青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ね~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

にわかに~ ~ぬ ぬ~ ~ぬい ぬい~ ~ぬけ ぬけ~ ぬる~ ぬれ~ ~ね
ね~
~ねえ ねえ~ ~の の~ ~のせ のせ~ ~のぞい のぞい~ ~のち のち~

「ね~」 25896, 249ppm, 386位

▼ ね~ (22139, 85.5%)

5105 ならぬ 1408 ならない 892 ならぬと 814 なりません 770 ならなかった 574 ならぬの 534 ならぬこと 470 ならないの 338 ならなかつた 330 ならぬという 329 なるまい 238 ならん 192 ならぬもの 181 ならないと 171 ならないこと 156 ならぬが 133 ならぬよう 127 ならぬ事 125 なりませぬ 120 ならなかったの 83 ならぬから 77 ならぬか 70 なりますまい 60 ならぬので 59 ならぬであらう 58 ならないという, ならぬといふ 56 ならなくなった, ならぬ時, なるまいと 55 ならぬ筈 54 ならないが 53 なりませんでした 51 ならんの 49 ならなくなる, ならぬ理由 46 ならないもの, ならなかつたの, ならぬやう 45 ならないよう 44 ならないから, ならぬし, ならぬところ 43 ならないので 42 ならぬであろう 38 ならぬ場合, ならぬ必要 37 ならぬとは 36 気が 32 ならぬ運命 31 ならなくなつ, ならぬだろう, なりませんが, よいが 30 ならなかったが, ならなくなりました, ならんと 29 成らぬ 28 ならぬほど 27 ならぬかと 26 ならないし, ならぬはず, ならぬほどの, ならぬ様 25 ならないだろう, ならぬぞ, ならぬ程 24 ならないはず, ならない筈, ならぬ人, ならぬ処, よいがと 23 ならず, ならぬわけ, ならぬ義務, ならんという 21 ならないか 20 ならなかったこと, なりませんから 19 ならなかったか, ならぬかという, 生きて 18 ならないやう, ならない事, ならない時, ならなくなって, ならぬ羽目 17 ならないわけ, ならなかったので, ならぬ身, よかった 16 ならぬかも, ならぬそれ, ならぬ点 15 いけない, ならなかったから, ならぬ所, ならぬ破目, 成らなかった 14 ならずそれ, ならぬとか, ならぬ問題, ならんが 13 ならないであろう, ならぬその, ならぬとき, 成らぬと

12 [15件] いかん, ならずその, ならずまた, ならず又, ならないで, ならぬかを, ならぬとの, ならぬに, ならぬ事情, ならぬ立場, ならぬ訳, ならぬ責任, なりませぬぞ, なりませんよ, なるまいが

11 ならないでしょう, ならないといふ, ならないほど, ならないん, ならなくなったの, ならぬかの, ならぬ用事

10 [17件] いかんと, ならないとき, ならないところ, ならないのに, ならない場合, ならない理由, ならない羽目, ならなかつたが, ならなくな, ならぬこの, ならぬのに, ならぬ仕事, ならぬ日, ならぬ時代, 困る, 自分の, 駄目だ

9 ならず従って, ならないそれ, ならなくなるの, ならぬお, ならぬとも, ならぬ所以, ならぬ者, ならぬ自分, やまぬ, 気の

8 [11件] いいが, ならない人, ならなかったと, ならぬなり, ならぬほどに, ならぬゆえ, ならぬ境遇, ならぬ故, ならぬ私, ならん事, なりませんし

7 [22件] いけないと, ならない処, ならなかったし, ならなかったもの, ならなかつたか, ならなかつたから, ならなかつたので, ならぬかは, ならぬでは, ならぬ人間, ならぬ大, ならぬ性質, ならぬ状態, ならぬ用, ならぬ義理, ならぬ訣, なりませぬゆえ, なるまいという, 可け, 成らない, 成らぬ事, 氣が

6 [19件] ならずそして, ならないかを, ならないほどの, ならない必要, ならない性質, ならない義務, ならぬかが, ならぬけれども, ならぬで, ならぬ時機, ならぬ気, ならぬ道理, ならんから, ならんこと, なりませぬか, なりませぬが, 成らないよう, 承知せぬ, 相成らぬ

5 [50件] いかぬ, ならずと, ならず彼, ならず私, ならないかと, ならないなんて, ならない破目, ならなかったという, ならなかったところ, ならなかつたこと, ならなかつたし, ならぬからと, ならぬさ, ならぬしかも, ならぬため, ならぬだろうと, ならぬとしても, ならぬなどと, ならぬは, ならぬ不便, ならぬ乎, ならぬ二人, ならぬ使命, ならぬ場所, ならぬ大切, ならぬ女, ならぬ宿命, ならぬ時期, ならぬ最初, ならぬ樣, ならぬ歴史, ならぬ気持, ならぬ約束, ならんで, ならんよう, なりませんぞ, なりませんね, やがて岩牀, よいの, 何事も, 好いがと, 子が, 少しは, 已ま, 感情を, 成らないと, 物は, 相なりませぬ, 私は, 置かぬ

4 [82件] いいがと, うそだ, すぐに, ならずしかも, ならずそうして, ならず夫, ならないだろうか, ならないとの, ならない人間, ならない日, ならない状態, ならない運命, ならなかったかを, ならなかったであろう, ならなかったに, ならなかったり, ならなかった所以, ならなかつたで, ならなかつたもの, ならなかつたり, ならなくなったこと, ならなくなった時, ならなくなるから, ならぬかといふ, ならぬかとか, ならぬそして, ならぬだろうか, ならぬといった, ならぬとして, ならぬまた, ならぬ事実, ならぬ人々, ならぬ位, ならぬ何, ならぬ余, ならぬ因縁, ならぬ妻, ならぬ彼ら, ならぬ故に, ならぬ日本, ならぬ本, ならぬ機会, ならぬ次第, ならぬ理想, ならぬ生活, ならぬ男, ならぬ苦しみ, ならぬ要素, ならぬ資本, ならぬ身の上, ならぬ重大, ならぬ重要, ならぬ関係, ならぬ限り, ならんか, ならんかと, ならんし, ならんぞ, ならんよ, なり, なりませんそれ, なりませんな, なりませんの, なりませんので, なるまいかと, なるまいぞ, わからぬが, 余は, 勝手に, 心が, 成りません, 我は, 歌は, 止むこと, 止むまいと, 此の, 此方も, 義理が, 老いて, 腹が, 虫が, 誰も

3 [138件] いけないの, いけないん, お主大事, ぜひも, そのままに, た, だめだ, だめである, ならずこの, ならずさ, ならずそう, ならずそこ, ならず今, ならず彼女, ならず情, ならず第, ならないそういう, ならないだらう, ならないとは, ならない一つ, ならない大切, ならない所, ならない時代, ならない次第, ならない私, ならない程, ならない責任, ならない身, ならない順序, ならなかったかが, ならなかったかという, ならなかったでしょう, ならなかったほど, ならなかったよう, ならなかったろう, ならなかった処, ならなかった時, ならなかった理由, ならなかった筈, ならなかつたと, ならなかつたといふ, ならなくなったが, ならなくなります, ならなくなるだろう, ならぬしきたり, ならぬそう, ならぬそんな, ならぬぞと, ならぬぞよ, ならぬだらう, ならぬところが, ならぬとて, ならぬみづから, ならぬよ, ならぬわが, ならぬ一つ, ならぬ之, ならぬ今, ならぬ原因, ならぬ地位, ならぬ大きな, ならぬ奴, ならぬ始末, ならぬ役目, ならぬ彼, ならぬ御, ならぬ心, ならぬ必然性, ならぬ此, ならぬ殊に, ならぬ決心, ならぬ第, ならぬ罪, ならぬ言葉, ならぬ路, ならぬ道, ならぬ部分, ならんど, ならんな, なりますまいが, なりませぬので, なりませんけれど, なりませんでしたが, なりませんと, なるまいから, なるまいて, なんねえ, なんねえ事, なんの, やまぬの, よいと, 一人前の, 一日も, 串談も, 人を, 今日は, 他愛の, 先生の, 分からない, 分らない, 分らぬが, 判らぬが, 可哀そうだ, 声を, 大人までも, 姉さま嫌ひ, 宜いが, 家の, 少しも, 彼は, 御燈明一つ, 心ならね, 心も, 心元なく, 意味が, 愚痴の, 成らず大, 成らぬかも, 成らぬ者, 成るまいぞと, 承知を, 救わぬと, 文を, 最初は, 本当の, 止まぬ, 生命が, 相ならぬ, 相成らん, 相済まぬ, 私の, 笑ひかけた, 訣らぬ, 貰ふ, 跡より, 過ぎし故郷, 面白くない, 駄目な

