青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ふたたび~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~ふい ふい~ ~ふう ふう~ ふか~ ふく~ ~ふこ ふこ~ ふしぎ~ ふた~
ふたたび~
~ふたり ふたり~ ふだん~ ~ふと ふと~ ~ふところ ふところ~ ~ふべき ふべき~ ~ふも

「ふたたび~」 2615, 28ppm, 4150位

▼ ふたたびその~ (36, 1.4%)

2 少女と, 手に

1 [32件] ハンドルに, 井戸端を, 人に, 人間を, 健在な, 唇を, 場から, 女性を, 少年の, 少年を, 山伏す, 幕が, 忌まわしい場所, 所有者を, 指を, 故郷をも, 散滅, 方向を, 旧主人, 星を, 暖かき昔, 木の下に, 朱に, 歌を, 比重が, 気焔を, 流れを, 狂語の, 皮紙を, 眼は, 落ち着いた奇怪, 顔は

▼ ふたたび~ (32, 1.2%)

1 [32件] が事務所, にむかっ, に会った, に出会った, に手枷足枷, に角力, のうち, のもと, のもの思い, の声, の心, の旅行, の気, の空想, の胸, の計, の退いた, の頭, はケリル, は大声, は役所, は機械的, は野, へ両, へ開かれ, を一僻地, を伴っ, を打ち始めた, を襲つたの, を見のがすべき, を見る, を訪れた

▼ ふたたびこの~ (25, 1.0%)

1 [25件] うはばみ, 世の中に, 世界に, 中で, 兵を, 北, 問題で, 国の, 土地へ, 地点まで, 城へ, 女と, 娑婆へ, 家に, 形が, 手に, 数寄屋橋門内には, 汚名と, 流れの, 深山には, 港から, 眠い町, 神品が, 考えに, 親切な

▼ ふたたび自分~ (20, 0.8%)

3 の家

1 [17件] で自分, に魔, のやましく, の前, の同族, の夢想, の宿, の寝床, の座敷, の心, の悲しみ, の手, の持場, の机, の産まれた, の胸, を吹く

▼ ふたたびここ~ (19, 0.7%)

2 へ帰っ

1 [17件] でお, で大戦, で蘇生, にくる, に三田君, に君, に立ち寄り, に繰り返そう, に草, に集まりたい, は居心地, は数千, へ戻っ, へ来る, を渡るだろう, を立つ, を訪

▼ ふたたびそれ~ (15, 0.6%)

1 [15件] からも汚く, がし, が出, と分らぬ, にすぐ, に取りかからなけれ, に追いすがる, を両手, を張遼, を意識, を持, を持っ, を繰り拡げ, を考へた, を負っ

▼ ふたたび~ (15, 0.6%)

1 [15件] のさびしい, の店, の座, の残党境界, の無, の箱, の籠, の縁さき, の身の上, の道, の風呂敷, へはかえらない, 亀天正の, 地の, 寇の

▼ ふたたび姿~ (15, 0.6%)

3 をあらわした 2 を現, を見せなかった 1 が見えた, さそはま, をあらわさなかった, をみせない, をみせませんでした, を見せた, を見せない, を見せませんでした

▼ ふたたび~ (14, 0.5%)

3 を開いた

1 [11件] で追った, の前, をあげた, をさます, をとじ, をみはっ, を投げた, を枝, を覚ました坐, 覚めて, 覚めないの

▼ ふたたび~ (13, 0.5%)

3 目に 1 会いしたの, 叱りの, 眼に, 綱へ, 綱を, 膝の, 袖の, 逢いできぬだろう心もとな, 銀様が, 駕籠に

▼ ふたたびもと~ (12, 0.5%)

2 のよう 1 にもどる, ののどか, の人間らしく, の伝統的, の元気, の厳粛さ, の死体, の純, の静寂, 来た道

▼ ふたたび~ (12, 0.5%)

1 [12件] でもかさねるだろう, にお, に戻っ, の小さい, へかえって, へは帰らせられ, へ上った, へ入る, へ帰っ, へ旅立っ, へ都, を顧みる

▼ ふたたび~ (11, 0.4%)

1 [11件] から火, のとどく, をあけ, をさまされた, をつぶっ, をとじた, をひらい, をひらこう, をみひらいた, を閉じた, を開い

▼ ふたたび~ (11, 0.4%)

1 [11件] に還つ, のままっ子, の家, の心, の肩, はすごすご, は動き出し, は帰つて, は灰色, を圧倒, を祝福

▼ ふたたびあの~ (10, 0.4%)

1 うちへ, ように, 乱だった, 女に, 小さな葡萄酒, 最もおどろくべき, 無力な, 獣物臭い, 緊張感が, 美しい地球

▼ ふたたび~ (10, 0.4%)

1 て, てくる, ては秀吉, て中山谷, て修禅寺, て来, て来い, て来た, て来ない, て行った

▼ ふたたびそこ~ (9, 0.3%)

1 から脱出, にやってきた, に駒, へもどる, へ坐り, へ平伏, へ息, へ立ちもどっ, を大きく

▼ ふたたび同じ~ (9, 0.3%)

2 ような 1 型の, 山岳中へ, 戦法で, 敗戦を, 目に, 足あとが, 門へ

▼ ふたたび彼女~ (9, 0.3%)

1 が元, が出かける, が弾いた, が現われた, に会った, に何, の姿, の手首, へ握手

▼ ふたたび~ (9, 0.3%)

2 にのっ 1 にムチ, に跨り, へ跳び, をかえ, をすすめ出し, を打っ, を躍らせ

▼ ふたたび~ (8, 0.3%)

1 ない若い日, 寝釈迦, 帰ること, 日本の, 暗くし, 歩むとも, 見る春, 踏むまい土

▼ ふたたび~ (8, 0.3%)

1 屋根の, 床の, 盃の, 籠は, 軍備が, 運河の, 都督として, 音声で

▼ ふたたび見る~ (8, 0.3%)

3 ことが 1 ことの, ことは, と今度, 日を, 機会を

▼ ふたたび~ (8, 0.3%)

1 があらわれた, をあわせた, をあわせる, を上げ, を会わせた, を出さない, を合, を合わせ

▼ ふたたびこれ~ (7, 0.3%)

1 へ参る, へ来るだろう, をひっくりかえす, を失う, を持ち出し, を捨て, を繰り返す

▼ ふたたび帰っ~ (7, 0.3%)

2 て来なかった 1 てきやしない, てこられない, て城中, て帝大, て来ない

▼ ふたたび静か~ (7, 0.3%)

2 になった 1 なところ, な松籟, にそこ, に歩きだした, に立っ

▼ ふたたびこんな~ (6, 0.2%)

1 ことに, ことの, 役目を, 愚かな, 我儘者は, 機会という

▼ ふたたび~ (6, 0.2%)

2 に出る 1 には出られまい, に会う, に包めましょう, の陽

▼ ふたたび~ (6, 0.2%)

1 へ帰す, へ来, へ登った, を仰ぎ見た, を出た, を捨て

▼ ふたたび帰る~ (6, 0.2%)

1 ことない, と父, などということ, にも帰れぬ, 小舟に, 見込みなし

▼ ふたたび~ (6, 0.2%)

1 が鎮まっ, で叫ん, に叫ぶ, に帰れ, に決し, を取り直さなけれ

▼ ふたたび故郷~ (6, 0.2%)

1 に帰ろう, の土, へ, へ帰る, を見る, を見るだろう

▼ ふたたび現われ~ (6, 0.2%)

1 てきた, てきてる, てくる, てその, て私, はしない

▼ ふたたびかれ~ (5, 0.2%)

1 が姿, のもの, の前, の眼前, らの

▼ ふたたびこの世~ (5, 0.2%)

1 で相, に出る, に姿, に降った, へは出られない

▼ ふたたび~ (5, 0.2%)

1 のよう, のノート, の中門, の狭い, の間道

▼ ふたたび~ (5, 0.2%)

1 に槍, のよう, の所, の木蔭, の窓口

▼ ふたたび~ (5, 0.2%)

2 を開いた 1 をはさんだ, をひらく, を開かぬ

▼ ふたたび~ (5, 0.2%)

1 に入れた, をあげ, をとりあう, をにぎりしめた, を合した

▼ ふたたび日本~ (5, 0.2%)

1 に, にかえらない, の世, の土地, の民族

▼ ふたたび~ (5, 0.2%)

3 のよう 1 の元気, の本式

▼ ふたたび江戸~ (5, 0.2%)

1 にいなくなった, の方角, へ, へまぎれこみ, へ帰っ

▼ ふたたび~ (5, 0.2%)

1 に戻る, に戻れよう, に迎えられる, の地, の高祖

▼ ふたたび生き~ (5, 0.2%)

1 てここ, てその, て人間界, て帰れない, て還る

▼ ふたたび~ (5, 0.2%)

2 を執っ 1 に墨, を取れぬ, を執った

▼ ふたたび~ (5, 0.2%)

2 が咲いた 1 が咲こう, の都, を咲かし

▼ ふたたび見出した~ (5, 0.2%)

2 のだった 1 ことであろう, ことを, 友情の

▼ ふたたび~ (5, 0.2%)

1 をおこし, を乗せ, を任す, を屈めた, を横たへよう

▼ ふたたび~ (5, 0.2%)

1 となった, に呑まれ, に埋もれた, に沈み込んだ, の世界

▼ ふたたび静寂~ (5, 0.2%)

1 が落ち, が返っ, にかへり, にもどった, に帰した

▼ ふたたび~ (5, 0.2%)

1 の上, へのぼっ, をあげた, をもたげる, をもたげ出した

▼ ふたたびあたり~ (4, 0.2%)

1 を睨め廻し, を見まわし, を見まわしたら, を見直した

▼ ふたたびする~ (4, 0.2%)

1 ことが, ことも, のを, はずは

▼ ふたたび~ (4, 0.2%)

1 ぼとぼとつえ, 声つづかね, 点けずいね, 點けず

▼ ふたたびまた~ (4, 0.2%)

1 しいんと怪しく, 何か, 呂布が, 彼と

▼ ふたたびドア~ (4, 0.2%)

