青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ふも~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~ふたり ふたり~ ふだん~ ~ふと ふと~ ~ふところ ふところ~ ~ふべき ふべき~ ~ふも
ふも~
ふらふら~ ~ふり ふり~ ~ふる ふる~ ふるえ~ ~ふれ ふれ~ ふん~ ~ぶ

「ふも~」 3423, 37ppm, 3135位

▼ ふも~ (2805, 81.9%)

68 がある 56 である 53 があつ 46 だ, では 3727 ぢや 22 だと 21 はない 18 が出 17 あり, もあつ 14 があります, ですから, もある 13 だから, なり 11 は, はありません 10 であります 9 がない, だつた, ですか, はさ, はどう 8 なの, は何 7 あれども, がなかつた, であるから, です, に就い 6 が, があれ, であるが, ならば, なれば, にあらず, は大, は無い, を知らない

5 [16件] あらば, があり, が出来, ぞ, だらうか, でも, と言, な, のやう, の存在, はある, はた, はどんな, は非常, もない, もなかつた

4 [39件] がありまし, が二上山, が無, が無い, が非常, だよ, とも考, と見た目, の如く, の娘, はこの, はこれ, はこんな, はその, はそんなに, はなかつた, はなく, は一つ, は一人, は不思議, は今, は何かと, は全く, は大抵, は実は, は常に, は怖い, は日本, は昔, は是, は沢山, は皆, もあります, らしい, を, をし, を拭, を持つた, を考へ

3 [44件] かな, があ, がまだ, が全く, が出来た, が多い, が多く, が存在, が既に, が日本, が漠然と, が無く, が自分, さ, だが, だらう, であると, ですが, でないと, でないといふ, なし, にし, はたの, は人, は人間, は今日, は他, は元, は古, は少く, は必ず, は思ひ, は斯, は未だ, は此, は決して, は自分, は誰, もあら, もなく, も亦, を拵, を見, を見た

2 [161件] あらば余は, ありて, あるを, ある可, あれば, かそれ, かといふ考, かと云, かと思, かと思ふ, か此, か私, か馬鹿, がありませんでした, がございませんでした, がどう, がどんな, が一軒, が主人, が何と, が傍, が外, が多, が果して, が殆ど, が段々, が江戸, が現, が生じ, が生れ, が皇帝陛下, が見え, が載せ, これを, さへ, だといふ, だらうかと, だらう自分, でございませう, でございませうか, と, とてもない, となつ, と思つて, と見え, なかる, なく市民, にあらずや, になる, には必ず, に書い, のうち, のよろこび, の中, の如し, の私, の足音, はあの, はあれ, はい, はかう, はさう, はそれ, はだ, はてく, はどうして, はどうしても, はどこ, はまだ, はまるで, はみんな, はもと, はやはり, はわれ, は一種, は中, は之, は伯, は何ん, は來, は僅, は僅か, は全然, は其の, は内, は出, は勿論, は即ち, は唯, は大師, は夫, は女, は如何にも, は實, は希臘, は彼女, は彼等, は成るべく, は持たない, は斯く, は旅, は本, は来る, は果して, は殊に, は段々, は気違, は滅多, は漢, は濤, は無く, は由来, は私, は結局, は總, は自己一人, は良人, は苦しめ, は親, は諺, は重, は金, は隨分, は頭, も, もありました, もやはり, も出来た, も無い, も食, をお, をどうしても, をよく, を人間, を作る, を加, を國語, を始め, を持たない, を持つ, を書い, を書いた, を有つて, を毛蟲, を用, を発見, を知らず, を私, を立て, を考へた, を考へない, を製造, を見ない, を見ました, を設け, を説い, を読ん, 也, 亦之, 多し, 木にて