2 [431件] あかめし顔, あとの, あのこと, あぶないと, いかぬと, いかんぞ, いかんよ, いけないところ, いけないもの, いささか心, いつでも, いつに, いられぬという, いられぬもの, ええな, おかない, おかないの, おかぬとの, おのづか, おれは, お互, お邸, ここの, このまま, この胸, これから東京, これだけは, これは, すまぬと, せっかくの, せめては, その上, それが, それまでの, それも, ただ二人, ただ二木, ただ竹, とんだこと, どこの, どのよう, ならずおまけ, ならずかく, ならずしたがって, ならずそのうえ, ならず且つ, ならず何等, ならず北海道, ならず古い, ならず如何, ならず小説, ならず我々, ならず數, ならず次, ならず然, ならず現実, ならず逆, ならず非常, ならないお, ならないかという, ならないかの, ならないかも, ならないからと, ならないけれども, ならないじゃ, ならないその, ならないぞ, ならないため, ならないって, ならないでは, ならないとして, ならないなどと, ならないなら何, ならないね, ならないほどに, ならないもっと, ならない事柄, ならない今, ならない大きな, ならない女, ならない家, ならない必然性, ならない惨め, ならない或, ならない旧, ならない時刻, ならない条件, ならない様, ならない樣, ならない気, ならない気持, ならない立場, ならない結果, ならない義理, ならない自分, ならなかったけれども, ならなかったとき, ならなかったのに, ならなかったらしい, ならなかったわけ, ならなかった一人, ならなかった事, ならなかった私, ならなかつたその, ならなかつたやう, ならなかつた時, ならなかつた訣, ならなくて, ならなくなったから, ならなくなった訳, ならなくなりそう, ならなくなるという, ならなく出来て, ならなん, ならぬかとも, ならぬかに, ならぬからな, ならぬくらい, ならぬけれど, ならぬこれ, ならぬしかし, ならぬそれほど, ならぬた, ならぬであろうと, ならぬとさえ, ならぬとでも, ならぬとまで, ならぬどんな, ならぬなら衆生, ならぬなんと, ならぬね, ならぬほどまで, ならぬわい, ならぬわたくし, ならぬを, ならぬハメ, ならぬ不幸, ならぬ不自由, ならぬ不自由さ, ならぬ世の中, ならぬ世界, ならぬ事柄, ならぬ二つ, ならぬ人家, ならぬ人物, ならぬ今日, ならぬ今死, ならぬ仕儀, ならぬ以上, ならぬ仲, ならぬ任務, ならぬ位置, ならぬ何物, ならぬ個所, ならぬ儀, ならぬ儀式, ならぬ入口, ならぬ凡て, ならぬ労働, ならぬ命令, ならぬ唯一, ならぬ商売, ならぬ多く, ならぬ大道, ならぬ夫, ならぬ如く, ならぬ娘, ならぬ季節, ならぬ家庭, ならぬ屈辱, ならぬ川, ならぬ忌, ならぬ急用, ならぬ悲願, ならぬ情な, ならぬ情ない, ならぬ愚かし, ならぬ折, ならぬ損, ならぬ新しい, ならぬ方, ならぬ旅, ならぬ是, ならぬ時勢, ならぬ時節, ならぬ時間, ならぬ暗示, ならぬ本来, ならぬ東京, ならぬ根拠, ならぬ正当, ならぬ此点, ならぬ母, ならぬ法律, ならぬ深い, ならぬ瀬, ならぬ火急, ならぬ然, ならぬ父, ならぬ理屈, ならぬ理窟, ならぬ用向き, ならぬ相手, ならぬ眠い, ならぬ知識, ならぬ神, ならぬ科, ならぬ程度, ならぬ積極的, ならぬ窮地, ならぬ筋合い, ならぬ絶対無上, ならぬ罪業, ならぬ義理人情, ならぬ自身, ならぬ芸術, ならぬ苦い苦い, ならぬ苦し, ならぬ苦衷, ならぬ薄給, ならぬ處, ならぬ衣服, ならぬ規範, ならぬ親, ならぬ角, ならぬ諸, ならぬ諸君, ならぬ責任感, ならぬ貴方がた, ならぬ貴重, ならぬ資格, ならぬ身ゆえ, ならぬ身分, ならぬ連歌師, ならぬ面倒, ならぬ驚歎, ならぬ點, ならねえす, ならねもん, ならんその, ならんところ, ならんとは, ならんので, ならん仕事, ならん天職, ならん理屈, ならん者, なりませぬから, なりませぬと, なりませぬな, なりませんか, なりませんでしたし, なりません爾, なるまいがな, なるまいとか, なるまいとの, なるまいな, なるまじき人, なんね, なんねえ訳, まち人戀ふる, ものも, やまないよう, やまぬという, やまぬもの, よしも, わからない, わからぬ, わかるまい, わしは, ゐられなかつた氏, クセに, クロステル街まで, ダメらて, ホントの, 一分が, 一重といふ, 万事歯痒い, 不可である, 不自由ダと, 了け, 了ません, 人の, 人間らしくも, 今は, 仕方なく, 他の, 何か, 何の, 何處へ, 元の, 元より, 兎角に, 児の, 公平を, 分らぬこと, 分らぬよう, 分らん, 分りませんが, 別段拝借, 前座敷, 前後せばまらず, 動かせないよう, 千秋の, 古い詞章, 合点が, 名も, 喜び顏つら, 困るじゃ, 困ると, 国と, 国の, 地獄に, 埒が, 塔破壊され, 外に, 太宰の, 夫は, 奪掠の, 女房も, 姉上は, 子らは, 容易に, 少くとも, 居まいとも, 庭も, 役人は, 徒らに, 心の, 意を, 意味を, 愚意試に, 戀しい, 成らないこと, 成らなかったから, 成らなかつた, 成らぬか, 成らぬかと, 成らぬが, 成らぬこと, 成らぬとは, 成らぬの, 成らぬ筈, 成らぬ角, 成りませぬ罸, 成りませんが, 成るだけは, 成仏は, 所詮いじめられる, 扇も, 手に, 承知せず, 折る人, 折角の, 損である, 救うこと, 月も, 木の実も, 椅子を, 業が, 次の, 止まじと, 止まないこと, 止まぬであろう, 止まぬの, 此上に, 此納まり, 歴史としての, 死ぬまで, 氣にか, 水入れ, 水音も, 永久に, 江戸ッ児には, 涙も, 済まないこと, 済まぬ身, 満足されぬ, 満足しない, 濟ま, 熄ま, 狹き, 理が, 生きられぬという, 留守を, 百年の, 皮とも, 相すまぬ, 相すむまい, 相なりません, 相成りませぬ, 相成りません, 相成るまい, 真の, 眼が, 知らぬ昔, 研究は, 私が, 立って, 納まらず國, 置かない, 置かぬという, 老僧, 肌し, 肩をも, 腹の, 腹ふくるる, 自分が, 自分は, 致し方も, 船は, 親代々の, 解けぬと, 解決が, 訣らない, 話が, 話を, 説明は, 謀られる訳, 起きて, 身を, 返事も, 通さんぞ, 通用しない, 金も, 隱くしも, 食うに, 餓死する, 饑死を, 駄目である, 鰓を

1 [3684件 抜粋] あいならんぞ, あの白鳥, ある不安, いいはず, いかぬぞ, いかんな, いくら頼まれ, いけなかつた, いけますまい, いっさい様子が, いづれその, いられないよう, いられぬいらいら, うごきの, おかないという, おかぬ処, おさまらぬ場面, おられぬ多く, お夏, お浜, お見せなさい, かないますまい, かんじんの, こうしまする, このお, この冬, この家, この猪口兵衛, この腹の虫, これだけの, これ以上に, さすがに, しばしば問ひまつり, しょうばいにならない, すべを, すまぬそんな, する時, そこに, そのショウブ, その外, その晩, その身, それで好い, ただちに某, たま, ぢつと, とうていこれ, とかく誤り, とどかぬ, どうしても女房, どうとも, どんなこと, ならざりきさらでも, ならずうっかり, ならずしか, ならずそれ以後, ならずという, ならずのみならず現に, ならずアイロニー, ならず一専門委員会, ならず世話, ならず以上, ならず医者, ならず古典的文献そのもの, ならず多賀ちゃん, ならず奥, ならず射手, ならず店員, ならず從つて歴史的概念構成, ならず悪い, ならず文学, ならず本, ならず気苦労, ならず病人, ならず箸, ならず自ら餌, ならず表面, ならず言行一致, ならず雇人, ならず餓, ならないいや, ならないからなと, ならないそして, ならないだろうことに, ならないであろうし, ならないとお, ならないなどとは, ならないのみならず社会, ならないわ, ならない上, ならない事実, ならない今日, ならない例えば, ならない動機, ならない告げ人, ならない報い, ならない天下, ならない害敵, ならない年頃, ならない形式内容, ならない意味, ならない教訓, ならない某々, ならない気の毒, ならない物, ならない生活, ならない瞬間, ならない絵, ならない荷, ならない訳, ならない重要, ならなかったあなた, ならなかったその, ならなかったとは, ならなかったアグネス, ならなかった切創, ならなかった地獄, ならなかった心持, ならなかった日々, ならなかった社会的必要, ならなかった自分, ならなかった駒井甚三郎, ならなかつたに, ならなかつた事實, ならなかつた時代, ならなかつた獨特, ならなくそれ, ならなくなったらしいこと, ならなくなった或は, ならなくなった雪, ならなくなり原料代, ならなくなるだろうと, ならなくなるん, ならなくなる道理, ならぬあとひとり客, ならぬいやしい, ならぬお初, ならぬからには, ならぬけに, ならぬごとく旺盛, ならぬせわしい, ならぬただ今, ならぬだろうという, ならぬでありましょう, ならぬといふだけ, ならぬどけ, ならぬなんて, ならぬはかない, ならぬみずから, ならぬやりくりさん, ならぬわし, ならぬブルジョア, ならぬ一念, ならぬ不, ならぬ世界全部, ならぬ乎何, ならぬ云わば, ならぬ仮令少し, ならぬ余儀ない, ならぬ個処, ならぬ光子, ならぬ具體的, ならぬ切, ならぬ劃期的業績, ならぬ十年, ならぬ厳密, ならぬ名著, ならぬ品物, ならぬ困難さ, ならぬ坐って, ならぬ変化, ならぬ大義名分, ならぬ如く国家, ならぬ守則, ならぬ宿縁, ならぬ左樣, ならぬ幸福, ならぬ強敵, ならぬ役筋, ならぬ必然さ, ならぬ思ひに, ならぬ悪, ならぬ情状, ならぬ感傷, ならぬ憐むべ, ならぬ技術学, ならぬ撃ち込まねば, ならぬ敵, ならぬ日本人, ならぬ是丈, ならぬ時運, ならぬ最後, ならぬ材料, ならぬ横, ならぬ歌, ならぬ残り惜し, ならぬ気分, ならぬ決して唯, ならぬ瀬戸ぎわ, ならぬ煩悩, ならぬ獄中, ならぬ生死, ならぬ白峯御池, ならぬ矢代, ならぬ社会, ならぬ秘密, ならぬ等, ならぬ細々, ならぬ総領, ならぬ義理合い, ならぬ職業, ならぬ舊いも, ならぬ若し, ならぬ苦行, ならぬ被害者, ならぬ要求, ならぬ証拠, ならぬ調査法, ならぬ貨幣量, ならぬ身体, ならぬ追いかけて, ならぬ都会, ならぬ長い長い, ならぬ隠密, ならぬ鞍馬, ならぬ願望, ならぬ駒井甚三郎, ならねえし, ならねな, ならんかも, ならんでな, ならんなんて, ならんほどの, ならん位, ならん時機, ならん義理あい, ならん非常事件, なりますまい阿賀妻どの, なりませぬで此, なりませんいずれ, なりませんご, なりませんという, なりません働くと, なりません欧米社会党, なるだけは, なるまいこと, なるまいもう, なるまい死一等, なんにも, ねんねえ, ひっ込みが, ほとんど解釈, まして島原祇園, またお, また差押える, まったく変わっ, むしろ恐ろしい, もとより水上, やがて命數, やまないだろう, やまない病的, やまぬ恐ろしい, やむべくも, よいがとばかり, よい返事, わからぬこと, わかること, わたくし此の, ゐられなかつた, ウソであります, スキーは, フィルムの, 一分も, 一存での, 一波は, 七百年の, 下覗き, 不幸かぎりなし, 不覚を, 世界は, 之に, 事の, 二重の, 人中へ, 今に成, 仕方なし, 他日必ず, 伯母は, 何となく気, 何んと, 何時迄, 作れぬもの, 供さし, 保存に, 俺が, 兄彦思ほえ, 入りも, 八五郎は, 其の人, 其儘そこ, 其親子が, 冬さり, 出る事, 出来なかった, 出立も, 分らないが, 分らねえです, 分明しない, 判じられぬが, 到底やり切れなかっ, 到底秀子, 剽窃の, 助けが, 勘定が, 化學原子の, 十分了解し, 卑怯余瀝も, 危険です, 厚き檜, 又あながち, 収まらなくなりましたの, 口ぐせと, 只甲斐, 叶わぬ用事, 向うの, 命が, 唐土へ, 喜び顔つら, 四谷へは, 土地収用法を, 城門の, 多少の, 大丈夫です, 大急ぎにて, 天師に, 失敗を, 好いが, 妄りに, 姑く, 子も, 学校に, 安心できない, 官に, 実践が, 害される, 家族らしい, 寂しみ, 将来大きな, 居られぬ気持ち, 川一つの, 巾著に, 幸である, 引き分くる, 強て, 彼の, 後の, 得心せぬ, 御船も, 心を, 必ずこちら, 快くならぬ, 思う壺, 怪しい物, 悔いても, 悪蔵め, 惡名を, 憂きを, 成ぬ筈, 成らないといふ, 成らなかったとは, 成らぬので, 成らぬ世の中, 成らぬ処, 成らぬ故, 成らぬ殊に, 成らん, 成りませんサア道九郎君, 成るまじ我, 我が同志, 我等は, 所も, 手真似を, 承知出来ない, 抜擢し, 掃部は, 措かぬ真黒, 搦め捕るのみと, 放すもんぢ, 教育出来なかるべし, 斬りこみよう, 新しく菜蔬, 日本の, 早く見世, 春とは, 是非とも一度お, 普通の, 最う忘れ, 未来か, 本格でない, 栄養物の, 楽しげ, 次第に更け, 止まない樣, 止まぬという, 止みがたい, 正月を, 此方より, 武道がた, 歩けぬ程足首, 死に切れぬという, 死を, 殺すぞと, 氏の, 気に入らぬひと, 永い道中, 汝ら, 決して新しい, 治しがたし, 活力を, 済まずとのみ, 済まぬ気, 満足しなかった, 火も, 無差, 無罪として, 爭で, 片贔屓, 犯した罪, 猶海賊共, 理兵衛は, 生きても, 生れないの, 申し上げられないこと, 町法が, 病氣の, 発育が, 直に押, 相成まじ然, 相成りませんな, 眞悲しみ思ひ定め, 眠られぬよう, 知らぬこと, 知ろうとも, 礑と, 神田一門の, 秀子は, 窓に, 笑つて翁に, 米櫃は, 納まらない性質, 終には, 絶大な, 繁昌も, 置かぬ獣, 老侠, 聞かでや, 胸に, 自ら右の, 自身は, 船の, 花園には, 苦痛も, 萬一やの, 蒙古, 蚕も, 行つた, 裁き得ぬはず, 見えない, 見出しも, 解かれえない心理, 計られ害さねば, 詣で得ずと, 話は, 読むお方, 談話の, 豊富にも, 貴方は, 蹴破るぞ, 軍紀の, 辞兼て, 追付かぬよう, 逐い出す, 逢う事, 遣り切れんよう, 酒店へ, 釣りする, 鐘は, 開くこと, 関係も, 陷れられ, 難しい書, 霍公鳥佐保の, 革命とは, 頻に, 飛びも, 食えぬよう, 飾磨の, 駄目か, 高が, 鷺山の

