青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ひとり~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ひだ~ ひっそり~ ~ひつ ひつ~ ひで~ ~ひと ひと~ ~ひとつ ひとつ~ ~ひとり
ひとり~
~ひどい ひどい~ ~ひどく ひどく~ ひな~ ~ひない ひない~ ~ひま ひま~ ~ひました

「ひとり~」 17013, 169ppm, 618位

▼ ひとり~ (3169, 18.6%)

24 歩いて 21 あつた 15 きめて, 住んで 14 酒を 13 笑って 12 やって, 帰って, 泣いて, 行って, 遊んで 11 何か, 寝て 10 勝手に, 考えて 9 ひがんで, 立って 8 悦に入って 7 いると, いる時, こんなこと, それを, 出て, 感心し, 自分の, 興奮し, 行くの, 顔を 6 いて, いるとき, いるの, こんなところ, しゃべって, 机に, 気を, 留守を, 苦しんで 5 出かけて, 呟いて, 坐って, 暮して, 生きて, 考えました, 苦笑した, 静かに

4 [27件] いた, いって, ここへ, しょって, そんなこと, はしゃいで, ぶつぶついっ, やつて, よろこんで, ゐること, 例の, 喜んで, 悦に, 旅に, 来ちゃ, 東京へ, 歩くこと, 歩くの, 涙を, 爪先立て, 町へ, 笑った, 背負って, 腹を, 顔が, 食べて, 食事を

3 [61件] あそんで, いい気, いること, うなずいた, うなずきながら, うなづいた, お帰り, お酒, か, じっとし, すわって, そこへ, どこかへ, どこへ, のみこんで, ぼんやりし, やって来て, やれ, トランプを, ドアを, ビイルを, モスク, 仕事を, 何処かへ, 働いて, 働きます, 入って, 動くはず, 喋った, 夕飯を, 外へ, 山の, 平らげて, 店を, 思った, 或る, 手を, 放って, 散歩に, 暮らして, 森の, 楽しんで, 死ぬなんて, 泣いた, 注いで, 浜へ, 涙が, 生活し, 留守番を, 笑う, 笑ひだした, 考えこんで, 興に, 行く, 見て, 観て, 逃げて, 遊びに, 道を, 部屋の, 首を

2 [203件] いつまでも, うなづいて, おりて, お寺へ, お金を, からま, かんがえて, がぶがぶ酒, くすくす笑, くすくす笑い, くすくす笑っ, くすくす笑った, くすくす笑つて, くよくよ考え, こうし, ここで, こっそりと, ごはんを, さかんに, さきに, しづかに, しよんぼりして, すねて, そう思っ, そこに, そこの, そつと, たくさんだ, たくさんです, ぢつと, つづけた, つぶやいて, てれて, とびこんで, なにを, にやにやし, はしゃぎながら, ひっそりと, ふらふらと, ふらふら外, ほかは, ほほえんだ, まって, もがいて, やきもきし, やる, やるから, やること, ゐるとき, クスクスと, コップ酒を, チビリチビリと, ビールを, ブツブツいい, 上に, 世話を, 伝六が, 住むこと, 何も, 何を, 便所へ, 先き, 先に, 再び下谷, 出かけたの, 出掛けて, 出掛けるの, 出歩いて, 切ながっ, 力んで, 勉強してる, 動いて, 動くの, 動くわけ, 勝手な, 占領し, 参ります, 取りしきって, 口笛を, 呑んだ, 呑んで, 呑んでは, 呼んで, 喋って, 喋つ, 喋りひとり, 噴き出した, 噴き出したやう, 妙に, 孤独に, 学校へ, 守って, 寝るの, 小さい影, 尾行した, 居て, 居られるの, 山へ, 帰っても, 帰る, 帰ること, 帰れ, 広い場所, 座を, 彼女の, 微笑し, 微苦笑する, 心得ながら, 必死に, 忙しがっ, 忙しそう, 怒つて, 怪談を, 悩むこと, 悶えて, 手に, 散歩し, 散歩した, 散歩を, 新聞を, 旅行を, 晩酌を, 暗闇で, 朝食を, 来たこと, 来たの, 来たら承知, 来る時, 東京に, 東京の, 枕もとの, 林の, 校庭を, 森へ, 歩かうと, 歩きながら, 歩き出した, 歩くと, 死ぬつもり, 死ぬの, 死ぬる, 死んで, 残して, 江戸へ, 池の, 決めて, 沢山だ, 泣き暮したいの, 海の, 海岸へ, 淋しさ, 満足し, 烈しく烈しく私, 片づけて, 物案じを, 狂人の, 玄関から, 甲府へ, 町を, 番を, 眺めて, 私は, 空うそぶいたり, 空想に, 笑いだした, 笑い出した, 笑ひ出し, 節が, 籐椅子に, 置けば, 考えごとを, 考へて, 考へました, 肩を, 肯いて, 若くして死んだ, 茶を, 行かして, 行きますから, 行くわよ, 行ったほう, 調べて, 赤面し, 走って, 辿つて, 遊びました, 部屋に, 部屋へ, 部屋を, 門を, 闘って, 降りて, 陳列戸棚の, 離れて, 雨に, 顏を, 風を, 飛んで, 食って, 食べる, 飯を, 飲んで, 馬車に

1 [2078件 抜粋] ああかう, あがって, あた, あっちこっちと, あなたを, あの広い, あまり大振り, あらうが, あれを, あゝ言, いいといった, いかうと, いくら力持ち, いそぎ足に, いたがるの, いたんですか, いつのまにやら, いらして, いられるという, いるとね, いれば, いろんな事, うごいてるの, うつくしいこえ, うなずかれる場合, うなって, うれしがっ, うろつき廻り, おいといたの, おかしがる, おきて, おこなった, おじぎなんか, おとなしくしてる, おぼえるもん, おやり, おるす番, お墓, お死に, お見え, お遊び, かえってき, かけられた, かぷっと, からだを, がんばつて, ぎしぎしと, くすくす笑つた, くっついて, くるの, ぐったり横坐り, こういうこと, こうして奮闘, ここに, こしらえたよう, こっそりお, こっそり松島, こつこつと, こと, この儘此処, この山奥, この木賃, この部屋, これだけの, ころがったわけ, こんな事, ござりまする, さう, さけんで, さびしがります, さまざまの, さわいで, しきりに将棋, しくしく泣い, しゃべった, しゃべりつづける, しよつて, じぶくれば, すすり泣きの, すなわち自分, するすると, ずいぶん泣い, せしめたらこんな, そういうよう, そう可, そこでお話, そしてひとり, そのうわさ, そのへん, その借金, その同じ場所, その岩乘, その親, それくらい, たえて, たずねて, たばこを, ため息を, ちかごろ急, ちゃんと生ん, つがい目が, つけるだろう, つまらなさ, であった, とても秋三, とんでもない, どう立ち上ろう, どこを, どなり声を, どんどん走りだした, なあ, なしに, なにもかもお, なれるの, にこにこし, にやにやと, にやにや笑った, ねむって, のしを, はしって, はじける, はりきって, ひっしょって, ひどく狼狽, ひょっこり見舞い, ふたり分の, ふらりと, ぶつぶつ言, ぶら, ぷんぷんぷんぷん言い, べらべらやっ, ほくそ, ほどけて, ぼそ, ぼつねんとして, ぼんやり痩せ, ぽつんと坐っ, また一方, まわって, むこうの, めそめそ泣き, めでたがって, もっとさき, もの凄いほど, やったの, やってては, やっとこ着物, やられるもの, やるその, やれっ, やろうと, ゆっくり睡っ, よいよう, よくした, よし, よろしいな, わけの, わるびれた気持, ゐて, ゐねば, ゐると, ゐる時, インチキカフヱーで, ガマガエルみたいに, クックッと, コックリし, サン, ジャブジャブやっ, スケッチブックを, ズンズン川を, チビチビと, ドノバン君が, ニヤリと, ハラハラし, パイプを, パンが, ブウルジェなどの, ブラブラなり, ホクつい, ポクポク降り, ポツンと, モソモソ食べ, リンピイの, 一万両を, 一時間を, 丁度二度目の, 三度めとは, 上まで, 下手な, 両手で, 主謀者みたいに, 事に, 事足るふき, 二本あやつる, 二階へ, 京町二丁目の, 介抱し, 仰向, 伊賀屋へ, 低徊する, 何だか心, 何事をか, 作州牢人の, 俯伏したら, 借り切った海, 働きながら, 先へ, 光って, 其処で, 冬子はた, 処分した, 凱歌を, 出かけようぜ, 出るみて, 出来ること, 出歩くもの, 切り廻しいろいろ, 刑の, 剣を, 力んだ, 勉強し, 動きだしたり, 動くやう, 医学の, 南伊豆の, 占領した, 参ったとな, 参詣に, 口に, 叩きながら, 可憐な, 右へ, 君の, 吹き出した覺, 呟いで, 味気の, 哄笑し, 商売を, 喋りだした, 喚いて, 嘆き悲しん, 四つの, 困るならおれ, 国香が, 埋めに, 声を, 夕影の, 外国へ, 夜みちを, 夜釣りに, 夢にでも, 大はしゃぎだ, 大丈夫よ, 大喜び, 大手を, 大笑, 大股に, 奈良に, 女房も, 好きな, 威張って, 孕むなぞ, 宇宙の, 宝石を, 実験小屋に, 家へ, 寂しいだろう, 寂しくたたずん, 寂と, 寝かして, 寝るん, 寝部屋, 将棋を, 小石先生に, 少し神経衰弱的, 尾行し, 居るため, 居酒屋の, 山の上の, 崖の, 左の, 市内から, 帰ったの, 帰りの, 帰るであろう, 帰るまいと, 年寄りの, 広い多摩川べり, 庭さきに, 廊下を, 弓の, 引っ担いで, 弱って, 弾んで, 当惑する, 彼女たち五六人を, 待って, 得意に, 微笑んだ, 心得ひとり, 心細さ, 忍耐し, 思い出しては, 思い立つという, 思ふね, 恋も, 恐悦し, 悦びつつ, 悲愴がって, 惣兵衛氏は, 感服する, 慷堂を, 懐しがっ, 戦って, 手広いりんご畑, 承知してる, 拭けるわね, 持てるはず, 探したらいい, 擔つて來た, 放浪したい, 散策を, 斑に, 新宿の, 旅する, 日本中が, 昇って, 時でもね, 暗い海, 暴れ出したん, 最もよく栄える, 朝から, 未だ選手, 本郷五丁目の, 来いという, 来つづけて, 来られ写真師, 松かぜの, 桜いろ, 森蔭の, 楽しむこと, 橋を, 此処へ, 歩き回りました, 歩けました, 歯噛みを, 死に, 死ねなければ, 死んでは, 毎日あんな, 気味わるい, 水の, 決めると, 汽車に, 法隆寺へ, 活動小屋には, 浮かり笑った, 浴場へ, 消えたので, 涙ぐみながら, 淋しいのね, 淋しく暮さね, 清めたそれ, 渓流の, 湖に, 激しく泣いた, 炉端の, 無名沼まで, 無鉄砲に, 煩悶を, 燃えて, 片隅に, 牛肉を, 物思ひ, 独房に, 玄関へ, 生えた葉鶏頭, 生き出して, 生れた経験, 生活の, 甲斐が, 男と, 番町とやらへ, 痛みを, 盃を, 直るよう, 眠つた, 眺めずに, 着物も, 石蹴り, 研究室に, 祖父の, 神田和泉町の, 秘密を, 空中に, 立ち上がると, 立ったの, 競馬場へ, 笑いながら, 笑い出したくなるよう, 笑つてゐた, 策動し, 約束した, 結へ, 綱を, 縁の, 縁日に, 縮れて, 考えたの, 考え込んで, 考案し, 肯くと, 背負いきって, 背負つて居られた, 脊負せられた, 膝の, 自己の, 自由で, 舞ひ, 船には, 芥川賞を, 苦しみあてどなく祈りジョルジュ, 苦笑致し, 草履を, 落着い, 蒼くなっ, 虫は, 行き難けれ, 行くこと, 行くよりも, 行け, 行ける, 行っちゃったん, 行つて来ん, 街を, 裁縫など, 褄を, 見つけて, 見出すの, 覚悟を, 言い間違えて, 計らうこと, 詠嘆の, 話しよく, 読みなおして, 読めた, 誰にも, 請地の, 議論し, 貞女暮しは, 貰い歩い, 買つて来られる, 贅澤な, 起きた方, 超然と寝, 足の, 踊る, 踏み出すほどの, 蹣跚の, 車は, 近づくの, 退屈だ, 逃げこむほか, 逃げ出して, 途が, 逢うと, 遊ぶよりは, 運んだので, 遺産の, 酒飲みにな, 野原に, 金網室の, 鎌倉へ, 門ぎわに, 閉籠って, 開拓し, 降りるん, 隅の, 隠れん坊なんか, 雀焼きという, 雲こい, 青くなっ, 面白がって, 音頭を, 頷きますと, 頼んで, 飛びだして, 食ふ, 食べちや, 飮むかえ, 飲みひとり, 飲む気, 餅を, 駆けつけると, 騒いだり, 騷いでゐる, 高原を, 鳥銃を, 鹿ヶ谷まで, 黙つて心配相

▼ ひとり~ (2899, 17.0%)

138 男が 58 少年が 48 女が 40 警官が 25 男を 23 人間が 22 刑事が 21 老人が 20 男の 17 女の 16 胸に 15 青年が 14 力で 12 ために, 男は, 紳士が, 若い男 11 子どもが, 子供が 10 人間の, 力では, 女を, 娘が, 男と 9 ほうは, 少女が, 警官は 8 女に, 店員が, 部下が 7 ものに, りっぱな, 女は, 少女を, 少年を, 手で, 潜水夫が, 老婆が, 若い女, 骸骨が 6 ほうが, もので, 人の, 労働者は, 女性が, 客が, 少年の, 手に, 旅人が

5 [12件] じいさんが, みょうな, 命を, 大学生が, 娘の, 婦人が, 男に, 百姓が, 童子が, 者が, 若い娘, 若者が

4 [28件] おばあさんが, ときは, むすめ, やつは, 人を, 人物が, 人物を, 人間を, 兵が, 大将が, 奴が, 娘を, 子は, 少年に, 年とった, 心の, 方が, 暴徒が, 母に, 王様一文銭に, 生活を, 男, 男の子が, 神様ひとりの, 背広の, 自分の, 警官の, 部将が

3 [59件] おまわりさんが, ための, もの, やうに, 人, 人にも, 侍が, 先生が, 兵士が, 労働者が, 君なら, 大将を, 大男が, 女と, 姉を, 娘とが, 婆さんが, 子が, 子を, 家庭である, 将校が, 小僧が, 少女の, 少年, 少年は, 敵が, 方は, 旅人を, 書生の, 武士が, 武者が, 火の, 王さまが, 生徒が, 町人が, 眼に, 神々しい白いきもの, 罪人を, 美しい女, 美女が, 者に, 者の, 肉親の, 背の, 胸の, 船員が, 色の, 若い店員, 若い者, 若者を, 虚無僧が, 親の, 記者が, 警官と, 警官を, 身の, 身を, 連れが, 青年に

2 [190件] いわばわがまま, おとこ, お侍, お姫さまは, お百姓さん, かわいらしい少年, こして, こじき, これは, しょうねんが, せびろの, ときに, はずだ, ばあさんが, ふしぎな, ほんたう, ほんとうの, ぼくが, ま, まっ黒な, ものだ, ものであったら, わがみ, カニ怪人が, ギリシアの, サーカス団員が, ポールは, 上, 世界を, 中間が, 乞食が, 人が, 人である, 人に, 人は, 人影が, 人影も, 人間だった, 人間として, 人間に, 仕合せの, 侍の, 侍は, 修羅な, 個人に, 偉人が, 僧が, 兄が, 先客が, 児を, 兵に, 兵は, 兵士と, 分が, 刑事を, 力じゃ, 力に, 助手が, 勇士が, 勇敢な, 十七八の, 原住民が, 原士, 友人も, 君に, 哀しき父, 城兵も, 壮漢が, 声が, 大きな男, 大将は, 大法師, 天使が, 天狗が, 奇怪な, 女で, 女として, 女の子は, 女給が, 妙な, 妹が, 妹の, 妹も, 妹を, 姉が, 姉の, 姿を, 娘と, 娘な, 婆さんは, 子では, 子の, 子も, 客を, 家が, 宿命の, 将が, 小さい人, 小さい女の子, 小侍, 小坊主が, 少女ある, 少年でした, 少年です, 尼が, 巨人が, 市民が, 弱い女, 影が, 恋人を, 悪漢が, 意見で, 捕手が, 料簡で, 方へ, 明確な, 時に, 時は, 書生を, 槍騎兵の, 武士の, 武将が, 母, 母が, 母を, 気の, 法師が, 洋服の, 浪人者が, 浮浪少年は, 淑女の, 父と, 爺さんが, 生徒に, 田舎者に, 男から, 男も, 異様な, 白衣の, 眼の, 知人も, 神に, 空想を, 立上る, 紳士の, 紳士は, 紳士を, 経験に, 給仕が, 美しい人, 美しい婦人, 美しい少女, 美しい少年, 美人が, 美女を, 美男の, 翁が, 老人でした, 老僧, 老女が, 老婆は, 老婆を, 老母が, 老紳士, 老翁が, 考えで, 考えでは, 考えに, 者, 背に, 自分を, 若い漁師, 若い芸妓, 若ものが, 西洋人が, 詩人が, 警官でした, 警官に, 責任の, 踊り子が, 身に, 近親は, 通行人は, 運動の, 部下に, 部下の, 部屋といふ, 隠退生活を, 青年とは, 青年を

1 [1418件 抜粋] ≪お得意さん≫が, あやしい人物, ある服, あんたを, いさ, いつも眠, うしかいが, うす鼠色, おかたは, おかみさん, おそろしいやつ, おとなの, おばあさんと, おまわりさんの, お勢ちゃん, お婆さん元気な, お子, お客様だ, お方は, お茶坊主, お部屋, からだを, かわいい妹, が答えた, きみが, きれいな, くらしに, こ, こさず討ちとって, こされて, こった運転手, ことじゃ, ことである, ことを, こりぬ七十路, ごていしゅ, しまりなき, しょうぼうしが, じぶん, せいの, たい焼き屋が, ためでは, ため右翼は, つまらない考え, とがめる者, ときには, ところに, のは, はだしの, ひいさま, ふとった女給, べつ幕なし, ほうに, ぼくだって, みこみを, むなさきを田楽刺しに, ものでなく, ものよ, やうです, やつが, ようでございまする, ろうじんが, わかい農民, アイヌも, アレキシスは, ォこった, グリーンランド人が, コレラ患者の, チンピラが, ディレッタントが, ハルトマンを, ピーターは, フランシスカンに, プッチオ・シヤンカートなる, モティーヴが, ルヰザは, ロロー殿下を, ヴィーナスを, 一郎さんが, 三人連れが, 下に, 下婢を, 下男を, 不幸な, 世界が, 中学生が, 中流市民であった, 主僧, 乗客が, 乞食の, 争いです, 事の, 事務員に, 人で, 人なら, 人はじめて, 人命を, 人形が, 人物たとえば, 人物に, 人間じゃ, 人間でしか, 仇では, 仕事, 代議士に, 会員が, 伜が, 伝令が, 伴を, 作家が, 作男が, 使者では, 侍女に, 侍臣に, 供では, 信長公を, 倅は, 偉丈夫が, 傍観者ひとりの, 働きには, 僧は, 儒者ふうの, 兄を, 先生に, 八木さんは, 公卿とを, 六十あまりなる, 内しよ, 冬, 処女の, 刑事さんが, 刑事には, 刑事や, 制服の, 力だけ, 力には, 助かったの, 勇士荘田君の, 動坂の, 医師の, 十五郎へ, 卑怯者も, 原住民を, 友だちで, 友に, 友をも, 友僚か, 友達を, 叔父の, 口だけでもか, 古い日本, 可哀, 台所で, 同僚の, 同志を, 名で, 名前が, 否か, 味方と, 和子をも, 商人が, 問題でなく, 善人だ, 四国遍路の, 国民兵が, 園丁が, 坊やが, 場合でも, 場合は, 士が, 壮士は, 声は, 外套を, 夢想家すなわち, 大いなる貴き, 大人でも, 大工が, 大男の, 天使その, 天使船を, 天地に, 天狗は, 奉公人を, 女では, 女なる, 女の子に, 女わが, 女中さんが, 女人の, 女友達, 女子を, 女工が, 女性に, 女患者, 女給さんが, 好人物と, 妹です, 妹アグリパイナにこそ, 妾を, 始末さえ, 姪が, 姿だった, 娘さんは, 婢が, 婦人との, 婦人を, 子どもも, 子供でも, 子供四つに, 学生が, 学者が, 孫を, 客, 客も, 家臣が, 寝て, 寧子を, 寺男に, 将の, 尊き淑女天, 小さい男の子, 小さな少年, 小さな黒い, 小倉の, 小姓に, 小学生が, 小町を, 小間物屋の, 少女に対して, 少女子に, 尾張屋で, 山伏が, 山友達を, 巡査と, 左慈が, 巨大な, 帰館は, 年よりの, 年増女を, 幸不幸で, 幸福の, 幻想のみ, 店主に, 庶子の, 弟子として, 強い者, 彼を, 後輩へ, 徒然を, 従者を, 御有様, 心で, 心生活によっても, 怜悧な, 思いつきだった, 思ひを, 怪しい男, 怪人が, 怪我人も, 恋人であった, 息子と, 悪党トッドは, 意想の, 愛人でも, 愛憎の, 感情では, 慷堂は, 懐中に, 成れの果てで, 戦士が, 所有に, 手では, 手下が, 承諾で, 捕虜の, 描く花蓮, 支那人が, 放免囚徒が, 救世軍士官が, 敵, 敵も, 料簡か, 新婦について, 方のびのび, 旅であった, 旅人か, 旅人は, 旅僧は, 旗本は, 日本人といふだけの, 日本女の, 時, 時間という, 暗さ, 暮らしには, 暴徒とは, 暴徒は, 書生が, 最も美しく, 有名な, 朝の, 末裔と, 村議が, 柳橘が, 楠木正成を, 権大納言, 權能ある, 正直な, 武士い, 武士らしい, 武者にも, 武装した, 死ぬ人, 死場所を, 殿様が, 母だの, 母親には, 毒々しい女, 気ままな, 気持ちを, 水夫が, 水夫は, 法師武者は, 法院長と, 注意を, 浪人風の, 浮浪児の, 海女が, 淑女あら, 淑女來り, 清国人を, 湯ぶね恋ふる, 漆掻き, 潜水夫の, 火, 火を, 為めに, 無電技師は, 牧者來れ, 物に, 犠牲者が, 狂人の, 獄卒は, 甘い女, 生命くらいは, 生死を, 生活苦は, 生贄を, 甥など, 由子に, 男す, 男で, 男に対する, 男の子を, 男兒彼れ, 男来り, 画の, 留守を, 番頭だけは, 異人と, 異性への, 病人を, 瘋癲人が, 発明らしき, 白い女, 白痴に, 百姓の, 盗人を, 盲目が, 看護婦を, 眼が, 知己を, 研究に, 神官手に, 禿は, 私の, 私服の, 秘かな, 空中戦です, 童子も, 竹童を, 米とぐ, 紛失が, 経験から, 編輯部員に対して, 罪ある, 罪である, 罪に, 美しいむす, 美しい若い女, 美少女を, 美少年を, 翁ゐたる, 老人を, 老兵ありき, 老婢わが, 老嬢を, 老母しか, 老母の, 老画師, 老臣は, 考ふべき, 者であろう, 者み, 聖なる淑女, 聲高く, 肉親である, 肩に, 胃の腑の, 背広姿の, 能力のみ, 腹切って, 自分が, 自殺には, 興奮した, 船頭が, 艶や, 芸では, 芸術家も, 若い仕事師, 若い修行僧, 若い公家, 若い士卒, 若い女中さん, 若い尼, 若い旅びと, 若い詩人, 若い頑丈そう, 若僧, 若者は, 范蠡が, 草履取だけ, 落武者が, 著者を, 行動は, 行者です, 装束の, 覆面が, 見しらぬ男, 見識らぬ, 親友が, 言ばかり, 訪問客も, 詩の, 話し相手を, 警官だけは, 警官には, 警官追いかける, 警部補が, 貌麗しい, 貧しい老婆, 責任でも, 貴婦人へ, 賑わいと, 赤んぼうを, 趣味の, 路を, 身の上に, 身よりも, 身内が, 身清, 軍曹が, 輦舎人は, 農夫の, 近習が, 透明怪人にさえ, 通行人も, 造りごとの, 遊女香爐を, 過失も, 道化師でした, 違つた女で, 邪推か, 邪魔者が, 部屋では, 部屋を, 酌女に, 酒を, 重さ位, 重役に, 金の, 銀色に, 長髪異風な, 門生が, 閨に, 附添ひ, 電髪婦人を, 青木は, 頭で, 頼りに, 顔役は, 願いごとを, 飲酒は, 騎馬の, 高士が, 麗人の, 黄金怪人が, 黒マントが, 黒具足が, 鼓手が

▼ ひとり~ (938, 5.5%)

11 いう 10 いった 8 言いました, 言った 7 いいました, 答えた 6 何か, 答えました 5 そこに, 云った 4 いうと, それを, とんきょう, 大きな声, 大声で, 答えて 3 いって, さけびました, そういっ, たずねた, 声を, 懐中電灯を, 来て, 知って, 立って, 訊いた

2 [47件] いえば, いる, こたえました, さけんだ, すぐに, そう言っ, それに, どこからか, どなりました, はいって, ふいに, ほかの, やっと通れる, ドアを, ハッと, 一本の, 三人の, 乗って, 云い出した, 人類の, 俺の, 出て, 午後十時ごろに, 叫んだ, 呟いた, 好い, 小石に, 帰って, 彼の, 急いで, 息を, 教えた, 椅子に, 正義的な, 渡る, 特別に, 犠牲に, 留守番を, 私を, 縁側に, 縁側の, 芒の, 行き戻りつつ, 訊ねた, 飛んで, 飲むの, 駈けぬけて

1 [717件 抜粋] あった, あても, あとの, あとへ, あの夫婦, あれは, あわてて, いいだしたとき, いいますと, いきせききって, いきせき切っ, いけば, いちばんえらい, いった一同, いつでも, いつまで, いなくなったからと, いは, いるばかり, いろは屋を, うけながら, うしろから, うしろを, おかしそう, おけしょうを, おらば, かう云, かぎあなを, かくれんぼの, かけだして, かけよって, かってな, からかいますと, からかうよう, がさがさと, がんばって, きつと, きて, きのどくそうに, くまんば, くやしさうに, くるいまわる手斧, こういう秘密, こうさけぶ, こうやっ, こう言っ, ここに, ここの, こころみに, こっちの, この世界中, この八月, この大任, この家, この小屋, この連中, この間から, ごく簡単, さう云, さきに, ささやいて, ささやきました, さっそく電話, さみしうなる, しかるよう, しゃべって, じつにもっとも, じぶん, すぐいいつけた, すぐはい, すぐ出, すぐ彼, すぐ明智先生とけいさ, すさまじい気合い, すずの, するの, ずかずかと, そういった, そう傑出, そこで, そっと進言, そっと野上君, そのうしろ, そのまま声, そのめずらしい人間らしい, その一本, その中, その背中, その膳, その黄金, そばに, そばへ, それに対して, そんなこと, たしかに武田勝頼, たずねました, ただ寝る, たのみの, たまらなくなっ, ためいきまじり, だまれば, だれであった, ちがったところ, ちゃんと待ち構え, ちょっとあ, つい口, つかつかと, つかんだ鈎綱, つぶやきますと, つまらなそう, てんだ, てんに, とちゅうでとどまった, とびあがるよう, とりしきって, どうした, どうじたばたし, どなった, どなりかえしました, なか, なぐさめ顔, なにかさけんだ, なんで漢朝, にれの, ぬけだしたかと, のこって, はしごの, はしりながら, はっとした, ばらばらと, ぱっと懐中電灯, ひと様の, ひどい罪人, ひょいと, ひらいたドア, ふくれ面, ふしぎそうに, ふしぎで, ふところを, ふところ手の, ふと俊基, ふと空, ふりかえった, ふりむいて, ふるえ声, へんな, ほうちょう, ほとんど聞きとれない, ほれば, ぼんやりと, また俄, まっすぐに, まふたつ, みんなに, めずらしがっ, もたついたの, やうやく思ひだした, やっとそこ, やっととおれる, やっとはっ, やるの, よろしい雑草, るいである, わたしの, わっと, アサヒ屋を, イスから, エゾウバユリや, ガラスの, ガンたちに, クマの, クヨクヨと, サイン帳を, スイッチを, タレを, チョコレートを, デンマークの, ニュッと, ニールスの, ハンドルを, バスの, パッと, ピストルを, ピンヘット, ポケットから, ポンと, ムク, ムクムクと, ワッと, 一日歩い, 一歩すすん, 七兵衛の, 三人前五人前の, 三十分くらいずつ, 三年まえ, 上に, 下から, 不参加だ, 不用意に, 中で, 二十面相の, 二本の, 云い放つと, 云うと, 云つた, 云つてゐる, 五つ六つかたまっ, 人質にでも, 人身御供に, 今井君の, 今日の, 他の, 代わって, 伊那丸を, 伝えると, 低くつぶやく, 低声, 住んで, 何を, 何人もの, 供を, 倖せ, 偉くて, 僕を, 元気よく, 先づ起出, 先へ, 八幡堂という, 公文書の, 其の夜, 出した名刺, 出入りできる, 副使, 力まかせに, 劣って, 劣つてゐる, 務めを, 十数人に, 半弧, 原始林の, 去りまた, 又かう話した, 又四郎だった, 友だちらしい, 反問した, 取り残されたらいよいよ, 受取ったの, 口ぶ, 叫びざま怪物の, 叫びながら, 叫んだかと, 台所から, 叱ッ, 同僚に, 吐息と, 告げに, 告げると, 呶鳴った, 呶鳴りつけた, 呼び留めて, 咎めると, 品川に, 喉輪へ, 喚く, 困ったよう, 困る分ならかまいませんがね, 国の, 坐つて, 型ばかり, 堪らなく厭, 堪忍袋の, 変質者だ, 夜道し, 大きく映っ, 大男の, 大納言を, 奥から, 奥に, 女の, 好きに, 孟獲, 孤立と, 官兵衛に, 寂しかつ, 富豪で, 寝覚, 対坐し, 小さい声, 小声で, 小屋の, 小林君の, 小林君を, 小首を, 少々反抗, 少女でした, 左手の, 席に, 帽子を, 座興半分に, 弁解する, 引き受けて, 引っ返して, 引上げる, 役僧の, 彼に, 従兄の, 心配そうに, 怒ったよう, 怖くなっ, 思いつくまま, 思わず口, 急所の, 怪塔から, 悪かった, 悪者かと, 意見を, 感じたに, 懐剣で, 戯れて, 戯曲を, 所在なささう, 扉に, 手を, 手柄顔に, 打ち重なって, 承って, 抜けようと, 拍子木を, 拳を, 拾って, 持って, 指さしその, 指さした, 揚がらねえの, 換言すれ, 操縦席について, 敵の, 文字友を, 断末苦の, 斯ん, 明けて, 春吉君の, 暗いすみっ, 最初帰らう, 最初帰ろう, 木に, 本格的な, 柄杓の, 梶の, 棒きれ, 榎本虎彦と, 榾柮の, 橋を, 橋廊下を, 死ななければ, 死の, 死骸の, 殊更花魁, 残された彼, 殘された, 殺されては, 毎晩受持つ, 気づいて, 水中電灯の, 水茶屋ぐるいでも, 氷の, 江木衷は, 決めて, 法師の, 法領寺殿の, 浮かぬ顔, 浮きあがりざま, 海の, 深い熊笹, 溺れ死んで, 演説口調で, 潜水カブトの, 火縄を, 無いと, 無抵抗主義で, 片手に, 牢番と, 特に頼朝公, 犯行を, 現れた, 現われて, 生死も, 町へ, 留守番に, 異人たちを, 異国人だ, 白いライオン, 白旗の, 目ざとくそれ, 目標では, 相手では, 社務所の, 秀吉の, 秘密を, 突然, 立ち上がって, 立ち去って, 立ち尽して, 笑いながら, 笑った, 第五級, 答え, 答えると, 築山の, 結局よろしい, 綱を, 縋ること, 老母の, 考えに, 聞きつけて, 肩を, 背負ったよう, 胴巻から, 腕ひとりが, 腹を, 自分に, 自由に, 自由法曹団外の, 舞台の, 舟に, 芝生に, 苦痛を, 茫々と, 蕎麦切が, 藪を, 衆へ, 行ったきり, 行ったの, 行燈を, 表方へ, 裁判所へ, 補って, 見えが, 見えないの, 見たという, 見つけて, 見て, 言いますと, 言い出したの, 言えば, 言つた, 計略だの, 訊ねて, 詰問る, 誘うと, 語れば, 警視庁の, 豹の, 起句を, 路上にて, 跳びかかる, 身動きも, 車の, 軽く戸, 近くに, 退けもの, 逃げたの, 進み出て, 遅いの, 運転する, 道に, 道ばたで, 道化服の, 道誉の, 部屋から, 部屋の, 野天ぶろへ, 釜の, 鉄砲の, 長槍, 間を, 雨の, 雨を, 青くなっ, 革命を, 預けられた縄付き, 頓狂な, 頓狂に, 頻りに心配, 頼みだ, 頼みです, 顔の, 顔を, 食ふ, 食べた, 食わなかったならば, 首を, 駈け上って, 駈け込んで, 騒いで, 鬼婆みたいに, 鮮やかな, 黙って, 黙つて, 龕燈を

