青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「の~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ぬい~ ~ぬけ ぬけ~ ぬる~ ぬれ~ ~ね ね~ ~ねえ ねえ~ ~の
の~
~のせ のせ~ ~のぞい のぞい~ ~のち のち~ ~のっ のっ~ ~のばし のばし~

「の~」 554175, 5498ppm, 10位

▼ の~ (141904, 25.6%)

524 私の 429 それから 377 自分の 355 彼の 309 どうした 306 誰だ 295 当然である 255 いうまでも 254 それが 235 これが 222 何か 220 それは 218 私が 215 例の 212 無理も 209 当然の 195 いやだ 193 どういうわけ 188 当然だ 186 この時 177 いいが 175 何の 173 そのため 172 事実である 171 彼が 164 何と 153 今の 149 あれは, 此の 146 これは 145 よくない 143 何も 139 確かに 136 非常に 130 人間の 126 云うまでも 122 私は 121 その時, 当然で, 日本の 118 僕の 117 女の 116 彼女の 115 あなたの 112 その日 109 今から 108 一つの 107 自然の 106 厭だ 99 これも, さすがに 93 人の 92 一つは 90 当然な 89 どういふ, 他の, 自分が 87 何でも 86 それを 85 次の 84 その頃 83 君の 82 勿論である 81 そこに, 主人の, 彼は 80 よいが, 面白い 79 ほかでも, 不思議な 76 いつの, お前の, 外でも 75 或る, 昔の 74 一種の 73 仕方が 72 どういうこと, 嫌だ, 容易な, 残念だ 71 この人, 当り前だ 70 ここの, 一人の, 去年の 69 實に, 珍らしい 68 ない, なんの, 一人も, 事実だ, 間違って 67 このこと, 残念である 66 誰の 65 さう, 二人の, 何う, 夜の, 普通の 63 た, 今日の 62 おかしい, 何という, 是非も 61 そのこと, 他でも, 僕が, 当然です, 知って 60 第一 59 何だ 58 俺の, 前に, 当然と 57 あなたが, 不思議である, 彼女が 56 始めて, 男の, 誰でも 55 その人, どこの, 止むを, 遺憾である 54 ほんとうに, 私に 53 この男, この私, 初めてだ, 誰か 52 本当の 51 いやです, これで, 当時の, 私には, 私も 50 づれに, 不思議だ, 申すまでも 49 ここに, わたしの, 容易の, 私と, 誰と 48 一つも, 何んと, 山の, 知れて, 誰だい 47 何です, 何よりも 46 これだ, これを, その翌日, どういうもの, 分って, 前の, 右の 45 いずれも, この, よろしくない, 前にも, 当り前の, 紛れも 44 この女, その年, それより, やめて, 今まで, 吾, 当然であった, 当然であろう, 気が, 生れて 43 あたりまえだ, これらの, 今に, 何故だろう, 妙な, 家の, 後の 42 いいこと, よくよくの, 一つには, 多くの, 後に, 父の, 面白いこと

41 [12件] おれの, だれだ, どんなこと, なぜだろう, なんでも, 先生の, 固より, 子供の, 実にこの, 少しも, 本當, 私だけ

40 [13件] いつでも, いやな, ぜひも, よして, 事実で, 事実です, 今日が, 他ならぬ, 八五郎でした, 判り切って, 明らかに, 現在の, 誰です

39 いつもの, お前だ, どういう訳, どう云う, わかって, 下女の, 何を, 番頭の, 變ぢや

38 [13件] この辺, その中, その夜, それらの, どうかと, ほかの, 何故であろう, 嘘だ, 変だ, 意外にも, 我々の, 昔から, 誰も

37 あの人, そこの, まだ早い, 何かの, 何時の, 彼らの, 言うまでもない

36 ありません, こっちの, そんなこと, ガラッ八, 危険だ, 無理だ, 自然である, 誰だろう

35 その翌, よかった, わたしが, 嘘で, 怪しからん, 朝の, 自分だけ, 誤りである

34 [16件] どう考え, もちろんである, 今が, 今も, 別の, 多くは, 大変な, 娘の, 彼らが, 有名な, 殆ん, 母の, 無理で, 翌る, 誰が, 面白くない

33 いつ頃, この頃, それから間, 全くこの, 可怪しい, 山々だ, 彼等の, 最初の, 本当です, 滅多に

32 この家, その爲, ただの, どんなもの, もっともだ, 必しも, 惜しい, 無理が, 確に

31 どういう意味, なんという, われわれの, 何だろう, 午後の, 彼に, 昨年の, 私を, 自分だ, 誰で

30 [14件] このとき, その晩, それと, なかった, 事実であった, 勿論の, 変な, 心の, 悪いこと, 残念です, 無論である, 珍しい, 私です, 見たこと

29 [11件] その男, ちょうどその, 何故である, 僕は, 変じゃ, 少くとも, 当然だった, 彼等が, 無理の, 神の, 言ふまで

28 [13件] あの男, こ, この点, つまりは, わしの, 一に, 人を, 何故か, 周知の, 実にその, 容易でない, 愚の, 明かに

27 [22件] あなたです, いったいどういう, そのとき, それだけ, それに, どうだ, なぜか, なにも, まだいい, わけは, 人間が, 今は, 何者だ, 僅かに, 兄の, 判って, 大間違い, 御免だ, 気の毒だ, 流石に, 海の, 父が

26 [15件] このよう, この日, とりも, ホンの, 一体どういう, 一体どんな, 三人の, 中, 全くの, 大変だ, 当らない, 彼と, 無理である, 無理は, 當り

25 [33件] いったいどうした, おかしいと, およしなさい, この上, そのせい, それだけの, ほかならぬ, やはりこの, 一体何, 不思議で, 二階の, 何んだ, 冬の, 卑怯だ, 外ならぬ, 尤もでした, 年の, 彼女は, 明らかである, 極く, 止して, 母親の, 珍しいこと, 當然の, 眼に, 眼の, 私では, 私ばかり, 立派な, 結構だ, 結構な, 自分で, 自分を

24 [23件] これだけ, ずっと後, どんな人, わけも, わたくしの, 不思議です, 主に, 今度が, 何うし, 何んの, 俺が, 勿論だ, 厭な, 取りも, 夏の, 妹の, 嬉しい, 容易ならぬ, 愚かな, 東京の, 無論の, 私たちの, 翌日の

23 [34件] あの女, いったい誰, この二人, そればかり, そんな事, ただその, なか, なぜでしょう, まぎれも, よいこと, イヤだ, ガラツ八の, 一体誰, 云う迄も, 今でも, 他に, 何んで, 余の, 俺だ, 已むを, 惜しいこと, 日本人の, 早いもの, 昨夜の, 村の, 水の, 現代の, 町内の, 當然である, 疑いも, 親の, 言うまでもないこと, 誰しも, 金の

22 [24件] あたりまえです, あまりにも, いや, およし, この時代, ごめんだ, それです, なんだ, はじめてだ, もう夜, 二十五六の, 今年の, 以上の, 変です, 外の, 当り前である, 支那の, 昨日の, 無理な, 理由の, 確かである, 自然な, 過去の, 頭の

21 [25件] いけない, こう云う, この場合, この種, どうでしょう, どうです, どう云, ほんとうの, 丁度その, 世間の, 作者の, 初めてだった, 君が, 大したこと, 女房の, 實は, 日本に, 気の, 相手の, 社会の, 私だ, 第二, 自分に, 誰な, 非常な

20 [34件] いい, おかしいが, お銀様, こうである, ここだ, こちらの, この意味, これからだ, その, そのよう, その事, その点, つまりこの, どこに, もっともな, よせ, 人に, 偶然では, 勝手だ, 厭です, 困る, 天の, 妙に, 容易で, 当然だろう, 御承知, 早い, 氣の, 決して無理, 生活の, 言ふ, 言葉の, 誰だらう, 面倒だ

19 [32件] いけないこと, いったい何, おめ, お前が, これまで, それこそ, それよりも, そんなもの, づれの, どんな女, ぼくの, よく, 三十前後の, 何が, 八月の, 大なる, 少しおかしい, 少し変, 平次の, 後にも, 極めて自然, 止めて, 目の, 私にとって, 考えて, 自分ながら, 見て, 誤りで, 造作も, 餘り, 馬鹿, 骨が

18 [43件] おもしろい, お前じゃ, この二つ, その女, それだ, ちょうどこの, ちよつと, つまりその, どこか, ないの, なぜであろう, なんといっ, まだしも, もつと, もとは, やめに, よほどの, わけの, フランスの, 一と, 一切の, 今では, 僕には, 初めてである, 初めてです, 同じこと, 嘘では, 夜も, 妙だ, 尤もだ, 彼には, 感心だ, 最後の, 残念な, 決して偶然, 注意すべき, 自分である, 自分と, 自然だ, 良くない, 覚悟の, 訳は, 誰

17 [47件] いやだった, おかしいじゃ, お絹, かれの, こういうこと, このため, ごもっとも, せめてもの, そのころ, その為, それから又, ただこの, なかなかの, もちろんだ, 一の, 一本の, 一枚の, 不都合だ, 今度の, 他人の, 何よりの, 八五郎の, 嘘です, 四十五六の, 困難である, 土地の, 大變, 夫人の, 如何に, 容易である, 尤もである, 当前, 怪しからぬ, 惜しいと, 愉快な, 我ながら, 敢て, 春の, 父親の, 町の, 真の, 確かです, 自分は, 興味が, 色の, 若い女, 間違いで

16 [60件] あたりまえの, あの時, あるが, いまの, お気の毒, お角, この事, これです, さうし, そこへ, どういうの, どんな男, なんとし, むろんの, もう夕方, もちろんの, わけが, わずかに, 九月の, 二十二三の, 云った, 人が, 今だ, 何だい, 何でしょう, 何といふ, 何に, 八五郎です, 初めてであった, 十七八の, 可笑しい, 單に, 奇妙な, 好いが, 学問の, 平次に, 彼れ, 愚だ, 手代の, 明治の, 机竜之, 江戸の, 火を, 珍らしくない, 理の, 知れたこと, 確かだ, 確かな, 私じゃ, 私一人で, 絶対に, 背の, 自己の, 誰だった, 誰でしょう, 誰よりも, 辛かった, 隣の, 雨の, 雪の

15 [64件] ああいう, あの, いいけれど, いいとして, いったいどんな, いつだ, いろいろの, お吉, ここでは, この問題, この国, この土地, この理由, この部屋, この際, これである, これに, すべての, そのお, だれでも, なかなか容易, はじめてです, ひつた, まちがって, 一体どうした, 一個の, 一生の, 事実だった, 云ふまで, 五月の, 今夜が, 何よりです, 何故でしょう, 僕も, 別として, 勿論です, 妻の, 妾の, 嬉しかった, 当り前です, 当然であり, 彼を, 後世の, 思いも, 恐ろしいこと, 悪かった, 悲しいこと, 惜しいもの, 愉快だ, 戌刻, 斯う, 日本では, 月の, 有難いが, 構は, 無い, 無駄だ, 相手が, 科学の, 親分の, 誰あろう, 誰にも, 返す返すも, 遺憾だ

14 [91件] あたしの, あたりま, あたり前だ, あなたに, あのお, あの娘, いけないと, いったいどこ, うれしいこと, うれしかつ, お前さんの, かわいそうだ, こうだ, このお, この中, この俺, この地方, この年, この故, そういう意味, そう云う, その家, その後の, その意味, その方, それからの, それだけだ, それとは, ただそれ, だかの, どういう理由, どんな奴, へんだ, ほんとうは, まだよい, むずかしい, もっともである, やさしいが, やはりその, れいの, 三十五六の, 不思議と, 世の, 世界の, 中の, 主としてこの, 之が, 二十七八の, 云わば, 京都の, 伝六です, 何処の, 僕だ, 僕に, 先刻の, 六月の, 十八九の, 厭に, 君だ, 唐の, 女が, 女だ, 女に, 姉の, 嫁の, 実を, 山々である, 左の, 強ち, 当然でした, 心が, 思った, 悪魔の, 損だ, 日が, 日の, 明かである, 是れ, 本人の, 本当な, 気の毒な, 物を, 甚だ遺憾, 生まれて, 私にも, 秋の, 竜之, 自分では, 自分一人で, 身に, 馬の

13 [85件] あとの, あの子, あの方, ありがたい, おかしいね, おれが, お前だろう, かような, これな, これまでの, こんなこと, さっきの, しばしに, そういうこと, その翌年, それだった, それの, たいへんな, ただこれ, どこだ, ひどい, むしろ当然の, むりもない, もうその, もったいない, やむを得ない, よせよ, よそう, 一昨日の, 一時の, 上の, 二つの, 二人が, 二十四五の, 亥刻, 亭主の, 何, 先に, 先生が, 初めから, 初めての, 前述の, 単にその, 危険である, 向うの, 唯の, 国の, 多分この, 多分その, 大阪の, 失礼だ, 如何にも残念, 嫌です, 嬉しいこと, 宜しくない, 小僧の, 己の, 常の, 年を, 店の, 弟の, 当って, 当り前で, 当然かも, 彼等は, 彼自身の, 悪いと, 惜しいよう, 敵の, 早計である, 明らかな, 最初から, 最初に, 最近の, 正しい, 気の毒である, 無理から, 結構です, 考えものである, 身を, 長い間, 非常の, 面白いと, 養子の, 餘つ

12 [101件] あとにも, いかにも残念, いつもこの, おまえの, お前か, お前も, かう云, この事件, この本, これと, これまた, これや, じぶん, そなた, その実, その故, その時分, その次, それな, ただに, ただ一つ, だれの, つい近頃, ないか, ふしぎな, ほんとうだ, よろしいが, わたしは, アメリカの, ワケが, 一方に, 一昨年の, 三月の, 下の, 下男の, 並大抵の, 之を, 二人とも, 今夜の, 以前の, 何故で, 何時だ, 併し, 僅に, 僕だけ, 全くその, 内儀の, 分りきって, 初めの, 前から, 名ばかりで, 君も, 四月の, 困難な, 国家の, 夢の, 夫の, 嫌いだ, 嫌な, 学校の, 実はこの, 寺の, 少年の, 当然, 当然じゃ, 彼にとって, 彼女に, 従来の, 心に, 怪しむに, 悪い事, 戌刻半, 戦争の, 手の, 拙者の, 明らかだ, 昔は, 普通に, 机の, 止せ, 止めに, 母が, 気に, 無駄な, 特別に, 珍しいと, 珍しくない, 生きて, 皆この, 老人の, 自分でも, 自分も, 虫が, 言う迄も, 貴方の, 近代の, 道理である, 酒を, 間違いである, 間違ひである, 馬鹿げて

11 [127件] あまりと, あれから, い, いいとしても, いけないよ, いったいなん, いったい何者, おそらくこの, きつと, こうな, ここから, この間の, これからの, そこから, その証拠, その顔, それぞれの, それである, それや, たしかな, だれだっ, ちやうど, ついこの, つい最近, どう考へ, どこかの, どこへ, どなたです, どの辺, なぜだ, はじめてだった, ほかでは, ほかに, まだしもの, やむを得ないこと, よい, よくある, よさう, わしが, フシギでは, ムリが, 一座の, 不思議に, 不思議の, 事実らしい, 事實である, 人情の, 人間では, 人間を, 人類の, 以前は, 何であろう, 何よりだ, 何人も, 何処に, 何故かと, 何時でも, 何者です, 偶然の, 兄が, 初めてで, 勿体ない, 却て, 叔父の, 可なり, 可哀そうだ, 名高い話, 問題の, 嘘である, 大正の, 妙である, 容易じゃ, 容易だ, 少し無理, 尤もな, 師匠の, 当りま, 当を, 当人の, 当然であります, 忘れも, 情けない, 情ない, 惜しかった, 意味が, 我々が, 我慢が, 文学の, 時の, 時代の, 有難いこと, 本当か, 東京に, 業腹だ, 正にこの, 武士の, 残念でした, 気持の, 滑稽な, 無理であろう, 犬の, 當然で, 目に, 相当の, 眼を, 知れ切って, 石原の, 神様の, 私であった, 私にとっては, 結局は, 結構である, 罪が, 翌年の, 聞いたこと, 腑に, 自然で, 誰である, 變だ, 身の, 身体の, 近所の, 部屋の, 銭形の, 間も, 間違いだ, 間違つてゐる

10 [161件] あたりまえで, あなたも, ありそう, いいもの, いって, いは, いやに, いわゆる, うれしい, おかしいです, おかしいよう, お前ばかり, お夏, お止しなさい, お米, お粂, お通, かれら, きみの, こうだった, ここで, この前, この娘, この島, この村, この町, こんなもの, ごく最近, そのうち, その前, その当時, それから一刻, それから後, それだけです, それによって, たしかである, ただ一人, たった一つ, たった一人, つまり, つまり自分, ですね, どうしてだろう, どこです, どのよう, どれも, ないが, なにより, まことに残念, まさにその, まだ若い, みんなが, もちろんです, ものの, わたしも, 一般に, 七月の, 三十二三の, 三輪の, 上に, 不思議じゃ, 不思議であった, 不思議でない, 不都合である, 之は, 事実であろう, 事実の, 云ふ, 五十前後の, 人情だ, 人間として, 今日では, 件の, 体の, 何かという, 何である, 何んという, 何者か, 個人の, 偶然でない, 偶然に, 僕な, 元より, 先刻から, 兎に, 分るが, 十二月の, 危険です, 厭で, 可哀, 可笑しいと, 君に, 君は, 外に, 大に, 大切な, 大抵の, 大部分, 天下の, 女ばかり, 好くない, 嬉しいが, 子供が, 家族の, 容易ぢや, 少しばかり, 山々です, 当然でしょう, 彼だけ, 彼であった, 彼では, 彼も, 彼女であった, 彼女を, 後から, 必然である, 忘れて, 怖ろ, 恥かしい, 惡い, 手に, 手前の, 承知の, 旅の, 昔からの, 是は, 月が, 本当だ, 次郎の, 正しいこと, 此方の, 歴史の, 残念だった, 残酷だ, 氏の, 氣が, 決して悪い, 洵に, 火の, 無理です, 物の, 猪之, 理由が, 男に, 癪だ, 皆が, 相当に, 禁物だ, 窓の, 自然に, 興味の, 芝居の, 花の, 血の, 裏の, 辛い, 間違ひもなく, 顔の, 風の, 驚いた, 鼻の