▼ ね~ (1198, 4.6%)

36 しまった 31 いる 25 いました, いるの 21 いた 15 来て 12 いたの 11 いて, しまつ 10 いること, しまいました 9 います 7 いると, ゐました, 来た 6 いるよう, ゐた, ゐると, 來る 5 いたと, いるうち, いる部屋, ゐる 4 いるあいだ, いる人, 來て, 来たの, 見ると

3 [21件] ある, いるところ, いるわけ, いるん, いるベッド, いる伸子, いる時, いる母, しまったの, しまってから, しまふ, みましたが, ゐても, ゐるところ, 來た, 十一時起き, 居たの, 居る, 居ると, 聞いて, 行くと

2 [69件] あった, あったと, あるの, いたが, いたので, いたん, いた川村さん, いた犬, いますが, いますと, いられない, いるかも, いるから, いるだけ, いるでは, いるのよ, いるもの, いる女, いる子供, いる室, いる父, いる間, おいで, くれる, しまう, しまうこと, しまった後, ばちや, みた, みたが, みると, ゐたの, ゐて, ゐます, ゐること, ゐるて, ゐるの, 並んで, 了へ, 午前二時には, 叙述したる, 居た, 居て, 居るの, 居るので, 居る時, 御見せなされ, 悲しみに, 愛する男, 敷いて, 本を, 来たので, 来ました, 来よとて, 来る古い, 歩いた, 目を, 空を, 翌朝は, 蛍を, 血祭りと, 行こうと, 行った, 行っても, 見た, 見るけれど, 見れば, 説く所, 長州内閣を

1 [696件 抜粋] あいにく繰, あがる鮎, あした一寸, あすの, あったので, あり鋸, あり隅々, あると, ある二冊, ある小鳥, ある彼女, いきました, いたかね, いたから, いたしっぽ, いたそう, いただくは, いたて, いたとき, いたのに, いたまえ, いたまえなん, いたよ, いたらしいが, いたらしかったのに, いたり, いたジーナ, いた事だった, いた人, いた健康, いた北沢, いた夫, いた子供たち, いた時, いた暖かい, いた泰造, いた父親, いた雌, いた頃, いた駿三, いぢ, いったん茶屋, いては, いないし, いなくっては, いましたとき, いましたよ, いますよ, いよいよ威, いらした方, いらっしゃるだけ, いらっしゃる刻限, いらつし, いられたおばあさん, いられたの, いられないならこの, いられなかったの, いられますからな, いられるので, いるおしげ, いるお父さん, いるかお, いるかわいそう, いるこまかい, いるし, いるぜ, いるであろうか, いるとき, いるとも, いるなめらか, いるなら起こさずにおいて, いるはず, いるほど, いるよ, いるらしい, いるらしかった, いるチンピラ共, いるヒマ, いるミヨ子ちゃん, いる上, いる中の間, いる亭主, いる伯父, いる前甲板, いる千蔵, いる場合, いる女中さん, いる女先生, いる娘, いる寝床, いる少年, いる形, いる所, いる施療療養所, いる時分, いる最中, いる毒消し, いる泰二君, いる洞窟, いる爺さん, いる犬, いる病院, いる白い, いる石, いる署長, いる美代子, いる芸者, いる若い, いる苦境, いる蒲団, いる蓉子, いる蛸, いる蜂谷, いる裾, いる酔っぱらい, いる隣室, いる雑多, いる頭, いる顔, いろいろ考える, え定むべくも, おいて, おいよさん, おこうという, おられるお母さん, おられるという, おられる方, おるの, お出迎え, かの塊, きて, きなさい, きょうは, くっついて, くらすの, くると, くれ, くれたあの, くれて, くれるころ, ここに, この問題, これこれの, これも, ころ, さきに, さらに説, しっかり目, しばらくまどろんだ, しまい, しまいたがるの, しまいましたが, しまいます, しまうかも, しまうと, しまうの, しまうのよ, しまうわ, しまう計画, しまえ, しまおうと, しまったあと, しまったとき, しまったので, しまったん, しまって, しまっても, しまつて, しまひました, しまふもう, しまわれた, しもう, しもうの, ずり下る, そこへ, そのふもと, その価平時, その文化, その樣, その華麗, その間に, その饒舌, それからお父さん, それに, それへ, つい行方, どことも, どっと倒れた, のんびりと, はじめて出だす, ひかれたもの, ひる近き, へとへとに, ぽっかり眼, まえに, まさに始, ましもの, ますよ, まだ鞘, まはりました, まわりました, みたら恐らくは, みて, みても, みるすると, みろ, む後は, もみじに, やったいうの, やったであろう, やったと, やるから, やれ, やろう, よりの, より通, わが軍威, ゐたい感じ, ゐたが, ゐたらひっぱたいて, ゐた渡辺, ゐては, ゐないから, ゐられない, ゐるすゞちやん, ゐるそれ, ゐるとても, ゐるゆり籠, ゐるタツノ, ゐる何, ゐる夜, ゐる批評家, ゐる現場, ゐれば, スコールは, ダビ所へ, ピヨイと, 一わたり愛染堂の, 一日寢ころん, 三寸と, 三時に, 下さい, 下すつたので, 不義佞智の, 両手を, 両腕, 主人の, 之は, 二人の, 五つ, 五時半に, 亡ぶべしとも, 今は, 今度は, 今朝が, 今朝は, 仔細に, 以後の, 仮にわか, 何と今日, 作州津山に, 來やが, 來るだらう, 倶利伽羅峠を, 先生に, 入って, 入浴, 入浴食事, 入門した, 全山燃, 写本を, 冷えないよう, 出ると, 出るの, 出る見越入道, 別れたわけ, 到頭今日限り妾, 前にも, 前肢を, 劇場を, 動いたと, 勢で, 匕首を, 北野の, 匙もて食らう, 十一時に, 十一時半起き, 十二時ごろおき, 十二時すぎまで, 十二時に, 十二時半迄, 十二時起き, 十時すぎ起き, 十時半まだ, 十時半起き, 十時頃起き, 卓の, 即座に, 又おき, 又宿, 古語を, 句を, 名も, 吸はれる, 周旋すべし, 和郎と, 噂を, 四時半起き, 四時迄, 困るが, 国境の, 在ますベツド, 坊さんが, 外に, 外国人の, 夜起きた, 奏楽を, 女に, 女中の, 女房と, 媼の, 宙に, 家で, 寝衣, 小口を, 少し裄短, 居たけれ共, 居たと, 居た女達, 居た由, 居ても, 居ますの, 居や, 居らむ單衣, 居ります, 居りますから, 居るん, 居る処女, 居る室, 居る要之助, 居る親達, 島の, 巷に, 帯は, 平安朝の, 幽かに, 座を, 廊下に, 廻った, 彼に対する, 彼の, 往った, 待ちかま, 待ちアフレコ, 得ようと, 得られるもの, 忘れて, 憤死した, 手配し, 打合せが, 承わって, 折節は, 押しかけたの, 捻る, 摘んだの, 数間の, 新に, 日なく, 日本の, 明朝早く, 昨夜梶の, 昼は, 時の間に, 暮そうかとも, 最後に, 有楽座, 朝は, 来たか, 来たから, 来たのよ, 来たや, 来たり, 来た姿, 来た少時, 来た時, 来た珍客, 来た男, 来られたこと, 来られて, 来る, 来る阿呆, 来れば, 柩の, 歇ま, 武兵衛目懸け, 歩いて, 歩きました, 死にました, 死のうと, 殿様が, 水を, 水面へ, 治ったの, 泰子が, 海を, 源次郎と, 炉の, 片足不自由ながら, 猿芝居娘軽業山雀の, 玉江嬢に, 甘い汁, 用いた時, 用意し, 申す時, 畢つて一つでも, 白い肩掛, 直ちに兵, 直接わたしに, 着ても, 知つてゐた, 知り合って, 祖母から, 突込んだ, 窮め得ら, 立ち上がったが, 節制なく, 約したる事, 約束し, 編み成されて, 置いた, 置いて, 考える方, 考へると, 耳に, 聞いた伊達藤次郎, 聴かれ度候, 肩に, 肱を, 脱け, 臥って, 自分の, 良石和尚, 芥川の, 草したる漢文, 草の, 荘重な, 蓋の, 薬を, 血まつりに, 行きました, 行き食事, 行くの, 行くひま, 行く子供, 行く岳神, 行ったが, 行って, 行つた工藤の, 行つても, 行つて見る, 袴を, 見たらどう, 見た事, 見ないあいだ, 見なされ, 見ましたが, 見ること, 見る便り, 見事な, 言おうと, 訊ねますと, 話したが, 話に, 誰にも, 諸肌ぬげ, 貯蔵し, 起きても, 起上った, 足袋は, 載せたという, 辱しめを, 遂に探, 遠く白欧, 遣りましょうと, 醫術に, 重し野暮な, 陣中に, 陣門に, 霞を, 頼んで, 額に, 顔良の, 颯爽たる, 飛び込んで, 食事終る, 飽貝の, 館に, 馬鹿の, 騒いだ, 鯰が

