青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ひとつ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ひたい~ ひたすら~ ひだ~ ひっそり~ ~ひつ ひつ~ ひで~ ~ひと ひと~ ~ひとつ
ひとつ~
~ひとり ひとり~ ~ひどい ひどい~ ~ひどく ひどく~ ひな~ ~ひない ひない~ ~ひま

「ひとつ~」 7293, 79ppm, 1428位

▼ ひとつ~ (1465, 20.1%)

7 思想を 6 黒い影 5 ことが, ことに, ことを, 不思議な 4 事件が, 人間の, 寢臺, 心を, 歌を, 重要な

3 [21件] さかんな, ものを, ドアを, 予行演習は, 他の, 光が, 単純な, 單純な, 小説を, 心像, 映像が, 最も重要, 浪の, 理由は, 立場を, 箱の, 考えが, 著しい性格, 青い照明, 顔が, 黄金どく

2 [107件] あんどんを, いめえ, おほき, ことは, さびしい青, ために, はっきりした, ふねに, まづしき心, ものが, イデオロギーであり, イデオロギーにまで, 世界に, 世界を, 事件です, 人生の, 光りも, 共通の, 切ない, 功を, 原始的なる, 名詞を, 哀しい思ひ, 問題が, 喜劇的主題を, 固定した, 大きな原因, 大切な, 奇蹟で, 契機に, 妙な, 姿に, 安心である, 寸分違わぬ, 巨大な, 希望を, 幸福, 幻の, 幻像が, 心で, 思想の, 情念は, 意志が, 愛, 愛憐, 慰めに, 憂ひを, 憂愁, 手が, 技術的な, 新しい学問理念, 新鮮であらう, 方は, 方向だけは, 日本の, 明確な, 最後の, 架橋を, 根源は, 椅子に, 歴史的類型であり, 浪は, 焦燥, 物に, 物体が, 特徴は, 特殊なる, 獨立なる, 現はれである, 現れである, 現實的, 現象が, 理由が, 理由として, 理論的なる, 生の, 生命を, 疑問に, 矛盾を, 短篇を, 窓はと, 立派な, 精神が, 素つ, 綜合的概念である, 花に, 菫の, 著しい現象, 言葉を, 話が, 諦らめであり, 貴重な, 跫音が, 近代の, 通俗の, 過程である, 道として, 部屋に, 鏡を, 難儀を, 雪虫は, 青ざめたふしぎ, 音色, 風情である, 首が, 首のせ, 魂は

1 [1131件 抜粋] あた, いのち, うその, おもてなしにと, お迎え駕籠, かくされた面, かたちな, かわった風景, くりかえしでは, ことだけに, ことばな, こぶしの, ささやかな, さびしさを, しきりに六人, しょうばいと, せきを, たつたひとつ, たのしみなの, たまし, ためまだ, たるの, つかりましたそして, とりえだつたの, なかに, にほ, ねがいは, ねらひです, は去年, ふしぎな, ほうへは, まっくら, まっ逆さま, みちだ, もっともらしい, もつれた神経, ものであり, ものに, やうな, よい目的, わだかまりとして, イデオロギーが, オモチャであった, カメレオンで, シーンに, スポーツに, ゼミナールの, ヂェスチュアである, ドアが, ニワツトリと, フィクションを, プランを, ベーコン的なる, ポーズに, ミュトロギーの, 三ちやんが, 不可思議な, 不吉な疑ひ, 不安を, 不忠も, 世界が, 中心に, 主題に, 争闘が, 事を, 事実が, 事柄に, 交渉の, 人かげも, 人体内に, 人影も, 人格を, 人生でも, 人間的なる, 仇心には, 仕業に, 代償で, 企らみとしか, 伝説, 低いしげみ, 低徊だった, 作品, 作品を, 使命が, 例, 例と, 例は, 俗的な, 保証でも, 信仰だ, 信念で, 俤は, 修養である, 個所には, 倫理であった, 假定, 偏見, 傾向を, 光を, 光明であります, 全く單純, 全く自由, 公園に, 典型を, 内部に, 冒険へ, 凝結した, 処置に, 出入り口には, 出来事によ, 出来心に, 切札の, 刑罰を, 別階級, 制度の, 力ひとつの, 動きの, 動作に, 区切りに, 単なる肉塊, 単語を, 原因は, 原理的なる, 厭味で, 厳然たる約束, 叙事文は, 古人の, 可能性に, 吊りランプ, 名は, 名案を, 向ふ, 告白なり, 呪縛に, 命と, 命令を, 哲學的體系に, 問題であった, 啓示である, 啓示を, 四ツ手籠の, 困難に, 国の, 国民だった, 土地生粋の, 均斉を, 型と, 埃すら, 基本には, 基盤と, 場合である, 場所に, 場面のみが, 墓が, 墓石に, 声とも, 変った現象, 変化を, 外套に, 夢です, 夢を, 夢幻でない, 大きなたる, 大きな湖水, 大きな芸術, 大きな趨勢, 大きな魅力, 大切の, 大椀, 大策では, 天職の, 奇蹟である, 契機である, 妖女が, 姿で, 嫁入りの, 存在論である, 学問的意識を, 宇宙的な, 安らかな思ひ, 安楽イスの, 宗教の, 実例を, 実践的な, 家同士よ, 密室でも, 寡婦にな, 小さい籠, 小さな岩, 小さな魂, 小石が, 小箱, 山の, 山を, 山陰を, 岩の, 岩頭に, 峰が, 島が, 島に, 巧妙な, 帆も, 帰るところ, 平衡を, 幸福の, 広間へ, 座右銘から, 引き出しの, 張合いを, 形の, 形式に, 形態である, 形而上学的原理を, 形而上學的原理を, 形象に, 影が, 彼の, 從屬的なる, 徴であった, 心が, 心の, 心臟と, 心配と, 必要事には, 忠言を, 思い出にでも, 思惟, 思想が, 怪しげな, 怪物地上の, 情けの, 情景を, 情熱であった, 想いが, 想像的な, 意志であり, 意志に, 意志は, 意見交換で, 愛情の, 感傷に, 感情が, 感銘を, 態度であり, 慚愧を, 慰安の, 憂ふべき空隙, 憤りの, 懸念が, 戦法で, 手がかりかも, 手品です, 技術であります, 抽象物に, 放心の, 故郷だ, 故障は, 救ひであり, 散歩と, 文句を, 文章に, 新しいみぞ, 新しい奴, 新しい材料, 新しい生存, 新しい運動, 新らしい, 新劇団, 新鮮で, 方便であります, 方法を, 旅の, 旅行に, 旗日であった, 明るい兆し, 時代の, 暗合だ, 曠野が, 有効な, 服であっ, 期待の, 本質的な, 村と, 条件で, 松あり, 柵を, 根拠である, 格別有利な, 棺が, 極限を, 楽しい出来事, 楽しみに, 概念であるらしい, 概念の, 榻を, 模様を, 機の, 機能存在を, 機関を, 止揚さるべき, 武門を, 歴史的事實を, 死だ, 死骸が, 母さまの, 民族についても, 気分としての, 気配が, 水筋も, 氷河から, 決定的なる, 河だ, 流れ, 流行言葉にさえ, 海蝕台地, 湾を, 満足であるらしい, 漢字が, 激情が, 灯火も, 点です, 為に, 無意味, 無難な, 照明が, 爆風に, 父母から, 物みたいに, 物語が, 特別な, 特徴を, 特色では, 特色を, 犬は, 独専を, 珠よ, 現れでは, 現われ, 現実で, 現実に, 現實, 現象に, 理由で, 理由に, 甘い出来事, 生きが, 生き方として, 生ける生命, 生命の, 生物の, 町かど, 町へ, 異変が, 疑問は, 発作と, 発明あり, 白い幣, 白い肉体, 白亜の, 目を, 目標では, 盲官組織と, 眞に, 真実である, 真実のみに, 眼が, 眼であります, 矛盾がな, 知恵である, 硅化花園を, 確信を, 祈りです, 神技である, 神秘な, 禅である, 科である, 秘密を, 穏やかならぬ, 空気反射だ, 空間の, 窓では, 窓の, 竜胆の, 笑いひとつの, 筋を, 箱に, 精神を, 糸口を, 素裸かにな, 組織を通じて, 結果について, 結論だつた, 絶対な, 絶対的な, 絶望的な, 綜合概念である, 緩衝地帯であった, 羂は, 美点といへる, 習性の, 習慣である, 考えしか, 聲はさ, 肉体で, 胸の, 自己を, 自殺な, 自然直観が, 與へられた, 船大工が, 色の, 花あり, 花びらの, 芸に, 苦労が, 苦行に, 茶弊茶害とも, 荒廃した, 華麗な, 虚栄で, 虚榮で, 蚊帳の, 行動として, 街から, 街燈が, 表れだらう, 表現である, 表象と, 袋小路の, 裏側の, 要請と, 見方を, 規定学問は, 觀念或, 言葉から, 言葉の, 言葉ひとつの, 計略という, 記憶の, 証拠という, 評判だつた, 試練期が, 誇りと, 課題に, 調和だ, 諦らめだらう, 謎であった, 謎を, 警官も, 貪慾な, 質問と, 赤い大きい唇, 赤裸でく, 跫音では, 路地から, 身に, 軽装に, 近道である, 通り道, 週刊紙を, 道しるべだった, 道に, 道具に, 道化師が, 達磨転轍器を, 邂逅であった, 部分機能である, 部屋を, 重大なる, 重要なる, 鉱山を, 鍵であります, 閃火は, 関係の, 陥穽を, 隘路と, 集団が, 難を, 雲が, 革新期を, 鞭撻に, 音であった, 音絶え, 頭も, 顔, 顔の, 願望を, 風情に, 飜譯である, 飾りものあるいは, 駕を, 驚異である, 驚異ひとつの, 骸骨は, 高いはっきり, 鬼と, 魔法だ, 鳥瞰図に, 黒いかたまり, 黒点を

▼ ひとつ~ (318, 4.4%)

35 なって 10 して 5 なった, なつて 4 なつた 3 ある, しても, なげくころ, 手を

2 [15件] あった, あるの, かたまって, したと, すること, せんが, せんと, なったもの, なる, なること, なろうと, 女の, 相違ない, 眼を, 集まって

1 [217件] あげて, あつまりきて, あつめた, あり, ある判断, いたこと, いたしまする, いたらすこし, いて, うっすらと, おさめて, おなじことば, お揃い, お疑ひ, かかって, かたまり合うこと, かつて北陸, からんで, かわった顔, きまったもの, くだりました, ぐにゃりと降参した与, こうして暮す, こだはる, こめた水火秘文状, こめて, し, しその, したいと, したって, したよう, したん, しては, じつと, すぎない, すぎないこと, すぎないだらうと, するため, するとか, するなどは, するまでは, する途, そなえて, それを, たたみ蕃人たち, たたんで, ただに, たのみきって, たよって, ちがいなかった, ちゃんと自信, ちやんと, つめよる無数, とけて, ながれて, なったという, なったモッコ, なった少年, なった心地, なった黄縞格子, ならずに, なりまた, なり一緒, なり三木, なり光秀, なり切って, なり庭, なり御苦労様, なり襖, なるから, なると, なるとき, なるや, なれないもの, なろうでは, ねられぬ夜半, のりこみもう, のんで, ひたすらお, ふさいで, ふる雪, ほうりこまれるや, ぼってりと, まじる香, まとまりましたので, まとめた顔, まとめて, まとめ水船, もつれ合って, やつと, ゆかりの, ゆったり腰, ゆらいで, よびかけた, よりて, クルクルと, グシャグシャちぢんだ, ラジオが, リンネルの, 一切の, 三味線一丁それに, 二畳ほどの, 住んで, 佐渡二ツ岩の, 何物も, 保ちまつる, 保ちまつるありがた, 全国へ, 兵糧持久の, 凝って, 出て, 加わって, 包んで, 原因した, 合って, 合わせた割箸みたい, 合致し, 向け下, 呼びあつめろ, 咲くばかり, 回った, 壊れた六角時計, 大江の, 大阪の, 天から, 奥と, 学問が, 守りを, 寄せ寄り, 寺子屋を, 封ぜられて, 小さな穴, 尽きて, 属して, 帰して, 帰する, 彼女の, 彼方から, 必ず近く, 思いきめて, 思いつめて, 意地でもと, 懸って, 成ぬわが, 成りつるなりけり西村君, 成りましょう, 或いは重なり合っ, 戻す統業, 手挟んで, 打ち込んで, 抱いて, 持って, 播磨の, 數へて, 文武ふたつを, 昨朝来書簡を以て, 暮すこと, 暮らして, 暮らすなどは, 望みを, 来た将士, 栄爵を, 歩み寄って, 消されて, 混ぜたよう, 湛ゆる, 溶け合おうと, 溶け合つて, 潜みつづけて, 燃やしめ, 片づけて, 猿沢佐介の, 目を, 立ち混みたる馬, 箒を, 算え, 算へ, 籠めて, 粛として, 納めて, 結びつくもの, 考へて, 聴きすまして, 育った勘介, 育てられて, 育てられ自然幼少, 腰かけて, 腰を, 自然そそがれた, 花田中尉は, 蒐めて, 融かされて, 融け合う夫婦生活, 融け合って, 融合しよう, 見えるの, 見ても, 観られては, 解けあふ寢臺, 言へ, 語れませぬ, 貫いて, 費やすべく加, 足りないほどの, 追いすがって, 逃げのびて, 遊ぶうち, 過ぎないの, 過ぎませぬ, 限らずどうか, 集まる, 集めたよう, 集めて, 集中した, 静止し得ない, 食る, 駈け廻される

▼ ひとつ~ (201, 2.8%)

3 いって, 彼の

2 [11件] ここの, これは, これも, そのせい, つきり, もとの, 濕める, 生活の, 私の, 自分の, 薫ゆる

1 [173件] あなたを, あまりはっきりいいたくない, あを, いりこんだみたい, うつむいたまま, おぼろひとつ清けく, お八重, お前に, お客さま用の, かかる夜舟, かれが, きみは, くじょうしなければならんことがあるそれは, こうした空気, この國, この宅助, これに, さういふ形, さしつかへ, すぐと, せつかく, そういうこと, そういう事情, そのアンナ, その住民, その婦人, その疲れ, その誠実さ, それで早く, そんな動機, たとえば多く, つきりと, どうやら若, なしついで, なにか不, ぼくを, またその, むかふ岸, もちろん家賃, やがて必ず殺到, より広い, わが軍奮戦, ドイツ国内にも, 万年青つくり, 下に, 世界の, 中田少佐の, 丸々と, 九郎右衛門という, 五千万円の, 亜米利加ワシントンで, 人前で, 仏蘭西の, 保険会社の, 僕が, 僕の, 優しゅう両方, 光る不二, 冒頭ひとつは, 初代圓生の, 前に, 剥取られ, 動きが, 厳しゅうひとつ, 古來, 右を, 同年輩の, 君の, 咽喉, 塗籠へ, 境遇から, 夏休みに, 如何ようにも, 妙に, 娘たちが, 安心, 定明の, 寛政滝それは, 島田家の, 左を, 巧みに, 市野に, 平凡な, 床に, 店主の, 当初世間の, 形式主義である, 役者の, 彼等の, 従来の, 微風に, 恩人桂文楽へ, 感じの, 手前に, 手数料節約の, 担わせて, 文壇ヂヤアナリズムの, 文答師の, 新田義興の, 新藤五という, 日本の, 日本軍を, 日頃嘲弄される, 明治新潟の, 暗闇の, 更紗の, 朝鮮といふ, 木村に, 木立の, 木立を, 本の, 果断に, 栄三郎の, 榮養不良のせゐ, 樋に, 橋詰に, 歌詞が, 毒々しい赤いカンナ, 河み, 淡路島の, 済んだ, 潔癖からも, 火で, 無銘の, 煙の, 父が, 物臭い, 現場で, 現実にも, 現實, 田舎娘に, 男に, 白くて, 白他は, 真黒い粒々, 祖母と, 福永という, 私は, 空中に, 立ちひとつ, 紀伊半島の, 素顔でない, 結末に, 絶対的な, 緊張しすぎ, 自分が, 至るところ平均, 舞台より, 色變え, 花鳥の, 芸術の, 若, 英吉利で, 茶っぽい, 菊の, 見栄だつた, 見栄だろう, 親たちも, 試し食ひにくつ, 赤い帆, 赤き顔ゑがき, 近代に, 道徳教育の, 郡役所の, 鉄が, 銀之丞が, 長さ三尺ぐらゐの, 阿波の, 非常な, 飢饉の, 駝鳥と, 黄色い帆, 黒と

▼ ひとつ~ (196, 2.7%)

16 あつた 4 あらう 3 あつて 2 あなたの, あらうか, お前の, それが, 如実に, 東京へ, 育てあげられたその

1 [159件] あの子, あらうと, あるなら愛情, いいから, いかに世, いつでも, いろいろに, お前も, お顔, かけて, きように, ぐったりし, ぐつと濃く, こうも, ここまで, ことごとく横, この俺, この子, この昆虫, こんなにまでの, ござります, さっそくあいつ, せう, そこから, そのうち, その女, その本, それを, たいへんな, とんで, どうとも, どうにでも, どうにも仕様, どんな波風, どんな細かい, な, なんとかし, まちがえば, もう十分, やけくそに, わかろうはず, シャルル・ペローの, 一円の, 一家一門家来にまで, 一気に斬りかかろう, 不思議な, 世間という, 予測し, 事の, 五人の, 人々が, 人に, 人生の, 今まで, 今日の, 仕方ひとつで, 仲, 何うにだ, 何とか救い, 來ちやつたんだ, 保たれて, 保たれる中心, 充分だ, 凡器の, 凧糸の, 出世し, 動くもの, 勘当に, 十分で, 千万ドルも, 右片手です, 同じ内容, 商売も, 嚴格に, 四千五百両とは, 國際的評價さへ, 圓生も, 地味な, 外へ, 夜陰に, 大丸さんに, 女の, 如何にも狐, 姿を, 娘を, 子供を, 安, 実にあざやか, 実際事, 容易に, 容疑薄らぐ, 山の, 左膳を, 幼い娘, 庭つづき, 庶民生活の, 建てたさ, 彼等に, 彼等の, 御城内, 忍耐した, 忽ち代議士, 憂愁に, 戦は, 戦場でも, 戸棚から, 折好き機会にも, 敗軍の, 教師に, 料理が, 新京極まで, 日々の, 日光を, 日本人を, 日本的モラルの, 昇級し, 暮したので, 最後の, 月光の, 木ぐつを一対ほりあげた, 極端にまで, 気ままに, 気持の, 決められて, 法隆寺を, 浮世の, 満天に, 片の, 物を, 生涯に, 百貨店の, 石段を, 私は, 立派な, 精神病院という, 縁側に, 股引や, 育てられたの, 育てられました, 育てられること, 育てられ入営後, 育て上げること, 脚は, 色氣を, 衣食し, 賑やかな, 逃げだしたの, 這入ると, 部下の, 野呂さんと, 金五郎は, 鉱夫と, 間に合うよう, 雨が, 音は, 領下の, 飛び出して, 飛出した男, 食膳に

