青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ほほ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ほし~ ~ほしい ほしい~ ほっと~ ~ほとり ほとり~ ~ほとんど ほとんど~ ほど~ ほのか~
ほほ~
ほぼ~ ほり~ ほん~ ~ほんとう ほんとう~ ~ほんとに ほんとに~ ほんの~ ~ぼ ぼ~

「ほほ~」 1065, 12ppm, 9492位

▼ ほほ~ (374, 35.1%)

28 それは 23 これは 15 のう 9 そうか 6 左様か 3 さすがは, して, そいつは, そうです, ね, 喃, 結構な

2 [11件] そうかい, そうかね, そんなこと, そんなに美人, と曖昧, どこから, ほほう, わが飛行島戦隊, 君も, 成程, 立派な

1 [250件] あなたあなたさまは, あのこと, あの子供, あの浪人者, あの者共, あの若衆髷, あれだ, あれも, いかさまあでやか, いかさまゆうべ, いかさま大きな, いかなる人, いかにもな, いまに, いま食った, いやはや, いよいよもっ, いよいよ不審, いよいよ感心, いよいよ本筋, うまいもんぢ, えらいこと, えらいもの, えれえ, おいでじゃな, おまえが, お前か, お前さんは, お前は, お店者でござる, くりの, こいつは, ここには, こちらに, このうえ, この人造人間, この若狭, この鋭い, この青い, こんな深夜, ご存じ置きでございました, さてはあの, さては噂, さよう, さようか, さようでございます, さようでござった, しからば, すりゃ人形, すると, すると何時の間に, すると怪塔王, ずいぶん変わった, そういうもの, そういうわけ, そうかの, そうして産まれ, そうする, そして美術学校, そちも, そなた, そのとき警官, その方, そりゃア, そりや, それあまた, それが, それじゃ, それじゃあ, それでそ, それでその, それではお前, それではその, それでは宇田川町, それでは腕ずく, そればっかりは, それゆえわしの, そろそろと, そろそろ筋書通り, そんなに近い, そんなはず, そんなら, そんな夢, たいへんな, だいぶ博学, ちとこれ, ちと奇態, ちと急, でえ, でかしたのう, ではあれ, ではなにか, では君, というよう, といった気持, とうなずき, と驚い, どういう目的, どうした, どうしてそれ, どうしてそんな, どうして酔わぬ, どのよう, どの位, どんなふう, どんな手品, どんな新, どんな車, な, なかなかあでやか, なかなかお, なかなかご, なかなかに, なかなかの, なかなかべっぴんさん, なかなかやる, なかなかよい, なかなか口, なかなか強情, なかなか洒落れた, なかなか達者, なにを, なんておっしゃる, なんという, な巳年, のうお, のうちっと, はぐれたん, ほんとです, またこれ, またキャラコさん, また事件, まだ御用, まっ暗な, まるで見, むかでを, むっつり右門, やって, やはりあれ, よく口径, よく眠っ, りっぱな, ッて, トルーソツキイさんまでが, 一体何の, 三万二千両とは, 三十三, 不思議な, 二十円, 五人とは, 亡くなった貴女さま, 人間の, 今日は, 今時そういう, 伊達公の, 似て, 何の, 偶然に, 入って, 八郎太の, 六十二とな, 内藤家の, 十四五人もナ, 千萩さんと, 双眼鏡で, 同病です, 喃なかなか, 喃左様か, 喧嘩の, 器用な, 四ツ木さんは, 四千七百メートルか, 地球が, 変な, 夕雲流を, 大きな拳, 大きな栗, 大したもの, 大分御, 大胆な, 大胆なる, 妙という, 家重代とは, 密書を, 小太郎が, 小説なら, 山男達は, 川下の, 左様で, 左様であった, 左陣と, 彼奴か, 忍術か, 忍術でござった, 感心に, 手品か, 手当を, 投げな, 揃うて, 提燈, 敵にも, 文句の, 時節柄それは, 替肩, 来たな, 松本の, 歯の, 水撒き, 江戸から, 法術の, 海賊, 滅法穏, 漸く気, 然う, 物が, 珍念さんとのう, 生れかわって, 申したな, 男をな, 町役人共が, 番五郎の, 痣蟹は, 相互扶助, 相馬大作なんぞ, 眉間に, 短いその, 神妙の, 私にも, 私は, 絹坊は, 老人なかなか, 肝心かなめの, 背が, 自殺でない, 若者までが, 血の道でもが, 襟足に, 西方相撲の, 西洋人でも, 見て, 誠心が, 豊後とのう, 貴方の, 貴方は, 辞世とは, 銭が, 鎌之, 陰に, 露助, 黄金の

▼ ほほ~ (123, 11.5%)

