青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ふだん~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ふう~ ふか~ ふく~ ~ふこ ふこ~ ふしぎ~ ふた~ ふたたび~ ~ふたり ふたり~
ふだん~
~ふと ふと~ ~ふところ ふところ~ ~ふべき ふべき~ ~ふも ふも~ ふらふら~ ~ふり

「ふだん~」 1647, 18ppm, 6418位

▼ ふだん~ (305, 18.5%)

13 ように 4 ままの, 生活の 3 やうに, 彼の, 日は, 通りに

2 [15件] おしゃべりに, お綱, とおりに, 位置に, 大きさ, 姿と, 彼なら, 日でも, 滋子なら, 無口にも, 物静かな, 着物を, 行状が, 行状を, 顔に

1 [242件] あから, あきない振り, あけすけな, あたしを, あの夜, あの子, いい含めの, うちに, おこな, おこないを, おしゃべりにも, おちつき, お前にも, お前の, お喋りが, お心がけ, お祖父さんの, お雪ちゃんなら, かまわないなりの, ことで, せせらぎは, ぢいと, とおりで, とおりの, とおり背広に, とおり静かに, とほり, なりだった, なりで, にこにこした, にこやかさを, のんきな, はキヤリコ, ままじゃ, ままで, ままである, ままに, まんまの, まんま家を, ものでない, ようで, わたしから, を一つ, ウドンよりも, ガスコ氏と, キャラコさんの, ケチな, シラフでさえも, タシナミを, 一着よりも, 三倍にも, 三倍も, 云いたい事, 五倍も, 交遊を, 交際も, 人なら, 伝右衛門とは, 伸縮力を, 住居だ, 作者の, 信念に, 修得と, 倉地では, 倍ほど, 倍も, 働き人で, 兄の, 冷然たる, 冷静さを, 冷静に, 力自慢にも, 努力を, 労働の, 勝気にも, 十足も, 原田どのと, 収入よりも, 台所着に, 吃りも, 君の, 周馬の, 味覚が, 四分ぐらい迄, 声で, 多計代, 夜より, 女の, 女学生気分にかへ, 姿だ, 姿や, 学課の, 小気さ, 居間であり, 山洪水が, 常識さえ, 平吉と, 平吉の, 平吉ほど, 平和に, 広言に, 庄次郎とは, 彼では, 彼らしい, 彼自身に, 御恩, 御気性, 心がけが, 心の, 心のみ, 心もちに, 心持から, 心掛け, 心掛けを, 悪戯が, 悪業の, 意気な, 感傷は, 慎みも, 慢心に, 懶惰を, 所に, 才智なら, 抱負を, 持ち前として, 提督らしい, 散歩区域を, 斑ら禿とは, 方が, 日と, 日に, 日の, 明るい隆夫, 時だ, 時であったら, 時でも, 時なら, 時のと, 時よりも, 時間の, 服です, 服装だ, 服装の, 望みや, 東京を, 柔弱を, 栄蔵には, 様に, 様子は, 様子を, 次郎と, 気分に, 気性にも, 気難しい孤独, 水圧の, 洗濯の, 活気は, 清十郎とは, 火事と, 無口な, 無口に, 煩悩に, 物だ, 状態では, 猫と, 獻立てに, 生活でも, 生活に, 生活ぶりや, 生絹の, 用心で, 用意が, 留さんは, 癖が, 皮肉な, 真名古は, 真名古を, 着が, 社会生活の, 私なら思いつく, 私の, 秘密会は, 秩序を, 笑顔で, 笑顔に, 簡単な, 紅殻いろは河岸の, 繁劇な, 職業として, 自分より, 落ちつきはらったかれ, 落ちつきを, 落ち付きを, 落付へ, 葉子だったら, 葉子なら, 葉子に, 蝶ちゃんには, 行いの, 行状から, 行状などに, 行状などについては, 行状も, 表情である, 表情の, 見馴れて, 親しい調子, 言葉には, 調子で, 調子と, 調子を, 諧音を, 護り神, 貴島から, 賃金ど, 賢人も, 身なりに, 軍服の, 透きとおる声, 通りかすかに, 通りで, 通りであった, 通りである, 通りな, 通りの, 通りポケットに, 通り呼びかけた, 通り店先は, 通り正, 通り稽古を, 通り突然, 進歩は, 道化役が, 重吉と, 長ったらしい言い聞かせる, 関係から, 防空演習と, 階級や, 零細な, 顏つきが, 顔と, 食物も

