青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ふべき~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ふた~ ふたたび~ ~ふたり ふたり~ ふだん~ ~ふと ふと~ ~ふところ ふところ~ ~ふべき
ふべき~
~ふも ふも~ ふらふら~ ~ふり ふり~ ~ふる ふる~ ふるえ~ ~ふれ ふれ~

「ふべき~」 1099, 12ppm, 9211位

▼ ふべきもの~ (201, 18.3%)

19 である 10 では 6 であらう 5 がある, であつ 4 か何, であります 3 だと, でない 2 があつ, なし, なの, なりと, はない, を発見

1 [130件] あらずもし, あり, ありとも, か, か之等, があらう, があり, があれ, がこの, ができあ, がない, がミュトス, が侘しく, が偉い, が全国, が出, が多い, が大きな, が大部, が拾, が日本語, が殆, が潜ん, が生々しく, が禁ぜられた, が稀薄, が続々, が蒐集, が随伴, だ, だうまい, だから, だつた, だになき, であ, でありその, でありまして, でありませう, であるから, であるけれども, であること, であると, でした, です, ですが, でせう, でないと, でも, でもぐもの, でマルクス, で一体, で南帖, で単純, で單, で多く素問, で大和春日神社, で斬首, で根所, で此, で第, で金策, と, といふ, とされ, として童名, となし, とはなさない, とは他人, とを区別吟味, と斷, と祟り, なから, なかりしより, なき麁末, など取, ならず, なんで, にあらざれ, にはよく, によつて, に到達, に至り, に這入つ, に過ぎない, に限つて, の一節, の多き, の存在, はあらざりし, はその, はちやん, はなかつた, は何, は写実主義, は固定, は幻術ぢ, は所謂, は払, は払つた, は最後, は此浮世絵, は無い, は王氏, は説経正本, もいらない, もなかつた, もなし, やその, をみん, をもの, を与里, を人々, を元, を感じた, を感じない, を感じる, を払, を択ぶ, を披露, を摘取, を救, を有, を眞, を蔵, を表情, を見出し, を載せ, を載せたい, を食らふか, を首里三平等

▼ ふべきこと~ (73, 6.6%)

4 である, では 3 でないが, を言つて 2 で申すも, になつ, を主張, を云, を言

1 [49件] あらむや, ありとも, いかばかりぞや, が, があります, がある, がない, が云, が有る, が頭, けだしやむをえざるなり, だらうか, であり決して, であるか, でどうも, で御, で若し, とを知る, なくば, ならむに, にあらざる, に過ぎない, の限, はいふ, はす, はその, はない, は平均夷弟易也, は當時佛教, は設想, もあらね, もありません, もある, も為され, をはつきり言, を一, を二十年間, を向う, を命ずる, を思へ, を探さう, を疑, を發見, を自ら自分自身, を言つてしまつたの, を言ふつ, 多けれども, 多し, 定まれるなり

▼ ふべき~ (30, 2.7%)

2

1 [28件] いふまでも, この市村, この思想, 伊太利ミラノの, 何が, 修験道の, 傳通院也, 先に, 八房の, 冒頭より, 処女生活といふ, 唯この, 嘗てある, 坂上田村麻呂で, 家事といふ, 左程に, 当今の, 新撰髄脳で, 日本国民は, 渋沢栄一君だらう, 熱なり, 自然の, 舟なり, 若い時代, 遠淺, 離宮行幸が, 電燈会社の, 電燈會社の

▼ ふべき~ (27, 2.5%)

4 では

1 [23件] あれど, かねて教, があつ, がある, であり時として, である, でないの, でない况, で其の, とかく岐路, とす, には候, は単に, は只, は後, は所謂延言, は是ぎりぢやによつて左様, は未だ, も無い, を云つたの, を云つて仕舞つた, を如何, 記すべき事

▼ ふべき言葉~ (24, 2.2%)