5 と笑った 3 と笑っ, ほほ 2 きい, これは, と笑, と笑い出した, ほほおかしい, ほほその, 人が

1 [98件] あたくし, あなたという, あんな言, いいかげんに, いけ好かない婆, いずれ近い, いやです, おほほほほ, お冗談, お前の, お名前, お呼びず, お土産, お師匠さん, お気の毒, お貸し, お金が, けどお, このあたし, こんな流刑, そううまく, その顔, そりゃアお互いさま, それじゃ, それまで, それまでには, そんな掛声, だっておかしい, ちょいと, ちょっと撮ん, ちょっと着, といっそ, とばかりこの, と久美子, と低く, と笑い, と笑いました, と笑われる, と笑殺, と聞こえる, と艶, なぞと, なんとかほか, ねえお浜, のんきそうだ, はお客様, はほ, は私, ほしければ, ほほあ, ほほお, ほほおかし, ほほおとっ, ほほそこん, ほほまあ, ほほ今, ほほ出, ほほ堪忍, ほほ私, まあそうね, まお人, ま際どい, わたしと, キットそうです, ッ, 一人だ, 今から, 今更それ, 何か, 何を, 兄さんさぞかし, 可厭, 可笑しいこと, 大層勉強, 市川菅女部屋の, 弱いこと, 愛吉お前その, 戯談では, 房枝さんを, 日本式では, 旦那様の, 景気は, 申過しました, 男の, 私たちだって, 私の, 私は, 縁側から, 翌日また, 聖母マリアみたい, 誰が, 貴郎, 賞めまする, 身代りに, 野郎は, 音を, 髷に, 鴎の

▼ ほほほほ~ (117, 11.0%)

56

1 [61件] あははは, あはははは, あははははは, あれじゃ, あんた何ていう, あんな言, いいえ日光, いいじゃあ, おかしいねえ, おちんこ, お前さんにも, お千鶴さん, お嬢, お気の毒さま, お百度参り, お縁側, ここに, そっちへ, そのせい, それではまるで, それは, そんなおっかない, そんなら, そんな心配, でかしたと, と太田, と打っ, と笑いだすだろう, と笑い転げました, と笑っ, と薄笑い, どんな話, なんです, ねエ黒ちゃん, ばあ, ほほほ, ほんとは, みんな自己から, ようすが, ん, ッ, ハーゲンそちは, 主人は, 仁義に, 今日は, 何です, 何の, 多一さん, 失礼な, 学校を, 家も, 御部屋, 戯言お, 手が, 混ぜは, 笑っちゃ, 笑声を, 良ちゃんは, 良ちゃん私そんな, 藤枝さん余計な, 遠い処

▼ ほほ~ (38, 3.6%)

4 笑って 3 笑ひ 2 同時にはなやか, 笑う, 笑った, 笑ませり, 軽く笑った

1 [21件] お笑い遊ばし, それが, 云う笑顔, 太田の, 愛想笑いを, 手を, 打って, 柔和な, 笑い, 笑いしが, 笑いだすだろうと, 笑いつ, 笑い転げました, 笑うと, 笑う声, 笑ひし, 笑ふて, 笑んでる, 莞爾する, 薄笑いした, 軽く笑い

▼ ほほゑみ~ (34, 3.2%)

5 ながら 32 て母, に

1 [22件] が, が一切, てのみあれ, て火焔, て花, ともに匂, ながらさて, ながらし, ながら女王, ながら眼, ながら見返す, ながら部屋, は, を, をうかべる, をこそ眼, をし, をつづけ, を迎, 光ま, 諾へ, 頬に

▼ ほほづき~ (18, 1.7%)

2 やー

1 [16件] それらは, の, の色, の赤, は緋, は鳴らせない, よ, をならべ, を拾っ, を買つて, 人魂に, 千なり, 天狗ほほ, 屋は, 提燈の, 薙刀ほほ

▼ ほほ~ (10, 0.9%)

1 そうです, ほほほ, 何か, 千鶴さんが, 嬢, 気の毒さま, 百度参りする, 笑ひなされ, 縁側から, 驚きましたね

▼ ほほ~ (9, 0.8%)

1 くっつけて, して, つたわって, なでたり, ぬらした涙, ポッと, 伝う冷たい, 私の, 赤らめ面はず

▼ ほほほほほほ~ (8, 0.8%)

31 あはははは, いいじゃあ, それではまるで, ようすが, ん

▼ ほほゑん~ (8, 0.8%)

2 でゐた, でゐる 1 で, でじろりと, でたふれろ, で頭

▼ ほほうお~ (7, 0.7%)