1 の方, をあけ, をぴしゃり, をノック

▼ ふたたび以前~ (4, 0.2%)

1 と同様, の山中, の平, の領民

▼ ふたたび~ (4, 0.2%)

1 かの機会, という炸裂的, の仰せ, の影

▼ ふたたび天下~ (4, 0.2%)

1 が大乱, に大乱, は騒乱, を

▼ ふたたび~ (4, 0.2%)

1 の雛, へはいっ, へもどっ, へ入った

▼ ふたたび孔明~ (4, 0.2%)

2 の前 1 とむかい合っ, に向っ

▼ ふたたび~ (4, 0.2%)

1 には牛女, へもどりました, へ戻っ, へ登っ

▼ ふたたび~ (4, 0.2%)

1 勘気を, 危険が, 坂に, 奉公の

▼ ふたたび~ (4, 0.2%)

1 にものみせ, の重囲, の集結, を蹴ちらし

▼ ふたたび来る~ (4, 0.2%)

1 ことの, のを, んじゃ, 日を

▼ ふたたび~ (4, 0.2%)

1 に就かせた, に就き, を交わそう, を引き寄せました

▼ ふたたび~ (4, 0.2%)

3 になった 1 になッ

▼ ふたたび汽車~ (4, 0.2%)

1 に乗った, に乗つた, に乗る, に乘

▼ ふたたび沈黙~ (4, 0.2%)

1 が来た, が続きだした, した, を破っ

▼ ふたたび~ (4, 0.2%)

1 まみえん, 府の, 見える日, 見ること

▼ ふたたび相手~ (4, 0.2%)

1 のかげ, の目, の鞄, は影

▼ ふたたび立っ~ (4, 0.2%)

1 てよじのぼる, て書棚, て海, て述べた

▼ ふたたびあやまち~ (3, 0.1%)

2 を犯せ 1 を犯す

▼ ふたたびかかる~ (3, 0.1%)

1 人心の, 時代の, 錯誤は

▼ ふたたびかなた~ (3, 0.1%)

1 に帰っ, の森, の空

▼ ふたたびそっと~ (3, 0.1%)

1 仰臥させ, 昇降口の, 椅子の

▼ ふたたびそんな~ (3, 0.1%)

1 ことが, ことを, 性わるの

▼ ふたたびどこ~ (3, 0.1%)

1 かでお目にかかる, かの山奥, からともなく

▼ ふたたび~ (3, 0.1%)

2 たび 1 づにいらうとする魚である

▼ ふたたび~ (3, 0.1%)

2 へあがっ 1 へ向っ

▼ ふたたび~ (3, 0.1%)

2 気嫌である 1 二見台に

▼ ふたたび世の中~ (3, 0.1%)

2 へ出 1 に舞い出ぬ

▼ ふたたび~ (3, 0.1%)

2 名し 1 系の

▼ ふたたび中国~ (3, 0.1%)

1 の御, の戦場, を訪問

▼ ふたたび人間~ (3, 0.1%)

1 の代, の原始, の身

▼ ふたたび伊那丸~ (3, 0.1%)

1 へ返っ, や一党, をさがしださず

▼ ふたたび会う~ (3, 0.1%)

1 ということ, 日には, 機会は

▼ ふたたび~ (3, 0.1%)

1 を床, を湯, を震わした

▼ ふたたび~ (3, 0.1%)

1 のもの, の調査, の頭

▼ ふたたび~ (3, 0.1%)

1 と一緒, のそば, を呼んだ

▼ ふたたび先生~ (3, 0.1%)

1 の庭, の言行, を見る

▼ ふたたび~ (3, 0.1%)

1 の建業, の戦場, へかえって

▼ ふたたび地上~ (3, 0.1%)

1 にかへりし, へは現われない, を見

▼ ふたたび城中~ (3, 0.1%)

1 に戻っ, へ帰りました, へ赴いた

▼ ふたたび~ (3, 0.1%)

1 がかかった, が聞こえ, を低く

▼ ふたたび大地~ (3, 0.1%)

1 に伏し, に帰られる, の上

▼ ふたたび学校~ (3, 0.1%)

1 へかよう, へくる, へむかえた

▼ ふたたび~ (3, 0.1%)

1 の中, の前, の群れ

▼ ふたたび家庭~ (3, 0.1%)

1 に会え, に戻った, の中

▼ ふたたび寝床~ (3, 0.1%)

1 の中, へかえっ, へもぐりこんだ

▼ ふたたび~ (3, 0.1%)

1 の側, の此方, をわたり

▼ ふたたび平静~ (3, 0.1%)

2 を得 1 に返る

▼ ふたたび~ (3, 0.1%)

1 について翌日, に膝, の中

▼ ふたたび~ (3, 0.1%)

1 に下り, わたりをし, をよぎっ

▼ ふたたび彼ら~ (3, 0.1%)

1 の占領, は回想, へ追いつこう

▼ ふたたび~ (3, 0.1%)

1 から追いつい, へ立ち返っ, を追っかけた

▼ ふたたび戻っ~ (3, 0.1%)

1 てきた, てくる, てむらがる

▼ ふたたび~ (3, 0.1%)

1 あげなさろうという, をあげる, を見たら来い

▼ ふたたび~ (3, 0.1%)

2 の静寂 1 の丞相

▼ ふたたび明るく~ (3, 0.1%)

1 なったとき, なった家内, なって

▼ ふたたび暗い~ (3, 0.1%)

1 小路に, 影が, 心持に

▼ ふたたび~ (3, 0.1%)

1 をとりなおし, を持ちなおした, を杖

▼ ふたたび~ (3, 0.1%)

1 のよう, の底, を現

▼ ふたたび永遠~ (3, 0.1%)

2 にかへつて來 1 の溶鉱炉

▼ ふたたび~ (3, 0.1%)

1 をみむこ, を見むこ, を見出す

▼ ふたたび沈む~ (3, 0.1%)

3 ものである

▼ ふたたび活動~ (3, 0.1%)

1 し宗教, をおこし, をはじめ

▼ ふたたび無言~ (3, 0.1%)

1 のままテーブル, の状態, の行

▼ ふたたび生活~ (3, 0.1%)

1 に結びつけ, に脅かされた, を開始

▼ ふたたび~ (3, 0.1%)

1 から去った, のほう, の鳥屋

▼ ふたたび眠り~ (3, 0.1%)

2 に落ちた 1 につこう

▼ ふたたび秀吉~ (3, 0.1%)

1 にまみえ, の背後, を敵

▼ ふたたび~ (3, 0.1%)

1 にあく, を星, 高くまいあがり

▼ ふたたび~ (3, 0.1%)

1 一次の, 二の, 四エンジン室に

▼ ふたたび緊張~ (3, 0.1%)

1 があらわれた, させること, した

▼ ふたたび自由~ (3, 0.1%)

1 にし, の天地, の学生

▼ ふたたび~ (3, 0.1%)

1 ぎたなく逃げ出した, て感じる, 地上の

▼ ふたたび見出し~ (3, 0.1%)

1 てそれ, て喜んだ, はすまい

▼ ふたたび見出す~ (3, 0.1%)

1 のだった, のです, 時いかに

▼ ふたたび言葉~ (3, 0.1%)

1 を更め, を継いだ, を続いだ

▼ ふたたび訪れる~ (3, 0.1%)

1 ことは, ことを, 日が

▼ ふたたび起きあがる~ (3, 0.1%)

1 ことが, とまた, 気力も

▼ ふたたび鉄杖~ (3, 0.1%)

1 をにぎりしめた, を手, を横

▼ ふたたび~ (3, 0.1%)

1 の外, の扉, を叩いた

▼ ふたたび階段~ (3, 0.1%)

1 と内庭, のふた, を駆け降り

▼ ふたたび~ (3, 0.1%)

1 と頬, を濡らし, を赤らめた

▼ ふたたび馬上~ (3, 0.1%)

2 の人 1 の高氏

▼ ふたたびあっけ~ (2, 0.1%)

2 にとられ

▼ ふたたびあと~ (2, 0.1%)

1 へかえって, へひっ返し

▼ ふたたびあなた~ (2, 0.1%)

1 の故郷, は歩かなけれ

▼ ふたたびありあり~ (2, 0.1%)

1 と思い浮かべた, と浮きあがっ

▼ ふたたびいっ~ (2, 0.1%)

1 てそれ, て立とう

▼ ふたたびいっしょ~ (2, 0.1%)

1 になった, になれる

▼ ふたたびいつも~ (2, 0.1%)

1 のよう, のヴィクトリヤ停車場

▼ ふたたびうとうと~ (2, 0.1%)

1 とした, と睡り

▼ ふたたびお目にかかる~ (2, 0.1%)

1 事が, 事なんか

▼ ふたたびかの~ (2, 0.1%)

1 場所へ, 高低の

▼ ふたたびこんど~ (2, 0.1%)

2 は左

▼ ふたたび~ (2, 0.1%)

1 出征を, 出陣と

▼ ふたたび~ (2, 0.1%)

1 ている, ゃばには

▼ ふたたびしずか~ (2, 0.1%)

1 にしまっ, に眼

▼ ふたたびすっかり~ (2, 0.1%)

1 もの思い, 一味に

▼ ふたたびたがい~ (2, 0.1%)

1 に見失う, に近寄る

▼ ふたたび~ (2, 0.1%)

1 上洛にも, 御指揮

▼ ふたたびのぼっ~ (2, 0.1%)

1 てくる, てゆく

▼ ふたたびはげしく~ (2, 0.1%)

1 プロペラの, 蓋を

▼ ふたたびはじめ~ (2, 0.1%)

1 からやりなおすだろう, ている

▼ ふたたびふところ~ (2, 0.1%)

1 の奧, の書

▼ ふたたびまえ~ (2, 0.1%)

1 にもてあましたる, の駒

▼ ふたたびやっ~ (2, 0.1%)

1 てみ, て行くまい

▼ ふたたびゆっくり~ (2, 0.1%)

1 立ち上って, 見る折

▼ ふたたびアンナ~ (2, 0.1%)