▼ ひとり~ (651, 3.8%)

5 なれて 3 彼の

2 [22件] それに, ただの, とうとう泣き出し, ほかの, わが口, 七歳くらい, 五歳くらい, 人の, 女です, 寝室用の, 左の, 己が, 己れ, 店員に, 手を, 江戸の, 背が, 脾腹を, 行かず子ら二人, 酒の, 頭から, 馬の

1 [599件 抜粋] あいにくと, あおむけに, あとに, あなたで, あの時代, あまたの, ある小娘, あれは, いい心持, いう, いぎたなく立て, いつまでも, いつも平気, いれるくらいの, おなじみの, おまん, お粂, かえって始末, かぶれない, きっと黒田官兵衛どの, ここに, こってりと, この世の, これも, これを, さいぜんから, さいぜん村上賛, さきに, さらに水あげ, しやいで, じぶんの, じんと瞼, すぐに, すでに物故, すばやく磯, すわって, ずっとうら口, ずっと年配, そこに, そこを, そのあと, そのまる, その土, その壁画, その外, その子ども, その貌, そばかすで, それより, そんなに淋し, そんな思い, そんな方, たしかにうら若い, たしかに武田勝頼, ただまごつい, たち上がって, だぶだぶの, だれだ, ちっちゃなこびとな, ちゃめで, ついに思いとまれなかった, つかまったが, つくえ, つぐないのこした罪, とうとう泣き声, となりの, どうあっ, どうしても生きなかった, どうやら女らしく, どっと寝, どのよう, ないね, ながいはしご, なければ, なんだか浮かぬ, にせものだ, にやにやと, はたらきもので, はらはらし, ひとりを, ひどい跛行, ふところから, ほそき角柱, ほほえんでる恐ろしい, ほんとに目, ぼろぼろの, ぼろを, まえと同様, またかぎ, まだ若い, みずからすすん, みにくいうえ, もうぶらんこ, もう先, もう空, もっぱら華やか, やっぱり巨人, やはり多少酔っ, やれない, よつば, よろしひとり, よわれりと, オレンジの, ガヴィルレよ, グルニエ・サン・ラザール街で, サーベルを, シャツだけで, ジユセッポを, ドバッケルが, ハリソンひとりは, バスの, プティー・バンキエ街の, ヘンリー女は, ポケットから, マジメル氏だった, ミドリちゃんを, ライオンの, ルンペンの, 一人の, 三十ぐらいの, 三十ちょっと, 三十前後ひとりは, 三十四ひとりは, 三島から, 上衣の, 不調和な, 中ノ玄関で, 中国人少年の, 中学一年生の, 中間部屋の, 久我夫人すなわち, 二十八その, 二度目の, 二階へ, 五分月代の, 五十ぐらいの, 井上一郎君の, 井上二郎君という, 京都から, 人穴城で, 今朝捕まった, 今階下から, 仙と, 仲間に, 伊藤一刀斎供の, 伊豆の, 伏して, 伏せ籠を, 会社の, 体あたりに, 何かと興奮, 何だつて, 何でも, 何ともない, 何も, 余裕あり, 供する主筋, 俯きて, 備中の, 僕でした, 僧官を, 先に, 先刻から, 先生の, 先頃父が, 光一が, 八木さんという, 内には, 冠蔵で, 刑事が, 制服警官に, 刺されし身ひとり, 前に, 前の, 前を, 助けて, 勝ち誇るよう, 勝家の, 匕首を, 北へ, 十六七歳の, 南京路の, 占領した, 印半纏を, 又すばらしい, 取り残されいつ, 取り残されて, 古きらしゃ, 古代美術鑑定の, 右へ, 同囚, 名古屋の, 名画室の, 向こうが, 向こうの, 命ぜられたとおり, 喜んで, 四ツ目屋の, 四十がらみの, 地底に, 墓へ, 壁に, 声を, 夕暮または, 夜の, 大きな銀, 大きな鋏, 大げさな, 大変に, 大家の, 大山といった, 大沢の, 大鍵, 天より, 天使の, 奉公人であろう, 女こじきひとりは, 女の, 女子である, 女子高等師範の, 姓名を, 威張らして, 子どもだった, 子どもの, 学校の, 安佚, 安場が, 宗易の, 宝冠の, 客分の, 宵に, 家の, 宿屋の, 寂しい, 寂しき汽車, 寝台に, 寺町の, 対欧策とか, 對面の, 小さな敵, 小林少年もう, 小舟より, 小説家で, 小谷の, 小銃を, 少し暗い, 少し離れ, 屋敷の, 山影の, 山袴を, 山賊おい待て, 川の, 左が, 左へ, 市川義平太この, 市門の, 平尾もう, 平尾男爵らと, 平然たるもの, 平野少年と, 年の, 年配な, 幸田露伴翁である, 店の, 座敷に, 庭の, 式部の, 張世平という, 張昭と, 張紘と, 張飛の, 強硬で, 影そのものにも, 彼女の, 得意である, 心外道人ゆずり, 怒り滿ち, 急いで, 息を, 悪態ひとりは, 惘然と, 愛に, 慌てて, 我等より, 戸惑いし, 扉の, 手附の, 手風琴を, 拳固で, 捉まえた, 掃除に, 提燈を, 支那の, 故王, 救済者である, 散歩でも, 文机に, 斧を, 新に, 斷たれし, 旅人ひとりは, 日を, 昂ぶった, 昂然たる, 明智と, 明智のか, 暖簾棒など, 暴力または, 更にこんな, 書の, 書庫の, 曾根少佐もう, 朝早くから, 本所の, 朱柄九尺の, 朱面長髯の, 柳の, 栄三郎が, 梁山泊の, 極めて寛い, 槍を, 正木巡査を, 此の, 此年十七に, 武官の, 死なねえ死なねえ心配, 死んだ三右衛門, 死刑に, 殺さない自分, 殺人請負会社の, 毎日その, 水に, 水を, 水島という, 水野と, 汚い女, 汚濁雑爼の, 江戸っ子です, 江橋林助だった, 池田備前守侯の, 河村新左衛門もう, 注意した, 洞窟の, 流れる血潮, 流星の, 浅い溝川, 浜松の, 浪人だ, 海へ, 涙を, 深編笠を, 源次が, 火の, 灯を, 熊谷笠を, 熱心に, 燧金銃を, 物欲しさうな, 玄徳の, 玄翁を, 玄関に, 瓜生の, 田山白雲の, 甲板で, 男だけに, 男で, 町の, 町人ふうの, 目を, 直ぐと, 直義, 相も, 着物を, 知慧に, 短い口鬚, 石田ひとりは, 碁盤ひとりは, 福の神の, 秀吉の, 私の, 穴の, 空うそぶいて, 窓の, 立って, 立膝, 竜騎兵ひとりは, 竹童を, 笊を, 笑って, 筒袖だん袋に, 答えました, 米屋で, 紛れも, 素早く諸, 細竹を, 絲を, 絲満の, 総髪, 総髪その, 編笠茶屋へ, 縄を, 美髯公, 老いたる母, 老人の, 耳たぶへ, 肉づき, 背広の, 胸を, 脚を, 腰の, 膝行袴の, 自分の, 至極おちつい, 舳ひとりは, 船の, 船内で, 艫に, 良正どのの, 芝の, 花和尚魯智深, 若くて, 若松屋惣七, 茫然口の, 蒲生忠三郎氏郷であった, 藪田助, 蘇双ひとりは, 虎殺しの, 血走った眼, 表門ひとりは, 袞竜の袖, 裏口に, 裾野の, 西へ, 西山教頭だった, 西郷さんの, 覚一法師とも, 親分あとの, 言うまでもなく馬, 言った, 言ひぬ, 誰だ, 識って, 警部あとの, 豹頭虎眉の, 賊の, 赤ん坊を, 赤髪鬼の, 越前屋の, 足ずりし, 足早に, 輿の, 農具を, 近所の, 近衛騎兵だ, 逸早く手ぬぐい, 遅れて, 部屋の, 都の, 重い火, 重太郎と, 野呂一平君という, 金の, 金ひとりは, 鈴木安心という, 銀の, 銀一歩を, 銀杏返, 銀盆を, 鋳掛職の, 錦豹子の, 鍍金仏を, 鐵縁の, 長いす, 長い白い寝巻, 長い竿, 長嶋の, 関羽また, 防御者であり, 際だって, 隠居を, 雑言, 電柱の, 青年の, 頭巾を, 頼朝が, 飛行機で, 食わなかったから, 飯たき, 飼い葉に, 首二人がかりで, 馬喰町の, 騎馬である, 髪の毛を, 鮑龍と, 鵞鳥の, 鶏の, 鹿苑寺の, 黒装束の, 龍平を, 龍造寺主計で

▼ ひとりごと~ (438, 2.6%)

123 のよう 32 をいっ 28 をいった 24 をいいました 23 のやう 20 を言いました 17 を言っ 14 を言 13 をいい 9 を言い 7 を言った 6 をいう 5 をいつた, をし, をつぶやきました 4 を言つて 3 いうて, した, を云っ

2 [15件] に, をいつ, をいふ, をきい, をくりかえし, をくりかえした, をした, をしました, をつぶやい, をつぶやき, をつぶやく, を云, を云い, を洩らし, を言う

1 [64件] いえませんもの, かなんぞのよう, があんまり, がすぐ, がはじまった, がはじまり, が源十郎, が終わる, が聞えた, が聞こえました, したそう, だ, だあ, だつた, だつたが, だなと, であつ, でお, です, でもいい, でもなん, とは千里万里, とは千里萬里, ともつかず, ともつかない, と云っ, など呟い, にこう, になっ, にはみんな大笑い, に注意, に答え, に説き, に首, の反響, の口調, の様, はやくざ, めかして, を, をいいはじめました, をいってた, をいひました, をお, をきく, をくりかえす, をしゃべりました, をすっかり, をする, をつづけ, をつづける, をつぶやいた, をつぶやきつづけました, をはじめた, を云う, を云つて, を他, を呟き, を洩らす, を漏らし, を聞い, を言い出した, を言っとる, 云いながら

▼ ひとり~ (325, 1.9%)

17 なかった 13 ない 11 ありません 7 いない, いないの 5 いなかった, ないの 4 ありませんでした, 生かして, 見えないの 3 いません, ないと, なかつた, 無いの

2 [17件] いないはず, いないん, いなかったの, いなかった事, いませんでした, いやしない, お客さんが, でるもの, ないが, ないこと, ないよう, 乗つて, 姿を, 客が, 無かった, 見のがすこと, 通らなかった

1 [202件] あがった者, あげられて, ありは, ありませんでしたから, ありませんわ, ありァ, あるまい, あるまいという, いないから, いないし, いないため, いないとは, いないなどという, いない土地, いない現状, いなかったので, いなかったよう, いなくなるから, いなくなるよう, いなくなるわけ, いぬと, いねえ, いねえん, いねえン, いまい, いますまい, いませんでしたがね, おらぬと, おりません, おんなじ顔, お茶を, お見舞, こわいという, ございませぬ御, ございませんでした, ございませんでしたよ, そこに, それを, ぞくさして, だゆるこころ, ついて, ないか, ないぞ, ないだらう, ないであろう, ないといふ, ないので, ないのに, ないわい, ないん, ない有様, なかっただろう, なかったであろう, なかったらしい, なかつたさ, なかつたので, なかりしかば, なくことごとく, なくそういう, なくたいてい, なくて, なくなった, なくなったこと, なくまったく, なくみんなノロ公ノロ公, なくもの音ひとつ, なく出入り口, にがすな, ねえの, のこらず赤痢, のって, はいって, はいらなかった, まだかえってき, みつかりません, やはり同じ, やられて, ゐず内地の, ゐないが, ゐないね, ゐないの, ゐないので, ゐない仙臺醫學專門學校, ゐなかつた, ゐなくなりますばかばかしい, デストゥパーゴに, 世には, 乗って, 他国仕る, 会わなかった, 余さず捕斬された, 余すな, 余すもの, 免し置かれなかった, 出あいません, 出あわなかったの, 出さなかったこと, 出したこと, 出て, 出なかつたから, 出会って, 出入りした, 助からない, 助からなかったん, 去らなかった, 去りたくないから, 友だちが, 友僚を, 反く, 台所へ, 同じく笑, 同じふし, 味方について, 城戸の, 堕落させませんでした, 外へ, 女性の, 子どもの, 子供は, 客は, 客はきません, 家人の, 寄って, 居ないの, 居らず, 居りませんでしたので, 山には, 帰らず四十日近く, 常に詰めかけ, 悪くない, 悪くは, 懐中電灯を, 戦わざるなく, 手出しは, 拍手しなかつた, 挙げられて, 来ねえだよ, 欠けたもの, 欠けては, 歩いてる者, 残って, 残っては, 河を, 泊まらないらしかった, 泣きぬ, 渠を, 渡すな, 溜息を, 漢中へ, 無い, 無いと, 無い筈, 無くなります, 無く家内の, 爪に, 現場を, 生かしては, 生きたという, 生きて, 生きては, 生きてる人間, 生き還れないでしょうが, 生捕りません, 畫商も, 異は, 発見できなかった, 発言しませんでした, 相槌を, 看板に, 知らない顔, 知りませんが, 知己を, 私の, 答えは, 続いて, 罵った, 老人を, 聞え侍らぬにて, 自分が, 船に, 見あたらなかつた, 見えないが, 見えない無人島, 見えなかった, 見えません, 見当らない, 話す友, 誤魔化そうと, 起きてるもの, 起ち得なかった, 逃げずひとり, 途中で, 通って, 通らなかつた, 逢って, 逢わなかったわ, 連れ歩きたい気, 遁さじと, 遁す, 降伏せず, 顔を, 駕籠かきどもは

▼ ひとり~ (319, 1.9%)

34 なって 26 なると 9 なった 6 して 4 なってから, なつた 3 なっても, なるの, 会って, 化けて, 過ぎない

2 [16件] させて, ちがいない, なったお, なったとき, なってからの, なつたら, なりたい, なりました, なる, なること, やらせて, 任して, 声を, 婿八人, 病人が, 相違ない

1 [189件] あった, あふれる湯, あらざりきまた, あるに, いひけるは, いひまくられて, おいのみ, おかみさん, おさめて, お縄, かかって, かくまで, かけられて, かぶせて, かまって, きまってるじゃござんせんか, きみの, きわまりました, こちらは, ございますが, させたらいや, さとられき彼, しないで, すぎないが, すぎない筈, すぎなかった, そう立ち騒ぐ, そっと打ちあけました, そんな表立った, たよって, だしぬかれたこと, ちが, ちがいありません, ちょっと話したい, つつか, つめよろうと, とじこもって, とどまって, とびついて, とりすがって, なったかしらは, なったこと, なったの, なったので, なったほう, なったゼフリズ, なったペンベリー, なったリエ, なった両手, なった安心, なった宮川, なった時, なった矢代, なった萩乃, なっちまった, なっての, ならなければ, なられてから, ならんと, なりすました小林少年, なりすまして, なりたかったの, なりたくな, なりたくなると, なりたさ, なりまして, なるまで, なる日, なれないこと, なろうという, にっこり笑っ, みざりしならばよ, ゆり起された, わかって, アカイア勢の, 一つずつ, 一張ずつ, 七合二勺五才ずつ, 三人がかりも, 三人です, 二両ずつ, 二升無く, 五人です, 五百弾で, 人知れぬ, 任せなければ, 任せられるはず, 任せるわけ, 何か, 依つて, 俊基は, 全軍, 兼ぬる, 出会う時, 出会えば, 功を, 加えて, 加えられるという, 加えられ育ち, 勘太という, 化けすまし, 十万円ずつ, 千秋主殿助という, 参れと, 取り立てて, 取付かれ, 合図を, 向かって, 向って, 呼ばれて, 命じて, 問いますと, 四人か, 四十面相が, 国の, 大勢が, 大納言, 始末させたら, 媚びて, 寄り附き縋りついて, 對する, 小気, 就いて, 幕末史を, 広東生れの, 引受けた孤獨, 得さえ, 心を, 憧れて, 成り失せる, 手柄を, 折重なり折重なって, 描くこと, 提灯を, 数えられて, 數へ, 来意を, 止めること, 水原ケイ子という, 注がれて, 渡すと, 溶けこんで, 滅茶苦茶に, 燃えて, 牧ひし, 留守を, 矢を, 知って, 秋の, 突刺さったので, 箱を, 糺すと, 紹介推薦する, 縮めただ, 罪を, 脚絆手甲を, 藤子といふ, 藪田助, 行かせた, 衣服を, 裁判を, 見て, 誓紙を, 譲られたこと, 負ぶさって, 賜ふ, 身も, 送られて, 連絡し, 過ぎなかったの, 違いあるまい, 違いなかった, 野々宮が, 関さんといふ, 闇討ち, 限ったはなし, 限つたは, 限らず芸術家, 限られたひそか, 限られて, 集つてゐた, 静かに, 面を, 面白い思ひ, 頭髻を, 頼むよ, 頼んで, 馬の, 馳せのぼるつもり

▼ ひとり~ (311, 1.8%)

11 残して 10 連れて 5 たよりに 4 する女, 殺して, 相手に 3 ここに, 守って, 持てあまして, 置いて

2 [15件] そこに, つかひ菓子屋, もって, れば, 制御する, 呼んで, 宿に, 従えて, 悪者として, 愛して, 杖とも, 生かすの, 見殺しに, 除いたほか, 頼りに

1 [231件] あた, あるかせるため, いきなりうしろ, いじめるッ, いの, いやしみません, うっかり小便, お供に, お側において, お娶い, お守りする, お用いなき, かみしめて, かよは, けとばしました, こちらへ, このよう, この世の, この熱海, この部屋, しつかりつかまうと, して, すきに, すくうの, せおうこと, せきたてなさいましたゆえ, そちらへ, ただ一撃, たっとびひとり, たのしむ, たのみに, だましたに, だれに, ちくちくといぢめ, つかまえて, つつんで, つれて, とらえて, とり残した, とる, どうしてあげる, どうなし得, どう処置, どりて, なお杖, なげだして, なぶりごろ, のこして, ひん抱いた, ふいに, みな狂人視いたしおる, めがけて, もちあげる力, もちあげる重量, やっつければ, よこすん, よびとめて, よんだの, り, りとも, オクタンと, シャンヴルリー街に, ダッ, プティート・トリュアンドリー街の, プレーシュール街に, ヘザ, 一生の, 丁度宜い, 世と, 中に, 中心に, 乗せて, 二人し, 仆した, 伝馬牢から, 伴うて, 伴に, 余計に, 余計者と, 使いまわして, 使って, 便りにでも, 倒したすぐ, 倒して, 偕ひ来, 儲けこれ, 兄の, 先に, 出して, 切った, 別室へ, 別源と, 別物に, 前において, 力に, 加う, 動かせば, 十重二十重に, 取られて, 取り押えたが, 取巻いて, 召しつれて, 召捕れば, 叱ると, 呼びよせいっしょ, 呼び招くと, 喜ばせたい心, 噛み倒すほどの, 囲み込んで, 大事に, 大切に, 大勢か, 大勢し, 夫として, 失ったよう, 失つた, 奪い合うの, 女芝居へ, 妻恋坂の, 守つてゐる, 守つて勉強した, 守り加えるならば, 守り通して, 完全に, 客に, 密室に, 尊べ, 小姓として, 引っ立てて, 当てに, 当地へ, 御地の, 徳島へ, 心安う過ごさせる, 思い浮かべながら, 思うとき, 悪く言っ, 悪者に, 惜しむ気持, 愧ぢ顔を, 慰めて, 慰めようと, 我等に, 手捕りする, 打っ放すの, 抱きしめて, 招いて, 指さしました, 指摘し, 挟んで, 振り向いて, 捕えて, 探すため, 擇ぶ, 支えて, 数寄屋にとり, 敵中に, 斬った, 斬った左膳, 斬って, 斬りすてたという, 斬りふせた, 斬り伏せひとり, 柱と, 桜殿と, 楽しみに, 楽しむほんに, 標準として, 横薙ぎ, 死なせないぜ, 残さないで, 残し後, 殘し, 殺しそれ, 殺したからと, 殺したからは, 殺したの, 殺しては, 殺してまで, 殺すため, 殺すと, 殺す法, 殺せば, 消して, 渡さなければ, 無残に, 片つばさ, 狙撃する, 玉無しに, 男ふたりし, 留守において, 番小屋に, 目あてに, 目標に, 相手の, 眠らせて, 神にまで, 突き殺したせつな, 立たせたままいっせい, 立たせて, 立派な, 繞って, 置き去りに, 置き捨てに, 置くを, 自分の, 舟に, 花火の, 苦しめ抜くため, 薙ぎもう, 血祭りに, 被告に, 見かへ, 見くびるな, 見つけて, 見舞いました, 討つのに, 請け出すには, 譲ろうと, 迎えれば, 追いかけながら, 追い廻して, 追って一足, 選び, 選ぶよう, 酒買いに, 限って, 除くほか, 頼みの, 頼りと, 麾下に

▼ ひとり~ (179, 1.1%)

64 のよう 14 のやう 7 をいった, を言っ 5 しながら, をいい 4 をいっ, を言 3 だ, をし

2 [11件] も呟いた, をいいました, をいう, をいってる, をした, をもらし, を云, を云い, を云った, を言う, を言った

1 [41件] がささやかれた, がす, が逃げた, ぐらいいっ, だった, でしょうか, ではなく, ながらさっそく, にいっ, にし, に不仁, に呟い, に言, のとき, の様, の気焔, はここ, はみな, めいて, も思え, をいつた, をいひ, をお, をかっとばした, をされました, をしました, をすっかり, をつづけ, をぶつぶつ, を云っ, を口, を吐きつづける, を呟いだ, を呟き, を噛みしめ, を大きな, を折り, を洩らした, を聞いた, を言い, を言いました

▼ ひとりでは~ (178, 1.0%)

8 ない 7 ありません, なかった 6 ないか 3 いって 2 あったが, ございませぬ, できないこと, どうにも, なかつた, もはやどうにも, 動かない, 大人に, 心もとない, 行くこと

1 [127件] ありますまい娘さん一人, ありませんか, ありませんでした, あるが, あるし, あるまい, いや, いる見物, うち恐ろし, おぼつかない, かないっこありません, けっしてできず, これらの, こわいから, ございませんでした, さすがに, さぞ御, しんぱいだ, たいていで, ちと無理, つまらないが, つまらのうございます, できない, できなかったこと, できません, とてもかなわないだろう, とてもこの, とてもたくさん, とても動かせません, とても捕へる, どうする, どこへも, どのよう, どんなに器量, ないここ, ないぞ, ないでしょうか, ないの, ないほか, ないよう, ない似た, なかったであろう, なかなか持ちあげられません, なくお祖父さん, なくふたり, なく若い, なしに, ならぬ, なんだかこわい, なんにもできない, ねえ, はいれないという, ひって, まにあわぬと, もうとても, もう動く, もの淋しかつ, もはやどうし, もはやどうしよう, やれないの, やれなかった, ゐられなくなる, ダメな, バツが, 一流の, 万寿亀寿の, 不安な, 京都まで, 何うにも, 何かとお, 何ぞの, 何だか疑われ, 六ヶしい, 出さない事, 出来ない芸, 動きが, 危険である, 受けきれない, 喫茶店へも, 外に, 外へ, 夜など, 夜に, 大家の, 寂しいでしょう, 寂しいの, 寝られないわ, 山県狂介が, 工合が, 幅の, 廓外へ, 御寂しい, 心細いから, 感じないあまい, 所在が, 手が, 持ちきれず目, 持ちきれなくなって, 持ちきれまい三, 持ち切れずに, 持ち切れなくなって, 按摩を, 棲みかねるので, 楽屋へ, 歩けさ, 歩けない, 決し兼ねて, 淫売窟で, 物足りぬ, 生えないで, 生きて, 癒りません, 腰の, 行けない, 行けませんもの, 見当が, 解決できない, 讀まないで, 迷路に, 逃げきれまいと, 運ばれぬ目方, 道が, 部屋が, 重いです, 電車に, 飯も, 駄目です

▼ ひとり~ (106, 0.6%)

12 なって 3 ひとりの 2 それから中庭, なった, なったが, なりました, 小僧一人が, 思って

1 [79件] あなどって, あなどると, いうか, いうと, いって, いはぬばかりに, いわれたので, うたわれその, おもった旅僧, ころがりて, するゆえん, その, つぎつぎにほんとう, なして, なったもの, なつた, なつて, なりそち, なり他, なり候処, なり昨夜, なり自分, なるであろう, なるべし, なるやいなや, なれば, ひとりで, ひとりでは, ひとりなら, ほうも, ぼとぼと歩い, ぼとぼと行く, まつて, みえるな, みて, 下廻りの, 中間三人の, 云えば, 云へる, 今は, 佐分利五郎次とが, 六歳に, 化して, 口論を, 同じよう, 同様みごとな, 名のる, 喧嘩しなす, 四人, 四匹と, 女中一人小体に, 客の, 小僧二人が, 小林団長つづい, 思いこんで, 思いの, 思ったのに, 思ふ心, 敬われ信長麾下, 数えられ戦うや, 数えれば, 数百両の, 書生一人の, 決めた, 猿一匹の, 碎けし光, 肩を, 若い者, 袖擦り合わん, 見きわめた左膳, 見くびって, 見て, 見られたこと, 言っても, 言われた程, 評された人, 逃亡した, 酒を, 青年が

▼ ひとりとして~ (106, 0.6%)

4 彼の 2 ここに, 描かれて, 顔を

1 [96件] いい奴, いやさ, お母, お高, かえってきた, こざいません, このアルカージイ, この不遇, この塔, この奇妙, この容易, これは, しっかりと, すがた, そのおどろくべき, そのこと, その一個, その仕事, その間この, それを, そんな危険, たとえ家族, なく親しい手, ふしらしい, ほんものの, まともな, まんぞくの, ものも, わたしの, オオと, ピリつかぬ, ラザルスを, リップに, 一日たり, 不服を, 世界に, 人間の, 人間を, 俺の, 僕の, 出仕し, 別莊, 味方の, 喉から, 声を, 姫を, 屋敷の, 山椒魚の, 当り得る者, 影を, 彼を, 彼女に, 彼女の, 後年この, 心の, 悪く思う, 悲惨の, 憮然と, 敢て, 村の, 果さずに, 正視する, 生きのこったもの, 生き残った者, 白骨に, 知って, 知るもの, 知る由, 知る者, 私などの, 私に, 私の, 私をも, 笠井さんを, 答えて, 結構な, 考える人, 自分から, 自分と, 自分へ, 茶事が, 蘇我氏に, 見ぬいたもの, 認められたいと, 賊名の, 賢母でない, 身じろぎも, 身に, 逃げようとは, 逃れたもの, 進んで, 遣切れぬ思い, 邪魔する, 雍, 顔色ひとつ動かす, 鮮血に

