青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ふい~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ひろげ~ ひろ子~ び~ びく~ ~びっくり びっくり~ ぴったり~ ~ふ ふ~ ~ふい
ふい~
~ふう ふう~ ふか~ ふく~ ~ふこ ふこ~ ふしぎ~ ふた~ ふたたび~ ~ふたり

「ふい~」 2765, 30ppm, 3917位

▼ ふい~ (1240, 44.8%)

13 顔を 11 声を 10 云った, 大きな声, 私の 9 云い出した, 彼は, 彼女は 8 彼の 7 口を 6 なって, 一人の, 姿を, 彼女の, 眼を, 言った, 足を, 頭の 5 いいました, うしろから, して, 叫んだ, 目を 4 出て, 後ろから, 身を, 首を

3 [19件] そこへ, なつて, 何か, 後ろの, 手を, 消えて, 涙が, 涙を, 物蔭から, 眼が, 眼の, 私は, 立ち上がって, 立ち上って, 立上って, 言い出した, 頭に, 頭を, 飛び出して

2 [68件] いい出しました, うしろの, おれの, くすりと, しや, その手, その野, なつた, なるし, わっと, セエラの, ピエロが, 一つの, 不安に, 両手で, 二人の, 云いだした, 云い出したの, 人の, 僕を, 卓の, 向こうから, 君枝が, 呼びかけた, 呼びかけて, 喋るの, 坑口の, 声が, 大きな大, 大声で, 天から, 女の, 姿が, 孤踏夫人の, 帰って, 後ろを, 忍剣の, 思いだしたよう, 打って, 横から, 海の, 涙ぐんで, 現れ電光, 現われて, 男の, 真面目な, 矢を, 立ちどまって, 立ち止まった, 立ち止まって, 立って, 立上っ, 立上った, 笑い出した, 耳もとで, 耳を, 肩を, 自分の, 表の, 訊ねだした, 訪れて, 赤らんだ, 起き上って, 起って, 躍りか, 近くの, 顏を, 風が

