青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ふこ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ぴったり~ ~ふ ふ~ ~ふい ふい~ ~ふう ふう~ ふか~ ふく~ ~ふこ
ふこ~
ふしぎ~ ふた~ ふたたび~ ~ふたり ふたり~ ふだん~ ふつ~ ~ふと ふと~ ~ふところ

「ふこ~」 2652, 27ppm, 4241位

▼ ふことは~ (1192, 44.9%)

45 出來 17 ない, 出来ない 14 出来なかつた 7 できない, 非常に 6 ないの 5 ないと, 教へ, 明かに, 是は

4 [11件] ありません, ないよ, なか, なかつた, 何人も, 出来ないの, 出来る, 察せられる, 明らかである, 時たま世の中, 當然の

3 [18件] それは, ないだらう, ないで, 一々變, 不可能である, 出来ないが, 出来ぬ, 可なり, 多し思ふ, 大體, 如何に, 少くとも, 彼の, 必しも, 日本の, 知つてゐる, 私の, 誰でも

2 [57件] あらじ, ありませぬ, ありませんか, あるまいと, いくら考へ, これより, できません, どんな無理, ないか, わたくしに, 三十八年即ち, 不思議な, 之を, 亂暴だ, 人間の, 他の, 何うし, 何でも, 何と, 何と云, 何も, 充分に, 先輩に, 出来ても, 出来ないと, 出来まい, 出来ません, 勿論一つ, 取りも, 各國家民族, 困難である, 固より, 好く解りました, 妻の, 定まつ, 實に, 幾分か, 心の, 或る, 支那の, 支那人の, 昔の, 是れ, 是れで, 正當, 無かつ, 直ぐに, 相手の, 私には, 私は, 絶對に, 考へられない, 自分の, 遠慮しなけれ, 釋迦三尊においても, 重要で, 餘り

