青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「へる~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~ぶつ ぶつ~ ぶらぶら~ ぶり~ ~ぶん ぶん~ ~へ へ~ へた~ ~へる
へる~
~へん へん~ べからざる~ べき~ べきで~ べく~ べし~ べつ~ べつに~ ぺん~

「へる~」 9442, 102ppm, 1067位

▼ へること~ (910, 9.6%)

64 が出 23 である 20 によつて 17 が出来なかつた, にした, になつ 16 ができない, が出来た, になる 14 ができる, が出来ない 13 ができなかつた, が出来る 12 にし 10 ができた, は出 9 は出来ない 8 です, になつて 7 だ, も出 6 あり, がある, では, に成功, は容易 5 ができず, にする, の出来ない, は困難, も出来ない, を忘れなかつた 4 ができました, が必要, であらう, であります, になつたの, になりました, はできない, は出来なかつた, も出来る

3 [21件] ができ, ができなく, ができません, が出来, が出来ず, が出来よう, でも, となつ, になり, のできない, の出, は, はない, は決して, もあつ, もあり, もある, もなう, も此ごろ, を忘れ, を許されるなら

2 [34件] ができませんでした, が出来たらしい, が多い, が好き, であ, であつ, にある, にしよう, に就い, のできぬ, のない, の不可能, の出来る, はあながち, はこの, はできなかつた, は勿論, は少く, は忘れなかつた, は私, もしなかつた, もできない, もできなかつた, もなく, もなし, もならず, も困難, も忘れ, をしない, を怠らなかつた, を恐れる, を欲, を知らない, を表

1 [352件] ありしに, ありしも, ありて, ありとの, ありまた, あり上士, あり曰く, あり汝, いづすべて, いふまでも, かと眠れる, からさ, から生れる, が, があります, がこ, がさほど, がその, ができたなら, ができたら, ができるだらう, ができれ, がない, がなかつた, がなく, がなに, がむづかしいので不足, がわかつ, がヒューマニスト, が上手, が主, が兇徒聚集, が先, が先決問題, が其目的, が出来さう, が出来たら, が出来ない過ぎ去, が出来なくなる, が出来ました, が出来ませんでした, が出来るであらう, が出来れ, が却, が却つて有利, が可能, が善惡混淆, が困難, が基本条件, が多, が大, が大切, が少く, が彼, が意外, が敵, が最後, が有利, が期待, が村, が段々, が無い, が私, が第, が美徳, が肝腎, が芸術, が要するに, こそ勝れた, せめてそれ, ぞ, だけしかもの, だけで, だけと云つて, だけは勘辨, だつた, だつて, だと, だね, だらう, だらうと, でありなほ観方, でありますが, であり且つ, であり村, でした, でせう, でなければ, で日本, で満足, で私自身, で紛らせた, としました, との眞, とグイード, と同時に, と思ふ, なくその, なくただ, なく又, なしに, などしさう, などは寧ろ, などは殆, などもあつ, など相談, なの, なので, なん, なんぞなさる, なんぼでも, にあつ, において將來, にかけてはこの, にしない, にしました, にします, にしようで無, にでもなり, になった, にならう, にならない, になりませう, になりやしない, になるだらう, になるでせう, にのみその, にのみ存する, には取る, には彼, には特殊, にふりむけ, にま, によつて反感, によつて失つた彼, によつて学問, によつて無, によつて美, によつて自ら, によつて自己, によつて解決, によりその, によりてより, によりて生ずる, により東北陲, により答案全体, により詩, に依, に依つ, に全力, に努めた, に外, に存する, に役立つであらう, に拠つて, に敢, に現在, に腐心, に致しませう, に興, に苦悶, に話, に賛成, に赤面, に身, に關, に骨, のできた, のできる, のみに役立つ, の二つ, の出来ぬ, の可否, の喜び, の多い, の必要, の承諾, の整う, の方, の証, はいけない, はしなかつた, はその, はたつた, はち, はできず, はできなく, はできる, はどうしても, はなみ, はまことに, はもちろん, はやつぱり観客, はやはり, はマルクス主義文学, は一つ, は一方, は一面, は三つ, は不利, は不肖, は与へられた, は世界, は中, は云, は人間業, は何, は何ん, は其の, は出来ないだらう, は出来ぬ, は出来兼ね, は分つ, は到底, は勝手, は却つて, は却つて不自然, は古代, は可能, は同時に, は多かれ少かれ, は大いに, は嬉しい, は少し, は尠い, は屡, は平次, は彼等, は必ずしも, は悪い, は所詮, は既に, は早く, は明々白々, は明かな, は明らか, は時に, は止め, は毎日, は演劇, は無意識的, は無論, は看過, は確, は罷り成らぬ, は西洋, は見合す, は許されない, は象徴的方法, は頗る, は麦, ばかりである, ほど困難, ほど自分, もあらう, もあるまい, もこたへる, もすぐ, もする, もただ, もでき, もできる, もない, もやめ, もろくに, もわるく, も三年, も不可能, も不幸, も何, も决, も厭, も平, も忘れる, も忠, も我慢, も敢, も有り, も此, も求める, も知つて, も知らない, も美奈子, も見る, も見合せ, も許さず, も話す, やそれ等, やらな, やら分らない, らしいが, をうた, をさけ, をさだか, をせず, をはかるべきである, をもつ, をも忘れ, をやつ, をよろこぼひ, をわすれ, を一刻, を主, を交渉, を以つて, を余儀なく, を信じない, を元子, を再び, を努力, を命じた, を喜んだ, を嚴禁, を孝, を希望, を平気, を志す, を怖, を思ひ付いた, を思ふ, を恐れ, を恐れた, を憎し, を我, を承諾, を抑, を教, を斷念, を止め, を求める, を爲, を目的, を第, を習, を考へ, を考へとる, を考へます, を考へろ, を聞き, を肯, を見るであらう, を見合, を覺, を許されない, を許す, を避けた, を避け得ない, を陰膳, 今我, 及び, 及びテキスト自身, 多く廣

▼ へる~ (797, 8.4%)

126 である 54 です 4626 でした 20 であります 19 だが 14 だつた 13 だと 12 では 11 であるが 98 だから 7 ですが 5 が常, を感じた

3 [13件] かい, が, が精一杯, が關, だらう, でありまして, ですか, ですから, に堪へなかつた, は, はこの, やうに, を待つ

2 [29件] かとお, かな, かね, がある, さ, だか, だけれど, だつたが, だな, だなどと, だよ, でありますが, であるまいか, でも, と一緒, と同じ, はその, はそれ, はどう, はよさう, は不思議, は自分, は落第生, は誰, もあの, を忘れ, を感じ出した, を見, 影ひとつ無し

1 [325件] あまり好かない, かいづれ, かその, かそれ, かといふこと, かと嬉しい, かと思ふ, かと聽, かもしれない, かも知れません, か其, か分らない, か肩, か與, があなたがた, がしきたり, がせつない, がつね, がとつて, がなら, がまつり, がやつ, がやむ, がより, が一つ, が一方, が一番, が一番たしか, が九萬六千圓, が何だか, が何より, が僭越, が其の, が原則, が厭, が友達, が問題, が好い, が宜, が家業, が対座, が寿詞, が常習, が彼, が待遠し, が心得ぬ, が成年戒, が我々文学者, が戦争, が昔, が最も, が本, が本当, が本意, が横綱たる, が此, が武, が母家, が毎朝, が気恥し, が漸く, が王氏, が瑠璃子, が當然, が癖, が真, が神託, が第, が第一義, が至當, が花, が道中, が重大, が鐘五郎日頃, が難しい, が青春, が面倒, が面倒くさ, が順當ぢ, さと彼, さほんの, すべつたのと, だからね, だけれども, ださうです, だつたら運座, だつて, だなと, だらうか, だらうと, だ困つたもの, ぢや, でありました, でありますから, でありませう, でありませうが, であるから, である奥村土牛, であろう, ですけど, ですその, ですな, ですね, ですよ, でない, でなくただ, でなくつて, でなくて, でなく特殊, と, とで山葵卸, とは動物, と同, と同一, と同等, と大差, と東京, と相手, と祓除, と言, と豚脂, ならば, にだけしか役に立たない, にはどう, には不便, には九萬, には先づ生徒, には四百年, には水, に一村総出, に一枚, に三等, に不, に二三日, に好い, に専念, に少く, に強靭, に当り, に役立つた, に慣れ, に手間取りました, に昨日, に有, に生涯, に苦しんだ, に過ぎない, に適する, に限る, はいまなほ, はいや, はお, はかう, はその同じ, はたぶん, はたまりません, はない, はなかなか, はほんの, はわけ, はクリスト, は一人, は一半, は上手, は上流貴紳, は並, は主として, は云, は人間, は仂, は他, は何うに, は何鳥, は全, は全く, は公田, は六ヶ月位あと, は割股, は勝れた, は即ち, は厄介, は厭, は君, は問, は善く, は喜ぶべき, は土木吏, は地物, は大, は天台, は女房, は実力, は容易, は山國生れ, は弟, は強いて, は当然, は後代, は必, は思つた, は性格的, は惜しく, は惡, は愚か, は或は, は政治家, は新劇, は既に, は日本, は是管, は曾良, は最も, は杞憂, は業績, は極めて, は樂, は止し, は江戸, は無, は猶, は現に, は理, は理由, は甚だ, は疊, は疑ひ, は眞, は神様, は自, は自然, は親, は親爺, は變ぢ, は部下卅七名, は野暮, は面倒, は面白い, は面白く, は鯉, ひとりなく, へ参りましょう, ほかたえ, ほかない, もい, もうるささ, もそろそろ, もどうか, もなかなか, もめづらし, もよく, もわたし自身, も一つ, も一面, も亦, も他, も供物, も億劫, も厭, も反っ, も大, も彼, も抱朴子, も早く, も此人, も無愛想, も無理, も物入り, も物憂く, も珍, も考へ, も見へる, も面倒臭, も面白, やさかい, やぞ, やよ, や寒い, を, をうしろ, をお, をせめて, をそつ, をな, を一々, を一向, を五反, を何と, を儉約, を利用, を唐紙, を喜び, を喜んだ, を女, を好みません, を定, を常, を彼女, を御, を忌む, を忘れた, を忘れなかつた, を急ぎ始めた, を感じ, を承知, を抑, を望み, を樂しみ, を機会, を私, を聞い, を聞いた, を聞く, を見る, を貰, を門, を防ぐ, 余りに両手, 力なき, 卵の, 句何ん, 外は, 娘が, 山は, 止めるわよ, 要用なる

▼ へる~ (787, 8.3%)

43 いふこと 32 云ふ 30 思ふ 15 言ふ 11 いふの 10 すれば, 彼は 7 思ひます 6 云ふこ 5 いふ事, 神の 4 いふところ, すぐに, そこには, その男, 言ひ出した 3 いふわけ, それは, 今度は, 彼女は, 思つた, 思つてゐた, 或る, 私の, 私は

2 [21件] お前の, きいて, それを, なると, 九月十五日といふ, 二人は, 其男も, 十手を, 唱へ, 大佐は, 大層酒, 女医は, 彼等は, 思つてゐる, 思惟する, 渠は, 男は, 直ぐに, 眞の, 自己の, 高島先生の

1 [524件 抜粋] あかくなつ, あちこちから, あっさりお辞儀, あの猪首, あの部屋, あらん限り, ある, いいけど, いきなりその, いきなり売春婦, いけないから, いつしよ, いづれも, いふ, いふが, いふと, いふに, いふので, いふはず, いふほどの, いふより, いふ点, うまくわな, おかく, おもふ, お光, お札売の, お父さんに, かうした生活, かつたへぬ, ここに, このた, この想像, こよや, これが, これらの, これを, こんな旅館, さう, さうです, さきほどまで, さもこそと, しかし入る, したら其, したら彼, しますぜ, し同じ, すぐその, すぐ二階, すばやく着物, すると, すれちが, せつかくの, そこは, そのあと, そのとたん, その介殼, その實, その積み荷, その結果, それが, それではこれ, それでは沼, それでもバス, それに, それも, それらが, それらについて, それ自身において, そんなら, ちらりと彼, ぢツと, つづいて, でも云, とし子は, とてもおもしろい, ともかくトンガラシ, とんとんと, どうしても五貫, どうもゆとり, なか, なか子は, なるべくかう, なんでせう, にじみ出る温和, のそのそ起上る, ふわりと, ぷんと腋臭, ぺろりと, ほとんど同時にあの, ほりに, まいに, まことに脱俗, また, また俺, また手, また火鉢, また翁, また靜, まつ先に, まづまづこの家庭, まへへ, まんまる, むつつりと, もう新潟, ものをも, やはり風, よい雨, よろこんて, わざと大袈裟, わざわざ立つ, アイクマンの, アパートとは, アメリカに, イモや, トルストイは, ベラベラと, マダムも, マッチを, メフイストが, ローラも, 一しよ, 一つの, 一と, 一人の, 一休みする, 一年と, 一年に, 一方では, 一枚の, 一番信心深い, 一秒間に, 一般的に, 一行の, 丁度八五郎は, 三人に, 上から, 上品ぶつた, 不可思議な, 不思議な, 世界, 世界全, 丘の, 両手を, 中, 中村氏は, 乗馬は, 九歳だつ, 二の句も, 二人の, 二兩百兩出せ, 二十六年ぶりに, 二尺と, 二間許り, 云う事, 云つた, 云つた有様である, 云つて居た, 云つて心配し, 云つて換へ, 云ふと, 五である, 五よりも, 五貫目に, 五階の, 井戸端で, 人力車の, 人気の, 人間が, 人間の, 人間は, 今までは, 今や孤島, 仰つた, 伊三郎が, 伝記の, 何うなる, 何か, 何ほどか, 何人に, 何日に, 何時までも, 何等かの, 何萬圓といふ, 余の, 余光の, 作家は, 例へばクロード, 俄かに, 信じて, 信子の, 俯向い, 僕は, 先に, 先程の, 光茫の, 全くオナニズム的, 兩者において, 六百ほどに, 共に両, 共に己, 其が, 其では, 其に対して, 其の意おなじ, 其の紳士, 其勢力は, 再びつんと澄まし, 刀をを, 別の, 別家の, 前とは, 前の, 創造によ, 効果が, 十貫目餘程の, 千五百萬兩掛け, 又その, 又私, 合宿の, 同じく翼, 同じ姿勢, 同じ色, 同時にまた一方, 同時にり, 同時にペチカ, 同時に一人, 同時に久保田, 同時に他, 同時に夫人, 同時に将来, 同時に後悔, 同時に歡樂, 同時に消え去, 同時に芥川賞, 同時に銀, 同時に齢, 同様に, 同樣, 名状し, 問ふ, 困ると, 国民の, 土地制度の, 埃り, 城内には, 外へ, 夙にたしかに私, 夜は, 夢中の, 夢或, 大きな魚, 大差なけれ, 天皇の, 太一郎は, 夫人は, 夫人も, 奥村さんは, 女中は, 女房の, 姿が, 孤独気分に, 客は, 客達が, 家は, 容赦なく, 實は, 對象に, 對象の, 小さな連絡船, 小兒, 小幡は, 小走りに, 小鳥の, 山から, 屹度作文の, 岐阜の, 崩折れる, 川, 巡査は, 平七は, 年が, 幼な, 店の, 庶民階級にも, 引きずられながらも, 当日にな, 後から, 後家が, 忠之も, 忽ちその, 思いつかれでも, 思うて, 思ったら腹いっぱい, 思つたに, 思つたのか, 思つたのかも, 思つたのがは, 思つた場所では, 思つて, 思つてもう, 思つてゐました, 思つて内心大いに, 思つて私は, 思はず俺, 思はず足, 思はれるやう, 思ひの, 思ひましたので, 思ひますわ, 思ひやれば, 思ふか, 思ふけれど, 思ふね, 思ふわけ, 思ふン, 恐しい速力, 悟性にと, 想像的な, 愉しみ, 感じたなら一番, 感じるの, 我々は, 折れ釘の, 損よ, 支那人は, 支配人は, 效力が, 數十匹に, 數珠を, 文章は, 斯う, 新聞を, 新聞小説に, 旅費の, 日本から, 日本の, 早速この, 時間に, 普通の, 智恵子は, 智惠子は, 暫らくヂツとして, 最初に, 本人は, 机に, 来た方, 柳の, 案外丈夫, 横の, 此処に, 死にものぐるいの, 殆ど世界, 殆ん, 母の, 母親に, 母親は, 気が, 気がついたら母親, 水色の, 決つた時の, 決然と, 法律違反と, 泣き出す仕掛, 泥亀を, 泥棒は, 海上へ, 涙が, 澄江も, 激昂の, 激越な, 煩悩執着が, 父は, 物事に, 狸汁が, 現象と, 生命の, 田丸に, 田圃の, 由藏を, 申こと, 申こと日数なく, 男の, 町は, 當然, 白鷺の, 皆な, 盃を, 目で, 目醒め, 直ぐには, 直ぐ化物, 直ぐ時計, 相客は, 相応に, 看守長の, 眞に, 真の, 着物の, 矢張平, 矢張平気だ, 知つたら, 石から, 祖先の, 私が, 私を, 私語ぎて急に, 種子は, 空腹じさう, 立ちどころに死ぬ, 第一文書, 第五段目, 答は, 籠の, 精神, 純小説, 網膜の, 縁臺の, 總勢三十人あまり, 繁夫に, 老人の, 考えられまいか, 考へた, 考へられる時代, 考へる, 聞きちが, 聞くこと, 肯定する, 胸を, 能く, 腦の, 腰を, 腹は, 自分が, 自分と, 自分の, 良人ぐらゐあつたつていゝや俺は, 花の, 若い人たち, 茂つた宮路山の, 草々たべ, 葦簾張りの, 蕾の, 薄めて, 蘇生る, 蚊は, 蜘蛛が, 蝉や, 行先は, 裏の, 見えまして, 見れば, 親分が, 角を, 言つた形を, 言つた意味の, 言つた方式に, 言つた肌合の, 言つてどこへか, 言つてゐる, 言つてアシールと, 言つて威し, 言は, 言下に, 認めなければ, 読者は, 誰だ, 謂つた歌が, 谷の, 赤道から, 足が, 車に, 車掌は, 軽く会釈, 近頃の, 過去は, 過程を, 遠い海, 遠くはるか, 部屋の, 量りが, 釣り道具の, 間もなく彼, 間もなく忘れ, 隅に, 隔日勤務に, 隣の, 隨分久しい, 雷鳴の, 青年はちよつと, 面白い, 飛んだ間違つたやり方, 食人肉の, 首を, 馬鹿笑ひ, 高臺, 魚の, 鷄が, 黄色い腹, 黒い小

