青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ふらふら~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ふたり~ ふだん~ ~ふと ふと~ ~ふところ ふところ~ ~ふべき ふべき~ ~ふも ふも~
ふらふら~
~ふり ふり~ ~ふる ふる~ ふるえ~ ~ふれ ふれ~ ふん~ ~ぶ ぶ~

「ふらふら~」 1312, 14ppm, 7875位

▼ ふらふら~ (721, 55.0%)

33 歩いて 17 出て 9 立ち上って 8 なって 7 入って, 立って 6 起って 5 外へ, 家を, 立ち上った, 立上っ 4 その気, ゆれて, よろけて, 歩き出した, 立上る, 落ちて

3 [15件] して, はいって, 倒れそう, 前へ, 宙に, 寄って, 旅に, 歩きだした, 立ちあがった, 立ちあがつた, 立上った, 表の, 足の, 迷って, 風に

2 [43件] あるき出した, こっちへ, した, したの, そこへ, そこを, なった, なる, よろめいて, 両手を, 僕の, 僕は, 出かけて, 前に, 動いた, 動いて, 奥庭の, 店を, 揺れる, 橋の, 歩いた, 歩き出したの, 歩き出す, 池の, 浮いて, 海岸へ, 眩いを, 立ち上がった, 立ち上がったが, 立ち上ったが, 立ち上りました, 立つて, 線路の, 舞台を, 表へ, 見て, 足を, 近づいて, 這入って, 酒に, 降りて, 静かに, 高いところ

