青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ふしぎ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~ふ ふ~ ~ふい ふい~ ~ふう ふう~ ふか~ ふく~ ~ふこ ふこ~
ふしぎ~
ふた~ ふたたび~ ~ふたり ふたり~ ふだん~ ~ふと ふと~ ~ふところ ふところ~ ~ふべき

「ふしぎ~」 2796, 30ppm, 3879位

▼ ふしぎ~ (1541, 55.1%)

123 ことが 89 ことに 45 ことには 31 ことを 22 のは 19 ことも, ものを 14 気が 13 ものが 12 ことだ 11 もので 9 ことで, ことは, 夢を 7 ことである, ご縁, 力を, 国へ 6 くらいだった, 事件が, 声が 5 ことばかり, 人の, 光景を, 現象が, 術を 4 ことって, できごとを, 人が, 光景でした, 岩は, 警官は, 顔を, 魅力を

3 [24件] くらいだ, くらいです, ことだった, ものである, ものに, んだ, 人は, 光景が, 光景だった, 光景に, 動物が, 場所に, 声を, 姿を, 形の, 形を, 心の, 心理と, 獣や, 生活が, 男は, 笑いを, 行動を, 魔法の

2 [90件] うわさが, えん, こと, ことであった, ことでございます, ことでしょう, ことです, ことの, じいさんの, できごとに, できごとは, ところで, ながめ, のにその, ほどだった, ほどでした, ほどよく, ものなり, もんだ, やつだ, ハーモニカの, 事件である, 事件に, 事件の, 事件を, 人だ, 人形, 会話を, 光を, 光景だったでしょう, 光景であった, 光景でしょう, 光景です, 力の, 噂が, 器械が, 国, 国で, 国に, 声は, 変化が, 変装, 夜鳥, 女の, 家, 家を, 宿命の, 影よ, 念に, 思いに, 情熱に, 戸が, 手段によって, 星が, 景色を, 気味の, 気持が, 気持に, 海の, 独楽の, 現象である, 現象は, 球形の, 生きものの, 男だ, 目に, 程である, 粉を, 紳士の, 者に, 航海の, 葬式の, 話です, 警官が, 警官に, 象の, 豹です, 責任, 赤錆びた, 運命に, 金属球の, 音は, 頭の, 顫え, 風景の, 魅力は, 魔法で, 魔法を, 魔術を, 黒い牛