1 [847件 抜粋] あつて, あまりしなかつた, あまりに無知, あらざらむ, ありがち, ありは, ありませぬ次第, ありませんよ, あり得る筈, ある, あるまいね, あるもの, ある事, あんまり同情, いかになん, いけないこと, いらない, うかと云, うれしい, おろか毎週一度といふ, お分り, きいて, きかない自分, げらげら笑, このあ, この事件, この作者, この場合, この珍, これは, これらの, さう, さかいの, さつき云つたぢや, しないと, すぐに, すべて苦痛で, そこに, そのとたん, その人, その儀礼, その制作品, その地位, その本質, そもそも不遜, それが, それだけで, それ丈け, そんなに人間, そんなのぢ, たかし君に, たか子の, ちやんと, つまり佛教, つまり君, てんであて, できないか, できないで, できないと, できない天妙大神, できなかつた, できぬとしても, できませんでした, できるしかし, できるであらう, とても出, とても口, とにかくこれから空漠, どういふ, どうも人間, ないさ, ないぞよ, ないな, ないや, ないやつ, ない後, ない放下着, ない斯樣, ない棄て, ない谷中村, なかつたが, なかつたと, なくて, なく時として, なし今日, ならぬが, ねえから, ねえや, ねえ此處, はつきりと, はつきりは, はつきり罪を, まことにヌケヌケ, まちまちで分らない, みんな正しい, むしろ表現, むづかしいやうです, めいめいが, もちろんであります, もとより出来なかつた, やがて分らなく, やつと, やはり一つ, やはり書き, ゆとりの, よくわかる, よく解, よく解つて, わからなかつた, わたくしの, わたくしは, われわれの, コツプに, コペルニクス以後に, ドンな, ハキハキし, ピタリと, フアンダンゴや, フロオベルや, 一々ブチこ, 一々尤, 一々疳, 一々調子ツ外れ, 一つの, 一と, 一切耳に, 一向き, 一家の, 一年あまりも, 一方の, 一時其筋の, 一種の, 七出の, 下に, 不可能だつた, 不可能な, 不当であります, 不明である, 不能で, 不遇作家としての, 丸切り夫人の, 主に, 之は, 了然, 予期し, 事實上行はれ, 事情の, 二人共, 二句位に, 云はれないだらう, 人と, 人の, 人間本来の, 今に, 今の, 今宿の, 今日から, 今日と, 今日世に, 今日何れの, 今日顧み, 伝説の, 何うもう, 何が, 何だか少し可笑しい, 何にも, 何の, 何んで, 何等の, 何等道徳, 余りなかつた, 余りに寂しい, 余りに贅沢, 余程親密, 作りごとめく, 作品では, 保證が, 信ぜられぬと, 信仰によ, 信用が, 俺の, 傳説が, 僕に, 僕の, 先づこ, 先づない今日の, 先づ絶対に, 免が, 兎も, 全に対する, 六ヶ敷い, 其を, 其時日本に, 内臓諸, 凹巷が, 出来た, 出来たの, 出来ないとしても, 出来ないとは, 出来なかった, 出来にくい, 出来ま, 出来ませんけれども, 出来やしない, 出来るけれど, 出来るだから, 出来るわけ, 分つたる, 分らない, 初めから, 別つて, 別問題, 到底信ぜられない, 到底望まれぬ, 前に, 前後取りち, 割に, 勿論承知, 勿論甚だ愉快, 半分も, 印度に, 印度人に, 即ち自, 却つて余計な, 却て, 又弖爾乎波, 古來一定, 古典に, 古典文学の, 只それ, 史記や, 各自自己を, 同氏には, 向ふ, 否定されない, 周代から, 周次には, 周知の, 唯に, 