1 [459件] あてられ, あと退り, あやつり人形, あゆいで, あらわれた, あんなふうにぶ, おかしな恰好, おちだす, お庭, お目まい, かかったその, ここへ, この問, この邊, こんな場所, させた, させてね, さまよい出した提灯, したが, したと, したまま, した時, した気分, した目, した足, した足つき, した足どり, した足取り, し倒れ暫く, する頭, そういう気, そこい, そこまで, そこらを, そとへ, そのままその, そのまま尻餅, その丘, その中, その場, その店, その後へ, その方, その方面, その現場, その男, その足元, その部屋, そんな気, たおれかかるの, たって, たわいも, とんでもねえ, なったの, なったん, なりしなしなと, なりながら, なるの, なる事, のんきな, ふだん空想し, ふって, まいった杉本, まだ動い, まるで夢遊病者, まわりました, めまいが, やきもち, やって, やって来ましたんでね, ゆうべの, ゆらめきながら, ゆれ動いた, よろけながら, よろけやあ, よろめいた, よろめき歩む間, ジムの, デッキの, デパートに, バルコニーへ, バーの, ヘマばかり, 一丁程, 一両二分ばかりに, 一人で, 一所に, 三めぐり, 三昧の, 上って, 上ると, 上方が, 下の, 下りに, 不時着する, 並んで, 中へは, 乗って, 二足ばかり, 二階の, 二階へ, 人を, 仄光の, 今にも飛び出し, 今來, 仕込みづえを, 仮小屋, 何か, 何かの, 何気なくその, 便所にでも, 俯きに, 倒れか, 倒れかかつて, 倒れるよう, 僕を, 入ったの, 入り込んで, 八幡楼へ, 六尺余り遠ざかった, 其の門口, 其処を, 其方に, 内へ, 内部を, 凭れかかれば, 出かけたつていふ噂, 出かけたというは, 出かけられたん, 出かけ母屋, 出たん, 出で, 出ますとね, 出ると, 出歩いたまで, 分れたん, 前後に, 力なく, 助けて, 動かして, 動かし頭, 動くもの, 千鳥足の, 半月ばかり, 危く小便を, 又ひらひら, 口に, 台所穿を, 同じやう, 吸い込まれそう, 周囲に, 和やかな, 唆か, 土手を, 地に, 坑の, 垣根の, 変な, 外に, 夜戸外へ, 夢遊病者の, 大金を, 大鏡, 大阪で, 女中部屋の, 存在してる, 学校へ, 宇津の, 定まらない, 定めない彼, 客同士が, 室を, 室内を, 宿を, 寂しい夢, 寝室に, 小日向水道町へ, 小舎から, 小路を, 少しよろけ, 居間へ, 居間を, 山に, 山へ, 岩角の, 岬の, 島村の, 崩れこんで, 川原の, 左右に, 席を, 帰って, 帰つて来, 帰路に, 平七の, 幻の, 幽霊だち, 店へ, 庭の, 庭下駄を, 延び上った弱々しい, 引っ返して, 引窓の, 彷徨し始める, 彼の, 往った, 往来に, 往来の, 後へ, 従いて, 得た事, 御手洗の, 御秘蔵, 微酔で, 心に, 応接室へ, 思い出しては, 怪しげな, 懺悔の, 成つたま, 成るに, 我知らず電車道を, 戸棚から, 戻って, 戻り腕組み, 房枝らしい, 扉を, 打ち振る, 投げて, 抜け出したとき, 抵抗し, 押しだされて, 拔出で, 挽き倒した, 捌いた女難, 授業を, 接吻を, 提げて, 揺か, 揺がした, 揺く, 揺らめく光, 揺られそう, 揺れか, 揺れかえるこの, 揺れて, 揺れ頸, 搖れる, 放二, 散歩に, 数寄屋橋御門から, 数知れず, 日向ぼっこし, 明滅する, 昏倒し, 春の, 春風に, 暖簾を, 暴風の, 書斎から, 最前の, 月の, 月日を, 朝寝する, 未来の, 村尾さんに, 来て, 枝から, 柴折を, 柵を, 栗栖の, 桔梗屋を, 梯子段を, 横切つて, 樹の, 樹蔭から, 歌の, 正勝の, 歩きだしました, 歩きま, 歩きまわったり, 歩き出して, 歩き出しました, 歩き出そうと, 歩き廻った, 歩き続けて, 歩く, 歩くよう, 歩く姿, 歩みゆく, 歩みよつて, 歩み出して, 歩み寄って, 歩んで, 歩行い, 死ぬ気, 殆ん, 殺したくなったから, 気が, 気紛れで, 江戸見物に, 波止場を, 泳いで, 洗面台の, 流されるやう, 浅草広小路へ, 浅黄に, 浮いた腰, 浮び出て, 浮んだ, 渡り廓下, 湯女の, 漕ぎのぼると, 激しい極端, 無縁坂の, 狂える, 玄関の, 玄関へ, 現われた, 現われたもの, 現われ出た, 生え出して, 生の, 甲府の, 病みついたので, 登楼って, 目が, 目がも, 目まいが, 目まいまでが, 目眩が, 盲動する, 真昼の, 真暗い, 眩暈が, 眩暈に, 眩暈を, 眼の, 硝子戸を, 磯五の, 穴の, 空を, 窓に, 立ちあがつて, 立ちあがり父, 立ちあがること, 立ちたくなる, 立ち上った時, 立ち去って, 立ち懸ける, 立上つて馬右エ門に, 立上りました, 立出で, 立揚った, 築山の, 紛れこんだ自分, 組みつかうと, 絶えず振っ, 縁に, 縁側の, 縁前に, 美少年の, 美津子の, 背後へ, 脱け, 脳が, 腰を, 舞い上って, 舞台へ, 船に, 船を, 花を, 茶店には, 荒地の, 葭簀を, 薫が, 虚空を, 蛇が, 血塗れの, 行き黒い, 行ったり, 行って, 街へ, 表通りに, 表門の, 袖を, 誘いに, 誘ひ寄せられて, 買う気, 買ふ, 赤井と, 赤坂離宮の, 走りだした, 起きあがった, 起き上った, 起き上りましたが, 起ちあ, 起ち上った, 起ち上ったが, 起ち上つた, 起ち上つた時, 起ち上りながら, 起ち昇って, 起った, 起るもの, 足は, 跟い, 踊るやう, 蹌いた, 蹴球部の, 身を, 軽く, 辿り行くの, 近づいた, 近づき石器時代, 近よ, 近寄った, 近寄って, 迷い歩いて, 迷い込んで, 迷うて, 迷うよう, 迷ひ込ん, 追っかけて, 逍遙あるいた, 途方に, 通って, 通り過ぎる, 進み出た, 道わるを, 道を, 遠いところ, 避けて, 部屋を, 酔が, 酔ったよう, 酔ひしれた, 里心が, 野道山道宿なし, 金丸が, 釣られるよう, 鎌倉で, 門口へ, 階子段を, 雨に, 雪の, 雷門の, 青い月, 頭重く, 飛びこんで, 飛びだして, 飛び出したかと, 飛び出して, 飛び込んで, 馬券を, 高い所, 魂が, 黒い影, 黙って

