青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ふと~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ふく~ ~ふこ ふこ~ ふしぎ~ ふた~ ふたたび~ ~ふたり ふたり~ ふだん~ ~ふと
ふと~
~ふところ ふところ~ ~ふべき ふべき~ ~ふも ふも~ ふらふら~ ~ふり ふり~ ~ふる

「ふと~」 15566, 168ppm, 619位

▼ ふと~ (386, 2.5%)

211 がつく 24 が付い 19 が付く 11 が付いた 7 がつきます, が附く 5 が注い 4 がつきました, が注, が附い, が附いた, のついた 3 がつき, が変っ, になる, をかえ, 附いたの

2 [15件] がさした, が変り, が変る, が注いた, が着い, にかかる, になっ, になった, の付いた, をかえた, をつけ, を変え, を廻し, 附いたやう, 附くと

1 [37件] かがりなこと, がかわっ, がつかれた, がのっ, がゆるん, が付いたら, が渝, が着く, が重かっ, が附いたら, にかかっ, にかかった, にし, になったら, になつて窓, に留った, もそ, をかえる, をかへて話しかけ, をそらした, をとられ, をゆるめる, を代え, を変えた, を変えたらしく, を奪, を引かれ, を換え, を換える, を更, を着ける, 懸りな一事, 懸りに, 紛れて, 附いたという, 附くの, 障に

▼ ふといふ~ (383, 2.5%)

32 ことは 22 ことが, のは 21 やうな 14 ことを 11 ことに 9 事が 6 事は 4 ことで, ことである, のが, ので, 風な 3 ことと, 程の

2 [19件] こと, ことだ, ことです, ことも, だけで, のか, のである, のも, ほどの意味, ものか, わけぢや, 事で, 事を, 序歌だけでも, 意味の, 気が, 約束な, 計画で, 話を

1 [182件] おん惠に, からには多分, が去年, ぐらゐのところで二号の, ことから, ことすな, ことそれは, ことであります, ことでなく, ことな, ことなぞは, ことより, ことよりも, こと十銭二十銭の, こと及び, さわぎが, だけだ, だけでせう, だけの意, と一寸見, と如何にも, と梳る, にいた, にては駆る, のだ, のだらう, のであつ, のであります, ので他, ので床入り際, ので或, ので連れ立つ, ので連立つ, のなら, のみでなく, はなほパリ, は嬉敷, は無論, ばかりでなく, ふうに, ほどの, もかく, もの, ものが, ものには, ものは, やうに, ような, よりは寧ろ, よりは精しく, よりは自分達, よりもあなた, よりも一個所, よりも先づ眞先, よりも捨てられたる, わけである, わけです, わけにも, わけを, んです, ロゴスの, 不思議を, 中にも, 事だ, 事なら, 事に, 事のみ, 事も, 事実を, 人たちは, 人達である, 人間性の, 仕組に, 以外に, 便利主義の, 健全なる, 偶然の, 傾向は, 光栄に, 其の呼吸, 具合で, 具合には, 処に, 処を, 動詞は, 勘定だ, 口實の, 名看板, 君達狼連まで, 呪詞に, 噂が, 器物です, 噺を, 場合には, 変り者で, 大きな仕事, 大事なたつた, 奇癖の, 奇談が, 奴さ, 始末, 始末だ, 安全さを, 実例を, 客, 容子は, 宿場は, 巧智には, 弊を, 形に, 形を, 彼奴は, 御念の, 心から, 心は, 念より, 意味が, 意味だ, 意氣は, 意義では, 意識は, 感じを, 愬から, 態度で, 態度に, 戰慄すべき, 教へ, 料簡さへ, 方から, 方にばかり, 方法は, 日に, 映画もどきの, 時も, 有樣, 条件つきな, 楽み, 様な, 様な走, 様子に, 機運が, 歌です, 毒を, 気には, 氣持がちが, 為に, 特別な, 状態が, 状態である, 癖が, 目的の, 祭りである, 禁呪の, 程だ, 積りらしい, 立場を, 経験を, 結婚法と, 習慣を, 考へも, 考へ方, 聲喧しく, 腹に, 行は, 見地第, 観念から, 言葉が, 言葉しか, 言葉は, 記事が, 話だつた, 迷信である, 逆説の, 進行の, 遠慮が, 郵便局へ, 醜態を, 面倒を, 風習に, 餘裕も, 騷ぎである, 鳥兜の

▼ ふと~ (354, 2.3%)

24 をさます 19 をさまし 11 がさめた 10 を覚し, を覚まし 9 をさました 8 についた, をあげ 7 がさめる, を覚した 6 がさめ, の前, をやる, を覚ます, 覚めて 5 が覚め, を上げ, を挙げ, を覚す 4 がさめたら, が覚める, が醒めた, を落し, を覺, を醒ます, を開く, を開けた 3 に入る, をあける, をとめた, を覚ました

2 [26件] が覚めた, が醒め, にうつった, にし, にとまった, にとまつた, にとめ, に見え, をあげた, をあげる, をさましぬ, をつける, をやっ, を上げた, を上げる, を挙げた, を挙げる, を止めた, を舟, を落した, を見開いた, を醒ました, を開い, を開け, を開ける, 覚めると

1 [95件] がかち合う, がなくなり, が会ったら, が時計, が栄三郎, が覚め痛む, が開いた, ですがり, にうかぶ, にはいり, にはひる, に入, に入り, に入れ, に止った, に止つたの, に止つた一つ, に止まった, に殘つた女, に涙, に留まった, のあく, のこと, のさめた, のそば, のなく, の中, の向いた, の色, の隅, はそこ, ばやい, をあい, をあけし, をあけた, をこすっ, をこちら, をさましました, をさまします, をしば, をすえ, をそらし, をそらした, をそらす, をつけた, をつけたらしい, をとめる, をはなし, をひらい, をまろ, をみはっ, をみはり, をやった, をやったら, をやれ, をカチ, を三国誌, を伏せぬ, を傍, を向けた, を啓, を地上, を外した, を外らし, を外らす, を庭, を庭面, を患っ, を患つて殆ど失明, を惹かれ, を我, を挙げました, を掩, を放った, を放て, を横, を止め, を熱う, を熱く, を移す, を窓外, を細め, を藁葺屋根, を西山, を覚しました, を覚ましました, を転じ, を転じた, を轉, を醒す, を醒まし, を開いた, を開き, を開きました, を離さず

▼ ふとその~ (351, 2.3%)

7 ことを, 気に 6 ことに, 手を, 顔を 5 中に, 方を 3 ま, 中の, 人の, 少女の, 拍子に, 時の, 紅い唇, 頃の

2 [19件] うちに, なかに, 一隅に, 事を, 人を, 入口で, 声を, 夜の, 時姪が, 時彼の, 時護り, 横顔を, 眼を, 知人と, 禅僧が, 襦袢の, 言葉が, 貘を, 鼻頭を

1 [247件] あたりに, おばあさんは, お袖, ことばに, さがして, しゅんかん母親は, そばに, そばを, たかい屋根, ときありあり, ときいつかサラセンで, ときここは, ときわれらの, ときサモイレンコの, とき千鶴子が, とき参木は, とき名人の, とき引きさかれる, とき彼は, とき映った, とき気が, とき水の, とき源吉は, とき青毛が, どれにも, なかで, なかの, ひとの, ふたの, ふつくらした, へんに, よろいを, オンコたらりたらり, ホヤを, 一つを, 一人と, 一人の, 一寸前の, 一瞬前の, 三冊の, 上に, 上の, 上り列車も, 上書を, 下から, 中から, 中ほどに, 事実に, 事柄を, 二三日前から, 二弟の, 人は, 人へ, 会話を, 作者の, 傍に, 儘くるり, 儘白い, 兄を, 刹那に, 刹那女の, 劇場の, 動作を, 勤めて, 危惧が, 原因が, 友が, 友達の, 口笛は, 古い写真, 句を, 名人は, 向う側の, 呼吸の, 唄を, 囚徒を, 土間を, 墓石を, 壜を, 声に, 声音に, 太宗, 奥さんが, 女が, 女の, 女は, 女性は, 妻の, 姿を, 娘たちの, 娘を, 子供は, 存在が, 季節を, 完全な, 宝玉に, 客, 家の, 家を, 容が, 山奥に, 岩の, 崖の, 席から, 席に, 常識的な, 幻が, 店に, 廣い, 建物が, 当時の, 影を, 役人は, 後姿に, 御不満, 微笑を, 心境から, 怜悧そうな, 恐れを, 悪だ, 悪臭が, 意味に, 扉が, 手が, 手く, 手鍋提げた, 抽出を, 文句に, 新劇運動に, 方が, 方に, 方の, 日の, 日附が, 昔鏡川で, 時, 時と, 時なにか, 時ジョセフィンが, 時庭の, 時彼は, 時心の, 時思いました, 時星野の, 時浮び上る, 時眼に, 時私は, 時空を, 時草叢の, 時計の, 時試写室の, 時道夫は, 時頼正は, 暗い片隅, 木の葉を, 様を, 様子から, 様子を, 横顔が, 武士は, 汽車の, 汽車を, 泉の, 泣き顔を, 浪人の, 消息を, 渡場の, 炎の, 点に, 無表情な, 燈籠の, 物が, 狂女の, 珠数に, 理由を, 男が, 男の, 画家の, 疲れを, 痕跡が, 皿に, 目覚しい処, 真暗な, 眸を, 眼元に, 瞬間に, 瞬間女の, 瞼に, 空気の, 窓が, 笑顔を, 第一, 筆の, 答に, 箸の, 紋が, 結果を, 緊張が, 美しいみ, 群から, 考えが, 考えは, 耳を, 聲を, 肉を, 肉襦袢に, 脚を, 臭を, 花の, 若い叔母, 草紙の, 蜆の, 血を, 表二階の, 表面の, 袂から, 袂の, 解き方の, 言葉に, 記憶に, 詩碑の, 話し声に, 話の, 諺の, 足の, 足跡を, 過ぎ行く快, 遠い所, 鉄の, 鋭い横顔, 閉め切った障子, 隣りの, 隣を, 雪の, 青空から, 静かな, 面で, 音が, 響きに, 頭に, 顏を, 顔が, 顔に, 顔立が, 風が, 飾った形, 馬は

▼ ふと~ (288, 1.9%)

15 の眼 10 の頭 9 の耳 8 の心 5 は, はその 4 の目 3 の注意, の胸, の顔, はそんな, は呟いた, は自分, れは

2 [18件] のそば, の女, の枕もと, の腰掛, の足もと, はさ, はそう, はそこ, は人間, は妻, は嫂, は彼女, は思った, は惹きつけられた, は知人, は足, は遠い, は青年

1 [175件] が, がそこ, がその, が廊下, が気づい, が涙, が自分, が見る, にし, にはあまり, にはそこ, には寺院, には重苦しく, に妙, に打ち解け, に昨年, に浮んだ疑ひ, に考えられた, に街, のす, のたずさえ, の一ト皮下, の価値, の六, の前, の姿, の後, の念頭, の思う, の意識, の手, の方, の時間, の死, の涙, の濡れ鼠, の男, の病質, の白い, の考え, の背, の腦裡, の襟, の視界, の視線, の記憶, の誡, の通り, の険しい, の顏, はある, はあわただし, はいひつづけた, はいま, はうつ, はお, はおごそか, はかうなる, はかすか, はき, はぐつたりと肩, はこう, はこの, はこんな, はそういう, はそば, はた, はとても, はまた, はむかう, はむこう, はわれ, はアムリ, はキネマ, はデュウラア, はベット, は不意, は中津, は今, は今日, は併, は信長, は倉敷, は偉い, は全然, は円窓, は再び, は冷たい, は初めて, は勝利, は反, は吉三郎, は同門, は吸殼, は呼吸, は変, は夢, は大きな, は娘, は嬉しい, は家, は山の神, は幼い, は彼等, は必死, は怒つ, は怖, は思い出し, は思い出した, は思慮, は急, は意地, は憤つた, は我, は振向い, は故郷, は数ヵ月前, は机, は極力, は槌, は母, は気, は永く, は洞窟, は海中, は湖畔, は満, は火薬, は烏, は焼金, は病死, は矢野, は空, は突然, は競子, は笑った, は網, は縋る, は考, は考えこん, は考えた, は耳, は聞えた, は腕組み, は自ら, は自己, は芥川全集普及版, は苦い, は茅ヶ崎, は茶の間, は蠅, は血色, は踵, は身, は身近, は追憶, は通りすがり, は部屋, は酷く, は酷く苦々し, は鏡, は長い, は馬, は高重, は鼻先, へいった, れの, をからかおう, をつつむ, を思ひ出した, を慰めた, を温かく, を起し, を驚かした, 程人

▼ ふと見る~ (258, 1.7%)

22 とその 9 とそれ 3 とお, とそこ, と今, と川, と自分

2 [14件] と, とさっき, とすぐ, とやはり, とベンチ, と右側, と向こう, と女, と屏風, と彼, と植込, と水底, と窓, 銀杏の

1 [184件] たびに, だけの力, とあの, とあんま, という, といずれ, といつどこ, といつのまに, といつのまにか, といつも, といまだに, とおいよ, とおかあさん, とおでん屋, とお前, とお宅, とかれ, とこっち, とこの, とさ, とさいぜん, とさつき, とすこし, とすっかり, とそこの, とそこら, とちゃんと, ととよが一人, とどうも, とどこ, となるほど, とね濃, とひとり, とむこう, ともなく, とわたし, とオーロラ, とゴルキー集, とサイダー瓶, とハムレット見物, とピヤノ, と一人, と一升瓶, と一方, と上手, と上流, と下, と不思議, と于吉, と五六間先, と五兵衛どん, と人品尋常, と何, と何者, と例, と侍長屋, と便所, と兄様, と入口, と其の, と其処, と内陣, と制服, と前, と十四五, と午飯時, と南国, と又, と又八, と古い, と右門, と吾膝, と四辺, と坂の下, と墓地, と壁, と外套, と大勢, と大江, と大王, と天井, と天蓋, と奥, と妻, と姿見, と嫁女, と実に, と家内, と小さな, と小川, と小溝, と尼, と布団, と平家造り, と年頃, と広い, と弓之助, と引ッ提刀, と弟, と彼女, と愛らしい, と我々, と戸外, と扉, と文太郎, と新しい, と日射, と日本, と日本製, と月夜, と月江, と木の下, と末近, と杉林, と東, と松林, と枕もと, と森, と横川, と正面, と毎日, と水沢, と洗面所, と洞窟, と浦づたいに, と温室, と満々, と灰皿, と無地, と牛, と狭い, と猫, と玄関, と王女, と白, と白い, と百五十米, と百姓, と皆, と目, と直ぐ, と眼, と石川淳, と社宅, と私, と笑った, と筵, と細君, と緑青, と縁起直し, と纓, と羊, と美しい, と羽葆, と藤村, と蛤, と血, と袂, と西岸, と赤煉蛇, と赤銅, と足, と足下, と途, と道傍, と遠く, と邦さん, と部屋, と門前, と陸, と障子, と隣り, と頭一ぱい, と頭目, と馬の背, と驚いた, と高, と高い, と黒部川, に歳, のである, も気の毒, 名知らぬ, 義理の

▼ ふと~ (251, 1.6%)

21 をさます 16 についた 11 がさめ, をさました 9 がさめる, をさまし, をさましました 6 が覚める 5 を上げ, を上げる 4 がさめた, の前, を覚す, を覚ました, を覚ます 3 がさめました, が覚め, が覚めた, が覺め, に入った, をあげ, をさまします

2 [19件] が醒める, に入る, に触れる, のさめし, をあい, をあけ, をあげる, をひらいた, をひらきました, をひらく, を挙げ, を挙げる, を覚し, を覚した, を覚まし, を覺, を醒した, を醒まし, を醒ます

1 [70件] からのぞき出した, が濡れ, が行く, が覚めました, で追う, にした, につき, につく, にとまっ, にとめた, にとめる, に入ります, に入れた, に映った, に止まつた, に止め, に浮ぶ, に浮べた, に浮ん, に留まつ, に留り, に着い, に着いた, に附いた, のさめる, のまえ, はさめぬ, は何時, は覺め, をあげた, をおとす, をさらします, をそらす, をそらせ, をつけ, をつぶる, をとめ, をとめた, をはなし, をひかれた, をひらい, をやります, をやる, を上, を上げた, を下方, を合わせ, を垣そ, を奪, を射た, を患っ, を惹かれました, を打たれた, を挙げた, を書棚, を火, を見開く, を覚したら, を覚まされる, を覚ましました, を転ずる, を醒し, を醒しました, を醒ました, を開きました, を開きます, を開け, を開らく, を附け, 眩みさ

▼ ふと~ (239, 1.5%)

7 の頭 6 はその 5 はあの 4 は私 3 の前, の耳

2 [26件] が眼, に魔, のこと, の名, の方, の胸, の顔, は, はい, はかすか, はこの, はそこ, はそれ, はひとつ, はパリ, は友, は川, は広島駅, は弟, は彼等, は思い出した, は急, は眼, は考えた, は自分, は足がかり

1 [159件] からやった, から遠ざかっ, があちら, がカフェー, が下手人, が今, が今一人, が何, が庭づたいに, が承知, が明け放した, が本, が気がつく, が気づい, が気づいた, が洩す, が涙, が素知らぬ, が隣, だつて, と顏, にある, にこんな, には興味, には通行人, にも, に三つ, に呼びかけた, に気づく, に盃, に話, のおふくろ, の一言, の口, の問う, の外套, の姿, の心内, の思い, の思いついた, の手, の注意, の目, の眼, の義兄, の考え, の胸中, の脳, の話上手, の返答, の過去, の部屋, はあなた, はいう, はいま五枚, はいま海, はかよう, はこう, はここ, はさ, はさう, はさつき, はさとる, はそつ, はそれら, はそんな, はただならぬ, はどう, はバリモア, はビクッ, はムカムカ, はリリパット, は一つ, は一度, は一時, は不快, は人影, は佐藤春夫, は何とも, は余りに, は促される, は兄, は全身, は其引出し, は其等, は再び, は十二三, は又, は古い, は古典, は堯, は変, は夏の, は大工, は奥様, は妙, は子守歌, は家内, は工場, は希望, は後ろ, は必, は思いました, は思っ, は想, は意味, は或, は戯曲的, は支那, は日本, は早速, は明るく, は更に, は書く, は木立, は横, は殺された, は殺される, は民間自動車, は泉, は流れる, は涙, は父, は片目, は現在, は生憎, は町人, は畑, は目蓋, は神童, は老いた, は考えました, は考へた, は行, は行手, は製作室, は見つけた, は診察室, は足, は軽い, は軽部, は近頃だんだん, は部屋, は酒, は酷く, は針, は随分, は電話, は非常, は頭, は飛ん, もつひ, も夕暮れ, も普通, よりも希, をからかつて, を呼ぶ, を囚, を後悔

▼ ふと~ (231, 1.5%)

34 の上 29 の中 6 をかぶっ 5 を頭 3 の下, をかけ, をしい, を敷い

2 [11件] にくるん, のなか, の外, の襟, や綿, をかぶる, をしかせ, をはねのけ, を包ん, を敷く, を開い

1 [123件] かけて, かぶって, からむくむく, から何, から大きな, から立ち上がりざま, から顔, かわの麻地, があった, がかかっ, がからっぽ, がくるくる, ができた, がほしい, が乱暴, が二三枚, が出, が干され, が見られ, が賃借り, さえしまわず行っ, だけで, だになし, だのたたみ, でも包む, で今夜, といっしょ, とシーツ, と一つ, と同じ, と敷き, と蓙, にくるまっ, にくるまった, にくるまり, にさわっ, にすっかり, にで, にねた, にむぐり, にもぐ, に体, に入っ, に気, のうえ, のこと, のしき, のすそ, のとりで, のまんなか, のよう, の用意, の端, の素人, の裾, はあんた, は一瞬, は自然, は誰, へ埋め, へ抱い, までしい, も上げず, やおむつ, やに坐, や枕, や箪笥, や道具, より温かい, をいく枚, をお, をおき, をかさねた, をかたく, をかぶった, をかぶつ, をかむ, をかむりました, をこうして, をしく, をちやん, をなおし, をのべ, をはなれない, をはねのけた, をひ, をひっかぶっ, をほす, をまきつけ, をソッ, を一寸, を両手, を二枚, を作り, を出, を出し, を出た, を刎, を叩い, を噛ん, を売っ払っ, を干しました, を持ち込み, を敷いた, を敷きましょう, を日, を波うたせ, を猫, を用い, を着せ, を耳, を被, を被る, を裾衣, を買, を重ねる, を陽, を顔, 縫いますって, 蒸し水責め, 越しに, 蹴って, 重ねたる駕

▼ ふと自分~ (173, 1.1%)

5 の方 4 が今 3 で自分, に返る, の名, の心, の耳, の顔, を呼ぶ

2 [14件] が死ん, の傍, の前, の名前, の家, の手, の持っ, の書いた, の眼, の立っ, の胸, の言葉, の部屋, もそんな

1 [115件] から余り, がお, がこの間, がすっかり, がどうしてこう, がどこ, がまだ, が仰のけ, が位, が先, が向う見ず, が変, が情けなかっ, が提げ, が木村, が此, が毎晩ポケット, が洋服箪笥, が深夜, が蜂須賀村, が迷っ, だつて男, でもその, でも思いがけない, で何, と一緒, と共に, と床, と擦れ違い, と机, と顔, にかへる, にもやがて, に向け, に物, に返, に返っ, に返った, に返つた, のからだ, のけち, のこと, のね, のほう, のもの, の中, の任務, の位置, の内縁, の右手, の名札, の周り, の周囲, の噂, の場合, の外套, の大手柄, の室, の年齡, の年齢, の幸福, の影, の後, の悪口, の愚, の懐中, の所属連隊, の指先, の捜し, の故郷, の文化, の書い, の気もち, の火, の父, の生れ故郷, の精神, の考え, の肩つき, の背, の背後, の腕, の腕時計, の腦裡, の芝居気, の苦痛, の足もと, の足下, の足許, の身, の身ぐるみ生命, の身長, の近く, の通っ, の運命, の面相, の鬢, は, はそれ, はどうして, は夜, は大, は専門学校, は日本, は昨夕寐, は良心, は足下, もまた, も今, も看病, も赧, をひきとめた, を呼びとめる, を愛撫, を水

▼ ふと~ (149, 1.0%)

8 なしに 5 我れ 3 なく, なく云つて, 再度原田太郎, 汝の 2 この葱, せぬ横顏, なく昨夜, なく柿, 存知の, 悲まず

1 [112件] いかでか, いかで鳥類, うまれつき貪慾邪慳, かく多き, かなしく, こ, このよ, この山, この目的, この窪地, この部屋, この飯, せぬ横顔, せぬ無, せぬ無礼, その審判, それ以上に, たが, つかずそんな, つかず独り言, つかず独語, なくうろ, なくその後, なくただ, なくつく, なく一人言, なく二人, なく低く呻かれる, なく声, なく宵闇, なく廣野, なく後, なく憩, なく拾, なく拾ひつ, なく暮れゆく, なく独語, なく窕子, なく自分, なく言つて, なく記者, なく運転手, やまとの, よしゑやし我, われ彼に, われ笑ひし, モナルキに, 一向に聞き入れず, 一方に, 不可なき, 云つてゐる, 云ひ切れない, 他國, 其美其妙は, 再活, 判らないこと, 又反, 又永く, 叶は, 同じ事, 嫁入, 宜しく候, 宝ならざる如く, 尽きじかし, 山門の, 差支へ, 徒なる, 御腕, 必ず咎, 怒恨, 思ひ定, 思ほえず, 恋人よ, 恥を, 悦んで, 才情は, 掃溜を, 更にえ, 未来永, 桂木様は, 棄つるとも, 機嫌を, 汝は, 清さんに, 無く, 猫かぶりの, 用ひ参らせ, 百人千人を, 盾銀一つ出す, 知らずその, 知らず和殿, 知らぬ父上, 祝圓之, 神の, 立去るまじきに, 競ひ, 考へられる, 聞く者顏, 藤岡は, 見えぬ小径, 見せられず, 解らぬ顏, 言はじ山吹の, 訓み伝へられ, 誤りは, 誰かは, 誰に, 諸君の, 逃げぬべき心地, 馴れし袖, 驚かず, 體力此に

▼ ふと気がつい~ (149, 1.0%)

30 て見る 24 てみる 83 てそれ, て顔

2 [12件] てあたり, てお, てこの, てみます, て女, て尋ねた, て立ちどまったら, て耳, て背伸び, て自分, て見たら, て頭

1 [57件] てああ, てあら, てその, てそんな, てばか, てひそか, てふり, てぶえんり, てみ, てみたら, てみれ, てもう一度, てもっと実際, てれい, てハハア, てポケット, てルックザック, て両, て両手, て云いました, て八つ手, て出かける, て博士, て口, て右門, て向う, て唖, て女の子, て実子, て小切手, て小次郎, て帰り, て帽子, て引き, て彼, て彼女, て所持品, て手紙, て明智探偵, て書棚, て書物, て本, て歩きだす, て目, て窓, て立ち上る, て考える, て考へ, て見かえる, て見た, て見れ, て見廻した, て覗い, て軍隊, て隣, て飛び上る, て驚いた

▼ ふとこの~ (145, 0.9%)

3 ことを 2 人は, 女の, 女は, 家の, 家は, 次ぎの, 牛の, 町に, 街を

1 [124件] あいだ居士が, お弟子, ことに, ことり, とき少年の, とき私には, なつかしさ, のんびりした, ひとじゃ, まま蒸気を, カチなる, サービスを, 一事に, 不思議な, 世界は, 事件を, 二三年京都には, 二人を, 五人の, 人の, 人工の, 伝を, 伝道師には, 伯母の, 動作も, 南宗画家の, 受苦聖母を, 右寄りの, 問題の, 地に, 地蔵さんを, 城下を, 堀端は, 場所を, 夏の, 夏見た, 夜に, 大勢の, 奇蹟に, 始末です, 娘は, 婆さんに, 家が, 寺に, 小姓の, 小説も, 少女の, 尼さんの, 局長の, 屈辱の, 山は, 山を, 巨船の, 師匠の, 平次は, 年に, 店の, 店へ, 影は, 徴収員に, 心に, 心を, 悪夢が, 手紙を, 数日来折竹に, 方へ, 明菓で, 時さい前の, 時ばかりは, 時ルパンは, 時代の, 時横を, 時途絶えた, 時頭に, 朝植田の, 木曾路へ, 桑畑に, 森を, 極めて私的, 機会にと, 歌は, 歴史上の, 汽船は, 河童を, 点へ, 烈風を, 片原の, 物語を, 理に, 産院の, 男は, 番頭の, 知識を, 秋夥しく, 秘密を, 粕谷といふ, 細菌の, 結婚を, 継母と, 繍帳の, 罰当りめ承知せん, 老人とは, 考えが, 背後を, 花に, 苦情を, 蓼科も, 蟹を, 裏の, 言葉に, 言葉を, 詰将棋の, 話を, 読書会の, 貝が, 部屋から, 院内に, 雄の, 雑誌を, 頃玄蕃が, 顔と, 風景は, 飛んでるの, 駐屯兵の

▼ ふと~ (132, 0.8%)

21 ふの 14 ふこと 10 ふことは, ふ事 8 ふやう 42 つたが, はない, ふので, へり

1 [57件] つた, つたけれど, つてるの, なる, ひ, ひました, ひ代, ふけふこそ, ふことだけでも, ふことだけを, ふことの, ふだけ, ふで, ふときの, ふとひよろ, ふに, ふのに, ふひと, ふまでも, ふも, ふもの, ふより, ふよりも, ふわけ, ふ一事, ふ不思議, ふ凝り方, ふ唯事千度, ふ大事, ふ小さな, ふ弱味, ふ心理, ふ必要, ふ恐ろしい, ふ恥知らず, ふ意味, ふ感情, ふ招状, ふ様, ふ様子, ふ樣, ふ気, ふ状態, ふ相談, ふ相違, ふ義, ふ言葉, ふ訳, ふ詐僞, ふ語, ふ野心, ふ音韵, ふ風, ふ馬来, へばわたし, へば偶然, へる比喩

▼ ふとそれ~ (118, 0.8%)

4 に気づい 3 に気, に眼 2 が私, に気がつく, に気づく, は母, を云ふよ, を思い出し, を耳, を買い込ん

1 [92件] から先, から自動車, がいつか, がどういう, が不自然, が伊勢, が僕ら, が出来なくなっ, が夢, が大, が探偵, が月影, が極端, が気, が洩れた, が物心, が現れ, が緒口, が聴き入れられた, が通りぬける, が電車, が頭, こそばか, だから, だけが他, だけで, だけで歸つて, と同じ, と氣, につれて私, にはかう, には因縁, には長い, に昼休み, に気がついた, に目, に繋がる, に類似, はあたかも, はかの, はさつき, はすぐ, はわたくし, は一つ, は京町, は出来ない, は地震, は暗闇, は淺學, は皆, は真に, は虫, は隨分學理, は非常, は黙った, も苦し, も馬鹿らしく, より分らぬ, より花, をおもいついた, をやめ, を云, を今, を十太夫, を可愛らしい, を巻きかけた, を思いだした, を思いつく, を思い出しました, を思い浮かべた, を思い起し, を思ひついた, を思ひ止る, を感じた, を殺し, を申します, を疑ふ, を知っ, を立, を考へ, を聽, を見た, を見つけ, を見る, を見出した, を言い出し, を読ん, を讀み出した, を豫想, を防ぐ, を離れ, を黒い

▼ ふとそんな~ (116, 0.7%)

40 ことを 10 気が 6 風に 5 事を 3 気も 2 一節を, 事は, 心持の, 気に, 気持に, 馬鹿な

1 [40件] おはなし, ことで, ことは, ことも, ときの, ところへ, まぼろし, 光景を, 写生帳を, 同情も, 呟きに, 声が, 声を, 御懐疑, 微妙な, 忌々しい言葉, 思いにも, 思い過しも, 思ひ出, 感を, 感慨が, 文句が, 昔に, 時の, 気の, 疑問が, 疑念が, 皮肉を, 空想に, 考えも, 臆測を, 自分に, 言葉を, 話を, 話題を, 贅沢な, 錯覚すら, 類ひ, 風か, 魔が

▼ ふと~ (113, 0.7%)

6 か思いついた, か思い出した 3 かに脅された, かの気配 2 うも, かが僕, かを思い出し, か思い当った, か思い立った, か思ひついた, か暗示, か自分, か音, と思った

1 [75件] うも空々しく, う彼, か, かある, かいい, かお, かがさ, かその, かつまらぬ, かなれなれし, かにつまずい, かにぶっつかった, かに取り憑かれた, かに喫驚, かに怯える, かに感興, かに気, かに気がついた, かに気づいた, かに気づいたらしく, かに没頭, かに驚い, かのきっかけ, かのはずみ, かの事, かの弾み, かの機会, かの調子, かもの狂, かを心あて, かを思いつい, かを思いついた, かを思いついたらしく, かを興, かを見つけ, かを見つけた, かを見つける, かバタ, か云いたげな, か体裁, か俺, か光る, か去り, か口, か変った, か大, か就職, か彼, か御, か思い出し, か思い当る, か思案, か書い, か気, か気紛れ, か汚い, か特別, か疑念, か考, か考え, か聞えた, か言い, か説明, か軋む, か酷く偉, でも鬱陶し, とし, とまあ, に思い当った, の気, の為, も知らず, よりも優れた, を, を聴いた

▼ ふと~ (111, 0.7%)

5 杉は 4 光は 3 末は 2 もてを, 悦を, 父様が, 茶菓子を, 銀様の

1 [89件] かくは, かみさんは, かをがなげきい, すゑの, すゑは, せい様は, たが, つかながるから, つけて, つとり, ときは, なぐさみにも, なつかしゅう存じまし, ぬいさんに対する, ぬいは, ぬしと, トンちゃんの, 七の, 三輪は, 互にもやもや, 京が, 今が, 俊という, 千絵の, 友だちの, 君さんが, 吟の, 品は, 品も, 園が, 宅ばかり, 安に, 小言ね, 島では, 島の, 島は, 廊下を, 心やすく, 心を, 忘れか, 思い出しに, 杉が, 杉の, 杉も, 柳の, 桐に, 梅は, 梶の, 民が, 民は, 江戸を, 洩らしなさったこと, 浜の, 清の, 照が, 燕が, 父さまから, 町等の, 目に, 眼を, 米の, 粒は, 糸は, 経誦の, 綱の, 耳に, 胸には, 艶は, 菊さんが, 菊は, 葉は, 蓮さまは, 蝶の, 袖さんに, 袖の, 見かけした, 見上げ申したものの, 親しくし, 諦めが, 辰を, 通りにな, 酒の, 酒を, 銀は, 關の, 雪が, 露は, 饒舌を, 高は

▼ ふと~ (110, 0.7%)

17 をあげ 15 を上げ 10 をあげた, を上げた 8 を上げる 7 をあげる 4 を挙げ, を挙げる 3 を出し, を見合せ 2 をあげました, をくもらせ, を挙げた, を見る

1 [21件] いろの, いろばかり, いろを, が赧, の前, をあげたれ, をそむけ, をなでた, をみ, をみあ, を上, を光, を合した, を合せ, を合せる, を擡げ, を擡げた, を見合す, を見合っ, を見合わせた, を見合わせたら

▼ ふと~ (96, 0.6%)

15 にした 6 にし 5 を澄 4 にはさんだ, に入る 3 をすました

2 [12件] にする, についた, にとめ, にはいった, に入った, に入りぬ, に入れ, の底, をすます, をそばだて, を立て, を聳

1 [35件] がきこえなくなる, にさわる, につい, につく, にとまり, にとめた, にはいっ, にはいつ, にはいる, にひびい, によみ, によみがえっ, に付いた, に入っ, に入りまし, に入れた, に来た, に止め, に沁む, に潺, に響く, のあたり, をかたむけた, をかたむける, をすまし, をたて, をとめ, を傾けた, を傾けつ, を打った, を欹てる, を澄まし, を澄ました, を澄ましました, を立てる

▼ ふと思い出した~ (90, 0.6%)

44 ように 8 のは 4 ことが, のが 3 のだ 2 のである, のです, 事が

1 [21件] お方が, かのよう, からにすぎない, が, が別に, が矢島さん, ことあい, ことである, ことは, という風, のだった, のでした, ものであった, ような, ような云い, 七時発上り列車は, 体にて, 利右衛門は, 山家集の, 石ころ一つにも, 記憶の

▼ ふとある~ (85, 0.5%)

8 ことを 7 ことに 5 考えが 4 事を 3 事が 2 光景が, 動揺が, 日の

1 [52件] からそれ, に據, のは, は, ものを, より考, ページを, 一点に, 一種の, 不思議な, 事件から, 人々には, 人を, 力を, 名案を, 大きな事実, 大きな書店, 好奇心の, 妙案を, 婦人作家の, 家の, 希望に, 店頭の, 心配が, 心配を, 恐ろしいこと, 恐ろしい事柄, 旅行家から, 日お, 日菜の花の, 時の, 晩東京へ, 書物の, 横町へ, 深い茂み, 混乱が, 点で, 用事が, 男が, 町の, 疎藪, 疑いに, 疑問を, 祭礼の, 空虚を, 考が, 考にぶ, 者, 苛酷な, 裁縫屋の, 記事が, 貴重な

▼ ふと~ (75, 0.5%)

7 の中 4 に浮かんだ, に浮んだ 2 に浮かん, のうち, のなか, をひかれた, 附いて

1 [50件] が明るく, が温, が迷っ, ついたの, にある, にかげ, にひらめいた, にわいた, に寂しい, に思いつき, に思いました, に思い浮かべた, に思い浮べた, に思つたの, に思ひました, に描いた, に有難味, に浮かびあがった, に浮かびたる, に浮かみしなれ, に浮かみまし, に浮びました, に浮ぶ, に浮むだの, に灯, に触れ, のゆるむ, の一角, の姿勢, の灯, の目, へ間違い, をかすめ去った, をとられ, をとられた, をひく, を奪, を惹かれた, を持ち変えた, 惹かれる悲し, 戦くこと, 易くなった, 着いたよう, 着いて, 着かずに, 着きて, 着き耳, 着くと, 附いたは, 附くと

▼ ふと気がついた~ (75, 0.5%)

