青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ほとり~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ほ~ ~ほう ほう~ ~ほか ほか~ ほし~ ~ほしい ほしい~ ほっと~ ~ほとり
ほとり~
~ほとんど ほとんど~ ほど~ ほのか~ ほほ~ ほぼ~ ほり~ ほん~ ~ほんとう ほんとう~

「ほとり~」 1682, 18ppm, 6295位

▼ ほとり~ (682, 40.5%)

13 立って 6 佇んで, 出た, 来て 5 住んで 4 おり立つて, た, 出て, 咲いて, 来た, 立つて 3 一人の, 坐って, 居を, 来ると, 身を, 駒を

2 [40件] あって, ある大きな, いたりて, いて, さ迷, しづみゆく落日, その秘密, たって, つぶらな, ひとりの, 云いました, 会うため, 住む友達, 倒れて, 出で, 出ると, 力なく, 古人の, 宿かりぬ, 川が, 幼時を, 座を, 庵を, 待たせて, 我は, 戰へ, 扁理が, 柿の木あり, 残って, 浮んだ, 無花果の, 町が, 私の, 立ちて, 立ち並んで, 立ち暮らし, 至れば, 集まって, 集まりその, 鞄を

1 [524件 抜粋] あった, あったから, あったため, あった私, あった荷馬車屋, あつた, あつて, あつまり互, あらたに, あらはれて, ありました, あり乃ちあたり, あり聞くところ, あるいは勿来, あるか, あるといふ, ある一帯, ある一本, ある一部屋, ある古本屋, ある木, ある梅, ある温泉町, ある葉子, ある豪家, ある阿弥陀像, ある頭, あれば, いたり, いたる, いたれば, いた馬, いてから, いらっしゃるの, いるという, いる大石順教尼, いる鷺, おしよせる僧侶, おそくまで, おでんの, おりました大将株, おり立って, お住いに, かがんで, かくれるでございましょう, かくろ, かたばかり, ききつつ, きて, これも, ささやかな, ささやかれた時, さしかかると, さすら, さまよって, さまよは, しづごころなし, しづみたり, しばし船, じっと坐った, すまって, すわりながら, そのかみ彼等また, その昔一軒, その本拠, たたずめり, たち聞くところ, たった, たてば, たどりつきそこ, たどり着いた時, たどり着き村, たゆたわす程, ちらついて, ついた時, つきて, つくばつて草刈鎌を, つけり七重, つづく田舍路, できる土砂, でろれん祭文の, とどまって, とまる, なって, なにやらあやしい, なみ子の, はねを, ひとり離れ, ふと大きな, ふらふらとま, ふるき酒槽, ほそぼそと, ぼんやりと, ぼーっと明るみ, まだまだ夥しく, まつりまた, まろび伏す, みとめ憂ひの, むかしの, むらがりて, ものの, やって, やどりて, やや大, ゆらゆらと, よみが, わかれる時, わたしの, われの, われ迷ふ, ゐたの, ゐたるに, ゐた群集, ゐて, ゐる継母, テントを, バケモノの, フハンを, モコウが, ラヂウム泉の, ルーヴルの, 一つ家の, 一刻の, 一塊り, 一庵を, 一廓の, 一株の, 一筋の, 一軒の, 万朶の, 三体の, 下宿した, 並び騎士隊, 中務大輔なにがしという, 乞食女と, 二三の, 人を, 仄めくこと, 仇ある, 今でも, 他の, 仮住居, 仮初の, 休んで, 会いたい気, 会いたい気持, 佇む時, 佇んだ, 佇立し, 位し, 住み, 住みけるなにがし, 住みける春, 住みける頃, 住むもの, 住む強慾非道, 住む忍術, 住む楠木多聞兵衛正成, 住む百姓三十一か村, 住む翁, 住めるもの, 何ものとも, 何氣なく, 使わない石臼, 來つ, 來て, 來り止まり, 來り着ける, 例の, 侍女を, 侘しくお, 停めしとき, 僅かに, 先考所蔵の, 入乱れて, 共に住ん, 其中に, 冠を, 出づ, 出てからも, 出ては, 出でて, 出ました, 出るかも, 別荘を, 到つて船, 勝を, 匍ひよる, 十万の, 十二軒の, 十八九かと, 