青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「へた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~ぶ ぶ~ ~ぶつ ぶつ~ ぶらぶら~ ぶり~ ~ぶん ぶん~ ~へ へ~
へた~
~へる へる~ ~へん へん~ べからざる~ べき~ べきで~ べく~ べし~ べつ~

「へた~」 1934, 21ppm, 5507位

▼ へた~ (134, 6.9%)

23 である 76 です 5 だつた 4 だらう 3 でございます 2 だが, だと, ぢや, であります, であるから, 字を

1 [74件] か, かと私, かもう, がこの, が享和二年三十二歳, が今, が其, が古今, が幸徳, が幾つ, が森鴎外, が此年, が運, だからね, だからを, だから曲者, ださうだ, ださうだが, ださうです, だといふ, だとは, だらうと, であったか, でありまして, であること, でした, ですがねえ, では, ではなから, ではなく, では譯, でも, とそつくりな, にも違, に驚いた, は, はうれし, はお前, はすぐ, はその, はただ, はつまり, はまだ, はもちろん, は休甫信謀, は全く, は初め, は勿論, は北, は去年, は嘉永中, は奇蹟, は幸若舞, は彼, は憎い, は文政四年, は日, は日本劇場, は榛軒, は清正, は確か, は蒲原氏, は見すぼらしい, ようなしなびた, を, を悔いた, を感じた, を私, を見た, を覚え, 横好きに, 端唄や, 考え何とか, 茶の

▼ へた~ (93, 4.8%)

6 違ひない 5 しても, 過ぎない 3 相違ない 2 ちが, ボウボウ山などに

1 [70件] さそい出したり, したところ, それを, とぼけたお前, とぼけた顔, どすおす, まごつきあわてて, まごつくと, ガチ張ったら, 一喝した, 使い殺したは, 俺を, 倹約を, 出りゃ暴動, 分別し, 動かしたらたいへん, 口を, 喧嘩を, 外へ, 女達は, 学校なんぞに, 對し, 引込めば, 当世向きの, 悟って, 手を, 投げ出して, 抱はらず, 拘はらず彼等, 拘らず商業上, 捏ね交ぜられてるその, 書くから, 横から, 死んで, 泳ぎださねえよう, 潤色を, 焼いて, 狎れたり, 疑ひ無い, 盲動する, 相違あるまい, 禁止する, 繕はれた, 茶人に, 蛍や, 見られても, 親類身よりに, 起せば, 身体を, 近い方, 迷惑らしい, 逆に, 逆らはずに, 運命を, 過ぎないから, 過ぎないところ, 過ぎないので, 過ぎないもの, 過ぎなかつた, 過ぎなかつたで, 違ひ, 違ひありません, 違ひあるまい, 違ひ無い, 選んだ日, 鉄砲などを, 間違うと, 間違ひありません, 離れて, 青地を

▼ へた~ (77, 4.0%)

6 ことを 2 方の, 歌を

1 [67件] ことによ, ためか, と思, ので何人, ので小説, ので遠慮, のに失望, やつだ, わけが, カクテルの, ピアノも, ラシヤメンじみた, 作家な, 侍たちの, 俳優は, 俳優を, 八丁堀の, 内科兼業の, 口を, 口笛を, 台本そして, 史実よりも, 名前を, 国務長官などの, 国民である, 大人より, 女でも, 小細工でした, 小説書きの, 役者が, 役者でも, 役者に, 役者にか, 御機嫌取り, 念を, 恋の, 息り, 手つきで, 手出しは, 才覚も, 指導以上に, 日本人の, 日本人は, 楽士くらいに, 楽隊を, 歌も, 洋食などより, 洋食より, 洒落で, 演説には, 熊谷の, 牛でも, 理屈に, 琴を, 真似を, 細工を, 絵かきの, 絵で, 絵ばかり, 翻訳劇などを, 芝居などを, 茶屋女や, 見えは, 言葉を, 謡いを, 馬を, 騎兵聯隊などの

▼ へた~ (62, 3.2%)

5 云ふ 4 言ふお 3 いふ, すれば, 見えて, 言ふ 2 いふが, したならば

1 [37件] ある, いふ事, おぼしい和歌, したら日本, したら貴方, すると, なると, 云つてゐました, 云ふこ, 云ふべきであらう, 云へる, 伝へられて, 傳へられ, 判つた, 同一の, 同時に新撰組, 同時に日本人すべて, 坐りくずれた老母, 思はれる石上乙麻呂, 思はれる近藤芳樹, 思ふが, 殆ん, 申す事, 聞いて, 聽いた, 見えいきなり, 見えその, 見える, 見え天文學, 見ること, 見るべき密教的解釋, 見る方, 言つて今朝も, 言はる, 言ふで, 鏡の, 雪の

▼ へたもの~ (61, 3.2%)