15 ように 11 のは 9 やうに, 様に 5 ことが 2 時には, 様子で

1 [22件] から救い, が旅行, が耳, ことだ, というよう, とき皿に, ところから, のが, のだ, のである, のでふり上げ, ので一番ピヤノ, ようすで, ような, んだ, 俊助が, 感想以上に, 新九郎まだ, 時もう, 机竜之, 気持に, 風に

▼ ふと~ (73, 0.5%)

5 のなか 4 の眼 32 の小学時代, の苦痛, はさつき, は鏡, を悦ばし

1 [51件] が氣, どうした, にし, には彼, に会, に戻つ, に訪れ, のあ, の側, の天使, の室, の家, の掌, の映画, の耳, の興味, の隣り, の顏, はあたり, はいつのまにか, はいまわしい, はこの, はそ, はその後, はそんな, はねむれない, はチヨーク, は今にも, は何, は図書館, は学校, は当時, は彼, は握った, は新築地劇団, は此春, は死ぬなら, は気, は決して, は湖水, は父, は眼, は窓, は肩, は自分, は花, は餌, もこの, をみじめ, をめがけ, を避けよう

▼ ふと~ (72, 0.5%)

8 に浮んだ 5 を擡げ 4 の中, を上げ 3 に浮かんだ, に浮ん, の上, を擡げた 2 に泛, に浮かん, をかすめた, をかすめる, をもたげ, を掠めた

1 [27件] が曇っ, だけをもたげた, にひらめく, に思, に手, に泛ん, に浮かべました, に浮ぶ, に浮べた, のなか, の地, の底, の隅, の頂點, へ来た, をあげ, をあげた, をあげる, をか, をもちあげた, をゴツン, を上げる, を傾け, を囘, を揚げ, を擧, を道

▼ ふとまた~ (70, 0.4%)

2 いつもの, 彼は, 浮んで, 眼を, 聞きつ榛樹, 自分の

1 [58件] いつ会える, いろんなこと, その皿, むずかり気味, われに, クルミさんは, 一つの, 一ぽう, 二人とも, 云つた, 何かを, 侯爵の, 倉地を, 側の, 別の, 口を, 唸が, 喧嘩に, 夜具を, 定雄は, 広間へ, 後から, 御縫さん, 心蓮は, 振返つて, 改つた口調で, 新しい開墾地, 明らかに, 木目が, 本当の, 柴折戸から, 橇箱の, 武蔵は, 歩き出した, 気がついたよう, 沈みかかろうと, 浴場の, 目が, 目に, 真紀子の, 真面目な, 矢代の, 私は, 突然真紀子, 笹川の, 美い, 考えては, 腹が, 草の, 視線が, 詩を, 赤くな, 車の, 階段を, 雀の, 髪の毛の, 默つてし, 黙って

▼ ふと~ (70, 0.4%)

5 ふの, ふ言葉 42 ふが, ふので, ふやう, ふ事, ふ様, ふ考, ふ語, ふ風

1 [40件] つた, つたこと, つたら, つてるぜ, はぬ, はむ, はれて, ひかねる程, ひすぎだ, ひすてた, ひやう, ひ出したら聞かぬ奴, ひ旅, ひ残しが, ふこと, ふことは, ふだね, ふてお, ふとどんな, ふもの, ふよりも, ふ万端, ふ不, ふ伝承, ふ古い, ふ古風, ふ型, ふ変態, ふ外貌, ふ当然, ふ形, ふ思想, ふ手ぬるい, ふ点, ふ狃, ふ義, ふ話, ふ謂, へば私, 絶え嘆息

▼ ふと思いついた~ (67, 0.4%)

28 ように 9 のは 7 のが 4 ことが

1 [19件] かの様子, か伝六, が酒, だけのこと, のだ, のです, のでまさに, ふうにも, ものだ, んです, 一策, 事が, 名前な, 悪戯で, 摺粉木細工で, 様に, 看護人の, 窮策として, 胸中の

▼ ふと~ (65, 0.4%)

7 をつぐんだ 5 を噤んだ 4 をつぐん 3 をつい, を噤ん 2 に出た, の中, をつぐみました, をひらく, を噤み, を滑らした, を衝い

1 [29件] から滑り出, かろくその, で反覆, にした, にする, に出, に出かかる, に出し, に出した, に触れた, に頬ばつたボンボン, の端, をきつ, をすべらした, をつぐみ, をつむぐ, をとざした, をとじ, を休めた, を出す, を切った, を利いた, を噤むで, を滑らし, を箝, を議論, を辷らした, を辷らせた, を閉ぢ

▼ ふと思いつい~ (65, 0.4%)

92 てあの, てその, て植物園

1 [50件] てお, てお婆さん, てきいた, てこの, てこれ, てさけぶ, てそば, てそれ, てた, てたち寄った, てひとり, てひどい, てふもと, てへん, てまた, てわたし, てアパート, てダンピエール先生, てパン, てポケット, て僧院, て前田利家, て吉祥寺, て四年前, て女, て婆, て小夜子, て左千夫, て廊下, て廻転椅子, て彼, て愚楽老人, て新聞売台, て旅, て日頃, て旧, て本箱, て枕元, て格子扉, て炬燵, て牛肉, て皆, て茂樹, て見る, て近所, て連れ, て鉄ごうし, て鉛筆, て長者, て骨牌

▼ ふとこんな~ (64, 0.4%)

34 ことを 6 事を 2 ことが, ことも, 言葉が

1 [18件] ように, モソモソ話が, 光景を, 具合に, 声を, 字が, 小夜の, 文句が, 気持ちに, 窮屈な, 緒を, 美しい春, 考えが, 考えを, 考へが, 見世物を, 話にな, 音が

▼ ふと彼女~ (64, 0.4%)

32 の後, の手, の眸, の鼻, はそんな, は私

1 [49件] が思いだした, が明朝, にこの, に問, のこと, のそういう, のそで, の俯, の先, の右, の姿, の帯, の心, の心配げ, の眠っ, の眼, の美しい, の衣服, の足, の部屋, の頭, の顏, の顔, はこの, はすぐ, はそこ, はその, はまた, はよく, はニコリ, はベービ, は参木, は堪らない, は夫, は女らしい, は女学校時代, は従兄, は心, は心底, は思う, は益々, は立ち上がった, は笑, は若し, は見事, は露路, も仏文学, を殺害, を視る

▼ ふと~ (63, 0.4%)

3 夢にも思はぬ 2 思はざりしを

1 [58件] いかなる事, いひきれないまでも, いや大胆, うらやまし, すれど, なにごとだ, なんだ, ひどいなんと, ひどいサトウロクロー, もっての外だ, わがままの, ツと, 一寸分らぬ, 云ひける, 人に, 何ぞ, 何だ, 何と, 何の, 何れが, 何事だ, 僕は, 儒家の, 切れして, 切れ縫, 前後あり, 区別が, 又何たる, 実に夢, 實に, 御冷淡, 御苦労な, 思つた, 思つてを, 思はないから, 思はない只, 思はなん, 思はんの, 思ひませんわ, 思ひも, 怪しからん親父, 恨の, 暖氣の, 更に失敬, 氣が, 無しに, 甚だ不都合, 申しても, 異なるの, 異り, 目には, 考へられない, 言へ, 言語道断な, 限らぬ, 限りません, 限るまいが, 馬鹿だ

▼ ふと~ (57, 0.4%)

16 を止め 12 を止めた 4 をとめ, をとめた 3 を止める 2 のくたびれ

1 [16件] の上, の下, の伸, の先, の方, をかえ, をすくめ, をと, をとどめ, をもどし, を休めた, を佇ませ, を引き返し, を曳い, を留め, を踏まれた

▼ ふと~ (56, 0.4%)

3 云ふ 2 合は, 言ふ

1 [49件] いひますが, いふ所謂延言の, いふ点だけから, いふ語の, おすふと, これ実に, そこから, その限界, それほどの, そんな話, なすつた物, なんとか, なんとか名, 不意に, 亭主を, 何とかいふ, 何とかそんな, 俺を, 凡そ是, 半, 合はんとか, 国家の, 家を, 工夫も, 巴里の, 幾分かの, 悔い悛める, 或は僻遠, 掘出し物の, 映画的手法を, 書物を, 格闘する, 欠伸は, 油絵の, 無料で, 聞手の, 自ら孤独の, 舞台を, 虚勢を, 蜂谷の, 親戚の, 言つてらした, 言つて手弄みを, 調子が, 變な, 貰は, 踊つても, 逢は, 道路を

▼ ふとそこ~ (50, 0.3%)

3 にあった 2 に落ち

1 [45件] から半町, が京都, にあつ, につながれ, にのせられ, には臭, に不幸, に並ん, に吊り下げ, に大きい, に小泉君, に岩, に帝大, に廂髪, に影, に思い至っ, に思ひ及んだ, に拡げ, に挟ん, に横笛, に気, に立ち止る, に立っ, に足, のたたき, のデスク, の姿見, の番小屋, へせかせか, へその, へまよいこんだ, へ山賊, へ思いあたりました, へ来, へ来る, へ気がつい, へ置い, へ自分, へ行っ, へ訪ね, へ語る, へ蹴飛ばされ, を潜っ, を見上げた, を青い

▼ ふと~ (49, 0.3%)

4 の顔 2 は忙し, を見た

1 [41件] が同じ, が嶮, が懐胎, が素足, で居, に会いとうなる, に曾つて, のこと, のやう, のよう, の口許, の叫ぶ, の吐息, の姿, の座敷, の手, の方, の樣, の泣き, の眼, の膝, の雑誌, は, はがつくりした, はすぐ, はたいがい, は何人, は喜んだ, は寝床, は微か, は怒る, は拳, は満足, は目, は直ぐ, は笑ひだ, は自分, は誰, は足, めいたなつかし, を感じ

▼ ふと思い出し~ (49, 0.3%)

6 ていた 52 たりし, て云った, て言った

1 [32件] あれの, あんなに見え, いくら考え, てああ, てかきます, てこの, てこれから, てさては, てそれ, てたがい, ては惨め, ても再び, てトルストイ, てムビウム, て中途, て二階, て何年, て何心, て僕, て別, て声, て更に, て胸, て腰, て見る, て訪ね, て身廻り, て返礼かたがた松葉, て風炉, でもした, 奇妙に, 心にくい

▼ ふと~ (49, 0.3%)

7 に浮んだ 2 に浮かんだ, に浮ぶ, に浮べた, の中, はひらけぬ, はふた

1 [30件] がつまる, がどきどき, がめきめき, が一杯, が騒いだ, にきた, にこたえた, によび起した, によみ, に何, に思い出した, に浮かびし, に浮かぶ, に浮ばぬ, に熱い, に眼, のいたみ, のどこ, の所, の苦しく, をさいなまれた, をしめつける, をつかれた, をつまらした, をつまらせ, を引き締め, を掠めた, を衝かれる, を躍らせ, 打たれ宇治

▼ ふとあの~ (48, 0.3%)

3 人の 2 朝の, 紙片が

1 [41件] ズッシリと, モデルを, 中に, 二人が, 五年生の, 人が, 僕を, 勝気そう, 可憐な, 合唱の, 変な, 外套の, 大通りの, 女が, 女には, 女は, 子が, 孟宗竹の, 容色だ, 広告マッチの, 建物の, 微笑が, 時, 時おかあさんに, 時は, 晩二度迄, 晩持つ, 暗室の, 有名な, 洞窟めいた, 無数の, 猫が, 獣の, 男が, 男の, 白樺に, 眼つきを, 砂利詰の, 祈祷室の, 若い将校, 鉛筆が

▼ ふと~ (44, 0.3%)

8 なこと 5 な事 4 な気 2 なもの, な音, な顔

1 [21件] だが, だな, なところ, な形容, な心持, な感, な感じ, な懐しみ, な気持, な気配, な空想, な考, な考え, な迷信的, にもの寂しい, に変る, に思いはじめた, に思つた事, に気, に迷ぐらかされたのを, に醒めた

▼ ふと~ (44, 0.3%)

5 を休め 2 にした, を止め

1 [35件] から滑っ, など握れ, にさ, にせる, にとって見る, にとつたの, にとられ, にふれた, にビラ, に入れた, に力, に取った, の着けられぬ, の葉巻, の鑿, をさし伸べ, をとめ, をのべ, をひっこめ, をやっ, をやめ, をやめた, を上げ, を伸す, を伸ばし, を停める, を入れる, を引っこめ, を掛け, を掲げ, を滑らせ, を着け, を見た, を頸, 離すの

▼ ふと~ (42, 0.3%)

10 がつい 9 がつく 4 がついた 3 付くと 2 が付い, が付く, が附いた, づいて 1 が付いた, が散らね, が變つて, が輕, が附く, づいたやう, 安いやう, 附くと

▼ ふと~ (41, 0.3%)

4 ういふ 3 うでも 2 うして, うすると, うでは, う云, う思, や神苑, よ, よ七十路あまり

1 [18件] ういつた, うする, うだおれ, うでなかつたら嘘, うばかり, うも, うも疑つて, う呟きながら, う想, う想つて憮然, が一センチ, しぬ君, といったら, はましろなる, はまつ, は人間, へ云つて, ほ媛

▼ ふと見れ~ (41, 0.3%)

3

1 [38件] ばすずし, ばま, ばまだ, ばわかい, ば三日月, ば乗合自動車, ば乱れた, ば京橋, ば人気, ば何ら, ば堤, ば墓場, ば大, ば床, ば早く, ば曹操, ば枯蘆, ば桃花, ば桟橋, ば汀, ば汚れきった, ば渠, ば片側, ば目, ば窓, ば立派, ば義経, ば膝元, ば若い, ば荷馬車, ば虹幣, ば足, ば鉄砲, ば鍋, ば鏡, ば飾窓, ば魏, ば黒百合谷

▼ ふとする~ (37, 0.2%)

3 とその 2

1 [32件] か, が矢張, ことで, この手, とこんな, とそっくり, とまあ, と下, と不動尊, と先刻遁, と家, と寒天, と心, と思い出される, と極めて, と湯女, と石滝, と禽, と言葉, と餘程, ので, のは, はづはありませんでした, は非, も梁代, やうな, やうに, 彼等の, 意志が, 所謂, 者は, 陰謀や

▼ ふと~ (37, 0.2%)

3 自分が 2 でもいや, のよう

1 [30件] いった言葉, から二十五六年, では幾分, では彌生, では泥坊, でもある, の, の世にも, の先, の自分, の関係, まで度々, まで歩い, まで気が付かなかった, まで氣, まで私, まで笑っ, も, も我々, も踏み応える, 思いついた変え字, 朝家を, 直ぐ逃げなけれ, 自分の, 自分は, 菊世が, 迄に覚えな, 迄気づき, 迄笑つて, 迄辛抱

▼ ふともう~ (31, 0.2%)

2 一つの, 大ぶ

1 [27件] うちの, お疑い, これで, ぜすす, その目の玉, それだけでも, 一月も, 一遍あたりを, 他の, 勝には, 可なり, 圧迫され, 夜の, 婚期に, 家には, 小暗くな, 忘れはてたつもり, 打つ駒, 私達は, 立ち上が, 純造, 西の, 見違, 誰の, 足もとから, 遅いから, 駄目だ

▼ ふと~ (31, 0.2%)

3 ること, る事

1 [25件] るもの, る人, る冷たい, る危惧, る地点, る夕方中坂上, る女, る小さい, る年悪性, る幸福, る店, る日, る日田, る時, る時恒雄, る異常, る賑やか, る門, 事を, 小事件, 晩庫裏の, 晩彼は, 朝, 考が, 雑誌から

▼ ふとそう~ (30, 0.2%)

5 思うと 4 思った 2 思ったの, 言って

1 [17件] とも決め切っ, 云う問題, 云って, 呟いた時, 呟くよう, 思いました, 思う, 思うの, 思う聯想, 思ったその, 思っただけ, 思った途端, 感じたが, 考えた, 考えると, 考え血糊, 訊ねて

▼ ふと向う~ (30, 0.2%)

5 を見る 2 から何, の一族, の方

1 [19件] からやってくる, からやつ, から若い, から話しかけ, では胸, でも, に小さな, に見える, の山, の席, の立て看板, の街道, へ遁げ, むきに, をみる, を眺めた, を見, を見た, 臑に

▼ ふと~ (30, 0.2%)

5 止って 4 止った 3 上って 2 停って, 止ると

1 [14件] 上ったおせん, 上ると, 停った, 停ったしばらく, 停つた, 停つて, 停りて, 停ると, 停るとき, 停ツ, 止ったん, 止まった, 止まって, 止り右手花売

▼ ふとこれ~ (29, 0.2%)

1 [29件] が大, が新しい, が昨日, だけの金, で妹, で気, なる妻女, に似た, に心, はさう, はどこ, はひとつあなた, はゲテ中, は中, は大阪, は実に, は昨夜, は架空, は死水, は相当, は自分, は良く, またその, までは見なかった, まで気, も空き腹, を伝え, を知らむこ, 御同役

▼ ふとほり~ (29, 0.2%)

3 昔びとの 2 にし, にする

1 [22件] この三つ, これは, さっし, それを, だよ, にいまさら, にその, になつて, になる, に山, に彼女, に蝸牛, のポーズ, をほとんど, 一口に, 伊庭へ, 周一には, 大衆文学も, 彼の, 所詮が, 長生きの, 関西方面での

▼ ふと~ (29, 0.2%)

6 に返った 4 に返る 3 にかえる, れに 2 にかえった, に返っ 1 にかえって, にかへり, にかへる, に返つ, に返りました, に還つた, は偲びき, れにか, れ知らずそれ

▼ ふと思ふ~ (28, 0.2%)

3 ことが 2 かな, のは, 心を

1 [19件] か, かかる夕日, かね, ことです, ことも, こと天を, てそれ, ても又, と, とこんな, と下町娘, なかれ, にこの, のだ, ので併せ, わ, んです, 大鼓, 法身仏と

▼ ふと~ (26, 0.2%)

4 の方 3 を見る 2 に立っ

1 [17件] からその, にある, に申しました, に白い, に見た, の事, の壁, の席, の晩, の榛, の腰掛, の腹式呼吸, の道, の頁, を歩い, を見渡す, 刻の

▼ ふと~ (25, 0.2%)

3 を上げ 2 をかしげた, を上げた, を擡げ

1 [16件] かしげて, をあげ, をかしげ, をすくめた, をふつ, をめぐらした, をもたげた, をチョン, を上げる, を傾, を傾げる, を向け変え, を囘, を持上げ, を振っ, を擧

▼ ふとわたし~ (24, 0.2%)

2 のなか, の胸

1 [20件] がふた, のおさえ, の気, の目, の躯, はあまり, はこわく, はすみきった, はぞくぞく, はよく, はマチア, はレール, は明かり, は気, は無意識, は白い, は裏山, は言った, も一, や癪

▼ ふと~ (24, 0.2%)

2 は途中

1 [22件] から, から右, から少佐, から荷, から誰, が困るだらう, が怖い, との容, にひそや, に人, に意見, に残し, の方, はもう, をつけ, をふり返つた, をも見ず, を振, を振り向きます, を振向いた, を振返っ, を見る

▼ ふと~ (24, 0.2%)

3 が無慈悲 2 が若い, の顔, は

1 [15件] があゝ, がいとしく, が立った, が非常, と母, に就, のこと, の呂布, の植えた, の眼, の許, の骨, は無理, を想, を眺め

▼ ふとこう~ (23, 0.1%)

2 思ったので, 訊ねた

1 [19件] もしよう, 乱暴に, 云う事, 云う声, 云って, 口に, 吟じた, 呟くよう, 問いつめたくなったが, 思い立つ前, 思った彼, 思って, 独語した, 疑った, 疑ったとき, 考えると, 言った, 言われた途端, 訊ね返した

▼ ふとすぐ~ (23, 0.1%)

1 [23件] その場, その製品, その足, それに, にお, にこの, にさよなら, に大, に現代, 一人が, 一人の, 側に, 側の, 傍の, 前の, 勇治と, 同性愛の, 待ち合し, 書籍を, 格闘を, 眠つた, 聲を, 食ひ付い

▼ ふとすれ~ (23, 0.1%)

3 ば, ば奇蹟談 2 ど名物, ばその

1 [13件] どみな, ば先づ疵物, ば全然, ば却つて筆路, ば常に, ば思迫め, ば恐らく, ば文学, ば死, ば真実, ば種, ば自分, ば舞ッ

▼ ふと~ (23, 0.1%)

5 を見る 2 ふかく燃, を向い

1 [14件] がかつ, で鳴る, に着, のピヤノ, の下駄, の容子, の廊下, の往来, の方, の水面, を向く, を見た, を見下す, を覗いた

▼ ふと~ (22, 0.1%)

5 を見る

1 [17件] に並ん, に控えたる, に泥, に眼, に紫色, のお, の土門, の女, の新聞, の松原, の注射液, の白い, の真紀子, の薔薇, を向い, を漂つて, を見ます

▼ ふと~ (22, 0.1%)

4 がしだした 3 を落し 2 がする, をひそめ

1 [11件] がかすれ, に覚え, をのん, をひっこめ, を低め, を出し, を含む, を弾ませる, を曇らしかけた, を落す, 大いにあがる

▼ ふと~ (22, 0.1%)

2 もが一度

1 [20件] かが立, かが自分, かが落したらしい, かにこう, かの声, かの話, かを埋葬, か階段, しも対句, でも吃驚, にでもその, もあんまり, もがきまつ, も僕, も呶鳴り, も慌て, やらが近付い, やら下, やら自分, れかに金

▼ ふとわれ~ (21, 0.1%)

5 に返る 3 にかえった 2 にかへる, に返った 1 ききぬ, にかえる, にかへつて, に帰, に帰り, に返っ, の手, は涙ぐみぬ, は聴衆

▼ ふと一人~ (21, 0.1%)

2 の青年

1 [19件] が不安そう, が叫び声, が嘆声, ごく小さい, の兒, の友人, の友達, の女, の婦人, の少女, の巡査, の男, の老人, の者, の職人, の英國, は笑, もありませぬ, 見着けると

▼ ふと~ (21, 0.1%)

2 の気配

1 [19件] がいつた, が変った, なき庭園, に依りかかる, に笑, の問, の噂, の声, の好い, の気, の気勢, の気合, の泣聲, の足音, はまた, は傳, をし, を御召, 知れないほくそ笑みが

▼ ふと~ (21, 0.1%)

1 [21件] さうで, さっきの, でかけ再三, ひよろ, 一層酷い, 乳房に, 例の, 全くそれ, 出來心, 名前の, 娘が, 思い出したの, 思ひ出したの, 暗い気持, 歩を, 気が, 王子の, 肩の, 過労の, 頻に, 飛び出して

▼ ふと同時に~ (21, 0.1%)

1 [21件] これまで, その美しき, ふつと, ゾラの, ダニーロは, 優しい恋人, 土間に, 大和地方の, 孤独と, 彼は, 彼も, 彼女の, 心の, 早く大きくな, 曾て, 次の, 私も, 立ち上つた, 脚もとの, 見物に, 読むの

▼ ふと思う~ (21, 0.1%)

5 ことが 2 のである, のは

1 [12件] ことあり, てゐた, とまだ, ともう, と一瞬胸, と争われず, と前段, と急, につけ通貨, のだ, のだった, ようあの

▼ ふと気づく~ (21, 0.1%)

1 [21件] と, といつの間にか, とさして, とすらり, とそこ, とその, ともう, と中腹, と女, と学校, と彼, と村, と武蔵, と玄関, と目, と縞萱, と菌, と越前, と雨, と雲, 度毎に

▼ ふと~ (21, 0.1%)

7 の外 2 を見る

1 [12件] から外, があいた, に眼, のすぐ, のそ, のそば, のカーテン, の下, の中, の方, をのぞく, を開け

▼ ふと~ (20, 0.1%)

9 つた 4 つたが 2 つたこと 1 つたよ, つたらあつし, つたり, 出すこと, 出すの

▼ ふと気づい~ (20, 0.1%)

2 て, て見る

1 [16件] てみる, て囁いた, て地上, て夏侯, て彼女, て指折り, て掌, て探, て時計, て書く, て清子, て眼, て窓, て聞き, て自分, て驚いた

▼ ふとなく~ (19, 0.1%)

1 [19件] かういふ話題, その鶉, 一般に, 人夫が, 口を, 大きな声, 大奧, 学校へ, 彼女を, 思ひわすれき, 思ひ付かれたこと, 戀塚, 散会する, 村の, 楯氏を, 涙は, 聯想した, 買出電車と, 鼬小僧といふ

▼ ふと共に~ (19, 0.1%)

4 考への

1 [15件] かりもがり, この子供, なるこ神, また浮世絵画面, フエデリゴも, 佐佐木君の, 彼は, 憎み合, 服も, 来るべき新, 河をも, 濡れた顔, 獲物をば, 産湯の, 群集は

▼ ふと思ひ~ (19, 0.1%)

1 [19件] かく命名, がけない, がけない嬉しい, たち, たり, ついては筆, なほし, の前後, ツ切りギユツと, 付いた事が, 付きたる如く, 出しも, 出づ, 出でたれ, 初むるはじめいと, 申候, 當つた, 當つた時には, 當る

▼ ふと~ (19, 0.1%)

2 の頬

1 [17件] が胸, にも幾らか, のいい, のこと, の今, の労力, の境涯, の床, の物慾, の胸, の親, の顔, はさつ, は病みつき, は等しい, もなく, や父

▼ ふと気づいた~ (19, 0.1%)

4 ように 2 のは, 時には, 様に 1 からだった, からでもあった, という秋, ときは, のであった, やうに, 儘を, 顔で, 風で

▼ ふと~ (19, 0.1%)

3 をひそめ 2 をくもらせた, をひそめた, を曇らせた 1 の上, の辺, をあげる, をくもらせる, をしかめる, を寄せ, を翳らせ, を開いた, を顰めた, を顰める

▼ ふと~ (18, 0.1%)

6 てゐる

1 [12件] て, ている, てきた, てく, てそういう, てそこら, て思いたっ, て我, て浴客, て眺, て眼, ふとめ

▼ ふと~ (18, 0.1%)

1 [18件] いそがしう食べ, いともかしこき, おのれにも, せめら, 人人は, 出入する, 安壽姫, 彼方で, 御心, 懸命に, 氣まぐれな, 火を, 立ち上りて, 箕を, 紅つけ, 細太刀の, 跡を, 踏んで

▼ ふとみる~ (18, 0.1%)

2 と, と私

1 [14件] といつのまに, とお, とじ, とそこ, とその, とそれ, とむこう, と一軒, と夜番, と庭, と思いがけない, と捨てかけ, と春, と本堂

▼ ふと一つ~ (18, 0.1%)

2 の妙案

1 [16件] には抱月氏, のこと, の作品, の姿, の山, の智恵, の燈, の生き物, の真紅, の石塊, の線, の考, の考え, の観念, の記憶, の話

▼ ふと不安~ (18, 0.1%)

2 になった, を感じ, を感じた

1 [12件] だつた, な予感, な心地, な気分, な疑念, になっ, になつ, に襲われる, の嵐, の影, の思い, を感じる

▼ ふと~ (18, 0.1%)

1 [18件] ちやんが, ていは, なる岩, はしやぎで, へんよろしい, 伍の, 廊下を, 日本軍艦三笠といふ, 机の, 海人は, 牛よい, 理牙, 變な, 變經濟上の, 違ひで邸の, 都会の, 體小學校の, 體此の

▼ ふと思ひ出した~ (18, 0.1%)

12 やうに 1 ことあ, のだ, やうな, 一書が, 事が, 樣に

▼ ふと~ (18, 0.1%)

2 に彼

1 [16件] にうつろう, にがつかりし, にここ, にだらし, にどなる, に千鶴子, に堪え難く, に心, に怕, に思い出したらしく, に涙, に片手, に立ち, に胸, に語気, に遥か

▼ ふと考え~ (18, 0.1%)

3 てみる 2 たりした, ている, てみれ 1 お通, て, ていた, てさっき太郎, てみた, て女, て彼, て慄然, て見た

▼ ふとつて~ (17, 0.1%)

3 ゐた 2 ゐて

1 [12件] うれるハスイモ, たわね, ゐたから, ゐた先生, ゐるかが, ゐるなんて, ゐるの, ゐるので, 居られた, 居る, 生きかへ, 重たいの

▼ ふと思った~ (17, 0.1%)

2 がそれ, のです

1 [13件] から門, がしかし, がどちら, がキリーリン, が斬られた, が武蔵, くらい愚か, ことは, のが, のである, ので嬉しく, のも, ほど

▼ ふと~ (17, 0.1%)

9 の上 2 から頭 1 から眼, に俯向, に向, に向き直っ, の中, の抽斗

▼ ふと~ (17, 0.1%)

3 を向く, を見, を見る 1 の座, の方, をながめる, をふり向いた, をみる, をむく, を見た, を見れ

▼ ふと直ぐ~ (17, 0.1%)

1 [17件] お小言, その日, にこの, にむか, にも處分, に仕事, に喧嘩越, に常人, に廢め, に田原, ソンナラ拝借と, 元老が, 判りさ, 床の間に, 意地に, 表から, 見晴しの

▼ ふと~ (16, 0.1%)

2 事なり

1 [14件] けしきや, こと, そりと, はづみにくづれけるかも, 事私しも, 区別を, 報あり, 意で, 意である, 方に, 由だつた, 相違のみ, 相違を, 音にも

▼ ふと~ (16, 0.1%)

1 [16件] がまた, が見る, ならもっと, にも解らない, に泣い, の体, の見てる, はお, はこの世, はたつた, はどうも, はなん, は一体, は三蔵法師, は悪い, は違う

▼ ふと~ (16, 0.1%)

2 からさめた, ではない, の中, を見ました 1 から覚めた, がと切れ, に物, のこと, のやう, のよう, を破られました, を見

▼ ふと~ (16, 0.1%)

2 が出, が滲ん

1 [12件] がこぼれかけた, が流れ, が溢れ, にうるみかけた, に濡れ, の隣, ばかり流す, をうるませ, をこぼし, を催した, を溜めた, 零し候

▼ ふと~ (16, 0.1%)

2 ていた, てし, てしまった, て茫然 1 かえって女中部屋, たり, ている, てください, てもよし, て棄てる, て病人, て自分

▼ ふと言葉~ (16, 0.1%)

3 が途切れ

1 [13件] がとぎれた, が途切れる, に詰, をかけた, をかけない, をきった, をきらし, をさし挟んだ, をとめ, を切っ, を切った, を切つて, を途

▼ ふといつも~ (15, 0.1%)

2 のこと

1 [13件] そんな事, の福浦岬, もどかしいだけ, よいこと, 一匹の, 姐御, 定つたやう, 庭に, 朝倉先生が, 生殖器の, 眼の, 眼鏡いれ, 鋩の

▼ ふと~ (15, 0.1%)

1 [15件] から大きな, から洞穴, には思ひ, には若い, の一人, は暗, へ鑛毒水, をのぞい, をのぞく, を見た, を見ます, 六の, 年男の, 房の, 窓を

▼ ふと二人~ (15, 0.1%)

2 の眼, の関係

1 [11件] かなしさ, が自分, とも心持, とも紅葉山人, のドイツ人, の海女, の顔, は仲違, は何でも, は校長, は頬

▼ ふと~ (15, 0.1%)

5 が白 2 でも好い, れは 1 かね合, がお, ほど新進作家, れには, を以て炉, を読み聞かせ

▼ ふと同じ~ (14, 0.1%)

1 [14件] ことで, といひぬ, やうに, 事なり, 二階に, 官である, 性質の, 意味においては, 状なり, 目を, 筵に, 義と, 處に, 衾に

▼ ふと大きな~ (14, 0.1%)

2 身の丈の

1 [12件] あくびを, 丸い岩, 八重齒が, 声を, 杉の, 松の, 樹の, 牛の, 疑問が, 疑惑が, 落し穴の, 雄鹿が

▼ ふと~ (14, 0.1%)

2 の方

1 [12件] がそう, に同情, のあの, の事, の墓, の小, の手紙, の死, は僕, は厭, は指, は笑つたまま急

▼ ふと~ (14, 0.1%)

3 を仰ぐ 2 を仰い, を見る, を見上げた 1 が見たくなりました, に苦熱, を仰いだ, を見, を見あげました

▼ ふとここ~ (13, 0.1%)

1 [13件] から出た, で, でかの, で出会った, で泊まりたくなった, に坐っ, に心付いたらしく, は支那人街, へはもっと, へはもつ, へ参っ, へ顕れた, まで来

▼ ふとどこ~ (13, 0.1%)

1 [13件] かでかすか, かでミリッ, かで一度, かで自分, かに在り得る, かのカーテン, かの演壇, からかそれだけ, からともなく, か沈んだ, ともなく, にもお, へ行っ

▼ ふと~ (13, 0.1%)

3 な気 1 つたの, なこと, なもの, な心地, な気もち, な気持, な顔, に君, に思い出した, に気どられまい

▼ ふと~ (13, 0.1%)

3 れの 1 が川, が心, が気絶, が生き, と机, のむこう, の前, の居間, れが, を顧み

▼ ふと見た~ (13, 0.1%)

1 [13件] がこれ, ことが, つていふ, ところは, のである, ので周章て, ものに, んである, ヨルダンの, 夢に, 老女に, 自轉車, 銀子の

▼ ふと~ (13, 0.1%)

4 をやめ 1 がとぎれた, がフランス人, が出来あがっ, が旅行, にやなんねえ, のとぎれ, のはし, の序, はいくらでも

▼ ふとお前~ (12, 0.1%)

2 の姉, はいまここ 1 が忘れ, が死ん, の命, の姿, の幾つ, はすぐ, は何, 其の生々しい

▼ ふとかの~ (12, 0.1%)

3 女は 1 ふは, ウルガン伴天連の, 十坪に, 地袋の, 女と, 女はが, 水仙の, 観世物小屋の, 陶器師の

▼ ふと二階~ (12, 0.1%)

2 へ上り 1 に物音, のボックス, の中央, の呻, の声, の書斎, の梯子, へあ, へ登り, を覗く

▼ ふと~ (12, 0.1%)

2 を見る 1 についた, に寺用, に掛った, に見える, の上, の中, の方, の釘, の額, へ眼

▼ ふと~ (12, 0.1%)

4 へ出 1 からやつ, に飛び出したく, の人の, の庭, の方, の闇, へ用, を見る

▼ ふと~ (12, 0.1%)

3 の方 1 に出, に眼, の一ぐうの物干場, の中, の暗い, の片隅, の隅々, へ出, へ走り出た

▼ ふと忘れ~ (12, 0.1%)

3 ていた, ている 1 ていました, てしまう, てしまっ, てしまった, てどうしても, て濁世

▼ ふと思いだした~ (12, 0.1%)

5 ように 2 のは 1 ことが, のが, のだった, ので, ような

▼ ふと思ひつい~ (12, 0.1%)

1 [12件] て, てかなり, てこんな, てやめました, て台所, て夫, て女学校, て戰地, て新橋演舞場, て書く, て重, て金貸業

▼ ふと振り向く~ (12, 0.1%)

1 [12件] と, とじっと, とジャンパー, と京吉, と何と, と先生, と君枝, と園井, と彼女, と東山, と秀吉, と鶴雄

▼ ふと~ (12, 0.1%)

4 れは 1 から先, が徳川氏, は支那, は石, は詩, も亦, 真翁, 迄一千万円

▼ ふと~ (12, 0.1%)

2 の假名, の拳銃, の頃 1 の声, の藤川爲親, の野, の馬上, は恐らく, 若い二人

▼ ふと~ (12, 0.1%)

3 を起し 1 にしむ, につまされ, のま, の辺り, ぶるひて, をすりよせ, を起こしかけ, を起こした, を轉

▼ ふと~ (12, 0.1%)

3 の先 1 がいつ, が見え, で笑った, についた, のうえ, の横, の高い, をうった, を撲つ

▼ ふと~ (11, 0.1%)

3 たまの 1 からかに, つては, つといふ間, とかえり, ははと馬, へて, われだった, ツは

▼ ふとあたり~ (11, 0.1%)

2 を見れ 1 が暗く, の景色, の沈黙, は車, をながめ, を見ます, を見まわす, を見廻した, を見渡し

▼ ふとあれ~ (11, 0.1%)

2 を讃め 1 から久しく, だけの患者, ではあるまい, でまだ, はその, は元来, は本当は, は狂人, を母

▼ ふと~ (11, 0.1%)

