青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ふる~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~ふところ ふところ~ ~ふべき ふべき~ ~ふも ふも~ ふらふら~ ~ふり ふり~ ~ふる
ふる~
ふるえ~ ~ふれ ふれ~ ふん~ ~ぶ ぶ~ ~ぶつ ぶつ~ ぶらぶら~ ぶり~

「ふる~」 3161, 34ppm, 3430位

▼ ふる~ (351, 11.1%)

3 では己, 嘘では, 当つて, 遑が

2 [26件] あらざれば, あり, 之れ, 交通の, 人爲の, 今或, 伯の, 凡兆の, 及ばずして, 及びて, 及んで, 司法大臣の, 在りて, 好いじやあ, 家庭の, 左の, 浮泛なる, 物なき, 由なき, 當り, 能否を, 躊躇し, 過ぎない, 遑あらざる, 遑あらず, 鳩山和夫大石正巳加藤高明等の

1 [287件] あすのを, あらず, あらずや, あらず傲, いかばかりかは, いたりたり, いたりたれば, いたる, いたれること, いたれるに, およびて, および彼, お雪さんの, このあたり門, この不平, この海辺, この闇夜行路, したが, したがって, しても, しばし二階, すぐれし領土一部, その答誤り, たとへ, ねが, ふさは, まづ彼, ものなく, ものなし, コロボツクルの, ルナアルの, 一汁一菜の, 一萬二千餘里といふ, 三絃の, 不異, 世の, 主は, 之に, 乱打を以て, 了蓮を以て, 予は, 事業を以て, 二十七歳である, 云はく若し, 京師に, 人の, 今は, 今回の, 任せよ, 伯鶴の, 似たり, 何も, 何程の, 來しわれ, 依つて, 俊雄は, 先ち, 先つて, 党援を以て, 兩方の, 其の那個, 其方法は, 其術に, 内なる, 処なく, 初松魚, 利器を以て, 到つたの, 前檣, 動態美と, 十分が, 十分の, 千蔵は, 印刷業の, 去月十日より, 又も, 及ばざるやも, 及ばぬといふ, 及び, 及び浮世絵師, 反して, 収穫半ばに, 古は, 句を以て, 各自辺土の, 同じく人間, 同じけれ, 同町内, 吝なりし, 吸える心地, 周の, 和文, 哥一つそへて, 嘆きたる女王, 団扇の, 国芳門下より, 在らず時として, 在り, 在り與, 在ること, 均しければ, 堪へむ, 多勢に, 多少必然, 大々的, 大番に, 天に, 天保六年即, 天然の, 天神は, 夫れで, 女人は, 女性の, 女軍吾本, 婦人の, 嫡孫維盛の, 学力を以て, 宜しかるべく, 宜しくない, 実に徳芻, 實を以て, 小紙幟上姓名, 少歳, 尽きず弟, 山はくづれ崖は, 己れ, 平字, 幼より, 当つて始, 彼には, 彼等僧兵の, 待合席料一円芸者祝儀枕金共二円玉代一本二十五銭女中祝儀三拾銭を以て, 後庭, 從つて粗末と, 御禊, 徳川氏は, 急變激化一瞬, 悋気を, 惟長立敬を以て, 愈, 意を, 愛を以て, 愛馬を以て, 憚らざり, 或種, 戲文もてし, 批評と, 文化末年名古屋に, 文字を以て, 文章や, 新なる, 於いて, 於て, 日本紀に, 日露大, 日露大戦の, 昇亭北寿を以て, 春枝夫人日出雄少年の, 智情意の, 智情意三種中多く, 暇あらざらんと, 暇なき, 暇なく, 暴力を以て, 更にこの, 更に問, 最も自由, 最早この, 服従を以て, 木版師の, 本船右舷の, 東側の, 東雲のむらさきと, 根気よく, 根氣よく, 樹木の, 橄欖島の, 止まれど, 此に, 此定五郎は, 此時に, 此石器時代人民の, 此邊は, 此邊一帶の, 死は, 氏は, 水は, 海底潜水器の, 淫売狩を以て, 源兵衛佐を以て, 潤沢せる, 火の, 父なる, 父の, 父は, 物なし, 物も, 物質的文明の, 猛獸, 瑣, 由なし, 由無し, 當夜は, 痴人猶, 相違無い, 真に情熱, 砂煙の, 社会に対するの, 社会科学的相貌を, 神の, 神寶の, 神経病患者の, 私が, 私の, 秋冬の, 笑謔を以て, 等しいもの, 策論を以て, 精細緻密の, 紫玉が, 経世の, 經義を以て, 義仲と, 耐へ, 聡明叡智の, 自家の, 自己の, 自然の, 自然的に, 至つたのである, 至つたのは, 至つた由來を, 至つてわたくしの, 至つて撫然と, 至りしが, 至りしを以て, 至るの, 至るへ, 至るまでは, 至れり, 至れりと, 舜は, 若しこれ, 草堂集を以て, 萬葉の, 藪医術を以て, 蝶々が, 西洋人の, 観察の, 評判売れ, 足ず天徳, 足りは, 足ること, 足るべき古, 足るべし, 足るわれ, 足る程有力, 躊躇せざるべし, 躊躇はね, 身は, 身体の, 辭書の, 過ぎざりき, 過ぎざりしも, 過ぎざるを, 過ぎず, 過ぎず又, 過ぎず電車, 過ぎないの, 遑なから, 遑なし, 道理文証之を, 道路澁惡に, 遙かの, 適するもの, 錦橋が, 閑少なく, 雀の, 難き痛苦, 雨の, 青黛を, 非すし, 非ず, 頑愚の, 鮮斎永濯尾形月耕の, 黄熱病が, 黨援を以て

▼ ふること~ (157, 5.0%)

7 なし 5 が出 3 あり, も出, を 2 あるべ, が出来ない, なかりき, になつ, のできる, もあれ, を得, を得ず, を得る

1 [118件] あらば, あるべからざるなり義時, あるべし, あれど, があるであらう, ができる, が出来, が出来ぬ, が可能, が多き, が多く, が抽斎, が第, が頗大, こそ優, である, でこれ, なからむか, なかりしと, なかりしなるべし, なく, なく旧藩, なく男, なく舊藩, なしには, なしまで, などは實驗者, になるらしい, によりて拔苦與樂, によりて生理学, に於, に私, のあらざらむ, のまめやか, の出来なかった, の厳, の或は, の無, の無い, の難, の難き, の難し, の非, の頻なる, はあらざらむ, はこはく, はできなかった, はできぬ, はなかつた, は人物畫, は今年, は出, は出来ない, は出来ないです, は又, は堪へられない, は我, は猶, は遠けれ, もありしか, もあります, もなく, もならず, も其の, も初め, も我劇, も風琴, も餘, よ, をえ, をえざれ, をえん, をしない, をせざりし, をせず, をも喜び, をも嫌, を主, を做, を免れない, を命ずべし, を喜ぶ, を専, を得ざる, を得しめた, を得じ, を得た, を得ない, を得べからず, を得ん, を忘, を忘れし, を念, を懈, を政府, を断念, を欲せなかつた, を目的, を知らず, を約し, を約す, を要せじ, を重んじた, を難, 両三日, 侍りき, 出来ざる所以, 多くし, 少なからず, 慰めかねて, 斯くの, 正しき結婚, 決してなし, 無からむ, 無けむ, 生けるが, 終りて, 頻りなりき

