青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「び~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ひま~ ~ひました ~ひます ひも~ ~ひらい ひらい~ ひる~ ~ひろげ ひろげ~ ひろ子~
び~
びく~ ~びっくり びっくり~ ぴったり~ ~ふ ふ~ ~ふい ふい~ ~ふう ふう~

「び~」 1667, 18ppm, 6352位

▼ び~ (235, 14.1%)

4 私は 3 矢代の 2 つい明日, 巻いて, 掛けて, 油をば, 矢代は, 自然に, 荘田は, 遣られドクトル

1 [212件] ある穴, かけて, きしょうを, ぎょっとし, くいいって, この古い, この無名戦士, この頃, ごじ, さア今日, すれば, どこでも, どちらも, なった, なったり, なりお袋達, なりイヅモタケル, なり弓, のどぼとけ, はめて, ばたばたと, ぴたりと, ぼくの, まきました, まともには, イタリアの, コップが, ノルウェイ政府から, フックリ, ボーイは, リカルド・ガリバルジ君の, 一々お辞儀, 一々小言, 一向乗り気, 一変した, 一皮ずつ, 一皮づゝ自分の, 上って, 下人甲乙從い, 世界各国の, 久慈は, 云ひました, 人格が, 仇の, 他人の, 似た失望, 体温で, 何か, 何となく微か, 何とも云, 何とも云え, 何にか, 何にも, 俺は, 元気が, 兜の, 其から, 其処に, 出かけて, 出て, 分析的心理學, 列車は, 前の, 劣るべし, 励んで, 北陸の, 千鶴子の, 南仏を, 南山士雲寒岩義尹ある, 参りました, 参るので, 友達の, 反対にか, 反歌, 取りかかった, 口を, 周代の, 品物を, 善鸞法善など, 噛みつこうと, 堅そう, 夜は, 大プレトーン, 天體の, 太陽が, 官軍の, 宿の, 寝小屋, 尾行を, 屯田の, 巻きつけた磯, 庭の, 引きずりつつ, 当って, 彼の, 彼は, 後から, 心が, 思い起す記憶, 恭二は, 感じるその, 態度においてのみ, 我々の, 拡がった, 挿して, 揺れて, 揺れる繁み, 放れたが, 数珠を, 新しい輝き, 新吉, 旅人の, 旋頭歌, 明日の, 春だ, 最劣等民, 會社の, 本師釈迦牟尼仏我が, 本能的に, 来た, 来たもん, 来て, 来るからと, 果物を, 枝枝が, 毀れる家, 母と共に, 気が, 水晶の, 汽車から, 波立ちます, 注いで, 消えぬ犬, 涙が, 涙ぐんだ, 溢れた声, 溢れて, 溢れ光栄, 照らされたお, 照らされた師匠, 照り返しを, 特殊な, 猛ぶ, 生み出した所, 病人の, 癪に, 発する火華, 眉を, 眼の, 着て, 破片が, 私から, 私が, 空間の, 立ち竦む, 立ち跳, 立派な, 笑顔を, 紅を, 結びて, 絹が, 総立ちの, 繼起的多, 翁の, 肩越しに, 胸に, 脂粉の, 脊骨の, 自分が, 自分を, 至るべし, 舞い上り車輪, 菩提樹の, 落葉の, 蠢くよう, 血を, 行かうと, 行くの, 行けと, 行けとい, 行ったやら, 襲われても, 見える絵羽模様, 視界に, 視線を, 触った, 触つたの, 話す, 認印つきの, 諸觀念, 赤いネクタイ, 赫らんで, 足を, 躍つて, 車体の, 輝いて, 辛らくて, 近いせきつい, 近く舞っ, 遠方の, 遭遇した, 鉄の, 電気にでも, 靴の, 頸がが, 顫い立った, 顫える, 飛びつきました, 飲ませて, 駈上って, 駈上つて人込みの, 高まって

▼ び~ (189, 11.3%)

