青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ひろげ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ひま~ ~ひました ~ひます ひも~ ~ひらい ひらい~ ~ひる ひる~ ひろい~ ~ひろげ
ひろげ~
ひろ子~ び~ びく~ ~びっくり びっくり~ ぴったり~ ~ふ ふ~ ~ふい ふい~

「ひろげ~」 1680, 17ppm, 6829位

▼ ひろげ~ (1335, 79.5%)

32 いた 25 見せた 24 いる 23 見て 19 見た 17 みると 13 見ると 11 ゐた 9 あった, いるの, 見せて 8 行った 7 ある, みた, ゐる, 飛んで 6 みせた, 待って, 読んで 5 おいて, それを, ゆく 4 いった, いました, 干して, 見ました, 風を, 首を

3 [19件] いたが, いて, いると, かけて, じっとそら, その上, みせました, 上流から, 乳房を, 何か, 寝て, 居ります, 私は, 立って, 見せました, 見たり, 見る, 調べて, 迎えて

2 [69件] あると, いるよう, おくこと, かれら, きた, これは, これを, しゅっこを, その中, それからそれ, ほして, みせて, みたり, みて, みながら, ゆくこと, わたしの, カン蛙を, ゴソゴソさせ, 一つの, 一刀を, 一歩足を, 乙彦が, 二人の, 二人を, 云った, 人を, 出て, 北の方へ, 売って, 天下国家を, 居る, 平次の, 廊下に, 御持参, 悠々と, 慶次郎の, 手を, 日に, 日本一の, 男を, 眺めた, 眺めて, 眼の, 私に, 立ちはだかった, 立った, 立つて, 筆を, 素子は, 肩へ, 肩を, 膝の, 自分の, 自分を, 行くと, 行くの, 行こうと, 見せたこと, 見せるの, 見ても, 言った, 読みかえした, 雛を, 青じろい腹, 風の, 飛びあがって, 首領の, 高く咲き誇った

