青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ぶり~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ふる~ ふるえ~ ~ふれ ふれ~ ふん~ ~ぶ ぶ~ ~ぶつ ぶつ~ ぶらぶら~
ぶり~
~ぶん ぶん~ ~へ へ~ へた~ ~へる へる~ ~へん へん~ べからざる~

「ぶり~」 5221, 56ppm, 2050位

▼ ぶり~ (1078, 20.6%)

57 見て 39 振って 33 して 28 振った 20 見せて, 見ると 14 示して 12 発揮し 9 振つた 8 ふって, 発揮する, 見せた 7 振つて, 示した 6 みて, 知って 5 ふった, みせて, 一つ見, 発揮した, 眺めて, 聞いて, 見ても 4 しながら, する, みせました, 振る, 振ると, 見せるの, 見れば

3 [15件] した, するの, ながめて, みせた, もって, 振りながら, 振るの, 横に, 眺めながら, 示しながら, 見せること, 見ては, 見るに, 見物し, 観察し

2 [47件] したかと, したの, した女, し始めました, すること, するぞと, そのままに, ひそかに, みても, みると, 人が, 伺つて居た, 信用せず, 偵察に, 受けるの, 変へて, 愛して, 披露した, 持って, 振るよう, 掉って, 是非遺したい, 書いて, 期待し, 次の, 發揮した, 眺めた, 研究し, 示したが, 示したこと, 示し始めた, 考えて, 聞くと, 自分の, 見せたこと, 見せたの, 見せたり, 見せなければ, 見せると, 見たとき, 見つめて, 見ながら, 見ようとして, 見るの, 見物しよう, 露骨に, 饗け

1 [594件 抜粋] あがめるよう, あたかも彼女, あたりに, いうこと, いささか持て余し, いちだんと引き立たせ, いま言った, いよいよおかしく, うつして, うつす事, うなずいて, うらやんで, おおらかに, おさえかねる顔付, おたがいに話し合った, おもて, お感じ, お聞きなすっ, お見せ, かしく揺り出しづけ, かしく搖り出しづけ, かぞえたてた, からかって, きいた, きかした方, きかして, きかせて, きつぱりと否定, きょう思いがけない, くりかえしくりかえす, くれ猛獣使い, こ, ことばに, これらの, ご存じない, さも得意げ, されたこと, されても, されるの, されるもの, したもの, した一人, した男, した鉢, した顔, しない, しは, しました, しようと, しらべるよう, し烈女気取り, じっと見, じろじろと, すっかり明, すまし込んで, するじゃ, するという, するとは, するやう, するん, する者, すれば, そぞろに, そっくり芝居, そのころ剣客仲間, その小説, その絵, たえず眼, たたきに, ただ見, たって止めた, たのしみ死ぬ人間, ちっとも見せず, ちつと, ちょいちょい眺め, ちょっと撓めた, ちょっと直し, ちょっと見せる, ついその, つくづく眺め, つづけなければ, つづけようと, ではなし, とっちめて, ととのえる, とらないの, どう考え, どちらかと, ながめながめするうち, ながめながら, ながめやった, ながめるにつけ, なさるの, なるべく幼少, ふったが, ふつた, ふつて, ふりました, ふり目, ふる大吉, ほとんどわが, ほとんど一度, ほのめかす, ほめたり, ほめるの, ほんとに怒, ぼく自身が, まねて, まね後, みせ, みせたの, みせつけられると, みせなければ, みせるの, みせ芸術的, みた眼, みるにつけ, みるの, みれば, みんなに, もつて, もの珍しそう, やっちまいましてね, やって, やや自慢, よくし, よくしゃべる, よく知つて, よく見, よく見よう, よく覚え, よろこんだ, わきに, わざわざその, わらって, ウンザリする, スクナの, チャンと, 一つ拝見させ, 一層いなせ, 一応考え, 一時に, 一本づゝ持つ, 一眼でも, 一葉は, 一通り検討し, 一部落の, 上げ人々, 不快と, 与八が, 主と, 主人に, 五日にわ, 人に, 今の, 仰ぐ眼もと, 伝えて, 伴ふ, 何か, 作りその, 供給した, 偲ばせるに, 偲んで, 僕は, 充分に, 全く飛行, 内々スケッチした, 写生しはじめた, 分化した, 利用し, 加へて, 勘左衛門から, 勿怪の, 十左衛門が, 半分そちらへ, 参考までに, 参観し, 取って, 取ろうとも, 口を, 叫んだ真, 同盟国の, 君に, 呆れ顔, 咎めだても, 問題に, 喋られたくないん, 喜び自分, 嘲りきれない語調, 変える鳥, 変え新た, 変ずべしと, 変な, 外人特有な, 大変心に, 妙に, 始めた, 姫君たちは, 嫉妬と, 完全に, 客にも, 宣言し, 容れた, 寄せて, 密に, 察すること, 尋ねて, 少し羨ましく, 展開した, 巧みに, 布かれる上, 帰る早々, 引いて, 引くもの凡そ三箇所, 強く振った, 彩つてゐる, 得意に, 御覧なさい, 心がけて, 快く感じた, 思いかえして, 思い思いに, 思い浮べた, 思うと, 思うなどは, 思わせる, 怪しむのみ, 想像し, 想像せしめる, 愛されて, 愛でて, 感じたので, 感嘆し, 感心する, 慕い高名, 慰めるよう, 憎く思, 憤慨し, 或は才人ぶり, 手ひどく揶揄, 手拭で, 批評し, 抑えて, 拝見し, 拝見したいです, 持たない, 持ちこんで, 指摘し, 振ったが, 振ったら父, 振っても, 振つたそう, 振つたの, 振りな, 振りましたその, 振ります, 振りゃァ, 振るので, 振るやう, 振舞いながら, 振舞って, 掉る, 描き司馬父子, 描破した, 改めて, 数字の, 整理し, 敵ながら, 早くあなた, 時々吟味, 晦まし又は, 暗示し, 更によく読者, 替えて, 村の, 杞憂する, 案じて, 棄てろ, 標榜し, 欣んで, 殆ん, 気に, 汝らは, 決して不快, 沖に, 注視し, 注視した, 海陸に, 満喫し, 満足の, 無遠慮に, 然るべくととのえさせ, 熟視し, 物色し, 物語って, 猪之, 現して, 現すが, 現わし, 現出し, 異様に, 発揮したら, 発揮しだした, 発揮しなかった, 発揮しろ, 発揮し得ない, 発案し得た, 発見しまし, 發揮し, 盛んに, 監視する, 目のあたりに, 目撃し, 目玉だけを, 真似て, 真似間拍子, 眺めたという, 眺めた場合, 眺めると, 眺める時, 眺め胸, 瞠目し, 知らないから, 知らぬもの, 知らん顔を, 知りかつ余, 研究しない, 磨げりし, 示さないと, 示しただろう, 示したもの, 示した例, 示し合って, 示し折角, 示し貸, 示すが, 示すこと, 示すその, 示すの, 示すよう, 示せば, 示威する, 祝福いたす, 称えきょう, 笑われるの, 笑止がっ, 筆者は, 篤と視察, 編み出し念仏踊り, 續けて, 置いて, 羨しがっ, 羨しく思っ, 考えると, 耳に, 聞いてから, 聞いても, 聞くよりも, 聴くこと, 聽い, 自分から, 自分で, 自分ながら, 自分への, 舞わせて, 薄々知っ, 蚊に, 行う時, 行ふ, 行ツて, 衒って, 表明しない, 表面に, 褒めた, 覆面ずきんの, 見かけると, 見ざるべからず其の, 見せ, 見せたいもの, 見せたが, 見せた言い方, 見せつけられたか, 見せつけられるヨッちや, 見せないで, 見せないと, 見せなお, 見せぬこっち, 見せびらかすつもり, 見せましたもの, 見せます, 見せゆったり, 見せようと, 見せようとは, 見せられただけ, 見せられたので, 見せる, 見せるから, 見せるさ, 見せるといふ, 見せるに, 見せる人, 見せる洒落気, 見せれば, 見せ五分, 見せ初めました, 見せ弦, 見せ音絵, 見たから, 見たの, 見たら蜂谷良作, 見たり, 見た上, 見た気, 見ない振り, 見に, 見まもって, 見まもるの, 見まわして, 見やぶられたらしいと, 見よ, 見ようと, 見られて, 見られること, 見る, 見るか, 見るからと, 見るが, 見るといった, 見るにつけ, 見るやう, 見るよう, 見る事, 見る機会, 見ろの, 見初めて, 見学し, 見学に, 見息, 見来歴, 見聞きする, 見聞する, 見聞できる, 見送って, 見送りて, 視察し, 覗う, 覗かして, 覗きに, 覗ひ知る, 親切に, 解いて, 解く一つ, 言いようの, 言つた, 計算し, 記事に, 評して, 詠んだもの, 試みたたしか, 試みなくとも, 話した, 話すの, 詳述し, 誇って, 認めずには, 認められた半蔵, 認め好意的, 語っては, 語り床の間, 説くの, 説明し, 誰は, 調法がらず, 警戒し, 讃めて, 讃歎した, 讃歎する, 買って, 買つて上陸した, 賞めたてた, 躍らして, 身に, 軽蔑した, 逐一記し, 造って, 違えたの, 適当に, 釣つた苦心を, 釣つてしまつたのである, 鑑賞し, 閑却する, 隠すこと, 非常に, 面白おかしく, 顫わせながら, 食い入るよう, 高く買った, 高氏は, 鼻に, 鼻頭で

▼ ぶり~ (709, 13.6%)