唯奴隷, 單に, 嘗てなかつた, 国語の, 坪井博士も, 垂木は, 堪へられません, 外面を, 多々ある, 夢だ, 夢にも見なかつた, 大きいから, 大きな仕掛, 大変いけない, 大方御, 大概理解し, 大槻文彦さんが, 天神の, 女性としての, 好きな, 如何にも大袈裟, 如何にも忍び, 如何ほど, 妻とは, 嫌だ, 子から, 学問的意識の, 學者に, 學者の, 宋人に, 宜しくない, 実にあはれ, 実は一度, 実際自分, 客氣に, 家中で, 家族にとっては, 容易な, 容易に, 實際難かしい, 寧ろ日本, 寧ろ財界, 對外的に, 少くなつた, 少しも, 少し淺, 少し駄々, 少とも, 尚且つ, 尤もだ, 屡々である, 左まで, 己は, 常識の, 平山の, 幸に, 廣太郎にと, 弟も, 当時の, 彼が, 彼れ, 彼女の, 後にも, 後来私の, 御免を, 必ずしも暗い, 必ずや彼書牘, 必要であり, 忘れたやう, 忘れなかつた忘れられないの, 忘れません, 思ひ浮びます, 性来好まない, 恐しい, 恥かね, 悪いこと, 惡い, 想ふこ, 意識し, 我々の, 我の, 我我の, 或は事実, 或神, 支那風の, 敵味方の, 文語にな, 断じてない, 斷言し, 既に述べた, 日常の, 日本人以上である, 早く元, 早や, 早計たるを, 明かでありますが, 明かで古, 明である, 明らかには, 明治廿四年十二月本員等の, 明白である, 易か, 昔から, 昨日や, 普通です, 最初から, 服従を, 本家の, 本当に懐かしい, 本當, 本草別録に, 札幌に, 板の, 柱に, 格別驚く, 案外に, 棠園さんに, 極めて当然の, 止して, 止み申すべく候, 此が, 此外に, 此度の, 此詩の, 殆どない, 殆どなく, 殆ど之, 殆ん, 殘つて居りませぬ, 段々容易, 母親に, 気に, 気持の, 決してその, 決して天来, 決して悪い, 決して無い, 決定, 治外法權を, 法律に, 滅多に, 漢時代から, 無いから, 無いの, 無いわけ, 無いん, 無い大, 無い男, 無論な, 然し何, 犬と, 猶出, 獨り, 珍らしい, 珍らしくありません, 現在行れ, 理窟だ, 甚だ危険, 甚だ宜しい, 甚だ疑問, 生涯駄目かと, 申されて, 男を, 略筋にも, 疑は, 疑ひが, 疑ひを, 百姓は, 皆さんの, 皆樣御承知の, 相變ら, 眞に, 眞實です, 真理だ, 眼科醫的な, 矢張り近年の, 知れる, 確に, 確められた, 社會問題として, 神話に, 神道の, 私たちが, 私に, 稍, 稍無理に, 窃かに, 競争の, 第一, 紀元前四五百年の, 素より爲, 結婚が, 結局苦しめ, 絶無と, 經書にも, 義雄に, 考へても, 考へられないが, 考へられないこと, 考へられる筈, 耳に, 聖代の, 聞かない, 能く分らない, 自ら子孫を, 自分に, 自由である, 舅姑なる, 舞踊家自ら源を, 良寛を, 芸能人に, 芸道に, 蒲団の, 薄々聞い, 薩張りわからねえ, 蘭軒等が, 被告が, 西洋の, 親に, 親子御免です, 言へ, 訊いて, 許されない, 証明せられぬ, 評価の, 認めざるを, 誠に水臭い, 誠に非常, 説明した, 誰が, 誰でもが, 誰も, 諸君どう, 諾か, 謠つてゐる, 谷本博士が, 貞操が, 買ふ, 賤しく, 軈て密教興隆, 近代の, 通じないらしい, 逢うたので, 進化の, 遅れたり, 避け難い, 重んじないこと, 鎌倉時代から, 長い一生, 間違つては, 陛下の, 霞亭の, 非常な, 頗る困難, 頭の, 願書に, 飽迄も, 首を, 駄目であります, 驚くばかり, 驚くべき神