▼ ふるもの~ (132, 4.2%)

7 なり 6 である 3 あり, がない, なし

2 [11件] ありと, あり是, あるを, との間, とはならざりき, と受, にあらず, は反, は支那, をば悉く, 多かるべし

1 [88件] あつかひよと, あらずと, あらば, ありとうぬ惚れて, あれば, いろ, か, が元, が尠, その己, ぞ, たる事なほ男子, でありまして, であり人間, であり樂燒, であれ, ですから, では, といはね, とし, として尊重, として歐洲人士, とせざる, となし, となれる, とは一樣, とは考, と二台, と同一視, と求むる, と解し, なきなり, なく會話, なく枝, なけれど, なので, ならずんば, ならず人, なり且つ, なり其意, なり文学, なり精神, なるに, なる事, なる眞, なれば, にあらざれ, には何事, に固定, に非, のやう歌, の爲, の真, はたはれ, は乃ち戰士, は僅, は僕等, は初, は多く, は実に, は幻滅, は庭, は恋, は我, は文芸上, は概ね, は正式的方法, は沒却理想, は義理人情, は蒼海, は金, もまた, も此, も無, よ, をさだか, をした, を撰拔せり, を皆喰ら, 凡そ左, 即ちこの, 又いく, 大むね, 小湯, 尤も多く, 往々人物, 果して之, 満路

▼ ふる~ (121, 3.8%)

6 を以てすれ 5 によれ, に依れ 4 なり, に拠れ 3 である, に據, のもの 2 あるを, ならむや, に従, の, の者, は此

1 [76件] あつて, あり, があつ, がなかつた, ぞ議会開設以来属僚, ぞ議會開設以來屬僚, であるから, であるが, でさ, でしてな, でない, では帝, では本, では眞, で學生, で穢い, といへ, となつ, とならざりき, とならざりしにや, となりし, となれる, と太, と昌林院, なきに, にいふ, にし, による, によるに如何, によるに注意, に依る, に係る, に孤忠, に非, のこの, の一事, の三篇, の事実, の五經, の仁齋, の俗宗匠, の千金方, の奕譜三百八十四図, の如く, の寛政十年三月廿一日, の敗醤花, の本, の松崎慊堂天保十三年, の歌謡, の正坐法, の猫, の病家, の第, の西晉, の説, の鐵砲, の黒田家未亡人幸子, はかうである, は一見いかにも, は下, は勿論, は旧, は渡辺氏, は繋辭, は腕力, は頗明確, もあり, を排し去, を書き, を知らず, を知らなかつた, を聞かず, を聞け, 更に師, 無く遺跡, 無しと

▼ ふる~ (102, 3.2%)

7 である 3 です, では, を眺め, 力を, 時に 2 だった, だったが, でした, にお, は, 動機と, 外に

1 [66件] か, かそれ, があつ, がある, がほんとう, がま, がもったいない, が從來, が病者, が見えました, だつた, でありますから, であるから, であるが, でも, はそれ, は唯, は善美, は早き, は腰元, は雨, むかしゆ, もなん, も矢張, も霊, わが友, を下らぬ, を提げ, を見た, を見つめ, を見る, 不可なる, 不風流を, 力豈, 勇気な, 勇気なし, 勇氣な, 勇氣なし, 動機たるは, 勞苦を, 呪術から, 外なかるべし, 大作用を, 姿勢で, 宗教ある, 已むを, 弊は, 念あり, 手段も, 権能を, 機會を, 次で, 歌, 歌に, 歌を, 煩に, 煩は, 考か, 術を, 術即ち, 親は, 覺悟と, 道でない, 難きよりも, 非を, 類なるべし

▼ ふる~ (86, 2.7%)

2 いふの, うるを, えざりき, 好まざりし乎, 得べ, 聞くであらう, 至當と, 見て, 見る

1 [68件] あらはせるなり, いとはず, いふ, いふと, うるが, うるに, うるばかり, うる物, うる者, えざるごとく, えざるま, えざる力, えしはた, えず, えたれども, えん, えんこと, えんため, えんため産業, おそる, た, だにも, またずた, まつ, もて従, や, よしと, 例と, 善しと, 喜べり, 喜べる如し, 好まざるなり, 好み給, 待たず, 得, 得ざるべき危難彼ら, 得ずポセードーン大地, 得ず手, 得ず水陣, 得べく電気, 得べし, 得ると, 思ひては, 恐れざるばかりに, 悲しまざる能はず, 感ずるのみ, 望まば, 汝見るべけれ, 筆記し, 聞いて, 聞き給, 聴けり, 聽て, 見き, 見たま, 見るに, 見るのみ, 見れど, 見己, 視耳邊, 覚ゆ, 覺え, 言ふ, 許さる, 認むるなり, 諫めて, 車掌に, 辞せざるべし

▼ ふる~ (78, 2.5%)

2 いへども, すれば, 云ふ, 消に, 遊びつつ

1 [68件] あつて, あなたに, あまりこない, ある, いい伝えて, いう, いえば, いふ, いふので, お母さんは, がらがらという, きよろきよろと, けさは, こまると, さすがに, さとりたれば, しも, じくじくと, すぐ困るだろ, せひとに, その人達, それが, ちょうどまん中, ひどい, ひまなく, ふしぎや, みんなは, やっぱり暗く, コトエが, マレイの, 一つの, 三倍の, 不思議です, 之を, 也, 二人の, 云う名, 云われ妙花天, 倍の, 剥がれて, 十一世紀以前の, 卓子の, 同じで, 同じ語, 同時にその, 好事家の, 姿を, 小利, 尾のみは, 幹の, 御寮人は, 數千年以來の, 洪水に, 片っぽ, 眠くなく, 等しからず, 聞く, 聞く伏苓, 莽に, 見るまで, 見る間, 言ふ, 谷, 車体が, 道に, 風ふくと, 高ゆく, 鬨の声が

▼ ふる~ (66, 2.1%)

75 の音 43 にぬれ, の雨あし 2 に幽か, のあかつき, のこの, や新, 見れば

1 [34件] そそぎかな, となり, ながら三保, にうち連れ, にさ, にベンチ, に蛍, の, のいたく, のいろこ, のかずはかずへ, のしみら, のただ, のぬか, のほ, のやや, のわびしきにいかにかいます母, の中, の今朝, の垂, の宮, の脚, の長月, の間, の霞, の黒い, はいたく, はややまだ, もがな, をめづら, を見, 繁し飼, 聴けば, 長し地

▼ ふる~ (58, 1.8%)

2 です, に, には必ず, にもわれ, にも炭, は雨, も風

1 [44件] ある婦人, が多く, だって云う, だつて云ふん, でもトロトロ, で六年, なるか, なるが, には囲炉裡, には菊, に傘, に妙義, に小, に時鳥, に本所, に濡れ, に焼場, に路地, に露地, のさびしく, の光, の夕方, の寒い, の昼席, の風, は, はうそ寒い, はよい, はわが, はわけて, はアイスクリイム, はアイスクリーム, は何となく, は寒く, は早く, は海, は芝居, は行き, までが胸, もある, も晴れた, も道化, を佐用, 暑い日

▼ ふる~ (49, 1.6%)

