青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「まさに~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~まいりました ~まえ まえ~ ~まかせ まかせ~ まぎれ~ ~まことに まことに~ まさか~ まさしく~
まさに~
まざまざ~ ~まし まし~ ましい~ ~ました ました~ ましたら~ まして~ ましょう~ まじめ~

「まさに~」 2713, 29ppm, 4001位

▼ まさにその~ (215, 7.9%)

6 とおりである 5 ことを, とおりで 4 ためである, ために, とおりだった, 通りで, 通りであった, 通りである, 通りです 3 とおり, 人であった, 通り

2 [12件] こと即ち, とおりだ, とおりに, とほり, 人である, 反對, 故である, 通りさ, 通りだ, 通りな, 通りに, 音楽は

1 [138件] あとの, ことであった, ことな, ことについて, ことによつ, ころ, せつなです, ためには, とおりであっ, とおりであった, とおりであろう, とおりです, とおりな, とおりの, ときから, ときだった, ときでした, ときの, とき正午の, とたんでした, やうに, ように, トラックが, ハートの, 一つだろう, 一つである, 一つの, 一人だった, 一役を, 一策しか, 不愉快な, 両方だ, 中へ, 中道を, 事の, 人々である, 人では, 代表的な, 位置を, 価値が, 先験性或いは, 兵船が, 処を, 力尽き骨, 効と, 効果だ, 反対である, 反対に, 反対の, 収容力の, 古の, 名である, 唯一の, 墓は, 変異は, 夜の, 太く逞しい腕, 如くであるだらう, 完全なる, 序論と, 当日まで, 形は, 影響を, 心配が, 忌を, 性質そのものにより, 手を, 手首に, 折から, 放逸を, 故にまた存在, 日の, 易は, 時こそは, 時この, 時であります, 時では, 時文芸評論は, 時期に, 時法水の, 時烈しく, 本望でなけれ, 死の, 死地へ, 気構えを, 水でこそ, 水銀な, 滑稽の, 火蓋を, 点な, 点に, 点において, 物ズバリ, 特色の, 犧牲に, 理由によって, 男性的なる, 瞬間伸子は, 稚拙画を, 第一期戦, 絶頂に, 絶頂の, 老博士, 者に, 肉を, 良人の, 萌芽を, 覆面を, 誓いどおり, 超特大製, 超自然, 轍を, 辺だ, 途端です, 通りあり, 通りこの, 通りだった, 通りでありましょう, 通りであります, 通りであろう, 通りでない, 通りと, 通りはじめは, 通りオツネサンの, 通り釣台の, 通路であったろう, 道理でしょう, 階級に, 難しさ, 面目を, 頃明智光秀の, 頭を, 類で, 駕籠に, 鳥獣にも, 黒犬が, 點において, 鼠と

▼ まさにこの~ (148, 5.5%)

8 ことを 6 ことから, ことに 3 ことすな, ことすなわち, ことだ, ような, 二つの 2 ことは, 必然性の, 時な, 時代に, 点で, 点に

1 [101件] ことこれなる, ことであったろう, ことである, ことによって, ことによつ, ころりん, ごとし, たえま, ために, とおりである, ときの, ときを, ところに, ひとが, ほうは, まったくばかげた, やうな, やりかた, ように, グレゴール, 一団の, 下に, 下級の, 中から, 事でございます, 事を, 事情の, 二人に, 二回だけ, 二者択一に対する, 二者擇一に, 二途を, 傾向を, 刑執行には, 刑罰を, 君の, 命令語の, 問題に, 国第, 地の, 地点で, 場合には, 場合の, 境地だ, 声では, 夜こそは, 嫉妬から, 定座, 定義に, 對象即ち, 待合所の, 御年二十一歳, 恐怖時代の, 悪業を, 意味においても, 戦争から, 把握によって, 教を, 方法で, 方面に, 日から, 日の, 時であった, 時の, 時を, 時代においてこそ, 時分の, 時刻東京大本営において, 時期に, 時衝と, 期間を, 根本原則に, 條件に, 業績が, 楽しみを, 武右衛門君である, 死体は, 水だ, 海より, 点が, 点でのみ, 点において, 状態であった, 玄関の, 理由に, 相撲の, 秋草を, 種の, 稲妻の, 稿を, 空隙を, 立場の, 置文の, 若い二人, 若い女, 複雑な, 語の, 通りで, 通りである, 酒に, 點において

▼ まさにそれ~ (60, 2.2%)

65 であった 2 が世界

1 [47件] か, が富士教団, が我々, が發展, が私, が行列, が過程, こそ, こそ霊感, だった, だったと, だつた, である, でおまけ, でこの, でしたね, です, で右, とは反対, と同じ, なの, なん, にちがい, によってまた, にマチガイ, に因んだ, に違い, はそう, は人魚, は地, は大, は奇怪, は敵将, は日本人, は相馬, は確か, は科学, は科學, は脅迫状, は自然, は詩人, は革鞭, を信じきっ, を行っ, を証拠, を読んだ, 故に人間

▼ まさにこれ~ (38, 1.4%)

32 である, です, に類する

1 [29件] かと思う, がすなわち, が真実, こそは数, こそ意外, こそ死, こそ観無量寿経, じゃ, だったの, であったと, によってそれ, によつて, に当たる, に等しから, に類した, は, はふぐ, はギャング的霊魂, は天下, は御, は玉, をさす, をわが輩, を人間外, を奪わん, を求むる, を菩提樹, を行なう, 全人類覚醒

▼ まさに一言~ (21, 0.8%)

10 もありません 5 もない 2 もねえあの, も無い 1 もありませんでした, もございません

▼ まさに~ (17, 0.6%)

1 [17件] がゲーテ, が乾坤一擲, と戦おう, にとっては本能寺, にふれよう, の上役, の伝記, の個性, の哲學, の姿, の思うつぼ, の自尊心, の言い張る, の身, れ迫り來, をおい, を見

▼ まさにそう~ (16, 0.6%)

32 である, なの 1 あるべきこと, あるべきでしょうが, すべきである, だから, だったの, だな, では, なければ, ほう互角

▼ まさにかく~ (14, 0.5%)

7 のごとき 4 の如き 1 あるべきところ, のご, の如くなるべけれ

▼ まさに死なん~ (14, 0.5%)

9 とする 4 とし 1 とす

▼ まさに~ (12, 0.4%)

2 皇子 1 事業だ, 円満の, 変革を, 成功を, 戦争が, 組織体として, 虎です, 跳躍その, 過渡期であります, 鼾を

▼ まさに天下~ (12, 0.4%)

1 [12件] に知己, に顕彰, の偉観, の奇才, の奇趣, の横綱角力, の珍事, の美味, を呑まん, を有, 再乱, 第一城

▼ まさに自分~ (11, 0.4%)

1 [11件] が必要, が行なった, には言う, に宛て, に違い, のひきい, の幼時, の思う, の持っ, の身体, の頭

▼ まさにここ~ (10, 0.4%)

1 であった, でこんなにどうしよう, での起死回生, にあるべきである, に存する, に浮かび上がった, に説かれたごとき, は兵法, は本陣, は神変夢想対月輪一刀

▼ まさに人間~ (10, 0.4%)

2 の形 1 として考, の一箇, の勉, の恥辱, の手, の表情活動, の観想的態度, の限界

▼ まさに~ (9, 0.3%)

1 この人, である, です, にあり, の世, の日本文化, の自分, を措い, 出発したる

▼ まさに~ (8, 0.3%)

4 ういふ 1 う信じき, う言, う言つた, もありぬべき

▼ まさにまさしく~ (7, 0.3%)

1 ここの, こりゃ墨田, これだけは, べっぴんの, 手の, 真言派の, 自害だ

▼ まさに当然~ (7, 0.3%)

2 というべきであろう 1 である, という, なこと, のこと, の結果

▼ まさに~ (6, 0.2%)

1 延の, 役所法学の, 筆に, 見それ, 角さん以上と, 説の

▼ まさにきたら~ (6, 0.2%)

5 んと 1 んとして

▼ まさにそういう~ (6, 0.2%)

1 ものとして, 出来事は, 問題に, 愛読者の, 点から, 犠牲であった

▼ まさに一つ~ (6, 0.2%)

2 の驚異 1 の人間, の復讐行為, の画期的, の管弦楽

▼ まさに八五郎~ (6, 0.2%)

2 のところ, の新 1 がクシヤクシヤ, も一本食

▼ まさに~ (6, 0.2%)

5 の海 1 の雨

▼ まさにあれ~ (5, 0.2%)

