青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ほり~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ほしい~ ほっと~ ~ほとり ほとり~ ~ほとんど ほとんど~ ほど~ ほのか~ ほほ~ ほぼ~
ほり~
ほん~ ~ほんとう ほんとう~ ~ほんとに ほんとに~ ほんの~ ~ぼ ぼ~ ぼう~ ~ぼく

「ほり~」 1030, 11ppm, 9756位

▼ ほり~ (191, 18.5%)

6 して 3 なりました, 女部屋は 2 しました, しますと, するの, するん, なるの, むすぼれし, 歩かなければ, 行き候

1 [163件] あえて, あつけなかつた, いたしまする, いつたと, いつて, いつも蜜蝋, いまさら二人, おほさ, お取り, お盆へ, かかって, ぐんぐん事, この話, こんなに大きく, さう聴いたこの, しなければ, しませう, し日, し氷室, すぐり藪, するし, すると, するより, せねば, そうた, そこから, そちらへ, そのなぐさめ, その手提げ, その濃い, その物語, その翌日, ちが, できるなら誰, ときどき釣り, とれば, どうどうめぐり, なつた, なつたさうだ, なつて, ならなければ, なる, なるつてこと, なるつもり, なると, なるといふ, なるべき行爲, なるわ, なるん, なんでも, はがきを, ひとしき心ば, まだいろんな, もういちど, やがて湊町ゆき, やると, よこせって, わたくしは, エルアフイ夫人は, ドドンと, 一度きり冗談も, 一枚起請文を, 上野まで, 両手で, 中央に, 中臣, 事が, 事件が, 二法で, 作つてゐる, 使ひ, 信じられない手合, 働くん, 兩手で, 処分すれ, 切るトマト, 受けと, 受けとつ, 名探偵, 吸ひ込まれ, 嗅いで, 埋めるさ, 変る不思議, 女の, 子供を, 家に, 家のよ, 家庭を, 容易な, 小さな白い, 小屋の, 小説を, 山ほど, 巣に, 平たい容器, 彼を, 彼女と, 従つて移動し, 從つて移動し, 微笑し, 思ひこんで, 情人が, 振りま, 描いたもの, 教育し, 新しい御, 明るくみつ子, 書いたもの, 朝に, 木に, 植ゑてある木に, 横山馬允時兼さまの, 次の間を, 歌を, 正しく読まう, 歩いて, 歩くこと, 民子も, 気持よく, 水が, 沈下した, 沢山の, 煽られた, 牡牛が, 生きて, 生き續, 生活の, 真すぐ, 真紅な, 眼玉がちやん, 私にも, 私の, 繁栄し, 羽化登仙する, 脈を, 腰を, 自動車に, 自身に, 船腹を, 落ちたり, 蝸牛は, 行くか, 行くと, 行けば, 行つてゐました, 行ふ, 行列虫は, 見えますと, 見て, 解すると, 解釈すれ, 詮索を, 農作の, 進み貯水池, 進行し, 過去の, 達せられるかといふ, 里子を, 金座通りが, 青山の, 鳴いて, 黒髪で, 默つて二百圓送つ

▼ ほり~ (115, 11.2%)

3 道を 2 ことを, 中に, 真似を, 言葉を

1 [104件] あばら, いい幅, おほい, お元氣, お前さんだ, きぬ川の, このけしき, つかひわけあり植字, とぶ, のりとは, ふとっちょに, ほりと, ものが, もので, ものと, もよう, やうでございます, やうについて, よいもの, よるの, ガラクタばかり, セットを, ダイヤモンドを, フランス語の, ポーズを, 一升酒で, 七日さびしく, 三室続きの, 上を, 丘辺など, 中にでも, 事を, 人間に, 人間の, 仏様だ, 体に, 何の, 作法を, 処番地な, 効果が, 効果しか, 効果を, 吉例とな, 君だつた, 垢だらけの, 変遷を, 如く, 姫王で, 姿でつ, 姿を, 婦女氣を, 寫眞の, 小ぽ, 尠い, 川屋で, 弱虫だ, 往き來の, 心象スケツチです, 恰好に, 意味における, 態度で, 掘立小屋, 日程を, 早苗とる, 星の, 景色で, 服装に, 木具の, 棚ざらひ, 水の, 深い志, 火事場さわぎ, 灯あ, 生活を, 生餌, 男女だ, 知識ある, 確信を, 神が, 神奴で, 稀なる, 笑顔を, 経験の, 結果に, 結果を, 考へが, 考へを, 自動車をや, 藁ぶき, 藁葺きで, 行ひ, 見合結婚を, 親友に, 解釈である, 言葉づかひ, 訊問を, 詮議に対して, 賑ひ, 跡どころ楓あかれり, 身体を, 部屋といつては, 野暮天な, 金輪に, 顏を