▼ へるやう~ (540, 5.7%)

42 にし 39 になつ 15 なこと, なもの 1410 になる 8 に言 7 にした 6 にな 5 な声, な気, な調子 4 な事, に云, に岩窟 3 な, な女, な形, な芝居, な言葉, に平次, に彼, に心がけ

2 [36件] だ, であつ, でした, です, なお, なさ, なそんな, なところ, なの, な仕方, な偉大, な又, な口吻, な大, な心, な恰好, な手つき, な日, な眞面目, な美しい, な脚本, にいつた, にしたい, になり, になるだらう, に彼女, に微か, に思はれる, に感じられた, に日光, に老人, に肩, に言つて, に身, に重く, に餘儀

1 [261件] だが, だがな, だつた, だつての, だと, でありますが, である, です全く, で西瓜, なあの, なおもひ, なそれ, なぢ, なとりとめも, などこ, なほんの, なみ, なら, ならまだ, なイメージ, なシナ, なスリル, な人, な人相ぢ, な人間, な仕ぐさ, な代物ぢ, な作品, な俳優, な共通, な冷, な切な, な前夜, な前書き, な印象, な反響, な口調, な品ぢ, な器用, な地, な太鼓, な失敗, な失礼, な奇麗, な好い, な始末, な子供, な小説, な工合, な巨大, な弱い, な微笑, な心地, な心境, な心持ち, な意見, な感激, な慘虐, な手段, な手筈, な手附, な旨義, な早く, な服装, な朱, な様子, な歓び, な気さ, な気味悪, な氣, な氣持, な泣き声, な澄まし屋, な煙, な玄明, な男, な目, な相槌, な眺望, な眼, な社會, な立場, な精神, な素円さま, な經驗, な聲, な蕗子, な蕭絛, な表情, な視線, な言葉付, な身構, な連れ, な部屋, な隠者生活, な青い, な靜けさ, な非難, な頼り, な顔付, な騷ぎ, にいたしました, にいつ, にいつも, にいひました, にいふ, におす, にお前, にかそれとも, にこの, にさ, にさわぎたてました, にしきりに, にしたら, にしとい, にしなけれ, にしなだれ, にしました, にじ, にすべて, にすぼめ, にする, にすゝめ, にそっと, にそつ, にその, にちよ, にぢ, にて, にて幾度, にと, にとうとう, にと仰った, にと工夫, にと書い, にと言, にと願, になく, になった, にならなけれ, になりました, になります, になれる恵まれた, にぽつりぽつり, にまた, にも取られよう, にや, にギヨツ, にブツブツ, にメランコリツク, にロンドン, に一つ二つ, に両, に主人, に今, に仕組まれ, に他, に体, に何, に健康さうに, に僕, に光, に出, に出来, に努めるであらう, に動く, に叫んだ, に向う, に呟いた, に哄笑, に報告, に声, に大きな, に夫, に夫人, に娘, に家康, に屋根, に工夫, に引き寄せ, に強く, に彼方, に心, に心持背, に思, に思はれ, に思ひ込ん, に思へます, に思へる, に感じた, に感ぜられる, に成つた, に成れ, に戸口, に打明けた, に投げかけた, に掴, に新, に既に, に日中, に是, に時子, に暗い, に書い, に松平伊賀樣屋敷, に横, に気嫌, に派手, に溢れ, に燈籠, に父, に用意, に畑尾, に番頭, に當時幕府, に盃, に相手方, に穏やか, に突きだし, に立止つて, に笑, に綺麗, に緩やか, に續, に美し, に考, に考へられた, に背, に背後, に腕, に腕組み, に致したい, に色, に若々しく, に若旦那, に菊次さん, に表, に見えた, に見やる, に覺, に訊きました, に訊ねました, に訥子, に語, に説明, に談合, に豪勢, に走つ, に起る, に踏ん, に逞, に進ん, に遺伝, に重苦しい, に隆起, に青年, に顏, に鳴く, に默つて顏, のもの漂, 仕掛けて

▼ へるもの~ (344, 3.6%)

21 では 18 である 10 がある 8 か, だと 7 がない 6 があつ, が多い, だ, だつた, はない 4 でも, はありません 3 あり, が無い, であらう, であります, と思ひこんだ, なり, もありません, もない

2 [17件] だよ, であ, であつ, であるか, であるが, であること, ですか, でないこと, とすれ, と考へ, ならば, は何, は彼, は畢竟, は詩人, もあり, もなく

1 [176件] あり倒さま, うつむけるま, かと驚かされた, かな, かね, か併, か姪, か踊れる, があ, がありました, がどれ, がゐる, が三つ手際, が作家, が少く, が居, が必ず, が澤山, が無, が無くなる, が走, が集つて, さ何と, ぞあれ, だからね, だが, だね, であらね, でありヴィジョン, であり肉体的, であるかといふ, であるから, であるに, である故, でした, です, ですから, ですが, でない, でない其眼, でなくたかだか, でなく無知, で先生, で太陽, で安藤氏夫妻, で宣命, で彼, で日本文学, で無いまして, で薬, とがある, としてそれ自ら, としては悲観, としては繊細, として現, として第, として行疫, とする, とてはあらう, とては野, となり終れり, となるであらう, とは一体, とばかり思ひ込み, と云, と俳優, と偽, と思つて, と思はれる, と期待, と考へる, と見え, と解し, と解する, と言, と迷はん, と間違え, なし江戸, なの, ならあたし, ならな, なら何, なら其, なら救, なるが, なること, なるや, なるを, なれば, にしあれ, にて天, になつ, にはあらず, にはなった, に一つ, に与, に同じ, に彷彿, に相違, に違, に非, のやう, の如く, の姿, の方針, の様, の模型, は, はい, はかく, はそれ, はそれ自ら, はそれ自ら詩, はなく, はなに, はやはり, はカント, は二三, は今, は先, は先づすくない, は先驗論理, は単に, は厳密, は句, は只, は味覚, は子供, は実は, は寝, は幾人, は彼自身, は息づまる, は果して, は果して何で, は根本, は梁, は構想力, は此, は此時, は火, は無, は直ちに, は眠り, は羽州秋田阿仁, は自分, は自己性, は藝術, は號泣, は離, は非常, は顧, ばかり, ばかりだった, もあつ, もあらう, もなき, よ, よ悲しむ, よ悲む勿, をと此, をまとも, をもつ, を何と, を再び, を受ける, を呑みくだした, を打ち, を抽, を持つ, を求めき, を謠, 元櫓下, 凡そ是等一味, 即ち是, 有るが

▼ へる~ (216, 2.3%)

13 になつ 11 が出 8 が出来る 7 の出来る 5 がある, が出来た, が出来ない 4 では, もある 3 が出来なかつた, が出来ぬ, になる, の出来ない, は出

2 [15件] が出来なく, が巧, だ, になつて, によつて, に幸福, の細目, は外, は屹度, もあり, も出来る, をほ, をよめる, を忘れない, を意味

1 [109件] あらば, ありき, ありし, あり尤も, あり病, から遠ざか, ができない, がなかつた, が何故, が出来, が出来なかった, が出来ねえ, が出来ませう, が出来るだらう, が分つ, が即, が困難, が多い, が平気, が深い, が造語能力, さ, すらお, であらう, でありましたが, である, でも, で完全, で松, とおも, と共に日本人, と思へ, と考へる, なの, なれども, にある, にかけてはその道, にし, にした, にしよう, についてか大層, にて重, になす, になつたの, になり, になります, になりませう, にもなつて行, に依, に定, に定め, に定めた, に極, に決め, に相成つた, に関係, の出, の出来た, の出来ない焦らだたし, の無益, の確か, は, はあるべき, はない, はなかりし, は全く, は其家, は出来ない, は出来なかつた, は出来ん, は分霊, は必, は格別, は殆ど, は無き, は猶々, は現在, は疑, もあつ, もおこりしか, もしない, もない, もなく, もほく, も出, も出来, も出来ない, も自由, も顏, や心臓, や感覚, よりは干支, を, をうた, をしない, をせない, をつぎつ, をわれ, をピッカルダ, を以て尤も, を情慾, を拒んだ, を楽しみ, を気の毒, を要求鼓吹, を誇り, 多かり, 多かりき, 程結果

▼ へる~ (200, 2.1%)

10 しても 4 答へて, 違ひない 3 すぎない, 似たり, 因りて, 相違ない

2 [16件] あらず, あらずして, あらずまた, いと有難き, や, 出る, 及で, 及ばず夫, 因みて, 對し, 懸りしより, 暴れ者の, 美登利は, 至つた, 随って, 非ず

1 [138件] あたつ, あたらぬと, あらざる意, あらざる限り, あらざれども, あらずしてた, あらずた, あらずや, あらずやと, あらず彼, あらず從つてこれ, いがべが, いとま, いと厚く, かく揺り, このとき一者, ざつと三万はか, したつて, しては, しろ芸術至上主義, すぎず長い, すぎないの, その同母妹, その問, それなら, ひとつは, ふさは, ふ神役, もとづきこの, ものが, やあらむ, やと, やぶさかでは, よりて, よれり, よれるなりと, アナスタシウスその, ソロモンこれに, 一ツ二ツも, 一時間で, 中村光夫氏來り, 中河與一氏來り, 今は, 付ては, 似たりき, 似たりと, 似たる怏々, 何か, 何んの, 候, 傍には, 先だつて, 其一ケライノなる, 到つたの, 到る, 又何, 及ばずそれなら, 及ばぬかと, 反して, 反し後者, 同ぜんと, 同情と, 基づきルキウス, 堪へないの, 外ならず, 好い藥草, 妙を, 導者も, 山又, 師は, 常には, 幼子どもの, 彼, 彼曰ひける, 従うて, 從つて潛熱が, 心付きたり, 急で, 感覚的に, 應ず, 我に, 抗し, 據れり, 放送局の, 會ひぬ, 有りし気, 楯を, 概念の, 樹皮麻頭敝布漁網等を以て, 止めた, 滿足せず, 無理も, 玩具の, 由りて, 當らぬ, 疲れて, 疲勞し, 百二十萬圓こんな, 等しい, 自然淘汰性欲淘汰なる, 至つたの, 至つた経路を, 至つた過程を, 至らない原因, 至りては, 至りました, 至る, 至るの, 至るまで, 至妙な, 若くは, 薄荷酒青く, 言の葉なく, 足りるであらう, 足りるの, 足りるもの, 足るだけの, 足るもの, 足る一人, 足る丈, 足る安心, 逡巡する, 連れし小者, 過ぎす到底, 過ぎず, 過ぎない, 過ぎないの, 過ぎないやうになつた, 過ぎぬ, 過ぎぬことになつた, 過ぎぬ之, 過ぎますまい, 違ひなかつた, 鎚を以て, 附けても, 非常に, 風さら, 驚きて

▼ へる~ (199, 2.1%)

7 如し 4 如きは, 早いか 3 あり, 好い, 如くなりき, 後代風の 2 如きもの, 如き心持, 如し相, 為に

1 [164件] ある一面, いい, いざと, かうした意味, かわらといふ, こ, こっちとしては, この二人, この作品, この川, これが, これといふ, これに, これはたと, これを以て, ごとくなりき, ごとくなれど, ごとく喋る調子, さう, しかしこの, しかしさ, しかしともかく, しかし彼, しかし意識, しかし考へ, じつに今日通読, その一つ, その大きな厚い, その時代, その発生, それだけ, それに, それは, それも, ため, ために, ため不眠, ちが, ならひの, ひとり我が, またさ, ままに, ものは, やはり家庭的, ゆゑに, ゆゑにかくいへり, ゆゑに山右に, よいお前, よいか, よろしい, われわれ一行が, コツクだけは, サービスが, ドストイェフスキーは, ヒトは, 一匹向うの, 一方冷汗, 世の中は, 中に, 丸で, 今後は, 以上数章に, 仰ぐ仰ぐ瞳, 但しそこ, 何事も, 併し, 個人を, 個体とな, 僕は, 儘に, 兎に, 其とて, 其も, 十二時までに, 単純に, 又同時に, 同時にた, 否や, 咽喉鬼灯, 好い何ん, 好からう, 如き僻説, 如き冒頭, 如き凱歌, 如き奇特, 如き悲鳴, 如き旧, 如き観, 如き言葉, 如くしか, 如くである, 如くに, 如くわ, 如くゐぬさい, 如く喜ばし, 如く布衣, 如く彼等, 如く後鳥羽院, 如く我木曾義仲, 如く春章, 如く浮世絵, 如く猛火, 如く背後, 如く船室, 如く西班牙磴, 如く見える, 如く言, 如く言葉, 如く訝かしげに, 如く鋸屑舞つて晴天, 如く額, 実は嘘, 實際教育者から, 寫實主義だ, 小成に, 川を, 年なし, 幸福と, 底の, 当分出来る, 彼の, 心の, 必しも, 恰もそれ, 成立の, 我が帝國, 戸口に, 拾ふ, 故にげにかく, 故に彼等, 故に東京市民, 故に水沼氏, 新に, 景行紀に, 更に重要, 朝晩寝起きを, 極めて面白い, 氏の, 水を, 決してさう, 泣きたいやう, 演劇に, 物語の, 物語りけるに, 男の, 畑地なら, 疎開で, 相変らず, 私は, 私自身の, 第三者が, 薩張見掛けない, 要するにこの, 要するに俳優, 要領が, 訪ひ来り, 説得力が, 貴殿が, 迷惑千万な, 遊覧の, 青い, 面倒にて, 飛び, 飯は

▼ へる~ (163, 1.7%)