▼ ふらふら~ (132, 10.1%)

27 ていた 23 ている 6 ていました 4 てゐた 3 て床 2 て, てい, てきた, てくる, てゐる, て倒れ, て手, て歩行, て頭, ながら歩い

1 [49件] そうな, てあなた, ていまし, ています, ていらっしゃる, ているだろう, ておりまし, ております, てこの, てすがる所, てそれから, てただ, てもう, て前, て力, て動いた, て叫びました, て夜, て宿, て居た, て干柿, て戻つ, て来, て歩けません, て流し, て目, て眩暈, て立ち上った, て立てない, て行け, て赤い, て足, て足下, て醉, て雑巾がけ, ながらこっち, ながらこの, ながらそれ, ながらも急い, ながら出, ながら天井, ながら室内, ながら宮崎, ながら歩き續, ながら満足, ながら花園, ながら長い, ながら黙っ, 雑文でも

▼ ふらふらする~ (40, 3.0%)

6 足を 5 頭を 2 足どりで, 足取りで

1 [25件] からだ, くらい, くらいですむ, といい, とき彼女は, な, のだった, のです, のでね, のに, のを, ものであるなら, ようだ, ような, ように, わ, んだ, 恰好を, 比較的小さい, 気持に, 脚を, 膝が, 足で, 足元を, 身体を

▼ ふらふら~ (38, 2.9%)

18 なって 3 なる 2 なりながら

1 [15件] くっつけ長い, なった, なっちゃって, なってからも, なりかけたころ, なりそう, なりました, なりよる, なりイワン, なりフォーク, なり暫く, なり祖父, なるよう, 酔った若い, 酔っ払って

▼ ふらふら~ (29, 2.2%)

4 空間は 2 今も, 学生が, 宇宙にばかり, 揺れか, 青い顔

1 [15件] この半, ゴム底靴が, 八木少年は, 揺れかえる, 揺れかえる揺れかえった後, 気分で, 病人である, 空間, 空間に, 精神は, 足どりで, 軽い今日, 長い首, 頭僕の, 頭大

▼ ふらふらとして~ (28, 2.1%)

1 [28件] そのとき, そのままぺしゃんこ, その空想, まさしく物, もう一度深い, らんかんに, 倒れそう, 倒れんと, 其処へ, 前のめりに, 夢の, 小泉の, 尻餅の, 居る, 幾たびも, 庭外へ, 杖が, 来るし, 来るので, 無我夢中で, 現われた, 立つた, 紅の, 腑抜けと, 起って, 足許が, 足許危なく, 電柱に

▼ ふらふらした~ (24, 1.8%)

5 足どりで 2 足取りで

1 [17件] うすぐろいもの, が歩け出した, が額, ものだ, ものだった, わけである, 作品です, 大きな身体, 無電では, 生活を, 白いもの, 目を, 足つきで, 足取で, 足取りが, 鎖に, 首つきを

▼ ふらふら歩い~ (23, 1.8%)

5 ている 3 て行く 2 て一人, て行, て行った 1 ていた, ていっ, ていった, てから又, てゆく, てゐる, てバス, て来, て知らず

▼ ふらふらっと~ (14, 1.1%)

3 して

1 [11件] なったから, なって, 一寸ばかり, 一寸ばかりの, 出来心じゃ, 出来心だ, 奇妙な, 居酒屋へ, 眩暈が, 眼暈いする, 迷いこむただ

▼ ふらふらさせ~ (9, 0.7%)

