青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ふう~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

び~ びく~ ~びっくり びっくり~ ぴったり~ ~ふ ふ~ ~ふい ふい~ ~ふう
ふう~
ふか~ ふく~ ~ふこ ふこ~ ふしぎ~ ふた~ ふたたび~ ~ふたり ふたり~ ふだん~

「ふう~」 6640, 69ppm, 1649位

▼ ふう~ (3104, 46.7%)

390 して 69 なって 51 考えて 25 言って 18 見えた 15 書いて 12 思って 10 それを, なるの 9 いって, 彼は, 私は 8 すれば, やって 7 見える 6 いった, いつまでも, である, なつて, 手を, 考えた, 考えられて 5 いろいろな, お考え, みえた, 感じて, 眼を, 自分を, 見えるの, 解釈した, 話して

4 [20件] したの, するもの, つぶやく, できて, クリストフは, 人を, 出て, 変って, 変わって, 川だ, 思うこと, 思うの, 書かれて, 源氏は, 考えられる, 考えるよう, 自分の, 解釈し, 身を, 身体を

3 [31件] あとから, いったの, おなりに, お書き, してか, するの, それぞれの, もう何, やつして, やること, 云って, 人間の, 力を, 口を, 彼らは, 彼女が, 思われて, 愛して, 我々の, 暮らして, 気を, 目を, 私を, 考える, 肩を, 見えたが, 言った, 言われると, 話した, 進んで, 頭を

2 [149件] あなたの, いいの, いいました, いう, いうの, いえば, いちいち代入法, いったもの, いろ, いろいろと, いろいろの, うなずいて, おっしゃられると, おろされるかという, かれの, きめて, さらさらと, されて, したもの, したらいい, したらよい, しなければ, しばらくひ, しようと, する, するんだい, そっぽを, たずねた, だいたいの, だまって, とって, なった, なったの, なります, なり伸ばすと, なると, なるよ, なるん, みて, もって, ものを, やったの, やるの, わたしは, 一人の, 世間の, 両手を, 二人の, 云った, 人に, 仕事を, 作って, 作らなければ, 先生の, 処分し, 出来て, 切り出した, 切字が, 別々に, 削ったの, 印象された, 取り扱われて, 取扱われて, 呟く, 唇を, 唾を, 困って, 声を, 変化した, 女の, 寝て, 寝床の, 彼が, 彼の, 彼女の, 心の, 思いながら, 思った, 思ったが, 思ったこと, 思つ, 思われた, 恋を, 恋人の, 息を, 悲歎に, 感じられた, 書けば, 机の, 横に, 横の, 死んで, 波除けを, 消えて, 源氏が, 源氏の, 爆発する, 現われて, 理解する, 生きて, 登校を, 皆から, 砂っ, 私が, 私たちを, 私の, 穏やかな, 答えた, 答えました, 紛らして, 考えては, 考えまして, 考えられたし, 考えること, 考えると, 考えるところ, 考えるの, 考えを, 考へた, 考へて, 聞いて, 胸を, 腰を, 自分が, 苦しいの, 行って, 見えたこと, 見えたの, 見えました, 見えるかも, 見せて, 見て, 言いますと, 言うの, 言うもの, 言えば, 言葉の, 話を, 説いて, 説明し, 説明する, 返事を, 造った者, 隣人どもへ, 響くの, 頭から, 顔を, 馬の, 魂を