15 して 10 街へ 6 眼を 5 御飯を 4 心を, 目を 3 なって, 入浴し, 入浴した, 変りは, 来て, 来庵, 飯を

2 [36件] くらべて, ごまかされて, したり, した手拭, なった, なるだろう, なるであろう, やつと, よると, イタリーから, ホッと, 一度ずつ, 仕上げて, 入浴あゝ, 入浴さ, 出て, 向けられて, 呆れて, 呑まれたよう, 夫人は, 帰って, 新聞を, 東京へ, 気を, 清らかな, 満足し, 目が, 腹を, 興味を, 舌を, 見とれて, 見るふるさと, 訪ねて, 酒を, 非常な, 魂を

1 [572件 抜粋] あきれ返って, あこがれを, あしらって, あたった, あった先生, あてつけて, いいお天気, いくらかでも, いちいち腹, いった, いつしか遠慮, いなかの, いふので, うちとけて, うまいタバコ, おどろいた, おれも, お会いし, お母さんの, お目, お目にかかるの, お陽様, かえって, かかる, かかわって, かぶって, かわって, くすりと, くらべると, ぐつすりと寝, こっちへ, ことごとく満足, このエリセーフ氏, この京, この地, この辺, この邊, ころりん, こんなこと, ざわめいたが, した可愛らしい, した帽子, した鳶, し松坂木綿, すぐ目, すっかり感心, せめてもの, ぜひとも必要, そぐわぬ調子, その全力, その杯, その石, それが, そろえながら, たいし不逞, たがいに, たしなめられる心地, たちまち頽勢, たづねきた伯母, ちと飲みすぎた, ちょっと行燈, ちよこなんと, ついに覚えぬ, つかいちらしまず, つかう道具, つこりした, つりこまれて, であった兄弟, とうとうへし折っ, どういうもの, どうやら自分, なったという, なったな, なつかしい海上, ならないで, ならなければ, なられしよ, なりすぎるよう, なります, なりますか, なりもこそ, なる, なるが, なると, なるとは, なんだか夢, なんと申しましょう, ひきかえあまりに, ひつかけた, ひとり腹を, ひょっくり戻っ, びしゃびしゃと頬辺を, ふうわりと, ふさわしいところ, ふところを, ふるえあがって, ふれた感想そのもの, ぽー, まず感心, また催される, まね申す, もどり, もはや疑い, やって, やって来ると, やっと待望久, やっぱり感服, やや意外, やや滿, ゆっくり眠りたい, ようやく寃罪, よく似, わしの, アイタという, アメリカから, カラリと, カングリ警部も, キョトンと, コツプ酒一杯そして, シャッシャッと, スッカリ感激し, ソヴェト五ヵ年計画以後の, ポートセイドへ, ムッと, メーデーの, ヤスナヤ・ポリヤナを, ランプを, リードされ, レストランの, 一しょに, 一人きりで, 一同が, 一挺の, 一杯ひつかけた, 一種の, 一緒に, 万千代や, 三人に, 上方見物を, 不届きあり, 不愉快を, 不満を, 丹下左膳, 主権を, 乗ったところ, 予も, 二人で, 京都で, 京都の, 亭主が, 人が, 人間に, 人間万歳の, 今更の, 仰いだ宗矩, 会えて, 会ったあいさつ, 会つた子供は, 会つた弟だ, 会ひたる, 会社へ, 伝馬牢から, 似あは, 似て, 何となく心がかり, 何とも云え, 何時しか遠慮, 余り子供, 依ってこそ, 入浴, 入浴する, 入浴二三杯ひつかける, 入浴剃刀が, 入浴帰途金策の, 入浴身も, 入浴髯剃, 全身の, 全軍, 其處で, 内心快適な, 再びこれ, 再び相, 再会した, 冷汗を, 出かけるそして, 出会ふと, 刀を, 初めて彼女, 初めて雑誌小説, 別れて, 利発あらわれ, 刺戟され, 刺戟される, 力を, 努めた, 動かされた事, 動物園に, 勧める仏国産, 区名が, 原稿紙や, 又もや感心, 又江戸, 友達が, 反撥し, 反映する, 口の, 句稿, 各所共通の, 同情し, 名も, 含まれて, 呆れ果てたの, 呑まれた氣味, 周次は, 味方も, 哄笑する, 唇を, 唖然と, 喫ふたのである, 嗚呼新鮮, 嘆息を, 四人で, 圧倒され, 圧倒された, 圧倒される, 坐りまして, 堪へられなくな, 堪忍が, 変化が, 外出, 外出する, 外出散歩が, 外出梅は, 大奥から, 大満悦, 大漁に, 大雨を, 天下の, 太平洋の, 夫人の, 女房, 好奇の, 好奇心や, 好奇心を, 妨げられて, 婆さんの, 嫌厭を, 実母子以上, 宵の, 容易ならぬ疑, 寝床を, 尊敬を, 少からず, 少からぬ, 少しゆっくり話し合う, 就いて, 層雲へ, 山橘の, 左近中将に, 布川が, 帰った子供, 帰りて, 帰京し, 帰京しました, 帰府した, 帰朝し, 帰朝する, 帰還した, 平らかで, 平和が, 平和な, 床を, 床揚げする, 弁信は, 彼は, 彼女のも, 御飯がは, 復帰する, 復活し, 心が, 快く疲れ, 快飲歓談, 思ひ出, 怪金属, 恋して, 悉く朗, 悠然とこたえ, 悩まされ詩人バルザック, 悲しくなる, 愕い, 愕か, 愛でて, 愛着を, 感じて, 感じられる, 感じるたび, 感嘆した, 感心, 感心させられない, 感心し, 感心した, 感心する, 感心せぬ, 感激し, 感激した, 感謝する, 慊なかっ, 慊焉たらざる, 慣れず武骨一遍, 慣れ慣れて, 懐かしい温容, 懸隔の, 成功し, 我家, 戻った, 戻って, 戻つて行つて, 手を, 手入れを, 手拭を, 手鏡を, 打たれたん, 打ち克つた気, 抑揚を, 持つて, 挨拶の, 捲いて, 掃く垣根, 揺り上げるよう, 擢を, 故国に, 故山の, 故郷に, 故郷の, 散歩らしい, 敬服し, 敬服する, 新子は, 於て, 旅順へ, 日本に, 日本へ, 明朗に, 星空を, 昨年, 時として余りに野放図, 書綴っ, 有頂天に, 朝の, 木谷村へ, 机に, 東海道線の, 止まりたくないと, 歩いて, 歸つた子供は, 殆ど不快, 殷んな, 母に, 毎日寂しゅう, 毒気悪気を, 比して, 比べて, 民主的市民としての, 気が, 気づくほど, 気分の, 水いらず, 江戸へ, 油断が, 法師が, 法水の, 波打って, 浦上の, 海魚の, 淡泊無雑なる, 深かった, 温泉浴温泉は, 温浴垢を, 測り知られぬ平々凡々, 満月が, 溢れた, 濡らしけるかな, 炭火を, 点燈だいぶ, 煙草を, 燈火を, 父母の, 理想的に, 理髪し, 理髪そして, 甚だおどろく, 生きて, 由て, 畏縮し, 畑仕事にも, 疑点を, 癇を, 白唐桟の, 白雲も, 盛岡へ, 相逢う, 相違ない, 瞼の, 硬ばっ, 碓氷峠を, 私は, 突然君, 精を, 終りました, 経験する, 結いあげて, 絶望し, 編針を, 老父を, 聞く時, 聴従の, 職場仲間の, 腑に, 腹の, 自分が, 自然の, 興味が, 舞い戻った, 艇内に, 芸者と, 茶壺らしい, 蔭日向という, 血を, 街の, 表われ, 襷を, 西も, 見えるの, 見た居士, 見た最初, 見ると, 見るなつかし, 見る城介, 見る平安, 見る彼女, 見惚れた, 親の, 訪ねたおかげ, 話しあつ, 話しかけると, 話した, 語らいて, 読みな, 護送の, 豊吉は, 豪華な, 貫一は, 起きて, 起床入浴身心清掃, 起床自粛自戒身辺整理身心や, 踏んだ故国, 身の毛を, 転化する, 軽い反感, 近い文章, 近づくこと, 這入って, 逢う直前, 逢う顕官, 逢った友達, 逢ッて, 連れて, 連れ立って, 連れ立つて, 道庵すっかり, 道後の, 道順が, 遠つ, 遠慮を, 郷里へ, 金沢へ, 銭の, 錢形平次も, 長文の, 関西の, 降って, 降参せざる, 陸地の, 電車の, 青空を, 面会し, 頤を, 頬を, 頭から, 頭を, 風を, 風呂でも, 飲んだ酔うて, 馬の, 馬酔木居を, 驚かされたよう, 驚かぬ人, 魅力を, 鳴らして, 鼓の

▼ ぶり~ (518, 9.9%)

16 あつた 6 帰って 4 東京へ, 自分の 3 ゴーリキイが, 何か, 弟の, 故郷へ

2 [24件] ござりました, すらあつ, はじめて地, ほかの, わかった, ソヴェト同盟に, モスク, 一枚の, 三島駅から, 始めて, 彼に, 彼は, 我家に, 故郷に, 故郷の, 日本へ, 来て, 栄さんの, 江戸へ, 私は, 窓の, 逢ったって, 郷里を, 陸地を

