青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ましい~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

まかせ~ まぎれ~ ~まことに まことに~ まさか~ まさしく~ まさに~ まざまざ~ ~まし まし~
ましい~
~ました ました~ ましたら~ まして~ ましょう~ まじめ~ ~ます ます~ ~ますます ますます~

「ましい~」 1048, 11ppm, 9621位

▼ ましいこと~ (113, 10.8%)

5 をいう 3 をする, を申し, を言, を言っ, を言った 2 だな, はない, は彼, もいわず, をしない, を云う, を申しました, を申す, を言い出し, を言われる

1 [73件] いうて, か, ができる, すること, で, ですが, でも, でもいう, でも言おう, で御座います, で私, として姫君, など言われた, にもせよ, にろくな, に思っ, に思われ, に重, のやう, はしたくなかった, はひと言, は一切, は一切申し立て間敷, は一言, は云わない, は云わぬ, は口, は大した, は少し, は御, は申しません, は避け, は避けます, ばかりおっしゃる, もなく, も云はず, も云わない, や供養, や口, をいい出し, をいっ, をいった, をいつた, をおっしゃられ, をし, をなす, をやる, を一切, を云, を云いかける, を云い出した, を云い出す, を云うらしい, を云った, を云つて何, を余り, を喋り散らし, を愚図, を書き立てんで, を申, を申さず, を申し上げる, を考え, を言う, を言うまい, を言つたの, を言ふから, を言われるであろう, を談話, を謂う, を遠慮, 申して, 申すな

▼ ましい~ (73, 7.0%)

9 を言 4 を云った 2 は言, をいう, をした, を云う, を申し, を申す

1 [48件] がなけれ, が言, が言える, であります此方, でも, でもする, でも云い, などを云う, など云いかけられ, など言いまし, はいっ, はない, はまるで, は云え, は何一つ, は好き, は止した, は申されません, は申しませぬ, は申しません, まで口走る, もいわれません, もせず, も申した, も言つて, を, をあなたがた, をいっ, をいった, をおいいだ, をお願い, をし, をしない, をしません, をなさる, をぬかした, を並べてる, を云, を云いかけ, を云っ, を云つた事, を仰しゃ, を為, を申せ, を言う, を言っ, を言つて來, を附け加えず

▼ ましいもの~ (26, 2.5%)

2 はない

1 [24件] があっ, がある, がひらめい, が輝きはじめた, だと, だなあ, であ, であったし, であつ, であります, でございますから, ですね, でも, で元, とは云, にさえ感じさせます, になつ, に映った, のよう, の言いよう, を受けなかった, を受ける, を感じられ, を突き立て

▼ ましい姿~ (25, 2.4%)

5 です 2 になり果てた

1 [18件] がたまらなく, が見える, だけがあった, だつた, だつたの, ですが, でなくて, でよく, で引上げ, で息, の為造, は次第に, をさらし, を人, を人びと, を想像, を眺め, を見る

▼ ましい~ (18, 1.7%)

1 [18件] か, が丸, が真先, だ, でありますが, です, ですよ, とで帳場, に己惚れ, はいずれ, はなにか, は人相, は男, は門入り, へカッ, も好き, を嵌め, を平次

▼ ましい~ (15, 1.4%)

2 でした, の腕

1 [11件] がフト平次, が娘, だつた相, ですが, で崔家, で髯, と女, にうしろ, のやう, の權之助, も女

▼ ましい~ (14, 1.3%)

2 いふこと, 存じまして 1 また言った, やや声, 云おうか, 卑屈な, 同時にひどく, 怒鳴った, 思った, 思って, 思われそう, 考えた

▼ ましい~ (14, 1.3%)

1 [14件] が彼女, が横, により, に力, に泣い, の下, はいきなり, や怒った, を伸ばし, を宙, を張つて巨人, を組ん, を絡みつけた, を闇

▼ ましい言葉~ (13, 1.2%)

