青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ひま~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~ひとり ひとり~ ~ひどい ひどい~ ~ひどく ひどく~ ひな~ ~ひない ひない~ ~ひま
ひま~
~ひました ~ひます ひも~ ~ひらい ひらい~ ひる~ ~ひろげ ひろげ~ ひろ子~ び~

「ひま~」 1877, 20ppm, 5672位

▼ ひま~ (313, 16.7%)

37 なかった 23 ない 10 ないほど 8 ありません 7 ないうち 6 ありませんでした 5 なし, なしに, 何も 4 なかつた 3 なく, なくその, なくただ, 読む本

2 [11件] ないの, ないほどの, ないよう, ない位, なくいきなり, なくたちまち, なくまた, なみ, 声を, 無かった, 無しに

1 [169件] ありは, ありますまい, ありませんから, ありゃあ, あり最低, あること, あわてるひま, お与え, ございますまい, ございませぬ由, ございません, そこに, ぢつと, とどまらぬ日, ないから, ないくらい, ないだろうが, ないて, ないふう, ないん, ない咄嗟, ない悲しさ, ない我ら, ない暮れ方, ない熱心さ, ない短い間, ない貧乏, ない采女, なかつたが, なかつたし, なかつたの, なかつたほど, なかつたやう, なからずや, なかりけりでやろうなんて, なかろう, なき一本柳妻, なくあっさり, なくあの, なくあわて, なくあわや, なくいそい, なくいそしむ, なくうしろ, なくかみ, なくきのう一日じゅう, なくこの, なくこれ, なくこんど, なくじかに, なくすぐ, なくせき立てられ, なくそれ, なくた, なくたつた, なくつい, なくついと, なくつづけ, なくて, なくどっ, なくどんな, なくひくい底, なくふたり, なくふり, なくやがて, なくやっつけ, なくわたし, なくガーン, なくドーン, なくナイフ, なくホール, なく不幸, なく二人, なく人混, なく人間, なく今, なく作業衣, なく來, なく兎角, なく再び, なく出発, なく包圍亂打, なく医者, なく即死, なく周章て, なく大吉, なく大粒, なく天子様, なく婆さん, なく実際, なく宮, なく富士男, なく尾長鳥, なく屍, なく平げ, なく年, なく延べ, なく彼, なく必要, なく怪自動車, なく息, なく悪漢ども, なく房八郎, なく手, なく探検報告, なく昨夜上野公園, なく来, なく案内, なく次, なく気, なく汽車, なく流れた, なく火, なく物々しい一行, なく皿, なく目, なく直ちに, なく直に, なく相手, なく私, なく積荷, なく窓, なく答えつづけた, なく細君, なく繊手, なく自動車, なく自殺, なく舞台, なく蒲原氏, なく衣服, なく見, なく踏みにじっ, なく逃げる, なく逃げ出そう, なく類焼, なく黒い長, なければ, なさそう, なにも, ひねるひま, みどり兒は, もたれなかったが, り, りて, 一滴の, 与えずひそか, 与えず俊夫君, 与えず閣中, 与えないの, 与えなかった, 伸子の, 力も, 少なく母, 止めるひま, 無いくらい, 無いよう, 無く, 無くいきなり, 無くお, 無くすぐ, 無く家族, 無く流れる, 無く紐, 無く謠, 無之, 無盃臺, 行なう間, 讀む本, 驚くひま

▼ ひま~ (221, 11.8%)

43 なかった 21 ない 14 あれば 9 あると 6 ないの 5 ありません, なくて 4 ないと 3 ありませんでした, かかった, ないから, ないん, 無かった 2 あったの, あっても, あつたら, あるの, ないだろう, ないという, ないので

