青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ふ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ひる~ ~ひろげ ひろげ~ ひろ子~ び~ びく~ ~びっくり びっくり~ ぴったり~ ~ふ
ふ~
~ふい ふい~ ~ふう ふう~ ふか~ ふく~ ~ふこ ふこ~ ふしぎ~ ふた~

「ふ~」 54114, 585ppm, 161位

▼ ふ~ (8171, 15.1%)

755 である 610 です 354198 では 190 でした 14992 であります 7663 だから, であるが 62 だつた 53 だが, ぢや 48 がある 44 だと 41 だらう 28 ですが, はその 25 かい, であるから, ですか, ですから, は何 24 かね 23 が精一杯 22 と同じ 21 だな 20 だよ 19 があつ, が常, でも, は私, は自分, を 1817 を聞い 16 が其, ですね, はお, も無理 15 方に 14 さへ 13 ですよ, は尤も 12 があります, が聞えた, 方で, 方へ 11 はどう, を見る 10 が癖, だね, でありますから, はこの, はこれ, は彼, は此, を見, 方から 9 かな, でございます, は今, は無理, やうに, を忘れた, 日記

8 [13件] かえ, が, が本, が私, でありました, ですもの, はまだ, は勿論, は厭, は嘘, は日本, 家の, 日を

7 [14件] が当然, が普通, だらうと, ならば, ね, はそれ, はをかしい, は全く, は如何にも, は少し, は止め, もある, 丘の, 山の

6 [27件] かと思ふ, かも知れない, がその, が厭, であると, はどんな, はもう, は人, は今日, は何ん, は其, は即ち, は嫌, は実は, は實, は昔, は本, は本当, は誰, もあつ, を待つ, を忘れ, を私, を聽, 方には, 方の, 日に

5 [29件] がそれ, が好き, が彼, だつたが, だらうか, でありまして, であるか, はあの, はさ, は一つ, は何時, は君, は唯, は外, は多く, は大, は天子, は夫, は必ずしも, は是, も, もその, も尤も, をやめ, を聞いた, を聞く, 崖の, 方は, 日や

4 [51件] がい, がお, がもう, が何, が例, が嫌, が目的, が精, だい, だえ, だがね, だけれど, ださうである, だらうが, であった, ならあやまります, なら私, には, はた, はどうも, は世間, は元, は其の, は其家, は可, は多分, は寧ろ, は後, は恐らく, は抑, は普通, は決して, は渠, は父, は言, は間違, もつまり, も不思議, も厭, も同じ, も此, らしい, をきい, を不思議, を樂, を止め, 山は, 岸に, 方を, 日も, 道を

3 [104件] おひる, かしら, かそれ, かそれとも, かともかく, か知らない, があり, がありまし, が一つ, が一番, が即, が唯一, が大, が当り前, が有る, が本当, が樂, が正しい, が此, が面白い, この日, じや, ださうな, だといふ, だもの, だわ, でありますが, でしたが, ですわ, でなくて, でなければ, と, とは違つて, と一つ, なら僕, はあなた, はいい, はかう, はこ, はなかなか, はよく, はよさう, は主として, は二人, は代, は余り, は其処, は別, は前, は可笑しい, は多く彼岸, は大袈裟, は実に, は実際, は山, は平次, は当然, は心, は或は, は支那, は斯, は既に, は明らか, は村人, は極めて, は構, は珍, は甚だ, は畢竟, は確か, は神, は福, は義雄, は聊か, は言葉, は詰り, は變, もあり, もお, もよく, も嘘, も変, も忘れ, も皆, も面白い, やうな, をお, を待ち押, を歌, を聞き, を聞け, を見た, を避ける, 壁に, 外に, 念の, 方まで, 杉田やが, 村から, 村へ, 横町の, 沼の, 自習課題, 道は

2 [348件] あつちの国, うちに, おべ, かぐはしい初夏, かその, かといふこと, かとにかく, かと思はれる, かと思ひ, かど, かねえ, かを考へ, かペンギン, か俺, か時として, か泣く, か面白い, がいや, がくすぐ, がせつなく, がせめて, がつね, がほんとう, がよい, がゐた, がゐる, が一人, が中, が主, が之, が二つ, が人間, が代, が元, が先生, が其家庭, が出, が即ち, が原則, が口癖, が可笑し, が女, が定石, が実に, が実は, が尤も, が得意, が怖, が支那人, が最も, が本式, が此人, が死んだ, が氣, が流行, が渠, が物哀れ, が癪, が皆んな, が第, が翁, が聞える, が聴, が能, が自分, が自然, が見える, が誰, が辛, が辛い, が間違つて, が順當, だけれども, ださうだが, ださうでございます, ださうです, だつて, だとして, だとも, だらういろいろ, だらうかと, だらうね, だ傘屋, だ相, だ錢形, でありませうか, であるかを, であるそして, でございますか, でございますから, でございませう, ですけれども, です私, でない, でないと, とお, とである, とは少し, にも相手, に一分の違ひも無し, に近い, はあまりに, はあらゆる, はい, はいかにも, はいつ, はいつも, はいま, はいや, はうで, はかうした, はかうである, はかうです, はき, はさて, はそんなに, はつまり, はつらい, はどうして, はどうせ, はどちら, はどの, はほか, はま, はまことに, はまだしも, はむつかしい, はもつ, はやはり, はやむを得ない, はよし, はよろしい, はザネリ, は一々, は一体, は一度, は一番, は不, は不都合, は世人, は今度, は以ての外, は以前, は何だか, は何故, は何時も, は余りに, は余計, は俺, は僕, は僞, は全然, は勝手, は勿体ない, は卑怯, は単なる, は友人, は古代, は右, は各, は合理的, は同じ, は唐, は喪服, は單, は器量, は困る, は変, は大した, は大川氏, は大抵, は女, は如何, は始め, は嫁さん, は子, は宗教, は宜, は少, は少々, は平安朝, は平気, は当らない, は彼女, は彼等, は後世, は徒刑一年, は御免, は必, は怪しから, は悪い, は惜しい, は愚, は我, は我々, は或, は手, は文, は既婚者, は枯れた, は歌, は死んだ, は法律上, は淨土, は申す, は當時, は祝詞, は空, は編輯助手, は考, は聖人, は若, は表向き, は親, は誤謬, は誰だい, は變ぢ, は近頃, は退屈, は送られ, は逆, は野中, は野暮, は階段, は頭, は餘, は高い, は魂, みち, もあります, もこの, もさ, もす, もつらい, もほん, もまた, ももう, もやはり, もよい, もをかしい, も一種, も亦, も何だか, も何處, も其為, も少し, も山, も彼, も怖, も恐らくは, も愉快, も最も, も決して, も精一杯, も自分, も變, も面倒, やな, やよ, よき日, らしいが, をみ, をやめた, を一々, を初瀬, を常, を平次, を幸, を御存じ, を怒る, を想像, を感じた, を本, を構, を樂しみ, を無理, を相手, を第, を義雄, を聞き流し, を聴い, を買, を身, コシンへ, 三道樂で, 三道樂に, 人, 人が, 何のって, 傾向あれ, 兎は, 副官が, 卓子に, 喝采を, 外は, 奴が, 姿にも, 娘は, 嫌ある, 字の, 家で, 尾は, 屋根に, 山路, 岸の, 席に, 席の, 必要を, 念が, 情感を, 意義を, 感なから, 方からも, 日の, 日記と, 時期を, 時雨にもの, 暑さ, 月ただくらがりが, 杉の, 村を, 櫛を, 波の, 準備に, 用語例を, 男が, 癖ある, 益あり, 矢なみつくろふ, 空に, 端から, 端まで, 筆やに, 糊すりおけ, 紐を, 膝が, 若菜と, 萱の, 要も, 赤い眼, 途を, 進境に, 運命に, 遑あらむや, 道の, 道のみ, 部屋で, 非なる

1 [2817件 抜粋] あの三角, いま猿の, ええこと, おまい, お山へ, お父さんに, かいづれ, かしんみり, かと二三度, かと私, かどう, かな大, かも解りません, から転じ, か世間一體, か八五郎, か十數匹, か恩知らず奴ツ, か暫く, か知ら, か菱川君, か顏, があなた, がいけない, ががつ, がこれ, がそれでも, がどれほど, がまちがひです, がわかる, がウハツハツハツハ, が一つ先, が丁度三十歳, が不都合, が事實, が井上毅先生, が人情, が何だか, が偶然, が其の, が其二, が分らぬ, が南, が取柄, が可笑しく, が問題, が園田實徳氏, が女王, が安, が客, が居る, が幻, が彼等, が心外, が悦び, が慈善, が手近, が方言, が昨年, が最適, が木津, が東北, が歌垣, が此総名, が毎日, が済んだなら, が無事, が現れた, が田丸, が発端, が眞相, が知れる, が篠田, が美しい, が聖王, が膏藥, が芋粥, が英米, が解, が豫想, が道楽, が醫學生, が静子, が頃刻, が養父, きものを, これを, さと, すゝきのかげには, ためにとかいふ, だからと, だけれ, だそれで, だつたら未, だの, だらうよ, だ土地, だ死んで, だ虚偽, ぢゃなくてかへって, つとめを, でありました是, であり一, であること, である今に, である大抵, である未婚, である而, でございますお, でした仲間, ですがね, ですといふ, です宗祖樣, でないが, でない噛, でなく唯漠然と, でなく行路, で御座いませう, としや, とどれ, とは違, と云ふそん, と何等, と同一, と密会, と此二つ, と肚, どしたえな, なぞは, ならそれで, なら却って, なら費消, にい, につれて鞠子, には一寸, には官吏, には自分, にひどく, にも同じ, にも自分, に一生懸命, に似, に妨げられた, に張合, に来, に費やす, に達し, に驚い, の本質, はある, はいつたい, はおもに, はかの, はこないだもち, はさぞ, はすべて物, はそんな, はち, はどうも少し, はね, はふるい, はまた, はむづかしいが, はもどき役, はよくよく, はわたし, はイヤ, はゲイシャ, はナカ, はヘラヘラ, はルドヰコ・バルバリゴ, は一家三人, は一番初め, は丁度, は三年父母, は下らぬ, は不合理, は世, は中世, は之, は二三年前, は二週間前, は人気, は今夜, は仮名, は伝奇小説, は何でも, は何故か, は例, は偏見, は儒教, は兎, は全く実際, は公然, は其挽歌, は其邊, は写真版, は分り切つた, は別れ, は勞働, は半, は南宗画, は即, は口實, は只, は各地, は吾輩, は品川, は嘘ぢ, は困ります, は国民的, は地理, は壱州, は夜分人, は大昔, は大膳職, は失礼, は妙, は嫁い, は定家假名, は容易, は對手, は少しく, は島, は幇間, は幾代, は庵, は当年, は後期王朝, は御室火口, は思想上, は恐縮, は惜い, は憚, は手紙, は擽つたい, は文法, は新潟縣, は日本橋室町, は春田打ち, は書類, は木村大山, は本文, は東西, は梨子, は極, は正妻, は此玄丈, は武官, は母, は気, は水臭い, は洒落, は浅はか, は済まない, は滿更出鱈目, は無から, は煙草, は父母, は物忌み衣, は現在, は用意, は當前, は百花, は直, は真面目, は矯激, は社長, は私たち, は穀物, は竹, は篠田, は素人, は絶えず, は群れ, は肉體半分づつ右, は至当ぢ, は花, は苦手, は莫迦, は蘭軒, は血, は要するに, は親分, は評判, は語原的, は誤り, は謙遜, は貪, は買, は踊, は近く例, は道樂者, は適当, は重病室, は錢形, は陳套語, は雑作, は面々, は食事, は髪, は鼻, ひとひ, ふ, へ向, ぼんやりした, みちの, もいかにも, もおなじ, もこの間, もちと, もなけれ, もほんとに, もむりはありません, もやはりさ, も一つ起り, も上の句, も事実上, も今日かぎり, も何となく, も全く, も冬, も博士, も同型, も喰, も奇遇, も如何, も宜, も張り合, も必, も恥しい, も憶劫, も更に, も死, も渠, も独身者, も白石自体, も究竟, も考へ, も自慢, も退屈, も院長, やが, やら或は, よしてよ, をあつし, をかこ付け, をこらへ, をせめて, をつい, をやう, をジロリ, を不, を仏印, を何より, を其儘, を初め, を厭う, を喜んだ, を妥協, を少年與吉, を待たず, を怖, を恥ぢる, を懲, を押し切つ, を探し出す, を本位, を次, を波子, を狙つて, を眺める, を窮屈, を聞かう, を背中, を設け, を讀んだ, を近寄, を集め, を頼ん, を黙, ギルドの, ブリキ色の, 一疋は, 丁度いまごろの, 三老妓のみ, 丘へ, 事わが, 二月三日の, 人たちや, 人情風俗の, 会に, 体で, 便所の, 僞善家を, 入日も, 内容を, 切株の, 劍の, 午前には, 取着, 古語の, 吹くの, 嘆きに, 土塀の, 墓標へ, 夕方は, 夜食も, 大工の, 天主教の, 女の子が, 始終を, 室に, 宿へ, 寺を, 小山の, 小高い丘, 山も, 岩まで, 峰へ, 崖を, 差ある, 店が, 建物から, 役人らしい, 徒也, 心の, 念は, 怪しい時計, 悪る, 意味, 態で, 所以に, 拿破里日報, 敬語である, 方で待つ, 日ばかり, 是も, 晴衣の, 月, 木の下で, 村からも, 東の, 林も, 梟と, 森まで, 様に, 権力と, 橋の, 正午までに, 氣分は, 沙丘から, 沼に, 波, 淵の, 演習を, 牧場へ, 甚だしき爲め, 用語例には, 畑には, 疏に, 発句は, 盾にも, 祝に, 秋の, 窓の, 竹籔へ, 糸の, 縁がはへ, 群集の, 聲を, 膝の, 舞踏会に, 茱萸の, 行乞は, 衣なり, 見物は, 言葉而し, 詩あり, 謂でありまし, 象は, 足袋屋の, 車から, 返事も, 遑な, 道はよ, 部屋には, 野原の, 長い笄, 間祐成等の, 隅へ, 雑貨店の, 霜夜の, 青い水, 面白か, 顔を, 餘地が, 體にて, 鬼瓦にも, 黒いの

▼ ふこと~ (3688, 6.8%)

149 である 120 になつ 110 が出 104 になる 70 が出来る 60 がある 52 にし 49 になつて 47 にした 43 です 42 だ, であつ 35 では 33 ができる 30 であります 26 ができた 25 があつ, が出来た, を聞い 23 が出来ない, だつた 22 の出来ない 21 になり, を聽 17 ができない 15 を知つて 14 があります, がない, が出来なかつた, だが, にしました 13 に, になります, を考へ 12 が分る, であるが, を, を得 11 にや, に就, をし, を言 10 が分ります, が書い, であ, になつたの, をきかない, をよく, を教, を知らない 9 ができなかつた, でした, にする, のない, の出来る, を私, を聞く 8 であらう, でありますが, であるから, にしよう, を得ず, を考へた, を言つて

7 [13件] ができ, がよく, が必要, になつて來, になりました, に就い, を云, を信じ, を敢, を書い, を欲, を聞かない, を非常

6 が, が出来よう, だから, になつた, に依, を知, を約束

5 [26件] があ, がその, が出来, が問題, が好き, が私, が第, ですから, でせう, なの, にある, には, にもなる, のできない, のできる, の出来ぬ, をきい, をする, を云つて, を忘れ, を知らぬ, を知る, を考へる, を話した, を誰, を須

4 [42件] があれ, がございます, ができるであらう, が分かつた, が分つ, が多, が御, が明, が解らない, ですが, ですよ, でなければ, でも, とする, なり, にならぬ, になれ, に對, に耳, に興味, をお, をきかぬ, をした, をやめ, を一寸, を厭, を得べし, を忘れた, を想像, を意味, を我, を承知, を明言, を本, を申します, を発見, を聞き, を聴い, を自分, を要求, を覺, を頼む

3 [72件] ができなく, ができよう, がわかる, が一々, が出来ず, が出来なくなる, が出来ぬ, が出来ません, が分つた, が判, が多く, が大切, が度々, が彼, が心, が本, が知れた, が考へられる, が自分, が言, が起つ, だし, だつたの, だつて, だと, だらう, であると, であれば, でございます, で昔, と, ならば, にしたら, にはならない, に慣らされ, に於, に氣, のある, をあて人, をきく, をしなかつた, をやつ, を主張, を人, を今日, を口, を始めた, を彼, を得なかつた, を御, を心, を忘れさせぬ, を忘れない, を怖, を憚ら, を承認, を書いた, を止め, を氣, を當時, を知らなかつた, を知り, を示し, を聴く, を自覚, を行, を記憶, を許し, を認め, を誤解, を頼んだ, を餘

2 [151件] から言, がありました, がいつも, がこの, がすぐ, がせめて, がそれ程, ができず, ができたであらう, ができたら, ができぬ, がどれ, がバカ, が一つ, が上手, が世の中, が事實, が人間, が何時, が出来なく, が出来ます, が出来ませう, が出来るだらう, が出来るであらう, が出来れ, が分らん, が可笑しい, が多い, が嫌, が宜, が屡々, が己, が彼女, が後に, が推測, が支那, が既に, が日本, が決して, が無, が無い, が知りたい, が私たち, が義雄, が考へられた, が薩張, が變, が載, が違つて, が馬鹿, だよ, であります是, であるの, となつ, となり, なら, にきまつ, にきまつた, にしたい, にします, になりまし, には何, に一々, に全力, に嘘, に多く, に存, に帰着, に從, に想, に気が付いた, に決定, に疑, に自分, に間違, のできぬ, の出来なかつた, をいたす, をえ, をきき, をこの, をしない, をすつかり, をせず, をその, をたのむ, をはつきりわれわれ, を一々, を一層, を久しい, を休めよ, を何, を前提, を君, を唱, を問題, を好く, を好まぬ, を好んだ, を完全, を尋ねた, を少し, を広告, を得き, を得た, を思はしめる, を思ふ, を恐れ, を意識, を憚, を推測, を斷, を欲せなかつた, を止めよ, を求むる, を潔し, を父, を理解, を申, を申し, を目的, を知らざる, を知れ, を研究, を確信, を禁ぜり, を禁止, を素直, を絶えず, を考へたなら, を考へない, を考へなけれ, を考へ出した, を聞いた, を聞かなく, を聞かぬ, を聴いてる, を聴かない, を聴け, を許さ, を証明, を誇, を認める, を語, を語つて, を説い, を説明, を諸君, を諾, を述べ, を避け

1 [1110件 抜粋] からなにか, から全く, から考へ, があらう, があるで, がいけない, がうまい, がうれしい, がお伽話, がかへつて, がくり返され, がさ, がすでに, がずつと以前, がそしてまた, がた, がつい, がつまり, ができないだらう, ができなけれ, ができるだらう, がどの, がなかっ, がなに, がはつきり意識, がひと目, がほ, がまだ, がまるで, がもつ, がやはり, がわからない, がシヴアーリー, がセルギウス, がヌケ, が一層, が一番, が一番心配, が三年, が不審, が世人一般, が久江, が二三, が云, が今やつと, が何, が何より, が何処, が先生, が全く, が其特色, が出来さうである, が出来たら, が出来なかつたら, が出来まし, が出来るなら, が分かり, が判り, が別に, が厭, が可, が吉田傳次郎氏, が呑み込めない, が唱, が夢, が大袈裟, が始まつた, が婚姻, が学習院, が容易, が實際, が少なく, が屡, が希望, が廣太郎, が当然, が徹底的, が必ず, が忽ち, が思ひ出され, が慥, が我慢, が抑, が推測出來, が斯く, が日本演劇, が旧来, が明治初年, が書かれ, が未だに, が極, が此晩, が殆, が気, が決ま, が法律, が泣く, が渠, が潛, が特に, が理想, が當然, が発見, が直ぐ, が相, が矢張暴力革命, が確, が絶對, が群集心理, が聞く, が自分自身, が荒, が見え, が見られる, が解らなかつた, が解りませう, が許され, が詳, が認め得られる, が貴所, が載つ, が追, が通俗小説, が違, が重大, が非常, が頭, が飲む, が默託, だからとか, だつたね, だで, だね, だらう川, だ先生, であまりに, でありかく, でありますからと, であります印度, であり物, であるあらねば, であるそして, であるらしい, である其金, であゝ, でかう言, でございました, でございますから, でしたから, でしたので, でして, ですけれども, ですべて, でたうとう, でなきや, でふじ子, で一頁一頁, で今日, で伺ひの, で俺, で其, で其梢, で取り返さう, で告發, で喰, で大切, で岡, で弟, で日光, で暗黒時代, で樂津, で此等, で滿足, で理由, で男, で第, で自分, で西暦, で話す, で警邏, とお前, とし, とその, となつて, とに不足, との間, とは少し, と云, と君, と寝る, と此淫佚, と水源, と第, と菅氏, と野見宿禰, なら一層, なら大概, なら早う, にいたしたい, にかぶれ, にこと缺, にこれから, にさせ, にす, にすれ, にち, については色々, について大変, につきる, になさいまし, になつたん, になつて山, になりたる, になりませう, になるであらう, になツ, にのみ急, にはなつ, にはならね, にはよう, には一向, には今後, には全く, には別に, には半信半疑, には反対, には小学校, には恐らくは, には敢, には私, にばかり氣, にまで働い, にまで到達, にもなり, にも一応, にも意味, にも理窟, にも關係, によって娯楽界, によりて學ぶ, にわれ等, に付, に何となく, に傳, に入, に加, に努力, に反対, に在り, に変, に多少, に定め, に就き, に彼等, に後世, に微妙, に急, に感心, に懸命, に成りました, に或は, に折節涙, に極めた, に歸着, に気がついた, に気がつかなかつた, に決まりかけた, に決心, に決着, に満身, に熱意, に白玉, に移る, に約束, に自信, に致させ, に表面, に見たい, に解釋, に話, に調査, に較べ, に連係, に違, に重点, に非常, の許され, への仄か, よりもずるい, よりもよつ, よりも不快, よりも何処, よりも幾多, より利き, らしい, をいくらか, をいつ, をいふ, をえん, をお話, をかきおこせ, をき, をきかなかつた, をきかなくなる, をこのごろ, をささげ, をしきりに, をしたなら, をすぐ, をすつかり忘れ, をせまじきなり, をたのみ, をつく, をつゆ, をなぜ, をはつきり言つて, をば古い, をば大工, をひとこと, をほんとに, をまう, をも忘れ, をも認めず, をやめた, をクルチウス, をダシ, をヘイヘイ, をローラさん, を一應判斷, を一生懸命, を世の中, を主人, を予期, を二宮孤松さん, を云つたの, を人生, を今更, を以てした, を仰, を伊波普猷氏, を佐佐, を何時も, を例, を信じなくなり, を假名, を億劫, を克, を全, を内務省, を判事, を前, を努め, を動物的, を勧める, を勿論, を十分, を取りつい, を可笑し, を吹聴, を命じ, を唱道, を問ひたい, を喜ん, を回避, を圖, を土臺, を多分, を夢み, を大方, を奬勵, を好む, を嫌, を学んだ, を少しく, を巧, を希望, を当, を得ざる, を得ない, を御存知, を心得, を忌む, を忘れたる, を忘れるだろう, を念, を怒鳴り散し, を思はせ, を思ひついた, を思ひ出した, を恐れた, を恥ぢ, を悟, を悟り得たなら, を悪徳, を感, を感じた, を感じ初めた, を慥, を懸念, を我問, を手紙, を振返っ, を推する, を数, を断つ, を新聞, を日課, を春秋, を暗に, を暴君, を書かれる, を書生, を望み, を朝廷, を束の間, を極めて, を極端, を標榜, を欲しなかつた, を止めました, を此間, を民衆, を求むれ, を汝, を決めます, を法律化, を爲, を申しまし, を申せ, を疑, を発表, を白状, を直接, を眞, を眺め, を知つたの, を知らする, を知らなけれ, を知られる, を知り得ない, を示さね, を示す, を禁じられた, を秒時, を窃か, を紀伊, を約しき, を純, を続けた, を罪悪, を罷めた, を考, を考へず, を考へられた, を聞かし, を聞かねえ, を聞きまし, を聞出した, を聴かねえ, を聴き取, を能, を腹の中, を芝居, を茲, を裁判長, を要せ, を見出す, を見通し, を覚えぬ, を言つたの, を訊きたかつた, を許さなかつた, を許され, を許されなかつた, を許す, を証します, を詠じた, を話し, を詳しく, を語り, を読ん, を調査, を論ぜられます, を證據, を豫め稽古, を躊躇, を輕, を述べた, を追求, を避, を避けね, を里, を鑑定, を阿, を雁江, を静か, を頭, を顧み, を馬耳東風, を高調

▼ ふ~ (2693, 5.0%)

86 である 64 になる 59 になつ 51 が出来る 39 が出 31 だ, はない 29 であつ 26 がある 23 です 16 にした, になつて, は出, を言 14 を考へ 13 は出来ない, は無い, もある 12 だつた, では, を知つて, を聞い 11 がない, が出来た, が出来ない, でした 10 の出来る 9 があつ, にし, の出来ない, もなく, を云 8 は私, を, を考へる 7 が分る, だが, であります, の出, も出来る, を聞いた, を聽 6 があります, になつたの, になれ, は何, は知つて, をお, を信じ, を忘れ, を知らなかつた, を聞く

5 [16件] がよく, が分つた, ですが, にする, になります, に就, は勿論, は同時に, は彼, もあつ, も出来ない, をする, を教, を申します, を私, を考へた

4 [29件] あらへん, が行, が見え, が解る, さ, だと, だらうと, であ, であるが, であれば, なかれ, なしに, なれば, になり, になりました, は, はありません, はよく, は出来る, は極めて, も全く, を申, を知, を知らない, を知る, を示し, を示す, を言つて, を証明

3 [53件] あるも, か, かと申します, がす, が何, が出来なかつた, が出来なく, が出来よう, が出来るだらう, が君, が書い, が考へられる, が訣, だつて, だよ, で, なので, に, にしよう, になりまし, によつて, に氣, に注意, に自分, はその, はそれ, はどんなに, はなし, は出来ません, は実に, は少し, は恐ろしい, は明らか, は滅多, は申す, は自分, は誰, もならで, も出来よう, も無く, も用, をし, をした, を信用, を唱, を想像, を意味, を本, を申す, を聞きました, を肯かない, を話した, 多し

2 [156件] あ無い, おもしろからず, かは大方, が, があら, があらう, があるなら, がお前, がございます, がどう, がどんなに, がなかつた, がみのる, がわかつた, が一番, が他人, が何となく, が信用, が僕, が億劫, が出来, が出来ず, が出来たら, が分りました, が分れ, が多い, が女, が少し, が彼, が必要, が想像, が気, が知れる, が私, が稀, が耳, が起つた, が起り, が面白い, だらう, であらう, でその, でなければ, でも, で其の, で自分, とそれから, なり, なん, なんざ, にお, にきん, にしたい, にしませう, にはならない, に定め, に定めた, に就い, に帰着, に時々, に気, に気が付いた, に決めた, に耳, のあり, の出来た, の方, の次第, の無い, の用, はある, はお前達, はこの, はこれ, はしない, はどう, はないだらう, はなかつた, はねえ, は一々, は之, は云, は他, は他人, は余程, は全く, は出来なかつた, は到底, は大体, は大抵, は如何, は存じ, は弟子たち, は彼女, は後, は悪い, は惡, は我々, は所詮, は殆, は殆ど, は決して, は甚だ, は町, は確か, は自然, は西洋人, は訣, は訣ら, は語原, は随分, は魂, も, もありません, もあれ, もいふ, もせで, もなかつた, もよく, も出来た, も多い, も忘れ, も成らね, も知, も考へられる, よ, より外, らしい, をなす, をまるで, をよく, を何, を君, を書く, を申し上げ, を真面目, を知つたの, を知らずし, を知らぬ, を知りたい, を知りました, を研究, を約束, を考, を耳, を聞かない, を聞け, を聴い, を肯かなかつた, を解さう, を話し, を話し出した, を迂愚, を黙認, 知らぬ身, 長し

1 [1190件 抜粋] あらざらむ, あらんや, あれしめへん, あ信用, かの, からきつ, からもし, から始めました, から流れ, から私, か仔細, があ, があるまい, がうまく, がお前達, がこんなに, がしあ, がそれ丈, がつくづく, ができなくなる, がひどく, がまるで, がやがて, がわかる, が一二度, が一目, が世にも, が主, が人格, が今日, が何ん, が余りに, が信じられなく, が先づ何, が其の, が其二, が出来さう, が出来ます, が出来ませんでした, が分つ, が分らない, が分り, が分ります, が判り, が呑, が嘘, が地上, が多く, が大, が大変楽, が女帝, が始めて, が安藤, が実際, が屡, が己, が度々, が強情, が往々, が御座いましたさう, が必ず, が恥, が成女戒, が拭, が新聞, が時々, が書き, が有ります, が本当にまだ, が根柢, が沢山, が満足, が澤山, が現れ, が直ぐ, が眼, が知れ渡る, が突拍子, が続いた, が聊, が色々, が見出される, が解かつた, が解らん, が言, が記され, が許されない, が許されるなら, が變, が逸子, が長く, さ相撲, じゃ, すらも見当, その事, だから, だけが頭脳, だけにこ, だけは仮説, だけは感知, だけは素直, だけは解, だけれど, ださうです, だった, だつたね, だつたら何一つ, であなた, でありましたが, でありますが, であるし, でございます, でしたので, ですわ, でどんな, でなく苟も, でギユテンベルグ, で借りてる, で其方, で分れたさうだ, で可, で御座いますそれ, で敢, で神意, で空中, で船着場, で請売, で追, と, とこの, とてお前様, となつ, との二つ, とは一向, とも考へ, とを考, と何, と劉, と同時に, と奇術, と存候, と思ふ, と眠る, と私, と雌, なかりき, なかれ我等, なく一図, なく自分, などが出, などは一ぺん, などは耳, ならば, なら何, なら浅木様, なりわれ, なるべければ, なン, におちる, にかけての團體力, にこれん, にします, につとめ, にて言, にどんな, になつたん, にならなけれ, になるらしい, にはなりぬ, には丁度, には最も, には殆ど興奮さ, には疑, には能, にぶつかる, にもさ, にもならない, にもなります, にも從, にも道理, に一番真理, に事, に似た, に先, に初心, に反対, に困らぬ, に委しい, に対してはき, に従つて, に思ひ到りますれ, に成らう, に残つて, に気がつい, に決め, に為つ, に由り, に相成, に筋道, に考へ, に致し, に落ちつく, に豫, に過ぎない, に間違ツコ, に阿, のあらめ, のあるべき, のすべて, のなかれ, のみだつた, のみをよく, の一つ, の中, の他, の典拠, の出来るあり, の効力, の外何, の当否, の為め, の甚だ, の第, の鑑識, はあまりに, はあんまり, はいつ, はいらん, はかうなれ, はきん, はさぞ, はすぐ, はそんな, はどうして, はどれ, はなか, はひと通り, はほんとう, はみんな昔, はもつ, はわりに, はフレザー, は一つ, は一年中, は一目, は一面, は不得手, は中, は事實, は今, は今日, は他日私, は何だか, は何より, は何時, は保証, は傍, は元, は先づない事, は六ヶ敷, は其処, は凡て彼, は出来なかった, は出来んで, は別, は半, は単なる, は危, は取り, は古代, は向くまい, は商, は国, は多, は大, は天上, は女, は妹, は実際, は室町時代以下, は工業, は巴里人, は幾度, は御座いません, は忘れませんでした, は思つて, は愛護民譚, は成, は或は, は承知, は指摘, は數限り, は日本, は昔, は最も, は有りません, は未だに, は本当は, は東洋人, は次の間, は欲目, は正しい, は毒, は沒落, は漏洩, は無く, は無論, は理窟, は甚卑劣, は疑はれぬ, は益々, は矢張り, は禁ぜられ, は第, は素より, は絶対, は考へた, は考へられる, は能, は臆病, は良心, は落ち付い, は解り切, は証人, は話しませんでした, は論, は豫想外, は述べた, は金, は間違つて, は難しから, は鼻, ばかりで, までが明, まで委しく, もあ, もありし, もおぼえ, もございません, もない, もなかつたら, もなし, もなり立つ, もはじめ, も一向に, も不可能, も云つて, も今に必ず, も何, も出, も出来ず, も判明, も困難, も大して, も察せられる, も平々凡々, も後世, も恥づべき, も日頃, も有らう, も本当, も涙, も生涯, も矢張り事実, も知らず, も知りました, も稀, も考へなく, も聞かされました, も聴く, も訣ら, も警戒, も重なる, も雲雀, やある, やそれ, や娘, や母親, よりも戸締り, よりも間違, をあなた, をいふ者, をお前, をきい, をきき, をさ, をさせない, をしなかつた, をしば, をすら忘却, をせられ, をとうから, をと云, をどんな, をはつきり, をまじ, をやかましく, をやる, をよろこん, をハツキリ, を一々, を不断, を主人公, を予期, を人々, を以て之, を何となく, を保証, を信ずる, を僕, を分り, を判断, を化粧, を參考, を反省, を同じ, を吹聴, を告げた, を報じ, を大, を始め, を容, を己, を度々, を彼女, を得せしめ, を得る, を心掛け, を忘れまい, を思つて, を思ひ, を恨み, を意識, を感じる, を憚ら, を手古奈, を摩訶薩, を断行, を明, を暗に, を更ら, を書け, を望ん, を樂, を決定, を深く, を漸く, を無闇, を特に, を申し上げた, を発見, を白状, を真に, を知つてさ, を知らせる, を知らなけれ, を知り, を確かめた, を示したかつた, を禁じ, を簡単, を納得, を繰返しました, を考へない, を考へなかつたら, を聞いたら, を聞かなかつた, を聞かねえ, を聞きつけました, を聞入れませんでした, を能くする, を自分, を自覚, を行田, を見た, を覚え, を言はず, を記したる, を許さぬ, を証拠立てた, を話す, を説明, を誰, を諾い, を議会, を貴族, を述べ, を重ね, を鉢, を長老, を露西亞, を首, 之は非常, 半里, 多し不幸, 打つ事, 真に強い, 考へる事, 見ゆ, 難有

▼ ふやう~ (2117, 3.9%)

126 なこと 120 になつ 110 にし 69 なもの 61 な事 3319 な気, にな 18 になる 17 な調子 15 だが 14 な言葉, になり 12 な意味 11 な声, な顔 10 だ, な表情, に言 9 な心持, な風, にその, になりました 8 である, ですが, な, な場合, な氣, な考, な話, にした 7 な時, な譯 6 であつ, な態度, な様子, な気持, な音, に云, に私, に頼んだ 5 なところ, なもん, な形, にお, に見える

4 [18件] だと, だな, な一種, な人, な口, な工合, な感じ, な次第, な聲, な顔つき, にしたら, にする, にそれ, になさる, になった, に彼, に立つ, に自分

3 [30件] でしたが, ですから, ですね, では, なそんな, なわけ, な仕事, な傾向, な大きな, な妙, な抽象風, な文句, な氣持, な男, な色, な顏, にまた, にもなく, に出, に平次, に心, に思はれた, に思ふ, に成つて, に手, に時々, に見え, に見えた, に見えました, に階段

2 [93件] だから, です, でも, なお, なお方, なさ, なやり方, な乱暴, な事柄, な傾き, な先生, な卑しい, な単純, な友達, な古めかし, な名, な女, な妄想, な嫁, な存在, な宗教, な小さな, な心, な恐ろしい, な恰好, な批評, な方面, な校長, な樣子, な歌, な氣持ち, な獰惡, な玉ぢ, な目的, な眼, な眼付, な矛盾, な私, な種類, な訳, な陰謀, な顏つき, な類, な馬鹿, にあと, にかう, にくつ, にさ, にすれ, になつたん, になりし, になるだらう, になるでせう, にも思はれる, に一々, に他物, に何, に何処, に來, に全く, に動いた, に同じ, に呟いた, に咲い, に坐つ, に帰, に彼女, に思はれ, に思はれる, に成りぬ, に成りましたら, に書い, に来る, に極めて, に流れ, に無用, に男, に目, に眼, に笑, に考へ, に腰, に見せ, に覺, に解釈, に言つて, に軽く, に鏡子, に頼ん, に顏, に顔, に首, の事

1 [883件 抜粋] かたく双方とも, だがね, だつた, だ例へば, であります, であるが, でございます, でした, でしたよ, ですけれども, でなくては, で済まない, なあだ名, なあまり使, なあんばい, ないい加減, なうまい, なおつもり, なお話, なく凄絶, なけは, なことぢ, なざま, なすべて我々, なその, なた, なたのし, なつれ, ななぜ, なひからびた頬骨, なひとりでに, なひま, なみれんは, なものぢ, なやうす, なるが, なる歌, なる涙, なれど, なキリツ, なヒネクレ, なポカン, な一日, な三つ巴, な下等, な不人情, な不当, な不憫, な不確か, な世の中, な世相, な予言, な事蹟踏査, な人たち, な人間, な今日, な仕草, な似合, な低い, な余裕, な光景, な其様, な具合, な凄い, な出来ごと, な制度, な劇場, な半, な卑小, な単なる, な又は, な反, な口吻, な同情, な告口, な呑気, な問答, な喜び, な土地, な城, な場面, な壓制的態度, な大患, な奇妙, な奧さん, な好奇心, な姿勢, な嫌, な字, な家庭, な實際, な将棋, な尊敬, な小さい, な工合ひで, な巨大, な師匠, な平凡, な平生, な店, な弱点, な弱虫ぢ, な影, な心地, な快, な思ひが, な思想家, な恥, な悪, な悲しい, な意味合, な愚か, な所屬, な手付き, な手掛り, な手紙, な指, な救世主, な散歩, な文章, な日本, な昔, な時代, な書物, な月並, な有様, な本当, な机, な枝ぶり, な極めて, な概念的, な様子振り, な樣子振り, な機會, な死, な残虐, な殺氣立つた跫音, な比較的, な気取つた言葉, な気持ち, な気色, な氣樂, な江戸, な沿革, な浅ましい, な涙, な淡い, な淺, な済まない, な無, な爭, な物, な状態, な理由, な理論家, な用途, な疑ひも, な発音, な目, な目附, な眉, な眼つき, な眼附, な積り, な空想, な立派, な笑樣, な精神誘導力, な紋切型, な索莫, な組織, な經驗, な繰り言, な美しい, な習慣, な者, な臆病心, な自棄気味, な色々, な色文, な花, な苦い, な苦笑, な荒れた筆, な薄志, な複雑, な見出し, な見當違, な親し, な言, な訣, な語, な語句, な警察事故, な讃辞, な賦, な躊躇, な軟か, な輕, な退屈, な運動, な道子, な遣り方, な都合, な重罪者, な金, な鈍音, な錆, な鏡, な長閑, な間に合せ, な關係, な随筆的, な雜木山, な面白く, な響, な順序, な頼り, な顏付, な風景, な食事, な騷ぎ, な高い, な魅力, な點, な鼻呼吸, にあなた, にありまし, にいつもはじめて, にいとも, にいふ, にう, にうっとり, におかみさん, にお前さん方, にかつて, にきめられた, にきらり, にくるくる, にぐる, にこしらえた, にさう, にさし, にしか考へられません, にしてた, にしなけれ, にしませう, にじ, にすがすがしく, にすゝ, にすゝめ, にせよ, にそつ, にそろそろ, にそんなに, にぞろ, にだんだん, につかつか, につまらぬ, にて月, にできてる, にといつ, にといふ座, にとおん, にと云, にと安川, にと東京駅, にと父, にと繪葉書, にどやどや, になさい, にならう, にならなく, になりたい, になりぬ, になるであらう, になるべし, にねえ, にはなる, には出来, にひとつ, にほんとう, にま, にまつ, にもう, にもう一度, にもなれ, にも思はれ, にも楽しい, にも泣きました, にも見えた, にやめる, にゆかない, によ, にギロリ, にセザンヌ, にソロドフニコフ, にドンジュァン, にビクリ, にベートーベン, に一本, に一見, に丁寧, に三人, に世に, に両, に両親, に之, に二つ, に二階, に云った, に人, に人間らしい, に他, に低い, に低くおもく, に余儀なく, に作品, に信一郎, に信仰, に借り, に偶然, に僕, に先潜り, に公羊學者, に其, に内部, に再び, に凭れ, に出来る, に別間, に動い, に動かし, に勝つた, に勧めました, に匆忙, に千年, に即ち, に去る, に友人, に取り交し, に古来, に台所, に各々, に向う, に吹き乱す, に呟き, に咳ばら, に啜つ, に喋り出す, に地主, に垢, に壽, に変, に大抵手足, に奮発, に娘, に子, に客, に寄つて, に将軍家, に小径, に少, に左右, に帰つて, に干からびた, に平, に建てられた, に引く, に弟, に強つて主張, に徐々に, に心憎く, に心掛けたい, に必ず, に念佛, に思ひ, に思ひました, に思へました, に思へる, に急い, に悲慘, に感じ, に感ぜられた, に態と, に懶, に成つた其翌日, に成り, に成る, に成るでせう, に戸, に拡がつ, に拾, に持つ, に掟, に搖, に支那人, に放し, に散らず, に斯ん, に旗, に昇つて, に時間, に暗く, に暫く, に書き残された, に朝, に楫, に楽しみ, に様々, に段々, に母達, に決め, に浮い, に消え, に滿天, に潛, に激しく, に濡手拭, に為る, に熱した, に父, に狡猾, に現代生活自体, に由子, に畳, に疑ひ, に疼い, に白い, に真帆子, に真顔, に知, に祖先, に移動, に積極的, に窓框, に立込ん, に笑つて, に粗末, に組織, に縁, に置かぬ, に羽目, に考へられる, に聞えた, に聞き取られる, に肖像畫, に肩, に胸, に腰掛, に自由, に船頭, に若しも, に荒涼と, に薔薇, に袖の下, に見た, に見栄, に規定, に覚える, に親たち, に觀, に訊いた, に話, に話し込ん, に誇らし, に誰, に談判, に谷, に走り出す, に起ちあがりました, に躍, に身体, に身構, に迷, に進ん, に運命, に道具, に遠く, に長く, に降つ, に降り, に青年, に靜, に靴音, に響く, に頑として, に頼み, に顔中, に飛びます, に飛ん, に駈けあるい, に髮, に鳴り出しました, に鶏頭, に黙々と, はや十年あまり, やりませう, 御案内, 我が此

▼ ふ~ (1956, 3.6%)

44 言はれぬ 31 しても 17 云はれぬ 14 足るもの 12 似たり, 過ぎない, 違ひない 11 至つては 10 それは, 相違ない 9 これは, 言はれない 8 当つて 6 きまつて, 堪へたり, 彼れ, 由なく, 至つた, 至ては, 足るべし, 閣下の, 閣下は, 非ず 5 あつた, おちないこと, おちないの, 彼の, 彼は, 是れ, 此の, 至りては, 足る

4 [13件] あらざれば, あらずや, ある, して, 云はれない, 侯が, 我は, 於て, 是は, 極つて, 當り, 足らざるもの, 足らず

3 [42件] あなたは, あらずば, おちない, おちないところ, おほ, かたからん, しては, つけても, なむ, ふさは, まかせて, やあらむ, 之は, 之れ, 云は, 亥之, 任せて, 何か, 先だつて, 到ると, 吉は, 君は, 少し恥かしく, 己は, 彼等の, 朝之助おどろき, 本當, 止める, 此種の, 由な, 立つて, 等しい, 至りて, 至る, 良人は, 足らざるなり, 足らん, 足る可, 身分も, 過ぎないの, 過ぎぬ, 過ぎぬ古物語り

2 [119件] あらず, あらず五月蠅, あるの, あるも, あるん, おちないという, おちないよう, おちぬこと, おちねえこと, おちねえと, おぬひ惘れ, こは, しごいて, すぎません, ちが, つけて, なつた, なつて, なる, ねむり, や, 一つは, 一人の, 一種の, 中, 予が, 事足り今年, 人の, 任せん, 休戚利害を, 伯が, 似ず案外, 似たりき, 何故どうして片腕, 何故今日, 依て, 依りて, 侯の, 侯は, 保守主義の, 僕の, 先づ第, 十分である, 及ばず, 及ばぬ, 及びて, 及んで, 同じ, 困つて, 困らぬ程, 困るでは, 在り, 坐つて, 多くは, 夢に, 夫では, 夫れ, 契は, 女の, 如かずと, 委せて, 常々仕馴れぬ, 廻して, 当時の, 必要なる, 忽然とし, 恰も正, 慊堂は, 我らの, 政治家の, 暇あらずし, 暇も, 木の葉ふる, 未だ期, 止まるの, 止めよう, 正太は, 此方は, 歩いて, 水色の, 海が, 消えて, 然樣, 父親の, 現内閣, 現時の, 由なし, 知らずや, 神工に, 私が, 立憲政治の, 答へて, 維新の, 自分の, 至るも, 茶山は, 落ちず語るに, 落ちないの, 落ちないよう, 落ちぬよう, 落ちるよう, 藩閥の, 行つたのだ, 見える橋, 言へ, 足らず適, 足らない, 連れて, 進歩自由の, 過ぎざれば, 過ぎぬの, 遑あらざる, 遑あらず, 閣下が, 閣下亦, 閣員悉く, 阿關, 霞亭は, 非ずや

1 [1236件 抜粋] あいなく袖, あせる彼, あの時御身, あの男, あひ, あらざるなり一, あらずおもしろし, あらず不善, あらず凡て, あらず我, あらず歴史, あらねど, あらゆる食物, あり仏国, あるとの, ある人物樹木, ある時, ある緑蔭, あれは, いそがしき物, いたらん, いたるべければ, いたるまでは, いたれり, いたれるを, いたれる者こ, いつまでも, いまなほその, いやな, いるすく, う木, え忍, おちかねたが, おちて, おちないので, おちない点, おちぬところ, おちねえでも, おちませんかね, おちませんね, おちるよう, おなじ方言, かぎらぬこと, かく價, きまつてるよ, けむりを, こなたに, この三藏, この川, この秋, この般, これからは, さう, さう云, さつきから, さめざめと, したが, しようと, すぎず知らなければ, すぎない繰り言, すぎぬもの, せよ今や, せよ僕, その位骨, その最も, その紙, その記, その鯰, そも局長西村君, それでもお前, それなれ, それを, たがは, たらざれば, ちがいない, つかれたこころ, つとふ, とどまる, どういふ, どてが, なって, なんとせう, のつ, はや会場, ひそむもの, ひとしいとも, ふみすぎに, ほひも, ぽつとり, まかせ自ら断膓亭尺牘, まされる, まはし彼ら, みえて, むかし母と, むしろふさ, もがく山頭火, ものうい頃, やけた體, やさしき横笛, ょふにょしたものの中を, よしなし, よろしく, わが心, わたくしの, わるさ, ゐた女, アイノが, サンタは, ジユリエツトは, スリも, トゥロットの, ベルナルドオ如し, ラヂオ再び, 一は, 一家を, 一旦の, 一生働き抜い, 一軒も, 七月七日の, 三も, 三本う, 上野山君が, 不可と, 且つ喜び, 中音で, 串戲を, 丸燒故の, 事かい, 事成る, 云つて居りました, 云へ, 人は, 人生欠く, 人麿のとしも, 今は, 今流布, 付きて, 任すと, 任す行, 任せよ風, 任せ北国, 会した, 会へ, 似ず守, 似たるは, 似たる生活, 似た喉, 似て, 何ごとも, 何んの, 佳衣なり, 例の, 信階は, 値するや, 値ひする, 停車場の, 傾いて, 充分だらう, 先つて其許, 先立つて, 入り次第に, 八幡某は, 其の最も, 其を, 其尺牘一則を以て, 其間に, 冬ひた恐る, 凡そ此順禮, 出来て, 函館まで, 刈りたて, 到つたので, 到つて, 到るだけの, 前栽の, 力なし, 勝ゆ可から, 北海道土人の, 十九世紀前半までの, 十分です, 原来, 又鬼, 及ばずお母さん, 及ばずと, 及ばず上屋敷, 及ばず京都一体, 及ばず公儀, 及ばず器械, 及ばず小日向, 及ばず急げツ, 及ばず町方與力, 及ばず神田, 及ばず表面, 及ばず近在, 及ばないし, 及ばぬでは, 及ばぬ若し, 及びこれ, 及びては, 及んだ, 友は, 取しめなく高笑, 口ある, 古の, 古来道徳の, 吉事凶事共に, 同じく人, 同行翌日の, 吝なる, 唯見る, 四ツの, 困つたつて, 困らないだけの, 困るからと, 困るの, 困る様, 土堤よりは, 在りき, 地方において, 坐す, 堂に, 堪えず, 堪へしめないの, 堪へた口状, 塩原山中の, 増徳院の, 外ならざるなり, 外ならず, 外の, 外観が, 大きなる, 大なる, 大連に, 大鬼小鬼其影, 天下何の, 太平の, 如くは, 始まりあの, 姫の, 存する, 宜しからざる, 宮中肅清の, 家庭へ, 富士を, 寛文二年子の, 專らに, 小さいながら, 小さな男, 小さな赤い, 小尼公, 小石を, 就いて, 屠赤瑣, 山田は, 左の, 己が, 師も, 平生筆を, 幻覚から, 広い海, 強い声, 当の支那人達, 当国岩城山の神, 当時俳諧師の, 彰れた, 彼が, 彼女自身を, 彼批評家といふ, 彼等渡る, 従つ, 従つてあたかも, 従つて段々, 從うて, 從つて段々, 徹する様, 忍びざること, 忍びじよ, 忍びなかつたの, 忠之が, 思ひ出したやう, 恋しさせまり死, 恐らく其の, 情夫先づ來り, 感ぜられた, 慣れ易い, 憲政黨の, 我々が, 我には, 我国の, 我等の, 手にも, 投げ出して, 折目が, 拘らず水, 捕へられたる手, 接近し, 擬しぬ留園, 政友会に, 政友會の, 政黨の, 新石町, 旅人の, 日の, 日曜日に, 日本せいの, 早く二月中旬, 明るい賑やか, 明治年間の, 春に, 晩に, 暇あらず, 更に下る, 更に尽くる, 最後に, 會員の, 未だ朝, 杏春は, 枕上の, 枯草の, 某氏は, 梅の, 植福の, 榛軒も, 横井は, 止まつて, 止めて, 此は, 此一件で, 此国の, 此感覚上と, 此艸を, 歩き出す, 比すべきもの, 気兼を, 水車が, 汝にと, 決つてを, 決然として, 沈んで, 注目し, 浮ぶ腐った馬鈴薯, 消えようとして, 添れんから, 渡ると, 源太軽く, 爆發を, 物な, 猩々は, 理科が, 由なき, 甲斐境の, 異ならず, 異ならんや, 當つても, 當らない, 當時彼等は, 疾く来, 皆知らず, 盥が, 盲者一人杖し, 眉を, 眼を, 石よりも, 磐谷は, 禅刹記には, 私に, 移転を, 稍高手に, 立つ白壁, 立憲國の, 笑へぬ, 第三女真嘉那志十三歳, 等しき願, 篠田さんて, 網を, 總ての, 美味ならじ, 耐へ, 聖母の, 聳えさせて, 肴屋の, 腰を, 自分らの, 自記には, 至つたから, 至つたらう, 至つてわたくしの, 至らざれば, 至らず却つて過去, 至らむ, 至りその, 至り浸水, 至るであらう, 至るとは, 至るべしと, 至る者, 致萬事がさつに, 舟に, 若かず, 英国で, 菅茶山は, 落ちず好奇心, 落ちない不都合, 落ちない顔, 落ちませんので, 落ちる事, 落ぬ, 葬送の, 薄墨色の, 薄白く, 藪の, 蘭軒は, 行く, 行を, 術は, 袷一枚で, 見えた女, 見えるといふ, 見える大きな, 見える森, 見える真夏, 見て, 見返れば, 角力場近き, 言れない, 訴訟の, 語原を, 謂は, 謂れぬ, 謠曲指南所の, 谷村は, 貴人の, 足の, 足らざるに, 足らざる趣味, 足らじ, 足らずといふに, 足らず十二歳, 足らないが, 足らぬが, 足らぬ程, 足らんか, 足りるだけの, 足ると, 足るべき温良, 足る愛, 足る程, 足れり, 足利末期から, 近い内容, 近き恋それ, 近衛公を, 近頃俳句, 逃げ込んで, 逍遙子が, 通じない, 進む時, 過きす, 過ぎざるのみ, 過ぎずしかも, 過ぎないからね, 過ぎないもの, 過ぎなかつた, 過ぎぬとは, 過ぎぬ話, 過ぐ, 道なから, 道聽塗説の, 違ひなかつた, 遠ざかつて, 適しない, 適せず, 遺族たる, 都良香が, 重きを, 銀の, 長い列, 長崎に, 阿関, 降りてから, 限つて或, 限らずこの, 限ると, 陸奥伯を以て, 陽が, 集まつた俳優たち, 難から, 霧に, 青緑こと, 非す, 面白うも, 頭重く, 顔もたげたる, 風騒いやし, 食へ, 餘念なき, 高くそびえる, 魔軍群集し, 黄金丸は, 黒く見える

▼ ふので~ (1249, 2.3%)

390 あつた 28 あつて 26 あらう 25 せう 19 私は 11 あらうか 10 せうか 5 あらうと 4 これは, 今度は, 持つて 3 それを, 余は, 私の, 私達は

2 [26件] あらうが, さへ, せうが, ついおれ, もとより端物, わたくしは, ダメ, 一騷ぎした, 二人は, 人々は, 仕方が, 他の, 僕は, 先刻膳を, 其れ, 其度, 周次は, 彼は, 有つた, 父は, 直吉は, 社屋の, 私が, 私も, 自分等は, 驚いて

1 [659件 抜粋] あつたさうだ, あつたな, あつたらう, あてられては, あの電報, あらうかと, あらうそこ, あらう未だ, あれを, いくらか, いくら可, いそがしい, うちでは, うちの人たちは, おきよが, おのづか, おろそかには, お仙は, お品, お始, お寺の, お幸ちやん, お祖父さんが, お秋さん, かけて, がまア, がら, くさって, こ, この事, この機会, この歌, この界隈, これで, さう, さうだ, さくさく, すぐ又, すでにこと切れた, せうかしら, せう達者, せう錢形平次, そこで望氣, そのこと, そのふさ, その中, その実, その橋, その町, その讀書人, その邊, それから其の, それが, それで, それではと, それでわざ, それで叱つた, それに対する, それは, たと, たばこの, ちよつと, つれ出したの, できるだけ多く, ではす, どうしても臺所, どの百姓, なすそれで, はいからと, はごんせぬが, はまづい, ぶちこわしに, ほぐと殆違, ほんとうの, まさか隆吉, またその, また疲れた, また蚊帳, まだ観ない, もう業腹, もつと, やはり山人, やめますわ, やりにくい, よろしい命, わからないと, わざと屋内, コポオは, セリフの, ハガキ運動といふ, マーブル迄, モデルに, リユウバンスの, 一と, 一九二七年からは, 一代議士は, 一六が, 一切役に立たない, 一寸の, 一度ひどい, 一時間位し, 一生懸命に, 一種の, 一騒ぎし, 一騒ぎした, 三つ持つ, 三人揃つて出かけた, 三輪の, 三通り程, 上人から, 下宿人ばかりが, 下髪, 不老不死泉の, 中央病院にまで, 之は, 乗り込む, 予は, 二三囘や, 二人の, 二十二萬圓と, 二時半頃着く, 二等に, 互に讓, 五枚書い, 五貫に, 些の, 京都へ, 人が, 今では, 今一度市街見物を, 今度も, 今恁, 今日の, 仏蘭西は, 仕事も, 仕事師が, 代助, 件の, 企てられた今度, 会員簿に, 何にか, 何も, 何れも, 何所迄も, 作つたのが, 使つて居る, 信太の, 信長の, 俳優が, 借りるか, 僅に, 僕が, 僕も, 儒に, 元気づいた, 兄が, 先づ算盤を, 先づ露西亜人の, 先に, 入口の, 入院の, 全町, 六畳の, 六百五十萬圓と, 其のま, 其の儘, 其の西北隅, 其の譯, 其よりも, 其処に, 其夜は, 其室に, 其晩は, 其為に, 其言葉に, 内藏允, 円タクの, 冬やすみの, 出かける, 出したの, 出動した, 出来るだけの, 切りと, 初めてそこ, 別莊管理, 利益を, 劉の, 助動詞なんか, 勇み勇んで, 勘次は, 北劍の, 十二時少し, 十五六にも, 十人に, 十吾の, 十惡の, 十萬圓掛け, 卓一は, 博物の, 危く取り壞されよう, 即ち裝飾, 却て, 原画を, 又東宝グリル, 又色々, 又驚いた, 友達と, 双方とも, 叔母なぞが, 取りあへず其方, 可笑, 台所ぢや, 台所に, 同勢の, 同君の, 名義と, 向方が, 君が, 呉服屋夫婦が, 商ひ, 善吉は, 喧嘩が, 四日の, 圭子も, 地方へ, 報謝の, 変に, 夏の, 外の, 夜に, 大して認められない, 大喝一声, 大師は, 大庭と, 大文字屋へ, 大西等が, 太刀帶たちが, 奇妙に, 女中が, 奴隷が, 妻の, 威張て, 子が, 子として, 安名が, 安心した, 安藤の, 客は, 宮の, 宿の, 密源は, 小犬等も, 小舎同然の, 少しだた, 山一の, 山脈に, 山脈の, 巨さの, 己が, 己は, 巴屋でも, 巴里初冬の, 帰宅後エロ部分を, 幕が, 幾は, 幾分か, 式だけ, 引き受けて, 弟の, 弱り, 強ひ, 役場が, 彼女は, 後には, 從つて常人と, 応接を, 急いで, 急に, 恥しくな, 悉ゆる, 想像する, 成るべく食事, 成甫が, 或る, 或日屋根裏, 所持した, 所謂君臣の, 手品師は, 承知した, 承知しました, 抛棄し, 控訴した, 支那では, 支那學を, 斎藤氏は, 日が, 日本では, 早く上京, 旭が, 明るい可笑しさ, 明日から, 昔の, 昔御, 是から, 時々親戚, 時候見舞の, 普通の, 晴代も, 曉方用人の, 書き分けては, 有名である, 有島さんに, 朝鮮人から, 本国政府から, 本堂には, 東京から, 東京へ, 松村も, 柔かな, 柳を, 極の, 橋本が, 機も, 次手の, 正しく貉, 正三は, 此は, 此を, 此家の, 此歌だけで, 此釧路の, 此間から, 死ぬるの, 母から, 母が, 母も, 母を, 毎日, 毎日其お伴を, 気の毒な, 気を, 氣が, 沈潜といふ, 法類仲間で, 泣き度, 泥棒を, 注いで, 洋袴の, 浮氣を, 海牙を, 清三も, 渠は, 湯の, 滝本が, 潯陽江上の, 澁, 火を, 無いこと, 無くつ, 無くて, 無くほんとう, 無残にも, 無理に, 然ら, 燒け, 燒出した, 父の, 特に多く, 現に暮, 現在でも, 生れた子, 生活を, 田町九丁目で, 甲板の, 留吉に, 略其人物, 當時の, 発想法から, 発行日には, 白洲へは, 皆くさる, 皆んな奧の, 皇室の, 盜賊同, 目的が, 直に再興, 相應, 看板を, 眼を, 知らない人々, 知り合, 知春の, 石川の, 碑を, 社會進化の, 福寿治眼授児の, 私だけは, 私には, 移転を, 稍, 空二は, 笑ひ, 箪笥の, 精は, 紀氏名は, 細い堤防, 終に試驗, 給金も, 經机に, 綺麗ごとといふ, 繪だの, 美保の, 義太夫なんか, 義雄が, 聲を, 肺ペストでは, 腹も, 自分の, 自分は, 自分を, 自殺する, 自由に, 自腹を, 良人は, 色々な, 色々書類, 芸術の, 董元, 蓮見も, 薄氣味, 虐待し, 行く, 行く大辻, 行つてゐられたらしく, 行つて見た, 表面上の, 裁判に, 裁判を, 褊狭者の, 西藏人は, 見ずに, 見せて, 見ると, 見合せに, 親の, 評判がい, 評判された, 詩に, 話の, 誰よりも, 調べたら百二十萬, 謂は, 豫め詩やら, 資本を, 賞美せられた, 足を, 跳付け, 車上の, 轍鮒の, 辻辻に, 近いうち, 這入りに, 速達を, 逢ふと, 遮二無二死ん, 選り分けるの, 邦俗, 鈴ヶ森で, 鉄砲に, 鎮魂の, 鐵を, 隔離病舍に, 隔離病舎に, 隠士の, 隨分宿屋を, 隱岐は, 雇うた俥屋, 離縁する, 雨の, 雨宿りにと, 青く塗, 靜の, 非常な, 面喰ったら, 面喰つ, 面喰ふ, 頭を, 頸を, 風で, 飛行場は, 飲の, 香奠の, 駆けつけると, 騒ぎだつた, 驚いた, 驚くほど, 黒沢で, 鼠が, 齊衰一年に, 齢の

▼ ふ~ (958, 1.8%)

28 宜い 18 如し 10 如くに 9 よい, 儘に, 好い 8 いい, 早いか 6 私は 5 ひなさを, ゆゑに, 否や 4 ある, ものは, よいと, 一人の, 僕は, 可い, 太宰府へ, 如きは

3 [17件] あつて, あれは, いいの, いいや, これが, これは, ごとく今, それが, それは, ひない話ぢ, や, 如き, 如く, 如く出た, 如く是, 此の, 表面だ

2 [47件] あつた, お前は, ごとく私, さう, すみほのか, それも, たしかその, ついたもの, まだ物心, やうに, よし, 一つの, 人の, 今は, 何う, 何故を, 兎も, 其度渠は, 内容は, 君の, 女の, 好いし, 好いだ, 好からう, 如きの, 如き心, 如くなりき, 如くなるに, 如く單, 如く消え失せて, 實は, 恥かしい, 故なり, 故に此, 是れ, 木の, 本当か, 本當, 正しかつ, 此は, 此を, 然し免職, 爲に, 短き夜, 私も, 見えて, 道なり

1 [661件 抜粋] あつしは, あなたより, あの娘, あの神, あの縞蛇, あの音, あやなき, ありましたが, あり又, あり地もぐり, あり青大将, ある其處, ある又, ある時期, ある此處, ある種, ある西暦紀元七百年頃, あれで, あんな女, いいさ, いたは, いづれに, いや, うけふ以下皆一類, うるさきほどの, うるさく候, おれは, お前さんに, お前も, お午ごろ, お社, お膝下の, お若さん, かかる事, かの浅間丸事件, こ, ここは, こちらの, こちらを, ことわりなれ, このなか, このわが廊堂, この人達, この仕掛, この僕, この墨, この方法, この木, この男, この頑固, この香, これこれの, これでは, これも, これを, ごと, ごとく, ごとくさま, ごとくなるを, ごとく君, ごとく忘れたるが, ごと嗚呼, ごと撒水夫きたる, ごと行く, さうなの, さきに, じっととまっ, すみね, すみ西, そして叔父さん, そのしどろもどろ, その一二年後, その内部, その友達, その夜, その大きなぎらぎら, その實, その末の世, その理会, その異父兄義経, その笑, その經歴, その言葉, それぢゃ, それで, それでもやはり, それに, それより, それを, それ一字だけ, それ丈けとも, そんなこと, そんなウソ, そんな事, たしか中學, ため毎年我國民, ため自分, ちっとも通じてない, つくりと, つしり, つちり, でも東京, とにかく慶長頃, どうした, どうだ, どうも病, どうも腑, どこへ, どんな小さなもの, なあにそれも, ないてるぞ, なかなかうつ, なかに, なく宵, に, に末, に聞こ, ひない矛盾, ひなき, ひなき才, ひなさには, ぴよんととんだ, へしの, まあえ, まさか狸, まだ厄前, まづ八個, まるで口口, ま新しい, みな横なぎです, むしやら, もう二度とこんな, もちろん日記, やうな, やはり一つ, やはり仮名, やはり地域的, ゆゑによく刑罰に, よいぞ, よいといふ, よいどう, よいの, よかった, よからう, よく鋭く対立, よろしい, わかさ, わかれか, わるいゆう, わるいニつき, われら眷族にと, アフロデイツトの, イワンの, ハイカラと, ロマンチスムの, 一一に, 一体それ, 一体何を, 一字だけ, 一理ある, 一種の, 一般に, 一般人は, 一見する, 世界の, 中には, 中年後に, 中日以前ほどの, 丹生神と, 主人の, 九葉牡丹か, 予は, 予言の, 事実で, 二つ三つ遠い, 二人とも, 二度目だ, 京都程に, 人には, 人出の, 人間の, 今だ, 今一度新しく, 今日に, 今日既に, 今朝の, 今私は, 他の, 他人の, 他所の, 似た木, 何の, 何んか, 併し, 併ながら, 例なり, 例なる, 便所の, 俺は, 個といふ, 僕の, 元来吉事に, 元気な, 先だ, 兎に, 兩方とも, 公会堂を, 其の蝶, 其は, 其主君の, 其根本, 其直接に, 其言葉の, 内儀の, 内化した, 内容に, 勢力から, 北朗襲庵の, 医者の, 半ば以上過ぎ, 単に無, 博物館も, 即ち, 原則で, 原稿が, 又連絡, 口を, 古き周時代, 可いや, 合ふまい, 同時に其, 君たちも, 君を, 団体の, 困つたこと, 國學の, 墓場だった, 声楽の, 夢を, 大体以上の, 大体私には, 大峰入りの, 大師入唐の, 大抵水の, 天子神事の, 天才と, 天才の, 失敬ながら, 女が, 女と, 好いな, 好いん, 好い芸事, 好し, 如きさる, 如きに, 如きのみ, 如きペルシヤ, 如き事, 如き信任, 如き具體的觀念, 如き卑下, 如き場合, 如き抽象的道義, 如き擧げ來, 如き日, 如き汚, 如き状, 如き生活, 如き老松, 如き蕪村, 如き豈, 如き露骨, 如くおの, 如くこれ等, 如くて, 如くで, 如くである, 如くなりしも, 如くなるは, 如くなるべく, 如くなるべし, 如くヘクトール, 如く一兵時, 如く之, 如く伏屋, 如く倭百濟新羅任那秦韓慕韓六國諸軍事, 如く凡て, 如く助け, 如く口吟ん, 如く古, 如く吾, 如く場所, 如く彼, 如く所謂外台, 如く新, 如く旭, 如く民族, 如く父母, 如く猶, 如く眼, 如く短, 如く窮, 如く繰擴, 如く美しい, 如く自然界, 如く蔚乎, 如く衆生, 如く見え, 如く覚えて, 如く諸, 如く趣向, 如く身動き, 如く金髮, 如く顰む, 如く食事, 如しと, 如しといふ, 如し牧人は, 始めは, 学問上からは, 安寧秩序を, 宗教的に, 宜いと斯, 宜しいと, 実に適当, 実は一つ, 実は武蔵野劇団, 実は蛾, 実際は, 室内に, 小桃が, 小遣でも, 少しも, 山国に, 岡の, 島人に, 常の, 平安朝では, 幾年かに, 当夜の, 彼が, 彼奴も, 後から, 後には, 徳, 徳川実記は, 心は, 必ずしも何, 忽ち紅し, 思ふ壺, 怪しきなり, 恐らくはほか, 悟を, 悪いの, 情熱の, 愈海, 愚な, 感付いた, 戸袋は, 承知せぬ, 折角お, 按摩に, 支那の, 故, 故にここ, 故に一層, 故に俺, 故に好戦的, 故に淨土往生, 故に與, 故に長育, 数学者に, 文字通り也, 文学を, 文晁先生の, 斯んな, 日まで, 日沒の, 昨日ある, 是は, 普通である, 普通の, 月光も, 木版画に, 未感染兒童, 本因坊は, 村長さんひとつ賛成し, 杖を, 来いとは, 果して支那人, 梵語では, 椰子林の, 歌の, 正しい, 此う, 此だけ, 此と, 此などは, 此には, 此場合の, 此場合は, 此方は, 此類の, 死骸の, 殆ど家内, 毎晩遊廓を, 毒々しい位, 比較的に, 氣に, 水中に, 水谷八重子は, 永平寺に, 求める者, 河口湖わか, 活気不足だ, 燃えれば, 爲にて, 特に得意, 独尊者の, 玄人だ, 用途は, 男で, 疲れついでに, 直つたら綺麗, 真に妖術使, 真の, 真偽の, 知らないふり, 石臼は, 確かに, 神様も, 私には, 私の, 私自身は, 私達の, 科学が, 種々の, 穏やかでない, 空へ, 竿頭から, 粟穂, 精神においては, 結婚後十年稀代の, 結局此の内田と, 綺麗な, 聞え, 聞ゆる, 職工風情の, 背丈は, 脛カヂリの, 臨時村会を, 自分などは, 自分の, 自分は, 至當, 臺所に, 良い, 若し人類, 草疲れてる, 菜っぱ漬けだけの, 落さ, 蒸して, 藤屋は, 蛇や, 要するにその, 見えましよが, 見える代り, 詩人や, 語形の, 誠に因縁, 誤解しない, 読ませる必要, 貫太は, 辨當箱入だらう, 近い将来, 近頃また, 透いて, 遍歴に, 道に, 避暑といふ, 那須野の, 部分的に, 金の, 鈴木君の, 錢形の, 鍵は, 間違へて, 隨分君エライもんぢや, 隨意に, 静かに, 頓と, 飛びか, 駅からは, 駕籠で, 驚いた, 高村光太郎氏の, 鵞口瘡にでも, 鶏の, 鼬小僧が

▼ ふ~ (901, 1.7%)

24 ふはと 16 ふは 4 何ぞや, 何の 3 おわかれ, どうした, ふの, 濁って, 無心の, 用事の, 目の, 西, 解らぬでは, 誰が

2 [49件] あなたも, お前の, お前ばか, これだけ, これで, これを, するやう, それが, ひとつわが, ひどく寛大, ほんとうに, また, また一段と, また何だか, 上に, 五山の, 今日の, 何なら, 何事ぞ, 何故ぞ, 初めは, 別れの, 十三夜かな, 可なり, 君が, 地廻りの, 寒い, 怎なる, 恋人の, 折入, 旅愁に, 日曜で, 易くし, 朝から, 植木屋の, 極秘かの奇しき, 此人か, 永遠の, 浮くやう, 照日の, 珍らしく, 眼の, 神の, 自然の, 與之, 蕗を, 野山も, 難いもの, 霰に

1 [725件 抜粋] あかん, あし田鶴の, あなたクリスマス, あほ, ありがたう, あるだけの, あんまり, あんまり好い, いくたびそもいづこ, いくら歩き探しまし, いそがしかつ, いつの, いつも明けつ, いとかしこく, いやに, うかんで, うちに, えびの, おしなべての, おせんたく, おとなしく起きあがつ, おふ, おん身自ら歎き, お上人様仮令, お前にも, お前私に, お嬢さんで, お庭, お父さんに, お茶を, かのえ, かの女, からりと, こ, こえぬと, ここまでに, ここまでの, この方, この日頃, この頃, こまかく紅顏, こらへて, これから農場, これだけに, これみな犠牲の, これ卑しき, さう, しきりに祈らる, した紐飾, した襦袢, した雲, して, し妻子ら, すこし堅い, すでに遲, すを, そなた, その人, その人口, その後た, その日旅, その沈丁花, それを, それ等は, そんなもの, ぞんぶんに, ただあらし, だいぢや, ちつと, ちやんと, ちらりちらりと燃え, つぐといふ, づみに, とても受け取れない, とりもな, どうしても米, どうして又, どの木, どんな反応, なべての, なほ正月七日風空に, なんだか, なんとなく愉快, はげしい金毛, ひくの終止言, ひじやうに, ひとりアキリュウス, びんば, ふはと室, ほんた, ほんとに, ぼくの, ぼくも, まあ寝転ん, まあ寢轉, また将棋, まだ起き, めづらしくおいしいもの, めづらしく句, もうとても斯, もうわたし, もう大, もう教室, もう日本震災, もとよりなり, やかとか, やめに, やれやれといふ, よいが, よき日, よく教, よばれて, よろこびの, わが身を, わざとこれツ切り見舞つて, わたしの, アヌンチヤタの, オーストリアの, キャベヂの, ゴンクウルが, ステパンが, タワシの, フィデリに, プラタナスの, ホンマかい, ポンペイから, ヨハナ, リネツトが, 一に, 一人かと, 一定しのび, 一本の, 一段低く, 一見甚しき矛盾, 一面の, 丁寧に, 万の, 三十日, 三厩一泊と, 上天気ぢや, 下から, 下らない事, 不可なりき, 不思議千萬である, 世に稀, 世の, 両刀の, 主として九州地方, 乃ち此の, 久しきほどの, 久しぶりに, 争ふ, 事務室に, 二筋雀の, 五六歩の, 五所川原の, 亡友, 亦た, 人に, 人も, 人力車, 人性自然の, 今にも噛みつく, 今の, 今も, 今別で, 仏教に, 仕方が, 休業の, 佐藤春夫先生の, 何う, 何ともはや浅ましい, 何と云, 何れも, 何を以て, 何事である, 何人も, 何所も, 何日だ, 余が, 余は, 使ひ, 僅かな, 元より, 元旦で, 元気が, 兄の, 充分やつ, 全く之, 八十八夜, 八月十日である, 其の一例, 其の土地官員, 其処に, 其広さ僅に, 内の, 内庭らしい, 凩の, 出ないで, 初雪が, 別ぢ, 別と, 前に, 前山へ, 勿論死んだ, 北, 十月三日だ, 午前から, 卑怯なる, 南無地蔵尊, 危かり, 即ち前生, 即ち是, 又妙, 及ぶ限り, 古代や, 古来似非小説家の, 各天各種, 名に, 君正に, 君等が, 吾人の, 呪は, 和服のせゐ, 單に, 喰らひ, 固より, 園さまにも, 塀の, 壇を, 外に, 夙く一方に, 多くは, 大分の, 大分暖かい, 大淀駅近くの, 大變, 天が, 天文台で, 天満組を, 夫ゆゑうき, 夫れ, 奇し, 奈何, 女房が, 女靴, 好いお, 好い天気, 如何なる宗教, 妻に, 婦人が, 嫉妬の, 子の日か, 學生, 安寿姫出生の, 宋の, 宗教の, 実に悠悠, 実は語自身, 室を, 宮廷並びに, 家主から, 寂しさ, 寂し飼, 寒いその, 寒いだらう, 實に, 専門家で, 小兒, 小口の, 少し西, 局長邸へ, 山の, 山椒魚にも, 岩と, 岸の, 川尻に, 已に賢, 帰つ, 平野に, 幸福を, 幹事会が, 当らずと, 当初露友が, 当然す, 役所の, 御嬉しかろ, 御引越, 心あり, 心つ, 必ずしも, 必死の, 忌み言葉, 思ふ子細, 思ふ存分玉突き, 惡から, 惡しき事なり, 惡を, 愈, 愚なり, 愚なるべし, 愛に, 我, 我等が, 我輩が, 戦場に, 手負載せたる, 抒情詩かたる, 控へ, 攘夷といへる, 故ら, 故郷の, 敬坊帰省の, 新しきこと, 新の, 新聞を, 旅の, 日の, 日曜ぢや, 日曜なれ, 日本せいの, 日躍で, 早いもの, 早くたてた, 明治四十二年の, 易く實證, 昜く, 春の, 是は, 是れ, 是縁の, 昼間見た, 晝頃に, 普通の, 景教の, 暇かい, 暑さ, 暗いよと, 更に近い, 會は, 月の, 有部の, 朝の, 本村では, 本統に, 東の, 松葉杖だ, 枝體の, 格別に, 桃の節句だ, 椅子から, 検事の, 極つた話, 横から, 歌でない, 正に, 正に羅刹式結婚法, 此かと, 此ぬ, 此事に, 此時の, 此等外部の, 武士の, 歩いて, 歸つた方が, 歸らむといふ左千夫君を, 殺生のみか, 殺生罪なり, 母の, 民族が, 水ばかり, 水仙, 水瓶に, 法王と, 洞へ, 浜べ, 浮いて, 淳煕十四丁未, 淺し, 烏森に, 無いさ, 無い積, 煤掃の, 燕が, 父親が, 物持の, 特別の, 猶我, 獨り, 理法と, 甚だ私, 生ける人, 田畝に, 畢竟意気地, 畢竟戍婆羯羅, 當りましたろ, 痩ぎす, 皆, 皆夏の, 皆薄命の, 直ぐ島田, 相談が, 知る, 知遇に, 砂の, 破門懲戒を, 祈らる, 祖先が, 私と, 秋の, 立派な, 端午だ, 竹里と, 粟の, 精ならざる, 純然たる, 美しき娘, 肥料代三月も, 肴やが, 脚が, 自ら生き, 自己を, 至當である, 興味深き事柄, 芭蕉に, 花ちる, 花のみ, 苅萱の, 英語などに, 茫茫たる, 草刈りか, 荒く白いし, 莫迦寒い, 萬有還, 落花を, 薄氣味, 薊の, 行かんす, 行かんすか, 街へ, 街まで, 袴を, 要するに自分, 見に, 視界に, 親しらず, 言は, 言語によ, 詩人に, 誇る所良, 誰, 誰か, 誰ぞ, 調子善き, 講書の, 譬へば先, 譬へば氷, 象徴の, 貘の, 賢明で, 贄と, 贅沢なり, 趣味多き, 足りと, 身は, 近代風の, 逢へる, 連れて, 遊ぶ心, 運動山で, 道楽者に, 都合が, 醤の, 金澤の, 銀座, 長屋の, 間違ひない, 隔てが, 隨即神を, 難き献身, 雨さうな, 雨で, 雪あすも, 霞のみかは, 霽れ, 靈なりや, 青盲者流の, 静かである, 非也, 頭が, 風に, 風雅の, 飛びて, 飛んでも, 飲めるガソリンカア, 餘ツぽ, 駄目だ, 高い巌壁, 鮠二つ釣つて焼い, 黒い横縞