1 [862件 抜粋] あかるくなっ, あたりが, あたりの, あのときマレイ, あべこべの, あらわれたので, あんなこと, いいだしました, いつか見た, いなくなって, いひました, いま動いた, うしろで, うしろを, うな, うわッ, おかかり, おこえ, おじさんが, おそって, おとずれた簑笠, おりて, お前が, お島, お愕, お燕, お立ちに, お若死に, お蔦が, かわいらしい小, がんがんと彼, きょろきょろと, くたりと, くるりとうしろ, けた, こうたずねた, こう問いかけられた, ここで, ことばを, このなん千, この陣屋, こんな公案, こんな愉快, ごとり, さえぎって, さつき接吻を, さッ, しかも真夜中, したね, しなくては, しようと, すさまじい人声, すばらしいこと, すみの, そういわれ, そう叫ぶ, そう咎め, そう訊ねられた, そのとき, その下駄, その両, その出足, その家, その時, その水面, その若い, その電車通り, そばから, そばに, それを, そんなポカン, たずねました, たらたらと, だまって, だれか, だれかが, ちらと, つかまえた, つき飛ばされたよう, つっ立ち気の毒そう, でて, とんで, ど, どこから, どどん, どなられたので, どなるよう, なったと, なった以上, なっちゃった, なにかに, なるいやしくも, にっこり笑いました, にっこり笑った, ねずみを, はいと, はね起きました, はらはらと, ばったり倒れ, ぱっちり眼, ひきやめたり, ひどい坂, ひょこりと, びくり, ぴょいと起ちかけた, ふたりが, ぶっ倒れた, ほんとうに, ぼろぼろ涙, ぽつりと, また彼, ま上, もう一軒, やってきた, やって来たので, やって来ました, やって来るのよ, れいの, わけの, わたしの, カムポスが, ガバと, キャラコさんの, キャーッという, クリスマスに, コンブフェールに, シロが, ソドムの, ドアの, ドーンと, ニヤニヤし, ピタッと, ホームズの, ポンと, ロークの, 一人で, 一方の, 一発の, 一等卒の, 三人の, 三河を, 上意を, 不逞な, 両腕, 中之島公園に, 中軍の, 主殿, 久助君の, 乳ぶさ, 事実と, 二三ヵ所から, 二人は, 云い出したこと, 云って, 五六間ほど, 井戸の, 人声が, 人間の, 人魂みたいに, 今夕浜松城の, 今晩は, 他の, 休戦を, 会へば, 但馬守が, 低いゴロゴロゴロゴロ, 何かの, 何とも知れず, 何事か, 何処かで, 何者かが, 供頭の, 俗世の, 信澄を, 俺へ, 傘の, 僕の, 兄さんは, 兄様が, 先刻の, 先生が, 入れること, 全身が, 六部が, 内儀さんが, 円明寺川の, 出たわ, 出会ったあの, 出向いて, 切込まれたの, 別々な, 別な, 到来した, 前へ, 前方から, 割れた, 勇ちゃんの, 十数梃の, 千二の, 卓袱台の, 厚い衾, 去って, 反抗を, 受けた一片, 叩かれた驚き, 叫びだしました, 叫ぶとともに, 名を, 吠えるよう, 吹いて, 周瑜が, 呶鳴った, 呶鳴って, 呼ばれて, 命かぎりの, 咲いて, 咲耶子の, 咳込みなすって, 喜ばして, 地震の, 坑が, 報らせた, 夜の, 夜中しかも, 夜中相手の, 夜半に, 夢の, 大きい声, 大きく見開く, 大きな聲, 大声が, 大波を, 大空を, 大野順平が, 天井が, 天井板を, 夫の, 奥深い笑み, 女史は, 