1 [428件] あいつらが, あけようと, あたりを, あつたの, あぶなくなっ, あやか, いい心持ち, いじって, いっしょに, いっそうの, いる筈, うちへ, うれいの, おふくろに, おまけに, おめにかかった母堂, おもひだ, お会いする, お前に, お掃除かたがた旦那様, お江戸, お浜, お湯を, お目にかかる, お訪ねした, お話を, お逢い, お顔, がっかりしきっ, きかせた, こういいました, こういう平和, ここに, ここの, ここへ, こちらへ, この先生, この師匠, この手帳, この美しい, この貧しい, この間無事に, こんなお, こんなおいしい, こんな喜び, さっぱりと, しずしずと, しなかったので, すがた, すぐ分る, すこし買えました, せう, そうし, そこらを, そのアルプス小屋, その使者, その女, その廊下, その森, その男, その竹, そばで, それが, それと, それにいつも, それを, それ以上は, ただじっと, ただ可憐, たべるかと, ちょいと, どうしてのぼれる, どこかの, どちらかと, なお米友, なつかしい川, なにげなく荷物, なんでも, はじめて御飯いっぱい, はじめて静か, ひとりでにバラック, ふりかえった, ふるさとへ, ふんだ, ぶらりと江戸, ほとんど物, また往来, また札幌, また海, また肩掛け, また長いながい, まだ女, まともに, みな一様に, めぐりあったが, もって, やって, やって来た, やっとあなた, やっと三鷹町井, やっと大気, やっと思い, やや生活, やりたいという, ゆたかでした, よくわかる, りっぱな, わかるだろう, わしも, わたしの, イギリスらしい, オリオンの, コクの, ザントヴィーケの, スラスラと, スースーと, ズボンを, ソレントから, テク, ニージニへ, バンド, パリで, ホテルから, マア坊の, ヨーロッパから, ルパンへ, ロシアへ, 一匹の, 一同を, 一寸ベルリンに, 一日遊びに, 一本あげましょう, 一種無気味な, 七年ほど, 三月四日には, 三間間口の, 上つて来る, 上京した, 下女たちを, 不倖, 与八は, 二人は, 二時過ぎに, 二百石まる, 二等車に, 二階じゅうが, 云わば, 互いに顔, 亡国の, 京都の, 人波は, 人足どもに, 人間らしい食事, 今日しも, 今日の, 今日も, 今日突然, 他家を, 以前の, 伊太夫は, 会った, 会ったの, 会った友, 会つた, 伯林の, 伸子の, 佐々が, 何が, 來て, 倉の, 偶然袈裟に, 先月帰朝した, 光ったものの, 兵部の, 其今に, 再び巴里, 再び幸福, 再会し, 冬の, 凝固した, 出あったの, 出かけて, 出て, 出来あがった, 出歩行くに傘, 分るやう, 初めてその, 初めて細工場, 匂いを, 十一月二十三日に, 十六人の, 十月十日に, 半蔵の, 卑怯な, 危うく陸沈, 去れと, 去年また, 叔母と, 古典俚謡の, 可懐しい, 合図を, 同じ場合, 君は, 呉服たとう, 呼出し茶屋の, 品川へ, 問いかけると, 喘いで, 国の, 圓朝は, 土曜から, 地球に, 城の, 変った姿, 変化させられた, 外へ, 外国から, 外気に, 夜の, 大久保を, 大坂表へ, 大阪で, 大阪へ, 天草から, 奇妙な, 奥さんが, 奥には, 女を, 女房をも, 妻は, 姉さんの, 始めてあの, 婚約者が, 学生服に, 學生, 宇之助さんが, 実の, 実家の, 宮に, 家へ, 家族の, 富井の, 小さな實, 小村静雄の, 小林に, 小林君を, 小澤碧童の, 山門の, 差が, 帰ったの, 帰つて来た, 帰り当分休養, 帰る, 帰る人, 帰る体, 帰る江戸, 帰庵した, 帰郷した, 座を, 彩っても, 彼が, 彼の, 彼も, 彼女は, 御下向, 御所へ, 御目, 忍び遍歴の, 思いがけない栄達, 思い出の, 思ひがけ, 恋人に, 愉快そうに, 愛吉に, 感傷的に, 懇意に, 懐かしの, 我が家の, 或地方, 或者, 戸塚の, 手錠なし, 挨拶し, 接した光秀, 故国に, 新温泉, 日曜らしい, 旧知に, 昔の, 書いたの, 書いて, 書斎へ, 會った, 會つたのだつた, 會へた二人は, 月を, 服装を, 本當, 来たのにと, 来ようと, 東京に, 林町の, 染, 柳生の, 桃代と, 梅林の, 業平橋の, 款待す, 此奴を, 歩く草道, 歸つて來る, 母校に, 気持ちよく腹, 汽車の, 湯に, 満座の, 準之助氏と, 火星が, 炉辺に, 炎の, 無沙汰見舞に, 熱海へでも, 父が, 珍事出来, 生れ故郷の, 生家へ, 用事が, 田舎の, 町へ, 病に, 病院から, 癇癪を, 相撲を, 相逢うた, 着て, 知れた, 祖国に, 私たちの, 穏か, 突然彼, 立ち上つた, 立派に, 経営次第では, 結局は, 練りますから, 美しい花, 美沢に, 老主人, 而も, 聞いたの, 聞く先生, 自分たちは, 自分は, 自分はちよつと, 自分一人の, 自家用の, 色の, 艷な, 芥川の, 花の, 英語が, 草庵に, 葉擦れの, 蒼くなっ, 蟻も, 行つた, 街を, 表されて, 見つけ出されたの, 見るこの, 見ると, 見るなつかしい, 見當, 親子の, 親愛なる, 解かれて, 解放された, 言えば, 言葉を, 訪ねて, 訪れたとき, 話の, 語り過ごした, 読みながら, 請願者に, 謄写版刷りの, 豪傑肌こそ, 貴方に, 買えるかも, 踊りの, 踊り出しました, 軽井沢から, 近代的な, 通り過ぎて, 逢うかの, 逢うのに, 逢うわけ, 逢った二人, 逢った従兄弟たち, 逢った従妹, 逢つた, 逢ひました, 遊びの, 道庵が, 邂逅した, 郷里に, 郷里下総の, 野上さんの, 金の, 金瓶に, 銭湯には, 鎌倉に, 阿波へ, 降りて, 除かれた, 陸を, 陽の, 雨が, 静かな, 頸根っこに, 風の, 飛んで, 食うたうまさよ, 食堂へ, 食慾の, 駈足, 高源寺を, 黒川は

▼ ぶり~ (480, 9.2%)

7 酒だ 5 間に 4 ような 3 ために

2 [35件] い, いいこと, いい松, うちに, おもしろい松, ことである, なかを, やうに, やさしい松, よい官員, ように, 一分は, 中に, 今日の, 入浴, 入浴か, 再会を, 出版である, 外出そして, 好い松, 対面を, 挨拶を, 故郷の, 方が, 柳の, 歌は, 歌を, 盗賊が, 脛白き, 良い松, 良い樹, 話が, 邂逅は, 酒で, 酒は

1 [391件] あいさつを, あざやかさ, あだつ, あまりにあざやか, あみに, あわただしい帰朝, あわただしさ, いい, いいの, いいもん, いい一番, いい大, いい大臣, いい技師, いい教員, いい方, いい村上様, いい柿, いい篝屋奉行, いい臘梅, いい虫, いかに峻烈, いかに徹底的, いかに怖, いや生れ, いわゆる網旦那, うつくしいくろまつ, ええこと, おもしろさ, お手紙午後, お蔦, お風呂, かいがいしい三十女, こと, ことか, ことで, ことでしょう, ことばつきあらあらしき, こと葉つきあらあらしき, この陽, こまやかさは, これは, こんな生活, すこし年, すごいこと, その記憶, その鮮, ため機械は, つかれを, ところいろいろ, ところが, ところへ, どこに, ないこと, ないの, なかに, なびくの, ひさごやで, ひとかけ, ひとり暮しを, ひどかった, ふるさとのちしや, まじめさが, めざましさ, ものだろう, ものは, やうな, よいとき, よいひと, よい又, よい山田八蔵, よい山茶花, よい有名, よい梅, よい男松, よい見上げる, よい黒松, ようにも, よかった, よくなかった, よさ, わが家, わけだ, アルコールいや, アルコールだ, キメの, シネマ見物だらう, チョビ安だ, ドブロクの, ハムレットは, プラタナスすつかり, ホテルである, ポーズを, ロンドンも, ロンドンを, 一つが, 一本や, 七堂伽藍, 上陸に, 下に, 不愉快, 世界を, 中から, 中で, 中でも, 中には, 中を, 二つの, 人に, 人達が, 人間の, 仕事終った, 休息を, 会見である, 会話であり, 何や, 余裕は, 作家たちが, 作家では, 佳いの, 侍が, 入浴で, 入浴である, 全体には, 全面的感銘から, 再会か, 再会だ, 再会である, 再会に, 再会一生に, 冷害に, 冷麦なぞが, 凄じ, 初期の, 到る処, 創作であった, 力の, 力を, 動くの, 単純な, 古い形, 古陋頑迷, 名人です, 名人でも, 含まれて, 味は, 商いは, 嘆賞や, 器械を, 坊さんが, 垢を, 増すばかり, 声と, 声を, 夏草を, 外出, 外出で, 外出である, 大仰な, 大刀を, 大名の, 大吹雪, 大嘘つき, 大変ものに, 大根や, 大荒れだった, 大變もの, 大雪だった, 天才で, 太田筑前守が, 女が, 好いお客, 好いでつ, 好いスタアレット氏, 好い少尉, 好い松の木, 好い渡し守, 好き櫻あり, 好天気, 娘さんが, 子に対して, 存外に, 完成でなく, 実意を, 家族が, 家族を, 宿五日ぶりの, 寄する, 富士男の, 寓居であった, 寛闊な, 対談, 対談だらう, 対談である, 対面いつも, 対面が, 対面だらう, 対面の, 小さな松並木, 小粋, 川渡りを, 師弟の, 帰参が, 帰朝は, 帰郷な, 帰郷に, 平地の, 形の, 徃訪で, 後むきが, 後晴に, 御きしょうともみえませなんだ, 御飯, 御飯である, 御馳走に, 徹底さかげんを, 徹底的な, 快い目覚め, 快飲, 悦楽ぐらいにしか, 想いを, 意味が, 意見は, 愛すべき可憐, 態度を, 懇なる, 所作, 所作は, 手が, 手紙さし上げた, 手紙は, 手際の, 拙劣さ長い, 推移を, 描き方, 教職に, 敦忠を, 整った木, 文には, 文章の, 新兵器, 旅川周馬だ, 旅行で, 日本の, 旱魃との, 明るさ, 春, 晴れた日, 曙山さんは, 服薬だらう, 服装で, 朝湯だ, 木の, 東京での, 松葉杖で, 果敢なさ, 柔い, 柱と, 植疱瘡では, 横暴と, 樹に, 次々に, 歌として, 歌に, 歌の, 歌人だ, 歌風は, 殿御を, 水曜日であった, 洒々落々として, 消えて, 涙だつたらう, 湯である, 溝口健二田中三郎と, 濃厚な, 火星の, 煙うま, 熟練と, 爽やかな, 牛肉の, 物語を, 特徴である, 特異さとか, 犠牲に, 独善的な, 猛々しさ, 猛暑だ, 猿公は, 珍客泰軒に, 現象である, 甘や, 生家に, 由, 男々しさ, 痩せた達磨, 着実さと, 砂摺りの, 確かな, 示すが, 神に, 立った中, 立てるところ, 立姿を, 粘着力と, 精進落しに, 細かな, 細心な, 網に, 美しい木, 義である, 羽柴壮二少年が, 老女中が, 者は, 自分を, 舞, 良い木, 良い柳原, 良さ, 花籠よ, 若者の, 若者は, 華やかさに, 蔭に, 藤十郎と, 蜒つた松ばらばらの, 血の, 行乞だ, 行乞な, 行事だ, 街頭散歩である, 要領よ, 見るからに, 見るべきは, 観察から, 記事が, 訪問で, 訪問であった, 証人と, 話を, 語を, 読書したくなっ, 謙譲の, 賊が, 質の, 踊りを, 迅い, 遅いのに, 過程には, 違う所, 遠征に, 邂逅である, 邂逅に, 都入り, 酒だつた, 酒であり, 酒である, 酒な, 酒十一日ぶりの, 酒十四日目の, 酒四日ぶりの, 酒料理代を, 酒樽が, 酒肴である, 開きは, 關に, 雄々しさ, 雄大に, 雨だらう, 雨間に, 雪だ, 非本質性, 面會なる, 面白いと, 面白いの, 面白いやせた, 面白い松, 面白い美しい花, 面白い老, 面白さ, 領域で, 顔で, 顔の, 類諺集なぞ, 風呂, 風呂三日ぶりの, 飲みつぷり, 饒舌の, 饗應が, 馴染に, 魚か, 鮮や

