青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「まざまざ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~まえ まえ~ ~まかせ まかせ~ まぎれ~ ~まことに まことに~ まさか~ まさしく~ まさに~
まざまざ~
~まし まし~ ましい~ ~ました ました~ ましたら~ まして~ ましょう~ まじめ~ ~ます

「まざまざ~」 1041, 11ppm, 9667位

▼ まざまざ~ (950, 91.3%)

24 して 22 目に 16 残って 15 浮んで, 眼に, 眼の 12 反映し, 見えて 9 心に 7 そこに, 現われて, 甦って, 私の, 見て 6 目の, 見えるの, 見た 5 あらわれて, 感じた, 感じられた, 生きて, 示して, 自分の, 蘇って

4 [13件] 今日の, 彼の, 感じて, 描かれて, 映って, 浮かんで, 眼前に, 見える, 見せつけられて, 見たの, 見ること, 語って, 頭の

3 [24件] うつって, よみがえって, わかること, わかるよう, 出て, 印されて, 彼女の, 思い浮べるの, 恐怖の, 憶えて, 描いて, 描き出されて, 描き出して, 浮き出して, 浮出して, 理解される, 甦った, 耳に, 蘇った, 蘇らせた, 見えた, 見せて, 覚えて, 語られて

2 [57件] このこと, した, した感覚, その顔, それを, のこって, わかった, わかって, わかり私, わかる, われわれの, 人生に対する, 刻まれて, 刻みつけられて, 夢に, 当時の, 微笑を, 思いだされて, 思いだした, 思い出した, 思い浮べた, 思い浮べて, 思い浮べられた, 思い起した, 想ひ出した, 感じさせるもの, 感じられて, 感じるの, 感ぜられた, 描かれた, 昔の, 映し出して, 書いて, 浮んだ, 浮上って, 照らし出されて, 現れて, 現前する, 皮膚に, 目撃し, 眼底に, 瞼に, 知って, 結びついて, 胸に, 脳裏に, 脳裡に, 見えるよう, 見せつけて, 見せつけられたよう, 見せられるよう, 見せられる気, 見ました, 見るよう, 迫って, 青いもの, 頭に