2 は一言, を聞いた 1 があえて, に耳, は見当らない, をかけなかった, をはい, を口, を洩らさなかった, を洩らさなけれ, を洩らしたろう

▼ ましい~ (12, 1.1%)

1 [12件] だと, だ正直そう, で, です, ときっと, なの, の叫び声, の声, の悲鳴, の話声, の顔, はもちろん

▼ ましい~ (12, 1.1%)

5 を立て 1 がする, が前, が町中, だけが残つて, に馬, をたて, を立てた

▼ ましい~ (11, 1.0%)

1 [11件] おゆるし, こんどの, そしていつも, なんだか急, まだ十六, 何かの, 目方の, 私の, 立派な, 自ら支える, 面白いこと

▼ ましい~ (11, 1.0%)

2 を利く 1 まで利く, もきかない, をき, をきい, をきいた, を出した, を利かず, を利き出す, を聞く

▼ ましい~ (11, 1.0%)

1 [11件] でございました, には何, の五郎蔵, の皮膚, もしなかった, をさらし, をされない, をし, を一行, を禁ずる, を見せる

▼ ましい~ (10, 1.0%)

2 を出した 1 がするで, が聞える, が起つた, だった, で群れ, で起された, をかけた, を出す

▼ ましい~ (9, 0.9%)

2 の代り 1 で勘定, なの, の誓いであり, も起きませんでした, を見られる, を起こさせよう, を起し

▼ ましい感じ~ (8, 0.8%)

2 のする 1 があり, がある, がない, の人間, の男, を拂

▼ ましい一日~ (7, 0.7%)

3 だつた, であつ 1 であ

▼ ましい気持~ (7, 0.7%)

1 だつた, で原稿, になっ, になった, になり, にもなれなかった, を持った

▼ ましいので~ (6, 0.6%)

1 あつた, うるさいが, そのあたり, とにかく四隣, ゆうべの, 知んねえもの

▼ ましい心持~ (6, 0.6%)

2 を持つ 1 でこの, になっ, になつて行, に満たされた

▼ ましい限り~ (6, 0.6%)

2 でした, ですが 1 です, の素振り

▼ ましい~ (6, 0.6%)

1 にも昔, は鬪爭意識, や頭部, をされない, をする, を出し

▼ ましいやう~ (5, 0.5%)

1 だが, ですけれども, な大きな, な心もち, に自分

▼ ましい~ (5, 0.5%)

1 だから, だった, だとは, だな, を強

▼ ましい人間~ (5, 0.5%)

1 であつ, です初め, とあいそ, になつ, の肉

▼ ましい態度~ (5, 0.5%)

1 がそれ, こそ必要, で強制, において志向, に余儀なく

▼ ましい~ (5, 0.5%)

2 がし 1 がいたそう, がする, のする

▼ ましい~ (5, 0.5%)

1 だが, ではあります, をし, をする, を默つて聽

▼ ましい~ (4, 0.4%)

1 坊ちゃ, 説教を, 願では, 願ひ

▼ ましい~ (4, 0.4%)

1 と何, に見た, のやう, や散歩

▼ ましい大きな~ (4, 0.4%)

2 男である 1 咳を, 犬が

▼ ましい大男~ (4, 0.4%)

1 がくっつい, であった, で一言, の権

▼ ましい~ (4, 0.4%)

2 だな 1 だ, だから

▼ ましい~ (4, 0.4%)

1 が続い, であつ, に燒けた腕, はゆく

▼ ましい樣子~ (4, 0.4%)

3 です 1 を見せ

▼ ましいから~ (3, 0.3%)

1 そこで, 女房の, 府下を

▼ ましいそして~ (3, 0.3%)

1 少し冷, 従順な, 熟練した

▼ ましいよう~ (3, 0.3%)

1 な気, な素振り, な顔

▼ ましい~ (3, 0.3%)

1 いく遍か, いよいよ猛, ふるいおこして

▼ ましい~ (3, 0.3%)