▼ ぶり~ (396, 7.6%)

3 微塵も

2 [15件] これまた, さすがに, しなかった, ない, 国民を, 夢想も, 察する, 彼の, 徹底した, 手に, 見せないが, 見せら, 言語に, 追而可, 非常に

1 [363件] あっても, あてはまらない, あまりよく, あまりよくありません, いいし, いかにも手ばなし, いかにも親し, いくら月明, いちいち母, いったい何事, いつの, いつもと, いつも素朴, いつ頃, いまいかなる, いよいよこれから冴え渡らなけれ, いろいろ欠点, ういういしく泰軒, うしろ姿の, おさまって, およそ風格的, お客さんが, お目, お立派, お聞き及び, かなり効果的, かなり原始的, かなり堂に, かなり聡明, かねがね黒田さん, きかないかも, こうである, この人柄, この家, この時, この街道筋, これでも, これに, さすが豹, さながら鬼神, さること, ざっと次, しかしこれ, しだいに見られなくなった, しまい, じつにみごと, すぐ曹操, すこぶる不味い, すさまじい勢い, すっぽりずきん, すばらしいです, そうであった, そうは, その後一年以上つづい, それまでの, た, たいていいつ, たいてい察しられる, たしかに時次郎, ただ子供, ただ金銭, だれの, ちっと金回り, ちょうど小学校, ちょっと好く, つねに重厚, つゆ見えません, とても人間業, とにかくおかしい, とにかく鮮, とりみだしたという, どうした, どうだ, どうだった, どうで, どうでした, どうも納得, どう考え, どこへ, どちらも, どなたも, ないの, なおらないと, なかった, なかなかよかっ, ながく川中島合戦, なくいつも, なく今し方, なにに, なんでも, のつ, ひどかつ, ひどく彼ら, ほとんど水車, ほとんど見えない, まさにそれ, まずねえ, また格別, まだすこしも洗練, まだ眼, まだ覺, まるで原始時代, まるで梅君, みたい, むしろ小次郎, むしろ捨てた, むりもない, めざましいばかり, めざましいもの, もう舎, やがてもっと低能, やがて同列, よく使い, わかるが, アクロバットめい, カトリックの, ゴッホの, ゴーリキイの, ジンソク突入流線型, チョットほか, ホトホトです, 一つも, 一個所から, 一切為さざるべし, 一反も, 一方でない, 一方ならず, 一段の, 一般の, 一見信頼する, 一転し, 上手であるらしい, 不親切である, 両親も, 中国地方に, 中国女性の, 主観的な, 二宮尊徳に, 五つで, 人間並みの, 今に, 今までに, 今度の, 今更他人, 他人ごとながら, 伸子と, 伸子に, 伸子の, 伸子を, 何か, 何だ, 何と, 何ともタダ事, 何事だろう, 何様だった, 俗衆批評を, 保の, 偉と, 僚友の, 元禄の, 兄も, 先生たちの, 全く仏教, 全く有難迷惑, 全く西田哲学, 其等の, 到底お, 到底筆紙, 力の, 勿論だ, 千差万別である, 危なくて, 厳重を, 同じこと, 君に, 周知の, 塔の, 塵煙り, 変った, 変に, 変りが, 外科の, 大いし, 大したもの, 大ぴら, 大変な, 大方こういった, 大變, 大都会, 天下の, 天衣無縫の, 奥さんにとっては, 如何にも知ったか振り, 姑く, 威風あたりを, 子供の, 学生にも, 実に勇壮無比, 実に哀れむべき, 実に美事, 宮廷内へも, 容赦の, 寛いだ食膳, 将来に, 尋常一様の, 小男の, 少ししまり, 少しずつ, 少しも, 峻烈どころの, 常に正しくこの, 常に破竹, 平常ここ, 当時の, 当時戦乱に, 形の, 彼には, 彼等が, 彼等に, 従来演芸の, 微笑ましい, 徹底し, 心なき, 心に, 必しも, 忘れること, 思つたより, 恥づかしい, 惡いしのんだくれだ, 想像に, 想像の, 想像出来る, 愉快極まる, 慣れて, 戸倉老人や, 拒否した, 握手を, 改めなければ, 政権や, 政治の, 文学に, 日を, 日常と, 日本左衛門一まきとは, 明らかであった, 時にあなた, 時人の, 普通の, 曙覧をと, 最初の, 最大級の, 本で, 本当の, 板に, 枚挙に, 柔かいその, 極めて特殊, 次第に板, 正気の, 歯痒いもの, 歳月遙永であり, 殊にものものしかっ, 段々内容, 気に入らなかつたお, 気の毒にも, 気持が, 水際立った美男子, 永遠に, 決してただ, 決して顔色, 治郎左衛門も, 注意深くて, 滑稽な, 演習という, 炎熱灼く, 熱が, 爛酔であります, 特徴が, 猛烈で, 甚だの, 生みの, 生命がけ, 田植ゑに, 申すに, 異常で, 痛快で, 痛快と, 癇癪もちの, 白い渦, 盛んな, 目ざましいほど, 目の, 知って, 知らない顔, 確かに, 示さず眼, 示さなかった, 神経的に, 私たち日本の, 私たち若い, 私などの, 私には, 私は, 稍堅実を, 立派だ, 竹矢来と, 笑えないわ, 簡明で, 米友自身だけで, 紋服たる, 純朴と, 素人の, 素子は, 紳士の, 組織の, 絵画的に, 絶大な, 罪を, 聊かも, 自信と, 自分ながら, 自分の, 自暴の, 自然に, 至って香しく, 致しません少し, 舞台に, 若松屋惣七も, 華々しいそれ, 見えなかった, 見せないで, 見たこと, 見事で, 見事であった, 見事にも, 言ふ, 言葉つきから, 記録には, 許されぬこと, 許すべき限り, 証人の, 誠に眼ざま, 読者の, 誰にも, 貧乏人の, 蹴とばしたろう, 辰巳も, 途中で, 通り一ぺんな, 通り一ぺんの, 通り一遍の, 造花に, 遠き, 都の, 野獣か, 障子一重の, 非常な, 頂点に, 頼もしい, 馬を, 馬鹿に, 驚嘆に, 黒い背広

▼ ぶり~ (379, 7.3%)

4 上るぞな 3 いやに, ど, よくて, 一様に, 引いて

2 [16件] あまりにも, ある, あるが, あれば, いつもとは, それを, よかった, 一樣に, 例の, 婆さんの, 彼の, 気に入らないの, 違って, 都会に, 非常な, 面白い