4 である 3 であつ 2 だ, だつた, だと, であらう, であるから, であると, と見える

1 [40件] か, かその後頓, かも知れない, か知ら, があつ, がある, がなんで, が一人, であ, であること, であるそれ, であるやも, でなくて, でも, で小, で私, と断定, などには殊に, にほかならない, のうち, はある, はない, はクリスト, はナチユラリズム, は一種, は僕, は千秋万歳, は少く, は序開き, は彼捜索, は房一, は狼, は第, は自然科学, は詩集, は障碍, らしくほとんど, 深く秘められた, 見たくな, 貴島って

▼ へた~ (50, 2.6%)

2 私は, 茶の湯と

1 [46件] この小説, さつと降つたら, しまひ, そのを, それらの, それを, つてゐる, とりわけ暗示, やがて又, ロベエル・コンシャアルは, 下から, 世の, 人と, 今更唱歌, 何故か声, 修一は, 其間或は, 別に酒, 刻る, 又故, 如何なる隙, 如水には, 役人に, 彼が, 彼としては, 彼の, 息が, 更に又, 末席に, 枝ぶり葉の, 然しそれ, 異國船, 百七十だつた, 皆, 盗人が, 秦漢時代を通じて, 程なく黜, 結局其本質と, 線が, 自分の, 見もので, 誰だ, 退くとき, 長患, 青々軒, 頭髮が

▼ へた~ (40, 2.1%)

3 はない 2 である, でもない

1 [33件] かも知れない, があつ, がある, が之, が吾國, が最近, が芸術家, が車夫, だつた, であつ, でありアヂソン, でありロシヤ, です, ですが, で其思想, なので, なんてもの, によつて, の作, の修養, の目撃談, の真心, はま, は今日, は北千住町, は多いい, は聞いた, は間違ひも, は阮元, は鶴, もあつ, もあり, もさみし

▼ へた~ (31, 1.6%)

32 がある, の断片, は下

1 [22件] があつ, が前, が関藤氏, であつ, であるから, にかう, には茶山, に就い, に徴, に拠れ, に於, に由つて, の断片中, の註脚, はかうである, は一切経音義, は文, は断片, は既に, は猶, を引いた, を抄

▼ へたといふ~ (28, 1.4%)

3 事が 2 ことは, わけさ

1 [21件] ことが, ことも, ことを, のです, のは, やうな, んです, 事だつた, 単純な, 心の, 意味で, 意義を, 樣な, 真鯉で, 親兎, 言ひ, 話が, 話して, 話も, 説と, 飯が

▼ へた~ (27, 1.4%)

2 がある, もあつ, も無い

1 [21件] があつ, がありました, があります, がなかつた, であつ, ではない, になつ, はなかつた, は云, は有名, は極めて, も一度, も有, や当時, を優に, を又, を嬉しく, を思う, を悲しむ, を示し, を紀

▼ へたなら~ (21, 1.1%)

2 ば廊下, ば日本

1 [17件] きっと伝六, ばそれ, ばどう, ばどんなに, ばもう少し, ばよから, ばわが, ば何, ば先, ば先生, ば動物, ば日本海岸, 命令法に, 如何に, 彼は, 生活の, 面白からう

▼ へただけ~ (20, 1.0%)

4 である 2 なん

1 [14件] だつた, ぢや, であと, でいつ, ですが, で一切, で一時驚き, で二人, で其精神, で昆虫, で是非, で火傷, で病気, 直接に

▼ へた~ (20, 1.0%)

4 あらう, はない 2 墨も 1 あらうか, あらうし, あらうと, あらうに, あらう黒谷村, ことにかけ, はありません, 人が, 有名な, 芝居が

▼ へた~ (20, 1.0%)

6 すると 4 すれば 1 して, しては, つけたよう, とつたんだ, やられると, やれば, 抜き取って, 紛に, 聞き分ける力, 見るたびごと

▼ へたから~ (19, 1.0%)

4 である 2

1 [13件] うんとみ, たいしたこと, だと, だなん, だらうが, であり, 今日殘つてゐる, 危い, 唐以後は, 此の, 父は, 西洋人は, 言ひ

▼ へた~ (19, 1.0%)

2 のこと

1 [17件] から始まつた, その財布, と違っ, にはかの, にはもう, に夫婦, に比べる, の事, の勇氣, の名, の呼名, の心持, の此年丁亥正月, の驚愕, はもう, は樵山, は流石

▼ へたこと~ (17, 0.9%)

3 がある 2 か, であらう 1 が一つ, が古文, が左傳, が自分, だけは確か, であつ, で彼, と思ふ, を奴, を記した

▼ へた~ (17, 0.9%)

1 [17件] があります, が特に, が見, です, にやらう, に對, に松風嘉定氏, に相違, はドストイエフスキイ, は余りに, は六百文, は諸星氏, ほど, もあつ, もある, も今, や未だ

▼ へたやう~ (16, 0.8%)