1 それでもこそとの, たり口, たり時々, てあるく, て口, て本郷森川町, ながらヒトラー, ながら前のめり, ながら涙

▼ ふらふら歩き~ (9, 0.7%)

4 廻つてゐる 2 まはつ 1 で鳴海, ながらふと, まはる

▼ ふらふらさし~ (5, 0.4%)

2 ていた 1 ちゃ燈, ながら眼, 身体は

▼ ふらふらしてる~ (5, 0.4%)

1 し時々, のも, よ, わりに, 私の

▼ ふらふら~ (5, 0.4%)

1 とななめ横, と書室, と眩暈, と立, と立ち上がろう

▼ ふらふら~ (5, 0.4%)

1 てゆく, て来, て行きました, て行く, て行っちまった

▼ ふらふら歩き廻っ~ (5, 0.4%)

5 ている

▼ ふらふらあるい~ (4, 0.3%)

1 ていた, ている, てゐた, てゐる

▼ ふらふらつと~ (4, 0.3%)

1 した, 庭の, 立ちあがつた瞬間, 立ちあがつて

▼ ふらふら~ (4, 0.3%)

2 へ出, へ出た

▼ ふらふら~ (3, 0.2%)

1 その場, は仕方, 家まで

▼ ふらふらとか~ (3, 0.2%)

2 なしげな 1 ぶりを

▼ ふらふら浮い~ (3, 0.2%)

2 たりし 1 ている

▼ ふらふら階段~ (3, 0.2%)

1 をのぼっ, を昇っ, を昇つ

▼ ふらふら飛ん~ (3, 0.2%)

1 でいる, でゐた, で逃げる

▼ ふらふらこっち~ (2, 0.2%)

1 へちょろちょろ, へふらふら

▼ ふらふらその~ (2, 0.2%)

1 傍へ, 方へ

▼ ふらふらついて行く~ (2, 0.2%)

1 というよう, といふやう

▼ ふらふらとある~ (2, 0.2%)

1 いて, 袖口に

▼ ふらふらとつい~ (2, 0.2%)

1 て来た, て見送っ

▼ ふらふらのぼっ~ (2, 0.2%)

1 て来, て来ました

▼ ふらふらふら~ (2, 0.2%)

1 と人通り, と刎

▼ ふらふらふらふら~ (2, 0.2%)

1 あるいて, 山から

▼ ふらふらやっ~ (2, 0.2%)

1 ていた, ている

▼ ふらふらやって来~ (2, 0.2%)

1 ておまけ, て僕

▼ ふらふらゆすぶった~ (2, 0.2%)

1 やうに, ように

▼ ふらふら動く~ (2, 0.2%)

1 から我, ように

▼ ふらふら振り~ (2, 0.2%)

2 乍ら麻油に

▼ ふらふら揺れる~ (2, 0.2%)

1 ときには, のが

▼ ふらふら歩きまわっ~ (2, 0.2%)

1 てばかりい, てふと

▼ ふらふら歩き出し~ (2, 0.2%)

1 て半分, 門を

▼ ふらふら漂う~ (2, 0.2%)

1 ような, んだ

▼ ふらふら~ (2, 0.2%)

1 上って, 上ると

▼ ふらふら立つ~ (2, 0.2%)

1 て歩ける, て鎧扉

▼ ふらふら致し~ (2, 0.2%)

1 ておりました, ておる

▼ ふらふら読書~ (2, 0.2%)

1 の道すがら, をし

▼ ふらふら調室~ (2, 0.2%)

2 から出る

▼ ふらふら近づい~ (2, 0.2%)

2 てき

▼ ふらふら部屋~ (2, 0.2%)

1 へ帰り, を歩きまわっ

▼ ふらふら~ (2, 0.2%)

1 をふっ, をふつ

▼1* [143件]