9 [179件] あなただ, あなただけ, あぶない, いい気持, いやで, おれだ, お互, お前さんだ, お秀, お綱, お蝶, かくいう, きまりが, こうです, このあたり, この少年, この花, この言葉, これこそ, これだけの, これであろう, さきに, そうじゃ, そこだ, そこでは, それから約, たしかにその, ただ, ただ自分, ちょいと, ちょっと面白い, どうかし, どうする, どうだろう, どうもおかしい, どこまで, なかなかむずかしい, なによりも, なにを, なんです, はじめての, ひとつは, ひとりの, ふたりの, ぼくが, まさにこの, まず第, もう日, もし私, よいとして, よくねえ, よしなさい, わたくしが, われながら, われわれが, イギリスの, ドイツの, 一人で, 不可能な, 中年の, 九州の, 二十一二の, 二月の, 些と, 他では, 何といつ, 何にも, 何れも, 何んな, 作家の, 信長の, 僕です, 其処だ, 其処に, 刀の, 分つて, 分り切って, 初めてな, 別な, 勿體ない, 十月の, 卑怯な, 厭, 厭であった, 古来の, 嘘じゃ, 困難だ, 困難で, 変で, 外から, 多分は, 夜が, 夜に, 夜中の, 大出来, 大勢の, 大抵は, 夫が, 夫れ, 好きだ, 如何いふ, 如何した, 姉娘の, 始めてである, 実に不思議, 家を, 容易に, 宿の, 小学校の, 尤も至極, 島の, 平安朝の, 当り前じゃ, 当然すぎる, 当然でも, 彼だった, 彼にとっては, 彼自身が, 必ずしも偶然, 必然な, 惜しい気, 愉快である, 意味の, 愚である, 成程, 政府の, 文明の, 斯の, 新らしい, 日本で, 日本人が, 明らかであった, 明白な, 易いが, 昼の, 此処の, 此為である, 死の, 残念であった, 母と, 毎度の, 気を, 気持が, 水が, 注目すべき, 注目に, 浅草の, 滑稽である, 無理ない, 無理ならぬ, 特別な, 珍らしく, 現実の, 申す迄も, 男が, 當然だ, 病気の, 確かであった, 神が, 私である, 種々の, 罪だ, 船の, 虫の, 西洋人の, 覚えて, 言うまでも, 誤って, 謂わば, 足の, 辛いこと, 運の, 道理だ, 遺憾であった, 鎌倉の, 隣りの, 雑作も, 首の, 馬鹿の

8 [226件] あたりまえな, あとで, あなたは, あなたを, ありがたいが, あれが, いい加減, いい心持, いくらも, いふまでも, いやである, いやでございます, いろいろな, うれしかった, おやめ, お前だけ, お前だった, お前だらう, お前ぢや, お前に, お君, お雪, かえすがえすも, かなりに, きょうが, こういうもの, このへん, この作者, この句, この店, この為, この船, これだった, これほど, こんな事, すぐに, そういうわけ, そうで, そう古い, そのあと, その作品, その声, その娘, その子, その朝, その翌々日, その者, その辺, その金, そりや, それでは, ただ私, だか, だね, だれな, つい昨日, つらい, つらいこと, ともかくも, どうも変, どう言, どこまでも, どっちの, どんなところ, どんな人間, なかつた, なるほど, ひどいと, へんです, ほんとうな, まさしくこの, まったくこの, むしろ不思議, もう一つ, もう一人, もちろんであります, やつと, やめた, よくありません, りっぱな, わかつて, わたしと, 一体どこ, 一定の, 一度も, 一月の, 一生に, 一緒に, 一般の, 一面の, 三十を, 不可能だ, 不幸中の, 不当である, 不思議は, 不本意, 事に, 二十三四の, 五人の, 人々の, 今より, 今宵が, 仲, 伝六でした, 何と面白い, 何刻だ, 何故であったろう, 何處の, 余程の, 元は, 先の, 先代の, 免れ難い, 兎も, 全く私, 出來, 前記の, 勿体ないと, 勿論その, 十五六の, 十六七の, 危険な, 厭だった, 可いが, 君だけ, 呟いた, 善くない, 四人の, 四十前後の, 困ったこと, 土の, 夕方の, 外国の, 夜で, 天罰だ, 夫婦の, 失礼です, 奥の, 女であった, 女である, 女を, 女中の, 好い, 娘を, 宇治山田の, 実に惜しい, 実に残念, 実は私, 実際の, 小柄な, 少年探偵団の, 山々な, 年に, 当り前さ, 当然であっ, 彼である, 彼女だ, 御主人, 御免です, 恐くは, 恐ろしい, 意外の, 愛の, 手を, 承知し, 抑も, 文化の, 新聞の, 早すぎる, 時間の, 木の, 本当だろう, 東の, 止せよ, 正月の, 正直に, 残念ながら, 水を, 池の, 汽車の, 清澄の, 牛の, 猫の, 生れてから, 男と, 疑も, 目が, 相変らず, 真赤な, 知れきって, 神を, 私ぢや, 私で, 私でございます, 私としては, 私自身の, 簡単な, 胸の, 自分たちの, 自分だった, 自分自身の, 自明の, 自然であろう, 自然です, 自身の, 興味ある, 良いが, 若い男, 若主人, 苦しい, 葉子の, 蜘蛛の, 西洋の, 見覚えの, 訳の, 訳も, 読者の, 誰だって, 誰に, 諸君の, 郷里の, 都合が, 金を, 錢形の, 面白かった, 馬鹿げたこと

7 [325件] あながちに, あなたでした, あなたばかり, あの晩, あまりいい, ありが, ありがたいこと, ありませんよ, ありや, あんたが, あんまりだ, いいです, いい事, いかがかと, いかん, いまから, いやよ, うそだ, うちの, おかしなこと, おそらくその, おもしろくない, お前さんが, お小夜, お糸, お紋, お鳥, かうである, かなりの, かねて, かの女, かれが, こいつの, こういうわけ, こうであった, こっちで, このおれ, この時分, この歌, この瞬間, この連中, これより, ごく稀, しかたが, すなわちこの, すると, そうだ, そこな, そこを, その問題, その国, その夏, その子供, その時代, その翌朝, その部屋, その間に, それから半, それから大分, それまで, それも, そんなわけ, たいへんだ, たしかだ, たしかにこの, ただ一度, たてに, たと, ちょっと不思議, つぎの, つまらない, つまり私, づれまで, どういうところ, どういう風, どうであろう, どうでも, どうも面白く, どこで, どんな事, なおいや, なくて, なぜかと, なぜだらう, はじめから, はじめてでした, ひつて, ふつうの, ほんた, ほんとうです, ほんとだ, ほんのわずか, ほんの僅か, まことに自然, まことに興味, みなこの, みんなこの, みんなの, むずかしいこと, むずかしかった, もう九時, もっともの, やっぱり女, やはりあの, やはりお, やむをえなかった, やめなさい, よけいな, よしたまえ, よろしい, らの, わかりきって, わかり切って, わたしです, わるかった, フシギだ, ヨーロッパの, 一は, 一ぴきの, 一日の, 三日目の, 不便だ, 不可能である, 不幸な, 不思議だった, 不思議ぢや, 不思議でも, 世の中に, 世間で, 世間に, 中に, 主人と, 主人公の, 事件の, 事実だろう, 事実でございます, 事実な, 二た, 人も, 人間に, 今で, 今までに, 今までの, 今度は, 今日に, 今朝の, 今迄, 仕事を, 仲間の, 伸子に, 何かしら, 何かと, 何たること, 何だらう, 何とも, 何ゆえである, 何者であろう, 余計な, 例によって, 俗に, 信仰の, 僕と, 元の, 兄さんの, 全く偶然, 全く自分, 其が, 具合が, 出て, 分りきったこと, 初めてでした, 医者の, 十八の, 十八歳の, 博士が, 博士の, 危険で, 厄介だ, 古いこと, 同じだ, 君だろう, 吾ながら, 吾輩の, 唯事ぢや, 嘘でございます, 嘘な, 四十がらみの, 四十二三の, 困ったもの, 困るが, 困難であった, 地球の, 声を, 変に, 多少の, 夢では, 大の, 大へん, 大変に, 大衆の, 天下に, 失敗だった, 奧の, 女は, 女軽業の, 妻が, 嫌いです, 嫌いな, 定めて, 実にいい, 実はその, 家に, 家主の, 家庭の, 寒さ, 将軍家の, 小六, 少ない, 少数の, 尤もだろう, 幕府の, 平凡な, 年が, 幸福な, 当り前な, 御尤も, 必然の, 恋の, 恐ろしいもの, 悪くない, 悲しい, 惜い, 想像する, 意外で, 意外であった, 愚な, 感心な, 慥に, 我慢する, 抑, 数学の, 斯うし, 早くて, 明治二十三年の, 明白である, 昔も, 是非ない, 時間が, 有難え, 本所の, 東洋の, 楽な, 横浜の, 止した方, 止そう, 正しくない, 正直な, 殘念だ, 無理かも, 無論です, 父は, 狐の, 猿の, 現代人の, 甚だ迷惑, 田舎の, 男か, 男女の, 男子の, 皮肉な, 相手を, 知つてゐた, 知れた事, 石の, 秀吉である, 秀吉の, 私だった, 私な, 私より, 私達が, 秋に, 穏か, 空の, 筋が, 米国の, 精, 細君の, 縁起が, 罪の, 翌朝の, 老人が, 考へ, 腹の, 自分だけの, 自分にとって, 自然であり, 至極尤も, 良人の, 若い娘, 苦痛である, 虎之, 蛇の, 見え透いて, 親子の, 言うを, 評判の, 詩人の, 話が, 話の, 誰であった, 誰であろう, 近世の, 近頃の, 道理です, 遥かに, 遺憾で, 遺憾に, 酒の, 金が, 銀座の, 面白いもの, 頭から, 頭が, 頭に, 食事の

6 [416件] あたしよ, あたりまえじゃ, あだ, あなただった, あなたでは, あなたな, あのとき, ありませんか, ある時, あんたの, いかが, いかなるわけ, いけません, いずれの, いつから, いつだった, いつまでも, いつもその, いづれも, うそです, えらいもの, おやめなさい, おれは, お互に, お光, お前たちの, お前と, お前を, お孃さん, お屋敷, お島, お徳, お浦, お町, お留, お菊, お蔦, お角さん, お金が, かわいそうな, きさま, きまって, きまつて, けしからんと, こういう時, こうやっ, ここです, ここへ, こちらが, こっちが, ことによる, このわし, このわたし, この一事, この世に, この世の, この人々, この先生, この子, この室, この屋敷, この山, この御, この木, この自分, この話, これか, これからである, これだろう, これによって, これの, これまでに, これ即ち, これ等の, こを, ごく自然, さいぜんの, さのみ, さもあるべき, すくない, すなわちこれ, そいつが, そういう風, そこが, そこだけ, そこには, その一つ, その上, その人間, その以前, その先, その名, その土地, その小説, その店, その眼, それからほんの, それじゃ, それだけだった, それだけでも, それで, それ等の, ただそれだけ, たったこれ, だれも, ついこの間, つい四五日前, つまりこれ, つまりそれ, づれから, とうの, とんでもない, どう, どういう, どういうん, どうで, どこから, どちらかと, どのへん, どの位, どんな風, ないと, ないよ, なかなか困難, なかなか骨, なんだろう, なんとした, はじめてである, はじめの, ふしぎである, ほんたう, ほんの一瞬間, まずこの, まだ夜, むずかしいと, むずかしいもの, むづかしい, むろんである, もう十時, もちろんであった, もっけの, もっともです, もとの, やはり同じ, やむをえない, ゆうべの, よいとしても, よしましょう, よつ, らを, イヤです, カントの, ワケは, 一体な, 一方から, 一方は, 上野の, 下に, 不審である, 世界に, 九時半, 争われない事実, 事件が, 事實で, 二本の, 二重の, 人形の, 人格の, 人間である, 今云った, 今夜に, 今後の, 今戸の, 今日は, 仏の, 仏蘭西の, 仕方も, 他にも, 他を, 伜の, 伸子が, 伸子の, 体が, 何じゃ, 何による, 何ゆえであろう, 何んとしても, 何事だ, 何故かという, 何者な, 余が, 余ほど, 余りにも, 佛蘭西の, 俺は, 偉い, 先月の, 全く不思議, 内に, 内の, 初めて, 初めは, 前年の, 北の, 北京の, 十九の, 十五の, 十八世紀の, 十六の, 十四歳の, 十日の, 半分は, 危い, 即ちその, 厭や, 又別, 口に, 口実で, 古の, 可哀想だ, 吉原の, 名探偵明智小五郎, 君な, 吾人の, 味方の, 咄嗟の, 唯だ, 善い事, 嘘か, 四年前の, 四角な, 困ります, 困ると, 困難だった, 国を, 国民の, 在来の, 変である, 夏も, 外国人の, 多分それ, 夢だった, 大したもの, 大人げない, 大人の, 大嘘, 大学の, 天然の, 太陽の, 夫は, 如何と, 始めての, 婆さんの, 嬉しかつ, 子の, 子を, 子分の, 子刻, 孔子の, 宜いが, 実はそれ, 客観的に, 宵の, 小説の, 尤である, 屋根の, 平気だ, 年上の, 幸ひ, 幾つも, 幾らも, 庄造の, 底の, 庭の, 当りまえだ, 当りめえ, 当日の, 後者の, 心苦しいこと, 思うに, 急に, 恐らくこの, 恥だ, 悪い, 悪うございました, 悪くは, 意外である, 意外な, 感心しない, 抽象的な, 掛り人の, 支配人の, 日本だけ, 日本には, 日本橋の, 旦那の, 早くも, 明日に, 明日の, 昨夜が, 最大の, 有難い, 本の, 本当だった, 本当らしい, 本意でない, 本望だ, 東京で, 極めて稀, 構わないが, 止さう, 止しに, 此だ, 此家の, 此時である, 武人の, 死ぬよりも, 死んで, 死んでも, 殺生だ, 母であった, 民衆の, 水戸の, 決して自分, 沢山ある, 油断が, 浅ましいこと, 海に, 淋しい, 渠が, 渠の, 漢の, 火星の, 無いの, 無理でしょう, 無理でない, 無論であります, 熊の, 物足りない, 特殊な, 理に, 理性でなく, 甥の, 甲斐の, 男だ, 男でも, 男性の, 當時の, 疑はれぬ, 皆な, 真実である, 真実に, 真実の, 眼が, 瞬間で, 神仏の, 私たちが, 私だけの, 私共の, 秋も, 科学者の, 空を, 竹の, 第三, 精神の, 素直な, 絶対の, 緑の, 考えものだ, 考へて, 腰の, 腹が, 自分から, 自分には, 自分にも, 自分ばかり, 自然であった, 自然を, 至難の, 致し方が, 色々の, 若旦那の, 苦しいこと, 薩摩の, 見た事, 見ても, 見るも, 言わずと, 許し難い, 誰かが, 誰もが, 誰れ, 警視庁の, 贅沢だ, 贅沢な, 越後の, 越後屋の, 足を, 迂濶, 違う, 遺憾な, 野暮の, 鉄の, 長屋の, 間の, 間違いも, 難かしい, 面白いところ, 顔を, 顔見知りの, 首を, 馬鹿だ, 馬鹿に, 馴れて, 駄目だ, 驚くべきこと

5 [655件 抜粋] あいきょう者, あさましく荒んだ, あなたでしょう, あなたと, あの頃, あるまい, あるもの, ある点, あれだ, いいと, いいん, いかがと, いったいだれ, いつごろから, いつぞやの, いつまで, いない, いまが, いやか, いやであった, うき世, おかしいで, おかしいという, おかしかった, おまえが, およしな, おれと, お互いに, お俊, お勝手, お勝手の, お品, お国, お園, お延, お新, お止め, お父さま, お豊, お静, お駒, かうな, かくの, かわいそうです, きょうの, きわめて自然, けだしこの, こういう場合, こういった, こうしたわけ, ここな, ここまで, こちと, こっちだ, このうえ, このうち, この一点, この動物, この夜, この夜更け, この方, この時期, この書, この犬, この第, この老, この老人, こんなところ, しかしその, ずっと以前, そういうところ, そうでない, そこは, そのやう, その一例, その作者, その心, その手, その手紙, その最後, その理由, その直後, その結果, そもそも何, それからま, それからもの, それだけでした, それらが, それ以後の, そんな風, ぞうさも, たいていは, ただ一本, たての, たまらない, だめだ, だん, ちが, ちょうど今, つい先頃, つくづく厭, つまり僕, づれを, どういう事, どうか, どうな, どうもこの, どう致します, どう言う, どの家庭, どれです, どれほどの, ないから, ないでしょう, なかつたの, なに, なんじゃ, なんだい, はじめてであった, はじめてな, ばからしいこと, ひどいじゃ, ひどすぎる, べつな, ほかじゃ, まことに無理, まことに遺憾, まずその, また格別, まだしもだ, まだ外, まだ早, まだ明るい, まだ聞いた, むしろ自然, むだだ, むろんだ, めずらしいこと, もうこの, もうやめ, もう二十年, もう夕刻, もちろんその, もちろんだった, もとよりの, やめよう, よいもの, よく知られた, よした方, よしに, よそうと, わたしだけ, わるい, われらの, シナの, チベットの, ナポレオンの, ベルリンの, ホテルの, ボランティアの, モスク, ロシアの, 一人や, 一度や, 一方の, 一時半, 一枚も, 一頭の, 丁度この, 丈夫な, 三年の, 三階の, 下等な, 不当で, 不思議も, 不意に, 与八の, 世に, 世間を, 主水, 乳母の, 亀の, 予の, 争えない, 事が, 事実であり, 事実に, 事實だ, 事實です, 二人だけ, 二十三日の, 五十年配の, 亭主を, 人々が, 人情である, 人民の, 人間だけ, 今いう, 今である, 今日で, 今日でも, 今日まで, 伝六で, 伯父の, 何だえ, 何だった, 何でございます, 何といい, 何と興味, 何分にも, 何年か, 何故に, 何者である, 余りと, 作品の, 俳優の, 俺じゃ, 俺も, 兄貴の, 先方の, 全くあの, 全く夢, 八五郎が, 其で, 其家, 刀を, 初夏の, 判つてゐる, 別に不思議, 別荘の, 前代未聞の, 前者の, 劇場の, 十一月の, 十九か, 十九世紀の, 十二三の, 十二時過ぎであった, 卑劣な, 卑怯で, 卑怯です, 南の, 単なる偶然, 単にこの, 即ちそれ, 厭だつた, 友人の, 古くから, 古代の, 可笑しいが, 可笑しいで, 合理的な, 同じよう, 名前だけ, 君だった, 周囲の, 唯一目, 噂に, 困るの, 困難です, 地球が, 墓地の, 壽阿, 夕方で, 多くこの, 多分これ, 多計代, 大マチガイ, 大仕事, 大嫌, 大工の, 大正八年の, 大衆が, 天にも, 天平の, 奇怪な, 女性の, 女王の, 好かつたが, 好ましくない, 妙です, 始めから, 嫌でしょう, 子供を, 孫の, 宋の, 宗教の, 宜い, 実にそれ, 実に面白い, 実は, 実在の, 家中の, 容易でなかった, 寔に, 将来の, 尋常の, 小判が, 小説家の, 少しは, 少女の, 尤もです, 山々であった, 山を, 左も, 平次にも, 平生の, 幸であった, 幼稚な, 建物の, 弟が, 弱った, 当然さ, 当然過ぎる, 役所の, 後日の, 後漢, 徒らに, 徳の, 心を, 必定で, 忍びない, 思えば, 思想の, 怪むに, 恐らく彼, 恐らく私一人, 恰度その, 惜しいやう, 惜しい事, 惜しみても, 愉快であった, 意味ふかい, 意外だった, 愛嬌の, 感心です, 憎いじゃ, 我国の, 批評家の, 抽斎の, 故意に, 敵に, 敵を, 文を, 日下江, 日本と, 日本へ, 明らかだった, 明智の, 明智探偵の, 明白であった, 昨日や, 昭和十三年の, 時を, 曲者の, 曹操の, 最前の, 月に, 有難いと, 朝臣が, 本当である, 本当でしょう, 本意で, 本物の, 札幌の, 村から, 村で, 梅本だった, 極めて当然の, 横に, 止しましょう, 止せと, 正にその, 此男の, 武家の, 死ぬより, 残って, 残念, 残念で, 母に, 毎日の, 気味の, 気持ちが, 江戸中の, 決してその, 決して容易, 河豚の, 治承, 法月弦之, 淋しいと, 滑稽だった, 烏の, 無かった, 無意味だ, 無智, 無法だ, 無益である, 無論その, 無限の, 煤が, 父に, 特別の, 犯人の, 珍しかった, 理性の, 甚しい, 生きること, 生れつきだ, 生命の, 用を, 甲府の, 男で, 異様な, 當の, 當然な, 白衣の, 百姓の, 盆の, 目下の, 相當, 眼と, 矢張り, 知つてゐる, 知れきったこと, 祖先の, 神さまの, 神に, 神戸の, 禁物である, 私たちは, 私どもの, 私達の, 科学は, 穏やかじゃ, 答えた, 米友が, 米友の, 素朴な, 美しい, 考えても, 聞いて, 胸が, 胸に, 腕に, 自明な, 自然が, 自由だ, 致し方も, 舞台の, 船が, 船に, 苦手だ, 苦痛だ, 英国の, 茶店の, 蓮の, 薬だ, 表向き壻どり, 見っとも, 見るに, 親分も, 言うまでもなかった, 詩の, 誤りであった, 誤謬である, 誰じゃ, 變です, 象の, 貴方が, 貴様の, 賢明な, 辛いもの, 近くに, 迚も, 迷惑だ, 途中で, 運命の, 道の, 道を, 道理の, 遠い昔, 適当でない, 遺憾と, 都の, 釈迦に, 銀の, 間違いです, 間違いの, 間違ひ, 離れて, 雨が, 雪が, 面目ない, 音楽の, 頭を, 風が, 馬鹿気て, 髪の, 魂の, 黙って