1 [328件] あがった, あくまで六韜三略的, あった, あって, あまりに仰山, あまりに日本画風, あまりに真剣, あまりよ, あまり巧み, あまり知られ, あまり際立った, あまり鮮, あり, あり不, あること, あんまりなごや, いい, いいから, いいったって, いいとかで, いいの, いいッ, いかにも気軽, いかほどプロ的, いちいち貴婦人, いちどきに耳, いっそう厳重, いつまで, いつもの, いよいよ消化, いよいよ酣わ, うかがわれて, うかがわれる, うれしい, え, おかしいから, おかしいほどの, おキライ, お君, お粂, お葉, お銀様, かえってなに, かえって私, きいたもの, きいて, きくん, げにや, ことにいさましい, この人, これでは, こわいかね, こんなにも生粋, して, しゃんとし, じぶんたち, すぐわかった, すっかり変った, ずいぶん見事, ずいぶん親密, そこいらへん, そのまま海外, その真剣, たいへん気にいっ, たえず大, だいぶ引きしまっ, ちがう, ちがうよ, ちやうど, つい知らず, つづくはず, つとめて, できなくなって, とび出して, どうか, どうだ, どうも私, どこやら, どんなだつた, どんなに破天荒, ない, ないわい, なお話題, なかなかで, なかなか鮮やか, なくて, なんという, なんとなく二人, ねえから, はしなくも道庵, はたの, はっきり浮かびました, ひどい, ふしぎであります, ほぼその, またそれぞれ個性, また描き出された, まったく違っ, まるでちがう, まるで民主日本, まるで違う, みえ驕ッ, むうとするほどな物を, むしろグロテスク, もはや堂, やっぱりお, よいぞ, よいとは, よくいつも, よくなっ, よくなる, よくなれる, よく我々, よく現, よく見えます, よけいに, よほどおかしかっ, わかった, わかりきって, わかる, わかるという, われながら, イマイマしく, オープンだつた, ヒドク気に入った, 一つの, 一層思い合わされる, 一層静か, 一度経過, 一生の, 一番私には, 一般的な, 七年以前よりも, 上って, 上るぞなと, 不公平だ, 不審でたまりません, 不愉快であった, 不意気, 不承知らしい, 世にも荒っぽい, 事実を, 人間の, 今は, 今日とは, 今日まで, 伝染し, 伸子を, 似合う女, 何だか落ち着かない, 何となく本物, 何よりも, 余りに傍若無人, 信用を, 値打が, 先に, 全く不如意, 其基調に, 凄かった, 出来さうな, 出来なかったばかりか, 分るでは, 分るの, 分るよう, 初めて父, 到る処, 前の, 匹夫野人の, 午ちかい, 単純である, 又御覧, 取寄せられるよう, 可笑しいので, 同じやう, 吾が九州地方, 味方の, 哀れまざまざ, 場内の, 場合が, 変って, 変です, 多分に, 多少あらう, 大いに感動, 大そう, 好いという, 好きだ, 始った, 完璧的である, 実におもしろく, 実に日本独特, 実に要領, 宿の, 少からず, 少し訝しい, 山のせゐ, 店員先生の, 彦九郎に, 彼には, 御感に, 心配で, 必要だ, 念入りだ, 思ひだされて, 怪しかった, 悪いから, 悪いの, 悪いので, 悪かった, 想い出された, 想像され, 想像できる, 意外の, 愚かな, 憂えられて, 憎らしく思われました, 敗戦の, 旨いの, 昔と, 時々爽快, 暴露される, 書いて, 書留めて, 最も鼻持ち, 村にも, 林権助伯を, 横柄に, 武士大名への, 歯切れが, 母親の, 毎事緩怠至極, 気に, 気に入ったからなどと, 気に入ったらしく皆顔色, 気に入られたもの, 氣に, 水際立って, 決して不思議, 沁みて, 沢山出, 活き活きし, 浮んで, 激しいので, 炭坑中に, 無数の, 無礼に, 爆笑の, 狼狽し, 珍らしい, 現れたまま, 甚だ怪しい, 甚だ悠長, 甚だ気に入らん, 男の, 癪にも, 発揮される, 皆すんなり, 目だちました, 目に, 目の, 直吉, 眼に, 知りたかったか, 示されて, 私の, 秩序立っ, 穏か, 空想せられる, 突如と, 窺われた, 窺われます, 窺われる, 立優っ, 立勝っ, 米友かぶれが, 続けられるか, 美く, 腑に, 自分に, 自分にも, 至って寛大, 苦しいの, 荒削りで, 華手だった, 落ちついて, 著しくな, 薄暗いのぞき, 融合し, 裏づけられて, 見えた, 見えたら抜きうち, 見えようとも, 見えるから, 見えるの, 見せとうござったによって, 見たいもの, 見ものだ, 見られるの, 見事でござった, 記, 調子よく, 讀めたん, 買へ, 蹌, 軽快さを, 輝いて, 過ぎたと, 違い従って, 違うが, 違うって, 違うとか, 違うの, 違う上, 違った, 違っては, 違わあ, 間違ってでも, 闇の, 階級的発展の, 雲霧を, 面憎くて, 面白く障子, 頭に, 頭の, 飄々として, 飛石に, 驚くほど, 高山彦九郎に

▼ ぶり~ (194, 3.7%)

3 なかった 2 ありません, あり一日, ないの, よかった, 見たり, 見て

1 [179件] あさましくなっ, あざやかに, あった, あったが, あらゆる病気, ある, あるみんな, ある家, いつと, いつもと, いろいろに, うれしくて, おのずから練れ, おもしろいし, おもしろくない, お目, お見せ, お見せ申し, こうひど, ここまで, この範囲, さこそと, しなかった, しよう, じつにケチ, すっかりフランス, すべて母の, せぬが, そっくりです, その人, その頃, ただそこら, ちょっと悪, どこへ, ない, ないで, なか, なかなか面白い, なくそのまま, なくって, なくみ, なくやがて, なく冷然, なく坐った, なく普通, なく曇った, なく柳髮, ひどい代り, またかなり, またそう, また人なみ, また気, また直義, まるで別人, もっと引立, やはり同じ, やや種切れ, よいが, よくは, よく二枚目, よく花弁, わかって, わかってるの, わかるの, ヒポコンデリーの, マンザラでない, 一つ落ち, 一向に発揮, 一層目ざましかっ, 一新した, 一様で, 一段と冴え, 不安の, 不良少年の, 中国には, 亦十中八九, 仄見える, 今は, 今夜だけは, 仰げません, 似たよう, 低俗きはまる, 低俗きわまる, 其頃には, 出現した, 初めに, 初めの, 匂わしちゃ, 十人並親を, 十郎左の, 可愛くて, 向後追, 吶々と, 哀に, 型に, 声も, 変えなければ, 変るし, 大きくこせ, 太きに, 女が, 好もしいし, 対等の, 尊氏は, 底の, 得手勝手の, 心持も, 思いやられる風, 思われないでも, 恋愛も, 悪くない, 惡く, 想像される, 振舞えなかっ, 故なき, 春のやの, 時と, 普通の, 模範的だった, 歌曲が, 武門の, 気にく, 烈しくて, 父に, 珍しいが, 理由なき, 畢竟は, 異彩で, 癪に, 着物の, 社交的であった, 神妙で, 私には, 笑止と, 粗豪, 綺麗だつた, 考へ方, 聊は, 聞いて, 自信満々だ, 自分のに, 良いが, 良いその, 蒸, 蔵六の, 見えたよう, 見えない, 見えないぜ, 見えないので, 見えなかった, 見えなかった福岡, 見えぬ姑, 見えません, 見える, 見せずに, 見せず平然, 見せず玉槍, 見せないでも, 見せないよう, 見せなかった, 見せなければ, 見せぬという, 見せませんでしたが, 見せるの, 見たくなった, 見ッ, 見届けました, 詳しくは, 負けずに, 身に, 達者だ, 遠慮なしに, 酔いどれの, 金まわりも, 非常に, 面白くない, 顔も, 養父の, 鮮か

▼ ぶり~ (146, 2.8%)

3 湯の 2 いひ身分がら, 較べて

1 [139件] あの名優以上, あまりに違っ, いい, いいこんな, いいそして, いいその, いい人品, いい今, いい妹たち, いい草履取, いい頭脳, いうべきだ, いうべきもの, いうより, いえば, いったらなかっ, いったら天下周知, いったら生, いったら自分ひとり, いって, いっても, おなじく若者たち, お見舞, お酒, かねがねお, きたらなんと, きた日, きちゃ, くらべて, こういうもの, こっちが, この春, これはね, すこしもかわっ, そしてまた五輪書そのもの, その温厚, それにたいする, ちがって, どこかで, なって, なりて, なり此方, ふりこむるきはぞむしろすがしき, また混雑, また自分, もともと浮気, やさしいおとなしい様子, やるよう, よく曲げ, カメラの, クラマールの, ソックリの, 一つ, 一方に, 世間師, 乗出す, 二つ描い, 云って, 云つて悪けれ, 云ふか千年振りと, 云われて, 人の, 伊庭の, 似ないので, 何たる異い, 何処にも, 信玄謙信あたりと, 傷口とが, 吐いた, 外交ぶりとを, 天才に, 妻君の, 姿で, 存じますどう, 室内温度が, 小栗君の, 川の, 廻転させ, 強がりを, 当惑しきった, 微かに, 徳利を, 思いあわせて, 思いくらべて, 性格の, 愛想気の, 抜り, 来たらハタ, 来たら大変, 枝ぶりとを, 正子とは, 殺気を, 比較し, 気取りましたさ, 水の, 汝の, 沈むごと, 浪よ, 浴槽の, 浸けて, 浸して, 漲り返る笛吹川, 無関係である, 煽を, 物の, 物言いとは, 用水へ, 田舎者ほどの, 申しあの, 申し枝ぶり, 相容れる, 眉根に, 砂浜に, 突込む, 纒綿たる, 耳の, 見るの, 見事な, 観察し, 解釈される, 言いこうして, 言えば, 言はせる, 論功行賞などの, 諧謔交り, 謂ふ, 謝罪ぶりの, 赤水の, 野風呂に, 金の, 長閑な, 降りてる其, 降り出して, 陸の, 階律を, 頭脳とは, 駆けめぐった, 鳰は, 鳴る響き

▼ ぶりかで~ (113, 2.2%)