▼ ね~ (728, 2.8%)

6 そは 5 此の 4 我は

3 [22件] お作, お使, これが, さすがに, よき事, よし笑, われは, 世間の, 亥之助といふ, 余は, 再び喧嘩, 十軒長屋の, 多き中, 巧と, 彼の, 我が姉さま三年, 敷金三月分家賃は, 涙ひまなし, 茶屋が, 見し長火鉢, 身代これが, 高楊子

2 [46件] うつくしき顔, お吉, かたむきゆく家運の, これさへ, これも, その赤き, そも, ともかくも, ぬめり田の, ひとすぢ, また洒堂ら, むかしより, 一つ尽れ, 世間は, 人を, 全体客観的なる, 十余句を, 埋むと, 多くは, 多分は, 夢に, 大工と, 女房気質今朝背面から, 小き, 山に, 心の, 心迷い, 我も, 此處の, 泣きたさ, 漢語を, 片時も, 秋の, 老衲, 舌よりも, 花は, 見し玉簾, 言は, 調子の, 謝金を, 貧苦の, 越後の, 身に, 逆さ落しの, 風の, 高楊枝という

1 [555件 抜粋] あくびと, あの子, あまりに情, あやめの, あらば, あるいは情欲発動, いうまま, いうも, いずれも, いつも評語, いづれも, いふもか, いよいよ疎ましき, うちし身, おしま, おもふ, お前さまの, お年寄られた, お幸, お文, お施し, お母さんが, お玄關, お蘭さま, お近とても, かかる悪, かくの, かく申す, かすかなる, かつて詐り, かなしきも, かねて耳, かの捉, かれ等, げにと, こ, ここには, この佳麗, この美貌ゆえ, この身, この間には, これにては, これは, これをば, これ余の, さすが人並, さすが生, さて来, さて花子, さばかりは, さらば父上, さりとては, されど二郎, しくしくに, すずろに, せつかく, そのあらまし, その光, その固有, その定, その新, その症候, その行, その論ずる, そもそも床, それすら, それは, それより, それを, ただ危きもの, たとえば木匠, つたなきは, つらきもの, とがめえられぬ人, とてもかからね, とどかぬなりに, とみには, どうも皆無, ひそかに, ひたすらに, ふくろふ, ふるえた手跡, まずは詮議, またものうく, また何かと, また因縁, また来ん, また静か, ままよ, みなかく, みな仏様がは, もしさる, もしづく, もし眼, ものの, やがて万世橋, よくよくの, よく生きた, よせけん, よの, よろづ数奇, わがこれ, わが母, わが邦, われただ, われ未だ, ゐの, マリアは, 一として, 一の, 一五八五, 一帯に, 一度約束, 一日は, 一生に, 一種の, 一言二言の, 丈夫の, 三二年前までは, 三尖, 下は, 不なれ, 不折君の, 世にも慕わしくなつかしき, 中将の, 主人が, 争はんは, 事に, 事情が, 二人は, 二十余年めぐみ深き, 云うて, 互いに待, 些の, 亦全く, 人ぞ, 人の, 人心の, 今の, 今は, 今はと, 今其所, 今又, 今君が, 今宵は, 今度という, 今日はた先づも, 今日本, 今直ぐに, 仏人コンスタンチンの, 伝説の, 位置が, 何がな口合, 何しろこの, 何でも, 何でも昨夜新山, 何やらん, 何ゆえか, 何を, 何処か, 何所にか, 余が, 侍従も, 便宜の, 俗気なし, 假り, 僕は, 僻み性, 優子の, 元日は, 元来惚れたる, 先の, 光代は, 入日かげろふ, 共に武具取り, 其境界より, 其方の, 内に, 円本を, 凡そ恩, 凸凹多く, 出來, 出嫌ひと, 切めては, 別に然るべき, 力めての, 力量と, 勤役中太儀と, 卑彌呼時代には, 南北二面より, 又全く, 又暫時二度目, 又馬車, 友が, 口碑には, 只老母, 同じく将来, 同じく笑, 同じ心, 名所絵にて, 吐息され, 君が, 君独りわた, 吠えても, 吾は, 呆れたる次第, 和歌に, 哀しかりけり, 哀れとぞ, 唯々不思議な, 唯もの, 唯少しの, 商人とも, 問ひも寄らで, 四五人が, 四五町も, 地勢高低懸隔する, 垣根に, 埒も, 塚は, 夏ながら, 夏は, 夕され, 夜すがらいも, 夜中に, 夢の, 夢中に, 夢見たばかり, 大体に, 大抵テーブルスピーチ, 大海に, 大王些の, 天正十三年千葉新, 天狗が, 太くもの, 太華山人, 夫の, 奥まりたる方, 奥州出羽初めて, 奥様と, 奥様の, 女童の, 好物の, 妹と, 妾が, 始終笑, 姿いと, 嫌と, 学識の, 宇多の, 実際そうな, 寝たと, 寝をぞ, 少しの, 少し引き入り, 屏風の, 山と, 左千夫は, 己が, 己の, 年ごろつきあいし, 年頃つきあ, 座敷にばかり, 廻わる, 張詰めし胸, 強ひ, 当家も, 影法師じゃ, 彼時命を, 後へ, 後編は, 御気分, 御覽, 御身の, 心は, 心ばかりの, 心わ, 忌々しい面, 忝けのう, 思はしからぬが, 思はれ申し候, 急湍の, 性悪しき, 悄然と, 悟れこれ程, 悲し, 情な過ぎる, 愛の, 愛嬌深く, 憂を, 憎くき, 憤るという, 我が手, 我に, 我には, 我を, 我等二人は, 我辛ふじて, 我邦にて, 或は先日腫物云々, 手紙という, 打たれて, 扨は, 披らき, 押勝の, 拙者に, 推すべきほどには, 政治小説でも, 故郷の, 教へ, 数ならぬ, 斬り仆, 新たに, 日々夜々の, 日頃の, 明治初年の, 昔おもえ, 昔より, 昨日今日の, 昨日向, 是も, 是非なし, 時々得ならぬ, 時候の, 晦日に, 暑かりし, 暑に, 暖け, 暫し浮世, 最初の, 月の, 有りしと, 未だ未, 柳ぞ, 桂へ, 梅の, 植木屋も, 概していは, 槍の, 権力腕力は, 次の, 正直律義もほどの, 此処の, 此十年間の, 此戀な, 此畫中に, 武士の, 死すれば, 死ぬる, 段々中, 母子し, 水の, 水天の, 汝を, 池の, 泣きたくなり, 流れの, 浦人らは, 浪子が, 浪子の, 浪打際に, 浮世の, 海洋の, 涙は, 涙隙無し, 深い不快, 深ければ, 渋くつや, 温め酒, 濃からぬ, 火の手は, 無きには, 無言に, 然も, 熱地の, 父樣母さま何と, 牛が, 牛屋へは, 物を, 猶ほ, 生きたりと, 甲に, 甲田の, 男の, 男子は, 町はずれより, 画家の, 畜生にも, 當日の, 病の, 病みたる父, 白地に, 盃受く, 目のあたりに, 直ちに一計, 相手が, 眼さむ, 知らぬもの, 石炭その他を, 神はしる, 神佛とも, 神尾殿の, 私は, 秘密は, 空の, 立ちのぼりけり, 立派なり, 童には, 笑うにも, 筆持つ, 箕に, 節分, 篤志の, 簡単に, 納まりかねるお, 紙一枚にも, 素より, 素人を, 細面の, 紺浴衣, 結ぼほれたるここち, 繋がる縁, 美しき目, 胸にや, 胸の, 腕を, 腹立つ際, 自ずと経験, 自分には, 舟を, 船長は, 良心は, 花筒の, 若き者, 若し安貴王, 苦々しきこと, 苦しげ, 英國にての, 英雄の, 草の, 荻の, 蔵王山の, 蕋赤き, 藤吉の, 蜜蜂の, 行く人, 行く春, 被布の, 見え隠れに, 見きと, 見し玉だれ, 見たる者, 見ねど, 見ゆべき峰, 見る人毎, 覚へが, 親達ん, 言ふべき, 言辞行儀の, 詞の, 誰れ, 諸獣, 譬喩と, 變る, 貫一は, 赤子には, 身は, 迎へね, 近来貧また, 逆さ落し, 逍遙子が, 逢へば, 遂に徒費, 運動としては, 鋭く耳, 門前貧民窟に, 開封の, 降しきる雪, 雪ある, 雪明かりで, 雲脚しきりに, 露の, 静緒の, 願いの, 類の, 饅頭のみは, 馬全廃という, 高楊子金なんか, 高楊枝, 高楊枝とも, 高楊枝などと, 高楊枝などとは, 高楊枝も, 高楊枝貧乏旗本と, 高達の, 鬼の, 鳴く聲, 鶯啼く, 鷺を, 麦搗く

