青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ひ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

はれる~ はん~ ~ば ば~ ~ばか ばか~ ばん~ ぱっと~ ぱり~ ~ひ
ひ~
~ひい ひい~ ひき~ ~ひく ~ひし ひし~ ~ひそか ひそか~ ~ひそめ ひそめ~

「ひ~」 57179, 567ppm, 166位

▼ ひ~ (6103, 10.7%)

136 なつた 111 して 81 來た 74 なつて 65 けり 63 行つた 61 来て 55 來る 50 行く 35 來て 32 行くの 30 行くと 28 なる 27 對し 26 出て 25 来た 24 なるの 22 くさうに 21 顔を 20 やつて, 来たの, 顏を 19 行つ 18 なると 16 なりました 15 されて, なつたら, 答へて 14 なりながら 13 来る 12 なるかも, 行かうと 11 来たん 10 なり, なりさ, なること, 出して 9 やつた, よりて 8 ゆく, 出た, 手を, 答へる, 行った, 行つてゐる 7 する, なつたり, 出かけて, 行くこと, 行つても, 街へ

6 [18件] きた, きて, けるかも, した, なるので, なるやう, まかせて, ゆきます, 出されて, 參りました, 坐つて, 彼女は, 心を, 来るの, 歩いて, 答へ, 行くので, 行つたのだ

5 [14件] なるん, まぎらして, 似て, 出かけた, 出すの, 彼は, 気を, 相手の, 紺足袋は, 自分の, 行かう, 行きました, 行きますと, 行くん

4 [35件] あつた, あらず, するの, つ, なりましたか, なるか, ゆくと, 上りました, 來ました, 來り, 出掛けて, 參り, 口を, 姿を, 家へ, 川千鳥の, 彼を, 来たので, 眼を, 私は, 笑ひ, 耽つて, 聞かぬこと, 胸を, 腰を, 行かねば, 行くぞ, 行く時, 行つたのは, 行つては, 襲はれた, 走つて, 身を, 關する, 驚いて

3 [97件] き, くさうです, ければ, こし蓮歩, これは, これを, されたの, しては, しても, すること, そつと, それを, つり込まれて, つれて, なつたま, なつたんだ, なつたんです, ならないで, ならねば, なりて, なりますか, なりませんか, なるだけ, なれば, ふしたるは, ゆくこと, ゆくの, 一と, 一度そんな, 一度ものを, 乘り, 互ひ, 人に, 人を, 今では, 他人の, 任せて, 使ふ, 來ても, 來なかつた, 依て, 入つて來, 出さうと, 出したの, 出す迄も, 出ると, 原田の, 参りました, 向ひ, 噎び, 因て, 坐つた, 家の, 就いては, 彼の, 応じて, 憑かれて, 文を, 於いては, 於て, 最後の, 来たと, 来たり, 来ます, 正太いやが, 無事を, 父さんの, 物を, 狂ひし, 理解し, 生きて, 用ゐる, 相手を, 私の, 笑ふ, 紛らして, 腰かけて, 行かうか, 行きしに, 行くといふ, 行くとき, 行くところ, 行けといふ, 行けば, 行つたら, 行つてお, 行つてゐた, 行つて来る, 見るやう, 走つた, 起きて, 近く立つ, 遣つた, 降りて, 階下へ, 頼んで, 馴れて

2 [330件] あはれよ, あらず慣習, いつしかと, いつた, いつて, いらつし, おいでに, おとろへに, かう激しく, きたの, きたん, きました, けらしも, けり歩みつつ, ける, けるその, けれ, こちらの, さるもの, された, されたもの, されちや, され一本立ち, しさうなので, したの, しまひ, しみじみと, し耳, し過ぎて, するし, するやう, すわつた, すわつて, せぬ品物, せられて, そのこと, その家, その日, その男, ただ白く, とざされた顔, なって, なつたんで, ならうとして, ならない, ならないから, ならないこと, ならないため, ならないの, なりさうな, なりそれ, なりは, なりましたが, なりまして, なりますよ, なりまた, なり住吉, なり出すキツカケ, なり琴, なるぞ, なるだらう, なるでせう, なるでせうか, なるといふ, なるわけ, なるんぢ, なるんで, なる事, ひるむ風情, まかせ秋, まぎらし, まぎらした, まだ別れなかつた, めぐりあふ, やられた, やられて, やれ, やろかと, わたしは, んが, オルガンを, 一人の, 一度も, 一昨日來たり, 一睡も, 一緒に, 一言も, 上つたのです, 上の, 下の, 不意の, 世に, 世話を, 主人の, 予を以て, 二度とは, 二階へ, 交は, 人の, 今まで, 今日は, 伸びず一列, 似た狂暴, 何にか, 何の, 何も, 何知らず, 使はれ, 使はれた, 來いと, 來たんぢや, 來ては, 來まし, 來ます, 來やすのさだけれども, 依つて, 依つて世の中, 健康を, 光る小, 入つて, 入りました, 八五郎は, 出かける, 出された, 出されるの, 出されるやう, 出しに, 出すから, 出すこと, 出たり, 出た時, 出でば, 出ようと, 出るの, 出掛けました, 出掛けると, 初めて逢つた時, 別れ, 勝ちて, 包まれて, 午後よりと, 南へ, 原形を, 取つて, 取沙汰した, 右へ, 合して, 向うへ, 向つて, 吾が, 喧嘩を, 嘘な, 夢中に, 夫れ, 妻と, 委せて, 寄添ひ, 寄越して, 寄越せと, 寝て, 對する, 小氣, 小聲, 就いて, 帰つて来る, 帰らじと, 平家の, 平次の, 平次は, 引つ張られて, 影の, 彼女の, 彼女を, 往つた, 御染みなす, 心の, 思ふ事, 恰も小さな, 悦子が, 意見を, 慕ひよる, 憤慨し, 應じ, 應へて, 成つて歸つたも, 或る, 或部屋, 所化二人, 打たれるなど, 捕はれて, 掴みか, 政府に, 斯う, 新町へ, 於いて, 於ける仏教徒, 日に, 書いて, 来たか, 来たが, 来たといふ, 来たとき, 来たなら, 来たのよ, 来たやう, 来たよ, 来たんぢ, 来た人, 来た思はんと, 来た時, 来ても, 来なかつた, 来まして, 来るやろ云ふところ, 来る人, 椅子に, 欺き合, 歩きつ, 歩くの, 死す, 歿した, 気が, 氣を, 沈み, 沼あり, 泉水の, 泣いて, 注がれて, 流る, 涙を, 溢れて, 瀬川の, 無事の, 狂ひ, 狐疑せしめ, 狸は, 玄關へ, 現れたの, 理も, 留守を, 疲れて, 疲れると, 百哩の, 皇帝の, 目を, 相似たる所之, 相分立, 相反撥, 相容れぬ, 相爭, 眼ふた, 知らずに, 知り合, 短長を, 私を, 立つて, 立て, 立派な, 竹山の, 笑つた, 笑ひす, 粕谷の, 紛らせて, 罵りまたは, 耽りながら, 聯絡を, 肩に, 背きて, 胸に, 自分で, 至るため, 舞ふお, 茶の湯が, 落ちて, 血を, 行かなければ, 行くことぐらゐより, 行くつもり, 行くを, 行く事, 行く云うても, 行く子, 行く氣, 行って, 行つたといふ, 行つたのさ, 行つたので, 行つたのである, 行つたのはい, 行つた時も, 行つた時二度三度呼ん, 行つて呉れた, 行つて居た, 行つて様子を, 街まで, 襲はれ, 親しむこと, 誘はれて, 誰も, 譲歩し, 變り, 讓り, 豆腐買ひ, 足音が, 蹴合, 辛さうな, 近いもの, 近づいて, 這は, 這入つて, 連れて, 進んで, 違ひない, 遣つたの, 遣つて, 遣は, 遣られた, 開かず, 闌けにつつ, 降りる女, 降りる時脚, 青く毬, 非ず, 非常に, 食事の, 食卓に, 餘念も, 駈けて, 麁想を, GOGHを

1 [3500件 抜粋] あが, あたる, あの四つ辻, あらざること, あるメソヂスト教会堂, ある老いた自作農, いいかげんな, いたはり, いつたらうその, いて, うたを, うるは, おどかされて, お上り, お前の, お流れと, お辭儀, かうしようぞ, かくの, かわきか, きぬ無官の, くどくすすめる, けり兵揚げ, ける子, こそこそばなし, この侘住居, この諷刺家, これからは, こんな工合, さう思ふの, さへ, された腹癒せ, されるつて, しきりにとら, したしみぬ, した仕打ち, した當年, しづんだ探偵, しねえん, しやんとして, しろ笑, し狩屋さん, すぎないこと, すでに心, するだらし, するには, する芸当, そそらるる, そのま, その尊い, その深い, その金力, そんな唄, たくさん出, だされて, ちらりとけれども, つぐの, づかりと, できぬ理由, ときめきました, とりつかれるやう, どよめけば, なげいては, なっても, なつてつかつて, ならうとしても, ならなかつたのね, ならなければ, なりか, なりし事, なりひつくり反, なりますし, なりませんでは, なり出てからも, なり或, なり筆, なるさ, なるとは, なるばかりか, なるより, なる前, なる気, なる讃美歌, なれて, にた沈黙, のべられた小, はとをかを, ひた, ひとりでは, ふさがるなれ, ぶつかりさ, ほだされたる人々, まぎらしながら, まさる, まだそれほどの, まつたくちが, まゐります, みちた花園, むせび, もう少し逢はず, もつとずつと, やすきひま, やらされた, やりきれなくな, やると, ゆくこと位, ゆく旅費, よく分つ, よし, わが此処, わびしよ, オド, グリツプは, チーズや, ハッと, フイリツピン沖合で, ペンを, レクラミーレンする, 一つ自然主義の, 一人屋臺へ, 一境地を, 一指も, 一杯呑み, 一語の, 一面識も, 三十里歩るいて, 三時なり, 上げときませう, 上りませうと, 下に, 与へられること, 並木を, 中庭を, 乗じて, 乘つてゐる, 争ひまた, 二つ三つお, 二時と, 五時迄, 人々から, 人間である, 今一人の, 今日より, 仏法僧鳥を, 他愛も, 伺ひました, 似た大二郎, 位し, 何か, 何事も, 作用した, 來たさうだ, 來た隣り, 來るべし, 依るとの, 信念が, 倦んだか, 傾く一方, 元気を, 先を, 光る眼, 入られて, 入違, 八坂登志子白い, 其れ, 内省的な, 出かけました, 出かける程, 出さる, 出したが, 出しては, 出すと, 出たすくな, 出た夜, 出でたる一, 出ました時, 出る四神剣, 出会つた, 出日, 刃物を, 初瀬は, 利するの, 劇団の, 劣らず切結びしが, 勉強さして, 勘定に, 勝てぬは, 匍ひ進み, 十吉にも, 半七, 協調しなけれ, 原因と, 参り私, 參られ, 及ばずとて, 及んだ一騎當千, 反撥しなけれ, 取隱, 台所から, 名の, 君は, 呑まれてか, 命びろひをした祝賀会でも, 哀れな, 喰ふ, 囁き交しやがて, 四邊を, 困るでが, 土佐へ, 坐り頻りに, 堀周吉は, 堪へずして, 堪へ難い, 壞滅を, 変つ, 変動の, 多くとがめ, 夜更けの, 大きな関係, 大師が, 大阪の, 夫も, 奪ひ, 好いた同士, 妙な, 姫の, 孤ならず, 宗旨を, 家慶の, 寄つた, 寄宿舍の, 寝た, 射れば, 小さな家, 小虫, 少しも, 就て, 居候が, 島を, 左陣の, 帰つたと, 帽子を, 平氣, 幾分か, 床几に, 庭の, 廻り泣けるごと, 引き出すこと, 張りわたされた小, 当部には, 彼と, 往かなくては, 往つて爲めに, 後までも, 従つて其の, 御存じな, 微笑を, 心付合んと, 応じぬため, 思はず三人, 急いだ, 怺へ, 息を, 悲しげ, 愁らき, 愚かな, 感じ村中, 慣れた心, 憎悪を, 懷劔を, 成つた気が, 我が千島列島, 我我の, 戸外に, 手綱の, 打ち込んで, 折れて, 押入つて夜が, 持ち合, 捜り, 排斥しあふ, 接吻し, 援け, 擁して, 敗れ, 敵を, 新しい知識, 於けるよりも, 旦那には, 明日の, 昭和八年四月から, 暇乞に, 更子がは, 月夜見え, 木を, 本艦目掛け, 来い来いして, 来たし停車場, 来たところ, 来た人達, 来た奥様, 来た朝ぼらけ, 来た美緒, 来ない, 来ましたの, 来られたくない, 来るあの, 来るまるで, 来る女達, 来る男, 来る面影, 東京へ, 果さず山野, 格別考へる, 森と, 樂しみ合つて一日は, 檢屍が, 歓喜する, 歩きはじめた, 歸つ, 死なれると, 殆ど不可能な, 毎日風の, 気つきたる, 氣忙しく, 水邊に, 汗だくで, 決つてを, 沈むま, 河に, 注意し, 活氣が, 海拔一萬二千餘尺の, 深く思ひ, 淺く, 渇かしむる, 満ちた眼, 溺れて, 澤の, 濡れて, 炭燒く, 無し放送会館, 無言の, 煙草を, 熱心で, 燻釀された, 物をぞ, 狡猾なる, 猫柳を, 玉ねぎが, 理解せよ, 生垣を, 用ゐられた, 由つて此処にも, 留めだてに, 疲れいつも, 痛ましい慘死, 登りつくすと, 皆の, 直に接し, 相因る, 相譲りたる, 眩惑され, 着きましたさうで早速, 知らないん, 知顏な, 神経衰弱に, 秋から, 稲田道児らは, 突き出しはじめた, 立ち消えに, 競ひ, 笑はれた, 等しく促され, 粗末でも, 紛らしたり, 細かい雨, 結びつけた, 綯つた繩の, 縁側へ, 續い, 羞し, 翼にか, 耳に, 耽るが, 聯絡し, 背き我, 腰かけたる夫人樒柑, 腹を, 臨むの, 自家用車を, 至り双, 舟は, 色々な, 若い看護婦, 苦しんで, 茶買ひ, 落ちついた渋い, 葦を, 藤山は, 蛸自体の, 行うた鎮花祭, 行かなくちや, 行きその, 行きながらも, 行きよつたん, 行き円タク, 行き此管伴, 行くかな, 行くその, 行くとは, 行くべき道, 行くわけぢ, 行く口実, 行く店, 行く気, 行く迄の, 行ったかねえ, 行つたてえ, 行つたのです, 行つた事や, 行つた山田の, 行つた時梅子から, 行つた覺え, 行つてお婆さんに, 行つてつひ, 行つてゐない, 行つて來べ, 行つて居ります, 行つて無駄に, 行つて試驗準備を, 行路病者として, 表の, 覆した, 見えてを, 見える字, 見たくなかつたの, 見交す顏, 見舞は, 親しみを, 解つてゐ, 言ひ, 許しあへ, 話しかけた後ろ姿, 誓文し, 語ること, 誰を, 警しめ合つた平次と, 譲歩しあふ, 負けじと, 買ひ申し, 贏ち獲, 走り出で, 赴き幼兒新, 足らず勝ち, 蹴落されて, 身震ひ, 輕蔑し, 近い程, 近づき百目蝋燭, 追ひかけ, 逃げ去つた, 這入ては, 逝かれた, 逢ふこ, 遊友達と, 過ぎない, 道で, 違ひなかつた, 遣ひ込, 適ふ, 郭公の, 重病の, 銀鈴を, 長く灰, 開く枝, 関はらず, 附いて, 降臨され, 陥つ, 陸軍療養所の, 隣室の, 集中した, 難儀を, 雲もうす, 面を, 順吉は, 頭を, 頼んだ, 顕はれ, 風雲際会の, 飮まされ, 餓ゑて人の, 馴れ合ひで, 駈けつけて, 驚く風, 高木に, 魅入られて, 麦買ひ, 默禮し

▼ ひ~ (4937, 8.6%)

417 して 101 した 69 浮べて 46 浮べた 43 しながら 35 するの 33 持つて 32 する 28 もつて 27 浮べながら 25 受けて, 嗅いで 20 出して 19 したの 18 したり, つけて 17 させて, やつて 16 しました, すること, 感じた 15 含んで, 見せて 14 したこと, 定めて 13 しなければ, 感じて 12 した時, 帯びて, 得て 10 かいで, すると, するやう, 嗅いだ, 挾む餘地, 求めて 9 かけて, しようと, 浮かべて 8 したが, してを, やつた, 嗅ぐと, 忘れて, 持出しました, 聞いて, 見て 7 さへ, し乍ら, る, 寄せて, 殘し, 見せた

6 [14件] したと, してから, しても, するに, するん, する事, 感じたの, 挾みました, 止めて, 洩した, 浮かべた, 発した, 直して, 解いて

5 [21件] うけて, されて, したもの, したやう, する時, なして, り, 凝らして, 含みながら, 嗅ぎながら, 噛み殺して, 増して, 心に, 抱いて, 求めるやう, 洩らした, 浮べ乍ら, 濟ませ, 示して, 續けて, 馳せて

4 [36件] あらかた石, きいて, させられて, したので, しては, する癖, せねば, つくつて, つけた, ぴたりと, 不愉快に, 与へ, 凝して, 出さねば, 受けると, 受けるの, 嗅いだり, 嗅ぐやう, 容れて, 思ひ出して, 恐れて, 我に, 放つて, 浮べたり, 湛へ, 漂は, 知り初めた志, 私に, 私は, 立てて, 立てること, 續け, 置いて, 誘ふ位, 變へ, 起して

3 [71件] いたしました, いたしまして, うかべた, かぎながら, かけた, かけるやう, かなへて, こ, こらへて, したといふ, した事, した後, しましたが, しやう, するので, するもの, する者, つけると, つづけて, なす, はじめた, もって, もつこと, もつもの, やる, 一つし, 伴ふ, 出した, 出すこと, 半日見, 取つて, 受けさ, 向けて, 含めて, 含んだ声, 始めたの, 始めて, 情夫に, 投げかけたの, 投げかけました, 持ち初める里, 持つやう, 指して, 挾みます, 残して, 気に, 求むる人々, 求めること, 泛べて, 洩らして, 滿た, 滿たせ, 演じた, 無視し, 生じて, 盛り返して, 直しました, 知つてゐる, 示した, 組んだま, 考へて, 舞うた, 舞つ, 見ると, 覚えるの, 覚へ, 解かむ, 進めました, 顔に, 願ひます, 食は

2 [278件] あげて, あなたの, いかにせ, うけても, うち, うつす, えき, おかけに, おさ, おぼ, お聞き, かいだ, かけました, かしく立ち, かたりつ, かなへ, かむつたま, かむつた自分, かむり直して, かんずる, がま, くは, けぶし, こせよ梅, こらして, ごまかした, ごらんに, さして, させた, させながら, させなきや, させること, したあの, したいと, したか, したかも, したさ, したぞ, したらしいの, したわけ, した上, した彼, した揚句, した時分, した積り, した若い, しつ, しないで, しないやう, しなかつた, しなくとも, しに, します, し出した, すませて, すませる, するか, するが, するため, するといふ, するところ, するわけ, する人, する可, する外, する必要, する様, する氣, する決心, すれば, せずに, そ, そのま, た, たたふ, ただよは, つ, つけるに, つた, なさつて, なしけり, なしけりと, なしぬ, なすこと, ぱらりと木の葉, ほぐして, まじへて, みて, もつ, もつた, もつた人格, もて語らんと, もらした, やめて, ゆめだに, よこして, りしに, り田, るかも, れば, れり, セビリに, 一さし舞ひ, 一つする, 与へて, 串談に, 丸めて, 交へて, 享けて, 人々に, 仔細に, 付けて, 付ける時, 保つて, 信じて, 働くが, 僕は, 兼ねて, 出さうと, 出すと, 加へる, 南島流の, 取つて殘, 取り出して, 取次ぐと, 受けたと, 受けては, 受けねば, 受ける, 受けるに, 受ける事, 受ける訳, 口もとに, 向けるやう, 含みながらも, 含む, 含んだ蓮, 唄ひ, 嗅いでも, 嗅ぎ乍ら, 嗅ぐの, 嗅ぐ真似, 噛み殺さずに, 噛み殺した, 噛み殺すの, 圓く, 多分に, 始める, 姪と, 守るに, 完全に, 容る, 容れぬ儼然, 容れる餘地, 寄越して, 尋むる, 引き出す手腕, 引取りました, 彼の, 待たずして, 待つて, 得るに, 御懸け, 忍んで, 思ひ出した, 惹起した, 意識し, 感じたので, 感じました, 感ず, 感ずる, 戰つてゐる, 打つごときこの, 承知し, 抑へ, 投げ出しました, 抱くやう, 招くに, 持って, 持つた, 指すの, 挙げた, 挙げて, 改めます, 晴す, 暗示する, 望まねば, 果さ, 果す日數, 殺して, 求むる者, 求めた時, 求めに, 求めます, 求めるの, 泣きぬ, 洩して, 洩らすところ, 浮べる, 浮べると, 浮べるの, 漂はせ, 漏らしながら, 濟ます, 無理に, 爲し, 爲ながら, 生む, 疑ひとし, 直した, 相手に, 眺めて, 着て, 知りました, 知る, 知ること, 祈る最初, 禁じ得ませんでした, 秀に, 私の, 空に, 突きと, 立てた, 立てながら, 立てるならば, 竝べ, 笑つてゐる, 絞り出すの, 続けた, 続けて, 繰返して, 置きて, 耳に, 聞くでも, 聞くと, 聞くとき, 聞くもの, 聽い, 自分に, 自分の, 致して, 致しまして, 致します, 與へ, 舞つて見せ, 要素と, 見せ, 見せながら, 見せます, 見せるの, 見せる為, 見ただけの, 見た事, 見はから, 見ること, 見るやう, 見物に, 覚えた, 覚えて, 解くため, 言ひ解く, 言現は, 調へて, 諷刺した, 變へて, 貰つてゐた, 貰ふ, 起されてはといふ, 起した, 辿つて, 送げ, 遠慮した, 附けて, 離れて, 頬に, 頼むと, 願ひたい斯う, 駿介は

1 [2484件 抜粋] あかがりの, あしらひ兼ねる, あつめ, あらは, いかに, いだいて, いだく者, いへりヴェツェンツァ人水, いれるに, うか, うかべて, うけたしるし, うたつて, え完, おこして, おびし, おやり, お組, お顔, かき立てて, かくして, かぐ機会, かけはたらく様, かけられるかも, かける術, かち得ること, き, きせるには, くりかえした, こぎよせ, こめたおま, こらへた顔, さがしに, さして實語教, さし上げようと, させた爲め, させられた, させられます, させるか, させる一寸, さとりたれば, さめる時, されたらう落語家, されるの, しかけて, したから, したとき, したばかりの, したよ, したら動物園, した一つ, した処, した家々, した武士, した玉子色, した者, した身, しちや, してたので, しでかさないため, しないですん, しながらも, しなよ, しました親分, しやうこと, し一方, し亦, し或は, し胸, すべきかを, すますと, すませ寒々, するつて約束, するな, するのみ, するらしく顔, する仕組, する剽悍, する娯楽, する心算, する暇, する樣, する真似, する見物, する騷ぎだもの, せびつて, せんもの, その儘忠実, その羽翼, たが, ただよ, たどるも, ついだ田楽師, つくつたが, つけかける, つけたオルゴール, つけた香油, つけられたの, つけるのに, つけトンボ, つたへる, つづけ今, つめて, でかしたの, ともにこそ, どういふ風, なくして, なさらないやう, なしたるところ, なし町, なす者, なつかしむとも, なめなければ, のばすため, はじめて疾風, はつた, はり済まぬ顔, はれば, ひきて, ひとつし, ふきて, ふくんだ声, へて, まぎらすため, まどろみし, みんなで, もたらす鳥, もつた土, もつべからずといふ, もておん身, もて語らむとする心, もらす秀次, やがて一ト月近く, やむる時, やらうぢ, やらかしますよ, やらすから, やり材木運び, ゆく水, よろこんだ手紙, り候, るかと, る女, アイアース, タツタ一遍だけ, ハッキリ表現, プンプンさせ, 一つ柄を, 一向御, 一度し, 一瞬間ごつ, 一銭でも, 上げたら一ばん, 下したま, 下を, 与へるには, 中途で, 乞ふ, 二つに, 交す底, 京都に, 今一度圧し鎮め, 他へ, 仰がざらむ, 何とかその, 作つてある, 保守できる, 倅が, 催して, 傳へ, 先に, 入れて, 入れ百八十兩, 公言した, 内職に, 凝した妻君, 凝らした散歩, 出さしちや貰, 出してから, 出します, 出すところ, 出す奴, 切つて通す, 初めました, 制しながら, 前ほど, 勘定に, 区別する, 却けたり, 去つて屋敷住, 収めた, 取つて残り, 取去つた人達, 受くべき, 受けそれで, 受けたん, 受けた爲め, 受けました, 受けること, 受ける二人, 受け帰郷, 叙し, 可成り, 合は, 向けさせ庵平太郎, 向けるつもり, 吩附られ, 含んだ園子, 吸ひ入れ, 呈した, 呼ばなければ, 和らげて, 唸つて, 喰は, 嗅いだ嗅ぐと, 嗅がせながら, 嗅ぎつけて, 嗅ぎ出して, 嗅ぎ廻りました, 嗅ぐのみにて, 噛みしめながら, 噛み殺しました, 回らす, 堪へた, 増さしめんため, 外に, 夜毎の, 大将の, 夫人は, 失ひサンタフィオル, 女工業と, 好んだばかり, 始めた, 始めました, 始めるなんて, 始め議場は, 嫌つて食べなかつた, 守りお, 宗教の, 定める, 宣言し, 容れないの, 容れること, 寄せるといふ, 寛大にも, 專らと, 少しかため, 展開させる, 市民に, 帶て, 平井明神の, 幾らか封筒, 弁明し, 引受けないの, 強ひる, 彼は, 後世に, 得た人, 得るやう, 御覧なさい, 忘れしむる, 忘れないやう, 忽ち忘れ, 思はねば, 思ひ出させるの, 思ふと, 怠つた, 怺える, 恐れてた, 恥己れ, 悦びました, 想ひだした, 想像せず, 意味の, 愛する被, 感じたで, 感じながら, 感じる癖, 感じ美しき, 感ぜずには, 慕はんとは, 憑む外は, 懐しまう, 成就せん, 戴いたといふ, 払ふ, 投げあつ, 投げました, 抱いた, 抱かないわけ, 抱く人, 担ぎ出すの, 招かないとも, 招く因, 拵へて, 持たせた口, 持たないのに, 持たれて, 持ち出した, 持つこと以外, 持つたの, 持つた私ひとり, 持つもの, 持出して, 指し嘆くにつれ, 挑む, 挟むを, 挽み, 挾むべくも, 挾んだの, 捨てて, 授ける木, 掛けられたくない者, 掻き消すため, 搜し, 擧げて, 放げ, 敍したる, 教へてやら, 新しくする, 旨と, 春の, 晴されよ, 暗い眼, 望むもの, 束で, 果すの, 検べ, 極め尽した, 楽しんで, 樂しむ, 檢めて, 歌に, 止めないと, 止める事, 正すこと, 歸しぬ, 殘す, 比喩に, 求むるやう, 求めた, 求めながら, 求めるため, 求める嘆き, 求め毎夜祈祷, 決定づけるもの, 治すには, 波だたせると, 洗は, 洩すの, 洩らしました, 流しかけ堅, 浮かべそして, 浮べたが, 浮べた儘黙つて, 浮べました, 浮べソフィイ, 浴びせて, 消さうと, 深くし, 深めながら, 清めるの, 減じて, 湛へて, 滿すを, 漂はせる, 演じたこと, 濃く感じた, 濟ませる, 為ない, 焦がす相手, 熱心に, 爲清右衞門方へ, 犯して, 現はさ, 生じたとは, 生じ易い, 甥と, 申し上げると, 男神, 疑ひどんな, 発した場合, 発するの, 発見した, 發せず, 益し, 目戍つて居るらしい, 直したやう, 相として, 眺めたま, 着せた紅雀, 知らず食めるは, 知らぬ日々, 知りも, 短く收め, 破る手伝, 示してを, 示せり, 禁じ得ないと, 移すと共に, 突走らせる, 立てしこと古詩, 立ててや, 立てるよう勸説, 競ひ, 笑ひ, 笛に, 紫の, 組み立てる, 絶えず持つ, 經過する, 続ける遊子, 縮めて, 繰り返して, 罪と, 置く程度, 耐へて, 聞かせたらさすが, 聞き流して, 聴き入れて, 肝腎の, 背に, 胸の, 自ら受くる, 自然に, 致しました, 致すもの, 舞つてゐる, 葉に, 蒙る事餘, 行き惑, 行る, 被せたくないから, 被せるつもり, 被つて巨人, 要するほど, 見せたつもり, 見せてを, 見つけると, 見よ, 見るのみ, 見兼, 見出す人, 見榮, 見込む所, 覚えずに, 親爺が, 覺し, 解かれよ, 解き後相倶, 解くべしと, 言つてる, 計つて, 設けて, 許せ暫し, 試みて, 誘つて氣味の, 誘ふ一個, 説明する, 請うた, 讃美する, 責めさいなんだ, 買つた, 走つて, 起さしむる, 起さしめん, 起させる暇, 起しかつ, 起す, 起す人, 路傍の, 車上で, 込めて, 述べ紐, 追ひつ, 送つて來, 途方に, 通らなければ, 進めます, 遊ばしたな, 運ぶ気, 遣して, 避けねば, 避ける爲め, 釀し出す, 重ねたわけ, 釘付けに, 長びかすこと, 闇の, 除く必要, 離る, 靈的作用によりて, 頭腦の, 頼んだ, 願ひ, 願度依, 食つて仕舞つた, 馳せざるを, 駆せて, 麻痺させた

▼ ひ~ (4925, 8.6%)

92 やうに 40 ために 38 やうな 34 中に 18 家の 17 外に 16 中で 15 なかに 14 ないやう, 上に, 道を 12 ないこと, もので, 方が 11 あつた, うちに, か, やうで 10 ことを, 事を, 喧嘩を, 支度に, 方に 9 ぼつて, 種に 8 ないもの, 上で, 爲に, 者が

7 [12件] あひだ, あること, い, ま, 前に, 後に, 教育を, 方で, 様に, 為に, 眼を, 高さ

6 [16件] ことで, ない事, ものだ, 世に, 中へ, 仕度も, 山の, 床に, 水を, 目を, 者を, 言葉が, 言葉を, 赴くところ, 道の, 顏を

5 [29件] ある眼, ことは, するの, つもりで, ないほど, ない事実, ほかに, ものである, ものを, 人が, 仕度を, 働きを, 声も, 如きもの, 家, 式は, 彼は, 心を, 意味を, 手を, 方へ, 時の, 歌を, 者と, 者は, 船が, 花を, 路を, 間に

4 [41件] ある貴族たち, ことが, するもの, ないところ, もとで, 下に, 中から, 中には, 中の, 仕度に, 力が, 墓の, 声が, 女が, 家に, 家を, 岸に, 形の, 心の, 手に, 手紙を, 支度も, 支度を, 政治家に, 文句は, 方は, 日の入り方山の端に, 村に, 村の, 浴衣を, 漂ふ, 男は, 癖に, 種と, 空は, 者に, 行も, 行を, 裡に, 車が, 道に

3 [98件] いいの, お姿今, ことに, ごむ鞠, さする業, して, するやう, ところを, ないの, ない方, のちに, ふび, みこ, みこに, もとである, もの, ものだつた, やうだ, 中を, 事と, 人に, 仕度の, 何なるや, 來る, 俄かに, 内に, 原因は, 向ふ, 場で, 声は, 外まで, 夢を, 女の, 女子と共に, 姿を, 婢女どもに, 子の, 家が, 家へ, 山, 山に, 山へ, 巡査さまに, 形から, 影を, 徒の, 患者が, 悽まじさに, 意味は, 手が, 手ぬ, 手巾か, 扮粧し, 故かと, 早稲の, 時は, 本を, 橋を, 歌, 歌が, 歌は, 水の, 水車小屋から, 汽船に, 洋服を, 無い, 無いこと, 無い事, 爲めに, 生活は, 生活を, 男が, 男でした, 真似を, 神と, 神の, 種が, 種にな, 種は, 種を, 空の, 美しさ, 美音に, 者も, 背中を, 胸の, 荒い奴, 街道を, 詞を, 話に, 路に, 軒先などを, 間の, 雲に, 顔を, 風, 餘地が, 馬鹿

2 [304件] ありさ, あるの, あるもの, あるやう, ある事, ある言葉, うちの, えんま, お家の, かげは, がはを痩, がれよ, ことだ, これも, さ夜, する小さな, する烟, そばの, そらに, たけを, ただよ, たちだ, ための, ちらんと, つのる事, ところで, ないと, ない一条, ない人, ない生活, ない脈, なかから, なかで, ばらよ, ひまに, ひらめき, ふの, ほかには, ほかの, ままに, みせをと, もとだ, もとに, ものかね, ものが, ものに, ものも, もん, やうにかけ, チヤブ台の, 一つで, 一部は, 三味線に, 上清む水の, 下で, 下手な, 世話を, 丘を, 中にも, 丸太ある, 事で, 事は, 五日間は, 些とも, 人, 人の, 人を, 人力車が, 人間の, 人間は, 人間よりか, 仲間を, 会話に, 作品を, 使ひ, 便船が, 側に, 催しも, 光を, 其妹よりも, 博士に, 原因を, 原稿を, 口は, 口上の, 右馬之, 名人だ, 命は, 喧嘩まで, 噂が, 因で, 圈内に, 圈外に, 基さ, 基だ, 場合に, 墓地の, 声に, 外には, 多いこと, 夜に, 大きさ, 大臣は, 女, 女たちが, 女である, 女です, 女は, 奴を, 如きも, 如く天上, 如何に, 姉なる, 姿が, 姿は, 娘の, 婆さんが, 婆さん見たい, 子だ, 子供の, 客は, 家屋の, 宿を, 寺の, 小さな汽船, 小僧が, 小提灯, 少女, 山は, 山間にも, 岸へ, 崇高な, 川に, 川の, 巣だ, 巣を, 布を, 幸を, 幸福で, 建物の, 影響を, 役目を, 御手, 御状か, 御用船, 微笑を, 心で, 怖ろ, 悪さ, 悲しさ, 惡い, 意味が, 意味の, 愚かな, 感じを, 我の, 所に, 手の, 手は, 打合せを, 持つて, 故で, 教育の, 數, 方法として, 日あたりに, 日が, 是れ, 曲者を, 書くもの, 最も獰猛, 最中でした, 會に, 月夜あき, 末母は, 本と, 本なる, 松の木ぶりにも, 柳の, 椅子に, 楽を, 様子を, 樣に, 橋の, 歌も, 殘る, 毛織物輸入商の, 氣配が, 水に, 汗を, 池水に, 泌みこんだ, 波が, 浴衣で, 浴衣に, 浴衣は, 深い御, 滞りなども, 漂よ, 濟ま, 火を, 為か, 為西国に, 爪, 爭ひ, 爲め父を, 牢獄より, 状態で, 珍, 理由は, 理由を, 生暖, 生活が, 男です, 男の, 男も, 町の, 発作が, 的とな, 盃四つ五つそれが, 目が, 目で, 相談を, 眞つ, 眞似, 真面目な, 眼, 眼の, 着物を, 研究でも, 碧蘂村に, 空が, 空だ, 空なり, 空荷馬車が, 窓の, 筋が, 篝火は, 籠のう, 縞の, 繁しも, 美少女ら知る, 老婆が, 考へは, 者から, 聲が, 聲を, 肩を, 胸を, 腰辨當が, 船の, 船は, 船を, 芒と, 花, 花と, 花よ, 芹の, 茅屋の, 藁に, 表情は, 裏に, 裏屋に, 裕衣は, 言葉に, 言葉は, 言葉一つかけるで, 許へ, 詞である, 詞は, 話を, 費用の, 起らぬうち, 趣を, 足しに, 路は, 身の, 身を, 車これは, 軒ばに, 迅や, 近道は, 途に, 遊歩道を, 道臣が, 酒を, 重箱空しく, 金にも, 鍵を, 隙に, 隙間から, 霧は, 面白さ, 音の, 題材と, 顔は, 風が, 風は, 飛脚を, 餘地も, 馬頭観音の, 駕籠に, 高い木, 高に

1 [3042件 抜粋] あかしである, あとに, あまりの, あらたまりて, あるだけ, あるべき筈, ある仕事ぢ, ある夫半兵衞, ある心持, ある本, ある目, ある訓導, いい引込み, いい風, いと香ばしく, うどんや, おかげと, おほい, お使者, お婆さんが, お常, お町, お羽織, お金持, かげに, がれか, くちそれ, くるしき樂, ことあまり, ことねずみさんは, この邊一圓, これ等の, ごとく新, さびしかり, しげき街, しないお前, すごいの, するあの, するほど, する三十前後, する切見世, する右左, する方向, する燒, する突風, する藁, する鞄, そこと, それは, ため一時身を, つかぬの, つそり相手, です, とこよ, とのとり, とれない西洋, ないた, ない処, ない巻, ない性質, ない暮しやう, ない爲め, ない私, ない襲撃, ない道順, なかでは, なき樣, なまなましさ, はうで, はてよ, ひつそりと, ひとひ, ひる中, ほかなんとも, ほそ渓, ままの, みぞそばの, もとさ, ものさ, ものな, ものま, やうな自惚れ, ゆへ, よい羽飾り, よくなつたこ, よろしきろか, わが恐怖, ゐる塔, アボットを, ガタ馬車が, ゴタゴタの, スパイ, ハキハキした, ビロードには, モリエエルは, ロマンチックな, 一つの, 一人で, 一埒, 一文なし, 一生だつた, 一重帯を, 三十自転車にも, 三次といふ, 上にかけ, 上審判官が, 下を, 不運斯なる, 丘なる, 中だけが, 中三の, 中神判を, 乘馬近から, 事だ, 事實も, 二枚目役者と, 交り, 亭主みたいにな, 人あたふたと, 人も, 人物の, 人足に, 人間で, 今や, 仕事にか, 仕業だ, 代りといふ, 仲よしで, 件は, 伝説らしく, 住処, 何等あり得ない, 余韻を, 使を, 侍るべき仏魔, 俺の, 假病を, 働きの, 僕を, 元だつた, 兄妹で, 兆を, 兎に, 全部では, 其間, 内には, 冬の, 凝つたの, 出るもの, 出来た事, 出物なる, 切つ, 初めは, 刺戟を, 割合ひで取りすがる, 功名を, 励みを, 動きが, 北は, 千切れを, 南高橋を, 原庭の, 及ばない様, 取り次ぎで, 口直しにも, 叫びが, 叶へ, 名が, 名前の, 吐息なれ, 吾妻鏡の, 命との, 品を, 唇を, 問答が, 喧嘩に, 嘔吐に, 嚴し, 図々しさ, 國が, 土山あめが, 地吾が, 型が, 基準として, 場合にも, 壁に, 声色や, 夕闇一丁とも, 外を, 多い眼, 夜の, 夢も, 大力者ぬれ, 大島絣の, 大森鬘これなら, 天幕である, 夫婦雛を, 奧さんに, 女ども只洗濯に, 女サーシー, 女店員二三人, 好いあれ, 如き, 如くにも, 妖怪の, 妹は, 姉妹で, 姿も, 婆さんとは, 婦人に対しても, 嫌ひな平次に, 子な, 子を, 字も, 定つたこと, 宮か, 家な, 家庭殊に, 宿は, 寄る瀬, 寨, 尊敬を, 小人でも, 小屋の, 小汽船, 小高い畑地, 尾に, 山ぶし, 岸の, 川, 巣の, 市場へ, 席では, 幇間に, 平次は, 年齡でない, 幼少者など, 店へ, 廣い, 弁護士を, 引汐だ, 張之, 強烈すぎる, 形をと, 影が, 役人を, 径が, 後でなく, 後彼等は, 御兄樣, 御積り, 徹底罪と, 心情は, 忍び草, 怖ぢ, 性分だ, 恰好で, 悦び大方ならず, 悪戯によ, 悲劇を, 惡く, 意味でも, 意気ぢや, 感じが, 懷から, 或處, 戸へ, 所が, 所詮現世拝眉, 手伝ひ, 手柄話が, 手練かな, 技巧や, 折に, 持主だ, 振舞酒に, 揉み合ひで, 支度の, 放散した, 教へを, 數も, 文学に, 文通は, 方それは, 方面を, 旗は, 日即ち, 旨さ, 明石の, 時と, 時余の, 晩からの, 晴れた思ひは, 暗き小, 書です, 月は, 月夜疾風の, 服装は, 木戸から, 未墾地です, 末芝公園の, 本事を, 村へ, 来るやう, 林温泉に, 枯草, 根を, 梟で, 業であり, 様な, 樣だ, 機会でも, 歌あ, 歌である, 歓声だけが, 正しい衣裳, 武士しかも, 死とは, 殿樣を, 母親の, 民譚にも, 氣勢のみを, 水が, 汚れたブラウス, 汽船が, 沁み込んだ里, 法, 泣く, 流れの, 浪人なれ, 浴歸り, 淡い花, 深いよい字, 深さ, 湯呑茶碗の, 漁師町で, 激しい性急, 濟むのを, 火である, 為の, 無いのに, 無い積り, 無さ, 焼亡いたしました, 煩悶は, 燒持坂より, 爲めである, 爺さんである, 牝馬を, 物に, 物音は, 状態に, 狹い, 玉六は, 現金にも, 瓢箪屋で, 生々しい体験, 生干, 用意を, 由一切僕に, 男と, 町役人や, 番だつた, 疑ひを, 癖も, 白い砂地, 的と, 目玉だけとか, 目配せを, 相棒である, 看板掛けとかれ, 眞の, 真言と, 眼は, 矢が, 短歌と, 確証さへも, 神で, 神事演劇が, 神聖なる, 私には, 程度は, 稲佐嶽に, 空で, 立す, 笑ひ, 筋は, 筵が, 簑おびえ, 米口を, 糸口を, 素性を, 終りに, 結果婿さんの, 絵を, 綱を, 縁が, 縁語である, 美しき春, 義務, 翳に, 老尼, 者か, 者出入の, 聲である, 職人ばかり, 肴が, 胸ぶくれ, 腕を, 自分だ, 自然主義だ, 船だ, 良い言葉, 色濃い一線, 花が, 芸は, 芸術歌舞妓の, 若い衆で, 苦労を, 茶屋の, 荒いノラクラ者, 荒つ, 萬兵衞が, 蒸汽の, 薄暗い昼, 藝でなけれ, 虚榮心に, 蟹でも, 血液は, 衆を, 術語や, 衣裳は, 袂を, 袴を, 製材所に, 襷, 要求が, 見えぬかな, 親の, 親類へ, 角には, 言ふこ, 言葉で, 許では, 詩歌いろ, 話下手で, 誤りの, 誰彼を, 警官に, 豊かな, 貴人に, 質問ばかり, 赤襦袢を, 起るの, 越前屋を, 趣聞き届ける, 跡形付を, 踏み潰されるところ, 身にも, 車と, 軍士の, 農家を, 通人連が, 遅き事, 道しるべさへ, 違ひ, 郎姫, 部屋でした, 酒が, 醸し出す酒場, 野鵲の, 金兵衞と, 銀座裏の, 鍛冶屋の, 長い, 門だ, 間も, 関も, 闘争が, 隔てが, 障子も, 雇人が, 難問で, 雲は, 青年運転手である, 面は, 音に, 響きを, 頭なる, 顔が, 風流事が, 養子に, 馬に, 馳する, 騒音の, 高かつ, 髭に, 魔力や, 鳥鵠を, 黍畑に

▼ ひ~ (4320, 7.6%)

122 生みませる 25 陳じ 16 これを, すな 15 之を, 言へば 14 ゐる, 曰はく 12 いふ 11 曰ひしく 9 えが, これに, ゐた, 汝の 8 いひけるは, ゐるの, 居る, 手を, 目を 7 云ふ, 云へば, 叫び曰ふ, 曰ふ, 笑ひ, 罪を, 言は 6 いよ, 人に, 出で, 宣んし曰, 彼の, 彼を, 心を, 我に, 我は, 生める子 5 こ, 人の, 家の, 彼は, 我を, 書を, 海に, 行く, 見れば

4 [22件] え, それに, とり毀たないとか, のりたまはく, ゐたり, 世の, 之に, 以て, 又己, 家に, 微笑を, 日を, 明日の, 気を, 笑顔を, 答へ, 自分の, 自分を, 行ふ, 見て, 身を, 驅け

3 [63件] あり, あれば, いくそたび, いへば, えこと, おぬひ, お初が, お受け, これと, これは, し, その中, その女, そは, つひに, なり, みる, む, われは, 一日二日と, 三五郎が, 不足の, 世を, 何負傷を, 來り, 來る, 其, 利金安から, 又その, 口を, 君を, 咲くとい, 問は, 大音寺前と, 天の, 妻と, 寄りくる蚊, 居るが, 山を, 帰る, 庭の, 彼に, 彼等の, 後も, 忌は, 我が子, 手に, 曼陀羅の, 枕もとを, 正太の, 歸り, 汝は, 満枝は, 物などを, 物を, 竈の, 竹村しげき, 而し, 虫の, 見ぐるしからぬ, 言へ, 詔り, 馳け

2 [263件] あきら, いさぎよし外套, いと, いふならば, いふやう, いへる者, えだよ, えところ, えの, え物, かくぞ, かれも, けは, ここに, こね合せようと, この情縁, これまで, さて和歌, しまつ, しもの, しを, し人, そ, そなた, それを, のちには, ましかたりてましを, まともに, みしひと, みほと, ゆく我, ゆく蕭, ゆるしけり, よりつくし, わが目, わが言ふところ, われに, ゐたが, ゐたこと, ゐたで, ゐたと, ゐたの, ゐたもの, ゐるが, ゐるさ, ゐるだけ, ゐると, ゐるやう, ゐる限り, んや, アカイアの, エリスとの, ヂルク及チヤムバーレーンの, トロイアの, ハリエニシダの, ペエテルブルクに, ヱズヰオの, 一の, 一枚貰つた, 一條の, 一言の, 上に, 上古の, 下る, 不信を, 不機嫌に, 不知不, 中流に, 久しく踏み慣れぬ, 互ひ, 人を, 人生を, 今も, 何となく使, 何の, 來れる, 倶に, 光る星, 入る, 其実否をも, 其時の, 其聲信如に, 内に, 凧を, 凹字の, 出づ, 切通しゆく, 別れぬ, 前後を, 勇氣を, 動けり, 勝利の, 区別を, 午後の, 卑怯の, 古今集を, 吉備の, 名を, 名告, 君が, 君は, 呉れやれ, 商賣, 善と, 困らせける, 奮ひ起たしめ, 始めて, 媚を, 宣し, 室の, 宮に, 寄る邊, 寸歩も, 寸鉄をも, 寺に, 將軍の, 己が, 幕開, 平気な, 幾夜の, 待つ夜, 後寛平九年御年五十三権大納言右, 御衣を, 復た, 心に, 心は, 志を, 愛し, 慇懃に, 憂を, 我多く, 我心を, 戰は, 戰ふ, 戰へ, 手をば, 扶桑第, 抑へ, 抑へよう, 持か, 持久策を, 接戰に, 掻きならす土, 搗く杵, 敗る, 敢て, 敵の, 敵を, 文芸は, 斜に, 日本へ, 暫時の, 暴なる, 暴を, 曰く, 曰ひける, 書くべきだ左, 書けと, 書けば, 月の, 月見る, 木の, 本國, 机に, 来ぬ, 林を, 歎かざらまし, 止まず, 止めるわけ, 此處に, 歩みつ, 死す, 死せる, 死なんと, 死ぬこと, 死灰を, 母には, 氣を, 水を, 河添馬道開け, 泣きぬ, 津の, 清かり, 清涼殿に, 漸く趣味, 澄のぼる, 澄み入らうと, 熟睡せり, 燃ゆる, 父の, 父は, 犬の, 玉と, 生れに, 百姓の, 益, 目的なき, 相怪, 眉を, 真に描, 眼ひらけ, 眼を, 眼前の, 神の, 私に, 私の, 笑かすかに, 笑つた, 笑顔に, 筆を, 筑紫へ, 箇程の, 経山寺の, 給びたま, 老づく, 聞せよ, 肩の, 自ら大と, 自分で, 自己を, 與へ, 舟を, 船の, 萬の, 蔦の, 行かな妹, 行かん, 表面は, 見た目に, 見ても, 親く, 言ふ, 言葉を, 詩を, 説き勸め, 貫一は, 買ふ, 贋城を, 走る, 足の, 蹲み, 迎へ, 返事を, 迫り來, 逆らは, 速に, 連工する, 遁辞を, 過しゆくほどに, 遣りつ, 選ぶ平々凡々, 酒を, 降らしめし雪, 降らせたる雪, 降る雪, 隆吉, 雪を, 霰小紋の, 面を, 顏を, 願事企てる, 顛り下り, 魔道に

1 [3027件 抜粋] あがれと, あつて, あの男, あらはる, ありけるついで, あるとき我, あれども, いきど, いつ迄も, いはむ, うしろみせね, うらがなし, うれしこの, えならぬ, おしと, おもしろき物, お峰, お足の, かくて, かく呼びかくること穩當, かすかなる, かのふたり, がらは, くだりぬ, ここち清々しうなりぬ, ことわりも, この冠, この湖, この酔漢, これまでは, さか, さぞかし徒然, さのみは, さらばさき, しきりに啼く, しばしば負けたる, しまふこと, すくだまる, する事也, すわりぬ, そこに, そのつとめ, その上, その勢, その山, その志, その旗, その歩履, その者, その觀, その頤, それも, ただ畑, だらだらと, つづきけり, とつおいつ, ながめつ, なほ天の, なんでも, のち我一人にて, はてしなき, ひきしのぶを, ひむが, ふれ, まさる, また登る, みな得度すべし, むかひの, めづらしい, もらひたくない, やすら, やりつ独り, ゆかな妻もろとも, ゆきぬその, ゆくわれ過去, よい服, よばはりほか, より五年目, より某, わがこの處, わが導者, わが許, ゐけるほどに, ゐたやう, ゐないこと, ゐるこの, ゐるひとつ, ゐる樣子, ゑますがからに, イデオロギーの, カツ, クリスマス, シバルリイ, チェーザレこれを, ネミの, ベアトリチエと, ポーよ, ヰルラデステの, 一世の, 一口に, 一日なり, 一時間ばかりも, 一遍の, 万代に, 三度乞は, 上りまた, 上昇す, 下るに, 下野小山の, 不請, 世情の, 中なる, 主知らぬ, 久明の, 乱れ行く世, 事實を, 云つ, 云ふなら, 五六町へ, 京山を, 人には, 人間派に, 今日は, 仏法滅す, 以前の, 伯の, 何か, 何だかへん, 何事の, 何處にも, 佛學なら, 作りながら, 來た, 侍りければ, 俗世の, 個想派の, 倩, 備は, 働くの, 優しい声, 先君の, 入りかねたる彼, 入部し, 六美女に, 共に飮む時, 其の則, 其以前の, 其國名を, 其心に, 其行住坐, 再び手出し, 冷笑ふ, 処決せし, 出づる湯, 出張りたる窓, 分ける必要, 初めて中つ, 別れを, 前に, 努めるの, 動かしつ, 勝た事, 北海の, 十萬の, 午前二時半宿を, 即ち宣んし, 去ね, 參加を, 又同じ, 収斂するなかれ, 取る年寄, 口先の, 只眼, 可艱, 吉林の, 吐き散らすとこそ, 吝なら, 吹きかへ, 吾等は, 周章しく, 和に, 哭きたま, 商売の, 問ひ重ねる, 問題に, 喧々囂々兼吉の, 嘴紅く, 四大, 困らすなどとは, 國土を, 圧し殺した, 地上の, 坐り頭を, 堤下に, 塗抹し, 声音高き, 夕化粧美しく, 外国人の, 多數, 夜更くる, 大さ, 大御神を, 大沼の, 天使に, 夫婦の, 奧まつた, 女と, 奸民を, 妾が, 威儀師に, 学びつるその, 安居せん, 客を, 宮川亭に, 家居を, 寂然たり, 寐らむ, 寝に, 實際に, 射出づる矢葦の, 導を, 小赤倉村, 尚ほ, 居たよ, 居り第, 居る亞拉比亞數字, 屈する気色, 山崎町の, 岸區を, 左に, 己の, 市長の, 帰りゆきしあと, 帰れるは, 干すさ莚, 平調を, 幽かに, 底に, 延たる, 引吊つてゐた, 形の, 彼等心に, 待つ間, 後に, 後五日に, 徐に歩み, 得れば, 御声, 御懇意, 御覧ぜよ, 微笑まむ, 心なく, 心安く進みゆくべし, 必ず涙, 忘れ侍らじ, 念仏しけれ, 怒れる我, 思ひ浮べる, 思量を, 恋を, 恬淡を, 悲報を, 惱みわづら, 意に, 憎まんを, 懶げ, 我かく, 我山の, 我目の, 我船に, 戦ひの, 戰勸むべし, 手伝ふ, 打ち消して, 批評する, 投げしもの, 押へ, 拡がるは, 持つて, 挽子一人も, 掴まへること, 摸型的美術の, 支那の, 敗れシエーナ軍, 数ならぬ, 斃すべし, 料理を, 新たなる, 旅商人の, 既に珠, 日琉に, 早苗とる, 明に, 春待月こそ, 時局と, 晴々と, 曖昧である, 曰はく東に, 曲筆を, 更に美人, 書画どもとり出させ見ける, 有り得べからざる事實, 本より, 来に, 来る十夜, 東京に, 松火持ちて, 枝も, 桐走, 楽ま, 横長に, 次の, 歌おほくよむ夜, 歌よみける, 止まらしめし心, 正直に, 此地の, 此料理屋獨得の, 武庫川神崎難波など, 歩む, 歩を, 歸東の, 死なむと, 死居, 殆ん, 殺さんと, 毒矢を, 気遣し, 水月が, 求めて, 汝木葉を, 沈ち着けた, 波立ち騷ぐ音, 泣くなり, 注意を, 流れつ, 浩瀚の, 海濱に, 消長有り, 淡海に, 淺瀬を, 清談風話に, 温ならしめ, 滿足しよう, 漸く小暮路, 潮來に, 火が, 灰色の, 無事なり, 然り, 熔巖の, 父兄の, 物をも, 物賣る, 独り心を, 狹山へとて, 猶ほ, 獨創の, 理を, 生き抜き, 用ふる, 申し上げると, 画中の, 異るべき, 病家に, 発揮させなけれ, 登場, 百千の, 皮肉を, 益太甚し, 目眩い, 直に商, 相寢, 真言を, 眼くばせす, 矢を, 石もて, 社の, 神秘の, 秋の, 程なく命, 稽古を, 空しく日, 空嘯く, 立ちしもの, 立ち出づ, 立つ如く, 立留まり, 笏を, 笑ひぬ, 笑声を, 筑波根草は, 精励努力した, 純粹, 細記せず, 絶ゆる, 綺羅星の, 繕ひし, 美き, 翠を, 考へを, 聖地と, 聞かせたし, 聞ゐ, 肯定し, 胸を, 腰に, 臥すか, 自ら教育の, 與之, 舊新兩約書を, 船出せし, 色香深き, 花見の, 若し負, 茫々数年の, 莨を, 落ちつくため, 葉隠, 薪を, 虱つぶしに, 血反吐を, 行くこと四日, 行くのみ, 行末の, 衣を, 裾に, 見えぬ, 見たし, 見よと, 見渡す限り錦, 角といふ, 触れまいと, 言ひし, 言寿宣た, 訊さむ, 訝ぶか, 詞曲の, 試みれば, 誇りいふ, 語る, 説く, 誰れ, 請はれ, 諸国を, 警固の, 讚美の, 買つて見よう, 赤き山, 走りさながら, 走るが, 起ち聲, 足下が, 身の, 軍を, 轅取り, 辭退する, 近衞, 追ひ進む, 逃亡した, 造つたのも, 進み次第に, 進むごとし, 進らせん何分僅の, 遂に神, 遊宴せる, 過去の, 違約の, 遡るところ, 遲, 部隊長に, 醉は, 金の, 鋭槍, 長く演出, 長崎の, 開く酒場, 闌干, 降る山, 陳んじ曰, 隣と, 雨も, 雲は, 露けき夜, 静に, 音を, 須臾も, 頻りに伏拜, 顔つくり, 風つよく, 飛びき, 飛鳥音を, 餘所に, 首級を, 駆け出すこと二度三度, 驚かぬ風, 高低ある, 鬼の, 鳴る鍵, 默し

▼ ひ~ (3707, 6.5%)

97 ない 48 ありません 25 ないの 24 ないと 20 あるが 16 なかつた 15 ないが 14 ございません 13 あるまい, これを, しない 12 ないよ 11 しなかつた, もつと, 私の 10 ありませんよ, して, ないで, なからう, 無い 9 あつて, それを, 唐突でした, 少くとも 8 他の, 優越的に 7 しないが, ないやう, 御座いません 6 したが, しないかと, 何か, 單に, 無かつ, 自分の 5 あつた, あるめ, しないか, しません, せぬか, 人間の, 妙な, 此の, 眞つ

4 [22件] ありますが, あるまいと, さう, しませんよ, それに, ないから, ないといふ, ないな, ねえが, 出來, 南を, 唐突で, 夜の, 少しも, 必ず篤, 手を, 無いよ, 物の, 神の, 言つた, 逆に, 雪を

3 [46件] ありませんか, ありませんが, あるまいな, あるまいよ, あるまじきなれど, あれど, かつふつ, さうかも, しないから, しないよ, しなかつたが, するが, せぬかと, その他の, それは, ぢめて, どこにも, ないので, ないん, ない親, なかつたが, なかつたの, 一瞬に, 云ふ, 人の, 何ぞ行き, 君は, 大きな違, 容易に, 平凡でした, 彼女の, 彼女は, 我々の, 桂次が, 概念の, 汝の, 消えて, 無いが, 無いの, 相變ら, 石の, 自分で, 親ゆづりで折ふし, 誰も, 返事も, 非常に

2 [202件] ありませんがね, ある, あるけれども, あるまいね, あるもの, あれ, あれども, いつでも, かなり突, かの掘, これ, これが, これに, さすがに, しないで, しないの, しなかつたか, しなかつたけれども, しなかつたし, しまいか, しませんか, しませんけれど, すべての, するけれども, せぬ, せぬかよ, せん, そこから, そのま, その人, それが, それの, それも, それらを, それ以上に, それ以上の, たえずとも, ただの, ぢめた, どういふ, どこへ, ないさ, ないぜ, ないだらう, ないだらうな, ない救, ない筈, なか, なかつたんで, なかつた筈, なくても, なさ, なささうだ, なんだ, はしるその, はるの, ほかの, ぼくの, ぼそ, またあの, またさ, また体全, また彼, ゆるやかある, カムパネルラが, 一つの, 一ヶ月此渓に, 一丈余にも, 三角形或, 不思議でした, 云ふであらう, 人に, 人を, 今でも, 何かの, 何の, 何も, 何時でも, 何處に, 僕が, 僕の, 僕見た, 兄の, 先へ, 公然の, 其を, 前の, 去年の, 又, 友禅絣縞絞, 同じ此處, 同じ眞岡木綿, 名を, 商人の, 喰ば立所に, 団子をも, 地を, 壁に, 夢が, 夢の, 大きくせよ, 大したもの, 大人の, 大石を, 夫れで, 夫山に, 客觀性を, 尤もでした, 屈服し, 山の, 山亀と, 川楊の, 平凡で, 平家の, 幸とも, 役者へ, 彼に, 彼れ, 後の, 後或, 徒らに, 御免蒙る, 御祝棒, 必らずある, 恐怖の, 情無い, 想像する, 想像の, 或る, 担持に, 斯う, 明日にも, 曰, 更なる, 最後の, 来ると, 東京の, 柱に, 楊霖竹菴が, 次第に核心, 歌へ, 水を, 永遠に, 深く手, 深刻でした, 清くも, 濁り酒などの, 無いし, 無いぢ, 無いで, 無いやう, 無し今日, 然らん, 焼火の, 理窟ぢや, 生ふる, 画幅の, 當然でした, 白酒, 益々大, 益々深刻, 確かに, 神を, 私が, 私は, 稀に, 笑ひ, 維持する, 美しかつ, 習慣の, 自分は, 自然に, 花の, 茶を, 蒲にても, 蛙夏の, 西国の, 見じと, 言葉を, 詩なら, 認識は, 足りる, 踊の, 踏石をも, 近所の, 近村近, 追はれ, 過去の, 遠く或, 都合好く, 都合惡く, 酒顛童子の, 鈴の, 銭も, 鋸にて, 雪垂とて, 霜の, 露骨で, 青銅を, 頭の, 風か, 飮料を

1 [2530件 抜粋] あいまい茶屋が, あふるべきところ, あらぬ三人, ありしならん一人, ありましねえ, ありませんで, ありやせん, あるだらうか, あるまいから, あんまり手, いかに, いたしません, いつたい誰, いづれも, いろいろの, おけさ, おづおづとあたりを, おろか呻き, お前にか, お晴れ, かういふもの, かう行くの, かなへ, きせて, くまなく, こそこそ話します, この人, この子, この方角, この聖なる山, この運動そのもの, こりや, これで, これらの, ございませんか, さうであるかも, させて, されないで, しぜん, したこと, しないかといふ, しないのに, しない靴, しなかつたらう, しましたが, しませんぜ, すぐに, すでに打, すべて自分の, するだらうけれども, せで低頭, せまい, そこの, そのふつくり, その中, その半分, その存在, その後悪い, その網, その餘, それぞれ違つてゐる, それつきり, それとなく方様, それを通して, それ以前の, そんなにも, たしかに国民性, たまの, だんだん猛烈, つけるもの, できないたち, とても大変, とろ火で, どうも嗅ぎ出せ, どなたにも, ないし, ないですか, ないやらうな, ない同時に, ない萬一見立て違ひなら, なからふが, なくな, なく徳利, なけれど, なし食, なみなみでない, ねえつもり, はてじ名取川, はれその, ひとりの, ひよつこりと, ふところの, ほのかな, まことに女性, またお湯, またチヨツ, また会計部, また四分五裂, また少年, また懷疑論者, また樂, また深川万年橋, また虻, まだの, まつたく病人たち, みくびつてかゝることは, むしろこれ, むしろ定量, むしろ直ぐ後, むつちりした, もう肩, もたないの, もはや彼, やまなかつた, よさうと, わかる物質感, わが過ぎし, ア, イイダ姫きのふに, エフィアルテ, ガラツ八で, ゴマカシて, シヤツに, ゼムの, テラ, ハキハキしない, ヒタヒタと, ブルネット・ラティーニの, ホンケガヘリといふ, マントヴァ, レエニンも, 一さう, 一ヶ月七円と, 一人或, 一字に, 一昼夜を, 一瞬, 一語一語一句一句の, 丁度自分, 三井三菱といふ, 三千代が, 三重にも, 下界の, 不同なら, 不手柄, 世界觀は, 中國史, 主任では, 之を以て, 乳を, 事實進ん, 二人の, 二百五十円位の, 云へ, 亡びないまでも, 人しる, 人性に, 人間愛に, 今にも怒りだし, 今度よりも, 今日も, 他人の, 代る代る出, 会社の, 低く遠くなり, 何うにか, 何ものかに, 何ん, 何事ぞと, 何度も, 何時果つべし, 何處かに, 作者の, 価値に対して, 俳優の, 倫理の, 偶然でも, 働くこと, 僻地に, 元酒, 充分だらう, 先哲以来宿題である, 入れるかも, 全く據, 全然看過, 八角の, 兵を, 其處に, 内にのみ, 冗漫な, 冷笑し, 凧の, 出来ぬかや, 別に一嶺, 到達し, 剛勇の, 力空なる, 動いて, 勝負師としての, 勿論其以外, 区別される, 十列車も, 十数年以前に, 十日に, 千年再, 半襟の, 単なる一箇, 単純に, 却, 厄介で, 又一轉, 又意識, 又深まりかけた, 及第し, 反抗する, 口を以て, 可能で, 合して, 同じかるべき, 同じ星, 君候の, 吾儕の, 和歌にも, 哲學する, 善きに, 單純性を, 嘔吐を, 四人ある, 四邊形ある, 國際關係の, 地主から, 地面から, 埃及の, 塞に, 夕方六時から, 多いが, 多忙多, 夢想家とが, 大そう, 大膽, 天人の, 天領と, 失敬した, 女優を, 好奇心を, 妻子の, 姫また, 嫌惡する, 存在は, 完全性の, 定石的です, 実を, 客觀的技巧等々と, 家族そして, 富士驛に, 實現する, 専門の, 導者は, 小舞台, 少し變つて, 尾久から, 屬性が, 島民と, 巌角に, 左様いふ, 己を, 帰るとき, 常識的でした, 平気よ, 年代の, 幾何に, 庖丁と, 引つ込んでしまつた, 強く, 形可笑しき, 形體を, 役者の, 彼らが, 彼自身すら, 得も, 御聞屆, 心理上或は, 必ずや適, 忘れ難く, 怖くない, 思想的な, 急激に, 恋する心臓, 恐らく以前, 恥, 悪くそそ, 悲しみの, 惡魔と, 意外にも, 意識せず, 愛した女, 感じなかつたが, 感謝し, 憎しみと, 戀愛といふ, 我と社會, 戦争をも, 手紙で, 払つたわ, 拔やう此奴は, 捨てさる, 揺り曳かない, 放任し, 教養部厚生部の, 文化的生の, 斯の, 新事実, 方向を, 日ごとにととの, 日露戰爭の, 明かに, 易々と, 昨日までは, 時による, 普通半期半期で, 晴れたとは, 晴れ七十八人, 暫し新鮮, 曰く, 曰九行の, 更に詳細, 最早解つて, 月曜の, 望まぬが, 木の実ひらふこ, 木犀や, 本来, 杙上住居と, 東京新, 染みこむ分解, 核心に, 森の, 極めて豐富, 樣態よりも, 機構刷新によ, 次第に濃く, 次第に高く, 止むを, 正にそこ, 此戀に, 此處の, 武州多摩川の, 歴史的に, 死の, 段々筋立つて, 毎日毎日の, 毒少し, 気付いて, 水すましが, 汝我に, 決して容易, 沈香と, 沼を, 洋食屋等の, 流罪に, 海に, 消滅する, 深き花すみれ, 清き愁ひより, 溢れ或, 漂ひます, 濟まして, 火に, 烏木を, 無いだらう, 無い見てくれさ, 無意識的に, 無理は, 煙に, 爲まい, 牢番與力配下の, 状筥を, 獲物, 現在さう, 理由も, 甘んじて, 生来の, 生産力の, 田舎に, 申上ません, 男子の, 畑を, 當然の, 病ひ, 発狂した, 白く或, 百圓で, 皮膚一皮の, 目あきらかに, 直に小さな, 相撲が, 眞正面から, 真実に, 矢田津世子である, 石器よりも, 石炭です, 破れた, 礼を, 祖先以來與へられ, 神は, 私に, 私共の, 科学的観察なら, 種別の, 空ならじ, 突然一度, 立所に, 第二段, 精, 素晴らしく美しく怜悧, 絃を, 絞罪, 絶える折, 絶對者は, 緑色の, 羊歯が, 義務の, 習字を, 耳で, 聞いて, 肉体が, 能から, 腰に, 自らに, 自分も, 自然と, 自轉車, 致しません, 舞踏者は, 色摺板本を, 芳純でありたい, 若い美津江, 若枝, 苦惱の, 荒々しく乱れ, 葉柄から, 薪部屋物置等殘らず, 虜はれ, 表明したい, 襟脚に, 覆ひ得ない狼狽, 見られるの, 親子と, 解らうとも, 言つても, 言ひ切つた, 詐欺の, 認識の, 読書し, 誰れ, 諸君は, 變だ, 豫想外でした, 貴人といふ, 賭博の, 起さずとも, 趣向をかへて, 躯が, 近い従姉たち, 近江の, 途方も, 遍路にで, 道で, 違ふ, 遠く離れた, 遮るもの, 避け得るため, 都合惡いものである, 醒めたるもの, 野中に, 鈍らなかつたが, 鋭い理智, 鏡餅を, 長い槍, 閉されて, 間違つてゐる, 降るかも, 陶器といふ, 際限も, 雁行し, 雨だ, 電気な, 青く水, 青馬の, 面白いね, 音樂を, 顏が, 風説, 飾り立てられて, 馬関, 骨肉の, 高く撃てれ, 鬼神をも, 鷲, 默し

▼ ひながら~ (3262, 5.7%)

40 彼は 35 言つた 33 云つた 26 彼女は, 私は 21 彼の 17 出て 16 立つて 15 それを, 答へ 14 歩いて 13 手を, 私の 12 自分の 10 さう 8 平次は, 瑠璃子は 7 いつた, 何か, 夫人は, 頭を 6 そこに, そつと, 私達は, 言ふ, 顔を, 首を

5 [16件] かの女, やつと, 二人の, 二人は, 云ひました, 八五郎は, 勝平は, 子供の, 座に, 照子は, 父は, 眼を, 自分で, 見て, 青年は, 顏を

4 [21件] さつ, ぢつと, やつて, 下りて, 両手で, 代助, 信一郎は, 先に, 入つて, 其処を, 右の, 奥から, 彼女の, 涙を, 目を, 立つた, 背の, 言ひました, 訊いた, 身を, 近づいた

3 [61件] お光, お力を, こんなこと, さうい, その人, そんなこと, たうとう, 一枚の, 下駄を, 中, 二人を, 二階の, 仕立かけの, 僕の, 先き, 博士は, 口を, 呟いた, 女は, 女を, 女中は, 小六は, 彼が, 彼等の, 御遠慮, 急に, 急遽しう, 悠々と, 提灯を, 斯う, 机の, 次の, 歩いた, 母は, 毛布を, 泣いて, 渠は, 男は, 目には, 相變ら, 眼前復古の, 私に, 空高く, 立ち上つた, 立ち上つて, 答へる, 紳士は, 美奈子は, 老人は, 聞くに, 肩を, 自分は, 自分も, 茶を, 表の, 訊ねた, 話した, 走つて, 降りて, 静かに, 高ちやん

2 [206件] あたりを, あちこち飛び廻, あちらの, あの男, いつこくも, うろうろ兎, お六櫛, お定, お梶, お母さんは, かなたこなた, これも, これを, こんどは, こんな事, さつきの, しかし嬉し, しかもその, すぐに, すつと, その前, その意味, その男, その袖, それへ, ためしに, ちらりと決意, ついて, にやにや笑つて, ひとりで, ぽんと, またその, まるではね上りた, もう一遍ぎゆつと, もはや夢路, やう, カムパネルラが, レコードを, 一つの, 一人の, 一掴みの, 丁寧に, 三人は, 上着の, 不意に, 丘を, 両手を, 中の, 乘つて行つた, 二階に, 云ひつけました, 人形を, 今は, 今まで, 今度は, 今日まで, 仕度を, 仰る, 來る, 例の, 信吾は, 健の, 傍から, 僕は, 先刻の, 兎に, 兎の, 入つて來, 八五郎を, 其實摯實な, 再び腰, 初瀬は, 別の, 千代子は, 千日前の, 千種の, 厭に, 去る, 又戻, 口の, 叫んだ, 坂を, 堀田は, 声を, 外に, 多吉は, 夢中で, 大きい声, 大野は, 夫れじ, 娘の, 安里は, 客を, 寄つて来る, 富岡は, 富江は, 寝台の, 封を, 帰つ, 帰つて来た, 帰つて来る, 帽子を, 幸徳は, 店の, 庭下駄を, 彌次馬を, 彼女が, 徐かに, 徒らに, 御憐愍, 心の, 志田君は, 愛ちやんは, 慌て, 或る, 戲れ, 戸を, 戻つて, 打ち消した, 押入れから, 指を, 旅人の, 時機を, 暗い戸口, 村の, 東川は, 栓を, 校長の, 横に, 歩き出した, 歸つて來た, 歸つて行く, 母の, 水島の, 氷峰は, 泣きだしさ, 活字を, 流れて, 火鉢の, 父の, 片手を, 片足で, 猫は, 獲物を, 現はれる, 甘えるやう, 生活し, 男の子を, 直ぐ横, 相変らず, 相手は, 眺めて, 眼には, 眼は, 私も, 立ちあがつて, 立ちあがりました, 立ち上が, 笑つた, 素直に, 縁に, 縦横に, 續け, 而も, 耐らない, 聞いて, 聞くと, 背中の, 脚の, 腹の中で, 腹を, 膳の, 自分が, 自分を, 荷物を, 蒲團の, 行きすぎる, 西宮の, 見れば, 覗いて, 言ふと, 話して, 話す, 讀んで, 赤ん坊の, 起き上, 踊るの, 近づいて, 這入つて來, 進んで, 部屋の, 部屋を, 階段を, 障子を, 雨乞踊を, 雨戸を, 青年の, 靜かに, 靴の, 頬擦りを, 額の, 飛び込んで, 馳けて, 駈け出しました, 鶴村は, 黙つて