半ば崩れかかった, 参つたれば, 参詣者たちは, 古本屋が, 名刺を, 吹き送られぬ, 咲いた花園, 咲きました, 咲けるなでしこ, 営まれた伐木工場, 回らせて, 土の, 在った旧宅, 在りて, 在る家, 地所と, 地質年代の, 坐した, 埋め偽, 堅香子の, 墓を, 墳を, 壁土が, 多く集っ, 夜明けの, 大いなる柳, 大きい梓, 大きな石, 大理石で, 女の, 妹の, 宅地を, 家を, 家畜を, 宿った, 宿った時, 宿つた時遂に, 宿泊すれ, 寄り水中, 封建の, 尋常ならぬ, 小さい松, 小さなコツテエジ, 小さな茶座敷, 小太郎が, 少し笑, 少年たちと, 居れば, 山吹の, 崔という, 己と共に, 帰って, 帰りつけば, 干して, 幼なき, 庵居し, 廊の, 建つ景色, 建て飛行船, 弁当の, 弓杖を, 引きよせて, 引据えられ, 引移った, 彳み, 彳んで, 彼は, 往生を, 待つて, 待受けて, 忌機殿を, 忍びよると, 思い深く, 思索してる, 悲歌的に, 情しらぬ, 愁へて, 感じて, 感ぜずにはを, 憩い, 我の, 或は, 戰へる, 戻って, 手を, 手紙を, 打ちたおれて, 打ちました, 抵りぬ, 持ちゆかしめひきちぎらせん, 持ち昔, 据ゑさせ人に, 据ゑた不, 故人, 散らし麻絲, 散在する, 散歩に, 新しい大きな, 方三町の, 於て, 春は, 春めぐりき, 暮れた三騎, 曝し首, 月江は, 有りけるが, 未だ化粧, 本照寺という, 朱色で, 杖を, 束ね裾短, 来たころ, 来ること, 杭ま, 松も, 柳多く, 柿あり, 栗熟り, 桃の, 植えられて, 楼台を, 横たえて, 横に, 樫の, 樹枝を, 機殿という, 檀の, 止まつたかと, 止まる, 止りそこで, 歸り, 毎日二本あての, 水葬せられ, 求婚し, 江戸一番の, 沙翁の, 沿うて, 泊った夜, 泊つた夜の, 洗心亭の, 流れ下る川, 流れ寄った美くし, 渇いたやう, 済まないよう, 湖水の, 湧る, 漂う, 漂うて, 漂へる, 漂わして, 火の手が, 火花を, 烏天狗に, 熱い国, 燦爛の, 牧へり, 獻つてそれを, 現われる, 瑜伽の, 生い立つて, 生えた草, 生えて, 生へる, 生まれた彼, 生れた純情多感, 生れた者, 生れて, 生徒を, 生茂つて居る, 田を, 留めしめ, 留めよ其ほとり, 痛く惱, 発見された, 白い幔幕, 相対し, 相違ない, 眺め知り得たり, 着いた, 着きました, 着きまもなく, 石の, 祀られて, 祭れば, 祭壇を, 私は, 秘密の, 移されて, 移りて, 突きいづる, 立たせて, 立ち遙, 立ち顕れそれ, 立った, 立ったが, 立つと, 立つ猿, 立てば, 立てられた鐙小屋, 立てり, 立てると, 立てるを, 立寄りて, 篝を, 紫の, 組み立てられたバラツク, 結ばれかれらかしこ, 緑の, 縞の, 繁茂するぶ, 繋って, 置かれたベンチ, 美しい孃子, 群がって, 義龍の, 老夫婦二人きり, 聞えぬ, 聞ゆる, 育ち舟, 腰を, 自分の, 至る, 至るまで, 臼を, 若い男女, 荒い縞, 荒びわが, 菖蒲が, 落ちてるよう, 落ち散って, 葉巻を, 藪鶯の, 行きそれから, 行き度, 行き詰まりつ, 行って, 行つて遊ん, 衣裳が, 見せて, 見ゆるふる道, 見出しました, 訪うた時, 訪ねて, 設け雨, 誂へ, 誰が, 諸神ふり, 谷川が, 豪奢な, 貨物を, 赤い屋根, 起き臥しする身, 起った, 起った世にも, 起って, 起つて, 蹲って, 蹲りて, 車を, 軒の, 近々と立っ, 近くトロイアの, 近く嶮要の, 近く横はり, 近く紛々と, 近寄って, 近寄るもの, 迷ううす, 迷って, 連なる山脉, 連り, 進み寄りおなじく, 遊びに, 遊んだ, 達しこ, 達すると, 還りて, 部落が, 野菊と, 釜貞と, 鋼鉄の, 閑居し, 降り立った, 降ろして, 隠して, 隠れて, 隠遁する, 隱し, 隱れ, 雷電を, 電報を, 青海波を, 静かな, 音楽の, 頬を, 風ふき釈尊の, 飛べや, 飢えた者, 馬を, 駐め扣, 騷が, 驅る, 高台寺か, 鮮人部落が, 鳴いて, 鶴の, 黄色い輝き, 黒子が, 龍王廟という

