青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ほん~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ほっと~ ~ほとり ほとり~ ~ほとんど ほとんど~ ほど~ ほのか~ ほほ~ ほぼ~ ほり~
ほん~
~ほんとう ほんとう~ ~ほんとに ほんとに~ ほんの~ ~ぼ ぼ~ ぼう~ ~ぼく ぼく~

「ほん~」 2630, 28ppm, 4133位

▼ ほん~ (877, 33.3%)

51 うに 12 うにその, うに美しい, うの 9 うにお 8 うに好い 7 うにあの, うにうれしい, うにそんな 6 うにすまない, うによい, うによく 5 うにい, うにうまい, うには, うによ, うに久しぶりに 4 うにあなたの, うにいい, うにうれし, うにつらい, うにもう, うに僕は, うに私は

3 [15件] うにあり, うにありがたう, うにこの, うにこんな, うにさびしい, うにすまなかつた, うにすみません, うによろしい, うに力を, うに御, うに私の, うに自分の, うに驚く, うのお, うの味は

2 [57件] うかい, うぢ, うにあた, うにありがたい, うにあんな, うにいやな, うにおいしい, うにけ, うにこの方たちの, うにさうな, うにさみしい, うにし, うにしづかで, うにしない, うにすきだ, うにすまなかつただ, うにそこらは, うにそれは, うにどこまでも, うにどんな, うにはじめて, うにひと盛りです, うにひどい, うにみんなの, うにわかる, うにわたしが, うにわれわれを, うに一人ぼつちだ, うに久しぶりだつた, うに偉く, うに別れが, うに勿躰ない, うに困る, うに声を, うに大, うに孝行だ, うに安い, うに川だ, うに愛し, うに明るく, うに歩く, うに活きた, うに涙を, うに立派な, うに美しか, うに花を, うに苹果の, うに身に, うに風の, うに高い高い, うに鷺だ, うの事を, うの句が, うの句は, うの生活な, うの目マルが, うの道である