1 [2117件 抜粋] あが, あたりへ, あとから, あわて, いいかげんに, いきなり友田, いつか巣窟の, いづれも, いひましたので, いま咲い, うたつて小さい, えへへ, おしげの, おむすびを, お乳, お前の, お婆さんは, お徳, お比奈さん, お經, かういふ, かう自ら, かちかちと, かぶりを, きいて, くるしい呼吸, こちらの, この気分動作, さあら, さつき折角洗つた洗濯物を, さんざ苦心, しかも互に, しきりにおいで, して, しばらく黙々し, しよんぼりと, すぐその, すこしでも, すたすたと, するめ, ずんずん一人, そこから, そしてヤン, そのくせ鏡, そのぬれた, そのわり, その上着, その写真, その可笑し, その実は, その後を, その提案, その明るい, その紙片, その言, その辺, その頬, それから苔, それでもきつ, それでも猶, それに, そろそろと, ただハイハイ, だん, ちつとも, ついそんな, つめたいガラス, とみ子は, どうにも仕方, どこかへ, どんどんと, なほよく, なほ未だ, なんども, のつ, ひとつづつ洗濯物を, ひどい噂, ふりかへ, ぶるぶるふるえた, ほんとに登つて, ぼんやり母, まして思ひ, また別, また座りました, また稻, まだよくは, まるで兎, みよか, めくらの, もう一度手筐, もう他, もう立ちあがり, やつぱりこちらへ注意深さうな, やる, ゆつくり啜る, よく光る, よろめく足どり, わざと端書, ゐると, イナリずしを, カドリールの, ガラスの, グリゴーリイ・グリゴーリエ, ゴロロボフは, ジヨバンニや, ソオスの, チラと, テラスに, ドリアンを, バシヤバシヤ水を, フォークを, プラスチックの, ボニ侯爵は, マメイドといふ, ロベエル・コンシャアルの, 一人で, 一口も, 一寸横目, 一心に機, 一日二日を, 一段と上草履, 一種の, 一間位ゐ, 三吉は, 三河島火葬場へ, 上の, 上体を, 上陸し, 下駄箱から, 不斷, 与里が, 世津子は, 中へ, 丸木橋を, 久しぶりに, 予は, 二三度弟の, 二三歩私は, 二人り, 云った, 云つて褞袍の, 云ふ, 五郎は, 些と, 人を, 今また, 今更別れ, 仙波氏は, 仰向けにな, 伊豆の, 但馬守は, 体を, 何も, 何彼と差入れ, 何故に, 作業し, 値段の, 偸み, 働いたもん, 僕に, 元来た, 先づアラスカ探検記を, 先刻からの, 入來る, 入来りぬ, 兩手で, 兵卒と, 其は, 其小さな, 其有限不完全なる, 再び枕, 再び遠く, 冴え渡る十三日, 出かけても, 出掛けた時, 列を, 別々に, 利仁は, 創作の, 助役も, 勝手から, 包みを, 十一月より, 千代子さんを, 半ば同情の, 卓子から, 厨で, 参, 又ひとりごと, 又以前, 又席, 又登つて來, 又餘, 反射的に, 取らうと, 古島さんが, 叫びかける, 台所へ, 右手を, 向うの, 向島を, 否定した, 呑気な, 呼吸も, 唇を, 喋舌つてゐた, 喝采しました, 囃立てゐる, 四辺を, 土を, 地名辭典の, 坊主頭を, 塩水を, 境内の, 夕闇の, 多忙未だに果して, 夢うつつで, 夢見るの, 大きな聲, 大原に, 大津しもに対して, 大袈裟な, 大頭の, 太だ, 夫人が, 奥に, 奧の, 女中頭の, 奸智を, 妻の, 娘が, 媚びるやう, 嬉々として, 子馬は, 宇津木は, 官舍の, 実に情ない, 宮部は, 寐間へ, 寝て, 封書の, 導いて, 小手すね, 小鳥の, 少しづつ汐, 少し殺風景, 少女に, 尤も初心, 居酒屋へは, 山人も, 山際の, 崖に, 左の, 左陣は, 己を, 帰つて来, 常子は, 平次と, 平然と私, 幾らか手綱, 庄吉は, 店に, 座敷へ, 庭先へ, 引きずるやう, 弟子達の, 役場の, 彼女に, 往来へ, 後ろへ, 得意さうに香煎の, 微かに, 心ゆるやかに, 忌, 志緒乃の, 忽ちにし, 思ひ切つて, 急しなく, 恐る恐る金, 息苦しくな, 悪魔が, 惚気る, 愉しさうに, 愚図, 態とらしく幾枚, 懷中を, 成長した, 或市場, 戸口の, 手づかみする, 手伝つて呉れた, 手拭で, 手探りに, 手風琴を, 折ふし御, 押入を, 持つて, 指で, 振り返つた, 探るやう, 提案した, 搜し歩い, 教へ, 文右衞門煙草を, 文庫を, 新しい日本画, 旅費を, 昇つて来る, 明るく無い, 昔若い, 是よりは, 時々思ひ出した, 時男さんの, 晩酌を, 暫くアトリヱ, 書いて, 曾ては, 最初間違へて, 朝の, 未だ借りざる, 本音を, 村長は, 来るのに, 松の内の, 松風の, 枕頭の, 栗の, 梅子が, 森口は, 楽器の, 横倒しに, 横眼で, 機を, 歌いながら, 正直に, 此先一月も, 此間うちから, 歩く人間, 殊に仄白, 母に, 毎日毎日た, 気ぼ, 水しぶきを, 水菓子の, 汀の, 沖あ, 泣いてるぢ, 泣寝入りの, 洋品屋の, 洗物を, 海へ, 深い陰謀, 湯へ, 滝は, 漸く網, 濡手拭を, 無心に, 然し, 然ば, 煙草を, 熱心に, 爛々たる, 父親は, 片方の, 物静に, 狐に, 猶且つその, 玄関の, 王様に, 生活は, 申されました, 町端れ, 畑中の, 疲らせる, 痩せ細, 白い素足, 白裝束に, 百姓は, 皮肉らしく, 盛子は, 直ぐ前, 眉の, 眼に, 知春は, 石畳の, 砂浜へ, 祖父母や, 禎子は, 秋子さんの, 種々な, 空へ, 窓を, 立ち上つて五十嵐の, 立つてる與吉, 笑つてゐた, 答へたほど, 米屋の, 素肌に, 給仕を, 絶対に, 練習する, 縮緬雑魚と, 美しい眉, 美尾の, 義雄は, 翼も, 老婢は, 考へるの, 聖天堂の, 聴いて, 育てた馨, 胡麻塩頭の, 腰の, 臀を, 自分自身は, 自殺できる, 臺を, 舞うた跡, 船の, 良人の, 芝居の, 若者は, 茶屋とは, 草庵を, 荒らされた膳, 落着い, 蒸溜人は, 薄桃色, 蛙も, 行くの, 行進した, 街頭を, 袂の, 裏山に, 見てけ, 見据ゑる時, 親しさうに, 言つてゐた, 言はれた, 訪れた, 話しました, 話すは, 誠吾は, 讀めるやう, 豆煎, 財布の, 買つて來た, 赤ん坊を, 走り出る, 起ち上つた, 足利時代と, 路傍へ, 踵を, 身悶えする, 車の, 軽く頭, 近くやうに, 迷惑さうに自分の, 退場, 這入つて, 通るの, 進むの, 遅れて, 過した, 道往く, 遲い, 酒の, 里子は, 野暮つたい, 金助, 釣れるから, 銀の, 鍵の, 長ん, 附け足した, 陰では, 隣の, 雑巾で, 雪江は, 電話を, 露忍ぶ, 青木君兄弟にばかり, 静江の, 鞭を, 頤の, 頻りと, 顔の, 風早學士の, 飛騨は, 食堂の, 飲むの, 首肯く, 馬鹿話をでも, 駈けま, 體操を, 髷節の, 魚屋さんは, 麓の, 黒岩は, 黙礼を

▼ ひ~ (2152, 3.8%)

61 あつた 46 ある, ない 44 する 40 あつて 26 あるの 17 出て, 出來 16 あるん 15 あると, すると 13 あります, するの 11 ないと 10 なければ 8 するので, するよ 7 ありますが, あるから, ございます, 鼻を 6 ありました, あるが, あるやう, こみあげて, こもつて, ついて, 起つて 5 あること, あるといふ, ないといふ, なかつた, ぷんと鼻, 急に, 生じて, 行はれ

4 [19件] あるに, あるわけ, ある訣, かすかに, ないの, プーンと, 來て, 多かつ, 始まつて, 家々の, 少い, 惡い, 来て, 私の, 義雄の, 荒くて, 起る, 間に, 頸の

3 [39件] あつたら, あらう, ありさ, ありましたよ, あるか, あるかも, あるだけ, あるので, あるもの, いつぱい, え, すぐに, するだらう, するやう, するん, つき纏うて, なきや, プンと, 入つた, 出た, 加つて愈, 外れて, 始まる, 宗吉の, 幽かに, 彼の, 彼女の, 思はれると, 惡く, 晴れて, 来る, 浮びました, 漂ふ, 濟んで, 無いの, 立つて, 見えて, 身の, 静かに

2 [96件] あって, あつちや, ありますがねえ, あるかと, あるさ, あるもん, あるんぢ, ある筈, あれば, きき, こびりついて, ごつちや, ごとの, しみじみと, すむと, するが, するぢ, するとか, するほど, たかるべし, ついた, ないとは, ないので, ながれた, なくて, なくな, なくなるだらう, なくは, なつかしいの, のぼて, ひしあな鳰, ひろがり, やや熱く, ハキハキし, 上数かぎりなき, 今の, 何處に, 來た, 來る, 先生の, 全身を, 出たこと, 出来て, 出来ないで, 四五日も, 因で, 多くて, 大きいので, 嫌ひです, 室中に, 家中の, 床の, 強すぎる, 御座います, 心の, 忙しくな, 思はしくない, 恋しかつ, 悪くて, 感じられるやう, 感ぜられた, 慌しく又, 戀しか, 拔け, 日毎に, 来たり, 染みわたるころ, 止まると, 此瀬に, 残るだけ, 浮んで, 溜つてゐる, 漂うて, 漂つ, 漂つてゐた, 無い, 現れて, 盛んに, 目では, 目の, 眞つ, 耳に, 耳を, 聞える, 胸の, 自分の, 自然に, 起つた, 起つたの, 起るかも, 違ひます, 醒めて, 電の, 風に, 鼻に, 鼻先に

1 [1251件 抜粋] あからさまに, あった, あつたさうだ, あつたり, あと戻りを, あまつて綱は, あまりなかつた, ありありと, ありさうに, ありましてな, ありますけれども, ありますの, あります衣料, ありません, あり假名, あり好色, あり形式, あり美, あり音樂, あるこの, あるすまないと, あるぞ, あるぢ, あるで貴方, あるなど, あるのに, あるめ, あるらしいから, ある様, あんまりです, あゝした, いかに重要, いたしたいの, いっぱいであった, いつぱいになつてまゐります, いつも幸ひで, いまでは, いろいろの, うかんで, うるさいので, うれしかつ, おきると, おこつてちよつと, おますの, お上手で, お前の, お職, かかるの, かけて, かをりと, くすんで, くる藥, けるみや, ここまで, こと, この小間使, この頃やう, これからどう発展, こんなところ, ございますがな, ごとが, さきに, すが, すずろぐ, すべて濟んだ, するきり, するさ, するだけ, するで, するな, する何となく, する醫療器具屋, すれば, せん子の, そこに, その一語, その人, その時, その者, それこそ, それにも, そんな行屆, たえなかったが, たちこめあけ放たれた窓, たつた一つ, たまらなく良くなつちやつて, だらしなく止まらなかつた, だんだん萠, ちよいちよい著から, ちりかかる, つかなかつた, つかん時, つきさうに, つき纒, つくだらうと, つけば, てき, てら散歩, できず声, できるでは, とまらず両手, とまらぬ様子, ともにともにかう呟く, とれない, どうも生きてる, どのやう, どれほど原文, どんな境遇, どんな鹽梅, ないで, ないときまつ, ないやう, ないわいな, ない事, ない樣, なかつたし, なかつたの, なくなりましてね, なくなる, なくまた, なく破綻, なまい, ぬけて, はげしい上, はじまらんばかりの, はじまるかも, はじまるの, はちまきに, はつきりと, ひしい働き風, ひしく夕餉, ひそんで, ひたひたとして, ひどく鼻, ひなし, ひらひらと, ふじ子の, ぷうんと來, ぷんとしさうである, ぷんと私, ぷんぷんする, ほとばしるならそれ, ますますはつきり, また始まりました, また平次, まだはりつい, まだ口, みのるの, むしろ相当野蛮, もとにな, もはやどうにも仕方, やつと, やられたといふ, よいの, よくいつた, よくなる, よみはさこそ, わからない筈, わかると, わるいし, ゐた, ゐると, ガランと, チラツと, ノンビリ, ハッキリと, フッと, プンプンし, プーンとして, ロチスター氏の, 一つの, 一人の, 一人ゐます, 一定しない, 一本立つ, 一生つい, 丁字の, 七円ばかりと, 三匹の, 上つて來て, 下りたま, 不図彼, 不思議な, 不足する, 中, 主で, 主の, 乞食と, 予想されなけれ, 事には, 二つの, 云つた, 些と, 人である, 人に, 今でも, 今にも止まり, 今後何年かこ, 今朝よりは, 付いて, 付きましたよ, 仲良く暮, 伴うて, 住むには, 何だ, 何という, 何の, 何処まで, 何辺か, 余り名誉, 作つてある, 來れ, 信じ合, 傳染し, 僅に, 元だ, 先で, 入らない, 全体として, 全部すむ, 八五郎を, 其から, 其処此処に, 其處まで, 具體的にな, 凝ひとし, 出けるやろか, 出たの, 出たらしく附き合ひと, 出ます, 出やう, 出るもの, 出来た, 出来たもの, 出来ないので, 出来ました, 出来るさかいな, 出来る日, 出来上つて大勢, 別れ, 加はらなかつた, 勘三郎の, 単なる風, 原因を, 又ヘラヘラ, 又活躍, 反つて, 収まらなかつた, 取りかねるほどの, 叙事詩化し, 口もとを, 可能なら, 叶ひましたら, 同じ方角, 向くやう, 吹かぬか, 和らげられて, 哄然と, 噴き出す泉, 四方からど, 圖, 在り得る筈, 変だった, 夕闇に, 多い, 多いつて, 多からう, 多くなり, 多く機密, 多分に, 大きいこと, 大事な, 天皇は, 奉つた一番, 好きです, 如何に, 始まつたが, 始まりました, 始まると, 始まるほど, 始りました, 始終気, 嫌ひで御, 嫌ひで親父の, 宗右衛門には, 家橘五十・六十の, 實際に, 射しました, 小説の, 少いクサリ, 少し吃つ, 少し早, 少し荒い, 居て, 届けて, 展開する, 巻き起つて, 帽子いっぱいで, 廣いと, 廻つて來た, 強いやう, 強くな, 影も, 彼女に対して, 後ろを, 御座りまし, 心持よく, 必ずしも朗, 忘れられず鐵, 怖いと, 思ひがけ, 恐い太郎, 悪いので, 悪くそれ, 悲劇に, 惨めな, 愛し耳遠き, 感ぜられる, 慾に, 憐れで, 懸らうかと, 懸る道理, 戰ひつ, 技巧的だつた, 持つて, 掛つては, 掛れば, 握手した, 散るやう, 早く利く, 時として白々しく, 晴れた喜び, 晴れまい, 晴れましたよ, 最初の, 有るか, 有るんぢ, 木立や, 来たと, 来たの, 来る由, 染み込んで, 柳橋の, 極めて少い, 次第に微妙, 歐洲の, 止らない中, 止りません, 此にか, 歩いたやう, 残って, 残つてゐる, 殘つて徳利と, 段々はげしく, 毎夏そちら, 気違ひ, 水を, 沢山あります, 泛んで, 流れる, 流行つて諸方の, 浪の, 浮んだ, 浸みこみあの, 消えないうち, 消えるよう, 淀みます, 淀んで, 淺まし, 減って, 満員の, 溜つてお, 漂つてゐました, 漂つてゐるらしい, 漂つて来る, 漂ひました, 漲つた, 潛んで, 澁い, 激しかつ, 濃く著しい此神, 濟むと障子の, 火の, 烈しくな, 無かつ, 無くちつ, 煤けた屋内, 熱の, 爪哇の, 片側からは, 特徴で, 狂つたのか, 獄に, 現れますが, 甘さうに鼻, 甚だ怪しい, 生じた, 生じやすい, 生ずると, 生れて, 病氣に, 癪に, 發し, 發する, 白扇を, 皇室をまで, 目に, 目立ちすぎるといふ, 眞劍だ, 眼ぢや, 知性といふ, 祝詞の, 私には, 移ら, 突飛だ, 立ち歸つて, 立つ程, 竹林楽の, 籠つた, 紛々として, 終つ, 終へて, 絶えず何処, 絶えなかつたと, 続いて, 綺麗で, 繰り返されるので, 缺けて, 耐らなく, 耳立たないだけに, 聞えるやう, 聞くに, 肉に, 能く, 脱れ, 臆病な, 至らなかつたの, 致しますの, 艶めかしく八五郎の, 芽を, 茫と, 荒々しくなる, 荒い代り, 荒く僕, 薄い唇, 蘇へる, 行きさうに, 行くと, 行は, 行はれる, 術比べの, 衰へ, 要るなら私, 見えなかつた, 見られる, 覺めりやアまた, 言のみ, 言を, 話題に, 調合され, 豪傑の, 走りました, 起つたもの, 起らざるを, 起りさ, 起りそれ, 起り易い, 起るかと, 起るので, 足りずその, 足りなかつたり, 路地の, 軒に, 近所で, 途切れると, 逞しいにもか, 違うて, 違つて來ます, 部曲として, 醒めかけた, 重なるばかり, 野営ぢゆうに, 金を, 長いせい, 間違つてゐ, 闇の, 陰気な, 雨に, 雲に, 靜かに, 面白からぬ, 頂點に, 頻に, 顏に, 風を, 飛んで, 馬鹿に, 駿介の, 高価な, 黴の

▼ ひ~ (713, 1.2%)

28 のじいさん 18 をはやし, をはやした 16 のおじいさん 12 の老人 11 の男 10 のよう, を生やし 9 のある, のない 8 の中 7 をまさぐっ 6 を生やした 5 の生えた, をぴんと 4 のはえた, のニコラ博士, の実, はいいました, をそっ, をひねっ, を剃っ, を取っ, を撫で

3 [16件] がのび, ののびた, の下, の伸びた, の濃い, の白い, もまっ白, をそる, をひっぱり, をひねつ, をふるわせ, を一つ, を剃った, を剃らせ, を胸, を長く

2 [41件] が, がありました, がはえ, がもじゃもじゃ, が生じ, が胸, でおおわれ, とつけまゆ毛, なくしたし, のおじさん, のりっぱ, の怪老人, の猛獣使い, の赤い, はありません, はさけびました, はすぐ, は奥がた, は言った, ぼうぼうの, むしゃの, もじゃ, ものびほうだい, もまるで, も眉, やめがね, を, をうごかし, をくひ反らし, をたらした, をなで, をひねった, をひねり, をぴくり, をピン, を剃り, を抜い, を片, を蓄えた, を見, を風

1 [375件] いかめしいチンドン屋, いかめしい闘牛士, か, からも鼻, から急, から水, があご, があっ, があった, がいっぱい, がいつぞや, がお, がくつ, がこわく, がこんな, がご, がさがっ, がつや, がなく, がはるか上, がひとりひとり, がひょっこり, がびりびり, がまた, がむにゃむにゃ, がやっぱり, がゐざり出, がピン, がモジャモジャ, が一尺, が両方, が二, が二つ, が十本, が変, が大きな, が大分, が少し, が急, が濃かっ, が物, が物語っ, が生え, が生え出し, が異様, が痛い, が白い, が繁, が脱落, が見え, が逆立つ, が野分, が銀色, が風, が黒, が鼻, きたない背広服, くいそらす, このだいがく, このやう, ざらざら唄, すこし左, だ, だけ, だったの, だと, だよ, つけて, つらの, づら男, でうす黒い, でおはじき, でもつかん, でも抜い, でろうじん, で東北弁, で笑, と, とかつら, とこの, としら, としらが, とつけまゆげ, とながい, とは染め, とめがね, とられて, とをなんなく, とを持っ, とを見ました, と二つ, と伸びる, と口ひげ, と大きな, と有閑好色紳士, と水腫れ, と目, と眼鏡, と絹, と言, と金, なきゆえ, なくした白ひつじ, なくして, なし男, などは落ち, なども生やした, などをとかし, ならあすこ, なんかおく, なんか取らなくっ, なんぞまさぐる, に, にう, におおわれた, にそっくり, にたづ, にとびつい, になる, にはあとつぎ, にふさわしい, にみち, にむかっ, にも似合わぬ, に充てり, に初, に包まれた, に微笑んだ, に手, に眉, に顔, に飲みこぼした, の, のあいつ, のあたり, のおじさんあんた, のおじさん貴方, のおとな, のお爺さん, のかげ, のぐあいから, のこと, のさわやか, のたぐい, のつや, のとうもろこし, のところ, のなか, のにがい, のまわり, のチンドン屋, のネコじいさん, の乞食みたい, の人形, の伸び, の先, の先端, の八卦見, の剃り, の博物館長さん, の口, の塵, の多い, の大人, の女ら, の客, の小, の少し, の市長さん, の御, の心, の手, の易者, の濃く, の生えかけ, の生えたやつれた, の秘密, の糊, の美しい, の翁, の老, の老艇長スコール, の背, の蛭田博士, の親爺, の調, の赭, の跡, の通り, の陰, の顎, の風來者, の馬上紳士, は, はあざわらいました, はあっし, はあとかた, はありませぬ, はある, はおこった, はおとなしく, はおもわず, はかぎ, はこう, はこれ, はさっそく, はとても, はない, はなく, はふさふさ, はまるで, はやみ, は事, は嘲り, は大, は家ごと, は日本人, は海, は漢字, は激情, は物, は珍しい, は生え, は白い, は白く, は砂だらけ, は自分, は自慢, は草むら, は見た, は話しました, は赤く, は長い, は雪, は風, は髯, は黄色く, は黒く, ばかりのよう, ばかりひねつ, ひかつたくつ, までし, までにこ, むくじゃ, もあたらず, もあった, もありませんでした, もじゃのかお, もじゃの二十めんそう, もじゃの大きな, もじゃの方, もじゃの男, もじゃの顎, もその, もそらず, もなし, ものび, ものびた, もびん, もぴくぴく, もまっしろ, ももう, も伸し放題, も伸び, も伸びきっ, も切りとり, も白い, も長く, やいろいろ, やかつら, やしらが, やせ, やたてがみ, やら, やトルコ帽, や化粧道具, や服, や短い, をあ, をあっけ, をいじり, をかきむし, をきれい, をこすっ, をし, をしごい, をしごいた, をしごく, をしばりし, をすつかり, をそらず, をそられ, をそりました, をたくわえ, をたれ, をつかむ, をつけ, をつけた, をつんつん, をでもつまみ, をなびかせ, をぬく, をはいでつた, をはさみ, をはっ, をはりつけ, をひきちぎっ, をぴくぴく, をふりまわし, をぼうぼう, をまきつけ, をまさぐり, をまさぐりだしました, をまさぐりつづけ, をまさぐりつづけました, をまさぐりまさぐり, をみ, をみじかく, をむしりとりました, をむしりむしり, をもうそんなに, をもじゃもじゃ, をゆすっ, をゆびさした, をチヨツキン, をヒクヒク, をピクピク, をピョン, をポケット, をモリモリ, を一二分, を一本, を二三度, を伸ばし, を伸ばす, を剃る, を剪, を動かし, を動かしました, を動かすごとく, を取ったら, を右手, を噛み, を垂れた, を引っぱり, を想像, を手さぐり雨, を抜き, を抜き抜き, を持っ, を持った, を持つ, を指さきでつまみ, を指先, を捻りあげ, を探しました, を描い, を握り, を横, を沢山, を生やした痩せ, を皮, を立て, を落し, を見れ, を貯, を避ける, を震わせ, を青く, ギラギラと, 剃って, 少しは, 見るからに, 黒いセビロ, 黒く延び

▼ ひ~ (674, 1.2%)

51 をする 39 をし 37 をした 20 をすれ 7 だつた, だと, である 6 だ, だが 5 であつ, によつて 4 がある, も感じ, を姫 3 で, になる, のなか, はよく, をしない, をしよう, を変

2 [32件] かも知れません, からし, がひどく, がわからない, がわるけれ, が上手, が出, が正しい, が足りない, だらう, であらう, であるかも, です, でその, ではない, で分る, で表現, と言, になります, に依, に於, に気, に氣, は, ばかりする, も有, も簡略, を, をしなけれ, を教, を知つて, を知らない

1 [387件] かも知れない, からすれ, があつ, があなた, があり, があります, がありませう, があるでせう, がからつ, がこ, がこれ, がし, がたまに, ができれ, がどうも, がどんな, がない, がなん, がひど, がもう, がやけに, がをかし, がヘタ, が一層, が不思議, が不自然, が不躾, が二, が何方, が僕, が全身的, が分からなけり, が別, が到底, が可, が可笑し, が国民生活, が変, が大分混乱, が如何にも, が妙, が少から, が平靜, が悪, が悪く, が惡, が想, が拙い, が明らか, が最も, が有り, が此頃, が段々, が気, が氣, が流行, が無い, が甘味, が生じた, が癪, が相当, が私, が結構, が臆病, が自ら固定, が自分達, が行, が許されない, が許されないだらう, が許されるなら, が許し, が誇張, が違つた, が違つて, が違ふか, が随分, が非常, が頗る, して, しなくつて, だけで, だけど, だけは今日, だけは仲, だって, だつたわ, だとは, だとも, だな, つまりあれ, であ, でありまして, でありますが, であるが, であるけれども, でいつ, でいつた, でいふ, でおし通さなけれ, でこの, でしかも, ですが, ですわ, では, ではあります, ではそんな, ではつきり, ではなかつた, でまことに, でもしない, でゆけ, で七萬五千兩, で云, で以前, で双方, で呼ん, で女たち, で小言, で悧巧, で愈々, で歌つて, で母親, で満足, で炬燵, で煎り, で相手, で考へ, で自分, で言, で通る, で逢, で靈的, で非常, と, といふの, といふ迄である, とかいふ技巧方面, としては已む, として却, とそれ, とに於, との間, とは違つて, とやがて, とを同時に, と云, と云う, と囃し, と巡, と考へる, と見る, と見るべきである, ながら以上, なぞをした, などに比べる, などは喉, などもハキ, なども政治家, なども教, なども随分, などを千恵, なので, なんざま, に, にある, にかぎらず, にすぎず, にた, について, についてちよ, になつ, になつかし, になつたの, にはなく, には不自由無し此上案じら, には何, には茲, にひかされる, にひどく, にまで干渉, にもいろいろ, にもまだどことなく, にも十分, による, によれ, に一定, に余計, に依つ, に困つ, に好みあり, に対して不満, に対する作曲, に工夫, に従, に從つて野心, に慣れぬ, に時代的, に熟達, に男, に窮する, に聞える, に肉体的, に見えた, に變, に走る, に適当, のうまい, のそぶり, のつつまし, のやう, のわからない, の乱暴, の人, の出, の出来不出来, の可笑し, の問題, の器用, の如何, の実は, の岐, の差異, の方, の本当, の禮, の語, の順序, はあまりに, はあれ, はお, はかう, はこの, はさ, はしなかつた, はすでに, はする, はずつと昔, はせぬ, はどう, はどんな, はない, はまるで, はもつ, はやめ, はわざと, はアクセント, はヘンリー, は之, は人, は以前, は何等, は余り, は余りに, は全然, は出, は出来ないです, は出来ぬ, は却, は古代, は古書講義, は失礼, は好き, は子供, は実は, は實家, は少し, は幾分, は広東人, は戯曲, は日常語, は早い, は易い, は普通, は極めて, は様々, は樣, は此処, は此文, は殆ど英語, は母, は民衆, は決して, は爽やか, は物体, は現実的, は理性的, は相手, は知らない, は聴き, は自分, は言語, は語, は迫つた, は面白い, は餘程治, は黙殺主義, ばかりし, までが人々, まで委敷, も, もあり, もある, もあれ, もこ, もごく, もできる, もへん, もま, も一定, も三味, も人間, も何, も余り乱暴, も出来る, も勿論, も古い, も多分, も心得, も性別, も悪い, も斯, も歌がら, も気に入らない, も決して, も知らぬ, も貝塚, も違つて, も面白い, も頗る, やそれから, やら発音, や態度, や斯ん, や身振り, や顔面, よりも鏡花, をいたします, をいち, をお, をおろそか, をされる, をしきりに, をしすぎる, をしたい, をしたら, をしなかつた, をしました, をします, をしろ, をし過ぎた, をするなら, をち, をみつける, をも会得, をモナリザ, を一應糾, を二つ, を仮り, を充分, を処した, を問題, を実に, を弁, を心得, を忘れさせる, を愚, を明瞭, を曖昧, を替へ, を注意, を無理, を物語, を用, を知つた, を笑, を繰返した, を考へ出した, を聞いた, を訂正, を試み, を速める, を避け, を重く, 動き方, 即形式一つ, 正しい発展, 示し方

▼ ひには~ (391, 0.7%)

4 何程の 3 それこそ, ひつた, 可愛き子, 答へ

2 [24件] いは, いろ, それらの, ならなかつた所, ふら, 何うなる, 何か, 何を, 向けど, 土藏や, 大変だ, 少し懊, 屹度メソ, 彼は, 息を, 極度に, 涙を, 私も, 笛や, 精神作用までをも, 行け, 親も, 身を, 金魚の

1 [327件] あが, あらねど, あんな提言, いつた事, いつまで, いつ迄, いよいよもっ, お久良, お客さまが, かくも, かたなしだからな, くつが, こいつ大, こっちの, このこわれ, このチビ, この一座, この時代, この暗, この男, この身, こらへず, これでも, さう, さすがの, すっかり坂, すみ子の, するま, そうやっ, そこらいちめん, そのま, その全身, その晩, その最深奧部, その紙屑, その老, その賑やかさ沙汰, その辛抱, それぞれ他の, それな, それは, そんなこと, そんな区別, た, たう, ただひとり, たまったもの, たまらないぞ, たまッ, だん, ちっとも飲, ちよつと, つまらない言葉, つまり行き, とても僕, とても大事, とても對抗出來, とても男, とても素晴らしい, とんでもねエ, どうにも, どこか, どんな理窟, なお取り返し, ならぬこの, ならぬこツちや, なるが, ひつて, ひどい目, ふだんの, へんに, へん高く, ほくろが, ほとんど戦費, ほのぼのと, また引ツ越し, また我が, まだ雪, みよと, もう爺い, もつて, わたしは, われ聲涙共に, アッハッハッハッ他愛ありません, アメリカへ, スロヴェニヤの, トリを, ノボオシビルスクの, ミジメさったら, ワザと, ワツと, 一切は, 一家に, 一座の, 一株の, 一生涯あんな, 一變し, 不昧様以来, 不自由を, 両手で, 両脚が, 中, 事更に, 二つの, 二人とも, 二日路が, 井戸に, 人殺しまで, 人間も, 他人の, 他人目もは, 以前にも, 伯耆嶺白く, 似ず強, 何が, 何つちだ, 俥屋までが, 修道院の, 倦かれまする, 傷ましい, 僕が, 僕の, 先だって, 先生も, 光子さんと, 全き, 全く堪へ, 全く或, 全く素知らぬ, 全く閉塞, 兩手で, 兩方共憂鬱に, 円陣までもが, 凡て眼を, 出ず廿五日出社, 刺の, 刺身吸物と, 割る事, 勝連城の, 十歳ぐらゐの子供かなんかの, 半襟一つだ, 単にそれ, 卵味噌卵味噌と, 厭世的に, 及ばない, 収拾す, 取り合, 口から, 古賀も, 吉原の, 吉野あたりまで, 同情が, 吾から, 味が, 呼吸の, 商売が, 喧嘩が, 喰ひつきたい, 嗚咽の, 國松も, 土蔵や, 地の, 堕落呼はりを, 堪ったもの, 墮落呼はりを, 声も, 壺を, 多くの, 夢中に, 大てい, 大膽, 天井を, 妙な, 妙に, 嫉妬さへ, 実に滑稽, 家来が, 容易に, 寒子は, 寸毫の, 少なからぬ, 居留地に, 山も, 山崎は, 屹度また, 屹度喧嘩がは, 島田を, 左手を, 己ず, 年老る, 幾卷を, 幾巻を, 弟は, 強請ると, 彼を, 彼処で, 彼処の, 彼等の, 彼等は, 彼等名士が, 往時から, 征服されなけれ, 後で参考品, 得意と, 御座候へども, 御自分, 必鶏が, 忠兵衛の, 思ひつめた, 悲劇の, 感謝の, 慾にも, 憎しみ一方で, 所爲た, 手に, 敬遠といふ, 斯う, 斯る, 新聞に, 日に日に廃れ, 日に日に廢, 日本の, 昔の, 春浪君が, 智惠の, 最初から, 有名に, 杖を, 来て, 来週祭司の, 東大寺から, 東西の, 松根の, 枕さがし, 棚が, 機嫌の, 檢擧された, 此くろ, 此の, 死なれた, 母から, 気狂ひ, 江戸の, 江戸方は, 泣きさうに, 活きて, 涎の, 深い理由, 深井は, 滝の, 激しい非難, 火が, 烈しい非難, 無論駄目, 焦れつたくなつ, 爭は, 物を, 独りで, 猫の, 田舎剣豪の, 男とも, 男やら, 痺れか, 発音までのうといふ, 皆が, 相手が, 眼頭に, 知らず識ら, 知れずにも, 確かな, 私が, 私の, 私は, 私までが, 穴にでも, 童学草舎へも, 簪の, 素直に, 纏まつ, 罵り合つて夜更け, 老処女, 肉までも, 肌と, 背後から, 胡坐な, 腑に, 腹を, 臍が, 自分までが, 自分も, 草人形を, 莊園と, 薪の, 藩祖正勝以来の, 行かなかつた, 行かれません, 裏舞ひといふ, 親分さんこの, 言葉を, 誰一人月代を, 謗られること, 象を, 貧弱な, 貪慾の, 赤青虎斑など, 越前守殿は, 足どりも, 軽快な, 郷土の, 野辺の, 金に, 金持の, 銀五郎の, 銀座などで, 鋭さ真剣にも, 長崎から, 間にあうもの, 限りが, 隙間も, 非常に, 頓着せず, 頭腦が, 額にまで, 飛行機も, 首筋の, 馬を, 馬小屋や

▼ ひやう~ (340, 0.6%)

84 のない 25 もなく 19 もない 14 をし 11 をする 10 がない 7 はありません, もありません 6 のない寂し, もなかつた 5 が無い, だな, の無い, をした 4 がなかつた, はない 3 です, はねえ

2 [13件] がある, があるだらう, である, とする, と射る, と放つ, なき幸, によ, に依, のない恐ろし, もない痛々しい, をします, を感心

1 [91件] があらう, がありません, がありませんでした, がなく, が余り, が多い, が奈何, が少し, が悪かっ, が氣, が無く, が荒, が荒い, が荒く, さぞやお, たくれながら, だお前, だが, つと射, であつ, であらう, でも, で仰向, で妻, で錢形平次, で面白い, としかける, としてゐる, と妻, と射た, と射ました, と射放しました, と打つ, と投げ飛ばし, ないときめき, ない深いつ, ない苦しさ, なき難, なく不快, なく嬉しい, なく怖しかつ, なし, によつて, により, のない侘し, のない口惜し, のない口惜しい腹立たしい, のない好もしい, のない嬉し, のない心強, のない恐ろしい, のない悲しい, のない愉し, のない憂, のない深い, のない深いつつましい, のない苦し, のない親し, のない重くるしい, のない面白, のなく, はありませんでした, はせず, はなかつた, はなく, は一層, は少し, は知らぬ, へうふ, もありま, もない暗い, もない痛々し, もない美しい, もない腹立たし, もない醜い, もなき, もなく可笑しく, もなく物凄まじい, もなく痛々しい, もなく美しい, もなし, も思ひ, も無, も無い, や卑下, を, をされ, をしてた, をしました, を假, 無いです

▼ ひ~ (333, 0.6%)

21 さげて 12 かぶって, こんで 11 ひッ 9 かけて 7 かかって, くり返して, ついて 6 こんだ, たくッ 5 くるめて, たくって, つかんで, 捕えて 3 かかった, こめた, たてて, とらえて, 掴んで

2 [15件] かかえて, かかるの, かきまわされて, かけるよう, かついで, くりかえした, くりかえす, くりかえる, さいて, さげ, たてられて, つるして, つるんで, 捕えろ, 返した

1 [170件] か, かいた, かかえた十二, かかえた忍剣, かかえられて, かかったな, かかったの, かかったまま水, かかったみて, かかったよう, かかったらしくバス, かかったら糸川筋, かかった理由, かかってさ, かかりでとんだ, かかりますからね, かかり靴, かかる, かかるから, かかると, かかるところ, かかれたらしいカスリ傷, かきまわしたが, かきまわして, かきまわしても, かきまわしながら, かきまわす, かきまわす始末, かき廻されて, かけあたり, かけず一文, かけたから, かけたなあ, かけたらしいぜ, かけた丹頂, かけても, かけてるの, かけないはず, かけなかった次第, かけひとつ, かけひッ, かけましてね, かけやしねえや, かけようと, かけようとして, かけられて, かける真似, かけんね, かけ炎天, かけ相当, かついだ, かつぎ一匹, かぶった, かぶったが, かぶり, かぶり貝, かぶッ, からめて, くくれ, くりかえされる, くりかえしただけよ, くりかえしたり, くりかえして, くりかえるという, くりかえるよう, くりかえッ, くり返したり, くり返し賽, くるめても, けだ, こすったの, こぬき左, こぬく強弓, こぬこう, こみが, こむ, こむこと, こむだろうが, こむという, こむに, こむの, こむのに, こむ時, こめかけたが, こめそう, こめたが, こめましたなどと, こめようと, こんだ美しい, さげたその, さげたるは, さげた偉丈夫, さげた長岡頼母, さげバラバラ, さげ楊志, さげ縦横, さげ郎党, さげ駒首, そんなこと, たくった, たくったらしい, たくりいきなり, たくりかけたら, たくり立腹, たくると, たくるん, たくる振分, たてた, たてたくなるという, たてるよう, たらよかろ, たりとぼかしこむ, たり当て, ちぎられたそして, ちぎれるよう, つ, ついたとかげ野郎, つかみ, つかむ, つかんだ儘, つくよう, つく状態, つぶされて, つめた日本髪, つらせた, つりそう, つるされたり, つるし一鞭, つれた喉, つれて, つれるよう, という貧乏, とらえずには, とらえたか, とらえなくちゃ, と一声, と息, どうか, 包んだ, 吊れた唇, 吊れて, 奪く, 奪くった, 払って, 抱えて, 抱え馬, 捕えたところ, 捕え世人, 捕るカン, 掴むと, 掴んだ, 掴んだつもり, 掴んだの, 掻いたよう, 掻いた痕, 提げて, 提げ林冲, 提げ道案内, 立てて, 立てられて, 縛った上, 縛って, 背負って, 被った浪人, 裂くよう, 返した手下, 返して, 返す, 退くなっ, 釣らせて

▼ ひ~ (314, 0.5%)

41 へすれ 6 うして, な町, へした 4 うした 3 な手, な風

2 [22件] う云, こそは當, さうなの, さよ, つさ, と二人, な塵, な小, な川, な柿, な森, な白い, な聲, な胸, な膝, な青い, な鶯, へしなけれ, へすり, へ感じられる, まよふ, ま信吾

1 [201件] あ, ああんた, ういふ時, ういふ連作體, うなるでは, うなると, うもなかつたの, う思つて, う思つて彼女, から一通, かるべし, が, がい, がいひだした, がかえる, がここ, がどんな, がな, がにくき, が一束, が上っ, が何, が座敷, が手紙, が時々, が米吉, が言, が駈け込ん, き, くした, こそは当り, ことに石崎樣, さ, さア, すっかり冬もの, すらひ, であつ, といふ女中, とか栄, とその, と喋っ, と帛, と新原得二, と栄, と結婚, なあし, なあな, なおんな, なかご, なきだに, なの, なみち, なもの, なアカシヤ, なカタツ, なクリーム, なバスケツト, なロスケ小屋, な一片, な事, な傷, な冬, な口, な唇, な噴火, な堂, な女の子, な姿, な子, な小田原提灯, な屋根, な市松人形, な帳面, な度胸, な座敷, な徳性, な懷中時計, な文字, な林, な枝, な欠伸, な毛, な満月, な瀧, な生きもの, な瘤, な石ころ, な石碑, な砂丘, な笛, な箱, な箸, な紙入れ, な胸底, な自分, な萱, な虹, な蜘蛛, な蠕虫, な表情, な路, な農家, な錐, な鍵, な鐘, な雑木, な風呂敷, な鶯寒, な黄金, には何より, にひさ, に向, に氣兼, に見ぬ, に訊いたら, に鬼怒川, のお祝い, の友達, の後, の機嫌, の甲高い, の舌, の許, はおちつき, は今, は傍人, は四月一杯, は栄, は眼, は順吉ら, は顏, へ, へしない, へする, へない, へも, へもありき, へもする, へも見, へも見えなかつた, へも覚えなかつた, へ凍り付い, へ加つて, へ口もと, へ含ませ, へ心, へ止せ, へ浮べ, へ発見, へ稀薄, へ腹, へ起つた, へ跡形, へ遠方人, ま, まこんにちはに, またれぬ, まだれぬ, まだわ, まで, まではない, まようて, まグリフォン, まドン, ま其の, ま兼吉ねえさん, ま同時に, ま善作さん, ま女, ま帽子屋, ま平岡, ま彼, ま彼女, ま打たふせ, ま提灯, ま暮れ, ま梯子, ま流石, ま跳ね, ま默禮, ま鼠, もあら, も出, も居り, よし, よろこんで, らした単, らして, らしの, わがない, をつれ, を呼び慣らされ, を失望, を戸塚, を手つだい, を此, を見させる, を見る, を言葉, 大した母親, 追

▼ ひよい~ (297, 0.5%)

12 と顏 7 と顔, ひよい 6 としたら, と出, と私 4 とする, とその, と手, と氣, と見る 3 と, とした, と口, と立, と立つ, と肩, と頭, と首

2 [14件] とそんな, とのぞいた, と向う, と女, と後, と拾つて, と横, と此方, と眼, と穴, と自分, と見えなく, と覗く, と跨い

1 [181件] お話し相手, つと環, とあたり, とうしろを, とお辞儀, とかぶつ, ときいた, とこつちを, とこれ, として自分, とそれ, ととまつ, とぬけ, とのぞい, とのぼる, とふり, とまるで, ともぐ, ともはや, とカワラケ, とバス, とペタル, と一息, と一本, と一瞬間解, と一跳ね, と上, と上司氏, と世に, と両脚, と今, と何, と使, と停留場, と傍, と先生, と入る, と其の, と其處, と出す, と出会つて, と動く, と又, と叔父, と取, と取りあげ, と受けたら, と向う側, と吸ひさし, と地上, と堤防, と大きい, と妙, と子供, と家, と対岸, と尻, と山, と幽か, と床, と庭, と廊下, と彼, と後ろ, と心, と思ひついた, と思ひ出し, と思ひ出す, と想, と感じた, と懐, と或, と扉, と抱い, と抱合つて接吻, と押した, と押入, と持ち上げた, と振り向いた, と振り向いたら, と振り向く, と振り向け, と振向く, と挾ん, と掴ん, と放る, と日の丸, と昔, と月, と本, と来, と板壁, と正面, と此方向, と歩, と歸つて來, と水, と沈默, と治る, と泥, と浮き上, と浮んだ, と片山君, と犬, と現れ, と疑ふ, と病人, と眞顏, と眼前, と知つた人, と空, と突きあたり, と立ちどまらせ, と立ち上, と立ち上つた, と立留つて, と立直し, と竹, と結び着いた, と老人, と考へ, と聯絡, と聴耳, と聽耳, と股, と背, と背後, と胸, と能, と腰, と膝, と自, と自転車, と舟, と芋, と花やか, と茄子, と菊半裁位, と葭簾, と薄ぐらい, と表札, と裏返し, と見, と見え, と見た, と見つけました, と見ます, と見出される, と覗い, と識, と讀んだ, と賽, と赤鬼, と起き, と躍つた, と身, と身軽, と軒先, と軽い, と近, と逆, と連, と那, と部屋, と部屋ざかひの閾, と間, と隠れ, と隠れた, と雪道, と飛, と飛び上る, と飛び出す, と飛ん, と飜, と食, と體, と魔, やつて, 事である, 出て, 顏を

▼ ひょろ松~ (284, 0.5%)

12 のほう 7 はうなずい 6 は手 5 は膝, は顎十郎 4 の三人, は気 3 と顎十郎, に, の耳, の顔, は眼

2 [18件] か, がその, の旦那, はあっけ, はえッ, はおどろい, はせきこん, はその, はそれ, はへこたれ, はムッ, は仔細, は十吉, は合点, は急, は頓狂, は額, は首

1 [190件] あの辞世, いったいどんな, おもしろいから, お気の毒, かもない, からお, が, があけはなした, がえらい, がさき, がそれ, がちょうど, がもどっ, がやって来た, が乗りこん, が入っ, が受けとっ, が声, が夢中, が尼寺, が怪訝, が感懐, が指さされた, が渋, が溝川, が相好, が立ちあがっ, が話した, が追いかけ, が顎十郎, が顔, が駕籠, くどいよう, このぶん, この字違い, こりゃア神隠し, これから棺桶, じゃない, じゃア, その三人, それで鰭売, それともお前, たったひとり, ちょっとむかい, です, で質, というの, といえ, とど助さん, とならん, ともいう, と二人, と呼ばれる, どのためいき, どの今, なにか眼星, にし, にも衣裳, に揺りおこされ, に渡し, のうしろ, のそば, のところ, のわき, の代理, の袂, の話, の部屋, の陰, の鼻, はあっけらかん, はあらためて, はあわて, はあッ, はいきなり, はいまそれ, はいよいよ, はうへえ, はえっ, はおろおろ, はかんがえ, はがッ, はけおされた, はげッ, はここ, はさすが, はさっそく, はし, はすぐ, はすっかり, はそそくさ, はそっと, はたまりかねた, はためつすがめつ, はなにか, はなんと, はひ, はひどく, はふ, はふくれ, はへ, はほう, はむずかしい, はむッ, はキョトキョト, はキョロリ, はグイ, はジロリ, はズイ, はツン, はニヤリ, はムキになる, は一間, は万和, は上り框, は人垣, は先刻, は六所宮, は別, は前, は勇ん, は又右衛門, は受けとっ, は口, は喰い, は嚥, は大, は大仰, は奥, は小金井鴨下村, は少々, は席, は思わず, は怪訝, は恐れ, は情な, は情ない, は感, は押え, は檐, は汗, は泣きだし, は無我夢中, は無闇, は照れくさ, は番衆, は畳, は真顔, は穴, は立っ, は笑っ, は納得, は考え, は腑, は腰, は苦々し, は苦笑, は葭簀, は藤五郎, は藤波, は蚊とんぼ, は近江屋, は追いすがっ, は野郎ッ, は釣り, は頸, は顎, は顔, は驚い, は髷節, は黙, まあ手前, も, もあれ, もうんざり, も懐かしく, も気, やら樫, わかった, をそこ, をひそか, を先頭, を助ける, を長火鉢, を駕籠, ムッと, 来い, 構わねえから, 熱い瓦, 近頃叔父

▼ ひ~ (275, 0.5%)

179 へれば 50 へると 11 れば 5 ふれば 4 へること 2 へた, へて見れ, へられる

1 [20件] はす, へて, へてこの, へてもい, へてもさし, へても俺, へても八重さん, へても差支, へて見る, へますれ, へや註釋, へられ, へられるであらう, へる, へるといふ, へるならば, へるなら伝統, へるの, へる方, へ帯

▼ ひ~ (270, 0.5%)

40 つた 17 ひながら 15 はせた 10 はした 8 つたり, ひを, ふ, ふの 6 はせて, ふこと 5 ひが, ふやう 4 ひ, ひました 3 つたこと, つたので, ひに, ふので 2 つたが, つてる, にけれども, はす, ひから, ひの, ふ風

1 [100件] が始ま, つたかは, つたきり, つたその, つたところ, つたね, つたま, つたまま, つたまま默然, つたもの, つたん, つちや, つて, つてるうち, つてるさ, つてる時, つてる私, などやつ, はうぢ, はうとしては, はさ, はさえ, はさね, はされ, はされた, はする, はせし, はせで, はせる, はせると, はせ作り, はなかつた, はなけれ, はね, はれた, は六人, ひあなた, ひがたき, ひこするん, ひこれ, ひさ, ひそれ, ひたる住居, ひたる寺, ひながらも, ひにな, ひは, ひばかり, ひやがて, ひをは, ひ互に, ひ其の, ひ判らないと, ひ前後, ひ坐つて, ひ始めた, ひ或は, ひ格闘, ひ消えかけて, ひ牽制, ひ番町學校, ひ私, ひ見張り合, ひ談笑, ふことも, ふすさまじ, ふそれから, ふとあの, ふときの, ふとする, ふと又, ふなどとは, ふもの, ふを, ふ中, ふ事, ふ二つ, ふ今夜, ふ以外, ふ外, ふ將, ふ年占, ふ式, ふ必要, ふ恋人たち, ふ景気, ふ様, ふ毎, ふ程仲, ふ筈, ふ聲, ふ間, ふ間柄, ふ黒馬, へるから, へるやう, へる池子山, へる男達, へる白髪頭, をし

▼ ひ~ (255, 0.4%)

23 くない 13 いこと 9 いの, かつた 7 いといふ 6 して 5 いと言, いと言つて, いな, いやう, い事 4 いと思, いと思ふ, くねえ, くねえよ

3 [13件] いことは, いと, いところ, いと思つて, いんだ, えが, かつたら, がつて, くな, くないよ, くなかつた, さうに, と云

2 いと云, いと云つて, いと存じます, いもんだな, いんだが, いんで, い放題, い旨, くなるの, くは

1 [88件] い, いくらゐ, いけれど, いそれ, いた, いつて, いですな, いでせう, いといふ人, いといふ話, いといろ, いとか, いとこない, いとさ, いとでも, いとみんな, いとわかつ, いとゲィツヘッド, いと下, いと人橋, いと執拗, いと強つて, いと念じ, いと思つた時, いと思つて度, いと思つて醫者, いと思ひまし, いと愛息, いと斯, いと言つて來, いのだつた, いのですよ, いのよ, いもう, いもんだ, いらしいの, いわ, いんださうで染井, いんですどう, い人, い位, い富豪, い希望, い拙者, い気持ち, い氣, い氣分, い為, い為め, い私, い義弟, い近い, う存じます, えくら, えところ, かつたん, かない, がるもの, がるやつ, がる病, くて, くなきや, くなければ, くなつ, くなりますね, くなる, くなるだらうぢ, くねえが, くねエ, くもなかつた, く同家, く成つた, さうな口, さうな樣子, さうな滿足, さうな顏, さうな顔, さうに聲, す, てえくら, と夫九助, と思ふ, と申出し, と言, は思ひまし, ば翌日, 存ずるなり, 思は道理

▼ ひ~ (236, 0.4%)

64 其さきの, 夏の, 汗を, 酒を 3 めしを

2 [14件] あせが, つて, ひや, ッと, 云ひ出し, 云ふ, 教養で, 春の, 汗が, 踊りが, 酒に, 酒は, 酒びたりの, 鬼ご

1 [183件] あせを, あとかたも, あらゆる厭, ありますよ, いとど, い水に, うしに, うしを, うろく, おしや, おどけに, かわれた, がおる, がたつた, がんね, ぐら, けじめが, ざけ, ざけを, しめやかな, しらべ等, ためらひ, つくの, つくばひ, つく木曾, つたの, つたのは, つておし, つてから, つても, つて意を, つて氣の, であける, なに, はせむ, はる, はれやよ, ひた揺れ, びやとするくいの木の, びやと横わっ, びやと沁みた, びやと濡れ, ふくむらん, まめ男, むぎ, むぎでも, めしの, めし喰い, もの, やけき路, やけき風, やっこアイスクリームの, りこ, りこひ, わたらん, をあがる, をがぶがぶ, をよばれる, アそいつを, ア此の, ア此処らには, オゾンの, コソ泥は, コソ泥を, ッ, テーブルの, 不和を, 中間折助を, 二月の, 五月雨, 人ぢらし, 仕草やの, 何かにて, 何んかを, 党派的な, 勝手口の, 化粧を, 厭世観を, 古火燵, 合いを, 同心町, 味噌醤油, 喚き声, 喜びや, 土の, 夕かげり, 夜逃げは, 大将軍に, 大阪の, 嫉き, 子供らしく, 字に, 家を, 家賃なぞが, 寶搜し, 小料亭, 小泥棒, 山の, 巾着切を, 強請を, 形式を, 念仏踊り, 悲しみに, 惡遊びに, 態度は, 憎しみを, 手柄の, 折屈み, 文化の, 暮の, 暮らさむ, 朧ろに, 果敢なみや, 枠を, 楽しみて, 歸り, 汗なり, 汗の, 汗は, 汽車醉ひ, 浮べまし, 涙と, 温度を, 湯気で, 滅びに, 澤庵漬や, 烈しい暑さ, 煙草盆の, 父と, 牛や, 狂気の, 独言癖は, 發心の, 皮肉の, 石灰の, 碁の, 童相撲などから, 素麺を, 結核患者の, 綴り語の, 羞らひ, 胸の, 膝枕の, 自分を, 色や, 花の, 苦しいつとめ, 茂れる, 莨の, 衣服の, 表情や, 要心や, 解釋などが, 話の, 誓ひ, 誤報が, 誤解に, 誰れでもさう, 變質者の, 豪傑の, 貧の, 賭博は, 足音が, 踊りや, 踊りを, 身ぶりが, 身装で, 近い親類, 遠廻しな, 酒って, 酒でも, 酒と, 酒の, 酒も, 酒ビイルと, 関東煮, 陰影は, 雇人達への, 音などを, 顏の, 馬車の, 馬鈴薯や, 驢馬に

▼ ひにな~ (231, 0.4%)

14 つて, つてゐた 9 つても 7 つてし 6 つたの, つては 4 つたのは, つてから 3 つた, つてその, つてゐ, つて居ります

2 [11件] つたのである, つていらつ, つてお, つてた, つてね, つてを, つて入り込んだ, つて居た, つて梯子段を, つて莨を, つて讀む

1 [133件] さばや, つたあの, つたお六, つたお言葉, つたその, つたどこやら, つたのも, つたのを, つた人で, つた厭な, つた子さらひ, つた岸には, つた彼が, つた時が, つた画は, つた私に, つた私は, つた話などは, つてあなたの, つておかみさんと, つてからといふ, つてからは, つてこの, つてさつ, つてしかし, つてしまつた, つてしまつた案ぜられる, つてすや, つてそこに, つてそれから, つてそれを, つてどう, つてのぞきます, つてもとの, つてやがて, つてゆき子が, つてゆつくり, つてよ, つてよろめきました, つてわたしの, つてゐます, つてダラリダラリと, つてパパは, つてペンで, つてペンを, つて一同が, つて不在へ, つて不精煙草の, つて両手で, つて中には, つて主猿楽の, つて乗つた, つて二三枚位しかく, つて交渉する, つて今一人の, つて仕事の, つて仕舞へば, つて以前は, つて來た, つて入らつし, つて兩肌を, つて八五郎の, つて六畳で, つて再び, つて出, つて出遇は, つて剃刀を, つて動物の, つて匍ひ廻り, つて又, つて地上を, つて好き嫌ひ, つて寛, つて尻を, つて居ます, つて居られました, つて居りませう, つて巣の, つて彼は, つて彼を, つて後で, つて御飯も, つて房江は, つて手を, つて手先せ, つて手紙の, つて手長猿の, つて披げた頁へ, つて斯う, つて時々, つて暗がりで, つて曲者の, つて朝の, つて本を, つて来た, つて枕に, つて枕もとの, つて枕元に, つて枕元の, つて枕許の, つて横に, つて此處へ, つて此處まで, つて池の, つて煙草の, つて煙草を, つて煙草盆を, つて父親の, つて片手を, つて物に, つて甚く, つて甲虫の, つて眼も, つて眼を, つて種々, つて筆を, つて翌, つて見たい, つて覗い, つて解らなかつた, つて読みはじめた, つて足を, つて身もだえし, つて逃げ歸る, つて這はう, つて這ひだし, つて錠前を, つて門の, つて雑誌を, つて音律を, つて首を, つて駈け出し, づさひてあらむ心と

▼ ひその~ (227, 0.4%)

53 儘に

2 [12件] 中に, 人の, 側に, 夜は, 夜も, 度毎に, 晩は, 次に自分, 歌終れ, 結果自分たちの, 際私は, 鬼どもを

1 [195件] あとで, うくる, うちからは, うちに, うるは, かはり, きのふ留守の, ことに, ことを, さま電光の, ついでに, つづらの, とき殿様の, とき私が, なんだ, デルタに, 一オムベルト・アルドブランデスコの, 一切の, 三の, 上に, 上を, 上働い, 上役僧達の, 上間もなく, 上骨董に, 上鬢の, 上鳥の, 不便不愉快さから, 中を, 中心として, 事彼の, 二年後には, 人いよ, 人は, 代り八五郎は, 代金を, 以前には, 会話を, 伯父の, 余裕も, 作品が, 信仰の, 儀式が, 光我等の, 内日が, 前に, 剛力の, 助けを, 動作の, 午後一同筑波山へ, 受くる, 叢樹いよ, 口から, 句は, 各部かの, 名前を, 吐息, 場へ, 壁の, 外部なる, 夜すぐ, 大政を, 女あり, 女は, 娘らしい, 学芸を, 宗教的基礎を, 家に, 家の, 小ささ, 居宅に, 左には, 巻の, 布は, 年代の, 序に, 廊下に, 弟パオロを, 当人は, 形式に, 影響は, 彼方の, 御病氣, 志あり, 思ひを, 思慕が, 性格の, 性格は, 性質は, 愛を, 慈善市に, 戀に, 手段は, 批評も, 抱負は, 描写が, 政府に, 故郷に, 教の, 教へを, 教義を, 方に, 方策を, 日その, 日は, 日暮しの, 日本に関する, 日記は, 昨日もつ, 時から, 時ばかりは, 時十五圓の, 時窓に, 時間を, 時雨の, 時高杉館長が, 晩矢野公使と, 朝出陣の, 木と, 本の, 本分に, 東海道は, 果を, 枝と, 枝の, 椅子の, 様おびただし, 次に助, 次の, 死するや, 母を, 気に, 求むる所を, 法に, 漠然と指, 火打もちて, 火車を, 焦燥や, 熱心さには, 犯罪感を, 状あたかも, 病院に, 真実が, 神性を, 私自身の, 精神に, 紐の, 給料で, 經濟上の, 緊密さ隙間の, 繁りの, 義理を, 羽に, 者を, 耶馬渓から, 聲の, 背後に, 胸を, 自分の, 自動車で, 自然に, 自由なる, 落葉は, 蒲団を, 血統は, 製紙は, 許を, 証拠に, 詞きこ, 詩稿などを, 話を, 語ること, 講義に, 謝金を, 足で, 身に, 身は, 農耕も, 通りの, 通り話し, 過ちを, 邊の, 部分が, 重いもの, 長谷八谷峽八尾を, 開墓を, 闘ひのす, 限界と, 陰で, 面容も, 頃の, 願ひ成る, 餘病として, 高潮に, 髷は

▼ ひ~ (226, 0.4%)

9 を挙げ, を立てた 5 が起つた, をたて 4 の中 3 がした, のやう, をあげ, をあげた, を挙げた, を立て, を立てる

2 [11件] がする, が美奈子, が聞えた, である, に聞き, や冗談, をたてた, を挙げる, を耳, を聞き, を聞く

1 [151件] かと思つて, があらためて, がう, がし, がすでに, がその, がたち, がつ, がどつと, がぴたり, がまるで, が一勢, が二人, が余り高, が四方, が壁, が壺, が外, が夜気, が大きく, が妙, が少し, が広い, が彼, が思ひ出され, が恰度, が挙, が時々, が沸き走つた, が湧き, が溢れ, が竹籔, が絶えない, が総, が聞え, が聞える, が聞え出した, が賑やか, が起つ, が起りました, が起る, が這入つ, が遠く, が響い, が騒, が高, が高く, が鬱蒼, きこえしか, さびし沙羅, だ, だけはクワツ, だつた, だつたが, だつたの, であつ, であること, であるとは, でお, でヒヨイ, で吾, で左, で想像, で聞きとれなかつた, といつ, といふもの, ときどき酒場一杯, とも享, とも鬨の声, と共に, と共ににげ, と同じ, と大泉, と歩きつ, と言, などが交つて, などが挙, などが洩れた, なども漏れ, などをあげ, などをたてる, などをつけ加, になつて, にはなにか, にまじっ, にも繊細, にわるく, に依, に吃驚, に巧み, に息, に接した, に気づく, に耳, に話し続けた, に近隣, に響い, の, のどよめき, のなか, のひとつぐらゐは, のみが時々, のよう, の下品さ, の低い, の洪水, の言葉, はどうやら, はどこ, は何時, は咽喉, は思ひ出し, は音響, は鴉, も口笛, も聞えた, も聞こえた, や唄声, や喝采, や囁き, や将棋, や歌声, や歩きつき, や泣き声, や甲高い, をえて, をきいた, をさした, をたてず, をたてる, をひそめ, をひつそり, を出した, を収めた, を如実, を後に, を感じた, を挙げず, を放つた, を新しく, を時々, を残し, を洩, を洩らし, を発する, を聞い, を背中, を載せ, を鋭く, 無き太刀, 見たいな

▼ ひ~ (216, 0.4%)

3414 ふな 97 ひぬ, ふ 5 へり 4 ひしかば, ふこと, ふに, ふ事 3 はれと, ふぞ

2 [13件] はざる, はむ, ひしが, ひしに, ひしを, ひし御, ひし豕, ひて, ひ候, ふが, ふなるべし, へと, へば

1 [92件] はざりき, はなかつた, はぬ, はぬならん, はねば, はば迎, はむこと, はむ事, はらば, はるべし何れ, ひ, ひけるなか, ひける中, ひける程, ひし, ひしかな, ひしがこの, ひしが俄, ひしが曲げて, ひしこと, ひしところ, ひしと有りし, ひしならば, ひしならん, ひしなり, ひしは, ひしも, ひしや, ひし主, ひし声, ひし時, ひし狭き, ひし郵船会社支店長某氏, ひその後, ひてには, ひてや, ひてよ, ひぬと, ひ今日, ひ今日陸, ひ其方死人, ひ清め給, ふことなどを, ふことに, ふことの, ふしかれども, ふといへ, ふとて, ふと云々, ふと云事, ふと問, ふなど, ふならずや, ふならん, ふなれば, ふの, ふは, ふべき方, ふべし私, ふまじきか, ふも品, ふも理なれども, ふも益, ふを, ふ事初, ふ君, ふ御, ふ殿達, ふ汝ら, ふ相, ふ神, ふ聖母, へといへ, へとて其議, へと云, へと怒鳴ります, へと懇切, へと申, へと神官天津祝詞, へと言つて宇津, へと詰る, へは, へば平中, へば數歩, へむぐむぐ口, へる, へる今, へ僕, へ君, へ大, へ我, へ神

▼ ひ~ (215, 0.4%)

98 の上 7 がな 5 の雲 4 の葉 3 で包む, のお座敷, の中, の紙, の雪 2 がなで, で, と樹陰, の形, の白骨, の菖蒲, ばかりを隔てし, をまじまじ, を差し出した, を片方

1 [147件] からは, がある, がいきなり, がこの, がこぼれおち, がずっと, がちらちら, がどんなに, がなに, がなの成立普及, がなの書体, がはらりと, がまざまざ, が人一ばい, が口, が横, が落ちた, が黄色く, ぐらいのかわいらしい, こそ携, ずつとりました, だけは上顎, であらう, でなでまわし, でぬぐう, でアルミニウム, で両, で何度, で打ち, で押し戻した, で撫で, で水洟, で済ます, で煙管, で私, で米, で面, で顔, とその, とわが, と共に蔵め, と変っ, と彼, と断間, と木の間, と牛乳沸, と絶え間, と蝶, と表, と言, と身, と鎧, と降り, と陸, と馬, と馬首, のいい, のその, のなか, のもの, のよう, のヴェール, の冷めたい, の匂い, の卯の花, の吹雪, の大岡忠右衛門, の帆立貝, の文反故, の文字, の木の葉, の板, の板橋, の桜, の水, の泡, の火炎, の灰, の白い, の白刃, の皮, の窪, の筋, の紙切れ, の罌粟, の羽毛, の胼胝, の芙蓉, の花びら立て, の落葉, の虫, の血, の赤き, の跡, の間, の間にあった, の雲かげもと, の風, はずっと, はそれ, はどう, はひか, はまっ黒, はイキ, は女, は水, へたたく, へ米, へ落ち, へ蝋燭, もこぼれ, もそよぎ, もなく, もなく澄みわたった, も乗っ, も場所, も天, も敷くべき, も蛍, や鮑, をあてた, をおろす, をか, をさし出した, を二つ, を伝い, を冬陽, を出させ, を出し, を切っ, を前, を取, を外し, を左斜, を急, を拾つて, を指す, を搴ぐ, を撒き, を敷くべく, を登る, を眺め, を見ます, を見れ, を載せ, を辿っ, を鈔出

▼ ひ乍ら~ (204, 0.4%)

14 も平次 4 も八五郎, も手早く 3 入つて來, 出て

2 [15件] いふ, そんな事, もお, もこの, も事件, も二人, ニヤリニヤリと, 出るの, 同時に大和當麻, 尋ねた, 恐ろしく念入り, 悠々と, 握つたもの, 直ぐ墨, 立つて

1 [146件] うなづく平次, お清, お百姓, お秀, お靜, かう云, この恩人, この闖入者, こんな人, さも, しよんぼりと, そのま, その絵, それでも少し, それでも心中, それでも老人, それで恩, ついと歩きかける, つひぞ丑松, でも話せる, とぼ, の芥川, また私, また降り, まだ塞いだ, まだ念入り, も, もう一度立上がつ, もう一度蚤, もう一片, もう歸, もさすが, もそち, もガラツ八, も中江川平太夫, も二の句, も人, も先づ丁子屋, も公儀, も内, も大いに, も妙, も寒空, も寝床, も少し, も年甲斐, も幾度, も必死, も忙しく, も氣, も生得, も白山, も相手, も眼, も立ち上, も立ち上つた, も笹野, も腹の中, も襦袢, も金梃, も錢形, も長い, も飯, や, やる, ゐざりの, チラリと, ポロポロと, 一度締め切つた, 佇んで, 何やら深々と, 兎角出不精, 入つて, 入る, 再くり, 到頭此處, 割り切れない心持, 又灯, 各々顏, 同じギヤーマン, 同時に大和当麻, 咲いて, 坐つたが, 実は押, 寂れた中, 少しも, 少しやり過し, 少し短い, 尚も十五疊, 広い土間, 引返して, 彌, 従いて, 思ひがけ, 思ひの, 思ひ出したやう, 悠々或は, 手早く仕度, 振り向いて, 揉ませてる図, 散切頭, 明く楽しい灯, 明るすぎる, 書いて, 有明月, 本當, 歩く女, 殊に彼, 泳ぐやう, 準教員, 漸く喜八, 潜り込んだ, 無氣味, 珍しく脹らんだ, 痩せ衰, 相變ら, 立ち上がりました, 立ち上った, 立ち上つた, 考へる, 聞いた, 聴いて, 色々の, 蒼い顔, 薄明り, 話したこと, 話して, 読む, 読んで, 赤い顏, 赤い顔, 踊る毛遊びその他, 軈て復, 通ったり, 遊んで, 遠慮なく坐つた, 遠慮なく座つた, 長く佇む, 間もなく息, 面白さ, 飛びゆく鶚, 飛び出すけどね, 飛び込まうと, 飛び込んだの, 飛込んで, 食べる

▼ ひ~ (183, 0.3%)

14 をし 5 にし 3 が有ら, になつて, になる

2 [15件] がある, だ, だから, ですか, でもした, とフンシ, にする, にするであらう, にならず, にもせよ, に熱中, の人情, をしつづけ, をする, を持つ

1 [125件] かい, から喰, があります, がかけてなかつた, がない, が出, が出ない, が暑く, さ, した様, だつて別段, であつ, であるが, ですと, ですよ, ではない, でもある, でも何でも, でも惡, で失敬, で悩む, で誇張, で頭, として, としてのみ行, としての独立性, としての短歌, としては短歌形式, として独立, とてはこれきり, とては鳥獣木の実やう, と言, と違つて, などをよこし, ならぬ人懐こ, にか, にかけては最も, にされ, にされる, にしよう, にすぎない, にでもしたら, になつ, にならない, にはならない, にはひつ, にも使, にも通じる, にゆく, に出かける, に出た, に出よう, に出掛けられる, に出歩く, に列, に参りまし, に困り, に寄つた, に往つた事, に淡泊, に澤山, に行かね, に貰つたの, に身, に飽い, のけふこの, のこと, のなく, のやう, のメロン, の中等品, の優越, の名, の履, の手, の様, の由, の真中, の祭文, の臭, の要素, の謂, の進め, の針, の錦, はい, はお客, はたしかに, はどう, はどんな, はみんな, は取上げられ, は東京, は沢庵, は男, は腹, もあて, も二人前宛, も到底, も多, も屁, やと人, やなに, や洗濯仕事, をくさす, をした, をしなけれ, をすませた, をとりあげ, をほしがりすぎる, を云つて, を作らぬ, を刑務所, を受け, を口, を唱, を書け, を為る, を盛る, を續, を置く, を誰か作, を買つて, を食, 捨て

▼ ひ合つて~ (180, 0.3%)

11 ゐる 10 ゐるの, 坐つて 9 ゐた 7 ゐると 6 坐つた 4 ゐたが, ゐました 3 坐ると, 立つて

2 [12件] の一脚, ゐたの, ゐた時, ゐて, ゐるうち, ゐるぢ, ゐるのに, ゐる中, 寝るの, 居た, 居ります, 居るの

1 [89件] いつもの, お互, お出, から渠, この唄, すわる, はしやい, は短い, は笑つて, は酷く, ぶらぶら歩い, ほ, ましたね, またしばらく, もむつつり, もゐた, やり直せば, やる軍歌行進, る浮彫, ゐたから, ゐたけれど, ゐたこの, ゐたさ, ゐたので, ゐた後, ゐた晩, ゐなすつて, ゐます, ゐようと, ゐられるやう, ゐるお, ゐるから, ゐるが, ゐるその間, ゐるといふ, ゐるとき, ゐるところ, ゐるので, ゐるもの, ゐるやう, ゐるらしかつ, ゐる二人, ゐる堀内隊長, ゐる時, ゐる枝原, ゐる気味悪い, ゐる白い, ゐる老人, ゐる膝, をります, 一向談話, 並んで, 別れた, 別れたん, 坐つたとき, 坐つた時, 坐つて二人, 坐つて後, 坐り, 坐りながら, 坐り人, 坐り杉村, 坐るの, 大きな三角, 大きな茅葺, 居ただが, 居たので, 居た当時, 居りました, 居りますから, 居る, 居るから, 居ると, 居るところ, 居る事, 居る友達, 居る日, 居る時, 幼い自分, 歩きつ, 積み重ねられて, 立つこと, 立つたとき, 立てられた二枚, 置いた二つ, 置かれて, 腰かけて, 行かなければ, 重ねて

▼ ひつつ~ (172, 0.3%)

6 丘に 4 あり 3 あつた, ある 2 あらずは, あると, ゐて, 蚊の, 讀まれなければ, 貫一は, 顕しけめやも

1 [142件] あさ, あはれ, あひみぬ, あらず, あらずして, あらずば, あらめや, ありしかも, ありしは, あり行徳, あること, あるでは, あるやう, ある物質的栄華, ある若い, いや常世, くらき眼, こい更紗模樣, こい野鄙, こく話し掛けた, こく酒, しきりに涙, しばしば右方, しぶしぶ渡しぬ, そこから, その仕事, その卵, そもわれ, とみ子が, ふと他, むつ, イドメニュウスは, ベツドへ, リツケルトコオエンフツサアルボルツアノと, 一応試, 一段一段と, 主體, 予等に, 二つの, 他方非, 余は, 僕は, 優しさ, 八月十日あまりに, 冬陽浴びをり, 出で, 別れけり, 動きつつ, 危む如く, 去る, 双掌, 句を, 吾が, 四季袋を, 坐すに, 夕べなり, 妖なる, 姑くそ, 安楽に, 客を, 客體の, 宿ねがてず, 寄来る, 富山は, 居らむ, 居り, 居る, 山水を, 岡に, 干物の, 幸で, 座頭の, 弟の, 彼は, 彼女は, 忘れかねては, 愛しかりけり, 感謝と, 慰み歩く場所, 我上に, 或は喜び, 手に, 手鞄を, 旅の, 時の, 月あかりに, 未だ決する, 来給ふさ, 松原なかに, 格子戸を, 橋を, 櫨の, 次第に西北, 歌の, 死刑囚として, 消去る, 清められたり, 物見遊山の, 猶咽びゐたりしが, 獄窓の, 生本來, 男は, 益急に, 相聯關, 社の, 窓より, 立つて, 笑ふ, 笑まひつつ, 笑むとも, 素直に, 終に果さ, 線香花火を, 聞く, 聞しめ, 背後から, 胡瓜に, 舌怠き, 落ちぬ, 蕭雨を, 薔薇の, 血に, 行かば, 行く, 行くにも, 見らめど, 読めるの, 貫一が, 賜ひし, 跌き, 身に, 逃れた, 通る, 進む眼前, 道を, 道知辺す, 銭湯に, 闌くる, 霧深き, 面白さうに俺, 駕籠の, 黙然として

▼ ひ~ (159, 0.3%)

12875 りて 3 し, つ, ぬ, よ, るを

2 [11件] し男, て之, りし, りしを, りし時, るは, る時, る者, れ, れば, れる方法

1 [90件] しものかな, しポルチカル人, し一武將, し天, し谷村, ず, たが, たすさび, たりのま, たり高低さまざま, た連中, つたこと, つらくのみ, ておの, ておのれ等, てその, ては石, てよ, て其園, て勵, て喧しい, て我, て槐, て無, て獅子王, て相, て騷, て齊, なくに, べかりし, ましき, も, られし御, りけれど, りしな, りしなれ, りし暦, りその, りては, りぬ, りアカイア壘壁, り手, り皆目, り迫る時, ること, るされど, るであらう, るなどで, るに, るべき心, るもの, るや, るわれ, るトロイア勢, る一命, る一種, る中, る人, る其, る其双馬, る其時潛む場, る其行粧, る冬, る危急, る可, る客, る庭鳥, る敵, る敵將, る犬, る獅子, る現在, る細き, る肯定, る花, る荷, る薄暮, る衆人これ, る過去, る雪, る雲, る霧, れは, れるなり, れるは, れる人等, れる力, れる次第, れる潛勢力, 合せた寄進主

▼ ひ~ (142, 0.2%)

37 やない 1615 やありません 6 やあるまい 4 やある, やございません 3 かず, やな, やなかつた, やもの 2 かけいす, と, やから, や御座いません

1 [40件] から, き恐れ入らせたので, しこと, じや, で顔, とかつ, に, のつら, は碧玉, へ扇子, やが, やけん, やつた, やて, やとり手, やと思はれる, やと見える, やねえ, やねえか, やもん, やらう, や可哀想, や困る, や幇間, や無い, や町会議員, や芸人, や遠, や閉口, や駄目, りめん, を, をたて, をつけり, をのせ, をひき, を張つたやう, を目, を突い, を脇

▼ ひ~ (137, 0.2%)