▼ ふだんから~ (293, 17.8%)

6 仲の 4 懇意に, 考えて, 評判の 3 無口な, 自分の, 頭の

2 [14件] あなたを, かの女, どうもこの, よく知っ, 云って, 仲が, 仲好しの, 何か, 信仰する, 先生の, 夢の, 悪戯が, 知って, 近しく出入り

1 [238件] あこがれの, あまり物を, あんまり丈夫, いがみ合って, いけないところ, いたづらい, いちばん親孝行, いびつな, いろいろの, おとなしいので, おとなしい奴, おとなしい質, おびえて, お喜乃さん, お糸, お花, お近さん, お風呂, かよわいからだ, けちに, こころよく思っ, この偉人, この尼, この師匠, そうあれ, そういうところ, そうだ, そうである, そうなん, そう口数, そう考え, その事, その猫, それを, そんな強がり, どうも気性, どうも酒, どっちかと, にくまれて, むっつりとして, もうすこし不, わけも, わたくしを, アミに, ブッキラボーで, ワタクシと, 一番余計に, 一目も, 一種の, 丈夫な, 下戸だ, 不動や, 与五郎という, 世が, 世話に, 世間一般に, 主人の, 乗り降りの, 云つてある, 人に, 人一倍高い, 人並は, 仲よしだった, 仲好しで, 仲良くし, 会社側の, 佐佐木信綱氏について, 何かに, 何かの, 余り健康体, 余り身状の, 信じて, 僕を, 兄弟同様に, 其の脇指, 出入りを, 分け隔て, 判って, 勇気が, 勝気の, 北条家の, 君の, 嗄れぎみ, 地蔵尼に, 塩子の, 外国の, 大切に, 大変不規則な, 大目に, 天狗などという, 女の, 好いて, 好きな, 好奇の, 姉妹同様に, 姉娘の, 始末し, 嫌いな, 孝行者の, 宗教についても, 室子は, 寡口な, 寸の, 小さなお, 小僧の, 小力の, 小汚ない, 小綺麗に, 少し病身, 嵌められて, 師の, 師匠の, 席争いで, 強いこと, 彼に対する, 彼の, 彼は, 彼らに, 彼女の, 往来の, 御懇意, 心安いお, 心安い藤吉, 心安く交際, 心憎く思っ, 忍ばせて, 思いこんで, 思って, 怨んで, 悪戯者だけに, 愛想よく, 憎まれて, 憎らしいと, 憎んで, 手馴れて, 承知し, 新次郎に, 普通の, 會社員の, 本当の, 村の, 機会ある, 歌女寿を, 正直で, 正直な, 正直の, 歩き馴れて, 死にたい死にたいと, 残念に, 殿さまの, 毒瓦斯とは, 気を, 江戸へ, 決して愛想, 決まって, 洒落や, 淑ましや, 漱石は, 火の見櫓に, 無い癖, 無口の, 煙草は, 熊や, 父の, 片意地な, 牛の, 特に目, 特別に, 犬が, 理智的な, 生真面目の, 田舎で, 畜類を, 疑って, 病身に, 癪に, 白眼み, 相当に, 眼を, 知り抜いて, 祈って, 禿げた頭, 私たちを, 突き出たよう, 競争の, 筆屋の, 羨ましがっ, 義理堅い質, 老妻, 聞いて, 能く, 自分も, 至極丈夫, 至極実体, 芝居上手の, 若先生, 若旦那たちには, 草紙などという, 蒼白い彼, 蒼白い顔, 薄ぼんやり, 藤吉と, 蛇の, 蛇を, 蟹が, 行儀の, 西山を, 親くし, 親しく往き, 親孝行だ, 親孝行な, 親孝行の, 親思いであった, 言い聞かせて, 話し好き, 話好きのを, 貧乏な, 贔屓に, 赤い京極飛騨守, 赤い顔, 赤軍の, 身の, 身体も, 身持ちが, 軍費は, 近所でも, 近所の, 邪魔物に, 釣の, 長束に, 陽気な, 雪子の, 青鬼の, 非常に, 顔を, 顔馴染である, 驚嘆し, 髪月代などに