▼ ほとり~ (201, 12.0%)

4 草原に 3 ことで, 稗草は, 草の

2 [11件] 一軒家に, 存在が, 寿光院に, 手紙を, 松が, 秋篠や, 老緑色, 茶店に, 草を, 雰囲気は, 青草の

1 [166件] あづまや, あの仕合せ者, あの女, ある村, ある町, お堂, ことな, この光景, この家, この詩神, さまざまの, しるこ屋の, ちょっとした土地, においや, ひとつ家に, ひとです, ふさふさした, ほおの, やんま釣り, ナラや, ビルマの, ベンチに, マリアの, ラロンという, レンゲ草の, 一軒の, 一軒家, 丁子の, 下宿へ, 丸木小舎を, 交番所にて, 仕合せ者の, 仮住み, 位置に, 住居に, 兎芽子, 八重桜は, 十五景を, 古びた家, 古めかしい大きな, 合歓の, 名所更に, 吾妻屋といふ, 土に, 土の, 坂さては, 堅田に, 夕日向う, 夕顏の, 夕顔に, 夜話に, 大きい旅館, 大きい石碑, 大きな石, 大店, 大木に, 大樹の, 大津膳所瀬田石山あたりは, 天狗巌など, 天竜寺で, 女どもが, 女を, 女乞食, 女郎花, 安息を, 宿に, 小さき都會, 小さな墓地, 尼は, 尾道, 居そう, 居るところ, 山でなかった, 山裾に, 岸で, 嶋, 常磐木や, 平地帯が, 平坦な, 広場は, 広場へ, 庭は, 廃屋の, 径を, 息長川は, 恵我の, 我れ, 戰, 抜け道へ, 掛茶屋に, 方を, 方言に, 會は, 木に, 木の間や, 木蔭に, 村を, 松の, 林に, 林の, 枯すすきを, 枯れすすきを, 柳の, 柳も, 桂の, 桔梗の, 桜が, 桜は, 森の, 楼の, 楼外楼という, 榎の, 樹の, 民悉く, 河童でも, 波の, 波を, 海士の, 湖水の, 湿り花なでしこは, 然るべき構え, 生れだ, 田に, 眺望も, 石蕗の, 砂原で, 磯の, 社会に, 笹の, 答えは, 茂みの, 茶亭にて, 葛飾早稲をに, 蕨に, 蘆の, 蝙蝠傘の, 行って, 西賀茂といふ, 貧村に, 足の, 路次裏に, 農家の, 農村に, 遊歩場には, 道には, 道を, 道汽車は, 邸の, 部分も, 里が, 野原で, 鐙小屋という, 鐙小屋の, 闇の, 隠れ家に, 雑草に, 離れ家に, 青草原, 鞍馬には, 風車, 餅屋の, 香水も, 麦畑に, 麦畠空しく, 黄昏は, 黒き斑