1 [522件 抜粋] うありがたう, うだつた, うにあ, うにあいつは, うにあたしはじめて, うにあつ, うにあなたは, うにあはれな, うにあやまる, うにありがたく, うにある, うにいけない, うにいらいらする, うにいらなかつた, うにうつくしい, うにうら, うにうるさい, うにうれしいありがたい, うにおいしか, うにおそろしい, うにおちつい, うにおとなしい, うにおなかが, うにおま, うにおもしろい, うにおれが, うにおれの, うにおん身に, うにお出でよ, うにお前この, うにお前たちったら, うにお前は, うにお前位づうづうしい女は, うにお召し, うにお可, うにかなしい, うにから, うにきたなく, うにここに, うにこちらの, うにこの世は, うにこの世へは, うにこは, うにこれで, うにこん, うにさう, うにさうだつた, うにした, うにしたい, うにしつかりし, うにしづかだ, うにしづかな, うにしんと, うにじ, うにすすきは, うにする, うにそして, うにその頃は, うにそれが, うにそれこそ, うにそれで, うにそれらの, うにそれを, うにたかつ, うにたまらなく, うにだめな, うにだらし, うにだらしが, うについ, うにつら, うにと, うにどう, うにどうして, うにどうせ, うにどくだみが, うにな, うになごやか, うになります, うになれる, うになんと, うにびっくりしたらしく, うにびつくりしたらしく, うにびりつこけだ, うにほど, うにぼくの, うにぽか, うにまあ, うにまつたく落ちつい, うにまア, うにみ, うにみそぼらしく, うにみなさまに, うにみなさん罪の, うにむつかし, うにむつかしい, うにむつまじい, うにむづかしいと思ふ, うにも, うにもし, うにや, うにやりきれない, うにやる, うにやる気な, うによう寝られた, うによろこばしい, うによろしく, うにりつぱだ, うにわ, うにわかつた, うにわからない, うにわが, うにわしは, うにわたくしを, うにわたしどう, うにわたしは, うにわたし個人としては, うにわびしい, うにイギリスらしく, うにエミさんの, うにオリヂナルな, うにカチカチぶっつかった, うにカムパネルラと, うにクサクサします, うにクリスチヤンの, うにコセ, うにサロメに, うにジョバンニは, うにジヨバンニは, うにトンネルが, うにポルト・リシュの, うにルクリュ家に, うに一つに, うに一つの, うに一本二本の, うに一生けんめいついて行った, うに一睡する, うに一風変つた, うに三つに, うに不孝者である, うに不安に, うに不自由は, うに与へられるなら, うに与へるなら, うに世界一の, うに主義の, うに久しぶりの, うに久保田君の, うに久振, うに二人とも, うに二度とは, うに云ひたい, うに京都の, うに人間が, うに人間と, うに人間として, うに人間の, うに人類が, うに人類社會への, うに今度こそは, うに今日重役に, うに仕合せな, うに以南さんは, うに伸び育つ, うに住み, うに体現した, うに何かさ, うに何でも, うに何といふ, うに何も, うに何遍死なう, うに信じ, うに信濃の, うに健やかな, うに健康の, うに僕が, うに僕の, うに僕を, うに僕キセルなんか, うに優れた, うに儲け難く, うに充実した, うに入院し, うに公園です, うに公園のみ, うに内證で, うに冬の, うに出る, うに出來なく, うに出来なく, うに分らない, うに判らない, うに刺繍を, うに前の, うに剛さん私や, うに力強い美しい, うに労れる, うに勉強し, うに勝つた, うに勿体ない, うに北山だ, うに十郎さんには, うに厭味の, うに古い, うに可哀さうだ, うに可哀想な, うに可愛い, うに君の, うに呑ん, うに味は, うに味ふ, うに哀ツぽい悲しさうな, うに哲學する, うに喧嘩を, うに困つち, うに困りました, うに国民を, うに土崩瓦解に, うに地に, うに壮麗な, うに変な, うに夢の, うに大きく, うに大事は, うに大切な, うに女を, うに好きな, うに好く, うに妙な, うに娘に, うに嫌だ, うに嫌に, うに嫌ひだ, うに嫌ひだった, うに嬉しく, うに子供たちは, うに學校へ, うに実行しない, うに寒, うに寢臺の, うに