4 [1133件 抜粋] ああ云う, あたくし, あたりめえ, あっしと, あつた, あなたにとって, あの事, あの野郎, あまりにひどい, あまり結構, ある場合, ある裏町, あれも, いいけど, いかなる意味, いかにも不思議, いけないの, いつごろの, いつて, いつに, いやでした, おかしいよ, おぬ, おまえだろう, おもしろいが, お久, お前さんか, お前だけか, お嫌, お常, お杉, お梅, お民, お照, お艶, お隣の, お高, かえってその, かなり困難, きみが, けっきょく, こういう事情, ここだけ, ことさらに, このところ, この世界, この人たち, この僕, この外, この婆, この川, この時計, この界隈, この若者, この部分, こればかり, ごくまれ, ご免だ, さすがだ, ざらに, すぐ前, せっかくの, そういうもの, そうでも, そこです, そこらに, そのままに, その事件, その人達, その前後, その場所, その小屋, その後に, その歌, その物, その目的, その道, その長い, その首, それだけで, それでした, そんな意味, たいていの, たしかにそれ, ただ彼, たぶんこの, たやすいこと, だれだろう, ちょうど彼, つい先日, つまらないと, つまり人間, つまり彼, どういう人, どうだい, どうも, どこかで, どこかに, どこな, どこを, どなたでしょう, どんな方, ないよう, なかなか難しい, なにかの, なんぼなん, はじめてで, ばかげたこと, ひとつの, ひょっとする, ふたりとも, ほんとうだった, ぼくは, まことに不思議, まさしく女, まずかった, また別, まだうら若い, まだ卯刻半, まだ我慢, まちがいである, まったくこれ, まづ, むしろ彼, むだな, めずらしい, もうこれ, もう亥刻, もう夕暮, もう灯, もっと別, もとよりである, やはりあなた, やはり女, やはり自分, やめましょう, よくわかっ, よしたが, よっぽどの, よろしいとして, わかり切つて, わたくしも, わるいこと, わるくない, ウソで, ザネリが, ソヴェトの, ナゼだろう, ヒドい, ムリである, ロンドンの, 一代の, 一体何者, 一年の, 一挺の, 一条の, 一般的な, 一週間も, 一面から, 一體どんな, 三つの, 三年前の, 上から, 下手な, 不快である, 不愉快だ, 丑松の, 世話に, 中一日, 中国の, 丹之, 久しい前, 乱暴だ, 争われない, 事実でしょう, 二上山である, 二十の, 二十五の, 五十ばかりの, 京の, 人情だろう, 人間だ, 人間ばかり, 今と, 仕事の, 仕方の, 伸子にとって, 何さ, 何であった, 何と言つて, 何より, 何事にも, 何処だ, 何故だらう, 何時でした, 何時頃でした, 何者じゃ, 余り好い, 例外なし, 俺には, 俺を, 倅の, 偉大な, 偶然な, 僕ばかり, 先生だけ, 先祖の, 入口の, 全くです, 全く意外, 全体の, 六つの, 兵部の, 其方の, 内容の, 凡そこから, 分りきつ, 別に深い, 利休の, 前世紀, 前後に, 割合に, 勝手の, 勿体ない気, 勿論だった, 匕首が, 十一時であった, 十二時, 十六日の, 十年も, 半七, 卑怯である, 即ちこの, 厭でございます, 口を, 古事記の, 可厭, 可笑しいな, 可笑しかった, 同じである, 名を, 名誉な, 君たちであり, 君を, 吾人が, 哀れな, 唯事じゃ, 喜助の, 嘘の皮で, 四つの, 四日の, 土地で, 地平線水平線の, 城の, 場所の, 変ね, 多く彼岸の, 多数の, 大そう, 大人が, 大人気ない, 大変面白い, 大違い, 大體, 天下を, 夫と, 失礼かも, 失礼に, 奇観である, 女です, 女史の, 如何な, 如何にも不思議, 娼婦の, 嫌いだった, 嫌に, 子どもの, 存在を, 実に, 実に意外, 実の, 容易であった, 宿屋の, 富士の, 尊い御, 小万, 少し細工, 少なからぬ, 尤な, 山に, 山際ばかり, 岡田の, 差支ない, 巳刻半, 常識である, 平常の, 平気な, 年とった, 年寄の, 幸いです, 幸です, 幼少の, 広い世界, 当らないと, 当り前であります, 形が, 形ばかり, 彼一人で, 彼女で, 彼女にも, 彼方の, 彼自身で, 後ろの, 得策でない, 微妙な, 心持ちが, 心苦しいと, 必ずしもその, 必然です, 念入りだ, 思いきや, 思ひも, 恐るべきこと, 息子の, 悲しむべきこと, 惜しいが, 想像し, 意味深い, 意義の, 感情の, 憚られた, 我々を, 我等の, 戦争が, 戦争中の, 所謂, 持って, 故なき, 文久二年の, 文学者の, 料理の, 斯様な, 旅に, 日も, 日本だけの, 日本ばかり, 日本左衛門の, 日頃の, 明に, 明らかです, 明治以後の, 昨日今日の, 是も, 普通だ, 普通である, 暗くなっ, 最上の, 最近に, 有が, 有難い事, 木を, 木綿の, 本を, 本来は, 村人が, 果して私, 柳の, 梅の, 植物の, 極りが, 槍を, 次郎だった, 止めだ, 正当な, 正直で, 此人である, 此後に, 此日早天に, 歴史が, 歴史を, 残酷である, 殘念である, 民弥である, 氣に, 水と, 決してあなた, 決して困難, 決して無意味, 河内屋の, 涙を, 清作の, 湖の, 源氏の, 火事の, 無用の, 無論だ, 無駄で, 父母の, 爺さんが, 物理学の, 犬が, 猫が, 玄女である, 玉に, 珍しくも, 甚だ危険, 甚だ稀, 男ばかり, 町に, 畢竟は, 異な, 當然であります, 病人の, 皮の, 監獄の, 眞に, 真平だ, 眼で, 矢っ, 知らずに, 確かだった, 社会が, 祖父が, 祭の, 秀吉が, 私のみ, 私一人だけ, 窓が, 粗末な, 約束の, 素人の, 細工が, 結晶の, 綺麗な, 義兄の, 考へるの, 耳の, 肝腎の, 脛に, 自から, 自分一人の, 自業自得だ, 自然だった, 自然への, 致し方ない, 舟を, 芝の, 芥川の, 若い人, 若しや, 茲に, 蕪村の, 藤原の, 蛙の, 複雑な, 見えて, 見つけもの, 解り切って, 言葉によって, 許しがたい, 誠に遺憾, 誰にでも, 論理の, 豚の, 貧乏人の, 貴方です, 貴様が, 質素な, 趣味の, 身体に, 辛いから, 農民の, 退屈な, 道理で, 違って, 適当な, 酷である, 重大な, 金だけ, 鉄道の, 長庵, 間もなくであった, 間違いない, 間違である, 障子の, 雑司ヶ谷の, 難有, 非凡の, 面白いぢ, 面白いな, 革命の, 頷いた, 額の, 飯を, 馬を, 髪を, 魂が, 鮎の, 鳥の, 鶏の

3 [2352件 抜粋] あいつが, あすの, あたりまえである, あっしの, あなただけよ, あなた御, あの内儀, あの美しい, あまり気, ありがたくない, あるいはこれ, ある地方, あれほど, あんまり可哀そう, いかがであろう, いくらし, いささか変, いったいどなた, いつで, いつの世にも, いまだ, うそで, え, おかしいわね, おっ母さん, おまえさんが, おまん, おれも, お人好しの, お前です, お好き, お客様の, お房, お月様, お気に入りの, お神さん, お竹, お道, お靜, かく申す, かなり大きな, がんりきの, きらいだ, けだし自然, こういうとき, ここだった, こちらから, このあっし, このせい, この三人, この冬, この婦人, この平次, この期間, この池, この草, この音, これ全く, こんなの, こんな風, さきほどの, さよう, しばらく前, すでにその, そうでなく, そちらに, そのせゐ, そのままで, その事情, その側, その場合, その室, その後である, その昔, その相手, その第, その美しい, その表現, その點, それから一月, それだけか, それのみ, たいへんです, たしかに女, ただひとり, ただ空間, たつた一人, たまらないこと, だな, だれに, ちは, ちょっと待っ, つく, つまりそれだけ, つらいもの, づれへ, とうぜんな, どいつだ, どういう動機, どうしてこの, どうにも, どう見, どなたで, どれだけ, どんな人間だい, どんな野郎, なかなかない, なぜで, なんだかへん, なんと, なんに, ふさわしくない, ほんとの, ほんの近年, まあ仕方, まことに結構, またそれ, まだそれ, まだ自分, まっすぐに, まったくわれわれ, まともな, みんなで, むずかしいの, むりも, もう一年, もう十時近く, もう夜半, もう朝, もってのほかの, もとより当然である, ものを, やっぱり私, やはり太陽, やむを得ません, やり切れない, よくわかる, よんで, わが退屈男, わしは, わたしに, われ, カントが, クルリと, ドコに, フランスに, ラサ府の, 一人だけ, 一体なに, 一寸法師の, 一式小一郎で, 一方では, 一時に, 一生かかっ, 一週に, 丁度私, 三味線の, 三時頃であったろう, 上等の, 下手人は, 不可能で, 不安な, 不快だった, 不愉快です, 不自然だ, 世の常の, 両人の, 両親の, 中学校の, 主の, 之と, 九月も, 事の, 事実では, 二の次で, 二十四五歳の, 二度目だ, 二月も, 五十を, 五時を, 京橋の, 人々に, 人物の, 人間としての, 今回の, 今日初めて, 仏教が, 仕合せでした, 代々の, 企みが, 伝説の, 佐々の, 体を, 何かを, 何だったろう, 何ともいえない, 何びとにも, 何んでも, 何事も, 何処です, 何時だった, 何時頃だ, 何等の, 余に, 余人ならぬ, 來る, 俳優が, 偶, 僕だって, 僕自身を, 億劫だ, 先ずこの, 先生は, 全く, 全く容易, 全く珍しい, 八ツ, 六人の, 其の人, 其処を, 冥加に, 凶作の, 分りきつて, 別である, 剃刀の, 前日の, 努力の, 勿体ないから, 勿論であります, 十一時過ぎで, 十五日だ, 十六世紀の, 十時少し, 午後遅く, 単に, 博士は, 却ってその, 厳密に, 反対に, 口で, 古くて, 只今の, 可憐な, 可笑しな, 同じやう, 名の, 向柳原, 周囲に, 商売の, 喜ばしい事, 噴火の, 四時近い, 困るけれども, 土蔵の, 地獄に, 堪忍し, 壁や, 夏目先生の, 外交の, 多年の, 大きさ, 大体そんな, 大変です, 大成功, 大昔から, 大正二年の, 大正十年の, 大黒屋の, 天子が, 天然自然の, 夫, 失礼である, 奇異な, 女じゃ, 女の子に, 女房で, 好い事, 如何にも変, 妻君の, 姉さんで, 姫では, 嫌か, 子供と, 子規居士であった, 孤独を, 宗太だ, 定って, 実にこういう, 実に感ずべき, 実に気持, 実に遺憾, 実は嘘, 客の, 家で, 容易であるまい, 寧ろその, 対象が, 小判で, 小野の, 少い, 少しひど, 少し早, 少し酷, 少ないよう, 山々でございます, 山吹色の, 川長の, 己が, 市の, 幕末の, 平気です, 幸せでした, 幾つで, 床の, 庶民の, 弟は, 当りまえじゃ, 当時は, 役者が, 彼一人である, 彼女にとっては, 往来に, 御婦人, 御馳走の, 心外だ, 心配で, 必らずしも, 怖い, 思ひがけ, 怪塔王です, 恐らく君, 恥ずかしいこと, 息を, 悪いの, 悲惨である, 惜しい位, 愉快じゃ, 意外だ, 慥かに, 我が国では, 或は, 手前だけよ, 承知した, 指を, 支那から, 政治上の, 数年も, 断念した, 新嘗, 旗本の, 既にその, 日本一の, 旧時代, 早足の, 明けて, 明治三十五年の, 明瞭だ, 春も, 昭和十五年の, 昼間の, 時計の, 普通一般の, 曾ては, 有害である, 朝倉先生の, 本人が, 本所相生町の, 朱の, 村民の, 東京を, 板倉屋の, 根岸に, 桃, 極めて古い, 楽しいもの, 樂な, 歎かわしい, 正しいか, 正面に, 此家に, 此處で, 武芸の, 死刑を, 残念と, 殿下の, 母親と, 氏は, 気の毒であった, 水蒸気の, 江戸時代の, 決して本心, 油断の, 流行の, 清水の, 漢詩と, 火星人の, 無いよう, 無意味な, 焦茶色の, 父上の, 物騒だ, 猩々で, 現今の, 甚しく, 生きた人間, 生意気だ, 甲の, 男子が, 留守番に, 當然だらう, 病気を, 白粉の, 皆さんの, 盗賊の, 相済まぬ, 真っ平だ, 真理だ, 眼だ, 知らないが, 石が, 祇園の, 神経衰弱の, 私にと, 私達ばかり, 稀有の, 稲葉家の, 立派で, 第三版, 筆の, 箱に, 紙を, 組紐の, 絵師の, 編笠を, 罪を, 置いて, 羨しい, 考えると, 耳に, 脊の, 自信が, 自分らの, 自己が, 自然科学の, 般若丸の, 船長は, 花に, 若い手代, 若侍, 茶室の, 落ちて, 葬式の, 藩の, 血だらけの, 表現の, 裾を, 見つとも, 親分, 解りきって, 言葉だけ, 詩に, 誠に困る, 誤りであっ, 読者を, 誰でございましょう, 諺に, 貧乏の, 貴様に, 賢明だった, 越中の, 身体が, 軍部の, 農業の, 近年の, 退屈男です, 造作は, 道具の, 遺憾であります, 酉刻, 里の, 金で, 鉛の, 鎌の, 長い年月, 間違だ, 陰暦の, 随分古い, 隣家の, 電話の, 非である, 面白い事実, 頗る面白い, 額に, 風を, 香蔵だ, 駒井能登守の, 驚くに, 髪の毛の, 鰯の, 麓の

2 [7438件 抜粋] ああした, あたしだった, あてに, あなた方の, あの女スリ, あの番頭, あまりにその, あまり気持, ありがち, ある秋, あんまり卑怯, いかがでしょう, いかにも気の毒, いけないね, いつかの, いつもは, いまいましかった, いやらしい, うちに, おおかたこの, おせき, おどろかれます, おりか, お倉, お前は, お厭, お師匠さま, お昼ちかく, お燕, お美夜ちゃん, お里が, かう言, かの有名, がまんが, きもの也, けっこうや, ここらに, このまえ, この人達, この前年, この夫人, この形成, この春頃, この眼, この謎, この長屋, これかと, これまでには, こんな感じ, さうい, さておいて, しばしまで, すこし工合, すべて抽象的な, せめてこれ, そうした人, そっちな, その一, その刀, その咄嗟, その宵, その悪評, その木, その生涯, その線, その超自然的, その雑誌, そらあの, それだけかい, それゆえである, そんなケチ, たいへんでしょう, たしかに馬場, ただかかる, ただ私たち, たのしいわね, だから当然, ちとおかしい, ちょっと困難, つい去年, つまり次の, てれくさくて, どういうもん, どうかね, どうにも返済, どう考えた, どの程度, どんな物, なおが, なかなか大変, なにか仔細, なんとなく爽快, はっきりと, ひとえにこの, ふしぎじゃ, ほんとうだろう, ほんの二三人, まあ早く, まことに止む, まさしく酒乱, また何, まだ十三, まだ浅い, まったく御, みんなお, むしろいい, むずかしくも, もうそこ, もう二時, もう十時半, もう年, もう目, もしやこの, もって, もとより何, やっぱりお, やはりそれ, やはり本所, やめたまえ, よかったです, よし, よろこぶべきこと, わずか半日, わたしばかりじゃ, アメリカだけ, オダルの, キウ, ゴルボー屋敷の, ジーキルの, ツイ二た, ドゥリームでしか, パツと, フランスであり, ベッドの, マルサスを, ヨーロッパに, 一々の, 一九三六年の, 一人離れ, 一口の, 一年生の, 一時頃で, 一番幸福な, 一蓮寺の, 丁度, 七兵衛でありました, 万吉で, 三十一日の, 三吉だけさ, 三日前に, 三艘の, 上流の, 不利と, 不安だ, 不注意と, 不道理, 世間周知の, 中条流の, 主として此, 主語的論理の, 之等の, 乞食根性だ, 事実でした, 二三日前の, 二十二三柳橋あたりの, 二十面相が, 二時近くであった, 五代目菊五郎に, 五時小屋の, 京子の, 人情でありましょう, 人間で, 人魂の, 今宵の, 今更此処, 仕事力への, 以前には, 会社の, 佐々刑事であった, 何かと見る, 何とうれしい, 何ものだ, 何んとか, 何奴か, 何等か, 余は, 作者に, 信二の, 俺にとっては, 倹約の, 偶然ながら, 僕たちは, 僻見である, 元金瓶大黒の, 先代が, 先頃の, 全くアノ男, 全く御, 全く辛い, 八時だ, 六十三番凶の, 其である, 其日の, 冗談, 凡てが, 刀では, 切崩した山, 初夢を, 別れて, 前々から, 前髪の, 勇を, 勝重だ, 勿論私, 十を, 十三日の, 十八年前一人娘の, 十時であった, 千束町二三丁目の, 半切に, 半蔵門に, 南蛮寺の, 単純すぎる, 即ち此, 原稿の, 去年も, 叔母である, 口説き方, 古来からの, 可愛らしいの, 右京が, 吉田屋の, 同君の, 名代の, 君江である, 呻吟声ばかり, 哲学の, 商家の, 喇叭や, 嘘でない, 四五人の, 四尺あまりの, 四谷から, 困難でも, 園遊会より, 地獄で, 基督教の, 変遷である, 外にも, 多分夜露, 夜分人に, 大きいの, 大へん愉快さ, 大勢を, 大好きな, 大抵お, 大森林, 大江山の, 大鉞, 天罰です, 夫ばかり, 奈良平安の, 奧さんの, 女の子であった, 好いけれども, 好む所, 如何にも辛かっ, 姉が, 娘と, 嫌だって, 子供らしく, 学校で, 宋が, 定吉より, 実に困難, 実に昨日, 実はこちら, 実際な, 宣教師の, 家庭教師の, 寂しくも, 寧ろ豁達, 小さいなりに, 小夜の, 小次郎が, 少いよう, 少し小柄, 少し閉口, 就職の, 山々じゃ, 山窩の, 巡査が, 差しつかえない, 帆村だった, 常人よりも, 平安の, 年上らしい, 幹助だ, 幾島暁太郎で, 底が, 建築中の, 当たらない, 当人にも, 形は, 彼において, 彼自身に, 得策では, 御嶽冠者と, 微笑した, 心外であった, 心配でした, 必要である, 怖いから, 思想的内容を, 恁う, 恐ろしい力, 恭一の, 悪魔です, 情愛の, 想像が, 意外です, 愛妾お, 慧眼でした, 我々だ, 或は金, 房五郎だ, 手頃の, 指揮者の, 換言すれ, 政治では, 数の, 文久三年の, 文芸という, 新劇が, 新蔵で, 日ごろは, 日本人を, 旦那方の, 早起きの, 明治三十九年の, 明治初年に, 昔震旦から, 昭和十二年の, 時候を, 普通よく, 暴っぽい, 最もいけない, 最高尚, 朝である, 末の, 本末を, 朱に, 来春だ, 板垣伯に, 柔かな, 案ずるに, 梯子段が, 極めて当然な, 構わねえが, 機械を, 歌舞伎芝居や, 正しいの, 正確な, 此処だ, 此村土着の, 武田の, 死んだ大, 殆ど毎日毎夜, 殘念な, 毎々の, 気の毒であり, 水も, 氾濫し, 池谷医師の, 決して消極的, 沢山, 法律には, 泰西の, 浅く大した, 浮子の, 淨土を, 済まない事, 滑稽であった, 濤ばかり, 焔の, 無数の, 無益の, 然うし, 熱の, 父親が, 牛馬の, 特にお, 狡猾な, 猶更不可能, 珍しくなかった, 現金な, 甚だ残念, 生ビールと, 用心深く履物, 男から, 畢竟, 當然として, 病室で, 癌では, 白無垢綿帽子の, 皇帝の, 目的の, 相応に, 眞砂町の, 真直ぐに, 矢張りこの, 知れ切つて, 砂馬の, 確実だ, 社殿の, 神楽坂の, 禿頭で, 私ひとりで, 秘密でも, 穢れから, 窯焚き, 竿で, 笹野新三郎と, 範之丞であった, 米子と, 紙と, 紫色の, 経験の, 結構であった, 緑青で, 羅漢の, 群集に, 習慣の, 考えもん, 職人たちの, 肺病で, 膝の, 自分より, 自慢に, 自身に, 興が, 船長と, 芸者の, 若葉の, 茲では, 荻窪だ, 葉之, 蔵海が, 藪の, 蛇足である, 蝋塗鞘赤銅の, 術の, 裏口の, 西洋から, 見ました, 見物人が, 親方です, 解剖の, 訣が, 誇張である, 誤り, 誰でもが, 諸方に, 象牙の, 貴公が, 資本主義社会の, 赤ん坊が, 躑躅だ, 軽率であろう, 迂遠で, 迷信では, 遂此頃の, 道中師の, 道路の, 適当で, 都を, 醜悪だ, 金であった, 金持ばかり, 銀公の, 鎌倉時代の, 長州の, 間違いに, 閣下が, 陳振, 随分悪い, 雑器の, 雲霧の, 青木の, 面の, 靴下を, 頷いて, 風説に, 食糧であった, 餘計な, 馬肉の, 驚嘆すべき, 高等学校から, 鳥だ, 黄金なす

1 [65375件 抜粋] ВОКСであった, あたかも月夜, あながち彼, あのペトロニウス, あの峠, あの経師職, あまりには, あまり美し, ありゃ大砲, ある用言, あんまり御, いかにもこの, いかに解すべき, いささかならず, いったい不都合, いつもうっかり藁草履, いつも身体, いやだっ, いわゆるヤマハギ, うれし, おかしい話, おそらく容易, おのづか, おりおり日向, お前さん故だ, お山同心の, お玉と, お釋迦樣, かえって浪人, かなり人を, かの記憶, きっとあしたあたり, きわめてすくない, けっして犯人自身, こうした意味, ことごとく, このインボスタ奴, この中央天文台, この劇場, この孔, この戀患, この歌舞, この病人, この舞台たる, この鍋, こまるな, これ五位以上の, こんや, さういふ折檻, さびしいな, しずかな, じつはさっきお話し, すこし聞い, すでに長所, すべて遠藤氏と, せらぴむか, そういう趣向, そこで自然, そのとき數日前, その主体, その分校, その夜佐久間氏, その弟子達, その支藩, その樹, その白い, その肢体, その足許, その顔面, それかも, それとも誤解, そんなに恐ろしい, たいがい読まなく, たしかにこっち, たしか仲の町岩本楼, ただヴェネチア, ただ日常生活, ただ静か, たとえば眼隠し, たれだ, だ臘, ちょうど五時, ちょっとゾッとする, つい襟元, つまり僧堂教育, つまり資本主義文化, づれ近く迄, とても東京, どういう料簡だい, どうして嗅ぎ付けた, どうも口調, どう参ったら, どんなにあつく, ないだろうが, なかなか旨い, なにやら水際, なんだか神聖, ねんねこ半纏を, はやくだれ, ひとり難を, ふたたび川, ほとんど全く無い, ほんの一息, まぎれもなくつづみの与吉, まことに辛い, まさに藤夜叉, また嬢, まだ三年, まだ正直, まったく官兵衛孝高め, まるで恋人, みな間違いで, むしろい, むしろ自分ら, むろん春隆, もうやめましょう, もう十数年以前, もう死体, もし諸君, もっときつかっ, もとより不当, もはや血液, やっぱり人間, やはりわれわれ関東人, やはり床, やはり蒭, やや自己弁解, ようやく近頃, よしたいと, よろこびであった, わけて, わりにうまかっ, アフリカ西海岸の, イディオロギーと, エポスという, カギの, キッピイ一人であった, グンペルトといった, サシヤ・ギイトリイといふ, シートン氏の, スペインである, タクシードを, チョビ安の, デンマルクの, ナゼです, ハンスの, ヒノエウマ生れの, フランス語で, ベアトリーチェなり, ポンポンと, ミトコロと, モンテカルロ辺りの, リュウマティズムだ, ロロー殿下であった, 一ト骨だろう, 一人この, 一八六二年の, 一女優の, 一度籤, 一時間か, 一番奧の, 一見遠来, 丁度一週間ま, 七十四に, 万治三年八月であった, 三十年前な, 三日目, 三輪田真佐子女史が, 下さらなさ, 不可ん, 不料簡, 与謝野晶子女史と, 両家以外の, 中書省の, 主として上述, 主観的傾向で, 九指を, 亀沢町に, 事情も, 二十七八に, 二台しか, 二重廻しを, 五十俵穫った, 五月十二日であった, 享保の, 人心が, 人間本来の, 今下げた, 今日若い, 仏蘭西が, 以前, 伊豆西海岸の, 伸子一人に, 何かと問われれ, 何となく不安, 何より先, 何故か仕上げ, 何處かと, 余人でも, 使屋の, 促成野菜の, 修行者だった, 假令日蓮宗が, 傲慢である, 僧兵もどきの, 元来猫が, 先づ種を, 先頭第, 全くがら, 全く思案, 全く解釈学, 兩國から, 八本指の, 六年前である, 兵馬にとっては, 其巾着を, 内儀さんが, 冷たい床, 出来なかったよりも, 切実に, 別に三吉, 刺繍の, 前額から, 加賀さまの, 勝には, 勿論上首尾, 包装の, 十一年前だ, 十二年には, 十四五に, 十錢づゝ値切る, 午前中であった, 半ばこの, 南原杉子である, 単に受動的, 占筮術と, 即ち民権自由論, 厚い鉄, 又助で, 取ッ, 古ハガキ, 只此方, 右近丸, 同じお気に入り, 同大学, 名論卓説が, 否定を, 呼延灼であった, 唇ばかり, 商家からの, 嘉永五年で, 四十面相の, 因果が, 国民に, 土耳古人だけさ, 坊主どもの, 堯が, 売ってしも, 夕飯後です, 多分切支丹, 多摩新田金井村の, 大いに利き, 大したむずかしい, 大元帥明王の, 大変偉い, 大師講という, 大方それについて, 大正十年からは, 大谷刑部である, 天保六年乙未の, 天皇を, 夫婦に, 奥さんと, 女子青年で, 好まない, 如何に面倒臭い, 姑く, 嫌だろう, 孔明であった, 孫右衛門の, 安物菓子で, 定評だ, 実に六百万両, 実に筑紫, 実は嫁, 実際どうもここ, 宴会の, 寄せ手の, 實景である, 対象の, 導師である, 小劍, 小浪だ, 少々心得, 少し怪しから, 少年に, 屋下に, 山木と, 岩倉公だ, 川開きの, 已に四十余年, 師団長に, 常識さ, 平方的暗号であり, 幸いどうか直ぐ, 幾年を, 庫田さまお, 弁護士だった, 強い叱咤, 当分恐れます, 当然佐藤春夫, 彼をめぐって, 律義な, 従来は, 御法度だ, 徳永直が, 必ずしもそれ, 必ず頭, 忠義だ, 思ひつきさ, 怪美人で, 恐らく徳川時代, 恥しいこと, 悪い何, 情意の, 意外とも, 感心でした, 憎みあって, 我々鉄道屋仲間の, 戦傷し, 所謂牛蒡種という, 手近かな, 折角転地療養, 指物に, 揺木馬で, 政党屋が, 散文的だ, 文久元年七月二十日の, 文芸部の, 新しく燃えついた, 新道, 既に遅, 日本水泳協会だった, 旨いこと, 明け方ぢかい頃だった, 明治二十三年以後の, 明神様の, 春琴よりも, 昭和十四五年ころに, 時局の, 暁方近くでした, 書けぬ, 最前呼子を, 有名な話しである, 朝鮮語, 未定的という, 本当に存在, 本質的妖怪の, 杣夫であり, 東風君である, 果してそれ, 柳秋雲だ, 案内を, 棺の, 極めて近年, 標題の, 櫻島, 止せ弁護士試験, 正吉だった, 此人が, 此私で, 武田家の, 死後の, 段々実際上, 毎日六階の, 民政党の, 氣おくれ, 永らく行方, 池上が, 決して愛そのもの, 沖縄県の, 法師野いらい, 洗面鉢へ, 浅見である, 海面であろう, 深田贔屓の, 渡辺金兵衛, 源氏物語である, 潜水艦と, 災難じゃあ, 無手に, 無論東京, 照明科学の, 父と共に, 牧師に, 特に緞子, 独り漱石氏の, 猶更嫌い, 王矮虎だった, 現役の, 甚しき愚昧な見, 生きる方, 用ひ, 由吉だった, 町, 畢竟教養, 疑ひ調べるところ, 発育する, 白糸の, 皆なこつち, 皇弟の, 盲目という, 相變ら, 真実であろう, 瞬間が, 知らないかね, 石川光明竹内久一の, 確か三人の, 祇園藤次南保余一兵衛御池十郎左衛門小橋蔵人太田黒兵助などという, 神田三河町三丁目で, 秀吉だった, 私自身実に, 稚市, 突きのけ押し倒し襟髪, 竹内では, 第二夫人, 篠山博士の, 糸七一人だった, 素より取る, 経営次第によっては, 給料の, 総てそれら私闘が, 罪で, 美津子であった, 翌二十三日午前二時, 考, 聞覚えの, 胆石病を, 腕力の, 自分ひとり, 自然科学よりも, 興福寺である, 良人通太郎であった, 花田君と, 若しかする, 英人サア・ハロルド・ニコルソンの, 荒壁に, 落ち行く太陽, 蓑にも, 薬師堂の, 蘇渓の, 蜜垂じゃ, 街道を, 裸足だ, 西行の, 見ない, 覚えが, 角屋へ, 言語の, 詩よりも, 誠に嫌, 誰かな, 諺の, 豊志賀の, 貰っても, 資本家地主です, 赤津であります, 路傍に, 軍隊である, 辰子が, 近江は, 送別会の, 逢ふ, 過去現在を通じて, 遠いもの, 避けられないその, 酔いどれる, 重心が, 金助の, 釦紐か, 銘の, 長い列車, 長門と, 間違ひでせう, 院外の, 随分長い, 雇い人の, 雪解の, 青ッぽい, 面白いそれで, 須磨子にとって, 顔渕の, 食べるの, 餡は, 馬鹿氣た, 驢馬に, 高等學校では, 鯖ばかりじゃ, 鹽辛聲の, 黒人モコウである

▼ の~ (65656, 11.8%)

3278 見て 2260 見ると 1814 待って 1101 見た 1035 感じた 660 知って 549 聞いて 540 私は 441 待つて 399 見ても 322 発見した 304 覚えて 300 忘れて 264 覚えた 244 見たこと 239 彼は 203 やめて 196 見れば 183 幸いに 180 感じて, 知った, 聞いた 179 聞くと 178 持って 177 見ました 170 待った 169 見るの 168 眺めて 164 恐れて 145 我慢し 144 無理に 142 待ちかねて, 見た時 140 知ると 139 常と 138 楽しみに 137 見つけた 136 認めた 132 見る 130 見ては 129 見ながら 121 みると 120 見たの 112 みて 109 見ること 106 発見し 105 平次は 102 気に, 見つけて 98 耳に 95 喜んで 91 どうする 86 止めて 83 感じる 82 感じました 81 ながめて 80 感じながら 79 きいて, 不思議に, 機会に 78 見ますと 76 思い出した 74 私が 73 僕は, 見たとき 71 出して, 買って 68 御覧に, 着て 67 知つてゐる, 知らずに 66 幸ひ 65 今か 64 聞きながら, 見たが 63 まって, 見たと 61 見すまして 60 例と, 思い出して, 発見する 58 彼女は, 非常に 57 待つこと, 記憶し, 読んで 56 見たという, 見出した 55 眺めながら, 見た者 53 持つて 52 見送って, 黙って 50 心配し, 残念に 49 もって, 思うと, 知つた, 見せて 48 避けて 47 知りながら, 自分の, 見たり, 誰も 46 いいこと, 口実に, 待ち兼ねて, 待つより, 感ずる, 聞いたこと, 聞きました, 見つけました 45 合図に, 喜んだ, 意識した, 聞けば, 苦に 43 防ぐため 42 待ちながら, 聴いて 41 忘れたの, 自慢に, 認めました 40 おぼえて, 待つた, 待つの 39 こらえて, 幸に, 感じたの, 源氏は, 見るに, 選んで, 遺憾と 38 待ちかまえて, 手に, 見つけると, 見に, 覺えた 37 きっかけに, どうしよう, 思ふと, 承知で, 目に, 知りました, 認めて 36 待ち受けて, 知ったの, 自分は, 見た事 35 やめた 34 おぼえた, 意識し, 憶えて, 葉子は, 見たので, 覚えました 33 みても, わたしは, 見付けて, 通り越して 32 利用し, 怖れ, 覚える, 許して 31 後に, 感じます, 自分で, 見るや, 見るよう 30 不審に, 待ちました, 待つ間, 眼に, 知つてゐた, 私の 29 して, 何う, 取って, 思ひ出した, 目撃した, 知らないの, 聞くの, 見届けて 28 がまんし, きくと, やって, 女は, 忘れては, 見たもの 27 信じて, 半七, 待つばかり, 感じると, 遺憾に 26 そのままに, みた, わたくしは, 嫌って, 忘れた, 承知し 25 待ち構えて, 待つよう, 心待ちに, 書いて, 楽み, 眺めた, 聴くと, 自分でも, 見すますと, 認めると 24 おそれて, よいこと, よろこんで, 人々は, 恐れるよう, 感ぜずには, 考えると, 見たから, 見たん

