青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ました~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~まことに まことに~ まさか~ まさしく~ まさに~ まざまざ~ ~まし まし~ ましい~ ~ました
ました~
ましたら~ まして~ ましょう~ まじめ~ ~ます ます~ ~ますます ますます~ まする~ ~まず

「ました~」 52640, 569ppm, 166位

▼ ました~ (23589, 44.8%)

246 それは 238 私は 184 これは 157 その時 146 それが 109 私の 102 そのうち 94 それも 82 それを 72 そのとき 67 その中 65 急に 62 私が 57 これも 56 どうした 55 今は 45 今度は 44 どこにも 43 あれは 42 それから 41 これが, 彼は 40 誰も 39 それに 38 すぐに, すると 37 何の 36 何を 35 この時, 此の 33 やがて 31 やがてその 30 不思議な, 平次は 29 しばらくする, わたくしは 28 さすがに, 何か 27 見ると 26 その頃, 俄かに, 平次の, 彼の 25 なんの, 次の, 自分の 24 そこには, その日, それよりも, だれも, 今日は, 何も 22 ここに, もうその, 後には, 近頃は 21 そこへ, 何う, 何と 20 その人, それと 19 この頃, 二人の, 何んの, 僕は, 相手は 18 そこは, 今では, 何でも, 私には 17 あとで, そうで, そんなこと 16 その声, 何分にも, 女は, 幸いに

15 [11件] いつまで, この人, これを, しかしその, そのなか, 不意に, 彼女の, 後に, 或る, 最後に, 考えて

14 [12件] あなたの, こんどは, そこの, そのお, その間に, その顔, どこへ, なにを, やがてそれ, 今から, 彼女は, 心の

13 [13件] あまりの, いずれも, これで, そこに, その晩, どれも, 中には, 主人は, 今の, 例の, 平次と, 父は, 私も

12 [18件] あなたは, いまは, しまいには, その後は, それでもまだ, ふいに, よく見る, 主人の, 他に, 併し, 元より, 其の頃, 子供の, 思ひ直した樣子, 成程, 父の, 返事が, 途中で

11 [24件] あとは, ある日, このとき, しかしそれ, そのため, その方, それより, それらしい, なか, ふと気, 下女の, 中, 中は, 何うし, 何に, 兎も, 右門は, 女の, 少しも, 念の, 日が, 相手の, 私を, 竜之

10 [15件] ここで, こんなこと, そのころ, その家, その言葉, そんな事, たうとう, ともかくも, なにも, わたしの, 二人は, 其處には, 娘は, 曲者の, 自分は

9 [27件] きょうは, こ, この方, さう, さてその, さて何, しかし右門, しばらくし, その年, それつ, それにも, だん, もうまにあいません, わたくしが, わたしは, 不幸に, 中から, 二人とも, 僕の, 兄の, 先生は, 昔の, 是は, 暫くし, 暫くする, 母は, 肝腎の

8 [39件] あの人, いつまでも, ここは, そこにも, そのほか, そのま, その内, その前, その後で, その甲斐, その眼, それから先, それには, とう, どういうもの, なぜか, なんでも, やがて何, よく考え, ハッと, 三人の, 不思議にも, 今年は, 今度の, 何にも, 俄に, 兎に, 八五郎の, 右の, 右門の, 家の, 幸ひ, 弟の, 昔は, 暫らくする, 母の, 私に, 翌る, 非常に

7 [32件] あの時, お角, ここへ, しかし私, そこから, そのあと, その男, その結果, それらの, ちょうどその, どうです, ほんとうに, やがて又, やがて気, やがて私, やがて顔, 今に, 何かの, 只今では, 夜の, 夜は, 妙な, 娘の, 思い切って, 急いで, 明日は, 最初の, 朝の, 相変らず, 相手が, 腹の中では, 途端に

6 [66件] あとに, あなたも, あれが, おばあさんは, お敏, お父様, お粂, ここでは, ここの, この辺, これという, これには, さすがの, しかしこれ, その, そのこと, その代り, その光, その底, その度, その手, その折, その時私, どういうわけ, どうする, どうでしょう, どうもその, どこも, ふしぎな, ほかの, やがてまた, やっぱりだめ, わたくしの, メグは, 下の, 下手人は, 主人が, 人の, 今と, 今まで, 何時まで, 先生の, 八五郎は, 前の, 只今は, 外は, 夜が, 妙に, 家に, 家へ, 實は, 年は, 店の, 御主人, 斯う, 是れ, 東京の, 母が, 気が, 気の, 王子は, 男は, 肝心の, 誰が, 貴方の, 霧が

5 [103件] あとから, あのとき, あの晩, あの通り, あれを, いつもの, いろいろの, お目, お雪, けっきょく, このころ, このよう, この上, この事, この二人, この女, こんども, しかしこの, じきに, すぐ, すぐまた, そこまで, その上, その夜, その御, その話, その辺, その途中, その鳥, それからは, ただ一つ, とうとうその, どうしても, どうも気, どこか, どこを, どの部屋, なにぶんにも, はじめは, ふたりは, ふとその, べつにあやしい, ほんとうは, またすぐ, もうお, もうそれ, もとの, やがてお, やっとの, やっぱり何, 一年ばかり, 一昨日の, 不思議に, 中にも, 事件の, 事実は, 二階の, 人間の, 今も, 今朝は, 以前は, 何んにも, 前に, 去年の, 場所が, 外から, 外に, 夫れ, 夫人の, 奥様の, 実際は, 将軍家は, 尼御台さまは, 帰って, 彼が, 後の, 思い直して, 惜しいこと, 手を, 日本の, 昨年の, 最後の, 月の, 村の, 次には, 気を, 氣が, 父も, 父親が, 目が, 相變ら, 眼が, 確かに, 私たちの, 結局は, 自分で, 自分も, 船の, 見れば, 近頃では, 部屋の, 雪が, 顔を

4 [184件] あくる朝, あたしは, あとの, あなたには, あの娘, あの方, あれから, あれほど, いきなりその, いけません, いよ, おかあさんは, おとうさんは, お孃さん, お珊, お蝶, きゅうに, ここでも, ここまで, こちらに, こちらの, こちらは, この, この男, こは, これからは, これこそ, しかし, しかし僕, じぶん, そうかと, そうでも, そこが, そこらに, そこを, そのへん, そのよう, その子, その後の, その朝, その次, その父, その目, その瞬間, その節, その翌, それから後, それさえ, それだけ, それでもやはり, それとは, そんなら, そんな時, ただその, つづいて, つまりは, でもその, どうもそうで, どうも私, どう云, どこの, どちらも, なかなか立派, ふいと, ふたりの, ふと気がつい, ふと気がついた, ふと眼, ぼくの, ぼくは, まだお, まだ私, まったくの, まるつ, みんなの, もうのど, もうザネリ, もはやその, やがての, やがて決心, やっとこらえ, やっとそれ, やつと, やはりその, やはり同じ, ガラッ八, セエラは, ヒョイと, 一つの, 一人の, 一人も, 一時は, 万太郎は, 三輪の, 上の, 世間の, 中の, 事の, 事件は, 人は, 今回は, 今日に, 今更どうする, 仔細あっ, 仕方が, 他の, 佐渡屋の, 何が, 何んと, 何んとしても, 何処へ, 何處へ, 元の, 先に, 八五郎に, 其の時, 其処には, 其處は, 内儀の, 前にも, 叔母だけは, 困つたこと, 外はいちめんの, 多くは, 夜も, 大抵は, 子供は, 小左衞門, 山の, 左の, 師匠は, 平次が, 店から, 店を, 影も, 彼れ, 御自身, 思ひ直して, 手に, 日本左衛門は, 昨夜は, 是が, 曲者が, 最初は, 本人は, 来て, 此方は, 死んで, 残念ながら, 水は, 江戸の, 無事に, 物を, 犬は, 町の, 病気は, 皆な, 直ぐに, 眼の, 眼を, 石の, 空には, 窓の, 立って, 立派な, 米友は, 結果は, 聞けば, 胸の, 能く, 若い時, 蛇の, 親分の, 話が, 誰一人として, 足が, 身を, 身体が, 酒の, 門を, 風が, 馬は, 黙って, 鼻の

3 [376件] ああいう, あいにくと, あくる日, あなたに, あの二人, あの人たち, あの男, いかが, いずれに, いつかその, いつの, いまでは, いや, いろ, いろいろと, おかあさんが, おかみさん, おしまいとうとう, おじいさんは, お上の, お二人, お兄さん, お兄様, お勢, お定, お屋敷, お手紙, お春, お杉, お松の, お母様は, お父さんが, お返事, かぎが, こういうこと, こちらへ, こちらも, こっちも, このお方, このたび, この事件, この場合, この夏, この子, この手紙, この時分, この話, これからお話し, これからが, これでは, これとても, こればかりは, これらは, さうかと言つて, さすがは, さっきの, さてそれ, しかしここ, しかし何, しかし非常, しかたが, しばらくたっ, しまひ, すべての, そいつは, そういうもの, そういう訳, そうかも, そうし, そうする, そう云う, そこも, そのあいだ, そのせい, そのたび, そのたんび, その下, その他の, その報告, その席, その度毎, その当時, その後なんの, その拍子, その時分, その理由, その私, その翌日, その聲, その裏, その途端, そばに, それからという, それでもこの, それという, それと共に, それなら, それについて, それ以上は, そんなもの, そんな御, た, たつた一人, たれも, だまって, だんだん近く, ぢき, ついこの, でもそれ, とうとう一つ, とっさに, とてもそんな, どうしてこの, どうしてまた, どうしてもあの, どうしてもわかりません, どうしても血, どうもそれ, どうもはつきり, どうやらそれ, どう云う, どう考え, どなたも, どの山, どんなもの, なあにこっちが, なにしろ相手, なんに, なんにも, ひょっとする, びくとも, ふいっと, ふしぎに, ほかに, まあ一ツ, またお, また急, まだ若い, まったくその, みょうな, もうおそかっ, もうだめ, もう一つ, もう仕方, もう私, もつと, もとは, ものの, やがてあの, やがてひどく, やがて一人, やがて低い, やがて八五郎, やがて大きな, やがて思い出した, やがて思い切った, やがて悲し, やがて我, やがて眉, やがて眼, やがて膝, やっと心, やっぱりそれ, やはりどうしても家, やめました, よくマア, わたくしには, わたしが, エミイは, カムパネルラは, ジョウは, セエラが, フト氣が, リヴィングストーンは, ローリイが, 一つも, 一人は, 一年程, 一本の, 一緒に, 一言も, 万太郎の, 三人とも, 三十分ほど, 三年前に, 上下の, 上野の, 中からは, 中途で, 久世氏は, 之は, 事に, 二人が, 二度目に, 亭主の, 人を, 人間は, 今が, 今でも, 今とな, 今年の, 今度のは, 今度も, 今日の, 今晩は, 今朝の, 今朝見る, 仕事が, 仲, 伊之助は, 何とも, 何は, 何れも, 何度も, 何思った, 何時の間にやら, 何處にも, 何處へも, 俊夫君は, 信之は, 僅かに, 僕が, 僕を, 元来この, 兄が, 兄さんは, 兵馬は, 其が, 初めに, 別に, 勇気を, 半刻, 又それ, 君の, 問題の, 塔の, 夏の, 多くの, 多の, 多助は, 夜に, 夜中に, 大勢の, 大変な, 大抵の, 夫が, 夫は, 奇妙な, 女中の, 如何で, 如何に, 妻の, 妻は, 姉の, 姉は, 実の, 実はその, 家は, 家中の, 小作りの, 小判は, 小林君は, 少年の, 屏風の, 幸に, 床を, 庭の, 弟は, 当人は, 当時の, 彼女も, 彼等は, 後から, 後ろから, 御案内, 御用の, 御覧に, 思いの, 思い直した様子, 思えば, 思ひ定めた樣子, 息を, 悲しいこと, 意外な, 意外にも, 感心な, 成る程, 或日, 扉の, 扉は, 折から, 折角の, 拙者は, 掛り合ひ, 支配人の, 敢て, 斯うなる, 新蔵は, 日本では, 明智は, 是から, 昼間は, 暫らくし, 曲者は, 最初に, 最近に, 本人の, 本當, 松の, 根が, 正直に, 正直の, 死の, 残念な, 殿様が, 母も, 母や, 気がついて, 氣の, 水で, 江戸は, 池の, 洋服の, 無理に, 然し私, 父が, 父親は, 猿は, 田舎では, 町内の, 番頭の, 當の, 眼に, 眼は, 確に, 私たちは, 私だけは, 私としては, 私どもの, 私共は, 第一, 結局, 翌日は, 翌朝に, 考へて, 聞いて, 自分が, 自分でも, 色の, 若い娘, 若い者, 若者は, 虻は, 親一人子一人, 親父は, 証拠が, 警察では, 貴君も, 貴方は, 路地を, 近所の, 近頃にな, 道化師の, 道庵の, 金の, 金色の, 錢形平次の, 鍵が, 間もなくその, 障子の, 隣の, 雪の, 静かに, 馬が, 駄目です, 鳥の

2 [1273件 抜粋] ああ云う, あさの御飯を, あたくし, あっと思う, あとが, あなたを, あの日, あの騒ぎ, あべこべに, あまり恭一, ありがたいこと, ある場所, あれで, あんなもの, いかがでしたろう, いかに警戒, いきなり小さな, いきなり烈しく, いくら後悔, いちと, いったいどんな, いつとは, いつも女, いまこの, いまも, いや実に, いよいよひどく, おくがた, おどろいたこと, およそ三時間, お六, お吉, お園, お宅, お店, お松は, お父さんと, お猫さん, お約束, お茶を, お袖, お話を, お銀様, お隣の, お靜, かの女, かれら, こいつが, こういう一節, こうし, こうなる, ここにも, こちらから, こちらには, ことに今, このお客さん, このと, このとき公方様, このまま, この先生, この川, この心, この時大急ぎ, この池, この道, この際, これほど, こわいもの, こんなの, さいぜんの, さかりが, さてその後, さてどんな, さて大きい, さて此處, しかしすぐ, しかしそんな, しかもそれ, じいさんは, すぐあと, すぐ傾い, すこし無理, するて, せっかくここ, そういうわけ, そういう時, そうなる, そつと, そのうちだんだん川, そのお方, そのどれ, そのままどこ, そのまま言葉, その一つ, その人たち, その兄, その力, その天井, その娘, その容貌, その後も, その指, その時後ろ, その暗い, その母, その煤, その笑い声, その者, その表情, その遊び, その配偶, その間私は, その顔付き, それじゃ, それだけは, それでもお, それでもむりやり, それでも何, それでも御, それでも簾, それでも長い, それにしてもその, そればかり, それまでの, それらも, そんなばか, たいしたこと, たしかにそれ, ただそれ, たちまち気, だんだんと, ちょうどそこ, ついお, つぎの, でもお, でも目, とうとうしまいには, とうとう生き返りませんでした, ところがその, とにかくそういう, とにかく慈悲, ともあれ黄昏, どうかお, どうか世間, どうしてどうしてこんな, どうしても姿, どうしても私, どうしても見つかりません, どうぞお, どうもあの, どうも人間, どうも僕ら, どうも拔, どこまで, どのざしき, なかなかうまく, なかには, なにしろこの, なんだか変, なんと思った, のちに, はじめての, はっとした, ひとりも, ふときが, ふとそこ, ふと彼, ふと思いついた, ふふん, ほんとうでしょう, まさかあんな, まさかそんな, また, またこう, またも, また出, まだ, まだ仲, まだ夢, まだ正, まだ門, まもなく右門, みんなが, むこうの, もうおそい, もうそこ, もうどうしよう, もう何, もう寝, もう心配, もう男, もう間に合わない, もちろん私, もとはと, もの, やがてあきらめ, やがてこんな, やがてなに, やがてふところ, やがてニヤリと, やがてハッと, やがて不意, やがて人, やがて嗄れた, やがて女, やがて師匠, やがて意, やがて白井刑事, やがて自分, やがて鞄, やっとその, やっぱりどうしてもそれ, やつぱり誰も, やはりこれ, やはり私, ややあっ, よくよく見れ, よく知つて, れいの, わたくし共は, わたしを, アムンセンは, ウイリイは, ガラツ八に, ガードを, ソレを, トオサンは, ハツと, フトした, モーその, 一つ見, 一人として, 一向きき, 一夜の, 一度も, 一方に, 一行の, 丁寧に, 万が一にも, 三人は, 三口目には, 不図, 不思議や, 世界の, 中に, 中毒した, 久し振りに, 乞食に, 乞食は, 二十面相は, 二度目には, 二月に, 五の, 五年前私が, 京都の, 人が, 仁三郎の, 今じゃあ, 今夜は, 今日も, 今朝にな, 今考え, 仕事の, 以前には, 伜は, 伯父は, 体が, 何しろこの, 何だかその, 何とかし, 何よりも, 何んとも, 何処でも, 何分多勢, 何分私, 何故かそこ, 侍は, 俊夫君が, 傘と, 傷口と, 僕も, 兄は, 八五郎さんが, 其の日, 其処は, 其處も, 内側から, 別に気, 前から, 加納屋の, 十メートルも, 十貫目の, 南無三, 又, 又思ひ返し, 又気, 叔父の, 口の, 只今の, 可愛らしい娘, 吉原の, 名人の, 向う脛を, 向後は, 命に, 唐紙に, 商賣, 四十を, 四十面相は, 団子坂の, 困ったこと, 土佐の, 塔は, 外の, 多年の, 大事の, 大仏の, 大切な, 大方この, 大殿油の, 夫へは, 失礼ながら, 奥様は, 女には, 女中は, 女房は, 妹の, 妾は, 姉娘は, 孝助は, 実はあの, 実はもっと, 実は私, 宵から, 宿の, 将軍家の, 小三郎は, 小生は, 少し屈む, 就ては, 川に, 市内の, 帰る時, 平常から, 年を, 幸内は, 庭石に, 弁信の, 役人が, 彼を, 彼奴の, 徒らに, 御存じの, 御目, 復此手紙を, 忘れも, 忽ち又, 思い返して, 思はず, 急を, 怪塔の, 怪物は, 悲しい事, 意外に, 戦争が, 手代の, 手足を, 打ち明けて, 折角ここ, 持って, 故郷の, 新吉は, 旅魚屋の, 日光の, 旦那が, 旦那樣が, 早くも, 明治の, 春挙さんが, 昼は, 時と, 時刻が, 暫くします, 更に, 最近は, 朝から, 木の, 未だそれ, 杜子春の, 松五郎は, 林太郎は, 柳橋の, 案外な, 森の, 極く, 次郎は, 正ちゃんが, 此所へ, 死に切れずに, 殿さまは, 母親が, 気味の, 江戸中に, 流石に, 涙を, 湖の, 火を, 無論入口, 煙草を, 爺さん牛は, 犬が, 狸は, 猿の, 瓶の, 生憎な, 由良松や, 男も, 病人の, 病気に, 皆んな中てられた, 皮肉で, 直ぐまた, 相手も, 着物は, 矢張り私の, 石原の, 神経は, 私たちも, 私達は, 空と, 突如, 突然噛みつく, 笛を, 笹野新三郎は, 納まり難い, 紳士は, 結果が, 綱は, 綺麗な, 美津子さんは, 老人に, 背が, 脈は, 腕は, 腰が, 自然と, 色白で, 若い二人, 若旦那の, 若殿様は, 蘇芳を, 蛇は, 血の, 行方不明に, 表沙汰に, 裏の, 見て, 見當, 覗いて, 計らずも, 話の, 誰のを, 警察の, 貧乏で, 貴君などこそ, 賊の, 身なりこそ, 農民の, 近年は, 返事を, 途中から, 遂, 運の, 運惡く, 道傍の, 遠慮し, 酒は, 重三郎の, 鉱毒の, 鍵を, 長い間反目, 間に, 間もなくあの, 間もなく三十前後, 間もなく帰っ, 間もなく木樵, 間もなく私, 陽の, 雛菊は, 青侍の, 音羽の, 頑固に, 額に, 顔が, 風船は, 餘り, 馬鹿な, 骸骨男が, 麻裏を, 黒い怪物

1 [12950件 抜粋] あああいたあいたあいたたた, あくる日は, あっしゃあ, あの, あの壁, あの日行つて, あの通り真面目, あまりはやく, あらての, ある程度まで, あんなの, あゝ人生夢, いかにもひどい, いきなり唇, いくら老舗, いちいち金三郎, いつか昼間の, いつのまにかぴったりしまっ, いつも一室, いまぞ, いやもう, いよいよ訊問, うつかりし, おかいこ, おしまいは, おとなしいよう, おみおつけが, お伝えに, お北, お婆さんには, お恥ずかし, お母さんこれも, お眼, お茶が, お酒, かかる考, かねての, かわいらしい手, きのうほんの, けがした者, こういう先生, ここなら, このいのちがけ, このまま火, この世の, この古い, この尊大, この念入り, この梅屋敷, この穩當, この逃げ路, これからどう書い, これほどまでとは, こんなに刺戟的, こんやこそ, さあそれから, さしてくる, さてかうなる, さて打っ遣っ, さらにその, しかしあい, しかしなまけ, しかし今日, しかし彼女, しかし退屈男, しぶしぶ五十円, じつにうまい, すぐれて, すすきの, すらりと, せつな, そういう描写, そうれ, そこへと, そのいい, そのうまい, そのからだ, そのとき不意, そのひとり, そのまま巾着, その一家, その五箇, その使っ, その前日あたり, その国, その大国主神, その帰り, その後宋の, その憲兵さん, その時世, その書面, その機会, その溺死者, その盛大, その範囲, その自信, その西ヨーロッパ, その途, その間中, その駅場, それからどうも, それから無我夢中, それすらも, それではいけ, それでもそれ, それでも二人, それでも忙しい, それでも泣き, それでも親切, それとても大して, それに何十倍, それ以来楽曲の, そんなよい, そン時は, たしかにメグ, ただ一つ不足, ただ自分勝手, たった二, たまたま帰京, だんだんきい, ちっとばかり, ちょうど拙者, ちょっぴりとも, ついに我慢, つきぬおん名残り, できもの, でも何百人, とうとうみんな, とうとう根気負け, とたんにおもわず胸, とてもとても幼目, とにかく一度, ともすると僕達, どうか前, どうしてもつぶれません, どうしても東京, どうして又, どうなさいます, どうもまだ言葉, どうも変, どうも確か, どう処置, どの人が, どんな時, なかなかあきません, なかなか家, なくなりました兄, なにしろ事, なにぶんの, なるほど, なんだか働く, なんにも手がかり, ねっから目, はっきりと, ひととおりたのしむ, ひどく鼠, ふっと思わず重苦しい, ふと冷たい, ふと画, ぶきつ, ほこりの, ほんのしばらく, まあその, まことに惜しい, まさか私, またこうした, またやがて, また密, また白壁, まだそこ, まだ仕事, まだ少し足らない, まだ着きません, まったく不意, まもなくゴーシュ, まるで耳, みんなおしゃべりに, むすめ, もうかぎ, もうなんとし, もう人影, もう少し根本的, もう眠っ, もう間に合いません, もし体, もとが, もとより御, やう, やがてげんこ, やがてだんだんおそく, やがてぶっきら, やがてズドン, やがて一日二日, やがて仁王樣, やがて反対, やがて嬉しい, やがて急, やがて来た, やがて父親, やがて美しい, やがて話, やがて長い長い, やっとお, やっと這出し, やっぱりわたし, やっぱり野原, やはりそれ, やはり働きません, やはり烈しい, ゆうべの, ようやく落ち着く, よく筋, よんどころない用事, わしも, アラムハラドは, ウマク歌が, ガラツ八には, ゴングが, ステージに, タルの, ツェねずみを, ニュース陣の, ビクともしません, フト雪見灯籠の, ホホ, ミンチン女史に, ヨーゼフは, 一たいそれは, 一丁人の, 一同が, 一向煙, 一度だつ, 一方は, 一時間二時間三時間時は, 一端かき入れ, 一雄は, 丁度霜月三日, 三つの, 三千兩の, 三河屋の, 上海の, 不二夫君は, 世にも珍, 両親には, 中央公論のと, 主人大学の, 九時頃私が, 予期に, 二三十分前から, 二十八を, 二度共劇団に関する, 云われるまま, 五明庵でも, 亭主を, 人間三十にも, 今になん, 今中川さんへ, 今度ようやく, 今日といふ, 今更仕方, 仏前では, 代地手前の, 伊豆を, 似た者夫婦とか, 何しろここ, 何せ奥さま, 何とかいふ, 何んという, 何分手数, 何方も, 余り好い, 依様十号, 停車場の, 元々私, 兄妹の, 先日本郷へ, 兎角偏狭, 全く覚え, 八五郎一人で, 六平は, 其の一方, 其の簑, 其処を, 其蝶の, 再びその, 出入りの, 初めの, 別に扉, 到頭何一つお, 前章で, 勇敢な, 勿論仕事, 十七日に, 十時ごろに, 午後書斎へ, 卓一の, 却つておかあさんの, 又云っ, 反対に, 口野から, 可う, 吉井明子夫人の, 同時に大喝, 向こうは, 呼び生ける手だて, 唇は, 喜太郎が, 四十五年頃から, 四邊は, 土人たちから, 地方からの, 堪え切れなくなると, 声を, 多分下に, 夜中能く, 大きな笠, 大体この, 大変偉大と, 大店, 大衆文芸と, 天罰と, 奉公とは, 女に, 好い若旦那, 妻や, 娘が, 子まで, 學者の, 定めしもう年, 実に泣きたくなる, 実はよほど, 実際において, 家根の, 寝付かれません, 小さな子ども, 小幡兵学所へは, 小網町の, 少しでも, 少時する, 山口屋に, 岩矢天狗が, 左様な, 師匠格と, 幇間なぞと, 年端も, 幽明交通の, 庄吉は, 廊下の, 張達の, 当時師匠の, 彼処は, 後で何人, 後牙, 御刀, 御手洗場へ, 御縁, 徳利は, 必要の, 忽ち木兎, 思い余って, 思わしい掘出し物, 怪訝そうな, 恥しくなった, 悪く思わない, 意外, 憎む一面, 或珈琲店, 手あての, 手燭に, 抗ひ兼ねた, 拵へが, 掛茶屋を, 政治的の, 敵らしい, 斯うい, 新紀元社, 日常生活を, 日頃自分の, 早速それ, 春行かん, 昨晩茂太郎の, 時松は, 暗いのん, 更に止む, 最早何, 月江は, 木を, 本やの, 本当は思い違い, 李景雲の, 東京大阪等各地は, 林田さんは, 栃木の, 桜は, 楽しく暮らし, 機械は, 次郎の, 此れ, 此方より, 武運拙, 死体は, 殺されたの, 毎晩毎晩右半身が, 気拙い, 江川様も, 決して故意, 法医学教授を, 流行おくれ, 深く尋ねよう, 湖底へ, 漬物に, 火の気の, 無我夢中で, 煙脂で, 父自身は, 特別の, 猪口を, 珍ぷん漢ぷんは, 生れた時, 生活ぶりが, 由には, 町役人や, 疎い灯, 癇癪を, 白粉は, 皆揃つて美しい, 目のあたりお話を, 直ぐ起き上がる, 眞夜中頃に, 睡って, 知らぬ間, 砂糖壺に, 神山めは, 私です, 秋は, 空であった, 突然父, 端初から, 答えは, 約束の, 素より若気, 結婚生活によって, 結局弟の, 緋の, 織田徳川は, 美術室の, 翌朝早く, 耕助だけは, 背に, 腹を, 自滅じゃあ, 船底にも, 花子夫人が, 若かりし, 英吉利も, 萩原様が, 薬の, 蛋白質は, 行き届いた人, 袂から, 要するに一度, 見る見るその, 親分から, 解りません, 詮索する, 誠の, 調子に, 谷村博士を, 貴婦人の, 赤兒が, 足許は, 身祿さんに, 輝かしい二千六百年, 近来の, 追ひつき兼ね, 通夜の, 遂に獲物, 道のりが, 遥かに, 酔うたマギレ, 野師や, 金甲神の, 錠前は, 長島博士は, 開きません, 間もなく勝誇つた, 間もなく歸つて來, 間違いとは, 陳は, 隧道の, 雨つづき, 電車通りが, 音はずつと, 顔と, 食事の, 馬から, 駿府から, 高麗大明は, 鶯茶に, 黒いダブダブ

▼ ましたから~ (3696, 7.0%)

81 私は 32 それを 23 私も 17 御安心 15 これは 14 です 13 これを, 今度は 11 すぐに, 私が 10 私の 9 これで, それは, 彼は 87 お目, ここに, どうぞ, わたくしは, わたしは, 今日は, 僕は, 兵馬は, 此の

6 [12件] お角, お銀様, その時, でございます, どうぞ御, 今は, 前に, 右門は, 太郎は, 安心し, 持って, 直ぐに

5 [12件] お松は, ここで, ご安心, そのつもり, それに, 二人は, 何か, 何も, 帰って, 竜之, 落ちついたので, 誰も

4 [25件] あなたが, いつでも, お吉, お礼に, お絹, お繼, お雪, きょうは, こんどは, して, そのこと, そのとき, とてもみんな, どうかし, 今夜は, 何う, 僕も, 兵馬も, 参りました, 外の, 子供らは, 小三郎は, 急いで, 米友が, 見て

3 [54件] あとは, あなたに, あの人, お君, こ, この方, この機会, これからは, これへ, これも, さすがに, すべての, そこに, そこへ, その人, その男, それが, そんなこと, たまりません, どうか御, ほかの, ほんとうに, もうお, よくは, わたくしには, ジョバンニは, 三人は, 下の, 中には, 人の, 今日も, 何が, 右門が, 喜んで, 大丈夫です, 大殿様, 孝助は, 家の, 彼女の, 急に, 恟りし, 悦んで, 手を, 早速その, 是から, 最初は, 村の, 申します, 皆の, 私と, 答えて, 老人は, 駒井は, 驚いて

2 [197件] あたくし, あちらへ, あなたから, あなたは, あのお, あの時, ある時, あわてて, いきなりその, いらっして, うさぎは, お伴の, お住居, お心, お梅, お父様, お顔, かように, きっとその, ここでは, ここらで, こちらも, このこと, この二人, この分, この後, この次, これからすぐに, これなら, ごぞんじ, さのみ, そこから, そこで私, そこの, そこは, そこを, そっとそこ, そのお, そのままに, その場, その御, その辺, それじゃ, それだけ肉, それで, それには, それまで, たがいに, ただ一人, だまって, ちょっとお, ついでに, でご, で御座います, とある松原, どうかその, どうか我々人間, どうした, どうぞその, どうぞよろしく, なぜ早く, ほっと一息安心, みんなから, みんなは, もしやと, よかった, よく気, よろしく願います, わたくしも, わたしも, アッと, ハッと, ビックリし, 一人で, 一同は, 一寸, 一寸お, 一座が, 一月あまりも, 一生懸命に, 一般の, 七兵衛が, 七兵衛は, 上の, 下に, 不思議に, 丹三郎は, 主人も, 久しぶりで, 事に, 二人の, 人々は, 人を, 今では, 今も, 今度の, 今晩は, 仕方なし, 他の, 仲の, 伴藏は, 何うし, 何でも, 何の, 何を, 何事かと, 先刻話した, 先生に, 其ま, 其處を, 勘太郎は, 取らして, 吉田署長さんの, 哲学者の, 堪りません與助, 声を, 大きい弓なり, 大丈夫, 大急ぎで, 夫を, 女は, 妹に, 妾一人で, 存じて, 家を, 察する, 小宮山は, 岩に, 年を, 庭に, 弁信が, 当時の, 彼の, 後へ, 後を, 徒歩で, 御参考, 御心配, 御自由, 思いきって, 我々は, 手紙の, 提灯の, 支度を, 敵の, 斯んな, 新三郎は, 新吉は, 旦那様の, 早くお出で, 早速お, 昼飯を, 時を, 暗い家, 朝霧の, 本来なら, 梓川の, 段々と, 毎日血圧を, 気を, 泥棒が, 流石の, 清河は, 父親は, 犬は, 狐は, 町の, 目が, 目を, 眼を, 着物を, 矢橋さんという, 知って, 私どもは, 私には, 立派に, 自分の, 自分も, 自然に, 船の, 行って, 見ると, 見物は, 親切な, 角右衞門は, 訂正し, 誰れ, 近所の, 遅くなりました, 金の, 長次氏も, 長老の, 開けて, 非常に, 頓と, 飛んで, 駒井が

1 [2570件 抜粋] ああわたし, あす明後日には, あたし達は, あとで, あなたを, あの方, あの証書, あまり表の, あれを, いいえ希望, いい医者, いくら一生懸命, いずれ高貴, いつにのう, いま一度読ん, いやな, いよいよ本当に安心, いろいろ学ぶ, うれしく思っ, おいでを, おくがた, おしずさん, おとっつぁんは, おひま, お上ん, お位, お出でなさい, お前さん此処へ, お可愛, お坊さん, お婿さん, お嬢様育ちで, お屋敷勤め, お才, お方様, お母さんが, お気持, お父さま, お竹, お聞き下され, お言伝, お話を, お雪ちゃんが, お高い, かけ易, かもめには, かれ等, きっともう安心, きまりが, きょうの, けっしてご, こいつは, ここちよげ, こちらでも, このあいだ横浜, このフィルム, この二月, この図, この席, この珍しい, この詞, こりゃあいけねえと, これからわたくし, これから出かけ, これから怨念, これだけ, こんなうれしい, ごく大ざっぱ, ご用が, さしあげるもの, さすが白刃, さっそく手, さっぱり存じませんで, さとっくり首実検, さらにひるむ, しばらくそこ, じきに決心, じっと様子, すぐにおいで下さい, すぐ連れさせましょう, すこし安心, すは, せがれの, そういう人, そう昂奮, そこでまたお茶, そこで麦粉, そっくりお, そつと, そのま, そのめずらしい, その不思議, その光りで, その名, その夜, その御子, その恐ろし, その旨, その枝, その沢山, その王子, その罪, その証拠, その講中, その針, その電報, それから先, それだけまた, それでお金, それでまた, それで十分, それで米友, それなら, それらが, そろそろ船室, そんなの, そッと, たしかにその, たちまち話頭, たとえ今夜一度, だいぶお, だんだん下, ちょうどそこ, ちょっといかが, ちょっと挨拶, ついにこの, つけ加えて, つれて, でこんな, でそれ, とうとう心, とても恢復, とりあえず鞄ごと, どうかこの, どうかよろしく願, どうか私, どうせ無罪, どうぞと, どうぞ歌, どうも妙, どんなにし, なおさら自重, なお十数日, なかの, なにごとも, なに不自由なく, なんにも, はっと思ってる, ばったり倒れる, ひとつたまり, ひろわせて, ふとする, へいの, ほんなら返します, まあまあどうにか納まり, まことに捕物名人, まさか彼, まず大丈夫, またグーグー, また居間, まだ何, ままむす, まアまア良い, みんなが, むしろその, めったに圭吾, もういろんな, もうさがす, もうなにひとつ, もう伊勢屋, もう娘, もう帰りました, もう来る, もう直ぐ帰っ, もう誘拐, もしやお, もし見付かったら, ものを, やがて秋, やはり実, やめました, ようすを, よく御存知, よく記憶, よろしゅうございます, わざと一項, わざと飼, わたくしなぞは, わたしたちを, アチの, オホサザキの, ギーツと, サラセンの, ソッと, チベット文法を, デツクが, ドンナ事が, ハンガリー人は, フイと, モー晩餐は, リイは, 一ちゃんに, 一つ召上っ, 一人手に, 一同大きに, 一寸見舞, 一度に, 一座も, 一旦連れ, 一緒にな, 万一の, 丈助も, 三枝ちゃんの, 上へ, 不思議な, 不日着荷, 与八は, 世間は, 両親の, 中座を, 主客の, 九兵衛は, 二たび三たび驚異の, 二人腕を, 二度ばかり, 互に己, 五六町で, 京都の, 今ごろは, 今にやってきます, 今又, 今年は, 今日おいでに, 今日に, 今日限り退院さし, 今浜へ, 仏勤めに, 仕立屋が, 仰むけに, 伊太夫も, 伯父さんには, 何かと思っ, 何でも私, 何とも思わなかった, 何やかやと, 何卒私, 余程酒, 俊夫君が, 倒れて, 僕の, 先ずこれ, 先に, 全くの, 八十金お, 六畳の, 其のお礼, 其れ, 具さに, 冬の, 出まして, 分りましたが, 別に寂しい, 力まかせに, 勘当致しました, 勿論勝見, 北海道で, 午後が, 危機は, 參り出, 又其の, 反古の, 取りました, 口惜しがっ, 只今考え, 召上れ, 右門も, 同勢は, 名誉ぐらい, 味噌汁でも, 唯物論は, 四十二歳位の, 国体論という, 土佐の, 坊さんと, 堪りません瓢, 声も, 多分こいつ, 多分何, 多少水, 大して淋しい, 大事に, 大原は, 大安心, 大打撃, 大次郎は, 大騒ぎを, 天皇は, 太郎の, 失礼ながら, 奥方様に, 女中たちも, 女部屋へ, 好便, 妻室は, 威張るわけ, 子供にだって, 学校内は, 安心しました, 定めし往来, 実はよそう, 実は洋琴, 家職の, 寒いの, 将軍家の, 小三, 小判の, 小母さんも, 小鳥も, 少しも申し分, 少し片付いたらはばかり, 居心地の, 山平も, 嵯峨の, 市五郎が, 帰ったら聞いて, 幕府の, 年ごろの, 幸内の, 幾日か, 床板も, 座席の, 弘法さまの, 当の駒井, 当時第一流の, 彼奴は, 待たずに, 後の, 得意に, 御存知でしょう, 御批評, 御礼の, 御覧に, 御足労ながら, 御遠慮, 心で, 心細くなっ, 応接間へ, 忽ち家, 思わず周囲, 怪談は, 恵印は, 惣吉様に, 慄え, 成たけ酒を, 或時又ペツプ, 手前は, 手紙は, 扨は, 持ち合わせを, 捨て, 擲り付けた, 故意に, 数日の, 文学を, 新たに, 新蔵は, 日夜怠りなく, 日頃は, 早くも, 早く戻る, 早速これ, 早速右二品, 早速白犬, 明日は, 明朝沢山に, 昨十九日署長, 是れ, 時計を, 暗い廊下, 曲者は, 最う病気, 最早賣, 有合せた, 朝日でも, 本当はこの, 来たら又, 東京に, 林町と, 柳町へ, 棹を, 楽屋の, 權六も, 次郎は, 止めっちまいました, 正雄の, 此処には, 此方も, 死顔は, 残念ながら, 母が, 母親は, 気に, 気味が悪うございました, 水を, 江戸へ, 決して御, 河豚は, 泳ぎは, 浅草辺から, 深川の, 湯煮, 潔く自首, 為に, 無慙にも, 焼餅が, 父に, 爾時も, 狐鼠り, 猶々, 王は, 甚だ失礼, 産室に, 由兵衞は, 男は, 略式に, 病気は, 百姓町人らと, 皆よろこん, 盗られたとしても, 直ぐ狭山さん, 直に法泉寺さま, 相当の, 着物は, 砂泥で, 祖先以来の, 私たちの, 私に, 私海を, 稲吉はじめ匕首を, 突然まいった, 簡単に, 米友もじっ, 精, 細かい点, 縁側の, 署長に, 翌一日逗留, 耐らない, 肌の, 腰の, 自分は, 自然歴史上の, 良人は, 花車は, 若しや, 苦しいこと, 茶店に, 虚心タンカイに, 行方を, 表向きの, 裸松の, 見のがすはず, 見通しに, 解りません, 証拠は, 話を, 誰ひとりとして, 諦めて, 譬い, 谷中派の, 貧乏人は, 買って, 起きて, 跣足で, 迚も, 追っ附け, 通り掛った人, 遂に我慢, 道を, 道庵先生は, 遺言らしい, 酒肴を, 野菜に, 金次郎の, 鋭く右門, 長助は, 間違いた, 閣下に, 隨分妙な, 雨かぜに, 露子は, 領事に, 題も, 風に, 飛上っ, 養育院入り志願の, 馬大尽様どう, 駒井甚三郎も, 鬼は, 鹽原も

▼ ましたので~ (3392, 6.4%)

140 私は 36 私も 34 それを 32 ござります 23 右門は 18 わたくしは 16 私の 15 すぐに 13 私が 11 これは, 急いで 9 みんなは, 今日は 8 二人は 7 ござりまする, 彼は 6 これを, それに, ジョバンニは, 一郎は, 二人の, 伝六は, 父は

5 [17件] あとは, さすがの, そこから, そこへ, そのこと, それは, わたくしの, わたしは, ヒョロ子は, 三人は, 今度は, 右門も, 村の, 母は, 誰も, 雨の, 魚は

4 [27件] あなたの, いそいで, お父様, お目, お遊さん, これも, せう, その方, その日, カムパネルラも, ビックリし, 二人とも, 何を, 大喜び, 少年は, 思い切って, 早速お, 柏の, 此の, 私たちは, 私と, 米友が, 緑の, 豚吉は, 退屈男の, 退屈男は, 非常に

3 [34件] あなたに, いつもの, おくがた, これで, さすがに, そこに, そこを, そのため, そのついで, そのとき, それが, それとなくお, びっくりし, ふたりは, みんなも, やつと, ジョバンニも, ハッと, 上野の, 今は, 仕方なし, 体を, 何心なく, 僕は, 右門の, 女の, 小林君は, 彼の, 彼女は, 急に, 母も, 王子は, 目を, 私には

2 [184件] あれほど, いまは, いよいよ左官与三郎, おかあさんは, おかみさんの, おじいさんも, おぢ, おとうさんは, おばあさんは, お伺い, お城, お姫さまは, お嫁さん, お待ちし, お父さんが, お猫さん, お角, からすは, かりうど, きょう思いきっ, ぎょッ, ぎろぎろ燐, ここの, このとき, この子供, この時, これには, こんどは, さっきから, じぶん, すつかり, せうよ, そう云う, そのうえは, そのまま気, そのよう, その中, その場, その夜, その後の, その後は, その御在所御在所, その朝, その梢, その男, その進ん, その金, それから, それからは, それではと, それなら, それも, そんなこと, ただもうおそろしく, ちょっとお, ついその, つい斯, とうとう私, とかく御, とにかく烏, どうかし, どうした, どうにかし, ひそかに, ふり返っ, へい, ほかの, ほんとうに, ぼくは, まだお, みんなが, もしこの, やっと安心, よくわかりませんでした, わしは, わたくしも, わたくし共も, わたしが, エミリアンは, シグナレスは, ジヨバンニは, セエラは, タねずみは, ネネムは, 一人の, 一同呆れ返り, 一寸お知らせ, 一時は, 一緒に, 一言申し, 三匹の, 不図, 中将は, 主水, 二人で, 二人はも, 二疋の, 今では, 今でも, 今の, 伝六辰は, 何だか急, 何の, 例の, 信之は, 元の, 先生に, 先生は, 切符を, 列は, 及ばずながら, 名人が, 嘉ッコが, 嘉ッコは, 土地の, 夢中で, 夢中に, 大へん, 大師が, 太郎は, 女房は, 妙に, 妹は, 妾は, 学校の, 家では, 家の, 小町は, 少し理助, 少女は, 平二は, 念の, 或る, 手品師は, 新聞の, 明智探偵は, 木は, 本艦隊, 本郷の, 松の, 林中の, 正直に, 殿の, 母親は, 気が, 気の, 流石の, 海岸の, 無茶先生も, 狐は, 甚兵衛は, 男は, 番頭さんへの, 直ぐに, 眩しさ, 砂を, 私たちも, 私どもは, 私共は, 私共も, 稜の, 稜石どもは, 窓から, 竜之, 筆を, 粟や, 老人の, 胸を, 腹は, 自分が, 自分で, 草臥も, 虔十の, 親ぐもはすぐ, 角の, 近所の, 部屋の, 野は, 鐚一文も, 長い説明, 間を, 附近の, 顔を, 馬の