1 [11件] あたしの, ほかに, もう少しで, 今まで, 何だかあたし, 君ん, 夢の, 姉さんなんか, 快く宿, 怒つちや, 阿母

▼ ふと不審~ (11, 0.1%)

1 [11件] な一軍, な物音, な顔, に思い出した, に感じ出し, の念, の湧いた, をわかしました, を立て, を覚え, を起こし

▼ ふと何だか~ (11, 0.1%)

1 [11件] ひどくお, わからないが, 不思議な, 世の中を, 人生とか, 変に, 心配に, 楽しみである, 知らぬが, 胸が, 露骨で

▼ ふと其の~ (11, 0.1%)

1 [11件] ことが, 夏頃から, 女の, 手を, 時の, 次の, 犯人としては, 男を, 色彩が, 視線が, 音に

▼ ふと子供~ (11, 0.1%)

2 の時分 1 ながら考へた, のとき, の一人, の命, の寂しげ, の時, の頃, は走, らしい探偵心

▼ ふと少年~ (11, 0.1%)

3 の日 2 は妙 1 の左, の方, の遠い遠い, はそれ, は元, は待つ

▼ ふと思っ~ (11, 0.1%)

2 てみ, てみた 1 たりする, て, てしまった, てそのまま, て居ります, て泣き, て覚えず

▼ ふと~ (11, 0.1%)

2 に慴, に驚い 1 に取り隠され, に魂, のうごめく, の懷, の摺れる, 思ひに, 足らないもの

▼ ふと考えた~ (11, 0.1%)

2 んです 1 が訊いたら叱られるであろう, ことが, のが, のだ, のである, のは, ものであった, んだ, 事だ

▼ ふと見え~ (11, 0.1%)

2 たりき, て平たい 1 たり, ていま, てなか, てピシヤリ, て僅か, て永久, て見上げる

▼ ふと見かえる~ (11, 0.1%)

1 [11件] といつの間に, とその, とどこ, と今, と住職, と先, と入口, と堤, と家, と折れ曲った, と露路

▼ ふと~ (11, 0.1%)

2 の曲り角 1 が開けた, で出会った, で往きあった, で會, のそば, の片側, も暗い, をよけて佇ん, を間違え

▼ ふと~ (11, 0.1%)

1 [11件] にうつった, に向かった, に寫し, のおも, の前, の表, の裡, の面, をのぞい, を見, を見る

▼ ふと~ (11, 0.1%)

2 も天下 1 また其の, も兎, も學, も当時彼, も異, も當時彼, も禽獣, も而, も遂に

▼ ふといい~ (10, 0.1%)

5 ことを 2 事を 1 こと思いつい, わ, 心持に

▼ ふと~ (10, 0.1%)

1 おどけた調子, が多い, さ, だは, でプッ, で急, は永久, は洋服, やな, をは彼

▼ ふとこちら~ (10, 0.1%)

1 と同じ, にやって来た, にやつ, の気持, の陣営, へやって来る, へ避暑, を向い, を向きました, を見る

▼ ふと~ (10, 0.1%)

3 を仰ぐ 2 の方 1 から大声, を見たら, を見る, を見上げる, を見廻す

▼ ふと何事~ (10, 0.1%)

1 かに気づい, かを思い出したらしく, かを考え付いた, か思い出した, か気, か胸, が起った, も無, をか思いついた, をか思ひ

▼ ふと何処~ (10, 0.1%)

3 からともなく 1 かから優しい, かでそんな, かで見た, かへ立ち去っ, かへ立っ, からかかすか, からともなく起こる

▼ ふと~ (10, 0.1%)

1 のところ, の一寸法師, の侠客, の川上機関大尉, の旅館, の煙草屋, の變, の赤革, の針, の青年

▼ ふと傍ら~ (10, 0.1%)

1 にある, に一青年, に人気, の九兵衛, の伴, の壁, の旗本たち, の渓流, の茶釜, を見る

▼ ふと好奇心~ (10, 0.1%)

1 が湧い, が湧いた, で知りたくなりました, にかられ, に駆られ, をそそられ, をそそられた, をもっ, をもつ, を覚え

▼ ふと~ (10, 0.1%)

1 がその, と徳之助, に惚れる, の甄氏, の眼, の部屋鍵, は立ち止まった, をひつ, を引き寄せ, を見る

▼ ふと後ろ~ (10, 0.1%)

1 から抱きつかれた, に見えない, の床, の方, をふり, をふりかえっ, をふり向い, を振り, を振向い, を見る

▼ ふと思い付いた~ (10, 0.1%)

3 のが 2 ことが 1 のは, ような, 名である, 唖の, 考に

▼ ふと思ひついた~ (10, 0.1%)

4 のは 3 やうに 1 ことが, ことは, 様でした

▼ ふと思出~ (10, 0.1%)

2 した次第 1 したの, したやう, したよう, したれば, した旧作, した様, して, でて

▼ ふと振り~ (10, 0.1%)

2 かへつて, かへる 1 かへって見ます, かへつた, むいて, 顧った, 顧って, 顧る

▼ ふと日本~ (10, 0.1%)

1 から遠く, が嘉永六年亞米利加, では支那, にさう, の今日, の古代, の小説, の東北, の農業, へ帰れ

▼ ふと~ (10, 0.1%)

1 が目, なつかしい涙, のこと, の假名, の友達, の型物, の夕顔, の小学校時代, の教室, を思いだす

▼ ふと母親~ (10, 0.1%)

5 のこと 1 に確かめ, のそば, の方, の顔, を想った

▼ ふと~ (10, 0.1%)

4 を熱く 1 が熱く, にまばゆ, に指, に描いた, に泛べたの, を赤らめた

▼ ふと立ちどまっ~ (10, 0.1%)

1 てその, てふり向きます, てむこう, てよく, て振り向いた, て泣きだした, て眺め, て耳, て長靴, て首

▼ ふと考へ~ (10, 0.1%)

1 てみ, てみた, てみりゃ, てゐる, て來, て将軍家, て恐ろし, て慄然, て面白, なほし

▼ ふと見上げる~ (10, 0.1%)

1 とその, とひっそり, と上, と二階, と円い, と時計, と正面, と生茂った, と裏, と額

▼ ふと~ (10, 0.1%)

2 を上げ, を上げた 1 の怒気, をあげ, を倒, を向け, を見合せる, を隠したくなる

▼ ふとうしろ~ (9, 0.1%)

1 で人, のほう, の窓, をふりかえっ, をふりむきました, を振りかえる, を振り向く, を見ます, を見る

▼ ふと~ (9, 0.1%)

1 せり, なかま, も神, よそさんの, 何か, 彼の, 彼や, 此の, 結構です

▼ ふとまだ~ (9, 0.1%)

2 他に, 何か 1 たつぷり三刻, ゐらしつたん, 來て, 眼の, 自分が

▼ ふとわたくし~ (9, 0.1%)

1 が三味線, の心, の想像, の耳, の耳許, はあのお, はさっき文吉, は女乞食諸共, を見つけ

▼ ふと~ (9, 0.1%)

1 がけに, ていらした, ておいで, てその, て来た, て馴れ, でありく, でたち, 逢つたのは

▼ ふと~ (9, 0.1%)

1 が帶廣, にもお, に叱られ, に對, の方, は笑ふか, は蛮カラ也, を一日, 泣くや

▼ ふと~ (9, 0.1%)

1 が生き, の山田, の机, の横顔, の死, の眼, の顏, は出, は自分

▼ ふと~ (9, 0.1%)

2 六の 1 き寺, ねずみが, 六が, 意氣な, 流れに, 蝦か, 親の

▼ ふと廊下~ (9, 0.1%)

1 ですれ違っ, で彼, に人, の一隅, の壁, の足音, へでる, へ出る, を見る

▼ ふと彼等~ (9, 0.1%)

2 の心 1 との永遠, の晩食, の胸, はこの, はそれで, は惶, も人間

▼ ふと思い付い~ (9, 0.1%)

1 てそう, てそっと, てその, てイヤリング, て二人, て昔, て最も, て目, て相生町一丁目

▼ ふと思ひ出し~ (9, 0.1%)

2 てひとりでに 1 その時医者, て, てからは屡, て半分殘つて, て少し, て私, て訊ねた

▼ ふと気付い~ (9, 0.1%)

1 て, てさすが, てし, てみる, てピカ一, て手, て氷, て眺める, て見る

▼ ふと矢代~ (9, 0.1%)

2 は思い出した 1 には先祖, に感じさせた, はここ, はそう, は思い出し, は田村, も躊躇

▼ ふと葉子~ (9, 0.1%)

1 には思い出された, の笑い顔, の話, の頭, はただ, はもう一度, は幻想, は擽, は目の下

▼ ふと遠い~ (9, 0.1%)

2 松林の 1 どこかを, やうで, 思い出に, 想いの, 眺めである, 空から, 記憶を

▼ ふとどう~ (8, 0.1%)

2 したはずみ, にもならぬ 1 したこと, でせう, なります, にでもなれ

▼ ふとどき~ (8, 0.1%)

1 しごくの, な奴ばら, な生徒, にも妨げよう, 千万だ, 千万なり, 者めお客さまを, 者奴斬っ

▼ ふとなに~ (8, 0.1%)

1 かい, かの物音, かを思い出し, がしゃくにさわった, もまだ, も言わず, をおもしろ, を思った

▼ ふとセエラ~ (8, 0.1%)

1 が餓えた, の居所, の方, はこと, は赤い, は顔, は黒髪, を見

▼ ふと主人~ (8, 0.1%)

2 はこんな 1 が何だか, の久野將監樣, の利右衞門, の清兵衞, は驚い, を殺した

▼ ふと云つて~ (8, 0.1%)

1 あやしい語學力, ある, あるが, こぼした, わざと皆んな, ゐる, 叱られた, 居ると

▼ ふと人間~ (8, 0.1%)

1 と動物, なり動物, になる, の口笛, の威力, の子, の巷, の弱

▼ ふと今日~ (8, 0.1%)

1 の不, の栗, の神道研究, はオゴ, は十月十五日, は姉, は植木いじり, は病氣

▼ ふと~ (8, 0.1%)

1 から何, のこと, のテーブル, の人達, の妄想, の方言, の者, の面々

▼ ふと~ (8, 0.1%)

1 が待つ, ながらの胸, ながら唖然, にかえって, に帰, に帰り, に返る, れに

▼ ふと女房~ (8, 0.1%)

1 からきかされた, がやつれ果て, が又, に聞いた, の持病, は容子, は手, や子ども達

▼ ふと~ (8, 0.1%)

2 の正面 1 の一隅, の内, の向側, の左, の扉, を出

▼ ふと~ (8, 0.1%)

2 を出 1 が恋しく, に一人, に置忘れ, のこと, の参右衛門, を出でし

▼ ふと~ (8, 0.1%)

1 せんちよ, の明日, の顏, は, はと思, は自分, は話し話し, を顧み

▼ ふと振り返っ~ (8, 0.1%)

2 てみる 1 て, てじっと, てみた, てわたくし, て私, て見ました

▼ ふと振向い~ (8, 0.1%)

2 てみる 1 て, てみた, てゐる, て仏像, て子供, て山羊

▼ ふと時計~ (8, 0.1%)

3 を見る 1 のこと, のコチコチ, の針, をみ, を見た

▼ ふと暗い~ (8, 0.1%)

1 いやな, 大地を, 気が, 物置の, 眼つきを, 迷信的な, 隅が, 顔に

▼ ふと東京~ (8, 0.1%)

1 で懇意, で決意, で集金, ならば, の或, の様, の郊外, へ行こう

▼ ふと~ (8, 0.1%)

2 の誘惑 1 ということ, というよう, のにおい, の影, は終, 別れてから

▼ ふと気がついたら~ (8, 0.1%)

1 いつのまにかおなじ, わが身は, 二十年経っ, 家の, 日本人である, 机の, 猫の, 顔の

▼ ふと気付く~ (8, 0.1%)

1 ともうどうやら, と其処, と専ら, と月, と澄子, と眼, と蜜柑, のだつた

▼ ふと消え~ (8, 0.1%)

2 てゆく 1 てしまいました, てしまった, てなくなった, て幼子, て座間, て無くなった

▼ ふと相手~ (8, 0.1%)

2 に気がつい, の心 1 の名前, の女房, の見境, をうかがう

▼ ふと立っ~ (8, 0.1%)

4 て廊下 1 ちゃ独, てその, てそッ, てどこ

▼ ふと考えついた~ (8, 0.1%)

3 のは 2 のが 1 ことが, のでそれ, ように

▼ ふと見ます~ (8, 0.1%)

1 とこの大きな, とそう, とそこ, とその, と会津屋, と先年外国公使, と向こう, にそこ

▼ ふと視線~ (8, 0.1%)

1 が一瞬エメラルド色, が合, が合う, が合った, をそらし, を外らす, を窓, を落し

▼ ふと~ (8, 0.1%)

4 をあげる 1 をあげた, をす, を上げる, を赤め

▼ ふと~ (8, 0.1%)

2 にけされ 1 が静まる, にひらめく, にふれる, に舞いかける描きかけ, のたえ, の便り

▼ ふとかう~ (7, 0.0%)

1 なんださうだ, 云つてお, 云つて立ち上つた, 云ふ, 思つて彼は, 言つて帯の, 言ふ

▼ ふとかすか~ (7, 0.0%)

1 な息, な疑い, に, にすすり泣く, にでも, にひかる, に遠い

▼ ふとこういう~ (7, 0.0%)

2 気が 1 ことを, 小閑の, 少年の, 空想を, 邸宅の

▼ ふとこそ~ (7, 0.0%)

2 荒れし夕庭, 見まし黄鶲 1 うかべ銀, 萎えて, 覚ゆれ

▼ ふとさっき~ (7, 0.0%)

1 から東洋, こんな向う見ず, の人, の姉, の水たまり, の豹, までは自分

▼ ふとしたら~ (7, 0.0%)

1 お柳, この人, こよい, こんどの, 僕甥が, 義貞の, 遠くの

▼ ふとぼく~ (7, 0.0%)

1 が彼, の影, はいま夢, はその, は狂的, を苦しめた, を見つけ

▼ ふと~ (7, 0.0%)

1 かに, かに厳めしき, な, なぎいたや, まひを, われの, 思ひけむ

▼ ふと前方~ (7, 0.0%)

4 を見る 1 にまっくろ, の丘, を仰ぐ

▼ ふと叔母~ (7, 0.0%)

2 は本気 1 の視線, はセカ, は子供, は本, は満足

▼ ふと同じく~ (7, 0.0%)

1 人が, 外台を以て, 大師入唐以前に, 御神幸, 性質の, 明暗の, 足利時代に

▼ ふと向こう~ (7, 0.0%)

1 にちらりと, に晴れやか, のすみ, の森, をみる, を見た, を見やる

▼ ふと夫人~ (7, 0.0%)

21 の姿, はくすくす, は微か, は息子, は軽やか

▼ ふと必ず~ (7, 0.0%)

1 こ, どちらかの, 子を, 孰ちか先に, 手を, 歌ふ, 誰か

▼ ふと思い出され~ (7, 0.0%)

1 そしてここ, たり夢, ていた, てきた, ては漸く, て漆黒, 何となく心

▼ ふと昨夜~ (7, 0.0%)

2 の自分 1 のこと, の客, の蜘蛛, 見た夢, 読んだ本

▼ ふと此方~ (7, 0.0%)

2 の足 1 を向いた, を振向いた, を振向く, を見た, を見返り

▼ ふと気がつけ~ (7, 0.0%)

2 ば私 1 ばいつの間に, ばお仙, ばその, ば彼, ば草庵

▼ ふと~ (7, 0.0%)

3 の面 1 のほとり, の向, の水際, の畔

▼ ふと浮ん~ (7, 0.0%)

2 でくる, で來 1 ではふと, で来た, で来る

▼ ふと~ (7, 0.0%)

1 が出, が瞳, の懐中, の手, の耳, は入口, を斬りすて

▼ ふと~ (7, 0.0%)

2 一に, 二の 1 一, 一先あ, 三高等学校仏蘭西語の

▼ ふと老人~ (7, 0.0%)

1 とも子供, に話しかけた, の後手, の眼, は市場, は立ち止まった, は鶴子

▼ ふと聞いた~ (7, 0.0%)

2 話に 1 うわさでは, がなるほど, ので何, 一言に, 頃から

▼ ふと聞き耳~ (7, 0.0%)

3 を立てた 1 をたてた, をたてる, を欹て, を立てました

▼ ふと見つけ~ (7, 0.0%)

2 て寂 1 てこころみ, て仰天, て涙こ, て狛笛, て難

▼ ふと~ (7, 0.0%)

6 くなった 1 くなる

▼ ふと足もと~ (7, 0.0%)

3 を見る 1 にころがる, にやすめた, に大きい, を見ます

▼ ふと近く~ (7, 0.0%)

1 で人, に人, に何だか, に読んだ, の水音, の町, の草地

▼ ふと非常~ (7, 0.0%)

1 な不徳義, に円満, に悲しい, に悲惨, に気持, に看破力, に神經

▼ ふという~ (6, 0.0%)

1 くらいのこと, ことから, ことは, てまう, て錦, わけには

▼ ふといつ~ (6, 0.0%)

1 でもその, でもイギリス人, でも此方様, なの, にない, にも覚えた

▼ ふといへ~ (6, 0.0%)

1 どその, どもその, ども未だ, ばかしこ, ば夜, ば心

▼ ふといま~ (6, 0.0%)

1 そのこと, まで本箱, 思い出したこと, 思い出したん, 思ひ出された, 来た路

▼ ふとおも~ (6, 0.0%)

1 かげの, ひますが, ふ, ふだに, ふ如し, へり

▼ ふとつい~ (6, 0.0%)

1 この間までは, それが, てくる, 人にも, 先刻まで, 凡ての

▼ ふとまるで~ (6, 0.0%)

1 あなたの, 別の, 別人の, 挑戦され, 梨枝子の, 私が

▼ ふとやがて~ (6, 0.0%)

1 あの冷たい, その部屋, 奴の, 打上花火の, 道は, 阿母

▼ ふと一種~ (6, 0.0%)

2 の不安 1 のお転婆娘, の共鳴, の歴史思想, の酸味

▼ ふと世間~ (6, 0.0%)

3 の人 1 が大騒ぎ, で云, に言

▼ ふと今度~ (6, 0.0%)

1 の小説, の殺人事件, はもつ, はベルナアル, は乙某家, は化粧

▼ ふと何時~ (6, 0.0%)

2 でも大 1 か三人, か知らぬ, でも茶の湯, もこの

▼ ふと何気なく~ (6, 0.0%)

1 あるもの, そのとき, 巴里の, 注意し, 父の, 訊ねた

▼ ふと~ (6, 0.0%)

1 づここの, にいた, には居た, に棄てた, ほどの病院, ほどの花火

▼ ふと~ (6, 0.0%)

4 が過ぎ 1 が来, の寒

▼ ふと~ (6, 0.0%)

2 の手首 1 に浅間, の手, の肩, の話

▼ ふと右手~ (6, 0.0%)

1 の二軒長屋, の方, の椽側, の街角, の鳥居, を上衣

▼ ふと~ (6, 0.0%)

1 と唇, にあてる, はさしあて, をかむ, を噛んだ, を抑え

▼ ふと天井~ (6, 0.0%)

1 からつるした, の木目, へ眼, を眺め, を見あげます, を見たら

▼ ふと実に~ (6, 0.0%)

1 うまい, うまし, その時, も逞しい, 夢の, 尤千万な

▼ ふと~ (6, 0.0%)

1 があれ, のほう, の玄徳, はなほ不審, も直ぐ, をとめる

▼ ふと床の間~ (6, 0.0%)

1 に目, に立てかけ, の人形, の桜, の脇, を見る

▼ ふと彼方~ (6, 0.0%)

1 に巍然, のひろい, の嶮, の木蔭, を望み, を見る

▼ ふと~ (6, 0.0%)

1 冗談で, 姫様の, 承知の, 秘蔵の, 米が, 米に

▼ ふと心づき~ (6, 0.0%)

1 おやもう, てあたり, て急, て武男, て畫工, て頭

▼ ふと思い出す~ (6, 0.0%)

1 ことが, と, とひどく, と同時に, のだった, のであった

▼ ふと思い立っ~ (6, 0.0%)

1 てかきはじめます, て小菅刑務所, て来た, て碁, て美しい, て醜悪

▼ ふと振り向い~ (6, 0.0%)

1 て, て初め, て見る, て訊いた, て訊ねる, て豹一

▼ ふと振り返る~ (6, 0.0%)

1 とまだ, とマッチ, と校長, と若松屋惣七, と農婦, と閉めた

▼ ふと振返っ~ (6, 0.0%)

21 てこちら, てみる, て三男, て見た

▼ ふと武蔵~ (6, 0.0%)

1 に, の寝息, の方, の眼, の部屋, は佐々木小次郎

▼ ふと気がかり~ (6, 0.0%)

3 になっ 1 したの, になった, になつ

▼ ふと気付いた~ (6, 0.0%)

2 のだ 1 ことが, とき彼は, とき雨音は, まま何気なく

▼ ふと浮んだ~ (6, 0.0%)

1 ことを, そういう考え, その考え, のは, ものが, 言葉を

▼ ふと~ (6, 0.0%)

2 に捨 1 がみたくなった, のほう, の吾子, の面

▼ ふと眼前~ (6, 0.0%)

1 にあらわれたる, に千里韋駄天, に広い, に浮ん, に真白い, に閃いた

▼ ふと~ (6, 0.0%)

1 の啓示, の子, の寄りますべき依, の徂徠, の息吹, 今食

▼ ふと~ (6, 0.0%)

1 ごゑは中, はれると, ひかけたら娘さん, ひを, ふ正覚坊, へり麗らか

▼ ふと笑っ~ (6, 0.0%)

1 て, ていた, ている, てしまいました, てしまう, て自分

▼ ふと~ (6, 0.0%)

1 がしら, に落ち, のあたり, を叩いた, を打っ, を折っ

▼ ふと行手~ (6, 0.0%)

1 でガサリ, に人影, の往来, を仰ぐ, を眺めます, を眺める

▼ ふと見つけた~ (6, 0.0%)

1 から忘れぬ, ことなぞを, という横穴, ので, のは, 言葉の

▼ ふと近所~ (6, 0.0%)

2 の家 1 のお, のラジオ, の人, の衆

▼ ふと~ (6, 0.0%)

1 つこに, にあった, に寝, の方, の男爵, を見る

▼ ふと~ (6, 0.0%)

1 から三尺, には冷, の中, の方, の汗, を見たら

▼ ふと~ (6, 0.0%)

3 をとめ 2 を止め 1 を止めた

▼ ふと~ (6, 0.0%)

4 がさした 1 がさして, に攫われた

▼ ふとあり~ (5, 0.0%)

1 にし, 勘文の, 息を, 當時の, 陳椿榮の

▼ ふといや~ (5, 0.0%)

1 そんな事, なに, な気持, な聯想, らしい

▼ ふとかたわら~ (5, 0.0%)

1 にあった, の開放, を見ます, を見る, を見れ

▼ ふとさつき~ (5, 0.0%)

1 からの自分, のひろ子, の問題, の客, の釘

▼ ふと~ (5, 0.0%)

3 ちよの 1 ちよの織, てくる

▼ ふとみょう~ (5, 0.0%)

1 なこと, なもの, な気あたり, な物音, な顔

▼ ふとやはり~ (5, 0.0%)

1 この建物, さうなの, その手, 何時読ん, 愚劣な

▼ ふと~ (5, 0.0%)

2 かつた 1 さ, 我が足ども踏処, 我が足ども踏處

▼ ふとよい~ (5, 0.0%)

3 ことを 1 ものである, 事を

▼ ふとわが~ (5, 0.0%)

1 ことの, 大君しまらくも, 姿を, 待君と, 耳を

▼ ふと何ん~ (5, 0.0%)

1 だか, な慾, な様子, な欲深, にも言

▼ ふと先生~ (5, 0.0%)

1 がわざわざ, の服装, の睡り, の耳, はあやしい

▼ ふと全く~ (5, 0.0%)

1 人を, 何う, 思いがけなく彼, 楽ぢや, 結婚其の物は

▼ ふと去年~ (5, 0.0%)

1 のこと, の夏, の夏休み, の暮, 別れた照子

▼ ふと参木~ (5, 0.0%)

1 はお, は停止, は思わぬ, は薄暗い, は高重

▼ ふと右門~ (5, 0.0%)

1 にことば, の気, の目, の鋭く, は思いつい

▼ ふと~ (5, 0.0%)

2 ふの 1 の山, の隅, を見る

▼ ふと呟いた~ (5, 0.0%)

1 ことだった, のであつ, ものである, 無意味な, 玄蕃は

▼ ふと奇妙~ (5, 0.0%)

2 なこと 1 な事, な憤怒, な気持

▼ ふと姿~ (5, 0.0%)

1 が見えなくなった, を消した, を消す, を現し, を見た

▼ ふと寂し~ (5, 0.0%)

3 そうに 1 そうだった, まずには

▼ ふと少し~ (5, 0.0%)

1 の分量, テレて, 右に, 失禮だ, 酔つたと

▼ ふと~ (5, 0.0%)

1 の中, の方, の連中, を仰ぐ, を想い出す

▼ ふと心づい~ (5, 0.0%)

1 て, てあたり, てこの, て拾い読み, て行先

▼ ふと思い~ (5, 0.0%)

1 よりたまえ, 泛べた, 泛べたから, 泛んだ, 附いて

▼ ふと思いだし~ (5, 0.0%)

2 ていた 1 そのたび, て, て聞い

▼ ふと思い出~ (5, 0.0%)

3 でたるよう 1 でしは, でたれば

▼ ふと思つて~ (5, 0.0%)

1 すこしリヴィエェル, ゐたん, ゐました, ゐる, 居ます

▼ ふと怪しい~ (5, 0.0%)

1 と思い出した, ものと, 夢の, 獣の, 虫の

▼ ふと悪い~ (5, 0.0%)

1 ことを, のでせう, ので箱根, 心が, 心を

▼ ふと想い出し~ (5, 0.0%)

1 て, ている, て国, て覗い, ながら幹男

▼ ふと感じた~ (5, 0.0%)

1 からで, ことが, のだった, のでした, 淋しさ

▼ ふと~ (5, 0.0%)

2 があきました, の外 1 の隙間

▼ ふと新聞~ (5, 0.0%)

2 に出 1 から眼, の社会面, を見る

▼ ふと~ (5, 0.0%)

2 の下 1 のむこう, の上, の袂

▼ ふと此時彼~ (5, 0.0%)

2 の言ひたい気持ち, の言ひたい氣持ち 1 の言いたい

▼ ふと死んだ~ (5, 0.0%)

1 にすぎなかろう, 女房の, 妻子の, 實母が, 弘の

▼ ふと~ (5, 0.0%)

1 のせせらぎ, の匂い, の流れる, の男, を打つた

▼ ふと汽車~ (5, 0.0%)

2 の中 1 で水蜜桃, の事, をのばし

▼ ふと玄関~ (5, 0.0%)

1 に女, に馬車, の方, の硝子障子, をのぞき込む

▼ ふと~ (5, 0.0%)

2 はれて 1 はれた様, はれた樣, はれては

▼ ふと異様~ (5, 0.0%)

1 なもの, な声, な影, な物音, な考え

▼ ふと病気~ (5, 0.0%)

1 にかかっ, にかかりました, になっ, になりたく思う, はたいした

▼ ふと直に~ (5, 0.0%)

1 今の, 口答へ, 涙が, 逢ひかたらふ, 風呂敷の

▼ ふと立ち~ (5, 0.0%)

1 てきけ, て常, て店, 留まりました, 留りて

▼ ふと立ち止まっ~ (5, 0.0%)

1 て何, て八幡様, て北条美作, て懐, て暗がり

▼ ふと~ (5, 0.0%)

1 をおい, をとった, を休め, を執, を措い

▼ ふと~ (5, 0.0%)

1 に佇ん, に立った, の下, の傍ら, の籐椅子

▼ ふと~ (5, 0.0%)

1 へがつきました, へついた, へ出し, へ得たる, へ深

▼ ふと聞く~ (5, 0.0%)

1 からに艶, からは遠から, だに五体, としんと, 時鳥の

▼ ふと~ (5, 0.0%)

1 をあげ, をのばし, を撫で, を浮かしかけた, を浮かした

▼ ふと~ (5, 0.0%)

1 が立つ, でも切っ, の減った, を立てた, を見られる

▼ ふと~ (5, 0.0%)

1 の色, はもう, は目, をながめました, を買おう

▼ ふと身体~ (5, 0.0%)

2 を飜 1 のどこ, をかたく, を動かす

▼ ふと近頃~ (5, 0.0%)

1 の幽霊, の若い新しい, の面白い, 寄席に, 評判の

▼ ふと途中~ (5, 0.0%)

1 で二度, で文部大輔, で車夫, の今戸, の汽車

▼ ふと郷愁~ (5, 0.0%)

5 を感じ

▼ ふと~ (5, 0.0%)

1 がばら, がやんだら, が降, にへだてられ, の降った

▼ ふと鶴雄~ (5, 0.0%)

1 のこと, の方, の胸, の頬, の顔

▼ ふとああ~ (4, 0.0%)

1 今日は, 奥さんが, 姉の, 木ペンを

▼ ふとあなた~ (4, 0.0%)

1 が恐しくなる, が肩, などには効, の私

▼ ふとあまり~ (4, 0.0%)

1 せっかちに, 長い旅, 關係の, 饒舌れなくなる

▼ ふといきなり~ (4, 0.0%)

1 先生は, 物をも, 蛾を, 齋藤の

▼ ふといひ~ (4, 0.0%)

1 げの, 其の実業, 其の實業, 詩想複雑に

▼ ふといふ法~ (4, 0.0%)

4 はない

▼ ふといふ風~ (4, 0.0%)

1 であつ, にお, に区別, は大体

▼ ふとおれ~ (4, 0.0%)

1 が向う, の眼, は何時も, は日本

▼ ふとかれ~ (4, 0.0%)

1 の吾儘, の心, の眼前, は唇

▼ ふとことば~ (4, 0.0%)

3 を切っ 1 をきっ

▼ ふとさかし~ (4, 0.0%)

4 がりよと

▼ ふとしも~ (4, 0.0%)

1 こんな蕪雜, ものに, われを, 聞きぬ鹹ゆき潮ざゐ

▼ ふとしよう~ (4, 0.0%)

31

▼ ふとそのまま~ (4, 0.0%)

1 で実質, 十二時一時に, 彼は, 歸つていつた

▼ ふとそれでは~ (4, 0.0%)

1 今まで, 文学には, 此の, 血清を

▼ ふとちよ~ (4, 0.0%)

1 つとその, つとため, つと奇異, つと立留つた

▼ ふとつた~ (4, 0.0%)

2 白い狼 1 あぶらぎつた赤ら顔, 大きな虻

▼ ふと~ (4, 0.0%)

1 も思つたの, も湧く, も言, も起した

▼ ふとどうして~ (4, 0.0%)

1 いいか, この本命馬, こんなとき人, 自分が

▼ ふとどうも~ (4, 0.0%)

1 境界が, 心が, 根を, 私の

▼ ふとなれ~ (4, 0.0%)

1 ば一羽八十銭ぐらひはするよ, ば左様, ば必, ば紫檀

▼ ふとはげしい~ (4, 0.0%)

2 旅ごころを 1 ほえ声, 懐疑に

▼ ふと~ (4, 0.0%)

1 ふと嬉し, 我妹, 春日野の, 熱帶の

▼ ふとまで~ (4, 0.0%)

4 いきまいた

▼ ふと~ (4, 0.0%)

1 さひ, づ江の, てぐら, て御

▼ ふともの~ (4, 0.0%)

1 の声音, の頭, を心, 忘れなど

▼ ふともも~ (4, 0.0%)

2 の上 1 の肉, をたたいた

▼ ふと久慈~ (4, 0.0%)

1 と真紀子, は呟いた, は真紀子, は足もと

▼ ふと~ (4, 0.0%)

1 だけの金, は矢張り日本, れを, を取締

▼ ふと人影~ (4, 0.0%)

1 が見えた, が起った, を老女, を見出した

▼ ふと仰ぐ~ (4, 0.0%)

1 とそこ, と削り立った, と向い, と川越

▼ ふと伸子~ (4, 0.0%)

1 の反駁, はあり得ない, は寂し, を警戒

▼ ふと何となく~ (4, 0.0%)

1 その呼吸, 又心, 女の, 滑稽けて

▼ ふと何故~ (4, 0.0%)

1 だか, とも知らぬ, に金, 地上の

▼ ふと何物~ (4, 0.0%)

1 かがその, をかみつけ, をか見付けた, をか認めたらしく

▼ ふと入口~ (4, 0.0%)

1 のところ, のほう, の戸, の所

▼ ふと其処~ (4, 0.0%)

1 でこの, にただよっ, には妻, の松の木

▼ ふと其處~ (4, 0.0%)

1 から毎年金, にただ, にはハイカラ, に來

▼ ふと初めて~ (4, 0.0%)

1 あの人, 合點が, 夫の, 此橋を

▼ ふと~ (4, 0.0%)

1 な疑念, な面白く, のタイピスト, の顔

▼ ふと却つて~ (4, 0.0%)

1 もう再び会, 分らぬ, 善くない, 疑はれるくら

▼ ふと~ (4, 0.0%)

1 つて女子を, つて気詰りで, 對に, 對の

▼ ふと~ (4, 0.0%)

1 來の, 塔の, 言を, 賢の

▼ ふと右側~ (4, 0.0%)

1 のまばら, の山, の陣幕, を見る

▼ ふと吃驚~ (4, 0.0%)

1 したよう, して, してネ, りして

▼ ふと哀れ~ (4, 0.0%)

1 じみて, でだから, になる, を感じた

▼ ふと国民~ (4, 0.0%)

1 が不幸, が気がつい, の上, の精神

▼ ふと多少~ (4, 0.0%)

1 は其, 専門的な, 條件付で, 目に

▼ ふと~ (4, 0.0%)

1 が白ん, の明けた, の空気, は来る

▼ ふと夜中~ (4, 0.0%)

1 になっ, に目, に眼, の二時頃

▼ ふと大変~ (4, 0.0%)

1 な記事, に喜んだ, よ, 嬉しいもの

▼ ふと大尉~ (4, 0.0%)

4 がその

▼ ふと女中~ (4, 0.0%)

1 のツヤ, のマリイ, はにやりと, も三助

▼ ふと女心~ (4, 0.0%)

2 めいたなつかし, めいた頼もし

▼ ふと~ (4, 0.0%)

1 に用, の多津, の雅子, を見た

▼ ふと~ (4, 0.0%)

1 がロダンさん, のトランク, の胸, は眠れません

▼ ふと~ (4, 0.0%)

1 の取り出した, の目, は眉, を思い

▼ ふと嫉妬~ (4, 0.0%)

1 に近い, の血, を感じ, を感ずる

▼ ふと孤独~ (4, 0.0%)

2 の想い 1 が感じられた, な物思い

▼ ふと学校~ (4, 0.0%)

1 がへり, で習った, で習つた, に立ち寄っ

▼ ふと安心~ (4, 0.0%)

1 した, したよう, して, だと

▼ ふと小耳~ (4, 0.0%)

2 にはさんだ 1 にはさん, に挾ん

▼ ふと少女~ (4, 0.0%)

2 に訊ね 1 の立っ, はそんな

▼ ふと平次~ (4, 0.0%)

1 は, はこ, は何時の間に, は暗い

▼ ふと強い~ (4, 0.0%)

1 光を, 口調に, 土の, 西洋香油の

▼ ふと~ (4, 0.0%)

1 がさした, のやう, のよう, をくらまし

▼ ふと心付い~ (4, 0.0%)

1 てもしや, て何, て眺めた, て見る

▼ ふと心配~ (4, 0.0%)

1 でならない, でならなかつた, になりました, になり出した

▼ ふと忽ち~ (4, 0.0%)

1 あちこちから, いい気分, 天に, 雪崩れを

▼ ふと思いがけない~ (4, 0.0%)

1 南の, 女の, 妙案を, 絵の

▼ ふと思い直し~ (4, 0.0%)

1 ていささか, てもどっ, ポケットの, 惜しきもの

▼ ふと思え~ (4, 0.0%)

1 ばそれ, ば佐古, ば前代未聞, ば自分

▼ ふと思ひ付いた~ (4, 0.0%)