1 が両, だよ, である, と同工異曲, やこれ

▼ まさにこれから~ (5, 0.2%)

1 そこに, の前進, 人を, 先に, 始めて

▼ まさにそこ~ (5, 0.2%)

1 から二, から来る, にある, に人間學, へ手燭

▼ まさにわが~ (5, 0.2%)

1 最愛の, 民族の, 翼の, 計を, 計略は

▼ まさに判然~ (5, 0.2%)

1 とあの, といま, とおやじ, とただ, と山吹き色

▼ まさに~ (5, 0.2%)

1 に述べた, に述べた如き, のとおり, の如く, の通り

▼ まさに同じ~ (5, 0.2%)

1 だった, であった, 仕草です, 土地が, 恰好だ

▼ まさに~ (5, 0.2%)

2 も足 1 をあげ, を接吻, を逢蒙

▼ まさに日本~ (5, 0.2%)

2 にとっての兄弟 1 の医者生理学者, の秋, はこの

▼ まさに時代~ (5, 0.2%)

1 が合っ, である, の一新, はかく, は新しい

▼ まさに暮れ~ (5, 0.2%)

1 なずみ風, なずもうと, なん, なんとす, なんとする

▼ まさに~ (5, 0.2%)

1 である死すとも, のうち, の国, の瀬戸際, をこそ

▼ まさに死せ~ (5, 0.2%)

5 んと

▼ まさに~ (5, 0.2%)

1 が冷静, にとつ, の望ん, の転機, はどう

▼ まさにこんな~ (4, 0.1%)

1 ものだろう, ものを, 磨ぎすまされた空気, 釈明こそ

▼ まさにわれわれ~ (4, 0.1%)

1 の吶喊, の戸, の故郷, の瞳孔

▼ まさに~ (4, 0.1%)

1 が新しい, のいう, のよう, を送らん

▼ まさに崩れん~ (4, 0.1%)

2 とする 1 とし, としていちはやく

▼ まさに彼女~ (4, 0.1%)

1 が不幸, じゃない, の直感, は押し伏せられよう

▼ まさに暮れん~ (4, 0.1%)

2 として, とする

▼ まさに末法~ (4, 0.1%)

1 である, に入っ, に属する, の時

▼ まさに来らん~ (4, 0.1%)

2 とする 1 とし, として風雲

▼ まさに知るべし~ (4, 0.1%)

1 すなわち夫, 一切の, 上帝は, 我生死を

▼ まさに風前~ (4, 0.1%)

2 の灯火 1 のともし, の燈火

▼ まさに驚くべき~ (4, 0.1%)

1 ことである, ものじゃ, 一劃である, 良心だ

▼ まさにあの~ (3, 0.1%)

1 扉が, 殺人鬼の, 肉の

▼ まさにかかる~ (3, 0.1%)

1 ことか, ものとして, 場合であり

▼ まさにこういう~ (3, 0.1%)

1 のを, 機会にこそ, 点に

▼ まさにこうした~ (3, 0.1%)

1 二重の, 決定は, 短詩形であろう

▼ まさにしかるべき~ (3, 0.1%)

1 ところでなけれ, ところなり, 出来事である

▼ まさにそんな~ (3, 0.1%)

1 ふうだった, ものです, 人たちの

▼ まさにたけなわ~ (3, 0.1%)

1 なころ, なり, になり

▼ まさに一刻千金~ (3, 0.1%)

1 に値する, の有難, の良夜

▼ まさに一大事~ (3, 0.1%)

1 である, であるから, でなければ

▼ まさに二人~ (3, 0.1%)

1 の上, は擦れ違おう, 揃ったもの

▼ まさに亡びん~ (3, 0.1%)

2 とする 1 とすれ

▼ まさに今夜~ (3, 0.1%)

1 その人, の形相, の明けた

▼ まさに出よう~ (3, 0.1%)

2 とする 1 とし

▼ まさに前代未聞~ (3, 0.1%)

1 に相違, の大きい, の発想法

▼ まさに千鈞~ (3, 0.1%)

3 の重み

▼ まさに同一~ (3, 0.1%)

1 でありそして, のもの, の程度

▼ まさに同様~ (3, 0.1%)

1 である, に租税, に自由

▼ まさに地上~ (3, 0.1%)

1 に倒れよう, の楽園, の肉珊瑚

▼ まさに地獄~ (3, 0.1%)

2 の門 1 への一本道

▼ まさに失われ~ (3, 0.1%)

3 んと

▼ まさに~ (3, 0.1%)

1 が完全, に違い, の脛

▼ まさに女房~ (3, 0.1%)

2 のお 1 の腹立ちまぎれ

▼ まさに存在~ (3, 0.1%)

2 は運動 1 のモデル

▼ まさに完全~ (3, 0.1%)

1 な敗北, な正眼, に尻餅

▼ まさに対蹠的~ (3, 0.1%)

1 だった, である, の性質

▼ まさに尽きん~ (3, 0.1%)

2 とする 1 とし

▼ まさに帰京~ (3, 0.1%)

3 の途中

▼ まさに平次~ (3, 0.1%)

1 の思ふ, の言, をも辟易

▼ まさに~ (3, 0.1%)

2 をのむ 1 たえんと

▼ まさに文字どおり~ (3, 0.1%)

1 であったろうと, であって, の奇蹟

▼ まさに~ (3, 0.1%)

2 ならん 1 けんと

▼ まさに~ (3, 0.1%)

1 の如き, の如くなるべき, れ癢処

▼ まさに~ (3, 0.1%)

1 こそであった, の不祥, は過ぎ

▼ まさに曹操~ (3, 0.1%)

1 の天寿, の好敵手, の檄

▼ まさに最も~ (3, 0.1%)

1 不気味な, 力を, 適切だ

▼ まさに最高潮~ (3, 0.1%)

2 に達した 1 に達しました

▼ まさに~ (3, 0.1%)

1 というもの, とすっぽん, に及んだ

▼ まさに来たら~ (3, 0.1%)

3 んと

▼ まさに東京~ (3, 0.1%)

1 のヘソ, の塵炎, を去り

▼ まさに正反対~ (3, 0.1%)

2 である 1 の表

▼ まさに滑稽~ (3, 0.1%)

2 に近い 1 の持腐れ

▼ まさに~ (3, 0.1%)

3

▼ まさに現実~ (3, 0.1%)

1 とつながる, に課せられ, の存在そのもの

▼ まさに~ (3, 0.1%)

1 ながら鶏子一枚, に啼い, 曝しが

▼ まさに~ (3, 0.1%)

1 のお, の観念, の觀念

▼ まさに~ (3, 0.1%)

1 であった, とて匈奴, のそれ

▼ まさに終らん~ (3, 0.1%)

1 としてゐる, とす, とする

▼ まさに絶好~ (3, 0.1%)

1 の對照, の機, の機会

▼ まさに絶望~ (3, 0.1%)

1 に瀕, のうち, の餌食

▼ まさに~ (3, 0.1%)

1 を上げよう, を抜かし, を抜かしちゃった

▼ まさに至らん~ (3, 0.1%)

2 とする 1 とみ

▼ まさに起こらん~ (3, 0.1%)

3 とする

▼ まさに開いた~ (3, 0.1%)

2 口が 1 口も

▼ まさに驚異~ (3, 0.1%)

2 に値する 1 である二十七年前

▼ まさにあるべき~ (2, 0.1%)

1 不安の, 完全なる

▼ まさにおれ~ (2, 0.1%)

1 こそは圏外, はこの

▼ まさにこの世~ (2, 0.1%)

1 のもの, の修羅

▼ まさにこれら~ (2, 0.1%)

1 の観念, の觀念

▼ まさにさし~ (2, 0.1%)

2 迫つた乾坤一擲の

▼ まさにすべて~ (2, 0.1%)

1 の製造業者, は六波羅

▼ まさにそうした~ (2, 0.1%)

1 中の, 分布変動の

▼ まさにそれら~ (2, 0.1%)

1 のこと, の群れ

▼ まさになさん~ (2, 0.1%)

2 とする

▼ まさになるべき~ (2, 0.1%)

2 云々の

▼ まさにねぶた~ (2, 0.1%)

2 の芽ぶき

▼ まさにひと~ (2, 0.1%)

1 たまりも, 膝五千石切腹せいとの

▼ まさにまた~ (2, 0.1%)

2 版行せん

▼ まさにもっ~ (2, 0.1%)

1 てこの, て汝

▼ まさにもっとも~ (2, 0.1%)

1 のこと, の事

▼ まさにガラス~ (2, 0.1%)

1 のやう, の壁

▼ まさにマルクス~ (2, 0.1%)

