青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ひる~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ひな~ ~ひない ひない~ ~ひま ひま~ ~ひました ~ひます ひも~ ~ひらい ひらい~
ひる~
~ひろげ ひろげ~ ひろ子~ び~ びく~ ~びっくり びっくり~ ぴったり~ ~ふ ふ~

「ひる~」 1462, 16ppm, 7140位

▼ ひる~ (166, 11.4%)

31 へして 16 へる 11 へり 7 へし 5 へす 3 へしながら

2 [13件] えッて, へさう, へすといふ, へす朴, へす青水無月, へりつつ, へりて, へる中, へる布, へる田中路, へる見れば, ほを, 終ると

1 [67件] えつて, おのあいだに, おの花と, おの花に, おの花びらの, おの花を, おは, おはこたえました, おまま, ごと, すんだという, それは, ひかるん, へさうとは, へさせたお方, へしたの, へした看護婦達, へしては, へし不吉, へし勇猛, へし奔, へし故, へすこと, へすと, へすやう, へす前, へす対岸一帯, へす畑, へりさ, へりながら, へりにぞ, へりや, へりゐる旗, へり上, へり太鼓, へり孔雀火, へり巻き, へり芝生, へり躍り出したる怪, へるかな, へるが, へるし, へるすすり泣き, へるに, へるにも, へるの, へるらしくさっと, へるらしくさつと, へる商業, へる柱, へる柳絮, へる波浪, へる温石, へる白旗, へる白衣, へる着物, へる紙, へる葉, へる虚しき, へる間, へる魚, ほ, ほに, ほの, ほ摘みて, ほ野菊, 済むと

▼ ひる~ (113, 7.7%)

9 部終る 6 である 3 だ, です

2 [12件] うちに, ごはんを, だつた, つき, ですが, は次, ように, 客は, 弁当が, 暑さ, 月である, 鳥でも

1 [68件] うちから, うち諸, かえ, かと, がこはくてこはく, が五色軍談, が最も, が習慣, が詞, ことでした, ごはんの, したくを, たくさんの, たびぢの, だから, だが, だつたが, だとは, であるから, では, でも, と同じ, には, はこれ, はよく, は正当防禦, は看板, ひとときが, も今, やすみ, やま, わるひのき, をもっ, を何, を父, を許さない, を阿, サイレンが, ドンが, 中は, 京洛は, 休みに, 兵糧を, 夢とを, 子の, 守りと, 御飯は, 日の, 日光も, 時分いつも, 時刻, 月み, 權利なき, 汽笛が, 海の, 湯の, 疲れを, 終り藤山, 終り頃は, 終る頃, 譜を, 象について, 部相変らず, 野菜スープの, 闇, 青金の, 鳥では, 鳥は

▼ ひる~ (84, 5.7%)

4 俄かに 3 いふこと, すぐに 2 いきなり, すれば, 云ふ

1 [68件] いきなり天井, いふ, いわずいや, この村, ざあ, しようか, すぐその, すぐ寢, すぐ水母, すぐ窓, そこが, そこは, そばに, それほどで, なき雲, なく, なりに, もう呆れ, もはや御, よるとの, カフェーらしく, 一しょの, 中毒を, 乳呑児を, 二つの, 云つた, 今まで, 仲, 何だか自分, 何でも先々代芝翫, 保安隊の, 倉庫と, 公園の, 其側へ, 力一杯押し始めた, 十數疊敷き, 又さらに, 右側に, 善光寺助七が, 女は, 子の, 対照する, 巣窟とは, 広い土間, 庭木の, 当人は, 徒つ, 思ひがけ, 思ひます, 急に, 手さぐりに, 日暮に, 暗闇の, 有繋に, 朝けんたいの, 氣に, 渾沌として, 白い垢, 約五千, 街頭は, 豊島氏は, 違って, 部屋の, 酒を, 間もなく彼女, 青木さんは, 風が, 飮んで

▼ ひるすぎ~ (61, 4.2%)

6 になっ 4 でした 3 のこと 2 に, の, の三時, を

1 [40件] おばあちゃん, かえって来た, からはゴルフ, からまた, から俄, すっかり参観, ですが, なら, にお, にき, になつて, になる, にはもう, にはブドリ, には五年全部, には狼狽, に一度, に五十, に再び, に又, に帰っ, に帰れる, に書き上げた, の一つ時, の一時, の一時頃, の三時頃, の二時頃, の半日, の太陽, の明るい, の風呂, は先生, は十字狐, までさわい, までたれ, まで床, らしい, を拵えました, 出かけ夕飯