1 [85件] あったから, あったと, あったとは, あったのに, あったらいろいろ, あったらこっち, あったらこの, あったらさる, あったらと, あったらひとっ走り川, あったらもっともっと, あったらよく, あったら今度, あったら愛嬌, あったら折々, あったら木, あったら来る様, あったら甲板, あったら疑い, あったら目, あったら私, あったら送って, あったら遊び, あったら鼻毛, あって, ありましたら十枚以上, あるから, あるその, あるとは, あるなら椽側, あるもの, あるん, いるから, お出来, かかったの, かかって, かかるから, かかるので, かかるらしい, ございませんでした, たっぷりあった, つてゐた, できると, とれないけれど, ないが, ないくら, ないばかり, ないもの, ないよう, ない生活, なかったり, なかつた, なかつたと, なかつたの, なかつたろう, なかつたん, なかつた筈, なくた, なくなった, なくなったのででも, なくなって, なくなってから, なくまた, なく墜落, なさ, な仮面, ほしい, まだあるだろう, 一夜なら, 偸ま, 入るの, 出ました, 出る, 出るなり, 出来はじめ体, 出来ましたから, 懸ったのね, 掛るの, 有れば, 欲しいです, 無いの, 無かつ, 無くなるからでも, 結局なかっ, 見つからなかった

▼ ひま~ (207, 11.0%)

4 まかせて

2 [12件] あかして, あなたの, なったから, なったらと, なると, わたしは, 不浄観を, 囂と, 少しづつ書き, 罌粟の, 聞ゆる, 見えたの

1 [179件] あの奥祐筆松坂甚吾, うんと勉強, おた, お品, お客さんに, お身体, かれら, きみたち三人に, こっそり蕎麦粉, こっちが, この会話, この年, これからの, これは, ごろりとやる, させられて, さっきの, しツ, そこらに, その自動車, その虫, その部屋, ただはらはら, だ彼等, ちがいありません, ちょっとこちら, ちょっとした身, ときどき寒気, どこかに, どてらの, なったころ例, なったとか, なったとき, なったらすぐ, なったらだった, なったら天城山, なって, なってから, なりました, なりますか, なり候, なり冬, なるかも, なるの, なろうと, なろうとは, はやいづ, ふところから, まかせては, やがて日, やって来ましたその, やつて, ゆつくり, わざわざ, トーマスは, メエルハイムは, 一寸河, 一歩でも, 一行は, 中園と, 乞食の, 二人は, 二条の, 亭主は, 他の, 任せては, 何処から, 例の, 偶然の, 全市に, 冷却し, 前後に, 動詞の, 又舊友, 喉に, 團長が, 売れ切って, 夜ふけの, 夜来の, 大學, 大陸の, 女の, 女の子は, 女房や, 姉上の, 娘も, 完成する, 小偸人, 小坂部も, 小舟の, 小説を, 少年は, 屋敷の, 山又, 帯刀は, 幕が, 幕の, 幸子の, 幾組かの, 彼は, 彼女は, 微笑みむかえし摩耶, 念入りに, 思い返すと, 急いで, 患者は, 我が心大人, 戸を, 数学を, 数歩陣頭に, 敵は, 新聞を, 早くも, 星や, 時間という, 書いて, 書かれて, 朱文は, 歌は, 母は, 消えに, 消ゆる, 深淵の, 清吉は, 無くなって, 照り映ゆる, 片っぱしから, 牛を, 犬千代藤吉郎などが, 猛練習, 王女を, 玻璃で, 生ひ, 男逃げゆきぬ, 畑見え, 畠の, 着衣をと, 研究室を, 破風をけ, 私などが, 私の, 私達は, 窓外の, 立去りしが, 筆に, 精一杯の, 素寒貧に, 繁くなり, 萩原新三郎は, 落花狼藉なごりなく, 虫ば, 行動の, 街の, 衣の, 表から, 衰へ, 襲われる漠然と, 見入るれば, 読みちらす, 読んだだけ, 読んで, 貸端艇, 起らんかを, 足う, 軍隊生活の, 遁げる, 過ぎたと, 道具の, 遠くへ, 開いて, 階段の, 隠れて, 離れの, 電燈は, 青二は, 順次南, 風吹き, 食事食堂で, 魏の

▼ ひま~ (178, 9.5%)

19 なかった 15 して 12 ない 8 ありません, つてゐる, ないの 6 つた 5 つてゐた 3 ありませんでした, す, ないが 2 さり, しに, すこと, すの, つて, ないん, なかつた, なかつた筈

