青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ほう~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

べき~ べきで~ べく~ べし~ べつ~ べつに~ ぺん~ ~ほ ほ~ ~ほう
ほう~
~ほか ほか~ ほし~ ~ほしい ほしい~ ほっと~ ~ほとり ほとり~ ~ほとんど ほとんど~

「ほう~」 16874, 182ppm, 564位

▼ ほう~ (3834, 22.7%)

140 いい 109 いいと 59 いいの 56 はるかに 54 よかった 50 よい, よいと 40 いいん 38 よかろう 34 いいでしょう 29 ましだ 27 いいという 24 いいかも, いいよ 23 遥かに 21 いいだろう, いいよう, 先に 19 いいぜ, いいです, よくは, 多かった 18 いいわ, よいの, よさそう 15 いいか 13 よろしい 12 よく知っ 10 気が 9 いいな, いいね, よいかも, 好きな 8 い, ましです, よいか, 自分の 7 いいじゃ, まだまし, よろしかろう, 強かった 6 いいのよ, どのくらい, どれほど, ほんとうだ, よいでしょう, よいという

5 [18件] あなたの, お気に, ずっといい, どれだけ, ほんとうの, よいであろう, よいよう, よろしいでしょう, よろしゅうございましょう, よろしゅうございます, 多いの, 大きかった, 安全だ, 当って, 彼には, 得策だ, 悪いの, 早い

4 [23件] お前に, お為, さきに, すばやかった, ましな, ようござんす, よろしいです, 可い, 増しだ, 好きだった, 好ましかった, 将来の, 得だ, 有効である, 正しい, 気に, 私の, 美味い, 身の, 通りが, 遙かに, 適当かも, 都合が

3 [48件] あたって, いいくらい, いいくらいの, いいぞ, いいに, いいました, いいや, いいらしい, うれしいの, かえっていい, ずっとよい, だめに, つごうが, びっくりし, ほかの, ほんとうに, ましだった, ましだろう, もっといい, ようございます, よかったでしょう, よけいに, よっぽどいい, よっぽどまし, より多く, よろしいかと, よろしくは, われわれの, 勝つ, 合理的である, 多い, 大切だ, 始末が, 強い, 強いの, 彼の, 悪いん, 早手, 正しいの, 無事だ, 私には, 自分には, 自分より, 負けに, 近い, 道理だ, 適切である, 適当であろう

2 [156件] あっけに, あなたに, あの人, ありがたい, ありがたいん, いいかと, いいかとも, いいかな, いいから, いいさ, いいし, いいだ, いいとは, いいなあ, いいので, いいもの, いう, いくらか, いちばんいい, いつでも, いまの, うまくいっ, うれしい, おもしろいよ, お好き, かえって, かえって幸福, すきな, すぐれて, ずっとおもしろい, ずっとよかっ, ずっと賢明, それより, なおいい, なるほど, ぴったりする, ふさわしいの, ほんとうは, ほんもの, まいって, ましじゃ, ましである, ましでございます, まちがって, むしろよかっ, むしろ優し, めんどうが, もじもじし, もっと賢明, よいかと, よいこと, よいだろう, よかったです, よっぽどかわいそう, よっぽど不思議, よっぽど偉い, よろしいと, よろしいの, わからない, わしの, ズッと, ボーッと, マスクを, 上手である, 不思議に, 中って, 主な, 乗客の, 人間に, 人間の, 何か, 余計に, 便利だ, 便利である, 便利な, 便利よ, 優しだ, 先き, 先で, 先へ, 利口だ, 勝って, 勝手だった, 十倍も, 参議院よりも, 双方に, 君より, 多いだろう, 大きい, 大きいの, 大事な, 大切な, 好い, 好いの, 好きです, 好きらしい, 好都合な, 妥当かも, 子の, 安全な, 少くとも, 弱いの, 当たって, 彼を, 得策だろう, 得策である, 得策の, 心が, 忙しくて, 怪星ガンの, 悧口だ, 悪いよう, 情ないやら, 意義が, 打ち勝ち, 損を, 早いと, 早いの, 早かった, 早くわかるだろう, 早道だ, 本当だろう, 本当です, 本当らしい, 正直だ, 歩きよい, 比較に, 気楽だ, 気楽な, 消えて, 無事らしい, 無理だ, 用心深いこと, 男性よりも, 百倍も, 簡単で, 背が, 自然の, 至当な, 良さそう, 負けて, 賛成だ, 賢明だ, 賢明で, 賢明な, 近道です, 遅れて, 適切であった, 適当だ, 適当だろう, 適当で, 適当であった, 適当な, 金の, 間違って, 非常に

1 [2064件 抜粋] あいてに, あたし楽しい, あたたこうございます, あとから, あなたにも, あまいと, ありがたいかという, ありがたかった, あるが, いいかしら, いいこういう, いいそうしまいに, いいであろう, いいなまじ, いいぼく, いい位, いい味, いい眺めかた, いかなる方法, いきでしょう, いくら詐, いちじるしかった, いちばん死に, いっそうあり, いっそうよくあてはまるでしょう, いっそう利己的, いっそう強かっ, いっそう極度, いっそう真実, いっそまし, いつそう, いつも新しく, いません, いらいらと, いわゆる処生, うまい, うまくいく, うれしいらしく, えいでしょう, えらいけんまく, おいしいかな, おかしいくらいの, おきれい, おそらくまだ母, おた, おどろいたよ, おのずから怖, おめ, おもしろいの, およそ早耳, おるす, お互, お勝ち, お嬢さま, お母さんよりも, お身, かえってある, かえってそわそわしくながめられた, かえってまじめ, かえって人柄, かえって守勢, かえって己, かえって悲しみ, かえって気持, かえって生彩, かえって落ちついた, かえって非, かずすくないよろこび, かの失敗, かれら, かわいそうに, きくが, きみの, ぎょっとしました, こういう点, この世の中, この場合, この武蔵, ごもっとも, ご注文, さきか, さっぱりし, さらに立派, しきりであった, しばらくでも, しんぱいな, じつはらく, すきだ, すぐその, すこしひど, すっかりのぼせあがっ, すばしこくて, すり切れても, ずっとうめえや, ずっとずっとだいじな, ずっとよく時勢, ずっと便利, ずっと好ましかっ, ずっと強く, ずっと気, ずっと溌溂で, ずっと自然, ずっと近い, ずっと高級, ずんと受ける, そうな, その一火一火, その弾煙, その義侠心, それだって, そろそろと, ぞくぞく寒, たいていぼく, たくさん釣る, たしかに舞台効果, たちまちあい, たやすかった, だいぶさわがしい, だんだんなつかしく, ちょっとばかり, つぶさに実践, つらいからねと, とうとう降参, どうしても死, どう見, どれほどしあわせ, どれほど大切, どれほど患者, どんなにか, どんなに強い, どんなに男らしい, なおいっそう忌むべき, なお有意義, ながめられた, なにか言わなく, なんでも, なんとばか, にせ者, のびのびする, はなはだ大事, はやいので, はるか兄者の, ひと山百文の, びくびくし, ふさわしい, へたじゃ, ほんとうか, ほんとうらしく思えた, ほんとの, ぼーっと明るく, ましかも, ましと, まず身, まだしもよい, まだしも自分, まだよかっ, まだ茶気, みんなほん, むしろよく当っ, むしろ名誉, むしろ慰安, むしろ簡便, むしろ高い, むろんずっと悪い, もう二度とグレ, もっとお, もっともっと自分, もっと勇気, もっと底, もっと激しい, もっと簡単, ものの, やっかいな, やはり好ましい, やりそれ, よいおれ, よいぞ, よいどうしても, よいもの, よい料理屋, よかったで, よくきくだろう, よくってよ, よく世間, よく知ってる, よく響くだろう, よっぽどありがたい, よっぽどさい, よっぽど冷静, よっぽど幸せ, よっぽど歩き, よっぽど火急, よっぽど賤, よほどおもしろい, よほど可哀想, よほど学問, よほど進ん, よりよく自由, より健康, より強かっ, より現実的, より重大, よろしいか, よろしいなぜ, よろしそう, りこう, わかるくらい, わずか十歳, わるい, われわれよりも, カードの, スウッと, ヌッとばかりに, ビックリした, マウナ・ロアの, ムリだった, ヴァイオリンの, 一ばい美し, 一年の, 一枚も, 一番たしかで, 一足ばかり, 万事上手だ, 三倍も, 上であった, 上分別かも, 上手な, 上策だ, 不利である, 不意を, 世界じゅうの, 主であっ, 事なかれ, 二ツか, 二十歳ごろの, 五間ばかり, 人を, 人間を, 今にも切っ, 今後も, 仰向けに, 似つかわしい, 位置から, 体に, 何も, 余りに意慾, 作者として, 便利だった, 便利は, 信用が, 俺に, 偉いの, 偉大な, 傍に, 僕よりも, 優勢だった, 元気じゃ, 先だった, 先口で, 先決問題だ, 公衆には, 其女も, 出来は, 切れたの, 利口だろう, 利巧だ, 利益が, 前後関連し, 劇的で, 助かったので, 勇ましくも, 勝ちだ, 勝ち色で, 勝つと, 勝手でござれ, 匂いも, 千七百年前から, 危険の, 厄介物です, 友情という, 古典的和弦などよりも, 可愛いのよ, 合理的だ, 名誉な, 吾, 命を, 問題を, 喉を, 四六時中人間と, 困りますよ, 地獄よりも, 増しかと, 変わったの, 多いぐらいに, 多いので, 多かろう, 多くて, 多く六十, 多少客足, 大きかつ, 大事だ, 大分人間に, 大問題, 大変な, 天下の, 好いだろう, 好きさ, 好ましい, 好もしいので, 妹さんので, 子供の, 学問の, 安全だろう, 安心した, 定まったお, 実はおもしろい, 実相感が, 客である, 密告されない, 寧子よりも, 少しばかり, 少し瘠せ, 少なくもねらい, 少佐に対して, 左より, 常に彼, 年相応に, 幸福だった, 幸福の, 広いでしょう, 廃り物に, 弱過ぎる, 強いです, 強くて, 強くまじまじ, 弾む, 当然でも, 彼よりは, 彼らの, 後あと, 得な, 得策かも, 御免を, 御安全, 心おきなく戦える, 必ずお, 快ろ, 怜悧な, 恐ろしいの, 恥ずかしくわし, 悧巧じゃ, 悪いので, 悪く言われる, 悪気が, 惜しいの, 意味が, 感じの, 懺悔したい, 成立すれ, 我慢できなかった, 手がけた品, 手ッとり早く, 手近である, 押されるの, 搾取者であります, 敗れるに, 数が, 数時間前に, 新らしい, 日蔭と, 早いだけの, 早いよう, 早く成長, 早く街道筋, 早手回しです, 早道です, 明るかった, 明瞭に, 時間において, 智的に, 書くとは, 有利だ, 有利と, 有名である, 望ましいほど, 望み薄と, 本当かも, 本業に, 来る必要, 柄だろう, 棘の, 楽しみが, 楽であった, 欣しかった, 正しいこと, 正しかろう, 武蔵は, 歩きやすい, 殺されるんで, 比較にも, 気にいるの, 気合いが, 気持よく, 水利の, 泣かされて, 浅く咽喉仏, 深い院, 滅相お, 無事かと, 無心に, 無理でなかった, 無難らしい, 父親よりも, 物の, 現実の, 琴は, 生きた女形, 生理的にも, 男らしいです, 疲れて, 療養所へ, 百も, 目立つほどに, 看護婦だ, 真実だ, 睨みつけたが, 確実だ, 私に, 私自身は, 稀な, 穏当な, 立派かと, 笑い出した, 策の, 簡単だ, 糸が, 細くいつも, 経験を通して, 結構である, 縹緻よりも, 美しいよう, 美味いなどと, 考えたの, 肝腎金の, 背丈が, 自分たちに, 自然だ, 自然親しみも, 致命的な, 興味の, 良い未来, 良人よりも, 苦しゅうございます, 茂った樹間, 著しく長い大概七秒, 蜜柑畑に, 裁判所と, 見ごたえが, 見られるの, 規則には, 計算が, 詳しいくらい, 誤って, 誤解が, 誰でも, 負けそう, 負けます, 賢いな, 賢明でしょう, 起きて, 身を, 軽率な, 近いん, 近道かも, 迷惑する, 退屈である, 逞しくて, 遅かった, 道具に, 適わしいくらい, 適切な, 選んだ, 重々しいと, 重大事, 金が, 鎌倉の, 間が, 防ぐに, 霞でも, 面白かろうで, 頑丈だ, 顛覆を, 飢えよりも, 飽気に, 香水の, 騒ぎ出した, 骨が, 高く見える, 髣髴と, 魚が

▼ ほう~ (3709, 22.0%)

152 歩いて 74 行って 51 向って 49 近づいて 43 出て, 走って 40 寄って 36 眼を 33 手を 28 はいって 25 顔を 22 向いて 21 進んで, 飛んで 20 向かって, 帰って 17 向けて, 駈けて 16 目を 15 いって, おいでに, まわって 14 すすんで, とんで, もどって, 立って, 行った, 足を, 身を 13 かけだして, かけだしました, 歩きだした, 行こうと 12 やって, 逃げて 11 あるいて, おりて, 急いで, 持って, 振りかえり, 来て, 降りて 10 ふりかえると, 向けた, 廻って 9 かけて, のぼって, 往った, 戻って, 振りかえって, 消えて, 行くの 8 去った, 声を, 押しやった, 歩き出した, 移って, 走った, 連れて

7 [13件] あるいた, いそいで, ふりかえって, むいて, むかって, 入って, 出かけて, 曲がって, 流れて, 膝を, 行く, 走りだした, 近寄って

6 [23件] あがって, からだを, ちかづいて, つづいて, つれて, ゆっくりと, 両手を, 向いた, 向き直った, 向き直って, 心を, 歩みよって, 歩を, 泳いで, 渡って, 移して, 耳を, 背を, 視線を, 遠ざかって, 首を, 馬を, 駆けて

5 [12件] いった, のそのそと, ふりかえった, 動いて, 向きなおって, 大股に, 急いだ, 振りかえると, 振り返った, 振り返って, 歩きながら, 気を

4 [32件] いざって, いっさん, でて, はって, ふり返っ, まわして, やってきた, やって来た, よろけて, 一散に, 上って, 下って, 出た, 向きかえた, 帰ろうと, 引き寄せて, 引っ返して, 歩いた, 登って, 立ち去った, 船を, 行きました, 行くと, 走りだしました, 身体を, 車を, 近よって, 逃げだした, 逃げだしました, 顎を, 馳け, 駈け出した