1 [1896件 抜粋] あおむけに, あそばしながら, あなたは, あの韻, あらゆる見当違い, あれや, いいはるの, いいわけ, いかにも自然, いくらかあぶな, いったり, いってるの, いつ来る, いろはの, うなずく, うまく取りはからおう, おこわし, おだてあげられたので, おっしゃるよう, おまえが, およろしい, お勧め, お憎み, お暮し, お浜, お見え, お話しに, お違い, かかえたら痛く, かっていう, からむん, かんがえつづけて, かんねんの, きめては, ぎくしゃくした, くり返されこね回され配合, こそこそ料理道具, この勢い, この新聞, これへ, こんどは, こんなふう, ごまかして, されたら窮屈, しかも言外, した, したいとか, したのよ, しちゃ, しぼが, しんみりと, すぐ慎み, すっかり私, すべて善意に, するに, ずばりずばりと, せきを, そうお, そのつもり, その他の, その方向, その目あき, その説, そまったころ, それっきりひとことも, それ相当な, たずねました, ただ機械的, たのんでも, たんと馬鹿, だまされて, だんだんすえる, だんだん遠方, ちよつと, つかうだろうと, つきながら, つごうの, つづめて, つぶやいた, できあがって, できると, では, とくの, ともするとあたし, どういう階級, どこに, どの人へも, なかなか組織的, なさって, なされるもの, なだめ乞うたの, なったので, なっちまうの, なってるか, なにまさかそれほど, ならにや, なりきってるある, なりました, なりまして, なりますが, なるであろうと, なるらしい予感, なれなれしくする, ぬすみ得た時間, のそのそ歩き廻らなけれ, はかながっ, はじめた, はた目には, ひきあわしたもの, ひるも夜, ふと昔, ふるまわなければ, ほとんど毎晩八百八町, ぽつりぽつりと, また半蔵ら, まるでおとなしかっ, みえたので, みせかけましたり, みんなは, めぐらせて, もじもじし, もとりました, やっつけたもの, やらなければ, やるかと, やるもの, よく殺気立った, わざとらしくほほえん, わらって, アンリ親分は, ガラス管の, クラムに, ジーッと, セーラーたちに, トリックだけを, パンを, ヘラヘラと, マリユスを, 一々みんな, 一ぴきずつ, 一婦人の, 一方へ, 一日呶鳴っ, 一瞬の, 一角が, 三人の, 下りるの, 不審を, 不揃いで, 世間から, 世間体を, 中を, 中途半端中途半端が, 乗って, 事件を, 二三度こっくり, 二軒くらいは, 云い私, 云はれた, 人が, 人は, 人物の, 人生を, 人類の, 今までの, 仕かけられたん, 仕向けて, 他人が, 仮面を, 仲が, 伝えられて, 体裁を, 何かを, 余裕の, 作られて, 作者はくふうし, 使うかを, 使用に, 信じないわけ, 俺に, 僕ら三人に, 先き, 全人民, 兼光は, 写って, 処分する, 出かけて, 出られると, 分類する, 切り離しては, 判断した, 刺戟を, 剣の, 力の, 動いて, 動きの, 勘の, 化けて, 区別され, 半分ずつ, 半蔵らは, 卜斎も, 友人から, 収容し, 取り扱う場合, 取り扱われたかを, 取れました, 受けとらぬとも, 受取つ, 口まで, 古賀には, 召上ります, 司教に, 名刺を, 向き直って, 呆れたよう, 呼び慣わしては, 命令を, 啖呵を, 噂も, 国際的に, 地上の, 場所に, 変だ, 夏の, 外側地震帯及び, 多少要心, 大きい声, 大仰に, 大将が, 大淵その, 天然の, 夫人は, 女に, 女御を, 好意を, 始めた, 姿を, 婀娜っぽい空想的, 嫁さんは, 子供を, 学者たちが, 安土城へ, 宗旨変え, 家じゅうの, 寂しい道, 寧子の, 寿司屋は, 尋ねる声, 小湊の, 少くとも, 少し気, 尼に, 山の, 岡の, 巡行寄食し, 巳之助は, 平安朝時代から, 平衡を, 床を, 建てられた小屋, 引き止められること, 強大な, 弾いて, 彼女に, 後見送っ, 御覧に, 微笑し, 心得て, 思いがけなく話しかけられ, 思いも, 思ったの, 思ひ思ひの, 思わせた, 思われてはという, 思われるわ, 急いで, 恋愛については, 息まいて, 悪口雑言する, 悲しんでばかり, 意見が, 感じさせるん, 感じられて, 感ぜられたそう, 憂欝な, 成り行くもの, 成長し, 截然と, 所によって, 手は, 手紙などでは, 扱うかと, 扱ったろう, 折れ曲がって, 押し太く, 拘束してる, 持って, 指導し, 振舞うの, 探しも, 描かれて, 握りながら, 教えこむこと, 教え始めた, 敵の, 料理してやろう, 断定を, 方向まで, 旋律的な, 日向よりも, 早合點, 昔は, 春山その, 時々泣き入っ, 時も, 晴やかで, 曲げるん, 書かれたかは, 書きつけて, 書きますと, 書く気, 有名な, 末摘花は, 村, 来るん, 果物は, 楽しいこと, 横たわって, 歌って, 歎き, 正面から, 歩きまわって, 歴代お, 死にたいもの, 死んだ者, 殺るつもり, 毎晩つづけ, 気の, 気楽に, 決めるもの, 泣いて, 注意した, 海老団治は, 涸ききらない, 深くうなずい, 清算なさいまし, 源氏自身で, 漱石さんに, 濃くなる, 無慮三, 焦がれてたの, 熊本では, 物の, 物思いの, 狂いは, 王妃に, 理想を, 理解すれ, 生きがいな, 生まれ合わして, 生唾と, 田舎も, 申したもの, 町の, 病気を, 盛りあがって, 目利を, 直訴状へ, 真名古の, 着々と, 知らぬ顔し, 石垣の, 破ったの, 確実に, 移り変わって, 突然切り出され, 立上がって, 競い合って, 笑うの, 答えて, 簡便に, 粘っても, 純粋に, 細く剃りこんだ, 組合せを, 結びついて, 続けるが, 縁日や, 置き換えられて, 老人の, 考えたいの, 考えたの, 考えちがいを, 考えられがち, 考えられないこと, 考えるそういう, 考えるん, 考え人知れず, 考へなさるから, 聞いたこと, 聞えて, 聞き誤まったの, 聞こえなければ, 肝臓に, 育てようとは, 胸に, 腕組みし, 腹の, 自分たちの, 自己流に, 至極おっとり構え, 良いの, 芝居の, 若い娘, 苦しんで, 茶碗皿鉢等を, 葉子を, 蔓延する, 薩摩の, 虚無的な, 衆議院の, 行かねば, 行なわれるらしい, 行方の, 衰え萎れて, 装うという, 要求した, 見えたという, 見えぬでも, 見えること, 見えるでしょう, 見え男, 見せたよう, 見つめられながらも, 見ること, 見受けられた, 覗き見を, 親たちに, 観る, 解して, 解釈され, 解釈を, 言い伝えられて, 言い現, 言い繕う癖, 言うん, 言った人, 言へば, 言われるであろう, 訊いて, 許諾を, 詠んでも, 詰って, 話したか, 話しても, 話し出された, 話すの, 語りながら, 誤解も, 説かれて, 読みとったこと, 読んで, 論じて, 諸氏は, 貨車の, 買ったの, 越前守の, 身体が, 転換した, 農人橋の, 述べた, 追い追いと, 退引き, 連句という, 遇せられたかは, 過ごしたか, 違つてゐる, 適用される, 遼, 酒宴と, 鈎先を, 長すぎる, 開き直られたので, 関係し, 陳弁した, 隠忍し, 霊感を, 青嵐居士は, 非難が, 順序を, 頷いて, 顎を, 風が, 食物屋と, 香つて來る, 驚異的な, 高く差し上げ, 鮎の, 黙って

▼ ふう~ (585, 8.8%)

208 して 37 した 26 装って 20 見せて 15 装った 13 しながら 9 お見せ 7 するの 6 よそおって, 作って 5 見せた 4 すること, 装いながら, 見せながら

3 [13件] したり, した乞食, した女, した子供, しなければ, しました, しようと, する, 示した, 示して, 装うの, 見せるため, 見せるの

2 [18件] こらして, こらしました, した人間, した旅人, しては, するが, なすって, よそおうて, よそほ, 粧って, 続けて, 装いながらも, 装うこと, 見せずに, 見せては, 見せなかった, 見せること, 見て

1 [146件] あくまで保とう, あそばした, あそばして, お作りに, きりますと, こらしたの, こらしたもの, さして家, された, されても, されます, しきたない, したあの, したいと, したいろいろ, したが, したの, したひとり, したへんな, した七つ, した七人, した下仕え, した丸顔, した二十三四, した人, した人々, した人相, した例, した僕, した十二三歳, した哀れ, した姉, した婦人, した守衛, した旅僧, した歌い雌犬, した母親, した浮浪児, した男, した相棒, した若い, した青い, した騎士たち, した髪の毛, してるで, してるわね, してる婦人, しないし, しない人たち, しながらも, しまた, しや, しやがて, し気, するから, するだけ, すると, するやう, するよう, する必要, せずに, せっせと見せ出した, せぬ, せぬところ, せねば, ぢつと, つけねば, つづけたもの, てらい鳳凰, なお保っ, なさいました, なさるでは, なだめて, まだ誇張, まねるおそろしい, まねポン・タ・ムーソン, まね年, みせたこと, めぐらしたか, もって, よそおい矢, よそおうこと, わざと作っ, わざと見せ, マスターする, 人間に, 今後お, 作ったが, 作らんと, 作る薫, 作ろうと, 作ろうとは, 僧に, 加えたもの, 多く有する, 少しも, 工人に, 恋しい人, 持って, 時々見せた, 楽しみに, 源氏は, 相手の, 示すの, 示そうと, 粧いながら, 装い, 装いたえず, 装いとるに, 装いほとんど, 装いまた, 装い人, 装い多数, 装い騒々しく, 装うて, 装おうと, 装ったの, 装わねば, 裝うて見せた, 要求される, 見せかけて, 見せず落ち着いて, 見せたい時, 見せただけ, 見せたの, 見せたはぎ野, 見せたり, 見せた女王, 見せた老女, 見せつけながら, 見せながらも, 見せましてね, 見せやがって, 見せようと, 見せられて, 見せられましたから, 見せられること, 見せる, 見せると, 見せる事, 見せ忍び, 見せ続けさすが, 見た勝負, 開いて, 隠すこと, 非義