▼ ひとりこの~ (86, 0.5%)

2 汽車に, 流れに

1 [82件] あばたの, お喋り坊主の, グロテスクに, 三人で, 世の中で, 事実は, 二作者は, 人に, 人のみの, 八瀬童子のみには, 原田氏ばかり, 吉平や, 問題に, 国の, 土地に, 土地限りの, 地とのみは, 地方では, 地方のみ, 地方ばかり, 夜誓った, 奇怪な, 孫権が, 家に, 家には, 小獣に, 少年のみは, 山に, 峰丹波が, 島に, 川べりに, 左膳の, 席亭を, 御堂に, 御夫婦, 御着城, 思い設けぬ出来事, 恰好を, 成功を, 抜き書きのみに, 拘束を, 料理屋のみ, 日を, 春日を, 時かまわず, 書に, 書斎に, 月に, 村を, 東人の, 樹ばかり, 歌を, 港のみ, 無氣力, 父親ばかりに, 版図に, 生理学に, 男の, 男のみは, 異様なる, 眼で, 石小屋を, 窯ばかりは, 竜神の, 群れには, 老人のみ, 船を, 花ばかり, 藤次だけでも, 藪を, 談のみの, 論に, 身を, 辺に, 道庵に, 都に, 都には, 雲井なにがしは, 青森県下の, 風呂に, 飛騨の, 鳴門渡しの

▼ ひとり~ (74, 0.4%)

5 のお 2 だった, であるという, のお嬢さん, のこと, を失った, を嫁

1 [57件] お元, お露, がありまし, がいつ, がゆくえ不明, が嫁いだ, が容貌望み, が淫売, が熊, が結婚, じゃ, そういう因縁, だから, だが, であった, である, であるので, である上, でお, でございます, でさ, でしかも, でした, です, ですが, ですよ, でちょっと, ではあり, で家, で父, で町内, で親たち, とすれ, なので, なん, に代数, に匿われる, に対して権威, に相違, のけいち, のつとめ, の咲耶子, の婿, の小梅, の自分, の花世, の郁子, はお湯, は箪笥, をうしなった, をおそろしい, をむざと, を住み込ませる, を助け, を尼院, を殺し, 御領主様

▼ ひとり~ (71, 0.4%)

7 っちに 5 つち 4 っちで 3 っち, っちと, っちなの, つちに 2 っちだと, っちです, つちと, つちのひと

1 [35件] っちが, っちだ, っちだけど, っちでかわいそう, っちでこんなに, っちでさびしく, っちでつまらねえ面, っちでのこして, っちで巣, っちで援, っちで毎日生徒, っちで淋しい, っちで窓, っちで見物, っちで逃げて, っちなのね, っちの彼, っちの爛酔, っち箱根, っち語るに, つちだ, つちだが, つちだと, つちでさ, つちですからね, つちで忍冬, つちで文学, つちで旅, つちで毎日退屈, つちで立つて, つちで送つたので, つちの, つちのニナール姫, つちの杉, つちの馬

▼ ひとり~ (69, 0.4%)

3 と思う, よ 2 からね, が, という, ということ, と言えるでしょう

1 [53件] から, からあまり奥, からすぐ, からそういう, からつきあい, からのぞい, からみんな, から女同士, から駄目, か七人, があれ, が中村君, が姑, が高山右近, し茶々, ちの椎は, ちの生活とは, つたかも, つたが, つたのよ, つてゐない, つてゐやしない, つて無, と, とあなた, という噂, という話, といっ, といわなけれ, とか二人, とさとるべきだった, としたら, とのこと, ともっと, と云つて叔母, と仕事, と反省, と思い, と思いこん, と思われ, と案外, と知ります, と答, と隼人, な, びくびくする, ものいっしょに, もんだ, も彼, 大丈夫逃がしゃ, 小林の, 昔国王を, 野中なら

▼ ひとりずつ~ (66, 0.4%)

2 いて, それを, 少年を, 立ち番

1 [58件] あたらしい味方, うずめて, おりて, おる, お帰り下さい, お茶碗, かわいらしい少年, かわりあって, じゅんじゅんにつなをほどいて, すがりもうけっして, すだれ, すなわちドノバン, そこへ, そっとひきいれ, そのほう, そのまた, その穴ぐらみたい, つかまえて, つごう六人, つれて, ですから, でなければ, とらえて, なげとばされて, チョロリと, 両膝, 乗せながら, 刑事が, 刑事さんが, 別間へ, 制服の, 叩いて, 同じよう, 地面に, 大噴火山, 夫婦ふたりで, 差し出すこと, 広い地底, 手を, 抱えて, 抱きあげて, 抱きかかえて, 新聞屋を, 無の, 煩悩の, 独立する, 真正面から, 窓際の, 綱に, 職員室へ, 背負って, 虱っ, 誰かが, 透明に, 門の, 静かに, 順々に, 順番に

▼ ひとりきり~ (65, 0.4%)

6 になる 2 か, であったの, 取り残されて

1 [53件] じゃありません, じゃとしどろもどろ, だ, だから, だった, だったら僕, だと, で, であつ, である, でおい, でご, でしたから, でしゃがん, ですよ, ではなかっ, では解決, でゆっくり, でよう, でゐた, で世話, で厶, で少女たち, で幸福, で店番, で思う, で暫く, で案内, で生き, で臥, で茶の間, となった, なの, なのに, なん, にされ, にし, になっ, になつて, になつてす, にならない, になりたい, のその, のとき, のなやみ, の時, の暮し, の湯, の秘密, の自由, の部下, は月当番, 困り果てて

▼ ひとりだけ~ (65, 0.4%)

4 では 2 なん, 離れて

1 [57件] おいて, お客を, ここに, このよう, その不可能, だが, だと, だという, だなあ, であった, であったよう, である, です, ですから, ですよ, でなく市中, でね, で生きて, とも子を, どうしても目, どうしても音楽帳, なにか思いつめ, ならいい, ゆるされて, 一番いい, 先き, 入れて, 其の大地, 勉強する, 呑気に, 呼んで, 女の子が, 姉の, 委員の, 娘の, 完全に, 実家へ, 小屋に, 少し小, 居るよう, 帰った, 早く玉子, 此の, 此処へ, 歩いて, 残して, 残ったの, 生国に, 町へ, 留守を, 置き去りに, 船に, 見も, 逃げた, 針目博士の, 門の, 黙って

▼ ひとりでも~ (64, 0.4%)

3 多くの 2 どうにかでき, よけいに, 不幸な

1 [55件] あったなら拝みたいもの, あったなら私, あったろうか, あるが, いたろうか, いつもそんな, うその, おおすぎ, おのおの文殊, この島, それが, だもだして, できないこと, どうにかなる, よい, よいそこ, よい真に, よけいころす, わかっただろう, 人が, 今日お, 傑出した, 先へ, 堕落させ, 多くなる, 多く身命, 夜ふかしを, 大丈夫といふ, 大切という, 大勢でも, 家を, 平気だ, 平気で, 彼女が, 戦って, 手を, 捕えたの, 援助し, 来た, 来ればと, 果して, 沢山すぎる, 沢山であろう, 泣きだしたり, 減るほど, 無益な, 相当の, 相手を, 結構片が, 行く決心, 親が, 足る, 野郎を, 食べて, 食べられるよう

▼ ひとりぼっち~ (61, 0.4%)

17 になっ 4 でいる, にし, になった 3 になる 2 あとに, にしない

1 [25件] が怖し, じゃありません, じゃない, でいた, ですわっ, で住ん, で坐っ, で坐りこん, で暮すん, で歩い, で死ん, で泣きじゃくっ, で眺める, どこへ, などという言葉, な少年, にしなくっ, になすった, になり, みじめな, 同志です, 孤児だろう, 客間の, 家を, 野原の

▼ ひとりその~ (55, 0.3%)

2 自動車を

1 [53件] あたりを, あとから, うしろに, ときお, みなもとを, むれを, 上に, 下を, 不気味さも, 丘の, 中に, 人についての, 仔細を, 作用を, 列に, 勇壮活発な, 叔父が, 君に, 哲學上所見を, 堂に, 場処が, 夜の, 娘の, 実を, 室に, 封を, 店にて, 座を, 往来ばかり, 応援を, 悲しさ, 挨拶を, 方向を, 時雪を, 末路を, 椅子にかけて, 槍の, 機械を, 武者に, 父を, 範囲中において, 背を, 行に, 起原の, 身体の, 部屋で, 部落から, 銀鍍金の, 門弟の, 音調の, 頃の, 食事に, 首に

▼ ひとり~ (55, 0.3%)

10 のです 9 んだ, んです 5 のだ 3 のか, のである 2

1 [14件] がめを, がるる, のかも, のが, のじゃ, ので, のでございます, ので捨児長屋, のにすぎなかった, のにどうしてこう, のよ, のよ淋しい, んだろう, んで若い

▼ ひとり息子~ (44, 0.3%)

2 であった, でした, なのに, の身の上

1 [36件] が三人, が女道楽, が父, だったの, であったり, ですから, ではある, では私, でもあり, で両親, で内気, で家督, で容貌華麗, として私, と後で, なぞに生まれる, にて利発, のため, のハンス, の一彦, の伊作, の余一郎, の和太郎さん, の家出, の庄太郎, の後見役, の清, の玉太郎, の藤作, の重病, の鶴田君, はもう, は乞食, は小学校, は皮膚, を亡くした

▼ ひとり~ (44, 0.3%)

3 に涙 2 に技巧

1 [39件] があがった, にお, にそこ, にその, になつて行, にわかつた, にわかれ, に両方, に伴, に内容, に出, に出来る, に參, に取っ, に口, に巧まず, に弥勒様, に愛情, に押絵, に極めて, に狂っ, に胴震, に自然, に諸君, に起つ, に足, に鉢の子, に閉まる, に開い, に頭, をあげ, をかけさせる, をくだそう, をつかね, を二とも, を出さう, を取っ, を打ちたたい, を打っ

▼ ひとりしか~ (43, 0.3%)

4 なかった 3 いない, ないの 2 いなかった, ゐない時, ゐなかつた, 居ない, 見えない

1 [23件] ありませんでした, いない名, いない部屋, いない魔法医者, その秘密, そばに, たる糸萩も, ない, ないお方, はいれない桶, はいれません, ゐないの, ペスを, 乗って, 人間が, 手を, 承知し, 残って, 無いの, 知つてゐない, 立つこと, 育たなかつたん, 茶店に

▼ ひとりである~ (42, 0.2%)

3 ために 2 かのやう, かのよう, ことを

1 [33件] か, かぎりけっして, からほか, ことに, ことは, しわざわざ, ぞ, ため揚州に, だけに競争, ということ, という事, という桜井, ときする, と私, と言っ, に相違, のを, みや子の, タバロー修道院長は, マリー・ドルレアンは, 一畑隆夫であった, 中村警部が, 以上とうぜん, 半助, 多至波奈大郎女, 山際良子から, 彼の, 忠円を, 戸山君だった, 早足の, 昂さんは, 漫才屋さんの, 約一時間

▼ ひとり~ (39, 0.2%)

2 に出, をする

1 [35件] かにやけた, から戻っ, ができる, が成り立ちました, こそ仄か, こそ哀れ, して, でございますから, でした, ではありませんでした, で辿る, といいます, に出た, に限る, のお, のもの, のよう, の味, の女, の旅びと, の日数, の様子, の者, の身, の退屈, は, はさみしい, は不審, は泊めぬ, は覚束, ゆく, をし, をしたいなら, を保護, 行く

▼ ひとり残らず~ (37, 0.2%)

1 [37件] あしたの, お居間, お討死, が何時, くくしあげ, この場, この船, そのうえ出入り, その横手, とつぜん発狂, みな生き, 一度は, 上下を, 今日か, 全部の, 出勤し, 即座に, 厳重な, 口を, 姿を, 家人の, 所有者と, 打物把って, 時疫にでも, 検束され, 気が, 池田方の, 洛中から, 犯罪人ばかり, 狙い撃ちの, 縛され, 自動車に, 自決し, 舟の, 革命派だ, 顎十郎の, 首へ

▼ ひとりだった~ (36, 0.2%)

5 のです 2 ことを, のである

1 [27件] あいだは, か, かもしれない, かもしれません, からである, からでしょう, からです, から彼, が, が彼, この三人, という家臣, という者, ともいえるであろう, と想いだし, ね, の, のでしょう, ので父, のね, よ, んで, 公卿が, 巨人が, 彼には, 彼は, 故も

▼ ひとりよがり~ (36, 0.2%)

1 [36件] か, が, がはいっ, だけで, だけの原因, ぢや, でいる, との大きな, になる, にも胸, に堕ち, に決め, に考え, に駈けまわっ, のだらだら, の世間知らず, の佗びしいヒネ, の偏見, の処, の学究態度, の幼稚さ, の所, の早合点, の独り相撲, の独断, の義侠心, の考え方, の考へ, の自慢, の自慰的お座敷芸, の誇張法, の謂わ, の通人, の過剰意識, をここ, 逆上家

▼ ひとりいる~ (33, 0.2%)

2 きりだった, きりで, ところへ, んだ

1 [25件] きりだ, きりでした, けはい, ことを, だけで, つもりで, といい, ということ, という答, とその, とも見えぬ, なんて, のが, のだ, のに秋川, のは, はずだ, ばかりです, わ, わけで, 時で, 時には, 時の, 独逸人は, 自由さに

▼ ひとり~ (31, 0.2%)

2 て, ていかに, てビイル, 身は

1 [23件] あなる, ていかにせまし, ている, てかう, てこういう, てこれ, てさて, てやきもき, て先, て呑みあるい, て暮し, て泣いてる, て活動寫眞, て演じぬく, て美術学校, て言った, て踊れ, て頷いた, て鰭爪, ばいだった, ばいです, ばいを, ゅろに

▼ ひとりぼつ~ (30, 0.2%)

8 ちに 7 ちで 3 ちにな 2 ちでは 1 ち, ちだ, ちだつた, ちで居ようと, ちで旅, ちで片隅, ちで閉ぢ, ちで靜, ちとなります, ちなどといふ

▼ ひとり~ (28, 0.2%)

1 [28件] かごに, さずけくださいまし, にになった, むかえに, よしという, よめさん, 供させます, 出しに, 島がな, 差立てねがい一家, 店の, 悦ばかり, 捜しだったからな, 政は, 桂さんの, 歩きなさるの, 浜だけが, 燕という, 竜だけは, 粂の, 約束の, 膳に, 蒲団に, 裏門へ, 近は, 連れし, 銀様に, 顔が

▼ ひとり~ (27, 0.2%)

4 ふたりの 3 二人は 2 ふたりじゃ, ふたりでは, ふたりは, 二人の

1 [12件] それ等の, ふたりある, ふたりぐらい, ふたりちゃんと, ふたり出, ふたり見た, 二人とは, 二人を, 二人徘徊し, 半分ぐらい, 半分の, 罪に

▼ ひとり~ (27, 0.2%)

2 か, でこの, の衣食

1 [21件] お冬さん, から脱し, じゃ, だった, でいらっしゃった, でいる, でお, で飛び込ん, なるもの, になりてえ, の, のひと, の女, の彼, の私, よりもなく, をひそめ, をひる, を横たえる, を浸し, 投げて

▼ ひとり~ (24, 0.1%)

4 てきた 3 て来 2 ていきました, て来よう

1 [13件] て, ていかなかった, ていった, てきのう金座, てこない, てゆかない, て来た, て来る, て見る, でゆく, ふたり出, ふたり出し, をする

▼ ひとりそれ~ (22, 0.1%)

1 [22件] がし, と気づかぬ, と疑わしい, にすこし, に取りあふ, に対してかれこれ, に新しく, に気, に答える, に籠ら, は千葉, も刀操術, をいう, を予知, を味, を怪しむ, を提出, を知る, を見た, を言っ, を買った, を身

▼ ひとりのこらず~ (22, 0.1%)

2 逃げだして

1 [20件] お約束, きみに, すぐに, とらえようと, どこへ, みな殺しに, よびあつめさせました, ルゾン号の, 催眠術に, 御岳の, 御老人, 有形無形の, 海の, 穴の, 腹を, 警官隊に, 貴下を, 身を, 長靴を, 集まりました

▼ ひとりもの~ (22, 0.1%)

1 [22件] が風呂, だから, だという, であ, ですよ, でつん, として鵠沼, なの, になつ, に犬, のお婆さん, のごとく, のノンキ, の墨, の異性, の親仁, はつらい, らしい肩, をいう, を考える, 同様な, 思わしげ

▼ ひとり~ (22, 0.1%)

32 てゐる, の別れ

1 [15件] が何, ている, て我と, て氷, にすでに, の夢, の朝, の浴衣, の燈火, の祠, はいい, は君, もやらず, をさせる, 味に

▼ ひとりだけが~ (21, 0.1%)

3 知って 2 のけものに

1 [16件] かなり大股, この笑い, ながめつくす特権, 変なはにかみやで, 宴の, 心得て, 感ずる多く, 柱にも, 現場に, 知つてゐる, 知らない変, 立って, 美味いもの, 血みどろな, 見捨てられたよう, 話合手で

▼ ひとり~ (21, 0.1%)

1 [21件] があの, がぼうっと, である自分, でいわば, でご, ですから, で生れ, とがその, として生れた, とめでし, に生れ, の六つ七つ, の愛児, の私, の遠い, の隆夫少年, ひとりだ, ひとりの, もなし, をこの世, を煙

▼ ひとり~ (21, 0.1%)

5 の中 2 に畳ん

1 [14件] にたたん, にたたんだ, に憧れ, に憧憬, に手, に答え, に答えた, に納め, のうち, のなか, の苦し, をなだめ, を痛め, を痛めました

▼ ひとりこれ~ (20, 0.1%)

6 にとどまらず

1 [14件] が上野攻め, が自分, に応ずる, に用, のみ愛しみ, は群馬県, をどう, をもっ, をペロポネソス, を免, を地下道, を疑っ, を知っ, を解す

▼ ひとりぼっ~ (20, 0.1%)

2 ちという, ちの気持で

1 [16件] ちかどうか, ちくらやみの, ちとなる, ちのこころもちで, ちのこっ, ちの動物が, ちの動物は, ちの存在である, ちの影法師は, ちの感じを, ちの男と, ちの盗人であった, ちの私を, ちの自分を, ちの西洋悪魔が, ちやよって

▼ ひとりぼっちで~ (20, 0.1%)

1 [20件] たんぼ道を, なんマイルという, はない, ぼんやりし, みじめな, 一文無に, 他人の, 厭がられ, 外を, 子供が, 店を, 東京の, 権力も, 淋しかったろう, 町の, 祭壇の, 自分の, 自由という, 誰にも, 野良を

▼ ひとりそこ~ (19, 0.1%)

1 [19件] いら, から去る, であそん, で食べた, にいた, におかれた, にはいません, にはぜひ, に交ざっ, に眠つて了つた, に立っ, に踏みとどまり, の雑貨店, へ入り込ん, へ出, へ着眼, まで気づい, をぬけだし, を通りかかった

▼ ひとり静か~ (19, 0.1%)

1 [19件] な田舎, にそう, に休息, に何時も, に初秋, に坐っ, に居る, に心, に思惟, に悲しみ, に戻, に歩い, に泣き耽った, に泣き耽つた, に眠る, に船室, に茶碗, に頷い, に食事

▼ ひとりある~ (18, 0.1%)

2 んだ

1 [16件] からそこ, きりです, こそさみしけれ, そうです, って言った, ともなし, にはありました, のです, のみだった, はずだ, よ, わけで, んで, 他に, 子うしな, 翁

▼ ひとり~ (18, 0.1%)

3 ふたりか

1 [15件] おん身は, ただしは, たりて, ふたりの, へりしか, へり來, へる渡し船, わからねえよう, ッ, 二人か, 君が, 寝らむ, 熊太郎どのお, 胸の, 蝋の

▼ ひとりです~ (18, 0.1%)

821 から, からもし, から板の間, とおかみ, ね, もの, よ寄っ, んでいる

▼ ひとりぼんやり~ (18, 0.1%)

2 して, 眺めて

1 [14件] いろ, くらい藪, してるので, しゃがんで, として店さき, と橋, と泥溝, と縁側, と考えこん, と鬱い, 坐って, 後に, 歩いて, 焼けた薪

▼ ひとり~ (18, 0.1%)

1 [18件] てあゝ, てき, てオートミール, て人目, て先生, て我等, て潜水兜, て私, て笑みゐる, て罪, て蜂, て顏, て黙, のし, のしづけ, のもの, の淋し, の秋

▼ ひとり子ひとり~ (18, 0.1%)

2 の家庭

1 [16件] が別々, だ, でこの, ですもの, でその, でほか, という, なん, の伜, の大事, の家, の家内, の尾張屋, の暮し, の私達, 細い蚊遣火

▼ ひとり~ (18, 0.1%)

3 の中 2 に囁い, のうち

1 [11件] で赤く, につきつめ, に思い定め, に思った, に浮ぶ, の隅々, をとり直した, を傷め, を動かし, を慰めよう, を蝕む

▼ ひとり残っ~ (18, 0.1%)

3 ていた 2 ています, ている, て復習直し 1 てい, ておりました, てぼんやり, てます, て合戦ごっこ, て困っ, て家事, て小山内薫, て歩兵

▼ ひとりじゃ~ (17, 0.1%)

3 ない 2 ないん

1 [12件] いけねえ, きりまわされないで, こわいの, しかし淋しい, ないか, ないぞ, ないの, ないよ, なくってよ, 心細いから, 追いきれねえん, 間が

▼ ひとりなら~ (17, 0.1%)

2 どうにでも, ばいっそ

1 [13件] こんな役, それも, と思う, どんな猛者, どんな甘えかた, ばともかく, ばむずかしい, ば自由, またべつ, まだまだぶらぶらしてる, 何を, 楽に, 無理も

▼ ひとり~ (17, 0.1%)

1 [17件] あらゆる宥, いいつけた, いきな, さしだした, すぐ訊ねた, ひとりが, ふり向くと, 一枚ずつ, 何か, 向って, 呼んだ, 彼の, 方々から, 視線を, 言った, 重大な, 集めきること

▼ ひとり離れ~ (17, 0.1%)

2 て佇ん, て坐っ

1 [13件] てしずか, てすっと, てその, てぬきんでた, てトロイア, て下座, て建てられたる, て立ちつくし, て縁先, て聞こえる, て聳えつ, て花下, て身長

▼ ひとりしづか~ (16, 0.1%)

3 に読書 2 といふの

1 [11件] に, にし, にたべ, にハム, に寝た, に寝床, に庵主, に彼, に焼香, に自分, に読みつ

▼ ひとり~ (16, 0.1%)

1 [16件] ありと, について奥, に對, に良人, のかたわら, のそば, の仕事, の前, の死, の生涯, の禍掃, の系図, の胸, の良心, の部屋, を知らない

▼ ひとり残された~ (16, 0.1%)

1 [16件] ことの, やうに, ツル子ああ, 丙の, 俺は, 兵馬, 兵馬は, 妙信と, 子供みたいな, 宇津木兵馬, 机竜之, 淋しさ, 竜之, 老翁の, 赤ん, 金山寺屋音松である

▼ ひとり知る~ (16, 0.1%)

4 者も 3 者が, 者は 2 ものが, ものも 1 ひととのみ, 處

▼ ひとり笑い~ (16, 0.1%)

4 をし

1 [12件] すると, つつ, で唇, に交っ, に気がつい, に笑っ, もしない, や秋, をした, を洩し, を浮べた, 崩れた

▼ ひとり~ (15, 0.1%)

4 の中 2 をきかない, をきく 1 では申し上げられない, にしなかつた, の内, をさしはさむ, をむすん, を挟む, を開かなかつた

▼ ひとり~ (15, 0.1%)

3 を出

1 [12件] にのこる, にゐる, に女, に帰っ, のなか, の中, の方, へ歸つて來, へ残し, をまもり, を出かけた, を守っ

▼ ひとり残し~ (15, 0.1%)

2 て来た

1 [13件] て, ていく, ておいた, ておく, てわれ, てわれわれ, て出, て帰つて行, て置い, て置く, て置けない, て誰先, て阿倍野橋

▼ ひとり~ (15, 0.1%)

1 [15件] が住む, が冬, だけの喜び, と同じ, と同様, に賛成, のみで, の先輩, の家, の小屋, の母, の親しく, の身の上, は灯, を見分ける

▼ ひとり自分~ (15, 0.1%)

1 [15件] だけが置き残された, だけだ, だけでない, だけの不運, だけは, でそれ, に競争者, のみでなく, の子供ら, の寝室, の意趣, の掘った, はい, を侮辱, を責める

▼ ひとりわが~ (14, 0.1%)

2 目に

1 [12件] 上新田ばかりから, 太祖武帝, 慶応義塾の, 日本の, 旧幕府, 水戸だけが, 流, 社に, 維新改革の, 蝦夷に対する, 誰なる, 邦のみ

▼ ひとり日本~ (14, 0.1%)

1 [14件] だけのこと, にのこる, に於, に起これる, に限る, のもの, の子供, の政治制度, の文學, の書, の若い, の長崎, ばかりでなく, へ帰る

▼ ひとりぎめ~ (13, 0.1%)

1 [13件] と云っ, にあれ, にこう, にチャンス, に確信, に私, に諦め, のところ, のもの, のイデオロギー, の処置, をぶち, をぶちこわす

▼ ひとりここ~ (13, 0.1%)

2 にし, へおい 1 からの俯瞰, にいら, に欠け, に立っ, の台所, の藤氏, の館, へ残し, まで来た

▼ ひとりさびしく~ (13, 0.1%)

1 [13件] いるとき, お不在, この吹きある, わたつ, 寝るごと, 往かうと, 故国へ, 暮らさなければ, 汽車に, 瓦町の, 読経し, 送らなければ, 飛んで

▼ ひとり~ (13, 0.1%)

5 めに 1 つと立盡, ぶんが, ぶんの, ぶんを, めの, めは, や考え, ょうきげんで二人の

▼ ひとり坐っ~ (13, 0.1%)

4 ていた 3 ている 1 てがぶがぶ, てゐる, て湖, て物案じ, て神妙, て青砥

▼ ひとり淋しく~ (13, 0.1%)

1 [13件] うなずいた, 仙台へ, 山を, 廊下に, 打ち伏せり, 暮して, 火鉢にも, 立って, 自分の, 遊んで, 道を, 酒を, 首肯し

▼ ひとり~ (12, 0.1%)

2 はしない 1 さ, そうも, てお, てくれる, てこれ, てねもし, てふ, て栄三郎さま, て私, て誰

▼ ひとりいない~ (12, 0.1%)

1 [12件] うす暗がり, ことが, この部屋, しかし花だらけ, しそろそろ, と信じ, のだ, ので安心, ものの, ガランと, 丘から, 広い大通り

▼ ひとりっきり~ (12, 0.1%)

1 [12件] でいる, でした, ですわ, では, でるす, でイタチ, で居さし, で年, で恐怖, の人, の寝顔, ぽつねんとね

▼ ひとりでの~ (12, 0.1%)

3 ように 1 このこと, このこと伝馬牢, た打つばかり, 力に, 勢いの, 心から, 意志で, 感情を, 慎重さで

▼ ひとりひそか~ (12, 0.1%)

2 に熱心 1 にこっくり, にこの, に冥福, に困っ, に寝, に帰りき, に心, に残念, に珍重, に誓

▼ ひとりふたり~ (12, 0.1%)

1 [12件] とやつ, なり, にはあらざりき, のしら, のもの, の供, の子供, の者, を斬っ, 手間どって, 殺しかねま, 見張らせて

▼ ひとり~ (12, 0.1%)

4 きに 1 にその, に席, に帰っ, に立った, に起き上がり, へ寝床, へ走らせ, ほど下手人め

▼ ひとり勝手~ (12, 0.1%)

2 なこと 1 なふし, に人間, に尻餅, に延び上った, に感激, に流れ, に溌剌, に遊ばせ, に遊ぶ, に馳

▼ ひとり~ (12, 0.1%)

1 [12件] てお, てしゃべる, てダビテ, て泣き度, て燒酎, て祖父, に堪ふ, のこる, の下宿生活, の煩しき, をわびしといはむ, 馴れた木

▼ ひとり歩い~ (12, 0.1%)

2 ていた, ている, て行 1 たり疲れ, ていました, てみる, てゐる, て行く, て行った

▼ ひとりであった~ (11, 0.1%)

1 [11件] からだ, がしかし, がその後, が彼, ことに, と言える, にちがい, のだ, のです, ような, 古老の

▼ ひとりでなく~ (11, 0.1%)

1 [11件] か, この世に, その場, ちいさなた, てはいけない, て十万人, みんなが, 他の, 尊氏帷幕の, 少年助手の, 幾人も

▼ ひとりなる~ (11, 0.1%)

2 法子兒の, 舟は 1 ことを, はいまし, カパネウス, ピナテール寂か, 如浄を, 汗の, 神の

▼ ひとり~ (11, 0.1%)

2 がつかない, にし 1 がつかなかった, がふさい, が昂る, をあせりきっ, をかね, をもんだ, を揉ん

▼ ひとり行く~ (11, 0.1%)

2 歩みとどめ, 道に対して 1 こと, ことに, のだ, を悦ぶ, 影さへ, 旅の, 旅路の

▼ ひとり~ (11, 0.1%)

2 ている 1 つつや春日くら, てもたぬ, て寝る, て彼, て楽しむ, て生, に来なかった, ゆ, 當が

▼ ひとり~ (11, 0.1%)

3 のよう 2 をいい 1 ちたという, とは大体, に, をくどくど, をする, をもらし

▼ ひとりあと~ (10, 0.1%)