▼ ふ~ (720, 1.3%)

33 がある 19 もある 13 があつ 10 である 9 もない, もなし 7 もあつ 5 あらば, の, もあらう 4 があります, が自分, だと, なければ, のある, の口, もなき, もなく

3 [12件] あり, ありて, があるなら, だつた, でせう, のかげ, の書いた, の身, は, は猶, は非常, もあるだらう

2 [47件] が, があ, がありました, がどこ, がゐる, がをります, が作つた, が出, が尋ね, が海, が發明, が見え, ぞなき, だ, だから, だらうと, であります, でした, でもない, と思へ, なり, にさ, になつ, には何日, のあら, のなき, のやう, の伝, の傳, の妻, の姿, の子, の家, の手紙, の話, の顏, の顏さ, はありません, はない, は名, もあらん, もありません, もありませんでした, も多い, も多けれ, も無し, も食

1 [443件] あやまれり, ありけり字, ありしかな, ありと, あれど, あれども, あれば, いと遠し, うれしうれしと, か, からまつたく, から傳授, から木, か私, があら, があらう, がありまし, がありません, があるでせう, があれ, がさういふ, がせめて, がどう, がはた, がぼんやり, がもし, がよく, がわたくし, が久しく, が今の, が令達, が住み, が何人, が作, が來, が出来, が努め, が多い, が多く, が存在, が存外後, が実に, が少, が少く, が居ります, が我國, が支那, が斯, が新しく, が日本, が是, が時々, が書籍館, が有る, が来, が来まし, が来ました, が来る, が此, が比較的, が沢山, が津和野人, が深く, が無い, が現今, が盗難見舞, が私, が科学, が聽, が蔵, が被告席, が詣つたらしい, が買, が起つた, が遊ん, が遊歴, が鑛毒, が間断, が隱居所, こそ却つて厳粛, こそ實, この人, だえ, ださうです, だつた氣, だつて, だといふ, だね, だの, だのそれ, だもの, だよ, だらう, であったこと, であつ, でありたいと, であり得ない, であるかの, であるが, であると, ですよ, ででも, でなかつた, ではない, でへえ, でもあつ, でも思つて, で五代, で其の, で旗本, で歡喜天, で此人, で良い, といふ言葉, とその, とてあらざれ, とては一人, との毎日, とは逢, とやはり, と二派, と云, と姪, と犬, と知合, なき, なきを, なき徳, なき秩父, なし, ならで, なん, にあやまつた, にあらなく, にぞありける, にだ, にちら, にてありき, にとつ, になつたん, にのんびり, にはつきり, にはどうも, には恰も, には授筆要説, には解つて, にふさ, にも古典的, によつて, によつて羅甸語, に一寸會, に一番, に之, に二三度會, に云, に今日, に会った, に会ふん, に出, に問, に嫁がせ, に宛てた, に對, に就い, に帝, に氣, に求むることにしなければならないのであらう, に突か, に習つて, に見せびらかし, に親しき, に詩髓腦, に近江路, に逢つた, に逢つて, に限つてドストイフスキー, に頼まれ, のあり, のありし, のいい, のこと, のすべて, のそして, のそれでは, のふたり, のまことに, のみ多く, の一族, の世, の中, の事, の事蹟, の二男, の今度久しぶり, の余りに, の出入り, の出迎, の助力, の即興, の古今詩人秀句, の名, の噂, の四聲指歸, の声, の外, の大, の女, の女石, の如く, の家世, の居し, の後蹤, の必ず, の性格, の情, の應永年間, の所, の手, の持つ, の教養如何, の方, の旅行記, の書牘, の最も, の本, の正, の母さん, の気, の気持ち, の気配, の氣持ち, の父, の皆, の目, の眞面目, の眼, の筆法, の聲, の肩, の自由, の舊藏, の著書, の行き, の親, の言, の詩髓腦, の諫, の諸, の購買心, の贈る, の身分, の頼復, の顏少さく, の顔, の顔さ, の魂, はあそこ, はあなた, はいづち去, はいと, はえら, はこ, はさき, はすき, はその, はそれ, はただ, はとまらない, はどうも, はな外, はね, はみなアイスランド, はみな会釈, はもう, はわざわざ, はをさ, はカトリツク, はコレラ, は一ト言彼等, は一個, は不精, は二本, は云, は人間, は今, は何たる, は偏屈人, は先づ稀有, は別に, は割合, は印度, は同居三百年一家三千口, は唯一人, は嘗て, は園, は変, は大, は大概夫婦暮し, は夫, は実に, は寒, は度胸, は当然, は彼, は怪しげ, は慥, は支那, は更に, は書, は最も, は本家新宅, は来, は死, は死ぬる, は水浴中, は江蘇省, は沢山, は漢代, は漢末, は澤山, は点々, は無い, は物語類, は現世, は現代, は甚だ, は田舍, は異形, は當時有名, は皆慘忍ぢ, は皆自己, は相, は私, は第, は絶え, は至つて粗忽, は芸術, は苦手, は藥品, は裸馬, は誰, は論理學, は運, は道樂, は重ね, ばかり, も, もあらざれ, もあらぬ, もあるであらう, もあるべし, もあるやろ, もあれ, もいない, もかな, もこなく, もこれ, もすくなく, もせんない, もないだらう, もなかつた, もなから, もなき憂き, もなみ, もゐる, もニコニコ, も亦, も会, も余所, も公羊學, も出, も問, も國學者, も多, も寂しげ, も居る, も希, も床屋, も思ひ絶えたる, も有らう, も有れ, も澤山, も男, も皆それぞれ, も稀, も絶え, も義理, も自分達, も論, も隨分, も雀, やある, やながす, や後, や放り出され, や神, よりは写したがる, よりも幾層, よ鍬掛, をえらい, をし, をその, をたづねた, をつかまへ, をみる, を一人, を取る, を國家, を待つ, を意久地, を愛し出した, を憎む, を斬, を残し, を滅ぼし, を眺め, を私, を美し, を花, を若返らせた, を袴, を見, を見ない, を見る, を觀, を訪, を避け, を馬鹿, 其の他, 及び幸福, 可笑しくは, 多きにや, 多く候ひき, 或時自分, 生れて, 疎に, 立てり, 絶えて, 行き逢, 見ましたがネ, 見る人ごと, 覚えること, 遠み

▼ ふ~ (611, 1.1%)

12 にし 10 になつて 9 になつ, に言 8 である, に, に考へ 7 なこと 5 なの, になる, に考へられ 4 にやつ, に書い, に物, に考へる, は何

3 [17件] だ, だから, で, であつ, では織れる, なもの, な事, な信仰, な考, にいちはやく, に彼, に觀, に身, に鑑賞, の事, の早く, の考へ

2 [33件] がある, な気, な物, にあしらつて, にある, にお, にする, にとかく, に人, に出, に出来る, に大抵, に思つて, に思はれ, に思ふ, に段々, に特に, に神人, に續, に考へ出した, に自然, に見, に見える, に見られ, に言つて, に説い, に誰, に貯つて, に貯つて來, に非常, のもの, をし, を見せる

1 [388件] いそがしい蜘蛛, からです, があり, が全国, が出来たらしい, が半, が後, が昔, が無い, が目だつ, が青葉, さわがしくわたし, だからな, だからね, だった, だったが, であった, であぶな, であれば, でうめく, でした, です, ですから, でその, ではなかつた, では共存共榮, でよい, で例, で夜, で幾, で後, で思はず, で李世民, で病気, で登場, で目, で私, で締めた, で門, で鰐, なき夜半, なり, なんぞは一向に, な事実, な云, な仕事, な伝, な体製, な傾向, な具合, な処, な古めかし, な名, な名前, な商取引, な大望, な女, な小唄, な形, な形式, な御, な心持, な意味, な所, な文章, な方法, な旧, な星, な歌舞伎, な河, な浅い, な点, な烈しい, な物語, な玄人特有, な用語例, な畳語, な癖, な研究法, な私, な穴みたい, な結論, な美徳, な考へ方, な表情, な言, な話題, な語序, な近き, な返事, な願, にあ, にあなた, にあるべき, においてそれに, にかいた, にきい, にさ, にしか私, にした, にすれ, にせよ, にその, にそれ, にぢ, にでも訳すれ, にとられる, にとる, にとれる, にどこ, にどんなに, にな, になりまし, になるだらう, にのみ考へ, にはつ, には云, には断定, には織る, には考へられない, には見えない, にひこほ, にぶらりと, にまかれ, にもなつて, にもの云, にも感じられる, にも直観, にも考へたらしい, にも考へられた, にも考へられる, にも訓まれ, にも説ける, によみ, にわれ, にイワン, に一々, に一つ, に一人一人, に一日々, に一本, に一称号, に一般, に万葉集, に三種, に中央, に亂, に二立て目, に云, に人民, に今, に今日, に仕事, に仕込まれます, に代表的, に仮面, に位置, に作るべき, に信ぜられ, に元々, に兄, に凝, に凶惡, に出来, に分け, に分れ, に切り離し, に判ぜられる, に利益, に動き, に勤める, に北海道, に印度思想, に印象, に又, に友, に口, に古い, に古代, に各国共, に名, に名詞化, に呉葉, に呪詞, に呼ん, に喜ん, に固定, に坐つ, に多く, に夢, に大体, に大体三つ, に天象, に奴隷, に姉, に安住, に家庭内, に家族制度, に寄つてみんな, に寒, に対立, に対立人物, に少しく, に展開, に屡, に嵌, に幾, に幾つ, に底冷, に弘法大師, に形, に役霊, に彼女, に後, に必, に忠之, に思うた, に思つて空想, に想像, に意味, に意義, に感じられ, に感じる, に感謝, に扮装, に扱, に扱う, に扱つて, に折, に持つ, に振り向い, に排斥, に推し, に支那, に支那日本, に改つた, に改良, に教育, に敬語, に敷かれてた, に旅衣, に日琉分離, に昔, に時々, に普通, に暫く, に書く, に替, に替つ, に枝川, に次第に, に正しい, に此方, に此神, に殆ど一紙, に流動, に無茶苦茶, に照子, に熟語, に猫, に珍重, に理会, に琉球語, に生活, に用, に皆, に真面目, に睨んだ, に知識, に社, に福井, に笑, に笑つて, に細かく, に続い, に続く, に緊, に總, に置き替へ, に翁, に考, に考へた, に考へなく, に考へね, に考へられた, に考へられます, に考へれ, に考へ直し, に聲, に聴き, に聽, に脂, に自他共, に自己, に舞台, に色々, に花, に若者中, に苦心, に莊園, に融通自在, に表す, に複雑多端, に見えます, に見えるです, に見じ, に見せました, に見た, に見る, に見物, に観, に観じ, に観た, に觀察, に解し, に解する, に解釈, に解釋, に言う, に言葉, に言語, に訓むのがよいのではないかと, に訳し, に註, に認め, に語, に誤解, に説ける, に説明, に説話化, に象徴派, に貧乏人, に轉, に近年, に述べ, に連作, に連用形, に進ん, に進歩的, に道助, に遠い, に醒め, に長火鉢, に頬髯, に顔, に飜, に魂, に鳴り渡る, のあつ, のおと, のこと, のつらき, の伝, の信仰, の修飾, の傾き, の団体帰化, の声, の夏草, の形, の愛称, の感動語尾, の文句, の新鮮, の歌, の民間語原説, の涼し, の群, の考, の聯想, の詞, はすそ, は時代, は朴, は部屋, までも出来たらしい, もあります, も無い, や光, や筍, ゆうぜんとし, をした, をする, を守られなく, を益助長, を示し, を見せた, を避

▼ ふ~ (567, 1.0%)

16 見て 15 見れば 10 俟た, 聞くに, 聞けば 8 待たない 6 やめよ, 向いて, 得べきか, 得べし 5 俟たず, 待たず, 覺え 4 きけば, 得ざれば, 得可き, 旨と, 眺めて, 聞きて, 茶道の

3 [11件] い, いふ, かしな, むいて, 主と, 常と, 得ず, 憚らず, 消して, 聞きつ, 聞け

2 [34件] うけたもの, えば, き, みつめて, みなへ, みる, や, よし, よしと, 例と, 安み明け, 寒いと, 左樣ぬけ, 待たぬ, 得ざるべし, 得ず凡そ事, 得べからず, 得るやう, 指して, 敢て, 聞けり, 要するにあり, 見き, 見た, 見たり, 見に, 見ば, 見よ, 見ると, 見るのみ, 許さ, 須ひない, 須ひぬ, 須ゐない

1 [330件] あげる, あな嫉まし, あはれなり, あへる, いいさ先, いいゑ, うちながめつ, うならせ給, うべくば, うべくん, うるに, うるは, うるや, うるを, うれしきに, えざりき是, えしむ, えし舌, えず彼これ, えむ, かけてぞ, かたりあふた, からくおぼしなげき, きかずや, きくや, きけや, きツかけ, くちなはの, こしら, さう, さかりと, さとり獸, さへ, しても, しも, すかして, すかすやう, せきとめ給, そへ, それよ, た, たけび, ただおもしろ, ただ独り子, ついで彼, つづるのみ, つねと, とがめる気, とこ哉, とったり, とめと, とりませう, とりませうか, どるめでたし, ながめいれば, なつかしみ, のこ参候, のぞいて, ばさんの, まちかねて, まちて, まはり, みる可, みれば, もて一朝雨雪, もて町, やめたんだい, よそなる, よみ, よんだもの, りあるべし, りに, りも, りわれ, わかざらむとす, わきま, ジツと, ヂュウスは, 久しく忘, 乞ひ求む, 事と, 人のとが, 今日は, 仕事と, 休めよ, 休めよ騒人清閑, 何うです, 何か, 來る, 侯た, 俗言に, 信ずる方, 信ぜる者, 借りて, 借れる也, 値せぬとしても, 利と, 刺し殺せまつれ, 卒業する, 原則として, 厭ふべき, 取次せし, 可と, 右に, 名として, 名誉と, 向いたが, 向き, 向く, 否むなかれ, 命ずるとても, 唯一の, 唸らせる奇手, 喜べりされど, 夕海の, 好き物得つ, 好まざる事どもかたりつ, 好まずと, 好めば, 好めり, 姫これより, 嫌ひ, 宜しいと, 宣し, 寒いといふ, 少し越え, 屑と, 山木剛造は, 張つて大気張りに, 張るといふ, 張る腕前, 当然と, 待たざること, 待たずして, 待たずたと, 待たず己, 待たず治, 待たないのに, 待たない波濤, 待ちて, 待つて, 後生姉樣返事を, 得これぞ, 得ざるこの, 得ずげに, 得ずと, 得ず時には, 得ず蒲田, 得たり, 得たれども, 得て, 得ない, 得ないと, 得ぬ不満, 得ば, 得べからざるか, 得べきや, 得べくんば, 得べく且つ, 得べし而, 得む, 得むか, 得ること, 得るところ, 得るに, 得るの, 得るも, 得る樣, 得れど, 得ん, 得んさ, 得罪人, 御気の毒, 心に, 忌みて, 忌み遂に, 忘れしめるといふ, 念ぜず彼, 恐れたる, 悉くある, 悟り知り, 悦ぶ, 愧ぢざるなり, 慰むるに, 憚らざらむとす, 憚らざりき, 憤ほり, 我は, 手向哉, 打ち消し光, 承り記したり, 拔い, 指さして, 指す, 敢へて, 数ふれ, 晴れと, 暗きかもやと, 暮らしつつ, 最もよろこぶ, 最も善し, 望まんか, 望まんもの, 望む, 果さずして, 根幹として, 業と, 欲せず, 止めて, 止めよ, 止めようどうやら, 正當, 此御名に, 歩いて, 水は, 求むるなり, 汝敢て, 汝等空しく, 注視し, 海に, 湾流に, 満枝は, 満足させない, 激しく念じ佇めり, 畏れて, 省みて, 看ると, 眺め喜びつ, 眼下に, 着た少女, 睨みつけ体操, 知つて儲ける, 知つとるだらう, 知らざる白痴, 知らず斥, 知り, 知る, 禁ぜざる者あらむ, 禁め得ざりき, 秦の, 笑ふ, 組織し, 習と, 習ふ, 老女の, 耳に, 聞かず, 聞かせま, 聞きおん身, 聞きしのみ, 聞きしを, 聞きても, 聞き私, 聞く, 聞く我, 聴く, 聽い, 聽きしことあり, 聽く, 芝居にて, 行くの, 要しないこと, 要す, 要する, 要する處, 要す殊, 要す若し, 要せざるなり, 要せざる所, 要せず, 要せずと, 要せぬであらう, 見しのみ, 見ずや, 見た時, 見ては, 見ながら, 見なんと, 見ました, 見ようとして, 見ようとも, 見ること, 見るに, 見る月事, 見る而, 見歌, 見歌頌, 見渡した, 見申し候, 見詰めて, 見透かすやう, 視て, 覚え, 覚えた, 親の, 許さず, 許さなかつた, 許さぬ, 許されじ, 許されず庭園, 許し給, 認めぬ, 誡めて, 読むに, 誰が, 誰の, 諾はず, 謝せざる, 賞玩すべき, 跡に, 躊躇せざるべし, 辞せず, 近所合壁の, 這って, 通って, 通るとき, 遮りそれでは, 遲し, 選んだの, 避けて, 門前の, 防ぎ得む, 限に, 限りと, 須ひん, 須ゐざる, 食ひ殺し, 鶯は, 鼠色の, 鼻の

▼ ふ~ (455, 0.8%)

9 による 8 である, の 7 がある 6 だ, にある 5 のもの 4 が多い, なり, に非, の如く, の責任 3 から更に, であらう, ではない, によれ

2 [34件] から出, さ, だらう, であつ, であります, では迎, と私, なかる, なきも, なく天地, なし, にあらず, に一々, に價値, に從, に或は, に用, のあつ, のある, の人, の生命, の紙, の貢, はわが, は官職, は徹頭徹尾, へ僅, を知らず, を聞いた, を聞け, を見, を見込ん, 多くし, 頗る多き

1 [306件] あらざる能, あらしめよ, ありしが, あるか, かたきなく, かと推察, から, から一々, から傳授, から出た, から多少, から当時, から必, から支那研究, から日本, から特別, から現れた, から疑懼, から皆, から考へ, から藝術, から螽斯篇, から見, から赤ん坊, から軽, があ, があつ, がない, がなく, が一々, が多, が多く, が日本人, が此, が異, が眞實, が眞面目, が確, が菊池五山, が鑛毒, が頗る, ぞとほ, たり, だから, だつた, だと, だらうとか, であ, であり, であるが, であるもし, でございますな, ですよ, でせう, でない吾輩, ではある, では一つ, では男, でもなかつた, でもなく, で休ん, で働い, で勝つ, で幕, で支那, で皆, で祖父以来, で見るだらう, とか或は, としも見えざりき, となつた, となるべし, とは作者, と合せ考へ, と時, なかるべしそ, なきにし, なき者, なくその, なく想, なく憂ふる, なく自由党総務委員, なく自由黨總務委員, なく麻縄, などは何, なので, なり今に, なること人皆, なるを, なん, にお, にし, にぞある, にて煙管, にならん, には品物, には大, には定, には芸者, にも行, によるも其間, にゐ, に住ん, に依れ, に候, に処女, に到達, に口, に在るらしい, に多い, に對, に尽き, に居た, に従, に従つて, に應ずる物, に戒心, に拠る, に拠れ, に持つ, に捨て, に放任, に於, に楊, に止らざる, に歸, に気が付かなかつた, に淡島堂, に由る, に着きます, に祖先, に禪珍内供, に聽, に萬國博覽會, に落ちつく, に誇張, に誤, に起つ, に遊ん, に適, に飜訳, のモデル, の一致, の世界的世界形成主義, の中, の中國, の中外書, の事, の何, の俗物, の信, の信濃桜, の偉人, の元, の入江, の全然, の出羽, の利金, の勧善懲悪, の南畫, の名, の命運, の問題, の國人, の地震, の外, の夜半, の夢, の大, の奉納, の如き, の如來, の姓, の威信, の山, の山東, の常, の幸, の心友, の技巧, の文殊岩, の柏軒立志, の梅泉, の江戸ッ子, の温い, の無, の独逸, の留守中, の知識階級, の祝詞, の神聖, の窃盗, の群犬, の義, の苦, の衣, の詞章, の豫防法, の貝積聚, の賦, の金, の鑛毒, の關係, の除外例, は, はいと, はかうである, はとう, はどう, はどうか, はない, は上野, は先づ事實, は凡此, は勿論, は単に, は口, は妻, は學理, は実に, は實, は尠, は所謂, は日本, は此たび杏坪, は無い, は獨, は直ちに, は短けれ, は究竟, は第, は終に, は老婆, は聖法, は蘭軒, は誰, は貯水池, は輿論, は重荷, は金利, は閑適, は霞亭一家, へもああ, へ入れた, へ参, へ大分頻繁, へ往く, へ御, へ母君, へ赴任, まで昇る, まで書いてない, まで読ん, まで降り, もあらう, もありませう, もあるべき, もすく, もない, もなき, もなく, も先づ, も日本, や利根川, よく当れり, をといふ夢, をはじめ, を事實, を以てニイチエ, を以て拠るべし, を信じ, を出さう, を古く, を夜, を引け, を御定被, を批評, を捉, を撮ん, を斥, を昇降, を明, を此年, を異訳的, を知らざるべし, を知らし, を知らなかつた, を知らん, を研究, を突如, を約言, を聴いた, を見た, を見る, を試し切り, を間違, 全く敵, 各理, 多かるべし, 多く禪宗, 多し, 少からず, 常に勝てり, 必ず誤あらん, 悉く予, 為す所

▼ ふ~ (436, 0.8%)

18 がある 12 があつ, もあつ 9 もある 6 あらば, あり, がない 4 があります, が出, にあらず, もない

3 [13件] が有る, が著しく, すらあつ, であります, に對, のある, はない, は目下, は誰, もあら, もあり, もなく, よ

2 [22件] ある可, が, がありました, だ, である, にし, の心, の細工, はありません, はその, はなかつた, は何, は必ず, は狸, は皆, は自己, は非常, もあった, もありました, もありません, もあるだらう, もあれ

1 [268件] あに軍人, あり娘, あり字里行蔵, あり羨ましく, あるが, あるは, お小遣ひも差, があ, があった, があらう, があれ, がその, がなかつた, がなく, がゐる, がゐるだ, が二三人, が人民, が入, が其氏族, が出来, が出来た, が多, が天児屋命, が学生, が居つ, が巫女中心, が愈, が所謂科學的, が放り出される, が斯, が有, が村国, が来る, が此世, が母, が火事場, が無, が無く, が相, が筑摩郡内田郷浅田荘, が絶え, が見聞, が起り, が逃出す, すらなく, だつたので, であり神, であると, であるといふ, ですが, でせう, でなければ, で二十年計り前, で美, で語通り, とは主として, とは思はない, とは異, と一樣, と合せ, と心, と物語, と考へられ, なく我, なし, なしと, などの心當, などの忍び込んだ, なり, なり必, なる, なれば, なればこそ, なんか江戸中, にあ, にこの, になつ, には人, には何, には壯士, には威霊, には必ず, には自分, にもあらざる, に女中, に対して分たず, に手紙, に石, に私, に賜物, に開放, に附物, に非, に頑冥, のあらぬ, のありける, のお, のみが国防, のみが斃, のやう, の一團, の中, の仕業, の代表的運命, の傳, の先づ最初, の内, の加, の勢力, の外, の左, の強, の心當, の愚, の態度, の敵, の様, の様子, の無, の煩, の矛盾, の福, の罪, の義, の苦しみ, の行, の誇, の誰, の謙遜, の遣り, は, はあるまい, はいくら, はいつか, はこれ, はそり, はどうも, はなく, はなくなるであらう, は一, は一体, は与ふる, は世, は世間, は乃ち戦国縦横, は五島, は亡ぶ, は人馬, は仁王, は他, は会費, は何時, は何處, は侵絶, は凡て外國, は出来る, は即, は口, は同族, は唯, は單, は固, は大学教授, は大抵, は大方, は天狗, は実に, は室生犀星一人, は寝る, は対馬, は小さい, は常, は常世神, は平凡, は得手勝手, は慮, は支那, は文学者, は最早, は為, は狂喜, は現に, は甚だ, は畢竟, は百人, は百姓町人, は盛り, は知勇兼備, は福, は穀, は籠耳, は絞, は罪, は自ら他人, は自然, は衰, は親, は豪い, は遠く, は酔, は金, は錢形平次, は鹽, まである, もあらで, もありやしません, もお前, もともに, もなかっ, もなから, もなけれ, も凡て, も出, も少から, も少なく, も有, も此, も無く, も無ささうです, も皆確か, も言語調, も逃げる, も長追, やあぶな, や不意, よ汝神, を, をのみ助くるなら, をアテーネー奮然, を三越, を云, を十分, を友, を始め, を嫌, を対手, を対立, を待つ, を心, を心盡, を愛する, を捕へる, を排斥, を搏, を望む, を案内, を正路, を求める, を知つて, を祝し, を私, を見, を觀給, を討殺, を除い, を集め, を順次, を養子, 勝たずといふ, 即ち眞, 即ち秦火, 多し, 大嫌, 少からず, 恐らくは生れ, 無く悉く, 無けむ

▼ ふ言葉~ (401, 0.7%)

11 を使 7 がある 5 の意味 4 があつ, があります, を使つて 3 が使, である, と同じ, を用, を聞く

2 [25件] から出た, が余等, が嬉し, が我々, が非常, だつた, です, でせう, でポオル叔父さん, と言, に依つ, に對, の中, の怪しい, の暗示的効果, は, は唯, は当時, も, もやはり, も亦, を何, を思ひ出し, を拵, 強いと

1 [301件] あり, えも, か, から出, が, がお, がこれから, がございます, がすぐ, がはつきり, がはつきり名詞, がやがて, がよく, が下, が何度, が凡て, が出, が出来た, が出来る, が切実, が千萬言, が天上, が実によく, が屡々, が必然, が斯, が新しい, が日本, が書い, が有する, が東京者, が独立, が相当, が相手, が神秘, が私, が見出せなかつた, が解らなかつた, が言, が言葉そのもの, が餘程曖昧, じみて, それから六法, だ, だが, だけだ, だけで, だけは妙, だけ使, だと, だらう, で, であつ, であら, であります, であると, でこれ, でございますならば, でその, ででも現, では, ではあつ, ではなく, でまあ, で客, で幾, で現される, といた, とが歩み寄る, とつ, とは別々, とは同じ, とは関係, と全然, と内容, と同, と同一, と容子, と小, と慎み, と非常, などは余り, などは僕等, などは誰, なども思ひ出した, なども簡単, など我々, に, にかへさ, にその, については古く, についても同様, にて争, には同音, にほ, にも嵌り切らない, にも涙, にも理窟, にも考へさせられる, に一種, に出, に力, に含まれ, に嘘, に外, に妙, に対してす, に対して超, に感動, に私, に衣冠束帯, に頭, に體得, に魅せられた, のつ, のクリスト, の一つ, の内容, の制限, の含蓄, の尾, の已に, の底意, の意義, の方, の最も, の根源, の眞僞, の語調, の説明, の雰圍氣, はあ, はあの, はく, はくさ, はこれ, はその, はどう, はどんなに, はなん, はみの, はニイチエ, はヘン, はラクロ, は万葉集, は今, は何処, は使, は俺, は僕, は先生, は再び, は分る, は動, は勿体なから, は勿論, は十分, は単に, は変, は大抵, は子供達, は小言, は少し, は屡, は屹度, は平安朝, は当, は後, は御存じ, は必, は意味, は我々, は敬語, は既に, は既にあまりに, は日本, は日本国民, は明, は是非使, は本, は東京, は柳田先生, は此點, は比喩, は水心, は狂言, は現代人, は理窟, は男, は病気, は知らないだらう, は私, は空, は脇腹, は襟, は西洋小説中, は言葉, は訣つて, は賞め, は降る, は非常, は音韻上, は頗る, は黴, ほど富岡, もだ, も大正初年, も容易, も恋人, も感覚的, も沢山, も聞えた, も舶来, も訣つて, も逢, も震帯び, も非常, や型, や場景, や文句, よつて, を, をあまり口, をお, をき, をきい, をこの, をこんな, をしきりに, をす, をすつかり, をそのまま, をつけた, をどう, をはつきり知つて, をば考, をもつ, をよく, を下品, を与, を並べ, を了解, を云, を今更, を以てこの, を作つた, を作り, を使つた, を做す人, を先生, を入れ, を冒頭, を加, を取, を囁いた, を好き意味, を嵌め, を常々口, を幾度, を引き, を心, を思ひ出した, を思ひ出す, を悪い, を持つた, を挙げた, を挟ん, を挾ん, を擬古文, を敬語, を文壇ヂヤーナリズム, を日本, を最も, を正確, を残した, を洩らし, を発表, を真似た, を知らない, を知らなかつた, を知らぬ, を私, を繰り返さず, を繰り返し, を繰り返した, を考へつづけた, を聞い, を聞いた, を聞き, を聞け, を聴く, を表す, を見る, を言, を註釈, を語根, を路傍, を輕蔑, を造る, を遣ふ, を頭

▼ ふ~ (399, 0.7%)

10 にその 8 のやう 4 でした, にはいつも, には自分, に答 3 がある, がない, であつ, に御, に成りませる, に限つて, は

2 [18件] があります, である, でさ, と考へ, に, にある, にお, になる, にはそれ, には父さん, にも特別, に天, に彼, に於, に逆, の名, の目尻, は十七八

1 [308件] いたれば, いづくよりとも, おふさ, かたぶく笠, かの家ら, からいろ, か防禦, があつ, があるじ, が多, が有った, が来た, が来たら, が来る, が見舞, こつちが, この片, さすがに, その口尻, その澄江堂, ぞと山嶽, だ, だけぞくぞく, だけにしろ, だけは全く, だけ彼女, だ掬つた月影, でございませう, です, でないと, でもあんまり, でもなく, でも例外, でも彼, と自ら, と調, と違つて, どもるやう, どんなにそれ, などいふ, などに何気ない, などは手, なの, ならば, なり, にうけひ, にこの, にそつ, にだけ容れ, にとりわけ, にのみ極, にのりたま, には, にはかかさず出かけ, にはかしこまゐるだ, にはきま, にはきまつ, にはそんな, にはほんとに, にはもう, には丸裸, には仲, には会, には会話上, には何, には何とか, には例, には俺, には半分, には口ぎたない, には天子様, には常に, には心, には念, には急, には惟神, には成る, には拳銃, には斯ん, には有, には未だ, には此, には無論, には眠られる, には私達, には繃帯, には罪, には致し方, には酒, には里方, には随神, には非常, には驚かぬ, にふつ, にまさり, にもあり得る, にもわざわざ, にも使つて, にも取入れる, にも大, にも月, にも過, によく, にわが家, に一つ, に今後いつ, に代, に伊耶那岐, に伊耶那美, に倭比, に備, に全然, に具合, に則, に危く, に即, に及, に及べる, に口, に古格, に唱, に四月, に壻養子, に大, に大地, に天子, に天皇, に太卜, に奎吉, に婦人会, に尾, に山, に山川悉, に彼女, に必ず, に我, に我等, に投げる, に最, に最も, に木, に本, に来, に正しく, に添, に物凄く, に生得, に男手, に神樣, に窮追, に精神, に肺結核, に色々用, に蒔, に薩摩琵琶, に蛆, に行, に袁祁, に詩, に諸, に關, に附けた, に高志, のあの, のお, のご, のさびしい, のみで, のゆとり, のよろこび, の一種, の事, の前提條件, の厭, の喜び, の外, の妻, の彼, の心, の心持, の患者, の態度, の採り, の政治, の方, の智恵とそ, の樣, の混み, の準備, の焦慮苦悶, の疲勞, の癖, の眼つき, の礼儀作法, の脚, の苦し, の西洋風, の足溜り, の首, はあ, はあと, はあまり, はお, はおなか, はお前達, はかぎりあるみつぎものをさへゆるされき, はかならず, はこそこそ, はさすが, はさすがさ, はそこ, はとても, はどう, はほか, はやつぱり真面目, はや敵, は三田, は人, は今日, は他人, は何とも, は何処, は其の, は其女, は動, は十人並, は千言, は即ち, は寝, は小説, は屹度器量一杯, は帆, は平生, は必定彼者, は忽ちに, は恰度崖道, は慈雨, は敵手, は早晩來, は昼間, は暗に, は有りません, は東洋, は格別, は機嫌, は無論, は猿, は當代, は直, は社会, は神寄せ, は竿, は笠, は第, は翁, は被, は遂に, は邪気, は隨分其, は飛ん, は馬琴, は鶯, ほど存外, ほど彼等, までにはいろ, もあらう, もある, もあれ, もう枯草, もない, も両家, も凄, も又, も同じ, も多, も忘れ, も行会, も諸共, も通らんで, やいろ, や風呂, よく唾, よりも, わざわざ妙, をや, を定め, を来し, 其の樂みや如何, 初めて吾, 初めて雨戸, 到らば, 大摩, 必ずあなご, 必ず人, 忽ち傍, 怒る時, 既に主題, 既に真, 極つて妙, 死にそく, 死に對, 死んだ鳥羽そつくり, 決して女々しく, 淋しく幽か, 空しく過, 立つて, 過ぎぬとて, 黙つて

▼ ふ~ (353, 0.7%)

47 になつ 30 な事 14 なこと 9 な形, になる 8 なもの, な気 7 にな 5 だが 4 である, な考, な話, な調子, になり 3 だ, な訳

2 [16件] な人, な口調, な場合, な意味, な感じ, な所, な漠, な物, な考へ方, な語, に, にお, になりました, にツ, に注意, に自分

1 [158件] いと珍, がある, だがネ, だけど, だねと, で, であるが, ですが, ですけど, ですよ, でその, でなければ, では, でも, でモウ手, で札ビラ, どう遊ばしました, な, なき歿分暁漢言語同断, なき荘厳味, なそんな, なつもり, などを思う, なの, なもん, なる其味, なスローガン, なロマンチック, な一番, な久しい, な事件, な人道, な人達, な人間, な伝, な伝来, な冷瞥, な処, な初夏, な制限, な合理論, な問題, な場所, な境遇, な声, な大, な大阪, な夫婦関係, な学問, な実意, な当座, な御, な心持ち, な心配, な必要, な悲哀, な意義, な懐しい, な懐しみ, な手つき, な投書, な改まつ, な文学雑誌社, な文章風, な方面, な智慧, な朦朧体, な本, な様子, な様子さ, な殊勝, な気分, な気楽, な清, な点, な無, な現代, な画, な目付, な直接, な短, な種類, な精神的方面, な素, な経験, な考方, な者, な脅迫, な良い, な色々, な苦しい, な薄情, な表現, な表紙, な言, な言葉, な計画, な証明, な贅沢論, な趣向, な距離, な速断, な顔, な風, にいたましく, にす, にはどこ, にもな, にもなつ, にも合理化, にも説けよう, にタオル, に之, に交渉, に健, に動いた, に叱る, に唯, に変る, に大体, に天恵, に嫌, に家, に寝床, に少し, に展開, に岐, に弟, に彼方此方, に後, に思はれ, に情, に意味, に抽象的, に持出し, に書かれ, に正, に歩いた, に溜息, に甘, に生意気, に目, に直に, に縁家, に考, に考へる, に色々, に英雄神, に見, に見える, に見せかけ, に言, に言つて, に賠償金支払, に雲, に飛ん, に飛行家, の類

▼ ふ意味~ (349, 0.6%)

25 である 15 ではない 12 のこと 8 であらう 7 の事, の言葉 6 になる, に於 5 だ, です, なの, に於い 3 だと, で, であ, ならば, に使, の, の語, は必, も含まつ

2 [18件] がある, だから, だつた, であると, でせう, ではありません, ではなく, で神, とは正に, に, に使つて, に解釈, はない, は倪雲林, は単に, は必ずしも, は無論, を持つ

1 [180件] かい, かと聞く, からさ, からし, からその, から旅行者, かわからん, か理解, があつ, がこの, がよく, がフクマつて, が一寸, が出, が好く, が後, が波子, が私, が罪, が考, が言外, が通じなかつた, が遂に, さ, だか, ださうである, ださうです, だったと, だね, であります, でありますが, であるかと, であるかも, であるさて, であるらしかつ, であれ, でかた, ですか, ですから, でなくなるべく, でなく徳性涵養人格養成, でなし, での, でのリズム, での俗, での談話, ではあるまい, ではなから, では決して, では理想主義的, でも, でもある, でも野宿, でアヒサン, で伏犧神農以下文武周公, で出来る, で太田, で実は, で尊敬, で少女二, で山, で平年, で昔独逸, で確か, で自然眞營道, で言つたの, で貴君, で赤坊, といとしい, とうら悲しい, とすれ, との中間, と兼ね, と彼女, と魂, ながら一事一物, なさうで旭川, ならもつと, にあ, にでもとつ, になつて, にはならない, には使つて, に假名, に入れ, に取る, に変つて, に変り, に当るでせう, に用, に相違, に私, に訳し, に通, に違, のある, のことば, のとき, のはい, のはがき, のもの, の口吻, の句, の唄, の好意, の孤独, の手真似, の教育, の文句, の歌, の深い, の生活, の考, の貞婦, の身ぶり, は, はいろ, はけつ, はすべて, はそれ, はちつ, はつまり, はなく, ははひつ, はまあ, はよく, はアナトオル, はダアウイン, は一人称, は万人, は三十前, は丸, は事件そのもの, は今僕, は伝説的人物, は假, は創世記, は同じ, は官報, は實, は市兵衛, は彼, は後で, は微塵, は悔恨, は無, は発句, は石鹸, は築地小劇場, は西洋画風, は誠実, は資料, もあつ, もあります, も含められ, も失はれる, も教訓的, も籠, も要するに, や其他私, や必要, をひつくり返し, をもつ, をも分化, をも持つ, を出し, を加, を十七音, を口, を含め, を強め, を現す, を知らせた, を示す, を籠め, を縷々, を自分自身, を解し得ざる, を鉛筆, を離れ

▼ ふ~ (347, 0.6%)

13 がある 6 である 5 があつ, が出来た, であつ 4 だと, には馴れ 3 が出, の古い, の如き, の意義, の用語例, は元, は古く, を用

2 [15件] が, がそれ, が其, が文献, であ, で表され, によつて, のあつ, の元, の第一義, の興味, の語原, はわれ, は熱し, も後

1 [251件] からし, から来た, から見, から見れ, から転じ, から轉訛, があります, がかすか, がつゆ, がなかっ, がまた, がまだ, が出来, が古代日本人, が同時に, が含まれ, が四个所, が存在, が常に, が庶民信仰, が日本, が正確, が段々, が気分的, が沖縄, が沢山, が浮ん, が用語例, が示し, が神事, が米穀物, が語原, が語根, が鏤められた, だけに意味, で, であら, であるから, であるらしい, でこの, です, ではなかつた, で勇ましく, で即, で対象, で批評, で煽り立て, で終つて, で結婚, で肝魂, で能動者, で表し, で表した, で表すべき, で見る, で過大, で飜, と, となつ, とには輪郭, とも関係, と共にその, と同じ, と同根, と太平記, と密接, と親類, と関係, なども出来, ならずして, におしなべて, にか, にし, には判断, には別に, には前提, には古代, には寿詞, には高天原, にも同様, にも昔, に力, に勢力, に幾分, に必, に成つた, に我道, に殊に, に縁起, に解体, に這入る, に音, に飜, のある, のまま, のみは敬称接頭語, の一つ, の不敬, の他, の代り, の内容, の出所, の出来た, の出発点, の原義, の名詞化, の名詞形, の多く, の存在, の意味, の慣用, の我々日本人, の持つ, の最古, の溯れる, の用語例以外, の用途, の略, の発生, の發音, の習慣, の聯想, の虚, の行, の見えた, の解釈, の記, の語根, の謂, の譯, の變化, の重, の音譯, の駆使, は, はいく, はいろ, はすさの, はどう, はどの, はまれびと即, はみこ, はもろく, はやまと伝来, はよもつひら, は一般, は一體其, は上達部, は人気, は今, は仏家, は仏教, は使つて, は便宜上, は假名, は偶然, は其, は其天, は勿論さ, は単に, は又, は古来随筆家聚訟, は地, は多分, は大抵, は実は, は少し, は尠, は彼等, は後世, は御存じ, は意味, は我々, は所謂東夷, は斎部祝詞, は早く, は早くから, は昨日以前, は最, は未経験, は根本, は殆, は満更, は滿更揶揄ふつ, は漢字, は灰, は無く, は現れる, は琉球, は祝詞, は簡単, は芸術, は蛇, は行道, は言語精靈, は記紀, は譬へば, は豫祝, は近代, は近頃, は鎮魂, は陳腐, は雨季, は饗応, は香炉, も, もある, もほんとう, もをとめ, も人間, も出来, も同音聯想, も呪言, も唯, も奈良朝, も実は, も文献, も此, も此名詞, も神, も綿羊, も都会的, をかく, をきける, をさ, をば冒頭, を一貫, を人魂, を介し, を以てうた, を冠した, を古臭い, を好み, を引き離し, を應用, を或, を持出す, を挿ん, を換, を教, を最, を武術, を盛ん, を知らない, を聞いた, を聞く, を起した, を飜譯, 及びその, 及びぬ, 及び品物

▼ ふ~ (297, 0.5%)

5229 からず 23 からざる 7 からずと 6 からざること, しと 5 き事, くして 4 からず閣下, きこと, きところ, きものである 3 からざる事実, きである, きなり, きに, き乎, くんば, し而

2 [23件] からざるもの, からずたと, からず夫, からず然るに, からず而, からず閣下乃ち此, からず閣下願, きか, きで, きは, きもので, きもの拙劣憐む可きもの紛々として, きを, き必要, き所, き程, き運命, くもあらじ, く其利害, く又, ければ, しである, し夫

1 [81件] からざら, からざる事, からざる事實, からざる困難, からざる幸福, からざる敬, からざる真率, からざる者, からす, からずとい, からず不可干犯, からず候, からず遂に, からず閣下乃ち自由党, からず閣下乃ち自由黨, からず頑迷, きかと, きだらう, きであるが, きですが, きでは, きのみ, きの故, きの旨今日相州に, きの旨仰出さる, きの由思食し立つ, きの由相州御, きの由諸国の, きの秋なり, きものあらむ, きものが, きものなり, きや, き一節, き人間, き余地, き價値, き光景, き半生, き原始的, き厭世観, き名, き地, き墓石, き所以, き持合, き旨, き水, き特性, き現, き生活, き秘密, き筈, き筋合, き自然, き茶亭, き處, き表情, き言葉, き身體, き遼東の豕, き食人, くば, くもありません, くもない, くカラツ, く冷, く単に, く單, く婚姻, く憎む, く普仏戦争, く盲者, く自分, く蹲むで後, けれ, し然, し矣, ならん, なり世間の, 恐い島

▼ ふ迄も~ (285, 0.5%)

87 ありません 38 ない 10 ないこと 7 ないが 5 ない事 3 なくそれ 2 ありませんが, なからう, なくお勝手, なくこれ, なくその, なく御, なく校長, なく母親, なく精神

1 [117件] ありませんでした, あるまい, ないお, ないことぢ, ないの, ないよ, ない事柄, ない其内, ない夫人, ない安全航行, ない本艦, ない甲斐, なきこと, なくお, なくこの, なくやまと, なくよく, なくガラツ八, なくデヰス, なくマアテルリング, なく七輪, なく上陸, なく下, なく下手人, なく主人, なく二つ, なく今, なく伜, なく先刻, なく八五郎, なく其頃, なく到る所, なく原詩, なく反, なく基督, なく士分, なく外, なく夥しい家財, なく大正改元, なく天照大神, なく女, なく姪, なく嫁, なく寺社奉行, なく小説, なく尻, なく島村抱月氏, なく巫女, なく常, なく帽子, なく幕府, なく弱, なく形式主義, なく彼, なく彼女, なく往時, なく手代, なく手掛り, なく手製, なく掌面, なく支配人, なく新, なく日本, なく松井須磨子, なく板屋順三郎, なく柴田文内, なく此, なく此間三千代, なく此頃, なく武家, なく殉教, なく母, なく水神, なく汽車, なく甥, なく田村俊子女史, なく画, なく盲縞, なく短刀, なく破れた, なく稚気, なく稚氣, なく線香, なく罪惡, なく美術通, なく脚色, なく腹筋, なく若, なく處世, なく親子, なく越後国上山, なく近所, なく近江屋出入, なく近頃六, なく金春家, なく錢形, なく鑑識自慢, なく長持, なく間に合せ, なく雇人, なく韻律, なく馬鈴薯, なく黒木長者, なけれど, なけれども, なし人, ねえ事, 無い, 無い事, 無くそして, 無く家庭, 無く弦月丸, 無く所謂大乗的, 無く眞淵, 無く脚, 無く足人, 無し

▼ ふには~ (245, 0.5%)

4 餘り 3 あれは 2 あらねど, なだらかなる, 云つた, 云つてゐた, 何か, 灌木の, 笑つたが, 買ひました, 迫りたる短き, 非ず

1 [218件] あたらない手取り早く, あまりに利口, あまりに早く, あらざりき, あらず, あらず唯, あらず然, いい女房, おろおろ泣い, お奥, お寺の, お気の毒, お芳, かうした, くしゃくしゃに, ここでは, ここの, この十倍, この家, これは, これまで, これより, したが, すこし高, それだけの, それよりも, それを, だね, つい嘲笑, ですな, とりの, どうすれ, どうでも, どうも自動車, どう言, どれだけの, なるほど訳詩, ひくいきれい, ぼんやり月, まだ新し, まづそ, もしも病人, もとよりあふ, やはり心, ゆるにや, ゆるは, よく聞きとれなかつたらしい, よほど大きな, わしより, ジヤワスマトラに, 一度飼犬, 一軒だけ, 一驚した, 丁度好い, 七時間もか, 不足なし, 丑松も, 主人市十郎が, 今日までの, 今迄の, 他の, 他家の, 仲居といふ, 伊香保へ, 似たれど, 似ぬお, 低い築地, 何う, 何で補ふか, 何といつ, 何よりも, 何処が, 余りに真剣, 便利だ, 修身教科書にのみ, 元氣, 先づ今いつた, 先づ全, 入つて, 公方様には, 兵隊たちの, 其手前, 分らないの, 前に, 十分の時間が, 南の, 及ばざるに, 及ばざるべし, 及ばじ, 及ばず, 向島から, 困らぬからと, 土地に, 在所へ, 大きな鵞鳥, 大分時が, 天保三年壬辰より, 天守の, 夫れ, 如何すべき, 実に僕ら, 小生の, 少々馬鹿, 少しく淋しい, 尚後世王氏, 島吉さんが, 己は, 年齡が, 店さきでは, 庭へ, 建て込んだ都會, 当らない, 当らぬやう, 当りませんが, 必ず據, 必ず榛軒, 必ず義, 忍び無, 成程, 我輩は, 既に遅, 早いよ, 昔此村に, 是非本を, 是非眼を, 時間が, 暗い色, 朝鮮米を, 未だ瀬川君, 柏軒に, 栗駒山が, 梅の, 榛柏の, 止らない, 此法要は, 此賞詞は, 殆ど異論, 気に, 沙漠が, 河が, 泳ぎ出る, 洋食といふ, 海が, 満足しきれない, 烈く, 焙烙に, 熟語の, 特殊の, 狹い, 現代人の, 當らない, 發音的の, 白く陽, 知識が, 短い灌木, 私の, 私は, 竹藪が, 笑ふ, 笠を, 給仕あり, 美緒の, 自分が, 自分とは, 自分は, 自分も, 至らざりしが, 至らざるべし, 舌を, 色々の, 若旦那の, 草に, 葉の, 薄い青空, 薄暗い闇, 行つた, 裏手の, 見えざる感性, 見渡すかぎり廣, 觀察者の, 言つた, 言ひます, 言ふ, 詩が, 詩語或は, 謂れぬ, 豫め身體を, 買ひた, 足らざるか, 足ら無いこと, 足りないそれ, 足りなかつた, 輕氣球を, 輝やかしい, 通ぜぬと, 通つた, 逼る, 違ひなかつた, 遣つたが, 都合がよ, 鈴木桂介が, 銭が, 長く居る, 間が, 間に, 難船を, 雨戸が, 電気炉が, 靈媒を, 青い帷, 非常な, 非常に, 面倒が, 面白い處, 食物も, 餘りあり, 驚きましたよ, 髪も

▼ ふ~ (221, 0.4%)

23 がする 20 がした 16 になつ 9 がし 5 がしない, がします, になつて 4 になれり, にはなれなかつた, はしない 3 か, のした, もし

2 [16件] がある, が段々, なの, にならない, になる, にもなつ, にもならない, にもなれなかつた, のする, のない, はしなかつた, はない, はなかつた, もされた, もした, も起らない

1 [85件] かすべて作者, かドミニク派, がされた, がしなく, がしました, がつきまとつ, がどうも, がなかつた, がふと, がチラツ, がフツ, が出なかつたなら, が有りました, が朧げ, が注した, が無い, が起つ, が起つた, が起らなかつた, が頻り, せず文げ, だけである, だらう, であつ, でゐる, で唇, で居り, で居る, で来てる, で毎日虱, で聞い, なら勝手, なん, な脚, にしなさん, にすぎなかつた, にどうも, になつたの, にならなくつ, にならぬ, になり, になれない, にはなつ, にはならない, にはなれ, にはなれない, にはなれなかった, にはなれぬ, にはなれませんでした, にもならず, にもなる, にもなれず, にもなれぬ, に成らなかつた, のしない, の裏, の阿, はあつ, はあまり, はわたし, は丸, は些, は全く, は無い, は起らない, もあつ, もしない, もしなかつた, もしなく, もない, もなかつた, もふとした, も出た, も彼, も発, も皆無, も起さなかつた, も起らなかつた, も起りません, を起した, 振を, 易さ, 無く麗くも, 遣は, 遣ひも

▼ ふわけ~ (220, 0.4%)

2725 では 11 でも 7 で, です 6 にはゆかない, には行かない 5 に行かない 4 がない, であつ, には行くまい, にも行かず, にも行かない 3 であります, ですが, でせう, には行かず

2 [16件] か, かみんな, だから, だが, だらう, で御座います, なの, なん, にはいかない, にはゆかなく, には行きますまい, にもゆかない, にも行きません, に行かなかつた, のもの, はない

1 [62件] かその, かと云, かね, からだつたらう, か一つ, か己, か平太, か急, か襖, か鞭, だあつし, だからと, だな, だね, だらうが, だ出代り季節ぢ, だ詳しく, であらう, である, でございます, でさ, でさう, でした, ですか, ですから, ですね, ですよ, でその, で二階, で今夜限り, で今度, で同僚, で學課, で庵, で無し, で秕政, で言, なら今夜あたり, にいかない, にはいかぬ, にはいきません, にはいくまい, には參, には行かなかつた, には行かぬ, には行かねえ, には行きません, にもいかず困, にもいかねえだらう, にもいくまい, にもなるまい, にも行かなかつた, にやなるまい, に往かない, に行かず, に行きません, の仕事, は全, は無い, もあるまい, もない, もなく

▼ ふ~ (211, 0.4%)

22 ふッ 86 と気 5 と目 4 と息, と行燈 3 と, と我, と眼

2 [12件] さりと, た, つと切れ, とお, と吹い, と吹き, と思い出した, と明り, と消えた, と致しました, ふと笑っ, 飛ばされて

1 [129件] くらした寝, くらした脂肪ざかり, さりした黒髪, さりとある, さりと総, そんなおっかない, たか, っ, つとねじ切っ, つと改心, つり来ないし, つり留める気, て, ている, て次郎, とあなた, といき, といつか, といま今松, といま次郎吉, とかざし, とここ, とこんな, とせせら笑った, とそれ, とそんな, とどこ, となくなる, とぶの, とやっぱり, とんだ, とんで, とタツノ, と一人, と一瞬, と中心, と乗った, と人間, と今, と何, と写った, と出, と出た, と刺さった, と口, と吐いた, と吹かれ, と吹く, と吹落, と噴き付けた, と噴き出し, と噴き出す, と四辺, と墓, と大きな, と大儀そう, と奥座敷, と子供, と宙, と川合, と庄吉, と彼, と忘れる, と忠右衛門, と思い浮べた, と思い返し, と思った, と恐ろしく, と抜け, と捨て, と掻き消され, と提灯, と既, と木曾, と柳美館, と止まっ, と止ん, と正気, と気付いた, と洩れ, と浮んだ, と消えました, と深い, と火, と灯, と燈, と田代, と留むと, と相手, と短い, と突かれた, と立ち止まり, と立った, と笑い, と笑いやん, と絶え, と翅, と考えた, と胸, と脇息, と自分, と自由, と血音, と見えなくなっ, と言い, と話, と身体, と運命, と長田, と閃いた, と附, と頼り, と顔, と魔, と魔もの, と黙り込む, はふ, ふざけちゃ, ふと笑, ふふふ, ふふふふ, ふふッ, ふッ鬢, ふ誰, 切りまして, 可笑しな, 飛ばして, 飛んじゃ, 飛んで

▼ ふよりも~ (204, 0.4%)

4 天竺風な, 寧ろ言 3 遙かに 2 もつと, 何かの, 何かも, 寧自ら靈の, 或は火, 此庵に

1 [181件] あの方, いつそ異様, おのづか, かなしきは, この部厚, その文章, そんな風, ただぬらり, どうやら陶然, まるで野獸, もう医学, やはり我々, より一層豊富, より多く彼女, ステラに, 一動物の, 一匹の, 一層適切, 一段低く, 不機嫌な, 世間に, 中門での, 九十九パーセントいや, 事實いけない, 人間の, 今の, 今夜会つて後の, 他の, 位地を, 何処か, 信じる外, 僕等の, 先づ驚いた, 其動力と, 凶悪に対する, 凸凹の, 初めは, 利己的な, 前句, 半数以上は, 博物館に, 危い, 卵塔場と, 原語を, 古の, 句に, 名優の, 哀願だつた, 国芳や, 大水が, 天子自ら宣り, 夫婦の, 如何に, 宇宙の, 宜しき言葉我, 家族的と, 寧それは, 寧ろい, 寧ろうるさい, 寧ろその, 寧ろそれ, 寧ろより, 寧ろ一個, 寧ろ一層陰欝, 寧ろ不思議, 寧ろ人生, 寧ろ何となく胸, 寧ろ信じる, 寧ろ僕, 寧ろ儒教, 寧ろ全然自己, 寧ろ國民, 寧ろ城, 寧ろ大胆, 寧ろ宛然, 寧ろ小我, 寧ろ屡より文字, 寧ろ恵まれる, 寧ろ悲痛, 寧ろ情, 寧ろ日中, 寧ろ日本, 寧ろ旧, 寧ろ昔日, 寧ろ本能的, 寧ろ桜間金太郎氏, 寧ろ楕円, 寧ろ極めて抽象的, 寧ろ海魚, 寧ろ甲, 寧ろ畏怖, 寧ろ病的, 寧ろ美しい, 寧ろ肺病恐怖患者, 寧ろ自分, 寧ろ自然発生的, 寧ろ英雄, 寧ろ茫漠, 寧ろ行き, 寧ろ触つた, 寧ろ驚異, 寧其原因を, 寧唱導芸能といふ, 寧支那の, 寧自ら霊の, 寿詞の, 少し意氣地, 山を, 山脈の, 常に倍したる, 平凡な, 彼奴の, 彼等の, 徳川時代文学の, 恥かしい, 愛して, 感情的に, 或は単に, 或意味, 投げつけました, 斯學の, 日本の, 日本人の, 昔から, 時流の, 更に大, 未来派の, 本當, 本質的には, 東方への, 柔かく, 根據が, 民謡として, 深くは, 清野の, 温泉場へ, 溯源式な, 無責任だ, 甚しく, 甚しけれ, 生への, 町と, 痛々しいほど, 白いぼろ布, 白く冷たく而, 白痴の, 相棒が, 知られて, 神靈及び, 私の, 私はた, 科学と, 精神病である, 考へたかつた, 自分が, 自分で, 自分の, 自分自身を, 自然に, 舞といへる, 若きを, 苦しいと, 葉子の, 薄い唇, 藤原氏特有の, 西から, 謹直な, 貧乏に, 跳ねま, 逆に, 途方に, 遥かに, 銭を, 難かしく, 非常に, 飛躍が, 飯に, 餅を, 馬鹿, 騷いで, 驚く可

▼ ふ~ (201, 0.4%)

7 が適當 6 がいい 4 が好い, もある, もない 3 から見, から見よう, が, がある, がよい, が当, が正しい, が適切, にお 2 がよから, が不思議, が古い, が多い, が宜, が欲しい, が適当, でした

1 [133件] か, から言, から雨, か帳場, か慶ちやん, があつ, がえい, がお, がきつ, がずつとむづかしいですよ, がずつと速, がた, がふさ, がほんとう, がまだ, がもつ, がより, がわかり, がをかしい, がチラ, が主, が人聞きがい, が元, が入ら, が利口, が勝つ, が反, が可, が好いだん, が好き, が妥当, が嬉しい, が安全, が宜いと, が御, が忙しい, が感情, が樂しみ, が正直, が無事, が目的, が真相, が統一, が肥え, が解り, が貰, が近い, が間違つて, が音, が餘, さ, だらうて, だらうね, で, であつ, でして, ですか, ではない, では梵語, でもわりに, でネ, で中, で道長, となつ, と春, と私, なきベルナルドオ, なき君, なき大きな, なき寺男, なき日本人, なき旧友志田文雄, なき樣, なき狂女, なき眞物, なくかの, なく先, なく感ずる, なく認識, にかけては本郷, になつ, には歸つて貰ふつ, に使用, に力, に參, に定まりし, に対して我々, に專ら, に用, に行, に解したら, に院, のない, の不安, の人達, の働き, の兄, の子供さん, の後, の良人, はどうか, はない, はもう, はわたくし, は何, は商売, は我, は明石, は昨夜月, は本当に, は煩雜極, は瘠せ, は益々, へ傾い, へ力, へ向, へ引つ, へ益, へ移つて行つて, へ鴨, もなく, も何, も即ち, も売る, も服裝, も無茶, も聞く, も言, よ, よく外, より來, らしい, をソツチ

▼ ふ~ (190, 0.4%)

5 へはなかつた 4 へに落ちつく, へももう 3 へがあつ, へなどはちつ

2 [14件] であります, である, は無い, へから出た, へが又, へが義雄, へが遂に, へに味方, へに這入つ, への上, へは直ぐ, へを持つ, へを起す, もなし

1 [143件] からし, からは遠く, がありまし, がある, が創設, が君, が念頭, が段々, が行, が起る, だけで身, でこの, で一所, で家, で新聞記事, で早速, になつて, により, のない, はあの, は主, は出, は同じ, は残念, は毛頭, は無理, は自然, へからさ, へからどうしても, へからほ, へからやらなけれ, へから出, へから出たらしい, へから出発, へから弘化元年, へから弟子, へから植物類, へから神, へから起つた, へから途中, へから高年, へがある, へがかうした, へがする, へがどう, へがなかつた, へがなく, へがなけれ, へがみのる, へが一應, へが一転, へが何, へが何より, へが先, へが導き出され, へが岐, へが往來, へが我が国, へが明らか, へが本, へが浮んだ, へが直様閃, へが突然, へが裏, へが起つた, へだ, へだけが型, へだつた, へであった, へであつ, へであります, へです, へで家, へで撒かれる, へで煙草, へで皇室, へで自分, へで過去數年間技術, へで道教, へとが一つ, へと同じく, へと桃太郎, へと神, へな, へには普通, へに依つ, へに及んだ, へに基い, へに移つて, へに移り, へに立つ, へに至る, への下, への含まれ, への後, への成り立ち, へはあ, へはあつ, へはまじ, へは今, へは他, へは僕, へは捨てなけれ, へは捨てます, へは田, へは総て結論, へは誰, へは追, へばかりで, へもなし, へも伝つて, へも出, へも導かれる, へも浮び, へも湧き, へをもつ, へを下, へを主, へを久しく, へを以つて, へを作る, へを単に, へを含め, へを基礎, へを導い, へを導いた, へを導く, へを思ひ浮べる, へを抱い, へを持つた, へを派出, へを生んだ, へを空, へ今一つ, もあつ, もなく, も有る, をも起した, を外, を有つて, を起させる, を起さなかつた, を起す

▼ ふ~ (186, 0.3%)

6 べりを 5 べりに 3 くい虫, べりから, ゆめ, 馬鹿野郎 2 がめの, べり低め四つ手張りたる, ツ, 人が, 俺は, 八, 天野朱雲が, 殿, 物を, 默つて居ろ

1 [143件] あしたでも, あとも, あまり, あまりにさびし, あるひ, いつ逃げる, え, お互に, お小言言, ぎおちついてまた釣れた, こ, この平次, この辻斬退治, さてと我, しつかりしなよ, しばらく寝, それから, それからお前, それで澤山, それもう, それより, そんな脚本, ただすみれぐさひとむら植, つてない, では格段, とおつし, とらへ, なまず雑魚などの, のこぶ巻きそれから, のせすぢ, のり, のりが, はやたなご, びとかぢをたへ, べりは, べり枕に, ほんとうに, みちどりなが, みて, もう何事, もつれないとき, やい, やかたに, やかたの, やつあまり, よび姿, わが常に, わしの, わすれ草の, アぐらゐにほとほと感心し, アと, アよし, ア阿, トーキーは, ハツハツハ, ハヽハヽヽ, マルコオと, 一人者で, 三杯位に, 世にも憎き, 人に, 今日は, 仔細は, 何し, 何の, 何分頼む, 俺の, 俺も, 偉い, 元はと云, 兎に, 卑怯者ツ, 又夫人, 名も, 君らしく無い, 呑牛, 唐人の, 唯何事, 善き悪しき, 單吟には, 喰仆し, 国である, 園さま何も, 大佐は, 大家と, 奈良屋三郎兵衞の, 女ニ, 子は, 岩に, 己が, 心の, 心持を, 必ず数多く, 我に, 我は, 我家知られ, 手前は, 手柄爭ひ, 手紙一本書く, 文なき, 文句も, 文句を, 斯様なる, 新造が, 最初若旦那の, 末期の水に, 本復疑, 此上に, 此夕, 此馬鹿めと, 死ぬ事, 氣持を, 無理も, 片岡禅吉は, 理窟つ, 相手は, 眞桑瓜を, 私には, 私の, 稽古も, 細工の, 綺麗に, 總べて, 罪ぞ, 脚が, 茂七, 親から, 解り切つて, 言ふと, 話せ踊るな, 説くな, 赤からん, 身祝ひだ, 迷は, 遺伝とは, 醉ひ, 醉拂ひ, 金の, 鎌倉へ, 飽くまでもマコト, 馬鹿, 魔が, 麥の

▼ ふふん~ (185, 0.3%)

20 と鼻 10 と笑った 6 そうか 5 それは 4 というよう 3 と云った, と笑い 2 こいつは, これで, これは, その手, と笑っ

1 [124件] あんた此の, いい発音, いわねえな, うたなんか, うちかって, うぬぼれちや, うまくいった, うまく逃げた, おのれにも, おもしろくって, おれを, お前なぞに, がなんとも, きさま, きっとか, こいつも, こいつ狂人だ, このかま, この闇, こんなロケット, さすがの, さてはあの, さてはハウス・ゾンネンシャイン, さようか, ざまを, しかしそれ, すると, するとこれ, そういう気, そうだろう, そうは, そうよなあ, そう云え, そのご, それからどう, それでおまえ, それでは強い, それほどで, そんなこと, そんなら, でしたから, という気持, といったふう, といったよう, といった気持, といった顔, とうとうまた, ときい, とご, とせせら笑った, とひそか, とやられ, とわら, とんでもない, と一人, と一笑, と例, と口, と吐き出す, と嗤, と小, と心, と思ったです, と横, と留った, と白い, と空嘯い, と空嘯いた, と笑われます, と肩, と藤吉, と言つて, と鷹揚, どいつの, どうだ, どうだって, どうもこうも, なにやら自分, なるふふん, なアん, ばかな, ふざけた奴ちゃ, ふしぎな, まあそんな, まさかさう, また魔法, まだお, まだそう見縊った, まるで雲, もっともそんな, やっぱり中国人, やっぱり貴様, よく似, わかったぞ, わしの, ヤマ族は, 仕方が, 佐々の, 例によって, 俺の, 全く書き入れ時, 刑事の, 国破れ, 地球な, 奇妙な, 子どもの, 安くない, 安物だ, 徹男さんも, 救い難き, 村に, 来る来る, 気狂いは, 目先の, 立派な, 笑わすなって, 肚の, 若いお, 貴公は, 貴様たちみたいに, 選りだすと, 酒倉の, 頭の, 魂魄なんて

▼ ふ~ (183, 0.3%)

7 である, をした 6 がある 5 です, を思ひ出した 4 がどの, が出た, だつた, をし, をする, を聞いた 3 だが, もあります 2 があつ, が出, が有る, だ, でした, なの, もある, も出なかつた, を持つ, を聞きました

1 [103件] から始めて, から幾つ, か先刻, があ, があります, がきまる, がもと, が暫く, が残つて, そこで新著百種, だから, だけがと叔父, だし, だぜ, だらう落, で, であつ, であるが, でございました, でしたが, ですが, ですけれど, ですよ, です其頃, でもない, で何でも, で門松, など, なども此議論, などを聞いた, など疾く, なのに, なら別, なん, にした, になつ, になる, には腑, に石, に耳, に至つて, に近き, に這入らない, のある, のうち, の中, の中間, の方, はいくら, はこじつけ, はそれつ, はそれ自身小説, はまだ, はわたくし, は御, は日本, は有名, は未, は欧州, は民譚, は無くなりました, は聞い, ばかりだつた, も何, も多少, も実は, も耳, も聞いた, も髯籠, や第, や随分いろいろ, や預金, より此天狗, を, をきいた, をしたら, をしました, をもう, を伝, を作り替えた, を創作, を加藤さん, を可, を得, を得意, を御存じ, を思出, を晨, を書いた, を生んだ, を申しました, を耳, を聞かされ, を聞かされた, を聞かされる, を聞かせられた, を聞かない, を聞かぬ, を聴き, を読み, を青年, 更に人間, 等して

▼ ふ~ (176, 0.3%)

95 やない 32 やありません 5 ばかま 4 や有, や無い 3 はら, やねえか, やア 2 はふち, ばな, や, やなし

1 [19件] えが, が, と改めた, に云, の生んだ, の青葉, はらや, は捨てられ, やあ, やあおばあさん, やもの, や何, や御座いません, や有りません, や死んだ, や無え, ゆうに婚礼, よふ, を起す

▼ ふ~ (174, 0.3%)

12 なこと 10 な事 7 になつ 6 なもの, にし 3 だ, な心持, な者, に 2 だが, なやり方, な工合, な氣, な説, な調子, な譯

1 [107件] だと, である, では脈, でもない, でモウ手, なあまえる樣, なお山, なき親しさ, などを飽かず眺め, なむら氣, なもんぢ, な人, な佛教界, な傾向, な先輩, な冷刻, な即ち, な名, な名目, な咄, な問題, な境遇, な女らしい, な字, な學者, な平和, な心地, な思ひを, な悲哀, な想像, な捨て鉢, な文句, な文學, な時, な本, な樣子, な氣勢, な氣持, な決着, な深い, な煩悶, な爭, な疑も, な空想, な第, な簡單, な素振り, な翌, な考, な色々, な言辭, な話, な諷ずる樣, な質問, な身體付き, な述懷, な連中, な顏, な顏付, にこそありたき, にずらり, になつたの, になつた事, になつて, になつて來, になつて寢, になり, になれ, には行かん, にもさ, にもとれる, にも感ぜられた, に一男一女, に世間, に云, に人, に作られたる, に健, に取られ, に唯, に妙, に寢床, に小さな, に彼方此方, に月さ, に未だ, に歸, に渠, に溜息, に甘, に皇室, に目, に紐, に統一, に義雄, に老人, に致します, に言, に言つて, に頼ん, に頼んだ, の事, も見えず, 命じて, 物凄し, 見せて, 見苦しき事言はん方

▼ ふのに~ (167, 0.3%)

4 何の 2 ふさは, 相違ない, 答へて, 耳を, 違ひない, 骨を

1 [151件] あいつらは, あが, あけたつの, あゝその, うるさい坊主, お前さんは, お母, お雛様を, かまはず, この冴えた, こんな旦那樣, さて着手, ざつと四半刻, その伜, その顏, その顔, それを, たと, どうしてもつ, どうしても鸚鵡, どうしてミュウズ, どうする, なくて, なくては, なんといふ, ひぬま, びっこひいてやって来る, まして死にゆく, まだ綿入れ, まだ雨戸, まるで春, もう電話, わたくしは, オツパイなんか, サーケーは, ヤー, 一々刄物, 一つづつ盜つて行く, 三つの, 三つも, 三寶を, 乘物に, 人手が, 今日の, 代へて, 何う, 何うし, 何うも, 何て, 何時でも, 佛陀なぞ, 使つた木槌の, 便利で, 便利な, 僅か六歳, 僕は, 其の沼, 其作品が, 利用され, 剣の, 勘兵衞の, 危つかしい, 又奈々子, 又然, 叱るなんて, 同情した, 吝ならぬであらう, 唇を, 国語を以て, 外ならない, 宮廷の, 宿を, 寸が, 小兒, 少しおとなし, 少しばかり, 少しも, 少し似, 屹度雨降, 嵐の, 川の, 工合が, 平次は, 影法師に, 彼みづか, 忠之と, 恥を, 成功し, 掛合ひました, 損である, 救はれ, 日本の, 易へて, 是非浜まで, 智慧を, 最も適し, 朝つ, 未だ帰る, 本づい, 東の, 果して見知らぬ, 柳を, 止惑つた, 死刑と, 殆ど二人の, 氣が, 海峡の, 渡錢丈け, 滞りなく, 父が, 物思は, 留守の, 百合子は, 直助, 私は, 私一箇残つてゐたつ, 税金が, 答へ, 簡単な, 肌理が, 膳に, 自製の, 良人も, 苦労を, 苦情も, 薄気味悪く米, 藥鑵を, 行つて見る, 誰に, 調子を, 講義の, 貴様が, 質屋の, 赤鰯は, 躊躇する, 転学しました, 辟易した, 通りには, 過ぎなかつた, 邪魔だ, 酒など, 金澤の, 間違ひ, 雀は, 非常に, 面, 馬鹿に, 骨の, 高が, 魚屋は, 麦熬し

▼ ふ~ (162, 0.3%)

8 ゆふ 4 啼いた 3

2 [13件] え, えドラ, かりしを, かりし身, けんや, さしぐみし, すそ, で, んな, 君の, 泣き濡れし, 西風吹き落ち, 霞たなびく

1 [121件] あかるい草, あかるき浅芝, あかるくいろづい, あの部屋, あれから, あんまりさみしい, いざよふわが姿, いそがしく燃え, いろづいた柿, い仕業, う, うごくは, えぢ, えと思つた, おもむろに蠅, かぜぬるし, からむ御, かりき, かりける, かりける逢, かりけれ, かりしなり, かりしなれと, かりし我, かりし狩谷, かりつる, かる丸井玉吾, きのこを, ここに, したしくゆらぎ, しめやかな, すずしく流れ, すゞしく, ぢつ, ぢや, つくと, つめたく屋鳴り, であつ, でありました, でもどるほか, とったカツサンド, なごやかな親, なり, なり沼いつ, なり雫, なるらむ, ぬ, ねたの, のこらは, のしづけ, のちさき夢は, のほど, はいづち, はまこと, はやりきれない木蓮, ひそけ, ひとときは, また二階, まんじりとも, みこそ汝, みぞれ, むすんで, より, より飛散, わが世, わが臥床, アダリン四錠の, 一晩そんな, 一晩なき, 一晩の, 何となくさびしい, 何処へ, 傘たたみもち, 僕の, 凍った斜子, 友人の, 啼きしきる郭公, 夜に, 奇峯の, 奈良へ, 孔雀の, 實は, 小三郎さんが, 思に, 悔いおも, 悲しき秋風, 散るがに, 散歩し, 早くお, 時計がと, 暮鐘に, 枯枝を, 柴の, 椎の, 此の, 死んだもの, 水滴り落つる, 泊つて呉れた, 火星へ, 煙を, 片輪, 町田さんと, 眼に, 私と, 空しく日, 空や, 船やる, 色なき, 芋の, 芽を, 蒸し薫る三十三間堂, 覆へ, 見こころ, 見つ夏, 見つ夏の, 身に, 途中の, 野に, 野焼の, 駅の, 鳴いたと

▼ ふばかり~ (160, 0.3%)

17 である 11 であつ 9 なり 6 だつた, では 5 で何 4 で家, なし 3 ぢや, で何時 2 だと, なく成事, ならよろし, 原は, 烈しく吹け, 無し

1 [80件] ああこんな, あゝ此樣, だし, だつた娘, で, でした, です, ですと, ですもの, ですわ, です夫, でその, でそれ, でつまり, でとりあつ, でなく, でなくこれ, でなくこんな, でなくむしろ, でなく主, でなく人間, でなく同じ, でなく同国人, でなく同時に, でなく多勢, でなく大きく, でなく大化革新, でなく實, でなく時宗, でなく股肱, でなく風, でなし, でやれ喧嘩, でウヌボレ, で一向, で今, で仲, で何とも, で何ん, で別に, で動かない二条, で動き, で埒, で実は, で彼様, で探偵小説, で教, で沈滞, で溌剌, で而, で蕗子, で長吉, で題目, で飛び越さうと, で高等學校建設, なきもの, なくこの, なく此下駄, なの, なのに, なりかたち, なり顧, なる夕, なる花崗岩, ひた, 一人も, 二つの, 今は, 低く出た, 大きな沢庵石, 大きな澤庵石, 実に一身, 淙々として, 無く, 無く悲め, 無く輝ける, 綺羅びやかに装つた女房が, 綺羅びやかに裝つた女房が, 行人も, 野宿の

▼ ふ~ (157, 0.3%)

3 の下 2 がある, ださうな, であつ, で呼ばれ, に囚, の店, の王, を付け, を御, を負

1 [134件] から疳, があつ, がありました, がよ, が付く, が出, が出ました, が出る, が出来る, が剏まつ, が屡々, が附いた, が雨, が青年, この近傍, ぞ主, だつたん, だよ, である, でございませぬ細い, です, でその, でも付け, で其猛獣, で召捕, で小母, で扱, で明, で歌合せ, で沢山, で洋犬, で総称, で行, で詠んだ, で近郊, で通有點, なの, なるよし, にこそありけれ, にこめられた, にし, になり, によつて, に似合, に分類, に叶うた, に拘つ, に接し, に於ける, に社寺, に総べられた, に迷, のあり得, のある, のつく, の中, の夫人, の役, の彼女, の方, の昔, の木, の河, の淋し, の犬, は, はその, はつい, はつつめ, はよく, はよけれ, は一世, は出, は勿論, は古い, は古く, は変, は憎から, は早く, は此村, は民謡, は特殊, は瑞歯, は砲弾, は確, は神, は私, は西洋, は見えなかつた, は起れり, は霊魂, は高級巫女, も一つ範囲, も出, も出来た, も変り, も穴師兵主神, をきく, をすら忘れ, をその後外国, をだにもさ, をつけた, をつけられ, をやりました, を与, を与へられ, を与へる, を云, を付けたら, を命ずる, を支那, を甘受, を用, を立た, を耳, を聞く, を與, を許す, を負う, を負うた, を貰, を附けたら, を附した, 傳はれり, 儀は, 実名は, 稱だけの, 稱で, 稱とは, 稱に, 稱の, 稱も, 稱を, 行はれ

▼ ふ~ (147, 0.3%)

9 のこと 8 のもの 7 でも 5 では 2 である, の事, の心, の考, 何か, 入神の, 妻は, 目まぐるしく動く

1 [102件] あります, こそ在, それと, だ, てんであらぬ, でもなかつた, で無く, とし子は, ならば, な丈, な虚子氏, な表情, にうれし, になつ, になる, には捗取らなかつた, には非, にもない, にゆく, に垂れ, に天, に山陰, に崖下, に急, に森, に此, に羊齒, に身, に長寿, に高く, に高直, に鱗光, の不良ぢ, の乱暴者, の二つ, の余裕, の値打, の処, の区別, の古語, の名, の図太, の地震, の址, の垢, の大した, の容體, の想, の意味, の意識, の日, の旺盛, の時世, の書, の構, の樣子, の気力, の物騷, の特色, の盲, の知識, の義, の落剥, の虫, の蟲, の衝突, の親しみ, の諦め, の進歩, の違, の量, の間, の霖雨, はこの, インテリに, 下手な, 人気の, 今も, 仰向かねば, 嚴しい, 威力が, 寒く思つて, 寛いだ, 彼は, 彼女の, 愚かな, 打ち付けたと, 撲り付ける雪, 気に, 濃く出た, 煽りたてられ艱難, 燃えさかる真実, 生きて, 益々自縄自縛, 福井藩も, 秀ちやんは, 私は, 突き上げられた, 腹の, 自分たちが, 踊り抜いて, 重く濃く降りた