1 [856件 抜粋] あけちたん, あたま, あたりの, あった死者, あつた, あとじさり, あふむ, あらゆるもの, ありその, ありました, あり薄, あるところ, ある小袖, ある庭, ある書面, ある稿本, ある縫物, あれから, いきなり黒岩, いくと, いくやう, いたこと, いただろう, いたでは, いたのよ, いたら一つ, いた人相書, いた例, いた女隠居, いた帳簿, いた手, いた方, いた時分, いた書類, いた猪, いちばん小さい, いつたが, いつもの, いましたから, います, いまにも右手, いようという, いるきたならしい, いるとき, いるとこ, いるばかり, いるもの, いるプラタナス, いる中, いる伸子, いる光景, いる反物, いる商人, いる小間物店, いる後ろ姿, いる慎一, いる手紙, いる朽, いる看護婦達, いる第, いる紳士, いる絵看板, いる邪気, いる鸞輿, いろんな花, うけとるより, うたを, うつくしさったら, うまく受け, えんぴつで, おいた元旦料理, おかずの, おかねば, おとなしくし, おどけて, おりまた, お目, お綱, お銀様, かけながら, かわかして, きたの, きゃっきゃっと, くちばしを, くれたら好い, こう自分, こっちに, こっちへ, この世に, この春, この頃戦争, さかなを, さっきから, さっと一通り眼, さて鉛筆, しきりに催促, しきりに手紙, しなうほど, しまった, しまったの, しまつ, しゅうしゅう言い, じぶんたち, すすんで, すはつ, せっせと数, せまって, そこから, その, そのした, その一隊, その報道, その挿画, その歯並び, その肩, その花, そびえて, それでなおぴったり, そればかりを, たたむあの, たたむその, たちふさがりました, ちび筆の, ちょうどジャン, ぢつと, つかみかかって, つきつけた, つくづく筆跡, つっ立ちました, とびかかって, とんび足に, どっかりと, どなり立てる, なかを, ながめた, なにか彼, はばたきしたの, ひで子に, ひとさし彼, ひとりの, ひょこひょこ舞いおどける, ひろ子は, ぴょんぴょんと, ふせぐ鬼, ふわりふわりと, ふんぞり反, へやの, べらべらと, ほうと, ぼんやり頁, またしゃべりだした, まだいきいきと, まだ家, まって, まつぱだかです, まるで一匹, みせながら, みたいそして, みたが, みたら木片, みたら蘇武, みても, みてよ, みました, みよ, みるの, むさぼるよう, もう一匹, もう今, もっと派手, ものを, やっとこさ, やっぱり堂々と, やる, ゆくが, ゆくという, ゆくにつれて, ゆくの, ゆくばかり, ゆくやう, ゆく実際, よごれた上歯, わざと会話, われわれの, ゐた中, ゐた腕, ゐた重信川, ゐましたので, ゐるかの, ゐるので, ゐるやう, ゐる人, ゐる筈, ゐる飴屋, アムプレショニズムや, ウンサウンサ一行二行と, クンクンや, サア来, サラサラと, スペイン王への, セルの, テーブルの, ネネムに, ハミ出, バレーを, パッと, ピタリその, ベラベラ饒舌り, マントの, ラプンツェルを, 一心に見, 一心に讀ん, 一本の, 一歩二歩三歩と, 一種の, 一通りざっと, 三畳ぐらいの, 下吉田の, 世の中からは, 並び立って, 中を, 中腰の, 久方振りで, 乾いた砂, 乾かさねば, 乾して, 二つに, 二人が, 二人で, 二枚の, 人の, 仁王立ちに, 仔細に, 仙吉の, 低い声, 低い岸, 体を, 例えば, 俺も, 傍へ, 光り輝く出口, 兵部は, 其処に, 冬の, 凱旋の, 出す金兵衛さん, 出来る丈, 切抜記事を, 前に, 力を, 千ちゃんの, 半分しか, 半分跳ねる, 博士の, 危げに, 及び腰に, 及ぶ限り, 叫ばう, 叫んだ, 右左に, 向って, 周囲を, 唇を, 喚きたてた, 四つんばいに, 四方山話, 團扇で, 地面に, 夜が, 大きく輪, 大きなポーズ, 大友少年に, 大声で, 大小様々の, 大飲食, 女の, 娘の, 子どもの, 季候に, 宙を, 客に, 寄こした, 富が, 寒いところ, 寝た, 将軍義昭の, 小さな村, 小石を, 居る者, 屈まりながら, 山の, 山繭の, 左腹部を, 巨人像の, 差し出した, 師の, 庇って, 廻つた, 引つか, 当人は, 彼が, 彼は, 彼女を, 待ちながら, 待つて, 後ろ向に, 御簾の, 心ゆくまで, 念入りに, 息づくやう, 愉快に, 感じその, 扇がわりに, 扇風機に, 手習ひ, 手順の, 投げだして, 抱えきれるよう, 抱きついて, 抱くこと, 指さしながら, 振って, 掛けるね, 掴むやう, 数えたてたが, 数えて, 敷きはじめた, 文字といふ, 断じて拒ん, 新吉の, 日光に, 日夜揉まれ, 日蔭を, 明りに, 明智に, 時々脇腹, 暖かい国, 暫くは, 暮さないかと, 更に眺め, 書きはじめて, 朝鮮から, 朱線を, 来た, 来た野上彌生子, 松岡と, 枳殼の, 椅子に, 楽屋を, 欠伸し, 次郎吉は, 止めた, 歩いて, 歩き廻る, 歴史の, 波の, 泳ぐよう, 海に, 涼しい地図, 滝や, 濛々と, 無理矢理に, 爪を, 片手に, 物思いに, 献策した, 現れようと, 甚八の, 生徒の, 男が, 癇に, 白い歯, 白髯の, 皺を, 皿を, 相木熊楠は, 眺めたが, 眺め出した, 着たちぢれ毛, 石井に, 私の, 種子を, 空に, 空拳を, 突き出した, 窓わくに, 立ちはだかれば, 立ち上りそう, 立ち向っ, 立とうと, 竜造寺兵曹長の, 笑った, 紅葉を, 紙を, 絵を, 縋るやう, 罎詰めの, 群を, 羽なら, 羽ばたきひとつ, 老人の, 考へること, 背後から, 胸の, 腰を, 自作の, 自然薯の, 舞う真似, 舞揚ろう, 花や, 茂助の, 落としの, 蒼天から, 虚空を, 蝙蝠の, 行かねば, 行く事, 行ったこと, 行ったらずいぶん, 行ったら遂に, 行って, 行灯の, 裁ったり, 裾を, 見せたくは, 見せたの, 見せたもの, 見せながら, 見せる, 見せること, 見せる三千代, 見せる逞, 見ただけの, 見たもの, 見たら次ぎ次ぎの, 見た書簡箋, 見ましたが, 見ようと, 見ること, 見るより, 見れば, 見入りながら, 視線を, 言ひ放つた, 診て, 説明しはじめる, 読みだした途端, 読みながら, 読みはじめて, 読み始めた, 読み読んでは, 讀んで, 資生堂の, 走る人, 越前守の, 身も, 身構へ, 車座に, 迎えた, 近藤技師に, 追いまわして, 追まはす, 遊びまわるべきである, 遠くへと, 遮りながら, 部屋じゅうを, 酒屋の, 醉つてし, 野原や, 釣針の, 錆びた鉄, 鏡に, 長いことあちらこちら, 開化の, 陰森幽邃な, 隠しましたので, 雌の, 難なく捕まえ, 面白さうなの, 鞭を, 須永の, 頭に, 頻に, 額を, 飛びあがりました, 飛びあがり心ゆくまで, 飛びかかって, 飛びかかろうと, 飛びまわって, 飛び出しお母様, 飛び廻る女供, 食べて, 食事の, 駆けて, 驚けば, 高らかに, 鰻屋では, 鶏舎の, 黒い蛇, 黙って

