青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ほか~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

べく~ べし~ べつ~ べつに~ ぺん~ ~ほ ほ~ ~ほう ほう~ ~ほか
ほか~
ほし~ ~ほしい ほしい~ ほっと~ ~ほとり ほとり~ ~ほとんど ほとんど~ ほど~ ほのか~

「ほか~」 21909, 237ppm, 416位

▼ ほか~ (6305, 28.8%)

162 仕方が 77 何か 69 道は 61 ない 60 何も 52 誰も 40 道が 38 なかった 35 しかたが 30 だれも, 何の 28 途は 27 ないと, もう一人 25 方法が 24 何にも, 方法は 22 もう一つ 21 何が 20 して 18 手は, 誰が 16 ありません, ないの, 一人の 14 ある, 行くところ 13 しては, なにも, 私は, 適当な 12 あるの, いろいろの, 二人の, 理由が, 誰か 11 仕様が, 何を, 何物も, 致し方が 10 あった, しようがない, なんの, 手が 9 すること, 女が, 彼は, 手段が, 私の, 自分の 8 あると, いくらでも, わけが, 仔細が, 仕方の, 仕方は, 別の, 手段は, 言いよう, 途が

7 [16件] あるまい, あろうとは, しよう, どうする, ないという, ふたりの, 云いよう, 人の, 仕事が, 仕方も, 四人の, 手の, 理由は, 男の, 考えよう, 説明の

6 [17件] あるん, いくらも, これを, それを, どうしよう, ないから, ないもの, なにか, 二三人の, 人が, 人は, 好きな, 男が, 男を, 立派な, 言葉が, 訳が

5 [20件] あるだろうか, たくさんの, ないこと, ないだろう, ないであろう, なんらの, 一人も, 今の, 他の, 例が, 四五人の, 客が, 村の, 目的が, 私が, 策は, 能の, 術は, 詮議の, 類が

4 [51件] あったの, あって, あること, あるもの, いろいろな, これと, ないが, ないん, なくなって, なんにもない, まだ一人, みちは, もうひとつ, もうひとり, 三人の, 世界は, 人も, 人生の, 人間の, 仕かた, 仕事は, 何ものも, 何らの, 何事も, 何等の, 出口は, 名案も, 多くの, 女の, 客は, 幾人の, 彼の, 持って, 方法も, 方法を, 生きて, 用が, 用の, 用は, 用も, 目に, 知って, 策が, 行き道, 行く所, 行く道, 身を, 連れの, 道の, 重大な, 金の

3 [80件] あらうか, あるに, あるまいと, ある筈, あろうとも, いい方法, お客が, お金を, する事, それが, どこに, どこも, どんな人, ないで, なかろう, また一つ, まだこの, まだ何, もう二人, 一種の, 下手人が, 二人も, 人影も, 今まで, 仕方なかった, 仕様は, 何物をも, 出て, 別に, 取得も, 呼びよう, 変ったこと, 大勢の, 女を, 子供が, 存在しない, 工夫は, 左の, 幾人かの, 幾人も, 彼女の, 御用が, 御用は, 心を, 思うこと, 思案も, 意味が, 手段も, 文句は, 書きよう, 望みは, 次の, 物いはず, 特別に, 理由も, 生きる道, 用事が, 男は, 知るもの, 神の, 考えようが, 腕を, 致し方の, 致し方は, 良いの, 若い男, 苦情の, 言うこと, 言葉も, 証拠が, 誰かに, 變つた, 路が, 身寄りも, 逃げ道は, 連れが, 遊んで, 道も, 類の, 鬼に

2 [285件] あったはず, あつて, あなたの, ありそう, ありますまい, ありませぬ, ありませんから, ありませんでした, ありませんよ, ありゃしない, あり得ない, あるか, あるが, あるだらうか, あるもん, あるわけ, ある別, あろうか, いいところ, いいよう, いい場所, いくつも, いたし方が, いふこと, いまだ真正, いまは, うるさいこと, おめ, おれの, お客という, お客も, お民, お気づきの, お金もうけ, かくれるところ, きいたこと, ここへ, この座敷, これという, これらの, しようが, しようがなかった, すると, そこには, そして彼女, その原因, その友人, それと, たいの, たくさんある, たすかるみち, だれが, できること, とりたてて, とるべき方法, どういふ, どうなり, どこか, どこにも, どれも, ないか, ないかと, ないじゃ, ないでしょう, ないはず, ないよう, ないわ, ないわけ, なお重要, なかつた, なしと, なにかお, なにものも, なるべく物, なんにもなかっ, ねえん, はござりませぬ, はずうっ, またこれ, また別に, まだ, まだお, まだ一つ, まだ誰, まだ象徴詩, もう一つ別, もう一つ大事, もう一名, もう誰, もっとたしか, もつと, やりかた, やり方が, わたしなんか, われわれの, インドで, シナにては, ビクターに, モオパッサンの, 一つの, 一つも, 一種霊妙の, 七人の, 不規則で, 主人の, 二つの, 二三の, 二品ほど, 五六人の, 五百坪ほどの, 亡父の, 人かげは, 人を, 人物は, 人通りの, 人通りも, 仔細の, 仔細は, 仕事も, 仕様の, 仕様も, 他意は, 何かの, 何と, 何んにも, 余念の, 余暇の, 例の, 侍が, 値打は, 傷は, 僕は, 兄弟も, 先の, 全く友達, 別段の, 労働の, 原因あるべし, 名は, 名前の, 向うの, 商売が, 商売を, 四五名の, 変な, 変わったこと, 変化の, 多々ある, 天下に, 天地の, 女は, 女中二人であった, 妙な, 子は, 子供は, 子供も, 子細が, 子細は, 存在の, 宿を, 尚ほ, 屈託が, 工面の, 平地は, 当が, 形容すべき, 彼らの, 彼を, 待って, 心は, 心当りは, 怖ろ, 思案が, 思案は, 急ぎの, 恋人が, 恐らく仕方, 情夫でも, 意味も, 我々が, 或る, 所謂食通と, 手伝いが, 手段の, 打つ手は, 救われる道, 数人の, 新たに, 日本の, 明智たんて, 時間の, 朝顔十四鉢, 梢を, 楽しみの, 楽しみは, 楽しみも, 楽しみを, 欲しい人, 正月の, 殆ん, 母の, 母親の, 比較すべき, 気の, 気を, 沢山ある, 浴衣が, 海の, 火の, 為すところ, 無い, 無いと, 爆薬の, 父を, 物一つ言えなかった, 特別の, 理由の, 瑞祥と, 生活を, 用いて, 相客の, 相手を, 相談する, 相談相手も, 真犯人が, 知る者, 石八枚を, 確かに, 神は, 私には, 第二, 精神なし, 純粋な, 罪ある, 考えて, 考へること, 聞こえるもの, 能が, 能は, 能も, 自分が, 自分を, 自殺の, 致しかた, 致方が, 芸が, 薬は, 藤の, 行き場, 行く処, 術を, 西側の, 見たこと, 見て, 見るもの, 解釈の, 言ひ, 訪ふ, 詮方も, 話すこと, 読むもの, 誰かと, 警視庁の, 質屋を, 辰夫の, 近所の, 返事の, 逃げ道も, 連れは, 進む道, 道なし, 遣り方, 適切な, 郵便やら, 重要な, 金を, 雇人六人も, 青梧, 非常に, 面倒を, 音も, 頼む人, 類例が, 食べるもの, 麓の

1 [3663件 抜粋] あいかわらずな, あったろうと, あの娘, あの沼, あまり材料, ありえない, ありのままの, ありませんが, あるいは弾丸, あるでしょうか, あるはず, あるわ, あんたの, いうこと, いささか気, いたの, いつぽん, いないよ, いま一つなにか未知, いらつし, いる妓たち, いろいろ別説も, いろんなこと, うまいこと, おげん, およそ何故に, お二人, お前を, お客は, お父様, お立ちの, お言伝, お願いが, かくれて, かつてより, かれは, くさい部分, こいつを, ここを, この世へ, この地特有, この工場, この目, この苦しみ, この青蛙, これといふ, こんな友達, ござるまいと, ご相談, さだめて御身, さらに頼まれ, しなければ, しろうと浄瑠璃大会学術参考的見せ物などを, すべなき, せん術が, その主謀者, その商, その朝, その罪, その雰囲気, そんなやつ, たくさんを, たとえば古代, たれかもうひとり, ちやんと, ちりめん十匹酒五駄, つややかな, とうとう娘, どういう筋, どうぞお, どうもしようが, どことなく言う, どなたも, どんな奴, どんな直接, どんな金儲け, ないただ, ないので, ない実際, ない道理, なおおそらく, なおページ七一, なお善悪, なお少なくとも, なお狂信癖, なお衣服, なかったであろう, なく就中, なすべきこと, なにかつけ加え, なにか特別, なりよう, なんとか云う, なんにも, なんにも考える, のがれる道, はね, ひとつの, べつに自然主義者, ほんとに面白い, またいくら, また他, また小さい, また謝肉祭末日, まだたくさん, まだコマ, まだ二, まだ姉さん, まだ思っ, まだ知っ, まだ連, みなさんも, むずかしい, めったにない, もうひとつ私, もう一つ科学的国防, もう一人九日, もう一冊, もう一通, もう手, もっとたいせつ, もっと世話, もっと決心, もとめるかわり, やがて前田父子, やはり英雄豪傑, やること, よいお, よけいな, わからせる手段, わたしたち助かり, アレクサンドロフカベロジョールカなど, エリオットの, カッフエ・ロリアンなどという, ケムリタケヤマダマキツネノヘダマテングノヘダマボウレイシが, ザラ紙二枚を, スタンダールにも, チップが, テは, ニコライ・ハルトマン教授の, ビールも, フォニックスの, プロペラの, ポリドールから, マホメット教火教等が, モデルは, ラ・リブレリ・ソシアル, ロンドンプレミヤーグランドピアスンストーリーテラートェンティーストーリズロヤルアーゴシーマクリュアなぞが, 一つ二つある, 一九〇三年に, 一人やぶれた, 一匹の, 一日二千円の, 一生まともな, 一計が, 七人主人を, 三人あつ, 三人も, 三四名ゐます, 上下合わせ, 下げて, 不快な, 世に将軍家, 世間から, 中国人チンセイも, 中村屋の, 主という, 乙吉鎌吉幸作という, 事業は, 二三人だしぬけ, 二三用意が, 二十五弗払わなけれ, 二心無し, 二階が, 五の, 五六人が, 些少ながら, 亮を, 人口減退の, 人気と, 人間ひとりかくれる, 今一つの, 今一軒の, 今若, 仕事の, 仕樣, 他意も, 休息は, 伯爵の, 位に, 何かが, 何とも致し方, 何やかやごてごてと, 何一つ書いてない, 何処かへ, 余分に, 使いみちは, 使用人も, 係の, 信一も, 倒れて, 僅かな, 働く当, 償いが, 兄弟もな, 光明を, 全くこれら実在, 全作の, 八千ルーブリほど, 六七人の, 六月二十八日には, 兵隊の, 内庭に, 写真屋の, 出ずること, 出る能力, 出入口は, 刃物を, 刑事が, 別に一つ, 別に物質, 別条は, 前書が, 力に, 努力の, 動物界には, 北方人, 十二三名の, 十銭二十銭余分の, 印刷労働者の, 原田甲斐富塚内蔵允遠藤又七郎この, 参詣の, 収入は, 取得の, 叡山や, 古社が, 各階級, 同じ仏像, 同意見, 名簿を, 告ぐべきこと, 和歌的な, 問え, 喰う品物, 四方を, 囲い者やら, 土佐と, 在り得ようか, 地所や, 堂上人では, 声を, 変わった切字, 外見を, 夜に, 大きな山蟻, 大して見る, 大坂町人の, 大道商人や, 太刀その他数点, 奇妙な, 奥大和の, 女中までが, 女学生が, 女清元, 妙子が, 始末の, 嫁く, 存じ申さぬ, 学区取り締まりなる, 安彦らしくない, 宗教専門の, 実は音楽, 客用の, 家作なども, 家族は, 宿屋も, 富士山なぞにも, 寺僧の, 尋ぬる, 小づかい, 小姓の, 小説も, 少いやう, 少し話, 居れば, 山羊の, 崇華園青宵院鳳凰楼九龍池などの, 左近の, 希ひうる, 常陸の, 幸次郎が, 幾らも, 広大の, 店員は, 庭の, 弁護士を, 当てが, 当時なんら, 彼にはも, 待たされとる奴, 従者四人みな黄衣を, 御書面, 復活の, 心外な, 必ず田, 怖いもの, 思し召, 急ぐ用事, 恋しい人, 息ぬきの, 悲しい犠牲者, 想像せし, 愛する女性, 感謝の, 憫れみ, 我々の, 戦闘準備の, 手下の, 手札型, 手紙が, 批評の, 持つべき品, 捜査本部で, 掻払い抜取り, 政岡と, 敵を, 料理番二人と, 新しく拗音, 新鮮な, 施すべき手だて, 日本人と, 早くて, 易を, 昼間は, 時間人数文字等の, 更に良き, 書置きも, 月三回の, 有るもの, 望み手は, 期するところ, 未だ何, 村落の, 東西の, 柔道の, 桃渓へ, 椎茸木炭などを, 楽屋には, 樹の, 正しいと, 武装を, 死ぬところ, 殆ど人影を, 殿下と, 比較を, 気持ちよく生き, 水戸義公父子を, 氷が, 求められるもの, 決して吹く, 河上徹太郎, 法螺熊という, 洋卓が, 流し口, 浮標を, 深いお, 清次郎と, 溜めよう, 激しく僅か, 為し得ないの, 無体の, 熊本出の, 牡の, 物資の, 特に注目, 犯人が, 猫の, 珍らしい, 現実世界と, 甘酒まで, 生き方は, 生捕っ, 用いる人, 用向きを, 申し分も, 男狂いを, 番頭弥助三十二三歳, 病気らしい, 百円の, 皮革業を, 目ぼし, 直次と, 相続人が, 真の, 眼に, 矢はり鬼武の, 知らさなん, 知る人, 石七枚を, 砂糖入れらしい, 礼を, 祭事仏事音物到来品買物近親交友間の, 私たちを, 私慾を, 秩序を, 種々多く, 空の, 端唄の, 第四, 答えを, 籠入りの, 精神内部の, 純文芸冊子, 細々でも, 絵も, 絹糸を, 罪名を, 美しく食卓, 考えざるを, 考へが, 聞えるもの, 聯絡の, 胡瓜揉み, 臨時の, 自動車は, 致し方も, 船の, 良案は, 芸者が, 若い者三人, 苦労が, 英語を, 荒川高三郎高橋秀臣塩谷恒太郎が, 華麗な, 蔽うもの, 薬を, 蘚苔類も, 融通が, 行くつもり, 行って, 表現が, 被害者が, 裏街道が, 西洋小間物と, 見たと, 見ぬところ, 見下しうる何物, 見当らないくらい, 見物人も, 親しい女子, 親類が, 観音の, 言わなかった, 記代子さんの, 証拠は, 話して, 認めて, 読み手は, 誰にも, 諸家の, 豚の, 貰い湯という, 賞与も, 超絶せる, 踏み台に, 車大工は, 農兵隊の, 近所じゅうの, 返事も, 逃げみち, 通る人, 進歩的で, 遊芸雑工業井戸掘り等にも, 道理を, 遺伝を, 部屋を, 酒代を, 金は, 銀の, 鋤鍬の, 長い間, 開かない仕掛け, 附属の, 階級が, 隠れ場所, 離別する, 電話の, 面白い考え, 音という, 頭脳明晰な, 頼む奴, 頼れるもの, 飛んで, 飯倉かわらけ町に, 養子が, 馬糧小屋の, 高利で, 魔法を, 鳴らす人, 黒い蔽衣

▼ ほか~ (5602, 25.6%)

101 ことは 62 ことを 43 人に 42 者も 39 者は 37 ことで 36 者が 35 ものは 30 人が, 連中は 29 人の 28 人たちは 24 事は 23 人たちの 22 ことに, ものを, 人には, 者に 21 人は, 女の, 点で 20 ものに, 男と 19 すべての, ものが, 者の, 連中も 18 ものと, 人を 17 二人は, 者を 16 ことには 15 事と, 女を 14 ことなら, ものの, ものも, 一人が, 二人の, 連中が 13 ことと, もので, 事を, 二人も, 女と, 者には 12 何物でも 11 ところへ, 事に, 人たちが, 人と, 子供が 10 三人は, 人にも, 人も, 客が, 者と 9 ことが, こととは, 事とは, 人なら, 物は 8 ところで, ところは, 人々が, 人たちと, 多くの, 方は, 話を

7 [18件] いろいろの, ところに, 人とは, 人間が, 仕事に, 国の, 女に, 客の, 方へ, 方法で, 男が, 男に, 男を, 種類の, 言葉で, 諸将, 連中の, 部屋に

6 [21件] あかりを, ひとの, 一人は, 事で, 人々の, 人々も, 人たちも, 人間の, 何物も, 国に, 土地の, 女たちも, 子供たちは, 家へ, 氏, 理由で, 者で, 誰かが, 誰が, 誰にも, 道を

5 [39件] ことなんか, どんなこと, ひとに, やつが, 一切の, 三人の, 人々は, 人たちに, 人では, 人達と, 仕事が, 仕事は, 仕事を, 四人の, 四人は, 場所では, 場所へ, 女たちの, 子供たちの, 子供の, 子供らは, 客は, 客を, 家の, 家族は, 方を, 時は, 木の, 物と, 理由は, 男の, 神, 者どもは, 者なら, 誰よりも, 諸君は, 連中と, 部屋で, 部屋へ

4 [54件] いろいろな, おねえさまたち, ことも, すべては, どこに, ひとが, ひとりが, ものなら, ものには, ものより, 三人も, 事なら, 事件で, 二つは, 二三の, 人々に, 人から, 人たちには, 人びとは, 人達の, 人達は, 何ものでも, 何物をも, 処へ, 土地では, 土地へ, 場所で, 女が, 女中は, 子どもと, 子は, 子供は, 客に, 客も, 座敷へ, 所は, 方に, 村の, 河童の, 理由から, 生徒たちの, 生徒たちも, 用事を, 町の, 者たちの, 者とは, 芸術の, 若者たちは, 言葉は, 話に, 誰でも, 連中とは, 部分の, 鳥は

3 [91件] あらゆること, うちの, お客は, お方と, かたの, だれか, だれに, だれよりも, ところでは, どんな人間, ひとたちの, ひとでも, ひとは, ひめぎみたち, もろもろの, やりかた, 三人が, 三人と, 乗合の, 事実を, 事情で, 人だったら, 人で, 人びとの, 人よりも, 人達も, 人達を, 人間に, 作家の, 先生が, 医者に, 品物を, 国へ, 場所に, 場所を, 大将を, 大新聞, 女たちは, 女中たちは, 奴らの, 奴を, 奴等に, 子たちは, 子と, 子も, 子供たちから, 子供たちが, 子供たちも, 子供を, 子供達と, 少年たちは, 弟子たちが, 弟子たちも, 形で, 形に, 意味は, 所では, 所へ, 手紙と, 新聞に, 時なら, 物が, 物に, 物には, 物を, 犬が, 男とは, 男は, 町へ, 病気の, 罪人と, 者から, 者たちが, 者たちは, 者より, 者共も, 職業に, 船に, 話の, 誰か, 誰からも, 誰とも, 誰の, 誰も, 課の, 連中に, 道へ, 部分では, 部分は, 顔を, 馬に