23 [13件] ぢつと, つけて, 今でも, 何よりの, 何よりも, 俺は, 待つ, 思い出す, 止めた, 発見しました, 發見した, 見とどけて, 遠慮し

22 みれば, 何か, 入れて, 常として, 恐れた, 早くも, 機に, 聞いた時, 見つけたの, 遠くから

21 [12件] きいた, 今度は, 堪えて, 宮は, 押えて, 目的と, 私も, 聞くこと, 見て取って, 見ましたが, 誇りと, 院は

20 [15件] いやがって, つねと, ジッと, 予期し, 二人は, 伸子は, 待たずに, 忘れたが, 思ひ出して, 普通と, 見かけます, 見た人, 見て取った, 見定めて, 見届けると

19 [21件] じっと見, 傍で, 売って, 夫人は, 待とうと, 後悔し, 悲しんで, 感じないわけ, 拾って, 止して, 目撃し, 矢代は, 知った時, 確かに, 見かけた, 見つめて, 見てから, 見付けたの, 見守って, 見届けてから, 覺えて

18 [12件] やめました, よして, 人に, 御存じです, 憚って, 望んで, 案じて, 知らなかった, 見かけて, 見かけました, 見とどけると, 連れて

17 [19件] お前は, こらへて, さいわいに, たのしみに, ながめた, 他の, 厭がっ, 唯一の, 如何とも, 察して, 少しも, 意識する, 感じるの, 指して, 聽い, 自分が, 見ようと, 認める, 集めて

16 [25件] かれは, せめてもの, ちらと, 前に, 待ちうけて, 忘れなかった, 承知の, 抑えて, 母は, 男は, 看て, 眼の, 知らないで, 禁じ得なかった, 第一, 考えて, 見なければ, 見るであろう, 見る時, 見定めると, 誰が, 躊躇し, 躊躇した, 避けた, 静かに

15 [33件] しおに, じっと我慢, ひそかに, ぼんやりと, よく知っ, よそに, 借りて, 取り出して, 平気で, 彼の, 後悔した, 怖れた, 思い出したの, 思い出しました, 感じたが, 感じ出した, 手を, 樂しみに, 眺めると, 知ってか, 禁ずること, 私達は, 竜之, 聞く, 聽いた, 見かねて, 見ます, 見るとき, 見出して, 視て, 読んだ, 送って, 避けるため

14 [31件] い, いつまでも, かしさ, だまって, 一つの, 一と, 何かの, 作って, 傍に, 尻目に, 待たなければ, 待つ外, 思えば, 思って, 急に, 惧れ, 感ずるの, 抑えること, 教えて, 気の毒に, 氣に, 眺めたり, 知るの, 聞いても, 自覚し, 見かけること, 見るたび, 見付けた, 覚えるの, 防いで, 頼りに

13 [34件] こらえながら, じつと, やっとの, やつと, 不思議な, 例に, 助けて, 君は, 呼んで, 待ったの, 心の, 忘れない, 怖れる, 感ずると, 期待し, 村の, 樂み, 知らせて, 知ること, 確かめると, 義雄は, 聞いた事, 聞き流して, 見かけたこと, 見ただけ, 見たよう, 見るだろう, 見るにつけ, 見る事, 見送りながら, 覚えたの, 覚悟の, 記憶する, 読んだこと

12 [48件] いまか, お銀様, この上, これは, ごらんに, さな, じっとこらえ, すぐに, たしかめると, ぢさんは, はっきりと, はりに, はりの, よく見かける, よんで, んな, 今まで, 倖い, 前から, 受けて, 喜ぶの, 妙に, 嫌がって, 小耳に, 強いて, 待ちかねたよう, 待ち構, 怒って, 思ひ出す, 恐れるかの, 悟った, 控えて, 断って, 楽しみと, 父は, 理由に, 発見された, 相手に, 知らない, 知る, 聴いた, 見かけると, 見て取ると, 見るが, 見送つて, 読むと, 辛抱し, 近所の

11 [57件] いい事, ききました, じっと待っ, すっかり忘れ, みつけた, やめる, ガラッ八, 人が, 仰いで, 何の, 厭って, 吾, 商売に, 好まなかった, 引いて, 彼等は, 待兼ね, 忘れたと, 忘れなかつた, 思いだした, 思い出します, 怪しんで, 怺え, 恐れたから, 恐れたの, 恐れるの, 憚る, 手で, 押して, 振り切って, 明らかに, 根に, 潔しと, 熟と, 特色と, 發見し, 直して, 知らなかったの, 知れば, 確めた, 確める, 示して, 祈って, 穿いて, 米友は, 聞いたの, 聽く, 見まもって, 見付けると, 見物し, 覺える, 認めたの, 認めること, 誰か, 讀んで, 面白がっ, 頼んで

10 [61件] お絹, お角, ここで, それを, だれも, ちゃんと知っ, つれて, のぞいて, わすれて, わたしが, 七兵衛は, 予想し, 云ふ, 今も, 伯母さんは, 使って, 例の, 傍観し, 八五郎は, 兵馬は, 厭うて, 取つて, 取出して, 好んだ, 彼が, 待たないで, 得意と, 忘れたよう, 恥じて, 想像し, 懼れ, 手始めに, 拒んで, 欣んだ, 気にも, 父が, 目の, 笑って, 聞いたり, 聞いたん, 聞きますと, 背に, 自分ながら, 薫は, 見, 見たばかり, 見つけたので, 見るであらう, 見るばかり, 見付けました, 見出したの, 見向きも, 見計らって, 覚えながら, 認めます, 誰かが, 貰って, 起して, 身に, 防ぐこと, 隠して

9 [77件] いうの, おもしろがっ, かけて, かすかに, ききながら, これも, そのま, そばで, ばさんに, ふせぐため, まつて, むりに, やめに, よい事, よく知つて, よく見かけた, キッカケに, チラと, 一度も, 不快に, 不思議がる, 仕事に, 厭がる, 取り上げて, 名人は, 名誉と, 始めとして, 嬉しそう, 少年は, 平次の, 当然の, 待たねば, 待ちわびて, 待ち受けた, 待つと, 待つやう, 後ろから, 得意に, 忘れること, 怨んで, 恨んで, 悟って, 惜しんで, 意外に, 感心し, 憤って, 抱いて, 探し出して, 提げて, 最後に, 歎い, 氣の, 理想と, 甲斐は, 相図, 知つて居た, 耳にも, 肩に, 見その, 見ただけでも, 見たといふ, 見た途端, 見とどけてから, 見上げて, 見定めてから, 覚えたが, 覚えます, 誇りに, 読者は, 誰にも, 避けるよう, 防ぐの, 防ぐ為, 隣の, 面白いと, 面白が, 面白がって

8 [92件] あけて, いい気, お聞き, かわいそうに, こしらえて, しばしば見る, たよりに, つかまえて, とって, どり, はいて, みつけて, り, 上から, 不思議そうに, 中の, 久慈は, 今日は, 例として, 僕が, 合図の, 周平は, 哀れに, 喜びながら, 嘆いて, 土地の, 変だ, 大将は, 女が, 嫌った, 家の, 幸と, 強ひ, 彼女の, 待ち兼ねたよう, 待つため, 待つほか, 待とう, 御覽, 忘れたから, 思い出したから, 悦んで, 惜んで, 愛して, 感じたこと, 憚った, 我慢した, 或る, 手伝って, 抑へ, 指さして, 指摘し, 昔の, 望んだ, 楽しんで, 機会として, 残念がっ, 気長に, 注意し, 渡して, 片手に, 皆が, 知ったから, 知っては, 知つ, 知つてる, 私たちは, 窕子は, 置いて, 考へて, 聞いてから, 聴きながら, 見いだした, 見ちゃ, 見つけたん, 見まして, 見るやう, 見兼ねて, 見出します, 見出す, 見受けた, 見受けます, 見受ける, 見詰めて, 見越して, 見込んで, 見遁, 覚って, 観て, 認めたから, 警戒し, 躊躇する

7 [135件] あなたが, あなたは, いふの, いまでも, うしろから, おくみ, おさえて, おぼえる, おれは, お待ちし, お知り, お雪, かの女, ここに, さすがに, さっきから, そこに, そつと, その時, それが, ぢさんが, ぢさんも, ながめながら, ばさんが, ぼんやり眺め, やっと我慢, やる, よく見, よく覚え, ガラツ八は, クリストフは, 一生懸命に, 一種の, 不思議がっ, 両手に, 二人とも, 人間が, 俺が, 先に, 先生が, 光栄と, 初めとして, 初めに, 原則と, 厭うよう, 叱って, 右の, 合圖に, 喜ぶよう, 夢の, 好む, 好んで, 巧みに, 己は, 待っては, 待つあいだ, 待つが, 待つつもり, 待つてを, 待つという, 待受けて, 後から, 御存じでしょう, 心得て, 忍んで, 忘れたこと, 忘れました, 怪ん, 恐れるやう, 悔いた, 悪ん, 愉快に, 感じその, 感づいて, 慣わしと, 我々は, 我慢する, 押えること, 拒んだ, 指すの, 探して, 昌作は, 構わずに, 横から, 止めること, 殆ん, 残して, 残念がった, 母の, 無上の, 狙って, 珍らし, 目撃する, 眼で, 眼前に, 知らないか, 知らなかつた, 知りつつ, 確かめて, 禁ずる事, 私に, 老人は, 考へると, 聞いたとき, 聞きつけて, 聞き流しながら, 背後に, 良いこと, 見かけたの, 見かけるが, 見すましてから, 見つけた時, 見ない, 見ると共に, 見る人, 見屆, 見張って, 見殺しに, 見物した, 見聞きし, 視た, 覚悟し, 覚悟で, 言うの, 許されて, 誇って, 読んだが, 買った, 貸して, 途中で, 通則と, 面白がった, 面白そう, 頭に, 默つて見

6 [202件] あたしは, いさぎよしと, おぼえました, お前が, お前も, お忘れ, お目, お菊, かぶって, きいたとき, きいたの, きつかけ, この時, この眼, ごまかして, じっと眺め, その人, そばから, それと, つかって, とめ, どんなに骨, はばかって, はり, ばさんは, ほかの, ほんとうに, ぼくは, まざまざと, みつけると, みんなは, もどかしがっ, やめると, りの, わしは, グッと, 一本差し, 一生けんめいに, 一緒に, 下から, 下女の, 不安に, 不平に, 不満に, 中止し, 丹念に, 主人の, 主人は, 今から, 今は, 今朝にな, 今迄, 何度も, 先き, 先生は, 免れない, 兵部の, 凝と, 制して, 力に, 千世子は, 千種は, 厭が, 受取って, 右門は, 君が, 喜んだの, 堪へて, 外から, 大臣は, 女の, 女房たちは, 好まない, 妨げて, 妻は, 娘は, 嫌つた, 子供の, 子供は, 子供心に, 学校の, 宜い, 帝は, 幸い, 店の, 当てに, 彼れ, 彼女が, 待ち焦れて, 待ったが, 待つたの, 後には, 後の, 御存じ, 御存じで, 心に, 心配する, 必要と, 忘れたん, 忘れましたが, 怖がって, 思いだして, 思い出すと, 思う, 急いで, 恐れでも, 恥ぢて, 悔んだ, 感じそれ, 感じたので, 感謝し, 慌てて, 抑へる, 抜いて, 指を, 振切って, 捜して, 掛けて, 搜し, 断わって, 断念した, 楯に, 横目で, 止めなかった, 気が, 法水は, 熱心に, 特徴と, 男が, 男の, 発見するであろう, 皆な, 目あてに, 目で, 目を, 眺めつつ, 眺めますと, 知ってるかい, 知ってるだろう, 知るばかり, 確かめた, 確かめてから, 禁じて, 窺って, 聞いたと, 聞くが, 聞くとも, 肴に, 自慢した, 至当と, 蔭で, 虞れる, 被て, 見かけたと, 見かけた者, 見せられて, 見たよ, 見た瞬間, 見つつ, 見てさえ, 見てと, 見て取ったの, 見のがさなかった, 見るだけ, 見るなり, 見るまでは, 見付けたん, 見入って, 見出した時, 見出しました, 見出すと, 見合せて, 見守った, 見守つて, 見澄まして, 見送つた, 見逃すこと, 見附けて, 視め, 覗いて, 覚った, 覺え, 資本に, 身を, 途中から, 通りこし, 道庵は, 遠慮する, 遮って, 遺恨に, 避けようと, 邪魔し, 開いて, 防いだ, 防ぐよう, 防止する, 隠すため, 食って, 食べて, 養子に, 鼻に, 鼻の

5 [295件] あきらめて, あの女, ありありと, いかんとも, うしろに, うれしく思った, お互いに, お光, お出し, お前の, お喜び, きいたこと, きいても, きかずに, きけば, こちらへ, これまで, ご覧に, さけて, さげて, さへ, しって, しほに, しみじみと, する, そのとき, そのままで, その日, それも, た, たしかめてから, たずねて, ぢいさん, ぢさんの, とめの, どうした, なごの, はっきり感じた, はつきりと, ばさんの, ひどく気, ひろげて, ふせいで, ぶら下げて, ぼんやり見, まった, みたとき, みとめて, みるのみ, もう一つ, もらって, やつて, やめたの, やめること, やりました, ゆるして, よく見た, よく見受ける, りに, わしが, われわれは, 一つと, 一生の, 上に, 世話し, 両手で, 並べて, 中に, 主人が, 主人に, 二人で, 二人の, 云うの, 今では, 今の, 今更の, 仕事の, 他人の, 住職は, 何も, 余は, 側で, 僕も, 兄の, 先刻から, 入れると, 出した, 切って, 制しながら, 努めて, 博士が, 卯平は, 取りに, 取得に, 口に, 口惜しがっ, 合せて, 喜びました, 喜ぶやう, 外に, 多勢の, 大事に, 女中が, 女房は, 好まないよう, 好みません, 妙な, 妨げるため, 嫁に, 嬉しいと, 嬉しく思う, 嬉しく思った, 子供が, 宇治は, 実際に, 寺から, 尚侍は, 尻目にかけて, 山田は, 左右に, 師匠が, 引抜いて, 彼に, 彼らは, 往来の, 待ちうけ, 待ちかねた, 待ちに, 待ちましたが, 待ちます, 待ち伏せて, 待ち合せて, 待ち構えた, 待ち設けて, 待ってから, 待つとも, 待つまでも, 後悔する, 御存知でしょう, 御存知です, 御縁, 御覧なさい, 忘れずに, 忘れたか, 忘れるな, 忘れるの, 思うにつけ, 思った, 思へば, 思わせた, 恐れたため, 恥と, 悔いて, 悟ったの, 悦んだ, 意味する, 感じ, 感じたから, 感じつつ, 感じないでは, 感じ出して, 感ずること, 憶い出し, 懸命に, 手柄に, 担いで, 拾ふ, 指で, 振り向きも, 捕えて, 捜し出して, 捨てて, 教へて, 断つて, 明かに, 書いた, 最初に, 期待する, 枕に, 栄三郎は, 極端に, 欲しない, 止めに, 正吉は, 母親は, 毎日の, 気づいて, 注意しなけれ, 清三は, 渡って, 無暗に, 無理やりに, 甚く, 町の, 異様に, 疑は, 痛切に, 百も, 皆んなで, 盆に, 直感した, 眺めた時, 眺めました, 知ったこと, 知ったと, 知っても, 知つてゐ, 知らないよう, 知らなければ, 知らねえか, 知らねば, 知りその, 知り抜いて, 知るに, 禁じ得ない, 禁じ得なかつた, 私と, 窓から, 笑いながら, 筆頭に, 美しいと, 羨ましく思, 翌る, 聞いたか, 聞いたので, 聞いたよう, 聞かずに, 聞く時, 聽き, 背中に, 背後から, 自分も, 自然の, 自覚した, 虞れ, 見いだして, 見かけたという, 見かけた事, 見かける, 見せた, 見たか, 見たし, 見たって, 見た覚え, 見ちや, 見つけたから, 見つけた郎女, 見つけ出しました, 見は, 見ましたよ, 見また, 見も, 見よ, 見るから, 見るという, 見るとも, 見付けた時, 見出したから, 見捨てて, 見済まして, 見眺めると, 見送ってから, 見送りました, 見送ると, 見逃さなかった, 見逃さなかつた, 見逃しては, 許さなかった, 認めた時, 説いて, 誰かに, 諸君は, 讀んだ, 豹一は, 貴女は, 踏んで, 軽蔑し, 辛抱強く待っ, 迎えて, 迎へて, 返して, 通例と, 遅しと, 運んで, 道楽に, 選り出して, 選んだ, 邪魔する, 部屋の, 除いては, 障子の, 頭の, 首を, 驚いて, 鼻にかけて