尊い, うに小さな, うに小父さんは, うに小米さんの, うに少かっ, うに山麓で, うに左様だ, うに左様で御座います, うに平, うに平等の, うに年を, うに幸に, うに幸ひ, うに幸福だ, うに幸福だつた, うに幸福な, うに幸福に, うに幸運で, うに幾度, うに弱虫だ, うに強い, うに形ばかりの, うに彼ダグラスは, うに待ち, うに待っ, うに待つ, うに待遠しい, うに後悔します, うに微, うに心の, うに心を, うに心苦しい, うに心配な, うに快, うに怒, うに恨む, うに悪い, うに悪魔だつたら, うに悲しく, うに情ない, うに愉快です, うに愛した, うに感慨無量だつた, うに慌て, うに憎らしい, うに憎んだ, うに懺悔致しました, うに戦争が, うに戯曲を, うに挑戦しよう, うに文明開化東京の, うに旅行に, うに旗を, うに日が, うに日は, うに日本的とは, うに日本的な, うに早く, うに明るい, うに昔は, うに春の, うに時代錯誤的だ, うに暑く, うに暖いのでした, うに最う, うに有難い, うに有難う, うに朗らかで, うに査問の, うに栄蔵の, うに根を, うに根強い, うに根気よく, うに模倣できない, うに檢死を, うに正しく, うに死ん, うに殺され, うに毎日毎日, うに毒を, うに気づかず, うに気に, うに気持を, うに氷が, うに求め, うに求められ, うに決して, うに泣き別れでありました, うに泣け, うに洗煉された, うに活かせ, うに海といふ, うに消え失せ, うに液体の, うに深く, うに済まない, うに済みません, うに済みませんでした, うに演者の, うに濟みませんでした, うに熟睡した, うに熱心な, うに狼か, うに王朝文學の, うに珍しい, うに珍らしい, うに生憎の, うに申訳が, うに申訳ない, うに発狂し, うに白く, うに皆さんと, うに目の, うに真面目すぎる, うに眠つてゐる, うに眠らう, うに眼も, うに眼覚めた, うに着, うに瞑つ, うに知つた自分で, うに知つてゐる, うに知らない, うに知りたい, うに知る, うに知覺せられる, うに石を, うに砕けた, うに神の, うに神様が, うに神聖な, うに私を, うに秋は, うに穂吉は, うに空が, うに立派だ, うに米ちやんが, うに罰が, うに美い, うに美しく, うに聲の, うに自分自身が, うに臭さうな, うに芸術的価値を, うに苛, うに苦しい, うに苦しく, うに苦勞させる, うに菊でも, うに處女だ, うに蟹が, うに血を, うに行きは, うに見える, うに親しみあ, うに親しみの, うに親子拾何人が, うに解し, うに言語に, うに訪れ, うに誰に, うに貧乏で, うに貴方が, うに賢明な, うに軍人は, うに転一歩する, うに近代女性の, うに遊ぶ, うに遠い, うに酒の, うに酒を, うに酒好きの, うに酒飲は, うに金を, うに鋭い, うに鋼青の, うに鑑賞する, うに長い, うに長谷川の, うに閉口した, うに関口一家は, うに降つ, うに雨が, うに雲の, うに雲雀と, うに青空は, うに面白, うに面白かっ, うに頂上の, うに頭が, うに頻繁に, うに風とともに, うに飲みすぎた, うに馬鹿らしい, うに駄目です, うに騷, うに高座から, うに高慢な, うに鳥右さんに, うのあなたが, うのから, うのその, うのたつた, うのたべ, うのスタートを, うの人格で, うの人間らしい, うの仕事を, うの信心には, うの出家でない, うの力には, うの労働の, うの句, うの句を, うの句山頭火の, うの味である, うの味では, うの喧嘩みたいで, うの子では, うの安心が, うの安心立命が, うの山櫻單瓣の, うの山頭火で, うの山頭火に, うの山頭火には, うの山頭火を, うの店も, うの彼の, うの心は, うの恋愛が, うの意味が, うの意味での, うの意味に, うの愛が, うの感動を, うの所は, うの手習ひと称し, うの模倣ほんたう, うの現, うの生活, うの生活だ, うの生活で, うの生活の, うの生活らしい, うの祈祷の, うの私たらしめ, うの私に, うの私の, うの米の, うの美は, うの芝居, うの芝居の, うの芝居好き芸術を, うの親, うの道を, うの飯ばかりの, うの高い, うはお, うはけ, うはさ, う解らない