5 握って 4 したり, 傾けて 3 抑えた

2 [15件] した, しながら, する, つかんだ, つかんで, 伸ばして, 何となく手, 入れて, 取って, 引っ掴んで, 意味し, 捕えて, 掴んで, 握った, 見て

1 [143件] あこがれて, いたしました, かけました, かたくにぎった, がってんがってんさせ, ここに, したので, した上, した筈, しました, しましょう, します, し小さな, するのに, する少女, する時, する静物, する鬼, つけて, つけました, とり立つ濱島武文, なでた, へし折って, やらねば, られにも, カクンカクン振っ, ギュッと, グッと, ゲルダが, チョットくじいた, ムズと, 一つし, 一緒に, 下緒, 並べて, 並木道の, 云いましたら笹尾さん, 云った, 云つ, 仰せ出されると, 仰向かせる, 催した, 優しく動かし, 出して, 前後に, 厨の, 取り去り殻, 口に, 叩いた, 吹いた, 吹き起した, 告げました, 噛みしめて, 噛みますので, 固くつかんだ, 垂れて, 塩づけ, 失ったよう, 少しでも, 岩より, 左右へ, 差し伸ばして, 巻きつけた, 巻きました, 延ばして, 引っつかみデン, 引っつかんでから, 引っ張って, 引っ張るの, 引ッつかん, 忘れた人, 感じた, 感じたの, 感じながら, 感ずるのみ, 感ずる時, 打って, 抑えて, 抓んだ, 押えて, 持って, 挙げて, 振って, 振りました, 捩じ取り一人, 掴まえ, 掴まれたと, 握ったり, 握りしめた, 握りとめた, 握り取り, 握り扉, 撫でて, 斬って, 昂らせて, 曲げ崖, 有し得ない性癖, 望むなり, 梅軒が, 横へ, 深く拭き, 生理的にも, 申すこと, 申そうぞ, 痛むばかり, 皆出, 眺めながら, 知つて來た, 知り棧橋, 立てたよう, 立てた洲, 立てて, 童子も, 紐で, 絡った, 締めて, 置いて, 置かないで, 肅と, 胸へ, 自身に, 血は, 表するため, 見ながら, 見るも, 覗き歩い, 覚えて, 言った, 言つてゐた, 話して, 認めた後, 起して, 述べるから, 述べるつもり, 追うて, 針で, 長くし, 離さない, 頒けて, 顏にも, 餌に, 點じ, 鼻の

▼ び~ (124, 7.4%)

5 反響を 4 中に, 小鳥喰

2 [11件] 光を, 影が, 御甦生どころ, 悪い程, 明石大門に, 汗を, 激情を, 細さ, 自然花を, 花, 邦

1 [89件] あたりを, うちに, つそり夫婦, つもりかも, ようです, ように, ストリツプも, 一刀を, 一片を, 三角な, 上まで, 中心であった, 代表なり, 光さえ, 光よ, 再現, 処を, 出来る物, 前で, 動かし方, 動悸に, 半ばほか感じ, 南町奉行大岡越前守忠相自邸の, 友, 叫びに, 国境だけは, 城壁に, 大御鏡, 太いモスク, 女中達の, 対面の, 少女, 崇拜と, 弱々しさ, 心が, 心の, 心持を, 心配ばかり, 必要が, 意に, 戰具整へ, 戰具整へり, 手紙来る, 揺れの, 数珠が, 方が, 旅から, 旅を, 日であった, 時なぞは, 時にも, 曲を, 最後の, 期待と, 板びさし春の, 枯木が, 柔草のに, 栄の, 桃色を, 榮の, 様な, 消えしより, 満ち伺ふ国内, 濡れて, 灯を, 男女支那宋末の, 痛みを, 眼を, 神は, 神より, 竹屑を, 笑みを, 筋肉が, 筋肉と, 股を, 腱に, 舞あそび, 花も, 血は, 見えぬ信長, 言に, 貝殻で, 責任の, 辺に, 鉄の, 骨を, 高浪に, 魔力いかに, 黙って

▼ びッくり~ (49, 2.9%)