子の, 子供達の, 孝助に, 孫権は, 客舎に, 家の, 家へ, 尋ねかけて, 小わきへ, 小腰を, 小野が, 少女を, 尻尾へ, 居なくなったこと, 山の, 崩れるよう, 工匠の, 左右太, 帯へ, 帽子を, 広間の, 庄田が, 床几を, 庭へ, 引き渡されて, 当直下士, 彩紅の, 彼に, 彼らは, 後から, 後戻りし, 徳次は, 思いがけず入って, 思い出した, 思い出したらしく断崖, 思つた, 思ひついた彼, 思わぬところ, 悲しくなっ, 愉快げに, 愛染宝塔の, 懐中電燈の, 或る, 戸外へ, 扉口で, 手紙を, 打たれでも, 投げ打つと, 投石した, 披露しました, 抱きしめ頬ずり, 拳で, 持病の, 指さして, 挙げて, 振り返った, 捕物学の, 掛布団を, 撲りつけた, 政ちゃんが, 斜状の, 断崖の, 旗を, 明かるい, 明るくした, 春木少年が, 智恵子の, 暗室の, 曹操の, 最後の, 朝早く, 木剣を, 杉村は, 村井へ, 村越三十郎の, 杖と, 松千代を, 棒は, 椅子の, 椅子へ, 模糊と, 横を, 横道へ, 止まりました, 正夫の, 此処に, 歩き出したり, 歳太郎は, 殺到し, 母屋の, 気づいた, 気高い若い王子, 水の上の, 氷の, 沢子が, 沸りあげ, 泣きたくなること, 泣きだしました, 泣き出して, 泣声に, 泥の, 浮び上って, 涙ぐましくなった, 涙ぐんだので, 渋い微笑, 温かい寝床, 激しい笑い声, 無一物の, 照らした, 父が, 片手を, 牛舎の, 物陰から, 猛烈な, 現われたあの, 甚助が, 甲板で, 男女二人の, 異様な, 疾風の, 痣の, 白旗の, 白日の, 皺も, 目が, 盲目的に, 直家は, 相沢の, 真吉が, 真蒼, 眼に, 短い刃, 石川又四郎が, 破られ公判廷, 秀吉は, 私へ, 私を, 穂先を, 空の, 空中に, 空車の, 突ッ立った, 立ちどまった, 立ち上ること, 立ち停まりあたり, 立ち止まった武蔵, 立止っ, 立止った, 竹童の, 笑いだしました, 純友, 紳士の, 網代笠の, 縁日の, 群集の, 義坊が, 義経は, 老僧, 老先生, 考え込んだり, 耳まで, 耳元で, 聞きなれた物音, 聲を, 背なかを, 胸に, 膝を, 自分で, 舞い込んだ, 舟辰が, 花を, 草むらの, 荘家へ, 蒔絵の, 蔦子が, 虹の, 蛇の, 蜂須賀七内や, 行こうと, 行列が, 衝けば, 袖を, 襲いかかった白い, 襲うて, 要吉, 見るでも, 見覚えの, 見返つた, 言いだした, 言い出されて, 言葉を, 訊いた, 訪ねた, 許都を, 誘った, 誰かが, 調子を, 貧しい下駄, 走りよって, 起きた, 起き上った, 起った彼, 起りました, 足の, 跳びかかって, 踊の, 踏み止まって, 躍りこんで, 車の, 軍服と, 辛い目, 迎えて, 送話器の, 逃げかけた, 通り過ぎて, 道の, 道ばたに, 道誉は, 遮ると, 部屋の, 里心に, 金茶色の, 釣魚の, 鋭い皮肉, 長襦袢の, 門前に, 闇の, 阿賀妻が, 阿賀妻は, 陰気な, 隊伍が, 隊長は, 階下へ, 雪子の, 雷が, 電灯を, 電車通りへ, 鞭を, 頭上の, 飛びかかって, 飛びこんで, 飛び上がりました, 飛び上りたいほど, 飛び出すと, 飛び起きて, 飛び込んで, 馬の, 駆け出した, 駈け出した, 駈け出して, 騒ぎだしたり, 驚かせて, 高い崖, 高村が, 鬱ぎ込んで, 鳥屋の, 鳴きだしそれ, 鷄の, 黒ねこが, 黒雲の, 黙りこんで

