青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ふたり~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ふか~ ふく~ ~ふこ ふこ~ ~ふしぎ ふしぎ~ ふた~ ~ふたたび ふたたび~ ~ふたり
ふたり~
ふだん~ ふち~ ふつ~ ~ふと ふと~ ~ふところ ふところ~ ~ふべき ふべき~ ~ふも

「ふたり~」 6347, 63ppm, 1815位

▼ ふたり~ (2076, 32.7%)

41 少年は 29 警官が 28 男が 24 子供は 21 少年が, 男は 19 少年を, 警官は 17 あいだに 13 刑事が, 子供を, 手を, 潜水夫は 12 子どもが, 子どもを 11 少年の, 男に 10 人間が 9 あとを, 前に, 姿が, 男の, 話を, 間には, 顔を 8 おまわりさんが, 刑事は, 女は, 姿を, 子どもは, 間に 7 ために, インド人が, 姿は, 部下は

6 [11件] あらくれ, 娘は, 子どもの, 子を, 子供が, 男を, 目の, 肩に, 警官と, 部下が, 黒覆面は

5 [15件] あいだは, こどもは, ほうへ, ほかに, むすめ, 仲は, 女の, 女中が, 少年も, 恋は, 書生が, 書生は, 者を, 警官の, 頭の

4 [26件] おとなが, おまわりさんは, からだ, すがた, ようすを, インド人は, 亭主を, 人が, 僧は, 力では, 命を, 女が, 姉は, 客が, 小魔人, 少女は, 影を, 武士が, 潜水夫が, 者が, 者の, 肩を, 話は, 警官を, 足は, 間へ

3 [45件] あとから, あとに, うちの, きょうだいは, そばに, まえに, インド人に, インド人の, 上に, 人影が, 人物が, 人間の, 仲に, 仲の, 児を, 刑事に, 前には, 前へ, 労働者が, 団員が, 大男の, 姉むす, 娘の, 娘を, 子どもに, 子供の, 客は, 少女が, 影が, 影は, 心に, 恋人の, 恋人は, 手に, 明智小五郎, 男と, 胸に, 若者が, 視線が, 警官に, 警官も, 賊は, 部下に, 間の, 頭を

2 [132件] あいだ, あいだには, あいだへ, あたま, あわれ, うしろに, うしろを, おとなと, おとなは, おどろきは, おまわりさんと, お巡りさんが, お手伝いさん, かえ, からだの, からだは, かわいい子供, きょうだいが, きょうだいたちは, ことは, ことを, すこしも予期, すること, そばへ, ひざの, ほかは, まわりに, まわりを, もとに, ものは, わるもの, チンピラ君に, 下僕と, 仲が, 侍も, 供を, 傷は, 儒臣は, 兄弟が, 全身を, 刑事さんが, 刑事さんは, 刑事さんを, 刑事を, 制服の, 前を, 助手の, 労働者は, 友だちと, 友人は, 口に, 声が, 夜, 夫人は, 女, 女を, 姉妹が, 娘が, 娘と, 娘に, 子, 子が, 子に, 子の, 子供に, 学生服の, 客を, 少年と, 店員は, 従僧は, 息子は, 悪漢は, 愛児を, 手で, 探偵の, 敵を, 旅人は, 明智小五郎を, 書生と, 書生の, 書生も, 書生を, 服を, 様子を, 死骸を, 涙は, 犯人は, 犯人を, 犯罪者は, 狂笑の, 男の子を, 町の, 目には, 目は, 眸は, 眼は, 老人が, 者あり, 者は, 者へ, 背後に, 胸には, 膝を, 若い娘, 若い警官, 虚無僧を, 行動を, 袂を, 話が, 貧しい子供, 賊を, 足もとに, 身の上を, 身より, 透明怪人は, 通行人の, 運命の, 運命は, 運送屋に, 運送屋の, 部下を, 配下が, 間は, 闘士は, 青年に, 青年は, 青年も, 顔が, 顔には, 顔も, 骸骨も, 黒覆面の

1 [966件 抜粋] あいだから, あいだを, あつかい, あひだ, ありさま, いちょうの, いなくなった原因, いふところ倶, いるまえ, うえふい, うちで, うちデパートで, うち上のは, えもの, おじいさんは, おそろしい心, おとなに, おとめが, おどろき, おばけが, おやじが, お使者, お子さまの, お客さまが, お客さんが, お小屋, お巡りさんと, お巡りさんも, お母さんが, かいちゅうでんとうが, かおいろ, かけだす音, かたきじゃ, かみを, かわいい少女, がんばる力, きょうだいたちの, きょうだいでした, きょうだいも, くうもの, くっきょう, こじき, ことかい, ことだ, こどもたちに, こどもとで, こどもの, これは, ごこんれい, ご藩士, したこと, すぐ前, すんで, せなか, そばを, たてる袖, ちがった息づかい, ところからは, なかの, なこうどである, のろい侍, はげしいいきづかい, ばんざいを, ひめぎみたち, ふんで, ほうで, ほうを, ほかだれも, ほか店の, ぼうやは, まえへ, まっ黒な, まん中の, むつまじさ, ものぐさいでたらめな生活ぶりを, ものでなく, ものを, やつを, ように, ろう仮面は, わきを, インド人, インド人だった, カニ怪人に, キチガイの, スモーランド人の, ゾウつかい, チンピラは, チンピラ君と, ニセ家光の, フォーシュルヴァンの, ホボが, ボクサーも, ボーイ君が, 一命を, 一番親密な, 一郎君, 一郎青年が, 上から, 上使が, 上役人は, 世界楽しい, 中間が, 主従だけを, 乗って, 乞食でした, 争いが, 事で, 亡骸は, 交情を, 人の, 人を, 人足が, 人間と, 人間を, 他誰も, 仲を, 会合ごとに, 会話に, 伝令使は, 位置は, 住所姓名を, 体に, 使いを, 侍が, 侍は, 侍女が, 侍門番が, 係長, 信を, 側を, 傍若, 僧ありてた, 兄妹と, 兄弟の, 兄弟も, 兄弟喧嘩は, 児は, 公卿と, 兵, 兵士に, 内緒話は, 刀も, 分しか, 刑事さんに, 刑事の, 刑事小林少年文代さん五人の, 制服警官が, 制服警官を, 前の, 剣尖, 力には, 助手が, 労働者に, 勇と, 勇士, 勇士は, 勇敢な, 動きで, 博士の, 友, 友情に, 叔父にあたる, 受けて, 口上伝令である, 召使いに, 召使女は, 同心の, 同志を, 名をも, 君臣の, 呼吸が, 呼吸を, 命騒ぎです, 唄に, 喜ばないで, 嘆きは, 四ツの, 報告は, 場所に, 士は, 声, 声の, 大いなる師, 大の, 大工は, 大男を, 天使の, 天皇が, 太刀を, 夫人に, 夫人の, 女と, 女世帯, 女中との, 女学生の, 女性とは, 女賊, 妹は, 妹も, 姉たちは, 姉妹たちの, 姉妹は, 姿がは, 姿の, 娘について, 婆さんが, 婚約の, 嫂の, 子どもたちが, 子ども昌一君と, 子供, 子供まで, 子分は, 子分を, 学生は, 孫と, 宝くじ屋さんが, 客と, 客人は, 家との, 家来に, 家臣は, 容子を, 密謀を, 寝て, 対照は, 将は, 将来について, 小さな子供, 小さな男, 小声が, 小姓は, 小婢, 小者です, 少女の, 少年という, 少年に, 少年よりも, 少年団員を, 少年高橋君と, 屍体を, 巡査を, 巨像を, 希いは, 帰ったの, 帰泊を, 幸なき, 幸福は, 座敷と, 弟子の, 弱い者, 影に, 役目は, 待って, 後ろから, 後継者を, 徐かな話し声が, 従僧斬, 従兄, 従犯人で, 従者とともに, 従者を, 御娘, 徴税使は, 心がけ一つで, 心には, 心は, 心臓の, 志だ, 思いは, 怪漢が, 恋だけは, 恋の, 恋人が, 恋人に対する, 恐るべき盗賊, 息の, 息子が, 悪者が, 悲惨な, 意気ごみ方が, 意見に, 愛には, 愛を, 感情の, 感激を, 慰藉に, 懸隔は, 手も, 手代どもが, 手前処女みたいに, 披露でも, 持物に, 挙動は, 捨て子を, 救い主を, 敵が, 新聞記者だ, 新造たちでした, 方へ, 旅人が, 旧知を, 明智小五郎が, 明智探偵が, 時代であるなら, 書生三人の, 書面には, 札参り, 来たこと, 格闘につれて, 極東の, 槍持の, 横っ面を, 武士, 武士に, 武士を, 歩み寄って, 死は, 死体は, 死者と, 死骸に, 母に, 毛脛の, 気むずかしいおじいさん, 水夫に, 注意やら, 注進によって, 浪人, 浪人姿が, 浮名は, 浮浪の, 消息は, 港の, 漢学者の, 潜水夫も, 潜行に, 激色を, 無益な, 熱望です, 物音では, 犬は, 犯人の, 独身女は, 玉村さんが, 珍奇な, 理想が, 生徒が, 生活が, 生活人に, 生計を, 男, 男の子だけ, 男の子は, 男ロボー元帥と, 男世帯で, 男子を, 病人が, 監督が, 目と目が, 目に, 目を, 相乗りで, 盾に, 看守が, 眼と, 眼の, 社員が, 神, 神経は, 禿が, 私服警官とが, 秘書が, 稚子, 穿物が, 立派な, 童子が, 童子を, 笑い声の, 級友が, 紳士が, 結婚式は, 総監の, 縄付を, 羊飼い, 美人が, 義弟に, 翁, 老人, 老人と, 老人に, 老博士, 考えが, 者である, 者まで, 耳には, 職人みたいな, 肩にも, 肩まで, 肩口の, 背に, 背広の, 腋の下に, 腰に, 膝へ, 膳に, 自由は, 舌頭の, 舟中の, 船頭と, 若いもの, 若い新聞記者, 若い芸人, 若者などは, 若者は, 苦心談を, 荒らくれ, 落着いた, 虚無僧が, 虜将は, 血気を, 行くほう, 行方であろう, 衣服が, 袖や, 襟く, 覆面を, 見はりばん, 見捨てられた子供, 観方, 言は, 言葉つきは, 訪問客ポルト・サン・ジャックの, 評判娘が, 詩人に, 詩人樹に, 詮議は, 話しぶりも, 話だけ, 話の, 話聲の, 説が, 誰なる, 諫言を, 警官とは, 財布を, 貴族に, 足が, 足の, 足へ, 足を, 足跡が, 足音が, 距離は, 踵が, 身の上でございます, 身柄いかが, 車を, 逃げ道を, 透明怪人によって, 通行人が, 運転手と, 道中も, 遺恨を, 郎党は, 部下も, 部屋であった, 配下の, 配所奉公も, 重みが, 重役が, 重役も, 重要役割の, 針目博士だ, 間中を, 関係が, 陛下は, 雇い人が, 青年が, 青年の, 青年店員が, 面には, 面へ, 頭脳に, 頸には, 額の, 顔から, 顔に, 顔役が, 首すじへ, 首領が, 駕籠か, 骸骨す, 髪には, 魂の, 魂を, 黒いす, 黒い老人, 黒覆面も, 黙然たる