▼ ふだん~ (289, 17.5%)

3 無口の

2 [16件] ただの, どの木, 人間の, 土蔵に, 家に, 檻から, 水が, 水も, 海の, 滅多に, 無口な, 私に, 結構それ, 自分の, 虫の, 蚊の

1 [254件] あたたかでいらっしゃる, あまり仲, あまり参詣, ありませんが, あんなによくお祖母さん, あんなに仲, いいが, いくらか顔, いくら好い, いそがしゅうござんしてね, いたって, いつでも, いつもひっそり閑, いつもゆっくりし, いろいろ御, おとなしいが, おとなしい心, お春婆さん, お金が, かくされて, きたないなりを, こうじゃ, ここらは, この時刻, この本, この食堂, これでも, こんな事, ごく静か, さっぱりした, しめ切って, すこしにぎやか, すさまじい世渡り, ずいぶんやさしいおとなしい, ずっとほか, そうでした, そうは, そこでは, そのベッド, その中, その反対, その本性, それでお, それを, そんなになき虫, そんなにも, そんなに酔う, そんな怪談, たいして交際, ただ黄色い, ついぞ頭, とてもやさしく, とても好物, とても考えられぬ, ともあれきょう, ともあれ花見, どうして甘い, どうもよく思ひ出せない, どこかの, どんなん, なかなか想像, なんとなく淋しい, なんともございません, なんの, のみますか, のろのろしてる, のんきな, のんき坊主の, ほんとうに, ぼさぼさだった, ぼんやりし, ぼんやりと, ぽつんと島, まじめな, むつつりし, めっぽう喧嘩, もちろんなるべく植物, やさしい人なつこいあの, ゆっくり聞く, わからないけれど, アイヌ部落に, ウンザリする, オレなぞとも, グレゴール, ズボラでも, ドジだの, バネを, マジメで, 一つしか使は, 一人で, 一晩に, 一滴も, 上役の, 不勉強, 不義理を, 乳房が, 事務室に, 二日詰の, 人に, 人の, 人一倍はにかみや, 人目に, 仲好しで, 仲好しでした, 仲好しの, 似顔描き, 何かといたわっ, 何となくぼやけ, 何ひとつ自分を, 何も, 何やかやつまらない, 何一つ光の, 何事も, 余り注意しない, 使わない取って置き, 使われない紫檀, 側で, 兄弟の, 先生の, 八時すぎる, 凡の, 出会っても, 出入りも, 別になん, 勿論二人, 十時から, 博奕と, 危険で, 叔母と, 口やかましくもの, 善良な, 喧嘩なぞを, 困ったもの, 土蔵の, 変に, 夜更けまで, 大人くさい, 天国の, 太った重い, 好きな, 如何にも気, 子供たちの, 定めし閑静, 定期券で, 実に謙遜, 家の, 寂しい停車場, 富子夫人から, 寝床を, 寡言家でも, 居るか, 居間に, 川原にな, 工場へでも, 巨人ハルクと, 己惚れの, 布団部屋に, 幾ら好い, 店中の, 影だに, 彼の, 御用を, 我慢づよい河合も, 手すきの, 手にも, 投げやりな, 持つあの, 掃除の, 掃除水仕事や, 敬遠し, 新世界, 日中でも, 普通の, 月並な, 朝から, 木影深く, 木蔭にでも, 校長さんの, 格別骨牌上手で, 森林に, 極く, 正気な, 正直で, 殆ど問題にも, 比較的に, 毛虫の, 気の, 氣ぶつ, 決して粗野, 沈着い, 泣き蟲, 海面下に, 無口で, 無口でい, 焦茶いろ, 燈り, 牛が, 物に, 物堅いよう, 猟に, 現実感に, 用談さえ, 田舎の, 留守番ぐらいしか, 留守番の, 目上の, 真っ直ぐな, 眠たげ, 眼慧い, 石かべ, 石切りが, 神経質に, 秀才で, 網が, 美しくひらいた, 羽織などを, 考えられる江戸, 聞取れない, 職人か, 腐った脳みそ, 至って, 至極ザックバラン, 良人は, 苦々しく思っ, 苦笑する, 茫としてゐる, 茶の間の, 落ちつきはらっ, 見せて, 見ること, 詣る人, 誰にも, 誰も, 謙遜な, 路地の, 近くの, 通れぬ仕掛け, 遠慮し, 部落の, 部落生活に, 酔えば, 重苦しい眠が, 野良を, 銭湯に, 陰気で, 静かな, 静かに, 面目とか, 音信不通の, 飲まないの, 飲まない人, 骨惜みし, 高弟の, 黙り屋であった