2 なもの

1 [14件] だ, であります, でございますね, です, ですね, で気持, で氣, なヤケ, な天才的作家, にあたり, にし, に思はれた, に思はれる, に打つ

▼ へたので~ (15, 0.8%)

8 あつた 1 あたしの, お品, 強迫した, 新規に, 有名だ, 止めた, 確りつかまつた

▼ へた~ (14, 0.7%)

3 ッて 2 つて, つてし, つてゐる 1 つてしまつた, つてま, つてゐた, つてバスで, つて耐る

▼ へた~ (14, 0.7%)

3 によれ

1 [11件] が, が凡庸, が始め, が尠, が正, に女, の有力, の遺物, の飮料, は曾つてどこ, も餘

▼ へた~ (11, 0.6%)

1 [11件] からゆがんだ, から痛い, がじょうず, けれどもその, けれどもチョッキ, というおこっ, とかいっ, と思っ, ねえ, ぼく少し, よいついた

▼ へた~ (10, 0.5%)

2 であるの 1 であつ, に再び, の人, もぢ, も尚, 又一箇月, 堂々とかの, 間もなく或

▼ へた~ (10, 0.5%)

2 にしつかり 1 がワナワナ, が少し, で汚したせゐ, などは十七八, にベツトリ血, に拳, をお家, を中間

▼ へたのみ~ (8, 0.4%)

2 では 1 でありました, である, でつまり, で一心に, で其動力, で別に

▼ へたばかりの~ (8, 0.4%)

1 ことな, その子供, 客を, 暮しを, 深い床, 神田の, 苦い思い, 長襦袢もちやん

▼ へた~ (8, 0.4%)

1 で, である, といふの, といふもの, との違ひと, と生, と西洋風, を張り上げ

▼ へた~ (7, 0.4%)

1 それに対して, それは, それも, どうかは, 最近では, 私は, 調べさ

▼ へた~ (7, 0.4%)

3 丁度貴 1 其の音, 善無, 玄奘の, 言ふまで

▼ へた一人~ (7, 0.4%)

2 の少女 1 のそ, の外人紳士, の百姓, の若い, の鎧武者

▼ へた影響~ (7, 0.4%)

1 が多, だけでも相, でありその, の深, はかく, はけつ, を考へ

▼ へたうつくしい~ (6, 0.3%)

2 人は, 姉さんは 1 人を, 姉さんだ

▼ へた~ (6, 0.3%)

1 世辞であれ, 友達の, 猫さん, 粂の, 菊の, 薬などは

▼ へたとしても~ (6, 0.3%)

1 せいぜい小, その婦人, それは, 其は, 果して彼等, 若し彼等

▼ へたとは~ (6, 0.3%)

2 不可解きはまる 1 いえ, いへ一方, 思つてゐない, 違つた者が

▼ へた~ (6, 0.3%)

1 である, なり村, の並ん, の爲め, は二十戸以上, もあつ

▼ へた~ (6, 0.3%)

1 に浸し, のさみし, の色, は且つ, へ, もほのか

▼ へた~ (6, 0.3%)

1 が倍増, が本人, は何, を三千兩, を受けた, を毎晩

▼ へたところ~ (5, 0.3%)

1 だ, だよ, で何ん, なので, もつて

▼ へたなりに~ (5, 0.3%)

4 健康は 1 一度も

▼ へたまま~ (5, 0.3%)

1 その前, 凝と, 死んでるところ, 走り出しました, 降りて

▼ へたもので~ (5, 0.3%)

1 中には, 其文は, 常に君側, 政府も, 文淵堂の

▼ へた~ (5, 0.3%)

1 その機敏, に人並, のモウソウ藪, はあの, はじめてド

▼ へた二人~ (5, 0.3%)

2 の使丁 1 の從者, の戦争狂, は互

▼ へた~ (5, 0.3%)

2 である 1 が入, だ, や橋本静水

▼ へた~ (5, 0.3%)

1 の不朽, の手紙, の顔, の魔力, れが

▼ へた~ (5, 0.3%)

2 の胸 1 の印象, は愕, は自分

▼ へた程度~ (5, 0.3%)

1 にこれ, のもの, の嘘, の幼稚, の調整

▼ へた~ (5, 0.3%)

2 は一般 1 は中, は凡人, は尤も

▼ へた~ (5, 0.3%)

1 にも嬉し, に絶望的, の艶, を上げる, を眼

▼ へただけで~ (4, 0.2%)

1 寄り集ること, 彼は, 死んだ, 繼續する

▼ へたでも~ (4, 0.2%)

2 ないのに 1 じぶん, 恥には

▼ へたなど~ (4, 0.2%)

4 仰つて

▼ へたばかり~ (4, 0.2%)

1 であつ, でなく東洋日本, でなく欧米, 投げつけて

▼ へたらし~ (4, 0.2%)