3 した 2 した女, 我輩寧ろ

1 [42件] かの四十女, さらに宗祇, し, した此の前科者, しながら, しぬ, し低い, ともし, ともし風, なさけの, なべて女, ゾラが, 一つの, 中央土の, 久しく面, 今日の, 何も, 全然小生, 午後八時なり, 印を, 却つて明日の, 同時に体言, 吾が貴き, 天命なれ, 天城かと, 妄想である, 實に, 寧ろ其第二, 已に陳腐, 形式を, 徒らに, 是のみ, 是れ, 最も危険, 涙か, 独り地平線的思想の, 若し粗忽, 蓋し妥當, 言ふ, 輕薄の, 道を, 雪女もや

▼ ふるところ~ (48, 1.5%)

4 によれ 3 となり, を知らず 2 による

1 [36件] あらんと, ありしと, ありし然, が又, が無く, だけで, だった, だつたの, でした, となる, なし, なり, なる世, にあらず, に就, に據, の, のもの, の教育, の斟酌, の日本弁当, の蒸汽船, の談, は別, は汝詩人, は甚だ, へ行こう, または陳ぶる, も応, を今汝, を望め, を極め, を知らざるなり, 悉く事實, 既に武芸, 甚だ懇切

▼ ふる~ (46, 1.5%)

2 なり, に非, は既に, 無きに

1 [38件] が生ずるで有らう, ぞ, ぞ我, であると, として余, とその, と定めたる, と導く, と與, と謂, ども其物音, なき, なければ, ならざらん, なりけれ, にあらざる, にならう, に於, の幸福, の満足, の状, の獲物, の缺, の苦, は, はなし, は之, は日々旅, は食する, もあらざる, も出, よりも幸福, わが燔祭, を失はじ, を得, を怨恨, 威張り与へらるる者, 愈

▼ ふる~ (43, 1.4%)

3 ひとりの 2 よし夢, 亦可

1 [36件] あり, うたらしいわい, うて居る間, うるさし兎, かくはやき, くるしき世, そのさまこれ, なかなか道, ぬれるも, ふらぬも, わが心, われ取る, 一法なるべけれ, 之を, 充分なる, 可ならん, 同じく人間, 唱へ, 夕には, 天の, 太甚い, 女王國の, 妨ない, 強て, 彫虫, 彼を, 心慊焉たらざりし, 恋ふる, 悲し神国, 政子は, 数ふる, 明かに, 此地に, 深きこころ, 耳を, 頼綱は

▼ ふる~ (41, 1.3%)

2 ごとくに, ゆゑに, 如くである, 如し

1 [33件] いいや, これは, ごとき果して, ごと月光は, ために, ゆゑに鏡といふ, 中を, 信なら, 多くは, 如き事實, 如き人, 如き姿態, 如き軽挙, 如くし, 如くする, 如くに, 如く其の, 如く呟きたれど, 如く正に, 如く狂, 如く見えるのみ, 如く言放ちて, 如し先づ埋伏, 寧ろ幸福ぢ, 故に五十億劫, 故に動, 故に吾, 故に金星, 故の, 為には, 理想主義小説家は, 見えつつ, 親しさ

▼ ふる~ (40, 1.3%)

52 に心下, に色, のよく, の幽か, の満ち満ち

1 [25件] である, でもあったでしょう, となっ, と感じたら, にすかし, に牡丹, のあなた, のいや, のすぐ, のつかれ, のなにごと, のはて, のほのぼの, の中, の供饌, の小夜, の断片, の白, の音, はプッチニイ, はプツチニイ, は薄荷, を, を腰, 明るけれ二

▼ ふるまひ~ (35, 1.1%)

4 に特別, のお 2 なり, なり服装, なり服裝

1 [21件] ありし大道具, がどうも, が怪, が許される, ぞ, なすうち, なの, にそれ, にどう, には自ら, にも片時, の本, は影, を, をしたる, をしなけれ, を爲出, を表す, を見習う, を解く, を訝しげ

▼ ふるやう~ (35, 1.1%)

133 な, になり 2 に始終

1 [14件] だ, でした, なもの, なよい, な場合, にあわ, にする, にせよ, になつ, になら, になりました, にみえる, に恋, に狂

▼ ふるつて~ (34, 1.1%)

4 ゐる 2 しまつて, ゐると, ゐるの

1 [24件] この感想記, ちりちりと, は見た, ばかりい, ゐた, ゐたが, ゐたので, ゐたよ, ゐた十吉, ゐた竹丸, ゐます, ゐる時, ゐる権謀家, 一気にそれだけ言い切つた, 再び夫, 営々増産, 大いにお金, 居る仏壇, 殴り返して, 行くん, 見せると, 近寄らねえもん, 近寄れませんでした, 高い

▼ ふる~ (30, 0.9%)

2 が出

1 [28件] あた, いかに, こよなくも, とし, となつ, となつて, なかれ, なく我が, なく鈍感, なし, になつたの, の出, の出来た, の範囲並, の難き, は叶, は社會, をせず, を得ざるなり, を止めよ, を當然, を言, を許さない, を語り出さ, 多くなれり, 明る春二月, 決して浅少, 甚だ深し

▼ ふる~ (27, 0.9%)

2 に, の倉, を菅笠

1 [21件] だったか, であつ, などことに, には妖麗, には雪女, に戲けし, のこころもち, のつれづれ, の山道, の物思い, の蠅, は, はた, は木の葉, も, も画道, も青猫, も風, を捕吏, 其の人, 昔ながらの

▼ ふる~ (25, 0.8%)

2 の西国, の言葉

1 [21件] ちかい空, ちかく酔う, であつ, であなた, とする, に今宵, のほとり, の方, の温泉, の空, の立, は青葉若葉, へちかづい, へ戻った, も山, よりの音信, を別れ路, を夢み, を立つ, 忘れがたい, 遠し

▼ ふる~ (23, 0.7%)

2 の如く

1 [21件] あらば, ありしより, があります, がどれ, がタカヂアスターゼ, なき間, なり, に與, のあり, のかげ, のこ, のごとく, のみ登り, の心, の心持, の手さばき, は微, は無き, もあつ, わすれ貝, を見送る

▼ ふる~ (22, 0.7%)

2 さけぶ, 出す

1 [18件] うごいて, させた, ざまも, たつて, だしました, だす, だすの, ついて, ろ, わななきて, ゐつたたけたたけと人覗き, 上がるやう, 上る, 上るの, 出して, 立つほど, 聲が, 聲を

▼ ふるよう~ (22, 0.7%)

6 にし 2 な声

1 [14件] ないなびかりだった, なお寺, なきれい, なリンリン, な星, な歩きつき, な音, に, にかさかさ, にした, になった, に力, に舌, に頭

▼ ふる~ (19, 0.6%)

2 には容赦

1 [17件] しあれわが, し天, などはなさけない, にそれ, には一方, に喪船, はあらざらむ, はあり, はある, は全く, は吾人, は愈, は明月, は草木, は荒れ, は長い, は鞦韆

▼ ふる~ (18, 0.6%)

3 ていた 2 た, ている

1 [11件] ていました, てかけだした, てかれ, てしまった, てついに, ても離れませぬ, て岩, て来た, て財, て逃げだした, て飛びかか

▼ ふる~ (18, 0.6%)

2 を出

1 [16件] で, に, にいつ, に垂れ下った, に小判, に藍光, をいよ, をわざわざ, を体, を吉野, を塩鰤, を尾, を歩いた, を田圃道, を表, を誦経