2 [325件] あらゆるもの, いくつかの, いっさいの, いとなみも, お供の, お医者さん, お客が, お客たちは, お客に, お客の, お座敷で, お料理, お方は, お話を, こと, ことから, ことじゃ, ことな, ことについては, ことばかり, しかたを, だれかが, だれも, ときは, ところから, ところなら, ところには, ところの, ところよりも, ところを, と取り換え, どこへ, どっさりの, どの国, どんな信仰, なんらの, は, はみな, ばらの, ひとも, ふたりの, ふたりを, みんなは, もう一つ, もう一人, もっと大きな, もつと, ものたちは, ものだ, ものであり, やつらの, やつを, わけが, を買っ, アザラシは, プリマドンナの, ボーイが, 一匹が, 一匹の, 一同も, 一挺の, 一組は, 一羽が, 一通は, 三名も, 世界を, 乗客たちの, 九人は, 事が, 事じゃ, 事とも, 事件なら, 事件に, 事実と, 二人が, 二人と, 二人に, 五人は, 人, 人々からも, 人々と, 人々には, 人々にも, 人たちとは, 人たちに対しては, 人たちまで, 人たちみたいに, 人たちよりは, 人たちよりも, 人たちを, 人のと, 人のは, 人びとを, 人へ, 人より, 人夫が, 人達が, 人間と, 人間には, 人間にも, 人間は, 人間も, 仕事の, 他の, 仲間が, 仲間たちから, 仲間へ, 仲間も, 何か, 何の, 何ものも, 何事を, 何人も, 何者でも, 作品に, 例を, 侍たちが, 俳優たちは, 兄弟は, 先生は, 先生を, 児童たちは, 兵が, 兵も, 凡ての, 処に, 分別も, 劒に, 力を, 動物が, 動物と, 動物に, 動物の, 包まし, 医者の, 原因による, 友達の, 友達も, 名を, 品物は, 商売を, 問題に, 四本の, 国では, 国と, 土地から, 土地には, 地方には, 地方にも, 地面へ, 場合なら, 場合に, 場合には, 場合は, 場所は, 声が, 女たちが, 女たちに, 女だったら, 女とは, 女なら, 女は, 女中が, 女中に, 女事務員, 女房たちが, 奴が, 奴は, 奴らも, 妓たちも, 姿殊に, 娘よりも, 子が, 子たちに, 子どもの, 子に, 子には, 子の, 子供たちと, 子供たちとは, 子供たちを, 子供なら, 子供も, 子供達の, 子供達は, 子供達も, 学問とは, 学校へ, 客とは, 客には, 室は, 家に, 家には, 家族の, 宿屋に, 将も, 将士は, 将士も, 小供, 小僧を, 小説でも, 少年たちの, 少年たちを, 少年を, 山々も, 島へ, 川へ, 市民が, 席は, 幸福は, 店の, 店へ, 座敷に, 座敷は, 弁護士たちに, 弟たちは, 弟子たちの, 役者の, 御用に, 御立腹, 意味でも, 意味に, 意外な, 所なら, 所を, 手で, 手は, 手勢は, 手段は, 手紙を, 折助が, 搾取者の, 新聞社も, 方々は, 方と, 方なら, 方の, 方よりも, 方角へ, 方面へ, 日に, 日には, 日は, 星が, 時だったら, 時にも, 時の, 木には, 村へ, 来賓たちの, 梟たちは, 機会に, 武士どもも, 民族を, 汽船と, 河童よりも, 無数の, 物も, 犬だろう, 犬の, 理由なんか, 理由による, 生徒に, 用で, 男から, 男たちは, 男や, 町から, 町で, 病院に, 百姓が, 石を, 神さまを, 筋から, 組の, 組合が, 縁談を, 羊たちも, 考えは, 者だ, 者だって, 者へは, 者をも, 能の, 船では, 船も, 色は, 芝居と, 花の, 花も, 花よりも, 花を, 芸当は, 芸術に, 若者たちが, 茶屋の, 蛙も, 話, 誰もが, 課に, 諸大将, 議員達は, 連中より, 連中よりも, 道は, 道具類が, 道楽は, 部分から, 部分と, 部屋では, 部屋には, 部屋の, 部屋は, 部屋も, 部屋を, 鉄砲を, 雲は, 非江戸ッ子, 面々も, 頁, 順序に, 鯉を, 鳥と, 鳥の, 鼓の

1 [2694件 抜粋] あざ笑いの, あらゆる方法, いかなる憧憬, いとわしいこと, いわゆる先進国, うちは, おとなたちも, おゆう様, お侍たち, お妃, お客さんに, お客を, お宮へ, お心付け, お歌も, お金の, かけらで, かたがた, かめには, が切れた, くさぐさ, こうもりを, ことだった, ことでございます, ことの, ことらしい, こどもたちの, こまごました, そういったよう, そんな物, だったが, だれにも, だんななら, では, とき伸子は, ところどこでも, とは違う, と同じく, どこかにも, どこでよりも, どのメーツ, どの新聞, どの脚本, どんな事, どんな女の子, どんな職業, ないこと, なんである, には桑, はただ, は一段下, は沢山, ばかげたこと, ひとつの, ひと家へ, ふたりに, ほほづき, みどりの, ものかは, ものっていう, ものでしょう, ものなら知らない, ものみんな笑ふ, もんと, やさしい童話, やを, よりも有りふれ, わたくしの, を出します, を知ってる, アパートや, クラスへ, シナ人たちも, セン・カンテンの, テーブルや, ドアへ, パイプは, ホテルも, ポケットに, レパートリーは, ワケが, 一ぴきの, 一切にか, 一団は, 一棟に, 一船へ, 一頭も, 万木千草は, 三分の二は, 三本の, 上皇親王たちも, 下宿人と, 不思議な, 不運な, 世界には, 中将侍従民部大輔などで, 乗って, 乗組員も, 九軒をも, 事, 事でない, 事には, 事件では, 事実が, 事情に, 二ひきに, 二人づれの, 二冊の, 二名の, 二通の, 五十箇国の, 人々から, 人々よりも, 人たちだって, 人たちへ, 人である, 人ならし, 人のを, 人びとに対しては, 人よりか, 人形たちより, 人書い, 人造人間に, 人間では, 人間なんかには, 人魚たちの, 仕えの, 仕事へ, 仮名におきましては, 仲間を, 会員も, 住僧が, 何ごとも, 何事にも, 何人でも, 何物によっても, 作家にも, 使者が, 侍女どもが, 信者の, 側臣や, 僚艇に, 僧を, 兄さんや, 先生かの, 先生等と, 児童たちに, 八丁堀衆なら頼, 公卿捕虜の, 共犯者が, 兵や, 兵隊たちと, 写真師に, 処のより, 出来事は, 分かって, 利息は, 創と, 助勢も, 動物とは, 勤め人も, 化物連中が, 医者へ, 博労連中も, 参考書や, 友だちは, 友人群に, 双葉山批評家よりも, 叔父めらも, 口を, 古代紫か, 召使いは, 同僚たちは, 同志の, 同輩は, 名前では, 周囲には, 品と, 品も, 商人にも, 商法工業等は, 善良な, 囚人と, 四人から, 団友に, 国が, 国には, 國と, 國務大臣は, 土地なら, 地上的な, 地方の, 坊さん達が, 坑夫だって, 報告は, 場合でも, 場所よりも, 塾生たちを, 声は, 外国人の, 大きな仕事, 大人たちと, 大器の, 大空は, 大都会, 太夫なら, 夷兵は, 契約は, 女ことに, 女であったら, 女どもから, 女の子なら, 女中たちと, 女中二人に, 女友達, 女客二人, 女性の, 女房も, 女院から, 奴らあ, 奴等は, 妃たちの, 妖怪談の, 委員は, 娘さんたちが, 婆娑羅大名や, 嫌な, 子どもたちは, 子らも, 子供とは, 子供らが, 子供等は, 子分どもに, 子息が, 季節であったら, 学問へ, 学生は, 宇宙艇は, 官衙が, 宝石で, 実際的, 客車へ, 宮の, 家では, 家は, 家具類は, 家来が, 家来も, 家財なども, 寝台に, 審理の, 寺へ, 将に, 将校下士を, 小さな秘密, 小僧さんたちを, 小姓は, 小火災, 小間使を, 少年たちが, 局と, 屋敷や, 山々の, 山よりも, 岩の, 崖全面の, 左右二大臣高官らも, 希望者よりも, 帽子か, 幸なく, 幾千幾万の, 店と, 座敷で, 庫内からも, 建物の, 弁護士に, 弟子たちと, 弱いの, 影が, 役人たちが, 役所は, 待合なぞへとは, 徒士勢も, 得々たる, 御方は, 御茶屋, 心絶え, 念慮も, 思ひに, 怨みは, 恋びとの, 恥ずかしい数々, 患者は, 意味から, 意味など, 意識との, 感覚力を, 憂懶を, 所々へも, 所置は, 手紙でも, 技師連中は, 按摩さんじゃ, 推測を, 攻め口を, 故参, 教正は, 数名が, 文体が, 文明国との, 断髪嬢なら, 新聞には, 方々にも, 方たちの, 方とは, 方向へ, 方面に, 旅客たちを, 日を, 旦那様は, 時に, 曲に, 書生さんたちも, 月日も, 望みも, 木に, 木立を, 本まで, 村から, 東歌と, 棚を, 植木屋でも, 樵が, 機械人間にも, 歌が, 歌にも, 止宿人たちが, 武将も, 歯で, 殿御は, 民の, 水と, 汚れものの, 沢山な, 洋酒も, 浅草を, 海では, 混ぜもの, 源因は, 火夫と, 点での, 焼きたて, 片足で, 牝羊に, 物なりに, 特徴においても, 犬には, 狐が, 猫には, 獣は, 理屈は, 理由を, 生き物とは, 生徒たちが, 生徒には, 生活への, 用に, 用事は, 男たちとも, 男の子たちも, 男女工達と, 町すじへ, 番の, 番頭どもには, 病人たちは, 病気でも, 白刃も, 皆よりは, 盗児に, 目的が, 直覚作用を, 看板だけが, 県へは, 着物を, 知識しか, 硝子戸に, 社会の, 神的な, 秘書たちを, 穴を, 窮迫に, 競輪場の, 箇所まで, 精神病院の, 紙片と, 組に, 総ての, 繁盛ぶりで, 罪人たちよりは, 群れから, 群集の, 老将たち, 考えを, 者じゃ, 者とも, 者どもも, 者にとっては, 者みなこれに, 者ア次の, 者達に, 職人たちも, 職業と, 腰元たちも, 自殺文士の, 舞台では, 船には, 船員や, 船頭どもは, 色々の, 花が, 芸と, 芸人の, 芸術が, 若い人たち, 若い騎士たち, 茶碗では, 荷物ときたら, 華族や, 葉の, 薬屋に, 虫が, 衆に, 街を, 表情を, 被告の, 西洋人は, 見ものあり, 見物人は, 親分の, 観世物の, 言葉が, 記事に, 訪問客たちは, 話しに, 話らしい, 誰かと, 誰で, 誰れで, 諸堂, 諸派に, 譜代に, 讒言みなこの, 貝殻を, 貴き魂, 賢者は, 身体の, 軍人は, 軽業師は, 通行人たちの, 連中ときたら, 連中のと, 遊芸を, 道から, 道中と, 遠くは, 部下たちを, 部将は, 部屋だろう, 部落の, 郵便なんぞ, 都市については, 重臣は, 金銀緞匹と, 長所が, 門人たちも, 関係さ, 閨秀たちが, 陶器と, 隠れた心, 雇人を, 雑兵ばらは, 雑誌に, 雑談の, 難産にて, 霊の, 非事務的, 面では, 音楽会へ, 頬赤き, 願いも, 飯場の, 首府と, 馬飼も, 骨肉の, 高山に, 魚の, 鳥たちは, 鳥獣には, 鶏への, 黄金の

▼ ほか~ (2549, 11.6%)

471 ない 303 なかった 178 ないの 132 ありません 123 ないと 33 あるまい 31 ありませんでした 26 ないが 25 ありますまい 24 なかつた, 何も 22 ないので 20 あるまいと, 無かった 16 無い 14 ないという 13 だれも 12 ございません, ないよう 10 ないこと, 誰も 9 ないで, ないであろう, なかつたの 8 ありませぬ, 何物も, 無いので 7 ありませんが, ござらぬ, ないだろう, ないでしょう 6 何にも 5 あるめ, なかろう, 仕方が, 滅多に 4 ございませぬ, ござるまい, ないん, なかったであろう, なかろうと

3 [12件] あるまいよ, ございますまい, ないね, ないよ, ないわ, なんの, 何の, 何事も, 無いと, 無いの, 無かつ, 見よう

2 [54件] あっても, ありますまいと, ありませんな, ありませんよ, あるまいな, いっさいの, そうでない, どこに, どこの, ないから, ないさ, ないはず, ないもの, ないらしかった, ない有様, ない運命, なかつたが, なかなか家, なく, なくそうして, なくそれ, なくなった, なくなったの, なにも, なれて, まだ大, まるで似, みな女ばかり, みな男ばかり, 一面に, 人の, 今なお, 余り口を, 前に, 垢に, 外出しなかった, 外出しなかったらしい, 大抵の, 完全に, 寸尺の, 手に, 殆どこの, 決して作られ得ぬ, 無いという, 無言の, 真暗で, 神の, 神様に, 自分の, 若い浄土宗門, 行き場所, 見出されること, 言いようが, 誰にも

1 [761件 抜粋] あくる日も, あたりは, あっと思った, あなたの, あの子, あまり手, あまり物も, あまり親, あらざらん, あらず, あらまし集まっ, ありえない, ありますまいが, ありますめ, ありませんからね, ありませんね, ありません僕, あるまいから, あるまいが, あるまいさも, あるまいじゃ, あるまいでは, あるまいといふ, あるまいなあ, あるまい一度, あるまい何, あんまり用, いかなる苛責, いかん, いかんいかん, いっさい不問に, いっさい町へ, いったん加筆, いっときも, いつも微笑, いつも懐手, いらざる雑言, いろいろ変わる, おりおりは, おりおり外面, お母様の, お母様を, かなり厳密, からんと, きわめて忠実, けっしてさがさない, こちらから, ことごとくこれ, ことごとく往生, ことごとく雑木, この人, この家, この日誌, この際, この頃ぢ, ございませんから, ございませんが, ございませんでした, ございませんでして, ござんし, さしたる武器, さらに一, しなびきった裸体, しや, すこしも, すっかりがらん, すべが, すべてトシエの, すべて体重が, すべて天火と, すべて焼けおち, すべて煙の, すべて職田を, すべて西北にあたる, すべて雨ざらしで, すべて雲の, せめての, せんすべ, ぜんぶが, そう自分, その頬, たいがい午前中から, たいして見るべき, たいてい参席謹聴, たれも, たれ一人, ちやうど, ちょっと判断, つい近年, つかふべき言葉, つねに働い, とりあえず流れ, とんとござらぬ, どうしよう, どうにも仕方, どこへ, どこも, どれも, どんなこと, なあん, ないいや, ないこれ, ないし, ないじゃ, ないだろうか, ないついては, ないて, ないでしょうね, ないです, ないですね, ないというまで, ないといふも, ないとかんねんを, ないどんなに, ないのに, ないのよ, ないものの, ないよという, ない七兵衛, ない三位一体, ない二人, ない以上, ない吉, ない女, ない心地, ない心持, ない憐れ, ない方, ない最後, ない次第, ない熱, ない生き方, ない脆さ, ない自分, ない誤謬, ない近世賃銀勞働者, ない長崎, なかつたけれども, なかつたと, なかなか元気, なからう, なかろうよ, なくかれは, なくしかし, なくその, なくて, なくと, なくなって, なくなりました, なくなるん, なくまた, なく主, なく信孝, なく殺さねば, なく現在, なく秋燈, なけれど, なにひとつ動かず, なにひとつ目に, なにもかもすっかり飽き飽きし, なにものの, なにものも, なるべく各, なるべく外来語, なんにも動かさなかった, ぬれたかとばかり, ねえの, ねえん, ねえ金襴, ひっそりと, ひろい公会堂, ひろき波音, べつにおぼえたくない, ほし竿, ほとんど一般的, ほとんど寝た, ほとんど母, ほとんど鉄砲, まだたれ, まだ大通り, まったく手持ちぶさた, みたくなかった, みなこの, みななく, みなに, みな内に, みな喫飯せり, みな城を, みな女子なる, みな登りました, みな自分を, みな鞍を, みな黙, みんなが, みんなそれぞれに, みんなバルバアルという, みんなピンピン, みんな中流階級の, みんな土地の, みんな押し入れに, みんな玄関払いに, みんな米国人だ, みんな船室には, めくらか, めったにお出かけ, めッた, もう何, もう外出, ものものしい武器, ものを, やはり記憶, やや幸福, ゆるさるべきもの, よいと, よく顔, よその, わからなかった, わたくしの, イキナリ武器を, ギーザの, シュパッツ夫人を, テクシーで, パリの, パ行音が, ボケてしも, 一さいヨーロッパ人を, 一ぺんも, 一人も, 一切不明, 一同と, 一年じゅう毎週仕事が, 一日静かに, 一望はるかな, 一銭銅貨ばかり, 万丈の, 三方ともに, 上部だけ, 不味いが, 世に何物, 中でも膂力, 主従水入らずの, 乗る事, 乗物では, 二三の, 二回汽車の, 人が, 人に対して, 人力車に, 人脚も, 他人の, 似せても, 低い女官, 何か, 何が, 何ひとつ花とて, 何ものも, 何んにも, 何一つおぼえ, 何一つ念頭, 何一つ殘, 何一つ知ろう, 何一つ贅沢, 何人にも, 何等の, 余り見掛けない, 余り認められ, 余計な, 使わない奥, 供せず, 僕と, 全く一人一人自分自分, 全く真っ黒, 全然イクジナシ, 全身まっ黒な, 全身剣を, 全部平靖号へ, 全部樹海や, 全部黒褐色で, 公卿振りも, 冗談と, 冬期中毎日風雨または, 出ない事, 出入りいたしませぬ, 割に少い, 割愛しなけれ, 北は, 半七老人, 南朝衆臣の, 厳守し, 参ずる人, 友人たちとの, 口を, 同居し, 否認し, 吾, 国土の, 地球へ, 地蔵堂の, 墨の, 壁の, 外に, 外国船の, 多くの, 多くは, 夜長の, 夢想の, 大てい跣足, 大体やっぱり, 大抵商売人, 大抵絵馬堂, 大方の, 大方跳, 天気の, 太田君の, 女ばかり, 女中が, 好いて, 姉たち二人が, 姿を, 実に徹底的, 客を, 寂として, 密事は, 小屋掛など, 少しく思慮, 少しも, 少なくとも足, 属官僕隷であり, 山林であり, 帆を, 帷幕の, 帽子から, 平, 床の, 床全体の, 庭掃除の, 廊に, 弓まで, 弦を, 彼は, 彼らが, 往来し, 徒歩だった, 心の, 忘れたこと, 忘れて, 意味の, 愛好者たちと, 慰めようが, 戸外に, 手段も, 打てないこと, 挙げて, 掛布の, 放したこと, 政府にて, 教えませんでした, 斬り棄つる, 新しい社會, 新しき趣, 新造も, 旅館に, 日の, 日本人の, 昔に, 春北風の, 昼も, 暇さえ, 暗いかげ, 最近の, 月一円の, 本当に短い, 机によって, 東も, 東京へ, 森林のみ, 椅子でも, 極めて困難, 概してその, 歯を, 殆ど麻川氏, 残らず男の子, 母の, 毎日毎日が, 毒が, 水が, 江戸近在の, 決して吹く, 決して底, 決して改革, 決して開かぬ, 沙漠の, 洞窟の, 消息が, 湯水の, 満山ほとんど, 烏合の, 烟草ばかりが, 無い気, 無かろうと, 無くなったの, 無だ, 熊笹の, 独身の, 猫に, 珍糞漢糞な, 生まれて, 生れてから, 用ひない, 町内にても, 畏れかしこ, 異常が, 異状が, 登れないこと, 白いお, 白じ, 白昼なりと, 皆その, 皆な, 皆余りに, 皆出, 皆支那の, 皆柳に, 皆芝生に, 皆酒を, 真っ白である, 真の, 真白な, 着くるんだ, 知った店, 知らない, 知らんが, 石だたみのかべばかり, 破産を, 社会的に, 神社の, 秀吉に, 私たちが, 秘密に, 竹格子の, 米も, 粗末な, 納所の, 終始私, 絶えず姿, 絶えて, 美姫は, 羽織も, 考えようが, 考えること, 聞こえなくなる, 能が, 自分には, 自由に, 色代を, 草ばかり, 行き道, 行けども, 術が, 西域式か, 西洋人情噺と, 見えず渓間, 見えて, 見えぬ, 見たところ, 見ること, 見るも, 見通しの, 角だけ, 許されない, 話さなかったよう, 認めないであろう, 誰しも, 誰でも, 誰一人として, 諸門殿閣, 豕鶏等食する, 踏まぬ, 車副, 近づいて, 通れないくらいに, 遊んで, 酒も, 里見勢も, 銘々腰に, 鍛冶小屋を, 間断なき, 闇に, 雨も, 雨期に, 雲南の, 青く剃りあげ, 静養ばかり, 音も, 顧みるに, 食わずうなる以外, 馬と, 馬の, 魚類の, 鳴らされないの

▼ ほかには~ (1340, 6.1%)

59 何も 46 ない 42 誰も 35 だれも 34 何の 18 なにも 15 ないの 14 ありません, 何物も 13 なんの 12 どこにも 9 ございません, なんらの, 何にも 8 なんにもない, 仕方が 6 いない, ないと, ないという, ないよう, 人の, 誰にも 5 なかった, 一人も, 手が 4 ほとんど何, 一人の, 何と, 何んにも, 何物をも, 滅多に

3 [18件] ありますまい, あるまい, あるまいと, ないから, ないん, なんにも, 今の, 何らの, 何を, 何事も, 別に, 少しも, 彼の, 為さん術, 私には, 絶対に, 能の, 道が

2 [47件] ありませんでした, いない筈, お角, これと, ござらぬ, たれも, たんとあるまい, だれにも, どうする, どうにも, どこへも, ないであろう, ないはず, ないやう, ないらしい, なかつた, なさそう, なんにも持っ, なんにも新しい, なんにも気, なんにも見えない, ひとりも, よし今, ドアも, 一つも, 一片の, 一種の, 一軒の, 余念の, 僕の, 別の, 台所の, 商家の, 女の, 客が, 客は, 殆ん, 無い, 無さそう, 目に, 知られて, 脇を, 言葉が, 詮方が, 誰の, 退屈の, 金の