2 を見出させなかつた

1 [22件] があらう, がかなしみ以外, がなく, が分らなかつた, が分らぬ, が見つ, だと, ではない, にもつまり, の浮ん, の魅力, はもはや, は昔, は見つからない, もない, も知らず, も知らなかつた, も見当らない, を一生懸命, を得ざる, を知らなかつた, を見出す

▼ ふべき~ (22, 2.0%)

1 [22件] それが, それすら, どうか, 一箱の, 但し又ながら, 俳諧を, 先づ何から, 全然別個, 到るところ, 女の, 實に, 常に悩ん, 或は長, 才能の, 支那の, 棘の, 無學, 知らずして, 絶えて, 經緯を, 迷つた, 長時間にわ

▼ ふべき~ (19, 1.7%)

4 あらず 2 あらず末, あらぬを, 非る 1 あらずと, あらず鴫沢隆三, 今いかで, 使はず使ふべから, 先ち, 對し, 由り主, 過ぎない, 非ず

▼ ふべき~ (18, 1.6%)

1 [18件] りなれば, 事後に, 云はず黙し, 云ひ, 伝へ, 其中から, 吾知らず, 思へば, 慮つて, 慮り得意, 昔は, 用ふ, 省略し, 示したるなり, 職の, 要する, 覆ひ終日北, 間違へ

▼ ふべき~ (17, 1.5%)

2 にし

1 [15件] あらずして, ありながら, である, として漢字千二, なり, なれば, の出でん, の治める, はあります, を今日, を得ず, を書く, を生みたるなり, を見ず, 多くある

▼ ふべき~ (13, 1.2%)

2 である

1 [11件] がある, がない, でかうした, で無い, ならず, にあらず, には緬甸, に非, のもの, をかれ, を片岡

▼ ふべきところ~ (12, 1.1%)

21 がある, であつ, であらう, なし, ならず, にのみ向, の感傷, を懷紙, を知らず, 亦多々

▼ ふべき~ (12, 1.1%)

2 である, ながら御存じ 1 あらんや, あり憎まむ世, ならずや, なりし, なれども, の事, の橄欖島附近, の運び

▼ ふべき~ (10, 0.9%)

1 である, であるならば, ではなかつた, で私, なし, なり世, にあらなく, に訪, の胸, もなく

▼ ふべき~ (8, 0.7%)

1 が十一月中, が呪師, を此頃, 人あり, 急食, 父母と, 神あり, 迹透明に

▼ ふべき~ (7, 0.6%)

1 なる犠牲, 忌人が, 戦争によ, 決戦で, 科学家, 薬罐の, 藥罐の

▼ ふべき~ (6, 0.5%)

1 五卷その, 今日の, 片肌は, 脱して, 至当で, 順当だ

▼ ふべき~ (6, 0.5%)

1 であつ, です, ならず, ならん, にてもまた, にはわら

▼ ふべき理由~ (6, 0.5%)

2 はない 1 のあらざる, の有る, もない, を有

▼ ふべき~ (6, 0.5%)

1 で歸, にある, に臥床, は兵營, を同時に, を指し示せり

▼ ふべき~ (6, 0.5%)

1 について深く, は政府, は有りや, は炳乎, もあらざれ, を老若男女

▼ ふべきほどの~ (5, 0.5%)

2 果敢なき 1 事で, 希望といふ, 惡事を

▼ ふべき性質~ (5, 0.5%)

3 のもの 1 の罪人, をおび

▼ ふべき~ (5, 0.5%)

1 なれば, のこと, のもの, の事, の変遷

▼ ふべきかと~ (4, 0.4%)

1 いふ, 云ふ, 天狗の, 申せしにより

▼ ふべき~ (4, 0.4%)

1 あらぬ黒衣, 今は, 無し, 費あれ

▼ ふべき~ (4, 0.4%)

1 に臥床, を示す, を蓋, を較べ

▼ ふべき~ (4, 0.4%)

2 もなく 1 あり, をつけられる

▼ ふべき筋合~ (4, 0.4%)

2 ではない 1 でもなく, のもの

▼ ふべき~ (4, 0.4%)