▼ ふだん~ (67, 4.1%)

12 のまま 2 の上, はこれ

1 [51件] からその, か旅衣, しか仕方, て膝, できのう, ではなく, では女教師, でもいい, で結構, とが一緒, とすれ, との区分, とはちがう, とモンペ, と着かえた, にきか, にこれ, にぞべら, になすってる, にもいろいろ, に卸した, に着, に着かえさせた, に着かえる, に着換え, に素足, のあいた, のどことなく, のよう, の人たち, の和服姿, の垢, の大島, の姿, の布子, の料理, の木綿袷, の浴衣, の着流し, の紅絹裏, の腰, の軽い暖か, の長襦袢, はますます, は働き, は大分汗やけ, もあります, もあれ, も余所ゆき, や襦袢, を着せた

▼ ふだん~ (64, 3.9%)

5 ちがって, 違って 4 少しも 3 変って 2 変らなかった, 変りない, 変りなく, 少しの

1 [39件] いくらかちがった, おなじ冷静さ, お変りに, かなりちがった, すこしも, すこし人相, ちがう食物, ちがった厳粛, ちがった声, ちがった影響, ちがった茶, ちっとも変わった, まるで人相, まるで變ら, グッと, チットも, 何の, 全く景色, 同じこと, 同じよう, 同じ声, 変った声, 変らずに, 変らないのに, 変らない様子, 変らなかつたが, 変らぬ様子, 変りが, 変りは, 変わった表情, 変わらぬ速, 変わりは, 態度が, 異なる節, 病気の, 違うから, 違うこころもち, 違うこと, 違つた様子について

▼ ふだんなら~ (38, 2.3%)

2 勿論主人

1 [36件] ここを, このくらいの, こんなとき, すぐしっかりした, すこしもおいしく, ばこんな, ばその, ばともかく, ばまだ, ばスグ, ば一, ば何とか, ば僕, ば容易, ば常識, ば格別, ば此, ば火縄, ば納得, ば臆病, ば鳩たち, キャーッと, 乳が, 二里や, 何でも, 僕が, 噴飯す, 大伍, 尺取り虫を, 机の, 気味が悪くって, 犬ころの, 碁席の, 自分も, 誰だって, 面会を

▼ ふだんよりも~ (32, 1.9%)

2 低く連, 少し蒼ざめた顔, 神経質に

1 [26件] さびれて, はしやい, よけいきいきい声, 一そう美しい, 一層にこにこ, 一層媚, 一層生々, 一時間も, 低く連つて, 低く連なっ, 余ほど, 多く飲んだ, 大きくなっ, 寒いぞと, 小綺麗だった, 小綺麗だつた, 得意さうに顔中に, 得意そうに, 愛嬌を, 打解けて, 拡がり奥, 早く起きた, 白粉の, 語調が, 運動が, 鋭さを