▼ ふたり~ (1627, 25.6%)

14 手を, 顔を 8 だまって 7 それを 6 足を 5 いそいで, いっしょに, おどろいて, ギョッとして, 声を 4 あわてて, そこの, その中, そんなこと, 目を, 肩を

3 [18件] おずおずと, かきぬ, しばらくの, しばらく顔, すぐに, そこに, そこへ, なにを, びっくりし, まっくら, ハッと, 何か, 夜の, 彼の, 懐中電灯を, 早々に, 背を, 連れ立って

2 [78件] あまりの, いかにも辛, おた, おまえの, おもわず, お互いに, ここに, しばらくその, そこから, そのあと, そのとき, そのやみ, その前, その晩, その水, そろつて, だんだんに, どうした, どこかへ, どこに, どっちも, ならんで, ほんとうに, またし, まっ暗な, めいめいの, もうあの, もう帝劇, もとの, やがてその, ウエスト街の, ハンドルの, 一つの, 一種の, 一緒に, 世に名, 中へ, 主人の, 二階に, 仲よしに, 住職に, 何も, 出かけました, 十年の, 口を, 堤から, 塔の, 奥の, 岩の, 強情に, 心の, 心を, 思わず眼, 急に, 息を, 懐中電燈を, 抜き足を, 新聞で, 昔の, 時々に, 暫くその, 朝から, 期せずして, 桜の, 泣き出しました, 無事で, 眼を, 矢来の, 秀吉の, 立ちどまって, 背の, 話を, 鏡の, 階段を, 電気を, 頭を, 駒を, 黙って

1 [1319件 抜粋] あかるい旅館, あくまでそば, あさくさ田原町三丁目喜左衛門, あたりを, あとに, あのあつい, あの晩, あらためて水神さま, ある折, あわれな, いいつけられた仮面, いかりくるって, いきなり小林君, いきなり頭, いずれも, いちばんむつかしい, いったいどうなる, いつかそこを, いつしかその, いつまで, いますぐ, いまにもとら, いよいよこっち, いわず語らずの, うしろ手に, うなずきあって, うばいとった自動車, うまく小ばやしくん, うれしそう, おかしくて, おくまった美術室, おたがいにきょうどこ, おとうさんと, おとなりの, おばあ, おびえつづけて, おりおり喧嘩, お互いの, お浜親子, かういふふう, かおを, かくて, かさなりあって, かたむいた甲板, かまわずそこ, からだを, かれこれ四時間, きたとき, きみの, きょうだい娘で, きれいだ, くらやみの, げんかんの, こうして厳粛, ここで, ここを, こどもの, このごろ時々, この先客, この寒い, この穴, こもごも玄徳, これでは, これまで, ころあいを, こんな話, さしたる重傷, さて何事, さらに愕然, しいんとなっ, しきりになにかささやきあう, しきりに頭, したたかに, しばらくなにかささやきあっ, しばらくやすん, しゅびよく, じぶんたち, すぐそば, すぐ御厨村, すぐ祠, すぐ馬, すっかり漁師, すでに, すばやく顔, ずっとむこう, せまいが, そうささやきあっ, そう思う, そこで, そこへは, そこらの, そのいす, そのそば, そのときギク, そのへや, そのまま歩い, そのドア, その問題, その声, その岩, その日, その禁制, その紅茶, その薄暗い, それからまたいっしょ, それぞれの, それは, それまでは, ぞっとし, たいへんよろこん, たがいに, ただちに死, たちまちこごえ死に, たべもの, だきあうよう, だまりこんで, だんだんうしろ, だんだん快活, ちかくの, ちょっとあく, ちょっと失望, ちょろちょろと, つい立ちどまっ, つきぬけたあな, つづいて, ていねいに, でかけました, とうとうあきらめ, とうとう花前, ときどきぼんやり考えこん, とても仲よし, ともかくも, どうかとりでのる, どうして死んだ, どうする, どうなる, どこへ, どちらからとも, なおも密談数刻, なかよくむこう, なぜそんなにおどろいた, なるほどよくよく, なんの, にせものです, はいッ, はじめての, はたして一高, はっとなっ, ひきつけそう, ひじょうにすばやく, ひたと口, ひとしくかぶり, ひゅうひゅう, びっくりした, びつくりし, ふしぎな, ふたりが, ふたり限りしか, べつに気, ほかの, ほっとためいき, ぼくが, まえから, まず八通, またあら, またぐうぐうねこんでしまいました, またなに, また一緒, また大, また本, また腕, まだあきらめ, まだぶじ, まだより以上ふしぎ, まだ後, まだ見えぬ, まったく他人, まったく旧怨, まるで催眠術, まるで知っ, まん中に, みかどの, むがむちゅうでもがいていましたがする, むちゅうだ一念だ, むろん人形怪人, もういよいよたすからない, もうどちら, もうびくびくもの, もう一, もう会えない, もう声, もう浅草寺, もう生きた, もう身動き, もと来た, もはや同じ, やがてかじかんだ, やがて夜, やがて沈没船, やさしい幸福, やっとどうやらうす, やっと別世界, やはり戻っ, やわらかい美しい砂, ようやくそれ, らくに立てる, わかれて, わが国に, わらって, アパートを, エリーザが, カールスクローナの, ガレージには, グングン水, ゴロ寝, サクラ号の, ショーウィンドーの, スンネルブー地方の, ゾーッと, テーブルの, トムに, バッタリ細い, ヘット, ポケットの, マリユスに, モコウに対しては, ヤナギの, ラマの, レンガ建ての, 一ノ, 一時は, 一本ずつ, 一生懸命に, 七歳ちがいだった, 三百万円ずつ, 下田港から, 不問不, 不敵にも, 両大将, 両方から, 中身を, 主将だ, 乗れないの, 事の, 二つの, 二十五六ぐらい, 二度ばかり, 互いにすべて, 互いに花, 亭の, 人目を, 今ここに, 今北陸に, 今日も, 仕事が, 会うこと, 伯父の, 何でも, 何事か, 何処へ, 余分な, 倉皇として, 健在である, 元から, 兄弟か, 先について, 光り輝いて, 全国的に, 共にだまっ, 共に神, 共謀し, 再び汗, 出かけるまえに, 切符を, 別れた, 刺されるよう, 前檣, 力ない, 助かりました, 勇躍し, 医者と, 十分馬の, 単なる遺臣資格, 又おどろいた, 口笛を, 台所とは, 右ひだりに, 同じバー, 同じ心, 同時に口, 同時に見た, 吐かぬちぎりなりき春, 向こう側の, 呼ばれた, 哀れな, 唖然として, 喰い逃げ, 四十面相が, 土に, 土蔵を, 地面に, 壁に, 夕明りの, 外に, 夢中に, 大きな池, 大の, 大九郎, 大急ぎで, 大通りへ, 天へ, 夫婦に, 奉公口を, 妖女だった, 孝高の, 宙を, 室を, 家で, 家来であろう, 寒いとも, 寝るにも, 小さな声, 小学校の, 小林井上野呂の, 少年に, 尽きぬ名残, 山を, 左の, 左右ふた, 帆を, 帰る, 年とった, 幸運の, 幾たびも, 床几について, 庭さきの, 庭や, 廣い, 当然お, 当然官兵衛, 後に, 微笑い, 心配し, 忠臣らしく見られ, 思いがけない面目, 思わずためらって, 思わず身, 怪しい蝶, 恋仲でございます, 悲しみ極, 情熱の, 愚痴を, 憂いを, 戦い疲れた, 手に, 手勢を, 手足を, 抱き合って, 拝謝し, 振向いた, 改まって, 散歩の, 敵に, 新しい幸福, 方向を, 早くも, 早速断層, 昌吉の, 明智夫人の, 春まだ, 昨夜, 時折そんな, 暗い厨, 暫らく無言で, 月もる, 木靴を, 来た, 東京郊外の, 板縁の, 森の, 極度に, 槍の, 横目駅と, 橋の, 次第に気, 歩いた, 歩を, 死ぬまで, 死罪に, 殿軍と, 毎日ぐちばかり, 気がつかない, 水垢離を, 河へ, 泥棒だ, 洞くつの, 浜辺に, 海を, 海草の, 深く朝廷, 湯から, 溪を, 濡れ手拭に, 無人の, 無言の, 爭ひかね, 片袖, 狭い円筒, 猿の, 玄関を, 生活能力が, 田町へ, 町の, 畏って, 疲れた脚, 白い影, 白ガチョウが, 目が, 目下潁川, 直ぐ母親, 相合わぬ, 眉を, 真剣に, 眼に, 矛を, 砂の, 秋の, 突慳に, 立って, 笑いながら, 笑い叫ぶ, 籠を, 素走っ, 組頭を, 縁に, 罪人で, 義理の, 老公の, 耳を, 肉親で, 胸と, 腰の, 自分が, 自動車に, 自身番へ, 船へ, 花の, 花崎さんの, 苔の, 若君の, 茶代を, 薄手を, 藁の, 虎に, 表向きだけの, 袁尚を, 西山荘の, 親友である, 観覧車を, 話しながらも, 誓った, 謀略を, 貧しい百姓, 赤い夕やけ空, 足おとを, 身も, 身動きする, 軽く声, 辛くもことば, 辻馬車に, 追放だ, 逃げながら, 通りすぎて, 進退きわまった, 道で, 道を, 遺恨なぞ, 部屋には, 醒めた顔, 重荷を, 金剛寺門前町の, 鉄の, 銘々に, 長い月日, 門を, 關係した, 院長さんに, 障礙を, 雌鹿雄鹿の, 雷雨の, 静かに, 音羽の, 顔が, 颯爽と, 食卓に, 馬に, 馬上で, 驚きも, 高麗焼の, 黙々塾

