青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ひない~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~ひとつ ひとつ~ ~ひとり ひとり~ ~ひどい ひどい~ ~ひどく ひどく~ ひな~ ~ひない
ひない~
~ひま ひま~ ~ひました ~ひます ひも~ ~ひらい ひらい~ ひる~ ~ひろげ ひろげ~

「ひない~」 1151, 12ppm, 8827位

▼ ひない~ (315, 27.4%)

27 思つた 13 思ふ 9 云ふ 8 信じて 7 思ふの, 言ふ 5 思つたから, 思はれた, 思ひます, 私は 4 思つたのだ, 思つてゐた, 思ふが 3 いふので, 彼は, 思ひながら, 思ひ込んで, 自分でも

2 [20件] いふこと, いふんで, 俺は, 僕は, 妾は, 忠告し, 思った, 思つ, 思つてゐる, 思ひました, 思ひ出した, 思ひ込むの, 思ふわ, 思ふん, 思へば, 愚昧なる, 氣が, 考へた, 考へて, 言つた

1 [157件] あきらめ乍ら目, いつて, いひながら, うなづくので, お孃さん, お思ひ, お町, かう独り, かう獨, かう義雄, さぐるやう, すると, すれば, それだけ語, ひとり合點で, ひとり大いに悦に入, みのるは, わかつたといふ, わかつたんで, エミリアンは, 三十間堀の, 両の, 予期し, 云は, 云はれたら, 云ひたさう, 人々は, 今も, 信じきつて, 信じました, 信じられて, 信ずるから, 判事は, 判断するだらう, 叔母の, 受け取つた, 同様に, 吹つ込ん, 嘉吉は, 富岡は, 山田は, 年老いた漁色家達, 幼い好奇心, 庄司三郎兵衞も, 彼女は, 彼等も, 御近所, 心ひそかに, 思う, 思し召して, 思ったので, 思つたのさ, 思つたので, 思つたのである, 思つたら, 思つた瞬間前の, 思つてあの, 思つてじ, 思つては, 思つてゐたら, 思つて俺は, 思つて安心した, 思つて安心する, 思つて居た, 思つて深い, 思つて矢の, 思つて蒲団の, 思つて行つた, 思つて起き上りたい, 思つて非常に, 思はる, 思はれたの, 思はれる, 思はれるほど, 思はれる品位, 思はれる安曇氏, 思はれる節, 思ひこんで, 思ひついた, 思ひましたあの, 思ひましたわ, 思ひ一, 思ひ付いたの, 思ひ嫌, 思ひ定め湯殿, 思ひ急, 思ひ直した, 思ひ行つて, 思ひ込んだこと, 思ひ違, 思ふから, 思ふで, 思ふと, 思ふと共に, 思ふ心持, 思へた, 怨言を, 悲しい左, 感じる, 房一は, 承知し, 教へ, 斯う, 斷定する, 日本などを, 期待し, 本人が, 栄蔵は, 気がついたの, 気づいたの, 無闇に, 父さんは, 獨り, 獨りで決め, 獨斷した, 田丸浩平は, 申して, 申します, 皆は, 直に感づきました, 睨んだよ, 確く, 確信した, 祖父は, 私などは, 私には, 算出し, 納得以来この, 純吉, 繰返し繰返し言ふ, 考へたから, 考へても, 考へました, 考へられました, 考へられるの, 考へると, 自分で, 良寛さんは, 見て取つて, 覚悟を, 親分は, 覺られ, 解釈する, 言つてゐた, 言つて三輪の, 言つて居た, 言つて居る, 言つて若ものたちに, 言ひました, 言ひ出し, 言ふと, 言ふん, 言ふんださうで, 話し合, 道助は, 野々宮は, 高を

▼ ひない~ (213, 18.5%)