▼ ふう~ (536, 8.1%)

19 あつた 12 はない 10 もなかっ 9 もない 7 もあった 6 もある, もなく 4 おあり, それを, はなく 3 はあった, はなかっ, 二人の, 彼は

2 [16件] あたりを, おいでに, すぐに, すぐ顔, はいっ, はいつ, チラと, 三つ四つ小さな, 中将は, 土間に, 客が, 彼を, 私が, 身を, 近くへ, 顔を

1 [411件] あくまで慇懃, あたりに, あちら向きに, あっさりと, あつたら, あつて, あなたなら, あのお, あれも, いちばんききたい, いつか自分の, いつの間にやら, いつまでも, いつもの, いつも暗い, いままで, いよいようち, うしろも, うそうそはいっ, おおかた小, おべんちゃらばかり, お亡くなり, お守りは, お店, お恨み申し, お暮らし, お終わり, お話を, お隅, かなりながい, きれいな, きわめて事もなげ, こういった, ここに, ことに上州人, この無抵抗, この節邸, これを, こんどは, ごく際どい, ござりました, さらに五六分の時間, しかしやはり, しかない, しきりに宮, しずかに, しばらくたたずんだ, しばらく家, しばらく私, しばらく門前, しゃべって, じっとし, じろじろと, すべて靴でも, すらあった, するの, ずんずんと, そう言っ, そこに, そのあと, そのさま, そのまま傘, そのまま城門, そのボタン, その仕返し, その健脚, その女, その子供, その店, その方, その椅子, その正面, その父, その男, その畠, その間に, そんな成人, ただしばらく, ただ普通, ちっとも動揺, ちょっとの, つぎの, てんで叔父, とにかくやつ, どこで, どちらも, なおも下り, なおも残り, ながく来られなかった言い, なくし, なしに, なにを, にわかに死んだ, ねそん, のらくらむすこ, は, はあたし, はあつ, はある, はおもしろく, はきはき談, はこの, はしかた, はじめは, はじめ吉田には, はちと, はどうしても, はどうせ, はもう, はモンフェルメイュ, は上皇, は今, は今後, は何, は僕たち, は命, は小遣い, は我慢, は授賞式, は散歩, は旋盤部全体, は次郎君, は生き, は自分, は非常, は鮎, ばかりいまし, ひたすら室内, ふたたび唄, ふた足三足, へんな, ぼんやりとして, ぼんやり前, まあ不良少年, まことに困る, まず彼, また急い, また昨日, みよに, むっとこちら, むやみに, もあろう, もう三年, もう奈良坂, もなかつた, もなけれ, ものを, もみの, やがておのれ, やがてそこ, やがて丁寧, やがて茶屋, やや少しがらっぱち, ゆうゆうと, ゆっくりあるきだした, ゆっくりそこら, ゆっくりのっしのっしと, ゆるりと, ろくろく食べなかった, ウオーウオーと, カラ威張り, クリストフの, クロークの, ゲタゲタと, ツト立っ, ハラハラし, プリューメ街には, ポンと, 一ヵ所の, 一年あまりの, 一心に内, 一気に解決, 一言も, 万事が, 三人が, 三日に, 三月ほど, 上がり端の, 不破, 世を, 両手を, 中の, 中将が, 主人の, 乳母の, 二三日した, 二人は, 五六十メートルも, 五十川女史を, 今か, 今にどうして食べ, 今夜も, 今朝の, 仕事に, 仰せられるの, 位牌所を, 何か, 何とも, 何の, 何も, 何事にも, 保護者の, 先ずどこ, 光悦が, 入道は, 前足を, 十一娘の, 十三絃の, 十歳も, 半分ひとりごとの, 半蔵らは, 友だちに, 古藤は, 台所を, 名は, 呑気らしく, 唐紙の, 四囲の, 夏の, 夕顔が, 夜明けまで, 大たぶ, 大将を, 天下一品と, 夫の, 失礼します, 奥へ, 女御の, 女院は, 姉と, 始終うつむい, 子を, 子供に, 子供の, 実によく頭, 宮が, 宮の, 宮は, 宮様を, 家の, 家具は, 寄り集まっ, 小さな鼠, 小使い, 小山で, 少し小声, 少年を, 山には, 左手に, 市況放送が, 帰って, 平生以上に, 年ごろも, 年も, 幻灯の, 幾度か, 庭を, 当人の, 彼の, 彼女を, 御関係, 微笑した, 志半ばに, 悄然として, 惟光は, 意味あり, 感慨無量といった, 戯談を, 戸口に, 所々に, 手に, 手前みそで, 指導者たる, 振り向いて, 政事総裁の, 文久三年三月から, 料理などは, 斧の, 新婦を, 日本も, 早く出たい出たい, 早く退こう, 明日の, 明日門附け, 明治以前幕府に, 昭和三年は, 昼寝を, 最初から, 期待の, 来て, 柱に, 校内は, 株式も, 椅子の, 横に, 機嫌よく, 機械的に, 次郎には, 次郎はとにも, 次郎や, 歎息を, 正木の, 死ぬもの, 殺伐な, 毎日かならず, 沈痛の, 沙汰止みに, 油で, 泣いて, 洒れ, 流行した, 浮舟は, 海の, 涙を, 涼しい高欄, 渋って, 源氏の, 然ら, 熱心に, 父を, 牛の, 物思いの, 玄関に, 理解しよう, 甲野さんは, 町から, 目の, 目的地に, 直義と, 相変わらず女房, 相手に, 相手にも, 眉根に, 眼を, 着付けを, 着想自在度胸も, 硬くなっ, 私どころの, 私の, 私は, 私を, 笑いながら, 笑って, 終わりに, 結婚を, 翌朝は, 聞いて, 聴いて, 肩を, 脆く死ん, 腕の, 自分からは, 自分の, 自分は, 自分を, 自分自身は, 自然いくらか, 自身で, 自身一人だけが, 葉子に, 葛藤は, 行って, 表門を, 襦袢の, 見物し, 言い, 言いつづけたので, 言い添えた, 言うの, 言葉巧みに, 話す, 読んで, 誰よりも, 買い手の, 賞賛的な, 赤地の, 足を, 踏絵の, 車を, 近くの, 近所の, 進んで, 遂に薬師町, 遊蕩を, 道を, 遠くへ, 遠退い, 部屋の, 部屋へ, 門から, 陛下に, 院が, 隣の, 靴先で, 頭に, 頭の, 頭を, 顔色を, 食事を, 食卓の, 食卓を, 首を, 馬車に, 駆け回り各, 騒がしくなった, 髪も, 鬱々と, 魔術でも, 鹿島老は, 黙って, 鼓村さんとは

▼ ふう~ (501, 7.5%)

28 ことを 13 のだ 10 ものが 7 んです 6 の, 口を 5 ことが, ことに, 事を 4 んだ 3 ことだった, ことは, のである, のを, もので, ものは, 会話が, 意味の, 生活を