4 かつた

▼ へた~ (4, 0.2%)

3 臣の 1 に澪標

▼ へた人間~ (4, 0.2%)

1 に心から, の多い, の愚, の愛

▼ へた~ (4, 0.2%)

1 であらう, であり崩壞, といふもの, をも数

▼ へた印象~ (4, 0.2%)

1 に依る, は深甚, は甚だ, をいつ

▼ へた垣此頃言~ (4, 0.2%)

4 ひ出した築

▼ へた場合~ (4, 0.2%)

2 に始め 1 には支那, の称号

▼ へた~ (4, 0.2%)

1 出来, 害の, 暴風が, 纏は

▼ へた~ (4, 0.2%)

1 が多い, が連れ, だけであります, を伴

▼ へた~ (4, 0.2%)

1 から僅, であるらしい, に出たぎり, の冬

▼ へた~ (4, 0.2%)

1 だ, だが, です, ですが

▼ へた~ (4, 0.2%)

1 でアダム, に象っ, の中, の色

▼ へた~ (4, 0.2%)

1 であ, の名, の声, を送る

▼ へた結果~ (4, 0.2%)

1 か何れ, その値, を文章, を見る

▼ へた~ (4, 0.2%)

4 の子

▼ へた~ (4, 0.2%)

1 がおい, さ, の群れ, の背

▼ へたあと~ (3, 0.2%)

1 すなわち西紀前, で彼, をその

▼ へたかと~ (3, 0.2%)

1 いふに, 問うた, 思はれるふし

▼ へただけの~ (3, 0.2%)

1 ことさ, ことである, もの

▼ へたなり~ (3, 0.2%)

1 ぢつ, ぢつと, 女の童の

▼ へたな見透し~ (3, 0.2%)

3 などをつけ

▼ へたのに~ (3, 0.2%)

1 違なかつた, 違ひない, 違ひません

▼ へたばつ~ (3, 0.2%)

2 てしまひました 1 て眠つてしまつて

▼ へたほど~ (3, 0.2%)

1 であつ, ですから, 或る

▼ へたまでの~ (3, 0.2%)

1 ことだ, ことで, 事か

▼ へた~ (3, 0.2%)

2 うだつた 1 はらかな

▼ へた~ (3, 0.2%)

21 です

▼ へた~ (3, 0.2%)

1 の値打, の前兆, の取柄

▼ へた~ (3, 0.2%)

1 から出た, だの, で哥鬱賢

▼ へた~ (3, 0.2%)

1 お筆, お通, の心理

▼ へた張った~ (3, 0.2%)

1 ところ三人し, 主婦を, 勇吉の

▼ へた~ (3, 0.2%)

1 であると, で永代, になつて

▼ へた恐るべき~ (3, 0.2%)

1 芋粥が, 芋粥である, 芋粥を

▼ へた手紙~ (3, 0.2%)

1 がポケット, のうち, の中

▼ へた批評~ (3, 0.2%)

1 であつ, であるかの, を読み返し

▼ へた~ (3, 0.2%)

1 らしい形式, らしい考, 趣向が

▼ へた曲者~ (3, 0.2%)

1 さ, なかなか油断, は慶安

▼ へた最も~ (3, 0.2%)

1 藝者らしい, 貴重な, 進歩的な

▼ へた最初~ (3, 0.2%)

1 のもの, の人, の新年

▼ へた~ (3, 0.2%)

1 な声, な気, を詠じた

▼ へた正月~ (3, 0.2%)

1 の祝儀, はなんと, を今年

▼ へた~ (3, 0.2%)

1 が持つた, が膝, は手

▼ へた番頭~ (3, 0.2%)

1 の仲左衞門, の惠, の總助

▼ へた~ (3, 0.2%)

2 の茶箕 1 の天秤

▼ へた約束~ (3, 0.2%)

1 の手前, を取り消す, を男らしく

▼ へた言葉~ (3, 0.2%)

1 である, ではない, を写しとる

▼ へた~ (3, 0.2%)

1 である, ととり替へる, と言

▼ へた~ (3, 0.2%)

1 がどうも, の力, は一線

▼ へた静か~ (3, 0.2%)

1 な海, な湖, な調子

▼ へたあの~ (2, 0.1%)

1 信号兵は, 眼あの

▼ へたうとう~ (2, 0.1%)

1 それを, 引つか

▼ へたかの~ (2, 0.1%)

1 問題である, 魁偉なる

▼ へたかは~ (2, 0.1%)

1 こ, 明かに

▼ へたかも~ (2, 0.1%)

1 知れない, 知れぬ

▼ へた~ (2, 0.1%)

1 うして, にその

▼ へたそして~ (2, 0.1%)

1 ぐつすり寝る, その他に

▼ へたため~ (2, 0.1%)

1 しもなかつた, にお

▼ へただけに~ (2, 0.1%)