▼ ふ~ (142, 0.3%)

6 行って 4 し, 飛んで 3 いを, ほ, 行きました 2 かくれて, 往かうと, 投げやる, 行くの, 行つ, 走って, 遁げて

1 [105件] いか, いきかけた, いつて, いには, いらしくつぶやくの, うつり, かけおりて, からす, からす故, からす此, からす然るに, し今, し其効驗, し故に, し然, し然るに, ずいと, そして酒, その後から, たさうだが, ついたらとって, とび上る, とんで, ない, ながれ, はねて, ひらいてるその, めぐり黄いろ, 一方が, 上つて行く, 上ると, 下りて, 傾いて, 出て, 力いつ, 吐くわさ, 向いた, 向いたが, 向ふ, 姿を, 寢返り, 廻り去年使, 戻つて行, 戻りました, 捻廻, 来る武士ども, 歩いて, 歩き去る, 歩行い, 流れたくなり鳥, 消えて, 渡る二本, 漕ぎつけた儘, 用事の, 着いてからの, 着く処, 突き抜けて, 突き返した, 立去つて行, 置いて, 置き去りに, 行かうと, 行かうとして, 行かないと, 行かなくちや, 行かなければ, 行き, 行きかけた, 行きかけてたので, 行きつくもん, 行きますと, 行きも, 行き着いて, 行く, 行くもん, 行くん, 行つた, 行つたら, 行つちまつ, 行つていまひ, 行つてから, 行つてし, 行つてしまつたのは, 行つてぽん, 行つてゐる, 行つて了つた, 行つて寒, 詰めて, 誰かに, 走つて, 走つて行, 越えたところ, 越え行かうとして, 跳びおりて, 逃げようと, 逆もどりし, 逆もどりだ, 運んで, 降りた, 靡くの, 飛び去つてしまつた, 飛んだ, 飛移つたと, 駈けて, 高くな

▼ ふ~ (138, 0.3%)

8 食はずで 6 否や 5 食はずの 3 食はずに

2 [11件] うだつた, 二人は, 伯の, 侯は, 夜は, 如何に, 常に弱者, 彼は, 彼れ, 藩閥家は, 音たて

1 [94件] あらずや, うつとりと, おへん, きのふと, くに橋の, くらさむ, だ, とも目を, どのこのしづけ, ふやして, ぺっとヒマラヤ杉へ, またさ, みづから, みほつかり, わが歌, ダーブリン, 一旦歸國, 一片氷雪の, 人の, 何ごとを, 俄に, 党員政友と, 其の以, 其徑路は, 君よ, 否やの, 否や見ん, 呑まずの, 唯一滴の, 喰はずに, 喰はずの, 噫など, 塚より, 声肝に, 太真, 女は, 奴の, 孃子を, 安達が, 富士の, 小生大抵所持, 屡, 島近し, 嶋田髷これも, 幾多の, 当時の, 彼左右を, 彼等答へて, 必ず常に愚作, 必ず雅, 悪を, 惡を, 意気忽銷沈し, 我は, 時鳥, 暖かき日光, 朝夕に, 来まさぬや, 柳因別る, 梅が, 楓の, 死なうか, 殆ん, 毎に, 汝は, 汝ら背面に, 海神祠の, 滯留を, 潟の, 濁穢, 瀬を, 灯火暗う, 父は, 瓜茄子, 直ちに二人, 知り難し, 秋の, 紅の, 自ら驕る, 芒さ, 芭蕉答へて, 草深い武蔵野, 蝴蝶の, 親しく優しく勉め, 誰, 賓客よ, 赤く其和, 車馬の, 里長の, 青いギリシヤ文字, 鞭を以て, 食はずやの, 麥の, 黨員政友と

▼ ふ~ (136, 0.3%)

5 の声 4 である 3 だと, の聲, は, を人柱 2 あり, であつ, でした, のやう, の事, の花車, 西行なら

1 [101件] かな, が, があつ, がその, がとう, がまだ, がゐない, がゐなかつた, が一ぱい, が二人, が二階, が今やつと, が偶, が出, が多, が現れた, が老, が貞婦, が貴方, が黒, だ, だけが間違つた, だな, ぢや, であるが, です, でせう, で先代, で初, とあみだ, とが古参, と共に新興國, と澄子, と相談, と馴染み出した, などは大分, などもゐた, なのに, ならば, にす, になつ, に入れ揚げ, に化け, に反省, に熱心, のこと, のその, のひと, の乳, の人, の先生, の名, の大難, の姿, の年齢, の心, の恥, の房房, の方, の母, の汗, の狂乱, の素性, の群, の舞ひといふ事, の躯, の重荷, の額, の髮, はさ, はす, はすべてそれ, はまるで, は今, は何, は余程, は前, は必ずしも, みめかたち人, も大勢, も少からねば, も恐らくは, をこの, をモデル, を一, を何處, を情人, を突き飛ばし, を縛つて, を買ひなじん, 一人として, 丈は, 名前の, 嫌ひ, 子供の, 弟子も, 悪魔の, 狂ひ, 生徒の, 草履や, 鳥

▼ ふ~ (135, 0.2%)

3 であつ, の顔, は何 2 が助手, だつて, だな, である, とは思つて, の所, の背中

1 [112件] ありや, が, があつ, がありました, がある, がうるさい, がゐた, がゐる, がジアン・クリストフ, が出入り, が半弓, が大きな, が妙, が家庭, が文部省, が本, が来, が瑠璃子, が発車間際, が真にさ, が贓品, が酒, が長屋, だ, だけに非常, だ人, であると, でした, です, ですあなた, ではない, で金貸し, とねんごろ, と一度, と交際, には僕, にもう少し, にも龍馬, に対してもまた, に対して充分, に對, に持つ, に貸し, に逢つたの, に馴染み出した, のそれ, のゴム靴, の一個, の下等, の事, の作つた贋物, の使, の労働者, の勞働者, の唯一人, の声, の家, の容貌, の手紙, の智識, の正体, の社会的地位, の聲, の腰付, の記事, の辯護, の顏, は, はこの, はさ, はひよ, は一つ話, は世間, は今, は何ん, は何処, は余所目, は信用, は子供, は役, は後手, は必ず, は文章, は旗本某, は時々, は決して, は無論, は篳篥, は自分, は芸術家, は血, は野蛮, は首, ば迎, まさりの, も何だか, も多, も女, も變つた男, をお前, をなぜ, を乘, を刺し殺し, を問題, を愛した, を探す, を殺さう, を気, を識つて, を雇, 実に敬服, 思へば

▼ ふ場合~ (131, 0.2%)

4 にはそれ, に人 3 がある 2 があつ, が多い, にそれ, になつて, には, の

1 [108件] おなじく枕詞, か知りませぬ, があります, がそれで, その一日, その国, だから, だつた, だと, であ, であらう, である, ですから, ではない, で無い, とある, との相違, とはつきり区別, と単に, と日本, と考へ, と自分, などを省察, に, にあつ, にあなた, にうまい, にお, にすぐ, にたしなめる, になる, にはさ, にはそれに, にはなるべく, にはよく, にはセルギウス, には丸, には先づ左足, には内地, には出く, には同情, には地毛, には大家, には宦官, には少し, には彼, には未だ, には材料そのもの, には柱, には構内以外, には殊に然, には殺人犯, には滅多, には無論, には目蓋, には私, には苦しい, には虐待, には陰気, には離婚, には黙ん, にもまた, にも用, にやア, にドユパン, に一人, に之, に初めて, に夢, に成るべく, に捜索, に於けるごとく, に日本, に立てる, に能狂言, に進級, に隨分人, のこと, のチエエホフ, の如き, の常, の橋渡し, の歌舞伎, は, はその, はそれ以下, は別, は多く, は大抵, は心掛け, は杖六十, は生涯, は皆, は相, は絶えず, は芸術, ばかりでなく, もある, もあるらしい, も同じ, も唱門師, も屡, も生じ, よりも却, をも考へ, を書く, を考へ, 殊に好い

▼ ふ~ (127, 0.2%)

5 がした, がする, が聞えた 3 を聞き, を聞く

2 [12件] あり, がし, がします, がまた, が其処此処, が耳もと, が聞え, が聞える, して, で一杯, や麦, を聞いた

1 [82件] いとらうたし, が, がうるさい, がきこえた, がきこえます, がきこえる, がしました, がセルギウス, が一瞬間, が二階, が交つて, が出ます, が反響, が嘲ける如く, が後ろ, が手帛, が支配的, が楽声, が波, が確か, が続い, が耳元, が聞えました, が聞く, が聞こえた, が聞こえる, が聴こえた, が起つた, が遠く, が際立つ, が高い, すなり, でかう, です, でせう, でや, で叫んだ, と共に中, と共に柔かい, と声, にフト私, に交つて, に扉, に老母, に違, のうち, のうれしく, のする, のひ, の出, の末, の淋し, の湧き, の細, の蕭, の雨, はそれ, はどうしても, はよく夢にも, は大抵十五六遍, は山々谷, は雑然, もあたり, もしんかん, も犬, も絶え入りぬ, も聞える, やはし, やらを聞きました, や口笛, をちこち, を屡々, を持つ, を時として, を聞い, を聞きました, を聞き棄て, 愈々冴え, 振り立てて, 泣く声, 絶えて, 語る声

▼ ふ~ (127, 0.2%)

3 では, も御 2 お小遣ひも差, か食がく, が必要, が有らう, でも, の存在, は丸, もあ, を一度, を貰

1 [101件] あらば, かと文, から人, がある, がたり花子, がつく, がどんな, がない, がなう, がなかつたら, がよほど, が乏しい, が奈良, が横臼, が物質的, が用, が行, でなし, でも讀ん, として, なく來, なく来る, なの, なり斯, なるべし, になし, には見え, に一番, に感ずる, に異常, に自由, の内容, の多少, の形, の心熱, の意味, の本質, の来る, の言, は, はあれ, はすこしも, はなし, はまるで, は下人, は思へ, は未だ, は東西南北世界中, は然し, は熊野神明, は皆冊子, は美くし, は萬歳, ほどあやふや, ほど眞面目, までも一応, も, もあと, もある, もみんな日本人, も全く, も喰はず, も存外, も形, も西洋人, も買, も賣る, も食はず, も食はん, も飮む物, より臥し, を, をかくさずし, をすこし, をみ, を他, を作つて学校, を入れたい, を地上, を埋め, を女, を宥, を拵, を教, を斷, を書いた, を有し, を減し, を減す, を発見, を盜ん, を米, を考へ, を茲, を見る, を買, を飾つて, 無き蜘蛛, 被遣, 語れること, 賣りの

▼ ふべの~ (125, 0.2%)

4 血潮雲 3 春の, 雲の

2 [13件] ゆきき, サイレン, 卓上に, 夢の, 夢を, 旅枕, 星よ, 暉を, 月よ, 白駒と, 空に, 空を, 鶉巣に

1 [89件] あまりしづかな, うちは, おもしろさ, けむり, ことなど, こゑをにほはせるばらのかなしみ, さだめなき大, さみしさ, さみだれて, しめやかさが, すこし波立つ, その外套, そりと, たどんで飯, つ, つどひ, のりと, ふるさとの, ものお, ゆたかな, わたしを, サイレンが, サイレンの, ラヂオの, 三人兄弟の, 事を, 人が, 令嬢たちの, 余光が, 余光の, 偉らい紳士, 夏草を, 夢は, 子供を, 宮を, 寝まきながら, 山は, 峰の, 心に, 愛餐, 感傷が, 我の, 掌の, 揺椅子の, 散歩で, 星を, 木末を, 松の, 枕邊に, 枯枝を, 椿ちりを, 櫻風に, 水に, 泥醉が, 洞も, 煙管を, 牛が, 盛岡が, 祈り, 積み累, 空の, 窓から, 窓に, 粥が, 糠雨で, 腹を, 船に, 船を, 色に, 芋の, 草, 草枕, 薄雲, 蜘蛛は, 蝶よ, 街を, 話は, 鐘が, 鐘のねの, 鐘をかぞ, 雨に, 雲に, 雲は, 露の, 風が, 風に, 鳥が, 鶏に, 黄雲の

▼ ふ~ (122, 0.2%)

4 が起つ 3 か, がよほど 2 が萌す, のなかれ, の勇み立ち

1 [106件] あやしく動かされぬ, ありて, うれしきま, が, がある, がかなり, が屡, が弛ん, が直ぐ, が自然, が鰾膠, こそわりなく悲しけれ, したしく幽け, だ, であつ, である, とかさ, とその, と實在, と念, と情, と惡, なきにし, なくば, にぞ, にて降りし, になつ, になるまじき, にはなれませんでした, には我, には無量, には總, にまかせ, にもえ, にも反, に乏き, に怠り, に観よちふ, に遠けれ, のある, のうち, のきはまりて, のさ, のはたらき, のまこと, のみが切, のみ日ごと, の余裕, の優し, の反面, の変りかた, の底, の悪い, の昂まり, の有様, の状態, の跡, の造る, の造れる, の駒, は, はきつ, はたゆむ, はとうに, は両足, は久, は今, は君, は山, は捨て居りまする, は日本人, は止まず, は疵, は相, は避けられる, ばかりが彼ら, ばかりも, ほど真実, もかき暮され, もて, もなく, もわかるでせう, も無意識, も豐, も起らず, も起らぬ, よ, よりうべ, をい, をだにか相思はず, をよそ, を何故, を信じなく, を出し, を安らか, を尋ね, を怖, を示した, を聞え上げぬ, を色, を霽, を靜め, 乏しくいつ, 即ち芸術的精神, 嘆かむにもよしなし, 止み難し

▼ ふ~ (121, 0.2%)

2 から出, から見, が面白い, で, である, による, に据ゑて, の, は君, は馬

1 [101件] あり, ありしに, ありて, から, から人, から出た, から出る, から善言, から意義, から来る, から空虚, から聞きました, から鸚鵡返し, か或は, がありました, がある, がお, が多い, が御, が放哉茲三ヶ月間一度, が有, が相当, すらある, だ, だが, だぞよ, だつた, であ, であるさうな, でした, ですから, でその, で七日, で二三人, で今に, で以, で何事, で其神, で申, と田楽師, と言, なのに, なるが, にあ, にあります, にある, におちついた, にはいろんな, にも現, に一々, に中心, に何者, に候, に其基礎, に寝れ, に居た, に居つた, に拘泥, に焦点, に猴, に生れた, に目, に落ちついた, に行く, に賤しき者, のま, の人いわく, の卑怯, の小学校, の皇軍海陸, はすべて男性, はせんじつめれ, はとても, は商売人, は大変, は実際, は当時, は或は, は数, へは男, へガラ, へ平安京, へ移らせ, へ誰, へ越, へ這入, まで伸びなけれ, まで押し, もなし, より立意, を古格, を思へ, を教, を暫く, を玩弄, を目的, を見せる, を見る, 多かりし, 多ければ, 実に畏

▼ ふだけ~ (120, 0.2%)

16 では 9 である 3 あつて, でいい, です, なん 2 だ, ぢや, でさ, で何, 無駄だ, 野暮で

1 [71件] いかにも淋しい, だから, だつた, だらうさ, だろ, だ五, で, であ, であるが, であれ, でかう言, でく, でした, でそれ, でそれ以上, でそんな, でない, でなくめいめい, でなく他, でなく女, でなく実は, でまた, でよく, でわたくし, で丁度, で不愉快, で互に, で何とも, で出替り, で勿論, で嘉吉, で地の利, で平, で徳三郎, で救, で既に, で月, で桂子, で此處, で氏素性, で汚れた人間, で無く, で田舎, で瞳, で縁, で貞操, で離れた所, なの, ならか, ならば, なら何処, ますます沈黙, 云ひ, 会は, 健康だ, 叫べば, 喰つ, 彼より, 心に, 恥を, 扨じつくり頼め, 無役, 無道軒さんに, 笑つたから, 胸が, 行李一つ布團一と, 醉ひ, 野暮だ, 野暮といふ, 野暮な, 馬鹿な

▼ ふ~ (120, 0.2%)

42 せう 9 あらうが 8 あらうと 4 よりと 3 あらうとも, せうよ 2 あらうといふ, せうが, せうけれど, 三日目だ

1 [43件] あつた, あらうかしら, あらうけれども, あらうこと, あらうそれ, あらうところ, あらうとは, あらうなどといふ, あらうやう, あらうカソリツク教, あらう光景, あらう幸福, あらう物, あらう特に, あらう監督, あらう貴様, する人, せうあつし, せうお, せうから, せうけれども, せうね, せうねえ, せうツ, せうマキノさん, せう茶の湯生け花歌ヘエケエ, せう親分, せう非常, たまたまおき, とまった, なにかを, ぼりぼり音, セット入りと, 一列濤が, 三度目である, 今日の, 動いて, 敲く, 書いたか, 私のよ, 立ちあがりました, 英吉利人も, 降って

▼ ふ~ (119, 0.2%)

2 にゐる, に渡り, の水際

1 [113件] からぢぢ, からのみ社会, からは, からまた, からも考へられる, から之, から入っ, から反対側, から妙, から新, から此方, から行きます, から見る, から銅, から長く, が高い, さ, さすか, だつた, だつていふ, ではもう, では加納諸平, でももう, でも同じ, で水の上, で銚子, と善い, と昔, なので, にあの, にある, にあんなにハッキリ, にいま一ヶ所此処みたい, にその, にでもある, になつ, ににこにこ, にはまだ, には五六本, には大人, には大胆, には真, には隣家, にひそめ, にもう, に丸め込む, に人, に去来, に向けた, に噛ませた, に坐, に坐つ, に工場, に感じられる, に春挙さん, に橋, に煙, に私, に立つ, に行かう, に見, に進み, に駈け, に黒い, のお母様, のこと, のその, の人々, の人たち, の内容, の地平線, の家, の寝台, の山, の岸, の平野, の床机, の意義, の方, の暗い, の片側通り, の盆地, の窓, の若い, の草, の騒ぎ, はすでに, は半ば葉, は幻灯, は根の国, へ下りれ, へ傾い, へ持つ, へ掛けなけれ, へ泳い, へ渡つた, へ磯伝, へ行かう, へ行く, へ行つて, へ轉, へ逃げ, へ飛び去り, まで一緒, もある, もやっぱり, をも後, を一人, を二三度通, を見る, を通る, 計燒失, 迄出

▼ ふ必要~ (114, 0.2%)

28 はない 9 がある 8 のない 7 がない, もない 4 はあるまい, はなかつた 3 が無い, のある, は無い 2 があらう, があります, がなかつた, が出, はありません, もあるまい, もなかつた

1 [24件] あること爭, あるもの, からだ, があつ, がありました, がなく, がなくなる, ないだらう, ないと, なくし, なく古典, なんて無い, な変化, にかられた思ひ, のなかつた, はありますまい, はなく, は前, は少し, は殆無, もないだらう, もなし, も無い, を生ずる

▼ ふ~ (114, 0.2%)

14 では 12 でも 6 には行かない 3 ですか, にはゆかない 2 だ, だか, だが, で, でありまして, で私, なの, もない

1 [60件] あ無, か, かある, かその, からで, か上下, か不意, か兎角, か公園, か妙, か度々さつき手前, か恋人同志, か材木, か横, か近頃, さ, だでな, だらう, だらうい, だハンテ, であ, であらう, である, であること, でお断り, でがせう, でのおれ, で今, で代, で其頃山田, で御座いますか, で来た, で鰐淵さん, で鹿爪, なので, ならさ, なん, に, になり, にはいかない, にはいかん, にはこれ, には勿論, には行かず, には行かぬ, には行くまい, にもならね, にも往かなかつた, にも行かなかつた, に往かない, に成つた, に行かない, に行かなく, の解らない, はない, は今直ぐ, もなく淋しい悲しい, もなさ, も無, も無い

▼ ふにも~ (110, 0.2%)

2 あるかな, 似たり, 及ぶまい, 此通りお, 母が, 笑へ

1 [98件] あすにも, あらざれど, あらず, あらずして, あらず山, あらず顰むに, あらで手代, この通り, すべて皆これで, せよ今日, せよ或はまた, そんな調子, ぢつ, はた歌, まだ一つ, まだ距離, もし口, わらへ, 一つ滝が, 一方が, 一番気骨が, 三百円や, 今ひとり, 今年は, 似るか, 係りの, 値切つて, 値段の, 先づ自己に, 先頃よりは, 劣るべき, 勝手には, 北海道から, 十分に, 千, 及ばじとて, 及ばずと, 及ばない, 及ばない事, 取り寄せませう, 各自の, 嗤へ, 困つて, 声が, 尾を, 市中の, 当るまい鴉, 御関迎, 心の, 恥しいやう, 我知らず涙が, 我身の上とぞ, 拘らずぢ, 拘らず彼, 拘らず此, 拘らず院長アンドレイ, 拾ひきれない, 昔の, 暇がか, 書きあげて, 気の, 江戸を, 町中歩き, 當るまい, 石を, 私は, 程が, 立ちたいが, 競へぬ, 笑は, 笑はれざりき, 笑はれない, 笑はれぬ, 等しい書名, 自己同様の, 自覚的な, 色の, 草嫩, 草鞋を, 見えた, 話を, 誘はれなまし心, 足らぬ我腕立, 足らぬ者也, 足らぬ足軽頭, 追はれぬ, 送るの, 過ぎぬ, 都合が, 酒を, 関らず, 露西亜の, 非常な, 音譜を, 食事を, 骨が, 魂の, 默すにも

▼ ふよりは~ (109, 0.2%)

4 九柱の, 壁代で, 身の 3 もつと 2 なを養はじ土を, 寧ろ沈んだ, 寧ろ積極的

1 [88件] お絹, かくてこ, すぢ, すでる, その方, それより, つい今日, づか, なかつた事, なだめる様, ふみしづむ, むしろグロテスク, むしろ彼, もう悪事, もつとい, カストリ一杯の, 一日で, 一時的の, 主人の, 亂る, 人と, 仲人の, 住むべ, 何か, 何も, 例へばその, 八五郎の, 冷たさ, 出来る丈, 別に嫌, 別の, 叙事詩の, 呉織, 大抵この, 好んで, 妙に, 始終折さ, 娘と, 嬲られるやう, 寧, 寧お, 寧ろ, 寧ろかねて芝生, 寧ろ凄味, 寧ろ悲しむべき, 寧ろ憎悪, 寧ろ我心, 寧ろ淫惑, 寧ろ無精, 寧ろ熟讀, 寧ろ精神, 寧ろ自然主義的精神, 寧ろ見聞, 寧奥さんの, 少々食, 已むを, 年々人身御供を, 形だけは, 従来の, 感情に, 教権を, 明けつ放しで, 最もオリヂナル, 月末に, 柔術を, 母, 気の, 漢書をば, 男の, 私達を, 聞いて, 自ら光を, 自分の, 親しみを, 親父に, 訴へる, 象徴に, 身体の, 農商務の, 郊外散歩の, 酒飲みて, 頭から, 額の, 顧みなくて, 馴れろで, 高木徳子の, 鳥箱といふ, 黄泉の

▼ ふ~ (109, 0.2%)

17 がある 73 だと, を始める 2 かナ, があつ, は妙, は馬鹿, 酷い男

1 [69件] か, か分らない, があんまり, がさせ, が一番, が出る, が怖い, が棒, が滑稽, が隠れ, さ, だいわくアブラハム, だな, だなど, だらう, である, でさ, です, ですか, で監獄, とはつきあひたくない, と鼻糞, なの, なんてあり, にはかな, にはそれで, には勝手, には評判, にも困る, に全然, に死んだ, の事, の書き居る, の為, はありやしません, はこつち, はどう, はどうももともと, はない, はもつとも, は云, は今, は何, は余程, は兎角, は其の, は勝手, は大, は屹度物, は性格, は我輩, は無い, は男, は皆, は皆馬鹿者, は縦横, は表裏, は親, は貸金, ほど腹, もある, もあれ, も随分, を二三度, を出された, を袋, 其の袷, 負けたこと, 踊る奴

▼ ふ通り~ (109, 0.2%)

156 でした, にする 4 だと, にし, になる 3 であつ, になつ 2 にした, にならう

1 [60件] いちいち小さな, いつたい僕たち, おかしな病気, かういふ手紙, かも知れない, かも知れません, この際緊急事, さう, その蝋引, である, でも恋, で好い, で淀橋, と思つて, どうも孝道, どの証人, ならこの, なカーテン, にしました, にしましたら, になさらない, になつて其翌日, にならなかつたなら, になんてなつて, に乗らう, に京都, に仕上つ, に任せ, に信じる, に傍, に儼然, に先方, に右, に夜, に嫁, に嬰児, に家, に早く, に早速, に渡し, に眞, に私, に種々, に違, ね, のもの, の人間, の男, の結果, や誰, 何とも譬, 全く僕, 全く大, 出すと, 出たあと, 古くとも, 果して波斯, 正しく彼女, 軽い方ぢ, 近來日本人

▼ ふ~ (104, 0.2%)

3 の光 2 が來, で有, のさかり田岸, の夜, はあらず, はあり, はなかるべし, は不, や初鰹

1 [83件] あざやかにぱつと茜, あらむ, おもて, からし, があらう, がある, があるなら, がきらめき映る, が多, が多く, が定め, が続いた, だ, だつた, だ疲労, だ逢って, であつ, である十時二十分発, です, として斎宮, と寺, どりを, などはごくごく, など我, なら, なり, にうす青く, になりまする, にはそれ, にはどう, には凍るやらん, にゆき子, に受け取つた, に四円, に日本, に早く, に焼け, に照らされ, に特別, のあたりこれ, のあらざれ, のあり, のお客さん, のため, のなげき, ののどか, のみ神, のわが, の來らんこと, の夜明け, の寒, の嵯峨, の惑, の新, の晝過ぎであつた, の涙, は, はない, はないだらう, はふしぎ, は二三週間, は宵, は寄鍋, は役者, は無い, は燃, は羅馬, は鑛山, まで, もあり, もうお前, や初, を, を契れ, を待つ, を忘れなかつた, を知らな, を約し, を自然, を造り出す, 取は, 来此, 赤赤と酒

▼ ふ~ (102, 0.2%)

15 では 5 である 4 から見れ, に於 3 にある 2 にかけては敢, になる

1 [67件] おなじく毒酒, からだけでも浄瑠璃系統, からも合理的, から人, から来る, から言, から言つて, があつ, があり得る, がだ, がなかつた, が常に, だ, だけである, だけでなく, だけに尚古家, だけを述べ, だけ考へ, だと, であ, でせう, でも, でも烈しい, で人々, で以, で区別, で同様, で好奇心, で通俗的作品, で非常, において静か, について大いに, には心づかなかつた, に一つ, に到着, に多く, に存するらしい, に対しましては私, に尽き, に後代, に案外, に留意, に皆さん, に至る, に興味, に足場, に違, のみを強調, の考, はどちら, は下駄職人, は叙事, は問答唱和風, は善, は巧拙, は庶物, は念仏踊り, は現在, もあり, もある, も此, も私, を力説, を落し, を説く, を除外, 新しい発想

▼ ふだけの~ (101, 0.2%)

10 ことを 6 事は 4 事で, 事を, 姿に 3 ことは, もので, 話だ 2 ことで, ものだ, 事です, 用心は, 親しみを, 話である

1 [52件] ことさ, ことだつた, ことである, ことです, ことに, ほんの単純, ほんの短い, ものであります, ものです, ものは, ものを, もんは, ゲルトは, 予約者が, 事が, 事だ, 事である, 事実は, 人間だ, 仕送りを, 価値に, 働きを, 内容に, 内容は, 別化性能の, 力は, 努力にも, 可能力, 場所は, 小錢, 恆信風で, 意味で, 意義でした, 時間に, 權利は, 気が, 淡々たる交友, 満足を, 滿足も, 狹い, 理由でなく, 研屋に, 組踊り成立案を, 話で, 費用が, 近義語, 金が, 金を, 金子を, 銭が, 銭は, 錢は

▼ ふ~ (99, 0.2%)

5 もありません 3 に痕形 2 にその, もありませんでした, もその, もない, を福富

1 [81件] がなかつた, が無く, しばらくは, そのひとり頭, だけ御, でさ, でした, なくうち, にあの, にきりぎりすさん, にくだる, にだんだん, になくなります, には傍, にも八五郎, にも夏, にも大騒ぎ, にも平次, にも澄子さん, にも煙, にも白髪かつら, にも粒なみ, にパスポート, に一変, に二杯, に何十尺, に兩腕, に変ります, に天, に學問, に定まる, に小, に幕, に平次, に幾多, に我, に扉, に早く, に曼舟氏, に死ん, に死んでしまつた, に溜池, に焔, に相手, に舞台, に舟, に船長, に見えなく, に身, に身上, に頸, に飛び出し, に高木銀次郎, に髷節, のあ, の中, の代表, の裸, の距離, はいつも, はどうしても, はわが, は不死性, は完全, は我等いつ, は炊事場, もあらせず, もありやしない, もありやしません, も力, も巨濤, も待, も心せ, も忙, も忙し, も日, も無く, をよけながら渠, を表, 倒れさせ給, 歩めり

▼ ふ~ (95, 0.2%)

8 になつ 5 がした 4 がする 3 がされ, がし, になる, にもなれない 2 がされた, がふと, が段々, が起つた, になりました, になれない, を起した

1 [52件] か, があつ, がすつかりなく, が先, が出, が始終, だつたの, づかひが, づかれに, であつ, ででも, でともすれば, でなきや, でなく自分, ではなかつた, では値, でばつ, などにはなれなかつた, などはなかつた, なの, なんかありやしません, になつた, になつたくら, になつたの, にならない, にならなかつた, になりません, になるでせう, になれませんでした, にはならなかつた, にはなれなかつた, にはなれません, にもなつ, にもならず, にもならなかつた, に成れなかつた, のゆるみ, の親切, はなく, はなほ更ら, は全く, は無い, もあつ, もされた, もし, もしない, もない, もなかつた, もなくなり, も挫け, も起さず, も起らない

▼ ふ~ (94, 0.2%)

6 になる 4 をとつ, をとる 3 になつ 2 が出来, のもの, を分化

1 [71件] から影響, が, があり, がいた, がはつきり使, が古い, が合理化, が多様, が此, が稀, その物, だが, だと, だね, だよ, であ, であらう, である, でさき, でやつ, で使, で其, で歩行, で舳, で視線, で蹲んだ, として非常, とは全く, と其拗曲, に, にした, になつたの, になつて, になれ, に帰一, に復し, に理会, に表され, に見え, の成立, の方, の死語, の熟語, の物, の話, の語根, の諺, の部落, はあり, は卑俗, は厳か, は必民間伝承, は沙門, は流言, は浅草観音宮戸川出現, は確か, もあつ, もある, も余程, も違, や, をとつて, をとつて後, を主, を仮想, を伝へ, を俟つて行, を持つ, を採つた, を見, を長音化

▼ ふ~ (86, 0.2%)

5 のもの 4 の事, の意味 3 だから 2 ですから, で力自慢, なら, に過ぎなかつた, の処, の意, ゐの

1 [56件] だ, だよ, であつ, であるから, でした, です, では其, でタイプ, で新室, で食, なこと, なもの, ならば, なら人, なら今日來, なれば, なん, な信念, な感心, な所, な甚平凡, な診斷, に考へ, に蒙, に転じ, に郡吏, のつまらない, の交際, の人, の仁義忠孝國, の内容, の勇気, の卑しめ, の地方, の幕末, の心意気, の心持, の收入, の湯, の簡単, の覚悟, の財貨, の贅澤, はかないばかり, は何とも, は無い, は知つて, ひであるが, ひならば, ひ安易, ゐで, ゐならもつと, ゐ曲り曲つて汽車, 大いなる美徳, 嬉しいこと, 泣きたいやう

▼ ふほどの~ (85, 0.2%)

3 ことは, もので, 動機が 2 ことで, ことも, すべての, 事で, 事は, 事も, 言葉は, 馬鹿気て

1 [60件] お孃さん, きまりが, こと言ひし, ものは, ものも, ペシミスティックな, ボヘミアンだつた, 不景氣, 事でも, 事の, 人に, 他愛ない, 余裕は, 力は, 勇気も, 原因も, 哥薩克たちを, 唯事の, 因縁は, 大した異, 大袈裟な, 女では, 姫君と, 希望も, 廣さで, 情を, 惡黨ぢや, 控へ, 日の, 気持に, 激しいクシヤミ, 物で, 理想家では, 生気も, 用意が, 男女は, 畜生でも, 短い袖無半纏, 緊張を, 罪は, 美い, 美人では, 考へでも, 者が, 自信が, 自慢にも, 親しい間柄, 貧しき御身, 貴公子で, 踊りでは, 農人は, 速度で, 野道の, 金は, 間柄でした, 阿堵物を, 難所は, 難所も, 騒ぎは, 騷ぎでそれに

▼ ふ~ (83, 0.2%)

19 はない 6 がない 5 もなく 4 は無い 3 だ, である, です 2 だから, のもの, はありません

1 [34件] がある, がおま, が無え, が豈, ださうで, だつた, だつたけど, だと, で, でこれ, でしたし, でしたよ, で御座いましたよ, で晝過ぎ, で来た, で準備, で養女, なしとの, なの, なりき, なるが, なん, の, の御前崎, の所, の月給, の生徒, の肴, の蘭法, の野口助役, はなく, もない, もなから, も有ません

▼ ふ問題~ (82, 0.2%)

4 が起る 3 である, は小, を解決 2 が起つた, であつ, です, になる, に對, に就い, を出し

1 [55件] がある, が出た, が始め, が貴女, が起つ, だが, だらう, であります, であるが, である支那, でからがそれ, では母親, で山東, で混沌, なの, につき当, になつ, になりまし, にはひります, には何とも, には公明正大, には没交渉, に到達, に歸, に眞面目, に自然逢着, に通じ, に門外漢, の得失, の最初, の解決, はあなた, はジミ, は作家以外, は到底, は又, は單, は専門家, は小さい, は打ち忘れ, は簡単, は自ら, は銘々, をデイレンマ, をポール, を出した, を含ん, を恐らく, を捉, を改めて, を考へ, を考へた, を考察, を聞いた, を辯

▼ ふ~ (79, 0.1%)

4 がある 2 にあつ, による, は馬

1 [69件] いたづら, から支那研究, が巨人, が違ふか, その要, であつ, であり所謂蓼喰, である, でない掲げて, での, でまた, で宋, で炬燵, で男, で私, で英人, と一致, なきまでに, なり, なりブーティ, なるこの, なる眞, に, にて, にては侶, にては自然, によれ, に住ん, に光政卿, に力點, に周章て, に感じた, に現, に祭られ, に詳しく, に誤, に赴い, に金山, のネルモ, の大, の犯罪, はまだ, は一見, は何, は實際, は或, は毎日, は沖繩, へ千種, まで主, まで達した, より來, わが目, を, をお, を厭味, を奴等, を承知, を掻きませう, を聞く, を聽, を見られる, を覗く, を通る, を選ぶ, を開墾, 恐らくば, 欺かず, 誤らず

▼ ふ~ (79, 0.1%)

6 ではない 3 で, であらう, には參 2 である, であるから, ですから, では無い, にはゆかない, には行きません

1 [52件] かと云, かな, か妙, か書籍, がない, だか, だが, だつたらう, だと, だハンテ, であります, であるかと, であるまい, でございましたの, でございまして, でございませぬ又, ですぐ, でせう, ではなかつたらう, ではなく, では無論, で一時流行, で一種, で佛國, で作, で大師, で學問, で御座います, で斯, で日本, で本野, で甚だ, で誰, で道徳上, なれば, なん, にいかない, にいかぬ, にはあらず, にはいかない, にはいかなかつた, にはいきませぬ, には往かない, には行かない, には行かぬ, には行かぬであらう, にも, にも行かず, のもの, は何とか, もない, もなく

▼ ふ~ (76, 0.1%)

2 がいたす, がし, がした, が暗い, が聞える, の朝風

1 [64件] あらゆる世の中, ある聴かゆ, がありませぬ, があんまり, がしない, がしました, がします, がたま, がまだ, が巣箱, が彼方, が滑稽, が王房, が竹籔, が聞え, が聽, が蟋蟀, が見る, が遠く, して, である, でも窓, で終つて, で表した, とが混つて, とはもつ, とは耳, と一緒, と共に三人, と針, につれ, にランプ, に似た, に始, に対する古人, に意義, に氣つけ, に直, に高き, の方, の過程, はさつき, はその, ばかりし, までがきこえる, もさせなかつた, もしない, やゴト, やゴトゴト, や小, や桶, や行水, をあつめ, をきき, をきけ, をさして, をたて, を二つ三つ, を伝へる, を立つる, を立てた, を表, 漸く止ん, 駈けめぐる

▼ ふ~ (74, 0.1%)

2 沙汰が, 病気な, 話を, 話位な

1 [66件] つけ被, つつしみありたきもの, ところに, ねんじなり, セ話被, 主義, 人体な, 便宜として, 信念です, 厚意から, 可憐し, 声と, 声ばかりは, 奬勵が, 姿が, 守を, 客が, 尋が, 希望を, 座敷芸の, 役所まで, 徒士である, 心こそ, 心なるべし, 心に, 心の, 心配で御座いまし, 志願で, 所存か, 所存です, 手つきいと, 手柄に, 様子との, 様子なりし, 様子は, 母上より, 決心な, 決心に, 熱心なら, 用心先は, 申こし, 病さへも, 祈祷だ, 称号と, 經は, 考で, 考へ, 聲と, 覚悟で, 親切な, 親政とは, 言の葉にも, 言葉を, 計らひの, 詞をば, 話しも, 認定が, 論であります, 論には, 論は, 質問を, 道樂が, 遺訓の, 関係が, 頼申入候, 題目の

▼ ふ~ (73, 0.1%)

22 はない 8 はありません 3 には仕方, はなかつた, は無い 2 ないと, はなし, は無

1 [28件] ありませぬ, ありませんでした, からは曲者, ぞなき, なかつたの, なし, におちつく, にない, には余り, には別に, には挨拶さ, には爲方, には自分, にも創作的気魄, に仕, に何, に其命令, に尚, に我々, に此問題, に決して, に滅す, に私, の端艇, はあるまい, はございません, は御座いません, 為方

▼ ふ~ (72, 0.1%)

2 である, に働い, に書い, に自分, に身

1 [62件] かキユッ, だつた, だらう, であつ, であらう, ですよ, でなく人, でなければ, ではなかつたらう, で智恵子等, に, にする, にせざるなり, にた, になるべく, には, には原則, には必ず, には読者, にばかり書い, により苦痛, にわし, にゐる, にムウドン行, に上, に互に, に京都, に何度, に供, に倫敦, に働らく, に受付, に唱, に年, に幾度, に度たび信輔, に彼, に待ち酒, に後ろ, に心力, に恩賚, に憎み, に投げかけられた, に挨拶, に新, に旅行, に旅館, に書いた, に桃, に母屋, に痩せ, に私, に稀, に蝸牛, に賤, に附加, の働ら, の神器, の舞踊, ばかりで, ばかりでなく, ばかりに保存

▼ ふほど~ (71, 0.1%)

4 鮮やかに 2 では, 僕は, 畠と, 稼いで

1 [59件] おのれが, おほらかな, ぎごちなくなる, このあつし, さうし, それ自体不純な, た易い, つね, であり其子, であるから, であるが, でも, で闇夜, なく, なの, ならば, なりき, な傷み, やがて真に底抜け, よいといふ, よい宿, キツチリした, リボンを, 中身が, 他人に, 余計に, 厭らしい, 可笑しくも, 地味な, 大袈裟に, 子供は, 完成した, 心構へを, 愈心, 憎み拔, 枝葉が, 気が, 流せば, 濃で, 特殊な, 現在の, 目ざとい疲勞, 砂も, 私にと, 經つて土藏の, 翼ある, 腹が, 自信を, 語學が, 調法な, 重大な, 陰険な, 隼の, 非国民で, 非国民では, 非高貴, 面白を, 飲んだ焼酎一合, 飲んだ覚え

▼ ふ約束~ (68, 0.1%)

11 をした 10 をし 3 がある 2 などをし, なので, のあつ

1 [38件] がし, が出来, した, したから, して, す, する, だった, だつた, だつたさうだな, だつたの, だつたので, だつたん, だつた下手物, だつた人, だつて言つて, でしたか, でもあつ, で東京, といふの, なん, なン, にし, になつて電話, のできた, のルパン, の人, の外, の日, の日のち, もあつ, も危く, をいたしました, をしてる, をしなかつた, をたて, をたやす, 故九時前

▼ ふこの~ (67, 0.1%)

4 頃の 2 墓や, 子が, 子と, 心がまへを, 種の, 空, 空や

1 [49件] おけさ, お初ちゃんほどの, ゆゑに神を, ミュンヘンの, 三郎兵衛さまの, 二つだけ, 傲る, 儘に, 友だちが, 地方の, 場合シエイクスピアの, 夜すがらに, 姉が, 家の, 家も, 少女の, 度の, 後いくばく, 日大, 日汗に, 旧友が, 時の, 時わが, 時曠野鳴動し, 時用ゐる, 暮しやうが, 最も完全, 桑の, 樹に, 歌が, 毒藥の, 民は, 病人を, 神エトナ山中の, 禍ひとこれより, 素晴らしい健康, 繭ご, 老侠骨, 者アダモの, 芍薬は, 處にて, 街通筋が, 貴き寶, 部屋で, 階段の, 青年に, 青年も, 頃うら, 頃都の

▼ ふ~ (67, 0.1%)

9 いの 3 いが, いには 2 い, いである, いにお, いは, いを, 不意で

1 [40件] いある苦しみ, いががらに, いがその, いがと, いがはて, いが二年三年身を, いが妨害する, いが深夜に, いでありました, いです, いで立って, いという, いと今, いなかなかに, いに, いにあんな, いにそ, いになめられて, いに不, いに対するには, いに調べ, いに鼻, いのごとくその, いのむこに, いはないが, いもある, いもない, いもふたふ, いも情けも, お品さん, お香代さん, そんな甘い, ツ, 今週は, 八, 少しは, 怨みでも, 新吉兄哥, 昼間だ, 罰が

▼ ふつもり~ (65, 0.1%)

5 だつた, だらう 4 だ, だつたが, でゐた 3 だつたの 2 だから, だつたん, だと, でゐる, で居る

1 [30件] かどう, だつたけれど, だといふ, だらうか, である, ですが, では, でぼんやり, でわざと, でゐ, でゐれ, で上つたん, で交渉, で來, で君, で声, で少女, で居た, で居り, で御, で新しい, で暫く, で書いた, で書かれた, で汽車, で煙草入, で藥屋, で行つたの, で言つたの, も無い

▼ ふうち~ (64, 0.1%)

6 に二人 2 にあたり, には文章, へ行き, 早々湯

1 [50件] さあ時, で一時半, に, にだ, には勿論, にもう, にもお, にもす, にもガラツ八, にもキリキリ, にもチラリチラリ, にも不, にも何やら, にも八方, にも平次, にも幾, にも手早く, にも此, にも異常, にも紫玉, にも肌, にも苦し, にも西陽, にも馬鹿, にアツ, に一丁目, に一打ち, に三人, に今年, に兩國, に刀, に外記, に大事, に桜田門, に梯子, に欝, に消滅, に物, に用事, に羽, に飛, に馬十, のこと, はそれで, ふと追放令以來め, へウイスキー, へ白米, へ行く, もどこ, 死んでしまつた

▼ ふ~ (64, 0.1%)

4 が京, が立ちました, も聞かれた 3 だが, のあつ 2 が一度, が一番, が立つた, だぞ, だつた, もありました, を聞いた

1 [32件] ありしが, があつ, があとあと, がある, がエチオピア, がボツボツ, が伝つて, が拡がりました, が拡まつ, が私, が立つ, が聞えた, が聞える, が誰, が近所, が頭, で手, と共に彼, などがある, なども瑠璃子, はどこ, は井戸端, は馬琴, もあつ, もあり, もある, もする, も有ら, をする, を度々, を日本人倶楽部, を立てさせた

▼ ふ人間~ (63, 0.1%)

2 の姿, の心

1 [59件] から威圧, がある, がゐる, が下落, が其数, が出, だと, であつ, であるかと, ですよ, でなければ, ではなかつた, というもの, としての親しみ, とは覺, と同じ, なん, なン, にこつち, にとつて, には未來, に仕立てられる, に出つく, に在る, の口, の大, の弱, の弱点, の淺, の理性, の神経, の精神, の身なり, の運命, は, はいつたい, はいま, はどこ, はどんな, はみんな斯, はもぬけ, は一番, は口, は外, は御免, は日本人, は無い, は疾く, は皆俺, は附き, もある, もない, もなく, よりか馬鹿, をうた, を嫌, を平次, を探究, を残らず引き出せ

▼ ふ感じ~ (63, 0.1%)

3 がした, がする, を与 2 だね, であつ, に染, を起させる, を起した

1 [44件] があつ, がしない, がしませんでした, が先, が幾分, が時, が次第に, が直接, が西洋人, が起きなかつた, が身慄, が違, が非常, が頭, が顕著, だけがし, だなあ, で気まり, にぺつたり船底, のなく, のやう, の云々, はよろしく, は必ず, は有, は精力, もなく, よりも, をこの, をさ, をさせる, を与へる, を出さう, を受けた, を唆, を少し, を強く, を感ずる, を抱かせる, を會得, を残し, を直ぐ, を表す, を起す

▼ ふ~ (63, 0.1%)

3 がする 2 が耳もと, も聞えた

1 [56件] がきこえる, がし, がそつちから, がもう, が其處, が夜風, が心, が此處, が流れ, が空氣, が聞え, が聞こえ, が聞こえた, が聞こえました, が際立つ, が雷霆, が響く, して, するに, ずらりと行渡る, で, で人拂, とがいつ, にまた, に依, に應, に目, の絶間, の聞, の蕭, はどう, は山裾, は眞劍, は義雄, は野山, もした, も何となく, も嬉し, も玄米, も途切れ, やらを聞きました, や口笛, をえも, をき, をすぐ, を代表, を出し, を待ち, を後に, を知らない, を確かめる, を私, を聞い, を聞きつけ, 喧しく廊下, 忽ちハヽヽヽヽ

▼ ふ~ (61, 0.1%)

4 のあつ 2 に對, のつく

1 [53件] かと問, が, がいかにも, がかなしく, が出来, が日本紀, が書い, が毒々しく, が真新しく, それから, である, です, にくつ, にし, にせられたら, に代, に出会, に改めた, のある, のやう, の丸, の如く, の訛り, の貧弱, は, は下, は假名, は其代り, は子, は必ず, は皆女篇, は肉, までも作りてござる, もない, をみ, を以て代, を使, を使つて, を入れ, を出さない, を多く, を持つ, を明かに使つて, を用, を蠅, を見, を見た, を見付出し, を覚えた, を逆, を金紗, を頗る, を餘

▼ ふ~ (60, 0.1%)

4 寺に 2 資本の

1 [54件] ざつぱな總稱の, とはエレメント, なる星, なる甕, なる白雲, な盲人, 事件が, 事実の, 伴集なる, 割礼を, 喜びさ, 喜劇作家である, 喧嘩だ, 変化を, 家族です, 數と, 旗幟を, 書肆である, 槍重く, 檀那が, 歌, 歌夷曲の, 殿様の, 気焔も, 水飲みの, 浪は, 海原に, 海胆の, 潮流の, 犠牲の, 百合か, 盗人の, 紺碧の, 羽子, 芝居も, 茄子二つ五銭大, 蜥蜴を, 術経によるに, 街を, 變な, 變革を, 賛成である, 質問に, 走馬燈の, 軍師, 軍艦に, 都会, 酒家の, 野心を, 雨は, 食堂の, 騷ぎが, 鳶が, 鼓は

▼ ふ~ (59, 0.1%)

5 かし 2 いつまでか, かし我, や, よき, 有難き, 谷間に

1 [42件] おもしろき, おんよろこびねがいあげ, かし一体, かし一體, くの, この子, しく候, たづぬる, はかなきこと, はなしは, まことに君, やいで, やといふ, ゆかしき, らに, ろひ, わたれる, オ, マリヤを, 世間の, 亡ぶべき, 今宵なら, 何もかも言, 具し, 又や, 哀なる, 圓道様爲右衞門様の, 天にて, 実に好男子ぢ, 御き, 忘らえなくに, 悲しかりける, 明けずに, 森雄一郎よ, 理なる, 目を, 空ばかり, 見に, 訝しき, 陸穂を, 隨分要心する, 養子が

▼ ふ~ (59, 0.1%)

4 にうつら来 2 に, へ平次

1 [51件] でも敬語, でも自分, で人, で人知れず, で私, で第, にある, にこの, には大方, には屹, には父母, には祝鶏翁, にも一生懸命, にも二三囘, にも朧げ, にも桜井花子, にも白き, にも見物, にや六つ, に一本, に二十時間, に使つて, に兄, に入, に其, に又, に変態, に山科, に暈され, に次ぎ, に段々, に王積薪, に紅毛, に菜の花, に降, の一人二人, の河内, へ, へ出, へ駆け込ん, やや読む, より吾, をほ, を七人, を僅, を梅, を行か, 僧小僧で, 學生なんて, 徳二郎の, 見世の

▼ ふ人々~ (58, 0.1%)

2 の中, の表情

1 [54件] がある, が何時鳥, が奈良, が少なく, が平和, が悦び, が望む, が此, だけなりとも一刻, である而, で身動き, と交, なの, にも容易, に同じ, に多少, に挨拶, に気の毒, に熱情, に皆, に近い, のうち誰ひとり知つて, のこと, のひしめき, の作品, の口, の唱, の声, の心, の怪しむ, の意氣, の挨拶, の行く, の贔負心, の逸話, の間, の顏, はあん, はさも, はたぶん, は宗教, は必多様, は悉く, は皆, は皆名所繪, は見ず知らず, まで其, もあつ, も交つて, も又, をば仏, を相手, を胡麻, 及び其余流

▼ ふ~ (58, 0.1%)

2 に先づ自分, に原稿, に平次, の日, の晩

1 [48件] から妾, から死, から死ぬ, でも手, に, にあんまりせかせか, にお, にきつ, にそれ, にちよツ, にはだし, には両, には神はず, には老僕, にぼく, にま, に一つ, に主人, に人間, に伺つて, に何, に僕, に先, に其の, に坐つ, に座り直し, に故人, に構, に男性, に私, に秋, に脅喝, に若, に追ひ廻し, に餘所, のやう, のクリスト, の様, の權幕, の男, の米国将校, の頃, はかならず, まではそんな, 掛です, 校長の, 訪ねて, 髮鬘が

▼ ふ~ (58, 0.1%)

9 である 3 ではない 2 であつ, であらう, なの, を含ん

1 [38件] か, があつ, がなかつた, が含まれ, が含められ, が姿, が胚胎, だと, でかく言った, でご, でない殊に, でなく宮廷神, ではなかつた, では無い, で屋號, で有, と思はれる, なりといふかれ, なん, にふり, にや, に取るべから, に固定, に胚胎, に見, のたつ, の再, はない, は含まぬ, は毛頭, も含ん, らしい, をほのめかした, を持つ, を見せ, を込めた, を間接表現法, を陳ぶ

▼ ふ~ (58, 0.1%)

2 を歌つて, を謡

1 [54件] あり支那人, かと思ふ, があります, がある, が伊勢物語, が叙事詩, が松籟艸第七首目即, が沢山, が流行, が誄詞, で作者, なき, なども働きかけ, ならみな讃歌, なり, なれば, にし, には, に耳, のある, のよ, の一つ, の例, の天子, の幸, の思ひ, の本, の浮んだ, の聲, の譜, の部分, はおけ, は仲, は依然として, は即興歌, は字, は熊野, ひ出し, もあつ, もあります, もこの, よりも雪, をさ, をよんだ, を作つた, を作つて, を作る, を唄, を後, を胸, を註釈, を詠ん, を讀み, を高い

▼ ふ~ (57, 0.1%)

3 が開かれた 2 の上, を失ひ

1 [50件] ありと, うつくしきかな, から奥, がある, がどこ, ぞ凡ろか, だ, だと, だにもなし, ですよ, でプレーバック, として進むべき, にまど, に惑はず, に歩み, に穀物問屋, に馴れし, のなつかし, のはる, の八衢, の方, はこれ, はこれ一つ, はたつた, はと夜もすがら, は先づ絶望, は如何, は早く, は無い, もある, もがなかたみに, も盡, も胸底, をいそげ, をしる, をとつ, を取り, を得ない, を採る, を求めなけれ, を知らなかつた, を知る, を經, を縫つて, を見つける, を見出す, を講じ, を通り, を開かれた, を離れじ

▼ ふ~ (55, 0.1%)

5 だ, 縛って 3 でせう, と鼻 2 だが, だよ, だらう, ふン

1 [31件] いったいあなた, きさまら, じゃいけねえ, ずいぶん見通した, そうかい, ぞり反っ, だからねと, だがね, だし, だぜ, だらうと, づかまえる必要, ですがね, ですけどね, ですけどねえ, でもまだ, で商売, で家内, と笑った, どうだ, なれるもの, ふふふふ, ほんとに斬る, まさか毒瓦斯, よろしい, 反り返って, 捕まって, 捕め, 縛っちまえ, 縛らして, 見れば

▼ ふ気持~ (55, 0.1%)

2 になつ, にはなれない, の方, もあつ

1 [47件] からだ, がし, がます, が伊豆, が切なく, が意識的, が根こそぎ, が次第に, が溢れ, が起つ, すらも自分, だ, であつ, ではありませんでした, で一つ, で素直, などはめつた, なんて全く, にされました, になつて, にならない, になる, にはならない, にはなれなかつた, にもなつ, に余り快哉, に美しい, に駆られ, のい, の事, はとうに, はみ, はもうハッキリ, はもつ, は分る, は昔, もする, も制, も少し, も浮かばなかつた, も深く, も解るだらう, よりもま, をもつ, を唆, を抱いた, を見抜い

▼ ふ~ (55, 0.1%)

4 である 3 であつ 2 がある, のある, を分化, を持つた

1 [40件] かそれとも, から, から出, が加はつ, が忘れられた, であらう, であり, であります, であるから, であるだから, である當時佛教, であろう, でなかつた事, でを, で惑星, で數, で桜, で橋ぐゎぁ, と記されました, にし, にて日本書紀神代巻, になつ, になります, にもとれた, にも用, に使, に極められる, に相, に解すれ, に訓, の外, の明らか, の長い, はあつ, は古伝, もあり, も持つ, を含ん, を持つ, を経

▼ ふ~ (54, 0.1%)

3 っと酒, てー 2 っと大きく, っと息

1 [44件] あにおっぱじめた, ういつわりでは, うむ, うん, たまんね, っきゃあ, っという, っとかげっ, っとこめ, っとすっぽかされた, っとせき上げ, っとため息, っと一つ, っと何とも, っと出, っと口, っと吐き出した, っと吹いた, っと大きな, っと往来, っと拡, っと曇っ, っと消えた, っと煙, っと瞼, っと膨れる, っと蘇った, っと載せ, っと陽, っと鯨, っと鼻息, つ, つとうなりました, つと一つ, つと鳩, とその, となっ, と大きく, と息, と煙, ふー, ふー水, わ, わふ

▼ ふ~ (53, 0.1%)

2 のむす, の畜, は霧

1 [47件] か, から芸者, があつ, があり, がある, が多い, であつ, であらう, である, です, でも誰, に一人, に上り, に十三年前, に暮らし, に泊りました, に注ぎ, に訊かせました, に関した, に預け, の, の二階, の人たち奥, の先祖, の前, の土間, の屋根, の薫, はなかつた, はみんな庇, は何となく, は生徒, は長い, は雨戸, へ世話, へ電話, もあった, もなくなり, もなけれ, も準じ, も知らない, も見ました, らしき野, をつれたつ, を出た, を新築, を知

▼ ふ~ (53, 0.1%)

2 の友達, の想像, の方, はこの

1 [45件] が惡, が矢張, が酒, が酔, だつた, だつて, などがこれ, などの特に, なども敗, には父親, には生来, にめぐまれた, に爽, に鬱い, の仕事, の同級生, の心, の心お前様, の心持, の恐ろしい, の此事件, の気持, の言葉, はあまりに, はその, はまして, はやつ, は一方, は不幸, は今, は何, は全然, は必ずしも, は私, は薯類, は蚊帳, は言葉, は酔う, は露骨, への, を, をうた, をとがめない, を兄, を憐

▼ ふ~ (52, 0.1%)

252 れ今

1 [25件] れこの, れそれ, れだ, れといふ, れとは, れパンダロス, れ主義, れ古, れ大, れ天下, れ妾, れ必, れ惡, れ我, れ欺く勿, れ歸郷, れ決して, れ當時, れ蓊欝, れ言及, れ誤理, れ議員買収, れ議員買收, れ豊公, れ靜

▼ ふその~ (51, 0.1%)

2 事ばかり

1 [49件] かはり明日, ことが, ころとしては, ため昼は, なき人, ほかには, もつれ, ドクトルの, 一には, 一番奧では, 一瞬時が, 人々が, 体操を, 余勢が, 元気で, 先夜の, 内容が, 動作の, 友達は, 名に, 名残りの, 味は, 奇妙な, 家を, 小説の, 影にかも, 息は, 恰好の, 悔悟は, 想像が, 意味が, 感情は, 握手の, 方が, 時ね, 時ヂュウス・クロニオーン, 晩は, 朦昧の, 様子が, 灑, 生々の, 眼の, 瞬間に, 笠三蓋とても, 義は, 聲爽かに, 葉その, 通りで, 錦絵の

▼ ふものの~ (50, 0.1%)

2 それは, 滅び易き

1 [46件] あの紙質, いかにも点け, お縫, お鳥, かく一軒, このとき自分, この事件, これは, さう, さきは, すべてに, その中, ただあて, まだ不, まだ残暑, やはり悲しむべき, ハッキリ一般, 中には, 二人向, 何処か, 依頼者の, 元来青年男女の, 其処に, 内心少し, 出來, 出来るだけ, 剛太は, 勿論言葉そのもの, 千九百年代の, 反感を, 同じ泉先生, 地震以外の, 如何に, 平次は, 必しも, 懐しい気もち, 成し能, 或る, 手狭でも, 抑圧された, 極めて珍, 深い憤, 深山へ, 猶詳, 若し私, 身の丈けも

▼ ふ~ (50, 0.1%)

3 がご, の雉子 2 あり, と, に, もある

1 [36件] ありて, が, が腰越, だ, だつたが, です, ですから, におどろきぬ, に会, に狂, に賣, のうしろ出, の時計, の母, の額, はいつも, は何処, は何處, は見た, は近頃, もが月白, もそれでは, も七里ヶ濱, も行き, や旅, や花, ゆゑに, よりも慕, より何段, よ今, を, をほめ, 坊主も, 無き山中, 猿に, 雀の

▼ ふ~ (50, 0.1%)

6 がある 5 もある 3 もあり, を唱 2 があります, が有力

1 [29件] あり, が多分, が当る, が我々三名, が流行, だけれども, と云, などは, には或, に反対, のやう, の一因, の当否, はある, はとる, は下火, は単なる, は斟酌, は森田思軒, は畢竟, は私, もあらん, も生じたであろう, をなりた, を以て頻りに, を信じ, を反駁, を持つ, を疑はう

▼ ふ~ (49, 0.1%)

2 の葦蘆

1 [47件] から此岸, から落ち, が俄, だ, ちかくの, なる石垣越, にて又, には, にゐる, に一点, に火, に着い, に着く, に立ち, に近い, に青く, のあたり, のあの, の三つ, の家, の新しい, の暗い, の枝, の森, の空, の窪いところ, の草, の街道, の野原, はもと, は又, へあ, へすぐ, へのそ, へは日, へは誰, へ投げ, へ渡し, へ渡つて, へ移る, へ飛んだ, まで一たい何里, まで船, もまた, も青じろく, を見ました, を離れ

▼ ふ事実~ (48, 0.1%)

3 である 2 がある, を認めなかつた

1 [41件] が, があり, が此島, が現れ, それから梯子, だ, だけの問題, だけを指摘, だつた, とは違, と比較, と馬鹿げ, にもおの, にもとづい, にも勿論, に依つた, に対しても彼女, の善悪, の為, は少し, は彼, は日本以外, は昔, は最早, は独り右, は私, は近松, も僕自身, も確, をも忘れ, をも忘れる, を何で, を切に, を即座, を振り返つ, を発見, を知る, を被告, を認めさし, 乃至風評さ, 即ち疾

▼ ふ~ (46, 0.1%)

5 があります 3 であります, の中 2 があつ, がある

1 [31件] あるが, がありまし, が出, が實際行, である, にも載, に出, の名前, の書き方, の表紙, は今日, は何かと, は是, は未だ, は隨分, べっ甲の, も流行, を再版, を參考, を天王寺, を好奇心, を拵えました, を書い, を書き, を見, を見る, を読ん, を集め, 來の, 即ち弘法大師, 當の

▼ ふのみ~ (45, 0.1%)

6 である 3 であつ 2 だつた, では, なれど

1 [30件] あれの, うらみじ泣かじお, さきの, であり却, でも, で初め, ならずかの, ならずその, ならずまた, ならず今, ならず南, ならず叩く道具, ならず常に, ならず役人, ならず支那西洋その他, ならず此以前, ならず法体, ならず漢文脈, なり, なりき, なりしが, なり心理的, なるべけれども, はた忍ぶ, わが心, 也食を, 人の, 其宗教の, 其故は, 宇宙果して

▼ ふはり~ (45, 0.1%)

4 とからだ 3 と浮ん, と空 2 と, と宙

1 [31件] として波, とやはら, と上る, と下, と二重, と出, と包まれ, と受け, と地, と坐る, と天上, と寄る, と店, と懸つ, と懸り, と手拭, と掛けた, と昇つて, と水の上, と滲ん, と筐, と膨らんだ, と舞, と落ち, と言, と輕, と隣家, と頬, と飛ん, と首, と鼻

▼ ふ~ (45, 0.1%)

2 は真に, れの

1 [41件] が再, が独り京洛, だつた, であつ, と私, に人工, に取, に告げよ, の両親, の中, の冷罵, の友, の妹アルテミス, の影像, の性癖, の感傷主義, の日, の気もち, の為, の物, の眞面目, の眼, の精神史, の肉体, の衷心, の言葉, の言葉つき, の評判, の詩, の話, の返事, の顏色, の首, はその, は一面, は好人物, は正直, を, を救, を睨め見, を見おろした

▼ ふ~ (44, 0.1%)

4 云ふ 3 笑って 2 思ふと, 数枝は, 書いて, 言ふ

1 [29件] あり天子諸侯, ある, いつた有様, いはれたの, いふの, いふ事, いふ類だ, お笑いに, するの, その男, ーふ, 伊波氏は, 信じて, 再び思ひ, 夜中にも, 小さく笑う, 小刻みに, 思つた, 泳ぎ出して, 玄義を, 眉を, 笑うばかり, 笑った, 笑へ, 苦笑した, 見た, 見る内, 見る我燬, 言つた用語例が

▼ ふ機会~ (44, 0.1%)

4 がなかつた 2 が無, はなかつた, もなかつた, もなく, を得た

1 [30件] がある, がずゐ, がない, が出, が出来, が多く, が永久, が潜む, にはならなかつた, に聞く, のあつ, の事, の少い, の来る, はあるまい, はない, は我ら, もある, もなから, も無く, も生じるであらう, を与へる, を何と, を作つた, を利用, を却つて, を外し, を失つて, を持つ, を逃がし

▼ ふ積り~ (43, 0.1%)

5 であつ 2 か, だ, でゐたら

1 [32件] かといふやう, かといふ質問, だからね, だつた, だつたん, だとか, だらうが, である, であると, であんな, ですよ, でせう, でわざ, でゐます, でサテ三人, で一發小銃, で一際, で再び, で左近太夫樣, で己, で平次, で拵, で来, で病中, で短, で自分, で自慢, なの, なん, もない, らしいん, らしく幼

▼ ふ~ (43, 0.1%)

4 がこの 3 である

1 [36件] あったと, がある, がはつきり, が偶然傳, が出るだらう, が堀, が従属的, が從屬的, が生じ, だと, とした, にしよう, になつ, に解釋, の意味, の方, の表現, の調子, はその, は定家假名, は正, も同, らしかつ, を以て物質的, を反復, を口, を唱, を忌ん, を思ひ出し, を斯, を書いた, を用, を知らない, を聞く, を見まし, を説きたる

▼ ふーむ~ (42, 0.1%)

4 そうか 3 して

1 [35件] あの南京ねずみ, あんなに執念深, うまいこと, えらく踏み倒された, おかしいな, この万太郎, この分, この男, こりゃ人間, こりゃ誰, こんなにわし, しかし我々, すごいぞ, すると, すると病人, ずーっとね, そういう理屈, そうかな, そうかね, そうかよ, そんな由緒, たいへんだ, でその, ではいよいよ, ではこっち, と唸っ, なかなかいい, なるほど, なんという, ふーむ, まあいい, まだ山, 分らないん, 悪いもの, 面白いお話

▼ ふ~ (42, 0.1%)

3 に, に異見

1 [36件] にだんだん, にてれくさ, にはさもさも, にぴよこぴよこ頭, に一頻り, に丑松, に今度, に何, に何とも, に其器械, に初対面, に君, に嘲笑, に姫, に子供, に對岸, に平八郎, に弟, に必ず, に忙し, に思ひ出す, に感じる, に掩, に昔, に春三郎, に犯せる, に私, に繰り返す, に聒, に自分, に谷崎氏, に醜い, に鐵漿, に非常, に顏, も知らなかつた

▼ ふ~ (42, 0.1%)

2 がない, がなかつた, の字, は幾らか, を掛け

1 [32件] があつ, がある, がさ, がどう, が今日明日, が何處, が出た, が此の先, が無く, であつ, であの, で立派, とても, なの, の中, の十分の一, は丸, は今, もない, もなく, もなぐ, もランプ, も尽き, や小遣, をソツクリ, を一圓, を以て谷中村, を借りた, を借りたい, を國庫, を投じた, を掛けた

▼ ふなと~ (40, 0.1%)

3 言ふなら 2 いふこと, いふ事

1 [33件] いうやう, いつた, いふ, いふわけぢ, お思ひ, げんごろう, しきりに志水, シキリと, 一々手, 一言気の, 云はれた, 云ふ, 云へ, 僕の, 兄姉は, 制す, 口留した, 口留めした, 叫びつ, 叫び追, 止めたくせ, 注意した, 申しました, 申しますが, 申す, 繰返しつ, 言つて笑つて話は, 言ふ, 言へば, 読み鮒, 誰かが, 謝し, 願ひぬ

▼ ふ平次~ (40, 0.1%)

5 の言葉 2 だつたの, です, の前, の調子

1 [27件] でした, とガラツ八, にはもう, の口, の問, の女房, の心掛け, の態度, の手, の望み, の注意, の空とぼけた, の背後姿, の胸, はさすが, はたいして, はまだ, はもう, は朝顏, は煙草, は自分, もこの, もカラカラ, も到頭, も女房, も漸く, を仙太

▼ ふ~ (40, 0.1%)

4 の名 2 なり

1 [34件] かくれたるに, がつまり, が存在, が現れる, ぞ知る, だぞ, である, と面, には必或部分, に使命, に大地, に祈る, のあつ, の仔羊, の出る, の善き, の羔, の話, の身替り, の風, は, はあらじ, はアカイア軍勢, は和田, は夙く大刀うち, は彼, は汝等人間, もあつ, もあり, も照覧あれ, よ, より汝, を, 持ちさ

▼ ふなんて~ (38, 0.1%)

2 ことは, 事も

1 [34件] あんなまあ面抵, あんまり残酷, あんまり残酷ぢ, いくら子供, いふ力は, いふ時, いやなこつた, えミミッチイ思想, ことが, ことも, そつたら, そんなこと, そんな気, どうもイヤ, ないわ, なんだか怪しい, むごいこと, 事は, 云つたのは, 云ひ出し, 何て, 何といふ, 余り量見, 可笑しいな, 味噌ばかり, 圖は, 思ひも, 怪しからん, 残酷ぢや, 私には, 筋違ひだ, 近所へ, 阿呆が, 随分だ

▼ ふ~ (38, 0.1%)

3 に告げよ 2 かとも思ふ, に告げ, に惜, は, もまた, れとても, れは

1 [21件] この巖間, ならず, ならなく, にその, に一杯, に接吻, の背, の親切, はこの, はアレッツオ, はルーチア, は汝, は聴きつ, は言, も其方, も寒, れさ, をさも, をし, を認め得ず, 思ひ

▼ ふまで~ (37, 0.1%)

2

1 [35件] いつまで, こえて, である, まとまらなかつたもの, 一ヶ月ばかりの, 中絶し, 創作集が, 千代も, 夢の, 徐り, 復古した, 思ひ知らせて, 我を, 文壇の, 気づきも, 決して他人, 生きて, 病院へ, 眠らなかつたいろ, 眺めました, 立つて, 罪の, 罵り交, 聞えなかつたの, 自ら涅槃に, 花やかに, 若し赦免, 跳んで, 追尋, 離れないやう, 音を, 風邪でも, 飼つて置く, 黙つて, 黙り続けて

▼ ふ~ (36, 0.1%)

127 ふウ 3 いって 2 んそり

1 [12件] っと腹いっぱい, とその, と息, みッ, んお前さん, んそんな, んな, ん臺所, ん見くびっ, 冷ましては, 啜って, 喘いながら

▼ ふ信仰~ (36, 0.1%)

3 があつ, である 2 から出た, の下

1 [26件] から出, が八重山, が出来た, が合体, が形づくられる, が日本, が有り, であつ, と一つ, と現に, にはたま, には此考妣二位, によるもの, に近づい, のあつ, の基礎, の為, はそれでは, は必, は近代, も後世, をもつ, を印象, を含め, を持つ, 抜きながら

▼ ふ心持~ (36, 0.1%)

2 になる

1 [34件] からドストイェフスキイ, があつ, がし, がする, が可, が濃厚, が解らなかつた, が路, が附き, だけが増長, である, ではない, で名前, で己, で書い, で話, で返す, などは毛頭, になつ, になつて, に依つ, はなかつた, はひとし, は悪く, は直に, もある, もその, もない, もなく, をお, をおかみさん, をする, をスツカリ, を知つて

▼ ふ~ (36, 0.1%)

2 に笑窪

1 [34件] にあらはれる, にうやうやしい, にまた, にわたくし, に不幸災難, に何, に僻地, に嘔吐, に妙, に姉, に室内, に少し, に左右, に彼, に彼女, に必柔術, に息, に感激, に新作, に果して, に此, に歯ぐき, に激しく, に父母, に眼蓋, に祖母, に私, に考証, に腹, に自ら, に西洋, に角度, に起つ, に軽い

▼ ふ~ (36, 0.1%)

2 では疑, に於, に於い

1 [30件] から今, から推論, から極めて, から見る, から見れ, があります, がなかつた, が印度, が甚だ, だけで, である, では今度, では君, で之, で古, にありました, にある, に存するらしい, に就い, に極めて, に至つて, のみから見れ, はあ, はあります, は唐, は形態, は支那, は私, も多, を拔山博士

▼ ふそれ~ (35, 0.1%)

2 は何時も

1 [33件] から二三杯, がこ, がしももとより, が三十七年, が何で, が何より, が彼等, が酒, こそ氏, こそ浮かぬ, であらう, でゐ, にては余, はあなた, はあまりに, はその, はどんな, はほん, はまだ, はよろし, はわたし, は大きな, は撞球, は聖者, は記念, は音楽的, ばかりでない, もよから, も今, より尚, を冬村君, を聞い, 見ろ

▼ ふ~ (34, 0.1%)

3 け生命, であつ 2 けなんにも, で肝腎, の事

1 [22件] けで, けにすぎぬ, けに作, けに過ぎない, けのこと, けのもの, けの用意, けの自信, けは云, け無益, その嫌疑, だ, でおとなしく, でつまり, でも一手柄, でも単純, に立派, のもの, の事実, の大胆さ, の收, は父

▼ ふ~ (34, 0.1%)

2 にひかる, をぐる, を携

1 [28件] がかじけた, が及ばず, が廻らなかつた, で紫色, で障子, にも竝ん, に十行余, に水従, に病院服, のそば, はありますまい, は無い, は無え, もある, もなく, も洗, を, をあげ, をやめ, を引ツ, を知らない, を紛ら, 古奈には, 數を, 漉の, 當は, 詰の, 違に

▼ ふ種類~ (33, 0.1%)

5 のもの 3 の噂 2 の事, の女

1 [21件] などは翼, の人, の人々, の人間, の商売, の団体, の外国劇, の夢, の女子, の御, の感動, の木遁, の現象, の知識, の美人, の芸術, の親方, の言葉, の質問, の雑誌, は皆此

▼ ふべは~ (32, 0.1%)

3 秋と 2 よみが, 萩の

1 [25件] あかく吹き, あかく天, あかし陽に, あんまりしづか, うれて, さむいふくろう, すがすがし葦, どうも, なごやか, ふくろふ, また散歩, ゆふ, 壮大の, 壯大の, 夜ど, 寒い猫, 崑崙の, 晩くまで, 柏ばやしの, 特にその, 私は, 繁に, 豚の, 雨ふる, 靄に

▼ ふ~ (32, 0.1%)

3 もなく 2 がない

1 [27件] ある哲理的, がある, が欠け, が足りない, だから, なく, に誘はれ, のいと, の夢, の欠け, の無き, の現れる, はない, は彼女, は彼等, は減少, もありました, もなくなり, も失せ, も拔, も無い, も盡, をかり, をもち, を失つて, を持ち合せ, 残れり

▼ ふ~ (32, 0.1%)

3 冊子が, 論文を 2 冊子を

1 [24件] き鳥居夥多, せんの, 世界, 世界の, 事件の, 事件も, 供等の, 兒を, 劇場に, 娘の, 學兒童といふ, 家かな, 新田山の, 理想家は, 生たる, 競合や, 羊の, 蒸汽船に, 論文は, 農村に, 鍋で, 雨も, 鳥追ひ打つ, 鼠殊に

▼ ふ~ (32, 0.1%)

6 はない 4 がある 2 をも知りやがらない

1 [20件] があらう, があるだらう, がない, が有る, ぞはる, と道徳, に從つて, に遺つ, の会, の會, は何所, は無, は無い, は無から, もあれ, も無, をも知り, を布く, を行, 無あ

▼ ふ理由~ (32, 0.1%)

2 は一

1 [30件] から父, から自分, があります, がつけ加つて, が何処, であつ, であるか, です, でヒロイツク, で事実, で此語, で私, とで成る, と畑地, にはなり, に帰着, に關, の基, の外, の説明, の電話, はある, はそれ, は明瞭, ばかりで, もない, もなく, もなし, を火車, を説明

▼ ふ~ (32, 0.1%)

4 なの 3 か二十年 2 だが

1 [23件] か広瀬川合祭, か焼け, か荷風堂先生, か西洋輓近, か解説, だ, であらう, である, でする, ではない, ではなく, でゐる, で当座, で方言, で非, にはいかなかつた, には行かない, には行きません, に行かう, の間違, は形容詞, は後宮方, もなく

▼ ふ~ (32, 0.1%)

2 となつ, の有

1 [28件] ではある, でふら, で可, で常々, で腰, と, となりな, とは知らした, ならば, なるらん, なれど, なれども, にしあれ, にしみぬ, にとつて, にはあらね, にはうれしけれ, の, のから脛, のわづら, の一死, の振り方, の民子, は, は生物, も心, を君, 振によつて

▼ ふあの~ (31, 0.1%)

3 時貴君が 2 女の, 娘は

1 [24件] 二人よりも, 光りは, 句の, 場面を, 女, 娘の, 子が, 子供つ, 意気と, 時は, 朝夕の, 白い幼児たち, 純粋な, 自分よりも, 茶話に, 辨當屋から, 通りに, 鎌の, 闊達さどんな, 霧の, 面会の, 馬鹿乳母め, 駈けざま, 黒紐の

▼ ふひと~ (31, 0.1%)

2

1 [29件] か羽ごろ, が, ががいせん, だと, だな, だわねえ, であつ, とかへませう, とどうして, と結婚, なん, なン, には見えません, にまるで, に言っ, ね, のおだやかさ, の建築, は人, は昔, は私, は離れつ, ひら, ふしも, もあるでせう, もございませう, もなし, や野尻, をわが

▼ ふ~ (31, 0.1%)

4 もある 2 がある

1 [25件] があります, が實際, が幾ら, が見られる, なら彼, になつ, になつて, になる, によつて湯田温泉, に富ん, に洩れず, のやう, の多い, の女房, の本領, は幾ら, は支那二千餘年, は芭蕉, へは背反連合, もあります, を一つ, を今一つ, を使つて, を擧げられし, を考慮

▼ ふ小説~ (31, 0.1%)

3 を書いた 2 がある, を作る

1 [24件] だつた, にある, に何行, に手, に興味, の一句, の中, の作家, の価値, の原稿, の題, は, はある, は実は, は紅毛人以外, は読んだ, も存在, も野上臼川氏, を世に, を受け売り, を指し, を書かう, を考へ, を読む

▼ ふ~ (31, 0.1%)