2 [24件] いい方, せりふを, のでございます, のも, のや, ものを, 人が, 仕方で, 問題は, 埒も, 姿を, 感じが, 感じを, 態度を, 文句を, 気持だ, 状態であった, 真似を, 眼つきを, 結果に, 話だった, 話は, 調子で, 音を

1 [337件] いかにも住み荒す, いか者の, いやーな, うわごと, おそろしいこと, おとなしいヤーフ, お取り扱い, お言葉, かたです, かっこうを, からだつきで, ぎやも, ことから, ことてえ, ことで, ことばで, ことも, こと例へば, ごく低い, さきが, さりげない, さりましたの, さるから, しめっぽい感想, せりふぬかしゃがっ, それは, そんな吻, そんな無理, たちの, だらけたよう, ついぞこの, ところから, ところが, ところに, ところばかりが, とんでもない, どんな女性, のか, のが, のて, ので, のであった, のであります, のでいつも, のでうまく, のでお, のです, のでよく, ので世間, ので今朝, ので何時も, ので彼ら, ので熊, ので眼八, ので秀吉, ので私, ので縁, ので銀子, のに一般小売人, のに利江子夫人, のに栄三郎, のばかり, のよあの, ひとを, ふしぎな, ほかの, まねを, みっともない事件, ものか, ものだった, ものだろう, ものでした, ものです, ものな, ものなら, ものには, ものの, ものをも, やさしい素朴, やり方が, やり方を, ようす, わけで, んで, アヤフヤな, フンマンでした, ホテル客と, リンピイ一流の, 一人の, 下心を, 不安定な, 不愉快な, 世の中の, 世界に, 主で, 主旨でした, 主義を, 事で, 事に, 事件が, 事件でしょう, 井戸が, 人だった, 人に, 人は, 人も, 人影が, 人柄だった, 人柄を, 人間だった, 仕事で, 仕立の, 位置に, 作りだった, 作りの, 作り方にな, 使い方は, 信仰が, 信仰に, 信念に, 個人的の, 元気をもって, 具合で, 内容の, 冗談から, 冗談も, 冷淡な, 出来事だ, 出来事に, 別墅などが, 劇團にも, 動機だった, 動物に, 勤労生活から, 半分だけ, 印象を, 即物的, 厳かな, 口は, 口ぶりで, 口碑伝説には, 古い一郭, 同じことば, 呑み込んだ度胸, 和解だった, 問題が, 四角い暖炉, 国柄であります, 地蔵あばたの, 型だった, 報告を, 報知を, 場合そういう, 変化を, 外国語の, 夢に, 夢を, 夫人を, 奇異な, 女が, 女たちとの, 女でも, 女に, 女を, 好みが, 妙に, 姿が, 姿であった, 娘の, 孤児に, 宗徒は, 家では, 家庭でありました, 希望を, 幕は, 年の, 庭を, 当然の, 形に, 形の, 彼の, 後悔でも, 御容体, 御託を, 循環が, 心持ちで, 忠告を, 思想の, 性の, 恰好で, 悲しげ, 想像を, 意味での, 意味でも, 愚かな, 感じである, 感じの, 感情が, 態度に, 態度の, 懐古談を, 我説も, 所で, 手紙が, 手紙などを, 押問答を, 指環であった, 挨拶を, 推測だけで, 散歩は, 新しいお互いどうし, 新たな, 旋毛曲りが, 時である, 暗示を, 曝露を, 書き方に, 月並みを, 朗らかな, 極めて自然, 様子で, 権式だけを, 武士のみが, 武蔵の, 民俗博物館が, 気が, 気に, 気持ちであった, 気持で, 気持でき, 気風の, 氣が, 氣障な, 江戸前の, 注意深い目付き, 浅薄な, 消息を, 漢かも, 漢語なんぞ, 熱意の, 父を, 物が, 物くらいを, 物云い, 犠牲の, 状態が, 状態に, 状態は, 瑜珈を, 甘へたやう, 生い立ちを, 生きかたを, 生命の, 生活への, 用心によって, 男を, 異変に対しては, 病気に対しては, 発展進歩の, 皮膚に, 目にさえ, 短い音, 短上衣, 磅, 磨き道具を, 社会的な, 神代ながらの, 神妙な, 秀吉であった, 科学が, 科学者と, 移り変りを, 程度である, 穢れと, 立場から, 笑いかたを, 節を, 簡単に, 終りに, 結婚を, 統計です, 絵である, 絵襖の, 緊張が, 緑色の, 美しいいたいたしい中, 考え方が, 考え方の, 考え方は, 考え方を, 考へ方, 自分の, 自分自身を, 船を, 花火は, 藁の, 行き方であった, 西洋式でなくやったら, 西班牙種の, 親しい言い方, 言い回しが, 言い方を, 言葉も, 計らい, 話が, 話し方を, 話でございます, 話を, 説明が, 説話が, 論法で, 諸君の, 讃辞を, 質疑と, 趣を, 趣向で, 趣味に, 身の, 返事を, 通な, 道化劇が, 遠, 邸宅は, 釈迦伝は, 金具は, 鋭い音, 降りだ, 隔てが, 雑誌や, 離れ座敷が, 音に, 顔つきを, 顔付を, 飄然と, 饒舌を, 鷹揚さと, 鼻の

▼ ふう~ (461, 6.9%)

21 男が 15 老人の 9 老人を 8 ことを 6 見えるの 5 男と, 男は, 老人へ 4 建物が, 男を, 若い男 3 ものが, わるいの, 人間が, 家の, 老人が, 老人は

2 [30件] あるの, しゃれたアパート, もので, ものでしょう, ものは, ものも, フロックコオトを, 事と, 人が, 人では, 人に, 人間は, 住民を, 大棚, 女が, 寺院の, 感覚に, 手柄話を, 批評なんかを, 新知識, 源氏は, 男だ, 男だった, 男とは, 男の, 男も, 立派な, 絵付けを, 老武士, 若い武士