1 [772件 抜粋] あなた様に, あの広場, あの当日, あまりにも, あまり名の, あまり居なかった, あまり良い, あまり足跡, あまり近寄る, あらずこの, あらゆる感情, ありそう, ありませぬ, ありませぬか, ありませんそれ, あり得ない, あり得なかったの, あるであろう, あんまり変った, い, いっこうなん, いって, いないの, いなかつた, いふべき語, いよいよと, いよいよ訪う, おかしいほど, おぼえて, お前さんを, お嬢様の, お広, お松が, かくれるよう, かの, きわめて少ない, くるもの, くわしいこと, けっして白状, ここへ, このまる, この世に, この室内, この家, この店, この構, この難場, これくらいの, これぞという, これも, こんない, こんりんざい他, ございますまい, ございませんそう, ござらぬと, さうないと, さきに, しかたが, しらじらと, そうやすやすと, その人, その半分, その家, その建物, その白鳥, そんなこと, たいしておもしろい, たいして客, ただ書物, たまに新年, たわいなく眠る, だれ一人たより, ちょっと与八, ちょっと類例, ついぞ余念, どうにもしよう, どうにも仕様, どう仕様, どこへ, どなた様の, どんな点, どんな現世, ないか, ないこと, ないだろう, ないだろうと, ないで, ないでしょう, ないとでも, ないね, ないはずぢ, ないわけ, ない七兵衛, ない特殊, ない珍, ない訳, なかったらしい, なかなか正体, なかろうぜ, なくことに, なし友達, なにごとも, なにごとをも, なにを, なるほど三軒, なんとも判断, なんにもご, なんにもございません, なんにもなかっ, なんにもなく, なんにも云わねえ, なんにも口, なんにも心当り, なんにも手がかり, なんにも持たなかった, なんにも望ん, なんにも紛失もの, なんにも考え, なんにも聞えやしねえ, なんにも言いたい, なんにも証拠, なんら明らか, なんら異常, ねえだ, ねずみの, はっきりと, ひとつも, べつにあやしい, ほとんどまったく暖, ほとんど一, ほとんど断定的, ほとんど木, ほとんど聞えなかった, ほとんど見えない, ほとんど頼もしい, ほんとうに, ぼくが, まだ灯火, まったくあり得ない, まったくなにひとつ, まったくテ, まま, むろん誰, めったにない, めったに旅, めったに降り, めったに顔, もうなんにも掘出し物, もう二人, もう何, もう用, もう証拠, もっと大きな, もっと痛切, もらいよう, ゆうべと, よっぽど気分, わが家と, わたしは, イスも, オリエントヒコーキツル内外そして, バナナを, パハマンの, ポリドールの, マレー人シナ人アラビア人等あり, 一さい認められない, 一人しか, 一切やった, 一家の, 一指を, 一文も, 一本の, 一枚の, 一点の, 一軒も, 一銭の, 上方の, 下手人を, 不思議に, 世間に, 中間二人と, 主人が, 乾章魚の, 二三の, 二人づれの, 二人は, 二階に, 京菜の, 人あり, 人が, 人っ, 人っ子一人通っ, 人のけ, 人らしい, 人一人通らなかった, 人家も, 人智によって, 人気は, 人間らしい奴, 人間らしい感動, 今まで, 今も, 他人を, 他国の, 仲間は, 住む人, 体じゅうに, 何とも, 何とも爲, 何と差, 何ひとつきこえなかった, 何ひとつまわりに, 何ひとつ支えに, 何ものも, 何らつね, 何一つこれ, 何一つ人口, 何一つ入っ, 何一つ来なかった, 何一つ気, 何一つ罪らしい, 何一つ聞え, 何一つ語れず書けぬ, 何処へ, 余りに足, 余分の, 作用無き, 価値を, 保護者の, 修吉に, 僕を, 先生は, 光という, 入り道, 全くなん, 全く人影, 全く何, 全く何事, 全く法則, 六条坊門の, 処罰者は, 出で, 出ないもん, 出ない白い, 出入り口も, 別にあなた, 別に人, 別に子細, 別に異状, 別に私たち, 加賀屋一家の, 動作といふ, 千両も, 単に利用厚生, 原化記朝野僉載博異, 叔父の, 取り換えに, 古いところ, 召し使い, 同郷の, 名前の, 君持ち掛ける, 命を, 因襲的な, 変ったこと, 夏の, 多いが, 多くの, 大した崩れ, 大坂じゅうに, 大河無, 天下又一の, 女て, 女も, 女中三名だけ, 妃嬪を, 妥協という, 子供づれの, 子供の, 守備隊の, 安全な, 実際そんな, 室内射的といふ, 家じゅうどこを, 家の, 家らしい, 寸地も, 対等以下の, 小唄を, 小川氏著, 小織桂一郎岩尾慶三郎高田実柴田善太郎中野信近などが, 小鳥の, 少ないかも, 居ねがん, 山中へ, 希望も, 常識も, 庄屋ぐらゐのものであつた, 張飛馬超, 形容の, 彼について, 彼女は, 往来の, 御便り, 御子を, 心から仕える, 心の, 思い当らないの, 怪しい事, 情も, 意味は, 意志表示の, 感じられないもの, 憲法の, 戦争を, 手だてが, 手立ても, 手錠を, 押し黙って, 持ち合せないの, 持ち合わせも, 探偵小説ばかりが, 揺れうごく, 敢て, 散敷いた木の葉, 新聞を, 方法が, 日勝様の, 日本語はから, 明らかに, 昔の, 春にも, 時節柄とでも, 普通の, 暮しの, 書きこみが, 書生に, 最初夕顔の, 月月の, 有り得ない道理, 木も, 本筋には, 東京中に, 柏木の, 棒屋が, 樂しみは, 武器に関する, 殆ど外出した, 殆ど聞こえなかった, 母さえも, 母へ, 毎夜ともす, 毎年旧の, 水だけで, 水滴を, 決してあり, 決してなかっ, 決して御, 汽車の, 沢山居れへん, 泊まり客も, 法廷の, 泰伯顔淵堯曰の, 洋楽洋画は, 消滅しない, 湯に, 源蔵長太郎重, 滅多にその, 滯在客は, 炭と, 点の, 為すところ, 無いという, 無えなあに, 無かった, 燈火も, 父の, 片鬚, 物音も, 特別の, 犬ころ一匹いなかった, 犬とか, 犬ばかり, 玉乃を, 現代の, 理想って, 琴が, 甘いもの, 生ええない周囲, 生きて, 生きる目的, 生き物の, 生命の, 用人と, 申し遺すこと, 男の, 男を, 画に, 疵らしい, 病監炊所, 目には, 目の, 眼が, 着なかったよう, 知るまいな, 知恵も, 私と, 空気抜きの, 立場が, 立証の, 紅蝙蝠の, 細務, 絵かきの, 絵に, 絶えて, 罪も, 罪人も, 老婆も, 考えられない, 考えられなかったの, 聖楽らしい, 聞かないこと, 聴える, 背の, 能事が, 能登守が, 自分たちの, 自分に, 至って無事, 至りつくべき陸地, 舟の, 航海に, 芸の, 若い戯曲家, 草一本生え, 蓄えという, 蓮池が, 薬局の, 藤島氏鈴木鼓村氏與謝野氏水野葉舟安成その他ずゐ, 蟻が, 蟻一匹這い出る, 表面は, 被害は, 見よう, 見出されまいと, 見出せない, 見渡すかぎり, 親しい人, 言い現, 言い現しよう, 言うべき言葉, 言って, 言句も, 訪ねて, 詮方無しと, 誰あっ, 誰かが, 誰に, 誰に対しても, 誰ひとりなかつた, 誰びとにも口だしを, 誰一人あたしの, 誰一人いなかった, 誰一人本当に, 誰一人考えも, 路は, 近くに, 逃げ路, 逃げ道は, 這入って, 通用すべからず, 遊ぶお, 道の, 道具らしい, 遮る由, 部屋じゅうに, 里仁篇に, 野菜よりも, 銀行預金が, 長い幕, 開け放たれた窓, 附近何処を, 陰といふ, 隅に, 雪が, 音という, 音も, 頓に返答, 頭髪も, 頼む者, 頼りに, 類も, 食事の, 食品を, 首飾りの, 馬に, 骨の, 骨折も, 鳥と, 麦と

▼ ほかにも~ (701, 3.2%)

15 ある 13 いろいろの, 何か 5 たくさんある 4 いろいろな, 客が 3 あった, たくさんの, 同類が

2 [40件] あるか, あるかも, あること, いくつか, いる, いろいろあった, いろいろある, いろいろと, こういう例, これに, なおいろいろ, まだある, まだたくさん, まだ居る, 一人の, 二三人の, 五六組の, 仲の, 何かの, 何者かが, 四五人の, 多くの, 多し, 大勢ある, 大勢の, 家作などを, 幾人かの, 幾多の, 店の, 悪い事, 所々に, 有るべし信如, 桐や, 沢山ある, 理由は, 用が, 私が, 肩の, 訣が, 連れが

1 [558件 抜粋] あったけれど, あったに, あったの, あったん, あなたが, あり, ありは, あります, ありませうけれども, ありやと, あるいは, あるから, あるし, あると, あるとは, あるの, あるもの, あるや, あるらしい, あるらしいが, あるん, ある子等, いくつかの, いくばくかの, いつか甲板の, いのちを, いるぞ, いるだろうじゃ, いろ, いろいろこの, いろいろすぐれた, いろいろまだお, いろいろやっ, いろいろやり方, いろいろ内幕, いろいろ出来事, いろいろ孔明, いろいろ平生, いろいろ御, いろいろ懸念, いろいろ捜せ, いろいろ理由, いろいろ身近, うらぶれて, えたいの, おかしい奴, おそらくハンブルグ, おそらく幾, お籠り, お紺, お蓮, お詫びを, お願いしたい, かくの, かず多く, かぼちゃとうもろこしの, かれ蚊帳, きみ以上の, きよすに, こういうオアシス, こういう危険, ここへ, このホテル, この一枚, この世に, この二つ, この前, この船, この間の, これらに, これを, こんなさえた, こんなの, ごいっしょ, しょっちゅう女, じゃまあ, すぐれた詩才, ずいぶんある, ずいぶんいる, ずいぶんおそく, そういうお方, そういう友達, そういう考え, その他何, その出生, その後そんな, それを, そんなお, そんな人, たくさんあった, たくさんあり, たくさんな, たくさん寝, たくさん持っ, ただならぬ世間, ただの, だいぶ収入, だんだん口, ちょっと話, つみが, なおそれ, なおたくさん, なお多し, なお存する, なお小舟, なお少なく, なお彼ら, なお雑多, なかなかあります, なにか後ろ, なにひとつ失くなった, のこして, ひげ, ひとりお, ほとんど枚挙, また一つ, まだあの, まだいろ, まだいろいろあやしい, まだいろいろあるであろう, まだいろいろの, まだいろいろ伺っ, まだいろいろ聞いた, まだいろんな, まだおなか, まだおる, まだこまかい, まだこんな, まだだれ, まだまだ何, まだよく納得, まだ係, まだ俊成, まだ多く, まだ目, まだ確か, まだ関係, まだ随分人間, まんざら用, むずかしいひっぱり, もう一つ, もう一つ楽しみ, もう一人年上, もう少し現われ, もっと身近, やって, やつて, やはり黍団子, わけは, わたしが, イギリスや, キリストと, ブルジョア作家の, ブルドッグを, ヘンな, ペンキ塗りの, ポンカン飛魚牛馬海藻類木炭松脂木材樟腦皮革と, ポンポン, 一つ兵役にたいする, 一ツの, 一人いる, 一人もし, 一人や, 一人材木屋の, 一円以上の, 一名の, 一山には, 一度虐殺者, 一挿話が, 三つ四つブラームスが, 三カ条あります, 三人の, 三四の, 三四人は, 三柱あり, 不審な, 世界に, 丹前を, 事件が, 二, 二つあった, 二つ三つメフィストの, 二三びき買っ, 二三人いた, 二三人そういう, 二人の, 二人斬られた, 五六人来, 五六人起ちかかった, 五六名の, 人いちばい要心ぶ, 人影の, 仕栄え, 他の, 休みの, 何かが, 何の, 作中に, 使ってる店, 例が, 侍者は, 俄か, 俗字の, 借りが, 借りてる人, 傳は, 傷ついて, 入用の, 八千メートルを, 六波羅の, 六蔵重吉紋次鉄蔵という, 具足の, 円朝物で, 写真を, 出先き, 出席しなけれ, 別の, 到る処, 剣道野球庭球登山陸上競技水泳図書などの, 副官が, 功徳の, 化粧場という, 十二三人の, 十何冊か, 十幾人かの, 半紙に, 南方へ, 原因が, 又いろいろの, 古い革袋, 古え, 可能な, 各地から, 同じくらい, 同じこと, 同じよう, 同じ年頃, 同じ意見, 同じ鈴鹿郡, 同じ頃, 同人を, 同様の, 同謀, 君と, 呉の, 周信さんの, 商屋に, 商業漁業の, 四五人金庫の, 土間が, 地所や, 地所やら, 地所家作を, 地球が, 墓を, 多い, 多かった, 多く届け出, 多加志, 多勢そんな, 多少の, 多少は, 大きい石, 大事に, 大勢いた, 大勢見えた, 大塚や, 大理石の, 大石を, 大竜和尚の, 天然の, 天皇は, 奥州の, 好意を, 妙な, 妲己の, 始終先生, 娘たちが, 子は, 子供たちが, 子供どうしで, 安倍氏が, 宋の, 宗祇の, 客出入りの, 家作や, 寺中の, 小さいへや, 小さい御家人, 少くは, 少し話したい, 少年が, 尚侍に, 居たであろうが, 山ほど, 山吹色とか, 巷には, 巾着切りや, 席が, 幕令を, 干繋, 年下の, 幾ヵ所の, 幾人か, 幾条も, 幾点かの, 幾種を, 廻るところ, 役人らしい, 彼と, 彼は, 彼女は, 往々その, 御人格, 御用を, 心あたりは, 心当りが, 必ずあるであろう, 必ずなんらか, 応接間ある, 忽ち数人, 思いあたるふし, 怠らない讀書, 急ぎの, 悪い病い, 悪者が, 愁わしい, 愛国心に, 所どころに, 手がかりの, 手入れを, 手術の, 持つ方法, 掛け取りが, 探して, 提灯を, 支那朝鮮から, 散逸した, 数々の, 数ある, 数え尽すべからず, 数人おなじ, 数人乗った, 数知れない, 数通あった, 敵が, 數個の, 文学が, 斬っちゃ, 新しい少年劇団, 方法が, 旅人が, 旅人三人ばかり, 日ごとに, 日を, 星の, 暗いなか, 書生が, 朝令暮改の, 木兎の, 未だ二つ三つ変, 末期の, 本を, 本屋の, 材料が, 村, 村の, 来て, 東京ものが, 東宮の, 松吉が, 柳橋のが, 栄子さんを, 根拠が, 椎樫もち肉桂などの, 権太郎が, 櫛が, 欲しいもの, 歌道の, 武人化なる, 武士が, 武蔵画は, 歩まるべき道, 死人や, 死骸が, 殿上役人を, 母には, 民族の, 沈約の, 沢山あるだろう, 沢山おります, 法事の, 泰文には, 漢の, 烏, 父さんは, 父の, 牢の, 犬が, 犬神人だの, 犯人が, 猶ひとり, 珍しくは, 男の, 画面の, 異本が, 疑えば, 病人が, 発戸の, 発見を, 相当の, 眼に, 眼利が, 知った者, 石川左門杉浦勝次郎同, 石炭殻を, 磐次という, 秀吉馬廻りの, 私に, 私よりは, 秋田の, 秘密な, 程が, 種々の, 種蒔き, 稽古朋輩が, 立派な, 竹棒渡りを, 箱の, 簇生し, 紀行として, 紙に, 素槍を, 老婆の, 考えて, 聞いたおぼえが, 腹ちがいの, 自炊生活に, 自然的富で, 舌切雀の, 良いところが, 良家の, 色々な, 色々の, 花の, 芸者の, 若狭には, 荒廃を, 荷役に, 莫大なる, 蒲生ひだの, 薄縁り, 蝦夷出身の, 行き暮れた遍路, 襟に, 西郷糖という, 見える, 見おぼえの, 見た方, 視覚に, 親しみ深い, 親類へ, 証人が, 証拠が, 話してえこと, 誓書を, 読むらしいがね, 誰か, 誰かの, 誰か人を, 誰一人として, 講談又は, 貧しい葬式, 賠償責任の, 軍人法律家医師実業家種々の, 輸出品は, 辻, 近所の, 迷惑する, 重傷者軽傷者が, 重大な, 金の, 釣り舟, 関係者が, 闘鶏師の, 阪井の, 随分物, 随従の, 雌から, 雨やみを, 需要多き, 非ビジネス的, 面白いの, 面白い旅行記, 音楽の, 響いて, 類型が, 高い山, 鬼の, 黄泥色を

▼ ほかでも~ (298, 1.4%)

65 ない 42 ないが 17 ありません 9 御座いませぬ 7 ありませんが 6 ないこの 5 ないの, ねえが 4 ないあの, なくそれ 3 ございません, ございませんが, ない彼, なかった 2 ありませんがね, ございませぬが, ないあなた, ないがなあ, ないがね, ないきみ, ないここ, ないその, ないそれ, ない大

1 [102件] ありませんでした, ありませんの, ありませんぼくら, ありません一, ありません私たち, おざら, こうして母親, ございませぬ, ございませぬ私, ございませんロック鳥, ござらぬ, ござんせん, ないあれ, ないあんた, ないおれ, ないおれたち, ないお前, ないから, ないがな, ないがの, ないきみたち, ないこと, ないこのごろ, ないこれ, ないじつは, ないすでに, ないつづみの与吉, ないです, ないと, ないという, ないなまける, ないぼく, ないやつぱりあの快楽, ないよ, ないわし, ないん, ないファルケ, ないロムベルグ徴候, ない一年前, ない不意, ない丘, ない乞食, ない人生, ない人相書, ない今, ない今わたしたち, ない信西入道, ない健康, ない兵糧, ない其方, ない前回, ない南条力, ない夫人固有, ない嫁女, ない孟達, ない帆村荘六, ない常に, ない悪評, ない惣八郎, ない房一, ない政府, ない文筆殊, ない旦那, ない春, ない春木氏, ない昨夜, ない月, ない某区, ない民弥, ない汽車, ない法月弦, ない洋行, ない洗, ない濠側, ない為世, ない病気, ない社會, ない私, ない笛吹きが教父ウィリアム, ない算哲, ない米友, ない緑川夫人, ない自分, ない自分自身, ない複視, ない遺言書, ない閏土, ない鼓, なくきのう墓地, なくその, なくスリッパ, なく改めて, なく若いご, なく身分がら, 一か, 修法を, 御座いません, 御座んせん, 聞いたという, 舞う青海波, 見たし, 話を

▼ ほかない~ (227, 1.0%)

15 のだ 14 のである 11 のです 9 であろう 6 では 4 じゃない, だろう, と思った 3 であらう, でしょう, と云う, ので, のであった, んだ

2 [13件] ことに, ことを, じゃありません, という念, と思います, と思う, のであっ, のであります, ものと, ような, ように, 犬です, 草の

1 [116件] いくらかの, かもしれない, からた, がとまれ, がまだ, が簡單, が雅, けれども進ん, けれど旧, ことが, ことさえ, この感嘆詞, じゃあない, その間二十五六まで, ぞ, ためである, だろうと, だろうねえ, つく, て, でありましょう, でしょうつまらない, でしょうね, でしょうよ, です, でせう, という, というところ, といふこと, とおもわれました, とかたく, ところでした, とつぶやい, とまで思いつめ, とも思う, と云, と云い, と云った, と四名, と存じます, と思, と思つて, と思ふ, と思われる, と眼, と考え, と言っ, と言った, と説いた, な, にし, ね, の, のか, のかも, のだった, のでした, のでそれ, ので万事, ので心理的, ので狭山, のにどう, のに原料, のは, のを, の知ってる, はずだ, まさしくそこ, もので, ものである, よ, ようね, わ, わけだ, わたくしで, わよ, わナ, んです, 一生だ, 事情も, 人間の, 今日とは, 光君に, 十一年前予紀州西牟婁郡朝来沼で, 厚意だった, 場合などに, 小窓, 山が, 山の, 山茶花の, 彼女が, 所へ, 月を, 有様と, 様な, 次第である, 此家の, 水を, 犬で, 状態であった, 由に, 私である, 私の, 秋の, 窮地に, 精神な, 羽目に, 自分を, 船室に, 茶の, 草から, 草螢, 親も, 貧乏親父を, 軍律だった, 麗人でした

▼ ほか~ (221, 1.0%)

