青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ひらい~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ひどく~ ひな~ ~ひない ひない~ ~ひま ひま~ ~ひました ~ひます ひも~ ~ひらい
ひらい~
ひる~ ~ひろげ ひろげ~ ひろ子~ び~ びく~ ~びっくり びっくり~ ぴったり~ ~ふ

「ひらい~」 1447, 16ppm, 7205位

▼ ひらい~ (1387, 95.9%)

37 みると 28 いた 26 いる 17 いるの 14 そこから 12 いて, みた 11 いました, 中に 9 そこに, その中, ゐた, 中を 8 みました, 中へ, 見ると 7 いたの 6 います, 部屋の 5 いきます, みて, ゐる, 見た 4 いるが, おります, みますと, 中から, 外へ, 見て, 顔を

3 [23件] いたので, いった, いること, いるし, いる小さな, それを, はいって, ふたりの, やるの, ゐます, 中の, 出て, 外を, 天の, 彼を, 待って, 戸外に, 白い牙, 私の, 立って, 自分の, 言った, 読んで

2 [70件] あたりを, いきました, いったの, いるから, いるきり, いると, いるので, お金を, きれぎれに, くる, くれた, くれたまえ, くれた窓, こんどこそは, ごらん, しまった, そこを, そのすき間, その奥, ひとりの, また見ます, みせた, みせて, みたが, みたまえ, みたら僕, やった, ゆく, ゆくの, ゐて, ケラケラと, 一人の, 三人の, 下を, 主人の, 久我を, 云った, 人々は, 偉大なる, 先生の, 墓が, 外の, 孔明の, 寝台の, 小林君を, 左右の, 彼は, 急いで, 来た, 次の, 歩いたの, 白い歯, 示して, 私に, 私を, 秋とざす, 笑いました, 笑って, 自分も, 自動車の, 見せた, 見たが, 見た時, 見ますと, 語り合うこと, 読むと, 車を, 近所の, 達観し, 靴下に