1 が新しい, が歌う

▼ ふたたびオリヴィエ~ (2, 0.1%)

1 に会った, を自分

▼ ふたたびナヂェージダ~ (2, 0.1%)

1 の夫, は白服

▼ ふたたびバア~ (2, 0.1%)

2 の女給

▼ ふたたびブルウル氏~ (2, 0.1%)

2 の時間

▼ ふたたびヨーロッパ~ (2, 0.1%)

2 が戦場

▼ ふたたび一歩~ (2, 0.1%)

1 を突進, を退かざるべからず

▼ ふたたび一気に~ (2, 0.1%)

1 うちおろそう, 落ちて

▼ ふたたび一糸~ (2, 0.1%)

1 みだれずしかも, みだれぬ夢

▼ ふたたび丁寧~ (2, 0.1%)

2 に会釈

▼ ふたたび上方~ (2, 0.1%)

1 の国, へ取って返した

▼ ふたたび上洛~ (2, 0.1%)

1 の用意, の途

▼ ふたたび~ (2, 0.1%)

1 につく, へは降り

▼ ふたたび乱闘~ (2, 0.1%)

1 が行なわれた, は行われよう

▼ ふたたび二つ~ (2, 0.1%)

1 の死骸, の質問書

▼ ふたたび二十面相~ (2, 0.1%)

1 がおとし, のため

▼ ふたたび京都~ (2, 0.1%)

1 で彼, へおいで

▼ ふたたび~ (2, 0.1%)

1 の眼, は灼かれ

▼ ふたたび人々~ (2, 0.1%)

1 を前, を飽かしめた

▼ ふたたび人中~ (2, 0.1%)

1 に士, へ下り

▼ ふたたび人心~ (2, 0.1%)

1 が揺れ出し, に萌す

▼ ふたたび人間世界~ (2, 0.1%)

1 にかえれる, に帰らん

▼ ふたたび~ (2, 0.1%)

1 になっ, は上海租界

▼ ふたたび~ (2, 0.1%)

1 の民族, へ移行

▼ ふたたび伊織~ (2, 0.1%)

1 の影, の襟

▼ ふたたび作業~ (2, 0.1%)

1 がはじまる, にとりかかった

▼ ふたたび信長~ (2, 0.1%)

1 の軍, の陣所天野山

▼ ふたたび~ (2, 0.1%)

1 校舎に, 軍一つに

▼ ふたたび~ (2, 0.1%)

1 が来たら, を出し

▼ ふたたび別れ~ (2, 0.1%)

1 てしまう, て新た

▼ ふたたび前進~ (2, 0.1%)

1 をつづけた, を示した

▼ ふたたび勃興~ (2, 0.1%)

1 するいく度, すれば

▼ ふたたび勇気~ (2, 0.1%)

1 を得た, を振い起し

▼ ふたたび勝家~ (2, 0.1%)

1 の帷幕, の手

▼ ふたたび南方~ (2, 0.1%)

1 の制覇, へ旅立ちました

▼ ふたたび博士~ (2, 0.1%)

1 のこと, の秘密室

▼ ふたたび原生樹林~ (2, 0.1%)

1 が続い, の中

▼ ふたたび叫ん~ (2, 0.1%)

1 で今度, で跳

▼ ふたたび吉原~ (2, 0.1%)

1 の空, へ来た

▼ ふたたび呼ん~ (2, 0.1%)

1 でいる, で戸

▼ ふたたび問題~ (2, 0.1%)

1 になる, のドア

▼ ふたたび喜平~ (2, 0.1%)

1 の心臓, の胸

▼ ふたたび回復~ (2, 0.1%)

1 し得られないほど, できないならば

▼ ふたたび~ (2, 0.1%)

1 に起つ, を踏まなかった

▼ ふたたび土間~ (2, 0.1%)

1 のほう, の鶏

▼ ふたたび地下~ (2, 0.1%)

2 へ下りた

▼ ふたたび地球~ (2, 0.1%)

1 へかえる, へもどれる

▼ ふたたび塔上~ (2, 0.1%)

1 のうす暗い, へ登る

▼ ふたたび~ (2, 0.1%)

1 の山坂, の蛾

▼ ふたたび大学~ (2, 0.1%)

1 の職, へ帰っ

▼ ふたたび大挙~ (2, 0.1%)

2 して

▼ ふたたび大西洋上~ (2, 0.1%)

1 に乗りだした, めがけて

▼ ふたたび天国~ (2, 0.1%)

1 へ帰る, をさして

▼ ふたたび天地~ (2, 0.1%)

1 の整頓, もとどろく

▼ ふたたび太刀~ (2, 0.1%)

1 を下段, を持ちなおす

▼ ふたたび太平~ (2, 0.1%)

1 のむかし, の時

▼ ふたたび~ (2, 0.1%)

1 を堅く, を迎えたなら

▼ ふたたび小さな~ (2, 0.1%)

1 少年に, 窓が

▼ ふたたび~ (2, 0.1%)

1 をおり, を降り

▼ ふたたび帰らぬ~ (2, 0.1%)

1 戦線へ, 高き上

▼ ふたたび平和~ (2, 0.1%)

1 が訪れ, にかえった

▼ ふたたび~ (2, 0.1%)

1 に立った, へ戻った

▼ ふたたび張飛~ (2, 0.1%)

1 が関門, の前

▼ ふたたび快活~ (2, 0.1%)

1 な気分, になった

▼ ふたたび念入り~ (2, 0.1%)

1 な構え, に探索

▼ ふたたび~ (2, 0.1%)

1 にあら, 劇に

▼ ふたたび~ (2, 0.1%)

1 がそう, は思案

▼ ふたたび恋人~ (2, 0.1%)

1 のなか, の桔梗様

▼ ふたたび恢復~ (2, 0.1%)

1 しようとして, を望み得なくなっ

▼ ふたたび情緒~ (2, 0.1%)

2 の調子

▼ ふたたび意識~ (2, 0.1%)

1 を失っ, を蘇らせた

▼ ふたたび戦争~ (2, 0.1%)

1 をしまい, をやる

▼ ふたたび~ (2, 0.1%)

1 だなの, の向う

▼ ふたたび戸口~ (2, 0.1%)

1 のすぐ, へ来

▼ ふたたび~ (2, 0.1%)

1 がひらい, をたたく

▼ ふたたび手紙~ (2, 0.1%)

1 の方, を書いた

▼ ふたたび故国~ (2, 0.1%)

1 のドイツ, へ帰る

▼ ふたたび~ (2, 0.1%)

1 境地を, 戦場で

▼ ふたたび新しい~ (2, 0.1%)

1 形での, 熱心さを

▼ ふたたび新野~ (2, 0.1%)

1 の道, へかえった

▼ ふたたび~ (2, 0.1%)

1 の光, の近

▼ ふたたび昨日~ (2, 0.1%)

1 には戻らぬ, の美しい

▼ ふたたび~ (2, 0.1%)

1 のタービン, の氏神

▼ ふたたび暗室~ (2, 0.1%)

2 にいましめられぬ

▼ ふたたび暗闇~ (2, 0.1%)

1 のなか, の眼

▼ ふたたび曹操~ (2, 0.1%)

1 と雌雄, の駒

▼ ふたたび木立~ (2, 0.1%)

1 のあいだ, の中

▼ ふたたび~ (2, 0.1%)

1 の前, の引出

▼ ふたたび~ (2, 0.1%)

1 てぜひ, て君

▼ ふたたび東京~ (2, 0.1%)

1 へ帰っ, へ舞戻つ

▼ ふたたび柳原~ (2, 0.1%)

1 の土手わき, の通り

▼ ふたたび~ (2, 0.1%)

1 の戦場, の歳

▼ ふたたび~ (2, 0.1%)

1 が遠く, をひき

▼ ふたたび~ (2, 0.1%)

1 のよう, の上

▼ ふたたび~ (2, 0.1%)

2 を渡っ

▼ ふたたび~ (2, 0.1%)

1 の中, へひっぱり出し

▼ ふたたび消え入る~ (2, 0.1%)

1 やうに, ように

▼ ふたたび湖心寺~ (2, 0.1%)

2 のあたり

▼ ふたたび~ (2, 0.1%)

1 は空, をこぼし

▼ ふたたび牢獄~ (2, 0.1%)

2 の中

▼ ふたたび~ (2, 0.1%)

1 がひきだされた, のはげしく

▼ ふたたび玄関~ (2, 0.1%)

1 に入っ, に引きかえし

▼ ふたたび甲斐源氏~ (2, 0.1%)

1 の旗揚げ, の花

▼ ふたたび甲板~ (2, 0.1%)

1 に打ち上げ来っ, へ出た

▼ ふたたび疲れた~ (2, 0.1%)

1 弦之, 馬に

▼ ふたたび破れ~ (2, 0.1%)

1 てさき, て退いた

▼ ふたたび空中~ (2, 0.1%)

1 へまいあがる, 高くまいあがった

▼ ふたたび~ (2, 0.1%)

1 からあらわれました, から彼女

▼ ふたたび~ (2, 0.1%)

1 なる本来, 書生と

▼ ふたたび~ (2, 0.1%)

1 反攻を, 攻撃を

▼ ふたたび老人~ (2, 0.1%)

1 は冷やか, をつれ

▼ ふたたび~ (2, 0.1%)

1 によみがえっ, の底

▼ ふたたび聞く~ (2, 0.1%)

1 のは, ものだ

▼ ふたたび自分たち~ (2, 0.1%)

1 の婚約, の手

▼ ふたたび自然~ (2, 0.1%)

1 の光景, の力

▼ ふたたび舞台~ (2, 0.1%)

1 にあらわれる, にも上らなかった

▼ ふたたび船底~ (2, 0.1%)

1 に身, に逃げこみし

▼ ふたたび良人~ (2, 0.1%)

1 のもと, の国

▼ ふたたび~ (2, 0.1%)

1 をふかなかった, を出しはじめたらしい

▼ ふたたび蒲団~ (2, 0.1%)

2 の中

▼ ふたたび蘇生~ (2, 0.1%)

1 さすべきすべ, すること

▼ ふたたび行っ~ (2, 0.1%)