4 ひ方 2 につき, のよろし, はぬ, ひますよ, ひ草, 有り

1 [15件] こそうたて, だにあら, はむと, ひかた, ひが, ひがかり, ひ傳, ひ廻し, ひ立て, ふと何, ふの, ふを, を換, を發, 深い長靴

▼ ふ資格~ (31, 0.1%)

6 はない 5 がない 3 がある 2 のない, は私

1 [13件] から入り乱れ, がなく, が無い, すら自分, ないかも, の宣言, の無い, はありません, はなかつた, はなく, は全く, は無い, を得る

▼ ふほどに~ (30, 0.1%)

2 して, 人の

1 [26件] しぐれる, そこを, その建御名方, たれ教, なりました, なるので, 世俗的で, 傍なる, 先入の, 具象的なら, 劇しく, 古の, 峠は, 広く折返したる, 我等は, 房, 死たるを, 気分は, 気持ちは, 海人大, 眉目いつしか, 神前寺内に, 立つて, 酔うて, 酔ふ, 難かしい

▼ ふ~ (30, 0.1%)

2 の友だち, の皮, もここ

1 [24件] が最初, で席主, としては居ない, にお, にとつて君, にはいつも, にはこの, には恐し, には恵まれ, には物知り, のみと始めて, の夢, の弾丸, の形式上, の親友のち, の言, の言葉, の記憶, の話, はその, は我知らず大声, もその, を救, 若し一兵卒たる

▼ ふ評判~ (30, 0.1%)

6 であつ 2 が立ち始め, が立つ

1 [20件] がありました, がその, が友達, が專ら渠, が直ぐ, が立てられる, だが, である, なれば, のあつ, のある, のよく, の腕利, も聽, をする, を却つてこちら, を専ら, を私共, を聞いた, を聞く

▼ ふ餘地~ (30, 0.1%)

10 もありません 6 がない 3 もなかつた

1 [11件] がありません, がなかつた, がなく, なしと, のない, の無い, はありません, はない, はなから, は少し, もない

▼ ふ人達~ (29, 0.1%)

1 [29件] から考へれ, がすべて, が丁度, が主, が大抵, が支那, が日本, が晏然, が親切, が首, だらう, とは一緒, と代, なの, にとってもわが, によけい, に取, に飽き, の一番, の上, の方, の行為, の行爲, はことに, は怒つ, は戰亂, は案外, は立憲政治, を相手

▼ ふ代り~ (29, 0.1%)

6

1 [23件] として立つ, にかすり, に今度, に何何, に俗交, に女房, に家族, に彼女, に思はず, に息子, に憎み, に拳固, に敬意, に最初, に村井, に次, に正月三个日, に歴史的意義, に窓下, に綺麗, に自己, に銅像, に頭

▼ ふ態度~ (29, 0.1%)

2 を採る

1 [27件] が幾分, で, であつ, であの, で不, で平岡, で意地, には多少, には頭隱, によつて, に出, に出られる, のほか, の方, の狂熱, の窺, はこの, は何樣, は社会一般, もとらず, も昔, をし, をとるべきである, を取, を改める, を見せる, 譬へば本

▼ ふ~ (29, 0.1%)

5 があつ, がある

1 [19件] があ, がありまし, がいくらか, がついた, が非常, だった, にあの, にお歌さん, にこの, に其の, に古い, に寛, に平次, に自分, に風之進, のある, のついてた, の附いた, は止まなかつた

▼ ふ名前~ (28, 0.1%)

2 だと, で芸者, をつけた

1 [22件] がつい, が付, が前漢紀, が命名, が殘つて, が目, だけで通, だつた, のはいる, の人, の余りに, の女性, の石けん, は以前, は其処, は青年, ばかりで, をつけ, を与へた, を付け, を聴く, 程戲曲

▼ ふ姿~ (28, 0.1%)

3 であつ 2 なり五重の塔, になつ

1 [21件] が目, が空間性, が見たく, で平素, で矢ツ張り舌, としての陰影, と到底, に固定, に部屋, は就中, は美しい, や斯く, をとつ, をば人々, を世界, を妻君, を採る, を見, を見た, を見ない, を見る

▼ ふ意識~ (28, 0.1%)

2 を含ん

1 [26件] から身動き, がある, がこの, がはつきり, が俺, が出, が大層, が明らか, が段々, が重, で自分, なくといふ, なく唯今, によつて, に於, の欝, はあ, は常に, は強く, は忘れ, は無く, も師匠, を, を前, を温めた, を顯

▼ ふ樣子~ (28, 0.1%)

5 もなく 3 だつた 2 でした, もありません

1 [16件] があり, が見える, が見られない, で, であつ, でぺッ, で産婆, なりしが, に氣, はどうも, は不思議, もございません, もなかつた, も無い, をする, を見せました

▼ ふ~ (28, 0.1%)

2 に身狹乳母

1 [26件] で, であること, でそれ, といふ, にこの, にこれ, にする, にどんな, には先づ, には與次郎, にわざと, にカイロ, にムウドン行, に動物, に口實, に強, に拜借, に早く, に痩せ, に相, に石鹸, に讓, に鯖, に鳥兜, の呑み屋, の石鹸

▼ ふ習慣~ (28, 0.1%)

4 があつ 2 がある, になつ, を養

1 [18件] があります, がつい, がどう, が出, が出来, だつた, であるから, でして, になつて來, に結びつい, の, のあつ, もあつ, をつける, をわれわれ, を与へられた, を有し, 大方其の

▼ ふ~ (28, 0.1%)

4 になる 2 であつ, なりけれ, は花

1 [18件] からその, から乳母, から春, その前, だつた, であれば, なり, なれや, になつて, にはそんな, には紳士社会, に一寸色目, のす, の倫理, の夕まぐれ, は徃返, ふと橋, を髪上げ衣更

▼ ふごと~ (27, 0.0%)

2 にその, に吐く, に必ず, に我

1 [19件] かりき, に, にお, になやみ, に二人, に人々, に何故, に例, に其友, に友, に彼, に我友, に昔, に死出, に聖母, に自分, に身うち震, に輙, 思はましかば

▼ ふはと~ (27, 0.0%)

3 風を 2 した雲

1 [22件] さはりしが, した大きい, その幻, たんぽぽの, のつかつ, 傘の, 動いて, 動き出したの, 嚢の, 夏水仙の, 夏水仙のに, 天へ, 感ぜられました, 揺いで, 撫子が, 柔かくな, 浮いて, 舞ひたつ, 落ちた, 蟻の, 離陸出来さう, 飛ぶたんぽぽ

▼ ふ~ (27, 0.0%)

4 ふツ 2 はツ

1 [21件] くらした肉, さりと, て云つたぢ, とあつく, といき, とけ, とけは, と二つ, と吹い, と吹いた, と吹き, と吹く, と擧げた, と気づく, と氣息, と沸き, と消えた, と眼, と立つ, と顔, ふ

▼ ふ八五郎~ (27, 0.0%)

13 です

1 [14件] が田圃, でした, ではありません, に, の後ろ, の相手, の聲, の言葉通り, はさすが, は少し, は頬冠, もあまり, をたしなめました, を平次

▼ ふ場所~ (27, 0.0%)

2 かも知れない, からの名

1 [23件] があります, が僕, が即, が小玉小路, が神聖視, だがら思ひ切って, であるかと, である丸太橋, で女, で陳列, とては見つからなかつた, とは思へません, によつて, に窮, に立つ, に非, の十二時前, は広い, は某, へ来, へ足, も場面, を作らね

▼ ふ~ (27, 0.0%)

2 は咲け

1 [25件] である事, とこそ見れ, ならば, なり, なれば, なれや, につけ, にながめせし, にま, に風, の一枝, の下道行き, の匂, の印象, の姿, の弁当, の息, の散り, の窟, の頭, の魂, は東京, も今朝, をただ, をも此川

▼ ふ~ (27, 0.0%)

2 のいや, のはて, のまろがり, の影

1 [19件] が結, たちまよ, だになし, など云はん, に似, に落つる, の, のうつくし, のかげ, のかげあり, のよそり妻, の八重, の眼, の騒立て, の騷立て, は妹, も隅, 落ちて, 行きまよ

▼ ふこれ~ (26, 0.0%)

1 [26件] がそも, がそんなに, がとても, が其の, その餘談, だけの柔らかい, で当分, で晩飯, に恐, は口説, は強敵, は私, は鋭き, もあたり, もうまから, も十五円ウィンナ製, も名残, も当, も旅, も是非, も緑平老, を二布, を二惑星, を出, を諒, 即ち菩薩

▼ ふ~ (26, 0.0%)

3 やいく

1 [23件] かなもろとも, がその, が側, が光, が名言, が姿, が木葉, が館, ききて, こそ御, と我と, などと諷し, に別, に逢, の傍, の箪笥, はいつも, も無き, よこちら向け, をなつかしみせよ, を得, を見, 逝いて

▼ ふ大きな~ (26, 0.0%)

1 [26件] 一閑張りの, 一類の, 区別が, 口よ, 家で, 家は, 家族の, 愛が, 戰爭です, 杉が, 村の, 杵を, 櫛の, 波に, 澁團扇の, 町が, 石が, 羊齒の, 考を以て, 背景が, 虚像の, 蠅も, 重い酒樽, 鉾で, 障礙について, 音を

▼ ふ~ (26, 0.0%)

3 の若葉 2 の小

1 [21件] か知らん, がちかく, が花崗岩質, にて路, のしぐれ, の八十坂, の尾根, の峽, の後空, の棚畑, の椎, の榛生, の畳峰, の草むら, の草山ゆ那須野, の鳥, の麓, は生姜, は青く, もなくなっ, や川

▼ ふ形式~ (26, 0.0%)

2 にあり, のもの, の上

1 [20件] から発し, があつ, が我が国, が持つ, が習, が芸術化, で我が家, といふこと, と考へられた, になる, にも換, に限られ, の備, の寿詞奏上, の詞章, の話, も具, や内容, より外, を以てする

▼ ふ所以~ (26, 0.0%)

10 である 3 なり 2 だと, なの 1 がある, であると, なるを, にはならない, の一つ, の物, の経綸, の經綸, の道

▼ ふ方法~ (26, 0.0%)

2 で略解決

1 [24件] があります, がなく, が見出される, が非常, でも直ちに, としては勿論, と云, と聞かされなかつたら, と言, などに就い, にし, について私, の如何, はいくらでも, は毒物, をとつて, を以てし, を取り, を思ひついた, を採る, を昔, を物部, を研究, を考へ

▼ ふ~ (26, 0.0%)

5 がある 2 といふ事

1 [19件] が浮ぶ, なぞを掲げ, には巴里, に次, に歌, の入, の句, の序, は手苛, は誰, は近頃, は隠者, や思想, をお, を引い, を知つて, を見, を見る, を誦

▼ ふ調子~ (26, 0.0%)

2 が出, は低い, ばかりでございます

1 [20件] が妙, が格別, だつたもの, で, であつ, である, でヌケヌケ, で一くさりづつやるのだから, で凡て, で出発, で虱さ, なの, なり, にしなけれ, にのった, の冷た, は古, は含ん, は昔, も併

▼ ふ~ (25, 0.0%)

4 ふあ 3 まつさ 2 たは, たり離, ひだに

1 [12件] がんが, ざけりのこゑ, た, たはじ, たり, たり遙, はははは, ひだ妻は, まつ, ツたかみを, ーッ, ーーっ

▼ ふやつ~ (25, 0.0%)

2 がある

1 [23件] か, かね, が付纏つて, が時々, だ, だが, ですね, なら大き, にねえ, に對, はうまい, はみんな, はもの, は三年, は妙, は小面, は洛中, は皮肉, は税, は誰, もよく, を掻攫つて, を椀

▼ ふ~ (25, 0.0%)

2 いちじるし若芽, は, 自ら思へ

1 [19件] からそんな, か搏ん, ぞ声, ではこの, に見せ, のこころ, の場合, は夜, は旬刊雑誌, は昔, は眠れり, は眺めぬ, 一首は, 人の, 俗に, 夜直に, 此処に, 行きて, 黒舟の

▼ ふ~ (25, 0.0%)

2 があつ, は則

1 [21件] があります, がある, がひどく, が有る, が諺, でもと, に亞, のある, の伝つたの, の間隙, は文章上, は此歌以前, もある, をくり返し, を亜, を仲の町, を作つた人, を作る, を加, を宗匠, を處

▼ ふ若い~ (25, 0.0%)

2 男が

1 [23件] から一概に, やつが, 一人の, 亜米利加人が, 人は, 夫婦が, 女と, 女どれも, 女な, 女性が, 女房を, 女歌人の, 妾を, 婦人記者の, 岡つ, 弟子が, 男女の, 男達は, 神たちには, 細君の, 美くしい, 者二三人中にも, 醫者が

▼ ふ~ (25, 0.0%)

3 でなければ 2 なりき

1 [20件] が身体等, さう, であらね, であること, では私, と魚, のかをり, のみの法師, の執着, の雫, は固形, は液体, は讃, は飲めません, へ, へ転じた, も醤油, よいかな, を借る, を飮む

▼ ふ間もなく~ (25, 0.0%)

2 横に, 踵を

1 [21件] お琴, かれら, 三十八人の, 塵芥の, 外から, 川の, 布團の, 平次に, 座を, 引落されました, 彼の, 忍び返しの, 板敷の, 次の, 真つ, 真二つ, 窒息し, 篠突く, 腥, 足を, 過ぎ去らうとして

▼ ふそして~ (24, 0.0%)

1 [24件] いつしよ, いつもの, いつもほのか, ぐつすりとねむつた, さう, ほどよく, 一杯やりたい, 三人いつ, 二人だけの, 僕達は, 共に宿直室, 再び庵, 周二君を, 實に, 帰る, 払へる, 折り, 本町の, 泊る, 洗濯掃除草取等々, 爆発と, 笑ひ, 腹にも, 飲めるだけ

▼ ふたび~ (24, 0.0%)

1 [24件] にこれ, になに, にま, にオド, にオパル, に今更, に実は, に家, に心, に思ひ出す, に想, に成熟, に救, に最後, に次第に, に気, に真赤, に私, に秋, に萎れ, に言つて, に里子, に青い, に馬越

▼ ふより~ (24, 0.0%)

4 見れば 3 推すに 2 あらためよとい, 観れば

1 [13件] しかたが, して, 上林さんと, 他に, 先き, 外あらざりき, 外に, 外は, 山を, 慣れろだ今, 推すこと, 推すべきのみ, 援隊壮士三四等ときの声を

▼ ふ~ (24, 0.0%)

3 しに 2 でもない

1 [19件] かお前, かしらけし, から何, がそんなに, が故に, といふうま, といふ面白く, によりて, のなぐさめ, の仕事, の役, の必要, の理由, の益, の証拠, もり, も存じません, よりも肝腎, を以て劣

▼ ふ其の~ (24, 0.0%)

2 俗論たる

1 [22件] やうな, 便利な, 俤を, 像には, 初久努, 娘は, 婦が, 年十七に, 心配かな, 恩に, 新造の, 方法手段であります, 時は, 時分に, 木像でも, 槃特が, 符牒で, 結果は, 脊丈恰好が, 腰元の, 證據は, 間を

▼ ふ手段~ (24, 0.0%)

3 である, であると 2 でないといふ, にあらず

1 [14件] であるといふ, であるとの, で三千代, とが先, にしました, によつて消極的, による事, は全く, は毫も, も己, をわたくし, を僕, を取らう, を執る

▼ ふ時代~ (24, 0.0%)

1 [24件] が來, が来る, であつ, ではない, では少し, と別れる, なの, になつたの, になつて來, には聖人, に到達, に当, に新しく, に於い, の不, の中世, の村, の風潮, は日神隠れ給, は語彙, もある, もどうにか, を早く, を過ぎ去つ

▼ ふ~ (24, 0.0%)

8 はざる 4 はざる所 3 はずして 1 しかるべし, ず, はざら, はざる苦艱, はざる説, はざる貫一, はざれ, はずんば, わかり申候

▼ ふ~ (24, 0.0%)

3 ひの 2 である, の事, もある

1 [15件] が盛ん, すら往々, でもろに, にはとう, にや, に属する, に洩れなかつた, のもの, の之, の人々, の伝, の美しい, は朗廬, は武家, を以て自然

▼ ふばかりに~ (23, 0.0%)

4 なつた

1 [19件] いたくゆがめる, この者腦蓋, させた, 候, 八声の, 半裸體の, 宙に, 後の, 心に, 急る, 成つた, 成りました, 我は, 脚下に, 血迷つて見える, 躁れ, 近く身を, 運転する, 長く延ばした

▼ ふ不思議~ (23, 0.0%)

2 なこと, な事, な偶然

1 [17件] なこつたらう, なしかし, な光景, な力, な名, な姿, な對照, な概念, な機縁, な決心, な沼, な珠玉, な理由, な話, な運命, な魅力, に静寂

▼ ふ事實~ (23, 0.0%)

2 によつて, を否定

1 [19件] があ, があつ, があり, が明白, である, に歸着, の發見, は三國, は云, は俺, は元, は其處, は同じ, は破, もあつ, を, をお前, を僕, を辨

▼ ふ~ (23, 0.0%)

4 なの 32 は君

1 [14件] ありやと, だとは, の子守唄, の寒, の気苦労, の稀, の薄, の街, の雪黝, の音, は句会, は寢, よ, 短し睦言

▼ ふなり~ (22, 0.0%)

2 あなかしこ麻布第, の通る

1 [18件] あはれなる, と言, ニキタは, 伏見城, 候, 又思ひ出した, 我も, 故に意向, 春の, 朝顔絡む, 村長が, 棒立ちに, 次第な, 次第に年, 温順しう, 而し, 良子は, 芥川龍と

▼ ふやら~ (22, 0.0%)

2

1 [20件] ひよんな, わからずそれ, ジャムを, パスツウルの, 不安心と, 乃公は, 分つたものぢ, 可恠, 唸るやら, 団子屋の, 團子屋の, 大騒ぎ久太夫は, 帰つた様子, 指輪と, 殆彼一人が, 湮滅せん, 睡りに, 種々な, 粥を, 面白い事

▼ ふ人毎~ (22, 0.0%)

2 と云つて, に目的

1 [18件] に, にお, にこの, にその, にそれ, にとりわけ, に代議士, に同情, に吹聴, に声, に弁解, に必ず, に東海道行き, に柔らかい, に此方, に訊かれた, に訊ねました, の首

▼ ふ文字~ (22, 0.0%)

1 [22件] がある, がどの, がはつきり印刷, がわたし, が新聞, が眼, が豚小屋, である, ではお前, でははつきり心もち, には逸, の代り, の多く, の感覚, の連發, は仙台平, を, を以て唯, を書いた, を用, を見, を遠く

▼ ふ~ (22, 0.0%)

2 と梅, のかげ洩れ, のつぎつぎ, のダリヤ, の光

1 [12件] があ, が百舌鳥, しろ, のさせ, のひかり, のもと, の友, の影, の手枕, の西, は此, は皆日

▼ ふ~ (22, 0.0%)

1 [22件] が心光地, この樹, たと, のいへる, のみ光榮, の才, の父, の謹厳, の霊活, はいかに, はこ, はまた, はダンテ, は何ぞ, は汝, は福, もし, わがうちまもり, わがため, を待たざりき, 少しく愼, 恐る

▼ ふ~ (22, 0.0%)

2 もなく

1 [20件] あらねば, あらば, だ, だらう, ではない, と演劇, に長ずれ, はない, はよく, は心得た, まで傳, もあつ, もあるでせう, もない, もなかつた, を使, を得る, を心得, を知らざりき, を知らなく

▼ ふ~ (21, 0.0%)

3 ういふ, うして, う云 2 つぱりした 1 ういふ仕方, うかなあ, うした, うだ死んぢ, うですか, うよ, うわかればもう, う言, つそく草庵建立, ばれ我等

▼ ふふと~ (21, 0.0%)

4 笑った

1 [17件] わらい出した, 云うよう, 口元に, 嗤った, 嬉しさうに笑つて, 思ひ出せさ, 悪戯そうに, 笑うと, 笑うよう, 笑っただけ, 笑って, 笑つた, 笑ふ, 笑へり, 静かに, 驕慢に, 鼻で

▼ ふまでに~ (21, 0.0%)

2 なつた, 二里過ぎた, 夏の

1 [15件] あは, はなつて, 一ヶ月の, 事柄の, 余は, 凄くも, 廿日あまり五日に, 思合つたその, 深く蝙蝠, 漕附けた, 相見ね, 至らなかつたの, 誰か, 雪ふりに, 鰹船の

▼ ふアカイア~ (21, 0.0%)

83 の軍 2 の軍勢 1 の一人, の中, の他, の勢, の將軍, の水陣, の衆, の陣

▼ ふ傾向~ (21, 0.0%)

3 がはつきり 2 がある

1 [16件] から日本人, から無理, から誘はれ, があり, が甚だしく, になつ, の学者, の小説, は人間, は有, を持つ, を持つた, を示した, を辿つ, を辿らなけれ, を頗る

▼ ふ工合~ (21, 0.0%)

2 にし, になつ

1 [17件] だつたかねえ, であつ, でありまして, である, でシラトリキキチ氏, で畫, で行きます, に, には行きません, に人心動搖, に儒教, に寄せ, に梶棒, に段々, に泣い, に直せる, に途中

▼ ふ希望~ (21, 0.0%)

2 を抱い

1 [19件] があつ, がある, が朝廷, が本当に, が私, が輝いた, が遠く, だった, であつ, になり, に向, はありません, は常に, は益々, をさ, をもつ, を持つ, を起した, を述べる

▼ ふ~ (21, 0.0%)

2 のやう, もあれ, もない

1 [15件] からとていやいやながら, があらう, があれ, がなく, など, にはこつ, に逢, はあ, はなかつた, もあつ, もある, もなく, よく啼く, を得なかつた, を見付け

▼ ふ様子~ (21, 0.0%)

2 が見える

1 [19件] がない, が現れ, が目, であつ, である, でひたすら, で十三時, で後向き, に, には周囲, に見えた, はない, もなかつた, もなく, をし, を此方, を見る, を見物, 何とこれ

▼ ふ決心~ (21, 0.0%)

2 にてストライキ, も我, をした

1 [15件] が出, が出来れ, が固く, が附かぬ, だつた, だで, でとび込んだ, でみのる, でゐる, で専ら, は持つ, も出, を定めた, を絶えず, を話され

▼ ふ自分~ (21, 0.0%)

2 に目

1 [19件] がなさけなく, が言, ではい, でもない, に何, に強い, の実際, の小説, の幽霊, の心, の態度, の戀, の歩い, の満足, の犯し, の素姓, の音声, はそれ, もかかる

▼ ふ観念~ (21, 0.0%)

1 [21件] から出る, が一緒, が先, が先入主, が失はれる, が社会, が竜, である, と全然, には数多, の引き続き, の滅, の滅ぶ, の生ずる, の結びつき, の臍, は我々, は有, を地物, を生ず, を表す

▼ ふ返事~ (21, 0.0%)

5 をした 3 だつた 2 だ, を得た 1 があつ, が一回, が來, であつ, の代役, をする, を書いた, を聞いた, を貰

▼ ふ~ (21, 0.0%)

4 もなく 3 もない

1 [14件] があり, がなかつた, に, にもう一度, に二臺, に何, に早く, に近き, に電柱, のある, はなかつた, もありやしません, もな, も手紙

▼ ふ~ (21, 0.0%)

4 をし 3 をした

1 [14件] がいけない, がだんだん, が反返る, して, に触り, のなか, もせず, よりも一層, をしました, を智恵子, を突きあげ, を見, を見る, 附きで

▼ ふ~ (20, 0.0%)

32 いつ結つた

1 [15件] ああこの, あゝ此母さん, お盥, く根, のしづけ, はてけむ, エエエは, 一体いつ, 僕の, 前の, 坂を, 妾なんか, 小ふ, 誰でも, 速に

▼ ふ一つ~ (20, 0.0%)

2 がひ

1 [18件] のイデオロギー, の事實, の例, の助け, の原因, の天才, の完成, の市井風物詩篇, の強味, の形式, の心, の心理, の文化, の特殊, の現象, の經驗, の誇り, の道

▼ ふ余地~ (20, 0.0%)

6 はない 4 のない 1 がありません, がない, がなかつた, がなから, すらない, はなかつた, はなから, は少し, もない, もなく

▼ ふ文句~ (20, 0.0%)

3 がある 2 のある

1 [15件] が世間, が矢張り先生, が自分, である, ではじまつ, はさ, はその, は新郎, は穴師山, ばかりで, もある, も赭土, を入れた, を唱, を見る

▼ ふ~ (20, 0.0%)

2 なりながら, の季節, を待つ

1 [14件] かな, さりに, とも言, にこころ, のあ, の土, の夕風, の夜, の帰雁, の景色, の暮靄, の水, の祝言, もあらね

▼ ふ時に~ (20, 0.0%)

4 使ふ 2 なつて

1 [14件] あつて, こちらを, それが, それは, やつと, や何, ステパンは, 今までの, 君いそ, 多くの, 始ど, 彼は, 照ちやんは, 縷々用ゐられ

▼ ふ有様~ (20, 0.0%)

4 であつ 2 を想像, 正しく屋根

1 [12件] でありますから, である, であれば, でした, ですから, では彼, で客達, は恰も, もしソロ, を自慢, を見よ, を見る

▼ ふ~ (20, 0.0%)

2 の面, の音

1 [16件] あらば, かけ論, が清く, が濁, が無い, が身, に, になつ, に花, の勢, の國, より成り, を, をいふ, を大切, を變

▼ ふ程度~ (20, 0.0%)

3 のもの 2 になつ

1 [15件] がある, で我慢, ならできます, にしか認められなかつた, に記憶, に過ぎなかつた, のいた, の余裕, の現象, の考, の逸話, までその, まで改善, を研究, を通り越し

▼ ふ~ (20, 0.0%)

2 から柚子, の暗み

1 [16件] ですね, と共に, ながら線路, のかよ, のしらべだ, のもと, の上, の下, の柚子二つ三つ, の縹色, の高, は吾帳, は西, へゆ, も雨雲, ゆうぜんとし

▼ ふ~ (20, 0.0%)

2 であつ

1 [18件] がつい, でありまして, でお話, でアンナル誌, で一時間, で今月號, で傳道説教, で友人, で四方, で聊か, で詩, にて講演, には何, は不, は相当, もなかなか, をつけた, をつけるべきだ

▼ ふ子供~ (19, 0.0%)

2 かな, のやう, の夜泣, の影

1 [11件] だねえ, づかひの, ですもの, の数々, の數, の病名, は出来ます, は誰, は馬車, もあるだ, らしい想像

▼ ふ~ (19, 0.0%)

2 が生じた

1 [17件] あらば, がつよく, がふと, が増した, が忠之, が稍, と栄達, と榮達, なし, のない, の僕, は一度, も他, よりしかない, をおこし, をな, を抱かせ

▼ ふ手紙~ (19, 0.0%)

3 をよこした

1 [16件] が来た, が駿府, だつた, である, にもいまさら, や一時還俗, をゆき子, を出しました, を受取, を御, を書かう, を親分, を貰, を貰つて教育, を送つた, 置いて

▼ ふ~ (19, 0.0%)

1 [19件] かそれとも, が嫌, だ, であつ, とならしめ, と言, などもはひぬべく, なども這, のこゑ朝な夕な, のご, の名, の災, の畏敬, の知らせ, の禍罪, は冬蟄, は決して, もすきずき, もつるん

▼ ふなど~ (18, 0.0%)

2 言ふ

1 [16件] あらゆる辛苦, いふこと, いふ暖か味, ポンチの, 今然, 以ての外である, 余所の, 再活用, 哥薩克らしく, 在来の, 大愛嬌, 少, 思はれましては, 思ひ忠僕茶屋, 訳して, 語れば

▼ ふ~ (18, 0.0%)

2 なるほど, ふム, 成る程

1 [12件] あの広東服, きょうのやくそくをぞんじておるならば, じゃその, そういうもの, そうか, そして, その賞与, それで, ではまだ, と一つ, 分って, 相変らず

▼ ふ~ (18, 0.0%)

2 へがあつ, へが吉野

1 [14件] で愈, へがある, へが出来た, へが多い, へなども信ずべく, への如き, へは実は, へは寺方説経, へは果して, へも水, へも皆此系統, へも祖先神, へも身体授戒, へを持つた

▼ ふ地方~ (18, 0.0%)

2 もある

1 [16件] から日當, があつ, がある, がまだ, が多く, が広い, では行つて, で著しい, にある, のある, の小役人, の神事官吏, の語, はあやにく, はまだ, も随分

▼ ふ~ (18, 0.0%)

2 の間, 多き青年

1 [14件] かうつつか, かな, がおじやん, に似, のおも, のごとくなり, のゆく, の海, も見る, をおさへ, をペン, を夢みたであらう, を見, を見る

▼ ふ~ (18, 0.0%)

1 [18件] かな, がある, が居た, が現れ, が飛出す, でもつれ, と何, と盃, と相談, に古文眞寶, に愛慕, のこと, の思ひ, の手, の樣, の顔, はどう, もありません

▼ ふ工夫~ (18, 0.0%)

2 はないだらう

1 [16件] がなく, が無い, が積ん, と努力, と字, なので, はねえだ, は容易, もありません, もあるだらう, もがなと好き, もつかなかつた, も付きません, をし, をしなけれ, を演技

▼ ふ思想~ (18, 0.0%)

1 [18件] ありと, がある, が支配, が本来, に依, の変遷, の潮流, の発達著, はいつ, は一般, は四五世紀, は日本国, も文芸上, も混合, を得た, を持つ, を露骨, 程恐ろしい

▼ ふ機會~ (18, 0.0%)

4 がなかつた 2 があつ, がある 1 あるべきか, があるまい, が少く, が無い, が私, が自然弟, はありました, もありませんでした, もなかつた, もなく

▼ ふ次第~ (18, 0.0%)

2 だから, ではない

1 [14件] かい, さ, です, ではありません, でもない, でも無, で利根川, で外, で御, で長二, なの, なので, ならばと, を書き

▼ ふ~ (18, 0.0%)

2 の今宵, の死, は顏色

1 [12件] と共に札幌, のふところ, の叫ぶ, の声, の姿, の日, の眼, の言, の言葉, の述懐, の顔, は顔色

▼ ふ~ (18, 0.0%)

2 こなたには, に碇

1 [14件] が来, と陸, に入る, に来り, のうち, のうへの夜, の宝, の寶, の正中, の王ポセードーン, は皆, を受けた, を背景, を越え

▼ ふ~ (18, 0.0%)

3 もない 2 はありません

1 [13件] なく八方, なく豐, なりと金眸, のない, の無い美し, はなかつた, はなく, もありません, もあるまい, もなかつた, もなく, をも説いた, を八百万神たち

▼ ふ~ (18, 0.0%)

2 より後

1 [16件] に当, のつめたい, の夕暮, の夕風, の夜長, の夜頃, の天, の日, の祭り, の雁, の風, は栗, も来, をよろし, を過ごし, 深うし

▼ ふ~ (18, 0.0%)

4

1 [14件] すらや眼, でせう, なの, ならまだしも, にあらざれ, の, の籠かけ, の群, の羽, の聲, の聲さ, や毎日, をなぜ, を出し

▼ ふ~ (17, 0.0%)

1 [17件] さぬ, ざりましたに, ざりませう, た, でに, に入れた, のうち三十, の中, の割合, の数, の隅, をになひました, を二重, を取っ, を提げ, 商賣, 手に

▼ ふだけで~ (17, 0.0%)

4 あつた 2 揶揄つた

1 [11件] あらう, すんだ, もちよ, 全ての, 別に何, 吾, 大して懇意, 実の, 役に立つか, 沢山, 胸先が

▼ ふを以て~ (17, 0.0%)

1 [17件] これを, 人類の, 偶然の, 写実主義の, 夙く十二歳に, 幕吏が, 心ある, 插入せられた, 最終目的と, 此宗壽の, 満足すべし, 火炎界に, 知られる, 足れりと, 阿部侯の, 阿部正精の, 首と

▼ ふ信念~ (17, 0.0%)

1 [17件] から依然として, から其, から書く, が破滅, が起った, となつ, に安, の上, の下, の表白, は變つた, もその, より駿馬, をロッパ, を堅め, を増し進めた, を有つて行動

▼ ふ具合~ (17, 0.0%)

2 にした

1 [15件] か急, で此, で段々, にすぐ, にである, に使用, に教え込まれ, に日本人, に漁つて, に相手, に研究, に置く, に船中, に行, に遊ん

▼ ふ~ (17, 0.0%)

4 かねお 3 の下 1 から, の利き, は大勢, は思ひ, もゆすぐ, をきく, を利く, を塞ぐ, を結ん, 振が

▼ ふ心配~ (17, 0.0%)

2 はない

1 [15件] から一切外國, があつ, が一層, が胸, が自分, だけはさせない, でもあつ, なしに, のない, の爲め, はありますまい, は大, は陰, まで起つた, をし

▼ ふ想像~ (17, 0.0%)

1 [17件] がさき, が伝播, が出来ぬで, が行われた, である, に伴, に変じた, の下, の力, はさ, は僕, は前, は君, は語部, をさ, をする, をつけ加

▼ ふ為め~ (17, 0.0%)

1 [17件] だから, といふ理由, にあらん, にある, にと立, にもどうしても, にカフエ, に一間四方, に世に, に云, に可愛い, に心, に払, に秘か, に飲食, の一個, の職業

▼ ふ生活~ (17, 0.0%)

2 の中

1 [15件] から逃れ, から離れ, がなされ, が少く, と一つ, に堪えられないなら, に始終, に慣れ抜い, の實際, の進行, の重複, を営むであらう, を続け, を繰り返し, を設ける

▼ ふ目的~ (17, 0.0%)

2 があつ, に使用

1 [13件] がある, が単に, ではなかつた, で書いた, で栽培, にむかふ, に向, に煩, の方, の爲, の爲め, を以て其手段, を似

▼ ふ~ (17, 0.0%)

1 [17件] が庄谷, が違, であつ, とか云う, とにほ, なく流, におけるに似, になる, のしづけ, のばら, の陰影, もありません, もなく, をし, を御覧, を眺め, 青ざめし金盞花

▼ ふ限り~ (17, 0.0%)

3 知られぬ愛

1 [14件] だらうと, ない慕, においては物, における主, に大きな, の力, の大凡, の淑女紳士, は嗇ん, は朝, またもろこし, よさうと, 引き取つて, 柔かく細き線

▼ ふこそ~ (16, 0.0%)

2 うれしけれ

1 [14件] あさましけれ然るに, おん身等皆, 一つ仕事を, 下らない責任, 今はを, 孝子の, 得意の, 心の, 心得られねと, 悲しけれ, 憎けれとて, 楽けれ, 然るべけれ, 縣廳の

▼ ふばかりの~ (16, 0.0%)

2 現実に, 現實

1 [12件] 丹沢の, 元気に, 勢で, 壮烈なる, 女らしさ, 微笑さへ, 心細い腕, 白い肌, 素晴らしいでき, 若い女, 蔭を, 霧を

▼ ふまじめ~ (16, 0.0%)

2 では

1 [14件] であった, であったの, でありまた, と傲慢, なこと, なたわけたこと, なもの, なりしかな, な人間, な娯楽, な態度, な生活, な男, な考え

▼ ふ~ (16, 0.0%)

2 に於

1 [14件] からは王, から出, なるマーレブランケ, におのれ容色自慢, にからだ, にのみ許され, に其, に演劇, に自由, の大, の嶺, の組, の足手纏ひと, より非常

▼ ふ以外~ (16, 0.0%)

1 [16件] にない, には何, には断じて, には無い, に人生, に仕方, に会話, に何, に余り, に所謂ニウス・ヴアリユウ, に扱, に法, に深い, に理由, に私, の

▼ ふ意義~ (16, 0.0%)

1 [16件] から二流, から珍客, がまつる, が古い, が含まれ, が非常, であつ, である, としても文法的, に於い, の第, は独り少数, をもつ, を含ん, を国語発達史, を感じ

▼ ふ~ (16, 0.0%)

3 もなく

1 [13件] があつ, があれ, がない, がなく, つひに, なくし, はない, もない, も何, も無, を持たない, 無くし, 無さ黒髪

▼ ふ~ (16, 0.0%)

2 がある

1 [14件] あり, ある由, にも出, に出, に本, に見えた, の中, の十九頁, の小口, の方, は下, を印刷, を蔵, を見たら

▼ ふ立場~ (16, 0.0%)

3 にある

1 [13件] からし, からその, から研究, から考へる, から解決, であつ, でやつ, で無く, におかれ, になれる, にゐ, に到着, を挿入

▼ ふ~ (16, 0.0%)

4 をきめた

1 [12件] があ, があつ, がある, がまだ, が出来る, が立った, でありさ, とも思はれる, に成らしやらぬ, は明らか, もあつ, 悪き僧

▼ ふ自信~ (16, 0.0%)

4 を持つ 2 があつ 1 がある, があるです, がない, が初瀬, それからその, だけは持つ, で云, もステパン, を得た, を頼み

▼ ふ~ (16, 0.0%)

1 [16件] か, か夢, で何, に頸, の, のやう, の中, の圖, の如く, の月見, の甲板, は曳舟, も無い, も無し, を出せ, を漕ぐ

▼ ふ議論~ (16, 0.0%)

2 がある

1 [14件] があり, が如何, が生れた, が立つなら, だ, の仲間入り, は勿論, は強, は或は, も昔, をすれ, を抱く, を新聞, を褒める

▼ ふ~ (16, 0.0%)

2 しだりの, に濡れ, の糸 1 あがり, が口, のこぼつ, の夜, の大き, の滴, の音, の音板, はやんだ, も晴

▼ ふなよ~ (15, 0.0%)

2

1 [13件] あの輕業小屋, お前の, それどころかい, ところで首尾, アハハハ, 乞食だ, 僕はも, 冬子, 出しや, 可哀想に, 夢ぢや, 隣家に, 風呂で

▼ ふまでの~ (15, 0.0%)

1 [15件] お留守居, かたみに契る, くつわ, ことである, 事で, 山茶花の, 山茶花を, 形見ばかりと, 恋の, 段取りが, 生活を, 自分は, 苦心の, 間は, 霜を

▼ ふ仕事~ (15, 0.0%)

3 の指 2 をした 1 であらう, である, に対して私, に廻つた, に過ぎない, の時, はちよ, もしない, を妙齢, を自ら

▼ ふ伝説~ (15, 0.0%)

2 がある

1 [13件] がこれ, が数, でもある, と通じる, に拠つて言つたの, の原型, の意味, の源, はさ, を以て有名, を伝へ, を信ずる, を叙

▼ ふ~ (15, 0.0%)

1 [15件] いつしか夢路, いつの間にやら, にこつち, にこの, にもう, にもしやどう, にも貴方, に何, に天, に燃, に都合, ももどかしく, 亂が, 何が, 廊下へ

▼ ふ方面~ (15, 0.0%)

1 [15件] から見る, から見れ, がことほぎ, で造詣, にお, に全く, の事, の人間, の方, の限り, へ進む, へ進ん, もあつ, をも持つ, を受け

▼ ふ書物~ (15, 0.0%)

1 [15件] がない, が最初, が有る, であつ, に書い, に書かれ, に絡んだ, に遺, の匂, の著者, は元, は御覧, も亦, を得る, を見ます

▼ ふ~ (15, 0.0%)

2 がある

1 [13件] が大和一国, ではわり, のデパート, の娘, の山地, の希望, の数, の灯二つ虫, の者, は尤も, は決して, をどり, を潰します

▼ ふ氣持~ (15, 0.0%)

1 [15件] がします, が覺め, だつた, で私, で見, になつて, になりました, の好い, の方, は一種拔, は廣太郎, は私, もする, を唆, を抱いた

▼ ふ~ (15, 0.0%)

2 は眤

1 [13件] だらう, ではない, で密, には飽け, に会つて, に會つて, に遭うた, に遭つて, のま, の出た, をし, を輝かした, 附きを

▼ ふ美しい~ (15, 0.0%)

1 [15件] ものを, 名前を, 吸血魔と, 娘が, 日この, 春の, 村落が, 眺めだらう, 色を, 蒲団の, 藁が, 虹でありませう, 都会の, 響と, 飲物を

▼ ふ青年~ (15, 0.0%)

1 [15件] が, がとても, がオルジェル家, が彼女, が必死, が或, が柔術, のこと, の一人, の動作, の心, の血, は以前, は地方官, を見る

▼ ふ順序~ (15, 0.0%)

2 にな

1 [13件] だよ, である, で俥, で東海道, で柄, で良人, になつ, になつて來, になります, になる, に坐, に是等, に海道筋

▼ ふほか~ (14, 0.0%)

3 なかつた 2 はない 1 ないまさしく, にはこれ, に云, に他, に為す, の何物, の連中, はありません, は無い

▼ ふよう~ (14, 0.0%)

2 なこと

1 [12件] で済まんが, な姿, な意味, な調子, な顔, にし, になる, に力んだ, に呟く, に讀ん, に頼みました, の雪

▼ ふッつり~ (14, 0.0%)

1 [14件] お断ちなさる, お諦めあそばし, とお, とも打ち明け, と出なくなった, と心, と思うまい, と猟, と途絶え, と頭, のお, 思い止まろうじゃ, 断ち切って, 止めますから

▼ ふ一人~ (14, 0.0%)

2 の女人

1 [12件] かな, だつた, であつ, である, の人間, の哲學者, の女, の少女, の旅客, の来客, の男子, の船頭

▼ ふ二人~ (14, 0.0%)

3 より側

1 [11件] でした, になつて, の兄弟, の前, の子供, の息子, の浪人者, の美しい, を伴, を何方, を襲

▼ ふ人ごと~ (14, 0.0%)

2 にそれ

1 [12件] が爽やか, に, にそれとなく, にサルトル, にモオリアック, に互, に如才, に斯, に泣ごと, に聞かれ, に見舞, の心

▼ ふ先生~ (14, 0.0%)

1 [14件] があなた, があります, が私, だつたの, なので, にとつ, に瞠目, の事, の御, の情熱, は無論, は竹, を得たい, 死んで

▼ ふ内容~ (14, 0.0%)

3 を持つ

1 [11件] があつ, がない, に入る, に対する考, の分化, は名高い, をもつ, を得, を持つた, を決して, を見ね

▼ ふ~ (14, 0.0%)

1 [14件] の狂王, の豪傑, の道術, へに其証拠, みちを, 來の, 塔の, 槐の, 歌の, 歌を, 義が, 詞章の, 謡を, 鼠

▼ ふ可ら~ (14, 0.0%)

51 ざる也, ざる事實, ざる妖艶, ざる沒分曉漢, ざる満足, ざる痴愚, ざる禍機, ざる鬼気, ずと

▼ ふ~ (14, 0.0%)

1 [14件] がある, がおきよ, がたくさん, が急用, であつ, である, なり, にも一二回答, に向, のため, の体, の容子, の所, は元日あたり

▼ ふ恐ろしい~ (14, 0.0%)

1 [14件] ことを, 厄介物が, 取り合せで, 女に, 形を, 敵の, 病気の, 皮肉で, 空つ, 結婚を, 見物で, 言葉が, 誘惑を, 難物な

▼ ふ条件~ (14, 0.0%)

2 がつい

1 [12件] があ, で代, で漸く, で許し, として珍客, として若し, ならと, には当てはまる, も山の手, を付けた, を示し, を附し

▼ ふ爲め~ (14, 0.0%)

1 [14件] であらう, で智惠子等, とはいふ, にする, に働く, に兇徒嘯集, に早, に褒美, に都合, に頭巾, の女神, の粗笨, の職業, ばかりでなく

▼ ふ觀念~ (14, 0.0%)

1 [14件] がある, が一轉, が充分, が夜, が注入, と, との間, の耀, は内, を一般, を含む, を徴したる, を忘れ, を持たせ

▼ ふ野郎~ (14, 0.0%)

1 [14件] があつ, が先, が始末, だ, ださうだの, だな, だらう, は下谷二長町, は心意気, は祝言, も図々しい, も改代町, を二三人毆, を擧げ

▼ ふ~ (13, 0.0%)

1 [13件] かめと, 休みを, 八重と, 園は, 妾が, 孃さんは, 孃さん敵違ひだ, 定り, 手を, 歳暮を, 燗は, 社です, 綱さんの

▼ ふ~ (13, 0.0%)

10 ふァ 1 い奥様, はははは, を遣らねえ

▼ ふ人物~ (13, 0.0%)

1 [13件] が出, が占領, が土臺, でもない, といふもの, の姿, の綱宗, はなく, や境遇, を持ち合せ, を立たせ, を精細, を舞台

▼ ふ作品~ (13, 0.0%)

1 [13件] が難, だつて, であつ, とかあれ, とか言, にも満足, の一例, の作者, はない, は可笑しい, も, を見た, を陳列

▼ ふ光景~ (13, 0.0%)

1 [13件] かね, が暫く, だけは見えます, にぱつたり出合つた作者, に出, は夢みる, は想像, をみよ子, を夢みなかつた, を想, を感じ, を眺め, を見る

▼ ふ~ (13, 0.0%)

2 の底, 鳴に 1 から起り, があつ, なるゆ, に住み, に都, の名, もあります, を旅, を記し

▼ ふ~ (13, 0.0%)

2 にはまつ

1 [11件] があつ, が出来, にはなりました, のとりわけ, のもの, の中, の人間, の祝詞, の話, は古く, を脱し

▼ ふ宿屋~ (13, 0.0%)

1 [13件] があります, で私たち, にお, にをります, に腰, の灯, の落, の離れ, へとまつたら, へ入, へ手伝方々, へ納まる, を營

▼ ふ~ (13, 0.0%)

3 も又 2 ではなし 1 が結婚, だつたの, ではなかつた, なれども, に一度其城主, の秋, は漸く, をとつ

▼ ふ~ (13, 0.0%)

3 もなし 1 が大暑, なり, のやう, の役, の軽やか, も, をもつ, を友, を認め, を誰

▼ ふ心地~ (13, 0.0%)

2 して, す 1 から自分自身, しつ, する, す遠く, せず, で懷かしく立, に誘はれ, の忘, はあゝ

▼ ふ~ (13, 0.0%)

1 [13件] お嬢さんを, はさち, る偉大, る家, る意味, る感じ, る時, る貝殻, る輕, る雑誌, 家の, 素封家の, 階級の

▼ ふ有名~ (13, 0.0%)

2 な助教諭先生, な術者 1 なもの, な人, な作家, な作者, な學者, な小説家, な書家, な詩篇, な踊場

▼ ふ~ (13, 0.0%)

6 になる 2 になります 1 になつて, 取だ, 取である, 取と, 取にも

▼ ふ~ (13, 0.0%)

1 [13件] であつ, である, です, ではなかつた, なの, なり, のある, のもの, の作, の全体, の親戚, はあるまい, を書けよ

▼ ふ結果~ (13, 0.0%)

2 になる

1 [11件] が生じた, だけは, となり, となる, にならう, による, を及ぼす, を得た, を持ち, を獲る, を示した

▼ ふ結論~ (13, 0.0%)

4 に達した 1 であつ, になる, に到達, に吾人, に導き得る, に帰着, に達せざる, は出し, は導い

▼ ふ~ (13, 0.0%)

8 りなき 3 りに 2 りなく

▼ ふ~ (13, 0.0%)

2 もなつかし

1 [11件] がそれ, が露店, でした, とは藪一つ, には野苺, に斯, の, の傍, の入口, はあれ, もすべて掌

▼ ふ連中~ (13, 0.0%)

1 [13件] が入唐, が出来, が蔓こつて, でもそれだけ, と一緒, と同宿, の言葉, はこれ, は例, は知らず, ばかりなん, も頭, を教え

▼ ふといふ~ (12, 0.0%)

3 やうな 1 み出し, やうに, 信仰上の, 心細さ, 意味だ, 意味と, 様な, 筋書です, 話が

▼ ふ~ (12, 0.0%)

1 [12件] ち, ちあそぶ春日, ちい群れ, ちなればとて, ちは, ち可笑し, ち許己呂也良武等, つしり, ふと這入っ, ろ, 我に, 私が

▼ ふなりに~ (12, 0.0%)

3 なつた 1 けり, この中, ならしけり泣かしまつるな, 動きま, 奥の, 成つて例の, 明るく幸福, 町の, 育て

▼ ふべと~ (12, 0.0%)

2 なりぬ, なれば 1 けさの, ちがった鳥, なりぬれば, なりゆくところ, なりゆく青葉, わかねども, 同じに, 同じ時刻

▼ ふまでには~ (12, 0.0%)

3 行つて居なかつた 2 予は 1 あらねど, だいぶ時間, まだ三時間あまり, 大分かかる, 種々の, 考へが, 随分煩瑣

▼ ふ一節~ (12, 0.0%)

2 だつた 1 あり, があっ, がある, がゆき子, である, の書始め, を含ん, を残し, を発見, を訳する

▼ ふ世界~ (12, 0.0%)

1 [12件] が段々, が知らず知らず, こそ日本, だつた, なの, なら第, に住ん, に於, に餘, の眞生命, を見, を頭

▼ ふ事情~ (12, 0.0%)

2 になつ 1 か君, か横佩家, の下, の忘れられた, の生みだす, も考へられる, をも考へ, を委しく, を解, を話した

▼ ふ古い~ (12, 0.0%)

1 [12件] きゅうくつな, 住家から, 信仰形式の, 家が, 建物の, 意味の, 時代の, 考へ方, 言葉を, 説明が, 足袋屋が, 驛に

▼ ふ吾人~ (12, 0.0%)

8 をし 1 は宗教, は必, は是, は福沢君

▼ ふ~ (12, 0.0%)

1 [12件] があまりに, が出た, が現, が起らう, である, に對, ひあはせの, ひが, ひに, ひは, ひを, を発した

▼ ふ~ (12, 0.0%)

1 [12件] がある, だから, と言, ならば, に到着, に於, の人達, の劇場主, の肩書, は可愛さうな, へ来た, へ行つて

▼ ふ始末~ (12, 0.0%)

2 なん 1 であつ, である, でございますから, です今日お話, でへエ, で正規, になりました, にもなり, を思ふ, 聞き知らば

▼ ふ~ (12, 0.0%)

1 [12件] からは通る, でけち, でみかけた, でもない, でツータルタイ, で東京, の光景, の夫人, の空氣, は毎年輕井澤, もある, 多し別して

▼ ふ~ (12, 0.0%)

3 れ淨 1 れぞ, れ事実, れ事實, れ地上, れ東京市中, れ銭金, を以て兼, を以て命, を梵志

▼ ふ~ (12, 0.0%)

2 の頼り 1 が染料, であゝ, なの, の外, の實, はち, は魔女, もない, や水, よわたし

▼ ふ権利~ (12, 0.0%)

4 がある 3 はない 1 があらア, があり, のみに過ぎぬ, を有, を有し

▼ ふ~ (12, 0.0%)

1 [12件] が文車, の国特種, の大事, の如き, の市, の男ダメ, は但, れら, れ亦, れ程, を淹死, 楽しさ

▼ ふ~ (12, 0.0%)

1 [12件] が城樓, して, つぶさに先の日, なる階子, にて二脚, に疊まれ, に金剛杖, は天皇, もなく, を模する, を見ない, 既に王子

▼ ふ現象~ (12, 0.0%)

3 が起る 2 の中 1 の生じる, の起る, は他, は又, は寧ろ, は昔, を絶えず

▼ ふ用語例~ (12, 0.0%)

3 に入る 1 がある, と歴史, になつ, のおとづるなる動詞, はない, は最, は聯想, ばかりを持つ, も厳橿

▼ ふ~ (12, 0.0%)

2 である, 図を 1 である正直其物, ですが, はこび長崎ニ出候, ひ手, 座すと, 當の, 聯關する, 見れば

▼ ふ~ (12, 0.0%)

1 [12件] がさめた, が間断, が間斷, であらう, で柿, にも見えず, の大きい, も無, より涙, 優しい汝, 捕へる眼, 遣を

▼ ふ自覚~ (12, 0.0%)

1 [12件] が取れなかつた, が持ち続けられね, が起る, であつ, はどうしても, はどんな, は勢, は永久, を互に, を唆, を失はなかつた, を死者

▼ ふ~ (12, 0.0%)

2 の中, の葉 1 がある, がそんな, のげ, の有る, は知, をよろし, を藉, 毟の

▼ ふ記事~ (12, 0.0%)

3 を読んだ 2 がある 1 から見る, があつ, が傳, でいい, も身, を自分, を読む

▼ ふ~ (12, 0.0%)

4 がない 3 もない 1 にも事, もある, も無く, を惜しむ, を算

▼ ふ長い~ (12, 0.0%)

1 [12件] 廊下の, 月日が, 月日を, 朽繩の, 柄の, 歩廊の, 田舍路を, 表題で, 間を, 間地球と, 間目を, 間自分の

▼ ふ~ (11, 0.0%)

43 なるを 1 だつたが, な手, な突端, ば空

▼ ふだに~ (11, 0.0%)

1 [11件] くるし, この胸, 医学博士, 心震ふ, 怒りの, 慚愧, 汗が, 畏怖の, 番地が, 見果てぬ夢の, 難き事

▼ ふべに~ (11, 0.0%)

1 [11件] いと白し, しんなりと, なれど, ねむる花, 旅人の, 死すとも, 死にて, 生る, 立つは, 谷の, 赤く輝く

▼ ふわが~ (11, 0.0%)

2 隊の 1 ために, ヂュウス, 墳墓は, 導者よ, 愛する麗しき, 母は, 生涯の, 皇國の, 胸の

▼ ふ~ (11, 0.0%)

1 [11件] あいたがり候, いたし申つもり, おどりハ, おもハ, て候あいだ, なされてを, ならね, ならん, なりやすい, なれバ, 相成実に

▼ ふ一日~ (11, 0.0%)

3 また金 1 たえまなく汗, ですもの, なん, の憂, の間, は誰, を充分, 遊んで

▼ ふ二つ~ (11, 0.0%)

1 [11件] に焦点, のもの, の信仰, の勢力, の古典劇, の大きな, の寝台, の意味, の派, の語, の陣營

▼ ふ~ (11, 0.0%)

2 ひ方 1 ひやうぢ, ひ回し, ひ終つて, ふ, ふの, ふ値, ふ利益, ふ時, ふ計算

▼ ふ今日~ (11, 0.0%)

1 [11件] であるから, になつ, の夕ぐれ, の尊, の思想界, の私, は, は此, は流石, は飛んだ, ほど人

▼ ふ~ (11, 0.0%)

1 [11件] の光, の天使, の幸福, の標準, の気持, の生徒, の種族, の豎子貪慾, はありません, 國の, 愛の

▼ ふ以上~ (11, 0.0%)

1 [11件] その区別, その物語, には自分, に人類共通, に立ち入つた, の貢献, は同一, は常に, は必ず, は興味, は贋物

▼ ふ~ (11, 0.0%)

4 どひ 3 の言葉 2 とゐ 1 はその, は嘆き

▼ ふ~ (11, 0.0%)

1 [11件] に, に深夜投身自殺, の, のほとり, の中, の埋り, の左岸, の西, は釣れない, へ落ちた, を高瀬川

▼ ふ廊下~ (11, 0.0%)

1 [11件] から早足, で煙, に立つ, のところ, の中程, の長かっ, は二つ, まで見張れる, をちよ, をゆるゆる, を導かれます

▼ ふ彼女~ (11, 0.0%)

1 [11件] にとつて, には子供たち, の声, の変化, の指, の暴状, の眼, の顔, もさすが, を絞め殺したい, を苦めるいろ

▼ ふ感情~ (11, 0.0%)

1 [11件] が無, に支配, の濃やかさ, は初め, は我我, は背筋, も全く, も私, よりも彼, を加, を拒否

▼ ふ故に~ (11, 0.0%)

2 我在り 1 その五百八十周, や同, 一切の, 古今百人の, 喜ぶべき也, 慢心は, 我あり, 打ち殺しけり, 献御歌と

▼ ふ~ (11, 0.0%)

4 樣で 1 はなほ存在, 樣か, 樣でございまする, 樣と, 樣は, 樣之が, 樣今度は

▼ ふ氣遣~ (11, 0.0%)

4 ひは 2 けえ, は無い 1 の爲め, はあるまい, ひはねえ

▼ ふ~ (11, 0.0%)

2 の行方知らず 1 にかも似, のゆく, の上, の行方, の音, の響き, はこの世, を眺めまし, を見た

▼ ふ~ (11, 0.0%)

1 [11件] になつ, のかゆい, のご, の袖, の雫, はらふ, をとめる, を拭ひも, を枕, を覚えた, 口惜しさ

▼ ふ~ (11, 0.0%)

4 の如く 1 が拙い, となり, に吠えられた, のやう, の頸輪, もその, を皮屋

▼ ふ~ (11, 0.0%)

6 一の 1 一代の, 一行を, 二の, 五の, 四の

▼ ふ経験~ (11, 0.0%)

1 [11件] からお, が私, である, はあるだらう, をする, を前, を嘗めし, を幾つ, を有せり, を正直, を知つて

▼ ふ規則~ (11, 0.0%)

2 と云 1 があります, がある, が出来, です, で作つたの, なの, には掛らない, やけど, を著述

▼ ふ~ (11, 0.0%)

2 をし 1 でした, にくし, には何ん, に觸, は強, もただ, をした, を智惠子, を見

▼ ふあたり~ (10, 0.0%)

1 が終り, なども普通, のうたたね, はその, はほととぎす, は十一日目, は味, は殊に, は水草, へ来る

▼ ふあなた~ (10, 0.0%)

2 こそ妙, の言葉 1 が我儘, こそどうか, ではない, のお, のやう, の美しい

▼ ふあゝ~ (10, 0.0%)

1 いかん, いぶかしくも, かく人を, 一切のみ, 七度あまり我を, 千萬の, 子よ, 師よ, 心の, 酒好きの

▼ ふだけが~ (10, 0.0%)

1 少し違, 後代風な, 手紙の, 最善の, 漸くだつた, 目に, 能と, 藝當で, 違つて居る, 馬鹿の

▼ ふだけに~ (10, 0.0%)

1 なつたり, なつて, よもつ, 一个処見, 何となく人, 却つて始末の, 大柄で, 止るの, 相当の, 純情一本氣の

▼ ふでも~ (10, 0.0%)

2 して 1 あつた, した, なかつたで, ね内緒, やってるらしく馬, トムちやんを, 僕を, 房一を

▼ ふなどは~ (10, 0.0%)

1 一二枚の, 以ての外の, 君子人にと, 噴飯ものだ, 大いに間違つて, 常識より, 昔噺の, 色の, 非禮, 面白いと

▼ ふ一事~ (10, 0.0%)

3 である 1 が特に, だけです, だけ友白, で証明, に徴, は田中翁, を見

▼ ふ一種~ (10, 0.0%)

1 が混じ, のあらた, の三態たる, の信仰, の安心, の怪魔, の意識, の精神病, の舞踏様, の見

▼ ふ~ (10, 0.0%)

1 埓な, 始末, 届者が, 從順と, 整形な, 滿を, 結果を, 經濟な, 自然が, 許

▼ ふ不安~ (10, 0.0%)

2 の念 1 があるでせう, が時々, と恐怖, な不快, にも襲, に捉, に襲, は彼

▼ ふ~ (10, 0.0%)

1 から來たん, があります, が有ります, の小, の語, はさ, は世界中, は元, は昔, 程解

▼ ふ土地~ (10, 0.0%)

2 で一番 1 ではさ, に生れ, のさせる, の兼併, の神, はなく, は本当に, を耕し

▼ ふ~ (10, 0.0%)

4 がすみ 1 さりに, のある, の空松蝉, は, は海, まつり

▼ ふ學者~ (10, 0.0%)

1 があつ, が居ります, が左傳, でありまして, の本, の間, はおれ, はシヴアーリー, は唯, は夫

▼ ふ~ (10, 0.0%)

1 あるところ, に上られた, に多く, の古名, の花, の間, は, は海, は道, 送り

▼ ふ心もち~ (10, 0.0%)

2 もあつ 1 でそれ, の意識, の潜ん, は芭蕉, もし, をフアウスト自身, を与へる, を或

▼ ふ性質~ (10, 0.0%)

2 のもの, を指し 1 がある, が將來, の人, の男, の者, も違

▼ ふ意見~ (10, 0.0%)

2 を発表 1 だつた, だね, であります, に一致, を抱い, を推擴め, を誰, を述べ

▼ ふ我等~ (10, 0.0%)

1 が神, に告げよ, に指揮, に汝, の晩餐, はほか, をし, を導き, 再びその, 遠く物

▼ ふ挨拶~ (10, 0.0%)

2 を聞いた 1 であつ, と共に自分, に慣れた, に行く, のしるし, は決して, を受けます, 投げかは

▼ ふ~ (10, 0.0%)

1 その動作, であつ, なるべし, もあつ, を以て尚, 安き心, 将軍の, 当人いかほど, 憎い兼吉, 益

▼ ふ新しい~ (10, 0.0%)

1 ドラマツルギイとは, 仕事が, 傾向を, 女が, 学語で, 生活に, 生活体制を, 絵の, 風俗の, 養父に

▼ ふ~ (10, 0.0%)

2 の声 1 かくれたるに, の命令, の心持, の日ひと日いや, の旧知, を梨枝子, を毆つて, を見る

▼ ふ物語~ (10, 0.0%)

2 である 1 が呪詞, ですが, の中, やど, をこんな, をつま, を含んだ, 又は説話

▼ ふ状態~ (10, 0.0%)

1 が同じ, であつ, です, ではない, などが叙述, なの, になつ, に陥, は却, を表す

▼ ふ~ (10, 0.0%)

1 がある, だなと, にては三味線, に乘, のこなた, の姿, の青い, も見えよう, をながめ, を出し

▼ ふ~ (10, 0.0%)

4 を縫 1 あり, ねたまし, の袖左右, は第, を見る, を身

▼ ふ論文~ (10, 0.0%)

1 があつ, で過去, と併せ, に対する反駁, の中, を寄せ, を昭和二三年頃, を書いた, を讀んだら, を載せられ

▼ ふ電車~ (10, 0.0%)

4 の中 2 や自動車 1 に乗, のなか, の一隅, の煽り

▼ ふ~ (10, 0.0%)

2 にあかる若 1 かすめるはて, かな, か春山, が浦, が隠す, となりぬ, なり, のお

▼ ふ~ (10, 0.0%)

2 を食 1 がおそい, の凍て, の味, の粒, を喰, を境, を運べ, を食つて

▼ ふそれから~ (9, 0.0%)

1 かなり離れ, こ, タバコそして, 女の, 山の, 布佐女を, 帝國議會に, 活埋, 門司へ

▼ ふそんな~ (9, 0.0%)

2 子供だましの 1 ことが, よい世の中, 人の, 処へ, 大胆な, 奴に, 経験なし

▼ ふぞと~ (9, 0.0%)

1 いひぬ, さしのぞかれ君様ゆゑと口元, 冷笑ひつ, 判然知らせたかつた, 問ひけれ, 問へば, 此事八方に, 知らぬが, 訊けば

▼ ふにや~ (9, 0.0%)

3 及ぶ 1 あらん心地惡, ふにやの, 之を, 行かないよ, 言つた, 違ふ

▼ ふッくり~ (9, 0.0%)

1 した束髪, した頤, した頬, とある, と凄い, と持, と綿, と胸, と高い

▼ ふーッ~ (9, 0.0%)

1 いい酒, さてこう, とその, と吐き, と吐きかけた, と大きな, と煙, と白く, と頭

▼ ふ主張~ (9, 0.0%)

1 から氏, が人生, が單, が此, が第, でした, の下, は四五人, は退ける

▼ ふ~ (9, 0.0%)

2 に依 1 は小学校, は東京府, も亦, も建築, れを, を外, を諒せよ

▼ ふ位置~ (9, 0.0%)

1 からのみ生ずる, から漸く, が確立, にある, に落ち, に身, の上, へ己, を持つ

▼ ふ元気~ (9, 0.0%)

1 ありや, でやつ, のい, の好い, はない, もなかっ, もなかつた, もなく, も起らない

▼ ふ~ (9, 0.0%)

2 詞が 1 演の, 演を, 目的に, 詞とを, 詞の, 詞は, 詞形においても

▼ ふ動詞~ (9, 0.0%)

1 から来た, があ, があった, があります, で名詞, との続きあひ, の内容, は先づながめと言, は反対

▼ ふ~ (9, 0.0%)

2 一国土の 1 一戦法で, 九月二日又, 十二月九日夜又, 十五日又, 十月十三日又, 國人夫婦の, 教諭の

▼ ふ~ (9, 0.0%)

1 かね, がリラ, が聞えました, の妖霊星, の文句, の方, は物哀れ, をうたつ, 聞いたこと

▼ ふ~ (9, 0.0%)

1 なひッ, な名, な名前, な女, な幸福, な癖, な精神状態, な音, に男ぶり

▼ ふ~ (9, 0.0%)

1 が家, に今夜逢, に恋, のひ, はみんな, は早, もあり, も鏡, を人みな

▼ ふ婦人~ (9, 0.0%)

1 が在る, に金, の声, の影響, の著, は仕事, は化粧用, も今, も何時の間にか

▼ ふ小さな~ (9, 0.0%)

2 尖端の 1 レース翅を, 愚かな, 流水が, 溝が, 町に, 町の, 駅

▼ ふ少女~ (9, 0.0%)

1 が玉手, が面輪, と差, の失望, の日, の鬘, は仲, は出雲, は朝

▼ ふ~ (9, 0.0%)

2 だから 1 あり, ならねば, なれば, の人間ぢ, の女, の悪い, の祭壇

▼ ふ~ (9, 0.0%)

1 から家中野良, しぬびて, ともむろん, にえ, は必ず, は恰も, は愈, は甚だ, 知りの

▼ ふ~ (9, 0.0%)

1 あつて, がゐる, には勝ち, の証書, の馬, はこの, への礼儀, を恐れ, を挟み

▼ ふ~ (9, 0.0%)

2 である 1 ありて, がある, とを合せ考へ, などの末, に由つて考, は古風, を草し

▼ ふ~ (9, 0.0%)

2 三郎を 1 國語と, 宗教に, 時代にな, 時代の, 流行の, 玉の, 羅王風のに

▼ ふ時間~ (9, 0.0%)

1 がなくなります, と労力, と自由, の豫約, より逢, をさ, をめがけ, を一刻, を短く

▼ ふ望み~ (9, 0.0%)

1 から重, があります, が湧い, と深い, にかられ, に満ちた, の汝, もありません, も斷

▼ ふ気持ち~ (9, 0.0%)

1 がある, が少し, できん, で帰途, に駆りたてる, の時々, ばかりで, もなかつた, も失はず

▼ ふ~ (9, 0.0%)

1 かる可, 信心について, 思慮な, 敵の, 智な, 法則の, 窮の, 考な, 計画的な

▼ ふ特殊~ (9, 0.0%)

1 な一群, な問題, な形, な手, な部族, の意味, の親しみ, の資格, の離合

▼ ふ~ (9, 0.0%)

2 なれば 1 が眼, その望み, の名, の声, は, まづ彼, もあれ

▼ ふ用意~ (9, 0.0%)

2 をし 1 ある心, ができ, がない, に右, の看板, の足りぬ, は家

▼ ふ~ (9, 0.0%)

1 が二三点, が此処, だつたか, に近い, の作者, も医術, を描いた, を描く, を見る

▼ ふ疑問~ (9, 0.0%)

1 が何度, が出る, が起る, だつた, である, に対して深い, に答, よりも此, を私

▼ ふ相談~ (9, 0.0%)

1 がきまつた, が成り立つた, が領内有志, になつ, もあり, をかけられた, をし, をした, を持ち込ん

▼ ふ立派~ (9, 0.0%)

2 な蝶 1 なもの, な家, な法律, な紳士, な自動車, な芸術家, な見識

▼ ふ精神~ (9, 0.0%)

1 があります, が唐律, が芽, で出世, とはおよそ, に基い, の必ず, の根柢, よりも双方

▼ ふ~ (9, 0.0%)

1 の我, の繰, 僧を, 博士の, 外交家の, 大な, 夫子ユウリュダマスの, 番頭の, 農学者は

▼ ふ~ (9, 0.0%)

1 がぞろぞろ, が湧くで, とであつ, になり, の未だ, の災, の血, の賤, も好き好き

▼ ふ要求~ (9, 0.0%)

1 が既に, が若い, が起つた, が起らざる, の現, まで出された, を刺傷, を感じない, を満たし

▼ ふ訳ぢ~ (9, 0.0%)

5 やない 1 やありません, やア, や無い, や猶

▼ ふ詩人~ (9, 0.0%)

1 が天台山, であります, として不朽, とは, に逢, の地上楽園, の隣, は詩人, よ願はく

▼ ふ~ (9, 0.0%)

2 がある 1 が起つた, だこれ, である, もある, も有, を御存じ, を説いた

▼ ふ~ (9, 0.0%)

21 なく次男, ほんとの, 忘れて, 梃でも, 横にな, 繪圖面は, 車を

▼ ふ~ (9, 0.0%)

32 ひますよ 1 ひが, ひます, ふアノ髭, ふ私ぢ

▼ ふ部分~ (9, 0.0%)

1 がある, が多く, だけ見る, と斎部, と科白, にのみ其の, に継ぐ, の方, は役霊

▼ ふ野心~ (9, 0.0%)

21 から東京, などはない, のない, の起る, はあり得ない, も起り, を持つ

▼ ふ非難~ (9, 0.0%)

1 があるなら, に対して殆, に對, は放縦, もある, も出さうである, を下した, を得る, を生じます

▼ ふ~ (9, 0.0%)

1 かたまたま, が出た, が十頭, が木場, が駄目, に跨つ, は種々, や茶, を持つ

▼ ふ馬鹿~ (9, 0.0%)

1 がある, だらう彼等, だ身分, では, な事, な奴, な考, な間抜け, は出

▼ ふうれし~ (8, 0.0%)

8 さに

▼ ふだけは~ (8, 0.0%)

1 なぜか, 僕が, 儲けて, 土が, 大体は, 払へ, 生きた人間, 言つ

▼ ふひま~ (8, 0.0%)

2 に, もなく 1 もみどり兒, も無, も無く, をかぎろひたち

▼ ふ~ (8, 0.0%)

4 ふま 21 づ先き, やの国

▼ ふポセードーン~ (8, 0.0%)

1 されど看守, その時眞先, その時答, に向, は今しがた, わが命, 善き航海, 痛く心

▼ ふ~ (8, 0.0%)

1 だけに当, となり, の例, の姿, の母, はうすぐ, は如何, や

▼ ふ事件~ (8, 0.0%)

1 が生じた, であつ, に関して兄, は其の, は悉く, は此事件唯一つ, は直吉, を個々

▼ ふ即ち~ (8, 0.0%)

1 この語, そのはたらく, やむを得ずペン, 当人に対して, 新聞に, 日次第に, 歩調を, 神奈川縣下に

▼ ふ友達~ (8, 0.0%)

2 がある 1 だ, にそれとなく, になつ, に出, の一人, は在る

▼ ふ名目~ (8, 0.0%)

1 が大乗院寺社雑事記, で柳屋, で貴女, は勿論, は古事記, まで同社, を作りたる, を附し

▼ ふ地名~ (8, 0.0%)

1 がある, と共に, にし, の下, の多い, の起原, の部落, もあり

▼ ふ~ (8, 0.0%)

2 づく日, ながめ 1 かな, ならば, の肌寒い, の色

▼ ふ女中~ (8, 0.0%)

1 が一人, が波浮, が神田, が通りすがり, の知らせ, の笑, の聲, はお

▼ ふ幸福~ (8, 0.0%)

2 だらう 1 でせう, なる境遇, なる悲劇, な回想, の瞬間, を許し

▼ ふ彼等~ (8, 0.0%)

1 かの火花, が剣, の不幸, の考, の行爲, は殆ど例外, を以て妄, を見渡し

▼ ふ意志~ (8, 0.0%)

1 がかれ, がない, なくし, の強い, は毛頭, は無, を僕, を文化

▼ ふ日本人~ (8, 0.0%)

1 が話し, が間違つて支那, に却つて是丈, に関した, の中, の興行師, は凡て皆詩人, を露西亜

▼ ふ~ (8, 0.0%)

1 からの壁, から残された, し曾, と云, ならば, はその, より朝儀, 当国

▼ ふ~ (8, 0.0%)

2 のはな松の木群, の花 1 が軒端, の名所, の香, をもい

▼ ふ此戸~ (8, 0.0%)

8

▼ ふ男女~ (8, 0.0%)

2 の客 1 が赤玉白玉, のこと, の年配, の影, は愛情, も常に

▼ ふ~ (8, 0.0%)

2 の坂の下 1 があつ, が潤, にある, にも多く, に出, の宿屋

▼ ふ~ (8, 0.0%)

1 がなかつたら, ての, てはない, てもない, てもなかつた, てもなく, もない, り箱

▼ ふ相手~ (8, 0.0%)

1 が判らない, が變, だよ, の気勢, は大, もない, もなく, を軽蔑

▼ ふ確信~ (8, 0.0%)

1 があるなら, が強く, が義雄, に自ら, のあつ, は持つ, も時々, をふところ手

▼ ふ~ (8, 0.0%)

2 のひと, の青 1 のひとり, の船, の葦毛, は新しき

▼ ふ老人~ (8, 0.0%)

1 がゐた, が來, が市場, で井上八段, に鑑定, の声, は, は内藤鳴雪翁そつくり

▼ ふ自動車~ (8, 0.0%)

1 が一台, だつた, には乗っ, に対する不安, のヘッドライト, の中, の爆音, をよけながら私

▼ ふ興味~ (8, 0.0%)

1 ある問題, だけで聞いた, でマツクス・ミユラア, の為, は充分, よりも高い, を与へる, 楽しいやう

▼ ふ~ (8, 0.0%)

2 の樣, をやつ 1 の様, ひ總, ふの, を爲

▼ ふ~ (8, 0.0%)

1 の, の人々, の女, はまた, へその, も旅, をこの, を歩い

▼ ふ見方~ (8, 0.0%)

1 からすれ, がある, がございます, で海老蔵, は必, も確か, をさせ, をした

▼ ふ誇り~ (8, 0.0%)

3 はある 1 がすぐ, でもある, で夢中, を抱い, を覚え

▼ ふ説明~ (8, 0.0%)

2 を加, を聽 1 である, のうち, をします, を饒舌

▼ ふ~ (8, 0.0%)

1 あるを, があります, が起つ, と如何なる, には同意, は或, を出された, を書い

▼ ふ質問~ (8, 0.0%)

1 に對, も出る, も青年, をした, を受けた, を多, を発した, を発する

▼ ふ~ (8, 0.0%)

1 がある, ならず, に一婦人, の上, の第一歩, はない, は無い, を患

▼ ふ鉢巻~ (8, 0.0%)

1 で唄, にかひ, の, の漁夫, の若い衆, の裸体, をし, をした

▼ ふ雑誌~ (8, 0.0%)

1 そのころ多く, などいくつ, に俳優シヤンチリイ, に連載, の上, は学校, をやつ, を紹介

▼ ふいち~ (7, 0.0%)

4 にち 1 にちです, にちの汗, にちの泥

▼ ふいや~ (7, 0.0%)

2 何處も 1 そういうこと, 何処も, 心を, 楽しむ, 身心を

▼ ふそく~ (7, 0.0%)

1 のない, のゆら, の光, の旨, はない, や繩, をさしだし

▼ ふなかれ~ (7, 0.0%)

1 だ, もしなほさき, わが燃, 佞ねる, 信ぜよ恩惠, 君は, 彼に

▼ ふなみ~ (7, 0.0%)

2 に我が 1 が寧ろ, といふ言葉, といふ語, にわが, の五百重浪

▼ ふふう~ (7, 0.0%)

2 と云う 1 あの老人連中, であつ, にそれ相当, にやるなら, に染め

▼ ふべも~ (7, 0.0%)

1 いうた通り, やむこと, よろし, 暑くて, 消ゑじ, 痴川と, 私の

▼ ふまま~ (7, 0.0%)

51 に汀, に頷きつ

▼ ふやを~ (7, 0.0%)

1 かし二人, 我等に, 或は勇將棄, 知り今, 知るべければ, 聞きて, 見しめん爲

▼ ふらく~ (7, 0.0%)

1 のくでは, はこれ, は中宮天極, は国民性, は紅涙, は自ら, は醫家方術家等

▼ ふツくり~ (7, 0.0%)

1 したどす赤, した頬, した顏立, とした, と暖か, と柔らか, と肥えた

▼ ふーン~ (7, 0.0%)

2 なるほど 1 あの筏, すると誰, そうかい, なるほどね, もう目

▼ ふ一切~ (7, 0.0%)

2 のもの 1 の困難, の敵, の文房具, の望, の靈體

▼ ふ一方~ (7, 0.0%)

1 である, ですから, で今月, で往け, には理由, に機械, のみに走る

▼ ふ~ (7, 0.0%)

1 から, から落ちる, から親分, にまで旦那様, のお, 紐を, 闇の

▼ ふ~ (7, 0.0%)

2 體の 1 の聲, は讚むべ, 有る婦人, 觀的事實だけは, 體でなけれ

▼ ふ主義~ (7, 0.0%)

2 が徹底 1 から來, になつて, を存續, を發表, を立て

▼ ふ乞食~ (7, 0.0%)

1 あり拓, が來, が出, が来, にむかひ, の群, を表す

▼ ふ~ (7, 0.0%)

