青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ふれ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ふべき~ ~ふも ふも~ ふらふら~ ~ふり ふり~ ~ふる ふる~ ふるえ~ ~ふれ
ふれ~
ふん~ ~ぶ ぶ~ ~ぶつ ぶつ~ ぶらぶら~ ぶり~ ~ぶん ぶん~ ~へ

「ふれ~」 1528, 17ppm, 6875位

▼ ふれ~ (811, 53.1%)

35 いる 12 いない, いるの 9 みた 6 いた, いること 5 いて, 来て, 来る 4 くると, 云って, 彼は, 考えて, 行って

3 [14件] いたと, いないこと, いると, いるところ, いるとも, いるよう, くる, みたいと, ゆくよう, 書いて, 来ると, 来るもの, 私は, 行くの

2 [44件] いきました, いたに, いないし, いないの, いなかった, いました, います, いません, いるから, いるだけ, いるもの, いるわけ, くるに, くるもの, くるよう, みたいの, みたい気, みれば, ゆく, ゆくこと, ゆくの, ゐる, ゐること, ゐるもの, 幾度か, 拙作に, 来た, 来たよう, 来るところ, 来るの, 来る何, 歩いて, 死ぬの, 理解しなけれ, 筑前七十余万石から, 舌を, 行く, 行くこと, 見た, 見ゆるもの, 見れば, 観察した, 語って, 語られて