4 がある, のない 3 がない, がなかつた, にする, もない 2 があれ, がねえ, だ, にし, には洋杖, には粗末, もねえ, を捜し

1 [101件] があり, がありません, があろまい, がたくさん, がつかない, がつかなかつた, がなかなか, がねえや, がやつ, が侍, が出ない, が待つてる, が怨めしく, が故意, が春挙氏, が澤山, が無い, が無けれ, が無し, が物, が苫三七郎, が障り, だと, づから巨蟹, であつ, であり, である高崎, でこの, でさる, でした早く, ではない, でもある, でデブ, で正面, として, としては旺玄社, として独特, との心, と違つた姿, なんてあるまい, にされ, にされなかつた, にした, にしたるなり, にしなけれ, にそぐ, になつ, になりてえ, になる, にはならない, には水晶, にも入ず, に太, に注し, に渠, に立つ, のあらう, のする, の代る代る, の個人個人, の口, の尖, の態度, の指亀, の方, の無く, の爲め, の肉体, の背後, の胸, の顏, はありません, はありませんでした, はかう, はなかつた, はロシア, は一人, は屹度, は醉つた位ぢ, まはり, もある, もあるまい, もできる, もなき, もなく, もふるひ, も少く, も盃, をし, をした, をつれ, を延せ, を引かれ, を待つ, を探した, を握り, を擧げつ, を私, を紹介, 万一の, 捕に

▼ ひにも~ (116, 0.2%)

2 似て, 似合は, 初中終, 雨は

1 [108件] あつた, あまり乘つて, あらず, お呼びに, かかはらずそれでは, かかはらず村瀬, かなしや, この日じじ, この男, これは, そのグロテスク, それだけ若い, たれ掛つたり, だんだん慣れ, なか, ならぬし, なるかと, なるであらう, なるでせう, なるの, まだ一度, まだ慣れ, ゆかずに, ろくに答, キッパリ答, ハキハキと, パリの, ピアノの, プロペラの, ホイツスラアの, 一つは, 一向に燃え, 一緒に, 上つてゐた, 不思議な, 事欠く日々, 二三度通ふ, 今次の, 他人に, 伺へない有, 何かと湿る, 使はれ, 來ない, 候べし, 働き否, 其中から, 出せしに, 出よが, 出られず直, 出る資格, 初中終気扱, 初中終氣扱, 医者の, 又安藤昌益, 同じやう, 吾は, 四日間は, 困るだらうと, 固着し, 多忙なる, 大いに滝田氏, 寄附勸進にも, 平等に, 幾度か, 彼の, 念入りに, 或は宴席, 放牧の, 日本へ, 早く歩まぬ, 有らねば, 未成品に, 来たらうと, 来て, 来ないの, 来合せたの, 構はず八五郎は, 此等の, 武力を, 氣を, 汽車ほど, 沁み, 涙ぐむ, 眼が, 磯五郎殺しにも, 私が, 簡單に, 縺れだして, 自分の, 自然を, 自然的生が, 致し召遣, 艸花の, 行かない, 行かれるわ, 行き過ぎがたき, 行つて来, 見える愚か, 見つけて, 負けないほどに, 足は, 身を, 較ぶれ, 關はずこんな, 雪にて, 震, 非ず, 頭痛だけは

▼ ひそれ~ (114, 0.2%)

32 と共に溶け合つて, は嘘, をまた, を重んじなけれ

1 [103件] からそっと, から十年, から小山, から更に, から賢島, がいつ, がその, がみるみる, がテツペレン, がブルトン, が一年, が伯父, が冷えた, が冷めたく, が勅撰, が却つて, が又, が品質, が当時, が形影相伴, が時として, が時計, が機縁, が歌舞妓, が犯罪, が畢つて, が當, が真黒, が私, が美, が肉体的, が若し, が誤解, が野宮, が顯, でゐ, で成りあがり, で戰, で時間, と切つて, にお勝手, についても憎き, につれて傍, にて事, にも徐々に, に並ん, に伴, に對, に左, に彫られ, に新鮮, に根源, に気がつい, の出版, の助け, の實, の犠牲, の美しい, は人肌, は人魚, は何ん, は十九世紀後半, は卑小, は彼, は皺, は研究, は私, は穆王, までを総じて, もまた, も一年中, も大した, も欠席者, も面倒, より, よりも短い, より一層, より二等, より交, より加賀, より南露西亞, より酔, をいつ, をひろげ, をもつ, を一課目先づ, を假名暦, を公, を味, を引ききり, を引出物, を強, を我等, を持っ, を持つ, を機会, を父, を立証, を自動車, を藁, を見出し, を読ん, を駄夫

▼ ひから~ (113, 0.2%)

2 今朝は, 出て, 除外されました

1 [107件] あつしの, あのやう, いくつも, おりて, かして, こちらへ, さめると, そのクラス, その錆, だんだん昂じ, とみに純粋, のぞいた, はじまる夢, ひそかに, めんだう, わたしたちが, ビール瓶を, 一人が, 一転した, 丁度夏座敷, 不意に, 云つて低い, 人々の, 人間の, 今逃げ, 何もかも一切, 例の, 免かれない, 免れること, 出る興味, 出発した, 分化した, 割込むやう, 匕首で, 十万円位の, 半分は, 半月程の, 危なく身代限り, 去年の, 吉利支丹を, 名人を, 味噌漉を, 味覚から, 地上には, 外を, 多くの, 大立廻りを, 始まると, 孝吉の, 宝石類に, 少女の, 工事の, 左四つに, 帰つて来る, 彼等の, 復た, 急に, 悟りへ, 手を, 折れて, 接尾語として, 推して, 斯う, 斯様に, 既にもどき, 既に死につ, 日本橋へ, 明確に, 本石町の, 本郷丸山阿部家中屋敷の, 村の, 来て, 来るの, 歸つて父親の, 池までの, 熱火の, 獨り, 生じる趣き, 眉を, 短刀を, 砕けまたは, 私は, 紅白饅頭を, 聲を, 脱却する, 自分達は, 若い男, 衝突し, 親類隣村までも, 解放する, 言ふと, 話しかける彼, 説明を, 迷ひ, 逃れさせて, 遁れられた, 遁れる, 遙に, 遠くあの, 遠く南部, 釋放され得ない, 除外されます, 隨分ひどい, 離れること, 雲龍齋又六に, 飛び出した, 餘計な

▼ ひ~ (111, 0.2%)

5 を聽 4 なの 3 であつ, はひつ

2 [11件] がある, が立つ, ですが, に耳, に譲る, に讓, はあります, はある, は重々尤も, もあり, も確め

1 [74件] ありげ, かも知れない, があらう, があり, がありました, があります, があるなら聞い, があれ, が優れ, が少々, が残つて, が気, が立たず, が面白い, く, だ, だけは通, だづた, である, でした, ですから, では, ではある, では離屋, で蓋し, で面白い, と笑, なしさ, なしの, などは上手, には世俗的, には理, にまで決つたの, による, に不自然, に対しては矢張り軽蔑, に対して先刻, に楯, に自ら腹, の前, の様, は, はあるまい, はいつ, はかうである, はなにひとつ, は俗身, は俳人, は兎, は如何にも, は通らない, ばかり通させる, もあるでせう, ももと, も聞い, も通す, をきいた, をすつかりききました, をそ, を信用, を拒否, を挽, を捨てさせた, を盡, を聞きました, を聞く, を聴い, を聴き入れよう, を聴け, を肯, を自分, を裾, を通しました, を通す

▼ ひ~ (107, 0.2%)

136 でぬ 2 しけるに, でける, でたる人, でな, でなむ, でむ, でよ, で給, らしい想

1 [70件] がこの, が結びつき, しか城富御意, たり何, だせる由, である, でけれ, でし, でしが, でしこそ, でし古き, でし小, でし折, でし神, でし詞, でその, でたま, でたる, でたる故, でたる有, でたる男ども竿, でたれ, でぬべき薔薇, でぬべくおも, でぬ雁, でん, でんずる, でんと, でんも, で來, で又, で大方, で後見人永井平馬, で心細き, で悲しみ, で懷劍, で波頭, で申, で鄙, となる, とは云, と一緒, なので, にけり, になっ, のなか, の中, の全部, の多い, の夢, の涙, の緒, の緒口, はそれ, は外國, は忘れ, は澪, また小西屋, もなかつた, も私, も見ぬ, も身, も降りそそぐ, をこの, をたどる, をどうやら益々, を語つた後, を飾るた, 又其方こと速, 改め見るに

▼ ひ~ (103, 0.2%)

14 がつて 13 つた 9 つて, 奉つる 6 ますと 4 がつた, 奉つり候 3 まゐ 2 がつた時, がつて主人, がつて來, つたと, つたり

1 [31件] から石臼, がつたお, がつたつて, がつたところ, がつたやうに, がつた曲者, がつて來たん, がつて孫三郎, がつて身投げ, たり尤も, つたか, つたこと, つたところ, つたとも, つたものの, つた揚句, つちま, て娘, て御, なる天, になり, には犇, に又, のお, ますとて, まする夫, ます妹, ます未, 奉つり度儀御座候右, 奉つると, 奉つる尤も

▼ ひながらも~ (100, 0.2%)

7 平次は 2 二三の, 二人は, 八五郎の, 山を, 自分の

1 [83件] あたりの, あの冷靜そのもの, かなりづけづけ, こ, この名誉, こんな人, そのこと, その時眼, その洗つて, それでもいつ, つい日, ひどく澁つて, また教科書, ゆるやかな, チロリチロリと, 一度ひどく, 一氣に, 今さら引き, 仕事の, 他意の, 仲よく暮し, 佗しく, 全体としての, 八五郎は, 出て, 分けて, 勝平は, 右の, 周子の, 呼吸が, 哀れなれ, 夫人は, 妻は, 嫌と, 嬉しさ, 将来の, 平次の, 平次はと, 幼い富太郎, 彼は, 彼女が, 彼女にも, 後を, 得々として, 惡い, 憎めない気, 我々の, 手を, 救はれた, 昨夜は, 暫くは, 此の, 母は, 氷柱の, 法令だけ, 渋々また応ずる, 渠は, 源助は, 猶發展, 王樣は, 瑠璃子は, 生きて, 発かれた地上, 眼を, 神崎を, 窓を, 答へは, 簀子の, 美奈子に対する, 自分自身地の, 船腹を, 萬七は, 行つ, 親類達に, 言外に, 豪鋭, 足の, 金六は, 錢形の, 面白さ, 顔丈は, 飽かずに, 龍二も

▼ ひ~ (99, 0.2%)

3 どもあつまりゐる, は世, を介し 2 となつ, の手, の神童, よおま, を正しうする

1 [80件] お光清右衞門長助, かと思ふ, から卜部, がミラボー, が安住, が殺される, が田舎, が見たら, すなほ, であつ, でありその, であり海人, でその, と, としての家, としての彼, としての昔, と童子, などを信じる, によつて, によつて歌, により思ひ思ひ, に化し, に見えず, のお, のもの, のやう, の一方, の一派, の世, の云, の仕事, の住めない, の処女, の初, の団体, の影, の律法, の心, の心術, の持つ, の振り, の新しく, の樂, の死する, の流布, の演出順序, の窺, の芸謡, の蝸牛, の行李, の語る, の附帯事務, の陰謀, はその, は其中, は宗教, は段々, は祓, は長歌, は飯, も置く, よ, をあの, をし, をした, をだましやがっ, をも加, を僞, を助くる, を呪っ, を性格的, を想, を憎ん, を繩付, を虐げる, を視る, を遣, を馬鹿, 同時にある

▼ ひ~ (98, 0.2%)

4 御自身

1 [94件] お寺には, お專, すぐ座, その上, その両脚, その心, それとも少し, それを, た東晉, やや高く, よし泣く, コクトオの, ジエンナロと, ダットサンで, デジエリンの, パトロクロスの, マーブルへ, 三軒やっ, 下宿にも, 両人を, 二階で, 今上陛下に, 今度の, 他処, 個々の, 倒垂度影天山竹仰, 借る, 假り, 働いた, 元栗橋の, 先生や, 入浴し, 其中には, 其行事を, 十二月には, 単に, 可笑しき演説, 吐いて, 喜多とも, 喪失と, 国語と, 大西, 天主の, 天武流離の, 奉公人が, 宋翔鳳の, 實を, 尊敬を, 少し掘, 尼寺で, 嵯峨樵歌の, 彼の, 御名代部, 忠臣蔵では, 意思の, 我に, 打込, 掴みだすこと, 支那の, 散々殴つ, 日劇へ, 時としては, 曠野の, 曾て, 村芝居とも, 某アイヌ, 歩く, 浦人とも, 火食をも, 特に迷庵, 生来の, 畫樓深, 盲役者林長之助を, 神御衣を, 笑ひ, 箪笥の, 総介, 翌々年, 聊吾人痛惜の, 能く, 茶を, 藐姑射, 諸友, 赤坂へ, 迷つた, 逢は, 進物を, 遊女共より, 運數は, 避くべき, 邪馬臺國の, 酒を, 革政とも, 麻雀を

▼ ひ~ (96, 0.2%)

83 ではない

2 [11件] が良い, だよ, で, ですがね, でせう, にされ, に依る, は, はなん, は取り上げない, を聞い

1 [63件] から考へ, が, がかうだ, がどう, がまた, が咲い, が変つて, が疳, が野卑, だえ, だが, だけはいや, だけを丸呑み, だらう, だ嫉妬, だ小夜菊師匠, であります, であるかも, であるが, です, ですが, ですよ, ではある, では一方, で末代, で祭祀, で私, と, としては小, となつ, とばかりも言, と未だ, なんて面白く, におどろい, になつ, にはなる, には頓着, にもなさん, にも似た, に抄出, に曰く, に気が付い, に興, のやう, の匂, の程度, の種, の芽, の茂りたる, の露, はたわいない, は大同小異, は自分, ばかりでなく, までに書きつける, もくだらない, をき, をするこた, をのこす, を眞面目, を聞く, を聴い, を許し

▼ ひ~ (95, 0.2%)

4 をあげた, を立て 3 が聞えた 2 がする, がどつと, だ, だつた, であつ, のどよめき, は聞いた, をお, をし, を聞い

1 [64件] が, がここ, がした, が二階, が交つて, が充ち, が堤, が壺, が多, が大きな, が突然, が聞え, が起つ, が起る, して, だが, で, で眼, とがまた, とともにドア, と一緒, なき顏, なども漏れ, になり, に息, に應, に耳, のこと, のし, はきのふ, は人, は今, は彼女, は彼等, は立てず, も口笛, も私, も聞こえ, や打ち解けた, や話し, や選手たち, よりももつ, をあげ, をきいた, をしだした, をしばしば, をレコード, を不, を交, を出し, を出した, を擧げ, を殘, を洩らし, を發, を立てず, を立てる, を聞いた, を聞き, を聞く, を脊, を長く, 低く聞え, 荒らげ我が

▼ ひては~ (93, 0.2%)

3 力ちやん 2 ならぬと, 不出門行といふ, 却つて能く, 如何や

1 [82件] いけないか, いけぬ, いと遠き, おのれが, おのれの, かくして語らざる, こ, その深, その道, だへを, とぶ, ならず, なるまいと, ほとほと言尽し, よしされ, ゐたが, 一際礼, 万斛の, 下の, 乱糸と, 今日死なむ, 今日死なん, 何ごとも, 何事の, 余ら, 僧の, 先祖へ, 其の効力, 勝ち闘ひ, 勝つとき, 即ち子, 又唯, 反對, 啼けり, 嘆きしが, 地に, 大いに風流, 夫への, 女の, 如何なれ, 宮の, 常に鈍う, 引返し揉みに, 心を, 忽ち現身, 惡し, 應用評判を, 手を, 拜み, 暗きこと, 柳原を, 歎きしが, 止めなかつた, 歸へ, 残虐な, 泣き何, 活動せぬ, 深む, 災なら, 猶さら, 生活の, 甲鉄の, 申しますまい, 疲れし人, 皆対岸の, 直ちに覆面, 直接の, 瞋恚の, 給はらずや, 聊か不, 自在の, 若きわれら, 言葉にも, 語らひし事, 談理の, 資産の, 迎へ, 追求しよう, 隱さない, 頑ならぬ, 顧みだに, 髪の

▼ ひょッ~ (93, 0.2%)

37 とする 14 としたら 2 としてそういう

1 [40件] くりあらわれる嘉門次, くりやって, こり, こりと, こり出会ったの, こり姿, こり小屋, こり居なくなるの, こり現れた, こり親方, こり降りる, こり顔, とかする, としたら案じる, としたら落ち, としてまた, として今夜, として又, とその, とでも曹操, とね, と一味, と又, と変テコ, と彼家, と振, と是, と来, と横合, と気まぐれ, と眼, と知れたら, と縁遠く, と老父, と聞えよう, と見た, と見る, と障子, と面目, と顔

▼ ひやや~ (90, 0.2%)

5 かなる 4 かに 2 かな態度, かな眼, かに笑った

1 [75件] かさ, かさで, かさを, かだった, かなするどい, かなのだ, かなまま母思いやりの, かな一つ, かな予言によって, かな刺す, かな口調, かな嘲笑を, かな声は, かな夜気, かな情ない, かな感じ, かな気まずい, かな汗, かな火の, かな目撃者にも, かな空, かな笑い, かな衣服, かな言葉, かな詩, かな調子, かな鉄肌, かな顔で, かな顔にも, かにあしらっ, かにいい放った, かにいった, かにがんこな, かにきよく, かにさえ, かにすぎそれでなく, かにそう, かにながめ, かにながれ入った, かにみ, かによみが, かにアザミ笑った, かに主水正を, かに冬ばらの, かに冴え渡れり, かに切符を, かに初秋に, かに嘲笑っ, かに家の, かに彼の, かに愁ひわななく, かに批判的な, かに月のみぞ, かに構えた, かに流れた, かに清き, かに理を, かに笑い, かに笑い捨て, かに笑っ, かに笑つてゐる, かに答えた, かに答えました, かに罎の, かに聞く, かに草を, かに見, かに見にくき, かに見やっ, かに貧乏夫婦は, かに身は, かに骨に, かに魚介は, つこ薩摩汁, 蒸しぬれば

▼ ひこの~ (89, 0.2%)

2 仁は, 命に, 日は, 神, 間まで

1 [79件] あたりに, いたづら, ことが, たのもしき先達, ために, ねがひ, ひと時, まゆを, みこに, ものは, やうな, やうに, やしやご, 一層遠く, 中の, 主人の, 事あり, 事の, 事変ちかく, 二人の, 二國の, 二日の, 原因は, 命の, 地にて, 地ケリドリヤクリファレーチェンクリアムフィシベナを, 女より, 家には, 小説は, 小鳥の, 山の, 度出生せし, 弟は, 御皇室, 御秘蔵, 復生病院は, 恋の, 愁ひ, 慰めなき, 憲法及び, 手の, 暮に, 朝も, 村に, 梅雨の, 歌を, 火も, 為に, 焔の, 燐光を, 王の, 瓜畑の, 用語例さへ, 當りだ, 白い徑, 程の, 程度の, 種の, 筋斗の, 紙入れが, 翻訳論文集は, 花ざかりの, 若い者同志, 荒寥と, 記念的俳句は, 詛はる, 詛ひ, 財寶を, 身の, 身重く, 通り無事で戻りました, 遺つた例, 邊は, 部屋に, 鐘なら, 頃の, 頃は, 頃までも, 騒ぎこの

▼ ひ~ (85, 0.1%)

2 はそれ

1 [83件] があれ, がこの, がこれ, がつねに, がどの, が一切, が供, が嚴密, が天才, が彼, が惧, が感覺, が明日, が病気, が耶蘇教徒, が自由, しは, しも江戸表, しを, し事上州, し儀, し弟十兵衞事, し留守, し程世, し苦界, とは別, とユキ, と一緒, と云, と御, と森田, においては未だ, にも人, によつて, に真似, のほか何等, の場合, の外, の姿, の小学校時代, の悲惨, の手許, の獄中, の生命, の眼, の知識, の背後, は, はこの, はつねに, はどこ, はなほこれ, はバー, は一寸, は二つ, は今年四十, は何時, は何等, は作, は内容的知識, は困らせられ苦しめられる, は多分, は夢み, は少し, は平静, は年頭, は当時, は星, は曲, は母, は矢張り浴衣, は神, もそれ, もまた, も微力, も明後日, も笑つた, も近い, をひきよせた, をも同腹一味, を何処, を縛, を雑用

▼ ひ~ (83, 0.1%)

2 ひに, ひ市中, 剰で, 願ひ

1 [75件] きしが, しるこ屋へ, たが, つたから, つちやん, つる樹, はぐろ, はす, はると, ひ, ひあつまつて, ひこれ, ひざわつきだしてな, ひと和ん, ひと強く, ひ寒, ひ広やか, ひ快く, ひ整, ひ注ぎ込むが, ひ結婚法, ひ近く, ひ遊び, ほせずに, ほせたの, ほせない公, ほせんら, 互に口數, 互に違つた面, 互に面白い, 住居の, 作の, 光に, 光は, 六は, 兼も, 別れに, 千代は, 友達の, 向のみ, 品を, 喜多の, 天氣が, 奈美殿は, 妾の, 孃さんの, 孃樣の, 富の, 履物が, 店を, 愛想を, 手討に, 早どのは, 梅どのを, 梅は, 母アさんも, 着かへを, 秀は, 竹が, 笑ひ, 粂夫婦に, 絹が, 綺麗の, 聞の, 膝元の, 菊樣が, 蝶達の, 見申せば, 谷は, 豐妹の, 陸と, 靜だけ, 靜の, 高さまお前さまの, 高は

▼ ひ~ (78, 0.1%)

15 はす 14 はし 7 はした, はし得る 6 はせ 4 はされる 3 はしかた, はせない 2 はさなけれ, はされたる, はしたる, はすべき

1 [11件] はさし, はされ, はされうる, はされ得る, はし得た, はし得ない, はすこ, はせぬ, はせませぬ, はせるといふ, はせるの

▼ ひ~ (76, 0.1%)

4 にある 2 で餌, につく, に居た, の堤

1 [64件] が直, が祭り, であつ, でたしなめ, でアッケ, なる, なる山陽道, に, にあつ, になつて, には學校, には皮肉, には緒方正規氏, には鉄道従業員, にをられた, に代書屋, に入, に出なけれ, に力一杯, に卓, に可愛らしい, に名産, に坐, に姿, に建つた, に腰, に行ける, に赤い, に降り, の, の万屋, の丘, の人, の令嬢, の八百屋, の向, の婦人, の家, の家今, の山ふところ, の山裾, の岸, の席, の店先, の廊下, の木, の村, の柿, の沼地, の洞穴, の為事, の白壁, の縁臺, の草, の誰か, の赤ツ面, の遊園地, の陽, の馬賊, の高台, は盆地, へ迂廻し, まで送る, を走る

▼ ひ難い~ (76, 0.1%)

5 恐怖に 3 功利性を 2 からである, ことで, な, のである, ものが, 事を, 懷し, 誘引とを

1 [52件] がこの, がこれ, がしかし, が此等, けれど其弟子, けれど番頭, ことだらう, であらう, といひ, といふの, といふ案じ, と言, と言つて, なつかしみを, にもしろ, のであ, のであります, のに, ものだ, ものである, ものと, ものとして, 事実である, 事實である, 人だらう, 人には, 人間とは, 冷氣が, 冷氣を, 冷汗を, 名前の, 哉, 女の, 子な, 寂びを, 寂を, 年齢の, 後悔の, 悩みへまで, 悲しみを以て, 愉快を, 所が, 所である, 日本の, 欠陥を, 母の, 満足を, 真理が, 禪宗が, 習性の, 親しみを, 靜寂を

▼ ひ~ (74, 0.1%)

3 を見 2 だちと, の大井さん, をし, を拭く, を見せました, を見た

1 [59件] がその, がぬ, がまだ, が世にも最も, が静か, して, だか, だつた, でいひました, でした, でふと, で彼, で胡魔化, と思ひ, と胸, などがはつきり, なり, になっ, には処々, によつて, によつて答, に似, に遽, に馴れ, のうへに, の厭味, の寥, は想像, は次第に, は私, もせず, もひとりでに, よりも却つて現実, をした, をせず, をつくり出す, をぬ, をみせた, を一寸, を久しぶり, を作つて, を写し, を出し, を思ひだす, を想像, を振, を描く, を洗, を浮かせ, を浮べた, を浮べる, を消し, を示し, を素子, を続け, を自分, を見せない, を認めさせた, 拭き

▼ ひこれ~ (72, 0.1%)

2 こそは哀れ, と言, は此地, をおも

1 [64件] がとても, が下, が信道五世, が対策, が島原, が時代的色彩, が東京柳橋, が自分, が閨秀たる, が陣立, こそ新興日本, では行乞, でもかこれ, といふ理由, とよく, と云, と同時に, と語り, にすゝめ, にどの, によりて笑, に乘, に勝つ, に弓, に心留むべくも, に橙黄色, に死す, に毛, に硫酸, に親しむ, に関する著述, はほか, は一般, は今生未来, は雌, は飛ん, も二三回, も云, も引込まれ, より談話一転, をし, をパヴィア, をフィレンツェ, を倒し, を努め, を名詞, を味ふため, を喰, を寺院内, を思ひ, を思ふ, を憶, を担, を持つ, を採入れ, を撮みたる, を斷, を榛軒, を罰する, を老人, を言, を許さず, を階級争闘, 罵るひま

▼ ひまた~ (69, 0.1%)

2 お婆さんも, 或る, 打ち始めたが

1 [63件] あちこちの, ある学者, ある時, いやいやその, その上, その國, わが心, わが肉, わが誓, わつか, ファルサーリアを, 一般の, 一葉の, 一部は, 一鞭あて, 中には, 二本の, 全衆, 内心は, 勧工場へ, 南畆が, 嘲けり, 四五年経つた, 多少とも, 夫により, 子等の, 孤独である, 実行も, 寝ころんで, 實際無, 小説の, 山中に, 常にあらゆる, 庶妹宇遲の, 弓矢を, 彼自身も, 御嚢, 愛弟子の, 手近かな所では, 料理方の, 時には退屈, 榾火の, 此朝の, 歩きはじめた, 比賣, 水を, 浪花節でも, 湯アガリなどに, 熱心に, 爆破と, 玉の, 生来の, 用ひられなけれ, 異人の, 社会改良貧民救済などに, 私が, 腹を, 自分に, 詩の, 語りながら, 雨に, 雪の, 青壮年時代は

▼ ひても~ (68, 0.1%)

2 世間の

1 [66件] いいこと, いら, うまい顏, こと葉かけ, この心, これまた, しかく望まん, その身丈夫, その頭, その顔, だゆること, なき事, のりを, ひとつ, みつ今は, よけれど, 一向利き, 不思議や, 仕方なし, 信仰を, 其の身, 勝つこと, 勝てば, 包みかくすべき身, 可なるべし, 夢の, 好し, 好しと, 宜しからん, 彼に, 彼女は, 御勧め申す, 思ひたかつたの, 思ひ得られるに, 愉快であらね, 意識では, 我に, 担ぎ出す魂胆, 拒まず極り惡げ, 持ちたかつたの, 断絶させ, 會はれない, 望みを, 構は, 此處に, 死なむ, 無かるべき人物, 爭はず八五郎と, 物を, 猶よく忍び, 猶酔, 私し, 自分の, 自分は, 自家の, 興味を, 若哉異國船共參申候, 落着けようとして, 行かれぬもの, 行れぬ, 要求する, 見つ, 見給, 覚えず, 誰に, 金五十兩程に

▼ ひゅう~ (66, 0.1%)

48 ひゅう 2 と云う, と鳴っ, ひゅうひゅう

1 [12件] おうぐう, さあしっかり, だまって, と息, と来る, と草笛, と飛ん, なまけちゃ, ひゅうと音, ひゅうと風, ひゆうひゅう, もっとしっかりやっ

▼ ひ~ (63, 0.1%)

18 ひして 6 ひしたもの 4 つた 3 ひした 2 ひまた

1 [30件] しけるを, つたもの, つちまつた, は, ひしたさうである, ひしたといふ, ひしたの, ひしては, ひそこ, ひたくない事, ひたければ, ひなさいます, ひは, ひはじめたら次第に, ひガス, ひ何気なく, ひ傘, ひ内部, ひ嬌, ひ小首, ひ暮して, ひ河, ひ皆, ひ皮膚, ひ真紅, ひ針, ひ鉤, ひ食卓, ふ, ふだけの

▼ ひわけ~ (61, 0.1%)

7 をした 5 をし 4 をする 3 がある, の口上

1 [39件] が立たなけれ, が立ちません, が立つ, する何物, だが, だ八五郎さ, である, ではありません, と細工事, などはしなく, になりませう, になる, になるまい, になる勝れた, にはなるまい, にもなつ, にもなり, に今年, に化し, に及ぶ, のやう, の仕, の言葉さ, の辭, はお, は伜, は固, は止め, は立たない, は立たぬ, は立つまい, は聞かなき, は通りません, を拵, を済す, を聞くん, を聽, を見つけた, を訊きたい

▼ ひたま~ (58, 0.1%)

314 へば答 2 はざりき, へば

1 [19件] は, はざりし, はざる, はな, はばかの, へあらず, へこの, へど, へどもなほ, へども取らず, へども受けずし, へども汝, へど我が, への神棚, への義, へば十兵衞満面, へり, へスコープ, へ沖

▼ ひ~ (58, 0.1%)

32 だと, となし, になつ, になつた, の小, の斯く, は

1 [41件] か貰, があつ, がその後, せば, だつたの, だよ, ですが, でせう, でだから, でどちら, でないか, で今朝, とはいへ, と言, なぞをも教, にし, になつて, になり, のお, のやう, の中老人, の太鼓, の時代, の東吉, の郷愁, はゆ, は和尚さん, は嬉し, は庫裡, は待つ, は悟り, は頭, もそれ, や新しき, らしいと, をあしら, を庇つて, を思ひ, を慕う, 之介, 僧にても

▼ ひ~ (58, 0.1%)

6 けてゐる 5 けてゐた, けて來, けます 4 けました, けるの 2 けて, けて居た, ける, け乍ら

1 [21件] いだ, かなかつた, けざる, けてずん, けてその, けてゐました, けて分け, けて參, けて命, けて居ました, けて居ります, けて欠, けて死にました, けて高岡軍曹, けで, けながらこの, けながらやがて, けにくさう, けぬ, けると, て打

▼ ひ自分~ (58, 0.1%)

2 の体

1 [56件] からおん, がさき, が貯, だけは工面, だつて, にそれ, には子, には李太白, に答, のこと, のこの, のした, の人生觀, の作品, の健康上, の勝手, の宅, の家, の寝室, の弱点, の悪業, の意志, の感覺, の手柄, の拳, の白い, の知り, の範圍, の考, の耳, の観測, の贔屓役者, の靴さ, の頼み, の顏, の顔, の願, はその, は北隅, は屍体, は泥棒, は緒, もさ, もまた, も是非怠惰屋, も最後, も東國, も歸京, も殊更, や八五郎, を同情, を嘲, を嘲ひ, を悩ませる, を憐, を疑ひはじめた

▼ ひたり~ (57, 0.1%)

6 しに 3 して 2 水漬きぬ底, 苗代を

1 [44件] お姿今一度, けむ, ける, こみこの世, こんだ蛾次郎, しが, した, したが, してこそ, せば, つくさむ, とついて, とても竜神示現, ない, なまじひ, もう一つ跡, 乍らも, 乍らもう一度, 乍ら二つ三つうなづきました, 乍ら二つ三つは, 乍ら勘太郎の, 乍ら見, 乍ら静かに, 其節供に, 切つて泣き, 張つ, 役場の, 恙なし, 拍子詞に, 此お, 此間に, 水鉄砲を, 海原, 然ば, 爰に, 爽やかなる, 皆か, 羽音すら, 若草烟る, 蕎麥は, 込むこと, 酔つてゐた, 金銭は, 面白し面白しと

▼ ひにて~ (57, 0.1%)

2 村長に, 苦き顏, 金子は

1 [51件] あらしめきたる, つくる善, ねごめうつろ, はなし此方の, ひとに, まなく, 一癖有べき, 一箱餘も, 久々の, 人を, 何事なく, 候と, 児玉へ, 其實右兩人の, 又, 同人宅焼き棄て, 呼棄て, 学校にても, 實家森田やの, 引止置渡さざる, 御對顏, 御役人, 御講中, 心納まらず, 忍びを, 悴の, 惡名を, 憑司方より, 戸口よりは, 打臥たる, 損も, 斎藤氏の, 斯, 昌次郎と, 是迄, 是非なく, 有るべし然, 此の, 殺されたの, 深く頬冠, 申し出すも, 相良まで, 種々樣, 笠は, 義村が, 苦き顔, 苦しみ死を, 行ずるに, 金持と, 間口八間に, 頭巻を

▼ ひ或は~ (56, 0.1%)

2 人を, 彼を

1 [52件] レニヱサマンの, 一致その, 下りて, 世間有志者の, 五穀草木のみを, 京都と, 他殺を, 何人かの, 光暗, 其渟滯を, 動く, 千島方面並に, 又少く, 又獣, 口の, 向ひ, 呉景だ, 和銅元年と, 天平寳字八年と, 尚巴志王, 平瀉, 廣く, 惑ひ, 感知, 慰め去りては, 戀愛結婚は, 戰場の, 日本流に, 時として又, 河北の, 深淵を, 然ら, 獨立と, 相当な, 神田を, 童児青年老, 絞きて, 職域奉公と, 虚構の, 衆善奉行諸, 襞層刀稜の, 西班牙を, 見栄だけで, 詠じ或は, 財寶を, 踊りなど, 金一分以上の, 陰陽と, 露に, 頭上に, 養父の, 養老二年と

▼ ひ~ (54, 0.1%)

3 は, ひしが 2

1 [46件] からには私, が, が如何, が定め, ぞと問, ても其楽, て三本木, て京都始諸侯, といふ, と申, と相, と言, なり決して, により所司代, に付き, に富子さん, はざりき, はばお, はば私, は此, ばかりに人, ひしを, ひつれ君, ふてたが, ふべし, ふ振の, へどもなるべく, へども思ひ出す, へども成るべく, へばいつも, へば何くれ, へば俗気, へば左, へば清韵, へば遁げ終り, べく一, まじく, も天, やと言, よし, よしくやしきお, より事顯, を村内, 御せわ, 御せわの, 然者これ

▼ ひ~ (54, 0.1%)

2 恩を, 手に

1 [50件] ところには, ひき給候べく, 一門と, 傷は, 勘定下されよ, 取上に, 口上の, 在宅で, 城代相摸守より, 奉行樣の, 安楽に, 実父の, 客が, 家来に, 年四十三にて, 座りませんと, 廣敷添番衆千本金之, 延の, 手討に, 方様も, 普請最中に, 書面にて, 服を, 母さんも, 気品と, 気質と, 病床に, 目に, 着想の, 石碑をも, 笠と, 経の, 聞屆下さるべきや, 胤を, 苦勞ながら, 裕福で, 視界の, 覽に, 覽の, 覽有る, 許しなき, 足方に, 跡を, 道理の, 邊今日の, 酒肴取りあ, 重役方の, 隱居樣には, 鞍重ね, 養生叶ふべく

▼ ひ~ (53, 0.1%)

2 をし

1 [51件] がいは, がすべて, がその, が爲す所, が篠田, が鉄血宰相, といふ如き, と同じ, と我と, にあれ, に争, に命ぜん, に抗する, に近づき, のおびやかし成り, のこと, のはう, のオモチャ, の久兵衞, の乱暴, の人, の仕事, の印籠, の名, の品, の壮年時代, の存在, の捕虜, の案内, の自信, の誰, の限り, はその, は先づ自ら楽, は彼女, は後者, は思ひ, は桶屋, は益, は酒, は醒めた, も我, も迷, よりいづる, より來朝, を, をこ, を呼ぶ, を日沒處, を進士及第者, 高き山

▼ ひ~ (53, 0.1%)

14 して 11 りの 3 りを 2 しが, りと

1 [21件] したから, したこと, したその, した事, した吸殼, した汁粉, した薩摩芋, した血, した身上, した魚, しぢ, しました, しを, し候事今, すやう, せし片言, りし金, りで細君, り二分, り八割五分の金, る實

▼ ひ~ (52, 0.1%)

25 のお 2 なん, の児

1 [23件] お君, お幾, お袖, が夜の目, が父親, ださうで御座います, ですよ, ではある, ではない, で行く, で身内, ともつかぬ, には授業中, にズルズル, のお玉, はかの, はケロリ, は小, も夕方, や女中, をゆく, を入れよう, を誘拐

▼ ひ~ (52, 0.1%)

4 はう, ふやう 3 つて, ふことは 2 つた, はうとして, ふこと, ふの, ふ事, ふ様, ふ為

1 [24件] はうと, はうとしても, はない, はなけれ, はね, はれたる後, はれた静謐, はれて, はれる, はれ荒涼たる, ひ, ひさ, ひ候, ひ書類綴り, ふ, ふと, ふと云, ふと後, ふと言, ふはかない, ふ場合, ふ気, へ, へ彼

▼ ひ~ (51, 0.1%)

9 はすこと 8 はし 5 はす 3 はした 2 はされよう, はし難い, 内閣の

1 [20件] はされる, はしかた, はしたなら, はして, はし得ぬ, はし慣れ, はし方に, はし方も, はし方を, はすため, はすの, はすのに, はす程, はせ, はせたらうと, はせないの, はせないん, はせなかつた, はせなくなつ, はせると

▼ ひ~ (51, 0.1%)

9 して 4 すこと 3 くした 2 されて, されること, し取り盡, す

1 [27件] くされませぬ學校, くされる, くして, くすこと, さざるを, さざる人, さずに, さずんば, さぬ間, されたと, されぬ歌, されぬ滿足, しさて, したの, した人, した死神, した處, しはや, しました, しむしり取り名, し此程, すと, すのに, すやがて, す譯, せないもの, せりゼウス

▼ ひ~ (50, 0.1%)

7 の種 3 にし, をし 2 をした

1 [35件] がある, がはじまつた, が笑, する事, ですよ, ではありません, ではない, でもする, としか考へなかつた, と思ふ, にされた, にすぎない, にすぎないだらう, にする, になつて残つて, になるだらう, にもならない, にもなりません, に残つて, に母屋, に氣, に花, に語つて, のつもり, のやう, の平家, の弾ん, の方, の材料, の馬鹿, はおしまひ, はこんな, は靜, を切り上げ, を録

▼ ひ難き~ (50, 0.1%)

2 不安を, 物の, 誘引とを

1 [44件] ことに, にあらず, にも拘はらず, に我, のみ, のみならず, ふしの, までも憐むべきもの, ものあらんで, ものである, ものと, ものに, もの最早, も屋上, や実に, や察, を以て人之, を念, を言, 一瞬の, 事さへ, 事實である, 事情の, 仏とぞ, 失敗を, 幸は, 強烈なる, 愉快な, 愉快を, 愛を, 憂愁に, 懺悔の, 柔和な, 汚泥を, 法, 爽快な, 痼疾が, 神の, 第一, 節あれ, 苦痛を, 親愛と, 身, 身にて

▼ ひあつ~ (49, 0.1%)

12 てゐる 64 て居る 2 たこと, て立つ

1 [23件] こと云ひ, たの, たもの, たやう, た事, た二列, た時, た樂, た男, た白壁, て, てかう, てかさして, てる師弟, てゐられる, て坐, て巧拙, て立ち, て立つた, て立派, て話し, て身, て食事

▼ ひ~ (49, 0.1%)

11 ひが 7 ひに 5 ひの, ひは 3 ひがち, ひを

1 [15件] ず吾助, つたこと, つたところ, ひ, ひもなかつたこと, ひ候, ひ或は, ひ時には, ふこと, ふことも, ふの, ふやう, ふ方妙, ふ話, へた

▼ ひつけ~ (47, 0.1%)

4 をした 3 になり, になりました, の車宿, を何 2 で描いた, にくる, になる, を忠実

1 [23件] であらう, にくるくる, にそむかぬ, にて爲, になつて, になつて送付, に反, に就い, に背い, に背いた, に背く, の古本屋, の安全剃刀, の猟師, の薬, は守らう, は背くまい, をなさつ, を守, を守りました, を思ひ出し, を承, を特別

▼ ひづめ~ (47, 0.1%)

29 の音 2 の足

1 [16件] からサッと, が戛, に坂路, に火花, に胸, に蹄鉄うつ, の前, の後, の跡, の響き, は殊に, は繁縷, は雷, を傷める, を軽, を鳴らし

▼ ひ~ (47, 0.1%)

2 の植, 恋ひあ, 生ふる, 閣下の

1 [39件] おふる, がきの, が四, しで, すぎ等, だの桑, ちのひきだしを, なみたい, に鳴りくれ, のある, のかき, の冴える, の列, の垣, の垣根, の垣根ぎは, の木, の木立, の林, の枝, の植つた家, の植わった, の茶色, の葉, の間, は条件, や, や何, や杉, よりも暗く, をたべ, をつけさせました, を噛み, 一杯の, 忘れ草おのが, 杉などが, 生ふべく, 生れたば, 老いづく

▼ ひ~ (47, 0.1%)

7 へられて 52 へであります

1 [33件] になつ, ふる者, へが違, へた, へたるコロボックル, へたる物, へてあります, へて呉, へて居ます, へて殘つてきた, へであ, へであらう, へである, へとか怪談, へにはござりません, へにはよく, へによつ, へのある, へはあ, へはよく, へは御存じ, へもない, へも諸所, へも違, へられたしかに, へられる, へる抔, へをそのまま, へをも取入れ, へを全く, へ居る, へ川柳, へ説

▼ ひ立て~ (47, 0.1%)

4 にち 2 して, のやう, をする

1 [37件] いざ, が浅薄, が猛烈, したお, そしてわれら, たり追, である, とから出, と曰, ながら急い, なんかし, に来る, に諸国, の側, の合理的変化, の後, の方, の浴衣, の焜爐, の物, の白い, の絹帽, の足袋, の銀杏返し, の顔, の髷節, も元, や語り, を三部分, を主, を喰, を喰つた家, を現実化, を見出しました, を試みる, を食, 又は語り

▼ ひ~ (46, 0.1%)

12 上げます 3 けるは, ますと 2 べしと, 上げたいこと

1 [24件] さむ, さるべしとの, しければ, た上, ても宜, て置きやせう, と涙, なば, にぞ次, べきお, べき將軍, べくと, べければ, べしとの, べし何道, べし然, ます貴方樣, 上げたいの, 上げたく書, 上げたらヒヨツ, 上げて, 上げまして, 上ると, 上るにより

▼ ひたち~ (45, 0.1%)

2 さわぐ白雲, て友人四人, とをよく, ぬ, を私

1 [35件] からちよ, から軽蔑, がどう, がまるで, が喚び込まれ, が好く, けれ, しは, たり, たるが, たる也, たれ, てやがて, て寅, て希望, て把, とも融合, なり生れた, なる浪逆, なる駿河, に就い, のゐる, の国, の廣間, の決して, の海, はあちらこちら, は口々, は極, は袋, も幾人, も私, やその, よりてとへばげに, を騒がせる

▼ ひ出し~ (45, 0.1%)

3 に行 2 に行つて, の文句, はしない

1 [36件] から帰つて, が早く, で盃, にか, にかかつて, になつたの, に付榊原家, に入, に出た, に千住, に屋久島あたり, に御, に来なけれ, に行かなけれ, に行く, に行つた処, のタヽキ, の手引, の者, の自転車, は, はしないだらう, はしなから, はすまい, はせぬ, は父母, もしない, もす, もすまい, もせず, も兼ねまじき, やがる, やそれで, や手前, をる, を釣る

▼ ひにくい~ (43, 0.1%)

3 ことを 2 ことだ, ことも, ものだ

1 [34件] から云, から今夜つてわけ, から今晩, くらゐ, けど誰か二三円私, こつたが, ことは, ことよ, その頃, だらうが, ところを, としても変改記録, のを, ものが, もので, やうな, やうに, よ, んだ, 事まで, 事情が, 事情も, 何なら, 典型的な, 処だ, 島民名前などは, 方で, 様だ, 發音も, 考へが, 處も, 西洋の, 話である, 路を

▼ ひかた~ (42, 0.1%)

7 をし 4 をする, をすれ 2 だと, であるが

1 [23件] が無い, であるけれど, で加野, で民子, で終日枝落し, にすむ, にも注意, によつて, の失敗, はおだやか, は余り, は全然, は區分, は非常, ばかりなさつ, も, も総て作者自身, をしました, を変, を更, を知る, を變, を體得

▼ ひッくり~ (42, 0.1%)

5 かえった 4 返った, 返って 3 かえって 2 返ったから

1 [24件] かえってお, かえってノビ, かえって刀, かえって可, かえって頭, かえり酒, 返されて, 返した物品, 返すだけの, 返すよう, 返す余興, 返そうと, 返ったが, 返ったらしいの, 返っちゃ, 返らなければ, 返りかの, 返りでも, 返りまさ, 返るけれども, 返ること, 返るの, 返るよう, 返ろうという

▼ ひ立ち~ (42, 0.1%)

5 の記 2 の語り, はらら皆, や境遇, や環境, を持つた

1 [27件] かなる, からの二人, から母, しか, などが最も, などをかすか, なん, については父帝, について記せ, に学ぶ, のロマンス, の人, の危, の歌, の物語り, の過程, はあまりに, は神, もした, や母, や身の上, をもつた, を描いた, を朝夕, を知る, を話せ, を語つたあげく

▼ ひやつ~ (41, 0.1%)

43 て世相, とする

1 [31件] いて, こい風, こらまぞ, たこと, たな, たの, た五泉家, た平次, た後, て, てしまはう, てしまはなけれ, てしまふ, てその, てもう一度, てる仕事, てわざと, て下さいます, て二人, て八五郎, て平次, て庇傳, て扉, て気の毒, とさせる, とした, とした思ひ, としてダヴィツド, と冷いもの, と手, と研究

▼ ひ~ (41, 0.1%)

9 へた 5 へる 4 へて置きたい 3 へておきたい 2 へておく, へました, へるの

1 [14件] ふ, ふる種, へていつ, へておかなけれ, へておきます, へてぞま, へてゐる, へて立去, へて置かう, へて置かね, へられ, へること, へるならば, へる未練

▼ ひそして~ (40, 0.1%)

2 最後に

1 [38件] いきなりこれ, さざめきいちめん花園, その不思議, それから, それが, それだけ餘分, そんな評価, なほかつ, みんな喋りたかつた, めぐり無数, よく喧嘩, 二人は, 二度迄も, 今は, 其の中心, 卓一を, 大きく吐きだす, 天下有名の, 彼の, 彼等自身すら, 忠実な, 憎んだこと, 打木田, 日夜に, 時々うろ, 橋の, 決して目的, 漫然と時, 王應麟などの, 生活は, 私は, 自分で, 花やかな, 贋鼎を, 酔つてゐた, 隠岐を, 静かに, 頭の

▼ ひ~ (39, 0.1%)

12 し合 3 しあひして, し合つて 2 しあ

1 [19件] いさせた近因, うちこみまたは, しあひ, しあひ気, しあひ流れて, たるは, たるゑもいはれぬ, バケツの, 停泊する, 六時頃着いた, 出かけるところ, 坐つて, 川漁へ, 眞ツ先き, 立ちましたが, 続くので, 誘ふ黒谷村一般, 通る草履, 部屋が

▼ ひ~ (39, 0.1%)

2 れを, を謀る, を追

1 [33件] がうたて, が明日, と爭鬪, なく非道, なしと, にからむ, に對, に自分, に頭, はあやまらせ, より又, をおも, を以て一種, を修身要領, を四州, を土俗, を好まざりし, を好まざる, を嫌, を學, を惜, を採用, を撃破, を本箱, を求め, を生食, を町人, を皆公民, を詳記, を読まざる, を責めた, を賣つた, を陸上

▼ ひ~ (39, 0.1%)

5 つてゐた 4 つた, つてゐる 2 つたやうな, つたやうに, つてし, つて行く

1 [18件] ければ, つたことの, つたのです, つたわ, つた一種の, つた名前に, つてくる, つてしまは, つてゆかない, つて力強い, つて居る, つて彷徨は, つて据ゑられてゐた, つて私の, つて絶えず, つて諜者を, つて黒い, 来るに

▼ ひかげ~ (38, 0.1%)

24 の花 3 のかづら 2 のかつら, の身 1 がこく, で遊んだ, に田圃, のかずら, の風, へすみれぐさ, もの

▼ ひにゃ~ (38, 0.1%)

2 それこそ

1 [36件] あ合鍵, あ折角, あ時々, あ私, うっかりお, おへそ, おれたちが, お菰, この久助, じゃまされる, たといだんな, だいじょうぶでも, だれが, だんなの, だんなはじめあっしども一統の, なおさら罪, まったく邪推, もう半, ァ日本国中大騒動, ア, アどうしてこう, アどんな, ア云う, ア切り髪なんか, ア悉皆, ア未だに, ア豪勢な, ア骨まで, 一大事じゃ, 七つ屋へ, 体が, 同等な, 小言の, 手も, 限りが, 雪と

▼ ひ~ (38, 0.1%)

4 をした 2 した

1 [32件] がしたい, がない, が出, が暗い, が無用, が立たない, が立ち, が通る, さ, して, する, すること, でした, とかいづれ, なし又, などは大, ならやり付けて, にはならない, の出來, の楯, の立つ, はお, は巧み, は暗い, は許さん, は通用, も立たなかつた, をいつ, をし, をすれ, を聞い, を聞かう

▼ ひぶり~ (37, 0.1%)

4 を一つ

1 [33件] があまり, が其基調, が基調, が空想, が面白い, だ, だつたが, であつ, である, で古典俚謡, で変化, で歌つて, ともともと, とよく, と姿, と眉根, なるもの, にも昔, に冷汗, に理想的, に覚えず, のあ, のこと, の単純, の好い, は勿論, まで馴れなれし, よ神來, をする, を供給, を加, を聽, を見

▼ ひ~ (37, 0.1%)

2 は世に

1 [35件] かく失主狗, するらしも, では菊屋, と言, なほ彼の, にいたる, になる, のラムネ玉, の女, の常識, の蘭州府, はゐない, はゐなく, は何, は垢染, は帽子, は心, は眞面目, は社長, また四百歳, ま此, も我, も道, 一年淨火にと, 仰せ渡され, 又四女順, 又此詩, 悔ゆれ, 流れ買の, 猶淨火, 直に, 若し汝, 見て, 迄長たらしく, 開く此戸

▼ ひ~ (37, 0.1%)

4 のやう, をした 2 けな, をし

1 [25件] がまし, けで, けに役立つ, けに行かう, けに過ぎませんでした, けもしまい, しようとでも, じみた言, だらうと, などを除い, に用, の致し, はきかない, ばかりに杯, ばかりに箸, もない, らしい当局者談, をしいしい, をする, を時々, を残し, を聞い, を述べ, 何やらきまり, 致しませぬ

▼ ひとき~ (36, 0.1%)

2 ははつきり, は目だつ, は高く

1 [30件] はきこえた, はつづく, はにあ, はの趣, はぱつと赧らん, はふつくら, はよき, はシーン, は光, は出だし, は堪へ, は大きい, は感動, は明るく, は村, は毛色, は深い, は深く, は生き生き, は目, は目立つ, は瞑想的, は聞えた, は荘麗, は遠く, は重く, は陽気, は頼もしく, は首, は鮮

▼ ひ~ (36, 0.1%)

1 [36件] うか, うする, かと労働, かに憑かれ, かに當, かの仔細, か僕, か押, か書きはじめる, か睦じき咄, か簡単, か調べもの, が俺達, が汝, しに, ぞ喜ばん, であらう, となら, と云はる, と慥か, と此御若衆, と返事, にも身, の小癪, の思慮, の細い, の音, もかもぶちまけ, も云, をか恋, をどこ, をのみ, を不健康, を語り, を飮, んなに

▼ ひ~ (36, 0.1%)

11 ひは 4 時は 2 ものは, る者, 人は

1 [15件] は在来, は説いた, は離れ, るもの, る地方, る塊, る時, る精神的體驗, 一二の, 夜戌刻頃來り, 意味より, 新聞などは, 日長庵に, 者は, 説には

▼ ひ~ (36, 0.1%)

3 をし 2 にたたずみ, を洗

1 [29件] が沈ん, が眼, が見合, して, であつ, ですが, でも見せ, で美津江, に, にいつの間にか, に云, に斯, に猶も, の子供, の小, は見られなかつたらしく, ばかりが色, もせず, も見えない, や浴衣, をさ, をする, を反, を向ける, を洗つて, を續, を見せる, を見る, を離さない

▼ ひしか~ (35, 0.1%)

3 喜んだ挨拶, 見ぬお

1 [29件] お年輩, こんな言, しない方法, そは, つた友達が, ど兩親, ど御顔, ど我, ど敬, も切られる, 分からざりきと, 剃つたる痕, 取亂さん, 吉兵衞御, 夫こそは, 御病人, 我を, 或は又, 明かならず, 普通の, 書いて, 棲んで, 樣子は, 横笛殿, 爲ません, 親類らしい, 變る, 食事に, 飲んで

▼ ひなど~ (35, 0.1%)

2 するの

1 [33件] いたしてを, いひ給, いふもの, ごたごたある, させて, さやう, しけるを, して, する, する折人, なし, もさうです, もさうで水神, 下げて, 云ふからその, 俺達には, 出せるもの, 受けずとも, 古今を通じて, 大勢憩ふ, 持たぬ仏, 旨くごまかし, 杜撰極, 漂ひはじめる, 無用に, 爲ける, 猶残り, 皆, 種々の, 致しました, 言うたの, 誰ひとり, 諸新聞紙

▼ ひ~ (35, 0.1%)

4 の償, は新しき 3 をかしく

1 [24件] が, が動かされた, が心, が頻繁, でした, で一ぱいになつて了つて, に暗, に聖母, に語る, のそぶり顔, の及ば, の常, の纏綿, の迷路, の限り藥用, は荒れ, は針目度, を他, を傷めん, を卑, を培つた土地, を慰め, を洗, 悶えて

▼ ひ~ (34, 0.1%)

2 とその, の味, の妙味, の解き方

1 [26件] がす, て面白い, である, ではその, で忘れ, といはず, としての面白, とは, と取組ん, と覆面算, に似た, に對, の, のはかりしれない, のファン, の愛好者, の方, の書, の最, の類, の魅力, はたいてい, は一度, は序文, を今, を生徒

▼ ひ~ (32, 0.1%)

8 がつて 3 つた 2 ださ

1 [19件] がつ, たるをば, ださる, だつたか, つたことぢ, つて, つては, つて口説きはじめた, つて居る, つて掴み, つて来た, つて来ました, つて自分の, になし, に卵, の四条通り, を撫で, 半は, 帶一つで

▼ ひ~ (32, 0.1%)

1 [32件] があまり, が出る, が無くなる, くさく酔はず, して, でずぶ, といったよう, といふもの, と呼ぶ, にむか, に臨む, の出來, の姿, の方, はうごい, はつめたく, は兎, は動い, は月影, めして, をしなけれ, をとつ, をはね, をぶちまけ, をも大きな, をザンブ, を何処, を呑まなかつた, を飮, を飮むのみ, を飲む, を飲んだ

▼ ひ~ (31, 0.1%)

12 ひー 2 とー, 助けて

1 [15件] ああまただ, あどうぞ, い, っ, っという, と泣き出す, と聞える, と身, どうかお, ひやらりと, ふ, ものう云わねえ, やりして, やりする籐, 殺して

▼ ひ~ (31, 0.1%)

1 [31件] が, がやつ, が万古, が有る, が火, が酒, で鳶色, として育て, に, にそ, に向, に抗, に救, に時計屋, に追, のエロル夫人, の兄, の哀れ, の異, の老女, の頬, は, はどん, はにやにや, ははははやい, はまた, は少し, は急, は此庄園, は裳着, エオーネの

▼ ひがたき~ (29, 0.1%)

4 弱味をば

1 [25件] か, かくれ水, すぢ, など珍, ものである, われに, をお, をかの, を何, を彼, 不愉快と, 事なきに, 事のみ, 人と, 卑俗的低落化を, 心宥さめ, 思を, 教へを, 智恵子, 曲線の, 法, 理想なり, 生活の, 祕密住めり, 紫を

▼ ひさかた~ (29, 0.1%)

106 の天 2 の天かな機

1 [11件] などは其, の光, の四方, の天つみ空, の天道, の月, の朝, の満月光, の空色, の金色光, の雨

▼ ひ~ (29, 0.1%)

3 づらふこ 2 たらすと, づらふ

1 [22件] けしに, ずらふこと, ずらふことは, ずらふところ, たつた, づかの, づらは, づらひ, です, のいった, ひの, びてさへづることを誰か分くらん, ぶる人, を一疋, を一羽籠, を入れた, を有っ, 百舌みそさざいかけすつぐみ, 目白さまざまな, 色でした, 色に, 色の

▼ ひ上つて~ (29, 0.1%)

6 来た

1 [23件] あんな仕掛け, その友人, その窓, ない場合, は水, ゐた, ゐたが, ゐる, ゐること, ゐるの, ゐる庭, ゐる蔓草, ゐる蔦, 少し醉つて, 往くの, 来さ, 来たに, 漸く山男, 眺めて, 聞える, 行きます, 行くの, 見たか

▼ ひ込み~ (29, 0.1%)

3 があつ

1 [26件] があり, がある, がばれ, が利く, が十二三兩, たりしなり, だ, だけは習, だ煙草, である, である幸, でそれ, でもし, でガミガミ, で手入れ, で滅多, といふ始末, のあつ, のある, の中, の二十何兩, の口, の稽古着, を目ざす, を誤魔化す, 終ると

▼ ひそれから~ (28, 0.0%)

2 おもむろに腰, ほつと

1 [24件] ひよい, もっと小さな, カロリイヌと, 一々丁寧, 例の, 八木総領事さんの, 又人, 土藏米倉小屋その他の, 大きな声, 女體の, 市電一台買切っ, 彼女を, 房吉親分の, 押入の, 村は, 浜町へ, 漸く如何にも重荷, 炭酸水に, 男子青年班の, 男物の, 脱却し, 親が, 足を, 障子を

▼ ひ~ (28, 0.0%)

2 ではありませぬ

1 [26件] あつて推參, あるごと, があ, がある, が叶ふか, じゃア, だが, だ十月, であつ, ではない, で済む, にし, になり, に坐し, に紛れ, に遇, の一つ, の仔細, はあんまり, はかなはん, へまつる, ほど左様, を云つて, を施す, を皆んな, 企てるを

▼ ひ~ (28, 0.0%)

1 [28件] いろ, から來, に之, に比すれ, に男子, に見えぬ, のすべて, のもの, の一枚, の一端, の人, の人達, の作品, の助け, の意味, の方法, の標本, の美術品, の諸種, の難渋, の麁蝦夷, は國民文學, は熊野灘, を傷つけ, を顧みる, 村から, 棋に, 領から

▼ ひ~ (28, 0.0%)

1 [28件] が何十本, が少く, だつたさうですよ, であつ, であと, でございました, で一日, といひ, といふ商売, といふ職業, にかへりたかつた, にとつて, にも頼めねえ, に用, に頼まなかつた, に頼んだ, のよく, の下仕事, の中, の浄瑠璃, の男, は來, は筋, も人, をつかまへ, を壓, を覆ひ, を頼んだ

▼ ひ~ (28, 0.0%)

3 の頃 2 の日暮し, は

1 [21件] が継子, たかと, だけ条件, と云, と言, に案ずる, の主題歌, の作者, の地方, の場, の如く, の弾丸山, の集, の非常時, はフクジ, は名, は所謂漢語, ふぢづるをたよりとして谷川, も請, を大下, を行

▼ ひ~ (27, 0.0%)

6 ひを 2 つた, ひながら, ふ

1 [15件] はうもの, ひこの, ひの, ひました, ひ幾夜徹夜, ふごとき声, ふてゐたが, ふて居る, ふて居るらしい, ふなど, ふの, ふを, ふ声, へる内左千夫, を好む

▼ ひ古し~ (27, 0.0%)

2 た事

1 [25件] たところ, たレコード, た代物, た半紙, た手巾, た時計, た植木鋏, た筆, た節割れ, た言葉, た通り, た道具, て大方, て疲労困憊, て色, て表紙, ですが, でなん, の乘合馬車, の剃刀, の帽子, の牡丹刷毛, の蟹目, の郵便切手, 聞き古し

▼ ひ~ (27, 0.0%)

3 に御座候

1 [24件] かお, があつ, がゐ, が天道さま, だつたさうで下女一人, だらう, であつ, です, といふが, となる, などの家, など桐壼, なる爺, にされた, になつてしまつたアリストフアーネス, になります, に謀り, のお, の多い, の宅, は外, へ出向, をなし, を呼

▼ ひ~ (27, 0.0%)

4 と昇り立つ, の扉

1 [19件] が一筋, である, ですが, と考へられる, なくてかな, に履く, に砂金, の, の卯の花, の舊蹟, は容易, は通つて, は遠く, ふら, までがよく, らしく庇, をはさみ, を調べ始めました, 馳せゆくとき

▼ ひ~ (27, 0.0%)

1 [27件] から漆喰, で尤も, と言, と違つて, にいきなり, には白い, には頭, に上り, に同じ, に曲者, に森, に稲穂, に若, の上, の可愛らしい, の小僧, の挨拶, の禿ちよろ, の粘, の野郎, はたい, は藁しべ, も得, をもたげる, を傾け, を洗, 開けた格子

▼ ひなどを~ (26, 0.0%)

6 して

1 [20件] こんな心持, さしはさみまして, しさ, した覺, し東吉, する, するところ, するの, する処, やつて, やらない様, 仄かに, 嗅いで, 意地わるく, 捲いて, 書き始めて, 浴せられた私, 私は, 聞かされると, 解決する

▼ ひ~ (26, 0.0%)

4 をし 2 れに

1 [20件] こそは赤川大膳, と共に來, に拿破里, に聽, の会, の心, は二女, は何, は即ち, は好まぬ, は彼, は油手, は米国思想, ま, もよろこぶ, わが財産, を促し, を見, 受けむ, 望む所

▼ ひ~ (26, 0.0%)

4 ひ言 2 ひを, ひ合

1 [18件] つたらこれ, ひいふ, ひお, ひが, ひそれ, ひながら, ひの, ひ出て, ひ合つた, ひ壜, ひ立つたり, ひ膝, ひ言つて, ひ這入つて, ひ院長, ひ隅, ひ飛んで, ふたび

▼ ひ~ (26, 0.0%)

2 があり, を考へ

1 [22件] から見, がある, があれ, がない, がなく, が不向き, が判らない, が走つ, が開けない, とする, なし, のある, のない, のまん中, の有る, はあります, はない, ゆく駒, より外, をいそぐ, を知らねえ, 往く人

▼ ひがち~ (25, 0.0%)

3 なれど

1 [22件] だ, だつた視線, つとも, であくまで, であつ, であるが, なの, な不便さ, な圭子, な眼, な自身, な落ちつき, な表情, な跫音, な身, にかく, になつ, になる, に進ん, に點頭, のもの, の微笑

▼ ひゅうひゅう~ (25, 0.0%)

3 飛んで 2 ぷくぷく, 吹きだした

1 [18件] ひどいあらし, ひゅうひゅうと, ひゅひゅう, ふきすさんで, ぷくぷくと, 入って, 吹いて, 吹きだしました, 吹く, 唸って, 強い風, 強く吹く, 打たれる, 振りながら, 飛びまわった火の玉, 飛びまわる, 鳴りだした, 鳴る音

▼ ひょろ~ (25, 0.0%)

2 ひょろ, 高い屈, 高い男, 高い道庵

1 [17件] ひょろと, ひょろのままで欄干, もう一つ職業, 抜けが, 高いボーイ, 高い一人, 高い新谷勝太郎, 高い檳榔樹木立, 高い浜草, 高い痩せぎす, 高い着流し, 高い筋骨, 高い背, 高い背広, 高い裁判長, 高い赤松, 高かった

▼ ひら様~ (25, 0.0%)

2 と言

1 [23件] が出来た, が専ら, が注意, だけで見る, として信ぜられる, と大宮, と熊野神明, と考へる, なるもの, について考へ, になる, に関した, の分布, の前世, の如き, の普通, の正体, の片一方, の祭文, の要素, はいつ, は其巫女, は東国

▼ ひ~ (25, 0.0%)

1 [25件] なる節, の噂, の惡名, の舌, は人氣, は其方, は妻, は幸ひも, は道理, は餘, へ願, みられよ最初, よりし, よりは稽古, より其年, より口入, より地面, より御, より本所柳原町, より熊谷宿寶珠花屋八五郎, れで, れより, を捕へん, 程に入用, 程迄に親

▼ ひ~ (25, 0.0%)

14 へ出る 4 へ帰る 21 にもどる, へ向, へ行く, より起ち, を清め

▼ ひ走り~ (25, 0.0%)

4 をし 3 もし 2 をする

1 [16件] から出前持, から日, か留守番, で小使銭, と店番, に来, に飛ん, のきかない, の下地, の役, までがその, までやつ, もさせられる, も覺束, や小用, や火の番

▼ ひかも~ (24, 0.0%)

7 知れない 3 知れません

1 [14件] しれないが, しれないわ, しれない構はん方, しれません, 知れないと, 知れないよ, 知れないん, 知れない暫らく樣子, 知れなかつた, 知れぬ, 知れぬ途中, 知れませぬが, 知れませんが, 知れんぞと

▼ ひこそ~ (24, 0.0%)

3 あれ驚き, すれ 2 つみなれ, 思へ, 湧け岩山

1 [12件] あそべ, あやしけれ, あれいづれも, あれ歓喜, なけれ見えずなりし, 今は, 少しは, 悲しけれ, 笑ひ, 聞くとは, 願は, 骨肉相食む

▼ ひなどは~ (24, 0.0%)

2 何処にも, 少しも

1 [20件] いかにも魔, いたしませんが, きゃっきゃっ, したがらぬもの, しないでも, なか, みぞれ, もとは, 唯感傷的, 増長の, 御用聞に, 微塵も, 念頭に, 想像も, 望めなかつたが, 氣にも, 無かつ, 皆無である, 第二, 頓着も

▼ ひみたい~ (24, 0.0%)

4 なこと 3 になつ 2 にうろ, にごろごろ

1 [13件] だけれど, だつたよ, でね, なの, なもの, なもん, な仕事, な口, な真似, にくる, に悪, に笑つた, に踊

▼ ひ寄つて~ (24, 0.0%)

4 来る 2 ゐる, 来た, 来て

1 [14件] その眞, ひどく彈, ゐたこと, ゐたの, ゐるだけ, ポンポン彈, 居るでは, 手ひどく彈, 映して, 来た大きい, 来た身, 来るので, 行きたかつた, 行くと

▼ ひ~ (24, 0.0%)

1 [24件] ち四年, には叱つ, には合理化, には揚代金, には産業, には老子, に三十年, に南洋貿易, に淵邊某, に老年, の三つ, の作, また大いなる, また續, や之, をつけ, を追, ドゥラッツオに, 各地に, 子成と, 安策と, 文兵衛と, 節に, 自ら歌麿の

▼ ひ~ (24, 0.0%)

6 いて 2 いた男, かれて, けのした

1 [12件] いた, いたかて, いた顏, いてること, かうと, かれた江戸, きましたが, く江戸, けがした樣子, けだ, けはさせない, けんは

▼ ひ~ (24, 0.0%)

2 もない

1 [22件] がある, がなく, が出来た, だし, である, で折, なき北欧, なく仕事, に, にて多少, にはやかましい, に由つて, に窮つた, のない, の無い, もある, もない清い, もなく, も無い, も煩く, をした, をする

▼ ひ~ (24, 0.0%)

5 して 3 した 2 したの

1 [14件] されました, され孤影悄然, したといふ, してから, つて, へさ, られ一度, りしか, りて, り留ける内, る, ること遙, るさの, るを

▼ ひ~ (24, 0.0%)

2 てられて, てるの

1 [20件] てさせ, てさせず, てたから, てたつもり, てたと, てたところ, てたので, てたやう, てた樣子, てなすつ, てました, てられたの, てられたらう, てられたらしく松太郎, てるかも, てるもの, てるやう, てるよ, なき人, るの

▼ ひたりと~ (23, 0.0%)

2 いふ, 件の

1 [19件] くっつき相手, せん果して, 叩いた, 坐直って, 如何なる人, 思ひ又, 折合わせて, 止んで, 気付きいたく, 申せば, 留ったでさ, 直って, 硝子に, 立つと, 見ゆる岸邊, 附くと, 附けたその, 雖も, 飛び乗りたり

▼ ひての~ (23, 0.0%)

1 [23件] たまふ, 上の, 両端で, 両端を, 人の, 人格の, 人物や, 口から, 婦人の, 子は, 学課を, 幸楽へ, 当惑した, 御介抱, 御勉強, 故の, 歌に, 氣持だつたら, 用意など, 美麗し, 見えこれも, 願は, 風を

▼ ひ~ (23, 0.0%)

3 あらうか, 飛んで 2 あらう

1 [15件] あらうと, あらうも, えめ, えんだよ, せう, せうが, ゐて, 出来ないの, 建てられたの, 申される様, 話しを, 通した利助, 通して, 遊ぶ, 飛びか

▼ ひ~ (23, 0.0%)

4 ひイ 3 よめ 2 ふのみ, やりして, やりと浸み込む 1 いわせて, っ, っと水, と声, ふウ, やりした物, やりすると, やりと, るもよ, 泣いて

▼ ひ~ (23, 0.0%)

2 であるやう

1 [21件] であつ, でもある, としてこの, として文学者, と衝突, と言, には逢, に一味, に就い, に謝する, の名, の名前, の氣質, までが實家あしら, も判つて, イエス, キリストの, 九助は, 個親子に, 婚者の, 將の

▼ ひ~ (23, 0.0%)

32 はう, ふこと, ふの

1 [14件] つたもの, つたら, はるべきであるから, はれて, ひそして, ひつつ, ひ去り, ひ海, ひ罵辱, ふことも, ふやう, ふ積り, へ, へるなり

▼ ひ振り~ (23, 0.0%)

2 になつて, をした

1 [19件] が今, だが, だつたので, で, であつ, ではあつ, に吾, の方, の詩, は物靜かに, やら言葉つき, や修飾, や惡, をする, をも継母, を余程, を祖母, を認める, を餘程以前

▼ ひ~ (23, 0.0%)

4 へ, へ君 2 ひ其日, ふ, へと銀貨 1 はりし君, ひて, ふぞと, ふと知り, ふな, ふに, ふ弟, へかし, へること

▼ ひ一つ~ (22, 0.0%)

2 にて惡筆

1 [20件] これから白昼, だけを搬ば, できない, で全, で彼, なしたる, にて何れ, にて悪筆, のはたらき, の形象, の根拠地, はぶらさげ, はヒョータン池, は一, は直接, 与へ, 出かけて, 聞えず室内, 聞えなかつた, 聞こえて

▼ ひ~ (22, 0.0%)

3 へによる 2

1 [17件] はつて, ひ広々, へ, へが区々, へが昔, へが沢山, へたる, へだつた, へてあつ, へでは何, へなどについては全然, へにある, へには京祇園, への文句通り, へは遠い, へも無い, へ或は

▼ ひ~ (22, 0.0%)

2 の外

1 [20件] が午前中, が生まれなかつた, が神経衰弱, と組み, と親しい, に仏蘭西劇, の名, の命令行, の耳, の隙, の駁論, は, は僕, は結句, は賊, もそれ, も時に, も笑つた, を可愛がり, を無理

▼ ひ合せ~ (22, 0.0%)

3 に腰

1 [19件] か中毒, が來, が歪んだ, だらう, で御, になつ, に並んだ, に乘つて, に坐, に坐る, に横, に立つ, に腰掛け, のこと, のもの, の右手, の返事, をこ, を出し

▼ ひ~ (22, 0.0%)

2 も凍みぬ

1 [20件] そろは, にし, に一葉づつ, に潜り込ん, の処, の前, の如き凹み, の如し日本, はすでに, もかきくらす, もところどころ, も覺むるばかり, をおいた, をこれ, をつくる, を定め, を攻め, を解く, を買, 見ること

▼ ひ~ (22, 0.0%)

2 が乞食

1 [20件] でお, なりといふ, なるアンジエロ, にたより, に惡事, に義理, の丁子屋, の主, の宇太八, の市之助, の浪五郎, は子, は有名, も居る, や古りたる, を引取つて世話, を正面, を見捨て, を離屋, 同胞の

▼ ひ遂に~ (22, 0.0%)

1 [22件] これを, その生活, は卜者, グエルフィ黨の, 不帰の, 之が, 凍りて, 利あるずし, 化し, 大に, 天国へ, 定稿, 懷劍を, 武帝を, 殺さる, 江戸中貧民の, 自殺しよう, 蘇我氏の, 軍士の, 雙方ピストルを, 高志の, 高野山

▼ ひ~ (22, 0.0%)

1 [22件] さうと, さうとして, さうとのみ, さねば, されたの, され主, しかく, した, したこと, して, してから, しました, し給, し耐忍, す, すと, す可, す樣, せば, り沼, れし所, れた祕密

▼ ひあの~ (21, 0.0%)

2 儘に

1 [19件] あなた方は, うるほひの, ま, ガサ声が, 上高地の, 人が, 人の, 可愛らしい多, 女の, 子を, 小舟に, 引出しの, 氷峰の, 河童めらは, 緑の, 自然な, 花, 芳烈無比な, 辺も

▼ ひッそり~ (21, 0.0%)

5 して 3 とした

1 [13件] した, したっけ, すらあ, としずまりかえった, とゆかしい, と並んだ, と小さな, と昼間, と済ました, と静, と静まった, と静まり返っ, 静まりましたから

▼ ひ~ (21, 0.0%)

2 か, つかんで

1 [17件] かかれたの, くるめて, こなしさ, こんだり, たくつて來, たり義雄, たり體, ついて, つツ, て, て幾度, 付くほど, 捕へられは, 提げて, 擦ツ, 絡むだやう, 繰り返つた

▼ ひ~ (21, 0.0%)

4 ひした

1 [17件] ひするけれども, ひその, ひひどい, ひ一歩, ひ卓, ひ少年等, ひ帰つて, ひ彼女, ひ暖簾, ひ泣いて, ひ相手, ひ石段, ひ袋, ひ西班牙女, ふ, ふまでも, ふ通り

▼ ひ~ (21, 0.0%)

1 [21件] い物では, なるを, に選挙干渉, に選擧干渉, トラを, 受け, 喝采, 嘗とは, 坂へ, 失策帰れ去, 市を, 心靈と, 抱負を, 擧し, 神楽住吉を, 藥罐を, 速力で, 部分は, 鞄と, 體の, 體時代により

▼ ひ廻つて~ (21, 0.0%)

4 ゐた 2 ゐたが, ゐる味瓜

1 [13件] そして高等小学, ゐる, ゐると, ゐるの, ゐる女, ゐる松篁, ゐる洋画家達, ゐる蟻, をりました, プリプリした, 居たとき, 居ります, 居るの

▼ ひ~ (21, 0.0%)

201

▼ ひ~ (21, 0.0%)

4 して, らして

1 [13件] しける程, したに, したもの, した者, しちや, らした, らしたの, らしたばかりに, らしたもの, らしたらこの, らした者, らし彼等, れさせ命