2 のは 1 からの事, やうな

▼ ふと思ひ立つ~ (4, 0.0%)

1 てお, て出かけたらしく, て山口, て湯田

▼ ふと思わず~ (4, 0.0%)

1 洩した中田, 立ち止まって, 釣り込まれて, 頭を

▼ ふと恐ろしい~ (4, 0.0%)

1 ものが, ような, 事に, 気が

▼ ふと悲しい~ (4, 0.0%)

1 歌を, 気持ちに, 気持に, 笛の

▼ ふと~ (4, 0.0%)

1 ひ出された, ひ出した, ひ出すの, 出したこと

▼ ふと想い出した~ (4, 0.0%)

3 ように 1 のは

▼ ふと想像~ (4, 0.0%)

2 して 1 したの, する

▼ ふと意味~ (4, 0.0%)

1 ありげ, がある, がない, なく自分

▼ ふと意外~ (4, 0.0%)

1 だった, なこと, な会話, な物

▼ ふと意識~ (4, 0.0%)

1 がもどったらしい, した瞬間, した脈音, する

▼ ふと或は~ (4, 0.0%)

1 君等の, 定家の, 気楽さうに聞える, 發音的に

▼ ふと扁理~ (4, 0.0%)

2 が例, のこと

▼ ふと~ (4, 0.0%)

1 が音, のきしる, のはし, の所

▼ ふと承知~ (4, 0.0%)

2 しねえぞ 1 しないぞ, しねえよ

▼ ふと~ (4, 0.0%)

1 で網面, に触れた, や鍵, を繰

▼ ふと~ (4, 0.0%)

1 にのせ, に何, に見し, のした

▼ ふと支那~ (4, 0.0%)

1 では哀, では昔, の學者, の文明

▼ ふと~ (4, 0.0%)

1 うも, う云, う気, んなに彼女

▼ ふと新しい~ (4, 0.0%)

1 光が, 墓標に, 墓標の, 希望が

▼ ふと方角~ (4, 0.0%)

2 が分らなくなり, を失い

▼ ふと~ (4, 0.0%)

2 をり 1 を得, を見よう

▼ ふと普通~ (4, 0.0%)

1 ならぬ寒気, なら十銭ぐらゐのところを五十銭, の人, は大高

▼ ふと暫く~ (4, 0.0%)

2 して 1 佐吉の, 音が

▼ ふと書い~ (4, 0.0%)

1 てあっ, てお, ておく, てしまった

▼ ふと曹操~ (4, 0.0%)

1 の密偵, の眸, の胸, は唇

▼ ふと最初~ (4, 0.0%)

2 の晩 1 に私, のもの

▼ ふと~ (4, 0.0%)

1 から目, から眼, 來の, 當に

▼ ふと~ (4, 0.0%)

2 の娘 1 からわたし, の内外

▼ ふと枕元~ (4, 0.0%)

2 に置かれ 1 の水差, を見る

▼ ふと~ (4, 0.0%)

2 のやう 1 の如き, の部屋

▼ ふと~ (4, 0.0%)

1 つたもの, にし, は自分, をうた

▼ ふと~ (4, 0.0%)

4 三の

▼ ふと正成~ (4, 0.0%)

1 がころびかける, の咳声, の胸, はその

▼ ふと正気~ (4, 0.0%)

1 づいた時, づいて, におかえり, に返っ

▼ ふと決して~ (4, 0.0%)

2 さうでは 1 望ましいこと, 附いては

▼ ふと洩らした~ (4, 0.0%)

1 ことも, このよう, ところこの, 告白に

▼ ふと淋し~ (4, 0.0%)

2 げな 1 さを, そうに

▼ ふと片隅~ (4, 0.0%)

1 に寄せられた, に積ん, の方, の暗がり

▼ ふと~ (4, 0.0%)

1 に向っ, の鳴, は子供, を止め

▼ ふと~ (4, 0.0%)

1 が歩, の耳, も馬, を見た

▼ ふと玄徳~ (4, 0.0%)

2 のうしろ 1 の乗っ, の結髪

▼ ふと~ (4, 0.0%)

3 ますから 1 からそれ

▼ ふと申し~ (4, 0.0%)

1 てえるされ, てをります, て辛酉革命, もあ

▼ ふと~ (4, 0.0%)

2 にかかっ 1 に染まり, に罹つ

▼ ふと發見~ (4, 0.0%)

1 したこと, したので, した時, して

▼ ふと目ざめ~ (4, 0.0%)

1 つつ見る, て上, て久須美, 窓に

▼ ふと知り~ (4, 0.0%)

1 おうた, てかねて, はては, 合の

▼ ふと私達~ (4, 0.0%)

1 の目, の立っ, は家畜, は眼

▼ ふと称し~ (4, 0.0%)

1 て何処, て基督, て後向き, て来た

▼ ふと立ち上がっ~ (4, 0.0%)

31 て席

▼ ふと~ (4, 0.0%)

1 は極めて, ふ, へしかば喜右衛門尉, へ曰

▼ ふと~ (4, 0.0%)

1 の先, の間, をとめた, を持ちわすれた

▼ ふと~ (4, 0.0%)

1 にふる, に黄一峯, は筆, は言下

▼ ふと考える~ (4, 0.0%)

1 となるほど, とまた, と今, ように

▼ ふと考へる~ (4, 0.0%)

1 と幸福, と彼, やうに, 地方が

▼ ふと聞え~ (4, 0.0%)

1 てきた, てくる, て来た, て途切れた

▼ ふと背後~ (4, 0.0%)

1 に人, に少女たち, に痛い, を見れ

▼ ふと行きずり~ (4, 0.0%)

1 にこう, に出逢いました, に女王様, の通行人

▼ ふと行く手~ (4, 0.0%)

1 にあたって二人, に黒い, の曠野, を見ます

▼ ふと見上げた~ (4, 0.0%)

1 とき思わず, ところが, 左手の, 教会の

▼ ふと覗く~ (4, 0.0%)

1 と中, 店店からも, 時人は, 石庭の

▼ ふと言つて~ (4, 0.0%)

1 も見, ゐたの, んぢ, 押し返して

▼ ふと話題~ (4, 0.0%)

2 を変え 1 が遊蕩, をとらえ

▼ ふと~ (4, 0.0%)

2 ふは 1 ふ勿, ふ豈

▼ ふと足元~ (4, 0.0%)

2 を見る 1 に落ている, の門奥

▼ ふと足許~ (4, 0.0%)

3 を見る 1 にやつ

▼ ふと路傍~ (4, 0.0%)

1 で思いがけない, に汚ない, のゆかり, の朽廃

▼ ふと~ (4, 0.0%)

1 が停まっ, のうしろ, の中, を引いた

▼ ふと軽い~ (4, 0.0%)

1 暗示に, 眩暈を, 足音が, 陽気に

▼ ふと過去~ (4, 0.0%)

1 に泊っ, の一情景, を振り返っ, を追憶

▼ ふと部屋~ (4, 0.0%)

2 の中 1 が靜, の隅

▼ ふと~ (4, 0.0%)

1 がどうか, のかち合う, の日の丸, の相場

▼ ふと~ (4, 0.0%)

2 への道 1 に立った, を眺めた

▼ ふと階下~ (4, 0.0%)

1 で人々, で又, で彼, のテラス

▼ ふと~ (4, 0.0%)

1 の室, の席, の戸, の邸

▼ ふと青い~ (4, 0.0%)

1 小父さんの, 無花果が, 芽が, 雲

▼ ふと青年~ (4, 0.0%)

2 から頼まれた 1 は却つて頭, は直ぐ

▼ ふと静か~ (4, 0.0%)

1 な母, な水, にだんだん, に笑っ

▼ ふと~ (4, 0.0%)

1 の所, をめぐらし, を上げる, を出した

▼ ふと顧みる~ (4, 0.0%)

1 といつか私たち純下町人, といつのまにか, と此身, と父

▼ ふと飛ん~ (4, 0.0%)

4 でもない

▼ ふと驚いた~ (4, 0.0%)

3 やうに 1 眼を

▼ ふと黙っ~ (4, 0.0%)

1 て, てそれ, て姥, て美しい

▼ ふとあと~ (3, 0.0%)

1 は余計, へ戻る, を振り向く

▼ ふとあらぬ~ (3, 0.0%)

1 方へ, 方向へ, 方向を

▼ ふといかにも~ (3, 0.0%)

1 なつかしい思ひ, 不良少年でも, 野性が

▼ ふと~ (3, 0.0%)

1 なる, なる傳統, の事

▼ ふとこの間~ (3, 0.0%)

1 乗った自動車, 書いた, 読み終ったレ・ミゼラブル

▼ ふとさけび~ (3, 0.0%)

2 小万茶屋 1 声が

▼ ふと~ (3, 0.0%)

3 ぶんの

▼ ふと~ (3, 0.0%)

1 がたを, つかり女, つかり好い

▼ ふとすこし~ (3, 0.0%)

2 頭の 1 胸が

▼ ふとすばらしい~ (3, 0.0%)

2 名案が 1 考えが

▼ ふとそば~ (3, 0.0%)

1 に古い, の壁, の女たち

▼ ふとそん~ (3, 0.0%)

1 なくっ着かない, ならそれに, なら寫眞丈

▼ ふとそんなに~ (3, 0.0%)

1 家庭が, 思ったり, 思って

▼ ふとつた男~ (3, 0.0%)

1 がヌッ, が入, でバルザック

▼ ふとつまり~ (3, 0.0%)

1 これは, どう云, 今迄は

▼ ふとでも~ (3, 0.0%)

1 いふので, 思ひ込んで, 貧乏で

▼ ふととても~ (3, 0.0%)

1 ぢつ, 優しい聲, 蠱惑的だ

▼ ふとともに~ (3, 0.0%)

1 起ちあ, 道臣は, 高貴なる

▼ ふとどうか~ (3, 0.0%)

1 したは, した機会, して

▼ ふとどんな~ (3, 0.0%)

1 サクです, 男を, 種類の

▼ ふとなつ~ (3, 0.0%)

1 たから, た地面, た途端

▼ ふとなつかしい~ (3, 0.0%)

1 気持が, 記憶の, 記憶のに

▼ ふとなつかしく~ (3, 0.0%)

1 なったの, なるの, 思ひ出しかな

▼ ふとなる~ (3, 0.0%)

1 とその, と二十五円, と御前

▼ ふとひと~ (3, 0.0%)

1 に誘はれ, の話, 騒ぎした

▼ ふとひらめいた~ (3, 0.0%)

1 からである, ものが, 考えだった

▼ ふとべつ~ (3, 0.0%)

1 な不安, な小さい, な方

▼ ふとぼんやり~ (3, 0.0%)

1 した記憶, とした, 疑が

▼ ふと~ (3, 0.0%)

21 づ腕を

▼ ふとみのる~ (3, 0.0%)

1 と一所, の心にと, の眼

▼ ふとみんな~ (3, 0.0%)

1 がどんなにこっそり, の視線, は愈々

▼ ふともう少し~ (3, 0.0%)

1 で噴き出し, 時間が, 沈んで

▼ ふとゆうべ~ (3, 0.0%)

1 の病院, の白刃, 到頭帰っ

▼ ふとゆきずり~ (3, 0.0%)

1 に出あう, に知り合った, に見た

▼ ふとよく~ (3, 0.0%)

1 晴れた空, 眠る方, 裸ダンスを

▼ ふとイヤ~ (3, 0.0%)

1 それには, それは, まだ来ない

▼ ふとクルミさん~ (3, 0.0%)

1 のほう, の頭, は云いしれぬ

▼ ふとッちょ~ (3, 0.0%)

1 に勇気, のダイヴィング選手, はダイヴィング

▼ ふとマダム~ (3, 0.0%)

1 の顔, は口調, は馬鈴薯

▼ ふと一匹~ (3, 0.0%)

1 のあと, の虱, の蝿

▼ ふと一同~ (3, 0.0%)

1 から向けられた, に移し, の沈んだ

▼ ふと一斉~ (3, 0.0%)

1 にむらむら, に湧き起る, に答

▼ ふと一方~ (3, 0.0%)

1 にたたずん, の岸, 詩と

▼ ふと丁度~ (3, 0.0%)

1 あたしの, フランスの, 私が

▼ ふと世の中~ (3, 0.0%)

1 で石地蔵, にこの, の皮肉

▼ ふと~ (3, 0.0%)

1 に名乗り, に子供, 婚者たる

▼ ふと九鬼~ (3, 0.0%)

2 の告別式 1 は何

▼ ふと~ (3, 0.0%)

2 とも可笑しく 1 と見た

▼ ふと人声~ (3, 0.0%)

1 がした, が聞える, が聞こえた

▼ ふと今朝~ (3, 0.0%)

1 のこと, 程来た, 貰った綾

▼ ふと~ (3, 0.0%)

3 助は

▼ ふと以前~ (3, 0.0%)

1 から勤勉, に聞いた, の自分

▼ ふと伊織~ (3, 0.0%)

1 の呆ッ気, は武蔵, を土間

▼ ふと伊那丸~ (3, 0.0%)

1 のす, の心, はその

▼ ふと何とも~ (3, 0.0%)

1 いえず胸, いえぬ懐しみ, 言えぬほのか

▼ ふと何やら~ (3, 0.0%)

1 けたたましい人声, 固いもの, 園井の

▼ ふと信吉~ (3, 0.0%)

1 に云った, の気, を誘っ

▼ ふと信長~ (3, 0.0%)

1 に対して冷やか, のことば, の眼

▼ ふと俳優~ (3, 0.0%)

2 の領域 1 の顔

▼ ふと~ (3, 0.0%)

1 から凭, を歩く, を見る

▼ ふと~ (3, 0.0%)

1 が先年父, が病気, の事

▼ ふと八五郎~ (3, 0.0%)

1 の念ひで中毒, はでつかい, は大した

▼ ふと出会った~ (3, 0.0%)

1 土地の, 思いである, 旧い知己

▼ ふと前面~ (3, 0.0%)

1 に突兀, の鏡, を見る

▼ ふと千恵~ (3, 0.0%)

1 の顔, はさ, は何

▼ ふと南原杉子~ (3, 0.0%)

1 と視線, は思った, は笑い

▼ ふと博士~ (3, 0.0%)

1 のこと, の大好き, の胤

▼ ふと~ (3, 0.0%)

1 に立っ, に起き, の中

▼ ふと反対~ (3, 0.0%)

1 に何だか, のこと, の方角

▼ ふと取り出し~ (3, 0.0%)

1 てのろのろ, て見たら割れ, て開け

▼ ふと可笑し~ (3, 0.0%)

2 さが 1 な比較

▼ ふと可笑しく~ (3, 0.0%)

1 なつた, なることさ, 聞えるかも

▼ ふと同情~ (3, 0.0%)

1 の念, の眼, を催した

▼ ふと周囲~ (3, 0.0%)

1 に動い, の明る, の者

▼ ふと周子~ (3, 0.0%)

1 の眼, は, は一寸

▼ ふと~ (3, 0.0%)

1 の奉公人, 二つしか, 友人の

▼ ふと~ (3, 0.0%)

2 ひ給 1 ひぬ

▼ ふと喜ん~ (3, 0.0%)

1 でそれに, で盛ん, で行

▼ ふと~ (3, 0.0%)

1 にまみれた, に手, の色

▼ ふと多鶴子~ (3, 0.0%)

1 のさび, の体, もこんな

▼ ふと夜半~ (3, 0.0%)

2 に眼 1 に目

▼ ふと大した~ (3, 0.0%)

2 美人に 1 ことは

▼ ふと太郎~ (3, 0.0%)

1 と次郎, の顔, は目

▼ ふと~ (3, 0.0%)

1 から洩れ, の方, の物音

▼ ふと如何にも~ (3, 0.0%)

1 口が, 気の毒さうに眉を, 結構な

▼ ふと妙案~ (3, 0.0%)

1 が浮むで, のよう, を思いついた

▼ ふと子ども~ (3, 0.0%)

1 の頃, はくるり, は目

▼ ふと學校~ (3, 0.0%)

1 がへり, でお, を出

▼ ふと官兵衛~ (3, 0.0%)

1 は自己, は馬, を拍子抜け

▼ ふと寧ろ~ (3, 0.0%)

1 反つて自分, 苦しくつて息, 賛成な

▼ ふと対岸~ (3, 0.0%)

1 に目, の福浦岬, をみる

▼ ふと寿枝~ (3, 0.0%)

1 の顔, は何だかよく, を見た

▼ ふと尋ね~ (3, 0.0%)

3 てみた

▼ ふと小さな~ (3, 0.0%)

1 声で, 活動小屋が, 赤い灯

▼ ふと小僧~ (3, 0.0%)

1 にでもなる, は面倒臭い, を見返っ

▼ ふと左手~ (3, 0.0%)

1 では, の壁, を見る

▼ ふと幼い~ (3, 0.0%)

1 とき夜泣きし, 時まだ, 頃作衛の

▼ ふと~ (3, 0.0%)

1 と奥, にいる, の時計

▼ ふと座敷~ (3, 0.0%)

1 に, の方, の隅

▼ ふと庭面~ (3, 0.0%)

2 を見る 1 の秋草

▼ ふと庸三~ (3, 0.0%)

1 の目, の耳, の部屋

▼ ふと往来~ (3, 0.0%)

1 で他所目, で本能寺, の方

▼ ふと微笑~ (3, 0.0%)

1 した途端, ともつかない, を感じた

▼ ふと徳次~ (3, 0.0%)

21 は生れ落ちる

▼ ふと心づいた~ (3, 0.0%)

1 ことだ, のは, ように

▼ ふと心づく~ (3, 0.0%)

1 ことは, と, と前

▼ ふと心付いた~ (3, 0.0%)

1 よ先刻, 事あっ, 状し

▼ ふと~ (3, 0.0%)

2 しも亦 1 と私

▼ ふと思いがけぬ~ (3, 0.0%)

1 ところに, やるせなさ, 考えが

▼ ふと思いつきました~ (3, 0.0%)

1 のが, のは, 蘭薬の

▼ ふと思いつく~ (3, 0.0%)

1 と重, ように, 由あり

▼ ふと思い当った~ (3, 0.0%)

2 ことが 1 のは

▼ ふと思ひだした~ (3, 0.0%)

1 ことが, のは, 小脇の

▼ ふと思へ~ (3, 0.0%)

1 や, バよく, バ先つねの

▼ ふと~ (3, 0.0%)

1 をころした, をふき返した, を嚥ん

▼ ふと悲し~ (3, 0.0%)

1 さうに黙つ, そうな, そうに

▼ ふと悲しく~ (3, 0.0%)

1 なった, なつて來, なつて母親

▼ ふと感傷的~ (3, 0.0%)

2 になった 1 な事

▼ ふと手紙~ (3, 0.0%)

1 が指, の往復, を受け取った

▼ ふと折角~ (3, 0.0%)

1 の御, 建てた物, 文鏡祕府論と

▼ ふと振り向いた~ (3, 0.0%)

1 がかねがね, その眼, 途端橋を

▼ ふと振り返った~ (3, 0.0%)

1 が急, 妹は, 時そこに

▼ ふと斯ん~ (3, 0.0%)

1 なこと, なもの, な眼

▼ ふと~ (3, 0.0%)

1 に林檎, 古今は, 嘗の

▼ ふと~ (3, 0.0%)

1 の空, の路傍, への郷愁

▼ ふと~ (3, 0.0%)

1 が暮れた, の照りやう, を考えちがえし

▼ ふと暗がり~ (3, 0.0%)

2 て来る 1 の嗚咽

▼ ふと曇った~ (3, 0.0%)

1 がやがて, サイコロは, 影が

▼ ふと~ (3, 0.0%)

1 ひ我, ふと, ふとあり

▼ ふと~ (3, 0.0%)

2 の光 1 を見上げ

▼ ふと朋輩~ (3, 0.0%)

2 の意地惡 1 の意地悪

▼ ふと~ (3, 0.0%)

1 からそこ, から母, になっ

▼ ふと松本~ (3, 0.0%)

1 のこと, の子, の評判

▼ ふと欄干~ (3, 0.0%)

1 に倚, の上, へ手

▼ ふと止め~ (3, 0.0%)

1 て, てしまふ, て彼

▼ ふと殿様~ (3, 0.0%)

1 が叱りつけ, はなほ調子, は真面目

▼ ふと気まぐれ~ (3, 0.0%)

1 にこんな, にそこ, にその

▼ ふと気持~ (3, 0.0%)

1 が動いた, が変る, は別人

▼ ふと決心~ (3, 0.0%)

1 した様, しながら, しましたが

▼ ふと浮かんだ~ (3, 0.0%)

1 かも知れない, ことが, のが

▼ ふと淋しい~ (3, 0.0%)

1 微笑を, 気が, 顔を

▼ ふと淋しく~ (3, 0.0%)

1 なったと, なりぬ, もあった

▼ ふと深い~ (3, 0.0%)

1 ところに, 眠りから, 眸を

▼ ふと湧き起る~ (3, 0.0%)

3 牛の

▼ ふと溜息~ (3, 0.0%)

1 が聞こえ, をついた, をつく

▼ ふと~ (3, 0.0%)

1 のやう, の中, を揉み消し

▼ ふと無意識~ (3, 0.0%)

1 で頭, に出, の裡

▼ ふと煙草~ (3, 0.0%)

1 のこと, の吸口, の銀紙

▼ ふと照子~ (3, 0.0%)

2 の顔 1 は私

▼ ふと父親~ (3, 0.0%)

1 の方, はなにか, は娘

▼ ふと片手~ (3, 0.0%)

1 が, の指, をあげ

▼ ふと物音~ (3, 0.0%)

1 におどろき, の為, を聞きつけ

▼ ふと狂気~ (3, 0.0%)

1 じみた凝り方, じみて, めいて

▼ ふと~ (3, 0.0%)

2 の赤革 1 はその

▼ ふと狼狽~ (3, 0.0%)

1 した, したよう, の色

▼ ふと王子~ (3, 0.0%)

1 のお, の天日矛, をあおい

▼ ふと甘い~ (3, 0.0%)

1 こころに, 幼ごころに, 想いが

▼ ふと甲谷~ (3, 0.0%)

1 と宮子, の妹, はこの

▼ ふと町角~ (3, 0.0%)

2 を通りすぎる 1 のところ

▼ ふと真面目~ (3, 0.0%)

1 な叔母, な顔, になっ

▼ ふと~ (3, 0.0%)

1 をあげた, をうごかし, をその

▼ ふと~ (3, 0.0%)

1 を向けた, を定め, を開き切っ

▼ ふと~ (3, 0.0%)

1 つ張り私, にはに跳ね起き, も楯

▼ ふと~ (3, 0.0%)

1 の上, の地蔵尊, を拔

▼ ふと祖母~ (3, 0.0%)

1 と弟, のゐない, の眼

▼ ふと秀吉~ (3, 0.0%)

1 が思い出され, の書面, は見

▼ ふと立ちどまる~ (3, 0.0%)

1 と, とともに許宣, と共に許宣

▼ ふと立ち上っ~ (3, 0.0%)

1 て二人, て広い, て火鉢

▼ ふと立ち上り~ (3, 0.0%)

1 さあらぬ, 与次郎の, 私を

▼ ふと立ち停っ~ (3, 0.0%)

1 てあたり, てしみじみ, てぼんやり

▼ ふと笑い~ (3, 0.0%)

1 さざめきを, を引っ込め, を洩した

▼ ふと笑う~ (3, 0.0%)

1 とえ, と書見台, ような

▼ ふと笹村~ (3, 0.0%)

1 の傍, の気, は思い浮べた

▼ ふと納屋~ (3, 0.0%)

1 のある, を指さした, を見る

▼ ふと~ (3, 0.0%)

1 造が, 造の, 造は

▼ ふと~ (3, 0.0%)

2 のつめた 1 のうえ

▼ ふと縁側~ (3, 0.0%)

1 に足音, の椅子, の硝子戸

▼ ふと縁先~ (3, 0.0%)

1 に取り込ん, の硝子障子, の蚊

▼ ふと聞い~ (3, 0.0%)

1 てきた, てメグ, て忘れ得ない

▼ ふと聞け~ (3, 0.0%)

1 ば垣, ば恐し, ば新田義興

▼ ふと~ (3, 0.0%)

1 から滑った, をすくめた, をもたげた

▼ ふと腕時計~ (3, 0.0%)

2 を見る 1 を見た

▼ ふと自己~ (3, 0.0%)

1 の年齢, の甲高, の立つ

▼ ふと自然~ (3, 0.0%)

1 の何, の勢, を見

▼ ふと致した~ (3, 0.0%)

2 だけでございます 1 のでござる

▼ ふと興味~ (3, 0.0%)

2 を感じた 1 をうばわれ

▼ ふと若い~ (3, 0.0%)

1 僧は, 夫人は, 武士は

▼ ふと苦笑~ (3, 0.0%)

1 した, したくなつ, を浮べた

▼ ふと薄暗い~ (3, 0.0%)

1 人込みの, 裏町から, 鏡の

▼ ふと蘭丸~ (3, 0.0%)

1 の白い, の腫れぼったい, は口

▼ ふと虚ろ~ (3, 0.0%)

1 な響き, に響いた, に響き

▼ ふと行き~ (3, 0.0%)

1 あつた, てかへらぬ, 摺りの

▼ ふと行燈~ (3, 0.0%)

1 に蟷螂, の下, の芯

▼ ふと~ (3, 0.0%)

1 つ面, にがや, の河岸

▼ ふと~ (3, 0.0%)

1 にさわる, や裾, をひく

▼ ふと~ (3, 0.0%)

1 の井戸釣瓶, の巨, を返す

▼ ふと見あげる~ (3, 0.0%)

1 とわれわれ, と巽, 山から

▼ ふと見かけ~ (3, 0.0%)

1 てつけ, て拾っ, て旧縁

▼ ふと見かけた~ (3, 0.0%)

1 あの子連れ, 人の, 又八が

▼ ふと見たる~ (3, 0.0%)

1 屏風の, 帳場には, 時やさしき

▼ ふと見ゆる~ (3, 0.0%)

1 のを, 顔, 香川雪枝も

▼ ふと~ (3, 0.0%)

1 の前, の家, も子

▼ ふと親爺~ (3, 0.0%)

1 が批評, の所謂薫育, の遺言

▼ ふと~ (3, 0.0%)

1 が立つ, の屋敷, ふれて

▼ ふと言っ~ (3, 0.0%)

1 てしまう, てみたくなった, てゐる

▼ ふと話し~ (3, 0.0%)

1 て見, は大きく, を変えた

▼ ふと語気~ (3, 0.0%)

1 の上, をかえた, を変えた

▼ ふと語調~ (3, 0.0%)

1 をかえ, をかえた, を変え

▼ ふと調子~ (3, 0.0%)

1 を変え, を変えました, 附いて

▼ ふと~ (3, 0.0%)

1 先生の, 士の, 外國には

▼ ふと~ (3, 0.0%)

1 だから, ですが, な氣

▼ ふと赤い~ (3, 0.0%)

1 ものを, 唇の, 角ずきんを

▼ ふと足音~ (3, 0.0%)

1 がだしぬけ, が聞えた, は止んだ

▼ ふと轡川~ (3, 0.0%)

1 がそれ, の大きな, の顔

▼ ふと~ (3, 0.0%)

1 の小, は今年, を一つ

▼ ふと通りかかった~ (3, 0.0%)

1 お絹, のが, のは

▼ ふと通りがかり~ (3, 0.0%)

1 に見た, に銀座, の友達

▼ ふと道ばた~ (3, 0.0%)

1 に伏し拝み, に何, の捨て石

▼ ふと遠慮~ (3, 0.0%)

2 もなく 1 して

▼ ふと~ (3, 0.0%)

2 のこと 1 に酔ひ

▼ ふと醒め~ (3, 0.0%)

1 て傍, て強く, て老師

▼ ふと金戒光明寺~ (3, 0.0%)

3 の方

▼ ふと~ (3, 0.0%)

3 の悪い

▼ ふと~ (3, 0.0%)

1 母の, 父は, 難を

▼ ふと隣り~ (3, 0.0%)

1 の話声, の部屋, をみる

▼ ふと隣室~ (3, 0.0%)

1 で妻, の学生達, の母

▼ ふと電光~ (3, 0.0%)

1 のご, のよう, の如く

▼ ふと電燈~ (3, 0.0%)

2 の笠 1 を持ち

▼ ふと面白い~ (3, 0.0%)

1 ものが, 事を, 考えが

▼ ふと~ (3, 0.0%)

1 するばかりぞ, の消えた, の発しる

▼ ふと餘程~ (3, 0.0%)

1 嬉しくやがて, 疑ふべき餘地, 美味いさ

▼ ふと~ (3, 0.0%)

1 の高く, も轎, をとめ

▼ ふと馬鹿~ (3, 0.0%)

1 なこと, になる, を申す

▼ ふと~ (3, 0.0%)

1 張りの, 縁の, 青邱の

▼ ふとあげ~ (2, 0.0%)

1 て, て車

▼ ふとあたし~ (2, 0.0%)

1 の顔, はもう

▼ ふとあちら~ (2, 0.0%)

1 にちょうど, の停車場

▼ ふとあはれ~ (2, 0.0%)

1 に思, 尊きけ

▼ ふとあらわれる~ (2, 0.0%)

1 こんな光景, 後光の

▼ ふとありし~ (2, 0.0%)

2 日の

▼ ふとある驚くべき~ (2, 0.0%)

1 ものが, 考えが

▼ ふとあんな~ (2, 0.0%)

1 文句の, 無慙な

▼ ふといつかペン・ネエム~ (2, 0.0%)

1 に用, に用いた

▼ ふといふなら~ (2, 0.0%)

1 一層の, 普通で

▼ ふといふ心地~ (2, 0.0%)

2 ではない

▼ ふといふ程度~ (2, 0.0%)

1 の多義性さ, の距

▼ ふといやらしかっ~ (2, 0.0%)

1 た, たが

▼ ふといろいろ~ (2, 0.0%)

1 の事, の議論

▼ ふとうごい~ (2, 0.0%)

1 ていた, てそういう

▼ ふとうごいた~ (2, 0.0%)

1 好奇心だった, 彼の

▼ ふとうす~ (2, 0.0%)

1 わらい, 笑いを

▼ ふとうち~ (2, 0.0%)

1 すておかずニ, 見たる室内

▼ ふとうるん~ (2, 0.0%)

2 でいた

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 くぼ, ほれあれ

▼ ふとおお~ (2, 0.0%)

1 これだ, と古雅

▼ ふとおかしく~ (2, 0.0%)

1 なった, 思うほど

▼ ふとおせん~ (2, 0.0%)

1 が声, の固く

▼ ふとおそろしい~ (2, 0.0%)

1 心を, 計画を

▼ ふとおぞ~ (2, 0.0%)

2 え吼え立つ

▼ ふとおばあさん~ (2, 0.0%)

1 は乘物, は胸

▼ ふとおもいつい~ (2, 0.0%)

1 て参事官, て窓

▼ ふとおもむろに~ (2, 0.0%)

2 追求の

▼ ふとお客様~ (2, 0.0%)

1 が金剛経, に対し自分

▼ ふとお父さん~ (2, 0.0%)

1 にウント, を思い出し

▼ ふとかや~ (2, 0.0%)

1 まつるにか, 我が指し

▼ ふとかわいそう~ (2, 0.0%)

1 だという, になっ

▼ ふとがっかり~ (2, 0.0%)

1 した, したよう

▼ ふときい~ (2, 0.0%)

1 てお, てみた

▼ ふときき~ (2, 0.0%)

2 耳を

▼ ふとこいつ~ (2, 0.0%)

1 あ千住, は良く

▼ ふとこっち~ (2, 0.0%)

1 の岸, へ擡げた

▼ ふとこの小さな~ (2, 0.0%)

1 児は, 匙を

▼ ふとこれら~ (2, 0.0%)

1 の将兵, の忠告

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 うっという, 病死された

▼ ふとしみじみ~ (2, 0.0%)

1 した口調, と云い出した

▼ ふとそういう~ (2, 0.0%)

1 念想が, 憂いげな

▼ ふとそうした~ (2, 0.0%)

1 文句を, 自分自身に

▼ ふとそこで~ (2, 0.0%)

1 始めて夫婦連れ, 思案に

▼ ふとそこら~ (2, 0.0%)

1 がかっと, に又八

▼ ふとそれぢ~ (2, 0.0%)

1 や仕方, や筍

▼ ふとそれに~ (2, 0.0%)

1 はちよつと, 眸を

▼ ふとそれ以来~ (2, 0.0%)

2 また夢枕

▼ ふとそんなふうに~ (2, 0.0%)

1 うたがって, 考えられたから

▼ ふとたどたどし~ (2, 0.0%)

2 筆と

▼ ふとたま~ (2, 0.0%)

1 はる, は内在

▼ ふとためいき~ (2, 0.0%)

1 をつい, をつき

▼ ふとためらった~ (2, 0.0%)

1 がしかし, がやがて

▼ ふとだしぬけ~ (2, 0.0%)

1 に太皷, に生きた

▼ ふとだらし~ (2, 0.0%)

1 がな, がない

▼ ふとだれ~ (2, 0.0%)

1 かに介抱, か後ろ

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 つとして, つとしては

▼ ふとつた膝~ (2, 0.0%)

1 の上, へ脛

▼ ふとつぶやいた~ (2, 0.0%)

1 竹童, 言葉に

▼ ふとつまらない~ (2, 0.0%)

1 動機に, 待ちくたびれを

▼ ふとても~ (2, 0.0%)

1 たびたび過さず, 若旦那の

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 ある小さな, つとと

▼ ふととか~ (2, 0.0%)

2 われしらず

▼ ふととかく~ (2, 0.0%)

1 しや, 執念深いだらう

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 きものめが, しんと

▼ ふとなり~ (2, 0.0%)

1 の道, 実に此

▼ ふとなん~ (2, 0.0%)

1 だが, のつもり

▼ ふとのぞきます~ (2, 0.0%)

1 となんで, とゆうべ

▼ ふとばかり~ (2, 0.0%)

1 のどかに, 致し候もの

▼ ふとひざ~ (2, 0.0%)

1 の下, をすすめ

▼ ふとひとり~ (2, 0.0%)

1 の兵, の毒々しい

▼ ふとひどい~ (2, 0.0%)

1 ぞ, 眼に

▼ ふとひょんな~ (2, 0.0%)

1 気も, 考えを

▼ ふとふり~ (2, 0.0%)

1 返った, 返って

▼ ふとふりかえっ~ (2, 0.0%)

1 て, てみる

▼ ふとふりかえる~ (2, 0.0%)

1 とメグ, と本栖湖

▼ ふとみち子~ (2, 0.0%)

1 のこと, はホヽヽヽ

▼ ふとみつ子~ (2, 0.0%)

1 が見る, に向っ

▼ ふとむこう~ (2, 0.0%)

1 にちらちら, の部屋

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 となつ, にはなれない

▼ ふともうこ~ (2, 0.0%)

1 のまま先生, の男

▼ ふともう一度~ (2, 0.0%)

1 子や, 昨夜の

▼ ふともし~ (2, 0.0%)

1 この男, 今ひと眼でも

▼ ふともらし~ (2, 0.0%)

2 て皆

▼ ふともらした~ (2, 0.0%)

1 その言葉, といふ言葉尻

▼ ふとやら~ (2, 0.0%)

1 そんの, 天下の

▼ ふとよみ~ (2, 0.0%)

1 がえる, がへり

▼ ふとよみはじめ~ (2, 0.0%)

1 てあなた, て大変

▼ ふとわが身~ (2, 0.0%)

1 をかえりみる, を省

▼ ふとわけ~ (2, 0.0%)

1 て我が, もなく

▼ ふとわし~ (2, 0.0%)

1 に聞えた, の心

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 かしくなりぬ, どり出したいほど

▼ ふとガラツ八~ (2, 0.0%)

1 に言, はもう

▼ ふとキイ~ (2, 0.0%)

1 に触っ, に触つ

▼ ふとチロル~ (2, 0.0%)

1 で氷河, の山の上

▼ ふとテーブル~ (2, 0.0%)

1 の方, を見た

▼ ふとドア~ (2, 0.0%)

1 のあたり, の外

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 おもわなだに, とし

▼ ふとバア~ (2, 0.0%)

1 へ立ち寄った, へ立ち寄つた

▼ ふとバス~ (2, 0.0%)

2 の窓

▼ ふとパリ~ (2, 0.0%)

1 にいる, のノートル・ダム

▼ ふとベゴ石~ (2, 0.0%)