▼ ほとり~ (152, 9.0%)

2 一人の, 嘔吐する, 縦令馬鹿, 踊り子を

1 [144件] あつた, あるいは学校, ある日一人, おりおり生徒たち, お互, お互いに, お食事, かの眇目, この女, さめざめと, そこに, つぶやいた, とっつきの, ぼんやりと, また正月, ままごとや, むかしの, やられました, わび住まいいたしまし, 一日一夜の, 一発又, 不義の, 中年の, 二時間ばかり, 交されたある, 仕掛け花火が, 他の, 休憩し, 会ったかの, 偶然或, 働いてた頃, 僕は, 内に, 写真を, 初めて物, 別れた突然, 午寐を, 南國の, 原始的な, 友人と共に, 古戦場, 可愛い女房, 同じよう, 唄うよう, 喫した中食, 嘗てと, 圖らず, 土民の, 塹壕を, 夜が, 夢現の, 大きくなった, 大きな正覚坊, 大声で, 天人の, 夫人が, 娘の, 小さい神社, 居眠りを, 屡しば, 川は, 帝が, 幼年時代の, 度び度び遇う, 張込の, 彼に, 待ち迎えた, 待って, 怪しい死に, 息子が, 愈元気, 或はあの, 戦争に, 挙動の, 挨拶した, 敵の, 日が, 日ごろ親しゅう, 暢気さうに投網を, 書物でも, 曹操と, 朝の, 村の, 森の, 機を, 櫻木大佐に, 武村兵曹に, 死んだもの, 死体と, 殺害された, 水菜を, 洗われるよう, 海鼈を, 焼いて, 熱い頭, 独り羊を, 独り釣糸を, 生れた者, 男と, 白い猪, 白ハチスの, 百姓の, 睡らせるが, 私たちの, 秋風の, 竪琴を, 絵を, 縋った自分, 聊か流行, 育つて, 自動車から, 自害し, 舐めた雨季, 若者に, 茫然と, 茶を, 草の, 落合つてそれぞれの, 薬草を, 蛇と, 蛙が, 蝋燭の, 行き遭った, 見かけた京, 見て, 詠んだもの, 語り傳えられた物語, 諸大将, 賊を, 踊り暮し, 蹴鞠の, 車は, 車を, 遭ったこの, 針の, 阮家に, 降りて, 面会した, 風の, 飯事を, 馬から, 馬上から, 骨だらけの, 魚の

▼ ほとり~ (137, 8.1%)

8 歩いて 4 過ぐ 3 行く

2 [11件] さまよ, たどって, ゆくころ, 廻って, 散歩し, 散歩する, 歩きながら, 透して, 通って, 通ると, 過ぎて

1 [100件] あちらこちらと, あちらへ, いそぐとき, いっそうぽっと赤く, いまは, うろつきました, うろつくの, ぐる, さすらいはじめました, さまよい水車, さ迷うとして, さ迷つて, しょんぼりと, そぞろ歩きし, ただひとり, ただ一人, ただ無言, とぶ虫, ながめて, ひきとめ神戸, ひやう, ふらふら徘徊, ぶらついた, ぶらついて, まかりけるに, めぐりうれわ, ゆるやかに, 一人で, 一巡りし, 三人で, 人々は, 伴うて, 何気なく通りすぎた, 來て, 傳つて行く, 動く, 匍ふ, 去らずに, 去ること, 啼きながら, 囲みはじめる頃合, 囲みもはや, 天が, 少し歩い, 少し西, 幾すじかの, 彷徨つてゐる, 待つ気, 愛しきって, 愛して, 捜せよと, 散歩した, 散策し, 旅し, 歩いた, 歩いたの, 歩いたり, 歩いた花, 歩いてから, 歩き廻る清水恒吉, 歩くこと, 歩みつつも, 歩むなりけり, 流るる川, 流れて, 湿して, 目ざして, 示されたり, 私が, 私は, 立ち去らなかった, 築山の, 肪ぎった後家婆さんと, 行き過ぎて, 行くと, 行く女共, 行く此あたり, 行薬すれ, 見やると, 見れば, 訪れた時, 貫かれ, 足早に, 通った時, 通りか, 通りかかると, 通る度, 通る時, 進みながら, 過ぎると, 過ぎ五月, 過ぎ深谷, 離さずさればとて, 離れずと, 離れて, 静かに, 領し占むる者, 驅け, 高等学校の, 黄金の