1 [566件 抜粋] あったので, あなたでさえ, あるきました, あるよう, いくこと, いくので, いけると, いたかの, いたこと, いたし, いただいたらと, いただきたいと, いたので, いったの, いつかは, いつた荒々しい, いとうございます, いないその, いないで, いないもの, いない生活環境, いない返事, いなかった又之丞, いながら, いなくては, いますがね, いらっしゃるからには, いるからこその, いるけれども, いるそう, いるたの, いるだろうか, いるでしょうか, いるという, いるとおり, いるとか, いるとしか, いるに, いるので, いるばかり, いるらしい, いるらしくも, いる事, いる何, いる内容, いる場面, いる大切, いる如く婦人作家擡頭, いる尾崎氏, いる常に, いる挙措, いる明る, いる極めて, いる機械, いる注意, いる点, いる真実, いる重要, いる野沢富美子さん, いれば, いろいろの, いろいろ手あつい, うち開かれれ, うらめしき音, おいたから, おいたとおり, おきたいと, おきながら, おくという, おくれでない, おく必要, おこう, おのれを, おらずただ, おられた, おりましたが, おりませぬでその, おりません, おれば, お手, かいて, かきます, かく場合, かたかた, かつかつ鳴る, きた, きたのに, きたもの, きない, きましたわ, きや, きょうの, ぎょっとし, くること, くるすべて, くる棘, くれない限り正面, くれるの, くれるよ, けがを, こう云う, こう歎, ここの, こなかった, このこと, この事実, この地, この文学士, これで, これを, しかもこれ, しこって, しまいましたね, しまいやむなく, しまった, しまったの, しまつたのである, しまひさ, すっかり幼児, せっかくの, そういうてれくさ, そこに, そして驚くべき, その夢想, その幹, その感傷, その成長, その時, その点, その空虚, その良心, それが, それらは, ただひとり, たちまち傷つき破れざる, だらりと, つとそれ, でしたが, とりあげられるよう, どろまみれ, どんな困難, なるもん, なんらかの形, のべた考え, はじめて, はじめて知った, はむず掻い思い, ひどい嘲罵, まごまごし, またことに, またのぼる, また自分, まわんなさい, みたいという, みたいよう, みたくその, みたところが, みたり, みた場合, みて, みない八雲琴, みぬ, みましたが, みようと, みるつもり, みるの, みんなで, みんなを, み仏, めしぐすべきなりわ, めをと, もらして, やしません, やって, ゆきいつしか, ゆきながら, ゆくかという, ゆくそういう, ゆくその, ゆく人, ゆく場合, ゆく折, ゆく文学, ゆく新鮮さ, ゆく条件, ゆく機会, ゆく自身, ゆけば, ゆけるという, ゆこうと, よくいう, よく撲られ, よみつづけける, よめる, よろづ, わが家という, わが心, ゐた, ゐて, ゐない, ゐない文面, ゐると, ゐるとか, ゐるの, ゐる処, ゐる坐つて, ゐる女, イギリスの, カサカサという, ドテを, パンシオン・ソモロフの, ブランデスは, ベールの, メチルドを, ユニークな, 一昨年あたりフーフー, 上屋敷を, 下さって, 下中上の, 世の, 両面から, 中止を, 主脳者ら, 久子の, 云ったとき, 云わないの, 云われて, 云われるが, 云われるとき, 人の, 人は, 人間再建が, 今考えれ, 仏像菩薩像羅漢像等を, 仔細に, 会うごと, 伸子に, 何かしら直截な, 何かと口, 何度にも, 作りたる歌, 作者は, 例の, 先年放逐された, 先生を, 六・三制の, 内部から, 分析し, 切実です, 剔抉し, 助手を, 励ましやりつ, 動く感情, 勿論いました, 十四日楢橋氏は, 占領地域における, 厭は, 去来し, 又一つ, 友情の, 取手の, 口の, 名聞我執を, 吐き出したるたわ言共, 向上の, 周囲を, 命を, 和歌の, 喋って, 地とどろきき, 執心なかれ, 多くの, 多難な, 大きな岩, 大事に, 大人様という, 夫人は, 奇態な死に, 女の, 女は, 女中を, 妙覚寺へ, 存分に, 学びとること, 官僚独善に対する, 客観的に, 寢て, 対手の, 小説を, 居たもの, 居ない, 居りますが, 崩去する, 巌の, 年上の, 幼いアンデルセン, 廻った仲間, 当時の, 役名を, 彼が, 従来の, 心から歌, 忽ち炎, 思いだすの, 思い出しては, 思い出すの, 思い到るとき, 思ひがけ, 思ふの, 恨みかこつこと, 息の, 悪魔の, 意見が, 意識の, 意識も, 感じられないでも, 感じるで, 感情の, 憲兵に, 手に, 技師へ, 拝するたび, 探られ見直され整理, 掴み出し生々しく, 描き出そうと, 描き得るか, 描こうと, 支那の, 教えられたこと, 文学的要因から, 時々この, 暫く足, 書いた文章, 書いてるよう, 書かうと, 書かれたもの, 書かれて, 書きつけて, 最近書かれ, 来さうも, 来そう, 来たあらゆる, 来たからには, 来たこと, 来ただけ, 来たもの, 来たわけ, 来てから, 来ないだけ, 来ないわけ, 来に, 来ます, 来ようと, 来るそう, 来るだろう友, 来るという, 来るぼんやり, 来る作品集, 来る実生活, 来る思い, 来る物語, 来る生活, 来る程度, 来る響き, 松葉は, 案じて, 極めておだやか, 様々に, 歌ひたくなる, 歌ひつ, 歩いた, 歩いたばかり, 歩いたん, 歩くなんて, 歩くの, 歩くよう, 殺す命, 母の, 気に, 気持が, 沈没した, 泣きに, 注目を, 浪々の, 浪路が, 海産物の, 消えも, 涙と, 溶ける, 漠然と頭, 漲りて, 火事見物に, 燃えた暗い, 燒かれ, 父母を, 片ッ端, 牢獄に, 物を, 生きて, 男まさり, 畑で, 疑問と, 病人の, 痛感された, 痛涙した, 発射し, 相身, 真剣に, 眼の, 確かめ確かめて, 神隠しに, 私には, 私の, 空想する, 立つ音, 笑はれ, 笑ひものの, 筆に, 筆者は, 紅雪は, 納骨堂で, 経くづれきぬ, 絶えず活溌, 編みだした工夫, 置きたい, 美しさ, 老を, 肩を, 自分から, 自分たちの, 自分の, 自分もが, 自己の, 自然と, 自由を, 自省にも, 芸術的分析を, 落盤の, 虔ましき, 虹の, 蜂谷も, 蝸牛驚きにけむ, 衆徒の, 行かなかった, 行きその, 行きたかった, 行きどころ, 行きましたが, 行くと, 行くよう, 行く読書力, 行っては, 行方を, 見せると, 見たい, 見た場合, 見ながら, 見ぬ, 見ました, 見ると, 観察が, 観察し, 解説した, 詠みつ, 詠んで, 詩歌を以て, 話した, 話したの, 話して, 話しました, 話題に, 語つた言葉の, 語らなくなってから, 語ること, 論ぜられるか, 貰えれば, 賣つて, 起った気分, 起重機の, 転がった, 追憶し, 逸はやく, 鎌は, 闇に, 陣後に, 非常に, 面白いと, 頭を, 顔が, 餘計な, 驚いて, 驚ろいた, 鳴ったもの, 鳴った物, 鳴らすけた, 鳴ります, 鳴るの, 黙って, 鼬の, 龍子の