1 [2298件 抜粋] あいては, あっけないと, あなたがたに, あのよう, あの婆さん, あの袖無し, あまり近, あり体, ある一つ, あれから, あわてて, いかにも間, いくらか, いたって, いっそ蹴殺し, いつの間にかその, いぶかしさ, いまさらに, いよいよこっち, いよいよ伝六, いよいよ最後, うちの, うめばちそう, えいゆう, おけいさん, おじさんとても万一, おたづ, おどろかして, おびたゞしいけぶりが空, おもむろにふところ, お互に, お側に, お化粧室, お名残, お好き, お察し, お帰り, お後, お昼のを, お母さんに, お洗濯, お爺さんの, お申, お秀, お腹が, お詫びとまでは, お迎えに, お隣り, かなり沢山読みました, かりにここ, がっかりしました, きのうは, ぐっと振り向く, こいつを, こうして人なみ, ここから, こちらからも, こちらへ, このあいだ, このごろの, この事, この公開状, この手紙, この洞窟, この真珠塔, こほろぎは, これから私, これまた, こんな寄進, ござりました, さあ一大事, さう, さだ子が, さっと左右, さてはお, さては自分, されば, しばらく聞き澄まし, じっとその, すぐこの, すぐそれ, すぐ薬, すっかり恢復, すな, すべて私の, せうけれども, そうおつけ, そこで今年, そそのかすよう, そのいい, そのご, そのとおり, そのままお湯, そのままグングンと, そのみき, そのマント, その信用, その募り, その品物, その女, その小さい, その後を, その感心, その時, その有様, その湾内, その病気, その筋, その縁故, その軍, その隙間, その騒ぎ, それあの, それこそ, それでみんな, それで私, それほど音, それ以上追求も, そんな御, ぞうさんに, たしかその, ただちにかれ, ただ一こと, ただ感心, たまらなくなり, だれも, ちやんと, ちょうど朝御飯, ちょっとお話, ちようど応接間にでもを, ついうかとし, ついて, ついには, つい宿賃, つい清さん, つかれを, とう, とうとう出, とうとう自分, とくべつ注意, とりあへずペン, どうかと, どうも失礼, どんな人, なおも念, なにかかわった, なめくじも, なんとかし, にんめ, ねずみは, はからずもそれ, はっとして, はやくも, ぱつと寝床から, ひなげしども, びつくりし, ふたたび天蔵, ふと眼, ほかに, ほんとにわたくし, まあんな, まことにぜひが, まずほっとした, またびつくり, また新た, まだほか, まほう使, まやかしものといふ, みかた, みんなヘベレケに, みんな忘れ, めっきりお, もうこうなっ, もうすん, もう一日, もう少しく兄上, もう私, もしタル, もともと一つ, もはや英国そのもの, やがて山上, やっとモギ, やつは, やはり外, よく, よく写生用, よほどお, わが国の, わざわざもどっ, わたくしなどには, わたし達は, アメリカでは, オヤと, カント・デックの, クロは, コンドルは, ザツと, ジヨツキを, ズーと, チョット商売, ツイちょっと, デストゥパーゴは, ニッポン人という, ビックリしました, ヘエ怖い, ホーッと, マタンじいさんは, ミンチン先生は, メルチセデクが, リイの, 一つお, 一ノ関から, 一刹那家中が, 一同驚きました, 一年ほど, 一彦の, 一時先生にも, 一目散に, 一門の, 万事の, 三人の, 三度ばかり, 三浦も, 上海に, 不思議に, 丘の, 中学を, 主なる, 主治医を, 乗らうか, 乞食の, 事の, 二三度続け, 二年前の, 五対一です, 亜米利加女ばかりを, 亮二は, 人目を, 今に, 今上天皇が, 今日お, 今日初めて, 今更の, 仏教を, 他の, 令嬢を, 仮名違いの, 会場の, 伝六も, 佐々木権右衛門を, 何か, 何だか気味が悪く, 何びとが, 何事が, 何時行っ, 何者の, 俄かに, 信心やら, 元気に, 先方が, 入道さまも, 兵部殿は, 其の事件, 其寺までは, 其時室へ, 内密話の, 冗談かと, 出かせぎに, 出掛けたあと, 出迎へは, 別になんとも思わなかった, 到頭大学, 前歯を, 助かったの, 勘気も, 十分に, 半分は, 厚く礼, 又この, 友人から, 取も, 取り込んで, 只今池上が, 右門が, 吃驚致しまし, 同船の, 名人も, 命の, 問い合せて, 四角い爪, 國家に, 在否や, 城門は, 墓場で, 変に, 夕方わたしは, 多分自宅, 夜分に, 大きなほう, 大きらい, 大事を, 大変な, 大尉の, 大方そうと, 大正十年に, 大藏は, 天の, 天皇は, 失礼します, 女と, 女房も, 妻と, 姙娠した, 子供心にも, 安心し, 実は彼, 室内に, 家には, 家内に, 家財道具を, 将軍家は, 小悪魔たち, 小林少年は, 小田さんは, 少しく敏子, 少し前, 少年たちが, 山に, 山川は, 巡査が, 市郎は, 帆村も, 帰り去っ, 年上の, 幼い頃, 店の, 廊下で, 弱った方, 強直屍体とは, 当時行方不明の, 彼に, 彼女の, 後家に, 御ところ, 御座ります, 御母君, 御自宅, 心の, 忘れて, 忠行の, 思ひ出しましたけど, 思わずはっと胸, 怪塔王も, 恥を, 悪くなる, 愉快な, 慌てて, 成功しない, 戦車部隊が, 手前に, 手燭を, 押して, 捜査主任が, 改名いたしました, 敦子さまの, 敷石の, 斯様嬉しい, 新聞記者に, 既に予告, 旦那は, 早乙女主水之, 早速ながら, 早速大きな, 早速手紙, 早速貸し, 明日酔いの, 明治卅三年から, 昨日お移りなさいました, 是は, 時が, 時男さんは, 景気直しに, 最初から, 最早心, 有り体に, 朝時さまも, 末始終の, 本線シグナルつきの, 机の, 東京市中は, 松本さんだけが, 柳仙夫婦は, 桜の, 楠正成の, 樵夫の, 次第にその, 此際入社した, 殊の, 殿様も, 母君をば, 毎晩好い, 気がついて, 気持ちを, 水を, 江馬君の, 決してこの, 法師は, 泰二君の, 浅間山を, 源氏方の, 潮風の, 無一物の, 無茶先生の, 父などは, 爾来六日, 特色は, 狼と, 玉ねぎさんは, 現在一部の, 甥に, 由は, 町の, 畜生と, 疑惑を, 皆さまが, 皆様と, 目の, 直ぐ話頭, 直接間接に, 看病の, 着物等を, 短気一徹こう, 磨が, 神主さんは, 私たちに, 私たち親娘は, 私自身も, 突然襲い入る, 立つ事, 第三, 箪笥には, 純正美術派の, 結構でございました, 総監を, 美智子は, 老婆心までに, 耳の, 職員室に, 自分ながら, 自動車で, 自然私も, 臼杵君も, 色気にかけては, 若いお, 若者たちは, 英語で, 草光保治は, 葛岡まで, 薬を, 行って, 表の, 西の, 見えませんでした, 見物に, 親分さんが, 親類の, 認めるや, 誰かが, 諭吉が, 警察署からは, 谷山一家の, 貧乏な, 貴方様なら取, 賢吉君は, 起き直って, 身体中を, 転地療養の, 迎ひ, 逆に, 這入つた, 遂に大人, 達吉に, 遺言と, 里の, 金銭の, 鏡は, 長崎で, 開業後半年に, 随分遠く, 雄鶏もちよ, 震災十周年記念の, 面白く思い, 頭を, 顔見知りの, 食べる事, 馬は, 駈けつけて, 髯の, 鶏たちは, 黒い騎士

▼ ました~ (2395, 4.5%)

240 です 103 ですが 93 でございます 5538 ですから 34 んで 33 ですか 24 じゃ 2322 ですよ, はその 21 で御座います 20 はこの, は私, んです 19 でございますが 15 はお 14 でございますよ, では 13 ですけれど, はそれ 1211 でしょう, や 10 でございますか 9 は何, んに 8 がこの, でございますから, はあの, は今, んは 7 は前, を私 6 が, だ, だそう, である, でございましょう, どす, もその, も皆, んが 5 ですけど, はあれ, は全く, は多分, は確か, もこの, を今

4 [19件] い, がその, が今, が運, でしょうか, ですもの, はこれ, はまったく, はもう, はやはり, はわたくし, は前回, は外, は後, は此, もやはり, も不思議, も実は, も私

3 [32件] がそれ, が今日, が私, だから, であります, でありますが, でございました, でございますけど, ですつて, ですね, で御座いますが, とお, と出鱈目, はあなた, はそうした, はなんと, はほか, はやがて, は今日, は偏に, は八月, は昨日, は死んだ, は残念, は誠に, もお, もそれ, もつまり, やがな, をお, をわたくし, を見

2 [108件] かい, がいま, がちょうど, が何より, が初, が同じ, が御, が確か五月, すると, すると急, ださうですが, ぢや, であった, でありまする, でございまして, でございましょうか, でございますと, でございますね, でございますもの, でございまする, でした, でしたから, ですかねえ, ですのよ, ですわ, でよく, で御座いますよ, で御座いませう, とおなじ, ともう, とわたくし, と同じ, にもかかわらず, はいつごろ, はいよいよ, はお茶, はこうして, はさすが, はそこ, はそんな, はたしか, はたった, はちょうど, はつい, はつまり, はどういう, はほんとう, はほんの, はもとより, はわたし, は丁度, は事実, は五月, は余, は例, は僅か, は其の, は初めて, は別, は十, は午前十一時頃, は同じ, は嘘, は奥様, は実に, は宵, は御, は明治二十三年, は未だ, は汽車, は確, は笑止, は細川殿, は自分, は自分一人, は良人, は貴下, は返す返す, は魔, も, もこれ, もそう, もた, もまったく, も一つ, も余事, も全く, も度重なる, も無理, も物, も皆私, やけど, やもん, やら, をこの, をごらん, をその, を兄, を幸い, を御存じ, を木, を聞い, を見る, サ, 先刻から, 千早先生今日は, 貴女の, 驚きませんの

1 [946件 抜粋] あたいが, あなたと, あの人, あらまア何, おばさま, かあまり, かお, かさっそく, かその, かとうれしく, かにわかに, かも知れませぬ, か不思議, か其, か分りませぬ, か次に, か澤山泳ぎ, があさましく, があの, がいつしか, がいつも, がかれこれ, がこれら, がたしか, がつい, がなお, がはじまりだった, がまず, がまよ, がゆうき, がわずか, が一層, が一生, が一等褒状, が丁度, が三十人前, が三度, が中山数馬さ, が事, が二子, が二等, が仇, が今度, が伯母御, が借金, が全く, が八月十六日, が十七の, が十六歳, が十月中旬, が午前十一時, が半紙綴八十枚, が双方, が四時半頃, が外, が天しょうがん, が天正じゅう年, が女の子, が始終, が実は, が小日向, が小説, が山三郎, が後悔, が悪う, が我々, が斯様, が明け, が明治二十六年, が昨年, が昨晩, が未だに時々, が正月, が残念, が漸次, が火須勢理命, が猪口兵衛, が百両, が神山東洋, が神田旅籠町, が私庵室, が紛れ, が葛岡, が西丸, が西条勘左衛門様, が身体, が鎌首, が間違い, が間違っ, が隨分これ, このテレス, ごめん下さいまし, さ死んだ, じゃが, じゃその, じゃろかな, すらすらと, そしたらおどろく, そしたら義妹, そしてお蔦, そして基督, その度毎, その発明, それから何, それでスミス, だが, ださうでこの, ださうで直接, だつて, だろうと, つそり, でありまして, であろう, でございましょうその, でございますさいぜん, でございまするが, でございます誠に, でございませうかねえ, でございませうけれど, でしたね, でしょう算哲様, ですかしら, ですからもう, ですけれどわたし, ですその, ですぞ, ですつかり怒つて, です現に, でつひには, でもそれ, でも矢張り近, で御座いますから, といっしょ, とその, とそれから, とちょうど, とともに謹慎日, と云い寄られ, と兵器, と妥女, と形, と盛, どすけど, な, なぜと, ならそれ, なら何, なれど, なんちゆう, にはいまさら, にはこれから, にはわけ, には店, には或, には驚ろ, に対して彼女, に来ない, に行っ, はあくま, はあそこ, はあなた様, はいずれ, はいま, はいろいろ, はえ, はおそらく, はお昼, はお母さん, はお金, はかかる, はけさ, はこう, はこういう, はこちら様, はこりゃ, はざっと, はずっと, はそういう, はそこで, はそれから, はそれ以来, はただ, はちっと, はちょっと, はてまえ, はとにかく, はどうして, はどんな, はなん, はね, はねこういう, はは, はべつに, はまことに, はみなわたし, はもうずっと, はやす, はよく, はよほど, はわちき, はわりに, はゴム, はストランド, はツイ, はバイカル, は一, は一九三一年, は一再, は一昨年, は一時ごろ, は一軒家, は丁度三年前, は丁度五ツ時, は七日, は三十二, は三枚, は不思議, は丸佐, は丹那, は九月中旬, は二人, は二十九年, は二月, は亡くなった, は人さま, は今しがた革鞄, は今戸, は今本, は仲御徒町一丁目, は何でも, は何より, は何年前, は俗, は先, は先刻, は先達て愛想, は八年あと, は八時ごろ, は其盃, は凌雲閣, は別して, は勿論, は医者, は十二三, は十時, は午前十一時ごろ, は午前零時ちょッ, は古代, は古関, は右様, は同, は善い, は四歳, は困った, は土屋様, は土岐様, は堤様, は夏, は大体, は大変, は大正三年頃, は大空, は天地, は奧州屋, は女子, は奴, は好都合, は如何にも, は妹, は娘道成寺, は実は, は小さい, は少々, は山倉富五郎, は山口屋, は岡村由兵衞, は川向, は市城村, は帰朝, は年上, は年頃四十五六, は座禅, は当家上京後, は形, は往生, は心外, は志摩半島, は悪う, は或, は支倉喜平, は日, は日本, は日清戦争以後, は旧, は明和, は明治三十五年三月十九日, は明治十三年, は明治四十四年八月末, は春部梅三郎, は昭和十七年, は書き, は書生上り, は木曾, は本当に, は村方, は柏木村, は校正, は極めて, は橋本幸三郎, は歌劇, は此者, は武田信玄公, は毎日, は水, は水芸, は江戸, は法律上, は深い, は満, は炭, は爰, は玄堂, は王妃, は由也, は申す, は番頭新造, は白紙, は百貨店, は直方, は相州東浦賀, は眠れない, は矢張り鎌倉, は石松, は祖父祖母, は神様, は私一個, は筒井づゝのむかしこいしく, は紅木大臣, は素絹, は胡氏, は芽張柳, は苦しい, は荷足, は藤川庄三郎, は虹, は見下した, は親父今, は観音, は話, は諸君, は賀古氏, は近衛殿下, は遺憾千万, は針, は長襦袢, は雪, は頭髪, は飛鳥, は首実検, は髪長彦, ばかりを覺, まア, もあ, もあの, もあるいは, もいさ, もいま, もおもえ, もかれこれ, もさ, もじ, もそこ, もたしかに, もべつだん, もほんの, もみんなそれ, もみんな自分, ももしか, もコロリ, も一応, も上山さん, も亡き, も何, も偏に, も全くいろいろ, も兵部卿, も吉宗様, も多, も天狗, も實, も幽か, も弔問, も心底, も故, も日本, も本当, も此, も父, も生れる, も當時留學生, も盟, も石庵, も美しい, も考え, も親子, も道理, やそう, やと, やら明し, やら気味, より貴下, をあなた, をいつも, をうるさい, をうれしく, をお許し, をこちら, をさぞ, をすぐ, をそれで, をちらりと, をどう, をふい, をほか, をまずまず, をまだ, をやう, をやはり, をようやく, をイヅシ孃子, を一所懸命, を主人, を今度, を仲間体, を何より, を偉い, を出た, を只, を図らず, を堺, を多く, を姉, を実に, を川, を彼, を後で, を心, を思え, を恥, を態と, を或, を押, を振り切っ, を旦那, を機会, を次兄, を残念, を気の毒, を決然どう, を深く深く, を現在, を知っ, を短い, を米友, を蜻蛉, を見かけ, を覚え, を貞造, を連れ, を遺恨, を食べます, ん読みさし, トニオさん始めから, ミュッテンの, 一寸召し, 今では, 伏籠の, 何のって, 何時でした, 八時半頃に, 其ツきり道時も, 写野さんで, 向うで, 大変ぼんやり, 奥様まあ, 嫌いな, 少こし, 岸の, 弟が, 恐るべき偉い, 挨拶は, 栗村さんは, 江戸へ, 看護婦にでも, 確かりしなまし, 私の, 私は, 船には, 覚えて, 驚かないなんて

▼ ましたけれど~ (992, 1.9%)

19 私は 13 それは 6 これは, その時, だれも, どこにも, 誰も 5 それが, それも 4 お銀様, どれも, 今では, 今は, 今度は, 女の, 私には, 私の

3 [13件] いまは, これからは, こんどは, その日, それに, それらしい, それを, どうする, わたしは, 不幸に, 全くは, 命が, 米友は

2 [40件] あたしは, あれは, こうしてお, このごろは, これが, さてそれ, しまいには, そこには, そのあと, その人, その光, その後の, ついにその, どうした, どこへ, まだその, わたくしは, アレは, 二人は, 今と, 今日は, 何誰かと, 僕は, 大抵の, 女として, 女は, 女房は, 姿が, 弟の, 彼の, 彼は, 彼等の, 往来には, 心の, 病人で, 相手は, 私が, 米友だけは, 考えて, 茂太郎の

1 [769件 抜粋] あいつは, あそこには, あた, あたしどう, あたしなら, あちらは, あとから, あなたとは, あなたの, あのひと, あの人, あの子, あの方, あまり顔が, あんな恐し, いかに新, いくらか給金, いずれ道庵, いちばん上の, いっこう役には, いつまた, いつもむずかしい, いつも男, いま投げ出した, いやいやところ, うっかりし, うめだけが, おとう, おも, お君, お嬢さんが, お断わり, お松の, お母さまには, お母さんは, お紺, お絹, お雪, かえってその, かつてこんなに寒い, かなり固く, かまはずどんどん, きた人が, きのこの, きょうは, きよは, こう眠く, ここから, ここに, ここは, こちらの, こちらは, このこと, この三人, この中, この偶然, この年, この格子, この近所, この頃, これから峠, これという, こればかりはね, これより, これを, こんなこと, こんなに寒く, さうでなかつたら, さすがの, さだ子にすら, さてその, さて来, しかしそれでも危険区域, しかし世間, しかたが, しかもお, しばらく黙っ, しーん, すぐ下山, そういえ, そうも, そう思っ, そこに, そこは, そこへ, そして時に, そして皆, そのうち, そのうち日本語, そのか, そのかた, そのため伯爵, そのとき, その何故, その小鳥, その引摺り, その後二年ばかり, その御, その憎悪, その打消し, その押え, その挙動, その晩, その晩わたくし, その本, その点, その肩, その足, その身体, その鉄砲, そりゃあ何でも, それだけの, それだけは, それでは話, それでもちょいちょい, それでもやっと, それでもやつぱりもうあれだけのお年, それでもわたし, それでも何, それでも私, それとても, それにも, それらの, それらは, そんなら, そんな大事, そんな莫大, たいていは, たとえ二三週間, だれひとりとして, ちつとも, ちゃんと裾腰, ついにふたたび赤い, ついに二人, ついに海, ついに赤い, つい十日余り前, つぎの, つまらない一つこと, では何事, でもあれ, でもそれ, でもまだ, とうとう兵馬, とうとう悲しい, とうとう立っ, とてもお, とても眠れなく, とにかくライオン, とにかく嬉しい, どうしたら, どうしてもあの, どうしても分りません, どうしても引きつけられ, どうぞそんな, どうもうまい, どうもよく呑, どうも調子, どこかの, どこで, どこに, どちらかと, どんなだ, なおまたその, なおもう一度, なお近い, なかなかうまい, なぜか, なにさま眠くっ, なにしろ腕っ節, なにぶんにも, なんです, なんの, はじめてこの, ふしぎにも, ふとそれ, ほかにも, ほんとうに, まさかどういう, まさかにそれほどの, またそこ, またカスティーユ, また大, また明くる日, まだそこ, まだ大, まだ新しい, まだ白い, まだ皆, むろんまねごと, もうこれ以上ご無沙汰, もうちっとも大きな, もうはいっ, もう三十分, もう学校, もう癒, もう追っつきません, もう間に合いませんでございました, もとの, もとはなれ, もとよりこれ, もはやそこ, やがて驚かなくなっ, やさしい少女, やっぱりおじいさん, やっぱりだめ, やっぱり誰, やつぱりまだ女々しい, やはりだめ, やはりどこ, やはり一切, やはり家庭, やはり金, よもやこんな, りこう, わざわざ御, わざわざ立っ, わたしが, アムンセンは, ゲルダにとっては, シベリヤを, タルの, ドチラを, ビリリと, マドロスは, ムクを, 一体どういう, 一向それ, 一向わかりませんでした, 一度崩れかかった, 丁度去年, 三千円余りの, 三郎の, 上の, 不敏な, 与八は, 中には, 主は, 久しぶりの, 二つ三つ食わし, 二丁も, 二度とも, 二階に, 五六冊ございました, 井戸へ, 亡びた時, 人の, 今そんな, 今に, 今ようやく, 今夜は, 今後は, 今日山崩を, 今朝ラジオの, 仕方が, 他方に, 会ったこと, 会社に, 佐吉さんに, 体が, 何か, 何かと忙, 何しろもう三十年, 何だか当分, 何といつ, 何にも, 何の, 何処へ, 何方かと, 併し, 使いも, 偶然妙な, 備前守どのは, 僕が, 僕それぢや, 元来ホテル, 兄の, 先にも, 先方の, 先生は, 入り口には, 兵馬から, 兵馬の, 兵馬は, 其の頃世間, 其他の, 内気者の, 再びは, 初めは, 初対面の, 別に乱暴, 別に処罰, 別に足痕, 前からの, 前のとは, 勇ちゃんは, 勇吉は, 北の方から, 北原は, 半五郎, 又考へ, 取り立てて, 吉の, 向うでは, 和尚は, 唇を, 四人目の, 困るから, 坊っちゃんお足もう, 声が, 外に, 外へ, 大きくつて, 大きなすき, 大切な, 大勢の, 大抵は, 夫は, 失っ張, 女ひとりで, 女王としての, 如何したら, 如何せんその, 妹が, 妹娘には, 娘は, 婆さんは, 子の, 学校で, 宗忠様の, 実はそんなに, 実はほん, 実は初対面, 実物に, 家の, 家や, 寒い風, 小さな足, 小林君に, 少しも, 少年の, 尺八の, 屋上から, 川の, 左の, 帰れんよう, 常盤御前とも, 幸吉は, 幹は, 広尾の, 弁信は, 当時は, 彼女が, 彼女に, 彼女の, 後れたもの, 御堂の, 心ならずもその, 思いきって, 思い切って, 恋とやら, 恋敵の, 恥かしい, 悩んだだけ, 愈々此, 我慢を, 戦火の, 戸口に, 手頼っ, 持って, 指に, 探せば, 接吻は, 斯う, 旅から, 旦那様が, 早く持っ, 映画は, 昨今の, 是を, 時々休ん, 曩に, 朝の, 未だにその, 本当に裸, 本当はそういう, 本文の, 本来わっ, 本統の, 杉山君が, 村の, 村尾さんは, 東洋製作会社としては, 林の, 柬埔寨風に, 極く軽い, 極温和, 次ぎ次ぎといろんな, 次の, 此娘は, 此樣に, 死んでから, 残った分, 母親は, 毎日毎日仕事も, 水の, 江戸へ, 決して諦めません, 沙地の, 河野さんが, 消えませんでございました袈裟, 清澄の, 瀕死の, 無理において, 牧師さんに, 犬は, 狐だ, 狐の, 甚三郎は, 生きて, 生憎にも, 甲府へ, 畳は, 白雲は, 皆駄目でした, 相役の, 相手に, 眠れないので, 眼が, 矢張黙っ, 確かに, 私たちの, 私どうしても, 私も, 私を, 稽古所の, 立ち去ったと, 立体的という, 竹藪の, 笑ったもの, 紀介様との, 約束を, 結局ドレが, 結局何事も, 結庵報告書とも, 継母貴女の, 美佐には, 美佐は, 羽織の, 老人が, 考えても, 聟という, 聴いて, 脊が, 腰が, 自分ながら, 自分の, 色と, 花鋏を, 苦しかったです, 苦悶の, 茶袋は, 葉が, 虫が, 蚊帳は, 表面は, 親なる, 親戚とやら, 言ひません, 記録には, 誰とて, 調子に, 貴女が, 貴女の, 貴方は, 起きませんでした, 足が, 近く山を, 近頃は, 返事が, 退屈で, 這箇も, 遠慮深く, 都合が, 酒が, 長三は, 門付けを, 随分おそろしい, 雪が, 面は, 面白くも, 額ぎわを, 顔は, 風が, 風邪を, 食物が, 馬車から, 駒井にとっては, 驚いては, 鰡八大尽は

▼ ました~ (741, 1.4%)

22 いう, 云って 18 いって 16 言は 15 云ふ, 言って 10 云うの 8 云う 7 言わぬばかりに 6 答えた 5 申します 4 いうと, いつて, いふに, 報告した, 私は, 言う, 言った

3 [16件] いえば, おっしゃって, お礼を, みえて, 下を, 云うから, 云うと, 云えば, 告げた, 申しました, 申すこと, 空の, 笑って, 答えると, 言えば, 言ふ

2 [47件] ある, いい加減な, いうから, いうので, いった, きいて, ききましたゆえ, すれば, です, 万人に, 下女が, 云う事, 云た, 云った, 云て, 先刻より, 友田は, 同時にまた, 告げて, 土曜日毎に, 報告する, 大路に, 子細を, 実意を, 彦太郎は, 彼女は, 後で挨拶, 挨拶し, 教えて, 申しまして, 申しますの, 申しますので, 申すの, 白状した, 白状は, 皆に, 礼を, 聞きましたゆえ, 自白した, 見えて, 言うん, 言つた, 言つたら, 言へば, 言わぬばかり, 訴への, 訴へれ

1 [427件] あいず, あっさり白状, あった, あって, あっては, あつた, あの人, あやまりなさい, あるばかり, いいいま, いいながら, いいますので, いうが, いうだけで, いうて, いうのでね, いうより, いったこと, いったらその, いっちまいねえ, いってな, いっても, いつぞや幸子, いつた, いつに, いつもの, いひなれ, いへば, いまごろは, いわぬばかり, いわぬばかりに, いわれたこと, いわれたら何, いわれれば, いわんばかりに, うなずいて, うなずく様, おくの, おこたえ, おずおず云う, おっしゃったが, おつたえ申しあげ, おづ, おとどけ, おなおさん, おれは, おろ, お上さんは, お世辞半分何, お伝え下さいまし, お嬢さんを, お引受, お粂様, お辞儀を, きつねの, くどくどと, くれぐれもお礼, こういっ, こう申し上げる, こう言え, こちらへ, ことさらに, こともなげに言つて, ころすつかり身體, こんなふうに申し上げれ, ご奉答, ご奏上, さも結いた, すごすご涙金, すると, ずっとさき, そうお, そうとは, そう伝え, そこに, その女, その新妻, その本然, それだけより, それは, そんなこと, ぞんじます, つまりその, どの面, なぜ挨拶, ならば, なりますると, ぬかす, のめのめと, ひとつ取次い, ふれて, へえー彼奴ア幾人人, ほりかの, ほり長い, まあちやん, まことし, また一杯, まるでいま牛込, みえつい, みえましてね, みえ或, みなまで, やっと甘い, わざわざ断っ, アリバイという, サ, ナゼ素直に, リーマン博士の, ロヴィーサが, 一々報告, 一人の, 一店員が, 一言位言ッた, 一言申したら, 丁寧に, 下へも, 下らぬこと, 串戯にな, 丹治が, 主人の, 久松は, 二個の, 云いかねない女, 云いながら, 云い切らずつい, 云い委しく, 云うこと, 云うで又, 云うので, 云うべきであろう, 云うよう, 云う以上, 云う例, 云う吉水, 云う荒熊, 云う詑言, 云たら, 云ったが, 云ったところ, 云ってたよ, 云ってね, 云っても, 云つた, 云つたら, 云つてね, 云つて好意を, 云つて新刊書を, 云つて歸りました, 云つて賣, 云は, 云へば, 云われ私, 云わんばかりに, 井戸へ, 井谷が, 京都の, 今さら頼む, 仰有って, 伝えて, 伝言し, 伺いましたが, 何でおめおめ老父, 何んで, 何卒左様仰つ, 何気なく話, 何食は, 何食わぬ, 使者は, 例の, 傳へただけ, 先ず話, 先生に, 出て, 出ないもの, 出発の, 区役所の, 又五郎は, 友達に, 取次いで, 受け合って, 受取って, 口々に, 口上を, 只ここ, 各部隊長, 同じ事, 同一夜, 同時に三年前, 同時に池上, 名乗って, 名刺を, 吐した, 向うの, 呉服後藤の, 告げ, 告げられて, 告げるの, 問う, 嘆息し, 噴火の, 土下座するなっ, 堂下を, 報ずる, 報告が, 大層喜ん, 大忙ぎで下女, 夫人が, 夫人に, 奥さんが, 女中は, 女中も, 好いか, 嬉しげ, 嬉しさ, 存じまして, 存じます, 安心し, 定めて, 客席は, 宿の, 小さい棺, 小せがれ, 小池看護婦が, 少し笑, 少年は, 届けて, 平伏して, 引上げる, 引摺り込んだ, 引組んで, 後ろから, 得意顏の, 御世辞半分何, 御受け, 応えたので, 思います, 思い切らせて, 思う, 思ったぐらい, 思ひ切らせて, 息を, 悦んで, 感謝と, 感謝の, 慇懃に, 態, 戻って, 所属部隊長に, 手の裏を, 手を, 払いに, 払ひ, 拾う, 持ち出して, 挨拶した, 挨拶する, 挨拶を, 描写報告が, 改めて久濶, 教へて, 斯う, 斯うい, 日頃の, 旦那への, 早合点の, 晴れやかに, 書いてるよ, 書き残して, 書く, 有態, 札を, 案内を, 極めて單純, 歌や, 正成へ, 正直に, 母上に, 母御前へ, 母親に, 毎号郵便で, 気を, 気軽に, 泣く泣く帰っ, 注進に, 流眄にかけて, 涙を, 無事な, 父の, 申しあげたらなぜ, 申しあげました, 申したの, 申して, 申しましたが, 申しましても, 申しますから, 申しますな, 申し上げたさ, 申し上げて, 申し上げましょう, 申し上げれば, 申し立てて, 申し述べたちまち, 申し開き, 申すが, 申すは, 申す事, 申上げました, 申上た, 申立てた, 町井さんが, 白状し, 白銀二枚頂戴の, 着更, 知らして, 知らせて, 知らせなさい, 知らせました, 石の, 神に, 私が, 私に, 私の, 空拜みせし, 立派に, 笑いこけるの, 答えたそう, 答えたものの, 答えた事, 答えて, 答えました, 答えられた, 答える, 答えるの, 答える奴, 答へて, 答へる, 箕浦勝人と, 精密なる, 細作の, 給仕が, 羽生が, 聞いたらあれ, 聞かされたみんな私, 聞きも, 聞き私, 聞くから, 腰の, 自分が, 自首し, 自首する, 若い衆も, 若衆も, 表から, 裸男もに, 見えこの, 見えその, 見えどの, 見え何やら, 見え御, 見せびらかすよう, 見ゆる不憫, 見受けまするが, 親切に, 親許へ, 解釈すべきで, 言いだす勇気, 言いながら, 言いなさい, 言い觸ら, 言うから, 言うて, 言うの, 言うのみ, 言おうか, 言おうかと, 言ったところが, 言ったので, 言ったらいい, 言ったらすぐ, 言ってるじゃ, 言つ, 言つた顏を, 言つた風に, 言つてお, 言つてゐた, 言つて実に, 言つて懐中から, 言つて退出なさいました, 言つて驚いた, 言われたよう, 言わんばかりの, 言ッて, 言下に, 言伝を, 計りに, 記して, 記憶いたします, 詫びて, 詫びりや, 詫び入るよう, 話され家内中顔, 語って, 誤つて, 談次先生遽かに, 請け合って, 謂うと, 謂って, 躊躇せず, 軽く頭, 返事した, 返事する, 返事を, 返辭, 述べた, 這入って, 遊女の, 遺書を, 開けて, 陳べる訳, 隠密の, 静かに, 頂戴しおわる, 顏の, 顔の, 首に, 首は, 高槻が

▼ ましたけれども~ (698, 1.3%)

12 それは 7 私は 6 その時, ジョバンニは 5 それを, 私の 4 さあぜんたいどこ, そこは, 誰も 3 これは, これも, それらしい, やっぱりジョバンニたち

2 [31件] いや, お母様は, お銀様, くもは, こうなっ, ここで, ここに, その場, その声, その話, それが, それも, どこかで, ひょっとしたら勝っ, わたしは, 下の, 今度は, 今日では, 今日は, 仕方が, 何か, 何分にも, 何分雪, 前の, 大きい穴, 彼の, 御承知, 慶助は, 次の, 米友は, 自分の

1 [571件 抜粋] あえぎ, あたりは, あの太, あの子, あまり良い, あれに, あれは, あんまり有難, あんまり蜂雀, いくら, いざと, いっこうに効果, いつまでも, いつも朝, いまだまとめ, いま裏口から, いやいや何, いよいよ今日, いろいろと, いろんな事, おちゃ, おとも, お互に, お体, お元服, お妃, お婆さんは, お子さんが, お帰り, お松は, お武家, お母様や, お留守, お登和さん, お絹, お茶, お遊さん, お雪, お静, かんがえて, きないの, きりっと足, こういう思いがけない, こうしたお, ここは, このうえ, このおびただしい, このまま, この不幸, この仮感, この家, この提灯持, この時, この辺, この頃, これこれしか, これに, これはと, これまた, これを, さう, さし当りどちらへ, さすが勝, さっぱりお前さん, さてそういう, さてそれ, さらに実地, しかしすぐ, しかし一方こういう, しかし吾, しかし正直, しかも大股, しじゆうリヴィングストーン, しばらく御, じつを, すぐ晴れやか, すこしは, すこしも顔, すっかり息, すべってずうっと, そういうこと, そういう顔, そうかと, そうしたら, そうどうも手首, そこが, そっと気, そのあたり, そのあと, そのはでやか, そのほか, その上, その亂暴, その二頭とも, その人, その分類, その古戦場, その問題, その坊さん, その外, その大きな物体, その學問, その山脚, その後とう, その後は, その悲し, その時確か, その時黒子一つ, その永久, その浮葉, その男, その眼, その米友, その結果, その絹袈裟, その豪胆通り, その足音, それからずつと, それから後, それだ, それで, それでもじ, それでもなおソヴェト, それでも夫, それでも言い足りません, それとても, それに, それにしても笠, それによ, それや, それ等の, そんなもの, そんな娘さん, た, たしかに貴族, ただ時間, たちまち和議, たってのお, ちょうどこちら, ついにそれ, ついに勝家公, つい言い出し, とうていそんな, とうとうごまかされ, とうとう我慢, とにかく私, とにかく肌, ともかくああし, ともかくこれ, ともかくも, どういうこと, どうしてもその, どうしてもネパール, どうしても取っ, どうしても生け花, どうしても身体, どうしても龍雄, どうももうそれ, どうも心当り, どうも昔, どう云う, どこからも, どこの, なお神尾, なかなかはかどらない, なかなか上, なかんずく秀吉公, なにぶんにも, なにもね, なるべくなら, ばらの, ひが, ひょっとするとおしずにしましたならばこういう風, ほっこく, ほとんど絶望, ほんとうに, まあよい, まあ東京, まさかわれ, まさか三度, またお, また一つ, また改めて, また還, まだそれ, まだどこ, まだ一心に水, まだ外, みんな断っ, むろん声, めくらの, もうすつかりさめて, もうつま, もう一人今, もう先生, もう実は, もう少し同情, もう手遅れ, もう狐, もしかお客様, もつと, もともと悪気, もはや如何, もみの, やがて静か, やっぱり口, やっぱり口笛, やつと, やはり流るる, やはり錠前, やり方は, ようこらえなくなりまし, らんち, わざわざ下, わたくしいまから, わたしたちが, わたしには, わりに汚れませんでした, シナ政府の, ジヨバンニは, セエラは, ツァ・ルンバは, トルストイと, ハッキリした, ヒョロ子の, ベーリング氏の, ポーセの, マルコは, ムク犬は, リボンの, 一乗の, 一人として, 一向にかかります, 一旦お天道様, 一旦命, 三人の, 不義理な, 中からは, 中てる, 中でもお, 中納言の, 之を, 乗りません, 二人が, 二里ばかり, 人は, 人を, 人間の, 人間らしさ, 今さら尾行, 今では, 今に, 今に残り, 今の, 今は, 今わが, 今始め, 今度だって, 今日などの, 今更何, 今記憶, 仏壇の, 他の, 以前は, 伊太夫としては, 体は, 何しろ旧い, 何で間違えましたろう, 何にも, 何の, 何も, 何を, 何人も, 何分事の, 何少, 何時でも, 余り道が, 俊夫君は, 傍に, 元は, 元来単なる, 先方では, 先生は, 兎に, 入って, 入庵, 其の甲斐, 其の除幕式, 其人は, 其答辯は, 其間どう, 内々では, 再考すれ, 別にお, 利き目, 到底チベット, 到頭それ, 制度の, 前に, 助けたいが, 十九日は, 十二月に, 十年も, 博徒連中は, 反応が, 受けないで, 古来この, 向うから, 哀しい情, 哀しみの, 問題を, 問題自体が, 嘗て放火, 困って, 地上の, 基督様は, 塀へ, 多くは, 多勢に, 夜が, 大体は, 天照らす, 太田へ, 太閤でん, 夫は, 夫婦として, 失業の, 女はさのみ, 始終断る, 姫ぎみたちの, 子供の, 学校に, 学校の, 実に無, 実はこのごろ, 実は黄色, 家宅捜索の, 容易に, 将来また, 将軍家は, 将軍家はちよつと, 尋常の, 少しばかり, 少し離れ, 山の, 川柳にも, 左様な, 左衛門尉義盛さまは, 帽子は, 平談俗語の, 幸に, 幾ら捨て, 弁信は, 当時鎌倉の, 影も, 彼女の, 徐々と, 御いんきょ, 御夫婦, 御後室さま, 復ってから, 徹底的に, 心の, 心掛けが, 急に, 恩愛の, 恰も三十五年, 意地にも, 愛するもの, 慌てた事, 或いは御, 手實法といふ, 承知しません, 折々昏倒, 折れた半分, 折角いい, 拠んどころ, 支倉に, 敵の, 斯う, 斯うい, 斯うなっ, 斯様なっ, 新お代官, 新劇連動の, 旅では, 日本の, 昨年からも, 昨日は, 是は, 是まで, 晩の, 普通は, 暫くする, 曲がりくねった地下道ぜんたい, 更に分らず, 本来秀吉も, 来たの, 案内者が, 桜色という, 森の, 次には, 歌舞伎について, 正一君と, 此の, 此奴の, 此娘が, 段々た, 段々材料, 殿様が, 母の, 毎年の, 池袋や, 決してそうでない, 沼田の, 泊めて, 海の, 渡るすべ, 源氏的な, 滑ってずうっと, 父だけは, 父御, 特に手荒, 犬を, 猛犬は, 猟師は, 現世紀, 生きたの, 生きんが, 用心深いあなた, 田舎そだち, 田舎は, 男の, 男は, 白い紙, 白雲は, 相も, 相手の, 真間の, 矢張り笑へ, 知らぬ人, 石磴を, 神尾の, 神尾は, 私も, 私考えます, 秋の, 空いて, 空闥さんは, 竜之, 筆者の, 答えません, 細かに, 組んずほぐれつの, 結局お, 結局極, 結局逃げた, 羽生村では, 翌日に, 耕一の, 肱鉄を, 自分には, 良人を, 若様は, 蒙古, 薪も, 薬師は, 虎は, 血の気の, 要領を, 見つかりませんでした, 見物は, 試に, 詩の, 誰が, 誰とて, 警告を, 豊島が, 貴人の, 貴方様が, 起き上って, 身の丈は, 辞退すべき, 返事が, 返事とては, 追いかけるお雪ちゃん, 途中こ, 通商上の, 遂に取る, 遊女衆などの, 避けなかったところ, 郷里の, 鍬を, 間もなくわたし, 間もなく彼, 電報を, 非常に, 馬子は, 駒井は, 髪は

▼ ました~ (691, 1.3%)

65 親分 4 あなたは, それに, 来ましたよ

3 [11件] あなたの, あの女, あれを, それが, はい, 一と, 先生, 可哀想に, 私, 親分さん, 錢形の

2 [30件] あなた, あの娘, あれは, うんと脅かし, お孃さん, お母さん, この通り, せめて口説, よく夜, ウ, オ, ッ, 一人, 五日の, 人死も, 今度は, 内儀は, 出ましたよ, 叔母さん, 叔父さん, 君, 小杉君, 旦那, 物を, 私は, 私も, 行って, 誰です, 貴方の, 阿母さん

1 [521件 抜粋] ああ冷汗, あけても, あっしは, あつしの, あつしは, あつらえ向き, あなた様の, あのお, あの原っぱ, あの叔母さん, あの同勢, あの大きい, あの御, あの時, あの晩, あの母親, あの綺麗, あの通り, あの酒, あの鐙小屋, あの顔色, あの鳥, あまり才気, あまり早く, あまり深く, ありがとうお母さん, ありましたよ, あれから, あれが, あんなにし, あんな良い, あんな風, あんまり後姿, あんまり遅い, いきなり悲鳴, いつもの, いやはや, いろんなこと, うまいです, うんとなってる, ええ, ええ裟婆気, おしまいには, おまへも, おめ, お一人歩き, お久さん, お前さんの, お化, お夏, お天気, お女將さん, お嬢様は, お富士さん, お待ちかね, お暑, お松さんという, お比奈坊, お燗, お由良, お銀, お銀様, お首領, かれこれ亥刻, が中仕切, きっと去年, きょうは, くさう云, けれども実地, ここの, ここへ, このこまかい, このさむ, この徳利, この火鉢, この眼, この辺, こりゃア事, これ, これこそ, これで, これです, これと, これに, こんな永い, こんな風采, ごぜえました, ご家老, さいしょは, さう, さつきから, さつき太棹の, しかしそれであなた, しかもそれ, じゃあお前さま, じやあ, すぐ行つて, すっかり, すると思つた通り三國屋, せつせ, そいつは, そうして大, そして僕, そのネネ, その女, その娘, その時, その晒, その空, その霞, その音, その駕籠, その鮮, そら, そら馬車, それから掻き集めた, それから書物, それから漸く, それで今, それで何, それにね, それには, それは, そろそろひき上げましょう, そんな莫迦気, たつた二, だあさん, だが何, だけれども未だ, ちっと掛けたら, ちゃんと壺, つい今しがた, つてせんせいに, つて云ひましたら, でもこいつ, でもわし, でも刀, でも半, でも梅若葉, でも障子, とてもあの, どうかお手柔らか, どうした, どう諦めた, どこの, なあにいま考え, なかなか凄い, なるほど不破, なんでも, ねえ双葉さん, ねえ坊ちゃん, はい御存じ, ひとあし違, へい御内室さん此間, へえ, ほほう, ほほほ, ほんた, ほんとうに, ほんとにお, ほんとに今宮さん, まあ, まさかあすこ, また, また一人心中, また短, また近い, まったくの, まるで殿様, まるで殿樣, もう亥刻半, もう使, もう八九年, もう占めた, もう少し左, もっとも合間, もつとも人, やくざの, やっぱり今, わかりましたよ, わざわざ御, わしが, わたくしは, わたしが, わたしです, アレクセイ・イヴァーノヴィチ, アレマア真赤に, ウへ, キザも, サそこで, シベリア生れの, ジナイーダさん僕は, ズーツと, ッと, ッ立派な, ハッハハハハ, パーウェル・イワーノヴィッチ, ヒョットコさんとか, ベスカナリヤが, ホラそこ真上で, ホームズさん, マアよく, マア構わず, ミーチャに, ヤス子さんにも, 一つ, 一人の, 一人位は, 一夜明けれ, 一寸お, 一度は, 一度場内, 一緒に, 一體あのお, 三回目の, 三根夫さん, 三輪の, 下女の, 中でも遊び人, 中には, 二三日前に, 二三通だった, 二人が, 二十年前に, 二日前の, 五席ばかり, 今までに, 今晩參ります, 今更女房, 今朝に, 今朝の, 仏蘭西豆の, 仏頂寺の, 他の, 仰言, 仲よくし, 伜が, 何あに, 何う, 何か, 何しろ明日, 何しろ昨夜其甥, 何だかこの節, 何なす, 何も, 何んだって, 何んに, 余まりです, 併し, 俺は, 偉いこと, 備前の, 傷は, 僕は, 元気に, 兄さん, 兄さんが, 兄貴の, 先刻から, 先生に, 先生尾久の, 全く珍しい, 八さんの, 八五郎兄哥に, 公会堂で, 其が, 其れ, 内藤さんずいぶん, 冬一期に, 処へ, 出て, 出口の, 分りました, 分銅には, 到頭, 加納屋甚兵衞が, 十一時ころに, 十日も, 千代次郎も, 半分は, 南側の, 参りましたよ, 又何ん, 叔父さんその, 可哀そうに, 可愛い, 可愛いい坊士禿, 向柳原, 命からがら両国橋, 命には, 唯の, 嘘だ, 困った事, 執念深いや, 変です, 多勢居る, 夢じゃ, 大事な, 大川の, 大方あなた, 大根の, 大澤さん, 大磯の, 大笑いで, 大釜に, 夫ア当然, 夫人, 夫婦倶稼ぎを, 奥様へ, 女道樂が, 奴神妙に, 妻恋稲荷の, 婆さんの, 宜い, 実に, 家へ, 寒くは, 小僧の, 小艶, 小銀, 少しの, 少し手跡, 尤も跛者, 尤も風呂場, 居ましたけど, 島屋の, 嵐山へも, 左の, 左樣なら, 帆村さん, 師匠, 幽霊かと, 広くた, 床板を, 弁信さんお前さんという, 弁信さんお前さんの, 弁信さんの, 当りは, 彼の, 往来を, 御主人, 御推察, 御覧なさい, 御隱居さん, 心細い思い, 忍の, 恐ろしく念入り, 悪いから, 慥か深川櫓下, 成瀬九十郎とか, 房州女で, 扇子も, 手伝いの, 持って, 捜査の, 放って, 放つて, 政府に, 敷皮を, 斯う, 斯んな, 旦那やっぱり, 旦那樣, 旦那死體の, 早くいらつ, 早くお, 早く行っ, 明日に, 昨夜あの, 昨夜の, 是方へ, 時々つまらな, 時間も, 最早村, 本当にさ, 松新で, 柳田典藏様と, 栄三郎さん, 根津宮永町の, 桔梗様を, 梅ちゃんが, 椎茸髱で, 檣頭たかく, 櫛を, 正体も, 此家に, 死骸を, 毎度はや誠に, 気に入って, 水戸在の, 海竜が, 湯の, 無数の, 然う, 然しそれ, 燈臺下暗し, 父上, 爺と, 牢の, 特別上等の, 用事が, 田山さんあなたは, 男の, 番頭と, 白髪交り, 皆な, 皆んな揃っ, 盲腸炎で, 直ぐ願, 相手が, 相模屋の, 矢つ, 石卷さん, 石巻さん, 神尾様の, 神様貴方は, 神樂坂上の, 私の, 私はね, 私を, 私一人で, 積荷も, 立ちふさがった奴, 立派な, 竹生島へ, 筆供養や, 築地両国で, 紺足袋を, 綺麗な, 肺炎で, 自慢では, 船が, 船長, 良い年増, 花が, 花火筒の, 若旦那, 苦し紛れに, 茶と, 茶袋が, 菊坂の, 蚤に, 蛾次は, 蠅男さん, 血の, 行くよ, 街道を, 見つかりましたよ, 親分この, 親分さん悪者は, 親分さん運惡く, 親分た, 親分も, 親分主の, 親分火箸と, 親分筋違見付外へ, 親分繪圖面を, 親分藍染川の, 親分身に, 親分野次馬の, 親分鈴でも, 親分驚いちや, 豪そう, 責めましたよ, 貴女の, 越中屋の, 足袋を, 身も, 迷惑だらう, 退いた退いた, 送って, 逃げて, 遂, 運が, 遠いところ, 遠い田舎, 金さん, 金の, 長老様, 門の, 間違が, 閣下, 阿賀妻どのは, 隧道の, 隨分嫌な, 隨分用心した, 雪ちゃんその, 電話で, 非常時の, 頭の, 頼むから, 飛んだこと, 飛行班の, 首を, 馬鹿囃子か, 高野山で, 鳴りましたよ, 鳶頭の, 鷲の, 鼠捕り

▼ ました~ (648, 1.2%)

23 それに 6 また私 5 おまけに, 私は 4 いちばんうしろの, それを, またその, 男の, 私も, 街燈は 3 その上, それが, ほかの, またお, 二人の, 今でも, 燈台看守も, 私が, 私の, 隣りの

2 [17件] しまいには, またあの, まだその, やっぱりはじめ, 全くもうイギリスあたり, 唇が, 嘉ッコは, 寿の, 或る, 父の, 直次郎どんは, 米吉さんは, 船岡山では, 良人が, 花は, 通りか, 雨も