▼ ふだんでも~ (29, 1.8%)

2 めったに, 冬の

1 [25件] くまの, この長考, こわい声, しばしばやる, どうかする, よく眠る, よろこんで, 人を, 俳優や, 凄まじい水, 売る店, 大酒, 安心し, 家庭上必要の, 寝坊だ, 彼女を, 怖い夢, 愉快に, 日傘を, 朝の, 気が, 無駄な, 白すぎる, 随分待たなけれ, 顳

▼ ふだん~ (29, 1.8%)

1 [29件] ある話, いくらいばっ, いばっても, お召しなさいまし, きませんでは, さほど懇意, する思考, その鹿, たいていは, ないむずかしい顔, まして, もつて, 似ず冷静, 似合わずひどく, 似合わないこと, 内攻し, 動かして, 変らないせい, 変らなかった, 寒冷な, 尖らす冷た, 用いる煮物, 着られなかったので, 着るよう, 立ちこめて, 緊張した, 苦しんで, 要心し, 警戒を

▼ ふだんより~ (24, 1.5%)

1 [24件] おとなしく庭, おもしろいくらい, ぎこっちない字で, ずっと毒, ちんまりした, なほ茫と, ひっそり静まり返っ, ゆっくり歩い, 一層惨め, 一層晴れやか, 上品に, 亢奮し, 低い声, 余計瞬きを, 倍も, 大きな声, 早く家, 正直に, 流れの, 涙もろく, 癇高い, 目立って, 美しく見える, 長いよう

▼ ふだんとは~ (12, 0.7%)

1 [12件] かすれて, ちがうくらい, ちがう夜, ちがった輝き, ちがった響き, ちがって, まったくちがった, まるでちがっ, まるで人, まるで違った, 全く別人, 異って

▼ ふだん~ (7, 0.4%)

1 おとなしい男, 不断だ, 偏屈な, 寝入って, 悪い, 礼儀が, 達者だ

▼ ふだん~ (6, 0.4%)

1 がこないだ, ととうもろこし, のお, やを蒔きました, やサツマ芋, をすいとん

▼ ふだんには~ (5, 0.3%)

1 うまく匿, 出来ないこと, 大抵柑子, 意識も, 郊外へ

▼ ふだん~ (5, 0.3%)

1 が見なれた, が見慣れ, の家, は子供, は庭

▼ ふだんあんなに~ (4, 0.2%)

1 けちで, 利巧そうに, 威張って, 無邪気そうに

▼ ふだんその~ (4, 0.2%)

1 人は, 心がけを, 息子の, 本国では

▼ ふだん~ (4, 0.2%)

1 そうだ, ふそふと, 気の毒な, 相当に

▼ ふだんよりは~ (4, 0.2%)

1 ずっと早く, 人あしが, 優美に, 相当に

▼ ふだん丈夫~ (4, 0.2%)

1 でない彼, で風邪, なもの, な児

▼ ふだん~ (4, 0.2%)

1 かにかこつけ, か別, でも無い, の真

▼ ふだん自分~ (4, 0.2%)

1 が使, のあまり使, の心持ち, の銭

▼ ふだん~ (3, 0.2%)

1 喋舌り, 脈を, 酒が

▼ ふだんこんな~ (3, 0.2%)

1 ことを, こと書い, ものが

▼ ふだんでさえ~ (3, 0.2%)

1 ぶるぶる震える, 上野へ, 冬は

▼ ふだんにも~ (3, 0.2%)

1 しばしば校番室, ましてセンチメンタル, 似ず弱音

▼ ふだん~ (3, 0.2%)

1 交際が, 恩に, 懇意だった

▼ ふだん思っ~ (3, 0.2%)

1 ていた, ている, てもいない

▼ ふだん懇意~ (3, 0.2%)

3 にし

▼ ふだん~ (3, 0.2%)

1 のない, のメリンス, の御

▼ ふだん考え~ (3, 0.2%)

1 ていた, ていない, ている

▼ ふだん遊び~ (3, 0.2%)