4 [428件] あある, あとで, あわてて, あわれに, いつの, いやが, うっかりし, おそれたから, おまえは, お前さんは, お君, お書き, お望み, お松が, お米, お聞きなさい, お見かけ, お読み, かついで, き, こしら, こちらから, このとき, ごまかすため, ごらんなさい, さとった, じっと見つめ, じっと見送っ, それまで, そろえて, ただ見, たのしみと, ためらった, ちに, ちやんと, つい忘れ, つかまへて, つくって, とめて, どういうわけ, どるは, ながめました, なごが, なぜか, はじめとして, はじめに, はずして, はばかるよう, はめて, ひたすら待ち, ぴたりと, まちかねて, みつけました, みとめた, みながら, みました, みんなが, みんなで, もいで, もつて, もどかしそう, やった, やっとがまん, やっとこらえました, やつた, やめなかった, やめようかと, よいと, ようやくの, りは, わけも, わたくしが, ハッキリと, 一人が, 一人だけ, 一人で, 一方の, 一目見る, 丁寧に, 三田は, 三輪の, 上げませう, 上の空で, 下に, 下女が, 不審がる, 不思議と, 不意に, 世話を, 中心に, 中止した, 主膳は, 予は, 予感し, 二人も, 二階の, 交ぜて, 人は, 今や遅し, 今日まで, 仏頂寺が, 他に, 他吉, 伴れ, 伺いましょう, 何人も, 便利と, 俟って, 兄が, 入れる, 冒頭に, 写したの, 冷淡に, 出せ, 分けて, 初瀬は, 利用する, 勇吉は, 包んで, 千秋の, 厭は, 又まざ, 叔母の, 叔父の, 取上げて, 古義, 可笑しいと, 右手に, 否むこと, 否定する, 味は, 商売の, 喜こぶ, 嘆じ, 嘲って, 変な, 外して, 夢に, 夢にも, 大へん, 大切に, 大勢の, 好きな, 好まないの, 如何ともし, 如何に, 妨げは, 妨げようと, 妨げるもの, 始めて, 娘が, 娘の, 嫌うの, 嫌うよう, 嫌ったの, 嫌つてゐた, 宗助は, 家康が, 宿の, 富岡は, 少しばかり, 少年の, 山の, 差し控えて, 差控えた, 帆村は, 幸いその, 幾度も, 延ばして, 引き取って, 引寄せ, 引起し, 当然と, 形容し, 彼も, 待たず, 待たなくては, 待ちくたびれて, 待ちぬいて, 待ち侘びて, 待ち暮らして, 待った方, 待ってたの, 待つん, 後ろに, 御存じない, 微かに, 心ひそかに, 心配した, 忘れたかの, 忘れちゃ, 忘れませんでした, 忘れる, 快く思わなかった, 思いだす, 思い切って, 思ひ出したが, 思ひ出したの, 思出した, 急いだ, 恐れるから, 恥かしい, 恥ずかしく思った, 恥辱と, 息を, 悟つた, 悟つて, 悲しく思う, 悲しく思った, 悲しむ, 悲しむよう, 惜しが, 惜しんだの, 惧れる, 想像した, 想像する, 感じずには, 感じつ, 感じながらも, 感じること, 憐むやうである, 憐れに, 憾と, 懸けて, 手がかりに, 手伝った, 択って, 抱えて, 抱へて, 拒絶した, 拝見し, 拭ふこ, 持たして, 持たせて, 指しながら, 振って, 捉えて, 控えた, 描いて, 摘んで, 撫でて, 断わった, 断念し, 日課の, 昔は, 普通の, 書いたの, 最後として, 月が, 望見する, 朝の, 本當, 本能的に, 机の, 林之助は, 桂子は, 棚に, 楽しむよう, 楽しんだ, 横目に, 機會に, 次郎は, 欲しなかった, 歌ふ, 歎く, 止めないで, 止めました, 止める事, 此の, 歯を, 母が, 母親が, 気づかなかったの, 気の毒がっ, 気遣って, 気遣ふ, 求めて, 清逸は, 渠は, 漠然と感じ, 漸っと, 無下に, 無理矢理に, 無造作に, 片っ端から, 片手で, 物色し, 玄竹は, 珍しがっ, 瑠璃子は, 用いて, 畏れて, 疑わない, 痛感した, 発明した, 白雲は, 皮切りに, 目のあたりに, 目前に, 目的として, 相手は, 看護婦が, 真似て, 眺めたの, 眺めること, 知ったが, 知ったとき, 知ったので, 知つたのは, 知つてるだらう, 知つてゐるだらう, 知つて居る, 知らないかと, 知らないはず, 知らなかつたの, 知り乍ら, 知るや, 知る事, 知る者, 確めて, 神の, 禁じ得ないの, 窓の, 笠に, 紛らして, 紛らすため, 素子は, 細君は, 経験した, 縁に, 美徳と, 習いと, 耳を, 聞いては, 聞いてると, 聞かないで, 聞かなければ, 聞きましたよ, 聞くたび, 聞くやう, 聞て, 背景に, 胸に, 胸の, 腰に, 自慢の, 船の, 著て, 見かけたので, 見かけたもの, 見たお, 見たきり, 見たそう, 見たでしょう, 見たで知らせ, 見たならば, 見たら, 見たらどんなに, 見た人々, 見た記憶, 見つけては, 見つけること, 見なかったか, 見ながめると, 見のがすこと, 見ましても, 見ませんでした, 見られるでしょう, 見られると, 見るくらい, 見るため, 見乍ら, 見事に, 見付かつ, 見出したとき, 見出すの, 見届けたから, 見廻した, 見抜いて, 見極めると, 見澄し, 見聞し, 見自分, 見舞に, 見送った, 見逃して, 見附けた, 覚えずには, 親分は, 観た, 言ふ, 計って, 許し得なかった, 証拠立てて, 話して, 誇るの, 誇るよう, 誇張し, 認めたよう, 語って, 説明し, 読みました, 誰でも, 諦めて, 買ったの, 買ふ, 賞めて, 追っかけて, 遠慮した, 遠目に, 選って, 避ける為, 重吉は, 防ぎとめること, 防ぐ, 附けて, 院が, 隠そうと, 雄二は, 面白がる, 顎十郎は, 願って, 顧みて, 首に, 馬鹿に, 駒井は, 鬼頭は, 黙つて

3 [860件 抜粋] あきらめた, あたしの, あっしは, あてに, あとに, あのひと, あの人, いつでも, いまやおそし, いやがるの, うるさそう, おそれたの, おぼえるの, およし, おれが, お前と, お松は, お染, お母さんは, お藤, お覚え, お雪ちゃんが, お高, かしな, かなしんで, かんじた, がんりきの, きいては, きッかけ, くれる, けんめいに, こ, ここへ, こちらは, こっちから, ことわって, この男, この私, この頃, こぼして, これが, こんどは, ごぞんじです, さいわいそこ, さえぎって, さけた, さとりました, しくを, しどり, しばしば見た, しり目に, じっとし, じっと堪え, じっと見守っ, すぐ認めた, そこは, そこへ, その上, それから, それは, たしかめて, ち, ぢさん, ぢさんを, つらく思った, とめました, どうして知った, どんなに喜んだ, はっきり感じました, ばさんを, ひしひしと, ひどく嫌がる, ひろって, びっくりし, ふと眼, ふりきつ, まねて, まぶしそう, みつけたとき, みるとき, むしろ彼, めんどうくさがっ, もどかしく思った, やったの, やっとこらえ, やっとふみこたえ, やめは, ゆっくりと, よい機会, よくお, よく見受けた, よしと, よせと, よみました, よむと, よろこぶ, よんだ, る處, アンは, ウンと, ソッと, チラリと, ハッキリ覚え, マリユスは, 一人の, 一度に, 一日のばし, 一本お, 一生けん命こらえ, 一生懸命で, 一目で, 下げて, 不審と, 世間では, 中将は, 主と, 主眼と, 主膳が, 乳母は, 事情を, 二三人の, 二本買っ, 亭主が, 人目に, 今に, 今日の, 介抱し, 仏が, 付け目に, 伯母は, 何が, 何だ, 何と解する, 何度か, 何心なく, 余儀なくされた, 使う, 使つてゐる, 使ふ, 偶然の, 僕に, 兄は, 充分に, 光栄に, 八五郎に, 兵馬が, 冠って, 出したが, 出すの, 切つ, 加えて, 助けるため, 勘定する, 十分に, 即座に, 厭ふ, 取り出した, 受け取って, 口実として, 口實に, 口惜しがり, 可厭, 合せると, 名として, 告げた, 呼寄せて, 咄嗟の, 問題に, 喜ばずには, 喜ぶかの, 喜ぶこと, 喜ぶ人, 嗤う, 嘲つて, 堪えながら, 多くの, 夢心地で, 大勢が, 大変に, 大納言は, 夫人が, 奇妙に, 女王は, 好まなかったの, 妨げた, 妻が, 姫君の, 嫌う, 嫌がる, 嫌ひ, 嬉しがっ, 存じて, 孝行の, 実雅, 宮も, 容る, 密と, 察したの, 少しでも, 届けて, 岸本は, 左の, 差して, 己が, 希望する, 平次に, 幸いそこ, 幸い自分, 幸福と, 幾つも, 廃し, 弁は, 引つ外して, 引張り出して, 弟の, 当然だ, 待ちあぐんで, 待ちうけた, 待ちかまえました, 待ちその, 待ちつつ, 待ちまた, 待ち切れないよう, 待ち最後, 待ち遠しがっ, 待った後, 待ってるん, 待つうち, 待つてるの, 待つに, 待てと, 待てば, 待構え, 御存じなかっ, 御承知, 忘れがち, 忘れたやう, 念入りに, 怒った, 怖ろ, 思い出したが, 思い合せて, 思い浮べた, 思はねば, 思ひ出しながら, 思ひ出しました, 思出し, 怨んだもの, 恐れてでも, 恐れながらも, 恥か, 恥じたの, 恥じるよう, 悔んで, 悲しがっ, 悲しんだ, 惜しく思う, 想い出した, 感じたり, 感じた時, 感じるだけ, 感じ私, 感得し, 感謝する, 慮って, 憤つて, 憫れ, 憶ひ出す, 懐に, 我慢すれ, 我慢の, 手も, 手前の, 払って, 承って, 抑えた, 投げて, 抱き起して, 押へて, 拒むこと, 拙者は, 拝見する, 拾うこと, 持つたこと, 指さしました, 指しました, 捉ま, 捧げて, 掌で, 推して, 描いた, 支えて, 放して, 救って, 整理し, 文学の, 新吉は, 日課に, 書いたが, 書いたこと, 書くの, 最初は, 有難いと, 望むよう, 期待した, 本に, 梨枝子は, 楽しみとして, 楽しむの, 樂しんだ, 樹の, 欣ぶ, 止めない, 正造は, 殘念に, 氏は, 気づいた, 気づかって, 気にかけて, 気附きます, 水の, 沁, 注いで, 注意する, 洩れ聞いて, 渡瀬は, 溜めて, 漸, 無念に, 無視し, 焼いて, 煩しが, 父親の, 物語って, 物足らなく思う, 珍らしい, 理由として, 用意する, 田山白雲が, 留めて, 登は, 皆に, 皆は, 目標と, 直したり, 直吉は, 相手にも, 真喜は, 眺める, 眺めるの, 睨んで, 知ってるか, 知ってるの, 知つてか, 知らせた, 知らないもの, 知らないわけ, 知らぬの, 知られるの, 知らんか, 知りつつも, 知るだけ, 知るであろう, 知るとき, 知るよう, 確かめるため, 確めてから, 確信し, 社の, 祖父が, 祝って, 神谷は, 禁じ得なかったの, 秘かに, 種に, 窓越しに, 笑いました, 第二, 米友が, 縁側から, 縮緬の, 美登利さんに, 習慣と, 老先生, 考えても, 考へた, 聞いたから, 聞いたという, 聞いたとか, 聞かされた, 聞かせて, 聞きつけた, 聞きに, 聞き知って, 聞くとき, 聞く度, 聴いたという, 聴いても, 職業に, 肯かずに, 自分から, 自己の, 自由に, 興が, 苦痛に, 茶碗に, 蔭ながら, 衛門督は, 袋に, 見おくって, 見かけたり, 見きわめて, 見さだめると, 見すごして, 見せながら, 見たあの, 見たいもの, 見たくて, 見たのみ, 見たやう, 見たらだれ, 見た彼, 見ちゃいられません, 見つけそれ, 見つけたと, 見つけたよう, 見つけ出したの, 見つめた, 見と, 見ないか, 見ましたか, 見ましたから, 見やりながら, 見るか, 見るごと, 見るだらう, 見るほど, 見る心持, 見る様, 見上げながら, 見付けること, 見受けるの, 見定めながら, 見澄ますと, 見立てて, 見落して, 見迎えると, 見附けたの, 覗いたり, 覗くと, 覚へ, 観ると, 観察した, 解いて, 許すこと, 認めその, 認められて, 読んだの, 読んでから, 誰だ, 譲って, 貞之進は, 貰ったの, 貰つてそれを, 買ったらどう, 買つた, 越して, 身動きも, 辞して, 迎えに, 迎へ, 退屈男は, 送りに, 通って, 通りがかりに, 通行人が, 道庵が, 遠くの, 適当と, 遮つて, 避けながら, 避けること, 重くても, 開けて, 防ぎながら, 防ごうと, 阻止する, 除け者の, 階段の, 霧が, 面白く思っ, 頂戴し, 順々に, 頼んだ, 顧慮し, 風呂敷に, 食った, 食ふ, 飲んで, 飼って

2 [2449件 抜粋] あいずに, あつしが, あの方, ある日, いうので, いそいで, いつも隣, いみじき言, いやに, うち忘れ, うれしく思いました, えらんで, おそれるよう, おぼろげに, おやじは, お互に, お嗤, お待ちに, お柳, お父さんに, お綱, お見受け申しました, お遮りなさる, かくして, かみさんに, かわしも, きかないから, きく, きんは, こちらで, この人, この年, これ見よ, ご存じです, さがして, さと, さも羨まし, しばしば聞いた, しんから, じっとみつめ, じっと耐え, じろじろと, すったり, せめての, そのお, その場, その頃, それ程待ち受ける, たしかめながら, たった一度, たびたび見ました, だまして, ちこちに, ちらりと見た, ぢに, つかいます, つれ込んで, とつて, とれ, どう思っ, どこかの, なおして, なによりの, にやにや笑っ, はじめて見ました, はっきり覚え, ひかえた, ひどく嫌, ひどく嫌つて, ひよい, ふせぐこと, ふと気がついた, ほしいと, ぼんやりし, まぎらすため, まだ知らない, まるで自分, みつめながら, みんなし, もう忘れ, ものとも, やっと耐え, やめさせて, やると, よかった, よく聞く, よろこびしばしば, わきから, わずかに, オレは, サト子は, ヂツと, パンに, ボーイが, 一々御, 一つ買っ, 一同は, 一度見せ, 一日の, 一本紙入, 一番男らしい, 一隊十七人まで, 三次は, 下の, 不思議とも, 不都合だ, 与吉が, 中段に, 丸山勇仙が, 久しぶりで, 二つに, 云々と, 人から, 仄かに, 今年まで, 介抱も, 仙之, 仰向いて, 伊那丸は, 伺って, 何かで, 何より千之助, 何処までも, 何時までも, 余所に, 作り学校, 使用し, 促して, 信長の, 停めた, 傍の, 僧形の, 先方が, 免れること, 典侍は, 内心に, 冬の, 出しました, 切掛けに, 別に, 制すること, 加えると, 勘次は, 北原が, 半分に, 原則として, 去年の, 反って, 取り出すと, 取上げた, 受取つて平次は, 叩いて, 可哀そうに, 叱りつけて, 合圖の, 名づけて, 君の, 呉れた, 呼びとめて, 呼留め, 善と, 喜んだに, 嗅ぎつけて, 回避する, 圧え, 坂井の, 報じて, 外へ, 夢うつつに, 大そう, 天水桶から, 夫人の, 奥から, 女中の, 好いこと, 好まずまた, 好むよう, 妙子は, 妨げるであろう, 妻の, 始めの, 娘分に, 嫉み自分, 嫌う者, 嫌に, 嬉しく思ひ, 宅で, 宗助が, 室内に, 寂しいと, 察しると, 小僧が, 小気味よげ, 少なからぬ, 屈辱の, 屹と, 巡査が, 巧に, 市郎は, 常例と, 平掌, 平生から, 幸いとして, 幾つか, 幾本か, 延さうと, 引き留めて, 引取って, 弱, 強調し, 当然な, 役得と, 往々見受ける, 待ちあぐんだ, 待ちそれから, 待ちつづけて, 待ちわびた, 待ち受けました, 待ち明かした, 待ち遠しく思った, 待ってるかの, 待つあ, 待つだけの, 待つばかりに, 待つ積り, 待機し, 後人が, 得意げに, 御方は, 御覧なすっ, 御記憶, 心で, 心着いた, 必死に, 忘れたのに, 忘れた事, 忘れは, 快く思っ, 怒るの, 思い出したので, 思い起こせば, 思はせるやう, 思ひ合せると, 思わせるよう, 怠ること, 怨みも, 怺へ, 恐れたか, 恐れての, 恐れる様, 恐ろしいもの, 恥ずるよう, 恨みと, 恨んだの, 悔むような気にも, 悦ぶ涙, 悲しむといふ, 惜しがった, 惜んだ, 想ひ出した, 意と, 愛するやう, 感じただけ, 感じやむを得ず, 感じ何度, 感ずるから, 感ぜぬわけ, 慣はしと, 憎み蔭日向, 憐れまずに, 憤慨した, 懲, 懼れた, 所嫌はず舐め廻した, 手先に, 手水に, 払いのけること, 承知しなかった, 抑えるよう, 披い, 押えようと, 拒んだもの, 拝し, 拭は, 拾い出して, 持ちながら, 指さし, 指の, 挙げると, 振出しに, 振返つて, 排斥しよう, 掲げた女, 搜し出し, 改装した, 敏感に, 文之, 新十郎, 日本人の, 旦那様が, 時々見た, 暁方に, 最も重く, 月に, 望むこと, 木戸口で, 本望と, 東京で, 柳に, 格子の, 植えつけた輪, 業と, 楽しむやう, 樂し, 横眼に, 欲し, 歓迎し, 止めたらしい, 止めると, 此上も, 死の, 殺すの, 母や, 気がつかずに, 気づくであろう, 気味よし, 気遣つ, 水で, 汝ア憤, 池の, 沢山持っ, 注意せよ, 浪人は, 深く悲しん, 清岡は, 渡りに, 源太郎は, 漁師は, 漸く身, 無性髯で, 煙草を, 父に, 片手を, 特に避けたい, 玉藻は, 瓶に, 生徒の, 用ひる, 用箪笥から, 畳の, 病女王は, 痛快がる, 発見され, 皆で, 盛った皿, 目ざとく見つけた, 盲目の, 直覚した, 看破した, 真淵, 眺め乍ら, 着た, 知ったよう, 知ってるから, 知つても, 知らないだろう, 知らなかつたといふ, 知らんの, 知りません, 知るごと, 破って, 祝した, 私から, 穿きしめて, 立て, 笑ひ, 米友に, 紙に, 組織し, 給仕の, 締め直して, 繰返し繰返し, 美妙が, 翁が, 考えれば, 耐へて, 聞いたやう, 聞かない, 聞き, 聞きとめた, 聞き自分, 聞くだけ, 聴いたり, 聴くため, 肌に, 育て, 胡麻化した, 膝の, 自慢として, 舶来の, 若君の, 茶店の, 落第した, 虱潰しに, 袖で, 見いだしました, 見い出した, 見かけどう, 見かけるよう, 見さえ, 見せまいと, 見それから, 見たきん, 見たため, 見たとさえ, 見たらその, 見たら少し, 見たわ, 見た儘, 見ちゃあ, 見つけたが, 見つけますと, 見つけ出した時, 見て取りました, 見ないので, 見ながらも, 見のがさなかつた, 見のがす筈, 見ますると, 見まもりながら, 見よう, 見るし, 見るのみ, 見る者, 見付けたんで, 見入つてゐた, 見出すであろう, 見又, 見受けること, 見定めた上, 見届けました, 見慣れて, 見本所全体, 見物に, 見草鞋, 見送った時, 見逃しは, 見馴れて, 覚えた事, 覚ったらしく路上, 覺悟の, 記憶しない, 許さなければ, 証拠に, 詰めて, 認めたとき, 認めない訳, 認めるや, 語るに, 読みますと, 読んだらしい, 誰れ, 請人に, 變な, 責めると, 買いに, 買おうと, 賞し, 赦して, 足で, 身づか, 軽薄という, 農夫が, 迷惑に, 追ひ廻して, 逆に, 連載した, 遠くン処, 適当だ, 遺して, 避けも, 邪魔に, 重三郎が, 鉢に, 長い間, 間違えて, 防がうと, 防ぐ方法, 院も, 隣りに, 集めた, 露骨に, 非難する, 面白く感じ, 頑固に, 頼みに, 食ひ, 飯に, 馬の, 高尚な