1 [521件 抜粋] ああいう, ああし, あたらしい政府, あちらこちらへ, あとは, あとを, あなたが, あなたには, あなたの, あなたは, あなたも, あの人, あの晩, あの看護婦, あやめの, あらゆる手段, あるもの, あれと, あんな意地悪, いくらかよけい人気, いくらか人, いつまでも, いまでも, いろいろな, うしろの, うしろは, うっかりする, うわさの, おそらくあまり長く, おひとり旅, おひま, お二人, お兄様, お勝手も, お勢, お化粧品, お弟子さん, お役料, お民, お雪ちゃんという, お頭, かねての, からだも, きのうの, きものも, きれいな, ぎふにはどなたもいらっしゃいませんしなんと, くちびるは, くつくつ笑う, こうした問題, こちらは, ことに三番書記, ことに佐平次, ことに絵画的場面, こどもたちは, このこと, この二階, この先, この後間違い, この辺, この邊, この関係, これからも, これから何, これから当分, これで, これに, こんどの, さいく, さっきは, さらに人びと, しあわせにも, しぜん神, しつっこく, すっかり安心, そいつは, そういう能力, そうと, そこには, そこへ, そこらの, そちらへは, そのあと, そのうしろ, そのへん, そのままで, そのよう, その人, その作, その士族どうし, その後身辺に, その手, その教育法, その方, その方面, その日イ, その航海, その親戚, その頃, その顔, その馬, それからも, それからもう, それだ, それでいて仕事, それと, それにあんな, それにこの, それにまたこの, それにも, それに誰, それは, それまでにも, そろそろ元, そんなの, そんな流行病, だいたい評論, ちんれつ室の, つい新子, つまりそこ, つらい目, ときには大きな, とりわけ古島さん, どうしても北極, どうもよく分らない, なおキシさん, なお急い, なお続けれ, なめくじは, なるたけ早く, なんだかいろんな, ぶんなぐられて, べったら漬も, ほとんど午後, ぼくと, ぼくは, ぼだいじゅ, ぽつぽつと, まさかこんな, またいろいろ, またきわめて, またこうして函, またそういう, または瓦礫, または老人, またよい, また人間らしい, また今, また以前, また先日, また先輩, また呂将軍, また家庭, また感情, また所々, また東京, また歯がゆくっ, また水道, また法皇様, また田舎, また省, また自分, また長途, まだ二, まだ風習, まつは, みんなが, みんなは, むろん出しゃばっ, もういま, もうこれからは, もうアンテナ, もう一人, もしお金, もしかする, やがて御, やすみには, ようすでも, よろずに, わたくしたちは, わたくしは, わたくしも, わたしは, アトから, エジプトの, エミルと, エミルは, オレンジの, キャベジの, キングスレイは, ギャングの, ゴアへ, ジャヴェルを, ジョウに, スミ子ちゃんの, セイは, ダンスも, テーブル掛は, トラピストといふ, ドーブレク代議士が, バリカンで, ビョルンソンの, ファゼーロは, マフォット氏は, メタボリンは, ユーゴから, ライムを, ラフカディオ・ハーンの, 一ぽう, 一度実家, 一日でも, 一生懸命に, 丁度いい, 三田平の, 下の, 下女は, 下男の, 中, 中でもこの, 中の, 久々で, 久兵衞は, 九州地方は, 二人で, 二人も, 二巻を, 二年前には, 二等賞も, 五年に, 人々は, 人の, 人穴城は, 今あなたが, 今さらあんな, 今では, 今に, 今また, 今も, 今度だって, 今度は, 今日に, 今日の, 今日も, 今朝は, 他に, 他には, 伯父は, 何でも, 何よりその, 保子は, 信雄君の, 偶然も, 僕も, 元気にも, 兄でも, 兄は, 先生は, 其の他, 内地に, 凡そ権力, 処女と, 切り合いなども, 判決までには, 前には, 前段においても, 剣術は, 勝手口の, 勧進帳の, 勲章を, 医者の, 十二使徒の, 千九百二十四年には, 午後集まったら, 半分は, 単純そうな, 印度人は, 又いろいろ, 又そんな, 又今日, 又医師, 又困窮, 又外, 又所々, 又時々, 又生き, 又道子, 召使は, 台所には, 右の, 同時になにかもう人間, 后の, 向こうの, 命を, 哲学者じみ, 唄は, 問題の, 嘉助は, 四月から, 国分寺の, 報告に, 場合が, 場所も, 壊れた人形, 多少の, 多賀ちゃんの, 大小さまざまの, 大島方面にも, 大旦那, 大森の, 大正年代にも, 夫人の, 奧山の, 女あるじの, 好奇心とか, 姫君さまの, 子供が, 子供も, 字だって, 学校のか, 学校を, 孫たちが, 実につまらない, 家の, 家も, 将来に, 尊敬も, 小夜子サンの, 小説や, 小野さんも, 小鳥も, 少しくらい, 巡視も, 巾着から, 帯だって, 年々の, 床に, 店の, 庭木戸を, 弓張月句伝実, 弟の, 弟は, 弟達も, 張氏の, 当人どもも, 彼は, 彼処の, 後には, 後三日, 従者どもの, 御役所, 御給仕, 御親類方, 怖いやう, 或意味, 或時, 戸だ, 戸締りには, 手頃な, 才八どんは, 捨さんに, 新生寺さんも, 新聞などの, 日本の, 日本人の, 日頃の, 旦那樣の, 明子は, 明智探偵の, 明治に, 映画にも, 昨日の, 昼頃の, 更に会社, 月が, 有験, 服も, 東京は, 林町の, 柳沢侯が, 検事も, 正ちゃんは, 正子にも, 正木先生も, 死刑執行が, 殊に幹枝, 殊に昭和十一年, 殊に紫竹, 母も, 民衆の, 気も, 気休めに, 気嫌も, 江戸よりは, 混雑に, 無二の, 無論警察, 熱も, 熱心にも, 燈臺看守も, 父さんの, 父とも, 父も, 父親も, 爺さんの, 特に歌曲, 犯人の, 狸さんの, 玉橋先生は, 王妃は, 王子は, 現にわたし, 現在は, 現場も, 生きた一人, 男は, 留吉どんと, 皆さんも, 着物も, 社殿の, 神社の, 福日社も, 私と, 私には, 私にも, 空は, 空も, 窪川鶴次郎さんの, 立花咲子が, 立身も, 競争嫉妬など, 第一, 筋の, 篠崎さんの, 結局誰が, 絵に, 続いて, 綱を, 緑いろな, 美しい外国映画, 美代子の, 美津子さんは, 肩の, 肯かない男, 背が, 自分たちの, 自宅にも, 良人も, 色道にかけては, 茣蓙や, 菫色の, 葉子さんを, 蓄音器の, 蜂も, 衣服等も, 表方の, 裸の, 角兵ヱは, 言葉を, 訴訟も, 詳しく拝見, 諸藩, 警官がたも, 谷村さんには, 賊の, 赤衣を, 路上にも, 身に, 身体も, 輪鍵も, 農事試験場の, 農商の, 近くに, 近所の, 達吉は, 遺憾は, 遺族の, 部屋の, 酒も, 酔えば, 野原の, 野原は, 野口も, 銀行その他取引先も, 長い爪, 陳慧君の, 随分会社, 雙方に, 雨の, 雪も, 非常に, 音楽も, 頭の, 顔だって, 顔色も, 飛行船も, 飾の, 馬が, 駅の, 騎手も, 麦刈りが

▼ ましたもの~ (603, 1.1%)

164 でしたから 108 ですから 191711 でございますから 10 でございます, です 97 でご 6 ですが 5 であります 4 でございますが, と見え 3 か, だそう, でそれ, と見える

2 [11件] かどう, かわざと, でこの, でも, でよく, で何, で私, に相違, はそれ, を御, 御使用

1 [195件] かあの, かあッ, かいっこうに, かいつも, かご, かすぐ, かすこし, かそのまま, かそれとも, かたいへん, かただ, かとぼとぼと, かばたばた, かひどく, かふと, かへや, かまた, かよく, かわからない, かボール紙, かレミヤ, か一昨日, か一枚, か一言, か丁度, か不, か不思議, か主, か今, か今日, か伝六, か何とも, か分りませぬがす, か実に, か小, か年一年, か抜き身, か持田様, か時々何やら, か時として, か朝, か澄し, か燭台, か父, か町人, か親譲り, か錠, か飴売, がこの, がもし, が今, が八時過ぎ, が戰國策, が皆手, が計らず, ぐらいで, このまま, ご迷惑, しばらくお, じゃから, だからね, ださうでその, であったが, であなた, でありまして, でありますから, である, でお, でがん, できっと, でここ, でこんなに, でございましょう, でございますあなた様, でございますこと, でございますごらん, でございますどうか, でございますね, でございますので, でござるが, でしょうか, ですからね, ですけど, ですって, ですよ, でその, でそれほど, でという, でどうぞ, でどこ, ではい, でスワ, で一本, で一生懸命, で三人, で中, で他目, で余り, で其, で同じく, で夜, で大概橋場あたり, で子供, で実に, で御, で御座いましたが, で御座います, で御座いますから, で既に, で普通学生, で殿下, で江戸, で江戸ッ子, で治, で渡米後, で現在小生, で當時, で箱書, で精密, で腕, で若江, で藤波自身, で要するに, で調合台, で貴兄, で配給, とおもわれます, とします, とみえ, とも思いませぬ, と存じ, と思います, と思われまする, と見, どうか今四五日, どうぞよろしくお, なあ, なので, なれるでしょうか, にご, にしろ, の, のよう, の上, の中, はおなじみ松平伊豆守, はそ, は一切, は二, は可, は右門, は小田切久之進, は徒に, は或いは, は自殺, は蝦夷, もなろう, も一入, も失せます, も拜見, やから, やらもう, やら見る, ゆえむこうも, ゆえ六角, らしく妾, らしく自分自身, らしく集まって, をいいます, をいきなり, をいまさら, をお, をかたづけます, をそんな, をとんと, をどうぞ, をほんとに, をもう, を並べ, を佐伯部, を劉向, を召食ろう, を同封, を奥地, を残念, を私, を自分, を選ぶ, 共々ご, 大層甲斐, 少しは, 御隠居さ, 懲りたの, 故聞き覚え, 貴嬢能

▼ ました~ (602, 1.1%)

6415 知ら 10 それは 8 親分 6 どうか 5 して, 私は 4 存じませんが, 旦那, 知りませんが 3 それが, 彼の, 御免なさんせ, 知りませぬが, 知れません, 親分さん

2 [25件] え親分, これは, しれません, そしてその, そのこと, それなら, それを, どうでした, よいところ, わかりませんが, 何せ相手, 坊主は, 実は私, 少しも, 御主人, 御免下さいまし, 或は貴方, 或る, 旦那あれです, 此の, 知らん, 知れませんが, 私の, 耳にも, 見て

1 [409件] ああありがとうござりまする, ああおすがた, あいつは, あなたにも, あなたは, あなた様へ, あのうつくしい, あのお, あのホテル, あの人, あの女, あの子, あの本, あの男, あの米友, あの者, あの越智東風, あの鈴慕, ありがとうございます, あるいは身投, ある日, あれから, あれが, あゝ有難うござりまする, いずれも, いずれ反対党, いつぞやは, いつ頃, いやさすが, いやそれで赤児, いよいよ以, えあの, えお前, えお品さん, えそれ, えそれから, えと脊, え五六日前, え今お宅, え情, え智識, え肥え, おい, おいたわしい, おおかた北畠中将, おごそかな, おさそいした, お冷でも, お加減, お坊さんがた, お照, お知らせも, お腹の, お蝶さま, お見, お見え遊, お解りでしょう, お訊ね, お話申し上げましょう, お雪, お雪ちゃん, お顔, お願いで, ぐらゐの話を, ここへ, こちらが, こっちへ, ことしは, こののら息子め, このよう, この度, この水, これが, こんなに遅く, ご主人, さあこ, さあどうぞ, さっきまで, さっき靄の, さっぱり分らなくなっ, さっぱり存じません, さつきまで, さよう, さようなれ, しかしそれ以上, しかとした, しからば, じゃちょっと, すつかり, すると何, ずゐ分, そうし, そうしてその, そうして以前どなた様, そう感じた, そこどこは, そこの, そこらの, そのよう, その人, その名, その変事, その容体, その後は, その時, その次第, その赤い, それから先, それじゃ, それだけは, それで, それと, それとも, それともお, それともくま, それともまだ, それとも一杯, それとも今朝闇, それとも全く, それとも吹き消され, それとも娘, それとも幕府方, それとも板塀, それとも途中, それとも閉, それにしても侍共, そんなに早く, そんな体質, ぞんじません, たいそうなお, たしかそれ, ただしは, ちっとも姿, ちつとも, ちょっとお待ち, ちょっとも, ついえ公, ついお見逸れ, ついとりのぼせました, つい仰し, つい存ぜぬ, つまりその, ではあくまでも, ではまあ, とうとう, どうか知りません, どうしてまた, どうぞ御用, どうだ, どうで, どうです, どうも, どうもあなた様, どうもお, どうもそこ, どうも手前, どなたを, どんなもの, なかなかあちら, なぜこんな, なるほど, なるほどなるほどご浪人, なんとなく, のぶな, はいちょっと, ひどい目, ひょろ松, ふと眠り, ぶつたま, ほかならぬおく, ほかの, ほらわたくし, まあその, まあそれほどでない, まあどうも, まあ神様, またはいつ, またはこの, またはむし, また人様, また急, まだお, まだです, まだ若い, みんなに, もう, もう方々, もう歿, ものの, やっぱり馬市, やはり天守, よいお, よくは, よくまアご, らんぐんのちまたのことゝて生死の, わからない, わかりましたか, わかりません, わたしは, われらは, オオどこへ, コンラツドの, ズドンと, ドーブレクも, ナア, ネエ, ヒトミさん, ヘエ, ヘエ成程, ペンキ屋の, ホレそこ, マネット嬢, モー沢山です, ヴァイオリンの, 一体何者, 一向存じません, 一寸遠目, 一番汽車へ, 三助でございます, 三十六本仕上がっ, 上杉さんね, 下手糞とか, 不図, 不思議な, 不知宜しく, 久慈は, 乗鞍ヶ岳の, 二間程の, 五体に, 五郎入道正宗という, 人の, 今のを, 今怪しい, 今日奥羽地方の, 今音楽堂, 以前よりも, 伊勢の, 伯父秋月へ, 何う, 何か, 何も, 何処へ, 何卒お, 使ってるもの, 個人が, 先ごろ信長公より, 先刻お越しでございました, 先生, 兎に, 其声は, 分りましたか, 分りませぬ, 判りませぬ, 判決は, 力強くあたかも, 動かしは, 又到底, 又如何, 又預り金, 叔父さんが, 只石礎ばかり, 右内は, 啼いて, 変人という, 夜分まことに, 大井様, 大井樣, 大変顔色が, 夫だ, 奥様が, 好きです, 存じませぬが, 存じません, 存じませんいや, 存外此, 定めし山口, 宵に, 家中の, 将軍, 尻を, 山三郎にも, 左様か, 当りませんか, 御ひょうじょう, 御内儀, 御勉強, 御奇特, 御存じでは, 御心当り, 御病気, 御親切, 御隠居, 心当りは, 思うて, 思へば, 急に, 恐らく焼き捨てられ, 或いは偶然, 或いは出, 手がかりは, 手に, 手塚さん, 承知いたしました, 投身でも, 折角ここ, 振り向いて, 斯う, 日中あの, 日本に, 旦那堪忍し, 旦那様の, 旦那樣の, 昔し, 昔の, 星宮君, 昨今見えた, 昨日から, 昨日とやら, 昨日まで, 暗礁へでも, 月を, 有りがたう, 有難い, 東京府の, 案の, 正当な, 正直な, 正銘まちがいない, 此處へは, 死體の, 気が, 気がついて, 気味の, 水が, 汽車が, 浪さん, 煙草入も, 猪でも, 獲物を, 生国は, 病気にでも, 白い蝶, 眞に, 真赤に, 眩惑から, 眩惑以上の, 矢野と, 知らといつて, 知らんが, 知ら手洗場, 知ら申刻, 知れませんから, 知れませんので, 知れませんよ, 知れません五八さん, 知れません本当に, 確かに, 秀吉と, 私です, 秘密造船所の, 種子まく, 穴の, 突いたん, 竹取りの, 第一の, 肝心の, 自分が, 自分では, 色が, 花房君, 花簪の, 若しそうだったら, 若しや, 若旦那, 苦々しく顔, 落し主は, 行く先が, 見えませんから, 見たに, 見失いましたので, 解けませんか, 詳しく御, 誰から, 誰が, 誰でございます, 誰も, 豊でございます, 貴方方, 赤尾の, 起上り前なる, 足音が, 軽率の, 追, 遂ね, 道連の, 郵便局は, 釈迦八相でありました, 野分の, 間諜どころか, 阿波屋の, 雅文体の, 面目次第も, 面目次第もござりませぬ, 頓と, 顔色が, 飛んでも, 馬も, 魘されて, 黙然として

▼ ました~ (556, 1.1%)

15 の私 12 に, に私 8 にその 6 に御 5 はまだ, は私 4 にはもう, のよう 3 にあなた, にお, のこと, の事

2 [31件] から私, すぐに, でさ, でした, なぞは廊下, なども小, にちょうど, には, にはこれ, には彼是, には思わず, には私, にふと, にわたくし, に主人, に天皇, に女, に帳場, に此, に満場, に炎熱地獄, の心苦し, の苦しみ, はお, はこの, はもう, はわたくし, は有難, も御, も私, も老爺

1 [411件] ああいう, あの二十日, お父様, お砂糖入り, お胤, かういふ園長先生, からあなた, からあなた様, からいらいら, からこうして, からこの, からどうか, から土蔵, から女王さん, から好き, から始まり, から思い立ちました, から故, から洋服, から深く, から自得, から落ち着い, から親たち, から赤, から返事, がなお, が十八歳, が既に, が母, きわめて少数, こういうお, このお玉杓子, この任土貢, この文句, ご上人様, そのため, その中, その小, その時, その為, その紳士, それとなく, ただ一言, たとい一命, だいて, だけちょっと, ちょっと参りました, ついそれ, ついぞあなた, で, でございます, でさえもまるっきり, です, でも入口, でよく, とすっかり, とは反対, と少し, と違つて, どうした, なぞは毎日毎日大入り客止め, などはお, などはほんとう, などは当り前, などは書斎, などは當, などまじない, などもたまたま, など事, にあ, にあそこ, にあたかも, にあの, にうっかり, にうまく, におじぎ, にお母様, にお目にかかった, にお願い, にきっと一応, にこうした, にこの, にこんな, にすぐ, にすわっ, にそう, にそこ, にそれ, にだれ, にちら, になぜ, にはあなた, にはここ, にはさ, にはさすが, にはじめて, にはその, にはそれ, にはたたきつける, にはっと, にはどうか, にはどこ, にはぼんやり, にはまだ, にはもうすでに, にはもうそろそろ, にはもうよく, にはもはや, にはわたくし, にはニンジ, にはビックリ, には一筋道, には上路, には乱歩氏, には今, には信樂豐前, には別, には前, には南清, には名主幸左衞門, には妾, には嬉しい, には実に, には常, には床の間, には弁信, には憚りながら, には文庫, には是等, には本当に, には桑原治平, には殆ど, には母, には決して, には流石, には畳, には真っ, には紅矢, には自分, には自然, には解職, には頭, には駐, にひ, にも, にもう, にもお話, にもそこ, にもめづらしく, にももうそんなふうに, にも外国, にも宗教, にも官服, にも志免様, にも手前, にも未だ漸く, にも深い, にも私, によい, にわれわれ, にオトウカシ, にカムヌナカハミミ, にサホ姫, にスペイン, にチャプリン鬚, にマダム三浦, にメトリ, に一人, に一所, に一番晴れ, に世, に中尉, に五郎治, に人, に今, に仏壇, に仲間, に伊勢, に何, に何とか, に何となく, に何時も, に俊斎様, に信太郎, に兄君, に先生, に先程, に兵士, に其家, に内, に出家, に初めて, に勧められ, に厚く, に友人, に叔父, に吉野川, に向, に向う, に因果, に売, に多分, に大変, に大正九年, に大雨, に太子, に奪, に女房, に妙音弁才天, に姫, に姫君, に娘, に宅, に宇治野, に宗觀, に宮様, に寄っ, に岡沢先生, に已にさ, に幕府, に弥次郎, に彼, に後ろ, に忽然と, に思い当りました, に悲しい, に慢心和尚, に故郷, に文七, に明和三年正月, に智恩院, に木, に果して, に校長先生, に殿方, に河, に浦原嬢, に海中, に海神, に烏帽子, に熊野, に父さん, に片手, に珍しい, に生命, に申した, に當局, に白島山平, に皆攻め, に直接, に真っ先, に知らぬ存ぜぬで, に知りました, に石窟, に竜, に自分, に自動車, に虚無僧さん, に被告, に裏, に裸, に見せ, に角太郎, に身体, に込ん, に近江, に遂に, に道庵先生, に還り立つ, に野見宿禰, に静か, に鼻, のお, のその, のやう, の両親, の九年前, の伴, の其心持, の勇気, の口惜し, の可笑しかっ, の嬉し, の御, の心, の怖, の情, の情な, の戸籍, の手前ら, の新発意, の校長先生, の模様, の気持, の當初, の空, の見物, の辛う, はあたし, はあの, はあまり, はあれ, はいきなり, はさすが, はすんで, はそんな, はなんとも, はねもう, はほっと, はほんとう, はまあ, はまだそう, はもの, はよほど, はシモヤケ, はスッカリ胆, は一家言, は丁度, は丈夫, は上下, は与八ひとり, は主人, は二度, は人様, は何, は何となく, は側, は前漢, は勇, は取, は合宿, は吾人, は園部, は多助, は夢心地, は女達, は実に, は少し, は平田家, は思わず, は恐ろしゅう, は文政戊子, は既に, は明り, は服毒後一時余り, は水司又市, は流れ風, は皆, は皆さん, は確か, は細め, は羽生村, は考え, は舞台, は草, は銀さん, は難, は雨戸, は顔中血だらけ, は馬鹿, ひよつくら玄関, ふとこの, ふともらした, ふと人, ふと見上げる, またし, まだお父さん, まだほんの, まだ無名作家, までお預け, まで私, もあの, もう加集, もう若者, もお, もおきれいだ, もお気, もお目にかかりました, もそう, もね御, もまだ, も丁度, も大層, も存じない, も忌中, も甘く, も私ども, も自分, も落葉, も蓆壁, よりか私極り, わざわざお, を悲しみ, 下むき, 其の村方, 初めて連れ, 古い手紙, 向ふ, 囁くよう, 始めて, 常どん, 後で大笑い, 御奉行様, 御家中, 御縁続き, 思いがけずその, 憶えもござりましょうが, 既に貴, 早速サンタ, 真暗闇, 突然頭

▼ ましたこと~ (431, 0.8%)

2812 でしょう, は 8 でご, は私 7 です 65 はない 4 がお, はお, を, を御 3 がご, でございましょう, でしょうか, と思います, はすでに, やら, を御存じ, を私, を自ら

2 [19件] が, があります, がございます, ですし, でせう, でも, で御, で御座いました, とその, につきまし, に就, ね, ねえ, はこの, は夥しい, は青木さん, よ, をお, をお許し

1 [264件] いまさらもうしわけ, お聞き届け願います, かお, かその, かとも愚察, からあなた様, からこれ, から推します, から昔, から起った, かわからない, か一々, か今年, か死ん, か突然, がお気づき, がけっして, がこの, がございまし, がございません, がせがれ, がない, がなにやら, がほ, がほんとう, がわかり, が今日, が何となく, が噂, が宿, が幾たび, が彼女, が恨めしゅう, が有る, が知れます, が誰, が間違い, ご安心, その前, だけでございます, だけを悲しん, だけを申しあげたい, であったが, であなた, であの, でええ, でお, でかえって, できましたこと, でげす, でございます, でございますが, でございまする, でさ何卒, ですから, でその, でそれ, ででももの哀れ, でなぜ, で中納言様, で仕事, で何, で併, で偶然私, で先ず, で厶, で命, で大きな, で大藏披, で広小路, で弟子, で悲しみ, で残念, で毎年春, で犯人, で私, で私自身, で粥河, で誠意, で過分, とがややこしく, とねえ, と今, と存じ, と存じまする, と思ひます, どうぞお, などで思い合わされる, などはただ, などは何, なんぞ私, なんといふ, にお, につきましては何, になった, には, によってかえって, によりましても前生, によりまして今日, に対してまた, に対しても何, に対して私共, に対しまして深く, に就い, ねそれに, の中, の他, はあきらめきれません, はあと, はあなた, はいう, はいささか, はいつか私, はうれしい, はおっしゃらない, はかえすがえす, はかえって, はこれ, はこんな, はご, はございません, はござんせんでしょう, はせん, はそう, はその, はとにかく, はなに, はなんと, はひと, はほのか, はほんとに, はまことに, はまた, はまだ, はまだいろいろ, はむろん, はもったいない, はよく, はわたくし, はアルプス産, はフランス, は一つ, は一度, は一身一藩, は一重, は不肖身, は事実, は今日, は何, は何より, は個々, は光子さん, は凡そ, は古, は古来, は堪忍, は外部, は大勢, は奥様, は存じ, は宋高僧傳, は専断, は専門, は当分, は御, は恐れ入ります, は恭一さん, は我々, は教会, は本船, は村長さんはじめ, は欣快, は正面, は死ん, は残念至極, は殿下, は無駄, は父宮様, は申し上げ, は申し訳, は皆様, は私個人, は結果, は結構, は罪万死, は覚え, は誠に, は豐年, は返す返す, は陶器, は頓, は願いました, ばかりです, もありまし, もありました, もあります, もおし, もご, もござりますが, もよく, も一度, も今, も前生, も御座, も御座いません, も早い, も深い, も私情, も話しました, やあ, やらわたくし察し, やら存じ, ゆえふと, ゆえ島, ゆえ御, よい思い出, よりも人心, らしくひでよ, をあなたがた, をいつわる, をいろいろ, をうれしく, をお話, をどれ, をまことに, をよく, をわたくし, をわたし, をサンプリスさん, を一つ二つ, を世間, を二三, を人, を伺いまし, を古い, を姫ぎみたち, を嬉しく, を少し, を幾重にも, を後で, を忘れ, を思います, を憚りながら, を書い, を書きとめ, を物心, を申しわけ, を申し上げよう, を申し添えます, を知っ, を知つて, を私ども, を私自身, を簡単, を簡單, を話し, を謹ん, ネ, 何卒お, 後で附, 故, 故私, 有難きしあわせ, 決してよい

▼ ましたよう~ (411, 0.8%)

37 なわけ 2523 な次第 13 です 12 な訳 109 な事 7 ですが, にそれ 5 にこの, にその 4 でご, なもの, なものの, に私 3 な事情, に俳優, に存じます

2 [13件] であった, でございます, でしたが, ですね, でまことに, なしだい, にいろいろ, にお, にずっと, にまだ, にわたくし, に母, に民主主義

1 [207件] ご意図, じゃげ, す, それからそれ, だった其時, であなたさま, であります, でありますが, でえ, でお, できまり, でございますが, でございますそれ, ですから, ですけれど, ですよ, ですわ, です丁度, でそれ, でちっとも, でまた, でスッテンコロリ, で口, で実に, で御座います, で心細い, で恐れ入りますが, で時々, で時々クラクラ, で気, で筆, で貴女, なああ, なけったい, なこと, なこの, なたのしい, なラジオ, なワケ, な三道楽, な不幸ずくめ, な人, な仔細, な偏屈者, な傲慢, な働き, な儀, な可, な因果関係, な奸計, な始末, な家, な容易, な寂しい, な形跡, な御, な心持, な心霊学, な感銘, な斎藤先生, な気, な気持, な理由, な甘い, な白杖, な石器時代, な私, な自ら, な自然的, な豪壮, な身代, な順序, な題, にあきらめ, にいたって, にお上, にくどい, にけっして, にここ, にこの間文展, にこれ, にこれから, にご, にしよう, にすこし, にすでに, にすべて, にするする, にそこ, にそのまま, にたとえ, につねづね, にです, にとかく, にとても, にとにかく, になに, になりまし, になりました, にねあなた, にほとんど, にみなさん, にもうだいぶ, にも私, にわざわざ, にわたくし自身, にわたし, にわれわれ人間, にアメリカ, にエックス光線, にクイーン・メリー号, にソヴェト同盟, にチベット人, にチベット政府, にデリケート, にミミ族, にロッテナム夫人, に一つ, に一人ぼっち, に一見, に万事, に上, に不器用, に世間, に両方, に事, に人, に人間性, に仁清, に今, に今後, に今日, に佐助, に何やかや, に俳句, に傷, に働かさす, に元, に兎, に内密, に半四郎, に危急存亡, に原作者, に受刑者, に古, に名, に國, に國民, に地球, に変, に大, に天罰, に存じ, に存じまする, に存じられまする, に安倍源基, に寒う, に専制, に川上機関大尉, に弥吉め, に当, に当時, に彼, に心安く, に思われます, に恐ろしい, に意味, に摩利, に支那, に日本, に旦那様, に本, に極, に殺人事件, に殿下, に汽車, に渡船者, に無, に爪, に父, に犠牲, に犬, に画, に皇帝, に秀岡, に窓, に結局私, に舞楽, に苦笑い, に蕪村, に虚栄, に蛭川さん, に見えました, に見える, に覚え, に親, に親類, に詳細, に認識そのもの, に誤解, に赤十字社主催, に進駐軍向け, に鋭敏, に電話, に霰税, に魂, に鼻

▼ ましたところ~ (384, 0.7%)

12116 でございます 4 でそれ, によります 3 でお, へお

2 [18件] がその, そうか, その中, その者, でこの, でした, です, ですよ, ではあの, で手前, で許宣, による, はこの, へこの, もはや夕闇, を丁度, 御手紙, 果せるかな

1 [305件] あくる廿三日, あくる日, あたかもきょう, あに様, あのお代さん, あのお屋敷, あの聖書, あろうこと, いかほど呼ん, いさし, いっこうお, いつしか, いとうら若い, いろいろと, うれしいこと, おきき, おくにどん, お使い下さる, お侍, お帰り, お紅殿, かくさずその, かずかずの, かねて令徳, からいそいそ, からこんな, からそれ, からだれいう, からとりあえず, から去来, から叔母さん, から来た, から松明, から殿様, から無医村, から私, から考へ, かれら意外, がいつの間にか, がさっそく, がなかなか, がなん, がね尼奥様, がめいめい布施物, が中, が俥, が判らないです, が図, が大いに, が大人気, が実に, が早速, が祖母, が酒, が非常, このたび江北, このよう, この初夏, この春ごろ, この紙片, この辺, この長兵衛一身, この頃, ご危難, ご外出, ご独身, ご老師, ご高名, さああれ, さすがは, さっそくおいで, さっそく宗家, さっそく幕府方, じつに大口様, せんねん, そういう訳, そこできわめて, そのうちにわかぎみ, そのくらいの, そのたけ, その三宅夜, その上人, その下, その両人, その主人, その人, その帰り道, その手, その按摩, その旅僧, その水差, その猿廻しめ, その目, その音, それからあと, それでよい, それでようやく, ただいま新田, たちまちに, ちょうど只今お話, ちょうど夏, ちらりと目, ついに観念, であんなに, でいわゆる, でうまく, でかえって, でかつて, できっと, でご, でございました, でございますよ, でさしあたり, でしてやられる, ですお, ですが, でそこ, でその, でちょうど, でつい, でとても, でとてもとても, ではあなたさま, ではあなた様, ではとめ, では上京直前, では便, では御, では放蕩山人, では旅行中御無沙汰, では本当, では次郎, では決して, では清さん, では精神病, でへえ, でもし, でビク, で一向, で三つ目, で人相, で使っ, で剛直, で千石前後, で去年, で天地, で婆さん, で少し, で当山, で御座いますから, で成仏, で手, で拙者, で新月, で此, で決して, で真面目, で芸術, で行く末, で読者, で買う, とつぜん背後, とのさま, どうもあと, どうも寛永寺別院, どう考え, どす, なかなか御, なにぶん先君, なるほどこの, なんとおどろくで, に, にし, にはやく, によって, によって呉一郎, に依っ, に依れ, に泰平郷, のご, の丹生川平, の例, の密勅, の尊げ, の山, の御, の所感, の文, の松蔭大藏, の武州御岳, の狂人たち, の異相, の虎, の貧しき, の起信論, の風聞, は, はからずもきょう, はからずも近頃, はからず極秘, はしなくもこの, はしなく職屋敷, は品川, は平時, は飾場, ふいっと, ふーむと, ぶらりとお出かけ, ぷんと煙硝口火, へいまし, へこん日ここ, へだんなさまがた, へどこ, へひょっくり, へまた, へ人違い, へ今日, へ宜, へ思いがけない, へ懸想文, へ折, へ持つ, へ昨日MISS, へ目, へ私, へ突然, へ肉親, へ能登守, へ裁判所, ほどなくひでよ, ほんの近く, まさに今年, まだ村岡, めらめらと, もうどこ, もう一遍, もう二月, もしやと, もともとが, やはりさに, やはりもういなかった, やはり変, やはり最も悲しい, ようやくの, ようようこん日拝, より何, わざわざの, を, をこの, をつい, をみます, をみる, をようこそ, を先日中, を取り押えました, を取押え, を強く, を早く, を正木先生, を申しまする, を聞きます, を興, を要約, を見る, クルクルと, 一度何処, 何時の間にやら, 僅か二年, 充分成功, 其の新, 各隊一段備え, 同じ家中, 大いに効果, 子按摩, 幸い今, 幸い今日, 後でその, 御先代一閑斎殿, 御名前, 御覚え, 忽ち起こる, 思いあたる記事, 思いがけない御子, 思いがけなく錦, 怪しい女, 或日, 早くも, 早速主人, 果して死後十五分, 果たして仏間, 果たして賀相殿, 案外少数, 案外軽い, 気にいりの, 疑うならば, 眠くなりました, 着くと, 計らずも, 貴殿方, 貼出し, 遂に兄, 間違って, 離れて, 面白いという, 願うても

▼ ました~ (330, 0.6%)

12 親分 63 あの女, どうも, 私が

2 [14件] あの子, あの時, こつちの方, この湖, これが, どんな悪い, わたしは, わっし, 今夜は, 君, 小山さん, 御気の毒, 昌作さんの, 私は

1 [275件] ああいう, あいかわらず性急, あなたから, あなたと, あなたの, あのがんりき, あの作者オオドゥウ, あの地獄行き, あの時分, あの月江さん, あの様子ぢ, あの生, あの野郎, あの音吉, ありがとう, あれは, あれを, あんたこそ, あんな子, あんな男, あんまりあっけない, あんまり御念, いい人, いかがです, いかに勘, いきなり外, いくら人間, いま, いま評判の, いらつし, えどうも, え独仙先生, え私, おお, おおよく, おそろしいもん, おとっさ, おゆるし下さいまし, お下屋敷, お名, お孃さん, お宅, お師匠さん, お幾歳, お弁当, お時さん, お暑, お殿様, お気を, お続けなさい, お買い, お門違いじゃ, お雛様を, ここは, この, この人, この娘, この客車, この有名, これなら, さあさ, さつき星の, さてあなた, さよう一時頃, しかしこういう, しかしまあ, しばらく, すると人殺し, そういう事実, そうお, そうおっしゃっ, そうしてその, そうそうお, そうだ, そこから, そこで品吉, そして何, そして山頭火, そして私, そのあんた, そのいい, そのとき, その方, そりゃ旧, それからお客さん, それが, それならあなた, それに私, それは, それも, それ十七姫御, それ外面如菩薩内心如夜叉の, そんな芸当, たいへんに, ちっとは, ぢや, ついでに, ですとさ, でたらめの, ではよし, では今度, でもまあ, でもまだ, どういうの, どうかする, どうしましょう, どうです, どうも何しろ活物, どこまで, なんていう, ねえ小川さん, はじめが, ふーむ, ほんのちょっと, まあまるで金太郎, まあよかっ, まだお, まったく, みんなは, もうたくさん, もう二週間, もう提灯, よく看守さん, よく覚え, よしんばです, わかりましたね, わたくしが, わたしが, イ, カフェーの, キチガイが, サアドーゾ, サークルという, ストレーカさん, ホホ, ポローニヤス, マイダス王, ママちゃんが, マーガレット, ローレンスの, ヱ, 一はし銀メシを, 一円と, 一字送り, 一寸表戸を, 一石二鳥の, 丁度あの, 丁度女盛り, 七万四千七百円の, 丸で, 二の句も, 京大阪なら知らぬ, 人見さんは, 人間て, 今のは, 今年は, 今度のは, 今度帰つた時探し, 今日は, 他を, 何う, 何うも, 何んだって, 何方です, 余り綿, 僕の, 僕は, 先生, 先生も, 入場券あちらで, 全く, 全く気, 八五郎さん何んとか, 六七時間呑みつづけでした, 刃を, 勝山さんあの, 占めたと, 厭です, 名古屋の, 喜左衛門どん, 地主として, 地獄の, 大抵男, 大明国に, 大菩薩峠の, 奥様, 如何した, 妾は, 姉者, 実の, 寒いゾ, 小倉へ, 山の, 山神が, 川上が, 左様なら, 広い流し場, 引込みましょうか, 引込みませう, 後家さんに, 御きの, 御気分いかが, 御褒美, 御覧に, 徽典館へ, 怪しからん人, 怪我あしたやつらは, 憶えて, 我々の, 抱茗荷なら, 敬治君よく, 日本国中の, 早いもん, 早くお, 早く御, 明日から, 昔, 昨日から, 是は, 最初の, 未練が, 本当によ, 本当に心からあなた, 本陣の, 枯葉の, 格別私, 梶川様どういう, 森野さん, 此頃は, 段々気味が悪く, 水も, 水橋において, 波の, 海浜の, 漢于仁君, 澄子さんは, 火事だ, 火元は, 物理学を, 犬に, 玲子さん, 相生町の, 石卷さん, 石巻さん, 私あ, 私たちが, 第一, 自分の, 草鞋という, 蝶と, 行って, 覚えて, 親が, 親分も, 親分飛込ん, 親方, 覺えて, 誠にどうもお, 誠にハア, 誰でございます, 足もとから, 郁治が, 金兵衛さんの, 金吹町さんまア, 長いこと何, 長崎屋です, 隣の, 雪見酒は, 電燈は, 震災から, 食いもの屋の, 驚きました, 髪が, 鯨では, 鶴見先生

▼ ましたそう~ (264, 0.5%)

8137 です 18 ですが 1410 でございます 6 でございますが, にご 5 ですね, でその, でそれ 4 でお, ですから, ですよ 3 でご 2 して, でございますから

1 [58件] したら先方, しなければ, しまする, すると, だったの, であの, でありますが, でいったい, でいろいろ, でおめでとう, でお母様, でがす, でございますね, でさあ, でしてね, ですからね, ですな, ですのよ, です呵々, でそう, でそうして, でそのうえ, でその後, でた, でただ, でところが, でなんと, でまた, でやはり, でジミ, でハイハイ, で下, で今回節句, で何, で同じ, で外伝, で大変親切, で実に, で実は, で左様, で常住土蔵, で弱ったこと, で早速, で明治, で有難う, で歳月, で毎度, で決して, で穂吉, で興行中, で諸井さん, で門八爺, で関寺小町, なわけ, も云えます, 云えば, 言って, 訊かずには

▼ ましたのに~ (239, 0.5%)

5 急に 3 それが, どうした 2 あなたは, お叱り, この時, こんなこと, その時, それを, もうその, 今こうして, 今日は, 何という

1 [208件] あいにく留守, あとで, あなたが, あなた様の, あのよう, あの桜丸様, あの笹島先生, あまりにお, あれほど, あんなこと, いつのまにかみ, いつも不意, いつ盗まれた, いま急に, うたが, お会いさせ, お分り, お気が, お気の毒, かえって不, かんじんの, きっと牛, きて, きばを, きょうは, こうやっ, ここには, こっちへ, このうろたえ, このころ, このとしの七月, このよう, この事, この人, この答, この頃, この風, この鼻唄, こりゃ聞い, こんなに御, こんなに自分, さらにその, しっかり帯, すぐもうこんなことができたではございませんか, すこしも気, そうでもござりませな, そう思っ, そのうえ近頃, そのほか, そのまま小, その姉さん, その子供, その室, その将軍家, その後何度手紙を, その日, その沙汰, その藤夜叉, それから, それでもお, それも, それより, だいおんの, ちかごろは, ではではどう, としいえ, とつぜんここ, とんだ悲しい, どういたしました, どうしてあんな, どうやら大勢, なお吃驚, なぜか, なぜ今, なぜ逢っ, なにし, なんだか逆, なんの, にわかに居なくなった, にわかに絶息, ひごろ勝家公, ひとりおじいさんの, ひどく古び, びつくりしました, ふいっと, ほかにも, ほんとうに, まああたし, まことに残念, まことに生憎, またお, またまた編集者, また知らぬ, まだ単物一枚, まもなくその, もしやと, もったいない御諚, やや御, よく, よく見る, わざわざ降り, わたくしが, わたくしは, チュンセは, トロちやんだけは, モウ先生が, 一つだけ, 一昨日から, 一番むずかしい, 丈夫でいた, 主税も, 久尻窯から, 予想は, 二代の, 亡くなつたお父さま, 今では, 今の, 今まで, 今年に, 今日の, 仕様が, 何が, 何です, 何でその, 何と言, 何も, 倉地さんは, 先き, 先生を, 分らずやの, 半ばに, 卓を, 却って恐縮, 卵は, 又いつのまにか, 又こうして心, 叔父上は, 只今婚礼を, 図書室だけは, 地質以外の, 外へ, 大臣の, 大變興味, 娘の, 嫂さんが, 存じの, 宿がの, 将軍家に, 帆村が, 帯は, 彼は, 彼女は, 御婦人, 御思案, 御自身, 御邪魔, 思いがけずさんざん, 思いがけない縁, 恩を, 惜しい事, 打たれなかつたばかりか, 捕えて, 昔からの, 春松検校は, 昨日ちょうど, 暮れきらない, 有為無常の, 来ましたので, 東京からの, 東京に, 東宮様は, 松助が, 案に, 次の, 正木先生だけは, 此の, 歸つて來た, 残念でございます, 氏は, 気も, 無心の, 無理に, 父が, 父先生の, 牛は, 物怪が, 犬が, 玄関には, 生憎留守, 真実嬉しゅう, 矢張りさうな, 矢張り犯罪者は, 私は, 私を, 私実は, 私自身いわれ, 管仲は, 義務を, 老体の, 背こそ, 許して, 貴下よく, 貴女は, 貴方何う, 輿にか, 近ごろ無礼な, 雪舟だけが, 黙つて帰つて

▼ ました~ (239, 0.5%)

39 ですが 31 です 24 ですよ 1813 ですけれど 8 でございます 7 やが 6 ですの 5 ですけど 4 でしょう, ですから, ですって 3 じゃ, でございますよ, ですか, ですつて, ですね, やろ

2 [13件] だす, だそう, でございますか, でございますが, でございますけれど, でござんす, ですがね, ですもの, やけど, やそう, やで, やな, やろかいな

1 [32件] か, が十時, だ, だが, だすがな, だっしゃろか, だっせ, だって, でございましょう, でございましょうかしら, でございますそれ, でございますね, でござんしょうか, でしょうか, ですかねえ, ですけどね, ですけれども, ですねえ, ですのよ, ですわ, ですッ, です風, でねえ, では, で御座います, で御座いますよ, どす, やがな, やけれど, やさかい, やしらん, や數さん役場

▼ ました~ (220, 0.4%)

5 の父 4 はそれ, はもう 3 は自分 2 が惡, のお母様, の心, はあなた, はこれ, はその, はどう, は今, は天

1 [186件] があなた, がお, がこれ, がそっと, がその, がつい, がふと, がほんの, がやがて, が人間, が何, が帰りました, が悪い, が生れた, が考えます, が行け, が見付け出い, しは, すらまだ, だったの, でも, といたしまし, との二人, とは夫, にいろいろ, にだけはお知らせ, には兄弟, にも見えまし, に向っ, に対しても毀誉, のあなた, のした, のま, の上京, の作品, の兄, の力, の友達, の唇, の妹, の姿, の店, の心持ち, の悲しみ, の愚かさ, の手, の最後, の楽しみ, の歯, の生命, の目, の第, の結城木綿, の罪, の耳, の背中, の舞, の著述, の褞袍, の見込み, の親たち, の言葉, の記憶, の許, の詩, の責任, の身の上, の車, の間違, の顔, の髪結, は, はあんまり, はうなづきました, はかへる, はこの, はす, はそこで, はそんな, はた, はなん, はべつに, はほんとに, はぼんやり, はまたも, はもうどう, はもしも, はアラユル危険, はホット安堵, はマルテン・ルーテル, は一, は一人, は一生懸命, は一緒, は丁度十二, は不意, は之, は二人, は些, は京, は今に, は今度, は何処, は信州松本, は全く, は兼ね, は助かりました, は包, は卒業生仲間, は口, は口惜しくっ, は吾, は大, は寝ず, は屋根, は常に, は彼女, は心神喪失, は念, は思わず, は急い, は恐ろしい, は手提袋, は文句, は旅, は旅商人, は早世, は春山家, は昨年越後, は昨日, は未だに, は未だめったに, は村上八百次郎, は松谷秀子, は此子, は此家, は歴史, は母, は氣まり, は父, は特に, は独り, は疾, は百里, は盗人, は直ぐ, は眞夜中, は私, は第, は細川和氏, は自然, は若しも, は葡萄酒, は血, は許す, は蹴られ, は近頃, は途方, は重態, は離家, は頭, は高沢町, もそう, もまだ, もハア, も一寸お尋ね, も両, も丹誠, も二階, も今日, も他, も何かと, も処刑, も嗜, も少なから, も彼方, も成る, も拝見, も最う, も胸, も退, より他, をぜひとも, をどうぞ, を御覧, を見つけます

▼ ました~ (169, 0.3%)

6543 がございます, もなく

2 [12件] がございました, でございまして, でございます, でその, では, で今, には一つ, に就い, の序で, は, もありました, を聞きました

1 [124件] うれしい事, か解りません, がありまし, がある, がお気, がございましょう, がござる, がつい, が一廉, が一時, が幾度, が決して, が程, が翌日, さえある, しみじみ胸, だけがいかにも, でげす, でございました, でございますから, でございます其の, でしょう, です, ですから, でせう, で一つ, で丑年, で亡くなられましたオモヨ殿, で今日, で実に, で引, で手前主名, で斯様, で早く, で昔, で此, で武士たる者, で毎日棒, というもの, と云ったら, と存じます, なので, ならば, なん, について堅気, について少し, につきましては呉, により自分, に就きまし, ね, の多けれ, の大層, の御返事, の済んだ, の眞, はいつ, はこれ, はございませんです, はござりませずまた, はたしかに, ははじめて, はほぼ, はほんとに, はまことに, はみんなヨタ, はみんな真実, はチベット, は一通り, は主任, は今, は何卒, は何卒真平, は先生, は光君さま, は啻私達自動車工業, は嘘, は大抵, は天一坊, は天地, は定め, は宜しゅう, は実に, は尋常在り来り, は思想, は深く, は父, は猥褻, は百貨店対抗策, は私, は私達, は誰, は邦家, また英文科卒業生, もこの, もすっかり, もない, も度々, も申す, も間違い, やら, やらあの, やらよく, をあと, をつまらない, をなんと, を一昨年, を主人, を厚く, を否, を存じません, を少し, を幾重にも, を御, を念, を思います, を思ひます, を悔む事, を感謝, を探っ, を申, を米国, を興, を飾り, 御起し