1 てみる, てわし

▼ ふたたび行方不明~ (2, 0.1%)

2 になった

▼ ふたたび行軍~ (2, 0.1%)

1 をつづけ, をはじめれ

▼ ふたたび~ (2, 0.1%)

1 の戸, をもっ

▼ ふたたび裏庭~ (2, 0.1%)

1 のいちじく, のほう

▼ ふたたび~ (2, 0.1%)

2

▼ ふたたび視線~ (2, 0.1%)

1 のそれる, を上

▼ ふたたび訪れた~ (2, 0.1%)

1 ことだろう, 時それは

▼ ふたたび~ (2, 0.1%)

1 の糸口, をつづけた

▼ ふたたび~ (2, 0.1%)

1 がそれ, が鳴った

▼ ふたたび起ち上がる~ (2, 0.1%)

1 ことは, ときを

▼ ふたたび越前~ (2, 0.1%)

1 の木目峠, の領内

▼ ふたたび~ (2, 0.1%)

1 を向けかえ, を踏み込む

▼ ふたたび~ (2, 0.1%)

1 から降り, の内

▼ ふたたび~ (2, 0.1%)

1 をいそぎだす, を眺めた

▼ ふたたび道場~ (2, 0.1%)

1 の床, へかえす

▼ ふたたび部屋~ (2, 0.1%)

1 の中央, の戸

▼ ふたたび重苦しい~ (2, 0.1%)

2 沈黙が

▼ ふたたび鉄砲~ (2, 0.1%)

1 をかつい, をむける

▼ ふたたび門内~ (2, 0.1%)

1 へ入っ, を覗い

▼ ふたたび閉じ~ (2, 0.1%)

1 て消え, て消える

▼ ふたたび開かれる~ (2, 0.1%)

1 ことが, ことの

▼ ふたたび隣り~ (2, 0.1%)

2 のまち

▼ ふたたび~ (2, 0.1%)

1 のふる, 之丞

▼ ふたたび電灯~ (2, 0.1%)

1 がつきました, が消えた

▼ ふたたび~ (2, 0.1%)

1 に回っ, の上

▼ ふたたび音楽~ (2, 0.1%)

1 が聞こえ, をはじめた

▼ ふたたび頷い~ (2, 0.1%)

1 て, てその後

▼ ふたたび頼朝~ (2, 0.1%)

1 のまっ, を扶

▼ ふたたび馬の背~ (2, 0.1%)

1 にとび乗った, に乗せ

▼ ふたたび馬腹~ (2, 0.1%)

1 に鞭, へ拍車

▼ ふたたび馬車~ (2, 0.1%)

1 の上, の支度

▼ ふたたび駕籠~ (2, 0.1%)

1 に乗っ, へ乗った

▼ ふたたび~ (2, 0.1%)

1 の軍, の野陣

▼ ふたたび~ (2, 0.1%)

1 の背, の鎖

▼1* [1485件]