▼ ひること~ (60, 4.1%)

6 にした 3 が出, になつ 2 になり, によつて

1 [44件] がいけない, ができた, ができない, ができる, がひとつ, が不可能, が出来ぬ, が出来れ, が多い, が実に, が流行, が許されない, どんな屁, にしました, にする, になる, にのみ專心, に何, に關, のわざとらし, の不適當, はあります, はさほど, はない, は不可能, は僕, は出, は出来ない, は妙, は尠, は彼等, は芸術, は避けね, もあります, もやはり, も出来なかつた, も忘れた, も極り, をゆるし, を心得, を恐れない, を断念, を知つて, を知らなかつた

▼ ひる~ (55, 3.8%)

6 カンカン日 2 何か

1 [47件] お握りだった, くもと, とても一杯, どこもが, ひねもすを, ひるゆゑ, またお, やめて, わたしが, ゴッタ煮, トーストに, パフパフですました, 一寸気, 人め避けたれ, 今日雨に, 休みの, 休む, 休むこと, 何うし, 何も, 六七分しか, 十二時お, 原則として, 吉本の, 報謝の, 多くの, 女客夜は, 客種悪く, 山野が, 差支なき, 彼等を, 日なんじ, 朝十時前後の, 本館の, 村で, 来りけり, 梁にか, 極くう, 水ばかり, 満員夜も, 漬物と, 草に, 過燐酸, 野原へ, 鉄道ホテルで, 閑け, 饅頭一つだ

▼ ひるの部~ (54, 3.7%)

25 終って 53 済んで

1 [21件] あんまりい, いつもの, からハリ, から景気, が済む, すんで, に来ず, の最中, の汗, は, はとっくに, ます, むろん大, やって, をやっ, を終る, 大いにダレ, 既に満員, 済んでから, 終ったの, 腐演

▼ ひる~ (39, 2.7%)

4 なると 2 なって, 五百篁が, 当つて

1 [29件] お祝いを, ここへ, これが, します, その猪鍋, たべて, なったとき, なったので, なったらチャン, なったんで, なつた, ならないうち, なりました, なろうと, また誘っ, めばる, ゆつ, よばれて, パンを, 一寸おりたぎり, 一片の, 何か, 手足を, 海外放送として, 秋刀魚を, 謀反を以て, 近かった, 適した職業, 食堂へ

▼ ひる~ (37, 2.5%)

5 たべて 2 すまして, 三人で, 御馳走に, 終って, 終ると, 食べて

1 [20件] あとに, いつかお話した, すましたら倉知, すませ二時, すませ野上さん, たべかえりに, たべとつ, たべます, たべると, たべ午後野上さん, パンに, 一緒した, 仕度し, 出して, 少々おそう, 済ませると, 終ったらすぐ, 過ぎると, 食べさせて, 食べないうち

▼ ひる~ (33, 2.3%)

2 に彼, 忘れてか

1 [29件] から出かけ, から始められ, から雨, であった, であまり, でした, ですむ, に, にこれら, にちょっと, にぢ, には隣り, にベルネ, に共同, に必頭, に文部省, に新宿, に隱居, に高崎, のうち, のこと, の十一時ごろ, の天気, の空林庵, はすん, は床, は御, もう帰っ, 帰ろうと

▼ ひる~ (30, 2.1%)

1 [30件] あんまりしゃべる, この家, だが, だらうと, でさえもあの, でも近く, と同じ, ならオッカー, にくらべる, に尋ね, のぼくたち, の意気込み, の書き, の話, の読書会, の雲, はその, はそれ, はなにごと, は一つ, は勤め, は土蔵, は多く二階, は富士正晴氏, は永, ひる寝, も空, 働いて, 眺めた乙女, 考えて

▼ ひるやう~ (28, 1.9%)

7 になつ 3 な線 2 な気, にな

1 [14件] と後醍醐帝, と諸国, な, なもの, な心もち, な心持, な気持, な道具箱, に, になり, になりました, に哀れげ, に笑顏, に言

▼ ひる~ (23, 1.6%)