▼ ひ~ (21, 0.0%)

2 をのみ

1 [19件] といふ約束, に毒, に酔ひ, のみ歌うた, の多少, の肴, はお, はなく, は一切飮む事, ものまず, も呑む, も飮, をやめ, を借る, を愛しはじめ, を楽しむ, を買つて客, を飲む, を飲ん

▼ ひにでも~ (20, 0.0%)

2 なつて

1 [18件] さすべき用, して, してるやう, なつたら, なつたんで, ならなきや, ならなければ, なりさうな, なり村一般, なる位, なる気, 出掛, 来て, 行くが, 行くやう, 行くらしい京都, 見る破驛, 逢ふ

▼ ひ~ (20, 0.0%)

1 [20件] で逢, で面々, に歸つて, に置か, の力, の外, の屋根, の掟, の老, は潰れなかつた, は賣る, へ帰つて, へ帰り, へ揃っ, へ送る, も多く, も忘れ, も焼けなかつた, を焚く, を離れた

▼ ひ張つて~ (20, 0.0%)

2 ゐる

1 [18件] あつしにも, きかなかつた, しまつ, その羽織, ゐたの, ゐた学校, ゐました, ゐるところ, ゐるやう, ゐる重田君, 下さいと, 久しく言, 居たが, 居た佐七, 居ますが, 居ります, 果しが, 間もなく待たし

▼ ひ~ (20, 0.0%)

3 ふこと 2 はむ

1 [15件] のありし, の中, の如き, はなけれ, ひして, ひて, ひ恍, ふ, ふべしと, ふを, ふアカイア, ふ勇士ら, へり, へわれ, 死す

▼ ひ更に~ (20, 0.0%)

1 [20件] かう続けて, またわれら, また伯父, 不怨天, 他將, 伯母の, 其繰り返しを, 卑しく品, 又多く, 古玩, 嘆じ, 山姫の, 掴み合, 渡良瀬川が, 父を, 理科大学の, 略して, 罵辱, 落ちて, 郷土の

▼ ひ~ (20, 0.0%)

6 なば

1 [14件] せざるを, と背中合せ, にさせる, に亡くなられた, に死なん, に死にました, に死んでしまつた, に立ち, の眠り, の蔭, を喪, を爭うた, を蔑み, を賭け

▼ ひ深い~ (20, 0.0%)

2 やうな, 目付を

1 [16件] のです, のを, は女子, んです, 上に, 人だ, 大きな眼, 心を, 方です, 時にも, 目で, 眼を, 科学者と, 而も, 要心と, 遠慮で

▼ ひ~ (20, 0.0%)

10 かせるやう 2 かせた, かせた上, かせて 1 かされる, かれざれしなり, き交, せて

▼ ひ~ (20, 0.0%)

2 に吹かれ

1 [18件] いまや田圃, があまり, がない, くちづけなんぞは, にとられた, に擦れ, のなか, の日, の者, の贈答, も吹かなかつた, も荒く, やまず, を仰い, を見せ, を迎, 吹くと, 寒く且つ

▼ ひたて~ (19, 0.0%)

1 [19件] ながら夢みる, ながら默つて, に見せる, のたどたどしい, のハンケチ, の九字, の大, の娘, の干物, の座布団, の敷布, の桐, の肉體, の舊式, の苺, の電蓄, の麦稈帽, の麦藁帽子, を食つて

▼ ひゅうひゅうと~ (19, 0.0%)

3 云うの, 云う音 2 吹いて

1 [11件] 叫んで, 吹き荒んで, 吹く, 唸り扉, 打ちふりました, 揺すって, 苦しそう, 高く響く, 鳴って, 鳴りだし海, 鳴る音

▼ ひよく~ (19, 0.0%)

2 受ける, 燃える音

1 [15件] さし示された, なつて, ふり放した, 仕事の, 受けるハネ十時十五分頃, 延びる頃, 抛りこむの, 拍手する, 振りあげられます, 染紙としては, 燃える炎, 筋肉を, 解り易い, 語りよく, 降りる

▼ ひ且つ~ (19, 0.0%)

1 [19件] その人, その美, 包んだ, 卷けり, 哭く氣持, 唄ふ, 尊敬し, 心掛けて, 怖れ, 愛して, 泣くべき立場, 疑はず, 花の, 豊富に, 貞節の, 踊るの, 輝いて, 量り常に, 飮む

▼ ひ廻し~ (19, 0.0%)

2 と云

1 [17件] であり終り, であるが, でそろそろ, ではある, で思ひ出し, で抜手, で興趣, などにはつひわれ, ならば, にも顔, に自在, はしない, は變, もなき, をする, をどこ, をのみいふ

▼ ひ~ (19, 0.0%)

3 にし 2 にする

1 [14件] がそこ, が外れた, であつ, ですよ, で塀, で擔, とで起す, とりながら, に縛つた綱, に附い, の木地, の紐, はし, は苦

▼ ひ~ (19, 0.0%)

3 らず 2 うして

1 [14件] いふ目出度, かも論語に, でも, とては御, はほのめきつ, ば馬喰町米屋市郎左衞門伯母, までに云, も鷹揚, らざる, らば, るべしと, る後, 惡病の, 樣いはる

▼ ひ~ (19, 0.0%)

2 ひて, ひを, ふかと, ふのみ

1 [11件] はせて, ひしたもの, ひの, ひ仕へ, ひ來, ひ来る細き, ひ舞つて, ふ, ふてゐて, ふの, ふ素朴

▼ ひ~ (19, 0.0%)

2 つてゐる

1 [17件] されて, つた人達も, つた俺が, つた嫌ひ, つてあんな, つてで, つては, つても, つてる, つてゐられる, つて自分に, ぶさる, 下度候事, 成候は, 成候やうくれぐれも, 成候瑞雲院様傍より, 成候節は

▼ ひ~ (19, 0.0%)

2 の勢力

1 [17件] が考へられる, と自称, と言, にはいはふ, に傾い, の代表形式, の分子, の分量, の効果, の発生, は霊魂, をま, を以てほか, を多く, を奏する, を諷誦, 及び其ほか

▼ ひ~ (19, 0.0%)

3

1 [16件] あひ, から大, には, には何彼と, には殊に, に事変問答, に円く, に合, に合つた, に時々, に根気, に案内船, に青い, の大いなる, の晴れた, も時々

▼ ひ~ (19, 0.0%)

4 かつた 2 かるべし

1 [13件] からむと, かり, けれどこの, けれどこれ, けれども婦人, けれど心, さうに一寸膝の, さうに可愛らしい, さうに幾度か, さうに持つ, さうに頼んだ, てゐる, 澁いたす

▼ ひ難し~ (19, 0.0%)

2 と申

1 [17件] お爲, とくる, とする, との聖言, と思ひ, と茲, など, などの程度, わが心トロイア勢, 仲間の, 先々町奉行所へ, 其代りに, 其故は, 其譯は, 又, 然れ, 能思召ても

▼ ひだらけ~ (18, 0.0%)

2 の生き方

1 [16件] だ, だと, だらう, で立派, で迚, な, な統御, な訳, な譯, になる, に違, のもう, の假名文字, の儘, の門柱, 取添

▼ ひなげし~ (18, 0.0%)

2 の花

1 [16件] が咲い, とちや, と薔薇, のあかき, の所, の葩, はあんまり, はしいんと, はまた, はみな, はみんな, はみんなあっけ, はみんな顔色, はやっぱりしいんと, は手前ども, や矢車草

▼ ひのみ~ (18, 0.0%)

2 ゑへる

1 [16件] ことが, ことなられるに, この御名, だれを, ならば, ねぎ申し, まつる, みかさのみ, もだえ, 国あるべし, 多い俺, 多くとても, 寂びたもつ, 笑みはを, 肅や, 頻りに起つ

▼ ひ付け~ (18, 0.0%)

1 [18件] たさうです, だから, だけは精一杯, で伊勢, で俺, と云, ながら云つた, には反, に反, は何時, は善惡共, ばかり後生大事, まへん, をのみ喜び, を守つて, を守らない, を繰返し, 又は糸

▼ ひ~ (18, 0.0%)

2 も又

1 [16件] が非, と異なる, に気, の花, は, は全く, は吾, は必ず, は怪から, は未練, まで書く, まで来りし, より御, れに, を知られぬ, を見

▼ ひ~ (18, 0.0%)

2 に近づかん, 寂びぬ

1 [14件] といふの, と和する, と相, に似る, の如く, の怒り, の暁, の聖息, は気, を愛する, を慰め, を携, を望む, 鳴に

▼ ひ~ (18, 0.0%)

3 はなれ, 戻つて

1 [12件] から死, が描かれ, ける程, に, の丸髷, の頭, の顔, べしと, や境遇, ると, をすれ, を思はせる

▼ ひ~ (18, 0.0%)

4 へた 3 へると 2 ひには 1 しとかや, には猿島河, へたら, へていま, へておのれ, へてまた, へてポン, へない, へるといふ

▼ ひそこ~ (17, 0.0%)

1 [17件] からさう, から恋愛, から自動車, が杜, なつた, なつた話, なる橘, に一泊, に争, に地震, に美しい, の座敷, は草地, は陽, へ顔, も火, を駈ける

▼ ひばかり~ (17, 0.0%)

5 して 21 お持ち, させられるぞ, したがる奇妙, だが, だつたし, では, で出來上つて, で厭, 多くて, 揃つて居

▼ ひゅー~ (17, 0.0%)

32 っとうなり

1 [12件] うと, っとひびいた, っとまい, っと上, っと号笛, っと唸, っと抜い, っと燕, っどど, とはげしい, ん, んひ

▼ ひわが~ (17, 0.0%)

1 [17件] 一党の, 一番多う, 師さきに, 彈く, 彼を, 心に, 心もてな, 爲すを, 目を, 眼ヴェルサイユを, 腰を, 船を, 藩わが, 足の, 閨房を, 髮を, 鳴いて

▼ ひ~ (17, 0.0%)

2 むいて, 剥いて, 曲げたの

1 [11件] ぬくよう, ねじって, ねじる日, のす, むかれて, むこうと, 捲られの, 曲げそこ, 曲げて, 曲げられ, 曲り半年

▼ ひ其の~ (17, 0.0%)

2 志の

1 [15件] 位置を, 価を, 同時代, 地の, 學校の, 手紙を, 日の, 為さむ, 爲さむ, 目的が, 節私し, 襷懸け, 調和を, 間に, 間の

▼ ひ憎い~ (17, 0.0%)

2 ことだ

1 [15件] が, が親分, ことが, なら私, のである, ものだ, ものです, わけが, んだ, 人でございます, 何とかといふ, 品物だ, 感情でも, 程だつた, 話

▼ ひ~ (17, 0.0%)

6 の上 2 に置い, の一輪 1 から一冊, に絹帽, に載せ, の下, の方, より碁盤, を背

▼ ひ~ (17, 0.0%)

2 のない, をし

1 [13件] あつしの, がなく, が巫山戲, な心持, にて多少, によつて, に困つた, のぞんざい, の無い, は無から, もない, もない清い, をします

▼ ひ~ (17, 0.0%)

1 [17件] な, なやう, なるが, なるモロコシ酒, なる悪人, なる清廉, なる美女, なる美婦人, なる美男, な名, な悲しい, な芸術家, には, には其糞, に珍, れな純潔, れな親孝行

▼ ひ~ (17, 0.0%)

2 三を, 二を, 五を, 四を 1 一の, 一幕で, 一書房は, 一期は, 一櫻色の, 一番の, 一詛を, 二と, 二軍の

▼ ひ~ (17, 0.0%)

2 につまさるる, のま, をはかなみ

1 [11件] にあり, に危急, に沁む, の破滅, は在り, は成熟, を休め, を捐, を胸壁, を觀, 必ず之

▼ ひ~ (17, 0.0%)

2 の大, を撫でつけ

1 [13件] がさらり, が八五郎, でお前, にし, に赤い, のま, の女, の投, の束髮, の衣紋, をタオル, を無造作, を照

▼ ひだけ~ (16, 0.0%)

2 では

1 [14件] ありしか, かぐの, だつたやう, で一心に, で家柄, で帰ること, で毎日, で物音, で面白く, なんとか片, 吸つて残りは, 嗅ぐと, 持つて, 片付くと

▼ ひ今日~ (16, 0.0%)

3 も植村

1 [13件] のわれわれ, の振舞見事, の日本晴, の食堂, はゆかし, は今日, は親, は閑暇, は雨天, まで出入, も明日, よりうち, より稽古

▼ ひ~ (16, 0.0%)

2 て僅, て氏

1 [12件] てわれら, てフランス王フィリップ四世, て一八七一年, て世に, て其國, て哀志, て国家, て國家, て彼等, て患者, て時節, て浮世絵

▼ ひ~ (16, 0.0%)

2 でも変, でも變, れが 1 が実感, が済む, と共に服従, に対して皇族以下, に関聯, れに, れは, れを, 死んだ時, 若い様

▼ ひ~ (16, 0.0%)

3 るは 2 むるは, めしはじめなり, 月を 1 し女, むる頃なり, むれ, めしと, めし根も, めし頃世に, 雁音も

▼ ひ易い~ (16, 0.0%)

1 [16件] ことも, といふこと, ところだ, ね, のです, ものである, やうである, 人生の, 人間が, 制度ながら, 可え, 女客では, 心の, 性情を, 様に, 路を

▼ ひ深く~ (16, 0.0%)

1 [16件] つて本, て二人, て勝手, なつたの, なつて, 向けられて, 心に, 恥多き, 感じるに, 慎しむべし, 潜んで, 考へ, 考へて, 見ゆ, 阪中君は, 霧が

▼ ひ~ (16, 0.0%)

1 [16件] か遊, が身, となつ, には御, に与へる, の樣, はけふは, はま, はみな立, は松, は殺し, は豚, は鍵, は頭, を叩き切らん, を帰した

▼ ひ~ (16, 0.0%)

3 でした 2 ですが

1 [11件] だか, です, でニツコリ笑つて, で聽, と向, に流し, に竹筒, の手紙, ふらぬかも, をし, を洗

▼ ひ~ (16, 0.0%)

2 の大

1 [14件] お妻, がさらり, しづくの, そのまみ, と髪, にかかる, の藝者, の長い, をぐる, をときつける, をなほし, をはら, を乱せ, を撫でつけ

▼ ひある~ (15, 0.0%)

11 ひは 2 ものは 1 処では, 朝

▼ ひがたし~ (15, 0.0%)

2 とや眞面目, 彼れ

1 [11件] あれが, だ, で全く, で隆吉, とや真面目, と云, と言, ゆゑに, 折角ハコ, 異例である, 若し叶

▼ ひざま~ (15, 0.0%)

3 と存候

1 [12件] がいつも, にえ, にもきつ, によそ, に他人, に僕, に光つて, に沈んだ, に薙刀, の心, はその, は無い

▼ ひ~ (15, 0.0%)

6 申候 1 二はかくりぬ, 屆の, 必要な, 必要に, 惜福者は, 敢, 淨門へ, 申いた, 申候や

▼ ひ~ (15, 0.0%)

1 [15件] てた, てたりなどした, にてはそこ, には十二, には江戸, には窓, には鳥子餅, にも番頭, に寢, に雑, を縫つて貰, 介は, 反圃, 御廣書院, 臣祓だけを

▼ ひ~ (15, 0.0%)

3 へた, ると 2 へず 1 せること, へて二階, り, りて, り芸術座, る後, れば

▼ ひ~ (15, 0.0%)

1 [15件] かも, となし, に対して夫, のお, の兄, の墓, の子, の真帆子, の紀念, の顔, は, は二人, をも取戻せ, を憎め, を持貧

▼ ひ~ (15, 0.0%)

431 つて, はるる, ひ只一人, ひ更に, ひ清める力, ふこと, ふされど, ふべく今

▼ ひ~ (15, 0.0%)

1 [15件] が如し, しか長秀そ, つたに, ては大, て奉行所, て短, て能, て非, とか寶澤, も道理, 何の, 楽座, 楽座の, 楽座へ, 迚も

▼ ひ果して~ (15, 0.0%)

1 [15件] しまつた, しまつたところ, しまつた所も, しまつて, しもうて, ほんの小銭, ゐたし, ゐたらうと, 了つた場合は, 二分も, 家も, 宿屋を, 水を, 私の, 裸にまでな

▼ ひ~ (15, 0.0%)

1 [15件] がつかなかつた, ちが, について書かう, について記し, の強い, の思出, の無い, の盛, もない, もなく, も出ない, を吐く, を腐らし, を腐らす, を腐らせられ

▼ ひ~ (15, 0.0%)

4 ふの 2 ふ四つ 1 ひそして, ひつるあと, ふにぞ, ふもの, ふサロメ, ふ嵐, ふ樹木, ふ美女, を歌

▼ ひ~ (15, 0.0%)

2 をさました

1 [13件] がさめる, が闇, くばせしては, で對, にうつり, には涙, に入, の下, の玉, を使, を拭いた, を細め, を閉ぢ

▼ ひ草ぢ~ (15, 0.0%)

9 やない 4 やね 2 やありません

▼ ひ~ (15, 0.0%)

11 へるだけ 2 つて 1 ひたるもの, へる物

▼ ひかつて~ (14, 0.0%)

4 ゐる 1 こぼれるの, ゆするもの, ゐた, ゐるの, ゐる冷たいふと, ゐる急, 売り買, 幸なき, 草の, 見えるころ

▼ ひがかり~ (14, 0.0%)

1 [14件] だ, です, でも付けられる, なりし也, に対しても猶, に怒る, に腹立ち, の古めかし, はつけない, をされ, をする, をつけられる, を云, を受けとるだ

▼ ひがたい~ (14, 0.0%)

1 [14件] が見, けれどもその, であらう, ところは, ものは, 不安を, 不愉快と, 圓みとうるほ, 墮落女と, 本能の, 無力な, 退屈を, 遠国的の, 雲を

▼ ひ~ (14, 0.0%)

3 して

1 [11件] されむこと, され意外, しかつ, しければ, したり, し強, すなるべし, すもの, す胸突八丁, らし, らして

▼ ひ~ (14, 0.0%)

2 の一寸

1 [12件] から帰つて, きに, きは, き短い, に行つた私達, に衰, のこと, の勝負, の短い, を聞合, 御無事, 短い語

▼ ひ~ (14, 0.0%)

2 が暮れ

1 [12件] が延びる, と七, には又, にまた, に増月, に幾度, に隨, のたつ, は北, もすがら物語らせ, も遂に, を浴

▼ ひ~ (14, 0.0%)

7 りて 1 りしとき, りたりと, りたるとき, るとき, ると共に, るを, れば

▼ ひ終つて~ (14, 0.0%)

1 [14件] から立ち上がり布, この艶麗憂愁, これから雑具, その場, その妻楊子, もあんぐり, 又車, 堅く口, 堅く唇, 忽ち見えず, 照れ臭さうに髷節, 老大尉, 自から, 苦しげに

▼ ひ~ (14, 0.0%)

2 しに

1 [12件] しが, しと, し中, し事, し女, し富右衞門, ぞ眞, たるぞや, て立歸, て自, べき心得, も致しな

▼ ひ過ぎ~ (14, 0.0%)

3 に氣

1 [11件] があつ, であらう, にき, にほかなりません, のお, のやう, の多, の為病気, も忘れ, をし, を後悔

▼ ひあら~ (13, 0.0%)

8 はし 1 はさう, はされ過ぎ, はしたる, はすか, はせ

▼ ひけむ~ (13, 0.0%)

2 神託も

1 [11件] うむと, かかる騒がしき, がこれさ, わたしは, 唯だ, 山の, 昔も, 窓に, 金光明四天王護國の, 長崎にて, 風聞に

▼ ひについて~ (13, 0.0%)

3 種々の 1 いきまいて, 一言質問を, 厳しい裁き, 疑問が, 神の, 考を, 聞かされて, 言うて, 言はれます, 頻と

▼ ひば生~ (13, 0.0%)

12 ふるかに 1 ふるかにな

▼ ひをも~ (13, 0.0%)

1 [13件] あげたかり, つづけて, 兼ねて, 勵ます, 含む, 容れず唯, 我心には, 捨給は, 有意義化した, 破りたらめど男, 示して, 絶ちて, 見拔

▼ ひ~ (13, 0.0%)

2 しよに, は否 1 として我心, と通り, と部屋, の偶像, の運行, は幼者, は故人, は表, も曾

▼ ひ~ (13, 0.0%)

2 にある

1 [11件] に法王, に誓, に魂, の人, の文明, の榮光, の若き, は興亡, を亡ぼす, を濟, を益する

▼ ひ乍ら平次~ (13, 0.0%)

1 [13件] が叩いた, と八五郎, と寅吉, の一行, の後, の眼, はお勝手, は八五郎, は埃, は物蔭, は窓, は縁側, も草履

▼ ひ~ (13, 0.0%)

3 はした, はす 1 はし, はしました, られて, りに, り日, り見ゆ, る松

▼ ひ半分~ (13, 0.0%)

31 にあしら, にこの, にやつ, にノドワ, に彼女, に打たれ, に父, に訊いたら, の客, の気味

▼ ひ~ (13, 0.0%)

4 されて 1 された, されたやう, された卑俗, された土器, された布片, された言葉, された題材, されてを, されると

▼ ひ~ (13, 0.0%)

2 待つと

1 [11件] がこれ, が下物, が春, が此, が琴, とし, の評判, はまことに, は実に, は秦, をし

▼ ひ~ (13, 0.0%)

1 [13件] かとも見ゆる, がある, がない, で莖漬け, にをりる, に据ゑられた, のない, の姿見, の設備, は, へとぎ, へはいつた, を見る

▼ ひ少し~ (13, 0.0%)

1 [13件] づつでも国語の, づつ正, でもそれ, にてもと, の手柄, は武藝, 休むと, 位時節は, 宛若, 弱る, 持つて, 旱り, 顏を

▼ ひ~ (13, 0.0%)

2 こなたの, に登る, をのぼり 1 と人, と川, などにものぼりぬ, の盆地, をうろつき, を下, を想

▼ ひ~ (13, 0.0%)

1 [13件] いことも, いところ, い代物, い名, い女, い男, かつた, からう, き故, くて, く留守, さうです, より惡

▼ ひ~ (13, 0.0%)

1 [13件] そのへ, たてる軒, つあん, との上, と云, に両, のな, の暗い, の群, の茂み, の間, や白い, を忌む

▼ ひ~ (13, 0.0%)

1 [13件] がよい, が却つてそば, が寄, の国, の疾, の病, の病氣, の眼, は, は入用, は菅沼氏, めく, も同じ

▼ ひ~ (13, 0.0%)

2 ひが, ひを 1 うて居るらしい, つた, ひに, ひには, ひ鬪, ふごとき聲, ふやう, ふ樣, を好む

▼ ひ~ (13, 0.0%)

1 [13件] だの腹, と胸, に, にふさ, にふさがり, に入り, に咲いた, に掛ける, の中, は今にも, をはだけ, を躍らせ, 悪く頻りに

▼ ひ~ (13, 0.0%)

3 に乘 1 が近づい, などの樣, に移す, に遲, のそば, の事, の船頭, は揺れる, は段々, も寄る

▼ ひ~ (13, 0.0%)

2 えましたが

1 [11件] えしか, えた, えた才能, えた自動車, えた英語, えた遊藝, えて, えてを, え兩三年立て妻子, え幼い, し藝

▼ ひ~ (13, 0.0%)

2 にも見付, も聽 1 かに同情, しも若い, とも知れず, もかれ, もゐなかつた, も御伽, も手, も氣, も賛成

▼ ひ難く~ (13, 0.0%)

1 [13件] さを, して, それが, なつて, や, や消息, 之に, 折から, 暫時御, 殊に只今手元, 河原の, 生活の, 砕けた玉

▼ ひ~ (13, 0.0%)

2

1 [11件] ひしたり, ひながら, ひの, ひを, ひ取つて, ひ進むといふ, ふの, へる状, を求むる, を與, を調

▼ ひかく~ (12, 0.0%)

1 [12件] いふこと, ぞ生きぬく, てかの, て實, にならない, のごと壁, の如くなれ, ふせいくに, や聴く, 惚苦めたま, 描く処, 考へる場合吾

▼ ひしかも~ (12, 0.0%)

1 [12件] お互に, これに, これを, その一時間, その政治上, その豪華さ, それが, それは, 一面如何なる, 今日諸君の, 師匠の, 正月だ

▼ ひやがて~ (12, 0.0%)

2 別れて 1 その人, はその, は体, 一列に, 年頃の, 徒然にも, 男達は, 稲荷橋から, 肩から, 腹の

▼ ひ~ (12, 0.0%)

2 かつた 1 かつた通り, かりました, かるだらうと, きたる高き, くるを, しかば種々醫療, ず睾丸, であつ, で毎年, に従つて

▼ ひ其處~ (12, 0.0%)

2 には誰 1 で彼, にあつ, には暫らく人, に大根, に拔, に生きた, に行つて晝飯, へガラツ八, へ差掛り, へ醜女

▼ ひ又は~ (12, 0.0%)

3 恐れるの 1 もちものに, 千里の, 女官達に, 新聞に, 海岸から, 警備艦を, 販売技術に関する, 踊る機会, 首を

▼ ひ~ (12, 0.0%)

3 の中 2 に奪 1 に紛れ, の色, の部, の闇, もふけゆけ, を明し, を更かし

▼ ひ宿~ (12, 0.0%)

4 へ帰る 3 へ帰っ 2 へ帰り 1 の戸, を何処, を立ち出で

▼ ひ~ (12, 0.0%)

31 つたり, はざら, はなく, ひあらゆる, ひ想像, ふの, ふやう, ふ母君, へるなど

▼ ひ~ (12, 0.0%)

1 [12件] つて一輪の, つて亨一は, にけり, にけり吊, にけん, ぬれば, むが, 爺さ, 牡丹と, 玉ひし, 給ひ, 給ひし

▼ ひ~ (12, 0.0%)

2 かつた 1 に非, は堪, より有, 之候, 政府党と, 智や, 此方に, 福に, 證據の, 関心を

▼ ひ~ (12, 0.0%)

2 になり, になる, をお 1 だ, でせう, となる, にし, になつたち, の蓋

▼ ひ~ (12, 0.0%)

6 して 1 かも意, もつれて, もロール, も私共, も近, も近来

▼ ひ茂つて~ (12, 0.0%)

2 ゐて 1 その木下, ゐた, ゐる, ゐるだらうこと, ゐるので, ゐる中, をり, 出たばかりの, 到底足, 居る処

▼ ひ返し~ (12, 0.0%)

2 もせず 1 けるに, でもした, と云つて, ながらせき立てました, ながら云, なり, はじめてゐた, もなりません, も呟き, 丁度女

▼ ひ~ (12, 0.0%)

2 ぎるせゐなのであるが晩飯の 1 ぎちやいけないのさ, ぎぢやないんです, ぎてゐるせゐかもわかりません, ぎであつたらうか, ぎるぢやあないか, ぎをやりよるし雛子は, ぐるを, ぐる卅二年五月友人山川均と共に, ぐる數日私の, ぐる日の

▼ ひ~ (12, 0.0%)

1 [12件] かぬ, がみんな, が各々, が申し合せた, と階下, のポン引, はずつと離れた, は口, は起き, は頭, もゐた, や一言

▼ ひかくして~ (11, 0.0%)

1 [11件] ゐた農家, ゐる, ゐる場合, 二十年間の, 始めて十誡, 彼に, 恰も陸地, 漸次に, 窓の, 誓ひ成るなら, 限りなく

▼ ひげだらけ~ (11, 0.0%)

3 の顔 2 の老 1 なバロック式, のこじき, のよっぱらった, の男, の老人, の顔いっぱい

▼ ひごろ~ (11, 0.0%)

1 [11件] あんなに尊重, おちついた木谷博士, おもって, からこの, から尊敬, から暗号, に換骨奪胎, の御, の心, の思い, の電車

▼ ひさく~ (11, 0.0%)

4 なつて 1 なして, なって, なります, 凍つて, 撞きて, 永くこら, 痩せた躯

▼ ひだけは~ (11, 0.0%)

1 [11件] こ, さうである, やめて, よしに, よしませうよ, ハッキリさせなけれ, 出來, 厭だ, 廣かつ, 忘れないもの, 直しました

▼ ひつき~ (11, 0.0%)

2 なりま 1 が悪い, が更ら, のしびれる, の善行, の惡いもの, はしない, は惡, もしない, やうそ

▼ ひ~ (11, 0.0%)

1 [11件] いつたもの, いつた意味, いふよりは, いふよりも, ごろ, 云うよう, 案外の, 泣ッ面に, 泣笑いを, 言ふ, 辻に

▼ ひやら~ (11, 0.0%)

1 [11件] しゃが下な, む, むとのたまひしとばかりまでは語り得れ, 夫人の, 思ひ違, 悲しみやら, 愛嬌やら, 相手も, 老耻, 陷し, 馬小屋箱溝の

▼ ひを以て~ (11, 0.0%)

1 [11件] する, アーサー王に, 出発した, 分けられるもの, 渦巻の, 生死を, 発表する, 私し, 表したと, 間を, 鞭打ち起された

▼ ひ争つて~ (11, 0.0%)

2 ゐるの 1 その揚句, でも父, はては殴る, ゐた, ゐたが, ゐるフランク, ゐる気配, 居る, 置かなければ

▼ ひ人間~ (11, 0.0%)

2 の道 1 と云, には高尚, のもつ, の為め, はどうも, は人間, は此上, を嫌, を鶚

▼ ひ~ (11, 0.0%)

6 は木犀 2 はまた 1 ひが, ふ眩, よき山

▼ ひ取り~ (11, 0.0%)

1 [11件] されたピカ, しとて, しに, しもの, であつ, でもしよう, にまだ, に一掴み, の手, 更に彈琴, 行くほどに

▼ ひ彼等~ (11, 0.0%)

1 [11件] がそれ, が恐らく, が笑, に多少, に酒, のゐた, の侵入劫掠, の掠奪, の最後, の身, はこの

▼ ひ~ (11, 0.0%)

2 しとは 1 しや, し上此處, たれば, つ, つると, つれば, るにより, る故に, る貯

▼ ひ掛り~ (11, 0.0%)

3 をつけ 1 でせう, で実に, と言, なんかした, をする, を拒んだ, を申す, 直に麹町

▼ ひ易く~ (11, 0.0%)

2 して 1 なつた, なるから, なる譯, 作歌そのものの, 出來, 従つて無, 我等の, 水上にては, 調やさしき

▼ ひ~ (11, 0.0%)

2 の毒 1 が付い, が散らざる, で張り, と慾氣, に入, に取つ憑かれ, ばかりかと思, を吐い, を持たせる

▼ ひ氣味~ (11, 0.0%)

2 でした, です 1 になりました, に云, に教, に聞い, に言, に話した, の冷たい

▼ ひ~ (11, 0.0%)

1 [11件] が不足, が村役, の目神, の聲, はわが, は我が, よく聞け, を上方, を悦ばしめ, 今愚僧, 若し国

▼ ひ江戸~ (11, 0.0%)

2 にまされり, に同じ 1 では踊り, に流れ込み, に登りし, に移つた, に至ら, へと志した, を離れる

▼ ひ沙汰~ (11, 0.0%)

21 だが, だね, だ何, でせう, と思はれたらしく, になつ, に取, のする, の探索

▼ ひ浄め~ (11, 0.0%)

1 [11件] た, た障子, つ, てくれた, て富める, て悠々, て次ぎ, ねば, られるの, られ慰められその, る者

▼ ひ番頭~ (11, 0.0%)

3 の筆 1 でこの, にしてやる, の久七, の又, の彦太郎, の徳三郎, の源介, の金三郎

▼ ひ~ (11, 0.0%)

2 かとも見, や 1 に對, のや, の黄, の黒き, は枯れ, も白く, を開き

▼ ひお前~ (10, 0.0%)

1 がどれほど, が手掛けた, そんな筈, の亭主, の文身, の決心, の生命, は入, は外国, は外國

▼ ひがたく~ (10, 0.0%)

3 仕方が 1 か, なりたれば, はらひがたい, みたてまつりがたき, 一人に, 嫁にも, 真実の

▼ ひげこ~ (10, 0.0%)

2 は日 1 が使, が形, であつ, は二重, は単に, は必, は轂, 或は幟竿

▼ ひさま~ (10, 0.0%)

1 がその, に, に妙, に矢庭, に突, に見る, の, よひ, 抱き締めて, 砕ける程テーブル

▼ ひすぐ~ (10, 0.0%)

2 ししに, 眼の 1 にあと, にオイリュウス, 又引返す, 又親子丼, 本所工場へ, 母と

▼ ひすら~ (10, 0.0%)

1 しなかつた, すげなく突き, せずに, ない, 何か, 日ざし, 洩らさぬほど, 浮んで, 起させがち, 起させなかつた

▼ ひにと~ (10, 0.0%)

1 つて少なから, ならば, ツつかれ, 來し, 偽れば, 四谷に, 望んだこと, 申す處, 称して, 行く度々

▼ ひにや~ (10, 0.0%)

1 されねえだ, ちよいと, ツて, 俺たち首を, 夜が, 大變, 好い男, 此方が, 貸し蒲團を, 馴れ染め

▼ ひょい~ (10, 0.0%)

1 とあと, と上げ, と倒斛斗, と気, と火, と躍った, ひょいとある, ひょいといった, ひょいと下, ひょいと人生

▼ ひよう~ (10, 0.0%)

4 のない 3 もない 1 がなかつた, に困, もなく

▼ ひーら~ (10, 0.0%)

6 いた 1 いたと, いたなん, いたれんげ, と

▼ ひ一人~ (10, 0.0%)

1 が女, でおいとく, でも信じる, になる, の老母, は口笛, は島田艷也, は結婚生活, ひき具しつ, も朗読

▼ ひ二人~ (10, 0.0%)

1 だけで立見場, で観光ホテル, の子供, の手下, の行動, はていねい, は力, は温い, は苦悶, 暮れゆく夏

▼ ひ付き~ (10, 0.0%)

1 その無法, その鋭い, たりといふ句境, たるが, たる窓櫺, つこありやしませんわ, はいたしません, はしません, まへん, やしめ

▼ ひ如何~ (10, 0.0%)

1 せしこと, にすぐれた, にもし, にも承知, にも貴殿, に利兵衞其方櫛簪, に厳しく, に地方文化, に急用, に盜賊

▼ ひ~ (10, 0.0%)

2 李の 1 と云, なる者, 泥棒も, 西屋長左衞門代人忠兵衞其方事主人の, 西屋長左衞門代忠兵衞其方々にては, 部落に, 體に, 鱸釣に

▼ ひ度い~ (10, 0.0%)

3 だけのこと 1 から早く, から高松, がどう, といふ申出, に違, のぢ, ほどの状態

▼ ひ~ (10, 0.0%)

5 さうです 1 かつた, さう, さうに口籠つてゐた, さうに長い, ひ恥ら

▼ ひ日本~ (10, 0.0%)

1 でも無論, には大師, に参りまし, に渡り, の古典劇, の文化, の機関, の臣民, は日本, へ來

▼ ひ~ (10, 0.0%)

2 の明り 1 がおもむろに, さしながら, だといふ, に興じ, のゆ, の花, はありました, も出しか

▼ ひ泣き~ (10, 0.0%)

2 をし, をした, をしました 1 こそ泣きけれ, する心, のお, をする

▼ ひ~ (10, 0.0%)

1 な事, な身ぶり, もない, 争ひ, 伺ひ度儀, 傳の, 傷ふ, 呼び相, 思ふの, 睨む時期

▼ ひ読み~ (10, 0.0%)

3 をし, をした 1 にし, にする, に止め, もし

▼ ひ~ (9, 0.0%)

2 はせて 1 たせられざら, つと云, はや僕, はよく, ひついで, ふぎ, ふところに

▼ ひあなた~ (9, 0.0%)

1 が私, にわかれ, の生存, の餘生, は, はあなた, はさ, は私, は耳

▼ ひけれども~ (9, 0.0%)

2 別段何 1 その折ちやう, むしろ倦怠, 勿, 年を, 捕方は, 敢て, 絶えて

▼ ひすぎ~ (9, 0.0%)

2 かもしれない, かも知れない 1 だと, であるとは, では, で私, は言

▼ ひてか~ (9, 0.0%)

1 たりぬ, へらぬ, へり, へりゆくなり, へり來われ, 不圖, 前の, 後ろかげだに, 暫し眉根

▼ ひてや~ (9, 0.0%)

1 しない, まず, ラプラタ川の, 命すぎなむ, 此山姫の, 白金の, 親分に, 言葉も, 鳴く

▼ ひてを~ (9, 0.0%)

1 かしさ, して, ぢ君を, はじめました, り, りますから, りますが, りません, 亡くして

▼ ひにく~ (9, 0.0%)

4 かつた 1 かつたら, さうに, さうに躊躇する, さについて, さを

▼ ひによ~ (9, 0.0%)

1 つてきめた, つて丹を, つて人間のね, つて口すぎを, つて外の, つて嵐の, つて手古奈も, つて知りたい, つて表現される

▼ ひに対して~ (9, 0.0%)

1 ええとか, よく云, ハツキリと, 十分説得的な, 山の端に, 彼等は, 思ふつぼに, 次の, 答へ

▼ ひツそり~ (9, 0.0%)

4 して 2 した 1 したるなか, として滅多, と靜

▼ ひ一方~ (9, 0.0%)

1 が手, が星野家, ではフィクション, には原作, は, はにふ, は和田峠, 助七, 夫たる

▼ ひ下げ~ (9, 0.0%)

1 などし, になつた, に關, の一部, の公布, の山林, の立派, はうまく, を運動

▼ ひ乍ら自分~ (9, 0.0%)

1 がクラクラ, で自分, で飯, の不, の持つ, の袂, の裏, の言葉, の頬

▼ ひ互に~ (9, 0.0%)

1 一つ用語例の, 入り乱れ互に, 変化させ, 憎み合, 憐憫し, 技倆試めし見, 葉の, 見張り合つて三年越し暮した, 重なり合つて

▼ ひ~ (9, 0.0%)

1 から出たすた, しか能, でそれ, のことア勝手, は天罰, は贈れる, ゐだつたら, ゐまでは, 出しても

▼ ひ~ (9, 0.0%)

1 がふざけ散らし, に感動, に斃, に服装, に泣き, の悪騒ぎ, の手傳, の煩い口さ, は押し上げる

▼ ひ其方~ (9, 0.0%)

1 が五十兩, に尋ねたき, の身分委, は何國, は何方, は平兵衞, は忠八, は言語道斷, も見聞通り祇園祭

▼ ひ初め~ (9, 0.0%)

3 けむ 1 から今, き, けん少佐殿, つること, である, はどんな

▼ ひ同じ~ (9, 0.0%)

2 やうに 1 ことを, ころ現, やうな, 校舍に, 蘭學者でも, 表情を, 重苦しい攻撃

▼ ひ場所~ (9, 0.0%)

1 で市, といふところ, と云, と考へる, と言, なぞを考へさせられ, になつて, の關係, も彼方此方

▼ ひ多く~ (9, 0.0%)

1 の工匠, の旅人, の曠夫, は反感, 忽ち多分, 悔いることば, 戲曲を, 盜賊の, 見て

▼ ひ多少~ (9, 0.0%)

2 鬱憂を 1 それに, でも資産, の富, の犧牲, の破損, 強い地震, 才能が

▼ ひ好く~ (9, 0.0%)

1 あを, 叫んだ, 振りあげた, 歩いて, 聞え出した, 飛びあ, 飛び出して, 飛び起き井戸側, 飛び起ると

▼ ひ~ (9, 0.0%)

1 か, が親殺し, で百壽園, といふの, と謂, に仇, は汝, 再び來ん, 見たいなもの

▼ ひ~ (9, 0.0%)

2 れの 1 が地獄, が寶, が腕, の樂, れに, れを, を悲む消極的營

▼ ひ~ (9, 0.0%)

1 といふこと, の勇三郎, は兄, は最も, も居合せ, をつ, を安策孫, を憶, を沼川三郎

▼ ひ心地~ (9, 0.0%)

1 からし, ぞ, でその, とが一緒, になつて, になる, に美, の束, 小手招き

▼ ひ~ (9, 0.0%)

1 さうにいふ, さうにかう仰る, さうに仰る, と云, と言, 徒に, 敷放埒なれ, 火を, 落ちし

▼ ひ~ (9, 0.0%)

6 ひに 2 ひを 1 ひになんか

▼ ひ~ (9, 0.0%)

2 の目 1 の貸借, は好い, を読ん, を開け, 党との, 當に, 黨との

▼ ひ~ (9, 0.0%)

1 かきかさねたる反古, つて, と云ふところ, と相, にも, はなむ, ひ放屁, を生み出した, を聞き

▼ ひ~ (9, 0.0%)

3 るやう 2 りました, りましたが, るの

▼ ひ~ (9, 0.0%)

1 で百三十何円, なが, な面白い, にノート, は松茸, より一足さき, 悉く打ち取りぬ, 權勢の, 然り

▼ ひ~ (9, 0.0%)

2 に倚, をあつめ 1 で叩きこん, のもの, の下, をた, を落し

▼ ひ~ (9, 0.0%)

1 が規則的, にて九郎兵衞, により追放, に用, に雇, に食事, の常緑濶葉樹, の濶葉樹林, は

▼ ひ~ (9, 0.0%)

1 があ, なくし, に傾き, の爲死, の百分の一, の行, を淨むることを, を被る, 無喜八

▼ ひ~ (9, 0.0%)

1 して, しへ, しもいまだに, しや, しらしい, しを, し呪歌, はし, ふ子

▼ ひ~ (9, 0.0%)

1 と眼, の下, の言葉, の遠い, まであ, をふさい, を傾け, を押, を掩

▼ ひ~ (9, 0.0%)

2 つ引いて 1 く人生, く善, く游ぐ, く罵り, く頓智, では蛇, はざる

▼ ひ~ (9, 0.0%)

1 かむ, かむ破滅, しに, て家, といふこと, ぬ扨此浪人, ふ, ふこと, ふごとく書きわが

▼ ひ~ (9, 0.0%)

2 して, すの 1 されたやう, しました, しましたが, し更に, すと

▼ ひ~ (9, 0.0%)

2 ふらせば 1 になり, の日, は心, も小, よぶ声, を犯し, 屡来る

▼ ひ~ (9, 0.0%)

2 にならない, の上 1 となつ, とならなかつた, となる, も降らぬ, を蹴

▼ ひ風呂~ (9, 0.0%)

1 した奴, なんか止さう, についてもさう, に行く, に行つて, の弱味, は氣, へ入り, をする

▼ ひいかなる~ (8, 0.0%)

2 境に 1 事あり, 唯物論あり, 業を, 神も, 身分の, 馬も

▼ ひかつ~ (8, 0.0%)

1 これを, 上に, 前にも, 喋つた, 市の, 曰ふ, 渾て, 酔ふ

▼ ひかの~ (8, 0.0%)

1 ごとき喊, 有名な, 殿の, 祭典の, 種狐だけ, 聖歌に, 菓子折を, 證が

▼ ひがけ~ (8, 0.0%)

2 なく 1 ずいと深々と, ないところ, ない吹雪, ない時, なくS子さん, の虚空

▼ ひがた~ (8, 0.0%)

5 だよ 1 けれど口, とひ, ない雅趣

▼ ひそれで~ (8, 0.0%)

1 さほど煩, せめても, 上手に, 戦に, 手足を, 漸く家業, 膽汁質な, 身體を

▼ ひてと~ (8, 0.0%)

2 やかうと 1 こしへに, こしへの, ならば, なりの, ほらせ, 車夫の

▼ ひてに~ (8, 0.0%)

1 うつした形, こ, して, する人, ひなめやと, 呪はれた, 天皇が, 漸

▼ ひどんな~ (8, 0.0%)

1 かんなんを, ことが, ことで, 事が, 性質の, 憂ひを, 男で, 疑ひを

▼ ひなどに~ (8, 0.0%)

1 まざまざと, 來る, 加盟しませう, 參つたら, 影響せられる, 打扮, 行く時, 顛倒し

▼ ひなんて~ (8, 0.0%)

1 いふことぢ, いふもの, そんな柄ぢ, 事は, 収まるだらう, 掛けて, 致しませんのよ, 起すこと

▼ ひにか~ (8, 0.0%)

2 かつた 1 かつて実際自分, くる, それとも貞奴, はらじ, はるこそ, へりませうと

▼ ひゅうッ~ (8, 0.0%)

1 さっそくかばん, とうなり, と一鞭, と射放しました, と火, と風, と飛ん, ひゅうッ

▼ ひゅッ~ (8, 0.0%)

2 ひゅッ 1 と何, と揮, と来れ, と泣い, と烏蛇, と虹光

▼ ひ~ (8, 0.0%)

2 かむ, ひゆう 1 とも單衣, の眩い, ひい, ひゆう降らすん

▼ ひょこりと~ (8, 0.0%)

2 出て 1 出かけると, 出た, 出た南日君, 出るなり, 実にひ, 消えて

▼ ひら三~ (8, 0.0%)

1 ひら, ひら何, ひら微風, ひら散って, ひら散らばって, ひら申訳, ひら花弁, ひら開いたとき

▼ ひら二~ (8, 0.0%)

6 ひら 1 ひら宙, ひら静か

▼ ひ~ (8, 0.0%)

2 る, れて 1 すこと, れた社前數十歩, れ翼, を起し

▼ ひ~ (8, 0.0%)

2 で買 1 が方途, で之, で店, で買つて, の標準, はまことに

▼ ひ~ (8, 0.0%)

1 が自分, のま, の泰, の道士馬臻, 一代の, 來し, 氣な, 瑞の

▼ ひ勝ち~ (8, 0.0%)

1 なお瀧, な足取り, な返事, にあはれ, に云, に見, に見え, の中

▼ ひ~ (8, 0.0%)

2 樣口さへ 1 一地盤に, 二四・五二以下にては, 女が, 樣, 樣に, 航し

▼ ひ同時に~ (8, 0.0%)

1 今すこし, 彼の, 所持品の, 暴力を, 此層楼に, 父親にも, 自らの, 蜉蝣の

▼ ひ~ (8, 0.0%)

1 ざれば, しかば文右衞門, よと申, よ此事首尾, よ此外, よ此後, る, る樣

▼ ひ子供~ (8, 0.0%)

2 の七五三 1 と一緒, の拾, の時, は, はいよいよ, は飽きる

▼ ひ意地~ (8, 0.0%)

2 がきたない, が張つて 1 が張つて來, が殺気だつ, の張つて, ばかり張つて

▼ ひ我が~ (8, 0.0%)

2 立たせれば 1 古代に, 妹お, 室の, 日本甘んじ, 目らに, 養子に

▼ ひ新しい~ (8, 0.0%)

1 ものは, 信念を, 時代に, 次の, 演技理論と, 絶對的眞理を, 草履袋を, 語だ

▼ ひ既に~ (8, 0.0%)

2 うごけり, 之れ 1 おなくなり, これに, 天に, 魄を

▼ ひ~ (8, 0.0%)

2 を待つ 1 が經つて, だから, ならぬ汝, にそれら, の逃げ脚, をも差

▼ ひ~ (8, 0.0%)

1 から次, で千九百一年, で晩年, で衣服, の時代, の鳥羽天皇, を彦次郎, を柏

▼ ひ此方~ (8, 0.0%)

2 の社, へ行つて 1 からも凭れ, に背中, に走り寄る, のこと

▼ ひ~ (8, 0.0%)

2 るき消え失せんとしては 1 るきながら, るきました, るく, を緩う, 行く, 行く波張

▼ ひ~ (8, 0.0%)

1 にお, には態, には此頃勢州山田奉行, に古着渡世, に女, に歳頃, に民間療法, に隣り

▼ ひ~ (8, 0.0%)

1 からのすこやか, に投げん, に面し, のあなた, のお, のかなた, へ流し去つた, を想

▼ ひ漸く~ (8, 0.0%)

1 にし, 全快は, 其力を, 其間蹙まり竹の, 富を, 強く頼朝, 微薄, 快方に

▼ ひ~ (8, 0.0%)

1 に投げ入れ, に近づく, のなか水, の烟, やきらめく, や送り火, をつけ, を消し

▼ ひ煙草~ (8, 0.0%)

2 を買 1 の煙管, をくゆらし, をふかし, を作つて, を口, を買つた

▼ ひ爭つて~ (8, 0.0%)

2 ゐる聲 1 やれ柊人形, ゐた, ゐた事, ゐる番頭, 口惜しまぎれ, 居たの

▼ ひ~ (8, 0.0%)

1 がこんな, たる方, に面會, の弟, の怒り, の死, の死骸, は笑ましき

▼ ひ甲斐~ (8, 0.0%)

2 なく萎れ, もない 1 なき遊冶郎, のある, のない, 無くも

▼ ひ繁つて~ (8, 0.0%)

1 まるであたり, ゐた, ゐる, ゐる初夏, ゐる坂道, ゐる小径, 如何ばか, 居ります

▼ ひ自ら~ (8, 0.0%)

1 は竿, を高し, 切る, 嘲り静坐, 憤り尚, 知らざる程, 縊れ死したるにもや, 責めしこと

▼ ひ西の~ (8, 0.0%)

1 は人, は口, は商估, は小, は欠く, は穢, は縁, は自利

▼ ひ觸ら~ (8, 0.0%)

1 されさうに, されたの, されちや, されてるやう, されるの, すの, すもの, す癖

▼ ひ~ (8, 0.0%)

1 入用の, 司代屋敷へ, 將進ん, 神の, 禮者流には, 聖父の, 芸も, 雑誌の

▼ ひ~ (8, 0.0%)

3 樣は 2 嬢を, 樣の 1 國の

▼ ひ~ (8, 0.0%)

1 がない, になる, によつて, に困つ, のない, はいくらでも, も, をさ

▼ ひ~ (8, 0.0%)

1 とは鶯, と鳥, のやう, のベタすき, の啼き, の臟物, は前, を飼つて

▼ ひかへ~ (7, 0.0%)

2 されて, した, して 1 なされと

▼ ひげ根~ (7, 0.0%)

1 に美しい, に邪魔, の束, の波, の消毒, は水, を摂り

▼ ひげ面~ (7, 0.0%)

1 がぬっと, でガクリ, で眼, にほおばり, のひ, をがっくり, をにこにこ

▼ ひさき~ (7, 0.0%)

1 には少し, の美, の頼まるる, ほどは一族九十八人, も一つ, も久し, を愛づるばかりにゆく車

▼ ひさて~ (7, 0.0%)

1 二十三年三月に, 去らんとて, 後に, 我に, 振返つて, 章を, 見る人

▼ ひずし~ (7, 0.0%)

1 て凡て朦朧, て博識, て左, て明白, て明瞭, て涼風, て知る

▼ ひそれに~ (7, 0.0%)

1 です, よつて, よつて買, よつて震原, 生卵, 私自身も, 麥香煎を

▼ ひただ~ (7, 0.0%)

2 水の泡にぞ 1 あなたを通じての, ひたすらに, 一人にて, 一言, 情熱と

▼ ひつつも~ (7, 0.0%)

1 あらむ, その現在, 一人として, 啼かねば, 後こそ, 思ふ処, 早く已に

▼ ひてかの~ (7, 0.0%)

2 火を 1 女を, 山の端を, 扉の, 老夫, 露の

▼ ひてぞ~ (7, 0.0%)

1 おのおの過ごしける, 急ぐ降り, 泣きし, 行く, 解く, 谷中の, 過ぐる

▼ ひはい~ (7, 0.0%)

3 ろの 1 ぢらしく, つたいなん, ばらへ, よ

▼ ひまたは~ (7, 0.0%)

2 立ち上つて矢鱈にはね 1 ペネローペを, 恋愛の, 拭取ツて, 摩擦しあひ, 路傍に

▼ ひ~ (7, 0.0%)

2 よらざる奇情 1 あらうかと, およばざるところ, どかうと, や, よらざるあそびありま

▼ ひもう~ (7, 0.0%)

2 一人は 1 一つだけ, 一ぺん腰掛けに, 二日も, 今から, 半立突の

▼ ひをは~ (7, 0.0%)

2 ぢめて, つてから 1 かつて畳, つて崩折れ, づして枝葉ばかり

▼ ひッきりなし~ (7, 0.0%)

1 だし, にしゃべっ, に前方, に城下, に睫毛, に襲っ, に鳴り続け

▼ ひッこ~ (7, 0.0%)

5 ぬいて 1 ぬく力, 抜きクロ

▼ ひ一緒~ (7, 0.0%)

1 になつて, になる, にムーラン・ルージュ, に一日, に低い, に入る, に旅行

▼ ひ乍ら二人~ (7, 0.0%)

1 の子供, はもう, は取, は妙, は平, は明神下, は鐵砲丸

▼ ひ入れ~ (7, 0.0%)

1 しに, たりし, たり秀吉, などを演じ, に屈托, のある, はしなかつた

▼ ひ全く~ (7, 0.0%)

1 の平民, 俗物だ, 同一の, 外の, 成るを, 盡くる, 進退に

▼ ひ~ (7, 0.0%)

1 には帰る, による, に凧師, に雜木林, の恨, の鎭臺, 脚を

▼ ひ~ (7, 0.0%)

2 なかりし 1 がある, のあらん, は乏しく, を奮, 愈

▼ ひ~ (7, 0.0%)

2 をいひし 1 にもそれ, を嗽, を漱ぎ, を漱ぐ, 開き羽

▼ ひ~ (7, 0.0%)

1 だ, になる, の材, は埒, ばかりし, をし, を續

▼ ひ土地~ (7, 0.0%)

1 と家作, により遅速有こと常, の下, の拂, の狭隘, の神, を開墾

▼ ひ~ (7, 0.0%)

1 に井月, に盜人, に美, の名, は半分, るを, をこの

▼ ひ度いもの~ (7, 0.0%)

2 である 1 が頗る, だ, だぜ, ですね, はない

▼ ひ~ (7, 0.0%)

5 はし 1 けて居る, はした

▼ ひ~ (7, 0.0%)

1 に飛びました, 戲る, 据たり, 混じて, 眺むれ, 笑むとき頬, 顫ひ

▼ ひ~ (7, 0.0%)

1 ったの, ってしまった, って何度, つた, つたが, つたもの, ひ

▼ ひ晒し~ (7, 0.0%)

1 の半纏, の双子, の大, の木綿物, の浴衣, の浴衣地, や三葵

▼ ひ~ (7, 0.0%)

1 から譯, さざる, に就き, のおもむき, の趣き覺, を書き, を認め

▼ ひ未だ~ (7, 0.0%)

1 妻をも, 對面も, 得ざれど, 東西も, 症状が, 私の, 終らざるに

▼ ひ次第に~ (7, 0.0%)

2 下方に 1 本文に, 歇む, 背景を, 飛び立たうとして, 高まつ

▼ ひ歩き~ (7, 0.0%)

1 する用事, なぞに出す, なぞをし, のできる, もした, も適, を業

▼ ひ~ (7, 0.0%)

1 はそつ, を, をひろつ, をパイプ, を丹念, を外, を茲

▼ ひ~ (7, 0.0%)

2 むなりふりつもるなり 1 げに, さう, さうに私を, さうに見つめる, さに

▼ ひ~ (7, 0.0%)

2 だ, ですよ 1 が癪ぢ, さ, で

▼ ひ終に~ (7, 0.0%)

1 中川逆井橋下流に, 二百文出, 人知ず, 同棲迄, 急坂を, 石塔を, 空しく相

▼ ひ~ (7, 0.0%)

1 ひ恥, ゆれども, を曳き, 將救ふべし, 檜枝を, 涼し, 車夫が

▼ ひ~ (7, 0.0%)

2 働車を 1 から利する, から商, から答, 働車に, 轉車を

▼ ひ色々~ (7, 0.0%)

3 話す 1 と芸術話, の苦行, 儲かり相, 話した松島氏

▼ ひ~ (7, 0.0%)

2 をのみ 1 もおち, や花, を乞, を所望, を汲ん

▼ ひ西~ (7, 0.0%)

1 は冷, は単に, は因縁, は帝王, は拙者, は機, は黄金

▼ ひ違つて~ (7, 0.0%)

2 ゐた 1 お互同士, さうし, しまつ, ゐるかと, ゐるから

▼ ひ部屋~ (7, 0.0%)

1 でセリフ, の三畳, の中, の片隅, へ帰ったら, へ帰る, へ戻っ

▼ ひ~ (7, 0.0%)

2 もなく 1 が手, にモノ, のかからぬ, を溜め, 迄持せ落し

▼ ひ~ (7, 0.0%)

2 の中 1 で三十七円, とともにわ, に笑つて闇, の奥, やはら

▼ ひ集め~ (7, 0.0%)

3 の杉 1 しむ, でもする, に出かけ, に自転車

▼ ひ静か~ (7, 0.0%)

1 な青玉, にねばりついた, に果て, に歩い, に河童, に白樺, に窓掛

▼ ひ~ (7, 0.0%)

2 かにしたたりつ, に一つ二つ詞 1 かに, かに横臥, に考へ

▼ ひ~ (7, 0.0%)

1 のさかん, の趣き, ひ, ひたしとの, ひに, ひます, ひ候

▼ ひ~ (7, 0.0%)

2 しの 1 しや, すなんて, は一切, ほど燒, りあなた樣

▼ ひ~ (7, 0.0%)

2 なきに, を焚き 1 となつ, の匂, を拈つて

▼ ひげさん~ (6, 0.0%)

1 て, といってる, ねあの, はかわり, を知っ, を見

▼ ひだけでも~ (6, 0.0%)

1 あの私ども, にぎやかで, やりきれやしない, 二千兩は, 人の, 直ぐ身許

▼ ひちよ~ (6, 0.0%)

2 つと此 1 つとこれ, つとの, つと中, つと今日使

▼ ひつる~ (6, 0.0%)

21 にこれ, に今, に御, を

▼ ひてさ~ (6, 0.0%)

1 ういふ, ういふ風, うして, うしようと, う感じさせる, う約束

▼ ひどこ~ (6, 0.0%)

1 がいろんな, が全部, で手, へ, を歩い, 迄も上つて

▼ ひどれ~ (6, 0.0%)

2 のやう 1 の如し, の惡, の足, ほどの素質

▼ ひなほ~ (6, 0.0%)

2 もしばらく 1 その, その外, も呆然, よく馴れた

▼ ひはじめ~ (6, 0.0%)

2 をつた 1 には不, の神, の色, は谷

▼ ひばかりが~ (6, 0.0%)

2 充ちて 1 一杯で, 傍見, 強いの, 起つて

▼ ひまことに~ (6, 0.0%)

1 ゆへ, 御主, 気の毒である, 精確な, 美しくなる, 西洋的な

▼ ひやすい~ (6, 0.0%)

1 からす貝, からだ, やうであり, 人心, 患者さんだつて, 言ひたい言葉も

▼ ひゅうと~ (6, 0.0%)

1 鳴らさぬばかりに, 鳴らしました, 鳴りながら, 鳴りはん, 鳴り下, 鳴れば

▼ ひよつ子~ (6, 0.0%)

1 がポケツト, に十銭銀貨, のたべた, は答, やお前たち, を持つ

▼ ひホテル~ (6, 0.0%)

2 のグリル 1 のニューグリル, のマネイジヤア, のロビー, へ一時

▼ ひ一旦~ (6, 0.0%)

3 同類に 1 専属を, 御仕置, 本復あつ

▼ ひ乍らガラツ八~ (6, 0.0%)

1 に手傳つて貰つて, の方, はもう一度, は内, をかきのけ, を促し

▼ ひ乍ら云~ (6, 0.0%)

4 つた 1 つたが, ふ

▼ ひ乍ら手~ (6, 0.0%)

2 を延ばし 1 をさしのべた, を出した, を取る, を差出した

▼ ひ今度~ (6, 0.0%)

1 こそは, の戦争, の戰捷, は一生懸命, は十五分, は大

▼ ひ~ (6, 0.0%)

1 つて天子の, へても差支, への不断着, へる, へること, へれば

▼ ひ以外~ (6, 0.0%)

1 にうけひ, に時代, に相手, の室, の領分, はマネちや

▼ ひ何事~ (6, 0.0%)

1 かが起つ, に依らず, もなかつた, も二人, も力, も東京中心

▼ ひ使~ (6, 0.0%)

2 はれて 1 はれた筆, はれるん, はれる気, ひましたのよ

▼ ひ~ (6, 0.0%)

2 の命令, の野心勃々, を首領

▼ ひ共に~ (6, 0.0%)

1 その形式, 励まし初志, 楽しむこと, 用意された, 神楽坂の, 輪舞を

▼ ひ出來~ (6, 0.0%)

1 ないが, ないやう, ます, ませんで, るだけの, るならいつも

▼ ひ切り~ (6, 0.0%)

1 であらう, にし, にした, に出る, に醉, もしない

▼ ひ初めて~ (6, 0.0%)

1 この家, の一人旅, もいい, ゐたのに, マアケットで, 承ま

▼ ひ即ち~ (6, 0.0%)

1 人違ひ, 宣んし曰, 村会においては, 異端, 砂鉄掬ひ, 私の

▼ ひ~ (6, 0.0%)

1 に走り, の帛紗包, の次第, の片, を左, を走る

▼ ひ合つた~ (6, 0.0%)

1 からである, なりしばらく, なりで突き進ん, ばかりで, もう一つ, 寂しい氣持

▼ ひ~ (6, 0.0%)

1 ある内, が繋がる, だけは一つ, に別條, を奪, を落した

▼ ひ大いに~ (6, 0.0%)

2 これを 1 之を, 来りくさる, 語り酔, 軽佻浮薄な

▼ ひ大した~ (6, 0.0%)

2 ことは 1 傷では, 怪我も, 痕も, 腕でなかつた

▼ ひ~ (6, 0.0%)

1 なる花苑, に逆, に連なる, の時, は忽ち, は開きぬ

▼ ひ~ (6, 0.0%)

1 が來, だが彼奴, とは思へ, なり然し, はた, を殺し

▼ ひ~ (6, 0.0%)

1 が酒, には大した, はあんまり, も無, も無口, を睨め廻す

▼ ひ寄つた男~ (6, 0.0%)

1 が他, が多い, の名前, はありません, は無, や嫁

▼ ひ~ (6, 0.0%)

1 こそ有, に宮, の如き, の袂, の足, る方

▼ ひ~ (6, 0.0%)

1 の惣勘定, の扉, の支配, の者, はまだ, は叔父

▼ ひ度さ~ (6, 0.0%)

1 うでしたが, うですが, で一ぱい, で一杯, に島田町, に贋

▼ ひ彼女~ (6, 0.0%)

1 が出, の不幸, の父, の視線, は, を助手

▼ ひ忽ち~ (6, 0.0%)

1 のうち, 何の, 和解し, 暗夜の, 柳眉を, 聲を

▼ ひ恐らく~ (6, 0.0%)

1 かくの, 一の, 人間の, 佯り得ぬ, 私が, 類似し

▼ ひ我等~ (6, 0.0%)

1 かく答, と我等, の一分, も浪人, を樹下, 語るとも

▼ ひ~ (6, 0.0%)

1 らしい小説, らしい木材, 三, 吉とに対する, 筆墨にて, 領域を

▼ ひ日劇~ (6, 0.0%)

1 のアトラクション, の子, の新, へ, へ寄り, へ引返し

▼ ひ~ (6, 0.0%)

3 のとこ 1 のところ, の匂ひで, の濃く青き

▼ ひ殊に~ (6, 0.0%)

1 その文体, その貴族, 此席に, 皮膚の, 近時所謂新, 雨の

▼ ひ~ (6, 0.0%)

1 が一束, でも拾, の殘, の生々しい, やたき火, をはたき

▼ ひ気味~ (6, 0.0%)

1 である, で平気, に中, に立つ, に訊いた, に高

▼ ひ~ (6, 0.0%)

1 が溢れ, そそぎぬ, ながれて, に聲, も溢, を浮べ

▼ ひ淨め~ (6, 0.0%)

1 ず逆さ屏風, てからくれた, て富める, て舊主藝州候, られたお, られたこと

▼ ひ渡し~ (6, 0.0%)

1 があつ, なされたの, には, によつて, をする, を受け

▼ ひ狂つて~ (6, 0.0%)

2 居るの 1 も小説, やがて悲鳴, ゐは, ゐる無数

▼ ひ~ (6, 0.0%)

1 しあな見事, しも, にこ, に壮ん, に走り行く, 運動を

▼ ひ~ (6, 0.0%)

1 が何時の間にか, だ, のやう, の歯, はその, を何条主人

▼ ひ直に~ (6, 0.0%)

2 更迭す 1 いふ, 大岡殿を, 天窓を, 裁可を

▼ ひ相手~ (6, 0.0%)

1 がうるさく, が退屈, が頬杖, の背中, を互に, を戸迷

▼ ひ~ (6, 0.0%)

2 の月 1 の悲しくさびしい, の西陽, は果, 深く露

▼ ひ縁側~ (6, 0.0%)

1 でぼんやり, にはそれ, には文三郎, に並べる, へ一寸敷物, へ出

▼ ひ自由~ (6, 0.0%)

3 なる書生 1 に動かし得る, に親密, をもとめ

▼ ひ~ (6, 0.0%)

1 でも混つて, なんてそんな, の企み, の粉, の酒, を呑ませる

▼ ひ親分~ (6, 0.0%)

1 では無い, でも子分, に頼ん, の侠氣, の錢形平次, を見込ん

▼ ひ途中~ (6, 0.0%)

1 でトランク一つ, で彼, で拾, で眩暈, で見付けました, に発病

▼ ひ食事~ (6, 0.0%)

1 あっさりし, にか, にほ, もせざれ, も獨, を終つて

▼ ひ~ (6, 0.0%)

2 を購 1 に備, に引き, のたてがみ, の前足

▼ ひ~ (6, 0.0%)

1 すすりあへる気色ども, の先, の先きの山, の孔, ひしびしに, もあらつ

▼ ひあたり~ (5, 0.0%)

1 からとても, しみじみと, には誰, に誰, よろし

▼ ひあらゆる~ (5, 0.0%)

1 人々を, 寂寞と, 思念が, 方法を, 物の

▼ ひくら~ (5, 0.0%)

1 ひくら, ゐと, ゐに, ゐは, ゐみじめ

▼ ひげこと~ (5, 0.0%)

2 言うて 1 は日, は髯籠, 称するもの

▼ ひげ面男~ (5, 0.0%)

1 に理解, の姉川五郎, の登場, は石, は黄金メダル

▼ ひごこち~ (5, 0.0%)

2 かはた 1 ぞ頻なる, で珍, よろしき靈

▼ ひごと~ (5, 0.0%)

1 である, とのりとごと, などの新作, を以て祝詞, を伝

▼ ひさらに~ (5, 0.0%)

1 いひけるは, なく生命, ジョヴァンニ・プロチダなる, 五十銭の, 昭和十八年十月はしなくも

▼ ひすべて~ (5, 0.0%)

1 のこと, の人, の生物, よろし, を荒し

▼ ひその後~ (5, 0.0%)

1 では誰, まだよわよわと, を知つて, を襲ぐ者, 遂に行衛

▼ ひだけが~ (5, 0.0%)

1 たつた一本, 一層赧らん, 異常に, 自分の, 鷄介よりも

▼ ひっきり~ (5, 0.0%)

1 がつかず, なく往来, なく続いた, なく続き, なく降り続いた

▼ ひなげしども~ (5, 0.0%)

1 がみんな一, はそこで, はちょっと, はみな熱病, はみんないちど

▼ ひなぞ~ (5, 0.0%)

1 に出, をされ, をし, を一心に, を見た

▼ ひなどが~ (5, 0.0%)

1 いともしとやか, 一つ一つ仔細に, 実感を, 突然狐, 起つたり

▼ ひなどで~ (5, 0.0%)

2 心持の 1 あらう, 御出家さま, 無害か

▼ ひなども~ (5, 0.0%)

1 ある, ぞんざいな, 多ございました, 此山出の, 細かくその

▼ ひひそか~ (5, 0.0%)

1 になつかしく, に彼等, に法王, に海鳥, に若返り

▼ ひまるで~ (5, 0.0%)

1 何処かへ, 大きなでく人形, 数十段の, 私は, 美しい蕈

▼ ひみち~ (5, 0.0%)

1 がわかるだらう, たり, にならない, のない, はすぐ

▼ ひみつ~ (5, 0.0%)

2 を知っ 1 にし, をさ, をもっ

▼ ひやうばん~ (5, 0.0%)

1 がなほ, で大, になつ, になつて, を聞い

▼ ひゅうと風~ (5, 0.0%)

4 を切っ 1 がうなっ

▼ ひょこんと~ (5, 0.0%)

1 まるでついそこ, 出て, 応えた, 抜き出して, 跳びあがりました

▼ ひよき~ (5, 0.0%)

1 下駄の, 花の, 酒に, 酒を, 餌を

▼ ひトロイア~ (5, 0.0%)

1 の, の先鋒中, の女性, の諸人, の軍

▼ ひビール~ (5, 0.0%)

1 をつぎ, を戴いた, を飮, を飲み, を飲ん

▼ ひ一夜~ (5, 0.0%)

2 はみどり, を送らしむ 1 歩きつづけて

▼ ひ一時~ (5, 0.0%)

1 では, にもせよ, の便利身, の急, の責塞ぎ

▼ ひ三人~ (5, 0.0%)

1 で夕食, で歩く, で築地, とも村長, の木挽たち

▼ ひ上げ~ (5, 0.0%)

1 だもん, にか, になる, もしない, をした

▼ ひ主人~ (5, 0.0%)

1 が居る, と款晤夜分, の直, は渡す, を怨む

▼ ひ乍ら八五郎~ (5, 0.0%)

1 に手傳, の胸, の髷節, は石臼, は路地

▼ ひ乍ら彼~ (5, 0.0%)

1 の顔色, はしつかり抱き締めた, はエドモンド・ゴス, は案内女, は覚えなけれ

▼ ひ事件~ (5, 0.0%)

1 といふの, と磯五郎, に關, の參考人, の關連者

▼ ひ~ (5, 0.0%)

3 ひに 1 ひを, ひ引き離しでも

▼ ひ京都~ (5, 0.0%)

1 から但馬, に於, に行つてその道, に還幸, の高等女学校

▼ ひ今夜~ (5, 0.0%)

1 の事, はわけ, は世話, は香典, も早い

▼ ひ~ (5, 0.0%)

1 した闊葉, しぬ醉, しまろび, へ給, られ無念

▼ ひ~ (5, 0.0%)

1 の方, は急所, は摺り, は淺い, も肩の

▼ ひ僅か~ (5, 0.0%)

2 の買 1 に婦人, に胸, 十八歳で

▼ ひ~ (5, 0.0%)

1 の病, はまだ, は小さい, は弟, は親

▼ ひ先生~ (5, 0.0%)

2 誤りかれは 1 から話, の御, を先生

▼ ひ~ (5, 0.0%)

1 しが, たと, て偶然往來, るの, る體

▼ ひ再び~ (5, 0.0%)

1 もとの, 出て, 文学に, 林にかへ, 身を

▼ ひ~ (5, 0.0%)

1 が無い, で行, に焚く, の外辺, を見つけ

▼ ひ~ (5, 0.0%)

1 した, へず, へた, へて建てた, 之田舍

▼ ひ半ば~ (5, 0.0%)

1 の景, は宿命, は窓, は草むら, もしさう

▼ ひ合つたの~ (5, 0.0%)

2 か一寸 1 が運, であるが, も義雄

▼ ひ~ (5, 0.0%)

1 の帶, をのれ, を呼ばれ, を西洛, 乘字の

▼ ひ~ (5, 0.0%)

1 ふの, ふより, ふを, も追, 柳原の

▼ ひ呉服屋~ (5, 0.0%)

4 の時三郎 1 になり

▼ ひ~ (5, 0.0%)

1 はむ世, はむ諸子, はれ致し候, ひに, ふ所謂自然

▼ ひ~ (5, 0.0%)

1 に土鼠, は次第に, よりも寧, を走る, 載せて

▼ ひ地上~ (5, 0.0%)

1 に下り来り, に歸, に落ちる, に行, の權

▼ ひ好い~ (5, 0.0%)

2 奉公の 1 人が, 女を, 様だ

▼ ひ寄つて來~ (5, 0.0%)

2 た身狹乳母 1 た大きい, ても決して, る

▼ ひ~ (5, 0.0%)

2 して 1 するアルゴス, する島二つ, する縁

▼ ひ常に~ (5, 0.0%)

1 家の, 替し行粧, 滿つ, 演説の, 父兄たちに

▼ ひ度いが~ (5, 0.0%)

2 宜い 1 いきなりさう, 困つたこと, 相變ら

▼ ひ~ (5, 0.0%)

1 には青苔, に降り, の珊瑚樹, の風情, を隔てた

▼ ひ~ (5, 0.0%)

2 に倦きが來 1 と仕立物, に倦きが, の着物

▼ ひ~ (5, 0.0%)

2 にし 1 のやう, の影, も亦

▼ ひ~ (5, 0.0%)

1 かし, かしさ, のた, のひとつ, を忍び

▼ ひ~ (5, 0.0%)

1 がおろされ, がしめきつ, のしめきつ, のはし, へ錠

▼ ひ扶持~ (5, 0.0%)

2 を稼い 1 で可, の償, をくれる

▼ ひ支那~ (5, 0.0%)

1 に關, の対日態度, の書籍, の武装, の詩人

▼ ひ放題~ (5, 0.0%)

1 が氣, くるひて, つかつても, になる, を言

▼ ひ~ (5, 0.0%)

2 て自ら進, へず 1 へぬ

▼ ひ~ (5, 0.0%)

2 へた 1 ふ時分, へて汽車, へ畫板

▼ ひ~ (5, 0.0%)

2 と申せ 1 なる上, の如く, る族

▼ ひ易き~ (5, 0.0%)

2 は女衒, 所以なりと 1 情あれ

▼ ひ~ (5, 0.0%)

1 のこと, の良い, の颯爽, は人間, は天草丸

▼ ひ昨日~ (5, 0.0%)

1 のお, のこと, の小雨, までは玉楼金殿, 一寸御

▼ ひ時に~ (5, 0.0%)

1 は, 又, 感じ損ひ, 或はあと, 日本人は

▼ ひ時には~ (5, 0.0%)

1 地に, 愚痴の, 檜の, 歯の, 鯰も

▼ ひ暫く~ (5, 0.0%)

1 は全く, バラツク建ての, 仏印の, 浅草の, 王瀧川を

▼ ひ最初~ (5, 0.0%)

1 からの出かた, の一口, の一節, の作者, は町

▼ ひ最後~ (5, 0.0%)

1 には居住, に別便小包, に金, に陪臣, の手段

▼ ひ未来~ (5, 0.0%)

1 に希望, の首相候補者, の香, は現在, を救

▼ ひ~ (5, 0.0%)

1 と云, に西, の峰, の御方, より西

▼ ひ~ (5, 0.0%)

1 しに, し儀當年, し去冬, し程なく, し近頃此地

▼ ひ~ (5, 0.0%)