16 して 5 した 2 したの, したよう, するよう

1 [22件] かトン, させて, させや, させられたこと, させられること, させるよ, させる不粋, したが, したでございましょう, したでしょう, したと, したり, した万太郎, した様子, した目, した顔, してしもてん, しましたが, しましたけれど, しましたよ, するこたあ, なされた

▼ び~ (34, 2.0%)

2 あるの, 聞えて

1 [30件] ある, あるでしょうか, まだ消え残っ, サッと広く, 中食に, 出る, 出来て, 初めだった, 堯の, 変つて計算器の, 少し腫れてる, 感ぜられる, 永遠に, 泣きふるえて, 泳いで, 消えたしばらく, 焚かれました, 生ったり, 疼き痛むたび, 痒くなつた, 白く出た, 見え隠れした, 詰ったの, 認められた, 赤くはれあがつ, 重なっては, 露に, 露れ, 麓に, 黄いろく点々

▼ び~ (31, 1.9%)

2 一向つき

1 [29件] あの飄逸, おおいよう, これ以上は, みんなこの, もうどこ, 二倍もの, 光る, 公家の, 前三本, 動く腕, 垂れて, 壁も, 宝石の, 尽きなかった, 捻じ切れそう, 日本民族の, 椎の, 止まなかった, 正直に, 民家に, 消えなむ, 消ゆる, 爬虫類の, 猛き, 直ぐ消え, 美味いもん, 連城の, 雀も, 非常な

▼ び~ (19, 1.1%)

5 の本 2 をうたう

1 [12件] がある, がいかにも, のいみ, のなか, をいっしょ, をうたいおわっ, をうたいました, をうたいます, をうたっ, をしっ, をカイ, をカレン

▼ びツくり~ (18, 1.1%)

7 して

1 [11件] したこと, したと, したの, したやう, したん, した奴, した聲, した顏, するぢ, するでしようよ, するの

▼ び~ (15, 0.9%)

1 [15件] そうと, てあと, ていた, ている, てきた, てくるだろう, てと突然, て地, て思いのたけ, て来, て来た, で, でたり, でぬ, でぬ間

▼ び~ (13, 0.8%)

1 [13件] かたみ, しないで, どこの, 出来た, 及ぶまじ獅子, 叶ふまじ, 悲しみも, 撫でまわす, 消えたとき, 燃えきったよう, 真似て, 聞こえ一門, 見ず

▼ び~ (13, 0.8%)

31 し, たるところ, て禍難輕むることを, りし錢, りて, りぬ關門, り圍, る, るといふ, れる此金殘ら

▼ び~ (12, 0.7%)

2 しょり濡れて 1 くりしないで, くりなさいましたでしょう, しょりと, しょり汗ばんで, しょり涙, しょり濡れた草, しょり穴, たりになった, とより, と引きさげ

▼ び~ (11, 0.7%)

4 手を 1 咬みついて, 抱きついて, 来て, 歯を, 落ちて, 薄黒く, 食いついた

▼ び~ (11, 0.7%)

4 を持つた 1 から弟, だか, のなか, のまま, も空, を休めん, を持った

▼ びーん~ (10, 0.6%)

1 という鉄, と掌, と男, と硬直, と耳, と腕, と跳ねあがった, と錠, と音, と響きました

▼ び慣れ~ (10, 0.6%)

5 てゐた 3 てゐる 1 ても私自身, て現

▼ び出し~ (9, 0.5%)

2 てくれ 1 がある, するから, そのこと, てからもう, てしまった, て来た, て来る

▼ び~ (8, 0.5%)

2 は誰 1 が突如, に過ぎない, の一, の心, をひきつけた, を気取っ

▼ びから~ (7, 0.4%)

1 その絹, 一疋, 五体が, 吊って, 恐々ただよい出た, 数珠を, 礼廻りと

▼ び合っ~ (7, 0.4%)

2 ている 1 てきた, て如何にも, て平かな交易, て生死, て紹由

▼ び~ (7, 0.4%)