▼ ふたり~ (479, 7.5%)

4 はいって 3 そこへ, そろって, 出て, 力を, 口を, 待って

2 [21件] いっしょに, ここへ, そこを, それを, つづいて, どんなに離れ, びっくりした, ふたりとも, ヘリコプターに, 二人とも, 出発した, 前へ, 帰って, 彼の, 手を, 揃って, 武蔵の, 私の, 草むらの, 身を, 馬車に

1 [415件] あおむいて, あくまで漢室, あっけに, あなたの, ある, あるばかり, あわただしく帰っ, あんな小屋, あんまり腹いっぱい食べすぎた, いいあらそって, いいました, いい募っ, いうと, いうには, いそいで, いまさら, いまサナエちゃんの, いろいろ繪, うしろ手に, うちに, おかあさんに, おとうさんに, おにで, おもて, おもわずたちどまっ, お出迎え, からくも, からだを, かわし合いました, かわりがわりに, きょうまでおめえさんをここへ, けんかなぞを, けんかを, こう議し, ここに, こしを, こっちへ, この世に, この仕事, この目, この通り, こやの, こんなに疾駆, こんなめ, こんな話, さがして, さきに, さきを, さっきから, さっそくしらせあっ, しずんだ顔色, しめし合わせて, しゃべりだしたら年の暮れ, じっとみつめ, すぐあわて出した, すぐ縁先, すんで, せよ, そうし, そうした中, そうです, そうに, そこから, そこで見はっ, そこに, そのへや, その下, その中, その方, そばに, そも何者, それと, そんなこと, そんなそう, そんな立ち話, たえず部下, たくみに, だきあって, だまったまま, だんだん森, ちっとも気づかなかった, つき軍師, つくさねば, てんでにピストル, とう, ときに, とじこめられたの, とっくににせもの, とつぜんまるで早, とてもなか, どうしていい, どうしてこんな, どうしてこんなに仲, どうしてそんな, どぎまぎする, どんな象戯, なおもあたり, ながい廊下, にせものである, のこって, のそのそと, はじめに, ひとまず甲府, ひょんな間違い, ひらいたまま, びくびくもの, ふりかえると, ふりかぶった太刀, ふり向いて, ぶっつかって, ぶっつかりあうこと, ぷいとどこ, ぼそぼそ話し合っ, ぼんやりと, まだ生命, まつ白い, みずから放った, みよと, もとの, もよりの, やがてがん, やって来て, やっと下, やっと目, やっぱり黒川, やはりいつもの, ゆくえ不明に, ようやく引き出し, りっぱな, るす, ジョンドレットの, ダンスの, テーブルを, トンネルを, ニッコリする, マユミさんの, ロボットを, 一しょに, 一つずつ, 一城に, 一心不乱に, 一晩中森から, 一滴の, 一生懸命駈け廻っ, 一緒に, 上つて来た, 上野国新田, 世を, 並んで, 中に, 乗物に, 九兵衛の, 争いだしたので, 二人ながら, 二階へ, 互いに争っ, 五六歩歩いた, 五条の, 交代に, 人ごみに, 人無, 今じっと, 今までとは, 仕事に, 代表と, 仲は, 仲直りし, 会えば, 何と, 何を, 何処から, 供を, 修行が, 元の, 入って, 入れ知恵した, 八幡さまの, 共にあれ程, 円筒の, 凍え死にを, 出家に, 出発された, 出迎えに, 分れて, 列んで, 到着する, 前から, 剣を, 加代姫が, 勉強部屋で, 勉強部屋に, 半七, 友達に, 叔父孔賓の, 叫びざまに, 右翼左翼の, 同じ日, 同一人, 同時に風邪, 同棲し, 呂布の, 咲き亂, 善人に, 喧嘩する, 城兵五十人ばかり, 城門へ, 士卒わずか, 声を, 夢中でむしり合っ, 大声で, 大江の, 天窓まで, 奮迅する, 子どもに, 守って, 家の, 密会し, 寒さ, 寝るの, 尋ねて, 小娘に, 少年で, 尾行し, 尾行て, 居あはせたので, 居あわせたので, 岸へ, 差しに, 市中巡視の, 帝座に, 帰るとともに, 帰る折, 幕府の, 幾ら約しく暮らし, 座敷へ, 庭に, 弥造を, 形ばかりの, 役立って, 御えんぐみ, 御座の, 御池殿の, 心を, 必死に, 忍び寄って, 忍び込んで, 快活に, 思いがけなくめぐりあった, 急に, 怪人が, 恋の, 恋ふる, 恥ずかしげ, 息を, 慰めて, 懐中電燈を, 成人なすった, 戸を, 戻って, 扉から, 手わけを, 手伝いを, 抱き合って, 担いで, 拳銃を, 持ち出して, 持って, 挙げられたの, 挙げ後藤彦九郎, 振分, 改めて對陣, 敢ない死, 敵に, 敵へ, 新しい共同, 旗上げの, 書生さんや, 曹操の, 最初から, 最前阿波守へ, 月の, 朝飯に, 期せずして, 来て, 森の, 槍の, 横たわって, 櫓下附近で, 正気の, 歩き疲れて, 歩くたび, 殺されたと, 毒酒を, 気づいたの, 水いらず, 水と, 水筒の, 水軍を, 決めたその, 海蛇の, 消えて, 淫蕩の, 湯の, 湯風呂の, 溺れ死ぬの, 漢朝の, 激越に, 炭やき, 無事で, 無事でしたら, 無提灯, 牡蠣を, 物見頭と, 猟師の, 玄関の, 生きて, 留守を, 疑ったとおり, 病死すれ, 痴話に, 相府, 相談し, 相談の, 矢矧の, 石井, 確かに, 磯五を, 祝言いたした, 神田を, 祭の, 空手で, 突然に, 立ち話を, 立って, 立つの, 笠の, 等しく意外, 絞め殺したの, 絶望し, 綱を, 編集局で, 縁側で, 老公の, 考えたとおり懐中電灯, 肉屋の, 背中で, 背中を, 背戸から, 自動車に, 自動車のよ, 船から, 船橋に, 苦笑し, 草に, 草履を, 行くさきざき, 見うけられました, 見えなお, 見える, 見たと, 見たところ, 見た白犬, 言うと, 訪ねて, 訪れたところ, 許嫁である, 話あっ, 話しあって, 話して, 話しながら, 話し合って, 話すの, 話に, 講和使節として, 謹厳に, 警固と, 負うべきもの, 貧乏だったら, 赤ちゃけたランプの, 起きあがった時, 足もとへ, 車を, 辻の, 迎えに, 迫って, 退がってから, 送って, 逃げて, 這入つて, 通りかかるの, 通り過ぎた池, 通り魔の, 連れ立って, 長椅子に, 門ぎわに, 間道へ, 闖入した, 陣地から, 随行した, 雪の, 静かな, 靜かに, 鞋の, 頭上へ, 顔を, 飢え死にする, 飲んだる酒, 館の, 馬を, 馬上で, 馳け, 驚いて, 鬼ごっこを, 麹町の, 鼻を