2 を見

▼ ふとベッド~ (2, 0.0%)

1 から起き上っ, のなか

▼ ふとホテル~ (2, 0.0%)

2 の裏庭

▼ ふとボンヤリ~ (2, 0.0%)

2 して

▼ ふとポケット~ (2, 0.0%)

1 に手, へ手

▼ ふとマリヤン~ (2, 0.0%)

1 が如何にも, が笑

▼ ふとムネ・シユリイ~ (2, 0.0%)

1 は, は喜ん

▼ ふとユーモラス~ (2, 0.0%)

1 な気, な気分

▼ ふとリズム~ (2, 0.0%)

2 を発見

▼ ふとレンズ~ (2, 0.0%)

1 に入った, を思ひついた

▼ ふとローラ~ (2, 0.0%)

1 はほんとう, は生真面目

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 けん森, を作意

▼ ふと一ぷく~ (2, 0.0%)

1 を思った, 吹かしたくなりたるも

▼ ふと一寸~ (2, 0.0%)

1 そぐは, 漢語が

▼ ふと一層~ (2, 0.0%)

1 いとしかつ, 面白くなる

▼ ふと一年~ (2, 0.0%)

1 です, や二年

▼ ふと一抹~ (2, 0.0%)

1 のひ, の雪

▼ ふと一日~ (2, 0.0%)

1 の労苦, の行樂

▼ ふと一時~ (2, 0.0%)

1 に気, に電流

▼ ふと一本~ (2, 0.0%)

1 の小松, の木立

▼ ふと一枚~ (2, 0.0%)

2 のレタアペイパア

▼ ふと一案~ (2, 0.0%)

1 を思い, を持ちだしました

▼ ふと一緒~ (2, 0.0%)

1 に自分, に飲み

▼ ふと一葉~ (2, 0.0%)

2 の写真

▼ ふと一軒~ (2, 0.0%)

1 の出窓, の茶店

▼ ふと三台~ (2, 0.0%)

1 の人力車, の洋車

▼ ふと三吉~ (2, 0.0%)

1 が眼, は耳

▼ ふと三尺~ (2, 0.0%)

2 とは離れ

▼ ふと三日月~ (2, 0.0%)

1 の光, を旅空

▼ ふと三木~ (2, 0.0%)

2 が東北

▼ ふと下宿~ (2, 0.0%)

2 の二階

▼ ふと下島~ (2, 0.0%)

1 がその, が其席

▼ ふと下腹~ (2, 0.0%)

1 から注意, へ口

▼ ふと不愍~ (2, 0.0%)

1 を感じた, を覚えた

▼ ふと不浄~ (2, 0.0%)

1 に起き, のこと

▼ ふと不用意~ (2, 0.0%)

1 でもない, に洩

▼ ふと両手~ (2, 0.0%)

1 に籠, を口

▼ ふと丸亀~ (2, 0.0%)

2 から逐電

▼ ふと二三日前~ (2, 0.0%)

1 のこと, の難問

▼ ふと云う~ (2, 0.0%)

1 ても夫, ような

▼ ふと亭主~ (2, 0.0%)

1 がみんな飮ん, は皮肉

▼ ふと人形~ (2, 0.0%)

1 の狂言, の胸

▼ ふと人生~ (2, 0.0%)

1 の一齣, は全く

▼ ふと仄明り~ (2, 0.0%)

1 に漾, に漾つて

▼ ふと仏壇~ (2, 0.0%)

1 の方, を見る

▼ ふと伊東~ (2, 0.0%)

1 が立っ, が顔

▼ ふと佇ん~ (2, 0.0%)

1 で, でそれ

▼ ふと体裁~ (2, 0.0%)

1 がいい, の好い

▼ ふと何氣~ (2, 0.0%)

1 ない風, なく顏

▼ ふと何處~ (2, 0.0%)

1 かの豫言者, か一味

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 の瞳, の視線

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 が何, はそれ

▼ ふと信ずる~ (2, 0.0%)

1 さ, 風習は

▼ ふと信一~ (2, 0.0%)

1 が言った, も一緒

▼ ふと信一郎~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ ふと修一~ (2, 0.0%)

1 ははじめて, は不憫

▼ ふと俳句~ (2, 0.0%)

1 と比較, の話

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 は右, ましいわが子

▼ ふと僅か~ (2, 0.0%)

1 な青空, に笑

▼ ふと僕等~ (2, 0.0%)

1 がどんなに, の頭

▼ ふと兄貴~ (2, 0.0%)

1 の後ろ姿, は俗事

▼ ふと先刻~ (2, 0.0%)

1 からのこと, の竜子

▼ ふと光子~ (2, 0.0%)

1 を思ひ出した, を思ひ出したら

▼ ふと光秀~ (2, 0.0%)

1 が座中, のす

▼ ふと六貫村~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ ふと冗談~ (2, 0.0%)

1 にいった, を云っ

▼ ふと冷たい~ (2, 0.0%)

1 ものが, 風が

▼ ふと凡て~ (2, 0.0%)

1 の動作, を彼女

▼ ふと出た~ (2, 0.0%)

1 のだ, 言葉には

▼ ふと分りかけた~ (2, 0.0%)

2 気が

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 を割り, を離れる

▼ ふと制し~ (2, 0.0%)

2 難い郷愁

▼ ふと前途~ (2, 0.0%)

1 にヒイイン, にヒイヽン

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 の美, 彌は

▼ ふと勘次~ (2, 0.0%)

1 の家, は格子内

▼ ふと北の方~ (2, 0.0%)

2 を眺めた

▼ ふと医者~ (2, 0.0%)

1 のチャック, のチヤツク

▼ ふと十吉~ (2, 0.0%)

1 の姿, はさ

▼ ふと十四五年以来~ (2, 0.0%)

2 いつも親和力

▼ ふと千代子~ (2, 0.0%)

1 が曾, の夢

▼ ふと千浪~ (2, 0.0%)

1 ではない, や兄

▼ ふと千鶴子~ (2, 0.0%)

1 が自分, のこと

▼ ふと半蔵~ (2, 0.0%)

1 は歩き, は町

▼ ふと卜翁~ (2, 0.0%)

1 は云い出した, は話

▼ ふと即ち~ (2, 0.0%)

1 率意派の, 良國民を

▼ ふと厚い~ (2, 0.0%)

2 封書を

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 なもの, な気持

▼ ふと友達~ (2, 0.0%)

1 にこの, のこと

▼ ふと古い~ (2, 0.0%)

1 ことだ, 記憶の

▼ ふと古代希臘~ (2, 0.0%)

2 の或

▼ ふと可憐~ (2, 0.0%)

1 な心, に見えた

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 樣大した, 樣翼を

▼ ふと同様~ (2, 0.0%)

1 であ, に女

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 のある, をかり

▼ ふと名人~ (2, 0.0%)

1 が荒れ狂っ, の目

▼ ふと名案~ (2, 0.0%)

1 が浮かん, が浮んだ

▼ ふと向う側~ (2, 0.0%)

1 のビルディング, の絶壁

▼ ふと君枝~ (2, 0.0%)

1 がおしめ, の横顔

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 とを料らず, はじめてと

▼ ふと呉線~ (2, 0.0%)

2 は明日

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 のところ, まで出

▼ ふと四月一日~ (2, 0.0%)

1 が來, であること

▼ ふと四角~ (2, 0.0%)

2 の部屋

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 に当, をちらりと

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 の掟, を出る

▼ ふと土間~ (2, 0.0%)

1 の安, を見る

▼ ふと地下~ (2, 0.0%)

1 で盛ん, の白骨

▼ ふと地平~ (2, 0.0%)

2 の端

▼ ふと坊さん~ (2, 0.0%)

1 の寒, は背

▼ ふと堀田~ (2, 0.0%)

1 はワツ, も

▼ ふと塩野~ (2, 0.0%)

1 と佐佐, も真紀子

▼ ふと変調~ (2, 0.0%)

2 をきたした

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 の夜, の軒端

▼ ふと夜空~ (2, 0.0%)

1 に流星, を仰ぐ

▼ ふと夢中~ (2, 0.0%)

1 だが, の出来事

▼ ふと大きく~ (2, 0.0%)

1 溜息を, 胸を

▼ ふと大山~ (2, 0.0%)

1 の宿, は十分

▼ ふと大概~ (2, 0.0%)

1 の場合, は二人

▼ ふと大病~ (2, 0.0%)

1 に取, に罹った

▼ ふと天下~ (2, 0.0%)

1 の惡文, の騷ぎにならうも

▼ ふと天幕~ (2, 0.0%)

1 の中, の平たい

▼ ふと奇蹟的~ (2, 0.0%)

1 に助, に助かっ

▼ ふと奥さん~ (2, 0.0%)

1 が叔父, へのお

▼ ふと女たち~ (2, 0.0%)

1 にはやるせなかっ, の眼

▼ ふと好い~ (2, 0.0%)

1 わレデイメイド, 路に

▼ ふと好奇~ (2, 0.0%)

1 な眼, の心

▼ ふと娘たち~ (2, 0.0%)

1 の云, の群れ

▼ ふと婦人~ (2, 0.0%)

1 がさる, の方

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 が窓, の真面目

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 な気, な顔

▼ ふと嫌悪~ (2, 0.0%)

1 の情, を感じた

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 のこと, は父

▼ ふと宇治~ (2, 0.0%)

1 の嫌悪, の心

▼ ふと安らか~ (2, 0.0%)

2 な思考

▼ ふと定子~ (2, 0.0%)

1 の事, を懐妊

▼ ふと室内~ (2, 0.0%)

1 に衣ずれ, の鏡

▼ ふと宮城~ (2, 0.0%)

2 の前

▼ ふと寂しく~ (2, 0.0%)

1 させた, なった

▼ ふと富士~ (2, 0.0%)

1 やサクラ, を眺めた

▼ ふと富子~ (2, 0.0%)

1 の横ッ面, の顔

▼ ふと寒く~ (2, 0.0%)

1 なって, はない

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 がえり, 覚の

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 に愉快, に痛く

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 のお, の縁

▼ ふと将門~ (2, 0.0%)

1 のむかし話, は馬

▼ ふと小さい~ (2, 0.0%)

1 おもち, 噂が

▼ ふと小一郎~ (2, 0.0%)

1 は気, は誘惑

▼ ふと小唄~ (2, 0.0%)

1 や爪彈, を耳

▼ ふと小女~ (2, 0.0%)

1 はべつに, を己

▼ ふと小娘~ (2, 0.0%)

1 の気, の温情

▼ ふと小径~ (2, 0.0%)

1 の曲り角, へ出た

▼ ふと小田~ (2, 0.0%)

1 の顔, をからかっ

▼ ふと小説~ (2, 0.0%)

1 と解する, のこと

▼ ふと居酒屋~ (2, 0.0%)

1 で知りあった, の広間

▼ ふと屋根~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ ふと山崎~ (2, 0.0%)

1 の陰鬱, は陳

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 の事, は

▼ ふと岸本~ (2, 0.0%)

2 はその

▼ ふと島田君~ (2, 0.0%)

1 にきまづい, や有馬君

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 の方, の袂

▼ ふと差出人~ (2, 0.0%)

2 の名前

▼ ふと巴里~ (2, 0.0%)

1 の空, の霧

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 の隅, をはずし

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 の間, をし

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 のうしろ, を出

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 の傲岸, 規を

▼ ふと幸福~ (2, 0.0%)

1 に充たされず, をお

▼ ふと庄吉~ (2, 0.0%)

1 は見た, もつづけました

▼ ふと店先~ (2, 0.0%)

1 で茶, を過ぎ

▼ ふと庭さき~ (2, 0.0%)

1 の菊一輪, を見る

▼ ふと建物~ (2, 0.0%)

1 が切れ, の窓

▼ ふと弓子~ (2, 0.0%)

1 との約束, の言葉

▼ ふと引く~ (2, 0.0%)

1 やうな, 様な

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 から流れる, 之丞

▼ ふと後で~ (2, 0.0%)

1 俺が, 酷いぞ

▼ ふと心づけ~ (2, 0.0%)

1 ば小さな, ば車

▼ ふと心中~ (2, 0.0%)

1 つかえるもの, に何やら

▼ ふと心付く~ (2, 0.0%)

1 と何者, と消えた

▼ ふと忙しい~ (2, 0.0%)

2 眼に

▼ ふと念頭~ (2, 0.0%)

1 に描きだし, に浮んだ

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 ろしい, ろしく

▼ ふと怖く~ (2, 0.0%)

2 なって

▼ ふと思いうかべ~ (2, 0.0%)

1 て李陵, 刀の

▼ ふと思いこむ~ (2, 0.0%)

2 と順平

▼ ふと思いたった~ (2, 0.0%)

1 ことが, のであった

▼ ふと思い付き~ (2, 0.0%)

1 てまず, の悪戯

▼ ふと思い出された~ (2, 0.0%)

1 からです, のは

▼ ふと思い当る~ (2, 0.0%)

2 ことが

▼ ふと思い浮かんだ~ (2, 0.0%)

1 のでそれ, 一つの

▼ ふと思い返し~ (2, 0.0%)

1 てみる, て丹念

▼ ふと思い附いた~ (2, 0.0%)

1 というの, ように

▼ ふと思うた~ (2, 0.0%)

1 が深く, ので

▼ ふと思ひあたる~ (2, 0.0%)

1 ことが, ところが

▼ ふと思ひつき~ (2, 0.0%)

1 てする, 天勝の

▼ ふと思ひ出された~ (2, 0.0%)

1 のである, 或る

▼ ふと思ひ浮んだ~ (2, 0.0%)

1 一事が, 此話若し

▼ ふと思案~ (2, 0.0%)

1 したが, するよう

▼ ふと恐く~ (2, 0.0%)

1 なって, は偏頗

▼ ふと恐ろしく~ (2, 0.0%)

1 なって, なりました

▼ ふと恭一~ (2, 0.0%)

1 に対してつぎ, はからだ

▼ ふと息ぬき~ (2, 0.0%)

2 をする

▼ ふと悟空~ (2, 0.0%)

1 は, はどう

▼ ふと悲しみ~ (2, 0.0%)

1 を覚えける, を覚えた

▼ ふと意殆ど~ (2, 0.0%)

2 同じい

▼ ふと愛嬌~ (2, 0.0%)

1 があつ, のい

▼ ふと愛聖館~ (2, 0.0%)

2 の掲示板

▼ ふと感じられた~ (2, 0.0%)

1 のである, のでした

▼ ふと感ずる~ (2, 0.0%)

1 感傷的な, 淡い香り

▼ ふと~ (2, 0.0%)

2 みを

▼ ふと懐しい~ (2, 0.0%)

1 人の, 気持が

▼ ふと懐ろ~ (2, 0.0%)

2 の金

▼ ふと懐中~ (2, 0.0%)

1 へ手, を捜

▼ ふと我家~ (2, 0.0%)

1 の召使, へ探索

▼ ふと戦死~ (2, 0.0%)

1 した徳蔵さん, ということ

▼ ふと戯曲~ (2, 0.0%)

1 を味, を書い

▼ ふと戸口~ (2, 0.0%)

1 が開きました, で振り返った

▼ ふと戻っ~ (2, 0.0%)

1 て, て来る

▼ ふと手枕~ (2, 0.0%)

1 になった, を外し

▼ ふと手許~ (2, 0.0%)

1 にあった, にあつ

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 には忘れます, に触れ

▼ ふと抱いた~ (2, 0.0%)

1 さっきの, 意外な

▼ ふと押入れ~ (2, 0.0%)

1 のもの, をあけ

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 顧って, 顧る

▼ ふと振りむく~ (2, 0.0%)

1 と喜美子, と宿

▼ ふと振向いた~ (2, 0.0%)

1 が蒲原氏, 中院

▼ ふと揺れ~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐる

▼ ふと支那服~ (2, 0.0%)

1 が左官, の彼女

▼ ふと放心~ (2, 0.0%)

1 から呼び醒まされた, して

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 はざる, ひの

▼ ふと教員室~ (2, 0.0%)

1 にはいっ, の中

▼ ふと料理場~ (2, 0.0%)

1 から顔, の入口

▼ ふと断末魔~ (2, 0.0%)

2 の音色

▼ ふと斯く~ (2, 0.0%)

1 いへる聲, の如き

▼ ふと方向~ (2, 0.0%)

1 を変え, を間違

▼ ふと日吉~ (2, 0.0%)

1 は耳, を顧み

▼ ふと日清戦争~ (2, 0.0%)

2 の当時

▼ ふと日頃~ (2, 0.0%)

1 の煩悶, 内しょ

▼ ふと早速~ (2, 0.0%)

1 云った, 案内し

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 が流れ, の影

▼ ふと映った~ (2, 0.0%)

2 のは

▼ ふと昼間~ (2, 0.0%)

1 の光景, 見た絵本

▼ ふと昼飯~ (2, 0.0%)

1 の膳, の食パン

▼ ふと時男さん~ (2, 0.0%)

1 はしばらく, は立ちあが

▼ ふと暖かい~ (2, 0.0%)

1 息が, 春の

▼ ふと暗く~ (2, 0.0%)

1 なった, なりかけた焚火明り

▼ ふと暫し~ (2, 0.0%)

2 沈吟し

▼ ふと暮れ明日~ (2, 0.0%)

2 またかく

▼ ふと更に~ (2, 0.0%)

1 三つの, 色々に

▼ ふと書物~ (2, 0.0%)

1 から顔, をひらく

▼ ふと最後~ (2, 0.0%)

2 の一節

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 仰つたら震, 竹では

▼ ふと有村~ (2, 0.0%)

1 が隙, のうしろ

▼ ふと望み~ (2, 0.0%)

2 にやぶれた

▼ ふと木の葉~ (2, 0.0%)

1 が出, の繁み

▼ ふと木崎~ (2, 0.0%)

1 には悲しかっ, を想い出し

▼ ふと木村~ (2, 0.0%)

1 という友達, を思いやった

▼ ふと未だ~ (2, 0.0%)

1 一言も, 意識に

▼ ふと本気~ (2, 0.0%)

1 にし, に怒り

▼ ふと本能的~ (2, 0.0%)

1 な怯えを, に自衛

▼ ふと杉野子爵~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ ふと来る~ (2, 0.0%)

1 気に, 途中雪の

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 をおい, を置い

▼ ふと東北~ (2, 0.0%)

1 に地蔵鳳凰二山, の郷土

▼ ふと松岡~ (2, 0.0%)

1 の顔, を訪ね

▼ ふと松林~ (2, 0.0%)

1 を思い出した, を思ひ出した

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 を擡げた, を擡げる

▼ ふと果して~ (2, 0.0%)

1 棘に, 蒼面白髪の

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 にか, にかかっ

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 に眼, は顔

▼ ふと栄三郎~ (2, 0.0%)

1 が気がつく, の心

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 の咲い, の香

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 はこの, はすべて

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 の上, の隅

▼ ふと樽野~ (2, 0.0%)

1 の胸, も堪らなく

▼ ふと橋本~ (2, 0.0%)

1 がソラ, も其気

▼ ふと橋梁~ (2, 0.0%)

2 が現れる

▼ ふと正三~ (2, 0.0%)

2 は壮烈

▼ ふと正直~ (2, 0.0%)

1 な本心, のところ

▼ ふと正面~ (2, 0.0%)

1 の床の間, を切っ

▼ ふと此ん~ (2, 0.0%)

1 なこと, な夢想

▼ ふと武士~ (2, 0.0%)

1 はく, は去年

▼ ふと~ (2, 0.0%)

2 を停め

▼ ふと歩み~ (2, 0.0%)

1 をとどめ, を止めた

▼ ふと~ (2, 0.0%)

2 んど

▼ ふと母さん~ (2, 0.0%)

2 に叱られます

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 だが, になる

▼ ふと民子~ (2, 0.0%)

1 の胸, は立ち止つた

▼ ふと気味~ (2, 0.0%)

1 のわるい, わるい笑い声

▼ ふと気味悪く~ (2, 0.0%)

1 て近づけぬ, なった

▼ ふと気紛れ~ (2, 0.0%)

1 に思いついた, に思ひついた

▼ ふと水の上~ (2, 0.0%)

1 へ眼, を一日ぢ

▼ ふと水音~ (2, 0.0%)

1 が耳, に眼

▼ ふと汗ばんだ~ (2, 0.0%)

1 腋の, 赤ら顔の

▼ ふと汗まみれ~ (2, 0.0%)

2 の正

▼ ふと江戸~ (2, 0.0%)

1 の商人, の戯作者

▼ ふと沈黙~ (2, 0.0%)

1 が来た, におちた

▼ ふと~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ ふと河合寸翁~ (2, 0.0%)

2 は山陽

▼ ふと油燈~ (2, 0.0%)

2 の光

▼ ふと泛ん~ (2, 0.0%)

1 だり於通, で来た

▼ ふと洩れ~ (2, 0.0%)

2 て時

▼ ふと浮き~ (2, 0.0%)

1 あがりました, 上る彼

▼ ふと浮び出し~ (2, 0.0%)

1 さうなもの, そうな

▼ ふと浮ぶ~ (2, 0.0%)

1 例を, 様に

▼ ふと海豚叢書~ (2, 0.0%)

2

▼ ふと涙ぐましく~ (2, 0.0%)

1 なって, なるの

▼ ふと涙ぐん~ (2, 0.0%)

1 だりした, で

▼ ふと涙ぐんだ~ (2, 0.0%)

1 のを, 先生も

▼ ふと源吉~ (2, 0.0%)

1 はそれと, はエヘ

▼ ふと滑稽~ (2, 0.0%)

1 で堪らない, なしかし

▼ ふと激しい~ (2, 0.0%)

1 嫉妬に, 眸ざし

▼ ふと灌木~ (2, 0.0%)

2 の側

▼ ふと無く~ (2, 0.0%)

1 それと, 革命が

▼ ふと燃え~ (2, 0.0%)

1 ていた, 上つた

▼ ふと爺さん~ (2, 0.0%)

1 は目, は種

▼ ふと物哀れ~ (2, 0.0%)

2 に耳

▼ ふと狂人~ (2, 0.0%)

1 と天才, のやう

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 それから狐, の糞

▼ ふと猶予~ (2, 0.0%)

1 ったの, ったよう

▼ ふと玩具~ (2, 0.0%)

1 のこと, を見せられ

▼ ふと珍しく~ (2, 0.0%)

1 一節切の, 思ったの

▼ ふと現に~ (2, 0.0%)

1 返った, 返った後醍醐

▼ ふと現れ~ (2, 0.0%)

1 てゐた, て私

▼ ふと現在~ (2, 0.0%)

1 の下宿, の彼

▼ ふと理由~ (2, 0.0%)

1 ない遠慮, なくホッ

▼ ふと男の子~ (2, 0.0%)

1 はすぐ, も少し

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 がき出した, の事

▼ ふと番頭~ (2, 0.0%)

1 は狡い, らしい四十恰好

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 いたもの, のやう

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 しい物音, る事

▼ ふと異常~ (2, 0.0%)

1 な興奮, を感じた

▼ ふと疑い~ (2, 0.0%)

1 が湧かなく, が閃いた

▼ ふと疑問~ (2, 0.0%)

1 が湧いた, が起った

▼ ふと病床~ (2, 0.0%)

1 に就いた, の枕元

▼ ふと痩せた~ (2, 0.0%)

1 女の, 肩を

▼ ふと白い~ (2, 0.0%)

1 ベッドの, 雨の

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 が声, は声

▼ ふと皮肉~ (2, 0.0%)

1 な微笑, めいた顔付

▼ ふと直ぐに~ (2, 0.0%)

1 巡警, 彼の

▼ ふと真顔~ (2, 0.0%)

1 にかえって, になる

▼ ふと眠り~ (2, 0.0%)

1 から目ざめた, がさめ

▼ ふと眼下~ (2, 0.0%)

1 の甲賀山中, の谷底

▼ ふと瞑目~ (2, 0.0%)

1 から醒める, した

▼ ふと知った~ (2, 0.0%)

1 態に, 本場の

▼ ふと知らない~ (2, 0.0%)

1 といふ, 横丁を

▼ ふと短い~ (2, 0.0%)

1 サイレンの, 小説を

▼ ふと石川~ (2, 0.0%)

1 と今夜議論, は火

▼ ふと破れし~ (2, 0.0%)

2 嚢を

▼ ふと社長~ (2, 0.0%)

1 の妻君, の左

▼ ふと禅超~ (2, 0.0%)

1 の方, は錦木

▼ ふと私自身~ (2, 0.0%)

1 が今, の初

▼ ふと~ (2, 0.0%)

2 らしい寂しい

▼ ふと種々~ (2, 0.0%)

1 の事情, 喧しいこと

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 するなどは, せられて

▼ ふと空漠~ (2, 0.0%)

2 とした

▼ ふと突然~ (2, 0.0%)

1 に立ち止った, 上体を

▼ ふと立ちすくむ~ (2, 0.0%)

2 ことが

▼ ふと立ち上~ (2, 0.0%)

1 つて歩きはじめる, つて窓の

▼ ふと立ち停まっ~ (2, 0.0%)

1 て件, て誰

▼ ふと立ち止っ~ (2, 0.0%)

1 て眼, て顧みた

▼ ふと立ち止まる~ (2, 0.0%)

1 と何, と大きな

▼ ふと立ち聞き~ (2, 0.0%)

1 したそんな, したの

▼ ふと童子~ (2, 0.0%)

1 にこう, の手

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 の封筒, の袴

▼ ふと紛れ込む~ (2, 0.0%)

1 山脈の, 神も

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 にかはつた, の一本

▼ ふと紫色~ (2, 0.0%)

1 の空, を帯び

▼ ふと細君~ (2, 0.0%)

1 が自ら玄關, は意

▼ ふと結末~ (2, 0.0%)

1 になつて, に近い

▼ ふと給仕~ (2, 0.0%)

1 は悧巧, をよん

▼ ふと練兵場~ (2, 0.0%)

2 の柳

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 が当る, が當

▼ ふと署名~ (2, 0.0%)

2 のところ

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 のこと, のカレー料理

▼ ふと美しい~ (2, 0.0%)

1 ラプンツェル, 着物は

▼ ふと美しく~ (2, 0.0%)

2 刈り込まれた生籬

▼ ふと群衆~ (2, 0.0%)

2 のなか

▼ ふと義姉~ (2, 0.0%)

2 の浜子

▼ ふと義雄~ (2, 0.0%)

1 のあ, は氣

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 が身, 父さんは

▼ ふと老婆~ (2, 0.0%)

1 は千鶴子, をはじめ

▼ ふと老爺~ (2, 0.0%)

1 が真夜中, は直ぐ

▼ ふと老臣~ (2, 0.0%)

1 の佐渡, の林佐渡

▼ ふと考えこむ~ (2, 0.0%)

1 とかなにかごく, ふうであった

▼ ふと考え及んだ~ (2, 0.0%)

1 その一事, のは

▼ ふと考え込ん~ (2, 0.0%)

1 でいた, で口

▼ ふと聞える~ (2, 0.0%)

2

▼ ふと聞きつけ~ (2, 0.0%)

1 てぎろりその眼, て何心

▼ ふと聞き込んだ~ (2, 0.0%)

1 のは, 安南皇帝

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 に出した, 大いにあがる

▼ ふと聴き~ (2, 0.0%)

1 てうれしかりし, 耳を

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 を向け, を延ばした

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 に絲, の裏

▼ ふと脚下~ (2, 0.0%)

1 に夢, を見る

▼ ふと脱衣場~ (2, 0.0%)

1 の戸, の棚

▼ ふと脳裡~ (2, 0.0%)

1 に描く, を掠めた

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 に落ちない, に落ちぬらしく

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 が竹童, にさわる

▼ ふと自分自身~ (2, 0.0%)

1 でこみ上げ, を返り見る

▼ ふと自殺~ (2, 0.0%)

1 が頭, する理由

▼ ふと致し~ (2, 0.0%)

1 てみ, 相愼め

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 に乗っ, に乘

▼ ふと舞台~ (2, 0.0%)

1 の上, の方

▼ ふと舟入川口町~ (2, 0.0%)

2 の姉

▼ ふと船頭~ (2, 0.0%)

1 の金助, は

▼ ふと良から~ (2, 0.0%)

1 ぬ考, ぬ考え

▼ ふと良心~ (2, 0.0%)

2 の鏡

▼ ふと芳子~ (2, 0.0%)

1 は今急, は夫

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 主人の, 松屋惣七の

▼ ふと若者~ (2, 0.0%)

1 は機嫌, は足

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 もなく, 困も

▼ ふと苦悩~ (2, 0.0%)

2 の度

▼ ふと茅野雄~ (2, 0.0%)

1 はこう, は浪江

▼ ふと茫として~ (2, 0.0%)

1 しまふ, 遠い回顧

▼ ふと落ち~ (2, 0.0%)

1 てゆく, てゐた

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 古人は, 古滿洲

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 ぼんやりした, 月夜の

▼ ふと薄寒い~ (2, 0.0%)

1 のに, 感じが

▼ ふと藤吉郎~ (2, 0.0%)

1 のほう, は

▼ ふと蘿月~ (2, 0.0%)

2 は何

▼ ふと蝋燭~ (2, 0.0%)

1 の光, の焔

▼ ふと蝙蝠~ (2, 0.0%)

1 が来, のよう

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 の方, を歩い

▼ ふと西~ (2, 0.0%)

1 の方, むいて

▼ ふと西洋~ (2, 0.0%)

1 にひよこ, のもの

▼ ふと見える~ (2, 0.0%)

1 ね, 氷河の

▼ ふと見つけ出した~ (2, 0.0%)

1 のが, のであった

▼ ふと見上げた歪んだ~ (2, 0.0%)

2 松田さんの

▼ ふと見付けた~ (2, 0.0%)

1 のである, のも

▼ ふと見出し~ (2, 0.0%)

1 て咄嗟, て苦心

▼ ふと見出した~ (2, 0.0%)

1 からである, 時の

▼ ふと見物~ (2, 0.0%)

1 がしきりに, に出た

▼ ふと覗い~ (2, 0.0%)

1 てみる, てゐる

▼ ふと覗き~ (2, 0.0%)

1 見に, 込んで

▼ ふと覚め~ (2, 0.0%)

1 ていずれ, てかき

▼ ふと親父さん~ (2, 0.0%)

2 に叱かられます

▼ ふと親王~ (2, 0.0%)

1 はわが, は燭

▼ ふと解し~ (2, 0.0%)

1 てゐる, て来た

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 るれば, れさせ人家

▼ ふと記憶~ (2, 0.0%)

1 に上つて來, を掠め

▼ ふと訣ら~ (2, 0.0%)

1 ない理由, ぬが

▼ ふと訪れ~ (2, 0.0%)

1 て, て來

▼ ふと誘惑~ (2, 0.0%)

1 でさえあった, をおぼえた

▼ ふと語弊~ (2, 0.0%)

1 があります, がある

▼ ふと誦経~ (2, 0.0%)

2 をやめ

▼ ふと読者~ (2, 0.0%)

1 はもう, は正直

▼ ふと警部~ (2, 0.0%)

1 の頭, は和服

▼ ふと豹一~ (2, 0.0%)

1 のこと, はあれ

▼ ふと赤く~ (2, 0.0%)

1 なつた眼, 見えたという

▼ ふと赤井~ (2, 0.0%)

1 が三高, が二人

▼ ふと起る~ (2, 0.0%)

1 この面彼面, となかなか

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 のほとり, の角

▼ ふと踊り子~ (2, 0.0%)

2 とは別

▼ ふと車中~ (2, 0.0%)

1 で見た, を見たかれ

▼ ふと車夫~ (2, 0.0%)

1 にすぐ, の背中

▼ ふと軍治~ (2, 0.0%)

1 はふり, を引き立てる

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 に乾した, に懸け

▼ ふと近づい~ (2, 0.0%)

2 て来る

▼ ふと述懐~ (2, 0.0%)

1 しながら, めいた眼

▼ ふと迷っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, てそして

▼ ふと迷った~ (2, 0.0%)

1 からだった, のだ

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 の上, の片側

▼ ふと連想~ (2, 0.0%)

1 されるかも, したこと

▼ ふと遠い冷たい~ (2, 0.0%)

2 北の方で

▼ ふと遠く~ (2, 0.0%)

1 に聞える, の竹林

▼ ふと選び~ (2, 0.0%)

2 そしてそれ

▼ ふと邂逅~ (2, 0.0%)

1 して, すること

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 に帰りたくなる, のバア

▼ ふと酔眼~ (2, 0.0%)

1 に火, をみひらい

▼ ふと醒めた~ (2, 0.0%)

1 のは, 自分に

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 のお, へ出れ

▼ ふと野戦~ (2, 0.0%)

2 のあり

▼ ふと金造~ (2, 0.0%)

2 の顔

▼ ふと~ (2, 0.0%)

2 の手

▼ ふと錯覚~ (2, 0.0%)

1 にさせ, を起させた

▼ ふと鍛冶屋~ (2, 0.0%)

1 は不意, は接吻

▼ ふと鎭まつ~ (2, 0.0%)

2

▼ ふと鏡台~ (2, 0.0%)

1 の前, の小さな

▼ ふと長い~ (2, 0.0%)

1 しずけさ, 虫の

▼ ふと長吉~ (2, 0.0%)

2 の組

▼ ふと門口~ (2, 0.0%)

1 にさした, に待っ

▼ ふと閃い~ (2, 0.0%)

1 ていた, て過ぎる

▼ ふと閃いた~ (2, 0.0%)

1 からである, ものが

▼ ふと閉し~ (2, 0.0%)

1 ていた, てゐた

▼ ふと開いた~ (2, 0.0%)

1 襖から, 門から

▼ ふと開け~ (2, 0.0%)

1 てあの, てみ

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 のなか, のまま

▼ ふと陶器師~ (2, 0.0%)

1 は振り返った, は耳

▼ ふと陽子~ (2, 0.0%)

1 のこと, の自尊心

▼ ふと随分~ (2, 0.0%)

1 厚いの, 笑ふ

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 漏る光, 見したの

▼ ふと隣家~ (2, 0.0%)

2 の豚

▼ ふと雨音~ (2, 0.0%)

1 のしずまった, のなか

▼ ふと電話~ (2, 0.0%)

1 での小郷, のベル

▼ ふと電車~ (2, 0.0%)

1 の中, の囘數劵一枚

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 の御, の絶間

▼ ふと青葉若葉~ (2, 0.0%)

2 の日

▼ ふと~ (2, 0.0%)

2 のあたり

▼ ふと頭上~ (2, 0.0%)

1 で水, の星空

▼ ふと頼り~ (2, 0.0%)

1 ない眼, なくな

▼ ふと風邪~ (2, 0.0%)

1 に冒され, を引い

▼ ふと飛び出した~ (2, 0.0%)

1 儘昼飯は, 儘晝飯は

▼ ふと食べない~ (2, 0.0%)

2 で居る

▼ ふと首くくり~ (2, 0.0%)

1 を思いだし, を思ひだし

▼ ふと香雲~ (2, 0.0%)

1 は, はうるささうに

▼ ふと馬賊~ (2, 0.0%)

2 が気がつい

▼ ふと駕籠~ (2, 0.0%)

1 の窓, を急がせ

▼ ふと驚異~ (2, 0.0%)

1 のもの, の表情

▼ ふと高い~ (2, 0.0%)

1 空を, 聲で

▼ ふと高氏~ (2, 0.0%)

1 の目, を心づかせた

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 の長い, を解く

▼ ふと魅力~ (2, 0.0%)

2 を感じた

▼ ふと魏法師~ (2, 0.0%)

2 の戒め

▼ ふと魔法~ (2, 0.0%)

1 とかいうの, のやう

▼ ふと鳴き~ (2, 0.0%)

2 止みくぐみ

▼ ふと鴨居~ (2, 0.0%)

1 の額, を見る

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 は頭, を彫る

▼ ふと麻布~ (2, 0.0%)

1 で茶の湯, の

▼ ふと黒い~ (2, 0.0%)

1 きれいな, 空を

▼ ふと黒く~ (2, 0.0%)

1 蠢いたの, 蠢いた気配

▼ ふと~ (2, 0.0%)

1 しくひつくり返つて, しく俄然

▼1* [4038件]