1 [72件] あつて, ありは, ありませんが, あるからね, お露, かからなかったけれども, かかるかも, かかろう, ござりませぬ, さなければ, されつづけて, されるの, される禽獣, した, したこと, したものぢ, したり, した分家, しと, しながら, し一つ, し同行者, し小綺麗, し方, すことも, すとう, すやう, すんだからね, すんですつて, す連中, その生動, つたうへ, つたのかも, つたのだ, つた揚句, つた虫は, つた路地の, つてゐます, つてゐますだ, つて探し, つて飢ゑた蟻達は, つぶさせません, どう考え, ないじゃ, ないぢゃ, ないでしょうか, ないと, ないよ, ないわ, ないわけ, なかったでしょう, なかつたの, なかつたらしく亥刻半, なくちょうど, なくなって, なくガツガツ, なくケン, なしぜひ, なし察, ねえん, まったくなかっ, もちろんあろう, もちろんない, りて, りながら, りばな, りばなと, 一日の, 出来るかい, 姫君たちの, 無えや, 道士そを

▼ ひま~ (125, 6.7%)

7 見て, 見ては 5 つぶして 4 取って 3 みて, 盗んで 2 あたえなかった, ぬすんで, もらうと, 出されて, 出して, 得て, 水銀の

1 [82件] あける身, あらみしのび音, いただきました, いただきます, いただくよう, うか, おやりよ, お出され, かぎろひたち, かけたが, くださいませ, くれた, くれるよう, さいて, して, す, だしては, つくって, つぶされるが, つぶした, つぶします, つぶすこと, とった, とって, とりました御, ながめて, ぬすみて, もって, もてあまして, もらいか, もらいたいつて, もらいたいと, もらい飛び立つ思い, もらって, やった, やって, やろう, 上げるから, 下さい, 与えず, 与えずがむしゃら, 与えて, 与えないくらいの, 与えなかった, 乞い六歳の, 偸み, 偸むこ, 偸んで, 冒されて, 出します, 出そうと, 割いて, 取ったので, 取ってから, 取つたばかりの, 取るという, 取るまえに, 取ろうと, 得候, 惜しんで, 戴いた日, 持たなかった, 桟橋へ, 潰す位, 盜み, 盜んだり, 眞夜眞晝, 眺むれ, 窺ひ, 緒琴の, 縫つたこの, 聲は, 自然の, 見つけて, 見付けて, 貰いたいと, 貰った時, 貰って, 貰ひたいと, 費します, 頂きたいと, 願ひ

▼ ひま~ (82, 4.4%)

7 時に 5 んだ 4 時間を 3 もんだ 2 のでぶらぶら, 時間に, 時間の

1 [57件] からだです, けど早, ときそして, ときに, ときには, ときは, ときわたしクラブの, とき八五郎親分でも, のである, のです, のでどこ, のでね三時半, ので夏場, ので相手, ので風呂, へちまなど, ものだ, もんです, ようで, わけである, 中野君も, 人々や, 人が, 人足な, 人間が, 体で, 体を, 女たちの, 女達は, 小半時に, 己達の, 折々に, 改札係や, 方だ, 日だった, 日とては, 日は, 昼過ぎを, 時た, 時であった, 時ときどき, 時には, 時は, 時期その, 時間が, 時間だけ, 晩は, 男に, 私の, 私は, 芸者達は, 読者は, 遊戯には, 遊戲には, 郎党は, 間に, 静かな

▼ ひま~ (59, 3.1%)

2 手写し, 手寫し

1 [55件] あつたら, あのお子さん, いる証拠, おしよせて, お高, が何, この通り, こまるかしら, こまるとき, ごゆっくりごく, させられても, させられるん, しようとは, するもん, せうか, のんきで, ひまで, 一人で, 信一は, 全然女性, 出かけようとは, 嗅いだ様, 嗅ぐこと, 困ったもの, 困って, 困るだろうから, 困るという, 壕へ, 弓を, 彗星の, 打つて, 曲つた腰を, 此口つるし, 池の, 無事に, 私は, 稍六ツヶし, 聞いて, 舐りつくして, 草の, 落ちるわけぢ, 観て, 話して, 読まなきや, 読みたいと, 読んだの, 讀手で, 貰つて, 貴い揮毫, 踊つ, 退屈しきってる, 遠出を, 附いて, 附けて, 黙劇の

▼ ひま~ (53, 2.8%)