▼ ほり~ (30, 2.9%)

2 したらどう, 伝へること

1 [26件] した, した思い出, して, するかも, するから, とんだり, はさみ鉛筆, ほとんど真似る, やめて, よびさますもの, 一字一句違へ, 云ひ, 小倉嘉門の, 挟んだ古典, 挟んで, 燒いた, 眺めるの, 移して, 答へ, 素直に, 結ぶべき心, 義男の, 言つ, 言つておいのりを, 言つてごらん, 食つた

▼ ほり葉ほり~ (19, 1.8%)

1 [19件] ききますこと, して, しはじめる, するの, の詮議, はご, もできなかった, 伺ひましたところ, 尋ねた, 尋ねられた, 探り出しその, 聞いて, 聞きたが, 聞くうち, 訊いたが, 訊かれた時, 訊きたがりなさるの, 訊くと, 訊ねた末

▼ ほり~ (17, 1.7%)

2 口もとは, 風うごく

1 [13件] これを, すれ, 一点の, 人も, 休める目, 冷えぬ, 居つ, 曇なき, 来も, 眞澄むこ, 真澄むこ, 聞きゐたるかの, 鹿吹きぬ

▼ ほりもの~ (17, 1.7%)

3 のある

1 [14件] がありました, だが, であるの, というもの, としてほし, にし, にでもしよう, に覆われた, をする, を一眼, を見せれ, 事件に, 大工で, 師だ

▼ ほり~ (14, 1.4%)

4 あつた, 御座ります 1 あつたらう, た, べつにつけ, 大きい間違, 山車を, 死亡通知は

▼ ほりその~ (13, 1.3%)

1 [13件] なかで, なかに, ま, センチメンタルな, 上に, 中に, 心得を, 性的刺戟をめぐって, 時代の, 牛を, 砂を, 翌る, 造り方は

▼ ほりには~ (11, 1.1%)

4 いかぬ事 1 ならない, ほかひとは, まばゆい銀, 出来ないと, 動いて, 氣が, 行かんの

▼ ほり~ (10, 1.0%)

2 んだ 1 お客で, のだ, のでながい, んです, 推理の, 母にたいして, 自然さが, 靜に

▼ ほり~ (9, 0.9%)

21 が個人, つたのである, つた今朝ほう, とその, と其儘輕便鐵道, と思ひます, と言

▼ ほり~ (8, 0.8%)

1 この水, ごめいわく, ほりな, まったくの, もうがやがやし, 出来て, 君にも, 聞くであらう啄木

▼ ほり~ (8, 0.8%)

3 よいだらう 1 あり岩屋, できなかった, のしたる, のしや, 少い

▼ ほり~ (7, 0.7%)

1 あって, いちばん先に, さう繁く, できたと, ない, 待ちかねて, 時折に

▼ ほり~ (6, 0.6%)

1 せいにも, ほむね道徳性, 互に, 帽子を, 若いうち, 金持では

▼ ほりながら~ (6, 0.6%)

1 くしやみも, もう一度いつも彼女, 憤懣を, 私の, 私は, 言つた

▼ ほり~ (6, 0.6%)

4 の人 1 の何もの, はさつき

▼ ほり~ (6, 0.6%)

1 で見知っ, の色, は無い, をする, を喰, を裸

▼ ほりこの~ (5, 0.5%)

1 三つの, 人が, 嵐が, 工事が, 竹の

▼ ほりです~ (5, 0.5%)

1 がその, が芥川さん, としづか, わ, わたくしは

▼ ほり~ (5, 0.5%)

1 保証する, 咳きつつ, 巨佛濡佛が, 申しあげる, 鼻を

▼ ほりなく~ (5, 0.5%)

1 やつて, 婚礼が, 胎む事の, 行は, 身支度が

▼ ほりわり~ (5, 0.5%)

1 です, のところ, の中, へさ, をひらく

▼ ほり~ (5, 0.5%)

1 と交代, の水夫長, はここ, はそれ, はへとへと

▼ ほり~ (5, 0.5%)

1 ほりその, ほりなお, ほり尋ねる私, 掘り尋ねましたから, 掘り聞くの

▼ ほりこれ~ (4, 0.4%)

1 にマヨネーズ, はたしかに, は極端, は決して

▼ ほり~ (4, 0.4%)

1 て夫婦, て方, て行つて, て隠し

▼ ほりすべて~ (4, 0.4%)