4 それが 3 これは, さう, それは 2 それを, 一つは, 今日は, 併し, 彼は, 活動力は, 私の, 私は

1 [184件] あつち, あとは, あの娘, あれほど, あれを, あんなヒネた, あんまり俗化, いつ診, お前さんが, お縫, かうな, ここに, この一作, この女, この男, これまで, こんな方, さつきも, しかしその, しかしまたいつか無意識, しかし普通, しかもその, すぐそれをひつくりかへして, そこには, その, そのとき, その伜, その努力, その反面, その文化的価値, その活動家, その環境, その程度, その結果, その芸術的価値, その道行き, その顏, その風, その龍土會自體, それだけで, それほどわれわれ, それよりも, それ等は, そんな事, そんな題, とにかく朝な朝なの, どういふ, どうせ水商, どこか, どんな騷ぎ, なんだか今, まあ一日, もうちよ, もつと, やはり昔, わからせたい人間, 丁度眞晝, 三女の, 上の, 二年も, 人目の, 人間一人を, 今ちよつと, 今では, 今の, 今は, 今まで, 今日の, 今日人類の, 仕方が, 他に, 何う, 何せ一刻, 何となく借物, 何もかもはつきり, 作家研究の, 僕は, 全くそれ, 全体では, 其の趣向, 其一部分が, 其実モウ其時から, 其實モウ其時から, 凡は, 出来栄へから, 判らない, 別段期し, 原名を, 去年よ, 古代に, 同時に自分, 同時に頼り, 商船の, 嘘も, 圓三郎は, 土地では, 外から, 夜つ, 大体の, 大勢入, 太郎さんは, 実は小説全体, 対象の, 少くとも, 尚単なる, 就中不, 工女を, 幕府制度の, 幾分か, 彼の, 彼處へ, 心づかずして, 心に, 怪我なし, 恐しい力, 恐しく内輪, 意外に, 或る, 戯曲界当分君の, 房一はじめ神原喜作も, 扇風機だの, 日本の, 早速土地ッ子, 曲つた, 本當, 本質的な, 果してどれ, 梯子を, 横光利一氏帰朝第, 此だけで, 此処から, 此處から, 此處へ, 此説の, 毎日風呂へ, 江戸つ, 演劇としては, 無意識に, 然しいくら, 然しそれ, 然しゲエテ, 然し健康, 然し元来, 然し早, 然し私, 然り, 父母は, 猫の, 田舎から, 画図の, 百二十歳で, 相手に, 相手は, 秀吉末期までは, 私が, 私も, 端的に, 笑顔が, 第一着手, 純粋さは, 紙で, 結局は, 罪は, 自然を, 若旦那と, 落着い, 血の, 見て, 觸覺が, 話が, 諦らめろ, 起きるの, 通詞では, 金と, 障子も, 露伴翁を, 靈山子の, 馬の, 馬鹿, 驚く可, 鴎外と, 黒髪の, 齡は, 齢は

▼ ひない~ (163, 14.2%)

5225 である 13 だが 12 です 7 ですが 6 であるが 5 だから 4 でありますが, ですから 3 さ, だと, であります 2 だつた, ですよ

1 [22件] が特色, だけれど, だけれども, だし, だたとへ, だな, だなどと, だらうが, だ余, だ間もなく, ぢや, であるから, であると, であるもう, でございますが, でございませうけれども, ですけれども, は不都合, は無名, を押し, を見, を豫感

▼ ひない~ (38, 3.3%)

145 だから 2 だが, だがね, だもの, だよ, です 1 だからね, だけど, だけれど, だだが, だな, だらうがな, ですからね, ですね, ですもの

▼ ひないといふ~ (35, 3.0%)

4 ことを, んです 2 ことに

1 [25件] お手紙, ことこれだけ, ことは, のである, んだ, 一事である, 一種妙な, 不思議な, 事だ, 因果な, 実感を, 意地悪い, 意地惡い, 懼れ, 断定が, 様な, 氣が, 深い直感, 確信を, 結論に, 聯想でした, 興味とを, 評判で, 證據でも, 風に

▼ ひないこと~ (31, 2.7%)

2 を知, を私

1 [27件] が明瞭, が美奈子, が誰, だ, であらう, である, です, で出来れば, にし, にしたい, にする, になる, になるでせう, にもし, はこの, はよく, は事実, は公私, は分つた, は彼, は當時先生, もわかつ, も痛感, を思ふ, を意識, を明らか, を知る