▼ ふれ~ (283, 18.5%)

6 貴族院は 5 振るほど 4 白玉あはれ, 雪の 3 幽かに 2 いよよしづ, かぎりあり, 七種の, 九千或は, 十二通の, 水の, 涙と, 痛みの, 目の

1 [243件] あかが, いい, いいこと, いいと, いいの, いいのに, いいのにねえ, いと, いま少し, いま秋九月, おほ, おやめ, およびもそこなはれぬべし, お吉一口, こちらが, このかたまり生じ, こは, これも, これ一つやは, これ一種の, しりぞき三閃, すぐに, すぐれたる番匠風, すみ田の, その人, その核心, それなり濡れそぼたれた, たらの木の, どうしても何とかそれ, ならん, なり, ぬれるし, ふるほど, ふるほどに, また叫び, また百分, みそか, みんなを, よいと, よいという, アカイア軍に, ウーリュンポスの, クロノスの, サンタ重ね, ダメ風ふけ, トランプに, ヘーレーの, マラリヤの, 一下子の, 一人なら, 一口氣に, 一種の, 一聲畜生と, 七十ぢ三とせ老い暮れぬ, 七藏少し, 与へらる捨てると, 世愈, 二十年あまりの, 人々海を, 人も, 今日の, 今日は, 仮令ば, 佐藤春夫氏初期の, 何処にて, 例へば魏, 倭國の, 傘さして, 八度六分の熱あり, 其の肉冠, 其の芽, 其主義中の, 其結果は, 凉し, 凝った血, 到る處, 則ち, 前者は, 勇みて, 北に, 北寿は, 十あまり三歳に, 十二勝十六名所七不思議誰か, 十護と, 十通に, 即ち意, 即ち神曲示現, 厚き毛, 厩中に, 右へ, 同じく常陸, 周頌の, 問題の, 喜びて, 四なる, 地に, 地上の, 壱百三十尾に, 変はれる, 多くは, 大平原, 天津教の, 太棹が, 奇效を, 奥向の, 如何なる, 如何にと, 安治川口の, 宋風の, 寂寞の, 寛文年間なるべし, 小き, 小児は, 小国川鮭川, 小米ざくらや, 山男は, 山野の, 峰に, 左へ, 己が, 帯を, 平原に, 年久しく, 年數に, 幾十百其間天下の, 序樂を, 当時の, 彼の, 彼は, 彼も, 後は, 御嶽精進も, 心の, 忽ち国中, 忽ち屋根, 忽に, 恐くは, 恐らく圓形, 悦びつ, 我が刀自, 我が国民, 我が瞋, 我心は, 戦ひ果てぬ, 提灯に, 支那には, 改めて之, 政友会の, 政友會の, 故郷びとも門松を, 故黙, 敵と, 日本紀の, 早く既に, 早十七年の, 昨日の, 是等の, 暗澹として, 最も恐ろしい, 梅之に, 横笛世に, 正に十一時, 此世を, 此消息は, 死するに, 殆ど夢の, 毎夜寐つきに, 氣衰へ, 泥踏な, 深林の, 深林中に, 漸, 濡れそぼち, 濡れ風吹け, 父舁かれ, 牧場守る, 物的現象は, 物質が, 独楽のは, 獵人放つ, 玉の, 現し身, 甫刑が, 甫刑は, 男子は, 當時の, 疑も, 癒る, 皆氣息に, 皆相当, 真に公平, 眼下の, 硫黄の, 禽鳥の, 私の, 空よりも, 窓辺に, 紋章状の, 紛々たる, 細心の, 絶崖の, 罪吾に, 義光より, 考ふる, 耳輪を, 聲の, 自から, 自ら, 舳羅島は, 荒村の, 蕪村の, 衆人はやく, 袖閉ぢて, 詩の, 詩は, 譬へ, 豆を, 貞之進は, 足れりと, 身たちどころに, 車の, 連なる男, 酒買へ, 里にも, 鈍き驢馬, 鑛脈に, 隱岐より, 雨なつかしみ, 雨もり, 雪を, 雪見酒酒が, 雲散ずる, 霹靂を, 青き御, 頭つぶれ, 顎髯長き, 飛ぶが, 飲みたり, 馬背を, 魏國の, 鮮卑朝鮮西戎の, 黒人は, 鼠大いに

