青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ひらい~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ひどく~ ひな~ ~ひない ひない~ ~ひま ひま~ ~ひました ~ひます ひも~ ~ひらい
ひらい~
ひる~ ~ひろげ ひろげ~ ひろ子~ び~ びく~ ~びっくり びっくり~ ぴったり~ ~ふ

「ひらい~」 1564, 16ppm, 6991位

▼ ひらい~ (1502, 96.0%)

40 みると 31 いた 26 いる 18 いるの 17 そこから 16 みた 15 いました 14 いて 12 みました, 中に 10 その中 9 いたの, そこに, ゐた, 中を 8 います, 中へ, 見ると 6 ゐる 5 いきます, みて, 見た, 部屋の 4 いるが, おります, みますと, 中から, 外へ, 見て, 顔を

3 [29件] いたので, いった, いったの, いること, いるし, いるので, いる小さな, くれた, それを, はいって, ふたりの, やるの, ゐます, 中の, 云った, 出て, 外に, 外を, 天の, 彼を, 待って, 戸外に, 白い歯, 白い牙, 私の, 立って, 自分の, 言った, 読んで

2 [75件] あたりを, いきました, いまにも, いるから, いるきり, いると, お金を, きました, きれぎれに, くる, くれたまえ, くれた窓, こんどこそは, ごらん, しまった, そこを, そのすき間, その奥, のぞいて, ひとりの, ふしぎそうに, また見ます, まっ暗な, みせた, みせて, みせると, みたが, みたまえ, みたら僕, みましたが, やった, ゆく, ゆくの, ゐて, ケラケラと, 一人の, 三人の, 下を, 主人の, 久我を, 人々は, 偉大なる, 先生の, 墓が, 外の, 孔明の, 寝台の, 小林君を, 左右の, 彼の, 彼は, 急いで, 拳を, 来た, 次の, 歩いたの, 示して, 私に, 私を, 秋とざす, 笑いました, 笑って, 自分も, 自動車の, 見せた, 見たが, 見た時, 見ますと, 語り合うこと, 読むと, 車を, 近所の, 達観し, 酒を, 靴下に