2 に残った 1 につづく, にのこった, に森, に残し, に残っ, に殘, の六人, まで残された

▼ ひとりかも~ (10, 0.1%)

3 寝む 2 ねむ 1 しれない, しれねえといった, 寢む, 知れぬ, 知れません

▼ ひとりぐらいは~ (10, 0.1%)

1 そんなの, たらふく食わせ, ちゃんと道連れ, 寝ずの番が, 捨てて, 村で, 柳生の, 禅家の, 負けかたの, 連れて

▼ ひとりだけの~ (10, 0.1%)

2 ことを 1 お食事, とき話した, ものに, 姿です, 考への, 興味は, 謁見で, 部屋を

▼ ひとりだって~ (10, 0.1%)

1 あったでしょうか, うまくやった, おもしろいあそび, さされて, なかったろうと, やさしいことば, 傍に, 半分だって, 無いや, 自分の

▼ ひとりだに~ (10, 0.1%)

2 狙ふ 1 あらざりき, 似るが, 危ぶみ恐れざるは, 悦びの, 汝の, 真心を, 識れる, 退屈し

▼ ひとり~ (10, 0.1%)

2 やとても 1 やなかつた, ややつぱり, やア, や厭, や我慢, や掘つ, や歩かせられない, や淋しい

▼ ひとりという~ (10, 0.1%)

2 のは 1 ことに, ことゆえ, ところで, のが, ものは, わけには, 始末, 身柄は

▼ ひとりやっと~ (10, 0.1%)

6 通れるほどの 1 くぐりぬけられるほどの, とおれるほどの, 通れるくらい, 通れるほど

▼ ひとり呟い~ (10, 0.1%)

1 て, ていた, ている, てまた, てみた, てゐた, て坐り直した, て真紀子, て笑った, て言いました

▼ ひとり~ (10, 0.1%)

1 からすすん, から帰る, にすべき, にのこっ, に残, に残され, へ帰っ, よりこれ, よりゆけり, 主劉禅

▼ ひとり~ (10, 0.1%)

2 に向っ 1 に凭, に凭つて, に向かっ, に対して蕭然, に頬杖, のま, のよう, の前

▼ ひとり言っ~ (10, 0.1%)

9 て見た 1 て見

▼ ひとり起き~ (10, 0.1%)

3 ていた 1 つつ, ている, て待っ, て来, て牛乳, て玄関わき, 羽織の

▼ ひとり部屋~ (10, 0.1%)

2 の中 1 で穿い, にすわりつづけた, に帰り, に残っ, に閉じ籠っ, の隅, へは入れない, へ残し

▼ ひとりから~ (9, 0.1%)

1 いろいろうかがっ, やられた, ピストルを, 急を, 恒例各自胸に, 教えられて, 洩れたはなし, 革命帽を, 養子を

▼ ひとりぼっちな~ (9, 0.1%)

3 のだ 1 のか, のである, のです, ので用心, のを, ような

▼ ひとり二階~ (9, 0.1%)

2 に寝 1 で寝, で臥, にいた, に引, の窓, へ昇つた, 借りして

▼ ひとり住ん~ (9, 0.1%)

4 でいる 2 でいた 1 でその, で捨てる, で蔦

▼ ひとり寂しく~ (9, 0.1%)

2 陸橋を 1 ニヤニヤと, 仲間は, 夕餐を, 岩の, 棲む媼, 薄暮の, 鸛の

▼ ひとり立っ~ (9, 0.1%)

3 ていた 2 ている 1 ておいででした, て歩ける, て粗朶, て鎌倉舞

▼ ひとり立つ~ (9, 0.1%)

3 てゐる 1 てあたり, てじ, なかれ, よりも激, 旅客の, 机竜之

▼ ひとりかと~ (8, 0.0%)

1 おもい, 思いの, 思いましたが, 思うて, 思うと, 思ったのに, 思われた, 早合点を

▼ ひとりだけを~ (8, 0.0%)

1 いたわって, はこぶプロペラ, 伴い島, 召し連れて, 引っ担いで, 招いて, 残して, 泣かして

▼ ひとりでし~ (8, 0.0%)

1 かじか, まる力, ゃべくる二階に, ゃべりつゞけるのであった, ゃべりまくしながらあなたこなた, やべつ, ょぼんとしていたけん坊が, よぼん

▼ ひとりにて~ (8, 0.0%)

1 あなた様には, しよつて, よく我等, 新宿追分より, 眠りて, 舅殿へ, 飮む酒も, 飮めば

▼ ひとりには~ (8, 0.0%)

1 あまりさびしき, しびれ薬が, なりきれない空, ひろき蚊帳, 任せて, 告げて, 広すぎる, 書き残されたの

▼ ひとりまた~ (8, 0.0%)

1 ある時, いい機嫌, もうひとり, 客間に, 戦慄す, 政所の, 旅に, 牛女の

▼ ひとり人間~ (8, 0.0%)

2 の生活, ばかりでなく 1 があっ, がいた, の全, の顔

▼ ひとり取り残され~ (8, 0.0%)

2 て私 1 ていた, てお, てひとりごと, てゐる, て途方, どうしていい

▼ ひとり呟き~ (8, 0.0%)

1 て, ながら下り始めた, ながら小首, ながら膝, ながら行水, ながら遠ざかり, またもう二度と, 基経時平あたりの

▼ ひとり居る~ (8, 0.0%)

2 だけで 1 だけです, って, と聞く, のであつ, ほど血, んです

▼ ひとり~ (8, 0.0%)

2 ている 1 たりて人々, て, ていた, てまた, て動く, て涙落ち

▼ ひとり~ (8, 0.0%)

1 をさまし, をさましてる, をつむっ, を覚まし, を醒ました, を閉ぢ, を開い, 醒めた人

▼ ひとり知らぬ~ (8, 0.0%)

3 者は 2 ものが 1 うちに, ものも, 朝出帆さらば

▼ ひとり~ (8, 0.0%)

3 を立っ 1 をかかえ, をたて, をたてた, を抱, を立てる

▼ ひとり苦笑~ (8, 0.0%)

1 した, して, する, するそれ, するの, も示す, をふくむ, を浮かべ

▼ ひとり連れ~ (8, 0.0%)

1 てはいない, て岸壁, て庭, て来, て来る, て行け, て遅れ, て霜柱

▼ ひとり~ (8, 0.0%)

1 いたく糞, に三, に小判, の抑え手, をかかえ, をたれ, を叩い, を巡らせ

▼ ひとりいた~ (7, 0.0%)

2 けれど薄 1 がおそらく, だけであった, という, という目撃, とは初耳

▼ ひとりしょんぼり~ (7, 0.0%)

2 首を 1 して, すわって, として太郎, 教室に, 留守番を

▼ ひとり~ (7, 0.0%)

2 みれば, 背に, 見るに 1 こなたかなた

▼ ひとりのみ~ (7, 0.0%)

2 込みに 1 ならず東洋共通, なりき, にくいなまけもの, 山踏む, 込みである

▼ ひとりのみが~ (7, 0.0%)

2 知る詩篇 1 でくの, 今落日の, 他の, 此世に, 編輯長と

▼ ひとりぽつねんと~ (7, 0.0%)

4 して 1 岩に, 船の, 茶の間の

▼ ひとりむすこ~ (7, 0.0%)

2 である彼 1 ですし, にのこした, に嫁, の信雄君, の章太郎君

▼ ひとり~ (7, 0.0%)

3 りて 2 てさま 1 て濱鼓子花, りかく

▼ ひとり~ (7, 0.0%)

1 がい, が仕事, の人, の姿, の弁護, の老後, はつぶやきました

▼ ひとり~ (7, 0.0%)

2 の中 1 にのこっ, には居ない, の石かげ, を下っ, を見上げた

▼ ひとり~ (7, 0.0%)

2 を眺め 1 に歌つた頃, のみは相, の下, を待とう, を思はぬ

▼ ひとり残され~ (7, 0.0%)

1 ていた, てふと, てもあなた, てゐる, て待ちぼうけ, て暗, て見る

▼ ひとり~ (7, 0.0%)

2 も思は, 思ひに 1 おもふ, 置きに, 置きの

▼ ひとり目立っ~ (7, 0.0%)

2 て小さかっ 1 ていけない, ている, てぶ, て華美, て貧し

▼ ひとり~ (7, 0.0%)

2 にもとめね 1 が見える, もくれよう, も呉れよう, をほそめ, を熱く

▼ ひとり角力~ (7, 0.0%)

21 とか何, とって, の馬鹿らし, をやっ, を取っ

▼ ひとり語り~ (7, 0.0%)

2 は続けられ, は續 1 つつ庭, の物語, を続け

▼ ひとりあの~ (6, 0.0%)

1 お喋り坊主のみは, 事件を, 娘に, 岬の, 時室外に, 部屋に

▼ ひとりいい~ (6, 0.0%)

3 子に 1 声で, 気持に, 考へを

▼ ひとりぐらい~ (6, 0.0%)

1 いて, たぶん来, だろう, 増したらどう, 押えられそう, 食って

▼ ひとり~ (6, 0.0%)

5 もうを 1 もうの

▼ ひとりただ~ (6, 0.0%)

1 ひとり, ひとり指す, よへば, われひとりと, 死ねと, 民衆ある

▼ ひとりであり~ (6, 0.0%)

1 お相手役, ゲーテは, ラ・フォンテーヌも, 傲岸な, 手紙などの, 熱狂的な

▼ ひとりにも~ (6, 0.0%)

1 お出来, 名が, 知られずまた, 突き放された当惑, 絶えて, 話さぬよう

▼ ひとりぽつんと~ (6, 0.0%)

1 お家に, して, 坐つて, 家に, 投げ出されては, 立って

▼ ひとり~ (6, 0.0%)

2 を大 1 に出し, をたて, を出す, を嗄らし

▼ ひとり大きな~ (6, 0.0%)

2 暗闇の 1 動物の, 男が, 紙包を, 雪だるまが

▼ ひとり帰っ~ (6, 0.0%)

4 て来た 1 てきた, てゆく

▼ ひとり~ (6, 0.0%)

2 を見せない 1 だけが二つ, に恐怖, の如く, を見せず

▼ ひとり政府~ (6, 0.0%)

2 の力 1 のみに限らず, のみの病, の任, の能くする

▼ ひとり暗い~ (6, 0.0%)

1 こけもも, のに, 夜道を, 座敷に, 応接室に, 樹かげ道を

▼ ひとり残った~ (6, 0.0%)

2 お嬢様が 1 お絹, のである, 竜之, 韓瑤は

▼ ひとり秀吉~ (6, 0.0%)

1 だけが見えない, だけの行動, だけはこういう, にばかりでなく, のす, の思いつき

▼ ひとり~ (6, 0.0%)

1 なるのみ, のどこ, の中, や鳥, をながめ, を仰ぐ

▼ ひとり~ (6, 0.0%)

1 しながら, ひと一処, ひは, ひ時には, へる, へる事

▼ ひとり笑っ~ (6, 0.0%)

2 て私 1 たりした, ていた, てシャンパン, て見送る

▼ ひとり考え~ (6, 0.0%)

1 ていない, ている, ているらしかった, てみた, てもいなかった, て悦に入った

▼ ひとり舞台~ (6, 0.0%)

1 だなん, ではない, に現われ, の悲劇, の狂乱, の観

▼ ひとり通れる~ (6, 0.0%)

1 か通れない, くらいの切れ目, ぐらいあけ, すきま, ほどのせまい, ほどのトンネル

▼ ひとり~ (6, 0.0%)

2 にまよ 1 なき山, をかへり, を聞く, 示せり

▼ ひとりうなずい~ (5, 0.0%)

1 ていた, ている, てみました, てもと, て何やら

▼ ひとりかの~ (5, 0.0%)

1 うわば, 怪しき美人, 炎々たる, 男の, 男のみ

▼ ひとりぐらし~ (5, 0.0%)

1 して, になっ, の気らくさや, も, も大根きり

▼ ひとりこちら~ (5, 0.0%)

2 へ送られ 1 にひとり, へ引返す, をふり向かう

▼ ひとりこっそり~ (5, 0.0%)

1 とこの, と他人, と椰子, 帰って, 駕籠に

▼ ひとり~ (5, 0.0%)

1 ざります, をもわが, を殺さん, イサクを, 辺を

▼ ひとりさま~ (5, 0.0%)

3 よふ 2 よへば

▼ ひとりたる~ (5, 0.0%)

1 クラクズーが, ジャン, ナトアールという, バベに, 陶義近が

▼ ひとりだけで~ (5, 0.0%)

1 ござります, それについて, 仕合せです, 帰って, 来るの

▼ ひとりだったら~ (5, 0.0%)

1 あんな奴等, そりゃ壁, とても行き着く, 一匹来る, 私の

▼ ひとりだつた~ (5, 0.0%)

2 ことを 1 が不, ことは, ので戯れ

▼ ひとりだろう~ (5, 0.0%)

21 か, かふたり, ナ

▼ ひとりでした~ (5, 0.0%)

1 がね, けれどもその, ね, よ, ように

▼ ひとりにやにや~ (5, 0.0%)

1 たのしそう, とわらい続けた, 笑い出した, 笑って, 笑ってばかり

▼ ひとりふらふら~ (5, 0.0%)

1 して, と川原, と歩い, 歩き廻った, 歩き廻つた

▼ ひとりぶつぶつ~ (5, 0.0%)

1 不平を, 云つても, 何か, 言いながら, 言ひ

▼ ひとりほしい~ (5, 0.0%)

3 ままに 1 と思っ, のです

▼ ひとりまえ~ (5, 0.0%)

1 になる, のからだ, の男, の知識人, の若い

▼ ひとりよがりで~ (5, 0.0%)

2 はない 1 じたばたする, 三成すらも, 自分は

▼ ひとり乗っ~ (5, 0.0%)

2 ていた 1 ている, て僕, て逃げだした

▼ ひとり~ (5, 0.0%)

1 がいませんでした, のうった, のこの世, の世, の叉

▼ ひとり仕事~ (5, 0.0%)

1 するよう, でもやっ, とは思われない, のあと, を忿

▼ ひとり住み~ (5, 0.0%)

1 かな, の御, の身, の願, 人に

▼ ひとり~ (5, 0.0%)

1 おもふまくらべ, がみ, が舐, の姿, を弁護

▼ ひとり密か~ (5, 0.0%)

1 にここ, に恟々, に泣ける, に考え, に走り

▼ ひとり寝る~ (5, 0.0%)

1 のは, 善哉, 夜の, 毎夜毎夜家に, 準備に

▼ ひとり往来~ (5, 0.0%)

3 を歩い 1 の影, をあるく

▼ ひとり思案~ (5, 0.0%)

1 しいかにも, に沈み, に耽っ, をいたしまし, を定めた

▼ ひとり楽しん~ (5, 0.0%)

3 でいる 1 でいた, でおりました

▼ ひとり~ (5, 0.0%)

2 ぬる故 1 に残った, ぬるであらう, ぬるであろう

▼ ひとり~ (5, 0.0%)

1 された弟, されて, され晝, したまま, して

▼ ひとり泣い~ (5, 0.0%)

1 ていた, ている, ておった, てはたね, てゐた

▼ ひとり~ (5, 0.0%)

1 ながれぬ, をこぼし, を流し, を滾し, 流すも

▼ ひとり知らない~ (5, 0.0%)

1 うちに, のです, ものだ, ものは, ものも

▼ ひとり~ (5, 0.0%)

2 に限らず 1 だけが知り, のみ厳か, を念じぬ

▼ ひとり~ (5, 0.0%)

1 に凭, のそ, の下, の傍, の外

▼ ひとり置い~ (5, 0.0%)

1 て, ても心配, て暮らしたら, て行きます, て行っ

▼ ひとり通り~ (5, 0.0%)

2 ぬけられるほどの, はしない 1 ません

▼ ひとり~ (5, 0.0%)

1 で歩い, に乗せられた, をせめ, を東寺, を飛ばし

▼ ひとりあっ~ (4, 0.0%)

1 てふたり, て李典, て村, て職人

▼ ひとりあつ~ (4, 0.0%)

2 てこれ, てもうすでに

▼ ひとりあら~ (4, 0.0%)

1 はれわたる土, ばたくさん, む, むと草枕かけ

▼ ひとりあるき~ (4, 0.0%)

2 のなに 1 ながら, のさみし

▼ ひとりいなかった~ (4, 0.0%)

1 からである, というの, のに変, 一事は

▼ ひとりおい~ (4, 0.0%)

2 ていっ 1 て帰る, でなす

▼ ひとりおき~ (4, 0.0%)

1 ていた, ている, にならん, 上りまして

▼ ひとりおる~ (4, 0.0%)

1 じゃない, そちは, のじゃ, んです

▼ ひとりおれ~ (4, 0.0%)

1 のさき, の方, ばたくさん, を瘋癲病院

▼ ひとりくらい~ (4, 0.0%)

1 うり二つという, そのよう, であったろうけれど, なもの

▼ ひとりこう~ (4, 0.0%)

1 いって, きめて, して, 思って

▼ ひとり~ (4, 0.0%)

1 ういふ, うしませう, ぬれば, びしくまことをちかふ

▼ ひとりさき~ (4, 0.0%)

1 にごはん, にどんどん, に出, に歸

▼ ひとりさびしい~ (4, 0.0%)

2 のだらう, のだろう

▼ ひとりそんな~ (4, 0.0%)

1 ことに, ことを, ふうに, ものに

▼ ひとりだけは~ (4, 0.0%)

1 どうしてだ, まだ立たない, 戴宗の, 本当の

▼ ひとりだつたら~ (4, 0.0%)

1 そりや, そんな自身, てつきりもう, 娘が

▼ ひとりつい~ (4, 0.0%)

2 ている 1 てくる, て町

▼ ひとりつぶやい~ (4, 0.0%)

1 てこの, てそれから, て右足の, て飯

▼ ひとりつれ~ (4, 0.0%)

2 ている 1 てやってくる, て参る

▼ ひとりでいらっしゃる~ (4, 0.0%)

1 かまた, なんて理解, ほうが, んです

▼ ひとりでから~ (4, 0.0%)

4 だが

▼ ひとりでございます~ (4, 0.0%)

1 あなたを, から, から御, があやまっ

▼ ひとりとは~ (4, 0.0%)

1 いつわりに, 北条か, 思わないので, 面白し

▼ ひとりならず~ (4, 0.0%)

1 二人ならず, 傍に, 姉妹揃っ, 居合わした

▼ ひとりにな~ (4, 0.0%)

1 つたお前を, つてどれだけの, つても, つて山の

▼ ひとりひとり~ (4, 0.0%)

1 ああただ, お膳, が焼香, の文学者

▼ ひとり~ (4, 0.0%)

1 たしかな, どへり, にうける, へだ

▼ ひとりゆく~ (4, 0.0%)

2 この山岨 1 ことに, 山に

▼ ひとり~ (4, 0.0%)

4 がりを

▼ ひとりゐない~ (4, 0.0%)

1 ガランと, 山, 山の, 真暗な

▼ ひとり~ (4, 0.0%)

2 をまわっ 1 にあ, をま

▼ ひとり~ (4, 0.0%)

1 にながらえ, に生れ, の凡庸政治家, をば讚

▼ ひとり二人~ (4, 0.0%)

1 が寝泊り, の路, は人がましい, 曳きの

▼ ひとり人影~ (4, 0.0%)

1 がたたずん, が佇ん, のない, はありません

▼ ひとり~ (4, 0.0%)

3 ひを 1 あたら美形

▼ ひとり住む~ (4, 0.0%)

1 ことに, ことにも, ほど面白き, 山小屋に

▼ ひとり住め~ (4, 0.0%)

2 ばあ 1 ば木の葉, ば雑草

▼ ひとり~ (4, 0.0%)

1 かせっせと, ほどのこと, を守ろう, を考へ

▼ ひとり信長~ (4, 0.0%)

1 だけはその, に働きかけ, の業, ばかりでない

▼ ひとり~ (4, 0.0%)

1 えつて, つてあれを, つて行く, の波

▼ ひとり~ (4, 0.0%)

4 を否む

▼ ひとり出かけ~ (4, 0.0%)

1 てさらに, てはいた, て行っ, て飲んだ

▼ ひとり~ (4, 0.0%)

1 の錆, を提げ, を擬し, を検め

▼ ひとり~ (4, 0.0%)

2 をはなれ 1 から離れ, のまっ

▼ ひとり~ (4, 0.0%)

1 な晝家, になる, に恐れる, のすみ

▼ ひとり十二~ (4, 0.0%)

4 ばかりの眼

▼ ひとり反対~ (4, 0.0%)

1 して, するもの, に道路, をさけぶ

▼ ひとり取り残された~ (4, 0.0%)

1 この広間, と思はなけれ, 悄然たる, 絶望に

▼ ひとり取り殘~ (4, 0.0%)

2 された 1 されたかに, された淋し

▼ ひとり台所~ (4, 0.0%)

2 で働い 1 で, の火鉢

▼ ひとり呑込み~ (4, 0.0%)

1 であろ, でだい, で同行, をしました

▼ ひとり~ (4, 0.0%)

1 に残っ, に残った, のようす, へ出

▼ ひとり大きく~ (4, 0.0%)

1 うなずくの, なり両側, 振りうごかして, 頷きながら

▼ ひとり女の子~ (4, 0.0%)

1 があった, がまじっ, がベンチ, が生れ

▼ ひとり姿~ (4, 0.0%)

1 が見えず, が見えない, をあらわし, を見た

▼ ひとり~ (4, 0.0%)

2 の隅 1 に籠っ, の中

▼ ひとり~ (4, 0.0%)

1 てゐる, のさびしさ, の夜, る

▼ ひとり居り~ (4, 0.0%)

2 登母 1 けり枯れかれし, とも居り

▼ ひとり~ (4, 0.0%)

1 のごとく, の上, の宮殿, をめぐり

▼ ひとり帰る~ (4, 0.0%)

1 こと, こと同じ, のです, わけにも

▼ ひとり幸福~ (4, 0.0%)

1 になる, にふと, にふとっ, に傾け

▼ ひとり得意~ (4, 0.0%)

1 でたまらず文壇, な微笑, になっ, に思う

▼ ひとり~ (4, 0.0%)

1 ところに, 推挙し, 涙を, 苦戦に

▼ ひとり微笑~ (4, 0.0%)

1 した, して, を含み, を洩し

▼ ひとり必要~ (4, 0.0%)

1 だったの, であった, とするあわれな, なりと

▼ ひとり悦に入っ~ (4, 0.0%)

2 ていた, ている

▼ ひとり悪い~ (4, 0.0%)

1 のは, やつが, 奴が, 者が

▼ ひとり感心~ (4, 0.0%)

2 して, しながら

▼ ひとり我が~ (4, 0.0%)

1 ために, 圓朝のみを, 義塾同社の, 輩の

▼ ひとり教室~ (4, 0.0%)

1 にのこっ, に坐っ, に残され, の中

▼ ひとり暮らし~ (4, 0.0%)

1 てい, ながら怏々, のパンパン, の住居

▼ ひとり~ (4, 0.0%)

1 に上っ, のほう, の枝, より生ずる

▼ ひとり椅子~ (4, 0.0%)

1 から立ちあがる, から立ち上る, から立っ, によって居

▼ ひとり~ (4, 0.0%)

2 になれる 1 に乗った, に長く

▼ ひとり残る~ (4, 0.0%)

1 なんてそんな, のは, ものと, 竜之

▼ ひとり物思い~ (4, 0.0%)

1 ながら柱, にふけっ, にふけり, に沈ん

▼ ひとり生き~ (4, 0.0%)

1 ぐるしく, てこれ, てその, て來

▼ ひとり~ (4, 0.0%)

1 が待ちぶせ, が足らない, は一体, は一體何

▼ ひとり留守~ (4, 0.0%)

3 をし 1 して

▼ ひとり眺め~ (4, 0.0%)

2 て時 1 て, てあり

▼ ひとり~ (4, 0.0%)

2 を傾ける 1 の聞えない, をかそう

▼ ひとり苦しん~ (4, 0.0%)

2 でいる 1 でゐる, で居ね

▼ ひとり蚊帳~ (4, 0.0%)

4 の中

▼ ひとり説き~ (4, 0.0%)

4 明す

▼ ひとり~ (4, 0.0%)

1 かが怒, か先, もいない, も慰める

▼ ひとり通らない~ (4, 0.0%)

1 のは, ほどに静まっ, アスファルト道が, 街道の

▼ ひとり遊び~ (4, 0.0%)

1 が出来る, して, には馴れ, をさせ

▼ ひとり遊ん~ (4, 0.0%)

1 でいた, でいる, でゐた, でゐる

▼ ひとり遠く~ (4, 0.0%)

2 離れて 1 を行き, 旅立つて

▼ ひとり~ (4, 0.0%)

2 の中 1 みる酒, をけり

▼ ひとり~ (4, 0.0%)

1 かにこんな, かに居る, かに瞑想, に斯く

▼ ひとり頷く~ (4, 0.0%)

1 のであった, のであつ, のも, 強さ

▼ ひとり首肯き~ (4, 0.0%)

1 あたふたと, うわべは, また庭, 先刻の

▼ ひとり~ (4, 0.0%)

1 に乗っ, を引返し, を清洲, を進め

▼ ひとり高氏~ (4, 0.0%)

1 だけにあった, だけの耳, だけはこの, のおそるべき

▼ ひとり黙っ~ (4, 0.0%)

1 ていた, ている, て口, て耐え

▼ ひとりあった~ (3, 0.0%)

1 のでした, ものだ, 娘の

▼ ひとりあれ~ (3, 0.0%)

1 が見えん, におらるる, ばと思う

▼ ひとりいなくなっ~ (3, 0.0%)

2 てしまいました 1 てみんな

▼ ひとりいふ~ (3, 0.0%)

1 この軟かき, こは, クリストの

▼ ひとりいま~ (3, 0.0%)

1 こうして汽車, の羽風, やったところ

▼ ひとりいや~ (3, 0.0%)

1 に背, 三人に, 半人くらい

▼ ひとりいわゆる~ (3, 0.0%)

1 エタには, 部落の, 部落民のみの

▼ ひとりうち~ (3, 0.0%)

1 いて, 棄てたり, 語る

▼ ひとりおくれ~ (3, 0.0%)

1 てこまごま, て松葉杖, て駈け

▼ ひとりおじいさん~ (3, 0.0%)

1 が住ん, のそば, ばかりでなかった

▼ ひとりかが~ (3, 0.0%)

2 むにしくものぞなき 1 やけり

▼ ひとりかく~ (3, 0.0%)

1 あしざまに, つぶやくに, のごとく

▼ ひとりこうして~ (3, 0.0%)

1 われと我が身, 月夜の, 田舎に

▼ ひとりこれら~ (3, 0.0%)

1 の現象, の讚, の鳥

▼ ひとりこんな~ (3, 0.0%)

1 ことを, 俗謡にのみ, 晩に

▼ ひとりごとみたい~ (3, 0.0%)

1 につぶやい, にわずか, に呟い

▼ ひとりさっさと~ (3, 0.0%)

1 二階に, 寝て, 資生堂を

▼ ひとりさつき~ (3, 0.0%)

1 からこんな, からの話, からむつつり

▼ ひとりさみしき~ (3, 0.0%)

3 吾耳は

▼ ひとりしずか~ (3, 0.0%)

1 にいる, に新作噺, に自然

▼ ひとりしんみり~ (3, 0.0%)

1 とゐ, と籠つて, 時雨を

▼ ひとりじっと~ (3, 0.0%)

1 もの思い, 地図を, 立って

▼ ひとりすむ~ (3, 0.0%)

1 たびに, や行水, 典鑄司あはれみ思へれ

▼ ひとり~ (3, 0.0%)

2 羽含ま 1 あらん竈

▼ ひとりたま~ (3, 0.0%)

2 さぐる 1 しひふかく

▼ ひとりだけに~ (3, 0.0%)

1 なって, 強く響いた, 過ぎません

▼ ひとりだち~ (3, 0.0%)

2 をし 1 ひとり遊びが

▼ ひとりつくねんと~ (3, 0.0%)

1 坐って, 待って, 燃えしぶる枯れ葉

▼ ひとりできた~ (3, 0.0%)

1 ということ, と思っ, のよ

▼ ひとりでさえ~ (3, 0.0%)

1 これからの, タジタジで, 隠れるのに

▼ ひとりでない~ (3, 0.0%)

1 ことが, ことを, と困る

▼ ひとりとり残された~ (3, 0.0%)

1 ように, 仁太の, 孤独の

▼ ひとりなお~ (3, 0.0%)

1 余息を, 気概の, 生き残って

▼ ひとりなり~ (3, 0.0%)

2 袖を 1 またほか

▼ ひとりについて~ (3, 0.0%)

1 ひとりずつ, みてさえも, 部分的に

▼ ひとりにとって~ (3, 0.0%)

1 そうで, なおざりに, 明瞭な

▼ ひとりに対して~ (3, 0.0%)

1 なら私, 一方は, 何か

▼ ひとりはいっ~ (3, 0.0%)

1 てきた, てくる, て来た

▼ ひとりはさみ~ (3, 0.0%)

3 を出した

▼ ひとりばかり~ (3, 0.0%)

1 いるもの, では, ゐるもの

▼ ひとりひっそり~ (3, 0.0%)

1 とした, と腰かけ, 読んだり

▼ ひとりふたり三人~ (3, 0.0%)

1 とお山同心たち, と船員, まだまだおお

▼ ひとりへの~ (3, 0.0%)

1 おいいつけなら, 殺意などは, 言葉を

▼ ひとりぽかんと~ (3, 0.0%)

3 して

▼ ひとりまで~ (3, 0.0%)

1 ここで, 二里三里にも, 身を

▼ ひとりめざめ~ (3, 0.0%)

1 て, てそれ, て冷えきった

▼ ひとりやつ~ (3, 0.0%)

2 たらめつた 1 での窓

▼ ひとりゆっくり~ (3, 0.0%)

1 あるいて, と歩い, 食事を

▼ ひとりよがりな~ (3, 0.0%)

1 のだ, ユートピアを, 投書ぐらい

▼ ひとりわれ~ (3, 0.0%)