1 [1437件 抜粋] あらざらんや, ありければ, あり三絃, あり然, あるなし, あるまじければ, かいきなり, かこれ, かしらと雁江, かといふ, かといふ氣, かとポリモス, かと尋ね, かと考へる, かと驚いた, かな此先, かの, から人々, から向, から自然, から離されず, か余り, か出来なかつた, か動作, か妙, か彼等, か朝, か滅茶苦茶, か知らん, か褒美, か身, があつたらしく, がありました, があるで, がいとしい, がございます, がそれ, がそんなに沢山, がどうして, がなかつたなら, がなくなれ, がひとり手, がまるで, がゐた, がステパン, が一人, が一番差障り, が一體, が下等人種, が中心, が二卷, が人民, が今, が今日矢張り大切, が何代頃, が作り上げられる, が俄, が全体, が其, が决, が出ね, が出来上る, が即, が合せ, が固まる, が壽序, が如何なる, が完全, が実は, が家庭, が山一つ, が己, が恐らく, が成立, が文法以上, が昔, が有る, が来掛, が榛軒, が殆, が沢山, が渠等, が漸時, が無けれ, が無限, が甘く, が男子, が盛ん, が目立つ, が私, が色々, が蜘蛛, が解, が軽蔑, が這入りますれ, が長崎, が附い, が頻りに, この中, これが, すら出, その者, それは, たらしめようと, だけでなく, だけを保存, だつて, だとは, だなどと, だのしかも, だらう脇差, だ云, だ自分, ぢやあ無い, でありますから, であり惜福, であるか, であるけれども, である以上, でございますのに, ですね, です因, でないこと, でなくもつと, でなければ, といつも, とが出来, として, としての整斉, としては牛系統, として人間, とせ, とては一つ, となり, との両, との関係, とはなりぬ, とは思はれなかつた, とや愚しき君, と一心, と伯母君, と博奕, と思ふ, と楽々, と看るべきである, と考へられた, と聞く, と見, と謀つて, と雖, なき乎, なしさ, などもあつ, ならむ, なら昔, なりとの, なり創作, なり等, なんぞございません, にあらなく, についてどんな, にて才, にはよく, には何時, には更に, には矢張り隋書, にも鋭敏, に伝へた, に入れ, に向, に対しても簡単, に対して外国, に対する認識, に敗ける, の, のある, のさ人生, のなか, のみを引き降し, のやつ, の仕業, の作つて, の先生, の同意, の多く, の実現, の尊, の形式, の御, の意味, の改良, の時, の案内書, の機能, の涙こ, の為め, の相手, の知らせ, の等閑, の脣, の要約上, の訴, の重大, はあり, はあんな, はいつ, はいる, はかうする, はかの, はござらぬ, はしばらく, はしりこだま, はすぐ, はそいつ, はそんな, はつなぎ, はどの, はなし, はな有りゃ有っ, はのお前, ははつきり存在, はまう, はむしろ, はやつぱし傷, はエライもの, はプラトン, はマソヒズム, は一つ間違, は一家族, は一時, は一朝一夕, は一生, は一貫, は一體何, は不幸, は世上, は争, は云, は京水, は人間消滅後, は仲, は何で, は何所, は何時風向き, は何萬年前, は例へば, は俺, は傳統, は先づ二ツ, は兎角, は其宗派, は其莊園, は出たとこ勝負, は則, は割合, は動物的, は単に, は友人, は古く, は同, は唐, は單, は固, は國, は在る, は多, は天, は天然, は奈良朝時代, は如何なる, は嬉しい, は孰, は実に, は家, は家族, は小野, は少数, は已に, は常識, は年月, は幾度, は弁護士, は弾み, は役に立たない, は後, は御倉半島, は微睡む, は忌々しい, は思想, は恐しく, は恰も, は意外, は我々婦人, は或, は手, は擬古文, は文学, は斯程, は方言, は明治以前, は是非, は最も, は有志家, は未知数, は案外, は楽劇式, は横暴, は正式, は此春年賀状, は殆ど, は殆ど完成, は気取, は汝ら, は涙, は渋い, は火, は無窮, は爭, は特別, は珍本, は理性, は由來, は男女七歳, は畢竟只, は病気, は発育, は皆其族人, は皆目, は直接, は矛盾, は矢張自分自身, は神様, は立派, は細々しい, は經籍志, は縱令, は老女さん, は能, は自分一人, は良く, は若し, は莫迦げ, は薬, は複雑, は見, は言語, は訣つて, は誠太郎, は財産, は貴族的, は賢愚倶, は踊そのもの, は近, は造らない, は道徳, は部曲民, は金錢, は間違, は雀, は頗怪しげ, は餘, は馬鹿, ばかりな, ほど具体的, みなの, もありません, もあるべけれ, もつまり, もねえ, もやつ, も全く, も同じ, も味つて, も外, も尠, も後に, も我々, も日本人, も最も, も有るまい, も無く, も着る, も考へ, も随分, も馬鹿, やら又, ゆゑに, よりも, よりも猶一層, らしいの, をいまだ, をこぼした, をさばき, をつけ加, をね, をば, をば認め, をめど, をやれ, をグングン, を一度, を不安, を了解, を人格, を伝へた, を作り, を作り出し, を信じ, を入れ, を全く, を出せ, を十分, を取, を取り入れなけれ, を君, を味ふた事, を堪能, を売りつけ, を失ひ, を好まない, を宿, を尊重, を引い, を徒ら, を必修, を思はす, を思ひ出す, を感じない, を憎ん, を押流, を据付け, を收刻, を最も, を枉げ, を正確, を民子, を浮べ, を無くし, を甚だ, を町, を目, を知つて, を社会学的, を笑, を考へさせられた, を考へる, を自ら教, を見せ, を見つけ, を見よう, を見付け出す, を見知らぬ, を認めた, を読んだ, を起されました, を軽視, を遊金, を避ける, を鑑賞, を頼まぬで, を顧みない, を飽くまで, を鼓吹, ヱスドレロン平原を, 一兩名痛ましき, 丈は, 乃ちこの, 亦た, 今に之, 仰山起り來て, 僅に, 其の旅行, 北側東の, 単式は, 多くお玉, 夫婦同士が, 少からず, 彼は, 必ずしも文藝, 或は何とも, 折ふし来, 数ふれ, 是れ, 杖を, 此道に, 比較的明細, 渠の, 狸汁について, 當時碁の, 白木が, 知らずに, 秘隠, 経営の, 考へ, 襲うて, 議論する, 路易は, 道徳上の, 陸続として, 隠し言葉隠語です