▼ ふれては~ (61, 4.0%)

3 いけません 2 いけない, 八重縦横に, 私は

1 [52件] あきず反覆し, いけないという, いけないとでも, いけないの, いけないよう, くれませんでした, こねて, この, この恋愛, この戀愛, これに, これまでも, そのいわゆるアカデミック, その二冊, たまらないので, とりあげられないまま, なかなか愛嬌, ながれみじろぐねやの, ならないもの, ならぬ, なるまい, よく母, われわれの, ゐない, 來なかつた, 全くそう思います, 十間くらい, 唄い唄いした, 天馬は, 妙なる, 孝子夫人の, 居らん, 彩色の, 思出し, 愛読し, 機嫌取りに, 理解のて, 男も, 画面に, 空々しくなつ, 肉眼に, 自分の, 自分は, 自分勝手な, 花も, 見に, 訪ねて, 詠み出づる母, 身に, 面影を, 馬鹿らしくくだらない事, 鬼神妖怪の

▼ ふれ~ (25, 1.6%)

6 出して 2 だした, まわして, 廻わせ

1 [13件] お出し, だして, つい聞かなかった, また国じゅう, 出した三島町, 出しました, 出す, 回しまして, 布かれてから, 廻しました法月弦, 廻す, 発した, 聞いたかね

▼ ふれ~ (20, 1.3%)

1 [20件] いや日けに, さながらに, むかしは, 今めかしき, 侮りたるにも, 効驗なく, 実にと, 思ふやう, 思想界の, 我は, 或は蜜, 手寡なれ, 明日に, 染は, 此娘子他にも, 色は, 袖の, 近頃の, 雪は, 音の

▼ ふれての~ (16, 1.0%)

2 こととして

1 [14件] 上な, 彼の, 心を, 忠言を, 情緒を, 方法の, 母に対する, 科学的究明による, 見聞と, 解決の, 記憶に, 評の, 話だけに, 面白さ

▼ ふれても~ (16, 1.0%)

1 [16件] かまわないが, すぐ涙, それが, それと, つっこんだ話, なほそこには, やはり興味, ピリッと, 一向きき, 反応を, 実際上, 心には, 所信を, 横田博士は, 竹の, 簡単に