2 は却 1 が現れ, の口, の欣々然, の袖, の頭

▼ び~ (7, 0.4%)

1 が第, したこと, だと, であろう, によって大層, は私, をする

▼ び立つ~ (7, 0.4%)

2 こと能は 1 てゐる, ほどの剣術, ようで, 学堂事務の, 海岸の

▼ び~ (6, 0.4%)

2 見に 1 崩れて, 廻って, 愛し得る器物, 焼いた兎

▼ び~ (5, 0.3%)

1 した, 傘の, 承る, 照す, 覚めよ

▼ びッこ~ (5, 0.3%)

2 を曳い 1 であった, に振り, を曳き

▼ び~ (5, 0.3%)

3 ふー 1 ん, んびーん

▼ び住居~ (5, 0.3%)

1 ではきょう, に, のこと, のよう, はなにやら

▼ び~ (5, 0.3%)

2 と凝る, と照る 1 ひて

▼ び~ (5, 0.3%)

1 ふに, へば後, を並べた, を云っ, を述べ

▼ び~ (5, 0.3%)

1 ふこれ蝋燭, ふるを, ふる詞, へしこ, へられた

▼ び~ (5, 0.3%)

1 て話し, はなく, はむ我, ふことは, へたよろこび

▼ びこれ~ (4, 0.2%)

2 でこそ感応寺 1 に如く, を犯す

▼ びその~ (4, 0.2%)

1 偶然の, 冷遇を, 心に, 足それらが

▼ び上がっ~ (4, 0.2%)

2 てき, てきた

▼ び上っ~ (4, 0.2%)

1 ていった, てきた, て五芒星, て来た

▼ び~ (4, 0.2%)

1 へてゐた, へてローマンス, へよう, へられ

▼ び入り~ (4, 0.2%)

2 てひしと 1 て, ぬ

▼ び出され~ (4, 0.2%)

2 て一室 1 てしまう, て行く

▼ び出す~ (4, 0.2%)

1 と市村, 場面が, 車が, 音階は

▼ び出た~ (4, 0.2%)

1 やうに, やや遠く, 十五六名は, 美男に

▼ び出る~ (4, 0.2%)

2 菓子の 1 ように, 想像であった

▼ び切支丹~ (4, 0.2%)

1 とその, となつ, の名前, は三月經

▼ び去る~ (4, 0.2%)

1 こと鷹よりも, とぞおぼえたる, にもさ, 老残の

▼ び~ (4, 0.2%)

1 が無い, に十文字, を洗, を膝

▼ び~ (4, 0.2%)

1 が背, に投げ, の広がる, を通っ

▼ び~ (4, 0.2%)

2 せられて 1 せられた, せられ其名聲

▼ びである~ (3, 0.2%)

1 ことに, やうに, ように

▼ びまで~ (3, 0.2%)

1 申し上げます, 真っ赤に, 赤くな

▼ び~ (3, 0.2%)

1 か勝手気儘, か問, を喰

▼ び切った~ (3, 0.2%)

1 埃及の, 老船頭, 醜女が

▼ び~ (3, 0.2%)

2 ふの 1 はしめて

▼ び~ (3, 0.2%)

1 しそして, して, し兩者

▼ び寄る~ (3, 0.2%)

1 どころか, など世にも, 時雨降る

▼ び~ (3, 0.2%)

1 の上, を渡し, を渡り

▼ び~ (3, 0.2%)

1 に在り, の衞, 恐ろしき風習

▼ び泣き~ (3, 0.2%)

1 くるしむ者, たり, の余韻

▼ び~ (3, 0.2%)

1 に暮れ, の眼, を流した

▼ び~ (3, 0.2%)

1 のため, の身, は腹

▼ び~ (3, 0.2%)

1 の斑点, の果肉, の美しい

▼ び落ち~ (3, 0.2%)

1 そうに, て来ました, て遂に

▼ び~ (3, 0.2%)

1 はれおのれ, はれて, はれながら

▼ び飾り~ (3, 0.2%)

1 としたら, のごとく輝い, はいくら

▼ び~ (2, 0.1%)