▼ ひとつ~ (182, 2.5%)

12 ない 6 なかった 4 ありません, ないこと, ないの 3 して 2 なかつた, なくなって, なし, わすられて, 持って, 持つまじくと, 無い, 耳に

1 [133件] ありませんね, いただこうという, おっしゃりたいよう, おやり, お前から, この原則, こぼさないか, ございません, さようお, したいし, しないうち, しなかった, そういうあけ, そのへん, そらしは, それだまは, それを, ちがわん, ついて, でて, とれたん, ないから, ないって, ないという, ない世の中, ない僕, ない塀, ない部屋, なかつたといふ, なき, なきを, なくすまいと, なくな, なく狭められる, なく綺麗, のどには, はっきりした, ひとつおま, ひとつも, ひとつ十段の, ひねくろうという, ふれて, まちがえずに, みあたりません, みつかりませんでした, やれなかったの, やろうという, ゆるゆる飲ませ, われわれに, ドアが, フシギな, 下値なる, 与えたいと, 並べたくなって, 信ずるに, 凧屋から, 出なかった, 出入り口は, 出来ない遺家族, 取り落とさずに, 口が, 君を, 唱えて, 変えたい処, 変る事, 外へ, 外記の, 好きじゃあ, 容赦しなかつた, 少年を, 幸福そうじゃ, 張られまじき気配, 悪いこと, 悪か, 持ち去っては, 持ち合せて, 挙げられないといふ, 撲りつけてから, 敵を, 最後までは, 本気じゃ, 枝には, 欠点が, 正成の, 残らず廃れたの, 殘らず, 殘らず取, 気がついて, 気に, 洩れなく山, 無いじゃあ, 無かった, 無かつ, 無くならうもの, 狂って, 現れて, 知らないが, 知らないよ, 知らないよう, 知れしまへんよ, 碌な, 確実な, 経験し, 絶対的には, 聞えないで, 聞きたくない, 花を, 薔薇が, 表に, 見あたらず夕風, 見えず, 見えない道理, 見えなかった, 見えなくなって, 見えなくなり捕虫綱, 見せねば, 見付かりませぬ, 覚えてなかった, 覚えとらん, 触れずそっと, 言う気, 言ひたくなる, 詠むとか, 語られて, 誦んで, 變る, 豫算の, 購うと, 起らなかった, 足あとを, 間違つてを, 頭には, 飾りの

▼ ひとつには~ (103, 1.4%)

2 またひとつ, 尊氏の, 彼の, 彼女の, 豹一は

1 [93件] あなたの, あの徴税使ふたり, あの牧さん, あの辺, いっそう栄三郎, いつも走り出迎え, おれの, こうして坐つ, ここは, このたび, このとる, この京都, この救い, この橋, この町, この膂力, この頃, さう, さうし, そうする, そこを, その潔癖さ, その獣類, それにも, それは, そんな気持, ただぼんやり, ならない, なるか, ひる, また寐間, もともと無口, やはりその, やはりクルマ, モーナルーダオという, 一種の, 京都の, 人を, 人間の, 今いった, 侍者の, 再び来ないであろう, 即ちこれ泥棒, 唯々諾々と, 地方の, 坂田が, 多鶴子の, 奥へ, 女中が, 女性の, 妻の, 宝石だ, 実は最高, 富田に, 専門の, 将門が, 小ヴォローヂャ, 年が, 店出しを, 弾みが, 当時の, 彼が, 彼には, 彼は, 心配を, 情に, 暑さたへ, 望んで, 机の, 毎日の, 泉州の, 海老原の, 猛烈な, 玉藻の, 現今流行の, 理性の, 生活の, 登勢は, 白石の, 精神的な, 聖路加病院の, 自信が, 自分の, 自分よりも, 自叙伝は, 華楊の, 蕃人の, 豹一と, 辛抱も, 鈴子の, 風の, 高邁深遠な, 鶴子とは

▼ ひとつ~ (89, 1.2%)

3 目に 2 めえ, 伺いしたい, 土産話も, 聞きください, 言葉に

1 [76件] さらいを, たずねしたいこと, ぢいさん, つき合いなさい, にぎやかなおかたも遠慮, ひかせでない, やくそく, やりなさい, 二人の, 二人を, 代わりだ, 任せ下さいませんでしょうか, 伊勢参りに, 伺いを, 光さん, 光り様, 加久に, 助け願ひます, 友達に, 取次ぎを, 口湿し, 味方の, 咎めなし, 嬢さまを, 庭に, 心掛けをと, 心易く, 思召が, 慈悲を, 手ぎわを, 手なみをは, 手並を, 拵えなすっ, 掛けしたくないの, 時計を, 望みを, 毒味し, 気晴らしに, 気軽に, 汝が, 注ぎ給わりませ, 犬小屋を, 目こぼし, 相手しましょう, 相手致しましょう, 眼に, 眼にかけ, 矯め直し願わしゅう, 絹様あなたの, 考えに, 聞かせしよう, 聞かせを, 聞かせ申して, 聞き申したいん, 聴かせよ, 聴きあそばして, 脈を, 腕の, 船の, 芝居にでも, 見せくださらんか, 見得なすって, 話しましょうか, 読み下さいまし, 調べに, 調べ下されたい, 連れ下さるわけ, 邪魔を, 酌いたしませう, 酌させ, 酌を, 酒を, 頼まれして, 顔を, 願い事が, 願ひ

▼ ひとつその~ (89, 1.2%)

3 流儀で 2 しょうこをお目, 前に, 部屋を

1 [80件] うつろいを, お代官邸の, お武家, かたかた, くせバカに, ことな, この世の, ししを, しょうこと, ために, つまりこれ, なぞを, にせものを, へんの, ま, もくろみによって, わけを, オーエンなる, バクチという, 三人の, 上高地の, 下原宿の, 丸藥を, 主殿助, 京極家から, 人が, 兇器を, 君の, 壁や, 変わった町, 夢物語を, 大ぜ, 妻恋坂の, 娘ッ子を, 子供を, 完成を, 宣伝文案を, 山陽流を, 巣を, 幽霊の, 底に, 心配は, 情け深くって, 振子の, 撥形鶴嘴を, 文箱を, 旨を, 昔一夜の, 机の, 槍を, 洋妾立国論以来の, 流行神を, 淡窓流を, 点を, 物語の, 男に, 男を, 白骨の, 相談に, 眞似, 秘策を, 秤の, 空気の, 筋道を, 納まりを, 紙幣を, 絵の, 舟を, 船室へ, 蘊蓄ある, 裏を, 裸松様という, 西郷どんという, 詩を, 調で, 辺から, 辺の, 部屋へ, 雪舟の, 音を

▼ ひとつこの~ (74, 1.0%)

3 機会に 2 七兵衛に, 場で, 黒眼鏡を通して

1 [65件] あまりの, お爺さんから, ことだけは, ことについては, なぞを, またとない機会, ままおわびと, わしを, イ, 一腰を, 万年青を, 事件を, 京都の, 人数を, 俺が, 六十円だけ, 剃刀で, 双六を, 古地図, 右馬が, 命令によって, 問題を, 四角ン中, 団体の, 大屋台, 娘を, 子どもに, 子熊めに, 寺の, 小べやだけは, 小僧を, 屋根へ, 岸を, 峠に, 席でなく, 手品の, 新しい土地, 月の, 有村から, 殿村君とやらと, 滝壺を, 爺さんに, 発明を, 眼八の, 眼鏡を, 私に, 笠を, 紹介を, 老人に, 若い神, 莽草の, 菓子の, 言語改革の, 足で, 車中は, 辺から, 辺で, 遠眼鏡を, 際奮発し, 青羅紗の, 顔を, 髷を, 魔法の, 鳩に, 鳩を

▼ ひとつ~ (74, 1.0%)

2 へだてて, 口に, 山男に, 枝葉ちりちり, 私は

1 [64件] ああし, お話しする, かしい小話, かりて, ここに, さぐりとりお嬢様, すました旅行者, その湖心, たよりに, ちぎりとり歯, ぢさんに, つまみあげた, とって, どうにもできぬ, なして, へだてた近距離, まがって, まじめに, ゆびさして, よりだそうと, わが頬, オクタンひとつを, ヘザールという, 中井君は, 取巻いて, 境に, 売りもの, 守る私事, 完ういたした, 引っさげて, 形成し, 心配し, 必死に, 懐しむ思ひ, 抱え出したの, 持ち合, 指さして, 欠いても, 永久に, 消ぬが, 涙に, 深山へ, 演じて, 盗み出したの, 眸に, 知って, 移したの, 自分で, 見出し得るであらう, 語らないに, 読み取らなければ, 読む思ひが, 買ふために, 賭けたきわどい, 身に, 身の, 選ばなければ, 選んで, 陥しか, 隔てた土地, 静止の, 頼りに, 駒ひびき, 鷲掴みに

▼ ひとつない~ (51, 0.7%)

3 のだ, のである 2 ただ私

1 [43件] あき部屋に, うらうらと, きれいな, じゃない, ぞ, といふ法, と私, どんよりと, のにと言, のにと言いました, のに妖女, のに鳩, のよ, まっ新, ものが, ように, んだ, ガランと, 上品な, 世界である, 位に, 八百八町の, 寒々と, 小さな背中, 山肌を, 敷砂を, 昔の, 曙の, 有様で, 炎天の, 眞黒い, 空, 空の, 紺碧の, 結城の, 自分で, 草いきれの, 蒼空から, 青天だった, 青空に, 青空を, 顔が, 顔は

▼ ひとつ~ (47, 0.6%)

2 ひの

1 [45件] あつた, あり人間, ある, あるため, あるの, いつその, いふ, い鴫鶉, およそ圓朝, くろがねの, ここにも, じつに二重三重, そこに, だめに, どんなに歌全体, ぬけだして, ひきたが, ひ買, みなちがう, スイッチがわりに, バナナや, 今夜珍しく, 仲立ちと, 何らの, 俺達の, 助勢を, 千両だった, 変わって, 奇面城の, 守備隊の, 将来に, 必要な, 急いだあまり, 惜しかった, 技術上の, 最も深く, 根もとを, 欠けて, 白く泛, 艶っぽい, 資本, 越後親不知の, 開いたとき, 頼みでございます, 頼りである

▼ ひとつ~ (35, 0.5%)

2 なって, 思って

1 [31件] いひし世尊寺, お分り下され, きまったが, して, だんだん消え失せ, つてお, てない, なった, なつて, なりすますの, なりの, なること, ぶどう酒が, みえて, 丹精くれぐれ, 光そへ, 化した今, 化し没し去つて, 命だけ, 思う孤独, 思つてよから, 期して, 直義へ, 真実この, 私は, 見て, 見なされますぞよ, 見られて, 見做, 認められて, 道ならず

▼ ひとつとして~ (34, 0.5%)

2 晴れた日

1 [32件] すつかり, その岩小屋, それ独自の, なかった, はつきりした, まめに, わたしは, 不足を, 世上に, 以前女義太夫, 仰せの, 剣は, 反省され, 取るに, 役に立たぬもの, 彼女も, 心得べき自戒, 忘れたところ, 思わしくない蝦夷, 悪事なく, 成功しない, 正確に, 狂って, 確たる手がかり, 私の, 行えば, 見つからないので, 見るべき食器, 見分けること, 記憶に, 魚介に, 鷹の

▼ ひとつ~ (32, 0.4%)

2 案内を, 相談に

1 [28件] 両所の, 僧が, 分別の, 助言を, 同伴し, 同道を, 回向を, 堪忍し, 声援を, 奉公らしい, 安心なさる, 当所へ, 披露願いたい, 指導を, 援助たのみます, 来駕くださいます, 理解し, 用捨のほどを, 発句を, 紹介し, 紹介する, 紹介ねがえますまい, 紹介申しあげたい, 証明を, 詮議を, 辺からも, 迷惑さまながら, 退治なすっ

▼ ひとつ~ (31, 0.4%)

6 のである 5 のだ 4 のです 3 んだ

1 [13件] かまの, と無事, の, のだつた, のだらう, ので, のでしょう, のでその, ので秀吉, わにくく, んです, 婦人ばかりが, 民く

▼ ひとつずつ~ (30, 0.4%)

1 [30件] あずかり薄ぐらい, かけられて, それは, ただその小さな, だいじそう, だいて, ちいさな窓, てめえの, まわしはじめた, もらいましたが, やりました, りっぱなおくり, ピストルが, 丁寧に, 上って, 入れて, 即席の, 念入りに, 拾って, 暗くなっ, 消されて, 烏を, 船室の, 花を, 落として, 被せましてね, 解けて, 読んで, 部屋を, 鉄槌を

▼ ひとつやっ~ (30, 0.4%)

3 てみよう 2 てごらん, て見ましょう, て貰おう

1 [21件] てくださる, てくれ, てみ, てみせろ, てみた, てみたい, てみない, てみましょう, てみます, てみやしょう, てみる, てみろ, てもらおう, てもらっ, てやる, てやれ, て下さい, て外套, て見, て見せ, チくんねえ

▼ ひとつ~ (30, 0.4%)

4 てやろう 2 ていただきたい, ておい, てやらう, てやれ, て置い

1 [16件] つつぽんぽん, ていた, ていただいた, ていただきてえ, ていらっしゃいませ, てくれ給え, てごらん, てもそこ, ても含蓄, てゐ, て下さい, て行きましょう, て貰, に行こう, に行っ, ゆと

▼ ひとつ~ (29, 0.4%)

3 ゐた 2 こんな時

1 [24件] ありやあ, あゝ私, しまつたのは, しまはうと, しまふこと, その金, それや, だれ, はじめての, まえも, やりました, 二条家に, 信用できない, 卜ひ清める, 同時に濛々, 塵取の, 平凡だの, 打つ真似, 私達の, 自らその, 自分の, 貯めて, 銀原も, 黒ずんで

▼ ひとつだけ~ (27, 0.4%)

2 時折祈祷を

1 [25件] ありました, あるの, こ, こういう状態, だよ, ちょっとへん, ついて, でっかい玉, では, で他, とれて, はっきりのび, ぼくが, みょうな, 一階の, 下さい, 例を, 入れた中, 外見上の, 大きくなりました, 明るくなっ, 有効な, 条件を, 灯が, 点りムッ

▼ ひとつ~ (26, 0.4%)

2 の手踊り

1 [24件] がその間, が引かれた, が親友, が飛び, とし, とゆ, にはくだす, には信ずる, に手伝わなかった, に言っ, の子供, の方, の目, の眉, の素人, の腑, の若々しい, の記憶, の部屋, の頼み, は芋づる式, も探し, を城下, を迷信的

▼ ひとつである~ (25, 0.3%)

2 がそれ, ことは

1 [21件] かも知れない, かも知れぬ, がまして, がもっと, が恐らく, けれども元々, ことに, ことを, という真剣さ, といふこと, ところの, と思ふ, と知った, と言う, と言えよう, と言える, に相違, のを, ゆえんである, 此の, 鹿沼新田に

▼ ひとつあの~ (23, 0.3%)

1 [23件] お爺さんが, じいさんの, めぐまれない老, よぼよぼ爺い, マドロスを, 人たちに, 千隆寺へ, 塔を, 女を, 婦人を, 子に, 小径を, 屋根へ, 月を, 村長を, 松の, 枝を, 武芸大会の, 気持の, 異人氏の, 花ざかりの, 近景の, 速記を

▼ ひとつこれ~ (23, 0.3%)

1 [23件] で乗切っ, という事績, という目的, といふ, といふ道楽, と似た, と似よつた, に火, の童, は中でも, は妙, は小柳雅子, は当初, は綺麗, へよん, もおれ, も日本的, をかぶっ, を丹念, を先生, を絞っ, を見, を読ん

▼ ひとつ~ (21, 0.3%)

1 [21件] からこれ, からである, がその, がなかなか, が肩, が観る, ちんの, つて本, で, という, といふ話, と僕, と心得, と思う, と思つて, と甲, と聞い, と言われ, にしない, ね, もなお

▼ ひとつ~ (20, 0.3%)

53 ていない

1 [12件] さいを, ちゃいない, てあげよう, てかう, てくるで, てごらん, てそれなり, てもひとつ, て彼, て言, て言いました, て默つて

▼ ひとつでも~ (20, 0.3%)

1 [20件] あったの, こぼすと, こんなにするどい, そっくりそのまま採りいれ, 一日に, 二つでも, 何か, 余計に, 兜首を, 和解し得る, 堪えられないくらい, 多くさがしだそう, 女王さまの, 当れば, 心掛け次第で, 松蟲を, 武に, 汝らの, 絶命的な, 見つけたためし

▼ ひとつなく~ (20, 0.3%)

2 彼女は, 目に, 髪も

1 [14件] あれこれと, こうしてあるい, そこに, それに, ただキナエン, ともソビエット, むしろかう, ランプや, 一行は, 喉が, 町は, 第一, 西に, 野づら

▼ ひとつ~ (19, 0.3%)

1 [19件] から参木, から城主, がモデル, その歌, たしかめて, なぐさめむちからなし鬢, にくわしく, に言っ, に言っとこう, に預け, のため, の兄さん, の奧さん, の実感, の手, の該博, の高見, を笑わせ, 考えて

▼ ひとつ考え~ (19, 0.3%)

4 てみよう 3 てみ 2 が浮んだ 1 がある, ていやがらない, てごらん, てみましょう, て下さい, て御, て見ね, て見よう, をまとめる, 考えしながら

▼ ひとつところ~ (18, 0.2%)

2

1 [16件] であばれ, で狂い廻っ, で足踏, にかたま, にじっと, にたゆたっ, によどん, に止まらせ, に突, に集めました, ばかりをどうどう, へ寄り, へ還っ, をにらみつけ, をよろよろ, を見つめ

▼ ひとつここ~ (16, 0.2%)

1 [16件] でやっ, でパチリ, で合わせ, で復習, で考えられる, で貴公, に, にはない, に居る, に泊っ, の仕事, の意見, へつれ, へ出, へ明智小五郎, へ来

▼ ひとつ~ (16, 0.2%)

1 [16件] そくろうねがいたい, 一緒に, 乾杯を, 揮毫を, 昵懇に, 機嫌を, 相談し, 紹介くださいません, 足労くださる, 辺が, 辺と, 辺の, 返事が, 酒興に, 釈義ねがいましょう, 陣じゃ

▼ ひとつ~ (15, 0.2%)

2 に殺させ

1 [13件] が見つかっ, が面, と鞠, には彼特有, に会っ, の影, の心, の思ひ, は興味, を出し抜い, を用い, を赤面, を驚かし

▼ ひとつあなた~ (14, 0.2%)

2 のご

1 [12件] にいかにも, にご, にはこれ, には聴い, にもその, に引受け, のお力, のため, の尊い, の詩吟, もこれ, も撰ん

▼ ひとつお願い~ (14, 0.2%)

4 します 2 がございます 1 がある, したいの, しときますが, しましょうちょっと, するが, と来る, 申してえこと, 申しましょうかな

▼ ひとつしか~ (14, 0.2%)