1 しみ方, しむといふことは出來, であるが, ぶ, みて

▼ ひ次に~ (5, 0.0%)

1 は多数詞, は金, サシミと, 右の, 忽其詛を

▼ ひ此處~ (5, 0.0%)

1 の二丁町, の押入, へ來, へ着いた, を出立窺

▼ ひ此間~ (5, 0.0%)

1 の夏, まで仲よく, まで聖心派, まで自分, 御出やりました

▼ ひ歩行~ (5, 0.0%)

1 いても, しなり, の途中, を氣, 戻れば

▼ ひ残り~ (5, 0.0%)

2 がある 1 がすこし, て, の酒

▼ ひ段々~ (5, 0.0%)

1 に天, の御, の異見, 大きくなっ, 融通が

▼ ひ~ (5, 0.0%)

1 の音, は岩, は相, わけて, を打ち

▼ ひ父母~ (5, 0.0%)

3 をも兄 1 が非理, への愛

▼ ひ~ (5, 0.0%)

1 にも分てり, に飛, の様, の遠吠え, 同樣

▼ ひ~ (5, 0.0%)

1 一日が, 何事をか, 嗤笑ひ, 轟きて, 霊瑞華と

▼ ひ用意~ (5, 0.0%)

2 の酒食 1 した柿色, して, も底

▼ ひ申上~ (5, 0.0%)

3 ますと 1 ますとて, よと申しのこし参らせ

▼ ひ~ (5, 0.0%)

3 は信如 1 が当, を所望

▼ ひ着物~ (5, 0.0%)

1 の乱れ, や襟, をぬがせ, を着替, を脱がせる

▼ ひ祭り~ (5, 0.0%)

1 であつ, である, とも言, の間, を重く

▼ ひ給はず~ (5, 0.0%)

21 ば今宵, やと, や賣り

▼ ひ給はん~ (5, 0.0%)

2 とて娑婆 1 が兎, こそ, や

▼ ひ縛つて~ (5, 0.0%)

1 ゐた, 居りましたが, 居る, 見せるぜ, 辛くも

▼ ひ~ (5, 0.0%)

1 はつ, はつて, はり葉, はれながら, ふて居る具合

▼ ひ~ (5, 0.0%)

1 が張っ, の上, の立つ, を切らず, を家門

▼ ひ自然~ (5, 0.0%)

1 と人間, と任官叙位, には乏し, の復讐, を呼吸

▼ ひ~ (5, 0.0%)

1 の, ほど不, をさす, を使, を先づ犬

▼ ひ~ (5, 0.0%)

1 の春, も必要, をかくし, をブラ, を身體中

▼ ひ~ (5, 0.0%)

1 に来, に行け, のやぶ, の美しい, をわたり

▼ ひ起し~ (5, 0.0%)

1 たる, たる小松殿, たる既にいと, また氏, 激しく心

▼ ひ~ (5, 0.0%)

1 はざりし, ふて詩談, ふと云, ふ事, ふ人みな

▼ ひ~ (5, 0.0%)

3 からの迎 1 て奉公人主人, の歌

▼ ひ~ (5, 0.0%)

1 つとるだべ, ふこと, ふと徹頭徹尾君, へるは, 眠する

▼ ひ野郎~ (5, 0.0%)

1 が飛出し, に何ん, に姿, に擲, は七里潔灰

▼ ひ~ (5, 0.0%)

4 じ曰 1 じいふ

▼ ひ電車~ (5, 0.0%)

2 にはねとばされた 1 に並ん, に乗り, のなか

▼ ひ~ (5, 0.0%)

1 がある, ですね, になつ, に出来, の汽車

▼ ひ~ (5, 0.0%)

1 くる, くるを, けま, け付けた, り進む音

▼ ひ~ (5, 0.0%)

1 が啼い, の聲, らしい囀りを, をあしら, を軒下

▼ ひあかさん春~ (4, 0.0%)

4 の夜

▼ ひあて~ (4, 0.0%)

2 し海苔 1 し, もなく

▼ ひあれ~ (4, 0.0%)

1 から風呂, だけの役者, と同じ, は何處

▼ ひいと~ (4, 0.0%)

1 弱げに, 物静に, 著し, 高き光

▼ ひから口~ (4, 0.0%)

1 を出し, を出しました, を出します, を挾みました

▼ ひがい~ (4, 0.0%)

1 が獲れた, で酒, もろ, をわざと

▼ ひきち~ (4, 0.0%)

2 切って 1 切られたの, 切れた緞帳

▼ ひくま~ (4, 0.0%)

1 をくぐっ, をくぐつ, を潜っ, を潜つて貝殻

▼ ひぐさ~ (4, 0.0%)

1 が癪, と同じ, の群落, を聞い

▼ ひぐる~ (4, 0.0%)

2 まの 1 ま, まや

▼ ひぐるみ~ (4, 0.0%)

1 がチャチ, の綿, の馬, を冠つて

▼ ひげじいさん~ (4, 0.0%)

1 のあと, はじっと, はその, は原っぱ

▼ ひここ~ (4, 0.0%)

1 で死し, に有志, の設備, へ入らない

▼ ひさかたぶり~ (4, 0.0%)

1 になつかしい, に法水, の快い, の珍客泰軒

▼ ひしんぼう~ (4, 0.0%)

1 が出, の事, の虫, の蝗

▼ ひすさまじく~ (4, 0.0%)

1 此処を, 此處かこつけ, 此處を, 飛びかかり十畳

▼ ひずり~ (4, 0.0%)

1 ぶみ, まはり, 廻る位, 廻る風

▼ ひそう~ (4, 0.0%)

1 にな, になつ, になりました, に見守っ

▼ ひそのもの~ (4, 0.0%)

1 がその, が眼, こそ香, だが

▼ ひ~ (4, 0.0%)

2 見たこと 1 出づる, 知らないこと

▼ ひだけで~ (4, 0.0%)

1 人の, 卵から, 対句としての, 濟んだ

▼ ひでは~ (4, 0.0%)

2 おせい 1 ないし, 無かつ

▼ ひどの~ (4, 0.0%)

1 やうな, やうに, 縁談も, 部分も

▼ ひなどと~ (4, 0.0%)

2 云ふ 1 罵つて, 違つて極

▼ ひにあたる~ (4, 0.0%)

1 政治部の, 木立の, 納屋の, 藤棚の

▼ ひにくく~ (4, 0.0%)

1 て困る, て頬張つた飯, 共この, 叔父に対して

▼ ひにしか~ (4, 0.0%)

2 思つてゐなかつた 1 見えない, 見えないで

▼ ひにばかり~ (4, 0.0%)

1 打たれて, 気を, 沒頭し, 酔つてゐる

▼ ひにより~ (4, 0.0%)

1 かしこに, てかれら, ダンテを, ファルサーリアの

▼ ひのに~ (4, 0.0%)

2 ほひ思 1 ほひ, ほひか

▼ ひはては~ (4, 0.0%)

2 靡き流れて 1 神に, 蔓が

▼ ひはを~ (4, 0.0%)

1 し, みなご, 一疋あげませう, 有って

▼ ひばかりを~ (4, 0.0%)

1 募らせて, 歩いた後, 演じた, 窺つてゐる

▼ ひばなし~ (4, 0.0%)

1 となつ, に友人, に悲しい, に食

▼ ひひと~ (4, 0.0%)

2 の女房 1 をこんなに, 殺しヒェッあなた助け

▼ ひびあかぎれに指~ (4, 0.0%)

2 のさき, のさきちぎれるようにてたんとたんと苦ろう

▼ ひふと~ (4, 0.0%)

1 あたりが, つた時平, 岡山の, 拾ひ

▼ ひ~ (4, 0.0%)

1 うけたる新, づし, づまづ龍は, づ教師の

▼ ひむしろ~ (4, 0.0%)

1 感性に, 欠点に, 自分の, 逆の

▼ ひやあ~ (4, 0.0%)

21 かさむ長き, どうもはやこれ

▼ ひゅうら~ (4, 0.0%)

2 ひゅ, ひゅうら

▼ ひゅーん~ (4, 0.0%)

1 というよう, という高い, とかなしげ, と弾丸

▼ ひゅーン~ (4, 0.0%)

1 と呻, と妙, と気味, ひゅーン

▼ ひょろり~ (4, 0.0%)

1 でドン, ひょろり, ひょろりと並ん, ひょろりと四

▼ ひょろ松お前~ (4, 0.0%)

1 あの前, そう思わない, とふたり, の意見

▼ ひら入道~ (4, 0.0%)

4 せいたか

▼ ひら地~ (4, 0.0%)

1 から山腹, へあつまり, へお, へひ

▼ ひわたし~ (4, 0.0%)

1 が送つ, の妻, は未だ, また私

▼ ひわれ~ (4, 0.0%)

1 はわが, は身邊, を忘れる, 亦舊

▼ ひ~ (4, 0.0%)

2 とりよ 1 っ, よめ

▼ ひイら~ (4, 0.0%)

4 いた

▼ ひッかき~ (4, 0.0%)

2 廻して 1 もらした南京虫, 廻すやう

▼ ひ一日~ (4, 0.0%)

1 でも二日, に五六度, の光陰, も早く

▼ ひ下り~ (4, 0.0%)

2 たりまだ 1 が徹底, の態度

▼ ひ乍ら吉野~ (4, 0.0%)

2 は庭下駄 1 は無, は無造作

▼ ひ~ (4, 0.0%)

1 などし, に行度, の足, を成

▼ ひ二十ヶ月~ (4, 0.0%)

4 とよ

▼ ひ五月~ (4, 0.0%)

2 は鰹 1 の匂, の末ごろ

▼ ひ人民~ (4, 0.0%)

1 に対し初めて, に對, の權力, をアザムク者

▼ ひ人生~ (4, 0.0%)

1 かへ, だへべれけ人生, と云, に於ける

▼ ひ~ (4, 0.0%)

2 の子 1 つぽい, を情

▼ ひ今宵~ (4, 0.0%)

1 の受用, は御, は月, は闇

▼ ひ会つて~ (4, 0.0%)

1 ゐても, ゐる, ゐるうち, ゐること

▼ ひ低い~ (4, 0.0%)

2 山でも 1 が極めて, 怕

▼ ひ何れ~ (4, 0.0%)

1 も不自然, も極めて, も江戸者, も筮

▼ ひ何ん~ (4, 0.0%)

1 なこと, な事, にも動かし, にも知らず

▼ ひ何人~ (4, 0.0%)

1 かを悩まし, か世, の心, の隠し女

▼ ひ何時~ (4, 0.0%)

1 だらうかと, でもあなた, どんなこと, までにといふ期限

▼ ひ~ (4, 0.0%)

1 が眼目, はあ, はその, を誰ぢ

▼ ひ~ (4, 0.0%)

1 のインチキカフヱー, の事, の気焔, の速成

▼ ひ~ (4, 0.0%)

1 に吹聴, はそつ, はそんな, は辻講繹

▼ ひ其上~ (4, 0.0%)

1 にての策, にて御下り, は上, へ胡座

▼ ひ~ (4, 0.0%)

2 ること 1 さる呪, さる災厄

▼ ひ処女~ (4, 0.0%)

1 が死, のおく, の一篇, の純情

▼ ひ出づる~ (4, 0.0%)

1 に何, に從, は必定, を走り

▼ ひ分け~ (4, 0.0%)

2 をする 1 をし, をしかし

▼ ひ~ (4, 0.0%)

1 な船乗り, に證據, るべき, 當の

▼ ひ~ (4, 0.0%)

1 どりといふ, にいたれ, 切られたわけ, 切る癖

▼ ひ~ (4, 0.0%)

1 た, たが, た父, で測

▼ ひ合つた時~ (4, 0.0%)

1 そして先刻, は女, は生き, 御米

▼ ひ合つて腰~ (4, 0.0%)

2 を掛けた 1 をおろした, をすゑ

▼ ひ同じく~ (4, 0.0%)

1 大和の, 弱耒, 王問は, 韓

▼ ひ同志~ (4, 0.0%)

1 ではニツクネーム, に恥, のお, ばかりがどんなに

▼ ひ~ (4, 0.0%)

2 が合 1 つた, よきもの

▼ ひ~ (4, 0.0%)

4 のやう

▼ ひ~ (4, 0.0%)

1 と云, は善惡, は悪, 尽し美

▼ ひ~ (4, 0.0%)

2 ひの 1 ふだけ, ふ其妖術奇々怪々

▼ ひ声ひとつ~ (4, 0.0%)

1 たてられぬ程, 立てずに, 立てなかつたが, 聞くこと

▼ ひ多き~ (4, 0.0%)

1 世の, 寺院の, 市の, 此世に

▼ ひ大きな~ (4, 0.0%)

1 ものだつた, 木馬が, 貫禄の, 鼻の

▼ ひ天下~ (4, 0.0%)

1 にゆるされ, の一大事, の一大事出來, の制度

▼ ひ~ (4, 0.0%)

2 ふに 1 つて逃げ, ひとり

▼ ひ女の子~ (4, 0.0%)

1 がこれ, はきまり, はきまり惡さうに, を中

▼ ひ女中~ (4, 0.0%)

1 になつて行つて, のゐる, の一人一人, は何

▼ ひ女房~ (4, 0.0%)

1 と入替り, と同じ, にすれ, の方

▼ ひ~ (4, 0.0%)

2 であ 1 のやう, を小菊

▼ ひ~ (4, 0.0%)

1 しては, のお, の空, を伴

▼ ひ学校~ (4, 0.0%)

1 に行かない, の先生, へそ, を東都

▼ ひ実は~ (4, 0.0%)

1 内々逢ひ, 単なる彗星的作家, 少々風変り, 皆棠軒

▼ ひ寄つた~ (4, 0.0%)

1 かも知れない, なぞと思はれる, にも等しい, に違

▼ ひ尊敬~ (4, 0.0%)

2 し合, し合つて

▼ ひ小間物屋~ (4, 0.0%)

1 とは名ばかり, になり, の市之助, の男前

▼ ひ少々~ (4, 0.0%)

1 の酔, 御内談, 御咄, 法には

▼ ひ少く~ (4, 0.0%)

1 て気分, とも今, なった, 芝居も

▼ ひ左右~ (4, 0.0%)

1 には谷, に五人づつ跡箱二ツ是, の小鬢, を顧み

▼ ひ~ (4, 0.0%)

1 が弟子, になりたい, に就く, や魔術

▼ ひ平次~ (4, 0.0%)

1 から預つた, にも油斷, はサツ, は容易

▼ ひ~ (4, 0.0%)

2 へし 1 だと, も違

▼ ひ幽か~ (4, 0.0%)

1 なる空氣, な色, にでも御, に花

▼ ひ廊下~ (4, 0.0%)

1 が通り, に灯, の床下, へ出

▼ ひ~ (4, 0.0%)

1 でよろしい, な精神, にやつ, に小さく

▼ ひ~ (4, 0.0%)

2 あるきて 1 あげて, も切らず

▼ ひ張つた~ (4, 0.0%)

1 か, が私, けれども処女, にしろ

▼ ひ張り~ (4, 0.0%)

2 をし 1 した黒, だの糠味噌

▼ ひ~ (4, 0.0%)

1 と云, は沙門, より下, をあらためて

▼ ひ後者~ (4, 0.0%)

1 が比較的, の場合, は裏面, を乙

▼ ひ得ら~ (4, 0.0%)

1 るべき事, るるか, るる一切, るる限

▼ ひ~ (4, 0.0%)

1 なる獄死, に變心, ノ舞, 拠

▼ ひ急ぎ足~ (4, 0.0%)

2 に家 1 であつ, で僕ら

▼ ひ恰も~ (4, 0.0%)

1 中世歐洲宮廷の, 何事かに, 天の, 馭者君の

▼ ひ~ (4, 0.0%)

1 程お, 程云はる, 程是, 程足下

▼ ひ~ (4, 0.0%)

1 る, れて, れながらも, れよと

▼ ひ払つて~ (4, 0.0%)

1 さて鬼頭, も全く, ゐるが, ゐるので

▼ ひ批評~ (4, 0.0%)

2 が多, し合

▼ ひ~ (4, 0.0%)

1 でも結構, にしかなる, に二円, をやり

▼ ひ斯く~ (4, 0.0%)

2 の如く 1 て我等, 路を

▼ ひ~ (4, 0.0%)

1 の支度万端, は九日路, より旅, を想

▼ ひ日本人~ (4, 0.0%)

1 に逐, に馴れ親しむ, の性情, は

▼ ひ早く~ (4, 0.0%)

1 きて, 座へ, 手が, 消しとめて

▼ ひ~ (4, 0.0%)

1 なる室, の蔡羽, れよ, を失ふ

▼ ひ明日~ (4, 0.0%)

1 の事, の分, はピザ, も明後日

▼ ひ星除名論~ (4, 0.0%)

1 を実行, を實行, を鎭撫, を鎮撫

▼ ひ最早~ (4, 0.0%)

1 太陽を, 時刻なる, 此地には, 此所迄

▼ ひ~ (4, 0.0%)

2 を携 1 をふり, を曳きぬ

▼ ひ~ (4, 0.0%)

1 よりは少し, をあけたら, を伏せた, を手

▼ ひ~ (4, 0.0%)

2 にそむけるなり 1 にそむける, を捉

▼ ひ機嫌~ (4, 0.0%)

1 である, で歩く, で鼻唄, といふところ

▼ ひ次いで~ (4, 0.0%)

1 大阪の, 或る, 餅と, 鴨緑江節ストトン節白頭山節と

▼ ひ次第~ (4, 0.0%)

2 討ち果すと 1 この三, せめて一

▼ ひ~ (4, 0.0%)

2 は漸く 1 が病床, は暗澹

▼ ひ浅草~ (4, 0.0%)

1 の水族館, の評判, の金田, へ国際キネマ劇場

▼ ひ~ (4, 0.0%)

1 つたので, つたり, つて, ぶる梅子

▼ ひ~ (4, 0.0%)

1 から帰つて, がすみ, といふの, に来

▼ ひ~ (4, 0.0%)

3 たい事 1 て口

▼ ひ無し~ (4, 0.0%)

1 とあの, と大いに, と目的, に掘つ

▼ ひ~ (4, 0.0%)

1 こそ名, の家主, は何と, を内

▼ ひ~ (4, 0.0%)

1 せしこと, せたくなく廻り路, たれども, に淑女

▼ ひ~ (4, 0.0%)

2 膝つい 1 哥で, 膝で

▼ ひ物緋~ (4, 0.0%)

4 の平

▼ ひ現に~ (4, 0.0%)

1 信ずべき記録, 無理を, 絶対的多数を, 絶對的多

▼ ひ甚だ~ (4, 0.0%)

1 中途半端な, 切なる, 稀に, 非道の

▼ ひ申分~ (4, 0.0%)

1 ないと, のない, のない美し, の無い

▼ ひ登つて~ (4, 0.0%)

1 いつた, その大根畑, ぶらりと下, ゐること

▼ ひ~ (4, 0.0%)

2 映と 1 さしむ, して

▼ ひ百年~ (4, 0.0%)

2 の後 1 のすべて, の間

▼ ひ盡す~ (4, 0.0%)

1 であらう, に至るべし, のみと云, の人

▼ ひ~ (4, 0.0%)

1 になつ, の空, 仰ぎ泣くわれ, 飛べ閑

▼ ひ笑つて~ (4, 0.0%)

1 おわかれ, この収拾, ゐるの, ゐる間

▼ ひ笑み~ (4, 0.0%)

4 を浮べ

▼ ひ~ (4, 0.0%)

1 がない, と筆, にする, にもせず

▼ ひ絶望~ (4, 0.0%)

2 が生んだ 1 の唸, や諦念

▼ ひ綿~ (4, 0.0%)

2 のやう 1 が似合, の髮

▼ ひ~ (4, 0.0%)

1 ならずその, なるもの, を感じ, を論じ

▼ ひ義雄~ (4, 0.0%)

1 の下宿, は, はそツ, はぱツ

▼ ひ~ (4, 0.0%)

1 が爛れ, とゴバウ, なき骨, を得る

▼ ひ~ (4, 0.0%)

1 といひ, に耽る, の世界, をまとひ

▼ ひ~ (4, 0.0%)

1 主人藤吉と, 將軍の, 母樣が, 黨の

▼ ひ落し~ (4, 0.0%)

1 で語り澁, 去る, 群がり落つる毬棒, 蹴落しながら

▼ ひ~ (4, 0.0%)

2 の枝 1 の日ざかり, の音

▼ ひ蒐め~ (4, 0.0%)

1 た積り, ておい, て後, るのに

▼ ひ~ (4, 0.0%)

1 に染み, は枯れ, も止り, も肉

▼ ひ言葉~ (4, 0.0%)

1 です如此譯故, なきとき, の調子, を巧

▼ ひ~ (4, 0.0%)

1 ける故, つた, つたが, にする

▼ ひ~ (4, 0.0%)

1 で大喜びでいつた, をやる, を十二銭, を雅夫

▼ ひ~ (4, 0.0%)

1 には汚れたる, の踏む, はと, を擧ぐる

▼ ひ~ (4, 0.0%)

1 しと, に相成, られては, 知らぬ顏

▼ ひ込み席~ (4, 0.0%)

1 が必要, が果して, も消えた, を統一

▼ ひ近く~ (4, 0.0%)

1 なので, は星野, 打ち続く後圃, 相成候

▼ ひ近頃~ (4, 0.0%)

1 では当り前, の出来事, は小唄, まで極め

▼ ひ~ (4, 0.0%)

1 つたこと, ひて, ひの, ふ心

▼ ひ逃れ~ (4, 0.0%)

1 の代弁, の口上, も拵, をしばしば

▼ ひ~ (4, 0.0%)

1 るべく, れやう, れよう餘地, れを

▼ ひ~ (4, 0.0%)

2 して 1 され御, す放蕩山人

▼ ひ~ (4, 0.0%)

2 郷へ 1 まはし, 州秋葉三尺坊の

▼ ひ酔つて~ (4, 0.0%)

1 しまつ, ワイワイ騒い, 喚いたり, 来たん

▼ ひ~ (4, 0.0%)

2 にあゆみ 1 づらには, に出

▼ ひ長い~ (4, 0.0%)

1 夜道を, 廊下や, 杖を, 間覗い

▼ ひ開き~ (4, 0.0%)

1 の出來, はむづかしいが, も通らず, をする

▼ ひ閣下~ (4, 0.0%)

2 の指揮 1 の為, の爲

▼ ひ~ (4, 0.0%)

2 は左 1 のぼたん, の貸家

▼ ひ~ (4, 0.0%)

1 が焦げついた, は食はず, も食, を炊ぐ

▼ ひ~ (4, 0.0%)

1 のま, の骨, を刻ん, を擡げ

▼ ひ騒ぎ~ (4, 0.0%)

1 でありますよ, で夜毎, の情熱, を見る

▼ ひ~ (4, 0.0%)

1 ひて, ひの, ふを, ふ術

▼ ひ~ (4, 0.0%)

2 のすき 1 を鉄板, を食

▼ ひ~ (4, 0.0%)

1 にて互に, にて舌, の根, や財布

▼ ひあし~ (3, 0.0%)

1 と云, と観る, の短い

▼ ひあたかも~ (3, 0.0%)

1 死ぬるばかりに, 自己を, 願ひ

▼ ひあらせいとう~ (3, 0.0%)

2 が咲い 1 にはそれ

▼ ひいかに~ (3, 0.0%)

1 をかしき, 弔はむ, 着んかに

▼ ひいち~ (3, 0.0%)

1 じるき, まつて, まふ

▼ ひいつ~ (3, 0.0%)

1 しよに, でもそれ, でも調

▼ ひいつか~ (3, 0.0%)

2 再び強い 1 無し

▼ ひいま~ (3, 0.0%)

1 にをさなき, もそれ, を時めく

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 いらうも, いらうを, すら青い

▼ ひおの~ (3, 0.0%)

1 が伎, づから心, づから顏色

▼ ひおや~ (3, 0.0%)

2 ぢの 1 ぢに

▼ ひからの~ (3, 0.0%)

1 この熱, 迷信だ, 雇ひ

▼ ひがさ~ (3, 0.0%)

3 のよう

▼ ひがま~ (3, 0.0%)

2 はつて來 1 はつて

▼ ひがら~ (3, 0.0%)

1 さ, もぐり込むので, を掌

▼ ひきり~ (3, 0.0%)

1 倒れるに, 踊りぬいて, 難い

▼ ひけれど~ (3, 0.0%)

1 彼等の, 忠兵衞儀は, 我は

▼ ひげすり閻魔~ (3, 0.0%)

1 だぜ, と名, と妙見堂

▼ ひげだるま~ (3, 0.0%)

1 のよう, の目, もとても

▼ ひげむじゃの部下~ (3, 0.0%)

1 の男, はなぜ, はなん

▼ ひげ男~ (3, 0.0%)

1 が出, でした, と見えた

▼ ひこいつ~ (3, 0.0%)

1 あたまらねえ, せの, はなんと

▼ ひこちら~ (3, 0.0%)

1 にころがりし, へ來, もまだ

▼ ひこと~ (3, 0.0%)

1 であり又, の語り詞也, もなげ

▼ ひことに~ (3, 0.0%)

1 その持ち, 何うし, 明らかに

▼ ひこれら~ (3, 0.0%)

1 の事, の神經, も亦

▼ ひこんな~ (3, 0.0%)

1 ところに, 滑稽な, 種類の

▼ ひごい~ (3, 0.0%)

1 だろう, なんかなんで, の生きた

▼ ひさうだつ~ (3, 0.0%)

21 たので

▼ ひさうに~ (3, 0.0%)

1 なつて, なつて日, も見えない

▼ ひさら~ (3, 0.0%)

2 めく 1 はれて

▼ ひさる~ (3, 0.0%)

1 こと許されず, にても落語, 光明かくて

▼ ひざかり~ (3, 0.0%)

2 であつ 1 でももの

▼ ひすがる人~ (3, 0.0%)

2 の兩手 1 の両手

▼ ひずり廻つて~ (3, 0.0%)

2 ゐるの 1 ゐる団体

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 が容色, にう, の眠れる

▼ ひその他~ (3, 0.0%)

1 との限界, の払ひも大体, の雑誌

▼ ひその間~ (3, 0.0%)

1 に身體, の調整, は戰爭

▼ ひそれでも~ (3, 0.0%)

1 お前が, こつちの感情, すこし顔

▼ ひたしか~ (3, 0.0%)

1 な返事, 八つの, 共通で

▼ ひちく~ (3, 0.0%)

1 どい, どくお, どく纏

▼ ひちゃ~ (3, 0.0%)

1 ひちゃ, ん袋物問屋の, 骨なし

▼ ひっぷり~ (3, 0.0%)

1 が出来た, とは格段, にはつく

▼ ひつくばつて~ (3, 0.0%)

1 しまつ, ゐるの, ゐるやう

▼ ひつけ通り~ (3, 0.0%)

1 におし, にしてる, 間もなく多

▼ ひつて~ (3, 0.0%)

1 をらん, をりました, をりません

▼ ひてこそ~ (3, 0.0%)

1 はじめて尽, 当然な, 我は

▼ ひときどき~ (3, 0.0%)

1 こんなふう, そつと, 突飛な

▼ ひとっぱ~ (3, 0.0%)

1 しりいって, しりビール, し芸術家気質

▼ ひどうも~ (3, 0.0%)

2 あの頬ぺた 1 不吉だ

▼ ひどんなに~ (3, 0.0%)

1 一致する, 收益を, 落魄し

▼ ひなどから~ (3, 0.0%)

1 佐渡屋の, 容易ならぬ, 絶えず苛

▼ ひなどには~ (3, 0.0%)

2 頓着なく 1 夢にも

▼ ひなにか~ (3, 0.0%)

1 かたりし, そこに, 身近な

▼ ひなんとなく~ (3, 0.0%)

1 壁に, 新鮮な, 焼きこんだの

▼ ひにくけれ~ (3, 0.0%)

1 ばあつし, ば校長, ば皆んな

▼ ひにては~ (3, 0.0%)

1 一生の, 候はずや, 谷中に

▼ ひにても~ (3, 0.0%)

1 及ぶ時, 始めて, 有な

▼ ひにのみ~ (3, 0.0%)

1 進んだもの, 重きを, 關する

▼ ひにまで~ (3, 0.0%)

1 神經を, 身を, 預つたところ

▼ ひのち~ (3, 0.0%)

1 がひ, やぶ臺, 助教師

▼ ひはか~ (3, 0.0%)

1 たよ, へし, へつて必要

▼ ひはたして~ (3, 0.0%)

1 はならない, 幾らも, 日向ぼこし

▼ ひはなし~ (3, 0.0%)

1 たるなか, たるなかなか, に

▼ ひばら~ (3, 0.0%)

2 の辺 1 を刺した

▼ ひひたすら~ (3, 0.0%)

1 に見えざる, 妻女の, 新年を

▼ ひひどく~ (3, 0.0%)

2 露骨に 1 照れて

▼ ひひな~ (3, 0.0%)

1 の殿, をさめ, を踊らせ

▼ ひぶり腹~ (3, 0.0%)

3 も立たず

▼ ひぶん~ (3, 0.0%)

1 であつ, であると, で申しわけ

▼ ひほど~ (3, 0.0%)

1 である, 取つて, 罪の

▼ ひまだ~ (3, 0.0%)

1 濟まして, 眼の, 驚きの

▼ ひみんな~ (3, 0.0%)

1 が山坂, のほめる, 縛りあげて

▼ ひやう出入り~ (3, 0.0%)

3 の者

▼ ひやに~ (3, 0.0%)

1 ほひと, 寄つてそれから, 見て

▼ ひやみ~ (3, 0.0%)

1 の, のうれひきみ, のよ

▼ ひゅうぱちっ~ (3, 0.0%)

1 ひゅう, ひゅうぱちっ, ひゅうひゅうぱちっと

▼ ひゆッ~ (3, 0.0%)

1 とせ, と音, ひゆッ

▼ ひゆー~ (3, 0.0%)

3

▼ ひょくりひょくりと~ (3, 0.0%)

1 円い頭, 振ってでも, 現われて

▼ ひょろ松おれ~ (3, 0.0%)

1 がその後, が釣ろう, だ

▼ ひょろ松これ~ (3, 0.0%)

1 でも妙, は, はなにか

▼ ひよろし~ (3, 0.0%)

1 がって, てゐた, ながら立ち上つた

▼ ひらら~ (3, 0.0%)

2 飛ぶ二つ蝙蝠 1 居る

▼ ひら坂~ (3, 0.0%)

2 に現れ 1 の上

▼ ひわという~ (3, 0.0%)

1 下女を, 腰元が, 腰元だけは

▼ ひわの~ (3, 0.0%)

1 ことを, 口を通して, 啼聲が

▼ ひをな~ (3, 0.0%)

2 ほさうと 1 ほし胴服

▼ ひをば~ (3, 0.0%)

1 しないと, 我れ, 頼入

▼ ひガラツ八~ (3, 0.0%)

1 が聞き, の報告, の手

▼ ひコーヒー~ (3, 0.0%)

1 のみ二人, のむ, を飲ませ

▼ ひツこ~ (3, 0.0%)

1 といふ約束, ぬいて, ぬかれて

▼ ひーん~ (3, 0.0%)

1 と手洟, と打ち消す, と洟

▼ ひ一ト飛~ (3, 0.0%)

3 話しは

▼ ひ一寸~ (3, 0.0%)

1 あそびに, 明賀屋に, 頭を

▼ ひ一度~ (3, 0.0%)

1 にても枕, も馬, 育つた土

▼ ひ一概に~ (3, 0.0%)

1 盲従し, 盲從し, 素朴といふだけ

▼ ひ一般~ (3, 0.0%)

1 の暴動, の言葉, 向なる

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 が鰐, は存外, も至つて

▼ ひ三箇~ (3, 0.0%)

3 のバケツ

▼ ひ上り~ (3, 0.0%)

1 し美しき, でいづれ, 飛び行くに

▼ ひ上戸~ (3, 0.0%)

1 の七平, の吉田, も喰

▼ ひ下し~ (3, 0.0%)

1 なば, 取る時, 来る

▼ ひ不意~ (3, 0.0%)

1 に正確, に金, の出來事

▼ ひ乍ら三人~ (3, 0.0%)

1 にすすめ, は芝山内, は離屋

▼ ひ乍ら丑松~ (3, 0.0%)

1 は二階, は少年, は船橋

▼ ひ乍ら何~ (3, 0.0%)

2 がなき心強 1 の苦

▼ ひ乍ら僕~ (3, 0.0%)

2 は今 1 の胸

▼ ひ乍ら入口~ (3, 0.0%)

2 に立ち 1 に待たし

▼ ひ乍ら家~ (3, 0.0%)

2 の中 1 へ入る

▼ ひ乍ら智恵子~ (3, 0.0%)

1 は己, は忽ち, は懐

▼ ひ乍ら智惠子~ (3, 0.0%)

1 は己, は忽ち, は懷

▼ ひ乍ら机~ (3, 0.0%)

2 の上 1 の抽斗

▼ ひ乍ら母~ (3, 0.0%)

1 の言葉, は酒, を呼ん

▼ ひ乍ら涙~ (3, 0.0%)

2 を流し 1 を拭い

▼ ひ乍ら父~ (3, 0.0%)

2 の信之 1 は叱責

▼ ひ乍ら言~ (3, 0.0%)

2 つた 1 出した

▼ ひ九月~ (3, 0.0%)

1 に波岡, の頃, は藤山

▼ ひ事ぢ~ (3, 0.0%)

1 やありません, やア, や間

▼ ひ事務~ (3, 0.0%)

2 の能 1 のやう

▼ ひ人情~ (3, 0.0%)

2 の真 1 の美しき

▼ ひ今朝~ (3, 0.0%)

1 になる, の新聞おし, 見れば

▼ ひ他人~ (3, 0.0%)

2 の批評 1 の暴虐

▼ ひ以前~ (3, 0.0%)

1 にはかやう, に書いた, に私

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 が良い, を新, を鈴木某

▼ ひ仲間~ (3, 0.0%)

1 から抜けだした, にも反, に對

▼ ひ何処~ (3, 0.0%)

1 の奥さん, の火の見, へ行く

▼ ひ何處~ (3, 0.0%)

1 ともなく, の窓, へ不足

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 でお, で買, の半ば以上

▼ ひ入り~ (3, 0.0%)

1 けむ, けむ行け, 行くに

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 師を, 羅慶尚, 體の

▼ ひ兩手~ (3, 0.0%)

1 あは, に顎, を合せ

▼ ひ八五郎~ (3, 0.0%)

1 が投, との約束, には近所

▼ ひ其処~ (3, 0.0%)

1 から恰度泉水, へ醜女, まで私

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 に入る, の砂地, へ入

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 びせさせじ, 吟味を, 應の

▼ ひ写真~ (3, 0.0%)

1 など撮り, を撮っ, を見

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 あらざるを, なければ, の誘ふ

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 を収めざる, を收めざる, を積ん

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 れたりと, れて, れに

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 かむされど, みて, もすれ

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 な自分, にて舌, を得

▼ ひ北廓全盛~ (3, 0.0%)

3 見わたせば

▼ ひ十手~ (3, 0.0%)

1 は無事, を以て請流, を預つ

▼ ひ卑劣~ (3, 0.0%)

2 なる投機手段 1 極まる

▼ ひ単に~ (3, 0.0%)

1 それだけで, 他人の, 社会の

▼ ひ厭味~ (3, 0.0%)

2 な喉 1 のありつ

▼ ひ去年~ (3, 0.0%)

1 つけさせた小径, 漸起立, 迄うるさく

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 かる, して, すこと

▼ ひ及び~ (3, 0.0%)

1 その他の, 假名づかひ, 征服

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 と夕食, は使徒, を失はん

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 つて其の, つて来る, 對の

▼ ひ受候~ (3, 0.0%)

1 とも早々, と申立, は斯

▼ ひ古い~ (3, 0.0%)

1 新聞を, 昔話など, 詩人の

▼ ひ古く~ (3, 0.0%)

1 から, はをちと, より牝熊

▼ ひ可被~ (3, 0.0%)

2 下候 1 下候実は

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 の内容, 地方の, 時代は

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 ひあるいて, ふことは, へば鯛

▼ ひ呉服~ (3, 0.0%)

2 の時三郎 1 を渡世

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 ひては, ひ手, ひ終れば

▼ ひ~ (3, 0.0%)

3 み合

▼ ひ善く~ (3, 0.0%)

2 之れ 1 も悪く

▼ ひ回し~ (3, 0.0%)

1 で説き聞かせ, をする, をゆるし

▼ ひ土曜日~ (3, 0.0%)

1 だから, なので, の來

▼ ひ堪忍~ (3, 0.0%)

3 をし

▼ ひ塚田~ (3, 0.0%)

1 は三百七十六分使つて, を親友, 強しと

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 に向, の所在, も用意

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 にし, に茶代, の者

▼ ひ多し~ (3, 0.0%)

1 です, と言, 入りも

▼ ひ大人~ (3, 0.0%)

1 であ, になつ, の侮り

▼ ひ大方~ (3, 0.0%)

1 ならず, ならず然るに, の論争

▼ ひ奇麗~ (3, 0.0%)

3 に損

▼ ひ女性~ (3, 0.0%)

1 なるが, の生理的条件, は赤児

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 と大, の家, を憶

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 て劇, て本庄近江守殿男子, より沒却理想

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 しむ人々, み笑, むことが

▼ ひ宗吉~ (3, 0.0%)

1 が前, が障子, は氣

▼ ひ寄つたの~ (3, 0.0%)

1 だ, は, はこの

▼ ひ寄つた者~ (3, 0.0%)

21 がある

▼ ひ寄り~ (3, 0.0%)

1 か, たまひぬ, もしない

▼ ひ富岡~ (3, 0.0%)

1 に毒づい, はそ, は林業

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 けるは, ぬるに, ぬる樣

▼ ひ小さい~ (3, 0.0%)

1 一匹の, 方の, 片は

▼ ひ小さな~ (3, 0.0%)

1 一隅の, 借家の, 破片が

▼ ひ小間物~ (3, 0.0%)

1 のお, の娘, を商つて

▼ ひ居候~ (3, 0.0%)

1 が妻, に付, 得ば

▼ ひ居給~ (3, 0.0%)

1 ふに, ふを, へるを

▼ ひ屡々~ (3, 0.0%)

1 悶絶した, 水を, 牝猫の

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 つとな, つとまじめ, となり

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 の上, の飾り, 裂け云々

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 に飛び越える, を隔, 破と

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 にながれつい, の崖みち, より歸

▼ ひ~ (3, 0.0%)

2 の藁布団 1 れて

▼ ひ帰り~ (3, 0.0%)

1 にはそれ, に一引, に新宿

▼ ひ度げ~ (3, 0.0%)

1 なためら, な樣子, に意味

▼ ひ度由~ (3, 0.0%)

1 を云, 故御世話, 物語りしに

▼ ひ張つたの~ (3, 0.0%)

1 であつ, である, は兄

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 かつた, て諸, ひて

▼ ひ形式~ (3, 0.0%)

1 だけでも儼然, で進め, を採る

▼ ひ得可~ (3, 0.0%)

2 しとの 1

▼ ひ御璽~ (3, 0.0%)

2 やいや栄え 1 やいや

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 にし, になつきけれ, に進ま

▼ ひ忠義~ (3, 0.0%)

1 が不義, ごかし藤五郎殿, らしく聞

▼ ひ~ (3, 0.0%)

2 ほゆる 1 を宰

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 となつ, なしの, なしを

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 ふ君, らしいもの, をかちえ

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 たやす, は吹返, も衝かず

▼ ひ悉く~ (3, 0.0%)

1 その心, 滿たされん, 神に

▼ ひ悪く~ (3, 0.0%)

1 さうに口を, 云ふ, 云へば

▼ ひ情なく~ (3, 0.0%)

3 じつと

▼ ひ想像~ (3, 0.0%)

1 された, する以外, におけるごとく

▼ ひ意味~ (3, 0.0%)

1 あり氣, が訣ら, と云

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 しむ, により, の強

▼ ひ愛し~ (3, 0.0%)

1 よく生き, 笑みて, 雨降り

▼ ひ憎く~ (3, 0.0%)

1 さうに, さうに云つた, 夙に島

▼ ひ戯曲~ (3, 0.0%)

1 の中, の内容, をといふ先入感

▼ ひ戰爭~ (3, 0.0%)

1 が起つ, に負け, は二國

▼ ひ手水~ (3, 0.0%)

1 にて身, をなせし, を遣

▼ ひ手紙~ (3, 0.0%)

1 が書きかけ, は来ない, を付け

▼ ひ打ち~ (3, 0.0%)

1 にした, にする, をし

▼ ひ払ふため~ (3, 0.0%)

1 に, にここ, にセメント

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 て私, も能氣味哉惡漢共, 改めて伊賀亮

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 から眞夏, に触れ, に觸

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 ひに, へて身なり, へれば

▼ ひ故郷~ (3, 0.0%)

1 に, の空, へ錦

▼ ひ文句~ (3, 0.0%)

1 を書く, を番, を言

▼ ひ新聞~ (3, 0.0%)

1 で君, の綴込み, を路上

▼ ひ~ (3, 0.0%)

2 つほどの 1 られし紐

▼ ひ方さ~ (3, 0.0%)

1 へできる, へ日本人同士, へ知らなかつた

▼ ひ日曜~ (3, 0.0%)

1 なればとて, の事, の朝

▼ ひ日月~ (3, 0.0%)

2 と光 1 は眼

▼ ひ~ (3, 0.0%)

2 の愁 1 の風情

▼ ひ昨夜~ (3, 0.0%)

2 はどう 1 のメムバー

▼ ひ是非~ (3, 0.0%)

1 なく燒, なく身上, も無き

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 には又, の仕度, れて

▼ ひ曲者~ (3, 0.0%)

1 の刀, は鍋, は闇

▼ ひ書き~ (3, 0.0%)

1 がし, である, の日

▼ ひ最近~ (3, 0.0%)

1 ではさ, のこと, まで折ふし

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 から晩, のうち, の床

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 にしばりつけ, にとまる, は一助

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 に, に終, の末

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 では米国, まさか屍骸, 屡々わたし

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 く, て尨雑, 盛論者に

▼ ひ楽屋~ (3, 0.0%)

1 で僕, で手紙, を打

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 になつて, になる, に看護人

▼ ひ~ (3, 0.0%)

2 きけり 1 きいなひのみ

▼ ひ歐米~ (3, 0.0%)

1 の文化, の文明, の銃砲

▼ ひ此所~ (3, 0.0%)

1 にて行逢, へ来り, 迄押し

▼ ひ此村~ (3, 0.0%)

2 から盛岡 1 に土着

▼ ひ此等~ (3, 0.0%)

1 の文字, の永久, の異人

▼ ひ此頃~ (3, 0.0%)

1 は此方, までも私, やうやうの

▼ ひ歴史~ (3, 0.0%)

1 に対する彼, に対する疎隔, の内面的形式

▼ ひ殺し~ (3, 0.0%)

1 でこんな, の寮番, 見たいなもの

▼ ひ母親~ (3, 0.0%)

2 の琴 1 は觀音樣

▼ ひ気分~ (3, 0.0%)

1 で暮れ方, と云, の悪い

▼ ひ汚れ~ (3, 0.0%)

2 もなく 1 の飯櫃

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 べてのみこの, べない, べられ

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 しける河口, に籠め, を渉

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 ひ云つてしまつたの, ひ廣げ, ひ自分

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 たれ給, なば, ぬべき心地

▼ ひ深き~ (3, 0.0%)

1 に過ぎ, 我等の, 瞋恚の

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 の太祖, の玩具, の順治帝

▼ ひ清新軒~ (3, 0.0%)

2 に飲む 1 に憩

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 が言, の書齋, をじらす

▼ ひ漸次~ (3, 0.0%)

1 に鑑賞, 石器土器を, 靜穩と

▼ ひ潰し~ (3, 0.0%)

1 であること, に戻つ, を一人殖

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 した姿, して, し安く

▼ ひ濯ぎ~ (3, 0.0%)

3 よりはじめて

▼ ひ無理~ (3, 0.0%)

1 に伯林, に相成, に酒

▼ ひ焼酎~ (3, 0.0%)

1 をのみ酔, を買, を飲み

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 の皮, もいる, もいれ

▼ ひ熱心~ (3, 0.0%)

1 に練習, に聴い, に讃美歌

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 に割籠, に袖の下, を出す

▼ ひ状いや~ (3, 0.0%)

3 とは言

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 のやう, の頭, 之松

▼ ひ現実~ (3, 0.0%)

1 がいかほど, に老いらく, の威

▼ ひ~ (3, 0.0%)

2 に彩畫 1 にうま酒

▼ ひ生活~ (3, 0.0%)

1 の明朗化, の爲め, をつ

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 がなく, で, ひて

▼ ひ申候~ (3, 0.0%)

1 に付き, へどもとかく, よふ相成

▼ ひ町内~ (3, 0.0%)

1 の外科, の草分け, より御

▼ ひ當時~ (3, 0.0%)

1 の名匠ダイダロス, の國情, 誤つて彼此

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 とてほこられ, とほこられ, には成るまい

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 の假面, までも生きられる, 迄といふ譬

▼ ひ盛り~ (3, 0.0%)

1 の久衛, の子, の頃

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 と曲, は付, 呻きにぞ

▼ ひ直ちに~ (3, 0.0%)

1 作品の, 取押, 宣んし曰

▼ ひ~ (3, 0.0%)

2 に黒襦子 1 に黒繻子

▼ ひ知らず~ (3, 0.0%)

1 めでたき由, 怪しき情, 淋しく見ゆる

▼ ひ研究~ (3, 0.0%)

1 し合, と云, の餘地

▼ ひ祖父~ (3, 0.0%)

1 と同じ, の死後家, は自家製

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 でそれ, の恐怖, まだ進歩

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 から首, の呉竹, の外

▼ ひ筑紫~ (3, 0.0%)

1 のくに, のはて, の綿

▼ ひ築地~ (3, 0.0%)

1 に明る, の家, の小唄勝太郎

▼ ひ~ (3, 0.0%)

3 むれば

▼ ひ終つて彼~ (3, 0.0%)

1 はジャンパア, は口, は戸口

▼ ひ綴くつ~ (3, 0.0%)

1 た灰色, た草庵, て一冬

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 ひ畳んだ綿入, ひ遠く, ふ

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 てを指します, べてを知る, べて黨議

▼ ひ~ (3, 0.0%)

2 らしたる生垣 1 らして

▼ ひ置候~ (3, 0.0%)

1 と相, なりと云, に相違御座

▼ ひ美しい~ (3, 0.0%)

1 娘です, 宝石商人の, 詞を

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 ある言句陳, ある飛揚, の脊

▼ ひ肉体~ (3, 0.0%)

1 の上, は変つて, を許し

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 に乱れた, ぬぎて, を隱

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 なる刀, のところ, をかけ

▼ ひ自己~ (3, 0.0%)

1 の生活状態, の素質, を描く

▼ ひ自身~ (3, 0.0%)

1 と極めて, にはもう, は知つて

▼ ひ臺所~ (3, 0.0%)

1 に居並び, に置く, へ行つて

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 のわかき, の動く, を出さう

▼ ひ芥川~ (3, 0.0%)

1 が, があまり, も恐る

▼ ひ若し~ (3, 0.0%)

1 左うであれ, 漢文によ, 茲に

▼ ひ若者~ (3, 0.0%)

2 が氣組み 1 が気組み

▼ ひ茂つた草~ (3, 0.0%)

1 の葉, や木の葉, を分け

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 な刀架め其方, な名主惣内殿并, に妻

▼ ひ~ (3, 0.0%)

2 のひからび 1 を頻りに

▼ ひ落ち~ (3, 0.0%)

1 ながら逞しい, にすぐ, よ

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 なども同じ, になり, の蠕動

▼ ひ街道~ (3, 0.0%)

2 御顏 1 御顔

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 ぬぎかへむあすの夜, のあやしく, ゆきて

▼ ひ見事~ (3, 0.0%)

2 にその 1 なほど

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 から一町南, の三階家, を收むる蝸牛

▼ ひ語り~ (3, 0.0%)

1 が出, には不老, まで伸び

▼ ひ調~ (3, 0.0%)

1 へた, へて川端, へて携

▼ ひ諸事清潔~ (3, 0.0%)

3 にし

▼ ひ~ (3, 0.0%)

2 を吝 1 を投じ

▼ ひ路お力~ (3, 0.0%)

2 も何處 1 も何処

▼ ひ踊り~ (3, 0.0%)

1 する者, と馬鹿笑, も踊り

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 けるので, ける樣, じて

▼ ひ~ (3, 0.0%)

2 にい寄る 1 つべに

▼ ひ近い~ (3, 0.0%)

1 たから, 坂下の, 身内の

▼ ひ迫つて~ (3, 0.0%)

1 来たの, 来たので, 来るやう

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 つかけて, ひに, ひ駈けて

▼ ひ送り~ (3, 0.0%)

3 の提燈いま

▼ ひ通し~ (3, 0.0%)

1 だからへと, のあと, の有

▼ ひ通り~ (3, 0.0%)

1 か, にし, に下駄

▼ ひ違はず美登利~ (3, 0.0%)

3 が額際

▼ ひ遠く~ (3, 0.0%)

1 して, 慮れば, 遠く遠く

▼ ひ~ (3, 0.0%)

2 を購 1 に帰る

▼ ひ~ (3, 0.0%)

2 ひて 1 つ拂ひと

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 振花, 振鳴らし長途, 附きの

▼ ひ銀座~ (3, 0.0%)

1 へのす, へ出る, を歩む

▼ ひ鎌倉~ (3, 0.0%)

1 に流され, の何處, の尼寺

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 絹を, 羅宇の, 鞭馬を

▼ ひ~ (3, 0.0%)

2 を鎖し 1 を守る

▼ ひ~ (3, 0.0%)

2 かつた 1 かむ

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 ひくる志, ひし少女, ひて

▼ ひ雌雄~ (3, 0.0%)

2 を問 1 未だ決

▼ ひ難から~ (3, 0.0%)

3

▼ ひ難けれ~ (3, 0.0%)

1 ばあつし, ば俺, ば問はる

▼ ひ非常~ (3, 0.0%)

1 な古く, な注意, に努力

▼ ひ~ (3, 0.0%)

2 に納め 1 に納

▼ ひ頗る~ (3, 0.0%)

1 うるさかつ, 強大と, 慎重な

▼ ひ食堂~ (3, 0.0%)

1 でビフテキ, の二階広間, へ行ったら

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 ふら, をし, を魅し去れ

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 の落ちた, は釣れなく, 躍るはじめ

▼ ひ鳥歌~ (3, 0.0%)

1 ふ, ふ常春, ふ造化

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 が, の声, は

▼ ひ~ (3, 0.0%)

1 の紋, の紋ぢ, の紋所

▼ ひ鼻歌~ (3, 0.0%)

2 のそ 1 のそそり

▼ ひあつし~ (2, 0.0%)

1 がこの, は良い

▼ ひあと~ (2, 0.0%)

1 の所, は自分

▼ ひあまた~ (2, 0.0%)

1 に散らさじ, もしつ

▼ ひあまり~ (2, 0.0%)

1 そんな噂, のその

▼ ひあらためて~ (2, 0.0%)

1 又とんと, 彼の

▼ ひあるいは~ (2, 0.0%)

1 君を, 蘭の

▼ ひあるは~ (2, 0.0%)

1 斃る, 物語を

▼ ひあれこれ~ (2, 0.0%)

2 と主題

▼ ひいかにも~ (2, 0.0%)

1 嬉しさうに自分, 自分たちが

▼ ひいきなり~ (2, 0.0%)

1 急所要点, 曲者の

▼ ひいつも~ (2, 0.0%)

1 のお, 其処ぢや

▼ ひいや~ (2, 0.0%)

1 珍しくも, 魚では

▼ ひうかうか~ (2, 0.0%)

1 と歩, と窓

▼ ひうた~ (2, 0.0%)

2

▼ ひうち~ (2, 0.0%)

1 に動く, ふるひ木

▼ ひうやうやしく~ (2, 0.0%)

1 一礼し, 一禮し

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 にだけになつて, もいはれぬ

▼ ひおこし~ (2, 0.0%)

1 ながらしばらく, はしなくも離れ

▼ ひおそらく~ (2, 0.0%)

1 消極的な, 過去を通じて

▼ ひおまけ~ (2, 0.0%)

1 にその大きな, に骸骨

▼ ひおれ~ (2, 0.0%)

1 の仕出かした, を見る

▼ ひお爺さん~ (2, 0.0%)

2 は無言

▼ ひお金~ (2, 0.0%)

1 の代り, を持つ

▼ ひかげすみれ~ (2, 0.0%)

1 なぞは花, まるばすみれ

▼ ひかに~ (2, 0.0%)

2 をかしき

▼ ひがき~ (2, 0.0%)

1 じゃや, にかく

▼ ひがたり~ (2, 0.0%)

1 この頃, ちかごろ聞かず

▼ ひがねや~ (2, 0.0%)

2 穂蓼の

▼ ひがん~ (2, 0.0%)

1 の入りあたり, の様

▼ ひきつ~ (2, 0.0%)

1 と妹, ぱりした古

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 さ, ぬぎさくら

▼ ひぐうぐう~ (2, 0.0%)

2 大鼾

▼ ひぐま~ (2, 0.0%)

1 が蝦夷地, の皮

▼ ひぐまの檻~ (2, 0.0%)

1 のま, のまえ

▼ ひけど~ (2, 0.0%)

1 ひかねど, もさに

▼ ひげむじゃの顔~ (2, 0.0%)

1 の大写し, を鉄ごうし

▼ ひげワシ~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ ひげ月~ (2, 0.0%)

2 のひかり

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 ひ, をろ

▼ ひこそこそ~ (2, 0.0%)

2 と林

▼ ひこの間~ (2, 0.0%)

1 のこと, わが輸送部隊

▼ ひこまやか~ (2, 0.0%)

2 にのり

▼ ひこれから~ (2, 0.0%)

1 は従来, 寝ると

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 亭主にも, 承知の

▼ ひさては~ (2, 0.0%)

1 子守りに, 芝生を

▼ ひさながら~ (2, 0.0%)

1 一時の, 出家の

▼ ひさび~ (2, 0.0%)

2 くさりぬす

▼ ひさまざま~ (2, 0.0%)

1 な醜い, の風景

▼ ひさんざん~ (2, 0.0%)

1 人を, 泣かせられましたを

▼ ひさ篠~ (2, 0.0%)

2 の子

▼ ひしかし~ (2, 0.0%)

1 いくらかの, これは

▼ ひしかして~ (2, 0.0%)

1 これに, 是また

▼ ひしきりに~ (2, 0.0%)

1 なつかしくて, 首を

▼ ひしこ~ (2, 0.0%)

1 がかじき鮪, も來

▼ ひすでに~ (2, 0.0%)

1 成就したれ, 自ら不当に

▼ ひずる~ (2, 0.0%)

1 の噛み, やたんぽぽ

▼ ひせいぜい~ (2, 0.0%)

2 栄養としてのみ

▼ ひそつ~ (2, 0.0%)

1 と振り返る, と見世

▼ ひそのまま~ (2, 0.0%)

1 自転車を, 頭を

▼ ひそら~ (2, 0.0%)

1 かし, 葱だ

▼ ひそれら~ (2, 0.0%)

1 のもの, の觀念

▼ ひたえず~ (2, 0.0%)

1 た, 西南

▼ ひたち枝~ (2, 0.0%)

2 張れる老木

▼ ひたっぷり~ (2, 0.0%)

1 のみさて, 芝居を

▼ ひたまたま~ (2, 0.0%)

1 君子の, 芥川氏の

▼ ひため~ (2, 0.0%)

1 その上, にポスト

▼ ひたより~ (2, 0.0%)

1 に小沢, をあげる

▼ ひたりといふ~ (2, 0.0%)

2 妄説は

▼ ひたりを~ (2, 0.0%)

1 りしを, り余りに

▼ ひたんぼ~ (2, 0.0%)

1 でいやらしい, の女はん

▼ ひだけしか~ (2, 0.0%)

1 ない, 覚えてを

▼ ひだけを~ (2, 0.0%)

1 専念に, 指すの

▼ ひだて~ (2, 0.0%)

1 と言, をしなさる

▼ ひちの郷~ (2, 0.0%)

2 に近い

▼ ひちよい~ (2, 0.0%)

1 と君子さん, と草木

▼ ひぢかけ~ (2, 0.0%)

1 がつい, に投げ

▼ ひぢやつ~ (2, 0.0%)

1 たから, たもんぢ

▼ ひぢ山~ (2, 0.0%)

1 をな, をなせり

▼ ひついで~ (2, 0.0%)

1 入澤達吉博士の, 水際を

▼ ひつなぎ~ (2, 0.0%)

1 にどうしても, のため

▼ ひつぶし~ (2, 0.0%)

1 でもした, に歩く

▼ ひつまり~ (2, 0.0%)

1 奧州の, 雜用工である

▼ ひ~ (2, 0.0%)

2 をしました

▼ ひづら~ (2, 0.0%)

1 さうに, をし

▼ ひてとは~ (2, 0.0%)

1 言は, 言へ

▼ ひてには~ (2, 0.0%)

1 あらず, あらねど

▼ ひといふ~ (2, 0.0%)

1 代物, 諸件

▼ ひとど~ (2, 0.0%)

1 ろ來る, ろ来る

▼ ひどころか~ (2, 0.0%)

1 かなり通の, まことに御

▼ ひながらかの~ (2, 0.0%)

1 女が, 女は

▼ ひながらど~ (2, 0.0%)

2 つかりと

▼ ひなつかしく~ (2, 0.0%)

1 思つて明け, 訪ふ

▼ ひなにやら~ (2, 0.0%)

2 んもの

▼ ひなほ勢~ (2, 0.0%)

2 に乗じ

▼ ひなんか~ (2, 0.0%)

1 ぢや, よせつて

▼ ひなんぞ~ (2, 0.0%)

1 して, なかつたといふだけで

▼ ひなんぞは~ (2, 0.0%)

1 一度だ, 近頃に

▼ ひにかへ~ (2, 0.0%)

2 りきて

▼ ひにくから~ (2, 0.0%)

1 う, う俺

▼ ひにくき~ (2, 0.0%)

2 を我慢

▼ ひにこそ~ (2, 0.0%)

1 そが正, なれあまり

▼ ひにしも~ (2, 0.0%)

1 怨疾の, 慣れよその

▼ ひにすら~ (2, 0.0%)

1 いらつし, 憤りを

▼ ひについては~ (2, 0.0%)

1 地二八・一〇六, 眞と

▼ ひにつつ~ (2, 0.0%)

1 あり, むにたへがたし

▼ ひによる~ (2, 0.0%)

1 せ, ものである

▼ ひに対し~ (2, 0.0%)

1 ひそかに, 飽くまで幇間的態度

▼ ひに対しては~ (2, 0.0%)

1 何も, 答へ

▼ ひに対しても~ (2, 0.0%)

1 ひどくぎこち, 先験的な

▼ ひに対する~ (2, 0.0%)

1 新しい心持ち, 答へと

▼ ひねえ~ (2, 0.0%)

1 イヴォンヌお祖母さん, モアンお祖母さん

▼ ひねッ~ (2, 0.0%)

1 た小, た敏覚

▼ ひねッて~ (2, 0.0%)

1 いるうち, いるふう

▼ ひのさ~ (2, 0.0%)

1 さら水なみ, 如何に何だ

▼ ひのみか~ (2, 0.0%)

1 色までが, 食物は

▼ ひのみかげ~ (2, 0.0%)

1 といふ言葉, には祝詞

▼ ひのみが~ (2, 0.0%)

1 歩いて, 永遠の

▼ ひのよ~ (2, 0.0%)

1 ささや, ちは

▼ ひはあ~ (2, 0.0%)

1 たつて, 無くなツちやツ

▼ ひはく~ (2, 0.0%)

1 な土嚢塁, にいろづい

▼ ひはげしけれ~ (2, 0.0%)

2 街道に

▼ ひはずつと~ (2, 0.0%)

1 川上, 若い少年時代

▼ ひはた~ (2, 0.0%)

1 傲る, 跳る

▼ ひはと~ (2, 0.0%)

1 ほくちひさく, まつた

▼ ひはも~ (2, 0.0%)

1 なかの, ゆる身

▼ ひはやき~ (2, 0.0%)

2 日の

▼ ひばかりに~ (2, 0.0%)

1 なり歌, 恍れ

▼ ひひいては~ (2, 0.0%)

1 愛國心を, 文学一般の

▼ ひひとり~ (2, 0.0%)

1 は暴力, をたのしむ

▼ ひひどい~ (2, 0.0%)

1 力で, 奴だ

▼ ひびかふ墓地~ (2, 0.0%)

2 の闇母

▼ ひびかふ物~ (2, 0.0%)

2 の音夜

▼ ひびかふ音~ (2, 0.0%)

2 ながら沿線

▼ ひふか~ (2, 0.0%)

1 し栗, に秋

▼ ひふさ~ (2, 0.0%)

1 ふや, へ美しけれ

▼ ひふらふら~ (2, 0.0%)

1 と旅, と買

▼ ひへは~ (2, 0.0%)

1 ひつて, 眞逆

▼ ひほか~ (2, 0.0%)

1 にお客, ひに

▼ ひまあ~ (2, 0.0%)

1 ひに, やめとけと

▼ ひまさに~ (2, 0.0%)

1 現代フランス劇壇に, 鎮西八郎さまの

▼ ひまっ~ (2, 0.0%)

1 つぶしでしょう, つぶしには

▼ ひもし~ (2, 0.0%)

1 彼女の, 泣きたかつたら泣き

▼ ひもしくは~ (2, 0.0%)

1 世を, 親子ドンブリを

▼ ひもと~ (2, 0.0%)

1 のごとく, オペラ館に

▼ ひゃっ~ (2, 0.0%)

1 おもしろい, この男

▼ ひゃら~ (2, 0.0%)

1 ひゃら, ひゅうい

▼ ひゃらく様~ (2, 0.0%)

1 がお越し, のお

▼ ひゃりこ~ (2, 0.0%)

1 ひゃりこ, ひゃりこで

▼ ひゃッ~ (2, 0.0%)

1 と頓狂, ひゃッ

▼ ひやけ~ (2, 0.0%)

1 した黒い, の茄子

▼ ひやすき~ (2, 0.0%)

1 わが心, 人の

▼ ひやはり~ (2, 0.0%)

1 叙事的情調を, 学校の

▼ ひやらも~ (2, 0.0%)

2 解らずと

▼ ひやを~ (2, 0.0%)

2 殊更に

▼ ひゅうっと~ (2, 0.0%)

1 吹きつけます, 鳴らし一同

▼ ひゅうひゅうと鞭~ (2, 0.0%)

1 かなんかを振る, を振る

▼ ひゅうひゅうひゅう~ (2, 0.0%)

2 ひゅひゅう

▼ ひゅうひゅう風~ (2, 0.0%)

1 がうなっ, がふく

▼ ひゅらり~ (2, 0.0%)

1 と横笛, ひゅらり

▼ ひゅん~ (2, 0.0%)

2 ひゅん

▼ ひゅッ空~ (2, 0.0%)

1 でなにか, の上

▼ ひょくりひょくりと頭~ (2, 0.0%)

2 をふっ

▼ ひょこと頭~ (2, 0.0%)

1 を上げた, を下げ

▼ ひょこり~ (2, 0.0%)

1 ひょこりと真っ黒, ふらり

▼ ひょこりと蛙~ (2, 0.0%)

2 の前

▼ ひょこりひょこりと~ (2, 0.0%)

1 動いた, 歩き廻って

▼ ひょこり頭~ (2, 0.0%)

1 を持ち上げる, を擡げ

▼ ひょっこら~ (2, 0.0%)

2 へっこらしょ

▼ ひょろりの松五郎~ (2, 0.0%)

1 だけが顎十郎, の三人

▼ ひょろ松ここ~ (2, 0.0%)

1 でじっくり, に変った

▼ ひょろ松どん~ (2, 0.0%)

1 でごわす, 悪く思っ

▼ ひょろ松十五日~ (2, 0.0%)

1 に島送り, の朝

▼ ひょろ松藤波~ (2, 0.0%)

1 のやつ, はえらい

▼ ひょろ竹~ (2, 0.0%)

1 と云われる瘠せた, はなぜ

▼ ひょんと~ (2, 0.0%)

1 出た, 消ゆる

▼ ひょんと死~ (2, 0.0%)

2 ぬるや

▼ ひょイ~ (2, 0.0%)

2 ひょイ

▼ ひらげ~ (2, 0.0%)

1 てしまつて, る人

▼ ひら手~ (2, 0.0%)

1 でペタペタ, にて抑

▼ ひりす~ (2, 0.0%)

2 がし

▼ ひわけても~ (2, 0.0%)

1 傷口を, 運動の

▼ ひわたしたち~ (2, 0.0%)

2 は山

▼ ひわと~ (2, 0.0%)

1 四疋は, 申すもの

▼ ひわは~ (2, 0.0%)

1 おそらく二度とここ, 毎日の

▼ ひわや~ (2, 0.0%)

1 なんぞの鳥, またかけす

▼ ひわら~ (2, 0.0%)

1 ひ起き直らうと, をつき抜いた

▼ ひわりに~ (2, 0.0%)

2 血の

▼ ひわれわれ~ (2, 0.0%)

1 の手足, はやつ

▼ ひをか~ (2, 0.0%)

1 ぐのさへいやだと云ふ, ぐのもきらひです

▼ ひをの~ (2, 0.0%)

1 のくな, やま或は

▼ ひをのみ~ (2, 0.0%)

1 吸収せられたらしい, 殘し

▼ ひアイスクリーム~ (2, 0.0%)

1 を, をのみ

▼ ひアカイア勢~ (2, 0.0%)

1 を勵, を屠らんず

▼ ひアンマ~ (2, 0.0%)

2 をとる

▼ ひイヤ~ (2, 0.0%)

1 さう, 強い旅人

▼ ひウイ~ (2, 0.0%)

1 をのむ, を乾杯

▼ ひウイスキー~ (2, 0.0%)

1 を安く, 又

▼ ひキミ子~ (2, 0.0%)

1 にさ, を貰ひたい

▼ ひギリシヤ~ (2, 0.0%)

1 の悲劇, の神話

▼ ひコレ~ (2, 0.0%)

1 お時, お深殿此通り

▼ ひコロンバン~ (2, 0.0%)

1 で茶, で菓子

▼ ひセリフ~ (2, 0.0%)

1 を覚え, を覚える

▼ ひヂュウス~ (2, 0.0%)

1 の令, を信じ

▼ ひッかい~ (2, 0.0%)

1 たりする, たりひ

▼ ひッそり閑~ (2, 0.0%)

1 とし, とした

▼ ひッ腰~ (2, 0.0%)

1 の弱い, もなく

▼ ひツくり~ (2, 0.0%)

1 かへる, 返りかけた

▼ ひツこなし~ (2, 0.0%)

1 です, としまし

▼ ひニューグランド~ (2, 0.0%)

1 で一人食事, で食事

▼ ひハリキ~ (2, 0.0%)

1 ってしまふ, る

▼ ひピストル~ (2, 0.0%)

1 は泊め, を用

▼ ひフランチエスカ~ (2, 0.0%)

2 の君

▼ ひミタイ~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ ひミユンヘン~ (2, 0.0%)

1 と雖, の人

▼ ひラヂオ~ (2, 0.0%)

1 に合せ, は七月四日

▼ ひリヤカー~ (2, 0.0%)

2 に山

▼ ひリレー~ (2, 0.0%)

1 だけは勝敗, は十四区

▼ ひーッ~ (2, 0.0%)

1 と悲鳴, と泣く

▼ ひ一々~ (2, 0.0%)

1 其名を, 石の

▼ ひ一たび~ (2, 0.0%)

1 は襄, 去て

▼ ひ一たび伯~ (2, 0.0%)

2 の門

▼ ひ一ツ~ (2, 0.0%)

1 に今日, の為

▼ ひ一切~ (2, 0.0%)

2 の被服

▼ ひ一匹~ (2, 0.0%)

2 の猫

▼ ひ一家~ (2, 0.0%)

1 の事情, を支え

▼ ひ一応~ (2, 0.0%)

1 自己が, 足下に

▼ ひ一月~ (2, 0.0%)

1 のヴァラ, ばかり前

▼ ひ一歩~ (2, 0.0%)

1 も動く, を進めなけれ

▼ ひ一番~ (2, 0.0%)

1 おしまひ, に打たれました

▼ ひ一種~ (2, 0.0%)

1 の魚, ほのぼのと

▼ ひ一筋~ (2, 0.0%)

1 と子供, は別に

▼ ひ一粒~ (2, 0.0%)

1 の金丹, の食物

▼ ひ一部~ (2, 0.0%)

1 なりとも, を茶山

▼ ひ三味線~ (2, 0.0%)

1 が鳴る, を彈

▼ ひ三庄太夫~ (2, 0.0%)

2 が為

▼ ひ三歳~ (2, 0.0%)

1 のとき, の赤子

▼ ひ上つた彼女~ (2, 0.0%)

2 は隠し

▼ ひ上つて來~ (2, 0.0%)

1 たの, るやう

▼ ひ上つて端~ (2, 0.0%)

2 から端

▼ ひ上つて鼠~ (2, 0.0%)

2 が梁

▼ ひ上手~ (2, 0.0%)

1 に誘はれ, 甘きに

▼ ひ上着~ (2, 0.0%)

1 のボタン, を脱ぎ棄てる

▼ ひ不二家~ (2, 0.0%)

2 でホットケーキ

▼ ひ不善~ (2, 0.0%)

1 と云, を作

▼ ひ不思議~ (2, 0.0%)

1 な夢, に移り変り

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 悦ぶ, 次第に勢力

▼ ひ世帶~ (2, 0.0%)

1 にもかかはらず, の誓約

▼ ひ世界~ (2, 0.0%)

1 の高所, 第一

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 の理論, はまた

▼ ひ~ (2, 0.0%)

2 腕を

▼ ひ両手~ (2, 0.0%)

1 には相当, に若干

▼ ひ両親~ (2, 0.0%)

1 に暇乞, はまだぴんぴん

▼ ひ丹後~ (2, 0.0%)

2 の人此国

▼ ひ乃至~ (2, 0.0%)

1 は翌年, 夫婦関係の

▼ ひ久八~ (2, 0.0%)

1 などは以前, の如き

▼ ひ久兵衞~ (2, 0.0%)

1 へ家業向打, を盜賊

▼ ひ乍らこれ~ (2, 0.0%)

1 は又, また齒

▼ ひ乍らせつ~ (2, 0.0%)

2 せと

▼ ひ乍らそつ~ (2, 0.0%)

1 と両, と歸

▼ ひ乍らインバネス~ (2, 0.0%)

2 の砂

▼ ひ乍ら一本~ (2, 0.0%)

2 取つた

▼ ひ乍ら他愛~ (2, 0.0%)

2 もなく

▼ ひ乍ら俊坊~ (2, 0.0%)

1 のそば, を見ました

▼ ひ乍ら信吾~ (2, 0.0%)

2 が入

▼ ひ乍ら先~ (2, 0.0%)

1 に立つ, に起ちたる

▼ ひ乍ら冗談~ (2, 0.0%)

1 らしく相手, 見たいに

▼ ひ乍ら加藤~ (2, 0.0%)

2 は少し

▼ ひ乍ら女~ (2, 0.0%)

1 はそつ, は障子

▼ ひ乍ら室~ (2, 0.0%)

2 の隅

▼ ひ乍ら家路~ (2, 0.0%)

1 へと急ぐ, を辿る

▼ ひ乍ら富江~ (2, 0.0%)

2 は薄暗い

▼ ひ乍ら川崎~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ ひ乍ら店~ (2, 0.0%)

1 の隅, へ出

▼ ひ乍ら座~ (2, 0.0%)

1 つたが, をかためる

▼ ひ乍ら懷~ (2, 0.0%)

1 から八つ折, から取出した

▼ ひ乍ら懷中~ (2, 0.0%)

1 から半紙, の十手

▼ ひ乍ら教祖島村美支子~ (2, 0.0%)

2 の一代記

▼ ひ乍ら斯~ (2, 0.0%)

2 う言

▼ ひ乍ら橄欖色~ (2, 0.0%)

2 のレース糸

▼ ひ乍ら水槽~ (2, 0.0%)

1 の中, の深み

▼ ひ乍ら渠~ (2, 0.0%)

2 はその

▼ ひ乍ら火~ (2, 0.0%)

1 の様, の樣

▼ ひ乍ら神田~ (2, 0.0%)

1 から緑町, へ辿りました

▼ ひ乍ら私~ (2, 0.0%)

1 とならん, の周圍

▼ ひ乍ら竹山~ (2, 0.0%)

2 は煙草

▼ ひ乍ら續~ (2, 0.0%)

1 けました, けます

▼ ひ乍ら羞む色~ (2, 0.0%)

2 もなく

▼ ひ乍ら袂~ (2, 0.0%)

1 から木綿糸, でくるんだ

▼ ひ乍ら袴~ (2, 0.0%)

2 も脱がず

▼ ひ乍ら言葉~ (2, 0.0%)

2 を添

▼ ひ乍ら談話~ (2, 0.0%)

1 を為る, を聞い

▼ ひ乍ら輕~ (2, 0.0%)

2 い心持

▼ ひ乍ら野村~ (2, 0.0%)

1 は暖炉, は煖爐

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 だと, り潰すから

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 といふところ, 応じ丙丁戊みな一緒

▼ ひ乙姫さま~ (2, 0.0%)

2 があなた

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 ひのむ, ひ求めた

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 の本質, は全く

▼ ひ事情~ (2, 0.0%)

1 を打ちあけ, を打明け

▼ ひ二三~ (2, 0.0%)

1 の注意, の農業雑誌

▼ ひ二人限~ (2, 0.0%)

2 で水汲

▼ ひ二回~ (2, 0.0%)

1 と二, ばかりで

▼ ひ二日~ (2, 0.0%)

1 に二尺, の夕海上

▼ ひ二月~ (2, 0.0%)

1 の餘寒烈, は人心不安

▼ ひ云つて~ (2, 0.0%)

1 しまつ, しまつたか

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 末に, 疲れたる漁史

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 の家, の欄人

▼ ひ亭子院~ (2, 0.0%)

2 と申

▼ ひ人ぢ~ (2, 0.0%)

2

▼ ひ人夫~ (2, 0.0%)

1 でもし, の娘

▼ ひ人家地~ (2, 0.0%)

2 をあらそひ

▼ ひ人柄~ (2, 0.0%)

2 と言

▼ ひ人根性~ (2, 0.0%)

2 でをる

▼ ひ人知れず~ (2, 0.0%)

1 ふところで, 几帳の

▼ ひ人道~ (2, 0.0%)

2 を嘲ける

▼ ひ人類~ (2, 0.0%)

1 のため, の創造

▼ ひ今年~ (2, 0.0%)

1 の冬, はまた

▼ ひ今後~ (2, 0.0%)

1 の對策, 更に慮る

▼ ひ今日星氏~ (2, 0.0%)