3 [65件] あげた, お帰り, かけだすの, かけだそうと, かけ出して, ころがって, さがって, すすみました, それを, とびかかって, なびいて, ぬけて, のびて, ひきつけられた, むけて, もって, やった, やって来て, ジリジリと, チラと, 下りて, 向かった, 向きかえて, 向きかえると, 向きなおった, 向き直ると, 向き返った, 向くと, 向けようと, 呼びかけた, 尻を, 差し出して, 延びて, 引き返した, 引っかえし, 彼を, 往って, 心が, 急ぐの, 懐中電灯を, 抜けて, 振り向いて, 歩き出したが, 注意を, 流眄を, 矢の, 礼を, 立ちさって, 背中を, 行きます, 行くほう, 行くもの, 行くん, 行ったが, 走り出した, 近づきながら, 這って, 道を, 隠れて, 顏を, 飛びついて, 馳けて, 駆け出して, 駆け寄った, 駈け出して

2 [193件] あとが, いこうと, いざり寄って, いそぎました, いちも, いっしょに, いったと, いったよう, うねって, おやり, お廻り, お行き, かがみ込んで, かけだした, かけつけました, かけよりました, くるりと, ぐるりと, さしだした, しのびこんで, すこし行った, すすませて, すべって, すり寄って, それて, ついて, つかつかと, つき進んで, とび去った, なだれを, のばしました, のびあがって, のべて, はしって, ひきかえしました, ひきかえそう, ひきさがって, ひきずって, ひらいて, ふりかえる, ふりむいて, ふり向いた, ふり向いて, ぶらぶら歩い, ほうへと, ほうりだして, まいって, まっしぐらに, まっすぐに, まわると, みちびいた, むきなおって, むけたまま, やってきました, やって来ると, ゆきました, ゆっくり歩い, よって, わたしを, スタスタと, スッとん, バラバラと, ヒョロヒョロと, ヒョロヒョロヒョロヒョロと, 上がって, 上げた, 両腕, 傾いて, 働いて, 出向いて, 去って, 取って, 口を, 向きかえ, 向きなおり, 向きなおる, 向きながら, 向き直り, 向き直りながら, 変って, 夢中に, 姿を, 小さくなっ, 小手を, 小走っ, 小走りに, 差し伸ばし, 差し出した, 帰して, 帰った, 帰ると, 廊下を, 廻った, 廻ると, 引きずって, 引き揚げて, 引っ張って, 引っ込んで, 引っ返した, 引上げて, 引返した, 引返して, 彼が, 彼女は, 征矢の, 急ぎながら, 悪いほう, 戻して, 戻った, 投げつけました, 折れて, 押されて, 押しやりながら, 指を, 振りかえった, 振り向いた, 振返った, 振返って, 放って, 曲って, 来た, 枝を, 案内し, 案内しました, 横顔を, 歩きだしたが, 歩きだしながら, 歩きだしました, 歩きはじめました, 歩き出そう, 歩みかけると, 歩み去った, 歩み寄って, 歩み寄りながら, 流されて, 流し目を, 源氏は, 滑って, 独りで, 疾風の, 眸を, 移った, 突き進んだ, 突進し, 笑いかけた, 笑顔を, 続いて, 腕を, 落ちて, 薫は, 行きかけた, 行くこと, 行くよう, 行く道, 行けば, 行ったと, 行ったの, 行ったり, 言って, 訪ねて, 走らせた, 足の, 足早に, 転がって, 近づこうと, 近寄ると, 返すと, 追いやって, 退いて, 退がって, 送った, 送って, 逃げようと, 通して, 通じて, 通って, 進みつつ, 進んだ, 遊びに, 運んで, 集まって, 頭を, 風の, 飛びかかって, 飛びさ, 飛ぶよう, 馬首を, 駆け出した, 駆け込んで, 駈けこんで, 駈け去った, 駈け戻った, 驅けて

1 [1538件 抜粋] あおむけて, あげても, あとずさりして, あのぶ, あらあらしい足どり, あるきだしました, いかれたの, いきますので, いくらかお, いざりだした, いそぎにぎやか, いったの, いよいよ旺盛, いらっしゃるん, うごいた, うつって, おいで, おこしを, おしだして, おし流され, おつれ, おひとり, おまえも, おまわりなさい, およいで, お伺い, お出かけに, お客を, お届けいたしまし, お心, お渡し, お移り願おう, お越し下さい, お退き, お通し申しあげ, お願いした, かえってくる, かかったり, かかるたあ, かがみ込んでるその, かけかえって, かけだしたん, かけもどって, かけ出しちゃった, かしいで, かなりのさばり出, きえて, きらきら光っ, くだったり, くるっと, ぐいと突き出した, ぐらついて, こうして薫, この人, ご内意, さきの, さしだしました, さしのべた, さしまねいて, さし向けた, さって, さまよわせた, しきりに目礼, しめこまれて, しょぼしょぼと, すごすご出, すっとんで, すなわち監房, すりつけて, すわり直した, ずっと引き寄せ, ずらした, ずりさがり, ずんずん歩い, そういっ, そっとまわっ, そのすべて, その影法師, その梁, その運動, そらしながら, それとなく伺っ, それらしい, ぞろぞろ歩い, たぐられて, たびたび催促, ちかよって, ちょっとうなずい, ちょっと頭, つい気, つき出しました, つなみ, つれもどしました, であった, できるだけの, とことこと, とびだして, とぶよう, とりかかります, なかば横顔を, なにかに, におって, にじり寄って, にっこりわらいかけました, ねじまげられた時, ねたましげ, のせかける, のばすの, のぼる坂道, のめッ, はいったが, はいり残り, はきだすよう, はしりました, ばたばたと, ひかれたが, ひきかえすの, ひきよせた, ひき取った, ひたとばかりに, ひっこみ皮膚, ひとりで, ひやりとした, ひン, ぴったり食いつく, ふたりは, ふりかえってから, ふりむいた, ふり向くの, ぶらぶら何気な, ぶらりぶらりと歩き出した, ほのかな, ぼつぼつ動かし出した, まいるつもり, まがりながら, まげて, またたくうち, まっすぐ歩い, まともに, まわった, まわろうと, みんなを, むかう途中, むくと, むけること, めえりました, もう歩み出し, もたげ眠, もどる時, やったが, やってきて, やって来ました, やると, ゆがめて, ゆき掛けて, ゆく, ゆくや, ゆっくり歩み, ゆるく弧, よこしたもの, よったあたり, よるん, よろめき走った, わざと勿體, わたしの, コットリコットリあるい, サーッと, ジリリジリリと, スーッと, ズーッと, チョコチョコと, ツーと, ハナを, ヒョイと, フラリフラリと, ボーリングを, 一二寸ずつ, 一品の, 一息に, 一歩も, 一歩接近し, 一生けん命でした, 一直線に, 一路潰走しはじめた, 三尺ほど, 上げて, 下がるであろう, 下りた途中, 世界が, 事がらが, 二人を, 人を, 付くと, 伝えた, 伸ばして, 伸びて, 伺ったの, 何月何日に, 傾いたが, 傾げ変えた, 僕らを, 入ったと, 入り込んで, 出かけたいん, 出した, 出ないで, 出ること, 出抜けたとき, 分かれる道, 刎ね, 別れ別れに, 加速度に, 動かせるところ, 動くと, 半身を, 参りました, 参りますとき, 又八は, 取り込もうという, 古い火山, 合図を, 向いちまってな, 向いました, 向かい, 向かったほう, 向きかえり, 向きを, 向くだろう, 向けさせたがらないもの, 向けたお, 向けながら, 向けられた顔, 向けると, 向け大, 向った, 吹きとばされて, 味方を, 呼び返した, 喰い込んで, 回させて, 回るの, 垂らして, 垂れた端, 場所を, 変えられたお, 多く好意, 大元気, 大将は, 奪われて, 女王の, 姫君を, 子店も, 宮を, 寄った土地, 寄る, 密告される, 寝床を, 小さくなり, 小次郎の, 少し歩き出し, 届いて, 巡業に, 差しつけて, 差し出されました, 差出し, 帰ったかも, 帰りかけた, 帰りながら, 帰る方向, 年例の, 庭の, 延ばして, 廻りこんで, 引いて, 引きかえそうと, 引き取られて, 引き寄せようとして, 引き寄せるの, 引き込まれて, 引っ張り込むその後, 引っ返しかけた, 引っ返すこと, 引返そうと, 彼の, 往くと, 後ずさりした, 徐々に近づい, 御電話, 急いだかと, 急ぎました, 急ぎ飛んだ, 感情を, 戻しましたので, 戻りながら, 手伝いに, 手探りする, 手紙を, 投げつけられて, 投掛ける, 抜けようと, 押しあげながら, 押しかけて, 押しやって, 押しやり肉, 押しよせて, 押し出すの, 押し寄せられて, 拝を, 持ちだして, 挨拶し, 振りむい, 振り向けた, 振り返りながら, 捻じ向けた, 接近し, 提げうしろ, 敗走した, 数十歩あるい, 新聞を, 旅を, 早馬で, 時々あげ, 曲がった, 曲ったが, 曲りたがるもの, 曲り横丁, 曲ろうと, 最高速力で, 来いとは, 来た薫, 来ないか, 来まして, 東鉄の, 様子を, 正勝, 歩かなくちゃ, 歩きかけると, 歩きだす, 歩きはじめた, 歩き出しながら, 歩き美作, 歩まれて, 歩みよった, 歩みよると, 歩み出し沓石, 歩み寄り, 歩み寄り滑稽, 歯切れの, 毎日出掛け, 水行かない, 注文を, 泳ぎ出したの, 流すったって, 流れだして, 浅く斬れ, 消えた, 混凝土の, 渡られぬか, 渡れば, 源氏を, 漕ぎ去って, 濶歩し, 片側町の, 狂って, 現わせ, 用心し, 白い顔, 目まぜ, 盲目的に, 真黒い衣, 知らせずに, 礼でも, 移した, 移るわけ, 空気が, 突き出された, 突ッ走る, 立ち去って, 童女を, 筋を, 紋也は, 綱を, 置き直しながら, 考えを, 肩を, 膝づめの懸合い, 膝行り寄っ, 自分は, 自首し, 艇首を, 苦しい煩悩, 落ちないで, 蒼い顔, 虫が, 行かずに, 行きかけたが, 行きかけふと, 行きたくありませんで大将, 行きましょう, 行き去って, 行き御, 行き聞いたとおり, 行くには, 行くほど, 行く姿, 行く町角, 行ったからよ, 行ったよう, 行った時, 行ってから, 行ってろよ, 裃を, 覆面頭巾の, 覗いて, 解釈し, 詰めよっ, 話を, 誤魔化しはじめると, 變り, 走ったの, 走らせながら, 走りさっ, 走りだし吉井, 走りはじめた, 走りよる, 走り出したもの, 走り去ったあと, 走り寄った, 走ろうと, 越して, 足ばやに, 足音も, 踊って, 踏み退いた, 躯を, 転げ落ちた, 転倒した, 辰に, 近つく, 近づきつつ, 近づけた, 近より, 近寄ろうと, 返した, 返辞に, 追いつめて, 追って行った, 退き始めた, 送ったよう, 送らせること, 送り出したの, 送ろうと, 逃げこんで, 逃げたの, 逃げだそうか, 逃げのびた, 逃げましょう, 逃げること, 逃げ去った頃, 逃げ帰って, 逃げ足早く, 這いこみ静か, 這うて, 通う暗い, 通じてると, 通わせ次郎, 連れだして, 連れ戻れ, 進みたい, 進み寄りながら, 進むの, 逸走した, 運ばれて, 運びだしました, 遠い危険, 遠のいて, 遠退い, 鈴江は, 鍵の, 長靴の, 陰の, 集めその, 集合し, 青じろく波だて, 鞍部を, 預けて, 願います, 飛び上って, 飛び移って, 飛んだ, 食いこませここ, 馳けだし, 駆けだした, 駆けながら, 駈けだし, 駈けよって, 駈け急いで, 駒を, 高めて, 黒塀に

▼ ほう~ (1410, 8.4%)

7 どうだ 6 どうする, どうな 5 それで, どうでした 4 それに, それを, どうだった, どうだろう, どうなる, なんでも, 見ずに

3 [14件] あとで, いかがです, これで, じっとし, どうかと, どうでも, どうなった, 人間の, 反対に, 暗くて, 母親の, 私が, 見ないで, 見向きも

2 [39件] いいとしても, いたる行動期, お留守, かえって平気, ここで, これに, これは, じぶん, すんだが, それらの, たぶん変更, だれが, ともかくとして, どうした, どうであろう, どうなさる, どんなも, なんという, ひとり言の, 人に, 今の, 何も, 兄が, 口を, 容易に, 封印が, 少しも, 明らかに, 昔の, 父も, 確かな, 私の, 窓の, 立派な, 複雑な, 見なかった, 誰も, 議員が, 非常に