▼ ましたその~ (160, 0.3%)

5 時の 4 時に 2 ために, 五重の塔を, 土地の, 時は, 節は

1 [141件] うたは, うちでも, うちに, おかげとばかり, お君さん, お土産話, お声, お弟子さん, お心, お父様, お苦しみ, お話を, かわり友達のを, ことだけを, ことでございます, ことの, ことは, ころの, ころは, すぐ翌日, せつな身, ときは, とき彼は, なかで, ひょうし, ほかに, ほかにも, また泳ぎ方, ような, マナイタの, 一つは, 一回の, 上, 上に, 中に, 中には, 事を, 人, 人が, 人は, 傍に, 働きが, 初おろし, 前の, 効験で, 勘定で, 口で, 土蔵の, 場の, 変ったこと, 夜の, 夜父は, 夜雄二は, 女は, 娘さんは, 娘夫婦も, 子が, 安房の, 実行の, 実験の, 小屋を, 小説中の, 少女で, 帰り途に, 御仁な, 御像, 御奉公, 御様子, 御靴, 意は, 戦塵の, 手で, 折にも, 折の, 握り飯は, 摸型を, 文面には, 方が, 方法は, 日の, 時あなたは, 時ちら, 時どう, 時には, 時にも, 時までは, 時わたくしは, 時可哀想に, 時夫人が, 時海の, 時私は, 晩あたりは, 来歴をね, 松に, 枝川が, 枯死は, 横笛が, 樵夫に, 橿の, 次, 次に欧羅巴文明, 次第は, 死ぬ時, 残りを, 水夫等が, 求めざるの, 治安維持法改悪の, 混雑ぶりを, 焼け出されが, 現われた大きな, 病人の, 眼は, 瞬間におけるのみ, 矛先は, 秋ひどい, 簡易化民衆化生活化は, 結果, 結果では, 罪で, 聖書でございます, 腕に, 自然に対しまして, 舟の, 若者は, 訳と, 話は, 話をば, 豪勢な, 責に, 赤間ヶ関の, 足跡な, 辺が, 金剛杖まで, 鉱脈は, 際に, 雪を, 霧の, 顔という, 顛末を, 駅の, 鴉は

▼ ました~ (157, 0.3%)

4 文櫃は, 父様 3 孃さん, 屋敷の 2 ひまの, 亡くなりに, 刀を, 嫁さんは, 庇で, 言葉に

1 [131件] いたわしい儀, かたに, かねでございまし, きんと, ことばの, さよさん, なさけに, なつかしう, 一人な, 久の, 二人づれの, 二人の, 人形は, 休みなさい, 休みなさいませ, 作が, 侍様, 侍様あれから, 侍様は, 偉い方, 八代さんは, 出入りの, 勢さんという, 北という, 印を, 厩組の, 友達という, 取次を, 名前を, 品なら, 囃子の, 土俵の, 声に, 大事に, 大切に, 大尽の, 天気は, 奉行様も, 姉さんは, 姿が, 姿それを, 姿である, 姿なり, 嬢さまと, 嬢さまに, 孃樣も, 安い弗, 客筋で, 家族づれの, 寒さの, 察しいたします, 屋敷で, 峰お, 師匠, 師匠さまと, 師匠さまは, 師匠の, 帰りがけご, 帰りください, 帰りに, 庇にゃ, 店の, 弁当も, 役人は, 徳でございます, 忘れなく御, 恨みかく, 手紙うれしく, 手紙が, 手紙どうやら, 手紙の, 持ち帰り下さい, 持米とやらを, 文と, 料理の, 旗本の, 暇の, 梅が, 梅と, 梅は, 殿様が, 母あさん, 気の毒な, 江戸の, 江戸へ, 熊さんの, 熊の, 熊比丘は, 父さま, 父様の, 父様は, 父樣にも, 癪は, 目に, 目出度うございます, 目通りを, 眼当ての, 短かい, 祖母様や, 祭りは, 竹が, 筆お, 筆の, 箸それから, 米は, 粂さんに, 累さんが, 紺の, 紺婆を, 聞きなさいまし, 聞きの, 薬は, 藤と, 蘭の, 見せなさい, 豊は, 連れの, 道さんが, 邪魔を, 酒でございます, 酒の, 銀様は, 隅さん私は, 雪が, 非番で, 面を, 頼みでございましょう, 顔を, 風呂です, 馴染の, 鳥居さきから

▼ ましたゆえ~ (141, 0.3%)

2 ついカッと, てまえ, もしやと, 万一の, 恥ずかしさ

1 [131件] あけて, あの夜手柄, いっしょうけんめい介抱, いっそもう事, いつもの, いよいよ罪, ええめんどう, おかめ, おすがり, おぞましきこと, おふくみ下さい, お好き, お妹君様, お支度, お気分, お眠, お訪ね申さなけれ, かように, こうして一心不乱, こっそりと, このとおり舞台姿, この尼寺, こりゃどっち, ころころと, こわいどころ, こわごわ取りはずし, こわさ, ご当家, ご機嫌, さすがは, さすが気丈, さぞおも, さぞご, さっそくご, さっそくどなた, さも江戸錦様, さよう, すぐに, すぐにも, すぐやっ, すっかりおじけだちまし, せめてあかり, ぜひなく, そっと玄関, そのうち, そのこと, そのご, そのつど感想上, そのとき, そのままお, その安い, その由将軍家, それとなく探っ, たしかにそやつ, ただお, ただよろしく, たとえだれ, ついあの, ついお, つい旦那さま, つい欲, つい腹, てっきりも, てっきりもうあいつ, てっきりもう姉, ではこれ, どうかする, どうか多助, どうしよう, どうぞいつ, どうぞし, どうぞ伊吹, どんな災難, なおさら気味, なくなられました大和尚さま, なにとぞ訴状, なにもかもわかりまし, に, にかよう, にわかに騒ぎだし, に今日, に先生, に地, はておかしな, はよう金, ふいに, ふたたび軍務, ふとふびん, また買い, まだいる, みなして, むなしく引き揚げ申し, もうだいじょうぶ, もう久しゅう, もう鬱々, もしやもしやと, もしやわたし, ようやく今, よくない, よくは, わざと眼, ハッキリとは, 一応お知らせ, 余程後れた, 其の忰, 出て, 口さがない下司下郎, 召捕らせて, 多分そッちゃ, 実に地獄, 少しおなか, 少しは, 御愛妾, 御自身, 御警固かたがたお伴, 御軍勢, 思いつめてなんぞ, 思い切って, 恐れ多いこと, 悪いこと, 日ごろ手なれ, 早速一見, 本当にもし, 生きた心持ち, 知らぬも, 近づいて, 返して, 迷って, 逃げ出す途端, 飛び立つ思い, 飛んで

▼ ました~ (136, 0.3%)

335 私は 3 昨日まで 2 それは, どうも, どうも支那人, 成程, 私も

1 [85件] あなた様は, あのお方, あの御新造, あの男, あれが, いや外交家, おおん, お兄様, お孃樣, お犬, お紅殿遠慮, かねての, このこと, この一行, これで, こんな店, ご健勝, ご工事, さだめしみなさん, すっかりお, そうしてションボリ, それなら, そんな駄々, とんでもない, どうか詫, どんな様子, どんな樣子, のべつに, へい是, まるで別, もし, もって, わたくしも, ア上下の, ア家でも, ア御, ア旦那, ア私を, エヘン, スズメの, 一人で, 一体水飴, 乗合自動車へ, 仏高力鬼作左ど, 伯爵, 何とか申した, 何ともお礼, 僕のは, 兄者, 先生そう, 到頭泉屋, 坂下に, 外様なれ, 嫉妬の, 宜しい, 実はその, 山国である, 巫女という, 帰れと, 常木先生いや, 御家老さま, 御後室様, 御都合, 拙者の, 斯様な, 旦那, 曲も, 望遠鏡で, 本當, 歌えるかとは, 歌へる, 母上, 相変らず, 禅尼どの, 私が, 私はね, 私を, 私ア只糸を, 私等が, 締め切りま, 船で, 買われましたか, 踏み分け路, 途中へ, 間違いが

▼ ましたがね~ (133, 0.3%)

63 はっは 2 あの病人, いや君, しかし, 今度は, 今日は, 枕皺が

1 [112件] あいつの, あいつは, あたった, あっしは, あつしに, あつしは, あなたの, あの六百枚, あの屋敷, あるいは僕, ある日, あんなに巧, い, いつまでも, ええお羽織, ええ慥か薬, おつま, お前さんは, お夏さん, お帰り, ぎょっとした, けれどもあら, こいつを, こう敦盛, こっちの, この店, しかし多数, じつは今度いっさい家, そういうごみ, そうじゃ, そのうち, その人達, その時, それからという, それでも四十人, それにしてもいっ, それは, それも, それよりも, そんなもの, そんな古い, ちっとも心配, どうなすった, どうもこっち, どうもその, なかなか立派, なかなか聡明, なんしろ, なんせここ, はつは, またその, まだはっきりした, もう駄目, やはり隠居, ようやく寝た, 一と, 一寸こうした, 一緒に, 三十五六の, 之が, 今さら愛, 今と, 今夜だけは, 今日という, 何しろ一番達者, 何しろ若い, 何に, 何を, 何処かで, 元金が, 先づ第, 免役税だけでも, 兵部卿の, 分別も, 厄かねえ, 叔父さんも, 口へ, 右の, 品が, 女という, 女も, 女中の, 子供の, 官軍の, 幸ひ, 昼に, 村ぢゆうに, 此の, 段々真面目, 温泉に, 熟として, 父親が, 物干, 猿公に, 王九媽貴女は, 皆んな神妙な, 着物は, 碌に, 私たちは, 秋の, 穀蔵もの置蔵などの, 結局です, 考えると, 若い人, 若君が, 親分, 郷里で, 長持ちが, 雨の, 青銅の, 驚きましたよ, 鳩尾の

▼ ましたとき~ (133, 0.3%)

4 に, にその, は美しい 3 に私 2 には私, にまた, に先生, はお, はどんなに, ふとみる

1 [106件] お暇, からこんど, からすが, から自分, この学校, この渦巻, すでに当家, ちょうどその, つい眠白様, つい身祝い, とお, と下りました, などはまだ, などぴんぴん, なんかでも夜中, なんぞで, にお, にお礼, にこの, にこれ, にさらに, にそういう, にそれ, にちょうど, にちらりと, にどういう, にはすでに, にはたいへん, にはもう, にはやつ, には当主, には慌て, にばか, にばったり, にひとり, にみんな, にむこう, にもその, にもだれ, にも前, にも此, にも私, にも英国, によほど, にわが, にクラーク先生, にレール, に一所, に三人, に不意, に二人, に人々, に今, に兼吉, に夕飯, に奇, に女, に子供衆, に安物, に実相感, に彼, に殿さま, に母親, に父親, に猫, に病気, に真っ黒, に花, に草, に誰, に近所, に阿, ね, のお話, のよう, の太刀, の容子, の苦しみ, は, はすまない, はたった, はどうにも, はほんとう, はまだ, はまったく, はもう, は七つ, は帰れ, は彼, は彼方, は案, は隆達どの, ひごろ自分, も人民外交学会, も孔融, も臨終, も誰, も銀, も錠, よりもずっと, よりも後, 嬉しいと, 思いついたの, 新しい悲歌, 程わたくし, 見るとも

▼ ましたそれ~ (127, 0.2%)

2 が私, はこの, はもう, は又, は御, を今晩

1 [115件] からこう, からは知りません, からまだ, から二十年, から二時間, から見れ, から驚い, が, がいちどきに, がその, がため, がとり, がどういう, がわたし, が井上様, が今度, が友造さん, が宿はずれ, が明治, が朝, が沢子, が為, が縁, が貴女, じゃ, じゃ失敬, だと, だの, だのに, でなくては, で話, というの, ととめ, と同じ, と同時に, と槍, ならば, にあからさま, にそれ, には種々, にもこれ, に右, に引換え, に水, に魔法, のみで, のみならず, は, はいい, はきのう, はねえ, はもしも, はりんりん, はわたくし, はピカソ, はホイツトマン, はランドセル, は一人, は一昨年, は世間, は伊勢, は全く, は初め二つ, は即興, は咳, は大変, は奪, は富永, は彼, は御免, は心, は恐らく, は意地悪, は暮, は次, は此, は武甕槌, は水害, は真, は神様, は結構, は美術記者, は自分, は跛者, まででございます, まではよかっ, まで海中, も私, よりは別に, より他, より間もなく, を, をあの, をいきなり, をここ, をまい, をまた, をみつけた, を弁信さん, を後, を想い出し, を手, を教え, を村, を申上げ, を聞かせ, を見, を見た, を遺恨, 故に手前忰, 故に此の間, 故に舟, 故ほんの, 故急い, 故盲目

▼ ましたところが~ (122, 0.2%)

3 それが, 私の 2 そのお, 将軍家に, 私が

1 [110件] あなた様が, あには, あれは, いきなり蹴とばされ, いつもおいで, おお, お客の, お師匠さま, お扣, お目, この, この寺, この春, これも, そこの, そのうち, そのウメ, その前, その婆, その後も, その方, その翌日, その荷物, その返事, それじゃ, それは, それを, ただいま神尾喬, たちまち御悩, ちょうど姪浜, ちょっと脈, どうも, どうも今, やあ宅助, やはり何, スフの, フロラは, 一向受, 一生お, 三月九日すな, 中, 中村係長も, 今いうた, 今まで, 仲人の, 何も, 何人様も, 何時まで, 例の, 元来私, 出て, 到頭お, 到頭逐倒, 司令長官は, 和卿は, 大変に, 大層御意, 大王は, 大臣は, 奇怪にも, 嬢次君が, 子供は, 宗政さまは, 実に馬鹿気, 家内が, 将軍家は, 尉も, 小松が, 師匠は, 弥次郎が, 彼らは, 御挨拶, 御陽光, 御飯を, 快く承諾, 恰度その, 恰度ラヂオで, 慈愛深き, 我々が, 或る, 手に, 手品師の, 抹茶を, 明神が, 昨年の, 暫らくし, 机竜之, 村尾さんは, 果して静脈血, 果たして川端, 案外にも, 極めて片隅, 母に, 盗人を, 神様が, 簡単に, 翌朝から, 行者さまは, 行者様は, 親戚も, 計らずも, 誠につまらない, 貴方襟の, 遊びに, 里の, 長政公も, 間の, 阿父さん, 陳和卿は, 高音は

▼ ましたという~ (104, 0.2%)

9 のは, ような 5 風に 4 ように 3 者も 2 ことで, ことであった, 幼年及び

1 [68件] お噺, お目出度い, お礼参りを, お話は, お金を, ことに, ことは, ことを, ことをも, しるしに, そういう個人的射倖, そんなに沢山手, そんな人, ところ, ところに, ところまで, のが, のじゃ, のも, ものが, ものは, ようであった, んです, シュルレアリズム的表現かも, 一同の, 事です, 事に, 事務的な, 人体は, 位な, 使の, 傷も, 十国峠の, 口上で, 合図に, 吉さんという, 因果物的な, 報告だけでも, 大燈国師, 実に案外, 形で, 意味の, 意志の, 感じで, 所をば, 挨拶を, 条が, 添状, 満足感が, 目も, 程に, 答である, 紋, 言葉とともに, 調子で, 謝まりの, 謝罪の, 讃詞と, 返事が, 返事であった, 返事である, 返事です, 返事よ, 返辞だった, 逐一な, 関取と, 顔も, 風な

▼ ましたけど~ (93, 0.2%)

3 私は 2 そいでも, 夫は

1 [86件] あたしの, あたしゆうべ飲ん, あなたの, あんなり, いそがしくも, いま貴女の, お園さん, お飲み, きかずに, この下宿, この頃, これは, じゃアどこ, そうし, そのうち, そのため, その時, その運, それでもまあ, それでも光子さん, それで私, それや, それよりも, それ以後の, そんでも, たった一つ最後, ちょうどそんな, でもあなた, どうせ軍需会社, どうなさいます, どうも倦, なかなか寝られる, なに人を, ほてい商会つて何の, ほんとです, もうちょっと前お, もう十時近く, よく事情, マス, ローズだって, 一分か, 一晩の, 一遍お話を, 世の中で, 中川さんの, 主人の, 二三ヵ月は, 五郎はんそない, 今さらどうしようも, 今は, 何とも口, 何故に, 全くそういう, 全然ムッツリ黙り屋さん, 分れしません, 刑事とも, 別に, 台所の, 地中海が, 大丈夫日本人じゃ, 夫が, 妊娠した, 妙でございます, 姐さんわたし何も, 實は, 少しスキマ, 復員の, 心の, 態度が, 昼食の, 曲芸を, 根は, 正直な, 正直の, 母も, 決して馬鹿, 物は, 甘ズッパイ, 皆さんの, 磨きの, 私に, 西谷を, 近ごろまた, 隣組九軒で, 顔を, 風流の

▼ ました~ (88, 0.2%)

2 が旦那様

1 [86件] から, からまだ, から外国, から駈出し, が, がお, がかく, がかへつて私, がこの, がその, がただ, が丁度, が不動様, が予備門内, が何と, が側, が先達て私, が夭死, が如何に, が己, が御, が早々, が木曾殿, が此家, が江戸, が皆, が盗賊, が私, が素より, が袋町, が解りました, こう云う, さあ盲目, そうでなくっ, そうやっ, でご, でございます, では, でまア, でもし, でもちっと, で分る, で千, で唯今, で嘉吉づれが口, で大層, で思遣, で爺, で私, で自分達, なん, なんぞ昔, に, にあなた, に大滝, に大瀧, に山, の二十両, は堺町三条北, は平に, は覚え, へ, へちょうど, へ円生, へ又, へ宗觀様, へ実に何とも, へ御, へ最前, へ有, へ此, へ路, もう今にも九ツ, もございません, をお, をちょうど, を助けられた, 何時も遊戯, 同子, 図らず互に, 図らぬ災難, 御, 情なくも, 案外の, 段々重く, 漸

▼ ましたこの~ (87, 0.2%)

2 下女は, 島は

1 [83件] いちばん近い, おいら逃げも, お禮, お艶, ことについて, ままでは, やうな, ような, フランスに, マナイタは, 丈助は, 上いい, 上は, 不埒な, 不都合な, 乳の, 人を, 人形の, 人形は, 仕事は, 佐伯部も, 函が, 分では, 前のは, 受信機が, 号外の, 因襲的結婚に, 国では, 地方の, 大胆者が, 女には, 女の子が, 娘は, 宝石の, 封緘一つから, 小僧さんなぞ, 居酒屋チチン, 山へ, 帯また, 度の, 御報告, 恐しい, 感激で, 手紙の, 方が, 時から, 時こそは, 時始めて, 書面どうぞ, 村の, 枕の, 根強い疑, 機会に, 浪人者は, 深更に, 犬の, 病気には, 着物と, 秋田犬を, 種の, 素頭を, 絶頂は, 舟で, 花を, 調子では, 辺が, 辺は, 通り, 通り三十三両, 通り思ひ, 道に, 重病, 長い方, 長光の, 際の, 電気を, 面立ちの, 頃, 頃あんなに, 頃では, 首を, 魔海の, 黒怪人物は

▼ ましたあの~ (86, 0.2%)

3 時の

1 [83件] お小姓, お竜, お納戸縮緬, お船, お話の, お雪さんの, くろん, けたたましい声, ことでございます, そのものに, とおりです, とき木の葉に, とき親分が, ディデロートの, 一寸入った, 主従です, 人が, 人に, 人の, 人を, 人西田さんそっくり, 伊太利少年の, 兇悪無残の, 先生に, 八条流の, 凹んで, 出来事の, 千兩箱の, 古参の, 君と, 国では, 夜の, 大井戸, 奥様の, 女でございます, 姫草ユリ子と, 宇津木兵馬という, 客間の, 家の, 川が, 広場な, 弘行寺の, 御新造様大丈夫でございます, 手毬の, 摩利の, 文句でございます, 方と, 方の, 日から, 日も, 旦那様が, 時に, 暗いお, 柿の, 池田先生は, 法界坊の, 浪人で, 火が, 犬が, 猿でさえ, 生首事件が, 甲府から, 男の, 登山とか, 眼の, 私自身の, 竹垣の, 紙片を, 縄張を, 葛籠は, 詩だけを, 話でございます, 諏訪の, 辺の, 通り, 通り細かい, 遊廓で, 道場には, 金魚は, 鈴慕は, 際すぐ, 青い透き, 馬に

▼ ました~ (86, 0.2%)

2 五重の塔の, 甘露法雨やがて, 私の

1 [80件] あなたに対しては, あの仁, あー, いいとしても, いかにも私, おつゆ, およそ天ヶ下, お國, お粂, お藤, お雪, このわたくし, この一物, この妾, この林蔵, しょせん殿下, ちと密, とり逃がしました左門, とんだ私, ないでしょう, はっ, わたくし共の, アー悪い, 丁度九日の, 九月の, 他の, 仙台平の, 以上七人に, 何ともお礼, 何より幸い, 何者な, 偏え, 全く親父, 八年前門番の, 内の人の, 前, 前々から, 助けられた恩, 十一年前沼田の, 十一月の, 原丹治でございます, 嗜みの, 土岐伊豫守様の, 変だ, 夏の, 天命で, 実に立派, 実は武田, 小脇差で, 少し講釈師, 尤もだ, 尾籠千万では, 岡本政七でございます, 帝に, 御慈悲, 戦国時代の, 折入っ, 拙者の, 揚心流小太刀でござる, 明治十七年の, 昨年の, 柳行李の, 栄耀の, 決して悪意, 決して海, 男の子で, 真実で, 禿げた頭, 私が, 私し, 秩父の, 端麗な, 紺縮緬の, 縁無き, 老人一人の, 花車重吉という, 誠に親不孝, 貴女令嬢様貴女の, 門番の, 音助という

▼ ましたそして~ (82, 0.2%)

4 貴方の 2 例の, 彼は

1 [74件] あまりお, いかにも自慢, いくらか酔っ, いま焼かれました, お前さんは, この傷だらけ, この水銀, これから今, これを, そこに, そこの, そのとおり, その訳, その附近, それから, それが, それに, それは, だん, つくづくと, とうとう四十面相, どんどんと, ふつくらと, ふところから, ふるえるよう, ほかの, まっ裸, もうその, やっとわかっ, やつとの, マナイタの, ムラ, 一二年みっしり, 一夜の, 一層林, 不思議な, 二人一緒に, 今朝から, 何心なく, 加奈子から, 同様に, 大きな声, 大将の, 少しでも, 少し寒い, 彼が, 思いました今, 急いで, 恥ぢ入りました自分, 悪い野牛, 愛の, 文六ちゃんが, 暗くなりきらぬ, 更に加, 樫の, 檢事は, 此世を, 此頃は, 決心致した, 熱帯と, 物おじを, 白い砂, 百姓が, 眞顏で, 私の, 私は, 聖書を, 誰か, 誰に, 送って, 鏡に, 長生きが, 陽気に, 風邪も

▼ ました~ (80, 0.2%)

4 様子で, 父樣御 2 奉行様は, 好意を, 尊父は, 手紙御覧下す, 様子に, 泉水の, 消息ぶ, 父様御

1 [56件] 一緒に, 主人, 主人に, 主人は, 五ツ方, 修行とは, 写真を, 初会かと, 勘弁を, 厄介を, 厚意を, 参詣で, 城下は, 大家様は, 安心なさい, 安心なさいます, 安心下さい, 家来から, 家老様から, 容姿も, 差紙, 師は, 当家様に, 後室の, 心掛で, 恩は, 恩返しの, 愛情と, 手紙ゆめ, 手紙を, 承知の, 挨拶を, 本人の, 様子でございます, 様子でした, 様子わたくし持ちまし, 歌集についても, 母堂様御, 気配で, 油断は, 無礼な, 父皇子が, 用心なさいませ, 相談いたします, 眼力, 研究, 縁が, 習慣が, 老職古内主膳どのは, 褒美に, 註文, 話です, 軍勢は, 迷惑で, 非難の, 願書に

▼ ましたやう~ (79, 0.2%)

7 な次第 65 な訳 4 なわけ 3 でございます 2 です, ですが, にわれわれ

1 [48件] だ, でありますが, でございますが, でございますね, でございますよ, ですから, ですね, で些少, で四十九日, で大騒ぎ, で宗政さま, で心細い, で日没, で是, で鏡, な三つ, な大勢, な奸計, な比喩, な狭い, な現代日本, な甚, にいくら, にこ, にひたすら, にスカルド歌謠, にブラウニング, に一瞬, に一般, に和田さま, に存じます, に宮廷, に弁護士席, に得意, に心得, に政治, に文化, に日本, に昨今, に泰平郷, に目白文化村, に私, に私たち, に色々, に見受けました, に誰, に遺失, に鋭敏

▼ ましたかと~ (77, 0.1%)

3 いうと, 尋ねた, 聞くと, 良人に 2 一語に, 存じます, 思うと, 聞いた, 聞いて, 聞く, 訊いた

1 [51件] いうに, いえば, おせい, お尋ね申上げた, お聽, お訊ね, きいて, きくと, じつは御, たずねたの, びくびくもの, まづ, 云つたら, 云ふ, 人が, 催促した, 呻き全身全霊, 問うた, 大きな声, 存じて, 存じますが, 存じますと, 尋ねましたので, 尋ねましたら劉氏, 尋ねますので, 尋ねるだろう, 尋ねると, 念を, 思いますが, 思われまして, 恐縮の, 昨年来不思議にばかり, 書いた返事, 申しますと, 申すこと, 登勢の, 私が, 聞いたら, 聞いたら薪屋, 聞かなくっても, 聞くこと, 聞くやつ, 言うに, 言って, 言葉の, 言葉を, 訊かれた時, 訊きますと, 訊くと, 訊ねた, 途中の

▼ ました~ (76, 0.1%)

83 でございますが, の娘 2 ですが

1 [60件] が, があった, がありました, がございます, がわたくし, が人出入り, が今日五十, が尼, が捕えられましたなら, が有っ, が有りまし, が私, だそう, でご, でございまして, でございます, でございますよ, でござる, でござるが, でござると, でごぜ, ですと, でその後, でも, で今日, で其の, で勝手, で只今彼所, で少々, で日露戦争後, で此方, とご, にご, には宇宙, には望み次第, の位階, の如く, はあなた以上, はお, はかく, はこれ, はその, はそれだけ, はツイ余計, は伝六, は大力無双, は天下, は富士, は弟山, は是非, は正成, は深良一知, は災害土木補助費, は皆顔, は私, もございまし, も多く, を御, を詮議, 平に

▼ ましたんで~ (74, 0.1%)

2 なんの

1 [72件] いたずら半分に, いただきに, いつもと, お孃さん, お祝ひ, こいつうっかり, こんな血まみれ, さっそくお目見え, さっそく一座, さっそく藤阿弥, せうか, せうが, ぜひにも, その婦人, その病み上がり, それさえ, それでこう, たぶんまた, だんなさまを, ちやんと, ちょっとわび, っか, ついうっかり, ついこの間, ついでに, てっきりもうあの, どうした, どこへ, なにをっとばかり, はい, ひょっとしたらと, ふたりが, ほんとうに, ぼんやりと, まことに藪, まだ何処様, まだ少し降っ, やんだかと, イリューシャの, エヘヽヽちやんと, オヤジと, ハイハイ貴女を, 一夏お, 三百代言の, 不断云ひ, 人死にが, 今でも, 倉入りさせよう, 先生に, 八方苦しい, 半信半疑で, 声も, 夜中近い, 大きに遅く, 妻なぞは, 家内が, 差し出がましいこと, 御座ます, 手さぐりに, 早くさし, 毎日, 真っ先に, 私の, 私も, 紛れ咲な, 至極工合, 袖, 見忘れないツモリ, 親分, 読んで, 辰の, 雛の

▼ ました~ (74, 0.1%)

52 からは, に御, は細川方

1 [63件] あらためて越中守方, いづれ重ねて, からはここ, からはもうもう, そのよう, その晩, でかよう, でそれ, でどんなに, でなくては, でなければ, でのこと, では百両, でまた, でスタンレー, で再び, で出来ぬ, で少し, で御, で手紙, で改めて, で清左衞門, で農園, にお, にこの, にこんな, にどうぞ, にほんとう, にナミ子, にノブ子, に勤倹質素, に大学, に尚, に肝腎, に養母, の方, は, はあの, はいよ, はぜひ, はそれ, はどうか, はどんな, はなお, ははりつけ, はもはや, は一生, は仕事, は何, は何卒末, は又, は悠長, は手前, は次, は直ちに, は自分, は親類縁者一同寄り, は重役, 御家老, 御近習衆, 改めて御, 片鬢兀, 遂に死別れ

▼ ましたため~ (69, 0.1%)

32 に私

1 [64件] ああ申す, あた, かそれとも, か真剣, この意見, さしも常胤殿, その跡, つい口, でご, でてまえ, にあなた, にあなた様, にお, にお母様, にお釈迦様, にかえって, にこの, にこんなに, にご, にぜひ, にどん, にふと, にコンドル首領, に一時失神状態, に一種, に事件, に人, に今, に何程西国九州, に余儀なく, に先生, に八月, に公然, に出来上り, に取返し, に只今, に女房ら, に小生, に川狩り, に御所, に思わず, に思わぬ, に手間取った, に折角, に斯様, に無作法, に特別, に知情意, に精神現象, に紅矢様, に縁組み, に自分達, に草, に蒼渓, に裁判所, に見苦しい, に諸, に院, に馬, はっきりその, まことに残念, 一応御, 思い込んだが, 良い馬

▼ ましたこれ~ (68, 0.1%)

2 があの

1 [66件] がある, がそもそも, がまた, が増田屋, が奧州屋, が殿松, が確か, が胸, が論理, さえありゃ, で, でしょう, でしょう昨夜, です, でせう, では悪い, でわたし, で二十円, で僕, で私, と同, と雪, なら必ず, によってユトランド, はお, はお前, はつまり, はなかなか, はひどく, はほんの, はめずらしく, はユトランド, は不思議, は世, は何, は全く, は到底, は君, は喧嘩, は外宮, は大変, は山, は後, は從來, は恐れ入りやす, は悪い, は日本語, は本年最初, は水道端, は永遠, は相当, は神さま, は私, は突飛, は若旦那様, は誠に, ばかりは豫想, ほど確か, までわたくし, もあの, をきいた, をも盗ん, を召上, を着ます, を見た, 半治

▼ ました~ (67, 0.1%)

4 しても 3 御存じない 2 しろお, 因って, 相違ございません, 見て, 違いない

1 [50件] あいつの, あり難き, ある貴婦人, いたしましても, いつのまにこの, いま以て, お作様, お作樣, かかわらず, かかわらずあわれいつぞや, かかわらずお雪ちゃん自身, かかわらずどうしても, かかわらず男, して, せよ何とか, せよ越前, そういございません, ちが, ちがいなく, つい御, つけて, まずあなた様, よくまア御, 人は, 人様の, 付いては, 付多助は, 何う, 何といふ, 再びもと, 告口を, 図らずこ, 尋常の, 就いて, 就きましては, 山名どのは, 彼奴の, 御存じの, 御挨拶, 思ひも, 惜しゅう御座います, 早速お, 最う叶, 毛頭相違, 生命を, 縁有っ, 若様は, 血を, 貴女その, 違いねえ

▼ ました~ (67, 0.1%)

2 です, では昨年

1 [63件] から会社, から白島山平並, が, がそれ, がよく, がインド, が一條家, が丁度三日目, が三日, が井上, が今, が何分, が其時, が圖書, が大きに, が大した, が姉, が尼さん, が居無い, が幽霊塔, が彼, が我々, が所, が支那, が日本, が是, が更に, が此, が百二十萬圓, が私, が私共, で, でございますね, でどうせよく, では, では初め, では望月さん, では私, で社会, で笠, で聞け, に, によります, のもの, のプラノ・カルピニ, の多く, の大, の御, の講釈, の金包, の關, はわたくし, は少々, へ千駄木, へ重, も八尺, を角右衞門, 不図今日, 其の手帳, 内丹説, 根から梢, 益々多助, 若夫人

▼ ましたものの~ (65, 0.1%)

1 [65件] ああした, うるさく鳴き, お蝶, お返しした, かってな, かほどの, この賢俊, これは, これらは, さてその, さて平素, さりとてその, しかし心, すねに, ずいぶん悲しい, そうでなかったら, そう近づい, その後我が, その時, その間には, それからも, それでも毎晩, ともあれ一度, どうやら何, どちらを, なお今, なお心もとなく, なにしろあの, においを, まさかかよう, まさか家, もうこれ, もちろん人, もはやどうもなりませぬ, やはり私, 一太刀に, 一間あまりは, 京へ, 今日を, 今更の, 何分時間, 兎に, 前に, 吉宗は, 実はふかし, 家へ, 当時之が, 御目, 怖ろ, 思わず寒気, 或は絶後, 敵方の, 殿方すらも, 父は, 由, 由ない, 相手に, 私の, 私は, 私も, 結局前額部に, 自分の, 衰弱が, 遠い所, 酒飲みの

▼ ましたもん~ (62, 0.1%)

30 ですから 2 で, でございますから, でね, な

1 [24件] かそうそう, じゃけん, だから, でがしょう, でしたから, ですけん, ですさかい, でそれ, でそれ以来, でどうやら, でな, でまア, でッ, で失礼, で私共, どすさかい, ねえ子, のこれ, のそ, のそい, のその, のそれ, のもう, の冬

▼ ました~ (60, 0.1%)

23 せう 13 せうか 2 せうな, せうね

1 [20件] がす, ござります, せうが, せうけれど, せうし, せうて, せうホヽヽヽヽヽ, せう今朝, エ, サ王子まで, ネエ, 仙太, 全く話, 其後用が, 咲きましたしかし, 存じて, 帰る, 引き退る, 引っ捕え申した, 濟し

▼ ました~ (57, 0.1%)

5 親分 2 あの高慢ちき, 旦那

1 [48件] あの勢い, あの娘, あの青二才, あの高札場, いい按配, いよいよ絶体絶命, え, えさつき, え親分, おそろいで, お庇様, お稲荷様, お米, この愛的, これは, さすがに, そりや, それに何ぞ, っ, ついこの間, なんしろ, ほんとに, また一人散歩, もう来年, 一夏は, 一太刀あびせられた, 仕方が, 何うし, 何処へ, 先の, 先生御存じじゃ, 可哀想に, 大佐閣下も, 好きな, 弾いて, 待ちくたびれて, 御飯つきで, 慄え, 旦那の, 昼は, 洪水に, 舟が, 表通りは, 西の, 親分下水の, 親分鼬小僧の, 親方, 車代ばかり

▼ ました~ (53, 0.1%)

3 にはもう, は 2 でございます

1 [45件] あの家, あるお, あるお寺, ある日, からお, からの同級会, からの同級會, からはや, から一里, から今, から私, さる人, しばらく一緒, そんなこと, でございました, ですから, で五日, どうした, などは女子教育, にはね, には一脚, には五百余騎, に五通り, のこと, のアメリカ, の先生, の御, の御歌, の手紙, の東中洲, の私, はじめて奉行, はまだ, は勿論, は只今, は日, は昼, は申す, は稀, は血, は雪, ほひ太閤様, も其処, 度々御, 或先輩

▼ ましたっけ~ (52, 0.1%)

3 がね 2 が私

1 [47件] えお寺, が, があれ, がこの, がそこ, がその, がそれ, がだんな, がちょうど, がもう, がやがて, が三人, が二人, が今度, が先刻, が女, が彼女, が忰, が暮し, が此頃, が目貫, し, しばらくする, その友達, また沈みました, もう消えた, ものの, ネエあの, ネー, 三日四日が, 佐佐木信綱先生の, 別に何, 可い塩梅, 在所に, 大勢の, 小鳥は, 振向いて, 撲りあい, 治平, 熟く見る, 熟と, 畜生坑夫を, 私は, 縁側を, 芍薬の, 誰の, 貴方と

▼ ました~ (50, 0.1%)

2482 さ, てね

1 [14件] けお待ち, けなオオそれ, けねそうそう, け桐代さん, てお, てそう, てちょッ, てとこです, てなまア, てね額, てん, て云う, て飛んだ, など

▼ ました通り~ (50, 0.1%)

2 遠い影

1 [48件] あない, あらかた焼けました, あらゆる神社仏閣, おかめ, およそ百年, お逢いした, このお, このヤミヨセ, この沼, この高尾, さぞ御, さらにその, そのジュヌヴィヴ伯爵, つまり恋, であらためて, でございます, でございますから, です, なぜ国語, にあの, にさっそく, にニッポン, に有, に矢張り同様, に私, に過去, の熱心さ, ひどく妹思い, もし本当, 一向識らん方, 世にも珍, 余儀ないわけ, 全く無職, 嘸ぞ, 壊れ壊れの, 如何なる宗派, 少々怪我, 御奉行様, 必ずしも何様, 或国, 故角右衞門, 格別それ, 極めてわかり易い, 極めて複雑, 武張ったお方, 然るべき仏壇, 真に世間, 誠に快活

▼ ました~ (48, 0.1%)

6 うか 3 うぞ, といふ事, のつまらぬ 2 うも

1 [31件] うかめ組, うしたら, うでも, うも彼, うも誠に, かあなた, かしらたいそう, かにつけ, から何, か御用, か言う, しても, そのくらい, だかと, でもない, でもバチグノール, でも其の, でも女房, でも昨晩, でも玄関, という気, という珍, にか人, にしろ, のつもり, の御用, の薬, も多勢和尚様方, も聞かな, をし, をなさる

▼ ました時分~ (44, 0.1%)

4 の事 2 にその, には何, のこと, はもう

1 [32件] から私, から篤と, から藪, ちょいちょいお, で, でも猫, で雨, に, にあの, においで, にこの, にこれ, にはぴったり, にはよく, には引き, には必ず, には私, には随分, には頓, にもう一度, に先生, に大変, に敵, の友達, の御, の米国, はいつ, はいろんな, はまだ, はよく, は毎度, わざわざ檜木

▼ ました其の~ (43, 0.1%)

2 後で

1 [41件] うちに, うちむら, お前さん力に, お寺で, お話を, 上お力に, 中で, 五位鷺が, 仙人に, 伽とは, 儘取纒めた, 刃の, 切尖, 前夜御, 婦人も, 実子は, 家は, 小説は, 後と, 方に, 時に, 時は, 時宛も, 時拝借した, 時私は, 時酌に, 申訳の, 眉の, 翌日の, 者が, 薬剤には, 言葉に, 話や, 跡は, 門番の, 頃お, 頃は, 頃愛敬角力で, 頃朝廷に, 顔色は, 鳥居は

▼ ました~ (41, 0.1%)

6 え, ッ 32

1 [24件] いな, いね待つ, いやそれ, えこの, えそん, え何, え東京, え此美登利さん, お出合いなされ, お茶を, この周馬, さあおはいり, はやくお, 八時から, 勘兵衛殿の, 御娘子様, 敵将魏延は, 殿, 汝は, 窃って, 萩乃様, 銭形の, 錢形の, 駿河

▼ ました~ (41, 0.1%)

2

1 [39件] あなたの, あの時, お母さんと, お顔, きっと村尾さん, この三人, ごくほんの, すると大変, ずっとずっと昔, そうおもっ, その人, そりや, それが, それに, でもそれ, どうした, まあほんとになんという, イ, 一昨日來て, 串戯では, 今は, 何か, 何の, 先生から, 先生が, 先生の, 先生やっぱり, 女連の, 御免なさい, 料理店に, 暁方まで, 本当に, 此度御, 知って, 知らぬ他国, 私, 私少し, 誰が, 近頃の

▼ ました次第~ (41, 0.1%)

85 でご, でございます 4 であります 2 ですが, で御座います, で御座いますが

1 [13件] されども, その術策的, でありますが, でいや, でこれ, でございやす, です, ではい, で三十数年, と申しまする, なの, なんとお, もし過っ

▼ ましたとも~ (40, 0.1%)

1 [40件] あの十四郎, あんたさん十八人も, いいませんでした, おまけに, こんなに綺麗, さ, そこが, そして今頃, だからもう, またそんな, わたくしは, ナゼ助け, ハイ私が, マダム, 一昨年の, 云えずね, 云えない, 云えなかろ, 云えませんので, 何とも, 動きませんよ, 大ありだった, 大わかり, 居たって, 心中なんか, 憚りながら小判形, 日本の, 旦那は, 沢山ありました, 法水さんとにかく, 相手は, 知れませぬ, 竹垣の, 見えませぬけれど, 見えませぬけれども, 見えるが, 覚えません少なくとも, 言った, 言兼ね, 首を

▼ ました~ (40, 0.1%)

52 に少く, は学校

1 [31件] たとい, でございますこれから, でないと, で二郎, で奥, で彼, で是處, で金持ち, ならば, には其處, にまた, にもその, に一人, に天下, に殘つた證據, に纏め上げる, のこと, の七兵衛, の早朝出帆, はお, は世間, は妾一人, は暫く, は有髪, は気力, も忘れ, も私, をす, 一年ばかり, 暫くは, 直に身

▼ ましたとばかり~ (35, 0.1%)

1 [35件] いきなりもう豪勢, くるりと, ごとごとと, ざんぶと海中に, そのヒマ, その手, その鮎, ひやかしを, またし, トーチカの, ピョコッと, 一同は, 下から, 二人の, 伝六の, 僕は, 助教授の, 告訴され, 塩田大尉は, 壁で, 学校へ, 徴用される, 怪塔は, 懐中から, 敵白人帝国の, 母親に, 海水が, 直ちに応え, 空とぶ, 色々の, 隊員が, 雇主の, 雛妓隊が, 麻紐の, 鼻垂先生鼻を

▼ ましたもう~ (35, 0.1%)

2 一歩も, 此樣な, 飲やせぬ

1 [29件] おいでに, お店, お暇, ここまでで, これで, こんな事, わかりきつ, 一つお上ん, 一と, 一間と, 五月雨に, 今明日にも, 何うせ, 何も, 動けませんとでも, 十五六年にも, 帰って, 意地も, 放しません放すこと, 最後の, 止めませうね, 歩くの, 済んだの, 苦しさ, 行きましょうはめ, 行きませうはめ, 通って, 霽りませう, 駄目です

▼ ましたせい~ (34, 0.1%)

2 か人, ですか

1 [30件] かあの, かいつも, かいや, かここ, かさ, かその, かたいへん, かなか, か一々, か人さま, か人心地, か又, か右, か少々, か思わず, か思わずハッ, か染, か段々, か痛み, か肌, か葬儀, か詩, か身体中, か食物, か馬車, でからだつき, でご, でしょうと, ですかしら, もあります

▼ ましたあと~ (32, 0.1%)

2 でお

1 [30件] が其, だから, だそう, であなた, でこの, でそっと, でちょっと, でちょっとした, でなお, ではいくら, では形式, でも昔, で一人, で嬉しい, で平気, で楽器, で産後, で穏やか, で隣, のこと, のわれわれ弟子ども, の二人, の五発, の祟り, の空っぽ, は不幸, は私, も三月, をお客様, をまだ

▼ ましたばかり~ (32, 0.1%)

2 で, でご, です, でその, でも

1 [22件] であの, でお母さま, でございます, ですもの, でそれ, でちょい, でと, でなくとき, でなく女, でなく徴兵, でなく目敏い, でなく親たち, でなく遠く九州, では, でまだちっとも, でよく, で別に, で御, で私, で篤と, で西, 今日の

▼ ました~ (32, 0.1%)

3 居りましても

1 [29件] あの本, から二千五六百年, こ, では本当に, では浅草, では私, でもあの, でも白骨, という只今貴方, になっ, に祖先, のお, の北濱邊, の淋し, の私, は七十戸, は兵, は其の, は妾, は御, までこの, までは物, まで幸ちゃん, ま始めて既に, も背中, を何時, 思へば, 猶多少の, 蔭で

▼ ました~ (32, 0.1%)

3 が御, のこと 2 がかえって

1 [24件] が, がいっそう, がいらっしゃる, がお, がおいで, がございます, がたしかに, がよろしい, が可, が好かろ, が悪魔, が早わかり, が活動, が瀬川君, でお, でございませう, で後, のため, の御, はその, はよく, は活きた, をお, をしきりに

▼ ましたよと~ (30, 0.1%)

2 いつて, 云った, 言へば

1 [24件] いうので, いって, いふもの, かういふん, そう云っ, その子, 主人は, 云うと, 云う風, 云はれた, 吹聴する, 抗議が, 教えて, 注意を, 猫の, 私たちが, 自分でも, 苦笑する, 言い掛けた途端, 言い言い上衣, 言ったが, 言って, 赤瀬が, 騒ぎ立てる気配

▼ ましたそれから~ (29, 0.1%)

2 新橋の, 私は, 繭を

1 [23件] いったんお, おとなりとの, お粥, が大変, が小屋, こちらへ, これは, その場, やがて宴会, 今日はナ, 大学予備門に, 学校で, 旦那も, 昨日は, 牛込へ, 當年迄, 相談の, 程経, 背筋の, 蕎麥斯う, 身丈格好の, 雄鶏は, 魚の

▼ ましたって~ (29, 0.1%)

2 じっとしてたら

1 [27件] あやまるんかい, いうが, ええと, からっぽに, この御, そうして, どこも, ほほほほ, もうね, もう書いちゃった, わけで, 云う, 云うこと, 云うよう, 例の, 却って, 報告した, 太い方の, 姉さんがね, 彼に, 斯う, 日の, 涙を, 言えば, 言通りの, 詫まったら, 顔を

▼ ましたわけ~ (28, 0.1%)

73 です 2 でございます

1 [16件] さ, でかねがね, でございますが, でずいぶん, でそこ, でその, でそれだけ, でどうかもう一度, では, ではい, で家, ね, はあなた, はもう, は今日, は父上

▼ ました~ (27, 0.1%)

3 れは

1 [24件] から権田時介, から直に, から私, がなけれ, が大, が流言家, が皆, には権田, には深い, は, はマア, は何, は假名, は大層, は山田, は新著百種, は昔風, は此方様, は私, は貴女, は鉱毒被害民, も薬剤, より二週間, 程の騒ぎ

▼ ましたとか~ (26, 0.0%)

2 で, 何とかいふ

1 [22件] あるいは集金, いい加減な, え, これは, その原因, でござんす舟, で入滅, で大相, なんとか礼, まあせめても, まあ責め, ハイ三人前でございます, 何, 何とか云え, 口々に, 往って, 申すよう, 肝腎の, 蛍石まで, 言えないの, 話して, 述べ立てて

▼ ましたどうぞ~ (26, 0.0%)

3 こちらへ 2 此方へ

1 [21件] いかなる所, お休み下さいませ, お取次ぎ下されまし, お大切, お放し下さいまし, お腹立ちなく, お身, またお出かけ, よろしゅう, 何時までも, 堪忍し, 御勘弁, 御取次ぎ下されまし, 御大事, 御容捨, 御願ひで御, 惡戯者を, 機嫌を, 殿様此の, 私を, 赤瀬の