3 ないうち, なかった 2 ある病気, ときに, 折に, 折には, 時は

1 [37件] あるかぎり, あるとき, あるべき早く, ある民衆, ある読者, かかったテムポ, かかるの, かかる食事, ときには, ときは, とれる派出, ないお, ないという, ないの, ないまもなく, ない厳粛, ない場合, ない女王蜂, ない嫂, ない男, なき事, なごみに, ひと時を, ふとん, ようです, 偶感偶想あり, 僅かな, 出来た時分, 山の, 手習に, 時いらし, 時に, 時烏鷺を, 片時の, 節お立ち寄り下さいます, 節は, 見つかり次第机

▼ ひまする~ (46, 2.5%)

3 し女房, し家内, し私, といふ, とも言, まあ何, 男の子なれ 2 あの日, まあ其樣, ものは, 折から, 明日は

1 [15件] と, と國語, と媽, と得, と早速, と是, と時節, と最初, と此方, と血氣, と非常, には私, に一條禪閤兼良, は恐れますれ, まあそんな

▼ ひまさえ~ (43, 2.3%)

25 あれば 7 あると 2 ありませんでした, なかった 1 あればべ, ない, ないくらい, なかろうじゃ, なく少し, 与えずに, 無いと

▼ ひまひま~ (27, 1.4%)

2

1 [25件] にあなた, にお, にときどき, にどてら, にはあの, にはいつも, には女, には室, には茶, には黙っ, にもその, にもなお, に亭主, に夜ふけ, に小説, に幸子, に猛, に畠, に筆, に襲われる, に読ん, に軍隊生活, に開い, に隠れ, は姫君たち

▼ ひまなく~ (26, 1.4%)

2 ぞ雨

1 [24件] うちさわぎつ, このむべし, グワンと, 句も, 大漁繁昌で, 寄する, 常に直線, 恋に, 手も, 打電てる, 残念出帆仕, 湊町より, 濡れて, 灌ぐ金の, 矢は, 紋付の, 花の, 西に, 読むの, 責めたてられるので, 遂に萬民, 降り積つた雪, 雨を, 馳け

▼ ひました~ (25, 1.3%)

6

1 [19件] がみんな, が女房, が平次, が心細さうな, が投, つけ, といつ, とも, と云, のでそれ, ので今度, もの, ものでございます, よといふ, よ何しろ, よ私, ツて, 不二屋の, 夫ゆゑ何方様へも

▼ ひま~ (22, 1.2%)

972 しやろ 1 の緑茶, はつて, はり, はりしも

▼ ひま~ (20, 1.1%)

2 からだ, という有様, 誰も

1 [14件] つてない, という, とろくな, ものです, ポケツトには, 主人萬兵衞を, 初期だつた, 命には, 息が, 時候は, 檢屍前だ, 檢屍前で, 檢死も, 永代橋を

▼ ひま~ (18, 1.0%)

1 [18件] この一般的, はこれ, はその他, は滅, は默, 一酌す, 今度の, 底に, 或る, 時として, 机に, 殘せる, 爲しうべき, 私を, 笑ふ, 西洋画の, 誤りの, 買はず帰り来

▼ ひまつぶし~ (17, 0.9%)

1 [17件] そしてひとつ, でしかない, ではあるまい, というもの, といった鹽梅, としてはそう, な冗談, にお, にこの, にこんな, にそんな, に夢中, に書く, に見, に適し, や退屈, をおさせし

▼ ひまには~ (17, 0.9%)

1 [17件] あのよう, いついかなる, いつも行方, おのずからこの, おのづか, お通い, ぼかりぼかりと煙, よく画い, わが穴, 一日に, 女の, 室に, 砂漠なる, 編物を, 茶を, 覗いて, 黙って

▼ ひまはり~ (15, 0.8%)

2 はぐるぐる

1 [13件] がぐるぐる, さうに想へ, そこら中に, それからなす, どうかした, のバッヂ, また翅虫, よりもうつくしい, を食む, 人知れず穀菜, 小さい隙間, 目高が, 金盞花千日草葉鶏頭魚の

▼ ひま~ (14, 0.7%)

3 らす 2 らせ 1 らする, らせき, らせたき, らせたる, らせつる, らせな, らせん, 來, 來て

▼ ひまくつ~ (13, 0.7%)