▼ ほとり~ (89, 5.3%)

4 出て 3 来て, 行って 2 いって, ゆく, 出る, 散歩に, 来た時, 築山の, 辰夫を, 通ひ詰め

1 [63件] いったらきっと, おうつり, お出ましに, お移りに, くると, こっそりと, その次, たどりつきました, でた, でよう, なぞ彼女, まいったところ, やってきました, よんで, 上って, 下りて, 出た, 出ました, 出ると, 参りまして, 参りますと, 参れ, 向かって, 坐りに, 小屋を, 引き返して, 持って, 揚げ船頭, 来かかりますせせらぎ, 来かかりますと, 来かかると, 来この, 来た, 来た時分, 植ゑて見, 歩み寄つて, 殺到し, 無意識に, 狩に, 着いたの, 立ち寄って, 立って, 老婆を, 行かせた, 行きて, 行きました, 行くとても, 行けば, 行ったかも, 行ったらしい, 超現実, 身を, 近寄っては, 逍遥に, 通つてゐる, 運ばれる, 運んで, 達しましたが, 降りて, 電話は, 駈けつけて, 駒を, 高札し

▼ ほとりには~ (51, 3.0%)

1 [51件] あの渡し守, いつも, かつて芭蕉庵, その大抵, その頃丁度八戒, それを, なんとかし, ぺんぺん草の, もうその, もう蕨, もう野菊, 一つの, 不思議な, 今博文館, 住まわない, 十八九ぐらいの, 古い弁天堂, 古びた水車, 喇叭吹く, 在, 多少の, 大きい椿, 実際に, 家中の, 小さい塾, 小さな社, 小太郎が, 小笹や, 年の, 幾つもの, 弁財天の, 敷石に, 既にどこ, 時ならない, 有馬温泉と, 枯蘆が, 柳の, 漁師が, 燈籠が, 生徒の, 白い処々黄, 秋草咲けり, 紫の, 舞ひめ, 草が, 菫が, 蒹葭が, 角材鐵材山の, 谷川の, 青々と, 馬絆が

▼ ほとりまで~ (34, 2.0%)

3 来ると 2 忍んで, 来て, 行って

1 [25件] きて, その若, 下る鼻, 出かけて, 参りました, 射しこむ, 彼は, 御足労願いたい, 来た, 来たとき, 来ましたが, 歩いて, 登って, 行ったか, 行つてその, 行つて見た, 見送って, 辿って, 近々と洩れ聞え, 送って, 逃げのびて, 通つた, 連れ出して, 進んで, 道といふ

▼ ほとりから~ (26, 1.5%)

1 [26件] だちょうの, でした, ひとりの, 一陣の, 二三分の, 何らかの連絡, 内山峠まで, 再び電話, 奈良朝時代の, 奥殿の, 少し左, 左門洞を, 斜めに, 昼うららな, 暗い話, 段々と, 深い樹木, 真直に, 突然笑う, 笹叢を, 老鶯, 血の, 退散し, 陽炎が, 離れて, 電話を

▼ ほとり~ (19, 1.1%)

1 [19件] いと静, いと靜, すっかり変った, その昔, ちと場所, はいって, 一時に, 吾いとけなき, 大へん不機嫌, 女の, 寒かった, 急に, 水も, 深い檜, 私と, 私に, 私の, 立ち憂き, 虚構で

▼ ほとりなる~ (12, 0.7%)

1 [12件] とある水荘, 今村の, 卓に, 妾宅にのみ, 宮田に, 曲亭馬琴の, 民族を, 水戸家の, 水車小舎に, 知人某氏の, 草庵に, 草庵の

▼ ほとり~ (11, 0.7%)