1 [297件] あたま, あの娘, あまりにそれら, ありよう, ある人, ある女, ある彼, ある部将, いわゆる草木染め, おおいの, おしあげ窓, お客さまが, お客さんが, お客に, が中肉中背, きょうだいたちと, こうした若い, ことばだろう, ことまでは, この人, ごとく, しなを, しゃれだ, しようがねえ, たてものは, たましいと, だつたかな, ちょうちんが, ちょっとこった, つかない事件, つかぬところ, つくりであろうがな, つまみもの, どっちかと, ないの, ない人, ない木綿, なかった, はげしく錯乱, ひとを, ひびきを, まぎらわしい言葉, ものから, ものであれ, ものでした, ものです, ものの, ものを, ゆすりかたりが, よく見える, よろい戸が, わるい人達, アクセントが, オーボエで, ゲートルを, シマリの, スター映画でさえも, ダブルカラなど, ダンスを, ドアでは, ロシヤ人らしい, 一交響曲の, 一人の, 一種の, 一軒で, 一軒の, 三人な, 世界の, 中納言を, 丸曲髷に, 二人の, 人だ, 人であった, 人である, 人でなけれ, 人は, 人も, 人相を, 人種という, 人間な, 仰せが, 作品が, 佩剣を, 侍ふたりが, 俗語を, 俗論, 修飾を, 優雅さで, 功利的な, 動物の, 十字架や, 卓の, 単なる言語遊戯, 厳重な, 友情を, 口の, 古い個人的押し出し, 古い店, 噂話を, 四阿を, 団十郎の, 団扇の, 固定観念を, 国柄である, 国民なら, 土橋が, 壮漢が, 壮漢と, 夕刊売り, 外套を, 大きなガラス壁, 大きなゲートル, 大きなダブルベッド, 大きな暖炉, 天下泰平な, 太い釦金, 女だ, 女である, 女です, 女に, 女主人公, 奴が, 好みからも, 妙に, 姿で, 娘が, 娘とは, 婦人, 婦人連と, 嬌めかし, 宮に, 家であった, 家へ, 家を, 容体で, 小さい水晶, 小女が, 小箪笥, 小者が, 小説だ, 小説を, 少女が, 少年とが, 少年は, 尼さんが, 尼君を, 屋根の, 山荘に, 常識に, 年増の, 広い前栽, 店が, 庭は, 建築であり, 強さ, 形と, 形容詞として, 彫刻の, 役者の, 徒弟氣質, 御病気, 応接間に, 情景が, 意味での, 意見や, 愛くるしい女, 感想文は, 態度を, 慾望で, 戸の, 所も, 批評家が, 技巧で, 挿画の, 接近の, 文珠屋佐吉な, 新鮮な, 旅の, 旅人が, 明らかに, 暗い湯屋, 暗い陰鬱, 暴力や, 曲が, 書き方を, 最下級を, 服に, 服装を, 根の, 極端に, 構えで, 歌で, 気さくそうな, 気持と, 気質から, 洋館で, 湯舟では, 燒跡に, 燭台が, 狭い縁側, 現実離れの, 田園風景が, 男, 男から, 男で, 男であり, 男である, 男に, 男肩から, 町な, 異様の, 痩形の, 目的を, 相撲であった, 真似を, 矛盾した, 矢を, 知恵を, 破風の, 社会心理学の, 神々しいよう, 秋草を, 種目を, 窓べりが, 筆致が, 粋な, 粗末な, 紳士が, 紳士で, 紳士でした, 紳士は, 絵画で, 羅について, 羅の, 羅平織文羅など, 美婦人座席の, 老人その, 老人に, 老人に対しては, 老人も, 老紳士, 考え方は, 者で, 者である, 自分にも, 芸術は, 若いひと, 若いもの, 若い女, 若者が, 荷車が, 華やかな, 蒼味を, 藩士ばかりじゃ, 血すじが, 血統と, 見えたこと, 見えたため, 見えたの, 見えますの, 見えること, 見えるのに, 見える宮, 見える文覚, 見える時, 見方から, 見方を, 言葉に, 評論が, 詩とも, 話であります, 譬喩表現と, 貴族の, 賢さ, 趣向を, 軽快さを, 近代的な, 造りだろう, 造りらしい, 造り方, 進化を, 道が, 金屏風を, 釣竿より, 開窓が, 随筆に, 隨筆なども, 雅致は, 青年だけに, 非常に, 音楽が, 風景小品にも, 馬鹿げた事, 驚きの, 髷に, 黒いシタミ, 黒えりかけたあだめかしい

▼ ふう~ (122, 1.8%)

17 なかった 11 ない 4 なく 3 ありません, ないの, 見えなかった 2 あった, して, なくただ, 見えて

1 [73件] あったが, あったので, ある, あるし, あるでは, あるもん, おじゃりませぬ, しかねて, せず, つかず子, つかぬが, ないから, ないし, ないので, ない召使, なくあっさり, なくいきなり, なくかえって, なくきょう, なくて, なくまた, なくむだ話, なくやっぱりちゃんと, なくよく, なくわいわい, なく中, なく二三歩, なく何, なく何かと, なく依然, なく坐って, なく女房, なく市民, なく彼, なく心から, なく日, なく椅子, なく獲物, なく縫い物, なく自分, なく見えない, なく貴女らしく美しい宮, なく順々, なく食い込ん, なく食事, なければ, なさらないのに, なし厳か, なし女, のうて, みえなかった, みえませんでしたので, ボブが, 似た顔, 困った様子, 完全に, 心苦しく宮, 溢れて, 無く極めて, 無論肝要, 現わ, 窺われなかった, 窺われる, 装えないので, 見えない, 見えないの, 見えぬ手紙, 見える, 見えるが, 見せずに, 見せず感じよく, 見せない, 見せないの

▼ ふう~ (109, 1.6%)

15 あった 9 ある 8 見えた 5 見える 4 ない 2 あって, みえたの, 見えるので

1 [62件] あだめかしくて, あったが, あったプルウスト, ありながら, ありました, ありまた, あるけれども, あるであろう, あると, あるの, あるので, あるよ, うかがわれた, かんじんだ, ことに親, ござりました, して, ついたと, ついたものの, つかないから, つかなかった, つかなくなると, つきませなん, できずおとなしく, どこにも, ないという, ないもの, はじまり紡織, みえる, みえるので, みつかりました, やんで, りっぱな, わりなこのみ, わりなの, わりな人, ハイカラだった, 一般に, 付き纏うの, 何の, 充分に, 多いよう, 感ぜられは, 昔の, 次第に失せ, 次第に見え, 歴々と, 気の毒に, 源氏に, 男を, 盛んに, 眸の, 見えたと, 見えなかった, 見えます, 見えると, 見えるとき, 見え恋, 身に, 進んでは, 院に, 顔にも

▼ ふうだった~ (98, 1.5%)

7 がやがて 65 がすぐ, がその 3 がそれでも 2 か愛, がしばらく, が少し, が突然, のです, わ, わけで

1 [58件] かまた, から, からこの, からね, からクリストフ, からルイザ, から小, がいくら, がいくらか, がうす暗い, がおじぎ, がかの, がかれ, がぜひ, がそう, がそれ, がそれっきり口, がだしぬけ, がついに, がまた, がニヤリ, が何事, が口, が吉次, が好奇心, が子供, が官兵衛, が家人, が店, が強いて, が教室中, が断崖, が暮れ, が朝, が期せずし, が次郎, が気質, が益, が間もなく, が間もなくすぐ, ことは, しこの, し酔う, とおし, と源氏, のが, のである, のでご, のでそうした, のでクリストフ, ので彼, のにこっち, わあたい, わどうか, んだ, んです, 惟光は, 薬屋の

▼ ふう~ (98, 1.5%)