▼ ふい~ (730, 26.4%)

15 出て 12 立って 8 目を, 見ると, 顔を 7 口を, 気が, 自分の 6 何か, 家を, 眼を, 私の, 立つて, 起って 5 それを, 消えて 4 外へ, 座を

3 [14件] お役, そのとき, 帰って, 思い出されて, 思い出して, 気がついたよう, 気を, 浅し, 立ち上った, 耳に, 表へ, 語調を, 顏を, 魔が

2 [48件] あの酒倉, おかしくなっ, したこと, その中, それが, そんなこと, どこかへ, もう一度それ, 下りて, 何処かへ, 出た, 出たの, 別の, 口に, 向うへ, 大きな声, 女らしくなっ, 妙な, 姿が, 家出を, 左の, 店へ, 思い出した, 思い出したよう, 思つた, 思ひ出されたやう, 感じた, 時計を, 横町へ, 止めて, 気がついて, 目に, 目の, 立ち上がると, 立ち上って, 立ち上ると, 立ち去った, 立った, 背後を, 胸に, 行って, 表に, 言つた, 訊いて, 診察所から, 読み出した, 酒倉へ, 麻油は

1 [466件] あがった, あたりを, あの方, あの枝, あれを, あんな悪い, いなくなった, いなくなっちまったから, いまの, いま頃は, いやな, おしろいの, おますは, お七, お傍, お出掛, お帰り, お玉の, お蝶, お顔, お首, かういふもの, かういふ事, かう云, かたわらの, きこえたり, きらきらしい, くぐり酔うては, こう言い出した, こう言った, こちらへ, こちらを, こっちを, このこと, この幼時, この店, この気分, これが, こんなこと, こんなに一生懸命, こんな小説, こんな気持, こんな陰鬱, さう, さう思ふと, さっきの, さびしくなった, した思いつき, そうおっしゃいました, そう云いました, そう思った, そう振返っ, そこを, そっちを, そのあたり, そのこと, そのとき小倉, そのもと, そのものを, その事, その側, その半開き, その呟き, その場, その家, その方角, その本, その瞬間鮮, その笑い, その老, その裏手, その辻占, その髣, そばから, それとは, それに, そんなお伽噺, そんな事, そんな量, とんじまう, どこへか, なぜか, なります, なるやう, ぬけま, ひどく疲れ, ふざけた言葉, ほしくなり出した, また一つ, また小倉, また思い出し始めた, また気, また爺, また田代, また雷, わきに, わきの, わけなく然, アルモワアルの, イヤな, インスピレエション, ステーションへ, ドロステ・ヒュルスホオフの, ハンドレエルを, ピムキンが, ブランが, プラトンが, 一しょに, 一瞬くっきり, 一言, 一軒の, 万里子さんの, 三毛の, 下を, 中風に, 久助君は, 乗り合せの, 乘つ, 二つの, 二人を, 京恋し, 人の, 今の, 今度は, 今朝の, 仕かけて, 伸子の, 何かに, 何だかこんな, 何とも知れず, 何んだ, 何んの, 來て, 側の, 傍を, 僕の, 兄の, 先き, 先刻見た, 入って, 入り柳, 入れると, 全くち, 全くちがった, 内の, 冗談を, 冷淡な, 出かけて, 出かけようと, 出し抜けに, 出つすぐ, 出ては, 切って, 初秋の, 判事は, 別れて, 前の, 前庭を, 動かなくなったよう, 勝手に, 十七年ほど, 半ば枯れかかった, 半巾を, 卓に, 去って, 又思い出した, 反対の, 反省する, 口から, 向うから, 向うの, 向きなおって, 向きを, 向き直って, 君が, 喧嘩に, 嘉七の, 器械的に, 坂田藤十郎の, 堰を, 塔の, 境内の, 声を, 外に, 外らし再び, 外出致しまし, 天井を, 太刀を, 奇妙な, 奥から, 奥へ, 