1 が漲り, にほんろう, に富んだ

▼ ましい様子~ (3, 0.3%)

1 でもなく, は噫, をした

▼ ましい死骸~ (3, 0.3%)

1 が覆う, を前, を豪勢

▼ ましい~ (3, 0.3%)

1 は容易, も見出し得なかった, をも見出す

▼ ましい皮肉~ (3, 0.3%)

1 でせう, のよう, を言い

▼ ましい~ (3, 0.3%)

1 が生き返, とともにそこら, をこらし

▼ ましい細引~ (3, 0.3%)

1 が縛, や手頃, を首

▼ ましい結婚~ (3, 0.3%)

1 の舞台, はしたくない, をしたい

▼ ましい~ (3, 0.3%)

1 の一突き, をゾッと, を飽きず眺め

▼ ましい跫音~ (3, 0.3%)

1 がし, が駈けめぐる, と同時に

▼ ましい身體~ (3, 0.3%)

1 になつて, や額, を平次

▼ ましいこの~ (2, 0.2%)

1 世界の, 女の

▼ ましいという~ (2, 0.2%)

1 ものが, ように

▼ ましいところ~ (2, 0.2%)

1 が大いに, へ誘い運び

▼ ましい万豊~ (2, 0.2%)

2 の体躯

▼ ましい三助~ (2, 0.2%)

1 がいた, がゐた

▼ ましい~ (2, 0.2%)

1 の手, 腕を

▼ ましい事件~ (2, 0.2%)

1 が私, が起っ

▼ ましい二三~ (2, 0.2%)

2 の事務員

▼ ましい~ (2, 0.2%)

1 のす, の俗

▼ ましい六尺許~ (2, 0.2%)

2 りの

▼ ましい其店~ (2, 0.2%)

2 の嬶

▼ ましい半鐘~ (2, 0.2%)

1 がヂヤンヂヤン, であつ

▼ ましい口調~ (2, 0.2%)

1 で, になった

▼ ましい叫び~ (2, 0.2%)

1 と共に前, を発し

▼ ましい喬木~ (2, 0.2%)

1 であった, でも心

▼ ましい図体~ (2, 0.2%)

1 の虎, の鬚武者

▼ ましい場所~ (2, 0.2%)

1 なん, へ出た

▼ ましい大きい~ (2, 0.2%)

1 両手だ, 腰つきを

▼ ましい大柄~ (2, 0.2%)

1 な子, の男子

▼ ましい~ (2, 0.2%)

1 にかしずく, に思ひ知らせ

▼ ましい~ (2, 0.2%)

1 であった, でしたが

▼ ましい建物~ (2, 0.2%)

2 の中

▼ ましい微笑~ (2, 0.2%)

1 が頬, は私

▼ ましい息づかい~ (2, 0.2%)

2 でまるで

▼ ましい悲劇~ (2, 0.2%)

1 は一段落, を語り

▼ ましい悲鳴~ (2, 0.2%)

1 をあげた, を挙げた

▼ ましい感情~ (2, 0.2%)

1 が心, をいだき

▼ ましい所業~ (2, 0.2%)

1 をする, をなさる

▼ ましい挙動~ (2, 0.2%)

1 はしない, を示した

▼ ましい揚々~ (2, 0.2%)

2 たる気持

▼ ましい智慧~ (2, 0.2%)

1 とを持つ, を働かせ

▼ ましい~ (2, 0.2%)

1 が三本斜め, 振の

▼ ましい格子~ (2, 0.2%)

1 に手, に突き當つたの

▼ ましい機械~ (2, 0.2%)

2 をみよ

▼ ましい気持ち~ (2, 0.2%)

1 がされ, で小さく

▼ ましい片手~ (2, 0.2%)

1 でもっ, をデスク

▼ ましい畜生~ (2, 0.2%)

1 だと, だやい

▼ ましい~ (2, 0.2%)