▼ ふもので~ (80, 2.3%)

13 あつた 8 あらうか 6 あつて 2 あらう, せう

1 [49件] あつたか, あつたら, あつたらしく思はれる, あらうかと, あらうが, あ力, ここに, これを, ござりました, さう, せうガラツ八, せう實, そして家康, その作家, それを, だから庄吉, なくては, まして芸術上, 上丁の, 予定の, 人に, 他に, 例へば玉造部, 個人の, 初めきのこを, 器械を, 存在自体を, 平安朝の, 幾分か, 征夷大将軍源実朝公の, 思想によ, 戻りも, 掻き切りあまり, 此に, 此種の, 無いところ, 犧牲社會影響機關組織運動等は, 玉篇の, 球の, 私が, 私は, 結構な, 絶対の, 纏つたもの, 舊史を, 舞台の, 虫が, 行動する, 読む人

▼ ふものに~ (61, 1.8%)

2 あまり注意を, 申させますと, 興味を, 非ず, 飢ゑ渇し

1 [51件] いつも疑惑, すつかり, なつた, なつて, もつともつと大きな, 一つ精気を, 一人として, 乏しいの, 何の, 候, 倚つた, 倣つてそれに, 功名釣られ, 原始アラビア人が, 呪ひあれ, 命を, 変つて行きました, 太鼓を, 始めて上つたの, 嫁し, 對し, 對する, 就職口を, 己の, 師事した, 心の, 心を, 怖れ, 憧憬し, 憧憬を, 手を, 拂下げ, 斯う, 於て, 書いて, 権威を, 汝の, 深い感慨, 精霊が, 耐へる, 能舞台に, 至ては, 請負はせる, 買はれ, 逢つて詩文稿に, 逢ひ, 關する, 關係が, 陷らざるを, 非ずして, 駆使され