1 [883件 抜粋] あいず, あくまで篤く, あたかも羞じらう, あの浮浪者, あやめは, ありったけ自慢した, あるくの, あるという, いいだした, いきなり小林君, いき男, いくだろう, いくでは, いくらか, いたが, いたけれど, いたせい, いたん, いた一, いた床几, いた窓, いた門, いちの, いないじゃ, いない証拠, いましたが, いません, いるかも, いるかを, いるだけ, いるつもり, いるという, いるのに, いるひとつ, いるもの, いるれい, いるわけ, いるドア, いる主殿, いる剣術指南内田伝十郎, いる夜, いる廊下, いる時間, いる村人たち, いる男, いる画, いる非, うす笑, うまくすえつけた, うんとこ, えもの, おいで, おしこむという, おなじ名の, おばあさんの, おやゆび, おりますので, お蝶, お迎え申しましょう, お高, かごの鳥が, きたやう, きっと追いつい, きみたちを, くれたの, くれた下, くれなかったら人生, くれましたので, くれる, ぐっと下値, けっきょく, けらけらと, ここまで, こっくり首肯き, ことごとく曹操, この大陸, この晩, この窮鼠軍, ころぶよう, ごらんに, ご本心, さっそく牛渚, さていう, さらに同じ, さらに奥, ざつとそれを読み, しばらくじっと見入っ, しまう, しまうだろう, しまえば, しまひさ, しんみりと, じっとし, じぶん, すぐに, すこし孟子, ずっとお寺, せまい寝台, そういうこと, そしてすっくと, そとの, そとへ, そのすき, そのまま外, そのトンネル, そのナイフ, その作品, その向こう, その枝, その灯, その脳髄, それらの, たか子の, たすけを, たちまち座, たつた一条, ちょっと中, ついでに, つぎつぎに, でたらめに, とかく算数, とびこむと, とびこんで, どっと寄手, なお上陸中, なかを, にこりとも, のけぞり人, のぞいて, はおらぬもの, はねを, ひげむじゃの炭, ひとつ乾杯しよう, ふしぎそうに, ふんばって, ぶるん, ぼうえき, ぼそぼそうなる, ぼんやりと, ぼんやり霞んだ, まず緑ちゃん, またたきも, まちかまえて, まっさおな, まっ暗な, まっ黒なうる, まはり, まもなくです, まるであおざめたろう, みせると, みたと, みたの, みたらたった, みたり, みた折, みましたが, みましょう, みる, みれば, むらさきの, もういちど, もうこうなれ, もじゃもじゃ頭, もらいたい気持, やっと人ひとり, やっと人間, やらなければ, やるかな, やるという, やるのよ, やる車, やろうとして, ゆくこと, ゆくべきもの, ゆくよう, ゆく運動, ゆつくり, よい, らアな, わが子の, わざと中軍, ゐたといふ, ゐられました, ゐるそこ, ゐるの, ゐるビフテキ, ゐる半分, ゐる夫婦, ゐる店, アジアを, ウオーッと, エヘラエヘラと, オカズの, ガラス窓の, クツした, クモの巣だらけの, コンクリートの, ゴオオ, サッとほうりました, ジャッキーが, ダンスを, テーブルの, トントンと, ドッと, ニヤニヤ笑い, パクパクし, ピストルの, ボンヤリする, ポッカリ黒い, マダムの, ランチキ騒ぎを, ワッと, 一丁のく, 一味を, 一方の, 一杯いただいた, 一歩そとに, 一目なかを, 一瞬間つぶらに, 万世の, 上体を, 下さるお方, 下り立った容子, 中介, 主水正, 乗りこむあと, 乞食の, 予を, 事務長姿の, 事実の, 二人の, 二十面相が, 五名或いは, 五百円の, 交わること, 人生の, 以来どれだけ, 何かしきり, 何だか不満, 何に, 例の, 俄かに, 俊亮の, 元帥の, 入れられる, 八十三郎は, 六畳の, 内容物を, 冥々の, 出入りする, 出席者の, 別居した, 加勢に, 労救の, 十一時半頃まで, 十円銀貨三個を, 十遍あまり, 千世子は, 卓上に, 南無阿弥陀仏, 博士が, 取り消しても, 受けて, 口を, 叫ぼうと, 叱りつけた, 司馬懿その, 同族の, 同時に敵, 唇を, 四十面相と, 地の, 地底の, 坊主になんて, 城外へ, 声を, 夜の, 夢を, 大きく踏ん張る, 大きな口, 大きな声, 大福餅の, 天へ, 天満宮が, 失敗し, 奥方を, 姫を, 娘を, 宇宙に, 安土へ, 客席に, 家の子郎党たちに, 寄手を, 寝室に, 将士を, 小さい握飯, 小さな赤銅製, 小柄な, 小泉君に, 少し首, 尺八に, 居て, 居りました, 山形警部が, 岩に, 座席に, 庭に, 廊下が, 廊下へ, 弓子は, 引揚げる, 当代の, 彼の, 彼女の, 往来へ, 後の, 微笑し, 思いも, 恭しくさし, 息を, 懐から, 戸惑って, 扉口を, 手を, 打ッ, 拳を, 探偵事務所まで, 救助に, 数々の, 文藝に, 斬りむすんだ, 施し百姓, 日が, 早々落ちたまえ, 明るい光, 明智探偵の, 昼食に, 暗黒を, 机上に, 村長亀田佐平の, 来たこと, 杯を, 東国の, 果報を, 校政を, 棺の, 機械の, 歌って, 武功の, 武将坐りを, 歩く横, 死者手負いを, 沼の, 注視します, 洋館の, 洗面室へ, 浴槽の, 消音ピストルを, 深むらさき, 清水を, 渡良瀬の, 滝の, 潔が, 澄江の, 火を, 無言の, 無防備, 片足を, 王の, 理解しなけれ, 瑾の, 甲鎧燦爛と, 男娼を, 町屋と, 画帖は, 白い雨, 真珠を, 眺めた, 眺める, 眼の, 眼下に, 知らず識ら, 石にでも, 確かに, 神体を, 秘密の, 穀物や, 穴の, 突出した, 窓を, 立ち浅ぐろい, 立て並べる, 立読みし, 竹縁から, 筆とともに, 箒草の, 算盤を, 素直な, 緊急秘密指令三百十一号三百十八号という, 置いて, 置かれその, 考へて, 肌に, 肩から, 肩を, 胸一杯さらけ出した, 脳を, 腹の中が, 自分が, 自分を, 自身一行を, 船もろとも, 芸術の, 若い時代, 草花の, 落ちたよう, 董卓自身が, 蔑むやう, 虚空を, 蟹を, 行きあたりばったりその, 行きそこ, 行くか, 行くの, 行ったの, 行っても, 袂から, 褒めて, 西洋の, 見さえ, 見せそこ, 見せて, 見せ大発見, 見たらその, 見たり, 見とれて, 見なかった, 見ようか, 見るごと, 見れば, 言ひあ, 評議会が, 語る前, 読みくだして, 読みふけって, 読み下すと, 読むまでも, 誰かを, 課長を, 警官たちが, 豊岡の, 豹の, 貞盛を, 赤裸の, 走って, 走り出た一ツ橋家, 起つと, 踊つた, 躑躅ヶ崎の, 輩下の, 迎えよ, 逃げたの, 逃げ落ちようや, 通して, 通せ通せ, 遁れよう, 運転手が, 遠くの, 遠くへ, 避けた, 部屋へ, 酒を, 重吉を, 重要書類紛失の, 金と, 鉄ごうしの, 鉛筆で, 鉛筆を, 門弟どもを, 開けて, 降参し, 陳震を, 隠れ司馬懿, 青馬の, 鞄の, 音も, 順々に, 順吉は, 頭目を, 顔じゅうを, 顔色蒼白と, 飛びあがろうと, 飛ぶの, 養植園を, 首を, 馬を, 驚ろい, 魔人の, 鳴いて, 黙って

▼ ひらいたり~ (21, 1.5%)

4 して 2 した, とじたり, 片脚, 閉じたり 1 しぼんだり, しめたり, つぼんだり, 埴輪の, 山に, 或る, 握って, 本を, 読んだり

▼ ひらいては~ (18, 1.2%)

2 いけない

1 [16件] いると, おちる水, しぼみ, ちり, ちる, ちる壺, またあと, よその, 前の, 喘いで, 散る, 消えこれ, 消えひらいては, 縮み鳥, 落ちる, 隙見し

▼ ひらいても~ (9, 0.6%)

1 あんな音, いいよ, つくりもの, れいによって, 一番さきに, 人に, 味が, 地上から, 大きくなりっ

▼ ひらいての~ (2, 0.1%)

1 テが, 瞬間から

▼1*

ひらいめ, ひらいたりとぢたり, ひらいてかはゆらしく, ひらいてからは日本の, ひらいてとびだしてくるかもしれません, ひらいてという句を, ひらいてなんか作ったらという, ひらいてはをらぬ, ひらいてほどよい食慾, ひらい殿のひめ