▼ ほんとの~ (589, 22.4%)

48 ことを 7 ことは 6 事を 3 意味で, 愛情が, 正太だ, 気持が, 理由は, 生活が, 程度が, 空だ

2 [32件] おゆう, おれの, お母さんは, お金だ, ことが, ことで, とこは, ところ, ところを, とこを, 人らしい, 内容が, 処女作という, 勉強を, 動機は, 名を, 名前は, 声を, 姿に, 定窯, 平和に, 役者だ, 心の, 心臓と, 愛という, 愛は, 所は, 母親は, 父の, 男の, 自分の, 話を

1 [440件] あの人, いわゆるダアビイ日, おとっつあんじゃ, おはらから, お侍, お味方, お家は, お母さんじゃ, お母さんでない, お母さん以外の, お父さんは, お誓さん, お針女日給僅か三フラン, かくしば, ことあ, こというとるです, こといわなく, ことかしら, ことさへ, ことじゃ, ことだ, ことだった, ことでした, ことです, ことという, ことな, ことに, ことの, ことよ, こと云ふと, こと言っ, こと話し, しずけさという, しっぷ, その, それらしい, とこだ, ところは, ところぼくは, ところ一と, ところ伸子には, ところ先生と, ところ己は, ところ自分は, ところ花は, ところ近ごろの, どん底といふ, はなしでございます, ふしぎだ, ほんと, ものだけ, ものである, もんは, やうなさうでない, やさしさ, よいこと, よい時代, ようだ, ような, わけは, エロサービスと, カワカミと, キ印だ, コロンボは, パリが, ペストじゃ, ボートです, ロシアの, 一人ぼっち, 一人前の, 一国対一国の, 一文なし, 一牢人に, 一瓢きりな, 一角の, 下手人が, 不惑といふ, 与太原稿で, 世界の, 世継を, 世辞であった, 世間の, 主人, 主題は, 乞食では, 乾杯の, 事だ, 事でございましょう, 事に, 事は, 事務員として, 人格の, 人物という, 人物ほど, 人生を, 人間かしら, 人間そのものでは, 人間と, 人間としての, 人間に, 人間の, 人間は, 人間らしい安住, 人間性の, 人間愛に, 休息なんて, 伝令が, 住所を, 価値が, 俊一さんだ, 修行でない, 個では, 値段が, 偉い人, 兄弟だ, 兄弟でも, 光子さんは, 児は, 全軍, 兵隊を, 内容として, 冗談に, 冬が, 出家遁世を, 初恋に, 劇作家が, 力が, 勉強が, 勉強の, 勝負は, 北海道開拓者には, 危難や, 友, 叔父様だ, 叛逆行為に, 古いもの, 史実は, 合理性は, 同情が, 同情を, 同情者は, 名は, 名前である, 味は, 呼吸もんでしょう, 命が, 哲学者に, 唖聾でございましょう, 善いお, 国で, 土民に, 地図よ, 場処は, 塒へ, 大人には, 大和魂っていう, 大姐, 大御心, 天国いいかえれ, 太平記の, 夫婦の, 夫婦愛の, 女は, 女神扱いに, 好みは, 妹な, 妹は, 妻は, 姉弟でない, 姫だ, 姿では, 姿と, 姿には, 姿も, 婆羅教は, 子だ, 子だろう, 子どもの, 子なら, 子みたいに, 字で, 学者じゃ, 孫の, 客, 宮本武蔵という, 尊王攘幕の, 小判だった, 小野小町は, 山岡鐵舟は, 工合, 左樣ならです, 市場の, 帆村はんが, 希いは, 平和が, 年が, 年は, 年齡を, 幸福といふ, 幸福に, 幽霊だ, 弓取の, 影響とは, 役者に, 得度もうけ, 御奉公, 復興が, 心は, 心情には, 心情的な, 心持を, 必要に, 快楽を, 怪人丸木か, 恋人の, 恋愛が, 恋愛は, 恐怖の, 悪人な, 悪人などは, 悪人にも, 悲しい気持, 意味が, 意味つていう, 意味での, 意味では, 意味の, 意味ほんとの, 意志は, 愛かしら, 愛です, 愛人は, 愛情だ, 愛情に, 愛情ほんとの, 戦の, 戦争が, 所を, 所在は, 所百種や, 手切金らしく思はれなかつた, 按摩か, 掉尾的大, 揺がぬ階級的土台, 散歩道といふ, 数では, 敵と, 文化には, 文学, 文学作品とは, 文学作品をという, 文筆に, 日本人かね, 明日の, 智識とは, 暗闇は, 最後に, 林檎だ, 根っこの, 欠伸の, 歌は, 正しい人間らしいいつくしみ合い, 正太君だ, 武士の, 武者修行と, 死に場所へ, 死地だった, 殺人が, 母では, 母と, 母なら, 母親に, 毛皮ぢや, 民主, 気持は, 気持を, 決心だろう, 河豚料理法は, 油地獄だ, 泥棒を, 活かし方, 海坊主は, 災難だ, 焔は, 無学文盲に, 無碍自在な, 無職武士が, 煙草を, 熊と, 父じゃ, 父で, 父ひとり娘ひとりの, 父や, 父母は, 父親でしょう, 父親と, 父親の, 父親は, 物らしい, 犯人が, 犯人は, 状態とは, 状況は, 狂人に, 独りぼ, 猪は, 獣の, 現実に, 理由を, 瓢箪を, 生きた生活, 生きた陶器, 生命力も, 生死の, 生活の, 生活は, 生活を, 生活絶えず, 用は, 田舎に, 甲刑事は, 男女の, 男女共学です, 男性を, 男性私は, 画かきが, 畜生たちを, 白鷹先生が, 盗ッ人を, 相は, 相場を, 相良寛十郎の, 相良寛十郎は, 眞劍さを, 真珠だ, 真紅は, 真面目さは, 真面目を, 矢では, 知己に, 知識欲って, 社会主義が, 社会苦との, 神經衰弱にか, 私と, 私の, 秘史で, 空想とは, 端っぽ, 答とは, 米を, 粟と, 精気が, 素姓を, 絵が, 総意を, 美人は, 美妙の, 美質といふ, 老練な, 考えかたが, 聲を, 職業は, 肉身愛と, 肚の, 胸など, 胸には, 能無しぢや, 脱出は, 腹は, 自分, 自分が, 自分たちの, 自分を, 自己の, 自暴の, 舞台芸術といふ, 船員たちであっ, 船長に, 良質それと, 芸とは, 苦しみが, 苦勞で, 茶を, 薄縁とも, 藪さんぢや, 藪さんは, 覚悟が, 親切を, 親子だ, 親戚に, 評價も, 試合などに, 話か, 話かう, 話しは, 話だ, 話だから, 話な, 話は, 話よ, 話スペインから, 課題は, 調理者は, 諷刺として, 謝肉祭が, 貧乏も, 贅沢部屋です, 贈物に, 起工は, 軍は, 農民で, 返事を, 逃げ腰に, 運命を, 道って, 道へ, 道を, 配流地出羽へは, 酒好きが, 野牛然, 長命という, 闘牛ゴウアウスの, 降雪では, 雁にも, 雪に, 雲霧が, 電話です, 靜とは, 靜寂が, 靜寂といふ, 領主でない, 頭を, 風邪だろう, 飛行機に, 馬であり, 馬の, 體に, 鹿の, 黄金虫で