1 [1233件 抜粋] あいて, あざやかな, あたりましたが, あって, あなたは, あの一家, あまりいう, あまり小柄, あまり目に, あるいは読ん, あんまり重要, いいとして, いかがと, いかんせんすこし低能, いくら並ん, いざりで, いそがしい, いたる都会, いっさい心配は, いったん美作, いつおつれに, いつまでも, いつも一人, いつも笑っ, いと高まった, いまに, いま星野に, いろいろ変わった, うしろから, うまくいきます, おおぜ, おしろいが, おやすい, おるすでしたがね, お止し, お艶ゆえ, かえってますます広がり, かえって簡単, かなりに, かまいませんから, かよわい娘, かわいがられずに, きっとたいがいズボン, きっと現代, きまりは, くわしく見ませんでした, このごろヴァルセの, この小屋, この能登, この醜態, これが, これとは, これ東京でこそ, こんな有様, ごくの, ご安心, さきほどから, さっそく長, さびしい, さほど苦痛, さらに驚いたであろう, されるとおり, しばらくお預け, すぐに, すぐ行く, すこしねばる, すこしデリケイト, すこし価, すごく優秀, すっかり, すっかり変わっ, すっかり照れ, すべての, するすると, ずっとみすぼらしかっ, ずっと少ない, ずっと長生き, せっかくの, そうは, そのとき, そのままに, その利益, その夜, その感じ, その有能さ, その間わずか, それでも我慢, それほどで, それほど楽しく, それも, そんなつもり, そんなに当て, たいがい二十から, たいした事, たいへん不幸, たえず人, たたけば, ただそれだけ, ただひとり, ただ一つ, ただ長い, たった三度, たぶんその, ために, だいじょうぶでしょう, だんだんに, だんだん危険, ちっとも見, ちと身の上, ちょっとした妨害, ちょっと上役人, ついに飛べなかった, てんで気, できは, とうてい, とちゅう, とにかく酒, ともかくブリュッセル, どういう話, どうおっしゃっ, どうかな, どうし, どうしてなかなかそんな, どうしても残さなけれ, どうだったでしょう, どうです, どうにでも, どうもスメルジャコフ, どうやら弁解, どう考え, どじの, どのくらい, どんな恥, どんな物, なおっちゃった, なかなか話せ, なかば驚きなかば恐れ, なにしろ百年, なんといっ, なんとで, なんともいえない, にせものでした, のけぞらせた顔, はっきりした, はっと眼, はや居ない, ひきうけた, ひとまず後廻し, ひと眼血, ひどい目, ひどく上機嫌, ひどく乗, ひどく面長, びっくりする, ふたりも, ふっつり思い切った, べつに変わった, ほとんど人間, ほとんど彼, ほとんど顧みなかった, ぼくには, まあ小手調べ, ますますうるさい, まず心配, またからっぽ, また椅子, まだいっこう勝敗, まだ先, まだ土瓶, まだ我慢, まだ袖, まっくら, まったく自分, まねも, まるっきりの, まるでだめ, まるで小, まるで泣き, まんなかの, みむきも, むかしの, むしろそれ, むちでピシッと, むろんご, もうすっかり乾い, もうずっと大人び, もうまつたく, もう三年, もう十メートル, もう問題, もう少し御, もう格子, もう私, もう鳶色, もちろんの, もちろん彼女, もっとむっつり屋, もっと激しい, もっと錆, もとは, もともと水, もはや成人, やっぱりだめ, やはりよほど以前, やめさせて, ゆだ, よくご存じ, よくわかりました, よく聞きとれませんでした, よしたの, よほどもっとも, ろくになん, わかんない, わずかに, わたしどもでは, わるくちや, イワンは, カヤ把の, キッパリと, コンクリート, スラスラいく, ゾッとする, チャチなお, ドイツの, パオロの, ピアノの, ピタリと, ポスターが, モスクワへ, レヴィー・クールの, ワイワイいっ, 一八二七年, 一切後, 一向楽, 一年か, 一時可成り, 一足土堤の, 一軒も, 一面の, 七人しか, 三人前, 三十五六の, 三年たっ, 三文役者の, 三百円の, 上り下りの, 下宿人の, 下眼, 不可, 世話を, 両手が, 中断も, 中風の, 九カ月か, 事実を, 二三か月おそく, 二十一二歳で, 二引に, 二通りあっ, 五つばかり, 五十里以上も, 人さし指をよ, 人を, 今にも降っ, 今度は, 今時分さしずめ, 他人が, 伊賀侍の, 休みだ, 伯林の, 何かの, 何ひとつやらせ, 何分ともにどうぞよろしくおとり, 何者か, 例によって, 俗に, 信頼の, 俺と, 借りもの, 元気を, 充分という, 兎も, 全く平気, 全然振り向かなかった, 六時が, 出来るらしいが, 切迫した, 前面に, 力が, 十二三歳弟の, 十分でない, 半径の, 南洋拓殖という, 友は, 叔父ほど, 受け持つわ, 古い日本語, 古くても, 同じ火の見, 名は, 君自身の, 品物も, 問題に, 喜んで, 四十前後の, 団体と, 土が, 土井鉄之助が, 城の, 堺町の, 壁囲いに, 夏帽を, 外法で, 夜おそく, 大いに酔っ, 大よろこびです, 大丈夫でございます, 大判小判分, 大塚本伝寺, 大御所様で, 大衆の, 太鼓なりの, 失礼し, 奥さまの, 女の, 女中頭の, 女店員に, 妙に, 始めから, 婆さんが, 子供らと, 孔雀王経です, 学校へ, 安心である, 実は僕, 実際むつかしい, 寄ると, 密林の, 専門家である, 小ツルさん, 小言の, 少しきまり, 少しためらっ, 少し遠かっ, 山チイと, 島に, 帯の, 平気に, 年内に, 幾たびか, 店主の, 建築と, 弦之, 当分お, 影の, 彼より, 彼女の, 徒刑場に, 心も, 必要な, 思いのほかに, 恐らくあッ, 悪いグロッグ, 悪鬼ラセツが, 愉快かも, 我々は, 手はずどおり永代橋で, 手を, 手近に, 抛って, 拳闘の, 揉上げを, 揚げ毬, 放心した, 数千年来人間に, 新聞に, 日一日と, 日本橋の, 明け方まで, 易の, 昔と, 昨日いちん, 昨日の, 時局が, 景気が, 暗やみに, 最後の, 朝は, 朱雋の, 来て, 栄えて, 案外まじめ, 楽しめる, 横に, 歓声を, 武に, 残念ながら, 母親に, 毎月三十円ずつ, 気づいて, 気を, 永久に, 永遠の, 泣いて, 注意し, 注文書, 洗っちゃ, 深く打ち込む, 深川の, 済んだフェ, 源氏の, 瀕死の, 火傷だ, 災難と, 煙突の, 片づいた, 狭くて, 理性よりも, 生き死にの, 生命なき, 町人だ, 病勝ちな, 白練の, 監視人として, 真実であった, 眼朗らかに, 知らないけど, 砂利が, 私だめな, 私のは, 稀薄に, 空想的であり, 立ったまま, 約束し, 素通りに, 結果だけを, 綽名の, 縦に, 美しく典雅, 老人のよ, 耐えれば, 聞いても, 聴こえるが, 肘を, 肩を, 腕を, 自分が, 自分である, 自己の, 至って影, 若い, 英文の, 萱とか, 落ちつきを, 蒲柳であった, 蒼白に, 虫に, 蟻の, 行きがけに, 見えないの, 見た眼, 見るも, 見分けの, 親孝行の, 話に, 諦めるより, 讃岐へ, 貧窮という, 賢二君と, 走らないと, 軽くなった, 農務長官ホーレス・ケプロンの, 追い払い子供, 送り役人と, 運よく, 道中だけ, 遼陽よりも, 邸近くの, 鉱業権譲渡の, 長かった, 開けたストーブ, 関平とて, 陵に, 隙が, 隣室で, 雪が, 電人, 面目にかけて, 頭が, 頭の, 額の, 風呂敷に, 飯炊きの, 馬と, 騒いで, 魔窟に, 鮎子さんを, 鮮明に, 黒いラシャ, 黒褐色の

▼ ほう~ (1409, 8.4%)

80 見て 69 見た 54 向いて 44 見ると 21 見ながら 20 ながめて 16 眺めて 15 見つめて, 顎で 12 向いた, 指さして 11 ふりむきました 10 振り向いた, 見ました 8 むいて, 指さした, 見たが 7 ながめた, ながめました, みると, 先に, 振り向いて, 振り返った 6 じっと見, ちらと, のぞいて, ふり向いた, 振り返って, 見ないよう, 見ますと 5 すかして, てらして, ふり向いて, 眺めながら, 眺めると, 睨んで, 見やった

4 [14件] うかがった, うかがって, はるかに, ふりかえって, ふりむいて, みた, 望んで, 洗って, 眺めた, 見おろして, 見も, 見やって, 見る, 顧みて

3 [21件] ながめながら, まともに, みつめて, やって, より多く, 向いたが, 向いたまま, 向くと, 多く見, 愛して, 指さしながら, 指して, 照らして, 見あげて, 見あげました, 見たよう, 見つめました, 見守って, 読んで, 調べて, 頭に

2 [68件] いつまでも, ごらんなさい, さきに, さした, しらべて, ちらちら見, ですか, ながめたが, ながめたり, ながめますと, ながめやった, ながめるの, にらみつけました, にらんで, のぞきこんで, のぞくよう, ふりかえった, ふりかえりました, ふりかえると, ふりむいた, ふりむきましたが, ふりむきますと, ふり返っ, まわって, みて, みました, ゆびさして, チラと, チラリと, 上に, 使ったの, 叩いた, 呼び招いたの, 好むの, 好んで, 得意と, 御覧に, 指した, 指で, 振り向くと, 振向いて, 望むと, 横目で, 気に, 目ざして, 眺めたり, 聞いて, 見あげると, 見かえった, 見たあと, 見つめた, 見ては, 見なかった, 見まいと, 見ましたが, 見まもって, 見やりながら, 見ること, 見上げた, 見上げて, 見下ろした, 見向きも, 覗いて, 走って, 透かして, 選ぶの, 顧みた, 顧みると

1 [622件 抜粋] あおぎ見ました, あごで, あしらいながら, あっしにも, あとに, あの人, あの大, いくらさがし, いただくん, いっしょに, いっしんに見つめました, うかがいはじめた, うかがい見ると, うかがうと, うかがったり, うけ傷, うっそりと, うれしがった, おしょうさん, おれは, お信じし, お回り, お愛し, かしげながら, かつぎ歩くよう, からかうよう, かりに, かわいがられるよう, かわいくおもいます, きっとにらんだ, きびしく批判, きれいに, くふう, くわえた, くわっとにらめつけ, ぐっとおしました, こぎました, ここへ, こじ開けようと, このごろ少し, この人, ごらんに, ご覧, さがした, さししめすの, さしたり, さして, さして歩きだした, さして逃げ落ち, さして進む, さして進んだ, させて, しきりにじろじろ見回し, しっかりもっ, して, しばらく照らし, しめしながら, しらべましたが, しりめにかけて, じっとながめ, じっとみる, じっと見おろし, じっと見た, じっと見つめた, じっと見る, じっと見送っ, じろじろぬすみ見, じろじろ見る, すかしながら, すかし見たが, すぐれてると, すすめたいよう, ずっと気, そっとのぞい, そのとき, たっぷりいただく, たんと, ちっとも見ない, ちょいちょいと, ちょっとぬすむ, ちょっと見ました, ちらちら眺め, ちらっと見た, ちらりちらりと眺め, つかうの, つくづくみ, つけて, てんでに指さし, でしょう, とかく問題, とりまいて, とるんだい, どうぞ, なお入念, ながめた景色, ながめた朝, ながめてから, ながめると, ながめ入って, ながめ疲れたよう, なんべ, にらみつけて, にらみました, にらみ合わせて, にらむよう, にらめまわして, にらんだ, ぬすみ見る, ぬすみ見るよう, ねらいそれ, のぞきこみましたので, のぞきこむこと, のぞきこむと, のぞきました, のぞき込んだ, のぞくと, のぞみながら, ひきうけさせ自動車, ひそかに, ひとつ, ひどい目, ひょいと振り向いた, ひろげた屏風, ふたたびながめた, ふたりで, ふりむきも, ふりむき懐中電灯, ふりむき目, ふりむこうとも, ふり向いては, ふり返った, ふり返りました, ほとんど見ない, ぼんやりと, ますますうとんぜられた, みじかくかっ, みつめました, みながら, むくと, むくの, むこうに, むしろ従属的, めがけて, めざして, めちゃめちゃに, め茶め茶に, もち静か, もっと先, もっぱら支持, やりたかったらしいん, ゆすぶって, ゆびさしながら, よく見, よけいに, クレール自身も, サスオコほかの, サト子の, ジッと, ジロジロ見てる, ジーッと, チョイチョイ手伝います, チラチラ情なく, 一手に, 上から, 上位に, 下に, 不安そうに, 世話女房に, 中に, 主に, 二つ目の, 今先に, 今度は, 代る代るに, 仰ぐと, 伏し拝んで, 伏拝んだ, 伝六は, 使って, 信長へ, 偵察し, 偸み, 兄と, 入れかえに, 全然忘れ, 内に, 冒されて, 切って, 割愛し, 加えたの, 助ける人たち, 勉強いたします, 勉強し, 包囲した, 却って悦ばれる, 取りますからね, 取ること, 取るため, 取るね, 取れと, 取ろうや, 受け合っちゃ, 受け持ちたがって, 受け持つ人, 古着屋に, 可愛がって, 司れ, 向いたの, 向いた大島医師, 向いた女, 向いた教場, 向いちゃ, 向かずに, 向かなかった, 向かなければ, 向き, 向きこれからすぐ, 向きそれ, 向きながら, 向きぼんやり, 向きましたが, 向きまして, 向き本当, 向き直った, 向くならば, 向こうと, 君は, 否定したであろう, 問題に, 喜んで, 器量人として, 回り歩いて, 外に, 外へ, 多く愛し, 多く見た, 大いに強く, 大きくかじった, 夫人は, 失念し, 好きで, 好みはたして, 好む, 好むという, 好んだ, 好んでは, 好んでるかの, 始末する, 守るから, 守れもう, 安楽に, 家畜の, 小さな黒い, 小侍従, 小倉は, 少しお, 少しく沈め, 屹っと, 川を, 左右の, 差しだして, 差し向けて, 床の間に, 床下に, 度外視し, 強からしめた, 彼らは, 彼女は, 御願い, 心配し, 忘れて, 忘れデルタ形成, 悠然と泳い, 意地悪そうに, 意識し, 愛しその, 愛した, 懐中電灯で, 戸を, 手さぐりし, 手で, 手伝った, 手伝って, 手分けし, 手探りした, 択んだの, 披い, 押してよこし, 拝んだほど, 持って, 持つ手, 指さしてはもの, 指さします, 指し, 指す, 指差しそれから, 振りかえった, 振りかえって, 振りかえります, 振りむいた時, 振りむき赤濁り, 振り向いたの, 振り向きざま, 振り向き振り向きみるみる, 振り向こうとも, 振り返らないでは, 振り返り振り返りそれでも, 振り返り次に, 振ると, 振向いた, 振向き, 振返った, 振返って, 振返りながら, 捜させて, 捜すみつかっても, 捜せおら, 採用した, 支配し, 改めてくれ, 攻撃し, 放浪し, 数人の, 斜めに, 時々じろりじろりとながめ, 晴れが, 望みながら, 望み見ると, 望んだ, 木の, 村の, 枕に, 根負けさせ, 横切ると, 横眼で, 歩きながら, 歩く, 殺して, 殺って, 気に入って, 気違いに, 注視し, 注視した, 洗った, 渡して, 演った, 漕ぎまわって, 照らしました, 熊野地方の, 熱心に, 片づけて, 珍しそう, 珍らしがっ, 現わし, 理想化し, 申しますと, 申し上げて, 盗み見て, 目を, 真正面に, 眺めたが, 眺めたこと, 眺めほとんど, 眺めやった, 眺めやると, 眺めるふり, 眺めれば, 眺め廻した, 眼で, 眼の, 着せた, 睨めつけた, 睨めつけながら, 睨んだ, 知って, 短くした, 確かめてから, 示した, 示しながら, 祝福したかった, 神戸まで, 秀吉が, 私は, 積極的に, 窺い始めた, 素早く抜く, 細かく裂い, 総称し, 考える, 聞かせて, 自分でも, 自分の, 花壇に, 裂いた, 見, 見あげ, 見あげながら, 見あげましたが, 見あげます, 見おろすと, 見かえり, 見かえりながら, 見こむと, 見ずむしろ, 見たかと, 見たとき, 見たの, 見たので, 見たらよ, 見たら一羽, 見たり, 見た明智, 見た目つきは, 見た磯五, 見ちょっと, 見つづけて, 見つめます, 見てる, 見ないでは, 見なおしました, 見なかったが, 見ましたら一郎, 見ますが, 見まわして, 見まわり, 見やる, 見やると, 見ようとして, 見ようとも, 見るの, 見るばかり, 見るようす, 見る人, 見れば, 見ろ, 見上げたまま, 見上げますと, 見下したが, 見入って, 見回りに, 見廻したが, 見張らして, 見次に, 見渡して, 見渡してから, 見続けて, 見詰めて, 見越した時, 見較べるよう, 見返った, 見返るだけ, 見送ったが, 見静か, 覗いたり, 覗き, 覗きこむ, 覗きこんだ, 観望なさる, 言い出して, 話すまま, 語るの, 読まないで, 読んだそれ, 読者は, 諦めて, 謀叛人というか, 買ったん, 走らないで, 走るん, 起こしました, 追い出されて, 逃げ廻って, 途上から, 通って, 進んで, 遠まわり, 遣って, 遣わそう, 選びたかったの, 選びましたよ, 選び部屋, 選ぶ, 選ぶわが, 選む, 選んだの, 選んで, 郵便函へ, 重く見る, 重ねて, 重んじてる作家ら, 防いだ, 青服の, 頸かしげ, 頼んだ警察, 顔を, 顧み, 飲みもだえ死にます, 飾り窓の, 魔法博士と, 鴎だった