好い気もち, 妹の, 姉の, 姿を, 娘が, 婦人は, 嫌気が, 子供らしい, 室を, 家の, 寢飽きた, 小さなもの, 小倉が, 小声で, 少しばかりの, 山の, 崖の, 己の, 己も, 席を, 帰つて来, 床から, 床の間の, 床の間を, 店を, 庭の, 彼が, 彼女は, 往來の, 待合室の, 後ろを, 後向きに, 心の, 心頭を, 忘却の, 思いついたこと, 思いついたの, 思いついた事, 思いついた言葉, 思いついて, 思いを, 思い付いたん, 思い付くと, 思い出されたその, 思い出されたよう, 思い出したこと, 思い出したほとんど, 思い出したみたい, 思い出してね, 思い出しました, 思い出しましてね, 思い出すの, 思い当ること, 思い浮かんだの, 思い立ったのよ, 思い立って, 思い附いて, 思ひましたよ, 思ひ出した, 思ひ出したの, 思ひ出して, 恐ろしいこと, 恐ろしい手段, 恐ろしい疑念, 想い出された, 想い出した時, 想像された, 愛人の, 感ずる郷愁, 感ぜられて, 感慨深げ, 慍った, 慎作を, 懶い首, 戯けて, 戸が, 戸外へ, 扇で, 手に, 手欄を, 投げた, 持ち上げられたやう, 持てたらどんなに, 振り向いて, 捕まえるの, 故郷の, 旅に, 昔なじんだ, 映った, 晝間小女が, 暗い影, 暗闇で, 書きはじめて, 書斎へ, 木戸を, 本を, 本性に, 格子に, 欄間の, 次の, 歌の, 此の, 此れ, 武蔵は, 歩き出して, 歩く, 歩みを, 死にたく思いました, 死ぬ, 死ぬ気, 殿の, 気がかりに, 気がついた, 気がついたから, 気がついたもの, 気がついたん, 気がついた逃げるならこの間, 気がつくと, 気に, 気をかへて, 気持が, 氣附いた, 水臭いもの, 池の, 沈む, 泣き出した, 流れて, 浪花節と, 浮かんで, 浮べながら, 浮んだ, 消えたる変化もの, 涙が, 淋しくなつた, 淋しく感ずる, 渡宋を, 温かな, 湧いたので, 湧き出して, 満州国の, 無氣味, 煙に, 父が, 父にでも, 物の, 物を, 狂ひ沁みた, 現れて, 田代は, 疑いを, 發つた, 盗んだの, 目が, 目頭が, 眉毛の, 眞顏にな, 真白に, 真顔にな, 眼が, 眼頭の, 硬ば, 福岡へ, 私が, 私には, 私は, 秋貞という, 空けたやう, 空間に, 窓の, 立ちあがって, 立ちあがりそのまま, 立ちどまり一瞬まじめ, 立ちました, 立ち上がりましたもの, 立ち上るなり, 立ち去って, 立ち留って, 立つたの, 立て廊下, 立上っ, 立止っ, 立止つて並ん, 竹を, 笑いだすところ, 笑い声を, 笠越しに, 答えて, 紅い玉, 絵本で, 縁も, 縁を, 群から, 羽織や, 老人気を, 老紳士, 考えたの, 考えたん, 考えるよう, 耳を, 聲を, 胸を, 腕ぐみを, 自から, 興醒めたよう, 舞台から, 芽を, 落ち合って, 蓮の, 蘇ったそんな, 虚に, 蜜柑の, 行くと, 表の, 表白し, 衾を, 袖を, 襲われ台所, 見た夢, 見て, 見ますと, 見るて, 見当を, 見返ると, 角を, 言い出した, 言い出したら必ず, 言ったその, 言った事, 言った形容, 言ひ出した, 言葉を, 記憶が, 訪ねて, 話を, 誤算を, 起ち上つて帰つて往, 起った, 起ること, 起ツて, 足でも, 路地を, 身を, 身体が, 軽業師という, 迷いも, 迷ひ込ん, 逃げたぎりついに, 逃げ出して, 道助は, 遣ッ, 酒を, 釣込まれて, 長椅子を, 門七が, 阿賀妻は, 離れて, 離れられないもの, 静かな, 静まつ, 面を, 頭に, 頭を, 風が, 風の, 風邪を, 飛び出しさうな, 飛び出して, 飛出して, 飛騨の, 香つた, 馬を, 馬鹿げた事, 馭者も, 駈け出して, 黙って