▼ ふもまた~ (29, 0.8%)

2 何か, 烈しきなり

1 [25件] あの不思議, おいらは, けふも, しづかに, その頭, なまじ天気, よいお, 一脈の, 凄まじい演習, 山に, 山泉なる, 旅の, 暮れて, 来たすげなく, 気づかは, 泣かま, 濡れて, 舶來の, 蛙が, 誰も, 辭せ, 逃れられない僕, 野に, 雪か, 骨牌の

▼ ふも~ (14, 0.4%)

2 なり, なりわれ 1 なり何十年, なり其, なり向, なり対岸, なり年寄り給, なり水汲上ぐる釣瓶, なり知るも, なり華冑攝, なり諸, なり都

▼ ふも~ (10, 0.3%)

1 たこの, ただじ, た一興, た惘然, た豈, 一興なり, 与一郎様, 何の, 春の, 是の

▼ ふもよい~ (8, 0.2%)

3 日の 2 お天気 1 手紙は, 日だ, 晴れ朝湯朝酒

▼ ふも~ (7, 0.2%)

7 ふとて

▼ ふも~ (7, 0.2%)

4 なり 1 いけれど, なる程, 疎しげに

▼ ふもいち~ (6, 0.2%)

6 にち

▼ ふもだし~ (5, 0.1%)

1 が物忌み衣, としての厳しい, は常用, は若い衆, を解く

▼ ふものにな~ (5, 0.1%)

1 つたと, つて始め, つて居る, つて撃剣の, つて法を

▼ ふもんで~ (5, 0.1%)

2 アない, ア無 1 がすかなあ

▼ ふも同じ~ (5, 0.1%)

1 ことだ, ことで, やうに, 事である, 道理である

▼ ふも暮れ~ (5, 0.1%)

2 にけり 1 けり, ぬる, ゆく

▼ ふも無理~ (5, 0.1%)

2 ならず横ぶと, やない 1 ならぬ暗黒

▼ ふもその~ (4, 0.1%)

2 行を 1 実は全く, 病のみ

▼ ふもまだ~ (4, 0.1%)

1 あちこちに, 熱は, 職業は, 降つて

▼ ふも~ (4, 0.1%)

2 ぢの, ぢ葉

▼ ふも~ (4, 0.1%)

1 か, さ, だな, ですから

▼ ふも~ (4, 0.1%)

4 の中

▼ ふも愚か~ (4, 0.1%)

2 であ 1 です, といふ気

▼ ふも~ (3, 0.1%)

1 もへる, 天気が, 訪ねしたの

▼ ふもかく~ (3, 0.1%)

1 や, 疾から, 騎り

▼ ふも~ (3, 0.1%)

2 こんな商 1 こんな商売

▼ ふもそれ~ (3, 0.1%)

1 に対, は私, より深き

▼ ふものよ~ (3, 0.1%)

2 我等を 1 我等に

▼ ふもンぢ~ (3, 0.1%)

3 やない

▼ ふも不相~ (3, 0.1%)

1 変牢獄の, 変苦り切つた, 変赤シヤツに

▼ ふも~ (3, 0.1%)

1 は赭禿, は雪山, までかれこれ

▼ ふも~ (3, 0.1%)

1 の為, の爲, の語

▼ ふも~ (3, 0.1%)

1 かの因縁ぢ, かの縁, の驚く

▼ ふも名ばかり何~ (3, 0.1%)

2 が樂しみ 1 が楽しみ

▼ ふも~ (3, 0.1%)

1 のどこ, のヱピソード, ゆく

▼ ふも暑から~ (3, 0.1%)

1 う草, う蓮, の山

▼ ふも柔弱~ (3, 0.1%)

2 の身體 1 の身体

▼ ふも~ (3, 0.1%)

1 おぼえず朝寝, は降り, ふる病みほうけたる爪

▼ ふも~ (3, 0.1%)

2 が身 1 はなく

▼ ふもこの~ (2, 0.1%)