▼ ひろげながら~ (26, 1.5%)

2 うたふ, 出たらめ

1 [22件] いった, うるさく撮影, さも感心, その眼, それを, つづけて, 云うの, 叫んだ, 夫と, 当然の, 心持水入の, 手ずれた浮き彫, 母国の, 毛皮や, 深い愛敬, 潮水が, 物音たてず, 眼頭に, 膝を, 詩などの, 鉄斎が, 闇の

▼ ひろげたり~ (21, 1.3%)

3 して, 畳んだり 2 とじたり

1 [13件] おもち, かぶせて, げんこつに, しないで, するたびごと, するの, たどったり, また疊ん, 伸ばしたり, 強めたり, 握ったり, 裏が, 飛びあがつたりするたびにすこし

▼ ひろげその~ (13, 0.8%)

4 上に 1 名を, 幻象が, 掌を, 本陣を, 根かたには, 立って, 肌へ, 視野の, 講釈を

▼ ひろげては~ (8, 0.5%)

1 おした, ゐるが, モームの, 何やら仔細, 得意そうに, 繰返して, 耽読した, 舞い上がって

▼ ひろげつつ~ (6, 0.4%)

2 ある 1 あった, ある人, 一方ロシア, 大いなる大河

▼ ひろげても~ (6, 0.4%)

1 べつにそれ, よくは, ナサケない, 及ばぬの, 彼の, 思わず一日

▼ ひろげ~ (6, 0.4%)

1 かかる, なった, 削り去られセメント, 抱き合, 着た石田氏, 羽織り素足

▼ ひろげそれ~ (5, 0.3%)

1 に片手, をがんりき, をにらみ, を朝夕, を顫

▼ ひろげ~ (5, 0.3%)

1 か口, か商用, か専門的, か心覺, か読み耽けっ

▼ ひろげ住侶~ (4, 0.2%)

2 の数, の數

▼ ひろげ指できしきし~ (4, 0.2%)