1 で家主, で按司, はさ, を以てすれ

▼ ふべき~ (4, 0.4%)

2 ならず又 1 にもあらぬ, を知る

▼ ふべき~ (4, 0.4%)

1 いと多けれ, が無い, の性質, を豫め三十七年

▼ ふべき餘地~ (4, 0.4%)

1 がある, がない, がなく, もない

▼ ふべきかは~ (3, 0.3%)

1 実際大, 甚だ疑問, 隨分能く

▼ ふべきかを~ (3, 0.3%)

1 公表し, 知るため, 辨へ

▼ ふべきこの~ (3, 0.3%)

1 大切な, 峻烈に, 神を

▼ ふべきをば~ (3, 0.3%)

1 われ露ばかりも, 何故か知らね, 夢にだに

▼ ふべき人間~ (3, 0.3%)

2 の影像 1 は女中達

▼ ふべき~ (3, 0.3%)

1 か他, の詞, を自分

▼ ふべき問題~ (3, 0.3%)

1 ではありません, の性質そのもの, は武蔵野一帯

▼ ふべき~ (3, 0.3%)

1 が妙, の中, も候はず

▼ ふべき方向~ (3, 0.3%)

1 を指し示した, を明示, を暗示

▼ ふべき時機~ (3, 0.3%)

1 だと, であつ, ではありますまい

▼ ふべき~ (3, 0.3%)

1 である, はなし, 住むべき家

▼ ふべき~ (3, 0.3%)

1 か常, だつた, ではない

▼ ふべき~ (3, 0.3%)

2 の事 1 は公儀

▼ ふべき藕絲~ (3, 0.3%)

2 の上帛 1 の錦

▼ ふべき~ (3, 0.3%)

1 ではあつ, の毒, よ

▼ ふべき~ (3, 0.3%)

3 に貰

▼ ふべきかといふ~ (2, 0.2%)

1 問題は, 瀬戸際に

▼ ふべきかについて~ (2, 0.2%)

1 おそらくは当時, 論議するであらう

▼ ふべき~ (2, 0.2%)

1 退屈なら, 高言の

▼ ふべき~ (2, 0.2%)

1 いふので, 思召す

▼ ふべきなしく~ (2, 0.2%)

2 ぬぎ原

▼ ふべきやう~ (2, 0.2%)

1 な余地, やある

▼ ふべきよし~ (2, 0.2%)

1 の無, 仰出されけり

▼ ふべき事実~ (2, 0.2%)

1 がひそん, の起つた

▼ ふべき今日~ (2, 0.2%)

1 の光栄, まことに国民

▼ ふべき何等~ (2, 0.2%)

1 の權利, の理由

▼ ふべき公孫樹~ (2, 0.2%)

2 の葉

▼ ふべき内容~ (2, 0.2%)

1 にし, を持つた

▼ ふべき~ (2, 0.2%)

1 が前後, を好みたる

▼ ふべき~ (2, 0.2%)

1 幅にも, 畫に

▼ ふべき土地~ (2, 0.2%)

1 でありその, を昔

▼ ふべき~ (2, 0.2%)

1 であつ, の務め

▼ ふべき姿~ (2, 0.2%)

1 である, の宿命的

▼ ふべき~ (2, 0.2%)

2 を誰彼

▼ ふべき希望~ (2, 0.2%)

1 と光明, と融合

▼ ふべき~ (2, 0.2%)

1 を含ん, を持つ

▼ ふべき役割~ (2, 0.2%)

1 をことに, を自ら

▼ ふべき~ (2, 0.2%)

1 もゆかぬ, も失せ

▼ ふべき必要~ (2, 0.2%)

1 のある, の節

▼ ふべき情熱~ (2, 0.2%)

1 あり掩, に欠け

▼ ふべき態度~ (2, 0.2%)

2 を示さず

▼ ふべき~ (2, 0.2%)

1 なければ, ならねばと

▼ ふべき~ (2, 0.2%)

1 は既に, も近づきぬ

▼ ふべき時代~ (2, 0.2%)

1 に罪, をほん

▼ ふべき機會~ (2, 0.2%)

1 があらう, は永久

▼ ふべき~ (2, 0.2%)

1 がある, もある

▼ ふべき物語~ (2, 0.2%)

1 や狂言・人獣, を語つて

▼ ふべき生活~ (2, 0.2%)

1 である, より外

▼ ふべき~ (2, 0.2%)

1 は金額, 仰下されその

▼ ふべき端嚴微妙~ (2, 0.2%)

2 な姿

▼ ふべき舅姑~ (2, 0.2%)

1 は無い, を戴かず

▼ ふべき~ (2, 0.2%)

1 さも, 主人の

▼ ふべき責任~ (2, 0.2%)

1 の問題, をもつ

▼ ふべき適当~ (2, 0.2%)

1 な処, な言葉

▼ ふべき部分~ (2, 0.2%)

1 が, の多い

▼ ふべき郷土~ (2, 0.2%)

2 の言葉

▼ ふべき~ (2, 0.2%)

1 に等し, ひの

▼1* [395件]

ふべきあの胴体の, ふべきいざ主君の, ふべきいとまもなく或る, ふべきうたをおもに, ふべきお前の單純, ふべきかしら寧ろ沼, ふべきかたも無く, ふべきかな先に立つ, ふべきかに惑はし, ふべきかの手段に, ふべきことぢやと思ふ, ふべきこと征戰の苦しき, ふべきこと爲すべきこと, ふべきさまなるも, ふべきすべの無き, ふべきその種の, ふべきぞと念を, ふべきたとへば魚の, ふべきやない, ふべきとの御事なり, ふべきどんな些細な, ふべきなからんと, ふべきにて候ふと, ふべきにはあらぬもの, ふべきにもあらざるが, ふべきにや鼻筋と, ふべきひとつの, ふべきほどなり, ふべきむのを読む, ふべきもの中に作文教授, ふべきもの払へるだけ, ふべきもの数条を記した, ふべきもの整へよ, ふべきもの有之候其傑作, ふべき否やの, ふべきよしいひしに, ふべきわが議会の, ふべきインテロゲエションマークである恋人, ふべきオヂュシュウスわがアカイア, ふべきドウニス・パペンといふ不仕合せ, ふべきパイプの意, ふべきマソヒズムはかう, ふべき一つの謎, ふべき一人もなき, ふべき一党を形, ふべき一条の径路, ふべき一物もない, ふべき一番大切な言葉, ふべき一皮かぶつ, ふべき一種の芸術的感興, ふべき三つの神, ふべき上演料を決めた, ふべき不得意さに恵まれ, ふべきの塵, ふべき世界はまだ, ふべき主義を説き, ふべき主題を徒ら, ふべき執暦, ふべき九十円の一月分, ふべき事さはなれ, ふべき事柄に対しても少し, ふべき二紀の奈良, ふべき人々もあつ, ふべき人柄なれども, ふべき人物九人と, ふべき人生の唯, ふべきの子, ふべきにも當, ふべき任務を有する, ふべきをしたい, ふべき伝来のもの, ふべき伝記を書紀, ふべき何らかの手段を, ふべき何物も今更, ふべき余地をも許さず, ふべき余裕を失うた, ふべき佳話である, ふべき便はあらん, ふべき俗気を帯びたる, ふべき保護を與, ふべき信長の軍勢, ふべきの研究生, ふべき傲慢なりき, ふべき傳手は更に, ふべき優秀な人物, ふべき先導をなさいません, ふべき先祖の耻辱家系, ふべき入口は乗馬, ふべき其月の会計, ふべき出来事ぢやありません, ふべきまでも寿詞, ふべき妻が, ふべき前提を置く, ふべき創作集を整頓, ふべき勢頭を二三人, ふべきが有る, ふべき十分の鋭, ふべき印象を与へる, ふべき厭味のある, ふべき口上ぢや無から, ふべき詞章の, ふべき古代の重, ふべき古語を推定, ふべき叫声が小屋, ふべき史的觀念の極めて, ふべき吉原町を向上, ふべき名声を希, ふべき名門を求め, ふべきれよ, ふべき呪言のあつ, ふべき哀れは見えず, ふべきなり作りし人, ふべき單吟の華, ふべき四十法の残余さ, ふべき國家惡を悔い改めざる, ふべきもなし, ふべき報酬の量, ふべき場合ではない, ふべきも持たざる, ふべきは, ふべき壮観であつ, ふべき壯大なモニュマンタル, ふべき変性動物に過ぎん, ふべき多くの問題, ふべき大任があります, ふべき大金で白雲頭, ふべきつ神, ふべき天景も吹き, ふべき奥方の, ふべきでもなから, ふべきなの, ふべき標本たり, ふべき如何にも憐れな, ふべき妄想である, ふべきにはあらず, ふべきは三人他, ふべき子孫のない, ふべき離の, ふべき実務を通じての心身, ふべき宮廷の新年行事, ふべき宿も無く, ふべき宿命をもつ, ふべき寂しさを, ふべき寂寞の街, ふべき密教が現に, ふべき将来がはつきり自分, ふべき都市に, ふべき小さな種子にも, ふべき小言を役者, ふべきの谷, ふべき山櫻は小金井, ふべき希臘より文芸復興期, ふべき帳場が旅行中, ふべきが加, ふべきをおろした, ふべき幕府が新, ふべき平安時代を通じて見, ふべき平安朝の状態, ふべき平家物語に於ける, ふべき幸福に恵まれ, ふべき幻術よ, ふべき幼稚な妄想, ふべき広場にはやはり, ふべきも多い, ふべき廣場にはやはり, ふべき延政門におとづれて, ふべき建物は一軒, ふべき形式的な掟, ふべきの生涯, ふべき彼等が細流, ふべきの一首, ふべき得難く独特な, ふべき決心を以て, ふべき御方である聖徳太子, ふべき微風が諸, ふべき心理を表した, ふべき心理的雰囲気を画面, ふべき必然の理由, ふべきと云, ふべき念仏の徒, ふべき思想上の自由, ふべき思想以前の辞令口上, ふべきに迫られぬ, ふべき急ぎ我首を, ふべきなり, ふべき息杖を探す, ふべき趣味に, ふべき情感をそそり, ふべき惨めな執心, ふべき益と, ふべき感情の戦ひ, ふべき感情的の要素, ふべき感覚の強, ふべき慣例を用, ふべき成上り者のため, ふべき成語は単に, ふべきならなく, ふべき手立のありや, ふべきが加, ふべき技巧に囚, ふべき抑揚高低緩急の操作, ふべきがある, ふべき指圖に從, ふべき摸樣は今, ふべき撞著に御座候, ふべき支那に向, ふべきならば, ふべき文學を作つた訣, ふべき文書の數, ふべき文躰を発見, ふべき料理までをも芸術, ふべき作家を, ふべき新刊書が未だ, ふべき新嘗祭りは, ふべき方法は直接行動, ふべきへの放浪情操, ふべき日本の学者, ふべき日本國に御座, ふべきを喩, ふべき旨明記しあれば, ふべき時今來たり, ふべき晩秋の日, ふべきもなく, ふべき曲節を表現, ふべき最大の題目, ふべき最大純高の英雄, ふべき近づきぬ, ふべき有様にあつ, ふべき服裝した田舍人, ふべき材料を求むれ, ふべき来歴がある, ふべきおほく熟すべし, ふべき果実はマンゴスチーン, ふべき柔和なる元禄時代, ふべき校長が學生, ふべき根本中堂といふ大きな, ふべき格巧であらう, ふべき模様もなかりけり, ふべきあつかふは, ふべき樣子もなし, ふべきならず辛く, ふべき機会ではない, ふべき機縁もない, ふべき機關は同じ, ふべき欽定の書, ふべき歌一つなき今, ふべき