▼ ほんもの~ (409, 15.6%)

7 のほう 6 のさよな 5 では, のお, のこけ 4 だったの, とにせもの, のよう, の仮面強盗, の四十面相, の黄金塔 3 そっくりに, だと, だよ, である, のぼく, の人間, の幻滅, の方, の警官, の魔人

2 [44件] かどう, がこの, だ, だから, だった, であいつ, であった, でしょうか, です, でどちら, なの, ならば, になっ, の, のお嬢さん, のさよ, のアレニウス, のクロ, の一郎青年, の中村係長, の乞食, の刀, の塔, の宝冠, の宝物, の愛, の明智, の明智小五郎, の殿下, の病人, の盗賊, の眼, の秋空, の豹, の貴婦人, の金, の金貨, の針目博士, の雪舟, の髭, の魔法博士, の黄金, の黄金怪人, よりはずっと

1 [239件] うそなどという, か, かい, かそれ, かどれ, かにせ, かにせもの, かは明白, かも知れない, かニセ, か二時間近く, か擬, があらう, がここ, が取っ, が襲っ, じゃ, じゃよ, そっくりだ, だか, だそう, だったね, だったらどう, だったらなお, だったら一二三四, だった場合, だつたら堪らないぜ, だという, だね, だろうか, だろうかなんて, ぢや, であったか, であったという, であと, であり全て, でないこと, でなく模造品, でも, で自分, というの, とおなじ, とすれ, とそっくり, とでは音, ととっ, とも見, とを問わず, と一致, と偽者, と入れかわった, と寸分, と寸分違, と少し, と比べ, と見誤った, ならなに, なら五千円, なり, なんで, になった, にならぬ, になり, になる, にはなる気づかい, には相違, にぶつかった, にみまがうこしらえ, に勝てる, に見る, に近い, のおまわりさん, のさる, のせみ, のと, のふたり, のやう, のオーケストラ, のグランド電柱, のコレラ, のジャック, のソフォクレス, のゾウ, のダイヤ, のピストル, のフィリップ殿下, のボロ, のポスト, のポラーノ, のポロニアス, のマユミさん, のライオン, の一室, の三途の川, の上さま, の下司, の下品, の不, の不良, の事件, の二少年, の五人, の井上君, の人造人間, の今井君, の仏像, の俗人, の候言葉, の僕, の僧, の元町通り, の兇悪, の出家, の出来る, の刑事, の剣, の勇気, の医者, の南瓜, の原文, の君, の呉羽, の国, の土佐絵, の土焼, の墓地, の外見, の夜番, の大きな, の妾, の姉妹, の孔明, の孫娘, の宝石類, の将軍家, の将軍家光, の山本さん, の巻煙草, の幾つ, の徒刑囚, の微笑, の怪物, の恐, の悪党, の悪党みたい, の悪性, の感じ, の新田先生, の旅行, の早春, の明智探偵, の林檎, の森, の概, の次官, の正体, の母性保護, の気違い, の泥棒渡世, の海蛇, の狼, の猿, の生きざる, の甲刑事, の甲府勤番, の百科事典, の目玉, の相良寛十郎, の看板, の眼球, の睫, の研究, の神主, の神尾主膳, の秘書官, の笠原さん, の箱, の素描着彩, の繭, の美術品, の老人, の腕, の色恋, の花, の葛の葉姫, の血縁, の血腥い, の護照, の谷博士, の貴族, の賢二君, の車掌, の運転手, の道化師, の部下, の都会, の門野支配人, の間, の阿呆, の階級的インターナショナル, の随筆, の雨傘, の青銅魔人, の預かり, の食事, の馬鹿意地, の馬鹿者, の魔人さま, の鳥, の鳶, の黒川記者, はたった, はもったいない, はズラリ, は土, は大理石, は床下, は角形, は違った, みたいに, らしい, らしいですね, らしく始まって, らしく思えた, らしく思へた, らしく描写, らしく見えるの, をえり分ける, をにせもの, をはじめて, を使わない, を売っ, を床下, を持っ, を盗みだし, を知らず, を見, を見わける, 工合が

▼ ほんたう~ (280, 10.6%)

16 のこと 7 の幸福, の神さま 65 のもの 4 のさい, のところ, の天上, の自分, よ 3 のふくらみ, のほん, の姿, の娘, はよく, は僕

2 [21件] かどう, かね, であつ, とも, のことぢ, のねうち, の世界, の事, の人生, の人間, の将棋, の幸, の愛情, の新し, の親善, は, はさ, は自分, をいふ, を云, を云っ

1 [159件] かうそ, かえ, かしら, かどちら, かなどといつた, かもしれない, かも知れない, か啌, か如何, でせう, と, とすれ, となつて, とは思はず, ともまあ, とも云, と云, なの, なのよ, のうそ, のうま, のお金, のきつ, のやう, のよ, のエライ人, のオーケストラ, のシルレル, の一番風呂, の主人, の主人ぢ, の事情, の人格, の仲, の伝統, の伝記研究家, の俳句, の兄さん, の公園, の劇作家, の勇気, の単純さ, の史実, の名前, の和尚さん, の唖, の国民, の坊さん, の大人, の奧底, の女らし, の好物, の妹, の姉さんみたい気, の嫩, の孔雀, の小判, の山陰, の平和, の度胸, の心, の心がけ, の悲しみ, の態度, の慾望, の持主, の支那人, の故郷, の文学者, の日本人, の来歴, の楽, の気心, の気持, の河, の泥棒, の父, の理由, の生肉, の田舎, の畫, の発句, の盲人, の盲目, の竜胆, の精神, の美人畫, の老年, の考, の聾者, の肖像, の自信, の舞台, の若, の苹果, の草鞋, の虚無, の見かけ, の詩, の講談師がまん前, の豫言者, の貝殻, の貴族, の資格, の趣味, の農村, の農民, の進み, の野原, の金貨, の関東節, の青年, の飜譯, の騎士屋, の鬼, の魅力, の鮨屋, の鶯, の鷹, はあたし, はあれこれ, はずつと, はそれだけ, はそれぢ, はそんなに, はたいがい, はたと, はどう, はなに, はまるで, はデストゥパーゴ, は三個, は久助君, は二百坪, は仏蘭西, は佐渡ヶ島, は何, は向, は坂本吉郎ツ, は坊主, は家, は怒つ, は斯, は斯ん, は明日, は母, は泣き出す, は海, は生れた, は直接, は真実, は眼, は空腹, は評判, は金公, は阿蘭陀人, をその, を言, 好い季節

▼ ほん~ (48, 1.8%)

4 した顔 3 あいて, いうと 2 いって, した表情, して, ぢや

1 [30件] し, したもの, したよう, した口調, した顔つき, せきを, むせた, 一声衆囂を, 乾咳を, 云ううつろ, 云うご, 体じゅうを, 反るん, 取り締りの, 咳き入りて, 咳き入る, 咳くの, 咳ばらいで, 咳ばらいを, 咳を, 咽び返る, 朝の, 構えて, 称する御嶽類似, 立停っ, 続けさま, 肺病患者が, 脊が, 言って, 遣るの

▼ ほん~ (32, 1.2%)

2 の方, の雨

1 [28件] か, が検査, だ, だつて偽物, であるいじょう, でしょうか, でないだけに, と見, なの, ならあの, になっ, のこけ, のカクテル・シェイカア, のドイツ将校, の万歳丹, の不具者, の写真, の刀, の剣魚, の區別, の大小, の天竜, の奴隷, の独逸将校, の猿, の白狐, の虎, は昔

▼ ほんとか~ (28, 1.1%)

2 嘘か

1 [26件] あのこと, いっ, おい, そりゃあ大変だ, それがらどう, それは, どうか疑, どうか訊きたい, どうか調べ, なぜだ, まちがいかは, わかりませんけれど, ア, ン, 三之丞, 入れ入るが, 嘘かは, 武士姿が, 民八, 疑って, 病と, 知ら, 知らと, 記載の, 試しに, 馬春堂と