1 [23件] からほん, から土砂降り, から夕方, だった, であった, にすぐ, になります, には本庄, には警部, に光子さん, に帰っ, に朝鮮, に自分, ふらふら出社, までかかっ, までには帰っ, までに蟹田, までね, まで歩く, まで睡たい, ゆっくり外, 来て, 迄に来い

▼ ひるから~ (22, 1.5%)

2 出かけて

1 [20件] いつも憎まれ, お出かけ, お留守, さむざむと, であります, なんにも食べてない, 一物も, 出かけました, 友達の, 夕方に, 夢殿に, 大した入り, 婆やが, 扉を, 新薬師寺, 歌が, 殆ど二ヵ月ぶりで, 相当入りよろし, 箱根へ, 補助が

▼ ひるねを~ (21, 1.4%)

12 して 3 したり 1 いたします, しかけて, した, したいと, すること, するの

▼ ひるごろ~ (20, 1.4%)

2 ならば

1 [18件] からお, からそろそろ, からひとり, でした, におなか, になった, になる, にはこの, に流した, のでき, の事, ばけもの, ほんとに目, までお待ち, までにみな, までに濟, まで坐っ, らしいわ

▼ ひるがへ~ (19, 1.3%)

3 したり 2 つて, つてゐる

1 [12件] つてゐた, つてゐました, つてカラ, つて一方の, つて乞ひ, つて思ふ, つて思へ, つて月光に, つて歐米を, つて眼前の, つて過去を, つて難易の

▼ ひる~ (16, 1.1%)

1 [16件] あふれ虹, さけのみ, ない暗い騒がしい雨, もうじっとし, ゆめみながら, よるも, 一粒の, 凄惨な, 出ました, 動いて, 呪われ夜, 夜も, 断崖の, 栗の, 苦しがっ, 起きぶして

▼ ひる~ (15, 1.0%)

4 して 2 した 1 い, ざめ風が, したいと, したり, してる, するから, です, 出来ぬ身, 出来る身

▼ ひる過ぎ~ (14, 1.0%)

1 [14件] からきまって, からその, からシトシト, から同じ, でうち, でお, にかの木挽, になっ, に一人, に小田家, に屋敷, に近所, のまだ, まであっちこっち

▼ ひる~ (12, 0.8%)

21 から目, した, して, でもし, と洒落こん, ね, の, のなか, をした, をする

▼ ひる少し~ (12, 0.8%)

4 前に 2 すぎ戸山 1 すぎたころ, まえから, まわったころ釣り場, 前, 前から, 前で

▼ ひるもの~ (11, 0.8%)

2 である 1 が現れ, では, として自分, なん, は女, は後, は無数, は臺灣, は連日

▼ ひるめし~ (10, 0.7%)

1 がおそい, たべに, だけ三円, どきを, には未だ, の時, はどう, を喰, を計画, を食べたい

▼ ひる~ (10, 0.7%)

4 を食っ 1 には正木, に事務所, のすんだ, の馳走, をたべ, を食い

▼ ひるので~ (9, 0.6%)

6 あつた 1 つけた電燈ぢ, 夫れ, 安物の

▼ ひる~ (8, 0.5%)

1 がり, がりだ, がりなど, がりに, がりには, がり眼, がり陶器師, へかく

▼ ひるすこし~ (7, 0.5%)

1 すぎただけ, すぎる時分, まえで, まえに, 前から, 前に, 過ぎまで

▼ ひるねの~ (6, 0.4%)

1 さかりで, ようだ, 前と, 前に, 夢を, 宵のね

▼ ひるの間~ (6, 0.4%)

3 にいっぱい 1 たいへんさびしく, にいつ, にちゃう

▼ ひるまで~ (6, 0.4%)

1 もうす暗い, ゆつくり, イギリス教師本やへ, 仕事, 楽焼し, 私と

▼ ひる~ (6, 0.4%)

4 否や 1 木での, 鰌取

▼ ひる近く~ (6, 0.4%)

2 なって 1 であった, で近所, になる, までぐったり

▼ ひるには~ (5, 0.3%)

1 まだ少し早い, 何も, 女官の, 早いけれども, 無くては

▼ ひる~ (5, 0.3%)

1 その事, に長, は出来なかつた, を書く, 宜しきを

▼ ひる~ (5, 0.3%)

3 すらや 1 の人柄, は無き

▼ ひる~ (5, 0.3%)