▼ ふたり~ (334, 5.3%)

6 連れて 4 つれて

2 [15件] かえりみて, さきしかば, そこに, 一度に, 並べて, 助けて, 岩城山の神に, 応接室に, 思うと, 書斎に, 案内した, 殺して, 毒殺する, 相手に, 見ながら

1 [294件] あのへや, うながしました, えらんで, おいこしたらすぐ, おいて, おおって, おくの, おこしました, おこし手, おそうた, おどろかして, おれの, おろしを, おんぶし, お城, お起し, かぎ出すの, かたりかどわかすため, かわるがわる見比べ, がみがみどなりつけました, ここに, ここへ, この御堂, これから悪魔, さがしだした, さがして, さしまねいた, さし招いて, したがえた旅装い, して, じっと見つめました, じろ, じろり見すくめた, すくいあげたの, すぐ前, せき立てながら, せき立て乍ら, そうし, そこへ, その竈, その部屋, それぞれ一刀切りに, たおして, たしかめに, だきとめるよう, だまらせました, ちょうど室, つきのけるよう, つきはなして, つけて, つつんだ, つれ出すと, つれ十三四町, とめた, ともなって, とりまいて, どう処置, どこに, ながめたならば, ながめて, なだめて, ならべて, なわつき, なわに, にらみつけきば, にらみました, にらめつけると, にらんで, ねかしたまま, のせたゾウ, のせた馬, のせて, のぞいては, はさんで, はばかって, はらいのけようと, ひき離した, ひじで, ひとまず麹町, ひと三人も, べつべつの, またさしむけられた, まだ内応, まって, みちびくと, むこうの, むざむざ帰し, むちゅうにさせてしまったのだ, もぎ離して, やっつけて, よんで, われらに, アッと, アパートの, パクッと, メーソフの, 一つの, 一挙に, 一緒に, 一階の, 三振せしめた, 上目で, 両手で, 中に, 中仕切の, 乗せた大鷲, 乗せた駒音, 乗せるや, 乗せ予, 乗せ霧, 二条の, 二階へ, 人質に, 伴って, 例の, 供人に, 促して, 倒して, 停車場まで, 側近く, 儲けた, 元気づけるよう, 先に, 先鋒として, 入れて, 六号室へ, 凌いで, 列柳城に, 別々な, 制した, 前に, 前において, 副将として, 劉玄徳の, 力に, 助けようと, 助け出して, 勅使として, 動かした, 匿し, 取り囲んだ者, 口ぎたなくしかりつけているさいちゅうなのでした, 合せても, 吟味し, 呪咀の, 味方へ, 呼びに, 呼びよせこれ, 呼び出し車冑, 呼ぶ声, 呼んで, 問題には, 囮と, 土の, 城外へ, 塔の, 大事に, 天公将軍地公将軍と, 夫婦に, 奉じ洞院, 奥まった部屋, 守り囲んで, 射留めたの, 導くべき紙片, 小べやの, 尾行でも, 広い応接間, 庭へ, 建物の, 引きずりだせ, 引き分けて, 引き合わせて, 当世の, 彼の, 往来に, 待ちうけ, 待ちつつ, 待った, 待って, 後から, 後ろより, 得たの, 心に, 心配そうに, 手まねきしました, 手招きし, 払って, 投げ倒したの, 投げ倒して, 押し包んで, 招いて, 拾い育てたという, 撫でた, 撲りつけたの, 支えること, 救いあげましたが, 救わなければ, 敬遠する, 斃し, 斬って, 暗黒の, 本堂の, 枕もとに, 案内に, 止めて, 正式に, 残して, 殺したという, 殺した毒酒, 殺した泥斎, 殺すの, 殺せば, 殺めひとり, 毎晩見えが, 比較し, 気張らせ無, 深く愛する, 炬燵の, 無遠慮に, 片づけて, 物置き, 犠牲に, 狂喜させる, 玄関まで, 琵琶湖へ, 生んだの, 産んだおふくろ, 用いて, 発見する, 登用し, 盛り殺して, 監視につけ, 相疑わせ, 睨んで, 短刀の, 祝して, 祝福した, 突き合わして, 総大将, 縛り陣前, 肌寒くさせた, 育てて, 脚下に, 自分の, 自動車の, 蔵の, 蠱惑する, 裏から, 裏口に, 見いだした, 見おくる, 見かけて, 見くらべはじめた, 見たの, 見つけだすこと, 見のがして, 見殺しに, 見比べて, 見送って, 覗いて, 託して, 誅伐すべく, 認めると, 誘いあわせての, 誘い出して, 誘うかの, 誘って, 誘降する, 車の, 辻番所へ, 追いかけて, 追いたてながら, 追って, 送りながら, 送り出してから, 逃がさなくちゃ, 逃がした, 逃がす心配, 透しみる, 通しました, 連れ雲哲, 遁さぬ, 選抜し, 部屋の, 配所の, 離れさせた, 非難し, 顧みた, 饗した, 首に, 馬車の, 駆って, 駕籠で, 黄金怪人の

▼ ふたりとも~ (333, 5.2%)