▼ ねども~ (187, 0.7%)

3 冬の, 失敬な, 年頃と, 正太は, 美登利が 2 ことごとく天が下, この老人崇拝, 其人と, 次第次第に, 正氣, 涙ほろ, 秋の

1 [158件] いちど逢いたい, いひ難き, えにし, おのずからなる, お天守, お豊, かたじけなさ, ここの, この夏休み, この歌, これを, さすが息, その人, その眼, ただごと言ひ, ただのう, たよらむ方, ちから, なけれども, なべて雲井, なほ常夏に, ほんに未練, まずこれ, まつはる, むさし野, もしくは三島, ややもすれば危うき, よき御, わからず, わがそば, われ, 一寸見る, 一昨日戸塚境ひ, 一瞬荒涼と, 一順礼の, 三更に, 上辺に, 不自由も, 人殺しに, 人肉市の, 今宵は, 今日の, 今更聟, 何か, 何かに, 何だか変, 何れか, 僅, 儼然として, 兄様兄様と, 光ると, 八右衞門が, 六ヶ年の, 其の樣子, 其罪を, 内々用心し, 再現又は, 凌雲閣は, 勇める彼, 去年霜月十七日博奕より, 又いつか, 只二の, 唯寢, 商賣, 喜内殿の, 園の, 夜毎寝られね, 大原の, 大原家の, 大方は, 天下の, 姑く, 学問遊ばし, 平家の, 幾夜寝ね, 彼奴は, 従来, 得田直此の, 得田直比来恋ひ, 御心置, 心ある, 忝さに, 思ひ初, 急ぎて, 怪我も, 恵みを, 悴儀は, 我れ, 或は規模小, 手どらま, 打つこと, 払うこと, 折々振舞, 折からの, 指を, 改まりし其御詞日來, 斯る, 日暮に, 昔は, 是なる, 最早節季, 有難さ, 朝より, 朝顔形の, 束髪に, 松蟲の, 某男爵, 次第, 歌は, 正気の, 此老人崇拜の, 此處は, 此頃は, 武蔵野といへ, 死んで, 殺されたくねえで, 水戸浪人奴は, 涙ぐましも, 涙ほろほろ, 渡り川人の, 漕運の, 然ら, 煙の, 爰に, 王冠燦爛ただ涙, 理かな, 男子の, 當年の, 痛は, 目に, 相見, 相見し, 真の, 私し, 移らふか, 突くわざ, 細引にて, 美しい白, 膝も, 自分も, 若き心, 薄暗く空, 表面は, 見ゆる限り, 詩とお, 負傷ひし, 貧より, 責苦の, 貯へ, 足摺し, 身の上に, 過ぎに, 長きは, 雨暗く, 雪の, 顔には, 風の音にぞ, 馬に

▼ ね~ (91, 0.4%)

6 ひ申 4 わくば 3 かけて, ひ 2 おりて, かかって, ひして, ひすれば, ひだから, ひよ, ひ申します, へり

1 [59件] あった, あったらさぞ, あっても, あり過ぎやしませんかね, ある, あるの, いまする, おれらあ, この人魚, ございますから, さがって, しに, すいて, すれて, たるむじゃ, てた苫, てに, てぬ軍馬, どうら, ひあの, ひいたし, ひいたしたいの, ひいたしました小麦, ひいよよ, ひが, ひした, ひしたい, ひしなければ, ひします, ひしますと, ひし人, ひし後で, ひするか, ひすると, ひするに, ひするまで, ひたい, ひです, ひは, ひますだ, ひを, ひ下さいまし, ひ申してを, ふこと, へるによりて, もと, コトリと, ハテどう, 一時に, 入れて, 出て, 性急な, 折り悪しく, 波の, 港には, 皆かかっ, 竹生しまの, 莖, 規則正しく波

▼ ねばと~ (87, 0.3%)

3 自分の, 言つて寺領の, 謳ひか 2 思いまた, 思った, 思って, 申して, 私は

1 [68件] いうわけ, いって, いわぬばかり, かけ行, きょうまでも, しきりに急い, じぶん, するあ, そう決心, そこで貴殿, ただその, なりびと舟ひき, ほりません, まりも, やっきに, 一度長崎表, 三河を, 二十歳の, 云うので, 云ふ, 何でも, 六尺三寸の, 初瀬は, 力んで, 午後の, 吾等は, 呪咀に, 哀れ板ばさみに, 壁訴訟の, 山城守平素の, 心に, 心の, 思いつつ, 思いながらも, 思い以前, 思い直したこと, 思ったから, 思ったろうし, 思っては, 思つたのだつた, 思つてね, 思つて居た, 思ふころ, 思案を, 情実も, 手一ぱい米を, 此所を, 歸り, 母は, 毎日毎日土い, 源氏は, 焦心って, 田沼様ご, 直ぐに, 立上がれば, 立上る, 答へ, 繰返しオォル, 考えた, 膝を, 自らを, 親の, 言って, 言つて寺田の, 誓いの, 足袋股引の, 都から, 飛び出したわけ

▼ ねえと~ (66, 0.3%)

32 あれば, からだ, 言ふ

1 [57件] あつちや仕方, あぶねえぞ, いったんじゃ, いや十手, お父さんを, こいつ今に, こういうん, こうだ, こさ, たたッ, でも思っ, でも思ってる, ね, ほかの, また痛い, コレだ, ゴネって, 七兵衛の, 乗らねえもの, 云つたろう, 云ふ, 人の, 仰しゃっても仕方, 仰しゃる, 商は, 堅い事, 己を, 強情を, 忰が, 思つてな, 思つてゐる, 思つて俺ら白河の, 思召すで, 怪我を, 悪いと, 情が, 意外ブマ見るだ, 折角の, 斯う, 早くも, 昔を, 此の, 母親に, 気が, 水を, 為に, 為めに, 犬を, 男の, 痛え, 癖に, 神や, 種を, 親父が, 言つてる, 随分暑い, 首が

▼ ね~ (48, 0.2%)

5 おって 2 おらせや, して, 結ぶに

1 [37件] おいて, おった, おったぐらいの, おったもん, おらせおった, おりたい至急, くだける白米, こぎよせる, し, しみする舟人, たたきのめした, たたき伸めし, つ, つかれて, どやされたとき, なして, なせど, のりま, はいちゃ, はきました, ふるはして, 並べて, 伸ばし, 叩きながら, 打たれたと, 折って, 折らされて, 折らせや, 折らで脇, 抱くよう, 撲りつけて, 水に, 波の, 漕いで, 突きぬけて, 踏みつけて, 鍛へる

▼ ね親分~ (39, 0.2%)

2 あつしは, せめてあの, その通り, の前, 本當, 良い娘

1 [27件] あつしの, あのお嬢さん, あの下手人, あの娘, が聽, この不, この不景気, この仕事, この小屋, この通り, こんなお, こんな正直, さう, そう聞く, だから言, だから言わないこっ, だって驚くでしょう, だつて, でもさう思ふ, にはもう, わかつて, 少しは, 悪いこと, 本当に下手人, 聞いたで, 聞いたでしょう, 良い女

▼ ね~ (36, 0.1%)

2 吉さんこんな, 町さん暖簾が

1 [32件] かみさん, くみさん, とうさま, めえ, 互にもっとしっかりしましょう, 兄様あたしの, 内儀さんお, 品さん, 品さんあつし, 喜多姐さんなんだって, 姉さまも, 嫁に, 孃さん, 孃さん隱さず, 師匠さま, 幸さんどう, 母あさん, 母ちゃ, 母ちやま, 浜, 濱, 父さま, 琴, 百姓さんって, 祖母さまこんな, 祖母さま素敵よ, 神さん, 神さん仏様の, 米さんお前は, 糸坊, 蕎麦みたいな, 酒の

▼ ね~ (36, 0.1%)

2 のり, 長靴を

1 [32件] うたて吹き, かかった指, かぎらずいろんな, かなって, かなつたこの, かなつた夫を, かなつた王子か, かなつて夏だけ, きまってるわ, なられた由, なるといふ, ねること, のらないと, や, アクアラングを, 一座ずらりと, 伸びを, 依っての, 出る約束, 古風な, 叶うという, 叶う妻, 叶って, 大きな床屋の, 寝かせ申した, 寢て, 横たえるの, 沁みに, 添うあっし, 縛られながら, 違ひない, 釣られて

▼ ねばこそ~ (33, 0.1%)

2 今まで, 此の, 身を

1 [27件] あれ恋しき, あれ眞實なる, あれ雪佛の, いの, こちらからも, であった, ですが, 今日の, 前の, 威張って, 威張つて, 当季限りの, 形が, 思いいださず候, 思い出さずそろか, 思い出さず候かしく, 思い出しも, 我等は, 方々は, 樣, 煩悶が, 理想だ, 甚之助に, 義理といふ, 自家も, 賤しい, 餓え死にも