2 に依

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 と云, を聞き

▼ ひ仏蘭西~ (2, 0.0%)

1 では日本在来, の象徴主義

▼ ひ仙妃~ (2, 0.0%)

2 を想

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 の村, の自覚

▼ ひ休息~ (2, 0.0%)

1 すること三十分, する間

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 が二代目一刀齋, の佐太郎

▼ ひ~ (2, 0.0%)

2 の勢力

▼ ひ低調~ (2, 0.0%)

2 な道徳観

▼ ひ何だか~ (2, 0.0%)

1 小理窟, 知らぬが

▼ ひ何とて~ (2, 0.0%)

1 喧々囂々たる, 泣給ぞと

▼ ひ何やら~ (2, 0.0%)

1 ぶつぶつ口の, 説明を

▼ ひ何一つ~ (2, 0.0%)

2 の建設

▼ ひ何卒~ (2, 0.0%)

1 御宥, 私し

▼ ひ何度~ (2, 0.0%)

1 もタクシイ, 申され候

▼ ひ何日~ (2, 0.0%)

1 に上陸, のやう

▼ ひ何物~ (2, 0.0%)

1 にか溺, を掴みだす

▼ ひ作者~ (2, 0.0%)

1 の心事, の許し

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 しこの, しコーツ

▼ ひ來つた~ (2, 0.0%)

1 全思想, 若い歌人

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 に召連, ふる華

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 に假玄關, に清く

▼ ひ信州~ (2, 0.0%)

1 へ參, より越後

▼ ひ俳優~ (2, 0.0%)

1 にあ, も舞台監督

▼ ひ候はん~ (2, 0.0%)

1 と申しき, 初瀬留樣

▼ ひ候樣留守居~ (2, 0.0%)

2 へ申渡す

▼ ひ値通り~ (2, 0.0%)

1 に価, に買

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 にも無常, に嘉平

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 は其方梅, も

▼ ひ做す~ (2, 0.0%)

2 に至つて

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 のマヽ, へよびよせ

▼ ひ傳吉~ (2, 0.0%)

1 が科, のこと

▼ ひ優しく~ (2, 0.0%)

1 ありて, こほろぎを

▼ ひ元気~ (2, 0.0%)

1 に笑つて, をつけ合つて

▼ ひ先代~ (2, 0.0%)

1 よりの勤功, より召使

▼ ひ先達~ (2, 0.0%)

1 ある機会, 見えたあの

▼ ひ先達て~ (2, 0.0%)

2 の手紙

▼ ひ入浴~ (2, 0.0%)

1 しドップリ身体中, する

▼ ひ兩人~ (2, 0.0%)

1 で引取何, は其意

▼ ひ兩軍~ (2, 0.0%)

1 ひとしく彼, 互に相殺

▼ ひ~ (2, 0.0%)

2 は憲法

▼ ひ共々~ (2, 0.0%)

2 馬を

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 を分たね, 過ぎて

▼ ひ其ため~ (2, 0.0%)

1 に君主, 各職業

▼ ひ其他~ (2, 0.0%)

1 のもの, を先

▼ ひ其時~ (2, 0.0%)

1 にその, には昨日

▼ ひ其等~ (2, 0.0%)

1 に対する時, に對

▼ ひ其間~ (2, 0.0%)

1 に次, に首尾

▼ ひ内部~ (2, 0.0%)

1 に入, の経験

▼ ひ内閣~ (2, 0.0%)

2 の失政

▼ ひ再度~ (2, 0.0%)

2 の出馬

▼ ひ凡て~ (2, 0.0%)

1 の点, 成るを

▼ ひ凹巷~ (2, 0.0%)

2

▼ ひ出し策~ (2, 0.0%)

2 にか

▼ ひ出だし~ (2, 0.0%)

1 し若者等, て天人

▼ ひ出づべき詞~ (2, 0.0%)

1 の工夫, の順序

▼ ひ出づるに~ (2, 0.0%)

2 高く鳴る

▼ ひ出づる草~ (2, 0.0%)

2 のはつ

▼ ひ出づる虫~ (2, 0.0%)

1 だけで, と続けた

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 をひつこ, を拔

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 なる折, なる時

▼ ひ切支丹~ (2, 0.0%)

1 は決して, を国禁

▼ ひ到頭~ (2, 0.0%)

1 ここまで, 一年經た

▼ ひ刻々~ (2, 0.0%)

1 に胸, に進ん

▼ ひ前後~ (2, 0.0%)

1 で十分, に重なり

▼ ひ功名~ (2, 0.0%)

1 たてて, を萬世

▼ ひ助け合つて~ (2, 0.0%)

1 ゐると, 飛んで

▼ ひ勇武~ (2, 0.0%)

1 で愛情, の人間

▼ ひ勉強~ (2, 0.0%)

1 する予定, は出来なく

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 に服し, に服する

▼ ひ勝利~ (2, 0.0%)

1 の日, を期した

▼ ひ勝敗~ (2, 0.0%)

1 決すべく, 決せんか

▼ ひ化粧~ (2, 0.0%)

1 する時, せぬ雌魚

▼ ひ北海~ (2, 0.0%)

2 の地方

▼ ひ十一時~ (2, 0.0%)

1 に出かけ, 迄セット

▼ ひ十二時~ (2, 0.0%)

1 きっちりを, に出る

▼ ひ十二時半~ (2, 0.0%)

1 に寝る, 帰る

▼ ひ十月~ (2, 0.0%)

1 の宝塚映画出演, は再び

▼ ひ千疋屋~ (2, 0.0%)

1 で食事, へ上っ

▼ ひ~ (2, 0.0%)

2 ちかし明治神宮

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 の上, の下

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 の河合, を残し

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 いところ, い橋

▼ ひ去る~ (2, 0.0%)

1 ことの, すべも

▼ ひ又もや~ (2, 0.0%)

1 夜毎に, 海を

▼ ひ又七~ (2, 0.0%)

1 に世帶, は此金

▼ ひ叔父~ (2, 0.0%)

1 が一人, を寄せつけなかつた

▼ ひ取り候~ (2, 0.0%)

1 と其手續, を妾

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 て我養子, て老

▼ ひ古跡~ (2, 0.0%)

2 をも空しく

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 の池, の泉水

▼ ひ只今~ (2, 0.0%)

2 御聞

▼ ひ叫び曰~ (2, 0.0%)

2

▼ ひ右手~ (2, 0.0%)

1 を出し, を我

▼ ひ合つた室~ (2, 0.0%)

2 には無職

▼ ひ合つた席~ (2, 0.0%)

1 にかけてゐ, を陣取り

▼ ひ合つてゆ~ (2, 0.0%)

1 つくりお茶, つくりその

▼ ひ合つて一軒~ (2, 0.0%)

1 の理髪床, の理髮床

▼ ひ合つて座~ (2, 0.0%)

2 を占めた

▼ ひ合つて話~ (2, 0.0%)

1 をし, をする

▼ ひ合つて頭~ (2, 0.0%)

1 から顔, を下げた

▼ ひ合ひと~ (2, 0.0%)

1 いふの, なりかつて

▼ ひ合戦~ (2, 0.0%)

1 をやつ, を忌々しく

▼ ひ吉右衛門~ (2, 0.0%)

1 が残つて, と言

▼ ひ同様~ (2, 0.0%)

1 になる, に致し

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 は周, を包みぬ

▼ ひ吾妻屋永左衞門~ (2, 0.0%)

1 少しやつ, 若い時分町道場

▼ ひ吾輩~ (2, 0.0%)

2 の如く

▼ ひ告げ~ (2, 0.0%)

2 やらむ

▼ ひ周復俊~ (2, 0.0%)

1 の咏, は弱力

▼ ひ呼吸~ (2, 0.0%)

1 が第, に通

▼ ひ咫尺~ (2, 0.0%)

2 を弁ぜず

▼ ひ唇紅~ (2, 0.0%)

2 などさして

▼ ひ唐棧~ (2, 0.0%)

1 の袖口, の袷

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 へて歩く, へ事

▼ ひ問題~ (2, 0.0%)

1 としてもそれ, にする

▼ ひ喜平さん~ (2, 0.0%)

1 の仙台二高時代, の仙臺二高時代

▼ ひ~ (2, 0.0%)

2 ばしにけり

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 ばかり言ふから, を伝へる

▼ ひ嘸かし~ (2, 0.0%)

1 と氣, 在所にても

▼ ひ噐具~ (2, 0.0%)

1 を原料, を用

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 たひ日本, は其子

▼ ひ四日目~ (2, 0.0%)

2 に猛烈

▼ ひ四谷~ (2, 0.0%)

1 に飲む, へ

▼ ひ四邊~ (2, 0.0%)

1 に火災, の空氣

▼ ひ困難~ (2, 0.0%)

1 したる, な道

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 をゆすれる, を奪

▼ ひ国家~ (2, 0.0%)

1 の急, の福利

▼ ひ國家~ (2, 0.0%)

1 の急, の沒落

▼ ひ坊主~ (2, 0.0%)

1 から教育, といふ綽名

▼ ひ場泉~ (2, 0.0%)

2 は涸れ

▼ ひ~ (2, 0.0%)

2 を嘗め

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 が少し, と空気

▼ ひ変化~ (2, 0.0%)

1 させあ, の多き

▼ ひ夕べ~ (2, 0.0%)

1 に十二銭, は得体

▼ ひ外国~ (2, 0.0%)

1 のもの, の長所

▼ ひ外面~ (2, 0.0%)

1 なる葉, なる葉廣柏

▼ ひ多分~ (2, 0.0%)

1 その觀念, 仲間の

▼ ひ夜食~ (2, 0.0%)

1 と云, を倶

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 にし, に泣くなり

▼ ひ大き~ (2, 0.0%)

1 なる料理, なる草紙

▼ ひ大げさ~ (2, 0.0%)

2 に体

▼ ひ大切~ (2, 0.0%)

1 にぞ勤務, に抱

▼ ひ大砲~ (2, 0.0%)

2 を購

▼ ひ大神樂住吉~ (2, 0.0%)

2 をどり

▼ ひ大金~ (2, 0.0%)

1 の事故, の隱

▼ ひ大陸~ (2, 0.0%)

1 より歸來, を裏

▼ ひ大隈伯~ (2, 0.0%)

2 に政治上

▼ ひ天一坊~ (2, 0.0%)

1 と名, は將軍

▼ ひ天地~ (2, 0.0%)

1 の創造, 忽ち紅色

▼ ひ天子~ (2, 0.0%)

1 の衣裳, も又

▼ ひ天晴れ上流~ (2, 0.0%)

2 の客あしら

▼ ひ天気~ (2, 0.0%)

1 で正午, は麗らか

▼ ひ夫人~ (2, 0.0%)

1 に憑依, に近い

▼ ひ夫婦~ (2, 0.0%)

1 とも稼, もむろんよく

▼ ひ失敗~ (2, 0.0%)

1 すること, は進歩

▼ ひ失礼~ (2, 0.0%)

1 したが, ながら相

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 に馳せる, を争

▼ ひ奇妙~ (2, 0.0%)

1 な不気味さだつた, に上品

▼ ひ奸商~ (2, 0.0%)

2 と結托

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 者を, 道連なれ

▼ ひ好き~ (2, 0.0%)

1 な人, につけ込んだ

▼ ひ如何なる~ (2, 0.0%)

1 人気に, 地方に

▼ ひ始めて~ (2, 0.0%)

1 道佛の, 騰れる焔

▼ ひ姦淫~ (2, 0.0%)

1 がこの, がすべて

▼ ひ姫秋~ (2, 0.0%)

2 ふた毛

▼ ひ姿~ (2, 0.0%)

2 と云

▼ ひ娘さん~ (2, 0.0%)

1 の差し出す, も家

▼ ひ婆さん~ (2, 0.0%)

1 が氣, の呆気

▼ ひ~ (2, 0.0%)

2 は雄略天皇

▼ ひ嫉妬~ (2, 0.0%)

1 と猜忌, なとはさておい

▼ ひ子供達~ (2, 0.0%)

1 が集団疎開, は日頃

▼ ひ子孫~ (2, 0.0%)

1 が父祖, は沢山

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 を久利, を敬蔵重文

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 市城は, 食堂で

▼ ひ安き~ (2, 0.0%)

1 所なり, 言葉なり

▼ ひ完全~ (2, 0.0%)

1 なる圓, な合意

▼ ひ官兵衛~ (2, 0.0%)

2 は膝すり

▼ ひ定食~ (2, 0.0%)

1 を食, を食った

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 と云, の御

▼ ひ実に~ (2, 0.0%)

1 一奇談だ, 懐旧の

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 が変, と云つて

▼ ひ~ (2, 0.0%)

2 せらるると

▼ ひ宮中府中~ (2, 0.0%)

1 の権域, の權域

▼ ひ家中~ (2, 0.0%)

1 の人気, の者

▼ ひ家賃~ (2, 0.0%)

2 は出さぬ

▼ ひ容易く~ (2, 0.0%)

1 も, も救

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 と引く, を喜ぶ

▼ ひ~ (2, 0.0%)

2 さに

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 して, の農夫

▼ ひ寧ろ~ (2, 0.0%)

1 万豊や, 極端まで

▼ ひ専門~ (2, 0.0%)

1 になつ, の人

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 た両親, に終らう

▼ ひ將棋~ (2, 0.0%)

2 に敗れ

▼ ひ小夜衣~ (2, 0.0%)

1 は千太郎, は少し

▼ ひ小宮~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ ひ小松原次官一個~ (2, 0.0%)

2 の非行

▼ ひ小腰~ (2, 0.0%)

2 を屈め

▼ ひ少しく~ (2, 0.0%)

1 彎曲した, 縁より

▼ ひ少年~ (2, 0.0%)

1 の姉, は学校

▼ ひ少時~ (2, 0.0%)

1 ゐて, 話す

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 ほ活, 一度

▼ ひ尚も~ (2, 0.0%)

1 せつせ, 緩やかに

▼ ひ屋敷~ (2, 0.0%)

1 の中, を売り

▼ ひ屏風~ (2, 0.0%)

1 のかげ, を立てたる

▼ ひ山中~ (2, 0.0%)

1 さして至る, でも然

▼ ひ山人~ (2, 0.0%)

1 が山の神, と言

▼ ひ岐阜~ (2, 0.0%)

2 の遭難

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 と云, に上る

▼ ひ島田~ (2, 0.0%)

1 の呉れた, の根

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 にある, には松

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 る, るる顏

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 も崖, 渡れば

▼ ひ巨額~ (2, 0.0%)

2 の金

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 を得ざる, んで答

▼ ひ市中~ (2, 0.0%)

2 いつたいに

▼ ひ市之丞~ (2, 0.0%)

1 の金子, は如何

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 ひを, ふ

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 へし, へりしと

▼ ひ帰つて~ (2, 0.0%)

1 来た, 来たと

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 と相談, の中

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 ならぬ花, はえまゐ

▼ ひ平野~ (2, 0.0%)

1 とホテ・グリ, に軍神

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 ひ娘たち, を感ずる

▼ ひ幸福~ (2, 0.0%)

1 でもある, な夢

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 けく, 靈の

▼ ひ幾十人~ (2, 0.0%)

2 の力

▼ ひ幾多~ (2, 0.0%)

1 の方士, 雅趣ある

▼ ひ府下~ (2, 0.0%)

2 の模様

▼ ひ廻し妻~ (2, 0.0%)

2 もまた

▼ ひ弓矢~ (2, 0.0%)

1 もて遊ばぬ, を日置流

▼ ひ弟子~ (2, 0.0%)

1 にわし, は頭

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 つてゐた, は遂に

▼ ひ強い~ (2, 0.0%)

1 語気や, 酒の

▼ ひ形式的~ (2, 0.0%)

1 になつ, に感受

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 だけのもの, にも立

▼ ひ彼ら~ (2, 0.0%)

1 が我船, に結び

▼ ひ彼処~ (2, 0.0%)

1 に到る, の蜜柑

▼ ひ彼處~ (2, 0.0%)

1 にちらつく, に見ゆる

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 たが, でましき

▼ ひ往來~ (2, 0.0%)

1 で逢つて, を歩き

▼ ひ待ち~ (2, 0.0%)

1 しかば明日, をり

▼ ひ後に~ (2, 0.0%)

1 号, 岡寛斎と

▼ ひ後世~ (2, 0.0%)

1 の事実, の朝日

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 なるに, にて走る

▼ ひ~ (2, 0.0%)

2 ふる獅子

▼ ひ御車~ (2, 0.0%)

2 にもめし玉はず俄

▼ ひ心中~ (2, 0.0%)

1 でもされ, をした

▼ ひ心細き~ (2, 0.0%)

2 山した

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 にも念, を入

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 ひて, れて

▼ ひ怪我~ (2, 0.0%)

1 はありません, は無

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 れ, れ遊ぶ

▼ ひ恐ろしく~ (2, 0.0%)

1 大きい出眼, 奥山の

▼ ひ息子~ (2, 0.0%)

1 は老いた, をうし

▼ ひ悦び~ (2, 0.0%)

1 の舞踏, を歌

▼ ひ悪い~ (2, 0.0%)

1 ことで, んです

▼ ひ悲しみ~ (2, 0.0%)

1 ぬ死後, 居たる父源内立歸

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 ひぬ, ふけふこのごろ

▼ ひ惱ん~ (2, 0.0%)

1 でゐた, で居ります

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 はぬ, ひしたひて

▼ ひ愈々~ (2, 0.0%)

1 宮中の, 開店と

▼ ひ意識~ (2, 0.0%)

1 しないにも, はし

▼ ひ~ (2, 0.0%)

2 きて

▼ ひ慇懃~ (2, 0.0%)

1 に会釈, に謙り

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 つた, る人

▼ ひ憲法上~ (2, 0.0%)

1 の解釈, の解釋

▼ ひ懷中~ (2, 0.0%)

1 には二百兩, の金子

▼ ひ我々~ (2, 0.0%)

1 は色, 如き後生大事

▼ ひ我擧~ (2, 0.0%)

1 はかれ, は我

▼ ひ或は又~ (2, 0.0%)

2 絶えず引き攣つ

▼ ひ戦争~ (2, 0.0%)

1 で死な, といふトンマ

▼ ひ戦闘一時余~ (2, 0.0%)

2 の間

▼ ひ戸口~ (2, 0.0%)

1 に下げた, へ顔

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 である, も一変

▼ ひ所詮~ (2, 0.0%)

1 はからくり, 其方も

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 の開け閉て, 開く

▼ ひ手拍子~ (2, 0.0%)

1 を取り, を拍

▼ ひ手拭~ (2, 0.0%)

1 にて頭ら, に石

▼ ひ~ (2, 0.0%)

2 を恃

▼ ひ払つた~ (2, 0.0%)

1 だけで, と申す

▼ ひ払つたの~ (2, 0.0%)

1 だ, だと

▼ ひ技師~ (2, 0.0%)

1 がその, に書類

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 へつけ, 転ばす凡そ

▼ ひ押し~ (2, 0.0%)

2 に押しのぼり

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 僧少し, 寺檀家の

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 ひ水, ひ階段

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 へた, へて秘藏

▼ ひ掛け~ (2, 0.0%)

1 がこと, の饅頭

▼ ひ掛つて~ (2, 0.0%)

1 居る料理菊, 来た

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 けたる, け合

▼ ひ損つた~ (2, 0.0%)

1 あゝツ, といふやう

▼ ひ損つて~ (2, 0.0%)

1 しまつ, ゐるので

▼ ひ~ (2, 0.0%)

2 ひて

▼ ひ支那官憲~ (2, 0.0%)

1 も大分心配, を苦しめた

▼ ひ改めて~ (2, 0.0%)

1 もなぜ, 君の

▼ ひ放送局~ (2, 0.0%)

1 から二十六日, へ

▼ ひ政治上~ (2, 0.0%)

2 に於

▼ ひ政治家たる~ (2, 0.0%)

2 の技倆

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 ひける然るに, みて

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 は平四郎, も降伏

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 は急所, を揮つて数寄者

▼ ひ断角~ (2, 0.0%)

2 を想

▼ ひ新しき~ (2, 0.0%)

1 ものは, 演題を

▼ ひ新た~ (2, 0.0%)

1 なり処刑, に花子

▼ ひ新橋~ (2, 0.0%)

1 のブラックエンドホワイト, の弥生

▼ ひ日に日に~ (2, 0.0%)

1 痩せぬ人, 重ること

▼ ひ早速~ (2, 0.0%)

1 御裝束, 知合ひ

▼ ひ旬報~ (2, 0.0%)

1 の二階, の五日

▼ ひ昇つて~ (2, 0.0%)

1 やがて上, 見な

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 は英文和訳, もまた

▼ ひ時々~ (2, 0.0%)

1 一枝の, 筆を

▼ ひ時として~ (2, 0.0%)

1 は目前, 反撥し

▼ ひ時計~ (2, 0.0%)

1 のあらかじめ, もたしかに

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 も四日市邊, を四方

▼ ひ晴天~ (2, 0.0%)

1 で大, で小春日

▼ ひ~ (2, 0.0%)

2 を磨き

▼ ひ智謀~ (2, 0.0%)

1 に富む, に長けた

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 かつた, 憺として

▼ ひ暫し~ (2, 0.0%)

1 このころ, は別

▼ ひ暫らく~ (2, 0.0%)

1 この假説, その前

▼ ひ書燈~ (2, 0.0%)

2 を想

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 信實に, 早年も

▼ ひ最前~ (2, 0.0%)

1 の御, もお

▼ ひ月代~ (2, 0.0%)

1 が胡麻鹽髭, を撫で

▼ ひ月夜~ (2, 0.0%)

1 だつた, 少なき夏蕎麥

▼ ひ望み~ (2, 0.0%)

1 たまふも, に望める

▼ ひ朝戸~ (2, 0.0%)

2 を開き

▼ ひ朝日ビル~ (2, 0.0%)

1 の地下, 迄

▼ ひ朝野相習~ (2, 0.0%)

2 ひて

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 刻過, 子も

▼ ひ未來~ (2, 0.0%)

1 に醉, の首相候補者

▼ ひ本人~ (2, 0.0%)

1 は留守, も周囲

▼ ひ本所~ (2, 0.0%)

1 の叔母さん, の御用聞

▼ ひ朱雀院~ (2, 0.0%)

2 へ入らせ

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 が替る, の學校

▼ ひ村長~ (2, 0.0%)

1 にし, に成

▼ ひ束の間~ (2, 0.0%)

1 なりとも止まる, も忘

▼ ひ東五郎~ (2, 0.0%)

2

▼ ひ東京~ (2, 0.0%)

2 に出た

▼ ひ東京駅~ (2, 0.0%)

1 へ, へ行く

▼ ひ松竹梅~ (2, 0.0%)

2 の小袖

▼ ひ林処士~ (2, 0.0%)

2 の風流

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 しなければ, は

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 の曲, を折る

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 しうけ, せしなり

▼ ひ枯葉~ (2, 0.0%)

1 を集め, 厚く堆積

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 にす, の下

▼ ひ格闘~ (2, 0.0%)

1 すること, をはじめる

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 ごよみ, の花

▼ ひ梯子段~ (2, 0.0%)

2 の在所

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 へそれ, へぬ

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 に巧み, 飛ばし黄銅鎧

▼ ひ横浜~ (2, 0.0%)

1 にユニオン教会, の方

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 と坂, はかくれた

▼ ひ止め~ (2, 0.0%)

1 しかども及ばず, よ

▼ ひ正しく~ (2, 0.0%)

1 おはせ, 狩人の

▼ ひ正月~ (2, 0.0%)

1 が来, の

▼ ひ正義~ (2, 0.0%)

1 で易, の信念

▼ ひ此事~ (2, 0.0%)

1 を直談, を詳細云

▼ ひ此処~ (2, 0.0%)

1 の古本屋, は我国

▼ ひ此家~ (2, 0.0%)

1 に長居, も今宵限り

▼ ひ此度~ (2, 0.0%)

1 の一條, は珍事忽地

▼ ひ此男~ (2, 0.0%)

2 と謂

▼ ひ此話~ (2, 0.0%)

2 は二人限

▼ ひ武力~ (2, 0.0%)

2 の宣揚

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 が痛く, のかけた

▼ ひ歸つて~ (2, 0.0%)

1 呉れぬか, 漸く豆

▼ ひ死骸~ (2, 0.0%)

1 は幸, もその

▼ ひ殆ど~ (2, 0.0%)

1 御困, 肌も

▼ ひ殿~ (2, 0.0%)

1 の姉, の罪深く

▼ ひ母樣~ (2, 0.0%)

1 が變死, には麹町

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 ある肌, に絮

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 の病苦, の請

▼ ひ民心~ (2, 0.0%)

1 を弛緩, 転た悄然

▼ ひ水上~ (2, 0.0%)

1 にては使用者是, に一時間位按摩

▼ ひ永く~ (2, 0.0%)

1 佇む, 半国を

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 は淋漓, 拭く

▼ ひ汝等~ (2, 0.0%)

1 のめづる女性, の衷

▼ ひ決然~ (2, 0.0%)

1 として韓国, として韓國

▼ ひ汽車~ (2, 0.0%)

1 で南, に乗る

▼ ひ河野自身~ (2, 0.0%)

2 では俯仰天地

▼ ひ法然上人~ (2, 0.0%)

2 にすかされまいらせ

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 し偖, の眼

▼ ひ注射~ (2, 0.0%)

1 が済む, の針

▼ ひ~ (2, 0.0%)

2 つたやう

▼ ひ洗濯女~ (2, 0.0%)

2 の手

▼ ひ活字~ (2, 0.0%)

2 にはならなかつた

▼ ひ派手~ (2, 0.0%)

1 なところ, な花模様

▼ ひ浮世~ (2, 0.0%)

1 の外, の風

▼ ひ海岸~ (2, 0.0%)

1 から離れ, の巌

▼ ひ海軍~ (2, 0.0%)

1 の鳥居, を以て英

▼ ひ~ (2, 0.0%)

2 れる小さき

▼ ひ淨瑠璃~ (2, 0.0%)

1 から來, にだ

▼ ひ深し~ (2, 0.0%)

2 や空

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 りの, り合つて行つた

▼ ひ混乱~ (2, 0.0%)

1 のめまぐるしい, の嵐

▼ ひ淺草~ (2, 0.0%)

1 の六區, の水族館

▼ ひ清潔~ (2, 0.0%)

1 な食, にし

▼ ひ清霜~ (2, 0.0%)

2 を想

▼ ひ渡つた~ (2, 0.0%)

1 といふ, 青苔

▼ ひ渡辺~ (2, 0.0%)

1 がクヅモチ, と言

▼ ひ温泉宿~ (2, 0.0%)

1 へ来, らしい屋根

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 てり青き, 洲行の

▼ ひ満腹~ (2, 0.0%)

1 す, 苦しい程

▼ ひ溌剌~ (2, 0.0%)

1 たる運動, とした

▼ ひ~ (2, 0.0%)

2 るる浴泉

▼ ひ漁人~ (2, 0.0%)

2 には薪

▼ ひ漂つて~ (2, 0.0%)

1 くる, ゐる日

▼ ひ演劇~ (2, 0.0%)

1 の本質, は次第に

▼ ひ漢語~ (2, 0.0%)

2 の詩

▼ ひ澎湃~ (2, 0.0%)

1 たる國民, として空

▼ ひ瀬戸~ (2, 0.0%)

1 に至る, も絹川

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 に濡, の明り

▼ ひ灰色~ (2, 0.0%)

1 の雲, を帶びて緑

▼ ひ烟草~ (2, 0.0%)

1 をし, 燻らすほどに

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 の蘂, も燦

▼ ひ無から~ (2, 0.0%)

2 うが

▼ ひ無く~ (2, 0.0%)

1 て態, 未練気なし

▼ ひ無事~ (2, 0.0%)

1 に帰る, に座布團

▼ ひ無名氏~ (2, 0.0%)

2 にせよ

▼ ひ無性に~ (2, 0.0%)

2 うれしが

▼ ひ無用~ (2, 0.0%)

1 なり何分, なり假令何事

▼ ひ熊手~ (2, 0.0%)

1 を持ち, を持つ

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 のため, るる病臥

▼ ひ熱切~ (2, 0.0%)

2 なりと

▼ ひ熱演~ (2, 0.0%)

2 して

▼ ひ燈明~ (2, 0.0%)

2 のかげ

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 き拂, き立て

▼ ひ~ (2, 0.0%)

2 を立てる

▼ ひ爭ひも~ (2, 0.0%)

1 して, しなかつた

▼ ひ父親~ (2, 0.0%)

1 の枕許, の遺した

▼ ひ片隅~ (2, 0.0%)

1 には見苦しき, に割拠

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 の頸, はげぶつと

▼ ひ物好き~ (2, 0.0%)

1 だと, にも入

▼ ひ物質的~ (2, 0.0%)

1 にまで具現, に恵まれ

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 き合, と抱き

▼ ひ狂人~ (2, 0.0%)

1 と云, と言

▼ ひ~ (2, 0.0%)

2 はその

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 に投ぜられた, に生れ

▼ ひ玉はん~ (2, 0.0%)

2 が寺

▼ ひ玉ふらん~ (2, 0.0%)

2 ともつたい

▼ ひ王建~ (2, 0.0%)

1 の詞, は足蹈平地

▼ ひ珈琲~ (2, 0.0%)

1 を美味しく, を飲む

▼ ひ珈琲店~ (2, 0.0%)

2 に坐し

▼ ひ現在~ (2, 0.0%)

1 の俳優, の日本

▼ ひ理解~ (2, 0.0%)

1 し欲するもの, し肯定

▼ ひ琥珀~ (2, 0.0%)

2 のやう

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 にも笑, のまま

▼ ひ用火焼~ (2, 0.0%)

2 黒め皮

▼ ひ田舎~ (2, 0.0%)

1 で許す, のダンスホール

▼ ひ~ (2, 0.0%)

2 と丙

▼ ひ申さん~ (2, 0.0%)

1 といふ, と云

▼ ひ申上げ度~ (2, 0.0%)

1 いこと, いと思つて

▼ ひ畢ん~ (2, 0.0%)

1 ぬ, ぬ重成法師

▼ ひ病人~ (2, 0.0%)

1 の眼, は母

▼ ひ病氣~ (2, 0.0%)

1 が惡, と聞

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 さを, まず二時半帰宅

▼ ひ痛き~ (2, 0.0%)

2 畑の

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 でも男, にさ

▼ ひ白人~ (2, 0.0%)

1 と云, の血

▼ ひ~ (2, 0.0%)

2 るに

▼ ひ盛ん~ (2, 0.0%)

1 に感激, に焚火

▼ ひ盡くせ~ (2, 0.0%)

1 と云, ぬ程

▼ ひ盡さん~ (2, 0.0%)

1 とする, とのみお

▼ ひ~ (2, 0.0%)

2 を持ち出し

▼ ひ直接~ (2, 0.0%)

1 に鯖, の關係

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 で鼻, に信念

▼ ひ~ (2, 0.0%)

2 さうにし

▼ ひ眠く~ (2, 0.0%)

1 なつちやつた, なりて

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 も見つかりました, を飛ばし

▼ ひ知つて~ (2, 0.0%)

1 る船頭衆, ゐる

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 かき香に, を以て長

▼ ひ短期~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ ひ短歌~ (2, 0.0%)

1 の批評, を唱

▼ ひ祈祷~ (2, 0.0%)

1 の終り, もせず

▼ ひ神妙~ (2, 0.0%)

1 に存ずる, に膝頭

▼ ひ神戸港~ (2, 0.0%)

1 のアラミス号, のプレシドン・ドウメル

▼ ひ神有電車~ (2, 0.0%)

2 で有馬

▼ ひ私儀~ (2, 0.0%)

1 は病氣, は赤川大膳

▼ ひ私語~ (2, 0.0%)

1 きつ, くやう

▼ ひ秘か~ (2, 0.0%)

1 に, に私

▼ ひ種々~ (2, 0.0%)

1 に言, 支那に

▼ ひ種族~ (2, 0.0%)

1 に対する浪費, 互に助けよ

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 かけて, に吹く

▼ ひ稽古~ (2, 0.0%)

1 の娘, の間

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 が八箇所, の中

▼ ひ空山~ (2, 0.0%)

2 を想

▼ ひ空想~ (2, 0.0%)

1 の恋人, を役し

▼ ひ空虚~ (2, 0.0%)

2 なる函

▼ ひ立歸~ (2, 0.0%)

1 りし, るを

▼ ひ立派~ (2, 0.0%)

1 な髭, に云

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 て天一坊樣, へつひ

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 をスク, を用

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 さしてゐる, のやう

▼ ひ籠め~ (2, 0.0%)

1 て我, られないうち

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 かわきて, の賣出し

▼ ひ粗相~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ ひ約束~ (2, 0.0%)

1 のある, の外

▼ ひ細い~ (2, 0.0%)

1 蝋燭でも, 血管を

▼ ひ紺碧~ (2, 0.0%)

1 なる巌, なる巖

▼ ひ終つた頃~ (2, 0.0%)

1 にさして, に三人

▼ ひ終日庭上~ (2, 0.0%)

2 に御し

▼ ひ結婚~ (2, 0.0%)

1 して, をし

▼ ひ給金~ (2, 0.0%)

1 はチン, をためる

▼ ひ絶えず~ (2, 0.0%)

1 巻煙草を, 種々の

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 ぎ行かむ, くれば

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 が挿し, の作りやう

▼ ひ総て~ (2, 0.0%)

1 の印象記憶, 欠けたるを

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 って感激, にした

▼ ひ編笠~ (2, 0.0%)

2 をかむり

▼ ひ總右衞門~ (2, 0.0%)

1 が文句, は罪

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 つたもの, ひを

▼ ひ羅浮~ (2, 0.0%)

2 を想

▼ ひ美しき~ (2, 0.0%)

2 衣をも

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 る日, る日あたり

▼ ひ翌日~ (2, 0.0%)

1 その怪異, のしたしらべ

▼ ひ老人~ (2, 0.0%)

1 の手, はあまり用

▼ ひ耗ら~ (2, 0.0%)

1 され汚れ皺だらけ, すこと

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 でも伝法肌, や伝法肌

▼ ひ脩竹~ (2, 0.0%)

2 を想

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 のめぐり, をかし

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 ふれし児ろ, 浅粗

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 の蹈むところを, を前

▼ ひ自ら手引~ (2, 0.0%)

2 して

▼ ひ自ら答~ (2, 0.0%)

1 へて深く, へて騷ぐ胸

▼ ひ自ら華族~ (2, 0.0%)

2 の矜式

▼ ひ自国~ (2, 0.0%)

1 の, の文学

▼ ひ自家~ (2, 0.0%)

2 の自由手腕

▼ ひ自由進歩~ (2, 0.0%)

1 の両派, の兩派

▼ ひ船頭~ (2, 0.0%)

1 に澤山お金, もしきりに

▼ ひ良寛さん~ (2, 0.0%)

1 の偉, の声

▼ ひ良秀~ (2, 0.0%)

2 の心

▼ ひ色彩~ (2, 0.0%)

1 と云, に富んだ

▼ ひ芝居~ (2, 0.0%)

1 に誘ひ, の背景

▼ ひ芝居小屋場~ (2, 0.0%)

2 の地所

▼ ひ若い~ (2, 0.0%)

1 人たちにと, 者達は

▼ ひ若く~ (2, 0.0%)

1 は其人達, は官民

▼ ひ若しくは~ (2, 0.0%)

1 その意志, 商店工場等に

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 を冒し, を歌

▼ ひ苦し~ (2, 0.0%)

2 さを

▼ ひ苦しい~ (2, 0.0%)

1 努力も, 思ひを

▼ ひ苦悶~ (2, 0.0%)

1 し居り男, に歪ん

▼ ひ苦戦~ (2, 0.0%)

1 して, に日

▼ ひ茂げ~ (2, 0.0%)

2 る無花果

▼ ひ茂つた杉木立~ (2, 0.0%)

1 に囲まれ, に圍まれ

▼ ひ茂つた雑草~ (2, 0.0%)

1 が路, をひと

▼ ひ茄子~ (2, 0.0%)

1 と笑, の夢

▼ ひ茶碗~ (2, 0.0%)

1 へいくら, を丼

▼ ひ草履~ (2, 0.0%)

1 で朝四時頃, を穿つ

▼ ひ草木~ (2, 0.0%)

1 に到る, を分けまし

▼ ひ荒し~ (2, 0.0%)

1 廻るの, 時々休息

▼ ひ菓子屋~ (2, 0.0%)

2 とは見えぬ

▼ ひ萬民~ (2, 0.0%)

1 に孝弟, の訴

▼ ひ萬端~ (2, 0.0%)

1 の仕度, の費用

▼ ひ~ (2, 0.0%)

2 けて

▼ ひ葡萄圃~ (2, 0.0%)

2 貧しげ

▼ ひ蔓つた葉~ (2, 0.0%)

2 に地面

▼ ひ蔭つた庭~ (2, 0.0%)

2 の植込

▼ ひ薔薇~ (2, 0.0%)

1 の花, を植ゑる事

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 に包む, を繩

▼ ひ藝術~ (2, 0.0%)

1 の作品, は

▼ ひ蘭書~ (2, 0.0%)

1 によつて, を讀む

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 になる, の魂

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 は良, をもて

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 は舞, 躍る珍しき

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 が飛びかふころは, は燃え

▼ ひ行く末~ (2, 0.0%)

1 はわれ, も知らぬ

▼ ひ行交~ (2, 0.0%)

1 ひすれ交, ひ馳せ交

▼ ひ行當~ (2, 0.0%)

1 りその, りそれ

▼ ひ街道寐~ (2, 0.0%)

2 ぼれ道

▼ ひ衝突~ (2, 0.0%)

1 しあひさ, の形

▼ ひ衣類~ (2, 0.0%)

2 きて

▼ ひ~ (2, 0.0%)

2 かけ足

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 を振り, を捲い

▼ ひ袖の下~ (2, 0.0%)

2 を縫つて袋

▼ ひ西洋~ (2, 0.0%)

1 と云, の軍人

▼ ひ見え~ (2, 0.0%)

1 なくても, などは幅

▼ ひ見物人~ (2, 0.0%)

2 が現れた

▼ ひ親子~ (2, 0.0%)

1 の縁, ほども年

▼ ひ觀よう~ (2, 0.0%)

2 として居る

▼ ひ觀音~ (2, 0.0%)

1 はな, をきめ込むこ

▼ ひ言つて~ (2, 0.0%)

1 きかせた, 見ようと

▼ ひ言語~ (2, 0.0%)

1 とは象徴, または擧動

▼ ひ討ん~ (2, 0.0%)

1 とて先生, と三年

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 に出来, をし

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 りで歳出, をえたる

▼ ひ詐り合~ (2, 0.0%)

2 ふて政治上

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 して, を下し

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 に第, も江村寺

▼ ひ詰め~ (2, 0.0%)

1 させたといふ, 突然その

▼ ひ調べ拔~ (2, 0.0%)

1 きました, くやう

▼ ひ談論~ (2, 0.0%)

2 に長ずる

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 たりと云, て候

▼ ひ諦らめ~ (2, 0.0%)

1 がいい, 易いの

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 のヘクトール, をうる

▼ ひ變ら~ (2, 0.0%)

1 ずお, ず封建的官僚的

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 かの宴, に世

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 へるの, へ給

▼ ひ貴女~ (2, 0.0%)

2 の御

▼ ひ貴殿~ (2, 0.0%)

1 の御, は夫三五郎

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 は輕, は重き

▼ ひ越し~ (2, 0.0%)

1 ければ, 行きぬ

▼ ひ越前守~ (2, 0.0%)

1 より申越, をも此席

▼ ひ趣味~ (2, 0.0%)

2 を離れ

▼ ひ足下~ (2, 0.0%)

1 の現時, の蜜柑

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 となす, には大審院

▼ ひ路伴~ (2, 0.0%)

2 になり

▼ ひ身うち~ (2, 0.0%)

1 の者, を見る

▼ ひ身体~ (2, 0.0%)

1 が漸, の容子

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 にて帰る, を倩

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 を三手, を收め

▼ ひ~ (2, 0.0%)

2 じて

▼ ひ辛うじて~ (2, 0.0%)

1 その口頭, 腕車を

▼ ひ辛棒~ (2, 0.0%)

1 つまみ喰, を冷かされた

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 そんなこと, 約せし上

▼ ひ近所~ (2, 0.0%)

1 に船, の人達

▼ ひ逃げ~ (2, 0.0%)

1 かそれとも, をし

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 はれる, ひ賜

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 の分, ふので

▼ ひ通詞~ (2, 0.0%)

1 が理解, たるべき資格

▼ ひ遊び~ (2, 0.0%)

1 に来ない, は嫌

▼ ひ道具~ (2, 0.0%)

1 をはふり出し, を買

▼ ひ部落~ (2, 0.0%)

1 のなか, の農家

▼ ひ郵便切手~ (2, 0.0%)

2 を購

▼ ひ郷里~ (2, 0.0%)

1 に帰りたうございます, に歸

▼ ひ酉の市~ (2, 0.0%)

2 の熊手

▼ ひ酒宴~ (2, 0.0%)

1 の騷ぎも漸次, を初め

▼ ひ重い~ (2, 0.0%)

1 か知ら, 發作に

▼ ひ野村~ (2, 0.0%)

1 と家, の愛撫

▼ ひ野水~ (2, 0.0%)

2 を想

▼ ひ野蜜~ (2, 0.0%)

1 を嘗め, を甞め

▼ ひ金襴~ (2, 0.0%)

1 の紙入, の肩衣

▼ ひ金銀~ (2, 0.0%)

1 の飾, を遣されける

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 の松葉, の鍋

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 をば分ち與, を貰

▼ ひ錢形平次~ (2, 0.0%)

1 に見出された, の顏

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 などで開く, の紋

▼ ひ鍵屋~ (2, 0.0%)

1 に此, の店

▼ ひ長期~ (2, 0.0%)

2 の存立

▼ ひ長距離~ (2, 0.0%)

2 を申し込んでしまつた

▼ ひ間もなく~ (2, 0.0%)

1 アメリイ・ホチムスキイにも, 正氣

▼ ひ間違~ (2, 0.0%)

1 へた, へて

▼ ひ陸行~ (2, 0.0%)

1 すること五百里, すること百里

▼ ひ~ (2, 0.0%)

2 は雄

▼ ひ雑誌~ (2, 0.0%)

1 は成功者, 新思潮

▼ ひ雙方~ (2, 0.0%)

1 から抱, の間

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 はまた, は舞

▼ ひ~ (2, 0.0%)

2 立つ空

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 のいく, を飮む的

▼ ひ露骨~ (2, 0.0%)

1 な腕力沙汰, にし

▼ ひ霹靂~ (2, 0.0%)

2 はためくさ

▼ ひ青年~ (2, 0.0%)

1 からあ, は当時

▼ ひ青竹~ (2, 0.0%)

2 の縁側

▼ ひ~ (2, 0.0%)

2 を飾り

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 の編みあげ, 脱ぎの

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 なく暮れ, にまで人格

▼ ひ順次~ (2, 0.0%)

1 に他, に倍

▼ ひ顏坂本~ (2, 0.0%)

2 へ出

▼ ひ風呂敷~ (2, 0.0%)

1 に包み, を受取つて

▼ ひ風韻幽か~ (2, 0.0%)

2 に成る

▼ ひ食物~ (2, 0.0%)

1 の貯蔵, または金銭

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 み, み寢

▼ ひ餓死~ (2, 0.0%)

1 すとも, せざるを

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 は野心, を引い

▼ ひ騷ぎ~ (2, 0.0%)

1 そのため, 終に報告書

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 の内, 歯の

▼ ひ高き~ (2, 0.0%)

1 朝を, 調を

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 が通る, は此

▼ ひ~ (2, 0.0%)

1 に胡麻班, 有れど

▼ ひ鳥取~ (2, 0.0%)

1 に顕忠寺中, の田中氏

▼ ひ鳥居奥村派~ (2, 0.0%)

2 の制作

▼ ひ黄色い~ (2, 0.0%)

1 團扇を, 陰鬱の

▼ ひ黄金~ (2, 0.0%)

1 どころか塵芥, を裝

▼1* [6392件]