▼ ましたねえ~ (26, 0.0%)

1 [26件] あの先生, ありがとうありがとうおかげ, あゝ, このお, この歌, その甥, それにね, でもね, どこを, なに罪人の, なんぼ拙, まさかこんな, わたしの, アレクセイさん, 二十歳ぐらい, 何う, 何か, 凧に, 太郎さあ, 帰らなければ, 急ぎの, 滝の川へ, 痛みは, 私は, 薬の, 長い目

▼ ました~ (25, 0.0%)

2 れでも

1 [23件] から権田, が間違い, だから, だのに, ですから, なら生田さん, にそれ, には証人, に彼, に由り, に相違, の消息, の源吉, の膝, は初めて, は淋しく, は直々其両女, より此署, より至急, より色々, を相手, を途中, 故に今晩交遊庵

▼ ましたあなた~ (24, 0.0%)

2 のお

1 [22件] お句, が役人, が暗示, とは言いません, と同じ, にだけは, についてもよ, にといひ置かれた, にもお, にも一度, の, のおっしゃる, の唄, の御, の決意, の頭, はその, はそれ, は下新田, は何, もご, 御立腹

▼ ましたからと~ (24, 0.0%)

3 いって 2 いつて, 云って, 言って

1 [15件] あるの, お言い, ここへ, ぼとぼと下, むしろ得意そう, 下女が, 云うて, 云った方, 仰言って, 告げに, 小僧を, 材木高を, 答えて, 言った, 謙遜し

▼ ました~ (24, 0.0%)

1 [24件] この地, その中, その責任, たった一つ私, において是, になっ, にはご, にはその, にはなにとぞ, にはニュウファウンドランド, には嘉門様胆入り, には私, には鎧通し, にも私, に人, に儒教, に学生, に彼, のあの, の悲しみ, はあたかも, はどうぞ, まで心, 貴郎様

▼ ましたがと~ (23, 0.0%)

1 [23件] いう, すると, それを, つい数日前, とつぜんその, ひろ子の, まもなく歓声, やって, やにわにむっくり起き上がる, ッても, 云つて服紗を, 云われる, 何気なくきりだしたい, 俄然その, 漠然とし, 突然右門, 立ち止まった見せ物小屋, 聞かれる, 見て, 見るより, 言って, 言つて何か, 言ふ

▼ ましたすると~ (23, 0.0%)

1 [23件] この激しい, そこの, どうした, イソクソキは, ジユウルが, ボイは, 一人の, 一体婆さん自身, 不思議な, 勘八の, 大将の, 女の子の, 帽子の, 帽子は, 意外千万な, 按摩は, 旦那も, 更に僕, 空の, 粥河は, 草鞋の, 金港堂一件の, 飼主は

▼ ましたよって~ (23, 0.0%)

1 [23件] お邪魔, こりゃええ機会, これから光子さん, これ見, すうッ, すぐ電話, そない委しゅう, その時, それは, どうぞ安心, どうぞ帰っ, に申します, また明晩, ものいう機会, 何でも彼ん, 何処を, 出たん, 出て, 分ってながら, 山の, 早う去, 知らん間に, 私が

▼ ました~ (23, 0.0%)

1 [23件] いささか国土産, おかめ, かめっきり, か初めて, か斯, か靄, これからは, すわこそと, そげな, その者, ただ漠然と, ちと遅く, でございます只今, な此方, まず御, をあまり, 中, 何も, 其の者, 左様御, 思いがけなく免許, 菊池寛氏といふ, 近来は

▼ ました時私~ (23, 0.0%)

2 が秋田, はもう

1 [19件] がいそい, が小走り, の全身, の心, は, はあの, はある, はこの小さな, はすっかり, はちょうど, はひどく, はひどく淋しい, はふと, はまだ, はわれ, は何だか, は姉夫婦, は思わず, は泣きました

▼ ましただけ~ (22, 0.0%)

5 では 2 でございます

1 [15件] それだけにその, でこの, でございました, です, でその, でそれ, で別, で前, で小生, で御座います, で旦那, で間もなく, なん, 余りに対手, 餘り

▼ ましたとの~ (22, 0.0%)

5 ことで 4 事で 2 なつかしい記念

1 [11件] こと, ことでした, ことに, ことゆえ, 事であった, 事です, 噂で, 挨拶を, 答え, 答へに, 返事である

▼ ましたねと~ (22, 0.0%)

2 驚いて

1 [20件] いつた樹明君, いふところ, いふので, きいて, きくと, ひとこという, ほめながら, 三カ月前の, 三ヶ月前の, 云う, 云うハンドル, 云ったらええ, 呉郎さんに, 喰らわして, 女房が, 櫛田医師にも, 突っ込む, 謂いますとね, 賞める, 鏡子さんに

▼ ました今日~ (22, 0.0%)

3 までは入用

1 [19件] お着, から以後, と成り, に至る, のお, の言葉, はご, はそう, はどうしても, はどうぞ, はもう, は丁度七日, は何だか, は何方, は少々, は滅法界, は珍しい, もこれ, も逢う

▼ ました~ (22, 0.0%)

3 はませな 2 でございます, の人

1 [15件] があります, がせいせい呼吸, が一人, でございますから, ながらもそれ, のカラ姫, の乳, の劇, の学校, の死骸, はお, は芳町辺, は髪, ほど貴き, をつれ

▼ ましたころ~ (21, 0.0%)

2 と忽ち

1 [19件] いつも師匠, から人生, から私, から続い, から非常, でお, になりまし, には初夜, には音楽, にまた, にもこんな, にもずいぶん, に宮様, に殿様, は布地, もいろいろ, もっとも一時, よりもお目にかかります, よりももっともっと

▼ ましたとおり~ (21, 0.0%)

2 にこの

1 [19件] あくまでも進む, あの巨人, かならずしも誰, このここ, しばしば絶望, その取り立て, それとなく看, でございましょう, でしょう, ですよって, に大将さん, に私, まったくの, を言います, 又夫人自身, 早く手配, 果たして新しい, 決して迷信, 甚だお手数

▼ ましたのよ~ (21, 0.0%)

1 [21件] あの明神様, お召でしょう, さうし, そうする, そしていつも, そして今, そして初め, それは, だから生, ついさっき, でも皆, どうしてもあなた, ほんとに, やはりあの, わたしの, 今日は, 今朝著い, 悪いお, 本当に田舎, 正直な, 自慢の

▼ ましたわたし~ (21, 0.0%)

1 [21件] がすこし, が悪い, だってあなた, でできます, に, のお, のこころもち, のところ, の大好き, の姿, の身, の面, は, はこの, はその, はもう, は怖い, は恋しい恋しい, は誰, も驚きました, を見る

▼ ました~ (21, 0.0%)

1 [21件] が善心, が格子, が漂泊, が相州東浦賀新井町, だそう, で, で明和, で此, などには断然, にいう, のお嬢さん, の前, の妹, の娘, の後家さん, の行装, は何, は兵部卿, もそう, を呪わ, を焚きつけ

▼ ました~ (21, 0.0%)

2 は私, れは

1 [17件] が立ち去る, に相当, のいふ, の節, の紹介, の金入, の鈴木屋, の長男, はしくしく, はそこ, はやがて, は出獄, は此, は落着, は貴女, んなお, 全く虎井夫人

▼ ました~ (21, 0.0%)

2 はあいにく

1 [19件] その幾島さん, どんなふう, にそちら様, には時, には終生, は, はいか, はお, はじゅうぶん, はひとつ外, は万吉, は兼ね, は天一坊, は巻莨, は手前一身, は生き, もこの, 何とも申し上げ, 御親戚

▼ ました結果~ (21, 0.0%)

1 [21件] いよいよ公道, が案の定, この病院, その以後, その村, で外國法, で多量生産, とうとう最後, としてかえって, として彼ら, として海洋学, によります, によりまする, はどう, もしやこの, やっと午後九時, 或る, 新しい国文学者, 現二百名余り, 第一幕, 遂に精神科学

▼ ましたとは~ (20, 0.0%)

2 云えない, 云つた

1 [16件] いえないの, いったが, それは, ついわたくし, われながら, 云いそう, 云え何, 云へ, 何の, 受取り難う, 報告出来ない, 申上げられない, 知らずに, 言うものの, 言えなか, 請合うたものの

▼ ましたやら~ (20, 0.0%)

2 さぞお, 壻の

1 [16件] おらぬやら, こうして気, それとも, それは, それを, だんなさまの, とんと行方, なされませなん, まことに人, もうなんとも申す, 一切夢中で御座いました, 不思議な, 妾にも, 少しも, 恐ろしいこと, 果報者お

▼ ました以上~ (20, 0.0%)

3 はその

1 [17件] この仕事, それだけの, は, はお尋ね, はこれ, はそんな, はともかく, ははや, はわたくし, は友人, は姉さん今度, は明日, は決して, は父母兄弟, 口幅ったいよう, 決してかくし, 決してたがえる

▼ ました~ (20, 0.0%)

2 のお, の時

1 [16件] の人, の位, の儒教復興, の儒教復興論者達, の品, の後, の後共, の御, の時次, の様, の武家, の為体, の素頭, の身, の通り顔, の野郎

▼ ましたしかし~ (19, 0.0%)

1 [19件] お低頭好き, この頃, せつかく, そういっ, そうで, そのくせ婆さん鶏, その他の, それは, なかなか現れません, もし私, 宅は, 後頭部を, 心の, 木材の, 海の, 神様は, 私の, 私方にも, 野良犬は

▼ ましたといふ~ (19, 0.0%)

2 夫れ

1 [17件] お話しを, ことを, しるしに, それは, のは, ものが, やうな, わけである, 同君の, 形相で, 後より, 気が, 申立てに対して, 私は, 答である, 言葉に, 證據に

▼ ましたどうか~ (19, 0.0%)

2 お邪魔

1 [17件] いっしょに, お援, して, 二人の, 他の, 何分宜しく, 助けて, 南三復の, 御勘弁, 御見逃し, 承わりますれば, 早く来, 此処で, 水飴を, 私の, 罪業が, 許して

▼ ましたからには~ (18, 0.0%)

1 [18件] おおかたもう何もかもお, お茶の子さいさいで, このまま, この先, そんなこと, みなさんは, もう千人力, 何とぞ御, 何とぞ旧約, 何卒勝手, 十中八九取り返し, 妾は, 少しも, 必ずとも, 惜しゅうは, 私は, 自然手前の, 高下駄では

▼ ましたからね~ (18, 0.0%)

2 首は

1 [16件] すぐにおやじへきいたんでがすよ, それが, たぶんそこ, たまりませんよ, だってこの, ちょっとお, なにふざけた, ほんとうに, まあ吉岡さん, レールだけは, 一時は, 御客様, 思い切って, 此雨では, 随分不断, 鼠かなんかの

▼ ましたそこで~ (18, 0.0%)

1 [18件] お役人, こっちも, そのマナイタ, その調子, どうして本道, わしは, バッタたちは, 上りや, 人間に, 信徒たちにも, 巌窟尊者が, 様子を, 満場の, 私は, 私も, 秋刀魚は, 鍬を, 雄鶏は

▼ ました~ (18, 0.0%)

2 大抵ではござりませぬ, 決して無理, 道理で

1 [12件] あの人々, ないじゃ, ンです, 万一したら, 同じこと, 固より, 無いもの, 皆お, 皆山三郎が, 皆私の, 神さまの, 若しや

▼ ました~ (18, 0.0%)

1 [18件] から師匠東雲師, なので, に, にいや, につい, にはお, にみんな魂, にオーカミイナリ, に初めて, に当時児玉郡, に拝借, に老, のお, のこと, の心地, は敵, は見事, 不図間近

▼ ました貴方~ (18, 0.0%)

3 のお

1 [15件] が半信半疑, が御, が遠から, に今, に対して法医学専門, のたった, の古い古い, の様子, は一寸, は奥, は毎日能, は石井, も子, 宜しゅうございます, 御自身

▼ ましたあれ~ (17, 0.0%)

3 もお前お蔭さま

1 [14件] あの通り, から, から万年町, なる出窓, の小さい, はあまり, はいい, はどういう, はまことに, は何, は直ぐ, ほど堅く, より怖, を

▼ ましたなどと~ (17, 0.0%)

1 [17件] いうと, ことさら吹聴, たちまちに, でれでれした, 云うは, 云う余り, 云って, 手紙を, 正直に, 澄ました顔, 澄まして, 甘える妖しい, 生嘘, 申しますから, 相好くずし, 行って, 言いたくも

▼ ましたはず~ (17, 0.0%)

71 じゃ, その者, でお, でございますが, でしたが, ですが, ですよ, でまことに, で後日真剣, のあの恐るべき

▼ ましたわたくし~ (17, 0.0%)

1 [17件] がお, が悪い, ごときもの, のからだ, のこと, の出生地, の友人, の子供, はあなた様, はこの, はそういう, はその, はやはり, は丸畑, は勘兵衛景憲, も救われた, も未練

▼ ました~ (17, 0.0%)

2 でございますが

1 [15件] いよいよ不敵, つきましたか, でその, でたぶん, で吉川家, で此, にご, にございます, にていかに, にてとりあえず, にて宿居, にて鳳凰, よませて, を聞き及びました, 怪しからん

▼ ましたお前~ (16, 0.0%)

1 [16件] お急ぎ, が居ない, が聞いたら, こそなかなか, そうし, に逢いとう, はあの, はここ, はこんな, はそれ, はどこ, はほんとに, はやっぱり, はよく, は伊之さん, は日本人

▼ ましたそれで~ (16, 0.0%)

1 [16件] おやめ, お前さん方が, ぼくは, よくわかりました, 三十八年の, 事が, 二三の, 今朝は, 何う, 僕も, 彼が, 昔は, 烏は, 私の, 苦も, 雌鶏たちは

▼ ましたどうも~ (16, 0.0%)

2 はあ, 雨が

1 [12件] ありがとうございました, お気の毒, すみません, そこまでは, 些とも, 失礼, 女房に, 妙でげす, 御苦労でした, 昨夜貴方少し, 有難うございました, 飛んだこと

▼ ましたのでな~ (16, 0.0%)

1 [16件] いいつけどおり, ぎょうてんいたしまし, さいわい節句, さては来た, すかさずに, それなら, だれの, てっきりもう弥吉め, ア, 何気なくひょいと, 四五日向島の, 家内もて, 手代ふ, 泣くなく, 腹が, 頭を

▼ ました~ (16, 0.0%)

1 [16件] つけて, どうして御存知, はからずも主, アスフアルトしく, 却って御, 善右衞門が, 土中から, 寝言にまで, 幸いと, 幸い復讐, 手寄りに, 熟と, 落ちながれ, 薄情もの, 見て, 見聞きし

▼ ました~ (16, 0.0%)

1 [16件] が惡, では英国, には大事, には彼, には鉄砲, にワカタラシ彦, に二つ, に六条院様, に別して, に多少, に忽然と, に海鼠, に確か, に苦行外道, は調べ, をそれ

▼ ました~ (16, 0.0%)

2 で, です

1 [12件] で段々, にあの, にあらゆる, にさ, にチューチュー, に万葉集, に夢遊病, に新島先生, に民衆, に能狂言, に諺, に黒

▼ ましたうち~ (15, 0.0%)

2 で荒れた

1 [13件] に, にあなた, にも御, にわたし, に海東郡, に皆, に精神, のだった, の兄さん, の先生, の男衆, はまだ, へかえる

▼ ました~ (15, 0.0%)

132 やございません

▼ ましたとて~ (15, 0.0%)

3 小丼 2 風呂場に 1 なにしろ武力, もうわたくし, 何で今, 何ほどの, 心配が, 必ずこれ, 椰子バスケットを, 玩具にも, 老年の, 誰を

▼ ましたなあ~ (15, 0.0%)

1 [15件] あれは, でかしたでかした, とうとう, よいあんばい, ドウモ, ボイラーを, 三田さん, 久しくお, 弱りましたなあ, 当時豪傑と, 折角組み伏せた, 永生の, 谷の, 額の, 鳴りさ

▼ ましたまた~ (15, 0.0%)

2 折角剥いた

1 [13件] それに, のお, 何か, 其処よりは, 四五日内に, 女の, 女は, 急に, 次に亀千代, 私の, 自分で, 自分の, 辻斬が

▼ ましたわね~ (15, 0.0%)

1 [15件] あなたの, あの人, あの時妾, いよいよはじまった, え, おあきらめ, ここで, ねえ, ほっほほほ, 兎に, 刻つ, 土曜劇場で, 旅行に, 明日あなたが, 本当にいい

▼ ました通り私~ (15, 0.0%)

1 [15件] が以前, が此島, には敵, の仕事, の信書, はある, はその, はモスコー生まれ, は一生, は多門加代子殺し, は学校, は宿命論者, は明日, は生来, も古稀

▼ ましたうえ~ (14, 0.0%)

1 [14件] からはたとえ, ちゃんと錠, でいよいよ, でお願い, でしばらく, でとくと, で国家, におい, にまだ, に名利, に性質, のちほどご, はいたずらに, まんまと旗本五百石

▼ ました~ (14, 0.0%)

1 [14件] ういふ事, ういふ風, うして, お暇, そりゃ発奮, つそく四方八方, どうかする, アお前さんは, アしつかり, ア何う, ア帰りましょう, ア此方へ, 此方へ, 貴方

▼ ましたつけ~ (14, 0.0%)

4 が, ね 2 と何日 1 が叶, が此頃ぢ, ねお, ね読んだ

▼ ましたどう~ (14, 0.0%)

2 しました

1 [12件] かお, かお放しなすっ, かその, かめ組の, か一緒, か当用, か私, か錦, したらいい, しましょうどう, じゃ, なすったん

▼ ました~ (14, 0.0%)

3 で, です 1 ですこういう, ですもの, でその, でまだ, で御座いますが, で芭蕉, のこと, の者

▼ ました~ (14, 0.0%)

3 のお

1 [11件] お筆, が, がどうしても, でげし, なら地獄, のこと, の後宮, はさる, はその, は二十才, は此方

▼ ました~ (14, 0.0%)

1 [14件] からいずれそう, から拙い, から私, がここいら, が知れますれ, ざしの, でご, で父, にお, には当, に尼, のこと, もうわさ, もやはり

▼ ました~ (14, 0.0%)

91 でございますが, の一部分, の方, ひたくなりましたな, も御

▼ ました~ (14, 0.0%)

1 [14件] が俄, が願, にだけは逢いとうございます, に正念, に逢えましょう, のお金, のため, の墓, の思い出される, の方, の病気, はヒステリー, は一振り, は腎臓炎

▼ ましたかな~ (13, 0.0%)

1 [13件] いずこ, お帰り先, この房枝嬢, すれましたの, それとも真先, 久一御前の, 二度目だ, 今御覧, 宅の, 探偵, 新田先生, 東本願寺の, 確りなさい

▼ ましたかね~ (13, 0.0%)

2 あの問題

1 [11件] あなた私を, あのマネスター, あの唄, あんまりのぼせ, お作, それは, ドイツ語なら, 其の時私, 向うで, 後世恐るべしだ, 拳闘の

▼ ましたくらい~ (13, 0.0%)

1 [13件] さて当年, であります, でございました, でございます, ですから, でへえ, で何, で御, なん, な事, 息苦しくなっ, 私の, 髪なぞも

▼ ましたとばかりに~ (13, 0.0%)

1 [13件] すぐ出, その秩序紊乱者, それぞれ所属の, なにかいいだした, ほんとうの, わっと, ヨコハマ, 久慈恵介は, 凩の, 歓迎する, 直ぐ酒, 舌なめずりを, 駆けだしたの

▼ ましたなんて~ (13, 0.0%)

1 [13件] いうよう, えこと, そんな話, 云ったって, 嘘ばかり, 書いて, 言うの, 言ってね, 言ってるん, 言へる, 言われた経験, 訊くだろうから, 話も

▼ ましたほど~ (13, 0.0%)

4 です 1 あの時, あやしく美しく思はず, おじいさんは, でこの, でこれ, でございますから, で和田氏, 儲かりまして, 私の

▼ ました~ (13, 0.0%)

2 これでは

1 [11件] あなたは, あの若い, そんな啖呵, マクドナルド君, 上んなましよ, 何う, 広田サ, 皆な, 科学小説時代, 覚えて, 貴方は

▼ ました~ (13, 0.0%)

1 [13件] うら成りの, な学校, へん良い, 乱闘が, 号外, 恩の, 暴風雨の, 東亜航空便に, 樅が, 評判の, 酒宴を, 飛行船隊は, 騒動だ

▼ ました実に~ (13, 0.0%)

1 [13件] いい心持, 不届きな, 其の折, 夢とは, 天然の, 女だけは, 悪い奴, 惜しみても, 有難い事, 済まぬ, 貴公さまの, 驚きました, 驚きましたな

▼ ました実は~ (13, 0.0%)

2 私の

1 [11件] この間から, モウ四五日も, 其の間, 召仕の, 少しその, 是非共閣下の, 桐生へ, 殿様が, 私は, 貴方の, 輪田夏子で

▼ ました~ (13, 0.0%)

1 [13件] からきいた, がその, が其の, が念, のわずか, の友達つて, の妹, の霊, はどうか, はまた, は門, も坂田, も父

▼ ました~ (13, 0.0%)

1 [13件] がいつぞや, がその, が此, だか, だけなら, でない私, で皆是, の家, は, は少し, は年頃二十七八, は穢, をその

▼ ました~ (13, 0.0%)

41 が下手, でご, でござる然, です, ですね, でどうか何分, で御座いましたが, で御座いますが, で松蔭殿

▼ ましたああ~ (12, 0.0%)

1 [12件] いうとき, いう学者, これは, して, そうです, それで安心, どうも僧侶, 今やその, 柿崎六郎兵衛を, 殊勝な, 胸に, 自分が

▼ ましたあなた様~ (12, 0.0%)

1 [12件] がこの, がどう, が今夜宿直, が御, が父上, と私, のため, のよう, の感想談, は何, も一片召, をお

▼ ましたがネ~ (12, 0.0%)

2 相撲の 1 あんまり多勢, お嬢様が, そんな人, もう帰っ, マア本田さん貴君は, 先生其の, 其れ, 奥様が, 西の, 貴女彼は

▼ ました~ (12, 0.0%)

4 ンど 1 えその間, え汽車, おかえししときます, これからちょっと田舎, んに, ンどな, 子供たちには, 空けときましたの

▼ ましたろう~ (12, 0.0%)

1 [12件] がその, がの, がテーマ, が堪忍, で, ではありません, ではございません, で恐縮, に, にああ, に当時持, に恨めしい

▼ ました~ (12, 0.0%)

2 一期第 1 一あいつは, 一は, 一其の, 一回の, 一彼奴は, 一第, 二巻を, 二次移民の, 八作めの, 十四回国際眼科学会において

▼ ましたがな~ (11, 0.0%)

21 あのそれ, こんな処, どない, はい一体全体まあ, よう平, わしは, 家でも, 美風団に, 若奴さん

▼ ましたまだ~ (11, 0.0%)

3 私の 1 お藥, たくさんあります, めったには, 一枚のこっ, 暗いので, 蕊の, 読んで, 貴方の

▼ ましたよく~ (11, 0.0%)

3 今夜は 2 判りました 1 は存じません, わかりました, 合点が, 手入れを, 来て, 私の

▼ ました二人~ (11, 0.0%)

1 [11件] で, とも, とも健在, の愛兒, の男の子, の虚無僧, の間, はその, はもう, は南三復, は私

▼ ました~ (11, 0.0%)

2 玉集と 1 どんが, ノルウェイ語ランスモールの, 律綱領といふ, 律綱領に, 律綱領には, 思想の, 日本の, 荷でが, 蕎麦の

▼ ました理由~ (11, 0.0%)

2 はほか, は極めて 1 がわかります, としてはただ, と申します, は二つ, もこれ, も申す, を申し上げます

▼ ました~ (11, 0.0%)

2 でございます 1 でありますが, でございました, ですから, でその, で世間様, で御座, にあなた, になん, に皆様

▼ ました自分~ (11, 0.0%)

1 [11件] がパン, が表, には厭, の児, の姿, の眼, の罪, の詩, の貪, の身分, は甘んじ

▼ ました若林博士~ (11, 0.0%)

3 はその 2 はやがて 1 の屍体スリ換え, ははだけた, はまず, はやおら, は今一度ホーッ, は黒装束

▼ ました~ (11, 0.0%)

2 につい 1 にそういう, に幸, に幸い, に火, に自分, はそれでも, は真面目, もよく, 心細い様子

▼ ましたあゝ~ (10, 0.0%)

1 今私の, 又来た, 居て, 山椒の, 心持が, 此の, 殊勝な, 荒々しい情ない事, 血が, 金を

▼ ましたお蔭~ (10, 0.0%)

2 で私 1 で, でいかさま, でこの, でどうやら, でやっと, で二人, で御座いましょう, で本

▼ ましたこんな~ (10, 0.0%)

2 お婆さんに 1 ことは, ことを, 山の, 心持については, 時に, 河獺の, 洞窟入りを, 高い処

▼ ました~ (10, 0.0%)

2 ざりました 1 もっともです, もつとも, ようす私, 婦人の, 恩の, 恩は, 謹聴を, 隠居様

▼ ましたさかい~ (10, 0.0%)

1 お使い下さいまし, じきどす, そのこと, それ眼エの, 今にお, 日配イ行っ, 知らず識ら, 胃袋空ッぽ, 部屋を, 頑張らないかん思

▼ ましたそうして~ (10, 0.0%)

1 いつも自分, いま年号が, こんどの, すぐに, そのたんび, ムクに, 何故に, 大きな声, 耕作力に, 表面には

▼ ましたそんな~ (10, 0.0%)

1 ことで, ことは, ことより, 事だらう, 口には, 時代を, 時妙な, 気分な, 筈は, 馬鹿な

▼ ましたでは~ (10, 0.0%)

2 お乘 1 あなた様に, お乗せ, お大事, お嬢様暫らくこれに, これこの, 夢かと, 御機嫌, 橋かけに

▼ ましたについて~ (10, 0.0%)

1 いや拙者, お許しを, このからだ, ぜひにと, そのご, のちに, 一寸お, 何よりも, 殿中よろしく, 諸先生方

▼ ましたによって~ (10, 0.0%)

1 お届, お恥ずかしい, これから直ちに出かけます, ご命令通り, さいわいに, しかる以上, よくその, 八右衞門が, 同じお, 身体が

▼ ました~ (10, 0.0%)

1 しあまり, しもう古い, し中山, し今晩, し何故, し大隈伯, し幸い今日, し現在, し百五十圓, し英人

▼ ました~ (10, 0.0%)

2 の正月 1 であれ, に西山さん, のでそれから, の新, は六十幾歳, も十一月ごろ, も度々, よりの番頭

▼ ました~ (10, 0.0%)

2 まことに面目次第 1 か, は全く, は幾重にも, は深く, は誠に, は重々, は重々相, 篤く御礼

▼ ました~ (10, 0.0%)

1 が, であて, では, で只今, と符合, などもほんの, ねあれ, の事, よりも目, をまた

▼ ました~ (9, 0.0%)

32 たくしも 1 たくし, たくしたち, ね御覧, ネ

▼ ましたじゃ~ (9, 0.0%)

2 ありませんか 1 すぐお, ないわ, パスカルだの, 世の中に, 市之丞様も, 御座ません, 魚は

▼ ましたそれでは~ (9, 0.0%)

2 これで 1 お先に御免, お邪魔, そろそろ長浜, 御免, 戴いて, 迚も, 高山へ

▼ ましたそれでも~ (9, 0.0%)

1 あなたは, ここが, もしやと, 大へん正直, 御蔭樣で, 曾て, 此の, 芝居が, 音声にも

▼ ましただけでも~ (9, 0.0%)

1 あなた様には, いうに, よろしい, 世界中の, 冷汗に, 咎めの, 尋常一様の, 美しさ, 自分の

▼ ましたでも~ (9, 0.0%)

2 そのなか 1 いざと, いっこう動けません, その子, とうとうある, マッチの, 本当でしょう, 絶えず私

▼ ましたところそれ~ (9, 0.0%)

1 から五, がうまく, ならば, は一足十四円, は南蛮, は脱脂綿, は被衣, まで表面, も故障

▼ ました~ (9, 0.0%)

9

▼ ましたほどの~ (9, 0.0%)

2 ことは 1 あとも, お嬢さんで, もので, ガンコであった, 名人それに, 悪人が, 身分の

▼ ましたほんとう~ (9, 0.0%)

1 にお待ち, にそれ, に当時, に御, に有, に神様, に美くし, は, は髪の毛

▼ ましたまま~ (9, 0.0%)

1 かく申, で再び, とうとう帰宅, をお伝え, 今にも気絶, 新しく買った, 書き記す次第, 未だお, 見すてても

▼ ました場合~ (9, 0.0%)

2 この書物, には 1 と同様, にはこちら, には赤い, には金銭, にも天子

▼ ました~ (9, 0.0%)

1 として何, の本当, の身, はつい, は余り, は夫, は或, は自動車, をお

▼ ました~ (9, 0.0%)

1 でございますが, とて去る, の多, は昔, へかえった, へ盗賊, へ隠れ, もあんまり, を家

▼ ました~ (9, 0.0%)

1 ラムプに, 侍従が, 供も, 供達は, 按摩が, 法師でございまし, 猿が, 蝦と, 魔は

▼ ました~ (9, 0.0%)

1 ひは, る事情, る日, る絵巻物, る連載物, る驚異, 幸福な, 支那人の, 日お

▼ ました手紙~ (9, 0.0%)

1 が一通, が此処, でその, といい, においても想像, によります, も戻っ, を西, 持って

▼ ました様子~ (9, 0.0%)

1 じゃっけお, で, でご, でございますから, でございます判然, ですから, で是, も無く, を見

▼ ました~ (9, 0.0%)

41 です, ですが, で私, にございます, 謹んでお礼

▼ ましたかしら~ (8, 0.0%)

1 あの片, そしてどう, ちつとも, メイ・ハルミの, 宜しくば, 御主人, 暫らくは, 祥子さんの

▼ ましたさあ~ (8, 0.0%)

1 こうなった, こちらへ, どうぞ, どうぞお茶, 今晩の, 坊や一つお, 行って, 雑巾を

▼ ましたとやら~ (8, 0.0%)

2 またそのうち嘸かし色々 1 いうお話, お麁末, それは, でござるが, で七, ひらにご

▼ ましたもし~ (8, 0.0%)

1 おやまさん, お役人様, この人, そちらで, わたしの, 彼の, 旦那さま私ア生国は, 良くなりましたら

▼ ました~ (8, 0.0%)

61 けお待ち, て

▼ ました~ (8, 0.0%)

1 で, でお話し申, でございますが, ですね, で捨ても, はあ, や, やな

▼ ました~ (8, 0.0%)

1 今日と, 四五日内に, 孝助へ, 斯う, 書道の, 来月の, 源次郎お, 親共の

▼ ました~ (8, 0.0%)

1 で何, で少女時代, で父, で腹, につきまし, に添乳, は亡くなりました, を貰っ

▼ ました尤も~ (8, 0.0%)

1 お物, お綿入, 丹治も, 其の頃, 有験, 歸り, 私しも, 雷が

▼ ました~ (8, 0.0%)

3 程お力, 程太郎 1 程さすが, 程露西亜

▼ ました~ (8, 0.0%)

1 から旅, に慣れた, のお方, の修行者, の疲れ, の者, へ出たら, をしなけれ

▼ ました~ (8, 0.0%)

6 して 1 すれば, でしょうよ

▼ ました甲斐~ (8, 0.0%)

2 が見えまし, もなく 1 があっ, がありました, が有っ, の国

▼ ました~ (8, 0.0%)

1 からさう感じた, が何と, では, にお, に下, は王, へハリダース, をウミ

▼ ましたあまり~ (7, 0.0%)

1 お仕事, のこと, の事, 大人気ない, 大人氣ない, 遅いもの, 長湯を

▼ ましたいや~ (7, 0.0%)

1 これは, はや昨晩, まことにお, 大狼狽, 将軍家の, 當時のみ, 風光は

▼ ましたおり~ (7, 0.0%)

1 からかたじけない, からわざわざ, から御, にはねえ, にもたび, にも御, のこと

▼ ましたお礼~ (7, 0.0%)

2 に叔母さん 1 にすぐ, に何, に皆様, のしるし, を申します

▼ ましたお話~ (7, 0.0%)

2 でございます 1 であります, で年十八, で明日, とは寸分, の人情

▼ ましたからは~ (7, 0.0%)

2 最う何 1 はあこれ, もうどうでも, アこれも, 今斯く, 遠慮なく門内

▼ ましたがは~ (7, 0.0%)

1 いるあな, とどけいが, はあこれ, ひつて, アどうも, ッと, ッは

▼ ましたしだい~ (7, 0.0%)

21 でご, でございます, です, で逆しま事, 実にどうも

▼ ましたそれに~ (7, 0.0%)

1 あなたも, お手飼, その夜, イワン, 三日前に, 又婆, 御養子

▼ ましたただ~ (7, 0.0%)

1 ああいう, ああし, いまの, その思ひ, 夜夢を, 浦島と, 舵とりだけが

▼ ましただけに~ (7, 0.0%)

1 お嬢様を, そうした心配, その頃, なお不可, 多少骨, 心持が, 時疫で

▼ ましたつい~ (7, 0.0%)

1 お前の, また口, 出て, 取急ぎまして, 悪戯を, 泣けて, 高橋様の

▼ ましたにも~ (7, 0.0%)

1 かかわらずお笑い, なんにもあんな, 係わらず毎日, 拘らず御, 拘わらずいつ如何なる, 拘わらず一月, 笑いましたにも

▼ ましたまことに~ (7, 0.0%)

1 あいすみません, お道理至極, トウベツの, 人の, 外から, 申しわけの, 結構な

▼ ました~ (7, 0.0%)

2 ろか 1 うだつた, さきで, つがれ毛頭, ないか, 路を

▼ ましたゆえそれ~ (7, 0.0%)

2 がし 1 が何より, が忘れかね, が気, の言上, ばっかりはお

▼ ましたんでへ~ (7, 0.0%)

51 いたしかに, いめっきり

▼ ました~ (7, 0.0%)

1 にはこれ, の今日, の時, の枕元, の立て, の近づく, ももう

▼ ました~ (7, 0.0%)

1 で, でござるが, で先生, で直ぐ, で難, についてはさだめて, につきまし

▼ ました~ (7, 0.0%)

3 と言 1 が私, の一周忌, の亡霊, の仇討

▼ ました先生~ (7, 0.0%)

1 がいらし, のこと, は先生, は御, は暫く, は驚い, も先生

▼ ました初め~ (7, 0.0%)

1 に於い, の中, の自分, の関係, はどちら, は恐ろしく, は面白い

▼ ました大きな~ (7, 0.0%)

1 声を, 岩を, 時計を, 火事でございました, 犠牲を, 船の, 鷲が

▼ ました小生~ (7, 0.0%)

1 が仕事, に断る, の留守宅, はコンドル, は一方, は徹底的, は早く

▼ ました~ (7, 0.0%)

1 と言, に, にあの, にこの, に一寸支那, に同じ, に瑞西

▼ ました御免~ (7, 0.0%)

2 なされと 1 なさいよ, を蒙りとうございまする, 下さい, 下さいまし, 遊ばせ

▼ ました~ (7, 0.0%)

1 から後先, なさ, はしおらしい, をいつも, をお知らせ, を顯, 痛いです

▼ ました故に~ (7, 0.0%)

1 かやう, どうでも, 之を, 何う, 小三郎は, 拍子も, 明日にも

▼ ました方々~ (7, 0.0%)

1 が天一坊, が御, とそっくり, にも皆々様之, の中, の順序, や不束

▼ ました~ (7, 0.0%)

1 ですぜ, なぞは非常, に上, に強盗, のこと, は未だ, 過ぎてから

▼ ました~ (7, 0.0%)

21 かわらずこの, であと, でございまして, で何, 濟みません

▼ ました~ (7, 0.0%)

1 おゆるしおかれます, で私, の男女, は, はどうか, は重々, 亡ぼしか

▼ ました~ (7, 0.0%)

3 なれば 1 であれば, で御座います斯様, には石段, を織田家

▼ ましたある~ (6, 0.0%)

1 ところにおいては, 坊さんが, 恐ろしい考え, 日朝から, 時, 晩暗い

▼ ましたかの~ (6, 0.0%)

2 ように 1 さぞ御, 一言に, 兄弟三人の, 坂部与

▼ ましたかも~ (6, 0.0%)

1 しれませぬ, しれませんが, 分りません, 知れましねえ, 知れませぬが, 知れませんが

▼ ましたきり~ (6, 0.0%)

1 いまだにお, すっかりそちら, であの, でその, で彼女, で額

▼ ましたこれから~ (6, 0.0%)

1 お宅, は慶娘, 一生懸命に, 直ぐに, 秋葉山拝登天龍を, 責めを

▼ ましたしかも~ (6, 0.0%)

2 昨日御殿坂で 1 その一通, その男, 村尾さんは, 殿様は

▼ ましたそういう~ (6, 0.0%)

1 お考え, こととは, ことは, ものを, 串戯を, 人の

▼ ましたたしかに~ (6, 0.0%)

1 おいでに, そうだろう, そのひと言, それに, 一皮だけは, 見ました

▼ ましたついで~ (6, 0.0%)

1 にお, にこうして, にちょっと, にひと, に十分, に寄っ

▼ ましたとても~ (6, 0.0%)

1 いろんな種類, このお, そこが, 御丹誠, 御記憶, 私は

▼ ましたなと~ (6, 0.0%)

2 いうと 1 主人は, 信助が, 妙に, 思い切り悪く

▼ ましたのみ~ (6, 0.0%)

1 その以前, ならず, ならず僅か, ならず小生, ならず永年, ならず重ねがさね

▼ ましたほう~ (6, 0.0%)

1 がと思います, がよろしい, がよろしゅう, が事, が策, が賢明

▼ ましたほんとに~ (6, 0.0%)

1 ありがとうございました, お気の毒, どんな切ない, わたしの, 有難うございました, 獣です

▼ ましたよへ~ (6, 0.0%)

32 ツへ 1

▼ ましたわい~ (6, 0.0%)

21 まア粂之助よう, もうご, ドリャお祓いを, 何もかも

▼ ました何しろ~ (6, 0.0%)

1 僕らの, 大變, 昔から, 海は, 焼け出されの, 相手が

▼ ました~ (6, 0.0%)

1 があります, の太い, の手札, の門倉, の馬, はご

▼ ました~ (6, 0.0%)

1 で, でご, でございます, でございまするが, の好い, をその

▼ ました~ (6, 0.0%)

1 でもありません, にはす, には一寸法師, に隨分公羊學, へ出, へ出かける

▼ ました~ (6, 0.0%)

1 でしょうか, ではありません, で異形, に人, のよう, の浮橋

▼ ました失礼~ (6, 0.0%)

1 でした, ながらお, ながらもう一度, のほどどんなに, の程, はどうぞ

▼ ました奥様~ (6, 0.0%)

1 がどんなに, に始終, のお, のかわり, は日本趣味, やわたくし

▼ ました少し~ (6, 0.0%)

1 の疑い, の痛み, ばかり帳合, ホロリと, 大きいけれども, 離れて

▼ ました~ (6, 0.0%)

1 ういう, うなると, うやっ, う云, う思って, う覿面

▼ ました~ (6, 0.0%)

1 にはその, にはどれほど, には必然的, には私, に覚悟, はまた

▼ ました此方~ (6, 0.0%)

2 の御 1 はお, は美惠比丘尼, へ, へお

▼ ました~ (6, 0.0%)

1 がいつ, でございます, で却って, で風, を戴きます, を貰いたい

▼ ました若い~ (6, 0.0%)

1 女の, 娘を, 新発意が, 方が, 男女は, 雌鶏達は

▼ ました誠に~ (6, 0.0%)

2 恐れ入りますが 1 何う, 大悦び, 有が, 面目次第も

▼ ました貴君~ (6, 0.0%)

2 にはあれ, に惡 1 には彼, に悪い

▼ ましたいずれ~ (5, 0.0%)

1 くわしいこと, その時, 由ある, 着物を, 返事します

▼ ましたお前さん~ (5, 0.0%)

1 が知らない, と一緒, は何方, は定め, もお

▼ ましたお方~ (5, 0.0%)

1 ぜひお目にかかりとう存じます, で仙洞御所, で私ども, に相違, のこと

▼ ましたお母さん~ (5, 0.0%)

1 がこの, との間, はこの, はやつ, 少し御

▼ ましたかは~ (5, 0.0%)

2 申し上げるまでも 1 はあ私, 存じませぬが, 貴方様の

▼ ましたきっと~ (5, 0.0%)

1 お礼は, お話しに, その誓い, ですよ, 描きましょう

▼ ましたけども~ (5, 0.0%)

1 あの方, いつの間にか髪, その曲り角, 折よく, 真逆

▼ ましたここ~ (5, 0.0%)

1 に書い, はどこ, は琵琶, へも入来ゃる方, も水害

▼ ましたそこ~ (5, 0.0%)

1 でも少し, に, に浴衣, は多門, へ若い

▼ ましただけの~ (5, 0.0%)

2 事で 1 ことでございます, ちょうど三千両, 事を

▼ ましたちょうど~ (5, 0.0%)

1 あとで, あなたぐらいの, その人, 大尽の, 好かった

▼ ましたといった~ (5, 0.0%)

1 ことに, でしょう, ところがとても, ものでした, ような

▼ ましたところ非常~ (5, 0.0%)

1 なセンセーション, な好, に先生, に早く, に貧しい

▼ ましたとさ~ (5, 0.0%)

1 お稲ちゃん, その二三枚葉, 厭じゃ, 提灯を, 話しながら

▼ ましたどんな~ (5, 0.0%)

1 お礼でも, よい身分, 事で, 用心を, 病気でも

▼ ましたなるほど~ (5, 0.0%)

1 おじさんなら, さう, とても大きな, われわれが, 秋の

▼ ましたのでね~ (5, 0.0%)

1 その痕, それで妾, 咄嗟に, 私は, 駆けだそうと

▼ ましたばかりに~ (5, 0.0%)

1 いや, このよう, なるほど, 努めて, 天地も

▼ ましたへえ~ (5, 0.0%)

1 何う, 成程, 此の, 重々恐入りまし, 頂戴いたします

▼ ましたほか~ (5, 0.0%)

1 には食事, に私, のお方, の一通, の世界

▼ ましたまあ~ (5, 0.0%)

2 塵埃ま 1 ごめんなさいよ, とんだ御, よかった

▼ ましため組~ (5, 0.0%)

2 の親分, の親分様 1 の奴

▼ ましたゆえこれ~ (5, 0.0%)

1 のみにても十分, はそやつ, またご, をもついで, 幸いと

▼ ましたよりも~ (5, 0.0%)

1 ずっとほん, ずっと巧妙, もっと一生懸命, 上手に, 以前の

▼ ましたんでね~ (5, 0.0%)

1 このすき, さっそく舟, なにげなく親分, 元も, 実は御存知

▼ ましたトムさん~ (5, 0.0%)

1 は, は不審, は今度, は大, は自分

▼ ました~ (5, 0.0%)

1 が御, 叔母さんが, 御立腹, 此の, 痛快でやした

▼ ました一件~ (5, 0.0%)

21 で錯雑, のお, の時

▼ ました人間~ (5, 0.0%)

1 が一生懸命, ではあります, の満月どの, の身寄, はそれ

▼ ました今晩~ (5, 0.0%)

1 からあなた, どうか泊め, はあなた, は夜っぴて, は帰らね

▼ ました何卒~ (5, 0.0%)

1 之へ, 堪忍し, 御免なされ, 御勘弁, 打出ましたら

▼ ました全く~ (5, 0.0%)

1 それに, 其のお蔭, 常の, 弱りましたこの, 軍師の

▼ ました~ (5, 0.0%)

1 のおく, の夜, の日, 大蔵大臣から, 次様を

▼ ました多分~ (5, 0.0%)

1 姫の, 後ろから, 曲者は, 著者は, 西洋の

▼ ました~ (5, 0.0%)

1 な処, な夢, な梅雨, な老人, にソワソワ

▼ ました宮様~ (5, 0.0%)

1 が子, が御, のため, も珍しい, をお

▼ ました左様~ (5, 0.0%)

1 でございますマア, ですか, です僕, ならば, の御

▼ ました当座~ (5, 0.0%)

1 は, はお, はもうもう, は外, は海嘯

▼ ました当時~ (5, 0.0%)

1 でも芸術, とは違っ, と申し, は六百匁, は皇太后陛下

▼ ました御歌~ (5, 0.0%)

5

▼ ました拙者~ (5, 0.0%)

1 がすすめ, の申す, は武術修業, もそれ, も飯島

▼ ました早速~ (5, 0.0%)

1 お帰宅, そのつもり, に御返事, 手前どもで, 迎えに

▼ ました明日~ (5, 0.0%)

1 の晩, はいよ, は早立ち, 立つだッ, 送り出します

▼ ました時彼~ (5, 0.0%)

2 はただ 1 はわざわざ, は苦しまぎれ, は軍医

▼ ました本当に~ (5, 0.0%)

1 いいおくりもの, 危い, 悪戯ばかり, 貴方が, 驚きました

▼ ました正木先生~ (5, 0.0%)

2 の精神科学 1 がこの, の御, の談話

▼ ました江戸~ (5, 0.0%)

1 の伝吉, の女, の本郷, の町, を出た

▼ ました~ (5, 0.0%)

1 であらう, にわずか, に事前, に店, に諺

▼ ました白い~ (5, 0.0%)

1 ペンを, 坊主頭を, 浴衣も, 砂が, 紙は

▼ ました皆様~ (5, 0.0%)

2 のうち 1 がいろいろ, に衷心, へも世間並

▼ ました~ (5, 0.0%)

1 がその, でもこいつ, に海軍, の中, は巨船六隻

▼ ました若し~ (5, 0.0%)

2 此の 1 丸部春子と, 彼様な, 貴方に

▼ ました~ (5, 0.0%)

1 かの文芸評論, がまア, が貴方, だってその, やら後

▼ ました貴方様~ (5, 0.0%)

1 には初孫, には追, のお, のほのめき, の御

▼ ました~ (5, 0.0%)

1 で申せ, ならぬ事, を歩い, を考へます, を通りがかり

▼ ました金子~ (5, 0.0%)

1 が却って, でそれ, と申す, に間違い, は他人

▼ ました~ (5, 0.0%)

1 が揚幕, して, は一度, をし, を見返りました

▼ ましたいつも~ (4, 0.0%)

1 のよう, 今時分掃除屋が, 八五郎は, 手術中には

▼ ましたいろいろ~ (4, 0.0%)

1 と手, な事, 感じアナトール・フランス, 解りました

▼ ました~ (4, 0.0%)

1 どうした, ものの, 若旦那お, 親分

▼ ましたおかげ~ (4, 0.0%)

1 かとおもえ, でせつかく, で到頭, で死ぬ

▼ ましたからって~ (4, 0.0%)