▼ ふこ~ (596, 22.5%)

39 によつて 33 勿れ 26 なかれ 19 なしに 18 能は 15 さへ 10 あり, なし 8 能はず 7 なく 6 あらば, ぢや 3 あらむ, ありて, あれば, なかりき, なれば, 稀に, 聽か

2 [36件] あらじ, あるべく時として, さう, そのこと, でさ, ないよ, なからん, なきを, なくそれ, なくば, なく博, なければ, なぞは, なぞを, につきては, はねびてきこゆれ女童, まことに天晴れ, また大きな, 丈け, 丈けは, 世の中には, 互ひ, 人間の, 位は, 例多し, 先の, 半日なら, 夥しい, 孫の, 暗い宿命, 為すこと, 無くて, 無けむ, 能はずし, 莫れ, 限りなし

1 [306件] あない, あねえ, あらざりき, あらむも, あらんも, ありき, ありけるに, ありしに, ありても, ありと, ありとも, あるべきを, いと切, お前が, がちやん, が解つて居る, が解つて貰ひ, が解つて頂け, きいて, きけて, きけない, これが, これは, さへも, さまで, すること, そしてこの, そして病人, そのものが, それが, それは, ただそれきり, だすがな, ぢゃ, つまりみ, つまり文壇, つまり現実, でないとも, ときたら素敵, どう脅喝, ないみたい, なき人人, なき珍妙さ, なくか, なくして, なくた, なくたちまち, なくて, なくなすべ, なくもつ, なく且つ, なく之, なく何ん, なく多く, なく従つて, なく循環, なく徹底的, なく憚, なく投げ棄て, なく新しい元, なく有, なく枯木, なく母君, なく法律上罪, なく清く正しく釣技, なく爲, なく白根温泉, なく紀州, なく而, なく自分, なく萱, なく通過, なく遺蹟, なしには, なしにを, なし凡て世, なし吾人, なし物言, なし視よイスラエル, なし鬼神, なすこと, なぞ判り切つ, なぞ少, なぞ本気, なほ神, ならん, なり世, なり味ふよ, なんかに, なんか当て, なんか聞かう, なんか聴かない, なんか聽, なんか間抜け, なんだ, にせられては, はござりませぬから, はた, はためざましく, はめつたに, はやり度, ふさはず, まことに罪深き, またいと, また精神, もどつかへ, よろしくあり, わかつて, ア聽くもんだ, オウィディウスの, 一々成っとらん, 一句忽に, 一度二度, 一日十度に, 一日多けれ, 一種の, 丁度一年半程, 七巻半鱗甲風に, 万事にわたりて, 丈けを, 丈です, 三たび三公は, 三度, 且た, 並に, 並びにお, 之は, 也, 二三度なる, 云ひぬ, 五椀の, 人たる者の, 人に, 人の, 今の, 今一つは, 他の, 以上に, 以外に, 位かんた, 位であった, 位ひ, 何ぞ甚しき, 何年とも, 何故か村長, 余りに云甲斐, 例の, 例へば何処, 便なり, 信仰し, 借金したき, 傍に, 働くこと, 僧侶の, 全く呆れるべし, 其方知らぬ, 具体的に, 再三なり, 出來, 切なりけれ, 勿らんことを, 勿れで, 十年海岸防禦事務取扱後の, 原因と, 及び支那, 取り出した金銭米穀, 句を, 同志の, 君を, 嘘だ, 四に, 四度目である, 圖の, 埒を, 変らず独逸, 多きに, 多けれども, 大なる, 大方は, 如是なり, 実に本意, 容易なれ, 少かりき, 少しく遅けれ, 少しく遅し, 己が, 希代の, 常なり, 常に常識外, 幾たび此の, 幾度, 度重なりて, 弟子の, 強く是日山巓兩中, 影の, 彼の, 後取, 得べからず, 御痛, 応へ, 恰もしづか, 恰も太陽, 恰も海賊, 愈, 愈多く, 愛山生の, 應へ, 我に, 我の, 我れ, 我等より, 或は信仰, 承諾さる, 抔は, 数で, 斯くまで, 斯の, 明日の, 昔の, 昔年に, 時に厚し, 更にも, 更に一夕, 根律儀感覺を, 楢の, 歌の, 正しいと, 正しい古文書, 正義の, 此に, 武士の, 汽車ごつ, 流るるが, 海岸が, 漸く切, 漸っと, 濕れ, 無からん, 無きを, 無くば, 無く只, 無けれども, 無し, 無しと, 爲すこ, 特に深き, 猶ほ, 珍しからず, 甚かり, 甚しかりし, 甚しく, 生活を, 目の, 相分らず, 研究的な, 祈りの, 神に, 私かに, 私が, 稀なり, 稀なりき, 稀なれ, 種々しるし, 第二, 等が, 絶てなかりき, 聞いて, 聞かないから, 聞くの, 聴かなけれや, 聴きたくない, 聽いたつ, 聽いと, 聽かな, 聽かなけ, 肯きよらん, 能はずと, 能はず候, 能はず吾は, 能はず曾て, 能はず涙先づ下る, 能はず目は, 能はず而し, 能はず脚は, 能はず體動く, 自体作者の, 自己の, 自身が, 自身不愉快な, 苦しむこと, 莫逆の, 萱野の, 蓮葉の, 蘭軒が, 行ふこ, 見當らざる, 言は, 許り考へ, 誰が, 陋巷に, 隙間なく, 難し家, 預るつもり, 頻なり, 頻りにな, 驚くべし

▼ ふことも~ (434, 16.4%)

25 出來 13 あつた 10 ある 8 出来る 5 あるが 3 ありました, しなかつた, 出来ない, 出来なかつた, 忘れて

2 [23件] あるでせう, あるの, あるもの, あれば, さう, しどろもどろです, できその, ないが, ないです, ないと, なかつたが, なし, わかるやう, 亦この, 出来ないやう, 出来よう, 出来るけれども, 多かつ, 畢竟は, 私には, 考へられぬこと, 聞いて, 聞かないで