1 さを, やがれ

▼ びそれ~ (2, 0.1%)

1 につれて梢, を拯

▼ び~ (2, 0.1%)

1 が馬鈴薯, と思った

▼ び~ (2, 0.1%)

1 んとし, んびィ

▼ び~ (2, 0.1%)

1 しより, しよりの

▼ び上り~ (2, 0.1%)

1 其の空, 夢の島の

▼ び上る~ (2, 0.1%)

1 なり舞い下る, のであった

▼ び下され~ (2, 0.1%)

2 帯刀苗字御免さしつづきし

▼ び~ (2, 0.1%)

1 にあらはれ, に出で

▼ び~ (2, 0.1%)

1 をとざせり, を見れ

▼ び互に~ (2, 0.1%)

1 婚姻すれ, 被らし涙

▼ び付いた~ (2, 0.1%)

1 ように, 野猪一向

▼ び~ (2, 0.1%)

1 ひし, ひし折柄

▼ び入れ~ (2, 0.1%)

1 て一年間位鄭重, て置いた

▼ び其の~ (2, 0.1%)

1 例に, 學説が

▼ び出した~ (2, 0.1%)

1 中身の, 稲を

▼ び到れる~ (2, 0.1%)

1 の辞, の辭

▼ び~ (2, 0.1%)

1 が, という宙返り

▼ び勇ん~ (2, 0.1%)

1 で小, で舟

▼ び合う~ (2, 0.1%)

1 人間は, 楽園である

▼ び合つて~ (2, 0.1%)

1 ゐた, ゐること

▼ び~ (2, 0.1%)

1 とゆく, に逢ふよ

▼ び呼ぶ~ (2, 0.1%)

1 聲の, 聲は

▼ び~ (2, 0.1%)

1 が絶えま, を掛け

▼ び大隈伯~ (2, 0.1%)

2 は功業

▼ び奮発~ (2, 0.1%)

1 して, すると

▼ び室内~ (2, 0.1%)

1 に張られた, の清談

▼ び~ (2, 0.1%)

1 を出させよう, を持っ

▼ び建て~ (2, 0.1%)

2 たる五重塔

▼ び廻り~ (2, 0.1%)

2 欠伸の

▼ び~ (2, 0.1%)

1 えんぐみあそばす, 出座あり

▼ び手品~ (2, 0.1%)

2 の太鼓

▼ び押し~ (2, 0.1%)

1 來る, 拭った

▼ び指した~ (2, 0.1%)

2 に違い

▼ び掴ん~ (2, 0.1%)

2 で引き戻され

▼ び~ (2, 0.1%)

1 へて, へて聴手

▼ び暗き~ (2, 0.1%)

1 さよ中の, まどの

▼ び果てた~ (2, 0.1%)

2 二枚の

▼ び~ (2, 0.1%)

1 せし者, をこと

▼ び~ (2, 0.1%)

1 にそまっ, をかじっ

▼ び~ (2, 0.1%)

1 に例, に親しく

▼ び~ (2, 0.1%)

1 の訟, を愛する

▼ び~ (2, 0.1%)

1 をく, を換えられた

▼ び百合~ (2, 0.1%)

1 はあかく, はさき

▼ び~ (2, 0.1%)

2 をかの

▼ び立ち隊~ (2, 0.1%)

2 歌うたふと

▼ び立て怪む~ (2, 0.1%)

2 の色

▼ び笑ます~ (2, 0.1%)

2 この夜

▼ び素知らぬ~ (2, 0.1%)

2 けはひ

▼ び~ (2, 0.1%)

1 がスエズ, へ這入れ

▼ び艶麗~ (2, 0.1%)

1 なるもの, なる者

▼ び萱原色とりどり~ (2, 0.1%)

2 の畑

▼ び落ちた~ (2, 0.1%)

1 のでござる, 涙の

▼ び~ (2, 0.1%)

1 かあふ, でも知ってる

▼ び~ (2, 0.1%)

2 として領邑

▼ び込まれた~ (2, 0.1%)