▼ ほう~ (1388, 8.2%)

20 向って 18 目を 15 向けて, 気を, 顔を 14 くれて, 向いて, 眼を 12 行って, 近づいて 11 向かって, 歩いて 10 向き直って 9 背を 8 身体を 7 むかって, 向けた, 手を, 行った 6 ある, 出て, 寄って, 注意を 5 向き直った, 立って, 身を, 近寄って, 集まって 4 いた, したって, 何か, 傾いて, 向きなおった, 向きなおって, 奥の手が, 移って, 近づいた, 頭を

3 [17件] あるの, なると, むいて, むけて, もどって, 住んで, 働いて, 向き直り, 味方し, 引っこん, 当って, 来て, 来る, 消えて, 耳を, 背中を, 走って

2 [68件] あったわけ, あります, あるが, いたので, いって, いて, おいで, おいでに, かかって, かたまって, くるりと, して, しても, すわって, そらして, それを, ついて, つくの, できかけて, でて, なって, ふたつの, むけました, むけますと, 二つの, 人の, 力を, 向けようと, 坐って, 変って, 多いの, 多くの, 姿を, 属して, 差し出した, 席を, 帰って, 廻って, 心が, 心の, 心を, 急いで, 手紙を, 投げた, 振り返りながら, 暮れたよう, 暮れて, 曲げたが, 横眼を, 歩きだした, 歩み寄って, 沈んで, 真正面に, 聞こえて, 興味を, 行ったが, 視線を, 観客の, 話しかけた, 走った, 走り寄り, 近い, 近よって, 送って, 進んで, 遊びに, 遠ざかって, 飛んで

1 [886件 抜粋] あきれ返って, あった, あったので, あって, あつまった, あのおそろしい, あまり忙, あゆみよると, あるお寺, あるきながら, あること, あるし, あるもの, あるドア, ある如来荘, ある理想, ある程度まで, いきました, いざり寄った, いたこと, いたの, いたんだけれど, いた人夫たち, いた司空張温, いた彼, いた捜査課長, いた水上理学士, いた者, いらしたので, いらしって, いらっしゃる, いる, いる人, いる人々, いる女房, いる忍剣, いる男たち, うきあがった顔, うす暗い部屋, うつした, うつりました, うなずきながら, うれしい愛情, おいででございます, おいでの, おしやって, おできの, おぼろげな, おもむろに眼, おられますが, おりますの, お住まい, お迎えしよう, お魚, かえりかけた, かかりきって, かぎるの, かけだして, かけつけました, かしげて, かたむきちょうど, かわらし, きれいな, くれたお, くれたが, くれたよう, こういった, この布切れ, これも, さしあげましょう, さしのべて, さし出した, さし向けました, さまよって, しっかり結わいつけ, しましても, しまつ, しゃにむに引きつけられ, しろ, すぐに, すれば, ずっとよく符合, ずっと興味, そいつが, そそぎ熱心, そっと足音, その時, そびえ立つ黄色い丸い, それて, そんな妻, そーっと, たくさんから, たくさん言う, たった一軒, たれさがりばら, ちかづいて, ちげえねえ, ちょうど日本, ちょっと目, ちょっと見た, ついてる埃, つかつかと, つつましく突っ, つづいて, つないで, です, でんぼん横町, どうかお出まし, どうした, どなって, なずけて, なっては, なにかかくべつの, なにかゴソゴソと, なにか板, なびいて, なるだろう, なんだかボンヤリ, ぬすみ足, のこのこ頭, のぞきこんだ, のばしまるで, のびました, のぼって, はっきりと, ひかえて, ひかれた, ひきよせ, ひっこんで, ひらいて, ぴかぴかひかる, ふしぎな, ふりむけました, ふり向いた, ふり向く機会, ぷつりと浅く, ほほえみかけて, ほんのちょっぴり, ぽんと, まかせること, まがりくねった階段, まさった点, まだくどくどと, まだ少年, まっすぐに, まわって, みょうな, むかいました, むきなおった, むきなおり, むけ, むじゃきな色目を, むちゅうになっていたのと何を, もう一本, もっと大きい, もどります, やがて一曳, やって, やってきて, やって来て, ゆかなければ, ゆく, ゆっくりと, よく似, よっぽど大きな, よらなければ, より多く, より直接, よろめいた事, りっぱに, わかれる路, ゐるやう, カメラを, クマの, コールタールの, ズイと, ヘリコプターが, ボーッと, ポチと, マヌエラを, 一つの, 一ばんたくさん賭け, 一ヵ所かすかに, 一人臥し, 上席権が, 下りようと, 不意に, 不純な, 両手を, 並んで, 中尉と, 乗って, 乗り出して, 二三人の, 二歩進み, 人間の, 仕様のね, 伝って, 伸ばす, 佇んで, 住みつこうなんと, 何かしら生き, 余計来る, 信用の, 借りて, 傾き何ゆえ, 傾けて, 優った点, 先を, 先生と, 入りがねえって, 八十ぐらいの, 六階の, 共感を, 冷たい石, 出かけたあと, 出かける様子, 別の, 別れて, 加勢し, 劣った点, 効目が, 動いた, 動きだして, 勝ち目が, 半マイル, 半分うずもれ, 去って, 参議院よりも, 取得が, 右舷を, 合図の, 向いなお, 向うと, 向かうと, 向かった, 向きっきり, 向きなおりました, 向きを, 向き直った愛子, 向き直り言った, 向けかえて, 向けながら, 向けみね, 向けられたに, 向けられて, 向け凝ったよう, 向け頭, 向け黙々, 向ったが, 吸い付けられるらしかった, 味方したくなる, 味方せずん, 味方を, 呼ぼうと, 回るなんて, 垂れて, 基調を, 声を, 変わりが, 外れて, 多いという, 多くいる, 多くて, 多く注意, 多分に, 夢中らしかった, 大きなほら, 大きな木, 大半の, 大友君と, 大日堂, 天鵞絨の, 夫人と, 奪われて, 女は, 始めて, 子供を, 客引き女の, 宮廷理髪師席宮廷靴磨き席宮廷料理人席, 寄せすぐ, 寄り添うと, 寝ること, 寝るその大きな, 小さな傷あと, 小さな船, 少しいる, 少し不安心, 居合わせて, 属するもの, 岡の, 差し上げること, 差し出しながら, 差し出す, 帰して, 常夜灯の, 年号らしい, 広く行われ, 廻して, 引きつけられそして, 引きよせて, 引きよせぴたり, 引き越す決心, 引っかかって, 当てる予定, 当る国, 彼より, 往くらしい白い, 後ろを, 心も, 必ず自分, 念が, 急いだが, 悪心は, 意見を, 感服した, 戸口が, 手渡して, 手違いでも, 投げこまれこうして, 抜け出し平群, 押し寄せて, 拠って, 拳を, 指さしして, 振り向いた時, 振り向くその, 振り向けて, 振向く者, 振返りながら, 掛ること, 推移し, 揃って, 散歩を, 斜に, 早がわりし, 早くから来, 暗い悲哀, 曲げて, 曳っ, 書いて, 有利でした, 本当の, 来た, 来る人, 枝の, 梨が, 槍先を, 歌も, 正しい道理, 歩いた, 歩きだしました, 歩みよった, 歩みよろうと, 歩み寄り, 歩んで, 残って, 比較する, 気が, 気持ちの, 水の, 決めて, 河の, 法華経の, 注がれその, 注ぎながら, 洞窟の, 流れて, 浮かべて, 浸潤が, 消息は, 深くかが, 深紅の, 湖水を, 漂って, 演習に, 瀕死の, 焔, 猪波図書という, 理が, 理窟が, 生き甲斐の, 用意が, 申し残すきっと, 申し聞けて, 白い花, 白塗りの, 目だたぬ場所, 相談を, 真正面向い, 眼も, 着いて, 硬ばっ, 祈祷の, 私は, 移した, 移ったが, 移ったと, 移らせて, 積んで, 突き出しご, 突進した, 窓に, 立ち一家, 立った, 籍が, 素早く目, 続く砂道, 網が, 縁なし, 置いて, 置けるだけの, 美しい貴族, 考えて, 聞える, 聞き耳を, 胃袋の, 自前で, 良く細君, 芸術的な, 若い女, 苦痛を, 蓄積し, 行きかける, 行きそこ, 行きキクちゃん, 行くか, 行く横町, 行く気, 見えたあやしき, 見えて, 見えるの, 見える塔, 見せたうえ, 見ながら, 見馴れぬ童女, 解釈し, 計上しました, 設けたお供, 話して, 話を, 誘いこの, 誘惑する, 譲れと, 貸して, 赤ちゃけた紙きれが, 赤ん坊が, 走り出した, 走り寄っ, 起こった出来事, 足が, 足早に, 車を, 転出しよう, 転換する, 較べある, 近いです, 近いひろい洞窟, 近かった, 近くなっ, 近づきアッ, 近づこうと, 追いつめられて, 退いた, 送るくらいの, 這入って, 造り足して, 連絡する, 進みだいたい, 進むの, 違いない, 遠くすわっ, 遠く町, 避暑に, 部下が, 重厚な, 野呂川の, 銅壺を, 開いて, 関心を, 降りて, 限られ吉野山, 階子段を, 隠し女, 集めて, 離れた机, 雲間を, 青麻山と, 非が, 預かって, 預けて, 顔が, 飛びかかって, 飾りましょうか, 馬の, 駆けだして, 鶏小舎の, 黒く光っ, 黒眼鏡を, 鼠の

▼ ほう~ (1159, 6.9%)

10 はない 9 はその, はなかっ, もまた 6 はまた, もその 5 は, はなく, は彼, もこの, もそれ, 人の, 何か 4 はあなた, はそれ, はそんな, も, も彼, も私

3 [14件] それを, だれかが, ね, はかえって, はこの, はそういう, は少し, は彼女, もお, もそこ, も同じ, も負け, 待って, 微かに

2 [54件] いえば, こりたから, する, はあくまでも, はあの, はありません, はいよいよ, はいわゆる, はこれ, はこんど, はそう, はだれ, はにわかに, はね, はまだ, はわたし, はクリストフ, は一般, は人目, は他, は何, は全, は実際, は思う, は普通, は母親, は気, は源氏, は生命, は確か, は私, は自分, は長崎県, もこれ以上, もじゅうぶん, もそう, もそんな, もたとえば, もない, もなかっ, もクリストフ, も自分, も都合, 例の, 勝手に, 呼ぶ, 彼を, 手を, 気が, 父の, 犬が, 相手に, 私を, 考えて