1 と我が身, を羨む, 前輩

▼ ひとり一室~ (3, 0.0%)

1 に籠り居, に退い, に閉じこもった

▼ ひとり不安~ (3, 0.0%)

1 と忿懣, な気もち, に覚えた

▼ ひとり不平~ (3, 0.0%)

1 はつぶやかなかった, や怯み, をいう

▼ ひとり世話~ (3, 0.0%)

3 して

▼ ひとり仲間~ (3, 0.0%)

1 が来る, の宅助, はづれのかたちになつてしまつた

▼ ひとり住まい~ (3, 0.0%)

1 のお, のその, をし

▼ ひとり~ (3, 0.0%)

1 のウスノロ氏, の浮気, の猩々

▼ ひとり信仰~ (3, 0.0%)

1 して, によってのみそ, によつて

▼ ひとり~ (3, 0.0%)

1 だけはこの, の鎖, をねらってる

▼ ひとり先生~ (3, 0.0%)

1 とお供, にあいさつ, のしはがれた

▼ ひとり~ (3, 0.0%)

1 とが人質, の英雄青年レミンカイネン, を養女

▼ ひとり出る~ (3, 0.0%)

1 か出ない, ことも, とその

▼ ひとり~ (3, 0.0%)

1 と頼んだ, になっ, に成る

▼ ひとり去り~ (3, 0.0%)

2 ふたり去り 1 ふたりにげ

▼ ひとり取り~ (3, 0.0%)

2 のこされ 1 のこされた

▼ ひとり取残され~ (3, 0.0%)

1 ていた, てぼんやり, てもじもじ

▼ ひとり取残された~ (3, 0.0%)

1 ものに, ような, ように

▼ ひとり口笛~ (3, 0.0%)

3 を吹き

▼ ひとり合點~ (3, 0.0%)

1 でお, で國境, で描い

▼ ひとり呟く~ (3, 0.0%)

1 ほどだった, ようだった, ように

▼ ひとり味方~ (3, 0.0%)

2 がない 1 は六人

▼ ひとり~ (3, 0.0%)

1 ぞある, はなかっ, を全う

▼ ひとり~ (3, 0.0%)

1 ひとりき, ひとりのこしき, ひとり数歩へ

▼ ひとり~ (3, 0.0%)

1 いぢ, のみならず, を蹴っ

▼ ひとり境内~ (3, 0.0%)

2 に彳 1 を外れ

▼ ひとり~ (3, 0.0%)

2 を明かす 1 おそくまで

▼ ひとり~ (3, 0.0%)

1 宴の, 笑ひしました, 雀命だけは

▼ ひとり天下~ (3, 0.0%)

1 で九月, で何, になる

▼ ひとり天才~ (3, 0.0%)

1 であるという, のみが肯定, の所業

▼ ひとり天狗~ (3, 0.0%)

1 といはず, のよく, の怪談

▼ ひとり~ (3, 0.0%)

1 の一間, の茶の間, の間

▼ ひとり~ (3, 0.0%)

1 が来, を乗せたら, を取っ

▼ ひとり家人~ (3, 0.0%)

1 が縛りつけられ, にも見とがめられず, の影

▼ ひとり寝転ん~ (3, 0.0%)

2 で何 1 でゐた

▼ ひとり尊氏~ (3, 0.0%)

1 と範国, の言, の陸海軍

▼ ひとり~ (3, 0.0%)

1 宰相, 宰相だけ, 理窟を

▼ ひとり居ない~ (3, 0.0%)

1 九十九里の, 掛小屋の, 野や

▼ ひとり~ (3, 0.0%)

1 にかけたる, に入っ, を背

▼ ひとり廊下~ (3, 0.0%)

1 に立つ, をわたっ, を歩い

▼ ひとり彼ら~ (3, 0.0%)

1 のみがこれ, の方, の頭上

▼ ひとり彼女~ (3, 0.0%)

1 に力, のそば, の身許

▼ ひとり彼等~ (3, 0.0%)

1 の仲間, の臆病風, の頭上

▼ ひとり怏々~ (3, 0.0%)

1 として楽しまず, と悶え, と日蔭者

▼ ひとり怒り~ (3, 0.0%)

2 に耐え 1 ながら眠り

▼ ひとり悲しく~ (3, 0.0%)

1 あらはれぬ, 夢に, 聞えぬ振り

▼ ひとり~ (3, 0.0%)

1 のみが存在, を張っ, ん張つて

▼ ひとり我々~ (3, 0.0%)

1 の日本, の経験, ばかりで

▼ ひとり放れ~ (3, 0.0%)

1 ていた, てもうずいぶん, てゆく

▼ ひとり政治~ (3, 0.0%)

1 に限らず, のプログラム, の上

▼ ひとり数学~ (3, 0.0%)

1 がはなはだ, によってのみ我々, のみがこれ

▼ ひとり~ (3, 0.0%)

1 の暮れる, の沈んだ, を狂わす

▼ ひとり明るい~ (3, 0.0%)

1 お月さま, 南シナ海の, 日の

▼ ひとり暮し~ (3, 0.0%)

1 がよく, てい, ている

▼ ひとり~ (3, 0.0%)

1 のふち, をあげ, をかさね

▼ ひとり東洋~ (3, 0.0%)

1 の大国, の美術, の諸

▼ ひとり~ (3, 0.0%)

1 と椎, の翠, をへだて

▼ ひとり~ (3, 0.0%)

1 なき, の道, を思う

▼ ひとり武蔵~ (3, 0.0%)

1 さえ亡, はぽつねんと, を弁護

▼ ひとり~ (3, 0.0%)

2 をくいしばった 1 がみ

▼ ひとり死ぬ~ (3, 0.0%)

1 と一つ墓石, ものだ, ような

▼ ひとり死ん~ (3, 0.0%)

2 でゆく 1 でもい

▼ ひとり殺した~ (3, 0.0%)

1 事が, 後の, 恐ろしい水

▼ ひとり~ (3, 0.0%)

1 だけで, の水, の面

▼ ひとり泣か~ (3, 0.0%)

1 まほしさ, むとす, むとみちのくへ

▼ ひとり~ (3, 0.0%)

2 へ放し 1 を越え

▼ ひとり生き残った~ (3, 0.0%)

1 ところで, と思った, 悪徳の

▼ ひとり~ (3, 0.0%)

1 を出, を歩い, を歩いた

▼ ひとり留守番~ (3, 0.0%)

3 をし

▼ ひとり知っ~ (3, 0.0%)

2 ている 1 ていない

▼ ひとり知つて~ (3, 0.0%)

3 ゐる者

▼ ひとり~ (3, 0.0%)

2 二の 1 五男だけは

▼ ひとり答え~ (3, 0.0%)

1 ていた, てはては, て一月寺

▼ ひとり考へ~ (3, 0.0%)

1 てゐる, なほし, ひとり頷く

▼ ひとり芝居~ (3, 0.0%)

1 で書斎, をし, をやり

▼ ひとり見る~ (3, 0.0%)

1 山ざくらばな, 者も, 蛇籠の

▼ ひとり超然~ (3, 0.0%)

1 とした, として惑い, として聳え

▼ ひとり足りねえ~ (3, 0.0%)

1 といってる, ようだ, んです

▼ ひとり~ (3, 0.0%)

1 をゆく, を失ひ, を歩い

▼ ひとり通らぬ~ (3, 0.0%)

1 この雪, 荒涼たるながめである, 街路を

▼ ひとり道庵先生~ (3, 0.0%)

1 だけがこの, と米友, のみは相

▼ ひとり~ (3, 0.0%)

1 に囚われ, に武門, のゆふぐ

▼ ひとり~ (3, 0.0%)

1 の鳥, を歩い, 歩く馬

▼ ひとり雇っ~ (3, 0.0%)

1 たり致しました, てくれたら, てくれる

▼ ひとり離れた~ (3, 0.0%)

1 一隅を, 数寄屋の, 椅子に

▼ ひとり~ (3, 0.0%)

1 とふたり静, に, に流れ

▼ ひとり~ (3, 0.0%)

1 なふ声, もなく, 立てずこの

▼ ひとり頷き~ (3, 0.0%)

1 ながら, 顔で, 顔を

▼ ひとり~ (3, 0.0%)

1 に寝, をあたっ, を見せなかった

▼ ひとり~ (3, 0.0%)

1 をひねっ, を動かし, を御

▼ ひとり首肯~ (3, 0.0%)

2 した 1 して

▼ ひとり鳴き~ (3, 0.0%)

1 てもありぬべし, ても夜, をし

▼ ひとり默然~ (3, 0.0%)

1 と, として其前, として坐し

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 くかれ出, まつ子が

▼ ひとりああ~ (2, 0.0%)

1 ただひとり, 思い切るまでには

▼ ひとりあまさず討っ~ (2, 0.0%)

1 てとる, てとれ

▼ ひとりあり~ (2, 0.0%)

1 はした, 緑扉に

▼ ひとりあるけ~ (2, 0.0%)

1 ば, ば山

▼ ひとりいかなる~ (2, 0.0%)

1 程度まで, 魔法つかいの

▼ ひとりいそいそ~ (2, 0.0%)

2 と出掛け

▼ ひとりいち~ (2, 0.0%)

1 にち, にん

▼ ひとりいちばん~ (2, 0.0%)

1 ちいさい子, 前の

▼ ひとりいつ~ (2, 0.0%)

1 までも夜, までも心強

▼ ひとりいねえ~ (2, 0.0%)

1 しそう, とみえる

▼ ひとりいばっ~ (2, 0.0%)

1 ていられる, ている

▼ ひとりいれ~ (2, 0.0%)

1 て置いた, ば心ゆく

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 かがふ, で章魚みたい

▼ ひとりうしろ~ (2, 0.0%)

1 にい, へま

▼ ひとりうなずいた~ (2, 0.0%)

1 果心居士は, 甲賀世阿弥は

▼ ひとりうなずく~ (2, 0.0%)

1 とスルスル, のでした

▼ ひとりおかしく~ (2, 0.0%)

1 なって, もない

▼ ひとりおかなけれ~ (2, 0.0%)

2 ばならぬ

▼ ひとりおかれ~ (2, 0.0%)

1 ていた, てゐた

▼ ひとりおやすみ~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ ひとりおよぶ~ (2, 0.0%)

2 ものの

▼ ひとりお祈り~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ ひとりかうした~ (2, 0.0%)

1 村長に, 私の

▼ ひとりかくれる~ (2, 0.0%)

1 場所が, 場所なんて

▼ ひとりかなしく~ (2, 0.0%)

1 今日も, 自分の

▼ ひとりがの~ (2, 0.0%)

1 どくびつまらした, ォまれた

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 てきつ, のまま

▼ ひとりきい~ (2, 0.0%)

2 てゐ

▼ ひとりきちんと~ (2, 0.0%)

1 炉ばた, 膝を

▼ ひとりきめ~ (2, 0.0%)

1 てしまった, て一日

▼ ひとりぎめで~ (2, 0.0%)

1 こんな気違い, その婦人

▼ ひとりくらいの~ (2, 0.0%)

1 女気が, 馬鹿が

▼ ひとりぐらいを~ (2, 0.0%)

1 ぎせいに, 片づけるには

▼ ひとりこそ~ (2, 0.0%)

1 こころ安けれ, 咲き匂ひけれ

▼ ひとりこつこつ~ (2, 0.0%)

1 と捺印, と馬

▼ ひとりこども~ (2, 0.0%)

1 がゆ, が出

▼ ひとりごとし~ (2, 0.0%)

1 つつ秋, ながらあっち

▼ ひとりささやき~ (2, 0.0%)

1 ながら行く, 諸手を

▼ ひとりさっき~ (2, 0.0%)

1 からこんな, から小人

▼ ひとりさまよう~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ ひとりさみしく~ (2, 0.0%)

1 歩み来ぬ, 耳を

▼ ひとりさやけ~ (2, 0.0%)

2 さや

▼ ひとりしばらく~ (2, 0.0%)

1 後に, 心を

▼ ひとりしゃがん~ (2, 0.0%)

2 でいた

▼ ひとりしよんぼり~ (2, 0.0%)

1 と何, と彼

▼ ひとりすぐ~ (2, 0.0%)

1 には小, 取って返して

▼ ひとりすら~ (2, 0.0%)

1 さう, 治めること

▼ ひとりすわっ~ (2, 0.0%)

1 ていた, てはり上げた

▼ ひとりずっと~ (2, 0.0%)

1 心の, 離れて

▼ ひとりせっせと~ (2, 0.0%)

2 リイダアの

▼ ひとりぜひ~ (2, 0.0%)

1 快遊船, 用が

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 なたを, はそ

▼ ひとりそう~ (2, 0.0%)

1 かと信じる, つぶやいたよう

▼ ひとりそっと~ (2, 0.0%)

1 床を, 裏ば

▼ ひとりそつ~ (2, 0.0%)

1 ちを, と抜け出し

▼ ひとりそのかみ~ (2, 0.0%)

2

▼ ひとりそびえ~ (2, 0.0%)

1 ていました, ている

▼ ひとりそれから~ (2, 0.0%)

1 書生が, 東京に

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 あ, うめ一人ある

▼ ひとりたがやせ~ (2, 0.0%)

2 ばうた

▼ ひとりだんだん~ (2, 0.0%)

1 と淋しい, はじき出されて

▼ ひとりちびちび~ (2, 0.0%)

1 とやつ, と焼酎

▼ ひとりつかまっ~ (2, 0.0%)

1 てしめころされ, てしめ殺され

▼ ひとりつくづく~ (2, 0.0%)

1 思案に, 眺めて

▼ ひとりつくねん~ (2, 0.0%)

1 としてゐました, として坐

▼ ひとりであっ~ (2, 0.0%)

1 てそこ, て謂わ

▼ ひとりであるい~ (2, 0.0%)

1 ている, てき

▼ ひとりであん~ (2, 0.0%)

1 だけの段取り工夫, よを

▼ ひとりでき~ (2, 0.0%)

1 てかへる, もちよ

▼ ひとりでる~ (2, 0.0%)

1 すを, す番

▼ ひとりとりのこされた~ (2, 0.0%)

1 ような, 感じです

▼ ひとりとり残され~ (2, 0.0%)

1 て居るなら, て路子

▼ ひとりどう~ (2, 0.0%)

1 と云う, 諒解を

▼ ひとりない~ (2, 0.0%)

1 でもない, のです

▼ ひとりなき~ (2, 0.0%)

1 ことを, たいと

▼ ひとりなぎ~ (2, 0.0%)

2 さに

▼ ひとりなく~ (2, 0.0%)

1 なったの, らん

▼ ひとりぬる~ (2, 0.0%)

1 夜の, 身の

▼ ひとりねそべっ~ (2, 0.0%)

1 て, てゐる

▼ ひとりねを~ (2, 0.0%)

2 承知の

▼ ひとりのこらず死ん~ (2, 0.0%)

1 でしまう, でしまった

▼ ひとりのぼり~ (2, 0.0%)

1 て, て愁

▼ ひとりのみに~ (2, 0.0%)

1 止まらなかった, 苦患を

▼ ひとりはも~ (2, 0.0%)

1 ひとりに対して, ひとりの

▼ ひとりひそん~ (2, 0.0%)

2 で見

▼ ひとりひる~ (2, 0.0%)

1 ごろ毎日きまって, ねの宵

▼ ひとりびとりの表情~ (2, 0.0%)

1 などをこまか, を注意

▼ ひとりびとり念入り~ (2, 0.0%)

1 に見た, に見まわした

▼ ひとりふえた~ (2, 0.0%)

1 となる, のです

▼ ひとりぶらぶら~ (2, 0.0%)

1 月が, 歩いて

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

2

▼ ひとりほくほく~ (2, 0.0%)

1 だろうが, 喜んで

▼ ひとりほほえん~ (2, 0.0%)

2 でいる

▼ ひとりぼっちだ~ (2, 0.0%)

1 あけれど, と思っ

▼ ひとりぼっちだった~ (2, 0.0%)

2 からです

▼ ひとりぼつちの娘さん~ (2, 0.0%)

2

▼ ひとりぼつぼつ~ (2, 0.0%)

1 こぼして, 浜辺づたいに寺の

▼ ひとりぽつり~ (2, 0.0%)

1 と行列, と見あげられた

▼ ひとりますます~ (2, 0.0%)

1 憂慮に, 民衆を

▼ ひとりみんな~ (2, 0.0%)

1 からはなれ, 違うと

▼ ひとりむす~ (2, 0.0%)

1 めが, めを

▼ ひとりもう~ (2, 0.0%)

1 ながいあいだ, 木を

▼ ひとりもと~ (2, 0.0%)

1 の幹事室, 飛行隊に

▼ ひとりやっ~ (2, 0.0%)

1 ては来ませんでした, てみれ

▼ ひとりゆけ~ (2, 0.0%)

1 ど, ば

▼ ひとりよりは~ (2, 0.0%)

1 ふたりふたりよりは, 大事な

▼ ひとりコップ~ (2, 0.0%)

1 を上げ, を舐め

▼ ひとりシエクスピイヤ~ (2, 0.0%)

1 が威靈今, の大

▼ ひとりシナ~ (2, 0.0%)

1 に起こり, の説

▼ ひとりセビラ~ (2, 0.0%)

2 の床屋

▼ ひとりトボトボ~ (2, 0.0%)

1 と出た, 歩いて

▼ ひとりトロイア軍~ (2, 0.0%)

1 と戰, を警むる

▼ ひとりハシャイ~ (2, 0.0%)

2 でゐる

▼ ひとりパリ~ (2, 0.0%)

1 にのこされる, へ現われた

▼ ひとりポッチ~ (2, 0.0%)

1 であそん, になっ

▼ ひとりポツネン~ (2, 0.0%)

1 と煙草, と食堂車

▼ ひとりロシア~ (2, 0.0%)

1 だけが正しく, だけにしか見られない

▼ ひとりローマ~ (2, 0.0%)

1 の寺院, をみ

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 から喚き立て, へ降り

▼ ひとり下っ~ (2, 0.0%)

1 て咳き込ん, て行った

▼ ひとり下谷~ (2, 0.0%)

1 の家, へは立ち寄っ

▼ ひとり中国~ (2, 0.0%)

1 に対して言える, のみに産し

▼ ひとり乗り~ (2, 0.0%)

1 にし, の豆ヘリコプター

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 の喜び, は公然

▼ ひとり二重~ (2, 0.0%)

1 まはし, まわし着た小柄

▼ ひとり京都~ (2, 0.0%)

1 に向, へ行った

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 から興奮, では召抱えられる

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 はすべて, 猫に

▼ ひとり他人~ (2, 0.0%)

1 の中, を不幸

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

2 れて

▼ ひとり佇み~ (2, 0.0%)

1 て, て杖

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 ひが, ゐは

▼ ひとり住い~ (2, 0.0%)

1 になり, をし

▼ ひとり何とも~ (2, 0.0%)

2 知れぬ大きな

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 しくくすぶって, しく主人

▼ ひとり余さず~ (2, 0.0%)

1 客に, 母の

▼ ひとり余り~ (2, 0.0%)

2 の痛憤

▼ ひとり余念~ (2, 0.0%)

2 もなく

▼ ひとり作家~ (2, 0.0%)

1 が自殺, づらを

▼ ひとり信玄~ (2, 0.0%)

1 に著しい, ばかりでなく

▼ ひとり信長公~ (2, 0.0%)

1 に至っ, の処置

▼ ひとり停車場~ (2, 0.0%)

1 に立つ, まで出迎え

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 に来, よりこれ

▼ ひとり傲然~ (2, 0.0%)

1 とし, と唇

▼ ひとり働い~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 ぬ, れる宝玉

▼ ひとり入れられ~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐる

▼ ひとり入れる~ (2, 0.0%)

1 ぐらいなほッ建小屋, だけの隙間

▼ ひとり入日~ (2, 0.0%)

2 にゆられゆく

▼ ひとり八幡神社~ (2, 0.0%)

1 の森, まで歩い

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 に死のう, に行き

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 にいた, へ通った

▼ ひとり写真~ (2, 0.0%)

1 の前, をながめ

▼ ひとり出で~ (2, 0.0%)

1 て短き, て磯馴れ松

▼ ひとり出発~ (2, 0.0%)

1 するの, の準備

▼ ひとり別れ~ (2, 0.0%)

1 てマニラ, て帰つた

▼ ひとり則清~ (2, 0.0%)

1 と継信, は沈吟黙想

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 に行き, に進み

▼ ひとり動こう~ (2, 0.0%)

1 とはせず, ともしなかった

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 に顎杖, をしむ

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 にし, をし

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

2 往来を

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 の群, を離れ

▼ ひとり友人~ (2, 0.0%)

1 がいた, にし

▼ ひとり古い~ (2, 0.0%)

1 愛人が, 木版畫の

▼ ひとり叫び~ (2, 0.0%)

1 ていひける, て我等

▼ ひとり可愛い~ (2, 0.0%)

1 息子の, 知り合いが

▼ ひとり可笑しく~ (2, 0.0%)

1 てたまらなかっ, もなっ

▼ ひとり同行~ (2, 0.0%)

1 に加, の級友

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 のみの愛, をレアルコとい

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 に聴く, に聽

▼ ひとり吾が~ (2, 0.0%)

2 もの

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 に残っ, の旧

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 ひしこと, ひながら

▼ ひとり呼べ~ (2, 0.0%)

1 というご, ばいい

▼ ひとり問い~ (2, 0.0%)

1 ひとり答え, ひとり責め

▼ ひとり喜ん~ (2, 0.0%)

1 でいる, で云っ

▼ ひとり嘆き~ (2, 0.0%)

1 つつ, の谷

▼ ひとり嘆くでない~ (2, 0.0%)

2 あんまり泣け

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 つたぞ, つてその

▼ ひとり在る~ (2, 0.0%)

1 のみで, よ

▼ ひとり地上~ (2, 0.0%)

1 にあり, に突離

▼ ひとり地名~ (2, 0.0%)

1 という一種, の起り

▼ ひとり坐つ~ (2, 0.0%)

1 てゐる, て天井

▼ ひとり坐る~ (2, 0.0%)

2

▼ ひとり坐れ~ (2, 0.0%)

2

▼ ひとり堪へ~ (2, 0.0%)

2 たり

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 の中, の陰

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 に凭掛つて, に向っ

▼ ひとり多く~ (2, 0.0%)

1 の人, の猿

▼ ひとり夜更け~ (2, 0.0%)

1 に起き, を奏で

▼ ひとり大いに~ (2, 0.0%)

1 努力し, 悦に入つて

▼ ひとり大石先生~ (2, 0.0%)

1 は大げさ, を思いださなかった

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 の病室, の看護

▼ ひとり奥羽~ (2, 0.0%)

1 に限られなかった, の北陬

▼ ひとり奥羽地方~ (2, 0.0%)

1 のみには限りません, ばかりで

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 がりな, 學の

▼ ひとり好い~ (2, 0.0%)

1 ていねんだ, 子に

▼ ひとり娘ひとり~ (2, 0.0%)

1 のたより, の私

▼ ひとり学校~ (2, 0.0%)

2 の教育

▼ ひとり完全~ (2, 0.0%)

1 に取り, に抑制

▼ ひとり宗教家~ (2, 0.0%)

1 の間, へのみ

▼ ひとり宗易~ (2, 0.0%)

1 のみならず, の提案

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 の弟, 割れるばかり

▼ ひとり実に~ (2, 0.0%)

1 たのしく久々, みすぼらしくて

▼ ひとり宿~ (2, 0.0%)

1 の二階, 守る秋

▼ ひとり寂しき~ (2, 0.0%)

1 うたが, 歩廊の

▼ ひとり寂然~ (2, 0.0%)

1 とし, と坐っ

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 けき, さの

▼ ひとり寝ころん~ (2, 0.0%)

1 でじっと, で遠く

▼ ひとり寝床~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 なるのみ, 割れるばかり

▼ ひとり小声~ (2, 0.0%)

1 で, で喚ぶ

▼ ひとり小屋~ (2, 0.0%)

1 の楽屋, へ帰った

▼ ひとり居間~ (2, 0.0%)

1 にたれこめ, に立ち

▼ ひとり岩波新書~ (2, 0.0%)

2

▼ ひとり岸邊~ (2, 0.0%)

1 に針, をさま

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 と鴎, にいた

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

2 の頬

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 とったラップランド, よりのこ

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

2 室に

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 にたたずむ, に出

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 にこもっ, を侵す

▼ ひとり弁解~ (2, 0.0%)

1 しながら, めいた笑顔

▼ ひとり彼方~ (2, 0.0%)

1 の将軍地蔵, より来る

▼ ひとり御者~ (2, 0.0%)

1 のみは喜ぶ, を叱り

▼ ひとり忙し~ (2, 0.0%)

2 げな

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 川和尚だけは, 心の

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 にかきくれ, をなやまし

▼ ひとり思いだす~ (2, 0.0%)

1 だけである, 人が

▼ ひとり思う~ (2, 0.0%)

1 て居る, のでございます

▼ ひとり思ひ~ (2, 0.0%)

1 て猶, 出の

▼ ひとり恋愛~ (2, 0.0%)

1 に限, に限った

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

2 れつつ

▼ ひとり悠々~ (2, 0.0%)

1 と志す, と青空

▼ ひとり悦に入る~ (2, 0.0%)

1 のを, 光景は

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 ひに, ひを

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 のごとくならざる, を決して

▼ ひとり意外~ (2, 0.0%)

1 なの, な人物

▼ ひとり愛し~ (2, 0.0%)

1 ていた, てやみ

▼ ひとり戯れ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 吟じて, 遣って

▼ ひとり抜け~ (2, 0.0%)

1 て来た, をし

▼ ひとり抱い~ (2, 0.0%)

1 ている, て泣い

▼ ひとり振り~ (2, 0.0%)

2 は仰がず

▼ ひとり控え~ (2, 0.0%)

1 ている, ております

▼ ひとり揺るる~ (2, 0.0%)

2 秀の

▼ ひとり放っ~ (2, 0.0%)

2 ておく

▼ ひとり教科書~ (2, 0.0%)

1 の, のにおい

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 の中, の手中

▼ ひとり料理場~ (2, 0.0%)

2 を掃除

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 思潮の, 詩社の

▼ ひとり日光室~ (2, 0.0%)

1 で日向ぼっこ, へ来た

▼ ひとり日本人~ (2, 0.0%)

1 だけである, ばかりでなく

▼ ひとり早く~ (2, 0.0%)

1 寝かしつけられて, 白土工場から

▼ ひとり早春~ (2, 0.0%)

2 の風

▼ ひとり昂奮~ (2, 0.0%)

1 した旅, の程度

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

2 のみに止らず

▼ ひとり暗然~ (2, 0.0%)

1 と歩き, と歩き廻っ

▼ ひとり曠野~ (2, 0.0%)

1 に残された, をさまよう

▼ ひとり書物~ (2, 0.0%)

1 をひもどきはじめました, を読みます

▼ ひとり最も~ (2, 0.0%)

1 古くかつ, 高いという

▼ ひとり朝寝~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ ひとり木犀~ (2, 0.0%)

2 はその

▼ ひとり本当に~ (2, 0.0%)

1 しない, する者ア

▼ ひとり机竜~ (2, 0.0%)

2 之助

▼ ひとり来る~ (2, 0.0%)

1 はずです, 者も

▼ ひとり東北~ (2, 0.0%)

1 の地, の空

▼ ひとり東野~ (2, 0.0%)

1 がこちら, と同船

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

2

▼ ひとり校庭~ (2, 0.0%)

2 の草

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 の中, をぬけ

▼ ひとり楽しむ~ (2, 0.0%)

1 ことに, 世界だ

▼ ひとり樹木~ (2, 0.0%)

1 にすがりつき, の幹

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ ひとり歓喜~ (2, 0.0%)

1 して, の叫び

▼ ひとり武備~ (2, 0.0%)

1 の一点, をもっ

▼ ひとり武道家~ (2, 0.0%)

1 が武者修業, が武者修行

▼ ひとり武門~ (2, 0.0%)

1 の出, ばかりでなく

▼ ひとり歩いた~ (2, 0.0%)

1 ことが, ので

▼ ひとり歩み歩ま~ (2, 0.0%)

2

▼ ひとり死んだ~ (2, 0.0%)

2

▼ ひとり死後~ (2, 0.0%)

1 の存否, を論じ

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

2 つた

▼ ひとり残される~ (2, 0.0%)

1 ことに, 寂しさ

▼ ひとり殖えた~ (2, 0.0%)

1 ので台所, 三人に

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 だけは跌, の年齢

▼ ひとり母屋~ (2, 0.0%)

1 のほう, へ閉じこもった

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 の襟卷, の襟巻

▼ ひとり気づいた~ (2, 0.0%)

2 者が

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 をもんだ, を揉み

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 のめば, の鹹淡

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 ばかりを流す, を流し

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 がたく, にいう

▼ ひとり沈み~ (2, 0.0%)

1 て日ごろ, て日頃

▼ ひとり河原~ (2, 0.0%)

1 に出, に残っ

▼ ひとり法律家~ (2, 0.0%)

1 のみの行う, の腕

▼ ひとり泣き~ (2, 0.0%)

1 つつ拜, ながらやって来

▼ ひとり泰然自若~ (2, 0.0%)

1 としてろ, として坐っ

▼ ひとり活き~ (2, 0.0%)

1 て卯の花, て流る

▼ ひとり海辺~ (2, 0.0%)

1 の故郷, へ散歩

▼ ひとり消え~ (2, 0.0%)

1 てなくなっ, てゆく

▼ ひとり淋し~ (2, 0.0%)

1 げに, げに留守居

▼ ひとり淫乱~ (2, 0.0%)

2 の国天竺

▼ ひとり深い~ (2, 0.0%)

1 唸りを, 静寂の

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 にひたれり, に入る

▼ ひとり演説~ (2, 0.0%)

1 だ, の時

▼ ひとり澄む~ (2, 0.0%)

1 山寺の, 月も

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

2 の縁

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 の文明, をたい

▼ ひとり火鉢~ (2, 0.0%)

1 に手, をか

▼ ひとり煙草~ (2, 0.0%)

1 をのみ, を吸

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 に対し, をかかげ

▼ ひとり特別~ (2, 0.0%)