1 おいて, 決して定まった, 私は, 賞めて

▼ ましたからとて~ (4, 0.0%)

1 およばぬこと, それで心, もはや二人, 返事を

▼ ましたがて~ (4, 0.0%)

1 きの, まえが, まえども, まえは

▼ ましたこういう~ (4, 0.0%)

1 ことを, 本の, 無残な, 話な

▼ ましたすべて~ (4, 0.0%)

2 の誤謬 1 のもの, の物

▼ ましたそうすると~ (4, 0.0%)

1 お前さんが, 娘が, 明日は, 此処へ

▼ ましたその後~ (4, 0.0%)

1 で子供たち, に鎧櫃, の首尾, は日曜

▼ ましただが~ (4, 0.0%)

1 それは, なかなか強情, ぼくは, 今に

▼ ましたつて~ (4, 0.0%)

1 いふと, さ, さうし, ネ余まり馬鹿

▼ ましたつまり~ (4, 0.0%)

1 今回仕立てた, 花屋という, 草の, 買収もしくは

▼ ましたところ意外~ (4, 0.0%)

1 なお方, なお越し, にも一平, にも寝床

▼ ましたとたん~ (4, 0.0%)

1 あたくし, にがら, にごろごろ, に吉之助様

▼ ましたにつき~ (4, 0.0%)

1 人目を, 私が, 聞届ました, 誰か

▼ ましたばかりの~ (4, 0.0%)

1 ところまた, 嬰兒に, 小さな發見, 無雜

▼ ましたひどい~ (4, 0.0%)

1 でしょう, 力でした, 手傷で, 灰です

▼ ましたぼく~ (4, 0.0%)

1 はすまし, はどんな, は小刀, は自分

▼ ましたまア~ (4, 0.0%)

1 およんなさいよ, 何卒此方, 御免なせ, 是迄

▼ ましたゆえわたくし~ (4, 0.0%)

1 は傘, へは手傷, も国もと, も字

▼ ましたゆえ不審~ (4, 0.0%)

1 に存じまし, に思いまし, に思う, をうっ

▼ ました一つ~ (4, 0.0%)

1 の不可思議, の例, はピエール・ノテール, は圧死

▼ ました一人~ (4, 0.0%)

1 に越後少将忠輝, のお, のこらずの, は急

▼ ました一寸~ (4, 0.0%)

1 お見舞, ランプを, 上らんければ, 離れて

▼ ました丁度~ (4, 0.0%)

1 その時伜, 吉澤博士の, 家内は, 歸つて來た

▼ ました万事~ (4, 0.0%)

1 は不破, は皆あなた, 心得ました, 行届きませんでは

▼ ました不思議~ (4, 0.0%)

1 でどういう, なこと, な出来事, な運命

▼ ました世間~ (4, 0.0%)

1 ではかう, では彼, には一枚, は景気

▼ ました事ゆえ~ (4, 0.0%)

1 くわしいお話, にわたくし, 少しは, 御会見

▼ ました事件~ (4, 0.0%)

1 で, で主人夫婦, の中, を松島氏

▼ ました事実~ (4, 0.0%)

1 で妾, で近年, は皆, を初めて

▼ ました今度~ (4, 0.0%)

1 こそ, は, はわたし, は口

▼ ました何ん~ (4, 0.0%)

1 かお気, といっ, となく, とも何

▼ ました~ (4, 0.0%)

1 から順次, はいずれ, はいづれでございます, を京

▼ ました堪忍~ (4, 0.0%)

4 して

▼ ました大層~ (4, 0.0%)

1 お似合いなすった, お早く, 酔いましてねえ, 驚いて

▼ ました~ (4, 0.0%)

1 が一番, で, の三杯酢, は恰度

▼ ました~ (4, 0.0%)

1 のほか, の行方, はもう, は戸台さん

▼ ました~ (4, 0.0%)

1 この姉, に似, のお, の仕送り

▼ ました始め~ (4, 0.0%)

3 から私 1 から山媽

▼ ました娘さん~ (4, 0.0%)

1 のこと, のところ, はこれ, は又

▼ ました弟子~ (4, 0.0%)

2 が内々師匠, の話

▼ ました彼女~ (4, 0.0%)

1 がもし, だったこと, は薄笑, は遂に

▼ ました御覧~ (4, 0.0%)

1 なさい, なさいましな, の通り敵討, 遊ばせ

▼ ました~ (4, 0.0%)

1 のつけられない, をお, をつながない, をやすめ

▼ ました折柄~ (4, 0.0%)

1 このさき, でなんと, 又一しきり, 昨十二日

▼ ました文字~ (4, 0.0%)

2 の重 1 はきれい, を見

▼ ました新吉~ (4, 0.0%)

2 お賤 1 と申す, は血

▼ ました日本~ (4, 0.0%)

1 のスパイ士官, の古, の各, は負けました

▼ ました早く~ (4, 0.0%)

1 のんで, 御手許に, 灯火を, 知らせて

▼ ました時あなた~ (4, 0.0%)

1 が通られる, の長篇小説, は伊那, は何

▼ ました時それ~ (4, 0.0%)

1 と聞い, は立派, を見た, を読み下した

▼ ました時自分~ (4, 0.0%)

2 が死ぬる 1 の口, の誠実さ

▼ ました書物~ (4, 0.0%)

1 たしかに長久保, によつて更, の中, を時折

▼ ました最初~ (4, 0.0%)

1 この舟, の, のほど, は眼界全体

▼ ました~ (4, 0.0%)

1 がとう, ゆる宗教, 助と, 合御

▼ ました有難う~ (4, 0.0%)

2 ございます, 存じます

▼ ました~ (4, 0.0%)

1 お芽出度, これからあなた方, にまず, ようようの

▼ ました~ (4, 0.0%)

2 當に 1 のおしまい, 事件の

▼ ました本人~ (4, 0.0%)

1 の樫尾自身, の青年患者, は今日, もその

▼ ました本来~ (4, 0.0%)

3 ならば 1 からいえ

▼ ました東京~ (4, 0.0%)

1 から今日, と云う, に帰つて, の百貨店

▼ ました~ (4, 0.0%)

1 でご, と藤, の枝, の梢

▼ ました~ (4, 0.0%)

1 のお子さん, の年, の手紙, は

▼ ました殿様~ (4, 0.0%)

1 からその, には相, のお, は幾度

▼ ました~ (4, 0.0%)

1 うして, う云っ, らば, れども

▼ ました~ (4, 0.0%)

1 にひっかかれた, はしばらく, は平生, を人

▼ ました~ (4, 0.0%)

1 お漢和, 申上ぐるまでも, 私は, 調べたい事

▼ ました~ (4, 0.0%)

1 では妻女, のこやし, の物, は其処

▼ ました~ (4, 0.0%)

2 に見えない 1 が覚めました, が覚めます

▼ ました相手~ (4, 0.0%)

1 に言い, の奴, は下女, は本町

▼ ました瞬間~ (4, 0.0%)

1 にはそれぞれ, にまず, に思わず, 思わず膝

▼ ました私共~ (4, 0.0%)

1 がそれでは, の恩人, は一揆, は照子

▼ ました良秀~ (4, 0.0%)

2 と申す, の娘

▼ ました色々~ (4, 0.0%)

1 な不思議, な報告, の古典, の方法

▼ ました荒熊~ (4, 0.0%)

1 が答える, であり唐人飴, でございッ, の如き

▼ ました覚え~ (4, 0.0%)

2 はございません 1 もあつ, もなし

▼ ました貴女~ (4, 0.0%)

1 と古い, に是非, は未だ, へとりあへず

▼ ました~ (4, 0.0%)

1 で慢心, の使い道, の烏帽子, もございません

▼ ました~ (4, 0.0%)

1 で生, のよう, を取っ, を持ってる

▼ ました鶏たち~ (4, 0.0%)

1 の眼, はみな素直, はコボレ, は娘さん

▼ ましたあちら~ (3, 0.0%)

1 からバタバタ, の御, へ控えさせ

▼ ましたあんな~ (3, 0.0%)

1 女が, 女などに, 浄瑠璃の

▼ ましたいつか~ (3, 0.0%)

2 は又 1 からお話し

▼ ましたいま~ (3, 0.0%)

1 かんがえると, この子供, ますます悪い

▼ ましたおそろしい~ (3, 0.0%)

1 大血戦, 禍が, 程間違い

▼ ましたお客様~ (3, 0.0%)

1 が見えまし, はたった今, は女

▼ ましたかい~ (3, 0.0%)

1 そうとは, の, みんごと三百両

▼ ましたかという~ (3, 0.0%)

1 ことだけは, ことについては, 事は

▼ ましたかなんて~ (3, 0.0%)

1 問題に, 揶揄って, 聞いて

▼ ましたからな~ (3, 0.0%)

3

▼ ましたがから~ (3, 0.0%)

1 きり物に, だが, 下手の

▼ ましたがねえ~ (3, 0.0%)

1 今日はじめて, 良人は, 重々御

▼ ましたがの~ (3, 0.0%)

2 うし 1 潰れた屋

▼ ましたがも~ (3, 0.0%)

2 うた 1 漸く欺

▼ ましたくらいの~ (3, 0.0%)

1 もので, 不良少年でし, 磊落者でございます

▼ ましたぐらい~ (3, 0.0%)

1 きっと云うでしょう, でほんま, で先生

▼ ましたこう~ (3, 0.0%)

1 いって, なると, 言うじゃ

▼ ましたこんなに~ (3, 0.0%)

1 御厄介, 殴して, 酔いが

▼ ましたさぞ~ (3, 0.0%)

1 お困りでしたらう, お忙しい, 御窮屈

▼ ましたざつと汗~ (3, 0.0%)

3 を流したら

▼ ましたすぐ~ (3, 0.0%)

1 お出で下さる, お願, かまえて

▼ ましたずっと~ (3, 0.0%)

1 おいでなさい, 前から, 昔に

▼ ましただけれども~ (3, 0.0%)

3 今夜は

▼ ましたちょっと~ (3, 0.0%)

1 でも, の留守, 伺うべきでございましたが

▼ ましたっけね~ (3, 0.0%)

1 あそこの, あの小説家, あの湿地

▼ ましたというは~ (3, 0.0%)

1 先殿飛騨守さまから, 此の, 類稀な

▼ ましたときそれ~ (3, 0.0%)

1 はいえない, はとうさん, を単純

▼ ましたとき彼~ (3, 0.0%)

1 が挨拶, は力まかせ, は色々

▼ ましたとき私~ (3, 0.0%)

1 はお, はカツゼン, は砂浜

▼ ましたところあなた様~ (3, 0.0%)

1 が気絶, のお越し, の御

▼ ましたところ今~ (3, 0.0%)

1 から数え, の私, 申したよう

▼ ましたところ今度~ (3, 0.0%)

1 お館, ははいっ, は別

▼ ましたところ後~ (3, 0.0%)

1 から従け, から追っかけ, を慕っ

▼ ましたところ思い~ (3, 0.0%)

1 しよりも, もかけないこぎゃん, もよらず

▼ ましたどういう~ (3, 0.0%)

1 わけな, 事か, 御用か

▼ ましたどうして~ (3, 0.0%)

1 あの武骨そう, 中, 家には

▼ ましたどうせ~ (3, 0.0%)

1 ハダカの, 夜が, 本当の

▼ ましたなんぞと~ (3, 0.0%)

1 一日に, 大そう, 汝が

▼ ましたにつきましては~ (3, 0.0%)

1 お礼の, それ相当の, 早速お

▼ ましたにより~ (3, 0.0%)

1 あの通り, 何う, 参上致しましたる

▼ ましたのち~ (3, 0.0%)

1 ただいま, に私たち, も私

▼ ましたのでと~ (3, 0.0%)

1 云う, 熱心に, 申すは

▼ ましたのにと~ (3, 0.0%)

1 いつた, いふ, さう

▼ ましたのね~ (3, 0.0%)

1 イ, 私が, 私たちは

▼ ましたはじめて~ (3, 0.0%)

1 あれは, まはつ, 識りあった

▼ ましたばっかりに~ (3, 0.0%)

1 わたくしは, 何もかも忘れ, 貴方は

▼ ましたものそれ~ (3, 0.0%)

1 がまた, に大事, は本当

▼ ましたゆえ今日~ (3, 0.0%)

1 にも伺おう, は染, 直ちに播州

▼ ましたよし~ (3, 0.0%)

1 にてたちまち, にて織田家, まことに自分

▼ ましたよという~ (3, 0.0%)

1 あいずだった, その声, 者が

▼ ましたろうと~ (3, 0.0%)

2 て惡者 1 て悪者

▼ ましたわねえ~ (3, 0.0%)

2 初めてお 1 伯爵様

▼ ましたわれわれ~ (3, 0.0%)

1 の悲しみ, の遠く, も

▼ ましたコンドル~ (3, 0.0%)

1 はかよう, はイヨイヨ機会, は一身

▼ ましたネと~ (3, 0.0%)

1 云われたるカド, 言われて, 誰しも

▼ ましたネエ~ (3, 0.0%)

1 そいじゃ, でもまあ, まだ頭

▼ ました~ (3, 0.0%)

1 と月, と走り, のお

▼ ました一生~ (3, 0.0%)

1 のお願い, 捨てないでねなんて, 捨てないの

▼ ました~ (3, 0.0%)

1 に絵画, 童が, 衣は

▼ ました主人~ (3, 0.0%)

1 の為, はやがて, より殿様

▼ ました~ (3, 0.0%)

1 に載せた, は明, より先四六版時代

▼ ました二度~ (3, 0.0%)

2 か三度 1 とも

▼ ました~ (3, 0.0%)

1 に誰, の人, の頬

▼ ました以前~ (3, 0.0%)

1 にもまして, のこと, は横井樣

▼ ました何と~ (3, 0.0%)

1 彼女たちは, 理窟ぢやあ, 皆さんそれよりも

▼ ました何時も~ (3, 0.0%)

1 お達者, 相変らず, 蔭で

▼ ました~ (3, 0.0%)

1 は侍, より強健, 兢と

▼ ました~ (3, 0.0%)

1 でお, の蔭, は下総

▼ ました先ず~ (3, 0.0%)

1 こちらへ, という心持, 一番先に

▼ ました~ (3, 0.0%)

3 して

▼ ました八丁堀~ (3, 0.0%)

1 のむっつり, の同心, へ

▼ ました八五郎~ (3, 0.0%)

2 の話 1 が又

▼ ました~ (3, 0.0%)

1 だから, は色, れで何かと

▼ ました功徳~ (3, 0.0%)

1 でもございましょう, でもございませう, で病気

▼ ました勿論~ (3, 0.0%)

1 その大工, 夫人が, 私は

▼ ました原因~ (3, 0.0%)

1 と申します, の一つ, は一

▼ ました去年~ (3, 0.0%)

1 のこと, の六月, は誠に

▼ ました~ (3, 0.0%)

1 一年の, 一杯回生剤を, 囚の

▼ ました同時に~ (3, 0.0%)

1 あちらの, その友人, 又今

▼ ました~ (3, 0.0%)

1 にご, の通, は白島山平

▼ ました~ (3, 0.0%)

1 お疲れ, ぞお, ぞまあ

▼ ました四つ~ (3, 0.0%)

2 の問題 1 の集団

▼ ました~ (3, 0.0%)

1 に耳, の表, や襖

▼ ました~ (3, 0.0%)

1 に力, はかん高く, は出しません

▼ ました大変~ (3, 0.0%)

1 なこと, 掴んで, 早かった

▼ ました天皇~ (3, 0.0%)

1 の御陵, はその, は名和長年

▼ ました女の子~ (3, 0.0%)

1 の代わり, は悪魔, も機嫌

▼ ました姿~ (3, 0.0%)

1 でおります, に非常, を只今

▼ ました嬉し~ (3, 0.0%)

1 さに, さは, 紛れに

▼ ました小さな~ (3, 0.0%)

1 あかりを, 石か, 袱紗の

▼ ました小宮山~ (3, 0.0%)

1 は何, は早く, もこれ

▼ ました~ (3, 0.0%)

1 を通る, 之助, 之助さん

▼ ました師匠~ (3, 0.0%)

1 が死んだ, とつまらない, にまつわる怪談

▼ ました帰り~ (3, 0.0%)

1 に宇治, に神泉苑, に覚えてろ

▼ ました~ (3, 0.0%)

1 はこちら, は吸いかけ, を私

▼ ました当時石~ (3, 0.0%)

3 を搬

▼ ました御存じ~ (3, 0.0%)

1 ですか, の通り秀子, の通り私

▼ ました御殿~ (3, 0.0%)

1 がどう, のほう, へ出ます

▼ ました~ (3, 0.0%)

1 侍でござる, 婆でございまする, 支配人を

▼ ました悪い~ (3, 0.0%)

1 夢を, 奴に, 瓦でございます

▼ ました手前~ (3, 0.0%)

1 に於, は土手下, は松蔭大藏

▼ ました昨日~ (3, 0.0%)

2 はまた 1 が予定日

▼ ました~ (3, 0.0%)

1 の十二時, は砲弾, も夜

▼ ました時これ~ (3, 0.0%)

1 までかつて, もご, を先生

▼ ました時わたくし~ (3, 0.0%)

1 はただ, はどんなに, は唯

▼ ました時何~ (3, 0.0%)

1 かパラパラ, ですか, に狼狽

▼ ました時間~ (3, 0.0%)

1 の上, はほんの, もあります

▼ ました普通~ (3, 0.0%)

1 なら一々, の仮名, の眼

▼ ました暑い~ (3, 0.0%)

1 けれどもここ, のに破, 昼間の

▼ ました曲者~ (3, 0.0%)

1 かねての, の手, は人違

▼ ました~ (3, 0.0%)

1 の入口, の子供, の衆

▼ ました~ (3, 0.0%)

1 に山吹, の木, の花

▼ ました~ (3, 0.0%)

1 で, なこと, にさも

▼ ました橋本幸三郎岡村由兵衞~ (3, 0.0%)

2 の二人 1 は混雑

▼ ました此の度~ (3, 0.0%)

1 の事, はまた, は悪い

▼ ました此処~ (3, 0.0%)

1 から我家, においで, に居る

▼ ました武士~ (3, 0.0%)

1 が一人, でご, はドッシリ

▼ ました死骸~ (3, 0.0%)

1 の側, は田圃伝え, を見

▼ ました母親~ (3, 0.0%)

1 がよくも, が亡くなりました, の心

▼ ました毎度~ (3, 0.0%)

1 また彼, 御贔屓, 有難うございます

▼ ました然し~ (3, 0.0%)

1 ここで, 実に可, 飛んだ御

▼ ました白骨~ (3, 0.0%)

1 にはもう, のお湯, へ行く

▼ ました百姓~ (3, 0.0%)

1 で, に百姓, を致し

▼ ました~ (3, 0.0%)

1 で山, はあの, は変りねえ

▼ ました目的~ (3, 0.0%)

1 と申します, に二つ, を続行

▼ ました真平~ (3, 0.0%)

1 御免なさいまし, 御免なせえまし, 御免下さいまし

▼ ました~ (3, 0.0%)

1 の上, の所, を覺

▼ ました着物~ (3, 0.0%)

2 まだ水洗い 1 でございます

▼ ました~ (3, 0.0%)

1 の鳥居, は飛騨, へ花車

▼ ました石器~ (3, 0.0%)

1 に至, は刃物, や土器

▼ ました確か~ (3, 0.0%)

1 な證據, に日本間, に見届け

▼ ました~ (3, 0.0%)

1 のこと, は彼等, は海

▼ ました~ (3, 0.0%)

1 の下, の中, を押し上げ

▼ ました立派~ (3, 0.0%)

1 なお, な花魁, な行い

▼ ました米友さん~ (3, 0.0%)

1 これからわたし, の唄い, はただ

▼ ました~ (3, 0.0%)

1 が破談, ですもの, の先方

▼ ました縁談~ (3, 0.0%)

1 にも同じ, も断わりまし, を断っ

▼ ました老人~ (3, 0.0%)

1 が四十代, が昔, は理髪師

▼ ました~ (3, 0.0%)

1 がドキ, が一ぱい, には一輪

▼ ました~ (3, 0.0%)

1 はどう, をつけ, を湯

▼ ました親分~ (3, 0.0%)

1 あの娘, 決して悪気, 決して惡氣ぢ

▼ ました貴下~ (3, 0.0%)

1 にこんな, の秘密出版, 御自身

▼ ました赤い~ (3, 0.0%)

1 毛糸の, 煉瓦の, 鼻緒の

▼ ました~ (3, 0.0%)

1 で, で彼, の草

▼ ました~ (3, 0.0%)

3 なう御

▼ ました途中~ (3, 0.0%)

1 からそれ, でも, においてその

▼ ました通り夫~ (3, 0.0%)

1 と私, に對, の言葉

▼ ました部屋~ (3, 0.0%)

1 で針仕事, に御, へ引取つたの

▼ ました酋長~ (3, 0.0%)

1 の妻, はいつ, はうなづき

▼ ました錢形~ (3, 0.0%)

1 の平次, の親分, の親分さん

▼ ました間もなく~ (3, 0.0%)

1 技術者が, 独逸の, 赤樫さんが

▼ ました関係~ (3, 0.0%)

1 からお上, からかさすが, から知っとる

▼ ました限り~ (3, 0.0%)

1 ではこの, は何事, は拙者

▼ ました~ (3, 0.0%)

1 が嬉しくっ, が追, のほんの

▼ ましたあいつ~ (2, 0.0%)

1 の片腕, を最も

▼ ましたあす~ (2, 0.0%)

1 の夕方, は山

▼ ましたあたり~ (2, 0.0%)

1 から察し, が暗く

▼ ましたあなたそれ~ (2, 0.0%)

2 は貴女

▼ ましたありがたうありがたう~ (2, 0.0%)

1 さつ, 君は

▼ ましたありがとう~ (2, 0.0%)

1 ございましたこれから, ございましたと

▼ ましたいざ~ (2, 0.0%)

1 帰りましょう左様, 此方へ

▼ ましたいよいよ~ (2, 0.0%)

1 もって, 逃げ出しましたよ

▼ ましたうま~ (2, 0.0%)

1 かつた, そうな

▼ ましたおかげさ~ (2, 0.0%)

1 まで目界, まで飢え

▼ ましたおかげさま~ (2, 0.0%)

1 でいい, で淋し

▼ ましたおしん~ (2, 0.0%)

2 でございますよ

▼ ましたお櫃~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ ましたお金~ (2, 0.0%)

1 でございますナーニ, とそれから

▼ ましたかって~ (2, 0.0%)

1 お母さまが, 聞いて

▼ ましたかつて~ (2, 0.0%)

1 仰つたら坊ちやん, 訊ねるん

▼ ましたかに~ (2, 0.0%)

1 しようか, を見ました

▼ ましたかへと~ (2, 0.0%)

2 脊を

▼ ましたからこそ~ (2, 0.0%)

1 手加減を, 苦しい我慢

▼ ましたからねと~ (2, 0.0%)

1 口でこそは, 大真面目

▼ ましたかわいそう~ (2, 0.0%)

1 にこれ, にそそのかされた

▼ ましたがか~ (2, 0.0%)

1 あいい, ような

▼ ましたがた~ (2, 0.0%)

1 うとううすく眼, うとう半分ひとりごと

▼ ましたがとにも~ (2, 0.0%)

2 かくにも

▼ ましたがに~ (2, 0.0%)

1 はかに, ィ

▼ ましたがほど~ (2, 0.0%)

1 よく新館, 経て

▼ ましたがわ~ (2, 0.0%)

1 づかに, づかばかり

▼ ましたきょう~ (2, 0.0%)

1 など暑かっ, は暖くも

▼ ましたけれどから~ (2, 0.0%)

2 だが

▼ ましたけれどと~ (2, 0.0%)

1 いい結婚, なりどうし

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 でござれど, なな

▼ ましたことそれ~ (2, 0.0%)

1 でこそ必要, に松源鳥八十

▼ ましたこと私~ (2, 0.0%)

1 が当時十日余, もたいへん

▼ ましたこりゃ~ (2, 0.0%)

1 わっし, ア何うも

▼ ましたこん~ (2, 0.0%)

1 にち, にちと

▼ ましたごぜ~ (2, 0.0%)

2 えます

▼ ましたさあさあ~ (2, 0.0%)

1 こちらへ, よいやさの

▼ ましたしき~ (2, 0.0%)

2 のこの

▼ ましたしも~ (2, 0.0%)

2 少しの

▼ ましたしるし~ (2, 0.0%)

1 に当然, に片時

▼ ましたすみません~ (2, 0.0%)

1 がこれ, わたくしが

▼ ましたずいぶん~ (2, 0.0%)

1 ために, 心配したでしょう

▼ ましたぜひ~ (2, 0.0%)

1 それは, わたしに

▼ ましたそれだけ~ (2, 0.0%)

1 の事, 教えて

▼ ましたそんなに~ (2, 0.0%)

1 歩いた筈, 生きものが

▼ ましたぞといふ~ (2, 0.0%)

2 やうな

▼ ましたぞなどと~ (2, 0.0%)

1 不安そうに, 相かえり見

▼ ましたぞの~ (2, 0.0%)

1 い, うし

▼ ましたため百余合~ (2, 0.0%)

2 のうち六十二合

▼ ましただから~ (2, 0.0%)

1 それっきり二度と, 追うふたり

▼ ましたちと~ (2, 0.0%)

1 お立ち寄りくださいまし, 落語家の

▼ ましたっけが~ (2, 0.0%)

1 急で, 酒屋の

▼ ましたっけねえ~ (2, 0.0%)

1 思い出したわ, 新さん

▼ ましたつて云~ (2, 0.0%)

1 ひましたのよ, ふんだよ

▼ ましたとおり私~ (2, 0.0%)

1 の復讐, は講演

▼ ましたとかいう~ (2, 0.0%)

1 んだっ, 唐来の

▼ ましたときあまり~ (2, 0.0%)

2 の事

▼ ましたときこちら~ (2, 0.0%)

2 を向い

▼ ましたとき家~ (2, 0.0%)

1 の普請, の者

▼ ましたところいま~ (2, 0.0%)

1 申しあげたよう, 申した不可解

▼ ましたところわたくし~ (2, 0.0%)

1 に, に註文

▼ ましたところ今日~ (2, 0.0%)

1 はしきりに, は合力

▼ ましたところ今日先生~ (2, 0.0%)

2 の御

▼ ましたところ先~ (2, 0.0%)

1 においで, に食事

▼ ましたところ公儀~ (2, 0.0%)

2 よりは一紙半銭

▼ ましたところ向う~ (2, 0.0%)

2 が止む

▼ ましたところ大変~ (2, 0.0%)

1 によろこん, 蒼いじゃ

▼ ましたところ天皇~ (2, 0.0%)

1 はすでに, はその

▼ ましたところ太閤~ (2, 0.0%)

2 にはお

▼ ましたところ女~ (2, 0.0%)

1 の姿, の首筋

▼ ましたところ急~ (2, 0.0%)

1 に何やら, の御

▼ ましたところ樫尾~ (2, 0.0%)

1 は暫く, は遂に

▼ ましたところ水~ (2, 0.0%)

1 に青みどろ, をお

▼ ましたところ男~ (2, 0.0%)

1 の申します, の長兵衛

▼ ましたところ貴君~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ ましたとしても~ (2, 0.0%)

1 兄は, 自分が

▼ ましたともかく~ (2, 0.0%)

1 僕は, 腕に

▼ ましたともさ~ (2, 0.0%)

1 すぐに, 貰ったどころ

▼ ましたどうかよろしく~ (2, 0.0%)

2 との申出で

▼ ましたどうしても~ (2, 0.0%)

1 千代が, 思い出せませんと

▼ ましたどの~ (2, 0.0%)

1 ような, 方角へ

▼ ましたども~ (2, 0.0%)

2 弟の

▼ ましたなか~ (2, 0.0%)

1 からすこし, でとにかく

▼ ましたなぜ~ (2, 0.0%)

1 と言つて, 困難であり

▼ ましたなど~ (2, 0.0%)

1 一度も, 云えない

▼ ましたなどという~ (2, 0.0%)

1 ような, 事まで

▼ ましたなどは~ (2, 0.0%)

2 外聞が

▼ ましたななどと~ (2, 0.0%)

2 玄浴主が

▼ ましたなに大丈夫~ (2, 0.0%)

2 ですと

▼ ましたなり~ (2, 0.0%)

1 ちょこちょこと, 破風口から

▼ ましたなん~ (2, 0.0%)

1 でもその, でも先生

▼ ましたにと~ (2, 0.0%)

1 新三郎が, 障子の

▼ ましたねって~ (2, 0.0%)

1 そう言う, 云ったぞ

▼ ましたねエ~ (2, 0.0%)

1 僕は, 自分の

▼ ましたのち大将はじめ一騎~ (2, 0.0%)

2 のこらず討死

▼ ましたのでて~ (2, 0.0%)

1 まえごとき非力者, まえも

▼ ましたのでは~ (2, 0.0%)

1 づかしくなりました, ッと

▼ ましたのでへ~ (2, 0.0%)

2

▼ ましたばかりか~ (2, 0.0%)

1 紋十郎を, 背丈が

▼ ましたふと~ (2, 0.0%)

1 何心なく, 思いつきましたの

▼ ましたふとした~ (2, 0.0%)

2 ことから

▼ ましたほんに~ (2, 0.0%)

1 佳い采, 貴方お

▼ ましたほんの~ (2, 0.0%)

1 四半刻程, 少しばかり

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 ふ, ふ事

▼ ましたまで~ (2, 0.0%)

1 です, 他に

▼ ましたまアお~ (2, 0.0%)

1 上りなさいまし, 上んなさい

▼ ましたむづかしくはお給金~ (2, 0.0%)

2 の前借

▼ ましたやさき~ (2, 0.0%)

1 ある筋, でありましたから

▼ ましたやっぱり~ (2, 0.0%)

1 ヤクザらしい, 髪結が

▼ ましたゆえあれ~ (2, 0.0%)

1 からすっかり, から死体

▼ ましたゆえなん~ (2, 0.0%)

1 じゃと申し, の気

▼ ましたゆえびっくり~ (2, 0.0%)

1 いたしまして, して

▼ ましたゆえわたし~ (2, 0.0%)

1 がじかに, を捨て

▼ ましたゆえ何~ (2, 0.0%)

1 うぞ, も取っ

▼ ましたゆえ私~ (2, 0.0%)

1 は散歩, も身の上

▼ ましたゆっくり~ (2, 0.0%)

1 御案内, 昔話でも

▼ ましたよい~ (2, 0.0%)

1 女房で, 所です

▼ ましたようこそ~ (2, 0.0%)

1 おいでで, おいで思いがけない

▼ ましたよろし~ (2, 0.0%)

1 うございますそれでは, うございます必ず

▼ ましたわと~ (2, 0.0%)

1 うれしくて, 本を

▼ ましたア行~ (2, 0.0%)

2

▼ ましたコレ~ (2, 0.0%)

1 は後ちの事, は此

▼ ましたシテ~ (2, 0.0%)

2 見ると

▼ ましたジョウ~ (2, 0.0%)

1 のドン・ペデロ, の花壇

▼ ましたソレ~ (2, 0.0%)

1 にも拘わらず下さる, を出兵

▼ ましたデンマーク~ (2, 0.0%)

1 とダルガス, の話

▼ ましたバーナード先生~ (2, 0.0%)

1 はアボッツホルム学校, はアボッツホルム學校

▼ ましたヘエ~ (2, 0.0%)

1 どうも有難う, 有難うご

▼ ましたマルコ~ (2, 0.0%)

1 の心, は草

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 小栗さんが, 親分思ひ切

▼ ました一分始終~ (2, 0.0%)

2 いやどうも

▼ ました一匹~ (2, 0.0%)

1 のこほろぎが, の亀

▼ ました一封~ (2, 0.0%)

1 の密書, の手紙

▼ ました一度~ (2, 0.0%)

1 あなたを, は放逐

▼ ました一座~ (2, 0.0%)

1 の働き手, の名

▼ ました七珍財宝~ (2, 0.0%)

2 を悉く

▼ ました万年山相国~ (2, 0.0%)

2 の巨刹

▼ ました三つ~ (2, 0.0%)

1 のもの, の手紙

▼ ました上野~ (2, 0.0%)

1 の仏和女学校, の山

▼ ました下男~ (2, 0.0%)

1 のスメルジャコフ, の仲助

▼ ました不意~ (2, 0.0%)

1 に思い立っ, に手

▼ ました世にも~ (2, 0.0%)

1 不可思議な, 不思議な

▼ ました世の中~ (2, 0.0%)

1 ですが, へ帰っ

▼ ました両国~ (2, 0.0%)

1 にいた, の花火

▼ ました九月~ (2, 0.0%)

2 の初

▼ ました乳母~ (2, 0.0%)

1 でオセキ, と召使い

▼ ました二つ~ (2, 0.0%)

1 の実例, は大変

▼ ました二匹~ (2, 0.0%)

1 にとつ, 捕つて三匹目

▼ ました二品~ (2, 0.0%)

1 のうち, をお

▼ ました二日~ (2, 0.0%)

1 ほどまえ, 生き三日

▼ ました二月~ (2, 0.0%)

1 になっ, ばかりというもの

▼ ました五十分一~ (2, 0.0%)

2 の雛形

▼ ました井上~ (2, 0.0%)

1 が独身, 大九郎

▼ ました~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ ました今にも~ (2, 0.0%)

1 嬉し涙が, 山水が

▼ ました今夜~ (2, 0.0%)

1 という今夜, は近所

▼ ました今宵限り關~ (2, 0.0%)

2 はなく

▼ ました今年~ (2, 0.0%)

1 は悪い, は雨都合

▼ ました今朝~ (2, 0.0%)

1 も直吉, 早く若旦那

▼ ました仕丁~ (2, 0.0%)

2 両三名

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 ではござりますなれ, の良い

▼ ました伊東頼母様~ (2, 0.0%)

1 と仰せ, と仰せられる

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 の奴, の嬢次

▼ ました何だか~ (2, 0.0%)

1 別の, 私の

▼ ました何でも~ (2, 0.0%)

1 これは, 彼の

▼ ました何とも~ (2, 0.0%)

1 彼とも, 恐縮に

▼ ました何もかも~ (2, 0.0%)

1 わかりました, 忘れて

▼ ました何分~ (2, 0.0%)

1 にも恐入ります, 叺八十杯の

▼ ました何處~ (2, 0.0%)

1 からともなく, で親分

▼ ました余程~ (2, 0.0%)

1 有りましたろう, 違って

▼ ました使~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ ました~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ ました偉大~ (2, 0.0%)

1 なプッチーニ, な学者

▼ ました僅か~ (2, 0.0%)

1 に尾張, 八十五間の

▼ ました先日~ (2, 0.0%)

1 はまた, までは暑中見舞

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 でお, の漣

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 で小説, 體ことしは

▼ ました全然~ (2, 0.0%)

1 伝統的な, 先旦那様

▼ ました其処~ (2, 0.0%)

1 が大, に背

▼ ました其夜~ (2, 0.0%)

1 の事, 初めて見ました

▼ ました其時~ (2, 0.0%)

1 は主人, は此九郎右衛門心

▼ ました処意外~ (2, 0.0%)

1 にも非常, の上首尾

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 まりな, 花楼の

▼ ました十一月~ (2, 0.0%)

2 に九ヶ度

▼ ました十六日~ (2, 0.0%)

1 には往復二里, に出し

▼ ました半田屋~ (2, 0.0%)

2 の長兵衛

▼ ました卑しい~ (2, 0.0%)

1 私どもを, 身分の

▼ ました即ち~ (2, 0.0%)

1 此うい, 秀子が

▼ ました口惜し~ (2, 0.0%)

1 さが, さに

▼ ました古い~ (2, 0.0%)

1 経机が, 習慣なんぞ

▼ ました古市~ (2, 0.0%)

1 があるではござりませぬ, の新地

▼ ました~ (2, 0.0%)

2

▼ ました只今~ (2, 0.0%)

1 この下, は然

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 上りまし, 上れ鰻

▼ ました召使~ (2, 0.0%)

2 の八重

▼ ました唐紙~ (2, 0.0%)

1 は開いた, を細目

▼ ました善い悪い~ (2, 0.0%)

2 は別に

▼ ました四十~ (2, 0.0%)

1 の歳, を越えた

▼ ました因縁~ (2, 0.0%)

1 の法則, を断ち切っ

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 の兵士たち, の森

▼ ました多く~ (2, 0.0%)

1 の人, の家

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 になっ, 更けて

▼ ました大した~ (2, 0.0%)

1 上達だって, 御役

▼ ました大作~ (2, 0.0%)

1 は似, もその

▼ ました大将株~ (2, 0.0%)

2 とも見える

▼ ました大胆~ (2, 0.0%)

1 な馬鹿, に

▼ ました大軍~ (2, 0.0%)

1 をもっ, を催し

▼ ました天狗~ (2, 0.0%)

2 の名

▼ ました女房~ (2, 0.0%)

1 に少々, は次

▼ ました女給~ (2, 0.0%)

1 の久美子, の鞆岐久美子

▼ ました如何にも~ (2, 0.0%)

1 お急ぎ, 手際の

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 と云う, も宜しく

▼ ました姉御昨夜私~ (2, 0.0%)

2 は何

▼ ました姉様~ (2, 0.0%)

1 が死にます, も一緒

▼ ました委細~ (2, 0.0%)

1 の申し, 心得て

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 が居りまする, はとっても

▼ ました婆さん~ (2, 0.0%)

1 はいや, は自身

▼ ました婦人~ (2, 0.0%)

1 のため, は年

▼ ました孝助~ (2, 0.0%)

1 と申す, や種々話

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 の半, の鴫沢

▼ ました安心~ (2, 0.0%)

1 したこと, しました

▼ ました定めし~ (2, 0.0%)

1 神様も, 秀子は

▼ ました定期船~ (2, 0.0%)

1 に乗船, の中

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 の罪人, をいう

▼ ました実例~ (2, 0.0%)

1 だけでも一通り説明, は主として

▼ ました家内~ (2, 0.0%)

1 に出あいまし, も子供

▼ ました将軍家~ (2, 0.0%)

1 がこの, は決して

▼ ました小舟~ (2, 0.0%)

2 で蘆

▼ ました少年~ (2, 0.0%)

1 の私, は頭

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 ては段々, ましては

▼ ました岡沢先生~ (2, 0.0%)

1 が思い, 御夫婦

▼ ました川越~ (2, 0.0%)

2 の源太様

▼ ました工合~ (2, 0.0%)

1 に玉転, に薄い

▼ ました巻物~ (2, 0.0%)

1 が行儀, で端

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 が常, 平生余り

▼ ました帽子~ (2, 0.0%)

1 といふもの, はたしかに

▼ ました平家琵琶~ (2, 0.0%)

1 とはなかなか, を語っ

▼ ました幸福~ (2, 0.0%)

1 が失われた, についてや何

▼ ました幾度~ (2, 0.0%)

1 も幾度, も接続

▼ ました広い~ (2, 0.0%)

1 ところでは, わ実に実に

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 に捨て, の草

▼ ました弁信~ (2, 0.0%)

2 と申す

▼ ました強烈~ (2, 0.0%)

1 な精神的, な表現

▼ ました強盗~ (2, 0.0%)

2 だのギャング

▼ ました当の~ (2, 0.0%)

1 相手でございます, 責任者医学部長若林博士が

▼ ました当初~ (2, 0.0%)

1 に第, の中

▼ ました当時私~ (2, 0.0%)

1 はちょうど, は評定役

▼ ました役人~ (2, 0.0%)

1 の評議, はこれ

▼ ました彼等~ (2, 0.0%)

1 です, の壁

▼ ました後々~ (2, 0.0%)

2 も一慶さま

▼ ました御機嫌~ (2, 0.0%)

1 宜しゅう田舎, 能う

▼ ました御用向~ (2, 0.0%)

1 がございますなら, も存じ

▼ ました~ (2, 0.0%)

2 ろしい

▼ ました怖い~ (2, 0.0%)

1 夢を, 者で

▼ ました恋愛~ (2, 0.0%)

2 に関するお話

▼ ました恨み~ (2, 0.0%)

1 です, を受け

▼ ました悲しい~ (2, 0.0%)

1 お話も, ことでございます

▼ ました悲しみ~ (2, 0.0%)

1 で私, の夢

▼ ました意味~ (2, 0.0%)

1 において最も, は未来

▼ ました感じ~ (2, 0.0%)

1 いりました, をもっ

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 のあせり, の苦しみ

▼ ました我々~ (2, 0.0%)

1 が車付き西洋腰掛け便器, の国学院

▼ ました所彼~ (2, 0.0%)

1 の通り, は顔色

▼ ました所私~ (2, 0.0%)

1 の心掛け, はまず

▼ ました所表~ (2, 0.0%)

2 の御門

▼ ました扇子~ (2, 0.0%)

1 で見覚え, は白扇

▼ ました手の者たち~ (2, 0.0%)

2 とわたくし

▼ ました折ふし~ (2, 0.0%)

2 はいや

▼ ました揚句~ (2, 0.0%)

1 で母親, まず

▼ ました改めて~ (2, 0.0%)

1 下女からも, 主人から

▼ ました故何~ (2, 0.0%)

1 うぞ, も存じませぬ

▼ ました数万~ (2, 0.0%)

2 の屍

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 にその, の超重

▼ ました文句~ (2, 0.0%)

1 はない, は別

▼ ました新手~ (2, 0.0%)

2 の雑兵数人

▼ ました方様~ (2, 0.0%)

1 でいらっしゃいましょう, のため

▼ ました旅行券~ (2, 0.0%)

1 を, を示しました

▼ ました旦那~ (2, 0.0%)

1 がおいで, さう

▼ ました旦那様~ (2, 0.0%)

1 にお, は随分

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 の偽り, 語りましたので

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 の人, の八犬伝

▼ ました昨晩~ (2, 0.0%)

1 お留守, のうち

▼ ました時そこ~ (2, 0.0%)

1 にある, 迄御

▼ ました時に~ (2, 0.0%)

1 お園どん, 縣會が

▼ ました時代~ (2, 0.0%)

1 に演劇, のやう

▼ ました時妾~ (2, 0.0%)

1 はもう, は自分

▼ ました時拙者~ (2, 0.0%)

1 はその, は其の

▼ ました時残つて~ (2, 0.0%)

2 居つたたつた一つ

▼ ました時経書~ (2, 0.0%)

2 を進講

▼ ました時舞台~ (2, 0.0%)

1 にうつ, の横

▼ ました時計~ (2, 0.0%)

1 の秘密, はすぐ

▼ ました時高田さん~ (2, 0.0%)

1 から招かれまし, がどこ

▼ ました有難い~ (2, 0.0%)

1 ことで, 仕合せで

▼ ました未だ~ (2, 0.0%)

1 お目, 其の遠慮中

▼ ました東西~ (2, 0.0%)

2 両陣

▼ ました松蔭大之進~ (2, 0.0%)

1 の家, の忰

▼ ました~ (2, 0.0%)

2 ですと

▼ ました桃花坊~ (2, 0.0%)

2 でわたくし

▼ ました桃華文庫~ (2, 0.0%)

1 もまったく, もまつたく思ひ

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 の大木, は斯

▼ ました極めて~ (2, 0.0%)

1 明晰な, 軽い炭

▼ ました模様~ (2, 0.0%)

1 などは皆, も薄く

▼ ました横浜~ (2, 0.0%)

1 にお出で, の商館番頭

▼ ました樫尾~ (2, 0.0%)

1 が立ち去る, は看護婦

▼ ました樵夫~ (2, 0.0%)

2 の子供

▼ ました正直者~ (2, 0.0%)

1 でございます, の半蔵

▼ ました此人~ (2, 0.0%)

1 は何, は小説

▼ ました此金~ (2, 0.0%)

2 は少々

▼ ました此間~ (2, 0.0%)

1 は有難う, は焼けた

▼ ました此頃~ (2, 0.0%)

1 の天気, は商買

▼ ました歴史~ (2, 0.0%)

1 などはもちろん, の起源

▼ ました殊に~ (2, 0.0%)

1 御子息, 鳶頭は

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 が私, が附かない

▼ ました気持ち~ (2, 0.0%)

1 の納, ももう

▼ ました水面~ (2, 0.0%)

1 に近づい, を見まもっ

▼ ました永い~ (2, 0.0%)

1 間あのお, 間の

▼ ました決心~ (2, 0.0%)

1 の内容, をした

▼ ました沢井様~ (2, 0.0%)

1 の裏庭, へ出入

▼ ました注進~ (2, 0.0%)

1 を編み, を編み合わせ

▼ ました火事~ (2, 0.0%)

1 になりました, の日

▼ ました然るに~ (2, 0.0%)

1 この土地, 又宝暦

▼ ました物思い~ (2, 0.0%)

1 の中, をする

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 が母屋, の子

▼ ました犯人~ (2, 0.0%)

1 のまことに, の性格

▼ ました狐つき~ (2, 0.0%)

1 についてお話し, のごとき

▼ ました玉葉玉蘂~ (2, 0.0%)

2 をはじめ

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 らしい事, らしい境地

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 と琵琶, をただ

▼ ました用件~ (2, 0.0%)

1 と云う, は材木

▼ ました由それ~ (2, 0.0%)

1 を伺っ, を伺つてわたくし

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 の国, はふい

▼ ました申しわけ~ (2, 0.0%)

1 がございません, のない

▼ ました申訳~ (2, 0.0%)

1 がございません, が無い

▼ ました町内~ (2, 0.0%)

1 の方, の湯屋

▼ ました画学校~ (2, 0.0%)

1 に入れ, も一年

▼ ました留守~ (2, 0.0%)

1 に原稿, のあいだ

▼ ました異国~ (2, 0.0%)

1 にある, の眇目

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 のお, の美人

▼ ました當時石~ (2, 0.0%)

2 を搬

▼ ました病気~ (2, 0.0%)

1 から申します, のため

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 に, にさて

▼ ました皆今日~ (2, 0.0%)

2 は困ったでしょう

▼ ました目録~ (2, 0.0%)

1 と云, を見ます

▼ ました直に~ (2, 0.0%)

1 いって, 村の

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 つ暗, 狂と

▼ ました真に~ (2, 0.0%)

1 怒りました, 火花を

▼ ました真実~ (2, 0.0%)

1 のお父さん, の処

▼ ました秀子~ (2, 0.0%)

1 の身体, は全く

▼ ました私の~ (2, 0.0%)

1 だもの, は甚だ

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 で写し取りました, には決して

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 という突飛, といろんな

▼ ました~ (2, 0.0%)

2 を逆手

▼ ました約束~ (2, 0.0%)

1 の文書, をお

▼ ました細川方~ (2, 0.0%)

2 の郎党衆

▼ ました経験~ (2, 0.0%)

1 から旅行, について申し上げ

▼ ました結果今日~ (2, 0.0%)

1 では四季, まであまり

▼ ました結果精神~ (2, 0.0%)

2 に異状

▼ ました義理~ (2, 0.0%)

1 が有る, じゃねえ

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 る日, 廿三年の

▼ ました翌年~ (2, 0.0%)

1 から東京, の夏

▼ ました翌日~ (2, 0.0%)

1 から母, は前沢

▼ ました老爺~ (2, 0.0%)