2 ない部屋

1 [12件] ありません, ないの, ないキャラコさん, ない一つ目小僧, ない中, ない老, ない鬼, なかつたの, ねえもの, 持つて, 見えなかったの, 隔たって

▼ ひとつする~ (14, 0.2%)

2 ことも

1 [12件] とそれで, とまた, とロイド眼鏡, と盆, と髯, にし, にも自分, にも袈裟衣, のさえ, まに, ものも, 者も

▼ ひとつしない~ (13, 0.2%)

2 でじっと

1 [11件] ことが, でおとなしく, でただ, でまた, で長, のです, のでどう, ので召使い, のは, 君が, 寂然と

▼ ひとつ~ (13, 0.2%)

4 やうに 1 ことには, のかも, のだ, のみをきい, やうな, 女だ, 後家を, 生活の, 者が

▼ ひとつでは~ (13, 0.2%)

1 [13件] ありませう, あるが, あるに, ない, ないか, ないが, なかった, ゆるせぬ, 不足だ, 剣の, 後が, 自分の, 良心と

▼ ひとつふたつ~ (13, 0.2%)

1 [13件] が手帳, とアパート, と新, と違う, ながれて, ならず, は絶えた, は食べ, みっつな, を言, 耀きはじめる星, 聴いて, 聴かして

▼ ひとつ自分~ (13, 0.2%)

1 [13件] が料理, でケンラン, で夜会服, とは似, に傑作, に恃むところのなかつた, のポケット, の思う, の意志, の達見, の麾下, も童, を主張

▼ ひとつ~ (12, 0.2%)

2 にゐる 1 では老婆, ならん, に住ん, に啄木鳥飼, に文子, に暮らし, に私, に育ち, のやう, の軒下

▼ ひとつそれ~ (11, 0.2%)

2 がし 1 が来, こそまつたく, にあと, は劉長兄, をお, をゆっくり, をシロオテ, を一心不乱, を聞かし

▼ ひとつわし~ (11, 0.2%)

1 [11件] がもくろみ, がギンネコ号, が大和魂, が父, に代っ, のため, の心, の思ひ, の発明, は少し, へのこと

▼ ひとつ出かけ~ (11, 0.2%)

3 て行っ 1 てその, てみ, てみたい, てみよう, てソース, て三千ルーブル, て見ます, て見る

▼ ひとつ頼む~ (11, 0.2%)

42 灯の 1 からここ, からたとい, から金, って言われちゃっ, 先日の

▼ ひとつお前~ (10, 0.1%)

1 から出た, がその, とのり, と約束, にたのみたい, に聞く, の冐險談, の顔, をつれ, を連れ

▼ ひとつこれから~ (10, 0.1%)

1 その亡くなった, の身, は政治ばなし, 出かけて, 奧さんところへ, 春照へ, 殺人の, 炉辺閑談の, 谷中の, 黄河を

▼ ひとつせず~ (10, 0.1%)

1 きちんとすわっ, ただ月給, ににげだした, に依然, に暮し, ふうわりと, マリアの, 俺は, 糸ひとすじも, 雨一滴落ち

▼ ひとつにな~ (10, 0.1%)

2 つて青丸の 1 つてこの, つてそれぞれ寝, つてむしろ, つても, つて息を, つて水の, つて消え, つて裸踊りを

▼ ひとつ~ (10, 0.1%)

1 あけ出したもの, フラフラ腰, 入って, 全主力, 坐らねば, 埋没し, 導き入れた, 研磨を, 蒐まっ, 静かに

▼ ひとつ今夜~ (10, 0.1%)

1 のディンナー, のプリマ・ドンナ, はおら, は会, は思う, は箱根, は議論, は豪勢, は遊びましょう, は飲み明かし

▼ ひとつ~ (10, 0.1%)

1 だった, の者, はふたつ三股, をこめ, をときめかす, を入れかえ, を入れ替え, を励ます, を躍らす, を集め

▼ ひとつ持っ~ (10, 0.1%)

2 ていない, ている, て来 1 ています, てき, て先, て私

▼ ひとつ書い~ (10, 0.1%)

2 て, てお 1 てみようで, てもらいたい, てもらっ, てやっ, て文学座, て見よう

▼ ひとつ見えない~ (10, 0.1%)

2 暗い夜 1 ところも, と言った, ほど高く, 大空の, 暗い寒い宵, 第三種, 長い廻り縁, 青空を

▼ ひとつ見せ~ (10, 0.1%)

2 てやろう 1 ていた, ていただこう, てくれるでなかった, てもらいたい, てもらおう, てもらっ, てやっ, てやりてえ

▼ ひとつある~ (9, 0.1%)

1 きりで, けれど, じゃない, のだ, めえと, わけで, んです, 機会に, 言葉ある

▼ ひとつだに~ (9, 0.1%)

2 とどめざりければ, とどめたま 1 あらば, 動かさずあり, 残さじと, 聴きも, 聽きものが

▼ ひとつ何とか~ (9, 0.1%)

2 して 1 いって, いふ首つり, うまく調節, とっちめて, 御配慮, 手心を, 苛めて

▼ ひとつ~ (9, 0.1%)

2 は場所 1 が配つて, が酒屋, は山吹さん, は暴れ放題, へ話し, も足立, を仕込ん

▼ ひとつ~ (9, 0.1%)

1 が何かしら難民, が持つ, が良い, の古, の名, の高等人事, は今月こ, も中, も坊さん

▼ ひとつ動かさず~ (9, 0.1%)

1 それぞれに, にきく, にぐつと一息, に凝, に命ずる, まじめに, 例の, 床の間を, 彼女が

▼ ひとつ~ (9, 0.1%)

3 を貸し 1 が出せる, ではとうてい, につかず, につみました, にキス, 捕りに

▼ ひとつ~ (9, 0.1%)

1 につく, にみえ, にもせず, に入らなかった, に入る, に止まる, に留める, の保養, ぼしい物

▼ ひとつきり~ (8, 0.1%)

1 あるの, です, というよう, ない, なの, の左手, の道, ぽかんとある

▼ ひとつです~ (8, 0.1%)

2 が大名, ね 1 から, からね, ねいい, よ

▼ ひとつなかっ~ (8, 0.1%)

52 たの 1 たという

▼ ひとつまた~ (8, 0.1%)

1 ひとつ二つまた, チクリチクリ嫌がらせ, 僕の, 別の, 叔父の, 明国の, 止みぬ我, 詩を

▼ ひとつよく~ (8, 0.1%)

2 考えて 1 お考えなすっ, この靴跡, しらべて, むすんで, 見当を, 読んで

▼ ひとつ今日~ (8, 0.1%)

1 こそは大いに, は活動, は畑, は社交, は見物, は都会, も哀しき, より嘘

▼ ひとつ~ (8, 0.1%)

1 にい, にジッ, に凝らさぬ, に埋けさせなかった, に寄り, ばっかり投げる, ばグルグル, を行きつ戻りつし

▼ ひとつ~ (8, 0.1%)

2 を引く 1 につく, には見えず, にもとまらず, に映らない, の呪咀, をつける

▼ ひとつ立てず~ (8, 0.1%)

1 しいんと静まり返っ, にの, にふり廻し, に広く, に読み切, に駈け抜け, 又何, 息を

▼ ひとつ読ん~ (8, 0.1%)

3 でみ 1 であげよう, でいない, でお, でください, でやろう

▼ ひとつだって~ (7, 0.1%)

1 あるはず, できるもの, ないもの, 出来っこないん, 分かって, 分って, 残っては

▼ ひとつどう~ (7, 0.1%)

1 じゃ高氏, すること, だいことしから, だね, でしょうこれ, ですかね, なるか

▼ ひとつみんな~ (7, 0.1%)

1 から慰問金, がどく, で飲もう, の気, をだまし, をびっくり, を驚かし

▼ ひとつもの~ (7, 0.1%)

2 がふたつ, にし 1 だと, になりきっ, にまとめ

▼ ひとつゆっくり~ (7, 0.1%)

1 とお, とおやじ, と考えよう, と酒, 話す間, 話も, 頂戴する

▼ ひとつ二人~ (7, 0.1%)

2 して 1 でお雪ちゃん, で考え, で試合, で馬鹿, の様子

▼ ひとつ大きく~ (7, 0.1%)

1 うなずいた, て直径三・一五センチ, は切ってねえ, ゆれて, 息を, 翼を, 観て

▼ ひとつ大きな~ (7, 0.1%)

1 くまを, スペイン発泡膏を, ランプが, 働きを, 口に, 手柄を, 波を

▼ ひとつ教え~ (7, 0.1%)

1 てあげよう, てくれ, てくれない, てくれません, てくれよう, て下さい, て下さらん

▼ ひとつ~ (7, 0.1%)

2 でもうた 1 でもやらかそう, のせて, ばかり巻きかえし, をお, をつくっ

▼ ひとつ聞い~ (7, 0.1%)

1 ていただかなけりゃなりません, てみようで, てもらわね, て御覧, て置い, て置きたい, て頂きたい

▼ ひとつ話し~ (7, 0.1%)

1 ておこう, てくれ, てくれない, てみ, てみる, てやろう, て見

▼ ひとつ~ (7, 0.1%)

2 を下げた 1 に入らない, に浮かばない, に浮ん, をさげる, を下げ直し

▼ ひとつうまく~ (6, 0.1%)

1 あの巣, やって, ラストまで, 聴き出して, 背後を, 行くと

▼ ひとつこと~ (6, 0.1%)

1 ですから, に沈潜, ばかりくりかえしくりかえし書い, を三分以上, を三分以上かん, を繰り返し

▼ ひとつした~ (6, 0.1%)

2 ことの 1 か, が身, ことを, ものも

▼ ひとつじゃ~ (6, 0.1%)

2 ないか 1 ありませんか, で, ないまだ, はたからは

▼ ひとつひとつ~ (6, 0.1%)

2 聞きわけること 1 さらって, ねじこみすっかり, のぼって, のぼつ

▼ ひとつ~ (6, 0.1%)

1 なりの動作, なりの弓, なりの言葉, なりの長篇, に, に長き

▼ ひとつ~ (6, 0.1%)

1 からあおり, で当時二十一, の学校, の學校, の平地, を忘れ

▼ ひとつ~ (6, 0.1%)

2 にすぐれた 1 つ子, で庭, の眼, を使う

▼ ひとつ~ (6, 0.1%)

1 ていかれます, てこなかった, てやろう, てゐない, て来た, 來ない

▼ ひとつ~ (6, 0.1%)

1 の, のかぎ, のが, の円屋根, の松永博士, の銅鉢

▼ ひとつ~ (6, 0.1%)

1 から出した, にしない, にださなかった, にはふりこんだら, のよう, をきい

▼ ひとつ思い切っ~ (6, 0.1%)

1 て, てよう, て峰丹波さま, て止め, て猛烈, て険

▼ ひとつ拙者~ (6, 0.1%)

1 が工夫, が時, が本当, が正式, が発起人, に読ん

▼ ひとつ残っ~ (6, 0.1%)

3 ている 1 ていた, ていない, ていないあり

▼ ひとつ考へ~ (6, 0.1%)

1 ておい, てくれ, てみち, てみよう, て見, て順々

▼ ひとつ行っ~ (6, 0.1%)

1 てくれ, てみよう, て助け, て御覧, て本物, て見

▼ ひとつ見る~ (6, 0.1%)

1 ことが, ことは, じゃなし, にだっていろいろ, ものも, ような

▼ ひとつあれ~ (5, 0.1%)

1 にわかつ, ば七八人, ば七八人ぐらゐのお客, を取払っ, を育て

▼ ひとついかが~ (5, 0.1%)

1 でご, でございますか, ですさあ, で御, なもん

▼ ひとついけない~ (5, 0.1%)

2 のは 1 ことが, ことには, ことは

▼ ひとつうんと~ (5, 0.1%)

1 がんばって, 打って, 書いて, 肩入れを, 腕に

▼ ひとつおれ~ (5, 0.1%)

1 と一しょ, の心, もこの, を救う, を町

▼ ひとつしなかった~ (5, 0.1%)

1 がまた, が私, じゃない, そうだ, 罪を

▼ ひとつぜひ~ (5, 0.1%)

1 お願いいたします, どこか, 切支丹の, 御案内, 澄子さんに

▼ ひとつであり~ (5, 0.1%)

1 また同時に, また知識, 倶楽部で, 入門書の, 千万里

▼ ひとつという~ (5, 0.1%)

1 ような, ように, わけだ, わけで, 所だ

▼ ひとつどこ~ (5, 0.1%)

1 かにある, かへド, かへ物見遊山, かへ飲み, か職

▼ ひとつにも~ (5, 0.1%)

1 つまらない小細工, 伯母さんが, 気が, 氣を, 泣きたいほどの

▼ ひとつ~ (5, 0.1%)

2 ふたつの 1 ひとり者, ふたつは, 含まれて

▼ ひとつよろしく~ (5, 0.1%)

1 ひき立てて, やつて, 頼みますよ, 頼む, 頼むよ

▼ ひとつわが~ (5, 0.1%)

2 女房の 1 一生は, 上に, 遠き代

▼ ひとつ不足~ (5, 0.1%)

2 のない 1 して, というもの, は無い

▼ ひとつ今度~ (5, 0.1%)

1 の興行, はかう, は二人, は章魚踊り, は麦束

▼ ひとつ~ (5, 0.1%)

1 かし, かをのん, か小品, くわぬ顔, もはひつ

▼ ひとつ場所~ (5, 0.1%)

1 にじっと, に三十分, に坐つ, をうごかなかった, を変

▼ ひとつ~ (5, 0.1%)

1 に強制, の側, の洋装, の言いなり, を見

▼ ひとつ探し~ (5, 0.1%)

1 てくれ, てはどう, てみ, てやろう, て来る

▼ ひとつ残つて~ (5, 0.1%)

1 はゐない, ゐた, ゐた彼, ゐないやう, ゐるきり

▼ ひとつ残らず~ (5, 0.1%)

1 いっせいにバッタリ, そうな, その手製, 何処かに, 薔薇の

▼ ひとつ満足~ (5, 0.1%)

1 させるもの, な答, に出来やしない, に出来やせん, に歌う

▼ ひとつ相談~ (5, 0.1%)

1 があつ, がある, して, してやろう, をし

▼ ひとつ置かれ~ (5, 0.1%)

1 てあった, てあつ, ていた, てございます, てゐた

▼ ひとつ落ち~ (5, 0.1%)

1 てあり, ていない, ている, て来ない, 散って

▼ ひとつ~ (5, 0.1%)

1 である, のいろ, の夫婦, の波, の胸

▼ ひとつ説明~ (5, 0.1%)

1 して, しなかったこと, しよう, を致します, を願おう

▼ ひとつ隔てた~ (5, 0.1%)

1 妙法岳の, 家の, 山に, 柳橋の, 眞暗い

▼ ひとつあっ~ (4, 0.1%)

1 てお祖母さん, てもそれ, て人間, て奥

▼ ひとついい~ (4, 0.1%)

1 ぐあいに髪を, ことは, 具合に, 条件なし

▼ ひとつうまい~ (4, 0.1%)

1 ぞこいつ, 工夫を, 手段を, 考えが

▼ ひとつおねがい~ (4, 0.1%)

1 があります, がある, がございます, しますかな

▼ ひとつおまえ~ (4, 0.1%)

1 が奉行, とふたり, に命令, の口先

▼ ひとつおもしろい~ (4, 0.1%)

1 ことは, と思われる, のを, 話を

▼ ひとつお辞儀~ (4, 0.1%)

3 をした 1 をする

▼ ひとつから~ (4, 0.1%)

1 かつてやる, この大, ヌウッと, 入って

▼ ひとつきみ~ (4, 0.1%)

1 と計算, におねがい, に知らせ, の素顔

▼ ひとつこっち~ (4, 0.1%)

1 でも気, で領主, にひとつ, もいたずら

▼ ひとつ~ (4, 0.1%)

1 うして, ぐりをかけてみようと手ぐすね引い, へ, もドラマーみたい

▼ ひとつすら~ (4, 0.1%)

1 唄へ, 見当らぬこと, 身には, 陥しか

▼ ひとつそいつ~ (4, 0.1%)

1 をあばい, をからくり, を見せ, を話し

▼ ひとつそこ~ (4, 0.1%)

1 には現われ, にひそめられ, は含ん, をさがし

▼ ひとつ~ (4, 0.1%)

1 きこえけるその, きこえけるふたたび, 古びたるその, 生死も

▼ ひとつだった~ (4, 0.1%)

1 からだ, な, のである, のです

▼ ひとつつく~ (4, 0.1%)

1 とすこし, とそれなり, と山小屋, と感

▼ ひとつであった~ (4, 0.1%)

1 がルミ子, のであろう, 公卿すべてが, 習慣から

▼ ひとつのみ~ (4, 0.1%)

2 夜は 1 あるわがね, でないこと

▼ ひとつもう~ (4, 0.1%)

1 ひとつ, 一つには, 一ぺん若旦那さまへ, 二つ目に

▼ ひとつ~ (4, 0.1%)

2 雀子も 1 うく村一統, ひとついく

▼ ひとつわたし~ (4, 0.1%)

1 がためし, にぶたせ, の想像, も遁げ

▼ ひとつわれわれ~ (4, 0.1%)

1 にも納得, の周囲, の手, は過去

▼ ひとつ京都~ (4, 0.1%)

1 で研がせよう, へ乗込ん, へ出張っ, へ行く

▼ ひとつ伺いたい~ (4, 0.1%)

2 もんだ 1 ことが, ものでございます

▼ ひとつ出来ない~ (4, 0.1%)

1 というデクノボー, なんて言語同断, 世の中で, 能なし

▼ ひとつ助け~ (4, 0.1%)

1 ておく, ておや, てください, てやる

▼ ひとつ動く~ (4, 0.1%)

1 とも漂う, ものの, ものは, ものも

▼ ひとつ大いに~ (4, 0.1%)

1 佳い菊, 口で, 語ろう, 飲まうぢ

▼ ひとつ~ (4, 0.1%)

2 なこと 1 な事, に思う

▼ ひとつ実地~ (4, 0.1%)

1 に見せ, に験し, に魔術, を見

▼ ひとつ屋根~ (4, 0.1%)

4 の下

▼ ひとつ~ (4, 0.1%)

2 よく出来たる 1 のひと色, をとっ

▼ ひとつ彼女~ (4, 0.1%)

1 の心, もそれ, を真実, を祝福

▼ ひとつ想像~ (4, 0.1%)

3 して 1 できるの

▼ ひとつ手前~ (4, 0.1%)

2 の部屋 1 の腕, もこの

▼ ひとつ持つ~ (4, 0.1%)

1 てやしない, てゐない, てゐる, て来

▼ ひとつ浮い~ (4, 0.1%)

1 てい, ている, てゐず, て出た

▼ ひとつ無い~ (4, 0.1%)

1 といふ品, のである, 炎天から, 空だ

▼ ひとつ知らない~ (4, 0.1%)

1 でせう, という, のである, 伸子は

▼ ひとつ立っ~ (4, 0.1%)