15 そうか 4 なるほど 3 さようか, そうかな 2 さう, して, そうし, それで, そんなこと

1 [63件] あの篁, あやつ, いかさまこれ, いったい何ん, お留守, この女子, この時計, この蛇, こりゃこの, こんなへん, さうだ, さてはこいつら, さては物とり追剥, さようでござる, しかしナア十兵衛, じゃああの, そうかい, そうかねえ, そうするとご, そうでござん, そして君, そして昨夜, そのよう, そのわけ, その財産, それではあいつら, それではいったい, それではその, それでは本邸, それで余, それで厭, それで待ち伏せ, それにしてもこの, そんな旅芸人, とにかく僕, と云った, どういうこと, どうした, どうしてまた, どうだ, どうも不思議, どうも可笑しい, なにかえ, なるほどさよう, なるほどそれ, なるほど海苔煎餅, なるほど銚子, はあてね, もうかえっていやがる, やっぱりほん, やっぱり同じ, やっぱり快癒, やるな, よっぽどするだろう, よほど踏み倒す, 固めて, 大きいなあ, 実に見事, 広海屋, 恐ろしい牢屋, 死ぬつて云, 眠ってでも, 面白い

▼ ふう~ (80, 1.2%)

11 なかった 5 ない 3 ないもの, 見えない 2 さを, して, しながらも, ないだろうか, 少しも, 見えなかった

1 [46件] あるん, おのずからそなわっ, お見せすまい, さすがに, さもありました, さも全然の, しますよ, ずっと後, せず曙染, ぜひのこし, たびたび見せられた, ちょっと見もの, できないかとも, ないか, ないかしら, ないが, ないの, なかつた, なくかえって, なくて, なくまた, なく了戒, なく押据, ねえかな, ますます増長, みせなかったが, りかの, りと, 他からも, 失わずに, 微塵も, 無いもの, 現代の, 示して, 苛酷と, 見えないと, 見えなかったと, 見せずに, 見せず常に, 見せず貴女, 見せたくないと, 見せないよう, 見せながらも, 見せられても, 見せるの, 誰にも

▼ ふう~ (71, 1.1%)

12 息を 4 佇ち止るけは 2 云うよう, 出て, 吹いた, 大きな息, 消えて, 鼻を

1 [43件] あらわれた, いって, お洲美さん, けむりの, そこらへ, ため息を, ふきながら, また室, 一つ息を, 一面に, 世の中へ, 云う数疋, 云ふ, 仰向けに, 佇ち止るけ, 出るそれ, 口で, 吐くと, 吹いた息, 吹いて, 吹かれて, 吹き四合壜, 呼吸も, 大きく息, 天井に, 思えるふたり, 息だけ, 想像し, 来て, 横に, 気を, 氣味惡く, 消えた, 深い溜息, 煙みたいに, 熟柿くさい, 熱い息, 現われた, 見えるが, 酒呑みが, 長い息, 馳けて, 鼻呼吸を

▼ ふうにも~ (69, 1.0%)

4 なって 2 思われるの, 見えなかった, 見られる

1 [59件] いったが, おもえる, お見え, かんがえられましたし, すること, ちょっと考え, とらず勉強, とられるの, とれた, ながめられた, まいらないの, みない, 一人だれかが, 交えて, 受け取れるの, 國語の, 声を, 変わって, 常規, 弾けるので, 思いなされる, 思うて, 思えるの, 思った, 思つたのです, 思われた, 想像し, 感じられる子供, 書いたこと, 書かれた, 決心を, 源氏は, 無理を, 申して, 真佐子が, 考えて, 考えられた, 考えられたので, 考えられぬでは, 考えられは, 考えられるの, 聞いて, 聞えたので, 見えたが, 見える, 見えるの, 見えるので, 見て, 見られたの, 見られた呂昇, 見られなくは, 解釈され, 解釈されるだろう, 言うこと, 言ったもの, 言って, 言へる, 言われた, 責めるの

▼ ふう~ (62, 0.9%)

2 しそれ, な, ね, よ

1 [54件] あれは, かね, かひとつ, からいつ, からいま, からことわられた, からこの, からこりゃ, からそりゃ, からだ, からひょっとしたら, から丁坊, から仕事, から古市, から可哀そう, から大抵, から彼ら, から東京, かをお, か知りたかった, が, がけし, がすぐ, がそれ, がもし, が一向, が事実, が具足, が新八, が湖水, が黒田官兵衛, しそれら, しみんな戦争, し大した, し婆さん, し疑っ, し私, ぜ, つた君が, つた君に, で仕方, とい, ということ, とする, とどう, と今度, と何, と安心, と思っ, と次郎, などという事, わあ, 江戸番の, 館に

▼ ふうであった~ (54, 0.8%)

4 が, がやがて 3 のを 2 から院, がまた, ことを

1 [37件] かたずね, からしかた, からそこ, からそんな, からで, から八, から兵部卿, から十一, から女房たち, から女院, から宰相, から尼君, から従って, から歎息, から船, から若々しい弱い, から鎌倉, かを聞い, がお, がこの, がしかし, が右近, が市谷, が御, が急, が惟光, が爪弾き, が白石, が金王丸, ために, と云っ, と申します, のだろう, のである, もののお, 大臣は, 容体が

▼ ふうには~ (54, 0.8%)

4 見えなかった 3 なれば 2 なって

1 [45件] いって, いて, いること, うまくゆかない, お感じ, けっしてそんな, こうと, して, せずに, ちっとも見えなかった, ちょっとでも, なさいません原田さま, ならずしたがって, はこばなかった, ほかから, ぼくら誰一人思っ, みえなかったし, やらない, ゆかなかった, よばなかった, 云い得なかったの, 人から, 到底説明, 取らないでしょうそんな, 少しも, 思えなかった, 思わなくなった, 感じて, 感じられて, 書いて, 来ないもの, 考えずに, 考えない, 考えないだろう, 芸術家でなく, 衛生問題も, 見えずチャン, 見えないもう一度, 見えぬが, 見えませんわ, 見せぬよう, 言ってないこと, 言わなかったわ, 話さずに, 響かなかった

▼ ふうである~ (35, 0.5%)

9 のを

1 [26件] いやまだ, かという, かといふこと, かもわからない, からちょっと, から彼ら一人, から御, から私, から若, から諸人, が, がお, ことは, ことを, ために, とさぐり, としても日本現代, と共に歿, と留守, と言っ, のが, のだ, のに主人, のに尼君, のに映画, 女が

▼ ふうっと~ (30, 0.5%)

3 息を

1 [27件] お父上, かかりました, たまらない恐怖, はき出したり, ふくと, 一つ大きな, 一陣の, 六年前の, 吐き出してから, 吐息を, 吹いた, 吹いたら達磨, 吹きそうして, 大きな息, 大きな溜息, 太い吐息, 消えて, 溜息を, 漂って, 火を, 砂から, 紫煙が, 腹中に, 語尾を, 長く息, 飛び出して, 鼻息を

▼ ふう~ (22, 0.3%)

3 ている 2 ていた

1 [17件] てある, てあれ, てくれ, てしのびこむ, てのせました, ては鳥獣魚虫, てふたり, て作らせた, て作り出し, て傾斜, て彼一人, て案出, て歩きました, て淘汰, ながら稽古, 見物を, 雪解けと