▼ ふる~ (17, 0.5%)

32 へる

1 [12件] はうと, はれるので, はれ暫く, ひたいが, ひと言ふ, ふこと, ふ事, ふ様, ふ気味, ふ状態, へたの, へる民族性

▼ ふる~ (17, 0.5%)

2 此の, 長者ぶり

1 [13件] なる語, またこれ, 光榮を, 夢の, 大島の, 当時藩学新たに, 彼女は, 手に, 日本人の, 時雨の, 東軍の, 疑無し, 誰

▼ ふる~ (16, 0.5%)

1 [16件] に, にかう, にはこれ, には多く, に曰く, に曰く愚父壮年, に見え, の中, の如き, は未だ, は此比裁, を作つた, を作つた文政十一年, を写し, を読む, 又曰く

▼ ふる~ (16, 0.5%)

6 に新 1 と言, にまじ, にも物, に埋るる, のいよいよ, の伸び, まじり新, をも共に, を見, 即去年

▼ ふる~ (14, 0.4%)

11 はざる 1 はざりき, はざりし, はす

▼ ふるとも~ (13, 0.4%)

1 [13件] いかに美妙, なく, ふゆとも, わかで夕ぐれ, をかしく, 人間の, 大念仏, 彫虫, 我が自由, 此流れを, 罪なき, 論ぜん爲, 雨に

▼ ふるばかり~ (13, 0.4%)

3 だった 2 だつた 1 すやすやと, であった, であったが, でありました, である, でなく私, で唖者, 青き絹

▼ ふるといふ~ (11, 0.3%)

1 [11件] ことである, その詩, のである, のを, 事は, 動詞に, 方向と, 番頭も, 語が, 語によ, 風です

▼ ふるので~ (11, 0.3%)

2 あつた 1 あつて, お藤, まるでの, フローベルは, 之によ, 出先から, 柿が, 片側帶が, 總て

▼ ふる~ (11, 0.3%)

2 あるべきなり 1 ありしにぞ, ありて, が人間, となりし, ならねば, に依れ, に綿, のもの僅, は僅

▼ ふる~ (10, 0.3%)

4 くさくと 1 うな, がです, がのこっ, へいかが, ま喜び, も認め

▼ ふる~ (10, 0.3%)

1 ではあり, にあんな, にそれでも, にはよく, に寝床, に手斧, に泊め, に無理, に病人, は急

▼ ふる~ (9, 0.3%)

1 つての, どうか, どうかは, ひこそ, 不可思議の, 否かは, 如く種々, 待つある, 或は自分

▼ ふること能~ (9, 0.3%)

2 はざる, はざる所, はす 1 はさる, はざら, はざりき

▼ ふるとき~ (9, 0.3%)

1 は其聲, は十四名, は奧州, は彼, は我喜限なかりき, は稍プロバビリテエ, は薬, は頭痛, も風

▼ ふるより~ (9, 0.3%)

1 つむは, 以上に, 外あらざりき, 外に, 外を, 敬虔の, 親類とも, 赧なる, 難いには

▼ ふる~ (9, 0.3%)

1 がかわたれ, がきこえ, が少し, だけがかすか, だのお, のよう, はしろ, ばかりだった, ばかりパタリパタリ

▼ ふるこの~ (8, 0.3%)

2 槌の 1 あした夕刊と, おれを, ごろを, 者は, 酒などかは, 鎚の

▼ ふるその~ (8, 0.3%)

1 ひまに, ほかに, 中を, 朝葛籠の, 父を, 石を, 雨を, 音は

▼ ふるため~ (8, 0.3%)

1 になされる, には, にエーオース, に用, に長髪, に馳せ, に鷹揚, わざと大

▼ ふるなか~ (8, 0.3%)

21 でも咲い, にあな, を, をこちら, を毎日, を近所

▼ ふるほど~ (8, 0.3%)

1 ならば, 慄然たる, 懐疑的, 昔盛なりし, 格段な, 甲田憎く, 蹂躙せる, 金吾を

▼ ふる~ (8, 0.3%)

1 かも風, に葛, のきこり, の影, の時鳥ひと声, の間, へ遠く, を描いた

▼ ふる清き~ (8, 0.3%)

3 河原に 2 川原に, 河原 1 川原

▼ ふるだけ~ (7, 0.2%)

2 だった 1 だったが, であった, でした, で何, で返事

▼ ふると共に~ (7, 0.2%)

1 南支那の, 和歌界の, 国に, 目出度き試運轉式, 県内に, 衰へ, 辨當を

▼ ふるのに~ (7, 0.2%)

1 どこへ, よくい, 何処へか, 外が, 必しも, 武蔵め牛の, 炬燵の

▼ ふるものの~ (7, 0.2%)

7 あり

▼ ふる~ (7, 0.2%)

1 あり, なり, にせ, のため, の八方, を用, を言

▼ ふる~ (7, 0.2%)

2 ぎしに, の向う岸 1 のうき, の杉, の神

▼ ふる~ (7, 0.2%)

1 が恨み, にえ, に似たる, に沁み, のいと, は, わすれて

▼ ふるなり~ (6, 0.2%)

1 きさらぎの, といへ, 云々また, 山里の, 汝の, 金堂の

▼ ふるには~ (6, 0.2%)

1 ありける, 三つの, 似ず貫一, 先つ, 宗教及哲学に, 許多の

▼ ふる~ (6, 0.2%)

2 の裾野原 1 して, なくば, につけ, をも潜め

▼ ふる~ (6, 0.2%)

1 であった, にこんな, にひとり, にわたし, に風呂, の雨

▼ ふる所以~ (6, 0.2%)

2 けだし偶然 1 なり且つ, に非, のもの, の道

▼ ふる~ (6, 0.2%)

2 をふる 1 があっ, が自然おろそか, の, を暖むる事懐炉

▼ ふる~ (6, 0.2%)

1 がいい, がよく, が便宜, が當つて, ではパーリ語, によき

▼ ふる~ (6, 0.2%)

2 高く 1 の優し, の音, はちん, をふる

▼ ふる~ (6, 0.2%)

1 となった, になあと大山, になる, にはもう, には試運轉式, まで隠れ

▼ ふる馬酔木~ (6, 0.2%)

3 を, を手折ら

▼ ふるさま~ (5, 0.2%)

1 なりき, の落日, はいづれ, は公平, を眺め

▼ ふるとは~ (5, 0.2%)

1 何ぞ, 即ち心, 同じ事, 地震の, 男に

▼ ふるにも~ (5, 0.2%)

1 又加, 及ぶまい, 最も注意, 邪魔を, 食物が

▼ ふるふるさと~ (5, 0.2%)

3 ははだし 1 は, はなつかしい

▼ ふるまで~ (5, 0.2%)

1 それを, ゆめ忘, 受くる, 学問の, 言を

▼ ふるよりも~ (5, 0.2%)

1 優らずや, 数等手数の, 潟といふ, 甚だ大, 逆に

▼ ふる~ (5, 0.2%)

2 ばかりのもの 1 がごとき, までも, ものすべて偉大な

▼ ふる~ (5, 0.2%)

1 が命, にしあらね, の御代かな, も知らね, 見出さば

▼ ふる~ (5, 0.2%)

1 にはその, の家, の身, はま, もあれ

▼ ふる~ (5, 0.2%)