1 [761件 抜粋] あたたかい胸, いい方, うれしさ, うわさも, うわさを, おそろしいもの, おだまきだけが, おもしろいもの, おれという, お話は, お話を, かくし芸を, かたちの, からくさ, かわりかたは, きっかけが, くずや, くらいこの, くらいであった, くらいのもの, くらいまばら, くらい房, くらい真相, くらしが, けしきでした, ここちが, ことな, ことについては, この一瞬, この地下, ご会合, ご対面, さよなきどり, ざわめきが, しだい, じゅうたん, すしが, そしてめずらしい, そして奇怪, そして皮肉, たてものの, ため息では, できごとが, ところに, と思われる, なぞが, なつかしさ, の, のさ, のでございます, のです, のにそれ, のに似ず, のりもの, はずである, ひとだ, ふえじゃ, ふるい甕, ほどこちら, ほどであった, ほどです, ほどに怒り, ほどの冷静さ, ほど何百年もの, ほど処刑, ほど女, ほど注意深く, ほど穏やか, ほど薄れ, ほど鋭く, ほど鮮やか, ほど黙っ, まだ私, めんどりでした, ものだった, ものであった, ものの, ものは, ものびつくりする, ものをでも, もの肉声が, もんです, ような, んです, ガンマ和尚の, ガン人種の, コンクリートの, シャボン玉の, ナゾが, ノックであった, ブイは, ポーデル博士の, ランプな, 一つ家に, 一つ家の, 一家族を, 一致, 上に, 不安が, 世界を, 主従ふしぎな, 事じ, 事に, 事には, 事件について, 事実を, 事情の, 人と, 人物が, 人物と, 人物なり, 人物は, 人物を, 人間, 人間の, 人間も, 仕事に, 仕事は, 会話だ, 会話は, 伝説を, 位, 位人影がちつ, 体に, 作用を, 供述から, 偶然から, 偶然の, 僞筆の, 儀式かなんぞの, 光景だ, 光景で, 光沢の, 再会, 冒険を, 出来ごとに, 出来事に, 刀と, 刀法と, 力で, 効果を, 勝負も, 化け方を, 十二層の, 印象を, 古い塔, 叫声を, 吉宗の, 名を, 呪わしい取調べ法, 味, 味噌汁, 命びろいをしたことに気づいた, 命綱を, 唄の, 問題でしょう, 喝采が, 器械だった, 器械です, 囚人紛失事件が, 四次元世界の, 国々への, 国でした, 国の, 国ばかり, 国を, 地図, 地点へ, 城主さまだ, 報告文でしょう, 場所では, 場所へ, 声だった, 声だろう, 変化だつた, 夜の, 大役いいつけられた, 大海魔だった, 天変の, 天才じゃ, 天才児とまで, 天狗の, 奇特人も, 奇遇の, 女, 女に, 女を, 妻であった, 姉弟だった, 姿も, 威勢魅力呪縛力を, 娘とも, 嫉妬に, 嬰児の, 子で, 存在, 宇宙の, 宝物を, 客と, 室の, 宮廷は, 家でした, 家です, 家の, 家出を, 容貌と, 小娘を, 少女の, 尾行, 山と, 岩を, 島, 島の, 崩壊現象から, 巡礼の, 巨大な, 幸福を, 幻想に, 建物が, 弟子入り志願者の, 形と, 形式を, 彼女の, 御一緒同士, 御仁, 御座を, 御縁, 御配慮, 微光を, 微蛍光, 徴候として, 心理状態である, 快感が, 念仏の, 思いつきでしょう, 思いも, 思いを, 性質について, 性質の, 怪僧である, 怪星ガンの, 怪物でしょう, 怪物です, 怪物の, 怪物団の, 恋を, 恍惚に, 恐さ, 恰好を, 情愛の, 想念に, 愛しみ, 愛情や, 愛着と, 感じを, 感じ方が, 感を, 感情が, 感懐が, 態度を, 或る, 戦慄が, 手が, 手ざわりを, 手品を, 手紙は, 手紙を, 手裏剣手は, 指輪の, 挙動に, 改札者に, 故障で, 文句の, 文字で, 新手が, 方法で, 旅を, 旅行に, 旅行を, 日であった, 早わざ, 早口の, 時計塔, 晩餐が, 景色が, 暗い森, 暗合だ, 書物に対して, 服装と, 朝が, 木が, 村の, 柔味が, 業であった, 業病を, 権力の, 機械です, 機械の, 機械人間では, 機械人間の, 欲望が, 正宗な, 死骸をも, 残像, 母親だ, 気もちが, 気味わる, 気持だ, 気持ちに, 気持の, 気配を, 氣が, 水止め工作が, 永久運動の, 油商人な, 法力を以て, 泣きご, 泣き声を, 洋館でした, 活力の, 流れ星だ, 淋しい気もち, 淫慾の, 演説を, 火の, 無気味な, 焼けつく, 父母の, 物体を, 物語が, 物語に, 物語を, 物音が, 状態を, 状況を, 獣が, 獲物が, 玉なげ, 玉を, 現象だ, 現象について, 理を, 理由から, 理由で, 生きもの, 生きものだ, 生気を, 生活について, 生物であった, 生物です, 生物は, 生真面目さを, 男じゃ, 男だった, 男も, 男を, 疑惑が, 病院船の, 発作の, 発見, 白波が, 皮袋だ, 皿の, 盗賊であった, 盗難, 目おそろしい, 看板と, 眼力を, 眼玉だつた, 矛盾が, 砲弾であった, 禮儀の, 秘密が, 秩序が, 程です, 空中の, 空中ページェントの, 窓の, 童おれが, 笑い声が, 笑い声は, 笑みが, 筋ばかりの, 精力の, 精神へ, 紳士が, 紳士を, 経験だ, 統一を, 絵だ, 縁じゃ, 縁だ, 縁でも, 縁女の, 縞を, 織物に, 美男の, 群衆を, 老人が, 老人も, 耳を, 聲が, 能力が, 自分自身に, 自動車の, 自動車旅行は, 船も, 色だらう, 色感と, 花が, 芸に, 芸当は, 芸当を, 茶色の, 草が, 蘇生, 血が, 行為を, 術が, 表情を, 複合体とも, 襲撃に, 見え方を, 言ひ, 言葉だ, 話が, 話しかたを, 話だった, 話であった, 話である, 話として, 話に, 話題を, 誘惑, 調子の, 謎が, 謎は, 謎を, 護符です, 豆が, 赤さ, 赤ん坊で, 軍勢, 軍隊も, 透明人間の, 透明壁が, 連関では, 運命, 道具が, 道化師が, 遭難事件が, 部下たち, 部屋だろう, 部屋で, 部屋な, 部屋の, 郷だ, 酷薄さに, 醜い下品, 金属, 金属です, 金庫が, 釜は, 銅像が, 銘酒な, 鏡だ, 鏡を, 陣に, 陣法です, 際涯を, 難所に, 電光寫眞の, 電気の, 霊が, 青い光, 静けさを, 静寂に, 面が, 音し, 音を, 音色も, 頑張りを, 顔が, 顔だ, 顫律を, 風習は, 飛行機など, 首といった, 高級な, 髪の毛である, 魅惑を, 魔の, 魔術が, 魔術の, 魚に対し, 魚の, 鳥は, 麝香のに, 黒い眼, 黒んぼう