2 に行く 1 を与へる

▼ ふだんあまり~ (2, 0.1%)

1 やかましくし, 親しくし

▼ ふだんあれ~ (2, 0.1%)

1 ほど云っといた, ほど御

▼ ふだんかけつけない~ (2, 0.1%)

1 のにきゅう, のに急

▼ ふだんからの~ (2, 0.1%)

1 懇意でも, 癖な

▼ ふだんこう~ (2, 0.1%)

1 やられると, 自分は

▼ ふだんそれ~ (2, 0.1%)

1 をたくさんポケット, を用い

▼ ふだん~ (2, 0.1%)

1 と式, と打たれ

▼ ふだんどおり~ (2, 0.1%)

1 になっ, 笑って

▼ ふだんどんな~ (2, 0.1%)

1 ことを, ものを

▼ ふだんどんなに~ (2, 0.1%)

1 かお, 考えかた

▼ ふだんはか~ (2, 0.1%)

2 やうな

▼ ふだんはめつた~ (2, 0.1%)

1 に二人, に使

▼ ふだんひと~ (2, 0.1%)

1 の馬, より丈夫

▼ ふだん使~ (2, 0.1%)

2 はぬ

▼ ふだん使っ~ (2, 0.1%)

2 ていた

▼ ふだん使わない~ (2, 0.1%)

1 部屋で, 金銀の

▼ ふだん友人~ (2, 0.1%)

2 の煙草

▼ ふだん~ (2, 0.1%)

1 に出さない, 馴れた地獄

▼ ふだん好き~ (2, 0.1%)

1 なおもちゃ, な酒

▼ ふだん始終~ (2, 0.1%)

1 見つけて, 電話を

▼ ふだん~ (2, 0.1%)

1 で彼, の人たち

▼ ふだん~ (2, 0.1%)

1 へて, へに抑

▼ ふだん決して~ (2, 0.1%)

1 他の, 見ない

▼ ふだん注意~ (2, 0.1%)

1 して, しといたらう

▼ ふだん滅多~ (2, 0.1%)

1 に出入り, に顔

▼ ふだん用い~ (2, 0.1%)

1 ている, ておられる

▼ ふだん聞く~ (2, 0.1%)

1 ことの, ところに

▼ ふだん自慢~ (2, 0.1%)

1 して, の櫛まき

▼ ふだん致し~ (2, 0.1%)

1 候よ, 候所夫レハ清次郎が

▼ ふだん見慣れ~ (2, 0.1%)

2 ている

▼ ふだん親しい~ (2, 0.1%)

1 菅谷に対しては, 間柄の

▼ ふだん近しく~ (2, 0.1%)

1 出入りする, 来る者

▼ ふだん通り~ (2, 0.1%)

1 に動い, の悄然

▼ ふだん~ (2, 0.1%)

1 をなめ, を飲まない

▼ ふだん~ (2, 0.1%)

1 というもの, なぞ持たし

▼ ふだん飲まない~ (2, 0.1%)

2 燗酒を

▼ ふだん飲んだくれ~ (2, 0.1%)

2 てゐたつ

▼1* [310件]