4 させながら

▼ ひろげそこ~ (3, 0.2%)

1 に跼ん, へ鉛筆, をくぐっ

▼ ひろげ~ (3, 0.2%)

1 ため近頃全く, ように, 工事と共に

▼ ひろげまっ黒~ (3, 0.2%)

3 な頁いっぱい

▼ ひろげ~ (3, 0.2%)

2 をし 1 にその

▼ ひろげ片手~ (3, 0.2%)

2 をゆっくり 1 を地面

▼ ひろげ片足~ (3, 0.2%)

1 をはね上げた, を思ひ, を長

▼ ひろげ~ (3, 0.2%)

1 をそら, をのけぞらせ, を血

▼ ひろげかすか~ (2, 0.1%)

1 な光線, にクウクウ

▼ ひろげそれから~ (2, 0.1%)

1 なにかを, 実印を

▼ ひろげたりと~ (2, 0.1%)

2 ぢたり

▼ ひろげやがて~ (2, 0.1%)

1 彼の, 西城を

▼ ひろげよう~ (2, 0.1%)

1 がない, にもどう

▼ ひろげ~ (2, 0.1%)

1 のこぶし, 膝を

▼ ひろげ姿勢~ (2, 0.1%)

2 を直し

▼ ひろげ~ (2, 0.1%)

2 を虚しく

▼ ひろげ~ (2, 0.1%)

1 を上, を拍

▼ ひろげ更に~ (2, 0.1%)

1 も少し, 病衣を

▼ ひろげ~ (2, 0.1%)

2

▼ ひろげ白い~ (2, 0.1%)

1 大きな歯並, 泡の

▼ ひろげ~ (2, 0.1%)

1 をとっ, を取っ

▼ ひろげ~ (2, 0.1%)

2 いつぱい腹

▼ ひろげ薄暗い~ (2, 0.1%)

1 ドーム, 光の

▼ ひろげ裾広~ (2, 0.1%)

2 に根ざし固め

▼ ひろげ詩人たち~ (2, 0.1%)

2 の生涯

▼ ひろげ長い~ (2, 0.1%)

1 あしを, 髪の毛の

▼ ひろげ~ (2, 0.1%)

2 の掛橋

▼1* [182件]