1 つて千客万来これが, とさ, にも事欠く, に当時達, をさ, 價の, 助は

▼ ふ働き~ (7, 0.0%)

1 が発達, とを何れ, と信ずる, の中枢, を押さ, を発達, を練磨

▼ ふ~ (7, 0.0%)

1 がをられました, が出, に世話, の, の監督, はまだ, を心

▼ ふ~ (7, 0.0%)

3 にて 1 か, にてわかれまつりし, に見せずほ, を抱ける

▼ ふ~ (7, 0.0%)

2 の汽車道, の道 1 な名, の経験, の語

▼ ふ勇気~ (7, 0.0%)

1 がない, がなかつた, と希望, の見える, は持てなくなる, も出なかつた, をさ

▼ ふ~ (7, 0.0%)

1 が後, として我, にさし, の意気, や誰, をかなしむ, を力

▼ ふ口実~ (7, 0.0%)

1 が二三日, で家, などは何, の下, を拵ら, を整, を自分

▼ ふ~ (7, 0.0%)

31 であります, や糜爛, より洩れたる, を噛みしめ

▼ ふ唯一~ (7, 0.0%)

2 の道 1 のそして, の方法, の糧道, の辯解, の郷土詩

▼ ふ~ (7, 0.0%)

1 に別れ, の方, の有る, や家人, れは, を大きく, を持つ

▼ ふ女房~ (7, 0.0%)

1 です, ですら, と同じ, にまでも内, も出, を客分, を待つ

▼ ふ子ら~ (7, 0.0%)

2 はも 1 が息, が棹手, と交ら, に, の名

▼ ふ寄席~ (7, 0.0%)

1 があつ, があります, に高島屋, の主人, の主任, の呼聲, へ行

▼ ふ~ (7, 0.0%)

1 があつ, があり, である, の名, はあつ, は今, も訪

▼ ふ度毎~ (7, 0.0%)

1 にいろ, にさ, にその, に猜疑, に言葉, に隣, のお

▼ ふ強い~ (7, 0.0%)

2 印度素馨の 1 力で, 気持それから, 決心を, 鉄の, 香の

▼ ふ形容詞~ (7, 0.0%)

1 が氣, で, とは何等, の出来, はここ, をよく, を冠ら

▼ ふ~ (7, 0.0%)

1 とを同時に, と其, なるが, には京都二條, の意, の為め, まはり

▼ ふ心算~ (7, 0.0%)

31 だつて, で來, で入り込んだ, で書い

▼ ふ情ない~ (7, 0.0%)

3 朝目で 1 ことで, 世の中で, 朝日だ, 言葉だ

▼ ふ感慨~ (7, 0.0%)

1 が洩れ, で以, も彼, やで, を催したであらう, を洩らす, を表さう

▼ ふ戯曲~ (7, 0.0%)

1 が出, といふもの, のテキスト, の原稿, はもうちやん, はよく, は元

▼ ふ拍子~ (7, 0.0%)

1 か彼, か釘, だつたか, に可也, に唇, に大きい, に私

▼ ふ支那~ (7, 0.0%)

1 の婦人, の政治家, の文句, の有, の譯語, の農人, をおも

▼ ふ日本~ (7, 0.0%)

1 には盛ん, の其の, の安い, の文化, の玄関, の若衆, を歌

▼ ふ最後~ (7, 0.0%)

1 に住むだ, の一滴, の一瞥, の光, の手紙, の日, の行動

▼ ふ~ (7, 0.0%)

1 ありいわく商客馬, があり, が宣下式, その御国端, りが, を書きさし, 取り残した茶箪笥

▼ ふ欲望~ (7, 0.0%)

1 から一刻, がある, でも起つた, など全く, にかられ, の前, は己

▼ ふ気分~ (7, 0.0%)

2 のめつきり衰 1 である, になる, には悲し, の満足, を民謡

▼ ふ~ (7, 0.0%)

1 でさ, のたび, は作つて, は加野, は雲, もなかつた, を樂しん

▼ ふ煙草~ (7, 0.0%)

2 のけむりがさびしがつてる, までが違つて 1 だ早春, を出し, を吸

▼ ふ~ (7, 0.0%)

1 が何里先, のすかた, の外, の牝, の群, の鼻, は落ちた

▼ ふ知らせ~ (7, 0.0%)

2 があつ, を聞く 1 が二人, が来た, の目食

▼ ふ~ (7, 0.0%)

2 であつ 1 でゐた, で荷物, なり, なん, なんで

▼ ふ~ (7, 0.0%)

2 へがあつ, へない 1 もあつ, をします, を得た

▼ ふ美人~ (7, 0.0%)

1 が人, ではなく, で才女, と一所, と薄命, なり, はどうも

▼ ふ~ (7, 0.0%)

1 にしも, に相談, の内, の滝, の瀧, の直様水, をおしあ

▼ ふ芝居~ (7, 0.0%)

1 の中, の見物, の話しつ, へ出る, を撮り, を求め, を見る

▼ ふ行事~ (7, 0.0%)

1 が冬, が行, である, としてまつり, は今日, は十四日, をする

▼ ふ表題~ (7, 0.0%)

3 だつた 1 からは良経はじめ, になつ, も実は, を附した

▼ ふ~ (7, 0.0%)

2 も轅棒 1 に似たる, の威光, の情, の耳, 旦那に

▼ ふ證據~ (7, 0.0%)

2 にはならない 1 が擧ら, にならう, に引かれます, のやう, をもう

▼ ふ迷信~ (7, 0.0%)

1 が深く, であ, である, ばかり殘つた, もある, を持つ, 殊に自身

▼ ふ運動~ (7, 0.0%)

1 にも例, は先程, よりも直接, をし, をする, を群馬, を起した

▼ ふ運命~ (7, 0.0%)

1 か母親, が何時, であつ, で人間, に到着, に置かれ, を有つて

▼ ふ間柄~ (7, 0.0%)

2 になつ 1 だ, となる, になつたの, になれる, の夫婦

▼ ふ~ (7, 0.0%)

1 だし, にすべき, には國王, に必要, に於い, の唱, 亡き女鳥王

▼ ふ~ (7, 0.0%)

6 有い 1 も大して

▼ ふ~ (7, 0.0%)

1 に包まれ, のほ, のまぎれ, のやう, の塊樺太蕗, をきよめ, を軽く

▼ ふ風情~ (7, 0.0%)

3 あり 1 であつ, に日向, に見えた, に顏

▼ ふ~ (7, 0.0%)

1 が頭頭, と, のうろこ, の刺身, の如身, は日本, を谷海

▼ ふ鹿~ (7, 0.0%)

1 こそ一子, のつれづれ, の声, の聲, はお前, もうらめしく, 悲し聲

▼ ふあらゆる~ (6, 0.0%)

1 何気ない幸福, 出来事に, 危険を, 徴が, 抵抗にも, 複雜なる

▼ ふお前~ (6, 0.0%)

1 いくら名人, が頼め, なんか死神, には綿銘仙, に約束, は私

▼ ふかく~ (6, 0.0%)

2 の如く 1 てジャンニ, て世, て敵, るは

▼ ふがい~ (6, 0.0%)

41 という大きな, もなく

▼ ふころ~ (6, 0.0%)

1 かうひとり, しきりに赤彦君, になつて, になる, ははや頗る, を見

▼ ふたんび~ (6, 0.0%)

1 にあんな, にそこ, につくづく, にもつ, に一々, に遠く

▼ ふどころ~ (6, 0.0%)

3 では 1 に去ら, のよゆう, の沙汰

▼ ふどころか~ (6, 0.0%)

1 あべこべに, あるなつかし, 愛し喜ん, 慌てて, 此間も, 生れて

▼ ふなあ~ (6, 0.0%)

1 うぬ, おまへは, これや, ふなあ, 兄さんは, 夫が

▼ ふなや~ (6, 0.0%)

2 はやが 1 こいの, どじょうを, なまずなどが, はやさ

▼ ふなりにな~ (6, 0.0%)

1 つた形である, つては, つて八月十日限りといふ, つて根氣で, つて興奮を, つて長谷の

▼ ふなを~ (6, 0.0%)

2 あげるから 1 かしのび, 三匹もらっ, 二匹と, 捕らえて

▼ ふにぞ~ (6, 0.0%)

1 ありける, 心なら, 我も, 涙ながれぬ, 苦しき御伽, 西行あまりの

▼ ふねの~ (6, 0.0%)

1 うきよなりけり, ほに, わがわたつみ, 帆手うちてこそ, 棹に, 舳の

▼ ふのよ~ (6, 0.0%)

1 あの寂し, そしてね, オ, 今日は, 婦人の, 貴方つてひとは

▼ ふべには~ (6, 0.0%)

1 クライストを, 夕顏の, 夕顔の, 大気さわやかなり, 枝うつ霰, 潯陽の

▼ ふべを~ (6, 0.0%)

1 ゆびさしますな, 前髪の, 奥の院の, 待つこと, 野に, 鳩の

▼ ふもの~ (6, 0.0%)

1 であるが, と覺, にはあらず, の落葉, は名, もなし

▼ ふウン~ (6, 0.0%)

1 これが, そりゃ他人, そんなこと, 兄さんも, 最後ち, 見あげたもん

▼ ふ~ (6, 0.0%)

1 と間, なり, の小川, の歌我等, の証拠, 小集会

▼ ふ一語~ (6, 0.0%)

1 で掩, に何, に籠つて了, に顔赫らめ, に驚い, の耳語

▼ ふ一面~ (6, 0.0%)

1 からみれ, とがある, と學者, にも露, の平野, の最もよく

▼ ふ三人~ (6, 0.0%)

1 で飲む, の子供, の翁なほ, の花嫁, を皆一様, を皆一樣

▼ ふ世の中~ (6, 0.0%)

1 にあはれ, になつて, には利益, にアンデス山, の一人, の刺戟

▼ ふ事柄~ (6, 0.0%)

1 が却, である故, に対しては教師, に對, はそれ自身, は国語

▼ ふ代物~ (6, 0.0%)

1 だ, であります, は好い, を君, を漬け込む, 青ン

▼ ふ余裕~ (6, 0.0%)

2 もなかつた 1 なく因循, のある, は彼女, もない

▼ ふ作家~ (6, 0.0%)

1 だ, だがね, ではなく, としての精神的, はまことに, を消し兼ね

▼ ふ傳説~ (6, 0.0%)

1 がある, に附會, のある, の如き, は廣, まで出

▼ ふ~ (6, 0.0%)

1 の儘, は相応, 來明年の, 日本民族の, 氣さへ, 氣も

▼ ふ~ (6, 0.0%)

2 や隙間 1 となりました, の日, は来, もいよ

▼ ふ努力~ (6, 0.0%)

1 によつて善, のある, の一面, をいくぶん, をし, を鈍らし

▼ ふ動物~ (6, 0.0%)

1 かと云, が化物, なり, の事, の住家, は無神経そのもの

▼ ふ医者~ (6, 0.0%)

1 があつ, がやって来た, とエチアンヌ, の家, の説明, を眺めた

▼ ふ~ (6, 0.0%)

3 のお 1 の降りる, の音, を下し

▼ ふ命令~ (6, 0.0%)

1 である, と共にそれ, は当然, を下し, を受けた, を與

▼ ふ坊さん~ (6, 0.0%)

1 がのたくらせた, が出, が御, で其の, のゐる, の子

▼ ふ場処~ (6, 0.0%)

1 が御嶽, とがあり, に立つ, はかうした, は残り, を定めよう

▼ ふ場面~ (6, 0.0%)

2 がある 1 があつ, でありますが, なの, を軽業化

▼ ふ大事~ (6, 0.0%)

2 な要件 1 なこと, なところ, な仕事, は起る

▼ ふ大根~ (6, 0.0%)

2 をさわさ, をその 1 も買つた, を買

▼ ふ女性~ (6, 0.0%)

1 ありて, が今, の本体, は到底, も隆吉, を探し

▼ ふ奴等~ (6, 0.0%)

1 だ, ですから, にひつぱたかれたんだね, に威嚇, に捲き込まれた, は一晩

▼ ふ家々~ (6, 0.0%)

2 では實例 1 では実例, の祖先, はもう, もある

▼ ふ宿~ (6, 0.0%)

1 がすぐ, で休みました, ならぬ花, に就, に往, やこと

▼ ふ~ (6, 0.0%)

1 ださうですよ, と兄, にぼくさ, の心構, はひたすら, をもはげます

▼ ふ~ (6, 0.0%)

1 は全く, もない, もなく, もなし, も無く, 分つ

▼ ふ形容~ (6, 0.0%)

1 が全く, だつて, に小, の言辭, は当らざる, は無稽

▼ ふ恐れ~ (6, 0.0%)

2 もあります 1 が代, が彼, で大急ぎ, にばかり追

▼ ふ感覚~ (6, 0.0%)

1 が語感, のゆとり, の第一歩, もまた, を有, を漉し

▼ ふ慾望~ (6, 0.0%)

2 はもつ 1 なんか無い, は人なみ以上, を唯一人大事, を感じた

▼ ふ懸念~ (6, 0.0%)

1 から女子, が君, が幾らか, もある, より云々, を持っ

▼ ふ批評~ (6, 0.0%)

2 を聞い 1 がある, の危, をされた, を載せ

▼ ふ~ (6, 0.0%)

1 にし, へである, へで人, へなん, へにてきつ, へる時

▼ ふ推定~ (6, 0.0%)

1 から此変若水, に到着, は出, を下す, を私, を進め

▼ ふ文章~ (6, 0.0%)

1 が持つ, すら静か, は或は, ほど一人前以上, を伝, を書く

▼ ふ料理屋~ (6, 0.0%)

1 では, でよせ鍋, で北見, の女, の息, へ休む

▼ ふ方向~ (6, 0.0%)

1 でこれ, にフラ, に力, に向, に進ん, を自分

▼ ふ旅人~ (6, 0.0%)

2 のやる 1 が立寄る, が通る, のやう, の遣

▼ ふ旅館~ (6, 0.0%)

2 に泊つて 1 で其所, に木山, の普請手入, へ連れ

▼ ふ~ (6, 0.0%)

1 伝あっ, 噴火口の, 山河雪を, 訓の, 説あり, 説から

▼ ふ映画~ (6, 0.0%)

1 によれ, に出た, のなか, の試写, を御覧, を観

▼ ふ時分~ (6, 0.0%)

1 に, にちらちら, にはとつぷりと日, には遠く, に辨當, の或

▼ ふ景色~ (6, 0.0%)

2 に見えました, を見 1 を眺め, を見守

▼ ふ~ (6, 0.0%)

1 がつい, が掲げられ, が貼つ, などのよく, のついた, を掲げた

▼ ふ~ (6, 0.0%)

1 がある, が薄ら, に到る, の上, の方, を渡り

▼ ふ~ (6, 0.0%)

2 の薄ら 1 がある, の水かさ, の面, も竜鳳寺

▼ ふ~ (6, 0.0%)

2 の音 1 にしぶき散る, に立てる, の花, の調べ

▼ ふ浪人者~ (6, 0.0%)

1 からお前, だが, に決つて, に逢, に逢つて, はどう

▼ ふ温泉~ (6, 0.0%)

1 の妙見, の川原, の裏二階, はよい, は今, もあり

▼ ふ~ (6, 0.0%)

1 ださうで八月末, のたぎる, の香, もなし, をとれ, を頭

▼ ふ満足~ (6, 0.0%)

2 が胸 1 がある, が些, が彼, を感ずる

▼ ふ理想~ (6, 0.0%)

1 が動搖, が實, といふ語, のおき, を持つ, を持つた

▼ ふ理窟~ (6, 0.0%)

1 がない, なければ, になる, はありません, は俺等, は判る

▼ ふ病気~ (6, 0.0%)

1 かね, に取り付かれた, に罹つた, は他, は瘋癲病院, を知つて

▼ ふ白い~ (6, 0.0%)

1 のだらう, 湯気にか, 珠を, 糸の, 雲, 顏に

▼ ふ社会~ (6, 0.0%)

1 がより, では彼ら, に限つて偏狭, の一つ, の変動, は限られ

▼ ふ空想~ (6, 0.0%)

2 の據 1 に耽, に走らない, の拠り所, は悲哀

▼ ふ~ (6, 0.0%)

1 が叉手, が片言, のやう, の序, は小さし, もあり

▼ ふ義務~ (6, 0.0%)

2 でもあり 1 がある, ではない, の念, を感じない

▼ ふ~ (6, 0.0%)

3 して 1 し糊気, も傍観者, 行けば

▼ ふ職業~ (6, 0.0%)

1 で彼等, に従事, のこと, の者, はあまりに, は国家

▼ ふ能力~ (6, 0.0%)

2 あるところ 1 がある, がない, が無, を意味

▼ ふ~ (6, 0.0%)

1 惚の, 方をば, 烈たさう, 覺によ, 覺を, 註が

▼ ふ自然~ (6, 0.0%)

1 のしるし, の形, の方法, の景観, の美し, をうた

▼ ふ英語~ (6, 0.0%)

2 だつた 1 がてんで, でもなけれ, は何, を呼び起した

▼ ふ~ (6, 0.0%)

3 の繭 1 あげに, かなしびまた, に宮

▼ ふ~ (6, 0.0%)

1 が草, が身, に似, のこのごろ, の夢, の羽袖

▼ ふ行き方~ (6, 0.0%)

1 から出直さね, が語義, で純, の泣菫さん, は甚だ, は生活

▼ ふ表情~ (6, 0.0%)

1 で冷たく, なの, のやう, をした, を見せた, を顔

▼ ふ見込~ (6, 0.0%)

1 がない, が立つた, なぞは立つまい, はつかなかった, はない, は幸福

▼ ふ覚悟~ (6, 0.0%)

1 で悠々, で黙, のない, は始終, をきめ, を語つて

▼ ふ記憶~ (6, 0.0%)

1 から出た, から逃れる, が伴つた, はない, は今に, をまるで

▼ ふ~ (6, 0.0%)

2 だと, では無い 1 を懸けた, を私たち

▼ ふ~ (6, 0.0%)

1 がにぶつ, の労, も手, も重く, やうやう繁く, を踏

▼ ふ迄の~ (6, 0.0%)

1 ことお話する, はやり方, やうな, 事である, 繋ぎの, 長い別離

▼ ふ途中~ (6, 0.0%)

1 でございます, で一緒, のこと, の光景, の廣, 満洲国皇帝

▼ ふ~ (6, 0.0%)

1 つぱらふ, つ払, はぬ, ふそして, へば乱れる, へば踊る

▼ ふ~ (6, 0.0%)

1 に一本, の, の原, の恐怖, の色, べのつかさ

▼ ふ階級~ (6, 0.0%)

2 と言 1 の人達, の伝承, の共通, は存外

▼ ふ隣家~ (6, 0.0%)

6 寒夜

▼ ふ青い~ (6, 0.0%)

1 ぬれ色, 夢の, 梅ほどの, 物は, 色とは, 花こそばゆい

▼ ふ~ (6, 0.0%)

1 が山, のみを聽, も耳, をこだま, を伝へる, 踊りながら

▼ ふ題目~ (6, 0.0%)

1 で一大長論文, に致しました, の音楽, を演ずる, を立てた, を選擇

▼ ふあと~ (5, 0.0%)

3 から又 1 についてお, をつかせ

▼ ふあんな~ (5, 0.0%)

1 こと云ってる, 怖いこと, 白髮は, 目つきで, 空気が

▼ ふかぎり~ (5, 0.0%)

1 に大きな, に於, の概念的, は人生, を採

▼ ふここ~ (5, 0.0%)

1 にいなさる, にわが, に不思議, に関八州, へ泊る

▼ ふされど~ (5, 0.0%)

1 も勇む, 一夜波荒く, 侍臣を, 晩年フィレンツェに, 煮ゆる紅

▼ ふそん~ (5, 0.0%)

3 なら華族 1 ならと, なら私

▼ ふとても~ (5, 0.0%)

1 むづかしいので面喰った, むなしからじ, 今日の, 強烈で, 豪華で

▼ ふなどといふ~ (5, 0.0%)

2 ことは 1 ことはを, 心靈實驗が, 意味では

▼ ふなに~ (5, 0.0%)

1 もしない, をいっ, をいっとる, 似てるの, 汲む水

▼ ふにあたり~ (5, 0.0%)

1 おのづか, かれら, まづ, 心に, 眞の

▼ ふにつれて~ (5, 0.0%)

1 かたごと, サササと, 源氏と, 生える樹木, 霰の

▼ ふに対して~ (5, 0.0%)

1 後宮の, 新嘗, 脇方を, 風雅の, 馬琴は

▼ ふのみに~ (5, 0.0%)

1 して, 匪ず, 急で, 掛かつて, 用ひたらしい

▼ ふのみにて~ (5, 0.0%)

1 一個の, 何事も, 口も, 牧者の, 行は

▼ ふはし~ (5, 0.0%)

31 に棹, の両

▼ ふ~ (5, 0.0%)

1 えや, けもの, こ, つかりぢ, つかりでひよつと

▼ ふひとり~ (5, 0.0%)

2 のわが 1 の友人, の海賊, ものの

▼ ふまた~ (5, 0.0%)

1 こは, これによりて, その定, 不在, 詩聖等相和し

▼ ふもう~ (5, 0.0%)

1 そんなこと, 一とつ造っ, 堅いもの, 顔色が, 馴れて

▼ ふもし~ (5, 0.0%)

2 しからば 1 云つて来てないなら, 忍びても, 罪を

▼ ふをば~ (5, 0.0%)

1 こ, 事の, 吾と, 妙くも為たりとや, 彼の

▼ ふウむ~ (5, 0.0%)

1 お房さん, して, すると何, そして, では察し

▼ ふガラツ八~ (5, 0.0%)

1 ですが, とその, と別れ, の八五郎, を顧み

▼ ふトロイア~ (5, 0.0%)

2 の軍勢 1 に忠言寄, の, の隊列中

▼ ふ一杯~ (5, 0.0%)

2 ひつかける 1 は捨てられません, やりたいな, 頭から

▼ ふ一齊~ (5, 0.0%)

5

▼ ふ不幸~ (5, 0.0%)

2 な私 1 の際, もございませう, を招けり

▼ ふ主人~ (5, 0.0%)

1 と妹, の増長, の易, の言葉, を殺した

▼ ふ主題~ (5, 0.0%)

2 は常に 1 に接近, は前, は滅び行く

▼ ふ了簡~ (5, 0.0%)

1 から些, がほとんど, で居なく, にて行く, は無から

▼ ふ了見~ (5, 0.0%)

1 だ, であんな, でそんな, でひつ, のもの

▼ ふ事さ~ (5, 0.0%)

1 へあつ, へわし, へ億劫, へ考へた, へ聞かなかつた

▼ ふ事丈~ (5, 0.0%)

1 が気, です, は云, は云つて, を知つて

▼ ふ人たち~ (5, 0.0%)

1 だけが不自由, の人, は手, は私, を見る

▼ ふ人ぢ~ (5, 0.0%)

2 やない 1 や, やがな, やね

▼ ふ人形~ (5, 0.0%)

1 と其, に変化, の造り, は春, を持つ

▼ ふ人種~ (5, 0.0%)

1 です, になつ, はいつたい, はパリイ, もをる

▼ ふ以前~ (5, 0.0%)

1 から伝つた神事芸能, とハ, にふさ, に女, は禊ぎの料

▼ ふ仮説~ (5, 0.0%)

1 だけは立ち相, は立たない, を叙, を持つ, を立て

▼ ふ低い~ (5, 0.0%)

1 声も, 小家の, 山に, 橋の, 聲が

▼ ふ使~ (5, 0.0%)

2 ひ方 1 があつ, の口上, ひを

▼ ふ便宜~ (5, 0.0%)

1 がある, となしたる, もあつ, もあり, を明

▼ ふ~ (5, 0.0%)

2 を付けた 1 が出ぬ, をつけ, を付け

▼ ふ~ (5, 0.0%)

1 が見えた, とをもて, の魚, を感ず, を見ました

▼ ふ~ (5, 0.0%)

1 にはまあ, には年貢, は若し, を二三枚別, を出させ

▼ ふ動作~ (5, 0.0%)

4 をくり返し 1 さう

▼ ふ~ (5, 0.0%)

2 なつかしき秋 1 ひだけでも, ひの, ひは

▼ ふ危険~ (5, 0.0%)

1 があります, と恐怖, などは考へ, な人達, や煩

▼ ふ~ (5, 0.0%)

1 なもの, な幇間, な新聞, な月日, な聯想

▼ ふ友だち~ (5, 0.0%)

1 が溝, と一, もあつ, を持つ, を持つてる

▼ ふ同じ~ (5, 0.0%)

2 級の 1 巳歳が, 年齡でも, 毆打する

▼ ふ名称~ (5, 0.0%)

1 である, であると, の存在, は更に, を生んだ

▼ ふ向き~ (5, 0.0%)

1 に半ば, に寢, に教育, の句, もあつ

▼ ふ商人~ (5, 0.0%)

1 とそれ, の売つて, は客室, を村, 或は商

▼ ふ問答~ (5, 0.0%)

1 から一, が度重なる, になつ, は二人, を聞い

▼ ふ~ (5, 0.0%)

1 があつ, があり, が匂, の黒み, の黒み來

▼ ふ境遇~ (5, 0.0%)

1 から此, にも潜ん, の下, の大, も似

▼ ふ変化~ (5, 0.0%)

1 されたもの, の具つたの, は文章, も寂し, を想

▼ ふ大切~ (5, 0.0%)

1 な信念, な信條, な意識, な自, な舊説

▼ ふ~ (5, 0.0%)

1 に順, の羽ぐる, の花, の衣, の香具山

▼ ふ学校~ (5, 0.0%)

1 で独逸語, の授業, の直ぐ, は金沢, を兼ねた

▼ ふ安心~ (5, 0.0%)

1 からであらう, せよ, と共に満面, と明るい, に似た

▼ ふ宮廷~ (5, 0.0%)

2 に傳はる神 1 に伝, に伝はる神, の主上

▼ ふ小さき~ (5, 0.0%)

2 蝶黄翅せせり 1 兵隊バンドには, 画額を, 蜈蚣わが

▼ ふ屋根~ (5, 0.0%)

3 の漏 1 から黄色, の下

▼ ふ~ (5, 0.0%)

2 れでは 1 の事, の感じ, を制し

▼ ふ~ (5, 0.0%)

1 なき雙手, な僕, な日, に九月言語集成譯編, の度

▼ ふ役者~ (5, 0.0%)

1 が出, の妻, の所作, の現, も役者

▼ ふ~ (5, 0.0%)

1 から来る, について迂, には境遇, の御事, 七八の

▼ ふ~ (5, 0.0%)

1 こそ恋, の実例, の幽霊, の煙, の珠

▼ ふ情熱~ (5, 0.0%)

1 とそれゆゑ, は斯, を世捨人, を持った肥った, を理解

▼ ふ新聞~ (5, 0.0%)

1 といふもの, に寄す, の態度, を読まない, を読み

▼ ふ日本語~ (5, 0.0%)

1 であら, である, では, で其, も在

▼ ふ時期~ (5, 0.0%)

1 が冬, であ, の来た, はいつ, は死人

▼ ふ~ (5, 0.0%)

1 が来た, に飛ぶ, の内, の間, 寒し子

▼ ふ期待~ (5, 0.0%)

1 で自分, で身体全体, のうち, は裏切られ, を裏切る

▼ ふ~ (5, 0.0%)

1 の深林, の翠, の静, み, を焼く

▼ ふ~ (5, 0.0%)

2 のこなた 1 の奥, の道, の鳥

▼ ふ~ (5, 0.0%)

2 もなけれ 1 の名前, の梔, や紫色

▼ ふ機械~ (5, 0.0%)

1 から歸つて, のある, のその, は暴力, を据付け

▼ ふ武家~ (5, 0.0%)

1 に逢つて, の仲, の古い, の手, の紛々

▼ ふ気味~ (5, 0.0%)

1 があつ, がある, でかう, の悪い, もある

▼ ふ~ (5, 0.0%)

2 つ白波 1 つ白浪, の鳴戸, べなる

▼ ふ河岸~ (5, 0.0%)

1 のよく, のクルーゲル, の並木の間, の国技館, の櫨

▼ ふ河童~ (5, 0.0%)

1 にバツグ, に紹介, の一性情, の学生, の方言

▼ ふ注意~ (5, 0.0%)

1 もあつ, を受け, を受けた, を守りたい, を與

▼ ふ獅子~ (5, 0.0%)

2 の前 1 のごとく, の如, の恍惚

▼ ふ理屈~ (5, 0.0%)

1 になる, に拠っ, はない, をも考へ, を楯

▼ ふ~ (5, 0.0%)

1 の共同, やさしい虱, 意氣な, 空を, 鼻息強く

▼ ふ田舎~ (5, 0.0%)

1 から上つて, にゐ, の女, の言葉, の静

▼ ふ甲斐~ (5, 0.0%)

2 なく浅ましと 1 こそあれ, なき夫, もなく

▼ ふ番頭~ (5, 0.0%)

1 に別れ, に蹴られ, の市助, の庄兵衞, は見えない

▼ ふ疑惑~ (5, 0.0%)

1 が私, が続い, である, を抱き, を生じた

▼ ふ瞬間~ (5, 0.0%)

1 が来る, なの, にも股, の作者, の爆音

▼ ふ種々~ (5, 0.0%)

1 なる商人, な事情, の弊害, の西洋, 雑多な

▼ ふ~ (5, 0.0%)

1 がみんな海, におく, におとづれて, の外, の雪

▼ ふ筋合~ (5, 0.0%)

2 ひは 1 でもなし, のもの, はなかつた

▼ ふ~ (5, 0.0%)

2 の上 1 がなかなか, のもつれる, は

▼ ふ~ (5, 0.0%)

1 なき生命, に當, を俺, を十條, を甘受

▼ ふ~ (5, 0.0%)

1 にのこつ, をお見舞, をなぐられ, をイヤッ, を右手

▼ ふ芸術~ (5, 0.0%)

1 で清閑, と囁き口吟む芸術, の去勢力, は彼, も根柢

▼ ふ~ (5, 0.0%)

1 と大海, の子, の路, は樹上, を目撃

▼ ふ蟆子~ (5, 0.0%)

3 の羽 2 のかげ驚き

▼ ふ表現~ (5, 0.0%)

1 で見る, の妙味, は平安初期, を固定, を持つた

▼ ふ~ (5, 0.0%)

1 のあはれ, の名, もなし, も私語, も露けき

▼ ふ覺悟~ (5, 0.0%)

1 でありますので, なの, をきめた, を忘れ, を持つ

▼ ふ解釈~ (5, 0.0%)

1 が先輩高野斑山翁, にもなる, をし, を加, を心

▼ ふ計画~ (5, 0.0%)

1 であつ, なの, は細君, も有る, を樹

▼ ふ証拠~ (5, 0.0%)

1 があります, にする, になり, にはちつ, は大伴家持

▼ ふ~ (5, 0.0%)

1 かこの, か代, か掌, だって馬鹿, のため

▼ ふ諢名~ (5, 0.0%)

2 までつけた, をつけ 1 のある

▼ ふ~ (5, 0.0%)

21 ふすぐ, ふの, へるだけ

▼ ふ~ (5, 0.0%)

3 の音 1 を捌く, を見送り

▼ ふ逸話~ (5, 0.0%)

1 すら残つて, なり, にも明かであらう, の残つて, も残つて

▼ ふ過程~ (5, 0.0%)

1 の予期, は前例, を含んだ, を経た, を踏ん

▼ ふ~ (5, 0.0%)

4 見か 1 見違

▼ ふ~ (5, 0.0%)

1 のかす, のとばしり打ちけぶる, の中, の山, 之助

▼ ふ電報~ (5, 0.0%)

1 が来たら, である, を入院中, を読んだ, 之丈

▼ ふ~ (5, 0.0%)

2 にこの 1 かかれり, の中, の沼波

▼ ふ題名~ (5, 0.0%)

1 で譯, の下, の小説, は僕, を付ける

▼ ふ~ (5, 0.0%)

1 が麗, に新しき, をば嫩江, をよせ, を右

▼ ふ風習~ (5, 0.0%)

1 が毫も, の意義, の有りし, は地上, もある

▼ ふ~ (5, 0.0%)

2 あへる 1 のない, の持ち主, の結合

▼ ふ~ (5, 0.0%)

1 だと, の, の声, の悲鳴, も羽ばたく

▼ ふ~ (5, 0.0%)

1 の哀愁, の声, の桜, の音, は

▼ ふあまりに~ (4, 0.0%)

1 丹後の, 前を, 此處を, 汝此岸を

▼ ふあれ~ (4, 0.0%)

1 だよ, である, とはよほど, は飛六法

▼ ふ~ (4, 0.0%)

1 だはり, は怪し, は月, は罪

▼ ふぢこ~ (4, 0.0%)

2 居りませんか, 来ませんか

▼ ふでの~ (4, 0.0%)

1 あと, 包みを, 導火である, 有力者は

▼ ふどう~ (4, 0.0%)

1 だか, だこの, でも湯田, オ

▼ ふなき~ (4, 0.0%)

2 かとただ 1 に於, を知り

▼ ふなどと~ (4, 0.0%)

1 云ふ, 言ふ, 言振らす, 馬鹿げたこと

▼ ふなどとは~ (4, 0.0%)

1 まことに以, 国策に, 思つても, 恩を

▼ ふなどの~ (4, 0.0%)

1 いで接頭語, 有ろうはず, 略か, 類である

▼ ふにか~ (4, 0.0%)

1 かつてゐる, すすりなきうめきご, はらぬぞ, 呪ふ

▼ ふはず~ (4, 0.0%)

1 なければ, はない, ゐぶん, んぐりとふとつて無数

▼ ふ~ (4, 0.0%)

21 は雀, をられ

▼ ふふふふ~ (4, 0.0%)

21 ふふふふふ, ふッ

▼ ふへと~ (4, 0.0%)

1 ぼとぼと歩い, 下りて, 泳いで, 私は

▼ ふわかき~ (4, 0.0%)

2 をみな 1 男の, 看護婦夏過ぎ

▼ ふわざ~ (4, 0.0%)

4 はあて人

▼ ふわたし~ (4, 0.0%)

1 ならその, は北原白秋氏, は泳い, も行きません

▼ ふ~ (4, 0.0%)

21 たりよ, たりよくろんぼ

▼ ふツつり~ (4, 0.0%)

1 と出なく, と切り取, と姿, 絶えて

▼ ふヘクトール~ (4, 0.0%)

1 しかく陳, 娶りて, 恐れず答, 着けて

▼ ふンぢ~ (4, 0.0%)

4 やない

▼ ふーむそれ~ (4, 0.0%)

1 がこの, が大きい, は今夜, は興味

▼ ふ一文~ (4, 0.0%)

1 が毎日新聞, が載, はスタヴローギン, を出し

▼ ふ一篇~ (4, 0.0%)

1 があつ, があります, が書きたく, の文章

▼ ふ一行~ (4, 0.0%)

1 が路, だけは事実, にも見える, に始まつ

▼ ふ一言~ (4, 0.0%)

1 が幼い, で以つて双方, に尽きる, の御

▼ ふ三つ~ (4, 0.0%)

1 の國, の点, の言葉, の韓方明

▼ ふ三字~ (4, 0.0%)

2 の通称 1 の称, を頼り

▼ ふ予定~ (4, 0.0%)

1 から歴史, が出来得よう, すらある, であつ

▼ ふ事ぢ~ (4, 0.0%)

21 やございません, や無い

▼ ふ人生~ (4, 0.0%)

1 の上, の大樹, の落武者, 至るところ

▼ ふ今宵~ (4, 0.0%)

1 こそ世界, の空, はブラック, ばかりの露け

▼ ふ今度~ (4, 0.0%)

1 は, はとうとう, は全く, は従来

▼ ふ~ (4, 0.0%)

1 の親, の言葉, 劇場で, 橋の

▼ ふ仲間~ (4, 0.0%)

1 に念仏聖, の文士, もある, も居る

▼ ふ侮辱~ (4, 0.0%)

1 から多く, だらう, を与へた, を受け

▼ ふ儀式~ (4, 0.0%)

1 がありました, がさ, と信じ, を準備

▼ ふ~ (4, 0.0%)

2 に優劣 1 に色色, に路地

▼ ふ~ (4, 0.0%)

1 がある, がこの, と差し向ひで話, の立て

▼ ふ~ (4, 0.0%)

1 であつ, にも舅たち, も有る, れ等

▼ ふ利益~ (4, 0.0%)

1 がある, の多い, は一, は贅言

▼ ふ制度~ (4, 0.0%)

1 が作られた, が完全, はわれわれ, を設け

▼ ふ勇士~ (4, 0.0%)

1 が霊有, の如く, の猛勇, 即ち斬り

▼ ふ~ (4, 0.0%)

1 がある, にもなる, に二度, を用

▼ ふ原因~ (4, 0.0%)

1 にもなる, はまだ, は容易, は暗

▼ ふ~ (4, 0.0%)

1 ある人, 別の, 向うに, 和漢の

▼ ふ友人~ (4, 0.0%)

1 で文學, との会合, になつて仕舞, の説

▼ ふ口吻~ (4, 0.0%)

1 ですから, で囁いだ, を洩された, を洩らし

▼ ふ名高い~ (4, 0.0%)

1 ワイルドの, 万葉集の, 問屋筋の, 盜人でございます

▼ ふ~ (4, 0.0%)

1 に富んだ, の作品, もこもるであらう, よし柔

▼ ふ呼吸~ (4, 0.0%)

2 を知 1 から出, がまことに

▼ ふ~ (4, 0.0%)

1 か何, が多い, は何年, は何百年

▼ ふ~ (4, 0.0%)

2 それだけの, 一つの

▼ ふ~ (4, 0.0%)

1 賣だ, 賣だと, 賣の, 賣を

▼ ふ商売~ (4, 0.0%)

1 にあり, の息子, は面白く, も君

▼ ふ四つ~ (4, 0.0%)

2 の羽 1 だ, に聲

▼ ふ国民~ (4, 0.0%)

2 はない 1 がゐる, の一人

▼ ふ地位~ (4, 0.0%)

1 にゐない, に達し無けれ, を天賦, を得たい

▼ ふ境地~ (4, 0.0%)

1 に立つたら, に身, に這入り得る, はうらやまし

▼ ふ境界~ (4, 0.0%)

1 ではそれ, は代, を極める, を立てた

▼ ふ~ (4, 0.0%)

1 があつ, が下戸, の住ひで, は

▼ ふ多く~ (4, 0.0%)

1 のか, の事実, の女等, の生徒

▼ ふ大力~ (4, 0.0%)

2 の人 1 のその, の男

▼ ふ大和~ (4, 0.0%)

4 の女郎花

▼ ふ奇蹟~ (4, 0.0%)

1 であるかの, なり, は, も容易き

▼ ふ奥様~ (4, 0.0%)

1 の眼, の話, の身, は真に真に

▼ ふ~ (4, 0.0%)

1 人物を, 小品が, 戰的な, 機会が

▼ ふ妻覓ぎ人~ (4, 0.0%)

4

▼ ふ~ (4, 0.0%)

1 に出, の多い, は印度人, を訊ね

▼ ふ威力~ (4, 0.0%)

1 のない, の信仰, の衰ろ, を利用

▼ ふ学者~ (4, 0.0%)

1 が, の少く, の用語, もゐた

▼ ふ定め~ (4, 0.0%)

4 であつ

▼ ふ宣言~ (4, 0.0%)

1 があつ, だけで, を聞かされた, を聽くま

▼ ふ容子~ (4, 0.0%)

1 だが, などは更に, はない, を見せなかつた

▼ ふ寸法~ (4, 0.0%)

1 であつ, なん, に成る, も惡

▼ ふ小さい~ (4, 0.0%)

1 店で, 横笛を, 神きれいな, 蜻蛉に

▼ ふ少しく~ (4, 0.0%)

2 余を 1 わがこ, 徳川氏の

▼ ふ少年~ (4, 0.0%)

1 がけさ六つ半, にち, の日, の群

▼ ふ左樣~ (4, 0.0%)

2 わかれば 1 かなあそれでは, かなあ夫

▼ ふ~ (4, 0.0%)

1 が小さな, のごとき, を取らう, を取りました

▼ ふ~ (4, 0.0%)

1 は薬, よさらに, よ同, よ告げ

▼ ふ~ (4, 0.0%)

2 まきつけて 1 まで引手, も無い

▼ ふ広告~ (4, 0.0%)

1 がし, を目安, を見, を読み

▼ ふ~ (4, 0.0%)

1 い約束, がある, で御, 立つた瑕瑾

▼ ふ~ (4, 0.0%)

1 であるしかし, とした, にもなつて行つたの, のもの

▼ ふ御用~ (4, 0.0%)

2 です 1 か知りません, で厶

▼ ふ御諚~ (4, 0.0%)

4 で此山

▼ ふ心理~ (4, 0.0%)

1 がある, それから親子, もない, を取扱

▼ ふ性格~ (4, 0.0%)

1 こそ, として極めて, は要吉, を造り出すであろう

▼ ふ怪物~ (4, 0.0%)

1 が居るだらう, である, はない, は相手

▼ ふ~ (4, 0.0%)

3 は無し 1 に背きし

▼ ふ~ (4, 0.0%)

1 が皆無, に降嫁, の吐く, も細

▼ ふ悪魔~ (4, 0.0%)

1 の悪戯, の所業ぢ, の手下, の理想主義者的忠告

▼ ふ悲しい~ (4, 0.0%)

1 悼ましい例, 歌, 運命の, 顔や

▼ ふ~ (4, 0.0%)

1 い事, い口, い奴, い癖

▼ ふ意気~ (4, 0.0%)

1 が壮, の張合, はあつ, もある

▼ ふ~ (4, 0.0%)

1 が乃至, に似, のため, のなぐさめ

▼ ふ我々~ (4, 0.0%)

1 の友人, の実験, の愛, の類推力

▼ ふ或は~ (4, 0.0%)

1 その, 可也, 御馳走に, 桂冠を

▼ ふ手前~ (4, 0.0%)

2 だつて 1 が可笑しい, の方

▼ ふ手合~ (4, 0.0%)

1 だが, であるから, はみな, は概ね

▼ ふ扶持米~ (4, 0.0%)

2 で暮し, を右

▼ ふ批評家~ (4, 0.0%)

1 でもあれ, による, のない, の言葉

▼ ふ技術~ (4, 0.0%)

1 があつ, ともヨオロツパ, などといふの, を競ふ

▼ ふ掛聲~ (4, 0.0%)

1 で居るです, で撲つた, は何處, を以て酷

▼ ふ推測~ (4, 0.0%)

1 がつい, この二つ, は出, をさせる

▼ ふ~ (4, 0.0%)

1 で三人, に上つて, は硯友社, は豊か

▼ ふ文面~ (4, 0.0%)

1 が書い, である, で御, の手紙

▼ ふ~ (4, 0.0%)

4 う云

▼ ふ斯樣~ (4, 0.0%)

2 なこと, な譯

▼ ふ方針~ (4, 0.0%)

1 で此教会区, で言葉, の数, を立てた

▼ ふ早く~ (4, 0.0%)

1 允可を, 先非を, 畠を, 言へば

▼ ふ~ (4, 0.0%)

2 にも月 1 と夜, 闌けて

▼ ふ時自分~ (4, 0.0%)

1 がその, の云, はもう, は心底

▼ ふ暗い~ (4, 0.0%)

1 処の, 獸的な, 疑念さへ, 通りへと

▼ ふ書生~ (4, 0.0%)

1 が座敷, と時には, に逢, は確か

▼ ふ~ (4, 0.0%)

2 で張詰めた 1 に心, は終に

▼ ふ~ (4, 0.0%)

1 あらん, がない, が無い, が近づいた

▼ ふ木枯~ (4, 0.0%)

2 もそよ風 1 にふうわり, の闇

▼ ふ東京~ (4, 0.0%)

1 の下谷, の友人二三名, の情人, は雨

▼ ふ~ (4, 0.0%)

1 に鳳凰, の山, の木, の葉

▼ ふ極めて~ (4, 0.0%)

3 甘美な 1 奇抜な

▼ ふ~ (4, 0.0%)

1 しい生活, しい豫想, は即ち, みは

▼ ふ~ (4, 0.0%)

1 に重, 即ち青山電話交換局, 鎗が, 長い岡

▼ ふ權利~ (4, 0.0%)

1 がある, がない, を主張, を認め

▼ ふ武士~ (4, 0.0%)

1 ありけり, とこれ, は食, もありし

▼ ふ歴史~ (4, 0.0%)

1 に載つ, を以つて, を作る, を拵

▼ ふ気もち~ (4, 0.0%)

1 の中, もこの, らしかったの, を感じた

▼ ふ気色~ (4, 0.0%)

1 がございません, はなかつた, もなく, を見せず

▼ ふ気配~ (4, 0.0%)

1 があつ, だけれども, の中, の如く

▼ ふ汽車~ (4, 0.0%)

1 に乗り, に間, の中, の響

▼ ふ法律~ (4, 0.0%)

1 がない, にも載, はあつ, 即ち大化革新

▼ ふ漁師~ (4, 0.0%)

2 の河童 1 だが, も尋ね

▼ ふ~ (4, 0.0%)

1 に行ける, の海, の鱗, は

▼ ふ特別~ (4, 0.0%)

2 な心持 1 にナイシヨウ, の理由

▼ ふ~ (4, 0.0%)

2 之松 1 の人立, の牙

▼ ふ~ (4, 0.0%)

2 英雄剣を 1 太の, 太人等は

▼ ふ~ (4, 0.0%)

2 のやう 1 のごと, を見

▼ ふ~ (4, 0.0%)

1 実家却, 實が, 實を, 實的自我の

▼ ふ生徒~ (4, 0.0%)

1 がありました, なども少く, の中, の憧憬

▼ ふ画家~ (4, 0.0%)

1 がこれ, と邦正美, なん, の叔父さんみたい

▼ ふ畏れ多い~ (4, 0.0%)

4 風聞が

▼ ふ~ (4, 0.0%)

1 だつた, だわ, になる, に当る

▼ ふ疑念~ (4, 0.0%)

1 が先, でせう, は消し, もあつ

▼ ふ病人~ (4, 0.0%)

1 が何故か, に下らない, に酸素吸入, のやう

▼ ふ相違~ (4, 0.0%)

2 だらう 1 が同族どうし, を除け

▼ ふ看板~ (4, 0.0%)

2 を出した 1 もあれ, を出せ

▼ ふ真似~ (4, 0.0%)

2 をし 1 して, をした

▼ ふ真面目~ (4, 0.0%)

1 な女, な小, な意味, な質問

▼ ふ~ (4, 0.0%)

1 あり夜, に腰, に躓き, のきざはし

▼ ふ神様~ (4, 0.0%)

1 はまた, は世界中どこ, は何と, は知つて

▼ ふ簡単~ (4, 0.0%)

1 な努力, な為事, な言葉, な説明

▼ ふ~ (4, 0.0%)

1 がなく, にゃ困らん, はない, は買

▼ ふ紳士~ (4, 0.0%)

1 の令嬢, の令孃, の心掛, は自分

▼ ふ結構~ (4, 0.0%)

1 な, なお下物, な所, な銘木

▼ ふ綺麗~ (4, 0.0%)

2 な事 1 な蠅, にし

▼ ふ老女~ (4, 0.0%)

1 が附い, が食物衣服, の背後, の袂

▼ ふ者さ~ (4, 0.0%)

2 へある 1 へあつ, へ次第に

▼ ふ聯想~ (4, 0.0%)

1 か私, が浮ぶ, が起つた, を伴

▼ ふ~ (4, 0.0%)

1 で此, はありません, は鎮魂, を何と

▼ ふ良人~ (4, 0.0%)

1 の原稿, の姿勢, へ我, も眠

▼ ふ良心~ (4, 0.0%)

2 も持つ 1 の負荷, も

▼ ふ芸者~ (4, 0.0%)

1 がひよつ, が好き, に惚れた, を無理

▼ ふ~ (4, 0.0%)

2 葉木の 1 は仮定, 樣の

▼ ふ若き~ (4, 0.0%)

2 男の 1 人達の, 女の

▼ ふ若人~ (4, 0.0%)

4 をおきあてた

▼ ふ苦労~ (4, 0.0%)

1 とそれ, をし, をしなけれ, をば何

▼ ふ~ (4, 0.0%)

31 かれ衲子

▼ ふ~ (4, 0.0%)

1 で作つた, のしづく, の藁砧, へ水

▼ ふ~ (4, 0.0%)

2 のやう 1 には牙, 第五怨

▼ ふ~ (4, 0.0%)

1 なき衣, にある, には帰る, の流れ

▼ ふ許し~ (4, 0.0%)

1 が出, が出る, も出た, を得

▼ ふ~ (4, 0.0%)

4 ひを

▼ ふ論者~ (4, 0.0%)

1 には微苦笑, も亦, も隨分, 多しこれ

▼ ふ~ (4, 0.0%)

1 新聞の, 神礼遇の, 職人, 靈

▼ ふ~ (4, 0.0%)

1 である, ひ出し, ひ物, 淋しや

▼ ふ~ (4, 0.0%)

1 の通り, ふれば, もある, を引い

▼ ふ譬喩~ (4, 0.0%)

1 が適当, で新しく, に用, を含んだ

▼ ふ豪傑~ (4, 0.0%)

1 が有, でありますから, なのにも, は後

▼ ふ責任~ (4, 0.0%)

1 が懸, が永遠者, をすべて, を己

▼ ふ~ (4, 0.0%)

2 客は 1 夫人で, 樣は

▼ ふ貴い~ (4, 0.0%)

1 人々の, 月給を, 特権で, 犧牲の

▼ ふ趣意~ (4, 0.0%)

1 だが, であつ, のもの, を書きありき

▼ ふ迄は~ (4, 0.0%)

1 帝国ホテルの, 心とめ, 無い, 生きた気持

▼ ふ途方~ (4, 0.0%)

4 もない

▼ ふ~ (4, 0.0%)

1 かに出で, かに現, にわが, に江戸表

▼ ふ道理~ (4, 0.0%)

1 がない, はありません, はない, はなし

▼ ふ~ (4, 0.0%)

1 がけの, 岫有無, 鐘半夜に, 鐘来

▼ ふ部屋~ (4, 0.0%)

1 であ, であつ, にも目当て, より

▼ ふ~ (4, 0.0%)

1 に目, の中, は世界, までも聞えた

▼ ふ金額~ (4, 0.0%)

1 が杉野, を湯河原, を示し, を聞く

▼ ふ間違~ (4, 0.0%)

1 からか絹針, がある, ひが, をひやかした

▼ ふ関係~ (4, 0.0%)

1 から神, か知らぬ, が皇子, になつて

▼ ふ閣下~ (4, 0.0%)

1 の為, の為め, の爲, の爲め

▼ ふ~ (4, 0.0%)

1 にほ, のた, のやう, の夜

▼ ふ~ (4, 0.0%)

1 は唱, は無い, は身, も御座いませぬ

▼ ふ~ (4, 0.0%)

1 ではあの, には大きな, の料理竈, を探し

▼ ふ階段~ (4, 0.0%)

1 は経, を一階づゝ音, を上つた, を二階

▼ ふ随筆~ (4, 0.0%)

1 に, の一節, は多少, を草

▼ ふ雜誌~ (4, 0.0%)

1 が東洋人, に, に可, を見た

▼ ふ~ (4, 0.0%)

4 の音

▼ ふ電話~ (4, 0.0%)

1 があつ, であつ, を伝へた, を取次い

▼ ふ~ (4, 0.0%)

1 かな月影, かな歩き, かな物音, こころなく

▼ ふ~ (4, 0.0%)

1 で, は外, を行く, を見る

▼ ふ題材~ (4, 0.0%)

1 に感興, は古今, や表現, を選ぶ

▼ ふ風流士~ (4, 0.0%)

4 もある

▼ ふ~ (4, 0.0%)

1 がない, に移り, はない, はぬ

▼ ふ餘裕~ (4, 0.0%)

1 がない, が未だ, もなく, を失つて

▼ ふ~ (4, 0.0%)

1 あり, か知らず, の名, へ汽車

▼ ふ高い~ (4, 0.0%)

1 会費が, 処から, 制限で, 濁音までが

▼ ふ~ (4, 0.0%)

1 では決して, の様, の隱, もやつぱり

▼ ふあす~ (3, 0.0%)

1 でおし, に迫つて, のうち

▼ ふあつし~ (3, 0.0%)

1 ぢや, の子分, も少し

▼ ふあて~ (3, 0.0%)

1 は何時も, もつきません, もなく

▼ ふあー~ (3, 0.0%)

3

▼ ふ~ (3, 0.0%)

21 はゆる

▼ ふうまい~ (3, 0.0%)

1 と感じる, ので三杯, 捨てられた柿

▼ ふかかる~ (3, 0.0%)

1 をかしき, 事例は, 夜は

▼ ふかなた~ (3, 0.0%)

1 には, に今, の木影

▼ ふかの~ (3, 0.0%)

1 夕ありし, 女は, 渡辺で

▼ ふがた~ (3, 0.0%)

1 ばかり少し, 木曾に, 空の

▼ ふげん~ (3, 0.0%)

1 てなん, て何, ぼさ

▼ ふこっち~ (3, 0.0%)

1 へ出たい, もこれ, も全く

▼ ふこのごろ~ (3, 0.0%)

1 なれこそは, の私, は何

▼ ふさる~ (3, 0.0%)

1 事も, 戲言いふ, 者の

▼ ふしかし~ (3, 0.0%)

1 同時に誰, 賢こさう, 辻一作が

▼ ふそう~ (3, 0.0%)

1 か, めんの, ら見ろ

▼ ふそこ~ (3, 0.0%)

1 には私, には見えぬ, んところ

▼ ふそれだけ~ (3, 0.0%)

2 の事 1 の呪縛

▼ ふぞや~ (3, 0.0%)

1 もし縁, 御手本ハ, 時頼進ん

▼ ふだから~ (3, 0.0%)

1 あたりま, いざ死なう, 考へるには

▼ ふだけでも~ (3, 0.0%)

1 いいこと, 幸吉の, 胸が

▼ ふだの~ (3, 0.0%)

1 べたべた貼りついた, 下に, 響が

▼ ふつくづく~ (3, 0.0%)

3 と眺

▼ ふとかいふ~ (3, 0.0%)

2 ことに 1 場合に

▼ ふなが~ (3, 0.0%)

1 ほしかった, 安い, 美味く伊勢えび

▼ ふなく~ (3, 0.0%)

1 いはんや, 生を, 白沙遠く

▼ ふにあたりて~ (3, 0.0%)

1 微温の, 汝に, 請はる

▼ ふにつけ~ (3, 0.0%)

1 それは, 夕暮の, 胸中の

▼ ふねも~ (3, 0.0%)

1 おびただしく着い, ともにながれる, 小さくたかだか二三千噸

▼ ふはじめて~ (3, 0.0%)

1 この男, やうやく, 鶯の

▼ ふはや~ (3, 0.0%)

1 がした, が下, にこや

▼ ふひどい~ (3, 0.0%)

1 奴かなあ, 奴かねえ, 違ひだよ

▼ ふふっと~ (3, 0.0%)

1 笑った, 笑って, 誰かが

▼ ふふみ~ (3, 0.0%)

1 たるこまごまし, 幼きいえ, 食む

▼ ふふんなるほど~ (3, 0.0%)

1 な筆, ね, 道楽だった

▼ ふふーん~ (3, 0.0%)

1 そういうの, の方, 実行力

▼ ふへは~ (3, 0.0%)

1 ぢき, ひ込んで, 誰も

▼ ふやっぱり~ (3, 0.0%)

1 うまくは, 役者だ, 此処は

▼ ふやはり~ (3, 0.0%)

1 二十の, 十枚足らずの, 美しい生ける

▼ ふやみ~ (3, 0.0%)

1 のうら, の恋猫, の花

▼ ふわっ~ (3, 0.0%)

1 ともちあげた, ははは, ふわっ

▼ ふわれ~ (3, 0.0%)

1 はわれ, は美くしきもの, 大いなる恩惠

▼ ふ~ (3, 0.0%)

2 たり所得 1 より少し

▼ ふをも~ (3, 0.0%)

1 俟たじ, 憚らで, 知らぬなるべし

▼ ふアッ~ (3, 0.0%)

1 と云っ, と山臥, ふアッ

▼ ふアレース~ (3, 0.0%)

1 の叫喚かく, 又は深林, 引きて

▼ ふケチ~ (3, 0.0%)

2 な野郎 1 の付いた

▼ ふセリフ~ (3, 0.0%)

1 がある, なん, は口

▼ ふッくら~ (3, 0.0%)

1 とした, とやわらかい, と軟らかく

▼ ふハガキ~ (3, 0.0%)

1 が或, を女, を買

▼ ふパン~ (3, 0.0%)

1 を三斤, を焼, を買

▼ ふリズム~ (3, 0.0%)

1 はもはや, は全く, は必

▼ ふーム~ (3, 0.0%)

1 そうか, では万太郎, では甲州路

▼ ふ一派~ (3, 0.0%)

1 の呪術芸能, の大, もあつ

▼ ふ一点~ (3, 0.0%)

1 だけだつた, で多く, に帰し

▼ ふ一部~ (3, 0.0%)

1 の下等神, の人々, の評

▼ ふ一首~ (3, 0.0%)

1 と避暑, に託したさうである, の歌

▼ ふ三十~ (3, 0.0%)

3 は一昨年

▼ ふ下女~ (3, 0.0%)

1 だ, に當つて, も来

▼ ふ不気味~ (3, 0.0%)

1 な不安, な処, な名

▼ ふ不都合~ (3, 0.0%)

1 がある, がご, な図々しい

▼ ふ世事~ (3, 0.0%)

2 に與つた事 1 に与つた

▼ ふ世間~ (3, 0.0%)

1 に対する憤慨, のこゑこゑ, の一員

▼ ふ~ (3, 0.0%)

2 の岬 1

▼ ふ了簡一つ~ (3, 0.0%)

3 では今

▼ ふ予期~ (3, 0.0%)

1 しないとこ, を以て向, を持つ

▼ ふ事今~ (3, 0.0%)

2 では東京 1 の所謂基督教信者

▼ ふ事勿~ (3, 0.0%)

3

▼ ふ二重~ (3, 0.0%)

1 に輪, の淋し, の演技

▼ ふ人人~ (3, 0.0%)

1 のあり, の前, は酔興

▼ ふ人影~ (3, 0.0%)

1 が見えた, は下, 淡き光帶びて

▼ ふ人情~ (3, 0.0%)

1 からすぐ, に脆く, の矢面

▼ ふ仇名~ (3, 0.0%)

1 のある, をさ, を附け

▼ ふ仕儀~ (3, 0.0%)

1 でございますから, なら喉, になつ

▼ ふ仮定~ (3, 0.0%)

1 に達し, を, を断案

▼ ふ仰せ~ (3, 0.0%)

1 ですから, は正に, は確

▼ ふ~ (3, 0.0%)

2 がある 1 であ

▼ ふ何だか~ (3, 0.0%)

1 声を, 寂しくな, 譯の

▼ ふ何事~ (3, 0.0%)

1 か成ら, ならん, も皆

▼ ふ作者~ (3, 0.0%)

1 なら別, の, は吉井勇

▼ ふ借金~ (3, 0.0%)

1 は第三者, をし, を仕

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 からもう, に女, に立つ

▼ ふ傾き~ (3, 0.0%)

1 があつ, でもあつ, を本

▼ ふ優しい~ (3, 0.0%)

1 方だらう, 言葉が, 遠慮深い

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 つ自分, の他者, 生ったらずいぶん

▼ ふ光栄~ (3, 0.0%)

1 でせう, で御座いませう御, を忘れ

▼ ふ全く~ (3, 0.0%)

1 の眞實われ, 一度も, 無用な

▼ ふ六ヶ~ (3, 0.0%)

1 しい事, 敷いこと, 敷い質問

▼ ふ共に~ (3, 0.0%)

1 奇火の, 無言なる, 語られる人間

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 じい石である, じい音が, 慘な

▼ ふ初めて~ (3, 0.0%)

1 單物では, 氣が, 縫ひ

▼ ふ別に~ (3, 0.0%)

1 手当の, 袖も, 話も

▼ ふ制限~ (3, 0.0%)

2 を受け 1 の中

▼ ふ前提~ (3, 0.0%)

1 が正しい, は立場, を承知

▼ ふ前置き~ (3, 0.0%)

1 で, で書い, を聞かせ

▼ ふ割合~ (3, 0.0%)

1 で對, で裁斷, で鼠

▼ ふ動機~ (3, 0.0%)

1 がどうして, が全然, を促す

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 上落下の, 普遍的なる, 諺の

▼ ふ半面~ (3, 0.0%)

1 においてある程度, にはそんな, を形造つたの

▼ ふ単純~ (3, 0.0%)

1 な意義, な断定, な理由

▼ ふ印象~ (3, 0.0%)

1 よりも殖民地, を先づ, を持つ

▼ ふ反省~ (3, 0.0%)

1 が起る, などは持つ, を交

▼ ふ口上~ (3, 0.0%)

1 であつ, でね, なり

▼ ふ口調~ (3, 0.0%)

1 だ, で, である

▼ ふ古語~ (3, 0.0%)

1 が現存, で表現, は一口

▼ ふ可憐~ (3, 0.0%)

1 ななつッ, の小児, の雲雀

▼ ふ可笑し~ (3, 0.0%)

1 さ, さは, な男

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 に口, の御, の手

▼ ふ同人雑誌~ (3, 0.0%)

1 が発行, に載, の仲間

▼ ふ名人~ (3, 0.0%)

1 であ, である, の打つた

▼ ふ名物~ (3, 0.0%)

1 があり, が出, の爺さん

▼ ふ名義~ (3, 0.0%)

1 だ, どほり, を考へる

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 でいひ, ひたま, 柳原正しく

▼ ふ君子~ (3, 0.0%)

1 にもせよ, の一人, よりもかう

▼ ふ吹雪~ (3, 0.0%)

1 だ, であります, にてもなく

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 は, は曩昔, も小室

▼ ふ吾が~ (3, 0.0%)

1 家の, 恋ふらく, 最後の

▼ ふ吾子~ (3, 0.0%)

1 が声, なりけり豆菊, に着

▼ ふ呪言~ (3, 0.0%)

1 が天, と言, は

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 からざる名, こそ或は, 見律毘婆沙

▼ ふ喜び~ (3, 0.0%)

1 の歌, を, を知つて

▼ ふ喧嘩~ (3, 0.0%)

2 をし 1 する

▼ ふ嘗て~ (3, 0.0%)

1 人あり, 如何なる文化, 張文潜に

▼ ふ噂ぢ~ (3, 0.0%)

21 やない

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 が三年前, が雀, の方

▼ ふ因果~ (3, 0.0%)

1 でございませう, なこと, な身

▼ ふ因縁~ (3, 0.0%)

2 がある 1 だか

▼ ふ団体~ (3, 0.0%)

1 だとして, で主, には恐らく

▼ ふ固定~ (3, 0.0%)

1 した形, した表現法, した言

▼ ふ地震~ (3, 0.0%)

2 の多 1 との區別

▼ ふ基督~ (3, 0.0%)

1 の徒, の戒め, の立教

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 で貴方, になつ, のこなた

▼ ふ塩梅~ (3, 0.0%)

1 にし, にどん, に愛子流

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 な名前, な小品, な論理

▼ ふ夕べ~ (3, 0.0%)

2 の空 1 にも忘

▼ ふ夕靄~ (3, 0.0%)

1 に水辺, の中, の底

▼ ふ夜行~ (3, 0.0%)

3 の巡査

▼ ふ大した~ (3, 0.0%)

1 ことが, ものでありません, シケ方だ

▼ ふ大阪~ (3, 0.0%)

2 の言葉 1 に不思議

▼ ふ天使~ (3, 0.0%)

1 の喇叭, は彼等, は誰

▼ ふ夫人~ (3, 0.0%)

2 の言葉 1 の美しい

▼ ふ女たち~ (3, 0.0%)

1 の前, は水車, 黙つて

▼ ふ女ども~ (3, 0.0%)

3 のふる

▼ ふ女人~ (3, 0.0%)

1 でないこと, の子供, の群

▼ ふ女神~ (3, 0.0%)

1 あり名, の御前, の殿堂

▼ ふ奴ぢ~ (3, 0.0%)

2 やない 1

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 な空氣, はある, ひが

▼ ふ嬉し~ (3, 0.0%)

2 さに 1 さが

▼ ふ学生~ (3, 0.0%)

1 です, と貴女, を顧みた

▼ ふ學校~ (3, 0.0%)

1 がある, にも入らず, を見たい

▼ ふ~ (3, 0.0%)

2 の市 1 で泊め

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 グリルへ, 禄山の, 詳に

▼ ふ宗教心~ (3, 0.0%)

3 を衝激

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 つたものが, 不定の, 雇ひ

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 にきこえくる, に来た, に這入つた

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 から今, の春, の春雨

▼ ふ家筋~ (3, 0.0%)

1 ありその, がある, として人交

▼ ふ寂しい~ (3, 0.0%)

1 午後時々, 望みが, 鴫たつ様である

▼ ふ寧ろ~ (3, 0.0%)

2 抱腹絶倒せ 1 反抗したい

▼ ふ対象~ (3, 0.0%)

1 として発見, に至つて, を離れ

▼ ふ小屋~ (3, 0.0%)

1 のきたな, へい, 大した悲しい

▼ ふ小川~ (3, 0.0%)

1 があり, で出来る, の傍

▼ ふ小手~ (3, 0.0%)

3 の上

▼ ふ小舟~ (3, 0.0%)

1 のやう, は宙天, を幾千萬哩

▼ ふ小言~ (3, 0.0%)

1 だつた, であつ, を聞く

▼ ふ小鳥~ (3, 0.0%)

1 と共にうた, に接唇, の巣

▼ ふ屋號~ (3, 0.0%)

1 の異, は何, は其後始

▼ ふ山脈~ (3, 0.0%)

2 を見 1

▼ ふ山路~ (3, 0.0%)

1 なぞを遠く, の花, は暑し

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 かな, の茶店, を越せず

▼ ふ~ (3, 0.0%)

2 のさなか 1 の暗い

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 の中, の前, の腹

▼ ふ川柳~ (3, 0.0%)

1 がある, の発句, の穿ち

▼ ふ巴里~ (3, 0.0%)

1 の大道, の正月, の青年詩人

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 では茶, に出, を設けざる

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 ならぬ世, の生活, 次の

▼ ふ常に~ (3, 0.0%)

1 はあらぬ, 山中に, 溌剌たる

▼ ふ帽子~ (3, 0.0%)

1 をかぶつ, をこの, を被

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 さなど, な児, な吾が

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 が生れ, に陷つて來, もあつ

▼ ふ張合~ (3, 0.0%)

2 もありません 1 ひもなかつた

▼ ふ彦根~ (3, 0.0%)

21 の米

▼ ふ役目~ (3, 0.0%)

1 そしてこの, は煙, は臣

▼ ふ往来~ (3, 0.0%)

1 に立ち, の人, をはるばる

▼ ふ径路~ (3, 0.0%)

1 を取らなけれ, を示す, を辿つた

▼ ふ徳山~ (3, 0.0%)

1 が十五日, の教, も困った

▼ ふ~ (3, 0.0%)

2 である 1 しと

▼ ふ必死~ (3, 0.0%)

1 なあの, な願, の声

▼ ふ必然~ (3, 0.0%)

1 の努力, の変化, の結果

▼ ふ忠告~ (3, 0.0%)

1 と同様, を受けた, を必要

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 がしたらう, つた, つたやう

▼ ふ思案~ (3, 0.0%)

2 も附かず 1 が青年

▼ ふ性分~ (3, 0.0%)

3 がもと

▼ ふ恐し~ (3, 0.0%)

1 いやう, い目, い誘惑

▼ ふ恰好~ (3, 0.0%)

1 だ, だあ, で廊下

▼ ふ患者~ (3, 0.0%)

1 のやう, はある, はひどく

▼ ふ悦び~ (3, 0.0%)

1 と意義, もあらう, を受ける

▼ ふ情景~ (3, 0.0%)

1 とが吾, は凄まじい, を冒頭

▼ ふ惡魔~ (3, 0.0%)

1 に骨髓, のな, の犧牲

▼ ふ愚か~ (3, 0.0%)

1 な私, な考, な自分

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 がある, がする, を其の

▼ ふ感想~ (3, 0.0%)

1 がその間, で英語, と生活

▼ ふ~ (3, 0.0%)

21

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 のこれ, の花, はいづ

▼ ふ成語~ (3, 0.0%)

1 に挿まれ, は漢語, を用

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 は彼女, は開かれ, を叩く

▼ ふ手つき~ (3, 0.0%)

1 で團扇, まで明瞭, を

▼ ふ手法~ (3, 0.0%)

1 に煩, は何, を用

▼ ふ手筈~ (3, 0.0%)

1 である, になつて, をきめる

▼ ふ支那人~ (3, 0.0%)

1 などの連中, に支那語, は概して

▼ ふ政府~ (3, 0.0%)

1 である, と民党, の答弁

▼ ふ政體~ (3, 0.0%)

1 が出, の變動, をとる

▼ ふ教師~ (3, 0.0%)

1 の家, は非常, もありき

▼ ふ文芸上~ (3, 0.0%)

1 の形式, の或, の総

▼ ふ料理~ (3, 0.0%)

1 あり, がある, を手伝つて五十人百人

▼ ふ斯く~ (3, 0.0%)

2 して 1 ありて

▼ ふ新聞記事~ (3, 0.0%)

1 が十日計り前, を十數年前, を見る

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 の奉告, を彼女, を忘れ

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 や短日, 旦行村の, 稻田の

▼ ふ星月夜~ (3, 0.0%)

2 御院殿坂 1 まで待つ

▼ ふ時私~ (3, 0.0%)

1 が悲しむ, はお, は常に

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 から再び, で神事, に己

▼ ふ曲者~ (3, 0.0%)

2 見たいな 1 ですから

▼ ふ書店~ (3, 0.0%)

1 には現, の厚意, の意見

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 端の, 重罪犯の, 高いもの

▼ ふ最も~ (3, 0.0%)

1 根源的意義における, 簡易な, 自然な

▼ ふ最中~ (3, 0.0%)

1 なりき, に鴎外, を捕

▼ ふ木の葉~ (3, 0.0%)

2 の如く 1 の重

▼ ふ材料~ (3, 0.0%)

1 が有, に使, を集め

▼ ふ松林~ (3, 0.0%)

1 にまじ, の中, へ逃れる

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 です, の正札, の長い

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 だけが奇妙, も又, も皆

▼ ふ栄光~ (3, 0.0%)

2 をもつた 1 ある女王さま

▼ ふ條件~ (3, 0.0%)

1 であ, を備, を容れる

▼ ふ植物~ (3, 0.0%)

1 から採る, なん, の如き

▼ ふ楽しみ~ (3, 0.0%)

1 がひよつ, もしない, もまた

▼ ふ概念~ (3, 0.0%)

1 には近代人, の砂礫, を保存

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 ふ事, への, への大きな

▼ ふ様式~ (3, 0.0%)

1 でどちら, との類似, を具

▼ ふ機関~ (3, 0.0%)

1 がどこ, がなけれ, を創りたい

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 かがやける, と共に日本, の馬場

▼ ふ欠点~ (3, 0.0%)

1 はある, はない, を若し

▼ ふ此頃~ (3, 0.0%)

1 ださ, の新聞紙, の酉の市

▼ ふ武器~ (3, 0.0%)

1 となつ, はない, を見

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 せる子, の齒車, を観じ

▼ ふ母親~ (3, 0.0%)

1 と默つて, は, は東京

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 の中, の王, よ

▼ ふ民譚~ (3, 0.0%)

1 の世界的類型, は王朝末, は神

▼ ふ氣分~ (3, 0.0%)

1 が見え, は起らなかつた, を殆

▼ ふ氣持ち~ (3, 0.0%)

1 が渠, になつ, も添

▼ ふ汝心~ (3, 0.0%)

2 に銘じおけ 1 に懼

▼ ふ法則~ (3, 0.0%)

1 でもある, で歌, にまで轉化

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 からはいづれ, のやう, は水

▼ ふ無心~ (3, 0.0%)

3 の浪

▼ ふ無理~ (3, 0.0%)

1 な騷ぎ, を有, を言つて

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 らず, る後, れども

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 になす事, はしろし, は信濃あたり

▼ ふ熊野~ (3, 0.0%)

2 が浦 1 がゐる

▼ ふ父母~ (3, 0.0%)

1 とうち出来, と一, の事

▼ ふ父親~ (3, 0.0%)

2 の態度 1 の口

▼ ふ状況~ (3, 0.0%)

1 である, にあります, は実に

▼ ふ狂歌~ (3, 0.0%)

1 が壽, の讃, を詠んだ

▼ ふ~ (3, 0.0%)

2 の聲 1 のやう

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 の苑, の踏み, を含み

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 な形, らしい人, らしい掘り出し物

▼ ふ現実~ (3, 0.0%)

1 の力, の感慨, を見る

▼ ふ理論~ (3, 0.0%)

1 はプチ・ブルジヨア, や利益, を詳述

▼ ふ甘い~ (3, 0.0%)

1 期待, 気持にな, 汁が

▼ ふ男子~ (3, 0.0%)

1 が眼, が衷情, などが大

▼ ふ異名~ (3, 0.0%)

1 をさ, を出す, を負

▼ ふ異常~ (3, 0.0%)

1 なもの, な声, な欲望

▼ ふ疑懼~ (3, 0.0%)

2 が潜ん 1 はどの

▼ ふ病院~ (3, 0.0%)

1 の有, の途中, へ入れる

▼ ふ白妙~ (3, 0.0%)

2 となり 1 の手

▼ ふ百姓~ (3, 0.0%)

1 が馬, の叱り, の次男

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 あまり進まぬ, かひ, がかわいがる

▼ ふ皮肉~ (3, 0.0%)

1 でせう, なこと, な言葉

▼ ふ真理~ (3, 0.0%)

1 に帰着, の他, を我が身

▼ ふ矛盾~ (3, 0.0%)

1 した而, なの, に似た

▼ ふ知識~ (3, 0.0%)

1 のない, を持つ, を持つた

▼ ふ短篇~ (3, 0.0%)

1 がよく, が思ひ出され, を讀み

▼ ふ研究~ (3, 0.0%)

1 しよう, に汲々, は始められるであらう

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 な事実, な望み, な証拠

▼ ふ祈祷~ (3, 0.0%)

1 に似た, もこの, を捧げた

▼ ふ私ぢ~ (3, 0.0%)

2 やない 1 や無い

▼ ふ私自身~ (3, 0.0%)

1 すらも沈黙, の好み, も彼地

▼ ふ秋山~ (3, 0.0%)

2 の澄みぬるす 1 に心

▼ ふ窮屈~ (3, 0.0%)

1 な小, な規定, のない

▼ ふ童女~ (3, 0.0%)

1 あり, あり其容姿, が笑顔

▼ ふ~ (3, 0.0%)

2 の林 1 がギシギシ

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 ひを, ひ声, ひ方

▼ ふ筈ぢ~ (3, 0.0%)

1 や, やありません, やなかつた

▼ ふ範囲~ (3, 0.0%)

1 にとどまる, にはひる, を何処

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 あるが, や月, 九圓七十八錢

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 かのべたる, で外國, を貰つて汽車

▼ ふ素朴~ (3, 0.0%)

1 な生活, な眼色, な言語情調

▼ ふ組織~ (3, 0.0%)

1 であつ, にしなく, を作る

▼ ふ給料~ (3, 0.0%)

1 がそのまま, の大, の札

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 なり, のある, の音

▼ ふ縁側~ (3, 0.0%)

1 に悲しい淋しい, に日向ぼつこ, の椅子

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 だ, のざんげ, の女性

▼ ふ美女~ (3, 0.0%)

1 の物凄, の繪, 争うて

▼ ふ羽目~ (3, 0.0%)

1 なん, にも彼女, に陥る

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 と仔細, ひあり, ひありたれば

▼ ふ聖母~ (3, 0.0%)

1 なるぞ, の恩赦, をな忘れ

▼ ふ~ (3, 0.0%)

2 きてを 1 けば

▼ ふ脚本~ (3, 0.0%)

1 から脱化, を持っ, を演じる

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 した, に毛, を泥靴

▼ ふ至上~ (3, 0.0%)

2 のわが 1 の善

▼ ふ色鳥~ (3, 0.0%)

2 の影 1 であらう

▼ ふ芭蕉~ (3, 0.0%)

1 の俳諧, の逸話, も他

▼ ふ若し~ (3, 0.0%)

1 わが願, トスカーナの, 起上つて捩らなけれ

▼ ふ苦し~ (3, 0.0%)

2 さに 1 さは

▼ ふ苦しみ~ (3, 0.0%)

1 からはじめて, だつた, を兄

▼ ふ苦悶~ (3, 0.0%)

1 の表情, の闇, をも考へず

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 に途中, の実, もうま

▼ ふ落葉~ (3, 0.0%)

1 する夕日, のやう, の今年葉

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 の金看板, を教, 飲ませば

▼ ふ~ (3, 0.0%)

2 のその 1 かな

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 の流, の通, は彼女

▼ ふ街道~ (3, 0.0%)

2 へおりる 1 を静

▼ ふ表現法~ (3, 0.0%)

1 は古代芸術, を採つた, を採る

▼ ふ西洋~ (3, 0.0%)

2 の糊 1 の諺

▼ ふ見出し~ (3, 0.0%)

1 で書い, で船, のもと

▼ ふ見当~ (3, 0.0%)