1 [940件 抜粋] あいず, あくまで篤く, あたかも羞じらう, あの者たち, ありその, ありったけ自慢した, ある, あるという, ある書物, いいました, いきなり正一君, いき男, いくで, いくでは, いくらか, いたが, いたころ, いたまるい, いたドア, いた創作落語爆笑会, いた本, いた窓, いた門, いちの, いつもちっともお金, いないので, いのちの, いますから, いるあいだ, いるかを, いるくちびる, いるだろうか, いるでしょう, いるという, いるに, いるひとつ, いるもの, いるれい, いるわき, いるドア, いる主殿, いる剣術指南内田伝十郎, いる夜, いる弓削法外, いる書物, いる物騒, いる男, いる穴, うしろの, うなって, うらうらと, えもの, おいたの, おくの, おったという, おとうさんの, おばあさんの, おやゆび, おりました欄杆, お扱い, お迎え申しましょう, お高, かごの鳥が, かみつこうと, かれの, きっと追いつい, くるしそう, くれた一番, くれた女, くれましたので, くれる, くれる夢, ぐるっとあたり, けらけらと, ここまで, こちらへ, こっちへ, この大陸, この晩, この窮鼠軍, これを, こんなこと, ごらんに, さあどうぞ, さっそく電気, さも, さらに奥, ざつとそれを読み, しきりに頸, しばらくためらっ, しまう, しまうところ, しまったの, しまふ, じっとし, じっと兄, じぶん, すぐに, すこし孟子, すっぱだ, せまい寝台, そういうこと, そしてすっくと, そとの, そとを, そのすき, そのまま外, そのようす, そのナイフ, その作品, その向こう, その枝, その灯, その穴, その部屋, そんな私, たしかめて, たちまち座, たつた一条, ちょっと中, ついでに, つぎつぎに, できた町, でて, とかく算数, とびこむと, とびだして, どっと追いかけた, なかから, なにかしゃべっ, にこりとも, のせられて, はおらぬもの, はじめてここ, ひげむじゃの炭, ひとつ乾杯しよう, ふところ手の, ぶるん, へんてこな, ぼうえき, ぼそぼそうなる, ぼんやりと, まさに大, またこっくり, またガチャン, まっくら, まっさおな, まっ黒なうる, まはり, まもなくです, みせます, みたと, みたの, みたらほほ, みた子供, みた折, みましょう, みる, みれば, むらさきの, もういちど, もうよかろ, もとの, もみくちゃに, もらおう, やっと人ひとり, やや活溌, やり見物席, やること, やるという, やるよう, やる車, やろうとして, ゆき凉軒, ゆくそんな, ゆくよう, ゆく運動, ゆつくり, よい, りんごの, わが子の, わざと中軍, わっはっ, ゐられました, ゐるそこ, ゐるの, ゐるビフテキ, ゐる外構, ゐる夫婦, ゐる店, アジアを, ウオーッと, エライか, カラカラと, キョロキョロあたりを, クモの巣だらけの, ケラケラケラと, コンクリートの, ゴオオ, サッとほうりました, スーッと, チベット古代の, テープに, トランクから, ドッと, ニヤニヤと, ハッキリそれ, ビーカーの, ホースを, ポッカリ黒い, マダムの, メーデイの, ランチキ騒ぎを, ローソクの, 一丁のく, 一味を, 一方の, 一本ぬく, 一歩そとに, 一目なかを, 一瞬間つぶらに, 一読し終る, 万世の, 三人とも, 上体を, 下されば, 世界の, 主人から, 乗りこむあと, 乞食の, 乱酔し, 予算案に対する, 事実の, 二人の, 二十面相が, 五名或いは, 五階の, 人差し指の, 人生の, 以来どれだけ, 何かしきり, 何となく一冊, 作ったばかりの, 侯の, 俊亮の, 元帥の, 兇悪な, 光子さんを, 全世界, 六畳の, 内へ, 内部の, 出たの, 出席者の, 別居した, 刺青した, 加賀見忍剣, 北見という, 十一時半頃まで, 十歳ぐらいの, 十銭の, 千二を, 南無阿弥陀仏, 南瓜と, 友達に, 取るに, 口を, 叫ぼうと, 叱りつけた, 司馬懿その, 同族の, 同時に敵, 唇を, 四十面相と, 地の, 地面には, 坐って, 堂々彼, 夜の, 夜風を, 夢を, 大きく踏ん張る, 大きな口, 大きな目, 大義名分尊王抑, 天井の, 天満宮が, 失敗し, 奥方を, 姫を, 娘を, 宇宙に, 客を, 家の, 寄手の, 寝室に, 寝部屋, 小さい唐渡り, 小さい聲, 小林少年が, 小泉君に, 少し首, 尺八に, 居て, 居りました, 居りますし, 山林を, 干して, 庭に, 廊下が, 廊下へ, 弓子は, 引揚げる, 当てと, 当夜は, 彼女の, 往来へ, 後方へ, 微笑まれて, 思いも, 恭しくさし, 息を, 愉快で, 戦を, 所見を, 手を, 打ッ, 挨拶した, 救助に, 数々の, 数行を, 斬って, 斬り返すか, 日が, 早々落ちたまえ, 明るい光, 明智探偵の, 昼食に, 暗やみの, 曹操は, 村を, 来たこと, 杯を, 東国の, 果報を, 校政を, 棚に, 横から, 檻の, 歓んだ, 武将坐りを, 歩きながら, 歩く横, 死者手負いを, 気味の, 水の, 注視します, 洋館の, 洗面室へ, 浴槽の, 涼風を, 淵の, 渇いた口, 渡良瀬の, 滝の, 澄んだ青, 瀕死の, 無血に, 無防備, 片足を, 王の, 現れたの, 瑾の, 甲鎧燦爛と, 男娼を, 町屋と, 発明節という, 百千の, 真珠を, 眺めた, 眺めて, 眼に, 眼を, 矢番え, 短くそこ, 確かに, 神体を, 秘密の, 稽古を, 穴の, 突出した, 窓を, 立ち浅ぐろい, 立て並べる, 端座し, 笑いとばすの, 筆とともに, 箒草の, 篠突く, 緊張する, 縁へ, 置かれその, 考へて, 肌に, 肩から, 肩を, 胸一杯さらけ出した, 脳を, 腹の中が, 自分が, 自家胸中の, 自身戦塵の, 艇が, 芸術の, 若者の, 荒剣一風江府の, 落ちたよう, 董卓自身が, 藤波の, 虞翻の, 血書の, 行きあたりばったりその, 行きましょう, 行くところ, 行くべきだと, 行って, 袂から, 褒めて, 西洋の, 見さえ, 見せそこ, 見せて, 見せました, 見せ大発見, 見たらその, 見ても, 見ないわけ, 見ましたが, 見ようか, 見るごと, 見直すくらい, 討って, 話しましょう, 語る前, 読みはじめると, 読み下して, 読み下すと, 読むまでも, 誰やら, 警備中隊長オルダコフ大尉が, 讀んで, 豹の, 貞盛を, 赤裸の, 走って, 走り出した, 起ち, 路傍に, 躍りでた, 転けつまろびつ, 迎えよ, 逃げたの, 逃げだそうと, 逃げ落ちようや, 通して, 通って, 遂に肚, 道を, 遠くへ, 避けた, 部屋に, 部屋へ, 里人を, 重要書類紛失の, 金と, 鉄ごうしの, 鉛筆で, 銀一君を, 門弟どもを, 開けて, 降したこと, 陳震を, 随時に, 難民の, 青馬の, 鞄の, 音も, 順に金魚, 順吉は, 頭目を, 顔じゅうを, 風呂敷づつみを下に, 飛びのきました, 食べて, 首を, 馬を, 驚きました, 高台に, 鳴いて, 黙って

▼ ひらいたり~ (23, 1.5%)

4 して 3 とじたり 2 した, 片脚, 閉じたり 1 しぼんだり, します, しめたり, つぼんだり, 埴輪の, 山に, 或る, 握って, 本を, 読んだり

▼ ひらいては~ (18, 1.2%)

2 いけない

1 [16件] いると, おちる水, しぼみ, ちり, ちる, ちる壺, またあと, よその, 前の, 喘いで, 散る, 消えこれ, 消えひらいては, 縮み鳥, 落ちる, 隙見し

▼ ひらいても~ (9, 0.6%)

1 あんな音, いいよ, つくりもの, れいによって, 一番さきに, 人に, 味が, 地上から, 大きくなりっ

▼ ひらいての~ (2, 0.1%)

1 テが, 瞬間から

▼1*

ひらいめ, ひらいたりとぢたり, ひらいてかはゆらしく, ひらいてからは日本の, ひらいてとびだしてくるかもしれません, ひらいてという句を, ひらいてなんか作ったらという, ひらいてはをらぬ, ひらいてほどよい食慾, ひらい殿のひめ