1 [312件] あの問題, あらう, あらうが, あらん, あらんあはれ今一度寄手, あらん云々, あり, ありつれ遭難, ありは, ありますがね, ありますけれど, ありませう, ありませうから, ありリヴィングストーン自身, あり社務所, あるぐらゐで, あるけれども, あるさかいな, あるし, あるだらうか, あるには, あるべきにか, あるまい, あるめ, あるら, ある位, ある偶然, ある程度できる, ある筈, いたしませんが, いろ, うみはて, おなじで, おほ, きかない, きかへんでおまけ, この理由, これで, これ亦, ございますけれども, ございませんけども, さまでの, しどろもどろと, しどろもどろに, しない外人, すこしだまつて, すること, せずに, せず加, せず面白, できず師匠, できたの, できできなければ, できないだけ, できないで, できなかつた, できる, できるであらう, できるといふ, できるわけ, でき食べたあと, ない, ないきびしい冷酷さ, ないくら, ないし, ないの, ないので, ないのに, ない三味線, ない彼, ない料理, ない若い女, なうし, なか, なかつた, なかつたし, なかつたで, なかつたの, なからう, なく, なくこの, なくすぐわかればなしになつてしまつて, なくその, なくただ, なくなつた, なく事件, なく伊藤, なく作り, なく別れた, なく尊敬, なく店, なく度々, なく彼, なく改札, なく歸, なく看護婦, なく私, なく絶えず, なく自然, なく親しい人, なく風呂, なければ, なしに, なし変, なし聞く, ならじ, ならなかつたの, ならねば, なりません, はつきり聞える, また忘, ままある, やはり通用, よく行き, わからぬでは, われらの, キチンと, 一つだ, 一つとして, 一つは, 一法である, 一笑に, 三行ばかり, 三輪の, 不可能で, 云つてました, 云つて置い, 云ひます, 亦将来, 亦想像, 亦我等, 人々は, 人に, 今は, 他に, 他の, 何故だ, 信じられる, 偶然では, 僕は, 充分信じ得べき, 先づ一考を, 免れず又, 出来さうな, 出来ずきたない, 出来ずひとり, 出来ず客, 出来た, 出来ないかと, 出来ないこと, 出来ないので, 出来ないらしかつ, 出来ない光景, 出来ない甥, 出来なかつたあゝ, 出来なかつたが, 出来なくなるの, 出来ぬ, 出来ぬが, 出来ます, 出来ません, 出来るが, 出来るし, 出来るの, 出来るほど, 出来れば, 分つた, 分らない奴, 分るの, 分る筈, 別段不義理, 到底適確, 刻下の, 助けて, 勝手である, 勿論幾分, 勿論度々ある, 厭は, 又は龜の甲, 又柳湾, 只ねむし, 叶はず涙に, 同時に思ひ浮ぶ, 同書に, 同樣, 唯それ, 唱へ, 四百名の, 図書館へ, 土師部が, 多い, 多かりしか, 多かるべけれ, 大きな間違い, 大事なら, 失つ, 孔教を, 孝次郎は, 容易であり, 實は, 少い朝鮮人, 少からざるならん, 少くなかつた, 少くなり, 尤もだ, 尤もな, 度々お, 後世には, 御座います, 御座いますの, 必しも, 必要と, 忘るべからざる, 忘れなかつた, 忘れ光, 怒ること, 思ふ長者, 悲しくベツド, 慎しまれる, 憤ること, 我は, 或る, 拜見した, 拵へ, 推知し, 敢て, 斷は, 日課と, 明らかに, 更に大事, 書いて, 書くこと, 會得し, 有つた, 有らうから, 有りました, 有り得ないの, 有るべく相方一, 本当に経済上, 本能的に, 枕言葉や, 極つて, 極めて少なく, 極端かも, 歌つ, 殺すこと, 泣くこと, 泣く事, 漸次明瞭, 為ず顔, 無いといふ, 無い様子, 無く僕等, 無視する, 無論はじめての, 用語の, 痴人の, 皆んな法螺だ, 盲目的な, 知つて居た, 知らなければ, 知らるるの, 知りませんでした, 知り始めた, 神の, 私の, 稀なりき, 稀に, 稀有でない, 稀有な, 程度に, 約束だ, 素より大切, 絶えて, 考へないで, 考へられる, 考へられるで, 考へられるのに, 耳へ, 聞いたこと, 聞かずに, 聴かなければ, 聽くものだ, 肝要な, 能く, 自から, 自分銘々の, 舞ふこ, 芸術である, 苦痛の, 行詰つたやう, 解りませうが, 言はれ, 言はれる, 言へる, 言へん, 訊かないで, 訊きたかつたが, 許されない寿枝, 認めて, 認められませうと, 誰れ, 誰を, 貧しい彼, 適は, 酔うた, 酔ふらしい, 重要な, 鎭める, 閲して, 隨分議論が, 音盤協会の