3 の軒 1 となり, の空

▼ ふる~ (5, 0.2%)

3 の夜 1 のもの, の日

▼ ふる~ (5, 0.2%)

1 である, にもなりぬ, の物, また今, を浮世

▼ ふる~ (5, 0.2%)

1 の四十路, へ, へさまよいでなく, を眺め, を黒塗り

▼ ふる~ (5, 0.2%)

1 となりし, ともな, のうさ, のかく, は心

▼ ふるかに~ (4, 0.1%)

1 あり, の, まかせむ, 勿焼き

▼ ふる~ (4, 0.1%)

21 なさったよう, やる姿眼エ

▼ ふるにつれて~ (4, 0.1%)

1 その色テープ, 深まって, 盛に, 色濃くなっ

▼ ふるばかりに~ (4, 0.1%)

2 なりぬ 1 心の, 柔しき処女の

▼ ふるへた~ (4, 0.1%)

1 であらう, では, やうだつ, 知る人

▼ ふるをも~ (4, 0.1%)

1 またで, 善く知れり, 辭せずし, 辭み

▼ ふる~ (4, 0.1%)

2 の雪 1 の日, 待つ景色

▼ ふる春雨~ (4, 0.1%)

1 である, にぬれ, の日暮らしどころ, を待っ

▼ ふる材料~ (4, 0.1%)

1 には少し, に異ならざるなり, の餘, は未だ嘗て

▼ ふる~ (4, 0.1%)

1 がその, である, の怪異, を述べ

▼ ふる西の宮~ (4, 0.1%)

3 に向 1 に向っ

▼ ふる~ (4, 0.1%)

1 なき中空, の上人, の穗, もなく

▼ ふる~ (4, 0.1%)

4

▼ ふるころ~ (3, 0.1%)

1 の季節, も真土, 又雪

▼ ふるしみじみ~ (3, 0.1%)

1 とふる, と鍼, 顔を

▼ ふるのみ~ (3, 0.1%)

1 である, ならず既成政党, ならず既成政黨

▼ ふるのみにて~ (3, 0.1%)

1 乱鬢の, 母は, 足れり

▼ ふるまでも~ (3, 0.1%)

1 なくそれ, なくドツカ, なく破綻

▼ ふるを以て~ (3, 0.1%)

2 能事と 1 人生の

▼ ふる~ (3, 0.1%)

1 だけど, だってさ, ですもの

▼ ふる事能~ (3, 0.1%)

1 ず然るに, はざる, はざること是

▼ ふる代り~ (3, 0.1%)

1 に却, に新聞, に鉛色

▼ ふる~ (3, 0.1%)

1 その家屋, なしと, へとびだした

▼ ふる~ (3, 0.1%)

1 あらき野の, 恩を, 猿が

▼ ふる小雨~ (3, 0.1%)

1 かな, だ, の夜

▼ ふる必要~ (3, 0.1%)

1 あり, がある, 無ければ

▼ ふる~ (3, 0.1%)

2 の如く 1 と見ゆれ

▼ ふる時雨~ (3, 0.1%)

1 かな, ぞ, は

▼ ふる~ (3, 0.1%)

1 からぽんぽん, にわたしたち, に私たち

▼ ふる~ (3, 0.1%)

1 なきため, は, は日々旅

▼ ふる~ (3, 0.1%)

1 ながらたぎつ, は太陽, も見

▼ ふる~ (3, 0.1%)

1 がこだま, なく唇, 洩れたり

▼ ふる言葉~ (3, 0.1%)

1 ですが, の下, 聞きも

▼ ふる~ (3, 0.1%)

1 に老い, に路程, も疾し

▼ ふる間もなく~ (3, 0.1%)

2 戸を 1 車は

▼ ふるあやめ~ (2, 0.1%)

1 で手, のねのみ泣かれん

▼ ふるうち~ (2, 0.1%)

1 にともかく, に葭

▼ ふるえと~ (2, 0.1%)

1 が一つもの, 同じ様

▼ ふるかと~ (2, 0.1%)

1 思えば, 見れば

▼ ふるから~ (2, 0.1%)

1 だ, 心の

▼ ふるきり~ (2, 0.1%)

1 の, は

▼ ふる~ (2, 0.1%)

1 ふの, ふを

▼ ふるけれど~ (2, 0.1%)

1 何となくほ, 振わけ髮

▼ ふるごと~ (2, 0.1%)

1 にわが, に掘

▼ ふるさびし~ (2, 0.1%)

2 がるでは

▼ ふるしぐれ~ (2, 0.1%)

2 かな

▼ ふるそれ~ (2, 0.1%)

1 も歎かじ, よりやや

▼ ふるたび~ (2, 0.1%)

1 にむかし, 流れて

▼ ふるつた~ (2, 0.1%)

1 ならばと, に拘はらず

▼ ふるつて夢~ (2, 0.1%)

2 から醒める

▼ ふるつて天下~ (2, 0.1%)

1 を治むる, を麾ける

▼ ふるつま~ (2, 0.1%)

2 吹く風

▼ ふるという~ (2, 0.1%)

1 ことと, 風に

▼ ふるとき一切~ (2, 0.1%)

2 の拘束力

▼ ふるとしも~ (2, 0.1%)

2 見えぬ雨

▼ ふるとて~ (2, 0.1%)

2 君には

▼ ふるとともに~ (2, 0.1%)

1 貫一の, 黒煙空に

▼ ふるなど~ (2, 0.1%)

1 言語道断の, 諸般の

▼ ふるにより~ (2, 0.1%)

1 てつひ, 彼黨此黨いづれ

▼ ふるの必要~ (2, 0.1%)

2 を唱

▼ ふるほどに~ (2, 0.1%)

1 石蕗の, 空気が

▼ ふるまひ五十路過ぎ~ (2, 0.1%)

2 よ郷

▼ ふるまひ堅固~ (2, 0.1%)

2 なる友

▼ ふるまま~ (2, 0.1%)

1 に益, に訪

▼ ふるやを~ (2, 0.1%)

1 しらず, とこの

▼ ふるよし~ (2, 0.1%)

1 にいい伝う, 御像

▼ ふるポスト~ (2, 0.1%)

1 へ出したくない, へ投げこんだ

▼ ふる一人物~ (2, 0.1%)

2 あり

▼ ふる並製~ (2, 0.1%)

1 の麪包, の麺麭

▼ ふる二人~ (2, 0.1%)

1 のもんぺ姿, の女

▼ ふる人々~ (2, 0.1%)

1 がこもごも且つ, 或はその

▼ ふる人才~ (2, 0.1%)

1 を収めざる, を收め

▼ ふる~ (2, 0.1%)

1 の事, ゐなら其處

▼ ふる~ (2, 0.1%)

1 の骨, も五十銭

▼ ふる傾向~ (2, 0.1%)

1 なきこと, なし

▼ ふる~ (2, 0.1%)

1 のはじめ, の夜寒

▼ ふる~ (2, 0.1%)

2 べてこ

▼ ふる~ (2, 0.1%)

1 に汝等, の日

▼ ふる千鳥~ (2, 0.1%)

2 この雨

▼ ふる卯月八日~ (2, 0.1%)

2 は吉日

▼ ふる喜び~ (2, 0.1%)

1 のため, は汝自ら

▼ ふる地震~ (2, 0.1%)