1 [11件] あるが, いうぐらいの, 会うところ, 共に送りたい, 別れて, 呼びましょう, 握手を, 私の, 私は, 落ぶれ果てた, 言ふ

▼ ほとり~ (10, 0.6%)

1 あるいは黄昏, そのずっと, また一, カンヌの, 森の, 森林の, 砂丘の, 郭内の, 野は, 鉛いろ

▼ ほとりにも~ (9, 0.5%)

2 それらしい 1 かたまりて, 中の, 同じよう, 名高い銀杏, 子供が, 山の手の, 露草車前草なぞと

▼ ほとり~ (8, 0.5%)

1 なつかしくなります, やって来たの, 一人での, 最もよい, 現今ほど, 神戸へ, 舞台に, 行って

▼ ほとりにて~ (8, 0.5%)

1 あざれあ, いずく, 丈高く, 対抗は, 手折れる一枝, 昔見し, 竹かごを, 見馴れざる二人

▼ ほとりより~ (8, 0.5%)

1 アテーネーわが, 呼ばれ來, 天に, 登り斗牛, 瞻仰として, 竹の, 起りて, 軍艦旗飜る

▼ ほとりとは~ (4, 0.2%)

1 まったくつながり, 口を, 毎日の, 私が

▼ ほとり~ (3, 0.2%)

1 それは, 何かで, 寺院の

▼ ほとり~ (3, 0.2%)

1 からね, という, と云つた

▼ ほとり~ (3, 0.2%)

1 これに, 塵一つ汚れ, 左衛門町の

▼ ほとりからの~ (2, 0.1%)

1 速達では, 連絡が

▼ ほとりからは~ (2, 0.1%)

1 何の, 川を

▼ ほとりである~ (2, 0.1%)

1 やうな, ような

▼ ほとりでは~ (2, 0.1%)

1 刃物を, 毎日の

▼ ほとりとの~ (2, 0.1%)

1 ある心, いきさつを

▼ ほとりなり~ (2, 0.1%)

1 けんなつかしき, 同じ神

▼ ほとりにおいて~ (2, 0.1%)

1 しばしば念仏, であった

▼ ほとりにでも~ (2, 0.1%)

1 いるかの, 柴の

▼ ほとりへの~ (2, 0.1%)

1 愛情と, 愛情は

▼ ほとりをぞ~ (2, 0.1%)

2 ゆく

▼ ほとりアカイア~ (2, 0.1%)

1 の, の中

▼ ほとり~ (2, 0.1%)

2 り着く

▼ ほとり垣根~ (2, 0.1%)

2 の隅

▼ ほとり夜叉王~ (2, 0.1%)

2 の住家

▼ ほとり小梅~ (2, 0.1%)

2 の里

▼ ほとり~ (2, 0.1%)

1 は今, を生み

▼ ほとり~ (2, 0.1%)

1 が来, も亦

▼ ほとり~ (2, 0.1%)

1 ひて, へり

▼ ほとり暑き~ (2, 0.1%)

2 日なかや

▼ ほとり沈丁~ (2, 0.1%)

2 の花

▼ ほとり百里~ (2, 0.1%)

1 に足らない, ほどは那

▼ ほとり近い~ (2, 0.1%)

1 ところに, 女に

▼ ほとり食用蛙~ (2, 0.1%)

2 を釣る

▼1* [166件]