1 の感情, の条件, の職業, の處

▼ ほりする~ (4, 0.4%)

1 のである, のは, 執拗さは, 者

▼ ほりにな~ (4, 0.4%)

1 つてゐよう, つて脂肪が, つて起き, ほりませんでした

▼ ほり~ (4, 0.4%)

1 がらないん, がれ, アしない, 窓の

▼ ほり~ (3, 0.3%)

3 かつた

▼ ほりかへ~ (3, 0.3%)

1 したあと, したよ, して

▼ ほり~ (3, 0.3%)

1 ういへば, うもなかつた, っしゃれ

▼ ほりそこ~ (3, 0.3%)

1 からビニール, にある, まで彼

▼ ほりたり~ (3, 0.3%)

1 けるに, たまきはる, われひとり

▼ ほりでは~ (3, 0.3%)

1 ありませんでしたわ, できない, 通用しない

▼ ほり彼女~ (3, 0.3%)

1 の主張, は田舎, は病

▼ ほり昔びと~ (3, 0.3%)

3 の宿

▼ ほり~ (3, 0.3%)

1 がへり, ぎてしまつたけれど執着の, ぐるやうに

▼ ほりあがれ~ (2, 0.2%)

2 ばいい

▼ ほりあの~ (2, 0.2%)

1 中では, 百人一首の

▼ ほりお送り申候~ (2, 0.2%)

2 へども足りず

▼ ほりさうに~ (2, 0.2%)

2 もない

▼ ほり~ (2, 0.2%)

1 がへり, ぎるあをざめたばらの花

▼ ほり~ (2, 0.2%)

1 きに, やありません

▼ ほりついた~ (2, 0.2%)

1 ぼろご, 靴を

▼ ほりつつ~ (2, 0.2%)

1 蜘蛛はこぶ, 降り注ぐ

▼ ほりであります~ (2, 0.2%)

1 がこれら, がそれ

▼ ほりひむ~ (2, 0.2%)

2 がし

▼ ほりわたくし~ (2, 0.2%)

1 はこんな, は幼少

▼ ほりリチウム~ (2, 0.2%)

2 よりもうつくしく

▼ ほり下げ~ (2, 0.2%)

1 て見た, のあさ

▼ ほり五合~ (2, 0.2%)

2 の小豆

▼ ほり品物~ (2, 0.2%)

1 の竝, を持つ

▼ ほり小さな~ (2, 0.2%)

1 舟にの, 鋭いか

▼ ほり~ (2, 0.2%)

1 のうち, の一番

▼ ほり~ (2, 0.2%)

1 の耳, は今

▼ ほり立派~ (2, 0.2%)

1 なの, に生え

▼ ほり~ (2, 0.2%)

1 がゆれる, に停り

▼ ほり返し~ (2, 0.2%)

1 てみる, て昔

▼ ほり道具~ (2, 0.2%)

1 をなるべく, を三人

▼ ほり青し~ (2, 0.2%)

1 この暁, この曉

▼ ほり黒船~ (2, 0.2%)

1 の引上, もばらばら

▼1* [403件]

