青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「まぎれ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~ぽ ぽ~ ~まあ まあ~ まい~ ~まいりました ~まえ まえ~ ~まかせ まかせ~
まぎれ~
~まことに まことに~ まさか~ まさしく~ まさに~ まざまざ~ ~まし まし~ ましい~ ~ました

「まぎれ~」 1140, 12ppm, 8916位

▼ まぎれ~ (372, 32.6%)

6 私の 4 喧嘩を 3 呑んで, 大きな声, 店前へ, 頭から 2 あたりちらすと, これを, そんなこと, ついあの, 一度も, 今思へ, 前後の, 折を, 自分で, 魏法師の

1 [330件] あの小坊主, あらあらしくたづ, ありも, いっそう太い, いった, いったもの, うっかり呶, うとうとと, おのれの, お二人さん, お前が, お前だ, お君, お浜, お茶を, かすれ聲, がちゃがちゃと, きけば, こう叫びました, この間の, こんなこと, ごうごうの音, さらッて, さんざん探偵, しきりに方角, しつこくなんとか, しなしなと, すこしとび上がりました, せよ夜這い, そいじゃ, そう決心, そこの, そこらの, そっとあの, そっと家, そのどれ, その舟, それに, それは, そんなら, そんな考え, そんな途方, だれも, ちょっといま小手先, ちょっとおからかいなすったことがあったにせよ, つい其処, つい口, つけたの, つまらぬけち, できるだけあの, でんぐり返しを, とっとと上る, とてもの, どなりました, なって, なりは, はげしく味方, ひとりの, ひと言ぐらい, ひよい, ぴりっと引き裂いた, ふいに, ほうつき歩く, ほうられる, またいつか, また取り返し, また腹だちまぎれ, もうひとり, もう一度くり返して, もう毒々しく, やって, よき仕事, わざと口, ウイスキイの, クビククリの, クリストフの, ザンブと, シアトルの, シャレて, ストーブの, ズッと, セコンドを, テーブルの, トンと, ドジだの, ポンと, 一もうけしよう, 一もうけなんて, 一九二九一月三十日の, 一儲けする, 一寸嚇し, 一寸法師は, 一方的, 一種の, 七兵衛に, 上原さんの, 両手で, 並べて, 乗じ眼, 乗馬倶楽部などに, 乱暴を, 乱暴狼藉を, 乾分の, 事の, 二つ三つ頭を, 二人は, 二人を, 云いふらしたもの, 云ったそう, 云ったの, 云ふも, 五十余句作つた駄作ばかり, 井戸へ, 人が, 仇を, 今松, 伊豆守の, 伝六が, 伝吉へ, 何か, 何とか言いたくなる, 何と言おう, 何もかもべらべらと, 何もかも話しました, 何者か, 何者かが, 何言うた, 余りひどい, 來て, 俺を, 借りて, 働いた, 兄貴になんか, 入込んだの, 冗談云った, 准后へ, 出たの, 出て, 出来たという, 刃物三昧に, 前後を, 十露盤で, 友達を, 叔父さんの, 口笛を, 叫びましたので, 叱る也, 右手で, 右足で, 同棲三十年近くで, 吐いたの, 向うへ, 吾儕は, 唾などを, 地だ, 地団太を, 城太郎は, 壁に, 声のみ, 声を, 声高に, 外へ, 夜具を, 大丈夫だ, 大變, 失礼な, 奪取って, 女にも, 女を, 宏子を, 家を, 家来でも, 寝床から, 寝床へ, 小夜子の, 小林に, 小林君に, 小枝, 居あわせた者ども, 山県紋也や, 巫臣の, 市川まで, 師冬の, 帰参なされ, 平手で, 広海屋, 店の, 庭を, 引き倒そうと, 引っ担いで, 彼女に, 後の, 御殿様, 怒鳴った, 怒鳴りだしたすると, 怒鳴りました, 怒鳴るかも, 思はず傍ら, 思わず友, 思わず知らず, 急いで, 恐るべき陰謀, 恐ろしいの, 恨んで, 意趣返しの, 我が家へ, 或は閑却, 手を, 折檻し, 拳を, 振りまわしたの, 捜しても, 掻掴む, 撲ち殺されるかも, 支度さして, 斬って, 旦那の, 早目に, 明日から, 書見を, 朝から, 木蔦の, 来る客, 枝という, 椅子を, 歌いも, 死なうと, 毎日小, 毎日朝から, 池に, 河童は, 法螺とも, 泣いたり, 泣いてるとでも, 泣くもの, 流産した, 港へ, 湯殿へ, 火事場泥棒しよう, 火箸の, 無茶が, 煙管を, 煙草を, 煙草盆の, 片つけッ, 狂うが, 狂人を, 独言を, 独語の, 現代を, 理外の, 生まれて, 甲州から, 申し上げて, 留守宅へ, 略奪を, 病躯を, 登用された, 百五十円の, 百年の, 眺めて, 研究室に, 神山さんを, 私が, 稼ぎの, 突き退けると, 突っかけ, 立直して, 笛を, 紋也の, 素早く行われた, 紺屋高尾を, 終始し, 絵の, 縁側へ, 罵った, 翠蛾の, 老画師, 考えて, 耘って, 自分を, 自己の, 自暴まぎれ, 舌でも, 色よき, 若者に, 茶の, 西門を, 見て, 見物の, 言ったの, 言ってるこっちゃねえのだ, 言ってるの, 言は, 詰らない事, 話しかけて, 話し続ける高股, 誰かが, 警官の, 警察へ, 貴様に, 賛之, 身でも, 身投げを, 身近の, 近寄って, 追いかけて, 逃げ去って, 造ったの, 郷里の, 酒を, 酔っぱらったあげく, 金の, 鉄道で, 鏡台から, 開きな, 間男を, 隣家へ, 頭顱を, 題も, 飛び出す人々, 飛出したんで, 飲んでは, 首尾よく, 馭者台に, 駈け出しました, 駈け落ち, 駕から, 高氏逃げ, 髪の毛を