16 行って 5 持って 4 気を, 話を 3 お嫁, 移して

2 [12件] いって, いっては, 取られて, 持つて, 移すこと, 移って, 行かずに, 行きましょう, 行っても, 逃げて, 連れて, 陣を

1 [162件] いくよう, おまわり, お出でを, お千絵様, お求め下さい, お洩らし, お移し, お移りなさいまし, お移りに, お立ち退き候え, お見せ, お言い, お遷, かたずいた, しまって, その精気, そらした, そらそうなどと, それたので, はこんで, はねとんだ, まわして, まわること, まわるところ, もつて, もれたん, やったらどんなに, やって, やりました, やりゃ同じ, やること, やるの, やる気は, やれよ, ネグラを, 伸展し, 住まわせなければ, 住み替えたらいい, 使を, 働き口, 出すなよ, 動かさなかった, 動かそうと, 勤める手蔓, 去った, 参るの, 取って, 向けかえて, 向けさせるよう, 向けようとして, 回る用, 売って, 売ろうと, 外らした, 外らして, 外れたので, 失せろ, 嫁づい, 宿を, 小分けし, 巣を, 建て直すと, 廻った, 廻って, 廻つちや駄目, 廻らなきゃならないから, 廻りました, 廻るから, 廻ること, 廻るなんて, 廻るの, 廻るよう, 引っ越して, 引越して, 当って, 往けと, 御出, 心も, 手伝いに, 手配を, 拡がって, 捌いて, 散るの, 方角を, 旅を, 書いたから, 棲か, 歩いて, 氣を, 洩らしたら医者, 洩らした者, 洩らしては, 洩らすまいと, 洩らす必要, 源氏は, 熱意を, 皆移っ, 皿小鉢銚子を, 知らせては, 知らせるよう, 移さぬと, 移されたという, 移しそれ, 移したん, 移しても, 移しようも, 移し或いは, 移し植えられること, 移すわけ, 移すん, 移ったあと, 移つたらしいですがね, 移らなければ, 移るか, 移る考え, 移動させた, 移転を, 立ち去ること, 紛らした, 縁づける, 行かないで, 行きかけたが, 行きました, 行き場, 行く, 行くこと, 行くにも, 行くの, 行くひま, 行くよう, 行く訳, 行く道, 行けば, 行こう, 行ったほう, 行ったら大変, 行った隙, 行っては, 行つ, 行つてゐます, 行在所を, 話題が, 路寄りする, 転じようと, 転陣を, 載せて, 迷ぐらした, 追い払って, 逃げ出しましたよ, 這って, 遊びに, 運ばせた, 運ぶこと, 運んで, 遷されては, 陣所を, 隠して, 隠れおったな, 預けたという, 預けると, 飛んで, 駒を

▼ ほかならぬ~ (200, 0.9%)

3 小林少年でした 2 お前の, この無駄話そのもの, 今日の, 右門の, 子らを, 彼自身の, 水品陣十郎であった, 猪之

1 [181件] あいつの, あなたさまとは, あなたさまの, あなたに, あなたを, あなた方なら, あなた方ゆえお, あの古島さん自身, あの大友, あの大海人, あの女, あの婦人連, あの縁側, あばたの, お世襲, お台所, お喋り坊主の, お奉行様, お方の, お産の, お角さん, お身, かつて, がんりきの, ことだけに, このおれ以外, このわたし, このアイルランド問題, このモスク, この伝六様, この作品, この兄さん, この拙者, この日本, この河合, この議論, ご評議, さっきは, そういうこと, そなた, そのこと, そのブルジョア的, その地獄絵, その形式, その母胎, その産院, その経験, ための, と説きました, ほんものの, ろうそく問屋長兵衛の, わが最愛, わけえ, わたしの, われわれの, クーパー自身の, グラフィーラでは, ゲオルクの, シュミットの, ジャックであっ, セエラでした, ソヴェトの, ソヴェト・フォードの, タロちゃんな, テオドル・ローレンス氏です, パーウェル・イワーノヴィッチの, パーヴェル・パーヴロヴィチの, フォン, フョードル・パーヴロヴィッチの, フリーダだけに, マルクス主義反対の, リンゴの, ローリイでした, 一つの, 三蔵琢磨である, 上杉伊豆守重能畠山大蔵少, 世界精神の, 主人の, 亀山上皇である, 事柄自体において, 亡き後宇多の, 人な, 人物です, 人間自身が, 仏の, 伊豆守様からの, 佐々木殿の, 僕の, 儀, 元の, 兄の, 兄貴に, 先生の, 出版中止の, 前天皇, 剣術の, 勅の, 勝入, 北条左内であった, 千葉先生であった, 吉田武左衛門な, 品です, 地球の, 壮二君でした, 天下の, 天子の, 太刀川時夫であった, 太郎左衛門である, 女相手, 孔明であった, 宮川茅野雄であった, 宮本百合子, 宮本百合子だ, 将軍の, 小林芳雄君です, 尼御前の, 尾崎秀実氏であった, 山県紋也である, 帝の, 当のグルーシェンカ, 後醍醐自身であった, 後閑仙七一族の, 御三家の, 御両家, 御城主, 御家中, 徳川どのの, 恩賜の, 愛蔵の, 憲法改正草案の, 我母が, 戦陣の, 房枝であった, 折口さんの, 拙者にだけは, 故人の, 故東郷元帥, 新君, 新撰組の, 新撰組へ, 新田右衛門佐義貞だった, 日すぐ, 日本人な, 明智探偵その, 明智探偵の, 昭和十四年において, 木下殿の, 松平伊豆守の, 松平伊豆守信綱の, 桃, 江戸で, 池田氏自身の, 海底要塞司令官ケレンコだった, 深窓の, 目の, 目明しの, 直義と, 県知事さんが, 矢柄源兵衛であった, 神尾主膳の, 私たちの, 私です, 私めが, 竹内式部である, 織田家の, 老先生, 自分が, 自分たちが, 自分たちに関する, 袁紹の, 観世銀之丞であった, 貴公達に, 貴方な, 貴方御, 貴族の, 資本制そのものの, 購読者な, 道庵先生でありました, 選擧對策の, 金公で, 金公に

▼ ほかなかっ~ (154, 0.7%)

1349 たの 3 たであろう 2 たこと 1 たし, たとか, たとき, たもの, たらしい白い, た物

▼ ほか~ (139, 0.6%)

3 のもの, は早 2 この街特殊, に遊び, の, の花, は静か, 畸形的な

1 [121件] あそこで, おそろしい一心, おれが, おれは, お前さんは, お前は, がその, がそれ, がリュック, このおれ, この二氏, これも, これを, その悪魔, その特質, その落葉, それは, それも, それらしかった, そんなこと, そんなもの, にも解釋, に似ず, に書いつけ, に真菰, に聞かまし, ねぼけ, のはな, のほ, のわが身一つ, の世, の人, の劇団, の夫婦, の残り少なき, の目, の荻, の藝能, の親しき, の鞭, はお, はかみ, はがやがや, はそれら, はでき, はみな, はもう, はわが, は人, は十分, は噛み, は客観的, は寢臺, は床の間, は忘れ, は思ひ捨て, は慰安婦, は打ち臥す, は数々, は明, は枯れはて, は正, は気づかぬ, は消息, は涸れぬ, は環境, は田, は知つておいで, は自分, は自然, は色, は遂げられ, は醜き, は険しき, は黒岩万五, もうお前さん, わが文教, を人, を知る, 不勉強, 中空で削, 乳幼児の, 何ひとつ商な, 備れり, 八五郎に, 労多く, 古き御代, 同じさま, 名前が, 土瓶敷の, 夜明けまで, 大目に, 姉芸者や, 定まつ, 家に, 察しは, 寢臺のうへで, 小石を, 川端島木両氏に, 平家では, 心中まで, 放浪と, 敬遠し, 旦那は, 旧幕時代から, 毛皮外套を, 無名の, 父親達が, 生ひ, 田子の浦は, 石の, 秋の, 空で, 紅し梅雨, 菊子と, 誰か, 長き過去, 閉ぢし, 零落し, 電球が, 黒の

▼ ほか~ (110, 0.5%)

11 人の 6 をする 4 の歌, 人は 3 の徒 2 が行, の考, の詞, は元, 人と, 人によ

1 [70件] から分化, がく, がすむ, が乞食, が全体, が叙事詩化, が同じ, が段々, が発明者, が竹林楽, が部曲, たちが, などであらう, にし, について言う, にもあつ, によつて口すぎ, に代る, に何, に使, に属する, に来た, に習熟, に臨む, のない, の中, の他, の古風, の変形, の如き, の家元, の対象, の後, の意味, の方, の時, の様子, の様式, の淪落, の真言, の神, の範囲, の結果, の芸, はこと, はせね, は其程, は厳重, は吉事祓, は必, ほかひ, をし, をした, を主, を伴, を携, を為事, を祝言乞食者, を続け, を繰り, 人, 人から, 人が, 人であり, 人としての, 以外の, 側の, 或は, 歌を, 部の

▼ ほか~ (92, 0.4%)

13 もない 4 もなかっ 3 の物音 2 か, の目的, もありません, もなくなるであろう, も持たなかった, も許容, を見る

1 [58件] うする, う教えられよう, か忙し, が今, でもお, でも兵隊, でも欲しい, でも置き忘れ, でも見わけなけれ, ということ, にもいませんでした, にもない, にもはっきり, にも分らない, にも心配, にも見えず, にも質問, のなす, の余念, の余裕, の効果, の取柄, の希望, の役, の役目, の意味, の感慨, の気働き, の獲物, の考え, の道具, もありませんでした, もしない, もしなかった, もなく, も入っ, も変った, も彼, も所存, も望まぬ, も残っ, も求めなかった, も求めなかつた, も産出, も考え, も聞えない, も見えなかった, も見えなくなった, も見なかった, も見分けられなかった, も見当らない, も許され, も邪魔物, や彼, をもいふ, をやっ, を提供, 知るもの

▼ ほかでは~ (85, 0.4%)

14 ないが 13 ない 2 ありませんが, ございません, ございませんが, ないがの, 見たこと

1 [48件] ありえない, ありませぬ, ありません, ありませんあの, ありませんここ, ありませんそれ, あるまい, これは, ございませぬここ, ございませんがね, ございません伯耆, ござらぬこのごろ市中, ちょっと見られない, つかいもの, どのくら, ないか, ないがね, ないこの, ないそ, ないそれ, ないぞ, ないだろう, ないよく, ないわし, ない今時, ない君, ない女アルセーヌ・リュパン, ない芝, ない菩提達磨, なく天下, ねえこの, メッタに, レオン・ムーシナックの, 仕入れること, 得難いの, 御座いません, 柳原寄りに, 決してそれ, 琴を, 知らなかった椅子, 聞いたこと, 見られないまでに, 見られない山吹, 見られない綺麗, 見られません, 見られんこと, 都よりも, 食えないから

▼ ほかから~ (74, 0.3%)

5 見れば 3 養子を 2 みて, みれば, 光を, 耳には

1 [58件] あてがわれた目的, いろいろお供え, うたがいの, お母さんは, くる破綻, くれる十円近く, この谷, ずんずん事実, たくさん贈られ, どんなに説教, 与えられた幸福, 二人加えられた, 人繰り, 伺うところ, 借りてまで, 借金し, 働きかける者, 入れりゃいい, 出て, 出版された, 力を, 助けを, 取るから, 受けて, 受ける忍び, 吹く風, 圧しつけられた仕事, 奥さまを, 後妻を, 思いあたるよう, 怪しまれないよう, 想像の, 持って, 挑みかける必要, 来るところ, 来る奴ら, 求めきたったもの, 漏れたら知らぬこと, 考へると, 耳にも, 聞いた, 聞いたこと, 聞いて, 聞き出して, 聞こえて, 見て, 見ても, 見ますれば, 見られまいと, 見ると, 話に, 誘惑が, 買ふ, 越えろ, 降って, 頼みに, 飛んで, 香ばしい餌

▼ ほか~ (67, 0.3%)

2 あつた, 想像し

1 [63件] あんな奴, お互, お姿, お生まれ, かせぐこと, こしらえたよ, こんなこと, それは, そんな機会, ちつと, ちょいと, どんな話, なんとかし, ぬすみ喰いを, むしろ至極, もう比丘尼小町, もござりませぬ五日, 会うよう, 会ったこと, 何か, 借りたが, 借りると, 儲からなくなったその, 同棲し, 売れませぬの, 夜ふかしを, 嫁を, 射殺し, 工面が, 待たなければ, 御馳走に, 探しえられないので, 數千部の, 毛利時親, 生きること, 用いた方, 盗んだお金, 盛んな, 立ち話など, 習って, 聞け, 育った娘, 育てたと, 自由に, 虐殺された, 見たこと, 見ても, 見ようたって, 見られない事, 見る間, 説く, 読んだこと, 誰か別の, 買い手も, 起った, 述べたこと, 進んでるや, 進水式を, 附近の, 頭を, 飲み直そうか, 飲むか, 飲んで

▼ ほか~ (65, 0.3%)

6 違って 2 湯気が, 言わなければ

1 [55件] あた, あたたかかった, いい気持, おなじ日向, ここちよくながれ, したと, した何, した可, した炬燵, した裏縁, して, するあまり, たとえの, ちがい三木城, なると, のぼせた顔, みえ男性, もりあがった処, 一面に, 三万余人で, 交通を, 別世界である, 同じよう, 咲いて, 土が, 土も, 埋火, 好い工合, 少し違う, 引上げ引上げ畳一畳ほどの, 当たって, 心を, 承ります, 春の, 時雨の, 暖かい場所, 暖かい日光, 暖かい萱, 暖かつた, 暖かで, 暖めて, 水蒸気が, 温かいでしょう, 温めつづけて, 焼けかかったパン, 熱っぽく感じられる, 甲を, 皮を, 相場が, 睡つて, 知りながら, 膨れ返る, 身も, 陽炎を, 食めば

▼ ほかほか~ (64, 0.3%)

5 とした 3 と, と暖かい 2 と土, と暖か, と湯気, の焼きたて

1 [45件] いい氣持ち, が通り越した, する, するので, する日光, とあた, とあたたかかっ, といい, とおなじ, とかお, とかほ, とここちよく, とし, としてあたたかい, として女の子, とする, とのぼせた, ともりあがった, と一面, と咲い, と埋, と好い, と引上げ引上げ, と当たっ, と心, と春, と時雨, と暖め, と水蒸気, と温かい, と温めつづけ, と焼けかかった, と熱っぽく, と甲, と皮, と睡, と身, と陽炎, と食め, ぬくい, ぬくもって, の大, の山々, へ皿小鉢, やはら

▼ ほか~ (61, 0.3%)

6 探して 3 たずねて 2 さがしても, 略すつもり

1 [48件] かえりみなかった, さがして, ずっと胸, せつせと, たづねてみませう, つめれば, まわるか, やってくるから, 出でない, 出られない, 加えて, 受ける云いよった, 向いて, 埋め合わせるくらい, 客観的に, 希はず, 廻り道し, 忘れて, 招いて, 捜さうぢ, 捜したら, 探したって, 探したらいい, 探しなよ, 探し給, 探すこと, 探す事, 探す心, 探せばい, 探って, 搜さう, 歩いて, 洗って, 洞視する, 皆斬っ, 知らずに, 知らなかった, 聞いて, 見ずに, 見て, 見ぬまで, 見まわして, 見るより, 見廻して, 輸入し, 遊び歩いて, 集めて, 顧みるいと

▼ ほかいろいろ~ (46, 0.2%)

6 なもの 3 のこと 2 なこと, の事

1 [33件] ある, あるが, あるし, ある事, が竜巻, そういったよう, と, とある, とふしぎ, なひと, なもう, な化け物, な困難, な天体, な日常, な言葉, な鳥, のおもしろい, のお菓子達, のもの, の働き, の得物, の方面, の最新兵器, の秘術, の言葉, の鉄くず, の雑用, の飛び道具, 仕事が, 僕は, 結婚の, 講演に

▼ ほか仕方~ (45, 0.2%)

24 がない 3 がありません, があるまい, がなかっ 2 はありませんでした 1 がありませんでした, がございません, がなくなっ, がなくなった, が無い, ないであろう, ないの, なさそう, のない, はない

▼ ほかなく~ (29, 0.1%)

1 [29件] あやまりぬいた, あわれや, これを, しかるに主, しばし首, しまいには, その成長, それに, それも, ひとり信仰によ, ひとり信仰によっての, 一たびやり掛けた, 一人として, 今朝は, 到底拙者, 大抵は, 天水郡へ, 実証的研究に, 庭も, 意地わるく, 断じて我が, 殊に脂粉, 流浪し, 笑って, 肉を, 虫も, 質子の, 転変の, 途中

▼ ほか何もの~ (25, 0.1%)

8 もない 2 でもなかっ, をも仮定

1 [13件] でもありません, でもない, もありません, もしない, もなかっ, もなく, も怖, も無し, も知らぬ, も約束, も見えない, も頼る, をも示し

▼ ほかなき~ (22, 0.1%)

4 ものと 2 に至った, 態に

1 [14件] ことを, にいたらせた, に至る, はもちろん, は明らか, まで撃ち叩くであろう, もその, もので, も人事, を覚った, 境遇に, 心地に, 秋とも, 結果を

▼ ほか~ (22, 0.1%)

2 もいなかった

1 [20件] があるだろう, が知りましょう, にも伝授, にも気がつかなかった, にも知らせない, に何, の姿, は鳥羽, ひとりいない, もあそこ, もいない, もおらぬ, もおりませぬ, もこの, もそこ, もその, も人, も入れ, も知らない, やら判じ

▼ ほか~ (21, 0.1%)

2 ざるまい

1 [19件] せきは, とうさま, やさしいお, よろこびに, 二組ぐらいより, 元気に, 厩方や, 台場へ, 喜びだ, 喜びなされ, 小姓とんぼの, 悦びにて, 気づかいには, 船の, 褒めに, 通は, 遊さんの, 駒の, 麗しく拝

▼ ほか~ (21, 0.1%)

4 がなく 2 の気

1 [15件] がいなかった, がなくなっ, が山, にもあわず, によっては性, に会わなかっ, に近い, のいた, の嫌がる, の居ない, はおろか, はない, もなき, も通らない, らしいもの

▼ ほか~ (20, 0.1%)

2 に神, のいかなる, のどこ, の何もの, の何物, の原因 1 に人, に知るべき, の文句, の田舎町, の者, の解釈, の課, の部分

▼ ほかこの~ (19, 0.1%)

1 [19件] ところ変化の, グループの, 土地の, 地方の, 女は, 子が, 宇宙服には, 家を, 応接間の, 日光御, 時代の, 泰平の, 湖國の, 男は, 瞬間の, 角材には, 車夫の, 附近一帯に, 集にも

▼ ほか~ (18, 0.1%)

1 [18件] がこれ, が甲賀者, と同じ, にたいして対等, につながる, にとって最も, にはなかっ, にはまだ, のからだ全体, の一令一言, の日常, の目, の胸, の覇道的, はローマ法, は何, は時々, は馬

▼ ほか~ (18, 0.1%)

7 がない 5 はない 1 がなかっ, がなく, のない, はあるまい, はなく, を知らなかった

▼ ほか~ (16, 0.1%)

4 はまた

1 [12件] が本, が顔, には手, には理窟, にやさしい, に出会える, ののぼっ, の日常生活, の正面, の発明, の頭, はいつも

▼ ほかいろんな~ (15, 0.1%)

1 [15件] おもしろいげいが, ことに, ことを, ものが, 云う筈, 供物が, 品が, 大木が, 平面図立体図の, 店を, 所に, 料理が, 珍しい楽器, 百姓の, 芸を

▼ ほかじゃ~ (15, 0.1%)

5 ないが 3 ねえが 2 ございませんが 1 ありません友造君, いっそあの, ございませんこちら, ございません甲州, ござんせん

▼ ほかなる~ (15, 0.1%)

2 一切の

1 [13件] うまさ, この親類, もあり, ものが, ものこの, ものは, もの此あたりに, ように, 世界に, 尊き顔, 異像を, 聲は, 隠れ遊び出が

▼ ほかより~ (15, 0.1%)

3 これを

1 [12件] すこし良い, ひどい, ゴッドの, 信者が, 安い値段, 少し室代, 指端に, 毎夜これを, 狐狸天狗の, 称せられ自ら, 補増し, 鮮かな

▼ ほか二人~ (15, 0.1%)

1 [15件] と巡視, の同志, の囚人, の妹, の娘, の弟子, の生き, の番僧, の癩病者, の百姓てい, の英国生れ, の間, ほど居る, ほど連れ, もやすむ

▼ ほか何物~ (15, 0.1%)

2 も私

1 [13件] でもない, もない, もなく, もはいっ, もわれわれ, も余され, も出, も眼中, も確実, も確實, も神聖, も要らない, をも生ずる

▼ ほかその~ (14, 0.1%)

2 枕もとに

1 [12件] 人の, 以前から, 固有の, 奇異な, 広い床, 当時手に, 日まで, 時曹操という, 若衆ぶりが, 辺から, 遺留品らしい, 青年たちが

▼ ほかだれ~ (14, 0.1%)

5 もいなかった 2 も知らない 1 にも会わなかった, もお, も人影, も気, も街路, も見, 一人思いも

▼ ほかあるまい~ (13, 0.1%)

1 [13件] かとも思った, かのよう, という, ということ, とお, とかれ, と一般, と存じおりました, と思う, と思っ, と悲観, と言っ, と諦め

▼ ほかしかた~ (12, 0.1%)

6 がない 1 がありますまい, がありません, があるまい, がなかっ, がなく, もお

▼ ほか~ (12, 0.1%)

9 くんは 2 くんの 1 くんが

▼ ほかへは~ (12, 0.1%)

2 行っては 1 ちっとも出ない, もらしませんぞ, もれないよう, やれぬ, ドコへ, 仇し, 持って, 書きませんもの, 自由に, 行けよう

▼ ほか~ (12, 0.1%)

4 ゑみため 3 さんが 1 が少し, さんだつた, さんも, におどされた, はやまいぬの

▼ ほか~ (12, 0.1%)

1 [12件] ぜい, なる猿, に怒っ, トランク小, 修理の, 卓子の, 大阪の, 蛇体で, 部分の, 部分直接法を, 酒を, 館義氏堀口美濃守江田額田烏山羽川里見岩松武田などの