▼ ね~ (26, 0.1%)

4 ように

1 [22件] か, かっ, かみぞ, だけれど, ないところ, もろ歯の, やはら, 仕組みで, 匂いも, 命を, 夢が, 床から, 御用が, 松の, 板でも, 槌は, 空が, 薄刄, 蝶, 道具や, 馬は, 鳥

▼ ねそう~ (25, 0.1%)

5 でしょう 3 して, だろう 2 か野ぎく

1 [12件] おしよ, が朝, しましょうそう, しましよう, じゃあない, であった, であらふだが, でしょ, なさいよ, の朝, は, 言えば

▼ ねても~ (20, 0.1%)

2 さめても

1 [18件] つかれて, ねても, ねられずおお, 一日が, 何んとか, 別れじ春, 到底その, 動くや, 十一時に, 十一時には, 守るところ, 昔の, 決して坊主, 監視され, 真紅な, 見えませんでした, 覚めても, 足らない大罪

▼ ねこの~ (19, 0.1%)

2 先生は, 前の, 通り第

1 [13件] とおり生れ故郷の, とおり蓋が, りんどうの, ピアノは, フランス人は, 伝兵衛とかいう, 伝兵衛なんて, 独楽へ, 考えいい, 通りだ, 通り心掛けの, 道を, 鳥の

▼ ねいい~ (17, 0.1%)

3 でしょう, 子だ

1 [11件] かい人相, こと, ことが, ことドミートリイ・ドミートリチ, じゃア, だろう, でしょ, でしょうお母さん, でしょう初め田舎, でせう, 子だろう

▼ ね~ (17, 0.1%)

5 うで 2 うか, は急ぐ 1 う, うが, うしませう, うだらう, うぢ, うは, の腰, へあはれ

▼ ね~ (16, 0.1%)

3 なりません

1 [13件] おれは, お蝶, その苫, ならないこと, ならぬこと, ならぬぞ, ならぬと, ならぬ人, ならぬ義理合, ピンピンし, 我慢の, 水に, 田舎娘が

▼ ね~ (16, 0.1%)

61 だお, だから, だっ, だとよ, だどもな, だな, だね, だよ, だろと, と母さん

▼ ねごと~ (13, 0.1%)

2 で恋, にお, の話, をいっ 1 で話, をいう, をいった, を云いました, を言った

▼ ね~ (13, 0.1%)

2 に澄みあがった, のまた 1 に, に光っ, に光った, に冴えかえった, に変えた, の冷た, の庖丁, の顔, を作

▼ ねたり~ (11, 0.0%)

2 して 1 おきたり, おふろ, したこと, すること, 林の, 秋の, 萩と, 起きたり, 里に

▼ ねえッ~ (10, 0.0%)

1 さ, たら帰られねえや, ていうの, ていうん, てえ可哀そう, てもなァお, て丈, て思ってた, て見, て見覚え

▼ ね~ (10, 0.0%)

1 くくりつけて, しばられたまま, そう云った, のぞくと, のぞく綺麗, みたこと, 供を, 切れる筈, 用いるに, 結わえた二つ

▼ ね~ (10, 0.0%)

2 彼女は 1 いう, いひお, このね, しづの, しんから, なり, 来たもん, 詔給りき

▼ ねては~ (9, 0.0%)

2 いられないと 1 ならぬと, ならんねたけれ, ゐられない, 仏土金色の, 夢さめ, 夢に, 神主が

▼ ねどう~ (9, 0.0%)

2 したの 1 したのよ, したん, したんだい, して, つらん袖, です母親, 見たっても

▼ ねどこ~ (9, 0.0%)

2 の一句 1 いくの, がおととし, の国, の坐, の歌, の頃, も悪く

▼ ねあたし~ (8, 0.0%)

1 こんな恰好, どんなとこ, どんな所, にはあなた, にも取っ, に右腕, を怒らない, 怖いわ

▼ ねその~ (8, 0.0%)

1 お煎, かはり, ことで, 函の, 嘆かひなほ今日, 権式高な, 谷の, 通りでしょう

▼ ねそれ~ (8, 0.0%)

1 が悪い, が惡, でわかったでしょう, にはよそ, に煙草, は聞い, を見ましょう, を誓っ

▼ ね~ (8, 0.0%)

1 には深い, に教え, の堅い, の心, より神様, 今交番, 到頭死んじゃった, 考へて

▼ ねあなた~ (7, 0.0%)

2 はこの 1 のそんな, はあたし, は七兵衛おじさん, も智子, 本当に考える

▼ ねてから~ (7, 0.0%)

1 フタを, 出御の, 定評が, 木村清と, 目が, 職業に, 色々な

▼ ねながら~ (7, 0.0%)

1 ただ目を, とうとういいだしました, 我が云, 温和しい, 約一ヶ月がかり, 苦しんで, 話しました

▼ ねばとて~ (7, 0.0%)

1 これが, 妻を, 成るだけ, 直ぐ其の, 説諭せし, 迚も, 長い中

▼ ねお前さん~ (6, 0.0%)

2 あの人 1 だって知ってる, ちょいと, どうかなすっ, 一寸逢つて

▼ ねだんな~ (6, 0.0%)

1 いやみなこと, お気色, それにしてもあっしゃ解せない, どうで, どうです, 待って

▼ ねもん~ (6, 0.0%)

1 だ, だが, だと, だろが, だわ, だ姉さん

▼ ね錢形~ (6, 0.0%)

3 の親分 2 のこの 1 の匕首

▼ ねうち~ (5, 0.0%)

1 があります, があれ, があろう, はある, を与え

▼ ねがん~ (5, 0.0%)

2 だ, だぞ 1 だテ

▼ ねこれ~ (5, 0.0%)

1 だけの心持ち, であたしたち, でいくら, は, はすり切れた

▼ ねなぜ~ (5, 0.0%)

2 喰べては 1 そんな風, 旅に, 焼いたの

▼ ね~ (5, 0.0%)

1 のだ, サア, 筈何も, 親分, 親分彼奴を

▼ ね~ (5, 0.0%)

1 あへぬ, しませんが, せず, なくあなた, 一度おもい返し

▼ ね~ (5, 0.0%)

2 の瓶, へ 1 へと言

▼ ね~ (5, 0.0%)

1 からいっ, から撓わせろ, がナア, だ, やお前

▼ ね~ (5, 0.0%)

2 だよ, は思う 1 の恋男さ

▼ ね~ (5, 0.0%)

3 やは隠るる 1 やはかくるる, やは隱

▼ ねあの~ (4, 0.0%)

1 うあたくし, 屋根サクレクールそっくり, 晩この, 腰つきを

▼ ねあれ~ (4, 0.0%)

1 うちの, なんでしょう, はお, 持ってる

▼ ね~ (4, 0.0%)

1 から一度, から其処, から向う, へッ

▼ ねえと打~ (4, 0.0%)

2 ッ殺す 1 ッた斬る, ッ殺しちまう

▼ ねおい~ (4, 0.0%)

1 水夫だって, 氷河鼠の, 良ちゃん, 錢形の

▼ ねお前~ (4, 0.0%)

3 も知 1 はおとなしい

▼ ねから~ (4, 0.0%)

1 いッ, そろそろ帰る, 四人の, 朝飯前に

▼ ねこう~ (4, 0.0%)

1 おしよ, したらいい, でしょう, なの

▼ ねしな~ (4, 0.0%)

1 に, に入浴, に千世子, に去年

▼ ねだから~ (4, 0.0%)

1 きっとあいつ, ピストルを, マルキシズムは, 温室なし

▼ ねちょっと~ (4, 0.0%)

1 だんなだんな, ソフィヤ・イワーノヴナ, 敬四郎の, 私二つに

▼ ねどもと~ (4, 0.0%)

2 ことわりたるこれ 1 古歌, 見れば

▼ ね~ (4, 0.0%)

1 だから君, 柳ちゃん, 柳ちやん, 連れて

▼ ねもう~ (4, 0.0%)

1 そこに, わかったから, 可い, 帰りましょうよ

▼ ね~ (4, 0.0%)

1 ならんこと, へ寄り, 損ぢや, 錢金で

▼ ね~ (4, 0.0%)

1 か欲しい, がいい, をおかき, を見

▼ ね~ (4, 0.0%)

1 あのほら, ちょっとお, と僕, はいつ

▼ ね~ (4, 0.0%)

2 主人隠さず 1 主人お前さん方は, 主人隱さず

▼ ね本当に~ (4, 0.0%)

1 よ, 私どもは, 立派な, 行っちゃおう

▼ ね親分こいつ~ (4, 0.0%)

2 は珍しい 1 が大変, は秋草

▼ ね銭形~ (4, 0.0%)

2 のこの 1 のこいつ, の親分

▼ ねいか~ (3, 0.0%)

1 ね, よ, 鉄っ

▼ ねいと~ (3, 0.0%)

1 いけね, 思って, 時折仏様さ上げる

▼ ねここ~ (3, 0.0%)

1 ならいい, にある, へ手あて

▼ ねごこち~ (3, 0.0%)

1 はよく, よくする, よさそう

▼ ねそこ~ (3, 0.0%)

1 だよ, で解るだろう, にモダン浴場

▼ ねちょい~ (3, 0.0%)

21 と突ッ

▼ ね~ (3, 0.0%)

1 の廻転, ふせ却つて自説, や御座いません

▼ ねって~ (3, 0.0%)

1 がら, 云えば, 幾度も

▼ ねての~ (3, 0.0%)

1 夢覚め, 居士の, 愛人への

▼ ねどと~ (3, 0.0%)

1 いうが, ろに, 泣きしが

▼ ね~ (3, 0.0%)

2 ほし堪ふる 1 ばらぬ

▼ ねなん~ (3, 0.0%)

1 でしょう, なの, のため

▼ ねなんと~ (3, 0.0%)

2 かして 1 言って

▼ ねばという~ (3, 0.0%)

1 ふうに, ように, 門人たちの

▼ ねもち前~ (3, 0.0%)

3 の疳癪

▼ ねよう~ (3, 0.0%)

1 ございますか, になった, に今日

▼ ねわたし~ (3, 0.0%)

1 に背負, はいい, ほんとにカルルスバード

▼ ね~ (3, 0.0%)