1 [19841件 抜粋] ○子は, あたかも当然の, あなた御存じ, あまり単純, あるとき, いいえわたし, いきなりつかまえ, いちいち見破っ, いつの間にかこの, いなむわけ, いやがっては, いヨゴ, うなずきながら, うれしく思, おこって, おそれるん, おはぎ, おもふと, お信じ下さいますでしょう, お呼び止めなされ, お怒り, お沢, お若, お送り出来ます, かえって喜ぶ, かけた様子, かつて彼, かむったり, きいたはず, きく学制, きょとんと, くやんだが, けしからんと, こちらが, このごろ発見した, この日, こらえまして, ごぞんじありません, さいわいのこぎり, さきにから, さぞ後悔, さめに, しいて押さえた, しっとおさえた, しませんが, じっとまっ, じらして, すぐ自分, すつかり忘れ, ずらして, そこで影, そのたんび, そのまま日本, その夫, その翌日他愛, それにも, たいへん喜ん, たしなみと, たとい無意識, ためつすがめつして, ちも, ちょっと延ばし, ぢさんで, つかはず, つけること, つらく思う, とがめること, とめと, どうしてお, どうもしかりとばす, どらない, なおも飽かず飽かず見詰め, なぜうれしく, なるべく避けたいらしかった, ぬいでと, のろった, はずかしがった, はばんだの, ばらばらと, ひとだ, ひどく恨ん, ふきも, ふと思い起した, ぶらさげて, ほめないもの, まあ拾いあげ, また一枚, また貰い, まっくろな, まるで夜道怪, みせつける如くノロノロ, みなどう, み彼ら, むだに, めらめら火, もぎって, もとより冗談, やったが, やっと踏止, やめただ, やめるため, やらう, ゆつくり, ようよう兵, よく窓, よし給え, より強く, りふし, わが邦, わしひとり十両の, んどりでした, エレベーターの, ギンメシと, サッと白い, ススリ上げススリ上げし, タツは, ドイツから, ハミングする, フッカタリ, ホッと, ヤイトを, 一々怨まれ, 一つ一つ若者の, 一つ聞い, 一人世話し, 一匹残さず, 一寸も, 一度みせ, 一方に, 一本差加えまし, 一枝が, 一目驚いた, 一輪つまみ取, 万五はに, 三四人呼ぼう, 三重七重に, 下されば, 不快さうにし, 不義理と, 並んで, 主たる内容, 乳母の, 二つ三つ拾っ, 二三株摘み取り, 二度火箸の, 互に比較, 五銭買っ, 人気に, 今一人が, 今日はじめて, 介三郎は, 仙二は, 仲人が, 伝聞した, 何かと, 何と聞いた, 何故貸さない, 作ったその, 使いはじめ永年, 俊夫君は, 修道院に, 停止せしめた, 僕たちが, 先ず冒頭, 免れるもの, 全く知らなかったろう, 六十二級という, 其処に, 再び世, 凛と一語, 出せば, 切なそう, 初めて知った, 制止できなかった, 剽窃した, 助力する, 募集し, 十六日と, 半ばで, 南京玉で, 危ぶむよう, 厭うこと甚, 參考する, 反て, 取り上げる, 取交, 受取った時, 古式に, 可笑しげ, 吉乃は, 名人から, 否定し得よう, 呉れる, 味噌煮, 和げよう, 唯打, 喜ばぬほど, 喜ぶ看守等, 喰べ, 嘲るよう, 回避し, 土瓶に, 堀田さんが, 壓し付けられる, 外らして, 夜叉の, 大わらい, 大嫌ひなお前, 大根の, 天文学者は, 失敬, 女, 好い思いきり時, 好まなかったので, 好奇心に, 妨げるならば, 始めて読ん, 嫌い要領, 嫌つてゐる, 子供ながら, 守つて神と, 実に純潔, 家を, 寄附し, 實見し, 将士が, 小声で, 小酒井さんが, 少し読んだ, 屆け, 山里に, 左右の, 差置いた, 帶し, 平等な, 幸いまるで見世物, 幸い暇, 幸一番安全そうな, 幾分なりとも, 度忘れしちまった, 廷珸に, 引きもどして, 引っ倒し, 引担ぎ, 張交ぜ, 当り前と, 彼女自身も, 待たで御免, 待ちきれず茶碗, 待ち伏せようという, 待ち大きな, 待ち迎へて, 待つあいだ受話器越し, 待つも, 待つ遊び, 待構えた, 後悔し始めた, 御存じなされます, 御辞退, 心から祈る, 心配さう, 忍ぶ必要, 忘れた色, 忘れましたわ, 忠利が, 怒る譯, 思いとまったの, 思い出し伸子, 思い浮べながら, 思ひだして, 思わずには, 急激に, 怪しんだ丈, 恐れては, 恐ろしくおもしろく思った, 恥ずかしい気, 恨む様, 悔やんだ, 悦んでは, 悲しみ陵, 惜しむかの, 想わせる廊下, 愛するが, 感じたことさ, 感じともかく, 感じる思い, 感じ自信, 感づかせまいとして, 慌しく捻, 慰めるよう, 憚かる, 懇望し, 我慢あそばし, 所の, 手伝わねば, 手繰って, 払ひのけ, 抑える為め手, 抜きや, 押しかくしましたが, 抽斎は, 拜見し, 拵え農家, 拾つて帰る, 持ったよろこび, 指折り數へたり, 振上げて, 捨て, 採用した, 推入れなど, 描き, 撮まんで, 收刻した, 放蕩者に, 救済に, 数百数千の, 斬つて, 新橋まで, 日夜訪れ, 早く見付ける, 春日の, 時折見かけます, 暫らく黙, 書いた紙箋, 最も遺憾, 望みその, 朦朧たる, 本体と, 村上に, 松江は, 栃木縣知事が, 梅三爺は, 極力恐れ, 権之, 檜葉の, 歌いながら, 止めさして, 止め一ヵ所, 此奴めといふ, 死に優る不面目, 殺しちゃうなんて, 毛傳以後と, 気づかぬはず, 気遣, 汝が, 沢は, 泥酔した, 洗髪の, 海を, 深山に, 温泉と, 演説した, 火の番の, 無暗, 照してやった, 爛酔の, 牢獄にでも, 特に持ち出した, 狹衣子が, 王宮の, 甘んじても, 用いたらしい, 由羅が, 留める何物, 疑ふこと, 癪に, 白いタオル, 皆出し, 盗んだ花盛り, 目礼を以て, 直径約, 看破しました, 眺めそこ, 眺め廻して, 着る, 知ったあわれ, 知ってると, 知つてま, 知つて行つて見る, 知らないこと, 知らなかつたので, 知りなさらねえん, 知り庄次郎, 知んねえか, 確かめたいよう, 示すと, 祭るは, 私という, 移したの, 空耳潰し, 窓ご, 竜眼鳳眦という, 笠で, 糸切り歯で, 細い美音, 結び直すついで, 綺麗な, 縛つて續い, 纒めて, 羞か, 習つてその, 考え通して, 聞いただから, 聞かされたとき, 聞きたいの, 聞きますほう, 聞き怒ること, 聞くなあ, 聴いたが, 聽き知つた時渠は, 胴乱などという, 膝へ, 自慢顔に, 舌打ちし, 芸妓が, 苦しい笑顔, 草案では, 葉子が, 薄情に, 蠅に, 裁判長が, 西行きと, 見かけくやしい, 見きわめる等, 見せつけられたこと, 見たかと, 見たま, 見たら君, 見た一場, 見た恐れて, 見た覺, 見つけたもん, 見つけられたもの, 見つめること, 見とどけたベス, 見ならったから, 見まもったり, 見るそして, 見る思い, 見上げるの, 見付けようという, 見出すかく, 見土産, 見届ける様, 見掛けるが, 見知らぬ, 見落とさないで, 見送るの, 規定し, 覚えてるわ, 覚ったと, 観破しました, 訂正, 許さないこと, 註文し, 話した, 認めこころぼそい, 認めるだらう, 誠に自分, 読み感, 調へて, 證明し, 豊碑を, 貰い工場, 貴様に, 買ったらとりかえましょう, 賛成した, 起しやがって, 踊り狂つて, 軒下から, 辛うやっと, 迎えるの, 迷惑には, 追縋り, 途中の, 進み出て, 道灌山は, 遮ぎる, 選んだり, 避ける積り, 酷く喜んだ, 野田の, 銀行家って, 長い絶え間, 間違えたの, 防ぐ可, 限りなくなつかしく, 隠したさ, 集め宮廷, 霰かと, 面白くない, 預かるの, 頼もしく思う, 飛び讀みしたり, 食べれば, 飾ったの, 馬子が, 驚嘆せず, 鬼眼鏡が, 默つて受け

▼ の~ (63205, 11.4%)

1053 ある 672 見えた 379 私の 322 見える 271 あって 243 目に 240 彼の 236 聞えた 224 あります 207 あった 188 普通である 178 眼に 174 多い 168 あつた 153 常である 140 見えました 130 あるが 125 常であった, 気に 122 いやに, 当然だ 113 第一 112 非常に 109 何よりの 107 自分の 101 今の 97 当然である 93 出て 92 本当だ 90 不思議な, 好きな 89 厭に 87 一番いい 85 常で 82 見られた 80 あつて 77 何よりも, 常だった 76 急に, 私には 73 いやな 72 今日の, 悪かった 70 あるの, 好きで 69 事実である, 好きだ, 当然で 68 わかった 67 今は, 運の 66 見えて 65 常だつた 64 あると, それである, 人間の, 僕の, 普通で 63 厭だ 62 いいの, 感じられた, 癪に 59 普通だ 58 せめてもの 57 普通の 55 いやで 54 ありました, 厭な, 唯一の 53 いやだ, 一つの, 例であった, 妙に, 聞えて, 聞こえた 51 当然な, 残念だ 50 あるから, 多かった, 面白い 49 それだ, 例の, 常だ 48 例に, 多いの, 聞える 47 あるん, 手に 46 いいと, よい, わかる, 不思議だ, 例である, 見えます 45 いい, 嬉しかった, 当り前だ 44 彼女の 43 此の 42 いけないの, つねである, 何か, 当然の 41 ありますが, よいと, 一般の, 好きだった, 普通であった, 通例である 40 嫌だ, 目的で 39 嫌に, 当時の, 本当の 38 不思議で, 厭で, 聞こえて 37 い, 例で, 彼には, 自然である 36 本當 35 いた, 好きであった, 普通です, 現在の, 私は 34 いやだった, いやなら, 分った, 当然です 33 いる, 一番だ, 人の, 癖だつた 32 いちばんいい, この男, 嬉しくて, 氣に 31 いけなかったの, わたしの, 彼等の, 残念である 30 わかって, 不思議に, 事実だ, 日本の, 目的では, 私に, 精 29 あれば, もとで, 入って, 原因で, 女の, 悪いの 28 あるそう, それが, それです, 今では, 癖で, 癖に, 自然の

27 [11件] いて, うれしかった, 不思議である, 不思議です, 何よりだ, 常でした, 目的だ, 目的である, 習慣に, 至当である, 面倒な

26 そもそもの, 一番の, 怖ろ, 来て, 辛かった, 面倒だ

25 あったが, お好き, この人, この頃, どうした, 一番よい, 出來, 出来て, 分って, 見て

24 これが, それで, ない, 嬉しい, 恐ろしかった, 悪いと, 発見された, 目的であった, 耳に, 見られる

23 あるよ, うれしくて, きこえた, よかった, 聞こえる, 間違いの, 間違って

22 [15件] ありまして, いつもの, この, ほんとうだ, ほんとうの, 今でも, 分つた, 変に, 嫌な, 後に, 我々の, 最後の, 真の, 見えるの, 認められた

21 [17件] あたりまえだ, あったり, いやさに, お前の, その時, よろしい, わしの, 厭さに, 多いよう, 大部分, 好きです, 居る, 彼らの, 昔の, 普通な, 精一杯です, 遅かった

20 [19件] おきまり, よいか, よいの, 事の, 今も, 今度は, 多かつ, 好きでした, 嫌いな, 気が, 父の, 癪だ, 精一杯, 自分でも, 自分にも, 自然だ, 至当だ, 至当であろう, 身の

19 [16件] あなたの, あり, かすかに, つねであった, 一つ, 俺の, 失敗の, 好きである, 嫌で, 平次の, 感ぜられた, 本当です, 残念です, 目的だった, 縁と, 習いで

18 [28件] あったの, ありますよ, いまの, おかしい, こっちの, この上, この句, この時, つらかった, なにより, ふしぎな, よかろう, わかりました, 世間の, 主な, 例だった, 少くない, 彼女には, 後には, 怖かった, 普通であります, 本当で, 本当な, 楽しみで, 聞こえました, 自分には, 苦しかった, 見えたり

17 [21件] ありますね, あるかと, いいか, いけないん, はっきりと, 人情だ, 何が, 何の, 例だつた, 分る, 大好きで, 嬉しいの, 恥かしい, 本当なら, 正しいの, 毎日の, 癖だ, 癖だった, 精一杯でした, 自然で, 面白かつ

16 [25件] いくらも, いけなかった, ここに, ここの, その日, 二人の, 僕には, 億劫に, 厭だった, 君の, 大変な, 嫌だった, 当り前の, 彼は, 怖くて, 村の, 楽しみだ, 楽しみな, 精一杯で, 縁で, 習慣だつた, 見えたの, 見えるよう, 面白いの, 面白かった

15 [28件] あるもの, いけないと, ついて, みえた, やっとだった, よくある, よくない, わかります, わたくしの, 一番です, 一種の, 今度の, 他の, 先生の, 去年の, 嬉しかつ, 当然であろう, 悪いん, 惜しい, 惜しくて, 感じられる, 昔からの, 男の, 當り, 癖であった, 目的な, 見えたが, 身に

14 [31件] あたりまえです, あの人, ありありと, ありましたが, いくつも, おかしかった, その一つ, なによりの, わるかった, 云った, 其である, 判る, 変だ, 好い, 嫌さに, 嫌なら, 居た, 恐かった, 悪ければ, 惜しいよう, 抑, 楽しみだった, 残って, 気の毒な, 目を, 眺められた, 眼の, 聞えました, 自然な, 落ちて, 面白くて

13 [53件] あるので, うれしい, おかしいと, おもしろい, きこえて, この場合, すなわちこの, その証拠, その頃, それと, つねだった, 一と, 不思議であった, 不思議と, 人生の, 何かの, 何と, 元で, 其で, 初まり, 判って, 半七, 厭であった, 右の, 吾, 商売の, 因で, 多くて, 嫌いだ, 常の, 当前, 当然であった, 揃って, 早いか, 早かった, 最初の, 本当だろう, 気の, 気の毒に, 氣の, 沢山ある, 玉に, 置いて, 自慢だった, 自慢の, 落ちだ, 見えたから, 親の, 誰の, 間違ひ, 面倒で, 面倒に, 順序である

12 [46件] あつたら, ありますから, あるかも, あるさ, ここで, これで, ございます, して, ほんとうに, よくわかります, よくわかる, コロムビアに, 上手で, 人情で, 人情である, 今から, 今に, 俄に, 厭なら, 可笑しかった, 困難である, 困難な, 宜い, 当って, 当り前です, 当然じゃ, 当然であり, 当然と, 怖さ, 最もよい, 月の, 本来の, 楽しかった, 正しいと, 武士の, 母の, 癖である, 目の, 目的の, 精一杯の, 自慢な, 至当で, 至当な, 見えるだけ, 辛い, 面白いと

11 [58件] あたしの, あたりま, あるか, あるし, いいだろう, いいん, かれの, きまりで, こちらの, これである, そも, つらくて, よく見える, ビクターに, 一番好い, 一番良い, 上手だ, 今日は, 伸子に, 例だ, 例と, 億劫で, 前に, 厭だつた, 口惜しくて, 多いが, 好きだつた, 嫌いで, 実際の, 常識に, 当り前で, 彼を, 恥ずかしくて, 惜しくなっ, 普通であっ, 普通であり, 本当では, 欠点である, 残念だった, 残念で, 癖でした, 眼を, 礼儀だ, 私と, 習慣であった, 習慣である, 聞えたが, 自分で, 自分ながら, 自分を, 自慢で, 良い, 苦痛で, 苦痛に, 見えると, 関の山で, 面白くない, 顔を

10 [70件] あっても, あるけれども, あること, あるわ, あれが, おいや, おれの, きまりが, このごろの, この女, この種, これも, その人, それを, ないの, なによりも, ぼくの, みえる, よくわかった, よろしいと, ゐて, ゐる, イヤに, 一人の, 不愉快な, 不都合だ, 主で, 主人の, 先に, 前の, 千世子には, 却て, 商売だ, 多くの, 大変だ, 好きに, 容易でなかった, 居て, 常な, 従来の, 怖いの, 怖しい, 恥か, 悲しかった, 惜しかった, 日本人の, 早い, 普通だった, 最初で, 朝の, 本当である, 本当でしょう, 来た, 楽しみであった, 正しい, 気の毒で, 無理な, 現代の, 當時の, 私たちの, 第二, 聞かれた, 腑に, 自然だろう, 苦に, 誰だ, 辛くて, 長い間, 間違いだ, 間違いだった