▼ ほか~ (12, 0.1%)

2 心配で 1 うるわしく上古末代, すくや, 執心で, 寵愛なされた, 扱い方も, 歎息の, 能達の, 落胆, 親戚関係の, 賞美に

▼ ほか自分~ (12, 0.1%)

1 [12件] からは口, からは熟んだ, には仕方, のすき, の世話, の人生, の家, の家庭, の寺, の細君, より弱い, を照す

▼ ほかあらゆる~ (11, 0.1%)

1 [11件] ほうせきが, 不平を, 兵の, 出入り口に, 国境の, 意味に, 意味において, 時間を, 生活の, 自然の, 芸当が

▼ ほかからも~ (11, 0.1%)

2 多く来た 1 いくらでも, お金を, 人の, 入門する, 同文の, 月桂冠を, 来るが, 特別なすぐれた, 聞いて

▼ ほかなん~ (11, 0.1%)

2 の興味 1 にもいらない, にも知らない, の, の働き, の影, の消息, の物音, の異状, の考える

▼ ほかにゃ~ (11, 0.1%)

1 [11件] のんきに, もう毛筋一本, アどう, アねえ, ア牡猫だ, 弟子か, 心当りは, 手も, 綾も, 能は, 行く道

▼ ほかまだ~ (11, 0.1%)

2 いろいろな 1 いくつも, その通町三丁目, タングルウッドに, 何だ彼, 何の, 出来上って, 数え立てれば, 渡すこと, 自身の

▼ ほか数名~ (11, 0.1%)

1 [11件] がこもごも, が代表, とある, のもの, の在京委員, の町会議員, の者, の華族, の高級艇員, を三条河原, を引きつれ

▼ ほかたくさん~ (10, 0.0%)

2 ある, の人物 1 な忠魂, な老若男女, に添え, のこと, のゆうれい, の仮面

▼ ほかどこ~ (10, 0.0%)

1 かで薄ら覚え, でこの, で出会わぬ, といっ, にある, にも富饒, の町, へも出ず, へも行き, もかしこ

▼ ほかなお~ (10, 0.0%)

1 いくつかの, おどろきそっ, 乗りかえ馬一頭に, 二三編を, 充分な, 幾十階の, 庭には, 後白河上皇の, 施政体制の, 桑木厳翼朝永三十郎の

▼ ほかなかつた~ (10, 0.0%)

5 のである 1 が, そしてアル中, のであらう, 橋本左内の, 藩の

▼ ほかなし~ (10, 0.0%)

2 と告げ, と思い 1 というところ, という今夜, となす, とは正論, と決意, 身心何となく

▼ ほか多く~ (10, 0.0%)

1 のほとんどはっきり, のルポルタージュ, の人, の土地, の婦人, の婦人作家たち, の学者, の普通, の詩人, の難儀

▼ ほか~ (10, 0.0%)

2 がない 1 なずけ, にした, に合わぬ, に持っ, の下しやう, はない, はなく, を離れ

▼ ほかありません~ (9, 0.0%)

21 からお, から店, がまあこう, が彼, しその, な, のでその

▼ ほか~ (9, 0.0%)

1 いた, なかった, やかしみ園, 例の, 分らなくなるの, 小さい農家, 草原で, 通り越したこれ, 遊んで

▼ ほかこれ~ (9, 0.0%)

1 が策略, という程, といっ, なかるべし, なく候間, におる, に架けず, をする, を殺さず

▼ ほかさまざま~ (9, 0.0%)

1 じゃ, なこと, な道具, の事, の入目, の地球, の水鳥, の生活, の荒びる

▼ ほかそれ~ (9, 0.0%)

1 から十日, が甚, に似た, に準じ, に類した, の持つべき, は帝国ホテル, も背後, を口

▼ ほか~ (9, 0.0%)

1 お米, からしめた, からしめれ, さそうに, ものが, んでしょう, 人影が, 動揺な, 幸いだ

▼ ほかなに~ (9, 0.0%)

2 も知らない 1 もありませんでした, もない, もなかつた, も書い, も考え, も食べ, を食べ

▼ ほかほとんど~ (9, 0.0%)

1 すべての, なにも, なんの, 人影が, 何ものも, 外出しなかった, 外界との, 皆無な, 身動きも

▼ ほかまた~ (9, 0.0%)

1 ありやと, 一物を, 他事や, 何らの, 新しい根拠, 新しい根據, 猴を, 翌年の, 非常な

▼ ほか二三~ (9, 0.0%)

1 のヴィルプール人たち, の人たち, の公卿大将, の品物, の塁, の洋酒, の者, の部将, を選んだ

▼ ほか二三人~ (9, 0.0%)

1 がかたまっ, が同行, すぐに, だけ, の下働き, の人たち, の捕吏, の老人, の青年

▼ ほか何ら~ (9, 0.0%)

1 の人間, の方法, の梯子, の真理, の表情, の財産, 他の, 異常を, 説明の

▼ ほか知らない~ (9, 0.0%)

2 ことを, のだ 1 のである, 境地であろう, 感情を, 杉田二等水兵は, 知識が

▼ ほか~ (9, 0.0%)

3 はない 1 がありません, がない, がなくなっ, なし, はございますまい, はなかったろう

▼ ほかじゃあ~ (8, 0.0%)

5 ねえが 1 ございません, ないが, 御座んせん

▼ ほかひと~ (8, 0.0%)

1 いふの, が引き, なる, は万物, は元, は縁遠い, は言, 称するもの

▼ ほかほかし~ (8, 0.0%)

3 ていた 2 ている 1 てい, てきた, てばけ

▼ ほか~ (8, 0.0%)

2 に崇敬者 1 に, にきらい, になすべき, に人気, に心配, に説教座

▼ ほか~ (7, 0.0%)

1 きげん, ざりませぬが, 一族家中の, 憤懣の, 機嫌で, 立腹あそばされた, 門人は

▼ ほかすべて~ (7, 0.0%)

1 で二十人足らず, の一族同士, の世界, の手分け, の条件, の者, も日野蔵人俊基

▼ ほか~ (7, 0.0%)

21 あれも, がその, が今, と見た, わ

▼ ほかどう~ (7, 0.0%)

1 したもの, すること, する才覚, でも行かなけれ, にもわからん, よせ集め, 言う術

▼ ほか仕様~ (7, 0.0%)

3 がない 1 があるまい, が無い, のない, はあるまい

▼ ほか元気~ (7, 0.0%)

2 であった, な顔 1 だった, であるの, な老

▼ ほか方法~ (7, 0.0%)

2 はありません, をもつ 1 あるべからず, がない, がなく

▼ ほか知る~ (7, 0.0%)

2 ものは 1 ことは, 事で, 方は, 者は, 者も

▼ ほかする~ (6, 0.0%)

1 ことが, ことの, のでひしゃげ, ものじゃあ, 事も, 日光の

▼ ほかそこ~ (6, 0.0%)

1 にいる, にはご, にはモンテ・カアロ, には何, には何者, は共に

▼ ほかどんな~ (6, 0.0%)

1 下らないもの, 会へも, 奴だって, 形式に, 武器が, 物で

▼ ほかならない~ (6, 0.0%)

1 お敏, この歌わん, のです, 立本寺の, 結婚を, 自身の

▼ ほかひと言~ (6, 0.0%)

2 ふの 1 はれたらしい混乱, はれる, ひ馴れたの, へば必

▼ ほかもう~ (6, 0.0%)

2 火の手が 1 その機会, 一名自分とともに, 仕方が, 殆ど財産は

▼ ほか~ (6, 0.0%)

21 と感じた, と映し, と暖い, と着込ん

▼ ほか二名~ (6, 0.0%)

1 が主命, が月世界, が甘粕大尉, の仲よし五人少年, はその, はなお

▼ ほか意外~ (6, 0.0%)

1 な事実, にも侘びし, にも奇怪, にも検事, にも砲弾, に真紀子

▼ ほか早く~ (6, 0.0%)

1 おまけに, かたが, すべてが, やって来たな, 手紙の, 訪れるの

▼ ほか種々~ (6, 0.0%)

1 なる細目, な物資, な産業, の方面, の獣類, 雑多の

▼ ほか~ (6, 0.0%)

4 のない 1 がなかつた, のなかっ

▼ ほか色々~ (6, 0.0%)

1 あれや, なもの, な器物, の新しい, の歌, 勝手な

▼ ほか~ (6, 0.0%)

1 大臣が, 大雅, 学校学生で, 学者の, 将の, 歌集に

▼ ほかありとあらゆる~ (5, 0.0%)

1 中国の, 卑劣な, 生活費が, 科学者の, 菓子が

▼ ほかさらに~ (5, 0.0%)

1 はげしく蟻田艇, べつな, 一の, 仁木今川細川県宇都宮武田佐々木, 精神の

▼ ほかである~ (5, 0.0%)

1 ことは, ことを, のすべて, のは, ような

▼ ほかなくなった~ (5, 0.0%)

1 のでありました, ので母, ものだった, ものな, 自分の

▼ ほかなんにも~ (5, 0.0%)

2 ない 1 ありゃしません, 持ってなかった, 聞こえなくなる

▼ ほかにて~ (5, 0.0%)

3 だては 1 蚤多く, 見もし

▼ ほかふたり~ (5, 0.0%)

2 の者 1 の従者, の着換え, はやがて

▼ ほかみんな~ (5, 0.0%)

1 いなくなって, で八幡様, で十六, の手, ゐねむりをしてるには

▼ ほか~ (5, 0.0%)

1 いて, ない私たち, みな集まっ, モートルと, 事むずかしい

▼ ほか一切~ (5, 0.0%)

1 のこと, のもの, の動物, の男子, を書かない

▼ ほか三人~ (5, 0.0%)

1 が加わり, の中堅, の女の子, の遊君たち, ばかり三枚橋

▼ ほか別に~ (5, 0.0%)

1 どれにも, 何の, 異状は, 當てが, 説と

▼ ほか同じ~ (5, 0.0%)

2 手段すなわち 1 ような, 作品を, 場所に

▼ ほか土地~ (5, 0.0%)

1 の人々, の人間, の者, はともあれ, を買おう

▼ ほか~ (5, 0.0%)

2 の中 1 に刻まれた, の落着き, を痛め

▼ ほか日本~ (5, 0.0%)

1 の古, の婦人画家, の民主化, の診察術, の貿易界

▼ ほか様々~ (5, 0.0%)

1 なる題, な形式, な木々, の有象無象, の舞台効果

▼ ほか無い~ (5, 0.0%)

1 だろう, となつて, ものでございます, んです, 心持が

▼ ほか~ (5, 0.0%)

1 として勝たざる, として我, なりける也, に多く, を貯蔵

▼ ほか~ (5, 0.0%)

1 のない, もない, ゐない考, をなさない, をなさなかつた

▼ ほか~ (5, 0.0%)

1 に入らぬ, ぼしい悪玉, ぼしい諸, を掛け, 出たくうまく

▼ ほかあまり~ (4, 0.0%)

1 他の, 以前ほどの, 旅人の, 頭の

▼ ほかいい~ (4, 0.0%)

1 ものどっさり, ようの, 値に, 氣持ち

▼ ほかいび~ (4, 0.0%)

31 とがほいと

▼ ほかからは~ (4, 0.0%)

1 いっさい口出しを, なんともいたし方, 想像が, 結構なお

▼ ほかなかろ~ (4, 0.0%)

4

▼ ほかなにもの~ (4, 0.0%)

1 もなく, も取出す, も容れる, も食し

▼ ほか~ (4, 0.0%)

21 き, ず

▼ ほか一人~ (4, 0.0%)

1 でも増し, の侍, の家従, も話し相手

▼ ほか一族~ (4, 0.0%)

1 などみな, など何百人, になり代っ, の御

▼ ほか一般~ (4, 0.0%)

1 に時間, に歴史, の市民, の時勢

▼ ほか人間~ (4, 0.0%)

1 が想像, と生れた, の思想, の顏

▼ ほか~ (4, 0.0%)

1 ではそんな, のいわゆる, の亭主, はあがき

▼ ほか何一つ~ (4, 0.0%)

1 すら著い, として功, ない洗耳房, 申し立てない

▼ ほか何事~ (4, 0.0%)

2 もできない 1 をもなし得ない, をも起り

▼ ほか何等~ (4, 0.0%)

1 の人間, の眞理, の興味, 他の

▼ ほか利己主義者~ (4, 0.0%)

4 であること

▼ ほか十数名~ (4, 0.0%)

1 が集った, とある, に守られ, の直

▼ ほか~ (4, 0.0%)

1 ある侍, ある津々浦々, も知れない, も知れぬ

▼ ほか四五人~ (4, 0.0%)

1 である, の日本人, の検屍官一行, 急いで

▼ ほか四人~ (4, 0.0%)

1 に過ぎなかった, の少年, の影, も五人

▼ ほか大勢~ (4, 0.0%)

1 で火薬庫, で生娘, のお供, も

▼ ほか大小~ (4, 0.0%)

1 の兵船, の官僚武人すべて, の寺, の論文

▼ ほか感じられない~ (4, 0.0%)

1 ことさえ, すべての, 内心の, 暗示だ

▼ ほか数人~ (4, 0.0%)

1 の旅客, の男女, の者, 読みました

▼ ほか~ (4, 0.0%)

1 えだ, 之候, 御座候, 気に

▼ ほか無かっ~ (4, 0.0%)

4

▼ ほか無数~ (4, 0.0%)

1 といっ, のもの, の中小工場, の障害

▼ ほか~ (4, 0.0%)

1 の旧知, の言, はその, は私たち

▼ ほか生きる~ (4, 0.0%)

2 道は 1 ことの, 道が

▼ ほか~ (4, 0.0%)

1 である, はつかつか, は小者, は振り向い

▼ ほか相手~ (4, 0.0%)

1 が曲者, はふき出し, は固く, は平気

▼ ほか致し方~ (4, 0.0%)

1 がない, ないでしょう, ないの, もない

▼ ほか諸所~ (4, 0.0%)

1 において曹操, の狼狽, の鍛冶屋千軒, の高地

▼ ほかあの~ (3, 0.0%)

1 あたりで, 団体の, 女の

▼ ほかある~ (3, 0.0%)

1 なし, ものは, 重大な

▼ ほかいくつ~ (3, 0.0%)

1 かのトピック, かの小説, かの愛

▼ ほかいくら~ (3, 0.0%)

3 でもある

▼ ほかおびただしい~ (3, 0.0%)

1 人数が, 軍需品を, 輜重や

▼ ほかかえって~ (3, 0.0%)

1 あざわらいました, 召使を, 日の

▼ ほか~ (3, 0.0%)

2 にうつる 1 はまつたく

▼ ほかこう~ (3, 0.0%)

1 して, なっては, 呟きながら

▼ ほかこまごま~ (3, 0.0%)

1 した装置, した道具類, した雑用

▼ ほかしらない~ (3, 0.0%)

1 もの許り, 五つほどの, 方が

▼ ほかたち~ (3, 0.0%)

1 の大きな, をそ, を考へ出し

▼ ほかつい~ (3, 0.0%)

1 てません, て居ない, 今し方まで

▼ ほかとして~ (3, 0.0%)

1 あたたかい, ここに, 女の子が

▼ ほかなくなる~ (3, 0.0%)

3 ので

▼ ほかにと~ (3, 0.0%)

1 仰言いましても, 考えながら, 言っては

▼ ほかひし~ (3, 0.0%)

1 て居る, て廻つた結果, て歩いた

▼ ほかひなる~ (3, 0.0%)

1 かきべの, 行器を, 語が

▼ ほか~ (3, 0.0%)

1 の用語例, 場合も, 熟語と

▼ ほかほかした~ (3, 0.0%)

1 日あたりに, 温かみ布団の, 焼芋

▼ ほかみち~ (3, 0.0%)

2 はない 1 があるまい

▼ ほかよりも~ (3, 0.0%)

1 いくらかずつ, 数等ひどい, 早くへらされる

▼ ほか~ (3, 0.0%)

3 ものを

▼ ほかわが~ (3, 0.0%)

1 喜曲の, 将士の, 担任する

▼ ほかわたくし~ (3, 0.0%)

1 にすべ, に面白, の前身

▼ ほか~ (3, 0.0%)

1 なども同じ, など書く, の様

▼ ほか一名~ (3, 0.0%)

1 の署員, の者, もなし

▼ ほか三名~ (3, 0.0%)

1 の人影, の日本学生, を連れた

▼ ほか五六人~ (3, 0.0%)

1 の連中, の遊び友達, の重立った

▼ ほか仕事~ (3, 0.0%)

1 がなかっ, も下手, らしい仕事

▼ ほか何人~ (3, 0.0%)

1 かの若い, の上, の搾取

▼ ほか元禄~ (3, 0.0%)

1 にも何, の作家, の句

▼ ほか~ (3, 0.0%)

1 裸体である, 身の毛は, 軍すべて道を

▼ ほか全部~ (3, 0.0%)

1 がガラ空き, がスカイ, の弟子共

▼ ほか分らない~ (3, 0.0%)

1 のだろう, 悲歎を, 感動に

▼ ほか~ (3, 0.0%)

1 処の, 地方から, 方面で

▼ ほか国々~ (3, 0.0%)

1 から来, によって婦人, や近在

▼ ほか子供~ (3, 0.0%)

1 についての話, の伊勢參宮, の好きそう

▼ ほか実に~ (3, 0.0%)

1 おびただしい近代, 以て, 恐ろしい画像

▼ ほか少し~ (3, 0.0%)

1 でも危険, でも逆らうべき, 面白い伝記

▼ ほか市中~ (3, 0.0%)

1 から街道すじ, たいていの, の要

▼ ほか平生~ (3, 0.0%)

1 この時間, の元気, の時

▼ ほか~ (3, 0.0%)

2 の違わない 1 も若い

▼ ほか思えない~ (3, 0.0%)

1 ことを, ような, 筋肉の

▼ ほか悉く~ (3, 0.0%)

1 九十点を, 潰れて, 馬から

▼ ほか~ (3, 0.0%)

1 の人, の先々, の用意

▼ ほか更に~ (3, 0.0%)

1 他の, 御承知, 金翅鳥洲牛洲羊洲椰子洲宝洲神洲猴洲象洲女洲あり

▼ ほか~ (3, 0.0%)

1 に一回, に白め, に貰わない

▼ ほか~ (3, 0.0%)

1 で使う, のおもだち, の有志訪問

▼ ほか殆ど~ (3, 0.0%)

1 何物も, 無数と, 裸体であった

▼ ほか沢山~ (3, 0.0%)

1 なあと, な礼物, の荷馬車

▼ ほか滅多~ (3, 0.0%)

1 には登つて來, に吐い, に通わない

▼ ほか~ (3, 0.0%)

1 の南, の更け, を挙げ

▼ ほか~ (3, 0.0%)

1 にふれる, にみえぬ, を掛け

▼ ほか秀吉~ (3, 0.0%)

1 の側, はこの, は笑い出し

▼ ほか素直~ (3, 0.0%)

1 な人間, に云った, に誘い出された

▼ ほか~ (3, 0.0%)

1 がなかっ, のない, はあるまい

▼ ほか見えない~ (3, 0.0%)

1 のである, 小部屋, 灯で

▼ ほか見た~ (3, 0.0%)

1 ことは, ことも, 事ない

▼ ほか部屋~ (3, 0.0%)

1 にいる, に出入り, の何処

▼ ほか~ (3, 0.0%)

2 はあと 1 の頭

▼ ほかあと~ (2, 0.0%)

1 はすらり, は酒盃

▼ ほかあなた~ (2, 0.0%)

1 と事, を幸福

▼ ほかあまた~ (2, 0.0%)

1 の山, の種類

▼ ほかありませぬ~ (2, 0.0%)

1 が幸い, それで此

▼ ほかいかにも~ (2, 0.0%)

1 けげんそうな, ごみごみした

▼ ほかいくた~ (2, 0.0%)

1 の作品, りかの

▼ ほかいっさい~ (2, 0.0%)

1 の文句, の苦痛

▼ ほかいつ~ (2, 0.0%)

1 の日, まで経っ

▼ ほかいつも~ (2, 0.0%)

1 ルポルタージュや, 横に

▼ ほかいよいよ~ (2, 0.0%)

1 世間森と, 満足らしい

▼ ほかおよそ~ (2, 0.0%)

1 写真の, 有縁に

▼ ほかお前~ (2, 0.0%)

1 に何, はお

▼ ほかからの~ (2, 0.0%)

1 お手紙, 力でも

▼ ほかかれ~ (2, 0.0%)

1 はおどり上がっ, らの

▼ ほかきれい~ (2, 0.0%)

1 なトンネルふう, に涙

▼ ほかことごとく~ (2, 0.0%)

1 みな無用なる, 拵えものである

▼ ほかこんな~ (2, 0.0%)

1 場合に, 罪の

▼ ほかごく~ (2, 0.0%)

1 安い枝珊瑚珠, 少数の

▼ ほかさき~ (2, 0.0%)

1 には陸奥, の妃為子

▼ ほかしばらく~ (2, 0.0%)

1 は決して, 誰も

▼ ほかしよう~ (2, 0.0%)

1 がありません, のない

▼ ほかじゃねえ~ (2, 0.0%)

1 おれの, 船ん

▼ ほかすか~ (2, 0.0%)