ふと〇・〇〇五の極量, ふとあいつが厭, ふとあえかな螢火, ふとあえいでいました, ふとあおぐと武蔵, ふとあおむいた燕作の, ふとあがり口のべ, ふとあくびが出たく, ふとあげた顔を, ふとあすこの博品館, ふとあす早朝新聞社に内, ふとあたたかく微笑みながら, ふとあたりまえの話し声, ふとあったかい人生の, ふとあっちからやって来る, ふとあつて神八井耳命, ふとあつしは間拔, ふとあとさきおもいめぐらし候うち, ふとあと満腹してからの, ふとあはあは笑, ふとあやしんだほどである, ふとあらはる, ふとあらゆる病氣が, ふとあらわにし, ふとあるいはながひめ, ふとあれこれと世話, ふとあわれな人間的述懐を, ふとあわれみそうな, ふとあんたのほか, ふとあんまり戦争の, ふとあゝあのひと, ふといかんしゃくすじがムクムク, ふといきまく弱ったことである, ふといくらか饒舌, ふといけないから, ふといじらしかった, ふといじらしくなって, ふといたしませうよ, ふといたずらめいたこと, ふといたずら心に, ふといたずら者らしくこんな, ふといってしまった, ふといつか飛び込んだこと, ふといつか同僚の波越八弥, ふといつか夢の中, ふといつか幼年画報に出, ふといつか幾島の前, ふといつか松井がこれ, ふといつか涙が瞼, ふといつか自分は無花果, ふといつの間にか疑問の, ふといとはしい, ふといとこからはもう, ふといとしいとも釈ける, ふといふだらうが現状, ふといふでもなく, ふといふべきであつて, ふといふ人の日記, ふといふ名がついてた, ふといふ案は先づ, ふといふ者も沢山, ふといふ者多くは趣味, ふといふ話はこれ, ふといふ驚くべき殘酷振りを, ふといま玄徳は思い出し, ふといま言ふべき言葉, ふといみきをするする, ふといんにやさう, ふとうしろ姿を見送り, ふとうたがいをおこした, ふとうつったものは, ふとうつつに返っ, ふとうつとりと羨望的, ふとうつらうつらと蛇籠, ふとうつろになる, ふとうなだれて, ふとうなだれたがやがてきっと, ふとうなづいてゐた, ふとうまやの向こう, ふとうまい以上に, ふとうらがれた大部屋女優の, ふとうら悲しくもなる, ふとうれしかった, ふとうんとスピードを, ふとええその位, ふとえらく寺の, ふとえろう早え, ふとおかあさんが, ふとおかしいと思った, ふとおきぬが不憫, ふとおくれてしまった, ふとおしげは感情, ふとおしだまって顔, ふとおじさんの方, ふとおすゑはひとのよささうに少し, ふとおそろしく茫大無比な, ふとおぞましくうらがなしくも見え, ふとおとなしく退去し, ふとおどろきめざめて, ふとおなじ部屋の, ふとおねえさまたちが, ふとおのれに勝ちえた, ふとおもい起した, ふとおもいしニやれ, ふとおもいつくと直ぐ, ふとおもい出されてくる, ふとおもしろいことを, ふとおもしろく見たの, ふとおもったままの, ふとおやぢも, ふとおろくと話す, ふとおんつぁんも勃凸, ふとお上のお, ふとお伽噺の中, ふとお前さんのやう, ふとお勝手から外, ふとお姫さまはお, ふとお婆さんは手, ふとお嬢さんの眉, ふとお嬢様は蓮葉, ふとお寺の門内, ふとお待ちなさいと, ふとお松の手紙, ふとお正月におろす, ふとお母さまの顔, ふとお母様は退屈さうに欠伸, ふとお気づきにならず過ぎる, ふとお玉の方, ふとかいま見た若主人陽吉, ふとかうして凝, ふとかうした疑惑が, ふとかう見えてももしや, ふとかかえていた, ふとかかしふとかの, ふとかかる時色鳥と, ふとかくの如き, ふとかくしにある, ふとかけたせいで, ふとかしていろ, ふとかすめ去る瞬間, ふとかすめたものが, ふとかするのが, ふとかったいに, ふとかと少しも, ふとかねて彼女, ふとかみまくとかにふ, ふとかよひなれに, ふとからかい気味に, ふとかりけり笠置山くすし, ふとかるい不安が, ふとかんがえたことという, ふとかんさんは言, ふと其だ, ふとがまんにも辛棒, ふとてあるく, ふときがつくと, ふときく想いで, ふときっと振り向く時, ふときつねの出る, ふときのう橋の上, ふときのふは要領, ふときのふ橋の上, ふときのふ玄關に脱がれ, ふときょうでき上がって, ふときりがない, ふときりぎりすの声, ふとぎこちなかった, ふとくおはしましき, ふとくすぐられるような, ふとくだんの袋, ふとくちびるに小さな, ふとくるくると巻い, ふとくれてなア, ふとぐでりんは言葉が通じないらしく, ふとぐらつきかけたが涙, ふとけたたましい烏の, ふとこうした幼時の, ふとここいらに適当, ふとことりと, ふとことによると, ふとこなたを見返り, ふとこのごろは東京, ふとこのごろ奇妙な現象, ふとこの同じ瞬間どこかの, ふとこの間乗つた自動車のラデイエエタア・キヤツプ, ふとこの間多津が口, ふとこの間隣に住ん, ふとこぼれた人間の, ふとこみあげてくる, ふとこみ上げて来た, ふとこもないけになあ, ふとこる多し, ふとこれからでも行つて謝つて來, ふとこれきり彼はどこ, ふとこわい気が, ふとこわがったのが, ふとこんどはホラチュース・コクレス, ふとこんなに易々と, ふとこんにゃく問答の神経質, ふとさあ落着かれぬ, ふとさがしている, ふとさきほどカテリーナ・イワーノヴナの, ふとさしこんでくる, ふとさしたかげ, ふとさし俯向いて, ふとさすがの伊三郎, ふとさっき古市君から聞い, ふとさっき境内できいた, ふとさっき女中が変, ふとさっき尋問の手段, ふとさっき日本の青年, ふとさつきお父さんが, ふとさつき気がついた, ふとさつき黒岩から聞いた, ふとさびしげに, ふとさびしい気も, ふとさりげない調子, ふとされたが其太一, ふとさんざんに引裂かれた, ふとさ位のポプラ, ふとしかかったのを, ふとしかし退屈男は, ふとしきをみ, ふとしきりに頭髪に, ふとしき家くらか, ふとしき樫の柄, ふとしく更にまた, ふとしくさける蠶豆の, ふとしくならむその, ふとしく立てし宮柱は, ふとしずかな空気, ふとしたが倉田, ふとしたる事より, ふとしっかり肩を, ふとしつこくなる男, ふとしとしとと書いて, ふとしなくもなかっ, ふとしばらくぶりで彼, ふとしまい際へ, ふとしましてもリヴィングストーン自身, ふとしり高天原に, ふとしんぱいそうな顔, ふとしんみりした調子, ふとすきな青年, ふとすぐまるで親類か, ふとすすけた天井から, ふとすすめられて老婆, ふとすべてが御し, ふとすべりだしてとまらなく, ふとすり寄ってギュッ, ふとすれちがつた紋服袴, ふとすれ交った商家の, ふとすれ違うたので早々, ふとすれ違った人が, ふとすゞはそんな, ふとずいぶん妙な, ふとずっと先き, ふとずゐぶん羨し, ふとば以上, ふとせかせかと清二, ふとせずに息, ふとせんか, ふとせんだってここを通っ, ふとぜひ今夜でも, ふとよ, ふとそいつは向島, ふとそっちに眼, ふとそつちを, ふとそつくりかへつて, ふとその後の自分, ふとその後俊雄の耳, ふとその道傍に雪, ふとそりや可愛らしい, ふとそれあいつたいなんだね, ふとそれから暴れ出したん, ふとそれごらん誰の世話, ふとそれつきりに, ふとそれで紙屑を, ふとそれでもつて, ふとそれなら人は, ふとそれほど絶望的な, ふとそれらのすべて, ふとそれ以上私の前, ふとそれ等の事, ふとそろそろ書いて, ふとそんぢよ其辺, ふとそん中に何, ふと鳴いたり, ふとぞくぞくすると, ふとぞんじおり候, ふとたいがいのもの, ふとたいへんなこと, ふとたかい塔の, ふとたか子は雨, ふとたしかあれは, ふとたじろがず力尽くし, ふとたじろぎ顔を, ふとたじろぐような, ふとたたずんだまま外を, ふとただ一人温泉を, ふとたちどまり二通の, ふとたつた千兩との, ふとたまらなく切ない思いを, ふとためらふ, ふとためす気持に, ふとためらいを抱いた, ふとため息を一つ, ふとたよりないこ, ふとたれかが私ども, ふとたん挫けて, ふとだいぶ水氣立つたとよりは, ふとだけである, ふとだにも御想起, ふとだま以来と言, ふとだんだん歌舞伎新劇と, ふとだんまりでむつつり屋, ふとちやうどその, ふとちやんと机, ふとちょっかいが出し, ふとちよいと妙, ふとちようどお口, ふとちらちらする動き, ふとちるまいと, ふとついと横丁へ, ふとつくりたる也, ふとつたおかみさんは, ふとつたおばあさんである, ふとつたかげで汗ふく, ふとつたくみ子の胸, ふとつたオカミさんがゐ, ふとつた女給は私, ふとつた婆さんは死んだ, ふとつた実直らしい男, ふとつた年寄と結婚, ふとつた拳を二本, ふとつた時平どん, ふとつた白蛆のやう, ふとつた石屋も香具師, ふとつた緋鯉だの真鯉, ふとつた老人だらうと, ふとつた肉体をもてあまし, ふとつた藤沢九段が全然, ふとつた顏を埋め, ふとつて何事によらず, ふとつて清治に生, ふとつて貴族や寺院, ふとつて鳴き声もへう, ふとつぶやくように, ふとつまされて, ふとつまずいた木の根か, ふとつまり食ふの, ふとつめたい床の, ふとつやの事, ふとつや子が婚礼, ふとつよい憎悪と, ふとつれて歩く, ふとつんと突き上げるもの, ふとてきめんに迷信家扱, ふとできた句である, ふとではわたしの, ふととある舞台を, ふとときどきそんなに彼は, ふととき子が, ふととたんにポンと, ふととなりのベッド, ふととにかく愉快に, ふととまったのは, ふととまどいを感じた, ふとともかくなんだか一度見, ふととも子ちゃんは頭, ふととり失なっ, ふととろんとした眼, ふととんでもない事, ふととんぼの影, ふとどういう聯想か, ふとどうしても女としか, ふとどきな人徳の, ふとどきりと蟠つたもの, ふとどの生徒にも, ふとなあんだ誰も, ふとないてゐる, ふとなかをのぞい, ふとなかなか同化力に, ふとながい並木道の, ふとなく鋭く思ひ浮べながら, ふとなぜ新賀, ふとなぜさう躍起, ふとなって来る, ふとなつかしげに私, ふとなつかしかった, ふとなにかのかげ, ふとなにがしの用, ふとなにひとつとしてはつきり, ふとなにやら白っぽい斑点, ふとなほひどくう, ふとなほ嫌はれて, ふとなまじひに, ふとなまなましい男を, ふとならその私, ふとなりかかったとき西の, ふとなんか非常に, ふとなんだか身分の, ふとにせ紅茸の, ふとにっこり笑いました, ふとにはあらなくに, ふとにやにやして, ふとぬれ鼠に, ふとねえやは両手, ふとねむくなりふらり, ふとのぞいてみます, ふとのっそりの噂, ふとのみ書きて, ふとはいへるけれどね, ふとはかない事を, ふとはじまった緘黙は, ふとはじめて気がついた一個, ふとはっきり彼の, ふとはつきり目さめた意識, ふとはなしに年, ふとはねとばされたスリッパを, ふとはまなすの生い茂る, ふとはるか下のホテル, ふとばれて侯爵, ふとばんや, ふとひいてみ, ふとひきつるような, ふとひそかなる悦び, ふとひそひそ戸口の, ふとひそめた眉の, ふとひたひに猿, ふとひとしきほどのもの, ふとひとしく乱心仕り, ふとひとつのうまい, ふとひとつ風景でも眺め, ふとひとりごとをいった, ふとひとり眼を熱く, ふとひどく淋しくなった, ふとひよんな氣, ふとひらき見したのが, ふとひらく汀の, ふとひらめくは, ふとひるがへる, ふとびいどろの船に紅, ふとびくりとして, ふとびっくりした顔, ふとびつくりしたやう, ふとび誰かあふ, ふとふすまの, ふとふたりの姿, ふとふだん口に出さない, ふとふぢ子はにこにこ, ふとふっくりするまで, ふとふつと埼子, ふとふと母が, ふとふびんがわきまし, ふとふみまよふ, ふとふりあおいだマタンの, ふとふり向いてみる, ふとふり向くと目, ふとぶっつかった準之助の, ふとへまなこと, ふとへんな話, ふとこんと, ふとべつに思い当ること, ふとべんけいが, ふとほしくなつて, ふとほりいつたいに芝居, ふとほりラムネを飲む, ふとほんとに清々する, ふとほんの一と, ふとぼけた時間つぶしの, ふとぼそぼそと話し合っ, ふとつつり一つ, ふとぽくぽくちりちりいふ, ふとぽん太の, ふとまあそんなこと, ふとまう想像な, ふとまぎれている, ふとまことにだらしも, ふとまじかのところ, ふとまじめに尋ねた, ふとますまぐろかぜ, ふとませ子さんに, ふとまだなかなか癩から, ふとまだ沢山ありますが, ふとまつたく眼にも, ふとまでの御覚悟, ふとまるでもうダラシなく, ふとまわって来, ふとまア何て, ふとみえを見つけた, ふとみかけるともう, ふとみかどの方へ笑み, ふとみせる真実の, ふとみつけて捕, ふとみとめられて奉行所, ふとみと人の來, ふとみねんごろなる, ふとみやすらかにあらせ, ふとみればやっぱり, ふとみんな道を譲る, ふとむかしのある, ふとむかむかとしてげぶり, ふとむくめきぬ, ふとむし暑い夜に, ふとむつの風呂桶, ふとむつかしくなりますので, ふとむべきものと, ふとむらむらと顔, ふとむ所よくよくに, ふとむ王は我等, ふとめぐりあった米友には, ふとめぐり逢いましたのでございます, ふとめざむれば室内の, ふとめざめてその, ふとめざめた良心の, ふともうさう言, ふともうそろそろ癩を, ふともしかしたらお母さん, ふともちろん私と, ふともっと向うを, ふともつと地味, ふともつとも今の, ふともとの女, ふともの狂ほしい弾力, ふともはや堪らなくなつ, ふともらすことが, ふともれるような, ふとやがて次第に不気嫌, ふとやしないありしよしなれ, ふとやって来て高利貸, ふとやっぱりトビ, ふとやつぱし七円だな, ふとやつぱりゆかいでした, ふとやつぱり嫌なこと, ふとやつぱり安価なるセンチメンタリスト, ふとやみそうだった, ふとやめてかの女, ふとやや鋭いしかし, ふとやり出してから今日, ふとゆき逢ったばかり, ふとゆく手にあたって, ふとゆりかさんのかわいらし, ふとゆるんだ懐ろに, ふとゆれぬ長の, ふとよし心得たと, ふとよみかえしてここ, ふとよみがえって来た, ふとよみついた人が, ふとよりは怪まれ, ふとよろけかかったのを, ふとよろしいんです, ふとよんだものに, ふとらした小羊, ふとろくな挨拶も, ふとつと男泣き, ふとわからないのである, ふとわからなくなるやうだ, ふとわかれて帰りました, ふとわきについ, ふとわき上がったものは, ふとわずらいつき労, ふとわにのこと, ふとわりあひ, ふとわれわれ日本人の罪, ふとアキ子がそんな, ふとアパ・ボレ・ボアットと云つて, ふとアヤは改まつ, ふとアリョーシャとカテリーナ・イワーノヴナ, ふとアルカージイを見る, ふとアルガン君すかさず, ふとアルコール漬けの拾い物, ふとアンポンタンを見た, ふとアーエートが死んだ, ふとイタズラにダム, ふとイタリヤで小さな, ふとイヤイヤ殿下是非も, ふとイリリヤと一緒, ふとイワン君がどう, ふとインスピレーションの様, ふとウィスキイの小, ふとウムところがと, ふとウム人違ひぢ, ふとウン娘は, ふとエマーソンが, ふとエリザが, ふとオイラン憂ひ式, ふとオカミサンの部屋, ふとオスカア・ワイルドが受刑者, ふとオヤ先あ貴, ふとオルガンティノは鶏, ふとオーレリーの奥, ふとカキ色の軽気球, ふとカザノヴァを読ん, ふとカトリックの宣教師, ふとカピがいっしょ, ふとカメラを持っ, ふとカンバスから視線, ふとガサガサと草, ふとキサマはエレイ奴, ふとキッド船長の碇泊所, ふとキッピイを思いだした, ふとキニゼイ先生も終に, ふとギルドはキリスト教, ふとクッションの隅, ふとクラスの者, ふとクヲテンは蜂, ふとケリッヒというなつかしい, ふとゲエテのこと, ふとゲエトルを忘れ, ふとコッペ先生は大声, ふとコトコトと何処, ふとコンパスが狂いだした, ふとコーヒーの匂, ふとゴルゴンゾラのチーズ, ふとサイレンが鳴りだす, ふとサンドリヨンの洗礼式, ふとシクラメンのうつくしい, ふとシャルル・デュ・ボスといふ批評家, ふとショパンのプレリュウド, ふとショルムスは傍, ふとショーウィンドウに写った, ふとシンミリ考えたの, ふとジタバタしても, ふとジャンロー袋町の街燈, ふとスカイライトから黄色い, ふとスカートの両端, ふとスタンダールも型, ふとスツポンが忽ち, ふとスティックを握る, ふとスリに就, ふとセットの待ち, ふとセヴィリヤ寺院の入口, ふとソオルの話, ふとソクラテスの伝記, ふとソバケーヴィッチの顔, ふとソフィヤ・リヴォヴナはこの, ふとゾベイダの物語, ふとダダダダダといふ心臟, ふとダンデスムという言葉, ふとチヨツキのかくし, ふとヂロリと睨ん, ふとツカツカと死體, ふとテエブルの上, ふとテラスの方, ふとデカダンめいたが, ふとトゥウェルスカヤ通りの見なれた, ふとトコヨという字, ふとトットトットという川, ふとトッドの木箱, ふとトツトトツトといふ川, ふとトランクや鞄, ふとトランプのハート, ふとトロちやんは夜店, ふとドイツ船シャジキリー号を売却, ふとドストエフスキイやプルウストみたい, ふとドツと一時, ふとドルフが出す, ふとナブ・アヘ・エリバは薄く, ふとナンキン袋を見る, ふとニタリと悪魔的, ふとニツケルの懐中時計, ふとニツコリして, ふとニヤニヤニヤニヤして, ふとニユーギニヤに渡る, ふと古着屋から, ふとノートル・ダムの石室, ふとハダカになつて, ふとハーシュは縮れ毛, ふとバアンス氏の亜米利加式, ふとバルナバスは立ちどまった, ふとパイプから視線, ふとパスカルを手, ふとパッと目, ふとパツと目, ふとパトロンのある, ふとヒステリーになり, ふとビールを燗, ふとピエェルとフロオランス, ふとピストルの形, ふとピチャピチャというぬかるみ, ふとピレネエの春, ふとピンカンウーリの阿媽さん, ふとピンカートンが残し, ふとファラデーが学問, ふとブドリはすぐ, ふとブラシを休め, ふとブランシユは忙しく, ふとブルウスカイで待っ, ふとブーフレル夫人に見られ, ふとプラットをふりかえっ, ふとプーシュキンを思い出した, ふとヘルマン・ヘッセのシッダールタ, ふとヘルメット帽の庇, ふとベツドから起き, ふとベルグソンの, ふとホツとした, ふとボブは馬, ふとボンヤリ顔をそらし, ふとボーツとした, ふとボートルレを見, ふとポクローフスキイ・ホテルの給仕, ふとポツポツ語り出した龍, ふとポーランド人の囚人, ふとマダムはさへぎつて, ふとマッカアセイが見つけた, ふとマッチを摺る, ふとマドレエヌは目, ふとマリアの死, ふとマリユスは官営馬車, ふとマントのポケツト, ふとミシュレーの端本, ふとムビウムやムーア彗星, ふとメイ子は私達, ふとメタスタジオが詩集一卷我目, ふとメルリン叮嚀に挨拶, ふとモリエエルは苦悶, ふとヤイレスポの家, ふとユキ子達が悲しむ, ふとヨシ子ちゃんの見た, ふとライオンの雄々しい, ふとラキーチンのほう, ふとラジオ店の前, ふとラスコリニコフのよう, ふとラデイゲの臨終, ふとラムプの光, ふとラム・ダスが入っ, ふとラロシフコーといふ人, ふとリツプとか云, ふとリヤカーに載せられ, ふとリユイ・ブラスが, ふとルミ子が気がついた, ふとレイモンドに飛び掛る, ふとレゼー翁は醫者, ふとロダンの, ふとロマンチストめいて, ふとロメオとジユリエツト, ふとロンパンの使い残り, ふとワイルドとかゴーチエ, ふとワッと客, ふとヴァヰオリンが厭, ふとヴェルネ・クラブでちらっと, ふとヴエルネ・クラブでちらつと, ふと一そう変な気, ふと一つ一つの撥音, ふと一つ形である, ふと一ぴきの犬, ふと一ぺんすれちが, ふと一人娘を嫁, ふと一個丁ど石高道, ふと一册の本, ふと一処に行きたがつ, ふと一切を否定, ふと一刹那ぴかりと眼, ふと一口に云, ふと一古物商の奥, ふと一同これに同意, ふと一向差支ない, ふと一子は授け, ふと一家浜下りをし, ふと一峰の中腹, ふと一年半の戦場, ふと一座の一隅, ふと一応はウンウン, ふと一旦取り上げた原稿, ふと一昨夜其の場, ふと一昨日浦和のひで子, ふと一時すみをながした, ふと一月前の青木, ふと一枚のとびら, ふと一枚戸の中門, ふと一様に恍惚, ふと一歳を加, ふと一番だいじな信念, ふと一番エライカラと言, ふと一瞬に後, ふと一種別な恐怖, ふと一種異様な愕, ふと一窓庵から先, ふと一等墓地の中, ふと一策を案じ出し, ふと一粒の涙, ふと一般なこと, ふと一般生活事象に対する認識批判, ふと一色の手紙, ふと一茶室に坐っ, ふと一萬千百圓である一萬千三百町, ふと一萬千百圓四千圓一萬五千百圓の收入, ふと一言次のやう, ふと一郎は両手, ふと一間の蚊帳, ふと一陣の狂風, ふと一面に土地河水, ふと一頭の大きな, ふと一點の赤い, ふと七八年前の彼, ふと七八間さきの闇, ふと七千六百町の中百町, ふと七宝寺の縁側, ふと万一を思い, ふと万吉の耳, ふと万太郎が顔, ふと万燈の表, ふと万葉か何, ふと万葉集のもの, ふと三人ばかりさつき, ふと三元の不幸, ふと三十分の一に足らない, ふと三十男のよう, ふと三吉さんが, ふと三好達治の詩, ふと三宅君も実に, ふと三年まえの, ふと三斎の声, ふと三日も四日, ふと三時半頃かそれとも, ふと三橋等の意見, ふと三河ながら三河, ふと三等室を出, ふと三角形の据, ふと三越の常務, ふと三造は伯父, ふと上げると登勢, ふと上げ潮に鴎, ふと上と下で顔, ふと上り口に脱ぎすてた, ふと上流社会を除いた, ふと上田先生が書簡四, ふと上田君が愛敬, ふと上記に使用, ふと上野で戦争, ふと下げて脅える, ふと下りてみる, ふと下り松の根方, ふと下女の勧めた, ふと下宿屋の庭先, ふと下水の橋, ふと下流を望む, ふと下町娘のよう, ふと下界に居る, ふと下痢し始める, ふと下種武者の畏れ, ふと下総の木更津, ふと下駄箱のかげ, ふと不公平極つた使, ふと不吉な予感, ふと不名誉にもならない, ふと不安げにこんな, ふと不安そうにわれわれ二人, ふと不審そうな眼, ふと不幸薄命に狂死, ふと不快な種, ふと不思議さうに女の顔, ふと不愉快である, ふと不憫になる, ふと不気味な恐怖, ふと不消化でやすな, ふと不規則な熱, ふと与八さんに逢った, ふと与里は急, ふと両方の縁, ふと両脚をのばしたら, ふと中佐の耳, ふと中共の飢饉, ふと中国の空, ふと中学一年級全体が一つ, ふと中学時代からの親友, ふと中学生時代沼井からその, ふと中學に合格, ふと中尉は考へました, ふと中川の指, ふと中村氏が知つて, ふと中西屋の前, ふと中風になりまし, ふと丹七が眼, ふと丹左の杖, ふと丹永のこと, ふと丹羽五郎左の死, ふと主婦の返事, ふと主役の型, ふと主税はそう, ふと久しぶりに波, ふと久し振りに大金, ふと久保田さんの注意, ふと久左衛門は呟いた, ふと久我は直ぐ, ふと乗手に気づい, ふと乗鞍に登りたくなっ, ふと合せた電車, ふと九条の女院, ふと九段坂をエンヤラヤ, ふと乱暴で昨日, ふと乳虎の怒, ふと乾き上がっている, ふと亀吉のポケット, ふと亂箱にた, ふとの殺人, ふと予想する, ふとを打明けた, ふと事件が走馬燈, ふと事務室の方, ふと二つある時計, ふと二つ三つ瞬きをした, ふと二つ巴の自分, ふと二万円といふ言葉, ふと二三反するすると, ふと二三基の墓石, ふと二三度の便り, ふと二個向合った白い, ふと二元論であ, ふと二割方光度が減じます, ふと二十一歳の闘病生活, ふと二十八九歳頃の自分, ふと二十年近くまつたく愚作, ふと二千九百圓僅に二千九百圓掛つた, ふと二口三口言葉を交, ふと二字丈け抹消, ふと二度ほど岡, ふと二旒の旌旗, ふと二日ほど前, ふと二日前の夜, ふと二歳の時, ふと二疋の白い, ふと二百円は代, ふと云い出しかねている, ふと云い出したその忌味, ふと云い過ぎたと思った, ふと云ったその言葉, ふと云つた人もある, ふと云つた我は彼, ふと云つた所が五徳同様, ふと云つた風に軽く, ふと云つて火にくべかける, ふと云ふから非常に喜ん, ふとの顔, ふと五つ六つ向うのテーブル, ふと五分も待て, ふと五十三町しか植, ふと五十嵐にこんな, ふと五年前の夏, ふと五歳になる, ふと五百の衣類, ふと井伏氏が, ふと井田は疲れた, ふと亜米利加に渡りぬ, ふとい妻, ふと亡くなったお祖父さんの, ふと亡くなつたひとの, ふと亡妻の墓, ふと亡父が死前, ふと交わした一瞬腰の, ふと交替に他, ふと京都の公卿, ふと人々の見る, ふと人こひし, ふと人なかに見つけた, ふと人なつかしげに, ふと人事の滑稽, ふと人力車が尾張町の, ふと人心ついたの, ふと人教へけり, ふと人聞きが悪い, ふと人通りの途絶えた, ふと今ここに来れる, ふと今しがた小店員が云った, ふと今しがた自分が覗いた, ふと今にも宮子が, ふと今夜のお, ふと今夜中に書き上げ, ふと今夜自分は千鶴子, ふと今宵のあなた, ふと今年の春, ふと今度福井ツていふ, ふと今彼はいつか, ふと今彼らの心, ふと今日あなたの顔, ふと今日新橋で分れた, ふと今日玄関をはいる, ふと今日理化学研究所を訪ねた, ふと今昔の感, ふと今更新しいこと, ふと今朝何かそうそう, ふと今朝秦が大辻, ふと今鏡に映った, ふと今頃はわたくし, ふと仏前を見たら, ふと仏教の世界, ふと仏様の笑顔, ふと仕事から目, ふと仕方がない, ふと仕様ぢやない, ふと他国ものの寂し, ふと仙臺樣が磯, ふと面皮を, ふと仮名の交ら, ふと仮睡の眼, ふと仰がるる那須嶽連山, ふと仰ぎ見れば翁, ふと仰むけに倒れ, ふとの滑稽, ふと任翻は, ふと伊助に似た, ふと伊勢の太, ふと伊豆は一向, ふと伊都子の腋臭, ふと伊香刀美の小わき, ふと休息を持つた, ふとつて, ふと会いもすまいかとそら, ふと会ってもどことなく, ふと会話の跡, ふとの又次郎, ふと伝へらる, ふと伝三の舌, ふと伝八の口, ふと伝六をかえりみる, ふと伝右の手, ふと伝吉は酒, ふと伝蔵に話心, ふと伯母に見出された, ふと伯爵の脳裡, ふと伯父甥で陸, ふと伸ばした兩手を, ふと伸びをした, ふと春の, ふと似たような, ふと佇むと, ふと低い垣根に, ふと佐々刑事のこと, ふと佐佐木氏が言った, ふと佐喜の浜, ふと佐渡の目, ふと佐藤春夫氏の化物屋敷, ふと佐野を見る, ふと佐野松が家出, ふとの調子, ふと何かしら侮辱を感じ, ふと何かしら身に危険, ふと何となしに, ふと何ぴとかに行き, ふと何匹か馬, ふと何十丈か崖下, ふと何年か昔, ふと何心なく耳, ふと何故か冷酷な, ふと何方よりともなく, ふと何時何処で, ふと何百というねずみ, ふと余り愉快な, ふと余り好きません, ふと余程嬉しくやがて, ふと作右衛門のこと, ふと作品は全部パリ, ふと作用しないとは, ふと作者はそれほど, ふと佳一の興味, ふと例へば以前に, ふと侍たちを顧み, ふと依岡さんの髮, ふと便所へでも立つらしい, ふとかに胸, ふと俊亮が言った, ふと俊基の室, ふと俊夫君が今, ふと俗情だけに訴, ふと保井にくどく, ふと保昌が, ふと信ぜしむる勿れ, ふと信ぜられて居る, ふと信二は小林, ふと信州の篠ノ井, ふと信州沓掛星野にある, ふと信造を見かけた, ふと向けた顎, ふと俯せてそれ, ふと俯向き乍ら下駄の歯, ふとは私, ふと倉地の手, ふとるに, ふと倫理なり教育, ふと假想すると, ふとらさ, ふと偉丈夫の腰, ふと停滞が始まる, ふと停車場に紛れ込ん, ふと健ちやんは急, ふと健三の眼, ふと健康を損じ, ふと側棚にある, ふと偶然に手, ふと偽善者めいて, ふと傅次郎は, ふと傍観者の手持ち無沙汰, ふとの破れ, ふと傭人を見た, ふとへてゐる, ふと傷寒を病ん, ふと働く外に, ふと僕たちは全く, ふと僕等人間を憐みたい気もち, ふとのこと, ふと價値のない, ふと儒教で以, ふと儒者の方, ふと優しい女の, ふと優れた教養を, ふと優越的な気持, ふと儲けもののよう, ふとの本人, ふと元旦をすぎる, ふと元結のゆるみ, ふと兄ちゃんとこの, ふと兄妹達が駈け, ふと兄弟のそば, ふと先づ概してそれ, ふと先づあの人は學者, ふと先づお役人にしたい, ふと先づ彼は彼, ふと先づ道を除け, ふと先入主に囚, ふと先刻二番目の抽出, ふと先刻天野の云った, ふと先刻自分がした, ふと先夜の三田村, ふと先年張繍征伐に出向いた, ふと先年金剛石を拝借, ふと先日の, ふと先此方へと鑑定, ふと先程ミルラン君も引用, ふと先程丘の上, ふと先達って手, ふと光ったものが, ふと光春のす, ふと光線の強く, ふと克ちゃんもしやお母さん, ふとつた, ふと入れて今日, ふと世界が, ふと全体としての杖, ふと全然なかつたとは, ふと八丁堀の旦那方, ふと八卦をみ, ふと八幡宮に通りかかり, ふと八百屋の店先, ふと八谷誠であらう, ふと八郎の覗込ん, ふと八重齒が少し, ふと公儀に讒訴, ふと公園をぶらりと, ふと六月の或, ふと六樹園の, ふと共によく晴れた五月, ふと共に常に報いらる, ふとを窮め, ふと兵庫はつぶやく, ふと其ショーウインドの硝子, ふと其中からどれ, ふと其人の顏, ふと其儘云ひ訳, ふと其儘御前に打ち, ふと其儘私にさ, ふと其儘門の扉, ふと其動作が吾乍ら誇張, ふと其動機は簡単, ふと其口を洩れたる, ふと其塾の傍, ふと其平素牧畜をやつ, ふと其後では必ず, ふと其感情を損ね, ふと其所の老い, ふと其方へ目, ふと其様に延び, ふと其物の無い, ふと其群の一人, ふと其老人が謬忌, ふと其莊園を管理, ふと其表紙畫が嫌, ふと其道は呪, ふと其間休めて, ふと其頃お寺と神社, ふと其頃相応な客席, ふと兼ねてをもいし, ふと走の, ふと内侍を不安, ふと内儀さんが針, ふと内容を全く, ふと内田の最後, ふと内裏をお, ふと内証極めた前, ふと円山公園で接吻, ふと円頂僧形の赤ら顔, ふとびもとへもどつて力一杯突喊の, ふと再びその音, ふと冒された風邪が, ふと写真器械の発明者, ふと写経机に涙, ふと冬陽のうすく, ふとい水, ふと冷気にからかはれ, ふと冷酒を飲んだ, ふと冷酷なところ, ふと凄く口を, ふと几帳の垂れ, ふと出してもさっと, ふと出すことだけは, ふと出会ひ人違, ふと出会ったかりそめの, ふと出会つた人間をあり, ふと出入口の方, ふと出合いがしら, ふと出合って互いに, ふと出合ったのは, ふと出合つたのは高等学校以来, ふと出家遁世の人, ふと出来心のよう, ふと出迎へて下さつた, ふと出遇うので, ふと出陣する, ふと刀鍛冶の後藤助光, ふと切支丹宗門の信者, ふと切窓の夕星, ふと刈り上げ祭りと新しい, ふと初めは盛ん, ふと初め排斥せられた方言, ふと初午祭りの地口行燈, ふと初対面の人物, ふと判別のつきかねる, ふと判断に浮んだ, ふと別に仔細は, ふと別れている, ふと別れた旦那の, ふと別人かと見えた, ふと利がくふ, ふと利休の方, ふと利助もヂツ, ふと到底人の, ふと制作慾を感じ出した, ふと刺客は思いついた, ふと刺青に誘惑, ふと刻まれた淡い当惑, ふと前ぶれもなく, ふと前夜の夜歩き, ふと前後に人足, ふと前栽の八つ手, ふと前歯は上, ふと前述の講演, ふと前進座で光秀, ふと剣山での父, ふと創作の机, ふと劇場の二階, ふと劉表の顔色, ふと劒沢の谿谷, ふと加藤がまだ, ふと加部福代のところ, ふと努めてゐる, ふと労働者の蜂, ふともそれ, ふと勇ましいやうな, ふと勇ましく握手を, ふともすれ, ふと動かなくなる事が, ふと動きかけた心の, ふとの眼, ふと勝入も気, ふと勝手にずんずん, ふとひに, ふと勿論深くなり, ふと包んだ新聞紙を, ふとの空, ふと北海道の温泉宿, ふと北満の未来, ふと北野病院の調理食, ふと医師の右, ふと十七字を並べ, ふと十世紀頃まだ木, ふと十二年前に国, ふと十八年前二十の年, ふと十字を切ろう, ふと十年も通らぬ, ふと十月から既に, ふと十月二日の巴里, ふと十郎左の立つ, ふと千代松は裏, ふと千住の方, ふと千恵造の事, ふと千枝子の体, ふと千葉に住んでる, ふと千首とはない, ふと泣きの, ふと半兵衛のこと, ふと半兵衛重治からこう, ふと半日か, ふと半身を起し, ふと半額位にはなる, ふと卑幼尊長と云, ふと卒塔婆の前, ふと卓上の鍋, ふとの浦, ふと単純な言葉, ふと卯の花の白い, ふと卯木の胸, ふと印籠をお, ふと印象の不, ふと危く目をそらそう, ふと危そうな足場, ふと危ふさに縹, ふと危惧の念, ふと危険も忘れ, ふと却つてきまりがつい, ふと却つて彼と仲, ふと却つて珍らしがる位, ふと卵色に晴れ, ふと厄病が家へやつ, ふと厚き板の間の, ふと原文を見る, ふと原稿紙やペン, ふと厳粛に眉, ふと参考の書, ふと参詣人の中, ふと及川の妻, ふと友情のよう, ふと反らして, ふと反動が怖し, ふと反逆心が兆さぬで, ふと叔父は急, ふと叔父さんは, ふと叔父様の頭, ふと取られひどくすれ, ふと取りすがったものを, ふと取上げて絵, ふと取落とすとその, ふと取返しが付かない, ふと口ごもりながらあの, ふと口ずさみながら屋形, ふと口ずさむによき, ふと口づさまれる歌が面白かっ, ふと口元に笑っ, ふと口笛を吹き, ふと口籠つたが, ふと口走った身請けの, ふと口走りましたよ, ふと古びた小型の, ふと古本屋の店頭, ふと古風に見せた, ふと句作をし, ふと句案の眼, ふと叩きすぎて一本, ふとで働かせる, ふと叮嚀な言葉, ふと成重大な, ふと可哀そうになっ, ふと可愛い手を, ふと台場の方, ふと台所横をみる, ふと台湾の生蕃人, ふと台詞めいた独語, ふと叱られるから, ふと右左に付い, ふと右手後ろのほう, ふと右禪門の一家, ふと右衛門の眼, ふと長短が, ふと各々の卦, ふと合理化にひきつけられ, ふと吉宗が立つ, ふと吉岡のこと, ふと吉弥の腰, ふと吉見さんの家, ふと吉野の手, ふと吉雄はさっきお母さん, ふと吊る下つた, ふと同君の名作, ふと同室の寝台, ふと同志の者, ふと同意なるにて, ふと同時に必ず脳をも, ふと同時に最もはやい日本語, ふと同時に突然両眼, ふと同根の語, ふと同行の友人, ふと名状の出来ない, ふと向いの邸, ふと君ヶ代を合唱, ふと君勇のこと, ふと君子は思った, ふと君江は腕, ふと吸っている, ふと吸取紙に, ふと吾等は手, ふと吾胸の, ふと呂布のこと, ふと呆気にとられる, ふと呉羽之介, ふと呉葉の眼, ふと告ぐればわが, ふと告げたりと夢む, ふと告げたる一瞬に, ふと呟いています, ふと呟くと娘, ふと周瑜のあ, ふと味噌久のうろうろ, ふと味噌摺用人の山岸作内, ふと味気ない気, ふと呼びかけられたように, ふと呼鈴がけたたましく, ふとふとの, ふと和やかな気, ふと和一郎の声, ふと和尚はこれ, ふと和菓子を所望, ふと咎めるとともかく, ふと咲子はまた, ふともやん, ふとせ返るよう, ふと咽喉がつまつて, ふと哀しげな, ふと品川まで, ふとひ出した, ふと唄いながら, ふと唄いだした与吉の, ふと唐人川尻の土橋, ふと商売にならない, ふと商用で東海道, ふと啜り泣きの声, ふと善性坊がひとみ, ふと喚び挂ける, ふと喜作は突然, ふと喜太郎の肉, ふと喜平次が夜半, ふと喧嘩ばかりし, ふと之助, ふと喬彦の笑声, ふと営口は此, ふと営所らしい建物, ふと嗄れた太い力, ふと嗅いで云った, ふと嗅ぎつけていた, ふと嗚咽になりかけた, ふと嗜好が非常, ふとった, ふと嘆くような, ふと嘉三郎は昨日, ふと嘉助は目, ふと嘉吉がいる, ふと嘗て一度訪ねた, ふとを聞い, ふと器械的に振り向い, ふと器用な性, ふと囚われている, ふと四ツ辻などに出る, ふと四五人の散歩客, ふと四五町さきの喫茶店, ふと四五間前を見る, ふと四五頁貼りついて, ふと四方を見渡たし, ふと四畳半と六畳, ふと回想したり, ふと回顧趣味だとか, ふと困ったらしい様子に, ふとへ眼, ふと囲いの障子, ふと固く信じて, ふと固着して, ふと国々の魂, ふと国家が固ま, ふと国民党編輯の唱歌集, ふと国民動員署といふ厳, ふと国法に背く, ふと国王が傍, ふと国郡制定以後の国, ふと国際的にいつ, ふと園井があの, ふと園内で出遭った, ふと圓朝は口, ふと土下坐の, ふと土倉の方, ふと土器へ冷酒, ふと土地を兼併, ふと土居中尉の夫人, ふと土耳古帽氏は堤下の田, ふと土蔵の戸前, ふと土門の顔, ふと在房の影, ふと在所だけは見せ, ふとに落す, ふと地下道の入口, ふと地方の友人, ふと地獄に見る, ふと地獄絵の血の池地獄, ふと地球の外, ふと地謡が, ふと地面にひれふし, ふと坂上の眼鏡屋, ふと坂本繁二郎氏の画室, ふと坂路のずつと上, ふと坊主たちを突き放し, ふと坊様は師匠, ふと坐り直しましたから小宮山, ふと坐る場所を, ふと坪内君の最初, ふと垂れ下った緋, ふとの中, ふと垣間見て, ふと城介の腕, ふと基督再生祭前のこの, ふと基督教と同じく, ふと堂上を見れ, ふとの下, ふと堪らなく厭は, ふと場所を選ばず, ふと堺邊りの, ふと塞いで, ふとの扇骨木垣, ふと境内にうつされたる, ふとのよう, ふと壁ぎわの寝台, ふと壁辰の胸底, ふと壁間のそれ, ふと声明して, ふと声色屋さんで僕, ふと売ってしまおう, ふと阿彌, ふと変って来た, ふと変ったのだろう, ふと夕刊配達の事, ふと夕方の一番星, ふと夕暮刻昨日の裏門, ふと夕立の後, ふと夕貌の宿, ふと夕雲に不安, ふと夕飯の時, ふと外れると, ふと外国人はた, ふと外套のポケット, ふと外廊下から下, ふと外物がひっかかった, ふと外界が朦朧, ふと外陣の暗がり, ふと多助がそり, ふと多年あこがれの女達摩, ふと多感な血, ふと夜店で手, ふと夜更けに目, ふと夜陰の無花果, ふと夢みるように, ふと夢心地になる, ふと夢枕に宮, ふと夢見心地になっ, ふと大いに味ふ, ふと大まかに掴み出したる, ふと大事なこと, ふと大仰に言っ, ふと大佐は言葉靜かに, ふと大体十五六歳から二十四五歳, ふと大原幽學, ふと大和の柳生, ふと大塚さんは眼, ふと大学生はびっくり, ふと大将が眼, ふと大層大まかな, ふと大層らしいが三年, ふと大巻のお祖父さん, ふと大弓を初められた, ふと大望を果したい, ふと大根が作っ, ふと大根おろしが食べたくなっ, ふと大概向方から, ふと大正二三年のころ, ふと大江山課長は蟻田博士, ふと大沼博士は一言, ふと大熊山の妖怪, ふと大理石に囲まれた, ふと大田行を思ひ立つた, ふと大田黒君はもう, ふと大空を仰い, ふと大胆な想像, ふと大袈裟だが, ふと大谷円三という封筒, ふと大連行きのこと, ふと大里町子はさつと, ふと大野を訪う, ふと大金だ, ふと大阪の病院, ふと大阪駅を思ひ出した, ふと大風が留んだ, ふと大鳥の立たしし, ふとの玉串, ふと天上の一つ, ふと天子がみこ, ふと天子様はえらく, ふと天津から保定, ふと天津教を利用, ふと天神は玉串, ふと天窓の上, ふと天聲は, ふと天蓋の小, ふと天野新一郎のいる, ふと息を, ふと太い息を, ふと太く湯気吐き, ふと太古の森, ふと太子はお, ふと太田はわれ, ふと太陽の沈む, ふと夫婦のゐる, ふと夫婦口を合せた, ふと失せて見えなくなり, ふと失意のあまり疑い, ふと夷神のお, ふと奇声を立てた, ふと奇怪な涙ぐまし, ふと奇抜なしかし, ふと奈良へでも遊び, ふと奈良朝の終り, ふと奈良朝以前の漢学, ふと奉天で知り合った, ふと奉天省と黒竜江省, ふと契った女性と, ふと奥山へ棄てられた, ふと奥庭の奥深く, ふと奥様はニコ, ふと奥殿に漲っ, ふと奥田氏も大麓さん, ふとの座敷, ふと女の子に嫌, ふと女の子たちは自分たち, ふと女中部屋を見る, ふと女体の醜, ふと女坂を攀登, ふと女学校の教科書, ふと女教師が何, ふと好きでも, ふと好くつてよ, ふと好事な心, ふと如何なるか, ふと如水はカラカラ, ふとの君, ふと妖僧の云った, ふと妬みに似た, ふと妹仏とよびたくなった, ふと妻戸を開ける, ふと姥さんは気, ふと姦しい隣の, ふとの顔, ふと姿見の間, ふと威儀を正した, ふと娘さんは私, ふと婆さんの事, ふと嫂さんにはわるい, ふと嬉しさうに笑つて枯れた, ふと嬉しい先輩といふ, ふと嬉しく思い惑う事, ふと孔子のそんな, ふと孔明は寝, ふと字數が自然, ふと字義と実際, ふと存じたれどお前さま, ふと存在するため, ふと存外微力な, ふとの方, ふと季節こそ違え, ふと孤愁に囚われ, ふと学園の園芸手葛岡, ふと学生時代に学校, ふとを見たい, ふと學者らしい肌合, ふと宇和島騒動のやん, ふと宇津の貌, ふと官吏の, ふと安からぬもの, ふと安倍誠之助のこと, ふと安閑寺の灸, ふとの時, ふと完全に一廻転, ふと宗像博士を訪ね, ふと宗兵衛に訊い, ふと宗教の上, ふと宗教的な光明, ふと宗方有峰兩人共さる中國, ふと宗湛の姿, ふとを飛ん, ふとつて好奇心に, ふと定めて戰爭, ふと定めしことを, ふと定めしイライラとし, ふと宝石商の前, ふと実は動詞の, ふと実際何処に, ふと客席でも歌, ふと客観視すると, ふと客間の書院, ふと宮中の宴席, ふと宮原さんのこと, ふと宮廷であります, ふと宴会場にあてた, ふと家じゅうの手, ふと家内と子供, ふと家出を考えた, ふと家康の顔, ふと家臣を労っ, ふと家郷の母, ふと宿の玄関, ふと宿所へ訪ね, ふと宿直室をのぞい, ふと宿酔からさめ, ふととして答え, ふと寂しい心の, ふと寂寞たる時, ふと寄り添って囁いた, ふと寒々と吹かれ, ふと寝台の頭, ふと寝物語りに, ふと寝苦しい暑さから, ふと實業教育と云, ふと實際の原, ふとしそう, ふと寫眞をのこし, ふと寸感をもつた, ふと寺田の一途さ, ふと寺田先生の涼し, ふとい合って, ふと対局室へもどつ, ふと対手の方, ふと対蹠的な機縁, ふと対馬守は遠い, ふと寿女さんのこと, ふと寿詞である, ふと将来法律を学ん, ふと将校連も皆流石, ふと将監を顧み, ふと將來を考へる, ふと尊氏は足, ふと尋中卒業の時, ふと小ぎれいな垣根越し, ふと小僧さんはこちら, ふと小声で独りごちた, ふと小奇麗な格子, ふと小姓の一人, ふと小屋の戸口, ふと小屋掛の建物, ふと小憎らしくなった顔, ふと小我にとらわれ, ふと小松の不思議, ふと小松島附近の青, ふと小柄で蒲柳, ふと小柳雅子の何, ふと小次郎が先, ふと小歌の年齢, ふと小沢の足許, ふと小為替はシャツ, ふと小生意気らしい十七八, ふと小生意氣らしい十七八, ふと小用を催さなかったなら, ふと小用場を借りたくなった, ふと小石川の事, ふと小網町の河岸縁, ふと小言を云, ふと小説家らしい好奇心, ふと小郷事件のあった, ふと小郷虎吉の脂, ふと小銃の音, ふと少女たちの笑う, ふと少年達は一斉, ふと高く縄, ふと尺八の音, ふとがどうして, ふとの姿, ふと尾久の手合, ふと尾崎氏は同じ, ふと尿意を催した, ふと局員が字數, ふと耐らなくなった, ふと居る処を, ふと居眠っていた, ふと屈み込んで引起そう, ふと屋外にふりそそぐ, ふと屋敷の方, ふと屑籠に気がつく, ふと山の上にき, ふと山の手の或, ふと山ふところでは分らなくなる, ふと山下の御, ふと山中の腰かけ小舍, ふと山内のこと, ふと山善の一件書類, ふと山本晋道師の, ふと山東を中心, ふと山王台の森, ふと山田の方, ふと山男はふらふら, ふと山着姿の小娘, ふと山間の無気味, ふと屹ッとした, ふと屹度あの時, ふと屹度何うだいと, ふと屹度始めは断る, ふと屹度赤痢になる, ふと岡山の病院, ふと岡本一平の名, ふとの上, ふと岩山の下, ふと岩蔭の窪み, ふとの一角, ふと峡谷を歩い, ふと崇顕は涙ぐんだ, ふとの大きく, ふと折れたやう, ふと川上一座と襟, ふと川下へ視線, ふと川村さんに対する伯父, ふと川越の居酒屋, ふと巡査の護衛, ふと工事の出來, ふと工業を盛ん, ふと工藤はむつくり, ふと左側のすぐ, ふと左右をかえりみ, ふと左手はるかに瞳, ふと左斜の通, ふと左樣容易くは, ふと左翼劇と同じ, ふと左膳の眼, ふと左舷の方, ふと巨獣によく, ふと巨男は自分, ふと覗くかとして, ふと差し覗いて, ふと差し入れて見た, ふと差当り手当なんぞしない, ふとで行き, ふと市民一同口を開け, ふと希望をもらした, ふと師匠に癪, ふと帰す時に, ふと帰らんでもい, ふと帰村して, ふと帳場から鍵, ふとの結び目, ふと常にどこか, ふと常談のやう, ふとの細い, ふと幌窓の外, ふと干し布の, ふと干柿をちぎ, ふと平たい物を, ふと平井山の陣, ふと平八郎は只, ふと平四郎の倉井村, ふと平安朝のは口語, ふと平岡ばかりで, ふと平岡君より頼, ふと平常心の, ふと平常着のま, ふと平手で軽やか, ふと平沢事件の主人公, ふと平生あまり見た, ふと平馬の存在, ふと年々これを行, ふと年増は女, ふと年寄染みます其の, ふと年少らしい芸妓, ふと年長の傀儡師, ふとにも仙臺, ふと幹太郎はやけッぱちな, ふと幻怪な花, ふと幼友達の身辺, ふと幼少の頃, ふと幼心に感づい, ふと楼の, ふと幽かに羽搏, ふと幾分気ま, ふと幾多の唐土, ふと幾島のそれ, ふと庭を, ふと広い奥庭へ, ふと広告するが, ふと広岡浅子林歌子といつた, ふと広瀬医師の方, ふと広田先生のこと, ふと広義の不具者, ふと庄次郎は新妻, ふと庄谷の眼尻, ふとのお, ふと床下に落ち, ふと店さきのショー, ふとの商人, ふと座中の公孫, ふと庭すみの物, ふと庭ゲタをつ, ふと庭先に移ったら, ふと庭前を見る, ふと庭向の新建, ふと庭垣に夕顔, ふと庭木戸ごしに, ふと庸太郎が父, ふとの中, ふとの外, ふと廃嫡といふ言葉, ふと廉介が車代, ふと廊下外の板敷, ふとの灯, ふと廷珸は承知, ふと建築のこと, ふと廻廊の角, ふと弁信からの横槍, ふとの間, ふと弓なりの枯枝, ふと弓之助は壊し, ふと担がれた手, ふと引かれたに違い, ふと引きこみし風邪の, ふと引きずられるように, ふと引っ返して来, ふと引攣るよう, ふと弟子や何, ふと弥生はヒステリック, ふと弥生夫人の眼, ふとつたことに, ふと弱かった, ふと張ってみよう, ふとひられては, ふと強情に身, ふと当の殿を, ふと当り前の戯曲, ふと当主の母, ふと当時の戸数, ふと当時大砲といふもの, ふと当時電車は未だ, ふとみて, ふと役場の窓, ふと彼らの耳, ふと彼ら二人は自分, ふと彼國の大統領, ふと彼女たちの前, ふと彼奴の伊吹, ふと彼等三人とすれ違い, ふと彼等二人の間, ふとって見る, ふと往々文学的である, ふと往きに眼, ふと往來の向う, ふと往年のまだ, ふと往時神戸牧師に宛てた, ふと径一寸ほどの髪, ふと待って, ふと待つてゐた, ふと待て暫しは, ふと律儀めいて, ふと後方を振り返つ, ふと後醍醐へささやい, ふと徐州の兵変, ふと徒刑一年とあります, ふと徒然のまま, ふと従兄には, ふと従兄弟たちが自分, ふと得体の知れない, ふと從姉が, ふと御堂の中, ふと御影石の滑, ふと御遊の意, ふと御門の方, ふと微かな啜泣き, ふと微笑ました話, ふと微笑むといつものえくぼが浮かんだ, ふと徹底的に狼狽, ふと徹頭徹尾君の, ふと心からそれを, ふと心もち蒼ざめてつかの, ふと心付きたしか従兄, ふと心付きましたのでこの, ふと心付けば不思議, ふと心内に認め, ふと心変りなどする, ふと心棒を指, ふと心細い気が, ふと必ずしも己れ, ふと必勝を祈願, ふと必要以上に診察, ふとはしい, ふと忍びよる秋, ふと忍びこんでみた, ふと忍び泣きが洩れ, ふと忍剣のあ, ふと忘れかけている, ふと忘れた微笑を以て, ふと忘れられたように, ふと忘れるくらい無我夢中, ふと忘れ物をし, ふと忘失して, ふと応接室へ参り, ふと忠利から念, ふと忠清は話, ふと忠直卿も事実, ふと忠顕がぬかずいた, ふとよくゆすぶっ, ふと快活さうに振舞ふ, ふと念じてゐた, ふと忽ちにそれは, ふと怒られますぜ, ふと怒り出すので自分, ふと怖いものを, ふと怖しいこと, ふと思いあたって, ふと思いあたったことだ, ふと思いあたることが, ふと思いいでてほか, ふと思いうかぶにうちすて, ふと思いうかべることに, ふと思いおこして手紙, ふと思いかえさしている, ふと思いかえしてよし, ふと思いかえしたように, ふと思いけるはみなみ, ふと思いたって握り飯, ふと思いだされて自分, ふと思いついたらしく立ち止まって渡された, ふと思いつきある日磯貝, ふと思いつきましてその, ふと思いつめたような, ふと思いとまって, ふと思いなおして三十里, ふと思いました感覚から, ふと思い上ったということ, ふと思い出しまして口, ふと思い出しましたがあの, ふと思い出ばなしが出る, ふと思い切っていおう, ふと思い及んだ時彼らを, ふと思い寄ってつけた, ふと思い寄ったからじゃ, ふと思い寄らず二人の, ふと思い廻してみます, ふと思い当たったのは, ふと思い止まりながらそういう, ふと思い浮べてそれ, ふと思い浮べたが念仏, ふと思い浮んだ自分の, ふと思い直したように, ふと思い着いた自分の, ふと思い立った勢いに, ふと思い起こすと恐ろしく, ふと思い起してしばらくうっとり, ふと思い起したのです, ふと思つてちよつととよんだ, ふと思つてわたくしはヲロヂカ, ふと思つて一つ頼を聴い, ふと思つて気がわく, ふと思つて注意した, ふと思はずにゐられなかつた, ふと思はつしやる, ふと思はねど桂, ふと思はれるが事實, ふと思ひうかぶにうちすて, ふと思ひうかべるのは, ふと思ひしならね頼みし如し, ふと思ひだして買, ふと思ひついたらポケットに, ふと思ひつくやうに, ふと思ひませんか, ふと思ひ付いて渠, ふと思ひ付きて鍼, ふと思ひ出したらしく笑ひ, ふと思ひ出せさう, ふと思ひ出でて仰臥, ふと思ひ切つた調子で, ふと思ひ浮べたのは, ふと思ひ着いた自分の, ふと思ひ込んだ事情が, ふと思ひ返すと市川, ふと思ひ附いたのは, ふと思ふたに魁, ふと思わせるような, ふと思わぬところに, ふと思わぬでもなかっ, ふと思われて来ない, ふと思われるのだった, ふと思出すがまま, ふと思切りなぐりつけてやらうかと思, ふと思召して, ふと思想の上, ふと思案顔に落ちる, ふと思立ってわたし, ふと思返して, ふと急変した, ふと怪しむべし新夫婦, ふと怪しんだのは, ふと怪力を発揮, ふと怪談会と云う, ふと怯みを感じ, ふとのなかっ, ふと恋しいが勃々, ふと恋しく心が, ふと恋人が発狂, ふと恋心めいた情熱, ふと恍惚となる, ふと恐しい密謀, ふと恐るべき退屈の, ふと恐ろしい強い牛が, ふと恐怖におそはれた, ふと恒産ありと, ふとかしい事, ふと恥かしく寂しくうなだれ, ふと恥しい商売な, ふと恥入るやうな, ふと恨めしく思うの, ふと恭しく女達の, ふと恵比須樣になる, ふと恵那山の方, ふと悔いに噛まれた, ふとしいし, ふとるいよ, ふと悪心をいだきました, ふと悪念を生じ, ふと悪戯そうに笑う, ふと悲しかった, ふとを御する, ふと情けなく思って, ふと情慾をそそる, ふとかつた, ふと惡樣に言, ふと惣七の顔, ふと想いが捉, ふと想いだし何か, ふと想いだした文子の, ふと想い出させるような, ふと想ってみた, ふと惻隠を抱く, ふと愁いを見せ, ふと愉快だと, ふとれに, ふとを注いだ, ふと意志を発展, ふと意気込んだが翌日, ふと愕かんとす, ふと愚者の群, ふと愛した近隣の, ふと愛娘の歌声, ふと愛子さんに申し上げた, ふと愛情を抱きはじめ, ふと愛惜の念盛, ふと感じの悪い, ふと感じだした尤もこれ, ふと感じる気持のむず, ふと感じ帰って来た, ふと感傷にとらわれた, ふと感情が胸, ふと感想があった, ふと感激した口, ふと愧ぢぬ冬, ふと慄然たるもの, ふと慈悲太郎との部屋境, ふと慌しく袂を, ふと慎ましやかに気色, ふと慚愧の情, ふとえること, ふと慶四郎を顧, ふと慶太郎の視線, ふと憂えしめるほどだった, ふと憂しやた, ふと憂愁がこみ上げ, ふと憎しみを覚えた, ふと憎悪の思い, ふと憐愍の情, ふと憤られるぜ, ふと憤りに似た, ふと憤怒に眼, ふと憫みの情を覚えた, ふとい出したよう, ふと懐かしい記憶を, ふと懐かしく思うこと, ふと懐しげに近, ふと懐疑する, ふと懐胎した時, ふと懲りるものだ, ふと懶い視線を, ふとしくな, ふと程大人, ふと我が姿を, ふと我国現在総べての詩人, ふと我慢が出, ふと我知らず淋しい気持ち, ふと我等の前, ふと我顔の映る, ふと戦慄の眼, ふと戰場の手前, ふと戰爭をする, ふと戸外で犬, ふと戸惑ってハテナ, ふと戸惑ッたの, ふと戻りついた気持に, ふと房一は何故こんなに, ふと房前の柱, ふと房子は自分, ふと所天が己, ふと手さげ袋の中, ふと手の甲に針, ふと手伝いに来た, ふと手前が飛出し, ふと手品を連想, ふと手押車で手術室, ふと手毬から離れさせ, ふと手綱を取る, ふと手足も痺れる, ふと手近の受話器, ふとみじろげばかの, ふと打ちすましたる鼓ぞ, ふと打ちむかった時欣々さんに, ふと打ち明けるのも, ふと打つのを, ふと托氏宗教小説と云う, ふと塵に, ふと承ったから三下冥利, ふとも假名, ふと投げて見た, ふと投網の音, ふと折込みの舶来, ふと抵抗力を失った, ふと押黙って溜息, ふと抽斗の底, ふと担架にて人, ふとけ荷, ふと拗ねたような, ふと招いた大油断, ふと招ぜられたりする, ふとひやすい, ふと拾いあげてパラパラ, ふと拾つた一片の目白, ふと拾つた石を力一杯, ふと持ち直して心持前, ふと持ったようだった, ふと持つて來, ふと持前の好奇心, ふと指さきに触れた, ふと指さきで地図を, ふと指先で自分, ふと指折りかぞえて, ふと挨拶めいたお辞儀, ふと振りあおぐとあの, ふと振り返つて窓を, ふと振り返つた妹は, ふと振向くと土塀, ふと授業を止め, ふと掖門の梅, ふと掠めることが, ふと探しあてたと見え, ふと探りあてたその問題, ふと控えたのは, ふと掴んだと思ふ, ふと消すやう, ふと描いて胸, ふと提灯のしるし, ふと揚足を取る, ふと違ったの, ふと摺れちがう袂にも, ふと摺れ違ったりした, ふと播磨の國, ふとが固まる, ふと擡げてみた, ふと擦れ合う胴の, ふと支えてくれた, ふと支倉に呼び留められ, ふと支配人は顔, ふとった口調, ふと改まって, ふと改めて流れて, ふと放浪者じみて, ふと政府の財政, ふと故買の嫌疑, ふと故郷のこと, ふと敏子の耳, ふと教会の裏口, ふと教会堂に入る, ふと教授の名前, ふと教育と云, ふと教育家は見, ふと敬二の注意, ふと敬二郎の手, ふと敬宗はこの, ふとへてみたら, ふと数人の裸女, ふと数学の忘れ, ふと数年前までの彼, ふとの将, ふと敵将の最期, ふと敵意をもった, ふと敷かれた夜具を, ふと數年前この夢, ふと文三等に物理, ふと文体について私, ふと文句なく私, ふと文壇をあ, ふと文字に書き残す, ふと文学士なんてもの, ふと文学研究会へ出席, ふと文次が台所, ふとしく空, ふとに見上げる, ふと断ちやすく持ちきれなく, ふと断ち切られたような, ふと斯樣な質問, ふと新しく嘘の, ふと新内語りのどろん, ふと新橋の新田中, ふと新橋行の切符, ふと新派劇は歌舞伎, ふと新興ブルジヨアジーの社会, ふと新蔵の眼, ふと新野で拾い上げられた, ふとぜり, ふと方言を非常, ふと旅人はあちら, ふと旅情に誘われた, ふと旅愁を感じた, ふと旅館のこと, ふと旗男の耳, ふと既に假名遣, ふと日光が翳った, ふと日出雄少年は眼, ふと日和下駄の歯, ふと日数をくっ, ふと日曜であること, ふと日本一の助平, ふと日本人のセンチメンタリズム, ふと日本人全体がさうな, ふと日本古代の論理, ふと日本国内における国語教育, ふと日本対西洋の関係, ふと日本画である, ふと日本語で書いた, ふと日没の金色, ふと日置部日祀部, ふと日観の声, ふと旦那は躍起, ふと旧劇はまだ, ふと旧友だった彼, ふと旧弊や言う, ふと旧式に属するらしい, ふと旧誼を思い出し, ふと早く家へ, ふと早口の甲高い, ふと早桶の中, ふと早瀬の前, ふと昆虫のよう, ふとと云, ふと明いた窓へ, ふと明るみにむけ, ふと明日は千鶴子, ふと明日お前の櫛笥, ふと明日子の白い, ふと明月へ, ふと明林寺を想い出した, ふと明白に今日, ふと明石の浦, ふと昔自分が十, ふと昔話などに耽つた, ふと星明りに描かれた, ふと映じたのも, ふと映ってきた, ふと映つた細流, ふと映る葉の, ふとの香, ふと春三郎は暫く, ふと春琴の姿, ふと昨夜世話人がやつ, ふと昨夜帰りぎわに見た, ふと昨夜往診をたのまれた, ふと昨夜興味を持った, ふと昨夜頬ずりをし, ふと昨年の暮, ふと昨日のすみれ, ふと昨日人から聞いた, ふと昨日天満宮のまえ, ふと昼寝から醒め, ふと時々一旦喋り出すとき, ふと時に依ると, ふと時彦は議一, ふと時間のこと, ふと時雄に耳語, ふと時雨堂の庭先, ふと晨坊はどう, ふと晩節何かあらん, ふと普通人間ならば, ふと晴れ渡つた空を, ふと晴代を振り, ふと暖簾の向う, ふと暗中の御, ふと暗殺者の武器, ふと暗然とつぶやいた, ふと曇ってそこら, ふと曩日初代綾之助の語る, ふと曲らうとする, ふと曲り路を, ふと曲亭馬琴の小説, ふと曲淵正左衛門の事, ふと曲物のよう, ふと曲者は矢張り外, ふと書いた句だ, ふと書き捨てた反古である, ふと書き棄てた絵や, ふと書く手を, ふと書斎の卓子, ふと書簡の裏, ふと書類へ視線, ふと書齋の障子, ふと曾根は三吉, ふと最初手にとられた, ふと最前から目, ふと月かげにすかし, ふと月の障が出, ふと有し閑居の, ふと有るので, ふと有島さんは十三番, ふと有明けの空, ふとの釦, ふとといふ字, ふと朗らかなインスピレイシヨン, ふと望ましいのが, ふと望月と視線, ふと朝倉先生をたずね, ふと朝廷へ奉る, ふと朝枝の室, ふと朝陽がまとも, ふと朝顔でも見えましたら, ふと之助, ふと木々説は探偵小説, ふと木かげから身, ふと木の間よりみれ, ふと木下は我, ふと木山に出, ふと木札を入れた, ふと木村重成と茶坊主, ふと木枕から首, ふと木犀の香, ふと木部との恋, ふと木鐸が鳴つ, ふと未来永劫この森, ふとむすめ, ふと末席の方, ふと末男は氣, ふと末野にないい, ふと本丸の縁, ふと本因坊も不思議さうに, ふと本科入學, ふと本箱の間, ふと本道になつ, ふと本陣の上, ふとを入れ, ふと札幌へ行つて留守, ふと札幌市街の自分, ふとでもっ, ふと朱実とはまるで, ふと朶思大王を見, ふと杉浦のこと, ふと村井と竹下, ふと村口多鶴子の記事, ふと村尾さんは言いました, ふと村川菊内中間勝造それに二人, ふとを止め, ふと絶えたかと, ふと杜絶れたかと, ふと来世だとか, ふと来年の村, ふと東京八景を思いついた, ふと東京驛の浮浪兒たち, ふと東儀与力の眸, ふと東儀氏はあの, ふと東坡が酔余, ふと東海道の木橋, ふと東西古今の大, ふとを見た, ふと松さんがいじらしく, ふと松吉の番, ふと松島の遊廓, ふと松川さんのお祖母さん, ふと松風も一緒, ふと松飾りのざわめき, ふと板塀の外, ふと板戸の外, ふと林務官の事, ふと林太郎の顔, ふと林檎を食べたい, ふと林町行きを思い立つ, ふとの間, ふと枯木のよう, ふと枯死の冬, ふと枯草の上, ふと枯蘆の中, ふと架上の書, ふと架空の町, ふと物を, ふと柔軟なリズム, ふと柱時計を見, ふとの木の下, ふと柳島の萩寺, ふと柴栗の落ちてる, ふと柴田の家, ふと柿江の眼, ふと栄さんから帯, ふと栖方のある, ふとの木, ふと栗栖の声, ふと栗梅の縮緬, ふと栗毛の子馬, ふと校庭を眺める, ふと校長先生や勝野君, ふと校門の方, ふと根方を突っつい, ふと之助, ふと格子戸の外, ふと桂子は気づいた, ふと桂月香の妊娠, ふと桃花心木の柵, ふと案じられて来た, ふと案じるらしく眉を, ふと案じ入りて呑舟, ふと案じ出して海上, ふとの花, ふとの樹, ふと桜井君は田, ふと梨枝子は祖母, ふと梯子段を見上げた, ふと梶せつ子に思いつき, ふと棍棒をふりあげた, ふと縛りの, ふと棒立ちになった, ふと森山さんの妹さん, ふと森本といっしょ, ふと椅子の下, ふと椅子ごと伸子の方, ふと植物園の低い, ふと椽側にバタリバタリ, ふとく新しい, ふと極めて静かに, ふと極力その水車小屋, ふと極端に内気, ふと楽天氏が洩らされた, ふと榛軒はかう, ふとの顏, ふとの音, ふとでなきア, ふとの端, ふと樒屋の店, ふと樗牛のこと, ふと権右衛門を見る, ふと横尾の家来, ふと横手を向いた, ふと横手廊下づきの, ふと横町に多少, ふと横笛を離す, ふと横筋にそれる, ふと横網町の震災記念堂, ふと横蔵の迫り, ふと樹下思惟という言葉, ふと機嫌の惡, ふと機舎の戸, ふと檐端を見る, ふと檜葉の茂み, ふとの刳り, ふと欝血散じ手足, ふと次にはかつ, ふと次の間の, ふと次兄は私, ふと次第に建築全体を, ふと次郎の眼, ふと欣々の子, ふとにも得, ふと欲心を起こし, ふと歌姫はぎょっと, ふと歌舞伎の廊下, ふといて, ふと歎息をもらし, ふと歓びに甦つた, ふと歓声とほこり, ふと止す気に, ふと止って腕環, ふと止まってきゅう, ふと止みて取り合い, ふと止むことも, ふと止めた足を, ふと止り木に足, ふと正吉は眼, ふと正季と共にいま, ふと正宗の刀, ふと正座の客, ふと正月の小遣, ふと正木のお祖父さん, ふと正門近くで法水, ふと此の間外出した日曜, ふと此位な言葉, ふと此儘死ぬの, ふと此処は人間界, ふと此塔に登つて, ふと此家に來, ふと此店を見つけ, ふと此度は台所, ふと此樣事を想, ふと此町の受持僧, ふと此等の中天皇, ふと此谷中村の人民, ふと此贄を捧げる, ふと此近くの有名, ふと此際小才は用, ふと此麼ことを言った, ふと武田と読めた, ふと武者窓の前, ふと歩むともなく, ふと歩調をとつて先, ふと歳窮つた時期, ふと歴史家なら誰, ふと歸えりに寄ん, ふと歸途は舟, ふと死したる者なりし, ふと死にたくなって矢, ふと死のうかと思う, ふと死んでも別, ふと死体の方, ふと死後のこと, ふと殆ど配当がある, ふと殆一つ音である, ふと残忍な光, ふと残酷なこと, ふと段々相手の, ふと毎年宮中で行, ふと毎日学校に通っ, ふと毒害されたん, ふと比良ヶ岳のこなた, ふと毛布をかむ, ふと毛穴の緊, ふと毛虫を噛んだ, ふと毛頭横着を, ふと氈車の内, ふと民俗学的の材料, ふと民弥は呟いた, ふと気がついたらしい様子で, ふと気がついたらしく後を, ふと気がついみると木下, ふと気づきますと師匠, ふと気の毒だと, ふと気まずいものを, ふと気付いたらしく食卓の, ふと気前のよかっ, ふと気嫌が悪, ふと気忙しそうに, ふと気恥しいとも思つたの, ふと気持ちが好い, ふと気絶しさ, ふと気色ばんだお珊, ふと気遅れがし, ふと気違ひ同様, ふと気附いてさ, ふと氣まぐれに保險, ふと氣違ひ同, ふと水さしの水, ふと水出しのこと, ふと水月のよう, ふと水準に達し, ふと水溜りをぼち, ふと水瓶のヒビ, ふと水田へ目, ふと水筒をふる, ふと水道町で一軒, ふと水面を見る, ふとのよう, ふとくさいベト, ふと汚れたしどけない着つけ, ふと江岸の兵, ふと池内医師のこと, ふと池水のやう, ふと決しかねたのである, ふと決して決してさうでは, ふと決断の蟇口, ふと沈むだままいくら, ふと沈湎と独り, ふと沙翁のヘンリー四世中, ふと沙金に助けられ, ふと沢子の許, ふと沢庵が隣, ふと河竹黙阿弥の脚本, ふと河鹿なくた, ふと沼田に主人, ふと法印その人, ふとぶ生きて, ふと泛かんだの, ふとのやう, ふと泡つぶのよう, ふと波うちぎわを, ふと波打ぎはを見た, ふと波打ぎわを見た, ふと波浪の特質, ふと泣きさうなクシャ, ふと泣きやんできっと, ふと泣き出すことが, ふと泣き湿れた顔を, ふと泣き疲れて見上げた, ふと泣き顔を押しあて, ふと注いで, ふと注意を転じる, ふと泰さんが気がつく, ふと泰二君が夢遊病, ふと洋服の男, ふと洋食を感じる, ふと洗つて遣る子供等, ふと洞窟の床, ふとの国, ふと洩れた一語とが, ふと活字が大きい, ふと流されて行く, ふと浅い眠りから, ふと浅吉の顔, ふと浅草へ, ふと浜勇の口, ふと浜屋の記憶, ふと浜島茂のやせ衰えた, ふとの音, ふと浪漫的演出は何等, ふと浪路がうつむい, ふと浮いた考えが, ふと浮かびでた人像に, ふと浮かびでるあらゆる思念, ふと浮かんでふたつ, ふと浮び上がっていた, ふと浮べた決心を, ふと浴室から響い, ふと海外で金, ふと海岸の家, ふとゆると, ふと消えかける短檠を, ふと消えたかと思う, ふと消え行くらんやう覚え, ふと涙ぐましい心地に, ふと涙ぐみ川の, ふと涙ぐむ時など, ふと涙したのは, ふと涸沢岳のあの, ふと涼しさという, ふと涼しい眼を, ふと涼やかにさせ, ふと淋しかった, ふと淡い恋に, ふと深き怖れを, ふと深度計の針, ふと淵子ちやんはしや, ふとり込んだ我々二人, ふと混乱して, ふと混血児のよう, ふと清ちやんはまた, ふと清らかな聖歌, ふと清十郎の燃え, ふと清子の再婚, ふと清水一角の名, ふと清澄山の頂, ふと清香さんを呼ん, ふと清麗たとえよう, ふと渋い顔に, ふと渋江氏と抽斎, ふと渓川を見る, ふと渓流の音, ふとちかくに, ふとは肝心, ふとは自分, ふと渡辺橋で釣, ふとの東岸, ふと湖北に連なる, ふと湧いてきた, ふと湧いた寂寞の, ふと湧き出でて次第に, ふとの煽った, ふと湯呑をチンチン, ふと湯殿の側, ふと湯気のにおい, ふと湯滝が水, ふと湿つぽく滑稽, ふと洲の, ふと満足を感じる, ふと源氏の胸, ふと準之助氏の方, ふと滅入りかけた氣持を, ふと滋野は笑つて, ふとのうしろ, ふと滝さんはにや, ふと滝人の顔, ふと滝見小屋の方, ふと滿地に腐え, ふと漂泊の家族, ふとしもの三つ, ふと演じた醜態を, ふと演出にあたって劇中, ふと漠然とした処, ふと漢楚軍談を思い出した, ふと潜りの内, ふと潮見博士が研究室, ふと澄子さんを思ひ出した, ふと澤庵石が半, ふと激昂された詞, ふと艶な, ふと濠傍の柳, ふと濡れていた, ふと濡れるような, ふと瀑下の方, ふと火の見櫓に馬, ふと火花のよう, ふとが点っ, ふと灰色がかる, ふと灰雨は顔, ふとのよう, ふと炬火数十束一度に併せ燃した, ふと炬火數十束一度に併せ燃した, ふと炬燵の横, ふとの赤い, ふと為した約束では, ふと焔先に嘗められ, ふと焚火の間, ふと関心に, ふと無論費すところ, ふとうでは, ふとの彼方, ふと煤煙にすゝけた格子窓, ふと照ちやんの知らん, ふと照れ気味で自分, ふと煩いから競馬, ふと煮立った油の, ふと風器の, ふと煽てに乗り, ふと熊手を見つける, ふと熟睡から破られ, ふと熱い瞼の, ふと熱かったに, ふと熱病でございますか, ふと燃えさしの麦束, ふと燦爛として吹き, ふと燧鉄も煙草, ふとし空理, ふと爲替相場が下落, ふと父母のこと, ふと爽やかな恢復期, ふと膝を, ふと片影の道, ふと片方の割合, ふと片方のが指さし, ふと片面が翳つて, ふとの小娘, ふと物價が漸次, ふと物好きを起こし, ふと物寂しい氣持にな, ふと物思いに落ちこん, ふと物悲しく彼の, ふと物数への妖怪, ふと物置同様になっ, ふと物置小屋を覗い, ふと物臭さの惰性, ふと物語っている, ふと物部氏の複姓, ふと特許せられたる商, ふと犬養氏は狼, ふと犯人が亜太郎, ふとふてゐた養父, ふと狂気めかせるため, ふと狛犬のうしろ, ふと狡い薄笑ひ, ふとで頷いた, ふと独りでお, ふと独りごとのやう, ふと独り心を慰み, ふと独房までも, ふと狭山の寝台, ふと猜疑の眼, ふと猪口を控, ふと太廓の, ふと猶予つたのは手, ふとの頭, ふと猿沢の顔, ふと獄門の上, ふと獲つたのは, ふと玄坊はまた, ふと玄關の戸, ふと玉ちやんは行儀, ふと玉葉集の中, ふと玉造豊空稲荷の霊験, ふとはかう, ふと王朝時代の零落, ふとらしい林, ふと現れるのだった, ふと現われた人影が, ふと現世の地獄, ふと現代の作家, ふと現代文明の廃頽的傾向, ふと現実に還つた, ふと理想ということ, ふと理想的の親子とい, ふとの手, ふと甘ったれた声を, ふと甚だ困るから, ふと甚内はつぶやいた, ふと甚大袈裟に聞える, ふとの跳躍, ふと生きのびられはしまい, ふと生き物の声, ふと生けるものの女性, ふと生ら暖い, ふと生唾をのみこんだ, ふと生垣を覗いた, ふと生涯の目的, ふと産婦の握力, ふと甦えることが, ふと甦ったのは, ふとを思い出した, ふと用事のあり, ふと田地の價, ふと田川のほう, ふと田川夫人が事務長, ふと田村に同情, ふと田舎者らしく真剣, ふと由子に就い, ふと甲冑の身, ふと甲夜に聞いた, ふと甲斐に向かっ, ふと甲武信岳の幻影, ふと甲田の噂, ふと申したらたびたび来る, ふと申しますけれども實, ふと申聞候所加七曰ク仙台の役人及河内, ふと男心めいたなつかし, ふとにあたってガヤガヤ, ふと町人の気楽さ, ふと町方の耳, ふと画面の単純化, ふと畏怖をおぼえ, ふと畑際の尾花, ふと留公の事, ふと留守であつ, ふとを取, ふと畢竟ずるに, ふと番いの離れぬ, ふと番兵は画, ふと番町の一角, ふとの上, ふと當時の試驗, ふと疑う気持が, ふと疑ったらほんとうに, ふと疑念が湧いた, ふと疑惑に捉, ふと疲れるでせう, ふと病まれてすらそう, ふと病中にきいた, ふと病的に驚悸, ふと涙を, ふと痛々しい感じの, ふと痛々しくて溜らない, ふと痛切に感じた, ふと痲痺して, ふと発しはじめるのなぞは, ふと発見し徳山, ふと登場して, ふと登志子のゐる, ふと發音的の側, ふと白々しい気持に, ふと白い長い箱の, ふと白くヒラヒラする, ふと白けたわらひ, ふと白子は薄, ふと白金の使用, ふと白鳥号の姿, ふと百千の人, ふと百合子はベツド, ふと百年經てば河, ふと百日間虎の門, ふと皆んな散り, ふと皆座の商人, ふと皆明かに此等, ふと皆無になつ, ふと皆鶴姫に扮, ふと皇徳奉賛会の本, ふと皮膚の一部, ふと盆石を賣, ふと益々武士の, ふと盗心を起した, ふと目さきにちらつい, ふと目ざましい大将姿が, ふと目ざめたときも, ふと目ざめるといつも, ふと目の下の木手摺, ふと目撃した, ふと目覚めては神, ふと目覚めると自分, ふと目覚めれば身, ふと目鞘の走り, ふと目黒のチョッピリ叔母さん, ふと助が, ふと直していた, ふと直ちに反対論が, ふと直木はすぐ, ふと直覚的に笹尾, ふと変らず富子, ふと相合傘の側, ふと相場といふもん, ふと相好をくずし, ふと相識になった, ふと眉根を曇らせ, ふとやう, ふと看ると帳場, ふと眞先に飛出し, ふと眞白な齒, ふと近に, ふと真にうけて, ふと真夏の炎天下, ふと真夜中に眼, ふと真実兄弟のため, ふと真帆子はもう, ふと真珠のカンザシ, ふと真空の虚ろ, ふと真青になり, ふと眩しく強烈な, ふと眺めてやる, ふと眺めますと黒い, ふと眺め直した絵の, ふと眼ざめた主人公はしののめ, ふと眼ざめた龍子が灯り, ふと眼瞼の裏, ふと眼覺めた時, ふと着のみ着のままで父, ふと着古し膝の丸く, ふと睡んでから目, ふと瞑つて斯, ふといた眼, ふと瞬けば, ふと瞰下した隣, ふと矢島さんが眼, ふと矢張り家族主義と云, ふと矢張駄目だ, ふと矢玉の音, ふと矢立の筆, ふと矢野名曲堂へはいつ, ふとつたら親分, ふと知ってるわ矢田さん, ふと知つてるわ, ふと知らねば彼, ふと知りあいになった, ふと知りあい彼は僕, ふと知り合ったのは, ふと知り得たところは, ふと知んねえよとけろりと, ふと知人のその後, ふと知友の筈, ふと知恩院の所化道心様, ふと石川さんはきっと, ふと石橋の階段, ふと石舟斎と聞い, ふと石見銀山鼠捕りが, ふと砂丘のはづれ, ふと砂糖の焦げる, ふと破れかぶれの情痴, ふと硝子の砕ける, ふと硝子戸の隙間, ふとにあった, ふとの定石, ふと確かに, ふと磯五に惹かれる, ふとをうつ, ふとに貰った, ふとの裏手, ふと社會説などもそれ, ふと社殿の一方, ふと祖父母父母が罪, ふと祝詞は宣下奏上両面, ふと神田の下宿, ふと神社は有難く, ふと神策軍の正, ふと神経を起し, ふと神経的な虫唾, ふと神経衰弱の気味, ふと神経質な彼女, ふと神農樣の罰, ふと祭司の息子, ふと祭式に数秒, ふと福島県下なること, ふと禿げ上つた頭を, ふと秀吉公のかお, ふと秀次の希望, ふと私たちに聴かれ, ふと私通いたんだだん, ふと秩父の速, ふとに淋し, ふとともすれ, ふと稜威である, ふと稲妻のよう, ふとしく帰つたの, ふと穢い婆さん一人で, ふとしく歸つたの, ふと空いっぱいの灰色, ふと空しいものに, ふと空中にふうわり, ふと空中窒素固定法の発見者ハーバー博士, ふと空二は今, ふと空井戸のある, ふと空気の中, ふと空氣が冷たく, ふと空虚になった, ふと空襲警報下にある, ふと突っ立って, ふと突然ごろりと車輪を, ふと窓さきへ立つた, ふと窓口から薄暗い, ふと窓外の鳥, ふと窓硝子が人, ふと窓越しに外, ふと窓際に腰, ふと窕子は向う, ふと窪田が久野, ふと窺ってみる, ふと立ちあがつたのである, ふと立ちあがりながらその, ふと立ちどまった旅に, ふと立ちどまつてその, ふと立ちどまりそこで小説家, ふと立ち上がる気勢を, ふと立ち上つて玄也, ふと立ち上つて出て, ふと立ち停ると聴き, ふと立ち入りかねた足もとだった, ふと立ち寄って大きな, ふと立ち寄つた喫茶店へ, ふと立ち止つてとある, ふと立ち止まったら偶然桐の, ふと立ち止り少し體, ふと立ち止ると急い, ふと立った矢代の, ふと立ててみた, ふと立寄りました青巌寺の, ふと立所に噛みつい, ふと立止つた, ふと立派な人間, ふと之助, ふと竜一と春子, ふとの家, ふと童らの居る, ふと童話の国, ふと竦んだような, ふと競馬への反感, ふと競馬場で摺れ違う, ふとの里人, ふと竹窓へ目, ふと笑いだして秀吉, ふと笑いやんで険しい, ふと笑い出したり無法, ふと笑い咽んでしまいました, ふと笑い声が聞こえ, ふと笑い罷んでもッ, ふと笑っただけで, ふと笑みを泛, ふと笑窪があつ, ふとの中, ふと笹尾のこと, ふと笹部と喜代子, ふと筑前宗像郡の人珂是胡, ふと筒井は一たいこ, ふと答へた後間もなく或, ふとの先, ふと算術帳と理科帳, ふとの中, ふとまはし, ふと節約は秩序崇拜, ふと築山を仰ぐ, ふと落したくも, ふと簡単に診察着, ふと米友はその, ふと米相場に手, ふと米良はロシア女, ふとでからめた, ふと紀久子にいつか, ふと紅い珊瑚の, ふと紅海を渡っ, ふと紙下に墨影, ふと紙帳越しに頼母, ふと紙鳶に眼, ふとの平靜, ふと素人俳優がある, ふと素人衆から笑, ふと素子がなに, ふと素直に, ふと細い糸の, ふと細かい戦慄が, ふと細工谷の友人, ふと細工谷町の友人, ふと細殿の蔭, ふと細目にひらいた, ふと紳士を見た, ふと紹介されて, ふとには善惡, ふと組唄の踊り, ふと経済を知らぬ, ふと結婚についてかんがえだしました, ふと給仕人を呼ん, ふと給仕女の曰く, ふと絨氈の端, ふと絲切り齒が見え, ふとのところ, ふと絵具いじりがし, ふと絵具皿の色, ふと絵図面を見まし, ふと絵看板を見る, ふと絵行燈の下, ふと絶えたので遠く, ふと絶句で大, ふと絶命の時間, ふと続く鬨の声に, ふとの乗っ, ふとに掛つた, ふと網代笠の下, ふと綾部という自分, ふと緊張した石子, ふと総勢が舁き, ふと総身をゾクゾク, ふとの島, ふとかな汽笛, ふと總理大臣め棍棒で二度おれ, ふと繪葉書屋の表, ふと繰返しですね, ふとく二三人, ふと美妙の手許, ふと美津子は何と, ふと美禰子を見た, ふと美穂子の姉, ふと美鱗をもった, ふと羨ましかった, ふと羨ましく見えた, ふと義兄の安否, ふと義枝の年, ふと義父が下手人, ふと義貞にゆうべ, ふと羽衣をかかえ, ふとつた, ふと翳っていた, ふと老いたおさよ, ふと老女の鼻先, ふと老妓は自分, ふと老媼さんを呆れ, ふと老師の心, ふと老衰に向, ふと考えこんでいた, ふと考えさせられたのだ, ふと考えずにいられなくなる, ふと考えついて病院, ふと考えつきわざと手, ふと考えなおしてつきつけられた, ふと考えまどっている, ふと考え付いたのは, ふと考え出されたのであろう, ふと考え出して祖父, ふと考え合せてみる, ふと考え直されでもしたら, ふと考え直してきました, ふと考え込んだかと思う, ふと考へずにゐられなくなる, ふと考へられてきた, ふと考案をめぐらし, ふと耳元に或, ふと耳許をほんのり, ふと耳香水を思い出しました, ふと聖者になりたい, ふと聞きつるに, ふと聞きかじり私の, ふと聞きしにまさる, ふと聞きたるにこそ尊とく, ふと聞きつるま, ふと聞きとがめて彼, ふと聞きとめるとあわて, ふと聞きなれししろがねの, ふと聞き出してその, ふと聞き出した船頭の, ふと聞き咎めて, ふと聞き咎めたお雪ちゃんは, ふと聞き惚れて涙ぐむ, ふと聞き馴れぬ人の, ふと聞くなればありのまま, ふと聞ゆその夫人, ふと聞出したから不, ふと聞噛りしこと, ふと聯想して, ふとえたおいごと, ふと聴いて私, ふと聴音器に推進機, ふと職業を授け, ふとの削げた, ふと肉感の強い, ふと肉親の娘, ふとがそそけ立つ, ふと肌寒くなった, ふと肝臓癌を宣告, ふと肩越しに後, ふと肺病にでもなつたの, ふと背むしを見つめる, ふと背伸びをし, ふと背負籠を負, ふと胎児が動く, ふと胡桃の木, ふと胡麻の蠅二人, ふとく六人, ふと脂気が抜け, ふと脅しぬれば, ふと脅威を感じた, ふと脚本難を訴, ふと脚氣になる, ふと腮髯の伸び, ふと腹立しくさ, ふと膝元の白い, ふと膝頭がふらふら, ふとを見る, ふと膳部の上, ふと臆病らしい佐太郎, ふとたけたなまめかし, ふと自分たちのまわり, ふと自分たち二人も実は, ふと自分達の乗っ, ふと自嘲の気味, ふと自嘲的な口調, ふと自宅配達が不着, ふと自尊自大即ち他, ふと自己嫌厭を催し, ふと自慢して, ふと自殺者が汽車, ふと自然主義運動に於ける, ふと自然養生法にもかな, ふと自由であるだけに, ふと自責の念, ふと自身の前, ふと自転車の男, ふとは四阿, ふと至極ものわかり, ふと臺所へ行つた儘幾ら, ふと興奮し切つて, ふとひあがる夕空, ふと舞踏場で庸三, ふとは蘆, ふと航海す, ふと舶来物が残ってる, ふとの甲板, ふと船尾の船牆, ふと船尾寄りの小さな, ふと船頭たちは櫂, ふと船首に向っ, ふと艦隊はきのふ, ふと良き馬を, ふと良人のことば, ふと良寛さんは耳, ふと良寛上人の噺, ふと良沢の顔, ふと艶めかしくも見えた, ふと芙蓉の花, ふと芝居でやる, ふと芥川さんもその, ふと花壇のほとり, ふと花次が踊り, ふと花生けの百合, ふと芸術が性, ふとや木の葉, ふと若し佛教が, ふと若僧は手拭, ふと苦々しい眉を, ふと苦い味を, ふと苦しい表情が, ふと苦手の形, ふと英吉利の男, ふと英獨露であります, ふと茂少年が妙, ふとの味, ふと茶目気分を出し, ふと草原を切り靡けた, ふと草心尼の顔, ふと草臥れたから休ん, ふと荒廃した庫裡, ふと荷風の, ふと荷馬の向う側, ふと菅茶山翁の, ふと菊池寛著す所, ふと菊田より穂積, ふと菜畑のほとり, ふと菩提のお, ふと菩提寺に訪い来たれり, ふと大媽, ふとの実, ふと萱原の上, ふと付いて, ふと落して, ふと落した視線の, ふと落ちる音が, ふと落ち散ったものの, ふと落涙して, ふと落着くんだ, ふと落陽の岡, ふと葉藏のす, ふと葛飾が膝, ふと董卓の姿, ふと葭戸の内, ふと蒔田が同郷, ふと蒲原氏もそれ以上, ふと蒲生泰軒のあ, ふと褪めた顔, ふと蒼ざめて窓の外, ふとけだち, ふと蓬莱建介の膝, ふと蓮月尼の, ふと蓮葉にもの, ふと蓼科山の横岳, ふとのすき, ふと蔦屋はおろか, ふとで聞い, ふとの戸前, ふと蔵ハ外の用事ニ, ふと蔵王権現というの, ふと蔽い得ない憂色が, ふと蕪村の句, ふと薄い寢卷を, ふと薄化粧した飯尾さん, ふと薄曇りの空, ふと薄紫のけむり, ふと薄闇の向う, ふとにした, ふと薬屋の路地, ふと薬瓶は火, ふとで分厚, ふと藁屋根のてつぺん, ふと藝術的眞實の玉座, ふと藤さんの事, ふと藤井はそんな, ふと藤兵衛は気付いた, ふと藤原純友と会っ, ふと藤吉は屹, ふと藤本が, ふと藤次郎は或, ふと藤紫を非常, ふと藩務の一ツ, ふと蘆笛の吹奏, ふと蘇ってきた, ふと蘇つてきた, ふとの花, ふととか豹, ふと虎井博士の顔, ふと虚空に円, ふとの居所, ふと蚊帳の中, ふと蚊遣の煙, ふとの脱殻, ふと蛍雪館の妹娘, ふとを窓, ふと蜂谷は思いついた, ふと蜂谷龍然を, ふと蜘蛛の一筋, ふと蜜柑の色, ふと蝉一匹の生物, ふとのこと, ふと蟋蟀の事, ふとぬられた物, ふと行きあったりする, ふと行きちがって言葉, ふと行き交っていた, ふと行き詰まって思案顔, ふと行き逢ったばかりです, ふと行くての笹原, ふと行つて見たくな, ふと行動範圍は限られる, ふと行数が足りなく, ふと街道の取, ふと衝いて出る, ふと衝かれてわたくし, ふとの上, ふと衣ずれの音, ふと衣袋の底, ふと表情を変えた, ふとをひつ抱, ふと裏口の方, ふと裸女の様子, ふと襖越しに子息, ふと襲われたりする, ふと西山は思った, ふと西岡は可笑し, ふと西暦千六百六十年ですから, ふと西森は微笑, ふと西歴六百五十年であります, ふと西鶴だったかで, ふと要するに逢坂が, ふと要吉は薄, ふと覆いかぶさって来る, ふと見あげた人々は, ふと見いだしければ, ふと見いだしたときだった, ふと見えしが姫, ふと見えたれば万一, ふと見えなくなつた, ふと見えなくなったわけである, ふと見おろすとたしかに, ふと見かけましたら歯ブラシを, ふと見かけようともである, ふと見かけると胸, ふと見し水ヒアシンスの, ふと見せて實, ふと見せし情に, ふと見せたものに, ふと見せられた船乗りの, ふと見せろと云われ, ふと見たくなりまして, ふと見たら水仙私の, ふと見たら破れた垣根の, ふと見つともない, ふと見つけ出して世間, ふと見つむればかなしき, ふと見ないと言, ふと見のがしやすいが, ふと見ましてもう一度ゾッと, ふと見ましたらさっきの, ふと見まじいものを, ふと見まわすと燈心, ふと見やれば放, ふと見ゆればあれ, ふと見りゃあ暴れた, ふと見るべからざるものを, ふと見わたして一滴, ふと見上げてみる, ふと見付けて少し, ふと見付けるとなんだか, ふと見付け出して元値同様, ふと見出されたのです, ふと見合うと私, ふと見向いた顔は, ふと見廻すと円卓, ふと見渡せば義雄, ふと見知らない貴いお, ふと見知らぬ男が, ふと見識に拘はる, ふと見識らぬ婦人, ふと見返った目が, ふと見返ると坂の下口, ふと見送る子供たちの, ふと見過ごしてきた, ふと見違えたといっ, ふと見附けたのであつ, ふと見馴れたリボンの, ふと見馴れぬその小間使, ふと視界のはし, ふと視角をかえ, ふと覗かせている, ふと覚めると痛い, ふと覚ると胸先, ふと覚悟しました, ふと覚醒して, ふと親しげに, ふと親しくなったとの, ふと親切な行爲, ふと親切心に動かされた, ふと親孝行をしたく思う, ふと観月橋の袂, ふと観音像を彫りかけ, ふと覺しきジエンナロの君, ふと覺めぬ, ふと角味はつや消し, ふと解したものか, ふと解する所あり, ふと解らないものに, ふと解剖室の方, ふと解法が思ひついた, ふと触れる路傍の, ふと言いだして何, ふと言いやめてちょっと, ふと言い出しはしない, ふと言い合わしたるように, ふと言い当てたものと, ふと言うた事も, ふと言ったことが, ふと言つたのと殆ど, ふと言つたやり方でせう, ふと言つた時己はそれ, ふと言つた用語例が助け, ふと言つてあちこちの石, ふと言つて先生に喰つて, ふと言つて家の中, ふと言つて戀人の顏, ふと言ひだして, ふと計器盤の速度計, ふと計略をもつ, ふと訊かずにいられない, ふと訊ねてくれた, ふと訊ねたのが, ふと訊ねようとした, ふと訊ねると, ふと訓むがとなふと, ふと訓練のない, ふと記録によつて, ふとかしく思へ, ふと訣つた語源に引きずられる, ふと訪うひとも, ふと訪れる老年の, ふと許さんぞツ, ふとを途切つて氣持, ふと詠みいでた述懷の, ふと詠嘆を口吻, ふと試される怖れ, ふと試驗は落第, ふとを作っ, ふと話しかけたい気持に, ふと話し声を途絶えさせた, ふと誇ったことばに, ふと誇張の樣, ふと誘はれるぐらゐが落ちで, ふと誘われて死ぬ, ふと誘拐は繼母, ふと語る時銀座通を, ふと語録のことば, ふと誠に面倒な, ふと誠太郎は笑, ふと誤解され易い, ふと説くか欲情生活, ふと説明して, ふと下せば, ふと読む必要は, ふと誰かのいった, ふと誰彼の別, ふと調べてみる, ふと論理学を超越, ふと論者自身も亦, ふと諸人に従, ふと謀反人ぢやな, ふと謂つた所もはつきり, ふと謂つた風である, ふとのことば, ふと謙信と下野, ふと講談本で覚えた, ふと警察への得体, ふと議論を始めた, ふと讀み御父君後村上天皇, ふと讀めば其所, ふと讀んでさ, ふと豆腐屋の硝子戸, ふと豊かな水, ふと豊子は僕, ふと豊橋の兵営, ふと象二郎は直ぐ, ふと象戯をしたく思っ, ふと豪傑が気がついた, ふとのす, ふと負けん気な照子, ふと貧乏徳利を見付けた, ふと貫ちやんが, ふと貴女のこと, ふと貴方ほどの努力家, ふと貴族に仕へ, ふとひ被りだと, ふと買い入れた書籍の, ふと買おうかと思っ, ふとの姿, ふと賑やかな所, ふと赤ちゃんが夫, ふと赤児の泣き声, ふと赤子の泣き声, ふと赤煉瓦建ての扉, ふと赤羽夫人の瞳, ふと赤革の手袋, ふとと真昼, ふとくなった, ふと走ったがそのまま, ふと走り喚く子供の, ふと上って, ふと起きて仕事, ふと起き直って, ふと起こった好奇心から, ふと起こりましたのよ, ふと起って, ふと起った蹄鉄の, ふと起つて心配, ふと起つたのである, ふと起ッて坐, ふと趙太爺の威風, ふと足下に平地, ふと足場の上, ふと足尾銅山のメーデー, ふと足掻きが自由, ふと足軽達の眼, ふと距離感がなくなり, ふと跡絶えると裏, ふと跨ぐ水溜りに, ふと路下の方, ふと路次を見, ふと踊りとの関係, ふとを返し, ふと気にな, ふと身ぶるいした, ふと身体じゅうを内部, ふと身体中真赤になりました, ふと身震いを誘う, ふと身體を揃, ふとをかたく, ふと車上からとある, ふと軍服を着け, ふとんじる, ふと軽く翻るよう, ふと軽侮に似た, ふと輕蔑する傾き, ふと輝きが, ふと輪鍵にく, ふと轟いたお政, ふと辛辣な色, ふと辞書から漢字, ふと農学校の一人, ふと農村出身の壮丁, ふと農科の艇, ふと辻堂の縁, ふとより難い, ふと近松門左衞門の虚實説, ふと近習を振向い, ふと近道をする, ふと近頃人の噂, ふと返さなければならぬ, ふと返って来, ふと返事でも書い, ふと返答にまごつきました, ふとつた, ふと迷惑めいた表情, ふと迷惑そうな眉, ふと追放令以來めつきり氣力, ふと退屈男の目, ふと逃げ込んで行く, ふとになります, ふと透明人間が口, ふと途上で会った, ふと途切れてしまつ, ふと途切れるまた続く, ふと途方もない, ふと途端に妙, ふと這入って行った, ふと通りすがりに怪しい, ふと通りすぎる私などには, ふと通り魔が過ぎ去った, ふと通路が分らなく, ふと逢坂は僕, ふとの妻, ふと週刊朝日を求めた, ふと進み出た人影が, ふと逸子は他, ふと然にも, ふとに打ち解けた, ふと遊びの場所, ふと遊びついでに三人, ふと遊学先の長崎, ふと運命といふ暗い, ふと運命観みたいな明日, ふと運平老の蘭, ふと過ぎりかけた部将の, ふと過日の杉, ふと道具箱の小刀, ふと道助は昨日, ふと道夫の机, ふと道庵先生の身体, ふと道端に佇ん, ふと道連れになった, ふと道頓堀の勝, ふと達夫は歩き, ふと違つた言葉でもなささうです, ふと遠く祭の方, ふと遠方に目馴, ふと瀬ない, ふとはざる, ふと適時に脳膜上, ふと遮った調子が, ふと遺憾ながら外國, ふと那様な気, ふと邪慳な娼婦, ふと郷里の新聞, ふとの家, ふとふさうだ, ふと酔うた眼に, ふと酔ひざめの顔, ふとつぱらひの女, ふと醍醐という文字, ふと醒めると何処, ふと醒覚したとき, ふと重い思ひに, ふと重たい瞼を, ふと重ねて, ふと重吉が, ふと重大な問題, ふと野々宮を訪れる, ふと野伏の下著, ふと野原の向う, ふと野村に邪険, ふと野沢が云った, ふと野菜サラダのにほひ, ふと野鳩の羽音, ふと金主に約束, ふと金之丞といふ好い, ふと金五郎の耳, ふと金兵衛には思われた, ふと金太と庄吉, ふと金座銀座と云, ふと金持の常, ふと金木犀のにおい, ふと金槌で父, ふと金象嵌の鍔, ふと金齒がきらきら, ふとがし, ふと釣臺の傍, ふとつた, ふと鈴子のこと, ふと鈴木と同じく, ふと鈴江は往来, ふと鉄網を張つた柵, ふと鉛筆にて書初め, ふと銀座へ行, ふと銀杏返しのほつれた, ふと銀色の穂薄, ふと銭入に十コペエケン, ふと銭入れの中, ふと感な, ふと錆びづよいかな物の臭ひがし, ふと錠前に眼, ふとを下げた, ふとの上, ふと鏑木さんのか, ふとの底, ふと長ちやんは鼻, ふと長女は初めて, ふと長屋の厠, ふと門附に来, ふとめいて, ふと閃くやうに, ふと開き直つて手, ふと開け放たれている, ふと閑古鳥は向う, ふと間もなくこれで, ふと間拍子が抜け, ふと間違ひ易い, ふと関係を結ぶ, ふと関口君は甚だ, ふと関東煮屋, ふと関羽の襟元, ふとは台州, ふと關係がなく, ふと關尹子の言, ふと阿蘭陀芹を思ひ出した, ふと阿賀妻の存在, ふと附近の谷間, ふと降りしきる雪の, ふと降る雪の, ふと限界は遠く, ふと陥りやすい淫蕩生活, ふとをかくして, ふと陶酔したとき, ふと陸地測量部の地圖, ふと険しい表情で, ふとがさして, ふと陽あたりのよい, ふと隅田の片, ふと隆吉が吉川, ふと隆造は斯, ふと階段を見あげた, ふと隙間風のよう, ふと寮へ, ふと隠れたと覚しい, ふと隠居を見やる, ふと隣りで物を, ふと隨分永く一世, ふと隨分六ヶ敷い問題, ふと隨分笑ふ人, ふと隱居の八郎兵衞夫婦, ふと蕋の, ふと雄二はまだ, ふと雄吉は停留所, ふと集会所に行ってる, ふと雑多な書類, ふと雑沓の中, ふと雑誌のこと, ふと雖保延三年八月遁世之時秀郷朝臣以来九代嫡家相承の兵法焼失, ふとの壇, ふと離れたり, ふと離れるらしいお銀, ふと雨上りの草, ふと雨樋を伝う, ふと雨滴の音, ふと雨蛙の腹みたい, ふとの言葉, ふと雪代の顔, ふと雪江さんの座蒲団, ふと雪路を歩い, ふと雲間から現われた, ふと雲霧は呟い, ふと雷神の方, ふと電柱に貼られた, ふと電気にでも打たれた, ふと電気写真館の陳列窓, ふと電話室から駆出し, ふと震災後向島はどんなに, ふと露地のむこう, ふと露西亜の賤民, ふとれて, ふと青い青い風の, ふと青六は鼬, ふと青年男女に一種重厚, ふと青年駅夫は, ふと青木の今, ふと青木さんはおと, ふと青木卓一を思ひだし, ふと青石横町の母方, ふと青空がふしぎ, ふと青草の上, ふと青蜜柑の皮, ふとにせい, ふと静寂に気がつきました, ふと非力な人間, ふと面倒になる, ふと面白がつて, ふと面白くないな, ふと面白しと思ひぬ, ふと面長の稍, ふと革命党が自分, ふとをはき, ふと靴音がきこえ, ふとに納め, ふとうたれたやう, ふとのそば, ふと音松が首, ふと音楽に東京, ふと音樂に掛らない, ふとを切る, ふと順一はくるり, ふと預かって未だそのまま, ふと頗る唐突に, ふと領事は二つ返事, ふと領土蚕食主義者なの, ふと頬被りの裡, ふと頭巾の結び目, ふと頼母はこう, ふと題する詩に, ふと顏役の色, ふと顕れた一人の, ふと願書と云, ふと顧みた四方に, ふと風の音をきいた, ふと風物などを楽しむ, ふと風間さんは直に, ふと飛び上って叫んだ, ふと飛んだ可愛らしいところ, ふと飛ンだ通, ふと飛騨の高山, ふとはぬ, ふと食事みたいだが, ふと食卓から立ち上がっ, ふと食慾は次第に, ふと食指が動いた, ふと食物と連想, ふと飯時より外, ふと飾窓のなか, ふと餅屋に毆, ふとり誇張, ふと餘計なこと, ふと饒舌つた無礼, ふと香里の一家みな殺し, ふと馬吉は絶句, ふと馬岱の顔, ふと馬橇は速力, ふと馭者のこと, ふと馳けた足音に外, ふと馴れそめたのが, ふと駄夫は泌む, ふと駈け戻って, ふと騒々しい物音と, ふと騙されたような, ふと驕慢に笑いだし, ふと驚いてわが, ふと驚きて馬, ふと驚き騷ぐ人達を尻目, ふと驚くかも知れない, ふと驛傳馬車の通る, ふとを止め, ふとのくさる, ふとまで疲れる, ふと高い高い塔の, ふと高くなりて, ふと高らかに吟じた, ふと高声にの, ふと高徳が呟いた, ふと高村軍曹は必ず, ふと高橋は先づしげ, ふと高橋虫麿の葦屋, ふと高知新聞中土佐特産寒蘭の記事, ふと高等学校へ行っ, ふと髢屋の店, ふとを撫で付け, ふと鬨の声と共に川向, ふと鬱憤の余り, ふとが笑, ふと鬼小僧はこう, ふと魔法使いの話, ふと魚たちのこと, ふと魚屋が何, ふと魚釣も上手, ふとを大事, ふと魯西亜の小説家イ, ふとが索麺, ふと鮒子の一隊, ふと鮮やかに生れ変っ, ふと鯉坂君が新案探偵法, ふと鰐口の綱, ふとつ物, ふとの卵, ふと鳥影が, ふと鳥羽で別れる, ふと鳴いてるとおも, ふと鳴って通った, ふと鳴りをひそめ, ふと鳴子でもない, ふとの事, ふとの声, ふと鶴村の羽織, ふと鷲尾は声, ふと鹿児島とは何処ぢ, ふと麥酒罎を掴ん, ふと麻川氏の傍, ふと麻油は変, ふとから紅, ふと黄金メダルの半, ふと黒い柔かい美しい春の, ふと黒ずんで見える, ふと黒塀のそば, ふと黒田官兵衛がそう, ふと黒眼鏡が若者, ふとり込んだ, ふと默つて歸つて, ふと黙ると, ふと黙祷した, ふと鼈四郎に気が付い, ふと鼎軒先生の學問, ふと鼓膜に触れた, ふと鼠色の長い, ふと鼻カタルだと, ふと鼾声がやんだ, ふと龍吉君と八郎君, ふと龍子は急, ふと龍樹菩薩は自分等, ふと龍馬はやつ, ふとの前, ふとS子は机