1 だけをつけ, に誤り, を立て

▼ ふ規定~ (3, 0.0%)

1 が唐律, であつ, であると

▼ ふ親分~ (3, 0.0%)

1 がゐた, こそ身體, は

▼ ふ~ (3, 0.0%)

2 えは 1 えも

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 が村, になつ, へ行

▼ ふ言葉さ~ (3, 0.0%)

1 へとげ, へ日本語化, へ素朴

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 なり当代に, に松薪, 畫は

▼ ふ計算~ (3, 0.0%)

1 で經濟上, をし, をする

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 が付い, しへは, の出る

▼ ふ訓令~ (3, 0.0%)

1 があります, を授け, を與

▼ ふ訓練~ (3, 0.0%)

1 こそ青年, を受けた, を持つ

▼ ふ記載~ (3, 0.0%)

2 がある 1 と略符合

▼ ふ許可~ (3, 0.0%)

2 が出 1 があれ

▼ ふ詞章~ (3, 0.0%)

1 ととこよたち, なるが, の憑霊

▼ ふ詩集~ (3, 0.0%)

1 が久しく, などの表現法, は黄葉夕陽村舎詩後編

▼ ふ話ぢ~ (3, 0.0%)

2 やない 1 やありません

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 だ, である, は史乘

▼ ふ論法~ (3, 0.0%)

1 ですよ, で歌舞妓所作事, を進める

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 は, はれは, ふ所

▼ ふ~ (3, 0.0%)

2 り方 1 な名

▼ ふ谷崎氏~ (3, 0.0%)

2 の言葉 1 の言

▼ ふ豫想~ (3, 0.0%)

1 からばかりで, にうち勝たれた, にはずむ

▼ ふ貴君~ (3, 0.0%)

2 が作つた 1 は何

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 だ, にお, の仲間

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 がある, に解せ, はない

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 かな, になる, の師匠

▼ ふ~ (3, 0.0%)

2 の玉水 1 の梅

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 はかく, は敢, は早く

▼ ふ迅雲~ (3, 0.0%)

2 に乘つた姿 1 に乗つた

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 ひ書, ふ聲, 從だつたさうです

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 になれ, にも成りかねる, 寂しい所

▼ ふ通り私~ (3, 0.0%)

1 はまだ, は丹波, は御新造

▼ ふ~ (3, 0.0%)

2 へたくせ 1 ひに

▼ ふ遊び人~ (3, 0.0%)

1 だ, でな, で好い

▼ ふ過去~ (3, 0.0%)

1 の事, の歴史, の語

▼ ふ道具~ (3, 0.0%)

1 の歯, や生き, を使

▼ ふ達し~ (3, 0.0%)

1 があつ, のあつ, をした

▼ ふ邪魔~ (3, 0.0%)

1 になる, をし, を爲

▼ ふ都合~ (3, 0.0%)

1 にし, のよい, の好い

▼ ふ野分~ (3, 0.0%)

3 かな

▼ ふ金色~ (3, 0.0%)

1 の, の横文字さ, の玉

▼ ふ~ (3, 0.0%)

2 を逆手 1 でした

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 刄の, 声は, 聲は

▼ ふ鏡子~ (3, 0.0%)

1 の望む, の知合, はお

▼ ふ鑑賞上~ (3, 0.0%)

3 の議論

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 廊下まなこみひらき, 槍相亂れ, 烟短

▼ ふ~ (3, 0.0%)

2 には 1 の入口

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 の子羽, の羽, ゐて

▼ ふ雉子~ (3, 0.0%)

3 と恐ろしく

▼ ふ雑草~ (3, 0.0%)

1 の花ざかり, を心ゆく, を眺め

▼ ふ雰囲気~ (3, 0.0%)

1 といふもの, には形容, の村

▼ ふ靜かさ~ (3, 0.0%)

1 だ, だらう, の中

▼ ふ非常~ (3, 0.0%)

1 な野心, に自信, に長い

▼ ふ響き~ (3, 0.0%)

1 がお, が酒, にただ

▼ ふ~ (3, 0.0%)

2 にのみ注がれ 1 は削

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 で並び, のやう, を待つ

▼ ふ頼み~ (3, 0.0%)

1 ですよ, なんで, は後

▼ ふ頼り~ (3, 0.0%)

1 ないもの, ない溜息, を受けた

▼ ふ類似~ (3, 0.0%)

2 の者 1 がある

▼ ふ風景~ (3, 0.0%)

1 であつ, の良い, は全く

▼ ふ風評~ (3, 0.0%)

1 だつたが, であつ, も飛んだ

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 ほどうまい, もうまい, もみな盆餅

▼ ふ餅屋~ (3, 0.0%)

1 がありました, が出来まし, を出した

▼ ふ騒ぎ~ (3, 0.0%)

1 が始, が賑やか, でせう

▼ ふ骨董屋~ (3, 0.0%)

1 がどうして, が広告, の

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 で, でもつ, で顏

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 の根元, の結, は

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 なんか生やし, の優劣, を頬

▼ ふ魂胆~ (3, 0.0%)

1 であるといふ, もひそん, らしかつ

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 などまでが朝, に似た, の声

▼ ふ黒き~ (3, 0.0%)

1 材木と, 牡丹は, 皮卵も

▼ ふ~ (3, 0.0%)

1 の子, もまた, 然の

▼ ふあいつ~ (2, 0.0%)

1 が立ち寄つた, どうしてる

▼ ふあしく~ (2, 0.0%)

1 はあるまい, 一万○五百両という

▼ ふあだ名~ (2, 0.0%)

1 を受けた, を附け

▼ ふあつ~ (2, 0.0%)

1 ぱれな御返事, ふと生ら

▼ ふあはれ~ (2, 0.0%)

1 なり仔馬跳ね, やさしき心

▼ ふあま~ (2, 0.0%)

1 のか, の香具山

▼ ふある~ (2, 0.0%)

1 意味で, 種の

▼ ふあッ~ (2, 0.0%)

1 ふと, ふ旦那

▼ ふいい~ (2, 0.0%)

1 じゃない, 気味だ

▼ ふいつも~ (2, 0.0%)

1 のやう, 程元気なし

▼ ふうふ~ (2, 0.0%)

1 のまじわり, の家鴨

▼ ふうまし~ (2, 0.0%)

2 国うまし

▼ ふおそろしい~ (2, 0.0%)

1 評判との, 隔が

▼ ふおれ~ (2, 0.0%)

1 の口, の胸算用

▼ ふお伽噺~ (2, 0.0%)

1 が如何, をき

▼ ふお前さん其~ (2, 0.0%)

2 お酒

▼ ふかしこ~ (2, 0.0%)

1 に刺され, に苛責

▼ ふかと~ (2, 0.0%)

2 見れば

▼ ふがね~ (2, 0.0%)

1 たしかにそれ, 大根の

▼ ふがほどの~ (2, 0.0%)

1 ものも, 事は

▼ ふこちら~ (2, 0.0%)

1 は桂川, へ來

▼ ふこれからすぐ~ (2, 0.0%)

2 に行かう

▼ ふこれぞ~ (2, 0.0%)

1 このいづ, 熊手の

▼ ふこれら~ (2, 0.0%)

1 の新奇, の者

▼ ふこれ一枚~ (2, 0.0%)

1 の皮, の表

▼ ふこんな~ (2, 0.0%)

1 ことで, 二人

▼ ふさらば~ (2, 0.0%)

1 彼等の, 汝既に

▼ ふざけたまねしやがって~ (2, 0.0%)

1 このうえ, どうする

▼ ふざま~ (2, 0.0%)

1 だ, を見ろ

▼ ふすぐ~ (2, 0.0%)

1 と眼, また無一文

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 はわが, は神

▼ ふそれで~ (2, 0.0%)

1 人が, 何か

▼ ふぞろい~ (2, 0.0%)

1 な濁った諧音, の瓦屋根

▼ ふだけを~ (2, 0.0%)

1 私は, 見て

▼ ふでき~ (2, 0.0%)

1 のある, はとにかく

▼ ふでと~ (2, 0.0%)

1 小姑の, 申します

▼ ふどこ~ (2, 0.0%)

1 の騒ぢ, へいつた

▼ ふどもは~ (2, 0.0%)

1 さつ, もうみんなばか

▼ ふなあと~ (2, 0.0%)

1 その風景, 鼻くたで

▼ ふなう~ (2, 0.0%)

1 た, た遠く

▼ ふなか~ (2, 0.0%)

1 でこの, に

▼ ふなといふ~ (2, 0.0%)

1 貼紙が, 顔を

▼ ふなども~ (2, 0.0%)

1 同じ思想, 時に取

▼ ふなんぞは~ (2, 0.0%)

1 私までも, 見料が

▼ ふなんぢら乾葡萄~ (2, 0.0%)

2 をもて

▼ ふについて~ (2, 0.0%)

1 ゐる, 立憲政治が

▼ ふについては~ (2, 0.0%)

1 今日の, 芥川が

▼ ふにても~ (2, 0.0%)

1 この狂言, 情ふかき

▼ ふねと~ (2, 0.0%)

1 ようけ, 読むの

▼ ふねん~ (2, 0.0%)

1 げてんの, こらおかん

▼ ふのみと~ (2, 0.0%)

1 いふ, するは

▼ ふのみの~ (2, 0.0%)

1 怖しい, 状態から

▼ ふはずみ~ (2, 0.0%)

1 に引き, に鞘走つ

▼ ふはなし~ (2, 0.0%)

1 にて始, を俺

▼ ふはよう~ (2, 0.0%)

1 お参りだの, ございますか

▼ ふばかりは~ (2, 0.0%)

1 善い友達, 蒼天も

▼ ふばん~ (2, 0.0%)

1 なり, バの

▼ ふひとつ~ (2, 0.0%)

1 のポーズ, の不思議

▼ ふひととき~ (2, 0.0%)

2

▼ ふひどく~ (2, 0.0%)

1 寒い, 貧民に

▼ ふふかき~ (2, 0.0%)

2 日ざしなりける

▼ ふふくそう~ (2, 0.0%)

1 にいいます, にこう

▼ ふふみ音~ (2, 0.0%)

2 のまだ

▼ ふふり~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ ふふんこりゃ~ (2, 0.0%)

1 そうとうできる, にわかにあの

▼ ふふん主~ (2, 0.0%)

2

▼ ふへき~ (2, 0.0%)

1 なり, に當

▼ ふへま~ (2, 0.0%)

1 はって, はつて

▼ ふべが~ (2, 0.0%)

1 おもひだ, しぐれる

▼ ふべがと~ (2, 0.0%)

2 思つてす

▼ ふべた~ (2, 0.0%)

2 とへし

▼ ふほどには~ (2, 0.0%)

1 どこにも, 春嶽の

▼ ふほどは~ (2, 0.0%)

1 海女驚かず, 飲めません

▼ ふほどや~ (2, 0.0%)

2 此世なる

▼ ふほふく~ (2, 0.0%)

2 を取

▼ ふほんとう~ (2, 0.0%)

1 かい, の生活

▼ ふまだ~ (2, 0.0%)

1 家内に, 雪之

▼ ふみち~ (2, 0.0%)

1 がへ, を頼み

▼ ふむろん~ (2, 0.0%)

1 腹いつ, 雑草風景は

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 だへの, 見に

▼ ふやいなや~ (2, 0.0%)

1 姿は, 私が

▼ ふやうぢ~ (2, 0.0%)

1 やが, や餘

▼ ふやに~ (2, 0.0%)

1 伝ふ, 傳ふ

▼ ふゆり~ (2, 0.0%)

2 の葉

▼ ふよい~ (2, 0.0%)

1 かな夏, 風呂に

▼ ふよく~ (2, 0.0%)

1 考へれば, 致候時ハ天下ニ横行の

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 と笑いだし, ふア

▼ ふアカイア軍~ (2, 0.0%)

1 の壁, をその

▼ ふアツ~ (2, 0.0%)

1 と山臥, ふアツ

▼ ふイズム~ (2, 0.0%)

1 なるもの, の貼

▼ ふウむそれ~ (2, 0.0%)

1 で読めた, は初耳

▼ ふクリスト~ (2, 0.0%)

1 に憐, の収入

▼ ふシリイズ~ (2, 0.0%)

1 に名, の広告

▼ ふダンテ~ (2, 0.0%)

1 は一三一四年, は再び

▼ ふトマト~ (2, 0.0%)

1 やら玉ネギ, を味

▼ ふバナナ~ (2, 0.0%)

2 の森

▼ ふプロバビリテエ~ (2, 0.0%)

1 の疇昔, を加

▼ ふボオドレエル~ (2, 0.0%)

1 の散文詩, の言葉

▼ ふポセードーン彼~ (2, 0.0%)

1 に答, のかた

▼ ふポツシビリテエ~ (2, 0.0%)

2 が生ずる

▼ ふマツグ~ (2, 0.0%)

1 と河童, の言葉

▼ ふミシン~ (2, 0.0%)

1 がこの, の針丈

▼ ふム成~ (2, 0.0%)

1 程, 程な

▼ ふモ一人~ (2, 0.0%)

2 の男

▼ ふルナアル~ (2, 0.0%)

2 の最も

▼ ふーむこれ~ (2, 0.0%)

1 はたしかに, は奇怪千万

▼ ふーむと~ (2, 0.0%)

1 仰云, 怖れ

▼ ふーむ珍~ (2, 0.0%)

2 らしいな

▼ ふ一助~ (2, 0.0%)

1 たるべきなり, ともなつた

▼ ふ一匹~ (2, 0.0%)

1 の小, の黒猫

▼ ふ一寸~ (2, 0.0%)

1 気味が悪い, 聞くと

▼ ふ一度~ (2, 0.0%)

1 ボーチョウした, 惚れた女

▼ ふ一念~ (2, 0.0%)

1 で彼, で良人

▼ ふ一歩~ (2, 0.0%)

1 であると, に

▼ ふ一片~ (2, 0.0%)

1 のパン, の花瓣

▼ ふ一生~ (2, 0.0%)

1 の嬉しき, の恋知らず

▼ ふ一章~ (2, 0.0%)

1 の中, を忘れなかつた

▼ ふ一筋~ (2, 0.0%)

1 の田圃道, の雲

▼ ふ一群~ (2, 0.0%)

1 の作者, を恐る

▼ ふ一般的傾向~ (2, 0.0%)

2 を持つ

▼ ふ一部分~ (2, 0.0%)

1 だけ, の事

▼ ふ丁寧~ (2, 0.0%)

1 な口上, な校語

▼ ふ丁度~ (2, 0.0%)

1 時計の, 東からは

▼ ふ七種~ (2, 0.0%)

2 の宝

▼ ふ三味~ (2, 0.0%)

1 の音景気, の音景氣

▼ ふ三味線~ (2, 0.0%)

1 の大, の聲

▼ ふ三和土~ (2, 0.0%)

2 には絶えず

▼ ふ上級生~ (2, 0.0%)

1 であつ, は私

▼ ふ下宿屋~ (2, 0.0%)

1 であつ, で二十年來

▼ ふ下心~ (2, 0.0%)

1 があつ, はさも

▼ ふ下枝~ (2, 0.0%)

2 のゆらぎ

▼ ふ下男~ (2, 0.0%)

1 など渡舟, の取次

▼ ふ不孝~ (2, 0.0%)

1 の罪, を

▼ ふ不平~ (2, 0.0%)

1 はよく, も含めた

▼ ふ不快~ (2, 0.0%)

1 な事, の性質

▼ ふ世に~ (2, 0.0%)

1 亡き乙女, 何の

▼ ふ世の常~ (2, 0.0%)

1 ならぬ相, に云

▼ ふ世上滔々~ (2, 0.0%)

1 たる浮華虚礼, たる浮華虚禮

▼ ふ世外~ (2, 0.0%)

2 の狂人

▼ ふ世話~ (2, 0.0%)

1 がありません, がなから

▼ ふ世間予~ (2, 0.0%)

2 の庭園

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 にとり, に凹巷

▼ ふ中年者~ (2, 0.0%)

1 の御用聞, の浪人

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 なんて云う, はよかっ

▼ ふ主任警部~ (2, 0.0%)

1 がテッキリ無頼漢, がテツキリ無頼漢

▼ ふ久し~ (2, 0.0%)

2 とも愛し

▼ ふ乱暴~ (2, 0.0%)

1 な文句, な遊び方

▼ ふ亂暴~ (2, 0.0%)

1 なこと, はしない

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 が精神的健康, も亦

▼ ふ予感~ (2, 0.0%)

1 さては力三, めいた声

▼ ふ予断~ (2, 0.0%)

1 が結論, で製作動機

▼ ふ事これ~ (2, 0.0%)

1 がまた, を合せ

▼ ふ事ふつ~ (2, 0.0%)

2 と跡

▼ ふ事態~ (2, 0.0%)

1 であるから, の変りやう

▼ ふ事是~ (2, 0.0%)

1 なり, れ道

▼ ふ事等~ (2, 0.0%)

1 には殊に, に不便

▼ ふ事能~ (2, 0.0%)

1 はざりき, はざる

▼ ふ事行~ (2, 0.0%)

2 る事

▼ ふ事言~ (2, 0.0%)

2 ふ事

▼ ふ二人対手~ (2, 0.0%)

2 の名

▼ ふ二体~ (2, 0.0%)

1 の聖なる, の鬼

▼ ふ二十七八~ (2, 0.0%)

1 の房州女, の青年

▼ ふ二階~ (2, 0.0%)

1 で私, に来

▼ ふ二首~ (2, 0.0%)

1 とは既に, を叙景詩

▼ ふ五つ~ (2, 0.0%)

1 になる, の流派

▼ ふ五丁町~ (2, 0.0%)

1 と諸, と諸声

▼ ふ五位~ (2, 0.0%)

2 があつ

▼ ふ交際~ (2, 0.0%)

1 が却つて無事, を好まぬ

▼ ふ京都~ (2, 0.0%)

1 の画家, の街

▼ ふ亭主~ (2, 0.0%)

1 に癪, のため

▼ ふ人かげ~ (2, 0.0%)

2 見れば

▼ ふ人世~ (2, 0.0%)

1 にあり, に憎く

▼ ふ人柄~ (2, 0.0%)

1 でした, とはどうしても

▼ ふ人民~ (2, 0.0%)

1 を移す, を窘め散し

▼ ふ人類~ (2, 0.0%)

1 といふ奴, の姿

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 が行きやせ, だと

▼ ふ今夜~ (2, 0.0%)

1 の如き, は飲まなかつた

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 の船, の間

▼ ふ仏蘭西~ (2, 0.0%)

1 の婦人, の料理屋

▼ ふ仔馬~ (2, 0.0%)

1 は愛し, 亦多し

▼ ふ仕合せ~ (2, 0.0%)

1 な, なの

▼ ふ仕方~ (2, 0.0%)

1 が無い, なし十円

▼ ふ以上一時代~ (2, 0.0%)

2 の風俗

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 になつ, の悪い

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 で翁, は常世

▼ ふ伊三郎~ (2, 0.0%)

1 は噂, もあの

▼ ふ伊太利人~ (2, 0.0%)

1 が居た, の僻

▼ ふ伊藤侯~ (2, 0.0%)

1 は党首, は黨首

▼ ふ休坂下~ (2, 0.0%)

1 の蕎麥屋, の蕎麦屋

▼ ふ会合~ (2, 0.0%)

1 から出来上, に加

▼ ふ伝承~ (2, 0.0%)

1 とを結び付け, は意外

▼ ふ伝統~ (2, 0.0%)

1 へ宋, を持つた

▼ ふ住吉~ (2, 0.0%)

1 の, の社

▼ ふ何時も~ (2, 0.0%)

1 の疑惑, 寢馴れた

▼ ふ何物~ (2, 0.0%)

1 も無, をも持たない

▼ ふ何處~ (2, 0.0%)

1 となく, の青二歳

▼ ふ余りに~ (2, 0.0%)

1 その反, 其の娘

▼ ふ作家たち~ (2, 0.0%)

1 の中, の仕事

▼ ふ作曲家~ (2, 0.0%)

1 が, です

▼ ふ例へば~ (2, 0.0%)

2 舌とか

▼ ふ侍女~ (2, 0.0%)

1 の義, を羞ら

▼ ふ依頼~ (2, 0.0%)

1 を受けた, を渠

▼ ふ便利~ (2, 0.0%)

1 な新しい, を考へた

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 かに足, の村雨

▼ ふ俗信~ (2, 0.0%)

1 が生じた, については

▼ ふ俚言~ (2, 0.0%)

1 が起った, を載す

▼ ふ信一~ (2, 0.0%)

1 がをかしく, の佗

▼ ふ信条~ (2, 0.0%)

1 の如き, を有したれ

▼ ふ修飾~ (2, 0.0%)

1 が加つて, を加へた

▼ ふ修飾語~ (2, 0.0%)

1 を冠, を省いた

▼ ふ修養~ (2, 0.0%)

1 の一つ, をつむ

▼ ふ俳優~ (2, 0.0%)

1 が世話物, と一緒

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 の本能, は小判

▼ ふ個人~ (2, 0.0%)

1 ではありません, の人

▼ ふ假名~ (2, 0.0%)

1 になる, 遣が

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 の顏, の顔

▼ ふ偶像~ (2, 0.0%)

1 にも亦, の法律

▼ ふ偶然~ (2, 0.0%)

1 に屆, を思ふ

▼ ふ~ (2, 0.0%)

2 のうち

▼ ふ傲慢~ (2, 0.0%)

2 なあの

▼ ふ~ (2, 0.0%)

2 へが吉野

▼ ふ僕等~ (2, 0.0%)

1 の話, の間抜けさ加減

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 とある, は牛

▼ ふ價値~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ ふ儀礼~ (2, 0.0%)

1 がくり返された, の精神

▼ ふ先例~ (2, 0.0%)

1 がある, もあつ

▼ ふ先輩~ (2, 0.0%)

1 に嫁, の意見

▼ ふ児童~ (2, 0.0%)

1 なぞは絨, の本箱

▼ ふ公等~ (2, 0.0%)

2 は天下

▼ ふ兵士~ (2, 0.0%)

1 のやう, の数

▼ ふ其中~ (2, 0.0%)

1 に取る, に汝

▼ ふ其微妙~ (2, 0.0%)

2 な心理

▼ ふ其樣~ (2, 0.0%)

2 な處

▼ ふ内外~ (2, 0.0%)

1 の實例, の御

▼ ふ内心~ (2, 0.0%)

1 の機微, の矛盾

▼ ふ冬至~ (2, 0.0%)

2 かな

▼ ふ凡て~ (2, 0.0%)

2 の人

▼ ふ出雲~ (2, 0.0%)

1 での初期, は恵賀

▼ ふ分別~ (2, 0.0%)

1 すらない, もあつ

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 登山の, 雷は

▼ ふ初め~ (2, 0.0%)

1 の場合, は夜

▼ ふ初対面~ (2, 0.0%)

1 だが, であるが

▼ ふ判断~ (2, 0.0%)

1 はロシア, を早く

▼ ふ判決~ (2, 0.0%)

1 であつ, を下しました

▼ ふ利己的立場~ (2, 0.0%)

2 からする

▼ ふ刹那~ (2, 0.0%)

1 に決定, の意識

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 か知らぬ, の演ぜられる

▼ ふ劇場~ (2, 0.0%)

1 の天地, をあまり

▼ ふ力強い~ (2, 0.0%)

1 下足番の, 史論を

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 六とは, 六の

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 の冷かし, の問

▼ ふ勘定~ (2, 0.0%)

1 であつ, にはあらず

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 ひ, ひを

▼ ふ勿体な~ (2, 0.0%)

1 さ, さ身は

▼ ふ區別~ (2, 0.0%)

1 はつくまい, もまだ

▼ ふ十一月~ (2, 0.0%)

1 が定, は今月三十日初日

▼ ふ十七八~ (2, 0.0%)

1 の娘, の盛岡

▼ ふ十時~ (2, 0.0%)

1 にならぬ, の汽車

▼ ふ十時十一時~ (2, 0.0%)

2 まで用

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 の里, の食卓

▼ ふ協同~ (2, 0.0%)

1 の態勢, への復歸

▼ ふ南側千束町三丁目~ (2, 0.0%)

2 を除い

▼ ふ単なる~ (2, 0.0%)

1 偶感に, 国粋的な

▼ ふ博士~ (2, 0.0%)

1 が日本, の手折られけるなり

▼ ふ印度~ (2, 0.0%)

1 は元, は熱帶地方

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 さの, 織更紗

▼ ふ原則~ (2, 0.0%)

1 には何等, を無視

▼ ふ原書~ (2, 0.0%)

1 が黒田侯, で最新

▼ ふ原義~ (2, 0.0%)

1 から出, を没した

▼ ふ去年~ (2, 0.0%)

1 と同じ, の今夜

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 對の, 證は

▼ ふ取沙汰~ (2, 0.0%)

2 を致す

▼ ふ口元目~ (2, 0.0%)

1 もと何処, もと何處

▼ ふ古代信仰~ (2, 0.0%)

1 が見え, の常式

▼ ふ古道具屋~ (2, 0.0%)

1 があつ, が古

▼ ふ句集~ (2, 0.0%)

1 を数冊売つて貰, を買つて

▼ ふ叫び~ (2, 0.0%)

1 が殴られた, に外

▼ ふ叫声~ (2, 0.0%)

2 が聞える

▼ ふ可愛~ (2, 0.0%)

1 さあまっ, さ左樣お

▼ ふ号令~ (2, 0.0%)

1 が掛かる, が高村軍曹

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 怖畏の, 藤の

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 はせ, はぬ

▼ ふ同化~ (2, 0.0%)

2 の結果

▼ ふ同情~ (2, 0.0%)

1 があつ, と時には

▼ ふ名号~ (2, 0.0%)

1 は蒙, をいう

▼ ふ名手~ (2, 0.0%)

1 が出た, であつ

▼ ふ名詞~ (2, 0.0%)

1 から来た, を嫌ひだ

▼ ふ向日葵童子前~ (2, 0.0%)

2 なるがい

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 な何れ, 或時

▼ ふ吸血鬼~ (2, 0.0%)

1 だ, のやう

▼ ふ吾身~ (2, 0.0%)

2 かな

▼ ふ周囲~ (2, 0.0%)

1 から暫らく, の気分

▼ ふ命名者~ (2, 0.0%)

2 が小山内薫氏

▼ ふ命題~ (2, 0.0%)

1 の正しい, は取り

▼ ふ哲学者~ (2, 0.0%)

1 がある, だけは

▼ ふ嗜好~ (2, 0.0%)

1 を与へ, を奪

▼ ふ噂さ~ (2, 0.0%)

1 へ諸方, へ高

▼ ふ噂職工共~ (2, 0.0%)

2 の紛擾

▼ ふ器具~ (2, 0.0%)

1 を持つ, を貰っ

▼ ふ困難~ (2, 0.0%)

1 な苦行, をどうにか

▼ ふ国民全体~ (2, 0.0%)

2 の問題

▼ ふ國柄~ (2, 0.0%)

1 であること, ですから

▼ ふ園丁~ (2, 0.0%)

2 のやう

▼ ふ土人~ (2, 0.0%)

1 か, が昼

▼ ふ地味~ (2, 0.0%)

2 な実質策

▼ ふ地面~ (2, 0.0%)

1 がどうして, をどん

▼ ふ執拗~ (2, 0.0%)

1 なる形而上学的方法, な男

▼ ふ堅い~ (2, 0.0%)

1 信念が, 約束を

▼ ふ堕落~ (2, 0.0%)

1 でせう, をした

▼ ふ場合それ~ (2, 0.0%)

1 はただ, は決して

▼ ふ場處~ (2, 0.0%)

2 は殘

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 に, の近傍

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 にあ, にも

▼ ふ境涯~ (2, 0.0%)

1 である, であれ

▼ ふ墓地~ (2, 0.0%)

2 のかかり

▼ ふ声さ~ (2, 0.0%)

1 へすみ, へもや

▼ ふ声そこ~ (2, 0.0%)

2 となく

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 だつたん, にあ

▼ ふ夏蜜柑~ (2, 0.0%)

2 やバナナ

▼ ふ夕さ~ (2, 0.0%)

2 もらふ

▼ ふ夕暮~ (2, 0.0%)

1 のかすむ, の路

▼ ふ夕飯~ (2, 0.0%)

1 の御馳走, をよばれる

▼ ふ外国人~ (2, 0.0%)

1 と日本語, など

▼ ふ外物~ (2, 0.0%)

2 を遮り留めたりき

▼ ふ夜寒~ (2, 0.0%)

2 かな

▼ ふ夜明け方~ (2, 0.0%)

2 歩き歩きて

▼ ふ夜路~ (2, 0.0%)

2 に熱

▼ ふ夜霧~ (2, 0.0%)

2 を照る

▼ ふ夢中~ (2, 0.0%)

2 になり

▼ ふ大名~ (2, 0.0%)

1 のお, の邸

▼ ふ大学~ (2, 0.0%)

1 の哲学教授, の職員

▼ ふ大晦日~ (2, 0.0%)

2 のひる

▼ ふ大波~ (2, 0.0%)

1 で裂け目, の

▼ ふ大義~ (2, 0.0%)

1 が生じ, の爲

▼ ふ大臣~ (2, 0.0%)

2 かな

▼ ふ大通~ (2, 0.0%)

1 は建築, へ足

▼ ふ大通り~ (2, 0.0%)

1 まで出る, を進んだ

▼ ふ大連~ (2, 0.0%)

1 の平野万里さん, の平野萬里さん

▼ ふ大道~ (2, 0.0%)

2 に数世紀

▼ ふ大騒ぎ~ (2, 0.0%)

1 が始ま, のあつ

▼ ふ天氣~ (2, 0.0%)

1 に船, を頭日和

▼ ふ天狗~ (2, 0.0%)

1 ならいつ, の股

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 え野郎, 綱で

▼ ふ太陽~ (2, 0.0%)

1 なる哉, の熱日々

▼ ふ夫婦關係~ (2, 0.0%)

1 に於, の人達

▼ ふ失敗~ (2, 0.0%)

2 を歎

▼ ふ失望~ (2, 0.0%)

1 はどうして, を感じる

▼ ふ失礼~ (2, 0.0%)

1 な新聞, な者

▼ ふ奇妙~ (2, 0.0%)

1 な單語, な状態

▼ ふ奇怪~ (2, 0.0%)

1 な一種族, な影

▼ ふ奥書~ (2, 0.0%)

1 があつ, がある

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 の一間, の浦

▼ ふ奧樣風これ~ (2, 0.0%)

2 をば結び髮

▼ ふ女子~ (2, 0.0%)

1 は皆襤褸, を突き放ち

▼ ふ好い~ (2, 0.0%)

1 凪で, 古刀を

▼ ふ好奇心~ (2, 0.0%)

1 からであらう, を発した

▼ ふ妖怪~ (2, 0.0%)

1 に逢つた, の喚き

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 でさ, のお

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 とはどうしても, には昨日

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 のお, の在る

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 が歌, をき

▼ ふ娘さん~ (2, 0.0%)

1 の上, は數

▼ ふ娘桂次~ (2, 0.0%)

2 がのぼせる

▼ ふ婆アさん~ (2, 0.0%)

1 が自分一個, の聲

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 のやう, の小汚

▼ ふ婦人記者~ (2, 0.0%)

1 が一々, の人

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 になるべき, の進められる

▼ ふ嬉しい~ (2, 0.0%)

2 日だ

▼ ふ子供たち~ (2, 0.0%)

1 にとつ, の声

▼ ふ子供等~ (2, 0.0%)

1 の叫び, は

▼ ふ子守唄~ (2, 0.0%)

1 がまだ, は父さん

▼ ふ孔子~ (2, 0.0%)

1 の居られた, は今

▼ ふ字面~ (2, 0.0%)

1 が用, の信用

▼ ふ存在~ (2, 0.0%)

1 である, ばかりである

▼ ふ孤独~ (2, 0.0%)

1 には富岡, の中

▼ ふ安見児~ (2, 0.0%)

2 得たり

▼ ふ宗次郎~ (2, 0.0%)

1 の顏, を殺した

▼ ふ定義~ (2, 0.0%)

1 を下し, を下した

▼ ふ定見~ (2, 0.0%)

1 がない, もなかつた

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 などある, もなく

▼ ふ宛て字~ (2, 0.0%)

1 が相当, に適当

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 い紙, く候

▼ ふ実は~ (2, 0.0%)

1 神田が, 裏から

▼ ふ実感~ (2, 0.0%)

1 が浮い, にも明らか

▼ ふ実業家~ (2, 0.0%)

1 なり, にもなつて

▼ ふ実質的~ (2, 0.0%)

2 な奇策

▼ ふ宮女~ (2, 0.0%)

2 の扇

▼ ふ家臣~ (2, 0.0%)

1 が続々, に殺され

▼ ふ容貌~ (2, 0.0%)

1 の立派, も違

▼ ふ宿命~ (2, 0.0%)

1 の鬼, は再び

▼ ふ寂し~ (2, 0.0%)

1 さは, みを

▼ ふ寅吉~ (2, 0.0%)

1 の顏, は胸

▼ ふ富江~ (2, 0.0%)

1 の声, の聲

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 さ哉, 氣の

▼ ふ寒い~ (2, 0.0%)

1 ので九時近く, やなど呟きのこし

▼ ふ寺井~ (2, 0.0%)

1 のうへの堅香子, の上

▼ ふ寺内~ (2, 0.0%)

2 の花

▼ ふ対話~ (2, 0.0%)

1 である, の暗示的表現

▼ ふ~ (2, 0.0%)

2 榮の

▼ ふ對象~ (2, 0.0%)

1 が自然的, に奉仕

▼ ふ小品~ (2, 0.0%)

1 がある, を読んだ

▼ ふ小遣~ (2, 0.0%)

1 ひが, をすこし

▼ ふ小間物渡世~ (2, 0.0%)

1 でご, で年

▼ ふ少女子~ (2, 0.0%)

2 が素足

▼ ふ屋号~ (2, 0.0%)

1 は別に, を唐谷

▼ ふ山人~ (2, 0.0%)

1 である, の生活

▼ ふ山姥~ (2, 0.0%)

1 にも絡んだ, は南蛮国

▼ ふ山家料理~ (2, 0.0%)

2 になり

▼ ふ山師~ (2, 0.0%)

1 がポンペイ, の仕事

▼ ふ山村~ (2, 0.0%)

1 で聞いた, に下り

▼ ふ山羊~ (2, 0.0%)

1 の角, はおま

▼ ふ山葛~ (2, 0.0%)

2

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 が, のすき間

▼ ふ岸辺~ (2, 0.0%)

1 から発生, の白すみれ

▼ ふ~ (2, 0.0%)

2 の御

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 の岸, の手

▼ ふ差別~ (2, 0.0%)

1 がある, はある

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 は皆売払つて米代, まきつけて

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 が開いた, になつ

▼ ふ平凡~ (2, 0.0%)

1 な午前九時, な脚本

▼ ふ平安朝以後~ (2, 0.0%)

1 の流行語, の祭文

▼ ふ平常~ (2, 0.0%)

1 の會話, の用語例

▼ ふ年少~ (2, 0.0%)

1 のクリスト, の男女

▼ ふ年月~ (2, 0.0%)

1 があらゆる, は貧乏人

▼ ふ年輩~ (2, 0.0%)

1 でありました, なの

▼ ふ年頃~ (2, 0.0%)

1 になつて, やまだ

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 を, を形見

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 に中, 靈の

▼ ふ広間~ (2, 0.0%)

1 の方, は全く

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 の世界, の人騒がせ

▼ ふ度ごと~ (2, 0.0%)

1 に必ら, に景気

▼ ふ度び~ (2, 0.0%)

1 にまとも, に友達

▼ ふ廓内~ (2, 0.0%)

2 だらうかなと

▼ ふ建て物~ (2, 0.0%)

1 がある, の外

▼ ふ建築~ (2, 0.0%)

1 が歐米, の名人

▼ ふ弊害~ (2, 0.0%)

1 に陥つ, を避ける

▼ ふ弟子~ (2, 0.0%)

1 が主人, の心持

▼ ふ弥次喜多~ (2, 0.0%)

1 と徳さん, の茶店

▼ ふ弱点~ (2, 0.0%)

1 もある, を有つて

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 さに, 勇は

▼ ふ強力~ (2, 0.0%)

2 の侍

▼ ふ当時~ (2, 0.0%)

1 にあ, の現代風景

▼ ふ形式的~ (2, 0.0%)

1 なもの, な方法

▼ ふ役所~ (2, 0.0%)

1 であるその, の庶務

▼ ふ彼方~ (2, 0.0%)

1 が調子, の上野

▼ ふ彼自身~ (2, 0.0%)

1 の言葉, を軽蔑

▼ ふ往復~ (2, 0.0%)

1 に三田通, に度たび

▼ ふ復讐~ (2, 0.0%)

1 をする, を憎んだ

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 なる手がかり, 月初三夜新

▼ ふ微笑~ (2, 0.0%)

1 が常に, のため

▼ ふ徹底的見地~ (2, 0.0%)

2 からする

▼ ふ心から~ (2, 0.0%)

1 書き始めて, 石段の

▼ ふ心持ち~ (2, 0.0%)

1 の影, を持つた

▼ ふ心構~ (2, 0.0%)

1 へで呟き, へをしない

▼ ふ心組~ (2, 0.0%)

1 からだった, であつ

▼ ふ心足~ (2, 0.0%)

2 ひに

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 を行はん, を起した

▼ ふ志田君~ (2, 0.0%)

2 の説

▼ ふ志願~ (2, 0.0%)

1 は成れり, を親父

▼ ふ忙しい~ (2, 0.0%)

1 ので宿屋, 港街の

▼ ふ念オオトリテエ~ (2, 0.0%)

2 に從

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 れ, れ又

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 れが, ろしい

▼ ふ怖し~ (2, 0.0%)

1 い台風, い重

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 勾配で, 行列車の

▼ ふ性癖~ (2, 0.0%)

1 は独善, を論理的

▼ ふ怨敵~ (2, 0.0%)

1 のやう, を平げ

▼ ふ恋慕~ (2, 0.0%)

1 の夢, の楽

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 をかかされ, 斯く大

▼ ふ恩恵~ (2, 0.0%)

1 の前, 深くて

▼ ふ息毎~ (2, 0.0%)

2 に鼻

▼ ふ恵心~ (2, 0.0%)

2 の作

▼ ふ悟り~ (2, 0.0%)

1 か何方, のやう

▼ ふ悪戯~ (2, 0.0%)

1 かしら, をし

▼ ふ悲劇~ (2, 0.0%)

1 の一つ, を感じない

▼ ふ悲劇中~ (2, 0.0%)

1 の人物, の苦悶

▼ ふ悲痛~ (2, 0.0%)

1 なる心境, な断末魔

▼ ふ悲鳴~ (2, 0.0%)

1 が地, を聞い

▼ ふ情けない~ (2, 0.0%)

1 ことだらう, 動物で

▼ ふ情感~ (2, 0.0%)

2 の耽溺

▼ ふ情緒~ (2, 0.0%)

1 とを持つた, を許されるなら

▼ ふ惡口~ (2, 0.0%)

1 とも言, を云

▼ ふ惡者~ (2, 0.0%)

1 が合鍵, に相違

▼ ふ惡黨~ (2, 0.0%)

1 かねえ, を入れ

▼ ふ想像動物~ (2, 0.0%)

1 の基, は極めて

▼ ふ意味ぢ~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ ふ意圖~ (2, 0.0%)

2 を持つ

▼ ふ意気地~ (2, 0.0%)

1 なしだ, なしめ

▼ ふ意気込~ (2, 0.0%)

1 であるとの, にて真柴久次

▼ ふ感激~ (2, 0.0%)

1 が不断, した

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 がある, に言

▼ ふ態と~ (2, 0.0%)

1 なる, 同じやう

▼ ふ慣例~ (2, 0.0%)

1 でありますから, のあつ

▼ ふ懐しい~ (2, 0.0%)

1 声も, 家庭へ

▼ ふ成案~ (2, 0.0%)

1 がない, はなかつた

▼ ふ我が家~ (2, 0.0%)

2 の網戸灯

▼ ふ我名~ (2, 0.0%)

2 はまだき

▼ ふ戰鬪~ (2, 0.0%)

1 に身, の列

▼ ふ所主義~ (2, 0.0%)

1 の実行, の實行

▼ ふ所今~ (2, 0.0%)

1 は知らず, 又知友上村海軍少佐

▼ ふ所作~ (2, 0.0%)

1 で居た, などが重要視

▼ ふ所心~ (2, 0.0%)

1 に遂, の欲する

▼ ふ手拭~ (2, 0.0%)

1 の姫だるま, の紅

▼ ふ手数~ (2, 0.0%)

1 もいらなかつた, を省い

▼ ふ手真似~ (2, 0.0%)

1 をし, をした

▼ ふ手続~ (2, 0.0%)

1 でどう, にいたしたら

▼ ふ手練~ (2, 0.0%)

1 だ, だと

▼ ふ手順~ (2, 0.0%)

1 だつた, で入り込んだ

▼ ふ才能~ (2, 0.0%)

1 のある, を持ち合せ

▼ ふ批判~ (2, 0.0%)

1 がすんで, を一層

▼ ふ批難~ (2, 0.0%)

1 が上海, を少数

▼ ふ抽象~ (2, 0.0%)

1 とは知覺, を強制

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 見が, 見は

▼ ふ指令~ (2, 0.0%)

1 が出る, を受け

▼ ふ指先~ (2, 0.0%)

2 で引き出した

▼ ふ接尾語~ (2, 0.0%)

1 が気, によらず

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 つ道楽, つ道樂

▼ ふ撞球屋~ (2, 0.0%)

2 の隣り

▼ ふ支度~ (2, 0.0%)

1 に忙し, をちやん

▼ ふ故郷~ (2, 0.0%)

1 の縣, へ旅立ち

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 であるが, になつ

▼ ふ教育~ (2, 0.0%)

1 の価値, をうけ

▼ ふ散文~ (2, 0.0%)

1 とは何, とは過去

▼ ふ散文詩~ (2, 0.0%)

1 に引き, を作つて

▼ ふ敬意~ (2, 0.0%)

1 の半分, を含ん

▼ ふ敬虔~ (2, 0.0%)

1 な心もち, な念

▼ ふ敬語~ (2, 0.0%)

1 がついた, を含んだ

▼ ふ文学~ (2, 0.0%)

1 により以上, は無縁

▼ ふ文法~ (2, 0.0%)

1 かである, は普通

▼ ふ文芸~ (2, 0.0%)

1 である, も

▼ ふ文集~ (2, 0.0%)

1 は私, を読み

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 とすべし, にと云つて

▼ ふ料理店~ (2, 0.0%)

1 がある, に入

▼ ふ料簡~ (2, 0.0%)

1 だらう, は持合せ

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 に延ばした, に立つ

▼ ふ新語~ (2, 0.0%)

1 が面白い, を造つたの

▼ ふ方ぢ~ (2, 0.0%)

1 やない, やなし

▼ ふ方角~ (2, 0.0%)

1 に気どられ, の街區

▼ ふ方言~ (2, 0.0%)

1 は初めて, めいて

▼ ふ~ (2, 0.0%)

2 なれば

▼ ふ旅人宿~ (2, 0.0%)

1 に泊つて, を出し

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 ある人, じるしを

▼ ふ日常~ (2, 0.0%)

1 の器具, の言葉

▼ ふ旦那~ (2, 0.0%)

1 に対してはお, も御新造様

▼ ふ旧家~ (2, 0.0%)

2 の庭

▼ ふ旧式~ (2, 0.0%)

1 な趣味, のランプ

▼ ふ早春~ (2, 0.0%)

2 のさざなみ

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 くる曙光, な言葉

▼ ふ明確~ (2, 0.0%)

1 な事實, な認識

▼ ふ春さき~ (2, 0.0%)

2 はひえびえ

▼ ふ春の光さし~ (2, 0.0%)

1 たり, たりあ

▼ ふ春日~ (2, 0.0%)

1 なる, まんぢ

▼ ふ春蝉~ (2, 0.0%)

2 の若やぐ

▼ ふ時しわ~ (2, 0.0%)

2 が持つ

▼ ふ時其水沼出而用~ (2, 0.0%)

2 ゐ初

▼ ふ時家~ (2, 0.0%)

1 を出, 鳴に

▼ ふ時彼~ (2, 0.0%)

1 の武勇, は顔

▼ ふ時彼女~ (2, 0.0%)

1 と僕, は私

▼ ふ時日~ (2, 0.0%)

1 が彼, と労力

▼ ふ時汝~ (2, 0.0%)

1 が眼, の怒癒され

▼ ふ時目尻~ (2, 0.0%)

2 の皺

▼ ふ時節~ (2, 0.0%)

1 であつ, ともなる

▼ ふ時通ら~ (2, 0.0%)

2 でも事

▼ ふ時雨~ (2, 0.0%)

2 に今

▼ ふ普通~ (2, 0.0%)

1 の人, の用語例

▼ ふ普通名詞~ (2, 0.0%)

1 がある, であると

▼ ふ景気~ (2, 0.0%)

1 だ, よい声

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 さかな, さ哉

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 なり, や

▼ ふ曲節~ (2, 0.0%)

1 のある, は此

▼ ふ更に~ (2, 0.0%)

1 これを, 何れの

▼ ふ書付~ (2, 0.0%)

1 に判, を五圓以下一圓

▼ ふ書簡文~ (2, 0.0%)

2 を書く

▼ ふ書面~ (2, 0.0%)

1 が去る, を書いた

▼ ふ最初~ (2, 0.0%)

1 の問題, の考

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 の行, ひに

▼ ふ會話~ (2, 0.0%)

1 がのつて, をし

▼ ふ月番幹事~ (2, 0.0%)

2 の通知

▼ ふ月給~ (2, 0.0%)

1 だけで, の渡る

▼ ふ有象無象~ (2, 0.0%)

2 のため

▼ ふ望月~ (2, 0.0%)

1 の, のかけ

▼ ふ朝夕~ (2, 0.0%)

1 に閻浮檀金, の樣唯

▼ ふ木賃宿~ (2, 0.0%)

2 の縁側

▼ ふ未亡人~ (2, 0.0%)

1 だつた, の邸

▼ ふ末松男~ (2, 0.0%)

2 の例

▼ ふ本当~ (2, 0.0%)

1 の意味, の真意

▼ ふ本文~ (2, 0.0%)

1 の外, の見解

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 の木, 之助

▼ ふ村長~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ ふ束の間~ (2, 0.0%)

2

▼ ふ板垣伯~ (2, 0.0%)

1 は両面, は兩面

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 に美麗, 離れたる花

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 と言, の葉

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 が引き受けた, 党の

▼ ふ校長~ (2, 0.0%)

1 の声, の言葉

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 が研究, を考へ出し

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 の畑, も芽ぐまず

▼ ふ條項~ (2, 0.0%)

1 の中, を加

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 に懸つた, のあたり

▼ ふ梵語~ (2, 0.0%)

1 から來, に拠っ

▼ ふ森先生~ (2, 0.0%)

2 に恐怖

▼ ふ椀殻~ (2, 0.0%)

2 は鳰

▼ ふ椰子~ (2, 0.0%)

1 の一種, の実

▼ ふ楓橋~ (2, 0.0%)

2

▼ ふ業因~ (2, 0.0%)

2 かこれ

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 があつ, となり

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 にすぐれし, のつかひ

▼ ふ槍持~ (2, 0.0%)

2 の槍

▼ ふ樂しみ~ (2, 0.0%)

1 だ, に轉

▼ ふ樹明君~ (2, 0.0%)

1 にはわざと, に逢う

▼ ふ樹木~ (2, 0.0%)

1 の影, は矢

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 が何, を私

▼ ふ權能~ (2, 0.0%)

1 があり, は帝王

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 の, の堤

▼ ふ次第ぢ~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ ふ歌詞~ (2, 0.0%)

1 が限り, について御

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 きを, を感じ

▼ ふ正月~ (2, 0.0%)

1 の, の五日

▼ ふ此點~ (2, 0.0%)

1 から言, は陸軍省

▼ ふ殿樣~ (2, 0.0%)

1 か大名, にかなり

▼ ふ比良~ (2, 0.0%)

2 の山風ふき

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 の傾向, の多き

▼ ふ民間語原説~ (2, 0.0%)

1 が祖, を古く

▼ ふ気さ~ (2, 0.0%)

1 へし, へする

▼ ふ気力~ (2, 0.0%)

1 もなかつた, 無さ

▼ ふ気組~ (2, 0.0%)

1 で居た, もでき

▼ ふ気象~ (2, 0.0%)

1 の所, の方

▼ ふ気違~ (2, 0.0%)

1 ひにな, ひ奴

▼ ふ氣力~ (2, 0.0%)

2 もなく

▼ ふ氣配~ (2, 0.0%)

1 をはつきり, をみせ

▼ ふ水上~ (2, 0.0%)

2 は紅葉

▼ ふ水汲共~ (2, 0.0%)

2 には

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 の上, の刃

▼ ふ氷峰~ (2, 0.0%)

2 の言葉

▼ ふ永遠~ (2, 0.0%)

1 なる獄卒, の饗筵

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 の熱, を私

▼ ふ江戸川~ (2, 0.0%)

1 に來, に来

▼ ふ江戸座~ (2, 0.0%)

2 の発句

▼ ふ決闘~ (2, 0.0%)

1 だつた, であり其上当日

▼ ふ汽船~ (2, 0.0%)

1 が出た, と云

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 などは千四百リイグ, の向う

▼ ふ治療~ (2, 0.0%)

1 ならさせぬと, ならさせるどう

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 がある, の女

▼ ふ法王~ (2, 0.0%)

1 が偶像, その僭越

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 があつ, へ入

▼ ふ洞穴~ (2, 0.0%)

2 があつ

▼ ふ活用~ (2, 0.0%)

1 するしないの, を出し

▼ ふ流行~ (2, 0.0%)

1 がこれ, が生じる

▼ ふ流行唄~ (2, 0.0%)

1 の二つ, らしい

▼ ふ浦川~ (2, 0.0%)

1 に架けた, の流

▼ ふ浪人~ (2, 0.0%)

1 に決つた, のところ

▼ ふ海軍大尉~ (2, 0.0%)

1 があつ, が乗つ

▼ ふ深い~ (2, 0.0%)

1 事は, 交渉が

▼ ふ深山~ (2, 0.0%)

1 おろしに, べにゑぼし狩衣

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 ましい姿, ましさ

▼ ふ~ (2, 0.0%)

2 のしろ

▼ ふ渡し守~ (2, 0.0%)

1 の猾, の詞

▼ ふ港町~ (2, 0.0%)

1 から船, へぬける

▼ ふ準備~ (2, 0.0%)

2 をする

▼ ふ滑稽~ (2, 0.0%)

1 なの, も許される

▼ ふ演劇~ (2, 0.0%)

1 の価値, の将来

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 のやう, の影

▼ ふ火の手~ (2, 0.0%)

2 を眼

▼ ふ火災~ (2, 0.0%)

1 は地震直後, は大抵

▼ ふ火焔~ (2, 0.0%)

1 が映画, の中

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 かな, 取虫

▼ ふ灯山中~ (2, 0.0%)

2 のみ湯

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 いろや, が出

▼ ふ為事~ (2, 0.0%)

1 をし, を南方諸島

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 と魚, の姿

▼ ふ烙印~ (2, 0.0%)

1 を押され, を押し

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 の下, の出る

▼ ふ無駄~ (2, 0.0%)

1 やいきさつ, 骨折りを

▼ ふ然し~ (2, 0.0%)

1 今回は, 本當

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 はし, ひは

▼ ふ熟語~ (2, 0.0%)

1 となつ, を思ひ出した

▼ ふ熱心~ (2, 0.0%)

1 と初めて, な職業意識

▼ ふ熱意~ (2, 0.0%)

1 に燃え, を示さない

▼ ふ~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 その燕, のむれだ

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 の女房, ゆる

▼ ふ牧羊~ (2, 0.0%)

2 の翁

▼ ふ物さ~ (2, 0.0%)

1 へ一読, へ喰

▼ ふ物みな~ (2, 0.0%)

2 涼し朝東風

▼ ふ物見高い~ (2, 0.0%)

1 大国の, 心持も

▼ ふ特権~ (2, 0.0%)

1 の為, を持つ

▼ ふ特色~ (2, 0.0%)

1 の上, は多少

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 にし, ほしさ

▼ ふ狭い~ (2, 0.0%)

1 横町をば, 石の

▼ ふ猛火~ (2, 0.0%)

1 の如く暴れ狂, の如く進む

▼ ふ猛烈~ (2, 0.0%)

1 な攻防戰, な雲

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 の像, 居るを

▼ ふ珈琲店~ (2, 0.0%)

1 と同じ, へ行

▼ ふ現状~ (2, 0.0%)

1 から云, も実は

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 のつんだ, を談ぜね

▼ ふ琵琶法師~ (2, 0.0%)

2 も喰

▼ ふ瑠璃子~ (2, 0.0%)

1 であつ, の言葉

▼ ふ生活者~ (2, 0.0%)

1 にずつと同伴, を待たなけれ

▼ ふ生涯~ (2, 0.0%)

1 である, に住

▼ ふ生物~ (2, 0.0%)

1 の匂, を私

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 ゐ来つて, を皆んな

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 が千町, といつ

▼ ふ田井~ (2, 0.0%)

2 を京師

▼ ふ田君~ (2, 0.0%)

1 まだ眠い, まだ起きてる

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 てもけし, て自身

▼ ふ申渡~ (2, 0.0%)

1 である, までした

▼ ふ申込~ (2, 0.0%)

1 には実は, に如何

▼ ふ男の子~ (2, 0.0%)

1 がお母さま此柿, が一人

▼ ふ男性~ (2, 0.0%)

1 が蠅, を

▼ ふ男達~ (2, 0.0%)

1 が正座, も少なく

▼ ふ町子~ (2, 0.0%)

1 の父, の級

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 の大, は麻

▼ ふ番兵~ (2, 0.0%)

1 に似, もあつ

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 もいつの間にか, を被る

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 がある, の巣

▼ ふ発見~ (2, 0.0%)

1 は僕自身, は彼

▼ ふ白き~ (2, 0.0%)

1 指先から, 街の

▼ ふ白波~ (2, 0.0%)

2

▼ ふ百日紅~ (2, 0.0%)

2 の花

▼ ふ皆川半之丞~ (2, 0.0%)

1 といふの, の顏

▼ ふ直ちに~ (2, 0.0%)

1 之を, 來れ

▼ ふ眞理~ (2, 0.0%)

1 である, の純

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 の女丈夫, の情勢

▼ ふ真珠~ (2, 0.0%)

1 と云, は穴

▼ ふ眠気~ (2, 0.0%)

1 が夥し, はこれ

▼ ふ短い~ (2, 0.0%)

2 生涯から

▼ ふ短歌~ (2, 0.0%)

1 の形, を書いた

▼ ふ短詩~ (2, 0.0%)

1 の作家, を発句

▼ ふ破綻~ (2, 0.0%)

1 といふ事, を生じます

▼ ふ硫黄~ (2, 0.0%)

1 と沼氣, の匂

▼ ふ~ (2, 0.0%)

2 かな

▼ ふ確答~ (2, 0.0%)

1 が出なかつた, を得た

▼ ふ確証~ (2, 0.0%)

1 を握らなくつ, を有

▼ ふ磐余~ (2, 0.0%)

2 の池

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 が述べ, を聞い

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 が今, と四通り

▼ ふ社会的環境~ (2, 0.0%)

1 の中, の外

▼ ふ祈り~ (2, 0.0%)

2 の歌

▼ ふ祝詞~ (2, 0.0%)

1 が下, の用語

▼ ふ神役~ (2, 0.0%)

2 をした

▼ ふ神聖~ (2, 0.0%)

1 な牛, な職務

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 ある, を祀ります

▼ ふ祭り~ (2, 0.0%)

1 です, の数時間

▼ ふ秋風~ (2, 0.0%)

1 に桐一葉, の漫ろ可懐さ

▼ ふ程激昂~ (2, 0.0%)

2 の度

▼ ふ程電信柱~ (2, 0.0%)

2 に額

▼ ふ程頬骨~ (2, 0.0%)

2 の突出

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 兒の, 態を

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 だが, には少し

▼ ふ空気~ (2, 0.0%)

1 が美しく, の異状さ

▼ ふ立ち場~ (2, 0.0%)

1 が最, においてのみ文法

▼ ふ竹群~ (2, 0.0%)

2 は若竹

▼ ふ筑波嶺~ (2, 0.0%)

1 のしづく, の裾曲

▼ ふ答辯~ (2, 0.0%)

1 が出, を致した

▼ ふ簡單~ (2, 0.0%)

1 なが, な唱

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 ではない, の名

▼ ふ粗末~ (2, 0.0%)

1 なもの, な原稿

▼ ふ精霊~ (2, 0.0%)

1 の姿, の形

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 となつた, となる

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 を, 入の

▼ ふ紅葉~ (2, 0.0%)

1 のさま浦山, は散りぬ

▼ ふ純粋~ (2, 0.0%)

1 な其の, な響き

▼ ふ紙札~ (2, 0.0%)

1 が何枚, に東海道線

▼ ふ素子~ (2, 0.0%)

1 であつ, の落ちつかぬ

▼ ふ細かい~ (2, 0.0%)

1 事までは, 塵の

▼ ふ細き~ (2, 0.0%)

1 小路は, 麦藁

▼ ふ細君~ (2, 0.0%)

1 の声, もゐた

▼ ふ細部~ (2, 0.0%)

2 の美し

▼ ふ経済上~ (2, 0.0%)

1 の努力, の関係丈

▼ ふ統率者~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ ふ經文~ (2, 0.0%)

1 に顯, の學問

▼ ふ經濟上~ (2, 0.0%)

1 の一ツ, の関係丈

▼ ふ綽名~ (2, 0.0%)

1 があつ, がついた

▼ ふ緊張~ (2, 0.0%)

1 した場面, した感じ

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 の袴, の鷄

▼ ふ編輯主任~ (2, 0.0%)

2 は種々

▼ ふ罪人~ (2, 0.0%)

2 を載せ

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 なりきよ, を

▼ ふ美徳~ (2, 0.0%)

1 であり度, にし

▼ ふ群盲~ (2, 0.0%)

2 の象

▼ ふ群集~ (2, 0.0%)

1 と入れ代らね, に眼

▼ ふ義勇隊~ (2, 0.0%)

1 ですね, に比べれ

▼ ふ義雄~ (2, 0.0%)

1 が催眠術, の注意

▼ ふ羽織~ (2, 0.0%)

1 だけ持つ, のすそエヽ何さる

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 が出来ます, の意

▼ ふ習俗~ (2, 0.0%)

1 なるに, を分化

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 があつ, にも君

▼ ふ老婆~ (2, 0.0%)

1 あり, は男達

▼ ふ老母~ (2, 0.0%)

1 の言葉, をば道

▼ ふ職人~ (2, 0.0%)

1 があつ, が考案

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 の厚い, を探し

▼ ふ肉親~ (2, 0.0%)

2 の仇敵

▼ ふ肉體~ (2, 0.0%)

1 が強健, の重量

▼ ふ肌合~ (2, 0.0%)

1 の殿樣, ひの

▼ ふ能はず而~ (2, 0.0%)

2 して

▼ ふ腐肉~ (2, 0.0%)

2 のやう

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 からは血, に覺

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 ががく, に力

▼ ふ自ら~ (2, 0.0%)

1 の卑劣, の虚しい

▼ ふ自分自身~ (2, 0.0%)

1 が興味, のあせり

▼ ふ自己~ (2, 0.0%)

1 に明かな, の職業

▼ ふ自由~ (2, 0.0%)

1 と云, もあり

▼ ふ自省~ (2, 0.0%)

1 を動かした, 或は他人

▼ ふ自身~ (2, 0.0%)

1 すら疑, の姿

▼ ふ興行~ (2, 0.0%)

1 より定席九分, をし

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 はボローニア, もなほ

▼ ふ舗道~ (2, 0.0%)

2 を歩い

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 があつ, のこと

▼ ふ舞踊~ (2, 0.0%)

1 であ, のあつ

▼ ふ船乘~ (2, 0.0%)

1 がある, の愁

▼ ふ船路~ (2, 0.0%)

1 かな, に仰ぎみれ

▼ ふ良い~ (2, 0.0%)

1 年増が, 馬は

▼ ふ色彩~ (2, 0.0%)

1 に欺かれなかつた, を煙らせた

▼ ふ色紙~ (2, 0.0%)

2 の細かく

▼ ふ艸書~ (2, 0.0%)

2 の横物

▼ ふ芝居気~ (2, 0.0%)

1 の表, は固

▼ ふ芝生~ (2, 0.0%)

2 なだりの

▼ ふ芸術家~ (2, 0.0%)

1 の顰, も完成

▼ ふ若々しい~ (2, 0.0%)

1 ものにや, 女の

▼ ふ若干~ (2, 0.0%)

1 の不自然, の神人

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 をかけ, を編み替

▼ ふ英也~ (2, 0.0%)

1 が自分, にも口

▼ ふ英人~ (2, 0.0%)

1 この辺, の宿所護國寺

▼ ふ英吉利~ (2, 0.0%)

1 の文人, の極めて

▼ ふ英豪~ (2, 0.0%)

1 のユウリュピュロス, の子ら

▼ ふ茂七~ (2, 0.0%)

1 には取り, の聲

▼ ふ茶代~ (2, 0.0%)

2 と新聞代

▼ ふ茶碗~ (2, 0.0%)

1 と箸, の音

▼ ふ茶色~ (2, 0.0%)

1 の蛾, の表紙

▼ ふ荘厳~ (2, 0.0%)

1 な言葉, 何と云

▼ ふ荷物~ (2, 0.0%)

1 かつぎをやつて, を積む

▼ ふ荷馬車~ (2, 0.0%)

2 が日

▼ ふ華魁~ (2, 0.0%)

1 に惚れ, に馴染ん

▼ ふ落花~ (2, 0.0%)

2 かな

▼ ふ落語~ (2, 0.0%)

1 になる, の安

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 の, の茂つた五抱

▼ ふ葉書一枚~ (2, 0.0%)

2 書くにも

▼ ふ葉牡丹~ (2, 0.0%)

2 の霜

▼ ふ著作権侵害~ (2, 0.0%)

1 に関する明文, に関する法律上

▼ ふ著述~ (2, 0.0%)

1 があります, が一卷

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 の乱れ生, の引か

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 といふ風, や花瓢

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 に入りき, のニツクネーム

▼ ふ蕭條~ (2, 0.0%)

2 たるもの

▼ ふ薄命~ (2, 0.0%)

2 な女

▼ ふ薄暮~ (2, 0.0%)

1 の歌, の白い

▼ ふ薔薇~ (2, 0.0%)

1 が匂, の花

▼ ふ藝術~ (2, 0.0%)

1 その物, を一生

▼ ふ處實~ (2, 0.0%)

1 に畏, に重く

▼ ふ處敵~ (2, 0.0%)

1 なく天下, なしと

▼ ふ虜収容所~ (2, 0.0%)

1 にいた, へ派遣

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 あり九月, が飛ぶ

▼ ふ~ (2, 0.0%)

2 かな

▼ ふ蜥蜴~ (2, 0.0%)

1 に基づいた, を家神

▼ ふ蝙蝠~ (2, 0.0%)

1 が化けた, の

▼ ふ~ (2, 0.0%)

2

▼ ふ行きずり人~ (2, 0.0%)

1 の声高, の聲高

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 である, ひを

▼ ふ裸体~ (2, 0.0%)

1 の群像, むらがる街湯

▼ ふ西山社長~ (2, 0.0%)

1 の声, の聲

▼ ふ見地~ (2, 0.0%)

2 から総て解決

▼ ふ見物~ (2, 0.0%)

1 の為, もゐるなら

▼ ふ見解~ (2, 0.0%)

1 から猴, から見る

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 はねえだ, 阿成人

▼ ふ親し~ (2, 0.0%)

1 さだ, さを

▼ ふ親爺~ (2, 0.0%)

1 だつたの, ですからね

▼ ふ親類~ (2, 0.0%)

1 が一軒位, も無い

▼ ふ観照~ (2, 0.0%)

2 を加

▼ ふ解釋~ (2, 0.0%)

1 かと云, の仕方

▼ ふ言の葉~ (2, 0.0%)

1 は問, も君

▼ ふ言葉學校~ (2, 0.0%)

2 といひ

▼ ふ言語~ (2, 0.0%)

1 の意味, は必然的

▼ ふ言霊~ (2, 0.0%)

1 の信仰, の揺り

▼ ふ計り~ (2, 0.0%)

1 でも嬉しい, に候

▼ ふ記録~ (2, 0.0%)

1 が傳, は見当りません

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 が耳, の話

▼ ふ訳語~ (2, 0.0%)

1 が正確, は当

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 であつ, へは多少

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 がせい, が有

▼ ふ評語~ (2, 0.0%)

2 を下した

▼ ふ評議~ (2, 0.0%)

2 があつ

▼ ふ試み~ (2, 0.0%)

1 が既に, をし

▼ ふ詩體~ (2, 0.0%)

1 である, で人生

▼ ふ詭弁~ (2, 0.0%)

1 の古い, を用

▼ ふ語尾~ (2, 0.0%)

1 の組織, を使はず

▼ ふ語感~ (2, 0.0%)

1 を含ん, を軽蔑

▼ ふ語根~ (2, 0.0%)

1 の活用, はなと言

▼ ふ調査~ (2, 0.0%)

1 です百二十萬圓, を拵

▼ ふ請願~ (2, 0.0%)

2 をした

▼ ふ論理~ (2, 0.0%)

1 からかこの, が敷衍

▼ ふ謙遜~ (2, 0.0%)

1 すれば, を示した

▼ ふ證明~ (2, 0.0%)

1 にはなりません, を渡し

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 なり, の起る

▼ ふ變化~ (2, 0.0%)

1 がこの, も來

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 に, のこずゑ

▼ ふ谿~ (2, 0.0%)

1 の雪解, は鈴鹿

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 に詩, 蟷螂の

▼ ふ豊か~ (2, 0.0%)

1 な安息時, な心持ち

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 こそあら, と言

▼ ふ貴族院議員~ (2, 0.0%)

1 が, のお子さん

▼ ふ貴重~ (2, 0.0%)

1 な本, な水

▼ ふ費用~ (2, 0.0%)

1 として考古學, をあつめる

▼ ふ貼紙~ (2, 0.0%)

1 が幾所, を見ました

▼ ふ資力~ (2, 0.0%)

1 だ, と走るべき

▼ ふ贅澤~ (2, 0.0%)

1 なの, な時代

▼ ふ赤き~ (2, 0.0%)

1 さけびを, もろご

▼ ふ赤ん坊~ (2, 0.0%)

1 が生れ, のよう

▼ ふ赤松~ (2, 0.0%)

2 の木

▼ ふ足どり~ (2, 0.0%)

2 で少なから

▼ ふ踊り~ (2, 0.0%)

1 が其間切, である

▼ ふ蹴爪~ (2, 0.0%)

2 には

▼ ふ身の上~ (2, 0.0%)

1 でもなかつた, になつて

▼ ふ身ぶり~ (2, 0.0%)

2 や覆

▼ ふ身分~ (2, 0.0%)

1 になつ, の女

▼ ふ身振り~ (2, 0.0%)

1 しながら, をし

▼ ふ車中~ (2, 0.0%)

1 での一つ, での作

▼ ふ車夫~ (2, 0.0%)

1 が最も, の言葉

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 の犬, 猶豫

▼ ふ軍勢~ (2, 0.0%)

1 の, の中

▼ ふ軍治~ (2, 0.0%)

1 と幾, を鳥羽

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 い反省, く細く美しい音樂

▼ ふ輪廓~ (2, 0.0%)

1 だけしか読ん, の大体

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 から山王, で養

▼ ふ追分~ (2, 0.0%)

1 には, の聲

▼ ふ途上~ (2, 0.0%)

1 の一行, の人

▼ ふ途次~ (2, 0.0%)

2 の陸橋

▼ ふ通り今~ (2, 0.0%)

1 の彼, 新しく遣直せ

▼ ふ通り俺~ (2, 0.0%)

1 だつて親殺し, は心底

▼ ふ通知~ (2, 0.0%)

1 があつ, を受取った

▼ ふ遊戯~ (2, 0.0%)

1 があつ, の中

▼ ふ運動費~ (2, 0.0%)

1 だ四十八萬圓, の出場

▼ ふ道すがら~ (2, 0.0%)

1 であること, 近頃花々しい

▼ ふ道程~ (2, 0.0%)

1 を描い, を考へ

▼ ふ遠い~ (2, 0.0%)

1 所へ, 昔が

▼ ふ遠慮~ (2, 0.0%)

1 とた, 深い方

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 にとまつた, の角屋敷

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 が出, を買

▼ ふ部落~ (2, 0.0%)

1 があつ, が四国吉野川

▼ ふ部類~ (2, 0.0%)

1 に入れ, を立てる

▼ ふ都會~ (2, 0.0%)

1 であ, で當時此處

▼ ふ都筑馨六氏先づ~ (2, 0.0%)

2 在りて

▼ ふ~ (2, 0.0%)

2 の島

▼ ふ里子~ (2, 0.0%)

1 に対して直吉, の心理

▼ ふ重い~ (2, 0.0%)

1 のを, 巫女たちを

▼ ふ重荷~ (2, 0.0%)

1 を背負, を負

▼ ふ野原~ (2, 0.0%)

1 でけがれた, の慾

▼ ふ野犬~ (2, 0.0%)

1 が支那, を驅

▼ ふ野良~ (2, 0.0%)

2 の末

▼ ふ野良路~ (2, 0.0%)

1 に走, をたどり

▼ ふ野蛮人~ (2, 0.0%)

1 といふもの, の猛

▼ ふ野邊~ (2, 0.0%)

1 の寂し, の朝ぼらけ山西

▼ ふ銀弓~ (2, 0.0%)

2 の大神

▼ ふ銀杏~ (2, 0.0%)

1 の林, 返の

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 こそ打つ, せよこれ

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 がなく, とむかし我等

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 の余韻, の声

▼ ふ長靴~ (2, 0.0%)

2 をはいた

▼ ふ間拔~ (2, 0.0%)

1 けだ, けな面

▼ ふ間違つた見方~ (2, 0.0%)

2 をした

▼ ふ間際~ (2, 0.0%)

1 であつ, になつて

▼ ふ閣下願~ (2, 0.0%)

2 くは

▼ ふ關係~ (2, 0.0%)

1 は獨, をもつ

▼ ふ陸奥~ (2, 0.0%)

1 に咄, の空

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 の七面鳥真昼, の河童

▼ ふ雌鴨~ (2, 0.0%)

2 かなしも

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 だつたの, の衣

▼ ふ難波~ (2, 0.0%)

1 の大湊, の西

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 なり, 遠く去る

▼ ふ青き~ (2, 0.0%)

1 華, 頸の

▼ ふ青貝~ (2, 0.0%)

1 なの, の柄

▼ ふ音信~ (2, 0.0%)

1 が来た, だつた

▼ ふ順に~ (2, 0.0%)

1 なる, 気にか

▼ ふ頗る~ (2, 0.0%)

2 道化た

▼ ふ題下~ (2, 0.0%)

1 に最初讀賣新聞, に魏鶴山

▼ ふ顔付~ (2, 0.0%)

1 だが, をしました

▼ ふ顔色~ (2, 0.0%)

1 で手燭, は予期

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 で逸, ひが

▼ ふ風さき清~ (2, 0.0%)

2 にこの

▼ ふ風説~ (2, 0.0%)

1 がある, なりけり

▼ ふ風采~ (2, 0.0%)

1 を具, を聞い

▼ ふ食卓~ (2, 0.0%)

1 が待つ, の空気

▼ ふ食器~ (2, 0.0%)

1 なので, を新しく

▼ ふ食物~ (2, 0.0%)

2 もすく

▼ ふ餌食~ (2, 0.0%)

2 かな

▼ ふ饒舌~ (2, 0.0%)

1 な蝉, の形

▼ ふ駱駝~ (2, 0.0%)

2 の足音

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 になつ, の最中

▼ ふ驚き~ (2, 0.0%)

1 だらう, を良寛

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 千穗の, 千穗村の

▼ ふ高僧~ (2, 0.0%)

1 などは勅命, は般若三藏

▼ ふ高利貸~ (2, 0.0%)

1 であつ, や悪質官吏

▼ ふ高原~ (2, 0.0%)

1 だ, の駅

▼ ふ魂膽~ (2, 0.0%)

1 だと, らしかつ

▼ ふ魔性~ (2, 0.0%)

1 のきざし, のもの

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 が豆鉄砲, の形

▼ ふ~ (2, 0.0%)

2 の聲

▼ ふ~ (2, 0.0%)

2 を見

▼ ふ~ (2, 0.0%)

2 の一声

▼ ふ~ (2, 0.0%)

2 の樣

▼ ふ鷹あら~ (2, 0.0%)

2 はなり

▼ ふ鷹ひとつ~ (2, 0.0%)

2 居りて

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 はしい, はしき聖

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 の甍目, の銀杏

▼ ふ黄金雲~ (2, 0.0%)

2 蒸すからに

▼ ふ~ (2, 0.0%)

1 の足音, は頬

▼1* [5978件]