歌集であつ, ふべき武器をプロレタリヤ, ふべき民族なるかを, ふべき民法は漸く, ふべき永い時間に, ふべき没人情の都塵, ふべきにあらず, ふべき注意の忽せ, ふべき清らかな水, ふべきの精神, ふべき澎湃模糊たるもの, ふべき瀟洒たる外観, ふべきに焼く, ふべき智な, ふべき無く貴族鼠の, ふべき焼酎よお前, ふべきかな娘, ふべき犠牲である, ふべきを命婦, ふべき独吟鳴物の相談, ふべき玩具なきまま, ふべき現代人の姿, ふべき現在もない, ふべき現状を歌つて, ふべきなきが, ふべきさと, ふべき用語と文体, ふべきになる, ふべき異人が週期的, ふべき発想法をし, ふべき皮肉と自嘲, ふべき目的地を指示, ふべきの碁盤, ふべき破壊となる, ふべきかと母, ふべきの態度, ふべき私自身をあはれむ, ふべき程度なりと云, ふべきだ, ふべきもなし, ふべき空想であるか, ふべき立派な文字, ふべき端厳微妙な姿, ふべき竹田の番匠, ふべき箇条が多から, ふべきもありません, ふべきを得る, ふべき紫御殿に入る, ふべき終極點を指された, ふべき経世有用の学, ふべき総てを産む, ふべき緻密なそして, ふべきがあつ, ふべき縹渺たる雰囲気, ふべき纏つた考へはどんな, ふべきだ, ふべき美しい娘を, ふべきにあらず, ふべき聞得大君御殿並びに旧, ふべき職業詩人が出, ふべき胡桃やココア, ふべきを式, ふべき敍傳體の, ふべき自性も無き, ふべきだつたの, ふべき臺辭も忘れ, ふべきを持たない, ふべきがかうし, ふべき良き血液の, ふべきの時代, ふべき若い男が, ふべき苦行をする, ふべき薔薇の花, ふべき藕糸の上帛, ふべき虎松の死骸, ふべき蛇喰を思ひ出さしめ, ふべき血管も共に, ふべき行事は悉く, ふべき行事ゆゑ此地方の人, ふべき行者の幻術, ふべき街道筋に當つて, ふべき表情で旧友遠山三郎, ふべき装置だ, ふべきもない, ふべき見物でした, ふべき規定が作者, ふべき視覺的描寫などはか, ふべき親しさを, ふべき解説の重要, ふべきひ立て, ふべき言葉さへなにひとつ考, ふべき言葉ぢやない, ふべき訓令に接し, ふべき訓練は単に, ふべきだ, ふべきが並ん, ふべき話秦は賛成, ふべき語法の時代色, ふべきである, ふべき調子の弱い, ふべきがない, ふべきのやう, ふべき謬見なり, ふべきありと, ふべき變性動物に過ぎん, ふべき貝殻のあるで, ふべき貝殼のあるで, ふべき財産の分け前, ふべきの為, ふべき身なり君なり春, ふべき身の上ではない, ふべき軍国最高の倫理, ふべき軍夫らの意気, ふべきを知らない, ふべきひが, ふべき迷信であつ, ふべき迷信的行爲はしばらく, ふべき遊觀の區, ふべき運動の盛ん, ふべき過去でも無い, ふべき遺業も言説, ふべき部屋すらもない, ふべき酒樽よ怖, ふべきは汝, ふべき重要なる材料, ふべき金策に現れた, ふべき鎌倉期にもまだ, ふべき長州藩に対してハツキリ, ふべきなれど, ふべき関係を続け, ふべき限りではない, ふべきもかけず, ふべき非常に大きな, ふべき革命軍の将星, ふべき音楽を持つ, ふべき音響はない, ふべき頑迷な固, ふべきの中, ふべき風彩だつた, ふべき風情ではなかつた, ふべき食禄を彼一人, ふべき饗宴があつ, ふべき高壮な街, ふべき高尾と云, ふべきもなく, ふべきもない, ふべき黒衣は忽ち, ふべき點無しと認むるにせよ, ふべき鼓楼では車