2

▼ まさにマルクス主義的唯物論~ (2, 0.1%)

2 である

▼ まさに~ (2, 0.1%)

1 とたまり, の客舎

▼ まさに一人~ (2, 0.1%)

1 の紳士, の雑兵

▼ まさに一切~ (2, 0.1%)

1 の秘密, の美

▼ まさに一触即発~ (2, 0.1%)

1 といふ時, の寸前

▼ まさに三竿酒~ (2, 0.1%)

2 もやがて

▼ まさに下され~ (2, 0.1%)

1 てもよい, んと

▼ まさに不完全性~ (2, 0.1%)

2 の極めて

▼ まさに世界一~ (2, 0.1%)

1 であります, の農民美術館

▼ まさに乗船~ (2, 0.1%)

1 しようと, しようとして

▼ まさに事実~ (2, 0.1%)

1 であったに, とならん

▼ まさに~ (2, 0.1%)

1 の知る, を呪

▼ まさに人類~ (2, 0.1%)

1 にとって一大事, を照らし

▼ まさに今年~ (2, 0.1%)

1 は殷馗, 無錐其地

▼ まさに今後~ (2, 0.1%)

2 のわれわれ

▼ まさに信仰~ (2, 0.1%)

1 についていおう, 薄き者

▼ まさに儀式~ (2, 0.1%)

2 として絶対無二

▼ まさに兢々~ (2, 0.1%)

1 とし, 然たる

▼ まさに入らん~ (2, 0.1%)

1 とする, とせるなり

▼ まさに~ (2, 0.1%)

1 人類の, 運命を

▼ まさに公然~ (2, 0.1%)

1 それを, 反逆すべき

▼ まさに~ (2, 0.1%)

1 でむ, でんと

▼ まさに出勤~ (2, 0.1%)

1 という所, といふ所

▼ まさに出発~ (2, 0.1%)

1 しようと, という間際

▼ まさに到らん~ (2, 0.1%)

1 として風楼, とする

▼ まさに剣道~ (2, 0.1%)

1 の師, の面目

▼ まさに~ (2, 0.1%)

1 の罩, をつくすべし

▼ まさに十七歳~ (2, 0.1%)

1 であり少年, 無論の

▼ まさに半開午後~ (2, 0.1%)

2 の陽

▼ まさに危機一髪~ (2, 0.1%)

1 という時, という瞬間

▼ まさに反対~ (2, 0.1%)

1 で声, なの

▼ まさに古今~ (2, 0.1%)

1 の英雄, 未曽有前代未聞

▼ まさに~ (2, 0.1%)

1 一分量を, 種類の

▼ まさに同一量~ (2, 0.1%)

1 の必要品, の貨物

▼ まさに~ (2, 0.1%)

1 を立つべきである, 聲富貴倶に

▼ まさに~ (2, 0.1%)

1 にのみ見られる, より佐世保

▼ まさに図星~ (2, 0.1%)

1 であったろう, と云う

▼ まさに~ (2, 0.1%)

1 の境, の活路

▼ まさに圖星~ (2, 0.1%)

1 で, と言つた恰好

▼ まさに在る~ (2, 0.1%)

1 ところの, のとは

▼ まさに~ (2, 0.1%)

1 で行った, の果

▼ まさに~ (2, 0.1%)

1 だ, を立てよう

▼ まさに~ (2, 0.1%)

1 にならん, は子

▼ まさに大いに~ (2, 0.1%)

1 用いられん, 道を

▼ まさに大きな~ (2, 0.1%)

1 伏兵と, 灰色の

▼ まさに大丈夫~ (2, 0.1%)

1 というべき, の行くべき

▼ まさに~ (2, 0.1%)

1 に上る, のあたえた

▼ まさに天上~ (2, 0.1%)

1 に生まれ, のもの

▼ まさに天地~ (2, 0.1%)

1 の相違, の間

▼ まさに奇怪そのもの~ (2, 0.1%)

2 で民族

▼ まさに始まろう~ (2, 0.1%)

1 とし, とした

▼ まさに嫁がん~ (2, 0.1%)

2 とする

▼ まさに~ (2, 0.1%)

1 の下刻, を知る

▼ まさに孔明~ (2, 0.1%)

1 その人, のほう

▼ まさに完成~ (2, 0.1%)

1 されようとして, するところ

▼ まさに容易~ (2, 0.1%)

1 ならぬこと, ならぬ事件

▼ まさに宿命~ (2, 0.1%)

1 ともいうべき, のよう

▼ まさに寒かっ~ (2, 0.1%)

2

▼ まさに寝耳~ (2, 0.1%)

2 に水

▼ まさに尋常~ (2, 0.1%)

1 の人, の木

▼ まさに尽き~ (2, 0.1%)

2 なんとし

▼ まさに尽きよう~ (2, 0.1%)

1 とし, とする

▼ まさに幽霊~ (2, 0.1%)

1 が出, が出ね

▼ まさに当代~ (2, 0.1%)

1 の主人, の信玄

▼ まさに当時~ (2, 0.1%)

1 の政治, の社会

▼ まさに彼等~ (2, 0.1%)

1 にとれ, は当時日本

▼ まさに~ (2, 0.1%)

2 説の

▼ まさに感じ~ (2, 0.1%)

1 ている, 易い夜

▼ まさに憂ひ~ (2, 0.1%)

2 の玉帚

▼ まさに成功~ (2, 0.1%)

1 しようと, の実

▼ まさに成就~ (2, 0.1%)

1 されん, せんと

▼ まさに我々~ (2, 0.1%)

1 の経験, の經驗

▼ まさに戦争~ (2, 0.1%)

1 が起らう, をしよう

▼ まさに抱かね~ (2, 0.1%)

2 ばならぬ

▼ まさに拔群~ (2, 0.1%)

1 でした, です

▼ まさに文化~ (2, 0.1%)

1 として存立, の極地

▼ まさに~ (2, 0.1%)

1 らしく出立, 時代の

▼ まさに旅籠~ (2, 0.1%)

2 の中

▼ まさに日の出~ (2, 0.1%)

1 でむとする方, の勢

▼ まさに~ (2, 0.1%)

1 の半ば, の日

▼ まさに春風~ (2, 0.1%)

1 に燃え, に率

▼ まさに晩餐~ (2, 0.1%)

1 の卓, を喫せ

▼ まさに最初~ (2, 0.1%)

2 から意味

▼ まさに歓迎~ (2, 0.1%)

2 すべきもの

▼ まさに正反~ (2, 0.1%)

1 對にな, 對の

▼ まさに~ (2, 0.1%)

1 の修正論, を以て嚆矢

▼ まさに歴史的~ (2, 0.1%)

2

▼ まさに歴然と~ (2, 0.1%)

1 そこに, 演って

▼ まさに死のう~ (2, 0.1%)

2 とする

▼ まさに死のごとき~ (2, 0.1%)

2 消滅感にも

▼ まさに気品そのもの~ (2, 0.1%)

1 の姿, の気魄

▼ まさに~ (2, 0.1%)

1 のため, を助け

▼ まさに沈まん~ (2, 0.1%)

2 とする

▼ まさに~ (2, 0.1%)

1 の特徴, を重く

▼ まさに~ (2, 0.1%)

1 ゆべし, ゆるべきのみ

▼ まさに消え~ (2, 0.1%)

2 なんとする

▼ まさに消えん~ (2, 0.1%)

2 とする

▼ まさに~ (2, 0.1%)

1 を流さん, を流し

▼ まさに~ (2, 0.1%)

1 を引く, 洲を

▼ まさに満点~ (2, 0.1%)

2 である

▼ まさに溺れよう~ (2, 0.1%)

1 とした, とする

▼ まさに滅びよう~ (2, 0.1%)

1 とし, とする

▼ まさに~ (2, 0.1%)

1 を発し, を降らし

▼ まさに為さね~ (2, 0.1%)

2 ばならぬ

▼ まさに無人~ (2, 0.1%)

2 の境

▼ まさに然るべき~ (2, 0.1%)

1 ことであろう, 至情なるべし

▼ まさに熟し~ (2, 0.1%)

1 これが, 晩稲は

▼ まさに爆発~ (2, 0.1%)

2 せんと

▼ まさに爛漫~ (2, 0.1%)

1 たるもの, といふ頃

▼ まさに~ (2, 0.1%)

1 がすでに, が逝かれた

▼ まさに獲物~ (2, 0.1%)

1 に飛びかかろう, をおそわん

▼ まさに現在~ (2, 0.1%)

1 がこの, である

▼ まさに生ぜん~ (2, 0.1%)

1 として機, とする

▼ まさに~ (2, 0.1%)