1 からね, から来いへん, から覚え

▼ ね~ (3, 0.0%)

1 ならん事ニ, ゆかぬものニ, 出来ぬと

▼ ね~ (3, 0.0%)

1 だな, であります, ですが

▼ ね~ (3, 0.0%)

1 なら白状, ね彼, のこと

▼ ね~ (3, 0.0%)

1 が君, はどんな, はもう

▼ ね~ (3, 0.0%)

1 危き命を, 此長助と, 若者の

▼ ね~ (3, 0.0%)

1 のさびしさ, の寂し, を出し

▼ ね後生~ (3, 0.0%)

3 だから

▼ ね親分さん私~ (3, 0.0%)

2 は十年 1 本当に困っ

▼ ね親分私~ (3, 0.0%)

1 が言, が言い兼ねた, には解らない

▼ ね~ (3, 0.0%)

3 は一

▼ ね面白い~ (3, 0.0%)

1 だらう, だろ, でしょう

▼ ね~ (2, 0.0%)

1 ねごこう, ねごそう

▼ ねえっ~ (2, 0.0%)

1 たってすんだ, ちう法あっか

▼ ねえつちん~ (2, 0.0%)

1 だからな, だら云つて

▼ ねおのれ~ (2, 0.0%)

2 また若し

▼ ねお母様~ (2, 0.0%)

1 いらっしゃるの, がそう

▼ ねお祖母さん~ (2, 0.0%)

1 じゃ人, 阿父さん

▼ ねお願い~ (2, 0.0%)

1 です, ですわ

▼ ね~ (2, 0.0%)

1 かわいそうな, わく間も

▼ ねかも~ (2, 0.0%)

1 吾が情熾, 知らねな

▼ ねこいつ~ (2, 0.0%)

1 はちょっと, は一寸

▼ ねこちら~ (2, 0.0%)

1 のだんな, の方

▼ ねこんな~ (2, 0.0%)

1 事を, 旨い話

▼ ねこんなに~ (2, 0.0%)

1 打って, 私は

▼ ねごとみたい~ (2, 0.0%)

1 な, になり

▼ ねご覧~ (2, 0.0%)

1 なさいよ, よ楽書き

▼ ねじゃ~ (2, 0.0%)

1 いけない, 間に合わない

▼ ね~ (2, 0.0%)

1 だと, を掴ん

▼ ねそら~ (2, 0.0%)

1 僕たちの, 皆な

▼ ねそれで~ (2, 0.0%)

1 一切合財明白じゃ, 少しも

▼ ねたって~ (2, 0.0%)

1 すぐ起きます, ぜんこ無えんだ

▼ ねちゃ~ (2, 0.0%)

1 する両手, ねちゃ

▼ ねつつ~ (2, 0.0%)

1 あるわが, し見む

▼ ねつまらない~ (2, 0.0%)

1 わね, わね私月謝

▼ ねてこそ~ (2, 0.0%)

1 いるが, なつかしいという

▼ ねてば~ (2, 0.0%)

1 嫁が, 引くと

▼ ねどおり~ (2, 0.0%)

1 あっしゃ畳屋, まだ人目

▼ ねどっか~ (2, 0.0%)

1 へいきましょう, へ明日

▼ ねどっち~ (2, 0.0%)

1 かへ抜けられないでしょう, もギスギス

▼ ねどを~ (2, 0.0%)

2 りを

▼ ねながらへば~ (2, 0.0%)

2 忍ぶる

▼ ねなし~ (2, 0.0%)

1 には二百七十五円, の

▼ ねばか~ (2, 0.0%)

1 その手, ような

▼ ねばぞ~ (2, 0.0%)

1 かし, 杉原さまは

▼ ねばなどと~ (2, 0.0%)

1 いいはじめた, お考え

▼ ねばや~ (2, 0.0%)

1 いのつそりめ, なほ篝火の

▼ ねぶり~ (2, 0.0%)

1 で母, をし

▼ ねへや空つき~ (2, 0.0%)

1 りあんな, り彼ん

▼ ねほら~ (2, 0.0%)

1 ドイツの, 一尺は

▼ ねみんな~ (2, 0.0%)

1 いい仔, でこれから

▼ ねもう一度~ (2, 0.0%)

2 ままごとを

▼ ねもの~ (2, 0.0%)

1 にもふさわしい, は

▼ ねよく~ (2, 0.0%)

1 かいで, しめりつつ

▼ ねわが~ (2, 0.0%)

1 こころさびしき, これをも

▼ ねわたしたち~ (2, 0.0%)

1 このまんま, はぎりぎり

▼ ね二人~ (2, 0.0%)

1 は罪, を愛嬢

▼ ね今夜~ (2, 0.0%)

1 は, は飲み明かしましょう

▼ ね兄哥丈吉~ (2, 0.0%)

2 の野郎

▼ ね~ (2, 0.0%)

2 いくら下手人

▼ ね八さん~ (2, 0.0%)

2 あの女

▼ ね八五郎親分洒落~ (2, 0.0%)

1 や冗談, や冗談ぢ

▼ ね可愛い~ (2, 0.0%)

1 だろう, んだろう

▼ ね~ (2, 0.0%)

2

▼ ね~ (2, 0.0%)

2 思ふ朗ら細音

▼ ね~ (2, 0.0%)

2 べよう

▼ ね嗚呼~ (2, 0.0%)

1 恋の, 戀の

▼ ね~ (2, 0.0%)

1 の闇, は病魔退散

▼ ね~ (2, 0.0%)

1 事件が, 井田さん

▼ ね太かろ~ (2, 0.0%)

2

▼ ね好い~ (2, 0.0%)

1 でしょう, 女だ

▼ ね娘さん私~ (2, 0.0%)

2 はなんとも

▼ ね小玉~ (2, 0.0%)

2 だ小玉

▼ ね御覧~ (2, 0.0%)

1 ずいぶんひどく, なせえ

▼ ね~ (2, 0.0%)

1 の中, の底

▼ ね憂愁~ (2, 0.0%)

2 に思は

▼ ね~ (2, 0.0%)

1 生活の, 発見だろう

▼ ね~ (2, 0.0%)

1 が利巧ら, はその

▼ ね~ (2, 0.0%)

1 にねざめて, の方

▼ ね旦那~ (2, 0.0%)

1 その斬った, その狆ころ

▼ ね早く~ (2, 0.0%)

1 帰って, 持つて

▼ ね朱房~ (2, 0.0%)

2 の親分

▼ ね~ (2, 0.0%)

1 の草, の黄

▼ ね此方~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ ね~ (2, 0.0%)

1 が変, をくばっ

▼ ね~ (2, 0.0%)

1 のひとす, の底

▼ ね~ (2, 0.0%)

2 うで

▼ ね番頭さん~ (2, 0.0%)

2 あの庭男

▼ ね~ (2, 0.0%)

2 は来

▼ ね~ (2, 0.0%)

2 の底

▼ ね薄墨~ (2, 0.0%)

2 の空

▼ ね親分あっし~ (2, 0.0%)

1 はあの, はどうして

▼ ね親分さん~ (2, 0.0%)

2 あんまり虐

▼ ね親分ひらめ~ (2, 0.0%)

1 という字, といふ字

▼ ね親分もと~ (2, 0.0%)

1 はと言, はと言え

▼ ね親分主人~ (2, 0.0%)

1 が死んだ, の岩太郎

▼ ね親分今度~ (2, 0.0%)

1 はあっし, はあつし

▼ ね親分何ん~ (2, 0.0%)

2 とかし

▼ ね親分六十三~ (2, 0.0%)

2 の今日

▼ ね親分誰~ (2, 0.0%)

2 かに殺された

▼ ね~ (2, 0.0%)

1 つたらう, つて

▼1* [475件]