▼ ふしぎ~ (364, 13.0%)

54 思って 10 思いながら 7 思った 5 おもって, 思いました 3 私の

2 [21件] おぼしめして, この陽気, それを, なって, 一命を, 彼の, 思いながらも, 思う, 思うこと, 思えた, 思ったの, 思ひました, 思われた, 思われるほど, 気が, 生きて, 生命を, 眺めること, 自分の, 静かだった, 魅惑した

1 [238件] あたりの, いくつも, いや当然, うごかされ東助, おもいマル, おもうだろうね, おもえて, おもった, おもったり, おもわれたこと, お前が, お小姓, かうした界隈, これが, これらの, さびしい宇宙, しかも別人, して, すらすらと, その中, その印刷紙, それから後, それさえ, それに, そんな気, たえない, たえない面持, たえぬもの, たえられない, たかめられ神秘的, ただ一つ, だれも, だんだん救い出される, つぐふしぎ, つづいた, つながった子どもの, つやつやと, どういう時, なつかしい独逸, なつかしまれた, なりましたの, はいれます, みえたの, みるもの, ゆめで, よくあたる, よく似, わしは, わたくしの, ピタリピタリと, 一度に, 一種の, 両親の, 二三日たつ, 交錯し, 人々の, 人どおりが, 人の, 人を, 人人は, 人通りが, 似通つて, 何も, 例の, 僕等の, 僧兵は, 元気が, 元気を, 先刻から, 入り口が, 典雅で, 冴えて, 冴え冴え, 前よりは, 助かったの, 助からせ給うたお, 助かりまして, 動いた, 動かす, 十年も, 千三は, 千代は, 半日でも, 印象を, 叮寧な, 君の, 味が, 垣外に, 声が, 声は, 変って, 変装の, 夏の, 夢に, 大きな力, 女が, 女は, 妊娠する, 妙な, 姿の, 婦人と, 子供を, 存じて, 季節や, 家に, 寂しく悲しいもの, 寒くない, 対手に, 小遣が, 崩れずに, 帝も, 広まって, 床は, 弥吉の, 彼女の, 心で, 怒りを, 思いくわしく, 思いは, 思い振向いて, 思うから, 思うだけ, 思うでしょう, 思うと, 思うの, 思うばかり, 思う方, 思えたの, 思えて, 思える, 思ったが, 思ったこと, 思ったに, 思ったので, 思ったもの, 思ったらしく銀仮面, 思ったり, 思った六さん, 思った様子, 思った選挙, 思つた, 思つたほど, 思つてある, 思はれた, 思はれます, 思われたくらい, 思われなかった, 思われますので, 思われること, 思われるであろうが, 思われるほど静か, 思われるもの, 惜別の, 感じて, 感じながら, 感じました, 感動した, 憂欝だ, 憑きものや, 憧れた, 憲法の, 戦場の, 手の, 手毬だけを, 打たれるの, 新らしい, 日に日に輪廓, 日本語が, 東海岸に, 松本には, 樂天的な, 正しい答, 毎年よい, 毎晩眠る, 気心も, 水中に, 沈默を, 浪漫的で, 涙も, 淵の, 澄み亘つて, 爽やかに, 物侘しく, 理由の, 生産的なまじわり, 生絹に, 生絹は, 男は, 異性という, 瘠せほそったから, 白昼の, 白木の, 皆肌寒, 目の, 相似た, 相違ない, 眠うなる, 眼の, 私は, 秘密を, 空の, 空は, 笛の, 紙作りでも, 美しい夕方, 考えたこと, 耐えないくらい, 耐えないの, 聖者の, 肉体的な, 腹も, 膨大で, 臆病に, 自己を, 良心の, 若く見せた, 茫漠と, 衝たれる, 見えても, 誰も, 賛成しなかった, 輝いて, 退屈しなかった, 退屈も, 重たい黄金, 金が, 雨戸の, 静かで, 頬に, 頬を, 頭が, 顔の, 願を, 風が, 高く真っ直ぐ, 魂は, 鮮烈な, 黙りこんで