1 [484件] あげられて, あの大尉, ありますそれ, いうこと, いつであろう, いま見え, うかがわれます, うかんで, うけとれるが, うつされて, うつつの, うつるもの, おもいおこさせた, おもかげ, お姿, お銀様, かめよの, ここで, この大事, この眼, この黒馬車, こんな言葉, しかも空想的, したお互い, したから, したもの, した一抹, した体, した信仰, した光景, した分りかた, した印象, した声音, した形象, した感じ, した感性, した成り行き, した新, した本能, した歓び, した煩悩, した現実, した生命感, した疑問, した筆者, した精神, した絵, した絶望, した虚言, した記念, した記憶, した詳細, してただけに, しめして, し過ぎて, すぐ眼, すると, そのあえ, そのとき, その人, その作家, その例, その味わい, その夜, その大きな黒い, その大学, その時, その景色, その真実, その身, その通り, その醜, その面影, てりはえて, でて, とらえられ感情化, ながめて, のこされた, のこされて, ひろ子に, ほとんど幾年ぶり, また心眼, みえて, よみが, わかります, わかり深い, わが目, わたしに, われわれ男子の, バルザックが, ペルシアの, リアリズムの, 一つの, 一目で, 丁度多年, 三月の, 世間一般の, 並べると, 丹青の, 二十三の, 人の, 人間と, 人間の, 人間理性の, 今も, 今日に, 今朝上りの, 伝えて, 伝えられる情熱, 伝えるよう, 伝える必要, 伸子に, 伸子の, 偲ばせるもの, 僕の, 兄さんに, 先頃厚生大臣から, 全身で, 其処に, 再び生活, 写り出るの, 出会った, 分かったので, 分り同時に, 分り実に, 分るよう, 刑場の, 判別出来る, 力強く浮き出, 動き出しそう, 動坂の, 北の, 印象つけられる, 印象づけられまして, 印象を, 厖大な, 反射し, 反映され, 取り上げられて, 受けながら, 口を, 周平の, 味わうこと, 味わうの, 喚び起した私, 四本の, 回想され, 回想し, 回想します, 困惑を, 圧えられる, 在りしかも, 在ること, 地上に, 夕日の, 多面的に, 夜具の, 大海人, 女の子の, 存在し, 宇治の, 実見は, 察して, 少年時代の, 尽きない名残り, 居るよう, 屏風を, 展開され, 展開し, 履き物の, 巻返, 当惑と, 影を, 彼らは, 御姿, 心中者の, 思いおこされた, 思いおこしここ, 思いおこした, 思いださずには, 思いださせるでは, 思いやられる, 思いやると, 思い出された, 思い出されて, 思い出される, 思い出されるが, 思い出されるの, 思い出します, 思い出す, 思い出すの, 思い浮かぶ, 思い浮かべた, 思い浮かべたらしく気の毒そう, 思い浮べられて, 思い浮べられる, 思い浮べること, 思い浮べ次に, 思い起こさせる, 思い起させるの, 思い起したの, 思い起し流石, 思い返す心, 思ひだした, 思ひ出されて, 思ひ出して, 思ひ出しながら, 思ひ出すの, 思ひ合, 思ひ描くこと, 思ひ描くことさ, 思ひ浮べたくら, 思ひ浮べました, 思ひ浮べられたの, 思ひ浮べられて, 思ひ浮べ蛮地, 思ひ起し, 思わせる, 思出されます, 恰も鏡, 悔いの, 想い浮べること, 想い起させて, 想うこと, 想って, 想ひいだす, 想ひ浮べ, 想像させる, 想像し, 想像する, 想像できた, 想像に, 意識され, 意識した, 感じさせられますから, 感じさせるほど, 感じたこと, 感じとられるの, 感じないでは, 感じられると, 感じられるの, 感じること, 感ずること, 感ずるであろう, 感ずるので, 感ぜられる, 感得した, 感覚され, 感覚に, 憶い出した, 憶ひ出した, 戦地の, 手に, 掲げられて, 描かれたであろう, 描かれること, 描かれるの, 描かれるので, 描きこめられて, 描きだされて, 描きつくした悲劇, 描き上げさせる原動力, 描き出しただけの, 故郷の, 文字が, 日々の, 日常の, 日本の, 日頃の, 明治二十年代の, 明瞭な, 映しだされて, 映つたの, 映り耳, 映るの, 映るので, 映像する, 映写された, 昨夜の, 暗んじ返されて, 書かれた, 最後に, 格子戸が, 棒に, 検視した, 正面に, 残つてゐる, 残りその, 殘って, 母の, 気味の, 水鏡に, 沢山の, 泛び上る, 泛んで, 活きたもの, 活き動いて, 流されて, 浮かび上がるの, 浮かび上ったの, 浮きあがった, 浮き上って, 浮き彫りされ, 浮びあがつて, 浮びでた, 浮ぶでしょう, 浮べた, 浮べて, 浮み上った, 浮立って, 消えきらずに, 滲み出して, 滲み出て, 濡れて, 瀧子の, 焼きつく, 焼きつけられて, 照し出され, 照し出し, 照らしだしました, 照らし出されると, 爪立足で, 牢獄の, 物語って, 特徴づけ, 牽かれるの, 王朝伝統を, 現れること, 現わ, 現われる, 現われ出た, 現出され, 現出せらるる, 理解されます, 理解する, 生かし得たから, 生きたよう, 生きた姿, 甦えらし, 甦つた, 甦らすこと, 町並み店, 目で, 目にも, 目のあたりに, 目を, 目前に, 目前の, 眺め廻した, 眼前で, 眼界一ぱいに, 睡眠不足の, 瞳に, 瞼の, 知らされること, 知らされる無念, 知覚する, 磨き澄, 示されること, 私たちの, 私に, 窺われるの, 立川一郎の, 童心に, 織り込まれて, 美しい絵, 美しく透き見, 羨望し, 老番人, 考へると, 而も, 聞いたと, 聞くよう, 聞こえて, 自分という, 自分に, 芸術に, 芸術の, 芸術化され, 苦しい記憶, 苦労の, 葉子の, 薄月, 蘇つたから, 蘇つて來て, 蘇つて眼先が, 蘇るよう, 虚偽を, 表われる, 裏切って, 複雑に, 見えしかも, 見えたとえば, 見えたの, 見えます, 見えます彼, 見えるだろうな, 見えるやう, 見える女, 見え出して, 見え感じるよう, 見せたの, 見せたまま, 見せた戦場生残り, 見せつけられた, 見せつけられたが, 見せつけられたこと, 見せつけられたに, 見せつけられたので, 見せつけられた出来事, 見せつけられた様, 見せつけられながら, 見せつけられようとは, 見せつけられる, 見せつけられるかと, 見せつけられると, 見せつけられ大いに, 見せては, 見せられたやう, 見せられたよう, 見せられた山楽, 見せられて, 見せられる, 見せられる感じ, 見せられ全身, 見たお, 見たからには, 見たと, 見たとき, 見たので, 見たもの, 見たん, 見た濁った水, 見た臨湖, 見なければ, 見ましたあな, 見られて, 見られでも, 見られます, 見られる, 見るには, 見るやう, 見る同, 見る気, 見出された, 見出して, 見学いたしました, 見物の, 見透された, 視覚的映, 覗き出して, 観せられては, 観客の, 記憶し, 記憶します, 記憶に, 記憶の, 証明する, 読まれた, 起った現実, 足が, 跡を, 躍って, 途上で, 這い出て, 造りもの, 連想され, 部屋の, 鏡に, 開いて, 閑山の, 闇の, 難破船の, 露わして, 露出され, 青竹が, 響いて, 頬の, 顔を, 顕れても, 馴染ふかかっ, 驚嘆の, 鼻さきに, 鼻に