1 な來賓, に大きい

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 たらむ, の反

▼ ひとり画架~ (2, 0.0%)

2 の前

▼ ひとり異存~ (2, 0.0%)

1 があっ, はない

▼ ひとり疑っ~ (2, 0.0%)

2 ていた

▼ ひとり皇室~ (2, 0.0%)

1 だけでなく, を守る

▼ ひとり真理~ (2, 0.0%)

1 なること, の宗教

▼ ひとり真面目~ (2, 0.0%)

1 にとる, に立つ

▼ ひとり硬く~ (2, 0.0%)

1 なって, なつて眼

▼ ひとり確か~ (2, 0.0%)

2 なこと

▼ ひとり社会~ (2, 0.0%)

1 の圧制, の表面

▼ ひとり祈る~ (2, 0.0%)

1 の習慣, 白衣の

▼ ひとり祖先~ (2, 0.0%)

1 からつたわる, を拝

▼ ひとり稽古~ (2, 0.0%)

1 に夢中, をやっ

▼ ひとり空手~ (2, 0.0%)

2 に山姫

▼ ひとり突き~ (2, 0.0%)

1 とめて, はなされた

▼ ひとり笑え~ (2, 0.0%)

1 てきた, て来た

▼ ひとり笑つて~ (2, 0.0%)

2 ゐた

▼ ひとり笑み~ (2, 0.0%)

1 つつ, つつゐ

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 へて我, へて曰

▼ ひとり米友~ (2, 0.0%)

1 だと, にお礼

▼ ひとり米国~ (2, 0.0%)

1 の果て, は国教

▼ ひとり縫物~ (2, 0.0%)

1 して, をし

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 の毛, の脂ぎる

▼ ひとり老い~ (2, 0.0%)

1 たり, ていた

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 へし, へひとり

▼ ひとり肯い~ (2, 0.0%)

1 たりした, て扉

▼ ひとり胸中~ (2, 0.0%)

1 に問答, の何物

▼ ひとり胸底~ (2, 0.0%)

1 に抱い, 深く秘め隠し

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 を組み, を組ん

▼ ひとり腰かけ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ ひとり腰掛け~ (2, 0.0%)

1 ていた, てゐた

▼ ひとり腹立たしく~ (2, 0.0%)

1 なる, 口の

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 をつく, を抱え

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 から得意, 村の

▼ ひとり自ら~ (2, 0.0%)

1 この一戦, ののしりて

▼ ひとり自ら憚~ (2, 0.0%)

2 られたの

▼ ひとり自然~ (2, 0.0%)

1 が美しい, の草木

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

2 ふべし

▼ ひとり色々~ (2, 0.0%)

1 と思ひ, と思ひ悩んだ

▼ ひとり若い~ (2, 0.0%)

1 女が, 女を

▼ ひとり苦慮~ (2, 0.0%)

1 して, する光秀

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 を煮る, を飲ん

▼ ひとり落ち~ (2, 0.0%)

1 てきた, て行った

▼ ひとり落伍~ (2, 0.0%)

1 した淋し, して

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 つたり, をし

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 をこ, をこぼるる

▼ ひとり西~ (2, 0.0%)

1 のはう, のほう

▼ ひとり西洋学~ (2, 0.0%)

1 のみ, を用

▼ ひとり見た~ (2, 0.0%)

2 ことが

▼ ひとり見やれり~ (2, 0.0%)

2 外の

▼ ひとり解釈~ (2, 0.0%)

2 して

▼ ひとり記憶~ (2, 0.0%)

2 して

▼ ひとり谷川~ (2, 0.0%)

1 に沿, に沿っ

▼ ひとり走っ~ (2, 0.0%)

2 てき

▼ ひとり車窓~ (2, 0.0%)

1 に倚りか, に目醒

▼ ひとり農民~ (2, 0.0%)

1 に限った, のみならん

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 よせようと, よる者

▼ ひとり逃げた~ (2, 0.0%)

1 が最期, ぞっ

▼ ひとり逃げる~ (2, 0.0%)

1 のも, ように

▼ ひとり通る~ (2, 0.0%)

1 ので, 位は

▼ ひとり連れた~ (2, 0.0%)

1 きりで, だけでやってきた

▼ ひとり遅れ~ (2, 0.0%)

1 て埠頭, て平淡路守

▼ ひとり遊ぶ~ (2, 0.0%)

1 ことが, 児

▼ ひとり道誉~ (2, 0.0%)

1 と馴じみ, の戦功

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 をのみ, を飲ん

▼ ひとり酒場~ (2, 0.0%)

2 の亭主

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 の外, を出

▼ ひとり関羽~ (2, 0.0%)

1 に別れ, は怪しん

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ ひとり闇穴道~ (2, 0.0%)

2 におりたち

▼ ひとり附け~ (2, 0.0%)

1 てくれました, て一週間

▼ ひとり階下~ (2, 0.0%)

1 におり, へ寄っ

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 の中, の夜

▼ ひとり電車~ (2, 0.0%)

1 に乗った, に乗つた

▼ ひとり露国~ (2, 0.0%)

1 のため, はわずか

▼ ひとり青びれ~ (2, 0.0%)

2

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 器なる, 戰論の

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 をおおっ, 痩せ秋すみ

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 の冷, の音

▼ ひとり飛揚~ (2, 0.0%)

1 するを, せるあり

▼ ひとり飛騨~ (2, 0.0%)

1 にのみ認められる, ばかりの特有

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 くふ, はせて

▼ ひとり食べ~ (2, 0.0%)

1 て行く, むものを

▼ ひとり食事~ (2, 0.0%)

1 をすませる, を済す

▼ ひとり飲ん~ (2, 0.0%)

1 でいる, でしきり

▼ ひとり首都~ (2, 0.0%)

2 のコペンハーゲン

▼ ひとり駈け~ (2, 0.0%)

1 て妙厳寺, て来

▼ ひとり高く~ (2, 0.0%)

1 半天に, 張り上げる聲

▼ ひとり~ (2, 0.0%)

1 を梳い, を梳く

▼ ひとり魯粛~ (2, 0.0%)

1 はあと, ばかりでなく

▼ ひとり鳴川留~ (2, 0.0%)

2 之丞

▼ ひとり黄鶲~ (2, 0.0%)

2

▼ ひとり黎明~ (2, 0.0%)

1 のごとく, の森

▼ ひとり黙々~ (2, 0.0%)

1 として, として堆積層

▼ ひとり黙然と~ (2, 0.0%)

1 こなたを, 散る花

▼1* [2788件]