2 ている 1 てい, ていました

▼ ひとつ聞えない~ (4, 0.1%)

2 やうな 1 がさっき自分, のである

▼ ひとつ~ (4, 0.1%)

1 から出, から出た, をこしらえ, を割つ

▼ ひとつ~ (4, 0.1%)

1 に乗り合せた, に身, の中, を漕い

▼ ひとつ見物~ (4, 0.1%)

1 がしたい, さして, したいもの, して

▼ ひとつ~ (4, 0.1%)

1 はない, はなかつた, ふがね, へない

▼ ひとつ訊い~ (4, 0.1%)

1 てみたい, てみなさい, てみる, て見給え

▼ ひとつ訪ね~ (4, 0.1%)

1 てそれと, てみる, てやろう, て見よう

▼ ひとつ試し~ (4, 0.1%)

1 てごらん, てみよう, てみる, てやろう

▼ ひとつ買っ~ (4, 0.1%)

1 ていただい, てやろう, て下さい, て来た

▼ ひとつ開け~ (4, 0.1%)

1 ておい, てみよう, て見ましょう, て見よう

▼ ひとつ面白い~ (4, 0.1%)

1 から騒がし, ことが, 商売を, 話は

▼ ひとつ頼み~ (4, 0.1%)

2 がある 1 に行っ, を聞い

▼ ひとつ~ (4, 0.1%)

1 が合ったらきい, でも剃らう, を横目, を洗い直し

▼ ひとつあいつ~ (3, 0.0%)

1 にこう, の気に入る, を乗り越し

▼ ひとつあがれ~ (3, 0.0%)

2 上り坂 1 なんて申し

▼ ひとつあそこ~ (3, 0.0%)

1 から探る, のロシア人, を探っ

▼ ひとつあたっ~ (3, 0.0%)

1 てくだけろである, てみない, てみよう

▼ ひとつあっし~ (3, 0.0%)

1 と一しょ, にちっと, にやらし

▼ ひとつあて~ (3, 0.0%)

1 がはれ, てごらん, てみた

▼ ひとつあんた~ (3, 0.0%)

1 いいよう, どうだ, にだけでも聞い

▼ ひとつうたっ~ (3, 0.0%)

1 てください, てさしあげましょう, てもらう

▼ ひとつおいら~ (3, 0.0%)

1 の背中, をその, をのっけ

▼ ひとつおぼえ~ (3, 0.0%)

1 かも知れぬ, ています, てゐ

▼ ひとつお世話~ (3, 0.0%)

2 いたしませうか 1 をし

▼ ひとつお前さん~ (3, 0.0%)

1 からもう, と旅, に教

▼ ひとつきかず~ (3, 0.0%)

1 に押し黙った, 無言の, 青い顔

▼ ひとつこう~ (3, 0.0%)

1 いくか, なろうじゃねエか, 出て

▼ ひとつしっかり~ (3, 0.0%)

1 とやっ, やって, 勉強しましょう

▼ ひとつだけを~ (3, 0.0%)

1 のこして, もつて, 心掛けて

▼ ひとつつい~ (3, 0.0%)

2 ている 1 ていなかった

▼ ひとつづき~ (3, 0.0%)

1 の小説, の築地, を歩き

▼ ひとつなにか~ (3, 0.0%)

1 気の, 足らんな, 音の

▼ ひとつなんと~ (3, 0.0%)

3 かして

▼ ひとつびとつ~ (3, 0.0%)

1 ウロウロま, 消えて, 訪れて

▼ ひとつへだてた~ (3, 0.0%)

2 背中あわせ 1 向い岸

▼ ひとつまちがえ~ (3, 0.0%)

1 ばさ, ばやられ, ばゾウ

▼ ひとつみなさん~ (3, 0.0%)

1 で庭, で適当, の時代

▼ ひとつやつ~ (3, 0.0%)

1 てくれ, てみよう, てやらう

▼ ひとつゆく~ (3, 0.0%)

3 これの

▼ ひとつより~ (3, 0.0%)

2 他に 1 ないのに

▼ ひとつハッキリ~ (3, 0.0%)

1 いわせて, して, 分ったこと

▼ ひとつ~ (3, 0.0%)

1 かも知れない, には敷くまい, の子

▼ ひとつ下り~ (3, 0.0%)

2 てみようで 1 て行っ

▼ ひとつ不平~ (3, 0.0%)

2 なの 1 を鳴らさず

▼ ひとつ~ (3, 0.0%)

1 に仕え, をいただく, 水正の

▼ ひとつ~ (3, 0.0%)

2 もなくし 1 に執念深く

▼ ひとつ二階~ (3, 0.0%)

1 へお, へ乗り込みやしょう, を覗い

▼ ひとつ人間~ (3, 0.0%)

1 になりたい, のさまざま, の声ひとつ

▼ ひとつ今年~ (3, 0.0%)

1 はそんな, は台湾, は彼

▼ ひとつ今晩~ (3, 0.0%)

1 は大, は御, もどう

▼ ひとつ仕事~ (3, 0.0%)

1 ができない, がなかっ, をするで

▼ ひとつ会っ~ (3, 0.0%)

1 てみない, てやっ, て詰問

▼ ひとつ会社~ (3, 0.0%)

1 で買はん, をやめ, を代表

▼ ひとつ使っ~ (3, 0.0%)

2 てみ 1 て見る

▼ ひとつ~ (3, 0.0%)

1 をあげよう, をあげる, をとれ

▼ ひとつ元気~ (3, 0.0%)

2 をつけ 1 を出し

▼ ひとつ光り~ (3, 0.0%)

2 のうち 1 はいまだ

▼ ひとつ~ (3, 0.0%)

1 に日幟さん, の章, 名人にも

▼ ひとつ変えず~ (3, 0.0%)

1 平然とそこ, 苦々しげ, 銃剣肩に

▼ ひとつ変った~ (3, 0.0%)

1 ことは, ところは, 事の

▼ ひとつ~ (3, 0.0%)

2 でも見 1 をみ

▼ ひとつ~ (3, 0.0%)

1 あくびを, に違, 発明家に

▼ ひとつ奮発~ (3, 0.0%)

2 して 1 してね

▼ ひとつ子供~ (3, 0.0%)

1 を取り代え, を相手, を遊び相手

▼ ひとつ小さな~ (3, 0.0%)

1 手燭へ, 砂丘が, 部屋が

▼ ひとつ後学~ (3, 0.0%)

3 のため

▼ ひとつ心配~ (3, 0.0%)

1 して, なこと, のない

▼ ひとつ我々~ (3, 0.0%)

1 で越え, の手, は確信

▼ ひとつ拝見~ (3, 0.0%)

1 したいもん, の儀, をさし

▼ ひとつ持たない~ (3, 0.0%)

1 でいます, 風変りな, 風變り

▼ ひとつ持ち~ (3, 0.0%)

1 あは, 合せが, 秋は

▼ ひとつ摘ん~ (3, 0.0%)

1 で, でしまいました, でも日

▼ ひとつ新しい~ (3, 0.0%)

1 のを, 別人の, 説を

▼ ひとつ~ (3, 0.0%)

2 のため 1 をもつ

▼ ひとつ~ (3, 0.0%)

1 ちゃあくださいません, てゐる, て貰っ

▼ ひとつ東京~ (3, 0.0%)

1 から芝居, へひきあげる, へ走つ

▼ ひとつ歌っ~ (3, 0.0%)

1 ては, てみましょう, て聞かそう

▼ ひとつ~ (3, 0.0%)

1 つた, つちや, つて

▼ ひとつ~ (3, 0.0%)

1 になりました, になる, のすむ

▼ ひとつ~ (3, 0.0%)

1 に連れ出し, のなか, を越え

▼ ひとつ~ (3, 0.0%)

1 となっ, の影, を入れましょう

▼ ひとつ無かっ~ (3, 0.0%)

2 たの 1

▼ ひとつ~ (3, 0.0%)

1 のよう, を盗った, 真似て

▼ ひとつ発見~ (3, 0.0%)

1 されたの, したところ, しなかった

▼ ひとつ皆さん~ (3, 0.0%)

1 と一しょ, の安心, の秘密

▼ ひとつ知っ~ (3, 0.0%)

1 ていない, ていなかった, てはいや

▼ ひとつ~ (3, 0.0%)

1 あり友, でもあけましょう, 前花

▼ ひとつ紅き~ (3, 0.0%)

2 に蟻のぼり 1 日の

▼ ひとつ置い~ (3, 0.0%)

2 て向 1 て行った

▼ ひとつ聞かせ~ (3, 0.0%)

1 てくれる, てもらいたい, てやろう

▼ ひとつ~ (3, 0.0%)

1 とて無く, をつむ, 咲かずみのらずた

▼ ひとつ見えず~ (3, 0.0%)

1 ただ何処, に波, 蕭殺の

▼ ひとつ見つけた~ (3, 0.0%)

2 のです 1 のである

▼ ひとつ覗い~ (3, 0.0%)

2 て見る 1 てごらん

▼ ひとつ詳しく~ (3, 0.0%)

2 話して 1 申しあげると

▼ ひとつ調べ~ (3, 0.0%)

1 てくれぬ, てみ, て参りましょう

▼ ひとつ貰いたい~ (3, 0.0%)

3 もんだ

▼ ひとつ走り~ (3, 0.0%)

1 なんか買つて來, のつもり, 石原の

▼ ひとつ~ (3, 0.0%)

1 がかなた至上高點, を励み, を流れだした

▼ ひとつ~ (3, 0.0%)

1 ていただきたい, ていただけない, て戴かれましょう

▼ ひとつ頼ん~ (3, 0.0%)

1 でおきます, でその, で来る

▼ ひとつ飛ぶ~ (3, 0.0%)

21 とさま

▼ ひとつあげ~ (2, 0.0%)

1 ても姿, てゐる

▼ ひとつあった~ (2, 0.0%)

1 のです, よ

▼ ひとつあり~ (2, 0.0%)

1 て漕ぐ, はしない

▼ ひとついう~ (2, 0.0%)

1 ことが, でもなく

▼ ひとついっ~ (2, 0.0%)

1 てはやらない, てみれ

▼ ひとついや~ (2, 0.0%)

1 が応, 二つ三つことに

▼ ひとつうち~ (2, 0.0%)

1 に居る, に注文

▼ ひとつおく~ (2, 0.0%)

1 の手を, の暗い

▼ ひとつおじぎ~ (2, 0.0%)

1 をし, をする

▼ ひとつおっ~ (2, 0.0%)

1 欠かれたって, 母さんを

▼ ひとつおどかし~ (2, 0.0%)

1 てみ, てやろう

▼ ひとつおまけ~ (2, 0.0%)

1 にいけない, にいれとい

▼ ひとつおり~ (2, 0.0%)

2 て一つ

▼ ひとつお互い~ (2, 0.0%)

1 にあれ, に両

▼ ひとつお供~ (2, 0.0%)

1 いたしましょうか, のかなった

▼ ひとつお嬢様~ (2, 0.0%)

1 というの, にぜひとも

▼ ひとつ~ (2, 0.0%)

1 あるいは両方, ように

▼ ひとつかう~ (2, 0.0%)

1 いふ事を, いふ変つた例が

▼ ひとつかも~ (2, 0.0%)

1 しれません, 知れなかった

▼ ひとつからかっ~ (2, 0.0%)

1 てやれ, てやろう

▼ ひとつきい~ (2, 0.0%)

1 てください, てしかも

▼ ひとつきかせ~ (2, 0.0%)

1 てあげよう, ておくれよ

▼ ひとつきかなかった~ (2, 0.0%)

1 ことに, し地方銀行

▼ ひとつくだれ~ (2, 0.0%)

2 下り坂

▼ ひとつぐらゐ~ (2, 0.0%)

1 いいとこ, 増えたところ

▼ ひとつこういう~ (2, 0.0%)

1 場合を, 思いが

▼ ひとつこちら~ (2, 0.0%)

1 から先, から軽蔑

▼ ひとつこんな~ (2, 0.0%)

1 ことが, 事を

▼ ひとつさげ~ (2, 0.0%)

1 ていない, て旅

▼ ひとつしらべ~ (2, 0.0%)

1 てくださいません, てみ

▼ ひとつ~ (2, 0.0%)

1 ぱーり, るこつてねえだ

▼ ひとつそう~ (2, 0.0%)

1 だん, でないこと

▼ ひとつそこら~ (2, 0.0%)

1 へ放火, を駈けまわっ

▼ ひとつそんな~ (2, 0.0%)

1 会社やめ, 気配は

▼ ひとつただ~ (2, 0.0%)

1 にかびろき, わけも

▼ ひとつたてる~ (2, 0.0%)

1 ことなし, ものも

▼ ひとつたのむ~ (2, 0.0%)

1 とちょっと, ゾ

▼ ひとつためし~ (2, 0.0%)

1 にやらし, に二人

▼ ひとつたら~ (2, 0.0%)

1 いきなりあたし, 東京へ

▼ ひとつだけで~ (2, 0.0%)

1 十分だ, 結ばれて

▼ ひとつだけの~ (2, 0.0%)

1 ことしか, 心配でなく

▼ ひとつ~ (2, 0.0%)

1 がひである, がへば

▼ ひとつついで~ (2, 0.0%)

1 に背中, に述べ

▼ ひとつつくっ~ (2, 0.0%)

1 てみたい, てやっ

▼ ひとつつけられ~ (2, 0.0%)

1 ていた, てゐた

▼ ひとつづつ~ (2, 0.0%)

1 の問題, ほしはじめた

▼ ひとつできない~ (2, 0.0%)

1 じゃない, といふ有様

▼ ひとつといふ~ (2, 0.0%)

1 ことで, ものを

▼ ひとつとっ~ (2, 0.0%)

1 て敵兵, て来

▼ ひとつとっくり~ (2, 0.0%)

1 焼跡を, 見て

▼ ひとつとっつかまえ~ (2, 0.0%)

1 て口説く, て油

▼ ひとつとり出し~ (2, 0.0%)

1 てこう, てそれ

▼ ひとつとれ~ (2, 0.0%)

1 ています, ている

▼ ひとつどうしても~ (2, 0.0%)

1 必要な, 欲しいつて

▼ ひとつどんな~ (2, 0.0%)

1 ものか, やつだ

▼ ひとつなき~ (2, 0.0%)

1 側面に, 芝庭の

▼ ひとつなみ~ (2, 0.0%)

1 に同じく, に記す

▼ ひとつなる~ (2, 0.0%)

1 ものは, 花瓶よ

▼ ひとつなんとか~ (2, 0.0%)

1 してやっちゃ, 胡魔化し

▼ ひとつにて~ (2, 0.0%)

2 良人が

▼ ひとつ~ (2, 0.0%)

1 え師匠, 今朝はく

▼ ひとつのこされ~ (2, 0.0%)

1 てある, にけり

▼ ひとつのこっ~ (2, 0.0%)

1 ています, てはいなかった

▼ ひとつのせつなる~ (2, 0.0%)

2 情緒を

▼ ひとつのぞい~ (2, 0.0%)

1 てみよう, てやろう

▼ ひとつはっきり~ (2, 0.0%)

1 したところ, した知らせ

▼ ひとつひとつ南瓜~ (2, 0.0%)

2 の種

▼ ひとつびとつに生命~ (2, 0.0%)

2 の蘇り

▼ ひとつびとつは後~ (2, 0.0%)

2 の日

▼ ひとつふえた~ (2, 0.0%)

1 かもしれない, のです

▼ ひとつふた~ (2, 0.0%)

1 あつみっつ, をあけ

▼ ひとつぶらぶら~ (2, 0.0%)

1 といっ, と落ちかかっ

▼ ひとつへだて~ (2, 0.0%)

1 てそば, てちょうど

▼ ひとつべつ~ (2, 0.0%)

1 のあるいは, の足音

▼ ひとつほか~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ ひとつぼく~ (2, 0.0%)

1 が声, に聞かせ

▼ ひとつまがる~ (2, 0.0%)

1 とそこ, とはるか

▼ ひとつみっちり~ (2, 0.0%)

1 仕込んで, 仲の

▼ ひとつやっつけ~ (2, 0.0%)

1 てみろ, てやれ

▼ ひとつやらせ~ (2, 0.0%)

1 てくれず, て楽しみましょう

▼ ひとつゆるみ~ (2, 0.0%)

2 もせざりき

▼ ひとつわたくし~ (2, 0.0%)

1 がこの, の身

▼ ひとつナターリヤ・ガヴリーロヴナ~ (2, 0.0%)

2 を招ん

▼ ひとつルノアル~ (2, 0.0%)

1 と戦っ, のリイズ

▼ ひとつ一生~ (2, 0.0%)

1 の念願, をかけ

▼ ひとつ一般問題~ (2, 0.0%)

1 を論じよう, を論じようで

▼ ひとつ上がっ~ (2, 0.0%)

1 ている, ているで

▼ ひとつ不思議~ (2, 0.0%)

1 なの, を示し

▼ ひとつ不満~ (2, 0.0%)

1 な思ひ出, を感じた

▼ ひとつ不純~ (2, 0.0%)

2 な声

▼ ひとつ~ (2, 0.0%)

1 へはいっ, を調べ

▼ ひとつ事件~ (2, 0.0%)

1 が出来し, が起りまし

▼ ひとつ二つ~ (2, 0.0%)

1 と機会, また三つ四つ

▼ ひとつ~ (2, 0.0%)

1 から約, のつづき

▼ ひとつ伺っ~ (2, 0.0%)

1 ておこうで, て置きてえ

▼ ひとつ余興~ (2, 0.0%)

1 でも見せ, として彼女たち

▼ ひとつ~ (2, 0.0%)

1 てゐる, りぬ

▼ ひとつ信じる~ (2, 0.0%)

1 という題目, といふ題目

▼ ひとつ~ (2, 0.0%)

1 のあなた, の良寛さん

▼ ひとつ兄さん~ (2, 0.0%)

1 が帰, に頼ん

▼ ひとつ~ (2, 0.0%)

1 の下, れる手

▼ ひとつ其奴~ (2, 0.0%)

1 を探っ, を見せ

▼ ひとつ~ (2, 0.0%)

1 に立ちつくした, をじっと

▼ ひとつ出来~ (2, 0.0%)

1 ていなかった, はせぬ

▼ ひとつ出来ず~ (2, 0.0%)

1 にいた, にいる

▼ ひとつ出来た~ (2, 0.0%)

2

▼ ひとつ出来やしない~ (2, 0.0%)

2 んだ

▼ ひとつ別席~ (2, 0.0%)

1 でコクリサマ, へ参っ

▼ ひとつ利根川~ (2, 0.0%)

2 のみな

▼ ひとつ~ (2, 0.0%)

1 を入れた, を合せ

▼ ひとつ加勢~ (2, 0.0%)

1 しようという, をし

▼ ひとつ助ける~ (2, 0.0%)

2 と思っ

▼ ひとつ動かさない~ (2, 0.0%)

1 し赤, で自然

▼ ひとつ動かさなかった~ (2, 0.0%)

1 しマニーロフ, のだ

▼ ひとつ勘定~ (2, 0.0%)