3 何心なく, 彼の, 洋銀の 2 ふさは, 寺院の, 曲を, 東の, 聞分る, 西の, 靜に

1 [140件] あの子, あらざりき, あらじ, いと, いとおもしろし, いとを, いまだ欺かる, おもしろし, かたき皮膚, かなたの, こ, この像, この家族, これが, これなら, そのいだく, その後皇帝なき, その美, その著作, その運行, ひどく投げつけられました, ふさはず, ほかに, わが世界, アリストーテレプラトーその, アルノの, ウゴリーノの, エウフラテス河畔の, キケロの, シュヴァーベン家の, トスカーナの, バッコに, ベアトリーチェの, 一つの, 一三〇〇年の, 一文章の, 上之島の, 上之關などの, 世に, 並びに極端, 中元永初, 九八八年即ち, 九六行の, 事の, 事實なれ, 云ふ, 五行に, 亦此, 今の, 仲正の, 何れの, 何者の, 假定の, 僅かに, 凡三千石高程の, 凡拾万両程の, 勿論生活, 十二宮にて, 即ちキリスト磔, 即ちローマ, 即ち我が, 即ち李主簿, 即御歌, 厚恩まことに, 又投げつけられました, 叙情詩に, 古き諺, 君達なれ, 和名倍美とは, 單に, 嗚呼の, 嘉す可, 地一・六八に, 地獄全, 大いに善し, 大かた標準里に, 大へん, 大納言隆国卿皐月, 大阪に, 夫人なり, 寺内河竹新七の, 寺院が, 左様の, 己を, 幕府の, 強き應護, 当れりや否, 待人の, 後車の, 性来義気深き, 或は酷, 戲曲の, 抑, 族客と, 既に如何なる, 易く, 是なり, 朝鮮の, 東人情嶮峻に, 東類を以て, 樹木不, 歌を, 汝なれ, 沒, 注目すべき, 淵を, 滿月より, 漢呉音は, 物必らずしも, 特に時文評論, 狐か, 甚しき相違と, 生者に, 皇帝トラヤーノの, 眞なり, 眞淵集中の, 真淵集中, 知識その, 筒袖に, 練布の, 羅馬の, 聖書に, 聞分くる, 自殺せる, 薫子の, 藍光の, 褒貶共に, 西岸の, 親愛の, 討論の, 詩材文體の, 豈腰, 足助二郎重, 難く神, 静に, 非なるべし, 頭甲光る, 類想を, 飛箭鋭き, 騎士等の

▼ へるので~ (108, 1.1%)

53 あつた 4 あつて, せう 3 あらう 2 あらうと, 夏が

1 [40件] いつ又, おかげで, お影, がすから, この混同, さへ, せうか, せうね, そつと, それなら何故, つまり余得, ひどく叱られる, みんな喜んだ, やりなほし, われわれの, ソロドフニコフは, 他の, 何と云, 僕は, 其の他, 地方の, 外出の, 射干の, 御座います, 志津は, 我も, 捨てられなくなるといふ, 書いて, 机の, 此れ, 満員だ, 父は, 白く目立つ, 眼が, 稽古を, 義雄も, 若しや, 訣る, 食堂で, 魂にも

▼ へるため~ (104, 1.1%)

62 に努力, に待つ, に自分

1 [92件] か穹窿, さ, であ, であらう, である此二冊, ではなく, なの, ならいかなる, にいつも, にいろんな, にこと, にこの世, にそこここ, には, にはいろ, には余, には先, には先づ, には客観的, には彼ら, には意志, にめまひ, にわざとあさましくないことをあさましくしてゐる, にわざわざ, にシシ, にヤス, に九州, に二つ, に二三日前, に亢奮, に人物, に何, に保存, に優良, に先, に光, に全身, に其處, に出, に出かけ, に協力, に土, に大村藩, に婚舎, に家, に尠, に巷, に幇間, に建てさせたらし, に御, に或, に手, に数分の労力, に未, に本社, に次兵衛, に母里與三兵衞, に毎日, に汽車, に漆喰扉, に獻金, に空, に築かれた, に終に, に若干, に若竹, に衣, に設けられた, に誌, に走, に載せ, に追, に遠慮なく厚い, に郵便局, に里, に騒ぎ, の, のいくぶん, のもの, の不自然, の唯一の, の手近, の旅, の牢屋, の組立, の装飾, の踏張, の鎖, もあつ, やがて好き, わが母我, 或は支

▼ へるだけ~ (92, 1.0%)

13 払ひ, 買ふ 7 払ふ 4 だつた, でこの世 3 である, です, 買つた 2 だ, では, なの, 払うて

1 [34件] うたふ, そして買, その質, でした, でなく直ちに, で一向, で亦, で其以上, で呪力, で御座います, で霊, のか, マイナスを, 使ひ尽し, 借金を, 匂うて, 反省し, 払つ, 払つた気持は, 払つてから, 払つてし, 払つてそして, 払つてま, 払つて飲める, 払ふたうれし, 払ふべき, 皆な, 米と, 苦痛も, 買うて, 買つたそして, 買つたその, 金九十五銭, 食料品を

▼ へる~ (89, 0.9%)

4 は目上 2 がある, なり, の上, の如き, はありません, はない, もなく, 来れ

1 [69件] あらゆる今日, あるは, か分らず, か女, がいま, がない, です, とが一時的, として金銭, とし生る, とともにあり, と其敵, などいろいろ, なりいざ, なりしこと, なりカルロ, なること, なれは, なれば, なんて一人, にあり, には幸福, にわが, に其死後, に非, のない, の何, の例, の歌, の生, の眞, の罰, の聲これ, の靈, の頭, はある, はた, はなく, はアンドレア三世, は一人, は吉野十津川, は喜び, は彼, は徒三年, は枕詞, は無, は無え, は猶, は皆, は足, は飢ゑて飯, ばかりでなく, またいひけるは, もありしか, もありません, もない, も同じ, や曵き, よ, よ汝, よ聞くべき, を下, を憶, を神, を顕し, 即ちベルナルドゥス, 来れり, 決して国, 蓋し又

▼ へる~ (86, 0.9%)

8 いふ 2 あらは, 彼は, 待つて, 聞き咎めて, 謂ふ

1 [68件] あやしみ, いふと, お助け下さい, かの六畳, ききしかど, きき喜びて, きける時我, して, しりて, もてペッティナーイオ, ゆるさず, りに, りにも, われは, 京の, 可痛し, 君は, 咎むる勿れ, 垣間見如何, 執らへ, 報じ且つ, 女は, 將來の, 崇拝者は, 常と, 引きて, 引けり, 忘れざら, 思はずば, 思ひて, 思ふ儘, 惜しみ先紀, 愛し物ごと, 我未だ, 指す地, 捉らへながら, 敍す, 用心し, 異しむ, 看ても, 眺め見て, 着て, 知ると共に, 知るべし, 紹介せり, 耳に, 聞きて, 聞て, 自識, 見これ, 見しとき, 見て, 見ても, 見ば, 見やりて, 見る, 見ると, 見るに, 見るより, 覺え, 觀れ, 記して, 記せる條, 訝るやう, 許さじとの, 認めたるなり, 責む, 通りたること

▼ へる~ (80, 0.8%)

3 あり 2 だつた, と二種類, と教育, の胤, もある

1 [67件] ありて, あり此, から見れ, があつ, があり學ぶ, がある, があるであらう, があれ, がうろ覺, が享保, が利章, が失, が好き, が戰爭中, が更に, が隨分, だねえ, つまりつねに, であれば, でも認め, と人, と同じ, どもその, なし, などにはいと, なりき, には色々, にひとり, によつて一樣, に買, に鞭, のあさまし, のあはれ, のいろ, のみぞフロックコオト, のよろこび, の人間的価値, の名, の噂, の如く去れり, の心, の物, の眞實, の纏, の考, の苦勞, の談, の面影, はない, はなかっ, はめつたに, はやや, は別に, は大抵さ, は居ない, は忽ち, は武士, は直ちに, も他, も共に, も固, も多から, を見, を見送, 即ちアダム, 揺りて, 来りて

▼ へるといふ~ (75, 0.8%)

15 やうな 2 状態なりし

1 [58件] あらたかな, くらゐ, ことは, この快活, その役割, やり方で, やり方な, 人物でも, 人知れぬ, 人間は, 位の, 侵略の, 其の道, 処に, 制度は, 力の, 効果が, 名目で, 問題よりも, 噂さへ, 大變, 寸法か, 心頼みを, 恐れが, 悦びが, 悦びの, 意味では, 意味の, 態度は, 慎しみ深, 戯曲作家として, 手が, 手段を, 文章といふ, 新築地劇団の, 様な, 様子で, 機械的の, 活用を, 状態と, 目的では, 程度を, 筋, 終盤の, 考へなの, 自信が, 自由さが, 芸当が, 覘ひであつ, 訓練に, 評判から, 評判も, 話は, 速筆を, 道徳的效果に, 配慮から, 風な, 點で

▼ へる~ (72, 0.8%)

7 どうか 3 何う 2 それは, とおも, どうかと, はりに, 明ならず, 知れない

1 [50件] あはれつかのま, お前の, せめて正, それとも帰つて, それとも腕, それを, それ以外に, ぢつと, どうかは, どうか疑, どうか知りません, またいはね, またそれら, もうか, われいまだ, ダンテの, 乃至は, 人に, 何か, 分りませんでした, 初瀬は, 否かを, 土神は, 失笑する, 如何なる貢献, 実験し, 峽西に, 或はシャルル, 或は又, 或は彼, 或ひ, 抑へる, 押へ, 捉へ, 数へ, 明らかならず, 果してその, 知らんが, 知れは, 空を, 美奈子は, 考ふべし, 與へ, 舌を, 芝居がかりに, 解りやしないのよ, 言へ, 訴へ, 鈍痴め肴で, 魏志に

▼ へるかも~ (63, 0.7%)

19 知れない 9 しれない 6 知れないが 5 知れません 4 知れないと 3 しれないが, 知れないから 2 しれぬが

1 [12件] しれないといふ, しれぬ, しれぬと, しれませぬ, その一つ, 知れないその, 知れないといふ, 知れない乞食根性, 知れませんが, 知れませんその, 知れんが, 露の

▼ へる~ (62, 0.7%)

2 極めて拙く, 氣を

1 [58件] あつた, あまた聞ゆ, ありされど, ありしなり, あり兵亂, あり累世, いくばくも, うしろで, かくこそと, かなはず, この句一首, この處, この間の, こは, これにか, これによりて, すな, その先, た, たが, たやすいと, まことによく云, みなつくしの, ンでも, 五月は, 亦同, 今や再び動かす, 仏の, 八雲たちとは, 其の傳神, 其御戯れ, 古言, 同じき語法, 同じくローマ, 同じ關, 大和に, 大方實際, 夫に, 學術に, 小兒少女, 彼の, 悟れるも, 憎らしく汚ら, 我その, 我なほ動かず, 智慧なく, 未来の, 構はずふざけ通した, 此故なり, 汝の, 皆是氣を, 穴勝無理ならぬ, 筑紫の, 花の, 道理にて, 間違なり, 魏斉の, 鶴峰氏の

▼ へる~ (61, 0.6%)

177 だから 5 だよ 4 です 3 だね, だもの 2 だぞ, を目見え

1 [18件] だからね, だけどねえ, だぜ, だつたら勿論, だつたら自分, だつて云, だ仕方, だ放して, でございますかね, ですから, ですそれ, ですつて, ですね, ですもの, ですツ, でなくつて, でも, なら

▼ へるところ~ (59, 0.6%)

3 である, のもの 2 がない

1 [51件] あり, あるもを, から即興的, から見, があつ, があり, がある, だつた, であつ, であるが, では, では武器, でテーブル, にある, にいかに, になりました, に一念, に従, に戯曲, に最初, に目的, に適, に隨, の先生, の厳粛, の否定, の圧力, の地形, の弾機, の所謂博士官, の新, の書一巻, の盲目, の穏, の腦髓, の藝術, の表現, の観念的リズム, の誘因, の風聞, はない, はなかつた, は一般的, は実は, は梵妻部屋, もある, を, をィヤー, を見る, 即ちこれ, 少くない

▼ へる~ (51, 0.5%)

3 あり泣いて 2 の如く

1 [46件] が最も, しもあれ, だけはその, だに, でも決して, と同じ, にその, には, にはすでに, にはまだ, には二年生, には百濟, にも沢山, にアカイア, に世慣, に其處, に叔父, に寫眞家, に換言, に附, のこと, のつなぎみたい, のやう, のスリル, の愉快, の方, はその, は令孃, は何時此, は六七十円掛つた服, は分り, は大, は必ず, は未だ, は無い, は確か, は長, ふと心, ほどつ, ほど麻雀, まで酒, も君, わがをの, を, 同じやう, 預かつて

▼ へるほど~ (50, 0.5%)

3 なら嫌 2 であつ, な水

1 [43件] しかなかつた, しかなかつたやう, しやんと, その冷めた, その青み, それは, だ, であ, ならべてるが, な低い, びつくりし, びつくりしました, ぴかぴかし, メランコリツクにな, 上気し, 世間迷惑さね, 世馴れたダンディ, 伸, 反抗の, 口惜しかつ, 吃驚し, 大きくな, 大人に, 幅が, 快よく, 成長し, 改まりました, 燦かに, 白くなり, 百藝に, 確かな, 窶れて, 立派な, 簡潔な, 繁つてゐた, 美しうなられました, 能弁に, 腫れあがる, 落ちついた好, 街らしく, 詠まれたの, 錻力の, 顏が

▼ へる~ (48, 0.5%)

2 しかない, しかゐない, の事, 貧しい事

1 [40件] しか喋つて, しか故郷, しか會, しか無, しか無い, しか見えない, しか見た, であつ, で机, なるに, に一層, に強烈, に成つた, に激しい, に無, のあの, のい, のドンブリ鉢, の仲, の似, の冷た, の口髭, の神々し, の臆病, の苦痛, の迅さ, の野蛮, の頭痛, の騒ぎ, 元氣, 冷えること, 大人びて, 山の, 感じやすい, 痩せて, 突つ, 美しいぢ, 美しくなつた, 青ざめた彼, 面白くない

▼ へる~ (48, 0.5%)

11 はない 3 もありません 2 だ, だつた, だつたの, のもの, は無い

1 [24件] がない, が無い, だつたので, であります, である, であるが, であるなぜ, でした, でしたが, でしたけれど, で大坪家, なので, の將軍家光公, の批評, の現在, の遠縁, はありません, はあるまい, はなかつた, もない, もなかつた, もなく, も無い, も無から

▼ へる~ (46, 0.5%)

21 せう 7 あらうが 3 せうか, せうが 2 あらうこと, あらうと, せう石 1 あらうやう, あらう他者, あらう悪影響, せうあんた, せうから, せうな

▼ へる~ (45, 0.5%)

7 になつ 5 になる 3 である 2 な事, な気, な調子, にし, になり, に思はれた

1 [18件] が能, でしたがネ, なもの, な声, な平凡, な服装, な程度, な言葉, にと念じ, になりました, にもなる, に俺, に力めた, に思はれる, に手, に綻びた, に美しく, に言

▼ へるから~ (44, 0.5%)

9 である 2 お定さん

1 [33件] あの間抜け, いいん, かならず見つけ出し, これなら, それで凡て, それと君交換, それは, ださうです, だ飲むこと, であらう, であります, であり畢竟, でえ, です, で御座いませう, なの, なるべく成立, よその, マ待つ, 不思議だ, 兎に, 十兩持つて來いと, 原則として, 困る, 堅パンも, 好いさ, 宜いで, 樂みでねえ, 武家の, 石が, 第二, 色文の, 馬車に

▼ へる~ (44, 0.5%)

2 に種々, の棚

1 [40件] か本堂, である, であるが, ではない, と見える, ならば, なら白汗百回, なる事, に, にある, にした, には余りに, には成年式, には種々, にわざと, に両, に予め, に人, に作られた, に大概, に失敗, に山の手, に年棚, に憂き身, に敦賀, に来た, に歳棚, に母, に牛小屋, に用意, に開く, の刺戟, の前置き, の宴, の技術, の策略, の結婚, めだつたの, 今茲, 或は一種

▼ へる~ (42, 0.4%)

2 またその, 仲

1 [38件] い, いい風景, おとなしい男, おまけに, その誤り, それを, なほさら書齋號などは, なまけても, ねらひが, またある, また翻訳, もう四つ, わが演劇自体, グラスに, パンが, 一方は, 上演目録の, 云へ, 信じて, 俳畫とも, 元手か, 女は, 子供が, 家も, 寝る場所, 帰りとも, 強制された, 新劇は, 日本における, 暇も, 更に熱情, 源氏物語を, 絶えざる模索, 肥料も, 見方により, 言は, 鈍ともい, 頭だけで

▼ へる必要~ (42, 0.4%)

8 がある 7 はない 3 があつ, がない 2 があります, がなく

1 [17件] からである, があらう, がありません, が起つた, に迫られ, のない, はありません, はあるまい, もなかつた, もなけれ, も何, を感じた, を感じる, を感ぜない, を敢, を認め, を認めぬ

▼ へるのに~ (41, 0.4%)

2 使ふ

1 [39件] お園さん, お堕ち, かういふ簡単, どの位深切, どれだけ, どんなに骨, ふさは, やかましかつ, 他人の, 何百人の, 六日の, 力が, 効果ある, 呂氏春秋尊師篇には, 味噌の, 女手が, 如何なる手段, 孫呉の, 宗教的の, 宮さんと, 對抗する, 少し脹れた, 必しも, 手を, 檀那寺の, 殆ど何もの, 發車間際にな, 納戸に, 美奈子は, 耐へ, 自分一身の, 踏込なされ, 遍路は, 違ひなかつた, 青柴垣を以て, 非常に, 頑な, 骨は, 骨を