2 の刻

▼ まさに男性~ (2, 0.1%)

1 の目ざすべき, の責任

▼ まさに目ざましい~ (2, 0.1%)

2 と礼讃

▼ まさに~ (2, 0.1%)

1 の闇, ッ黒けの

▼ まさに瞑想~ (2, 0.1%)

1 したの, したので

▼ まさに破滅~ (2, 0.1%)

1 しそう, の時代

▼ まさに破竹~ (2, 0.1%)

1 であつ, の勢い

▼ まさに私たち~ (2, 0.1%)

1 が排撃, の理解

▼ まさに科学者~ (2, 0.1%)

1 が逆, の能力

▼ まさに紛れ~ (2, 0.1%)

2 もない

▼ まさに紫電一閃~ (2, 0.1%)

2 です

▼ まさに絶え~ (2, 0.1%)

1 なんとした, なんとする

▼ まさに絶えよう~ (2, 0.1%)

1 としてゐる, とする

▼ まさに絶頂~ (2, 0.1%)

1 でした, に達した

▼ まさに綻びん~ (2, 0.1%)

1 とし, とする

▼ まさに~ (2, 0.1%)

2 に描いた

▼ まさに~ (2, 0.1%)

1 を養う, 獅子の

▼ まさに老人~ (2, 0.1%)

1 である, の頭

▼ まさに~ (2, 0.1%)

2 ける様

▼ まさに~ (2, 0.1%)

1 でも切ろう, も立たない

▼ まさに自然~ (2, 0.1%)

1 であ, でありそれら

▼ まさに自然界~ (2, 0.1%)

1 の一大驚異, の驚異

▼ まさに至言~ (2, 0.1%)

1 だよ, なん

▼ まさに~ (2, 0.1%)

1 もなに, を失っ

▼ まさに芸術的~ (2, 0.1%)

1 なのね, な名作

▼ まさに落ちよう~ (2, 0.1%)

2 とする

▼ まさに蘇川峡~ (2, 0.1%)

1 の景勝, の最

▼ まさに行われよう~ (2, 0.1%)

2 とし

▼ まさに覆らん~ (2, 0.1%)

2 とする

▼ まさに親分~ (2, 0.1%)

1 の錢形平次, らしい貫禄

▼ まさに触れよう~ (2, 0.1%)

1 とし, とした

▼ まさに言語~ (2, 0.1%)

1 に絶, に絶する

▼ まさに記録簿~ (2, 0.1%)

2 に見られる

▼ まさに証明~ (2, 0.1%)

1 された, すること

▼ まさに貧乏線上~ (2, 0.1%)

1 にある, に乗りおる

▼ まさに~ (2, 0.1%)

1 の踏み, をすすごう

▼ まさに~ (2, 0.1%)

2 ひ詰められた鼠

▼ まさに過ぎ去ろう~ (2, 0.1%)

2 とし

▼ まさに~ (2, 0.1%)

1 はでした, わでした

▼ まさに重大~ (2, 0.1%)

1 な危機, な岐機

▼ まさに金屋~ (2, 0.1%)

1 に入り, を以てこれ

▼ まさに開かん~ (2, 0.1%)

2 とする

▼ まさに隠れん~ (2, 0.1%)

1 として勁, として勁風

▼ まさに~ (2, 0.1%)

1 を致すべし, 降らんと

▼ まさに~ (2, 0.1%)

2 ぞ騰る

▼ まさに青天の霹靂~ (2, 0.1%)

1 だった, です

▼ まさに頂門~ (2, 0.1%)

2 の一針

▼ まさに~ (2, 0.1%)

1 の底, を摘み取らん

▼ まさに~ (2, 0.1%)

1 が漢, の中軍

▼ まさに黒塚氏~ (2, 0.1%)

1 が六六・一〇〇瓩, の体重

▼1* [1412件]