1 して, をし

▼ ひとつ卒業~ (2, 0.0%)

1 して, すると

▼ ひとつ南瓜~ (2, 0.0%)

2 の種

▼ ひとつ取っ~ (2, 0.0%)

1 てそこ, て来

▼ ひとつ取り出し~ (2, 0.0%)

1 て来, て皮

▼ ひとつ取柄~ (2, 0.0%)

1 のある, の無い

▼ ひとつ右門流~ (2, 0.0%)

1 のあざやか, のえ

▼ ひとつ同じ~ (2, 0.0%)

1 ものが, ものは

▼ ひとつ~ (2, 0.0%)

1 ないん, をみ

▼ ひとつ咳払い~ (2, 0.0%)

1 をし, をする

▼ ひとつ問題~ (2, 0.0%)

1 がある, は寄席

▼ ひとつ~ (2, 0.0%)

1 の上塗り, はいへず

▼ ひとつ嘲笑っ~ (2, 0.0%)

2 てやれ

▼ ひとつ器用~ (2, 0.0%)

1 に出来ない, に引

▼ ひとつ~ (2, 0.0%)

1 の中, を二カ月

▼ ひとつ困った~ (2, 0.0%)

2 ことは

▼ ひとつ地上~ (2, 0.0%)

1 にどっち, をふた色

▼ ひとつ~ (2, 0.0%)

1 に住み, を坩堝

▼ ひとつ堪忍~ (2, 0.0%)

2 して

▼ ひとつ売っ~ (2, 0.0%)

1 てでも始末, て下さい

▼ ひとつ変え~ (2, 0.0%)

1 てもいません, やうと

▼ ひとつ変つて~ (2, 0.0%)

1 ゐないあたり, ゐないので

▼ ひとつ天下~ (2, 0.0%)

1 のインテリ共, の道士

▼ ひとつ完成~ (2, 0.0%)

1 されたの, して

▼ ひとつ~ (2, 0.0%)

1 に寝起し, に寢起

▼ ひとつ~ (2, 0.0%)

1 がえり, の枕

▼ ひとつ将軍~ (2, 0.0%)

1 からそっと, と飲み明かしたい

▼ ひとつ小さい~ (2, 0.0%)

1 ことだ, 影が

▼ ひとつ小父さん~ (2, 0.0%)

1 が訊い, にもっと

▼ ひとつ尽力~ (2, 0.0%)

1 して, してやろうそれにしても

▼ ひとつ居り~ (2, 0.0%)

2 て啄木鳥

▼ ひとつ~ (2, 0.0%)

1 をだす, を開かう

▼ ひとつ引受け~ (2, 0.0%)

1 てくれ, てくれません

▼ ひとつ彼ら~ (2, 0.0%)

1 にもこの, を驚かし

▼ ひとつ彼等~ (2, 0.0%)

1 に内緒, の知性

▼ ひとつ~ (2, 0.0%)

1 で乗っ, をつけ

▼ ひとつ後援会~ (2, 0.0%)

2 でも組織

▼ ひとつ御免~ (2, 0.0%)

2 を蒙っ

▼ ひとつ御馳走~ (2, 0.0%)

1 にあずかっ, になろう

▼ ひとつ忘れ~ (2, 0.0%)

1 ている, ており

▼ ひとつ~ (2, 0.0%)

2 のため

▼ ひとつ思いきっ~ (2, 0.0%)

1 てロシア, て四国

▼ ひとつ思い出~ (2, 0.0%)

1 がある, の種

▼ ひとつ思い出す~ (2, 0.0%)

1 ことが, んだ

▼ ひとつ思い知らし~ (2, 0.0%)

1 てやらにゃならん, て来い

▼ ひとつ思う~ (2, 0.0%)

2 ように

▼ ひとつ思ひ~ (2, 0.0%)

1 に泣けよ, のまま

▼ ひとつ~ (2, 0.0%)

1 でもつ, をし

▼ ひとつ悪い~ (2, 0.0%)

1 くせが, ことを

▼ ひとつ惜しいとお~ (2, 0.0%)

2 もふも

▼ ひとつ感じない~ (2, 0.0%)

1 で済んだ, 明るく乾いた

▼ ひとつ手がら~ (2, 0.0%)

1 をたて, を立てろ

▼ ひとつ手酌~ (2, 0.0%)

1 で飮, で飲ん

▼ ひとつ押し~ (2, 0.0%)

2 てくれ

▼ ひとつ拝ませ~ (2, 0.0%)

1 てもらおう, てやっ

▼ ひとつ拾ひつ二つ三つ拾~ (2, 0.0%)

2 ひやめられぬ栗

▼ ひとつ持たぬ~ (2, 0.0%)

1 のである, ばかりでなく

▼ ひとつ~ (2, 0.0%)

1 をさされたら, を折っ

▼ ひとつ指し~ (2, 0.0%)

1 てみたい, に来ない

▼ ひとつ掛け~ (2, 0.0%)

1 てながむる何, てやれず

▼ ひとつ探り~ (2, 0.0%)

2 を入れ

▼ ひとつ描く~ (2, 0.0%)

1 にも才, 場合でも

▼ ひとつ改めて~ (2, 0.0%)

1 考へなほさなければ, 読者皆さんの

▼ ひとつ教訓~ (2, 0.0%)

2 らしいもの

▼ ひとつ散歩~ (2, 0.0%)

1 でもし, をする

▼ ひとつ料理~ (2, 0.0%)

1 は貧富, をし

▼ ひとつ~ (2, 0.0%)

1 に絡まる, を下し

▼ ひとつ日本~ (2, 0.0%)

1 の現, の礼儀

▼ ひとつ日本人~ (2, 0.0%)

1 の民族的能力, の陥り

▼ ひとつ明日~ (2, 0.0%)

1 から舞台, はその

▼ ひとつ明智君~ (2, 0.0%)

1 の知恵, をここ

▼ ひとつ~ (2, 0.0%)

1 の壮遊, の話

▼ ひとつ是非~ (2, 0.0%)

1 この機会, とも首脳部

▼ ひとつ~ (2, 0.0%)

2 に留めじ

▼ ひとつ~ (2, 0.0%)

1 をおい, 當の

▼ ひとつ松夏はけ~ (2, 0.0%)

2 はひ

▼ ひとつ案内~ (2, 0.0%)

1 をこう, をし

▼ ひとつ椅子~ (2, 0.0%)

1 がひとつ, が二

▼ ひとつ様子~ (2, 0.0%)

1 を見, を見届け

▼ ひとつ正体~ (2, 0.0%)

2 を見届け

▼ ひとつ武蔵~ (2, 0.0%)

1 のあなた十里, の宿所

▼ ひとつ残さず~ (2, 0.0%)

1 手に, 綺麗さっぱり

▼ ひとつ残し~ (2, 0.0%)

1 てやる, て匆々

▼ ひとつ殖えた~ (2, 0.0%)

1 ため周馬は, ような

▼ ひとつ毎日~ (2, 0.0%)

2 その幹

▼ ひとつ流れ寄り~ (2, 0.0%)

2 つつ

▼ ひとつ消え~ (2, 0.0%)

1 て, てしまった

▼ ひとつ消えよ~ (2, 0.0%)

2 かしと

▼ ひとつ渡れ~ (2, 0.0%)

1 ばすむ, ばそこ

▼ ひとつ~ (2, 0.0%)

1 えん, 雑作に

▼ ひとつ無し~ (2, 0.0%)

2 ただにその

▼ ひとつ焦点~ (2, 0.0%)

1 へ銃口, を見つめあった

▼ ひとつ物音~ (2, 0.0%)

1 のきこえない, もなく

▼ ひとつ~ (2, 0.0%)

2 はれて

▼ ひとつ~ (2, 0.0%)

2 まずあはれ

▼ ひとつ申さぬ~ (2, 0.0%)

2 ものを

▼ ひとつ~ (2, 0.0%)

1 にし, の戸主

▼ ひとつ病院~ (2, 0.0%)

1 がある, へ行く

▼ ひとつ発する~ (2, 0.0%)

2 ものとても

▼ ひとつ~ (2, 0.0%)

1 でゾシマ長老, なこれから

▼ ひとつ知らぬ~ (2, 0.0%)

1 のだ, 人々よ

▼ ひとつ知り~ (2, 0.0%)

1 はしない, もせず

▼ ひとつ研究~ (2, 0.0%)

2 して

▼ ひとつ磯五~ (2, 0.0%)

1 の帳場, を取っ

▼ ひとつ秀吉~ (2, 0.0%)

1 に会いましょう, の戦ぶり

▼ ひとつ稽古~ (2, 0.0%)

1 しないで, しようかと

▼ ひとつ~ (2, 0.0%)

1 に高く, をすべっ

▼ ひとつ空い~ (2, 0.0%)

1 ていた, ておる

▼ ひとつ立った~ (2, 0.0%)

2 例し

▼ ひとつ立てる~ (2, 0.0%)

1 ことも, ものでない

▼ ひとつ競争~ (2, 0.0%)

2 して

▼ ひとつ~ (2, 0.0%)

1 二軍を, 四の

▼ ひとつ~ (2, 0.0%)

1 の蓋, を壊し

▼ ひとつ箸一本~ (2, 0.0%)

2 を身辺

▼ ひとつ約束~ (2, 0.0%)

1 して, しようぢ

▼ ひとつ紹介~ (2, 0.0%)

1 して, せんでは

▼ ひとつ結う~ (2, 0.0%)

1 にも手間, 紐に

▼ ひとつ縫いつけ~ (2, 0.0%)

1 てみ, てやれない

▼ ひとつ聞きわける~ (2, 0.0%)

2 ことが

▼ ひとつ聞く~ (2, 0.0%)

1 がその, ことも

▼ ひとつ聴い~ (2, 0.0%)

1 ていただきたい, てもいない

▼ ひとつ聴かせ~ (2, 0.0%)

1 てくれ, てくん

▼ ひとつ~ (2, 0.0%)

1 に納め, のうち

▼ ひとつ腕前~ (2, 0.0%)

1 の程, をふるって

▼ ひとつ~ (2, 0.0%)

2 ひ立ち

▼ ひとつ落着~ (2, 0.0%)

1 いたところ, いて

▼ ひとつ葉風~ (2, 0.0%)

2 吹きて

▼ ひとつ著作~ (2, 0.0%)

1 にとりかかっ, にとりかかる

▼ ひとつ~ (2, 0.0%)

1 が強く, もやっ

▼ ひとつ~ (2, 0.0%)

1 へ叩きこん, をこしらえ

▼ ひとつ~ (2, 0.0%)

1 をかい, を掻い

▼ ひとつ見えぬ~ (2, 0.0%)

1 暗さ, 窪畑にも

▼ ひとつ見えん~ (2, 0.0%)

1 じゃねえ, のだ

▼ ひとつ見せず~ (2, 0.0%)

1 にいる, にこう

▼ ひとつ見せる~ (2, 0.0%)

1 どころかかいがいしい, 物が

▼ ひとつ見た~ (2, 0.0%)

1 ことの, まま詳しく

▼ ひとつ見たい~ (2, 0.0%)

1 と思っ, ので

▼ ひとつ解決~ (2, 0.0%)

1 ができた, のいと

▼ ひとつ言う~ (2, 0.0%)

1 でもなく, ので

▼ ひとつ言っ~ (2, 0.0%)

1 てもらえなかった, て貰おう

▼ ひとつ諸君~ (2, 0.0%)

1 にも大いに, の仲間

▼ ひとつ責任~ (2, 0.0%)

1 のない, を感じない

▼ ひとつ買う~ (2, 0.0%)

1 と大きな, のにも

▼ ひとつ越え~ (2, 0.0%)

2 たりけむ戻る

▼ ひとつ越した~ (2, 0.0%)

1 だけです, 埋立の

▼ ひとつ趣向~ (2, 0.0%)

1 をかえ, を凝らし

▼ ひとつ~ (2, 0.0%)

1 てた城, て製糸工場

▼ ひとつ路わ~ (2, 0.0%)

2 が急ぐ

▼ ひとつ踊っ~ (2, 0.0%)

1 てみせましょう, て来る

▼ ひとつ踊り~ (2, 0.0%)

1 を見せ, を踊つて

▼ ひとつ~ (2, 0.0%)

1 に乗っ, に乗り

▼ ひとつ返し~ (2, 0.0%)

1 てはまた, を吹い

▼ ひとつ送る~ (2, 0.0%)

2 やうにと

▼ ひとつ透き~ (2, 0.0%)

2 て見

▼ ひとつ部屋~ (2, 0.0%)

1 に寝, に寢起

▼ ひとつ~ (2, 0.0%)

1 にいっ, の内

▼ ひとつ重い~ (2, 0.0%)

1 のが, 溜息を

▼ ひとつ~ (2, 0.0%)

2 を割り

▼ ひとつ銀杏~ (2, 0.0%)

2 の古りたる

▼ ひとつ~ (2, 0.0%)

1 のかげ, の音

▼ ひとつ長浜~ (2, 0.0%)

1 から大津, まで行っ

▼ ひとつ間違っ~ (2, 0.0%)

1 てもすぐ, て脇

▼ ひとつ階段~ (2, 0.0%)

1 があった, がある

▼ ひとつ~ (2, 0.0%)

1 の支那人, の部屋

▼ ひとつ~ (2, 0.0%)

1 がある, のない

▼ ひとつ面倒~ (2, 0.0%)

1 でもこの, をみ

▼ ひとつ~ (2, 0.0%)

1 を立てない, 立てた

▼ ひとつ頂戴~ (2, 0.0%)

1 するぜ, よ

▼ ひとつ頼まれ~ (2, 0.0%)

1 てくれ, て下さい

▼ ひとつ願いましょう~ (2, 0.0%)

1 か, かな

▼ ひとつ飲ん~ (2, 0.0%)

1 で, でみた

▼ ひとつ~ (2, 0.0%)

2 が殖えた

▼ ひとつ~ (2, 0.0%)

1 の口輪, を連れ

▼ ひとつ~ (2, 0.0%)

1 の手綱, の背

▼ ひとつ髪の毛~ (2, 0.0%)

2 が風

▼1* [2007件]