ふたたびあうことは, ふたたびあがってき, ふたたびあがる乱軍の, ふたたびあげられるかどう, ふたたびあさはかな猿智慧を, ふたたびあすこを, ふたたびあちこちと歩き始めた, ふたたびあちらへ引き返し, ふたたびあらたなおどろきに, ふたたびあらわれてくる, ふたたびあらわれないんだ, ふたたびあらわれるようすが, ふたたびある夕ぐれに, ふたたびあわれるということ, ふたたびあわれるだろうか, ふたたびいかだに集まった, ふたたびいったが涙, ふたたびいまいましく興味索然たらしめる, ふたたびいやこんどは, ふたたびいやらしい笑い方, ふたたびいらっしゃらないようにと, ふたたびうごめき出し戦争挑発が, ふたたびうぬと雌雄, ふたたびうばわれた自由と, ふたたびうまく胴体に, ふたたびうめくように, ふたたびうれしく認めるであろう, ふたたびおこったのでした, ふたたびおそろしい声で, ふたたびおっしゃらないで下さい, ふたたびおとなしく肩を, ふたたびおどろいて目, ふたたびおのれの独房, ふたたびおまえの運命, ふたたびお前たちの鼻, ふたたびお嬢さんのそば, ふたたびお家へはいっ, ふたたびお目にかからずにはおりません, ふたたびかえってくる音, ふたたびかえり来ることあたわず, ふたたびかき集めている, ふたたびかくれた野武士たちを, ふたたびかけ寄って主人, ふたたびかこの声, ふたたびかざり屋のかどまで引っ返し, ふたたびかたい握手を, ふたたびかぶとはかぶらず, ふたたびかぶるといふ方法, ふたたびからだを, ふたたびからからと笑いました, ふたたびかるく枝を, ふたたびかわいらしく目を, ふたたびかわかぬ喜びの, ふたたびがらがらと動きだした, ふたたびていた, ふたたびきいきいと鉄格子, ふたたびきこえはじめた怪電波を, ふたたびきのうの戦場, ふたたびきらきらと露, ふたたびきりこんでくるであろう, ふたたびくぐりぬけた六部は, ふたたびくりかえさず世紀の, ふたたびくりかえさないこと, ふたたびくりかえさぬように, ふたたびくるまでもしつこく, ふたたびくるだろうということ, ふたたびくわっと見ひらいて, ふたたびぐらつき出していた, ふたたびぐるっぐる, ふたたびぐんぐんと廻りはじめた, ふたたびこう毛よりも, ふたたびこうした要求を, ふたたびこうして会う折, ふたたびこぎつかせたところは, ふたたびこけ猿の, ふたたびこっちへ戻っ, ふたたびこの世鳥は歸ら, ふたたびこの大きな犠牲は, ふたたびこわれないように, ふたたびこわれることの, ふたたびごろりとなって, ふたたびささやいてから走り去った, ふたたびさせそうな, ふたたびさらさらと書きしたためました, ふたたびしだいに加わる, ふたたびしないと約束, ふたたびしめながら食堂, ふたたびぶんの, ふたたびじっとみつめて, ふたたびじりじりと兵曹長, ふたたびすさまじい天, ふたたびすでに甚だ単調に, ふたたびすなわちわれわれ及び, ふたたびすべからず, ふたたびすんなりとは, ふたたびずっと前から, ふたたびそうなるかも, ふたたびそこらの長押, ふたたびそのおなじ道を, ふたたびそれ以上の文化, ふたたびたったいま眼に, ふたたびだれも私, ふたたびだんだんと始められ, ふたたびちょんぎってしまった, ふたたびつえをつきつき, ふたたびつぎの相手, ふたたびつくづくと父, ふたたびつくりさらに大いなる, ふたたびつづけたくないと思った, ふたたびつとめてみた, ふたたびつながれるのを, ふたたびつるはしをふるって, ふたたびていねいに頭, ふたたびてきた, ふたたびできないのと, ふたたびとってかえすと障子, ふたたびとは唐突に, ふたたびとらわれたのだった, ふたたびとり逃がしましてご, ふたたびとんがり長屋, ふたたびッと, ふたたびどうと仆, ふたたびどかっと坐って, ふたたびどくどくと血, ふたたびどんどん歩きました, ふたたびないと彼, ふたたびなかの可児才蔵, ふたたびなつかしいお母さんを, ふたたびなにかいいつづけようと, ふたたびなよなよと下, ふたたびぬかるみの道, ふたたびのれんをはじい, ふたたびはいることを, ふたたびはいろうと努めた, ふたたびはしごをのぼっ, ふたたびはじまるたびに, ふたたびはじめて森や, ふたたびはっきりとし, ふたたびはとの姿, ふたたびばばがそこ, ふたたびばらの姿, ふたたびひざまずいてから寺院, ふたたびひざまずくと声, ふたたびひっそりと静まり返っ, ふたたびひとつのわだかまり, ふたたびびっくりしました, ふたたびぴょこんと立ちあがった, ふたたびふしぎなこと, ふたたびふりかかった歴史の, ふたたびふるえ上がったということ, ふたたびぶつかりはじめた時ヤッペの, ふたたびぶらりぶらりの馬居眠り, ふたたびぶるぶる震え心臓, ふたたびほじくり出してみたい, ふたたびほそい通路の, ふたたびほっと楽な, ふたたびほほえんで, ふたたびほほえんだが泰軒, ふたたびまくらに返ろう, ふたたびまじめに提出, ふたたびまたたく間に追いつこう, ふたたびまたやんやと喝采, ふたたびまっすぐに立ち直った, ふたたびみじめな退却, ふたたびみることの, ふたたびむごたらしい戦国に, ふたたびむらがる敵の, ふたたびめぐって二年目, ふたたびめぐり会ふこ, ふたたびめぐり会うや否, ふたたびめぐり来ようとし, ふたたびもう死という, ふたたびもち出されるの, ふたたびもどっていった, ふたたびもどるため近代の, ふたたびもどるまいと決心, ふたたびやってきた諭吉は, ふたたびやみがおしよせた, ふたたびゆうべ越えて, ふたたびゆきすぎかけたがその, ふたたびよくすること, ふたたびよしや私達が, ふたたびよむときわたしたちの, ふたたびより悲惨な, ふたたびよるべのない, ふたたびらんらんとした, ふたたびわかやいで萌え, ふたたびわが国へ仇, ふたたびわきざしを持ち添え, ふたたびわたくしの衣裳, ふたたびわたしの手首, ふたたびわたしたちの前, ふたたびわらじをはい, ふたたびわれの忠言, ふたたびわれとあう日, ふたたびアイルランドに渡つてキリスト, ふたたびアメリカ大統領選挙の話題, ふたたびエルンストに飛びかかろう, ふたたびエンジンをかけ, ふたたびオーストリアへまいり, ふたたびカーテンを閉す, ふたたびギョッとして立ちすくんだ, ふたたびギーッと門, ふたたびクッションの上, ふたたびクリストフの手, ふたたびクロに乗っ, ふたたびクーパーの方, ふたたびグレゴールを, ふたたびゲラゲラ笑いに, ふたたびサックの中, ふたたびザッザと無口, ふたたびシェーレゼンにいった, ふたたびシリンのはば, ふたたびジナイーダに, ふたたびジャケツの下, ふたたびスッポリ桶を冠, ふたたびストーブの前, ふたたびスパナーを取上げた, ふたたびスーッと音, ふたたびダンス場の桃色, ふたたびチラと眼, ふたたびテレビジョンのスクリーン, ふたたびテーブルの下, ふたたびトンネルから出, ふたたびドイツに住み馴れる, ふたたびドッと鬨の声, ふたたびニヤリとし, ふたたびノーマ号への使者, ふたたびハートシーズの廃坑, ふたたびバスヴィオラのかげ, ふたたびバルチックの海岸, ふたたびバンドを奏し出した, ふたたびファッショ化するところ, ふたたびフィルムの上, ふたたびフランスへもどった, ふたたびフランス共和論を生み, ふたたびプスプスとまえ, ふたたびプラーク大学で法学専攻, ふたたびプロレタリア美術家同盟の書記局, ふたたびベアトリーチェをみる, ふたたびベシイ・マンディに会った, ふたたびベッドの上, ふたたびページのうえ, ふたたびボタンを押した, ふたたびボートにあがり, ふたたびポール商会は事務, ふたたびマコーレーを読み始める, ふたたびマルグヴェンに会いたい, ふたたびマンを刺した, ふたたびミサコは肥大, ふたたびメスを揮おう, ふたたびモスクワへ帰っ, ふたたびヤオビンビビンビインと三味線, ふたたびラウダに案内, ふたたびラウドスピーカーからは機械人間, ふたたびリゼットへ稼業, ふたたびレールの上, ふたたびロンドンに帰っ, ふたたびローマ行きの汽車, ふたたびローレンスの作品集, ふたたび一人残って, ふたたび一同を見まわした, ふたたび一命をなげうつ, ふたたび一文の渡し, ふたたび一本杉の金洞舎, ふたたび一泊河へひきかえし, ふたたび一種の恐怖, ふたたび一致を欠き, ふたたび七八騎の駈けぬけ, ふたたび万難を排し, ふたたび三たび浮いては, ふたたび三たびどんでん返して変化, ふたたび三伝の張る, ふたたび三礼をなした, ふたたび三角にとがった, ふたたび三軍の指揮, ふたたび上がって来る, ふたたび上げた顔の, ふたたび上月へかかる, ふたたび下りてをさまつ, ふたたび下りると沓, ふたたび下ろして来た, ふたたび下問された, ふたたび下山して, ふたたび下界へは降るまい, ふたたび下知して, ふたたび下降しなければ, ふたたび不利か, ふたたび不安になっ, ふたたび不敬罪にとわれ, ふたたび不知哉丸を膝, ふたたび与える戦闘, ふたたび世に新たに, ふたたび世人に顔向け, ふたたび世界とたま, ふたたび世間と隔離, ふたたびの下, ふたたび中原へ馬, ふたたび水正へ, ふたたび主上を叡山, ふたたび主人の駒, ふたたび主君の馬前, ふたたび主君尊氏の意, ふたたび主従は道灌山裏, ふたたび主膳が姿, ふたたび乗船命令が出た, ふたたびといっしょ, ふたたびの起らぬ, ふたたび乱世じゃ, ふたたび乱世戦国となった, ふたたび乱心に落ち入る, ふたたび乱軍の中, ふたたび亀寿さまをいただい, ふたたび予言して, ふたたび争奪の戦い, ふたたび二一年帰国の途中, ふたたび二人に対して憤り, ふたたび二十巻とし, ふたたび二間の距離, ふたたび二階から降り, ふたたび云うな, ふたたび亡父の名, ふたたびの町, ふたたび人びとにとっての魅惑, ふたたび人獣争闘が焔, ふたたび人生に立ち帰った, ふたたび人穴城を攻めこころみ, ふたたび人間界へ戻れない, ふたたび人間社会に帰るあたわざる, ふたたび今夜は見る, ふたたび仏壇の前, ふたたび仕事を取りあげ, ふたたび仕事場を開く, ふたたび他人同志になる, ふたたび仲よく暮らせたで, ふたたび仲間の者, ふたたび会えるかと思う, ふたたび会しますときには, ふたたび会ってみ, ふたたび会わないと言っ, ふたたび会計のところ, ふたたび会釈して, ふたたび伝六は徳右衛門方, ふたたび