1 が危篤, 植木類を

▼ び込んだ~ (2, 0.1%)

1 のが, 露は

▼ び鋭く~ (2, 0.1%)

1 おめき叫ん, をめき叫ん

▼ び~ (2, 0.1%)

1 の外, を敲け

▼ び~ (2, 0.1%)

1 だ, に吹かれた

▼ び~ (2, 0.1%)

1 にぬれ, に倒れ

▼ び~ (2, 0.1%)

2 を食わせる

▼1* [543件]

あたりを見る, びあのおやさしい, びありとあらゆる忌わしい犯人, びあるので豹駝, びいろめきたって大路小路, びお出ましの時, びぐつたりと疲れて, びこの信仰を, びしたいと云っ, びしたたるような, びそうして, びそこから元, びたちまち悪獣, びたとうる物なく, びつねに批判的で, びどこが一番, びにかけてかた手, びにかけてはわたしたちと, びのっそり夫婦が, びばかり出る, びと傘, びびびと傘, びほどの礼を, びまことの徳, びまた湯に, びよい人物に, びよりも果敢なげ, びりす等山に棲む, びわざと多くの, びを以て尊敬し迎えいれられた, びを通して少なくとも二, びアテナイの一哀歌詩人, びアルコールに触れる, びキクッタにとびかゝらうとしましたが, びッくり仰天をした, びツくらで訊ねた, びツくり顫へあ, びツこ引くの, びツびツ美妙斎とも云, びツ美妙斎とも云, びプチエーの地, びペン先が紙面, びミコサマの目ガネ, びは主観的心想, び一つ見えないやみ, び一枚の新聞よみて一夜, び一生懸命泣き乍ら祈願, び一言お詫び申したい, び三たび羽をうち, び三国功業を重んぜし, び三度見もてゆくに, び三度び呟き返し身, び上げたる木材を, び上ったがゴクリ, び上らせていた, び上らせようという作者, び上方をてき, び下げられたのに年若者, び下らば過去, び下りると豚, び下りるかくすること数多回一度も, び且つ愕き, び中尉の墓側, び中頃は賀西, び乍らもた, びして, び五月に茂る, びに顔, び人情の機微, び仄明りを迎, びへの心持ち, び村との, び付いて咬もう, びて燕王棣, び仲間に歸, び伊豆の七島, び伏して泣きわめく, び休みなく, び会うことは, びゐも, び住いで寂しく, び住まひをさせられ, び住みしながらふと, び住むやうな思ひ, び住んでゐる, び來つた現在はその, び來むと我はもふ, び來らしめ目を放ち, び來りつ更にまた, びの海図, びで見, び俯瞰すれば, び優しい悲しい同時によろこばしい, びの在所, びに力, び光つてゐる, び入っても聴き入れず, び入りなぎさこぐふねは, び入り跡殊のほか, び入るなり藤夜叉, び入れた日本左衛門と, び入れられそれは, び入れる手伝いを, び全国で女剣戟団, び起きの, び実は十平次, び内外に降れる, びには逢, び凄惨な光景, び出される蒲団の, び出しおとがいが反り, び出しそれが次, び出ずにはいられない, び出せますから, び出たらやると言う, び出ましたが何故か, び出らる, び出れば手, び分けた通り言葉で, び分れている, び切って天井, び切つた荒目な格子, び切られこの一家, び切りなどに対して闘っ, び初め候ふの, びしく打つた手, びを貸し, び努力を排する, び勇みて犇, び勇健爽快なる精神, び動き出したる物体は, び勸められるまま, びふ花, び北人は質實, び切れた胸, び千六百五十一年の初, び千島列島を南下, びにし, び卑屈の友ら, び南瓜や朱色, びし, び厚くして, びて復, び去ったのである, び去らしめ自らは, び去られたものとばかり, び去らんずや, び去りましたがそれ, び去るべきに, び去るべく胸中に, び去るべし然れ, び去ろうかさらに, び反抗の声, び取れぬと答えた, び來より, び古りた記念の, び古代意慾の曼陀羅, び可型性を有する, び合い重なり合っていよいよ, び合ったほうが, び同時に吾, び同道して, び呟き返し身に, びはつた豪華, びを取れ, び嘲られふた, び四角い裾の, び回想したくない自分, び団子でもこさえ, び国土という世の中, び国民の思想, び團子を食べた, びを離れ, び地上の一角, び場所からお, びを愛し護る, び墳墓の地, び夕べの帷, び外気に接し, びの明け, び夢にも度々死ぬ夢, び夢幻を歓び, び大いに興を, び大体に於, び大地を打ち, び大声でわあ, び太平洋の両, び失敗をくりかえす, びを捜し, び奉り候, びを征服, びな音楽, び始めることに, びの蒼白い, びを重んじ, び定まるときは, びを結ぶ, び実ると伝う, び寄せてやろう, び寄せたものであろう, び寄せたい衝動で, び寄りて衣引き, び寺門を出でぬ, び尋ねぬ人にまで, び若党一人を, び小舟勝二氏の, び少くなったが, び少女がさしかざす, び尽瘁純誠, び居らむ, び居るがため, びに影, びを清く, びの外, び平易な短い, びなき頭顱, び床しの水族館, び床上に跳, び度び遇う男, び度びされるため矢代は答える, び度びの二人の危険, び度び美青年の自動車, び度び言い訳に来ました, び度び電話をかけ, び廊下を通, び彼等を取り卷か, びて老身, び得た体験の, び得まいが初歩水泳, び御用をつとめ, び心地で, び思いがけ無くもたしかに, び悪魔を避けた, び悲しき声たてられし, び意欲的能力の共存, び慣らされてゐた, び慣れた貧しい酒屋, び慣わしていた, び憎くかつた, び懸りて乾坤, びふる, び成りかわってゆこう, びに接吻, び我が郷犯し入り, び我輩を口説き, びひは, び或は清新流麗を, びりとられ, び戯れた長い長い夢, び手套を絞る, び手活けの花, び打たざるをえざりき, び折りかき数ふれ, び押し来るカキ色の, び抽出の約束, び指されそうしてかれ, び接吻す, びめくこと, び支草居を訪ね, び支配階級の一, び改めてほと, び放題に舒びた蔓, び數學をやり出す, び文字を大切, び文學へよびもどされるゆくりなき結果, び文章を能くす, び新しい土地に, び新しき色を, び新来の珍奇, び施して男子, び日本の出版屋, び明るく晴れるの, び春服二字の扉, び昭和の痩せ細った, びの見地, び時としては人間身, び景気がえ, び智識欲の深い, び暢びした交渉が行われれ, び暢びした気がする, び暢びしている下肢を慎ましく, び暢びとした繊巧なもの, び暢びと一夜を過した, び暮しだと, び曳き行く荷の, び書かうとすれ, び朋友武人となり, び木兔のくび, びとなり, びに就け, びをめぐらう, び来しやとひそか, び来たらせ給ふ, び東京へ出ずれ, び果てている, び栄蔵はじれ, びまでだぶりだ, びは青みけり, びに製品, び楊貴妃の方, び極端に馳, びみ互に, び楽しみ互いに得たる, び楽屋に在, びしめ處女マリア, びへ廻れ, び樵夫山に入る, び次郎は自分, び歌謡となっ, び歎きの余は病, びを竭, び正すとなる, び正気の沙汰, び此夜寒しと, び此山異日必ず大, びを見せ, びり, びの前, び民衆の意識圏内, び気絶したならば, び永井伝八郎打ったぞ, び汚れしめざるあたはざりき, び決心しても, び汽船を組立て, び洪水なきを, び流れてゐる, び烟蒼茫として, び深山に放つ, び渓中に帰らず, び渡る関門は, び渾沌の, び湧く時わが, びを失わん, びひ戰, び爲さずして曰, び爽かなり高麗丸はよし, び牢人にそんな, びのあがき, びに油揚, び狭長で尖鋸歯, び獄内に入る, び獄舎を