▼ ふことの~ (135, 5.1%)

13 出來ない 4 出來ぬ, 出來る 2 うちには, 出來た, 出來なかつた, 容易でない, 少きは, 方に, 際限も

1 [100件] あつた, ありさうな, いかばかり我, おもふこ, おろそかに, お責め, ために, なかつたの, なし, 一, 一々を, 不利なる, 不可なる, 不幸, 不幸を, 不当から, 不満の, 久しい事, 乏しい人民, 了つたなら, 他は, 代りに, 六つかし, 六づかしい, 出來ない汚, 出来なかつたもの, 切実なる, 到底不可能, 刻薄ならざるべき, 厚きは, 反省力, 味ひ, 困難である, 外に, 外には, 外何の, 外被告の, 多きに, 多ければ, 多大なる, 夜を, 大好きな, 好し, 如何に, 嫌さ, 嫌ひな平次は, 存在を, 定義を, 容易げなる, 容易に, 後です, 心配から, 必要上此処に, 快樂, 思はれない啓蒙期, 恐こさ夢, 恨めしくも, 恨めしや, 意味に, 意味を, 愚さに, 手軽に, 推定に, 方が, 日数へ, 極めて鄭重, 注意を, 浅い彼等, 源因である, 濫觴とも, 無きは, 無根據な, 無益なり, 無禮げ, 生きること, 甲斐な, 目的も, 眞なる, 眞似, 眞意義を, 真実を, 真意義, 真摯さを, 眼の, 研究が, 確信を, 素朴な, 絶えざる證明, 美しさ, 興味の, 苛酷なる, 行為は, 論據にな, 謹めるは, 證據である, 趣味に, 違ひ, 難きを, 難き到底, 頻なるが

▼ ふことに~ (53, 2.0%)

12 した 5 して, なつた 2 したの, しよう, しようよ, なる, なるの

1 [21件] いたしませう, したが, したに, したり, しようぢ, し或, する, なつて, なり, なりました, なるだらう, 失敗した, 定められその, 心を, 感動し, 懸命に, 極めてゐる, 習慣的な, 致さうと, 類するであらう, 馴れて

▼ ふことだけは~ (15, 0.6%)

1 [15件] ある, おしげに, しなかつた, なるべく之, 伯母も, 充分に, 分かつて, 憚らない, 故人に, 止めなかつた, 決して忘れ, 確かである, 確かめました, 見せて, 訣る

▼ ふことなど~ (15, 0.6%)

2 相手に

1 [13件] あって, あるわけ, その光景, どうでも, みんな意思の, 一向に平気, 何時もより, 到底出, 役者とも, 断片的に, 斷片的に, 聽かん, 話すが

▼ ふことだけ~ (14, 0.5%)

2 である

1 [12件] だ, だつた, だつて, で, で勢一杯, で赧, なの, 書いて, 母に, 気がついて, 聞くと, 讀者の

▼ ふことなどは~ (12, 0.5%)

2 耳にも 1 あつた, カラ無造作で, 取り合, 實際に, 市中の, 念頭に, 思ひも, 當てに, 當てにも, 當に

▼ ふことや~ (12, 0.5%)

2 こ, 彼の 1 お悔み状, また, タンポの, 凶も, 散歩する, 最も愚, 爲る, 田舎に

▼ ふこ~ (11, 0.4%)

3 は照り立たせ 21 はと待ち, はわが, は帰らう, は明るい, は筆, をかしけれ

▼ ふことなどを~ (10, 0.4%)

2 思ひ合して 1 お聴き遊ばす, 信じられやしない, 思ひ合, 眞に, 耳にも, 聽き入れ, 話した, 話した上

▼ ふこころ~ (9, 0.3%)