まさにあがらうとする, まさにあけようとした, まさにあたっていた, まさにあったのだ, まさにあなたの訴訟, まさにあふれんとする, まさにあるところの, まさにあわれむべき蛆虫に, まさにいかなる理法を, まさにいくたの邪魔物, まさにいつも以上の, まさにいま証明せられたよう, まさにいま證明せられたやう, まさにうつくしいアゲハの, まさにうらめしげに, まさにうららかとも言っ, まさにおいつめられた形で, まさにおこなわれつつある, まさにおそらくあらゆる科学, まさにおのずから死地そのものだ, まさにお似合いではございます, まさにお家の一大事, まさにお株を取られた, まさにお雪ちゃんの危急存亡, まさにかたずを呑む, まさにかつてのロシア, まさにかなたに走り下らん, まさにかみつかんとする, まさにかれのそうした, まさにかんぬきに手, まさにきたるべき現象の, まさにきびしい状態であった, まさにきょうのはず, まさにくだんの幽霊, まさにくちびると相, まさにッちだった, まさにここらで現出, まさにここ叡山のうえ, まさにこちらへ向っ, まさにこれ地上のもの, まさにこれ天より与えられた, まさにこれ弁者得意の時, まさにこれ暁の声, まさにこれ近来の特種, まさにこれ霹靂的の粉砕, まさにさもあるべしこれ, まさにさようでございます, まさにしるべし悉有中に, まさにしんこ細工の花, まさにそこで疑う方, まさにそのもので, まさにその後のまき, まさにその道を大成, まさにそれっきりのぱあ, まさにそれほどに封建勢力, まさにそれ以上のもの, まさにそれ自体としては無, まさにたいへんである, まさにたしかに当柳生家, まさにただいまから, まさにだまされないためには, まさにつきて道, まさにですね聖人, まさにとどかんとする, まさにとらんとする, まさにとるべき態度を, まさにどんでん返しになり, まさにのぼりそうな, まさにはいり込まんとする, まさにはい出し終わろうとし, まさにはかないものだ, まさにはじまらんとして保胤, まさにはじまろうとし, まさにはたらき盛りであつ, まさにひとつ出鼻をどやされた, まさにふたつの世, まさにふたりの激発, まさにほかならぬ人間学あるいは, まさにまさにそれ以上の, まさにまとまりかかっている, まさにまどかなるも, まさにまもなく死が, まさにみち渡る無限, まさにみな笞杖徒流すべし更に, まさにむずかしいんです, まさにめちゃ苦茶である, まさにめったにない幸い, まさにもう残されたの, まさにもっけの幸いであって, まさにならん, まさにやって来るかと思う, まさにやつて来る, まさにやぶ蛇である, まさにふべと, まさによくこれを, まさによけいな手出し, まさにより大なる, まさにわがこの言を, まさにわが国に正しく, まさにわたくしの情, まさにわれと共にこの, まさにゐざりの申松, まさにアイヌ語大を意味, まさにアマゾンと云う, まさにアメリカ映画の, まさにアリストテレスがその, まさにアルバニアのヴァロナ, まさにアンジョーラに向かっ, まさにウィッチに似, まさにエディンバラ評論における論者, まさにカキのよう, まさにカリブ海の颶風, まさにカルメンは狂女, まさにキュリー夫妻が彼ら, まさにグリフォンを制御, まさにグレゴールの, まさにケレンコである, まさにゲオルクにとって多く, まさにゲーテを歴史, まさにコヒルガオそのものでありまた, まさにゴッツオリの女, まさにシェイクスピアの描いた, まさにシナにおけるこの, まさにシナリオそのものがその, まさにジェニー・リンドを発見, まさにスティーヴンズの, まさにスピノザ翁もまた, まさにソクラテスが概念, まさにソルティーニに見られ, まさにタジタジなの, まさにチャンと活動, まさにチャンスだ, まさにチョウセンゴミシである, まさにツァラツストラ的な超人, まさにツヅラフジの名, まさにテストをうけ, まさにデテルミニストに左袒, まさにドギモもぬかれた, まさにナガイモであること, まさにハジ染というべきだ, まさにハナアヤメといわね, まさにバルナバスの心配, まさにパチンコ屋に於ける, まさにヒアキントスを見る, まさにヒダの顔, まさにピコアゾーである, まさにピストルとしか見えない, まさにフロオベエルの再読, まさにプロレタリヤ革命の直接, まさにヘーゲルがつとめ, まさにヘーゲル哲學に於, まさにベク助の心臓, まさにホテルを出かけよう, まさにボクと同じ, まさにボーアの所説, まさにミイラになった, まさにモウソウチクそのものであること, まさにモスコーをも失おう, まさにヤケ酒をのむ, まさにレースコースにつっ走ろう, まさにロダンの大理石像, まさにロッテナム美人術の広告中, まさにロンドンに向かっ, まさにワクワクし乍ら画面, まさに一〇〇磅を確実, まさに一カドの棟梁, まさに一丈八尺強恐ろしく長い, まさに一世の虎将, まさに一個の怪奇, まさに一刀両断すべし前後際断, まさに一刻も猶予, まさに一回的なもの, まさに一塊の美しい, まさに一幅の絵巻物, まさに一年の大晦日, まさに一心に合掌, まさに一心に観世音菩薩の, まさに一打ち打とうと, まさに一挙両得というべきであります, まさに一斗の米, まさに一時を過ぎん, まさに一時十五分前秀陳がさっき, まさに一時間十一二浬を走っ, まさに一本の糸, まさに一滴千両であるが, まさに一片の小さな, まさに一種ものすごい感じ, まさに一箇聯隊である, まさに一箭はっしと射放たれた, まさに一転機にのぞん, まさに一銭五厘位の支払, まさに一銭銅貨一つ読書にも倦, まさに一頭地をぬく, まさに一首の歌, まさに七十日そのあいだ, まさに七尋と言うべし, まさに七日の週期, まさに七時になんなんとす, まさに七歩目曹植は哀し, まさに三十九節という当時, まさに三十年じゃない, まさに三十棒に価する, まさに三寸ほども口, まさに三度目です, まさに三方の敵, まさに三時四十分下女のツル, まさに三時定遠の, まさに三軍を将率, まさに三間です, まさに上尾の停車場, まさに上泉伊勢の面影, まさに上海のチンピラ, まさにに寢, まさに下司下郎の高慢, まさに下田港だ港町情調ゆたか, まさに不孝の子, まさに不思議以上だ, まさに不意の襲げき, まさに不敗の強味, まさに不用意に近づいた, まさに不祥事続出という惨状, まさにの真夜中, まさに世人の価値, まさに世界第一流, まさに世界最大の恋愛文章, まさに世界滅亡の日, まさに世界的奇観である, まさに両国橋を渡り, まさにするが, まさに中国から攻めのぼられ, まさに中庸を得, まさに中途にある, まさに丹波の手, まさに體, まさに主人の能登守, まさに主体的であるもの, まさに久しきに亘る, まさにの謂いである, まさに乗ずべき機会千載一遇の, まさに乗り合いを振り落とさん, まさに乗り越えようとして前, まさに九十マルクの月給, まさに九寸を算する, まさに九州であったであろう, まさに九州九ヵ国の重鎮, まさに九時を報じ出そう, まさに九月九日だんなをめ, まさに乱痴気騒ぎの絶頂, まさに乱臣賊子の一人, まさに乱軍の状, まさに乾坤一擲の大, まさにると, まさに予期せざる変化, まさにもなく, まさに事件の新, まさに二の句が繼げ, まさに二三春自身が自分, まさに二十の血気, まさに二十一日の払暁, まさに二十丈の縄, まさに二十世紀がわれわれ, まさに二十五から三十代, まさに二十八年の過去, まさに二時間説き去り説き来る, まさに二百年前のバッハ, まさに二百数十メートルの高, まさに云つてゐる若し, まさに五世菊五郎なるべし, まさに五十歳に過ぎなかった, まさに五十銭である, まさに五尺四五寸のもの, まさに五月だ, まさに五月中旬に入らん, まさに五百男子と歓愛, まさに亡国病たるの惨状, まさに京都の空, まさに亭主のこの, まさに人々の目, まさに人工的な一孤島, まさに人形の眼, まさに人影がとだえよう, まさに人生を知る, まさに人生行楽の秋, まさに人道を破壊, まさに人間らしくなる第一歩, まさに人間中の人間, まさに人間業とも思われない, まさに人間界にとって幕府, まさに人間退化の極み, まさに今全力を集中, まさに今四十日後にやめる, まさに今彼が最上, まさに今日にある, まさに今日我々は歴史, まさにとして拝, まさに仏法を真に, まさに仏菩薩像のそれ, まさに仏陀としての釈尊, まさに仙境でありこれ, まさに以上の諸, まさに仰せの通り, まさに仰っしゃるとおりです, まさに仲左衞門のしつ, まさに会下山と鵯, まさに会衆に向っ, まさに伝説中の伝説, まさに伸びようとし, まさに伸びんとする, まさにをあら, まさにかを告げよう, まさに何らかの力を, まさに何者かが喧嘩師茨右近先生, まさに何許くかに, まさに作者もワグナー, まさに佳境です, まさに併行して, まさに使い古りた沢庵石, まさにの事件, まさに価値とその, まさに便所から出, まさに信念の一刀, まさに信用出来ぬ程, まさに信長とはかく, まさに修羅場の壮観, まさに個人主義が集団主義, まさに健康で豊か, まさに偶然中の偶然, まさに偽りではない, まさに備中へ入る, まさに傷つける闘牛か, まさに傷みを一つ, まさに働きのない, まさには作家, まさに先夫遺伝なの, まさに先生の哲学そのもの, まさに入ろうとする, まさに入神の技術, まさに全く反対の, まさに全てにし, まさに全体としてより, まさに兩親への叛逆, まさに八万マルクという金額, まさに八五郎一言もありません, まさに八時であった, まさに八百屋お七以来, まさに公務員法違反であり職権乱用, まさに六哩平方にあたる勘定, まさに六尺一躍すると, まさに六時が振り上げられた, まさに共に住すべから, まさにを率い, まさに兵士が上官, まさに兵法の忌みたる, まさに其方だったわ, まさに典型的な屋根裏詩人, まさに再び徴され, まさに再起せんとして, まさに冥府の音楽家, まさに冷汗ものであったの, まさに凡ての歴史的時代, まさに凶行の現場, まさに出かけようとし, まさに出でんとして, まさに出るべき時に, まさに出んとする, まさに出帆しようとして, まさに出席するよ, まさに出来んとす, まさに出産しようと, まさに出産性が最小, まさに切れた堤を, まさに初めて夢という, まさに判決が下されよう, まさに別れんとす, まさに到来した故に, まさに世紀の, まさに前人未踏の境地, まさに前古未曽有, まさに前回に述べたる, まさに前後も知らぬ, まさに前記の侏儒国, まさに前門熊をふせい, まさに前面にあった, まさに剛きの活溌男児をば空しく, まさに剣刃上を行き, まさに割れさう, まさに劇痛を発したる, まさに力つきはてて一滴, まさにむべき, まさに勇気を振い起そう, まさに動いて黒雲, まさに動かんとする, まさに動き出さうとしてゐる, まさに動こうとしてまさに, まさに勝家が運, まさに匕首を刺す, まさに北原が今朝持参, まさに匹敵すると, まさに十万年の人間, まさに十二時薬師堂があつ, まさに十二月の十四日, まさに十二歳くらいの未来, まさに十八歳になれり, まさに十八蓮歩を運ぶ, まさに十年まえの, まさに十年前のあの, まさに十月初頭のさわやか, まさに十枚はいっ, まさに千両役者の貫禄, まさに千五百冊に垂, まさに千分の一になろう, まさに千古の名言, まさに千早の危機, まさに千百人中の一人, まさに千載の一遇, まさに午後一時撃柝一声囃子は鳴り, まさに午後四時三十一分臨時列車は佝僂, まさに半天に躍り上らん, まさに半白ならん, まさに卒業せんと, まさに南亜米利加から巴里, まさに南北特有の生世話だんまり, まさに博士の探偵小説, まさに占領せらるるばかりの, まさに危険思想の研究者, まさに意当, まさに原書三国志の記述, まさに原稿の, まさに去らんとす, まさに参加せんと, まさに及ぼすべき影響の, まさに及第だつた, まさに友釣りの快技, まさに双方の, まさに双眼鏡をあげ, まさにくべき恋, まさに受け取り候こと実証なり, まさに受け取りそうろうなり, まさに受難であつ, まさに古今無上の結句, まさに古典の座, まさに叫び声を上げよう, まさににいう, まさに史学科の全盛時代, まさに右往左往して, まさに合併せんと, まさに吉夢と申す, まさに同姓同名ではない, まさに同感僕らの年齢, まさに名古屋県の手, まさに名門のお, まさに吏党の発言, まさに向う側を降り, まさに君民一體のもの, まさに君特有の書斎的錯乱, まさに含み針だ, まさに吸気を引こう, まさになんじを, まさに呉蜀魏の三つ, まさに呉越同舟敵も味方, まさに呪うべきものである, まさに味方とたのん, まさに味覚型の特質, まさに呼応して, まさに呼應して, まさにを捨, まさに哲学的精神である, まさにの李太白, まさに唖然とした, まさに唖羊僧たるべし, まさに唯物史觀の構造, まさに唯物弁証法においてマルクス主義的方法, まさに唾棄すべき真相, まさに喫緊の用命, まさに営業妨害の気候変化, まさにではない, まさに嚢中の敵, まさに四十になった, まさに四十五だか, まさに固ろうとした, まさに固有名詞として集計, まさに国人の中等, まさに国体の精華, まさに国府金弥老人の声, まさに国民的自覚の大小, まさに国民自らの手, まさに国費の濫費, まさに国難といふ言葉, まさに土下座せんばかりの, まさに土下座ものでした, まさに土性の地, まさに土曜日曜だと, まさに圧倒的でそして, まさに在るべきところから, まさに地位を必要, まさに地平線に沈まん, まさに地平線下に入らん, まさに地獄図絵といっ, まさにのなか, まさに城兵は逼塞, まさに城門に入ろう, まさにに入れる, まさに堂々たる言い分である, まさに場内の好一対, まさにに帰らん, まさには黒, まさに壊滅に近づかん, まさに壮者のお, まさに壱円四十弐銭の市価, まさに変わった光景と, まさに変異の極み, まさに夏中切っての, まさにに出よう, まさに多くの矛盾, まさに多士済々の盛観, まさに夜半をすぎ, まさにの里, まさに大きくうごきつつ, まさに大事を企てよう, まさに大名以上の贅, まさに大川の上, まさに大政翼賛の精神, まさに大暑である, まさに大東亞戰の直前, まさに大津の咽喉, まさに大津絵の鬼, まさに大海の一滴, まさに大臣級の天分, まさに大西洋を渡らん, まさに大量的に屠られよう, まさに大阪的見物の致し方, まさに大陸の中央, まさに大陸的なりと, まさに天上界に属すべき, まさに天下一品とも称すべき, まさに天下分け目の様相, まさに天下布武そのままの, まさに天人が何事, まさに天地カイビャク以来の大, まさに天地晦冥の大, まさに天変地異だね, まさに天宙に向かっ, まさに天来の啓示, まさに天正十三年の日本, まさに天祐のこと, まさに天造とも称すべき, まさに天道の嘉す, まさに天鬼その人, まさに天龍寺の建立, まさに太刀数六七十本向かい合わせて, まさに太陽が西, まさに夫人の自尊心, まさに失いはてようとしておった, まさに失神しようと, まさに奇妙なこと, まさに奇想天外暗闇から牛, まさに奇矯変態の極致, まさに奇蹟だと, まさに奇蹟中の大, まさに奈落なの, まさに奥医師たるべき時, まさに肉刳, まさに女相撲の興行, まさに季節の, まさに好一対なの, まさに好個の山水図, まさに如何すべきと, まさに妖しい白光が, まさに妖怪どもが殲滅, まさにを迎えん, まさに妻女共有制である, まさに始められようとし, まさに姫路は絶好, まさに婬慾を以て供養, まさにも応, まさに嬌態には違い, まさに子供にかへる, まさに孔子の立場, まさに孕んでるんでさあ, まさに存在論的に過重, まさに孝子順孫の生, まさに孝子順孫生を妨げ, まさに孤児院養育院養老院に当たる, まさに学問のため, まさに学究然たる, まさに宇宙そのものからなされね, まさにつぽく, まさに安土退去の後, まさに安楽国である, まさに安然として計, まさに完膚なきまで, まさに宗教的告白である, まさにい心持, まさに実状を顛倒, まさに実現の間際, まさに実生活にはいろう, まさに宣言をくだそう, まさに害せられんとして, まさにの五刻, まさに家持が此歌, まさに密室殺人とはこの, まさに富田流の鉄甲摧破, まさに吉は, まさに寛政の写楽, まさにに就かん, まさに察しの通り, まさに實在の人物, まさに寸刻を誤らず, まさに対応して, まさに寿命をのばし, まさに封建時代のヨオロッパ, まさに専制政治家の態度, まさに射はなすたまゆらは, まさに對蹠的な感じ, まさに圓太の, まさに小判で五十兩, まさに小柳雅子の姓名, まさに小気味よい敗北さ, まさに小牧の難, まさに小牧以来信雄を秀吉, まさに少年時代の私, まさに就らんとす, まさに居常お延, まさに居眠りつつ扉, まさに屈辱であらね, まさにむべき, まさにを見ざる, まさに山の神だしかし, まさに山川を埋め, まさに山海関方面に向はん, まさに山茶花の露, まさに山賊追剥の振舞, まさに山陽の秀吉, まさに崩れようとする, まさに崩壊の危機, まさに川上機関大尉の遺書, まさに左京は開いた, まさに左膳の言い分, まさにの慾望, まさに帝国大学に入ろう, まさに帝王の様式, まさに常人の企て, まさに常人型と思われる, まさに常勝将軍の概, まさに常陸源氏に応ずる, まさに帽子の羽根飾, まさに干天の慈雨, まさに平和なる村, まさに平次得意の天眼通, まさにに一度, まさに年季が明けよう, まさに年老いて家郷, まさに年齢は不詳, まさに幸田節三が拳, まさに幻想と現実, まさに序幕が開こう, まさに座敷の中, まさに廻り澄まむとする独楽の, まさに引き取ろうとする, まさに引き受け申したぞ, まさに引き裂かれんと, まさに仕に, まさに強弩の末勢, まさに強盗の足, まさに強靱な意志, まさに弾劾だな, まさに当世の樊, まさにを露, まさに形容を絶, まさに形而上学的なの, まさに彼女たちを迎, まさに往いて礼, まさに後者ぢや, まさに後醍醐御一生, まさに御者のポケット, まさに御身は周瑜, まさに微妙な体温, まさに徳川夢声の先蹤, まさに心平さんなの, まさに心得べき金言である, まさに心臓が一時, まさに心配をもっ, まさに必死ですよ, まさに必要とする, まさに忘れられんと, まさに忘我の恍惚境, まさに忙中の人, まさに応えんとする, まさに忿懣やる方, まさに思い邪無しである, まさに思想のコペルニクス的転回, まさに急所を突かれた, まさに恐るべき一大変乱に, まさに息づまろうという瞬間, まさに悪事をせん, まさに悪党時代といえなく, まさに悪夢なん, まさに悲歌そのものだ, まさに惨劇の一瞬, まさに想定すべきこと, まさに意中の恋人, まさに意力である, まさに意味がない, まさに感涙を流さね, まさに慈悲の徳, まさにの刻, まさに成るも成らぬ, まさに成立とにかくめでたし, まさにを取り, まさに我々みずからを正視, まさに我国の銀行制度, まさに戦死の期, まさに房一の借り, まさに手づめの詰問, まさに手慣れた素速い, まさに打ちおろす一瞬に, まさに打ち放そうとする, まさに打ち降ろそうという時, まさに投げこみまじき仕草に, まさに抜け落ちんとする, まさに拝借いたそう抵当, まさに拝見いたしましたね, まさに持つべき玩具だ, まさに挿画を順々, まさに捕物帖流行前期の姿, まさに描ける龍である, まさに揚心流の逆手, まさに擦れ違おうとした, まさに支配者として生まれ, まさに支配階級なの, まさに放たんとする, まさに救うべからざる好乱, まさに救われてその, まさに敗北でした, まさにと行, まさに散らんとする, まさに敬服の至り, まさに数千艘といえる, まさに数百年のむかし, まさに整わんとし, まさに整頓の驚異, まさにの背後, まさに敵艇に突撃, まさに文句ないです, まさに斬られて倒され, まさに断切れて逆さま, まさに斯くの如き, まさに斯様であろう, まさに斯樣であらう, まさに新しい法律を, まさに新たに發展, まさに新年にし, まさに新橋堂の汽車, まさに新聞を押しいただいた, まさに新興社会の生活態度, まさに斷頭臺へ上る思ひだ, まさに旗鼓堂々大, まさに日本一の大, まさに日本人の自然観, まさに日本名であるから, まさに日本晴身心あらたに出立, まさに日本民主主義の敵, まさに日本語に相違, まさに旦せんとす, まさに旱天の慈雨, まさにして, まさに旺盛の時期, まさに昇汞をのんだ, まさに明けようとする, まさに明けんとして日, まさに明治二十年八月二十五日午前九時なり, まさにしとでも, まさに昔日の一夢, まさに映写されん, まさに映画界から転落, まさに春こまやかなさ, まさに春らんまんだつた, まさに春子畫孃その夜, まさに春日閑居の一, まさに昨年四月から北京, まさに昭和の白虎隊, まさに昼間深川の境内, まさに時局の一解釈, まさに時節因縁を観ずべし, まさに時節形色を観察, まさに晴れようとする, まさに晴天の霹靂, まさに智慧の女神アポロ, まさに暑いまさかり, まさに暗然とした, まさに暮春云々とある, まさに曲りきって直線コース, まさに更けている, まさに更に比丘を, まさにを読み, まさに惡の, まさに最大の慎重, まさに最後の一片, まさに最悪の時期, まさに最終の段階, まさに月夜の美し, まさに有能性働きの立派さ, まさに木村長門守血判取り以上の成績, まさに未曾有の国難, まさに末代までの御, まさに末法時であるという, まさに阿彌, まさに本心から出た, まさに本校を去らん, まさに本物です, まさに本質的な要素, まさに本音を吐いた, まさにたりて相, まさに来たのだ, まさに来ようとする, まさに来り襲はんと, まさに来るべき死を, まさに東京名物として錦上花, まさに林田にとつて, まさに果し眼です, まさに株式取引所を思わせる, まさに核心をついた, まさに桃李物言わずの, まさに桔梗様を投げ込もう, まさに楠木勢の方, まさに楽園の観, まさに横浜へ引き返そう, まさに欧州諸邦, まさにの旧派化, まさに歌手のはしゃぎ, まさに歌舞伎のそれ, まさに正しい国家秩序を, まさに正しく富士の, まさに正当な証人, まさに正月が正月, まさに正真の体験, まさに正確無類だよ, まさに正義の権化, まさに正面佛壇の下, まさに此一戦だらう, まさに此處です, まさに此遊戯は満点的, まさに此駅にいらん, まさに武蔵の心画, まさにを以て歯, まさに歴史が絶対的真理, まさに死にかかっている, まさに死に値すると思ひます, まさに死ぬより辛い, まさに死んで行こう, まさに死中に活, まさに死刑に処せられる, まさに歿せんとする, まさに残った四人を, まさに殖産の道, まさに段々をおりよう, まさに殺される時に, まさに殺到して, まさに殺風景の極, まさにのそそう, まさに毒消し村は世界平和, まさに毒瓦斯の製造所, まさに民族の悲劇, まさに民族興隆の時, まさに水泡に帰, まさに水道をひねらう, まさに永続無終, まさに永遠の恨み, まさに氾濫せんと, まさに求めに求め, まさに求めるものを, まさに汎神論としてその, まさに汚濁せる潮水, まさにに臨み, まさに江戸俗曲の現代, まさに江戸川氏からとりのぞい, まさに江戸時代に於い, まさに池田亀太郎氏の先祖, まさに汨羅に身, まさに決定的なもの, まさに決戦生活の価値, まさに沈もうとし, まさに沈思黙考というところ, まさに沈滞せんと, まさに沖縄の貴重, まさに沙門に詣っ, まさに没せんと, まさに河童に類し, まさに沸き立つばかりの賑, まさに治んとする, まさに治外法権の場所, まさに法水の独擅場, まさに法華経宣布のしゅん刻限, まさに泡影の如し, まさに泥棒競爭のゴール, まさに泰西百年前の政論, まさに津多子夫人が横たわっ, まさに津軽海峡の中間, まさに洪水の様相, まさに流れる氷帯では, まさに海嘯の中, まさに海洋に乗り出さん, まさに海豹に違い, まさに海面をぬく, まさに消えようとしてそれからまた, まさに消え入りそうに, まさに黄緑の, まさに深刻をきわめ, まさに深淵の薄氷, まさに清涼爽快椰子の幹, まさに清澄の茂太郎, まさに渡さんとせり, まさに測りがたい運命, まさに渭水の西, まさに渾然たる犯罪, まさに湧くやうな, まさに満山の紅葉, まさに満身創痍といっ, まさに溢れようずけはひで, まさに溢れんとし, まさに溺死せんとの, まさに滅せんと, まさに滅亡せんと, まさに滅種せんとして, まさに滿點的になる, まさに漂い去ろうとした, まさに演劇史はじまって, まさにの献帝, まさに漢中の咽喉, まさに潮どきだ六カ条, まさに潮時だった, まさに潰れんとする, まさに潰滅状態であろう, まさに火中に身, まさに火宅の三界, まさに火花が散らん, まさに炎上しつつ, まさに炎熱のまっ, まさにの中, まさに戒として, まさに無意識に求め, まさに無明の底, まさに無比であった, まさに無理のない, まさに無窮に向かっ, まさに焼き払われようとし, まさにだ, まさに熊襲の武勇, まさに熟しかけている, まさに熟せんと, まさに熱火に崩れ落ちん, まさに父母両方から来, まさに彦の, まさに牡丹と艶麗, まさに牢番同心の連中, まさに特異なもの, まさにの声, まさに犬死をした, まさに狂ったので, まさに狂人と銘, まさに狂奔擾乱の趣き, まさに狂気の一歩手前, まさに狂瀾天をうとうと, まさに独断論として思想的, まさに鷲と, まさに猟師に違い, まさに獅子咬典膳の異名, まさにに属すべし, まさに王侯じゃないです, まさに王師とよぶ, まさに珍奇をきわめた, まさに珍重に足りる, まさに實の, まさに現われんとする, まさに現下の状態, まさに現下文壇の単調, まさに現世極楽だ極楽, まさに現代の国家, まさに現代フランス劇壇に齎ら, まさにの當然, まさに理性であった, まさに瓦鶏にも等し, まさに生命を終ろう, まさに生死の最後, まさに生色を失わん, まさに産せんとして, まさに産みますを伺見たま, まさに用いて一切群生, まさに田園の猫, まさに田樂刺になつて, まさに田舎の好々爺, まさに田舎者そのものである, まさに甲論乙駁の形, まさに甲賀流の極意, まさに申分のない, まさにです, まさに男性二人だけの言葉, まさに町ぐるみ一丸となっ, まさに画竜点睛の趣き, まさに畢生を賭し, まさに異なることあるべからず, まさに異常であって, まさに異状があった, まさに當つてゐた, まさに疑いもなく, まさに病み上りに相違, まさに病魔だと, まさに痛嘆すべき大, まさに発せんと, まさに発刊しようと, まさに発奮努力して, まさに発火点に達したらしい, まさに発砲するばかりに, まさに発表さるべき作品, まさに発足しようと, まさに発車しようと, まさに発酵しようと, まさに白熱の最中, まさに白痴も同, まさに白百合とでもいいたい, まさに百パーセントの利用, まさに百万坪というけしき, まさに百万衆であったが, まさに百二十一年前の文政四年, まさに百人目の女, まさに百分の嘲笑に価すべき, まさに百四十年たまたま世界未曾有, まさに百歩を譲る, まさに百花爛漫の趣, まさに的中したの, まさに皺腹ものである, まさに盛夏に属する, まさにのゆく, まさに目前に迫っ, まさに盲腸はやぶれよう, まさに相手が欲しく, まさに相違ないの, まさに眈々ハッと, まさにの濃い, まさに県南第一, まさに真剣の立合い, まさに真剣以上の真剣, まさに真実と虚偽, まさに眠りに入らん, まさに眠れる獅子の, まさに眠入りばなである, まさに眼前に