1 [901件 抜粋] あいつが, あせって, あてこすられたの, あなたさまに, あの宝石, あやまる, あんな人たち, いいも, いうと, いったり, いなないた馬, いろんな人間, うさんくさい足音, おい駕籠, おまち, お休みくださいまし, お茶を, かたんかたん, かた苦しくすわらされ, かんしゃくを, きいきいいう, きのう自分の, きめたこと, きめたら警官隊, くやしく恥ずかしくて, こそ待っ, この先生, この老兵, これへ, これを, こんなこと, ござります, ごそごそと, ささやく声, させて, しきりにそう慨, しょげて, すっかり合点, すでに田植え, するらしいが, そうした声, そう思いこませる, そのふくら, そのチベット, その償い, その策, それに, たずねた, たずねる, ただそんな, だれか, ついて, つい兜, つぼまって, つまらなくて, でもへん, とても人間, どうにかなっ, どちらが, どよめきの, なかには, なにかゴソゴソと, なにか動い, なにも, にわかに大勢, はああ, はあすこ, はあらかじめ, はい, はいう, はいっそう, はお構い, はかまだき, はくやしく, はけっして, はこれ以上先, はこんな, はございません, はさほど, はしない, はすぐ, はすこしも, はすべて, はずんぐりむっくり, はそうして, はその間, はそれ東洋布教師, はたしかに, はたとい, はだいぶ, はちっとも, はつめたい, はとう, はどう, はどうして, はどこ, はどんなに, はなおさら, はなごやかな世間話, はなにもかも, はなんと, はのべつ, はべつだんなんとも, はほ, はほんとう, はまさか, はもう, はもうずっと, はもつ, はもと, はよく, はわかっ, はわれわれ, はアカシア, はアンドレ・ジッド, はオリヴィエ, はクロール, はチラ, は一つ, は一人, は一歩, は万時, は三十四歳, は両手, は並々, は二人, は人々, は人後, は今日, は今月, は他人, は伜たち, は例, は入れまい, は六, は初め, は別に, は南京虫, は原田甲斐, は厩, は君, は営, は堅い, は変心, は大勢, は夫人, は奥さん, は女王, は姪, は娘手踊り, は子供たち, は寝殿泊まり, は小林君, は平気, は床, は店先, は引きしまろう, は彼女たち, は御, は忘れられない, は恥ずべき, は手, は拍子, は早く, は明智, は明白, は月夜, は松山, は楢, は母, は水夫頭, は清らか, は瀬戸物, は無代, は田地, は男, は白色, は皆自己, は真心, は矢来越し, は社会記事的, は秋, は穴山梅雪入道, は答えます, は紹巴, は老舗, は舌, は芝居, は苦しい, は行, は親, は訓練, は謀反, は警官隊, は負けた, は貰った, は賢吉君, は較べ, は逆, は通俗小説的, は遂に, は選手, は院, は陵, は非常, は革命, は飛道具, は鳴物, ばあさんが, ひかりの, ひとりでにすいた, ひどく憂鬱, ひょっこり私, びゅうびゅうと, ふわふわうい, へどもどした, へんな, ぼくに, まごついて, またここ, また逃げ出し, むずかしい理屈, もあい, もあくまで, もあの, もあやうく, もいい加減, もいつのまにか, もうやって来なかった, もおまえ, もおれ, もぎく, もこんな, もさすが, もさんざん, もぜひ, もそれら, もただ一通り, もって, もてなした, もときには, もどこ, もどんなに, もなんだかムズムズ, もなんら, もぬからず, もはう, もふかふか, もほうれ, もまさか, もむこう, もめったに, ももう大抵, もやはり, もよく, もらっても, もわざと, もわし, もオルガ, もティトレリ, もホウヽホケキョ, もボクサア, もヴェリチャーニノフ, も一生懸命, も一通り, も上原君, も不信, も不足, も二組み, も今日, も何事, も優しく, も入り海ぞい, も内閣, も別れたく, も力, も力こぶ, も即刻, も反感, も同時に, も問題, も囂々, も国家, も大きく, も夫, も女御, も姐, も宗教的, も実際, も寿女, も小林少年, も少し, も少年探偵団員, も平生, も店員一同, も弥, も当世流行, も彼女, も徐々に, も徳川, も思わず, も情, も日比谷, も暗号, も梯子, も毎年お正月, も気, も気持ち, も決戦, も活溌, も源氏, も照れ, も生み, も癪, も眼, も知己, も籐椅子, も纏頭, も自分ら, も若宮君, も葉子, も覚え, も親戚, も警戒, も院, やがての, やって, やや細く, よくよく旅, わけて, ウソトキウソトキと, カタンと, ガサガサと, ガチャガチャ水仕事に, ガンと, ギラギラと, クラクションの, グサリと, ジリジリし, チョロ, ネクタイが, ヒィウと, ピストルを, マスクを, 一つも, 一人寝, 一時を, 一流の, 下頤, 中宮様の, 事を, 二匹の, 二百五十倍近くの, 云うこと, 五軒お, 五郎が, 交際を, 人一倍に, 今も, 仏具師を, 代価さえ, 休んで, 休息した, 何ものか, 何日も, 値を, 働く人たち, 八度や, 六秒から, 出すし, 初めから, 前回に, 動搖の, 十五反以内に, 卒の, 反問した, 同意を, 向いあいながら, 呼ぶ声, 善意にばかり, 嗤う, 困らなくなりかえって, 困ります, 埋め合せが, 外の, 天才的な, 太鼓ばやしと, 太鼓や, 女かなどと, 奴に, 威嚇の, 子どもたちの, 子供たちの, 子供らの, 宙づりを, 寝た, 小文治, 小林少年が, 少しでも, 少し顔色, 引いて, 張合いの, 張飛の, 彼女の, 御相談, 心得て, 念の, 怒号と, 思い出されるの, 急な, 怪物が, 恥かしい, 恨みを, 情夫に, 愛の, 或る, 手洗鉢の, 押しかけて, 損を, 敵の, 早苗の, 暴威を, 月百円内外の, 有益に, 木でも, 来て, 根負けが, 梟が, 横に, 歯の, 毎晩部屋で, 気の, 気負けが, 氷を, 池の, 沸いた, 泣きたくなる程, 注意され, 満たされて, 瀬戸物の, 物音が, 猛々しい啼き, 猛烈な, 現代文明の, 用意し, 申しますと, 瘤の, 発生した, 相殺し, 私には, 稻妻が, 突然トンツク, 笑顔を, 粗製品, 線の, 考えた, 聞えた, 腕を, 腹を, 自分の, 自然ぐるり, 興覚め, 花火を, 芳年の, 苦しそう, 落第に, 蜜蜂が, 親類たちが, 言えば, 診察の, 誰かが, 譲歩し, 起きて, 起こった不慮, 足が, 農業の, 追ん, 逃げたの, 逃げだすかで, 逃げろ, 道を, 遠く出陣, 遠声, 適当な, 釘を, 鋭い弓弦, 鐘が, 間の, 関羽の, 雇わなかったら君, 音が, 頂戴する, 頭角を, 顔を, 顔負けするだろう, 首を, 騷ぎが, 高圧的な, 鳴って, 鶏が

▼ ほう~ (930, 5.5%)

31 体で 24 態で 13 ていで 10 ことは 6 ランプを, 手で 5 子は 4 子供は, 顔は

3 [14件] ことも, ことを, 人が, 人も, 仕事は, 壁には, 女が, 女は, 手紙には, 時計は, 時計も, 言葉を, 話は, 話を

2 [57件] あとを, お仕事, たねな, たのう, ものが, ような, 中庭に, 事を, 人に, 人の, 人は, 人形と, 仕事を, 侍は, 側に, 側の, 力で, 力によって, 取りちがえ, 合い図, 国の, 壁に, 壁の, 女を, 女中は, 完全な, 専門家に, 席に, 座敷へ, 役人が, 御用を, 必要から, 指輪を, 明智が, 時計が, 期間には, 条件を, 果物を, 死骸は, 比重が, 水平線に, 玉にも, 用で, 病院に, 目を, 穴へ, 窓に, 窓の, 組は, 耳が, 親戚へ, 話が, 部屋の, 部屋は, 鏡の, 障子を, 靴は

1 [671件 抜粋] あたたかい町, あの窓, ある病院, いい条, いちばんはしっこ, お嬢さんに, お子さまに, お屋敷さん, お方が, お米, お給金, お返事, お鳥目, かえだま, かみ, からすうり, からすは, きさ仏さん, くつを, くぼみの, ことから, ことが, ことに, ことには, ことばかりが, ご手腕, さいかちの, さっき彼が, したくは, しめって, しわざとめぼしがついたゆえかく, せなか, たいの, たずねること, たねだ, ために, ためを, つながるの, つらだましい, ところだった, なかなか粋, はじに, ひげ, ひびの, ひもを, ひろいへや, ふかい森, ほおに, まっかな顔, まるい穴, めんどうを, ものは, やつが, よろこぶまいこと, わずかな, アントン・クレエテルヤアンすなわち, イワンさんが, オウドウヴルは, ガス燈に, ガラス箱の, サロンで, スピードは, セシルは, チビキは, テーブルで, ドアへ, ノロちゃんが, バックには, ベッド柱に, ボタンを, ポケットの, メイブンでしょう, モーターの, ランプが, ランプと, 一人は, 一人を, 一件も, 一本の, 一男だった, 万吉は, 不為だ, 中学からは, 中将さんでございます, 中心は, 乳母の, 事がらの, 事でしたら, 事件は, 事情が, 井上君が, 井上野呂の, 交渉は, 人から, 人である, 人夫が, 人物に, 人間か, 人間へ, 今いう, 仏前には, 仕掛けが, 代用味の素の, 仲に, 伜源蔵と, 伯母が, 体が, 体格で, 何人かの, 使いも, 例を, 便宜とで, 係で, 個体が, 倍音を, 側から, 側と, 側には, 側は, 働きの, 先約は, 入り口から, 公事にも, 公方さまは, 六十ぢかい, 内地は, 几帳の, 処分は, 出口からは, 出来事でした, 出来事を, 切り口から, 切先から, 判例が, 割り竹を, 力が, 勉強よりも, 動物が, 動静は, 十二マルクも, 千曳き, 半面では, 南の, 南側の, 単衣, 収益も, 取りちがえこれ, 取り方, 取引先に, 口なら, 古い小さな, 名人な, 名前に, 名簿です, 和琴は, 喬之, 四五人などは, 回船問屋を, 国々の, 土の, 城は, 報償の, 塾生だけに, 壁ぎわにはスタンドが, 壁は, 壁も, 壁際に, 声であった, 声に関しては, 大きなきつね, 大人である, 大家と, 大法師, 大物な, 大達者, 天下は, 奇策は, 女房が, 女房たちは, 女房の, 女王は, 女王を, 奴らも, 姉ちゃんはね, 姉ちゃんはネ, 姉妹, 始末を, 委員会で, 姫君が, 娘かと, 娘で, 娘は, 嫌疑だけは, 嫌疑は, 子が, 子供たちは, 子供を, 学校が, 宛名は, 実例は, 客たちは, 室に, 室へ, 宴会の, 家格に, 寝台には, 対に, 専門家が, 専門家で, 専門家でない, 小さな牧場, 小さな突起, 小学校へ, 小節を, 小間物屋とかの, 少女が, 尼君は, 屋敷内に, 山ぎわに, 山へ, 山脈地帯な, 岩あなに, 岩に, 岩穴の, 左の, 左腕に, 師匠さんなどに, 帳は, 平三は, 平土間に, 床の, 床屋の, 店へ, 座敷を, 庭を, 廊下から, 廊下に, 廚その他に, 弟などは, 当の高音, 影像と, 役は, 御愛人, 御殿へ, 御用が, 心得の, 心持ちを, 心配は, 忍耐力を, 志なにとぞ, 思い上がって, 怪物が, 恩誼は, 意志で, 意見が, 意見で, 意見を, 愛国心は, 感情は, 態に, 態にて, 懸念は, 戦況も, 戦術で, 所番地を, 手すなわち, 手のうちは, 手を, 手助けを, 手柄は, 手毬歌であった, 手配と, 才の, 才は, 才人が, 才分の, 打ち合わせが, 掛け金の, 推測に, 損害の, 支配人が, 攻め口の, 政党が, 教育を, 数が, 数に, 数間の, 敵は, 文献は, 方で, 旅支度と, 明るく晴れ, 時計こそ, 時計だ, 暗いところ, 暴君です, 替え玉です, 望みが, 木, 木曽川の, 木陰に, 本邸に, 村, 杵を, 板べ, 板戸が, 柵の, 案を, 棒を, 椅子に, 椅子よ, 様である, 標準を, 横町で, 死体は, 気分も, 気圧が, 水に, 池で, 油御用は, 沼に, 洞窟の, 流れで, 海の, 海岸に, 海面が, 消息は, 準備が, 準備に, 澄み通った秋空, 濠に, 瀬尾君は, 焼けあと, 片が, 片腕与助を, 片隅には, 版木修辞学者の, 物で, 状況を, 玄人に, 玄関から, 生存競争が, 生徒にも, 産土の, 用向きも, 男, 男か, 男が, 男である, 男に, 男は, 男を, 町まで, 病気な, 病気の, 発表は, 監視人が, 目が, 目に, 相談は, 眼が, 眼を, 知人に, 知識と, 知識は, 研究は, 研究を, 神経の, 私設鉄道の, 穴の, 空などは, 空に, 空は, 空中へ, 窓から, 窓ガラスが, 端が, 端の, 竹藪の, 笛で, 笛を, 笛口に, 箱を, 簾を, 粉足跡は, 糸屋へ, 紅茶を, 細い廊下, 終始変らない, 組が, 組だ, 綱の, 総大将, 縁が, 縁には, 縁側から, 縁故の, 美しい少年, 老僧, 考えから, 者だ, 者は, 者も, 腕で, 腕白小僧に, 自分を, 船宿の, 花束を, 芸者であった, 若様が, 若者ども頂上から, 落盤の, 葉が, 葉を, 蔵を, 蔵書カードは, 薄暗がりと, 血を, 行きあたりに, 行を, 表書は, 裁判官たちは, 裳を, 見物に, 親分手合の, 観察を, 解決に, 言うこと, 許可を, 詮議だ, 話から, 話でしょう, 話なら知っ, 話に, 話には, 認識も, 語源は, 説明を, 警官だった, 警官は, 谷の, 貧しい女王一家, 責任では, 資格の, 贔屓であったなら, 足く, 足を, 足アふっつり, 路から, 身に, 身代りに, 車と, 軍配ぶり褒美は, 軸を, 通船で, 連絡は, 運が, 遍平, 道は, 道を, 道場に, 遠縁に, 邸宅も, 部分な, 部分を, 部屋だ, 部屋に, 部屋を, 部類であろう, 部類な, 都合と, 金で, 針が, 鍵の, 長い往来, 長い手紙, 長官であった, 間で, 間に, 陣営には, 陣形が, 階段な, 雄が, 集会に, 雲が, 電灯の, 露路で, 靴の, 音と, 音を, 頭の, 顔である, 顔に, 風景の, 風采と, 食事は, 體で, 高い窓, 高緯度だろう, 黒仏は

▼ ほうから~ (896, 5.3%)

7 聞えて, 聞こえて 6 出て 5 進んで 4 こっちへ, 帰って, 顔を

3 [15件] かすかに, こちらへ, ひびいて, 一艘の, 人の, 何か, 口を, 吹きつけて, 彼の, 来て, 歩いて, 照らして, 現われて, 言った, 飛んで

2 [47件] いうと, いえば, いっても, お伺い, かすかな, ここへ, これを, そこへ, だんだん近づい, です, でて, では, のぼって, ひとりの, やって, サーッと, ピカピカ光る, 主人の, 先に, 入って, 出かけて, 声を, 小屋の, 彼に, 彼を, 怪物の, 手を, 来た, 涼しい風, 無理に, 私に, 自分で, 落ちて, 見えるの, 見たの, 見た場合, 見て, 言えば, 言って, 訊ねた, 話を, 説明し, 近づいて, 逆に, 通って, 陸へ, 駈けて

