の話, まする仔細はほか, まする仕儀これ皆尊君様の御, まする仕合で, まする仕合わせに, まする以上鉢巻を致し, まする伊香保の湯煙, まする体育と申します, まする何せい土民の親, まする何んだか, まする何卒宜敷云ひ含め, まする何故斯様な, まする依田政談も久しゅう, まする信心のともがら, まする假名遣に, まするへ恭太郎, まするでご, まする先それよりはお, まする先頃迄は娘共, まするに角, まする全く松島様の, まする八州様の御用, まする公儀様の御, まするれに, まする処澤田右衞門夫婦は疾, まする出入のもの, まする刀屋の前, まする刃物をつきつけられました, まする別に怪我はござりませぬ, まする勇助と申す, まする勿論容体を, まする区長さんの名義, まする友川三郎兵衛次男三次郎矩行と申す, まする古金新金, まする吉田屋のふみ, まするは良通, まする名前で御座いまして, まする名山でございます, まする周玄と申す, まするばかりは命, まする和尚と不義, まする哲学館拡張のため, まする唐人は劉, まする善い鋳型が, まする器械は最近, まする因果塚で此, まする因果者此の節のよう, まする因縁でそれ程, まする土間にひっこもっ, まする壁辰と申す, まするが山三郎, まするの遊山場, まするはとの御, まする外ここに参っ, まする大丈夫曲ったこと, まする大丈夫曲つた事はよもや, まする大層な人数, まする天一坊を嗣子, まする太夫から下座, まする太夫玉井春昇三味線お京, まする太夫玉井春昇三味線徳弥いよいよ三勝半七酒屋, まする奥方様より歳, まするへ何, まするは間もなく, まする孫子に至る, まする安息國の國名, まする宗教上の信仰, まする実はその当家, まする実家でも少し何とか, まするは外, まする家来は残らず, まする寺院には, まする小さな桐箱の, まする小説で仏蘭西革命, まする少し前私と, まする尤も当地の, まする居酒屋へ飛込ん, まするは日本七高山, まする山風と蒔絵, まするなしの, まするは金輪際, まする巡礼敵討のお話, まする左方へ曲る, まする師匠お礼を云い, まするの片側, まする常吉やさ, まする幕府衰亡の取沙汰, まする平に御容捨, まする年寄の慾目, まする幸福でないのみ, まする庄三郎を見, まするにさ, まする度毎にまことに, まする弁信と申し, まする張子の鐘, まする当節柄の人気, まする後刻改めて御礼, まする御上人様の御, まする御陵衛士隊長様が殺されました, まする微力なもの, まするは毛頭, まする心底で, まする心得何れ無事で帰って, まする心得此に少々, まする必ず必ずお急き立て申しますで, まする思召でご, まする怪談牡丹灯籠のお話, まする恋しき君さる, まする悪党とも国賊, まする悪戯と申し, まする慈姑でございました, まする我が影を, まする我等武人としてはこの, まする所一と息, まする所存にご, まする手前は千島禮三, まする手前事は相川孝助, まする扮装行李を肩, まする折柄或いは御, まする損害は一切勘定, まする支度をし, まする支那學の範圍, まする故主人から借受け, まする故何所か離れた, まする故失礼致しまする, まする故妹として見る, まする文部省でありますが, まするかる申し出ゆえ, まする新九郎どんのところ, まする新参者でございます, まする新吉は表, まする方々の御, まする旅籠はござりませんが, まするに耳, まする旧き都を, まする早うせぬと, まするの英雄, まする昨晩の様子, まする時津田さんが玄関, まする時私にこの, まする時間はほんの, まする曲芸は黒白夢幻, まする最中から重い, まするの光, まする有難う存じまする, まする木下七郎兵衛家利が娘, まする本文通りわたくしたちが一代, まする条々よウ, まする松枝町の友達, まする松火は所々, まする御陣屋, まする林蔵の子分, まする果物もその, まする武家の, まする桂川でそれ, まする梅桃桜のあ, まする梨売重助で図らず小, まする梵唐千字文又の名は梵語千字文, まする棘ぬき地蔵の御利益, まする極彩色写絵はほか, まする此処で又, まする此奴が身, まする此方の唐木, まする民間からは出, まするで生垣, まする気味のわるい, まする油倉庫にご, まする法律悪用の悪漢, まする活人形へ氷, まする流気もあれ, まする漂浪者の一人, まする為めに自然決心, まする然し御上人様真実で, まするの色, まするに斯樣, まする半左エ門, まする片方はなか, まする特徴で正木博士, まする独楽といッぱ東都名題の名人づくり金造独楽, まする猫イラズで自殺, ますると申しまし, まする王子の権現さま, まする現に昨夜も, まするに合わない, まする琵琶弾きでございますおそく, まする甲府へ参りまし, まする甲斐もない, まするのあと, まする畜生のよう, まする癒つて兄様のお, まする白島山之助, まする白骨温泉の真上, まする白骨谷というところ, まする百合江と申す, まする百姓とは名ばかり, まするな篠田長二, まする目深に冠, まする直ぐにいらっしゃい, まする直前京都の井師, まする真珠塔につきまし, まする神さま仏さま私は悪人, まする神さま佛さま私は惡人, まする神尾主膳は悪人, まする神様の御, まする禪陀迦王は恐らく, まするが島, まする空前の名著, まする之助様, まする端役者役儀に免じ, まする端緒でございます, まする竹ヶ崎の南山, まする一あっちは, まする糸それを座, まする累ヶ淵のお話, まする結構な打紐, まする絶世の美少女, まする美男の若, まする法師, まする者将軍家御内意, まする聖人賢人でも気に入らぬ, まする至って不調法もので, まする芸人でご, まする若い衆これはただ, まする荒地沼地開墾の新田, まする蔵元屋の, まするの皮三枚, まする馴れて, まする見込でげす, まする覚悟ただ心残り, まする親仁は両, まする計りで御座います, まする該事件探究の方法, まする誠にやさしい人, まする誰方かと思いましたら, まする豆腐屋があります, まするの音, まする貴顕のお方, まする赤煉瓦の塀, まする赤頭巾に黒外套, まするが羊, まするの卑怯, まする身の上になりまする, まする近江屋勘兵衛と申す, まする途中思いもかけませぬ, まする途中母親にはぐれ, まする途端にドウ, まする通り世がまだ, まする通り五年十年を以て起, まする通り今より百余年, まする通り名に負う, まする通り彼が四才, まする通り時代を經, まする通り釘だの縄, まする違いまする, まする部門を開設, まする野天へ投げ出し, まする金丸様のお, まする金庫を明けたい, まする金銀と申します, まする銀屋新七, まする銀流しを少々, まする阿呆陀羅経の歌, まする限り御老中, まする陛下起つこと, まする離れの中二階, まする雨滴を払い, まするという雪, まするを描きたい, まする非人の処, まする革命又之, まする果敢なくも, まする風音どぷり, まするの舞踏会, まする馬琴と申します, まするの背, まする駒井能登守様と申しまする, まする駕籠宿からで, まする駿河屋太七の店, まする騎射でも打, まするノ武蔵守師直, まする高値の幻燈, まする髯だらけの大男, まするの面, まする鬼神のお松, まするも売れれ, まする鶴丈というの, まする鹽原多助一代記は多助, まする麹町は平河町, まする黒い人魂に