ああちゃんこれもっと, ねあすこほら木, ねあそこをご覧, ねあたしたち負けるん, ねあたし今日はどんなに, ねあっしからいわせる, ねあっちへ行っ, ねあなたあなたはお, ねあなた今日のお話ぶり, ねあなた子供欲しくお, ねあなた誰が書いた, ねあんたどう思う, ねあんた今のうち, ねあんた私写真を取りたい, ねあんなにいい色, ねあんまり遅くなつたら, ねいが別けて, ねいが外の社, ねいが真の親子, ねいしなあ, ねいっち事よ朝っぱら不意, ねいつまでも隠せる, ねいとも分らねいか, ねいらっしゃいよ, ねえつたつて, ねえとお帰し申した, ねえとまア女の, ねえと大旦那の, ねえながめじゃござんせんか, ねおいお葉さん頼む, ねおいしいだらう, ねおかあさんはあたし, ねおかしいでしょうお, ねおじさまにお, ねおじさんあの方たち, ねおじさんだめかいいや, ねおとなしく降りて, ねおばさん日の暮方, ねお前さんちよいと, ねお前さんはつきり申し上げた方, ねお前さん八五郎さんの本当に, ねお前たちは何, ねお前私は妙, ねお嬢様お休み, ねお客様方仔細あって, ねお家が焼けちゃったろう, ねお母さん僕に空気銃, ねお母様越智さんはお母様, ねお父さんどうして黙っ, ねお父さん今度の事件, ねお父さん潜水艦が空, ねお爺さん僕今日人形芝居の道具, ねお祖母さんうちぢや, ねお立ち上りなさいよ, ねお雪ちゃん本当でしょう道庵, ねかあさんいっても, ねがいです, ねがな気楽な, ねきいちやんけいら, ねきっとミヤノって, ねきみ艶子はあの, ねげっとも, ねげに仕事に, ねげんまんして, ねこういうことは, ねこうして歯を, ねこだか曲がりねこ, ねことをぶつぶつ, ねこないだのかみ入れ, ねこんど私がきっと, ね挨拶も, ねさっきも言う, ねさっき使が来, ねさんが三ツ輪, ねあだぶ, ねすばらしいでしよう, ねそういうわけの, ねそっちばかり見, ねそのままの細い, ねそんな詰らなそう, ねそんなに云わないで, ねただお髪, ねただにかなしさ, ねたりといふ形もとつてゐたらう, ねたる室の襖, ねだけじゃわからないよ, ねだれがやった, ねだんなきょうは地獄, ねだんなそれであっしゃこう, ねだんな性得あっしゃこ, ねちゃんと裏が, ねちよつとの, ねちよいと三番目, ねぢうめともいふ, ねっきりはっきりこれっきり, ねってもいいぞ, ねつや子さん私縫子と一緒, ねづくりの靴, ねてからの芝居でありまする, ねてしもた, ねてぞろ, ねてでも来さうな, ねてとほれ, ねてばかりいた, ねてばっかりいて, ねてまで下らない夢, ねてや忘る, ねてをりました, ねというもんだ, ねどうしても忘れね, ねどおりそいつがどんなに, ねどおり何者にか盗みとられ, ねどおり勇ある者, ねどおり槍ひと筋のもの, ねどけふヱズヰオ, ねどころとね, ねどといふ言葉の, ねどなこんな明盲, ねどなど心あり, ねどはしきやし君, ねどもという語部の, ねどもながむる袖に, ねどもへろ, ねどんなことを, ねなべてをさなく, ねにたりける今朝, ねにと夫れ, ねにとのお心, ねにのつては, ねには陸奥山脈が, ねにもそのこと, ねによつて深く, ねねえ様だっ, ねねば心弱る, ねのうごくを, ねはっきり言って, ねばかへつて牛の, ねばかへて喰ふ, ねばかり女房は, ねばこそと半は, ねばこそというわけな, ねばぞと見る人, ねばてまえ代わって, ねばといふ気ぐみどう, ねばとだけ思いつづけて, ねばとにもかくにも, ねばとは束の間も, ねばとも考へまた, ねばなこの十兵衛, ねばよかつた, ねばをさまらぬ, ねへかと三次が, ねへが首を, ねへぞといふお客必その, ねへと取上見れ, ねへとてお互, ねへや唐つきり彼ん, ねべと思って, ねほんとうでしょう, ねほんとにお父さんあんなに, ねほんとにどうなすったの, ねぼくがそ, ねまああのくち, ねまた一羽来つ, ねみなさんお願いよ, ねみのえちゃん, ねみんなあなたがした, ねむしろいやだ, ねむりするにはもつてこいの日だ, ねむりばかりしてたゞおせわになってその上, ねむりわがやどの晩夏の正午, ねむりをしていた人がある, ねむりをしてしまったことそれから後, ねむりをしてるには驚き入りました, ねむりをするとはどうしたことだろうとちょっとふしぎ, ねもうちょっとね, ねもしお姫様, ねもっと他の, ねもっともっとあなたの, ねやはりお楽, ねためろうなかれ, ねよかったらお, ねよくってわたしあなた, ねよりも赤黒き赤條, ねんでごぜえます, ねアカシヤの, ねアボチン御勉強, ねアロアちゃん僕もいつか, ねアーサー海軍の兵隊, ね出かけたつて可, ねイバンスさん子どもらがかわいそう, ねイ弁天様の御, ねで運転, ねェ訳だ, ねエイヤエイヤと調子, ねエッてったね, ねカラハンが来た, ねコリントをしない, ねゴルドン君きみも知ってる, ねサアシヤが可愛い, ねサラアなる, ねスミス少佐あの少年下士官, ねてがん, ねツ違つてるワ, ねテルちやん, ねナーシェンカこわくない, ねバいかんぞよ, ねバさしつまりしきづかいなし, ねバ彼者とよる, ねバ数万金にか, ねバ養子もできず, ねパンがお鍋, ねフラテもレオ, ねフランスは自分, ねベースに合わせてりゃ, ねメイメイに身ぶり素振り, ねラン子僕は執念深い, ねロケットの動力, ねローズよさうかね, ね一つの蜜柑いつ, ね一つ家にい, ね一ぺんこっきりでいい, ね一寸見て, ね一緒に遊びましょう, ね丁と渉が, ね七十目ばかり取り集め, ね万事あの通り, ね三千両を送っ, ね三千兩を送つ, ね三木さんあたしをつかまへ, ね三輪の親分, ね上つて遊んで, ね上手でしょう, ねに何, ね不思議な気, ね世界の人たち, ね主人も客, ね二円七八十銭からも有る, ねしながら, ねは突かるる, ね人影がしかも, ね人通りがある, ね伊織さん殺らしちゃ, ね伸子さん教えて, ね住吉の神, ね何んとかし, ね何処に行きませう, ね何分間かが浮くだろう, ね保井便所の地図, ね信ちゃんわたしはね人間, ね信州の松本, ね俺らよめねえよ, ね兄さんぼくに義務, ね兄貴話といえ, ねに踵, ね八こいつはどうも, ね八五郎さん父さんはそり, ね八五郎親分驚かないで, ね八五郎親分掛合噺はまた, ね八藤兵衛は御, ね八藤兵衞は御, ね共今聟を, ね共先爰に知らざる, ねの耳, ね前半だけはおまえ, ね勇気をふるって, ね勝藏さんいや御, ね千束なす紅葉重, ね半兵衛様も父, ね厳かしさ, ね参木さん隠しちゃいやよ, ね参木今日はひとつ, ね叔父さんその昭和遊撃隊, ね叔父さんこんどはきっと, ね叔父様はお, ね古市へ行く, ね可愛いいじゃァありません, ね同一の棟, ね君これをどこ, ね君ムリオ話して, ね君之は相当, ね君今日もまた, ね君僕がここ, ねかしさ, ね四隣静まりたる後, ね坊ちやん坊ちやん, ね坊や自分のこと, ねでしょう, ね多きかも子ら, ね夜光人間はあの, ね大海は, ね天津の, ね太夫わたしにはまだ, ね太陽の熱, ね夫婦は一日, ね奥さまおわかり, ね奥さん何んな芝居, ね奥様ちょっと起き上っ, ね女事務員一同に戸籍謄本, ね姉さんが, ね姉さん松島様の方, ね姉ちゃんもしも男の子, ね御いや, ね姿ようつくしき, ねやその, ね半纏, ね子供が食べ物, ね実に万年町の, ねへねクリスマス, ね家庭戦線はどう, ね蛇御, ね小ぢんまりしたい, ね小児だって本場, ね小林さん懐中電灯をつけ, ね小林樣の御, ね小説がかける, ね少くとも雪子, ね島村さん婦人労働組合のほう, ね市長実際大阪, ね師匠打ちあけて, ね久しい自然観察, ね幸せそうでしょう, ね幸子さんのところ, ね底冷えのする, ね弁信さんわたしが急, ね弱冠五百城先生の門, ねをつけ, ね御坊こんな事, ねをさせ, ねかつた, ねく賢, ね愛想を云われ, ねも飽かぬ, ねはくがにと, ね戦勝ちぬ, ね房ちゃんがこれ, ねやよる, ねもて招き声, ね折角沖に, ね指ヶ谷町の親分, ね攻めにあふ, ね斯んなやう, ね新聞屋の先生, ね旦那こんどはもう, ね旦那先代の大, ねは吉野, ね昨夜より我, ねは寝ずし, ねの移り, ね時オレがここ, ね暗うございますから, ね朦朧とした, ね本当にそうおしよ, ね東京にかえりたくなった, ねは知る, ね枯枇杷に, ねにもない, ね柳原の土手先, ね栄坊さんこいぢ, ね森野さん学校の友達, ね槙さんお話別だけど, ねといっ, ね正ちゃんピッチャーはどんな, ね正直のところ, ね此自動鐵檻車が出, ね母さん今度喜三公の奴, ね母様それじゃ一つ佃, ね水兵さん秘密命令って何, ね沢山に遣っ, ね浦島さん亀の子, ね浪華なる, ねへ船見, ね源吉そんな浪人, ね準備されて, ね照子さんて方, ね父さん表の障子, ね父ちゃんが死んじゃったら, ね特別に活きてるだろう, ね由雄さんはああ, ね甲谷さんあなたどう思っ, ね甲谷さんあなた参木のこと, ね男の子だよ, ね白金じゃア, ね百合ちゃんもし夜なか, ね百合ちゃん斯うしようじゃあない, ね皆さんにお, ね皆さん証人になつて頂戴, ね盂蘭盆にはさすが, ね眞白羽の, ね眞砂町の親分, ねつ張り親分, ね矢張りお樂, ね知らん顔して, ね石井の小, ね磯崎さんてこれから, ね祖父江君君にいい, ね神さまのこと, ね私あなたが動坂, ね私たちのこう, ね私つむじ曲りなの, ね空腹くなれ, ね立派な酋長, ね笠森君到頭落ちる, ねなん, ね結婚の申込, ね縫ちゃんよくきい, ね義兄さん私ダンサアになりたい, ねこそ聞かね, ねでございましょう, ね色恋なんていう, ね色悪であの, ねを植える, ねの香, ね芳年さん人のこと, ね若旦那打ちあけて, ね若旦那正直に言, ね枯れに, ね萬事あの通り, ね葉ちゃん俺んところ, ねは向こう, ね蜂谷さんほんとにお願い, ね蜂雀そのペムペル, ね蜂雀談して, ねの親, ね親分お願いがある, ね親分ここがその, ね親分これだけで証拠, ね親分さん方聽いて, ね親分さん首尾よく敵討, ね親分三輪の親分, ね親分八五郎さんとかに一緒, ね親分八卦や人相見, ね親分加納屋の伜, ね親分悲嘆にくれ, ね親分意見はまた, ね親分此處がその, ね親分水を呑んだ, ね親分相好ぐらいは崩したくなります, ね親分相好ぐらゐは崩したくなりますよ, ね親分眞面目に聽, ね親分真面目に聴い, ね親分石井一家のうち, ね親分神樂坂小町と言, ね親分親分はお化け, ね親分金があつ, ねだって一応, ねでせう, ね豆ちゃんはあたい, ね貧乏世帯に気, ね貴君や私, ね賀川さんこの間の市会, ね賛成しない, ね賛美歌の種, ね足惱みぬああ, ね足跡が消えた, ね足音がするでしょう, ねをもだえ, ね辛棒出来る, ねはむ子, ね違いばかりで, ね遠い遠い道でしょ, ねのところ, ね阪部さん今日はどんな, ねも眠り, ね非常に明瞭, ね順ちゃんあなたしっかりしなく, ね順ちゃんあなた誰かしっかり, ね順助さんそう思わない, ね須美子さんわたし何だかあなた, ね頭字だけ云っ, ね馭者をやっ, ねの年増女, ねは右, ねが餌, ね黒めがねのおじさん