▼ へるには~ (35, 0.4%)

2 あらずや, 答へ

1 [31件] あらざるか, あらず彼, あらで田舍, いと似つ, ちとものものしい, どうしたら, どうすれ, わたしの, 一人で, 一揆の, 事欠かぬな, 何か, 余りにリアリスト, 先づ我々の, 其の金属, 冷か, 効果的である, 十万の, 十分だつた, 十分である, 外國人の, 少くとも, 島村君の, 当るまい, 彼は, 私は, 簡単な, 細部の, 適すれども, 遲すぎる, 非常に

▼ へるばかり~ (31, 0.3%)

3 だつた, である 2 だ, です, で開かなかつた

1 [19件] でありました, であり得るほど, でそれ, でなくその, でなく印刷出版, でなく明日, では, で曾, で歯, で決して, で無く, で遙, なの, 異様な, 異樣, 立派な, 美しくな, 身うちに, 身體は

▼ へるわけ~ (31, 0.3%)

3 では, はない 2 だ, だが, でも, に行かない

1 [17件] が無い, である, です, ですが, でせう, で御座いますね, で見物, には行くまい, にもいかなかつた, にもゆかず, にも行かなかつた, に行きません, のもの, はねえだ, は自分, もございません, もなく

▼ へるより~ (30, 0.3%)

8 外は 3 仕方が, 他は 2 他に, 外なかつた

1 [12件] いつそう, しかたが, ほかに, ほかは, ほか能が, 外ない, 外に, 外無い, 忠節に, 潰す方, 術は, 障子あける

▼ へる言葉~ (29, 0.3%)

3 である 2 もなく, を知らなかつた

1 [22件] から少年, があつ, がお前, がだ, がのりとごと, が常に, でないやう, ではない, となつ, に, には種々, のおもしろけれ, の上, の中, の価値, の意味さ, は全く, は長く, もありません, をかし, を一言, を持ちません

▼ へる~ (26, 0.3%)

1 [26件] が八方, が鳴つ, でその, で再び, で指し, で無理, で箸, で身, にふ, に取上げ, に手当り次第, に持つ, に飮む水, に高々, のしろき, の先, の強い, の紅葉, は涙, をお, をギユツ, を以て習字, を取る, を合せる, を寝台, 附きでこちら

▼ へる~ (26, 0.3%)

2 になつて來

1 [24件] です, なそんな, な事さ, な勢ひで, な族, な氣, な目つき, な見苦しい, な調子, に, にし, にした, になつ, にならなく, にガバ, に云, に信仰, に啼く, に喜び, に快, に感ずる, に言, は身の毛, や斯く

▼ へるかと~ (25, 0.3%)

2 ぢつと, 思ふと, 思案に

1 [19件] いふよりも, きいて, その顔, 云ふ, 云ふと, 反問し, 同じこと, 存じます, 存じ候, 思ひながら, 思ひます, 思ふ, 思ふほどの, 思ふ程, 思へば, 楽しみに, 言ふ, 言ふと, 訊ねる男

▼ へる~ (25, 0.3%)

2 はあなた, を持つ

1 [21件] がなかつた, がまるで, がもう, が弱められ, が強く, である, のある, の如何, の無い, はない, は持たない, もなかつた, をそれ以上, をもつた, を備, を利用, を失つて, を有, を有する, を有するであらう, 第二原因

▼ へる~ (25, 0.3%)

2 だ, によれ

1 [21件] から発音変化, がある, だし, である, で一つ, で英吉利, にかの, にて作る, によつて, にアガペー, に從, に触られた, のある, の儀式, の呪言, の竹, はどこ, は國語, は當時, よりもまだ余程, を五節

▼ へるその~ (24, 0.3%)

3 御歌

1 [21件] かげの, こと自体が, 一歩か, 事なら, 事に, 人なり, 人の, 前に, 前書とは, 夜蝉が, 孝悌を, 憤懣は, 手に, 歌, 歌人の, 眼あふれながれ, 瞳の, 苔青い, 計略を, 近親の, 過程を

▼ へるつもり~ (23, 0.2%)

2 でゐた, なり

1 [19件] さ, だつた, だつたが, だつたけれど, だつたの, だつたらう, だらう, では, でゐる, で云, で思はずいろ, で手続き, で書い, で書いた, で讀む, で遣つて, の相手, はない, 然し秀吉

▼ へるほどの~ (22, 0.2%)

1 [22件] い, ことは, 事に, 伎倆を, 力を, 勇気さへ, 厳粛さが, 声で, 嫉妬と, 少数な, 戸数しか, 熱心家で, 者なぞ, 者は, 若々しさ, 若さ, 落着きが, 行屆いた, 證據は, 證據も, 金ぢや, 頭痛でも

▼ へる~ (22, 0.2%)

3 まで 2 の光, は見え

1 [15件] うれしいな, が来たら, だ途中, である, である待つ身, と二つ, の其の, の要求, の遠し, の間われ戰, の障子, はなかつた, を希, を待つ, を数

▼ へるとき~ (21, 0.2%)

1 [21件] あるひ, いづこ, お夏さん, お百姓さん, その馬アル, だ, と同様, などはもう, にはどう, には會, には木の間, に一番, の價値, の大, の嬉し, は何百億, は除い, まつて, 始めて, 特に言葉, 聖なる碾石

▼ へる~ (21, 0.2%)

1 [21件] がきこえ, が変, が聞える, が響い, して, でそれ, で弥生, で答, などが聞え出し, に力, のあらう, の中, はおよそ, は暫時, は本堂, は竟, は雷, は風, も蛇, を大きく, を抑

▼ へる~ (20, 0.2%)

2 も無く, を新

1 [16件] から紅紫, がありませんでした, だけは乞食, だけ他, に, にあの, にその, に天地, に竹下, に精霊, に電光, は尚, もありませんでした, も与, より忽ち, わが行

▼ へる~ (19, 0.2%)

52 があつ, ぞ繁, はしじ, もしじ, や 1 のとぶ, の喜び, や頭, を見る

▼ へるだけの~ (18, 0.2%)

1 [18件] ことを, ものとして, ものとの, ものにな, 元氣, 勇氣が, 強さ, 役にしか, 御熱心, 狭さ, 狹さな, 献身し, 祈祷の, 腕は, 自信と, 覚悟は, 貯金は, 酒買う

▼ へるまで~ (18, 0.2%)

1 [18件] いちの, こちらへ, しづかに, ちやんと, である, ひとりで, まづ伊庭, 二人で, 可愛が, 幾月かかる, 後を, 日本側委員に, 死でも, 毎晩貸し, 漫然と語, 競, 練習します, 過渡的維新史の

▼ へる~ (18, 0.2%)

1 [18件] がい, がいい, がより, が主, が寧, が寧適当, が強い, が従, が本当, だが, だし, にありき, に努力, は盂蘭盆会, も教, も蛸氏, よりも受ける, を男

▼ へるほどしか~ (17, 0.2%)

3 ない, ないの 2 ありません, なく自然 1 ございません, なく上海, なく河, はいらないで, ゐないで, 外出する, 小説を

▼ へる~ (15, 0.2%)

2 いかにし, 否や

1 [11件] いかなれ, この花, 協は, 彭祖は, 彼猶, 恋を, 我は, 木が, 此雨は, 法師蝉, 無辜の

▼ へる~ (15, 0.2%)

1 [15件] だつた, であらう, なとこ, なので, なもの, にしか思つて, に痩せ, の努力, の片端, の睨み合, の簡単, の藝當, ゐの, 施しを, 立ちこめて

▼ へる~ (15, 0.2%)

2 に別に

1 [13件] にはお前, には何れ, には第, に各, に外物, に書いた, に生, に生活, に皮, の人, の洒掃, の祓, の見世物

▼ へるかの~ (14, 0.1%)

4 やうに 1 ごとく映ずること, ごとく書いた場合, やうで, やうな, 如く約言, 娘の, 消息を, 獸より, 諸, 魂等は

▼ へるけれども~ (14, 0.1%)

1 [14件] かよはい, これは, これらの, これを, さう, しかしこの, それは, 一般の, 一面から, 之には, 其の富, 妻としては, 常に公式, 徒然草の

▼ へるとか~ (14, 0.1%)

1 [14件] あの人, コップの, 南路の, 又は従来自分, 又少しく, 彼の, 教へる, 敵陣に, 數を, 案内する, 民衆を, 與へる, 陀羅尼を, 頭を

▼ へる場合~ (14, 0.1%)

2 が多い

1 [12件] がある, が稀有, だけの彼等, でもない, には, にはいづれ, に決して, に而, のよう, もあらう, もある, 或はさ

▼ へる~ (14, 0.1%)

2 は決して

1 [12件] といふの, と言, に向, に大津坂本猿堂守り, の名, の神, の神人, の齢, はかれと, は真, を亦, 出て

▼ へる~ (14, 0.1%)

4 はある 1 があつ, が分れた, ならず, なり, の処女, の心持ち, の貧, までは此處, を妬く, を小

▼ へる~ (14, 0.1%)

1 [14件] が, がない, だけ買, だとばかし, とかされ, なれば, にて最も, にも色々, に生命, はまた, は不滅, は文華殿, は永遠, は神

▼ へる~ (13, 0.1%)

2 うです

1 [11件] ういふ, ういふい, ういふ風, うだが, うである, う考へ, う言, にひとり, に支那内地, の足, んでした

▼ へる~ (13, 0.1%)

3 の散らまく 1 がつ, に法華経, に照る, のごと遼東, のす, の麓, はぐれ, は宝永, を寝床, を經

▼ へるこの~ (12, 0.1%)

1 [12件] みちを, 二等兵殿は, 傳統精神が, 名か, 場合觀念なる, 婆さんの, 思想の, 性は, 文が, 晩餐の, 空間は, 金額に

▼ へる~ (12, 0.1%)

2 を天の川 1 に, にぞ道, にも絶類抜群, にゆゆしき, に我が, に檣, に汽車, に獨, に結果, をさる

▼ へる代り~ (12, 0.1%)

1 [12件] に, にさ, にぷいと, にシクシク, にジャッキー, にプレハノフ, に子供, に当然, に烈しく, に私, に糠, に静か

▼ へる~ (12, 0.1%)

1 [12件] あり人家僅, が一つ, だつた, だらう, ではない, で順礼, とが出来, に到れ, に感心せり, は墓地, よりはずつと確, をなぜ

▼ へる~ (11, 0.1%)

1 [11件] はやう, まてバ清次郎ハ, もちや, 口よと, 咲です, 土産として, 峯も, 手製の, 料理は, 絹の, 詞のは

▼ へるとは~ (11, 0.1%)

2 何を 1 ちと癪, 不思議の, 事実を, 何んだ, 嘗つてゲエテの, 新手だつた, 日本一の, 限つてゐない, 限りません

▼ へるなり~ (11, 0.1%)

1 [11件] とおも, との説, と一笑, 他の, 月の, 火こ, 直ぐかう, 直ぐ叩き殺し, 袴も, 註釋者多くは, 饑う

▼ へるのみ~ (11, 0.1%)

2 である 1 だつた, でありました, でなくまた, で大局, で新しい, ならずそれに, ならずまた, なり, なりしに

▼ へるよりも~ (11, 0.1%)

1 [11件] その大仰, その意気, その母胎, まづ, もつと, 反つて興味, 口から, 容易に, 彼は, 捨つべし, 軽い意

▼ へる人々~ (11, 0.1%)

1 [11件] いづれも, と雖, のごとく, のなか, の中, の面, はその, また暗涙, もわざ, 或は家々, 皆日本美術

▼ へる~ (11, 0.1%)

4 がした 1 がしない, でゐる, になれない, にはとても, にはなれない, は丸, 遣ひは

▼ へる~ (11, 0.1%)

1 [11件] だらう, ではかう, と合し, なしされど, なりしを, なるシミフォンテ, には數軒, に心, は芝居, よりもまだ, 知らず六疊

▼ へるくら~ (10, 0.1%)

2 ゐに, ゐの 1 ゐその, ゐであるのに, ゐでございます, ゐなら本物, ゐ天井, ゐ柳橋

▼ へる~ (10, 0.1%)

1 に, にこつ, にひとり, に二十歳, に先づ社長, に君, に松本君, に民衆, の守, の日

▼ へる場所~ (10, 0.1%)

2 は無 1 があり, がある, がない, などに鬻ぐ, の一つ, はない, は他, を補はん

▼ へる~ (10, 0.1%)

2 が唐棣花色, を, を憎く 1 が, と夜, の傍, の嫁

▼ へる影響~ (10, 0.1%)

1 が非常, ならびに発売禁止, ならびに發賣禁止, に付, は, はさほど, は大きく, を大きく, を認めた, を論じた

▼ へる~ (10, 0.1%)

2 なきか 1 からのお, こそ, で出た, には何れ, もなく, も私, を, 堪へず念

▼ へる~ (10, 0.1%)

1 だ, と彼等, なり, にた, のオザンナ, は前記姫だるま人形, を好む, を詠ん, を長き, 多く載せられぬ

▼ へる~ (10, 0.1%)

2 はなかつた, を知つて 1 があらう, がなかつた, なし, もない, もなく, を知らない

▼ へる~ (9, 0.1%)

7 やない 2 やありません

▼ へるでの~ (9, 0.1%)

2 枝こまごま, 根に, 若葉明りに 1 濃染, 陽の, 黄葉まで

▼ へる~ (9, 0.1%)

2 である, で毫も 1 けで, しかありません, だつた, は食, 高き一男子

▼ へる人たち~ (9, 0.1%)

4 から垣内 2 の為, の爲來 1 は禁忌

▼ へる~ (9, 0.1%)

1 どうと, ない, ないおかげ, に祓, に職業団体, に術, はない, はなかつた, はなく

▼ へる~ (9, 0.1%)

1 の, の勇気さ, の心, の胸, の面, の響, は, を斯く, を見送る

▼ へる~ (9, 0.1%)

2 ありさま 1 とも仕, 内儀が, 境涯を, 声の, 断申帰候, 本などと, 詞也

▼ へる方法~ (9, 0.1%)

1 がない, が講ぜられね, とがあつ, の基礎, は今日, は何, もなし, を叙述, を知りたい

▼ へる~ (9, 0.1%)

1 であつ, と思召すか恨み, の好物, は, は人, は出, は辛党, もまた, をすこし

▼ へる~ (9, 0.1%)

3 が今更 1 が今更め, だ, で恐らく, に世, はわが, も耳

▼ へる~ (9, 0.1%)

21 ぞ, であること, ならば, のげに, の面, を愧ぢ, を押しかか

▼ へるかといふ~ (8, 0.1%)

1 ことに, ことになつ, ことは, ことを, やうな, 吟味を, 問題である, 問題は

▼ へるけれど~ (8, 0.1%)

2 焼酎は 1 あとの, しやう, 人間が, 私に, 私達の, 蒋は

▼ へるにて~ (8, 0.1%)

1 之を, 作者の, 将監の, 東京の, 死す, 磐は, 若し精神上, 處女の

▼ へるやら~ (8, 0.1%)

1 ごた, するうち, その贅沢, それは, 寝道具を, 知る由, 雀の, 顔を

▼ へる人間~ (8, 0.1%)

1 がどうして, でなければ, ではない, としか考へなく, と思つたの, なので, の必要, は蟲

▼ へる~ (8, 0.1%)

2 の為, の爲 1 が袖, なけなくに, はしも東, をいと

▼ へる~ (8, 0.1%)

3 がある 1 がそんなに, の方, はあれ, は必ず, は遠島もの

▼ へる~ (8, 0.1%)

2 も蛇 1 ありき是, で云つた, で自分自身, に力, は顏, も次第に

▼ へる~ (8, 0.1%)

1 が変ります, なれば, のしつ, の末, はしら梅, は胸, をさがす, を彌生子

▼ へる~ (8, 0.1%)

1 が可, が盛ん, のある如き, のお話, はあれ, はない, は容易, をしない

▼ へると共に~ (7, 0.1%)

1 その調和, どうしてさう, みんなの, 其中の, 天子同, 胸が, 費用も

▼ へるなんて~ (7, 0.1%)

1 いうの, ことは, ずいぶんな, まるで夢, 女も, 思つ, 飛んでも

▼ へるよう~ (7, 0.1%)

1 だが, なこと, な声, な歩き方, な財産, にしたかつた, になりました

▼ へる~ (7, 0.1%)

1 だなと, なり, にかけて小さい, の間, はもの, より自分, を藤一郎

▼ へる意味~ (7, 0.1%)