伝右衛門の前, ふたたび伝吉を町, ふたたび伝馬船に乗っ, ふたたび伯爵夫人の寝室, ふたたび伸子にとってもその, ふたたび低く舞って, ふたたび住まいの庭, ふたたび住むことは, ふたたび佐殿の影, ふたたび佐藤の屋敷, ふたたび佐野へ泣き, ふたたび何事もない, ふたたび使いをよこし, ふたたび使者は出なかった, ふたたび侍臣は馳, ふたたび侵寇す, ふたたび信長以前の乱脈, ふたたびの創作, ふたたび停止して, ふたたび傍観する時, ふたたび備えを立て直し, ふたたび催促の手紙, ふたたびに立っ, ふたたび先夜の男, ふたたび先日の贋百姓, ふたたび光り輝いてきた, ふたたび光明に向かっ, ふたたび光栄体として神, ふたたび光秀はそう, ふたたび入らむ, ふたたび入閣したが, ふたたび全土三分の大, ふたたび全身を硬直, ふたたび八帖の寺, ふたたび八相の天, ふたたび兵糧を炊ぐ, ふたたび兵糧満載の木牛流馬, ふたたび典膳のまえ, ふたたび内藤清成の兵, ふたたび内記所へ退がっ, ふたたび写生帳をとり出し, ふたたび冥々の途, ふたたびが来, ふたたび冴えざえしい静寂のうち, ふたたび冷たい微笑が, ふたたび冷やし得るかも知れぬ, ふたたび凄まじい威力を, ふたたび出る面も, ふたたび出版され親友, ふたたび出発点に立った, ふたたび出直してゆく, ふたたびを合わす, ふたたびはすすんだ, ふたたび列車がパッ, ふたたび利長に口輪, ふたたび前日のよう, ふたたび前線へ出, ふたたび剽盗の群, ふたたび助けだすことが, ふたたびを鼓, ふたたび勇ましく自分の, ふたたび動きだし二十分も, ふたたび動き出したのだ, ふたたび動くことなき, ふたたび勝吉へその, ふたたび勝負事はしなかった, ふたたび勢いを盛り返し, ふたたび包みかけていました, ふたたびへ北, ふたたび北半球の人, ふたたび北原へ引っ返せ, ふたたび北方に戻る, ふたたび北狄満州人の支配, ふたたび十分後にまた, ふたたび十字を切っ, ふたたび十年前のやう, ふたたび千島の無人島, ふたたび千曲の水, ふたたび千軍万馬の中, ふたたび卓上の書物, ふたたび協力を芸州吉田, ふたたびへむかっ, ふたたび南宋の御, ふたたび南島研究の機運, ふたたび南海の任地, ふたたび単独でツックマンテル, ふたたび危うくしない限り, ふたたび原始的の状態, ふたたび厨子壇を拝, ふたたび厳粛な顔, ふたたび去りてまた, ふたたび去就に迷う, ふたたびの顔, ふたたびかじと, ふたたび反抗を示そう, ふたたび収拾し能わぬほどの, ふたたび取って返して戴陵, ふたたび取り上げながら先刻賞賛, ふたたび取り上げる初めに, ふたたび取り乱そうとわたくし, ふたたび取り戻さんとつとめ, ふたたび受けいれられることが, ふたたび受話器を耳, ふたたび受験準備をし, ふたたびくまい, ふたたび叡山へこもれ, ふたたび叡山以西に出, ふたたび古事記の御, ふたたび右近を介し, ふたたび右門は左手, ふたたび右馬の頭さま, ふたたび陣の, ふたたび合戦を展開, ふたたび吉野へ帰られた, ふたたび名和の丘, ふたたび名馬書写山の鞍, ふたたび吐き出す醜態を, ふたたびと相, ふたたび君前へもどっ, ふたたび吟味すること, ふたたび吠えて来た, ふたたび吹き込んだ風に, ふたたび呵々大笑, ふたたび呼びさましました, ふたたび呼んだ時に, ふたたびの奥, ふたたび哄笑したの, ふたたび哭く者は, ふたたびをうごかした, ふたたび啓之助の所, ふたたび喉的破裂の音, ふたたび喚きたて逃げ出した, ふたたび喪家の犬, ふたたび営中にもどる, ふたたび嗚呼また三度, ふたたび噤んだ口の, ふたたび囂々の声, ふたたび囚徒ブルヴェーコシュパイユシュニルディユーおよび警視ジャヴェル, ふたたび四十戸余の家, ふたたび四方を見廻しました, ふたたび回天の日, ふたたび回礼使として, ふたたび国会請願の連中, ふたたび国政をみる, ふたたび国民的感情の挫折, ふたたび圧搾空気を風船, ふたたびに伏し, ふたたび地下室にひきかえし, ふたたび坂地へと戻るであろう, ふたたび坊主に還る, ふたたび埋葬されたこと, ふたたび城外へ出, ふたたび城攻めにかかった, ふたたび城門がひらく, ふたたびの上, ふたたびを乗り越し, ふたたびを奪, ふたたびの上, ふたたびに香, ふたたびにとまっ, ふたたびにのぼり, ふたたびのほう, ふたたび変わってしまった, ふたたびが来, ふたたび夏休みが来た, ふたたび夕空を先刻, ふたたび夕闇に沈みこもう, ふたたびへ出, ふたたび外套の襟, ふたたび多くの日々, ふたたび夜中にハーモニカ, ふたたび夜空を横切っ, ふたたびをゆりおこせ, ふたたび夢中の様, ふたたび大きな靴の, ふたたび大乱状態が起った, ふたたび大刀をひっさげ, ふたたび大坂表へ, ふたたび大塔の御名, ふたたび大官に饗応, ふたたび大川の洲, ふたたび大洋の表面, ふたたび大覚寺統へ帝位, ふたたび大門をくぐっ, ふたたび大阪にもどっ, ふたたびに居る, ふたたび天使を見る, ふたたび天地開闢前の晦冥, ふたたび天日を仰ぐ, ふたたび天正元年家康の攻略, ふたたび天蔵をすぐ, ふたたび夫人はわたし, ふたたび失態を演じた, ふたたび失望したよう, ふたたび失神したよう, ふたたび奉ぜさせたいのか, ふたたびって茂山, ふたたび奔走しだすとき, ふたたび奥州へさして, ふたたび奪取する機, ふたたび女中のおしゃべり, ふたたび女先生のこと, ふたたび女形の舞踊, ふたたび女生徒に担がれ, ふたたび妖怪の噂, ふたたび姉妹の室, ふたたび姉川の戦場, ふたたび始めさらに巨大, ふたたび姫路へ引っ, ふたたび娑婆でお, ふたたび婦人デーが行われる, ふたたびが登山, ふたたび嫁ぐときは, ふたたび嫌悪のしかめ, ふたたび子どもにうながされ, ふたたび子供の時分, ふたたび孔雀丸に乗った, ふたたび獲の, ふたたび孟達へこちら, ふたたび安全で自明, ふたたび官兵衛がこれ, ふたたびを睨む, ふたたび宛名が書かれ, ふたたび宝石売りと, ふたたび実に巧妙に, ふたたび実施した人々, ふたたび実現する, ふたたび実際的な, ふたたびを乗せた, ふたたび宮戸座へ戻った, ふたたび宮方と足利方, ふたたび宮門へ還る, ふたたび家康と秀吉, ふたたび宿を与えられた, ふたたびとして瞼, ふたたび寄せ來老の, ふたたび密かに城, ふたたび富士裏の方角, ふたたび寝るという理由, ふたたびがへり, ふたたび審問を開きます, ふたたび寺門を出でぬ, ふたたび対岸に越える, ふたたび対立静止の状, ふたたび対馬に事, ふたたび尊氏の寝所, ふたたび小声で子供, ふたたび小太郎山に武田菱, ふたたび小屋へと向った, ふたたび小山のよう, ふたたび小柳生城, ふたたび小牧においてにらみあい, ふたたび小田原行きの電車, ふたたび小田富子の顔, ふたたび小言はいわなかった, ふたたび局長をよんだ, ふたたび局面にむかっ, ふたたび居士のもと, ふたたび屋内を厳重, ふたたび屋敷へ引き返し, ふたたび屋根のあちら, ふたたび屍体の両, ふたたび屏風に隠され, ふたたび展望室へ駈けあがっ, ふたたび展覧なさらないよう, ふたたび山中の笑顔, ふたたび山河浪々の途, ふたたび山海嘯にも似た, ふたたび山道にかかった, ふたたび山野へ出る, ふたたび山門を打ち, ふたたびの村, ふたたびしい能高, ふたたび川中島へ陣, ふたたび川沿いの路, ふたたび川越から武蔵野, ふたたび巡ってくる, ふたたび巡りあう日くれ, ふたたび巡り合うことが, ふたたび巡り逢えるやら不明, ふたたびに引組, ふたたび市ヶ谷にかえり, ふたたびを張り, ふたたび希望がよみがえった, ふたたび師範代玄心斎の言葉, ふたたびにつき, ふたたびの間, ふたたび帰つて来ないこと, ふたたび帰らざる人を, ふたたび帰らないことを, ふたたび帰らんやあわれ, ふたたび帰り女部屋の, ふたたび帰ろうとしました, ふたたび帰国しなければ, ふたたび帰安県を通らなかった, ふたたび帰陣仕りました, ふたたび帳場へ来, ふたたび帳外から, ふたたび常陸へ軍, ふたたび幕営に入り, ふたたび平伏して信長, ふたたび平地の坂, ふたたび平常の世間, ふたたび平河口へお, ふたたび平靖号の甲板, ふたたび年来の和議, ふたたび幹事になった, ふたたび幻影の世界, ふたたび幼稚な己, ふたたび海屋の, ふたたび広縁の床, ふたたび広間へ現われた, ふたたび床几へもどり, ふたたび底なしの闇, ふたたび府中刑務所のいかめしい, ふたたびになおっ, ふたたび庭先に降り立ちました, ふたたびに住む, ふたたび庶民の幸福, ふたたび廊下に出る, ふたたび延期せよとは, ふたたび建業城中の大, ふたたび建物の影, ふたたび廻って来た, ふたたび弊風それに打破, ふたたび式場を発し, ふたたび弓箭のなか, ふたたび引きとるのだ, ふたたび引き出してくる, ふたたび引き戸をあけ, ふたたび引っ返して来たらしい, ふたたび弘農をさして, ふたたび弥吉が部屋, ふたたび強かに伊織, ふたたび強く思い出すこと, ふたたび彦島へ帰っ, ふたたび彼方の広場, ふたたび彼等のところ, ふたたび征呉の軍, ふたたび待ってみた, ふたたび後ろから襲いかかった, ふたたび徒らに手出し, ふたたび従三位参議に任叙, ふたたび従兄の亀次郎, ふたたび御前にまかる, ふたたび御岳の広前, ふたたび御成といふ幾重, ふたたび御稜威を負っ, ふたたび御許に還ろう, ふたたび復元する力, ふたたび微光を放っ, ふたたび微笑まで現われた, ふたたび徳島海部の同心, ふたたび徳川殿に頼まれ, ふたたび心得違いをいたさぬ, ふたたび忘れたかのよう, ふたたび忠度都落ちの一節, ふたたび怒れる獅子の, ふたたび思いがけない援軍が, ふたたび思い出していた, ふたたび思い切って進ん, ふたたび思い起こす刀縁伝奇, ふたたび思えたので何, ふたたび思ふ戀は, ふたたび怪塔ロケットとなっ, ふたたび怪金属事件の方, ふたたびを吹, ふたたび息子のほう, ふたたび悍馬に鞭, ふたたび悔恨の念, ふたたび悠長な田園, ふたたび悲しそうな, ふたたび悲壮なる第, ふたたび惨憺たる現実, ふたたび意気をあらためて, ふたたび愕然とした, ふたたび愛する息子大事な, ふたたび慈悲の説, ふたたび慰めるように, ふたたび憂悶に囚われだした, ふたたび懇ろに何, ふたたび懐かしのふるさと, ふたたび懐剣を袖裏, ふたたび成功した