1 に幾らか, に顫

▼ ほかすっかり~ (2, 0.0%)

1 消し飛んじゃ, 灯を

▼ ほかたい~ (2, 0.0%)

1 せつにいたしまし, づれお金銭の

▼ ほかたいてい~ (2, 0.0%)

1 の要は, は成年者

▼ ほかだいぶ~ (2, 0.0%)

1 な人数, 見かけない侍衆

▼ ほかでもねえ~ (2, 0.0%)

1 さっき現れた, その眼

▼ ほかとか~ (2, 0.0%)

1 おあつき, ほあつき

▼ ほかどういう~ (2, 0.0%)

1 人が, 所から

▼ ほかなくなっ~ (2, 0.0%)

1 てある, てからで

▼ ほかなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばいずれ, ばそれ

▼ ほかなにひとつ~ (2, 0.0%)

1 出来ない能, 見るもの

▼ ほかなら~ (2, 0.0%)

1 ねえ, 人の

▼ ほかなれない~ (2, 0.0%)

1 人間かも, 様に

▼ ほかなんとも~ (2, 0.0%)

1 しかたが, ないもの

▼ ほかになんぞ~ (2, 0.0%)

1 よい策, 大徳寺物の

▼ ほかのけもの~ (2, 0.0%)

1 の足あと, はとる

▼ ほかはござりませな~ (2, 0.0%)

2 んだ

▼ ほかひで~ (2, 0.0%)

2 あつた

▼ ほかひな~ (2, 0.0%)

1 しや, どした神事

▼ ほかふつう~ (2, 0.0%)

1 の住僧, の時代小説

▼ ほかふと~ (2, 0.0%)

1 も再, 言ふ

▼ ほかぶっそう~ (2, 0.0%)

1 である, でござるぞ

▼ ほかべつに~ (2, 0.0%)

1 よき能, 馬出しと

▼ ほかまず~ (2, 0.0%)

1 仕様が, 途は

▼ ほかまでと~ (2, 0.0%)

2 思ひやるに

▼ ほかまるで~ (2, 0.0%)

1 相手に, 筋の

▼ ほかむつみ~ (2, 0.0%)

1 といふ神, の命

▼ ほか~ (2, 0.0%)

1 つり, はらかい

▼ ほからん~ (2, 0.0%)

1 この妖邪, この鬼神

▼ ほか~ (2, 0.0%)

1 どえ, 等は

▼ ほかわずか~ (2, 0.0%)

1 の食料庫, 十数人に

▼ ほかチリ~ (2, 0.0%)

1 にてはマテ, の特色

▼ ほかパリ~ (2, 0.0%)

1 で初めて, の有名

▼ ほかフランス~ (2, 0.0%)

1 ではジョルジ・サンド, の数学者物理学者天文学者

▼ ほか~ (2, 0.0%)

1 こうお, 同退場

▼ ほか一々~ (2, 0.0%)

1 数えるにも, 言うと

▼ ほか一味~ (2, 0.0%)

1 の乾分, の貴紳

▼ ほか三つ~ (2, 0.0%)

1 とも揃っ, の階級的啓蒙大衆雑誌

▼ ほか不可能~ (2, 0.0%)

1 であらう, であろう

▼ ほか不審~ (2, 0.0%)

1 でした, に打たれ

▼ ほか中小都市~ (2, 0.0%)

2 がたくさん

▼ ほか丹後風土記~ (2, 0.0%)

1 やら本朝神仙伝, やら本朝神仙傳

▼ ほか~ (2, 0.0%)

1 なる城将, を辱めぬ

▼ ほか二軒~ (2, 0.0%)

1 の館, ばかり休み茶屋みたい

▼ ほか云い~ (2, 0.0%)

1 ようが, ようの

▼ ほか今日~ (2, 0.0%)

1 では使, どういうやりくり

▼ ほか仲良く~ (2, 0.0%)

1 なって, なつて

▼ ほか何かと~ (2, 0.0%)

1 いうと, 宗教的な

▼ ほか何ぞ~ (2, 0.0%)

1 おつたえ, はからん山門

▼ ほか~ (2, 0.0%)

1 としては名和, はならぬ

▼ ほか公園~ (2, 0.0%)

1 なぞの森, の暗

▼ ほか六七名~ (2, 0.0%)

1 が後, の将

▼ ほか六十人~ (2, 0.0%)

1 の山, の金鉱山

▼ ほか六名~ (2, 0.0%)

1 が残った, の船員

▼ ほか兵隊~ (2, 0.0%)

1 に似, に似かよった

▼ ほか冷淡~ (2, 0.0%)

1 で, なの

▼ ほか凝り性厭き性ムラ気~ (2, 0.0%)

2 お日和機嫌

▼ ほか凡て~ (2, 0.0%)

2 空しき魂

▼ ほか~ (2, 0.0%)

2 來まい

▼ ほか出来ない~ (2, 0.0%)

1 のか, 為とげられる

▼ ほか~ (2, 0.0%)

1 に言つた肉, へ行く

▼ ほか前後~ (2, 0.0%)

1 に何, 相継いで

▼ ほか十人~ (2, 0.0%)

1 ばかりの者, ばかりの連中

▼ ほか十指~ (2, 0.0%)

1 にも余る, に足らん

▼ ほか十数人~ (2, 0.0%)

1 あったが, であったと

▼ ほか単に~ (2, 0.0%)

1 ファウルと, 犯人の

▼ ほか却って~ (2, 0.0%)

1 それが, 若やぎて

▼ ほか厳重~ (2, 0.0%)

1 で外, に禁じられ

▼ ほか~ (2, 0.0%)

1 で説明, を動かし

▼ ほか各地~ (2, 0.0%)

1 の城, は大

▼ ほか四五名~ (2, 0.0%)

1 の同輩, の味方

▼ ほか地震~ (2, 0.0%)

1 だとか, のこと

▼ ほか~ (2, 0.0%)

1 からは何, は細い

▼ ほか~ (2, 0.0%)

1 の声, の諭しめいた

▼ ほか失うべき~ (2, 0.0%)

1 何ものをも, 何物を

▼ ほか~ (2, 0.0%)

1 と卓袱台, は口

▼ ほか女房~ (2, 0.0%)

2 の代り

▼ ほか~ (2, 0.0%)

1 も孫, をもっ

▼ ほか~ (2, 0.0%)

1 でもけらい, の中

▼ ほか家具~ (2, 0.0%)

1 の砕片, は一つ

▼ ほか~ (2, 0.0%)

1 の仏事, の堂内

▼ ほか寺院~ (2, 0.0%)

1 により, の住職

▼ ほか尊氏~ (2, 0.0%)

1 の他行, の秘命

▼ ほか小さい~ (2, 0.0%)

1 ものであった, 失敗は

▼ ほか居ない~ (2, 0.0%)

1 この村がかり, ものが

▼ ほか~ (2, 0.0%)

1 くずれ洪水, ほどある

▼ ほか巨大~ (2, 0.0%)

1 に見えた, に見える

▼ ほか~ (2, 0.0%)

1 のため, れの

▼ ほか帷幕~ (2, 0.0%)

1 のもの, の者ども

▼ ほか幾多~ (2, 0.0%)

1 の悪条件, の父

▼ ほか~ (2, 0.0%)

2 が深い

▼ ほか~ (2, 0.0%)

1 のもの, の使用人

▼ ほか~ (2, 0.0%)

1 などおる, にはなにか

▼ ほか強い~ (2, 0.0%)

1 人を, 彼

▼ ほか当時~ (2, 0.0%)

1 の書, の福岡

▼ ほか彼等~ (2, 0.0%)

1 には道, は時

▼ ほか徳川家~ (2, 0.0%)

1 に籍, の家臣

▼ ほか思っ~ (2, 0.0%)

1 ていない, て居やしなかった

▼ ほか思われない~ (2, 0.0%)

1 こと多し, のだろう

▼ ほか感じ~ (2, 0.0%)

1 て居ない, のいい

▼ ほか感情~ (2, 0.0%)

1 が遊戯的, の歯

▼ ほか手段~ (2, 0.0%)

1 がない, なかるべし

▼ ほか手足一つ~ (2, 0.0%)

2 動かす事

▼ ほか持たない~ (2, 0.0%)

1 ので, 私は

▼ ほか持っ~ (2, 0.0%)

1 ていない, てき

▼ ほか持つ~ (2, 0.0%)

1 てゐません, な

▼ ほか数千~ (2, 0.0%)

1 の弓箭, の後詰

▼ ほか数氏~ (2, 0.0%)

1 と平家史蹟巡り, の名

▼ ほか方々~ (2, 0.0%)

1 の妓家, へお

▼ ほか方策~ (2, 0.0%)

1 がない, もなかっ

▼ ほか日常~ (2, 0.0%)

1 かくするので, の事物

▼ ほか日本人~ (2, 0.0%)

1 は一人, は声

▼ ほか明り~ (2, 0.0%)

1 の入る, らしいもの

▼ ほか書けない~ (2, 0.0%)

1 と定, ものな

▼ ほか有名~ (2, 0.0%)

1 なる寺院, な天文学者

▼ ほか未だ~ (2, 0.0%)

2 他の

▼ ほか~ (2, 0.0%)

1 にたがっ, に相違

▼ ほか案外~ (2, 0.0%)

1 にも物静か, 極まる不機嫌

▼ ほか~ (2, 0.0%)

1 でした, では

▼ ほか楽しい~ (2, 0.0%)

1 旅だったかも, 病臥生活です

▼ ほか楽しみ~ (2, 0.0%)

1 がない, のない

▼ ほか~ (2, 0.0%)

1 へひとつお越し, へ行っ

▼ ほか~ (2, 0.0%)

1 しまない, しまない者

▼ ほか武蔵野~ (2, 0.0%)

1 のおちこち, の場合

▼ ほか~ (2, 0.0%)

1 の利用法, を利用

▼ ほか江次第二合延喜式日本紀文徳実録寛平~ (2, 0.0%)

2 御記

▼ ほか活動~ (2, 0.0%)

1 して, は可能

▼ ほか浅草~ (2, 0.0%)

1 のカフェー, の六区奥山

▼ ほか源氏~ (2, 0.0%)

1 との宿命, の家人ども

▼ ほか理解~ (2, 0.0%)

2 せられないの

▼ ほか生き~ (2, 0.0%)

1 ていく, 所も

▼ ほか~ (2, 0.0%)

2 しない

▼ ほか白い~ (2, 0.0%)

1 歯並を, 顔で

▼ ほか~ (2, 0.0%)

1 亡び失はる, 戦死し

▼ ほか目標~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ ほか相当~ (2, 0.0%)

1 な額, の数

▼ ほか真面目~ (2, 0.0%)

1 な調子, な顔

▼ ほか着た~ (2, 0.0%)

1 ことの, ことは

▼ ほか磯五~ (2, 0.0%)

1 はお, は神

▼ ほか~ (2, 0.0%)

1 がなかっ, はありますまい

▼ ほか精神~ (2, 0.0%)

1 に触れない, に觸

▼ ほか繁昌~ (2, 0.0%)

1 したし, と権勢

▼ ほか美し~ (2, 0.0%)

2 さを

▼ ほか美しく~ (2, 0.0%)

1 まるで茶人, 見える

▼ ほか~ (2, 0.0%)

1 僧十一名弟子僧数十人生ける, 殿上十数人滝口蔵人の

▼ ほか~ (2, 0.0%)

1 の中, の帆桁

▼ ほか~ (2, 0.0%)

1 のうつくし, の日

▼ ほか若い~ (2, 0.0%)

1 ものだ, 女の

▼ ほか~ (2, 0.0%)

1 のいろ, の香

▼ ほか複雑~ (2, 0.0%)

1 な交誼, な機械

▼ ほか~ (2, 0.0%)

1 もしきき, ようが

▼ ほか見ない~ (2, 0.0%)

1 ほど真面目, 人が

▼ ほか見事~ (2, 0.0%)

1 であったと, な相手

▼ ほか~ (2, 0.0%)

1 のわからぬ, の分らない

▼ ほか誰一人~ (2, 0.0%)

1 いなかったと, 知らぬ

▼ ほか踊つて~ (2, 0.0%)

2 ゐる男

▼ ほか近所~ (2, 0.0%)

1 で知りあい, の有志

▼ ほか~ (2, 0.0%)

1 が散かっ, を持っ

▼ ほか随身~ (2, 0.0%)

1 などの者, をいれ

▼ ほか静か~ (2, 0.0%)

1 でわたし, な声

▼ ほか~ (2, 0.0%)

1 が結構, のたべられない

▼1* [1801件]