2 のふる

▼ ふる場合~ (2, 0.1%)

1 でも右, には昨日

▼ ふる~ (2, 0.1%)

1 だと, のたま

▼ ふる大根~ (2, 0.1%)

2 まかう

▼ ふる~ (2, 0.1%)

1 ふかくみほ, ふかく御

▼ ふる姿~ (2, 0.1%)

1 みて, を見れ

▼ ふる婆羅門~ (2, 0.1%)

2

▼ ふる~ (2, 0.1%)

1 が眼, のお

▼ ふる寂しい~ (2, 0.1%)

1 晩などに, 雨が

▼ ふる~ (2, 0.1%)

1 さ, さ身を

▼ ふる~ (2, 0.1%)

1 の, の犬

▼ ふる小鳥~ (2, 0.1%)

1 なきつれ, の愛情

▼ ふる山吹~ (2, 0.1%)

1 の花, を屋戸

▼ ふる川岸こ~ (2, 0.1%)

2 ち方

▼ ふる~ (2, 0.1%)

1 にもぐり込んだ, に入り込んだ

▼ ふる~ (2, 0.1%)

2 の山

▼ ふる~ (2, 0.1%)

1 といふの, の夢

▼ ふる影響~ (2, 0.1%)

1 によりてなり, の性質

▼ ふる~ (2, 0.1%)

1 厨子の, 辺の

▼ ふる心算~ (2, 0.1%)

2 なりと語れる

▼ ふる悲し~ (2, 0.1%)

2 さを

▼ ふる悲しみ~ (2, 0.1%)

2 の声

▼ ふる~ (2, 0.1%)

1 の多少, の熱

▼ ふる~ (2, 0.1%)

1 に解する, の

▼ ふる~ (2, 0.1%)

2 がある

▼ ふる~ (2, 0.1%)

2 のあと

▼ ふる時余~ (2, 0.1%)

2 に謂

▼ ふる時雨日~ (2, 0.1%)

2 がな日ぐらしふり

▼ ふる書中~ (2, 0.1%)

1 にこの, に記し

▼ ふる~ (2, 0.1%)

1 の精, はら二人

▼ ふる~ (2, 0.1%)

1 な事, になりました

▼ ふる~ (2, 0.1%)

1 なれば, のイマメ

▼ ふる次第~ (2, 0.1%)

1 にあらね, を明らか

▼ ふる~ (2, 0.1%)

1 かと泣か, の呪咀

▼ ふる~ (2, 0.1%)

1 の文, をくむ

▼ ふる~ (2, 0.1%)

1 を説い, 有りしなり

▼ ふる~ (2, 0.1%)

1 のそれ, ははて

▼ ふる~ (2, 0.1%)

1 なりとも云, の行事

▼ ふる為め~ (2, 0.1%)

1 にあやまつ, にとて生等

▼ ふる~ (2, 0.1%)

2 山かげに

▼ ふる~ (2, 0.1%)

1 がゐ, とあるく

▼ ふる理由~ (2, 0.1%)

2 はある

▼ ふる~ (2, 0.1%)

1 と比べ, を謂

▼ ふる百木~ (2, 0.1%)

2 のたけ

▼ ふる~ (2, 0.1%)

1 の梅雨, は又

▼ ふる~ (2, 0.1%)

2 の晩

▼ ふる禮制~ (2, 0.1%)

1 の起源, を説明

▼ ふる~ (2, 0.1%)

1 のんびりと, の伸びやう

▼ ふる箒木~ (2, 0.1%)

2 や新

▼ ふる~ (2, 0.1%)

2 いろに

▼ ふる義務~ (2, 0.1%)

1 あるが, がある

▼ ふる習ひなりき~ (2, 0.1%)

1 と, といふ

▼ ふる臘月~ (2, 0.1%)

2 にも酒

▼ ふる色香~ (2, 0.1%)

2 とも知れ

▼ ふる~ (2, 0.1%)

1 なりき, を想像

▼ ふる~ (2, 0.1%)

1 も知らぬ, も表

▼ ふる貫一~ (2, 0.1%)

1 の呼吸, の眼

▼ ふる貸本屋~ (2, 0.1%)

2 の小説

▼ ふる~ (2, 0.1%)

1 ひたうなる雨, へば

▼ ふる~ (2, 0.1%)

1 はありけり, はたえだ

▼ ふる~ (2, 0.1%)

1 にまぎれ, の泥湖

▼ ふる~ (2, 0.1%)

1 のお腹, のし

▼ ふる頭巾着~ (2, 0.1%)

2 たりけり

▼ ふる~ (2, 0.1%)

1 にもみぢ葉, の一息

▼ ふる食物~ (2, 0.1%)

1 と酒, も果敢

▼ ふる馬醉木~ (2, 0.1%)

2

▼ ふる~ (2, 0.1%)

1 かも, かも弓弦葉

▼ ふる鵞鳥早~ (2, 0.1%)

2 や亡

▼ ふる鶏冠尾長鳥垂~ (2, 0.1%)

2 り尾

▼ ふる鷲鷹~ (2, 0.1%)

2

▼ ふる~ (2, 0.1%)

2 なき格子

▼1* [644件]