1 家で, 日頃

▼ ふもさら~ (2, 0.1%)

1 なりかの, なり天神人

▼ ふも~ (2, 0.1%)

1 つとして, もぢ

▼ ふもなほ俤~ (2, 0.1%)

2 にし

▼ ふもひとり旅~ (2, 0.1%)

1 ゆく, 行く

▼ ふもほのか~ (2, 0.1%)

2 に来

▼ ふもよく~ (2, 0.1%)

1 しぐれる午後, 辛抱した

▼ ふも一人~ (2, 0.1%)

1 で, でころ

▼ ふも不可~ (2, 0.1%)

1 なかるべし, なきなり

▼ ふも~ (2, 0.1%)

1 より此原因, より道徳学上

▼ ふも入日~ (2, 0.1%)

1 があかあか, のてり

▼ ふも~ (2, 0.1%)

1 はじ, はじ我

▼ ふも~ (2, 0.1%)

1 た時勢, わたしの

▼ ふも同様~ (2, 0.1%)

1 だつた, である

▼ ふも~ (2, 0.1%)

1 からない, から晴れ

▼ ふも朝飯~ (2, 0.1%)

2 を食

▼ ふも~ (2, 0.1%)

1 か, の如き

▼ ふも~ (2, 0.1%)

1 な前世, な我夫

▼ ふも~ (2, 0.1%)

1 なき世, 無ければ

▼ ふも矢張原田さん~ (2, 0.1%)

2 の縁引

▼ ふも~ (2, 0.1%)

2 余が

▼ ふも~ (2, 0.1%)

1 はない, はねエもある

▼ ふも~ (2, 0.1%)

1 ちらりほらり, もよひ

▼ ふも~ (2, 0.1%)

1 をりなら, をりならん

▼1* [246件]