1 があい, が額

▼ ましい筋肉~ (2, 0.2%)

1 が隆々, の力

▼ ましい美しい~ (2, 0.2%)

1 もので, ものを

▼ ましい老人~ (2, 0.2%)

1 に何とも, は凝然

▼ ましい~ (2, 0.2%)

1 が一しきり, などをさする

▼ ましい自分~ (2, 0.2%)

1 の望み, の邪推

▼ ましい自動車~ (2, 0.2%)

2 の響

▼ ましい蛮人而~ (2, 0.2%)

2 して

▼ ましい表情~ (2, 0.2%)

1 の代り, を鼻

▼ ましい裸体~ (2, 0.2%)

1 で, で健康

▼ ましい訃報~ (2, 0.2%)

2 を新聞

▼ ましい~ (2, 0.2%)

2 もしない

▼ ましい調子~ (2, 0.2%)

1 があった, のなか

▼ ましい~ (2, 0.2%)

2 がご

▼ ましい~ (2, 0.2%)

2 の有

▼ ましい辞句~ (2, 0.2%)

1 などはない, はどこ

▼ ましい運命~ (2, 0.2%)

1 は却って一層, を思いました

▼ ましい~ (2, 0.2%)

1 だつた, でも喫

▼ ましい野心~ (2, 0.2%)

1 が勃々, と嫉妬

▼ ましい~ (2, 0.2%)

1 牛に, 獅子が

▼1* [398件]