ほかあちこちまわって, ほかあっさりと引きこん, ほかあやしいというもの, ほかあやしくも心, ほかあらずしかるに今やかえって強, ほかあらたかだったわけ, ほかあらんとも覚えず, ほかありがとうともいわない, ほかありまへん, ほかあれこれとたずねました, ほかあろうや, ほかあんがい平気であった, ほか人と, ほかいう言葉が, ほかいくらでも役に, ほかいざ乱闘と, ほかいずれも名, ほかいそいで河中, ほかいたってかんたん, ほかいたる所で, ほかいっこうに能の, ほかいっそう気狂いじみた, ほかいったいどうしたという, ほかいつか西都に皇学, ほかいまはお, ほかいやしくも男児の, ほかいるはずは, ほかうした印象, ほかうしろは一面, ほかうちのみんな, ほかうとうとと少し, ほかうまいものを, ほかうわべは静か, ほかえんどうの花, ほかおおぜい見え, ほかおおくの船員, ほかおさめようが, ほかおしろい刷毛にした, ほかおとよさんと, ほかおびただしき軍需の, ほかおやじに一矢酬, ほかおれの議論, ほかおろし婆御, ほかお天気の悪い, ほかお正月に会わない, ほかお気に入りの女性, ほかお父さんの立派, ほかお目にかかってから物, ほかお腹立ちの模様, ほかお詫びすることば, ほかかかったのに落胆, ほかかかる事あれ, ほかかずしれぬ人々も, ほかかってはずした, ほかかねがねこんな事件, ほかかの松の木の, ほかかる場合には, ほかかわいく思い采女, ほかかんたんに, ほかきかしたくない話が, ほかきのうのよう, ほかきびしかった, ほかきびしき余寒の, ほかきょうの戦場, ほかきらびやかな装い, ほかのごとし, ほかくれぬ人も, ほかくれゐたらんには, ほかくわしいことは, ほか船の, ほかこうした場合の, ほかここの家賃, ほかここ一山を中心, ほかことのほか, ほかこの世で役, ほかこぼさない涙であった, ほかこまかいことを, ほかこまこました御用, ほかこみ入った問題であった, ほかはなく, ほかさまでございませんから, ほかさんごだの, ほかさ行つて居なかつたんで, ほかしない身も, ほかしめじきんたけなどです, ほかぶんの, ほかじっとして, ほかすぐ自分の, ほかすこしもおどろくようす, ほかすこやかな, ほかすべがない, ほかすべて官業に反対, ほかすべて渺とし, ほかすべて牢獄のあさましい, ほかすらりと運んだ, ほかずいぶん多事な, ほかずれ落ちて, ほかせまい間道や, ほかせんようになった, ほかとから与えられた, ほかそいつを押えつける, ほかそう重くは, ほかそういう政治方面の, ほかそこらにある, ほかそちからじきじき, ほかそちらで折々, ほかそのかみ桂樹をもて, ほかその他の場所, ほかそれぞれにフムフム, ほかそれっきり彼は牢, ほかそれ以来の環境, ほかそんなところに, ほかたあやしまれず最大級の, ほかたいへん軽いの, ほかたえて平和, ほかたこつちで利用する, ほかたしかに人骨と, ほかたとえばサブマリン・テレスコープと, ほかたどしやう骨を, ほかたなのです, ほかたならず多年篇中の, ほかたぶん神も, ほかたやすくつかまへること, ほかたれもいなかった, ほかたれるや否や, ほかたれ知るものは, ほかた忘れてし, ほかた枯れし竝鉾の, ほかた腐つてるといふ, ほかた見落されてゐる, ほかだめだと, ほかちゃぶ台の上, ほかちょっとした店を, ほかやございません, ほか自国語を, ほかついぞ袴を, ほかつかひ途が, ほかつきげの, ほかつくような, ほかつくだ煮の類, ほかつてわが見, ほかつねづね彼へ, ほかてんじょうにもかべにもゆかいた, ほかであったが東太, ほかでありませんがこういう, ほかであろうがしかし, ほかでしたね, ほかですけれどもともかく, ほかでない両親を, ほかでの祓へを, ほかときどき浮浪者が, ほかとぎや専門, ほかとても出来そう, ほかとでもいうん, ほかとの釣合が, ほかとは全然区別, ほかと共にいちどは, ほかどうにもしようが, ほかどうも大勢の, ほかどころでは, ほかどっさりコーカサスを, ほかどっちを見, ほかどの窓も, ほかどんは場所, ほかなかりけり, ほかなくしてその, ほかなにか助力する, ほかなにごとも起りませんでした, ほかなに一つ余念はなかっ, ほかなほいへること, ほかなまあったかかった, ほかなみいる野武士たちまで, ほかならぬおくがたの, ほかならぬおたのみと思う, ほかならぬきさまでは, ほかなりかねないので年寄達, ほかなりゃあしない, ほかなろうともしなかった, ほかなんと一滴の, ほかなんとなく気恥ずかしくっ, ほかなんらの理想, ほかなんら実際的な, ほかな話しての態度, ほかにおいて初陣も, ほかにおいても無制約的, ほかにさえ出る能力, ほかにずつと大きな犬, ほかにだってあまり忙, ほかにちゃあんと, ほかにってどういうこと, ほかにとり得の, ほかになほぞ程, ほかにはなんぞ変わったところ, ほかにべんべら物を, ほかにもかの和吉と, ほかにやすりと, ほかによ第六, ほかによりどころの, ほかに対するものが, ほかぬくもって来た, ほかねんごろな, ほかのけもののとちがっ, ほかのけだものどもは, ほかのしもべどもの, ほかのてあいも, ほかのまで皆んな吠出し, ほかのみ下すべきもの, ほかのみたりをみちびきぬ, ほかのやしきへ, ほかのれんじゅうにもいっ, ほかはく気に, ほかはござりませぬぞ, ほかはさほどのこと, ほかはしごだの縄, ほかはたらかなかったけれども今, ほかはと云う方, ほかははだかの, ほかはや他事も, ほかばくらふ炭焼き, ほかひするものと, ほかひすることほぎの演技, ほかひせられた結果の, ほかひせられたいと思ふ, ほかひそりとし, ほかひとたび父越前守に, ほかひとりの人影, ほかひと共に琵琶法師, ほかひと発音するだらうと, ほかひと称へました, ほかひどい疲れを, ほかひらひらと板, ほかぴたりと稽古, ほかふえ申さず朝夕, ほかふだんはなんとなく, ほかへのお手紙, ほかへも一応は, ほかへもと云って, ほかべつだん特異な, ほかほんとの大人, ほかほんとにわたしあなたとの, ほかほんの僅かの, ほかぼくはこの, ほかまあこんな馬鹿馬鹿しい, ほかまあいろいろ有益な, ほかまじめである, ほかまだまだおそろしくたくさんの, ほかまだ沢山あって, ほかまちまちになっ, ほかまでの好意を, ほかみな現実のうち, ほかみんな山の者達, ほかむずかしき顔を, ほかむずかしくこれあるべく, ほかむらがった大衆も, ほかめざす左膳には, ほかめったに外出も, ほかめつたに町, ほかもし暇が, ほかもしいささかでも英国官吏, ほかもしや他の, ほかもってないんです, ほかもっと沢山あって, ほかもみぢ葉の形, ほかやすやすと根拠地, ほかやたらには買うまい, ほかやっぱり万年筆型の, ほかやつたこと, ほかやはり一軒の, ほかやはり随分有益の, ほかやりようが, ほかゆき子の眼, ほかゆるさないでつっつい, ほかよかった, ほかよかれあしかれ教師側の, ほかよく私が, ほかよそ見もし, ほかよりは少し整っ, ほかよりゃ少しは, ほかよろしくないふらち, ほからくでしょう, ほからずして癒ゆ, ほから蜻蛉が一匹, ほかろくにしげるもの, ほかわかっている, ほかわかりかねることも, ほかわき目もふらない, ほかわけのわからぬ, ほかわしら父子のとる, ほかわたしを入れ, ほかわれわれのほう, ほかわれわれイギリス国民を困らせる, ほかゐである様に, ほかをばきいて, ほかなかろう, ほかアンコ馬まで申し合わせ, ほかインドにも中国, ほかインドラプランドアラビア南アフリカにも行わる, ほかウェリントンはもはや, ほかエタは大陸, ほかオカルティズムの大家イリー・スタア, ほかオーストリアの宰相, ほかカウツキーの妻, ほかカサルスのチェロ, ほかカバンと行李, ほかカフェーや料理屋, ほかカーテンさへも臨時間に合せ, ほかガグリシチにしろ, ほかキチンとなつて, ほかギイと曲っ, ほかギリシア宗教正もその, ほかグリーンのリボン, ほかシッキムにはチベット, ほかシヤンとしてをります, ほかシーンとし, ほかスカルド詩人の中, ほかストーブが欠伸, ほかスミ子ちゃんの名, ほかソプラノの歌手長門美保歌劇研究所, ほかソヴェト同盟の社会主義社会, ほかタイイクなどがハッハッハ, ほかダヴィンチミケランジェロの評伝, ほかデンマーク領のグリーンランド, ほかトウコトウゴモチバナモチブツコウジブツモチヨモギジョウロウヨモギゴキョウブツゴキョブツゴキョウヨモギトノサマヨモギトノサマタバコカワチチココウジバナツヅミグサネバリモチモチグサの沢山, ほかトロツキーの, ほかドイツ地方の発行, ほかニコヤカに彼, ほかハンガリーには大, ほかハープの名手, ほかパン葡萄酒などを供出, ほかヒッソリして, ほかヒメが気に入った, ほかヒメサユリタケシマユリタツタユリハカタユリカサユリなどの種類, ほかヒョイと見上げた, ほかピンやロケット, ほかフランス中にいろいろ, ほかプラスチックの顔, ほかプログラムに眼, ほかプロレタリア文学の代表的作品, ほかベッキイの気に入った, ほかホールには壺, ほかポケットの中, ほかマイダスの手, ほかマルクス主義芸術理論叢書としてプレハーノフ, ほかミダリガハシミダリゴトミダリゴコチミダリアシ等の用例, ほかユダヤ教の会堂, ほかリヤザノフの, ほかロシヤでもよ, ほかロスコー家の過去, ほかローマ宗ユダヤ宗等の数宗, ほか一さい合切入れて, ほか一ノ木戸の者, ほか一・二篇の未完, ほか一丁目の交叉点, ほか一九四六年から次, ほか一二の私立大学, ほか一二名がしばらく, ほか一二種にすぎない, ほか一人ぎめの元服, ほか一人一人についてこんな, ほか一党ともちりぢ, ほか一八三九年にはイエニー, ほか一八八七年中の表, ほか一八八三年のと一八九〇年の, ほか一八四五年以後創立せる寺院, ほか一切他人に洩らしませぬ, ほか一切何もかもしたくない, ほか一切文章に手, ほか一同黙って, ほか一団二十三名一藩の大事, ほか一寸した, ほか一尺の地, ほか一度も洋服, ほか一座の者, ほか一族どももお待ち, ほか一日じゅうひっそりと, ほか一日中ランチか入港船, ほか一時ちょっと万物, ほか一木一草もつかっ, ほか一本立ちならば, ほか一枚をこじ放す, ほか一歩もうごかない, ほか一理一法なきこと, ほか一生に一度, ほか一町四方の木立, ほか一篇を試み, ほか一緒に居なかった, ほか一般信者の霊的, ほか一般文明の進歩, ほか一通りの悪事, ほか一通二通のもの, ほか一道の三ツ, ほか一部屋だ, ほか一門の女性, ほか丁寧な声, ほか七人の店員, ほか七八騎が通る, ほか七名の人々, ほか七百余人の士卒, ほか七郷の原士, ほか万端を秀吉, ほか万葉には可, ほか万葉集などを見, ほか丈夫で相手, ほか三つ以上の戦争, ほか三ヵ村の百姓共三, ほか三ヶ所の散, ほか三上京子との交際, ほか三人組が急い, ほか三十七人の旗本, ほか三四の重臣, ほか三四そこで筆写, ほか三四ヵ国のご, ほか三四種の芝居, ほか三四郡の地, ほか三州知多の吉良, ほか三左衛門輝政と末子, ほか三村の者, ほか三条とか三所, ほか三条河原の喧嘩, ほか三条西家の所領, ほか三浦石堂仁木畠山などから老臣今川範国, ほか三県と東京府, ほか三老職そろって, ほか三通気にかかっ, ほか上って居ない, ほか上らなかったとか誰それ, ほか上卿の方々, ほか上機嫌そうに答えた, ほか上流にも下流, ほか上野や淺草かいわい, ほか下らぬものは, ほか下位文子正宗乙未松本恵子等の翻訳家, ほか下妻の一同, ほか下男たちがい, ほか不人情なお方, ほか不出来のため, ほか不埒な使者共, ほか与えなかった彼の, ほか与えられて居ない, ほか与八としては片時, ほか与謝野オーギスト今井手川四郎五郎左衛門股毛一寸六福田メリ子なんていう, ほか世に何を, ほか世の中の人間, ほか世良田をはじめ, ほか世話をさせない, ほか世間においては外来, ほか世間的な慾, ほか舷の, ほか並々ならぬ屈辱, ほか中原中也と知つたの, ほか中国の各地, ほか中央の言語, ほか中学数校あり, ほか中村吉蔵参議院議員となった, ほか丹羽蒲生細川森蜂屋など合力衆, ほか主人はいつ, ほか主将としての精神的苦境, ほか主要事件や主題, ほか主要人物などには自分, ほか久助が来, ほか乏しからず, ほか乗る人は, ほか乗客はまばら, ほか九名の労働運動者, ほか予て出京, ほかを好む, ほか事態はまだよく, ほか二カ所の屋敷, ほか二カ村の村長, ほか二ヵ所はすでに, ほか二三件ある, ほか二三名の荒武者, ほか二三種の駄菓子, ほか二人事務所主任粕谷警察署の特高, ほか二十三名の一団, ほか二十人の日本人, ほか二十余人の少年俳優, ほか二十四五に見られた, ほか二十面相が今, ほか二年子が三匹, ほか二行三行のセンテンス, ほか二首があり, ほか云えませんね, ほか五つばかりの曲突, ほか五人の兄弟姉妹, ほか五六の作, ほか五六軒の分家, ほか五分刈三分刈一分刈さえある, ほか五十ヵ所の守護, ほか五十体の一族, ほか五十余名の浪人, ほか五千の人夫, ほか五月の, ほか五薬五穀まで備え, ほか井口どの赤尾与四郎どの千田うねめのしょう, ほか亡き人の物, ほか馴れてこそ, ほか京方の志士浪人ばら, ほか人々の興味, ほか人なみの学問, ほか人世において何ら, ほか人影らしいもの, ほか人影ひとつ見ること, ほか人柱の伝説, ほか人權宣言の採, ほか人気のない, ほか人類社会が発展, ほか今別に致し方, ほか今年の優勝者, ほか介添も助太刀, ほか仏経の諸, ほかかたが, ほか他店よりも値段, ほか他念もない, ほか他意のない, ほか他所には絶え, ほか他流の人, ほか仙台横浜などに進んだ, ほか以前は渡良瀬, ほか仲間槍持挟箱担ぎ馬方, ほか伊勢外宮の御, ほか伊勢平氏いらいの, ほか伊那丸の望み, ほか休むいとまもなく, ほか伝来の家, ほか伸子たちには想像, ほか似たりよったりの駄々, ほか何ごとも許されない, ほか何ひとつ見えない, ほか何やかやとちっと, ほか何やかやゴチャゴチャしたため, ほか何んの変った, ほか何一つ近代文明への関点, ほか何人何十人の女, ほか何処と云っ, ほか何處と云つて, ほか余すなく中殿, ほか余り通らなかった, ほか余りあっさりと砕け, ほか余事なく学窓, ほか余手を使わず, ほか作品以前の問題, ほか作者は十四人, ほか使ないよ, ほか使いの口上, ほか使者の一行, ほか供えものをさせ, ほか切るという, ほか俗人で山, ほか信州から関東筋, ほか信長の直, ほか信頼され重宝, ほか修史の業, ほか俳句には用いられざりき, ほか個人的に兇器, ほか倔強な旗本七名, ほかまじ, ほか値打ちがない, ほか偶数奇数それから三十六, ほか偽作がじょうず, ほか傍系の人物, ほか僅か四五人である, ほか僧侶には臨時, ほか儒仏老山荘百家, ほか優れている, ほか充分な用意, ほか先生は猿轡, ほか児島惟謙星亨など数人, ほか入って居ない, ほか入りそうに, ほか入る者なき, ほか入用でないもの, ほか全く人間の, ほか全国的な古文書調査, ほか全然現われて, ほか全部おのれの収入, ほか全部草鞋の厄介, ほか八カ村の委員, ほか八九人の侍, ほか八月十四日の昼, ほか八種ほどの雑誌, ほかの儀礼, ほか公人数名連れまいっては, ほか公卿もたくさん, ほか六七人の異形, ほか六七人そこここに散点, ほか六七人川田順さんがいちばん年少者, ほか六人の若者たち, ほか六十騎は挺身, ほか六名被害民総代弁護士新聞記者等五十余名が会合, ほか六巻の著作, ほか六村から八人, ほか六波羅大番の小串三郎則行, ほか六郎将武, ほか共に籠城中の, ほか共有出来ないの, ほか兵力と布陣, ほか具足やら腹巻, ほか典侍の女性三名, ほか内藤湖南原勝郎三浦周行らの諸, ほか内裏の御, ほか冷たいのなどと御, ほか冷静に囁きました, ほか准后さまを介し, ほか凝りが固い, ほか凡夫な居士, ほか処々の無, ほか出されませんからねえ, ほか出して見い, ほか出ないものに, ほか出られないのです, ほか出入りの者, ほか出入り口の穴, ほか出来なかつたのだ, ほか出来なく成るとも云っ, ほか出来まいと思はれる, ほか出演俳優諸君に感謝, ほか出雲で見るべき, ほか刀薙刀弓鉄砲などあらゆる, ほかが厚い, ほか分るまいが, ほか分子論的拡散論において言われる, ほか分捕りの武器馬匹, ほか切っても切れない, ほか切支丹軍の勢力, ほか初対面の挨拶, ほか判らねえ男さ, ほか判事さんなど五人, ほか別会にもゆく, ほか利根の最奥, ほか到れない境地だ, ほか剃らない顎ひ, ほか前方及び左右, ほか前記榮之助, ほか副食物とか魚類, ほか加代子さんとコーヒー茶碗, ほか加藤太光員佐々木高綱堀藤次同じく四郎, ほか加賀田の山荘, ほか労働者ジョンドレット俳優ファバントゥー詩人ジャンフロースペイン人ドン・アルヴァレスおよびバリザール, ほか効果はな, ほか勅許によって各地, ほか勉学の費用, ほか勉強のひま, ほか動いて居ない, ほか動きが取れ, ほか動揺も見えない, ほか勝つことを, ほか勢いこんで, ほか勾当の逸事, ほか包みのまま, ほか匈奴の黒童, ほかばたけのぶ, ほか北海道にはお, ほか北藩数十の族党, ほか北陸北越諸所の北条代表, ほか匠作このたび, ほか匹田左馬助関戸弥六などの組, ほか医員の甲乙, ほか医者でも何, ほか十一人の遺族, ほか十七人のそれぞれ時局, ほか十九名が自由, ほか十二三の楯類, ほか十二人の陪審員, ほか十二大将が一つ陣幕, ほか十二箇村のエタ, ほか十五人ほどの腹心, ほか十五六の例, ほか十余将の御, ほか十八騎の味方, ほか十六条にわたって義昭, ほか十分の一とつまり, ほか十名ほどの人, ほか十四人が雨戸, ほか十騎ばかりの, ほか切ったの, ほか千日前鳶田梅田等に非人小屋, ほか千種の中, ほか千種忠顕や坊門, ほか午後になっ, ほか午後三時ごろに午後, ほか流して, ほか南滿洲の各地, ほか南瓜やさつま芋, ほか博士をしばっ, ほか印度安南, ほか印度人やフイリッピン人, ほか卵製の饂飩, ほかさを, ほか原惣右衛門だの間瀬久太夫, ほか厳しい様子この, ほか厳しくなり丸山, ほか厳丈な石作り, ほか参謀侍衛ら多勢それぞれ焚火のまわり, ほか参賀の輩, ほかの眼, ほか反対者はずいぶん, ほか反感を覚えた, ほか反論も多く, ほか収入もござりました, ほか収拾の途, ほか叔父の係累, ほか受け方はありますまい, ほか口当りがいい, ほか口授伝令で麓, ほか口鼻肛門等いっさい体液の漏, ほか酒の, ほか古代の美術, ほか古戦場を曝し, ほか古着食料など一切, ほか古道具類が好き, ほか召し呼ばれた諸将, ほか叱るべきことある, ほか各国にて他国発行, ほか各国人とす, ほか各戸には必ず, ほか各種の方面, ほか合せて四百余歳, ほか合図の小, ほか吉左衛門が生前, ほか吉良宮内大夫貞家仁木四郎義長武田孫五郎時風長井大膳河越高重など手負い, ほか時代の, ほか同人諸兄姉の温情, ほか同僚から一円二円, ほか同夜をさかい, ほか名古屋百七十九人津百人金沢五百二十五人和歌山二百五十六人郡山八十八人大聖寺八十三人であります, ほか名高い瀬戸や, ほか名鳥限りなくその, ほか含んでいる, ほか吹きすさぶ雪より, ほかの凌統, ほか呉家の御, ほか味わうべき貧乏は, ほか味方は四散, ほか呼びようが, ほか和やかな時間, ほか和清であった, ほか品々のご, ほかのしまり, ほか一つ, ほか唯物論者は物質, ほかを行, ほか善人かも知れません, ほか喧嘩をし, ほか嘉村礒多が時々, ほか器用に算盤, ほか嚴重に出, ほか四五六七八九月に至る, ほか四五月頃の巨文島, ほか四十余名の敵首, ほか四十六名を提出者, ほか四国諸党, ほか四国山陽の諸, ほか四時ぐらいまでのあいだ社交部, ほか四氏共編の, ほか四烈士の墓, ほか因果の関係, ほか困っている, ほか困ったらしいけはい, ほか困窮の状, ほか国中にいなくなっ, ほか国境のいたる, ほか国家の秩序, ほか国見猫背山金胎寺などの峰々, ほか土蔵のなか, ほか在りようない, ほか在所の細事, ほかに音曲, ほか地名に, ほか地図屏風に見える, ほか地方の七こ師団以下合計九こ師団, ほか地方教育官庁はかく, ほか地球がまだ, ほか地球人の目, ほか地謡一同へ, ほか地面は現われ, ほか坂東屋という商人, ほか坐る客の, ほか城中の家族たち, ほか執事師直やらつらなる, ほか報効義会の会員四名, ほか報酬として, ほか場所ならば, ほかの上, ほかの秘密, ほか塵一つない感じ, ほか境内は静か, ほかの如き, ほか士分二十余名荷駄足軽の供数十人, ほか立てる人, ほかにも頸, ほか変りものう, ほか夕陽新聞の半額購読券, ほか外出ができない, ほか外輪四山の山巓, ほか外道頭とか青女, ほか夙に進化論と, ほか計代の, ほか多いものである, ほか多かったよう, ほか多く手に入れる, ほか多分に私, ほか多数の死傷, ほかの雨, ほか夜半を掛け, ほか夜目にもはっきり, ほか夜間現るる, ほか大きい町, ほか大きな動物の, ほか大人の常識, ほか大学の講座, ほか大小名減地移封の目, ほか大島義政なんどもみな, ほか大崎藤蔵とか黄母衣組, ほか大平さんと関係, ほか大手術であったそう, ほか大抵の人, ほか大正末から昭和, ほか大法秘法の数々, ほか大陸へは大勢, ほか大高源五の母, ほか天井とか畳, ほか天子あるもの, ほか天文に關, ほか天文学の器械, ほか天皇にお, ほか天運測り知るべ, ほかやかな鉄, ほか太い畜生が, ほか太鼓判の一分, ほか奇態でした, ほか奈良にもまた, ほか奥さんもその, ほか奥向女房衆へのもの, ほか奥州五十四郡の心, ほか奥方の肩先, ほか奥行きのある, ほか女の子たちがいっしょ, ほか女八人の子, ほか女子や母系, ほか女子供で血, ほか女性を敵, ほか奴婢どもにいたる, ほか好きでそれ, ほか如何なる題にても, ほかなこと, ほかふぢ, ほか妻子眷族まで連れ, ほかも身分, ほか委員中には古河, ほか姫路からも外濠, ほか姿容がよい, ほか婦人のため, ほか嫌うのである, ほか嫌ったのは, ほか子どもで家, ほか子供たちは何, ほか子息の利長, ほか孔明の智嚢, ほか存在価値が認められなくなる, ほか季節の狂, ほか学問上講ずべき宗教, ほか学校も青年訓練所, ほか学校参観に関する所感, ほか学者にも町人, ほか宇多天皇の女御, ほか安いものです, ほか安居院の聖覚法印, ほか安徳帝の入水, ほか安心して, ほか安間和田橋本神宮寺などの一族中, ほか宗教上の事件, ほか宗義教理上に二, ほか定家卿色紙形一枚を送り, ほか宝引の句, ほか宝石の部屋, ほかを云, ほか実直な薄給, ほか実相を知り, ほか実隆が永正六年, ほかといっ, ほか客ひとりいない, ほか客将格の丹羽長秀, ほか客間にもさして, ほか室内にはボストンテリヤ, ほかに入る, ほか宮廷の人たち, ほか家の子郎党内外の出入り, ほか家事一切をやめ, ほか家伝という言葉, ほか家具屋表具屋仏壇屋などから持ちこまれる, ほか家康がにこにこ, ほか家族として誰, ほか家来何人としるし, ほか家系的に美人, ほか家臣たちの礼, ほかはやっと, ほか容赦なく重い, ほかとし, ほか寂寞として何, ほか寄宿舎の消灯後, ほか寄席芝居相撲すべてその時々, ほか富士山をよんだ, ほか富森助右衛門真瀬久太夫岡島八十右衛門など同志, ほかさも, ほか寒く天の河にも, ほかてばかりおります, ほか寝ないで稼い, ほか寝小便のお蔭, ほか寝巻しかこしらえぬ, ほか寝過ごして朝湯, ほか寵愛された, ほか寺田彦太郎平岡浩太郎平岡万次郎江島久米雄小松喜平次秋保親兼高岡忠郷花井卓蔵の各, ほか対馬守はだんだん, ほか将士の戦死八百七十余人, ほか将士百人ばかり山越え, ほか将門の前, ほか将門伝説は関東地方一円, ほか小さな植木だけを, ほか小幡門下の義心, ほか小松重盛の子, ほか小船はある, ほか小論文五百十四戯曲六篇という尨大, ほか小間木の代官所, ほか小鴨城の小鴨治部, ほか少ないものよ, ほか少年が名, ほか少年世界のキプリング, ほか少年探偵団やチンピラ隊, ほか居ないだろうとさえ思われる, ほか居る所も, ほか展覧会校友会由緒ある会, ほか山の神さまや川, ほか山中から招かれ, ほか山口村や田立村, ほか岐阜の雑炊, ほか岡倉先生を知らない, ほか岩井は犯人, ほか岩国とか石, ほか岩崎山青塚小口曼陀羅寺などの陣, ほか岩形氏の身辺, ほか打ち当て身, ほかに幾つ, ほか島々の島蔭, ほか峻烈だった, ほか崩れて荒井, ほかが近かっ, ほか工夫次第でなん, ほかの七冊, ほか左右両側面, ほか巨額の為替, ほか当つて帰趨, ほか差添えがつい, ほか巳之助のよう, ほかの界隈, ほか市十郎にとってはその, ほか布教伝道等の経費, ほか帆布鳶口大釘, ほか帯刀御免の者, ほか幕僚の諸, ほか平服の若, ほか平田篤胤の, ほか平素から官兵衛, ほか幹部たちの夥しい, ほかのやう, ほか幾ツもの小さい, ほか幾人かのひと, ほか幾億万円の損害, ほか幾十将が出陣, ほか幾許もなし, ほかの下部, ほか座することが, ほか座談のうち, ほかにある, ほかであった, ほか建久八年八十四歳のとき, ほかの最中, ほか引き上げることに, ほか之丞, ほか張翼張嶷馬忠などもそれぞれ命, ほか強く感じられた, ほか弾薬庫もあれ, ほか当ったに相違, ほか当りたる体にて, ほか当代の巨匠, ほか当市には一大遊歩林, ほか当座の小遣, ほか当日読書すること, ほか役場員自身がまた, ほか役者衆に拾われかけ, ほか彼らまた実に, ほか彼女が眉, ほか往時は僧坊一千五百六, ほか往来人もめッ, ほか往還御役相勤め候儀, ほか後できくと, ほか後宮の院舎, ほか後醍醐について行った, ほか徒士武者一団華やかに川風, ほか従来の孫呉, ほか従者もわずか, ほか得るところ何が, ほか得体の分らぬ, ほか御名しらぬなり, ほか御家人衆を御前, ほか御宿万兵衛とか小西牢人, ほか御幣連の申す, ほか御殿の中, ほか御用の鷹, ほか徳川古参の重臣, ほか徳川方には現状以外, ほか徳田秋声広津柳浪小栗風葉三島霜川泉鏡花川上眉山江見水蔭小杉天外饗庭篁村松居松葉須藤南翠村井弦斎戸川残花遅塚麗水福地桜痴等は日露戦争, ほか心事なかりしもの, ほか心配して, ほか忍びは巧み, ほか快かった, ほか快楽なし酷烈, ほか快活だった, ほかが入った, ほか思いなく自分, ほか思い出すことの, ほか思う事は, ほか思えないだろうということ, ほか思案もない, ほか怠けものの獣物, ほかにいや, ほか性癖に変った, ほか怪しいものの, ほか恢復がはやく, ほか恩人を眼中, ほか恩賞の令, ほか息づまるまで威圧, ほか悉皆堺の, ほか悦ばしきものであった, ほか悲しい時や, ほか惜しまれたということ, ほか愛していた, ほか愛嬌のある, ほか感情的な女, ほか感銘を受けた, ほか慈眼大師の銅製誕生仏, ほか慎作の村, ほか慰める言葉も, ほかい出せない, ほか懐中鏡化粧道具文房具なども整然と, ほか成りようの, ほか戦国時代においていやしくも, ほか戦後の混乱時, ほか戦線から脱落, ほか戰場の砌, ほか房中無人となる, ほか所々に召, ほか所在の内応, ほか所有権のある, ほか扈従近臣の壮美, ほか手ごわいね, ほか手広い台所風呂場を, ほか手当り次第の得物, ほか手袋といい, ほか手足は無事, ほか手違いが出来る, ほか手間どったので関羽, ほか打ち返し打ち返し読み直している, ほか批評する言葉, ほか批評家ボアロオを中心, ほか折々前線からの, ほか折助のうち, ほか押したような, ほか押込追放京構江戸構などの刑, ほか得ない感銘, ほか持ち合わせないことを, ほか持ち得ないものと, ほか持てない親に, ほか持口の守備, ほか持明院統の公卿二人, ほか指令をうけた, ほか捜さばまだ多少, ほか掃いたように, ほか探せば数限り, ほか探偵小説に要求, ほか探索の踏出し, ほか接触には堪えかねる, ほか接近して, ほか控え席にはすでに, ほか揺らぐ人影も, ほか支度の金, ほか支那からは哲人たち, ほか支那人の名家, ほか攻撃至難となった, ほか政府の規則, ほか政治哲学の教授, ほか故人と縁故, ほか敗残の味方, ほか教える声も, ほか教わったとおりの, ほか教育学心理学倫理学は別に, ほかある土倉, ほか数えたらいくらでも, ほか数かぎりのない, ほか数カ所に火薬製造所, ほか数ヵ村は下野国, ほか数個の専制的君主国, ほか数十点黒い色, ほか数十里という耕原, ほか数多の潜水艦, ほか数多いのだ, ほか数点でした, ほか数百騎をひきつれ, ほか数種読んで, ほか数行では説明, ほか敵味方の陣営, ほか文字のあった, ほか文珠屋は村, ほか文筆の人々, ほか斎藤監物なんかは隅っこ, ほか新しく作品を, ほか新たにおとし, ほか新手の加勢, ほか新教ユダヤ両宗礼拝所, ほか新教諸派の信徒, ほか新田の同族, ほか新聞関係の人, ほか新藤源四郎河村伝兵衛小山源五左衛門などは原惣右衛門, ほか新館別館の女, ほか方向舵の見える, ほか方星宿の四角, ほか旅人の影一つ, ほか旅費と山, ほか旗差物のひらめく, ほか日々の稽古, ほか日傘をかざす, ほか日時がかかる, ほか日本アルプスだけでも南, ほか日本文学でも支那, ほか日本神道の諸, ほか日記には明, ほか日野参議資朝四条隆資花山院師賢烏丸成輔などいずれ, ほか日頃の寵臣, ほか日頃私の希望, ほか日頃袁紹に内通, ほか旧套にこもっ, ほか早いこと確かでございまする, ほか明かりはつけ, ほか明るく整頓された, ほか明治末期から大正, ほか映画というもの, ほか春月春水暮春などいえる, ほか春秋一様な転変, ほか昨夜のまま, ほか昨夜以来の配置, ほかはげんなり, ほか昼間何もせぬ, ほかの勢い, ほか時計の中味, ほか時計鐘とか地球儀, ほか時間の精確, ほか景勝の所, ほか景気だって軒, ほか暇どってしまった, ほか暑い日でした, ほか暑くて庭, ほか暑気きびしくと, ほか暖かいのだ, ほかかつた, ほか曲り角からまた, ほか書いてある, ほか書いてない庸之, ほか書かれてはいなかった, ほか曹操は堂中, ほか最初私をこの, ほか最近は豹一, ほか最近日曜学校の先生, ほか月々三つも四つ, ほかしない彼女, ほか有してはゐない, ほか有価証券預金の類, ほか有力な呉人, ほか有名人という気まぐれ, ほか有名無名の白浪たち, ほか朝寝をし, ほか朝日新聞社の人, ほか朝鮮の北, ほか木々にすら火, ほか未来のこと, ほか末代にも伝わる, ほかのこと, ほか本人の不承知, ほか本庁から三名, ほか本朝画纂だの古今書画便覧, ほか本船についてあやしい, ほか本邦にかかる, ほかでも蒲団, ほか村井蔵光益田などの老臣衆, ほか村名町名橋名等一つもかかる, ほか村路の午静, ほか来なくなったんだって, ほか東京には身寄り, ほか東京近在の馬鹿囃, ほか東京近所の各, ほか東北大軍勢の, ほか松山高等学校にいる, ほか松永の家臣, ほか松葉杖つく画家, ほかの樹, ほか果して何を, ほか染川の浪, ほか柳生の四高足, ほか柴田丹羽佐久間蜂屋兵庫守など, ほか格別変りはない, ほか桑名のご, ほか梁田貞室崎琴月両氏の作曲, ほか植木の世話, ほか植物は影, ほか検察当局ではさっきここ, ほか楠木や名和, ほか極めて淡い雲, ほか楽しまない者は, ほか概して道中の, ほか榊原康政もいた, ほか機嫌がよ, ほか機械のロール, ほか機関方船大工として造船所, ほか機関方船大工連もここ, ほか檀越の公卿, ほか歎聲なし, ほか正体の知れない, ほか正成の代, ほか正直者の八五郎, ほか正行などとも彫っ, ほか此処らの村, ほか此町やあるいは, ほか武人の衣裳, ほか武士どもは寄っ, ほか武家の法制, ほか武者小路実篤の, ほか武臣はもとより, ほか武蔵太郎一派の真, ほか武道の試合, ほか歳暮中元にはまた, ほか歴々の間, ほか死傷が多かっ, ほかんど, ほか残っている, ほか残らん言うとるがたつた, ほか残りがなくなっ, ほか残るものが, ほかり少く, ほか殺されもせず, ほか殿にも御, ほか殿廂楼台ことごとく火, ほかはにわかに, ほか母自身の特色, ほか毎号いくつかの短篇小説, ほか毎夜のよう, ほか毎日軍簿に到着, ほか毎晩外来のもの, ほか毎週の断食, ほか毘沙門篠の両, ほかのゆるせる, ほか気づかいおり候儀に, ほか気に入りそうな, ほか気軽に御輿, ほか氣候の變化, ほかのない, ほか水上警察は小名木川筋, ほか水仕や女童, ほか水深があっ, ほか水足がはやく, ほか求めても得られない, ほかないもの, ほかのこ, ほか汝陽の呂, ほか江戸橋自身番の庄七, ほか江田綿打田中額田などの同族たち, ほか池田の池田城, ほか決して他の, ほかを擁し, ほか河上肇氏は個人雑誌, ほか河田渋谷の徒, ほか泉川平山富田木村屋代磯山の諸, ほかがない, ほか法体の弟子, ほか法王は礼拝堂, ほか法要の当月, ほか泥濘っている, ほか注ぎ込んで下さらない, ほか注射薬飲み薬, ほか注意して, ほか津々美白糸門野のあたり, ほか活溌な数人, ほか流行唄も教え, ほか浅井朝倉は当然, ほか浅傷だったので, ほか浅野長政自身なの, ほかには何, ほか浪華三里の内, ほか浮んでいない, ほか浮世の雨風, ほか浮世画工を除け, ほか浮名を立てられた, ほか浮気者だと, ほか海上にも一隻, ほか海鰻の蒲焼, ほか涼しい風が, ほか淡彩でもう少ししみじみ, ほかかり, ほか深く点々と, ほか清水技手以下五名が焼死, ほか清盛が人情, ほか済北の相, ほか温雅の体, ほか温順だった黒鹿毛, ほか満足らしくお客, ほか満載しない, ほか滅茶滅茶のこと, ほか滋野井姉小路等の諸, ほか漁師狩人など殺生肉食, ほか濶達なこの, ほか灌園の筆, ほか火事についてはいろいろまだ, ほか火鉢にかける, ほか灰皿や歯ブラシ, ほか灰買いの三吉, ほか無くて何, ほか無し其中にて, ほか無事かしら, ほか無産派と云われる, ほか無線電信のポール, ほか無言でした, ほか無造作に耳, ほか無駄な銭, ほか然るべき人々に, ほか焼け爛れて歩行, ほか熱中したもの, ほか燈籠に二ヶ所, ほか燕作も蚕婆, ほか片山広子のアイルランド劇研究, ほか片岡鉄兵はかつて, ほか物々しい軍勢を, ほか物音らしい音, ほか物騒がしいそうでございます, ほか特に注意すべき, ほか特殊な素質, ほか犬猫伝書鳩が故郷, ほか犬鼠などの句, ほか狭い舟の, ほかに養われた, ほか狼狽した結果, ほか猛獣毒蛇をこの, ほかのよう, ほか率直に答えた, ほか王子服呉子蘭, ほか王平や関索, ほか王朗の司徒, ほか珍宝がつて, ほか珍重されるの, ほか珠数を持った, ほか幕府の, ほか現代人の生活, ほか理由がない, ほか甘いものとか, ほか甘口でペラペラ, ほか甘辛く味付けし, ほか甚だけちの, ほか生きた者の, ほか生きなかった子が, ほか生憎の人物, ほか生来持合わせない何もの, ほか生活からじかに, ほか生活意識の延長, ほか生還しや, ほか産児の臍緒, ほか田中家一ノ井家, ほか田楽猿楽万歳などの芸能, ほか田畑も見えず, ほか甲板の上, ほか男爵未亡人の枕元, ほか町中の宿舎, ほか留守居の人々, ほか番茶せん茶応接間では客, ほか異流もさまざま, ほか異状なし, ほか當つてゐよらん, ほか當時の公家日記, ほか畿内も住む, ほか畿内中国四国にも, ほか疑り深いのね, ほか疲れると見える, ほかて眉, ほか発句も出来る, ほか発揚する, ほか発達して, ほか登れないところなら, ほかばくれ, ほか白無垢まで持ち出し, ほか白蛾の眉, ほか白雲はまだ, ほか百名余の盛宴, ほか百姓や馬車屋, ほか百姓道具が一式, ほか百方手をつくし, ほか百般のこと, ほか百貨店の美しい, ほか皆その後につい, ほか皆不在とよく, ほか皆天皇の公民, ほか皇子の宗良, ほか皇帝は髭, ほかにのせられた, ほか盗みばかりし, ほか盛んだつたこと, ほか直属の旗本諸侯, ほか直接演劇を論じた, ほか直訴の証拠人, ほか相伝の御, ほか相場の高低, ほか相州一族の地, ほか省中のもの, ほか眞實に心, ほか真実に心, ほか真面目そうな調子, ほか眤懇になった, ほか着物は福岡一, ほか睡眠に発, ほか知っている, ほか知れていない, ほか知覚せられないこの, ほか知覺せられないこの, ほか短慮者でござれば, ほか短慮者ゆえ御奉公, ほか矮鶏髭貉髭ありや, ほか石垣築の役人, ほか石塔も沢山, ほか研究費とむやみ, ほか硯友社派及び自然主義派, ほか硯洗いといっ, ほか祐筆二人が勝家, ほか祖先や両親, ほかの使者, ほか神妙であった, ほか禰衡はしずか, ほか秀で八重山の, ほか秀吉家康の上, ほか私たちの心, ほか私達は二つ, ほかとか刃物, ほか種ヶ島の鉄砲, ほかやかで, ほか穴山の残党, ほか穴山梅雪長雲, ほかが大きく, ほか空しきはかなきものの, ほか空気がある, ほか空気清浄器や食糧いろいろ, ほか穿鑿すれば, ほか突然居酒屋の, ほか窓硝子に出来る, ほか窓際の小, ほか立たない私でさえ, ほか立派な建物, ほか竜宮の駒, ほか競馬に熱中, ほか笑わずひっそりと, ほか四第, ほか筑波の羽鳥, ほか筑紫諸党, ほか答えることが, ほか篳篥などはいずれ, ほかのなか, ほか粟谷さんの宛転自在さ, ほか糖尿に腎臟, ほか二千は, ほか紅き花持ちし, ほか紅色を呈し, ほか戦闘隊数十万騎馬あり, ほか純粋経済学が研究, ほか紙屑一つ見当りませぬ, ほかま細, ほか細君はなかなか, ほか細川邸へ預けられ, ほか終日目に触るる, ほか組頭や奉行, ほか経っては居りません, ほか経歴はなにひとつ, ほか経済上政治上において天皇, ほか絵本などでありました, ほか絵画に御, ほか絶えて往来, ほか続々この夜, ほか総て世の中の妨げ, ほか総員砂運び作業にかかった, ほか緑青むらさきだいだい色なんど, ほか編笠茶屋の床几, ほか緩慢である, ほか織田家の名, ほか美術楽壇からの参加, ほか群将もみな手, ほか義歯何かの木片, ほか羽織なぞは着ず, ほか老人を驚かした, ほか老臣旗本たちが甲冑, ほか考えてみれ, ほか考えられなく成って来た, ほかにも新しい, ほか聖尋僧正もこの, ほか肥前国西彼杵郡高島村吉本氏より報知, ほかや腰, ほか肩衝にはいろいろ, ほか胃散痔の薬, ほか脱いだ事の, ほかぶしの, ほかを立てなかった, ほか自衛団応急技術団将校同盟団いろいろの, ほか興味があろう, ほかの若, ほか舞うものは, ほか舞台に見えない, ほかが持っ, ほか良いとかいつも, ほか良好であった, ほか良持の弟, ほか色んな面倒が, ほか艶福の日, ほかのない, ほか苛辣な言葉, ほか若者はひとみ, ほか苦手はいろいろ, ほかの下, ほか英佛語にも長, ほか英語でもロシヤ語, ほか茶事に熱心, ほか茶番道化大道の針, ほか草一茎も生え, ほか荒巻にさ, ほか菊池の一族重臣, ほか菜種があった, ほか落ちつきはらったようす, ほか落着いて, ほか落語家の真似び事, ほか著しいものであった, ほか著しくだれでも, ほか葬婚等の節, ほか蒔いておいた, ほか古チベット, ほかの開き, ほか藤十郎は眼, ほか藤原宏樹氏柴藤精蔵氏が時折参詣, ほか藤吉の表情, ほか藤田伝五どのを始め, ほかや毛虫, ほか行きませんからねえ, ほか行き場のない, ほか行く所は, ほか行政上に, ほか衒気がなく, ほかの小, ほか衣裳つづらまで一物, ほかを取った, ほか西国の諸侯数家, ほか西宮藤朝氏も意見, ほか西岸にはドイツ領, ほか西方の浮田城, ほか西貢やシンガポールあたり, ほか要路の固め, ほか見えなかったのである, ほか見すぼらしいもので, ほか見ず人に, ほか見るよしも, ほか見附りま, ほか覗くことも, ほか覚えていなかった, ほか親しかった高官たち, ほか親切な方, ほか親切気のある, ほか親王方をも仮借, ほか親類一統大勢の村民達, ほか解せない絶対的な, ほか解官停任, ほか言い現わす, ほか言いようのない, ほか言うも穢らわしい, ほか言わないそうだ, ほか言葉を持たず, ほかみようは, ほか記念の劇場, ほか記念塔時計塔アーチパゴーラ音楽堂等の自分, ほか記憶すること, ほか評すべき言葉が, ほか評判がよかつ, ほか評論に対する賞, ほか詩人労働運動者音楽家など勿論, ほかがない, ほか話題がない, ほか語意が届きます, ほか語録三冊含虚外集等の著述, ほか読まないが心, ほか読者の御, ほか誰一人見舞人を持たなかつた, ほか調子のいたく, ほか諮問に答, ほか諸事に効験, ほか諸国にわたって皇子, ほか諸山にわたってちと, ほか諸角山本内藤などの侍大将, ほか諸角豊後守山本道鬼小笠原若狭などの名だたる, ほか謙信を繞, ほか警戒がめんどう, ほか讃岐の金比羅, ほかの内, ほか豊作続きでご, ほか豊田の郎党, ほかの好きそう, ほか象牙の箸, ほか豪勇な少年, ほか豪勢でしたよ, ほか豪奢な円柱, ほか豪州中タスマニア州および西豪州紀行, ほか財布のよう, ほか貧しい百姓家として, ほか責任をもたない, ほか貸しは一切, ほか貸金の抵当質物, ほか費用がか, ほか資本の安全, ほか賊軍が手ごわい, ほか賑わう弁信お前も, ほか質素で唐紙, ほか贅沢に考へたら, ほか赤く粒も, ほか越中守を見捨て, ほか越智は食堂, ほかは達者, ほか足場がよろしい, ほか跳ねあがる紙の, ほか身だしなみのい, ほか身なりはいたって, ほか身体中処嫌わず打, ほか身分容色家柄なぞ何, ほか軍人の手廻り, ほか軍兵の列, ほか軍需の方面, ほか軽かった, ほか輕躁亂舞のふう, ほか輻輳して, ほか辛辣な悪口, ほか農学校にいる, ほか農業及び工業, ほか辻斬は流行る, ほか込み合いの節, ほかかったな, ほか迎えがない, ほか近いことを, ほか近く見える, ほか近藤経一有島武郎などという作家, ほか近頃をり, ほか返事はしなかった, ほか迷惑そうな態, ほか追い追い相談に, ほか出す考え, ほか逃げる路は, ほか途中で切れ, ほか通して眠れた, ほか通らんのだ, ほか通例の文化模倣, ほか造化の妙工, ほか造酒屋米屋紙屋裁判所の判事, ほか連れ者もみな北国, ほか連絡係をし, ほか進歩した生物, ほか遅かったの, ほか遅れた部隊も, ほか遊女屋も湯屋, ほか遊撃隊の五百, ほか遊歴中の事蹟, ほか遊芸百般何でもよろしい, ほか過せなかったのか, ほか道路の破損, ほか達弁にこう, ほか違わない弟は, ほか遠かった, ほか遠国にいる, ほか遠方此方にいた, ほか遭遇しない大きな, ほか遺らない中から, ほか那須郡に小, ほか郊外に暗い, ほか郎党三百をひきつれ, ほか部下の多く, ほか都々逸端唄川柳はもとより, ほか都下の秩序, ほか都合よく運ん, ほか都合四百三十二人ことごとく枕, ほか都市農村科学や学問, ほかを造る, ほか里人が持っ, ほか里見新兵衛, ほか重くはない, ほか重助亀太郎土人ユウトル又近, ほか重喜の心, ほか重大視して, ほか重役重臣ら二十人ばかりはいっ, ほか重手を負った, ほかの視野, ほか野晒悟助のやう, ほか野袴の者, ほか金剛山の絶頂, ほか金座一帯の人々, ほか鉄工所の, ほか鉱毒を受けた, ほか銭一文を紙, ほか錢家の卓, ほか鍛冶石工左官錺師経師などにいたる, ほか鑑定が付かない, ほか連龍の, ほか長い廊下に, ほか長きに失し, ほか長びいている, ほか長引いたが先年僕, ほか長期になった, ほか長生きもできる, ほか閉めてない戸棚から, ほか開拓使内の租税収入その他, ほかに亡くなった, ほか間近に的確, ほか関東の大, ほか関興張苞などもことごとく, ほか阿修羅のものすごい, ほか附き従う一族旗本正成いらい, ほか附近一帯の町村, ほか限られた意識の, ほか陰寂な無人, ほか陳列品を小さく, ほか隅々まで舞台栄え, ほか階上に肴, ほか階級的な芸術運動, ほか随身すべてひとりとして生き残った, ほか隠密廻定廻, ほか隣保班で回読, ほか隣家の鶴松, ほか集まって来, ほか集まりが尠, ほか集まる人々が, ほか雑兵二百余人になっ, ほか雑多なガラクタ類, ほか雑誌にのった, ほか離着陸を禁止, ほかの影, ほか電圧がさ, ほか霊応いちじるしい, ほか青葉の山, ほか青虫を好む, ほかがある, ほか静穏であって, ほか静粛である, ほか非人雑種の者, ほか面々とも談合, ほか靴墨やら野菜, ほかには本身, ほかの響き, ほか音声を発せず, ほか頂こうとは思っ, ほか順調にまいり, ほか須永某の獄死, ほか頑固に相成った, ほか頑強です, ほかの中, ほか頭痛組はだいぶ, ほか頼むべき物なき, ほか顔淵篇では, ほか顔良文醜などに, ほかとか入江, ほか風景画や歴史画, ほか飛び飛びに近畿, ほか飛行島のすべて, ほかふもの, ほか食うべき肉ない, ほか食べたい盛りの, ほか飾りものもいたしました, ほか飾り煉瓦や色, ほか飾戸棚には人形, ほか養母も奴, ほか養蚕から養鶏, ほか饗応すべきもの, ほか馬具一切の修繕, ほか馬鐸といつ, ほかの構内, ほか驕傲と勇敢, ほか驚いて急い, ほかがやわらかい, ほか高い所に, ほか高慢であった, ほか高氏も素直, ほかをみじかく, ほか鮮烈に栄介, ほか鰊漁の始まる, ほかや山鳥, ほか麦穀倉庫への放火, ほか黄浦江の中, ほか黒い夜露頭巾を, ほか黒山のよう, ほかABCのカード