ぁんたしあを踊って, ふああいう風, ふあかい石竹而し, ふあかつきは相当, ふあかりの青黛, ふあきらめをも持つ, ふあたり家の者, ふあやしい妄念を, ふあやしくもなほ, ふあららけき, ふありがたいお護り, ふありがたう助か, ふあんをおぼえ, ふあんにおとしいれたよう, ふあんまさんなんてある, ふあんまり図々しいから, ふぃりやの代りに万葉人たち, ふぃんくす形の卓灯, ふいかにもおれじゃ, ふいきいきした, ふいざやいざ, ふいざすこしく路を, ふいずれにしろ, ふいつしよに, ふいつかふしうゑい, ふいつぞやうに蔵の, ふいともゆるやかに, ふいびつだから, ふいまはし, ふいまだ咲かず黄あやめ, ふいま水に華さき, ふいもをどんな, ふいやしい欲も, ふいろんな思想を, ふふと, ふうちアンテオキヤの総, ふうち俄に顔色蒼ざめて恐怖, ふうち家の中, ふうち秀吉は着々, ふうち草鉢植一とかかれ, ふうつふ, ふうつくしき裸体の, ふうどんの御馳走, ふうまかつた, ふうれしくて雑, ふうーん君の, ふぇーなどが設けられ, ふおいしかつた, ふおいらがみんな, ふおいらん草履の音, ふおかげで助, ふおかしなおばあさん二階で, ふおそらくは我より, ふおそろしく器用に, ふおとななどにも当る, ふおとなしいことで, ふおはこがあつ, ふおもに食料品例によ, ふおも面白いもんねエ, ふお前さんそのお, ふお前教へてお, ふお姫様菫の花, ふお父さんはさっき, ふお茶をいた, ふお転婆米ちやんは彼, ふかぎり寄与しなければ, ふかぎり従来の形式, ふかぎり斎庭なり塵, ふかぎり日本の震災, ふかつて内國勸業博覽會, ふかなしさや, ふかぶと虫だ, ふから来る牛, ふかるが故, ふかれこれ思ひ合せれば, ふかを買つてや, ふがさうした, ふがっかりする, ふがにいるは, ふがにへといふ以上, ふがはなる本館, ふがはに大きな毛皮屋, ふがもうた, ふきゅうを早く, ふきりで時に, ふきれいな光, ふがつく, ふくじゅ庵どの, ふくちつけ, ふくるしさは, ふぐじぶんのきりものなどうりて母やいも, ふぐじるがどうだのととんきょう, ふぐのごとくかんかんになっていた伝六に微笑, ふぐやちぬが手に入る, ふけいこをはじめた, ふけど馬に, ふけむ白さるすべり咲く, ふけれど女より, ふけれども衣を, ふげぢやよ, ふげにこ, ふげんみたいじゃのう, ふこいつあ存外, ふここちの空, ふことばで完全, ふこのごろ國運を思ひ, ふこのごろ文反古雨聲會の記, ふこれから一緒に, ふこれダンテの理想, ふこれ予が丙戌以前, ふこれ勿來關址なりと, ふこれ蝋燭をその, ふころ独言に詠みつ, ふころ顏を水, ふこッちに, ふごかいをとる, ふごく短い小説, ふごとかごとの宵, ふごと我に云, ふごと言つてゐるかんぺう, ふごと駅の名, ふごと魄の帰りこよ, ふさつきの感じ, ふさてもさても, ふさながら繁昌記の, ふさびしさだらう, ふさびしい部落を, ふざけたことぬかしやがって姪御さん, ふざけたまねをしやがったんだと仲間しらべを, ふざけたまねをやりやがってどいつか, ふざけちやいけねえそれからどう, ふざま其処でじたばた, ふざんと音読せられて, ふざツパいなるものニ, ふしかせば, ふしかも議論が, ふしかるにレハベアム少年等の, ふしきりに父母は, ふしづかな雨, ふしばらく雑談し, ふしようのない, ふしらせを我, ふしるこやへ寄り, ふしるしが附い, ふしんみりした物語り, ふつかり苦労, ふすごい法螺を, ふすさまじさで, ふすっかり曇っちゃった, ふすなわち腰を, ふすばらしき映画実に, ふすべての物, ふすら殆ど堪へ, ふすらりとした, ふすると直ぐ其, ふぜんとして飲みだした, ふそういうつもりだ, ふそしたらあたい先に, ふその他く, ふその後また聖ヨハネ, ふその後流言ヒ語しきり何処, ふその間にあ, ふそりゃ何かの, ふそれさへまた, ふそれに至つては, ふそれッとあ, ふそれ切りですね, ふぞいぢらしき, ふぞんざいな言葉, ふたしかに女は, ふただ蘇州にのみ, ふたのもしき状よと, ふたまには通訳, ふたわいもない, ふたんばの國, ふだいで江原先生, ふだいぶさつ, ふだが例によ, ふだけかも知れぬ, ふだけでもと思はぬわけ, ふだけといふことは, ふだにも耐へ, ふだみ声が聞える, ふだる体を, ふちかごろはこれ, ふちやんと勧善懲悪, ふちょうさん者めが, ふちよつと行つて, ふぢぁ欠げでる油煙, ふぢきんせんひめじ, ふぢなみも来た, ふぢばなは, ふぢばかま尾花, ふぢゃない網膜が感じた, ふぢゃ払ひますからね, ふぢやあないか, ふぢ二人の間, ふぢ江という派出婦, ふぢ衣露けき秋, ふぢ豆の類なに, ふぢ豆ちび筆ににた, ふぢ長男捨重同人妻みな, ふついでだから, ふつけねらふ靜, ふつぶら玉豊後梅は紅し, ふつぶら玉豐後梅は紅し, ふつまり勘當であります, ふづねを打つ, ふづらアな, ふづるい奴だ, ふづんぐり太つた眼鏡, ふづゝ沈む, ふづツしりしたもの, ふでもさう言つて, ふでもよかつたらしい, ふとある位だ, ふという即興を, ふといつても浴衣一枚肌着一枚, ふとうとう捕まったね, ふとかくするうち, ふとげとげしい少しも, ふとんちんかんな習慣, ふどうしても歸る, ふどっちでもいい, ふどもがお, ふなからんため, ふなかれよき隣人よ, ふなしまかせまつりつ, ふなぞは兎角, ふなぞといふことは, ふなぞ形容に用, ふなだらかな切地, ふなつかしいおもひでが, ふなとかと眞赤にな, ふななどのゆめを, ふなに七度の國, ふなに金箔を塗っ, ふなのまだ寸, ふなべにうき, ふなほ少しく溯り, ふなまめかしさを, ふなみのにふ, ふなみ何れにし, ふなむなんに, ふなも立と月, ふなものおつ, ふなやはややど, ふなやら湖水のう, ふなり一人の老人, ふなり放題になさる, ふなんかわるない, ふなんざアちツ, ふなんぞも午食は, ふなんぢいづれのところよりかきたれる, ふなんどの場合, ふなんぼ淡々君と, ふなん葉月十四日の夜, ふにかはつたと, ふにけふは, ふにこそ否, ふにだに堪へざるなりけり, ふにつきハネバシの, ふにてこそあれ, ふにともしからず, ふになつて来た, ふにはけつく面白い, ふにはも一つ大きく, ふにやと問ふ, ふにやの手のひらの, ふによりその願, ふによりて朝夕に, ふぬらくらした気色, ふねえぢや, ふねがふところは, ふねぎはよろし, ふねずみはきいきい歯ぎしり, ふねとかよりうど, ふねとの同情ほ, ふねばしのまん中, ふねぶたさで坊主, ふねんねこを借り, ふのうー, ふのでと自分は, ふのではぢめて, ふのどてのかれ, ふのにかへつてつ, ふのになつて居る, ふのにねぎつたのかい, ふのみで妻に, ふのみにては比丘ならず, ふのみを以て解釋し, ふのんだくれて歸つて來, ふの電燈のたくさん, ふはいさ, ふはいち面だ, ふはいふもさら, ふはかへり, ふはけふの, ふはさみの音, ふはた遠く筑摩川, ふはつはつはいつ, ふはと地霊のやう, ふはと室の中, ふはなどいふ調子, ふはな桜かな, ふはにへでなみはの, ふははたけへのみ, ふはぶらいの町, ふはまはし, ふはめから二人, ふはるの夜, ふばかしだが, ふばかりか自分の, ふばかりが孝行で, ふばかりでさつぱり埒, ふばかりとやにぎしき家, ふばかりにも氣が, ふばかりもなき表門, ふばらよ, ふぱらふごとに一皮脱ぐこと, ふひがしの峰, ふひくき野よ, ふひつこきね, ふひとくちには言, ふひとすぢ道唐辛子赤く, ふひとついただきに漆, ふひとつ草を喰, ふひとりさぬれば, ふひと日遊ばむ, ふひなげし, ふひまさへなかつた, ふひろ子との縁, ふびっくりして, ふび正気の沙汰, ふび聟さがしどころ, ふふうこれは, ふふうむと鼻腔から洩る, ふふうんのう, ふふしをあやしみ, ふふつと吹出し, ふふびんです兄上, ふふみそめにし, ふふみたるもゆかし, ふふれこみだけのもの, ふふんああこの船客, ふふん悪婆毒婦, ふぶんねんを入れ, ふへいがあったらでて, ふへからさる事實, ふへたが役人, ふへちまって弱る, ふへてはをらぬ, ふへも調査には, ふべか限りなる, ふべかと思ひあん, ふべさうも, ふべとなつた, ふべねあれから, ふべや廃院の, ふべよは花さきぬべし, ふべらなり, ふべろんの言葉, ふぺてんをおれ, ふほか何もない, ふほとり打ち當, ふほとり朱き葉, ふほどにも思ひませんわ, ふほどもない平板, ふほどわづかの, ふほどをいつと, ふほのかな予期, ふほろ酔になつ, ふまことしかなり, ふまことに有難いほど, ふまことにしばらくだつた, ふまちの女學校, ふまち酒などはそれ, ふまったくそれに, ふまつたくの一文, ふまでで是か, ふまでなんて自分で, ふまでを必ずともに父君, ふまなざしの, ふまにまに日子番の, ふまるで鐵槌を, ふみちみちの二人, ふみなさまの食堂, ふみんなカケである, ふみんな紅足馬さんからの贈物, ふむしろもつと, ふむにわづらふ鳥と鳥, ふむゆがある, ふめまぐるしいほど注意, ふもうけものだった, ふもう一度會ふ, ふもしたしかに物體が, ふもっとも公方の, ふもどかしさを, ふもののずつと後に, ふもののふの鐙, ふもはやてに乗り, ふやあげはのてふ, ふやうコーヒーを飲む, ふやう予に依頼, ふやう妾は今宵, ふやう安倍仲麿がこの, ふやう小笠原章二郎が骨, ふやう我にさる, ふやう是非とも取り急い, ふやう此は天狗礫, ふやう百方手を廻し, ふやう直接話しかけて, ふやう立処に坊主, ふやう蝋燭の明り, ふやう表面を粧, ふやう農民組合の先生さ, ふやさしい女の, ふやさしき妹には, ふやっぱしあのおしゃべりおんな, ふやと書いた, ふやという文句であった, ふやの人間だった, ふやぼさが一个処, ふやも知れぬと, ふややシヨウペンハウエル流の, ふやり方を見, ふやを人思はず, ふやを傳へし, ふやァふんと, ふをはじめ, ふかつた, ふよりはずつと鮮明に, ふよりはと思つて二年越し, ふよりもずつと短かい, ふよりもとに角あれ, ふより子に合せ, ふよろしく商談相立可, ふよろしけれバ別に, ふりよと留吉, ふるるによけれ, ふが待つ, ふわいと思, ふわりあひ, ふわりにうまし, ふをかぎりのあひびき, ふをけふは, ふををさめつべし, ふどし, ふァお夏さんなぞは, ふアイゼーポスとペーダソス, ふアウゲーアスの壻, ふアエネアスの導者シビルラこれ, ふアカイア人二軍の首領君, ふアカイア軍勢の, ふアキリュウス其剛健の腕, ふアキリュウス悟りて歩, ふアキリュウス雄叫び凄くトロイア, ふアキルリュウスの亡ぼす, ふアサを男二, ふアスファルトのむかふ, ふアトラクションの初日, ふアトラス程の力, ふアヌビス共の鋒先, ふアノ口振では, ふアノ髭なら気仙郡, ふアノ鬚なら氣仙郡, ふアパアトメント・ハウスの廣大, ふアブダル陛下でございます, ふアマトンテの半, ふアマリリスの香料, ふアマリヽスとかチユーリツプ, ふアムフィマコスの胸, ふアラゴンの女王, ふアラビア数字に教員室中, ふアルコールの方, ふアルペンの花, ふアレース席にもどら, ふアンチクリストの, ふアンチャンぢやない, ふアントロポロギーの變革, ふと向う, ふイタチ様の獣, ふイツカヲしうのよ, ふイヤ面白いぞ, ふインド説に近い, ふインバネスや座蒲團, ふゥむ夫ぢやア汝, ふウむそいつはふしぎないんねんだ, ふウむ一番未熟という, ふウむ伊兵衛の手, ふウむ伍長の河合忠太郎, ふウむ何かね鳩, ふウむ何処で, ふウむ其りや野郎可哀さうな様, ふウむ変り者だな, ふウイをのみ, ふウイスキイの名, ふウェルギリウス乃ちこれに告ぐる, ふウエルズの言葉, ふウゴリーノその何人, ふウッと星, ふウムじゃ何, ふウム一理あるナ, ふウム急の用, ふウヰスキーぢやない, ふウンまア魔火でございます, ふエトロフやアラスカ, ふエノケンで演, ふエピクロス派の哲学者, ふエピソードさへあり, ふエマソンの警句, ふエレデイアの詩, ふオコモさんの如し, ふオコンネルの言, ふオセッカイはいらない, ふオペレット特有のあの, ふオムニブスの番号, ふオヤヂで大きな, ふオール読物や, ふカフェーへ, ふカリフラワー次がチキン, ふカルナーロ近きポーラ, ふガタ馬車のあつ, ふガボリイをプルウスト, ふガリリアーノ川のこと, ふガルルーラの者, ふキヤンデイへ汽車旅行, ふキリコの悲痛, ふキリストリムボに降れる, ふキリリとした, ふギズキイの警句集, ふギベルリニ黨の首領大僧正ルツジェーリ時, ふクラシツクの一つ, ふクラッススパルチア人に殺されし, ふクレエルの質問, ふクレーテス族を導く, ふクロオデルの言葉, ふクロミオン又秀麗, ふグッビオのオデリジ, ふグレシア人の一族, ふゲエテの言葉, ふゲエムの莫迦, ふゲエルを見る, ふゲレーニャの老, ふゲーテなんて奴, ふコクトオの言葉, ふコックのばあさん, ふコンタンか知らねえ, ふコンテの色彩, ふゴシップ神経てもの, ふゴツホあのゴツホ, ふゴムの長靴, ふゴンドラの船頭, ふサビシイサビシイ顔を見合せ, ふサミユエル・バツトラアの言葉, ふサムライの娘カタギ, ふサロメの姿, ふサン・ミツセルの橋, ふシエーナ人尊大彼がごとき, ふシクラメンの香り, ふシチリヤナの一節, ふシャロットの姫, ふシヤナアンよ私, ふシヤルルイタリアに進軍, ふシヨツクを与, ふシヽデンは庭, ふジプシーの旅, ふジヤアナリストとも交渉, ふジヤンル種目があります, ふジユウルのやう, ふスケッチなの, ふスパイ制度に取りかこまれ, ふスパゲッティ料理で一円二十銭, ふスフインクスの伝説, ふスローガンはやぶれ, ふセエヌ川紫色の波, ふセバツトの鐵橋, ふセーヌ河の右岸, ふゼプュロスの息もろとも, ふソシヤリストでなきこと, ふソナータを, ふタガネで彫つた, ふタテマヘを免れ得ない, ふタバコの吸ひさし, ふタメになる, ふダイヤモンドで梅干大, ふダイヤモンド此指輪は彼人, ふダフネその及ばざる, ふダラシの無い, ふダンテ答へ終, ふダンテ自ら己が望み, ふチャックに似, ふチュウヂュウス持ちしが, ふヂオゲンは白癡, ふヂオメーデース之を見, ふッつり人と往来, ふッつり今迄の念, ふッつり出入りをしなくなっ, ふッつり女部屋へは来ません, ふッつり断念仕り候, ふッつり新九郎様を思い切った, ふッつり遊びに来ない, ふット山腹にひらかれた, ふッ妙なもの, ふッ日のあたる, ふッ時勢を知らない, ふッ気の小, ふッ足の甲, ふッ鬢の尖, ふツくら肥えた體躯, ふツ嫌になる, ふテキスト・ブツクとしようで, ふテスピスは前五四〇年頃, ふディレツタントの態度, ふデスペレートな享樂心, ふデパートに行きました, ふデーモンの声, ふトタンに双方, ふトツクは芸術, ふトマトクリームスープにポークチャップ, ふトマトスープはい, ふトラゲヂーの出来事, ふトロイア軍の土地, ふトロイア軍勢の, ふローンは, ふドオミヱの一枚, ふドストエフスキイの小説, ふドヂだらう, ふドミニクス未だ胎内, ふドン・アゴスチノ行長を思へ, ふナインの村, ふニコヨン組から下級月給, ふニュースがはいりました, ふニ京の事, ふニ候得ども, ふニ入てありし, ふニ長をうつ, ふノーベル賞は三人, ふせぬ位, ふハいの所, ふハアヂと云, ふハコベの葉, ふハッピを着た, ふハヤは実は, ふハリキリが受けた, ふハンデイキヤツプの為, ふハンペンを攻撃, ふハートの轉換, ふハ積年の志願ニ, ふハ船の事大ニ, ふバアへ入る, ふバスに, ふバスガールのネクタイ, ふバチルスを入れ, ふバツグを睨みつけました, ふバツトとそつくり同じ, ふパアン吹く笛, ふパイオネス族を率, ふパストラルを, ふパトロクロスを淨火, ふパフヌシユに近い, ふヒステリイは往々, ふヒタ向きな男, ふビズネスライクな気持, ふビールなども入っ, ふピエルと同じく, ふピカソを去, ふピューラソス羊産するイトーン, ふファゼロ山猫博士の胸, ふファブリイス夫人への消息, ふフィレンツェ市にてもこれら, ふフイルムだけでも神明館, ふフイロソフイーは吾, ふフランス人がゐる, ふフランス小説の梗概, ふフリをした, ふフロオベルの気もち, ふブラックエンドホワイトあり飲む, ふブルタアニュの海, ふプロゼイツクな消し方, ふプロロオグがつい, ふプール昔はそんな, ふヘクトールわれらの舟, ふヘクトール呼吸弱りて, ふヘクトール息絶え, ふヘクトール眞先きに, ふヘクトール眼を怒らし, ふヘンな待合, ふベアトリチエはベアトリチエ自身, ふベエよ, ふベースボールを見れ, ふペンを執り, ふホウレン草を買, ふホテル生活は格子, ふポセードーン二人を離れ, ふポセードーン先づ口開き宣んし曰, ふポセードーン其言き, ふポセードーン其警戒は空, ふポセードーン戰機一たび換へし, ふポセードーン答へて即ち, ふポセードーン驅りし駿馬, ふポーランドの云, ふマコの言葉, ふマナイタのこと, ふマニヤにか, ふマホメット説けり釈氏説, ふマリアの御, ふミンネゼンゲルやトルバドール, ふムお手前の仲間, ふムーヴメントがありまし, ふム不審な姿, ふム何という者, ふム六日も前, ふム又八かあの, ふム味噌漬か, ふム明細じゃの, ふム条件とは, ふム確かにいい, ふメシア的欲望を感じ, ふメール社へ電話, ふモウルを金縷織成, ふモルヒネ中毒の手段, ふヤンキイは, ふユダに対するクリスト, ふヨイトマケ式のもの, ふヨハネまづか, ふヨークハムとてもよろし, ふラタン区のキヤツフエエ, ふラーオトエーはわれ, ふリッカルド己が邸内, ふリフレエンを用, ふルパンへ寄る, ふレスタウランで澤木さん達, ふレストランができる, ふロマンチツクな物語, ふローマンスは面白い, ふワイルドの面影, ふワカナ, ふワムピイルの纔, ふヰルブルク町の木造人道, ふヱズヰオの山, ふヱネチアに往かん, ふンおれの力, ふンこれは内緒, ふンなにをぬかす, ふンばりして, ふン三の字旅行会, ふン人のこと, ふン今時分までどこ, ふン半年もつづいたら, ふン右腕一本位で屁こ, ふン太郎と光吉, ふン岸ちゃんての, ふン此の刹那, ふン温習会ども派手にやるらしい, ふン親父も弱虫, ふヴィユウ・コロンビエ座の運動, ふーちゃんしけて, ふーむおじさんにもよく, ふーむそか, ふーむそちもかなり, ふーむとちょっと唸らせられるの, ふーむと一つ深く鼻息, ふーむと煙草の烟, ふーむみごとにうたれちゃった, ふーむガンマ和尚とおっしゃる, ふーむユニークな母子叙情, ふーむ人とすれ, ふーむ任務につく, ふーむ吉岡清十郎というの, ふーむ君の眼, ふーむ奇怪な言葉, ふーむ妙な事, ふーむ娘を乗せた, ふーむ孫か, ふーむ成程厄介, ふーむ敵はキンギン国, ふーむ日本もね, ふーむ痣蟹仙斎か, ふーむ艇夫少年二名が火星人, ふーむ莫迦に細心, ふーむ足利殿がの, ふーむ馬や牛, ふーわりと過され, ふーゥたすかった, ふームこれが甲斐, ふーム物事は万事, ふーンあれか, ふーンこいつはまずい, ふーンそれはどうも, ふーンそんなら誰, ふーンばかにし, ふーンふしぎだなあ, ふーンわしに委しといたら, ふーン九百トンのセメント, ふーン十六の娘, ふーン南京ねずみがそんなに, ふーン壁という壁, ふー水を浴び, ふ一ことだけだ, ふ一つびとつの動作の中, ふ一ふしは, ふ一ケ年間すべてローマに集まる巡, ふ一ヶ月の暇, ふ一万円の恋人, ふ一中節の浄瑠璃, ふ一二九八年ミラーノのポデスタ, ふ一件である, ふ一例とする, ふ一個の小さい, ふ一元的信念に基く, ふ一冊の本, ふ一升二十銭といふ, ふ一口に言, ふ一句がある, ふ一味のユウモア, ふ一国の芸術的空気, ふ一團の人, ふ一地名を挙げた, ふ一塊肉となり果てし, ふ一夜であつ, ふ一大希望ぞ起り, ふ一字一字の活字, ふ一定の約束, ふ一室一人が何より, ふ一家などはコロムボ, ふ一對の老人, ふ一小村は地獄, ふ一小説盛装して, ふ一席話でご, ふ一帯の河原, ふ一帶の雜木山, ふ一帶直立三四百尺もあらう, ふ一年より外, ふ一年間毎日五十囘づつ床に額, ふ一廓の中, ふ一弾指の間, ふ一徳があれ, ふ一念茲に至れ, ふ一抹の怪奇さ, ふ一挙一動皆責任, ふ一族が住まつ, ふ一日わたくしのお, ふ一日僕は今度武蔵野, ふ一日私と歩かう, ふ一日腹をいため, ふ一日雲のうごき, ふ一時逃れのお, ふ一曲の人口, ふ一本づつ龍吐水を備, ふ一本足の學者, ふ一札をこの, ふ一村落であつ, ふ一機関車のぢ, ふ一流の画家, ふ一番仕舞は今, ふ一番使ひ易い, ふ一番明瞭な証拠, ふ一睡の夢夕日, ふ一種痛快な氣味, ふ一端は知れ, ふ一筋道である, ふ一節感服仕候当地の平田禿木氏, ふ一粒選の處, ふ一緒にする, ふ一考古学者であると, ふ一致が其処, ふ一色友衞を遙, ふ一萬千三百町のもの, ふ一襲の外套, ふ一見甚だ穏当と, ふ一説を挙げた, ふ一貫目もあり, ふ一身の浮沈, ふ一輪の花, ふ一通いやな手紙, ふ一週間の間, ふ一部それでしんご, ふ一雜誌を取つ, ふ一類が岐, ふ一體鑛業と云, ふ一點だけだつた, ふ七つ葉の蔭, ふ七人の顏, ふ七十九歳の老人, ふ七十五円呉れ, ふ七絶がある, ふ七色の白粉, ふ七重の瀧, ふ万人の男女, ふ万代に国, ふ万兩さんです, ふ万端のこと, ふ万葉の用語, ふ丈今でも出し, ふ丈充分に手, ふ丈國庫の收入, ふ丈胸が苛立つ, ふ丈長の髮, ふそれでは越後屋, ふ三つ葉葵の紋, ふ三十余年ぶりの再会, ふ三十男ですから, ふ三千数百羽の鶏, ふ三吉を舷, ふ三四の両島, ふ三四年中には一度, ふ三四年間は或, ふ三四百トンばかりの白い, ふ三日前京から呉服屋, ふ三日前所用あつて外出, ふ三時間ばかり川尻町行乞, ふ三段論法を案出, ふ三河町の吉田屋, ふ三浦兵衛尉さまからお話, ふ三浦半島と房総, ふ三疋の外, ふ三百代言人であつ, ふ三種類の面, ふ三角さんの小船, ふ三谷や加茂, ふ三谷色気がない, ふ三軒両隣りの, ふ三軒兩隣しか實際, ふ三郎兵衞の女房, ふ三銭一杯飲む, ふ三間位の橋, ふ三階段を併せ持つ, ふ三題話を掲載, ふ上の空の生活, ふ上人様に知れな, ふ上役たちが頭, ふ上流の人達, ふ上演料は一定, ふ上潮から引上げ, ふ下ごころがあつ, ふ下女座敷の真中, ふ下宿人はおれ, ふ下心さへあつ, ふ下津岩根の常闇, ふ下田にて異国人, ふ下界の人生, ふ下級巫女が居た, ふ下著はモンパ, ふ下野の鳴虫山, ふ不二は一片石, ふ不仕合せな人, ふ不倫な不, ふ不具な女, ふ不具ぢやそれでは, ふ不可思議な言葉, ふ不可抗力のやう, ふ不可説にし, ふ不合理な句, ふ不吉の鴎, ふ不在なりふた, ふ不在ひきかへす, ふ不在公園に行く, ふ不在山口へ出かけ, ふ不在近在を散歩, ふ不安感や焦燥感, ふ不心得だ, ふ不忠の輩, ふ不断の大人, ふ不治の病ひの, ふ不法な姑, ふ不渡手形を振, ふ不知菴と戸川残花, ふ不祥事を起した, ふ不穏な酒場, ふ不純な動機, ふ不義の者, ふ不自由と不合理, ふ不良の徒, ふ不良少年の小説, ふ不規則な性質, ふ不調法もので御座いましてネ, ふ不都合千萬な話, ふ世にも憐れの, ふ世人を大いに, ふ世代を留意, ふ世俗之を名づけ, ふ世紀のつめたい, ふ世評を君, ふ世話場よそこで, ふ世辞を待つ, ふ世間さまがさぞ, ふ世間並の言葉, ふ世間普通な色好み, ふ世間智の代表的所有者, ふ丘陵地にある, ふの肩, ふ両様の構造, ふ両親をかへりみ, ふ並びにかんだちめについて説かうと, ふ中傷も多く, ふ中味の為, ふ中央公論に載せた, ふ中年の刑事, ふ中心でも主題, ふ中日はくれ, ふ中村君しつかりしたま, ふ中村園田と呼ぶ, ふ中浮木がグイ, ふ中老のつむじ, ふ中間人物なら自分, ふ中間演劇なるもの, ふ丸太のその, ふ丹念さで描き上げた, ふ主上の御, ふ主人シヤツ一枚になつて庭造り, ふ主人公の活躍, ふ主人源吉の顏, ふ主催者を無理, ふ主意の國書, ふ主旨になります, ふ主格脱落の内, ふ主治医であつ, ふ主筆初め二三の者, ふ主筆初め二三人の者, ふ主部は暗示, ふ久米の夢, ふと云, ふ乎原因に注目, ふ乎憐む可し汝, ふ乗物のなか, ふ乘合馬車がありました, ふ乙女はその, ふ九三ニも家内ニ, ふ九月に又, ふ乞食房主が廻り, ふ乞食者は顏, ふと云ふから韻字, ふに逢, ふ乱響したる来客, ふ亂暴狼籍を云, ふ亂鬪をクーレーテス, ふ予告が出た, ふ予想をしない, ふ予算がちやんと, ふ予約をし, ふ予自身も翁, ふ予言はなき, ふ争先的範囲に於ける, ふ争論の声, ふ事がさつぱり判らん, ふ事がちやんと, ふ事すべて気にいらん, ふ事すべて氣にいらん, ふ事それ自身さへはかない, ふ事どもを思へる, ふ事なきに非, ふ事なき身もとすゞろに鼻, ふ事わけは侍るべし, ふ事わしと彼女, ふ事アねえて, ふ事一人の力, ふ事不思議の中, ふ事二人が中, ふ事人に知れ, ふ事他の親切, ふ事位は知つて, ふ事先例がない, ふ事共次第に施行, ふ事其だけでも処女, ふ事半時ばかり漸, ふ事右の趣き, ふ事叶はずなりしかば, ふ事夕方にも見物, ふ事嫁の資格其他, ふ事実そのものの逆説的, ふ事實さへ疑はれる, ふ事引籠りと, ふ事意味のない荒し, ふ事我郷里のみならず, ふ事所謂政治の本, ふ事有共かやう, ふ事東京ばかりで, ふ事桀紂が再, ふ事此三つが結婚, ふ事犯罪の場所, ふ事狂人の親, ふ事狂言の, ふ事皆何等かの, ふ事私に会, ふ事空気の流通, ふ事立小便の癖, ふ事肝要に候, ふ事自体は好き, ふ事自分の仕事, ふの聲, ふ二ツの生命, ふ二ヶ村を買收, ふ二丁と小, ふ二三の暗示, ふ二三人の書生, ふ二三十年以前の流行唄, ふ二事は余, ふ二人平次は叩き, ふ二人肥つたのと痩, ふ二人言葉とがめ, ふ二個の名詞, ふ二僧を拵えた, ふ二児は即ち, ふ二十一銭これで二ヶ月, ふ二十九日あたり熱海でゆっくり, ふ二十二三の屈強, ふ二十日月がほんのり, ふ二号題目の二版, ふ二字は義譯, ふ二年間は外国劇, ふ二度三度唱へてその, ふ二文字だけが, ふ二方面から考へ, ふ二日ばかりし, ふ二樣の考, ふ二百石取が, ふ二萬五千圓の鰊糟, ふ二足の獣, ふ云つてしりぞけて, ふ五位鷺の群れ, ふ五六十人程の在郷軍人, ふ五六間もある, ふ五十年の目的, ふ五卷の書物, ふ五厘銅貨でやつ, ふ五字から先づ名状, ふ五時新橋演舞場へ, ふ五月の脚本準備, ふ五歳の女の子, ふ五百枝厳橿葉広橿日にきらきら, ふ五百枝嚴橿葉廣橿日にきらきら, ふ五種族を併せ, ふ五種類であります, ふ五郎と二人, ふがあつ, ふ井戸辺に露草, ふ些事に無頓着, ふ些細の変化, ふ亡友への友情, ふ亢奮は身, ふ唯其性, ふ享樂に向く, ふ京伝という男, ふ京料理へこ, ふ京進の貢馬, ふ人々面白げに大道芸人, ふ人あらばなしとこたへよ, ふ人かげ馬車や自, ふ人さへある, ふ人づゑ肩触りて, ふ人のをり, ふ人みなうつくしき, ふ人ら背も矮, ふ人わらびをとっ, ふ人七十餘歳と見え, ふ人中に交つて, ふ人事の奇, ふ人其を聴く, ふ人前者にては日, ふ人十人に九人, ふ人名などあり, ふ人喰ひの, ふ人土持家の盛り, ふ人大震災のとき一家, ふ人工の翼, ふ人形芝居があつ, ふ人待貌なり, ふ人必らずしも読む, ふ人惡い事, ふ人惡寒を覺, ふ人日が右, ふ人日光の紅葉, ふ人本心に痛み, ふ人格を必要, ふ人物評が下し, ふ人皆美くしき, ふ人相学の書, ふ人種的區別を顧慮, ふ人等の本, ふ人等白さく宇多弖物云王子故応慎, ふ人聲眞晝の往來, ふ人親ら旅館へ來訪, ふ人豊後杵築の産, ふ人買が来, ふ人足が先, ふ人間そのものを即, ふ人間会ふ人間, ふ人間業では到底, ふ人間的な心持, ふ仁徳天皇が吉備, ふ仄ぐらき不安の怯え, ふ仇人の, ふ仇名ぢやつたの, ふ今ごろ気がついたか, ふ今君亦石敢当, ふ今戸あたり船は水の上, ふ今日此頃の質屋風景, ふ今日西条の詞, ふ今朝四時六時の間に五・一五事件以来, ふ今様は本体, ふ今老の眼, ふ仍つて今更御感有りて, ふ仍つて其除書を送り進ず, ふ仍つて将軍家祈雨, ふ仏印の歌, ふ仏師の娘, ふ仏蘭西料理屋へ度度, ふ仏蘭西現代の劇壇, ふ仏蘭西田園の景色, ふ仏蘭西語は忽ち, ふ仏説は竜, ふ仏門の乞士以後, ふ仔細あつて世, ふ仕事ぢやない, ふ仕掛だつた, ふ仕組みは歓迎, ふ仕込杖を抜放, ふ他人の真剣, ふ他力主義は西洋, ふ他府県人のいらざる, ふ他愛なさ, ふ仙人にはすぐ, ふ代用食みたいな支那, ふ代筆の手紙, ふ代議士あり, ふは福山, ふ令嬢にも逢, ふ令孃甚之助の暫時, ふ以上それは主, ふ以上二時間もすれ, ふ以上写実時代が立派, ふ以上永久性がなけれ, ふ以上湖州大久保余所五郎の才人, ふ以上男子には冒険, ふ以下に抄録, ふ以下皆一類の語, ふ以外これはまた, ふ以外何等の権能, ふ以外手の下しやう, ふ仮名遣ひや, ふ仮装した人, ふ仰せ詞が, ふ任命をうけ, ふ企図が早く, ふ伊予国神野郡に昔高僧, ふ伊東で休憩, ふ伊豆山行をすゝめ, ふ伎翁に連れられ, ふ伏姫を観察, ふ会話を繰返した, ふ会食のある, ふの佐太郎, ふ伝言をした, ふ伯爵のいかにも, ふなの, ふ伽羅の木, ふ伽羅油だ, ふ伽藍あり, ふだ善, ふ位不便である, ふ位乘氣なので, ふ位是位の物, ふ位繁昌した, ふ位階を新設, ふ住職の商, ふ佐佐の懸念, ふ佐渡の人, ふ佐藤の厚意, ふなり, ふ体格で皮, ふ体裁でございましたから, ふ体言副詞語尾の有無, ふ何かしら別のもの, ふ何かしら間の抜けた, ふ何と長閑な, ふ何とも息の, ふ何もかもみんな持つ, ふ何んな証拠, ふ何年ぶりの対談, ふ何故に久しく, ふ何方が本当, ふ何気ないざつくばらんな普段着姿などに, ふ何等かの手段, ふは山路弥吉, ふ余りの幻, ふ余之に告, ふ余曰く記憶術より一層, ふ余韻のある, ふが在世, ふ佛在世の當時, ふ佛蘭西料理屋がある, ふがある, ふ作家所生の言葉, ふ作家諸君も少く, ふ作家遺族の利権, ふ作文の中, ふ作法を加, ふ作物群に触れる, ふ作者側の云, ふながら講演, ふ使命によつて, ふ使用するに際し, ふ使者を遣, ふていい, ふ來年の澤庵, ふ例外を除け, ふ例文の呼出状, ふ例証として私, ふ例話よりは外族, ふの体, ふ侍学生が行縢, ふをした, ふ依頼状であつ, ふの為, ふ価値がある, ふ侮蔑を含ん, ふ便りを頂いた, ふ便宜上の貼り, ふ便宜主義にある, ふ便法で内地居住, ふ俊吉の冷笑的, ふ俊和尚の返事, ふに猪子島, ふ俗人どもは馬鹿, ふ俗人原がわけ, ふ俗伝は支那人, ふ俗信今も多少, ふ俗文から一階, ふ俗物になつて, ふ俗語の形, ふ俗説を反駁, ふ俗謡を載せ, ふ俚伝を載す, ふ俚語におけるごとく, ふ俚謡を聞いた, ふ保雄の美点, ふ信仰上の現実, ふ信仰行事が演劇, ふ信号兵の帽子, ふ信實の子, ふ信徒の深, ふ信濃の風物, ふ信濃守行光今日の行事, ふ信用の出来る, ふ信輔は当然又, ふの上, ふ修吉に言, ふ修業に出ます, ふ修練し候, ふ修身よりも狐, ふ修辞上の簡単, ふ俳人たちの仕事, ふ俸給をそつくり自分, ふ俺ぢやね, ふの死んだ, ふ個人主義的生活から徐々に, ふ個人的關係を能, ふ個処である, ふ値段の四分の一, ふ倫理上の判斷, ふ假死と云, ふ假面なるを, ふ假面形のもの, ふ偉い人が, ふ偉大な組織, ふ停留場で下り, ふ健忘症などではなく, ふ偽者の毒手, ふ傀儡でなかつたこと, ふ傍ら今迄の玉帳, ふ傍観者達が時々, ふ傑作はお, ふなるか, ふをなし, ふ催しのある, ふ催欲的な存在物, ふ催馬楽のケフク, ふ傳來は正しから, ふ傳統的説明は明, ふ傳言だ, ふ傾向詩を書い, ふ僅かなこと, ふをし, ふを石膏, ふ僕らの囁き, ふ僞物を怖, ふ僞電を打ち, ふ僧住き, ふ僧官教授地方貴族官僚などにとつて, ふ僧托鉢して, ふ億劫な面白味, ふ儒家を知らない, ふ儒生の吾妻屋丹三郎, ふないいぢ, ふ優名を呼ばれ居る, ふ優越感と兄, ふ元始的な刻木文字, ふ元帳を作つて, ふ元服なの, ふ元気さへ起らなかつた, ふ元素の形状, ふ兄哥は居らぬ, ふ兇暴な決心, ふ先づは町盡れ新宿, ふ先づ八百分の一八百分の一位の金, ふ先人の門下, ふ先代松前屋のもの, ふ先入の感想, ふ先妻の長男, ふ先島のまれびとと, ふ先方の注文, ふ先日来頼んどいた件, ふ先生型のなか, ふ光明石を含み, ふ光線の屈折, ふ児女等の会釈, ふ児童たちの声, ふ児等も, ふ兒のはひいでし, ふ兒女等の會釋, ふとは違, ふ入口を爭, ふ入江は二三里, ふ入相の鐘の聲, ふき人, ふ全ての女, ふ全体と言, ふ全身が木の葉, ふ全身素ッ裸の賭事, ふ全部でした, ふ兩人の間, ふ兩勇遂に地, ふ兩將は, ふ兩將胸に神靈, ふ兩替のペンキ, ふ兩者の状態, ふ兩軍の奮戰, ふ八つの抽斗, ふ八ツ橋を作らせ, ふ八丁堀北島町の路地, ふ八九分だが, ふ八十の島廻, ふ八十樹の嫩葉, ふ八圓の金, ふ八少女の入, ふ八戒の声, ふ八月に若し, ふ八王子ならば, ふ八疊を借り, ふはただ, ふ公主嶺かな, ふ公判判事の無, ふ公園で何, ふ公孫樹の葉, ふ公平な心から, ふ公文書まで発し, ふ公表をしなかつた, ふ公開の展覧会, ふ六十尚ほ, ふ六平太を憎, ふ六種であります, ふ六角堂霊験を伝へた, ふ榮圈, ふ共同でやつ, ふ共有のいろ, ふ共通の話題, ふ兵庫には答, ふ兵書と同じ, ふ兵隊を見, ふ其一端を観取せられよ, ふ其事です, ふ其他貧富貴賤榮辱苦樂等皆正反對, ふ其代償がド, ふ其働きを云, ふ其処に財産, ふ其前にマダ國交際, ふ其口實も其通り, ふ其国を考へ, ふ其場所のこと, ふ其子思ひ佗び, ふ其屋敷の石垣, ふ其後大夫判官行村の宅, ふ其愚憐むべし, ふ其所在の大寺, ふ其手をぺたりと, ふ其方だが, ふ其珍寶の數, ふ其眞先に盾, ふ其着想奇逸にし, ふ其瞬間に限られ, ふ其積りで申しませう, ふ其箔模様の美しき, ふ其節奏は固, ふ其背に於, ふ其費用が四十八萬圓, ふ其身を護る, ふ其驕慢の照覽, ふ具体的なのに, ふ具體的の實際問題, ふ典型だと, ふ兼知て居, ふ内今夜でも此, ふ内儀には何ん, ふ内容証明の手紙, ふ内庭さむし斑雪, ふ内政の方針, ふ内本船が何時, ふ内気なる, ふ内的必然性を含まざる, ふをいくつ, ふ円いのだらう, ふ円タク洪水の時代, ふ円光の製造業者, ふ册子を書い, ふ吾人を, ふ再び逢ひし, ふ冒険小説を書い, ふ冒険的思想は戦争, ふ冒頭を置い, ふ冗戯をいいっ, ふ冗談が本当, ふ写本から転載, ふ冠履顛倒の疑, ふ冥王の門, ふ冬さへ却つてなか, ふ冬物の用意, ふ冷かしを無念, ふ冷たい調子で, ふ冷たく光つた着物などを, ふ冷淡な態度, ふ冷静さだらうと, ふ凄い批評も, ふ凄き音響は, ふ凄まじい景氣でした, ふ凉かぜ音さえて, ふ凍みつくは, ふ几帳の蔭, ふ凡下のこ, ふ凡百のともがら, ふ処ぢや山寺処, ふ処不平なれば, ふ処女なる神人, ふ処流れを隔て, ふ処生まじめの議論, ふ処立派なり, ふの雑魚, ふ凸凹な鏡, ふ出來事を全く, ふ出來心を起した, ふ出勤不在奥さんがさつそくやつこ豆腐とビール, ふ出家なく他, ふ出来事のあつ, ふ出来損ひの, ふ出発点から既に, ふ出足を急所也, ふ出雲風土記に見えた, ふ函館海峽で命, ふ分子を認めない, ふ分布の広い, ふ分業が生じた, ふ切ない生きかただらう, ふ切り口状である, ふ切干にし, ふ切迫した状態, ふの, ふ列車はみな奇怪, ふ初夜の恨みあら, ふ初日の影, ふを捺した, ふ別々な話, ふ別れ來ぬれば, ふ別れ来ぬれば, ふ別段のこと, ふ別殿もなくなる, ふ利害とは少しく, ふ利己の私慾主義, ふ利己的の人, ふ利根川のほとり, ふ刮目して, ふ制作がその, ふ制服のセル, ふ制札が立て, ふ制法が定まりいた, ふ刺戟もなく, ふ剃刀が咽喉, ふ前一日小生喀血の事, ふ前人も彼, ふ前夜向うで知り, ふ前後の勘辨, ふ前日の事, ふ前栽のつ, ふ前百方手をつくし, ふ前者は既に, ふ前金も僅か, ふ前髪の, ふ情な奴, ふの光, ふ剣客の為, ふ剣戟といふの, ふ副業の, ふの良い, ふ割に余りちやほやされないので, ふ割愁腸と言, ふ創作の枚数, ふ剽軽な音, ふ劇作家は一人, ふ劇場主に対して出せ出さぬ, ふ劇壇を拵, ふ劇的舞踊を棄て, ふ力さへ無い, ふ功利主義便宜主義であります, ふ功利的感情に存する, ふ加寿子の調子, ふ加減を知つて, ふ加賀屋といふそば, ふ加野のところ, ふ加集の奴, ふ助手とが鈍い, ふ助辞知は美称, ふふもその, ふ労つてゐるの, ふ労働者は自分, ふ労力は全部こちら, ふ効験がある, ふ勅書は此しきたり, ふ勇ましい船頭達の, ふ勇士らの手, ふ勇士一堂を建つる, ふ勇太郎の調子, ふ勇敢な実験者, ふ勇氣今は無く, ふ勇猛の戰士, ふ勇猛果敢の将軍, ふ勉強もしない, ふ動作表情を主, ふ動力は私的感情, ふ動物恩恵である, ふ動物的な重い, ふ高い声, ふ勘三郎のため, ふ勘六を尻目, ふ勝平に対する憎悪, ふ勝敗は即ち, ふ勝算がある, ふ勝負事だ, ふ勞苦にあつ, ふ勢ひだつた, ふ勢力は首肯かれる, ふ勢梅の良人, ふ勤め先の仕事, ふ勤柄であるから, ふ勧めがあつ, ふ勿論地質學者地理學者の, ふの晴北陵, ふ北側の廊下, ふ北劍と氷峰, ふ北国空米原長浜は薄曇, ふ北斗への言づて, ふ北海メール記者だ, ふ北陵はけだし, ふが二三本, ふ区切りのある, ふ区別はあまり, ふ医学書の本代, ふ医師のやう, ふ區劃を慌て, ふと三, ふ十一時に牛込, ふ十七の少女, ふ十万の市民, ふ十三四の少年, ふ十三四世紀のお寺, ふ十九の娘さん, ふ十九日にある, ふ十二になる, ふ十二日持って, ふ十二時近くなつて散会, ふ十二歳の男子, ふ十五六から色, ふ十五六枚のもの, ふ十八歳の婦, ふ十六日の朝, ふ十四日夜間の活動, ふ十四歳の少女, ふ十字架がいは, ふ十数町の道, ふ十月祭の用意, ふ十番馬場の近く, ふ十萬の市民, ふ十郎ともいつ, ふ千代子の言葉, ふ千尋の底, ふ千萬の燭光, ふ千鳥の聲, ふ千鳥明石の浦, ふ升田と感情, ふ午前中に天皇陛下, ふ午後の時間, ふ午後帰庵して, ふ半町ばかりの路, ふ半身像を作つた, ふ卑しい言葉を, ふ卑屈な心, ふ卓見に微か, ふへさらむ, ふ南京町の大東酒楼, ふ南方の青年, ふ南淵山の巌, ふ南画は大抵, ふ南蛮鋳物師がゐた, ふ単葉式五十馬力の飛行機, ふ単語であり, ふ博奕仲間に頼ん, ふ博覧会会場で右手, ふひ書, ふ卯月とならば, ふ印度人が居りました, ふ印章を捺さしめ, ふ印象分解説はある, ふ印象深い客観描写の, ふい境遇, ふ危きに近寄り得ぬ, ふ危き戀の履歴, ふ危ない場面だ, ふ危機一髪の際, ふ危険性はない, ふ危難に遭遇, ふ即決だけはつけぬ, ふのふわ, ふ厄介な男, ふ厄介物でしかなかつた, ふ厚硝子張りの一等車, ふ原始に還る, ふ原本の價値, ふ原案につきまし, ふ原稿料を算, ふ厭世的な感慨, ふ厭欣の念, ふ厳粛な物語, ふ去る六日戌剋入道遠, ふ去年今日青松路憶似聞蝉第一声と, ふ参寥の詩, ふ參與の十員, ふ參謀本部刊行の二十萬分一, ふ及びもつかない, ふ友人達と詩材, ふ友人間のそしり, ふ友千鳥浴衣が出, ふ友情とでしめやか, ふの腕, ふ双六谷の名, ふ双生児が生まれた, ふ反対の手紙, ふ反対意識を含ん, ふ反射作用をここ, ふ反抗心が起つた, ふ反抗的な気持ち, ふ反橋の石, ふ反省心が起つた, ふ反証には当時万治二年三月, ふ叔母の願, ふ取り沙汰で御, ふ受け持ちが定, ふ受驗生も困る, ふ叙事詩の詩人, ふ叙事風な語り物, ふ叙情詩もあるべく, ふ叙景詩は比較的, ふが住ん, ふ口あたり末苦うし, ふ口つき三十六句みなやり句, ふ口中香錠もハタ, ふ口付きが覚束, ふ口元に忘れられぬ, ふ口實はありません, ふ口強と言, ふ口惜さよ, ふ口碑がげに, ふ口腔を開け, ふ口論の間中, ふ口銭が取れる, ふ古い古い大津絵節に, ふ古い悲しい歌だつた, ふ古めかしい店構へで, ふ古事記の用例, ふ古人の了簡, ふ古今集の歌, ふ古代はかういふ, ふ古代生活の組織, ふ古伝の語, ふ古刹があつ, ふ古本屋も山, ふ古詩があります, ふ古賀氏は誤解, ふ古蹟の存在, ふ古道具でご, ふ古風があつ, ふだ是, ふ只今西郷さんの銅像, ふ叫び声が一, ふ可らざるの凄, ふ可哀想な娘, ふ可愛らしささへ, ふ可愛らしい早子の, ふ可笑しくって, ふ可能性を凡, ふに似た, ふ台石を沢山, ふ台詞でありまして, ふ叱責に似た, ふ史實からでも推定出來, ふ史書に通じた, ふ各国人の口, ふ合卷ものの淡彩, ふ合図をし, ふ合圖をなす, ふ合意が成立, ふ合理的な語部, ふ合理解を伴, ふ合目的觀の信仰, ふ合言葉みたいなもの, ふ合議の精神, ふ吉三郎が若く, ふ吉蔵はかねて, ふ同志の声, ふ同感の見, ふ同感説に基づい, ふ同時にハガキを, ふ同級生が云, ふ同義語としての対句, ふ同道して, ふ同音異義の語, ふ名のりをはじめ, ふ名刺がまだ, ふ名前丈です, ふ名句があった, ふ名声のうち, ふ名画の写真, ふ名誉を与, ふ名馬の尾, ふの宮, ふ吐息を女, ふ君なほ急がずば, ふ君主にお, ふ君今こそ特に, ふ君光榮を彼, ふ君待ちがてに, ふ君歌へ歌う, ふ君水戸市の北端, ふ君達を省みよ, ふ君願はくは之, ふ否定とは存在, ふ吸殼を拾, ふ吹田茨木雨しぶき津, ふ吾がけはひ, ふ吾妹を夢, ふ吾等五名の者, ふ吾輩謂へらく, ふ呂律が怪しく, ふ告白を種, ふ周作人君の序文, ふは二重, ふ呪詞的な用語例, ふ味噌汁とは雲泥の差, ふ呼び名を用, ふ呼称例も多い, ふ呼稱があつ, ふ命令的の言葉, ふなり, ふ咄福音を談ぜん, ふ和やかだけで, ふ和歌人かであらう, ふ和歌山弁の忙, ふ和田左衛門尉義盛大学助義清等, ふ和蘭寺院楽の諧律, ふ和蘭流の治療法, ふおほか, ふける桜, ふ哀れな人, ふ哀婉聞くに, ふ哀愁はそこ, ふ品吉は感激, ふ品定めをする, ふ品物はかけたくありません, ふ品詞の語根, ふ哈爾賓紙幣を出さう, ふと思, ふ哲学的精神は何れ, ふ哲理はこれ, ふ唯それだけの理由, ふ唯一者神にあなた, ふ唯事千度聞きに, ふ唯物主義者グウルモンの言葉, ふ唱文の主題, ふ唱門師もあつ, ふ唸りが続け, ふ啄木の唄, ふ商人宿の看板, ふ商品陳列館の人, ふ商売柄から来る, ふ商売通の説明, ふ商家を尋ねし, ふ問屋を嗅ぎ出す, ふ問題以上ですね, ふ問題外の話し, ふ善い智慧を, ふ善意のジヤアナリズム, ふ善果の熟, ふ善根功徳を仕遂げた如く微笑み, ふの沾, ふの声, ふ喜三郎の手, ふ喜三郎平次はその, ふ喜劇のただ中, ふ喜劇作者なん, ふ喪葬といふ風, ふ喫茶房に行き, ふ嘆きである, ふ嘆願の手紙, ふ嘉七と春松, ふ吐きであつ, ふ嘲笑を放つ, ふ嘲罵が彼, ふも開いた, ふ噂書の一欄, ふは行器, ふ器官は脳, ふ器械であ, ふ器用さだけの作品, ふ器量の惡さ, ふかし, ふかな儀式, ふ囁きである, ふ囚人に仕上げる, ふ囚徒の経験, ふ四人の謳者, ふ四十ヱルストの道, ふ四十歳近い女, ふ四十男です, ふ四圍た, ふ四月十五日に執行, ふ四枚書く, ふ四種類の随筆, ふ四阿も残つて, ふ回想的な言葉, ふ回想録が, ふ因幡薬師の縁起, ふ因念になる, ふ因果律のやう, ふ因習がやはり, ふは出, ふ図々しさだ, ふ図入りの書, ふ図書館へまはつて新聞数種, ふさも, ふ固有名詞系統のがある, ふ国土にま, ふ国語の系統, ふ国魂と言, ふ國名は本, ふ國我言靈の助くる, ふ國民全體, ふ國語と認め, ふひ者ぢ, ふ圓みのその高, ふがあります, ふ土佐からハ, ふ土俗がある, ふ土州など世の中, ふ土産など買った, ふ土着のもの, ふ土蔵のまん中, ふ在宅さつ, ふ在来の方法, ふ在留日本人達はみんな立派, ふ地上の永滅, ふ地下の部屋, ふ地下水である, ふ地勢の高き, ふ地味好きな人, ふ地層で雨, ふ地帯にもこんな, ふ地平線に, ふ地底の世界, ふ地底水であらう, ふ地形の印象, ふ地方人はよく, ふ地獄の大きな, ふ地盤の制約, ふ地謡の声の, ふのなかば, ふ坂山といへるあり, ふ坂路を歩い, ふがあつ, ふ坊ちゃんもいらっしゃいます, ふ坊主の縛られる, ふ垂幕に, ふ垂髪も河童, ふ垣一重路一筋の隔て, ふ垣根もありません, ふにあつ, ふ城ヶ島の唄, ふ城ヶ沼の鯉鮒, ふ城代の注文, ふ執念ぶかい, ふ執念深い畜生の, ふとなれ, ふ基督教の良心, ふ堀ふちの桜, ふ堀井夫妻と平野, ふ堂々たるコロンブスの, ふ堂内には暗い, ふ堅固な土着的観念, ふ堅腕倦み果てん, ふまで来, ふ堤防建築費と云, ふ場合一切の他人, ふ場合其れは, ふ場合十分技術を人工的, ふ場合枕詞の格, ふ場合誰れもが, ふ場所其は普通舞屋, ふ塗つたばかりのやう, ふ塗籠の小さき, ふ塞翁の馬物語, ふはありがたい, ふ塲合には恥辱, ふと煙草, ふ塵のをさ, ふ塾監の声, ふ墨守の弊, ふ壁のにほひ, ふ壓搾機がヒント, ふれ屋, ふ士族あり其家, ふ士族邸あり大きな, ふ壮厳な矛盾, ふ壯夫と考へられ, ふ声々がお, ふ声もろともにまるで, ふ声唄ふ声, ふ声子供の泣く, ふ声富士筑波にひ, ふ声木の蔭, ふ声理由あり, ふ声私語く声, ふ声高らかな唱歌, ふ売卜者が詐欺, ふ売笑婦なりと, ふ変化位を進歩, ふ変名を使う, ふ変幻極りない山, ふ変態の為方, ふ変物ぢやらう, ふ変質者はおそらく, ふ夏場をかけ, ふ夏景色であつ, ふ夏水仙が匂, ふ夏目先生の書, ふ夏祓へと穂祭り, ふ夏神楽から出, ふ夏蕎麥の幹うつ, ふ夏霞若かる我, ふ夕方訪ねようといふ, ふ夕方自動車で伊予鉄ホール, ふ夕風に, ふ夕食をよばれ, ふ外交官らしい男, ふ外人の名, ふ外出約一時間, ふ外国の戯曲, ふ外科醫になつて, ふ外米二合押平麦一合が私, ふ外衣を剥ぎ去, ふ外貌を持つ, ふ外部の固い, ふ夙に好む所, ふ數の, ふ多吉の言葉, ふ多少の感慨, ふ多数者は疲れたる, ふ多角状のもの, ふ夜々は眼, ふ夜光の珠, ふ夜半の春, ふ夜河の中, ふ夜私はいつも, ふ夜稀なる夢, ふ夜遊はプラトン, ふ夜風いと, ふ夜鳥の群, ふ夢声を入れ, ふ夢路はうれしく, ふ大いなる休徴なれ, ふ大きい著述を, ふ大主前, ふ大久保彦左衛門忠教は忠俊, ふ大人の前, ふ大人君子だ, ふ大任を負, ふ大作を上演, ふ大使館の客間, ふ大凡の豫想, ふ大分インテリ客になった, ふ大勢の眼, ふ大名華族の老人, ふ大名道具の香爐, ふ大命を集, ふ大変に出合つた, ふ大学生や年, ふ大富人だった, ふ大将の君, ふ大層な名前, ふ大山島東郷島がある, ふ大幅の地蔵尊, ふ大形な鉄砲笊, ふ大役を命じ給う, ふ大御心を, ふ大徳の聖, ふ大抵の人, ふ大昔の語, ふ大望を懐き, ふ大木に遮られ, ふ大樹の夕, ふ大殿樣の御言, ふ大津の子, ふ大海膽の, ふ大熊緑紅が來, ふ大王は現存, ふ大神はその, ふ大秦即ち今, ふ大胆な仕事, ふ大能の聖手, ふ大臣大将に昇る, ふ大船を造らせた, ふ大良ヶ嶽の峰裏, ふ大蛇が祟らね, ふ大赦と云, ふ大身に聟入, ふ大辻はアメリカ, ふ大里村である, ふ大金儲を目, ふ大陸の, ふ大雪小使部屋は従つて素敵, ふ大食國を以て直ちに, ふ天が下はひろし, ふ天の橋立よこさま, ふ天下稀覯の大, ふ天下靜謐のため, ふ天使扱をせられる, ふ天子の頃, ふ天子樣が莊園, ふ天守櫓の上層, ふ天才たちの一人, ふ天気が僕, ふ天涯にあらはれ, ふ天漢内に波立つ, ふ天然の温室, ふ天照大神隠れて, ふ天狗さんやモモンガア, ふ天狗巌と為, ふ天皇陛下が神, ふ太い奴が, ふ太刀に曇り, ふ太吉にはそんな, ふ太平な風物, ふ太陽神がある, ふ夫婦を嘲笑, ふ夫婦喧嘩をする, ふ夫婦者がはい, ふ失敬な變人, ふ夷狄の悪魔, ふ奇人を以而, ふ奇傑がゐた, ふ奇拔な景色, ふ奇縁でございませう, ふ奇蹟的現象を聞く, ふ奈美女の白き, ふ奈美殿の父, ふ奈良の町, ふ奏上を二度三度, ふ奥さんのヒステリイ, ふ奥山の紅葉, ふ奥様風これをば結び髪, ふ奥附のある, ふ奧書があつ, ふ奧樣の話, ふ奮發心が起る, ふ女たち盃と燐寸, ふ女の子が手, ふ女の童瞼の外, ふ女の童髪黒う垂れ, ふ女らと, ふ女らしからぬ鋭い, ふ女傑である, ふ女十六で周, ふ女好きのする, ふ女子聖母爭でか, ふ女子薫子は伏見宮, ふ女帶細く腰, ふ女心や花, ふ女性解放を戀, ふ女性追求者と云, ふ女房名の広く, ふ女房等は額, ふ女王の役, ふ女王國より東, ふ女相応の滑稽, ふ女童このごとく, ふ女給については, ふ女郎から山崎, ふ女面があり, ふ奴めが, ふ奴ッちやと倶楽部, ふ奴國の南, ふ奸商共にはこれ, ふ好き友達だつた, ふ好みの病的, ふ好個の画題, ふ好奇の念, ふ好色をした, ふ如何だこれ, ふ如來に戲論, ふ如意ヶ岳たを, ふ如来に化けた, ふ如霧逼り來, ふ妄念の, ふ妄想を生ずる, ふ妓名を出す, ふ妓楼であつ, ふ妖怪譚に近い, ふ妖怪風の者, ふ妖気はない, ふ妖魁あり城中, ふ妖魚の声, ふ妻子の恩愛, ふ始めに相違, ふ始めて見き, ふ始末ぢや, ふ姑蘇城外寒山寺夜半鐘声到客船, ふ姓名が見えた, ふ委しくはその, ふ姫六三暇を傳, ふ姫路の城中, ふ姿勢をとつ, ふ姿我ながら見られた, ふ姿面影にし, ふ娑婆界の苦労, ふ娘氣の優しい, ふ娘盛りの顏, ふ娼婦型の美女, ふ婚礼の島台, ふ婦人病の四番目, ふ婿といふの, ふが一, ふ嫁姑の感情, ふの声, ふ嫌疑で掴まりました, ふ子供さんは昨日, ふ子供らの集り, ふ子供達から青い, ふ子女一人のみ残り, ふ子宮癌であらう, ふ子弟たちがすでに, ふ子爵も少女, ふ子爵中有数の内福, ふ子等も, ふといふ, ふ孔雀の威, ふ字ハ廿一日と書く, ふ字名を持つた, ふ字引であります, ふ字義の内, ふ存候うち別に愚存, ふ存分仏法僧鳥のこゑ, ふ季節なので, ふ孤児のせめて, ふ学問である, ふ学校前の小店, ふ学生等の如く, ふ学者請ふ刮目, ふのやう, ふ孫三郎の顏, ふ孫四郎の興味, ふ學問の發達文明, ふ學科を調べる, ふ學説は唯, ふ宇三郎に喰, ふ宇古木兵馬も今, ふ宇多の中山, ふ宇宙萬物はその, ふ安い床が, ふ安らかな晩年, ふ安倍野の村, ふ安堵のやう, ふ安宅丸の幕, ふ安房の海, ふ安易な作物, ふ安神でその, ふ安見児得たり, ふ安達ヶ原の黒塚, ふ宗教のみを指した, ふ宗教的なお伽噺, ふ宗派の宣教師, ふがある, ふ官吏がゐた, ふ官尊民卑の弊風, ふ官林を拂, ふ官署を置いた, ふ定まりになつて, ふ定則は愛子, ふ定評があつ, ふ定説もほとけ, ふ宛名だつた, ふ宛転たる嬌声, ふ宝生新氏の詞, ふ宝石ありて, ふ梅の, ふ実に勿体なくも, ふ実効を収め, ふ実物教示をアメリカ, ふ実状だから, ふ実話を何, ふ実験談を録, ふ客女が多い, ふ客観的には批評, ふんする, ふ室の木見し人, ふ室内の隅々, ふ室女とする, ふ室生犀星氏の断案, ふ宦官が出, ふの垣内, ふ宮廷人は軽蔑, ふ宮廷風の穂祭り, ふをやっ, ふ家人の類, ふ家島なづかし, ふ家庭の容子, ふ家庭内の些事, ふ家持だ知らなくて, ふ家時が亡骸, ふ家業は廃め, ふ家財をうり, ふ家財道具の中, ふ家風に合, ふ容色よしが, ふ宿命的な考, ふ宿場があつ, ふ宿業に生れ合せた, ふ宿題が出で, ふ寂光土を得られなかつた, ふ寂寞だか, ふ寂寥の, ふ寄席文化講座に於, ふ寄神の信仰, ふ富五郎兄哥の前, ふ富美子の病室, ふに魅, ふ寝台の上, ふる起きる総べて生活, ふ寢覺なり, ふのひとつ, ふ實利益に遠き, ふ實在である爲, ふ實學の態度, ふ實業家の家, ふ實踐は心理的, ふ實際に人間らしい, ふ實驗のやう, ふき日, ふ寧古代歌の類型, ふ寧正史の本紀, ふ寫經があります, ふ寸法のだネ, ふ寸秒を惜む, ふ寺番で今一人, ふ対句が一語, ふ対局である, ふ対話風の唄, ふ封筒とのし袋, ふ専門の道, ふ将軍家より扈従, ふ将軍家大将に任ずる事, ふに對, ふ尉面と言, ふ尊王家があつ, ふぬべし云々, ふ尋常の觀念, ふ對話もあつ, ふ導師は行勇律師, ふ小さく子供が, ふ小ぢんまりとした, ふ小便組とは一體誰, ふ小児の紅木綿, ふ小冊に詳述, ふ小名であつ, ふ小家の曲り角, ふ小才の利く, ふ小指なり, ふ小文字なども大変, ふ小松殿の御, ふ小松殿身には山藍色, ふ小林社長を東京駅, ふ小波の音, ふ小生の如き, ふ小田のこぼれ羽, ふ小田原から北原さん, ふ小笠原流の挨拶, ふ小篇は殊に, ふ小肥りのした, ふ小話が載, ふ小説家のこと, ふ小説集がはひつ, ふ小説雑誌を出し, ふ小路正しく連ら, ふ小道の傍, ふ小道具の泥棒がん燈, ふ小道具屋は間違ひも, ふ小間物の行商人, ふ女心には, ふ少佐のひと, ふ少量で使, ふ尤も五坪には, ふ尺八寸位の大き, ふや山葵漬, ふ尼御台所の仰, ふの尖, ふ尾花は月, ふ居候の吉太郎, ふ屈辱を反撥, ふ屋敷神との問答, ふ屋根形の軒, ふの形, ふ屍臭はあまりに, ふ屠殺場を, ふ屡々繰返されたボルシエヴイキ, ふ山々の, ふ山の上の港, ふ山の端みれば, ふ山みちで, ふ山上の都会, ふ山並に来むかふ, ふ山伏の声, ふ山伏塚が多い, ふ山出しらしい二十歳前後, ふ山吹にも劣らぬ, ふ山城の, ふ山城紀伊郡真幡寸神社などが此, ふ山客亦何ぞ, ふ山家に起る, ふ山少女をば星, ふ山川の蛙, ふ山本修二先生を思ひ出す, ふ山林を拂, ふ山榊でも取つ, ふ山櫻がコスモポリタン植物, ふ山番に告げたら, ふ山百合の, ふ山腹の村, ふ山辺ゆ榜ぐ船のにほひ, ふ山里に昔覚, ふ山陰地方の人達, ふ岐路である, ふ岐阜の民主党員, ふ岔水君は若い, ふゆく子等, ふ岨道を下り, ふの岩穴, ふ岸井にきいた, ふ岸近くをご, ふを過, ふを背, ふ島原の, ふ島島の眺め, ふ島民は誰一人頭, ふ島田髷の寫眞鏡, ふ島門を見れ, ふに陰相, ふ川一つ隔てて, ふ川内のさ, ふ川口も度々, ふ川楊の葉, ふ川門のさ, ふ巡査の奥様, ふ工女と皆, ふ工業上の奇蹟, ふ工風を凝らした, ふ左党の圧倒的進出, ふ左様な憧憬, ふいことは, ふ巧妙さでそして, ふき草西洋大葉子, ふ巨人に係る, ふ巨大な魚梁, ふ巨怪のごとく, ふ巨海は息, ふ巫女が足柄, ふ巫術が行, ふ巴里唯一の遊楽街, ふ巻煙草が, ふで主, ふ市井の伝説, ふ市演得迦王宋の求那跋摩, ふ布子連が畏まる, ふ布施のこと, ふでもながめ, ふ入候, ふ希臘諸神の祖, ふはかの, ふ帝室のお, ふ師匠の名句, ふ帰つたのは十一時, ふ常世を観ずる, ふ常套語が出来, ふ常春だけがお前たち, ふは狭く, ふ幌馬車のやう, ふ幕府の高家, ふ幣束が古い, ふ干草をくれる, ふ次へ, ふ平吉と云, ふ平和の俯瞰景, ふ平坦な記述, ふ平安朝に始つた昔, ふ平安朝中期から見える, ふ平時多少の, ふ平次料理屋の前, ふ平民以下に見られ, ふ平等観などによ, ふ平群眞鳥の文書, ふ平野農人の畑一齊, ふ平面図だよ, ふ年ぢや無い, ふ年上の女, ふ年俸を取つ, ふ年占の一種, ふ年増でした, ふ年寄臭い名, ふ年期のはい, ふ年齡の男, ふ幸從つて多く彼等, ふ幻滅の虫, ふ幼い聲を, ふ幼きが近, ふ幼稚な物語り, ふ幾分疑は, ふ広い名の, ふ広き大豆畠旭川郊外に, ふ広場などは人間, ふ広大な住宅地域, ふ広大無量の御, ふ広島浪人跡より来り, ふ広河原の水, ふ広重浮世絵の光景, ふ床屋があつ, ふにわたくし, ふ序曲なれ, ふ庖丁はあつ, ふ店中の噂, ふ度合によつて, ふ度私はまんまと, ふ度糸を買, ふと考へる, ふ座敷天ぷらにゐる, ふ座頭となつ, ふの小径, ふ庭打眺めつ, ふ庵室の縁, ふの飛ぶ, ふ廃屋の妖怪, ふをさす, ふがある, ふ大なお, ふ廣告料がある, ふ廣告柱なんぞも日本, ふ廣義の中, ふ建物がどんな, ふ廻り合せになつたん, ふりが, ふ弁当だけで, ふ弁解があつ, ふ弁証法を用意, ふ式部の心, ふ弓門の頂, ふ弖爾乎波がある, ふ弟さんが歸つて, ふ弟さんだつた, ふ弥勒の口, ふ弥生の山ほころび初め, ふ蟲, ふ弱いなうお前等は, ふ弱味があり, ふ張合ひもありません, ふ張君がほんとう, ふ強き心証の, ふ強みは出た, ふ強盗の名, ふ強者の勇敢さ, ふ強談ぢや, ふ弾道を描い, ふ三郎の, ふ当てもない, ふ当人がわりに朴訥, ふ当代の照魔鏡, ふ当惑である, ふ当方の心持, ふ当時富豪にし, ふ当時誰やらが川柳, ふ当然起りさうな, ふ形そのものは方言, ふ形勢を生じた, ふ形容詞語尾を完全, ふ形式主義が彼, ふ形式的概念外存的思想などが出, ふ彦根浪人もあつ, ふの氣息, ふ彩色の絵本, ふ彫刻を見た, ふ彫物の戒名, ふ役廻りほどあり, ふ彼われらの組, ふ彼何の情, ふ彼地は適宿直祗候, ふ彼女自身を情ない, ふ彼岸かな, ふ彼恐怖の彼, ふ彼成功の蔭, ふ往古金銅の獅子頭, ふ往復葉書の質問, ふ往生の素懐, ふ待合へ行, ふ律文の根本出発点, ふ律気な人物, ふ律義な人, ふ律調の園, ふ後で歸つて來ての, ふ後世の所謂中語, ふ後世述ぶる有り吾之, ふ後味のなごり, ふ後悔を教, ふ後来の反省, ふ後藤参政より昨日申, ふ後裔の名, ふ後言なるべし, ふに近き, ふ徑路で朝鮮, ふだつた, ふ徒らにわが, ふ従三位勲五等大物忌神社飽海郡の山上, ふ従五位上火男神従五位下火売神の二社, ふ従兄があつ, ふ従弟の姓, ふ得体の知れぬ, ふ得度せぬ半, ふ得意の為め, ふ從つてその意味, ふ御事勿論也, ふ御供所があり, ふ御利益ので, ふ御名は大和朝廷, ふ御坊つちやん, ふ御子どすえ, ふ御子様や何大将軍, ふ御所に於, ふ御方もありし, ふ御歌の御, ふ御殿を大, ふ御用向でございますか, ふ御用聞を遣しませう, ふ御者は戰車, ふ御職にまし, ふ御製であ, ふ御言かしこしさ, ふ御身なれば, ふ循環論法を脱する, ふ循環論法的な意味, ふ微妙なる音楽, ふ微細の藻, ふ微風に裏町, ふに答, ふ徳川時代の名高い, ふ徴象でさて, ふ徹男と云, ふ心あたりを得た, ふ心がけに於, ふ心しづかに, ふ心ひとつに咲く, ふ心切にし, ふ心君知るらめ, ふ心地よさは, ふ心地好さに, ふ心境もゆくべき, ふ心強いことだらう, ふ心得でいろ, ふ心情が何, ふ心意氣にてソツ, ふ心持何か木の実, ふ心持自分を傷けたため, ふ心根がいかにも, ふ心理状態を巧み, ふ心理的発展とは所詮, ふ心的状態は死, ふ心細さを, ふ心臓の弱く, ふ心苦しさは, ふ心落葉の頃, ふ心衷なる情, ふ心霊の上, ふ心靈の上, ふ心願のもと, ふ必ずしもその薔薇, ふ必要以外に昔其, ふはしい, ふ忌日の十五日, ふ忍びやかなその, ふ志賀内匠の妻, ふ志賀直哉氏の, ふ忘却が神, ふ忘恩者だ, ふ応用的の動機, ふさよ, ふと勇, ふ忠告さへせず, ふ忠實ない, ふを取る, ふ快い彎曲な, ふ念慮が寧ろ, ふ忽忘草の種蒔, ふ怖い小父さん達, ふ怜悧な若者, ふ思出を聞く, ふ思念やいかに, ふ思想そのものが既に, ふ思想家もなかるべからず, ふ思想的な傾向, ふ思想運動が禁ぜられ, ふ思索と考慮, ふ思議に渉, ふ思郷病なるべし, ふ怠りからでもあらう, ふ怠惰とが己, ふ急ぎはしれ, ふ性悪の女, ふ性情が漸く, ふ性慾は自然, ふ怨めしいことで, ふむべき, ふ怪しからん事, ふ怪しげな日本料理屋, ふ怪盜風太郎とは俺, ふ怪訝も同時に, ふ怪談にエロチック, ふ怪談小説は寛政頃, ふ恋々の情, ふ恋人の紅き, ふ恋人たちの横, ふ恋愛の力, ふがない, ふ恐しくハイカラな, ふ恐らく新刊当時の, ふ恐るべき言葉を, ふ恐ろしき刑罰で, ふ恐怖に駆られ, ふ恐怖觀念の實例, ふ恒星まで移住, ふ恥晒しだ, ふ恥知らずに誠意, ふ恩人の為め, ふ恩惠の度, ふ息吹の山, ふ息子への注文, ふ恰も獰猛の, ふ悉くこ, ふ悟者は一切, ふ悠然として生死, ふもない, ふ悧發な點, ふ悪い概念を, ふ悪事と奢侈, ふ悪人どもが世間, ふ悪党が出, ふ悪影響もあつ, ふ悪心の起つた, ふみに, ふ悲しさよりも, ふ悲惨な物語, ふ悲滲の跡, ふ悲田院の者, ふ情なさよ, ふ情今日よりは遙, ふ情勢のうち, ふ情念は, ふ情忽に起り, ふ情死は勇気, ふ情状は即ち, ふ情話を創作, ふ情調の支配, ふ惜しみ氣も出た, ふだ蘇州, ふ惡名を負, ふ惡心があるなら, ふ惡戯氣分になり, ふ惡智慧には驚いた, ふ惡果の熟, ふ惡癖をおぼえ, ふ惡相でせう, ふ惡神が戰, ふ惡黨奴等の擧動, ふれが, ふ忍酷薄な, ふ惨たらしい景色でございましたらう, ふ惨めな後ろ, ふ惨めさ小ささ, ふましさ, ふひばかりが, ふ想像物を生じた, ふ想定を加, ふ想念を大いに, ふ愁来不可割と此, ふ意中を少し, ふ意匠斬新にし, ふ意向であるらしく登美子, ふ意味合から, ふ意図を持つ, ふ意外な勇気, ふ意念も餘, ふ意慾の鈍, ふ意気ごみを示す, ふ意気組今夜も二世, ふ意氣の強い, ふ意氣込でなければ, ふ意義分化を見せ, ふ意衷で前々, ふ意識さへまだ, ふにも付かない, ふ愚物と同じ, ふ愚痴を持たさない, ふ愚説を沢山, ふ愛くるしい十二歳の, ふ愛そのものである主我, ふ愛らしさ傍目にも, ふ愛好者は十中八九, ふ愛嬌ぢやで, ふ愛情なン, ふ愛称を加へた語, ふ愛読者の一人, ふ愛食家風の調子, ふ感動を生命, ふ感動詞と言つて, ふ感応又は魚, ふ感歎の言葉, ふ感覚的な心もち, ふ慈悲ぢや, ふ慈母の恩慈母, ふ慓悍の, ふしさ, ふたらしい景色, ふ慘忍な言葉, ふ慚愧と悔恨, ふ慟哭の, ふの喩, ふ慣用句の元, ふ慰めの声援, ふ慾張根性の強い, ふ慾得づくや, ふ慾目もない, ふ憂き目に遇, ふ憂鬱である, ふ憂鬱さがあつ, ふ憂鬱さそれが釈けない, ふ憎々しい物言ひ, ふ憎しみに落ちず, ふ憎悪怨念の陰影, ふ憧憬と解釋, ふ憲兵卒の申立, ふ憾みがたえず, ふへず, ふ應酬宜敷, ふ懊惱が富之助, ふ懐かしさを, ふ懐かしい呼び馴れた親密さ, ふ懐