1 ぬしも, 内儀見事な, 名前は, 弓様と, 役人という, 由羅様が, 脈方とのう

▼ ほほうさよう~ (7, 0.7%)

1 かこの, か今度, か何者, でございますか, でございますかな, でござったかな, で御家人

▼ ほほ~ (7, 0.7%)

3 ろが 21 ょうだんだわ, ろは

▼ ほほ~ (7, 0.7%)

1 じろ, 一端を, 木の芽が, 木の葉で, 木又, 色まで, 花のに

▼ ほほ~ (6, 0.6%)

1 たくしの, ははあ, はははあ, ははははお, ははははは, はははははは

▼ ほほ~ (6, 0.6%)

2 たんぽぽ 1 たまま, 立った幸雄, 立つ埃まみれ, 長庵ずれ

▼ ほほまあ~ (6, 0.6%)

1 あわてないで, お危険, そのよう, 人に, 大概お, 親分さんの

▼ ほほゑむ~ (6, 0.6%)

1 がよい, と勇夫婦, ばかりで, をみ, 世界, 尼僧隱れたる

▼ ほほゑまし~ (5, 0.5%)

2 けり此方見まし 1 かつた, げにその, げの

▼ ほほ~ (5, 0.5%)

1 ですよ, でもない, の事, を巧む, を感ず

▼ ほほ~ (5, 0.5%)

2 冗談でしょう 1 主その, 忍耐が, 部屋は

▼ ほほけし~ (4, 0.4%)

2 と薄, を撫で

▼ ほほけて~ (4, 0.4%)

1 散るの, 断崖, 蕗の, 霞の

▼ ほほこれ~ (4, 0.4%)

1 はまた, は毎度お見舞下, は異, は面白い

▼ ほほそんな~ (4, 0.4%)

1 おっかない顔, もので, 心配は, 落着い

▼ ほほ~ (4, 0.4%)

1 がやき, とした, の名, はもう

▼ ほほおかしい~ (3, 0.3%)

2 ねえ 1 ねえまあ

▼ ほほずり~ (3, 0.3%)

1 しあったこと, して, をした

▼ ほほ~ (3, 0.3%)

3 かそ

▼ ほほその~ (3, 0.3%)

1 こけ猿, せいだ, 気で

▼ ほほそれ~ (3, 0.3%)

1 が何, はあたり前, は寂しうございます

▼ ほほ~ (3, 0.3%)

1 くっつけしばらく, 伝わって, 泣きしぞ

▼ ほほばり~ (3, 0.3%)

1 て茶, ながらちょい, ながらつづけた

▼ ほほほほまあ~ (3, 0.3%)

1 あわてないで, 人に, 親分さんの

▼ ほほうそ~ (2, 0.2%)

2 んなに

▼ ほほうなる~ (2, 0.2%)

1 ほど, ほどですが

▼ ほほうなるほど~ (2, 0.2%)

1 どんな噂, な

▼ ほほ~ (2, 0.2%)

1 しは, にわかに温かく

▼ ほほ~ (2, 0.2%)

1 鳥, 鳥は

▼ ほほけす~ (2, 0.2%)

1 すきの, すきも

▼ ほほけたる~ (2, 0.2%)

1 山路につき, 虫の

▼ ほほそれでは~ (2, 0.2%)

1 まるで下司下人, バル・セロナ生れの

▼ ほほなるほど~ (2, 0.2%)

1 あたしは, 急に

▼ ほほ~ (2, 0.2%)

1 ほほ珠子さん, 段々あたたかく

▼ ほほほいう~ (2, 0.2%)

1 ことだけ, ことも

▼ ほほほほほほほほ~ (2, 0.2%)

2

▼ ほほほほほほほほほほ~ (2, 0.2%)

2

▼ ほほまだ~ (2, 0.2%)

1 あなたに, お気づきに

▼ ほほもう~ (2, 0.2%)

1 じきです, 帰るの

▼ ほほゑまず~ (2, 0.2%)

1 にはゐられませんでした, はたまじろがず

▼ ほほゑみかけ~ (2, 0.2%)

1 てゐる, て来る

▼ ほほゑみた~ (2, 0.2%)

1 まひて, まふと

▼1* [179件]