2 を麻 1 だから, です, はない

▼ ひる~ (5, 0.3%)

1 から日の入り方, でも霧, にはおれ, には年, も昼

▼ ひるといふ~ (4, 0.3%)

1 やうな, 便宜的な, 文面, 立て石

▼ ひるわけ~ (4, 0.3%)

1 である, では, には行かぬ, に行かない

▼ ひる~ (4, 0.3%)

2 ですか 1 だが, だと

▼ ひる休み~ (4, 0.3%)

1 で一時開始, にもその, のあと, の間

▼ ひる御飯~ (4, 0.3%)

2 をたべ 1 なんか味, をいただい

▼ ひる~ (3, 0.2%)

1 だ, わからない, 或はこの

▼ ひるくら~ (3, 0.2%)

3 ゐの

▼ ひる~ (3, 0.2%)

1 うまく食, した, どきに

▼ ひるころ~ (3, 0.2%)

1 なので, に又, まで咲く

▼ ひるところ~ (3, 0.2%)

1 から, がある, 無した

▼ ひるとも~ (3, 0.2%)

1 しれないその, なく決つて, にやむひまぞなき

▼ ひるなり~ (3, 0.2%)

1 たてつづけに, ドアを, 思はず眼

▼ ひるの食事~ (3, 0.2%)

1 がならびました, をすました, をもたない

▼ ひるまでも~ (3, 0.2%)

1 ありません, うす暗いよう, 啼くん

▼ ひる~ (3, 0.2%)

1 ない, の歌, の生んだ

▼ ひるよう~ (3, 0.2%)

1 なもの, な大瓶, にひからび

▼ ひるより~ (3, 0.2%)

1 一寸客は, 他に, 自分で

▼ ひる先生~ (3, 0.2%)

2 の云った 1 の言った

▼ ひる~ (3, 0.2%)

1 のない, も按排, を消耗

▼ ひる学校~ (3, 0.2%)

3 で見た

▼ ひる権利~ (3, 0.2%)

2 はありません 1 が私

▼ ひるあの~ (2, 0.1%)

1 パラソルを, 旗とり遊戯と

▼ ひるかの~ (2, 0.1%)

1 やうな, やうに

▼ ひるからは~ (2, 0.1%)

1 見物に, 風が

▼ ひるこの~ (2, 0.1%)

2

▼ ひるころ野原~ (2, 0.1%)

2 へ着い

▼ ひるごろ佐竹~ (2, 0.1%)

1 が來, が来た

▼ ひる~ (2, 0.1%)

1 ぎうっかりしてこうしの柵を, ぎはそはそは窓に

▼ ひるすぎ私~ (2, 0.1%)

1 は傘, は出

▼ ひるすぎ野原~ (2, 0.1%)

1 の向, の向う

▼ ひるすぎ雨~ (2, 0.1%)

2 がはれ

▼ ひるそれ~ (2, 0.1%)

1 は許されない, を見れ

▼ ひるため~ (2, 0.1%)

1 には各, には疑ひ

▼ ひるだけ~ (2, 0.1%)

1 休むこと, 買つた

▼ ひる~ (2, 0.1%)

2 んの

▼ ひるとき~ (2, 0.1%)

1 の音, はモノ

▼ ひるとは~ (2, 0.1%)

1 こん野郎, 云へ

▼ ひるにも~ (2, 0.1%)

1 なりません, 等しい程

▼ ひるねに~ (2, 0.1%)

2 いそしんだ

▼ ひるの仕度~ (2, 0.1%)

1 して, に駈け

▼ ひるの電燈~ (2, 0.1%)

2 は雪

▼ ひるひな~ (2, 0.1%)

1 か, か山

▼ ひるほどの~ (2, 0.1%)

1 声で, 記録である

▼ ひるまでに~ (2, 0.1%)

1 着けばい, 農村訪問の

▼ ひるまでの~ (2, 0.1%)

1 ゐ殘, 半年と

▼ ひるまでは~ (2, 0.1%)

1 この五所川原, 曾祖母と

▼ ひるやいなや~ (2, 0.1%)

1 彼は, 火鉢に

▼ ひるやすみ~ (2, 0.1%)

2 の製板

▼ ひる以上~ (2, 0.1%)

1 は所有権, 充分それ

▼ ひる場合~ (2, 0.1%)