出る, びを返せ, び實は, び現われたところは, び現代各階級, び現形し玉, び生じて発し, び生れ出たやう, び申してお, び申したのが, び申す事も, び申そう和泉の, び申候次第に御座候, びならば, び町中にさ, びの傍, び疑獄を赦し, び病めりといふ, び痩せかじけて将, び百年乱を知らず, び皐比に坐し, び萎びて, び盛子を前, び盲目的な生命, び相對しました, びに紫, びをひらかう, び眼前の實例, び研究の自由, び研究室にとつて, び壞し, び硯箱を, びを打ちたく, び示すままに, びに何, びうつくしき, び神つどへる, び神明は汝, び神聖なる処女, びせらるるこの, び称されて居た, び称せられ其名声は, びより幽, び空しく門は, び突然おかしくなっ, び立たず私は, び立たずであって陽, び立ち見のはろばろし, び立つべき第二以上, び立つべく斯て, び童兒の時, び竹垣を噛み, び竹屋橋場今戸の如き, びを並べた, びに変, びへて彼, び答辯をうながさう, び築ける上には, び細く杉の, び終に移りて, びへり, び給はじとして, び給わず太子の, び給わんや, び絶えたか退転, び続けている, びを走り, び編輯に携, び繰り返されたことか, び繰り返した話も, びけてゐる, びを犯し, び罷業が起る, び美男のお, び美青年の自動車, びを一, び翔る鴫を, びへが定まる, びして, び敏く氣, び聟さがしどころ, び胎外へ出, び胸乳おさ, びに褐色, び膏肓に入った, び膝頭と脂, び自ら刀を揮っ, び自然に眼, び致しますとともに御返事, び致すやうな, びひ, び舞ったということ, び舞ひもどつて, びへ戻, びの水, びの日, び荒び来る死の, び荒ぶることを, び荒んだ生活の, び華嚴の瀧, び落ちたるを袂, び落ちようとする, び落ちる大岩を, び落つるのが, び落給はんかと危ぶまる, びの大火, び行き流る, び行くを得, びひあつき, び裸同様のあさましい, び製作に臨ん, びの向, び西洋より帰り, び覇略を卑, びて喜ん, び見あげぬものいひ, び見ゆるかな, び見ることも, び見るなきこの偉大, び見世物となし, び見喜びて御子, び親める親戚知己等, びぬ眠, び言い訳に来ました, びひて, び試合を行え, び読みさした雑誌を, び読者諸君が余, び読返して, び講演を始める, びへん, び議論となる, び譲りて曰く, びを揚げん, びふとな, び贈ってくれた, び起きては倒れ, び起せば比類, び起つて来た, び起りて海草, びが象牙, び足りないと思, びにすゝ, び躍りて, びを起す, び車上の人, び転籍させられるかも, びをつけ, び込まれて床下, び込むように, び込むのにふさはしい音である, び迎えてくれた, び返って顔, び追放されつひに, び逢うことの, び逢はんわれならなく, び遂げらる, び遇う男は, び遊ばすかしれません, び遊びほれつつ, び運命が夢, び過ぎている, び遠く遁れけり, び部屋の外, びと膽, び重なりあってはるか麓, び重なる夫婦喧嘩の, び重ねてわれ等祖先, び重る程初産の, び金儲けの道, びなんか貰, び釘みたいなやつ, び釣り冬の, び鎌髭撥鬢の風俗, び閉されたならば人力, びを排, び限りなく, び陰気な扉, びどよみ明石, びを愛し, びへて問, び難い美点が, び走り怒濤澎湃, び電話をかけ, びは泣き, び頗る豪奢の, びに死灰, びをゆがめ, びなるを, び顧みて無言, び顧みざること能はず, び飢饉が来る, び飯馬鈴薯蕎麦豆などより他, び餅わさびづけみかん, びを出した, び駈けあがる我と妻, び駈ける馬に, び騎射の士, びを生やした, びは縮れ, び魔法使ひの, びをくん