3 口を

2 [13件] いつもお, いまだに, おれが, ここに, こっちへ, ひとことも, わしの, 万年筆型の, 何も, 御身大切に, 昨日と, 気を, 連を

1 [304件] あと足で, あのお, あの女, あまりに日数, あまりり, あまり口を, あまり圧制です, いいか, いい人, いい人たち, いくら走っ, いそいで, いちおうは, いちどきに地べた, いつのまにかこっくりこっくり, いつのまにか警官, いなかものに, えり首までも, おそろしいいきおい, おとなしくお, おとなしくて, おなかが, おまえらが, おれと, お勤めで, お身体, からだに, が一緒, きゃしゃすぎる, きょうばかりは, きわめて厳粛, きわめて謹厳, ぐう, ぐっすり寝つい, こうかいしはじめ, ここで, こちらへ, こなかった, こねいだから, このふしぎ, この世に, この世を, この大蛇, これが, ご在宅, さっき見とれた, さようなら, さらわれて, しばって, しばらく待て, しまいには, しんが, すぐ部下, すっかり年, ずいぶん鼻, そこに, そこへ, そのおかげ, そのころ, その中, その場, その弟, その目, それは, それを, そろいも, ぞんぶんに, ただそれ, ただでは, ただの, ただ見れ, たんてい七つどう, だまったまま, だまりこくって, だまりこんで, だんまりで, つかれて, つかれはてて, とびだして, どうかなすった, どこかへ, なかなかかわいい, なかなかご, なんという, なんとも答えませんでした, にすっぽり, にどっと, にめいめいゴンドラ, にもう, に公卿生活, に可, に命, に客分, に寛永十六年十二月十二日没, に成敗, に顔, に鬼, はな紙を, ひと一倍孝行ものでございました, ひどく老け, ひょうに, ふつうの, ぶじに, ほんとによく旦那様, ぼんやりした, ぼんやりと, まあ人なみ, まだ南, まだ年, まだ若い, まっさおな, まっ青に, まっ黒な, まるで人形, むすめたち, もううち, もう年貢, もそっと寄る, もっと苦しい, もとの, ゆうべひと晩帰りませんな, よくない, ろう仮面の, わたしの, オンドリと, ギョッとして, サラリーマンという, ハッと, フェルトの, ポケットに, 一生けんめいに, 一言も, 下には, 並べて, 中には, 中へ, 中国人だ, 中村警部が, 主人の, 二十五六歳で, 二十四時間立てつづけ, 今にも逃げだし, 今の, 今は, 今日は, 他の, 休むが, 何か, 僧門に, 優雅な, 入選し, 共通の, 其処に, 冷たく息, 出っくわしちゃったがね, 利口な, 前から, 勇躍し, 厭世的な, 取引先の, 同じ考え, 吹き出した, 呂布の, 命は, 和船は, 喧嘩する, 地へ, 坊やたちを, 堪忍し, 壮健にて, 声を, 変装の, 変装を, 夜の, 大きい蔓草, 孔明が, 官兵衛の, 寝まき, 審理の, 小がた, 小姓姿である, 小学校の, 小林芳雄少年を, 小町娘の, 尼寺へでも, 屋根に, 左手に, 左手の, 巨人の, 常によく愛し合いなさい, 平常彼, 店の, 弔客や, 引きぬきに, 影も, 彼の, 待て, 待てっ, 心の, 心痛の, 急に, 息の根を, 息は, 悴然, 意外な, 感心しません, 懐中電灯を, 戦という, 拝謝した, 指を, 捕虜と, 控えぬか, 敬慕し, 斬罪に, 昨日有馬の, 暗黒の, 曲芸も, 朝の, 木の, 木のぼりが, 本能寺の, 杉弥さまよりか, 柴田譜代の, 樹の, 歓ばない顔, 正しい答え, 歩いて, 歯性が, 死せず活きず, 死の, 死んだという, 死んだので, 水の, 水死人だ, 決して孔明, 法を, 泣きじゃくって, 泣き出した, 泣くには, 浴衣に, 澄みきった感情, 無事に, 父以来の, 父親の, 物に, 物見高いほう, 生きちゃった, 申し合わせたよう, 男ざかりの, 男だった, 町の, 病気で, 真赤に, 眠って, 知って, 知恵を, 石に, 石像に, 私が, 笠を, 箱を, 粗忽者です, 絵かきだ, 翼を, 聞きわけの, 胸に, 脊廣を, 腰に, 自動車の, 船室から, 茫然と, 蒼い顔, 虎の, 蜘蛛の, 血のり一滴見せず, 血を, 衆目も, 襷に, 見あげるよう, 見えないの, 親が, 親なし, 赤くなっ, 起って, 足を, 身が, 身に, 身を, 身軽な, 近くに, 返辞も, 迷うだけ, 追放され, 退がって, 逃がしたか, 非常に, 頭から, 顔を, 風邪を, 首筋に, 鳥打ち帽を, 黒っぽい洋服, 黙りこんで, 黙り込んで

▼ ふたり~ (292, 4.6%)

4 いっしょに, かかえて 3 一緒に, 何かと研究, 東京へ

2 [13件] いる時, お茶を, ござります, たくさんだ, 仕事場の, 仲善く, 何か, 故郷から, 旅を, 月湖の, 死んで, 腐りかけた雨戸, 遊び歩いて

1 [249件] あけられるかしら, あとに, あなたたちに, ある計略, いきましょうよ, いた, いち早く巡礼, いるとき, いるの, いろいろな, いろいろ考え, うしろ暗い, うたって, うちとって, おうち, おおいに困った, おざる, おばあさんを, おんちゃんを, お口, お酒, かかえなくても, かくれて, がくやへ, きめて, きんと, こげば, ここで, ここに, ここを, この倉, これを, ご追放, さげて, さびしく暮らし, しばらく歩い, しまって, しめし合わせて, しめやかな, すぐ床下, すっかりのん, そこへ, そのきんじ, そのなか, そのカフェー, その喫茶店, その白状, それだけっきり, たけやぶの, たしかに話, たのしんで, ちえ, ちかくに, つかって, つかりながら, つつましく乾杯, つつましく暮らし, とっつかまえて, どこへ, どこまでも, どのくらい, なかま, なかよく話, ながめて, なにかに, なにか毛布, ならんで, のうのうし, のろけを, はいりこんだ亡くなった秋川夫人, ひっそり夕食, ひとりを, ふいに, ふたりの, ふみゆく落葉, もう一度その, やって, やって来ました, よくあなた, よく掘りおこし, よろめきながら, るす, ゐた, アケチ一号の, ケースを, ジックリ考えよう, ストオヴで, テレビの, バッジを, ブツブツ言い, プリューメ街の, ヘリコプターに, ボートを, マリユスを, マンホールの, メリー号の, 一けん, 一と, 一覇, 中へ, 事件の, 二階と, 五十圓づついただいてずゐ, 亡妻の, 他に, 他人みたいな, 代地の, 以来城内の, 仮に独龍山三荘図, 仲よく遊ばう, 仲よく遊ぼう, 仲よく食べよう, 仲間に, 仲間入りを, 伯父さんの, 住まわれるには, 住み酒, 供を, 充分話し合わなけれ, 先へ, 先生を, 六波羅の, 共に喰べた, 出かけた, 出て, 分けて, 加茂川の, 勝手に, 南洋の, 原っぱで, 去年の, 古手紙の, 古陶磁, 唄おうよ, 四谷まで, 夕食を, 外に, 夜どおし母, 大いに笑っ, 大急ぎで, 大木を, 夫婦に, 夫婦達磨の, 奧羽本線を, 女は, 始末に, 宝石の, 家庭を, 密談中だ, 寝ると, 寢た, 小林の, 小林君と, 居ると, 居酒屋の, 山から, 山に, 山わけに, 巨き, 差し向う, 年中そこ, 幾日かいた, 建業へ, 役場の, 彼の, 後ろの, 復習っ, 徳川の, 心配を, 応接間に, 惣領は, 持って, 持てば, 掌や, 掘り出したという, 探して, 探検しよう, 摘みきれない花, 救った軍曹, 散歩に, 文庫藏へは, 方々さがしまわっ, 旅行したい, 明智たんていじむしょへいそぎました, 昨日から, 時計塔の, 枯枝ひらふ, 森の, 森田座へ, 機械室を, 歩き貫くこと, 歩くこと, 歩こうでは, 死ぬの, 死んだ座敷, 毎晩一升以上も, 水鉄砲でも, 池, 泣いてや, 浅草へ, 涙を, 淀川舟を, 潜航艇に, 焼いて, 焼跡へ, 煮て, 王位を, 珍しいところ, 申されましたゆえ, 町はずれの, 相手に, 相談し合っ, 眼くばせ, 神戸まで, 神田の, 私の, 網を, 舟の, 花を, 蚊帳の, 行け凌統, 見に, 話したこと, 話して, 話でも, 話を, 貧しく暮らし, 貨車の, 赤い, 足ること, 輪タクの, 辻駕籠でも, 近くの, 都に, 配給調査の, 酒を, 野宿でも, 金庫の, 鉄ごうしを, 門前に, 間近いところ, 離座敷に, 青森に, 顏を, 風の, 食事を, 食堂には, 飲んで, 首を

▼ ふたり~ (162, 2.6%)

14 なったの 3 なって 2 しらせました, なった, なったでは, なりました, なると, 向って, 命じて, 若い男ふたり

1 [129件] あくどい真似, あざむかれて, あたらしい着物, いいつけ, いった, いったこと, いって, おもしろいお話, お会いし, かえって先手, きっとよい, きまった, くらべれば, こういった, こう質問, この洞くつ, ささやきました, さるぐつわを, しがみついた, しゃがんで, すすめた, すすめる, すれば, ぜひ岳廟, そなたと, たのんで, だまされたこと, ちょっとようじ, つれられて, とつて, とびかかって, なったって, なったと, なったという, なったとしか, なったので, なったばかりか, なったよう, なったわけ, なったん, なること, はいのぼっ, ぱんぱんとあびせました, ひとりいや, ぶっかけ, まもられながら, め, もう金, もっとそば, ゃちょうどがら相当だ, わかれたん, ズボンと, パンを, 上下から, 両手を, 両方から, 云い込められて, 五万の, 人なみの, 付いて, 任せたい, 任せて, 何か, 何の, 使いとして, 使いを, 倣って, 共通である, 内々密議を, 別れかけた時, 別れてから, 又四郎を, 口を, 叫んだ, 同時に去られ, 向かって, 向き合って, 嘆服し, 四千騎を, 土蔵から, 女ふたり, 小さいの, 少し教え込ん, 左右から, 左右の, 引っ立てられて, 当座の, 惣懸り, 想われて, 感謝状を, 憚られ, 戻しました, 手伝わせて, 手配りさせよう, 挟まれた門, 提灯を, 朝の, 渡します, 物言はん彼等相, 用は, 百万円ぼくに, 目まぜ, 相伝され, 相違ない, 着服される, 知らせると, 私服が, 空駕籠を, 約束し, 綽名の, 船頭ひとり, 言った, 言って, 訊ねた, 話しかけた, 責められて, 起こった, 近づいて, 近づきました, 返るよう, 追い立てられて, 逐はれ, 途中で, 通じると, 酒を, 間道潜行隊を, 附き添, 預けるぞ, 馬の