▼ ふしぎそう~ (193, 6.9%)

33 な顔 7 にあたり 6 に首 54 にいいました, にいった, にたずねた 3 にたずねました, に見

2 [18件] な顔つき, にいいます, にお, にし, にその, にそれ, にたずねる, につぶやきました, にながめ, にながめました, にながめる, にのぞきこみました, に彼, に筒井, に聞いた, に見ました, に見まわし, に言った

1 [88件] なお, なの, な作爺さん, な目, な目つき, な鈍い, な面持, な顔付き, にあたい, にいいだした, にいう, におじいさん, にかれ, にききかえしました, にく, にこちら, にこの, にこのただならぬ, にじっと, にそう, にたずねかえした, につぶやい, につぶやいた, につぶやき, にながめまわす, にふり, にまい下り, にまじまじ, にまゆ, にもう一度, にガラス, にジャッキー, に主人, に人形, に例, に僕, に出, に千重子, に司令塔, に吉岡, に名, に唐紙, に問, に婆さん, に寄っ, に小林少年, に帆村, に張, に怒った, に指, に振り, に梅, に殿村探偵, に母親, に深度計, に火, に病室, に皮袋, に目, に相手, に眺め, に眺めた, に眺めました, に眺め出した, に眺め込ん, に眼, に立ち止り, に笏, に耳, に聞きかえした, に聞きかえしました, に聞きかえします, に聞き返しました, に自分, に見た, に見つめ, に見る, に見廻した, に見廻します, に見送っ, に親方, に言いました, に訊い, に語りました, に金貨, に顔, に高み, に鼻

▼ ふしぎ~ (86, 3.1%)

22 なあ 7 ねえ 6 ふしぎだ 5432 というよう, とは思わない, と思う, ななん, わ

1 [29件] いちど覚え, いま奥方の, いよいよおかしな, からといっ, がおかあさん, が男子刎頸, しその, ぞ, という顔, とはいえない, とは思わなかった, と思っ, と甲斐, と話し, なああいつ, なあこれ, なあしゃく, なあそれ, なあゆめ, なあ残っ, なと思っ, なと思った, なア, のう, ばかや, わい, わいと首, 何者かと, 金が

▼ ふしぎ~ (81, 2.9%)

8 しかたが 7 たまらないという 5 ならないの, ならなかった 4 ならない, はない 3 なりません, なりませんでした 2 しようがない, たまらないの, たまらなかった, たまりません, たまりませんでした, ならぬ, ならねえ, 仕方が

1 [26件] あらうとも, お姫さまと, しようがなかった, すらある, そしておそろしく, たまらない, たまらないもの, たまらぬという, たまりませんが, ならないが, ならないけれど, ならないので, ならないよ, ならないん, ならない一事, ならない東助, ならない気, ならなかったの, はありません, はある, ふしぎで, よく分かりかねる, 堪らない, 堪らなかった, 気もちが, 私に

▼ ふしぎにも~ (72, 2.6%)

2 そこには, その時, 彼は

1 [66件] あらゆる點, ここまで, このとき, この妻女山, この玉璽, こよい, すらすらと, その扉, その西洋人, それすら, それ以来乞食は, ちゃんと立ち, どこにも, はっきりそいつ, まっすぐに, みんな全滅し, よく仕事, イエスは, シャボン玉が, 一つ帽子が, 一枚の, 人垣の, 人間の, 今朝は, 僕等は, 勇気が, 博士の, 同じこと, 命が, 嘉代さんの, 地中の, 家の, 少しの, 幾つもの, 彼の, 思いいくら, 思わず小倉, 思われた, 思われましたし, 悲しそう, 戦車は, 数かぎりない, 日の, 曲面ばかりを, 最後に, 月光に, 正太少年と, 気味悪くも, 水中で, 水兵一人居らなかった, 狼や, 生きようと, 痛みは, 短歌一首うまれた, 美智子から, 自分そっくり, 若葉が, 虫に, 血らしい, 見えません, 途中で, 運び去られたの, 針目博士は, 音楽には, 風が, 黄金豹は