1 になる, を知らない

▼ ひる強盜~ (2, 0.1%)

2 といふべし

▼ ひる~ (2, 0.1%)

1 な甘い, に注意

▼ ひる~ (2, 0.1%)

1 に僕, に違

▼ ひる~ (2, 0.1%)

1 では, のない

▼ ひる~ (2, 0.1%)

2 はざる

▼ ひる近い~ (2, 0.1%)

1 からと起された, 時分に

▼ ひる~ (2, 0.1%)

1 に帰ろう, のこと

▼ ひる~ (2, 0.1%)

1 にかもあら, の外

▼ ひる頃そちら~ (2, 0.1%)

1 へ行こう, へ行っ

▼ ひる~ (2, 0.1%)

1 の花, や水引草

▼1* [272件]

ひるあついあつい御飯と, ひるあれほど意見, ひるあんどん, ひるあんまり入りなし, ひるいい終わりて, ひるいもり蛇それからくらげ, ひるおかゆ一杯お汁, ひるかに見えるところ, ひるかも知れない, ひるからに致しましょうか, ひるからのむしゃくしゃを, ひるから迄も私は, ひるかを明らかに, ひるがへしかの天雲を, ひるきくさんがお, ひるくらきこの苔寺, ひるくらきみ堂のうち, ひることさへ忘れました, ひること日本の欧化, ひるころうちへ帰りました, ひるころ一人の, ひるる曠野, ひるごく近い時代, ひるごはんをここ, ひるごろエッフェル塔の下, ひるごろカンヌキ山の頂上, ひるごろキャラコさんと茜さん, ひるごろサンムトリ火山の頂, ひるごろヴェルダン駅前のホテル, ひるごろ例のとなり, ひるごろ毎日きまってここ, ひるごろ炉辺に坐っ, ひるごろ石村さんの家, ひるごろ私は作家, ひるご飯を忘れ, ひる貞ちやんは, ひるすぎうっかりして, ひるすぎうつかりしてこうし, ひるすぎみんなは楽屋, ひるすぎや夜なんざ夢中なの, ひるすぎイーハトブ地方への出張, ひるすぎイーハトーヴの市, ひるすぎ仕事するつもり, ひるすぎ僕は土産, ひるすぎ原稿書いた送った, ひるすぎ市川さんの屋敷, ひるすぎ授業が済ん, ひるすぎ枯れ草の中, ひるすぎ白石はシロオテ, ひるすぎ私たちはいっしょ, ひるすぎ葉藏の兄, ひるすぎ賢二君がにいさん, ひるすぎ青年共産主義同盟員ニキータを先, ひるすぎ青扇は細君, ひるすぎ麻川氏と私, ひるすてきな音, ひるその文によ, ひるそれで其の率意, ひるため水茶屋奉公をし, ひるだけでもすでにひとつ, ひるだけのものを, ひるちかかったが, ひるちかくなると, ひるちよつとすぎ終つた, ひるつみに, ひるせう, ひるという近代の, ひるといふだけでは, ひるとからそのクラス, ひるとき彼等はよろこび, ひるとの間に, ひるどころでは, ひるなしに続けられ, ひるなといふこと, ひるなど派手な, ひるにでもならなきゃなんと, ひるになつてけ, ひるぬきで今, ひるねかふうむ, ひるねからさめた新鮮, ひるねができると, ひるねでもして, ひるねということを, ひるのごちそうは藁, ひるの一回終って, ひるの刻げんになりました, ひるの十四の星, ひるの合戦にそこら, ひるの支度をし, ひるの時間ではあつ, ひるの用意が出来ました, ひるの部すんで表へ行き, ひるの部ロクローが声, ひるの部万才も, ひるの部二階のつっ, ひるの部今日から花井, ひるの部入り薄し, ひるの部声全くいかん, ひるの部声色源之助だけやっ, ひるの部夜の部共, ひるの部大辻何の芝居, ひるの部渡辺セリフを突如, ひるの部舞台でもくさい, ひるの間役所で標本, ひるはいちにち, ひるはんの時, ひるひとときはひっそり, ひるぶつとほし, ひるいつか夜と, ひるほど無神経な, ひるほどに呑むほどに, ひるまず自分の, ひるまだでしょうね, ひるまでかはるが, ひるまよひゐなどに, ひるみやすらむ, ひるむにちがいないような驚くべき耐えがたい, ひるむまにたる, ひるめしごろだった, ひるもの我等を叱咤, ひるやかましきこれも, ひるかたず現場に, ひるスープにパン一片, ひるから日暮れ時分, ひるマグダーレンをこの, ひる一寸前久しぶりで池, ひる一緒にたべましょう, ひる丈高のつ, ひる三膳夕三膳ぐらいおかゆ, ひるに於, ひるでした, ひる中俗も坊主, ひる中間時代を金石併用期, ひる丸トチリす困る奴, ひる事甚しいとともに, ひるどとよる, ひる五六たび晩にも一碗, ひる人物ではなく, ひる仮面もその, ひる休みごろには全校, ひる休み時間五年生たちがその, ひるにしましょう, ひる傾きがありました, ひるのところ, ひる六・八でした, ひる刹那までも簡勁, ひる前いっぱいつづいた, ひる前ごろ保が筒袖, ひる前三人で出かけました, ひる前旅行をした, ひる割に客よし, ひる動機は道徳尊重, ひる動物が全く, ひる十分休んだだけ, ひる原稿用紙は下書き, ひる古風な人, ひる土地がなく, ひるの世界, ひる夜三回ともその, ひる太郎が神経, ひるの一部分, ひる姿を見送つ, ひるの字, ひる學校で見た, ひる宮中を御, ひる徑の, ひる少し過ぎで嘉七, ひるの勘定, ひる山路けはしく, ひる布片であつ, ひる年頃に成つた頃, ひるのよく, ひる必要がない, ひる性質のもの, ひる恍惚や陶酔, ひる意志は毫も, ひるる情実, ひる手段によつて, ひる文字は想念, ひる消息と, ひる方式とはち, ひる日中朝から晩, ひる日吉の五重塔, ひる時代になりました, ひる時分になる, ひる朱色の廟, ひる根性を棄て, ひる様相は逆転, ひるに吾等, ひる機會のなかつた, ひる水筒と同じ, ひる清洲につく, ひるへかかっ, ひる漢字の発音, ひるに違, ひると三人, ひる甚だ洪大ならざる, ひるだと, ひるの物音, ひる白い靴下の, ひるでたべ, ひる目的で東京, ひる種類の甘, ひる稽古して, ひるはぼつ, ひる結果として生活, ひる編輯局であの, ひる義貞を三条高倉, ひる習慣であつ, ひるはあり得ない, ひる職業の者, ひる芸術的な方法, ひる華文紅錦の道服, ひる葡萄酒を夜更け, ひる蝋燭を祓, ひる評判は概して, ひる語尾の変化, ひる語彙も我々, ひる相当勉強し, ひる迄に私の, ひる近かった, ひる近きに勝浦, ひる近くコンテと帰っ, ひる近くベルリンに着いた, ひる近く下の細君, ひる途中日がらの悪い, ひる過ぎ先生お一人, ひる過ぎ學校から戻つた, ひる過ぎ帰りがけに貴方, ひる過大机が壺井さん, ひる野卑な冷笑, ひる長い石の, ひる間すみ子さん一人っきりにし, ひる間つとめて家へかえれ, ひる間どっちかという, ひる間一寸休むに, ひる間一寸二人でカルタ, ひる間一杯そのため, ひる間三十分か一時間, ひる間僕は何度, ひる間商品窓に飾っ, ひる間女中の時間, ひる間散歩に出, ひる間栄さんの方, ひる間私はパーマネント, ひる間能率上らなかった, ひる間順々に外光, ひるのあなた, ひると云つて, ひる頃コーヒーをのみに出た, ひる頃ハイシャに出かけよう, ひる頃一人の女, ひる頃一団の伺候者, ひる頃中畑さんと北さん, ひる頃外を見, ひる頃天狗の湯, ひる頃奥山が見え, ひる頃妙なさ, ひる頃左手のとほい, ひる頃日がさした, ひる頃木沢氏へ電話, ひる頃法隆寺で雨, ひる頃私は幼年学校, ひる頃近くまで行っ, ひる頃雷が鳴っ, ひる顛倒したら一生涯きり, ひる風呂誰もいず, ひる食前という, ひる飯後女人芸術研究をやったら, ひるをしたた, ひる高氏はつつがなく, ひる鵜沼につきただちに