▼ ふたり~ (108, 1.7%)

3 三人も 2 こどもが

1 [103件] あいにくと, あるん, ある女, いたんだね, いっしょに, いては, おたげ, おどりこまれた日, おるじゃ, お供に, かたづけようとね, きたの, きゅうに, ここに, こんなところ, ごえい, さがしだすの, しかたなくたちどまりました, すぐ後, せき立てた, そとへ, その夕, その鳥, それに, それを, そろったと, たすけだすこと, ちょうどいあわせ, ついて, ついには, つい幾月, でて, とまって, なかなか智勇, ひそかに, ぼくの, またゆうべ, みんな騎馬でした, むこうの, もう我慢, やはり近所, ジャンパーを, 一しょに, 一山の, 中には, 中学の, 他の, 仲間の, 似通った手口, 偽物です, 出会いました, 初めて主人, 勘太を, 勿論脛, 口もとに, 同じよう, 君側に, 周到な, 城中に, 奥さまは, 客の, 宮下の, 密かに, 少し休む, 帰郷の, 床の, 後見人として, 心からすき, 心得て, 志賀山越えの, 悪政府, 戸を, 手に, 手を, 手勢を, 手足を, 来い, 殺したん, 母よ, 油断は, 消えて, 生きて, 異存の, 盗み出して, 目の, 睨みはじめた, 知らないという, 立ちあがりました, 胆大智密いずれも, 腰かけを, 若い女, 落ちついて, 見た人, 讃岐へ, 農家の, 辻の, 逃がしちゃあ, 途中なに一つおれには, 通りすぎて, 通れるほどの, 飛び上がって, 馳けて, 駈け出した

▼ ふたりきり~ (80, 1.3%)

7 になる 6 になった 4 でいる, になっ 3 で住ん 2 なの, のさし向かい, のさびしい, ひそひそ世の中

1 [48件] かと思います, じゃない, だ, だった, でいたく, でお, でこの, でご, でした, ですから, ですもの, ですよ, ですわ, でそこ, でそっと, でそんな, でなければ, では不便, でハイド・パアク, で住まっ, で城, で夾竹桃, で子供, で家, で密談, で対坐, で忍びこん, で暮す, で水の上, で独身生活, で病院, で話, で話したい, で越前, で遊ぼう, で道, で隠れこん, ならえ, になりたがっ, のお, のくらし, のほう, の住居, の大名道中, の室, の生活, の病室, らしいん

▼ ふたり~ (48, 0.8%)

3 てこれ 2 てち

1 [43件] て, ていっしょ, てうまうまと, てかづき, てきのう, てここ, てね, ての欲得仕事, てもてあまし, てよちよち, て一つたび, て伺った, て何, て先生, て兵, て出奔, て切り結ん, て半兵衛, て如露, て御, て心, て懸命, て成都, て持つ, て摘み, て敵状, て明日, て晩, て此, て毎晩毎晩夜中近く, て牛若さま, て相撲, て笑う, て築きあげ, て花前, て見る, て追いつい, て追って, て金, て飛脚状, て駕籠, て高飛び, ながら追っかけ

▼ ふたり~ (48, 0.8%)

2 いっしょに

1 [46件] あるだろうか, いないはず, いないほど, いねえおれ, お手, ここに, ござんせんよ, ごわせんぜ, それから廊下, たたかわなければ, つづいて, ないうつくしい声, ないうつくしい顔かたち, ないこう, ない子, なった, なった船櫓, なって, なりしとき, ねえのに, むかいあって, やつて, 一しょに, 一匹でございます, 三人づれで京都へ, 向きあう椅子, 女の, 女ふたり四つの, 女異人ひとりが, 女髪兼安を, 小僧ひとりを, 小僧一人だった, 彼との, 我を, 手を, 有ものなら, 案内者一人とを, 池田家の, 相談の, 私と, 竹童との, 若い女, 若党とが, 蝶々の, 言っても, 警官三人も

▼ ふたり~ (32, 0.5%)

2 いった, ことばを

1 [28件] いいつけながら, おのおの一軍, こう云い遺した, ここで, するどい眼, そういっ, もらした, 一書を, 云った, 公平に, 告げた, 告げて, 呼びかけて, 念を, 手を, 授けた, 旗挙げ, 渡した, 百金ずつの, 聞かせた, 言い渡したじゃ, 言ったもの, 計って, 詫びた, 返した, 金子百両帷子五十を, 鈍い眸, 預けた

▼ ふたりには~ (21, 0.3%)

1 [21件] あまりよくわからなかった, あらざりきされど, ある, おた, この名, すこしも, それからの, ただ母, ほとんど似寄った, もうこの, よくわかりません, 一さい服従主義である, 一刻の, 土が, 家の, 常にこういっ, 思うまま, 目も, 見えも, 酌みかねた, 頓着なく

▼ ふたり一緒~ (14, 0.2%)

3 に東京

1 [11件] がいい, にこの, に会社, に來, に帰っ, に抱き合っ, に来た, に歩いた, に答, に銭湯屋, に間

▼ ふたりだけ~ (13, 0.2%)

2 では, ぼくと 1 ただもう, つけて, であったの, でその, でひそか, でまず, で黙って, なの, 残る

▼ ふたりいる~ (12, 0.2%)

2 のです, んだ 1 と思っ, なんてちょっと, なんて思い, なんて考えられない, のを, ほかに, わ, 筈が

▼ ふたりがかり~ (12, 0.2%)

1 [12件] であの, でかかえた, でかれ, でなくては, でほんもの, でようやく, でエッチラ, でエッチラオッチラ, で五つ, で影男, で竹, で黄金仮面

▼ ふたりずつ~ (11, 0.2%)

1 [11件] かわりあって, 三組に, 両翼八双の, 交替に, 応接室の, 数の, 来るよう, 立ち番, 組に, 腰かけてる, 見はり

▼ ふたり~ (9, 0.1%)

2 三人で 1 おおぜ, かつて私, ひとりか, 三人の, 三人連れ, 定めの, 雲が

▼ ふたりだけが~ (9, 0.1%)

2 胸に 1 いずこ, かなり遅れ, そこから, のこったの, もどって, 丘のや, 知って

▼ ふたりだけの~ (9, 0.1%)

1 別離で, 同行に, 対坐で, 対座に, 時は, 秘かごとだった, 秘密です, 秘密に, 閨の

▼ ふたり連れ~ (9, 0.1%)

1 が大きな, じゃ, だって, で, で白い, で駕籠, のだんなさま, の影, はたえず

▼ ふたりだけで~ (8, 0.1%)

1 おじゃまさせる, お目にかかりたいと, やったの, 出合う約束, 膳に, 話したかった, 食事を, 駅の

▼ ふたりいっしょ~ (7, 0.1%)

1 に, にい, にその, にたおれ, にたべられる, にほっと, に死ねた

▼ ふたりっきり~ (7, 0.1%)

1 おきざりに, じゃない, だ, でいる, でする, でむかし, になっ

▼ ふたりしか~ (6, 0.1%)

1 いなかった, いやしない, ございません, のこって, のって, 數へ

▼ ふたりそれ~ (6, 0.1%)

2 が接近 1 にポポー, にルカー, に女中, に斧

▼ ふたりなら~ (6, 0.1%)

1 おれにとっても, んでいる, んで寝ころん, んで腰かけ, んで走れる, んで鏡

▼ ふたりまで~ (6, 0.1%)

1 その同じ凶器, よその, 命を, 巻きぞ, 打たれて, 突きころしたという

▼ ふたり三人~ (6, 0.1%)

1 で来た, とお山同心たち, と人びと, と船員, はいる, まだまだおお

▼ ふたり~ (6, 0.1%)

1 と膝, に手, をとり, をとりぬ, をとる, を携え

▼ ふたりづれ~ (5, 0.1%)