4 て後 2 てゐる 1 た, たが, たりする, てやれ, て切り, て白熱的, て踊りまくつ

▼ ひまくられ~ (13, 0.7%)

1 [13件] てお, てかとにかく, てしまつ, てしまふ, てどんな, てゐる, てゐる荒びた, てキヤツ, て伊太利兵, て茱萸藪, て行く, て首府, 女房が

▼ ひまにも~ (12, 0.6%)

2 この子 1 そのとき, なお心, ばさり, 夜と, 婆やに, 少しずつ, 海を, 詩を, 講書の, 齒を

▼ ひまはる~ (12, 0.6%)

1 [12件] あはれ一匹の, だけであつ, にその, やうに, を歌人, 一匹の, 子供の, 小さな虫, 我は, 油虫を, 瀕死者の, 硝子の

▼ ひまから~ (11, 0.6%)

1 [11件] こうささやいた, こおろぎの, やっと, 切れ切れに, 匂う艶なかおば, 月が, 松林の, 清らかな, 白壁の, 砂が, 見える御池

▼ ひま~ (11, 0.6%)

4 へあれ 3 へなかつた 1 へあり, へも無く, へや我が, へ與

▼ ひま~ (11, 0.6%)

42 うかな, んやろ 1 うかい, うまい, んと

▼ ひま~ (10, 0.5%)

2 て, てね 1 てこれ, てさ, てその, て夕飯, て晝夜戲, て試驗

▼ ひまより~ (9, 0.5%)

2 ざら, 人を 1 うす紅ざくら, ざらざらと, 活動寫眞の, 海の, 見給

▼ ひまなし~ (8, 0.4%)

1 で, でそう, でやって, と云う, にいよう, につくつく法師, に働いた, の譬え

▼ ひま~ (8, 0.4%)

1 が残っ, じゃない, だから, だなあと, であったので, と云う, はいよいよ, らしい質問

▼ ひまです~ (7, 0.4%)

31 からお, からな, から帰りまし, 借金の

▼ ひまなき~ (7, 0.4%)

1 に襲い来る如く感ぜられた, ま, ゆえまた, 我思ひ, 晩秋の, 柱を, 空に

▼ ひまはし~ (7, 0.4%)

2 を教 1 がしだいに, であつ, の大文字, をした, をのみつとめ

▼ ひま~ (6, 0.3%)

4 ひまに 1 ひまの, ひまを

▼ ひまある~ (6, 0.3%)

2 ごとに 1 かしら, たびに, に任せ, 人は

▼ ひまでも~ (6, 0.3%)

1 ねえが, 仕ねえのに, 秀吉の, 穢れる, 窓に, 飲めるで

▼ ひまなら~ (6, 0.3%)

1 お遊び, ば一緒, 久し振りで, 今日どう, 無電局長の, 論語の

▼ ひまだった~ (5, 0.3%)

1 からという, ためか, のでその後, ので先日, ので遊び

▼ ひま~ (5, 0.3%)

1 つてゐる, ひつつ, ひを, ひ蕗, へる

▼ ひまなんか~ (5, 0.3%)

1 ありは, お出しる, ないの, ないん, 無いよ

▼ ひまでし~ (4, 0.2%)

1 てゐた, て手柄, て祝言, て貰つた

▼ ひま~ (4, 0.2%)

1 いっしょに, てないくらい, のらくら華族, 知れ

▼ ひまあれ~ (3, 0.2%)

1 ば和歌, ば柊花, バ御

▼ ひまさえも~ (3, 0.2%)

2 なかった 1 ないという

▼ ひまでに~ (3, 0.2%)

1 伸び育つて, 尽力せり, 馬鹿に

▼ ひまはり草~ (3, 0.2%)

3

▼ ひまびま~ (3, 0.2%)

21

▼ ひま~ (2, 0.1%)

1 されて, 窓からでも

▼ ひまくられる~ (2, 0.1%)

1 のは, 水は

▼ ひまくる~ (2, 0.1%)

1 この人, のが

▼ ひましねえ~ (2, 0.1%)

1 から, 村の

▼ ひましよ~ (2, 0.1%)

2 な厄落し

▼ ひますらも~ (2, 0.1%)