1 が, はやがて

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 くお聞き下さいまし今, く合点

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 がこの, をかけます

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 の漕ぎ, を探しました

▼ ました芸者~ (2, 0.0%)

1 でまだ, は極

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 先生, 氣の

▼ ました若旦那~ (2, 0.0%)

1 に頼まれた, の足

▼ ました茂太郎~ (2, 0.0%)

1 が僅か, が死にました

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 にもまた, は猶

▼ ました葛籠~ (2, 0.0%)

1 を捨てまし, を盗まれました

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 月の, 雪さんざ

▼ ました藤六~ (2, 0.0%)

1 の乾児ども, の娘

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 の滴り, の色見ゆ

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 からお, に出

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 の佐吉, を附けます

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 に御飯, 兄弟だ

▼ ました親切~ (2, 0.0%)

1 なローリイ, な蟻

▼ ました角太郎~ (2, 0.0%)

2

▼ ました言葉~ (2, 0.0%)

1 では私, は

▼ ました~ (2, 0.0%)

2 りで

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 に多い, の法

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 先生に, 将も

▼ ました諸君~ (2, 0.0%)

1 のいう, はもはやハッキリ

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 嬢は, 方様と

▼ ました赤ちゃん~ (2, 0.0%)

1 が人工営養, の方

▼ ました起り~ (2, 0.0%)

2 も無理

▼ ました足軽衆~ (2, 0.0%)

2 の乱波

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 を尋ね, 之助

▼ ました身の上~ (2, 0.0%)

1 でございます, では兵部卿

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 が皆人, でも

▼ ました近い~ (2, 0.0%)

1 うちに, うち両国で

▼ ました途端~ (2, 0.0%)

1 にはただ, に私

▼ ました~ (2, 0.0%)

2 もう一刻

▼ ました通りわたくし自身~ (2, 0.0%)

1 が現在, が現在立会つたの

▼ ました通り娘~ (2, 0.0%)

1 も至つて気, も至つて氣

▼ ました通り横紙破り~ (2, 0.0%)

2 な男

▼ ました通り正木先生~ (2, 0.0%)

1 の前, の頭脳

▼ ました通り百姓~ (2, 0.0%)

1 こそは土, ほど正しい

▼ ました通り脅迫状~ (2, 0.0%)

1 がまいこん, の一件

▼ ました通り若殿様~ (2, 0.0%)

1 の御, はすべて喧嘩口論

▼ ました通り青木君~ (2, 0.0%)

2 の弟丈

▼ ました通り高橋鳳雲~ (2, 0.0%)

2 の息子さん

▼ ました遅い~ (2, 0.0%)

1 ことでした, と山

▼ ました遠い~ (2, 0.0%)

1 原因も, 引掛りな

▼ ました遠慮~ (2, 0.0%)

1 というの, をしない

▼ ました酒肴~ (2, 0.0%)

1 でございます, ではございません

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 に謝罪, のよう

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 に謝罪, 之丞

▼ ました長男~ (2, 0.0%)

1 だったの, の豊

▼ ました間私~ (2, 0.0%)

1 に代, はただ

▼ ました雄二~ (2, 0.0%)

1 の頭, はそれ

▼ ました雲章一慶さま~ (2, 0.0%)

2 もお

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 の中, 隠伊香保湯煙

▼ ました青侍~ (2, 0.0%)

2 もぼつぼつ

▼ ました青年~ (2, 0.0%)

1 と女, の正面向き

▼ ました青木淳氏~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ ました非人~ (2, 0.0%)

1 は先刻, も途中

▼ ました面目~ (2, 0.0%)

1 ない何, もない

▼ ました頃私~ (2, 0.0%)

1 が食卓, の父

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 からしっぽ, の禿

▼ ました題目~ (2, 0.0%)

1 はこういう大きな, も大師

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 をし, を見ます

▼ ました飛行機~ (2, 0.0%)

1 にし, はだんだん

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 が食い, に酢

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 が驚い, は南部

▼ ました馬方~ (2, 0.0%)

1 の作藏, は馬

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 の折れる, ばかりになつ

▼ ました高利~ (2, 0.0%)

1 は貸します, を借り

▼ ました高麗村~ (2, 0.0%)

2 の次郎

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 が笑う, の面

▼ ました~ (2, 0.0%)

1 はそれ, は海

▼ ました鳰鳥~ (2, 0.0%)

1 とかいうお方, と申す

▼ ました黒怪人物~ (2, 0.0%)

1 の若林博士, は室内

▼ ました黒衣~ (2, 0.0%)

2 の巨人

▼1* [3341件]