1 すぎませんでした, 過ぎぬやう

▼ へただった~ (2, 0.1%)

1 からへた, せいも

▼ へただらう~ (2, 0.1%)

1 か, と想像

▼ へたっと~ (2, 0.1%)

1 両手を, 地上にかが

▼ へたです~ (2, 0.1%)

1 からよく, 然し六十年代

▼ へたとき~ (2, 0.1%)

1 に土, に彼

▼ へたとの~ (2, 0.1%)

1 ことで, 二つの

▼ へたとも~ (2, 0.1%)

1 云ひ得る, 見られて

▼ へたのかも~ (2, 0.1%)

2 知れないし

▼ へたばかし~ (2, 0.1%)

1 ぢや, なんだ

▼ へたふれ~ (2, 0.1%)

1 ていきました, て目

▼ へたまひ~ (2, 0.1%)

1 しものなれ, し如く家

▼ へたよりも~ (2, 0.1%)

2 一層大きな

▼ へた一つ~ (2, 0.1%)

1 の沼, の画期的

▼ へた一種~ (2, 0.1%)

1 の呪言的, の軍艦

▼ へた三組~ (2, 0.1%)

2 の五月人形

▼ へた事實~ (2, 0.1%)

1 を擧げた, を語

▼ へた五年前~ (2, 0.1%)

2 に比し

▼ へた人物~ (2, 0.1%)

1 だ, は無

▼ へた今日~ (2, 0.1%)

1 でもこの, でもその大きな

▼ へた仏壇~ (2, 0.1%)

1 のま, は水仙

▼ へた~ (2, 0.1%)

1 で総て研究, 殊に桂木

▼ へた作品~ (2, 0.1%)

1 である, なの

▼ へた儘灯り~ (2, 0.1%)

1 をつけさせなかつた, を点けさせなかつた

▼ へた功績~ (2, 0.1%)

1 の若干, を有する

▼ へた十七~ (2, 0.1%)

2 の秋

▼ へた十八~ (2, 0.1%)

2 の娘

▼ へた口調~ (2, 0.1%)

1 で上着, で猶も

▼ へた~ (2, 0.1%)

1 の宮殿ぢ, 沼です

▼ へた古い~ (2, 0.1%)

1 ものでなく, 葉を

▼ へた古狸~ (2, 0.1%)

1 が棲ん, に違い

▼ へた名称~ (2, 0.1%)

1 である, なので

▼ へた向き~ (2, 0.1%)

1 もあります, もある

▼ へた~ (2, 0.1%)

1 でございます, のやう

▼ へた~ (2, 0.1%)

1 がある, の爲め

▼ へた~ (2, 0.1%)

1 の従弟, は源護

▼ へた姉さん~ (2, 0.1%)

1 が何時, は居ない

▼ へた子供~ (2, 0.1%)

1 といふより, の学資金

▼ へた尚書~ (2, 0.1%)

1 との間, と墨家

▼ へた性質~ (2, 0.1%)

1 のもの, をも更に

▼ へた恩恵~ (2, 0.1%)

1 と五十歩百歩, の外

▼ へた意外~ (2, 0.1%)

1 であ, な事

▼ へた損害~ (2, 0.1%)

1 は店, は決して

▼ へた~ (2, 0.1%)

1 と過去帳一本, に

▼ へた~ (2, 0.1%)

1 がよく, が文學

▼ へた~ (2, 0.1%)

1 の事, の宵

▼ へた書翰~ (2, 0.1%)

1 にみる, の中

▼ へた~ (2, 0.1%)

1 強い暗示, 近信に

▼ へた~ (2, 0.1%)

1 の村, の背後

▼ へた~ (2, 0.1%)

1 な聲, に人類

▼ へた樣子~ (2, 0.1%)

1 は見えません, もなかつた

▼ へた死骸~ (2, 0.1%)

1 である, は亭主

▼ へた注意~ (2, 0.1%)

1 が守られなかつた, といふは職員

▼ へた~ (2, 0.1%)

2 に枯れ

▼ へた~ (2, 0.1%)

1 の俤, の気持

▼ へた~ (2, 0.1%)

2 がお

▼ へた男女~ (2, 0.1%)

1 が宮廷, の死骸

▼ へた~ (2, 0.1%)

1 の縁, の美し

▼ へた着物~ (2, 0.1%)

1 のひだ, もすぐ

▼ へた瞬間~ (2, 0.1%)

1 だけでなく, に太田

▼ へた~ (2, 0.1%)

2 一の

▼ へた美しい~ (2, 0.1%)

1 姉さんだ, 宝石の

▼ へた~ (2, 0.1%)

1 で叫んだ, を出す

▼ へた自分~ (2, 0.1%)

1 がお, の姿

▼ へた~ (2, 0.1%)

1 だ, もある

▼ へた記憶~ (2, 0.1%)

1 がある, なり回想

▼ へた~ (2, 0.1%)