▼ ふうです~ (20, 0.3%)

2 か, からね, ね, よ

1 [12件] かそれ, から, からとにかく, からねえあれ, からふだん, から二階, から子供, から自然, が伊兵衛, が僕, が日本左衛門, けれども其品

▼ ふうちゃん~ (16, 0.2%)

2 の首

1 [14件] が下, が殺された, が殺されちゃった, が水, にも何, の頸, はあんた, は京橋, もまだ, より名取り, を押える, を殺した, 又来る, 居るか

▼ ふうした~ (13, 0.2%)

2 のが

1 [11件] ということ, のだ, のです, ものでございます, んです, 人は, 商売を, 薬が, 診断法や, 趣向に, 雲の

▼ ふうでした~ (13, 0.2%)

2

1 [11件] からあっし, からとても, からみんな, からもみ, から小鳥たち, がまた, が思いかえした, が東国, けれども私, の, ものでした

▼ ふうがわり~ (12, 0.2%)

1 [12件] なお母さん, なの, なもの, な人なつこい, な古めかしい, な荷物, な防空壕, な青, のあま, のもの, の主人公, の最新式ロケット艇

▼ ふうにしか~ (10, 0.2%)

2 みえなかった 1 その親愛, できないの, 下手人を, 奏上し, 思えなかった, 決して呼ばなかった, 私は, 葉子には

▼ ふうみい~ (10, 0.2%)

3 と小声 21 で驀地, と大声, と盃, よいつ, よおと

▼ ふう~ (9, 0.1%)

1 といっ, としてい, とといき, と唸った, と大きく, と感服, と煙, と猫, と鯨

▼ ふう~ (8, 0.1%)

3 やが 2 やて 1 や, やない, やわからない

▼ ふうむそれ~ (8, 0.1%)

1 はおもいきった, はたいへん, は不思議, は何故, は初めて, は異, は素晴らしい, もそう

▼ ふうにと~ (7, 0.1%)

2 説明する 1 いって, いっても, ぼとぼとわき見, 空想を, 羞恥論を

▼ ふうはり~ (7, 0.1%)

1 した中, した生きもの, ともりあがる, と水の上, と浮ん, と白き, と舞つて池

▼ ふう~ (7, 0.1%)

1 あまりに卑俗, あまりに興奮, あまりに非常識, ことにフランスふう, で自分, よつて, 臆面も

▼ ふうつと~ (6, 0.1%)

2 溜息を 1 吐きながら, 吐き出した, 吹いたら達磨, 美味さうに吸つて

▼ ふうにさえ~ (6, 0.1%)

1 なって, みえること, 感じられるの, 考えて, 考える, 見えました

▼ ふうにでも~ (6, 0.1%)

1 いったら見向きも, されて, すると, なしに, なりますと, やれるの

▼ ふうにばかり~ (6, 0.1%)

2 して 1 こちらでは, しいて, ものを, 傾いて

▼ ふうむこれ~ (6, 0.1%)

1 あどう, あ妙, でまあ, はこれ, は疑問線, は驚いた

▼ ふう~ (5, 0.1%)

3 そう 2 我生涯にて

▼ ふうちやん~ (5, 0.1%)

1 あの鴉, だつた, とが立ち寄, と仲好し, 違ひます

▼ ふうてい~ (5, 0.1%)

1 などをしきりに, の三人, もかわっ, を装い, を見

▼ ふうでい~ (5, 0.1%)

1 て, てください, て人, て源氏, ながら教室

▼ ふうでいる~ (5, 0.1%)

1 かも聞い, ことは, のが, 家の, 間は

▼ ふうでなく~ (5, 0.1%)

1 おおようだったら, てはいかん, 拍子を, 椿餠梨蜜柑などが, 穏やかに

▼ ふうなどは~ (5, 0.1%)

1 お作りに, ない人, 少しも, 毛頭も, 見せずに

▼ ふう~ (5, 0.1%)

2 ふら, りふらり 1 なひ

▼ ふう~ (4, 0.1%)

1 であった, カレドニアふうか, 知って, 知らないが

▼ ふう~ (4, 0.1%)

21 の, までも効果

▼ ふうでない~ (4, 0.1%)

1 と私, のは, 人も, 時が

▼ ふうにだけ~ (4, 0.1%)

1 云は, 云ふんです, 取り扱って, 言って

▼ ふうにな~ (4, 0.1%)

2 つても 1 つてしまつ, つてゐます

▼ ふうにまで~ (4, 0.1%)

1 お悲しみ, なつて, 変化し, 科学的に

▼ ふう~ (4, 0.1%)

1 というの, はしき愛, はもともと, は日本語

▼ ふうあり~ (3, 0.0%)

1 というべく, とラジオ, もののわかり

▼ ふうさえ~ (3, 0.0%)

1 しなかった, 窺われる, 見える

▼ ふうじゃ~ (3, 0.0%)

1 いけないん, ないの, 早くは

▼ ふうすら~ (3, 0.0%)

1 ある, 示した, 見える

▼ ふうする~ (3, 0.0%)

1 ことが, とかなんと, もので

▼ ふうちゃんと~ (3, 0.0%)

1 いうの, 一緒に, 蛇骨湯へ

▼ ふう~ (3, 0.0%)

1 いです, んだ, んな

▼ ふうであっ~ (3, 0.0%)

1 て, てなに, てインド

▼ ふうでいらっしゃる~ (3, 0.0%)

1 のかと, のが, のです

▼ ふうなど~ (3, 0.0%)

1 して, みじん見あたらない, 少しも

▼ ふうむそいつ~ (3, 0.0%)

1 はもうけた, は惜しい, は面白い

▼ ふう~ (3, 0.0%)

1 ふうわ, ふわ, 飛んで

▼ ふう~ (3, 0.0%)

1 とさも, と云った, と呻

▼ ふう~ (3, 0.0%)

1 ではお, どうちがう, 成る程

▼ ふう~ (3, 0.0%)

21 程そうして

▼ ふうああ~ (2, 0.0%)

1 旨し, 舌縮まっ

▼ ふう~ (2, 0.0%)

1 と息, ッと

▼ ふうこれ~ (2, 0.0%)

1 でやっと, は

▼ ふうしなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばならない, ばならなかった

▼ ふう~ (2, 0.0%)

1 ふうっと, 目が

▼ ふうでありました~ (2, 0.0%)

1 から心, から貧乏人

▼ ふうであります~ (2, 0.0%)

1 から近藤, し第

▼ ふうであれ~ (2, 0.0%)

1 ばお客, ばその

▼ ふうでいられる~ (2, 0.0%)

1 から院, のであろう

▼ ふうでございました~ (2, 0.0%)

1 から現実, よ

▼ ふうで寝~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ ふうで話し~ (2, 0.0%)

1 てい, ていた

▼ ふうで黙った~ (2, 0.0%)

1 ままで, まま引き返し

▼ ふうといふ~ (2, 0.0%)