▼ ふい~ (525, 19.0%)

42 いた 23 いる 13 いました 12 いるの 10 ゐる 7 いたが 5 やった 4 いると, ゐた, 外を 3 いたの, いること, きて, くる, やって, やりました, 悶死した, 歩いて

2 [24件] あるの, いて, います, いるうち, いるところ, いるよう, いる間, いる飴屋, きたの, きました, くれた, くれたり, ごほ, しまった, みても, もらって, ゆきました, 云った, 来た, 来て, 来る, 林野を, 通って, 遊んで

1 [329件] あげたり, あたりを, あったかいもの, あったの, あふれて, あらためて九兵衛, ありました, ある四方, いいにおい, いたいちばん上, いたお玉, いたからという, いたこと, いたぞうきん, いたので, いたもの, いたよう, いたタオル, いた北東風, いた新, いた時, いた竹童, いた笛, いた節, いた長谷川右近, いっしょうけんめいはさみをつかいました, いって, いつた蟻, いつもの, いますと, いるお, いるか, いるかごかき, いるかという, いるが, いるし, いるその, いるでは, いるとしか, いるとばかり, いるに, いるはず, いるひつじ, いるらしい恰好, いるらしく, いるん, いるピイタア・パン, いるミス, いる人, いる可愛い, いる大吉, いる女, いる子供, いる様子, いる焼ヶ岳, いる竹藪, いる籾, いる者, いる豪家, いる音, いる風, うごかさなければ, おかえしします, おこうと, おしまいよ, おじいさんの, おどろいて, おりました, おりますと, おり鯰, おるか, お母さん豚の, お美夜ちゃん, かきまわして, かわかした, きかせました, きた, きたん, きちんとたて, きなよ, きますからね, くる暖かい, くれたので, くれる, くれる筈, こたえた, こたえました, この丸太, この女, これへ, これも, ごぼ, さわぎをひきおこしかねないようすでした, さんさんと, しいて微笑, しばらく足, しまつた, しまふ, しまわずに, しゃがんで, しやべ, すぎた, すぎる, すだれ, すみわたった, そこに, そして言った, そのはじめ, その外廻り, それから, それから亂, それから今朝, それを, たくさんお, たくましき勢, ちょうだい, つぎに, つらい晩, とろうと, ねらいつける, のんきに, ひかえて, ひとつの, ひら, ふいて, ふきまくれ, ふくろうが, ほかの, ほとんど息, ぼとりと, まずひと息, またかわきふきん, またもやあと, また数十歩, まわった, みせ, みせた, みたり, みて, みました, みますと, みると, もうひとり, もう一度ねむらう, もう一度本殿, もう笑っ, もしまつ, もとの, やったおとうさん, やったり, やらあ, やりその, やりながら, やり一時, やり両手, やり肩, やり蝋燭, やる, やること, やるの, やるひま, やるん, やる役目, やろう, やろうとも, ゆき, ゆくので, ゆり起す, よろめいたの, わらひました, ゐたパヴロア, ゐた柿, ゐた母, ゐました, ゐるそよ風, ゐるの, ゐるやう, ゐる娘さん, エラがる, カラリと, ゴム袋に, シャツと, チョッピリした, パンツと, ホッと, ホトケに, 一文も, 三方は, 三方ヶ原の, 上がるの, 上ゆく, 下さらないと, 下すった, 中軍の, 九十%以上に, 人の, 伏せたの, 体操し, 何か, 何かは, 何事も, 來ない, 倒れて, 側の, 元気に, 先ず一休み, 先づ一, 光った, 光って, 兵庫の, 冷茶を, 出て, 取ったよう, 右脇を, 合図を, 吹きとおして, 呻いて, 哮り立って, 喜びました, 喰べ, 四季の, 墓ばかり, 外套の, 夜もうす, 夜光の, 大きく深呼吸, 寄手の, 寝室へ, 寝床へ, 少し身, 居た, 居ますいい, 居りました, 崩れたり, 床の, 座りな, 座敷へ, 庭の, 庭上の, 彼方此方と, 後に, 微笑もうと, 恭一と, 息苦しい胸, 悲しい肉親たち, 懐中に, 拍手喝采を, 拭いて, 新しい着物, 明神下の, 晴れて, 暗く揺れ, 暮らすがよ, 更にしっかりと, 朝から, 木山に, 来そう, 来たと, 来たよう, 来た事, 来ませんでした, 枝の, 柳の, 横に, 武者だ, 歩きつづけて, 歯ぐきを, 死んだ蟹, 殘餘の, 水が, 氷上に, 永い日, 汗みどろに, 池田蔵相に, 流しに, 流れ目, 湧きあがる, 煤が, 父親の, 犬は, 王城の, 申しました, 町, 町の, 疾呼した, 監視に, 目を, 眉を, 眼を, 着物の, 石を, 砂塵を, 空という, 窓ガラスが, 立ち上がって, 立上りました, 笑って, 籾選り, 聞かせる, 肌を, 自動車の, 草履を, 萌え出るこの, 蚊も, 蛙が, 行々子が, 行くから, 見まわした, 言つた, 警官隊に, 豆腐を, 貰つたばかりの, 身を, 轟々と落ち, 返事を, 迷い犬を, 逃がして, 逃げた, 遠い景色, 長二丈余の, 長廊下, 陽炎の, 鞭を, 風に, 食べて, 食べますあつい, 食堂から, 高いびきで, 鶯の

▼ ふい~ (39, 1.4%)

6 のよう 3 のやう, の風 2 さん

1 [25件] が三つ, が弱, が鳴る, だぞ, だと, だらうか, で拳骨, にかけまっ, に連, の一種, の代り, の側へ, の前, の火, の火の粉, の火土, やら小刻み, や鎚音, を使っ, を足, 吹きの, 土間の, 場に, 場の, 祭に

▼ ふい~ (39, 1.4%)