2 の女 1 でした, の男の子, は仲

▼ ふたりでは~ (5, 0.1%)

1 どうする, ない, なくて, 寂しくって, 智力ともに

▼ ふたりながら~ (5, 0.1%)

1 武士であった, 死んだやう, 死んだよう, 眠たさうに半分閉ぢ, 眠たそう

▼ ふたりほど~ (5, 0.1%)

1 あるには, ゆえなくあやめたの, 中へ, 伴ったらよかろ, 雇うてな

▼ ふたり~ (5, 0.1%)

1 ぐらいはゆっくり, のつく, へえれる, やる, 出せ

▼ ふたり切り~ (5, 0.1%)

2 になる 1 でよもやま, になりたく, になれない

▼ ふたりある~ (4, 0.1%)

1 ということ, はずだ, 息子の, 筈は

▼ ふたりぐらい~ (4, 0.1%)

1 きっといっぺんに青, はいれそう, ものの, 悪いやつ

▼ ふたりさま~ (4, 0.1%)

1 がこの, が申しまし, にわたし, を前

▼ ふたりする~ (4, 0.1%)

1 ことは, ついでに, もう帰らう, 者には

▼ ふたりだった~ (4, 0.1%)

1 が, が出雲介, のである, のです

▼ ふたりにとって~ (4, 0.1%)

1 これは, こんなのびのび, どんなに大きな, 忘れがたい

▼ ふたり以上~ (4, 0.1%)

1 あつまれば, の人, 生まれたとき, 話しあった上

▼ ふたり~ (4, 0.1%)

1 で, の上, の今, は鎌倉

▼ ふたりあらわれた~ (3, 0.0%)

2 のです 1 のでしょう

▼ ふたりいつ~ (3, 0.0%)

3 しよに

▼ ふたりから~ (3, 0.0%)

1 それと, はなさなかったの, 聞けば

▼ ふたりじゃ~ (3, 0.0%)

2 ない 1 なかったという

▼ ふたりすぐ~ (3, 0.0%)

1 これへ, そこに, そばを

▼ ふたりそろっ~ (3, 0.0%)

1 てまかり出, て宿, て手すり

▼ ふたり~ (3, 0.0%)

1 がこの, ね, よ

▼ ふたりだけに~ (3, 0.0%)

1 なったの, なると, なるよう

▼ ふたりだけを~ (3, 0.0%)

1 参加権者に, 残して, 連れ玄徳

▼ ふたりです~ (3, 0.0%)

1 かハハハ, がちと, がね

▼ ふたりとは~ (3, 0.0%)

1 ありませんでした, ちがって, べつの

▼ ふたりと共に~ (3, 0.0%)

1 乱に, 実によく忠勤, 帷幕の

▼ ふたりひとり~ (3, 0.0%)

1 がつかんだ, はさき, は手風琴

▼ ふたり~ (3, 0.0%)

1 三人で, 三人の, 三人切っ

▼ ふたりよれ~ (3, 0.0%)

1 ばお, ばかれ, ばその

▼ ふたり並ん~ (3, 0.0%)

1 で坐っ, で歩いた, で歩く

▼ ふたり互いに~ (3, 0.0%)

1 あれほど, 手を, 指輪を

▼ ふたり~ (3, 0.0%)

1 にわし, 少し自分, 感じること

▼ ふたり~ (3, 0.0%)

1 ていった, て参ろう, 親父の

▼ ふたり~ (3, 0.0%)

1 をそろへ, を合せ, を合せた

▼ ふたり揃っ~ (3, 0.0%)

1 て三鷹, て江戸, て違約

▼ ふたりあった~ (2, 0.0%)

1 が喜七, 男の

▼ ふたりいれ~ (2, 0.0%)

2 ばできる

▼ ふたりうん~ (2, 0.0%)

2 てん手の

▼ ふたりかと~ (2, 0.0%)

1 思うと, 思ったら

▼ ふたりくりこと~ (2, 0.0%)

2 いひつ

▼ ふたりこっそり~ (2, 0.0%)

1 と出, 杉林を

▼ ふたり~ (2, 0.0%)

1 までご, まで六人

▼ ふたりそして~ (2, 0.0%)

2 淫な

▼ ふたりだけは~ (2, 0.0%)

1 毎晩強情に, 越前の

▼ ふたりだったら~ (2, 0.0%)

1 あるいはまだ, 二匹来る

▼ ふたりだろう~ (2, 0.0%)

1 か, といった

▼ ふたりつれ~ (2, 0.0%)

1 だってじ, てすぐ

▼ ふたりづれで~ (2, 0.0%)

1 そのようかん, まっくら

▼ ふたりであった~ (2, 0.0%)

1 ことが, ことは

▼ ふたりどこ~ (2, 0.0%)

1 かそこら, かに隠れ

▼ ふたりについて~ (2, 0.0%)

1 この大蔵, 庭に

▼ ふたりにて~ (2, 0.0%)

1 ありける頃, 登りゆけり我

▼ ふたりにとっては~ (2, 0.0%)

1 じつに絶好, 愛子は

▼ ふたりにも~ (2, 0.0%)

1 わかりました, 事態を

▼ ふたりのっ~ (2, 0.0%)

1 ています, ている

▼ ふたりのて~ (2, 0.0%)

1 がらばなしばかり, まえの

▼ ふたりはは~ (2, 0.0%)

1 なれば, ッと

▼ ふたりへの~ (2, 0.0%)

1 同情とによって, 連絡である

▼ ふたりほか~ (2, 0.0%)

1 に供, に竹棒渡り

▼ ふたりまたは~ (2, 0.0%)

1 三人ずつ, 三人ずつの

▼ ふたりまでも~ (2, 0.0%)

1 戦のに, 手に

▼ ふたりよりは~ (2, 0.0%)

1 三人と, 若くながい道中

▼ ふたりをも~ (2, 0.0%)

1 またのろっ, 合せて

▼ ふたり一人~ (2, 0.0%)

1 は, は膳

▼ ふたり三人五人~ (2, 0.0%)

1 いや全部, といつかみな垣

▼ ふたり以外~ (2, 0.0%)

1 には窺いえない, に知る

▼ ふたり住ん~ (2, 0.0%)

1 でい, でいる

▼ ふたり~ (2, 0.0%)

1 をあわせ, を合わせたなら

▼ ふたり同時に~ (2, 0.0%)

1 ぷっと噴き出した, 言いか

▼ ふたり味方~ (2, 0.0%)

1 の中, はひとり

▼ ふたり寄る~ (2, 0.0%)

1 と触る, と觸

▼ ふたり居る~ (2, 0.0%)

1 そうだ, ような

▼ ふたり左右~ (2, 0.0%)

1 からさしはさみ助け, にかしこまっ

▼ ふたり帝国ホテル~ (2, 0.0%)

1 に泊った, に泊つた

▼ ふたり暮し~ (2, 0.0%)

1 であったが, の

▼ ふたり暮らし~ (2, 0.0%)

1 であったが, で棲ん

▼ ふたり本郷~ (2, 0.0%)

2 の薄暗い

▼ ふたり~ (2, 0.0%)

2 のそろひ

▼ ふたり泣き言~ (2, 0.0%)

2 聞かしたり

▼ ふたり照り~ (2, 0.0%)

2 あきらけし

▼ ふたり~ (2, 0.0%)

2 の実家

▼ ふたり~ (2, 0.0%)

2 をひからせ

▼ ふたり~ (2, 0.0%)

1 腕の, 鍬を

▼ ふたり立ち~ (2, 0.0%)

1 やがてその, 又それ

▼ ふたり筑紫~ (2, 0.0%)

2 へした

▼ ふたり~ (2, 0.0%)

1 をおさえ, をおさへ

▼ ふたり見え~ (2, 0.0%)

2 つつ彼方指し

▼ ふたり見張り~ (2, 0.0%)

2 して

▼ ふたり起っ~ (2, 0.0%)

2 て番町方面

▼ ふたり限り~ (2, 0.0%)

1 しかいない, でこの

▼ ふたり~ (2, 0.0%)

1 を剃つ, を寄せ

▼ ふたり~ (2, 0.0%)

1 に乗った, を曳い

▼ ふたり馬車~ (2, 0.0%)

1 にのりこん, に乗っ

▼1* [310件]