▼ まざまざしい~ (4, 0.4%)

1 その折, のでわたし, 要するにあれ, 記憶と

▼ まざまざ見え~ (3, 0.3%)

1 この一月, て天の川, て歴史

▼ まざまざ~ (2, 0.2%)

1 でしょう, では私たち

▼ まざまざそこ~ (2, 0.2%)

1 から感じとられ, に描かれた

▼ まざまざそれ~ (2, 0.2%)

1 がそこ, が見える

▼ まざまざ分る~ (2, 0.2%)

1 からわたし, のであった

▼ まざまざ恐怖~ (2, 0.2%)

2 の色

▼ まざまざ感じた~ (2, 0.2%)

1 その日, のを

▼ まざまざ感じられ~ (2, 0.2%)

1 て厭, て来

▼ まざまざ~ (2, 0.2%)

1 に浮かべ, に浮ん

▼ まざまざ目先~ (2, 0.2%)

1 に思い浮かべる, に蘇らせ

▼ まざまざ眼先~ (2, 0.2%)

1 にちらつく, に浮ん

▼ まざまざ見える~ (2, 0.2%)

1 のだ, ような

▼ まざまざ見ゆる~ (2, 0.2%)

2 心地し

▼1* [60件]

まざまざわかりに, まざまざお前に見え, まざまざさお, まざまざしく説明する, まざまざしく見詰められる事が, まざまざついている, まざまざいやな, まざまざでしょうと思います, まざまざとかへりみながら, まざまざとは拝めない, まざまざ見えて, まざまざわかったように, まざまざ写つて来ました, まざまざ判って来た, まざまざ反映して, まざまざ口角に浮べ, まざまざ同じ拵えものの, まざまざ味わわされたのです, まざまざ垂れたその切, まざまざをみ, まざまざ存在して, まざまざ実感させる文章, まざまざの顔, まざまざ想像した, まざまざ憂色を面, まざまざ捲き掲げられてある, まざまざ映って来た, まざまざ書かれている, まざまざ書き列ねてある, まざまざ残っていた, まざまざ殘つてゐて, まざまざ浮びますがその, まざまざ照らし出されたように, まざまざ生かしているであろう, まざまざ的確の作者, まざまざ目立って肩, まざまざ省みて慄然, まざまざ知つてゐるの, まざまざ知らぬ男の, まざまざ示して一冊, まざまざ示す焔の, まざまざ続いたことの, まざまざている, まざまざ見えすいて来た, まざまざ見かけたのであった, まざまざ見せてくれた, まざまざ見せつけられてゐた, まざまざ見せつけられるようで, まざまざ見せられて彼, まざまざ見た棺の, まざまざ見るような, まざまざ見詰めている, まざまざ語られている, まざまざ読みとれ彼等は, まざまざ読者に思い浮ばす, まざまざ上って, まざまざ響いて来る, まざまざ顕現するし, まざまざ髣髴せしめるよう, まざまざの先