ましいたまを, ましいあまりにつ, ましいあま奴だなんにも, ましいいささか智慧の, ましいいやなこと, ましいうちに湿とり, ましいお方でどちら, ましいかぎりです, ましいくもがせめて, ましいけれど遊ぶ時, ましいけれどもッて, ましいこと一切がいと, ましいこと私には何, ましいこれにし, ましいさまを見る, ましい一應十四五の, ましいしっかりした肉付, ましいそれらの言葉, ましいたのしい会合だつた, ましいためいきの音, ましいだけに智子が, ましいやありません, ましいづれまたちかぢかに伺ひますからと, ましいとさえ思われました, ましいともいじらしいとも, ましいと共に溌剌として, ましいどこか野, ましいながらに速かな, ましいなと見て, ましいなんのこれ, ましいにわとこや細, ましいのでかツと, ましいばかりでなく車, ましいほどまざ, ましいまたこの國體, ましいまでの親和を, ましいまばゆい気が, ましいわが子の姿, ましいガイセンだった, ましいガタ馬車や車輪, ましいコケットリイとや, ましいコケツトリイがこの, ましいサイドが赤い, ましいシーンでした, ましいジヤズが巻き起つた, ましいリス様式と, ましいドーベルマンに咆, ましいファイトを持つ, ましいベルで飛び起きた, ましいリズミカルのもの, ましい一つの難点, ましい三十餘名の慓悍無双, ましい下司女と見積られる, ましい下張りをさらし, ましい不平を以つて猛烈, ましい不調和は真弓, ましい世帶で溝口屋, ましいをその, ましい中年過ぎの男, ましい中庭を好ん, ましい丸グケの帶, ましい主人の女房, ましい主観の少し, ましい了見があっ, ましい二タ目と見られぬ, ましい二十七八の男, ましい二十歳の肉体, ましい二本の大, ましい亢奮が一層, ましい人声幽に, ましい人物であったこと, ましい人生の姿, ましい人造人間がいるだろう, ましいのことば, ましい今日福澤もマンザラ, ましい仕事ぶりが炭坑中, ましい仕打振を, ましい仕打ちを致しました, ましい代物です, ましい任務だったろう彼, ましい体躯をもつ, ましいかがある, ましい作家だった, ましい供養がましい, ましい依頼人であったこの, ましい健康を持ち続けました, ましい傷痕が赤い, ましい傾向もある, ましい優越感のかもし出す, ましい元気のよ, ましい先生は自分, ましいはもう二度と, ましい内緒話を嗅ぎつけた, ましい内輪の争い, ましい凄味な態度, ましいれた容色, ましいがない, ましい出来事は一つ, ましい劇場の廊下, ましい勝利の感情, ましい卑劣な下司, ましい友人としてはあの, ましい口つきで皮肉, ましい口ぶりだったが, ましい口惜しい愁らい人と, ましい口答えをする, ましい叫喚の渦, ましい史蹟が多い, ましいふの, ましい吹聴をした, ましい周囲から逃れる, ましいを発する, ましい咳払ひや, ましいだつたの, ましい哲學を除い, ましいに落ち, ましい四肢が直接, ましい国体明徴観念の叫び, ましいの精気, ましい地響をさせ, ましい執拗い言葉, ましい堂々たる最新流行, ましい報告をこもごも, ましい場合であっても, ましい声援を始めました, ましい夕飯の箸, ましい多情な男, ましいとなっ, ましい夜室にひびきつづけました, ましい大兵肥満の黒, ましい大西とは好, ましい大言を申しおる, ましい大講会の広前, ましい夫人の口調, ましい奏樂紛れに壁, ましい女性なん, ましい婚礼が頭脳, ましい媚態のよう, ましい子供の声, ましい子守女の声, ましい孟宗竹に眼, ましい孫右衞門だつたの, ましい守吉の叫ぶ, ましい実行欲とのあ, ましいの莚, ましいを平次, ましい家庭がある, ましい對照で同じ, ましい小男が半身, ましい展望に詩人的, ましいで黒部川, ましい差出口を利いた, ましい差別を作っ, ましい市場の呼び声, ましい年少少尉此人は海軍兵學校, ましいから複雑, ましい広場や白い, ましいを持ち合せた, ましいそうな, ましい從兄や妾, ましい心臓の音, ましい思いに胸, ましいをしません, ましいかしい, ましい恥辱を受け, ましい恩賞の要求, ましい恰好で出窓, ましい悩みからぬけいで, ましい悲しい心持で, ましい情景を想像, ましい情熱で自分, ましい意図と血みどろ, ましい意志をもち, ましい意旨だけが大きく, ましい意見をたてよう, ましい愚痴をこぼし, ましいによつて潤, ましい愛撫の言葉, ましい慾情に変っ, ましい懺悔の涙, ましい成功となる, ましい戯談を語り, ましい戰場の話, ましい所作を續, ましい所行をした, ましいが女, ましい手水を使, ましい扱いはなさらない, ましい批評を彼, ましい抗議はこの, ましいを挟み入れた, ましい挨拶の方法, ましい