1 [720件 抜粋] あいつは, あがって, あなた様たちを, あの写真, あべこべに, あまり遠く, あやまって, あるか, あわれむようなさげすむような顔つき, いい出して, いい出すの, いい出せるもの, いかにもつっけんどん, いくこと, いざって, いちどに地殻, いっそパリ, いった, いつ何時, いや日ごろ, いらしった, いろいろお, いわせれば, うかがいますと, おおぜ, おかあさんの, おしころした, おそろしいさけび, おびただしい兵糧, おまえを, おもわれると, お伺いしなけれ, お伺い致します, お勧め, お友達, お呼びに, お届けいたします, お店, お母さんたちの, お知らせしましょう, お迎い, お金持ち, お電話, お願いすべきだろう, お館, かがみこんで, かけだして, かぶせて, かれの, きいて, きいても, きこえて, きた遊び, きっかけを, ぎゃくにならべ, くるの, くる琥珀色, くる船列, こういっ, こう大きく, こちらに, こっそりはいっ, こっちを, この人, この武士, これが, これへ, ごうごうという, ごらんに, ご免を, さっきの, さっとおろし, したしくことば, しだいにこちら, しみ入るよう, しゃっしゃっというお洗濯, しゃべった, じっとようす, じっと見, すぐに, すぐ長女, すでに停止, すり寄ろうと, せがみました, そういった, そうさけび, そう折れ, そちらへ, そのマダム, その中, その日本一太郎, その汽笛, その裾野, それに, それを, たずねられたの, ただならぬ気配, たるみなく, だまされたと, ちと所望, ちょうどまた, つめたい風, ときどきひんやりした, とびだして, どうぞい, どこという, どよめく人々, ながめて, ならべたもの, なんざあ来る, なんの, にわかに明日, のそのそと, のっそりと, のろってやら, はいのぼっ, はげしく鳴き, はさまれて, はじめますが, はらはらし, ぱっとひかり, ひとつの, ぴったりと, ぴったり分け, ふたりの, ぶらりと因業御殿, ほうぼうへ, ほとんど完全, ぼくに, まいる旅人, まず冗談半分, また声, また笑い声, まっさおに, まったくの, みじんも, みると, みれば, めいって, もう, もくもくと噴油, もち出す, ものの, やがて歩隲, やってきたな, やってきたよう, やってきて, やって来たに, やって来て, わきあがって, わすれて, わずかばかり, わりこんで, アリョーシャに, オズオズと, カメラを, ガランガランと, キスを, ゴウゴウと, サイレンの, ジャンジャンジャン, スケを, ステッキの, チリンと, ドーンと, バルコニーの, パタパタと, パッと, ヒラヒラと, ビビイに, ボーッと, ムーッと, 一つずつ, 一ぴきの, 一人が, 一人と, 一問した, 一言も, 一足さきへ, 三人の, 三十メートルの, 三田の, 上手に, 下向し, 中の, 事件の, 二つの, 二・三人の, 二十面相の, 二軒おい, 云って, 五六間おきに, 人々が, 人民に, 仇するもの, 他人の, 代州, 仰せによって, 仰っしゃるうなぎであった, 伸びあがっ, 伺いましょう, 伺って, 何かと話しかけた, 何人かの, 何者かが, 使いが, 倉地の, 催促が, 先の, 光悦に, 入らないという, 冷気が, 出そうかね, 刀を, 切りだして, 切り出した, 初太刀が, 別れ話を, 十四五歳の, 南の, 厚織物の, 参って, 叫んだ, 右の, 君に, 吹き始めだんだん, 吾妻橋の, 呉の, 周さんに, 呼ばわる者, 呼び止めて, 命令が, 和田呂宋兵衛という, 唄や, 唆しかけて, 嘉門の, 國にたいして, 園丁が, 土堤の, 堀木の, 声が, 声に, 声高に, 外へ, 夜業を, 大きな男, 大空中艦隊, 夫人へ, 夫婦の, 女が, 女を, 女房が, 女類一般の, 始まって, 始めなければ, 始終出, 婿として, 嫁いで, 子供を, 孔明を, 宅助を, 宗教に, 実行で, 家風に, 宿直室へ, 尋ねて, 尋ね出すこと, 小さい咳ばらい, 少し気, 峰丹波こう, 川へ, 巡査が, 師匠を, 帰るの, 幾らか金, 店の, 庭伝いに, 建物の, 廻れ, 強い風, 御機嫌を, 心を, 必ず再びこの, 怪人の, 怪盗めがけ, 愛嬌を, 慰め顔に, 戦端を, 手でも, 手に, 手紙で, 手紙を, 打ち込んで, 抑えること, 折入っ, 持ち運ばれた調度, 持って, 振り返って, 掛かり合ったの, 提示した, 敵の, 断って, 新聞記者と, 旋風みたいに, 明るい光, 時々遊び, 書類を, 月光を, 朝寝の, 朝山日乗島田所之, 木の葉を, 木挽町の, 木笛の, 来たいなんて, 来たらしい電車, 来た人たち, 来た綾, 来なっしったか, 来るこの, 来るたより, 来る電車, 来る風, 来客の, 東京の, 枯野を, 柱時計の, 柳生邸へ, 案を, 案内を, 楽屋へ, 槍組二隊を, 樹幹の, 機嫌を, 次郎は, 正式に, 歩廊へ, 水を, 永遠に, 汽笛が, 汽船の, 河原づたいに手を, 洋館を, 洗って, 津田氏に, 流れて, 浮かび上がるよう, 減って, 満足そうに, 源氏を, 潘璋の, 火を, 無邪気な, 熱心に, 燭の, 片づけたいと, 物を, 犬の, 独房へ, 甚だ手持ち, 生えずに, 田島について, 申しても, 申しましても, 申し出て, 申上げます, 異様な, 疾風の, 発したもの, 白いきもの, 白状する, 皆のぞい, 目を, 相手を, 看護婦が, 真夜半, 真清水, 真赤に, 眺めて, 矢来下へ, 砂けむりを, 砂の, 磯五へ, 祭壇の, 私を, 秘密の, 積極的に, 突如と, 突然, 突然鋭い, 窓へ, 笑顔や, 箏の, 管絃楽の, 米油味噌塩醤油薪炭四季折々, 粉熟が, 約束どおりの, 結果の, 縁を, 縦に, 考えて, 聞く, 聞こえた, 聞こえても, 聞こえ同時に, 肥った笑顔, 脇坂の, 自分に, 自分を, 舟に, 船で, 色の, 若々しいびんびん, 若干の, 苦しくなっ, 菓子などが, 葬儀員が, 藁を, 藪うぐいすの, 行って, 街上の, 要約し, 見えないよう, 見え過ぎるですから, 見ること, 言いだしたこと, 言い出して, 言い寄られたに, 言葉を, 訊いた, 訪ねたいと, 訪ねて, 訴えるところ, 話が, 話して, 話の, 話題に, 説明が, 誰か, 論じて, 警部補の, 貞世が, 負けて, 負傷者に, 貴殿に, 賊の, 赤ん坊の, 走って, 起こす訴訟, 越えて, 蹄の, 軍馬の, 軽そう, 轟々と渦巻い, 轟きだして, 迎いに, 迎えて, 返書の, 迫って, 追, 追いかぶさるよう, 追っかけて, 送られた, 送金させね, 連れて, 進撃の, 遠く或は, 遠ざかるべき口実, 遠呼び, 選んで, 避難を, 酔いしれて, 金剛寺坂を, 鈴の, 鈴江と, 鋭い女, 鋭い銃声, 錠を, 長い廊下づたいに, 間接に, 陣外へ, 陳宮を, 離れて, 雪を, 非常な, 音曲の, 順にそれ, 順序正しく, 頭へと, 頼んで, 風が, 風呂敷包み, 飛びこむもの, 食べものの, 馬を, 馬煙, 高声に, 高順侯成が, 黒い影, 黒い雲, 黙って

▼ ほう~ (398, 2.4%)

24 ないこと 13 なく大きな 7 ない大きな 3 ないもの, ない考え, 今は

2 [14件] そうだ, どっちも, ないば, ない夢, ない大, ない女分限者, ない怪物, ない笑い声, ない話, ない高値, よく追った, よく逃げた, 気が, 負けて

1 [317件] あっさり縮め, あつめるほう, あの女, あまりよくは, ある, あるよう, いい腕, いかにもい, いささか苦労人, いたします, いちいちあいさつ, いっこうに驚かない, いっそうよくながめ, いつか止まっ, いつまた, いつもよろこん, いつも耳, いまいった, いッ, おくるほう, おじゃんに, おなじく木曽, おろそかになどは, お出し, お武家さま, お食べなさい, かくある, かなり繁昌, くくるん, けっして非, げらげら笑う, ここだ, こちらの, ことさららしく話しかけ, このうえ義理, この現象, この騒ぎ, これで, これと, こんきよく, さすがに, しきりに追っかけ, しっかりやっ, しばらくよせ, しらを, じゅうぶんに, すくない, すぐよくなる, すぐ二, すっかりけり, すっかり板, ずいぶん入念, ずっとよろしい, ずっと前, ずっと楽, ぜひこの, そうかも, そうとうに収入, そうな, そう悪, そう抜かっ, その一つ, その夫, その日, その通り, それに, それを, そろって, そんなにまいっ, そんな愚劣, たいへんありがたい, たずねて, だいたい手口, だまって, だれが, だんなの, ちょくちょくから, ちょっとうろたえ, つまらないこと, つや学者たちが, とことんまで, どうやら解決, どうやら鎮まっ, どこかへ, どこから, ないお, ないお化け, ないし, ないできごと, ないなぞ, ないま, ないまね, ないギョッ, ないスカート, ない価格, ない別嬪, ない化け物, ない大軍, ない大金, ない奇怪味, ない妄想, ない宝もの, ない宣伝, ない巨人, ない怪談, ない恐怖, ない悪事, ない想像, ない提議, ない方向, ない望み, ない獲物, ない空想, ない胴間声, ない良識, ない芸人衆様, ない莫大, ない見世物, ない財産, ない足拍子, ない遠い国々, ない遠さ, ない間違い, ない馬鹿者, ない魔術, なかなかの, なくおろか, なくかなしくなり, なくさびしくなり, なくたるん, なくでっかい目玉, なくひろいという, なくやすい値段, なくハレンチ, なく勇敢, なく巨大, なく広い土地, なく広くなる, なく怒って, なく歪曲, なく涼しい話, なく税, なんとなく, にこにこ笑っ, ねえもの, ひそと, ひったくられたほう, ひとまずみんな, ふもとの, へとへとに, べつに娘たち, ほとんど眠る, またたいへん, またむかしコネティカット州, また人間, また切符, また多く, また閉じた, まだ姿, まるで根, みなそういう, むつかしい仕儀, もうねしずまっ, もう遠慮, もとを, ものを, やって, やっぱり同じ, やはり一八七一年, やはり声, やはり裏口, やはり遲, やむをえず同意, よい郎党, よく見える, よほど行った, よろいの, わすれること, カルルの, チラリと, ムクムク起き, ワルツを, 一段落し, 世の常の, 二人を, 人を, 人助けかな, 人数は, 今度は, 伊織の, 何も, 例年以上な, 俳優を, 働きいい, 僕を, 充分に, 入って, 全然逆らわず, 八方へ, 六人ともに, 前の, 前もって詳しく, 割合に, 動物的な, 受け取るほう, 口に, 同じよう, 同じ尺二, 同じ最期, 同様であった, 同様に, 困るし, 困憊の, 大丈夫, 奔走し, 女に, 女の, 姉の, 安心し, 寛大で, 少しも, 少し傾い, 山崎屋の, 平気で, 平生とは, 年を, 幸いなる, 幾ぶんわれを, 弟の, 強まって, 当惑いたした, 当然の, 彼に, 彼の, 彼を, 彼女に, 御承知, 心や, 忙しく家, 思わしくなくて, 急に, 急場を, 恐れて, 悪くない, 我慢強くは, 手を, 手綱でも, 才覚おし, 打揚場, 払えなくなって, 折り合わなかった, 指さしたが, 方針が, 明晰に, 春の, 昼夜鋳物工を, 最近は, 望んだ以上, 木霊が, 案外乙, 森谷さまと, 極度に, 楽に, 次第に巧妙, 次第に師匠, 正直に, 武蔵の, 残らず浚いましたが, 水害の, 沈着だった, 泣きの, 渡世でし, 滝の, 潔白であっ, 無理でねえ, 熱心であった, 父と, 父親に, 狡を, 用が, 男の, 痔の, 目が, 目に, 相当な, 相当莫大, 相當, 眼を, 自分の, 自然と, 自然に, 見ずに, 見なれぬ鳥打帽, 解いて, 諭吉の, 譴責ぐらいは, 貧弱きわまる, 貰う方, 買うほう, 貸すほう, 賢二を, 贈られる方, 身動きが, 辛かろう, 辟易せざる, 農場の, 送るほう, 逃がしては, 鎖を, 音蔵さんの, 頻りに頭, 頼まれた方, 風に, 飽浦の, 馴れ過ぎて, 高見に, 黒玉かも

▼ ほうには~ (141, 0.8%)

2 なんの, 一瞥も

1 [137件] あまり使われない, あらゆる権利, あらゆる準備, いくらか薄く, いくらか長い, いっこうさし, いって, いつもおく, いまあなたが, いまの, おかしな野郎, お十夜孫兵衛, お月さま, お綱, かつえきって, これまた, これよりも, さしあたっては, すわる席, そういう遊び, そこまでの, そのつもり, その下ごころ, それが, それより, たいてい女人, たくさんの, たった一人, だいぶお, ちがいない, ちゃんとしか, ちらとも, ついて, てんで見, どうしても象徴的, ない, ないわけ, はけだの, はるかに, べつに話, ほとんど向かず, ほとんど目, またべつ, また祝い, まだまだ奥の手, まだ捜査, まだ隔て, まもなく十人, まるっきり反対, もう何, もう永らくお, もっと奥の手, わかって, タッジオを, タッパン・ジーの, フランスの, ボーコという, 一口には, 一向そういう, 万々一の, 三つ四つの, 主人すじ駿河大納言の, 二女東の, 二間以上も, 五葉の, 人の, 今君を, 何の, 全然言い分, 別嬪の, 千代田城の, 同じ要求, 問題は, 土地の, 変りは, 多くの, 大きな穴, 大した困難, 奉行へ, 契約書の, 女でも, 女房だけが, 姉を, 宮たちも, 小豆色の, 少々心得, 屏風を, 川の, 左大臣の, 常楽寺の, 幼年時代の, 弟が, 微かに, 思い寄りが, 手が, 抜け目の, 拙者の, 振り向きも, 故障が, 料理屋芸妓屋が, 梅の, 樹木の, 武器が, 気の毒な, 気を, 水軍の, 渓流に, 火を, 猫背の, 目も, 相模半島から, 眼も, 知られて, 私に, 窄融だの, 絨緞の, 緑色の, 罪は, 耳を, 背の, 船ばた越し, 血で, 見えなかった, 覚えが, 詰め敷かれ, 誰が, 負うと, 身内の, 近代的憂苦の, 遊客の, 運勢判断を, 遠くヒロ, 都合の, 隙間が, 雪が, 顔も, 魏の

▼ ほうにも~ (100, 0.6%)