ひとつあいそづかしを, ひとつあいつらのつら, ひとつあがってきません, ひとつあがることも, ひとつあきそこへ, ひとつあきらめて下さい, ひとつあきれたのは, ひとつあくどくなって, ひとつあけてあった, ひとつあけたる窓に, ひとつあけっ放しになっ, ひとつあげなかったのは, ひとつあげよか, ひとつあげようかと思っ, ひとつあこがれの東京, ひとつあずかってくんない, ひとつあたりにかわった, ひとつあちらの茶室, ひとつあっしどもを旗下, ひとつあつたの, ひとつあとからまた, ひとつあなた方の顔, ひとつあなた様に買っ, ひとつあぶないのは, ひとつあやまてば人, ひとつあらかじめ教えて, ひとつありませんでねえ, ひとついいえいけませんそちらさん, ひとついえるわけでない, ひとついきなり囓りつい, ひとついきましよか, ひとついくにむいみ, ひとついさぎよく人柱に, ひとついじめてやろう, ひとついただいてもいい, ひとついただきに漆, ひとついただこうではございません, ひとついったい誰が, ひとついつもしみじみと弟子たち, ひとついひ得ずに黙, ひとついふことを, ひとついま読んだとおり, ひとついろとは誰, ひとつういていた, ひとつうかがいたいことが, ひとつうかんでいない, ひとつうごかさず立ったまま眠っ, ひとつうごかすことも, ひとつうたふ事, ひとつうたいましょうかなと云った, ひとつうちよせられてるのでほか, ひとつうつして, ひとつうねると岩屋観音, ひとつうろたへ, ひとつうろたえさせてやろう, ひとつへん, ひとつえらい坊主にでも, ひとつおいてある, ひとつおかしい話を, ひとつおしおの許へ行っ, ひとつおせばどんな, ひとつおせじを使います, ひとつおたがいになかよくしよう, ひとつおっしゃって下さい, ひとつおできにならない, ひとつおなかを裂い, ひとつおなじ色の, ひとつおなじみ甲斐に何とか, ひとつおびやかしてやろう, ひとつおふくろを驚かし, ひとつおまへへ送り届け, ひとつおまえさんのこの, ひとつおまじないをし, ひとつおめかしをし, ひとつおやくそくして, ひとつおやじを起し, ひとつおろしたような, ひとつおろそかにせず, ひとつおん母であるから, ひとつおん許に御足労, ひとつお力をおかしねがえないでしょう, ひとつお客様たちへご, ひとつお尋ねしますが, ひとつお山巡りをし, ひとつお断りすること, ひとつお母さんの代り, ひとつお母さん同様わしの父親, ひとつお気を入れ替へ, ひとつお気らくな当座, ひとつお流れをもらいましょう, ひとつお父さんからはつきり, ひとつお礼を忘れ, ひとつお茶をいれ, ひとつお話を承わりたい, ひとつお貰いして, ひとつお越しのほどを, ひとつお通夜をしてやる, ひとつお金でできない, ひとつお隠れなすって, ひとつお雪ちゃんあなたにこの, ひとつかいて居ない, ひとつかういふことに, ひとつかかって来ない, ひとつかがやきがなかっ, ひとつかきひとり眺めて, ひとつかぎわけることが, ひとつかけてくれる, ひとつかけただけで, ひとつかけることじゃ, ひとつかけるでもない, ひとつかしましい音も, ひとつかぞえてくれまい, ひとつかたづいていくらか, ひとつかついで行かねえ, ひとつかと多鶴子は, ひとつかどをまがると, ひとつかむらずよれよれの, ひとつからだにきずを, ひとつかれの心, ひとつかんかんともって, ひとつかんじんなこと, ひとつかんべんして, ひとつがくづれるとやにはに一人, ひとつがたのみの夢, ひとつがんばってくれ, ひとつがんばつてみたら, ひとつがんばるんだ, ひとつきかかってもふたつ, ひとつきかしてやろう, ひとつきかないですわっ, ひとつききたいことが, ひとつきくことが, ひとつきけるものいねえ, ひとつきこえず森閑と, ひとつきこえないからワッ, ひとつきたって冬, ひとつきっと癒ります, ひとつきつきさして, ひとつきばってさしあたり, ひとつきみたちに頼もう, ひとつきらきらと光つて, ひとつきりそれは, ひとつきれいにすき, ひとつくずすことも, ひとつくっついていた, ひとつくつついて, ひとつくつろいで下さい, ひとつくらゐ買つて, ひとつくらい懸命に, ひとつくらいは後暗い思い, ひとつくらべてみよう, ひとつくれて二階, ひとつくれぐれもお願いします, ひとつくわだてるではなし, ひとつぐらいは言うであろう, ひとつぐらゐなにかひとつぐらゐとそればかりをあちこちひつくりかへし, ひとつぐらゐは立てなければ, ひとつぐらゐはないものかといふ儚い希望, ひとつぐらゐは土地生粋の感情, ひとつぐらゐむきなもの, ひとつけしかけてくれる, ひとつげっぷをした, ひとつさへてさ, ひとつこいつの手, ひとつこうした事情を, ひとつこうグッと鑿, ひとつここらで威勢, ひとつここらあたりで泣い, ひとつこしらえ中身お, ひとつこつちの意見を, ひとつこと贅沢いわんでどこ, ひとつこないとは, ひとつこなしてみよう, ひとつこの世に存在, ひとつこの間に稽古, ひとつこぼさず遺言ひとつ残さない, ひとつこぼしやしないんだ, ひとつころがれる日輪の, ひとつころげだしはしない, ひとつこわいながらも彼, ひとつごとを繰返す, ひとつごまかさずにどんな, ひとつごらん置きを, ひとつごろんところがる, ひとつご存じなく死ん, ひとつご存知なかった, ひとつご覧くださいませぬか, ひとつさえない, ひとつさされたことが, ひとつさせていただいた, ひとつさせずにやって来, ひとつさっさと願いたいもの, ひとつさっぱりと啀み合い, ひとつさばさばしようじゃ, ひとつさらさらッと, ひとつさらっていきました, ひとつざっくばらんにブツ, ひとつざつくばらんに話し合おうじ, ひとつししになっ, ひとつしつこく物を, ひとつしてないんだ, ひとつしてやったためしも, ひとつしなければ目, ひとつしねえんです, ひとつしねえでそれで役員ら, ひとつしめていただきたい, ひとつしめましよか, ひとつしゃんしゃんということ, ひとつしゃんとした歌, ひとつしやへんのや, ひとつしようではありません, ひとつしんぼうをし, ひとつぶんの, ひとつじっくりと調べあげ, ひとつじゃが何とも盛ん, ひとつじゃまがある, ひとつすえてあっ, ひとつすぐ着くだから, ひとつすっかり初めっ, ひとつすっと尾を, ひとつすまふをとりませう, ひとつすもうをとりましょう, ひとつすらも発見から, ひとつするでもなく, ひとつするでなくかえってき, ひとつすれば毒, ひとつすゝみゆく, ひとつずつに五六人の, ひとつせず待ってい, ひとつせつせと, ひとつせぬ五萬の, ひとつぜひとも新調なさる, ひとつそういうことに, ひとつそこでひと休みし, ひとつそつがなかつた, ひとつそぼ降る雨を, ひとつそれだけのユトリ, ひとつそ奴で縛っ, ひとつたしかなところ, ひとつたしかに見さだめること, ひとつたずねて見給え, ひとつたずねるがその, ひとつたたくまねを, ひとつただよってくるで, ひとつたっぷりと見せ, ひとつたてもしなけれ, ひとつたてず真日, ひとつたてず消えるように, ひとつたてられぬ程の, ひとつたであらう貪慾な, ひとつたのみたいことが, ひとつたべずにあっちこっち, ひとつたまりもなく, ひとつたらざることな, ひとつたる腹掛に, ひとつたんと飲んで, ひとつた覆ひをつけた, ひとつだけが歴然と, ひとつだけでも後生大事に, ひとつだけは失わなかった, ひとつださうで彼の, ひとつだしてくれました, ひとつだつて余計, ひとつだらうか, ひとつだんなの鼻, ひとつちいさなかぎが, ひとつちがいでしたが, ひとつちやうだい致しませう, ひとつちょいと借り, ひとつちょっとした逸話を, ひとつつかなかったものだ, ひとつつかぬほどに入念, ひとつつぎの座敷, ひとつつくるにし, ひとつつくろわないという, ひとつつけずにそのまま, ひとつつつみなく何事, ひとつつまり精神で, ひとつつみにし, ひとつづついぶった太陽の射, ひとつづつひそまりてころがる畑の太葱, ひとつづつ予言して, ひとつづつ創作を發表, ひとつづつ手づかみて来る, ひとつづつ洗濯物を竿, ひとつづつ秋の暮, ひとつづつ話をする, ひとつづつ食ふ, ひとつづるいことをやつてやらうと思ひつき早速, ひとつてぞつとする, ひとつてっぺんまでのぼっ, ひとつてめえに膝詰談判, ひとつであっても今, ひとつでありたいと思う, ひとつでありますが例へば, ひとつでかでかだつたの, ひとつできていたろう, ひとつできず刺し殺されて古, ひとつできなかったっていう, ひとつできぬ僕自身の, ひとつでござれば怪しい, ひとつでしかなかった, ひとつでしたもの, ひとつでとにもかくにも, ひとつとおりぬけなければなりません, ひとつところ小生意気で憎たらしく, ひとつとしててまへの, ひとつとしてはそれも, ひとつとても平気で, ひとつとどめなかった惨状で, ひとつとどめぬ程きれいに, ひとつとにかくお手, ひとつとはなんだ, ひとつとびだしている, ひとつともなつた, ひとつともかく私から, ひとつとらえてみせます, ひとつとらなくとも当節, ひとつとりたてて日本, ひとつとりだしてたべる, ひとつとりなしてくれず, ひとつとるとはばらばら, ひとつとろろ汁をいただきましょう, ひとつとんと踏んだ, ひとつとんぼ返りを, ひとつつちに, ひとつどうぞ御見物, ひとつどうにも気がかりな, ひとつどかんとおどかし, ひとつどこぞで御飯, ひとつどっちへ出れ, ひとつどなってやろう, ひとつどの程度で, ひとつどやしておく, ひとつなくなっている, ひとつなぞをかけようか, ひとつなどといい気, ひとつなにかでこらし, ひとつなにぶんお願, ひとつなにやら子供心に, ひとつならべてみ, ひとつなれば今, ひとつなんだな, ひとつにこやかに笑む, ひとつにたような, ひとつについて私は, ひとつにでも傷を, ひとつにと堅い団結, ひとつにはもの茶漬けが, ひとつにまで哀惜を, ひとつによつては, ひとつぬがずにど, ひとつねじがゆるんだ, ひとつねじこみすっかり息, ひとつねじこんできた, ひとつねむれば, ひとつねりともかくも, ひとつのがれ得た有様である, ひとつのけものとなつ, ひとつのこしては行けません, ひとつのこらずしらべたのです, ひとつのすぢを, ひとつのせるだろうよ, ひとつのぼって部屋, ひとつはかばかしい進歩を, ひとつはつきりお前の耳, ひとつはぶくことも, ひとつはわづかに, ひとつばかり助からんと, ひとつばなしとして笑った, ひとつばね野州ではぜと呼ぶ, ひとつばんが鳴っ, ひとつぱらぱらめくるから, ひとつひいたことが, ひとつひかぬと伝え, ひとつひきあげることが, ひとつひきあわせてくんねえ, ひとつひそめるでもなく, ひとつひっくり返して裏ッ側, ひとつひっ叩いてみ, ひとつひとつそこにひそめられ, ひとつひとつ前栽の飛び石, ひとつひとつ箱の蓋, ひとつひどいことには, ひとつひねつて食つて了はう, ひとつひびかせずに調印式, ひとつひやかしてやる, ひとつひょっこりあらわれたと, ひとつひらけば, ひとつひろはな道の, ひとつびくともしない, ひとつびとつが白く光っ, ひとつびとつが感情をもち, ひとつびとつが金色に光っ, ひとつびとつについてそれが市民生活, ひとつびとつに円らかに紅, ひとつびとつに君も見よ, ひとつびとつに風吹けりけり, ひとつびとつの生々しさ, ひとつびとつの花びらに, ひとつびとつの花壇の説明, ひとつびとつは不器用な針目, ひとつびとつ半開きに開け放され, ひとつびとつ燈がひとつ, ひとつふいにしなく, ひとつふそくなく, ひとつふたつづつ箪笥に平仮名, ひとつふたつ二人のなか, ひとつふたりでな, ひとつふみ出す力が, ひとつふるいつきたいほどその, ひとつふれずごくあっさり話, ひとつふんぱつしてあげるんじゃな, ひとつふんぱつして, ひとつッつかっ, ひとつぶたせておくれでない, ひとつぶっ倒して, ひとつぶつこはし, ひとつぺたりとにじりつけるあ, ひとつぺんぺんを弾い, ひとつつり出たり, ひとつほどに装わざりき, ひとつほろりと眼, ひとつほんとに道化を, ひとつほんの物の, ひとつぼしで出ぬもんじゃ, ひとつぼっちのそばかすでも, ひとつぼんやり点いて, ひとつぽっかりと浮かび上がった, ひとつぽっくりと浮かん, ひとつぽつんと見える柴小屋, ひとつぶかなり, ひとつまがって十五メートル, ひとつまけてやる, ひとつまたぐとすぐ, ひとつまたたきにけり, ひとつまとまった物を, ひとつまねてみよう, ひとつまるっきり探偵風に, ひとつまるで生きながらの, ひとつまろがりいでて, ひとつまろびたる燃えのこる夢, ひとつまわりに見えなかった, ひとつみせず男二人の, ひとつみたいな気, ひとつみたされてゐない, ひとつむかし校庭で歌った, ひとつむぐらをいじめますからあなたはだまっ, ひとつむこうの角, ひとつめぼしいものが, ひとつもいで口, ひとつもう一度ここで, ひとつもぎとっておい, ひとつもってゐませんでした, ひとつもっぱら弩を, ひとつもつと研究, ひとつもので行儀に, ひとつもろてみいへん, ひとつもんどりをうっ, ひとつやきて喰, ひとつやくそくしてくれなきゃいけない, ひとつやったらどうだ, ひとつやってくんな, ひとつやりとげてみ, ひとつやることが, ひとつゆずって呉れない, ひとつよい知恵を, ひとつようむかずそんな, ひとつよこさないなんてあんまり, ひとつよそからはじめて, ひとつよぼうか, ひとつよめないんだ, ひとつらしく北条家の, ひとつりっぱな人形, ひとつりんごをやりました, ひとつろうかへさげ出し, ひとつろくに返事を, ひとつわかっている, ひとつわからないことが, ひとつわからなくつても, ひとつわからぬ金五郎夫婦は, ひとつわからねえことが, ひとつわかる筋合の, ひとつわが家の附近, ひとつわけてもらおう, ひとつわしらも見物, ひとつわっしを, ひとつわるいことを, ひとつわれてまこと雀, ひとつわれらの方, ひとつわれわれ自身が身, ひとつゐる濁声蛙泥の, ひとつゐる濁聲蛙泥の, ひとつを以て世の, ひとつアマをからかっ, ひとつアミユーズメント・センターにしよう, ひとつアメリカへ出かけよう, ひとつアルプスへ行っ, ひとつアレキサンダー大王が戦場, ひとつアレクセイ・イヴァーノヴィチ御一緒, ひとつイギリスの政治, ひとつウンと贅沢, ひとつカクレンボでもしよう, ひとつカフェにつづけ, ひとつカフヱにつづけ, ひとつカラダのなか, ひとつガチャンと打破, ひとつガデャーチへ出むい, ひとつギュッと手綱, ひとつクロにも楽, ひとつコスモスの生垣, ひとつコンサートをやりませう, ひとつサクラ子ちやんの純真無垢, ひとつサグリを入れ, ひとつサンタ・タロースのあと, ひとつシンバルをたたいた, ひとつスクーネルをこしらえ, ひとつストラルドブラグを二人, ひとつストラルドブラグたちに会っ, ひとつスパイを使っ, ひとつスパツと金, ひとつスパニッシュ・ワンステップの知識, ひとつソヴェトへ行っ, ひとつダンスを覚えなさい, ひとつチェルマーシニャへ寄っ, ひとつチョコナンと乗っかっ, ひとつツンボの大工, ひとつテストして, ひとつデカデカと書きたて, ひとつトゥールキン家へ乗り込ん, ひとつドアのよう, ひとつドデンと据えられ, ひとつニユースを提供, ひとつヌクヌクとてめえ, ひとつネチャエフみたいにしっかり, ひとつノレンのこと, ひとつバカ聟を, ひとつパリの骨董店, ひとつパーヴェル・パーヴロヴィチの肩, ひとつヒッパタイテやらうなど, ひとつヒネッてやろう, ひとつヒラリと床, ひとつピンで留められた, ひとつフォン・コーレンと掛け合っ, ひとつフレデリクスベルグへでもぶらぶら, ひとつベツドにふたり, ひとつボクに初段, ひとつマジメに考え, ひとつマツ子に聞い, ひとつマハベリガンガと云, ひとつミュージカルにでも脚色, ひとつムクが帰ったら, ひとつモダンにやつ, ひとつモノにし, ひとつラグナグ島へ寄っ, ひとつラム入りのお茶, ひとつリンゴひとつとりだして, ひとつレコード歌手にならん, ひとつロシヤ社会の現代生活, ひとつロマンチックな思ひ出, ひとつヴ・オ・ク・スの紹介状, ひとつ一そう消しがたい, ひとつ一つ光り輝いて, ひとつ一世一代の御, ひとつ一人あたま五十両, ひとつ一族部下をつれ, ひとつ一昨日と変った, ひとつ一杯やろう, ひとつ一緒に飮ろう, ひとつ一転して, ひとつ七十五ルーブリずつにし, ひとつ万先生の, ひとつ万太郎にとって聞きず, ひとつ三下奴に免じ, ひとつ三人組でそれ, ひとつ三人連れでその, ひとつ三匁五匁という眼, ひとつ三十三間堂からいい, ひとつ三志様にお, ひとつ三百円でいい, ひとつ三脚にのった, ひとつ上げるにも無器用, ひとつ上司へ言っ, ひとつ上手に配置, ひとつ上方へのぼっ, ひとつ下さいよ, ひとつ下さいですつて, ひとつ下心はない, ひとつ下枝は歌川家, ひとつ下検分に行っ, ひとつ始末を, ひとつ不審と思われる, ひとつ不意をつい, ひとつ不気味に鳴つた, ひとつ不自由も知らず, ひとつ不覚をとらぬ, ひとつへた, ひとつ世帯道具らしいもの, ひとつ世話をし, ひとつ世間さまのこと, ひとつ両親もひとつ, ひとつ中将様からもさらに, ひとつ中身をあらためさし, ひとつごかし, ひとつ丹下様に働かせ, ひとつ主人を柱, ひとつ主君のご, ひとつ主命の趣, ひとつ久しぶりで腕, ひとつ乗ってみません, ひとつ乗込んでみよう, ひとつ乗鞍ヶ岳へ案内, ひとつ乾杯しよう, ひとつ乾雲丸かあたし, ひとつ了見を容れ換えなけれ, ひとつのため, ひとつ予習をし, ひとつ予行演習を掛け, ひとつ予言を与へ, ひとつ事務所と気, ひとつ二文で売っ, ひとつ云えぬお初な, ひとつ云って上げよう, ひとつ云わない驚いた様子が, ひとつ井川さんあたりが骨, ひとつ交えずすぐ帰っ, ひとつ交わさぬうち姉の, ひとつ交換局を呼び出し, ひとつ交渉だけをし, ひとつ交際ってください, ひとつへ上り, ひとつ京大阪の酒, ひとつ人並と何, ひとつ人間改造も結構, ひとつ人麿と腕, ひとつ仁王様をつくらん, ひとつ今夜あたり呼んで, ひとつ今夜中にその, ひとつ今日道庵がお雪ちゃん, ひとつ今晩徹夜でやります, ひとつ今朝みれば, ひとつ今松は知っ, ひとつまるこの, ひとつ仏力によってとりもっ, ひとつ仏教もつぶし, ひとつ仏頂寺が先手, ひとつ仕上げえずに母国, ひとつ仕止めず見栄という, ひとつ付き合ってみる, ひとつ代って, ひとつ代官に見せ, ひとつ以上な重任, ひとつ仮面の方, ひとつ仰々しく床の間に, ひとつを取り持っ, ひとつ仲裁の労, ひとつ仲間になつて, ひとつ仲間仁義は守っ, ひとつかせて, ひとつ会議をする, ひとつをもっ, ひとつ伝授を受けたい, ひとつ伝馬船で投網, ひとつ伴流の手突水矢, ひとつ伸びをする, ひとつ伺ひたいことが, ひとつ取んなさいよ, ひとつ低う飛んで, ひとつ佐伯氏にたずねたい, ひとつ佐殿からでもいう, ひとつ体裁造るにも, ひとつ何とも云ひ, ひとつ何もかも打ちあけたところ, ひとつ作ってみ, ひとつ作りつけの流し, ひとつ作ることの, ひとつ使いだめし, ひとつ信じてくれなかった, ひとつ信州路の大名, ひとつ信念もひとつ, ひとつ信拠するに, ひとつ俯伏せになつて, ひとつ俳句にならん, ひとつ俺らがその, ひとつ俺達も一番改心, ひとつ倉岡元仲, ひとつ倶楽部の食堂, ひとつ傑作を送りませう, ひとつ傷つけることがて, ひとつ働いてくれい, ひとつ僕等もこ, ひとつ僕達はその, ひとつ儀礼的なもの, ひとつ儒学や家事, ひとつ兀突骨に会っ, ひとつ元就精神ともよぶべき, ひとつ元木のこぼれ芽, ひとつ兄貴と関係, ひとつ充分に活用, ひとつ兇器をもっ, ひとつの土台柱, ひとつ先払いして, ひとつ先生にお願い, ひとつ先生恐縮でがんす, ひとつ先生自身呉へ使い, ひとつ光っていた, ひとつ光秀のため, ひとつ児童たちの教訓, ひとつ入っていた, ひとつ入らずだがうまい, ひとつ入らぬ神山である, ひとつ入れてみ, ひとつ全力を尽し, ひとつ八丁堀にいる, ひとつのこと, ひとつ公平な御, ひとつ兵馬さんを牢内, ひとつ其事情を聞き, ひとつ其方たちの手, ひとつ具体的に言っ, ひとつ兼相に会っ, ひとつ内密話をきかせ, ひとつ内憂に外患, ひとつ内部を見せ, ひとついたって, ひとつ写真にとつ, ひとつまでつ, ひとつ冷水療法をやっ, ひとつ冷酷な光, ひとつ冷静に考え, ひとつ出かけませんか, ひとつ出かけようかういふ軽い, ひとつ出かけるか, ひとつ出すものも, ひとつ出るではなし, ひとつ出会ったぞ, ひとつ出来るだけの智慧, ひとつ出直して看病, ひとつ出過ぎた申し分です, ひとつ出鼻をどやされた, ひとつ分かりかけてくる, ひとつ分るじゃなし, ひとつ分捕ってその, ひとつ切らせて頂きます, ひとつ切るなり頬, ひとつ刑部省の門内, ひとつの茶会, ひとつ初めからおちつい, ひとつ初心を貫く, ひとつ初段の程度, ひとつ判じてくれる, ひとつ判定を下そう, ひとつ別嬪を呼びやしょう, ひとつ利用して, ひとつ利益など受けられる, ひとつ削りあげると手早く, ひとつ前栽の飛び石, ひとつ前途の方針, ひとつ割りたり, ひとつ割りきれていない, ひとつ力まかせに下, ひとつ力強く打って, ひとつ加えられたのでした, ひとつ助かったという甚だ, ひとつ助太刀をしてやる, ひとつ努力をし, ひとつの世, ひとつ効能のある, ひとつ勇ましく生きて, ひとつ勉強して, ひとつ動いている, ひとつ動かさず聴いてゐた, ひとつ動かさず身じろぎ一つせず, ひとつ動かさねえで三合, ひとつ動かしもせず, ひとつ動かしたとはいえません, ひとつ動かす者も, ひとつ動かずなにひとつ音を, ひとつ動かそうとしなかった, ひとつ動きのとれない, ひとつ勤め口でもきまつたら, ひとつ包まず隠さず話してもらいたい, ひとつ北原先生にぶつ, ひとつ北原白秋が, ひとつ北国路へでもいっ, ひとつ区切りをつけ, ひとつ医者に仕立て, ひとつ十段の鞭, ひとつ半分以上喰ふこと, ひとつ卓子で食事, ひとつ博士にうかがっ, ひとつ博奕をでつ, ひとつ卜わせてみる, ひとつ卜者に見, ひとつをつけ, ひとつ印籠という異様, ひとつ厄介なこと, ひとつ厨子のうち, ひとつな顏, ひとつ去年の紙鳶, ひとつ参木を俺, ひとつ参考意見を割引, ひとつ参考資料として写真, ひとつ友兄に奢っ, ひとつ友造どんに奢らせなけれ, ひとつ友達を訪れ, ひとつ反対に弟子, ひとつ反駁できぬおのれ, ひとつ叔父貴を煽り, ひとつ取りかかってみよう, ひとつ取りかわさず敷金の, ひとつ取りもつてやらう, ひとつ取り上げてそいつ, ひとつ取り出すいとま, ひとつ取り得のない, ひとつ取り残された燈火の, ひとつ取乱さぬ態度は, ひとつ取次いでみ, ひとつ受けて下さい, ひとつ受けずにと, ひとつ受けなかったのに今日, ひとつ口あけだ, ひとつ口説きませうかねあ, ひとつ口説くところだ, ひとつ古い古い昔の, ひとつ叩いたこう講釈師, ひとつ叫ぶは風, ひとつ召し上って下さい, ひとつ可能の態度, ひとつ台地へでも繰り込む, ひとつ叱ってやらなけれ, ひとつ叱りつけてやっ, ひとつ叶わぬことは, ひとつ同じく黒を, ひとつ同胞あらそいなき, ひとつ宗匠其角堂永機住めり, ひとつ名前があつ, ひとつ吐くとぼんやり, ひとつふの, ひとつ向うへ突っ切っ, ひとつ君たちが良い, ひとつ吟懐でも聞かせん, ひとつ吹けないくせに, ひとつ助茶屋, ひとつのため, ひとつ呉れたがちつ, ひとつ呑気に愉快, ひとつ呼んだことが, ひとつ咲かぬ哀しい雑草, ひとつ咲きいでずまるで縁, ひとつ咳払ひを, ひとつ咽喉を通し, ひとつの良い, ひとつ品川まで行っ, ひとつを歌っ, ひとつ唄って下さい, ひとつ唇ひとつうごかすこと, ひとつなひも, ひとつ商人のそば, ひとつ商品のない, ひとつ商談に乗っ, ひとつ啼いてみろ, ひとつ啼けもひとつ, ひとつ善智識のお, ひとつをとほらず, ひとつ喝采をはくし, ひとつべて仕舞う, ひとつえで, ひとつ嗅いでみなさい, ひとつ嘆きの声, ひとつ四十歳から六十歳, ひとつ回向して, ひとつ困つたことには, ひとつ困らしてやろうと家康, ひとつ図星を中て, ひとつさ此, ひとつ国土が割れ, ひとつ国境に於ける, ひとつ国王に身の上話, ひとつで行っ, ひとつ地下道をつくっ, ひとつ地所を見, ひとつ地球生物会議をひらかせ, ひとつ地面を打つた, ひとつ城兵にとって致命的, ひとつりに, ひとつつぱ一本, ひとつ塵紙のなか, ひとつ墜ちる音が, ひとつに凭, ひとつの中, ひとつもなく, ひとつ売り出させて下さい, ひとつ変っていない, ひとつ変ったたべものの話, ひとつ変つた例をあげる, ひとつ変らないじゃありません, ひとつ変らぬように, ひとつ変りがない, ひとつ変わった個所も, ひとつからのぞい, ひとつ外側を樫, ひとつ外国へ行つて来, ひとつ多喜子さんに僕たち, ひとつの明け, ひとつ夜中起きて, ひとつ夜明の唄, ひとつ夜更しをしてやらう, ひとつ大いなる百合と, ひとつ大事なこと, ひとつ大功を立て, ひとつ大和尚に伺っ, ひとつ大工さんの昔, ひとつ大浦博士をこの, ひとつ大目に見, ひとつ大袈裟な, ひとつ大道でしん粉細工, ひとつ大願があります, ひとつ天下分け目の人騒がせ, ひとつ天狗の仲間入り, ひとつ天真神揚流の奥の手, ひとつ天迦久神をお, ひとつ太守からのお, ひとつ夫婦相携えて, ひとつ失くなったものは, ひとつ失はず綺麗に, ひとつ失われることなし, ひとつ奔走して, ひとつへ進ん, ひとつ奥の手が用意, ひとつ女優にならん, ひとつ好んで掛かっ, ひとつと一緒, ひとつ妾宅なしで, ひとつ始末のできん, ひとつ御も, ひとつ姿をかえ, ひとつ威勢よくやってくん, ひとつ威厳を取り戻し, ひとつ娘たちに身, ひとつ嫁入り道具がなくなっ, ひとつになる, ひとつ嬉しい事, ひとつ子どもの名, ひとつ存分に鎌, ひとつ存在して, ひとつ孝行したの, ひとつ学校に入れる, ひとつ学生大会をやっ, ひとつ宅助を哀れ, ひとつ守ってくれ, ひとつ安来ぶしでも, ひとつ安直兄いからよろしく, ひとつ官職を与え, ひとつ官軍の奴共, ひとつ定夫をよん, ひとつ持たせ帶, ひとつ宛丹念に修繕, ひとつ宛鈴のついた, ひとつ宝塚へ入ったら, ひとつ宝石をたしかめ, ひとつ実になる話, ひとつ実例について伺いましょう, ひとつ実地検分を願っ, ひとつ実験をし, ひとつ宣りが聞きてえ, ひとつ宮廷でお召, ひとつ宮方だのやれ, ひとつ家内中の者, ひとつ家庭に其女, ひとつ家康の前, ひとつ容易に見, ひとつ寂し相に, ひとつ富士が嶺, ひとつ寛ぎますかな, ひとつ寫樂自身の顏, ひとつ射って来ない, ひとつ将軍家がお, ひとつ父ちゃんから, ひとつ小やかましいことを, ひとつ小六は自分, ひとつ小判で張り合っ, ひとつ小勢をつれ, ひとつ小名浜というところ, ひとつ小手しらべに, ひとつ小林君の魔法, ひとつ小柳君とランデヴー, ひとつ小糸をいと, ひとつ小舞せいといわれれ, ひとつ小話になる, ひとつ小説を書く, ひとつ小豆粒に似た, ひとつ少年に渡し, ひとつ尻尾をつかまえ, ひとつ居るようで, ひとつ居眠りを見せた, ひとつべてくれい, ひとつを伐ろう, ひとつ山本有三君に読ん, ひとつ山登りにでもお, ひとつ山神の祠, ひとつ屹度いましめて, ひとつ川下であの, ひとつ巧みな手管, ひとつ巨勢博士にきい, ひとつ差してもくれぬ, ひとつ巻きついてふれる, ひとつ希望も慰め, ひとつ帝劇舞台監督の助手, ひとつ帰ったらうんとやっ, ひとつ帰るとしよう, ひとつ総の, ひとつ常陸へ乗り込ん, ひとつ干しておく, ひとつ平野少年のまわり, ひとつ平間村まで御足労, ひとつうへの, ひとつ年上の恭一君, ひとつ年下だが, ひとつ年頭の約, ひとつも不幸, ひとつ幸福にし, ひとつ幹事長の悪役, ひとつ広告を出し, ひとつ広間にあつめた, ひとつの上, ひとつ序文を願っ, ひとつの方, ひとつへ出, ひとつ延ばされたわけです, ひとつ建てるくらいの意気ごみ, ひとつ廻ってみる, ひとつ廻り澄みつつ, ひとつ弁信さんに給仕, ひとつ弔いの鐘, ひとつ引いてごらん, ひとつ引きうけてやろう, ひとつ引けめえに, ひとつ引っかけるでなし今, ひとつ引っさげてここ, ひとつ引寄せそれへ彼女, ひとつ引廻して, ひとつ引張り出したらどうだ, ひとつに説い, ひとつ弱ったんだ, ひとつ張り込んで見ましょう, ひとつ張れずお辞儀ひとつできない, ひとつ強く振つて, ひとつ当たってやろう, ひとつ当ってみよう, ひとつ当て左より, ひとつ形容詞ひとつ言い出せないじゃ, ひとつ彫りゃしないわ, ひとつ彼方の敵, ひとつ待っててく, ひとつ後悔の種, ひとつ後日物語があります, ひとつ後生だから, ひとつ得つと夕, ひとつ御身が行っ, ひとつ御髪にひとつ, ひとつ心あたりをたずね, ひとつ心がけておい, ひとつ心得てもらいたい, ひとつ心棒の足らぬ, ひとつ心臓の手入れ, ひとつ心霊研究会へ御, ひとつ心願なんぞのあり, ひとつ忌憚のない, ひとつ忍びを実地, ひとつ忘れられないものが, ひとつ応援をし, ひとつ念入りにお願い, ひとつ怖いものなし, ひとつ思いあたることが, ひとつ思いきりひっぱたかせて, ひとつ思ひきつて鍛へ, ひとつ思出の深い, ひとつ思召しで, ひとつ思想戦に訴え, ひとつの場合, ひとつ急ぎますかな, ひとつ急速な解決, ひとつ性根をすえ, ひとつ怪しいのは, ひとつ悔やみをわし, ひとつ悟るとまた, ひとつ悠くり念入りに調べ, ひとつ情けないと思う, ひとつ情けなく思うの, ひとつ惚気でも聞かし, ひとつ惜しまず年少の, ひとつ惡魔とも懇意, ひとつ惣菜を用いる, ひとつ想いだすのは, ひとつ愉しそうな, ひとつ意地を捨て, ひとつ意見を聴かし, ひとつ感じることなく, ひとつ感づかなかったといえ, ひとつ感動した色, ひとつ感心するところ, ひとつ慰みになる, ひとつなく全霊, ひとつ憂いに囚われ, ひとつ憲法の方, ひとつ懇談と洒落, ひとつ懇願して, ひとつしめて, ひとつ懲りさせてやる, ひとつ懸け廻して, ひとつ懺悔をさし, ひとつ成算を聞かし, ひとつの足音, ひとつ我慢して, ひとつ戦術を変, ひとつ戴きますかな, ひとつ所持品が失われ, ひとつ手がかりはねえ, ひとつ手伝ってやろう, ひとつ手出しをさせない, ひとつ手取早くわっ, ひとつ手品ばかりの小屋, ひとつ手妻ばかりの小屋, ひとつ手当をし, ひとつ手懸りらしいもの, ひとつ手振りを揃え, ひとつ手柄を立てさし, ひとつ手段を変える, ひとつ手紙でも書い, ひとつ手腕を見, ひとつ手軽に栗, ひとつ手近な処, ひとつ手配をし, ひとつ手鞠唄をお, ひとつ打ちあけて申, ひとつ打ち込んで下さったら, ひとつ打ってみましょう, ひとつ打てない身が, ひとつ打破っていただきたい, ひとつ批評家になつて, ひとつ承はり度う, ひとつ投ぐる者なし, ひとつをみ, ひとつ折つてみたり, ひとつ折れて友田, ひとつ抜いて見せ, ひとつ抜けがけの功名, ひとつ抱えた北原ミユキを, ひとつ抱きしめたま, ひとつ押えてみせよう, ひとつ押し傾けて来る, ひとつ押せば電気, ひとつ拒むものが, ひとつ招き猫のよう, ひとつ拵えさせても餅, ひとつ拾い取ってお, ひとつ拾っただけで, ひとつ持ち合して人, ひとつ持つただけで出かけよう, ひとつ指図をせず, ひとつ挙げれば五千六千, ひとつ振ってみた, ひとつ挾箱に入れ, ひとつへること, ひとつ捕えてやろう, ひとつ捜してみよう, ひとつでも書きやしょう, ひとつ掘り返してみたい, ひとつ掘れるだがのオ, ひとつ掛けずなんらの, ひとつ掛ける者は, ひとつ掛つてゐなかつた, ひとつ掛値のない, ひとつ掛合ってみ, ひとつ掠めそれを, ひとつ探させてみましょう, ひとつ探し当てはしない, ひとつ探険にでも出かけます, ひとつ接吻を許させよう, ひとつ推参して, ひとつ推察のてがかり, ひとつ推理小説を書い, ひとつ推薦なすつたらどう, ひとつ掻き集めてこの, ひとつ描くべき画を, ひとつ提灯に火, ひとつ揚子江の大動脈, ひとつ握っている, ひとつ握りしめて芋虫, ひとつ揶揄ってやろう, ひとつ搦手から乗込ん, ひとつ携えて衆人環視, ひとつ摂って茶, ひとつ撒くにも同じ, ひとつ撮さぬうちに, ひとつ撮んだのが, ひとつ支えになる, ひとつ支局へ寄っ, ひとつ改札口の棚, ひとつ放けてみよう, ひとつ方法は, ひとつ救済事業を起こそう, ひとつへてもらへんです, ひとつ教場へはひる, ひとつ数年前の京都, ひとつ敲くような, ひとつ敵討に出かけ, ひとつ敵討ものを書い, ひとつ文化部としてさまざま, ひとつ文句はつけぬ, ひとつ文壇の事情, ひとつ文学に志したら, ひとつ文学的に評価, ひとつ文学芸術が如何, ひとつ文芸部の方, ひとつ料理方を受け持っ, ひとつ断って置かなけれ, ひとつトリックを, ひとつ新川のところ, ひとつ新鮮な角度, ひとつ方便をめぐらさねえ, ひとつ方法がある, ひとつへでも出, ひとつ旅行を思ひとどまる, ひとつ既成観念や旧い, ひとつ日本名に改名, ひとつ日本語でやる, ひとつ日置流のお, ひとつ旦那さんにこんど, ひとつ旨く料理し, ひとつ駕籠が, ひとつ早いとこ落ちつき先を, ひとつ早目に出かける, ひとつ明かして行っ, ひとつ明かしてないのである, ひとつ明らかにされ, ひとつ明らさまにおっしゃっ, ひとつをたて, ひとつ見も, ひとつ星占ひを, ひとつ星空にはめ, ひとつ映りまする我が影, ひとつ昭和十七年一月事件の調書, ひとつ是非これは地元農村, ひとつ是非君の智恵, ひとつ是非皆さんと一緒, ひとつ是非考へを変, ひとつ昼間客のすくない, ひとつ時奥の丸, ひとつ時私はこの, ひとつ時計を買っ, ひとつと意味, ひとつ晩飯をすませる, ひとつ景気をつけ, ひとつ晴れねばならぬ, ひとつ暴力のしるし, ひとつ曇ったところの, ひとつ更に工場や, ひとつ書かしてもそら, ひとつ書き出さうかと机, ひとつ書き記されるとまだ, ひとつ書くことな, ひとつ書けず良人は, ひとつ書けないぢや, ひとつ書けねどもさ, ひとつ書ける訳は, ひとつ書こうと思った, ひとつ書類を発見, ひとつ曹操に会ったら見せ, ひとつ替え玉というもの, ひとつ最も偉い学者たち, ひとつ最後に来た, ひとつ最愛の妻, ひとつ會社で出世, ひとつ有ってはいない, ひとつ朗読して, ひとつ朝飯の来る, ひとつ本場の役者買い, ひとつ本格的にいったら, ひとつ本間殿の御, ひとつに並んでる, ひとつ村重に会っ, ひとつ条件をつけた, ひとつ来たという沢田, ひとつ来年考えて, ひとつ東海道筋へ出張っ, ひとつのゆらい, ひとつ果たしてもらいたい, ひとつにとどめぬ, ひとつ枯草へ辷り落ちた, ひとつ柏木の叔父さん, ひとつ女が, ひとつ染めつけぬ玉虫, ひとつ染めむねがひ, ひとつ染め抜きたるを夥しく, ひとつ校長の方, ひとつの親, ひとつ根性骨を叩き直す, ひとつ根限り幻妖摩訶不思議てえところ, ひとつ格子窓のそば, ひとつ桂庵をつとめて, ひとつ案内人を求め, ひとつの花, ひとつ梅干の製造方, ひとつ梨枝子の前, ひとつ棄てふたつ棄て, ひとつっていない, ひとつ植物漢字典を作っ, ひとつ検分