ほりありがたいごきた, ほりあるがどこ, ほりあれは武藏, ほりいきなりその手, ほりうちてし, ほりうまくいつたか, ほりうれしさう, ほりうん平宅, ほりの水, ほりおいらとお前さん, ほりお前にさせず, ほりお前さんの農園, ほりお話ししませう, ほりかねの井, ほりかねて假り, ほりかの立派な, ほりがけの徒然, ほりききますことききます, ほりきくのでお, ほりくろく飛ぶみ, ほりこちらで預りました, ほりこっちは雪, ほりさまざまなこと, ほりさんに六枚, ほりしたらどうだ, ほりすがりにちよ, ほりすぐに伯母さん, ほりすこぶる日本的な, ほりすれども度らむ因, ほりせりけむ, ほりそれを注意, ほりそれだけの事, ほりそれ自ら大の意, ほりそんなことは, ほりたしかにこれらしい, ほりたたんで包みました, ほりたち合点といっせいに, ほりたての芋, ほりたぶんさきも, ほりたるになほ物, ほりだつたけれどふじ子, ほりちらしたり菜種がら, ほりっぱなしにし, ほりついてゐます, ほりつき足が木, ほりていねいに白骨, ほりであるから古代人, ほりでないものも, ほりとが一緒にな, ほりとはいかなくても, ほりともなんとも, ほりとられたし, ほりつか堅い, ほりなお訊きほじった, ほりなぞの季節で, ほりなつかしがつて, ほりならべむ冬, ほりなんとかして, ほりにくしみ恨み, ほりにくいせいか, ほりになんぞなるもの, ほりぬき井戸の石, ほりのどにかがめる, ほりはじめは大, ほりたの, ほりばかりあるそれ, ほりひとりで狩, ほりひどいトラホームで, ほりびくをさげさせ, ほりほかひを, ほりん円い, ほりまでは新進作家の, ほりまねをし, ほりまれまれに人, ほりみんな背嚢の中, ほりむらぎもの心, ほりもう何年も, ほりやつぱり置屋の娘, ほりょにして星の世界, ほりごとの, ほりよかれあしかれ女性の, ほりりつぱに翼, ほりりつぱななりをしてダイヤの指輪, ほりわきを向い, ほりわたしの運命, ほりアスパラガスの描寫, ほりエミリアンは彼, ほりカザノヴァといふ一個, ほりカナリヤはやさしい, ほりステッセルの幕僚たち, ほりペニシリンの注射, ほりヨーロッパ文明の崩壊, ほりラムネを飲む, ほり一丁つてな事云つて, ほり一冊の本, ほり一口に河童, ほり一国の総理, ほり一年の半分, ほり三国の人, ほり三年間日本に住ん, ほり三桁であるのに, ほり三浦さまはもともと, ほり三番めの句, ほりの音, ほり上品でなかつたらおれ, ほり上木に決意, ほり上田の選擧事務員, ほり下げた心持を, ほり不機嫌に, ほり世捨て人として一風變つた, ほり世間一般に通用, ほり両人は何, ほり支に, ほり中級以上のもの, ほり乞食の金銀, ほり事件の翌晩, ほり事実として承認, ほりた家族, ほり二人づつの介添人, ほり二階の百二十一号室, ほり云ってだまっ, ほり人形と見られるなら, ほり人情本の一頁, ほりに至る, ほり今宿の部落手前, ほり今度はプウレット, ほり仕度をし, ほり仲よくなつた, ほり伊庭へ戻る, ほり会社にち, ほり伺ひましたところ伜は, ほり体当りともいふべき, ほり何事もない, ほり余韻との本質的相異, ほりつて, ほり傲然たる態度, ほりのこと, ほり先生に引率, ほり八海山のふもと, ほり共産組合の組織, ほり其土地に実現, ほり内幸町大阪ビルの文華土地株式会社, ほり凡て信仰によらぬ, ほりそうとして, ほり出来上つた, ほり初めの句, ほり別に取り立て, ほり別居するの, ほり前権大納言坊門信清さまの御, ほり勘定し終つて, ほり勝手なこと, ほり十五夜の月はか, ほり千ペエジ以上といふ分厚, ほり千代をうる, ほり午後の四時頃, ほり右衞門, ほり卑しむべきもの, ほり南北アメリカのまん中, ほり即ち答へて, ほりを生ん, ほり人が, ほり叔父さんのうち, ほり受け取つたわけで, ほり古今集のよみ人知らず, ほり同調一色でないところ, ほりふでは, ほり周一にはとても, ほりふ, ほり噛つてゐる, ほり埋めて歎願, ほり執り行うて居る, ほり塗りたての眞赤, ほり壓伏階級と被, ほり無きは, ほりはがらん, ほりの翼, ほりいそぎで, ほり大きいしさ, ほり大庭常子女史はお, ほり大熊部隊長は私, ほり大王も機嫌, ほり大臣を意味, ほり大船の出入, ほり大衆文学も純文学, ほり天井では波, ほり天平のころ, ほり天氣は確か, ほり妖しい瓜で, ほり姫君はおん齢十七, ほり存外険悪に, ほり安価にふざける, ほり家ぢゆうが, ほり寝る前のうが, ほり寸分の違ひも, ほりのほか, ほり対訳