ふだんあんなお顔, ふだんあんまりものを, ふだんいいものを, ふだんいかない有志に, ふだんいじらしいとは思い, ふだんいたし候所このごろハお, ふだんいたずらをする, ふだんいっこうお馴染, ふだんいっしょに遊ばなかった, ふだんいつも不安な, ふだんおだやかな男, ふだんおっしゃッて, ふだんおでんや蜜豆, ふだんおとなしい片野さんが, ふだんかぎ馴れた匂い, ふだんかけておく, ふだんきせるを腰, ふだんのジャンパー姿, ふだんぎのまま多少の, ふだんこういう人と, ふだんこうして肌身に, ふだんここへ出入, ふだんこの辺で, ふだんしきりに海が, ふだんじゃすぐ日, ふだんそうつき合つて, ふだんそういう情景から, ふだんそこの仲間たち, ふだんそんなことを, ふだんぞんざいな口, ふだんただ授業時間中と, ふだんたべるいちばんたい, ふだんだってそんなに赤ら顔, ふだんだらしないからこんな, ふだんちょっとしたことにも, ふだんつかっている, ふだんこの何, ふだんでない響が, ふだんとかわらない, ふだんとちがつて, ふだんとっている, ふだんとまりなれた木の, ふだんどっちかという, ふだんどのような, ふだんならかう云つて自分は, ふだんなら吹き出したかも知れない, ふだんなら寄り添った人影も, ふだんなんのかの, ふだんになつてあ, ふだんはいからはんや, ふだんはね其那奇麗な, ふだんばかだと, ふだんひきしめてゐた, ふだんふと心の, ふだんほめていた, ふだんまっ昼間でも, ふだんまるきり無人の, ふだんみさちゃんの室, ふだんめったに使わない, ふだんもちッとも違わない, ふだんへ目前ニ, ふだんうく知つて, ふだんよくよく注意し, ふだんわたしどもの往来, ふだん知って, ふだんアイダやサロメ, ふだんイヤな士官, ふだんガソリンの用意なぞ, ふだんクルウの先輩達, ふだんケチケチ働いてばかり, ふだんコキ使われて, ふだんコーヒーや酒, ふだんシュシュランペツの川, ふだんジメジメして, ふだんヂメヂメして, ふだんおふじ候得, ふだんニハやかましくにくまれ, ふだんボンヤリしてる奴, ふだん一寸拾ったボタン, ふだん一流の料理屋, ふだん一滴も酒, ふだん一番怖れ, ふだん一緒に暮し, ふだん世話になり, ふだんに洋服, ふだん云ってたのです, ふだん云つて聞かせる通り, ふだんに難癖, ふだん人並の飯, ふだん人気のない, ふだん人間の住む, ふだんと異名, ふだん仏壇をたいへん, ふだん仕事欲が高鳴る, ふだん職場へ, ふだん他人に似る, ふだん以上に食欲, ふだんのいい, ふだん仲よくして, ふだん伏眼勝ちの煙, ふだん伯母さんを, ふだん何ごともない, ふだん何だか落着ない, ふだん何とかかんとか, ふだん何とも思って, ふだん何處に置い, ふだん余りに言葉, ふだん余り親密でも, ふだん使いの着物, ふだん使ってるアドルムをの, ふだん信心する不動様, ふだんの高い, ふだん傲岸な彼, ふだん優しくして, ふだん其等の人々, ふだん冷静に見せてる, ふだん出入りする者, ふだん出合頭に鼻, ふだん出遇わないことに, ふだん剣法にも熱心, ふだん割合に自由, ふだん北海道に出かけ, ふだん医者から貰っ, ふだん病人の, ふだん取りあつかっている, ふだん口数の少い, ふだん可愛がつて, ふだんにない, ふだんつたこと, ふだん吸ったことの, ふだん吸ってるのを, ふだん呼びなれている, ふだん和服の時, ふだんを紅く, ふだん四十八人の声, ふだん困ってるんでしょう, ふだん坊ちゃんの欲しい欲しい, ふだんにかえって, ふだんへも出さない, ふだん夜空を見, ふだん大人は忙しく, ふだん大口たたきおるくせ, ふだん大阪おばあさんを子供心, ふだんにもてねえ, ふだん女中を置け, ふだん女権などを云, ふだん女郎の尻, ふだん好んだものを, ふだんを可愛がっ, ふだん威張ってやがる, ふだん宗教