▼ ふれども~ (15, 1.0%)

1 [15件] さして寒から, ちらほらと, 凡てに, 及ばず形體, 取らず只酒, 巧みに, 彼は, 我感情の, 渡の, 熟, 物騷が, 耳菜お, 逢ふよし, 遂に及ばず, 食はず水を

▼ ふれ~ (11, 0.7%)

3 出て 2 廻って 1 でた, 人民に, 公表される, 出た, 出たばかり, 来た

▼ ふれつつ~ (9, 0.6%)

2 それを 1 その細部, トロツキィーが, 作家としての, 作家的本質の, 当時の, 径を, 推察申し上げよう

▼ ふれ~ (8, 0.5%)

4 につけ, にふれ

▼ ふれその~ (7, 0.5%)

1 世界の, 動きの, 味いを, 多くが, 経済的, 運命を, 野性の

▼ ふれ~ (7, 0.5%)

5 にふれ 1 にあたって研究, に障り

▼ ふれ~ (7, 0.5%)

1 が村, が聞え, の中, の女, も平気, をあげ, を聞い

▼ ふれ~ (7, 0.5%)

2 にきく, にはいる 1 にはいっ, に入る, に聞える

▼ ふれながら~ (6, 0.4%)

1 いつも町はずれ, こんな音楽, 云った, 伸子が, 漸く湯, 言った

▼ ふれ~ (6, 0.4%)

1 きたの, ける, ならなくて, もがきあばれて, 仰の, 応じ私

▼ ふれ~ (5, 0.3%)

1 今朝は, 出たこと, 如くに, 建前から, 活用を

▼ ふれ~ (5, 0.3%)

2 しないかと 1 わざわざ出す, イワンの, 鹿島の

▼ ふれ~ (5, 0.3%)

2 見で 1 しませんから, でた, 廻って

▼ ふれぃざぁ教授~ (3, 0.2%)

1 の提供, の様, もその

▼ ふれいざ~ (3, 0.2%)

3 あ教授

▼ ふれ~ (3, 0.2%)

1 帰りには, 延の, 目に

▼ ふれそう~ (3, 0.2%)

2 になる 1 になっ

▼ ふれそこ~ (3, 0.2%)

1 からだけ覗い, から解放, にまじわった

▼ ふれたり~ (3, 0.2%)

1 したの, それを, 手紙を

▼ ふれ出し~ (3, 0.2%)

2 だから 1 をねがいましょう

▼ ふれ~ (3, 0.2%)

1 がゆるく, がゆるやか, をした

▼ ふれ時に~ (3, 0.2%)

1 ふれて, ふれ彼, 従って

▼ ふれ~ (3, 0.2%)

1 にのぞん, を見, を見る

▼ ふれ自分~ (3, 0.2%)

1 と同じ, の感情, の生涯

▼ ふれあつ~ (2, 0.1%)

2 てゐる

▼ ふれこう~ (2, 0.1%)

1 いって, し

▼ ふれ~ (2, 0.1%)

1 えも, へすれ

▼ ふれさうに~ (2, 0.1%)

2 なる

▼ ふれそれ~ (2, 0.1%)

1 もわるく, を調べ

▼ ふれてはと~ (2, 0.1%)

1 良人の, 首を

▼ ふれ~ (2, 0.1%)

1 ごぜました, 別れけり

▼ ふれにくい~ (2, 0.1%)

1 のだった, のである

▼ ふれひで~ (2, 0.1%)

2 りあめ

▼ ふれまた~ (2, 0.1%)

1 あらは, 都会の

▼ ふれもみ~ (2, 0.1%)

2

▼ ふれ~ (2, 0.1%)

1 をし, を苛まず

▼ ふれ~ (2, 0.1%)

2 にふれ

▼ ふれ~ (2, 0.1%)