▼ ふしぎ~ (47, 1.7%)

15 ない 5 ないが 3 ないの 2 ありません, あるまい, ないな

1 [18件] いつのまにどうして賢二君, そればかり, とけましたか, どうして起こった, ないこと, ないと, ないわけ, ないン, なかった, ねえさ, ねえだろうが, ねえの, ねえやな, ふしぎである, 今も, 今年蛇蚊蛙すく, 国宝的科学者とも, 解決しない

▼ ふしぎ~ (43, 1.5%)

4 いえば

1 [39件] あやしんで, いうか, いうばかり, いうより, いうよりも, いおうか, いって, いわなければ, おもわれるかも, して, しない風習, する反省, そこで, その人柄, その場, それを, なにか, まじめに, ビンタも, 一脈の, 世間が, 世間の, 今夜は, 何かしら似, 出て, 味わうよう, 宿酔の, 平静な, 手を, 次の, 死ななかった, 牛は, 生ま生, 病の, 言えば, 言わねば, 調和され, 運命と, 金を

▼ ふしぎ~ (34, 1.2%)

5 国の 3 国は 2 ないこと, 国を, 情慾, 樽の

1 [18件] ひとつで, やうに, わけが, 国, 国が, 国っていう, 国では, 国と, 国という, 国へ, 国探検の, 国見学の, 奇瑞を, 幸運によって, 時間は, 正体を, 魔法使いです, 魚の

▼ ふしぎ~ (32, 1.1%)

2 にぼんやり

1 [30件] おそろしさ, がだんだんはっきり, その尨大, だ, であつ, である, にあっけ, にしばらく, にすっかり, にため息, にちょうど, について詩, にふたり, にゆめ, にゾーッ, にボンヤリ, に三十メートル, に何, に声, に見物席, に驚い, はぼく, は彼, は息, やら怪し, よ, をその, を思つて, を線, を自覚

▼ ふしぎ~ (24, 0.9%)

4 ある, あろう

1 [16件] ありましたね, あるか, あるの, あるもの, おこったから, おこったよう, おこって, おこるの, くわわりました, つたり, られない話, られる話, 深まるのみ, 苦も, 起こりました, 起るところ

▼ ふしぎです~ (24, 0.9%)

732 から, なあ, ねえ 1 か, がすこしも, が人間, な, なあ炸裂, な自然, ねあの, 敵の

▼ ふしぎなる~ (21, 0.8%)

3 花の 2 情緒

1 [16件] は例, ものの, フロリダ州, 哉, 天命と, 幻燈機械や, 建築が, 弓取なり, 情緒の, 愁ひ, 最期に, 港, 物を, 現象を, 白日の, 言葉の

▼ ふしぎでは~ (20, 0.7%)

8 ない 3 ありませんか 2 ないの, なかった 1 ありません, ありませんが, ないか, ないと, なく根戸川亭

▼ ふしぎ~ (19, 0.7%)

2 ない, ないわけ

1 [15件] ありは, ありません, ありませんが, ありゃしねえ, あるまいに, あれら親子が, ないけれども, ないじゃ, ないので, ないはず, ないはなし, ない手品, ない教え, なかった, ふしぎま

▼ ふしぎでも~ (14, 0.5%)

6 なんでも 1 ありは, ありへん, ありまた, ない, ないの, なくまかり通っ, まるで知恵, 怪事件でも

▼ ふしぎ~ (14, 0.5%)

1 [14件] いっこう行方, また例, 一夜の, 中で, 二少年の, 同国の, 夜に, 奇瑞や, 寧子が, 小文治, 彼の, 焔の, 音の, 魔力では

▼ ふしぎ~ (14, 0.5%)

1 [14件] あらわしたという, つくりだしたわけ, どう解釈, もて牢獄, 体験した, 天正の, 感じてを, 父親に, 繰返すばかり, 見せつけられては, 見せられて, 見たという, 見ること, 語るなかれ

▼ ふしぎという~ (10, 0.4%)

4 ほかは 2 外ない, 外は 1 のは, ほかない

▼ ふしぎじゃ~ (8, 0.3%)

2 ない 1 ありませんか, ないか, ないかねえ, ないですよ, ねえか, ろくに喰

▼ ふしぎふしぎ~ (6, 0.2%)

1 とあやしん, という, と味わう, と手, またし, アッと

▼ ふしぎがる~ (5, 0.2%)

1 ことであろう, ことでしょう, そのわけ, と, ばかりです

▼ ふしぎがっ~ (4, 0.1%)

2 ている 1 ていた, ていました

▼ ふしぎでない~ (4, 0.1%)

1 よ, わけです, 理由を, 社会に

▼ ふしぎとは~ (4, 0.1%)

1 しまい, なしえ, 何だ, 言えない現状

▼ ふしぎとも~ (4, 0.1%)

1 なんとも言い, ふしぎ運転台に, 思わずに, 思わず計られたとも

▼ ふしぎなし~ (4, 0.1%)

2 かけが 1 かけでした, かけは

▼ ふしぎこの~ (3, 0.1%)

1 大食堂の, 少年こそ, 部屋も

▼ ふしぎさうに~ (3, 0.1%)

1 して, ながめました, 呟きました

▼ ふしぎだった~ (3, 0.1%)

1 が忠相, しこんなに, のは

▼ ふしぎでしょう~ (3, 0.1%)

1 か帆村, がない, と彼女

▼ ふしぎには~ (3, 0.1%)

1 あきれかえったよう, 思わなかった, 思われぬかな

▼ ふしぎ国探検~ (3, 0.1%)

1 でありました, はインチキ, も今日

▼ ふしぎがってる~ (2, 0.1%)

1 おれの, 様子は

▼ ふしぎであった~ (2, 0.1%)

1 が, のであと

▼ ふしぎでございます~ (2, 0.1%)

1 ねここ, わねえ

▼ ふしぎでした~ (2, 0.1%)

1 があと, がそれ

▼ ふしぎなめぐり合い~ (2, 0.1%)

1 におどろいた, にしばらく

▼ ふしぎねえ~ (2, 0.1%)

1 あなたが, あなたに

▼1* [74件]

ふしぎあれもへん, ふしぎいま天下信長公の亡き, ふしぎ目に, ふしぎかっていえばさ, ふしぎがったとの話, ふしぎがらずに来た, ふしぎがりもしませんでした, ふしぎきわまるもので, ふしぎさうな顔を, ふしぎさうにポン公をながめました, ふしぎさうに女房や子供たち, ふしぎさうに餌箱を見上げます, ふしぎじゃあございませんか, ふしぎすぎる話じゃ, ふしぎすぐそこで, ふしぎそう鼠の一件, ふしぎそれらをあと, ふしぎだきさまが, ふしぎだって話して, ふしぎだらけである, ふしぎちか室のてんじょう, ふしぎでありあぶなっかしく思われ, ふしぎでありますのにその, ふしぎであるがなんと, ふしぎともしていない, ふしぎとものしずかな, ふしぎども現じける, ふしぎなありさまでしょう, ふしぎなかには手負いや, ふしぎなさけび声が, ふしぎなどという生やさしい, ふしぎなねり薬が, ふしぎなんてことは, ふしぎな光りの謎, ふしぎな嫉み心を, ふしぎな憤りを感じ, ふしぎな疼きのなか, ふしぎな見とほしの, ふしぎな頑張り合いがつづい, ふしぎにさえ思われた, ふしぎにと言うの, ふしぎにぶじでした, ふしぎにもへびはひとりでにひきかえしてそのままじっと, ふしぎ人間には, ふしぎふしぎちか室のてんじょう, ふしぎふしぎ二十めんそうのからだ, ふしぎふしぎ四十面相のにせ, ふしぎふしぎ書だなの, ふしぎふしぎ男と少女, ふしぎふしぎ黄金にかがやく, ふしぎかふしぎ, ふしぎまたしても, ふしぎもうひとりの, ふしぎおもしろさ, ふしぎアッと思う, ふしぎネッドのからだ, ふしぎ二十めんそうのからだ, ふしぎ人だかりのする, ふしぎ千万だ, ふしぎ四十面相のにせ, ふしぎへつれ, ふしぎ地上にはまったく, ふしぎをのり越え, ふしぎ川上のからだ, ふしぎだったが, ふしぎだなの, ふしぎ極まる芸当な, ふしぎと少女, ふしぎの中, ふしぎ運転台にいる, ふしぎ過ぎるからねえ, ふしぎだキラキラ, ふしぎ飽くまで縁である, ふしぎ黄金にかがやく