に行く, ひとつ楢崎さんの方, ひとつ極めようじゃない, ひとつ楽しみなんてあり, ひとつ榛の木畑の方, ひとつ模範の世界, ひとつ模範的なアパート, ひとつ権道を行く, ひとつからとびだし, ひとつ横あいからふんだくっ, ひとつ檄文を起草, ひとつに入れ, ひとつくるところ, ひとつ欠けている, ひとつ欠けたところの, ひとつ欠けてるものは, ひとつ欠けることなく, ひとつ欠伸が出た, ひとつ欠陥があった, ひとつ欠食児童救済事業を起す, ひとつ欲しいと思つて, ひとつ款待にあずかろう, ひとつ歌わせておく, ひとつ止みひとつまた, ひとつ止めぬ掃き目の, ひとつ正季どのに伺っ, ひとつ正式に着用, ひとつ正気を取りもどし, ひとつ此方も遠足, ひとつ此者ニ御つか, ひとつ此頃流行の一手, ひとつ武器を持たぬ, ひとつ武芝を説い, ひとつ死人を棺桶, ひとつ死物狂いにやっ, ひとつ死生もひとつ, ひとつ殊勝らしく持ちかけて, ひとつ残さないでアディユ, ひとつ残すものは, ひとつ残つた星もある, ひとつ残らず焼けてしまい, ひとつ残らないという, ひとつ残らぬやうに, ひとつ残るのです, ひとつ残念なこと, ひとつ殖えて気, ひとつ殖えるわけです, ひとつつただけ, ひとつ殿様の名, ひとつにこの, ひとつ毛布をのせられる, ひとつ気休めをし, ひとつ気取つて焼きこん, ひとつ気取って焼きこん, ひとつ気張ってやっ, ひとつ気晴らしに決闘, ひとつ気残りが増えました, ひとついらずでとっくり, ひとつ水入らずで一杯, ひとつ水盥からはね出し, ひとつ永らく失業の, ひとつをながしたい, ひとつには祕め, ひとつ江川と同じ, ひとつ江戸のご, ひとつの蛙みたい, ひとつ決心できないの, ひとつ決死の兵千余騎, ひとつに光れり, ひとつをかけ, ひとつてゐる, ひとつ波瀾を予想, ひとつ泣き付いてみよう, ひとつにまみれ, ひとつ注射しといて, ひとつ注意すべきこと, ひとつ注文がある, ひとつ洋妾立国論以来の鐚独創, ひとつひ立て, ひとつ洗いたてずに, ひとつ洗ってみ, ひとつ洗わず何もかも着物, ひとつ洗わぬお方とか, ひとつ洩らしもしやがらなかった, ひとつ洩れて来ません, ひとつ洩れないで更け, ひとつ活け換えて置かね, ひとつ派手な衣裳, ひとつの交感, ひとつ浅黄繻子の裃, ひとつ浦辺に寄り, ひとつ浮かれて退ける, ひとつ浮かんでいなかった, ひとつ浮けて貧しき, ひとつ浮べず頬の, ひとつ浮んで來, ひとつ浮世をはなれ, ひとつ海外進出てえ, ひとつ海岸へ行っ, ひとつ海底の冒険, ひとつ海棠屋敷の花見, ひとつ消えゆく思なり, ひとつ墨色の, ひとつ減ったわけだ, ひとつ渡舟を出し, ひとつ湊川近傍を中心, ひとつ湯呑ひとつに大阪, ひとつ洲へ, ひとつ満州へ勇飛, ひとつ源三郎の合図ひとつ, ひとつ源内櫛と銘, ひとつ漁師共に話し, ひとつ潔く言って, ひとつ火あかりがみえました, ひとつ火悪戯のお, ひとつ灯つてゐた年寄つた母親, ひとつゆるやう, ひとつ炬燵の中, ひとつ点けずとも, ひとつ点されたためしの, ひとつ点して恐ろしき, ひとつ点っていた, ひとつ点ったようで, ひとつ焚火をいたしましょう, ひとつ無き硝子戸の, ひとつ無くこれから何処, ひとつ無事に通れる, ひとつ無条件にご, ひとつ無理して, ひとつ無疵の名作, ひとつ無茶をやろう, ひとつ煙火師と侍, ひとつ枝に, ひとつ片づけてくれまい, ひとつ牛乳をしぼらせ, ひとつ牛正面なり朱, ひとつ牛車に乗せられ, ひとつ特別な隔壁, ひとつ犯人は誰, ひとつひの, ひとつ狂ってきたら, ひとつ独立して, ひとつ狭い部屋が, ひとつ猛烈なやつ, ひとつに連れ, ひとつ猪苗代湖さでもつれ, ひとつ献じ参らすべく待ち申し上げ, ひとつ献辞をかかなく, ひとつ玄翁で殴打, ひとつ玄蕃の腹, ひとつ率直に申し上げましょう, ひとつ王さまはきっ, ひとつ王女の写真, ひとつ王女殿下の健康, ひとつ玩具の小さな, ひとつ玻璃の遠見, ひとつ珍しい形の, ひとつを弾く, ひとつ現代の新しい, ひとつ現在につながり, ひとつ理想を持つ, ひとつ理由がある, ひとつ理解して, ひとつなりに, ひとつに外套, ひとつ生がいに償う, ひとつ生きのいい, ひとつ生まれて来ない, ひとつ生捕りにしてやろう, ひとつ生気を吹きこん, ひとつ生皮を剥がし, ひとつ用いて見, ひとつ用事がしるし, ひとつ用件に戻っ, ひとつ用心ぶかく, ひとつ用意されて, ひとつに兵, ひとつ田舎でも旅行, ひとつ田舎天狗の大将, ひとつ田舎流のいたずら, ひとつ上げましょう, ひとつ申しあげていない, ひとつ男やもめはこれ, ひとつで打ち続ける, ひとつ町会議員にならん, ひとつ留め金のパチン, ひとつをと求められる, ひとつ異様なこと, ひとつ疑惑をもちだす, ひとつの治療, ひとつせず自分, ひとつ発車間際に例, ひとつ發見できないの, ひとつかりしかな, ひとつ白山まで参る, ひとつ白楽天の歌, ひとつ白骨へ行っ, ひとつ皇叔のご, ひとつ皮肉を云, ひとつにのせ, ひとつ盆ゴザを張っ, ひとつに相談, ひとつ目星しい仕事, ひとつ目立たない身じ, ひとつ直ぐ眼の, ひとつ相互扶助というわけ, ひとつ相手に応じ, ひとつ相撲を見, ひとつ眞實を言, ひとつから自分, ひとつ真っ白な花, ひとつ真に受けると, ひとつ真実を言わぬ, ひとつ真打に, ひとつ真直ぐに新聞社, ひとつ眠けざましに, ひとつ眠剤を喫, ひとつ眼小僧にでもあった, ひとつ着たる媼出でぬ, ひとつ着つけその他の, ひとつ矢代に衝, ひとつ知つてるよ, ひとつ知られていない, ひとつ知りたいものだ, ひとつ知るではない, ひとつのうら, ひとつ石井漠にでも弟子, ひとつ石炭をどんどん, ひとつ砂浜に投げ捨てられ, ひとつ研ぎすましたる悲愁か, ひとつ研究会でも起す, ひとつといく, ひとつ確めてみ, ひとつ確実な関係, ひとつをもらった, ひとつ社会奉仕をし, ひとつに負う, ひとつ神尾様あたりへ売り込ん, ひとつ神聖なもの, ひとつ禁句がある, ひとつれた器, ひとつかな助命運動, ひとつ穫れない田地は, ひとつ究明したいと, ひとつ穿きかえの靴, ひとつ穿たれたばかりの黒い, ひとつ突き止めてやろう, ひとつ突き破ることも, ひとつ立つて居, ひとつ立てないで, ひとつ立てなかったじゃない, ひとつ立てなかつたがそんな, ひとつ立派なお, ひとつ竜巻の村長, ひとつ童子に曳かれ歩めり, ひとつ竪琴でももつ, ひとつ竹外のをうなっ, ひとつ笑ってやれ, ひとつを吹いたら, ひとつ笠森おせんの情, ひとつ第三者として最も, ひとつ筑波の頂, ひとつをめぐらし, ひとつ算盤をおい, ひとつ箱根泊りとシャレません, ひとつをつけ, ひとつにひ, ひとつ篤とごらん下さいまし, ひとつ籠城に在る, ひとつ粉々に掴みつぶした, ひとつを出し, ひとつ精神的欲求のない, ひとつ納めなくてはならぬ, ひとつ友の, ひとつ素敵もない, ひとつ素晴しい恋, ひとつ素晴らしい番いを, ひとつ素焼の壺, ひとつ素通りのできない, ひとつ細木君にでも整理, ひとつなきもの, ひとつの者, ひとつ組打ちと行きやしょう, ひとつ結婚披露をため, ひとつ結果は生まれない, ひとつ結核菌であるといふ, ひとつをやつ, ひとつ絵巻物の発達, ひとつのプラトーク, ひとつ総仕舞にし, ひとつの渾沌, ひとつ總勘定をつけましょう, ひとつ繰りかへし, ひとつけさま, ひとつに懸った, ひとつ羅馬の都府, ひとつ羊皮紙を手, ひとつ美佐の後援会, ひとつ義村の眼前, ひとつの動きひとつ, ひとつ羽織を着, ひとつ翻訳して, ひとつの上, ひとつ老中の阿部伊勢守, ひとつ老人の贅沢, ひとつへつかず, ひとつ考えつかずにいるで, ひとつ考えようともしない, ひとつ考えるところだ, ひとつ考へられなくなつて, ひとつ考へ直さにやいかん, ひとつ考慮させて, ひとつ耳よりな話, ひとつ聖母のお, ひとつ聞いた事の, ひとつ聞えず万象は, ひとつ聞かしてもらいたい, ひとつ聞かずにすくすくと, ひとつ聞きたいことが, ひとつ聞こえてこない, ひとつ聞こえるではなく, ひとつ聴きおわるとまた, ひとつ聴きなされかうなんだ, ひとつ聴き落とすまいと心がけた, ひとつ肝心のその, ひとつ肝腎なこと, ひとつにかつい, ひとつ肯いて, ひとつ肯いたやっと少しずつ, ひとつ背中にひとつ, ひとつの姉妹, ひとつ胸くその悪い, ひとつ胸元を刳, ひとつ脚海草の如く, ひとつに落ちない, ひとつの見せ場, ひとつをすえなく, ひとつのうえ, ひとつ自信と誠実さ, ひとつ自分たちの手, ひとつ自分達の結集, ひとつ自費で建てたく, ひとつ興奮飲料をさし上げましょう, ひとつ船頭会議をひらい, ひとつえ記事, ひとつ良いことは, ひとつよい返事, ひとつ色盲者には読める, ひとつ芥子粒ほどのプライド, ひとつ花子さんの町, ひとつ花弁もあざやか, ひとつ芸娼院の人別, ひとつ若い人に, ひとつ若旦那縁起直しにこれから, ひとつ苦みはのこらない, ひとつ茂作の家, ひとつを飲ん, ひとつ茶の間にありました, ひとつ茶菓の用意, ひとつを喰, ひとつに寄せあっ, ひとつ萌え出でたり, ひとつ落した物の, ひとつ落すために, ひとつ落ちる隙も, ひとつけていない, ひとつ葡萄でも御馳走, ひとつに並ん, ひとつの台, ひとつ藤村を誘つて, ひとつをじ, ひとつ虫封じをしてやらう, ひとつ蚊帳のなか, ひとつ蛇の目を取巻く, ひとつ蜀軍を蹴ちらし, ひとつ行えば成る, ひとつ行かして下さい, ひとつ行くこれの, ひとつ行けり虎杖の, ひとつ行ったらんと, ひとつ行つて御覧になつ, ひとつ行つて正体を見届け, ひとつ表門から正式, ひとつに寝た, ひとつつて何か, ひとつ裁判所の書記, ひとつ裏口へでもまわっ, ひとつ西に目立っ, ひとつ西山のいった, ひとつ要領を得ない, ひとつ見あたらず長剣と, ひとつ見あたらぬ澄みきつた青空で, ひとつ見えて童雀, ひとつ見えなかったのである, ひとつ見えぬおびえの國, ひとつ見えましたので三人, ひとつ見せしめを試み, ひとつ見せた例しも, ひとつ見せないのよ, ひとつ見つかると続い, ひとつ見つけるのは, ひとつ見とどけてやれ, ひとつ見ないように, ひとつ見ぬ海に, ひとつ見ようとせず, ひとつ見わけられず何が, ひとつ見わけることも, ひとつ見世物にする, ひとつ見出されないのが, ひとつ見出したような, ひとつ見参して, ひとつ見廻ってきましょう, ひとつ見破つて見せます, ひとつ見破って見せます, ひとつ見聞に及ん, ひとつ見逃さず神は, ひとつ覚えたまんまで, ひとつ覚えなかったという, ひとつ親子の対面, ひとつ親爺の耳, ひとつ親類のお, ひとつて来, ひとつえで, ひとつ角ばったところのない, ひとつ解いたことに, ひとつ言いたいのは, ひとつ言い出せないじゃない, ひとつ言えないもの悲しい不器用, ひとつ言おうというよう, ひとつ言つて見せようか, ひとつ言わないでひどく, ひとつ訊かれたのは, ひとつ訊きたいがなあ, ひとつ訊きますがねえ, ひとつ訊き漏らさなかったのである, ひとつ訊くがその, ひとつ訊こうじゃねえ, ひとつ記されてはゐない, ひとつ記憶にない, ひとつ訪れてみよう, ひとつ訪問団をこしらえ, ひとつ許して頂きたい, ひとつ訳してみたら, ひとつて下さいません, ひとつ証言に依る, ひとつ試みようか, ひとつ試合を申しこん, ひとつ試験をし, ひとつ試験問題の御, ひとつ詰めてお, ひとつ話しのこしていた, ひとつ詳細に話し, ひとつ誘って見よう, ひとつ語る言葉も, ひとつ説かせようで, ひとつ説得を試み, ひとつ読まうともしない, ひとつ読みもしなけれ, ひとつ読み上げてみよう, ひとつ読んだことの, ひとつ読者諸子に伺つて, ひとつかに聞い, ひとつ調べるように, ひとつ調戯ってやろう, ひとつ談判して, ひとつ談合して, ひとつ諮ろうて来ぬ, ひとつ諸人の向背, ひとつがふえ, ひとつ謙信の気宇, ひとつ謠つてやれない國民, ひとつ警部にお, ひとつ讀んでやらう, ひとつへ真っ黒, ひとつでも採っ, ひとつ貝母という草, ひとつ負わず救い出されたのだった, ひとつ負わせても死罪, ひとつ負傷して, ひとつ貧乏質にお, ひとつ責めてを変え, ひとつ貰いはしなくっ, ひとつ貰うてくだされ, ひとつ貰おうか, ひとつ貰ったってかまわん, ひとつ貰わせないように, ひとつ貴下の手勢, ひとつ貴公らが協力, ひとつ貴君のいう, ひとつ貴方からもお, ひとつ貴方がたの事務所, ひとつひませうか, ひとつ買えたもんじゃ, ひとつ買つた験もなかつた, ひとつ買つて来た, ひとつ買つて來た, ひとつ自動車を, ひとつ貸して下さい, ひとつ賛成して, ひとつ賞めてやりたい, ひとつ質問をします, ひとつをやろう, ひとつ賭けしようじゃ, ひとつ贅沢に芝居見物, ひとつ赤いいちごの, ひとつ赤く落ちたり, ひとつ走らせてお, ひとつ起きて飯, ひとつ起さなかった歴史的人格の, ひとつ起りそれが, ひとつ越えると私, ひとつ越していく, ひとつ越すとこ, ひとつを変え, ひとつ足しになりゃ, ひとつ足らぬは如何なる, ひとつ足りないというもの, ひとつ足りなくなってピカ一, ひとつ跨いでこの, ひとつを見せ, ひとつ踊らせなくては, ひとつ踏まえている, ひとつ踏み込んで彼女, ひとつ蹉跌が生じる, ひとつ飛しました, ひとつ蹴ってふと, ひとつ身代りを勤め, ひとつ身体を乗出さなけれ, ひとつ軍旗を奉じ, ひとつに住む, ひとつ軽い負傷を, ひとつ載せると二人, ひとつになり, ひとつ辛くものがれて, ひとつへた, ひとつ近くに鳴きつ, ひとつ近づいて来, ひとつ近づきになろう, ひとつ返す奴でも, ひとつ返る度毎に, ひとつ述べることが, ひとつ迷惑でも一切わたし, ひとつ追いかけてやろう, ひとつ退屈さうに背延をし, ひとつ退屈しのぎにからかい, ひとつ送らないのである, ひとつ逃がさずにあたかも, ひとつ逃がしてやらう, ひとつ逃すまいという面倒, ひとつ通り越してこなれ, ひとつ速いところを, ひとつ連れて帰っ, ひとつ進水式をやります, ひとつ遊廓へ繰り込まうで, ひとつのわるい, ひとつ運び出すひまも, ひとつ運んでもらいたい, ひとつ運命から求め, ひとつ過ぎればまた, ひとつ道具のない, ひとつ道庵が再, ひとつ道庵先生のため, ひとつ道楽のない, ひとつ道誉に所望, ひとつ達せられず遂に不, ひとつ達者なところ, ひとつはない, ひとつ違いの二人, ひとつ違っていない, ひとつ遠国旅人の迷惑, ひとつ遠廻しの厭, ひとつ遠慮なく御意見, ひとつ遺憾がございまする, ひとつ那智へ向かう, ひとつにいた, ひとつ郵便で出し, ひとつ都人のお, ひとつ都会の隅々, ひとつ都合をきい, ひとつ都落ちをせん, ひとつ酌いでくれい, ひとつの致す, ひとつ酒責めにし, ひとつ醍醐の花見, ひとつに生きた, ひとつ野牛がいまいましく, ひとつのたま, ひとつ金庫を開い, ひとつ金星をぶち当てる, ひとつの飯, ひとつ釣ってみよう, ひとつ釣舟でも雇っ, ひとつ鈴川さまに働かせ, ひとつ鉄瓶ひとつ湯呑ひとつに大阪, ひとつ鉛玉をビュッ, ひとつ鉱毒ということ, ひとつ鉱毒問題の障礙物, ひとつ鉱毒地へ別荘, ひとつ銀行に金, ひとつ錦子を悲しませた, ひとつをつ, ひとつ鍛冶屋を探し求めなけれ, ひとつをかけ, ひとつを叩い, ひとつ開封路の春華舞台, ひとつ閑地に楽しむ, ひとつのある, ひとつ間取りを見, ひとつ間違うとこの世, ひとつ間違えば自分, ひとつ間違ったらあり得べからざるとおもわせる, ひとつ関心をもっ, ひとつになっ, ひとつ母にでも, ひとつ降りなづみ, ひとつ階下のどの, ひとつ隔てている, ひとつ際立っていい, ひとつ隠れて様子, ひとつ隣組の事件, ひとつ雅号をつけなく, ひとつ雑魚の魚交, ひとつ電燈になされまし, ひとつ震わさずじっとこらえ, ひとつ青うきしろひ, ひとつ青少年の服装, ひとつ青磁いろの, ひとつ静かに聞かせ, ひとつの打ちどころ, ひとつ非の打ち所はなかっ, ひとつ面白く無い小説, ひとつ音頭をとっ, ひとつ響きにとけあう, ひとつ順序を追う, ひとつ須藤さんの喉, ひとつ領土に語らい合っ, ひとつ頷いて, ひとつ頼みたいことが, ひとつ頼みてえな, ひとつ頼みますよ, ひとつ頼もうか, ひとつ頼んだことも, ひとつ頼んますぜ, ひとつをしゃくっ, ひとつ願いやすぜ, ひとつ顰めねえで呑み乾しただ, ひとつを吹かし, ひとつ風景でも眺め, ひとつ飛ばしてみせよう, ひとつ飛び跳ぬる, ひとつ飛び出して踊り, ひとつ飛び出た形にな, ひとつ飛躍をしました, ひとつ食うにも黙っ, ひとつ食って, ひとつ食つてないの, ひとつ食べさせてやりたい, ひとつ食べないで暮らした, ひとつ食わしてもらえない, ひとつ飲まんか, ひとつ飲みにも行かず, ひとつ飲みくらべてみようで, ひとつ飲むと秀吉, ひとつ飼ってください, ひとつ飾りつけられていた, ひとつ飾りとてない一室に, ひとつ飾り屋さんに持つ, ひとつ饂飩も鰈, ひとつ馬庭の百姓剣法, ひとつ馬車をそう, ひとつ馬鹿なこと, ひとつけ廻っ, ひとつ馳走して, ひとつ駕籠をはずん, ひとつ験してみ, ひとつ驚かしてやろう, ひとつを折っ, ひとつ骨折つてみて, ひとつ高い山が, ひとつ高き森は, ひとつ高くそして暇, ひとつ高見から陣, ひとつの毛, ひとつ鬼ヶ城を見物, ひとつにふと, ひとつ魔性退治に俺, ひとつでも食おう, ひとつ鳥鍋でも作っ, ひとつ鳴いてお, ひとつ鳴き澄む, ひとつ鳴らさぬように, ひとつのよう, ひとつでも放し, ひとつ黒い影が, ひとつ黒木の御所, ひとつ黒田どのに代っ, ひとつにふれず, ひとつ龍教信徒に指令