ほとりいたるところで, ほとりいつしか落葉の, ほとりうら悲しき笛の, ほとりかも知れない, ほとりからも見えた, ほとりころがつて, ほとりさまよふ, ほとりて病む, ほとりしづけし, ほとりしんねこの幽か, ほとりそこになん, ほとりその墳墓の, ほとりだけを愛するの, ほとりだろうと思いました, ほとりつぶやくは, ほとりであろうか岸, ほとりでの旅を, ほとりでのみ相逢, ほとりというものは, ほとりとかいう熱田の, ほとりとに残って, ほとりのだ, ほとりなどに滾, ほとりならばまあ, ほとりなりける人取りて, ほとりにこそ原始集落を, ほとりにぞ居る, ほとりにつれゆけるに, ほとりにての感想, ほとりになづみて鳥養の, ほとりにのみ生命を, ほとりにやあるらん, ほとりにやはあらむ, ほとりにをりました大将株, ほとりのぶなにもたれ, ほとりはのみに出かけたらしく又, ほとりばかり歩いて, ほとりひっそり閑として, ほとりほのめきそむる歌の, ほとりまたは遠くの, ほとりもうすっかりす枯れた, ほとりよりぞ木曾川に, ほとりよりは爽かな, ほとりらしき声を, ほとりわれらに敗れん, ほとりをかへるに, ほとりをも徘徊し, ほとりアレース軍神に, ほとりサツと音, ほとりネスクーチヌィ公園の前, ほとりベアトリーチェの我等, ほとりポーその從者ら, ほとり一切の, ほとり丁と射て, ほとり不知の周域, ほとり亀井坊といふ, ほとり亂鬪湧き起る, ほとり二人になる, ほとりなき所, ほとり住みアビードス, ほとりをか額, ほとりかに蘇生, ほとり西丸御, ほとりもぼんやり, ほとり入間路の大家, ほとり逢ひがしらに, ほとり右脛を猛, ほとり団子坂の頂, ほとり土佐町に沢市, ほとり土塀などのある, ほとり地勢の錯綜, ほとり城下の南郊, ほとり城門の外, ほとり噛みて, ほとり士官水兵頻りに, ほとり數を, ほとり多くの難, ほとり大きな石の, ほとり大内の宮門, ほとり寒松院の並木, ほとり覚の, ほとり少し隔て, ほとりは春, ほとり山の根の巖, ほとり山上燃え上る, ほとり岐阜県では飛騨, ほとり崇山に庵室, ほとり川辺のだちょう, ほとり巨塔は破られ, ほとり平たき夏家河子の, ほとり平原のもなか, ほとり広々とした, ほとり広く青み渡った苔, ほとり後部艦橋の下, ほとり後陣に留り, ほとり手軽御, ほとり心づかざれば未だ, ほとり恥骨の下, ほとり戰鬪の, ほとり打ち當つる, ほとりうべく, ほとり数死にけり, ほとりるるを, ほとりなる草原, ほとり晩春の空, ほとり普く震動し, ほとり月光の斜, ほとり本所の回向院, ほとりき葉, ほとり朽ちかけた天守閣には, ほとりのあたり, ほとりのかげ, ほとり極めて幽遠なり, ほとりの際, ほとりるや, ほとり比翼塚權八小柴, ほとり江島さんの別荘, ほとりなく禍, ほとり湯氣立ちて, ほとりの縁, ほとり滑らかな芝生, ほとり然と, ほとり濱島武文や春枝夫人等, ほとり火事装束五人組の隠れ家, ほとり煙る雨に, ほとり狐退治にはもってこい, ほとり瑞西の夏, ほとり白いチューリップや, ほとり百姓の児ども, ほとり眼路のかぎり, ほとりをつみかさね, ほとり石屋の名残り, ほとり神聖の壇, ほとり空しくも殘, ほとり竹田が妓, ほとり笠森稲荷の境内, ほとり紋服に袴, ほとり脂肪を噛み, ほとり腹下に衝き入らす, ほとり膳所の松原, ほとり自分の家, ほとり古りし煉瓦, ほとり草土手の曼珠沙華, ほとり荒瀬を渉ら, ほとり菩提樹の蔭, ほとり虎渓橋の袂, ほとり虎溪橋の袂, ほとり行人の声, ほとり西洋人ばかりしか泊, ほとりひ來, ほとり貧しい部落に, ほとり足速き, ほとり軒端に富士, ほとり軫橋寄りの, ほとり近く泉あり, ほとり迫平の松, ほとり漸くたかし, ほとり門口の廂, ほとり隅田の堤, ほとり白くつて歌, ほとり韮崎の宿, ほとり頸垂れ愁ひしづめば, ほとり願はくは黄塵, ほとり風情をつくした, ほとり馳せ向ひ, ほとり啼き魚