2 ある, 考えが

1 [96件] あるけれども, あれの, いいたいこと, いなくなったなんて, お取り込み, がきよりながら, このとおり疑い, すこし頼み, すでに安から, そうされる, そんな手違い, たらせて, できては, とっくにわかっ, なにか話, なりうるの, にわかに物忌, ねんごろ, ひかれた, ひとつおねがいが, べつな, まだ奥の手, むやみに, もちろんツモリ, よく出る, よほどの, われわれの, アデライーダ・イワーノヴナの, 一人も, 一難が, 二つまで, 二段の, 人気は, 仕様が, 会えない呼ぶこと, 何ら良計, 何百人という, 作用し, 侍を, 僕の, 充分な, 共通な, 出征軍人の, 助造じいさん, 十分力は, 又なんとか, 台所は, 四囲の, 多かった, 大きな危険, 大きな邸宅, 小次郎の, 少なかった, 山手の, 差支えるか, 常にその, 幾分なりと, 当然の, 当該事務に関して, 役立つ参考, 後差しの, 御所の, 悪いうわさ, 悲しく思い暮らす, 手を, 手違いや, 打ち明けたこと, 振り向いた, 教えて, 有益なる, 案外何, 毎月六十円は, 泣き声が, 浅い谷一つ, 深い理解, 火が, 無理は, 理屈は, 発表す, 私は, 空巣が, 空気が, 絶息を, 聞きつけた, 自分の, 良くない, 菓子の, 蜀の, 行く家, 行われて, 見当らないので, 貰うほう, 足りないながら, 通じるが, 都合が, 隠して

▼ ほう~ (85, 0.5%)

123 からこの, と思う 2 からその, という, と思っ, ね, の, わ

1 [55件] いしげって, いなごたくを, かなァ, からあちき, からいっこう, からいつ, からだ, からだれ, からな, からよかろ, から人垣, から会釈, から大きな, から大丈夫, から聞かれ, から船胴, がうけとる, がかなり, がこの, がこのごろ, がこれ, がそれでも, がたま, がツルリ, がヨシ子, が信助, が峰丹波, が自慢, が貴様, が軽蔑, けどうまく, しまた, し君, ぜ, ぜあいつ, て, というよう, という意味, といや, とか言っ, とする, とひそか, とみな, と実感, と少しく, と思い, と思いこん, と美濃守, と考え, と言わなけれ, な, よお前, よと評した, わずかばかりの, アへ

▼ ほう~ (85, 0.5%)

2 おどろきの, 出た, 切れて, 叫びました, 息を, 立てる雑木, 軽くなつた, 輕く, 違って

1 [67件] いい今度, いえば, いえよう, うち煙っ, こぼれ出, さかんに, したこころ, したよう, した気分, する, すること, するの, する時, する程, すれば, なった顔, また驚き, 一息入れる, 下の, 中空に, 企らむのだ, 伝六ともども御用駕籠を, 何か, 先端に, 叫んでも, 同じころ, 君の, 呼びて, 呼ぶこゑの, 呼吸を, 啼くの, 啼けり, 四辺を, 大きな声, 宗助の, 寒い梢, 心を, 思いこんで, 思つてね, 打って, 森の, 汽笛のけ, 深い溜息, 溜息を, 溶けるほう, 白い息, 知って, 私は, 称する役方, 立って, 立つ膳, 背後の, 致しまして, 色の, 落葉松寒し, 言った, 言ひ, 軽くなった, 通じて, 通称する, 長い溜息, 間遠に, 韋駄天に, 飛ばして, 驚きの, 鳴いた, 鵜を

▼ ほうへと~ (78, 0.5%)

3 静かに 2 おりて, 下りて, 歩いて, 歩きだした, 歩き出した, 走って

1 [63件] あがって, あるいて, うつりかわって, お移りなさりたがる, こぼれるよう, さがりながら, じりじり深まっ, すがりつく黒影, すすんで, ぞろぞろ歩き, とびさ, とんで, のぼり初めた, はいって, びかかってきたではありませんか, ぼとぼと逃げ出し, また車, スッとん, スッ飛ん, ノッシノッシと, 三人ひとかたまりに, 下りはじめた, 向かって, 変化し, 崖の, 往った, 徒歩って, 忍びよった, 急ぎました, 曲って, 歩いた, 歩きだしました, 流浪の, 消えて, 田の, 眼を, 移って, 移り歩き, 空想を, 突き出しながら, 絶え間なく, 考えまわし, 肩を, 蚊の, 見えなくなって, 読んで, 足を, 足音荒く, 踊りながら, 返した, 追いつ追われつして, 送りに, 逃げかえるの, 通り越して, 進むという, 進行する, 遠ざかって, 遠乗りに, 雨に, 飛んだ, 飛んで, 駈けつけて, 駈けて

▼ ほうへは~ (60, 0.4%)

3 眼も 2 足を

1 [55件] いかずに, いってるぞ, おれが, すでに衣裳, それが, それとなし, ちょうど涼しい, にんじんが, のちの, まいらねば, まがらずまっすぐ, まったく目, ノートを, 一歩も, 人知れずハラハラと, 仮の, 何と届け, 出なかったから, 出られませんから, 向かわずかえって, 向きたがらない, 天堂一角が, 寄って, 帰って, 帰らぬかも, 当所より, 当方より, 恐ろしゅうて, 戻らずに, 早くも, 時々夫人, 朝から, 求婚者が, 灰を, 片棒か, 病む女王, 目が, 目端も, 知られて, 笑顔を, 精を, 行かずに, 行かず殊さら樹, 行かなかった, 行かなかったでしょうね, 見きり, 見向こうと, 話して, 足も, 逃げられないので, 遠慮し, 降りて, 静かに, 靡かせたくねえん, 音沙汰を

▼ ほうからも~ (56, 0.3%)

1 [56件] いくらかの, いっそう複雑, おなじく一団, おびただしい旗風, お伺い, この通り, ごく自然, さかんに, そのうちお, とかく敬遠, なるべく彼女, またはじい, また主人, まだなんとも言い出した, もう一言, もちろんそんな, ヴァトレーの, 一つおまえに, 一つの, 一つ聞きたい, 丁寧な, 乳母は, 五人の, 伝令が, 凄艶, 前駆を, 勧めて, 十分に, 参詣人が, 台所の, 同じ御, 同時に彼, 四人の, 国使を, 大久保石見守菊池半, 女房だけを, 御上覧, 応戦し, 恨みを, 手紙を, 数名の, 気軽く言い出せる, 火光は, 燕尾服の, 特別の, 監視人の, 眺められて, 童女などが, 競りつめて, 絶えず無気味, 見えないし, 証拠を, 豆粒の, 足を, 食事が, 馬を

▼ ほうまで~ (53, 0.3%)

5 歩いて 3 つづいて

1 [45件] あらわに, いろいろと, くりだして, すっかりなくなっ, すっ飛んで, ずっとつづい, だんだん上り, ひびいて, ひびきました, まだ生き, もどって, よく見える, わからなくして, ボタンが, 一人で, 不気味に, 出まかせに, 国々の, 垂れて, 少しの, 巻き上がった, 引き裂かれて, 往って, 徳川家の, 提燈を, 散歩し, 散歩する, 明るく聞え, 本営を, 洗い尽されて, 浅いらしい, 真っ白に, 矢部を, 筒の, 細道が, 続いて, 聞えた尺八, 聞えて, 聞えるの, 見えて, 見えるの, 見まわるの, 車を, 迎いの, 重たげ

▼ ほうへも~ (52, 0.3%)

3 遊びに 2 そんなこと, 寄って

1 [45件] いちいち軍議, お寄り, お暇, お登り, お遊び, けっして解決, この人, こんなふう, しばらく目, だん, また足, もう手紙, ものすごい勢い, やはり思い過ぎ, よくそう話し, 上の, 伺いにくく, 先生から, 出入りする, 吹いて, 多く来, 女一の宮の, 官邸へも, 小次郎の, 延々に, 弔問の, 影響した, 往って, 手紙は, 挨拶を, 早くこの, 松風と, 次の, 気を, 渡りを, 源氏は, 狂いを, 知らせて, 私邸の, 等分に, 答えようと, 老いた弁, 聞えて, 薫は, 見向こうとさえ

▼ ほう使~ (48, 0.3%)

3 はま 2 がアラジン, が言いました, はこう

1 [39件] があなた, がおいしい, がこれ, がはめ, がアフリカ, が一心に, が入っ, が商人, が聞きました, が言った, が言わせた, が足, だったの, でした, です, にお, のそば, の上着, の弟, の悪, の死がい, の言う, の言った, の話, は, はいろいろ, はお母さん, はそう, はその, はそれ, ははがゆ, はよろこん, はアフリカ, はアラジン, はベール, は商人, は少し, は尼さん, は自分

▼ ほうからは~ (42, 0.2%)

1 [42件] あすリュクサンブールの, きみの, しみじみと, それから, たえず隠密, たびたび催促, つぎの, まだ血戦, まったく見なれない, 一刻ましに, 三根夫や, 何ひとつ指図を, 何も, 例の, 噴煙は, 好意を, 好色の, 姿が, 宗教的奇人の, 家司の, 寺院の, 小林君の, 常式方送, 張遼の, 彼女を, 明りを, 本国の, 来て, 次々と, 決して保証人, 片側に, 百足の, 私の, 菓子の, 見えないだろうが, 見えるけれども, 見舞いを, 許, 通路に, 金が, 鉄砲の, 首の

▼ ほう~ (39, 0.2%)

5 んです 3 のである, んだ 2 のです, ものです

1 [24件] ことを, の, のか, のだ, のでこういう, のでさっそく, のでそれ, のでつい, ので夜明け, ので暗に, ので深い, のにしかも, のよ, ばらは, ものだ, ものでした, もんだ, もン, ようです, んだろう, 家来だろう, 生きぢょうちんがあるところへ月光は, 男だ, 魔法な

▼ ほうせき~ (36, 0.2%)

11 ばこ 4 ばこの 2 がきらきら

1 [19件] がぬすまれました, だけをぬき取っ, のはいっ, はきっと, はぜんぶ, はもっ, ばこでした, ばこと, やのま, をあきらめ, をつかん, をとりかえし, をとろう, をねらっ, を取り, を取り返さなけりゃ, を手, を明智たん, を用心

▼ ほうほう~ (32, 0.2%)

13 の体 6 の態 2 のてい

1 [11件] あげながら, という啼き, とうち, とこぼれ, として実に, と啼けり, と汽笛, と立っ, と鳴いた, 鳥は, 鳥より

▼ ほうじゃ~ (25, 0.1%)

1 [25件] ありませんか, からそれ, こうまで, ございませんか, さらさらそういう, すぐもうこっち, どうしてもそう考えず, どうも思い出せん, ないから, ないもの, なかったかという, なかったし, なくむしろ, ねえが, またこの, めったに人, アある, ア本職の, 今まで, 命がけな, 平氣, 死んだと, 竦みあがっちまった, 重三郎が, 顎十郎の

▼ ほうだい~ (25, 0.1%)

3 である 2 になっ

1 [20件] だし, だのッ, であったその, ですごい, どんなこと, なこ, な世, にまかせ, に揺れ, に甘やかし, に顔じゅう, に飲み散らし, のこと, の障子, の髪, の鳴りほうだい, ぴちぴちした, をし, をする, を止め

▼ ほうです~ (22, 0.1%)

5

1 [17件] か, かいそれとも, から, からね, から悦ん, から無味乾燥, か中, がこれ, がそれ, が十六年二ヵ月, が少く, が疲れ, しそれ, のでおかみさん, のでヨシちゃん, よ健在, ヨ

▼ ほうであった~ (19, 0.1%)

1 [19件] からいろいろ, からこんな, からやがて, から花, がそこ, がそれでいて, がそれでも, がのち, がまず, がカテリーナ・イワーノヴナ, が三根夫, が近年, が顎, けれどそれなり, その鼻, と言えよう, と話し, にかかわらず, 顔に

▼ ほう~ (19, 0.1%)

1 [19件] お花坊, この紙, こんなに盗んどる, こんな工合, だからここ, だん, つったぞ, どうだ, なんにも知らんでしょう, にも父, ね, のため, の申す, もうお家, 深い谷, 見て, 見なさい, 見ろや, 速いでしょう

▼ ほうでも~ (17, 0.1%)

1 [17件] あった, いろいろに, いろいろの, にらんで, ひそかに, やかましくは, 不安が, 不思議でならない, 人並の, 同様です, 普通の, 結構でしょう, 考えるし, 耐えないの, 自然派が, 親しく取り扱った, 諦められぬ過去

▼ ほう~ (16, 0.1%)

2 ゐる, 來た, 雀の 1 その式, その深, ゐた, ゐますが, ゐるから, ゐるだん, ゐると, 居たが, 来るの, 横に

▼ ほうだった~ (15, 0.1%)

1 [15件] かも知れない, から大抵, がこの, がそれでも, が事変以来, が催眠剤, が逃げまわる, しむしろ, し姉夫婦, のかも, のである, のです, ので野卑饒舌, んです, 佐渡かも

▼ ほうばかり~ (15, 0.1%)

4 眺めて 3 見て 2 眺めながら 1 でなくここ, では, にらむの, 窺って, 見てるな, 警戒し

▼ ほうこそ~ (14, 0.1%)

1 [14件] いかなる方法, し師匠, ただもらっ, ちと寝, どうかし, びっくりし, ぼくに, 人魚より, 咎めらるべきです, 変調子に, 正当な, 災難です, 重点である, 金輪際動く

▼ ほう~ (13, 0.1%)

9 ほうつと 2 かいだ, ておく

▼ ほうかも~ (12, 0.1%)

3 しれない, 知れない 1 しれないの, しれぬ, 知れないが, 知れないと, 知れなかった, 知れません

▼ ほうたる~ (12, 0.1%)

71 こいこいふるさと, こいふるさと, こいほう, ほたる, 髯面を

▼ ほうだけ~ (12, 0.1%)

2 すって 1 すこしほん, だと, である, でその他, ほんのりと, ゆらゆらと, 半分上げ, 燈芯の, 見えて, 読んで

▼ ほうなら~ (11, 0.1%)

1 [11件] これでも, たくさんある, たびたび名古屋, どうする, ばずいぶん, ば屋敷, もう暮れ, 勝手に, 半分ぐらい, 手も, 源内の

▼ ほう~ (10, 0.1%)

21 おやじの, そらえらい, ぶりを, ィ, ッ, ホホホ妙な, 君, 銀杏返しの

▼ ほうのは~ (10, 0.1%)

1 おそらく図星, おもしろい意匠, だが, はかない水の泡, 一間ぐらいを, 及ばなかったよう, 古典的な, 大そう, 室の, 言わば乾性

▼ ほうへでも~ (10, 0.1%)

4 行って 1 やろうかと, 同じ仲間, 引っ込んで, 知れて, 落ち延びたろうと, 行ったよう

▼ ほう~ (9, 0.1%)

3 ほうい 21 といふこゑがその山道あたり, と鳥, ほいとう, ほういと

▼ ほうつき~ (9, 0.1%)

2 歩いて 1 あるくこと, 廻って, 廻りめったに, 歩いちや, 歩きやっと, 歩くの, 歩くもの

▼ ほうである~ (8, 0.0%)