▼ まぎれ~ (330, 28.9%)

4 いるが, 忘れて 3 しまう, 姿を, 忘れるとも, 気が

2 [17件] いる間, きょうまで, この場, しまった, すばやく偃月橋, それが, どこかへ, ゆく, ゆくの, ゐたが, 内裏を, 御几帳, 忍んで, 毘沙門谷の, 甘い毒汁, 逃げのびようと, 門を

1 [276件] あふれ出る, ある場所, いいか, いかがわしい種々, いく黒衣, いた, いたが, いた一角, いつのまにやら, いて, いました, いましたけれど, いまは, いる, いるに, いる彼女, いわし屋の, うっかりし, うっかりしてる, おちのびること, おとし穴, おれは, お前を, お糸, がんりきの, きた, きっと能, ここへ, こころゆくまで, ここを, こちらに, こっそりと, こっそり兵庫, こっそり刺し殺し, この事件, この林間, この部屋, これも, さしもきびしい, さて暮しつ, しばらく蜂, しまったり, しまって, すてて, せつなに, そこへ, そっと森ちゃん, そっと通っ, そのワイワイ, その在処, その娘, その後の, その掏摸, その調帯, その身, それを, そッと, たかくのぼっ, だろう伸子, ちょっとは, ついに深草, つい沙汰, とうとう彼, とうとう私, とうにわすれ, とかく昔時, とても一つ一つ, どこへ, どちらへ, ぬけ出して, はやここ, ひそかに, ふたりが, ふところへ, まだ我慢, むなしく宙, やって, やはり御, よかろうで, わからなかった雪, わしは, わたくしの, エジプトに, カピが, カラクリを, ソッと, パアッと, マイて, レールも, 一つの, 一万石くらいの, 万吉は, 不自由な, 丸く反らした, 主人の, 乗り逃げしかけた, 了つた, 二人の, 二升ほどずつ, 二柱には, 互いに悪口, 人の, 人聲の, 今の, 今度こそは, 他家の, 何処とも, 何処へか, 便乗する, 倉地に, 候, 元来た, 先生の, 其の場, 其身に, 出て, 出来上がった仕事, 刑場を, 初めの, 判らなくなるの, 助かるか, 包囲された, 半五郎, 去ったり, 反って, 受驗勉強を, 古河から, 吹きつづけながら, 園井少年を, 地上に, 城の, 城下を, 城壁を, 堺の, 塀を, 売上げを, 多少の, 夜では, 大勘, 大勢の, 大胆にも, 大路を, 失せた, 奔り去った, 女の, 女を, 姪の, 姿が, 孫堅の, 官渡の, 小屋へ, 小舟を, 少女は, 少時の間, 尾花の, 居たが, 居りまして, 山から, 幾ら押し, 幾度も, 店の, 弾薬を, 当座は, 影も, 彼女の, 彼女を, 後ろ向きに, 後方の, 御所へと, 徳蔵夫婦の, 忍びこみ, 忍び出, 忘れては, 急速に, 恥を, 懐になど, 我邸内に, 戦闘の, 戸外へ, 手を, 折返しとは, 探せば, 新に, 日光の, 早速立つ, 時たま思ひ出した, 時計の, 最初の, 朝の, 朝露軒どの, 本領を, 材木屋の, 村へ, 来て, 格子の, 様子を, 死ななかつたらう, 死地を, 気付かれなかった, 求援状を, 江戸を, 波の, 注文を, 浮浪者姿で, 消えて, 渡ろう, 無事に, 無事退去した, 無意識に, 焼き捨てられたの, 物好き半分この, 猛悪な, 玄徳は, 現われて, 甲州街道を, 町の, 異国趣味に, 知らなかった, 知らぬ振り, 礁湖へ, 私は, 窃に, 立ち去りました, 立って, 立てるとき, 笑ひ, 素子とも, 素知らぬ振り, 続々と, 綾衣は, 縊死しよう, 群れ出, 胸に, 脱け, 自身の, 落ちて, 薄黄いろく, 蟹江城の, 行ったの, 行って, 行つた, 衣裳でも, 表の, 裏手から, 見えが, 見えなくなった, 見えるという, 見わけられない位, 見物の, 親しく往き来, 許, 誰かが, 調査も, 走ったが, 走つて, 足音を, 跡形なく, 逃げさったの, 逃げさって, 逃げられるかも, 逃げ去って, 逃げ去る, 逃げ失せたか, 逃出しゃ, 進んで, 逸早くここ, 遠くどこ, 避難する, 重職植松菖助を, 銅山の, 閣裡の, 隠れること, 難なく城中, 静かに, 食客左膳の, 鸞輿を

▼ まぎれ~ (318, 27.9%)

9 なかった 8 ない 5 ないその 4 ないあの, ないと, なく彼 3 ないが, なくあの, なくこの, なくその, なくそれ, なく例

2 [16件] ないお, ないこと, ないわが, ないチョビ安, ないバンド, ない事実, ない名, ない夫, ない妖怪, ない張飛, ない現実, ない私, ない自分, ない虎, なく, なく直也

1 [234件] あらずと, あらず人相書, あらず南蛮寺, あらぬ宗長流, あらぬ鏃鍛冶, あらぬ鞍馬, ありません, ありませんから, ありません目明し, あるが, ございません, ないから, ないという, ないの, ないもの, ないアイヌ語, ないキ印, ないヒステリー, ないフランス, ないラッパチーニ, ない一人, ない一個, ない三重渦状紋, ない上質, ない下総, ない丹下左膳, ない乞食, ない事實, ない人間, ない今日, ない個人性, ない先刻海底, ない冒涜, ない北小路文学博士, ない千坂家, ない口舌, ない司馬懿仲達, ない同, ない呂宋兵衛, ない和田呂宋兵衛, ない和蘭陀カルタ, ない大刀, ない大賊闇太郎, ない大食通, ない天下, ない姿, ない孔明, ない孫兵衛, ない宋思芳少年, ない実現性, ない実話, ない寮, ない小柄, ない小歌, ない尾張中将様, ない川上機関大尉, ない座頭嵐三左衛門, ない張遼, ない影, ない彼, ない彼女, ない後醍醐, ない御, ない御方, ない心外道人, ない性情, ない怪人和田呂宋兵衛, ない怪人四十面相, ない恩師, ない惣八郎自身, ない感興, ない慎作, ない憤怒, ない日本, ない明智小五郎, ない昔馴染, ない時親, ない曹操, ない朱褒, ない正, ない正法, ない水野家, ない洞白, ない浪路, ない深い悲哀, ない深い感情, ない父, ない犬千代, ない狂人, ない狐, ない生粋, ない男妾, ない町役場, ない病体, ない白人, ない相良金吾, ない督郵, ない私娼それ, ない秋日和, ない種本, ない紅毛, ない紫色, ない義弟, ない聞きおぼえ, ない良持どの, ない色子姿, ない菖蒲, ない葵紋, ない蒼白顏, ない血汐, ない赤面長髯, ない道中師, ない金吾, ない金座, ない金鞍, ない釘勘, ない釧路丸, ない鈴川源十郎, ない門野支配人, ない青春, ない靴下嬢, ない鞍馬, ない音, ない馬, ない魚, なかつた, なきこの, なきひとり, なきジャッカル, なき伊那丸, なき劉玄徳, なき勝頼公, なき十夜頭巾, なき宇津木兵馬, なき宵, なき彼女, なき桔梗旗, なき父, なき物, なき貴家, なき金貨, なくあの本, なくあの老, なくお, なくけがらわしき淫蕩, なくこの間, なくこれから, なくこれぞ, なくしょうこう熱, なくそういう, なくそこ, なくたった, なくて, なくなじみ, なくわれ等, なくオレンジ, なくキヨ子, なくフランス語, なく一つ, なく中堂金内, なく乙女, なく人間, なく佐々, なく公的, なく六体, なく兵士, なく出所, なく出発, なく前夜, なく劉玄徳, なく動物, なく天井裏, なく宇佐見, なく小泉, なく小男, なく年, なく弓術師範依田重三郎, なく当時指導的, なく彼女, なく思われた, なく我が, なく技師長, なく持っ, なく日本左衛門, なく日章旗, なく明智探偵, なく明治二十年末, なく昨夜, なく昼間森田座, なく景帝, なく最初葵, なく朝倉先生, なく朝廷, なく朝鮮人, なく未来, なく東京, なく柳下機, なく樫, なく殿様, なく母, なく水, なく氷, なく泉田筑後, なく津留医学士, なく海底都市, なく狂女, なく猪作, なく現実, なく生き血, なく男子一生, なく町人風, なく異国伝来, なく筑前守秀吉, なく絞め殺され, なく耳, なく自分, なく自身, なく花田中尉, なく若い女性, なく血, なく裏切者, なく詩人, なく誰袖源七, なく近頃, なく金属, なく長平, なく門倉, なく高, なし, なし追いかけ, なし青龍, ねえ大岡様, ねえ女, のう弦打村

▼ まぎれ~ (53, 4.6%)

2 方法を

1 [51件] お道化, せいで, たわごとと, ないお, ない事実, ない例, ない方, ない逃げ道, ほんの氣, ような, ベアルネが, 一案そこでの, 不用意に, 世相の, 中で, 久米氏は, 冗談でも, 出たとこ勝負を, 出たらめ, 出来ごころで, 口から, 声を, 後々の, 怒鳴り声, 惡戲だらう, 戯談に, 掠奪放火暴行私刑の, 接吻なんか, 攻め, 最後の, 有難さ, 朝酒が, 根性が, 気に, 気分が, 気味が, 気持で, 渋っ面で, 渾力お, 火事ドロ根性を, 火事場泥坊を, 火事場稼ぎを, 茶屋酒に, 言葉通りに, 譫言の, 負けおしみなどと, 賭場荒しめいた, 醜態だ, 鞭を, 馬泥坊です, 駈落者

▼ まぎれ~ (5, 0.4%)

1 まだその, 地に, 女房に, 握るとしても, 金に

▼ まぎれながら~ (4, 0.4%)

1 それとは, 四方から, 殆どある, 表門の

▼ まぎれ~ (3, 0.3%)

1 おせい様, なかったら, 遂に結末

▼ まぎれ~ (3, 0.3%)

1 でかっせ, で来し, で海上これ

▼ まぎれ~ (2, 0.2%)

1 それとも前, つまらぬ誤解

▼ まぎれそう~ (2, 0.2%)

1 であったが, になる

▼ まぎれ~ (2, 0.2%)

1 いたずら心でした, 不機嫌

▼ まぎれ~ (2, 0.2%)

1 ない, ねえで

▼ まぎれやすい~ (2, 0.2%)

1 その青, はなしが

▼ まぎれ易く~ (2, 0.2%)

1 あの作品, て名前

▼ まぎれ~ (2, 0.2%)

2 行くと

▼1* [38件]

まぎれある時は, まぎれかかる地名の, まぎれかき口説いた, まぎれこのたびは, まぎれそして花陰に, まぎれそぼろ助広を抜い, まぎれての工人の, まぎれではいけない拙者, まぎれでもない, まぎれなしとわたくし, まぎれにぞすごしたる人々, まぎれにはやっぱりこんな, まぎれにもなるだろう, まぎれ義理に, まぎれようもなく, まぎれするの, まぎれ三谷さんが兼ちやん, まぎれ何者か女子, まぎれッて, まぎれ入ろうとした, まぎれ危急まぎれに, まぎれ危険な考え, まぎれ大いに菊屋の, まぎれ大胆にも一通, まぎれ巧妙にお, まぎれは直, まぎれる地名, まぎれ易い代用品, まぎれ此日冬至の節, まぎれ河原の玲澄, まぎれぬべき我, まぎれ渡鳥のこゑ, まぎれ無断官地を捨て, まぎれ無茶のよう, まぎれ牢脱けをし, まぎれをそらし, まぎれ賣は, まぎれ部屋へちょっと