ひとりあいつをおっかけた, ひとりあきらかに云, ひとりあそんでゐる, ひとりあたり二両ずつそれ, ひとりあだ名を天目将軍, ひとりあつき涙を, ひとりあと四人の召使い, ひとりあなたのこわい, ひとりあなたがたをお, ひとりあなた様を自分, ひとりあまさず斬り伏させずにはやまない, ひとりあめりかのお婆さん, ひとりあやつる商人の, ひとりあやめたとあっ, ひとりあゆみて, ひとりあらぬところにては, ひとりありけるほどよ, ひとりありしかど, ひとりあるきしなければならなくなった, ひとりあるきするほどのもの, ひとりあるは打ち群れて, ひとりあわせて八人, ひとりあわただしく帰って, ひとりあんたを辱める, ひとりあんな家に, ひとりいかで踊らむおけさをどりを, ひとりいかにも楽しげ, ひとりいくらか人の, ひとりいじけていた, ひとりいすにかけてグッタリ, ひとりいずることまれなる, ひとりいたかった, ひとりいたしませんわ, ひとりいちばん年下のお, ひとりいちゃつきいちゃついて甘ったるい, ひとりいつのまにどうしてはいりこんだもの, ひとりいつも苦しんだらしいの, ひとりいなかへ帰し, ひとりいなくなった道に, ひとりいのこってくさ, ひとりいへるにあらず, ひとりいましにあらずし, ひとりいみじう心ぼ, ひとりいよいよ開発し, ひとりいらだちきっている, ひとりいるらしいのです, ひとりいろいろ考えごとを, ひとりうかれ調子の, ひとりうたがってもみなかった, ひとりうちあけたことの, ひとりうっとり心酔し, ひとりうつぼ柱, ひとりうつくしいのは, ひとりうつとりと, ひとりうとしも, ひとりうなずかせながらすこし, ひとりうなずきひとり胸の, ひとりうまれし故にひとり, ひとりうめき声とともに土, ひとりうらぶれ来れば山川, ひとりうれしそうに, ひとりうれしきことを, ひとりへらえ, ひとりえらい探偵が, ひとりえりぬかれて模糊, ひとりえりまきや頭巾, ひとりおいてきぼりにし, ひとりおおうだけの長, ひとりおかしがって, ひとりおこなったもので, ひとりおさめていた, ひとりおせつかい好き, ひとりおそれる者は, ひとりおぞけをふるわない, ひとりおとのうてなぐさめる, ひとりおのれの心境, ひとりおもわくの, ひとりおもしろ半分のぞき, ひとりおらばと名, ひとりおりましたがこれ, ひとりおりませんでしたよ解散, ひとりおんなだてらに胡坐, ひとりおんぶして, ひとりお供につれ, ひとりお前みたいな馬鹿, ひとりお姫様をわら, ひとりお山の大将, ひとりお待ちをねがっ, ひとりお母さんが手内職, ひとりお金をとどける, ひとりお雪ちゃんは心臓, ひとりかう思つてゐた, ひとりかえったこの門, ひとりかえったら角に, ひとりかえるとすれ, ひとりかかへて生みの親たちと, ひとりかかる寂しきひそかごと, ひとりかくしてあるん, ひとりかくれた篁に, ひとりかくれられそうな, ひとりかけだして来ました, ひとりかしこをいで, ひとりかすかに舌, ひとりかつて父親総一郎の, ひとりかみしめて, ひとりからからと高く笑った, ひとりからだじゅうまっ黒な助手, ひとりかれと同じく, ひとりがたがたの田舎俥, ひとりがちゃがちゃと鳴らせ, ひとりがてんして, ひとりがもひとりのに, ひとりがんばってはるか, ひとりきょときょとしながら, ひとりきりりと立ち自分ら, ひとりきり人々の群れ, ひとりきり別ぶろへへえりなさる, ひとりきれいなむすめ, ひとりぎめいたしなにか心, ひとりぎめだわしは甲州, ひとりぎめでやきもき言って, ひとりぎめな心を労し, ひとりぎめに偉くなっ, ひとりぎめにきめこみあの山, ひとりぎめにすぎる白木の暴挙, ひとりぎめの間のわる, ひとりぎめをしてそれでもつて, ひとりぎめをして守は愛さない, ひとりぎめをして杉浦氏はまた, ひとりぎりになると急に四辺, ひとりくぐって行く, ひとりくすくす笑って, ひとりくだる雨畑の, ひとりくつたくげに, ひとりくつくつと笑つた, ひとりくつくつ忍び笑いをした, ひとりくどいようだ, ひとりくらいはこの世に, ひとりくらきは一万円費, ひとりくれてやろう, ひとりぐらいにこの狼狽, ひとりぐらゐ居ないもの, ひとりぐらゐかういふのが現れるの, ひとりぐらゐここはあんた, ひとりぐらゐは文に志す, ひとりぐれえ食わせられねえ, ひとりぐれえ上へ, ひとりぐんぐん先へ, ひとりけがひとつしたもの, ひとりけげんな顔, ひとりけざやかに雪, ひとりげらげら笑いつづけて, ひとりこういうときには, ひとりここらあたりとなつかしむだ, ひとりこしらえあげることは, ひとりこそこそやって, ひとりこっちをのぞい, ひとりこつそりと, ひとりことし十六になる, ひとりこのみ仏に, ひとりこの世で阿古十郎, ひとりこまったのは, ひとりこれ等の大家, ひとりこんなに呟いて, ひとりごく静かに, ひとりございますがわら, ひとりござって胡弓, ひとりごぜえまして, ひとりごそごそとかたづけ, ひとりごといつか森啓之助にのり, ひとりごといふ声のつぶれた, ひとりごと云ひながら, ひとりごと六月の雜誌展望, ひとりごと急にあがりじたく, ひとりさいかちの木の下, ひとりさいさいからしの, ひとりさかんにいらいら, ひとりさがし出してもらいたい, ひとりさけびまわる彼女の, ひとりささやかな, ひとりささやけ者や, ひとりさざめく水の, ひとりさそれに今日, ひとりさだかには知らぬ, ひとりさびしい暗い空き家に, ひとりさびしきうつろの, ひとりさびしくかへつた酔ざめのはかなさせつなさ, ひとりさまよってゆく, ひとりさめさめと, ひとりさらに第七, ひとりしおもへば, ひとりしおれていた, ひとりしかもたつた一度, ひとりしげみのほう, ひとりしたまつ赤な, ひとりしたがえている, ひとりしっかりした人, ひとりしづけき思かな, ひとりしみじみ噛みしめて, ひとりしゃべっている, ひとりしゃべりはしばらく, ひとりしゃべる此の方を, ひとりしょっぴいてねおまけ, ひとりしらべひとり詠じ, ひとりしんせつな友だち, ひとりしんしんと泣きつづけ, ひとりしんと考えこんで, ひとりし寝転べば, ひとりし立てば, ひとりし聞けばそのかみ, ひとりし行かば, ひとりし見れば涙ぐまし, ひとりじくじくと鮮やか, ひとりじゃあない, ひとりじゃがうしろ楯には, ひとりじゃねんだ, ひとりじゅうぶんはいれる, ひとりじりじりして, ひとりすがりつまろびつ下り, ひとりすくんでいた, ひとりすげなく帰すの, ひとりすすり泣くもあり, ひとりすずやかな容子, ひとりするを得ざる, ひとりするする水面を, ひとりずつが何を, ひとりずつになさいね, ひとりずば抜けた篤志家が, ひとりずんずんと階段, ひとりせきばくたるこの, ひとりめに, ひとりそういうふしぎな, ひとりそこらに落ち, ひとりそっくり同じ松波博士, ひとりそっちを振向い, ひとりそのままじっと目を, ひとりその後に取り残され, ひとりその道で気, ひとりその間に立ち, ひとりそばにいる, ひとりそれに私と, ひとりそろばんを, ひとりそわそわしながら, ひとりそんなに思いながらも, ひとりたいのみで, ひとりたおれふたりたおれ, ひとりたたずむものは, ひとりたたみのしいてある, ひとりたのしみながら, ひとりために故人, ひとりたよりとすかし見る, ひとりたりとも猛勇, ひとりたるべく恐らく覺悟, ひとりたれよりもひときわ, ひとりたんぼ道へさしかかった, ひとりたんぽぽのちる, ひとりたんまり儲けて, ひとりだいじな人が, ひとりだからといって遠慮し, ひとりだけじゃあなんにもできやしない, ひとりださうな, ひとりだらいがべ, ひとりだらうか, ひとりちがってふしぎ, ひとりちゃんと決まって, ひとりちょうど薬湯を, ひとりちょっと顔を, ひとりぢやつた, ひとりって女中や, ひとりッと, ひとりつえにすがっ, ひとりつかれて水面, ひとりつけまして送り届けました, ひとりつごう七人の, ひとりつつしみふかく, ひとりつぶやいたとこである, ひとりつぶやきまだ年少, ひとりつぶやく太陽の, ひとりつまらなそうに, ひとりづつかはるがはる両手のなか, ひとりづつ徑に入り, ひとりづつ誰かが蹲つて, ひとりてこなたかなた, ひとりであったならもっとよく歩く, ひとりであったら思わずき, ひとりであれこれといふ, ひとりであろうと思っ, ひとりできたら嫁は, ひとりできる者は, ひとりでくふうしなけれ, ひとりでくふうしながら, ひとりでござったぞよ, ひとりでしかなかった, ひとりでしなければならない, ひとりでしやべつて, ひとりでしょうか, ひとりでつかつて來, ひとりでと思いこんだこと, ひとりでというところに, ひとりでなければ自分, ひとりでなさるほうが, ひとりでなほるまでは, ひとりでなんかいられないわ, ひとりでにかけて笑えて, ひとりでについて來る, ひとりでにも起るはず, ひとりではと思ふとき, ひとりでむかえるような, ひとりでやんねえ傘, ひとりでをどりを, ひとりといへり眠れるは, ひとりといふわけぢや, ひとりときどき振り向きながら, ひとりとくとく乳ねぶる, ひとりとけてなくなっ, ひとりとしての彼の, ひとりとしてはつましくのぞん, ひとりとじ籠っていた, ひとりとだけしか踊らないと, ひとりとて渡すこと, ひとりとととと小股きざみ, ひとりとどめる者は, ひとりとびだしてきました, ひとりとび出す者は, ひとりとぼとぼ歩いて, ひとりとめどなく涙した, ひとりとめゆきて, ひとりとめる者は, ひとりともなって, ひとりともにいるに, ひとりとりのこされて立っ, ひとりとり出しわがころ, ひとりとんでは赤蛙, ひとりと共に帰って, ひとりどういうわけか, ひとりどうしても他の, ひとりどうやら臭いと, ひとりどこへ行かう, ひとりどしどしと引き返した, ひとりどんなに寒くて, ひとりなかつたのである, ひとりなかなかよくゴテる, ひとりなくしてしまった, ひとりなくすよりは宝冠, ひとりなげくかもしれない, ひとりなだめて, ひとりなどが何であろう, ひとりなにほどのこと, ひとりなにやら惜嘆し, ひとりなびいた殿御は, ひとりなまめいた語を, ひとりなら死んでしまう, ひとりなら知らぬこと, ひとりなりしが再, ひとりなりとも罪に, ひとりなれば山, ひとりなんだかへんだ, ひとりなんらの拘束, ひとりにこにこ群衆に向っ, ひとりにせの銀一君, ひとりにたにた笑った, ひとりにつき三十封度まで, ひとりにては寂しき路, ひとりにでも道で, ひとりにとつて詩と, ひとりにより他は, ひとりに関する心理の, ひとりぬればに鼠, ひとりむりしあかときの冷たき, ひとりねのゆめを, ひとりのうなゐ黄, ひとりのけふのを, ひとりのけ者となり, ひとりのこされてはさびしい, ひとりのこしてまいる, ひとりのこしきて, ひとりのこらずしばりあげてしまった, ひとりのこらずとらえることが, ひとりのこらず立ちどまってまるで, ひとりのこらず立ってい, ひとりのせいたかのっぽ, ひとりのそのそと広間, ひとりのだけを抜き取る訳, ひとりのちからで, ひとりのっている, ひとりのっそり起き出して, ひとりのなわつきを, ひとりのに言って, ひとりのねまき姿の, ひとりのぶかがはいっ, ひとりのぶきみな老人, ひとりのみかはである, ひとりのみこみをし, ひとりのみこみしてい, ひとりのみこんで何気なく, ひとりのろのろとみんな, ひとりはかぎのかかったこうしの中に, ひとりはかべのように, ひとりはじつと眼, ひとりはじめから舷, ひとりはずして始める, ひとりはたらく脱穀機, ひとりはだかで頭巾の, ひとりはって歩ける, ひとりはっきりいえは, ひとりはなんぞ計らん共に, ひとりはや逝くか, ひとりはようあのふた品, ひとりはるばるとふるさと, ひとりばあやが木, ひとりばかりか三人迄も, ひとりばかりの妹を, ひとりばっさり仲間を, ひとりばつたんばつた, ひとりひきかへし, ひとりひきかえして行った, ひとりひたひた尾けて, ひとりひたれり梅の, ひとりひつこんで, ひとりひつそり竹の子竹になる, ひとりひつそり雑草の中, ひとりひつびり竹の子竹になる, ひとりひとことも話しかけませんでした, ひとりひとりみんな違うと, ひとりひとりみんな違ふと思ふ, ひとりひどい傷を, ひとりひどく六ヶ敷い, ひとりひどくみすぼらしいなりをした, ひとりひょっとしたらお見え, ひとりひれ伏している, ひとりひろはむ, ひとりびとりことばをかけ手袋はずしたる右, ひとりびとりこと葉を掛け, ひとりびとりその鏡の前, ひとりびとりぞと見まわす, ひとりびとりにきわみなき怨みを訴えおわり, ひとりびとりに吾こそよ吾, ひとりびとりに恋にやせる, ひとりびとりに窮なき怨, ひとりびとりの個人がものごと, ひとりびとりの同人達の容子, ひとりびとりの意識の底, ひとりびとりの署名血判がはやし立てられる, ひとりびとり人間の自主独往, ひとりびとり引ッ縛って, ひとりびとり手をとつ, ひとりびとり拝殿の鈴, ひとりびとり眺め廻して, ひとりびとり順々に科白, ひとりびとり頭へ浮べ, ひとりぴこぴこ動いて, ひとりぴんぴんとびまわって, ひとりふえましてね, ひとりふきげんにだまりこん, ひとりふさいでいる, ひとりふたり三人五人いや全部, ひとりふたり三人五人十人たちまち地下室, ひとりふたり三人四人五人おお登っ, ひとりふたり三人四人五人まっ黒なシャツ, ひとりふたり三人四人五人遠くはなれ, ひとりふたり俺の知らない, ひとりふたり彼等は自然, ひとりふと同情の, ひとりふとっちょがボンベイ, ひとりふるさとに殘, ひとりぷかぷか喫して, ひとりへやの内, ひとりべつな女性, ひとりべらべら饒舌りまくっ, ひとりぺらぺらと喋っ, ひとりほうり出して城, ひとりほしかったの, ひとりほったらかされて行かれ, ひとりほっつき廻りながら, ひとりほほえみながら歩い, ひとりほめられたいんだろう, ひとりッち, ひとりぼくのみが例外, ひとりぼくらと知っ, ひとりぼそぼそと呟き, ひとりぼちであったという気, ひとりぼっちでおられるもんじゃ, ひとりぼっちですよ, ひとりぼっちでるす番, ひとりぼっちで寝ている, ひとりぼっちで暮して他人, ひとりぼっちで生きて来た, ひとりぼっちで生きてるにゃあ, ひとりぼっちなんだね, ひとりぼっちなんですもの, ひとりぼつちの古美術品展覽會, ひとりぼつちの心寂しい折, ひとりぼつちの暮鳥よ蠅, ひとりぼつちの私の姿さ, ひとりぼつちの部屋へ月, ひとりぼめして今更, ひとりぼんやり夕闇の路, ひとりぼんやり山を降りた, ひとりぼんやり煙草を吸っ, ひとりぼんやり玉目トキが酒肴, ひとりぼんやり薄笑いをもらし, ひとりぽくぽく家の, ひとりまぎれこんで来る, ひとりまさにその老, ひとりまじっていた, ひとりまぜ大商賈, ひとりまだ中庭に, ひとりまだまだ飲み足らないよう, ひとりまばゆく直立し, ひとりまるで違って, ひとりまろき菅笠, ひとりまん中にすわっ, ひとり空より, ひとりみえるかもしれぬ, ひとりみじめなの, ひとりみずからの節, ひとりみちを川上, ひとりみつつや春日くらさむ, ひとりみつばちの目にそう, ひとりみの苦しさ, ひとりみのむしもひとり, ひとりみんな違ふと思ふ, ひとりむこうのはじ, ひとりむしの皮, ひとりむらぎる霧に包み去る, ひとりつぶる吾, ひとりめざす方へ, ひとりめざめた男は, ひとりもが彼女の, ひとりもってなしと, ひとりもてあましてなん, ひとりもどかしがる大石先生, ひとりもどってき, ひとりものでおやぢ, ひとりもれている, ひとりもをりません, ひとりもんだから, ひとりやすらふ, ひとりやって来ないのである, ひとりやっぱりサルの, ひとりやとってもらいたい, ひとりやはり私の, ひとりやれば心配, ひとりふべを, ひとりよく成就し得る, ひとりよりそのほう, ひとりよりもましだ, ひとりよろこびながら洗ってる, ひとりよろこんでいる, ひとりよろめきつつも或, ひとりよろよろと歩みはじめた, ひとりよんでいた, ひとりらくにはいれるほど, ひとりらしいのです, ひとりりこうぶってわざとなかまはずれになっていると, ひとりに気分, ひとりれいのちいさい, ひとりざとのようにうすら笑いを, ひとりわが家へ急い, ひとりわが身たちへ給うた, ひとりわざわざまわり道を, ひとりわたくしだけそれ, ひとりわたしは祈りましょう, ひとりわたって行きました, ひとりわびつつ親, ひとりわびしげに, ひとりわびしい男が, ひとりわびしくしみじみと, ひとりわらふ資格, ひとりわれとさすら, ひとりわれわれの職務上, ひとりゐずあの男, ひとりゐるわがまぢかく, ひとりをのみ楽しもうとばかり, ひとりをも笑うこと, ひとりを以て足れりと, ひとりアイアース受けしは, ひとりアイスランドへ帰っ, ひとりアカイア軍中に, ひとりアッカのほう, ひとりアドバルーンのごまかし, ひとりアパートに残っ, ひとりイギリスばかりで, ひとりイタリアは僧侶, ひとりイタリーの高僧, ひとりイリオン守るため, ひとりエジプトのナイル河, ひとりエスパニヤ軒は残り, ひとりエセックスの功, ひとりエタと呼ばれた, ひとりエリーザをみ, ひとりオシラ神とは限らず, ひとりオリガさんのところ, ひとりオールをもっ, ひとりカクシがどう, ひとりカクランというの, ひとりカメラのヒルム, ひとりカヨ子と申す, ひとりカラス岩のむこう, ひとりカラ身で町中, ひとりカーや虫太郎, ひとりキリシタンを信じ, ひとりキリシタンバテレンとき, ひとりキリストの血, ひとりギヤマンを研い, ひとりクスクス笑って, ひとりクリストの呪, ひとりケットの人, ひとりコソンヌリー街で捕えられた, ひとりコツコツいそしむという, ひとりコーヒーを飲ん, ひとりゴルドンはしじゅう黙然と, ひとりサッサとはやもう, ひとりサンタルシア山の鬱然, ひとりシクシクと泣きはじめた, ひとりシャツ一枚のやつ, ひとりジャン・ヴァルジャンだけは, ひとりジュリアは楽屋, ひとりスイスに逃れ, ひとりスカンヂナヴィアの文學者, ひとりスガ眼の忠盛, ひとりスッポカシテそんなところ, ひとりステッキ持って, ひとりズカズカと入っ, ひとりソッと昇つて, ひとりソロモンの智, ひとりダンスを拝見, ひとりチエエホフあるのみの, ひとりチヤンファはいづ, ひとりチリのみならず, ひとりての, ひとりテイブルの下, ひとりテナルディエの消息, ひとりテラモーン生める豪雄アイアース, ひとりデッキに立っ, ひとりトコトコ横浜まで, ひとりトム公だけはみんな, ひとりトロイア役の名, ひとりトロイア族人は常に, ひとりトロイア軍勢と戰, ひとりドノバンは不服, ひとりナタール州の要港たる, ひとりナリムネばかりでなく, ひとりて御, ひとりニコラウス三世とかたり後, ひとりニヤニヤ笑顔を, ひとりニールスには注意, ひとりネムラせて, ひとりハルトマンが上, ひとりバスチアのみはイギリス派, ひとりバチバチと火, ひとりパンを買ってる, ひとりヒョウ然と, ひとりピエロたり得ん, ひとりピグミー風情にだけこんな, ひとりフォークを動かした, ひとりフョードル・パーヴロヴィッチばかりに限らず, ひとりフラフラと街, ひとりフンドシ一つで水中, ひとりブラブラと公園, ひとりプティアから何, ひとりプールへ入っ, ひとりヘレノスと, ひとりヘーゲルには限らぬ, ひとりベニスだけはビザンチン, ひとりベルナルドオが詩, ひとりペラペラ喋って, ひとりペルー人の特性, ひとりペンキ壺さげて, ひとりホクホクしながら, ひとりホテルの室, ひとりボンヤリ立って, ひとりボートをここ, ひとりボートデッキへ上がっ, ひとりポッネンとこの, ひとりポーチに立っ, ひとりママの亡くなった, ひとりマロニエの並木, ひとりマンチェスター派のコブデン, ひとりマ氏は喜々, ひとりミトの全, ひとりミルク入りコオヒイを飲み, ひとりミルトンハンプデンピム輩のみならん, ひとりモーニングをきた, ひとりヤアパンニヤのみ国禁, ひとりヤキモキした, ひとりヤソ教に任じ, ひとりヤソ教者に委する, ひとりヤーコポ・ルスティクッチといへる者ダンテ, ひとりヨーロッパの反動, ひとりランプの下, ひとりランボオだけで, ひとりリベリア本院の記章帯有, ひとりロシア人にあらず, ひとりヴェロナに君, ひとり一つずつの卵, ひとり一人に離れ, ひとり一個所の傷, ひとり一力を訪ねた, ひとり一団からぽつり, ひとり一時の境遇, ひとり一時代の水平的関係, ひとり一本松まで歩い, ひとり一枝の花, ひとり一歩退きて, ひとり一町奉行の白洲, ひとり一番前の机, ひとり一畳ずつにする, ひとり一系の哲理, ひとり一緒だった, ひとり一般の民衆, ひとり一般均衡理論あるのみ, ひとり一行から別れ, ひとり一郎は恐る, ひとり一銭ずつの寄付金, ひとり一陣の秋風, ひとり七兵衛だけは二人, ひとり七顛八倒して, ひとり万千代づきの, ひとり万古にかをる, ひとり万斛の同情, ひとりけ通用, ひとり太太, ひとり三上博士に限らず, ひとり三人の白い, ひとり三人きりだ, ひとり三位遊雅が反問, ひとり三十ちょっと前, ひとり三十五六の大, ひとり三十歳ぐらいの見知らぬ, ひとり三原隼人が忍び上手, ひとり三年は単純, ひとり三日の月夜, ひとり三木勢にばかり気, ひとり三木城の別所長治, ひとり三歳四歳の私, ひとり三津五郎が行きます, ひとり三淵大和守は子, ひとり三男の祝彪, ひとり三階まで何, ひとり上がってき, ひとり上京すること, ひとり上宝村のみに限った, ひとり上平館へ帰っ, ひとり上役の奧田さん, ひとり上杉憲政だけは, ひとり上野介のみならず, ひとり下がったのか, ひとり下りて來, ひとり下りた伯父は, ひとり下り立てば, ひとり下味い食麺麭, ひとり下宿屋にやり, ひとり下水道の中, ひとり下等にある, ひとり機嫌に, ひとり不如帰の浪さん, ひとり不安そうにこれ, ひとり不思議に助かっ, ひとり不機嫌そうにトリオンフ, ひとり不正な快感, ひとり不滅なるのみ, ひとり不貞腐れて後, ひとり不足だぞ, ひとり与次郎が時々, ひとり世にも不愍な, ひとり世の中の偏人奇物, ひとり世俗の毀誉, ひとり世帯である, ひとり世界を敵, ひとり世間からのみならず, ひとりの上, ひとり両親は死んだ, ひとり両道第一, ひとり並べはいや, ひとりにはさん, ひとり中央といわず, ひとり中央公論の水上瀧太郎氏, ひとり中年の男, ひとり中庭で遊ん, ひとり中村内蔵助の妻, ひとり中村屋に限った, ひとり中津の人, ひとり中老七人若い細君, ひとり主たるべし其者ひとり王, ひとり主人中将の心, ひとり主人役の神尾主膳, ひとり主君の前, ひとり主張者の服部三郎兵衛, ひとり主簿の閻象, ひとり久しぶりの旅心地, ひとり久保田でした, ひとり久子だけが今朝, ひとりをなす, ひとり乗せた大橇, ひとり乗せられて同じ, ひとり乗ることの, ひとり乘つてゐるきり, ひとりだけがまだ, ひとり九等官のみならず, ひとり乱心して, ひとり乳母車を押し, ひとり予想もしなかった, ひとり事務所にゐた, ひとり二三の歌, ひとり二人三人五人十人十三人十六人すべてで十九人, ひとり二人五人八人といやちこ, ひとり二十万円ほどですみます, ひとり二国にとどまらん, ひとり二岩のみならず, ひとり二年の生徒, ひとり二度と故郷の, ひとり二片です, ひとり二頭の馬, ひとりひ寝る, ひとり云ってすぐ, ひとり五男の但馬守宗矩, ひとり五郎右衛門だけはさすが, ひとり井戸へもぐっ, ひとり交ってい, ひとり京都付近のみに限った, ひとり京阪四条駅から大津, ひとり人事に関する吉凶禍福, ひとり人数がふえた, ひとり人智未開な古代, ひとり人気者の竹童, ひとり人物がある, ひとり人生を完, ひとり人見知りをしない, ひとり人足一匹いるわけ, ひとり人間ものもあらざれ, ひとり人間社会のみならず, ひとり仁太がつい, ひとり仁太夫のみ五十一, ひとり今宵さびしくさまよいます, ひとり今度の事件, ひとり今日の経済社会, ひとり今日吉を撲った, ひとり今生のみならず, ひとり介三郎は舌つづみ, ひとり仏国船に出かけ, ひとり仕立屋さんに手, ひとり付いて行った, ひとり付けてくれる, ひとり以上の二国, ひとり仰向きに寝ころん, ひとり仰向けに寢, ひとり仰臥して, ひとり伊勢守殿だけじゃ, ひとり伊豆様のおん密事, ひとりの資性, ひとり佇んで居つたで, ひとり低いソフアに, ひとり住まわせておかれました, ひとり住吉町を玄冶店, ひとり住居へ帰っ, ひとり佐々木道誉の名, ひとり佐倉宗吾とかぎらない, ひとり佐分利五郎次きさま, ひとり佐原屋ばかりのこと, ひとり佐藤次郎の飛び込んだ, ひとり何かしらつまらぬ草花, ひとり何かと騒いで, ひとり何ごとか思いめぐらし, ひとり何だつて李を, ひとり何事か決意, ひとり何処へやら出, ひとり何處へゆく, ひとり佗びしく生きて, ひとり余計に陣所, ひとり作左殿ばかりでなく, ひとり作者だけで, ひとり使って店, ひとり例外として蕪村, ひとりいて, ひとり侘び暮らして, ひとりとして連れ, ひとり依田の大将, ひとり価値ありわれ, ひとり保険会社の態度, ひとり信二の, ひとり信者がじっと, ひとり俳句作品だけが何故, ひとり倉橋剣助は逸早く, ひとり個々の小さな, ひとり倒されて, ひとり倒れりゃ総倒れだ, ひとり倒れんばかりにげらげら, ひとりりかかって, ひとり傍観者たる吾人, ひとり僅かに通らる, ひとり働かなくてもうち, ひとり働きの素質, ひとりの期待, ひとり僧尼ばかりでなく, ひとり僭越の咎, ひとり儲けはよく, ひとり元日の時, ひとり元気よく, ひとり兄ドミトリイだけであった, ひとり先んじて行く, ひとり先師はじめてという, ひとり先登に進みました, ひとり光一はテーブル, ひとり光厳法皇だけは伏見, ひとり光圀の父親, ひとり光秀のみでなく, ひとりを飼う, ひとりぞ, ひとり入ることの, ひとり入谷の師匠, ひとり全く変って, ひとり全然無表情だった, ひとり兩手をうしろ, ひとり八方に荒れ狂う, ひとり八景めぐりなんぞは, ひとり公園へ這入っ, ひとり六波羅平家一色になり, ひとり兵事上の改革, ひとり兵士たちから放れ, ひとり兵太郎君のこと, ひとり兵車の競爭, ひとり兵隊をつれ, ひとり兵隊さんはいつ, ひとり冀州に入っ, ひとり内匠頭だけでなく, ひとり内匠頭一人の行為, ひとり内果皮を残し, ひとり円朝ばかりでなく, ひとり円柱の傍, ひとり写生文に限らず, ひとり冬子の運命, ひとり冷えた山小屋へ, ひとり冷えたる苦茗を, ひとり冷たい石を, ひとり冷たくなった御飯, ひとり冷やかに構え, ひとり冷汗をかいた, ひとり凄まじい働きを, ひとり凍えて春, ひとり凍てたる馬鈴薯ある, ひとり凍れる浪の, ひとりと坐っ, ひとり出あった者が, ひとり出しぬいてしまう, ひとり出たばかりに私, ひとり出ないもので, ひとり出会わす者は, ひとり出入りできるすき, ひとり出向いて行く, ひとり出所して, ひとり出来てしまった, ひとり出来たわけで, ひとりの費用, ひとり切られて死ん, ひとり刑事らしい赤ら, ひとり刑部省や兵部省, ひとり初演と違っ, ひとり別室へ取残された, ひとり別格なそして, ひとり利益を得た, ひとり制服の警官, ひとり剃刀で面, ひとり前田又四郎が主君, ひとり前述の高, ひとり剥がしたという者, ひとり劉巴字は子初, ひとり力んでそれから, ひとり力んだ証言を, ひとり加わるのも, ひとり加茂川ばかりで, ひとり加藤主税というは溝口派, ひとり加藤光泰がこれ, ひとり加藤孫六の手, ひとり助かっては義, ひとり助かるから安上がり, ひとり助けに来よう, ひとり助けると思召, ひとり助勢を求め, ひとり助太刀もいるまい, ひとり助手のキントトさん, ひとり労働賃金を引上げ, ひとり勇ましいのが, ひとり勇潔にはやる, ひとり動かずさわれば動く, ひとり動く既にし, ひとりを誇らん, ひとり勝ちがつづき, ひとり勝利の道, ひとり勝家は大広間いっぱい, ひとり勝重ばかりで, ひとりせしむ, ひとり勤めさきの, ひとり化粧部屋で鏡, ひとりへ途中行乞, ひとり北川だけは机, ひとり北陸地方にいまだ, ひとり医学のみならず, ひとりまって, ひとり十三歳の頼朝, ひとり十両の仕合せ, ひとり十六の元老, ひとり千歳を廢墟, ひとり千鳥を聞く, ひとり千鶴子と握手, ひとり千鶴子たちの宿屋, ひとり半ば開いた扉, ひとり半壊の家, ひとり半蔵の父, ひとり南天の實, ひとり南山に限る, ひとり南方のみで, ひとり南瓜畑の花みつ, ひとり厄介者を連れ, ひとり厚ぼったい冬外套を, ひとり厚ぼつたい冬外套, ひとりはしく思ひぬ, ひとり厳粛な孤独, ひとり去った旧友相川良之介に, ひとり参加した為, ひとり参木の方, ひとり参禅弁道のため, ひとり参籠して, ひとり参詣にき, ひとり又四郎に限らず, ひとり殘された, ひとり取り囲まれながら毎朝髪, ひとり取り残されることに, ひとり取り落すと五百, ひとり取残されたくないという強がりだろう, ひとりきて, ひとり口中に誦し, ひとり口元をほころばせ, ひとり口吟んでいた, ひとり口唇を青く, ひとり口火を切る, ひとり古稀を超えゆく, ひとり古谷君の宅, ひとり古賀のやう, ひとり古都の地, ひとり古風な腹鼓, ひとり叫んだりわあ, ひとり連れて, ひとり召し呼ばれていた, ひとり召し連れていた, ひとり召使すら迎えない, ひとり撓性, ひとり右兵衛佐頼朝やその, ひとり右手からはいつ, ひとり号泣者を顧みよう, ひとり個人の, ひとり合計今夜は四人, ひとり吉田磯吉の名声, ひとり吉野どのへ気づかい, ひとり学年の, ひとり同室の固, ひとり同情の眼, ひとり同胞のみならず, ひとり同道して, ひとり名人がいる, ひとり吐く深山の, ひとりふの, ひとり向うに二人, ひとり君前に出, ひとり吟味席の片すみ, ひとり含み笑いを洩らし, ひとり吸いとって寂然, ひとり吸っていた, ひとり吸ひもてゆけ, ひとり吹かれぬく事は, ひとり吹きとばされまいぞ, ひとり吹き荒れ吹きすさんでいる, ひとり吾人が耳目, ひとり呆然と梢を, ひとり呉国の武士, ひとり呉班もついに, ひとり込んで, ひとり呑みこみに新, ひとり呑みこんでいた, ひとり呟きすてたが, ひとり周囲を見回した, ひとり周馬の黒い, ひとりひぬ引き裂きぬ噛みぬにじりぬ, ひとり呵々と笑いだした, ひとり呼んで下さい, ひとり命令權を有する, ひとり和やかに沈む, ひとり和歌俳句に至り, ひとり和歌山藩のみで, ひとり和漢のみならず, ひとり和算家の力, ひとり咲いていた, ひとり咲き散る花, ひとり咽喉部そこに鎖骨, ひとり哀しき絶望の, ひとり哀れを催す, ひとり哲学のみでなく, ひとりふ踊つて一人, ひとり唄えばひとり, ひとりをかん, ひとり唐土との直接, ひとり唐琴を膝, ひとり唐辛のみは最初, ひとり唐辛子の実, ひとり唯単に一宇の, ひとり唯物論的文学では決して, ひとり唯物辯證法のみである, ひとり商売に限らず, ひとり商店の主人, ひとり問いひとり答えて, ひとり問題は司馬懿仲達, ひとり啖呵も駕籠屋, ひとり善がりがすぎる, ひとり善良でもの静か, ひとりを貫かれ, ひとり喋らせて置く, ひとり喋りまくつて一人相撲に, ひとり喜ばぬ者は, ひとり喜ぶ米国人の, ひとり喜多村六兵衛の言, ひとり喧しかったが, ひとり嗅ぎそめてより, ひとり嘆息して, ひとり嘯いて豪吟, ひとり嘲っていた, ひとり嘲笑ったのは, ひとりなる能はず, ひとり四十年の, ひとり四方田政孝なの, ひとり国家のため, ひとり国民生活が幸福, ひとり國家に對, ひとり土俵死という印, ひとり土手の上, ひとり土産にし, ひとり在ってその, ひとり在らんことを, ひとり在りて曰く, ひとり在ればさびしゑ, ひとり地ずれに辿る, ひとり地方だけのこと, ひとり地方人士のみで, ひとり地獄のつれ, ひとり坂東者がきっと, ひとり坂田は沈黙, ひとりつてゐた, ひとり坐してゐたる, ひとり坐せるを見よ, ひとり坐ったままほてった, ひとり坐らされていた, ひとり坐りし留守番の, ひとり坐り出て来る, ひとり垂死の床, ひとり垣根の傍ら, ひとりを攻め, ひとり城主中川勘右衛門の叔父, ひとり城太郎に限らず, ひとり執権幕下にその, ひとり堅田の顔長, ひとり堯帝は天, ひとり墓地に残し, ひとり墜落呼べども, ひとり壁立万仭の高, ひとり士官学校の土手際, ひとり売春婦によつて, ひとりな笑い方, ひとり変って居られた, ひとり変った男が, ひとり変り種があらわれ, ひとり変革の原因, ひとり夕暮のそぞろ, ひとり夕餉ををはり, ひとり外国の知識, ひとり外国人のみで, ひとり外套を着, ひとり外形上の文明, ひとり多分社長から, ひとり多島警視を自分, ひとり多景島に残し, ひとり夜空のたたずまい, ひとりと考える, ひとり夢にも見たこと, ひとり夢中で泳ぎつ, ひとり大き過ぎて, ひとり大事な役, ひとり大人ぶっている, ひとり大君にのみ忠誠, ひとり大呼して, ひとり大垣の宿, ひとり大声にいった, ひとり大岡越前守のみに限る, ひとり大川の水, ひとり大川端に泣き, ひとり大工は酒飲み, ひとり大府甲賀組の隠密, ひとり大念寺へ歩い, ひとり大手の坂道, ひとり大正中世落花狼藉の不幸, ひとり大白法たる法華経, ひとり大蔵は堅実, ひとり大衆文学界の寵, ひとり大阪の親戚, ひとり大隈重信だけは意見, ひとり大風の跡, ひとりを楽む, ひとり天下国家の大, ひとり天主台に登りました, ひとり天主閣にとどまらず, ひとり天保館に居残り, ひとり天台だけを護る, ひとり天部のみの事, ひとり太神楽の曲芸, ひとり失うても平時, ひとり失意の苦惱, ひとり奇人こそあれ, ひとり奇蹟的に生きのこった, ひとり奉公に出, ひとり奮戦したが, ひとり女中がたりない, ひとり女優に歌, ひとり女房役に廻る, ひとり奴国の兵, ひとり好きな人, ひとり好めるま, ひとり妄執果もない, ひとり妖怪のこと, ひとり妖怪学の本尊たる, ひとりな男, ひとり妥当する権利, ひとりがある, ひとり妹さんができた, ひとり妹一人の大事, ひとりの夫, ひとり始末にお, ひとり委細承知のてい, ひとり姜維は面, ひとり娘曙小町の弥生様, ひとり娘静子さんと結婚, ひとり娶らないと母上, ひとり子どもをぬすみだした, ひとり子ども三人夫婦をあわせ, ひとり子ひとり家計のため, ひとり子エスである, ひとり子平一郎の成長, ひとり子金髪の少年スノーバアド, ひとり存在する, ひとり孤境の閑寂, ひとり学問と宗教, ひとり学校教育の力, ひとり学生みずからをし, ひとり学生服の少年, ひとり学者のみに任すべからず, ひとり孫娘がひとり, ひとり守っている, ひとり守るとにあらず, ひとり安き道に, ひとり安井民右衛門が斬り伏せられ, ひとり安否を訊ね, ひとり安土を狼狽, ひとり安徳天皇のみささぎ, ひとり安置されて, ひとり宋公明がある, ひとり宋江のみが悟っ, ひとり宏壯の高き, ひとり宗右衛門は寝, ひとり宗教に限る, ひとり宗皇帝の顔, ひとりにぶら下がっ, ひとり定軍山上の一琴, ひとり宛うしろにはまだ, ひとり実用品のみでなく, ひとり実隆によるのほか, ひとり客間に坐っ, ひとり宣んし曰ふ, ひとり室内に姿, ひとり室外のみならず, ひとり室生寺へスケッチ, ひとり室町旧幕府, ひとりに殉じよう, ひとり家康の顔, ひとり家計のため, ひとり家路につく, ひとり家重ばかりでなく, ひとり宿舎へ帰っ, ひとり宿題の人物, ひとりしむに, ひとり寂しくちやぶだい, ひとり寂びつつ, ひとり寄って来, ひとり寄りつきもしない, ひとり富士詣に, ひとり富士名義綱だけは或, ひとりころんで, ひとり寐転んで掌, ひとり寝かされてみる, ひとり寝させておく, ひとり寝し給うが兼てい, ひとり寢臺に醒め, ひとりしく笛, ひとり實踐ばかりが裁斷, ひとりに残し, ひとりの息子, ひとり寿司屋を目あて, ひとり封じこめられている, ひとり専横を極め, ひとり将来に至り, ひとり尊敬せぬもの, ひとり小児の疳病, ひとり小原君っていう, ひとり小寺氏の領内, ひとり小山内先生のみは, ひとり小山田弥三郎信茂は, ひとり小春の姿, ひとり小林少年が立っ, ひとり小母さんばかりでなく, ひとり小泉信雄という小学校六年生, ひとり小玉君のお父さん, ひとり小籠に坐り, ひとり小膝を突い, ひとり小説書きだけが勝手, ひとり少し年長らしい, ひとり少女だけが後, ひとり少年とはいわず, ひとり尖れりいや黒く, ひとり取の, ひとり居なかつた其處の, ひとり居らざりにけり, ひとり居ればくご, ひとり居残って家, ひとり居眠っている, ひとり屠殺皮革の業, ひとり山上に歩み行く, ひとり山伏扮装の男, ひとり山崎の弔い合戦, ひとり山本左右太は御, ひとり山村がいち人