▼ ひないから~ (28, 2.4%)

3 である

1 [25件] それだ, だ, です, やつて, 主人公の, 人殺し野郎の, 今直ぐ, 何と言, 佛教の, 偶には, 兩た, 君はた, 帰つたなら行かなけれ, 序に, 彼等の, 律でも, 後添, 慎重を, 早速神様, 直ぐ來, 相手は, 相談を, 私は, 見て, 覺悟を

▼ ひないけれども~ (19, 1.7%)

2 国民各自の

1 [17件] これは, さう, それは, それらを, それを, た, よろしく戦争, 一般には, 厳密な, 女性的と, 彼女自身も, 日本人自身には, 日本的な, 星住省吾の, 極くありふれた, 率直に, 私を

▼ ひない~ (16, 1.4%)

7 せう 4 あらう 1 あらうが, せうお, せうな, せう親分, 大神樂造りに

▼ ひないので~ (14, 1.2%)

2 あつた

1 [12件] あたらない, あらうが, いひぬけを, せう, その範囲, 彼女に, 我等も, 日記に, 甘やかされた私, 百合子が, 私は, 行先き

▼ ひないけれど~ (10, 0.9%)

1 いつそ失礼, いまその, さう, 亦虹, 今日まで, 心持は, 父も, 私は, 立派な, 糸が

▼ ひないもの~ (10, 0.9%)

3 である 1 だ, だが, だらう, であるといふ, と思はれる, もある, を見

▼ ひないその~ (9, 0.8%)

1 ひつくり返る, 夢に, 夫の, 度毎に, 意味では, 竹に, 罪を, 車の, 顏を

▼ ひないやう~ (9, 0.8%)

2 な氣 1 だ, である, でしたら何とか, な立派, にね, に思つて來, に願

▼ ひない~ (8, 0.7%)

1 それも, もし夫人, 手当を, 極りも, 眼の, 私を, 至つて下賤の, 面白が

▼ ひないそれ~ (8, 0.7%)

1 がかうひよつ, は昨夜, も擦れち, を圧し, を打ち開け, を暗闇, を言, を訊きたい

▼ ひない~ (8, 0.7%)

1 だけは朧ろげ, であるが, で単に, によつたら頭, はその, は一目, を信じ, を刹那

▼ ひない~ (7, 0.6%)

1 うすると, うでなかつたらそんなに, うでなければ, うなれば, う云, う思ひこん, つそく

▼ ひない~ (6, 0.5%)

4 やありません 2 やない

▼ ひないとは~ (6, 0.5%)

2 思つた 1 万, 云へる, 其の度びにひそかに, 言へ

▼ ひないところ~ (4, 0.3%)

1 である, にこの, の九度二分の發熱, を語つて

▼ ひない~ (4, 0.3%)

1 あんなに清い, さうでない, でなかつたらどんな, 何にも

▼ ひないこの~ (3, 0.3%)

1 ソロチンツイの, 令嬢が, 大事な

▼ ひないしかし~ (3, 0.3%)

1 墨は, 構ふもん, 絵そのものは

▼ ひない~ (3, 0.3%)

3 しても

▼ ひない話ぢ~ (3, 0.3%)

3 やは

▼ ひないあなた~ (2, 0.2%)

2 は弱々しい

▼ ひない~ (2, 0.2%)

1 加奈が, 谷の

▼ ひない~ (2, 0.2%)

1 どうか, 花火を

▼ ひないかと~ (2, 0.2%)

1 云ふからない, 尋ねたくなる

▼ ひないけど~ (2, 0.2%)

1 それでもそんな, それよりも

▼ ひないそして~ (2, 0.2%)

1 場合によ, 穏かな

▼ ひないそんな~ (2, 0.2%)

1 ことを, 幼稚な

▼ ひないとしても~ (2, 0.2%)

1 さう, それだ

▼ ひないなどと~ (2, 0.2%)

1 彼は, 評判した

▼ ひないのに~ (2, 0.2%)

1 更に意, 食物の

▼ ひないわけ~ (2, 0.2%)

1 だ, で

▼ ひないアノ洋服~ (2, 0.2%)

2 の色

▼ ひない女房~ (2, 0.2%)

1 のお, もさう

▼ ひない~ (2, 0.2%)

1 の偉大, れは

▼ ひない決心~ (2, 0.2%)

1 でゐた, なんてつい

▼ ひない~ (2, 0.2%)

1 が私, は死物狂ひで

▼1* [146件]

ひないあの美しいお玉, ひないいったい誰々の, ひないいやこの時, ひないお前を何となく, ひないお母さんは何ん, ひないかならず大切に, ひないかもじが, ひないからとしきりにとめました, ひないがと話した, ひないがをどんです, ひないきっと自分は, ひないけれどねま刑務所, ひないこれは何, ひないこんな森の, ひないこんなにダラシなく, ひないさつきの村, ひないすると俺は, ひないそれともあんなに浮, ひないそれにしても好くも, ひないそれらの山々, ひないただその厄介さ, ひないつて言つたさうですよ, ひないゐるかと, ひないとおもひました, ひないところが地獄までは, ひないとして泥棒が, ひないとだけ言つて置い, ひないとの前の, ひないとも考へた, ひないなど申す, ひないなどとも言つた, ひないなにを此野郎, ひないなに彼奴は銭, ひないばかりでなく寧ろ, ひないほどの高価な, ひないんでせうけど, ひないヒキガヘルの小ぶり, ひないマルコン氏の好人物, ひない一度氏に面接, ひない一應の感情, ひない一月二十八日の晩, ひない一本の黄櫨, ひない一本道だから, ひない九鬼がこの, ひない五銭の下足料, ひない人々のこと, ひない人形劇又は影絵, ひない人間はそんな, ひないの批評家, ひない仮令相手が, ひない佐藤辯護士をお, ひないが寒, ひないか目印, ひない何んかわけ, ひない何故なら現在, ひないに對, ひない體が, ひない八五郎を仕事, ひない其の妙技への, ひない其時は是, ひない几帳面の唄, ひない劉子は伊曾, ひない力強いもの気高い, ひない博士は遠く, ひない即ち十分に, ひない可愛相に, ひない嚴重に御, ひない国民的新文化, ひない多助さんさへゐれ, ひない歌に, ひない好意を持つ, ひない子供らしい新鮮, ひない子供読物がこの世, ひないは可愛い, ひない尾行して, ひない左様も無けれ, ひない年齢である, ひない幸福の道, ひないの作品, ひないは一寸, ひないの愛慾, ひないに殘, ひないを育て, ひない悪いことを, ひないで歴, ひない才色を見出され, ひない放生会を秋, ひない數時間を眠らう, ひない新体詩の如き, ひないがよい, ひない方言と言, ひない早速引取り度いと, ひない最初の特色, ひない東京へ出, ひない格構で顔, ひない植物も動物, ひない極印を打つ, ひないだ, ひない樽野の来, ひない殊に審査の, ひないがする, ひないを見てる, ひない海鼠も怪物, ひない滅茶苦茶な自暴酒, ひないの前, ひない父親も母親, ひない猪之吉を縛つて, ひないの間, ひない疲労困憊の挙句, ひない疾く海の, ひないによれ, ひない相当の大家, ひない矛盾を悲しむ, ひないなこと, ひないに書い, ひない突然開かれたその, ひないはれたに, ひない細長くて深い, ひないだけ先, ひない自由劇場は経済的窮乏, ひない自覚は, ひないの上, ひない良い男の, ひない花子の現在, ひないの花, ひない要素を持つ, ひない言葉であらう, ひないひの, ひない證據はこれ, ひない貨物車の顛覆, ひない赤黒い血で, ひない趣味即仕事, ひない距離になつて, ひないの中程, ひない辻褄が合, ひない週刊や旬刊, ひない道義的慚愧の念, ひない金持ださうな, ひない銀狐の毛皮, ひない鋭い感受性と, ひない階下の叔母, ひない面影をあらわし, ひないつぺた, ひない頼もしい星だ, ひないも長い, ひないさ一尺程の