1 ではない, で植物

▼ へた~ (2, 0.1%)

1 ではありません, のもんぢ

▼ へた~ (2, 0.1%)

1 だのいや, の斷片

▼ へた身振り~ (2, 0.1%)

2 をし

▼ へた通り~ (2, 0.1%)

1 に別れる, をそつくり其儘

▼ へた部分~ (2, 0.1%)

1 が多い, もあるらしい

▼ へた~ (2, 0.1%)

1 で何とも, はくつきり

▼1* [593件]

へたあげくどうにもとりとめ, へたあたりを漕い, へたあつしがお, へたある蘭書を, へたあゝ苦しい, へたへ離婚, へたうれしかつた, へたおくればへのま, へたかういふ風に, へたからと云つて同様の, へたからにはもう安心, へたからの名である, へたきまり文句だつた, へたきものは清き, へたぐされしてばたばたと墜ちて, へたけれど森に, へたけれどもその理窟, へたこの肉身を, へたこのわが凹めたる手, へたごく物静かな, へたしづかなしんみり, へたしぶとい狸と, へたしぼりの浴衣, へたじゃないか, へたすべての自由, へた臭くて, へたそれが言, へたそれから畚に, へたそんなことには, へただけでも彼女が, へたつもりだけれども, へたつららの樣, へたであるまいか, へたとあるのは, へたといつた様に聞えた, へたといふはなしも, へたといふほどの事も, へたとうもろこしが落ち, へたとかいふもので, へたとき目印の揺曳, へたところが未だ脚, へたとしてその批評, へたとでも言つたら, へたとると夜なべ, へたどうするつもり, へたなかなかの洒落者, へたながら大刀の, へたなどと仰つし, へたなどとは夢にも思つて, へたなどにも多少の, へたなやりかたで, へたなんていふもの, へたな死に方は, へたには相違ない, へたのだけは知らなかつたん, へたのちしばらく一人一人, へたのみに行かせた, へたばかりでまだ垢, へたばつた様子は午前, へたばつた私はそれでも, へたばらしたという話, へたばりよりも路, へたふとつた男が, へたへがたくなん, へたへんろ装束の, へたほかまだ渡す, へたほんたうの, へたぼくが狂熱的, へたまでである, へたまままつ黒の口, へたまま傍目もふらず, へたまま傍若無人に通り過ぎよう, へたまま女たちにむかつ, へたまま息絶れの, へたまま戸外へ出, へたまま穴に首, へたまんま眼を何時, へたみちと, へたむき出しの脚, へた同樣, へたものたちはひそか, へたものと考へて, へたもの柔かな中形, へたよいと曳けよ, へたようであつ, へたらしいいま其の, へたらしくほんの瞬間, へたそれに, へたわかものたち, へたわけであるが, へたわたしの指, へたわねもう放さない, へたわらひでせう, へたんでせう, へたアラビア商人達がワクワク, へたアルメーダには判らない, へたイデーによつて, へたガラツ八は不思議, へたキログラムになる, へたサンドヰッチをよそつた, へたセザールは一人フラ, へたテーブルクロスに態と, へたテーブル椅子のほか, へたニイチェが日本, へたニュースレヴィウをやらう, へたハガキの中, へたハガードの妖女, へたパイプをつけよう, へたビールの小, へたペアレット氏の功績, へたマスクの上, へたロココ風の寝, へたロシアの小説, へた一人前の男, へた一個の人間, へた一匹の生き餌, へた一座に活気, へた一文に, へた一本の野薔薇, へた一番美しい物, へた一瞥は敵意, へた一筋の街道, へた一群が乗込ん, へた一通の書牘, へた丁丑八月七日の書牘, へた七律の中, へたけで, へた三人で探偵小説, へた三尺に足りない, へた三方の上, へた三色氏の觀方, へた三輪の萬七, へた上一篇の文章, へた上二階の梯子, へた上句遂に斯ん, へた上句涙を滾し, へた上新に大, へた上私を庭, へた下女の杉, へた下山真弓は燬けた白砂, へた不意の新しい, へた世に比ひなき, へた世にも珍らしい, へた中年の紳士, へた中臣の家, へた丸顔の老, へた主人の家つき, へたか二十, へた九千六百圓で拂, へた九州中国の総, へた九百八十八兩の小判, へた事物我々の生活, へた二十七円は天引, へた二度目の投書, へた二頭の猪, へた二體の怪物, へた五彩の光焔世界, へた人々を検, へた人為的構図も此人, へた人生は時に, へた人自身である, へた人足の肩, へた仇名であ, へた今日これを明治, へた今月の送金, へた以上他の大抵, へた以外には出ない, へた