ひろげあぐらを組み, ひろげあてづつぽうに検温器の先, ひろげあれかこれ, ひろげいそがしそうに, ひろげいちどは七万, ひろげいまにも明智に, ひろげいよいよ深く眉, ひろげいろいろな項目, ひろげおいかぶさるよう, ひろげこう通せン, ひろげこういう詩を, ひろげこれも黙っ, ひろげぐりついてやっとひろ子の, ひろげざらましかば此, ひろげしんが巻きかかっ, ひろげすこしの風, ひろげすっかり顔を, ひろげすり硝子の破片, ひろげせいいっぱいの声, ひろげそうして下腹の, ひろげそして紀州和泉の, ひろげその間に首, ひろげただぼんやりと, ひろげたまにしか見えない, ひろげたりもするだろう, ひろげちゃいけないよ, ひろげちょっと身を, ひろげつぶさに四顧の, ひろげてのびをするようにしながらいった, ひろげという情景は, ひろげさりながら, ひろげながらの身の上話などが, ひろげのしのし, ひろげだかに, ひろげはるかなとどろきを, ひろげびくびく慄え, ひろげまず見だし, ひろげまつ黒な頁, ひろげあえずにわか雨, ひろげもう一方の, ひろげもの憂げに, ひろげゆうゆうと旅支度, ひろげよりゆたかに, ひろげあ, ひろげわきに唐紙, ひろげわざとらしく腕で, ひろげアイスアックスを結びつけ, ひろげアリー・ドラガンと肩, ひろげゲツコゲツコと蛙, ひろげソーンダイクは船室, ひろげタンクの横, ひろげハンコを出し, ひろげバターキューリゆで卵子二つ, ひろげ一個のまんじゅう, ひろげ一八〇九年にはサン・ドゥニ街, ひろげ一枚ずつタイテイ, ひろげ一間置きくらいに, ひろげ三尺の押入れ, ひろげ三歳程度の設問, ひろげ不審げな顔つき, ひろげ乍ら平次の前, ひろげ二人そろって, ひろげ五十三歳の頃, ひろげ五十位の人, ひろげかがみ居る, ひろげの六人, ひろげ伸子が糊, ひろげに立ち騒ぐ, ひろげ入り口にはサクラ号, ひろげ兵力を分散, ひろげ冷汗を絞りつ, ひろげ初めは日常茶飯, ひろげを得る, ひろげの片隅, ひろげ千燭を燦, ひろげ半分はお礼, ひろげ又まっすぐにし, ひろげ叫び声をあげ, ひろげの手, ひろげ地方に, ひろげ同時に彼女の, ひろげ喪章のついた, ひろげ団扇も使わない, ひろげ地形陣取りの法, ひろげ読まずとも, ひろげ大人は酒, ひろげ大型のノルウェイ製, ひろげ大急ぎでいま三角暗礁, ひろげはよく, ひろげ子供の天蓋, ひろげ子供たちの部屋, ひろげ寒風の中, ひろげ小さな四角の, ひろげ屋根の下, ひろげ左右から鶴, ひろげ左胸部のあたり, ひろげ平家の残党, ひろげ年月日の書い, ひろげ店員は, ひろげの奥, ひろげ強いて私, ひろげ彼方へ駈け, ひろげ悠々と飛ん, ひろげ感悦ななめならぬ面もち, ひろげ懐中電灯の前, ひろげ手紙を入れ, ひろげ之助, ひろげ指先に言葉, ひろげを開き, ひろげ揚棄して, ひろげ日本女の署名, ひろげやすと, ひろげやチョッキ, ひろげ木村が折, ひろげ末席のほう, ひろげ杉村の論文, ひろげ条約で仮に, ひろげを重く, ひろげ枝豆や苺, ひろげ検察隊の士官, ひろげ楽しげに, ひろげ横向きになり, ひろげをうた, ひろげ毎日首っ引きでございますよ, ひろげ毒瓦斯で呼吸, ひろげ汁粉にて死したる, ひろげをうねらせ, ひろげの書いた, ひろげ無患子の実, ひろげ墨も, ひろげ煙草に火, ひろげ燭台を和助, ひろげをかき, ひろげ爪先で床, ひろげッぽ, ひろげ物思いにふけった, ひろげ特色を比較, ひろげ病気の母親, ひろげ瘤だらけのいたや, ひろげ白セルのスカート, ひろげ百日紅は枝, ひろげをのばし, ひろげをうつ, ひろげ空気を掻き分け, ひろげ細い月が, ひろげを書き, ひろげを澄まし, ひろげ耶蘇教国の君主, ひろげをくねらせ, ひろげ脇差を抜いた, ひろげ脱線と破綻, ひろげに両手, ひろげを張り, ひろげで買い求めた, ひろげか何, ひろげ芳しい墨を, ひろげ薬用酒をポケツト, ひろげ藤澤川の急流, ひろげよりも青い, ひろげ血相の変った, ひろげ襟頸を抜き出す, ひろげ襦袢を見せ, ひろげ西の空, ひろげ触手を張り, ひろげ計算棒をにらみ, ひろげ詳しく説明し, ひろげ豊かにしなけれ, ひろげ貞之進の顔, ひろげ転調の影, ひろげ軽く指を, ひろげ透明人間のこと, ひろげ通行人に訴えよう, ひろげ避難の順序, ひろげ部下にも食え, ひろげ部屋じゅうを飛びまわる, ひろげ重詰を並べ, ひろげ鉛筆をもっ, ひろげ隣石と隣石, ひろげ食べものや飲みもの, ひろげ黒い毛の, ひろげ黒めがねをかけた, ひろげの穴