1 での演説, では今, においての神職, に於, に於い, に栢, を持ち

▼ へる~ (7, 0.1%)

2 のきたるべく 1 からなり, からふと, しも, のやう, の御製

▼ へる~ (7, 0.1%)

2 とを以て其の 1 ぞかし, なり, にとや決して, に同僚, は宇遲

▼ へる~ (7, 0.1%)

1 がない, がなかつたらしい, に自分, のない, もない, もなかつた, もなく

▼ へる~ (7, 0.1%)

2 のした 1 が生え, この上, に, ぬれを, のやう

▼ へる~ (7, 0.1%)

2 の山 1 です, ではない, の体臭, の意, はそんなに

▼ へる~ (7, 0.1%)

1 が欲しい, が沖縄, であつ, の姿, の子, の御, の業事

▼ へる約束~ (7, 0.1%)

3 をした 2 が豊前 1 になつ, をし

▼ へる自分~ (7, 0.1%)

1 と違つて, の力, の姿, の心, の心臓, の手, は天地

▼ へる資格~ (7, 0.1%)

3 を得る 1 がありません, がない, を作る, を持つた

▼ へる~ (7, 0.1%)

1 がし, がした, が聴, だ, とが止ん, を一ぺん, を聞き

▼ へるそれ~ (6, 0.1%)

1 がすな, もしばし, も覚悟, を十年繼續, を目的, を胙

▼ へる~ (6, 0.1%)

1 トタン屋根の, 今日中に, 真なりける, 笑止なる, 署長は, 腹が

▼ へるどころか~ (6, 0.1%)

1 じっとしてたら, 作者自身然るべき, 却ってふえてる, 更に磨き, 真実自分が, 領地は

▼ へるほか~ (6, 0.1%)

1 ないの, ない草螢, にはいふべき, はありません, は無, は無い

▼ へるまでの~ (6, 0.1%)

1 ことで, 壯年期を, 機会を, 無事を, 間を, 間駅長室で

▼ へるまでも~ (6, 0.1%)

2 ない 1 あるまい, なくそこ, なく明治年代, なく花

▼ へるわが~ (6, 0.1%)

2 畏怖の 1 地上の, 智とは, 現在の, 當時の

▼ へる不思議~ (6, 0.1%)

2 の魔力 1 な歌, な男, な縁, の術

▼ へる処女~ (6, 0.1%)

1 の場合, は君がま, を定め, 即其時, 清き妻, 近づき来る

▼ へる如く~ (6, 0.1%)

1 であらう, にすぐ, に云, に聞, に軍, に髻

▼ へる工夫~ (6, 0.1%)

1 はありません, もつと, をしなけれ, をする, をはじめた, を怠らない

▼ へる~ (6, 0.1%)

2 れの 1 が喜びにたとへしなり, が歌, が身, れ自ら一預言者

▼ へる~ (6, 0.1%)

1 が分化, が段々, である, といふもの, の固定, をとり

▼ へる心地~ (6, 0.1%)

1 したる, しつつ, して, せよとは, せよ君, もする

▼ へる~ (6, 0.1%)

1 に同じ, に外, の含まれ, の諺, は異なれ, を讚

▼ へる時間~ (6, 0.1%)

3 も文字 1 です, となる, にひどい

▼ へる気持~ (6, 0.1%)

1 がある, がよし, ではない, の唯一, は何とい, を持ちだし

▼ へる用意~ (6, 0.1%)

1 がてんで, がなく, として執り, に拵, はまだ, をし

▼ へる美し~ (6, 0.1%)

2 さと 1 さとの, さは, さを, 睦びに

▼ へる~ (6, 0.1%)

4 にも行くまい 1 がない, は主

▼ へる~ (6, 0.1%)

1 であるが, と思ひこんだ, なりし由也, なること, なるを, を俟ツ

▼ へる貫一~ (6, 0.1%)

1 はその, は生前, は空く, は艱しげ, は血走る, は迅雷

▼ へるからと~ (5, 0.1%)

1 いうて, いふやう, 扱ばかりに, 教へて, 説明らしい

▼ へるがね~ (5, 0.1%)

3 私が 1 それを, 夫れ

▼ へるそして~ (5, 0.1%)

1 この宿, どの程度, 嫁入りの, 寝る夢中, 老中の

▼ へるなど~ (5, 0.1%)

1 いろいろと, これが, どんなに大, われは, 形式的の

▼ へるにも~ (5, 0.1%)

1 こんな道具, せよ断々乎一種他, 似たつかのまの, 日本人は, 鯛が

▼ へるほどに~ (5, 0.1%)

1 お祝, 人と, 整頓され, 美しい服装, 麻雀にも

▼ へるまでは~ (5, 0.1%)

1 いいが, アウエルバツハには, 動かなかつた, 奥さんに, 行つてゐない

▼ へるものの~ (5, 0.1%)

2 三日交際を 1 その原初, 相手には, 金之介の

▼ へる~ (5, 0.1%)

1 からももう, にも私達, に其様, に大分金儲け, の一つ

▼ へる二人~ (5, 0.1%)

1 でしたが, の女, の婦, の猛, の者

▼ へる以上~ (5, 0.1%)

1 に古い, に強い, に憎む, に日本文, は私

▼ へる~ (5, 0.1%)

2 にむかひ 1 が量, の澱, は玲瓏

▼ へる効果~ (5, 0.1%)

1 と隔り, は如何にも, をも信じた, を演伎, を選ぶべきである

▼ へる~ (5, 0.1%)

2 政治家あり 1 天使ミケル, 楯の, 血槽に

▼ へる~ (5, 0.1%)

2 景に 1 供らが, 瑕の, 菴を

▼ へる形式~ (5, 0.1%)

1 が行, と技術, のもの, をとつ, をとつて

▼ へる様子~ (5, 0.1%)

1 だつたが, は大祓, もない, もなかつた, もなく

▼ へる~ (5, 0.1%)

1 でした, になつたの, になる, にはならなかつた, のない

▼ へる為め~ (5, 0.1%)

1 にあげた, には先づ, に亜米利加, に少し, の幾本

▼ へる爲め~ (5, 0.1%)

1 に, にさ, にした, に上阪, に細君

▼ へる程度~ (5, 0.1%)

1 なので, のもの, の値段, の酔, は即ち

▼ へる習慣~ (5, 0.1%)

1 でもあつ, になつて, のあつ, のもの, はある

▼ へる~ (5, 0.1%)

1 だが, では, でもなかつた, には行かなかつた, はない

▼ へる~ (5, 0.1%)

2 ありや, の句 1 を作りし

▼ へる部分~ (5, 0.1%)

2 があつ 1 が少く, は悉く, 即ち造形的要素

▼ へる~ (5, 0.1%)

1 と光, にさ, は五六錢, は減じ, もない

▼ へる~ (5, 0.1%)

1 からピアノ, から又, から日, には自然, までにはす

▼ へるかな~ (4, 0.0%)

2 それとも貰 1 アカシヤ咲き, 逢へ

▼ へることさ~ (4, 0.0%)

1 へなかつた, へ不可能, へ不自由, へ其權能

▼ へるころ~ (4, 0.0%)

1 になれ, には出来ます, は, 被物

▼ へるだけで~ (4, 0.0%)

1 あつた, あらう, 地面が, 止んで

▼ へるという~ (4, 0.0%)

2 ことは 1 ことが, 筋で

▼ へるとこ~ (4, 0.0%)

2 だねえ 1 まだ水, もある

▼ へるとしても~ (4, 0.0%)

1 それを, 私は, 而も, 自然重複し

▼ へるはず~ (4, 0.0%)

1 の呪言, はありません, もない, もなかつた

▼ へるひと~ (4, 0.0%)

21 の哀し, をわれわれ作家

▼ へるまでに~ (4, 0.0%)

1 あなたの, それでも矢張り, われは, 元氣

▼ へるまでには~ (4, 0.0%)

1 たつぷり四半刻, 余程骨, 大概彼女は, 離屋へ

▼ へるもん~ (4, 0.0%)

1 か, だな, ですか, なんかありやしない

▼ へるんで~ (4, 0.0%)

3 せう 1 逗子へ

▼ へる~ (4, 0.0%)

1 の聲我等, 向宗, 大帆走船, 大苦痛

▼ へる一方~ (4, 0.0%)

2 である 1 だと, であつ

▼ へる~ (4, 0.0%)

1 と戰, の人, の來, の諺

▼ へる~ (4, 0.0%)

1 の時代, の痛, は魏, もその

▼ へる原因~ (4, 0.0%)

1 がそこ, は, はこの, は一枚

▼ へる~ (4, 0.0%)

2 の學説 1 襷は, 言なり

▼ へる~ (4, 0.0%)

2 は今 1 は, 譽の

▼ へる~ (4, 0.0%)

2 の高 1 は取り除けられぬ, ばかりを許し

▼ へる感じ~ (4, 0.0%)

1 に捉, は厳粛さ, は生き, は蕪村

▼ へる文句~ (4, 0.0%)

1 が神, に違, は村, を挙げ

▼ へる~ (4, 0.0%)

4 かな

▼ へる有力~ (4, 0.0%)

2 な根柢 1 な一運動, な材料

▼ へる~ (4, 0.0%)

1 にその, に林四郎, に自分, に非常

▼ へる~ (4, 0.0%)

1 の乏しく, の底, の神様, の面

▼ へる~ (4, 0.0%)

1 の倫理, の種族何もの, の言, 免れず

▼ へる生活~ (4, 0.0%)

2 を求むる 1 こそ自然, は一

▼ へる目的~ (4, 0.0%)

1 で先代, とで成り立つ, に達せ, は常に

▼ へる神人~ (4, 0.0%)

1 があつ, だと, である, とが対立

▼ へる~ (4, 0.0%)

1 ありて, に到る, のくろぐろ, の中

▼ へる~ (4, 0.0%)

1 のあたり, のひま, は裏口, へ無言

▼ へる~ (4, 0.0%)

1 がふるへる, のうつろ, の痛, を辛うじて

▼ へる~ (4, 0.0%)

1 は, は淀める, もなかつた, を見れ

▼ へる苦しみ~ (4, 0.0%)

2 は一定, は不幸

▼ へる~ (4, 0.0%)

2 をスイ 1 を優しく, を鋭く

▼ へる~ (4, 0.0%)

1 に引か, の用, の遂に, は余り

▼ へる責任~ (4, 0.0%)

2 を受負 1 のない, を持つ

▼ へる~ (4, 0.0%)

2 をわが 1 により, をたづ

▼ へる部屋~ (4, 0.0%)

1 が年中用意, とても無, はない, を奧

▼ へる~ (4, 0.0%)

1 がなかつた, などはなかつた, もなかつた, もなく

▼ へる~ (4, 0.0%)

1 とあたかも, につき, の奧底, の目的

▼ へる魅力~ (4, 0.0%)

1 といふもの, について新劇, はまた, は作品

▼ へるかは~ (3, 0.0%)

1 吾人の, 現在の, 神樣の

▼ へるけど~ (3, 0.0%)

1 それより, そんな物, ひやかし客

▼ へることそれ~ (3, 0.0%)

1 が僕, だけが大切, は未だかつて

▼ へるこれ~ (3, 0.0%)

1 にもなかなか所謂, はその, は大根下し

▼ へるさま~ (3, 0.0%)

1 はノア, をさだか, 誠に三歳

▼ へるたち~ (3, 0.0%)

1 だから, なの, の人間

▼ へるたび~ (3, 0.0%)

1 に常に, に靴, 振仰ぐと

▼ へるだけでも~ (3, 0.0%)

1 こいつの, むねが, 大事業

▼ へるとい~ (3, 0.0%)

1 へるは, へる事, へる独立展

▼ へるとともに~ (3, 0.0%)

1 いつしかなくなっ, 永遠性の, 肉体と

▼ へるとも~ (3, 0.0%)

1 つと多い, ない調子, 園は

▼ へるなと~ (3, 0.0%)

1 云ふ, 考へる笑, 頻りに念

▼ へるなどといふ~ (3, 0.0%)

1 ことは, やつは, 域へは

▼ へるなどは~ (3, 0.0%)

1 とんでもない, 京都らしく, 到底あり得べからざる

▼ へるによりて~ (3, 0.0%)

1 いま後を, なり, 惑はさえ

▼ へるものぢ~ (3, 0.0%)

2 やない 1 やありません

▼ へる~ (3, 0.0%)

2 ふべの 1 ふべ

▼ へるわれ~ (3, 0.0%)

1 ぞ, の飲料, を後

▼ へる一つ~ (3, 0.0%)

1 の企畫, の情熱, の特色

▼ へる一切~ (3, 0.0%)

1 のもの, の幻象, の条件

▼ へる~ (3, 0.0%)

2 つの 1 箇が

▼ へる仕事~ (3, 0.0%)

1 から使, がある, なんぞありつこない

▼ へる何もの~ (3, 0.0%)

1 もまつたく, も残さぬ, も無く

▼ へる何物~ (3, 0.0%)

1 とても最早なかつた, も存, も持たない

▼ へる~ (3, 0.0%)

1 が甚だ, もある, も古き

▼ へる八五郎~ (3, 0.0%)

2 です 1

▼ へる~ (3, 0.0%)

1 かな, の, の腹立ちし

▼ へる可能性~ (3, 0.0%)

1 がある, の限界, を知つて

▼ へる~ (3, 0.0%)

1 なり, を修理め, を知らさず

▼ へる大方逆上性~ (3, 0.0%)

3 なの

▼ へる~ (3, 0.0%)

1 のみす, の恵, の波士弓天

▼ へる~ (3, 0.0%)

1 かも, も褒美貰, を賣る

▼ へる~ (3, 0.0%)

1 のわが, 入学校, 娶として

▼ へる~ (3, 0.0%)

1 が面色, の目, はこの

▼ へる小説~ (3, 0.0%)

2 をうむ 1 に浅草公園楊弓場

▼ へる~ (3, 0.0%)

2 の色 1

▼ へる~ (3, 0.0%)

1 もて, を讚, 和ぐやと

▼ へる~ (3, 0.0%)

1 る毒気, る民屋, る物

▼ へる手段~ (3, 0.0%)

1 となり得ぬ, もあるだらう, も心得

▼ へる~ (3, 0.0%)

1 で, に赤く, をくみ合せ

▼ へる支那~ (3, 0.0%)

1 に請託牽引, の奴, をのみ責

▼ へる~ (3, 0.0%)

1 のヘクトール, の頬, 逃げて

▼ へる~ (3, 0.0%)

1 をいた, をたのみ, 落ちて

▼ へる時代~ (3, 0.0%)

1 で男性, と成つたの, もやがて

▼ へる時彼~ (3, 0.0%)

1 は, は目, をし

▼ へる時期~ (3, 0.0%)

1 であつ, には民衆, に到達

▼ へる~ (3, 0.0%)

1 と星, のふくら, は今

▼ へる~ (3, 0.0%)

1 だ, より光る, を求めた

▼ へる権利~ (3, 0.0%)

1 があるなら, が無い, と義務

▼ へる機会~ (3, 0.0%)

1 がごく, は幾ら, もなく

▼ へる機會~ (3, 0.0%)

1 がなかつた, は來, を與

▼ へる氣持~ (3, 0.0%)

1 でした, でよく, で時

▼ へる決心~ (3, 0.0%)

1 してるのに, です, をした

▼ へる準備~ (3, 0.0%)

1 はできた, をし, をした

▼ へる~ (3, 0.0%)

1 になる, に於, は桂月氏

▼ へる煙草~ (3, 0.0%)

2 におの 1 を吸

▼ へる~ (3, 0.0%)

1 がシリンガ, ではない, を挙げ

▼ へる~ (3, 0.0%)

1 かと児, かと子, の台

▼ へる~ (3, 0.0%)

1 の朝, の草原, は来

▼ へる~ (3, 0.0%)

1 だ, であるとは, に解する

▼ へる苦痛~ (3, 0.0%)

2 が刻まれ 1 に對

▼ へる~ (3, 0.0%)

1 に水, のちる, の大きく青く

▼ へる薔薇~ (3, 0.0%)

1 の歌, の花, の香

▼ へる~ (3, 0.0%)

2 の裾 1 を択び

▼ へる要素~ (3, 0.0%)

1 がある, を具備, を戯曲形式

▼ へる~ (3, 0.0%)

1 でやつ, も顫, を踏

▼ へる通り~ (3, 0.0%)

2 である 1 名高いクラバツク

▼ へる~ (3, 0.0%)

1 となる, なりけり, を心得

▼ へる~ (3, 0.0%)

1 にはどうせ, に彼, も列座

▼ へる~ (3, 0.0%)