2 お会いした, 図書館へ, 會つた, 私の, 見上げる夜空

1 [103件] あきらかに, お正月の, お母さんに, お母さんの, ぐつすり眠つたが, ここで, この手紙, その人, その眼, その近く, そんなどてら, はいこんにちわケロン, ふと出会った, まあまあ心からおめでとう, めずらしい女の子, やっと正式, やつて, やつと, わが家の, イエーツの, ピアノに, ペットは, ランプを, 一緒に, 三平に, 不思議に, 久し振りに, 二度目の, 今年は, 会ったと, 会った叔母, 借金しない, 内部を, 再び開かれた, 出会った, 出版された, 割合繁く, 十三, 口に, 句作気分にな, 名古屋の, 国の, 土曜日の, 外に, 夜の, 奴豆腐を, 存分に, 守時の, 家へ, 寝る広々, 岡崎へ, 市民たちが, 帰国する, 帰省する, 弘養館へ, 彼と, 彼を, 彼女の, 心から, 手紙といふ, 手紙を, 故郷に, 新聞を, 旧を, 早朝の, 本当においしかっ, 母の, 毎日の, 洛陽の, 浅井は, 満喫した, 満足する, 灯が, 熊吉の, 父と, 牛乳を, 珍しく上野, 現世の, 理髪入浴それから, 生きた人間, 産みの, 申し所, 省線に, 穴ぐらから, 素子が, 自分に, 落付い, 行った, 西洋映画を, 見た今夜, 見た菜穂子, 見る新宿, 見る道太, 諸君の, 近頃も, 逢うたの, 逢った我が, 鎌倉で, 零下何度の, 青山へ, 食った汽車弁当, 食つた汽車辨當の, 鹽原へ

▼ ぶり~ (70, 1.3%)

83 と謂, もの 2 つた, という, ということ, といっ, なあ

1 [46件] いろいろ話も, お吟ひとり, か, からね, から米友, か築地, がしかし, がその, がそば, がなお, が童女, けれどそれ, けれど何だか, しえら, つたそれだけ, つたな, つた声が, つた草だらけ埃だらけ黴だらけだ, つていふ, といふ暑熱, といわなけれ, とかある, とかいうこと, とかこれから, とすれ, とても何, とねたん, とは思いません, と判断, と彼, と思い, と思いました, と思います, と思った, と沼津, と知っ, なア, の, よ, わ, ナその後, ネ, 折よく, 持参の, 牝虎偈を以て, 酒豆腐お

▼ ぶり~ (58, 1.1%)

1 [58件] いろいろの, おはなし, がる, ご自身, しみじみと, すべての, ていねいな, であった, またけられ, また孔明, アがって, ウィットを, コンタンを, ワイシャツの, 事件の, 仕草には, 信心深い, 全体の, 出獄し, 刀脇差などを, 利いた風, 危なげの, 口の, 商人ぶりが, 喰いぶり, 声や, 売り買いの, 座敷牢時代の, 庶民の, 御主従, 態度で, 態度には, 手練手管に, 挙動で, 授業ぶりは, 日常用いる, 晩年の, 物尽しの, 甲虫を, 矚目発想法や, 立ちあ, 繊細な, 繼母の, 花の, 花ばかりを, 花を, 蛇目傘や, 表出などを, 見え坊の, 規模などについての, 論告や, 謡いぶりに, 足の, 身近な, 陰口に, 非礼は, 首尾不首尾も, 香気を

▼ ぶりには~ (56, 1.1%)

2 流石の

1 [54件] あいそも, あばずれた, あまり注意, いくらか本当, いろいろの, おせい様, おのずと峯子, ここでも, さすがの, しっくり合っ, すきが, そのむかしダルマチヤ, その日, それが, そんなふう, ただあきれる, どこか, ほとほと感心, むしろ憎悪, わるくない, キリストも, 一驚を, 万事について, 下宿の, 不親切な, 人の, 仇敵と, 以前に, 伸子の, 何となくとりとめ, 何の, 信綱以下大いに, 及ぶもの, 噴き出すほか, 変りは, 大抵の, 彼女が, 忠相も, 恐れ入った, 惚れんばな, 感心し, 手の, 日当りの, 松の, 油断ならず, 私も, 縁が, 至極滿足, 記者も, 誰あっ, 遠近四方敬服せざる, 酔っ払いの, 驚かなかった, 魂が

▼ ぶり~ (39, 0.7%)

4 のである 2 の, のだ, のであった, のです

1 [27件] のが, ので, のでさすが, ので意外, ので此方, ので私自身, のに反し, のに圧倒, のよ, のを, ひげ, んでしょう, んです, 力を, 口を, 太い息, 奴だ, 手紙は, 抛物線を, 曖昧さを, 樣子で, 横目を, 理論癖と, 目を, 素振りを, 話し方を, 食事を

▼ ぶりにも~ (39, 0.7%)

2 秋分の

1 [37件] あらわさないで, あらわれて, うかがわれるの, かかわらずエンジン, ご存じない, さっしられるの, さては又, そんなところ, どこか, どちらにも, なる, 一つとして, 人並以上の, 他人へ, 何処か, 出さないよう, 各火山, 困りますよ, 多少腑, 妙に, 少なからぬ, 影響を, 捨てがたい, 気づかない弦, 満足しない, 特徴が, 現れて, 知れたならば, 私たち日本人を, 窺はれる, 竹村が, 見せないで, 見せなかつた浅はか, 見せぬ, 見せませずただ, 限りが, 顔を

▼ ぶりから~ (38, 0.7%)

4 推して 2 して, 云っても, 家族の

1 [28件] しの, ちょっといさかい, みても, 云えば, 伸子にも, 出た, 分るの, 分化した, 天下晴れ, 学ぼうと, 家で, 察するところ, 想像せざる, 推すと, 昨今の, 期待した, 本式の, 枝ぶり趣味好尚に, 注意し, 独特な, 看抜いたの, 絶縁された, 考えますと, 見ると, 言って, 転化し, 遊戯に, 遠ざかつたたをやめぶりを発生

▼ ぶりでは~ (27, 0.5%)

2 あるが, ない

1 [23件] あったろうが, ありません, ありません眼前, あるけなかった, あるまいと, お気に, たしかに誰, どうやら徳川家, ないの, ない生, なかった, なかつた, なかつたが, なくて, なく馬飼, 一ヶ年の, 先ず十中八九, 問わずとも, 是が, 松夫の, 歴戦の, 煽られ一方, 鎌倉から

▼ ぶりという~ (27, 0.5%)

7 ものは 3 のは, ものが, ものを

1 [11件] ことについて, ところだろう, のである, ものについて, ものも, ように, 大爆発, 奴が, 暑さ, 暑熱で, 珍しい獅子舞

▼ ぶりつい~ (23, 0.4%)

4 て来た 3 てゐる 2 ている

1 [14件] たり座敷中, たり撲っ, ていた, てしまうらしい, てついに, てぶらさがっ, てもあい, て了つた, て来, て来よう, て泣いた, て泣き喚いた, て泣き立てる, て眼中

▼ ぶりである~ (22, 0.4%)

1 [22件] いつの, からかかる, から恋愛, がこれ, がそれ, が会社側, が併, が感慨, ことの, とあなた, と見る, にもかかわらず, のだろう, のです, やうな, よ, ような, 事を, 会社へ, 僕の, 入浴木炭を, 所の

▼ ぶりであった~ (20, 0.4%)

2 そうだ

1 [18件] かも知れぬ, から, からその, からです, から無駄話, から羞恥心, がやがて, しその, だけに私, ということ, とか, と言う, と言っ, のだ, のである, ので故郷, のに二度目, よ

▼ ぶりです~ (19, 0.4%)

2

1 [17件] か, から, からお松, から仕掛, から御, から米友, が馬春堂, し幾島さん, ねえほほ, ねまた, もの, ものね, よ, わ, 十六年の, 科学の, 靴を

▼ ぶりかの~ (17, 0.3%)

1 [17件] お魚, ことだった, ことね, その古池, ただの, ゆっくり手紙書き, 一杯を, 京都を, 健康を, 天気な, 姉の, 所蔵品の, 月が, 谺である, 銀座です, 雨らしい, 電車も

▼ ぶりでした~ (15, 0.3%)

2 から

1 [13件] から兵馬, から北原, から慈悲, から浦, から集まった, から面々, が, がおし, が宿, けれどもそれだけに, けれどワザ, ねえ左膳, の

▼ ぶりについて~ (15, 0.3%)

1 [15件] いつか私が, いろいろ心配, いろいろ楽しい, この間から, ちょっとした冗談, みれば, 何と, 例を, 好奇心を, 常に注意, 彼女たちが, 患者は, 省作も, 私に, 話の

▼ ぶり~ (13, 0.2%)

1 [13件] かえって他, だし, だった, だつた, へす, 久しぶりで, 四年ぶりかで, 固体の, 幾月越か, 忘れたほど, 武士的であった, 知れないので, 石の

▼ ぶりかに~ (13, 0.2%)

1 [13件] その身, それを, わが家へ, 佐藤に, 出あった男, 女という, 女として, 巡りあった行人, 父親にでも, 生甲斐の, 笑ふ, 行きあうて, 雨かと

▼ ぶりなど~ (13, 0.2%)

1 [13件] およそ毎会ここ, さすがと, だった, なかなか立派, によつて, まことに凡, もう少し含蓄, 彼女は, 微塵も, 知れたもの, 見たい気, 見て, 言ふ

▼ ぶりだった~ (12, 0.2%)

2 ものです 1 があれ, とある, とかおなじく, な, なあ, なア, ね, ねえ, のでしょう, のです

▼ ぶりでも~ (12, 0.2%)

1 [12件] ありませんでした, ある, あるそう, その動作, なく勿体, なければ, よくわかっ, わかるとおり, わかるよう, 充分に, 見えれば, 見せたなら最後

▼ ぶりとは~ (12, 0.2%)