1 かもわからない, がそれと, が又五郎, が眠りたい, が調和, ことも, し, みよしは

▼ ほうにばかり~ (8, 0.0%)

2 気を 1 あるの, おいでに, 来て, 解釈された, 誘いたがるの, 通い身

▼ ほう~ (8, 0.0%)

2 しきに, しきの 1 しきだ, 晋さんこそ, 横から, 耳の

▼ ほうからの~ (7, 0.0%)

1 あのお話, たよりが, なみなみでない, 大きな信頼, 宥和策を, 援助も, 遺族慰藉料という

▼ ほうだけを~ (7, 0.0%)

1 きりとって, みるよう, 取りあげたの, 合わせて, 数え上げれば, 辞し右, 騒ぎ立てご

▼ ほうだって~ (7, 0.0%)

1 あまり期待, そう毎日, ちょっと骨, 案外その, 殿様に, 試合に, 負けずに

▼ ほうつて~ (7, 0.0%)

1 お呉れ, はおかん, やると, 置いて, 置くさ, 置くの, 置けないから

▼ ほうつと~ (7, 0.0%)

4 螢が 2 蛍が 1 楊の

▼ ほうでしょう~ (7, 0.0%)

41 が落語家, な, ね

▼ ほうこく~ (6, 0.0%)

2 しました 1 され警官隊, しかりた原書, して, するの

▼ ほうだけが~ (6, 0.0%)

1 いつもごちそう, さいわいに, わからない, 不幸な, 澄みきった水, 自分に

▼ ほうちょう~ (6, 0.0%)

1 でおなか, でそがれた, で削っ, の音, をとぎおえ, を大きな

▼ ほうでした~ (6, 0.0%)

1 から右門, から犯罪者, がいいえ, がそれでも, がわからない, が小学校

▼ ほうにまで~ (6, 0.0%)

1 ひろがって, まわって, 出かけて, 出て, 商売の, 手が

▼ ほうらしい~ (6, 0.0%)

1 のだ, ので勇一君, ので親方, わ, 亭主の, 従僕は

▼ ほうれん~ (6, 0.0%)

6 さう

▼ ほうという~ (5, 0.0%)

2 ように 1 ような, 啼き声, 意味の

▼ ほうとは~ (5, 0.0%)

1 いいながら, それきり連絡も, 全く反対, 反対の, 火事の

▼ ほうとも~ (5, 0.0%)

1 あき地, 受けとったほう, 嘘は, 相談しなけれ, 言葉を

▼ ほうがよ~ (4, 0.0%)

2 ござんす 1 つぽ, ッぽ

▼ ほうさえ~ (4, 0.0%)

1 お支度, やって, 取り立てが, 心配なけれ

▼ ほうたち~ (4, 0.0%)

1 が思い過ごし, のほう, の不為, も今宵

▼ ほうだけで~ (4, 0.0%)

1 きめたこと, たくさんだって, 御葬儀, 想って

▼ ほうだけは~ (4, 0.0%)

1 はっきりと, 人並みすぎる, 明かるい, 白状させた

▼ ほうだろう~ (4, 0.0%)

1 か, か若い, がときどき, よ

▼ ほうとして~ (4, 0.0%)

1 実にこまか, 暮しつ, 生きること, 紫の

▼ ほうにでも~ (4, 0.0%)

1 いて, お話しよう, 散歩に, 行ったらしく朝倉先生

▼ ほうばかりが~ (4, 0.0%)

1 ながめられた, 強いわけ, 悪いの, 見えた

▼ ほうばかりを~ (4, 0.0%)

2 見て 1 可愛がって, 見あげて

▼ ほうほど~ (4, 0.0%)

1 せまくなっ, 太くなっ, 理性の, 窓の

▼ ほうほどの~ (4, 0.0%)

1 ごくせまい, ごく小さい, 不規則な, 大きな

▼ ほうより~ (4, 0.0%)

1 むしろそこ, 夜来の, 左右に, 正勝の

▼ ほうをば~ (4, 0.0%)

1 ほんの一つ, コダマの, スギの, 見ました

▼ ほうをも~ (4, 0.0%)

1 ながめないふり, ながめながら, 見ないで, 見なかった

▼ ほう~ (4, 0.0%)

1 てもおけまい, て置いた, て置く, と心

▼ ほうからこそ~ (3, 0.0%)

1 よろしくご, 手を, 申すべきところ

▼ ほうがと~ (3, 0.0%)

1 くだもの, 思います, 思いますの

▼ ほうごとき~ (3, 0.0%)

1 あっぱれな, は門番, 生臭に

▼ ほう~ (3, 0.0%)

2 んだ 1 眼は

▼ ほうつかい~ (3, 0.0%)

1 のまき, のよう, みたいな

▼ ほうづき~ (3, 0.0%)

2 をならべた 1 のうれ

▼ ほうでありました~ (3, 0.0%)

1 けれどあまり顔, けれどやはり, けれどようす

▼ ほうでし~ (3, 0.0%)

1 ている, てなすっかり, てね我ら

▼ ほうとて~ (3, 0.0%)

2 鐵丸に 1 威猛

▼ ほうどす~ (3, 0.0%)

1 て, なまあ, わいな

▼ ほうなんか~ (3, 0.0%)

1 とても話, どうにだって, 振り向いても

▼ ほうにと~ (3, 0.0%)

1 向かって, 言うの, 言って

▼ ほうのも~ (3, 0.0%)

1 持って, 楽の, 繁忙を

▼ ほうへばかり~ (3, 0.0%)

1 出かけて, 考えが, 行って

▼ ほうまでも~ (3, 0.0%)

1 お名前, こぎ出して, 見渡される

▼ ほう~ (3, 0.0%)

2 の上 1 をし

▼ ほういと~ (2, 0.0%)

2 声が

▼ ほうがく~ (2, 0.0%)

1 で黒い, へかえる

▼ ほう~ (2, 0.0%)

1 の底, 電報を

▼ ほうされ~ (2, 0.0%)

1 ていた, てやう

▼ ほう~ (2, 0.0%)

1 てもらいたい, 鳴きいでぬ

▼ ほうすい~ (2, 0.0%)

2 ほう

▼ ほうずき~ (2, 0.0%)

1 のよう, を父

▼ ほうたち二人~ (2, 0.0%)

2 へ命ずる

▼ ほうだけでも~ (2, 0.0%)

1 倒れて, 結構です

▼ ほうでなく~ (2, 0.0%)

1 て載せる, と

▼ ほうでの~ (2, 0.0%)

1 びのびになるのがわたしにたいへんな心配を, 第一人者

▼ ほうども~ (2, 0.0%)

1 は母娘, 何用あっ

▼ ほうなどは~ (2, 0.0%)

1 相變ら, 眉を

▼ ほうなどを~ (2, 0.0%)

1 御簾の, 詳しく検査

▼ ほうにあたって~ (2, 0.0%)

1 たくさんの, ケートの

▼ ほうにあたる~ (2, 0.0%)

1 のです, のは

▼ ほうにだけ~ (2, 0.0%)

1 それも, 心を

▼ ほうにだって~ (2, 0.0%)

1 いろいろ奥の手, 三人や

▼ ほうについて~ (2, 0.0%)

1 いえば, いなかったなら

▼ ほうにつき~ (2, 0.0%)

1 出して, 彼の

▼ ほうにとって~ (2, 0.0%)

1 ありがたくない, 抱守が

▼ ほうにとっては~ (2, 0.0%)

1 どう考え, 甚だ興

▼ ほうにより~ (2, 0.0%)

1 多く敏感, 感じやすかっ

▼ ほうにん~ (2, 0.0%)

2 寺と

▼ ほうばい~ (2, 0.0%)

1 と一緒, に抱かれ

▼ ほうばかりじゃ~ (2, 0.0%)

2 なくリンピイ

▼ ほうへな~ (2, 0.0%)

2 だれて

▼ ほうへの~ (2, 0.0%)

1 書状, 通路には

▼ ほうほけ~ (2, 0.0%)

1 きょう, きょうと

▼ ほうまでが~ (2, 0.0%)

1 おれから, 思いちがいした

▼ ほうよりは~ (2, 0.0%)

1 後ろの, 荒田老や

▼ ほうら魚~ (2, 0.0%)

1 の背中, の脊中

▼ ほう一帯~ (2, 0.0%)

1 が尚侍, には式部卿

▼ ほう~ (2, 0.0%)

1 ぽうから, ぽうに

▼ ほう~ (2, 0.0%)

2 つかい飯綱

▼ ほう~ (2, 0.0%)

1 の向いた, の大きい

▼ ほう~ (2, 0.0%)

1 の座敷芸, の踊り

▼1* [230件]

ほうあげながら膝かけ, ほうあるぞいと, ほういいな鉄梃, ほういかがでしたの, ほういちきしょう, ほういっしょにぱっくり, ほういつも締めたまま, ほういほいほいアザラシや, ほううばたま組のさぐり, ほうお決まりですか, ほうかえって黄金以上の, ほうかしらと思ふの, ほうかたの思い違い, ほうかと思うころ, ほうかなほうかな, ほうからかいずれに, ほうからじゃありません, ほうががくりと, ほうがてきとうかも, ほうがはええや, ほうがべんり, ほうがよかあんばいの, ほうがられていました, ほうげきしたの, ほうこそより急務の, ほうこの麦の, ほうこれより人穴城, ほうこ雛の寒げ, ほうごろすけほうほう, ほうさきごろ亀千代どの抱守, ほうさして飛びゆく, ほうされたのにまたまた, ほうされることに, ほうしましたがもう, ほうしんがきまっ, ほうじゃあ大阪土の, ほうを挫, ほうすら寒い山, ほうするのでした, ほうきのふくらみ, ほうそうもなさいました, ほうその痕か, ほうそれは何夫人, ほうそんな仮面を, ほうたいの化ものの, ほうたち下々の者, ほうだいうたた寝して, ほうだいカクテールをのん, ほうだい踊りを踊っ, ほうだけがへの字を, ほうだけに心を, ほうだったらしいわ, ほうだっても急がなきゃならねえんでがしょう, ほうだつか, ほうっておしまいに, ほうついても仕事, ほうついてたろう嫁と, ほうつかいとよんでいた, ほうつきまわるのだ, ほうつき廻ってい, ほうつたらかしと, ほうつて波打際をあさ, ほうつて言ふんでしよ, ほうつまり低い石, ほうであってこれ, ほうであり口を, ほうでありますけれども私, ほうであれほどまでに, ほうであろうけれどもし, ほうでえんりょしてとび出さない, ほうでおうッ, ほうでございますと低い, ほうでござんしょうがね, ほうでさしわたし五センチも, ほうでたがいに, ほうでつまびきの三弦, ほうでなくなってからは和泉屋, ほうでねえからね母乳, ほうでひづめの, ほうでひがみすごしている, ほうで償いになる, ほうで見はりを, ほうで見る見る雪が, ほうで蹴落して知らぬ, ほうといったような, ほうとか二の腕とか, ほうとかにおいてはやはり乳, ほうとが見えた, ほうとしてつつ立つて, ほうとしてはあくまで道場, ほうとしても立ち止らずまだ, ほうとで水滴の, ほうとではいろいろの, ほうとともに猟師たちの, ほうとの隔てを, ほうとまれぬやまと撫子, ほうとを等分に, ほうどうだこれ, ほうどの道を, ほうどもも聞いての, ほうなくば今日, ほうなど見ようとも, ほうなどではこのケドキ, ほうなどにも出て, ほうなどへ皆行っ, ほうなりと直し, ほうなる由いかなる, ほうにあたっては多人数の, ほうにおいてある大きな, ほうにかけてつい近い, ほうにかけてはくせの, ほうにかけてもかなり重味, ほうにけえり道ゃござんせんぜ, ほうにさえもおおぜ, ほうにつれて盛上っ, ほうにても同断である, ほうににやりに, ほうにはなんぞかわりは, ほうにゃ違いありません, ほうによりも親しいある, ほうに当たって戸の, ほうに関しては二つの, ほうのかべやたなに, ほうのかべは高い天井, ほうのとくいの, ほうのに似て, ほうのばかりをずんずん食べ, ほうはいしとうとうと, ほうはうらの木肌, ほうはずして握り太, ほうはぞうさない, ほうはというと, ほうはねそれこそ, ほうのげた, ほうばかりはまたやけに, ほうぱーれいほッ, ほうびにいたゞいたお金で一生らく, ほうふいごで, ほうへかけらせたが, ほうへすッ飛ん, ほうへではない, ほうへという意味です, ほうへとという意味じゃ, ほうへとのことでございました, ほうへにこっと, ほうへねお嫁, ほうへのみ傾いて, ほうへへえって, ほうへもと迎いに, ほうへよけながらかすれた声, ほうへより多く祟っ, ほう天つ, ほうツほ, ほうほうごろすけほうほう, ほうほけきよや鶯, ほうまさしく乱心いたしおる, ほうまたは川下に, ほうむずはもう, ほうめいくいほう, ほうもうこれ以上昇れぬ, ほうもねえそんな官報, ほうやうもない, ほうやり霧が, ほうやれほといふやう, ほうレエヌさん, ほうよりも正勝くんの, ほうらあそこに柄杓, ほうらこれも間違い, ほうらこんどは谷, ほうらご覧よこんなに, ほうらみやげだよ, ほうらママこれを見, ほうら一階のま, ほうら兵士が又, ほうら姐御こいつ, ほうら悦ちゃんお母ちゃんの云う, ほうら月だ, ほうら白状して, ほうら階段おりて, ほうトロッコが, ほうをを防いで, ほうコンクリートの壁, ほうヘシッカリ両手を合わせる, ほう一マイルのところ, ほう一人で登りつめる, ほうがテイブル, ほう三割方キリョウおちたるうえ, ほうの引き出し, ほう儀者其者に, ほう二百メートルの川端, ほうを覚え, ほう去る二十九日, ほう八十島主計という者, ほうしゅじん長政, ほう吟味中ならば, ほう命令どおり意を伝えた, ほう四方壁に取り巻かれた, ほう好みだったので, ほう宗教のほう, ほう専門の研究者, ほう少年の身, ほうからあまり, ほう当年八歳になる, ほう役替えにでもなった, ほう心がかりじゃ早く, ほう必ずとも他人, ほう忘れて来た, ほうれて, ほう悪く或はおこり, ほう早くも小さな, ほう暦百年こよみなどという名, ほうの下駄, ほう殺したほうも, ほう立った髪, ほうのある, ほう直接訴人となっ, ほう福祿寿であるが, ほう稲佐山の上, ほう紅い房が, ほうを与える, ほうはざら, ほう舳先の向いた, ほうと押し拡がっ, ほう落としてき, ほう娘の, ほうには公儀, ほう配下に差し送り, ほうに包まれてる, ほう額堂を, ほう高いところに