1 につけ, に感じ

▼ ふれ~ (2, 0.1%)

1 ふこと, ふ実に

▼ ふれ込み~ (2, 0.1%)

1 だのに, で前田家

▼ ふれ~ (2, 0.1%)

2

▼1* [131件]

ふれさゆう, ふれあなた様の御名, ふれあるかせ, ふれいろいろの心, ふれおのれの腕, ふれかたの中, ふれかなりな力, ふれがたいんだ, ふれむほどうしつらしなどみにしみぬべき事ぞ, ふれこうして絶えず兵学, ふれことごとく斬刑, ふれこれに想像, ふれごえ一つだけでも, ふれごとは短い, ふれしかし直接には, ふれそしては悲し, ふれそれとなく二人の, ふれぞやかほま, ふれたりはなれたり, ふれたりや知らぬま, ふれてかがたりと音し, ふれてから何年が, ふれてでもいるよう, ふれてはをらぬ, ふれてやがるな, ふれてをらず, ふれなとぞ思ふ, ふれにかあらむ沖に, ふれひそかな祈り, ふれえ, ふれはつた, ふれの行く, ふれ時分か, ふれやうとは思へない, ふれようが大, ふれわけて琵琶の, ふれわたしが飛ん, ふれアクつよきもの, ふれサント・ブウヴは書き添え, ふれマダムの息, ふれ事物や現象, ふれ人格分裂の風景, ふれ人生は生きる, ふれ人間の深き, ふれ作家が何, ふれ信仰を求めよう, ふれ候こと寔に天, ふれにいた, ふれ催眠術によりあるいは, ふれもまた, ふれ光明皇后その人, ふれ六尺袖を, ふれ共産党の存在, ふれ其外諸事申渡等仕候所, ふれ千人の姫, ふれ即座に役名, ふれ機微に, ふれ自然主義の, ふれ只今中野重治の行った, ふれ召使と若様, ふれふやう, ふれ合つてこぼれる, ふれ合ひも肌が合, ふれ喪失した彼自身, ふれにふれ, ふれ国際的なひろがりの, ふれ土佐や長門, ふれについた, ふれの大きな, ふれはまだそれほど, ふれに醉, ふれ大河無門, ふれ夫婦ともに断罪, ふれの小便, ふれ子供を忘れかね, ふれ子供さんの病気, ふれ宇野という作家, ふれ宋代の兵法書, ふれ宮廷人の腐敗内紛, ふれ寿女の遺品, ふれ展開するの, ふれくて, ふれはした, ふれ当時アメリカ政府のとつ, ふれ彼女を苦しめる, ふれ徒らに自己嫌悪, ふれをくばっ, ふれ心地のよかっ, ふれ必然に, ふれ思慕の悩み, ふれ恋しく憶い出され, ふれ懊悩しだした麒麟児, ふれでその, ふれ故主を慕う, ふれ数年前に鎌倉表, ふれ文化に浴, ふれ文章はいかにも, ふれと夜, ふれ朔太郎から何もの, ふれ構成はおおまか, ふれして, ふれ殿行列の中, ふれ気がかりな脅威, ふれと力競べ, ふれ沈潜して, ふれ深い詩情の, ふれ漂動して, ふれ牡丹饗せむ, ふれにかみ殺され, ふれ玉門関をとじられ, ふれ現在の不況時代, ふれ白い葉裏が, ふれ真子なす御, ふれ真白に, ふれの観念, ふれはヴェランダ, ふれ精神をうるおわす, ふれ紙片をとりだし, ふれを吸い, ふれに乗じ, ふれを舞った, ふれ若い時分の, ふれ荊州に玄徳, ふれ要路の大官, ふれが立ち, ふれ謀反の嫌疑, ふれ金人を夢みた, ふれ面白いと思った, ふれを垂れ, ふれをふる, ふれ高家大名たちの前