1 えもの, えを, のかよ, はおの, はさやぐ葦鴨, は方, は聖法, を堪へ, 説き伏せ度

▼ ふことすら~ (8, 0.3%)

1 あつた, しなかつた, ないの, 出來, 出来ない位, 厭な思ひ, 困難な, 知らないの

▼ ふことだけを~ (8, 0.3%)

2 聞いて 1 思つてゐます, 拠りどころ, 注意されました, 申上げ, 考へて, 言ひ

▼ ふことある~ (7, 0.3%)

2 を見 1 ぢや, なり, に至る, は此風習, を怒る

▼ ふことなんか~ (7, 0.3%)

2 当てに 1 あるもの, てんで耳, 取りあげないの, 田村の, 聴いて

▼ ふことばかりを~ (7, 0.3%)

4 考へた 1 望むで, 続けて, 追求し

▼ ふことでも~ (6, 0.2%)

1 ありますまいが, お前の, すぐ反抗, なかつた, なかつたし, 書いて

▼ ふことなんぞ~ (5, 0.2%)

1 あるもん, マに, 信用できん, 真に受け, 考へたこと

▼ ふことなんて~ (5, 0.2%)

1 ありや, ほんとうに, 在る筈, 気に, 諾き

▼ ふことにな~ (5, 0.2%)

1 つたのである, つた話を, つてし, つてそれから, つて居ります

▼ ふことこそ~ (4, 0.2%)

1 仕事らしい, 國語調査會と, 國語調査會などで, 芸術修業に

▼ ふこ~ (4, 0.2%)

1 がします, が聞こえた, を古賀, 澄みぬる際

▼ ふことか~ (3, 0.1%)

1 それが, 裏と, 近頃は

▼ ふことかと~ (3, 0.1%)

2 云ふと 1 頓着も

▼ ふことだけが~ (3, 0.1%)

1 務な, 教師の, 書かれて

▼ ふことな~ (3, 0.1%)

1 からむと, かりしとぞ, かりし也

▼ ふことなんぞは~ (3, 0.1%)

1 容易だ, 此食堂は, 聴かない人

▼ ふことにも~ (3, 0.1%)

1 あつた, 名を, 馴れて

▼ ふことまで~ (3, 0.1%)

1 すつかり定め, 丁寧に, 主人には

▼ ふことしか~ (2, 0.1%)

1 できなかつた, 出来ないくせ

▼ ふことだけでも~ (2, 0.1%)

1 たいへんな, どんなに困難

▼ ふことだに~ (2, 0.1%)

1 あらずば, ならざる静まるを

▼ ふことと~ (2, 0.1%)

1 した, したい

▼ ふことど~ (2, 0.1%)

2 もが流れる

▼ ふことなどが~ (2, 0.1%)

1 分らないの, 皆の

▼ ふことなどには~ (2, 0.1%)

2 耳も

▼ ふことのみ~ (2, 0.1%)

1 である, 学びと

▼ ふことばかし~ (2, 0.1%)

1 云つてゐる, 聞くもんぢ

▼ ふことばかり~ (2, 0.1%)

1 で, 覚えて

▼ ふことまれ~ (2, 0.1%)

1 なる法, に聲

▼1* [35件]

ふこ水の, ふこそうれしかりけれ, ふこそこひしけれ, ふこての上に, ふこといはざらむ, ふことかは君の, ふこときかない, ふことさそんなに光, ふことさえ本人の, ふことぞ待たるるよ, ふことだになかりしは, ふことともなつたら, ふことながら萎れて, ふことなどに憤慨し, ふことなどの問題は, ふことにすら尚かぎり, ふことについて非常に, ふことにでもなれば, ふことには飽きて, ふことのなからむ, ふことのみに余り骨を, ふことはねえと澄まして, ふことはねエ存分に, ふことはをかしいと, ふことばかりも信ぜられませんから, ふことほど重大問題は, ふこともあれど跡, ふこともなみだに浮ぶ, ふことやら朝から, ふこと迄知つていらつ, ふこほり千代をうる, ふこゑのひびき來ここに, ふこゑのひびき来ここに, ふこゑはまかる人らし門, ふこツちや無いてな