1 ないという, ないといふ

▼ ひまつはり~ (2, 0.1%)

1 てこれ, 搦まつ

▼ ひまつら~ (2, 0.1%)

1 ばや敬, む妹に

▼ ひまつらん~ (2, 0.1%)

1 と, とは思ひ掛けざりし

▼ ひまつりて~ (2, 0.1%)

1 いかし御世, うるは

▼ ひまつる~ (2, 0.1%)

1 かな, この時

▼ ひまでしたら~ (2, 0.1%)

1 何かさ, 橋に

▼ ひまでしょう~ (2, 0.1%)

1 か, から藤江

▼ ひまでは~ (2, 0.1%)

1 ないと, ないの

▼ ひまなどは~ (2, 0.1%)

1 ないくら, もとよりない

▼ ひまなり~ (2, 0.1%)

1 今日の, 菊の

▼ ひまにと~ (2, 0.1%)

1 急げば, 武男は

▼ ひまもり~ (2, 0.1%)

1 てつひ, 他事に

▼ ひま~ (2, 0.1%)

1 ろう, 桜の

▼ ひま~ (2, 0.1%)

1 つてゐた, つてゐます

▼ ひまわし~ (2, 0.1%)

1 てゐた, てゐる

▼ ひま~ (2, 0.1%)

1 がな, のわ

▼ ひま~ (2, 0.1%)

1 さ, せ

▼ ひま取った~ (2, 0.1%)

1 ので僕, もン

▼ ひま多き~ (2, 0.1%)

1 不破の, 人種を

▼ ひま潰し~ (2, 0.1%)

1 に案出, をする

▼1* [96件]

ひまあらの垣, ひまいらせず御母, ひまうけない戰地へ, ひまうけぬ災害の, ひまうたのはそれ, ひまがかかつて畑, ひまぎらした口まめに, ひまぎらして彼女は探る, ひまぎらはしゝかばチユウゲンにあやし, ひまくぐり流るる谷の, ひまくらまく, ひまくられずにゐられない, ひまくられる喘ぎが弱々しく, ひまくりさうにする, ひまぐらいはある, ひまけむは口惜しき, ひまこと大きく死にた, ひまごとにうち, ひまさあね, ひまさばとぞ思ふ, ひましたら人間にな, ひましだい二三日ちゅう機嫌伺い, ひましよう酒の, ひまじゃないん, ひますえお前は, ひますめェけれど, ひますめいけど何, ひますらないの, ひまするで御座いますでどうぞ, ひますれど, ひませぬが右大臣さま, ひませぬ咎めるだけの余裕, ひまてあつた, ひまぜにからめて, ひまそうな兵隊, ひまた戻つて來る, ひまた聞く夜の, ひまた聴く当年夜雨の, ひまた重ねて汝, ひまだったら顔を, ひまだらうか, ひまって今日でも, ひまつりしに, ひまつる間もなき, ひまつれと言, ひまであってもよ, ひまであったのが, ひまであろうことを, ひまでが無表情だつた, ひまでした伜だ, ひまでの金を, ひまでもといふやうに, ひまでを返つて技神, ひまといふひまは, ひまとかく営業が, ひまとてあるはず, ひまとては無かつ, ひまとは反対に, ひまとれるから始め, ひまどころでは, ひまなおりおりに近代, ひまなかりしをかこたん, ひまなく忙しく働いた後, ひまなぞには青木さんの, ひまなどない, ひまなみ藁草履手にもち, ひまなんかはない, ひまなんぞなかった, ひまになツたら, ひまはらす之等の, ひまはらせたあげく毛も, ひまはりぐらゐせいの高い黄色, ひまはるのをお, ひまはる声があちこち, ひまびまにはいつもそれを調合して, ひまびまによみことに, ひまみえて雨, ひまやるぞ, ひまよりは秋草の, ひまや杉, ひまらしいんでございます, ひまわす具合に, ひまニハじぶん, ひまニハ本よむこと, ひま人ぞろいだ, ひまいそがしければ, ひま出されたんだろう, ひま取りければ, ひまであるから, ひま御座候得バ御出, ひま欠きばかりおさせし, ひま無く香るや, ひま無し目科は又, ひま童女像は涼しき, ひま過ぎて困りました, ひま防ぐひまも