任務は恐らく, へた休暇として斯, へたをまた, へた佛教の經典, へた侮辱の後, へた修正の最も, へた倒木を越, へた偶然である, へた僕らのうしろ, へた僧禪鑑が英祖王, へた急いで, へた儘胸悸して, へた儘銀色の目, へた氣とを, へたの殿松, へたの市, へた先づは申分, へた八五郎はすぐ, へた八畳の日本間, へた公卿侍で文武兩道, へた兵三郎が何者, へた其の勢力の, へた其後の窯業, へた具足を十太夫, へた内容を持ちこたへる, へた処女を現神一人, へた出來合の棺桶, へた切り行き違, へた刑事のいふ, へた初子は其世系, へた劇壇人の自己練成, へた力強い音楽の, へた動機に因る, へた勘定で話し, へた十名の患者さん, へた十手の白磨き, へた卯平の頭部, へた厚母麻子と彼, へた住, へた反駁文と同じく嘗て, へた取り外し小脇に抱く, へた古跡をたずねよう, へた右翼主義者があつ, へた同伴者の方, へた同勢四人の手, へたで初, へたと世間, へた吹き流し形の天蓋, へた呑気さうな山番, へた命令だつた, へた和談だから, へた咽び音の, へたを組ん, へた唐辛いろづく, へた唯一の功績, へた善品が少く, へた団扇をそろ, へたい塚, へた圧力の圧倒的, へた地図にははたして, へた垣根は嚴重, へた執筆法は即ち, へた報告書の一節, へた壓迫の手, へた変化の力, へた夏蜜柑に皮, へたの影響, へた外光はもの, へた外國人の多, へた多年の精神的暴虐, へた大きい眼の, へた大きな功績は, へた大佛壇のある, へた大陸そのものすら變りつ, へた大黒さまと釣竿, へたをうらめしく, へた天窓を撫でた, へた天竺の蕃蛇剌馬, へた太子なの, へた奇妙な恩賞, へた女婿全安, へた女房でない證據, へた女房たちの為事, へた女毎日来ては, へた女達に見られなけれ, へた女隱居の死骸, へた好奇の瞳, へた如水隠居の意外, へた姿が夢, へた嬉しさから, へた官爵がいろ, へた実在の旅館, へたがあっ, へた家柄で父, へた密偵を捕縛, へた寿命の尽きる, へた將軍の二字, へた猫ほめ, へた小さな医院, へた小柬がある, へた小説のやう, へたが晴れ, へた山登りの道具, へた山門を入る, へたを成し, へた川口三郎案の曽我廼家種, へた左門の迂闊, へた巨樹大木が宮城, へた巻煙草を濡らした, へた市五郎や庄吉さ, へた帝王は何れ, へたには既に, へた平次は八五郎, へた年月の風雪, へた幾日の骨折, へたでなくつちや, へた庚午の書, へた庭つくりの心, へたが賓客歓待, へた弓箭取る身, へたさから, へた張ってしまいました, へた張つた勇吉の背中, へた張つた恰好で死ん, へた張つて居たん, へた張りそうに, へた張る二人の, へた当り芸なの, へた形跡は少し, へた影響言ひ換, へた役人に云, へた彼女は主婦, へた往年の若き, へた後今に至る, へた後太陽や地球, へた後妻で自分, へた後山から来る, へた後母の郷里高知縣佐川町, へた後茶ぶ台, へた後飄然とジャワ, へた微笑を浮べる, へたは二十六歳, へたのカラクリ, へた心境の一端, へた志都歌の返歌, へた忠義者萬助の伜萬吉, へた怪物で人間, へた怪獣です, へた恥辱を忍ばう, へた恩封の帛書一巻, へた恩沢は今, へた悲しみを逆, へた惡影響は可, へた意味を理解, へた意図計画といふもの, へた意志とこの, へた愛嬌のある, へた愛情のあかし, へた感動を言, へた感化は大きい, へた感情の両足, へた慶長五年九月十九日附の書附, へた我家の周圍, へたは身, へた戦ひの夢, へた所以である, へた所以上に何物, へた手柄はこの, へた手柬の断片, へた手記を讀ん, へた打撃の結果, へた打撃あれほど白昼, へた打撃深刻を極めて, へた批判を今, へた抒情力が見られる, へた抒情歌に比べる, へた押勝の讒言, へた拷問の鞭, へた故意の潤色, へた教室の中, へた教訓もかう, へたかも知れない, へた文学座の仕事, へた文明的形式及び其精神, へた文獻を知らない, へた文章でその, へた文章上の斧鉞, へた文芸を書残す, へた斎木素子であつ, へた日本の力, へた日本劇の衣裳, へた日本画壇においてもその, へた日本画家であつ, へた明治政府のインテレスト, へた時代にも地方, へた時分隣室に客, へた時期である, へた時田辺をし, へた時私は眼, へた時翁助の妻, へた時自然に眼尻, へたでも小, へたにせよ, へた書中に, へた書数通関五郎が復, へた書