1 やうな, 事は

▼ ふうなら~ (2, 0.0%)

1 もうお, 真剣勝負は

▼ ふうばかりを~ (2, 0.0%)

1 作って, 相手が

▼ ふうふう~ (2, 0.0%)

1 という呼吸, と息

▼ ふうふと~ (2, 0.0%)

1 ないて, もうまれつき

▼ ふうみいよう~ (2, 0.0%)

1 いつ, いつむう

▼ ふうむお前~ (2, 0.0%)

1 の肝臓, も賛成

▼ ふうむこ~ (2, 0.0%)

2 いつは

▼ ふうむこいつ~ (2, 0.0%)

1 は聞き流せねえ, ァ変梃

▼ ふうむなるほど~ (2, 0.0%)

2 面白いな

▼ ふうむふうむと感心~ (2, 0.0%)

1 しながら, し出して

▼ ふうむ不思議~ (2, 0.0%)

1 なお客, な老人

▼ ふうむ兵馬~ (2, 0.0%)

2 という

▼ ふう~ (2, 0.0%)

1 っ, と迷亭先生

▼ ふう~ (2, 0.0%)

2 の中

▼1* [210件]

ふうあってもよ, ふうあの老人連中と, ふうあゝ舌縮まつ, ふういかんによってまったく, ふうぉんたがぴたりと声を中止, ふうかと案じて, ふうかということには, ふうかともお尋ねくださいません, ふうかなどと訊き三味線, ふうかはよく知っ, ふうこそ見えるが, ふうこのからがぐしやり, ふうへある, ふうさせたお蘭, ふうされさらに享保十八年, ふうされたその名品, ふうされるに違い, ふうしてやっておまけ, ふうしてる狡猾児に, ふうしようはでな, ふうしろといった, ふうし出した新しい試み, ふうし出すのにこの, ふうじゃあぜひ高島田, ふうすばるがずうっ, ふうずゐぶんひどい, ふうせいとんを指揮, ふうそうかふうふう, ふうそのきらびやかさとい, ふうそれは不思議, ふうたつふたつ, ふうたらぬるい, ふうだけして, ふうだけを見せて, ふうだったろうとわたし, ふうだらうとちよ, ふうだろうと思われる, ふうちの代表的のもの, ふうちの婆さんぢやが, ふうちゃん外聞が悪い, ふうって別に, ふうってないものかしら, ふうせみの, ふうつきであった, ふうつくしさ, ふうつせがひ, ふうの何, ふうてなだからと, ふうてんぷらに満足, ふうでいましたが急, ふうでいますものです, ふうでいようとこの, ふうでいらっしゃいまして物, ふうでいらっしゃったのです, ふうでいらるる人の, ふうでかれは現在, ふうでござったか, ふうでしてな, ふうでなくあるがまま, ふうでなければ話, ふうでのびあがり肩で, ふうでふりむいて見よう, ふうでほほえみながら言った, ふうでほほえみ続けながらモーター, ふうでもなしまた, ふうで付ききりで, ふうで出て往, ふうで受け取っていた, ふうで吹き出してし, ふうで振り向きもせず, ふうで暮らしていらっしゃる, ふうで次ぎの部屋, ふうで泣きながら, ふうで注がれた濁酒に, ふうで泳いでいます, ふうで笑うときは, ふうで続いて今, ふうで見るもみじめ, ふうで見向きもしなかつた, ふうで言っている, ふうで訪ねておいで, ふうで語るのであった, ふうで過ごしていた, ふうという呼吸の, ふうとから来たよう, ふうとは何じゃ, ふうどうおいこの, ふうないいまわしを, ふうないいがかりの, ふうないはば笹, ふうなこつけいに, ふうなしの手紙, ふうなぞどこの, ふうなですねいろいろ, ふうなまちがった噂に, ふうなれば姥, ふうなんかして, ふうな凝り方な, ふうな分り方な, ふうな切り出し方を, ふうな叱り方を, ふうな呆れ顔だ, ふうな寝方を, ふうな干ものである, ふうな枝垂れ葉をねえ, ふうな物語りが第, ふうな瘠せた男は, ふうな見下げたような, ふうな言いかえれば過去, ふうな話しを聞きました, ふうな過つた結婚を, ふうな銜え煙管で, ふうにすら見える, ふうにぞうさが, ふうにだけでもいっしょにいられることがもうないかもしれませんね, ふうにだけより言わなかった, ふうにってそうだ, ふうについていて, ふうにとで掛けたの, ふうにねいまお話した, ふうによって演技する, ふうによりかかって, ふうねに帆を, ふうのけん凧を, ふうはござりませぬかときき尋ねました, ふうはさがある, ふうばかりして, ふうばかりはして, ふうふう姉さんは, ふう物好き心も, ふうへにのみして, ふうべしこそ夜空, ふうまさもある, ふうまで装って, ふうまでもお見せ, ふうみいよおと数へて, ふうみい三行ですと, ふうむあたしはそんな, ふうむあれが, ふうむおふくろがいる, ふうむこいつ変な気持, ふうむここが知事室, ふうむさようか, ふうむそいつア理屈だ, ふうむそうかちょっと, ふうむそちがあの, ふうむそれでは葉, ふうむてめえいよいよあの, ふうむとおうなりになったから気の毒な蘰, ふうむと口を曲げた, ふうむと鼻の穴, ふうむと鼻腔から洩る, ふうむどこで捕えた, ふうむふうむとおうなりになったから気の毒な蘰, ふうむふうむと感嘆して, ふうむわしに用, ふうむポチでもない, ふうむ三十五か男盛り, ふうむ中良井の髯, ふうむ何ゆえであったか, ふうむ俺がもぐっ, ふうむ先きの奴をまぜ, ふうむ先生が, ふうむ初耳だね, ふうむ北の方角, ふうむ名のみ聞い, ふうむ君の人相, ふうむ太平洋漏水孔か, ふうむ姫もそれ, ふうむ役者をたずね, ふうむ悧巧なよう, ふうむ感心よく知っ, ふうむ手前たちは仲間, ふうむ明朝明けの鐘, ふうむ柱時計が一時, ふうむ業病人達が, ふうむ死なんて案外, ふうむ流石だ, ふうむ盆栽のこと, ふうむ確かに十四年前, ふうむ薪でも割っ, ふうむ見事じゃ, ふうむ詩みたいだと, ふうむ謠とは不思議, ふうりん草のく, ふうえい, ふうわりふる郷の, ふうをの肉も, ふうをばかりお見せ, ふうタネリの胸, ふうチュウリップの光, ふうと吹いた, ふうといふ顔, ふうーんじゃない, ふうーッと溜息, ふうのお, ふう今朝ずゐぶん, ふうを云え, ふうな曲, ふう変りな槇, ふう夜五位鷺がよく, ふう姉さんは, ふう彩色の製作陶, ふう感心なやつ, ふう煉瓦造りの三階建, ふう特派使節がわざわざ, ふう百疋成程よい遊女, ふう苦心して, ふう迷っている, ふうもっと此方