物ばかり出版, ふだん家族のもの, ふだんている, ふだん寢坊して, ふだん尊敬して, ふだん小判百両を入れた, ふだん履きが置い, ふだん幅広い口を, ふだん弱いものです, ふだんを他, ふだん彼女の顔, ふだん往復したこと, ふだんに思っ, ふだん忘れている, ふだんがしい, ふだん忙しく仕事に, ふだん快く思つてない, ふだん怒ったときに, ふだん思つてゐること, ふだん愛子の顔, ふだん慇懃を尽くし, ふだん憎まれてゐる, ふだん所持して, ふだん手紙をやりとり, ふだん按撫によってばかり知っ, ふだん接してその, ふだん放漫で磊落, ふだん放送をきかない, ふだん教えていただい, ふだん教わっております, ふだん数珠なんぞを携え, ふだんに当る, ふだん時間など気, ふだん書斎で十一谷君, ふだん望みをかけ, ふだんでも田, ふだんて舞, ふだん来る雑誌記者と, ふだん東京で聞く, ふだん枕元にスタンド, ふだん極端に倹約, ふだん次郎の眼, ふだん欲しくない金, ふだん正木の家, ふだん正直者だから, ふだん武芸をはげむ, ふだん殿様が自分, ふだんがわたくし, ふだん障だと, ふだん沈着な彼, ふだんの音, ふだん洋服でおります, ふだん洋次郎とは往来, ふだん浜村屋が好き, ふだんやはじめ, ふだん漢字で書い, ふだん暗に著, ふだん無いものの, ふだん無口な村尾, ふだん無視されがち, ふだん無頓着をよそおっ, ふだん煮え切らない深刻な, ふだん父親はどこ, ふだん片仮名で書い, ふだんを観察, ふだん特別の深い, ふだん獲れるたいは, ふだん生活が不規則, ふだん用いつけていた, ふだん用いる職業は, ふだん用意のない, ふだん留守がちの別荘, ふだん畳んでしまわれ, ふだん疲れた時とか, ふだん白面の時, ふだん百戸に足らぬ, ふだん変らず駄金魚, ふだん真面目一方の温良, ふだん着はじめ手まわりの品々, ふだん着らしいお召と, ふだん着同様な着物, ふだん睡眠が足りない, ふだん石ころひとつにも伯母さん, ふだん私どもに向っ, ふだん空威張りばかりし, ふだん空想して, ふだん穿きの袴, ふだん精神修養の何の, ふだん精米機について何, ふだん組頭から厳命, ふだん総領事館へ出入り, ふだん縫わないのでようす, ふだん美味いものを, ふだん羽織の裏, ふだん考え溜めていた, ふだん考へてをります, ふだんている, ふだん聞きなれている, ふだん聞き慣れている, ふだんと皮, ふだん臆病そうに見える, ふだん自分勝手な欲ばったこと, ふだん自家でいばっ, ふだんにし, ふだん草山芋などを蒔きつけ, ふだんのそれ, ふだん蒼白い痩せた村尾, ふだんも殺さぬ, ふだんの面, ふだん街中や家, ふだん見せてくれない, ふだん見る本統の, ふだん親しく出入りし, ふだん親切第一, ふだん解らない事も, ふだん言っています, ふだん言明してる君, ふだん言葉かたき同志, ふだん評判のかんばしく, ふだん話すときより, ふだん読みもしない, ふだんのため, ふだんひつけたこと, ふだん賑やかな広小路, ふだん質問する人達, ふだん黒い顔, ふだん足踏みもした, ふだん身なりをかまわぬ, ふだん軽口をきい, ふだん軽蔑して, ふだん近くにいない, ふだん通り朦朧として殆, ふだん通俗な雑誌, ふだん遊ぶのは, ふだん遊んで寝, ふだん道場に竹刀, ふだん遠くはなれ, ふだんで人, ふだん鍵のか, ふだん長い睫毛を, ふだん開けたことの, ふだん陰気なくせ, ふだん随分千利休の, ふだん非常に用心深い, ふだんを用いる, ふだん順二郎の机, ふだん頼朝の配所, ふだん風呂にはいりつけない, ふだん食事のとき, ふだん食意地が張っ, ふだん飲んでいた, ふだん馬具の金輪, ふだん馬田と親しく, ふだん馴染で彼等, ふだん魚釣りに行く, ふだんの巣, ふだん鶴子と昵懇, ふだん黄いろく肉の, ふだん黒襟の着物, ふだん龍雄をかわいがっ