ふたりをむけ, ふたりあたふたと顔, ふたりあるいは土に, ふたりあれば歎, ふたりあわててその, ふたりてひとり, ふたりいい合わせたよう, ふたりいそいそとはいっ, ふたりいたといっ, ふたりいたずらに鋩子先, ふたりいつしか深き愛, ふたりいないとだめ, ふたりいましたので小林団長の, ふたりいやに横柄, ふたりうむをいわさず, ふたりおいている, ふたりおとっつぁんの小屋, ふたりおなじ夢みし春, ふたりおるなら知らぬことそう, ふたりおれの方, ふたりおんなじさういふ, ふたりかかれば半日, ふたりかくれてまつ, ふたりかけて行く, ふたりかざしにさして, ふたりかもしれないよ, ふたりかれにおそいかかっ, ふたりががい骨, ふたりがわあッと, ふたりぐらいでは安心できない, ふたりこちらに三人, ふたりこなたにはせ, ふたりこの島に, ふたりころんだりかなり, ふたりさえ列侯位階を, ふたりさきに出掛け, ふたりさしより, ふたりさまよいあるい, ふたりさみだれの日, ふたりさんはもう, ふたりしたが間もなく, ふたりしづかといふの, ふたりしめやかに盃, ふたりじっと立って, ふたりすなわちお爺さんの, ふたりずつの見張りが, ふたりぜんぶで五人, ふたりそこらに居る, ふたりその路ばた, ふたりそれから私の, ふたりた, ふたりたいへん興ざめして, ふたりたおれついには, ふたりたちにもさとすごとく, ふたりたのんでもらう, ふたりだけがはだ身, ふたりだけじゃない, ふたりだまって座っ, ふたりちっともちがわないね, ふたりちゃんとれっきとしたやつ, ふたりちやんとそこ, ふたりちょうだいができる, ふたりっきりほんとうに膝, ふたりついでに伝馬町, ふたりつかまりましたが怪人, ふたりつれたつ影法師も, ふたりづつならび來れり, ふたりづれで交番へ行く, ふたりづれで小塚原の刑場, ふたりづれで巡回して, ふたりづれの田舎のお, ふたりであえばその, ふたりであって一人, ふたりであり互いに欽慕, ふたりであろうもしれぬ, ふたりでしょう富士子さんに, ふたりでもほんとに愛し, ふたりという不思議な, ふたりとが町かどや, ふたりとともに毎日小鳥がりを, ふたりとねえむっつり, ふたりともいくどか, ふたりんでねです, ふたりなかよく夢中で食べ合っ, ふたりなと射殺し, ふたりにげこの陣地, ふたりにたいしてそちは, ふたりにとくいの, ふたりにとっても二度は, ふたりにをなごが, ふたりに従って街道の, ふたりぬる夜の, ふたりし, ふたりのうしろすがた, ふたりのうへにふる, ふたりのがさじという勢い, ふたりのなわを, ふたりのりこんでいる, ふたりはいちもくさん, ふたりはじッとひとみ, ふたりはとッくに龍耳老人の, ふたりはへいきです, ふたりはめぐりあったよろこびにむちゅうになっていましたがとつぜんヤッロー, ふたりばかり脳貧血を, ふたりひっそりからだ, ふたりふたりよりは三人, ふたりふんだあとを, ふたりぶじにむこう, ふたりへも次の間に, ふたりべつべつにできるだけ, ふたりほっとして, ふたりほどの見張, ふたりほどはあったが, ふたりッち, ふたりっちだった, ふたりまえで, ふたりまたたく間に刻ん, ふたりまっすぐを見つめた, ふたりまでが捕虜と, ふたりまでの災厄を, ふたりたりのかげ, ふたりむかいあって立っ, ふたりめ三人め四人め五人めと次々, ふたりもつれて遊び, ふたりもつれ合って踊り, ふたりもねお侍姿, ふたりもはやすがた, ふたりやってきてモミ, ふたりやとってその, ふたりやられている, ふたりゆく手に, ふたりよこすように, ふたりよびよせて魔法博士, ふたりよろめきさがる, ふたりよんでとまりこみ, ふたりわかれたりさみだるる, ふたりわらじ穿きで松明, ふたりわるだくらみを, ふたりをがいこつの, ふたりを以て建業の, ふたりズカズカと進みで, ふたりテーブルをはさん, ふたりトンネルの方, ふたりドアのそ, ふたりボウトの上, ふたり一しょに死のう, ふたり一年も住ん, ふたり三人五人十人たちまち地下室, ふたり三人剣が生命, ふたり三人四人と見はっ, ふたり三人四人五人おお登っ, ふたり三人四人五人まっ黒なシャツ, ふたり三人四人五人遠くはなれ, ふたり三人四人警官たちは賊, ふたり下男がひとり, ふたり両手を背, ふたりつた, ふたり乗りになっ, ふたり二階の廊下, ふたり伝馬町へ涼まし, ふたりていました, ふたり位牌はもう, ふたりがおもしろい, ふたり侘び住んで, ふたりの知らない, ふたりがなく, ふたり兄弟もまた, ふたり光りよろめく金柑の, ふたり全部あわせると, ふたり共いつになく, ふたり共それをちゃんと, ふたり共好きな道, ふたり共東京帝大の国文科, ふたり共養女なの, ふたり共黙然とし, ふたり共黯然と眼, ふたり出してとうとう, ふたり分にぎやかにし, ふたり分堪能して, ふたり切り峠の上, ふたり刑事さんがいる, ふたり別れたり, ふたり刺し交えて, ふたり十五郎に化け, ふたり厳粛に身支度, ふたり去りだんだん人数, ふたり去りしのびやかに, ふたり古文書幾種類かを揃え, ふたり叶ふたりの事, ふたり同じ烈しき片思い, ふたり同車で並ん, ふたり向い合って坐ったら, ふたり哀しき日の, ふたり喧嘩渡世の看板, ふたり之助, ふたり四つの提灯, ふたり地所でも買う, ふたり坐っていれ, ふたり坐れるほどの草原, ふたりを傳, ふたり外遊の折, ふたり盗賊と, ふたり天使をはなれ, ふたり天水おけの, ふたりを悦ばせよう, ふたり女中がひとり, ふたりつまり常陸, ふたり子どもがあっ, ふたり安穏にくらし, ふたり寄れば鯨, ふたり寝るのである, ふたり対坐して, ふたり小姓組では加藤虎之助, ふたり少年探偵団員とチンピラ隊十七人, ふたり屋上から二階, ふたり帰る者も, ふたり平伏して, ふたり度胸も据わらんです, ふたりであそん, ふたり引きつれて, ふたり彼等は自然, ふたり待ちかまえてい, ふたり待てッ, ふたり従えて眼, ふたり微笑もしなかった, ふたり忍びこんで, ふたり忍んでゆき, ふたり快活を衒, ふたり憎いのも, ふたり或は戰軍の, ふたり手間どって何ごと, ふたり持っていた, ふたりひの, ふたり揃うてゆく, ふたり揃つて自轉車, ふたり提灯をもっ, ふたりしく茶, ふたり斬られて仆, ふたり斬り殺された真夜中の, ふたり暗闇で今夜, ふたり書状をたずさえ, ふたり書生がふたり, ふたり書生さんがふたり, ふたりをならべ, ふたりから落ち, ふたり欄干から見おろし, ふたりの皮, ふたりはむ一節, ふたり歩いてきました, ふたりにその, ふたり死人のすぐ, ふたり残しておきました, ふたり残っている, ふたり殖えここへ, ふたり殺しかねまじい女, ふたり水入らずで峠, ふたり汽車に乗った, ふたり泊めてもらひました, ふたりの岩草花, ふたり消えてなくなった, ふたり涼しげに談笑, ふたり添ひつ別れつ, ふたり減ったわけです, ふたりの中, ふたり炉辺に物語り, ふたり無才の二字, ふたり生じたわけでした, ふたりのこども, ふたり瘠せこけた両腕, ふたり登りゆきし徑路よりは, ふたり擁して, ふたり相対いて, ふたりと半弓, ふたりはもう, ふたり空ッ腹で行く, ふたり空ッ風もなんのその, ふたりつたり, ふたりふいて, ふたりで密使, ふたり組みと言われる, ふたり美しいむすめさん, ふたり老中松平伊豆守のところ, ふたりひたり, ふたりを並べ, ふたり自動車のうん, ふたり船べりへ寄っ, ふたりをのむ, ふたり行っていらし, ふたり行ったらよかろう, ふたり被害妄念に怯, ふたり見たというの, ふたり見つけ出しうまうまとおんふたかた, ふたり見張らせておく, ふたり警官が出, ふたり警官ふたり少年探偵団員とチンピラ隊十七人, ふたり路地をはいっ, ふたりをならべ, ふたり這い上って来, ふたり通りかかった, ふたり連れ立ってやっ, ふたり錦町の警察, ふたり長刀を持ち, ふたり降ろしていた, ふたり離れ離れにあと, ふたりもなく, ふたり頼り合って生き, ふたりを合せる, ふたり飛びだしてきました, ふたりはだまされた, ふたり黒鉄に毛