8 うたれて 7 つかれて 3 打たれて

1 [21件] うたれたハクスター, うたれた刑事, うたれた巡査, うって, くった梅雪, くって, くらった形, くらった犬, くらって, つかれたので, 喰った杉本, 打たれた, 打たれたて, 狙って, 衝いたの, 衝いて, 衝かれたの, 襲って, 討たれた戦車隊, 食ったが, 食らって

▼ ふいたり~ (38, 1.4%)

6 して 3 した 2 しながら, 小声で

1 [25件] したけれども, しは, しました, すること, する者, それから時には, ひどくおしやれでした, また詩, やたらに, 割箸を, 夏帽子を, 大ウソ, 宗盛が, 寝床の, 歌を, 洗たく物を, 火だ, 石畳を, 私の, 足を, 軍功の, 鉦を, 霜柱が, 靴の, 鼻を

▼ ふいっと~ (37, 1.3%)

2 対馬守の, 消えて, 顔を

1 [31件] あっしも, いいました, おじぎを, くつくつ笑いだした, このお, そのお, どこかへ, また伝六, マミミを, 今それで, 伝六に, 何か, 名人が, 命令を, 国もとから, 声を, 外出の, 尋ねました, 彫り物が, 心よい, 思ったの, 横町へ, 消えまして, 立ち上がって, 行くえ, 言った, 起き上がってね, 軸が, 面を, 鳴り屋の, 黙って

▼ ふいても~ (25, 0.9%)

6 ふいても

1 [19件] あきません, すぐ錆, とれなかった, ふいて, ふききれないで, ふき切れない程, ダラダラダラダラダラ, 却ってあと, 夕方まで, 小鳥には, 手が, 日ざし, 毎日毎日一日も, 汗が, 汗で, 熱風です, 直ぐ曇った, 答えないと, 軽くうごく

▼ ふい~ (10, 0.4%)

1 くれる団扇, たちの, ゐた, ゐます, ヒステリツクな, 一人言, 兎の, 死に, 耻ぢろ, 見ても

▼ ふい~ (10, 0.4%)

1 ことであり, そうどうに, 伏勢に, 宝物などを, 打撲で, 敵を, 災難にも, 迎えを, 闖入者に, 音に

▼ ふいところ~ (8, 0.3%)

1 から助け, でしたが, で助かりました, で向う岸, で命, で引上げ, で殘, を免れた

▼ ふいては~ (6, 0.2%)

1 いけないとか, いなかった, こないかと, またぽろり, 読み読んでは, 雨

▼ ふい~ (6, 0.2%)

1 とことば, とそこ, と今, と命じました, と妹たちふたり, と思い出した

▼ ふいうち~ (5, 0.2%)

1 で食卓, にあっけ, にはちょっと, にびっくり, に帰っ

▼ ふい~ (5, 0.2%)

3 を助 1 を助けられた, を取止め

▼ ふい~ (3, 0.1%)

21 らしさ

▼ ふいちやう~ (2, 0.1%)

1 した, するの

▼ ふいてから~ (2, 0.1%)

1 次第に葉, 食べ終日鉤

▼ ふいとか~ (2, 0.1%)

2 言つたさう

▼ ふい~ (2, 0.1%)

1 あれ, 一喝は

▼ ふいにが~ (2, 0.1%)

1 くりと, ばっと

▼ ふいろ紙~ (2, 0.1%)

2 を幾種

▼1* [27件]

ふいなれば, ふいけは井戸なり, ふいごとすれば, ふいじゃから卿も, ふいづれの道, ふいてもけふも好日, ふいてよと云ったり, ふいてをりましたそれに, ふいとうしろをふりかえる, ふいにとつとと, ふいになつてし, ふいにはッと, ふいにばたんと開い, ふいにぶッ倒れた, ふいにをかしさうに笑, ふいのできごと, ふい国山をけ, ふいばらの中, ふいのごと南座, ふいござき, ふいわし雲かな, ふい一線に手綱, ふいをかめよ, ふい手摺を取り付けた, ふい打ちにおそいかかる, ふい油揚がんもどきと怒鳴っ, ふいを進んだ