ふらふらうごく雛罌粟, ふらふらうすぐろくひらめくだけで, ふらふら爺ちゃんじゃ, ふらふらおしつけられるような, ふらふらきまらない職場の, ふらふらここへ来る, ふらふらこちらへふらふら, ふらふらこつちへ歩い, ふらふらこの酒場の, ふらふらさしてゐた, ふらふらさまよい歩いたのは, ふらふらさ迷うように, ふらふらしたらしく後の, ふらふらした歩き方では, ふらふらしてんのね, ふらふらしますわ, ふらふらじゃ困るね, ふらふらすらあ, ふらふらするされかうべのうへに, ふらふらそこらを歩き廻った, ふらふらそれを追いました, ふらふらがそのうち, ふらふらだったのよ, ふらふらとさせた, ふらふらでおうらいへ, ふらふらですよ, ふらふらとうしろ退さりした, ふらふらとおれんとこに, ふらふらとくうちゅうにただよっているのです, ふらふらとそとへ出た, ふらふらとねまさに籐椅子, ふらふらとばくちなぞに手, ふらふらとまよひでる, ふらふらどうなるか, ふらふらの, ふらふらなすってだんな, ふらふらはいって逃げ, ふらふらふみしめてひきずり, ふらふらどつて行, ふらふらものになっ, ふらふらわ, ふらふらやって来た黄色な, ふらふらやつて来た, ふらふらやをら立ち上つて正面をきり, ふらふらゆれている, ふらふらよちよちモノ小半時かかった, ふらふらよっぱらいのよう, ふらふらよろよろと咸亨酒店, ふらふらこともて, ふらふらフォーヌが二つ, ふらふらモーロー食堂へ歩き去つた, ふらふら不用意にも迷い込ん, ふらふら不規則に活動, ふらふら二着の潜水着, ふらふら二等車の方, ふらふら倒れて地べた, ふらふらの傍, ふらふら先生が, ふらふら出かけてここ, ふらふら出会わしている, ふらふら出席と書い, ふらふら出掛けたらしいよ, ふらふら出歩かなくったって子供, ふらふら出社した, ふらふら動かしながら目, ふらふら動き廻って, ふらふら同士がろう, ふらふら坂下の郵便局, ふらふら眠りを, ふらふら堀ノ内様の近辺, ふらふらの下, ふらふら外出電車の線路ふみ, ふらふら孑孑のよう, ふらふらから山, ふらふら帰って来, ふらふら帰宅すると, ふらふら廻っていた, ふらふら彷徨ううち, ふらふらったり, ふらふら徘徊して, ふらふらをひかれた, ふらふら戯れながら家, ふらふら拾い取り手当り次第, ふらふら揺っていた, ふらふら揺れている, ふらふら搖れて行く, ふらふら教会に行っ, ふらふら散歩でもしてよう, ふらふらをした, ふらふらの汽車, ふらふらの窪地, ふらふらの決闘, ふらふら歩いてる姿は, ふらふら歩き廻り酒も, ふらふら歩行いて, ふらふら歸つて來る川岸, ふらふら母屋のほう, ふらふら汽車の中, ふらふら泳いだりじっと, ふらふら流れこんできた, ふらふら湯田をさま, ふらふら状態に陥っ, ふらふら瓢箪をみ, ふらふら病ひとなつて, ふらふら登って行った, ふらふらが昏, ふらふら目まいがし, ふらふら眠りながら来た, ふらふら眩暈を感じ出す, ふらふら気の, ふらふらに手, ふらふら立ちながら雨戸, ふらふら立ち上って雨戸, ふらふら立ち上つて燈明, ふらふら立ち上り縄を, ふらふら立って鎧扉, ふらふら立上つて一人で部屋, ふらふら考えている, ふらふらを活気, ふらふら自動車に乘, ふらふら行ったんです, ふらふら街出であるく, ふらふらを歩き回っ, ふらふら調子を取り, ふらふら走っていく, ふらふら起きてした, ふらふら起き上って, ふらふら起ち上り, ふらふら近寄ってしまいました, ふらふら迷い歩いている, ふらふら迷い込むのだ, ふらふら迷子になっ, ふらふら道草したか, ふらふら酔って診察室, ふらふら釣り下った行燈, ふらふら鎌倉行の電車, ふらふら長屋まで帰っ, ふらふらへ近寄った, ふらふら降りて行く, ふらふらの中, ふらふら飛び山脈も, ふらふらを食つて, ふらふらGHQへ出かけ