ふもをあ, ふもあつたもの, ふもあなたを廿両, ふもあの日とか, ふもあはれなり荒れはてし, ふもあるまま今また, ふもあんたの事, ふもあんまり癪に, ふもいっしょに出かけ, ふもいやな手紙, ふもうるさくやがて捨てられ, ふもおもほゆ, ふもおれの留守, ふもかがやくしろがねの, ふもきくも, ふもきのふに變ら, ふもはこの, ふもこっちのけは, ふもこのごろハちとふやり, ふもこゑをそろへて一どに笑, ふもさうだつた, ふもさぞびツくりするでしよう, ふもさみしくちらちらと, ふもすさまじい落磐, ふもすっかり酸え, ふもすばらしいお天気, ふもは先づ支那, ふもそのままでこちら, ふもそふゆうわけ, ふもたまさかなれば, ふもちようど一つ大きくさき, ふもつつましくすなほ, ふもつらけれど火水, ふもなほ水のながれ, ふものちつとも, ふものにかへれり, ふものにでもすべての, ふものによつて女に, ふもの等を, ふもひそかに泣か, ふもほんに埃だらけで御座います, ふもみな終止形はおの韻, ふももをこわれハ, ふもやつぱり原田さんの縁引, ふもぢる, ふもよし我何ものも, ふもろ聲もする, ふもたりて, ふもわれらも似, ふもどるも, ふもアウレリアが部屋, ふもコロボックルの智識, ふもコーヒーだけ, ふもサケナシデーだつた, ふもセルギウスはいつも, ふもヒツポドロムを見, ふもラムプを点すなりけり, ふも一つのよい, ふも一億二億の公債, ふも三四人裸の人人, ふも三日や草, ふもれが, ふもへたり葉鶏頭, ふも予更に聴, ふも予輩の踏査區域, ふも事實とは非常, ふも交換手の出ない, ふも人伝てにては何分, ふも人間は遂に, ふも他日の思出, ふも休養する, ふも佐渡は見えない, ふもてゐる, ふもなの, ふも全身肉躍り血, ふも共に空を, ふもで來, ふもなる涙聲, ふも初日なので, ふもなし是, ふもよく聖, ふも勇み肌の代表, ふも勘定台の後ろ, ふも午後は道後, ふも午後驟雨があつ, ふも博士の家, ふも博奕のうち, ふも友人の苦しみ, ふも樣である, ふもをまち, ふも吾人未だ其事實, ふも呉郎さん兄弟と共に泳ぐ, ふも咎むる勿れ, ふもを為す, ふも善しわれ戰に, ふも国民の為め, ふも墓場をあるかせる, ふもの堆き, ふもだが, ふも夏洋服まで質, ふも立てる花, ふも夙卒に五時發, ふも多少の縁, ふも霜で, ふも大尉が一族近親, ふも大空の下, ふも太陽は昇つて, ふも好日だつた, ふも如何なる賞讃に, ふも嬉しやかくて, ふも学校友だちの全部, ふもなり故に, ふも客観的に云, ふもに小さく, ふも寂しさうに壁に, ふも寒いこと, ふもてゆく, ふも少しばかりの粥, ふもほ冷汗背, ふもにし, ふも山口へ十時前, ふもの尖端, ふも差支はなかつたらう, ふも希望しボックス, ふも若な, ふも幸福であ, ふも幾許か夫, ふも強いて他界の, ふもは動かざる, ふも彼岸のあかる, ふも従来考へて, ふも影に, ふも心憎しなど窓, ふも恋しき秋に, ふもなり庭前, ふも愚ろかなり, ふも愚痴なれど, ふもし, ふも憂き唇を, ふもなり, ふも我がうつつなり, ふも手伝と謂, ふも採集に出, ふもありげ, ふも数軒部屋を見, ふも文士が筆, ふも新聞の広告, ふも斷言して, ふも既に抽象的である, ふも日影の長閑さ, ふものお, ふもれ吾人, ふもし, ふもるるか, ふもはない, ふもが出, ふも月給さへ渡つて, ふもを伐る, ふも杉山見に行く, ふも枯草の上, ふも根氣好くうた, ふも梅雨めいた雨, ふもの木, ふも正に今宵なり, ふも此一事に於, ふもの御, ふも母ぢやに叱られ, ふもの逝く, ふもが, ふも洗濯縫物そして揮毫, ふも洞穴の中, ふもは荒れ, ふものながれ, ふも渡り鳥が, ふものほとり, ふも漬茄子やつぱりうまい青紫蘇の香, ふも煩くて宮, ふも牛肉を買, ふも胸焦がる, ふもの空, ふも地方交通の, ふも異存なし, ふもそに, ふも発熱の気味, ふも白金と白金黒, ふも百里外心にまかせ, ふも皆兵を談, ふも皆詐ならん, ふも益無しと観念, ふも直ぐ旦那さんに, ふも真冬の風物, ふも真正に此, ふも神様の嫁御, ふもの存在, ふもには曉, ふも粉雪のちりかかり, ふも終に暮れたり, ふもは御, ふも肖像畫の現存, ふも胡桃をわりゐ, ふも自分の不注意, ふも至逆にあらず, ふも至順にあらず, ふもは欠航, ふも船木さんがゴン, ふも茄子と胡瓜, ふもにあり, ふも蓋し大なる, ふも薄くみぞれし, ふも薄暗い部屋には, ふもの夢, ふもへ, ふもはぬ, ふも訝しく我は, ふもふ家, ふも誇張ならず, ふも諄々然として, ふも謝肉の祭日, ふも譽め樣を捻る, ふも赤彦君の枕頭, ふも來あまり遊び過ぎ, ふも返事が来ない, ふも途上で菜葉一株拾つた, ふも過言ではあるまい, ふもひどく女, ふもひすぎた, ふも郊外の男, ふも郵便が来ない, ふも酒酒明日もまた, ふも醉つてゐれば, ふもに立つ, ふも野末の墓場, ふも鎮守の, ふも長閑けしや, ふも阿波太夫のやう, ふも随意のこと, ふも隣村の九郎助, ふも雪中行乞つらいこと, ふも面倒で大抵, ふも面白い事が, ふも面白くもない, ふもがいや, ふも風情なり, ふもを焼い, ふも馬上の寛濶, ふも高い山が