中の原稿料, ふ懐疑不安の念, ふ懺法としての役に立ち, ふ戀人味方にやさしく, ふ戀女房のお, ふ成けりさればこそ, ふ成仏得道の過去生譚, ふ成績をあげえた, ふ成行から引出し得べき, ふ成行きまでを語巧み, ふ成行ニ候得バ其御心積なり, ふ成語位無意味を極めて, ふ成金がその, ふ我々日本人にかう, ふ我が身とて, ふ我と我が口, ふ我儘な河童, ふ我我の自己欺瞞, ふ我神よ, ふ我言必ず後, ふが繰り返され, ふ戦争中のスローガン, ふ戦国の武人, ふ戦国時代であつ, ふ戯作に幽霊, ふ戯號で汗, ふひである, ふ戰亂の中, ふ戰勝は汝, ふ戰場に我, ふ戰爭と違, ふ戸談話室との間, ふ房一の前, ふ房主は皆, ふ房松です, ふ所ニて御座候, ふ所一なれば, ふ所一理あり, ふ所不動候とも事, ふ所今日に始まる, ふ所以汝等の倶, ふ所公平に寂靜, ふ所善にあり, ふ所天下に敵, ふ所尠からず, ふ所山は益々, ふ所山腹に洞穴, ふ所月にあらず, ふ所有の願望, ふ所有衝動の発達, ふ所枯朽を摧, ふ所業をした, ふ所次の如し, ふ所汝はわれ, ふ所為であらう, ふ所由は, ふ所神必ず答, ふ所置を取つたらう, ふ所自ら守りて, ふ所詮もない, ふ所謂下町情話物が私, ふ所謂序歌的なもの, ふ所謂犬儒派の哲学者, ふ所謂肝胆相照す底, ふ所謂自然に帰る, ふ所道理至極と聞かれるで, ふ所鉄蹄縦横周馳して, ふ扇子の白く, ふそれから前, ふ扉左手はヘルマー, ふ手がかりがそれで, ふ手ぬるい方法でなく, ふ手代が此, ふ手伝の人, ふ手元より狭山, ふ手先に紐, ふ手品師が一人, ふ手引をした, ふ手当もありません, ふ手拭ぢや無い, ふ手拭地の為入屋, ふ手毬唄がのぼつ, ふ手燭の雪洞, ふ手立をさまざま, ふ手紙ぢや, ふ手続きをし, ふ手綱ゆたゆた, ふ手術の準備, ふ手許ときたら狂ひつこなし, ふ手跡の間, ふ手道具と心得違うた, ふ手配は日暮頃, ふ手頃の棒, ふ扮で, ふ打擲の間, ふ打電の便利, ふへるだけ, ふ扮裝で三千, ふひ方, ふ批評家たちの小説, ふを知る, ふ技倆でやつ, ふ技巧に浮身, ふ技術家の如し, ふ抒情詩の内容, ふ抔口論同樣, ふ抗日テロリストの眼, ふ抗議である, ふ折しもむく, ふ折ふし俄かに心神悩乱, ふ折柄奧の障子, ふ折目の正しい, ふ折衷説も出, ふ抜目のない, ふ押し問答を聞き, ふ抽象語は註, ふ拘束を豪邁, ふ拙文中にも説いた, ふ招状が有, ふ拝処の由来, ふ拠り所はない, ふ拾一月の一日, ふ拾銭もない, ふ持物もまた, ふがおし, ふ指図通りにその, ふ按摩を呼び, ふ挽歌きくもものうし, ふ捕手役人を当る, ふ捕物ではない, ふ捨身の奇襲戦法, ふ捨鉢な気持ち, ふ掃布に汗, ふとゆびと, ふ掛り人は, ふ採り物の木, ふ探偵の話, ふ接続を忘れ, ふ接続ぐあひのはつきり訣つてゐたもの, ふ接頭語は小, ふ推察は頭, ふひ物, ふ提灯が動かない, ふ提議を遠藤, ふ揚豆腐は田舎料理, ふ換言すれは, ふ損失だらう, ふ損得にも関係, ふ搦手とに分れる, ふ摂関の御, ふ摩周の山々, ふ播磨風土記の話, ふ擧動に出でたる, ふ擴大鏡を透し, ふ支那一國の文明, ふ支那中心の思想, ふ支那料理へ行く, ふ支那浪人臭も無, ふ支那説に近い, ふ支那通と云, ふ支那青年がゐられた, ふ支那風の字面, ふ收入を得る, ふ改正規定の出た, ふ攻城砲の代り, ふ攻撃で僅, ふ放任した気持ち, ふ放心状態にあつ, ふ放恣にし, ふ放浪の悲しみ, ふ放浪生活に外, ふ放蕩者は実際, ふ放逸な若人達, ふ政事的活動の如き, ふ政治家である, ふ政治運動が起り, ふ政黨を支持, ふ故事が遺つ, ふ故実は聞かぬ, ふへ, ふ敕允が出た, ふ教会がある, ふ教員同志の声, ふ教授があつ, ふ教派はま, ふ教育法を施す, ふ教訓を垂れ, ふ教頭の先生, ふ教養を手伝, ふ散歩道は, ふといふともこの, ふ敬太郎だつたの, ふ敬称の語, ふ敬語感をとり入れる, ふ数個の銀貨, ふ数分間の時, ふ数字は何, ふ数行を残し, ふ整形外科的処置の一つ, ふ敵味方この塁, ふ敵將ヘクトール迎へて雌雄, ふ敵將リュコーン槍をもて, ふにせん, ふ文体になじんだ, ふ文例を止め, ふ文化の部門, ふ文化人としてその, ふ文化的役割を完全, ふ文太郎の爲め耐, ふ文子だと, ふ文学士とである, ふ文学的な表現, ふ文明の中心, ふ文明開化なる者, ふ文次です, ふ文科の学生, ふ文科大学生です, ふ文芸的故実家の伝統, ふ文言であつ, ふ文語体の感想, ふ文豪なるもの, ふ斎部は呪言神, ふ斑鳩の苗, ふり進んでは, ふ斗ニ付てなり, ふ料理店テグネルの電光, ふ料間でする, ふ断り書がある, ふ断案を下した, ふ断簡零墨以て国史, ふ斯人にし, ふ新しき靈, ふ新たなり我, ふ新入生のお辞儀, ふ新兵さんのやう, ふ新劇の, ふ新型がボツ, ふ新手が加つた, ふ新旧文化の交錯, ふ新潟から艀, ふ新版物から昔, ふ新聞なにしかも蓼, ふ新規のもの, ふ新設会社の重役, ふ新道を開きます, ふ新鮮な魚, ふ斷はりを附けました, ふ斷案が伴, ふ斷言を許し得る, ふ方々に出し, ふ方そこを出た, ふ方一緒にいらつ, ふ方大変感じのい, ふ方妙ならん, ふ方式の一部分, ふ方当節は文学, ふ方様もあり, ふ方樣もあり, ふ方法上の新しき, ふ方略を講ぜん, ふ方空はみ, ふ方策の急務, ふ方達を標準, ふ旁吉事に非, ふ旅仕度して, ふ旅商人の状, ふ旅客に附纒つた, ふ旅籠の廣, ふ旅籠屋だがの, ふ族ら等もし神佛, ふ旗亭へ入, ふ日々この四老, ふ日ざかりの鼓子花さ, ふ日ぢやけれどう, ふ日時をきめる, ふ日本化して, ふ日本少年が一人, ふ日本式の儒教論理, ふ日本旅館の前, ふ日本最初の背景装置, ふ日本特有の風習, ふ日本語教育の問題, ふ日本陰陽道特有の廻り神, ふ日本領にも近づきしか, ふ日朱の如く, ふ日清間の交渉, ふ日照りそひたるつつじ, ふ日米関係は英吉利語文学, ふ日蓮宗の僧, ふ日蔭の山径, ふ日記に, ふ旧来の説, ふ早い足で, ふ早業でせう, ふ早熟の天才, ふ早苗之助, ふ旭日はヒマラヤ, ふかな, ふ旱雲恐しく一里塚, ふ旺盛なる, ふ昂然たる天下, ふ昆弟二人能く鬼, ふ昆虫が居り, ふ明き上の世, ふ明らなる両, ふ明るさによ, ふ明るい氣持も, ふ明夜を約し, ふ明日から暑し, ふ明暗二通りの心もち, ふ明朝出立どんこ和尚を訪ねる, ふ明瞭なる理由, ふ明障子の半開きたる間, ふ昏さがなかつた, ふ昔びとの宿, ふ昔佐藤一齋の杉田觀梅記, ふ昔大殿様の妹君, ふ昔大殿樣の姉君, ふ昔話を做, ふ昔越山の蜥蜴, ふまたまさる, ふ春名秋岳に平次, ふ春子はタイピスト, ふ春日野の馬醉木, ふ春曇のこの, ふ春松を犇, ふ春江有佳句我酔堕渺莽と, ふ春秋家は一方, ふ春雨のしづく, ふ春風に吹かれ, ふ春風万里の手紙, ふ春風秋風では決して, ふ昨夜ぢや, ふ昭君はしばしば, ふ昭和二年の秋, ふ是丈の事實, ふ是余一人の私言, ふ是佳運を後胤, ふ是左衛門尉義盛以下の亡卒得脱, ふ是浅間大菩薩, ふ是等は賣らぬ, ふ是義盛用意の事, ふ是草花秋興を覧, ふ昼ふけにけり, ふ昼貌の花, ふ時ぐらゐにしか用ゐないやう, ふ時さへ寂し, ふ時それが口輕, ふ時われは頭, ふ時ツルリと逃げた, ふ時パリス圓弓高く張り, ふ時マリアは兜兒, ふ時万作は急, ふ時世になつて公羊學, ふ時丘陵の上, ふ時両親について来, ふ時中から霊魂, ふ時二人の尼, ふ時五色の色紙, ふ時今更のやう, ふ時代以後にやる, ふ時代物に手, ふ時代精神は言葉, ふ時以外に使用, ふ時信の焔, ふ時信仰が鈍つて, ふ時俺の中, ふ時候であつ, ふ時其人の後, ふ時医者を取り, ふ時双方の船客, ふ時吾人の抽象, ふ時唇が震えた, ふ時夏休過ぎて, ふ時夫人は, ふ時女はかち, ふ時婦人が, ふ時子の名吟, ふ時小児等は唄, ふ時巌丈な歩き付き, ふ時底の底, ふ時彼らさながら倦怠, ふ時志賀氏は急, ふ時念のため, ふ時恰度午後一時半彼は電車通り, ふ時慄然として恐怖, ふ時我を棄て, ふ時晩く高峰, ふ時最初の一瞬間, ふ時東の丘陵, ふ時棟梁の藤兵衞, ふ時歌よみしたまひ, ふ時男さんが行つて, ふ時白銀の屏風, ふ時百姓はそれ, ふ時相沢はぐつ, ふ時神樣の火, ふ時私達は蟲酸, ふ時竹の杖, ふ時筆を持つ, ふ時絶対なる貴重さ, ふ時肉体的に何, ふ時蒲團屋へ返した, ふ時蛭兒尊は商, ふ時計なるもの, ふ時計屋ださうで, ふ時誰かこの, ふ時諸君は薄暮, ふ時跳躍して, ふ時蹲れる人, ふ時逃ぐる時共に軍馬, ふ時遊戲を棄て, ふ時野坡問て云, ふ時銀いろの, ふ時防禦誠に難, ふ時霊的な枕, ふ時青地の日傘携, ふの張望, ふ闌けて, ふ晝貌の花, ふ晦顕とがどうして, ふ晩食後別館の老人夫婦, ふ晩餐は即ち, ふ普遍妥当性として規定, ふ普遍的の資格, ふ景勝の公園, ふ智慧はない, ふ暇さへなかつた, ふ暑くて, ふい彫刻物, ふ暖かい御飯を, ふ暖かく晴れた冬, ふ暖房で一憩, ふ暖炉が熾ん, ふさも, ふ暗き葉柳震慄きつ, ふ暗闘を巻き起した, ふ暗黒な秘密, ふ暗黒時代は折角, ふ暢氣な顏, ふ暫くありて, ふかけて, ふ暮色かな, ふ暴虐無道である, ふ曇洗つても落ちない, ふの空, ふ曖昧模糊たるもの, ふ曖昧糢糊たるもの, ふの, ふ曙覧の場合, ふ曰く社界の魔毒, ふ曲つたピンに巻い, ふ曲つた刀や匕首, ふ曲り金薄暮の場, ふ曲芸も演じます, ふ曲赦と云, ふは当, ふ書き出しで義雄, ふ書き方が婉曲, ふ書中往々其詩, ふ書出しを持つた, ふ書家の影響, ふ書法を奬勵, ふ書物さへあつ, ふ書生論に捲き込まれる, ふ書籍を重, ふ書記の細, ふ書院づくりの一座敷, ふて堂内, ふ最大のプラスマイナス, ふ最後屁を放つ, ふ最近の維納, ふ最高意志にまかせる, ふ會員一同の強請, ふ會計係の小娘, ふ月夜もよろし, ふ月月の手當, ふ月魄のうれひ沁み, ふ有形的な仕事, ふ有徳な武家, ふ有意義の効果, ふ有様ぢや, ふ有難かつた, ふ服從とは自己, ふ朔北の風景, ふ朗らかに見ゆる, ふ朝ごはんをすませ, ふ朝庭に春, ふ朝廷があつ, ふ朝廷此情実を諒, ふ朝郷里の政友, ふ朝霞いづへの, ふ朝露之消, ふ朝顔の花, ふ朝鮮人の帽子, ふ木のは猿, ふ木の実のか青, ふ木像から縁, ふ木崎好尚さんの説, ふ木念人が繩尻, ふ木春も新緑, ふ木材の産地, ふ木標の文字, ふ木樵の聲, ふ木版刷の題箋, ふ木葉新聞の篠田ツ, ふ木蔭の秋, ふ完成の, ふ未來の心ゆく, ふ未婚婦人から来た, ふ未来の時代, ふの子, ふ末世に生き, ふ末路を取りたくない, ふ本人も分り, ふ本国の一臣民, ふ本家の伯父, ふ本屋である, ふ本意悪人成仏のため, ふ本格さに言及, ふ本義だ, ふ本艦鳴を, ふ本質を獲得, ふ本郷通りを神田明神下, ふ札のか, ふ朱唇白くなる, ふ朽縄なら其の, ふ李鴻章の銅像, ふ材木屋の次女, ふ村娘を眺め, ふ村落があつ, ふは土地, ふ杜荀鶴が半夜燈前十年事, ふ束縛とは若, ふ条件式な言, ふ条件的の構成, ふ条兵をも討死, ふ来るのは, ふ来年の正月, ふ来歴を聞いた, ふ東亜植物分布区系を仔細, ふ東京会談はやつぱり停滞, ふ東京相撲の画びら, ふ東北線を渡る, ふ東向うに其八雲, ふ東国勢を待た, ふ東宝の館, ふ東支鉄道が東, ふ松かぜをしのび泣く, ふ松井も私, ふ松井須磨子は何故, ふ松宇は此真野松宇, ふ松島様で大, ふ松平さんは尊敬, ふ松村の同僚, ふ松田氏の談話, ふ松陰の言葉, ふ板の間で雑巾, ふ板小舟それ七月は, ふ枇杷の木, ふ枉げてその顔, ふがみ, ふ枕詞とも言, ふ枕詞式の句, ふ林中に果, ふ林檎賣が出, ふ林間の瀟洒, ふ枚数はそれ, ふに先, ふ果樹に生ずる, ふ果物は温補壮陽, ふのなか, ふ枯山にすらも人目, ふ枯葉杉の葉, ふ枳殼の花一重, ふ架空の本, ふ柄杓の柄, ふ某所へ自動車, ふ柑子ぞ撓, ふ染め木綿の類, ふ柔和な方, ふ柔術を取る, ふ柔軟で容易, ふを, ふ柱形の墓, ふかな, ふ柳橋の地形, ふ栃木峠よ, ふ栄職に就いた, ふ栗山いまだはやけむ, ふ校歌の作詞, ふ株主間の意見, ふ株屋町の馬賊, ふ根本の理由, ふ根本思想の直覚的意識, ふ根本的目的を持つ, ふ根疏浜松磯馴松今朝さわさわし春日, ふだね, ふ格子の詰, ふ格段な相違, ふ格言は一面, ふ桂子の噂, ふの花, ふ案内の小僧, ふ案内記の言葉, ふ桔梗色の薬品瓶, ふかな, ふ梅干のうま, ふ梅雨空は, ふ條文はない, ふの実, ふ梨本氏の作品, ふ梯子と右, ふ梵唄はその, ふ棠軒と会見, ふ森鴎外の小説, ふ椋鳥が却つて後, ふ植込の間, ふ植込みの間, ふ椹野川で水浴, ふ椿の花, ふ楊千郎の事, ふ楊弓の名人, ふ楊柳の間, ふ楊樹の梢みそ, ふの木, ふを又, ふ業病をかつたい, ふの革紐, ふ愛観から, ふ極端な反抗, ふ楽隊用の奴, ふ構想こそ哲學, ふ構造になつ, ふを振る, ふ様あるじの君, ふ様横山の城, ふをし, ふ標語は凡て, ふ模様の振袖, ふ模範になつて, ふ樣二十三の瀧口, ふ樣手に取る, ふ樣義雄は薄野, ふ横丁で, ふ横文字がある, ふ横町でお, ふ横着と云, ふ横笛の音, ふ横道に反れ, ふ横長の看板, ふ樵夫のやう, ふ樹明さんは私, ふ樹明兄さつそ, ふ樹林に, ふ樺太からの電報, ふ樽野の音声, ふ橋渡しが濟む, ふ機会知己になる, ふ機才がまた, ふ機歌の聲, ふ機轉がある, ふの實, ふ檀家は知らぬ, ふの音, ふがもうけ, ふ欅太樹の日, ふ權之助の素顏, ふ欝勃たる反, ふ欣びに荘田, ふ欧州の俗談, ふ欧洲もチヱツコ問題, ふ欲求とさ, ふ歌よみの人, ふ歌垣などがあつ, ふ歌此の方が猶よく, ふ歌物語の歌, ふ歌舞が宇佐八幡, ふ歌謡の気分, ふ歎息は少し, ふ歓喜でございませう, ふ歓楽のせて, ふ或は曰く, ふ歡びをすべてが感じて, ふ歡喜でございませう, ふ歡喜天の像, ふ歡樂は唯, ふ占の, ふ正しき主の, ふ正体は何, ふ正午の陽光, ふ正宗白鳥氏の, ふ正教の言葉さ, ふ正月二十開天章閣賞小桃, ふ正直な心, ふ正直者です, ふ正確な午砲, ふ正面に次第に, ふ此んなもの, ふ此中に妖怪, ふ此二つである, ふ此伝説の方, ふ此儀宜御, ふ此処は中, ふ此家の主人たち夫婦, ふ此宿にも巣, ふ此度は極めなけれ, ふ此故にプーリア, ふ此方が通知, ふ此日わが生命, ふ此村を潰す, ふ此様な嬉しい, ふ此池かへさせ, ふ此男の様, ふ此直次郎昨夜九ツ時頃此所にまいりし, ふ此者の誰, ふ此道理が此, ふ此邊の名勝, ふ此都會に居る, ふ此金澤はそもそも, ふ此頃ハ船の一ツ, ふ武士妻と婢僕, ふ武士道とかがあつ, ふ武夫二百人を越, ふ武家初期と中期全体, ふ武蔵野に千草, ふ武藤もこれ, ふ武藤氏を紹介, ふ武運の程, ふあつて髪はかぶろ, ふ歯車は僕, ふの陰暦八月此歌舞, ふ歳杪監州曾見樹時新入座但聞名, ふとした, ふ歴史上の事実, ふ歴史家の見解, ふ歴史的な考, ふ歴史的事實に頓着, ふ歴史的名目により, ふりたい, ふ歸つて見ると, ふ死人の多く, ふ死是れ生, ふ殆ど一年中雪に埋もれ, ふ殆無理由に近い, ふ殆空虚な靜まり, ふ殊に一友の, ふ残つたのは一銭銅貨二つ, ふ残虐な或は, ふ殘酷を極めた, ふ段々とつまらなく, ふ段取りなので, ふ段弟とはい, ふ殺害と黒き, ふ殿の胸, ふ殿達は定め, ふ母君の春枝夫人, ふ母屋の遠く幽, ふ母様のお, ふ母親達とは違つた外, ふ毎日新聞の社会記事, ふ毒々しい気性が, ふ毒瓦斯のこと, ふ毒草だ, ふ毒虫ぞわれ, ふ立ちよ, ふ比喩の形式, ふ比較的に精神的, ふ毛ごろもの氷, ふ毛屑のやう, ふ毛布のふわ, ふ毛氈は縄, ふ毛皮は大抵, ふ毛織で拵, ふ民俗に行き当る, ふ民俗学上の記録, ふ民族は繁榮, ふ民謠はもともと, ふ民間の資力, ふ民間伝承式の考へ, ふ民間傳承から, ふ気ぢやとても, ふ気勢して, ふ気勢さへし, ふ気弱な男, ふ気楽さのなか, ふ気流のやう, ふ気色さへある, ふ気質を羞, ふ気風が募り, ふ氣ぐみを持つ, ふ氣一つだす, ふ氣勢をはつきり, ふ氣味が有る, ふ氣品はどうか, ふ氣張かたであつ, ふ氣性を失はない, ふ氣色戲とも思はれね, ふ水中にあ, ふ水主でね十九, ふ水仙の花, ふ水晶の中, ふ水母にもわれ, ふ水氣の厚薄, ふ水準を越えない, ふ水牛の一族, ふ水盤に, ふ水臭い事を, ふ水路だ, ふ水際に鹿島, ふ水面に跳ね始めたら, ふ永い期間の, ふ永い苦しい燃え立つた年月, ふ永世中立確保のため, ふ永久安護順に柱, ふなる料理店, ふ求刑を気, ふ汝なほ何を凝視る, ふ汝なほ愚者に等しき, ふ汝らの父, ふ汝ローマニアとカルロ, ふ汝今この事, ふ汝今心に思へ, ふ汝何の所見, ふ汝歸るの, ふ汝等をかく, ふ汝自身を守れ, ふ汝身を投げな, ふ江の島の棧橋, ふ江戸の町, ふ江戸っ子が松魚, ふ江戸ツ子のいらぬ, ふ江戸将軍の祖先徳阿弥父子, ふ江戸弁今に分らなくなるだらう, ふ江戸正調の郷土文学, ふ江戸語を以てした, ふ江戸遊廓方言にまで, ふ池水の, ふ決意を示した, ふ決死の孫悟空, ふ決議を内務大臣, ふ決議書を決定, ふ沓掛の高原, ふの光, ふ沙汰がはじまる, ふ沙羅の盛り, ふ沙門だと, ふの蛍, ふ沢山の明り, ふ河口へ流れ, ふ河崎良佐と猶, ふ河靈は猛, ふ河面の方, ふ河風に桜, ふや綿, ふ油虫などを眺め, ふ沿革だと, ふ泊つて見れば, ふ法令を布い, ふ法住寺殿の院, ふ法号を貰, ふ法名光含院孤峰心了居士といへり, ふ法器を得られ, ふ法外に大きな, ふ法学士の方, ふ法官の声, ふ法成寺関白流の名, ふ法権上の理解, ふ法華の行者, ふ法類や, ふ泡鳴氏は小胆, ふ波動でないこと, ふ波枕に此三年, ふ波紋が水一面, ふ波行の, ふを致さ, ふ泣聲たすけて, ふ泣菫曼陀羅が織り成された, ふ泣言は可, ふ泥棒ださ, ふ注連のとしの, ふ泰平なしかも, ふ泰西の探偵小説, ふ洋服に着, ふ洋服屋があります, ふ洋館は間取り, ふ洒落あり古い, ふ洗ひざらしの, ふ洗湯はあります, ふ洗濯石鹸を溶かした, ふの國, ふに不, ふ活ものは泥, ふ活劇にはこの, ふ活動寫眞のすぐ, ふ活字は皆以前, ふ活撥なこと, ふ活計を始める, ふ活路にあらず, ふ子さんを, ふ流しの石, ふ流れの上, ふ流水の幅, ふ流義だね, ふ流行さへ起した, ふ流行唄さへあつ, ふ流行語を思ひ出し, ふ流離の貴族, ふ浄瑠璃である, ふ浄瑠璃系統のもの, ふ浅き浮名も, ふ浅ましい事で, ふ浅緑色も一種特別, ふ浅野安藝守重晟が月番, ふ浅間しい人間, ふ暑し, ふには寄る, ふ浦波は思ふ, ふ浪之進は總髮, ふ浪人長谷倉甚六郎まことに水際立つた, ふ浪相打てる冬, ふ浮む瀬のない, ふ浮世の一ふし, ふ浮浪の徒, ふ浮薄と虚僞, ふ浮薄ものの反省, ふ浮雲に磨かれ出, ふ海あらげにて磯, ふ海上の牢獄, ふ海國に生れ, ふ海岸に赴いた, ふ海底或は海上遥か, ふ海蛇のほか, ふ海賊共は大砲小銃諸共, ふ海運橋である, ふ海面を眺め, ふ際が, ふ消息を洩し, ふ消極な意見, ふ消極的では, ふ消極的感情をあら, ふ涙いとどせきあへず, ふ涙ぐましい程の, ふ涙ツぽろ, ふ涙平次は自分, ふ涙痕したたるばかり, ふい目, ふの方, ふ淋しい場合に, ふ淘汰は起らぬ, ふ緑の, ふ淡い悔いを, ふ淡紅色の大理石, ふ淡路のそ, ふ淫らにも若く美しく, ふ深きあはれを, ふ深切は家並, ふ深刻な偉大, ふ深山夜に入り, ふ深沈なる創造, ふ之助, ふ混雑のない, ふ淺瀬のへ落ち, ふ清き正月元日, ふ清らかな聲, ふ清ハリキリあんよは, ふ清吟雑夢寐得句旋已忘と, ふ清楚な輝き, ふ清水かな, ふ清水操がやって来た, ふ清水観音の詠, ふ清純な調子, ふ清酒がある, ふ渡し舟を見, ふ渡つて行く人, ふ渡辺篤は笑, ふさに, ふ温かさを, ふ温泉場へ來, ふから船, ふ游魚のこ, ふ渾名をつけた, ふ湖州を薄命, ふ湯呑に注がれぬ, ふ湯本の温泉場, ふ鉄本線の, ふ源太郎も下手人, ふ源氏物語の人情物, ふ溝渠の上, ふ溝鼠のみなりけん, ふ溪川の姿, ふ溪間によく, ふを以て之, ふ滅後の年代, ふ滝村来り三月, ふ滝野などの未だ, ふ滿朶の櫻, ふ漁夫だつたの, ふ漁家の家号がく, ふ漁師たちの生活, ふ漂泊者のやう, ふ漆黒の闇, ふ演出でなく釈台, ふ演劇活動をすべきで, ふ演題で口角泡, ふ漠然としたけれど, ふ漢名を新た, ふ漢字を訓, ふ漢學者であります, ふ漢文体の書籍, ふの春, ふ漸く黄昏に, ふにう, ふの手, ふ潮時に言つて了, ふ潮霧とはそれ, ふを引いた, ふ澄太君ありがたう, ふが書し, ふ激しい反感が, ふ激怒の雲炎, ふ激浪は言, ふ激越した質, ふ濃厚な妖氣中, ふけてじ, ふ濱街道は此山, ふ瀋陽の子, ふの音, ふ瀧のか, ふ瀬戸物の問屋さん, ふの空何, ふ火のにほひ, ふ火傷となり, ふがつ, ふ災厄はその間, ふ災難にお, ふ炎々の猛火, ふ炭焼き烏帽子折り鏡磨き, ふ点等に於い, ふ為め仁王門を過ぎ, ふ為住家を出る, ふ為方も入り用, ふ為立ての歌, ふ為論理の遊戯, ふ烏円如きに, ふ無定見に陥, ふ無意味な生涯, ふ無慈悲な求刑, ふ無慙のかの息女, ふ無根の説, ふ無気味さである, ふ無法な道徳, ふ無益の探究, ふ無礼な男, ふ無言の抗議, ふ無論お菜が, ふ無造作なこと, ふ無造作さガラツ八は, ふ無遠慮な, ふ無邪気な声, ふ無限の伝来, ふ無頼な混血児, ふ無骨漢です, ふ焦心を表す, ふのうつくしくおも, ふ煖爐が熾ん, ふ煙曲香尋篆盃深酒過花, ふ煙管を出し, ふ煙草マツチハガキなどそして, ふ煩心は我, ふ煩惱の犬, ふはかへらず, ふ熊蜂を惡しき習, ふ熔鉱炉の底, ふを感ぜ, ふ熱い御飯の, ふ熱帶の機會主義者, ふ熱心さであつ, ふ熱情に於, ふ熱烈な愛好, ふ熱血の通, ふ燈台のある, ふ燈火をつけ, ふ燈火祭のとき, ふ燒物の墮落, ふ燕女の翩飜, ふ燕麦の種子, ふ燭光のうつくし, ふ爛光に五体, ふ爬虫の一生, ふがかうじ, ふ爲ぢやねえ, ふ爲め入院して, ふ爲め輪に輪, ふ爲各行が必ずしも, ふ父さんを仲, ふ父上の御, ふ父子東西に分れ, ふ時長者は, ふ爾らざる人, ふ牆壁を築い, ふ輪娘の, ふ片側町の裏, ふ片手にはさ, ふ片方からもう, ふ片時も目, ふ片野あたりの桜狩, ふ牛切りの媽, ふ牛込松ヶ枝へ行く, ふ牝牛お前が尻尾, ふ牝馬アリストテレスに録, ふ牡丹のひと, ふ牡犬のやう, ふ牡鹿の音, ふに無, ふ牧人の時代, ふ牧場の泊夫藍, ふ牧湊の傍, ふ牧者其牧場に躍り入る, ふ物々しい無気味な, ふ物しりもある, ふ物僕が殆, ふ物凄い花々しさを, ふ物忌みだからと, ふ物忘れするも, ふ物数奇か知らぬ, ふ物珍らしさ, ふ物腰であつ, ふ物質的材料を巧, ふ物音がする, ふ物音それに交つて八五郎, ふ物音一つさせなかつた, ふ特に最も滑稽なりし, ふ特典を利用, ふ特徴のある, ふ特性を持つ, ふ特殊事情がありました, ふ特殊部落の芸人, ふ特種な保温具, ふ牽強説で宣長, ふ牽強附会の説, ふ犠牲者に出, ふ犧牲があるなら, ふ犯罪を犯す, ふ犯罪行為にまで彼女, ふ状師書記主薄などの階級, ふ狂人が自由, ふ狂院に葦原金次郎, ふれ, ふ狐火のやう, ふ狗奴は河野, ふ狗頭猴で古, ふ狡るい人は嫌, ふの公子, ふ独楽のちよ, ふ独歩の作品, ふ独白体の小説, ふ独自な立場, ふ独逸出来の本, ふ独逸文の宗教史, ふき立場, ふの様, ふ狼達の速力, ふき獸, ふ猟師だつた, ふ猟師山を見ずだ, ふ猟犬が飛び出し, ふ猪之が綿入れ, ふ猪牙の音, ふ猪牙舟が心, ふの声, ふ猿楽も初め, ふ獄吏として自著, ふ獅子王見る如く暴, ふ獅子舞の笛, ふり其の, ふ獨逸文の宗教史, ふ獰猛な家畜, ふは一寸, ふ獸王その頸, ふが少い, ふ率意の法, ふ玉勒争門随仗入牙牌当殿報班斉, ふ玉川の砧, ふ玉枝を引寄せ, ふ玉江に, ふ王様の御代, ふ王樣の命令, ふ王褒の句, ふ玩具のやう, ふ珈琲を飮, ふ珍景が出る, ふ珍果のある, ふ珍重を贈る, ふ現世も亦, ふ現代の油繪畫家, ふ現代劇は今日, ふ現代的とか不安, ふ現場を見た, ふ現身われは, ふ理会もつく, ふ理性の翼, ふ理想国を考へ, ふ理想的の政体, ふ理由書は如何, ふ琵琶弾きの, ふ琵琶師はつひぞ, ふ瑞木の言葉, ふ瑞枝にそよぎわたる, ふ瓦斯燈の光り, ふつたれた浅はか, ふ甘いなつかしいものだ, ふ甘き悲哀よ, ふ甚しきは其府縣, ふ生ぬるい涙じる, ふ生れ方がある, ふ生命の一條, ふ生徒等が可笑しい, ふ生活法を採つ, ふ生活的な画家, ふ生活風景を何人, ふ生物全体が同情, ふ生理学者は自分, ふ生計の場合, ふ産業が地方的, ふ御は, ふ用事があり, ふ用件はない, ふ用例の出る, ふ用心は鑑賞力, ふ用水堀夏になる, ふ用法はある, ふ用語となり, ふ田丸の調子, ふ田地を抵當, ふ田川の水, ふ田打かな, ふ田樂がいかに, ふ田毎の月, ふ田舍の雜誌, ふ田舎訛りの小女, ふ田舟と呼応, ふ田部と何時, ふ田部嘉七も強い, ふ由しゃくだが, ふ由空前の大発明也, ふ由良の戸, ふ甲州の古い, ふ甲所を知らない, ふ甲斐性のある, ふ甲板の上, ふ甲胄堂の花, ふ甲虫も焼ける, ふ申しわけを云, ふ申し出が實, ふ申請がありました, ふ申開きは成立たない, ふ男だて澤山なり, ふ男らしいのだ, ふ男一人のみなりき, ふ男一人女二人松葉の土, ふ男大井馬城に随, ふ男女子の話, ふ男山の放生会, ふ男毛蟲は蟲, ふ男童は或は, ふ男色蛇と同義, ふ町住居は結局, ふ町内の悪たれ子供, ふ町内名代の小鳥, ふ町裏を徘徊, ふ画帖の中, ふ画師の運命, ふ画趣を表現, ふ畏こさよ, ふ畏怖の眼, ふ畑道を, ふにゐる, ふ畜類に山, ふ畢竟古人の, ふ番ぢやありません, ふ番号札を受取つて控所, ふ番地のしるし, ふ番町邊にいつ, ふ番附を取出し, ふ番頭さんは主人, ふ畫伯からの書簡, ふ異人南京ここに来り, ふ異体の百人一首, ふ異国情緒の大津絵, ふ異形の祭官, ふ異様な言葉, ふ異郷の客, ふの目, ふ當人は非常, ふ當時上田書店に居た, ふ當時聖ジョヴアンニの寺院, ふ畸人なるべし, ふにも, ふ疲れ果てた好色, ふ疳高い大きな声, ふかならん, ふ疾く疾く曲路の, ふ病名を知つて, ふ病室の中, ふ病氣に取附かれた, ふ病的な可憐, ふ病間あらば, ふ痕跡はなく, ふ痛快な蛙, ふ痛罵が必要, ふ痩手にて注ぎたれ, ふ痴愚を云々, ふ瘤付きです, ふ癇癖の強い, ふ癩病と私, ふ癩病乞食であ, ふ癸酉は文化十年, ふ発心物語となつ, ふ発想法を採つた, ふ発掘の鍬, ふ発生点を忘れ, ふ発疹物のやう, ふ発行所の中, ふ発表方法を認めない, ふ発送係の男, ふ発音でおぼえ込ん, ふ登母やまとの一本薄, ふ發音は英語風, ふ發音的に國語, ふ白い烈しい雨脚を, ふ白しんみりとせり, ふ白ねずみの小さな, ふ白タオル固うむすび, ふ白夢のよう, ふ白帆の影, ふ白拍子を, ふ白拍子たちの今様詞曲, ふ白晝の藤, ふ白樺の森, ふ白浪は今, ふ白熊の如き, ふ白痴の男, ふ白百合ほど強く, ふ白砂糖の包紙, ふ白磁のさ, ふ白粉を附けた, ふ白金の予感, ふ白首重来, ふ白馬のあかり, ふ白鳥の形, ふ百五十の軍勢, ふ百八煩悩の現, ふ百噸以下の汽船, ふ百斤の帯, ふ百枚ばかりの處女作, ふ百里余も隔つた田舎, ふの物品, ふ皆後人の命ずる, ふ皆理の分明, ふ皆葉へ行く, ふ皆霞亭が書屋雑詠中, ふ皇后の御歌, ふ皇太子の資格, ふい歯, ふ皮相の問題, ふ皮肉味を帯びた, ふ益々奥さんの, ふに食, ふ盛りの久しき, ふ盛り場を覗かれた, ふ盟邦の文化, ふくる時, ふ監督の駄目, ふ盧遮那仏をさ, ふ目出度き中に, ふ目前の予期, ふ目標と定めた, ふ目白も寒, ふ盲人の音楽家, ふ盲児常三郎に遅, ふ覺を, ふ直線として表象, ふ直訳に伴う, ふ相州さまが憎く, ふ相撲知つてるかね, ふ相棒がゐなく, ふ相模屋の番頭, ふ相続さる, ふ相聞へ申候, ふ相談無しに入れち, ふ相違丈けはあります, ふの音, ふの憂鬱, ふ看護婦は始め, ふ看護婦さんに遠慮, ふ看護婦達にサイン責め, ふつ蒼, ふ眞志屋の祖先, ふ眞意は一體何, ふ眞晝は明し, ふ眞白手に, ふ真品と共に秘蔵, ふ真夜中にけた, ふ真実味に欠けたる, ふ真実自由なる生活自体, ふ真昼は明し, ふ真木柱そも睦まじ, ふ真理以上の真理, ふ真紅の焔, ふ真言宗の御, ふの中, ふ眠氣覺しも利き過ぎら, ふゆさ, ふ眩暈の恐怖, ふ眼付で青年, ふ眼醒時計を歌, ふ眼附で青年, ふ着物船の裝飾, ふ睡眠を貪つ, ふも誤解, ふされしは, ふが疊, ふ瞹眛なもの, ふの露, ふの的矢, ふ矢先でした, ふ矢来外の人々, ふ知事が忽ち, ふ知人への知らせ, ふ知性にそして, ふ知識欲に駆られ過ぎ, ふ劔を, ふ石刷の百寿図, ふ石原の利助, ふ石川君も即座, ふ石油はあたしランプ, ふ石火光中に此身, ふ石燈籠もやはり, ふ石田帶刀樣で陪臣乍ら, ふ石田梧堂の外, ふ石畳は途中二つ, ふ石窟があつ, ふ石鏃の如き, ふ石鹸は餘程名, ふ砂利道に杉菜, ふ砂径沿ひの, ふ砂浜ましろく, ふ砂道沿ひの, ふ砌下梨花一堆雪, ふ研究心が少し, ふ研究者側にも不, ふ破天荒な機械, ふ硝子会社の社長, ふ硫黄附木の匂, ふ碩学で本山, ふ確か波蘭土系の詩人, ふ確證も出す, ふ磁石のやう, ふ磁製の鳥, ふの淺瀬, ふの残つて, ふ礼儀を思ふ, ふ礼状の電報, ふ礼状さへ寄こさなかつた, ふ社会主義の人, ふ社会救済事業家を出し, ふ社会的主張が勝, ふ社会的事実に対しては殊に, ふ社内の輿論, ふ社員が云ツ, ふ社會事實と貞操道徳, ふ祕藥だ, ふ祖先の霊, ふ祖父と妣位, ふ祝福を与, ふ祝福芸能の村, ふ祝詞以外に各, ふ祝賀の趣き, ふ神さんだと, ふ神われ人間の群, ふ神アレースに似たる, ふ神事は即, ふ神人がのろ等, ふ神判を請, ふ神坂の村, ふ神大に怒り, ふ神女は条件的, ふ神学的の神話以上, ふ神将が, ふ神意を問, ふ神憑の議論, ふ神明の中, ふ神武のみかど畝傍山, ふ神社でも寺, ふ神祇罰を降し, ふ神神の, ふ神神しい感興, ふ神秘とともに流れる, ふ神経質の男, ふ神職又は巫女, ふ神自身の身ぶり, ふ神託的に國家, ふ神話の精霊, ふ神靈は, ふにはとても, ふ祭り歌を聞い, ふをのみ求むる, ふ福井藩を遂に, ふ福音書の詞, ふ禪宗のお寺, ふ禮拜堂二形の利, ふ禿頭その後頭には置く, ふ禿鷹のごと, ふれた偉, ふ秀吉だ, ふ私本位の立場, ふ秋津の言葉, ふ秋草の庭, ふには素朴, ふ科学万能の精神, ふ秘中の秘, ふ秘傳ださうでこれ, ふ秘蔵の蓄音機, ふ秘訣を心, ふ租税である, ふ秩序に從つて, ふへすら久しく, ふ称号を青鞜社, ふ移動劇団みたいなもの, ふ稀代の曲者, ふ稀有の感謝, ふ程おしやべり, ふ程のん氣では, ふ程互の記憶, ふ程仲のよく, ふ程懸隔しては, ふ程洗礼を受けぬ, ふ程畳に脊中, ふ程蒼ざめてそれが此, ふ程誘惑力を蓄, ふ程音楽などに理解, ふ程顔を近づけ, ふ程驚喜しポコ, ふのこと, ふ税金だあ, ふ稗草のひそや, ふ稜威である, ふ種子を取る, ふ種族があります, ふ種類階級の人, ふからし, ふ稲佐の浜, ふ稲穂かな, ふ稻荷樣の祠, ふ稽古朋輩錦野はな子と呼ばれ, ふ穀物を作らね, ふ穂すすきの旗手, ふ穂利の祭り, ふ積りぢやなかつた, ふ積極的な申開き, ふ穗すすきの旗手, ふはしい, ふやかな調子, ふ空ゆたかに散りくる, ふ空合の時, ふ空名を以てし, ふ空洞な汽笛, ふ空無の海, ふ空虚な誇り, ふ突支棒が現, ふ突然やつて, ふ突飛なこと, ふ窃盗とは則, ふ窓辺で万葉集, ふ窘逐狂に罹, ふはたちまち, ふ窮窟なもの, ふ立ちそむる佐渡島, ふ立て札がし, ふ立て物と比べ, ふ立札をさ, ふ立烏帽子を着た, ふ立腹です, ふの最初, ふ章句を実感, ふに待構, ふ端厳微妙の御, ふ端書きがある, ふ端書巻煙草電車切符を頂戴, ふ競爭で彼, ふ笑福亭松鶴が五十号近く発行, ふ笑譚を出す, ふの事, ふ第一義の計, ふ第三者が点ぜられた, ふ笹紅を筆, ふ笹野新三郎の小言, ふもて微か, ふ筆名のある, ふ筆法に行く, ふ筆蹟があります, ふとゾッと, ふ等級的差別を劃せ, ふ筋書により吉田松陰, ふ筋本位のもの, ふ筋道だけは立て, ふ筑波の山, ふ答案が浮ぶ, ふを廻らし, ふ策戦の方, ふには槍, ふの中, ふ箱船に乗つた, ふ範疇に入れ, ふ築地橋そばの人, ふ篤い自覚を, ふ簟笥掛だの傘袋, ふ米人の, ふ米倉と知りあひ, ふ米味噌代のほか, ふ米国を視よ, ふ米国製の時計, ふ粒子でないこと, ふかなる, ふ粗い対照なら, ふ粗大な諺, ふも近, ふ精神上の難関, ふ精神力が溢れ, ふ精神病である, ふ精神的な疲労, ふ精神私も同断, ふ精進の一念, ふ精進落で其辺, ふ糸七は寐, ふ糸鞋を作つて, ふ紀友といふ老, ふ約束事みたいなもの, ふ約束築地とき本へ行き, ふ紅ッ毛で天狗鼻, ふ紅庵は論ずる, ふ紅毛の詩人, ふ紅白象牙の玉, ふ紅芙蓉とこそ, ふ紅葉先生の聲, ふ紅藻だったその後熊野十津川, ふ紋服を又, ふ納本発送うれしい忙しさ, ふ納豆を食む心しづけ, ふまでべつ, ふ樸な, ふ紙味は却つて名, ふ紙幣濫発の事, ふ紛々たる雪, ふ素人の手作り, ふ素人下宿に辿りついた, ふ素志を持つ, ふ素性でどう, ふ素性法師の歌, ふ素手で蠅, ふ素振りをばかり見せた, ふ素敵な面白い, ふ素晴らしい奴等が, ふ素直さがいつ, ふ素睛しく不愉快, ふ紡錘くらゐの, ふ紫縞の座蒲団, ふ紫色の小袖, ふ紫雲英に似, ふである, ふ細引を持つ, ふ細指はうつらうつら, ふ細螺の, ふ紺青の波頭, ふ終焉の日, ふ終點に着いた, ふ組合せでそれ, ふの爲め, ふ経過だ, ふ結婚から成立つた, ふ結婚難の様相, ふ結末が必, ふ結束して, ふ統制時代になつて, ふ統計は殆ど, ふは, ふ絶世の美人, ふ絶代の佳人, ふ絶好の機会, ふ絶対者の前, ふ絶対観でなく物処, ふ絶頂まで到達, ふの手巾, ふ絹糸は上等, ふ經師屋と用人, ふ經律留相の文, ふ經歴からすれ, ふ經濟でございますから, ふ經路に依, ふ經驗を繰り返し, ふ綱張りのなか, ふであるが, ふ綾織があります, ふ綿くづのそのほこりこそゆかしけれ, ふ緊縮した響き, ふ緋目高は, ふ総じて迷は, ふ総督の一行, ふ総称で呼ばれ, ふ緑樹新蝉第一声, ふ緑色の蛇, ふ緑葉の, ふ緑藻が託生, ふ緩急二面の生活, ふ練習をしよう, ふ縁故から西本願寺, ふ縁起なん, ふ縁辺もない心細, ふ縦隊のにほひ, ふ縫針くらゐぢ, ふ縱隊のにほひ, ふ繁み落葉松氷雨ふりいたも, ふ繁昌も今, ふ繁雑しい用語, ふしい仲, ふ纒綿の, ふ罌粟の, ふ罪カオルサはフランス, ふ罪名の下, ふ罪目が僕, ふ罪障の深い, ふ罰金を払, ふは両, ふ羅馬の民, ふ美しさに, ふ美しきものに, ふ美事である, ふ美声の老女, ふ美妙なる自然, ふ美容師が來, ふ美少年よりもかう, ふ美的世界觀に就い, ふ美術に於ける, ふ美術學校出身の蒔繪師, ふのごとく, ふ羞恥を感じ, ふ群島つ, ふ群行神のあつ, ふ羨ましいやうな, ふ羨望の思ひ, ふ義務感だけで, ふ義太夫語りが好き, ふ義妹にあつ, ふ義妹らに, ふ義弟は, ふ義理知らずものもあつ, ふ義経記や軍記, ふ羽虫の姿, ふ羽音繁きか, ふの音, ふ翅無の, ふ習慣さへ出, ふ習癖自分自身にさ, ふ翻訳をし, ふ翻訳劇の問題, ふ翻譯書を予, ふ老いたる者は古, ふ老婆がまづい業業, ふ老媼もある, ふ老子の言, ふ老幼は皆輿, ふ老来ます, ふ老樹の梢, ふ老爺より坊主, ふ老若の男女, ふ老農が自ら筆, ふ考えを助勢, ふ考らしかつた, ふ考方をする, ふ考証家が現れたら, ふ考量に止る, ふ者ごとに右手, ふ者カウカバン市で商いし, ふ者僞る者, ふ者共が口々, ふ者其他百般の事物彼, ふ者勇士の義, ふ者同士で通婚, ふ者壁間より覗い知っ, ふ者天に登る, ふ者威力の汝何, ふ者子無きこと, ふ者彼は恐らく, ふ者我を殺さ, ふ者日向の梓越, ふ者東夷の堅め, ふ者楯を破り, ふ者皆之也, ふ者神の外, ふ者等とわかれ, ふ者芝居の真似, ふ者萬を以て數, ふ者西山本に雇, ふ者言ふ者, ふ者達を見る, ふにこびりつく, ふ耳ざわりな言葉, ふ耶蘇教信者もやはり, ふ耶蘇贄卓の神, ふ聖主で神武, ふ聖人の教, ふ聖徒の群, ふ聖旨の疾, ふ聞くならくフェニィクスの, ふ聞得大君御殿の神, ふを貰, ふ聲かすかに霞, ふ聲さへ聞, ふ聲喝采する聲, ふ聲後に起れり, ふ聲我にきこえ, ふ聲理由あり, ふ聲耳に響き, ふ聴衆は先生, ふ職務に對, ふ職業人が現れた, ふ職業俳優が独立, ふ職業的な位置, ふ肉体をいた, ふ肉体的快不快, ふ肉筆の, ふ肖像畫家あり, ふで続々, ふ肝いり衆の心切, ふのをの, ふ肩書を持つ, ふ肺結核ださうだが, ふ肺結核患者の特徴, ふ胃腸障害を起した, ふ背信者または反逆者, ふ胡椒や自分, ふ揺りでふてくされに, ふ能はずンば彼等, ふ能はず父も亦, ふ能はず身を左右, ふ能役者か覚え, ふ能舞台といふ特殊, ふ脇役に俤, ふより流れいづる, ふ脚下に, ふ脚本中の毒婦, ふ腐敗を殺ぎ得, ふ覚時の, ふ腸詰のこと, ふ腹掛のま, ふ腹立たしさが, ふ膝かけをその, ふ膝ぎりの帷子, ふは情, ふ膠朧光や, ふ臑したたかに打ち, ふ臟腑もなし, ふ臥床は白羊宮, ふ自ら寛うして, ふ自分自身さへ先生, ふ自在な鎧窓, ふ自尊心を持つ, ふ自己中心の観点, ふ自己創造の愉し, ふ自己檢察を許し, ふ自己欺瞞は民心, ふ自律的な秩序, ふ自我主義者又は専制家, ふ自暴気味を起す, ふ自殺的態度を取らぬ, ふ自然主義に對, ふ自然美の環境, ふ自由主義といふ言葉, ふ自由自在に生, ふ自由集会に臨む, ふ自身弁護を考へ, ふ臭気がまつ, ふ至つてお人好しの農夫, ふ至大の賜, ふ至極地は恋愛, ふを寫した, ふ之松, ふ與左吉はお, ふ舊式な觀念, ふ舞台とはより, ふ舞姫のやう, ふ舞子の顔, ふ舞踏の一種, ふ舟ばたの, ふ舟中の人, ふ舟子は聞かざる, ふ舶來化粧品の功能, ふ船ふとぶとと汽笛, ふ船中留りて, ふ船舶ありて, ふ船船は一面泡沫, ふ船頭が遠州灘, ふ良い若い者が, ふ良家の息, ふ良材であると, ふ艱難辛苦をし, ふ色々費用が, ふ色氣のない, ふ色素靴墨ナフタリン石鹸揮発油靴下針と糸, ふ色調である, ふめかしさ, ふ艶めかしくも美しい, ふ艶ツぽい婦人, ふ艶書一件は自作, ふ艶治郎よ鏡, ふ艶美の女性答, ふ艶麗な女, ふ芋蟲ばかり殘, ふ芙蓉の日射, ふのなぞ, ふ芝居絵を見, ふ芝居若衆しゃむ, ふ芥川でさ, ふ花々しい動作で, ふ花ごろも, ふ花やかなあ, ふ花らにも, ふ花園に, ふ花嫁ご, ふ花子を三吉, ふ花形俳優が有る, ふ花瀬を賺, ふ花見客が皆, ふ花車な女, ふ花輪や棺, ふ芳坊は川越, ふ芸事はとかく, ふ芸人に共通, ふ芸術以外に見られない, ふ芸術的多慾それ自身, ふ芸術的触角の問題, ふ芸術的誇張に対しては, ふ芸題か知らぬ, ふ蒸した井桁, ふ売りの, ふ苛烈な經驗, ふ若者が源助さん, ふ若者たちに加, ふ若草に, ふるしさ, ふ苦々しい經驗を, ふ苦き經驗を, ふ苦しい目に, ふ苦勞の無い, ふ苦心がふと, ふ苦痛やら不平, ふ苦笑をあわて, ふ苦艱から離れ, ふ苦行をやつ, ふ英佛獨露艦の敬禮, ふ英吉利文芸を紹介, ふ英国の逸書, ふ英国産の大きな, ふ英武のアキリュウス, ふ英雄の中, ふ英霊漢の筆, ふ茂吉を冷静, ふ茶入が一つ, ふ茶山の手紙, ふ茶店が一軒, ふ茶摘み風景をゑがいた團扇, ふ荀子が知る, ふ草履の音, ふ草花また彼, ふ掠者, ふ荒々しい孤独の, ふ荒い水音が, ふ荒寥とした, ふ荒川の雨, ふ荒法師は佐渡, ふ荒海の浸潤, ふ荒磯の鵜, ふ荒筋が出来, ふ荒蕪の中, ふ荘重の, ふが軽く, ふのうは風, ふ莊嚴何と云, ふ莊園を持つ, ふの塵, ふとも云つた顏, ふ莫大の食料, ふ莫迦げた命令を負, ふ莫迦莫迦しい遠慮, ふの花, ふ菓子商の申立, ふ菓子屋の店, ふ菫花燃ゆる薔薇, ふも咲かさな, ふ華楊の, ふ華美な女, ふ華蓙は茶山, ふ菰櫓いまだも, ふ萩原といふべし, ふ萩原さんの説, ふ萩源三郎は如何にも, ふ萬七にもわかつ, ふ萬兵衞は充分, ふ萬物を照らす, ふの屋, ふ萱堂聖以外に谷, ふ落ち水のした, ふ落日の紅, ふ落書のある, ふ落款がある, ふ落着いた感情, ふ落葉松原の夕月夜かすか, ふ落首が出来た, ふ葉書が毎日, ふ著者の態度, ふ著者小川正子さんの心情, ふ葬式人夫の一家, ふだに朝, ふ蒸氣は千枚張り, ふ蒹葭堂主人の多, ふ蒼白き妖精小, ふ蓋し中を以て, ふはかたみに, ふ蓼酢にこの, ふの黄緑, ふ蔭口は全く, ふ蔵幅は大抵, ふの花, ふ蕎麥を喰, ふ蕎麦粉そのもののうま, ふ霞, ふ薄い黒煙の, ふ薄き硝子に, ふ薄情女です, ふ薄片な本, ふ薄田氏に古典主義者, ふ藍繪のこと, ふ藝事はとかく, ふ藝妓に岡惚, ふ藝當なら何, ふ藝者を買, ふ藝術そのものに對, ふむらさき, ふ藤ばかま今, ふ藤井ではあつ, ふ藤原時代の歌人, ふ藤浪君の態度, ふ藤浪房垂れて, ふ藤蔓を張り, ふ藤野滋君はかの, ふ藥草の數, ふをお, ふを神馬草, ふのまろ屋, ふ蘆花淺水秋なる句, ふ蘆間に船, ふ蘇魯支は, ふ蘭法医に治療, ふ處之を心, ふ處今に足る, ふ處何人も, ふ處傳へて我, ふ處分に處, ふ處刑を親殺し, ふ處少なれど, ふ處新たに到る, ふ處涼風の面, ふ處眞實に述べり, ふ處衆軍聞きて, ふ處被袍と下, ふ處誤か眞, ふ處長橋波に俯, ふ虚偽偽善な言, ふ虚僞だらう, ふ虚名のため, ふ虚無が酔, ふ虚空に向, ふ虚説が伝へられた, ふ虜虐待の証拠, ふ虜関係は, ふれが, ふ號令を出した, ふのごとく, ふ蚯蚓の輩, ふまた苛まず, ふ蛇露誠実なき狐, ふの鳴く, ふ蛙昔日本になかっ, ふの下, ふの如き, ふを食, ふ蜉蝣といふ虫, ふ蜑舟はわか, ふ蜘蛛の大き, ふ蝋燼堆盤酒過花, ふの羽音, ふ蝗蟲を, ふ蝦蟇のやう, ふの字, ふの日向, ふ螺旋状の径道, ふを相手, ふを研究, ふ蟻達をもてなし, ふ蟾蜍石ありなど, ふの幽, ふ蠱術の, ふ蠻族には一體, ふ血汐の色, ふ血管が次第に, ふその聲, ふ衆人に立ち, ふ衆勇士來りて, ふ行いて生活, ふ行きあたりばつたりの序歌, ふ行きがかりで森, ふ行ひであつた, ふ行乞流転の苦, ふ行列を一時間, ふ行手の浪, ふ行水させて, ふ行為の意識, ふ行爲により, ふ行者も生き, ふ術といつても宜, ふ術士あり, ふ術政治はなだらか, ふ術語が喜ばれ出した, ふ街路に樟, ふ街路樹だらうか, ふ衝撃が私, ふ衣擦れの音, ふ衣類その外, ふから出, ふ表向きは仲働きぢ, ふ表情態度となる, ふ表札は見出さなかつた, ふ表面の理由, ふ袖屏風にいと, ふ袢纒にもきちんと, ふ被告の弁解, ふ被害の劇甚地, ふ裂隙なんて何處, ふ裏戸のわき, ふ裏手一帯の劇, ふ裏町のお, ふ補償であるから, ふかな, ふ裸身を雪子, ふ製作の心理, ふ製造は昨晩, ふを白く, ふ襦袢の襟, ふ西も東, ふ西の京吾事終へつと, ふ西崎も康子, ふ西洋かぶれの幣, ふ西洋人形のやう, ふ西洋式の実に, ふ西洋料理へ初めて, ふ西洋語の音訳, ふ西渓叢語の泉舂, ふ西班牙馬に相違, ふ西行法師の山家集, ふあらむ, ふ要するに俺は, ふ要するにまあ妙な, ふ要件いろ, ふ要素を世界, ふ見えで傍, ふ見事な呑みつぷりだか, ふ見易いことは, ふ見晴しが, ふ見極めを付ける, ふ見物人に交, ふ見知らぬ人から, ふ見立てで, ふ見苦しい石だらう, ふ見込みでした, ふ規格に大小違, ふ規矩は殊に, ふ規那皮であらう, ふ覗き孔に利用, ふ親しき友の, ふ親仁ぢや, ふ親分さんは, ふ親切の押売, ふ親子関係は極めて, ふ親族的関係の人, ふ親船だか, ふ観音堂に楽書, ふあるまで, ふ觀世音の樂土, ふ觀念さへ私, ふ觀想は通常, ふ觀音樣の境内, ふ角膜はいつも, ふ角袖外套のうつり, ふ角鹿の蟹樣, ふ解法が浮んだ, ふ解脱に対する, ふ解釈法を先生, ふ触れ込みの患者一人, ふれ込み, ふ言つて了ふと, ふ言ひまはしであつ, ふ言分がある, ふ言廻しがあります, ふ言葉ぐらゐ通俗的になつ, ふ言葉はくたぶれると, ふ言葉也と反省, ふ言葉使ひが, ふ言葉国つ罪, ふ言葉学校といひ, ふ言葉我々の使つて, ふ言語伝承と言, ふ言辞のもと, ふ言辭の上, ふ言靈の搖, ふ計あゝ此樣な, ふ計画中の都市, ふ訓戒じゃ, ふ訓示をした, ふ訓言は真理, ふ託宣の形, ふ取酔翁語, ふ記号をば飛, ふ記念品になつて残つて, ふ記念日に当りまし, ふ記憶法でありますが, ふ記者が居る, ふ記載例もある, ふ訣ぢやありません, ふ訪問したの, ふ設備をし, ふ訳文をし, ふ訳此処まで挽い, ふ診断なの, ふが交つて, ふ註文が来た, ふ註文ぢやありません, ふ註釈を施す, ふに充つべき, ふ証拠さへ立つ, ふ証明は十分, ふ証書を書け, ふ詐僞の行爲, ふ詔勅が出, ふ詔旨でもあつ, ふ評定ぢや, ふ評論陣に於, ふ詞書があつ, ふ詞沢山の神経質, ふ詞澤山の神經質, ふに, ふ試験を実行, ふ試驗の記事, ふ詩体を考へ出した, ふ詩句も春草堂詩鈔, ふ詩情豊かな寂光土, ふ詩篇の句, ふ詩語の外, ふ詰責の文句, ふ話さへ持ち出した, ふ話それに驚く, ふ話やつたが, ふ話手口は井筒屋, ふ話振りと云, ふ話東が北海道, ふ話聲が聞えた, ふ話題は少く, ふ詳状を左, ふ誇張した話, ふ認可が下りる, ふ誓文を立てる, ふ誘惑がない, ふ語さへも霊, ふ語りてわが大いなる, ふ語前にあゝ, ふ語原不明の近代語, ふ語原説話が行, ふ語句が来なく, ふ語形を採る, ふ語自身神道から出た, ふ語部の口, ふ語類を集めた, ふのしるし, ふ誠に目も, ふ誠心より三度天, ふ誤りはある, ふ誤信を大いに, ふ誤訳を踏襲, ふ説教所を開始, ふ説経らしいもの, ふ読み方をした, ふ読者も出, ふ調べの上, ふ調和を度外視, ふ調子放歌の激, ふ調庸二年を復し, ふ調理した喰, ふ談話をされた, ふ請求をした, ふ請願人を政府, ふせよ, ふ論客である, ふ論斷がし, ふ論旨だった, ふ論法通り或男, ふ諫諍の趣, ふ諷刺小唄をおも, ふ諷刺画を描い, ふ諷刺的の名作, ふ諸人の道, ふ諸侯の肝, ふ諸君が人形町, ふ諸国噺の一つ, ふ諸家に少し, ふ諸弱點を, ふ謂ふところ国民性とは何ぞ, ふ謂れがある, ふ謙一の友人, ふ謙徳を見せ, ふ講義を面白, ふ講談を讀ん, ふ講談筆記にもあれ, ふ講釈師許りがか, ふ謝礼とをどちら, ふ謬説行われそれ, ふ證例である, ふ證徴を持つた, ふ識者に問, ふ警察へ來たん, ふ警戒でもする, ふ譬喩的表現であるが, ふ譬喩表現が次第に, ふ譯此處まで挽い, ふ譯語もなかつた, ふ議員は非常, ふ讀書をする, ふ讀者に向, ふ讃め名で書かれ, ふ讃め辞を酬いられず, ふ讃美の語, ふ讃美歌で自分, ふ讃詞は天子, ふ讃辞に懐疑的, ふ變つた呼び名で呼びかけ, ふ變態な社會政策, ふ變質風な性格, ふ變遷の如く, ふ讚歌の起句, ふ谷中村水利の爲め池沼, ふ谷地田の日かげ瀬, ふ谷間には, ふ豆腐一丁三銭ヤツコで味, ふの玩具, ふ象形文字の起原, ふ豪い人物だ, ふ豪奢な性質, ふ豪家昔八棟造りを建つる, ふ豪族が此處, ふ豫定でその, ふ豫感がし, ふ豫期があり, ふが住ん, ふでも過去, ふ貝殻のついた, ふ負け惜しみであつ, ふ財布には一銭銅貨, ふ貢さんの阿, ふ貧しい農婦等, ふ貧乏はなか, ふ貧乏人はユウウツ, ふ貧弱と化した, ふ貧民が木, ふ貧者の心配, ふ貫一が一種, ふ貫兵衞の顏, ふ貴人に逢, ふ貴兄をし, ふ貴方の證書通り, ふ貴族や寺院, ふ貴様は, ふ貴殿は河鰭氏, ふ貴重品は鄭重, ふ買つた家屋は呉れる, ふ買つた所がなん, ふ買物になる, ふ貸席をたづ, ふりが, ふ貼り紙に洒脱, ふ賀名生に脂桃, ふ資挌のない, ふ資本と知り, ふ資格以上の自信, ふ資金の必要, ふかな周囲, ふ賑やかな時, ふはあらじ, ふ賞与は少し, ふ賞讚は彼, ふ賞賜である, ふ賢い女人たちの, ふ賢哲といへ, ふ賢明な文化政策, ふい家業, ふ質のであるから, ふ質屋の後, ふ賭博をも打つ, ふ贅沢な語, ふ贔屓の引きた, ふ赤い縞は, ふ赤光の谷, ふ赤児がおとなしい, ふ赤子とは赤ン坊, ふ赤彦ははや, ふ赤染衞門はもう, ふ赤馬車と大川筋, ふ赭ら顔の頭, ふ赭髯緑眼の男, ふ起臥も早, ふで山路, ふ越後の米つき百姓, ふ越後屋の伜, ふ越路なり其日, ふ趣味低きミユーヂカル, ふ足もとに飛ん, ふ足柄山に入りぬべく, ふ足長蜂の羽, ふ足音の聞こ, ふ距離をおい, ふを見ぬ, ふ跪拜に價, ふ路地の木, ふ踊子を掩, ふ踏み台だけはどこ, ふ踏臺はあるだらう, ふを追, ふ身ぶり狂言の能, ふ身体を何物, ふ身心洞然として, ふ身構へだ, ふ身私しには, ふ身許の知れぬ, ふ身請の為方, ふの雪枝, ふ車京へとり, ふ軒燈のすぐ, ふ軒端に梅, ふ軟派と時流, ふ転び伴天連が踏絵, ふ軽い好奇心に, ふ軽はずみな事, ふ軽佻を, ふ軽便鉄道は何れ, ふ軽捷な愛, ふ軽業が不可能, ふ軽蔑が潜ん, ふ轉歸である, ふ轎椅子に乗つた, ふ轟雷高きクロニオーン, ふ轢死人のない, ふさよ, ふ辛くして, ふを挿むの, ふ辞書に対してアカデミー, ふの定義, ふ辭歐言にては的譯, ふ辯護説もある, ふ農夫一人の匍匐, ふ農婦が來, ふ農学博士あれば, ふ農学校に寄つたら, ふ農家はない, ふ辺りにその, ふ迄に風光の, ふ迄には散佚し, ふ近世的な商業, ふ近代の戯曲家, ふ近代マニヤ連中の内, ふ近代生活の太, ふ近代的な感動, ふ近臣が試食, ふ返しであつ, ふ返答をした, ふ述懷を作つた, ふ迷信さへ加はつ, ふ迷信家のため, ふ追想やら思索, ふ追慕の涙綿綿, ふ追手と西裏口, ふ追風に, ふ退院するの, ふ表現も, ふ途上實に基本的意義, ふ途中あんたにだけ見せ, ふ途中ウィンナベーカリーで又, ふ途中ガラツ八は相, ふ途中此処を通り, ふ途中雲平居を訪ねる, ふ途端に既に, ふ途端夕風さつと, ふ通それはどう, ふ通りおれは子供ぢ, ふ通りそれは可愛い, ふ通りまちがひねえだらう, ふ通りヒロシは一滴, ふ通りポオやボオドレエル, ふ通り一種の狂人, ふ通り二人ともちやん, ふ通り亭主や女房, ふ通り人間の本能, ふ通り今日中に引拂, ふ通り会はない, ふ通り健全に育つ, ふ通り内から出, ふ通り半ばそらつか, ふ通り口を閉ぢ, ふ通り名の家, ふ通り君の恥辱ぢ, ふ通り喜三は苦味, ふ通り大抵な所, ふ通り女が顔, ふ通り学校はハア, ふ通り學校はハア, ふ通り巾着切で奉行所, ふ通り庄司家から頼まれ, ふ通り得物が深々, ふ通り悪縁には差, ふ通り拔群の美しい, ふ通り散歩は嫌ひなん, ふ通り日本現代語の混亂, ふ通り梅子の結婚談, ふ通り次の瞬間, ふ通り此処の部屋, ふ通り武家育ちらしい堅苦し, ふ通り現今の日本, ふ通り理窟の解る, ふ通り當てにならない, ふ通り確かに, ふ通り福松と一緒, ふ通り禿茶瓶には相違, ふ通り空気銃は先生, ふ通り老少不常, ふ通り育の字, ふ通り自分からそれ, ふ通り色事に十手, ふ通り色恋の捌, ふ通り言葉は如何なる, ふ通り豊かでないの, ふ通り隆法の寺, ふ通り隱しやう, ふ通り音色が発する, ふ通り風の如く, ふ通り養生おしよ, ふ通俗な意味, ふ通信が載, ふ通口の辺, ふ通子爵の令嬢, ふ通弊として隨分曖昧, ふ通母の客間, ふ通稱を持つた, ふ通路にも当らない, ふましきこの, ふ造化なり, ふ連れのある, ふ連尺を細帯, ふ連山と怒, ふ連衆が書い, ふ逸事を学んだ, ふ逸樂に誘はれる, ふ逸物一類がある, ふ遁辞を作りなさる, ふ遊山宿乃至温泉, ふ遊廓町を控, ふ遊民か其外店, ふ遊金がある, ふが與, ふ運動場裡を退出, ふ差, ふだに無く, ふ道づれのある, ふ道のへの桑, ふ道ばたに蒲公英, ふ道具店の前, ふ道具立と一致, ふ道士が此処, ふ道如何が今や, ふ道徳が現在, ふ道徳主君の命令, ふ道徳感に顧慮, ふ道徳戰場に出, ふ道徳的な判断, ふ道徳的観念を持つ, ふ道徳經ばかりで, ふ道教は莊周, ふ道断さは不埒, ふ道楽といふもの, ふ道楽気だが, ふ道理万が一にも仕損じ, ふ道行きぶりに道順, ふ達磨の事, ふ達者な人達, ふ違ひでせう, ふ遠山の桜色, ふ遠方の伽藍, ふ遠縁の娘, ふ遠藤殿の思召, ふ適當な家, ふ適評が聴い, ふ遺憾は日本, ふ遺誡をふりかざし, ふ遺風で此例, ふぞ, ふ那覇港が青い, ふみが, ふ邪神好んで, ふは二つ以上, ふ郡民もまた或は, ふ郤含に短刀, ふ部下のドンコサック, ふ部分上の個所, ふ部族に屬, ふ部落民に生れた, ふ郷曲の風情, ふ都々逸を賞め, ふ都会の誘惑, ふ都市がホロフェルネス, ふ都府の北, ふ都鳥の白粉, ふ配給がありまし, ふ酒ほかひの, ふ酒亭のヴエランダ, ふ酒場の若い, ふ酒壺洞君もやつ, ふ酒肴の御馳走, ふ酒蔵の, ふ酔中の私, ふ酔生夢死といふやう, ふ酷い目に, ふ醉興をし, ふ醜い黒ん坊の, ふ醜婦が會計, ふ醜態だ女, ふ醤油が要る, ふ醫師鷹取長松庵に容態, ふ里言にこすき, ふ重々しい全体の, ふ重器は何, ふ重大な事件, ふ重役のものニ申聞候間, ふ野仲をノヅチ, ふ野獣を追, ふ野良犬みたいに向かふ, ふ野薔薇に似た, ふ野蛮な事件, ふ野蛮思想から軽, ふ野辺の帰り日, ふ野馬や現存, ふ金ぢやない, ふ金円は有り, ふ金切り声を聞いた, ふ金右衞門に取, ふ金属性の声, ふ金港堂の計画, ふ金漆が既に, ふ金田一先生の弟さん, ふ金看板を掲げた, ふ金眸は年, ふ金箔ばかりけばけばしい, ふ金縞の蜘蛛, ふ金花の行状, ふ金谷園裏の春, ふ金貸をし, ふ金貸業者の名前, ふを鍛, ふばかりで, ふ釜貞への註文, ふすらも無き, ふ釣瓶井戸があつ, ふ釧路新聞社の前, ふは引き分け, ふ鉄兜童なりけり敵, ふ鉄砲の名手, ふ鉄道部員達のただならぬ, ふ鉄鈷雲は雨雲, ふ鉢植の世話, ふ銀之助の眼, ふで出来た, ふ銅鑼が一つ, ふ銘酒山盛りの菰冠, ふ銷沈煩悶或は悶死, ふ鋭い鑿燒印は, ふ鋳物師がある, ふ錦江近西煙水緑, ふ錯覚が起つた, ふ鍋鳥鍋鴨鍋御寿司, ふ鍛錬の汗, ふ鎖帷子や鎧, ふ鎖陽は野馬, ふに輝き, ふ鎧物の具引きかけ引き締め, ふ鎭魂や上巳, ふ鎭魂術であつ, ふ鎮舞から出, ふ鏑矢みれば, ふの小さい, ふ鐵兜童なりけり敵, ふ鐵路も末遠く, ふ鐵鈷雲は雨雲, ふ長くなりますわ, ふ長安の酒徒, ふ長山では屈指, ふ長岡へ老い, ふ長崎屋なら江戸中, ふ長州宿へ往つて, ふ長柄の網, ふ長椅子に身, ふ長男の如き, ふ長篇を出し, ふ長閑な楽, ふ門口まで飾り立てたる, ふ門弟たちの劍術, ふ門札が懸け, ふ門附の類, ふ開き戸から鰒玉和歌集, ふ間傍に立つ, ふ間十の角, ふ間君にだけそれ, ふ間彼女の表情, ふ間行衛不明になつ, ふ間言つてゐた, ふ間諜のやう, ふ間違つた推察をすべて, ふ間違つた考へを起し, ふ間頭のぎりぎり, ふ関聯がある, ふを造り, ふの裡, ふ閲歴をし, ふ闇ただよふ, ふ闇はたへがたう, ふ闇夜かな, ふひの, ふ闘ひも肉体的に彼, ふ關根名人の磊落性, ふ阿房どもぢやらうその, ふ阿波屋が物置, ふ附会説が出来た, ふ附属物が沢山, ふ附添へ物, ふ附近にでもある, ふ限りすべての罪惡, ふ限りわが国の演劇界, ふ限りわたしが斷, ふ限り史實を探つ, ふ限り吾等は決して, ふ限り完全に事實, ふ限り害もなく, ふ限り己が愛馬, ふ限り悠悠たる妙境, ふ限り意識して, ふ限り我は汝, ふ限り職業と考へ, ふ限り脚で歩い, ふ限り自己の職責, ふ限り自由詩は確か, ふ限り過去の私, ふ限界をはつきり, ふ限界さへ崩れ, ふ陛下国家の為め, ふ院僧が歩み寄つた, ふにこそ咲き, ふ陰々たる律, ふ陰口を逞しく, ふ陰影深い語, ふ陰気な小屋, ふ陳腐な事実, ふ陳述をした, ふ陷沒が起つ, ふ険悪な恐怖, ふ陽明學者がある, ふ陽気だから, ふ陽氣な景氣, ふ陽氣さがいつ, ふ陽炎に袖, ふ階下の亭主, ふ階子段があつ, ふがつて, ふ随筆中に談, ふより始めよ, ふ隙間もない, ふ隙間天井廂合から流込む, ふ際どい所で, ふの家, ふがつて, ふ隨つてやかましくも, ふ隨分ゾツトする小説, ふ隨筆がある, ふさず我, ふよりほか, ふの声, ふ雄心の, ふ雅びた語の面白味, ふ雅号で子規居士時代, ふ雅名で総称, ふ雅楽寮の日本楽部, ふ集つて来た大勢, ふ集合體の上, ふの細み春, ふ雑務に鞅掌, ふ雑多な品物, ふ雑木原あゐ, ふ雑業も入込みし, ふ雑煮餅の宴会, ふ雑誌一つならず, ふの目, ふ雙刄の刀, ふと癪持, ふ雜報にはアヌンチヤタ明日登場, ふ雜多な取組, ふ雜木原あゐ, ふ離れ業は八十八段, ふ難所に少し, ふ難渋な処, ふ難破船が最後, ふ難題です, ふ雨乞ひの, ふ雨声が滝, ふ雨漏りの水, ふ雨靄の和ぎ, ふ雨音以外に何, ふ雨風に傘, ふ雪塊を吹きつけ, ふ雪柳君が門辺, ふ雲母岩の光, ふ雲雀の唄, ふ零落したロシヤ人, ふ零落者で混ん, ふ雷霆の神, ふ電灯のひかり, ふ電燈料も払, ふ電線に, ふ電蓄にレコード, ふ電車表情を失つた顔, ふ震えが出, ふ霊怪な物, ふ霊物と確信, ふ霜夜かな, ふ霜田つづきを, ふの世, ふ露けき空気は, ふ露店の街区, ふ露西亜人の姉妹, ふ露骨な自負, ふびかり, ふ青く古ぼけた本, ふ青しその香, ふ青垣鵄は舞, ふ青年文学者の出る, ふ青年画家が月毎, ふ青春の唄, ふ青梅線のそれに, ふ青竹へ出, ふ青色のこの, ふ青銅輝きて, ふ静かな場所, ふ静かさの中, ふず, ふ非人のする, ふ非凡の腕力, ふ非戦論に絶対, ふ面々は此, ふ面倒な事, ふ面影は, ふ面影さへ俯, ふ面持全くは, ふ面白いだらう, ふ面白くなるもの, ふ面窶れした顔, ふ面色した坊主, ふ面長な眼, ふ革命者の心持, ふの尖, ふ靴工蜜を嘗める, ふ音さへ聞かれ, ふ音それは風雨, ふ音引開けようと, ふ音是が響かない, ふ音楽としては神, ふ音楽上の様式, ふ音樂はドスン, ふ音筋肉と筋肉, ふ音色の, ふ音韵の分化, ふ音韻形をとつて, ふをきはめた, ふ頃ろ自由党は閣下, ふ頃ろ自由黨は閣下, ふ頃一夜矢張り十一時過ぎ俺は三階, ふ頃七人の子供, ふ頃坊たちがをら, ふ頃船は岩城島, ふ頃験べたのであるが, ふ順位で支那住民, ふ順次でそのいわゆる, ふ須成少女ぞ, ふ須磨の浦にて, ふ頌詠にてその, ふ頓智だらう, ふ頓狂な掛声, ふ領分にはひる, ふ領巾と二つ, ふをばひたしぬる, ふを差, ふ顏かたちの女, ふ顏我等づれに勿體, ふ顏色を讀む, ふ顔つきだつた, ふ顔剛一は打ちまもりつ, ふ顔少女は媚, ふ顔面の, ふ顕耀院道喜正元居士, ふ顕要の地位, ふ願ひもさう切實, ふ願慾を有しつ, ふ願泉寺檀徒の講衆, ふ類例から推す, ふ類型で推す, ふ類型式な理会, ふみ方, ふ風なかたちで淡く, ふ風俗なりし筈, ふ風俗諺のもある, ふ風態の何となく, ふ風月元と価, ふ風流なる柴垣, ふ風流人の淫行, ふ風潮に對, ふ風神との約束, ふ風聞に高津宮, ふ風雅なしづか, ふ風雨の響き, ふ風雲のけしき, ふ風體の人間, ふ飛行機に乗つ, ふ飛躍は僕, ふ飛道具が投槍, ふ食慾不振がいよ, ふ食通などはお, ふ食道楽者を真似, ふ食道癌の兆候, ふ飮ざるも亦, ふ飮むの三道樂に身, ふ飯そのものの味, ふ飯田で病みついた, ふ飴屋の甚助, ふ飼葉を喰, ふ飽くまでも堅く私, ふ飾りの人物, ふ養命保身と申す, ふ養母はお, ふ養育法をやり, ふ養蚕を為る, ふもなく, ふ餓ゑた烏の群, ふりだぜと, ふ餘計な世話, ふ餞別を貰, ふ首府ですからね, ふ首途であつ, ふのそら, ふ香ばしい息, ふ香春岳はやつぱりいゝ, ふ香煙一縷をり, ふのあの, ふ馬の背の客, ふ馬場要の顏, ふ馬来の大蛇バイソン, ふ馬槽の前, ふ馬流の小僧, ふ馬蹄の塵, ふ馬車が用, ふ馬鹿息子がある, ふ駄夫の気配, ふ駅員の靴, ふ駅舎に見立てた, ふ駻馬に跨, ふ騒きがあつて, ふ騒ぎぢや, ふ騒音だつた, ふ騷ぎです, ふ騷ぎをいたしましたが俵屋の大, ふ騷ぎ方だらう何故, ふ騷ぎ木戸へ飛出す, ふ騷ぎ母は猶, ふ驚異と敬意, ふを經, ふ驢馬が居なくなり, ふ骨折候事ニ間違も出来, ふ骨骼をそ, ふ骸炭に足, ふ體温お品, ふ體苦心苦の辛, ふ體裁なん, ふ體驗からであらう, ふ高き岡べに, ふ高くかしこに, ふ高大の理想, ふ高尚な書物, ふ高島の三尾, ふ高張提灯の見える, ふ高慢な心, ふ高津川の鮎, ふ高瀬船へ頼ん, ふ高熱で普通, ふ高田屋の店, ふ高田氏からの交渉, ふ高等学校の先生, ふ高等師範出の女, ふ高等文官の受験生, ふ高級巫女が天子, ふ髪の毛を一掴, ふのぢぢ, ふ髭長の影, ふを借り, ふ鬢櫛山は早, ふ鬱憂のうねり, ふ鬱陶しさが, ふ鬼火が思い出された, ふ鬼趣を得た, ふ魂棚の可, ふ魏志に謂, ふ魑魅魍魎の如く一時, ふにさては, ふ魔法の力, ふ魔神には引く, ふ魚すきへ行く, ふ魚海豹に化す, ふ魚野川此山の後, ふは皆阿久津附近, ふです, ふ鰒珠ひりは, ふ鰻屋の門口, ふのお, ふ鳥屋のひま, ふ鳳凰の, ふ鳶尾草に似た, ふ鴈治郎びいきの娘たち, ふの数, ふも必要, ふの如, ふ鷹匠あり, ふ鷹島の側面, ふになつ, ふか苧, ふ麻利耶の像, ふ麻雀牌の音, ふ黄いろい薔薇が, ふ黄昏よ, ふ黄金丸鷲郎も尋常, ふ黒い神様は, ふ黒パンの外, ふ黒人の人形, ふ黒子のやう, ふ黒尉は其上更, ふ黒岩万五の方, ふ黒幕通しの波手摺, ふ黒影が二つ三つ, ふ黒木赤木のませ, ふ黒木長者の孫右衞門, ふ黒潮に, ふ黒犬を従え歩いた, ふ黒衣とは僕, ふ黒門町のお初, ふ黒雲を, ふ黒馬と黒馬, ふ黒髪を掩, ふ黒髮と峻嶺, ふ鼠色の太い, ふ鼻付何がえらい, ふ鼻唄にごう, ふ鼻髭を縁側, ふ齒車のやう, ふ齢ぢやなし, ふ龍まきなるもの, ふは昨夜