▼ ほん~ (27, 1.0%)

2 梯子段を

1 [25件] いい機会, いんどくな, お月様, さうだつけ, さうぢ, さうどすな, さう思ふけれど, さう言, さし込んで, さよう, そう云え, ために, なって, まつたく無, よろしいな, わかれたあの, オーケストラは, 入って, 別れたあの, 姉さんは, 梟が, 生きたか, 生れて, 美しい内方, 飛んだ御

▼ ほん~ (20, 0.8%)

9 ほんと 3 ほん 2 ほん変な 1 ぶにな, ほんと咳こんだ, ほんに, ほん下からは, ほん咳き込み, ほん變な

▼ ほんたうだ~ (19, 0.7%)

5

1 [14件] がかあ, が精, それでたくさん, で, とは思ひます, と僕, と思つて, と思ひます, と思ふ, ほんたうだ, よう, よ君, わ, 確かに

▼ ほん~ (17, 0.6%)

2 馬鹿な

1 [15件] おじぎし, こと, こといわん, ことかなん, こと知らん, とこの, ところ立っ, また銭, もんわしらこそ, もんわたしら大丈夫どす, もん大丈夫やわい, もん手が, 事じゃろ, 事を, 力が

▼ ほんでも~ (13, 0.5%)

1 [13件] あれ生まれた土地, うるそう, かねは, せっかく今, まだ丈夫, 四年生まで, 女みたい顔してる, 帰って, 昨夜な, 朝っぱらから, 爺つあん, 金で, 長いこと

▼ ほん~ (13, 0.5%)

3 になっ 1 でどんなに, で叫んだ, で考へたら困るだらう, な仕様, な意地, にし, になつてお母さま, になり出した, には取らない, にも躍起

▼ ほんたうなら~ (10, 0.4%)

1 お前の, これからと, ごり, さうい, しかたない, ばこんな, ば今や, 僕は, 知つてゐた, 良寛といふ

▼ ほん~ (9, 0.3%)

8 ほん 1 父はんを

▼ ほんたうです~ (9, 0.3%)

53 とも 1

▼ ほん~ (9, 0.3%)

1 にお, にすみませんでした, にそう, に可哀そう, に失礼, に少し, に悲しゅう, に残念, に無意味

▼ ほんでは~ (8, 0.3%)

1 これで, ほら山芋, 俺も, 俺ん, 市平俺は, 汝あ, 父も, 父俺毎月五円ずつ

▼ ほん~ (7, 0.3%)

2 うたてたか 1 か, てば, はら, はら一品, よ末

▼ ほん~ (6, 0.2%)

1 にさがし, になさらない, になっ, に彼女, ょがあるらしい, ょには

▼ ほんたうだらう~ (6, 0.2%)

21 とは直感, と思はれた, な, よ

▼ ほんものの~ (5, 0.2%)

3 むっつり右門 1 大きさ, 気ちげえ

▼ ほんやくし~ (5, 0.2%)

1 て, ていきました, ている, てほしい, てもらう

▼ ほん~ (5, 0.2%)

1 つくるの, のせて, 作り各, 設けて, 造つて居る

▼ ほんしん~ (4, 0.2%)

1 だったの, でご, でございますとも, ではあるまい

▼ ほんぞん~ (4, 0.2%)

4 かけたか

▼ ほんとして~ (4, 0.2%)

1 お姫様を, ろくろく返辞, ゐる作家, 茫然せざる

▼ ほんとも~ (4, 0.2%)

1 うそも, 何も, 嘘も, 本当昨夜で

▼ ほん~ (4, 0.2%)

1 が確か, だつた, であらう, でさうかと

▼ ほん~ (4, 0.2%)

1 か偽者, のゴロツキ, の攘夷家, ばかりでなく

▼ ほんたうな~ (3, 0.1%)

1 ことかも, のか, のだ

▼ ほん~ (3, 0.1%)

1 ある宮中, 数えるほどしか, 生きるだけの

▼ ほんまで~ (3, 0.1%)

2 ござります 1 納める人

▼ ほんやく~ (3, 0.1%)

1 ことばは, できたら, などをし

▼ ほんたうで~ (2, 0.1%)

1 はない, 半分は

▼ ほんたうである~ (2, 0.1%)