ふるあしたの女, ふるあしたのをん, ふるあまも今日, ふるあまりに自分は, ふるあめか, ふるあめりかに触る, ふるある寒さ, ふるあるじの苦勞, ふるいずれにも無論, ふるいちじくの実, ふるいぼだいじゅ, ふるらの, ふるえごえを, ふる彼岸ま, ふるおもだかも花さき, ふるかぎりはただ, ふるかしこさよ, ふるかといふ事である, ふるかなあんまりしづか, ふるかにな焼きそ, ふるかのように, ふるかも知れない, ふるかわりに縛られ, ふるかを知らば, ふるくちなしの花, ふるくまが, ふるけさは君, ふるここの御, ふるこころのたちまち, ふるこころよさ未だ, ふること一かたならぬ苦しみ, ふること一生身を保つ, ふること三年であつ, ふること世人皆知れり出家, ふること僅に一日二時, ふること凡ての獸, ふること外國製衣類の使用, ふること字にはすな, ふること幾千年であるの, ふること必定して, ふること忠なり, ふること旬日朝風露をわたり, ふること死に劣らじ, ふること甚しきを訴, ふること穩當なるべし既に, ふること自在なり, ふること迅速敏捷元の太祖, ふること頃刻にし, ふるこれで十分, ふるごと此処に茂れり, ふるごと此處に茂れり, ふるごろも真土, ふるさけを佛法華經, ふるさびしい日に, ふるさみしくないこと, ふるさ一葉のふるさと, ふるしずかな私一人, ふるしるしにここ, ふるへもどっ, ふるすべを知らざる, ふるすべての害惡, ふる悲しきかきくらし, ふるため肱木に代り, ふるたらの木の刺, ふるだけの素養を, ふるだまつてゐる, ふるちさき者, ふるで粟がら, ふるてゐる, ふるつた人物ですから, ふるつた女傑であつ, ふるつた柳の梢, ふるつた皿を默つて, ふるつちはりこころよも, ふるつてソクラテス流の対話法, ふるつて一儲けしてやるから, ふるつて一筆した, ふるつて三吉は漁船, ふるつて人間心理の秘密, ふるつて君の仲間, ふるつて天皇さまは山, ふるつて姫路より来信, ふるつて威張つても見たい, ふるつて己が将来, ふるつて情熱の鬼, ふるつて文字通り床を剥がし, ふるつて格闘をする, ふるつて橋の上, ふるつて次の如く要約, ふるつて清親を叔父, ふるつて破約者の殺害, ふるつて薪木を切りはじめました, ふるつて貴家の原始的, ふるつて躊躇すること, ふるつて闖入したきもの, ふるつて鮮やかなフオーム, ふるてのような, ふるてる手頸しっかり, ふるといへり, ふるとき苦痛となる, ふるとき雲ゆきなづみ山, ふるとこそ聞け嫌, ふるところ何物ぞ, ふるところ勇士らの, ふるところ眼をとぢ, ふるとわーっと, ふる雨ふら, ふるなからんため糧食, ふるなきは音, ふるなく着けたる額, ふるなぞということ, ふるなどということが, ふるなどの諺が, ふるなにごとにも母, ふるなにものも売りつくしけり, ふるなべにもえあがる, ふるなみだのう, ふるなんぼ障子をた, ふるにおいて差し支へ, ふるにだに及ばずとぞ, ふるにつけ我に, ふるにやなど語り合ひつ, ふるによりて名を, ふるに従って平安の, ふるに際し束ね糸の, ふるに際しては比企邸の, ふるのでべこやは, ふるのみか紅葉の, ふるのみにして, ふるのみの一事に, ふるの後起座し折烏帽子, ふるの種子となら, ふるの賢明あり以, ふるはずみに鳴子縄, ふるばかりの時をも, ふるひとりひとりゆく, ふるへも靜まつ, ふるへる病氣の, ふるへをた, ふるほか手足一つ動かす事, ふるほどの人誰か, ふるほどは憂けれど, ふるほんにほどよう, ふるまいについて知っ, ふるまつとし聞か, ふるまつりである, ふるまでの安樂, ふるまひぢや, ふるまひ人は水口祭り以外, ふるまひ惡業を作, ふるまひ貴族たちには棍棒, ふるまひ酒の入, ふるまわりが来る, ふるのむし, ふるみふらずみ, ふるみ像のみ前, ふるもう春だ, ふるもの一言すれば, ふるもの何を以て其の, ふるもの候はざりき, ふるもの其創意實に感ず, ふるもの勝栗を用, ふるもの如何ぞ沙門, ふるもの尠からざること, ふるもの愛餐酒盃の間, ふるもの楽むもの虞ふもの, ふるもの白梅を用, ふるもの等に對つて, ふるもの美くしく三十路, ふるもの附木草履など鬻ぎ, ふるやう料理番に申, ふるやさしき子の, ふるやと罵り貪る者, ふるやらするので, ふるふべの, ふるゆきつもる, ふるゆゑに恋, ふるよりは怡びたがる, ふるむか, ふるわが身も末, ふるわけにもいかず, ふるアメリカへ乗り込む, ふるエニンに到り, ふるカフエーを見のがし, ふるキヤベツを切る, ふるサイレンのリズム, ふるセルゲイの燃える, ふるタウマンテの女, ふるチエロは黄褐, ふるトアルハ自然ニハエテ居ルコトデ蒔イタ者カ栽ヱタ者ナラバまきしトカ, ふるトマトの肌, ふるトロイアの軍勢近く襲, ふるバッカンティンはその, ふるフェルラーラ人の血, ふるホワイトシャーツには胸, ふるマグダーレンに似た, ふるミノスにいたれり, ふるユダに憑きぬ, ふるヲンナはまことに, ふるの圈, ふる一事である, ふる一人として火, ふる一人一人ゆく, ふる一室位はどうやら, ふる一派の正, ふる一番大切なるもの, ふる一組を出せり, ふるは如何にも, ふる丈夫は限り, ふる三とせは長き, ふる三稜のす, ふる中傘さして小, ふる丹後の首, ふると皮肉, ふる乳房はこ, ふる事十数回に及びぬ, ふる事東京に於ける, ふる二人アイアース共に留らず, ふる二將槍を杖, ふる二葉のあふひ草, ふるの人形, ふる人君をこそ, ふる人間ではなかっ, ふる今日この頃, ふる今日過ぎし所, ふる仙台につきたる, ふる以上は全く, ふる以外の難解, ふる伊豆のお山, ふる位きり無し, ふるの要素, ふる体つきでのぼっ, ふる余裕もなかつた, ふる作用をも目, ふるなれば, ふる例證として認識, ふる侮辱に堪へずし, ふる便宜上かりに諸天, ふる傍ら或は書添, ふるが泣く, ふる傷痍は即ち, ふる價値已に此, ふるひに, ふるもありませんでした, ふる光明温熱夜が與, ふるの着る, ふるその上, ふる全然に坂路, ふるか, ふる頗る便, ふる其の釵を, ふる其中一人として火, ふる具合でわたし, ふる処女の手, ふるにあたって斬られた, ふる分疏にせ, ふる切なさ逃げ, ふる初雪のさやけ, ふる功徳の甚深広大, ふるを慳, ふる勲章といふ例, ふるれ, ふるの信濃, ふる午後妹のジョウ, ふる午後青木さんはいつも, ふる半日の刑, ふる衣一枚で, ふる卯木がいつも, ふる四段の, ふる反故と一, ふる口碑其二は遺跡, ふる歌さへも, ふる古い古い石塔が, ふる古江かな, ふるのうち, ふるからず, ふる家は, ふる君ゆゑに姉, ふる吾指は, ふる味気無さ, ふるの葉, ふる善心とより生ず, ふるとする, ふる四五本の檜, ふるよといった, ふる国人君は, ふる国家は内, ふるに種子, ふる土針心従も想, ふる土龍の死にし, ふる地上のみどり逆, ふる地名の川沿, ふるの紅葉, ふるの大き, ふるの下, ふる場合以外には要求, ふるの中, ふる壬辰八月十四日の書, ふるあらび, ふる夕方に草津, ふる夕暮れに彼, ふる夕赤裸にし, ふる夕霧に立ち, ふる夜ごとに暗闇阪, ふる夜半をすごしぬ, ふる夜更けなどに養家, ふる夜毎の露, ふる夜泥濘をこと, ふる大人君子に向, ふる大吉へかさね, ふる大木に鋸, ふる大阪城の若葉かな, ふる天使に相, ふる奧山に, ふる好き賠償を收むるを, ふる好き酒多しアカイア, ふるはいます, ふる始皇帝の詔, ふるに打明けた, ふる子らありて, ふる学識ありて, ふる宗教なきとの, ふる定例の挨拶, ふる実行的道徳なる, ふるの如き, ふる家々も何不足, ふる宿のうめ, ふるを得, ふる寝床の上, ふる寝所に明, ふる實踐派の哲學者, ふる小松のもと, ふる小生は貴兄, ふる山みちをしみじみ, ふる山桜戸を明けぼ, ふる山草の止まず, ふるが腰かけ, ふる川柳根を洗, ふる幽かなる金閣寺, ふる幾通かの書, ふる広き池塘の, ふる廃園の木立, ふる張り満てる童, ふる強弱一切の刺戟, ふる形而上派の哲學者, ふる影響解禁後の國民, ふる役目をなし遂げた, ふる往来へ出る, ふるに至り, ふる御世のみさかえ, ふる心理へと落されるで, ふる志斐のが強, ふるさは, ふるひ, ふる急湍溢れ出, ふるありまた, ふる悪霊の奴, ふる惨憺経営の跡想, ふる感動の中, ふる憎くらしい憎く, ふるは美しき, ふる我が顔さびしこゝにだにあけに映えよ, ふる手段にいはく, ふる手附金であつ, ふる扱帯の色, ふるとなり, ふるいとなき, ふる攝理四方の聖徒達, ふる支那画の感化, ふるに疲れ, ふる教師にし, ふる敬坊と二人, ふるを見る, ふる文体の魅力, ふる斥けがたき悲劇, ふる方道理有りと, ふる方針を取ら, ふるの法衣, ふる旅籠屋程こそなけれ, ふる日二階の教室, ふる日曜に川, ふる日曜日を小半日, ふる日椅子は足, ふる日葉子は顔, ふる早わざを妹達, ふるな春, ふる明け方のよう, ふる明るい春雪, ふる時夢にもあらず, ふる時貴婦人の頬杖, ふる時雨松には松雀もみぢ, ふる晩彼女が私, ふる景姿の殊, ふるもなく, ふる暗い日なぞには, ふる暗夜である, ふる曙十たびあくる時, ふる書並に大田南畝, ふる最上最美, ふる最中に泥だらけ, ふるのひかり, ふる望空しかり, ふる朝ひぐらしの声, ふる朝来たとき, ふる木の実なり, ふる木枯の夜, ふる未だ乾かざるもの, ふるの音, ふる杜鵑はともに, ふる杵島が嶽, ふるとし聞か, ふるをなし, ふるがうれ, ふる桃林もあり, ふる業なすをのこ, ふる極楽の寂光土, ふるの譜, ふる概念を比較, ふる榾火かな, ふる様波羅伊曾の空, ふるをかろんじ, ふる権利ある男女, ふる橘玉に貫く, ふるに向, ふる權力も亦, ふる次回にはモコウ, ふるを, ふる歌一首并に短歌, ふる此寺のもの, ふる歩きつきで出, ふるは僕, ふるになれませんでした, ふる気もちになる, ふる気持で一杯, ふる水氣のいと, ふる水蝋樹はなに, ふる諸金銀, ふる決心に御座候我等, ふる沙原よりわれ等, ふる河原に, ふる油虫死んで, ふるの音, ふる泥沼を終日, ふる浜つづら汝をたのみ, ふる浜木綿の花過ぎ, ふるを別れぬる, ふる海人の呼び声, ふる淑女身を動かす, ふる深き夜の, ふる深夜の通り, ふる渓流もあれ, ふる湖霧ふかく水皺幽か, ふる繩は, ふるの中, ふるを焚い, ふる災厄を免れ, ふる無数のかんこ船, ふる焼麩に似た, ふる牧童も又, ふる牧者の如く, ふる物品に木碗木櫃耳盥, ふる物象の義, ふるであるという, ふるの清春, ふる猛勇のパフラゴニア, ふる猛烈酷毒之薬, ふる猟犬にて候, ふる獅子を表, ふる現代の金口, ふる現実の前, ふる瑞かけに, ふるより酒, ふる生活の困苦惨憺, ふる生活法正規の法, ふる用意を為さん, ふるはわれ猟師, ふるの或, ふる痛苦は能, ふるがあつ, ふる白い道, ふる白巣の小, ふる白手巾胸のあたり, ふる白樫や, ふる白瀧の深谷, ふる百舌の甲高, ふる目前に二人, ふる目標物の縹眇, ふる圖傳へ, ふる相応の支那, ふる盾のもなか, ふるは微醺, ふる眼先に朱, ふるや瓦, ふる社僧あり城主, ふる神代もきかず, ふるの身心, ふる程迷つて心中は愈々, ふるなるべし, ふる種々の財寶數, ふるに鳥, ふる空手は, ふるにふるへ, ふる窓外へ目, ふるをきる濡れ, ふる竿の数, ふる二の, ふるである, ふるの處置, ふるの中, ふる無きにも, ふるのま, ふるの原料, ふるのよう, ふる紙雪のよう, ふる紫草衣に染め, ふる細い竹の, ふる細心に斟酌, ふる紳士なり, ふるその解, ふる繁き詞の, ふる罪過の語, ふる羊齒草えびかづら間, ふるの外, ふるへとなり, ふるなの, ふる背広服の人形, ふるの広, ふる能はず退いては, ふる能はずひとり片田舎に隠れ, ふる能はず唯目を挙げ, ふる能はず天下を擧げ, ふる能はず斉しく立つて, ふる能はず模型的連歌に写実, ふる能はず首尾断絶して, ふる腎臟の藥, ふるの工匠, ふるの中, ふる船舶に無難, ふるを示前, ふる色里の賑, ふるの弁熱, ふる花卉の麗し, ふる芽出しもみぢの庭, ふる若き人々側に, ふる若少の類延年, ふる若者の, ふる若葉どき妻, ふる茶山の書, ふる荒磯ならねど, ふる莊嚴の華麗, ふるに置く, ふるの若葉, ふる落葉おちつく, ふる葛の葉の, ふるを掘る, ふるもよしやがて, ふる薑脣ひ, ふる藤助といふ老僕, ふるのゆらめく, ふるの葉, ふる虎耳草その葉かげ, ふる蜘蛛の巣, ふるのしみる, ふる血液が注がれ, ふる行爲はその, ふるある樣, ふる街頭のもの, ふる衝動となる, ふるのほど, ふる裏田ははだ, ふる製品はサッカリン, ふるはなかつた, ふる見送りの人々, ふる規則の謂, ふる規模の大きい, ふる觀音崎や一種, ふるは固, ふる言葉そのものも, ふるの七行目, ふるなるが, ふるをかれこれ, ふる論文を公, ふる軍もろともに, ふるでは無い, ふるに何, ふる賞天鵞絨の幟, ふるが孔子, ふるぞ, ふる逍遙子が趣意, ふる途端鋭き気性, ふる連歌派貞徳派よりはたしかに, ふる運命にやあらんずらん, ふる道楽のうち, ふる遠き山辺も, ふる遠方の窓, ふるは今, ふるの民, ふる都會の夜, ふる野辺にすて, ふる野邊にすて, ふるの箍, ふる鉄橋に町, ふる鉱山の, ふる鉾杉の穂並, ふるの薄き, ふるを押当つる, ふるをもあの, ふるをぬ, ふる鏡霜に裂けたる, ふる鑛山の, ふる門飾りではなかつた, ふる開書の英文, ふるに下女, ふる雑沓の光景, ふる雙六のこと, ふる雨ふりて落ちつく, ふる雨八つ手にふる, ふる雨木に降る, ふる雨観つつ時, ふる雨露に彩色, ふる雲井に駈けれ, ふるが降る, ふる霊薬とによつ, ふるかな, ふる青鷺の身, ふる非常手腕として侠客, ふる音茶碗皿を洗, ふる頭巾著たりけり, ふる顏料の性状, ふるになつて, ふるを拒み, ふる食積をする, ふるを鹽氣, ふるにわれ, ふるをふる, ふるも見, ふる鳴物ならば, ふる鴛鴦のうき, ふる鵜人の姿, ふる鶻隼は, ふるは, ふる鹿は現に, ふる暗寒冷, ふる鼬羊歯かすかなる陽