1 [12件] いえ錦, いつも必ず同じ, まるでくらべ, まるで違う, ガラリと, 何という, 全く性質, 婦人画家として, 目だって, 自ら違う, 違つて温厚篤実心の, 関係なく

▼ ぶりなどを~ (11, 0.2%)

2 見ながら 1 きいて, ここで, それとなく洩れ, 何かと例, 宮は, 歴史的に, 眺めた, 見るごと, 語った

▼ ぶりにて~ (11, 0.2%)

1 [11件] そろ, 井伏さんの, 候ま, 再び二子, 大阪より, 実母お, 彼女と, 微笑む時毎, 忰の, 懷中時計を, 立帰りました

▼ ぶりながら~ (10, 0.2%)

1 一人の, 喜悦に, 店先を, 折々フウン, 樫の, 深き淵, 笑つた, 耳に, 良人の, 踊るの

▼ ぶりたる~ (9, 0.2%)

3 冠衣を 1 は竹田, や絵, を怪しとお, 大石乱立したる, 物も, 紙障

▼ ぶりなどは~ (9, 0.2%)

2 典型的な 1 いない, この事実, どうで, どうでも, ほんの一例, 何か, 推して

▼ ぶりまで~ (9, 0.2%)

3 したさうな 1 たしかにマリ子, まるで双子, わかるたア感心, 見せた, 違ったところ, 馴れなれしかつ

▼ ぶりだって~ (6, 0.1%)

1 ことを, なんだって, まんざら見捨てた, 不足は, 立派な, 近在の

▼ ぶりつく~ (6, 0.1%)

1 かといふ, かも知れぬ, ことによってのみ, やうに, ように, 人々の

▼ ぶり~ (6, 0.1%)

3 ぶりと 1 ぶり, ぶりど, ぶん

▼ ぶりもの~ (6, 0.1%)

3 にされた 1 にし, をかぶっ, をとり

▼ ぶりさえ~ (5, 0.1%)

2 見せられぬくるしく 1 なかった, 一目見れ, 見えなかった

▼ ぶり~ (5, 0.1%)

1 てゐる, て呼吸, 心抑, 為右衛門も, 爲右衞門も

▼ ぶりだの~ (5, 0.1%)

1 なかなかこの, 一門を以て, 奉公先から, 要するに相手, 見たまま

▼ ぶりついた~ (5, 0.1%)

1 かとみる, からよかっ, けれど腰, ところを, のでございます

▼ ぶりとかの~ (5, 0.1%)

2 暑さ 1 寒さ, 酷暑であった, 酷暑の

▼ ぶりとを~ (5, 0.1%)

1 わかりにくい, 怪訝り合っ, 感じて, 自家の, 賞めて

▼ ぶりなどが~ (5, 0.1%)

1 あたま, 一種崇高な, 濛々と, 物語られる, 際立って

▼ ぶりによって~ (5, 0.1%)

1 完全に, 目下の, 窺われる, 茅野雄は, 見れば

▼ ぶりに対して~ (5, 0.1%)

1 強い非難, 日頃心に, 白雲が, 神経を, 自分の

▼ ぶりこれ~ (4, 0.1%)

1 があの, が癇, も如水, 視て

▼ ぶりその~ (4, 0.1%)

1 まわりに, 世話ぶりが, 気分を, 疾駆ぶりあの

▼ ぶりそのもの~ (4, 0.1%)

1 がちょうど, にひそめられ, に一般的, の中

▼ ぶりだつた~ (4, 0.1%)

1 から, がさ, がやはり, やうな

▼ ぶり~ (4, 0.1%)

1 偶感を, 年は, 自ら處世の, 飼鳥の

▼ ぶりなら~ (4, 0.1%)

1 あの亡き文吾, こちらへ, 学問武芸なら, 自信が

▼ ぶりぬれ~ (4, 0.1%)

1 てなら, て枯れ, て青葉, て馬

▼ ぶりへの~ (4, 0.1%)

1 反感であった, 想像に, 感想をも, 潔癖を

▼ ぶり枝ぶり~ (4, 0.1%)

2 を見 1 あるのみ, の見るべき

▼ ぶり身ぶり~ (4, 0.1%)

1 まで加える, やからだ, をし, を使っ

▼ ぶりいや~ (3, 0.1%)

1 に, に大人ぶり, はや全く江州者

▼ ぶりきった~ (3, 0.1%)

1 声と共に, 彼は, 数千の

▼ ぶりじゃ~ (3, 0.1%)

1 ありませんが, ねえか, アねえか

▼ ぶりだらう~ (3, 0.1%)

1 そこに, とゆき子, 山柿や

▼ ぶりちゃぶり~ (3, 0.1%)

1 と水, と長閑, と階律

▼ ぶりでありました~ (3, 0.1%)

1 から二たび, から老人, けれどもその

▼ ぶりでございます~ (3, 0.1%)

1 から道庵, 尤も五年前危難, 沖田総司様も

▼ ぶりでない~ (3, 0.1%)

1 か, と言, 調子を

▼ ぶりでの~ (3, 0.1%)

1 仕事と, 帰省と, 船旅だろう

▼ ぶりといった~ (3, 0.1%)

2 ような 1 方が

▼ ぶりといふ~ (3, 0.1%)

1 のである, ものは, 言葉は

▼ ぶりとか~ (3, 0.1%)

1 でこの, で雪, 立勝った

▼ ぶりと共に~ (3, 0.1%)

1 当時一般を, 彼への, 敵対国にとっては

▼ ぶりなどに~ (3, 0.1%)

1 して, 愛嬌の, 用は

▼ ぶりなる~ (3, 0.1%)

2 ものは 1 店の

▼ ぶりよき~ (3, 0.1%)

2 サンシユユの 1 をえらん

▼ ぶり付い~ (3, 0.1%)

1 てっ, てゆく, て來

▼ ぶり付いた~ (3, 0.1%)

1 つて笑や, んだろう, 相手が

▼ ぶり~ (3, 0.1%)

1 が徹夜, が据つて, を覚しかけた

▼ ぶり~ (3, 0.1%)

3 も立たず

▼ ぶり足ぶり~ (3, 0.1%)

1 で一種無気味, をし, を研究

▼ ぶり返った~ (3, 0.1%)

1 一人の, 家の, 藁葺の

▼ ぶり面白く~ (3, 0.1%)

1 乾すと, 海へ, 踊ります

▼ ぶりあの~ (2, 0.0%)

1 山峡の, 淡白な

▼ ぶり~ (2, 0.0%)

1 会いもし, 察し下さい

▼ ぶりかかる~ (2, 0.0%)

2 ような食い

▼ ぶりかと~ (2, 0.0%)

1 思いの, 思われた

▼ ぶりがよ~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼ ぶり~ (2, 0.0%)

1 かせる, 作りの

▼ ぶりぐらい~ (2, 0.0%)

1 だらう, で白山様

▼ ぶりこそは~ (2, 0.0%)

1 まさに金鵄勲章的, 色も

▼ ぶり~ (2, 0.0%)

1 へいたく, へ良

▼ ぶりたがる~ (2, 0.0%)

1 ところが, 性格を

▼ ぶりだろう~ (2, 0.0%)

1 か, と

▼ ぶりつき~ (2, 0.0%)

1 ながらおろおろ, 子の

▼ ぶりつき椅子~ (2, 0.0%)

2 をふりあげ

▼ ぶりとしても~ (2, 0.0%)

1 あまりあざやか, 平林たい子と

▼ ぶりとも~ (2, 0.0%)

1 見えないの, 見えぬ白旗

▼ ぶりなどと~ (2, 0.0%)

2 詠ずる者多く

▼ ぶりなどとは~ (2, 0.0%)

1 比較に, 違つて振

▼ ぶりなんか~ (2, 0.0%)

1 全く正直, 訊いて

▼ ぶりにおいて~ (2, 0.0%)

1 こうまで, 必ずしもいつもわたしたち

▼ ぶりにつれて~ (2, 0.0%)

1 唱歌し, 見上げると

▼ ぶりにまで~ (2, 0.0%)

1 なったの, 響くよう

▼ ぶりによ~ (2, 0.0%)

1 つて君には, つて忽ち

▼ ぶりばかり~ (2, 0.0%)

1 でなく院宣, では

▼ ぶりふつ~ (2, 0.0%)

2

▼ ぶり~ (2, 0.0%)

1 それとなく眼, 転化し

▼ ぶりやら~ (2, 0.0%)

1 またここ, わからない

▼ ぶり~ (2, 0.0%)

1 あなたの, 神來が

▼ ぶりよい~ (2, 0.0%)

1 男が, 花や

▼ ぶりよう~ (2, 0.0%)

1 がわかる, で引っつめ

▼ ぶりらしい~ (2, 0.0%)

1 からね, 様子です

▼ ぶりらしく~ (2, 0.0%)

1 庭を, 物質を

▼ ぶりをも~ (2, 0.0%)

1 拝し, 見せられた

▼ ぶり~ (2, 0.0%)

1 で銀座, に行っ

▼ ぶり何がち何顔何心~ (2, 0.0%)

1 のごとき, の如き

▼ ぶり加減~ (2, 0.0%)

1 に押し, に照れ切っ

▼ ぶり~ (2, 0.0%)

1 の均衡, の怒り

▼ ぶり悪き~ (2, 0.0%)

2 桜木は

▼ ぶり捌けた~ (2, 0.0%)

2 お吉

▼ ぶり暮れ~ (2, 0.0%)

1 てしまえ, て了うた

▼ ぶり流れ~ (2, 0.0%)

2 に浸し

▼ ぶり~ (2, 0.0%)

2 の子

▼ ぶり生活~ (2, 0.0%)

1 して, ときりはなされた

▼ ぶり細工ぶり~ (2, 0.0%)

2 を是非

▼ ぶり羽ぶり~ (2, 0.0%)

2 おもしろ

▼ ぶり~ (2, 0.0%)