振舞いをなす, ましい擧動は止め, ましい政治家であって, ましい数日をすごす, ましい文句をならべた, ましい旅愁をさえ, ましいじるしを, ましい日々の大, ましい日ごろ時として彼には, ましい時に兼ちゃんは, ましい時計の鎖, ましい智惠が苦, ましい曲者にも氣, ましい月毛の馬, ましい期待でその, ましいの若者, ましい村長の肩, ましい松の木よおま, ましいがあつ, ましい柿の木の枝, ましい栗毛の逸物, ましい彩の, ましい極みである, ましい横井源太郎を殺せる, ましい横暴な仕うち, ましい歌手だよ, ましいきの, ましい歓喜の声, ましいの頃, ましい武名を大衆, ましい武家育ちの私, ましい武者たちに伍, ましい毎日である, ましい毒婦であっても, ましい気性の女, ましい気持さへし, ましいがする, ましい氣分に水祭, ましい氣持であつ, ましい水兵の姿, ましい水音を立て, ましい求道生活をば私, ましい沈黙が頭上一杯, ましい泣き声をきく, ましい洗いすすぎはいかなる, ましい活劇を演じ, ましい活気を運ん, ましい派出婦人会だけを除く, ましい流水のみおや, ましいを見せ, ましい渦巻になつ, ましい演出者の努力, ましいの手, ましい瀬戸物の触れあふ, ましい火箸を取る, ましい無愛想な小三郎, ましい煙草入や身, ましい爆音を上げ, ましい父子血合せの法, ましいが眼, ましいを退け, ましい物音に間もなく, ましい牽制を試み, ましいのよう, ましいのよう, ましいものの, ましい生存慾を押し包ん, ましい生活をし, ましい生活力の持主, ましい申し分ではある, ましい申分ではあります, ましい男の子に限られ, ましい男狂いのうわさ, ましい男目鼻立は立派, ましい畜生ぢやねえか, ましい痛々しさでした, ましい癡態を見, ましい癩病人の姿, ましいなんぞは通, ましい直立の体躯, ましい相手を迎, ましい真弓の姿, ましいに落ちました, ましい眼つきをもする, ましい睨みようなんてあまり, ましい瞬きに心, ましいを忌々し, ましい神經の持主, ましい秀子が夏子, ましいの近来, ましいだ, ましい空気の思ひ, ましい空虚ほど惨め, ましい竹久家の名人芸, ましい竿を持つ, ましい笑い声が起る, ましい笑みを上せた, ましい笑声を発し, ましいを鳴らし, ましいをした, ましいも見えなかった, ましい精力を思わせる, ましい精神を持っ, ましいつ赤裸, ましい結果に陥らぬ, ましいが一本, ましい美しさの, ましい羽搏きの音がする, ましい羽音が直, ましい老爺の顏, ましい考えの方, ましい耕地の線, ましいがした, ましいづきに, ましい肉体の中, ましい肉体美の醜女, ましい肥大漢の柄, ましいに顏, ましい胴太の鰤, ましい胸郭をもっ, ましい切った筋肉, ましい脚部の間, ましいの色気, ましいのあたり, ましい膝頭の下, ましい自信である, ましい自意識だなどと, ましい良い男で, ましいを呈し, ましいだな, ましい犬な, ましい若い坊さんだ, ましい若者が多い, ましい苦力たちが宛, ましい茶屋へでも知れた, ましいが螫, ましいがとぐろ, ましい要求もしなかった, ましい見本を見せられる, ましいの場合, ましい観察などしなかった, ましい角材で打ち殺され, ましいひ草, ましい言葉それにさえ慣れ, ましい誇りと自信, ましい識見の方, ましい警察自動車の機関, ましい警鐘によつて, ましい賢らごとはない, ましい贅沢をいっ, ましい贅澤さが死, ましい赤黒い腕が, ましいをからげた, ましいの音, ましい身の上になっ, ましいや時々, ましい近代娘で遊戯的, ましい返事をした, ましい述懐を聞い, ましいましい老爺, ましい速度で回転, ましい遊興はできない, ましい道鏡の顔, ましい郷士たちが身, ましいつ払, ましい酔ひ振りの夫, ましい醜いことで, ましい野良猫と思いの外, ましい野郎で, ましい金番をし, ましいが見掛け, ましい釣臺を氣味惡げ, ましいの音, ましいの響, ましい鎧櫃一個がこの, ましい闘志とを潜まし, ましい雄弁を思ひ出す, ましい離れ業に長け, ましい雰囲気をはこん, ましい電話の呼鈴, ましい青年でした, ましい青春へ思いやった, ましい青桐の幹, ましい青色がべっとり, ましい非常汽笛が鳴る, ましい響きをたて, ましいの紫, ましいをし, ましい風情を遺す, ましい風物だらう, ましい風習は当時, ましいを控え, ましい馬丁風の男, ましい駿馬ばかりで, ましい騷ぎを起す, ましい骨太の剛, ましい高価な凝った服装, ましい鬪爭心を感じさせる, ましいにならなけれ, ましい鵞鳥の悲鳴, ましいの啼き, ましい鶏頭鶏頭俺の肝, ましい鹿の股川, ましい麻繩です, ましい黒い馬の, ましい黒馬にまたがっ