ましたああうがいも, ましたあいすみません, ましたあいだは小谷, ましたあかつきにはいかに, ましたあげく着くやいな, ましたあげくオシャベリ姫と一所, ましたあざやかなる獲物, ましたあそこに斬られ, ましたあちら麦ばかり故, ましたあとわたくしはその, ましたあとアタマが暫く, ましたあと何里ぐらいあります, ましたあと先の事, ましたあと全部を私, ましたあなやの声, ましたあなた方はわたくし, ましたあの大きな籠を, ましたあやしい女を, ましたありがとうござります, ましたあんたの仰っし, ましたあんたなんの不服, ましたあんまりその姿, ましたにも, ましたいい工合に, ましたいいえ縁も, ましたいえ本統, ましたいかが取計らいましょう, ましたいかがなもの, ましたいかにも夜歩きは, ましたいくらなんでも, ましたいちばん初めのこと, ましたいっさいのもの, ましたいつか水底の海草, ましたいま怪塔王が見, ましたいわゆる河原者です, ましたうえ時分を見, ましたうさぎでございますが, ましたうしろには自分, ましたうっかり手出しを, ましたうつかり伜, ましたうつくしいばらの, ましたええ何だ, ましたえお米さん, ましたえらい騒ぎで, ましたおいしい麦飯を, ましたおおかたあなたが, ましたおかげ樣で一生, ましたおしのと, ましたおしかったこと, ましたおしんさんという小母さん, ましたおじいさん今どこにいらつ, ましたおそくなりました, ましたおそらく釈尊ほど, ましたおっ母さんさえ, ましたおつけ致しましょう, ましたおとよが七歳, ましたおなかの工合いかが, ましたおやシオンの, ましたおれは若い, ましたお上人様お慈悲, ましたお側にい, ましたお前年に少し, ましたお前様のよろしき, ましたお召かなに, ましたお変り様もございません, ましたお姫さまはすぐ, ましたお嬢さん早速行っ, ましたお嬢様が他人, ましたお嬢様わたくしが先程ここ, ましたお客さまはいつか, ましたお客方元上州箕輪, ましたお寺方の絵, ましたお座敷が大層, ましたお慰みに御覧, ましたお早うござい, ましたお松の言, ましたお歌の会, ましたお母さまのお, ましたお母さん御馳走をし, ましたお母様は私, ましたお湯と違いまし, ましたお父さんは, ましたお目見え仰付けられ權六身, ましたお祈りの力, ましたお茶の先生, ましたお菓子すら召し上がらない, ましたお蔭さまで, ましたお蔭様でお嬢様, ましたお詫びも直接, ましたお話し申せば, ましたお話二つに分れ, ましたお金ざますよ, ましたお陰様でお, ましたお隣の狩島樣, ましたお雪ちゃんがいない, ましたかくなじでか, ましたかたで, ましたかたいパンの, ましたかたがたもみんな, ましたかてそや, ましたかで見ぶつ, ましたかといふまことに恥晒し, ましたかともしかけが, ましたかどが立ちませんから, ましたかなあという顔を, ましたかなと訊いた, ましたかなーもうありません, ましたかねと念の, ましたかへへっひとえに, ましたかへへ御風流, ましたからか爺さんは, ましたからずつと手狭な, ましたからってね倉屋の, ましたからという知らせで, ましたからなといふ返事である, ましたからなんぞ買つ, ましたからねえ入ったとき宣誓, ましたからの事で, ましたからわッとうしろへ, ましたからネ差繰つて, ましたかわりにえい, ましたかを申し上げます, ましたかネかおるさんの, ましたか弱い娘の, ましたがいかが取り, ましたがいざとなつて石見銀山が手, ましたがかへつても, ましたががつくり首, ましたがさてどうすれ, ましたがそれではかえってめだつ, ましたがたうとうどうした, ましたがちつとも, ましたがといったお君, ましたがとに角自分で, ましたがどどどうした, ましたがななーるほど, ましたがなんぞふに, ましたがにはかに怖く, ましたがねから唐人みた, ましたがねんのために, ましたがへエ, ましたがやがで何やら一, ましたがやにわと京弥に, ましたがらんがらんがらん音をたて, ましたがをぢさんは, ましたがナ今度は, ましたきつとさ, ましたきよしをお, ましたきりその後の安否, ましたきりべつに悪びれた, ましたきり早や死んだ, ましたきり枕も顔, ましたきり留守なん, ましたきり食が細っ, ましたくせに今更, ましたくらいやのんです, ましたぐずぐずして, ましたけどさいくら悲観, ましたけどとうど根負けし, ましたけどねずいぶんつらかっ, ましたけどねえ誰つ, ましたけれどもそれでもってお, ましたけれどもだけそれだけ, ましたけれどもてきは, ましたけれどもね其れで, ましたけれどもネ老女さん私何う, ましたけれどネ外交の, ましたけん動顛し, ましたげにござりやす, ましたはいお母さん, ましたこうして自由なる, ましたこうすんなりお買上げ, ましたこがね虫はすぐ, ましたここここだって云, ましたこずえの小鳥, ましたこちらへご, ましたことに老人たちは, ましたことモットモット叱られても, ましたこと一天万乗の御, ましたこと一期の光栄, ましたこと今更らしく思, ましたこと何はあの, ましたこと残念至極に存じます, ましたこと竹筒の半鐘独楽, ましたこと表情しましたこと, ましたこないだ私がお, ましたこほろぎをその, ましたこりゃあやっぱしええ, ましたこれぞ熱田西浦東浦の, ましたこれ以上觸れると, ましたこれ嘉十もう鎌, ましたころあなたやトダさん, ましたころお上がそう, ましたころお針を頼ん, ましたころ宮の御, ましたこわくて同時に, ましたこんどはここ, ましたごまの蠅, ましたご覧なさいましな, ましたさいに毛沢東先生, ましたさい書記の引田妙源, ましたさかいにただ伝え, ましたさかいにと逃げて, ましたさかえ生国魂はんの巫女さん, ましたさきからこうして, ましたさすが名人でも, ましたさぞまあお暑う, ましたさっきまでカムパネルラ, ましたさようでございますこの, ましたしかして敗北の, ましたしというのを, ましたしとの願ひ, ましたしばあやもつい, ましたしばらくそこで, ましたじいさんというの, ましたじき上ります, ましたすえに誰, ましたすぐこれからあげます, ましたすこしつめたくも, ましたすごいでしょう, ましたすっかりなおして, ましたすなわち精神自らこの, ましたすべて人間は物, ましたすゑやはり申しあげる, ましたずらりと大勢ならべ, ましたせつその捺草, ましたせつあとで気づいた, ましたせつに晩に, ましたせつ意外なこと, ましたせますぎて, ましたせめてその笛, ましたせめてもう少し成人し, ましたそいつを九条家, ましたそしたら解除, ましたそしてまた消えて, ましたそそっかしいことで, ましたそちは金銀, ましたそのいわゆる八万騎によって, ましたそのうえに金創, ましたそのうちあれを, ましたそのうち色々の風景画, ましたそのままそこの, ましたその他誰とでもすぐ, ましたその後洞窟の志士たち, ましたそばへ寄る, ましたそらが曇っ, ましたそれぎり音も沙汰, ましたそれぢや, ましたそれではまた明日にでも, ましたそれほどにお, ましたそれゆえに彼, ましたそれゆえあんさんもその, ましたそれッきりさっぱり見かけない, ましたそれ一人が手頼, ましたそれ丈け聞かし, ましたそれ以來其病院と通信, ましたそれ御覧じろ三途橋と書い, ましたそんなら屠蘇, ましたそんなににわかに体が, ましたたいそう遠いところ, ましたたしか二月四日の, ましたただ今久しぶりに, ましたたった今でございます小, ましたたぶんご不浄へでも, ましたたまにわたしども, ましたためマイクロフォンを東部防衛司令部, ましたため一時の生活, ましたため一時研究を放擲, ましたため世人の心痛, ましたため充分の用意, ましたため初めからのこと, ましたため小判小つぶ取りまぜての, ましたため弓の柳生, ましたため御返事申おくれました, ましたため我がままをやる, ましたため次第次第に人, ましたため死からのがれる, ましたため火は湖, ましたため熟睡すること, ましたため石原表は漸次, ましたため胴体の下部数箇所, ましたため銃殺にあいまし, ましただいぶん隔たって, ましただからこうして追い飛ばして, ましただけどもう日記, ましただって泣きよう, ましただの淋しいで, ましただれにもいわない, ましたちっとも眼が, ましたちやうど街端れの, ましたちやんと棧, ましたちょいと来, ましたっきり生きたもの, ましたっけナちっと御, ましたっていうお言葉, ましたってよ正直な, ましたってネ叔母さん永い, ましたついては告別の, ましたついで温泉がある, ましたつけ小鳥は見つからなかつた, ましたつけ貴方とでしたらう, ましたつて云つてたぜ, ましたつて例の如くです, ましたつて話ですもの, ましたつねにその先入観, ましたつばめたちは秋風, ましたつまらない事を, ましたつもりです, ましたつらさを, ましたえから, ましたてもなく恋煩い, ましたですからこれは, ましたといの, ましたというのみのこと伝染る, ましたといはつしやるわい, ましたといふといふ訳で, ましたとおりあなたが二十九日, ましたとおりアトランティス大陸の生物, ましたとおりヤサシイこととは思います, ましたとおり一日も早く, ましたとおり亡者が露, ましたとおり今ここにあった, ましたとおり午前十時二十分艦側から海中, ましたとおり司馬先生生前より妻恋坂, ましたとおり命をとられ, ましたとおり天下無類の黙り虫, ましたとおり当時の羅馬, ましたとおり敵機らしきもの, ましたとおり犯人はその, ましたとおり私新子に内, ましたとおり秋の十月, ましたとおり至道の死去, ましたとおり舟で物, ましたとおり船はまったく, ましたとおり船長があなた, ましたとおり良人がある, ましたとおり若様がたは丁年未満, ましたとおり被害者の頸, ましたとおり貴殿の剣法, ましたとおり身うちのもの, ましたとおり銀行ではちょうど, ましたとおり防空無電局ではあの, ましたとおり陣十郎と連立っ, ましたとおり非常政策を遂行, ましたとかと村へ, ましたときおじょうちゃんが大声でさけびました, ましたときお父さんは毎晩, ましたときお蔦さんを熊, ましたときこれはいかにも, ましたときこれらのもの, ましたときにこにこして, ましたときひでよし公, ましたときもと十番の馬場, ましたときわたくしはその, ましたときわたしはお前さま, ましたときリッケルトが, ましたとき一葉さんに疑い, ましたとき三つになります, ましたとき二人で記念, ましたとき井戸のお, ましたとき人に招, ましたとき人工流産を施そう, ましたとき何かのはずみ, ましたとき兄きは, ましたとき十左は船岡どの, ましたとき右眼の上, ましたとき同地の老人, ましたとき太郎はいつか雪, ましたとき妹のさだ子, ましたとき慶次郎はあんまり, ましたとき新寺のお守り仏, ましたとき日本の文学, ましたとき殿下より御, ましたとき灰色の海, ましたとき童子は赫, ましたとき部屋の中, ましたとき金比羅さまのお伴, ましたとき陛下にはなみ, ましたとき食堂で上座, ましたとこへピイ, ましたとこう清葉が, ましたとこゆえそんな物, ましたところあそこの裏山, ましたところあなたはやっと, ましたところいちまつの殺気, ましたところいまあなたの耳, ましたところお客さまはどなた, ましたところお手数をかけまし, ましたところお答え遊ばされるには, ましたところお許しをうけ, ましたところがいや私も, ましたところこはいかに, ましたところこいつまた気, ましたところこのごろは白き, ましたところこのごろそちこち新聞, ましたところこれこそ蓮胤日頃あこがれ, ましたところこんどはその, ましたところすべてを白状, ましたところすべて言つた通りでしたから, ましたところそちらもお, ましたところそれっきり物音が致しません, ましたところでお釈迦様が, ましたところどこかへお出まし, ましたところのぶなが, ましたところまがいもなく, ましたところよねは暫らく, ましたところわたくし良人の申します, ましたところわたしの初心, ましたところイタリア号の一隊, ましたところエレベーターの綱条, ましたところズバと鬼歯, ましたところバッハ生前の肖像, ましたところフランスの総理大臣, ましたところペストが流行, ましたところ一つの小屋, ましたところ一ぺんで私, ましたところ一時だと, ましたところ一羽五十哥づつで引き取る, ましたところ一軒の家, ましたところ一道の光, ましたところ七日の夕方, ましたところ三度目になる, ましたところ三浦の先生, ましたところ上の目, ましたところ上役のお, ましたところ不意と赤児, ましたところ丹羽五ろざえもんのじょうどのお廊下において秀吉公, ましたところ久しぶりに尋ね, ましたところ二た月, ましたところ二人とももう, ましたところ二十一匹かと存ぜられまする, ましたところ五十両の金, ましたところ五十日めごろから出, ましたところ亭主が申す, ましたところ人のうわさ, ましたところ仁和寺長屋などもみな, ましたところ今し方てまえ, ましたところ今回心を決しまし, ましたところ今夕酉の下刻, ましたところ今日本屋であなた, ましたところ伜は腹痛, ましたところ但馬様から拒絶, ましたところ何んと驚く, ましたところ何者とも知れず, ましたところ例の男, ましたところ係員のロシア人, ましたところ俺の身, ましたところ僕らしい老人, ましたところ先方はそれでも, ましたところ初夜を過ごした, ましたところ却つてお薬, ましたところ参内の帰途, ましたところ古島のて, ましたところ吉凶なかばすと, ましたところ君は聊か, ましたところ品物は大きな, ましたところ嘉門は不在, ましたところ國王の子, ましたところ在外同胞の間, ましたところ坊さんのお, ましたところ大体異存がない, ましたところ大勢は藍子さま, ましたところ大概私の予想通り, ましたところ天子には直ちに, ましたところ夫は実は, ましたところ奇態ではござりませぬ, ましたところ奥さまに逢え, ましたところ奥山どのがその, ましたところ女猿廻しには逃げられました, ましたところ妙なん, ましたところ始の内, ましたところ姓は藪, ましたところ子供が真白い, ましたところ孔明のやつ, ましたところ山岡頭巾で顔, ましたところ山路に迷い, ましたところ島のてっぺん, ましたところ帆村は, ましたところ幸いにも真犯人, ましたところ当人も大層, ましたところ当今浮世絵の名人, ましたところ当節はこちら, ましたところ彼は幼, ましたところ彼等も生活, ましたところ御機嫌よくお許し, ましたところ愚僧の様子, ましたところ慢性の気管支, ましたところ戰地からの繪葉書, ましたところ戸棚の敷紙, ましたところ拒絶られやむを得ず, ましたところ攻略わずか一ヵ月足らず, ましたところ文荷さいどのがたちまち, ましたところ新子が前川さん, ましたところ明日午前中に行ける, ましたところ明治三年に御, ましたところ昨年の暮, ましたところ曲目は何, ましたところ最初の裡, ましたところ最前案内を頼みました, ましたところ最近日本へ帰っ, ましたところ朝になる, ましたところ枝も同じ, ましたところ案内の者, ましたところ欣ばしげ, ましたところ此の奥様, ましたところ歯の根, ましたところ殿下も斜め, ましたところ母の名前, ましたところ母うえが着せ, ましたところ水鏡先生には拙者, ましたところ江戸へ参っ, ましたところ江戸洲崎へ行く, ましたところ河の中, ましたところ波のあいだ, ましたところ流れが八筋, ましたところ流星のよう, ましたところ液體に比し, ましたところ火がまだ, ましたところ灸などすえ, ましたところ烏合の衆, ましたところ父が申しまし, ましたところ父上はそれでは, ましたところ父上様には悪い, ましたところ物好きな人, ましたところ独楽に細工, ましたところ産科医の云う, ましたところ矢田の百姓, ましたところ石の巻, ましたところ神父様が先生, ましたところ私は何, ましたところ空中を飛ん, ましたところ紙帳が落ち, ましたところ終戦後上京して, ましたところ綺麗な若い, ましたところ総督が非常, ましたところ翌日になる, ましたところ肩をすくめ, ましたところ花束の中, ましたところ茶人の量, ましたところ蘇生致しまして, ましたところ虚妄の父, ましたところ貴下の御, ましたところ貴方は窃, ましたところ貴族の方, ましたところ買つて貰つた切符には, ましたところ賊はとる, ましたところ赤格子九郎右衛門だという, ましたところ軍帽も服, ましたところ近年は諸家様, ましたところ途中である大池, ましたところ途中遽に号令, ましたところ運の尽き, ましたところ道にまよっ, ましたところ遠火の上, ましたところ重大な発見, ましたところ野口はクロ, ましたところ針中野というところ, ましたところ鉤があります, ましたところ陛下は右手, ましたところ院主上人はまた, ましたところ隠居はしばらく, ましたところ音羽が逃げ出した, ましたところ頃日名家の墨跡, ましたところ頓と文意, ましたところ頭目らしき真っ先, ましたところ顕微鏡下に現れた, ましたところ風のたより, ましたところ馬込の木賃, ましたとさえ言った, ましたとだけいった, ましたとでもいいたい放題, ましたとにかく印象の, ましたともと強く頷く, ましたとりわけ暑い日, ましたとわ身のほど知らぬ, ましたと迄は行かないが, ましたどうか平に御免を, ましたどうか悪しからず御勘弁, ましたどうか直にお通り, ましたどうぞどうぞお許し願います, ましたどうも大きに有難う, ましたどうやら仲間喧嘩でも, ましたどこで弾い, ましたどちらのお方, ましたどっちりお金, ましたどなたもおいで, ましたどのみちこの風雲, ましたどれ位心強いか, ましたどんどん夜が, ましたどんなに風が, ましたなあとあいさつを, ましたなあははあ先生, ましたなおその地方, ましたなおまた特に忙しく, ましたなかには首を, ましたながい年月の, ましたなぞは嘘, ましたなぞと云って, ましたなつの身もと, ましたなにとぞ兄の, ましたなに猫だから, ましたなへい戴きます何, ましたなまじっか隠し立てを, ましたなるべく兵を, ましたなんだか馬鹿げたこと, ましたなんだかおそろしくなって, ましたなんてね何の, ましたなんという情けない, ましたなんとも申しあげようが, ましたなんにも出来ませんと, ましたについててまえはじめ家来ども, ましたについては御老体, ましたにつけ一方が, ましたにつれてお母様も, ましたには相違ない, ましたねえとお蔦も, ましたねェまったく, ましたのち息子の曹丕, ましたのっそりはどこ, ましたのでというのは, ましたのでとか彼が, ましたのでとのことであった, ましたのでもうたへ, ましたのと妹は, ましたのどかだったでしょう, ましたのにね野枝さんは, ましたのねえと頻りにやられた, ましたのねと奥さんは, ましたのびのびとした, ましたのよとでもいうよう, ましたはい実にねえ, ましたはじめ御一門さま, ましたはずあれをごらん, ましたはずみに新, ましたはっと思う間, ましたはては気の, ましたはまことでご, ましたばかりで留守を, ましたばかりと云つた, ましたばっかりなんでげす, ましたばってん傷ひとつ受けなかったのに, ましたびっくりいたしました, ましたへなついお, ましたほかわたくしに面白, ましたほっといたしましたしかも, ましたほてい商会の女, ましたほとんどすべての, ましたほどに皆様には, ましたほんたうに, ましたほんとかしらほんとに, ましたほんとにどうしてこれに, ましたほんにそうかもしん, ましたまざまざと見ました, ましたまた上に置かせられ, ましたまったくの人違い, ましたまでに遠くから, ましたまでにはちょっと時間, ましたまひたる後, ましたまま汽車に乗りまし, ましたまもなくとんとんと, ましたまもり刀今宵一夜おあずかり, ましたまる三つに, ましたまるで光つてゐる, ましたみじめないたましい, ましたみながぼく, ましたみなさんは物, ましたみんなはまるで, ましたむずむずとぐう, ましためんどくさい計算な, ましたもうどうしましょう, ましたもう再び会ふ, ましたもしやあの向う, ましたもちろんあなたも, ましたもっとお寛ぎくださいませ, ましたもっともこの積雪, ましたもとそれもこれ, ましたもの仕合の儀, ましたもの只今では散髪, ましたもの犬は藻西, ましたもの総立になっ, ましたもの貴下のお許し, ましたもはや隠れはござりませぬなど, ましたやがてお百姓, ましたやくざの三之助, ましたやさしい星は, ましたやつと私, ましたやはり六, ましたやらとゆうべひと晩じゅう泣い, ましたゆえあとから書き入れよう, ましたゆえいくらまがいものでも, ましたゆえいつなりと, ましたゆえいまかいま, ましたゆえうちのもの, ましたゆえかぎは毎晩, ましたゆえきんちゃく, ましたゆえけさほどもはで, ましたゆえこは大事, ましたゆえこいつさいわい昔覚えたさる, ましたゆえここに御, ましたゆえここらが潮どき, ましたゆえこちらにお越し, ましたゆえこれ屈強と網, ましたゆえご存じのとおり, ましたゆえじいやと二人, ましたゆえすき好んで, ましたゆえそそうがあっ, ましたゆえだいじょうぶにご, ましたゆえどこかほか, ましたゆえふたりとも身, ましたゆえほかの生き物, ましたゆえみんなして, ましたゆえゆうべ日が暮れる, ましたゆえわたくしどもも生地, ましたゆえわたしどもは怖い, ましたゆえんのもの, ましたゆえツイお召しも知らず, ましたゆえ一つは仏, ましたゆえ丈助や手前, ましたゆえ三人して, ましたゆえ三日にあげず, ましたゆえ上覧の日, ましたゆえ不才を顧みる, ましたゆえ世間に恥, ましたゆえ中味は改めずにござりまする, ましたゆえ二人ともに斬罪, ましたゆえ人の一心, ましたゆえ今もなお, ましたゆえ伊之助も其の, ましたゆえ使い慣らした白へび, ましたゆえ先刻も外, ましたゆえ八年の苦労辛苦, ましたゆえ六度征旗をすすめ, ましたゆえ内心喜んで, ましたゆえ出入りの古道具屋, ましたゆえ十二地蔵ともまた, ましたゆえ南宗寺の者, ましたゆえ君前に罷り出る, ましたゆえ坊様達には馳走なぞ, ましたゆえ変化の真似, ましたゆえ変死を遂げた, ましたゆえ多助は地獄, ましたゆえ多根の身, ましたゆえ多門と数馬, ましたゆえ夜目でもあり, ましたゆえ大工の方, ましたゆえ夫で私, ましたゆえ奥女中の持ち, ましたゆえ女心のあさ, ましたゆえ婚礼はもう, ましたゆえ孝行な多助, ましたゆえ安心しながら, ましたゆえ家内親類枕元を取巻き, ましたゆえ岡本政七の妹, ましたゆえ庭へ下り, ましたゆえ当夜もこの, ましたゆえ役儀上伺って, ましたゆえ心はあせっ, ましたゆえ思いこがれたこの, ましたゆえ怺えかねて, ましたゆえ恨みをうけた, ましたゆえ折角でご, ましたゆえ披いて, ましたゆえ探偵の方, ましたゆえ曲者たちは濠, ましたゆえ様子をうかがっ, ましたゆえ此れ迄の, ましたゆえ気にかけて居ります, ましたゆえ気味のわるい, ましたゆえ流石に猛, ましたゆえ湯を浴, ましたゆえ源次郎お國, ましたゆえ灯の用意, ましたゆえ父の三庵, ましたゆえ申上げなかったの, ましたゆえ男もわたし, ましたゆえ男心がほしい, ましたゆえ矢場主英膳どの, ましたゆえ私子分ども腹を控えかね, ましたゆえ立留って, ましたゆえ若党にすぐさま, ましたゆえ親たちも大気, ましたゆえ親父も心配, ましたゆえ角右衞門は又, ましたゆえ首尾の松, ましたゆえ馬は驚きバラ, ましたゆえ駒形まで回っ, ましたゆえ髪の毛をきっ, ましたよかったわね, ましたよけども御前伯父も, ましたよなどと話しだした, ましたよなんて言って, ましたよね坊や父様が, ましたより以前の, ましたよりは見苦しくなく見えました, ましたよんどころない仕儀が, ましたよんどころなくこうしてお, ましたく, ましたろくな御馳走も, ましたわいなさあ放し, ましたわけさきほどの無礼, ましたわけても水瓶と, ましたわしは仙台, ましたわしらはわしら, ましたわたくしどもによい, ましたわたくし今この場, ましたわたしそれで暮し, ましたわたし共は何とも, ましたわっしは, ましたわなこの村, ましたわにがむっと, ましたわも少し考えさし, ましたわよこれでも, ましたわるいブランカでしょう, ましたを通して池を, ましたんでかーはんは, ましたんでてまえが, ましたんでというのは, ましたんでのうお母, ましたん違いまッ, ましたアイヌ仲間にも大変徳望, ましたアシビキ号に対し只今連絡中, ましたアダルベルト二等機関兵曹が手真似足真似, ましたアッといっ, ましたアトだんだん年, ましたアノお母さん多助さんが今朝帯, ましたアノ夫人は兼ね, ましたアノ手帳が蜘蛛屋, ましたアノ様子では今, ましたアノ死骸が頓, ましたアノ駝鳥の卵, ましたアフリカを永遠, ましたアムグーンの面, ましたアメリカのインデアナ州, ましたアメリカ式の法律, ましたアンナ・パヴロヴァもやはり, ましたアンナ・レクナーと二人, ましたアーマスト大学の教頭シーリー先生, ましたイエ何あのよく, ましたイエ本統ですよ, ましたイギリスにおいて学生たち, ましたイスランド・ノルウェイ文學の榮, ましたウィルソン大統領の部下二三名, ましたウオール街の金権, ましたエエこのお山, ましたエロキユアスと同様, ましたエ秀子さん又何, ましたオイ何の廉, ましたオセキ婆さんが泊り込み, ましたオモヨ殿と狂気, ましたオリザビトンと一緒, ましたオリンピックでのむ, ましたオールの二百號, ましたカグツチの神, ましたカタという薄, ましたカナリヤはかご, ましたカルロ・ナイン嬢は只今, ましたカンで御座いましょうナ, ましたカーライルの, ましたガケぷちへきましたら運転手さんがこの, ましたガサガサと葉, ましたガンマ星のごとく, ましたキリスト教の教え, ましたギヤルソンに, ましたグスタフソンが間もなく, ましたケニ思い切って, ましたケネディ博士どうしてどうして, ましたコップの水, ましたコロンビヤ大学の広い, ましたコンポジット式とタスカン式, ましたコートの色, ましたサア是が即ち, ましたサア秀子さん貴女は定めし, ましたサワ蟹とか立葵, ましたサービス百パーセント但しノンチツプ, ましたシカゴというは元, ましたシーザーがローマ遠征, ましたスペンダーの私, ましたズック製の犬, ましたセクレタリーの仕事, ましたセラという寺, ましたソコで間もなく, ましたソンな人, ましたダージリンにて知合, ましたチョエン・ジョェという法王, ましたッけがいつか僕のいる, ましたッけが奥様が, ましたツイどうも遅く, ましたツイ今しがた火を落した, ましたツイ目の前, ましたツイ話の重大さ, ましたツル子と申します, ましたテナルと, ましたテンゲーリンという大寺, ました申すと, ましたトロちやんはお母さん, ましたドヤドヤと, ましたドーブレクが大急ぎ, ましたナゼ任土貢を奉らない, ましたナニ最う一昔以前, ましたナニ金さえあれ, ましたヌタの皿, ましたヌーッという, ましたネといった人が, ましたハアーどうも夜, ましたハイ憎い二人, ましたハイ一切の疑い, ましたハイ谷間田は夫, ましたハイ道九郎君が何れ, ましたハテなと思い, ましたバーンズとハイネ, ましたパデレフスキーの当意即妙, ましたパラグアイですの, ましたパーク旅館ですね, ましたパーラー家の公子, ましたヒョッとして道楽, ましたビクターレコード会社出版のオペラブック, ましたフォレー・ノアールの鹿, ましたフクを平気, ましたフランシスコ・ザヴィエルは前, ましたフランスの風船, ましたプログラムはすべて中止, ましたヘイずいぶん永い, ましたヘイ其白状に調印, ましたヘイ私は始め, ましたヘエ丈助でございます, ましたベビーさん来ました, ましたペトログラードの革命, ましたペルリという海軍大将, ましたペンの手紙, ましたホンとによせ, ましたホントの理由, ましたボンベイのふとっちょ, ましたボーイが立ち, ましたポンプという大きな, ましたマダムはですから, ましたマナイタもぽか, ましたマハーブハラタと云, ましたメーテルリンクは, ましたモウどうしても取っ, ましたヤレお裾, ましたヨーロッパ生れの神父たち, ましたラヂオドラマと云, ましたラテラン公会議は第, ましたラテラン公會議は第, ましたランプの光, ましたルビーのゆびわ, ましたルーイスの, ましたレコード会社から入る, ましたレター御覧になりまし, ましたレミヤと私達兄弟, ましたロムバルディのおじいさん, ましたローリイがじょうず, ましたロ市でも屈指, ましたヴァイオリンの世界的名人クライスラー, ましたヴィクトル・ユーゴーは効果, ましたヴェルウスパーの初め, ました一々のこと, ました一〇一号室でございます, ました一だいの飛行機, ました一つ当りさえすれ, ました一ばん古い舊石器時代, ました一ツの嘆声, ました一ツ橋内の第, ました一事を見まし, ました一五四九年の七月十五日, ました一人お母様があるけれ, ました一体に草臥れた, ました一円八十銭を添えまし, ました一冊を改めて, ました一冊本ではありません, ました一分より余計, ました一刹那に私, ました一刻も早く, ました一同は空, ました一向何事も, ました一周忌の頃, ました一国の太子, ました一大事は日本, ました一室別段のお座敷, ました一寸前にも種々, ました一寸法師でございます, ました一巻の絵巻物, ました一心が届いた, ました一旦地獄へ, ました一昨夜の出来事, ました一昨年花の時, ました一昨日のあけ, ました一時わたくしも気, ました一晩中踊り抜くという, ました一月丈かいて, ました一札によります, ました一槍で猛虎, ました一番初めの手紙, ました一番目の嫁様, ました一目お目, ました一章は実は, ました一端でもお話, ました一等水兵マーロンであります, ました一篇の主人公, ました一視同仁の明治天皇陛下, ました一角がツ, ました一言をぜひとも, ました一軒家廂合から白昼, ました一通で是, ました一部あげます, ました一門は皆あなた, ました一階建ての日本間, ました丁子油の髪油, ました七分もか, ました七年前其方堺御奉行與力, ました七本槍の御, ました七面山です, ました万一見付けられでも, ました万葉に出, ましたも横, ました丈助がお供, ました丈太郎というん, ました丈夫な苗, ました三ツの葛籠, ました三ツ目錐といえ, ました三人の令嬢, ました三十の上, ました三十三番の札, ました三千七百町と云, ました三千円の費消, ました三四軒茶屋旅籠のございました, ました三国峠の権, ました三室戸伯爵を経, ました三方に, ました三河屋の隠居, ました三点だけはいくぶん, ました三蔵が大, ました三藏さんてえお方, ました三角野郎が四角四面, ました三輪大明神, ました三高の学生, ました三高吉太郎三高吉太郎であります, ました上イタリーの若い, ました上仰せのよう, ました上平館ての, ました上役割はこう, ました上御覧の通り, ました上方から吉野丸太, ました上方役者の嵐三左衛門, ました上日も暮れ, ました上杉さんの飲ませた, ました上歯の妙, ました上皆様の御, ました上私は一生, ました上野山下一葉茶屋で一人, ました上顔面から頭部, ました下の浜でご, ました下り藤の, ました下り坂の私, ました図と, ました不具の身, ました不孝な女, ました不幸とはまた, ました不憫ぢやありませぬ, ました不発が落ちました, ました不精で潔癖, ました不肖ながらそれ, ました不調法の段, ました与太郎の発見これ, ました世に美は, ました世界最古の文明国エジプト, ました世界風俗展で巴里, ました両人ともには多少, ました両手の力, ました両方のお, ました中央郵便局で破棄, ました中尉の墓所, ました中山卿だのそれから, ました中島先生の御, ました中御門の少納言様, ました中村雪之丞, ました中突として逝去, ました丸井さん日本では切り, ました丸太を枠, ました丸薬を持っ, ました丹治と申す, ました丹波小僧と鍋墨, ました主恩海より深し, ました久しく彼から, ました久しぶりの熟睡, ました久世侯のくち, ました久松さん有難う, ました乗りかえ場所のヒナゲシ区, ました乙型スウィッチが急, ました乙女の姿, ました乙羽庵は始め二橋散史, ました九尺柄の大身, ました九番てがら, ました乾分衆で, ました之介さん, ました亂暴な變, ました了簡の迷い, ました事ゆえ一時半時では誰方, ました事ゆえ勇助も年, ました事ゆえ勘定は確, ました事ゆえ此の者, ました事ゆゑくは, ました事其祖母は萬延元年, ました事実談でご, ました事故此所にもMS君, ました事故腹の中では其実僥倖, ました事柄の千分の一, ました事業で儲けます, ました事訳はあらまし私, ました事蹟の中, ました二三日中には必ず, ました二三町参つて総門を這入り, ました二俵よ, ました二十一日二十三日そしてきのう, ました二十九年には東京府, ました二十二号の桝, ました二十五六にもなるでせう, ました二十六の誓願文, ました二十四日の午後, ました二十日間は土地, ました二十歳前後と見える, ました二回まで上告, ました二幅とない, ました二日目の事, ました二枚とも目白四, ました二葉の松, ました二見から鳥羽, ました二階は私達, ました五人の者, ました五六人の手先, ました五勺の種, ました五十になっ, ました五十丁峠の道, ました五十前後の慾, ました五同志の一人, ました五味左門様では, ました五年の間春, ました五月初旬の詩, ました五月雨のこと, ました五番の方, ました五百ページばかりの, ました五百貫の恩地, ました五趣生死の絵, ました五郎などという男, ました五郎治倶に辱, ました井上源兵衛の娘, ました井戸に飛びこみました, ましたとお, ました亞米利加人でございます, ました京極さいしょうどの, ました京都にもいました, ました京都帝国大学福岡医科大学と申しました, ました人々のうち, ました人たちの中, ました人なだれが伸子, ました人ゆえ自然と品格, ました人人はあながち, ました人参のこと, ました人參一應御覽下さりまするやう, ました人工心臓とは根本的, ました人影それこそ誰, ました人樣に知れ, ました人物と申す, ました人物年齢四十五六になる, ました人相書御用人様へ返し, ました人相見の所, ました人造人間は, ました人間並みではこれ, ました人間低能呼ばわりをされ, ました人魚の様子, ました今あなたのところ, ました今わたしに突き当りました, ました今不思議な旅人, ました今何です貴女, ました今宵限り関はなく, ました今屋の伊草, ました今度のに入れよう, ました今戸焼の蚊遣火鉢, ました今日ほかの小さな, ました今日日本で行, ました今日現品を御, ました今暁の山風, ました今西洋だけが文明開化, ました仏御前に寵愛, ました仏様の貴方, ました仕方がない, ました他人に対して, ました他所へ嫁, ました他殺なら別問題, ました仙境魔界といった工合, ました仙波なる者, ました代りにこんど, ました以上一座の方以外, ました以前私はその, ました以外に, ました以後斯かる眞面目, ました仮令修行を, ました仰せの通り私, ました仲間にご, ましたについて御, ました伊丹兵庫頭の子息, ました伊佐野の局, ました伊八の奴, ました伊兵衞や机, ました伊勢もあなた, ました伊東甲子太郎先生が斬られ, ました伊皿子台町の荷足, ました伊香保土産のお話, ました伝六の肝, ましたの一人, ました伴藏と申す, ました伽羅の名木, ました位小食でした, ました位気の弱い, ました低い垣が, ました佐々木道誉どのでございまする, ました佐々隆行の一族, ました佐田やす子という女, ました佐田介石和尚が確か, ましたもいくらかよく, ました何ぞお書物, ました何だ角だ, ました何とか御挨拶, ました何ともはや申しやう, ました何はなくともともかくめいめいに, ました何事も明日, ました何何さんがさういふ, ました何卒あしからずおゆるし下さい, ました何展覧会に行きました, ました何年にもない, ました何故とも知らず, ました何日蘭丸にのつ, ました何気なくでしたろうが, ました余り急だった, ました余吾之介様, ました余所へ心, ました作家の心, ました作家劇作家も勿論, ました作陶がもし, ました佳い日を, ました併し乍ら此土臺は, ました使いがうろうろ, ました例証で最早, ましたは佐々木六角殿, ました便所へ電気, ました係りの役人, ました俊禅師貎下の御, ました信者の世話, ました修身ですナ, ました俵屋の本, ました倉子と云う, ました倶利伽羅峠の猿ヶ馬場, ました倶利伽羅鉄道の工夫, ました催促が来ます, ました傳次の襟髪, ましたの隙, ましたなどを見ます, ました僕たちはこの, ました僕のを貸し, ました僕等が先生, ました僧院が破壊, ました儒教と現在思想, ました元禄小判でございますよ, ました兄上はこの, ました兄上様許して, ました兄新五郎の顔, ました兄様と云う, ました先ア敵の癖, ました先ア静かに話し, ました先刻はじめて, ました先刻山役人の前, ました先方では貴顕, ました先日山本志丈が来まし, ました先生今夜は四谷こ, ました先生今晩お宅でしょうか, ました先生回復して, ました先程は結構, ました先達て私の病気, ました先駆者達は世間学, ましたを思う, ました留満が, ました全体何度同じ事, ました全体立ち聴きと, ました全体筋を詰め, ました八十神たちがいい, ました八双払い神妙剣, ました八右衞門様じゃア, ました八幡の鳥居, ました八年前に此, ました八日前に殺された, ました八時に山岸, ました八犬伝のお話, ました八王子でご, ました公主からのお迎え, ました公高でした, ました六つ入れたの, ました六七寸の芽, ました六三郎でございます, ました六人の組, ました六月一日からセル類, ました六根と六境, ました六疊は雜物, ました六百五十七穴の内, ました六蔵を連れ, ました兵助さんよくお, ました兵法大講会のみぎり, ました兵隊の兄, ました其うち覆面の惡者, ました其カキアゲ土手のやう, ました其上へ蒙, ました其二人が次々, ました其堤防を築かせます, ました其後独逸へ行つて, ました其所へ材木, ました其時細君が保険, ました其牛の祟りだ, ました其等を見, ました其証拠は錐, ましたて同所, ましたに病気, ました内証で, ました円髷に結うた婦, ました再度尊公様に, ました冷たいカビ臭い, ました処お寺さまのお, ました処一人の娘, ました処一昨日出たぎり帰らねえとの, ました処万年町さんが来, ました処下等動物は毒物, ました処何かさ, ました処何処にも居りません, ました処十日ばかり前, ました処夏目先生は死なれまし, ました処女優さんが云う, ました処小説集に名前, ました処山門前の坂道, ました処師匠は加減, ました処後に致, ました処枕許が賑, ました処此方へ来, ました処母が手引, ました処汽車がぐらぐら, ました処私の兄澤田右衞門, ました処置方のいろいろ, ました処誰方もお, ました処連が来, ました凶事でも御, ました出世ぶりを見, ました出入りの本道, ました刀傷よりも短刀, ました刀掛の脇差, ました刀箱はこれ, ましたが武者窓, ました刄物は脇差, ました分かれ地蔵でご, ました切めて一日, ました切り手紙を一通, ました初めての試み, ました初日なぞはたして, ました到底私の, ました刹那そのおから, ました剃刀の様, ました前後截断余生をつ, ました前後数十回の討議, ました前日の夜, ました前記の司法当局者, ました劃時代的の新, ました劉善經と云, ました劍山に登らん, ましたはえらい, ました加瀬谷先生へのご, ました助手さんのお, ましたがあっ, ました勇気はこれ, ました動機それをた, ました勘平の血判, ました勘弁なすって, ました務はじめ留守許は平生, ました勝手口の戸, ました勤王勢でございましたか, ました勧進帳でございますが, ました匆卒貴様を詰めまし, ました匕首など持っ, ました化鳥と見え, ました北側の山々, ましたを, ました区長さんの処, ました医者は小首, ました十七といふ, ました十三の仮名, ました十三羽ちやんと居, ました十二時かと思った, ました十五万円の財産全部, ました十八九の素晴らしい, ました十名の狂人, ました十四五間もある, ました十字坡などを想い出した, ました十年もまえ, ました十日に, ました十月三十日の朝八時半, ました千七百八十年の夏, ました千枚ばかりの長篇, ました千葉弥一郎さんから承ります, ました千里眼ですよ, ました千顆に近い, ました午前中爆風で塵, ました半田屋書店に頼みまし, ました南三復が殺しました, ました南側も北側, ました南家の儒者, ました南條圭子とおっしゃっ, ました南蛮寺の謎, ました博木をうつ, ました占星術の如き, ました印可は懐中, ました印度人シャイロック・スパダ氏を射殺, ました危ないところを, ました危険な運命, ました原則に従って暗い, ました原士の方, ました原田どのは双, ました原稿が戴かれない, ました厳しいお調べ, ました参考品に写しました, ました又村のはづれ, ました友だちも遂に, ました友人は不思議そう, ました友田さんのため, ました友禅の長じゅばん, ました双六とだませ, ましたつてそれで, ました叔母だけがひとりしんぱいしておったのでござります, ました叔母さんがあなた, ました叙事詩の中, ました口元の可愛らしい, ました口惜しいッ, ました口金の保助器, ました經古書などは, ました古い古いお方の, ました古代では航海, ましたた今, ました只今お返し申しに, ました只今三個落ちましたこれ, ました愛想な, ました可愛相な事, ました台所の仕事, ましたとか左, ました右内ゆえ天罰主罰報い来って, ました各科の文献集録, ました合口を取っ, ました合図の旗, ました合鍵を渡しまし, ましたに探らせ, ました吉さんへはわたし, ました吉原の大門, ました吉田秀穀という先生, ました同じ年ごろの, ました同僚のなにがし君, ました同役の者, ました同行の人たち, ました名主役仮令小村, ました名人にてお, ました名高い豪農で, ました向うの坂, ました向う三軒筒拔けに聽, ました向こうも何とか, ました向坂と申す, ました向山の玉兎庵, ました君様光君と御, ました呂宋兵衛はどうやら, ました呉一郎少年の心理遺伝, ました呉井嬢次様と一緒, ました周礼の中, ました周防どのはこれ, ました味鋺の子, ました呼び出したりし, ました和尚さまは枕, ました和歌の姿, ました和泉屋の出店, ました品ゆえに床, ました品具足でもはいっ, ました品物の多く, ましただ文章, ました唯々口惜し涙, ました唱歌のおこ, ました問題は實, ました喜びを自分, ました喜撰ヶ嶽三室戸など, ました喜田貞吉でございます, ました営業上売ったん, ました嘉吉の奴, ましただか, ました嘸かし御心配, ましたもあります, ましたお力落し, ました四十一萬圓の中, ました四十前後の醜い, ました四年のうち, ました四日の手負, ました四聲のこと, ました四角い平地は, ました四部の分け, ました四間間口の表店, ました因果と道理, ました団子茶屋おきんへい, ました図体ばかりで, ましたがオバーオール, ました国広の刀, ました国粋団の一味, ました圖書に操, ましたに親しむ, ました土人の娘, ました土曜日に届けます, ましたにもわびました, ました地丸左陣すなわち私奴, ました地獄変の屏風, ました地獄變の屏風, ました地面も必要, ました坊主と申しました, ました坊様でイヤ, ました埃及王ダメス二世の鼻, ました城中のものども, ました基本的人権は大事, ました堅い叔母さんです, ました堅くしかし濡れ, ましたの水, ました報いが自然, ました場合それが右, ました場合たださえ醜い, ました場合次のよう, ました場合落付いて, ました境涯につき, ました墓場へ行っ, ました声ざまにはもう, ましたが戻りまし, ましたな形, ました変化がこの, ました夏子は痛く, ました夕刊の記事, ました夕方からは座談会, ました夕方御飯を戴きます, ました夕焼け少し駄目, ました夕飯私一人でした, ました外浜を逆, ました外眼も頗る, ました多助や私, ました多助さん飛んだ事, ました夜なかに雨, ました夜中に來, ました夜具の襟, ました夜勘兵衛お頭, ました夜更けて通る, ました夢中遊行心理が残らず, ました大いに教訓の, ました大きに御心配, ました大事な香箱, ました大体わかりましたよ, ました大分色気も好く, ました大和の岡寺, ました大和尚さまもたいそう, ました大変品のある, ました大家の奥, ました大尽がただいま, ました大島流の槍, ました大川の流れ, ました大工です, ました大方浪人の食詰め, ました大枚一円二十五銭を投じた, ました大正頃こういう輪, ました大池を瀬, ました大義大道を説く, ました大臣と申します, ました大蔵大臣のごとき, ました大野惣兵衞と云う, ました大阪行きのお話, ました大陸民族式の想像, ました大騒ぎとなり, ましたの咎, ました天下の高, ました天下一の名, ました天井から床下, ました天国の御, ました天子が其の, ました天川呉羽嬢の独白, ました天廚禁臠と云, ました天弓と名, ました天成の名人, ました天璋院様のでしょう, ました天皇さまも忠行侍従, ました天童子だという, ました太古の民, ました太子図書館へも時々, ました太美万彦氏も今日, ました太郎の口笛, ました太閤様お好み, ました太鼓の音, ました夫ゆえ止を得ず私し, ました夫人は狐猿, ました夫是の費用, ました奇しき運命の, ました奇妙なゴムチューブ, ました奇特なひとたち, ました奇麗に全く, ました奈良漬でございますけど, ました奉書は封切り, ました奉行所でのお話, ました奥さまがいらっしゃる, ました奥さんの字, ました奥向きの御, ました奥山へお移り, ました奥方があまり, ました奥羽の蝦夷, ました奧さんそれから, ました奧木佐十郎という年齢, ました女あれはわたくし, ました女たちは今, ました女一人の為, ました女中は一寸, ました女中さんのお, ました女中たちはなかなか, ました女夫猿をあしらい, ました女役者のはじめ, ました女性の中, ました女院様への御, ました好うがすな, ました好く解りました, ました如くに土居画伯, ました如何しました, ました妖艶な顏, ました妙見のお, ました妹たちを, ました妹子の孫, ました妻ノブ子はこの, ました妻子に突然, ました姉さんの誠意, ました姉さん篠田さんは曾, ましたりは, ました始終を申し上げましょう, ました委しい事は, ました姦通同士の男女, ました姦通騒ぎが起こった, ましたのお, ました姫君の思召, ました娘たちを御覧, ました娘夫婦も驚い, ました娘子様の御, ました娘達の元気, ました婦人たちの中, ました婬婦を弄ぶ, ました媼さんが一人, ました嬉しゅう思うぞ, ました嬢様にはお変り, ました子供はどんなに, ました子供達は, ました子持ちすずり, ました子細は土俵, ました孔夫子の聖, ました孔明様の御, ました学問所これへ建言, ました学校が御, ました学生のもっ, ました学説が如何, ました孫兵衞の娘, ました宇宙生命の真理, ましたく田舎, ました宜しく申し上げて, ましたが出, ました実例通りドッペルゲンゲルの出現, ました実地の話, ました実物の写し, ました実験と申します, ましたが出, ましたへ帰っ, ました室内で七十八度, ました宮中を衛, ました宮本武蔵御師範, ましたのうち急ぎ, ました宵の口は何事, ました家中の者, ました家中安堵の胸, ました家出をした, ました家尻を切っ, ました家庭からも全く, ました家族の中, ました家来で店請致, ました家財や地所, ました容子の佳い, ました容體書を一應警察, ました宿屋を尋ね, ました宿題を果す, ました寂しさばかり, ました寂しい高燈籠, ました密使の模様, ました密猟船のこと, ました富ちゃんのお, ました富五郎安心しましたが, ました富有そうな老人, ました寒いことね, ましたに酷い, ました實家の父, ました寸法では一時赫, ましたでありますが, ました寺男でね, ました寿にてつだっ, ました寿江子にそう, ました封書中に夫, ました専門学校へ通う, ました将来のこと, ました尊敬の心, ました小さい赤ん, ました小さなこの人形たちは, ました小使娘の分際, ました小俣村百姓源兵衛と申す, ました小児たちが年, ました小刀をふところ, ました小判五十二枚ですから, ました小坊主の弁信さん, ました小女っちょ, ました小林貞と云う, ました小柄を紛失, ました小浜兵曹長がおりません, ました小生一家の不幸, ました小笠原貞慶も伯耆守, ました小綺麗な服, ました小脇差を引抜い, ました小舎が恋しく, ました小袖どころでは, ました小説一篇につき, ました小説中の風俗習慣, ました小豆や稗, ました小鳥ねあれ, ました小麦を頂かし, ました少いのに疼, ました少い人の夜, ました少し後に出, ました少女の肉体, ました少数者意見に賛成, ました尺八の音色, ました尼様の御, ました尾行記のこと, ましたでは控えおかない, ました居候でございまして, ました屍体は何年, ました屍骸を引取, ました山ヌケでございますから, ました山伏でございますが, ました山口青邨先生をお, ました山崎先生のおっしゃる, ました山懷で仙人, ました山水がドッ, ました山片蟠桃, ました山王樣の森, ました山田の新町, ました山県巽のふたり, ました山里に以前, ました山陽道の面白味, ました山風が襲っ, ました岡部齋氏といふ辣腕, ました岩井半四郎が駒下駄, ました岩松経家の舎弟吉致, ました岩瀬主水, ましたが遠, ました岸田右内という御, ました峯松と申す, ました島原模様の振袖, ました島田の田舎, ました崇文總目といふもの, ましたの間, ましたで柳, ました川島様お酒, ました川添富彌山田金吾, ました巡礼者らは非常, ました工合肩つきそっくり正, ました工藤書記長小柳秘書及び相沢運転手, ましたの手, ました左樣の次第, ました左膳たちまちぽうっとふしぎ, ました左門を探し出そう, ました巧妙な暗示, ました巨額の資金, ましたれという, ました巻軸になった, ました巾着でがしょう, ました市内の電車, ました市長どの, ましたの上, ました希代ふしぎな火焔独楽, ました希望を失った, ました帝国ホテル滞在中の曲馬団員, ましたの直ぐ, ました席上で裏切者, ましたと着物, ました帰りがけ悪者小平仁助のため, ました帰り途に裏通り, ました常盤御前のお, ました常陸時代のこと, ましたが出, ました太夫を, ました平に御容赦, ました平常は私, ました平次にさう, ました平生至極丈夫, ました年寄りの愚痴, ました年寄役の新, ましたひ魚, ました幸ちゃんの用ッ, ました幸作は思いました, ました幸田ゆき子です, ました幼少から艱難, ました里子さん, ました幾十万の母, ました幾重にも勘弁し, ました広くはございません, ました庄三郎がいきなり, ました床屋でございます, ましたの若い, ました店中で騷, ました座敷の襖, ました庵寺の運座, ました康煕とか乾隆, ました廂髪が故, ましたは重罪, ました廊下は二間, ました建増しをし, ました建部の側, ました弁信さんのおっしゃる, ました弁才坊さんおねんね, ましたを挙げる, ました弓道の奥義書, ました弘法大師も高野, ました弘法大師全集を見る, ました之洞, ました張本人なんで, ました彌次馬を追, ました小屋の, ました当人に成, ました当夜にいや, ました当季は御, ました当年もまた, ました当座わたくしはほんとに, ました当日の午後, ました当時インカ帝国の臣民たち, ました当時千代とわたくし, ました当時柳秋雲はその, ました当時正木院長から名前, ましたでた, ました役人さんに助けられ, ました彼らは国, ました彼処へ往, ました彼奴は誠に, ました径路でした, ました待合さんのお, ました後で医者の, ました後で改めて隱さう, ました後に巌谷も, ました後今からちょうど, ました後周書隋書北史などに依ります, ました後奧木佐十郎の跡, ました後家のツァウォツキイ, ました後小勢を以て向, ました後山科様の方, ました後文書をもっ, ました後本年の二月, ました後程相違なく, ました後難問題集を何處, ました徐々娘の名, ました御上人様御慈悲, ました御子の名, ました御家は新宅, ました御幸に感謝, ました御息所の御, ました御用がありましたら, ました御礼を先, ました御苦労様でございます, ました御身様がただ, ました御遊のこと, ました御酒も召しあがりまし, ましたがどんなに, ました徴發に應, ました心得でございましょうか, ました心持はどんな, ました心持ち顏が蒼く, ました心積り学生の方, ました必ず父の, ました必ずともに御信用, ました忍びの男, ましただけをお, ました志摩などは誠に, ました志村のぶ子様が貴方, ました忠右衛門の忰頼母め, ました忠義の御, ましたの長助, ました念願と申しまする, ました忽忘草の種, ました思いがけないところで, ました思い出の花, ました飛脚の, ました急ぎ最期の, ました急流の様, ました怪我はしません, ました恁麼高いところ, ました恋人と同じ, ました恋文がたいへん, ました恐らく極りが, ました恐ろしさに, ました恐ろしい相手十に, ました恐ろしく碎けた二本差, ましたかしゅう, ました息子のドミトリイ・フョードロヴィッチ, ました恵信尼というよう, ました患者の製作品, ました悦びを与えた, ました悪人はみんな, ました悪口雑言あの凄い, ました悪気でお, ました悪漢それをお, ました悪者三人は百々村, ましたの袷, ました情人に金ゆえ寝返り, ました情況の一切, ました惑乱です, ましたかつたでせう, ました惣右衞門の未亡人, ました意外な罪, ました意気込雲雀ではなけれ, ました愛情にみちみち, ました愛憫の情, ました感服だのう, ました感覚から人間, ましたは名人, ました態度が今, ました態度主義であります, ました惡を, ました憎くき京極方, ました憐れなるは, ました憚りながらこんなもの, ました應仁の亂, ました懸賞の広告, ました成俊の萬葉集, ました成績についてあらかた, ました我々仲間でも蔭, ました我慢の強い, ました或は二尺置も, ました戦争によって失いし, ました所あちらではそう, ました所これもやはり, ました所どちら様にも義理, ました所ろ一昨日が其出来, ました所ろ二人とも早速, ました所アヽ子供が独楽, ました所一団の強盗, ました所今日計らずも, ました所以で大師, ました所先生は, ました所医者の見立て, ました所同人は落涙, ました所天との間, ました所妙な所, ました所宿所の前, ました所忰が腹, ました所才の字, ました所拙者の朋友間瀬金三郎, ました所教授はその, ました所此度図らずお, ました所父も母, ました所紀州家にてもいろいろ, ました所結局こういうこと, ました所縁あって, ました所貴女はいつの間にか, ました所長三は私, ました所隣家の旗下, ました扇歌師匠へ, ました手元にある, ました手前使の者, ました手前真人間から見まする, ました手品の種の, ました手型ともう, ました手套つきましたろうか, ました手巾をぐっしょり, ました手強い奴と, ました手提の中, ました手数は同じ, ました手文庫の封, ました手段が不正, ました手短に言います, ました手紙類は必ず一応, ました手鞠歌で今, ました打撃はどんなに, ました打越金彌の, ました承知いたしました, ました技芸ことごとくお気, ましたも, ました折三の丸二の丸まで取り詰められまし, ました折柄タキシー運転手姿の樫尾, ました折柄水野様より参れ, ました折此婦人がその, ました折殿様に全然, ました折角お帰り, ました折飛入さん, ました押出して浅間山, ました拙者ことは当, ました拙者共はなに, ましたの尖, ました指環をいただきましょう, ました挙句に決つて, ました捨児で真, ました掏摸の女, ました掠奪と虐殺, ました探りを入れ, ました探偵劇王轟氏の遭難, ました探偵小説は目下, ました提灯の蝋燭, ました揚句半殺しにノサレ, ました揚句喧嘩を始め, ました揚句山木さんのお, ました揚句至急に電話, ました揚羽の蝶, ました握手しましょうなどと, ました摩利信乃法師の振舞, ました上るほど, ました支那にいい, ました支那人が逃げた, ました改進党並びに両, ました故あとはふたり, ました故かくの如く, ました故この世の名残り, ました故それがし, ました故わたくしは何, ました故一二度俳諧の席, ました故一献差上げたいと, ました故今日はキッ, ました故子供には余り, ました故家人どもの寝しずまっ, ました故御手元へさし上げます, ました故御無沙汰を致しました, ました故此の事, ました故流石に勘弁, ました故深見新左衞門, ました故疵を受けた, ました故私も仮令, ました故童子の亡くなった, ました故親の敵, ました故論筆として諸氏, ました故郷の家, ました故魚は居りません, ました救世主でございます, ました教会からも離れました, ました教室の中, ました数々の御, ました敵軍は十四萬人, ました敷物につまずきました, ましたと小柄, ました文六ちゃんの新しい, ました文化運動の姿, ました文学というもの, ました文学的な諸, ました文庫の中, ました文明開化のお, ました斎藤先生が突然, ました斎藤寿八先生が苦心, ました料理では支那, ました斜面から深い, ました断罪の文, ました斯んな事, ました新さん私ゃじっと堪え, ました新しい劇団の, ました新九郎もまた, ました新入の炭坑医, ました新古美術展へ出品, ました新吉郎は二十七八, ました新子の姉, ました新撰組と申しまし, ました新月が, ました新約聖書の中, ました新聞社の飛行機, ました新聞記者の, ました方々様へはこれ, ました旅人につき, ました旅先の事ゆえ都度, ました旅役者上りの外蟇, ました旅籠屋でも旅, ました旅行案内をもと, ました旅行革鞄の持主, ましたをどう, ました日の出は力, ました日パリーの大, ました日ヘルンは大, ました日京卜といふ物, ました日夜働けば, ました日当でありますから, ました日本人はみな, ました日本政府の誠意, ました日本社会党訪中使節団の団長浅沼稲次郎, ました日蓮聖人も身延, ました日覆になった, ました日頃の氣丈, ました日頃其許とは御, ました旦那樣も私, ました旦那貴方どうか多助, ました旦那風邪を惹きます, ました旨妾の手許, ました早々に怪我, ました早い頃です, ました旭川区立職業学校受験の結果, ました旭日の光, ました旭烈兀が祖父, ました昆虫類標本の全部, ました明け方に珍しい, ました明るい光明を, ました明日あたりは打首, ました明晩散歩致しましょう, ました明治元年が八つ, ました明治音楽会の春季大会, ました昏睡をし, ましたの事, ました春信英之歌麿に限らず, ました昨夜あの方, ました昨年は麥, ました是非今夜来なさる, ました時あすこのお, ました時あなた様は私, ました時あれにお, ました時いつになく暗い, ました時お爺さんの身, ました時お礼心でございましょう最前, ました時お雪さんが乳, ました時さだ子の部屋, ました時すんでに命, ました時どこから出, ました時はつは年, ました時わたくしども四人の命, ました時わたくし共四人の命, ました時わたしたちははじめて, ました時ギラルリイと云, ました時ジイと私, ました時テッキリ珠緒さんを犯人, ました時フト柔かな滑, ました時一人の乞食, ました時一家の者, ました時一番おかしかった, ました時三室戸様が御, ました時上人を招請, ました時不意に早足, ました時中本たか子さんや宇野千代さん, ました時乙女等の摘み, ました時二人とももう, ました時二回も左側湿性肋膜炎, ました時二階への梯子段, ました時五右衛門は泣き顔, ました時人込みの間, ました時以来の苦しみ, ました時仲の好い, ました時倭文子さんとそっくり, ました時傍で見, ました時先方の虚, ました時先生の御, ました時兩臂と乳, ました時其頃は桜, ました時分丹三郎がちょく, ました時分前にいいました, ました時分我々の憐れむべき, ました時分此の指ヶ谷町, ました時分灯火に対して抱いた, ました時分魔道へ入った, ました時前の駕籠, ました時北新地新町堀江が一つ舞台, ました時区役所からの種々, ました時千箇寺まいり一人旅, ました時南泉は, ました時反対の方向, ました時呂将軍ははっはっ, ました時和尚様はひよつこり, ました時夕飯の頃, ました時外套がなくっ, ました時夜目に横町, ました時大層大きいの, ました時奥様がふらふら, ました時妙齢の埃及, ました時妻と看護婦, ました時娘を始め, ました時宗介様と夏彦様, ました時寸法を見る, ました時尾崎氏は書肆, ました時山門を出, ました時巨え御紋, ました時師匠から最後, ました時平野氏の書かれた, ました時年紀も二十, ました時廊下を足音, ました時弁信は一議, ました時意外にも私, ました時手をつける, ました時手燭の光, ました時折よく向う, ました時掃除屋からその, ました時敏子は初めて, ました時日本で天才, ました時東の空, ました時東郷の池, ました時松火の光, ました時此切がありました, ました時母はかよう, ました時法廷の高い, ました時波止塲のほとり, ました時湖の汀, ました時田圃の溝, ました時白骨まで参ります, ました時私たち二人はあんまり, ました時節が参りました, ました時米松の粗末, ました時継母が, ました時腸を切り苛む, ました時自動車が杜戸, ました時荷物を整理, ました時萩原新三郎はアッ, ました時葉末と宣る, ました時表で世津子さま, ました時西洋風の柔, ました時貯金と通帳, ました時越中の国, ました時野武士の群, ました時鐘は初め, ました時隣家から訴え出ました, ました時電車の切符, ました時青眼先生は唇, ました時須利耶さまは窓, ました時食堂で上座, ました時饅頭を買い, ました晩あなた様眠りながら, ました晩がたおかしな比丘尼, ました晩伊藤侯が図らず, ました晩小宮山は夷屋, ました晩年をお, ました晩旦那が途中, ました景色が劣っ, ました智慧と勇気, ました智識ではございません, ました暁方になっ, ましたさは, ました暗号用のアルファベット, ました曲馬師連を集め, ました曳船通の間淵, ましたに大きな, ましたその意, ました書付これに持参, ました書物教師から言, ました書状ははや, ました書生さんのお, ました書画や骨董, ました書置の通り, ました最上清人も近ごろ, ました最後に御飯, ました最近ではロバート, ました有名な本, ました有野村の幸内, ました有馬です, ました朋輩等二三人一緒に, ましたをこんなに, ました望月様のお, ました朝眼をさまし, ました期間は割合, ました木の根草の根にも心, ました木の葉も青葉, ました木の間を漏るる, ました木下弥右衛門と申す, ました木曾さまのお, ました木村が今夜, ました木澤さんのところ, ました木颪まで参りまする, ました木齋に此, ました丁年の, ました末ここに掲げ, ました末彼は私, ました本家と新家, ました本庄恒夫でございます, ました本当のこと, ました本田君のお父さん, ました本統に自分, ました本部を更に, ました本郷座の芝居, ました杉山流のもの, ました材料などを基礎, ました材木をこの, ました村井勘作という罪人, ました村人が神, ました村口さんです, ました村尾さんのよう, ました村尾君もなかなか, ました村方にも居りました, ました村次郎のこと, ました村里が見える, ました条件が身, ましたのあ, ました東京帝國大學, ました東京音楽学校を卒業, ました東北地方など, ました東郷の池, ました松寿丸どの, ました松山園とかいう暖簾, ました松平主税介という人, ました松村さんのお嬢さんの, ました松永町の伊勢屋, ました松葉屋の若草, ました松風の声, ました板倉周防守はこの, ましたは病人, ました果ては西海, ました果心居士の童弟子, ましたのこまやか, ました枢軸国側の旅行者, ました之助, ました柔らかい笑顔に, ました柳橋へ行つたの, ました柳沢と申す, ましたで重く, ました栄枯盛衰は浮世, ました栄蔵です, ました株式の取引所, ました案内記にこれ, ました桐生屋伊右衛門の娘, ました桑港を秘密裡, ました桟敷が落ちた, ました梁啓超之, ました梨子売の重助, ました梵語仏典を戴きたい, ました棒切れとその, ましたは大神宮様, ましたより柱, ました森君の手紙, ました森啓之助殿, ました森長さんの返事, ました森閑とした, ましたの中, ました植ゆべきは, ました検査官が推返, ました検校が何, ました椿子さまにもお, ました楊守敬なども餘程注意, ました極極若いの, ました楽しい悲しい昔の, ましたでございますが, ました様子ゆえ後から声, ました様子併し海岸, ましたは根, ました樋口が鸚鵡, ました権利を本当に, ました権田の用事, ました権田さん秀子を貴方, ました横槍を入れます, ました横穴でもなく, ました横隊です, ましたの棒, ました樫尾初蔵でございます, ましたと云う, ました橋本さきという女, ました檜木官之助, ました欄杆の端, ました權六という身の丈五尺五六寸, ました欧洲大戦前, ました欧洲大戦は正に, ました欧羅巴の堕落, ました歌舞伎と云, ました正明に, ました正木で, ました正木先生独創の学理, ました正木博士にもサッパリ見当, ました正木敬之先生が御, ました正直は何代, ました正義人道と平和愛好, ました此の世に何で, ました此の間はまた, ました此の間お宅へお, ました此上貴方は何, ました此大隅太夫は壺坂, ました此奴が剛情, ました此時まで藻西太郎, ました此時二人の印度人, ました此辺で今夜, ました武田家の宝物, ました武者揃え, ました武藝の先生, ました武藝自慢の主人, ましたに衣, ましたから型, ました歴史上の事實, ました歴山大王と云, ました死人の血, ました死体をゆくりなく, ましたんど, ました殆どすべての根據, ました殊にからりと晴れた, ました残らず貴君が, ました残りの一行, ました残念ですね, ました残物かも知れません, ました殿の御, ました母上と友ちゃん, ました母屋から廊下, ましたも私, ました毎号三千づゝも刷る, ました毎朝早く聖堂, ました毒瓦斯研究の指導, ました比重約七七, ました毛頭覚えは, ました毫釐も差, ました民子は左, ました民衆がすなわち, ました民部大輔さんにお願い, ました気の毒は気の毒, ました気分がしっくり, ました氣味が惡い, ました水司又市の永禪和尚, ました水色情緒と私, ました水音がしない, ました永寿庵という村, ました永平の道元禅師, ました永煩いの処, ましたがポロポロ, ましたは入るべからず, ました汝自らつまずき汝自ら, ました江戸ッ子の番太郎, ました江戸屋の半, ました江戸生れの私, ました江藤さんのお世話, ました汪中なども注意, ました決して人ちがいでは, ました汽船にも酔い, ました汽車で東京, ましたの方, ました沢山に義揖, ました河原焼砂, ました河川法第十八條, ました河童のやう, ました法則と云, ました法恩寺の長屋, ました法月弦之丞, ました法月様では, ました法王の宮殿, ました波打際の先, ました洋画家の私, ました洋菓子店を見渡す, ました洗髪だし, ました活動の話, ました浅ましい身の上でございます, ました浜昼顔のちらちら, ました浦子さん浦子さん此の敵, ました浪人者でございますなん, ました浮輪が赤く, ました浴衣がずたずた, ました海嘯のよう, ました海禪でお, ました海賊とならざる, ましたがお, ました淋しさが, ました深川の叔母, ました深編笠で顔, ました深見新吉はお, ました清作は岩, ました清左衞門で, ました清藏が此, ました済まないこととは, ました渋団扇を一枚五文, ました渋江典膳にご, ました渋谷の八公, ました渡邊織江の忰, ました温いお心, ましたに入れ, ました湯あがりの水髪, ました湯淺常山が, ました知姫様と, ました女太夫, ました滅多なところ, ましたが, ました滿堂の皆, ました漁師達はそれ, ましたのよう, ました演劇の危機, ましたの李, ました漢学の勉強, ました潔癖なる道徳観, ました潜在意識の部分, ました潮判事が公平, ました澄太さんのおみやげ, ました瀧川さんと, ました瀧川左京の娘, ましたにまかれる, ました灯火が一時, ましたもずいぶん, ました灰色のブランケット, ましたは認めます, ました為めにやっと, ました為め大層咽が乾きまし, ました為主人の外出, ましたや野良犬, ました烟管にて林藏, ました烟草盆を取っ, ました焚火でもお, ました暗に御, ました無作法をお許し, ました無常の風, ました無理なお願い, ました無礼おとがめ, ました無論東京の, ましたはす, ました燃えさしが願いたい, ました燻精を一週間, ましたが電, ました爲めに精神的, ました父上は心, ました父上兄上の御, ました父爺が船頭, ました物好きといふ, ました物見高いのは, ました物音がすこしも, ました特に御隣, ました特号標題の, ました犬番の先祖, ました狂人救済の動機, ました狂言の中, ました狐狸はまだ, ました狭山様のお, ました猛獣毒蛇もいません, ました猟師も例, ましたの, ました玄関に畳表, ました玄麥が五斗, ましたや鏡, ました玉子つきましたろう, ました王子は棺, ました王様はそこで, ました珈琲を二つ卓, ました珍風景をでたらめ, ました松原総長は, ました現代社会に於ける, ました現在のわたしたち二人, ました現場見取図にもあの, ました理想を実際, ました理窟はねえ, ましたばかりも小, ました瓦斯や電燈, ました瓦町の古家, ましたを取り出した, ました川歌枝さんの, ました甚藏は出よう, ました生命も助けられない, ました生徒のなか, ました生憎相談相手も, ました生死混沌の泥沼彷徨, ました生身の仮面, ました産みのお母様, ました用事を見つけ出し, ました用心に行っ, ました田中桐江といふ學者, ました田地召上げられまして, ました田地田畑すっかり家屋敷, ました田楽の中, ました田舎源氏の一件, ました由いまからその, ました由お母さんのお, ました由ほんとうに心から, ました由何よりも嬉しく, ました由兵衞と申す, ました由只今御家老, ました由大変よろこんで, ました由真実でご, ました由長田兵助より知らせ, ました由風のたより, ました甲州街道のその, ましたわけないこと, ました男っ振りの良い, ました男の子を取り立て, ました男衆にお気づき, ましたの者, ました町人に向っ, ましたに税, ましたの縁, ました番町のお, ました番頭の方, ました當然で御座いますとて, ました疑問はむしろ, ましたとはいえ, ました病人もありました, ました病状もどうやら, ましたが二本, ましたりました, ました白張の小田原提灯, ました白粉垢の着いた, ました白衣白髪の老人, ました白装束を見, ました白鮫号の白い, ました百両の金子, ました百五十以上の, ました百五十円のお金, ました百兵衛は銭形, ました百兵衞は錢形, ました百円のお札, ました百姓一揆の大勢, ました百貨店が最近同業者間, ました皆さん御存知のいわゆる, ました皆んな申し上げても, ました皆んな私が至らぬ, ました皆様お変りもごぜ, ましたの嚢, ました皮肉屋もおりました, ましたをバタリ, ました盆踊りのよう, ました益々達者に, ました盗賊はたしか, ました盛山学部長が裁決, ました盜伐事件のため, ました目録此の目録, ました目録通り凡てそれぞれに分け与え, ましたき其処, ました直前の状態, ました直後に玄関, ました相当によい若い, ました相撲のうち, ました相模の国, ました相良金吾様に会いたい, ました相違でありますが, ました相馬は馬, ました眉山人と云, ました眞紅の底, ました真っ平ご免くださいます, ました真中へ人, ました真珠の威勢, ました真言秘密の法, ました矢先へその, ました知人に諏訪, ました知合ひから, ました石井茂男君がお, ました石器時代の土器, ました石嚢へ砂, ました石川三四郎氏辻潤氏は私, ました石橋弥七郎様のお嬢様, ました石櫃をあげ, ましたには早, ました砌密かに奥御殿, ました研究が續, ました研究家は違った, ました破戒僧でございますが, ましたばりと, ました碓氷峠の横川, ました磯九郎という男, ました磯屋の財産, ました社会情勢と芸術, ました祈祷でございました, ました祖父を連れ, ましたより自分, ました神品で毎年, ました神様の一人子, ました神父たちもいずれ, ました神田川の流れ, ました神谷幸右衛門でございます, ました祭礼の町, ました禅宗というもの, ました私たちの仲間, ました私どもの聖なる, ました私ども一家の驚き, ました私めのこれ, ました私ア小平という胡麻, ました私イはア, ました私一人で困っ, ました私一己の考え, ました私先程台所を明けたら, ました私同様ちとご, ました私比野仲右衛門でございます, ました私自身の怨み, ました私達はキング, ました秋草をじっと, ました秘密の図画中, ました租庸調の法, ましたから発火, ました秩父の司, ました移民船が戦艦, ました稀代の槍使い, ましたく今日番, ました種々の巨石, ました種痘のため, ました稲田から流れ込んだ, ました積りで誠に, ました空叺で板張り, ました穿物ばかりそれ, ました立政の諸, ました立政篇にかう, ました竜三郎私であります, ました端緒と申します, ました筆代の二円, ました筆記を整理, ました筈さるを御, ました等々の謂, ましたはそんな, ましたでも掘り, ました箔屋なの, ました算数の試験, ました箪笥はまだ, ました節あなたさまの御, ました節ごまめの方, ました節ノイバラの実, ました節何か御, ました節俄のこと, ました節加寿子さまのこと, ました節君より天下, ました節尊や, ました範囲内でも古典, ました篤とごらん下さりませ, ました簡潔の神学, ましたをこわし, ました粂野美作守さまのお, ました粗末な懐中鏡, ましたと野菜, ました粥河圖書思うに, ました精盛薬館一二を掛売, ました精神病科の研究資料, ました精神科学に関する研究, ました系図も尾張, ました紅殻入の紙, ました紅茶をのんだ, ました紋床の親方, ました納戸の側, ました納戸口から入っ, ました純粋の赤ケツト, ましたの上, ました素人衆は大概, ました累ヶ淵のお話, ましたな女文字, ました細工にござるで, ました紹介しましょう, ました経巻とかまだ, ました経過に就きまし, ました結婚こそしない, ました結果そこに遺伝, ました結果それには皆様, ました結果ウルスター・ゴンクールが伜, ました結果ピオの死所, ました結果今度発光路へ行く, ました結果公衆道徳の上, ました結果噂によりまする, ました結果多量に飲酒, ました結果学業の成績, ました結果彫刻の大会, ました結果正木先生の, ました結果気圧計などのすぐ, ました結果水素原子のよう, ました結果総長の命, ました結果自分も志士方, ました結果被害者の実, ました結果近年種々の方面, ました結果食料品に亜硫酸, ました結論だけを申しあげる, ましたの手ほどき, ました絵巻物が如何よう, ました継ぎ合すこと, ました継子のお, ましたを切る, ました綺麗には綺麗, ました綿火薬の製造法, ました綿貫君は, ました綿銘仙の垢, ました緋色繻珍の褥, ました緑川でございますわ, ました練習ずみの品々, ました縫い箔屋という商売, ました縮緬の半纏羽織, ました繻珍だの緞子, ましたく八五郎, ました纐纈城の話, ました罰あたり奴がなんで, ましたくしさ, ました美しい鈴と, ました美作まで送っ, ました美味い美味いってね, ました美惠比丘尼は居間, ました美濃の発掘品, ました美留藻は最早, ました群馬縣地方から五十人許, ました義姉を殺した, ました義理かたがたちょいと, ました羽生村で三藏, ました羽織を着, ました翌年一昨年ですな, ました翌朝我に復, ました習字でもありますなら, ました伯爵の, ました老師があの, ました老木屋に泊り込み, ました考古學の標本, ました者どもはそれほど, ました者ゆえこのたび, ました者何分宜しくお願い, ました者名古屋まで参る, ましたも非常, ました耕一はよろよろ, ましたの數, ました耶蘇教の方, ました聖ユーラリ教会の牧師レバスールさま, ました職業によつて一つ, ました透しとやら, ました胆吹山へ不思議, ました背中を男, ました胡麻の灰小平, ました能狂言と云, ました能舞台はその他, ましたが早く, ました脚本は読ん, ました脚気がしきりに, ました腕力で人, ましたを切る, ました腹違いの妹, ました臨時祭りを型, ました工法案の, ました自分のが待たれる, ました自分自身の力, ました自動車に乗せ, ました自殺と覚悟, ました自筆の, ました至急に地ならし, ましたの上, ました舁夫は痛い, ました助能, ました舎利頭に花嫁, ました舞台の可, ました舞台姿はあんなに, ました船頭が参ります, ました良いことを, ました良助さんの分別, ました良石様のお, ましたばかりで, ました色恋をぬつ, ましたを浸しもの, ました花嫁風俗を描いた, ました花瓶なん, ました花田先生の親切, ました花遊と申す, ました出たく事, ました若く見える父親, ました若しくは書きました所, ました若旦那様はやがて, ました若様がお, ました若殿を持てあました, ました若殿原が早速, ました若殿様が笙, ました苦しさを, ました苦澁の色, ました英吉利の東洋學者マツクフエラー, ました英文の和訳, ました茂之助は腹, ました茶匠においては禄高, ました茶色の紙包, ましたのせい, ましたにきれ, ました草原の中, ました草庵であります, ました草鞋が追う, ました荒井様でした, ました荻原浜子でございます, ましたも悦ん, ましたの中, ました菖蒲の寮, ました菜種の花, ました華奢で品, ましたもどうやら, ました落語で第, ました葉書を押し込ん, ました葉茶屋の商売, ました葡萄酒の瓶, ました葺草の程度以上, ました蒲団を頭, ました蒸籠の修繕, ましたの方, ました蕎麦粉でございますが, ました蕎麦道具でありますが, ました蕗子と私, ましたを下さつた, ました薄ら寒いことね, ました薬研は凄, ました薬草プリゴネは世界, ました藍丸王は矗, ましたではなく, ました助どん, ました藤助は, ました藤原銀次郎氏の談, ました藤堂様の組, ました藤野屋の事, ました藩士共にひと足早く, ました蘆葦の茫々, ました蘭薬の処方, ました處其奧底に父, ました處發表がかく, ました處部屋頭が第, ました虚堂の御, ました虚堂禅師の墨蹟, ました虚脱的雲霧が消散, ましたにたとえる, ましたの長, ました蛇籠作りの老爺, ました蝋燭を点け, ましたの虹, ました蟹口さんだけです, ましたの王様, ました行乞はウソ, ました行者が美しい, ました術語と能, ました衛門督の末, ました衣服も道具, ました衣装の片, ました表紙は朱摺, ました表通りはいけません, ました表面的な主義主張, ました袈裟を挙げ, ましたをお, ました被害は思つた, ました裁判でありますが, ました裁判長の声, ました裏二階とは階子, ました裏通を見下す, ました裏面には満, ましたになった, ました製鉄所の職工, ました複雑な網, ました西側の二階, ました西北だったからこそ, ました西洋人情話の外題, ました西浦賀の女郎屋, ました西蔵の一切経, ました西道は行く, ました見ず知らずの者, ました見識が商人, ました見返り柳のあの, ました視力検査の結果, ました覚悟を致し, ました親共でございます, ました親分さんにすぐ, ました親分さんお蔭様で許され, ました親分人の爲め惡, ました親方の前, ました親父がそう, ました親譲りの財産, ましたを二本, ました角力がひとり, ました角野一郎夫妻の肉親, ましたかりました, ました解剖刀のねらいすました, ました言々是れ涙, ました記事論説文例と云, ました記念のため, ました記憶から取り出します, ました訝しいとは思った, ましたです, ました訳柄でごぜ, ました訴人をし, ました診察は即ち, ましたとして頭巾ぐるみ, ました証拠にはもう, ました証跡で, ました詐欺賭博の名人, ました試験の成績, ました詩格を作つた王昌齡, ました詩論の中, ました語意相関にし, ましたね有難い, ました誠に少しばいで, ました誰彼ということ, ました調の言葉, ました論文こそダーウィン, ましたはばこれ, ましたの無電, ました講座の方, ました警官へは言わず, ました警察の方, ました警部さんなども大変気の毒, ましたですが, ました議論に就い, ました護摩の果, ました護良親王で打倒尊氏, ました谷中派の方, ました谷川へ身, ました谷底に松, ました干さんを, ました豊年坊主を殺した, ました豐干さんをわたくし共, ました豪壮にし, ました貞元録には金剛智三藏, ました財産から供給, ました貧しい婆さんの, ました貧乏な者達, ました貨物列車が通ります, ました貨物船室戸丸はその, ました責任がわたくし, ました責任者になりません, ました貴方それじゃア, ました貴方此方へお, ました貴重なお, ました買喰やら一番蛇, ました費消も半分以上, ました資料をよん, ましたの女, ました賭博打二人は遂に, ました赤く染めた袖, ました赤ちゃんづれは気, ました赤トラはなかなか, ました赤樫の半, ました越中から出る, ました趣きで有難う, ました足もとが危, ました足利江川村の機織屋, ました足利義尚のため, ました足尾の銅山, ました足跡で道, ました路地の突当り, ました路銀を戴きます, ました踏切の前, ました踏台は王様, ました身それはもう, ました身のほどにもない, ました身の上ゆえたとえ年, ました身の程にも無い, ました身仕度が終る, ました身代でご, ました身體一つで燒出, ました車夫が足元, ました軍歌の切れ, ました皇女の, ました辛抱が出来れ, ました辜鴻銘と云, ました辻斬りが, ました近所のお, ました近江の国, ました近江名所づくしの歌書, ましたも執念深い, ました迷信の図, ましたッつけ伺います, ました退屈ですかと, ました逃れんとしても三世, ました断れ途, ました途中薬師堂の中, ました途次予定の寄港地, ました通りあすこの寮, ました通りあたしこの賊, ました通りあれは大谷刑部, ました通りお松というもの, ました通りそれは法律, ました通りどこまでも知らない, ました通りどなたにも見せない, ました通りほんとうに御, ました通りわしが当分, ました通りカトリツクの坊さん, ました通りスッカリ姉さんに化け, ました通りバクチは親父, ました通りパーリーはなかなか, ました通り主人が聾, ました通り二十九日のお, ました通り今日できること, ました通り今晩のお話, ました通り他人様から御覧, ました通り何よりもまず, ました通り作者の支持, ました通り兄のうしろ, ました通り冒険好きの新聞記者, ました通り前の当, ました通り加代子さんがこの, ました通り動物がかあい, ました通り医学上の事務, ました通り十一月の中旬, ました通り午后の授業, ました通り南印度のパツラ, ました通り原句はどう, ました通り名前を呉一郎, ました通り和武はこの, ました通り唐律から清律, ました通り四年間の水責, ました通り四百年間掛つて段々と, ました通り回鶻人は土耳, ました通り外科室の方, ました通り多年同情の押売, ました通り大師さまのおみ, ました通り女中は皆, ました通り妻を娶る, ました通り姉は私, ました通り寒暖の二つ, ました通り小石川の伯母御様, ました通り平安朝に入る, ました通り幾多の輕佻, ました通り彼方の家, ました通り従前美作国津山の御, ました通り御用達藤野屋杢左衞門の娘お花, ました通り我國の人, ました通り手前はどこ, ました通り拙者の行く先, ました通り数秒時間わたくし共はまるで, ました通り文久三年この年, ました通り旭のよう, ました通り昆虫館に住む, ました通り春部梅三郎を親, ました通り是は大師, ました通り栃木縣は山, ました通り格別の話, ました通り此の形而上, ました通り武の家, ました通り清浄無垢の身体, ました通り火が消えない, ました通り狂歌師が寄つて狂歌, ました通り瑾は有りゃ, ました通り生涯かけて, ました通り皆さんの御存知, ました通り皆様方のお, ました通り直接には殆ど関係, ました通り相手はわたくしども, ました通り祖先傳來の家, ました通り耕作商売等よりし, ました通り自ら発し自ら批判, ました通り船の中, ました通り若旦那を怨んだ, ました通り茶と酒, ました通り落語家一統の寄合茶屋, ました通り蕪村より先輩, ました通り西洋の歴史, ました通り谷山家の養嗣子秀麿, ました通り身長は五尺, ました通り遺品の手型, ました通り醫學上の事務, ました通り長浜へ両替, ました通り陽気なもの陽気, ました通り隊長アムンセン副隊長エルズワース, ました通り風采の堂々たる, ました通り馬鹿に沢山, ました通り鼻緒屋に奉公, ましたひましたしかも, ました進士作左衛門どのの御, ました遅くも参ります, ました遅くっても結構, ましたでお, ました遊惰なる富民, ました運上金をもっ, ました運命の現われ, ました道具を賣る, ました道化たまいでご, ました道子は坐らう, ました道庵は何, ました道庵先生もそれ, ました道成寺の変化, ました遺体を汚せし, ました遺書二通その一通, ました遺書二通一本はお, ました鄭嵎の津陽門, ました配偶の改姓, ました酒宴もその, ましたに乗じ, ました酷い雨で, ました醤油を三十石, ました里見の頑固おやじ, ました重いものを, ました重くるしいかなしい心持は, ました重たい鞄を, ましたにも山, ました野西は自分, ました野郎が新調, ました金主一万両鐚一代の大望成就, ました金剛を一番突, ました金唐革で珊瑚珠, ました金持ちが, ました金梃で人間, ました金森兵部小輔様, ました金森家の仇討, ました金色のが, ました金貨その他を見, ました金銀を掘り出しまし, ました金銀づくりの脇差, ました金額が彼, ました釘勘という目明し, ました鈴慕はあれ, ました鈴蘭の花, ました鉄成金になった, ました鉄砲組でございますが, ました鉛筆をけずり, ました銀座の大平堂, ました銀糸の波形, ました銃声と喊声, ましたを打たなく, ました銘作でございます, ました銭五もはだし, ました銭形平次の執拗, ました鋏鍛冶金重の娘, ましたを作りました, ました鍛冶屋もイロ, ました鍛冶屋めで, ましたが何, ました鎌倉時代の末頃, ましたは朽ち破れ, ました鏃鍛冶で徳川さま, ましたの前, ましたに向っ, ました長い間の, ました長い白いカーテンが, ました長い長いテーブルに, ました長くいらっしゃったお客様, ました長三は総て様子, ました長命で八十四, ました長崎では和蘭人, ました長次郎でありますが, ました長物語でございます, ました長身でこれ, ました之丞, ました門跡様のお, ました開拓使のみがこの, ました間どこから敵, ました関係上そこらのこと, ました関東の武威, ました關係から其の, ました阿房らしい死んだ人, ました阿賀妻どのは舅どの, ました附設の発電所, ましたでも柳桜, ました院女院様現在国務をお, ました陪審員たちまでもドン底, ました陳述は次, ました陶器ものの床几, ました階段を辷り下りる, ましたに妾, ました際加賀の白山, ました際専門委員のエンゲルギング氏, ました際拙者貴殿へ申し上げました, ました際現場の近く, ました際病氣を發, ました障子際へ, ました隠し芸にし, ました隣座敷のお, ました隧道を出, ました雄鶏はそこ, ました雌鶏たちもみな不幸, ました雑草を刈り取らなけれ, ました離婚した妻君, ました有う, ました難波へ嫁, ましたはどう, ました雪の下の地面, ました雪山の光景, ました雪明りの部屋, ましたのあいだ, ました電気燈が段々, ました電話は志村のぶ子様, ました露店なんで, ました露西亜少女カルロ・ナインでございます, ました青山が峨々, ました青嵐親分にお, ました青巌寺の坊さま, ました青梅の方, ました青眼先生の眠り薬, ました青道心でございます, ました青銅色の果, ました静寂な四辺一杯, ました非常に悲しい, ました非礼をお許し, ましたで床柱, ました面差を振り向け, ました面白く感服も, ましたの財布, ました革鞄を縦, ました鞘師の曾呂利新左衛門, ましたで, ました音羽は勝手, ました音色が丈助, ました頃おい太閤様にじきじき, ました頃それを玻璃盞, ました頃一友人がそれ, ました頃下宿のお上さん, ました頃之を讀みまし, ました頃十二月の或, ました頃夏休みに伯耆, ました頃御殿を下った, ました頃支那の明, ました頃文部省関係の人, ました頃斗丈様の庵室, ました頃歌舞伎を見物, ました頃湯島天神の社, ました頃父と懇意, ました頃笹部と一緒, ました頃組の中, ました頃長尾の律師様, ました順々に御覧下, ました頓服薬をのん, ました領土はそれぞれ, ましたのあたり, ました頸脚なんざ, ました頸飾りの捜査, ましたが掛っ, ました額ぶちの外題, ました顔合掌した手首, ましたのお, ました願いが届きまし, ましたがなかっ, ました風呂は自慢, ました風呂敷にそれ, ました風情はたとえ, ました風貌自らを尊し, ました風邪を引く, ました風邪気味の中, ました飛田庄介前川満兵衛それから山村紋左衛門, ました飛行船飛行機の数, ました館長が云, ました饒舌りました, ました馬作はそこ, ました馬種改良のため, ました馬鹿者でヘイ, ました馳附て馬道, ましたですよ, ました駒込病院なら遠い, ました駕籠がこの, ました駕籠賃はいくら, ました驚きはほぼ, ました骨身を砕く, ました骸骨を踊らせ, ました高倉天皇を擁立, ました高原的な眺望, ました高笑いが起った, ました高輪田は其の, ました高間房一ですが, ましたの白い, ました鬘下が露, ました鯔背の男, ました捕りは, ました鳥渡お礼に上る, ました鳥谷正一が一子呉羽, ました鳩渓平賀源内と申す, ましたはこれ, ました鶴子さんが, ました麦藁細工で角兵衛獅子, ました麻布から高輪, ました黄亮という執事, ました黄金それにまつわる歌, ました黒い背広に, ました黒坂一齋と云う, ました黒岩清九郎さまとおっし, ました黒川孝藏と申しました, ました黒田家の質子, ました黒骨の渋扇, ましたの与吉, ました鼠小僧次郎吉なんかその, ましたの表現, ました龍馬はハヽヽヽ, ました龍麿の研究