等を引い, へた最良の器具, へた本物の徳利, へた本誌編輯者の表面的, へたが日光, へた村人らは海, へた東京女の勝気さ, へた東洋の秋, へたをふくらます, へたから二尺, へた柔和な顏, へた柔軟な鞭, へたが立ち, へた槍一すぢ, へた様子で訊き返した, へたを織る, へた權力を更に, へたに相違, へた歌舞妓の太夫, へた此年文政四年五月二十六日の書牘, へた武士で當時四面楚歌, へたんど, へたであるから, へた毛糸小売店の女房, へたは幾流, へた彌の, へた気持で眼, へた気持ちであつ, へた水のをり, へた水蜜桃はいか, へた水面には岸, へた永い間の, へた汚れた夢の, へた江戸紫の金紗縮緬, へたの底なし, へた河原町の人達, へた河村重固と, へた釋中に, へたばかりだ, へた浪人者の石卷左陣, へた小さい島, へた海水のなか, へた海賊であ, へたは時に, へたい小鉢, へた温泉に白く, へた溜池の小波, へた溜涙が一度, へた瀬戸の火鉢, へた火矢のやう, へたがかすか, へた爺さんが体, へた片手を中, へたが出来た, へた特典である, へたを自分, へた独身ものはここ, へた狼藉を演じ, へた献身と開発, へた獵虎の皮, へた獸類の骨, へた玄関わきの部屋, へたと市民, へた理由が大, へた生活力を盛返す, へた産物の意義, へた用人の山岸作内, へた田畑之助, へた甲吉は庭, へた男たちが, へた當時の仲間話, へたの青, へた疲れた足取りで, へた痕跡がたしかに, へた白い表紙の, へた白き瑪瑙の, へた白金の時計, へたを右肱, へた眞中を分け, へた眼付をし, へた知る人は, へた短小ながら確乎, へた石垣からは, へた石段の上, へた祖父母にも盛ん, へた神樣といふの, へた神父であつ, へた秋祭の傅統, へたれな労作, へた山村の, へた種族の語, へた積りでしたが, へた空缶からは煙, へた端然とした, へた筋肉のたるみ, へたのなか, へた粗末なもの, へたとして是, へた紙縒その先, へた細竹に蔓, へた紺碧の潮, へた経験でもある, へた結婚前のこの, へた絨毯に似た, へた絹江の方, へたの端, へた續篇とも見るべき, へたから精神, へた美女の蕊, へた義理でもない, へた賊の, へた老女のたしなみ, へた老木が天, へた老松は枝, へたの上, へたが二三品, へた胆太の, へたのうち, へた能力上の制限, へたはどんなに, へたをゆすぶつた, へた興奮がや, へたの暴行, へたが, へたが平俗的, へた芝居最中に左, へた花嫁のお, へた苦勞ばかりを追憶, へた苦心がこの, へた茶褐色の瞳, へた茶話会に彼, へたのたけ, へた葉鶏頭に, へた蒼ざめた雪子が白い, へた藝術であると, へたが效, へた藩中の朋輩石郷時, へた虐待と凌辱, へたの行衛, へた蝙蝠は籠, へた行きずりの老婆, へた衝撃をわれわれ, へたを見, へた複雜な表情, へた西港の水, へた要素が目立つ, へた見得坊で, へた見解ではあるまい, へた覚えがある, へた解答は次, へた記事と写真, へたを勝手, へた註釈なの, へた証拠としてか, へたは大抵, へた調子になり, へた警官が走, へた郭の, へた貴族は夫, へた資格なん, へた賞め詞だ, へた赤銅色の女, へたがある, へた足音がした, へたがある, へたを炉端, へた身體を越えた, へた辨当が供せられた, へた農民を拘束, へた辺りを, へた返事のうち, へたるよう, へた這ッている, へた連中で撥亂反正, へた週番大尉が以前私, へたではない, へた遠い故郷の, へた部屋があつ, へた都合のい, へた都鳥を見, へた里恵の情, へた野猿山羊的の形骸, へたの手, へた長尾氏のヒユッテ, へたの扉, へた關係から早く, へた限りやはりジヤアナリスト兼詩人, へた陰鬱な顏, へた陳列所の関係者達, へた障子のなか, へた離れの居間, へた電報は實, へた霊感も小さい, へた露草のやう, へた青年だつた, へた青年灯台守に厚意, へた非常に低級, へた非行は成るべく, へた音樂家にワグネル, へた音無村に父祖, へたをぐつと前, へたの印象, へた風景画である, へた飼桶が置い, へた養子はまだ, へたの生活, へた騒々しさで, へた験しもなく, へた鬱憤からことさら, へた鬱蒼たる緑, へた鬼怒沼を探, へた魔もののこと, へた魔法の豹, へた魔物の豹, へた魔術の命, へたかな色, へたのジェリー, へた黄昏時であるのに, へた黄金豹だぞ, へた黒川寿庵に屡々, へたに於