1 ことを, とすれ

▼ ほんたうでございます~ (2, 0.1%)

2

▼ ほんたうでない~ (2, 0.1%)

1 といつ, 浅薄である

▼ ほんたうらしい~ (2, 0.1%)

1 ものを, 嘘だ

▼ ほんちょっと~ (2, 0.1%)

1 しかあれ, の間

▼ ほんでもな~ (2, 0.1%)

1 ああし, 天気が

▼ ほんとじやない~ (2, 0.1%)

1 か, か二人

▼ ほんには~ (2, 0.1%)

1 あお有難うご, だかは

▼ ほんのろ~ (2, 0.1%)

2 づきお

▼ ほんほん~ (2, 0.1%)

1 それではこれ, よう降りよる

▼ ほん~ (2, 0.1%)

1 く二円, のすぎるくらゐであつた

▼ ほんやくがかり~ (2, 0.1%)

1 としてくわわる, としてつとめる

▼ ほんやくされ~ (2, 0.1%)

1 ています, ている

▼ ほんやくする~ (2, 0.1%)

1 からそれ, ことも

▼ ほんよう~ (2, 0.1%)

1 そう云う, 降りよる

▼ ほん五分~ (2, 0.1%)

1 ぐらいのあいだ, に生

▼ ほん~ (2, 0.1%)

2 なせき

▼ ほん~ (2, 0.1%)

1 かでたらめ, だての

▼1* [105件]

ほんあまりえろうて, ほんありがた山, ほんいけんのう, ほんいでないけれどもゆみ, ほんうれしそうじゃった, ほん知ら, ほんきであなたが, ほんきで走ったらたちまちいきすぎ, ほんここはようない, ほんょ, ほんじゃないの, ほんじんはかの, ほんぢで, ほんすじにはいる, ほんせんのうあります, ほんそうでありますのう, ほんその時の, ほんそれがよろし, ほんそれではこれじゃろう, ほんたうならたとへ二日, ほんたうなんですよ, ほんたうらしかつた, ほんたうらしく地図やら, ほんたうらしく書いてゐる, ほんたうらしく見せかけるのには, ほんたうらしく話してやる, ほんたうらしく起り得るらしくあり得るらしく作中の, ほんだらめ, ほんだらやな, ほんちょっとした器具さいあったら, ほんですか, ほんでもねモセ嬶様, ほんという罪を, ほんとかとか南樺太にも, ほんとのこツと思われ, ほんとのなお能, ほんどうしていいやら, ほんどき旅費も, ほんなしにお前, ほんなども心得ありて, ほんなりとも読んで, ほんなんか自分が, ほんねを語りあったという, ほんねんのかねは, ほんのちょっぴりうしろにむきかけた女の心, ほんのちょっぽりしかついていなくてすぐ手足みたい, ほんのべん当肩, ほんし, ほんのわるい, ほん懐しい便り, ほん即大, ほんべとなつた, ほんほん子供はすき, ほんもうでござります, ほんもとはなんとなく, ほんものの怪老人があんなにやすやす, ほんおもちゃの, ほんやくさせられましたがイギリス, ほんやくしたところが, ほんよう喧嘩をし, ほんよろしうありました, ほんよろしいがな, ほんサンザンな目, ほんとうに済まない, ほん一時間ぐらいのあいだ, ほんからはぶうぶう, ほん不自由させつめて, ほんに故, ほんの上, ほん俵鎌倉海老などいずれ, ほん俺ら恥しいの, ほん内証の集り, ほん切り落しただけで, ほん咳き込みながら毎日イギリス, ほん団子だと, ほん困りじゃのうあんた, ほんでは風, ほん難儀いのう, ほん大切にし, ほん好きだしてなあの, ほん始めましたばかりで, ほん子供はすき, ほんでオリヴァ・ギャレット, ほんの合せ研, ほん弱いやッちゃ, ほんにて邪宗, ほんの氣遣, ほんの頃, ほん東京であんな, ほん案小説に, ほん気の毒でありますよ, ほん泣きかうそ泣き, ほん深切にし, ほん物かいか物, ほん獅子舞ひ蓮華, ほんには解るまい, ほん美味そうな, ほん色白の京, ほん若旦那様に至急, ほん裳裾と火, ほん読むと生きる, ほんな咳さ, ほん降りになりました, ほん面白いの, ほん食事の御