ぁっというような声をあげ, ひあいも変, ひあいつのお蔭, ひあかみたゆたひぬ, ひあぎとひ, ひあさましき御最期, ひあしきをばあし, ひあすの朝, ひあちこちうろつきさ, ひあぢきない日を, ひあつき忍冬, ひあつく成りて, ひあてやうといふの, ひあまつて五つ足六足ふみこむなり, ひあまつて五六字ほども打ち継い, ひあまりたるをもらす, ひありがたしと膝, ひあるじはかならず, ひあんな長たらしい拙劣, ひあんなによく屆いた, ひあんまり未練が, ひいい気にな, ひいきいきと生, ひいくひいく, ひいくらか楽, ひいく夜寝ぬらん, ひいささか休息し侍りし, ひいちめんに, ひいちめん花園の中, ひいち水道ん栓, ひいつか神について私, ひいつしかに佳境, ひいつの間にか側の, ひいつ時騒然となる, ひいとどしき搖れ, ひいふには, ひいよいよ之を, ひいろいろな心, ひいろはがねから, ひうそでも其, ひうまさうに一息に, ひうろうろして, ひうろ覺えに, ひぇっといった声を出し, ひぇッっと, ひぇッせがれだか, ひえあらむや, ひえっまるで林みたい, ひえー参りやすが, ひおいの棒, ひおい楢雄とあわて, ひおしがりして, ひおしまひまで行つた時, ひおそひは, ひおそくも四時, ひおそらくは我身の, ひおそろしと申候, ひおそろしい天災地変でも, ひおつきあひで, ひおとなしく坐つて, ひおなじく尻からげの, ひおのれが業, ひおぼろにも國, ひおぼろげにでも読者, ひおもはずあら, ひおもしろからねど喜ばね, ひおろかや解脱, ひおん身の餘, ひお代りと言, ひお前これまでに蝙蝠, ひお召か何, ひお召物がなつかしく, ひお嬢さんを人力車, ひお客と別れ, ひお寺も奴隷, ひお山の大将, ひお母さんは, ひお辞儀をおまけ, ひへりみて, ひかかる事も, ひかぎりの命, ひかくべつ大きな火事, ひかけ声などもあり, ひかけ持ちして, ひかげんで運, ひかしこにて貧, ひかしらと無論僕, ひかすかに語り, ひかそけく膝に, ひかたがた行きたいと, ひかたがた病院通ひを, ひかたがた船の出る, ひかたみに舞ひ, ひかなはぬ, ひかなしくなつて, ひかなしみのとき, ひかならずしも身の, ひかねての口先, ひからかひたい気持を, ひからたちの垣, ひからだにある, ひからだけでは, ひからはつららが, ひかを嗅ぎ当てること, ひかんにし, ひがきまつたの, ひがきらひでいつもスキヤキ, ひがきツと本, ひがたい優しい音響が, ひがたい冷たい悲哀の, ひがたからんと, ひがたければ少々, ひがてに松の, ひがといへば, ひがのぼつた, ひがはづれたために目的を, ひがほどの地に, ひがよかつた, ひがら一つ落ちても, ひが一方自分の, ひきはいだもの, ひぎき堪へがたし, ひくす等, ひくちからあり, ひぐさがあんな美男子, ひぐさだつたのだらうが直吉はい, ひぐさぢや無え, ひぐさではないがこの毒蛇みたい, ひぐさで實はこの, ひぐさなぞは恐らく用ひも, ひぐまいさんが来れ, ひぐまさんとじゃきっとあっ, ひぐまと姉さんとでは決して, ひぐまも虎と同様, ひぐま夜来た, ひぐらゐにゆくゆくは支配人, ひぐらゐのことで終つて関係や摩擦, ひぐらゐはしなければなるまいとは思つてゐた, ひぐらゐは十分気をつける, ひぐらゐ林さんは決して, ひけりにせ, ひげあごひげ身にはくず屋, ひげあご鬚の年長, ひげすり閻魔さまへお参り, ひげすり閻魔それから湯島坂下, ひげそらんと入りし, ひげそり終へて立た, ひげっ面にゃ, ひげつけまゆげをとり, ひげにもや電光影裡春風, ひげまっかな唇, ひげむじゃに抱かれるよりは, ひげむじゃのきたない顔で山男, ひげむじゃのまま仕事に打ちこん, ひげむじゃの大男なんかなら, ひげむじゃの炭やき男, ひげむじゃの首領がその, ひげめがね服装などによるごく, ひげろの出る, ひげんげ田の春, ひげコウモリのよう, ひげモジャの職工服, ひげモジャモジャのしら, ひげ一本までもはつきり見分け, ひげ一本やり損じた者, ひげ一面の小柄, ひげ武者のアイノ, ひげ痕も青々, ひげ登山袋の中, ひげ背広をき, ひげ面先生は睡っ, ひげ鴉の豌豆, ひげ鼈甲縁の大きな, ひこそは時頼が, ひこっちの子, ひことごとは死な, ひことに屡々外科手術の, ひこまかにかん, ひこまかい葉の, ひこめかみを, ひこれぞ正しく因果応報の, ひこれ幸便と燈下, ひこれ等のもの, ひこんど中学校を受ける, ひごらんの通り, ひごろようも己, ひごろ勝家公にたいし, ひごろ射撃の練習, ひごろ明智先生からいわれ, ひごろ皮剥のももんじいの, ひごろ自分のおもっ, ひごろ自由主義者と目, ひごろ音をたてない, ひさあどうぞお, ひさく書きベロリと舌, ひさく蜘蛛のやう, ひさく隅の方, ひさげだわ, ひさしも広き芝生, ひさつきの戦闘, ひさつと鳴りさら, ひさびしき笑みの, ひさまさ公の丸, ひさやけきほの, ひさりとて官ある, ひさバラさん日本橋の方, ひさ七日ごろかえります, ひさ五時半に戸塚, ひさ仲吉の火事好き, ひさ君だつて東京, ひさ夕飯後国へ立つ, ひさ夜八時半かえる, ひさ昨日世帶を持つた, ひさ留守です, ひざっこぞうが見え顔, ひざっこぶしの上まで水, ひざにふせながらよろこびにふるえる声で斯, ひざのあたりががくがくとふるえだしてとめようとしても, ひざのあたりをかぎまわすそのけ, ひざもとのひざのもとというのをもじった座ぶとんが五枚, ひざらにある, ひざをびんぼうゆるぎさせながらあおむけに, ひざツくと, ひしいてそなた, ひしかく談じぬ, ひしこゑにおそれわれは逃さりし, ひしこ鮪それからもつ, ひしばし立ちとどまりて, ひしらふにこの, ひしるき夕暮れに, ひしんしんとした, ひじいつと煙草, ひじつは名づけ親, ひじみだよ, ひじめじめと, ひつかり片づけて, ひすがらむといふすぐよか者の歌, ひすがるを振, ひすがる八五郎の鼻先, ひすき腹にビア, ひすこし得たくこの, ひすこやかなる者, ひすごき山の, ひすごしである, ひすさまじき藤浪に, ひすしやですし, ひすずしき葛の, ひすずろなれど, ひすっかり終ったの, ひすでに然るを, ひすべて神意と一致, ひすまふ芝居, ひすみれのしぼ鹿子, ひすやすやと寝入らせた, ひすらもない, ひするとまた向ひ, ひずつて来て, ひずりのもすばらしい, ひせつぱつまつて不幸なる尊公ら, ひぜんのよう, ひそくなつたの, ひそくなつたら此方, ひそこらにある, ひそごうで海軍帽, ひそしてまた宇宙に対する, ひそちらには我等, ひそでをや, ひそのうえへ膝頭, ひそのうち三千兩を, ひその他欧米人に知り, ひその後一ト月ばかり後, ひその後別にデイツク, ひその或る時, ひその間例の眼, ひそれぎりだったので準会員, ひそれぞれの用途, ひそれではあちら様へも, ひそれほどの禍, ひそれ以上に感触, ひそれ以後掘り下げたこと, ひそれ以来私はあんなに, ひそれ問屋向の番頭, ひそれ等よりし, ひそんなに癪に, ひそんなにすらすら読んでは, ひぞうのお, ひぞろぞろと押され, ひたしかに足りなくなつ, ひたちまち出させ給, ひたち三ツのとし, ひたち匂ひなせば, ひたち土人たちが黒船, ひたち案内が教, ひたち海岸の巌, ひたまはんは知れ, ひためらひながら, ひたらふく麦飯を, ひたりとばかり押しつけられたその, ひだいぶお懐, ひだけに能で, ひだけのことだす, ひだしをつた, ひだらけ一息吐き, ひだれもかんづかない, ひだんだん熱心な, ひちと鳴揺がし物, ひちらぼひ, ひちらちらとする, ひちりんも御, ひぢかさ雨急にふりきぬ, ひぢぢイは御, ひぢやあない, ひぢようゆきなりの事, ひぢ掛窓此向うより鳥居, ひついさきごろ, ひつきやあがつて, ひつきやう階級鬪爭を鈍, ひつきよう泣き笑, ひつき様が無い, ひつき静かに坐つた, ひつぎつぎに織りついだ, ひつくづくと見る, ひつくばつて何もかも白状して, ひつけ通りお茶のお, ひつけ通り老木屋の家, ひつつぞ行く馬車, ひつつにほひつつ, ひつつをり陽, ひつて用を足す, ひつま子らは哭, ひつめたく沈む人, ひつれ共此方の御, ひづでかけだしました, ひづとめの者の宅, ひづまと言ひます, ひづみの分量, ひづめがついてゐて牛とそつくり, ひづめが地を打っ, ひづめが地流れのする, ひづめそれからしつ, ひづめでと, ひづめでそのあしをぽォんとけとばしました, ひづめでボイリング・スプリングの水, ひづめとしつぽとを悪魔から借りた, ひづめと尾とを借りる, ひづめにかけて通るぞ, ひづめにかけられたり逃げまどう部下, ひづめのあとに轍が一寸, ひづめのあとの窪みをも, ひづめのなくなつた足など元ど, ひづめの下には春, ひづめの痕が二つづ, ひづめもなにもなくて元どほり, ひづめも爲では有られぬ, ひづめやかすかな人声, ひづめをかくし大きなズボン, ひづめ鳥の脚, ひづらく答へ, ひづりめぐる朝す, ひづるづるべつたり活動でも見, ひづるやから臼につき, ひづるや唐国人にへつらふ, ひづるや碓たてて, ひづるや鷦鷯のむれと, ひづる中空に月影, ひづれの思ひ, ひづをしてるのかも知れません, ひづゝが纏つた一つの創作, ひていはく世をのがれ, ひてかかへてにげぬ, ひてかがよふ, ひてができたとさつそくいくさ, ひてがたりびしりと欄干を, ひてこそは国に, ひてしか行へり, ひてしも見ず, ひてとしてのもの言ひなのです, ひてとも云ひかね, ひてながかりし賞発表日, ひてねもころに, ひてはをられぬはず, ひてほどなきに, ひてもよかるべしと, ひてよといふに, ひてよりは忘るる, ひてわづかなる俸給, ひてんでひどいインチキ, ひとうとう医者にも, ひとかほつれとか, ひとかいふ方面に, ひとっぱしり行って, ひとつた蛇, ひとてもの事, ひとにかく正午に, ひとは思つても, ひとはにと言はじ, ひともすれば起こるを, ひとらはれて, ひどう工面し, ひどうかすると, ひどうしても頑張る果ては, ひどうぞ御勘辨, ひどうにかそれで, ひどうもさうなりがち, ひどちらが先, ひどよめきを漏らした, ひさむと, ひないとも言, ひなかば脅迫の言辞, ひなか子をうながし, ひながらかたつむりはふきのつゆをどくどくのみました, ひながらがくりと, ひながらずつしりと, ひながらとは少々一挙両得, ひながらにこ, ひながらのツそり立つ, ひながらわざとゆつたりした歩調で, ひなくば吸, ひなければ払, ひなげしさんたちのおすまい, ひなしと憎み, ひなどといふものは, ひなどの起ること, ひなほ一般に拡, ひなほ其處から遠く, ひなほ内儀の顔色, ひなほ心を定めかね, ひなまじひに, ひなみだの母, ひなりを親切, ひなるべくは多治見, ひなるほど思い出したな, ひなんぞに来て, ひなんぞばつかししたが, ひなんぞをしない人, ひなんでも汚い物, ひなんとて尚, ひなんども物云ひも, ひなんらかの障礙を, ひにおいなした, ひにおいてブルジョアジーが, ひにおけるあたかも玻, ひにかけ気の, ひにかはらしむれば, ひにからだが, ひにからかふの, ひにくうござんし, ひにけにもみづ山山の, ひにけにも今年の, ひにこそといふ, ひにこやかに席, ひにしもかなふこと, ひにぞ入る, ひにだけはならんやう, ひにでせう, ひにといふ童謡を, ひになぞ出て, ひになどと思つてゐる, ひになどは來て, ひになんかするん, ひになんぞなるもの, ひになんてなつては, ひにねしく今, ひにへともにひむ, ひにもけふと云, ひにもなどの用語例で, ひにやにやと, ひによって堕ち, ひによるのほかは, ひにをりを, ひに関する語原と, ひに関するのみの謂に, ひぬたぐそをこゝだくまれば柿の木の枝, ひあなたは, ひねむくなった, ひのしをし, ひのしやうもあらう, ひのし型の十能, ひのどが乾け, ひのねえこつたから, ひのねんごろなる, ひのびのびと諸事, ひのみにあらず, ひのみやひと, ひのりちゃんゲストで加はるこ, ひはいふ装飾意図のため, ひはおとろへて来た, ひはかけがへのない, ひはかたちにあらず, ひはからかつた, ひはからずも一夜の, ひはさもあら, ひはしをらしい, ひはじむれば, ひはずゐぶん滑稽, ひはつてん, ひはつきり掴まへること, ひはつなみに遭, ひはつ女の白珠粧, ひはてなき身, ひはといふ一縷の, ひはとか御家族, ひはな昔から, ひはなし候様はあたかも, ひはなし候樣は恰も, ひはにほへる, ひはにがかりき, ひはねエあつしが, ひはのことを, ひはまはりをぼかした, ひはやさん日は何日, ひはるか也ただいささか, ひはるか沖まで曳き出し, ひはわづかに, ひばかしして, ひばかりの秋じや, ひばかりはこちと, ひばっかりで, ひばつかり言つて, ひばの葉ご, ひばらばらと谷, ひば類竹びわ桐などある, ひひじきと言, ひひつそりと音, ひひでえ事, ひひとしくこの因襲, ひひと目で私, ひひと通り眼の色, ひひな使ひ, ひひひひ, ひひひひひお寝間, ひひまもなき, ひひろ子の店, ひびあかぎれに腫れて, ひびあかぎれや土いじりに荒し, ひびあかぎれをきらし汗だくになっ, ひびいてくるさざめきをだんだん耳, ひびかふきけば蜂の子, ひびかふのみなるを我が聴き, ひびかふものの音のかそけ, ひびかふエンヂンの命, ひびかふ冬まけて, ひびかふ剣太刀古へありき, ひびかふ時いたりけり, ひびかへれいつ知らず密雲の中, ひびくわらい声, ひびしょ濡れ新橋を一時二十何分, ひびっ裂がはいり, ひびのはいつた金だらひを, ひびのはひつた茶碗はどう, ひびのよつてゐる掌でじゆず, ひびれたり優しく, ひふうどうてい, ひふかく抱きしめ, ひふつと如意, ひふところに手, ひふりと言, ひふるき米の, ひふるして来た, ひふんどしを, ひぶつつかり合, ひぶらぶら歩きの, ひぶり優な若い衆, ひぷらんたん亭に小酌, ひぷりに覺, ひへたくそ校正職長さんとの衝突, ひへに終らば, ひへのことを, ひほことの国争, ひほつれといふの, ひほとんどそこに, ひほどの騷ぎをして一枚の, ひほのかに思し, ひほろりとなつ, ひほんの少しなめ, ひぼけひなぎくへびいちごおにた, ひぼんやり頬杖を, ひまあともかくも橋, ひまことの美, ひまさる意はダンテ, ひまだとても早いが, ひまちにか, ひまつといふ順に, ひまつさきに敵勢, ひまばらにある, ひまもなく助教師, ひまゆ落合の瀬, ひまる一日松の, ひまろも今, ひみちこみちの袖, ひみなまた煮, ひみねのかせき, ひみんな俺は知らん, ひむがしのくれなゐ見たり, ひむがしのたふとき山の陵, ひむしむしして, ひむづかしい講義録を続け, ひむらのなる, ひむるてふ祕密の摩尼, ひめじをん, ひものの見方, ひアッ, ひゃあと飛, ひゃあっかしらだっ, ひゃあっ胸がだいこだいこ, ひゃあ伜かお前気, ひゃあ苦虫が呼ぶ, ひゃか深川辺, ひゃくしょうどんのうまのりゃこんなもんじゃはあ, ひゃっこうの先頭だって子, ひゃっ高田様が自殺, ひゃらかすようなことを言うから, ひゃらくな御老人, ひゃらくな老人よ, ひゃらひゃらと吹き初めた, ひゃらひゅで緞子袴の膝, ひゃらりこドンと, ひゃらテケレンどん幕を煽っ, ひゃり上げて, ひゃアここれはあんち, ひゃア篦棒に高い, ひゃ百姓で仙太, ひやうがまづかつたいかにも, ひやうぢやらう, ひやう一ツ知らずに過ごし, ひやう喩は感じ, ひやう私にも目, ひやう衛よこ山, ひやくも持って, ひやさしいという, ひやさしきものの, ひやすからうと, ひやすくもおも, ひやつたけにもう一度, ひやとかいふ凡兆の, ひやの手傳ひ, ひやまといふ秋田辺, ひやらが四散し, ひやらに行きましたよ, ひやらの姿だけと, ひやらをするには, ひやり玉へ, ひや調ひを, ひひゅうら, ひゅあひゅあしょあしょあとかなんとか云って, ひゅういと空にうなった, ひゅういチテンテンひゃあらひゃあら, ひゅうがのかみのはんぎゃくにくみして安土万五郎のともがら, ひゅうがのかみの聟織田七兵衛どのを討ちとった, ひゅうがのかみの首とし, ひゅうがのかみは最初すこしもそれ, ひゅうがのかみもそれをきゝますと日野をあ, ひゅうっひゅうっと, ひゅうっと一陣の風もろ, ひゅうっと変な声, ひゅうっと戸口から飛ん, ひゅうっと綱がもちあがった, ひゅうっばらばらと風をきっ, ひゅうて十八九になる, ひゅうという音がし, ひゅうといってまわり柄にかるく, ひゅうとむちを鳴らして, ひゅうと北風が吹く, ひゅうと指笛を鳴らした, ひゅうと音を立て, ひゅうどろどろと消えて, ひゅうなにをぐずぐず, ひゅうぱちっと鳴らしました, ひゅうひゃらりゃりゃと笛の音, ひゅうひゅうだのぎゅうぎゅうだの不愉快, ひゅうひゅうというすさまじい声が空, ひゅうひゅうというような奇妙な声, ひゅうひゅうという口笛を吹く, ひゅうひゅうという声がした, ひゅうひゅうという妙な音, ひゅうひゅうという陰気な音, ひゅうひゅうという鞭の音, ひゅうひゅうという音がいたす, ひゅうひゅうという鳴き声が集っ, ひゅうひゅうとからッ風が吹き荒れ, ひゅうひゅうとこがらしの吹きつのりだした往来, ひゅうひゅうとしか聞きとれない言葉, ひゅうひゅうとして庭に植え, ひゅうひゅうととびかう鬼火のよう, ひゅうひゅうとふきだし氷上につもっ, ひゅうひゅうと微かに長く, ひゅうひゅうと敵陣に射込み, ひゅうひゅうと木枯が吹く, ひゅうひゅうと棒をふった, ひゅうひゅうと樹木の鳴る, ひゅうひゅうと絶間なく吹き, ひゅうひゅうと耳許に唸っ, ひゅうひゅうと鉄骨の間, ひゅうひゅうと隙間風のよう, ひゅうひゅうと雨をうちつける, ひゅうひゅうと雪雲をはこん, ひゅうひゅうと頬を吹きなぐっ, ひゅうひゅうぱちっと鳴らしました, ひゅうひゅうひゅうとしきりに鳴き, ひゅうひゅうぷくぷくと言う声, ひゅうひゅうぷくぷくと喜びの声, ひゅうひゅうぷくぷくと火星の生物, ひゅうひゅうぷくぷくと火星人の声, ひゅうひゅうぷくぷくの声は首, ひゅうひゅう上層風をはらみ, ひゅうひゅう下手な口笛, ひゅうひゅう野面をふく, ひゅうひゅう音がもれる, ひゅうらツテンテンおひ, ひゅうんと呻ってすごい, ひゅう向うからさえわざと, ひゅひゅいうのが気味が悪かっ, ひゅひゅう降らすん, ひゅらひゅっひゅっ, ひゅーッと紫, ひゅ諏訪の海, ひゆかしの藤ごろ, ひゆき子は瞼, ひゆづり合つてゐる, ひゆめその感触, ひゆゑ安間平左衞門, ひゆゑ店も寂れた, ひゆゑ紙屑は何程買, ひゆーンという飛行機, ひょいっと環のなか, ひょいっと芝生へ飛びおりました, ひょいとうしろの者たちをふりかえっ, ひょいとうしろをふりかえって見た, ひょいとうしろをふりむいてご覧になります, ひょいとしたはずみでそういうことになったおつるさん, ひょいとよろめて其処に坐っ, ひょいんな気付きでは御座います, ひょいッと取り上げられた, ひょうしぬけがしたようでもあり急に気, ひょうしのしかばねが横たわった, ひょうじょうのさいちゅうに柴田三左えもん勝政, ひょうのかわをぬがせべつのへや, ひょうはびっくりぎょうてんして上を下, ひょうばんのまとになってきたので日ごろから, ひょうばんのよくなっていくのをみてこれでは自分, ひょうばんをとるようになったのもあたりまえのこと, ひょうひょうふらふらと歩きだしました, ひょうろくだまな顔つきをし, ひょうろく玉めがッ, ひょかひょかと行って, ひょくひょく煮えくりかえる, ひょくひょく蠢めかして, ひょくりと後足で跛, ひょくりと私の枕辺, ひょくりひょくりとそれもよく, ひょくんとして立止った, ひょぐって揶揄して, ひょぐるような尺八の調べ, ひょこすかな若い者, ひょこつかせるようにしながらこの磊落, ひょことおとずれて来たの, ひょこと評定所だの政所, ひょこひょこひょこと三つお叩頭, ひょこりっと立った, ひょこりとした姿で, ひょこりとそこに現れた, ひょこりとわたしの翼, ひょこりと中の湯, ひょこりと乞食のよう, ひょこりと台所の中, ひょこりと地面へはね上りました, ひょこりと店先へ立った, ひょこりと後に引く, ひょこりと真っ黒に一日ごと, ひょこりと軒下へあと, ひょこりと頭を出した, ひょこりひょこり歩いてるの, ひょこりひょこりとあるき出した, ひょこりひょこりと不自由なからだ, ひょこりひょこり足を運ん, ひょこり仕事場に顔, ひょこり道を曲っ, ひょこをきつく抱きしめました, ひょこんとした感じを与える, ひょこんとしているところは俳句の感じ, ひょこんと一つ頭を下げ, ひょこんと床間に乗っ, ひょこんと椅子からとびあがった, ひょこんと顔を出す, ひょっくひょっくそこを通り越して, ひょっくひょっく跛を引い, ひょっくら歌い出したのう, ひょっくらおらの小屋, ひょっくら見かけでもしたら, ひょっくら頭を出した, ひょっくりとひとりふえてきたんだからもしやと, ひょっこひょっこ歩きよった, ひょっこらさ加減絵に描いた, ひょっこりとそこいらの戸の透間, ひょっこりとどこからきたともなく一人の齢, ひょっこりどこからかただいまと元気よく帰っ, ひょっとかしたらわたくしはこのまゝ落魄れて, ひょっとこづらをして見せること, ひょっとこなぞとぬかしゃがって気をつけろい, ひょっとしたらいゝのかと思ひかけてたが, ひょっとしたらなおらずにしまいはせんかとそう時々思います, ひょっとしたらべんねんは恋の遺恨, ひょっとしてそうなのではあるまいかという想像と一緒, ひょっとするとおしずにしましたならばこういう風にでもしたら, ひょまいが私にもかよう, ひょろけた侍どもにひけ, ひょろけつつ五台山へもどっ, ひょろけもせずに立ち上がって, ひょろけるが心はひ, ひょろけるやつを襟首と尻, ひょろたかい一人の老人, ひょろたかアしまア, ひょろと空を泳い, ひょろと血路を辿った, ひょろぬけて腰が抜け, ひょろのままで欄干に縋っ, ひょろめき下りしかるのち, ひょろりでトン足を投げ, ひょろりひょろりそれでもいつか朝まだきには霧, ひょろりひょろりと前屈みに歩い, ひょろり一人は危険, ひょろり山路を千鳥足, ひょろり板の間の縁, ひょろろと鳴れば, ひょろろろと鳴りて, ひょろッと痩せた, ひょろ松あれをなん, ひょろ松いま汐があげ, ひょろ松おまえらしくも, ひょろ松お前これをなん, ひょろ松お前そこにその, ひょろ松お前どこかぐあいの, ひょろ松お前上方で贋金, ひょろ松お前今年いくつになる, ひょろ松お前吉兵衛の菩提寺, ひょろ松そいつはいけねえ, ひょろ松それは大, ひょろ松ひょっとすると, ひょろ松われわれ二人もあぶなく, ひょろ松ピョコリと頭, ひょろ松一昨日の晩, ひょろ松今日はいったい, ひょろ松先生合点が行きました, ひょろ松割り箸の中, ひょろ松加代姫はいまどこ, ひょろ松合点がいった, ひょろ松御府内の悪者, ひょろ松檜葉などに滴る, ひょろ松欄間のボヤボヤ, ひょろ松氏それはわし, ひょろ松無駄だやめて, ひょろ松片棒をかつい, ひょろ松甚松の死体, ひょろ松相手を見, ひょろ松縁起まわしの, ひょろ松蛇姫のご, ひょろ松親分の下廻り, ひょろ松餌をつけかえ, ひょろ松鮨売は娘, ひょろ松鷹羽鯛がついた, ひょろ柳が植えられ, ひょんと跳ん, ひょんと構えたり腹, ひょんなかかりあいにでもなろうものならこの御, ひょんひょんと飛ぶ, ひょウきんな何時も, ひょッくり戻って, ひょッくりあなたと小さい, ひょッとこ面の癖, ひよしや魔神のうか, ひよしんば一年以上で, ひよっぽど考へねば, ひよつ子たちは悲しく, ひよほど小さかった, ひより美しくより, ひよー耐ま, ひらあしのうら, ひらいっぱいの力, ひらぎ屋に泊っ, ひらぐものよう, ひらげミれば, ひらごとにうつろ, ひらさら帳をとじよ, ひらつきようの漬け方, ひらぺたく見える, ひらーと地, ひら一ひら, ひら仮名がありあり, ひら何年もこ, ひら六ひら散つた梅, ひら大の上, ひら家の陰気, ひら様以外に神明巫女, ひら様延いては, ひら毛を立て, ひら神であつ, ひら風に散っ, ひれいのお歌, ひわかき尼ずみ寺に, ひわきからさし湯, ひわけ半分に産婆, ひわざと時間に, ひわざとらしく同字, ひわざわざ三晩も, ひわたし着のみ着, ひわなどは身軽で, ひわびしいめに, ひわるさなんぞ, ひわるいと言, ひわれらが認め得ない, ひわれ先陣の命, ひゑひて心地よげ, ひをかよはせる, ひをけの命は, ひをぞ見る, ひをと云れ, ひをといふ二三の, ひをととひの, ひをどつさり拵, ひをにはかに忙しく, ひをやはらかく, ひををさめる, ひを通じてのさうした作品, ひアイスクリムソーダを二杯, ひアイスティでペストリー, ひアイヌとは大, ひアイノはコロボックル, ひアイロニイは稀, ひアエネアスイタリアに向, ひアカイア軍を鼓舞, ひアコーディオンの太田, ひアタマスに及び, ひアダリン五錠のん, ひアテーネー呼びて, ひアポローン宣し曰, ひアメンボウが水, ひアラビヤ砂漠の中, ひアルゴス族の血統, ひアルミ板の銹落し, ひアレースに仕ふる, ひアンジュウ河岸に沿つて, ひアンテナといふ言葉, ひィとりよ, ひイエスのもと, ひイクオル死だ, ひイスパニアより本, ひイッと声, ひイブセンを訓, ひイヤモウ酒は大, ひイライザは新しい, ひインフルエンザといへ, ひイーリス群衆の, ひイ様が御, ひウツカリ忘れて, ひウポポは普通屋内, ひエルヴィユウと云, ひオイ御侍士先刻熊谷, ひオヂュシュウス心に念じ, ひオデリジの魂, ひオペルといふ自動車, ひオマーを一口詛, ひカエサルとビテュニア, ひカフエ・ミネルワを云々, ひカフエーパウリスタといふ名, ひカボチャの大きく, ひカントは認識, ひカント氏は物如, ひガゴが山口, ひガスの栓, ひキッチリまで, ひキラキラきらめく宝石類, ひキリスト教に對, ひキリスト教徒の死者, ひギューの音, ひグウグウと鼾, ひグチエレスの指図, ひグラスゴーだのリバプール, ひグレチエンが恋愛, ひケエブルカアに乗り, ひケエリイの英吉利訳, ひケ今日まデワ, ひゲエル語を習, ひコックスの日記, ひコツプ酒を呷る, ひコブ茶をのみ, ひコリヤ九助其方儀此程爪印の節掌, ひコルセツトを絞め, ひコレ九郎兵衞定めて, ひコレ旦那何した事, ひコレ親分資本を貸, ひコロムビアへ行く, ひコローム版を買, ひコンスタンチノウプル正金送附量の減少, ひサア汝言はぬ, ひサイソクがましくも, ひサイダを飮む, ひサクラ子ちやんは踊, ひサッパリしたいので, ひサツと風, ひサトウロクロー並に山野一郎, ひサリーで茶, ひサンタをおも, ひサントリータンサンも適量, ひサントリーハイボールを又, ひサンドウィッチコートってうち, ひサンヤレ織と, ひシエクスピイヤには及ばず, ひシナリオを渡す, ひシヨペンハウエルと佛教, ひジツト何事かに傾聴, ひジャアナリズムに迎, ひジャガタラ芋を鹽煮, ひジュウヴェが出, ひジョーヴェ終りの日, ひジロリと目, ひスタイルも見事, ひスタンドのい, ひスパゲティを食, ひスピノーザ氏は本, ひズルいことは, ひセットへはおでん, ひゼーロンの耳, ひタイテイではない, ひタオルで顔, ひタキノは漁夫, ひタクシー漸くあり, ひタクシー帰宅まだ今夜, ひタコと赤, ひダンスチームの宿, ひダンテに代り, ひダンテ答ふ, ひチエホフを訓, ひチト率爾なるお, ひチャプリンの手紙, ひッかかりがあっ, ひッかけに出掛けた, ひッきりない笑い, ひッきりなし小銃の音, ひッこぬきにいらした, ひッそとなり, ひッそりかんとし, ひッそり晴れ澄んで, ひッそり陰気になった, ひッちりをこしらえ, ひッつめの百姓, ひッつりのよう, ひッつるばかりで, ひッつる肌に青い, ひッつれがある, ひッとりも, ひッぱずしていきなり鬼, ひッぱたいたわけでもなく刃物をふりまわした, ひッぱたいて堂々天下, ひッぱたいて海老責めにしつづけたら, ひッぱたかれたのはそれだけかい, ひッぱたかれたりたたきのめされたり, ひッぱたかれたッけ, ひッぱたかれて針の山, ひッぱたきながら浪花節を語っ, ひッぱたくのが親友たる情愛, ひッぱってわくわくさせる, ひッぱってホラブンのところ, ひッぱって外へでる, ひッぱつて外へでる, ひッぱられた頃では, ひッぱりこまなければ成り立たんという, ひッぱりだしてくるまって, ひッぱりだして曾遊のパンパン街, ひッぱりだすという時, ひッぱりだそうと考え同志, ひッぱりッこして, ひッぱり凧になった, ひッぱるというのはあまり聞かなかった, ひッぱると戸が開い, ひッぱるので有名だが, ひッぱる糸が生き, ひッぱる者があった, ひッぱればアメのよう, ひッぱッてホラブン, ひッひと殺しっ, ひッぷりに敬意, ひッぺがして人間の尻, ひッぺがして家探しするから, ひッぺがして徹底的に家探し, ひッぺがして風が通る, ひッ人ごろしっ, ひッ人殺しだあっ, ひッ掻廻したという, ひツかいたり君, ひツきりなしに降, ひツこまして, ひツこ煙草の割前, ひツそとなり, ひツつりむいちやツ, ひツぱがして奪ひ去, ひツぱたかしても困るので, ひツぱたくがたくり馬車の馭者, ひツぱたくばかりでなく時には板戸, ひツケツケ諫めもし, ひツ張つた時の痛, ひツ披から察しる, ひツ振りでも調べ, ひテキ屋コック旅館の番頭, ひテムプル先生に會釋, ひテルモピレーの險, ひテレ或ひ, ひデカダンスの詩人, ひデカルトも亦, ひトイレツトに立つた, ひトキ子に会, ひトルストイ夫人が二人, ひトロイア軍勢の手, ひトンカツ屋のオカミサン, ひライヴの, ひドサクサまぎれの, ひドシャ降りではある, ひドメニカをお, ひナニサ其樣に子供欺, ひニコヤカなお容貌, ひヌエの様, ひヌツと入, ひネッソにいひける, ひノートを取出し, ひ忘れたり, ひハインズのピーナツバター, ひハヅミがつい, ひハデな人, ひハハハハでは娘, ひハマのママ, ひハリバ宣伝映画を作りたい, ひハンカチで頭髪, ひバッコス神に請, ひバルコニイの方, ひパオンへ行く, ひパチパチと物, ひパッと晴れない, ひパナマに日, ひパレルモにてはカツサロ, ひパンと供物, ひヒステリックになる, ひヒューマニズムといひ, ひヒヽヽと頓興, ひビアヅレイに匹敵, ひビニールの袋, ひビフテキをくひ, ひビーコンでコーヒー, ひピアノを弾き, ひピサのグエルフィ黨, ひピンピンして, ひフィレンツェ全市を爭亂, ひフイちまったから, ひフエルベツキまた上海, ひフオームにはこぢんまり, ひフラフラと再び, ひフランコでコーヒー, ひフランスは之, ひフランス麪麭を購, ひフロオベエルが二月革命, ひフロリダキチンで豚, ひブン殴られずに, ひプディングを食, ひプラスチックの大きな, ひプラトンが認識, ひプロレタリア文学である, ひヘクトールの屍, ひヘブライ主義の洗礼, ひヘブルウと云, ひヘブルウ文明と云, ひベアトリーチェにより, ひベルグソンは記憶, ひベルネへ誘った, ひペパミントソーダを飲む, ひペルセウスを生ませ, ひペロロを斷, ひホワイトホースを飲む, ひボクきらひよ, ひボックスが一所, ひボビーに骨, ひポカポカ僕を, ひポツジヨを憶, ひポリュドーロスに向, ひポリンニアとその, ひポルトガルの商人, ひポンパンをのみ, ひポン公のからだぢ, ひマア私の家, ひマスクメロンとアイスクリーム, ひマスターすること, ひマツチを貰つた, ひマホメットは更に, ひマラッカで東洋傳道, ひマルクス主義的イデオロギイに浸透, ひマルヂヴエ群島の邊, ひマークの殺す, ひミルクの川田, ひミルクコーヒーのむともう夜, ひミルボオが短篇小説集ピープドシードル, ひムラムラツとした, ひメイタク拾って, ひメエテルリンクを訓, ひメロリアの海戰, ひメーターの一円増し, ひモスコーにある, ひモナミへ寄り, ひモンペもおき, ひヤア小癪なり我, ひヤコブ書を聖ヨハネ, ひヤツと一ト捻り捻り, ひユウプォルボスを斃, ひユダヤ人は己, ひユーモア身上相談ての, ひユーリウス・カエサルこの旗, ひヨードホルムをふりかけ, ひラテン語を学び, ひランプの光, ひラーノトッポの試藝, ひリアルになる, ひリズムのテンポ, ひリュリュは不能者, ひリユクサンブル公園をぶらぶら, ひリルケの, ひルパンへ寄り, ひルュニェ・ボオのメエゾン・ド・ルウヴル, ひロオザを憶, ひロダンの線画, ひロチスター氏の事, ひロンチスパルレの敗戰, ひローマに赴ける, ひローマ共和國を建設, ひヴァラを見る, ひーろーぐらいな, ひー済みませんね, ひ一たび取消ゆれば, ひ一たび我を棄て, ひ一つ時でも, ひ一ばんうつくしいの, ひ一ぱい何錢の汁, ひ一中学生の私, ひ一丸よく數日, ひ一二と三, ひ一二七八年ウィーン附近に戰, ひ一二八八年ピサを去り, ひ一二度振り廻される, ひ一二杯のビール, ひ一人其跡は金葵, ひ一人出來りぬれば, ひ一人是は御, ひ一仕事すんだの, ひ一倍低聲, ひ一八一一年わが文化八年, ひ一円に下, ひ一切腰かけにした, ひ一列となり, ひ一刻は樂, ひ一刻餘りも, ひ一升ぽつ, ひ一半は糞車, ひ一句であるけれども, ひ一向に構ひ, ひ一回の出遊, ひ一団となつて, ひ一場の挨拶, ひ一塊りでも, ひ一夜不眠の立待, ひ一奇樹のほとり, ひ一家擧つて阿武隈の本, ひ一家相伝の技術, ひ一寸くら手真似で話される, ひ一寸後もどりを, ひ一寸表へ出, ひ一層睦しく, ひ一席やって, ひ一年間でも将軍家, ひ一式の御, ひ一息に三錠, ひ一應弟佐野松の死骸, ひ一戦やらうと, ひ一握りの雪, ひ一握りづつの房, ひ一日二日なりとも, ひ一日前の日, ひ一日本人としての名誉, ひ一日舟を進め, ひ一時三十六分名古屋駅発帰京の途, ひ一時代は一時代, ひ一時半帰る, ひ一時近く迄, ひ一晩も欠かさねえで, ひ一月二月乃至十數月, ひ一朝日出前に人, ひ一本こんな処, ひ一条の入江, ひ一杯飮み始めた, ひ一歩々々滅亡の, ひ一気呵成所謂インスピレーシヨンの所作, ひ一泊するに, ひ一洵老の奥さん, ひ一流の出語り, ひ一生を終る, ひ一男三女を持つ, ひ一目でもお父さん, ひ一種奇気抜く可ら, ひ一穗の燈挑げ, ひ一節一段の順序, ひ一續きに, ひ一聲叫ぶよと, ひ一臺の馬車, ひ一行の誰彼, ひ一行十人の謝礼, ひ一言たりとも諸君, ひ一軒で濟, ひ一鉢を捧ぐる, ひ一銚子の相伴, ひ一錢蒸汽の餘波來, ひ一面には, ひ一髮の違ひで, ひの理論, ひ丁寧なり寐衣, ひ丁度日曜の, ひ七八に, ひ七十三刻とは半打掛, ひ七十年前まで上方, ひ七夕にも此, ひ七杯と飲ん, ひ七條を除き, ひ七歳の時, ひ七浦を過ぎ, ひ七略などでもよく, ひ七言絶句でもここ, ひ七間間口二軒建の店, ひ万分の一にもせよ, ひ万年生きばとて, ひ丈吉の死體, ひ丈夫でゐる, ひ三々五々勇ましげ, ひ三が日の間, ひ三ツ星デパートで珍しい, ひ三人づれには二つ一人でくる, ひ三人元気よく江波, ひ三人道を急い, ひ三個再び百草園, ひ三円で帰る, ひ三十にし, ひ三十一日帰路につく, ひ三十四年に一二六六年, ひ三千代は嫁ぐ, ひ三千円住みこみ五千円, ひ三太郎である, ひ三年正月には従四位下右京大夫, ひ三度これを抱かん, ひ三才社に立寄り, ひ三日目には何, ひ三日程前夕暮れ, ひ三昧堂で新刊書二冊, ひ三時に本社, ひ三時半小松理髪店へふき代, ひ三時半近く迄, ひ三月より山野加入, ひ三月四月と骨, ひ三河町二丁目を種々, ひ三町ばかり御, ひ三百兩の餌, ひ三百歳の齢, ひ三益だけが一人ポツネン, ひ三角點を設, ひ三軍電のごとく逝きき, ひ三軒のお喋り, ひ三軒共夜中過ぎの放け, ひ三輪の萬七, ひ三郎に引っぱられ, ひ三里半の山路屈曲高低, ひ三里塚迄自動車, ひ三隻の小舟, ひ三頁にならう, ひ三養堂と云, ひ上げ協ぬ時, ひ上つた爾時長者, ひ上つたほこりは赤黄ろ, ひ上つたセルを着, ひ上つた乙姫様では, ひ上つた信条を悦, ひ上つた八五郎は濡れ, ひ上つた岩は自分, ひ上つた組が多く, ひ上つた飛行機を発見, ひ上つてはるか北の国境, ひ上つて三丁四方にもひ, ひ上つて上手の方, ひ上つて來さうも無い, ひ上つて寒々とした, ひ上つて廊下傳ひに, ひ上つて往つた, ひ上つて手を伸ばし, ひ上つて明るみの方, ひ上つて晴れ渡つた春の夕空, ひ上つて棒にくつ, ひ上つて森の方, ひ上つて激越した喜び, ひ上つて物見をした, ひ上つて綱の元, ひ上つて遠くから房一, ひ上つて電線にからみついた, ひ上の句を読み終り, ひ上りきぬ隆恩殿の青玉, ひ上りたまへ, ひ上り兜を載い, ひ上んだよ, ひ上乗にあらざる, ひ上乘物にて我家, ひ上京中で家, ひ上候又伯父樣, ひ上參らせ御, ひ上古よりの歴代遷都, ひ上固有名詞の發音, ひ上水のま, ひ上田氏も余儀なく, ひ上眼使ひに, ひ上臺の家斷絶, ひ上衣をぬい, ひ上野驛近くの宿屋, ひ上陸が行, ひ下げ代金を詐取, ひ下げ代金三千餘圓の工面, ひ下げ此にて晝餉, ひ下げ運動をしかけた, ひ下げ馬のこと, ひ下げ馬七八匹を約束, ひ下し町を引き立て, ひ下り松の枝, ひ下座は右橋掛り, ひ下役人へは賄賂, ひ下手の三田, ひ下津は柳田, ひ下着や胴着, ひ下谷山下にて見, ひ下鎌倉の将士, ひ下降線を示し, ひ下駄をつつかけ, ひ不動岡迷子居の, ひ不可思議の妙理, ひ不孝と言, ひ不孝者に對, ひ不安や懷疑, ひ不完全であるに, ひ不幸と言つて, ひ不幸天災に際會, ひ不幸災難に際會, ひ不徳といふ程, ひ不快が伴, ひ不憫や如何樣, ひ不手際であ, ひ不断の文学的精進, ひ不案内な田舎道, ひ不正の口銭, ひ不満をぶちまけ, ひ不滅といはれる, ひ不用意のうち, ひ不知不識其, ひ不精と怠慢, ひ不自然に発生, ひ不自由さうな歯, ひ不運なる弦月丸, ひ与里の学資, ひ且つさういふ, ひ且つ斯くの如き, ひ世々に絶えず, ひ世の常ならぬ役夫, ひ世人の祈り, ひ世帯だ, ひ世評はどう, ひ世路は到る, ひ世辞る, ひ世道を益, ひ丘傍を傍丘, ひ丘早や目, ひ両国をさして, ひ両方の眼, ひ両足をあげ, ひに皆, ひ並びに戈を, ひ並置と空間化, ひ中ノ橋の金太, ひ中世は智謀, ひ中仙道を足, ひ中国で大, ひ中宮亮平通盛但馬守平経正等を主将, ひ中座の花柳, ひ中戸川氏を叩き起した, ひ中旬になつて, ひ中村遊郭が東洋一, ひ中染て染, ひ中洲病院に徃, ひ中途で失敬, ひ中野を東宝本社, ひ中野実も来り, ひ中風の方, ひ丸の内へ出る, ひ丸の内松竹劇場へまあ, ひ丸山初花楼, ひ丸髷の似つ, ひ主人大場石見は大, ひ主人萬兵衞は酒, ひ主命とはいひ, ひ主家を出で, ひ主要の用, ひ主計頭に謁, ひ久々で頭, ひ久々うちのお, ひ久しぶりに彼女, ひ久保田さんの演出, ひ久八事私し二男千太郎, ひ久兵衞其方生國は何國, ひ久禮海岸見物にゆく, ひ久米に笑, ひ乍らあれぢや江戸中, ひ乍らあんぐりと黒い, ひ乍らお茶を呑ん, ひ乍らそれを許し, ひ乍らゆつくり話さうぢ, ひ乍らツイ鼻の先, ひ乍らパチンと戸, ひ乍らヒヨイと板圍, ひ乍らフラついて, ひ乍らフラリフラリと二階, ひ乍らヘタヘタと平次, ひ乍ら一と通り死體, ひ乍ら一人の妹, ひ乍ら一刀を取上げました, ひ乍ら一番手近にある, ひ乍ら一番最後の雨戸, ひ乍ら一週間許り空しく, ひ乍ら三千兩の大金, ひ乍ら三味線を弾く, ひ乍ら三村屋の立退き, ひ乍ら上から下, ひ乍ら不器用な覆面頭巾, ひ乍ら中へ入, ひ乍ら主人峰右衞門が袂, ひ乍ら二階へ登りました, ひ乍ら云つた答が面白い, ひ乍ら五つ迄は, ひ乍ら京都へ朝日会館, ひ乍ら人目も関はず, ひ乍ら今迄経験, ひ乍ら今度は何, ひ乍ら今糊を附けた, ひ乍ら仲間同志を制裁, ひ乍ら伊太郎は金之助, ひ乍ら会釈を返し, ひ乍ら何ものとも知らぬ, ひ乍ら何んとかし, ひ乍ら何百人何千人の壽命, ひ乍ら使ひの, ひ乍ら例の癖, ひ乍ら俸給を受取つた時, ひ乍ら兄が入, ひ乍ら先刻から立ち, ひ乍ら兎も角, ひ乍ら兩國を渡つて相生町, ひ乍ら其人の生涯, ひ乍ら其末が直ぐ, ひ乍ら凧絲の一端, ひ乍ら前の大きな, ひ乍ら勝手元の方, ひ乍ら半分くらゐ拾, ひ乍ら半時間ばかりも留つて, ひ乍ら口で話す, ひ乍ら右往左往する彌次馬, ひ乍ら名人らしく蟠り, ひ乍ら向島の土手, ひ乍ら呆氣に取られ, ひ乍ら喜八は平次, ひ乍ら單衣の寐卷, ひ乍ら四方を見廻します, ひ乍ら四方構はぬ, ひ乍ら土地の下, ひ乍ら土足の儘, ひ乍ら地獄の底, ひ乍ら坂道を上つて行つた時, ひ乍ら塀隣のお, ひ乍ら夜更けの街, ひ乍ら大地を蹴, ひ乍ら大岡川の流れ, ひ乍ら大川の流れ, ひ乍ら大根を求め, ひ乍ら大澤傳右衞門は娘, ひ乍ら大頭はつと, ひ乍ら奈何して, ひ乍ら女史はこっち, ひ乍ら女房のお, ひ乍ら孤り目当, ひ乍ら寄り添つて来た, ひ乍ら寮の玄關, ひ乍ら寶永の初め, ひ乍ら封印を切, ひ乍ら小屋の後ろ, ひ乍ら小麥大麥刈り, ひ乍ら尤もらしく其邊, ひ乍ら山田は渋々, ひ乍ら川を渡りました, ひ乍ら巣鴨仲町の一角, ひ乍ら幇間の左孝, ひ乍ら平次暫らく立ち淀みました, ひ乍ら座敷牢の中, ひ乍ら引揚げたの, ひ乍ら弟と一緒, ひ乍ら彈く, ひ乍ら彌次馬の右往左往, ひ乍ら彼岸過ぎの陽, ひ乍ら彼方へ飛び, ひ乍ら彼等の方, ひ乍ら往來の人, ひ乍ら後ろからイソイソ, ひ乍ら得意げに僕, ひ乍ら心配さうに, ひ乍ら必要以上に贅澤, ひ乍ら念の爲, ひ乍ら念入りに四方, ひ乍ら恂る, ひ乍ら意味のや, ひ乍ら愕然と薄い, ひ乍ら愛嬌のない, ひ乍ら懐から例, ひ乍ら懷中煙草入れを取出しました, ひ乍ら懷紙を出し, ひ乍ら戸口に来た, ひ乍ら數へ一人づつ拔, ひ乍ら旋風のやう, ひ乍ら日向に寢そべつたま, ひ乍ら日頃にもない, ひ乍ら明神樣の境内, ひ乍ら昔風の大きな, ひ乍ら更くる夜, ひ乍ら書生の談話, ひ乍ら會釋を返し, ひ乍ら朝の街, ひ乍ら板敷の上, ひ乍ら染五郎に道樂, ひ乍ら柳原へか, ひ乍ら根掘り葉, ひ乍ら根岸の奧, ひ乍ら梃の先, ひ乍ら楓林仕立ての盆栽, ひ乍ら様式の上, ひ乍ら横の方, ひ乍ら櫻餅を一籠手土産, ひ乍ら欝陶しさうに島田髷, ひ乍ら歌てもの, ひ乍ら此の脚本, ひ乍ら此時代にし, ひ乍ら死骸を引起, ひ乍ら死體の袷, ひ乍ら残酷な話, ひ乍ら氣を揃, ひ乍ら水下駄を突, ひ乍ら永代橋の欄干, ひ乍ら江戸川縁を歩い, ひ乍ら沓脱の下, ひ乍ら法被を脱い, ひ乍ら淺黒いキリ, ひ乍ら源助はご, ひ乍ら激情に驅, ひ乍ら濱町河岸を兩國, ひ乍ら瀧三郎は脇差, ひ乍ら無心に径, ひ乍ら煙草に火, ひ乍ら煙草入の中, ひ乍ら片手拜みに, ひ乍ら物の氣, ひ乍ら物尺を持出し, ひ乍ら物語類を読ん, ひ乍ら狹い路地, ひ乍ら珊五郎の風太郎, ひ乍ら用意したらしい手燭, ひ乍ら男は愚劣, ひ乍ら町内の本道, ひ乍ら町方の新三郎, ひ乍ら町木戸の裏, ひ乍ら留吉を抱い, ひ乍ら疊の上, ひ乍ら病死ではなく, ひ乍ら白樺社へ寄せられた, ひ乍ら皆んなの前, ひ乍ら皆一齊に寄せ, ひ乍ら相變らず植木, ひ乍ら眉を寄せ, ひ乍ら眞つ黒, ひ乍ら眞正面に信吾, ひ乍ら真面に信吾, ひ乍ら神樂坂に向つたの, ひ乍ら窓際に寄つて, ひ乍ら立上つた八五郎何んの氣, ひ乍ら笑ひ出して, ひ乍ら笑つて赤いカーテン, ひ乍ら答へた, ひ乍ら米国流に尻, ひ乍ら納屋のやう, ひ乍ら素足の儘, ひ乍ら紫琴女は平次, ひ乍ら細君は立つ, ひ乍ら縫掛のそれ, ひ乍ら縫掛けのそれ, ひ乍ら繩で痛々しく, ひ乍ら繼娘の死骸, ひ乍ら美智子の室, ひ乍ら羞ぢらひげ, ひ乍ら翩飜として舞つて, ひ乍ら而もその, ひ乍ら聽いて, ひ乍ら背を見せました, ひ乍ら胸をはだけ, ひ乍ら脚本のい, ひ乍ら腑甲斐なくも, ひ乍ら膝の上, ひ乍ら膳の仕度, ひ乍ら船橋で下高井, ひ乍ら若葉の下, ひ乍ら苦笑ひを, ひ乍ら茶の間へやつ, ひ乍ら茶人帽を阿彌陀, ひ乍ら菊坂に着いた, ひ乍ら藤助は何處, ひ乍ら行つて了ひました, ひ乍ら街へ出かけ, ひ乍ら袈裟治は出, ひ乍ら裏口の柱, ひ乍ら裕佐の身なり, ひ乍ら親身のやう, ひ乍ら財布から取出した, ひ乍ら赤犬の食事, ひ乍ら跟いて, ひ乍ら踊り乍らそして飮, ひ乍ら踏臺の上, ひ乍ら身輕に八五郎, ひ乍ら退屈しのぎの粉煙草, ひ乍ら遂ひ私, ひ乍ら重役は普通, ひ乍ら金澤町を引, ひ乍ら釣竿を柱, ひ乍ら銀鱗を飛沫, ひ乍ら錢形平次は忠義, ひ乍ら鏡の中, ひ乍ら長火鉢の側, ひ乍ら陽の長ける, ひ乍ら靜かに手, ひ乍ら面目なささうに, ひ乍ら鞘よりまさに, ひ乍ら顔丈出した奴, ひ乍ら飛退いたの, ひ乍ら食つた, ひ乍ら食卓の上, ひ乍ら馬場要の浪宅, ひ乍ら駄夫と布団, ひ乍ら鮑貝で食, ひ乍ら麺包を与へられた, ひ乍ら鼻の頭, ひ乗船名簿にゆき子, ひ乙女峠からと云, ひ九仭の功, ひ九個の環, ひ九助を殺さん, ひ九助儀先名主惣内夫婦に遺恨是, ひ九十七八兩は殘, ひ九巫の巫, ひ九年に二女智貌童女, ひ九時から三回目, ひ乳のにほひ, ひからびた風, ひ亂世の始本, ひ了つてそつと額, ひ了つて操は膝, ひ了つて靜かに煙草, ひ了んぬ, ひ了解し合, ひ争そひて, ひ争つた後に私達, ひ争ひたい気色を見せた, ひ争議団でも指導的, ひ事ちやないやね, ひ事務所へ行っ, ひ事務机の上, ひ事寄附諸掛りから町内, ひ事成とも御, ひ事毎に恩, ひ事端の生ずる, ひつくひはあ, ひ二万銭とやら申します, ひ二三人腹を切らされる, ひ二三年來ロシヤへも輸出, ひ二三年前までは女子大, ひ二三日別して樣子惡, ひ二三日中には退院, ひ二三日前までは郵便配達夫, ひ二三本酒壜の並ん, ひ二世瑞仙晋撰の行状, ひ二人三脚の競争, ひ二人差向ひで食事を執り, ひ二人是ぞ赤川, ひ二円でも一円五十銭, ひ二十七日にこっち, ひ二十三にし, ひ二十二三には見えます, ひ二十五で出家, ひ二十歳にし, ひ二卷と云, ひ二天門のほとり, ひ二將雜色に塗りし, ひ二年や三年, ひ二年目にまた, ひ二度言ひすること, ひ二日經て, ひ二時すぎ迄のみ, ひ二時半まで四荘, ひ二時来宮駅へ, ひ二時発の吉敦鉄道, ひ二時近くまで, ひ二月作品についての打合せ, ひ二町三町町名は何と, ひ二者相結ばんと, ひ二臺の大八車, ひ二萬六千の人口中, ひ二里三里ある所, ひ二重にも三重, ひ二間あまりの石垣, ひ云々と申す, ひ云つてしまつたのである, ひ互性活眞には慥, ひにか, ひ五ツと三ツ, ひ五ヶ月限りの約束, ひ五九郎五一郎の衰退, ひ五兩と纒つた金, ひ五六日前まで毎日家, ひ五六町も隔たりたる, ひ五分を以て胡麻, ひ五分時間位の間, ひ五十一銭也で夕食, ひ五十銭で行かう, ひ五千プ程勝つ, ひ五周年の祝ひ, ひ五左衞門は直に, ひ五時半東宝グリルで藤田房子親子, ひ五時座へ出る, ひ五月六日妻と共に一旦, ひ五杯六杯とくふ, ひ五歩にし, ひ五篇を残した, ひ五郎氏によろしく, ひを鑿, ひ井崎八郎と勘次, ひ井戸は淺い, ひ井月句集を読む, ひ井筒の上, ひ亞細亞と云, ひ亡き夫彌, ひ亡すを念じ, ひ亡奥様は貴, ひ亡魂は重なる, ひ交通の不便, ひ交通至便な土地, ひけて, ひ享保十七年には寄合, ひ享楽する街, ひ京土産の香煎, ひ京成線路踏切を越え, ひ京成電車線路に沿, ひ京橋に建てられた, ひ京阪ではいく, ひ人々も散る, ひ人さし指に鼻油, ひ人たちも仕事, ひ人たる者がかく, ひ人ちがいです, ひ人らの事務室, ひ人七右衞門并に駕籠舁久七, ひ人事と云, ひ人事不省に落ちた, ひ人人と共に樂しん, ひ人光より申上, ひ人光其は容易, ひ人光并に店請人清右衞門, ひ人力車も遠路, ひ人命を奪, ひ人工的の施術, ひ人形どこがい, ひ人形流の悪騒ぎ, ひ人形芝居の遠い, ひ人心を買つて内, ひ人恋ひそめし, ひ人扱ひを, ひ人歌ひ徒, ひ人混に隱, ひ人減らしで, ひ人煙薄からざる, ひ人目を惑, ひ人相は何より, ひ人相方角気にしだしたら, ひ人種誌といふもの, ひ人能く我, ひ人見付けたる会釈, ひ人赤坂傳馬町二丁目長助店道十郎後家みつ悴道之助, ひ人足の絶間, ひ人道的感激にし, ひ人違ひかと, ひ人長助光并びに證據人麹町三丁目瀬戸物屋忠兵衞相手方村井長庵, ひ人間どもが蜘蛛, ひ人間同士ではわかりません, ひ人間的認識の限界, ひ人體と申し疑, ひ人麻呂任終て永き, ひ什器と云, ひ仁王の如き, ひ仁義忠孝を以て實際, ひに, ひれて, ひ今にも降りだしさ, ひ今九江に同期, ひ今井樋口と心, ひ今余り人のやらない, ひ今夏再び余, ひ今宵ハいと寒き, ひ今宵此処に罠, ひ今度逢ふまでに, ひ今後志村君が蛻, ひ今戸橋を渡つて真直, ひ今日向島の渡舟, ひ今日四部の區別, ひ今日成就し汝, ひ今日男爵が大阪, ひ今日町奉行越前を恐, ひ今日陸にての買物, ひ今更斯なる上, ひ今更申は詮, ひ今朝同人を小西屋, ひ今朝土手際なる庚申堂の前, ひ今朝陽が高く, ひ今般將軍の御, ひ今藤陰の裔孫, ひ今譲四郎を拘, ひ仏蘭西人の趣味, ひ仕合せでは, ひ仕立下しの着物, ひ仕舞しかば三人, ひ他所の兒, ひ他方ではこれ, ひ他界の霊物, ひ他者を考慮, ひ付かじ況んや汝, ひ付き一生懸命意見をした, ひ付き廿日の曉, ひ付けぢやね, ひ付け句には, ひ付け姓名を言, ひ付け幾つ取つて來, ひ付け散々な目, ひ付け煙草などは兄妹, ひ付け通りに運ぶ, ひ付け通り床を延べ始めた, ひ付け通り損料で紋付, ひ付け通り服藥を濟, ひ付け通り番頭の後, ひ付候は夜四つ時, ひ付吉之助が衣類其外何不自由, ひ付四つはひ, ひ仙台の政治, ひ代る代る之に, ひ代物これで確か, ひ代金を受取, ひ以つて聊か逆境, ひ以つて獨立の生活, ひ以上の惡事, ひ以下ですよ, ひ名文の, ひ仮りの場所, ひ仮面の神道儀式, ひ仲よくしあつ, ひ仲違ひの, ひを全うす, ひ任那に日本府, ひ伊勢の神風, ひ伊勢守と何, ひ伊勢屋の旦那, ひ伊場さんは親, ひ伊太利の美しき, ひ伊太利人に聞け, ひ伊藤侯爵が其媒酌人, ひ伊藤松雄の脚本, ひ伊豆の岬, ひ伊豆殿御證據の御, ひ伏つてゐる雲, ひ伏んやと, ひ伏拜み, ひへば, ひ会つて椅子に腰, ひ伝ひではこの, ひ伝統的制約を脱し, ひ伯母を憶, ひ伯爵の遺骸, ひ伯爵ウゴリーノに汝, ひ伯爵夫人の傍, ひ伯父長庵が惡巧み, ひ伴家を訪れた, ひ伸びをし, ひ位ぢや變ら, ひ低く語るの, ひ佐吉は五目, ひをねぢ, ひ体言化して, ひ何かしらそこに同じ, ひ何かと冗談を, ひ何くれとなく, ひ何ごとにもこ, ひ何ぞ紛失の, ひ何でえ, ひ何とか家政を, ひ何となく求めつつ, ひ何とも御詫, ひ何ぶん私の一存, ひ何不足なき好き縁, ひ何分頼むと, ひ何十ぺんに一度, ひ何十人あらうとも, ひ何卒此上は貴殿, ひ何喰ぬ顏, ひ何方へなり, ひ何方樣の御, ひ何樣なる出世, ひ何樣世の人賢奉行, ひ何気なく側に, ひ何等の蹟, ひ余つて前によろめき, ひ余つて滝と溢れた, ひ余所事になさいました, ひ余等は滑る, ひ余花の庵, ひの慈悲, ひ佛事供養怠りなく致す, ひ佛像を畫かしめん, ひ佛式でやつ, ひ佛教の勢力, ひ佛滅後若干百年を經, ひ佛畫佛具を作り, ひ作つて見たの, ひ作り度い気, ひ作品を批判, ひ作家に先立ちし, ひ作家自身は意識, ひ佳いと思, ひ佳句を得, ひ來つた時にそれ, ひ來つた樣に動悸, ひ來つてそして更め, ひ來つて人間に最も, ひ來つて火窓に衝突, ひ來つて爾後八星霜といふもの, ひ來つて諸君の前途, ひ來らなければ, ひ來る骨牌仲間も, ひ來給はん其人をも愛せん, ひ例へば自国の, ひふ, ひ侘しきに, ひ侘びしすぎる同感, ひ依頼をうけました, ひ侯松風のごと村雨, ひ促音は二音, ひ俗心に克ち, ひ保子さんと云, ひ保護せられる所, ひ信仰に無知, ひ信夫と云, ひ信濃小県郡の大屋, ひ信用のある, ひ俳優以外のもの, ひ俳優養成の先決問題, ひは卒業, ひるる, ひ候うちに雨江様桂月様, ひ候ことなりと, ひ候こと桂月様たいさう危険, ひ候はず何卒日延, ひ候ままそれがし, ひ候ものを返らぬ, ひ候やうに眠られず, ひ候やう母へは其, ひ候上は調印誓紙, ひ候上覚悟相定め申べしと, ひ候也と辯舌滔々, ひ候事など思ひ浮べ, ひ候事有之候哉, ひ候事氣の毒, ひ候五助に居屋敷, ひ候代金を帳箱, ひ候処隠場所, ひ候処今宵首尾よく本懐, ひ候処彼の錦, ひ候夕霧と申す, ひ候家來五助方へ夫婦引取り, ひ候庄兵衞と云者參, ひ候旨御答申上候処, ひ候旨屆け出, ひ候昨夜の散歩, ひ候末とにかく一先何地, ひ候歟いずれにも致せ, ひ候段深く御礼申上候, ひ候段不仁不義の仕方, ひ候段深切の致方, ひ候段重々不屆, ひ候為め吾家の血統, ひ候由武清はなし, ひ候由申ければ, ひ候私これはちと, ひ候節嘉川家の供頭, ひ候者なれども, ひ候而何か咄, ひ候而已ならず其後大金, ひ候處お安, ひ候處傳吉隱すこと, ひ候間は臨終, ひ候間今少し御, ひ候間容子を窺, ひ候間明後日夕景よりいつも, ひ値ぢやア, ひ倨然として居住, ひなる功名身, ひ偉大な歴史, ひ偏に迷執に, ひ偖御前樣方, ひ偖此所に御座る, ひ做ししなるべし, ひ停年制に由つて大学教授, ひ停止すると, ひ健康を促進, ひへを盾, ひ傍らに文右衞門, ひ傍若無人と云, ひ傍観するもの, ひを開き, ひ傘端の點滴, ひ備前燒のと銅の, ひ催眠作用を取り入れた, ひに原詩, ひ僕等は東京, ひであり理, ひ僞善の花, ひ僥倖をたのみ, ひ僧侶自身武装すると共に, ひ僧徒は法皇, ひ僧房の奥, ひ僧斯植の一片月光涼, ひ儒者はアントニオ, ひ儚い色を, ひひたく日夜焦慮苦心, ひしむ, ひ優しき情の, ひ優まみの, ひ優秀と優秀, ひ優美なる挨拶, ひ優越感を泥土, ひふ下心, ひ元町のサノヘ, ひ元高三萬石を十四萬四千餘石, ひ兄妹だと, ひ兄弟喪にぞ籠りける, ひ兄弟想ひの, ひ兄弟親子疎遠になり, ひ充分に享楽, ひ充実して, ひ先きの幸多かれと, ひ先づその細君, ひ先づ差当つてなにがし君, ひ先づ此處等がよから, ひ先づ酒の防腐劑サルチール酸, ひ先づ駒より下手投, ひ先久し振りの山吹色, ひ先代生前の頃, ひ先刻より尋ね, ひ先夜も申, ひ先天一殿の面部, ひ先天年間に於, ひ先年大恩受, ひ先年当家は将軍家, ひ先我が身安泰家内安全町内大變, ひ先方こそついぞ, ひ先日の答, ひ先生先程は一旦, ひ先生自身が會社員, ひ先老中には智慧伊豆守, ひ先賢の言葉, ひ先鋒の陣, ひ先頃穂積忠さんから聞い, ひ光明に浴せしめん, ひ兎角吉三郎を, ひを育て, ひ児童教育に造詣, ひの葬式, ひ兒さがし, ひ党首としては一時, ひ入まゐら, ひ入り度い位, ひ入念の仕事, ひ入札仕つり私, ひ入棺したばかり, ひ入江の江戸川, ひ入院して, ひ全てがひとつ, ひ全力を出しき, ひ全智全能の神様, ひ全然とは云, ひ全身を拭, ひ全部ではない, ひ兩人ども必ず慮外, ひ兩崖相迫りて, ひ兩性の間, ひ兩腕をうしろ, ひ兩詩人を第, ひ八つ橋栄之丞, ひ八九十までは長生き, ひ八人であらう, ひ八境を制し, ひ八太夫の正本, ひ八寒地獄へ眞, ひ八幡は向う側, ひ八幡祠前の休茶屋, ひ八日の放送, ひ八月十八日の政変, ひ八月有楽座の記念パンフレット編輯, ひ八本が地上, ひ八百屋には唐菜, ひ八百文で冷たい, ひ公羊學の研究, ひ公雅は涙顔天, ひ六人兄弟を確め, ひ六人跡箱二ツ引馬一疋長柄草履取合羽等にて數寄屋橋内町奉行, ひ六十三の凶, ひ六十五歳でその, ひ六十余度まで勝負, ひ六宮の粉黛何れ, ひ六年の間, ひ六方ことば關東べい, ひ六時頃から, ひ六月下旬大辻としては四日間, ひ六百人と聞えし, ひ六部のひとり, ひ六部殿庫裡の方, ひ共同菜園の作物, ひ兵どもが早く, ひ兵兵と技, ひ兵庫の沖, ひ兵火と砲彈, ひ其一部を機關雜誌, ひ其上傲然として構, ひ其下の句を金文字, ひ其中宗家の宗家, ひ其乳汁を飮, ひ其人品と云, ひ其他すべては, ひ其以下の神, ひ其作物に現代, ひ其儘捨て置かば, ひ其利害得失の如何, ひ其動機が善, ひ其勢旭の昇る, ひ其台場をも乗り, ひ其名言にて, ひ其哲理を練り, ひ其嘆きは道理, ひ其國の風教, ひ其地外國に續, ひ其報としてイゼベル, ひ其夜は遊び, ひ其夜切害人の傍邊, ひ其威力の発揚, ひ其子孫を嫌つて, ひ其家に宿した, ひ其容貌の變, ひ其寶澤の衣類等御座候, ひ其島と申, ひ其後一週間以内には總, ひ其後夫婦連れで例, ひ其後数度御前に召され, ひ其徳を仰がざる, ひ其性の兇暴, ひ其懐旧談, ひ其手法と云, ひ其方ども予が事, ひ其方亂心と相, ひ其方儀家の支配, ひ其方共の疑, ひ其方共願ひに, ひ其方只今藤八が申通, ひ其方夫文右衞門が無, ひ其方明日杉戸へ案内, ひ其方最前も申す, ひ其方死人の體, ひ其方澤の井, ひ其方醫道は確, ひ其方面からついた, ひ其日印刷に付せざるべからざる, ひ其時清を押, ひ其曲頸の舟, ひ其最も流行, ひ其権勢を用, ひ其權勢を用, ひ其気になつたの, ひ其熊は牝熊, ひ其物に因り, ひ其生命並びに富, ひ其眞心と言, ひ其第一第二, ひ其等科學原理の批評, ひ其節那方の仰せ, ひ其節金三千三百兩同家へ贈りし, ひ其米屋の前, ひ其義から分化, ひ其聯想から口実, ひ其胴卷を其所, ひ其脇差は那, ひ其自働車に乗り, ひ其蔭に風呂敷, ひ其表出のすべて, ひ其装幀の美, ひ其許は商, ひ其許樣には常々吉原, ひ其詞章を, ひ其賦の弘麗, ひ其質を變, ひ其身を屈め, ひ其部下の者, ひ其鄰家譲受の事, ひ其配景といひ, ひ其飛躍転用する方法, ひ其餘力を以て母, ひ具象と云, ひ具體の數, ひ典型的近代主婦と云ひたい細君, ひ内容も違, ひ内職には押込夜盜, ひ内証のこと, ひ册數少なきは, ひ冗談言つてはいけません, ひ冠つたところで凄い, ひ冠つてゐる, ひ冠琴白鳥乙女といふやう, ひ冥王も地底, ひの穩, ひ冬子の手紙, ひ冬菜の漬物, ひかなる, ひ冷紅茶のん, ひ凄き武裝に, ひ凄まじい火災の, ひ凄惨見るに, ひ凌ぎあひの行はれる, ひ凛々と大仏, ひ凝然と見透せさせた, ひ凡そもう何処にも, ひ凡そ三里にし, ひ凡そ二十年共計四千萬圓, ひ処方による薬, ひの糸, ひ出さんとする, ひ出し給へといふ最後, ひ出たるをり, ひ出だし一言の答, ひ出だし候てだに心跳, ひ出づな恨に死, ひ出づべき人にこそ, ひ出づることを許さなかつた, ひ出づること能はざら, ひ出づるときは石垣も高から, ひ出づるを忠相段々聞, ひ出づる人なく老公, ひ出づる時一隊の近衛騎兵, ひ出づる時我泣くとも, ひ出づる神とでも説くべきであらう, ひ出づる蟲けらどもの感情さ, ひ出づれば主人も聊か, ひ出づれば宮は未だ, ひ出づれば父上は何とも, ひ出づれ秋風のごと, ひ出づ縫ひ目, ひ出んとして尚, ひ出九助儀名主役仰付られ相, ひ出候段是又實父母, ひ出候目安を取調べる, ひ出候者も多く, ひ出入をなさず, ひ出國したる過ち, ひ出羽を過ぎ, ひ出話に均しく, ひ出陣井上九郎衛門母里太兵衛が諫め, ひ出離をもとむること, ひ刃傷沙汰みんなグラン・タムールに似, ひ分ぢやありません, ひ分上手と云, ひ分六人中間三人主從十人に候處只今, ひ分坂を歌別, ひ分析しようと, ひ分析分化に浮身, ひ分次第では馬, ひ分此女は国, ひ分福は亦, ひ分節を繰り返し, ひ切れ口が泥, ひ切符貰って, ひ切角望遠鏡を執, ひ刑戮を止める, ひ刑法上の大罪, ひ列兵各個の運動, ひ列国に覇, ひ列王に, ひ初めそれをそのまま, ひ初めもろもろの蝉洗濯, ひ初め山の花, ひ初め自ら凡夫となる, ひ初め過ぎの赤児, ひ初歩の初歩, ひ判人利兵衞の方, ひ判金と違つて, ひ別してお世話に, ひ別になにも, ひ別荘の多い, ひ利兵衞殿娘お菊, ひ利兵衞殿昔の約束, ひ利巧に別れよう, ひ制度で行かう, ひ制限漢字運動をかうした, ひ刷毛先で暖簾, ひち古河, ひ前夜の櫛, ひ前髪に櫛, ひ剛勇のアキルリュウス, ひを抜いた, ひへ其, ひ割にキチンとした, ひ割れをひき起す, ひ劇場は満員, ひ劇的な筋, ひ力滿ちたる新しき, ひ功績と云, ひ加減に葭簾, ひ加速度に奇態, ひ助け合ふそして, ひ助け合つて生活をし, ひ助け度者と種々, ひ努力を敢, ひはつ, ひ労役のたぎち沸く, ひを折候, ひ勅使と副使, ひ勇三郎が兄上, ひ勇戰念じ進み行く, ひ勇拂を通つて鵡川, ひ動揺めきしが, ひ動詞代名詞の變化, ひ勘当の身, ひ勘次のこと, ひ勘當の詫, ひ勝手口に錠, ひ勝負決すべし, ひ勞役のたぎち沸く, ひ勞苦敢てせず, ひ勢猛く搦, ひ勤め兼候故七月中暇, ひ勤何遍言うても, ひ勤労是れ務めた揚句, ひ勿論平舞台, ひに手, ひ包帯ですっかり, ひ化學藥品にし, ひ化粧前へ座る, ひ北条の悪意, ひ北條氏康と上杉朝興, ひ北海旭新聞社に立寄つた, ひ北海道を巡遊, ひ北行良久しく西日, ひ医学専門学校に荒木, ひ医療の効, ひ医者に似, ひすこと, ひに一, ひ十一月の改訂プラン, ひ十一月朔日江戸表へつき, ひ十七日より翌年, ひ十三四にて, ひ十二將を斃, ひ十二時頃まで八方自動車, ひ十二月一日原の廃城, ひ十二相揃ひし容貌, ひ十五夜の月雲, ひ十五年前に関東都督府編纂, ひ十五日間やり通しました, ひ十人宛二行に並ぶ, ひ十兩取り今, ひ十六歳の春余家母, ひ十兵衞さらに気, ひ十兵衞先刻に富松, ひ十円でも金, ひ十分其効果を奏する, ひ十分特別な事情, ひ十四円なり, ひ十年に亙り, ひ十年前のパリ生活, ひ十度二十度の先陣, ひ十度二十度哀れ六尺の丈夫, ひ十日ぐらゐすると保田へ歸つて, ひ十時出る, ひ十時半に宿, ひ十月以後の予定, ひ十萬の人, ひ十里余やあらん, ひ十銭位のお, ひ千人にわけ, ひ千切つた時美濃紙の羽根, ひ千太郎より五十兩, ひ千太郎身持放埓に付其方兄分, ひ千客万来相手をみつけ, ひ千度の請, ひ千恵は頭, ひ千成へ寄っ, ひ千登世の今度, ひ千里も行かん, ひ千駄ヶ谷に傭婆, ひ午前の汽車, ひ午前八時頃から階下, ひ午後になる, ひ午後母上を訪, ひ午近くのこと, ひ丁ほど, ひ半ばせり此れ乃ち塵芥, ひ半ば裸かのまま, ひ半三の長屋, ひ半分彼女たちのこと, ひ半可通を振り, ひ半日煤拂ひほどの, ひ半生半死入りては, ひ卑め罵りはた, ひ卑幼とは幼, ひ卑怯な満足, ひ卑怯者めがこの, ひ卑近な部分, ひ卓一との生活, ひ協力一致の外形, ひ南京蟲に食, ひ南欧系は別に, ひ南省とも言, ひ南部にもせよ, ひ単なる座興の, ひ単純で垢, ひ博多節と云, ひ博奕をうち, ひ印刷業關係者でないもの, ひ印度洋を經, ひ危急の場合, ひ危篤だとしても, ひ神子舞ひといふべき, ひ即時に金屋利兵衞, ひけること, ひ却けた或る, ひ却つて相応しいかも, ひ却つて一段秋霜烈日の嚴, ひ却つて自らグエルフィ黨の禍, ひ卷返して, ひと南海, ひ厚く禮をぞ, ひ原始的な智力, ひ原形式の数十倍以上, ひ原稿の續, ひ原稿生活改造の儀実行致度, ひ原稿紙の上, ひといふ程娘, ひ厳粛と真面目, ひ参考の為, ひ參らせ候あなかしこ, ひ又七事お熊, ひ又富士を望ん, ひ又或は日本の, ひ及きしをもち, ひ友人の鈴木信太郎君, ひ友人たちはみな, ひ友情の重, ひ友次郎殿事お花樣の御, ひ友達になつて, ひ刄の, ひ双子山の裾, ひ双方の結納, ひ反古を捩り, ひ反対者の讚同, ひ反歌の中, ひ叔母様に渡された, ひ取り仕合せ宜と, ひ取り何國ともなく, ひ取り何處へか隱, ひ取り來りしが, ひ取り其上にて關宿, ひ取り其上富右衞門に罪, ひ取り合ひに, ひ取り夫より所々, ひ取り嫁に爲ん, ひ取り官舎寺院を焼き, ひ取り懷中せんとする, ひ取り知ぬ顏, ひ取り給ひしなれ, ひ取り行掛の駄賃, ひ取付きの農家, ひ取次も御, ひ受んと夫婦相談, ひ受古郷の奈良, ひ受夫より我が, ひ受我養子となしたりけり, ひ叙爵せられて, ひ口々に馬, ひ口会たまふこ, ひ口惜しと見る, ひ口眞似だけの, ひ口笛を吹き, ひ口腹滿たすべき美味, ひ口許に不満, ひ口調と云, ひ口髭半白くなられ, ひ古きを尊び, ひ古今東西一つとして欲, ひ古老先生の教, ひ古賀はその, ひを貰つて, ひ只一人踏み留つたヘクトール, ひ只今奉行大岡越前守殿參られ御, ひ只今富が申立, ひ只今庭へ出, ひ只其処に使用, ひ只管我が演じいだす, ひ只管霊感に耳, ひ叫喚く聲, ひ申と, ひと謂, ひ史乗逸話の上, ひ史乘逸話の上, ひ右岸の者, ひ右左に立下, ひへ得さすべし, ひ叶はず地主嘉兵衞に引渡されしか, ひ司令部の許可, ひ司命の屬, ひ各自吟味の席, ひ合つたクリストの気もち, ひ合つた人の熊手, ひ合つた仲だと, ひ合つた位です, ひ合つた側の壁, ひ合つた僅な時間, ひ合つた儘眼を明い, ひ合つた向側の建物, ひ合つた壁の窪み, ひ合つた壁側の本箱, ひ合つた座席に腰かけ, ひ合つた彼女の眼, ひ合つた怜悧な眼付, ひ合つた方の汚れた, ひ合つた晩のことさ, ひ合つた椅子に腰, ひ合つた樣子でした, ひ合つた気障な, ひ合つた葦原醜男に, ひ合つた西側の壁, ひ合つた観棚に小林萬吾, ひ合つた部屋の入口同志, ひ合つた顔を見くらべ, ひ合つてきりつと, ひ合つてこれでまア, ひ合つてどこか意, ひ合つてやつと各, ひ合つて不景気な飯, ひ合つて事件の眞相, ひ合つて二つの村, ひ合つて互を穴, ひ合つて交互に朗らか, ひ合つて其日はいろいろ, ひ合つて切磋琢磨すること, ひ合つて土藏がありました, ひ合つて将棋を差し始める, ひ合つて川崎宿の名物, ひ合つて抑揚の鈍い, ひ合つて文六とおせい, ひ合つて斯うした, ひ合つて晝飯を食つて, ひ合つて月の光, ひ合つて椅子に腰かけた, ひ合つて水を溜め, ひ合つて洋服のあぐら, ひ合つて炬燵に入, ひ合つて皆な枕頭, ひ合つて結局に於い, ひ合つて縫物を続け, ひ合つて腰掛に座, ひ合つて蛭子社がある, ひ合つて野原に植ゑておいた木, ひ合つて金田鵜瀞島内岡などの姿, ひ合つて門口を這入つ, ひ合つて陸へ揚げた, ひ合つて顔を見る, ひ合つて食ふこと, ひ合つて默つて並ぶ, ひ合ひでもした, ひ合ひで乱戦が演ぜられ, ひ合ひもあるが, ひ合ふかのやう, ひ合ふところがある, ひ合掌する, ひ吉三郎を科, ひ吉之助は諸, ひ吉慶の頌歌, ひ吉日を撰, ひ同人より預りし, ひ同士などで快活, ひ同士髪をかきつけ, ひ同年の十月, ひ同心は惣内, ひ同心引立て入替り願山, ひ同心立ち掛りて, ひ同感だうち, ひ同所へ材木店, ひ同族相戮した仇, ひ同様口さへ濡らさせ, ひ同様正月に来たらしい, ひ同氏は微傷, ひ同然なすがたで, ひ同類を集め, ひ名主九郎右衞門方へも組頭佐治右衞門周藏忠内七左衞門等入來, ひ名優は才能, ひ名古屋に住ん, ひ名古屋劇場へ行く, ひ名宝でダニエル・ダリウ, ひ名所古跡も多く名, ひ名所絵も従来, ひ名望高節を傷つけ, ひ名言を吐いた, ひ名門の中, ひ向う岸の崖, ひ向きにクレムリン城廓, ひ向上心に燃える, ひ向島か根岸邊, ひ君ヶ代を歌, ひ君会社の手, ひ君子ではない, ひ君民の關係, ひ君等と云, ひ然樣, ひ否多寡の知, ひ否応なく小さな, ひ否早御前の樣, ひ否昌次郎夫婦を害せし, ひ吸つても吸つて, ひ吸鍔桿曲肱方位盤に似たる, ひ吹雪に目, ひ吾儕は御免, ひ吾儕共も思ひますれ, ひ吾友には猶, ひ吾妻のやう, ひ吾等は互に, ひ呉候樣申候此時始めて, ひ呉同道致し同人宅, ひ呉服屋これも獨, ひ告けたのだらふ, ひ告げ口密告はする, ひ周圍にある, ひ周官に本, ひ周武の紂, ひ呪師猿楽とも並称, ひ味噌に鰹節, ひ味方の聯盟陣, ひ味気なき旅路, ひ呼吸器塵除け眼鏡, ひへる事, ひえたて, ひ和助を救, ひ和歌山に西家村, ひ咲きです, ひ咳払ひの, ひ咸陽を屠つ, ひ品吉が傍, ひ品川まで行き, ひ品川大黒屋まで持つ, ひ品川宿近江屋儀右衞門の地面芝高輪八山, ひ哄然と笑, ひよみ酒, ひ哥一首よみ候かきて, ひのみし泣か, ひ哲學科といふもの, ひ唄示威的の歌, ひ唐子と云, ひ唐宋時代の名, ひ唐沢一家を滅亡, ひ唐黍の毛, ひそれだけでも, ひ唯一人の姉, ひ唱導者の一派, ひせんと, ひ啄木やその, ひ商人のお, ひ商売人は農相, ひ啣めるもの, ひ善きマルヅッコに, ひ喋べつてきかせる, ひ喜こぶ甲斐, ひ喜びを奪, ひ喧嘩をし, ひみ直してはと, ひ喫驚して, ひ單獨の文書, ひ單純ではなかつた, ひ喰ひでもし, ひ営舎を焚き, ひ嗚呼私が, ひなどし, ひ嘉助の強がり, ひ嘉吉にはその, ひ嘉川家にて仕送り用人, ひ嘲弄にしろ, ひ器量と謂, ひける表門, ひ噺程度以上のもの, ひ嚢中却て温, ひ嚴重なる防禁, ひやされ, ひはされる, ひ囘つてゐる, ひ四五日前からで, ひ四五枚の書い, ひ四人不足なり如何, ひ四人打物を持せ, ひ四人男出立を定め, ひ四人跡箱貳ツ何も紫きの化粧紐, ひ四代目にし, ひ四十の四, ひ四夷は皆己, ひ四日には兵庫, ひ四時迄語り論ず, ひ四月は大丈夫, ひ四肢と勇, ひ四郎右衞門に譯, ひ四部に分ける, ひ回し振りが遠回し, ひ回向し前夜, ひ囲炉裡にどんど, ひなること, ひむる習慣が, ひ固くなり包むに, ひ国力を消耗, ひ国土肉身その他一切の日本潜入, ひ国庁を領する, ひ国民も新しい, ひ国民士気の振作, ひ国民学校では教師, ひ国王を次に, ひ国粋保存の説, ひ国語を技術的所産, ひ國民意識に徹し, ひ圍爐裏へ轉び落相果申候, ひを脩め宅, ひ園藝をし, ひ圓滿といふ, ひの匂, ひ土たたら踏み飛べや, ひ土俗に察し, ひ土地隆起の爲, ひ土手にて機, ひ土竈が見える, ひ土間の上, ひ在宅のやう, ひ在宿なればとて, ひ在来の劇団, ひ地中海のほとり, ひ地図の目盛, ひ地方にある, ひ地汝を容れざれ, ひ地獄を見る, ひ地獄極楽の絵, ひ地蔵破れ三味線の化け, ひ地謡の, ひ地雷火の口火, ひの麓, ひ坂田藤十郎の演ずる, ひをめぐり, ひ坐り相撲を取り, ひ坤軸も為, ひ坪数もちがつて, ひを從, ひ城内へはお, ひ城富は鍼治, ひもない, ひして, ひ堀井英一を呼ん, ひ堀内氏は朗々, ひ堂々として控, ひ堂前に立ち塞がつた, ひ堅き双脚輕くし, ひ堕落の道, ひ堤防は此村, ひ塗りの青い, ひ塹濠と壘壁, ひの港, ひ墓碑を刻し置か, ひ増屋の主人三右衞門, ひの画, ひ墨堤を歩む, ひし麥, ひを返した, ひされた潜戸, ひ士分になれ, ひ士卒にこれ, ひ壮年は己, ひ声さへ, ひ声一つ聞いたこと, ひ声夜風に残し, ひ声森閑とした, ひ声虔十はびっくり, ひ声話し声までがまざまざ, ひ壱岐の島, ひ売色に現, ひへては居る, ひ夏神楽を奏する, ひに虫, ひ夕刻近く麻布, ひ夕闇に一人, ひ夕飯が濟, ひ外づれず打ちつづけられる, ひ外人に扮する, ひ外出を喜ぶ, ひ外国人の誤解, ひ外國製布を用, ひ外宿をしん, ひ外道と云, ひ外部こそ同じ, ひ外題も申し分無し, ひ多く夫婦神であること, ひ多く虚僞を加, ひ多ければそ, ひ多忙と称し, ひ夜ひとよとかく, ひ夜もすがら神佛を, ひ夜三郎と共に会, ひ夜八時信州北佐久郡御代田驛に汽車, ひ夜半の冬, ひ夜天に晒した, ひ夜店の古本屋, ひ夜明けごろ西空に落ちゆく, ひ夜毎に海, ひ夜通し遊び, ひ夜陰ひそかに彷徨, ひ夜霧の白い, ひ夥しく御用金, ひ大いなる長曰, ひ大きい自然の, ひ大きに皆を, ひ大して水は, ひ大仏造顕によ, ひ大伴家持と云, ひ大保木といふ村, ひ大倭から来る, ひ大儀ぢやの, ひ大勢にて尋ね, ひ大原ざこ寝の事, ひ大口を穿きし, ひ大國主の許, ひ大場鎮陥落の提灯行列, ひ大宅氏は私, ひ大小ともに, ひ大小十六把を下げ渡し, ひ大山総司令官の率, ひ大島の紡績, ひ大師が首尾, ひ大師河原へ參詣, ひ大庭に, ひ大御光は, ひ大徳を叩い, ひ大東酒楼で食事, ひ大樹も梢あら, ひ大機を誤り, ひ大正十五年ごろその一部, ひ大気を含んだ, ひ大理石門地下鉄ステーションへ終電車近く, ひ大空を蔽う, ひ大統領は直ちに, ひ大胆不敵に構, ひ大衆と囲遶, ひ大西洋を横斷, ひ大豆を拾っ, ひ大阪の堀江, ひ大阪天王寺の塔倒, ひ天上天下知り難き, ひ天下騒然復た文, ひ天使の創造, ひ天八といふ, ひ天命と云, ひ天地これに和する, ひ天地自然の哀切, ひ天外に飛茫然, ひ天幕のボート, ひ天性世に稀, ひ天氣都合がよけれ, ひ天涯相隔つるとも一舟, ひ天災兵燹を閲し, ひ天神丸の新, ひ天窓を切, ひ天草から長崎, ひ天道の是非, ひだ好し, ひ太き長靴を, ひ太古尭帝が山中, ひ太田道灌が江戸, ひ太郎の靴, ひ太閤様にぢ, ひ太陽どの太陽, ひ太鼓を打ち, ひ夫婦子供が小ぢんまり, ひ夫婦手をはなさずし, ひ夫幸之進が印形, ひ夫死しては, ひ夫秀實の手, ひ失禮ながら御, ひ奇樹怪石後園に類, ひ奈何なる事, ひ奈何いふ風に行ふか, ひ奉行へ金十五兩下役人, ひ奉行越前御證據, ひで續, ひ奏づる外人間の音樂, ひ契合とも号るなれ, ひへ下らん, ひ奥さんの手, ひ奥様も何, ひへ這入, ひ奮鬪の勇氣, ひ女不自由舎の附添, ひ女優に握手, ひ女安を, ひ女帶ではあるまい, ひ女文字の散らし書き, ひ女神様とも仰ぎ, ひ奴四軒目を燒, ひ奴隷經濟だけで, ひ如何にもしなやかな, ひ如何處か誠に, ひ妄言綺語の淤泥, ひ妖精太陰に泣く, ひ妖術を以てこれ, ひ妖魔をし, ひに職業的, ひ妥当を欠いた, ひ妨害する所, ひ妻子を苦しめ, ひが此處, ひ姉さまのところ, ひ姉娘は夜, ひ始業時間迄に生徒, ひは落合, ひ委細の事, ひと讀む, ひ威勢と云, ひ娑婆苦はあ, ひ娘たちが懐いたなら, ひ娘子を思ひ出す, ひをおも, ひ婚さま欲しく思ほせ, ひの面紗, ひりが, ひ嫁入り致させ候, ひひよ, ひ嫌ひで滅多に客, ひ嫡男として役所, ひ嬉々として故郷, ひ嬉しいぞや過分, ひえるやう, ひ子たちにも言, ひ子ら日暮なり, ひ子供心にも匂, ひ子供等を大人, ひ子供身寄もなく, ひ子等は何, ひ子細に採り, ひ孔子を賊する, ひ孔明をし, ひ孔雀鳴く, ひに, ひ字字出処を尋ね得し, ひ字畫の似た, ひ孝行を尽, ひ孝謙天皇の天平寶字元年, ひ孝貞と云, ひ学問の師, ひ学生は焦茶, ひ學士會館の南隣, ひ宅兵衞に言寄る, ひ宇土野といふ所, ひ守らさん孝子の車, ひ守備を爲, ひ守口漬を喜ぶ, ひ安くとも仕事, ひ安しと汝, ひ安心して, ひ安易なこと, ひ宏壮な洋風建築, ひ宗教上にては生命, ひ宗教哲學の觀點, ひ宗門奉行に外国版, ひ官制の制定, ひ官府の命令, ひ宜しく申し爲, ひ実写的技術以外に能, ひ実感に訴, ひ実施せずと, ひ実生を育てる, ひ実用的明晰を失はず, ひ実行のため, ひし曰, ひ室内に一杯, ひ宮室を経営, ひ宮廷ではひつぎ, ひ害ひまつらんと, ひ家並絵とかすむ, ひ家國を懷, ひ家屋が倒伏, ひ家庭で繭, ひ家庭劇を見物, ひ家康の国代, ひ家康討伐の準備, ひ家族制度は時代, ひ家猪野猪野獸を甚だ, ひ家財を作る, ひ容共政策と云, ひ容態に變, ひ寂しき庭を, ひ寂滅爲樂とも感ずべけれ, ひ寄せとんと寢, ひ寄せ只快くその, ひ寄せ罪惡を具象, ひ寄つた例は数, ひ寄つた時代であつ, ひ寄つた私に見事肘鉄砲, ひ寄つてソッと窓掛, ひ寄つて不思議な落着き, ひ寄つて今日もどうやら, ひ寄つて八五郎に抱き起させました, ひ寄つて寝台の縁, ひ寄つて彈かれた意趣返し, ひ寄つて空つぽ, ひ寄つて膝に接吻, ひ寄つて膳の傍, ひ寄つて行つた, ひ寄つて財産全部をわが, ひ寄つて頼みもしない, ひ寄りざま勘兵衞の裾, ひ寄り其翼無慘, ひ寄り威力に屈した, ひ寄り峡の底ひ, ひ寄り添つてゐる人, ひ密かに糧食, ひ富山を攀ぢ, ひぬれば, ひ寒々とした, ひ寒い冷たい時雨, ひ寛文から延寶, ひ寢卷のやう, ひ寢臺の側, ひ實踐は理論, ひ審美学家の孜々, ひ寫實主義と云, ひを售, ひ寸毫の遠慮なく, ひ寸陰を惜む現代人, ひの中, ひ寺僧は美術學校關係, ひ寺島の寮, ひ寺院の建立, ひ対外的には文化宣伝, ひ対局中は神様, ひ対手にあと, ひ寿司なんかすもじ, ひ寿枝には一銭, ひ専ら事を, ひ専門家の協力, ひ将来のため, ひ将棋は四段, ひ将軍家を御, ひ将軍家茂は供奉しま, ひ将門は興世王, ひに刑せられ, ひ將軍の御, ひ專ら筆道を學びしか, ひもうる, ひ對手が何, ひ對面すべしと, ひ小作にも辛く, ひ小僧の春吉, ひ小刀だけはわたし, ひ小声にかう, ひ小夜菊を殺し, ひ小学の一年生, ひ小川町にて其頃評判, ひ小曲を謡, ひ小林さんを四日, ひ小梅の書状, ひ小舟にはモーター, ひ小説とは言, ひ小説四五枚かきたり, ひ小遣ひ錢, ひ小野田が後家, ひ小間使の姿, ひ小雪ちらほら, ひ小首を傾げた, ひ少きものは, ひ少なきゆゑ共に, ひ少なく冷徹に, ひ少年等は峠, ひ少数の観客, ひ尤もでは, ひ就中鈴木家の現主, ひ就眠の際, ひを想, ひ尼崎を過ぎ, ひをもて, ひ尾島伝吉は夜, ひの君, ひにより左, ひ居住相続の基, ひ居候こと気の毒なるばかりに, ひ居候下女は何, ひ居候中惣内立戻り來兩人にて其者, ひ居候得共往々は, ひ居候義を相, ひ居候者が自身, ひ居間が病室, ひける樣, ひ屋さんあなたに得心, ひ屋根にま, ひ屋號の判らない, ひ展墓す, ひ山一つ登れば, ひ山伏の様, ひ山伏感應院の死去, ひ山内伊賀亮には黒羽二重, ひ山城国京洛祇園の精舎, ひ山奥の魔法使, ひ山姥も舞つたの, ひ山崎氏には淺見, ひ山嶽が裂け, ひ山師神神を放逐, ひ山村を呑みつ吐きつし, ひ山村暮鳥君と言, ひ山水に米, ひ山田元益母勝, ひ山田伸吉も来, ひ山羊の乳, ひ山谷の間, ひ山野復帰の話, ひ山野楽器店でレコード, ひ山門怒濤, ひ山陽は, ひ山鳥の羽, ひ山鳩は見ず知らず, ひの傍, ひ岡彦と称, ひを傳つて, ひ岸邊なる小舟, ひを越え, ひ峠上の茶屋, ひ峰勢漸く蹙まり, ひ島伝ひせしかども, ひ島守よ, ひ崇敬をあら, ひ崖間の清泉, ひ崩れ乍ら倒れたり, ひ崩れ訴へ出る, ひはまた, ひ嵐山に遊ぶ, ひに住み, ひ嶺太郎はさ, ひと云, ひと云, ひ川上はるかに見やり, ひ川口松太郎心配の乗込み, ひ川崎の出身, ひ川柳点に所謂, ひ川越を發, ひとはまつたく, ひ工合にこの, ひ左京どの沙彌から長老, ひ左仲が側, ひ左側には途中, ひ左様一図に舞台, ひ巧慧に改め得た, ひ巧辞を以て其歓心, ひ巨犬二頭を牽きたる, ひ巨鑿を使つて, ひ巫女の名, ひ巫女祭文の色濃く, ひ巫山戲た, ひふて紅, ひ差入もし, ひ差向き主人が亡くな, ひ差發り候儀, ひ己巳六月十一日に還つた, ひ己達は少し, ひ已に命も, ひ已むを得ない, ひの誇り, ひ市井の因循細心, ひ市外一里の官山, ひ市村座に行きし, ひ布団を二階, ひ布團を冠つて寢, ひ希ふために躍, ひを使用, ひ帝国党を軽重, ひ帝國黨を輕重, ひ師事九年奥田元宋氏, ひ師匠と左門町, ひで負, ひ帰つた女神だけに嫉妬, ひ帰つた家は木賀, ひ帰つて饗応し又, ひ帰路大鰐に手古奈, ひ帰途新福亭に立寄る, ひ帰途米刃堂を訪, ひ帰途銀座の風月堂, ひ帰郷の途, ひ帳場も見, ひなどが其一つ, ひ常吉の娘, ひ常磐津の師匠, ひ常談にも何, ひ常連の数, ひ常道を踏ん, ひ常陸の方, ひ常陸介藤原維幾朝臣の息男為憲, ひ幇間と言, ひの中, ひ幕医柴田常庵が衣, ひ幕府に相州, ひ幕臣と大立廻り, ひ氣でを, ひ平三の親類, ひ平凡のもの, ひ平凡人を描く, ひ平助樣御實子の御, ひ平和は倦怠, ひ平和平静平安私は然し, ひ平安の奠都, ひ平家物語にはだいたら, ひ平氏を罵り, ひ平生ならば, ひ平門の威武, ひ年中に私, ひ年來の, ひ年来にわたつ, ひ年輩共に信用, ひ年齡生れし月日等, ひせて, ひ幸福愉快軽妙等を欠い, ひを扶, ひ幼き日をば, ひ幼女とらを率, ひ幼稚な精神, ひ幽鬼となつ, ひ幾らでもそれほど, ひ幾らかの金, ひ幾ら成功しようとも, ひ幾何餘らうと, ひ幾分実感として, ひ幾夜徹夜したであらうか, ひ幾度か文句, ひ幾度び湧き来ては, ひ幾度引金を外し, ひ幾日の心配, ひ幾百の人家, ひ幾重の地層, ひ養軒で, ひ広々とした, ひ広く大きな松籟, ひ広ごりて, ひ広やかなる方, ひ広告をジャン, ひへ入りう, ひ床屋をきいとい, ひに團扇, ひ序でに署, ひ底倉堂島等遊行す, ひ庚申塚には私, ひ度いがあれよりも立優つて, ひ度いがお前さんはお, ひ度いがそれは神津右京樣, ひ度いが三四本物干竿, ひ度いが人一化九で少々, ひ度いが今日は何だか, ひ度いが匿まつたりする, ひ度いが春団治の方, ひ度いが此處へ來, ひ度いが研屋の暮し向, ひ度いが私はそんな, ひ度いところですが, ひ度くもありませんが, ひ度なつたんですか, ひ度事でも有, ひ度事有ば其町内, ひ度候と言, ひ度存尋ね候, ひ度存居候へども或は, ひ度望みと云, ひ度氣にその後, ひ庭園と云, ひ庭男の彌, ひの遊客, ひく作れりとも, ひ廣げて一つ, ひ廣間の一隅, ひ延命寺の古墳, ひ延喜式の神名帳, ひ延期して, ひ建國の精神, ひはされる, ひ廻し充分に泣かせ, ひ廻し句の意味, ひ廻つて日の暮方, ひ廻つて畑を横切り, ひ廻りしかば長家中皆, ひ廿二三年以前當村に住居, ひ廿二三年跡に澤, ひ弁明などと注文, ひ弓等で射殺, ひへはなれ, ひ引き云ふもんちが, ひ引き合はんでも, ひ引込みの時, ひはお, ひ弛緩した心, ひ弟六右衞門が江戸本石町二丁目, ひ張つたときのお前, ひ張つた私だけが無事, ひ張つた連中もゐた, ひ張つてケースに入りきらなかつた, ひ張つて二人はスキヤ橋, ひ張つて孫と共に東京, ひ張つて春まで延ばし, ひ張つて聽かなかつた, ひ張つて誰も擧げよう, ひ張つて諾きません, ひ張つて雙方讓り合, ひ張り乍らどうしても振向く, ひ張り合ひの, ひ強か幻滅の, ひ強く夏の, ひ強味を強味, ひ強請物貰ひ騙り, ひ強面して, ひ弾丸に猪突, ひけば, ひ彈ずるを聽聞, ひ彈丸の代り, ひ太八, ひ彌次馬の眼, ひ当てになつ, ひ当事者は忘れ, ひ当分は里方, ひ当家を傾けん, ひ当時の句, ひ彦三郎は父彦兵衞, ひ彦兵衞が噂, ひ彩牋堂より御, ひ彩色は唯, ひ彩色板刻に対する経験, ひ影像をつくりかけ, ひ役人につれられ, ひ役者が支度, ひ彼女等の米, ひ彼女自身も赤い, ひ彼方へ搖れ, ひ彼男が何, ひ彼等俄かに身, ひ彼等前を望むあたはで, ひ彼自らをも世間, ひ往き給ひしは, ひ往来で逢つて, ひ往路は汽車, ひ待合室で何気なく, ひ待望のアンマ, ひ待遇これも前, ひ徊徘つた広濶, ひ後ろを向いた, ひ後世学者は祝詞, ひ後代に纏つた二つ, ひ後宮後坊の台, ひ後方は茫廣, ひ後日に我が, ひ徐々に國民的な, ひ徐にその道を, ひ徐ろにせよ, ひ徒らに思ひ, ひ徒歩で切通坂, ひ従弟に会ふところ, ひ得ようもない, ひ得意の時, ひ得給ひしこと, ひ得難き通俗語を, ひ徘徊し羽搏, ひ從つてフィリップの信任, ひ從つて自己が缺, ひ從つて行つた, ひ從つて變化と運動, ひ從弟梅を妻, ひ從父の諸, ひ御供同樣, ひ御免蒙るべしとて, ひ御免候へとて一撃, ひ御前樣の御蔭, ひ御家來に仰らる, ひ御座なく候, ひ御殿場へ立寄, ひ御用の筋, ひ御衣一かさねを, ひ御身は賊, ひ御返事を申しおくれました, ひ御酒下されて, ひ御飯も喰, ひ御馳走中申上るも, ひ御髪に似る, ひ復活の思想, ひ微々が畏, ひ微かながら頑固, ひ微笑は含ん, ひ徳利取り上げて, ひ徳化大に行, ひ徳太郎信房君と申上し折柄將監妻, ひ徳山と二人, ひ徳川慶喜について駿府, ひ徳育の欠如, ひ心これにのみむかへる, ひ心中物ばかりの薗八節けいこ, ひ心地よい凉風の, ひ心根怖敷十, ひ心痛苦慮は一通り, ひ心祝ひのつもり, ひ心神爽快を覺, ひ心長閑に談, ひ必ずともに騷ぐに, ひ必らず友, ひ必勝疑は, ひ必然の潮, ひ必要のない, ひ必要上英國人の中, ひ忍耐をもつ, ひを勵, ひ忙しさうにし, ひ忙しきものは, ひ応酬の義理, ひ忠員の子, ひ忠實な内弟子, ひ忠誠を表現, ひ談, ひ快い忘却の, ひ快くなるだらうと, ひ快走し來, ひ忰家僕をつれ, ひれた道路, ひ忽ちにして, ひ怎麼なる力, ひ怒りて曲頸, ひ怒り歎き悲しんで, ひ怖いんです, ひ思掛なきこと, ひ急ぎ行く, ひ急所を外れ, ひ急湍の浪, ひ急用相ととのへ度心, ひ性格を識, ひ性貪婪にし, ひしからず凄, ひ怪しき圓錐形の, ひ怪奇な幻想, ひして, ひに熟慮, ひ恋しいとは思はぬ, ひ恍惚の薄明, ひ恐くは永劫, ひ恐らくは劇しい, ひ恐縮した, ひよりも長く, ひ恥しいのと, ひ恥らひ奇妙, ひを着ぬ, ひ恩威竝び施して, ひ恩惠により, ひ恩讐記といふテエマ, ひ恵び賜ふとな, ひ悄然と, ひ悉俗語ならぬは, ひひなきとき, ひ悟性の外, ひ悠々と屋根, ひへず, ひ悦び合に九助, ひ悪うございますから, ひ悪人に生まれる, ひ悪手があ, ひみし永, ひ悲しい戯談気が, ひ悲しければ, ひ悲しみひそかによろこん, ひ悲しみ何の益, ひ悲歎限りありません, ひ悲痛の思ひ飽かすべし, ひ悲鳴を上げる, ひ悴忠右衞門切腹致さば, ひ悵然として眠る, ひ情なき蟲も, ひ情感を歌, ひ情死喧嘩等の社会一般, ひ惡いなら聽, ひ惡事を好み, ひ惡名を萬世, ひ惡行増長して, ひ惡評の中, ひ惣内に歸役, ひ惣内親惣左衞門は相, ひ惨めな生理状態, ひんでその, ひ愉快な踊り, ひ愉快げに語り, ひを汲み, ひ意はんと思ふ, ひ意志にさ, ひ意気込みも違, ひ意見をきく, ひ愕ろかす時, ひ愚僧は之, ひ愚弄被致候, ひ愛あらたに燃ゆ, ひ愛国の至情自ら, ひ愛國の至情自ら, ひ愛妻の静子, ひ愛嬌のある, ひ愛慾の悲し, ひ愛憎二つの目, ひ愛誦の唐詩, ひ感覺の知覺, ひ感謝にみちた, ひ慈悲善根を事, ひ慈眼山先生のたんげい, ひ慌ただしい情景を, ひ慎みて事, ひ慕つたのである, ひ慕つて墓へ參, ひ慕つて歌つたもの, ひ慣はしが有, ひ慣らはし, ひ慨然として歌, ひ慰め居たり, ひ慰問の会二つ引受け, ひを我, ひ憂さ晴らしに腕, ひ憂国慨世と云, ひ憂國の精神, ひ憎き坊主めが, ひける所, ひ憤怒の情, ひ憤然として答, ひ憲吉君の批評, ひ應然樣だ殘ら, ひへ押し込ん, ひ懐古的になる, ひ懐手にてゆうゆう, ひして, ひ懷紙を出し, ひれつつ, ひの愚癡, ひ成せりといふ, ひ成就せんこと, ひ成長しければ, ひ成長後嗣子とせり, ひ我々自身の中, ひ我が家を出, ひ我と悟りて, ひ我之を助長, ひ我人に勝貌, ひ我今度汝を養子, ひ我作によりて我友, ひ我儘が言, ひ我国ではハゼ, ひ我國で製造, ひ我夫では必ず, ひ我等二人をし, ひ我答ふる間, ひ我胸は劇しき動悸, ひ我血の猶, ひ我記憶の常, ひ我迷はざる間, ひ我首を抱き, ひ我魂を奪, ひ或いはお人, ひ戦国の世, ひ戦書を贈, ひ戦鼓を打ち, ひる, ひ戯作者を冒涜, ひ戰袍の廣, ひ戲氣と云, ひ戸塚から沼袋, ひ戻りの癖, ひのなか, ひ所々に聖母, ひ所在聞くところ, ひ所天の片腕, ひ所好に隨, ひ所持の財宝, ひ所業不正なり且賄賂, ひひらめきか, ひ手ざわりと云, ひ手代の吉五郎, ひ手元に存する, ひ手先き思ふ様, ひ手前を泊めた, ひ手古奈に厭, ひ手向ふ捕手役人, ひ手商売も中, ひ手岩根半藏, ひ手当がおくれ, ひ手捫し足板, ひ手汗するを, ひ手洗を濟, ひ手當り次第に, ひ手疵を負, ひ手真似で何, ひ手紫田彈右衞門一年前から輕, ひ手續を經, ひ手近かでゐ, ひ才能の優れた, ひ払つた後に自分, ひ払つた時のこと, ひ払つてこんどは自分達, ひ払つて園子はいきなり, ひ払つて大将の席, ひ払つて王様のお, ひ払つて貰ふとまで, ひすべき人, ひ扶持貰つて勤めながら, ひ扶持飯が一杯, ひ批判し合, ひ批評家は評し, ひ批評家自身は己, ひけをし, ひ技巧はどれ, ひと云, ひ投島田に平, ひ抵と, ひ抗議的であつ, ひ折惡敷先方が留守, ひ折笠へ行っ, ひ折紙細工をはじめた, ひ折衷と云, ひ折角睡らうと, ひ押し合ひ中, ひ押借り強盗なん, ひ押切駅へ, ひ押合つた末は玄明, ひ拂つてすつくと, ひ拂つてそこへ藁莚, ひ拉甸及び歐洲, ひ拍手する, ひ拔けた事だらう, ひ拙者は村井長庵, ひ拝跪して, ひ拡つた浜ごうの上, ひひ讀んだ, ひ拿破里にてはトレド, ひたる太刀, ひ持歸らんと母, ひ持行同じ出立, ひけて文太郎, ひで拭, ひ挙止と云, ひ挨拶をうながす, ひ捕虜となつ, ひ捨けり初の程, ひ捨たるに相違有, ひ捨んよりは江戸, ひ捨今は早, ひ捨候ては私し, ひ捨其上お花, ひ捨夫よりは櫛, ひれり, ひ掃部の利腕切落し二, ひ掃除をし, ひの文鳥, ひ掛り候由何共見兼申候私, ひ掛り夫は, ひ掛小屋の芝居, ひ掛茶屋にて飲む, ひ掛長の藤井氏, ひ探り光榮をかち得なん, ひ探求と称し, ひ探究と云, ひり風, ひへ罷り, ひ推測になる, ひ推進機の音, ひ揚げの幼, ひ揶揄的にしろ, ひ損つたのである, ひ損みたいだと, ひ損失相立つとも, ひちし羽音, ひして, ひ摺り廻り家中, ひにする, ひまは, ひ撮影の金, ひ擧動の裡, ひ擬人的に表象, ひりでは, ひがつ, ひ擴げて行く, ひ攘夷を誓, ひへる筈, ひ支店長さんに御, ひ支那グリル一番で食事, ひ支那大陸まで唐, ひ支那式教練をはじめ, ひ支離滅裂なもの, ひ收支の決算, ひ改進党を政友, ひ改進黨を政友, ひ放屁をたれ, ひ放縦なる諧謔, ひ放置され易い, ひ放送会館へ戻り, ひ放逸にし, ひ政事を諮問, ひ政子の計らひと, ひ政府の施設, ひ政治家は稠人, ひ政治的にも貴族政治, ひ左衛門督殿の, ひ故郷リュキエーに送る, ひ效法之を坤, ひふべからざるもの, ひふるの, ひ教会に商売, ひ教皇クレメント十一世の特派使節, ひ教育は乏しく, ひ教課書を機械的, ひ教養並待ちて, ひ散らし乍ら待つて, ひ散らし乍ら八五郎は平次, ひ散らし百余名を捕縛, ひ散歩も共に, ひ数々の卑劣, ひ数冊の本, ひ数十人隊を為し, ひ数度戦つて居りまするうち, ひ数歩進む, ひ数玉など打て, ひ敵軍の, ひ敷居のそ, ひ敷島と云, ひ數人の男, ひ數語を擧げ, ひ文人が描き, ひ文化以前の木板絵, ひ文化時代の繊巧, ひ文右衞門は過去來我身の上, ひ文子に事故, ひ文字で書い, ひ文学を論じ, ひ文学史の基礎的知識, ひ文房堂でパイロット, ひ文政二年に三十四歳, ひ文柏堂を造營, ひ文章の間, ひ文芸首都に何, ひ文藏夫婦は去る, ひ文藝春秋の五拾圓, ひ文藝春秋社がなく, ひ文角牡丹に別, ひ文調に神秘力, ひ文辞は卞王, ひ文鏡祕府論の中, ひ文首と謂, ひ文鳥は啼く, ひ斜めに空, ひくること, ひ断離り血祭, ひ断雲の飛ぶ, ひ斯廣き家, ひ斯樣に仕合, ひ斯確なる御, ひ斯迄千辛萬苦して, ひ斯難題を云, ひ新令布告後も更に, ひ新体詩史をどんなに, ひ新刊旧刊の書物, ひ新吉も居りました, ひ新吾はだ, ひ新妻と其処, ひ新婚の夢, ひ新富町に塙芳野, ひ新旧を問つた, ひ新橋品川間が電車, ひ新聞社のタカリ, ひ新興と云, ひ新道のあの, ひ方がまづかつた, ひ方それも御, ひ方それ何や, ひ方ぢやない, ひ方一つにある, ひ方人物の出し入れ, ひ方使用方等に就い, ひ方便や作為, ひ方便主義と云, ひ方假名使ひにまで, ひ方先づ能の面, ひ方即発想法における抒情技術, ひ方各種の洋酒, ひ方向を誤つ, ひ方廣く武事, ひ方擁き方, ひ方有べけれ共主, ひ方様は法律, ひ方法すら叙景的, ひ方筆の作り方, ひ方等に依る, ひ方見方それを新, ひ方角を誤, ひ方言ではか, ひ方認定論決の確實性, ひ方造り方の如き, ひ施肥したところ, ひ施與す人, ひ旁所用等あり, ひ旅亭に帰る, ひ旅役者の興行, ひ旅泊の月, ひ旅籠屋の事, ひ旅行中の里見, ひ族人は宗家, ひを幾つ, ひ旗本三右衞門の奧方, ひ旗本坪田三代三郎と云, ひ日々の道中, ひ日々繁昌なすに近頃, ひ日光や箱根, ひ日出處と云, ひ日劇僕に任し, ひ日劇楽屋へエノケン, ひ日射しの眩し, ひ日常そのままの, ひ日常家に在, ひ日日の自伝, ひ日暮家に帰れ, ひ日曜日一日を思ふ, ひ日曜毎には上野浅草, ひ日本文化の現在, ひ日本服をき, ひ日本橋の偕楽園, ひ日本橋倶楽部清元梅吉おさめの, ひ日本米を食, ひ日本間へ行っ, ひ日本飯嫌ひには, ひ日毎無頼の街衢, ひ日比谷映画へ入り, ひ日頃の信心, ひ日頃姿を變, ひ旦那を乘, ひ旦那樣此お方は先年, ひ思想と, ひ旧友室生犀星が口, ひ旧幕時代を慕つて明治, ひも立たす, ひ早めに座, ひ早業鋭利なる刃物, ひ早起きの若い, ひ旱天が久しく, ひ旺盛なりしも, ひ明らかに自分, ひ明人の画, ひ明後日は金曜日, ひ明後日家へ来る, ひ明日早朝關所手前で御, ひ明月や池, ひ明朝早く出立, ひ明朝沢村源之助を訪れる, ひ明治大正文学全集と云, ひ明治時代とはいへ, ひ明瞭にのこつ, ひ明達が四天王法, ひかつた, ひ易からんや, ひ易しゆゑに, ひは私, ひ星空を地上, ひ星野門彌は, ひ映り徹りぬ, ひ春の唄きく, ひ春夏の候, ひ春夜の詩, ひ春嵐聴きつつ, ひ春枝夫人は默然, ひ春水が浅野家, ひはあり, ひ昨夜開演が二時間延びるといふさわぎありし由, ひ昨年中ご減禄, ひ昨日大野とやら云建場, ひ昨晩外より融通, ひ昭和十年七月東宝へ一座, ひ是家禄を保つ, ひ是方で何とも, ひ是非巴里の歌, ひ昼夜朝夕の御, ひ昼弁当を食っ, ひ時代劇向きなり, ひ時俗に投ぜざる, ひ時流の華奢, ひ時節とは云乍ら, ひ時至つて偃して, ひ時間が掛る, ひ時雨の降れ, ひ時頼を瀧口, ひ時頼見定め置きし女子, ひ白して, ひ晝時分になります, ひ晝頃までには何, ひ普通一遍の見物, ひ景教碑を親閲, ひせと, ひ晴々として澄み渡る, ひ智力並びに宗教上, ひを告げた, ひを重ね, ひ暑気甚し, ひ暖簾の口, ひ暗々の中, ひ暗き獄を, ひ暗し土耳古, ひ暗中模索の時期, ひ暗雲遠く散ぜしむ, ひ暫らく良平を語, ひ暫時の中, ひ暫時雨舍りを, ひしぬ吊し柿, ひ暮日の影, ひ暮風清蔭に湧い, ひ暴威を振ひたる, ひ曇天の海, ひの雨, ひ曙覧の添刪, ひ曠野をうろつく, ひへず, ひ更に一層甚だしくなる, ひ更に一旦與へ, ひ更に古くは語根, ひ更らに支那, ひ書取のミステークみたい, ひ書生と下女, ひ書篋几案を排置, ひ書類綴りをあれこれ, ひ書齋人あるいは畫人, ひて諸, ひ最も露骨な, ひ最上先生のテスト, ひ最上至眞正一眞人とも云, ひ最中でした, ひ最寄りにある, ひ最愛の地, ひ最近伍長になつ, ひ最近入院中の渡瀬ドクトル, ひに一段, ひ會はずにゐた, ひ會員證を授與, ひ月光まどかなり, ひ月明には黄, ひ月江も, ひ月真如の光, ひ月見の料理, ひ月見船が二三艘, ひ有り難く存じ上ます, ひ有力に残つて, ひ有名なる, ひ有明の行燈, ひ服喪の一種, ひ服従する時, ひかにおほら, ひ朗らのそら, ひ朝寒の東京驛前, ひ朝寝もし, ひ朝日かげ玉だれの小, ひ朝晩は寒く, ひ朝暮の経, ひ朝賀と言, ひ朝酒に今日, ひ朝風の渓, ひ朝飯もく, ひ朝鮮の古紙, ひ朝鮮役の悔恨, ひ期年にし, ひ木の根石の端, ひ木材を伐り出す, ひ木村重吉の目論見, ひ木枕を出し, ひ木沓が割れた, ひ木油も少し, ひ木立を照し, ひ木蔭をさがせ, ひ末代生活の保證, ひ末法のなか, ひ末野は女, ひ本みやけで, ひ本堂再建の屋根瓦一枚づつ, ひ本庄でお茶, ひ本棚から陸地測量部, ひ札薩克に王, ひ朱地のもの, ひ朱蛇驚き萬斛, ひの青み, ひ杉戸屋富右衞門世話人頭と成, ひ杉檜榎をまぜ, ひ杉田玄端だと, ひ杉菜根の深けく, ひ材料は現, ひ材能の衆, ひ村中へは施行, ひ村人の迫害, ひ村人達の生活, ひ村山は日本, ひ杜宇と云, ひ条下宿住ひもして, ひ条教場に入, ひ条男と女, ひ条高の知れた, ひ来年中に一本オペレッタ, ひ来訪客もなし, ひ東北國の庄園, ひ東天漸く紅, ひ東宝入りを定め, ひ東宝本社へ, ひ東山毛利両女史, ひ東拓ビルのコロムビア本社, ひ東発へ向, ひ東西異なる無し, ひ杵太郎はお前, ひ松坂屋に舎, ひ松岡も遊び, ひ松本で降りる, ひ松林に蔽, ひ松王と行逢, ひ松葉につない, ひ板塀があつ, ひ板木を別々, ひを浸す, ひ枕團子をのがれけり, ひの外, ひ林檎むく, ひ果たしてゐた, ひ枯草花さいて, ひをしつかり握つ, ひ柄杓を持て, ひ柏の葉の青く, ひ柏児と交互, ひ染井村に土着, ひ柔らかなるしも, ひ柚太は, ひ柱鏡を買, ひ柳千株に夏, ひ柳吉さんを追出し, ひ柳屋はまだ, ひ柳島に遊び深川, ひ柳橋へ行き, ひ柳箱と云, ひ柳行李の蓋, ひ栄養不足で天然, ひ校長夫人の心盡, ひはた, ひ根性だ斯直段, ひ根本思想に重大, ひ根本意識と云, ひ格別に御念, ひ格別苦にもならぬ, ひ桃太郎風情の小童十人二十人, ひ桃花坊のあたり, ひ桃葉をあ, ひ案内して, ひ案内者の知る, ひ桜井を残し, ひ梅吉方に赴き, ひ梅島と又, ひ梅花道人は太華氏露伴氏, ひに懸れる, ひを地上, ひ梯子を登つて天井, ひ棚上には古き, ひ棚書院窓その小, ひ棠軒は入城, ひの中, ひ森本から云, ひ森林のあり, ひ椅子を購, ひ植物が變つて, ひ楊花と云, ひ楊貴妃なりともあいそ, ひ楚辭莊子列子穆天子傳管子呂氏春秋山海經尸子國語等と同じ, ひ楢雄のアパート, ひ業界の霜枯時, ひ極めて清廉に, ひ極悪道の旅, ひ極月は年始, ひ楼上に臥し, ひに愉快, ひ楽亭で支那食, ひ楽器を鳴らし, ひ楽焼に句, ひ楽譜をひろげる, ひ榜ぎ連れ矢声あげに, ひゆるが中, ひ構内の長屋, ひ構想と云, ひ構成要素を忠実, ひ槍ひきしごきイワン, ひ様々の風物, ひ様つて言つたらそり, ひ様足許近くに置い, ひ樂しまば此上, ひ樅檜奥深く繁り, ひ樋口大祐, ひ樓主の悦び大方, ひ模倣と云, ひ模倣者を多く, ひ樣ピカリと來, ひ樣一ツ卒業せずに, ひ樣仔細ありげ, ひ樣例の一刀兩斷, ひ樣川の中, ひ樣平次の耳, ひ樣馬より落, ひ権利ありと, ひ権力を無, ひ横方よりかはる, ひ横町へ入らう, ひ横笛と言, ひの枝葉, ひてるかも, ひ縋にて, ひを用, ひ橋本町へぞ歸, ひ機会があつ, ひ機械なら歯車, ひに乱, ひ檢査も濟, ひに網建て, ひからさま, ひをつかつ, ひの若木さ, ひ權三助十の正直, ひ權兵衞が家, ひ權夫に引かれ, ひ次代の国民, ひ次男として誰, ひ次第土手つ腹, ひ次第酒はつけきり, ひ欧羅巴では, ひ欲しさに, ひ歌志内に廻はる, ひ歌書き重ねたる反古, ひ歌舞伎劇と云, ひ歌麿の絵, ひ歐羅巴と云, ひ薄らぎたる間柄, ひ歓声が歓声, ひぶ無, ひ止めようとしてゐる, ひ誉順帰禅定門と, ひ正しとする, ひ正しきものは, ひ正宗の二合壜, ひ正宗院を丸山, ひ正式の結婚, ひ正当なもの, ひ正成の軍, ひ正路の者, ひ正面より衝突, ひ此丁字屋にても追, ひ此上某し大金, ひ此中には市之丞, ひ此事訴へな, ひ此二百五十兩を路金, ひ此傾向は益々, ひ此儀素より我が身, ひ此區別明なること, ひ此卓の上, ひ此卦は甚だ, ひ此印籠は拙者, ひ此夜多兵衞願山共居宅, ひ此度公方樣御代替の御, ひ此度將軍家の御, ひ此度能道連の出來候, ひ此彌十に頼ん, ひ此悲哀と鈍麻, ひ此拜とて紅葉, ひ此日欧洲の戦場, ひ此期に及ん, ひ此樣に申上, ひ此機にこそ我々, ひ此氷を彼日, ひ此海に入る, ひ此白氏文集と云, ひ此盜賊は男, ひ此程文右衞門の留守中廿五兩, ひ此答ふる繁き, ひ此節我等店の者無人, ひ此茶店にて夜, ひ此行事以後御子を育てる, ひ此街のをぐらき方, ひ此袋の事, ひ此通りだ未練, ひ此金子は徳太郎樣, ひ此鎌倉河岸へ居酒屋, ひ此頃植し庭, ひ武内宿禰が沙庭, ひ武器足りて, ひ武家政治は完成, ひ武者所を設け, ひ武蔵の野辺, ひ武裝を解き, ひ歩みを運ぶ, ひ歩行來りしが, ひ歩行候ゆゑ甚兵衞も迷惑, ひ歩行者の眼, ひ歯跡がまばら, ひ歳月を経過, ひ歴朝次第に改良, ひ歸つたといふこと, ひ歸つた話を出す, ひ歸路に迷, ひ死別するにも, ひ死去しけり, ひ死屍を戦雲原頭, ひ死者に縁, ひ死際であらう, ひ死體が木乃伊, ひんど, ひ殉教の最後, ひ殊に多少鼻に, ひ殊更彼に, ひ残つた二三の事務員, ひ残つてゐても, ひ残り弐拾両余り有, ひ殘つてゐた, ひ殘らず植, ひ段丘になつ, ひ殺傷に参加, ひ殺害されん, ひ毀らざるをと其の, ひ母さんがゐなく, ひ母子共引取て大坂, ひ母様には後指, ひ母親急病に罹りたれ, ひに祓除, ひ毎日高医の細菌学研究室, ひ毎時小生は益々切に, ひ毒牙を研ぐ, ひ賣と, ひ比叡山延暦寺を關東, ひ比喩の域, ひ毛色と云, ひ毛虫林もむな, ひの如く, ひ民心安堵夜戸を鎖さ, ひ民業を妨げ, ひ民衆の意向, ひ民謡を歌ひながら, ひ民譚の一種, ひ民間より出, ひ気分屋とも違, ひ気恥しさの, ひ気焔をあげる, ひ気疲れにぐつたりしてゐるが, ひ気立と云, ひ気質がすたれ, ひ気軽く笑へど, ひ氣息塞がりたり, ひ氣輕な心, ひ水上雪江に按摩, ひ水兵服のまま, ひ水兵等は腕, ひ水呑同樣, ひ水徃復の一得, ひ水我ものと思へ, ひ水戸天狗党の生き残り, ひ水戸家只今聞せら, ひ水戸齊昭でなくとも, ひ水晶の珠數, ひ水沼におりぬ, ひ水滴が襟脚, ひ水漿に代, ひ水濺き墻結ひな, ひ水独り者らしい貧乏, ひ水西荘と称す, ひ水辺緑蔭の幽, ひ水面をかしく, ひ水音を立て, ひ永劫の力いよ, ひ永遠的存在は自然的文化的生, ひ求むるこころを歴史の上, ひ汗かき息張る其中, ひ汗入の山, ひ汗取りどもを乾す, ひ汚水のたまつた脳漿, ひ汝ぢは道具渡世, ひ汝ぢ女の分際, ひ汝何者なれば, ひ汝物を見る, ひ汝等後日饑に迫り, ひ汝高をいふ, ひ江蘇の楚州, ひの端芽町, ひ池田屋には女親, ひ池畔に立てる, ひ決して唖では, ひ沈み靡く, ひ沈沒の間際, ひ沈濤論語孔注辨僞, ひ沙汰ぢやありません, ひ沙門の身, ひの若菜, ひ沢村源之助を訪問, ひの中, ひ河合喜多村のにはどうも, ひ河岸の夜露, ひ油ツこい長靴, ひ治兵衛梅川などわが, ひ治療的迷信に陷, ひとあり, ひ沿線の春秋, ひ沿道の眺め, ひ泉水の一方, ひは接待係, ひ法師とも言, ひ法文に異同, ひ法王クレメンス四世の意, ひ泛び流れて, ひ波斯胡寺と云, ひ波止塲のほとり, ひ泣言を云つて, ひ泣音を忍樣, ひ泥木塑像の麁悪, ひ泥足袋を風呂敷, ひは声, ひ不花, ひ洋傘を杖, ひ洋紙で壁, ひ洋行前のやう, ひしの, ひ洒脱と云, ひ洒落も凍り, ひ洗足を求めた, ひの檜橋, ひ津軽に於い, ひ洲崎辨天にまう, ひし木の葉, ひ活動を初め, ひ派遣の醫者攻め, ひ流れにさかのぼり, ひ流石は御, ひ流行しない物, ひ浄めそれを土竈, ひ浅酌黄昏に至る, ひ浚つて行つたこと, ひ浦和大宮なと夢, ひの搖れ, ひ浪宅の家主, ひ浪漫的演出を要求, ひ浪花座の彼等, ひみたる水, ひ浮めらる, ひみて, ひ浴衣にふれ, ひ海内の文章先生, ひ海岸線が直線, ひ海朶の間, ひ海津でも四間半, ひ海老一分派の巴家寅子, ひ海軍御用商人の小僧, ひ海辺に近い, ひ海風清砂を渡つて, ひ海龜の方, ひ消失す, ひ消極的意義においてにせよ, ひ消費生活の思ひ, ひ淀み滞りて, ひの差, ひむれ, ひ淨め給ふべきぞ, ひ淪落の底, ひ淫楽に耽り, ひ深い切ない悔いさ, ひ深夜でなければ, ひ深浅の差, ひ深遠なる哲理, ひ混亂の列, ひき心, ひ清むべし, ひ清むる風習あるを以て, ひ清らになせし, ひ清元薗八を語る, ひ清吉昨夜は如何, ひ清掻焦がれ, ひ清書して, ひ清流天上の凉味, ひ清閑を楽しむ, ひ済みとなつ, ひ渋い滝縞の, ひ渋つてゐるの, ひ渋江優善当時の矢島, ひ渋江抽斎の妻五百, ひしければ, ひ渠一たびその願, ひ渠等と共に食膳, ひ渡つて仲間のどれ, ひ渡仏の途, ひ渡辺篤が今朝調印, ひ温かな女たち, ひ温み愛しみ, ひ温容よく子供, ひ温度も下り, ひ温泉へ行つた, ひ温雅で上品, ひ温順にて自然其中, ひひ言うて, ひを舟, ひ湊川に至り, ひ湯たんぽに抱きつい, ひ満悦の態, ひ満足ですか, ひなどはお, ひ溜池の長谷川, ひ溽暑六月の如し, ひ滌ぎ布を以て拭, ひ滑り好かれと, ひ滑稽の分子, ひに打たれ, ひ滿つべしこれ豫め, ひ滿足であつ, ひ漁りに狂奔, ひひあらゆる, ひ漂流しつ, ひ演出等もやり, ひ演技に力, ひ演舞場の, ひ漢人翡翠の箸, ひ漢口から上海, ひ漢族の天子, ひ漢書所記の雄, ひ漢詩文の格調, ひに之, ひ漫才の打合せ, ひ漫歩神楽阪に至る, ひ漫談屋へ寄っ, ひ漱石さんも, ひ潔めなかつた神罰, ひ潜勢力を貯, ひ潟潮満ちわたる何処ゆか, ひ潮風と共に來, ひ潰倒しても, ひ潰滅を齎した, ひ潺湲声咽びて, ひ澁つてをります, ひ澄してゐる, ひ澄江が理知, ひ澹黄楊柳未成陰と云, ひ激しあひ待ち, ひ激しく怒らうとも, ひ激流となり, ひ州谷汲の, ひ濃やかにし, ひ濕める夕月, ひ濟詮は才辯, ひ瀧川豆腐野菜のすまし汁, ひに碎け, ひ火つけよりや巾着切, ひ灯火の外, ひを吹き送れり, ひ災難をのがれ, ひ炭焼小屋に泊りし, ひ炯眼の士なほ, ひ烈しく形式を, ひ烏有先生は進ん, ひ烏瓜の花, ひ烏賊の團子, ひに迷, ひ無げなる, ひ無上虚皇元始天尊とも云, ひ無事さうならその, ひ無意味を歌, ひ無意識的では, ひ無愛想になつ, ひ無慮数十本の, ひ無数に馳, ひ無無無の, ひ無言のま, ひ無限に向, ひ無限責任の悲し, ひ無駄な金, ひ焦がれ死をする, ひ焼場鑑札を貰つてドン, ひき夕の, ひ煙草五六服と言つたの, ひ照れ合ひ気, ひふ忽, ひ煩らふ額, ひ熊吉が來, ひ熟化せずと, ひ熱海へ車中獅子文六, ひ熱田参詣の際, ひゆめる, ひ群れて, ひ燕角の弧, ひ營養不足で天然, ひ燦爛の, ひ爛熟した江戸情緒, ひ爭つた揚句拔き合せると, ひ爭つた當分だつたので, ひ爭つて腕力沙汰にも及ばう, ひ爭ひでもした, ひ爭ひなどの時, ひ爽やかな輕, ひ之を以て, ひ爾余の諸, ひ片手を出し, ひ片方はすぐ, ひ片時もその, ひ片端より破, ひで優勢, ひ牛小屋を清め, ひ牛肉の味噌漬, ひ牛車の縁, ひ牛込へ行く, ひ牛込芝等の親戚, ひ牟婁の崎白良, ひ牡丹の莟, ひ牡丹同志では自由自在, ひ牢問ひに, ひ牢屋まで飯, ひ牧場にむかふ, ひ牧師の面皮, ひ牧馬の群, ひ物さへありや, ひ物のとはず語り, ひ物事をかすめ, ひ物影の揺ぐ, ひ物日故早く, ひ物椀の蓋, ひ物笑ひ, ひ物置と納戸, ひ物腰目のやり場, ひ物語を申, ひ物貰に近き, ひ物買ひにと, ひ物資の窮乏, ひ特有のあげ, ひ特殊な労働, ひ特選売場を見た, ひ牽制し合つて, ひ犬ころのやう, ひ犯罪者でもその, ひ状恰好大恩受, ひ狂つて入口の下, ひれたる和尚, ひはダイヤモンド, ひさを, ひ独りでだ, ひ独り嘆じて, ひ独り間庭を逍遥, ひ独国の大砲, ひ独楽が, ひ独身者には少し, ひい庭, ひ狹隘の, ひする月, ひ猫みたいよ, ひ噛みついて, ひ獅子であ, ひ獅子吼ゆる洞, ひ獅子文六の, ひの符, ひの匂, ひりして, ひ獨國の大砲, ひ獨立して, ひ獨身者には少し, ひ玄子は器具, ひ御案内, ひ率爾ながら此處, ひ玉はじとおも, ひ玉蜀黍の茂つた葉, ひ王化四方に潤, ひ王子の秋, ひ王法興隆のため, ひ王覇の別, ひ玩具も左樣自由, ひ珍しや八洲亭, ひ珠数を爪繰りつ, ひ現世利益物を浄瑠璃, ひ現代語の表さない, ひ現場はその, ひ現時に於, ひ現金だけを盜, ひを打ち, ひ理想と云, ひ理由は有るべし, ひ理髪しに, ひ理髮師は否, ひ琉球のかすり, ひける馬車, ひを, ひ琴彈き舞, ひ瑞歯に聯想, ひ瓢箪は滿, ひ瓢酒を飮, ひをとつ, ひかりし折, ひ甘く微温毒なし, ひ甚大なるを, ひ生ぬるく口上を, ひ生れつきの苦労性, ひ生命は活き, ひ生国播磨の武士新免武蔵藤原玄信, ひ生態を観察, ひ生死を思ひ, ひ生産拡充消費規整の線, ひ生者の間, ひ生肉を, ひ用事有ば呼べし, ひ田上川をわたり, ひ田中三郎の話, ひ田圃を横ぎり, ひ田園調布へ出発, ひ田舍者の目, ひ田舎者の目, ひ田舎道をぐる, ひ田辺の城, ひ甲州から入, ひ甲府の實家, ひ甲板より二十尺以上, ひ申さにやならぬ, ひ申たるは我等, ひ申ますと眞面目, ひ申ます所が誠に, ひ申やうは何卒, ひ申上し旨梅申聞候といふ, ひ申上んと力, ひ申上候この程, ひ申上候當人身分の儀, ひ申上將監の子, ひ申上度いこと, ひ申上度儀御座るにより, ひ申上度儀御座有ての儀, ひ申付る次に, ひ申候家段々御座候, ひ申度平に取計らひ, ひ申度一大事の出來候, ひ申度夫故先生, ひ申敵を討て, ひ男たちは室, ひ男の子がない, ひ男歌あれな秋, ひ男泣きに泣いた, ひ男王を呼素, ひの摂津国屋, ひ町中を行進, ひ町内地主樣家主樣から十兩ヅツ貰, ひ町大路は上総三郎義氏, ひ町奉行大岡越前守より申上, ひ町奉行越前宅より使者, ひ町役人達は提灯, ひ描きは, ひ画談を聞く, ひんで, ひをうつ, ひ畑中に一人, ひ留守夫人に逢っ, ひに入れ, ひ畢つた時枯葉の多い, ひ畢つた時顏が殊更, ひ畢つて吐くもの色黄, ひ畢つて一寸店を覗いた, ひ畢つて壽阿彌, ひ畢つて架上の書, ひ畢つて榛軒は座, ひ畢竟は一つ, ひ番外と申す, ひ番町學校の角, ひ番茶でパン, ひ畫家が彼, ひを樹, ひ異人が来, ひ異形の相, ひ異様に唸, ひ當つた樣子です, ひ當今は氣力, ひ當日は二氏, ひ當時三十五兩殘り有り候, ひ當村に文藏, ひ當面の出資者, ひじ難く, ひ疎い灯の, ひ疲労と戦ひ, ひき翼, ひ疾く水車の, ひ疾風よりも烈しく, ひがあ, ひ病中ながら淨瑠璃, ひ病院の院長, ひ病院服の裾, ひ病齒を拔, ひ痛みも忘, ひが出た, ひ発動機の爆音, ひ発育不良の声, ひ発車するか, ひ登つてこちらの溪, ひ登つて石垣の上, ひ登つて細引で罠, ひ登場に僕, ひ登山杖を曳い, ひ發作はす, ひ發刊に迫つた雜誌, ひ發明なる性質, ひ白い手の甲の, ひ白らけた平常衣の浴衣, ひ白井は三代目種彦, ひ白子屋の家名, ひ白影漸く凝り, ひ白樺カラ松くるみ楢, ひ白水翁の方, ひ白洲へ這入, ひ白痴の如し, ひ白百合の造花, ひ白米のお握り, ひ白船老をおも, ひ白馬を沈め, ひ百二三十圓から四十圓位, ひ百二十迄生きない, ひ百兩出すの, ひ百円といふ大金, ひ百太夫が道薫坊, ひ百年後に至り, ひ百米ほどはなれた, ひ百練千練の精妙, ひ百萬遍同じ, ひ百顆の果實, ひな誇り, ひ皆川村伝右衛門と云, ひ皆榛軒が江戸, ひ皆盛年の身, ひ皇子にし, ひ皇運末になり, ひは裘, ひ皮膚に黒い, ひと哄笑, ひと言う, ひに葡萄, ひ前丸つぶれ, ひ盆前の借, ひ益々その力, ひに行, ひ盛つてはくひ五杯六杯, ひ盜人亦ひそか, ひ盜賊呼はりを致す, ひ盜賊呼はり其分には相, ひ盡きぬ美しい家庭的情緒, ひ盡くして仕舞, ひ盡さざるの人, ひ盡さずして之, ひ目もとにあらはれ, ひ目下東映で企画, ひ目出度や目出度, ひ目当にたぎち来る, ひ目方が多, ひ目的は何で, ひ目覺しくも又, ひ目貫の通り, ひ目隱しを, ひひゆく, ひ直ぐ大圍爐裡, ひ直ぐにまた鹿爪, ひ直さんとする, ひ直会では歌, ひ直接そのものの中, ひ直接国家へのサーヴイス, ひ相互の間, ひ相互扶助の感情, ひ相傷くる者, ひ相勢ひて, ひ相協はざるもの, ひ相反對し相, ひ相客が無い, ひ相州さまはその, ひ相幇けて功, ひ相應の活計, ひ相手役はジゴロ, ひ相摸守には上, ひ相止候積りの處兩三日, ひ相澤半之丞と平次, ひ相良領の水呑村, ひ相討ちて心, ひ相談に乗っ, ひ相離る, ひを打ち進め, ひ眉墨をひき, ひ眉宇に溢れたる, ひ眉毛をなで, ひに有難い, ひ眞水のタンク, ひ眞珠を十萬粒二十萬粒, ひ眞白な米, ひ眞相を盡, ひ眞野は看護服, ひ真に人類の, ひ真向ひに, ひ真実なもの, ひ真昼の夢, ひ真暗な夜, ひ真珠を十万粒二十万粒, ひ真白な米, ひ真紅に熟れた, ひ眠つたんだらうそれにしても, ひ眩暈中の杏仁水, ひ眷族では名, ひ眺めの字, ひ眼付と云, ひ眼科へ又, ひ瞬間のうち, ひ矜持と云, ひ矢張兄貴が當, ひ矢鱈に天, ひ知つて來た, ひ知らず思惑へるを, ひ知人の不幸, ひ知縣は制御, ひ知識を誇る, ひ知識層の者, ひ知身命を投打, ひ短刀にて唯一討, ひ短歌全体を口語, ひ短靴はやたら, ひ石川樣が融通, ひ石徑をよづること, ひ石楠を口, ひ石段を下り, ひ石油の火, ひ石炭の粉, ひ砂丘の茱萸藪, ひ研究協議して, ひ研究道に余念, ひ砧村へロードスター, ひ破傷風にもならず, ひ破損の處, ひ破竹の如し, ひ硫黄氣ある毒, ひを清め, ひ硯友社時代の小説, ひ碁将棋よりは面白い, ひ碧童またこの, ひ確答を与, ひ磊落と云, ひ磨羯宮は中天, ひ磯伝ひに, ひ磯良の信仰, ひを具へた, ひ礼儀を知らず, ひ社会の昏夢, ひ社会主義に楯つき, ひ社会事業には補助金, ひ社会党と云, ひ社会全般は愈, ひ社會を拯, ひ社殿の裏手崖下, ひ社界全躰, ひ社長に彼等, ひ祈り曰ふ, ひ祈り請ふ, ひへ反覆, ひ祖母を憶, ひ祝福して, ひ神これを喰, ひ神仙隠逸を詠じ, ひ神以て詐り, ひ神佛三寶に祈誓, ひ神器を後, ひ神奈川在から來, ひ神奈川関門番人並に積問屋共, ひ神楽をツレ, ひ神楽坂松ヶ枝へ上り, ひ神楽阪に飯, ひ神殿飾り上げ, ひ神父さまのお, ひ神田の伯父, ひ神社抔と申致信心候儀, ひ神経質なもの, ひ祥雲寺に葬られた, ひ祭のかへさ, ひ祭典の重要, ひ祿仕せしめたり, ひ禁呪呪文そんなもの, ひをアイトーロイ, ひ禍惡を冒す, ひ福井侯慶永も亦, ひ福島樣は兄, ひ福澤諭吉橋本佐内らを出した, ひ禰宜の中心, ひ秀吉のもと, ひ秀次公謀反を思召立給, ひ秀頼への忠誠, ひ私欲押領多く小前, ひ私版であるとしても, ひ私自身でそれ, ひ私達は美食, ひ秋声聞くべからざる有様ぢ, ひ秋葉の空, ひなき者, ひ科學的を云つて, ひ秘密の中, ひ租税を入れず, ひ秩父の谷, ひ移住漢民の開墾地, ひ程よい古びを, ひ稍北による, ひ種々事務所側と折衝致候, ひ種々療養を加, ひ種ぢやない, ひして, ひ稲荷祭御蔭祭を観, ひ稲葉には暇乞, ひ稻荷屋敷でうつ, ひ稻葉家へ捻, ひ稼ぎはいつ, ひ穀物を枯らす, ひ積みやしめ, ひ積み幸木系統の飾り物, ひ究竟の勝利, ひ空々しい同情を, ひ空華と云, ひ空間はひつきりなし, ひひ一寸, ひ突き落す気持, ひ突如とし, ひ突然と證據人, ひ突破など, ひ突退つ, ひ窓さきには林檎, ひ窓ふりあふぐ, ひ窓格子に帯, ひ窓際へ行つて外, ひ窕子も想像, ひ窗外に植ゆ, ひと起出押入, ひ立ツた杉, ひ立上り母の紀念, ひ立交りて, ひ立出たり, ひ立憲國民として自ら, ひみ居る人, ひへてす, ひか見え, ひ童貞をまもり, ひさむ夷, ひ端唄の二つ三つ無理, ひ端坐したま, ひ競べであつ, ひ競走に入った, ひに添, ひ竹上弁護士のとこ, ひ竹束を立て, ひ竿を借り, ひ竿頭の弾力, ひ笑ひさざめいてゐる旅客たちをぢ, ひ笑ひだして, ひ笑み戲れて, ひ笑僊と云, ひ笑語覚えず夜半, ひを吹き, ひで拂, ひ笠紗の御前, ひ第一義的な問題, ひを肩, ひ笹野樣が御供, ひおく, ひ筆洗ふ, ひ筆蹟と云, ひ等々のあと, ひ筋娘を連, ひ筋違ひの, ひ筑前五十余万石から越前十五万石, ひ算ファンにとつ, ひ算名人でないといふ, ひ算問題として貴下, ひ算筆と云, ひ管伴となり, ひ箪笥から袂, ひと亂, ひ箱根の關, ひ節制なし, ひ篆刻を学び, ひかつた, ひを離れ, ひを巻き, ひに立ち, ひ米国に加担, ひ米并に金銀等, ひ粟原に雑, ひひを, ひ精彩無く氣力, ひ精甲日に輝く, ひ精神を保養, ひ精神的食糧の一部, ひ精霊の降伏, ひを解し, ひ糺さで止みぬ, ひ系図は, ひれ合, ひ紀州へこそは歸, ひ紀州表を相, ひ褪せに, ひ紅し雪吹きつけぬ, ひ紅白の打, ひ紅茶のむ, ひ紅茶コーヒーを湯水, ひ紅薔薇の花, ひ紅血の, ひ紅頬のブリーセーイス陣營, ひのある, ひ紋着で袴, ひ納む春鶯囀細き, ひ納豆が母上, ひとねんねこ, ひ粹の, ひ純粋な立場, ひ紙屑買の道, ひ紙片を二つ, ひして, ひ素人とは思はれない, ひ素性のわからぬ, ひ素直なるお, ひ素肌に一枚どてら, ひ素行上の注意, ひ紫檀の鏡台据ゑさせ, ひ紫緑の日影, ひ紫蘇巻と酒, ひの四方, ひ田屋さんも, ひ細かな数字, ひ細かいことを, ひ細き棒或は, ひなき言, ひ紳士的な高尚, ひの褌, ひ紺糸縅の鎧, ひ終つたばかりの喫殻, ひ終つたあとには今, ひ終つたのだ, ひ終つた刀の水, ひ終つた指は洗, ひ終つた時には潰れた, ひ終つた時私の眼, ひ終つた時駿介の心, ひ終つた私をポスト, ひ終つた頃文吾の小, ひ終つた食器はここ, ひ終つてお茶をガブガブ, ひ終つてそこへ鬼頭, ひ終つてちよつと見, ひ終つてやつぱりきよとんとして居られました, ひ終つて伯爵は起ち, ひ終つて少年が默つて點頭, ひ終つて後丹濃は, ひ終つて志村は深い, ひ終つて拳銃を空, ひ終つて殻を捨てた, ひ終つて殼を捨てた, ひ終つて源太郎は肩, ひ終つて私に背, ひ終つて統制ある, ひ終つて線香をもう, ひ終日北の風, ひの一人, ひぬれば, ひ経緯する歴史, ひ結婚一年記念の写真, ひ結婚法も改まり, ひ結局思ひ當つた事, ひ結局時間に追, ひ結局田についてゐる, ひ結局田中三郎の面白く, ひ結構を尽し, ひ結構少しも申し分, ひ結髪に多少, ひ絡みあつて沈湎, ひ給はず敷皮の上, ひ給はん我等を救, ひ給ふかな, ひ給ふさへある, ひ給ふところは皆君, ひゆること, ひ絶間なく逐, ひを誦し, ひ經學者の學説, ひ継ぎ行かん富士, ひ継ぎ行かむ, ひ継ぐがねよしゑやし恋ひても, ひ継子などに生れたら, ひ維新の時, ひを波, ひ綴つてゐるの, ひ綺麗な娘, ひ緊めつけ合ふの, ひ緊張した多忙, ひ辞職を, ひ総て前提の, ひ緑金の象嵌, ひ練習をし, ひに添つて, ひ縁喜を祝, ひ縁續きの關係がある, ひ縛つて下腹にウンウン, ひ縫匠は否, ひ縮緬は燒, ひ縱令貯への路金, ひ縹緻が好い, ひ總仕舞だ, ひ總州關宿に在, ひ總辭職を爲, ひ繁しゑ, ひ繁つた全く芝居, ひ繁つた垣を通つて, ひ繁つた径は古来, ひ繁つた森の中, ひ繁つた河岸に沿う, ひ繁つた雑草のかげ, ひ繁つた青葉の面, ひ繁みの内, ひ繁激なる近世的都市, ひがはつきり, ひ繰出したりと, ひがれ, ひ繼續すること, ひ續けたが坂, ひ續けた怨みを形, ひはれるばかりぞ, ひいた蝋燭, ひ缺點そのものの中, ひ罪名は何, ひ置乘輿を追, ひ置條三河町に浪宅, ひ置纔に兄弟二人, ひ罵倒すること, ひ羅馬わたりに, ひ羊羊の毛, ひ美くしき恋, ひ美味かった, ひ美奈子の長篇小説, ひ美妙の御, ひ美容院の助手, ひ美少年録も見, ひ美松の喫茶ホール, ひ美松食堂ての, ひ美術や自然科學, ひ美術品を研究翫賞せん, ひ美術思想發動の結果, ひ美酒に酔ひつ, ひ美麗の衣纒, ひしいおも, ひ群神の, ひ義弟藤原師家をし, ひ義直の傍, ひ義絶の間柄, ひ義譯をする, ひ羽目に靡い, ひが, ひ翌々年の七月, ひ翌年の夏, ひ翌日そこの老人, ひ翌月の小遣, ひ翡翠の耳飾り, ひ翳り易い日向, ひ翻つて低く飛び, ひ翻案と区別, ひなくし, ひ老婆はまだ, ひ老者の手, ひ者ぢやア, ひ者暫時勘考せしが, ひ者氣取りで三味線, ひ者白井白龍に逢つて, ひ者齒磨賣りの, ひ耐震家屋内にゐ, ひ耕戦を事, ひ耳聾ひ唖者, ひ耳輪の金, ひ耻かしうもなつかし, ひ聊か相違御, ひ聖ピエートロの寺院, ひ聖名と聖能, ひ聖堂裏の甚助殺し, ひ聖経に対する, ひ聚めて問, ひ聞ゆ彼女も此, ひ聞屆けても遣, ひ聞達を求めず, ひの錦太郎, ひ聲それも次第に, ひ聲叫び聲の大, ひ聲玲瓏の山鳥, ひ聴診器をあて, ひ職名外間祝女と言, ひ肉体上の姦淫, ひ肉類を喰, ひ肌脱ぎになつて, ひに答, ひ肝腎なこと, ひの締ら, ひ股引と云, ひ肥つた三十二歳の巨體, ひ肥前の平戸沖あたり, ひ肯定し否定, ひ肯定的にやる, ひ育ちの違, ひの方, ひの上, ひ背中合せにおんぶ, ひ背後に結び附けたる, ひぶるひ得堪へむ術, ひ胴体と云, ひ胴卷の五百兩, ひ胸札をかけ, ひ能力すら皆無, ひ能面そのものの絶対表現, ひ脂粉の香り, ひ脅迫した私, ひのし, ひ脇差と云, ひ脇方の勤める, ひ脇道の有, ひ蠢き頭, ひ脚気にはよく, ひ脳漿散乱して, ひには拍車, ひ腐儒と云, ひ腐敗を極, ひ腕力にまかせ, ひを口, ひ腦膸に印象, ひ腫れ上り弱った顔, ひ腹の中ではどう, ひ腹一杯飲み食, ひ腹切らんとのこと, ひ腹話術をやる, ひ膚身は汚さず, ひ臣子としてその, ひ自ずと涌き出ずる詩情, ひ自らそれに氣, ひ自らファーノを治む, ひ自らマントヴァの君, ひ自ら勵みて, ひ自ら己が譽, ひ自ら牛の王様, ひ自ら衣るに, ひ自ら身を震, ひ自他の区別, ひ自体が相手, ひ自信がなかつた, ひ自分勝手の戦争, ひ自分自身の威, ひ自在に塗抹, ひ自宅へ迯げ, ひ自尊と云, ひ自尊心をあふり, ひ自己陶酔に陥る, ひ自棄くそに, ひ自然主義に反抗, ひ自然面の利用, ひ自転車を買, ひ臭い奴が, ひつた, ひ至つたのである, ひ至治を以て至亂, ひ居りたる段, ひ致命傷をうけしか, ひりて, ひ之助, ひ與三に逢, ひ與三郎がそれ, ひ與力笹野權三郎は, ひ興味のある, ひ興行時間の延長, ひ興言利口にも, ひを棄てん, ひ舊唐書の方, ひ舞つて来な, ひ舞ひでする, ひ舞台装飾の研究, ひ舞鶴城の残趾, ひ舟和のあ, ひ舟皆損破する故, ひ舟艇は幾度, ひもうせぬ, ひ船あしは早い, ひ船乘り達, ひ船君例の病起り, ひ船泊つる下田の浦, ひ船首と謂, ひは幾度, ひ艪櫂は重く, ひ艫舳に走り, ひ艫舵なき船, ひ良人の君, ひ良俗を時代的, ひ良果これより採らる, ひ艱難相救ふは, ひ色彩気分などは紹介, ひ色染めの毛織, ひ色目の辯, ひ色相はすべて, ひ色調上の細かい, ひ色響があら, ひと云, ひ芋のから積む, ひ芍薬光りなき, ひ芙蓉にそよぎ, ひ芝生の上, ひ芬々たり不審, ひ花山院が来られた, ひ花粉の交媒, ひ花美麗からん, ひ花落つる時に我, ひ花見遊山などに連ら, ひ花野の夕, ひ花香別衣, ひ芳年の錦絵数種, ひ芳桜書院と云, ひ芳野立田の花紅葉, ひ芸者のやう, ひ芸者娼妓これがため, ひ芸術の香, ひ芸術家のい, ひ芸術的にある, ひを被, ひ苟も私利の, ひ若布を拾うた, ひ若干の理論, ひ若旦那が煙草, ひ若殿樣はまだ, ひ若芽のやう, ひ若草の萌え, ひ苦き乳の, ひ苦しくつて堪りません, ひ苦しみに對, ひ苦しみ合ふの, ひ苦めり, ひ苦心なく十二个月歌, ひ英國の學者, ひ英文和譯には解らない, ひ英武のアキリュウス, ひ苺作には力, ひ茂つた荒れはてた庭園, ひ茂つた中に枯れ朽ちた, ひ茂つた二三間の高, ひ茂つた小山の上, ひ茂つた崖白い砂浜, ひ茂つた斜面を右, ひ茂つた月の光, ひ茂つた汀つたひの, ひ茂つた眞青な苔, ひ茂つた花と草, ひ茂つた荒地で路寄り, ひ茂つた道ばたに建つ, ひ茂つた高原の斜面, ひ茂つてぎつしり絡みついて, ひ茂つて平林と化した, ひ茂つて星明りに透せ, ひ茂つて春は村, ひ茂つて水際には河骨, ひ茂つて道の上方, ひ范成大の春日, ひ茎もろともにほどよく, ひ茣蓙をかつぎ, ひ茫然として動かず, ひ茲等邊に見, ひ茶代を置く, ひ茶店の奥, ひ茶瓶の蓋, ひ荀子にも仲尼, ひ草いきれの中, ひ草くじやく草, ひ草ついでに今, ひ草原には乏し, ひ草履穿の足, ひ草庵を取毀した, ひ草紙と古い, ひ草菴樹下にてもあれ, ひ草鞋やら脚絆, ひ荒野の中, ひ荘司の地下室, ひ荷物をひつ, ひ荷馬車に乘つて, ひ莊氏の座, ひ莚織つてゐる子だくさん, ひ莫大で足りなくなる, ひ莫迦かつんぼでなく, ひ菅茶山が神辺, ひ菊ずし迄行っ, ひ菊屋橋合羽橋等の下, ひ菓子をしこたま, ひかな, ひ華鬘をつけ, ひ萬事濟せ後下人共, ひ萬壑怪を競ふ, ひ萬歳は好き, ひ萬物皆そのあるごとくなる, ひ萬物陰を負, ひ萬端濟んだ後, ひ萬雷一時に落つる, ひ落し元の生地, ひ落し小松屋へ乘, ひ落し最後にウンクツアリウム, ひ落し水仙を地びた, ひ落し疣尻卷にし, ひ落し結局比例の一点, ひ落下す偶, ひ葉問ひするに, ひ葉末に結んだ, ひ葉生ひて, ひ葉藏の枕元, ひ著し蜻蛉の, ひ著しく音楽的に, ひ葡萄畑にうた, ひ葡萄糖とカンフル, ひ葬つて丑松は素早く, ひ葬儀の時, ひを洗, ひけると, ひ蒐めようとして扨, ひ蒲燒椀盛の四品, ひ蒲田ですね, ひ蒸汽軍艦を長崎, ひ蒹葭堂コレクシヨンは当代, ひ蓄髪して, ひ蓋然的な推測, ひ蓮葉ならぬ育ちたの, ひ蔓つて草畑と見られた, ひ蔓草の實, ひ蔡倫以前に絮, ひ蔦蔓の類, ひ蔵書を借り, ひさる面積, ひ蕎麥屋のかつぎ, ひの葉, ひ蕭條たる山, ひかりき, ひ薊龍膽とりかぶと, ひ積む舟, ひ薪割は少し, ひの香, ひ薬毒からは免れ, ひと云, ひ藝子と云, ひ藤八お節ハツと進み, ひ藥力を假, ひ藩人は襄, ひ藩士として一應, ひ藪ぎはの緋桃, ひの湖, ひ蘇我氏は住居, ひ蘭語が喋れる, ひ蘭軒をし, ひを剥し, ひ處處にしるし, ひ虚偽に流れざる, ひ虚榮に誤られた, ひ虚空を飛行, ひとなり, ひ虫鍬形虫其の他, ひの糞尿, ひ蛮人の投槍, ひ蛸壺壕をつくつた, ひ蜀紅錦の袈裟, ひ蜜柑畑の岐, ひ蝙蝠が, ひ蝦夷地に至りし, ひ蝶々がま, ひ螢澤に浪宅, ひ血潮にも汚れず, ひを会, ひ行き止りの二方口, ひ行つてゐる間, ひ行んとすれ, ひ行先久々にての對面互, ひ行屆ざるに付, ひ行方を失ひ, ひ行燈提先に立ち, ひ行衛は何處, ひをつくし, ひ術なかり胸, ひ術數は藝文志, ひ術語の単なる, ひ街道寢ぼけ道朝がへり, ひ衝立つ石獣, ひ衣服きて, ひ衣装を出せ, ひ衣裳鬘大小の道具帳, ひ表はしであり後者, ひ表向きこれを引移, ひ表現の適確, ひ表示となり, ひ表紙は黒い, ひへきつ, ひ衰弱は別, ひ袋叩きにされる, ひ袋小路は晝間, ひ袋町住民の安泰無事, ひ裁判所の庭, ひ裁判長が云つて, ひは河, ひ裏店の入口, ひ補陀楽山千手院と名付玉ふた, ひ裝身洗顏の點, ひである, ひになり, ひ製本屋を訪, ひ製薬株式会社の社長, ひ複雑化さうと, ひを尽く, ひ襤褸を風呂敷, ひ襷がけで太儀さうに, ひ西上して, ひ西域經營に手, ひ西家村の神職伊勢, ひ西方のアルバート, ひ西暦千二百五十三年の十二月, ひ西洋最高の文明国, ひ西班牙女が身体, ひ西田さんは少し, ひ西高遠の町, ひ要求と云, ひ覆面して, ひ覇者である幕府否認, ひ見世をも廣げ手代丁稚, ひ見事之を打ち破つ, ひ見事敗北の形, ひ見張り合ふの, ひ見聞しこと, ひ見解に殊劣, ひ見附へ, ひ規律の厳粛, ひ親二人に怨まれ, ひ親子夫婦の間, ひ親族の人々, ひ親達の氣, ひ観ようとして居る, ひ観音を思ひだした, ひ覺めしごとく去り我等, ひ觀らるべきもの顯, ひ角隠しつけて, ひ觸す事ではない, ひ觸らさう, ひ觸らさんとする, ひ觸らす者には人, ひ觸感を以てその, ひ言上に及べ, ひ言句を宣んし, ひ言合はし, ひ言合つてお互に, ひ言我が守る, ひ言葉のはづみ, ひ言葉巧みに誘つて船, ひ計画的に慰問激励, ひ計算を覚え, ひ訊すにかの, ひにした, ひ討死か勇氣其, ひりて, ひ記憶の間違, ひ記憶力と道理力, ひ記者は速記, ひよるさ, ひ訪づれは絶えなかつた, ひ許容ありて, ひ診察に来, ひ診察室へ飛びこん, ひ詐偽師を内閣大臣, ひ詐僞師を内閣大臣, ひ詐謀偽術, ひ詐謀僞術を挾み, ひ評定衆を始め, ひ詞以前は口, ひ詞式の分子, ひ試み給へかし, ひ詩人は善, ひ詩境を修めよう, ひ詰つたに, ひ詰むるに黙然, ひ詰めづに済ん, ひ詰め今度こそは五年, ひ詰め秦が巴蜀地方, ひ詰め者の摺れつ, ひ詰め詰腹を切らせよう, ひ詰め飲酒者は居酒屋, ひ詰候處右の長, ひ詰者と白浪, ひ詰邂逅宅に寢夜, ひ話どころでは, ひ話以上に何物, ひ話様と云, ひ話次文湖州の竹, ひ詳しく目的を, ひ誇張がなく, ひ誓約の獻物, ひ誓言互に曰, ひ語つてをく, ひ語原観から推し, ひ語學の師, ひ誠にはじめは, ひ誠大と言, ひ誠実の押売, ひ誤りのない, ひ誤伝をそのまま, ひ誤植だらけにもしろ, ひ誥むるを糸子ホヽ, ひ説教しないで, ひ読書しつ, ひ読者にあらん, ひ誰かが若, ひ調子に性急, ひ調薬を請, ひじつ飲みつして, ひ談合なりて, ひ談笑の間, ひ請たるが素より, ひ請備前岡山, ひ請其儘我が家へ戻り, ひ請慈しみ養育なし廿箇年以前私, ひ請朝な夕なの孝行, ひに從, ひ諷経念誦の法悦, ひ諸人筋力を尽し, ひ諸侯の間, ひ諸物皆秩序, ひ諸種の裝飾品, ひ諸説紛々として一定, ひ謄寫版で印刷, ひ講習會が開かれ, ひ講談などできい, ひ謝罪にも來, ひ謡曲の本, ひる者, ひ識つてゐる誰, ひ識見の無い, ひ譜代の五, ひ譜代召遣ひ候家來五助方, ひ警官がその, ひ警察も手, ひ譯そいつを伺はう, ひ譯ぢやあるまい, ひ讀書と思索, ひ讃岐守殿通られける時, ひりたる深き, ひ變幻出沒極りなし, ひ谷中に建てた, ひ谿をめぐ, ひも噛んだ, ひ豆府を挾む, ひ豊吉が一番, ひ豊富だといふ, ひ豊年祭の世話役, ひ豐吉が一番, ひ豐年で年貢, ひの骨, ひの曲芸, ひ象徴主義の運動, ひて預り, ひを祭つて, ひ貞之進と云, ひ財主の老婆, ひ財宝を多く, ひ財布を投げ出し, ひ貧しく乏しい心を, ひ貧乏人になれ, ひ貧人の病, ひ貧窶を恵む, ひ貧者の晴雨計, ひ貨幣の鑄造, ひ貫太はまた, ひ責めにせられ, ひ貯蓄の目標, ひ貴人といへ, ひ貴僧の御, ひ貴君の手紙, ひ貴君方には何, ひ貴方が話したい, ひ貴族の子女, ひ買主に明, ひ資本を得, ひ資本家の自由, ひと言, ひ賊船左より來, ひ賑やかな声, ひ賓客のとり, ひふ, ひ賜良志神岡の山, ひ賠償を出し, ひ賢しらに, ひ賢子に命ずる, ひ賤む村あるは, ひを受, ひ質物を受出さん, ひ購めてきた, ひ贅澤を言, ひ贔屓不贔屓はかま, ひ赤い布で, ひ赤坂の長谷川, ひ赤塚家先代の鑑識, ひ赤道近くに隨, ひ赤長靴の踵鉄, ひ赤鬼からかひ, ひ赤鼻でしかも, ひ走り位はしたらしい, ひ起し一人窃に戸, ひ起し候は小生, ひ起し其詩句を以て題, ひ起し力の弱々しい, ひ起し句を跨, ひ起し回想記にも雑講, ひ起し心で赤く, ひ起し時代と作家, ひ起し私は日本, ひ起し言葉すくなに, ひ自然的でなく, ひ越前は逆上せし, ひ越前予に對, ひ越前守殿には承知, ひ越前守殿左樣に知る, ひ足つた子供等は外, ひ足もとの大地, ひ足らず古い老人, ひ足利成氏と上杉房顯, ひ足危ければ, ひ足取りをする, ひ足揃へて歩める, ひ足袋はだしと云, ひ足頸が小さ, ひること僅, ひ路ゆきしかば, ひ路山谷堀へ緒牙船, ひ路棹に花, ひ路絶へず, ひ路邊へ落ちた, ひ路間の辻, ひ踊り續ける, ひ踏破く犇, ひ蹄牙歯あるは, ひり渓, ひ身代りになつて, ひ身代金百五十兩と取, ひ身分風体などによつ, ひ身受をなし, ひ身持律義にし, ひ身振りも変つて, ひ身痩労れながれに, ひ身躰を包み, ひ身體が鍛, ひを丈夫, ひ軈て小川を, ひ車掌室でアチャコ, ひ軍利なきにか, ひ軍資金はたつ, ひ軒端がくづれて朽ち腐つた藁屋根, ひ転び合ひたる雑魚寝びと遊び倦, ひ軽蔑するの, ひみ雲雀, ひ輕井澤に下り, ひ輝ける文化が, ひ轉げ單に佛手柑, ひを, ひ辛い歌, ひ辛く折角の, ひ辛坊で, ひ辞りかねる人情, ひ辞典の小さい, ひ辞退するより, ひ辨当行李を洗, ひ辨當を持つ, ひ辭儀もせず, ひ辰夫は退院, ひ農夫に教, ひ農業の方手, ひ辻斬野郎が年寄, ひ込みかたをしたがる, ひ込みだらけですよ, ひ込み乍ら部屋へ戻つ, ひ込み騷ぎが始まつた, ひ込ミ其家の裏, ひ込何知ぬ體, ひ込父の勘當, ひ込親父から勘當, ひ迄も賣盡, ひ迅雷の一夜, ひよる時, ひ近き今川小路に, ひ近し真夜の, ひ近代主義者たるべくあまりに, ひ近代人といひ, ひ近代的のこ, ひ近傍の賣, ひ近年まで草茫々, ひ近所近辺はその, ひ近来出版になつ, ひ近江では浅井氏, ひ近藤書店で新刊, ひ返しひき拔きて, ひ返し穩便に取扱, ひ迫つたからで, ひ迫めて久須婆, ひ迫めらえて, ひ迫め敗りて, ひ迯亡させつるか, ひ迷つてしばらくぢ, ひ迷雲を尋ね, ひ退屈をする, ひ逃亡して, ひ巻村に, ひ途中古希臘式殿堂の造り, ひ通り成功したらしい, ひ通人と言, ひ通夜の僧, ひ通称を三右衛門, ひ通訳入りでもどかしい, ひ造作をし直し, ひ造化の最奥, ひ逢はずよとせ, ひ連日の酒代, ひ進らせし公子, ひ進らせん事專要なり此儀, ひ遁出でむとするにその術, ひ遊すからでせう, ひ遊佐の右太吉, ひ遊惰を事, ひ遊戯夜に入る, ひ遊戲し團欒, ひ遊舞には八処女, ひ運命の非, ひ運搬車の車, ひ運筆といひ, ひ遍く天上の, ひ過去現在未来の運命, ひ過失にても無意識, ひ遏めんとして又, ひ道づれになつて親分の氣, ひ道中差をさし, ひ道中滯りなく十一日晝過, ひ道修町行く, ひ道場の看板, ひ道徳の価値, ひ道徳律義の繩墨, ひ道楽飲み道楽, ひ道樂で煮直した, ひ道理は智力中, ひ道端からずつと奥深い, ひ道義頽廃嘆くべしといふ, ひ違つた断面の甲, ひ違はず叩き付けられると, ひ違はず遠くへ射込める, ひ違ひではおま, ひ違ひで会へば必ず, ひ違ひとか理解, ひ違ひなンかと違, ひ違ひな事を覚えこん, ひ違ひもありません, ひ違ふところからなんとなく, ひかなり焚き棄てし, ひ遠望のきく, ひ遠路のところ態, ひ遠隔の地, ひれたに, ひ遷任の事, ひ遷都を三三三年, ひ遺産処分の事, ひくる時, ひ邊荒に逃亡, ひ那燈火も矢張我々, ひを夷げ, ひには太守, ひ郡司大尉の壮行, ひ郡領の子女, ひけ大音, ひの伴造, ひ部下に衣, ひ部屋部屋の造り, ひ部類の本質, ひ郭光の酌, ひ郭公と云, ひ郷土愛の精神, ひ都会人の出産数, ひ都会地の銭湯, ひ都合百五十兩餘に相成持ち, ひ都梁と云, ひ酒池の快楽, ひ酒緑燈紅の間, ひ酒肴など出させ, ひ酒色に酖, ひ酔つた声をあげ, ひ酔つて鼻唄ヅウもつて, ひ酔ひ戯れ歓び笑, ひ酷法を以て臣下, ひ醉うた金襴の袈裟, ひ醉心地おぼえぬは, ひ醤油を買, ひ醫者も笑つた, ひ里儀は何となく, ひなつた青葉, ひ重厚さ素朴さ粘着力のある, ひ重大なこと, ひ重罪なればとて, ひ重荷ながらもこな, ひ重複したもの, ひ野州安蘇郡界村の助役野口春藏, ひ野性自由可憐さ衆愚性その夢, ひ野望のため, ひ野球ゲーム五千五百以上入って, ひ野菜魚獸等の肉, ひ野蛮と云, ひ野鼠兎なども捕へ, ひを節, ひ金兵衞のやう, ひ金十郎と云, ひ金子の歸, ひ金州城を陥れた, ひ金持ちが魚, ひ金眸が洞, ひ金繍をかざり, ひ金錢上の不自由, ひ金龍館ごらん下さいと, ひ釜ヶ崎のはなし, ひを直さう, ひ針仕事を教, ひ針金の綱, ひを垂, ひ釣り合はない, ひとともにや, ひ鈍痛を伴つて, ひに懸, ひ鈴ヶ嶽の北麓, ひ鈴川家の弟佐野松, ひ鈴木桂介の始末, ひ鈴木静一と朝日ビル, ひの輪, ひ鉄雪沓を穿い, ひ鉛筆を嘗め嘗め, ひを合, ひ銀ブラして, ひ銀座裏の道八, ひ銀座通年の市, ひ銀紙に百人一首, ひ銀色の靴, ひ銃後をかへりみる, ひ銘酒を味, ひを作つた, ひ刄の, ひ鋭き槍を, ひ鋭意植林に, ひで幹, ひ錢仕着せの心, ひ錢形の親分, ひのやう, ひ鍋屋横町は人行, ひと言, ひ鎮遠町の官舎, ひ鎮魂即みたま, ひ鏑木と京橋, ひの前, ひ鏡花と云, ひ鏡餅を開い, ひ鐵漿をつけ, ひ鐵道に添うた, ひ鑑賞し享楽, ひ長く明時の, ひ長しへに朽ちざる, ひ長兵衞是は我等, ひ長剣をつり, ひ長嘯子の記, ひ長夜の宴を張るべき, ひ長居をし, ひ長崎には貴公, ひ長左衞門代忠兵衞其の和吉, ひ長庵殿如何に貴殿, ひ長持の中, ひ長男は地方, ひ長話をなし, ひ長野には善光寺, ひ門人洒堂に教, ひ門前の小川, ひ門地を尊び, ひめく, ひ閉づる葎かな, ひ開演の予定日, ひ間ごとにそれ, ひ間伸のした, ひ間内の障子, ひ間接とはいへ, ひ間者三人差出し置き五日早朝, ひ閙敷とも折節寸札御返事, ひとしてどこ, ひ闇裏の念, ひき皇統, ひひて, ひ關帝の祠, ひ關門を長き, ひ阪急五階の時雨茶屋, ひ阿礼幡と言, ひ阿蘭陀人に損失掛け間, ひ阿諛を逞まし, ひ阿部君と詩人, ひに於かせられ, ひ院中の御用, ひ院内に宿した, ひ院長に向, ひを張る, ひ陣中めぐり令すれば, ひ除けむと, ひ陪審官をば殘ら, ひ陰惨な苦悶, ひ陰謀によつて敵, ひ陰陽博士占文を開い, ひ陵墓に奉る, ひのもの共, ひを侵し, ひ陽気の話, ひつこの, ひ隅々までお, ひ隅田丸で大川, ひ隆々たるもの, ひ隆白吉蔵をした, ひ隊伍の間, ひを上り, ひ階上に於, ひ階下へ行かう, ひ階段を上つて行, ひ随分と難儀, ひ随筆家の友人, ひより密, ひにユウゴオ, ひ隠居の身, ひ隣同士で眤懇, ひ隣村に赴か, ひ隣組の力強い, ひへ合, ひ隨分道中を用心, ひ隨處に際立ちたる, ひ隱す程頬骨, ひ隱居を殺した, ひ雄者が天下, ひ雅之と言, ひ集つて來て遊樂, ひ集団をつくり, ひひて, ひだわと, ひ雑沓の中, ひ雑訴決断所を置い, ひ離縁をする, ひ難いなつかしい筆趣と, ひ難い畏しさと, ひ難い重大事な, ひ難き暗愁は, ひ難く罪深き部類の, ひ難し早く歸り, ひ難なく縊り殺し, ひ難儀致す者也何, ひ難航をつ, ひ難解であ, ひ雨戸を蹴破つ, ひ雨樋なぞにつかまつ, ひ雨間となつ, ひ雰囲気に酔ひ, ひ雲塊半より頽, ひ雲雀が縫, ひ雷霆のクロニオーン神, ひ電燈のほめき, ひ電話には見台, ひ震災に焼けず, ひ霊岸島の瓦, ひ霓旌は飜, ひ露葉蕭索として清霜, ひの幸, ひ靈泉に浴, ひ靈魂は逸し去らん, ひ青き日かげ, ひ青き酸き充たざる, ひ青山師範の雨天体操場, ひ青年時代にふたたび, ひ青瞳うるむ見れば, ひ青貝ずりのその, ひ青野の涯, ひ青銅の刄, ひに一つ二つ詞, ひ靜まりて深く, ひ非人をし, ひ靠らせ合, ひ面倒くさいが気持, ひ面白う狂うて, ひ面白からぬ事, ひ面白くなく鄙, ひ面白く貴く長閑に, ひ面貌といひ水際立つたる, ひ革命を恨み罵つ, ひ革命軍の軍威隆々, ひ鞍掛殿の手, ひを拾, ひ音づるるをば此上無き隠居, ひ音楽の響, ひ音羽町の七丁目, ひ音譯とは云, ひ音風景は異, ひを折つて, ひ順吉は沈默, ひ順序を正確, ひ順調に茎, ひ須川隆白二十歳田中屋忠兵衛僕吉蔵をした, ひて呼込, ひぶる佳し, ひも透れ, ひ頬被り右手に大型, ひ頭和助の襟髮, ひ頭竝べてもの, ひ頭鉢合せをし, ひ頭陽に焦け, ひ頭髪のやや, ひが二重, ひ頼みにならない, ひ頼家の嫡子, ひ頼家公はその, ひを燃やし, ひ額聯之数, ひ顏面凄く笑, ひ顔一つ見せずつ, ひ顔坂本へ出, ひ願つてゐた, ひ顛末を語り, ひ類焼は免れた, ひ類燒は免れた, ひひ刀, ひ風凌ぎ猟男の弓, ひ風凌ぎ獵男の弓, ひ風化作用を受ける, ひ風呂場の踏石, ひ風悲んで水, ひ風手拭なんぞは飛ん, ひ風涙なんぞは干, ひ風潮並びに南米, ひ風群禽の団, ひ風蕭々として易水, ひ風邪を気, ひ飛揚の羽, ひ飛道具まで用意, ひ飛鳥山のあの, ひ飛鳥神南備の歌, ひに翻, ひ飜譯であ, ひ食ひなんかしよつ, ひ食卓の前, ひ食後に, ひ食後禁を破っ, ひ食糧その他の必要品, ひ飯喰はぬ, ひ飯喰ふた者も喰, ひた鳥, ひ飽くまで醸しなされたる狭霧, ひ養子格之助, ひ養育しても, ひ餓ゑ死をし, ひ餘つたポスタービラ雜誌の廣告, ひゆれ, ひ饒舌への嫌惡, ひ首陽山にワラビ, ひ香具師の看, ひ香峰の親, ひ香氣馥郁たるもの, ひ香水の匂, ひ香油をまみ, ひ香港で臨時, ひ香爐搖り動かす童子, ひ香空にながれ, ひ香魚を食べる, ひ馬上の狂乱態, ひ馬乳や馬乳酒, ひ馬場要はその, ひ馬賊に備, ひ馬鹿笑ひ物笑, ひけて行, ひるる牧童ら, ひ馴らはせて, ひ駄目よ, ひ駅員に三十分, ひ駅長の家, ひ駒吉はお, ひ駿介も笑つて, ひ騙りや押賣, ひいだ時, ひ騷ぎにもあの, ひ騷ぐ聲に凡て, ひ騾馬と輕輪, ひ驟雨屡来る, ひ骨肉の間柄, ひの者二人戸, ひ體裁御目, ひ高い叙情小曲なぞを, ひ高らかにかちどき, ひ高句麗地方の人々, ひ高堂大観玉をみがき金, ひ高梨が噂以上, ひ高田の役所, ひ高祖は大丈夫応, ひ高笑ひ馬鹿笑, ひ高調子で饒舌, ひ高足をさ, ひ高野を降つた, ひ高飛車に云, ひ髪かたちも妓家, ひ髪のと笑つたの, ひ髮洗ひ等, ひを剃つ, ひいだ末, ひ鬼貫に伴, ひ鬼趣ではない, ひ鬼頭が大声, ひ魚族の居る, ひ魯西亞人の性情, ひの塩焼, ひのあら, ひ鮮血に, ひに代, ひ鯨音を鳴, ひ鳥七面鳥の尾羽響き, ひ鳥海摩耶愛宕その他を拝観, ひ鳥火のみか石, ひ鳥越のお, ひのつけ糸, ひ鳴き合つて生長するうち, ひ鳴門の潮, ひは淵, ひ鳶人足への渡りなんど, ひを黒し, ひの目, ひ鶴松君御恢復, ひ鷄小屋のやう, ひの白き, ひ鹹水は其中, ひ麁酒差入申候, ひの往來, ひくふきやう鼠, ひ麦畑の間, ひ麦畑作りの小作人, ひ麻布普請場に徃, ひ麻布普請塲に至る, ひ麻績王が答, ひ麻雀する, ひ黄昏時の仄か, ひ黄牛の草, ひ黄褐色の雲, ひ黄鶴山樵とも言つた王, ひ黒烟天を覆ひ, ひ黒眼鏡であつ, ひ黒繻子の衿, ひ黒衣の入道, ひしまたは, ひ黨首としては一時, ひ黯紅の海, ひの花, ひあぶりてもの, ひ鼓膜は破れなかつた, ひ多し, ひ鼻唄がとびだす, ひ龍動に二三年, ひ龍姿雷聲白雲を起し, ひ龍泉寺町の裏路地, ひ,後に述べる, ひNHK迄タクシー