の上, ほり小生は絶対, ほり神群行の, ほりがございません, ほり居りてブルドック連れ, ほり屋根は草葺き, ほりも谷, ほり山川ぞ見し, ほりをのぼり, ほり川づたひのみちを行きました, ほり幼少時から身, ほり引きつづき勤務, ほり引越しの金, ほり当時は覚え込ん, ほり形式だと, ほり彼ら夫婦のため, ほり彼等はそこ, ほり後に名高い学者, ほり後世持てはやされて, ほり心臓に中, ほり心角吹けば, ほり心靈研究には靈媒, ほり心食物のため, ほり怠け者や悪戯, ほり怨言を発し, ほりたいの, ほり悲観すべき方, ほり態度物腰から言葉使, ほり戯談の儘, ほりに凭, ほり所詮が東京, ほり技術特に物, ほり振り返つて見たい, ほり探りを入れました, ほり探り出しその結果, ほり支那人のこと, ほり支配階級の一部分, ほりへきれない, ほり文化十一年同島北部に來着, ほり新しい國であります, ほり新しき手拭を, ほり新庄に行, ほり旅館の前, ほり日本はそれほど, ほり日本人の手紙, ほり日本刀といふもの, ほり旧友ですね, ほり早朝の澄んだ, ほりの人, ほり映画俳優の中野英治, ほり春日の山, ほり春日祭りにつきもの, ほり昭和の初め頃, ほり時代は變, ほり暗い狭くるしい日本家屋だつた, ほり更に高らに, ほり書いたまでです, ほり最も重要點を, ほり月並な小説的事件, ほり朝鮮からその, ほり木の根をほった, ほり来る大陸の, ほり東西へ五十町, ほり松島を見物, ほり果されようとしてゐた, ほりの枝, ほりを刈つて, ほり棚機であつ, ほりてかひ, ほり極めて自然に, ほりが林, ほりもて彼, ほり機械的なもの, ほり正直にいふ, ほりを削れ, ほり武士は戦争, ほり歩いたことに, ほり死がいをていねい, ほりの鶉, ほり民風に權威, ほりの葦, ほり沿線は田ンぼや森, ほり泣かれてしまひ, ほり海岸の名勝, ほり済むとイツヘ, ほり濟んだから, ほり無く屆け, ほり無事に帰つて, ほり熊先生自分の身体, ほりもひい, ほり燒いちやつて今日, ほり附いて, ほり物だらけだ相, ほり理想なき政治, ほり生活の協同化, ほり用意も出来, ほり男親の手ひとつ, ほり白き波際を, ほり白壁と輝い, ほり盗まれた品々を, ほり當な, ほり直にな, ほり眞赤な電車, ほり眼もと鈍からず, ほり着物も着ない, ほり短信より外, ほり砂丘に出, ほりでもねえ, ほり神妙に医者, ほり神経痛のため, ほり禍難を汝, ほりといふ女, ほり私どもは服從申, ほり私一人しかゐない, ほりの花, ほりでもち, ほり立てたので酔, ほりの駒, ほりべてそして, ほり三の, ほり筆無精ですから, ほりの十位, ほりをとりだしました, ほり粉薬を水, ほり約束は取消し, ほり素朴な精神, ほり終戦直後あわた, ほり結局は限り, ほり綺麗に片づい, ほり縱横な河川, ほり義時ひとりぽつんと家, ほり聞いていたら, ほり聞きたがつて, ほり聞くうちに, ほり聴いてから, ほりがあ, ほり腐つて行く, ほり臆病できまり, ほり自分の柩, ほり自治委員会が中央ホール, ほり至つて私的であつ, ほり茶碗をおい, ほりを少し, ほり菓子に匙, ほり葉ほり僕のこと, ほり葉ほり問ふ, ほり葉ほり探りを入れました, ほり葉掘りの詮議, ほり蒸溜水つくりまき, ほりをし, ほり薔薇はまだ, ほり血肉化しそれ, ほり行かなくなつた, ほり行きけむ, ほり裁判長の顏, ほりでまあ, ほり西洋文明の今日, ほり見物して, ほり見物人の一番前, ほり訊いたが分らなかった, ほり訊かれた時に, ほり訊きたがりなさるのだ, ほり訊くとあの, ほり訊ねた末もう, ほり訣別したの, ほり詩人に食事, ほり詮議すると, ほり讀ませてもらつた, ほりふとき買つて, ほり起こしに来, ほり越して斷橋, ほり足代りなの, ほりの尽きる, ほり身体の健康, ほり込みたおるるように, ほり込むように, ほり透明な黄色い, ほり通商は貴, ほり逞しい精神力殊に, ほり遊びにきた, ほりのつよい, ほり運ぶとき, ほりにて逢, ほり道具宝物のよう, ほりふわけ, ほり部屋の燈, ほり酸素と水, ほり銀杏返の, ほり長い年月石を, ほり長崎奉行の支配, ほり長方形であ, ほり長生きの予約, ほり関西方面での風評, ほり障子をふるはせ, ほり障碍物をおき, ほりむすびて, ほり青くて堅く, ほり青銅だけを使用, ほりかな微笑, ほり面會にも來, ほりをさげ, ほり風呂敷包み一つを提げ, ほり飯スウェディシュのミートボール, ほり餘技であり小遣, ほりにもど, ほりが出, ほり黒暗々のアイギス, ほりとなる