1 は如何なる, わの罪, を川地課長

▼ へる~ (3, 0.0%)

1 がちらつく, のほのぐらし, は間抜け

▼ へる餘地~ (3, 0.0%)

1 が有る, もない, もなく

▼ へる餘裕~ (3, 0.0%)

1 が無い, をあたへ, を與

▼ へるうち~ (2, 0.0%)

1 はよかつ, ふと忽ちにそれ

▼ へるお客~ (2, 0.0%)

1 にはま, のハラワタ

▼ へるがらぢ~ (2, 0.0%)

2 や無い

▼ へること聖書~ (2, 0.0%)

1 にみ, に見

▼ へるさびし~ (2, 0.0%)

1 かつた, さ

▼ へるさん~ (2, 0.0%)

1 が言, はあんまり

▼ へるしばらく~ (2, 0.0%)

1 は, をよき

▼ へるすべ~ (2, 0.0%)

1 なし, を知らない

▼ へるそれから~ (2, 0.0%)

2 彼の

▼ へるそれでも~ (2, 0.0%)

1 二人で, 女は

▼ へるぞと~ (2, 0.0%)

1 かま猫は, 云つたのである

▼ へるたび毎~ (2, 0.0%)

2 にある

▼ へるため人類~ (2, 0.0%)

1 の始祖アダム, をし

▼ へるだけに~ (2, 0.0%)

1 止めて, 過ぎなかつた

▼ へるだけは~ (2, 0.0%)

1 払つた, 救はう

▼ へるとかいふ~ (2, 0.0%)

1 ことは, 必要は

▼ へるとき我~ (2, 0.0%)

1 よくその, を照らし

▼ へるとて~ (2, 0.0%)

1 大笑ひで, 民間に

▼ へるとては~ (2, 0.0%)

2 抱起しつ

▼ へるどころ~ (2, 0.0%)

1 でなく民衆, では

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 ばかは, めかたでない

▼ へるなりと~ (2, 0.0%)

1 いひ或, されど異説

▼ へるにや~ (2, 0.0%)

1 さるにても, 違ひない

▼ へるにより~ (2, 0.0%)

1 こ, 詠める

▼ へるのみで~ (2, 0.0%)

2 終ひ

▼ へるばかりと~ (2, 0.0%)

2 なつた

▼ へるばかりの~ (2, 0.0%)

1 やうです, 肥り方

▼ へるひま~ (2, 0.0%)

1 に我が, もなく

▼ へるまた~ (2, 0.0%)

1 かういふ事, 匂は

▼ へるもと~ (2, 0.0%)

1 であるやう, には太湖石

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 お孃さん, 先づ幾通りかの

▼ へるわが身~ (2, 0.0%)

1 かな, のさい

▼ へるわけぢ~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ へるわざ~ (2, 0.0%)

1 ならん, をする

▼ へるイメエジ~ (2, 0.0%)

1 にかの, のリズム

▼ へるキリスト~ (2, 0.0%)

1 の言, の言葉

▼ へるクリスト~ (2, 0.0%)

1 が途, に目

▼ へるツタウルシ~ (2, 0.0%)

2 の木

▼ へるマリイ~ (2, 0.0%)

2 の目

▼ へる一匹~ (2, 0.0%)

1 の獅子, の蛇ふたり

▼ へる一味~ (2, 0.0%)

1 の不良正義党, を彼等

▼ へる一種~ (2, 0.0%)

1 の匂ひと, 異樣

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 から, からその

▼ へる世の中~ (2, 0.0%)

1 だ, も進歩

▼ へる事さ~ (2, 0.0%)

1 へも心自ら, へ出

▼ へる事の~ (2, 0.0%)

2 をしく

▼ へる五所紋付黒木綿~ (2, 0.0%)

2 の羽織

▼ へる人達~ (2, 0.0%)

1 は謂, もそれに

▼ へる代物ぢ~ (2, 0.0%)

1 やありません, やねえ

▼ へる以外~ (2, 0.0%)

1 にはたえず, の何物

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 なりしが, も無く

▼ へる体力~ (2, 0.0%)

1 すらも失つて, も無い

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 といふ時代後れ, の権力

▼ へる余地~ (2, 0.0%)

1 がある, はない

▼ へる作品~ (2, 0.0%)

1 だ, の味

▼ へる作用~ (2, 0.0%)

1 がある, を會得

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 しながら, し僕

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 がない, はある

▼ へる価値~ (2, 0.0%)

1 と彼, も無い

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 のもの, の立場

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 の蒙, はツクヅク夜業

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 かな, に命じ

▼ へる儀式~ (2, 0.0%)

1 から是, には大社

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 の部屋, をどんなに

▼ へる光景~ (2, 0.0%)

1 であつ, ではない

▼ へる児等~ (2, 0.0%)

1 に恋, を引具し

▼ へる内閣~ (2, 0.0%)

2 も是

▼ へる利根~ (2, 0.0%)

1 の下流, の河畔

▼ へる努力~ (2, 0.0%)

1 に出発, をすべきである

▼ へる勇気~ (2, 0.0%)

1 がない, と明察

▼ へる動機~ (2, 0.0%)

1 にした, になる

▼ へる十銭~ (2, 0.0%)

1 で七つ, の小

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 悲しさ, 成巨き

▼ へる同時に~ (2, 0.0%)

1 又極めて, 避く

▼ へる君寵~ (2, 0.0%)

2 を享

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 や, 無け

▼ へる~ (2, 0.0%)

2 は病人

▼ へる唯一~ (2, 0.0%)

1 の原因, の手掛り

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 の口, は

▼ へる國名~ (2, 0.0%)

2 の排列

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 の煤, や雨

▼ へる士官~ (2, 0.0%)

1 とともに奥, との關係

▼ へる大事~ (2, 0.0%)

1 な材料, の下駄

▼ へる天使~ (2, 0.0%)

1 なりき, の如き

▼ へる天蓋~ (2, 0.0%)

2 とでも言

▼ へる奉答文中~ (2, 0.0%)

2 の文字

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 つぶさにその, に白い

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 が一富翁, は草

▼ へる威望~ (2, 0.0%)

2 の力

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 あり, を倭人

▼ へる子ども~ (2, 0.0%)

2

▼ へる子等~ (2, 0.0%)

1 をあはれ, を我

▼ へる學校~ (2, 0.0%)

1 と人間, の入

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 あるを, は彼処

▼ へる尊き卑しき~ (2, 0.0%)

2 人の

▼ へる小春日和~ (2, 0.0%)

2

▼ へる小舟~ (2, 0.0%)

1 の, は走

▼ へる尾津~ (2, 0.0%)

2 の崎

▼ へる山櫻會~ (2, 0.0%)

2 の若人

▼ へる岩次~ (2, 0.0%)

2 と云つて

▼ へる~ (2, 0.0%)

2

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 にがくり, に仏具

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 をし, 目だつたが

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 とが六十八萬圓, に澎湃

▼ へる御仁~ (2, 0.0%)

1 は雲井様, をば妾

▼ へる御歌~ (2, 0.0%)

1 と見る, なるべし

▼ へる思想~ (2, 0.0%)

1 は今後, や信念

▼ へる恐ろしい~ (2, 0.0%)

1 光を, 力を

▼ へる悲しみ~ (2, 0.0%)

1 はわが, を増さする

▼ へる情熱~ (2, 0.0%)

1 などといふもの, を

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 しつつ, して

▼ へる手先~ (2, 0.0%)

1 に何かしら仕事, を爪繰らせ

▼ へる手数~ (2, 0.0%)

1 の省ける, を省いた

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 へる, へる押

▼ へる招ぎ代~ (2, 0.0%)

1 であつ, なる青山

▼ へる拿破里~ (2, 0.0%)

2 の市

▼ へる指先~ (2, 0.0%)

1 きで徐ろ, きで盃

▼ へる揺れ~ (2, 0.0%)

2 かへつた後

▼ へる教師~ (2, 0.0%)

1 がゐる, の言葉

▼ へる日本~ (2, 0.0%)

1 の兵隊, の子守歌

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 の題, を君

▼ へる時さ~ (2, 0.0%)

1 へ面, へ面隠し

▼ へる智慧~ (2, 0.0%)

1 はある, を讚

▼ へる曲め~ (2, 0.0%)

1 る人, る人多かりき

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 には斉川以西有羊腸, に曰く

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 大いなる歌人, 姫・次姫の

▼ へる最後~ (2, 0.0%)

1 の努力, の卒業式

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 のなんと, のぼたん

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 の娘, の間

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 の初, の林

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 をあやつり, を操り

▼ へる樣子~ (2, 0.0%)

1 でした, もなく

▼ へる權利~ (2, 0.0%)

1 がどこ, がない

▼ へる歌舞音曲~ (2, 0.0%)

2 うかれうかれて

▼ へる正義~ (2, 0.0%)

2 であらう

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 の劫, の心細

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 の場面, の恐怖

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 に添, を蹴上げ

▼ へる気分~ (2, 0.0%)

1 が先, に這入り

▼ へる気配~ (2, 0.0%)

1 がした, がなかつた

▼ へる氣遣~ (2, 0.0%)

2 ひは

▼ へる水夫~ (2, 0.0%)

1 の呼び, の眼

▼ へる法皇~ (2, 0.0%)

1 なりき, は知康

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 かな, のやう

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 はボーグリョス, 捲き立て

▼ へる流行語~ (2, 0.0%)

2 を冷笑

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 の精, を來

▼ へる海岸~ (2, 0.0%)

1 の家, より東方大約三十里

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 の色, ばかりを袖

▼ へる漢字~ (2, 0.0%)

1 の大, の字母

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 の色, を観

▼ へる為事~ (2, 0.0%)

1 だつた, は続け

▼ へる烙印~ (2, 0.0%)

2 だつた

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 數な, 象の

▼ へる片言~ (2, 0.0%)

2 を捉ら

▼ へる物忌み~ (2, 0.0%)

1 が即, の期間

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 は宛然蟻, よ何處

▼ へる現象~ (2, 0.0%)

1 だつた, である

▼ へる生徒~ (2, 0.0%)

2 の父兄

▼ へる画家~ (2, 0.0%)

1 があつ, は往々

▼ へる白き~ (2, 0.0%)

1 家と, 牛の

▼ へる相手~ (2, 0.0%)

1 が欲しい, といふやう

▼ へる真理~ (2, 0.0%)

1 なり, は伯

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 愛する眼, 犯す眼

▼ へる睫毛~ (2, 0.0%)

1 に眼, の間

▼ へる知識~ (2, 0.0%)

1 ばかりでなく, またこの

▼ へる祝詞~ (2, 0.0%)

1 なの, は此神

▼ へる神秘~ (2, 0.0%)

1 な働き, な語

▼ へる私自身~ (2, 0.0%)

1 が瘤, が綯うた

▼ へる積り~ (2, 0.0%)

1 でゐた, で八

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 ありき, の玻璃

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 ひを, を

▼ へる~ (2, 0.0%)

2 はない

▼ へる精神~ (2, 0.0%)

1 でなくて, など

▼ へる紅葉~ (2, 0.0%)

1 にこ, にこころ

▼ へる義理~ (2, 0.0%)

1 はない, は捨てる

▼ へる老女~ (2, 0.0%)

1 の姿, は何

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 にはならない, へであつ

▼ へる~ (2, 0.0%)

2 して

▼ へる肝腎~ (2, 0.0%)

1 な要素, な道

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 をやう, を堪え

▼ へる臥床~ (2, 0.0%)

2 あり

▼ へる自信~ (2, 0.0%)

1 あり久々, のもてない

▼ へる興味~ (2, 0.0%)

1 しかなく, の一つ

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 かも沖, は

▼ へる色彩~ (2, 0.0%)

1 の感じ, を選ぶで

▼ へる芝居~ (2, 0.0%)

1 といふもの, をやつ

▼ へる~ (2, 0.0%)

2 の葉

▼ へる~ (2, 0.0%)

2 がない

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 うるし這, の白露

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 の蜿蜒, をふた

▼ へる行事~ (2, 0.0%)

1 も稍, を政

▼ へる見込~ (2, 0.0%)

1 がつかん, の有る

▼ へる覚悟~ (2, 0.0%)

1 と日常, をしなく

▼ へる計画~ (2, 0.0%)

1 である, で猶

▼ へる詔勅~ (2, 0.0%)

1 の煥発, の煥發

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 が掲載, だ

▼ へる調子~ (2, 0.0%)

1 でいつた, はそれ

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 の神靈共, 虫歌合せの

▼ へる證據~ (2, 0.0%)

1 といふの, としてだけ擧げられ

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 ではない, の男

▼ へる赤き~ (2, 0.0%)

1 布片と, 蛾は

▼ へる身分~ (2, 0.0%)

1 でもなく, になりたい

▼ へる迄も~ (2, 0.0%)

1 なく我慢, なく考へた

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 がない, もなく

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 があるなら, に夢みる

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 景殿に, 疵いやし

▼ へる金柑~ (2, 0.0%)

2 の木

▼ へる雛鶴~ (2, 0.0%)

2

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 も草葉, 深き枕邊

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 を愛, 即ち曰

▼ へる韻律~ (2, 0.0%)

1 と耳, の美

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 なり, は大

▼ へる~ (2, 0.0%)

2 を啄み

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 の綱, ひきて

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 を見よ, 賣りが

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 の遠, はめざめまじ

▼ へる~ (2, 0.0%)

2 の鳥屋

▼ へる~ (2, 0.0%)

1 に丹頂, の頸

▼ へる黄金~ (2, 0.0%)

1 のいぶき, の層

▼ へる黒き~ (2, 0.0%)

1 兵船四十艘, 瞳もて

▼1* [1535件]