ほほあたしは別段, ほほあなた位変な人, ほほありませんよ, ほほあれじゃない, ほほあんたあたしに恋し, ほほあんた何ていうの, ほほあんな言を, ほほいいじゃあない, ほほいいえ日光は, ほほうありゃ牛乳運搬自動車らしい, ほほうこらおかしい, ほほうこりゃプリューシキンから, ほほうご家内で, ほほうっかり忘れよった, ほほうやまってもおす, ほほう相変らず仲, ほほみのかげも, ほほえみ子等はよろこび笑う, ほほえらいでしょ, ほほおかしか無い, ほほおちんこが, ほほおとっさまが, ほほおまえは相, ほほお前さんにも似合, ほほお腹が空いた, ほほお雪さんにお, ほほかむり達, ほほきっとまたおもしろいこと, ほほけし薹の数, ほほけた赤い花, ほほけたり花はじけ, ほほけた穂が日, ほほけなびけり, ほほける時女らの, ほほここにいる, ほほさぞびっくりなされましたろう, ほほさても, ほほさようでございましたよ, ほほしく独りかも, ほほそういうわけと, ほほそこんとこの, ほほそっちへ行きましょう, ほほそりゃそういう話, ほほそりゃあねお, ほほそれでもあたしの, ほほそんならあたしゃ, ほほそんなにお見つめあそばし, ほほたら少しは, ほほそんな値, ほほだからいわないこと, ほほゴンゴラ総, ほほつほと腹の中, ほほづきで革質の, ほほ眠れは, ほほでかしたと, ほほでもあなただって, ほほどうですか, ほほどんな話かと, ほほなにもかも御存じな, ほほなみなみの者, ほほなんですよ, ほほぬしにも似合わない, ほほねエ黒ちゃんもう, ほほはははちゃっちゃっちゃっ, ほほはばかりながら茶くみ女に, ほほあや, ほほばりしとき, ほほげが, ほほほありますわわたくし, ほほほいけませんほほほ, ほほほうそれは, ほほほおかしいでしょう, ほほほこの痩せ, ほほほっそれは, ほほほですからただ, ほほほほきっとまたおもしろいこと, ほほほほさようでございましたよ, ほほほほはばかりながら茶くみ女に, ほほほほよくもこうためたもの, ほほほまおむつかしい飛んだ, ほほほんとはもう, ほほほんとうでご, ほほほんとに拜ませ, ほほほ待っていた, ほほほ知らずのお, ほほほ見っともない, ほほほ解ってるよ解ってる, ほほほ話しが遠い, ほほほ遣った事が, ほほほ阿母さんも, ほほまあ何と江戸名うての, ほほみなさんおつむを布, ほほみんな自己から割り出す, ほほお尋ねでは, ほほよういわんわ, ほほようすが見たかった, ほほよくもこうためたもの, ほほ温いうす甘いもの, ほほわすられぬ情人を, ほほわたくしも行きたい, ほほゑましい光景である, ほほゑましく李と, ほほゑましくなる風景で, ほほゑましめる銀色の, ほほゑませたりした, ほほゑませたまふ, ほほゑみほめて世, ほほゑみ秘めもあ, ほほゑめば, ほほゑめる戀の, ほほゑんだが, ほほ銀之丞か, ほほんたうほんたうです, ほほウこれはおかしい, ほほォ泥棒さんかと思, ほほオ斯んな処, ほほオ透明人間は犬, ほほすばらしい, ほほハーゲンそちは顔色, ほほン地質で青い, ほほ三ちゃん何を張る, ほほ並行の進路, ほほ主人はちょっと, ほほ主税さん飲んでるのね, ほほ仁義にまかり出た, ほほになっ, ほほ今日は朝, ほほに何, ほほ何んだと, ほほ抜だ, ほほ勇ましい覚悟で, ほほ博奕冥利もをかし, ほほ印旛沼手賀沼の一族, ほほ口惜しそうに, ほほ困りますわ, ほほ堅造があきれた, ほほ堪忍御免なすって, ほほ増穂の芒, ほほ外面如菩薩はつい, ほほ一さん貴下そう, ほほ魚を, ほほ失礼などう, ほほ学校を下がっ, ほほも極まった, ほほが寄る, ほほ心中の相談, ほほでございますよ, ほほ戯言お言いなさん, ほほが震え, ほほ改めて何ぞいの, ほほ未練らしい, ほほをついた, ほほ死ぬのが, ほほ注意博士が椅子, ほほ消極的な御返事, ほほ混ぜはしません, ほほ珠子さんが新, ほほ生意気なこと, ほほ白魚のよう, ほほまで大丈夫, ほほ変らず可愛, ほほ笑えんでいます, ほほ笑っちゃいや, ほほ笑声を吸込ん, ほほ羨まるるほどの果報, ほほ自慢ではござりませぬ, ほほ良ちゃんはどんな, ほほ良ちゃん私そんなもの, ほほ葉ちゃんじゃなく, ほほ藤枝さん余計なこと, ほほ擦り合うただけの, ほほ親方も粋, ほほ言わいでも大抵, ほほ遠い処を, ほほ門弟衆に見せ, ほほ陥穽に落ちた, ほほ随分なこと, ほほ面白い人ね, ほほが飛ぶ