現われん, まさに着物を着かえよう, まさに瞑せんと, まさに矛盾対立を通じて展開, まさにを射放そう, まさに知る官家に, まさに知善院蔵するところ, まさに石塔の形, まさに破らざるを得ない, まさに破壊の時代, まさに破格の生活, まさに確固なもの, まさに確然と理由, まさに社会的実践家として現, まさにりて, まさに神人共に許さざる, まさに神前に額, まさに神品といふ外, まさに神変の鵺, まさに神慮による, まさに神楽歌の精神, まさに神様扱いを受けた, まさに神蔭流の奇蹟, まさに神通のもの, まさに神速なる行動, まさに禅師に一喝, まさに福井に向かい, まさに秀吉の天下取り, まさに私設鉄道買収費について原案維持, まさに秋空一碧となつ, まさに秋風だ, まさに秋風柿の落葉, まさに科学戦である, まさに科学的であらうと, まさに秘密を解くべき, まさに稲麻竹葦であった, まさに穀物の輸入, まさにの縁, まさにの旅行, まさに空前の成功, まさに突飛ばして軍鶏, まさに窮鼠が猫, まさに立ち上がり向き直って立ち去ろう, まさに立ち上りそうな, まさに立去ろうとした, まさに立派な, まさに竹生島に到着, まさに一策に, まさに等しい数の, まさに筑前という男, まさに筑摩県庁あての嘆願書, まさに籐椅子と結婚, まさに米友をし, まさに糞壺にこそあるべきだ, まさに素人ですが, まさに紫矢絣の袷, まさに累卵をささえた, まさに紳士が走り出した, まさに紳士荘でね, まさに終わらんとする, まさに終わり平和の, まさに終生累々として, まさに終盤にさしかかっ, まさに組ンずほぐれつである, まさに結構な庭, まさにに描いた, まさに絶えざる戦場だ, まさに絶世の美人, まさに絶体絶命に思われた, まさに絶品的だ, まさに絶美の女, まさに絶頂期の三日目, まさに綻びかけていた, まさに緊張して, まさに緊急事である, まさに総動員の態勢, まさに線路に片足, まさに織田三代の家風, まさにに全著, まさににかかる, まさに罪そのもののほう, まさに罪悪の淵辺, まさに美肌だね, まさに美膳に臨もう, まさに群衆が包囲, まさに羽化登仙である生命, まさに羽黒か楽田, まさにうべき重要, まさに聖人の域, まさに聞いたことの, まさにを争う, まさに肉体を離れん, まさに肉親に怒る, まさに肯綮である, まさに背後から背中, まさに背負つた子に淺瀬, まさにの乗り切った, まさに腐った魚の, まさにをつぶしました, まさに自ずから隠るべしと, まさに自らにし, まさに自己の主義, まさに至芸の人, まさにに入れるなるべし, まさに興らんとする, まさに興味深いことだろう, まさに舞臺の脚光, まさに船出のとき, まさに艙口にかからん, まさに良夜にそむき, まさに良心的な国民, まさに芭蕉の句, まさに花羞かしき, まさに花見の人, まさに花道の出, まさに芸術史上空前の悲惨事, まさに若い女の, まさに苦境に陥らん, まさに英傑である, まさに英国ロンドンに至らん, まさに英姿サツソウか, まさにを煮ん, まさに草木も眠り, まさに草木的なもの, まさに荒れなんとす, まさに荘厳な光景, まさに菩提を得べし, まさに萎縮しようと, まさにの花ざかり, まさに落ちんとする, まさに落ち武者心の難民, まさに落ち込まんとし, まさに落伍せんと, まさに落日の壯嚴, まさに落第だつた, まさに落花狼藉の有様, まさに蓮華の花, まさに藤夜叉が彼ら, まさに藤屋彌太郎の先刻, まさに蘇州である, まさに虎の子だと, まさに虎口をのがれた, まさにの知らせ, まさにの如き, まさにのシーズン, まさに蜀第一の嶮, まさに蜀魏の関ヶ原, まさに行かんとして一羊皮, まさに行き過ぎんとする, まさに行くべき位置に, まさに行われんと, まさに行方不明になっ, まさに行灯したの, まさに行為そのものにおいて成全, まさにに浮動, まさに表裏をなし, まさに袋路地に追, まさに西北辺疆支那の大, まさに西海の松島, まさに西軍の長蛇, まさに覆滅が生ぜん, まさに見る眼を, まさに見晴らしがよい, まさに見透しの通り, まさに視覚と聴覚, まさにの因果, まさに物に, まさに観月の好季, まさに觀念的辯證法が唯物辯證法, まさに解読家にとって金科玉条, まさに触れ合おうとし, まさに言わんとする, まさに言語道断であります, まさに討って取ろう, まさに記述のご, まさに訪ねようと求め, まさに許しがたいと, まさに許すことが, まさに訳読にかからん, まさに詩人がです, まさに詩歌の革命, まさに話し出そうとした, まさに誕生しようと, まさに誤たず大鵬の, まさに読書の好, まさにかの悪戯, まさに誹謗の極地, まさに諸方の徒, まさに證明すること, まさに議事に入ろう, まさにをなした, まさに象徴的である, まさに豪勢でした, まさに豪華版であったの, まさに貧乏線の真上, まさに貴い考えでありました, まさに買物デーだつた, まさに赴くべき方向に, まさに起きようとし, まさに起ころうとし, まさに起ち上りてまた, まさに起っている, まさに起るべき現象でありましょう, まさに人的な, まさに超絶的眺望である, まさに跳ね飛ぼうとする, まさに跳梁しつつ, まさに踏ん込むことが, まさにに達し, まさに躍如たるもの, まさにをもっ, まさに身心のひで, まさに軍列に入ろう, まさに転一歩するの, まさに転倒しはじめたの, まさに転換期にある, まさに軽蔑すべき学問, まさに辛夷と書くべきであっ, まさに辞し去らんとして躊躇, まさに濶だ, まさに近い所の, まさに近からんと, まさに近づいたものと, まさに近来の掘り出し物, まさに近隣者に対する侵略行為, まさに迦陵頻伽でこれ, まさに追い払われようとしてる, まさに追い詰められた鼠でした, まさに追撃を試みる, まさに退いて世, まさににでき上る, まさに逆しまである, まさに逆境の中, まさに途方に暮れ, まさに這入らうとした, まさに通ぜんとした, まさに通り過ぎようとした, まさに速やかに汝, まさに造化の神, まさに遊魂というもの, まさに道化癖のため, まさに道徳的理想の実現, まさに道楽の真髄, まさに達せんと, まさに遠く離れまつるべし, まさに遠雷の音, まさに適譯なの, まさに遭難の一歩手前, まさに遺憾しごくな, まさに邑宰の許, まさに邪惡そのものの模型, まさに都會中心の過, まさに配剤の妙, まさに酒屋へ三里, まさに楽々だ, まさに醒めんとしてまた, まさに醗酵して, まさに釈けんとする, まさに圍の, まさに重大事件だ, まさに野武士の価値, まさに金城鉄壁の文字どおり, まさに金玉の教え, まさに金鵄勲章的であつ, まさに釣季に入る, まさに鉄砲の火蓋, まさに銃剣で突かれ, まさに銭形平次と同様, まさに鋭い刃先が, まさに錢形平次一世一代の大, まさに鎌倉の討伐, まさに鎌倉はじまつて, まさに鎮西八郎さまの再来, まさにを揮わん, まさに劒を, まさに長夜の御, まさに長崎滅亡の時, まさに長浜の市街地, まさに門番のほう, まさに開いて彼女, まさに開け民間人士の, まさに閑暇にある, まさに間違えなくそのジム, まさに関ヶ原の年, まさに閨房秘戯の図, まさに閻魔王の牡丹, まさにならん, まさに闘い出そうとする, まさに阿鼻叫喚の凄まじ, まさに降らんとする, まさに陣痛の苦しみ, まさに陥らんとする, まさに陥落しようとして, まさに陰惨の極度, まさに陰慘の極度, まさに遜の, まさに陽光の世界, まさに陽性的暴力だ, まさに隅田がそう, まさに隆盛を見るべき, まさに隔世の感, まさに隠元禅師と関係, まさに雄飛すべしと, まさに集合せんと, まさに雑小虫を食わざる, まさに離れ去らんとする, まさに離人の粧鏡台, まさに雨ふらんとす, まさに雲泥の差がございまし, まさに雲表に立っ, まさに電光石火の間, まさにのごとく, まさに青山に着いた, まさに青年に如く, まさに静まらんとする, まさに非凡の魅力, まさに非常時そのものです, まさに革命的宣伝小説は勃々, まさに鞍壺にたまらずずん, まさにを出た, まさに響歎すべきもの, まさにである, まさに頂戴して, まさに頂点でいつも, まさにの上, まさに頸刎ねられん, まさにに汗, まさに顏見知りの間柄, まさに願うべき所垂とぞ, まさに顛倒である, まさに類例がない, まさに颯爽たる一箇, まさに飛びもかからん, まさに飛び去らんとし, まさに飛び去ろうとする, まさに飛ぶ鳥を, まさに飛行の姿, まさに飛躍せんと, まさに食道である, まさに飢えんとする, まさに養うべき子を, まさに餓死せんと, まさに馬琴の同, まさに馬車を駆っ, まさに駆けだそうとし, まさに駕籠が出よう, まさにき呆れて, まさに騎虎の行動, まさに驚嘆すべき超人, まさに驚天動地と言つた, まさに高松城を孤立化, まさに髪の毛を切ろう, まさに鬼女である, まさに鬼神なかるべし, まさにを宿した, まさに鮫宇貝闕なるべし必ずしも, まさに鮮血一色の死闘図, まさにの腰肉, まさに鯨飮といふ物凄, まさに鯨飲という物凄, まさに鳰鳥と擦れ違おう, まさに鳴り出そうとし, まさになるに, まさに黄表紙ものの筋書, まさに黒煙天に冲する, まさに龍攘虎搏よりものすごい