へるあたりに宿, へるあの方でない, へるあはれ六百五十柱涙がとめど, へるあまりに取落ししを, へるあらゆる無意識的な, へるありがたき事なり, へるあれともかはつて, へるあゝ時は, へるいくさかな, へるいざこざをみ, へるいと長々しき雑報を, へるいろんな台の, へるうすきいのちに, へるうまかつた, へるうまき話も, へるうれしかつた, へるおまへは, へるおよそ数少い, へるおんみ聖なる, へるおん情手にこもり, へるお前は天井裏, へるお寺の鐘, へるお方も勿論, へるお茶をのん, へるかいへない, へるかが彼女には, へるかたはら日本語の研究, へるかたはら自分でも多少, へるかたはら船着き場で少年少女, へるかとは情ない松づくし, へるかなしい場面だ, へるかなと絶に, へるからがつかりするよ, へるからこそ出て, へるからともまれびとに対して, へるからの異名だ, へるかを眞に, へるがのその生地, へるきちがひじ, へるきまりであつ, へるきりでボート, へるきりぢやない, へるぎごちなさ, へるくすくす笑ひです, へるくせがつい, へるくみ紐やときいろなる, へるぐらい仕方が, へるぐらゐで異体が知れない, へるぐらゐな資格がぼく, へるぐらゐの違ひでもいい, へるけはひ, へるは異, へるこそ口惜しき至り, へることこれがこの, へることこれ以外に新しい, へることぢやなく, へることなほこれに若かざりしなるべし, へることに奇しき言, へることルカ傳に見, へること作に勝りたれ, へること其も誰, へること右の頬, へること国人の助, へること時文評論にて見るべし, へること晝の祭, へること汝のさだか, へること物に見, へること眞ならば, へること誓言に似, へるこれらの部分, へるころ廓の裏, へるこゑで一口だけ言, へるごとに世評, へるさいかちや, へるさうに承はりました, へるさかい十圓呉れいうた, へるさし潮の潮目搖, へるさすがにをかしからぬ, へるさびしい草を, へるさびしいゆかしい花なる, へるさまことわりにも過ぎ, へるさアンジエリカが我, へるさ丁字路上に他, へるさ辨天飴の前, へるしかない, へるしかしそればかり, へるしかと指し定められたる, へるしかも母が, へるしなケトバシでもたまに, へるすすり泣きの声, へるすべてのもの, へるすみ渡つた小川が流れ, へる親分, へるそこで私は, へるたいしてうまいもの, へるたかきいやしき人の, へるたそがれの, へるたびごとに秦漢, へるためフランスにてもイタリア, へるため一二五九年シエーナ人刺客を遣, へるため却つて詫の詞, へるため広島駅に行く, へるため庄左衞門らに英語, へるため我は身, へるため我等いよいよ疑, へるため敢て, へるため散歩をし, へるため暫らく川に臨んだ, へるため校長に直接談判, へるため横のつながり, へるため當時かくよびなら, へるため百合さんに頼ん, へるため禍ひを, へるため簪をする, へるため隣組がそれ, へるだい考へる處, へるだいたい書斎は, へるだけにも多大の, へるだにも眉たゆき, へるつて云つたのは嘘, へるつて訳だ, へるえの, へるでなければかへらない, へるでのさ青の, へるといふだけのことなら, へるときわしが窒息, へるときアえびす顏だぜ, へるときベアトリーチェ曰ふ, へるとき十二の一人, へるとき多くの蛇, へるとき彼等の答, へるとき整列すると, へるとき焔の舞, へるとき群集のよろこび, へるとき聲ありて, へるとき陰惨な生活苦, へるところなき声なき声をさながら, へるところ七十四ヶ所に及ぶ, へるところ三四カットやると, へるところ川勝との喧嘩等, へるところ我すべてこれをな, へるところ朧なりとも, へるとさつさと新しい, へるとして戯曲, へるとしましたら其時皆さんは, へるとでも訳すべきで外, へるとにかく井師の, へるとのことな, へるとばかりありて, へるとへえと言, へるどこへ行つて, へるどん底まで掘れ, へるなかに, へるなからひなりしが, へるなかれ前を, へるなぞとはああけがら, へるなどと吝な, へるなみが, へるにすらそれほど強い, へるについては諸説あり, へるにつれて彼は, へるにもかへられずいかに, へるによりても旁證せらるべし, へるに対して節は, へるのさへ馬鹿, へるのでをりを, へるのほかはない, へるのみか作家自身の, へるのみかと思ふと, へるのみにて之を, へるのみのもので, へるの努力によつて新た, へるはしひて, へるはた鬪へる, へるはめでたからずや, へるばかりか殊に此, へるばかりに増加し, へるばかりには止らなかつた, へるばっかりでどう, へるばらのおの, へるひと通りの心得, へるひどく不器用な乗り, へるふしどに, へるふるさとの山, へるぶんにゃどこ, へるべらなる, へるほうれんさ, へるほそいあめと, へるほとり到り着く, へるほどにはお互, へるほどもありは, へるまことに茶の, へるまでにもそして一旦, へるまなこをめぐり, へるまにまにして, へるままに, へるみんなのす, へるっとに替えた, へるめいなあよ, へるめづらしき飾畫, へるめでたき雲を, へるめどは周圍, へるもう蚊帳を, へるものうちアレッツォシエーナの二, へるものかしこに諸, へるものすごいものです, へるものすごき死の, へるものみたいでとても, へるものみな滅び永く, へるものわが家に来り, へるもの中橋の唐物商吉田屋, へるもの僕はぼんやり, へるもの強慾を以て名高し, へるもの我に来れ, へるもの湖水埋立の名前人, へるもの破壊的思想に充ちたる, へるもの苛責の苦しみ, へるもの詩を書く, へるもの蹌踉と跛行, へるもろもろの力, へるもんぢやァ, へるやいなやその手, へるやう私の父母, へるやう詔勅を下し, へるやさしき聖, へるやつだ, へるやに持つて, へるやり方で著, へるやをしらずされど, へるやを知らずと, へるよう希望があつ, へるよしにて後, へるよりかへり, へるよりは六ヶしいだらう, へるしも, へるわたしの孤独, へるわらひでせう, へるわれわれの矜, へるをとことを, へるをばいみじういやしき, へるをも構はずわれを, へるをや音容幻を, へるを以て夙に棊, へるアイアスの二人, へるアイアス二人又ついで, へるアカイアの軍, へるアカシヤに似たる, へるアタマンテはその, へるアプロヂテーを見る如く, へるアラーニエよ我, へるイーハトーボのこどもたち, へるエホバより来たる, へるカタニアの人々, へるカーニヤッツォの詞, へるキリスト教徒の祈り, へるクレイグの理論, へるコスモポリタンの徒, へるシャボテンまでつくりあげた, へるシャルル・ド・ヴァロアフランスより來, へるジヤアナリストだつた, へるツルノアの戯鬪祭, へるディトの詞, へるトウルゲネフの散文詩, へるトスカーナ州一帶の地, へるトロイア人の僭上命運, へるナルキッソスの傳説, へるナヴァルラの者, へるハガキ酒はよかつ, へるハズミに飛びつく, へるハンカチイフは再び, へるバアナアド・シヨウの心もち, へるバネのやう, へるピラゴスの高地, へるフオルキユスの娘達, へるブルートまたルクレーチア, へるプラゴスを領せし, へるプランはいつも, へるヘクトール鋭槍, へるベアトリーチェの言, へるペライに住める, へるホテルのガルソン, へるボタ山ボタン雪ふりしきる, へるマリウチアが父母, へるマントヴァ人いふ, へるミツキイの音声, へるミラノひとのうた, へるメトードを創り上げる, へるモイゼの魂, へるモスカをおも, へるラチオの町, へるロマンチツシユの音楽, へるロメオに似たら, へるローマ人にてトルクァート, へるワチカアノのアポルロン, へるでせう, へる一つ松人にありせ, へる一ツの稀, へる一例證を擧示, へる一侍女と, へる一分身ありけるなり此, へる一句はい, へる一名の赤十字社, へる一声続いて, へる一孤舟の身, へる一寸左官の, へる一局處のほか, へる一局部の處, へる一方売上げがぐんぐん, へる一書生は彼, へる一本ができ, へる一添景たるの感, へる一片のリボン, へる一番小型のマツチ, へる一種女性の人間, へる一筋の緒, へる一節は多少, へる一般の厭忌, へる一般鑑定法が成立, へる一軒家よりの入口, へる一面があり, へる一面的な誇張粉飾, へる一頭の野鹿, へる七つの都市, へる万葉などに見, へる丈夫の永遠, へる丈買ふといふ, へるの段, へる三世因果の説, へる三人の官吏, へる三十女です, へる三千五百石の大, へる三味線が急, へる三度目の正月, へる三日ばかりし, へる三時頃から六時頃, へる三歳のつぶら, へる三番目の台, へる三種の蟲, へる三重の堅甲, へる上滑りした智, へる下口びるを噛みしめ, へる下流も亦, へる下級巫女である, へる二アイスで, へる不安に戦き, へる不快の効果, へる不快不安不自由と更に, へる不義の刺客, へる世界の中, へるの公孫樹, へる丘陵で北, へる両手を組み合せ, へる中古の例, へる中程に店蔵, へる中臣の職, へる公は, へる主人の態度, へる久壽玉から五彩, へる久寿玉から五彩, へるは何時何, へる乘客の中, へる乘客等を顧み, へる乙女のひとり, へる乙姫様のこと, へる乳鉢は幾つ位, へるのいかに, へる事共のある, へる事實であつ, へるの者, へる二位の神, へる二円五十銭のもの, へる二列の家, へる二宮金次郎や近江聖人, へる二杯三杯十杯さア, へる二語共に妙, へるの心, へる五十の分別, へる五體の震, へるの力, へる亡霊の其処此処, へる這般の, へる人々道に歸りき, へる人人に促され, へる人命令を部下, へる人声づくりして, へる人數の目, へる人格は主神, へる人物其物と信じられ, へる人相ぢやねえ, へる人自身の言葉其もの, へる人間生活の深い, へる今日しも菊, へる今日此頃の私, へる仕組みでした, へる仙女の綾ごろ, へる代わりに歴史, へる代物ばかりで, へる代用食として饅頭登場, へる以上舞台上の革命, へる以前の卯平, へる仰せかうぶり, へる仲間に入らう, へる伊沢ぬし, へる伊那節の唄, へる会社を見た, へる会話のところ, へる会議組織の官衙, へる伝染病毒を持つ, へる伝統の力, へる伯父訪へばひとり, へる位竹の葉, へる位置にあつ, へる低いが強い, へる何時ものやう, へる余り己れに, へる作曲といふ仕事, へる作者が自分, へる使命が滅び, へる侍妾の鹿, へる侮辱にはまさしく, へる俗界の神, へる俗諺もある, へる修業をした, へる俳優に向, へるの悦び, へるが無い, へる個処は動作, へる停車場の, へる健児の参差, へる健男の伴, へる傲慢の彼, へる債権者達に検束, へるを持つ, へる傾きがすべて, へる傾向をあら, へる働きそのものは主, へる僧六人に舁かせたる, へる僧院あり, へる儀禮が民間傳, へるとしてアキリュウス, へる氣と, へる元気よく山ノ上町, へるにヒツプス, へる先生が, へる光搖をつひ, へる光輝と, へる兒等を引具し, へる全能の現在, へる全能者の言, へる全身のいと, へる兩度の遊觀, へる兩軍の勢力, へる八つ口ひらひらと, へる八千俣に, へる六尺ゆたかの洋人, へる六歌は志都歌, へる兵ひとり見やる方, へる兵車數五十その各, へる其上に金, へる其声が透き, へる其悦は少し, へる其教が的中, へる其間にかなた, へるに迷, へる内容の広い, へる内左千夫はなほ自説, へる冷え上っては, へる凡ての事, へる凡下のなか, へる出家の時, へるの名, へるには差支, へる分量が少, へる刑罰であるが, へるに, へる制度が存在, へる前後のこと, へる前提より自由民権主張, へる前線の何処, へる前者はリフアイン, へる創造の動作, へる劇作家が現れ, へる劇団機構を考へる, へる劇場五十あまりはそれぞれ若干専属俳優, へる力女子ならば, へる力強い心靈の, へる力逞ましき叔父, へる加賀一州の江山, へるを私, へる勇士の上, へる勇氣がなく, へる勇者として, へる動作などを見, へる勘定である, へる勤めを成就, へる勧業場は両国館, へる勸工場の暗き, へる包括的全體的, へる十年の間, へる千住道にか, へる午砲かな, へる半球の下, へる半面の光, へる卑近にいへ, へる卒爾の歓, へる協同主義みたいなもの, へる南國を出, へる単なる復古に, へる博大な御, へる印畫のアルバム, へる印象をよく, へる卿等の聖戰, へるを取つ, へる厭世哲学のエロチシズム, へる去年の事, へる双六巌は是, へるへれる, へるもなく, へる古説によれり, へる可憐なる有明節, へるの方, へる合図だ, へる同志が二本, へる名高き店あり, へる向きが出来た, へる君等よ, へる吾身は如何, へる周囲の雰囲気, へる周辺を擁し, へる呪詞には祝詞, へるといふもの, へるのま, へる命題もまた, へる咆哮の極み, へる和歌のある, へる和漢折衷の面白い, へる哀れなる我心, へる哀れさで眺めた, へる品ぢやねえ, へる品川の, へる品物なぞさげ, へる哨兵われ説かむ, へる哲人の, へる哲学者鸚鵡眼をとぢ, へる哲學の任務, へるのみかどの, へる唐人同じく三拝九拝, へる唐辛を播い, へる賣でね, へる商売でね, へる商店街へ来た, へる商業の旗, へる商業學校の生徒, へる善男善女の聲, へる喜びで一杯, へるにも見られるで, へる器具なども取り, へる因縁のため, へるより善し, へる国民の期待, へるのうち, へる團子にする, へる土地が足りなく, へる在来の悪弊, へるをいふ, へる地上に足場, へる地位に立ちました, へる地異なり時, へる地謠が註釋, へる埴輪の話, へる基礎的層は自然的生, へる基礎的素質つまり, へる場処と交互, へる場合相当な眼識, へる場末の窓窓, へる場面や白, へるにて何, へる境遇ではなかつた, へる壯麗の脛甲まさき, へる夏花や, へるに鳴く, へる夕船おそき僧, へる外他に道, へる外光が異常, へる外套めきたる褐色, へる遲摩比多, へる多食の罪, へるが來, へる夜の森かげより, へる夜具を疊む, へる夜遊びが邑落, へる夜道のこころ, へる夜食渋い葡萄酒, へるはかへらじ, へる大人の助言, へる大原の里, へる大地の端, へる大望を起した, へる大臣殿の思召, へる大船のある, へる大衆が案外, へる大難より我, へる天地の, へる天智天皇の御歌, へる天然に従順, へる奇しき息に, へる奇妙なる結論, へる奇怪な魔物, へる奈々子は滿足, へる奉納の手拭, へるにその, へる奧津城に, へる女ぢやない, へる女人の成佛得道, へる女優を見附ける, へる女子は, へる女子訶良比賣は, へる女学校が乃ち僕等, へる女學校が乃ち僕等, へる女房たちの樣子, へる女鹿を連れ, へる奴等ぢやア, へる奴隷のやう, へる奴隷たちを住まはせた, へる好個の一例, へる好機会である, へる妃殿下を扶, へる妄説の由來, へる妖女のつら, へるな動作, へる妥協の爲, へる妨害をした, へる妻子がある, へるありて, へる姉上の腕, へる威勢よくそよい, へる威嚇砲はやはり, へる婢やつちや場に青物買, へる婦人の独り羞含, へる婦人達のみさ, へる嬉し涙を覚, へる子らがいそ, へる子也年は四十, へる子代の民, へる季節だが, へる学者もある, へる學問などよりも遙, へる宇宙の重, へる宇治の川長朝夕, へる安手ながら一時, へる宏壯な三階, へる宗教で其の, へる実業史博物館を辛うじて, へるに入る, へる宴会も私, へる家々の人々, へる家屋が其後, へる家康例の神速, へる家竝に, へる寂蓮法師の歌, へる寡婦の心持, へる實驗をしたい, へるはない, へる対症療法として短時間, へる対話は弾力, へる対象とぬ, へる寿詞の誤り, へる専門の商売人, へる将校百三十余人の中, へる對手がない, へる對照だつた, へる對策も立たう, へる對象の價値, へる小さなる石屋, へる小さい胸の, へる小学校教師の訓戒, へる小遣銭を握りしめ, へる小鳥の如く, へる少々塩が, へる少しばかりの靜, へる少女は, へる少女らは羊さし, へる少女ネルリのこと, へる少年があり, へる尖塔の姿, へる尺度なの, へる尾辞である, へる屋上たるに過, へる山家或は田舎, へる山崖の海浜, へる山氣は山氣日夕佳, へる山羊も日, へる山頭火報告書である, へる岩窟の神聖視, へる岸樹は陰々, へるの, へる川柳点も, へる工風をする, へる左手が, へる左門ではなかつた, へる巨人の一, へる巨大な角柱, へる巫女であつ, へる巫覡が伝, へる己一個の措所, へるの此処彼処, へる市府に淹留, へる希望は即ち, へる帝國軍艦旗を抱い, へる帝室評議員アントン・フオン・ヰツク殿の為め, へる師匠を見送り, へる常世の神, へる常識説はどう, へる平和を考へず, へるだと, へる年少男女が薔薇花かをる籬, へる年月なれや, へる幸福を祝福, へるならん, へる幻象の文学, へる幾人の, へる広場なり, へる見れば, へる度毎にやはり, へる度甚しければ, へるの南一丈, へるにさ, へる廃墟まで美しく, へるの扉, へる廣道は我國, へる建物から逃れ, へる建豐波豆羅和氣の王, へる弁護士の妻女, へるだと, へる式殿の森嚴, へる張りきつた, へる張督軍の変, へる弾薬が尽き, へる当のピッコロミリ夫人が, へる当代の高士, へる当年十五歳の私窩子, へる彫工画工数を知らず, へるを雲, へる役割は知識層, へる役者がゐない, へる彼らを離す, へる彼女等の白い, へる彼方のわだつみ, へる彼此共に其の, へる彼等にし, へる後ジテの役, へる御幣擔ぎの伊太利, へる御教書に就き, へる御苦労様御馳走様, へる御身は我, へる微かなる住家, へるにむかひ, へる心とくかな, へる心ばへに, へる心理的の働き, へる心理的感覚的リズムの流れ, へる心秀吉の大きな, へる心算だなどと, へる必要上軸部を充分, へるはこれ, へる忙しいさなかやきもき, へる怒りよ, へる思して果, へるの男, へる性格の持主, へる性質のもの, へる怨氣の如き, へる怪異がずゐ, へる得たる恋, へる恐れもない, へる恩寵は棄, へる恩恵だ, へる恰好に出来, へる悔みはこれ, へる悲劇か泣笑, へるまじく速い, へる情夫があり, へる情意によつて, へるがある, へる愉しみだけを, へる意かまめは鴎, へる意欲の逞し, へる意義について教, へるなる精衛, へるの何物, へる感化力は偉大, へる感覚すらもが殆ど麻痺, へる態度は依然, へる慣ひであつた, へるは護謨, へるよ, へる懺悔録なり, へる我が指の, へる我が身なれば, へる我國民の體力, へる或は地方縣令で, へる戯作者の面, へる戯文欄に於, へる戯曲美の創造, へる戰馬曳き出す, へる所ぢやない, へる所以を知らない, へる所筑波山新たに光彩, へる所謂二足四足を食う, へるの風, へる手つきでマホガニ, へる手ツ取り早い理髪師, へる手付でその, へる手伝ひを, へる手掛りとなつ, へる手習ひの, へる手間はとても, へる手順になつて, へる才能をもつ, へる扮装といつぱ, へる批評態度として印象批評, へるが翻訳, へる抵抗力を持つ, へる押し殺したこゑで暗闇のなか, へるへない, へる指揮者杉先生を壇上, へる指道標はない, へる振りをし, へる振舞ひであるが, へるの中, へる掛りがゐ, へる探求を捨てなかつた, へる提灯を晝間, へる損害は完全, へる支度に不足, へる支那民衆の表情, へる攻撃的の態度, へる故に豪放の, へる效果を克復, へる敵將を, へる數分間だけでもいい, へる數時間も日, へるは猶, へる文学であること, へる文獻を知らない, へる文章を堂々, へる文芸を否定, へる文言が語り, へる料理のうまい, へる新しい約束は, へる新たな取留め, へる新入生と母, へる新語が出来た, へる方言劇緊密な劇的効果, へる旗下人の領地, へる既に我が, へる日中啼き継ぎ声, へる日向の諸, へる日本人なら誰, へる日本画の伝来的, へる旧友なの, へる早稲田出身の文士, へる昌造の性格, へる明日の心, へる星巌等のは成る, へるのみである, へる時ゼウスの電光, へる時世なん, へる時価を貰, へる時其に併せ, へる時分には自分, へる時導者は顏, へる時山毛欅のうつろ, へる時己が子, へる時後藤庄次郎へも申候, へる時怨み怒り悩む時, へる時悪魔彼に云, へる時愚凡百人に抽づる事, へる時我は多く, へる時白羊宮にありし, へる時自分ながら驚い, へる時自然はその, へる時若干の油, へる時計の針, へる時間といつてはもてない, へる時院主かたりてこ, へる智識道徳の相対的価値, へる暇さへなかつた, へる暗示的手法を採用, へる暦法の方, へる曲折に感じ馴れた, へる曲者ぢやない, へる書き方によらなけれ, へる最も健康な, へる最初の殉教者ステパノ, へる最高な女, へる會議組織の官衙, へる有徳なる百姓, へる有様の歴々, へる朝物日で早出, へる期待が何, へる木の芽草の芽, へる木乃伊の腕, へる未練が許されるなら, へるは矢張自分, へる本能とを満足, へるの樹, へる杉生がもと, へる少陵, へる杜小山が絶句, へるの遠い, へる東西共に同, へる東道の範, へる松川の妹, へる松杉の緑, へる枚数の彼女, へる枯草ぐるま, へるき十字架, へる柳かげ青銭一つ投げて, へる柳絮と共に遊べり, へるの葉, へるになる, へる根源的生においては主, へるに躊躇, へるが立つ, へるで埋められ, へるに風祭り, へる森のはたて, へる椿が赤い, へる極致ありとい, へるがある, へる概念と異なる, へる榜示となつ, へるは將軍ヘクト, へる様々の残虐, へる様子其処に箪笥, へる様式の自由, へる樂しみの方, へるの作り物, へる横町に入りぬ, へる横顔の輪廓, へる樹明兄が山口, へる樹間や, へるのやぶれ, へるに小杉さん, へる機敏な頭脳, へる機械一式を調, へる機縁になるなら, へる機関でありました, へる機關となる, へる檳榔の葉, へる欄干に倚, へるの弓門, へる次第とこの, へる歌慈鎭和尚の詠, へる歡びを顏, へる歡喜の, へる此処は何処, へる此家は, へる此島の事, へる此道の執心, へる武器になる, へるを繰り返す, へる残忍酷薄の人, へる殘害と酷き, へるには小さい, へるいただけでも, へる母ぎみは, へる母君は, へる比喩に最, へる比嘉との危険, へるを見よ, へる民友社の, へる民族の, へる民族性にゆき子, へる民族的使命の下, へる気合の一声, へる気持ちを持つ, へる気色なりしが, へる気色どもげに憂き, へる気色容易ならねば, へる氣分が情操, へる水仙のつめたき, へる水気に湿り, へる水無月の, へる水茶屋店先の図, へる水行十日はさも, へる汚辱の大, へる汝分別を失ひ, へる江戸人の情痴, へる池子山の奧, へる汲水場にはをり, へる沈鐘の響き, へる河水の柔かき, へる河郎の舍, へるが設けられた, へる波浪の響, へる泣聲を出し, へる洒落たる文字, へる活玉依毘賣, へるに, へる浮舟の, へる海原や, へる海賊船の水夫, へる海辺の劫初, へる消炭のあはれ甲斐, へるには, へる清浄潔白な身, へる渡し船殘月のあした, へる渡殿の, へる温泉場に出向き, へる温石の門, へる源三位も遂に, へる溪アレッツオコルトナキウーシモノテプルチアーノ等の諸市, へる滿足の紅潮, へる演劇といふもの, へる演技といふもの, へる漠々たる愁雲, へる漢人にても書き, へる潮流の淨めし場, へる激賞の文句, へるが埋まる, へる灌水の功徳, へるだ, へる火藥は弱い, へるの下, へるを作り, へる為家人はす, へる為筆を揮, へるのごとく, へるを疾風, へる然しその明朗主義, へるにあらず, へる熊吉の態度, へる熊本の老人, へる熱情の永遠, へるき物, へる爭氣の如き, へる爲め手を振つ, へるの心地, へる父上よ, へるが子, へる牡丹かな, へる物理的の働き, へる物的證據を可, へる物語である, へる物象のかげ, へる物質の代り, へる特性を有する, へる特殊の魅力, へる特種の性質, へる特色である, へる犬蓼の花, へる狂歌天明頃の人, へる独立展は観, へるい路地, へる狼藉を寧ろ当然, へる士らの, へる猟師がある, へる獅子王か, へる獣類は悉く, へる獸心をつぶさに, へる珠數震ひ搖ぎてさら, へる現在の環境, へる理由があるでせう, へる理知がある, へる瓢箪は鯰, へる甘き實を, へる甚之助が人目, へる甚太郎の立看板, へるの果敢な, へる生命の歓び, へる生物だ, へる生理的又は藥物學的, へる用語例を創設, へる田島は怒り, へるも無く, へる甲板へ數百, へる男女がある, へる男等を随, へる男達もある, へるを圍め, へるは世界, へる画像を見れ, へる國の, へる異性の甘く優しい, へる異端の徒, へるの責任者, へる當來の, へる疾風の, へる病人がある, へる病気なんて, へる病氣の心, へる病者の姿, へるさを, へる痴人は羽, へるのあつ, へる白い日の, へる白旗を見ずや, へる白米が一升, へる白衣の人, へる白銀の蓑, へる白雲兄に, へる白髪頭の肥満漢, へる百太夫である, へる百姓は一人, へる老子の, へる皇族女子の外, へるはない, へる監督の手, へる目標でありましたが, へるの慾, へる盲目の俳士, へる相談ぢやあるまい, へる相貌を呈した, へるの小, へるは戸, へる看板をかけ, へる似を, へる眞劍な吸收, へる眞夏の空, へる眞空の内, へる真冬の日かげ, へる真摯な感覚, へる真正面からの努力, へる眺めだつた, へる眼差です, へる着物を着る, へる瞬間にその, へるぞ, へる石屋根に, へる石弓の下, へるの玉, へる硬き食物は, へるの箱, へる碁会所の前, へる確言を虚妄, へる祖母と言, へる祝ひをした, へる神事の言語, へる神人兩性の事, へる神前の祈祷, へる神功紀の細注, へる神女即山の神, へる神婚式即棚機祭り式で同時に, へる神様の仕事, へる神母はその, へる神祕的な要素, へる神経は女, へる祭壇が即, へる祭文と言, へる禁慾主義的生活はたしかに, へる福音の聲, へる私たちの耳, へる私達の場合, へる科白の様, へる程乱雑に, へる程亢奮の眼, へる程他人の記憶, へる程変つて, へる程惡い眼, へる程整理せられて, へる程派手になつ, へる程照ちやんの顏色, へる程爽やかで快, へる程狹く且つ, へる程立派になつ, へる程色の白い美しい, へる種子代四銭殺虫剤が買, へる穀物は天子, へる穴師が三輪山, へる穹窿の下, へるの心地, へる空しい華かさも, へる立場に立っ, へる童心満々の男, へるの柄, へる竹の子の味, へる笑顔を鏡, へるを置く, へる筈ぢやない, へる策戦計画を立てた, へる算段ばかりし, へる範囲で二三羽, へる簡素の美し, へる米倉の地, へる精靈は拜みつ, へるなりき是, へるは夕日, へる紅絹裏の振, へる納蘇利崑崙八仙の面, へる眞なる, へる純粋な感動, へるの白, へる紙天井も亦, へるの上, へる細君の頭, へる細工さへ知らない, へる細民がない, へる細注は書記集解, へる紳士は多い, へる組み雀ぱぱと立ちたり, へる結果になつ, へる統治機關を明確, へる綱引の車, へる綴ぢるなか, へる綾羅色をわかみ, へる緊急重大事件であつ, へるの総, へるに黒み, へる縄葛は此家長, へる描きは, へるそれから, へるは凡人, へる罪人の頭, へる罵倒に對, へる罵詈の叫び, へるとを同時に, へる美しき十字架, へる美徳だの謙譲, へる美感から如何なる, へる美的効果を妨げる, へる群神のま, へる義務がない, へる翅さへもつ, へる習性または固, へる老人の手, へる老人ヤヲら振り返りつ, へる者さへありけれ, へる者ダンテと語る, へる者両方に用, へる者何れも容姿, へる者是即ち汝, へる者自身同時に神, へる耶蘇涙を墮, へる聖句の中, へる聖徒の數, へる聖歌は光, へる聖職から分化, へる聖軍はかく, へる聖霊への供物, へるを食ら, へる懸窓, へるの園生, へる胴體も養, へる能力くらゐは, へる能動的な役割, へるに鞭打つ, へる腹部の痛み, へるの海, へる臨時のまれびと, へる自己の表現活動, へる自然の懐, へる自由が今, へる至上至高のクロニデー, へる興奮に夢中, へるはエムピレオ, へる舞台の造形的イメエジ, へる舞踏となる, へる舟よそひ, へる舟夫の輩, へるが出, へる船体の悲しみ, へる船大将を江戸, へる船長が卑劣, へる芙蓉の如し, へる花壇に咲きたる, へる花瓣は徒に, へる花紺青の地面, へる花草にし, へる花釵きらめけりクリスチアン・モラリチー, へるでなく先づ耳, へるを噛む, へる建の, へる若い貴婦人が, へる若人だ, へる苦しさを, へる苦惱が急, へるもうまい, へる茶漬を流した, へる茶話の折, へる草鞋細工の材料, へるを心, へるの花濁り, へる菊氣はそれ, へる華麗な才能, へる葉書を書いた, へるかな, へる葡萄の下, へるに輝き, へる蒼生は不平, へる蓮華草の如く, へる蔦蘿の帳, へるは益す, へる苅萱さみどりの, へると銀, へるの花, へるも受けず, へる蘭氣はそれ, へる處滑稽にし, へる虚しき最後の, へるがある, へるのやう, へるをみる, へる蜂蜜のジャム, へる蜑少女はも, へるが鳴く, へるかとばかり溶け, へる蟲一度は匐, へるを鎭むるならん, へる血汐のくれ, へる血脈にめぐつ, へるを追, へる衆人の我四邊, へる行動なら俺, へるか, へる街頭には尚, へる衝撃は彼, へる衣服のつかれたる, へるの廂, へる表情さへ動かさなかつた, へる表現でもあり, へる表現力をも持つ, へる表現技術がやう, へる表題を新聞, へる裁着やうの股引, へる装飾彫刻が盛ん, へる裏葉に見る, へる襤褸を脱ぎ, へる西人の間, へる西域の占象, へる西洋人にはもちろん, へるもない, へる要するに一つの, へる要素さへ保たれ, へる見込みのつきた, へる親切なる指導者, へる親和の結びつき, へる親類達の間, へる計算の方法, へる記事を絶やさぬ, へる記述は文治五六年, へる設備をした, へる許りか優つてゐても, へるへを身, へる詩人等特にオウィディウス, へる詩的感銘を少し, へる詩篇五一・七の詞, へる詩語と文体, へる誘導的といふ言葉, へる語勢なりなどいへる, へるれにとも, へる論讃である, へる諢名を呼び, へる諷刺にはまだ, へる諺古より明解, へる警語を用, へるふれば, へるのもの, へる議員等否の投票, へるへ, へる谷村は益々, へる豫言の能, へる貧乏はない, へる貧苦に打ち負かされ, へるひ水徃復, へる貴下の身命, へる貴女を持つ, へる貴族や富豪, へる賢明な途, へる赤子は石, へる趣き上方の人心ため, へる趣意の論文, へる身体をその, へる身振りをし, へる身體をのし上げ, へるの羽, へる軍人等の墓, へる軍隊の営務処, へるは憂ひ, へるさを, へる農家で遂に, へる辺土の朝, へる案じら, へる迄に加へ, へる迄には四半刻もか, へる迄のことさ, へる迄はずゐぶん世路, へる近い所に, へる迷妄の雲, へるは掩, へる逍遙子が上, へる途上磐城關田の濱, へる途中こらへ, へる途中エドフデンデラとアビドス, へる通り八幡神が海, へるさそれから, へる遊びには己達二人, へる運動として共同生活, へる運命の怖, へる道士にもみち, へる道理はありません, へる木立そこにか, へる遺跡であらう, へる避難民を見たれ, へる邪氣ない子供, へる部下を抑, へる郷倉氏はその, へる郷里のうた, へる都城壞ぶるべく望まん時, へる酒色と饑餓, へる酒食取ること, へる醫人精しくフアン・デルベルグ, へるの子, へる重圧を老人, へる重要な任務, へるの路, へる野幇間の比, へる野老蔓秋かたまけて, へる野蛮人の愚かさ, へる野邊をみなそこ, へる野郎だから, へる金座と云, へる金柯初めて繞繚, へる金比羅神社寂しき栂, へる金陵の妓, へるの如く, へる鉛管の火熱, へるのさざなみ河, へる銀杏の樹, へる銀簪燦然たりインヂビヂユアリズム, へる銅山党の奸策, へる鋭さで都会人, へる鍛冶屋もいや, へる剥ぎ取りつ, へる鐵卷は高く, へる長い賦によ, へる長處とを我, へる門弟にも高, へる門辺かな, へる間彼は怒り, へる間眼ばたき, へる關係がその, へるの半, へる限りは買, へる限り妙に神經, へる限り震へても壊れぬ, へる陶酔の代償, へるは恐怖, へる隆次のおも, へる隊家々へ石油, へる随意科の私立学校, へる隱士の聲ほのか, へるかへり, へる雄々しい憤りと, へる雌雄の猿猴, へる雑誌記者の欧米漫遊, へる難儀であつ, へるの上, へる雪二郎を先, へるかな, へるに似, へる電車の隅, へる霊魂をもの, へるをふん, へるの怪し, へる露西亜のをん, へるが, へる靈場と心得た, へる青い蔓を, へる青侍の数, へる青年幻想家いかでか, へる青空のやう, へる青竹色に塗つた箸, へる青草の雨, へる青野のあなた, へる静けさぞ君, へるなる林下, へる面上に多から, へる面倒が起ります, へる面白さに, へる革命的な役割, へる靱體である, へる音律が思ひ, へる音頭です, へるがへる, へる頃いろいろな書物, へる頃人々あまた召し, へる順序あり然, へるなる鬼, へる領巾振山はしぐれ, へるの筋肉, へるの鍛錬, へるを見, へるにて佳句, へる額縁に対してどんな, へる顔付なども田舎, へる顛末書なり, へる風情なるを, へる風習があつ, へる風色である, へる飛道具で駕籠半弓, へる食事ほど物質的, へるみ倒し, へる飯はくはない, へるも喰, へる養生法はいかなる, へる馬ムーサイに屬, へる馬越の言葉, へる馬郷愁となり, へる馳走に飽い, へる馴染の客, へる駱駝のやう, へる騎士の今, へるであつ, へる騒ぎ筆屋が軒, へる騷ぎ筆屋が軒, へる高座の, へるのさき, へるを解かす, へる髮長比賣は, へる魁肥の老, へる魂他の光, へる魂等よ不信心, へる魅力的なもの, へる鳥居に梯子, へる鳥屋の鶴, へる鳥糞の如く, へるの聲, へるをうち目, へる麥笛を奪, へる黒布をば此聲, へる黒潮は, へる黒鳥のごとく, へるを負