, ふたたびに返った, ふたたび我々は鋤, ふたたび我が子の, ふたたびに出る, ふたたび戦いをしなけれ, ふたたび戦う気も, ふたたび戦場へ出, ふたたび戦慄し失望, ふたたび戦火の糜爛, ふたたび戦野が恋しく, ふたたび戦闘を始め戦闘, ふたたび戦雲をあげ, ふたたび戸部近江之介, ふたたび戻れるんだ, ふたたび所々で合戦, ふたたび所番地を確かめた, ふたたび手塚の許, ふたたび手帖をひろげ, ふたたび手桶の水, ふたたび打ち倒れてしまった, ふたたび打ち寄せる波に, ふたたび扱うことに, ふたたび投げかけようとし, ふたたび投げつけそうな, ふたたび抱き上げて, ふたたび押返し御尋ね, ふたたび拍手して, ふたたび拾おうとした, ふたたび持ちなおされてお, ふたたびをもっ, ふたたび指笛を吹きぬいた, ふたたび指輪の老爺, ふたたび挨拶をした, ふたたび振りあげるところへ, ふたたび振り返りつつ, ふたたび捉えなおし抑圧され, ふたたび捕虜として, ふたたび授けてしもうた, ふたたび探照灯がついた, ふたたび控え室へもどる, ふたたび推進させた, ふたたび提出された, ふたたび揚言せんいわく, ふたたび損害のこと, ふたたび搦手へ戻る, ふたたび摂津へ立つ, ふたたび播州へ西下, ふたたび播磨へ下った, ふたたび擡頭して, ふたたびしらぬよろこびで, ふたたび教師にその, ふたたび教職にもどれた, ふたたび散歩をはじめた, ふたたび敬二郎の死骸, ふたたび整理するため, ふたたび敵対者を見出す, ふたたび敵手から奪, ふたたび文子の方, ふたたび文学に帰っ, ふたたびをふりかぶった, ふたたび新しく建てた人, ふたたび新たに始まろう, ふたたび新井田氏をそっちのけ, ふたたび新城へ使い, ふたたび新婚の当時, ふたたびへ立った, ふたたび旅路へ上った, ふたたびのめ, ふたたび日本人の中, ふたたび日本人民を奴隷, ふたたび日本橋を書きつづける, ふたたび日記を書くべく, ふたたび明くること, ふたたび明らかな人道, ふたたび明るい方へ, ふたたび明示されたわけ, ふたたび昔日の寵遇, ふたたび昔日根岸あけぼのの里, ふたたび映写幕のなか, ふたたび昨夜のごとき, ふたたび時に遭うこと, ふたたび時雨堂の奥, ふたたび晩年に悟得, ふたたび晴れて晃, ふたたびを告げ, ふたたび暑い夏空と, ふたたび暖かくなって, ふたたび暖炉の傍, ふたたび暗くなった, ふたたび暗黒の口, ふたたび暴兵の洪水, ふたたび曲輪へ帰りだした, ふたたび書き直したということ, ふたたび書中の文言, ふたたび書物に向う, ふたたび書簡のこと, ふたたび曹仁へこう, ふたたび曹軍を討つ, ふたたびの明るい, ふたたび朗読をはじめる, ふたたび木の根や草, ふたたび木屑から一尺, ふたたび未亡人の身の上, ふたたび街道に, ふたたび本丸のほう, ふたたび本国に帰る, ふたたび本家の林泉寺, ふたたび本物の家, ふたたびへ來, ふたたび村長の言葉, ふたたび来かかってるそうだった, ふたたび来ないような, ふたたび来ないであろうと信ぜられます, ふたたび来襲すること, ふたたび杭州へ行っ, ふたたびを持っ, ふたたび松山を去る, ふたたび松島さんのところ, ふたたび板葺きにもどる, ふたたびとなりました, ふたたび枝さしかはし, ふたたび柔らかな若葉, ふたたび梅酒の御馳走, ふたたび梯子をのぼっ, ふたたび梯子口からコマねずみ, ふたたびを拾っ, ふたたび森林から聞こえた, ふたたび椅子に腰, ふたたびの幹, ふたたび植新へたずね, ふたたび検査した, ふたたび検視すると, ふたたび椰子の葉, ふたたび楽長を座, ふたたび権高にこづき返しました, ふたたび横隊の整列, ふたたびの林, ふたたびの疾駆, ふたたびの上, ふたたび橋上を馳, ふたたび機首をめぐらし, ふたたびを発し, ふたたび欠伸をした, ふたたび歌おうとは思っ, ふたたび歓待の宴, ふたたび正しき学校へ, ふたたび正成の寝所, ふたたび正気にかえる, ふたたび正行を辻, ふたたび此の世の肉体, ふたたび武器を胸, ふたたび武家が権力者, ふたたび武蔵を逃がす, ふたたびをすすめよう, ふたたび歩き出して縁, ふたたび歩き出した途端傍を, ふたたび歩き出すことが, ふたたび歴史と新鮮, ふたたびということ, ふたたび死ぬる目的を以て, ふたたび死んだように, ふたたび死人のふところ, ふたたび死刑執行がはじまる, ふたたび死體の上, ふたたび殺してみた, ふたたび殺人の現場, ふたたび殿中には立ち入らなかった, ふたたび毛受勝介の大喝一声, ふたたび民蔵を行列, ふたたび民部の采配, ふたたび気がついたときは, ふたたび気ままな体, ふたたび気勢を揚げはじめ, ふたたび気長に織り出し始めた, ふたたび水中に歩, ふたたび水甕のそば, ふたたび水盤の中, ふたたび水路組合の棧橋, ふたたび水面に投げ出されるなり, ふたたび汝南へ下っ, ふたたび江口へ通う, ふたたび江戸城の外, ふたたび江戸時代と変わらない, ふたたび然ともり返, ふたたび沈下せしめた, ふたたび沈吟すると, ふたたびの方, ふたたび沙門へ還る, ふたたび河内辺に姿, ふたたび河北の方, ふたたびをぬりはじめる, ふたたびを捜し, ふたたびのより, ふたたび法師野にあたって聞, ふたたび泡立ちはじめた河面の, ふたたびにさらわれる, ふたたび波間の怪物, ふたたび注意を奪われ, ふたたび洛陽の帝城, ふたたびに襲撃, ふたたび洞内が明るく, ふたたび洞穴へかえって, ふたたび洞窟の外, ふたたび洲股へ帰っ, ふたたび活気だたせて, ふたたび流れ灌ぎ, ふたたび流れはじめる影の, ふたたび流れ出てきた, ふたたび流星のごとく, ふたたび流行して, ふたたび浅ましい物の, ふたたび浮かぬ顔に, ふたたび浮かびあがってまいりません, ふたたび浮かび出してきた, ふたたび浮かんだかと思われるやせつ, ふたたび浮き上がったかもしれない, ふたたび浮き世の浪, ふたたび浮び來ぬる, ふたたび浮び上がるやはなはだしく, ふたたび浮世に舞い戻っ, ふたたび浮揚し潜望鏡, ふたたび海上に浮かべ, ふたたび海岸近く舞い下がって, ふたたび海底大陸へ行っ, ふたたび海水に覆われた, ふたたび海部路へ戻る, ふたたび消えない光を, ふたたび淋しくなり悪い, ふたたび深い息を, ふたたび深遠な研究, ふたたびの底, ふたたび清らかに箒目, ふたたび清水山へ探索, ふたたび渡良瀬川を越え, ふたたびから風, ふたたびを北, ふたたび湖水へかえりました, ふたたび満ちて来る, ふたたび満足に一体, ふたたび源氏を仆そう, ふたたび滔々と弁舌, ふたたび滿ち來, ふたたび漢家の系譜, ふたたび漢朝の栄え, ふたたび潜り戸がとざされた, ふたたび激しい憎悪が, ふたたび激烈な英米帆船, ふたたび瀬音だつた, ふたたび火中に飛びこんだ, ふたたび火光がぱっと, ふたたび火力が弱まり出す, ふたたび火星をおさめる, ふたたび炬燵の側, ふたたび点火して, ふたたび烈しい弦音が, ふたたびのよう, ふたたび節制に, ふたたび無くすのが, ふたたび無数の健康, ふたたび無用な口, ふたたび無謀な危険, ふたたび無電係を呼ん, ふたたび無駄な努力, ふたたび然るべき夜の, ふたたび野原の, ふたたび煬帝に遣わされた, ふたたび熊吉の家, ふたたび熱心に読み始めた, ふたたび熱火にする, ふたたび燃えあがって来た, ふたたび燃えたたせわがフランス, ふたたび燃えたたせたのは, ふたたび燃えだしていた, ふたたび燃えはじめて緑玉, ふたたび燃え出して彼女, ふたたび燃え出すことを, ふたたびるもの, ふたたび燕作のふと, ふたたびについての思い出, ふたたび父義朝の轍, ふたたびはこの, ふたたび牢屋から姿, ふたたび牧師なんかの助け, ふたたび物すごく挑戦した, ふたたび物語の遠眼鏡, ふたたび物質の内部, ふたたび犠牲になった, ふたたび犬どもに吠えられ, ふたたび犯すであろうという意味, ふたたび狂人となった, ふたたび狛笛の音, ふたたび攻撃は, ふたたび猛烈に撃退, ふたたび猛然と奮いたつだけの, ふたたびに収められ, ふたたび玉井家に顔, ふたたびの顔, ふたたび王女の手, ふたたび王子の上, ふたたび現れ活溌に, ふたたび現われ携えて出た, ふたたび現在にはならない, ふたたび現実の重苦し, ふたたび現職の復帰, ふたたび理論となり, ふたたびをとり上げた, ふたたびるるなき, ふたたび生かさないわけには, ふたたび生かして帰し, ふたたび生きかえることは, ふたたび生きた記録に, ふたたび生きようと努めた, ふたたび生き上がってくる, ふたたび生き始めた新しい人間, ふたたび生まれ変わるだろうかという疑い, ふたたび生れいでそれ, ふたたび生命を呼びもどせる, ふたたび生死路頭の迷子, ふたたび甦って来た, ふたたび甦った彼の, ふたたび甦るために, ふたたびたしの, ふたたび田舎にいる, ふたたび田豊を憎悪, ふたたび甲乙の二組, ふたたび甲板上に立ちあがりし, ふたたびに眼, ふたたび画舫の客, ふたたび畦道まで戻っ, ふたたび疾風のごとく, ふたたび病牀に親しむ, ふたたび病躯を押し, ふたたび癇癪を起した, ふたたび癒えぬ人であれ, ふたたび発奮して, ふたたび発狂して, ふたたび発見すること, ふたたび白地のゆかた, ふたたび白堊の城, ふたたび白帆を見る, ふたたび白湯をいれさせた, ふたたび百人に近く, ふたたび百年の禍乱, ふたたび百日前の死, ふたたびに返っ, ふたたび盛り返して四囲, ふたたび盤上の対局, ふたたび盤河の畔, ふたたび目的の旅, ふたたび相剋の白骨, ふたたび真白く塗りつぶされる, ふたたび真紅の母衣, ふたたび眠つたふりをした, ふたたび眩惑するよう, ふたたびをさまよわせた, ふたたび眼ざめたときには療養院のなか, ふたたび睡るころ北浜界隈は, ふたたび睫毛を半眼, ふたたびをあげ, ふたたびをつがえよう, ふたたび知るということ, ふたたび石だたみの道, ふたたび石清水八幡の宝前, ふたたび砂漠の中, ふたたび破りたくないからだ, ふたたび破れんばかりな, ふたたび社会に立つ, ふたたび祁山に出, ふたたび祖先の地, ふたたび祖廟に上る, ふたたび祖業發祥の地, ふたたび祟りをなさない, ふたたび福引を行った, ふたたび秀吉方の先手, ふたたび私語して, ふたたび私達は二人, ふたたびが来た, ふたたびこきおや, ふたたび稲荷の地室, ふたたびをもたげた, ふたたびの中, ふたたび空城同様になっ, ふたたび空想となり, ふたたび突進して, ふたたび窓ぎわへ駈け, ふたたび窮すれば呉, ふたたび窮屈の武家生活, ふたたび立ちあがってできるだけ, ふたたび立ちむかう気も, ふたたび立ちもどっていた, ふたたび立ち上がってみ, ふたたび立ち上った彼女は, ふたたび立ち木の幹, ふたたび立ち直る勇気も, ふたたび立つあたわざる致命傷を, ふたたび立上って孔子, ふたたび竜泉寺前へ行かなけれ, ふたたび笑ってこう, ふたたびのふち, ふたたび第三国人に会い, ふたたびを濠, ふたたび答えはなかっ, ふたたびの前, ふたたび箱根の山, ふたたびをとり出した, ふたたび籠りみ冬にぞ, ふたたびを引い, ふたたび紅い火が, ふたたび純潔ということ, ふたたび紙きれの貼りつけ, ふたたび細君のほう, ふたたび細胞と細胞, ふたたび紳士がたの仲間, ふたたび経過句を間違え, ふたたび経験を新た, ふたたび結ばんとする, ふたたび結集して, ふたたびふでを, ふたたび絶え入るような, ふたたび絶望の淵, ふたたびを怪塔, ふたたび綿入れを上, ふたたび綿竹の城, ふたたび総員退避をすすめた, ふたたび緑色の灯かげ, ふたたび編笠が腰, ふたたび繃帯を元, ふたたび織田浅井の御, ふたたび繰り返したくないと思ひます, ふたたび繰り返しませんお互, ふたたび繰返さんとし, ふたたび繰返して女性, ふたたびをしらべなおす, ふたたび罫紙に眼, ふたたび美しい声が, ふたたび美作の吉野郷宮本村, ふたたび美濃入りの征軍, ふたたび群集のどよめき, ふたたび義元の背, ふたたび老いた北上川は, ふたたび老女をむかえ, ふたたび老母の部屋, ふたたび考えてみた, ふたたび考え直すと魏延, ふたたび考へぶかさうな, ふたたび耄碌頭巾をかぶった, ふたたび耳もとにひびく, ふたたび聖マテオに於ける, ふたたび聞える戦闘喇叭の, ふたたびに銘じ込まれた, ふたたび胸椎を押した, ふたたびを下ろした, ふたたび自分独りの黒く, ふたたび自室へもどっ, ふたたび自己をこの, ふたたび自己流の詩作, ふたたび自習が始まった, ふたたび自転車にまたがった, ふたたび致命的にまちがった, ふたたびをさまし, ふたたび興されたについては重大, ふたたびに帰っ, ふたたび舟便で海, ふたたび舟津川へ出かけた, ふたたびをわが, ふたたびにもどる, ふたたび船医に逢った, ふたたび船屋形の内, ふたたびに乗っ, ふたたび艇内にたどりつく, ふたたび良人十内のす, ふたたび芝居へは戻らず, ふたたび花いばら散つて, ふたたび花びらをひらいた, ふたたびにとりかかる, ふたたび芸術へ立ちもどった, ふたたび芸術的間隔ができた, ふたたび若い学校の, ふたたび若狭守の声, ふたたび若者同士の会話, ふたたび苦戦を覚悟, ふたたび茫然自失のあられ, ふたたび茶湯台に向かった, ふたたび茶道の稽古, ふたたびの上, ふたたび荒々しく肚の, ふたたび莞爾とうち, ふたたび落ちて以前, ふたたび落ちることそしてなお, ふたたび之助, ふたたび葉藏を僕, ふたたび蒲團へもぐ, ふたたび蒼白な面, ふたたび蔦代の手の甲, ふたたび蕭々の風, ふたたび藤さんの事, ふたたび藩侯へ延期, ふたたび藩士尊攘派の手, ふたたび藺編の笠, ふたたび蘇ってくる, ふたたび虎乱に踏みこもう, ふたたびになる, ふたたび蛾次郎がヤッ, ふたたび蜀旗の下, ふたたび蜀軍と一合戦, ふたたびを味わったらしい, ふたたび血液を通わせ, ふたたび行列は進む, ふたたび行動の世界, ふたたびをてらしだす, ふたたび衛府の門内, ふたたびを被い, ふたたびの中, ふたたびをまくりなおした, ふたたび被害民の道中先, ふたたび装置のほう, ふたたび裏門を蹴っ, ふたたび襲いかかって来る, ふたたび襲ってくる, ふたたび西する, ふたたび西山東岳のあなた, ふたたび西方への航路万里, ふたたび見あげようともせず, ふたたび見えて, ふたたび見おろすとかの, ふたたび見せてくれる, ふたたび見せられはすまい, ふたたび見たき情起こ, ふたたび見ないではいられなかった, ふたたび見なおされたとえば組合, ふたたび見なおし磨き上げようとする, ふたたび見むことを, ふたたび見ゆるかな, ふたたび見ようと思った, ふたたび見られなかったといっ, ふたたび見取り図を描い, ふたたび見舞うことも, ふたたび視野に丹尾, ふたたび覗いてみる, ふたたび覗きこんだ, ふたたび覚めてからの話, ふたたび覚めない眠りであった, ふたたび観音様の縁, ふたたび解放されつつ, ふたたび触れ出してその, ふたたび触角の鞭, ふたたび言い出す勇気が, ふたたび言ってやろう, ふたたび訪う人も, ふたたび評価されて, ふたたび評議を続け, ふたたびとなっ, ふたたび詩集を出す, ふたたび詮議すると, ふたたび詰襟のカラー, ふたたび認められ故国へ, ふたたび読んだりあるいは, ふたたび読書に没頭, ふたたび課長のところ, ふたたび諸人の記憶, ふたたび講説せしめた, ふたたび豆州家のお, ふたたび豊田へ襲, ふたたび豪華な食卓, ふたたび貝石うる家, ふたたび艇団の, ふたたび貴方のよう, ふたたび赤い魚の, ふたたび赤十字会議に出席, ふたたび赤壁の不覚, ふたたび赤道を越え, ふたたび走って去った, ふたたび走り出そうと, ふたたび起きも得ざりき, ふたたび起きあがったときはるかに, ふたたび起きあがろうともしない, ふたたび起こさせるとはなん, ふたたび起こらぬ以上は, ふたたび起ちも得ぬ, ふたたび起ちえなかったのだろう, ふたたび起ったのである, ふたたび起つ力が, ふたたび起つあたわぬ打撃を, ふたたび起つ能わざるにいたりました, ふたたび起てない自覚が, ふたたび起りあなたがたの, ふたたび国家主義的な, ふたたび越前守個人の生涯, ふたたび越山の郷土, ふたたび趣味をもちだした, ふたたび足もといちめんに起こった, ふたたび路上へ出る, ふたたび践もうなどとは思っ, ふたたび車上の人, ふたたび音が, ふたたび軍務を命ぜられたく存じます, ふたたび軍旗の下, ふたたび輝いてきた, ふたたび輝いた時には, ふたたび輝かせようとした, ふたたび輿へのせ, ふたたび轟々と音を, ふたたび轟然たる爆発, ふたたび辱めらるる, ふたたび迅速な行動, ふたたび入れねば, ふたたび近侍二十騎と次, ふたたび返せ沖つ, ふたたび返ってはこない, ふたたび返済証を求め, ふたたび追いかけようとした, ふたたび追いやられねばならぬ, ふたたび追い出されるということ, ふたたび逃げられないように, ふたたび逃げ出したのを, ふたたびひ出し起き上つて來, ふたたび這い出して来た, ふたたび這い戻って来, ふたたび通りをわたっ, ふたたび速報申しあげます, ふたたび速足になっ, ふたたび造られなくなったのである, ふたたびつたところ, ふたたび逢えなくなればどう, ふたたび連れて帰っ, ふたたび連れもどされた気が, ふたたび連れ戻されはしない, ふたたび進み出て言った, ふたたび進行しだしたとき, ふたたびが開けるだろう, ふたたび遠く去るであろう, ふたたび遥かの裏座敷, ふたたび遷都が決行, ふたたび還ろうとする, ふたたび邦夷は阿賀妻, ふたたび郁治を訪ね, ふたたび郎党を一列, ふたたび郷平橋を渡り, ふたたび都会がパノラマ, ふたたびにでも走らなけれ, ふたたび酒屋の裏, ふたたびへ帰ろう, ふたたび重たそうに, ふたたび重ね重ねの惨敗, ふたたび重囲の阿波, ふたたびを歩いてる, ふたたび野原の方, ふたたび野末へ駈け去った, ふたたび金切り声がひびいた, ふたたびの門, ふたたび鉄車の猛進, ふたたび銀座方面へガソリン, ふたたび銅雀台にお, ふたたびを取りはじめた, ふたたび鋭くなって, ふたたび錆槍をかつぎ出しました, ふたたびをかける, ふたたびを廻す, ふたたびにむかった, ふたたび鏡台に向った, ふたたび鐘楼に戻っ, ふたたび鐵格子をしつ, ふたたび長く好誼を, ふたたび長助の虎, ふたたび長期の残虐, ふたたび長江に覇, ふたたび長篠の城, ふたたび長老となった, ふたたび門外へ出, ふたたび閉めきられた裏門は, ふたたび開くとクラリモンド, ふたたび開始しながら, ふたたび間近に迫らう, ふたたび関係した, ふたたび関白太政大臣となり, ふたたび関羽に突きかかる, ふたたび闕下へせまっ, ふたたび阿修羅となっ, ふたたび降りてくる, ふたたび陣所を出, ふたたび陥るのを, ふたたびの方, ふたたび険悪に落ちた, ふたたびの目, ふたたび陽平関さして, ふたたびに派遣, ふたたび袋に, ふたたびが過ぎ, ふたたび雄飛する機会, ふたたび集めることも, ふたたび雑踏中にはいる, ふたたび雨戸は中, ふたたび雨露次の身, ふたたびに乗っ, ふたたび電撃が行われた, ふたたび霊魂と合わせられ, ふたたび青い青い海が, ふたたび青白い美女は, ふたたび青青とした, ふたたびに帰した, ふたたび静けさが立ちもどった, ふたたび静止すると, ふたたび静穏が落ち, ふたたび静粛になった, ふたたび面目と威厳, ふたたびをあげる, ふたたび韋駄天の足, ふたたびもなし, ふたたび頑強に主張, ふたたび頬杖に托し, ふたたび頼春へ, ふたたびに揺られる, ふたたび飄乎として浪々, ふたたび飛火野に出, ふたたび飛行機の偵察, ふたたび飢えの巷, ふたたび飢餓と炎暑, ふたたびの門, ふたたび香具師を訪れた, ふたたび馬超が勢い, ふたたび馭者台によじのぼった, ふたたびけ入り, ふたたび馴れだすや否, ふたたび馴れましたので彼ら, ふたたび駈けだした駕と, ふたたび駈け下りて来る, ふたたびの背, ふたたびきに, ふたたび驚き怖れ, ふたたび驚愕の眼, ふたたび驢馬に乗っ, ふたたび廟使張音を, ふたたび高い人間的脱出を, ふたたび高まってくる, ふたたび高めさしたの, ふたたび高らかに口笛, ふたたび高氏に別れ, ふたたび高音にあう, ふたたび鬼婆のす, ふたたび魏軍を指揮, ふたたび魔術の歯車, ふたたび魯粛を荊州接収, ふたたび鳴っておどる, ふたたび鳴りをひそめ, ふたたび鵲尾坡から取って返し, ふたたび鷹揚にうなずいた, ふたたび麻痺の状態, ふたたび麻綱は錨, ふたたび黄巾賊の残党, ふたたび黄昏の病室, ふたたび黎陽の戦場, ふたたび黒い血けむり, ふたたび黒煙のとりで, ふたたび黙って諸, ふたたび黙りこんでしまった, ふたたびを取っ, ふたたび鼓動し始める, ふたたび鼓躁を盛り返し