, ひとり山県昌景は行軍, ひとり山腹へ引き返し, ひとり山荘に残る, ひとり山賊に撃ち殺されし, ひとり山越えてまた, ひとり山路にこそ向, ひとり山道を歩い, ひとり山門を入っ, ひとり岡本兵部の娘, ひとり岡本坊のみに手柄, ひとり岩間角兵衛であった, ひとり岸辺に残る, ひとり島原を追い立てられた, ひとり左門の胸底, ひとりいこと, ひとり巧みな身振り腰つき, ひとり巴里の巷, ひとり巽斎だけは恬然, ひとり市馬を思う, ひとり帆村探偵は咄嗟, ひとりとここ, ひとり帝政論派なり, ひとり帝都の大, ひとりの中心, ひとり帰してやる, ひとり帰すも酷い, ひとり帰らなきゃならないんだ, ひとり帰りながら色々, ひとり帰り来てうた, ひとり帳場に坐っ, ひとり常久の闇, ひとり幕舎を出, ひとり平家にかぎらず, ひとり年上の人たち, ひとり年若な人達, ひとり幸先のいい, ひとり幻影に殺したる, ひとり幻滅する, ひとり幻身の生滅, ひとり幼稚園からの帰り, ひとり幽かに, ひとり幾万の人間, ひとりの下部, ひとり広いおうち, ひとり庄屋の娘, ひとり床几にかけ, ひとり店先にすわっ, ひとり店番をし, ひとり座して昼, ひとり座敷に寝, ひとり延々と続いて, ひとり建章殿の階, ひとり廻り歩いて, ひとり廻国に出た, ひとり弁信を残した, ひとり弁当を食べ, ひとりでもひい, ひとり弓門の壁, ひとり引き返して来る, ひとり引っ返して池田勢, ひとり引籠って靴下, ひとり引連れて客, ひとり引離されていかにも, ひとりがいる, ひとり弥生が入浴, ひとり之丞, ひとり弱兵というの, ひとり強大な権力者, ひとり弾きながら, ひとり弾正久秀だけはいちど, ひとり道場の, ひとり当時ごく若い, ひとり彦左ヱ門のまえ, ひとり役に立つものは, ひとり往いて忍附近, ひとり待たされている, ひとり待たしといて, ひとり待っていた, ひとり待つ者も, ひとり後ろに肥ッちょ, ひとり後園の小, ひとり後悔して, ひとり後苑へ出, ひとり後醍醐のみを怨, ひとり徐に歩みゆけり, ひとり徐晃は進ん, ひとりを下りゆきぬ, ひとり得るに過ぎざる, ひとり得印門下平鍛冶の大男, ひとりへり, ひとり御膳吟味掛ばかりの罪, ひとり御身だけの洪福, ひとり御飯を食べ始めた, ひとり微笑ましさを, ひとり微笑んで思う, ひとり微苦笑した, ひとり徳川家から失, ひとり徳川家康あるのみ, ひとり心から思ふさま, ひとり心ゆくまで松島, ひとり心安に, ひとり心得顔して, ひとり心理的妖怪を説明, ひとり心配を求むる, ひとり心配そうな顔, ひとり必ず奇妙に, ひとり忍んで来る, ひとり忍辱のなみ, ひとり忙しいのは, ひとり忙中の閑, ひとり忙然として立てり, ひとり応接室に居残った, ひとり応接間のピアノ, ひとり忠円が鎌倉表, ひとり忠実たろうと, ひとり忠直卿という気象, ひとり忠綱ひとり先登に進みました, ひとり快足力に馬力, ひとり忽然として, ひとり忿憤とつぶやき, ひとりれて, ひとり怖気をふる, ひとり思いにふけっ, ひとり思いなやんでいる, ひとり思い出されてきた, ひとり思い出していただきましょう, ひとり思い出しましたよ, ひとり思い屈して来た, ひとり思い煩っている, ひとり思ってうれし, ひとり思出が多い, ひとりに痙攣, ひとり急いでは失敗, ひとり怪我をした, ひとり恋した覚え, ひとり恐れ悔いて当惑, ひとり恐ろしい薄暮の, ひとり恐怖をしらず, ひとり恒景の家, ひとり恥しそうに, ひとり恥ずかしく日夜悶悶陽の, ひとり恩智満一, ひとり息女の盲愛, ひとり息子さんだからな, ひとり息子ぢやない, ひとり息子博奕は打つ, ひとり悄然として離れ, ひとり悟性的思惟は直, ひとり悠々閑々の旅行ぶり, ひとりにいつた, ひとり悦に入つてゐた, ひとり悦に入つてゐる, ひとり悦に入りながら, ひとり悩んでおりました, ひとり悪かったと, ひとり悪党の名称, ひとり悪者がなくなった, ひとりんでいる, ひとり悲観する者, ひとりへても見た, ひとり悶えても見た, ひとり悶えたのは, ひとり惆然としてつぶやく, ひとり惑うところに, ひとり想像して, ひとり愁いを顔, ひとり愉しむやうに窶れた, ひとり意気軒昂たるもの, ひとり愕然と唇, ひとりなるあたわず, ひとり愛したことの, ひとり愛するでもなけれ, ひとり愛情と職業, ひとり愛知県のみでなく, ひとり感じて駿介, ひとり感嘆の声, ひとり感歎しつつ, ひとり感納性の上, ひとり感覚以外経験以外を排し, ひとり慌てて海中, ひとり慟哭して, ひとり慨然とし, ひとり慶長二年二月五日この長崎, ひとり慷慨の熱涙, ひとりにとざされ, ひとり憂鬱に黙り込む, ひとり憎まれてきらわれ, ひとりる者, ひとり憤りを発し, ひとり憤ろしくなって, ひとり憤懣の余り, ひとり憮然とする, ひとり懐手をし, ひとり懐良親王に遺, ひとりを述べ侍りける, ひとり懸け離れて見える, ひとり成長して, ひとり我が国のみならず, ひとり我が身を救, ひとり我唄を唄, ひとり我殘り他, ひとり我等がその, ひとり我詩を讀むならん, ひとり戦争のみがこの, ひとり戦場を暴れまわっ, ひとり戦時のみでなく, ひとりを人界, ひとり戰事に勇なり, ひとり戸口に立っ, ひとり戸板に乗せ, ひとり戸田村のスクーネル船工事場付, ひとり戻って行く, ひとり房屋の傾頽, ひとり所感をのべ, ひとり所有の立派, ひとり扇谷氏だけでなく, ひとりの外, ひとり手すりによりかかっ, ひとり手ぬぐいを腰, ひとり手のうちに入った, ひとり手下にいいつけ, ひとり手出しの出来ぬ, ひとり手性のすごい, ひとり手放すのを, ひとり手旗信号のできる, ひとり手許へたのむ, ひとり手酌で大杯, ひとり才蔵の味方, ひとり打ちやらかして置い, ひとり打ち沈んでいる, ひとり打ち興じていた, ひとり技手として当場, ひとり抑える者が, ひとり投げだされても怖く, ひとり抗弁して, ひとり抛っといて, ひとり抜け出でては二度, ひとり抱き上げたから早く, ひとり抱き込んで屋敷, ひとり抽んで聳えている, ひとり拍手再拝して, ひとりべない, ひとり拝借する手はず, ひとり拱手傍観の状, ひとり拾いましたのでな, ひとり持っていた, ひとり持てぬ程退屈し, ひとり持明院統の君, ひとり指すかたも, ひとり指導層だけに限られた, ひとり挙げられたと報告, ひとり挙動のちがう, ひとり振向いてみる, ひとり振向くものも, ひとり捕まえられんの, ひとり捕虜の宿舎, ひとり捨てられた人の, ひとり捨て去られたやうな, ひとり捨て置いて, ひとり授けられた充実した, ひとりにのせ, ひとり景の, ひとり探してき, ひとり探す子, ひとり探偵はうれひ, ひとり控えさせられている, ひとり揺籃の底, ひとり搾取の対象, ひとり摘み取りかみくだく食後のほどを, ひとり摘むかな, ひとり改進論はかの, ひとり攻撃のとき, ひとり放つたらかしと, ひとり放り出されていた, ひとり政治家のみで, ひとり柳田青年のみ, ひとり救うことが, ひとり敗殘の體, ひとりへてくれる, ひとり教えられていた, ひとり教会へいっ, ひとり散乱した円柱, ひとり散歩して, ひとり数えてみよう, ひとり数寄屋のほう, ひとり数歩へだ, ひとり敵地へまぎれ入り, ひとり敵討の旅, ひとり敵陣の中央, ひとり文句を言う, ひとり文字の表記法, ひとり文学の領域, ひとり文學のみを責める, ひとり文界の浪士, ひとり文聘の姿, ひとり文芸にだけ求められ, ひとり斎藤の伯父, ひとり斎藤一族の不倫, ひとり斎藤下野守はあわて, ひとり料理にはかぎりません, ひとり料理界のみならん, ひとり斥けられざらむや豈, ひとり斬ったくらいで, ひとり斬られ人を, ひとり斬り捨てている, ひとり斯道の古老, ひとり新劇の, ひとり新橋から歸つて來, ひとり新聞を読ん, ひとり方向も定めず歩いた, ひとり於通だけが片隅, ひとり旅だつ自分の, ひとり旅川周馬だけは割合, ひとり旅立つことが, ひとり旅行に山賊, ひとり旗本の女房, ひとり日曜のみならず, ひとり日本国に共通, ひとり日本国民の特質, ひとり日本語を押し通し, ひとり日蔭椅子に坐り, ひとり日野蔵人俊基だった, ひとり穢多のみが, ひとり旧幕時代のみに限らず, ひとり旧教国のみならず, ひとり早速身拵えし, ひとり旭光の遠く雪峰, ひとり昂然と父, ひとり明方に帰っ, ひとり明智がいる, ひとり明智光秀が小, ひとり明智小五郎です, ひとり明暗荘へ, ひとり明瞭に聞き出され, ひとりを立て, ひとり易学においてはシナ哲学中, ひとり易者が出, ひとり昔ながらの宮方, ひとりを送る, ひとり昨夜の失敗, ひとりから来, ひとり昼夜にさめ, ひとり昼夜二回の興行とも, ひとり時遷なの, ひとり晏然として僥倖, ひとり晝食を濟, ひとり景勝を咏ずる詩人, ひとり暖かい鍋の, ひとり暢気に豪語, ひとり曇りなく, ひとり曲って行った, ひとり曲馬など見, ひとりに限らず, ひとり書いてゐる, ひとり書斎で親戚, ひとり月江という女中, ひとり有名なおくびょう者, ひとり有明のあんどん, ひとり有村も阿波守, ひとり有田に於, ひとり有田君でした, ひとり有限の知力, ひとり有頂天になっ, ひとり服部武雄だけが思う, ひとり望みの織, ひとり望楼のいただき, ひとりのながれ, ひとり朝風に絵紙, ひとり朝飯をやっ, ひとり期している, ひとり期するところが, ひとり朧ろげな足どり, ひとり木剣を振う, ひとり木寺相模は, ひとり木立にかくれ, ひとりを開い, ひとり本城に残った, ひとり本多忠勝がこッ, ひとり本当のこと, ひとり本校の大, ひとり本格に歌, ひとり本船を抜け, ひとり本郷の道場, ひとり杉林から脱, ひとり李万が地主屋敷, ひとりをはなれ, ひとり村井河内守は戒める如き, ひとりを支い, ひとり束髪の水際立った, ひとり来ればお前さん達, ひとり東京へ帰り, ひとり東京県人会のみがない, ひとり東洋人ばかりでなく, ひとり東海道の道, ひとり東陵はげに冬, ひとり松江のみで, ひとり松葉杖の厄介, ひとり松蔵という少年, ひとり松野という自動車, ひとり林崎甚助重信のたま, ひとり枯骨万人の恨み, ひとり柘植の緑, ひとり柘榴の花, ひとり柳原河岸へやって来ました, ひとりの切れ目, ひとり柴田権六勝家が江州長光寺, ひとり栄えることも, ひとり栄華に耽った, ひとり栖む山を静, ひとり栗原山へ登っ, ひとり校舎の壁, ひとりの離宮, ひとり桃谷から帰っ, ひとり案じていた, ひとり桜甚助の一, ひとり桜田治部大夫だった, ひとり桟敷の外, ひとり森岡正のズック, ひとり森林の中, ひとり棲みこんな事, ひとり棲んでゐ, ひとり楠公父子ばかりか楠公父子, ひとり楠木党だけでもない, ひとり楠木正家が彼, ひとり極めにし, ひとりみひとり悲, ひとり楽しまぬものが, ひとり楽しめなかったのは, ひとり楽しんだのである, ひとり楽和を手伝い, ひとりだけお待ち, ひとり様子を見, ひとり大ノ局, ひとり横たわる人の, ひとり横ッ飛びに, ひとり横合ひから, ひとり樫木万右衛門である, ひとり樹蔭に隱, ひとり樽床几にこしかけ, ひとり橋下でいま, ひとり橋廊下の角, ひとり機上にかえった, ひとりに凭, ひとり欠けている, ひとり欠けた人が, ひとり欠役があっ, ひとり次郎ばかりで, ひとり欣然として叫び曰, ひとり欲しいと考える, ひとり欲しかったん, ひとり欲しくなつて, ひとり歌っておどる, ひとり歌書などを読みちらした, ひとり歌舞伎を愛する, ひとりいては, ひとり止め立てをする, ひとり正坐す, ひとり正気なわけ, ひとり正造の辞意, ひとり正面のドア, ひとりの談, ひとり武男の書状, ひとり武蔵一国に限らず, ひとり歩きくらして来た, ひとり歩くぞ, ひとり歩けるほどの空地, ひとり歩みて腰, ひとり歩み來にける, ひとり歩み来にける, ひとり歩めば, ひとり歩んで行く, ひとり歯ぎしりをし, ひとり歸つて來たの, ひとり死なせたる世の, ひとり死にゃア棺桶は, ひとり死出の山三途の川をさすらい行く, ひとり死牛馬を屠り, ひとり残さず切り殺し, ひとり残されたら落ちるところは, ひとり残したままその, ひとり残つてゐるに, ひとり残らずうけたのだ, ひとり残らずうぬらが咽喉輪, ひとり残らずそろってから始めたい, ひとり残らずなんで, ひとり残らず云ってそこ, ひとり残らず呼ばっしゃい, ひとり残らず届け出ろときつい, ひとり残らず帰ったはずな, ひとり残らず引きあげてしまいました, ひとり残らず知っていた, ひとり残らず立ち去っております, ひとり残らず聞えわたるような, ひとり残らず見つけ出して騒いだ, ひとり残らず集まっていた, ひとり残らなくちゃなら, ひとり殖えたり神無月, ひとり殘つた息子に急, ひとり殘つてゐら, ひとり殘らざるをえず, ひとり殺されたという, ひとり殺すからにはなにか, ひとり殺られたという急, ひとり殺られたらしい男の, ひとり殺伐なる戦闘事業, ひとり殿をたより, ひとり毅然として剣, ひとり母方の血縁, ひとり母親だけは子供ら, ひとり毒汁のよう, ひとり毘沙門天を祭った, ひとり毛利家ばかりでなく, ひとり毛布を冠, ひとり毛皮の外套, ひとり民族の誇り, ひとり民権派の首領, ひとり気に入りの指環, ひとり気付かぬうちに, ひとり気焔を揚げ, ひとり永年この社, ひとり永昌郡の太守王伉, ひとり求めわぶるなる, ひとり汐げの闇, ひとり江戸へと志し, ひとり江戸時代だけにかぎっ, ひとり決めていた, ひとり決めこんでゐる, ひとり決定すると, ひとり汽車でかえった, ひとり沈んで自分, ひとり沈んでるように, ひとり沙金ばかりで, ひとり沢井左衛門の言, ひとり沮授の出陣, ひとり河内路へそれ, ひとり河合伝八と分っ, ひとり河鹿の聲, ひとり油屋紹佐は一同, ひとりに行き, ひとりは涸れ, ひとり法学教育に限った, ひとり法華経を読誦, ひとり法隆寺のみの問題, ひとり法隆寺側の誤解, ひとり法隆寺現存の古, ひとり波音につつまれ, ひとり泣いた何故の, ひとり泣かない者は, ひとり泣きべそかいて, ひとり泣くものの, ひとり泥試合を演じ, ひとり注意深く聞いて, ひとり泳げばしみじみ, ひとり洋学の急務, ひとり洋服のまま天国, ひとり洗心亭に坐つ, ひとり洗濯をやっ, ひとりるる川柳, ひとり浄几の前, ひとり浅瀬のところ, ひとり浅草の観音堂, ひとり浜屋の裏口, ひとり浦上の廃虚, ひとり浮いてもこない, ひとり浮かぬ顔は, ひとり浮びて古池, ひとり浮び上つて遠方, ひとり浮世に留まる, ひとり海仙となり, ひとり海底に住む阿, ひとり海邊をわたらせた, ひとりつて, ひとり浸るも, ひとり消えた昔の, ひとり消極的に説ききたり, ひとり消防小頭の諸星源十氏, ひとり涙ぐまずにはいられない, ひとり黄の, ひとり深夜の裏町, ひとり深夜琴を弾, ひとり深奥なる内丹, ひとり混つてゐるが, ひとり清らかに住ん, ひとり清吉はまだ, ひとり清水一角もその, ひとり清澄の茂太郎, ひとり清盛ばかりでなく, ひとり清閑なり, ひとり清風山へ向っ, ひとり済まないやうな, ひとり渋谷のある, ひとり渋谷博士が数えられる, ひとり渓流のほとり, ひとり減ったもんです, ひとり減るのかと, ひとり渡し船の舷, ひとり渡らねばならぬ, ひとり渡りの廊, ひとり温柔の婚嫁, ひとり温泉の中, ひとり湯槽につかっ, ひとり湯殿へ下り, ひとり湯河原にひとり, ひとり湯沸だと, ひとり湯泊の海岸, ひとり満悦の態, ひとり満足せる精神, ひとり溌剌たる国民, ひとり源三郎殿があらわれね, ひとり源家の興亡, ひとりの中, ひとり溪山の中, ひとり溺死したかと, ひとり滝壺へ降りた, ひとり滝川一益がまだ, ひとり滝川三郎兵衛雄利, ひとり滿足して, ひとり漁船に残っ, ひとり漢中に残っ, ひとり漱石は蕪村, ひとり潜んで近ごろ, ひとり澄みつつ妙, ひとり澗水なめぬ, ひとり激しく胸の, ひとり濠橋の上, ひとり濱邊にうち, ひとり瀘水の上流, ひとり瀧水の, ひとり瀬兵衛だけで, ひとり瀬戸唐津に限らない, ひとり灯籠の上, ひとり炉辺でお茶, ひとり烟草を呑ん, ひとり焚香静坐して, ひとり效なる, ひとり無上の仏法, ひとり無可先生ばかり, ひとり無念がって, ひとり無念そうにたたずん, ひとり無為安全であるの, ひとり無論本妻の, ひとり焼く餅の, ひとり焼酎をのん, ひとり煎餅蒲団に包まつ, ひとり煢然として峠, ひとり煩悶した, ひとりてひとり, ひとり熊城ならずとも, ひとり熱愛する夫, ひとり熱狂して, ひとり燈火の下, ひとり燕作の襟, ひとり燦々として烈日, ひとりかに折り, ひとり片づけてからのこと, ひとり片田舎に隠れ, ひとり片端に腰かけ, ひとり牛乳が特に, ひとり牛鍋の葱, ひとりへぶち込み, ひとり牧野備後守だけで, ひとり物事を考え, ひとり物色して, ひとり物言ふ, ひとり物識りぶったの, ひとり特殊な音調, ひとりに限り, ひとり狐憑きのよう, ひとり独立した生活, ひとりの一族, ひとり猪八戒みたいな寝相, ひとり猿公のやう, ひとりらるる, ひとり玄也は余儀なく分別らしい, ひとり玄徳の落胆, ひとり玄蕃だけが主人, ひとり玄関へ去った, ひとり玄関番の三人きり, ひとりひけむ, ひとり王侯の富, ひとり王子を知っ, ひとり王宮の中, ひとり現われて防寨, ひとり現世の人間, ひとり理性は神, ひとりかれし, ひとりを弾, ひとり生えがしげり, ひとり生きた心地も, ひとり生きられないし家族, ひとり生き物のよう, ひとり生まれひとり死ぬ, ひとり生れていました, ひとり生人の道, ひとり生徒が出席, ひとり生活して, ひとり生産を保護, ひとり生色はない, ひとりの秀次, ひとり用心深い平助ばかり, ひとり田圃の中, ひとり田舎へゆきける, ひとり田舎侍がさしまねく, ひとり田舎娘の扮装, ひとり甲州流を標榜, ひとり甲板へ出, ひとり甲板上を行きつ戻りつしました, ひとり甲賀三郎氏ばかりでなく, ひとり甲軍のうち, ひとり申すわけでなく, ひとり男の子がありました, ひとり男ひとりお近, ひとり町人ていの旅, ひとり町人階級のもの, ひとり画道にかぎらず, ひとり畑道を歸つて來, ひとり留つてゐるの, ひとり留まって我が家, ひとり留まらんという姉, ひとり留まりて討死せり, ひとり留めおいてある, ひとり留めたまひつれ, ひとり留守居に置い, ひとり畝道をあるき, ひとり畫壇だけの斷層, ひとりをとなえ, ひとり異彩な放てりホメロス, ひとり異色を帶びて, ひとり異論がなかっ, ひとりのしい, ひとりみぬ, ひとり疑うひとが, ひとり疲れてしゃがん, ひとり病める身の, ひとり病気のみでない, ひとり病院のベッド, ひとり痛む心を, ひとり痛飲した, ひとり痩せ衰へ, ひとり痰壺だけはだまりこくっ, ひとり発足したの, ひとり白い女らしい手で, ひとり白き小袋に, ひとり白雲に遭う, ひとり白髪あたま, ひとり白鷺の雛, ひとりなひと, ひとり百姓の女, ひとり百年を隔て, ひとり百文ずつの礼銭, ひとり百貨店のみは年々売上高, ひとり皓々たり, ひとり皮革に因む, ひとり盆石の産地, ひとり益々彼らの, ひとり盛んに驚き, ひとり監督に逢う, ひとり盧江方面へ落ち, ひとり目ざめてしん, ひとり目的地へと急ぎます, ひとり目立つがその, ひとり目覚めると彼, ひとりく歩み, ひとり直義は兄, ひとり相府へ戻っ, ひとり相棒がおりません, ひとり省みては自, ひとり省みる者も, ひとり県庁所在地にだけ見られる, ひとりの地, ひとり眞實なもの, ひとりの妖怪, ひとり真っ先に起っ, ひとり真っ白なかぶり手拭, ひとり真夜中の暗やみ, ひとり真暗な御簾, ひとり真田父子ばかりでなく, ひとり眠っている, ひとり眠ること普通の, ひとり眺めたほどな, ひとり眺め眺めては身, ひとり眼ざめて夢判断をし, ひとり眼覺めていろいろ, ひとり眼鏡かけた色, ひとり着けたる衣白う, ひとり睡らせないのは, ひとりしおおせること, ひとり矢はずに投げつけた, ひとり矢ヶ島天文台からは月, ひとり矢代は駅, ひとり矢来のそ, ひとり知ってるような, ひとり知らず知らずそんな風, ひとり知り又彼以外, ひとり知力の教育, ひとり知識階級に勝手, ひとり笛の, ひとり石像のよう, ひとり石塚友二であらう, ひとり石川播磨守だけは眼, ひとり石川数正の私邸, ひとり石段をゆっくり, ひとり石火矢の下, ひとり砂地に残つて, ひとり研究をし, ひとりの丘, ひとり磯菜をとっ, ひとり磯野靈山に追, ひとり社前の大楠, ひとり社家の方, ひとり社界経済の手, ひとり祖父の昭烈廟, ひとり祝っていた, ひとり祝福して, ひとり神がかり的に無邪気, ひとり神妙に存在, ひとり神河内ばかりで, ひとり神霊は形気, ひとり祭壇をめぐっ, ひとり祭礼の衣裳, ひとり祭見物に行, ひとり禁門守備の武人, ひとり禿頭の会員, ひとり秀でて清らか, ひとり秀忠の師, ひとり秀次の右膝, ひとり秀郷だけ内, ひとり私たち同志日本人同志だけの庭園, ひとりの山道, ひとり秋山村右衛門と綱条, ひとり秋田氏がかうした, ひとり秘そかにぞっと, ひとり秘めていた, ひとり秦野屋九兵衛は, ひとり種々な土産もの, ひとり空々漠々として木の根, ひとり空堂に安居, ひとり空想をほしい, ひとり空拳を張つて強敵, ひとり空虚のトランク, ひとり突き放された孤独の, ひとり突如とし, ひとり窓辺に凭りか, ひとり立ちあがる気に, ひとり立ち上った足どりも, ひとり立て籠って, ひとり立てどもわが爲めいま, ひとり立てるも珍ら, ひとり之助, ひとり端然と控えて, ひとり竹子さんだけは星, ひとり竹童のみは陣屋, ひとり笑いしている, ひとり笑いたいような, ひとり笑うのです, ひとり笑ったがしかし, ひとり笑はず正直に淋し, ひとり笑む王者なる, ひとり笑わず問い質すように, ひとりを吹いた, ひとり笠井さんの知っ, ひとり笠置へまからん, ひとり筆とり哀しむ, ひとり筆屋の店, ひとり筑前と柴田殿, ひとり筑後柳川の藩士, ひとりにし, ひとり箱膳を隅ッこ, ひとり築山を歩い, ひとり篠崎君などは大きな, ひとり籐椅子に坐り, ひとりもって, ひとり籠つて長い時間, ひとり籠れば木草, ひとり米軍飛行士を探し求め, ひとり粗野でがらつぱちのところがあるのは, ひとり粛然と端座, ひとり精一杯の美, ひとり精根を株根, ひとり精神上の打撃, ひとり精神面のみならず, ひとり納まったがんりきは, ひとり納められて出入り, ひとり紐育へ引返す, ひとり純白のシイツ, ひとり素足で立っ, ひとりれば, ひとり細い蚊遣火の, ひとり紳士は気, ひとり終日畑をあちこち, ひとり組み伏せて, ひとり経済学ばかりで, ひとり経済的の眼孔, ひとりを売り, ひとり絶対的事実である所, ひとり經濟學者にとつて, ひとり維新改革の諸氏, ひとりを持っ, ひとり綱吉にとどまらない, ひとり綿密に練っ, ひとりのゆるい, ひとり編物をし, ひとりにうち, ひとり縁側の方, ひとりに吹き, ひとりをおのれ, ひとり罪もとがもない, ひとり罪負ふ法類, ひとり置かれていた, ひとり置かれた赤ん坊が, ひとり置かれることは, ひとり置きっぱなしは, ひとり置きざりにし, ひとり置きはなしたままつい, ひとり置き捨てられたのは, ひとり置くべきにあらず, ひとり置去りにされた, ひとりの世界, ひとり美しき娘ありし, ひとり美しく空に, ひとり美人のみは舟, ひとり美術品に限らず, ひとり美酒をかたむける, ひとりをはなれ, ひとり群集の中, ひとり義仲だけで, ひとり翔んで後, ひとり老人は呟い, ひとり老公のお, ひとり老女ルシヤ様のつれ, ひとり考えこむのであった, ひとり考えこんでいた, ひとり考えしが十兵衛汝, ひとり考えた通りの, ひとり考えることも, ひとり考え沈んでいた, ひとり考へこむのであつ, ひとり考へようと自由, ひとり聞くとき, ひとり聳えていた, ひとり聴きにし, ひとり職人の罪, ひとり職員室に残りぼんやり, ひとり職工のみならず, ひとり肉切庖丁をとい, ひとり肉親にたいする場合, ひとり肉食者のみに存する, ひとりで定め込み, ひとり肝心のその, ひとりを広げ, ひとりを少し, ひとりの高い, ひとり背後にい, ひとり背骨がシャン, ひとり胸もとをやられ, ひとりを向い, ひとり脇役が要る, ひとりけ出でる, ひとり腕力を制する, ひとりをおろさん, ひとり腹の中でおかしく, ひとり腹痛で七転八倒, ひとり臥したるを, ひとり自ら嘆息して, ひとり自分以上に歓ん, ひとり自分以外の連れ子, ひとり自国の産物, ひとり自家の口, ひとり自己の画派, ひとり自己陶酔で舞いつ, ひとり自民党ばかりで, ひとり自由なりける天, ひとり自習室にとぢ, ひとり自責に悶える, ひとり至急に入, ひとりに乗っ, ひとり興がっていた, ひとり興がりつつ市ヶ谷, ひとり興がる歌きけ, ひとり舎監室で謹慎, ひとりひ込んで, ひとり舞妓の並んだ, ひとり船室を立ち, ひとり船橋の上, ひとり船長はだまっ, ひとり船長室へ来, ひとり船首の方, ひとり艦橋の上, ひとり良寛だけがぽかんと, ひとりの黒い, ひとり色気たっぷりな, ひとり芭蕉に限り, ひとりを咲かせた, ひとり花々しい虚勢を, ひとり花やかな館, ひとり芸術のみ栄え, ひとり芸術家にとってばかりでなく, ひとり芸術至上主義者に限らず, ひとりを吹かず, ひとりに病む, ひとり苦しまねばならなかった, ひとり苦む老を見, ひとり苦学生のみを責める, ひとり苦虫を噛みつぶした, ひとり英光だけでなく, ひとり英商をし, ひとり英国にとどまらず, ひとり英領インドに対してのみならず, ひとりも葉, ひとりに於, ひとり茶の間にい, ひとり茶室にこもっ, ひとり茶番阿呆陀羅経には犬猫, ひとり茶道のみは残り, ひとりのみで, ひとり草履の爪先, ひとり草庵造りの家, ひとり草雲のみで, ひとり草鞋の紐, ひとり荒岩に限らず, ひとり荒木や高山, ひとりを抱え, ひとり荷風君は私, ひとり莖葉のした, ひとり菊亭晴季だけで, ひとりを引い, ひとり菩提山のふもと, ひとり萌えるにもやり場, ひとり萩原くめという娘, ひとり落ちゆきしに, ひとり落ち着いて書物, ひとり落ち込み藻掻き苦しむ, ひとり落伍者でついに, ひとり落第したみたい, ひとりる衣, ひとり蒲原氏は人々, ひとり蒲団にすがっ, ひとり蒲団屋だけは夕日, ひとり蒼天の高き, ひとり蕪村は何, ひとり汚れた感傷, ひとり薄いふとんの, ひとり薄暗い書斎に, ひとり薄萌黄に包まれた, ひとり薗田七郎成朝といふ人, ひとり藤作に会った, ひとり藤田伝五は光秀, ひとりのなか, ひとり藺仁という老, ひとり蘭丸は群れ, ひとりの衣, ひとり虫の息になっ, ひとり蚯蚓の鳴, ひとり蜜柑箱樣の箱, ひとり蟹田を発ち, ひとりの穢れ, ひとり血刀を下げ, ひとり血相を変え, ひとり衆人共同して, ひとり行い正しく固い信念, ひとり行かして自分, ひとり行かねばなりません, ひとり行っちゃおしまい, ひとり行燈の灯, ひとり行者自身の主観, ひとり街はずれのお宮, ひとり街道を帰っ, ひとり衣笠久左衛門ばかりでなく, ひとり衣紋を正し, ひとりにかかる, ひとり被告義仲の悪逆, ひとり裁判官弁護士のよう, ひとりの桃林, ひとり裏山に登っ, ひとり裏町や空地, ひとり裏門から入っ, ひとりにならなけりゃ納まり, ひとりを挙げ, ひとりに深く, ひとり西坂を行く, ひとり西洋伝来のもの, ひとり西洋思想の傳播, ひとり西洋間のソファ, ひとり要らざることで, ひとり要り用な, ひとり要路の官吏数人, ひとり見いだすことは, ひとり見えて, ひとり見えないんだ, ひとり見えませんから, ひとり見かけない寂しさ, ひとり見かけるではなく, ひとり見つけてき, ひとり見まく欲りする, ひとり見やる方だに, ひとり見出してござる, ひとり見分けることが, ひとり見当つけて, ひとり見捨てられてしまった, ひとり見物がてら, ひとり見知ったものが, ひとり見知らぬ男が, ひとり覚えちゃいない, ひとり覚めてるのであろう, ひとり親しく交際し, ひとり親子三人きりでご, ひとり観念して, ひとり角子頭に卵色の, ひとり角屋を出, ひとり解釋して, ひとり言いって大いに, ひとり言みたいにいふ, ひとり言何か心中, ひとり計るなぞと, ひとり訪ねて来る, ひとり訪れる人も, ひとり許されていた, ひとり訶和郎に添っ, ひとり評議の席, ひとり詠じてみづか, ひとり詩画琴棋をたのしん, ひとり詫びひとり責め, ひとり詰らなささうな, ひとりを始めよう, ひとり話すのだった, ひとり誇らかに生きる, ひとり誇りを高く, ひとり認識して, ひとり誕生したの, ひとり語り手の伎芸, ひとり誠一がだまっ, ひとり誠実を披瀝, ひとり読むには余り, ひとり誰ひとりとして答え, ひとり課役忌避の非人法師, ひとり調実なり, ひとり調実のみなら, ひとり諫めて承知, ひとりき顔, ひとり謡いて可, ひとり議会が作っ, ひとり豆つぶのよう, ひとり豆腐屋の軒下, ひとり豪傑連に立ち, ひとり豫め選ばれて, ひとり豹一だ, ひとり豹子頭林冲なるもの, ひとり貞世だけはしゃぎ返った, ひとり貞盛の侍臣牛浜忠太, ひとり負けするの, ひとり財力を蓄積, ひとり財布の中, ひとりなるあたわず僧侶ひとり愚, ひとり貧乏くじをひいた, ひとりは余, ひとり責めいつか自分も, ひとり責め居ても立っ, ひとり貰いたいのだ, ひとり資本家として現在, ひとり赤地の錦, ひとり起きいでて屋上, ひとり起き出して新婚後二人, ひとり起き直って蘭燈, ひとり起ちふたり起っ, ひとり起ち上がって, ひとりゆれば, ひとり越えなむ, ひとり越前守はひと事みたい, ひとり越後の任地, ひとり趙雲は然, ひとり足りなくなつた, ひとり足尾銅山の鉱毒, ひとり足早やに先, ひとり足音高く通っ, ひとり跫音もなく, ひとり路上に坐り, ひとり路傍の柳, ひとり跳梁する時, ひとり踊る何を, ひとり踏みとどまった与八は, ひとり踏みとどまる敵は, ひとり身じろぎもしなかった, ひとり身共もひとり, ひとり身動がう, ひとり身受けする程, ひとり身娘は婿取り, ひとり身支度して, ひとり身近かにはいない, ひとり身部よりの療法, ひとり車体の柱, ひとり車室に入っ, ひとり軍人と軍人, ひとり軍隊のみだ, ひとり軍隊内ばかりでなく, ひとり転がされてある, ひとり転がる人波を, ひとり輝く明星を, ひとり辛くも張飛, ひとり農村の衰微, ひとり辿るのが, ひとり近づかないはず, ひとり近づく者も, ひとり近づこうとはし, ひとり近江の佐々木, ひとり近藤勇のみそれ, ひとり返事をする, ひとり返答をする, ひとり述懐を洩らし, ひとりへり, ひとり追いかけてゆく, ひとり退くを得ざれ, ひとり退屈男を待ち伏せし, ひとり逃げては三郎, ひとり逃げ帰って来た, ひとり逆臣の汚名, ひとり逍遙子が問, ひとり逍遥しながら, ひとり透り澄む陽の, ひとり透明人間だなんて, ひとりの通りがかり, ひとり這い廻る光景に, ひとり通っていません, ひとり通つてゐない, ひとり通りかかるのを, ひとり通り抜けてゆく, ひとり通り掛って括, ひとり通ればふりしきる, ひとり通用門から立ち去った, ひとり通路の窓, ひとり逝きふたり死に, ひとり造化は富める, ひとり造酒のかげ, ひとり連れず片田舎の, ひとり進み出て甲高い, ひとり進むを得ず, ひとり進士作左衛門だけは召し, ひとり遊ばしておき, ひとり遊ばせて置い, ひとり遊べる文鳥の, ひとり遊覧の客, ひとりぐれば, ひとり過ぎた日の, ひとり過去の幽霊, ひとり道心ありと, ひとり達ちゃんばかりでありません, ひとり違つてどうしてこんなにだらし, ひとりかに叫び, ひとり遠い光の, ひとり遠ざかって行く, ひとり遠方を廻っ, ひとり選ばれて来た, ひとり選び出せといふ命令, ひとり選ぶという考え, ひとり邪げとなる, ひとりのほう, ひとり邸内へ許される, ひとり部署を去らず, ひとり郭嘉は曹操, ひとり都会に出, ひとり都市街巷の変遷許, ひとり都會の陸橋, ひとり酌ぎひとり飲ん, ひとり配所の月, ひとり酒食斷つ, ひとり酔ひひとり寝る, ひとり醒めたやうに, ひとり醒覚して, ひとり里人のみに限られた, ひとり重大な役わり, ひとり重要なの, ひとり野人正成だけに後世, ひとり野暮なトンガラシ, ひとり野蛮人のみならず, ひとり野道を逃げ惑う, ひとり金剛巌氏の場合, ひとり金環結と思われます, ひとり金紙に緋縅, ひとり金華山の神社, ひとりを持っ, ひとり釣りの道, ひとり鈍き刃研げる, ひとり鉄塔の方, ひとり鉄柵の中, ひとり鉄炮洲へひとり, ひとり鋭敏になつ, ひとりをほこらん, ひとり鍛冶屋だけは彼, ひとり鎌倉へ馳せ参ずる, ひとり鎮城の巷, ひとりを取寄せ, ひとり鐘巻一火のひかえ, ひとり長いこと寝, ひとり長く甘睡を, ひとり長史耿武は憤然, ひとり長吏としてこれら落伍者, ひとり長州だけでなく, ひとり長州地方の人たち, ひとり長廊を進めり, ひとり長沙へ落ち, ひとり長禅寺を立ち, ひとり長谷まで電車, ひとり門外漢だった, ひとり閉じこもっている, ひとり閉じこもったきりうん, ひとり閉じこもるのが, ひとりを養っ, ひとり閑逸を貪る, ひとり間者牢へのぼっ, ひとり間違いが無かっ, ひとり関心や省察, ひとり関東の国々, ひとり関東地方を流浪, ひとり闇黒の身, ひとり闖入して, ひとり阿古十郎などと呼ぶ, ひとり阿部眞之助老, ひとり附き添つてゐた, ひとり附近のホテル, ひとり降りてきた, ひとり降りるぜ, ひとり降伏せぬ法, ひとり陣屋まで走っ, ひとり陵戸のみがここ, ひとり陶然と生一本, ひとり遜に, ひとり陸尺がふたり, ひとり陸路江戸を指し, ひとり険しい山谷の, ひとりつこでの, ひとり隔離されて, ひとり見など, ひとり隠密の達者, ひとり隠遁の志, ひとりに並ん, ひとり隣室に入っ, ひとり雑草の香, ひとり雑誌の写真, ひとり離れ小嶋の椰子, ひとり離婚などあらわ, ひとりを避ける, ひとり雨空に聳え, ひとり霊魂そのものの本性, ひとり露台に忍び出た, ひとり露地裏の自分, ひとり青く明るい陽と, ひとり青山練兵場に引きだされた, ひとり青崎百右衛門とて父親, ひとり青磁の鉢, ひとり静けさがここ, ひとり静坐して, ひとり静山に反, ひとり非難するもの, ひとり面白おかしく旅, ひとり革命的労働者農民ばかりで, ひとり革鞄と睨め, ひとり鞏志という者, ひとり韓滔はその, ひとり韓福が守備, ひとり韜晦しながら, ひとり頂上に登っ, ひとり須磨の蜑, ひとりより人, ひとりをふくらませ, ひとり頬杖ついて, ひとり頭目とおぼしき, ひとり頷いて小森君, ひとり頻りにうなずきながら, ひとり頼まれてるという, ひとり頼る者も, ひとり頼朝のみで, ひとり顏色を變, ひとり顔役といわず, ひとり顧みる者も, ひとりへてふり, ひとり飄然と旅, ひとり飛びこんでき, ひとり飛び出して真, ひとり飛び歩いてみな, ひとり飛行の道具, ひとり食べるお雑煮, ひとり食事なぞをし, ひとり食料の問題, ひとり食物を捜し, ひとり飯食ふ, ひとり飲みひとり酔ひひとり, ひとり飲みかけた茶碗を, ひとり飲みこみで何, ひとり飲みこんで杯, ひとり飲みほしてそれら, ひとり飲み込み顔に, ひとり飲むのは, ひとり養う余裕ございます, ひとり養えなくてどう, ひとり養子の勝豊, ひとり養鶏をし, ひとりえと悲しみ, ひとり首領のバルテルミー, ひとり馬場信房だけはその, ひとり馬小屋ばかりで, ひとり馬琴に限っ, ひとり馬籠峠の上, ひとり馬籠生まれのもの, ひとり馬鹿面をかぶつ, ひとりの方, ひとり駅前の広場, ひとり駆けよりざま太刀, ひとり駆け下りて行く, ひとり駆け出したのは, ひとり駈けつけさまざまの, ひとり駈け戻って佐殿, ひとり駐在所の一隅, ひとり駒井が迷惑, ひとり駒井甚三郎だけが船長室, ひとり駿介に對, ひとり驕ってわが, ひとり驕れる城の, ひとり驕傲の威, ひとり驚く者は, ひとり高い崖の, ひとり高いびきでした, ひとり高きよりの光, ひとり高く遠くその闇, ひとり高木九助が槍, ひとり高潔のいい, ひとり高笑いして, ひとり高股をおさえ, ひとり高野にのみで, ひとり高野山あるのみ, ひとり髪洗ふ神, ひとり魏一国だけでなく, ひとり魚鳥のはるばる, ひとり魯文の, ひとり鳥一羽の影, ひとり鳥居という名, ひとりのなく, ひとり殺すと, ひとり鷹小屋にはいっ, ひとり鹿の背, ひとり鹿野山あるのみ, ひとり麥酒を飮ん, ひとり麺麭を食っ, ひとり黄昏の海, ひとり黄金怪人があらわれた, ひとり黒くない手, ひとり黒ビロードのよう, ひとり黒血川の流れ, ひとり黒髪をみだした, ひとり默つて居られぬの, ひとりの精妙, ひとりをくん, ひとり齋居精進の籠り, ひとりかたむき