1 のす, の色

▼ ぶり~ (2, 0.0%)

1 かたで, でまなざし

▼ ぶり返し~ (2, 0.0%)

1 がやう, を思はせる蒸し蒸しした

▼1* [317件]

ぶりが我鬼, ぶりああありがたい, ぶりあざやかに湖水, ぶりあたしが今年, ぶりあるのみ, ぶりいい長さに, ぶりいたせば沙汰, ぶりいろいろ時々につけて, ぶりいわしなどは臭気, ぶりヘッヘッヘッ頭から, ぶりおもしろい梨の木も, ぶりおもしろくおどりながら, ぶりおるが伊勢武熊, ぶりおれの腕, ぶりおれる処なりし, ぶりかけてゐる, ぶりかそけき紫の, ぶりかたで謂わ, ぶりかではぢめて, ぶりかなのだ, ぶりかにて田村とし子さんの, ぶりかへしの, ぶりかもしれないですね, ぶりからも読むこと, ぶりがちでしかも, ぶりがね妙な, ぶりきのやなぎ, ぶりくらゐな事, ぶりくらいでひょいと, ぶりぐらいで小田原の, ぶりけるよと示さる, ぶりこそ各, ぶりこの頃いかが, ぶりこんなでは, ぶりさえも見られないという, ぶりさすがにまだ, ぶりさだめしみごとであろう, ぶりさながらにすべすべ, ぶりしかも何となく奥床しい, ぶりしじなり, ぶりした女の, ぶりしぶりその夜, ぶりしまいにはいつも, ぶりじゃとながめて, ぶりすぎやしない, ぶりすなわちよそは, ぶりすら見られたの, ぶりすり苗も, ぶりそうしてあのはげしい, ぶりその後で彼, ぶりそれにひき, ぶりそれから学者めかし, ぶりそれらが村人, ぶりぞいの叔父, ぶりぞと父の, ぶりたかったのである, ぶりたつぷりの月並な, ぶりたのもしかったが, ぶりだかまわないから戸, ぶりだけでなく駒下駄, ぶりだけが敵ながら, ぶりだけでも見せて, ぶりだけにても観賞の, ぶりだけは腐敗した, ぶりだけを嘲つたもの, ぶりだっぺなアうちの, ぶりだになし, ぶりちょっとしたユーモラスな, ぶりやとながめ, ぶりつかれてかえって, ぶりつきたいやうな, ぶりつきましたのを, ぶりつき噛みつく代りの, ぶりつき荒川熊蔵よろしく抱きあげる, ぶりつく挑みかかるというよう, ぶりつこうとした, ぶりでありしかも顔形, ぶりでございましょうな, ぶりでさえあったが, ぶりでなくてはならず, ぶりというしかない, ぶりとかいうことであった, ぶりとかというような, ぶりとかになると, ぶりとから大きな感動, ぶりとがほんとうの, ぶりとそッくりそのまま, ぶりとだけがものを, ぶりとで彼らを, ぶりどころでは, ぶりなお天気では, ぶりなかなかによろしい, ぶりながらともつて, ぶりなぞもはや蜂谷重吉, ぶりなぞも殆ん, ぶりなぞを聞いて, ぶりなどで母子が, ぶりなどにはなかなか近親者, ぶりなども傍聴に, ぶりなんかでいつまでも, ぶりなんかにはもうビク, ぶりなんてそんな事, ぶりにおいても抜け駆けにおいても, ぶりにこそ興を, ぶりにさえ動揺する, ぶりにだって現れて, ぶりについては喝采する, ぶりにつき二言三言なじる, ぶりにてにぎはふ民の, ぶりにでも吾家に, ぶりにねえまァそんな, ぶりにもかへつて愛嬌が, ぶりによっても充分に, ぶりにわかに斜陽族ぶった, ぶりに対し単純な, ぶりのみがことばの, ぶりのみをためつすがめつして, ぶりはきはきして, ぶりひさしに出でし, ぶりひたつて水音に, ぶりひたるあふれるなかへ, ぶりぶりして, ぶりほんとに見て, ぶりまでにもしずかな, ぶりまでも家に, ぶりまでを人々は, ぶりみたいでいや, ぶりもしくは生活ぶりを, ぶりもも早や, ぶりやがつてと, ぶりやがって笑かしやが, ぶりゆゑおぼろになりし月夜と云, ぶりよく説きは, ぶりより御後室, ぶりとして立つ, ぶりわたれる長濱を, ぶりをさえ振ります, ぶりを以てみれば, ぶりアイクチをふりかざし, ぶりスカリスカリと歯切れ, ぶりチウタならトーキー活動, ぶりと飛沫, ぶりナポレオンの兵隊, ぶり一つにも杖, ぶり一層加り, ぶり一本の傘, ぶり一種の絵画的効果, ぶり一節唄うて, ぶり三年ぶりで帰っ, ぶり世間の代表ぶり, ぶり乍ら全身に血潮, ぶり二十前後と思われます, ぶり二十年ぶりなどで母子, ぶり付きそうな, ぶり付きましたよ, ぶり付くと京助, ぶり付こうとする, ぶり代えて立ち去りかけた, ぶり代りに当て, ぶりという愚か, ぶり作ってりゅう, ぶり候ものをとあ, ぶり優美な橄欖, ぶり其髓を取り, ぶり出して座敷牢, ぶり初めた, ぶり初めてのあなた, ぶり利かしたまふ, ぶり半生に, ぶり十首許り撰, ぶり卒業以来である, ぶり博識ぶりて自ら處世, ぶり厳島詣の, ぶり口ぶり忙がしく, ぶりエジプトの, ぶりも帰らふ, ぶりのよみぶり, ぶり唄声あざやかなもの, ぶり嗄れ気味の, ぶりされば, ぶりへだされた, ぶり外出そして四日ぶり, ぶり外出買物いろ, ぶり大家ぶりにやっぱり, ぶり大胆と沈勇, ぶり天下泰平オーヨーなもの, ぶり太った実業家らしい, ぶりなどと色々, ぶりまでいつぞや, ぶり山毛欅の老樹, ぶり市内の商店, ぶり幸衛門の発句, ぶり復讐を公認, ぶり必死の剣気, ぶり忘れてゐた, ぶり情熱の中心, ぶり懸るとたんちょうど, ぶり手まねをし, ぶり絶えた女, ぶりつて, ぶり振るだけな, ぶり揺れるような, ぶり撒いたにちがい, ぶり敬君ありがたう, ぶり新大阪は人材, ぶり暮しぶりと較べ, ぶり暴君ぶり高圧的態度を半ばあきらめ, ぶり朝夕なら道六神, ぶり来庵お土産, ぶり枝ぶり山毛欅の老樹, ぶり枯れ案配壁の, ぶり桑原桑原と身, ぶり楽しいでしょう, ぶり樹木の枝, ぶりの声, ぶり歌舞伎の魅力, ぶりが彼不器用, ぶり此視て知れ, ぶり残った呑かけの, ぶりのどく, ぶりは今年最初, ぶりの中, ぶり浅草でのこと, ぶり浸る一日のを, ぶり浸るふる郷の, ぶり消えるだろうと思われた, ぶりにつかつ, ぶり滑べる夜見来, ぶり濡れてけふも, ぶりに烟, ぶり為めにその, ぶり無能無策の頭, ぶりも何となく, ぶりの顔, ぶり物まねなどし, ぶり物静けさ胆の太, ぶり特に鮮かで, ぶり生活ぶりにふれた, ぶりを踏み鳴らす, ぶり盛った皿が, ぶり目ざめて眼, ぶり直接にひたる, ぶり着いてこれ, ぶり着付の着, ぶりはえらく, ぶり立ちどまって見あげ, ぶり立っていた, ぶり一, ぶりは一つ, ぶり簡素で活, ぶり米錢の中, ぶりちらめく袖, ぶり細工ぶりこれ視て, ぶり細工ぶり此視て知れ, ぶり終つてから骨, ぶり続けるような, ぶり編笠で帰られましょう, ぶり美しく生えて, ぶりに細身, ぶり腰ぶり唄声あざやかなもの, ぶり自分が到底, ぶり至極めずらしい一手応対, ぶり良人の曾我部兵庫, ぶり花ぶりにふさわしい, ぶり花穎は図中, ぶり芸術家ぶつた演奏者, ぶり葉ぶりがむしろ, ぶり薄情ぶりに敬服, ぶりのごとき, ぶりのとまり, ぶり行為御容子, ぶり褒美は帰国, ぶりや着物, ぶり見せばや, ぶり見上げたものだ, ぶり覚まし梅の, ぶり詞滑かの人, ぶり話してをります, ぶり話しぶり正夫さんとの交わりぶり, ぶり話せばぬくい, ぶり読んで面白い, ぶり谷水を四五町, ぶり貴族好み趣味, ぶり起して, ぶり趣味好尚に至る, ぶりのはこび, ぶり足つきで単調, ぶり足ぶみおもしろく踊り抜い, ぶり足ぶり歌の声, ぶり踊子の帽子, ぶり躁ぐのだった, ぶり身まねを以て彼等, ぶり込むでゐるだけであツた, ぶり近年の隆々, ぶり返ってきたら, ぶり通した後で, ぶりへた, ぶり過ぎて地味, ぶり道義の頽廃, ぶり違候とて引付, ぶり野鼠を喰い, ぶり金槌や何, ぶりが書い, ぶり関係させぶりそのもの, ぶり関門連絡船で門司, ぶり附いてなんと, ぶり附くのを, ぶりの湖, ぶり面白い老樹の, ぶりが乱れ, ぶり頼まれもせぬ, ぶりに露, ぶり高圧的態度を半ばあきらめ, ぶり高尚がる風潮, ぶりの竹皮包み, ぶりの吹流しみたい, ぶりの唄い