9 [98件] あたりまえで, あるじゃ, あるという, あるよう, いけない, いるの, お厭, お気に, きこえました, このお, この本, これだ, これまた, これまでの, こわいの, こわくて, さすがに, すきだった, それに, ちょうどその, つらい, つらさ, なくて, はつきりと, ほんとうで, ほんとうな, まざまざと, よく見えた, わかるよう, ガラッ八, 一生の, 一番い, 上手な, 不意に, 中, 人生である, 仏教の, 代助, 何だ, 何よりです, 何んだ, 作者の, 例でした, 八五郎の, 分つて, 即ちこの, 反って, 古来の, 問題に, 困難であった, 困難に, 多いから, 多いので, 大好きな, 妙な, 常です, 幾つも, 当り前である, 当然だった, 待たれた, 心配に, 怖いん, 恐ろしくなった, 恐ろしさ, 恥ずかしかった, 恨めしい, 惡かつ, 愉快だった, 或る, 明かに, 最上の, 本で, 本当か, 本当かも, 本当であろう, 本意で, 楽しみに, 正直な, 殆ん, 気の毒だ, 水の, 特徴である, 特色である, 癖の, 皆の, 目立つ, 知れて, 確かに, 私を, 窓から, 苦しくて, 苦痛であった, 苦痛な, 見えたので, 遠くから, 順序だ, 順序です, 順当だ

8 [119件] あたりまえな, あったと, あの女, あるからと, あるそれ, ある筈, いいでしょう, いけなかったん, いちばんえらい, いちばんの, いつと, おかしくて, きこえる, きっかけで, きまりに, ここへ, この家, この際, これらの, こわかった, すきで, すきな, せめても, そのとき, その男, それも, そんなに嬉しい, つらいの, どんなこと, ふつうである, わかつた, わからないの, わかるの, わたしは, われわれの, イヤな, チラと, フシギな, 一つあった, 一番よろしい, 一面に, 上から, 不思議, 不思議だった, 不愉快で, 人に, 人間だ, 今までの, 今日までの, 仕事で, 余の, 出た, 出来た, 分りました, 初めの, 判った, 利益である, 可い, 可厭, 可笑しい, 吾ながら, 好いの, 妻の, 家の, 寂しい, 小さく見えた, 少しも, 常でありました, 当り前な, 当然かも, 彼に, 待遠, 後の, 必要である, 怖かつ, 恐ろしいの, 恐ろしいので, 恐ろしくて, 惜しいと, 愉快で, 愉快な, 意外な, 感じられて, 手を, 昨日の, 有名な, 業腹で, 楽しみの, 正しいか, 残念であった, 残念に, 毎年の, 気持が, 物足りなかった, 現れて, 癖な, 癪で, 目下の, 真実の, 私が, 立って, 習いであった, 習慣だ, 聞えます, 聴えた, 肝腎だ, 自然であろう, 苦しい, 落ちで, 見つかつ, 誤りだった, 辛いの, 辛いので, 辛さ, 通例に, 遺憾である, 関の山だ, 關の, 順当な

7 [165件] あたりめえ, あの男, ありそれ, ありましたね, ありますか, あるだろう, いいです, いいという, いくらでも, いちばんよい, うれしいの, お嫌, お気の毒, きょうは, これに, これは, こんどは, すきだ, すなわちそれ, そうだ, そうです, その女, その特色, その頃の, そもそも間違い, たくさんいる, たった一つ, たった一人, だんだんに, ちらと, つしり, つねで, ないから, ないので, なか, ふしぎで, ほかならぬ, みえました, むずかしい, やっとであった, やっとの, やつと, よろしくない, わかると, わずかに, ゐた, イヤだ, 一ばんいい, 一人で, 一番いけない, 一番早い, 一番正しい, 一般である, 一般に, 事実だろう, 事実では, 事実な, 今夜の, 代々の, 何でも, 先だ, 出る, 原則で, 原則である, 厭である, 厭や, 口惜しいの, 口惜しかつ, 口癖で, 喧嘩の, 土地の, 外ならぬ, 多いのに, 夜に, 夜の, 夢の, 大きらい, 大へん, 大多数, 大變, 大間違い, 天下の, 嫌いだった, 容易で, 容易でない, 居るん, 山の, 常識である, 幾らも, 当然だろう, 当然でしょう, 役目で, 得策だ, 心配で, 怖いから, 恐ろしくなっ, 悪い, 悪いよう, 悲しい, 悲しくて, 愉快だ, 明らかに, 昔から, 春の, 是である, 普通に, 最も便利, 最も適当, 最初である, 最善の, 最大の, 最後で, 有るから, 有利である, 極りが, 楽しみです, 欠点だ, 次の, 武門の, 殖えて, 気にな, 江戸の, 流行って, 淋しかった, 特徴と, 特長である, 珍らしく, 現実である, 當然で, 病みつきに, 目立って, 私達の, 答えた, 習慣だった, 自分に, 自然かも, 自然であり, 至当です, 至當である, 葉子の, 見えるが, 見つかった, 見られたが, 見られたの, 見られました, 見られます, 誰にも, 辛かつ, 退儀, 通例だ, 通例で, 通例であった, 通常である, 道だ, 適当な, 関の山だった, 雪の, 非常な, 面倒だった, 面白いん, 順序であろう, 順序な, 順當だ, 風に, 馬鹿げて

6 [222件] あたりまえじゃ, あったから, あったので, あとで, あの, あはれである, ありがたかった, ありその, あるだけ, あるとか, あるには, あるね, いいこと, いかにも残念, いずれも, いつまでも, いやであった, いるから, ええか, おもしろくて, お前には, お身, お高, かれら, きっかけと, きみの, くやしくて, こ, この時代, この物語, これからの, これを, こんどの, せいぜいで, そこに, そのころ, その上, その原因, その時代, その理由, その目的, それは, たのしかった, たのしみです, だれにも, できて, とりも, どうして悪い, なかった, なぜか, なぜ悪い, なんとし, のって, ほんた, ほんとうである, ほんとだ, ほんとの, まじって, まちがいの, みんなの, むしろ不思議, やって来て, よいという, よけいに, よろしかろう, わからない, われながら, 一つある, 一の, 一番よく, 一番美味い, 一等だ, 七月の, 上手であった, 不安に, 並んで, 主目的, 主要な, 事実であり, 事実なら, 二つの, 二人に, 人々の, 人情です, 今と, 他ならぬ, 他に, 代って, 仲間の, 伸子の, 何である, 來ました, 例でありました, 便利だ, 便宜である, 億劫な, 兄の, 先づ, 出ると, 分らないの, 分ります, 分るの, 午後の, 博士の, 原則だ, 原因である, 厭でならなかった, 口惜しい, 口惜しかった, 古代の, 可笑しいと, 可笑しかつ, 哀れに, 困難だ, 困難で, 変な, 多いこと, 多いと, 多いやう, 多くなった, 多くは, 夜目にも, 大嫌いで, 天の, 好いと, 好き, 妙だ, 妙である, 始めだ, 安全である, 少しは, 己の, 常であります, 幸か, 店の, 当然, 当然であっ, 当然であります, 彼れ, 待ち遠しかった, 待ち遠しくて, 御米, 微かに, 心の, 必要だ, 思い出される, 怪しいと, 悪魔の, 情けなかった, 惜しいやう, 慣ひであつ, 抑も, 拙者の, 持って, 描いて, 昨夜の, 昨年の, 普通だろう, 普通でした, 普通と, 最も安全, 最も普通, 有るの, 本名で, 本当じゃ, 本当だった, 本当らしい, 本物の, 根本の, 案外にも, 正しいよう, 正当である, 残念でございます, 氏の, 気に入った, 気の毒です, 氣にな, 沢山あります, 無上の, 現状である, 生きて, 異様に, 當然である, 癖, 癪な, 目的じゃ, 目的です, 目立つて, 知れた, 神の, 美奈子にも, 習慣でした, 習慣と, 習慣な, 習慣の, 老人の, 聞えると, 聞こえるよう, 聽えた, 肝心だ, 能く, 自然と, 良くない, 苦しくなった, 西洋の, 見えだした, 見えないの, 解る, 賢明だ, 賢明である, 賢明な, 載せて, 通例です, 通例の, 適当だろう, 間違つてゐる, 関の山である, 附いて, 面白いから, 響いて, 順序では, 顎十郎

5 [335件] あたりの, あたりまえの, あたり前だ, あったか, あったそう, あったよう, あて人に, あの娘, あの麻呂子山, ありましたよ, ありますぜ, ありまた, あるかい, あるきり, あるだらう, あるでしょう, あるのに, あるはず, あるやう, ある是, あんたの, いいだした, いいのけた, いいよう, いい気持, いう, いちばんだ, いつに, いますよ, いまでは, いまは, いやです, うちけした, うれしいよう, えらいの, おかしいじゃ, おそかった, おもしろいと, おもしろかった, お上手, お極り, お蝶, お銀様, かえって不思議, きまりだった, きまりであった, こっちへ, このあたり, この世の, この作, この土地, この小説, この日, この歌, この老人, この道, さびしい, しゃくにさわって, じぶん, すきです, すべての, そのお, その中, その家, その年, その第, それであった, それであります, それな, た, たくさんある, ただ一つ, たのしみに, たまらなかった, ちらちらと, つらかつ, どういう意味, どこが, どのくらい, どれも, ないん, なかつたから, はっきり見えた, ばかに, ふしぎである, ふつうだ, ほのかに, ぼんやりと, まず第, よいかも, よく分る, わかったの, わたくしには, わたしには, わの, わるいの, わるかつ, ウロウロし, ホントかも, 一夜の, 一斉に, 一番に, 一番早道である, 一番自然な, 一緒に, 三田の, 上野の, 下から, 下手な, 不安であった, 不快であった, 不思議じゃ, 不思議でならない, 不思議の, 不愉快だ, 不満で, 世の, 九時, 事実で, 事実の, 二人, 亭主の, 人情の, 人生だ, 今年の, 今日では, 今日まで, 仕事だ, 仕事です, 仕事な, 仕事の, 他人の, 住んで, 何う, 何とはなし, 何も, 何より, 何よりである, 何よりと, 何を, 例です, 例な, 例にな, 俗に, 僕は, 八時, 出世の, 分かる, 分るよう, 初めで, 判るよう, 取りも, 口惜しいと, 可怪しい, 可憐であった, 吾輩の, 哀れであった, 商売で, 声を, 変だった, 外から, 多いらしい, 多い様, 多かろう, 大きくなる, 大の, 大体の, 大切な, 大好きです, 大好物, 大嫌ひで, 大日本平城京, 好きらしい, 如何にも残念, 妥当であろう, 妾の, 始めて, 姿を, 娘の, 婦人の, 嬉しくって, 子供の, 定法だ, 実際である, 実際に, 寂しかった, 寂しかつ, 少なくない, 居ますよ, 帰って, 常になっ, 常例な, 常識の, 幽に, 当り前じゃ, 当を, 当然さ, 役目だ, 彼が, 彼等には, 得意で, 得策です, 心に, 心苦しかった, 怖い, 急務だ, 急務である, 恐ろしいと, 悪いか, 悪い癖, 悪かつ, 惜い, 惜しかつ, 惜しくなった, 意外に, 意外にも, 愛の, 慣しに, 慣ひである, 我ながら, 探偵小説の, 教育の, 文章の, 斯う, 日本に, 昔は, 映った, 昨今の, 時の, 普通でありました, 普通であろう, 暫らくし, 最近の, 有りました, 望まれた, 望まれる, 本名だ, 本式で, 本道である, 来る, 楽しみでした, 欲しいと, 正しいこと, 正当の, 此である, 気恥ずかしく, 水の上に, 池の, 浮いて, 滑稽だ, 澤山ある, 灯の, 無かつ, 無上に, 物足りなかつた, 特色だ, 特色で, 特色です, 珍らしい, 現はれ, 現状だ, 理想な, 理由の, 生れて, 番頭の, 當然の, 癖です, 癖にな, 発見され, 目的に, 破滅の, 秀吉の, 私共の, 第三, 答だつた, 米友の, 精いっぱいでした, 精一杯だ, 絵の, 美しい, 習慣で, 聞えたので, 聞えないの, 胸に, 胸を, 腹が, 腹立たしかった, 自分と, 自己の, 自然に, 至当であります, 至当の, 至當で, 苦しかつ, 落ちだろう, 落ちである, 藤原と, 藤吉の, 血の, 見えその, 見えたばかり, 見えたん, 見えないか, 見えますよ, 見えるという, 見えるばかり, 見えるやう, 見たいん, 見つかりました, 親分の, 解って, 評判で, 話の, 認められる, 誤りで, 身を, 載って, 近代の, 遅いので, 遅くなる, 道楽で, 道理だ, 違ふ, 適当であろう, 遺憾だ, 遺憾です, 部屋の, 霧の, 静かに, 面白くなっ, 面白さ, 順當ぢや, 飛鳥の, 麻呂子山だ, 鼻の

4 [541件 抜粋] あいつの, あたしには, あたしは, あたりまえでしょう, あったかと, あったん, あつたり, あのお, あの時, ありがたい, ありこの, ありこれ, ありましたから, ありません, あるかね, あるがね, あるこれ, あるぜ, あるといふ, あるもん, ある脚, いいかと, いいって, いいね, いいよ, いいわ, いけないという, いけなかつたの, いちばんうまい, いちばんよろしい, いつでも, いるが, いると, いるよ, いるん, いろいろな, うまい, うるさいから, うれしかつ, おかわいそう, おしくて, おそろしいの, おた, おまえの, おれには, お互いの, お光, お前さんの, お定, お望み, お狩場, お目, お絹, かわいそうで, きまりでした, きらいだった, きらいな, くやしい, この事件, この人たち, この作品, この大, この娘, この店, これです, これな, これ又, こわいよう, ござんす, さう, しては, しまひ, すず子の, せきの, そこから, そこが, そこの, その, そのままに, その唯一, その当時, その晩, その返事, それより, それらしい, たいへんだ, たいへんな, たくさんあります, ちやうど, ちょっと気, ちらりと見えた, つづいて, つまりこの, つまりは, つらいから, とてもうれしかっ, どういうこと, どういうもの, どこか, どこだ, どこの, どんなにか, どんなもの, ないこと, なかなかの, ながめられました, なければ, なり声, なんの, はいって, はじまりである, ばかばかしくなっ, ふしぎだ, ふつうであった, ほんたう, ほんとうであろう, ぼんやりわかりました, まことの, まちがって, むかしからの, もとは, やっとでした, やつて, よいで, よくなかつた, よく分った, よく分ります, よろしいの, わからなかった, わけも, われ, オチだ, クリストフの, チラリと, フシギだ, 一つも, 一人ある, 一人でも, 一枚, 一番, 一番おいしい, 一番よかっ, 一番確かだ, 一番都合が, 一番面白い, 一篇の, 一緒でした, 一部の, 丁ど, 丁寧に, 上に, 不平で, 不快に, 不思議でございます, 不思議でした, 不思議でならなかつた, 不思議でならねえ, 不愉快であった, 不本意, 不自然な, 世の中の, 世界の, 世間に, 両国の, 並べて, 主である, 主なる, 久しぶりで, 九州の, 予の, 事実であった, 事實である, 二葉亭の, 二階の, 五人も, 交って, 人間な, 仄かに, 仕事だった, 仲, 伸子には, 何とも名状, 何とも言, 何よりでございます, 何よりキライ, 何より厭, 何より楽しみ, 何んと, 來た, 便利であった, 便利でも, 俄かに, 俺たちの, 俺には, 偶然にも, 僕だ, 先で, 先刻の, 入つて, 入れて, 共通の, 兵馬の, 其の当時, 出るの, 分ったの, 分らなかった, 分らんか, 分ると, 判らないの, 判りました, 動機に, 勿体ないよう, 匂ひ出, 南の, 即是, 厄介だ, 原で, 原因だ, 原因であった, 原因に, 原因の, 厭でした, 厭やに, 反つて, 取柄で, 口惜しいから, 古くから, 古今の, 可哀そうだ, 可恐い, 同じよう, 同氏の, 君には, 周知の, 哀れで, 困る, 堪えがたかった, 変って, 夏の, 多いし, 多いそう, 多いです, 多いという, 多いん, 大すき, 大変です, 大好きであった, 大好きでした, 大嫌, 夫の, 女房の, 好いか, 好かつた, 始まりで, 始まりである, 始まりでそれ, 始めで, 始りで, 嫌いであった, 嬉しいと, 定石である, 実に不思議, 実際だ, 家康の, 容易な, 寧ろ不思議, 少くとも, 少しずつ, 少しばかり, 尤もだ, 居りました, 屡々だつた, 己には, 常であるであろう, 幸福だ, 幾人も, 建って, 当たりまえだ, 当つて, 当りまえだ, 当り前と, 当然に, 役目だった, 往来から, 待って, 待遠しくて, 得意であった, 得意な, 得策である, 御縁, 心配だった, 必要で, 必要です, 忌ま, 性に, 恐いの, 恐いん, 恐ろしいよう, 恥かしくて, 恨めしかった, 悪いので, 悲しいの, 惜しくな, 惜しまれて, 愉しくて, 愉しみ, 感じよく, 感ぜられる, 感心だ, 慣例に, 憚られた, 戦争の, 戦国時代の, 手紙の, 持つて, 探偵の, 支那の, 支那人の, 敵の, 文学の, 新聞に, 方々に, 日に, 早いと, 早道だ, 早道である, 暗いなか, 最も合理的, 最も多い, 最も有効, 最も自然, 最も賢明, 最も適切, 最後であった, 有ります, 有る, 朦朧と, 本來, 本意な, 本書の, 本来で, 本當ぢ, 本筋である, 本筋な, 本道だ, 森の, 業腹だ, 楽しくて, 楽みだ, 機縁と, 正しいであろう, 此の世の, 此頃の, 歴史を, 残念でならない, 残念でなりません, 殘念だ, 毎晩の, 毎朝の, 気がかりだった, 気に入って, 気に入らない, 気の毒の, 気まりが, 氣味が, 水を, 決定的に, 沢山あり, 法だ, 法則である, 浮んで, 混って, 無理でしょう, 無理なら, 物憂かった, 物足らぬ, 特長だ, 特長で, 珍しい, 珍しかった, 珍しかつ, 珍らしくない, 現今の, 現実だ, 現実の, 理想である, 生涯の, 男だ, 當然だ, 癖と, 発見される, 皆を, 目には, 目的でなく, 直接の, 真実なら, 真相らしい, 眼目であった, 知られて, 礼儀な, 神今, 私だ, 私どもの, 私にとっては, 秋の, 穏当だろう, 穏当であろう, 窓の, 第一番, 素敵な, 細君の, 綺麗に, 義務だ, 翁の, 習ひであつ, 習慣にな, 耳には, 聞えるの, 聞こえたり, 能の, 臆劫に, 自慢でした, 自然だった, 自然です, 至当であり, 至当でありましょう, 致命傷で, 良いの, 芸術の, 芸術家の, 苦しいので, 苦しくなっ, 苦痛だ, 莫迦, 落ちであろう, 葛城川だ, 蝋燭の, 見えましたが, 見えまた, 見えるから, 見えるだろう, 見えるでしょう, 見えるところ, 見え出した, 見て取れた, 見られるの, 解つた, 言葉の, 評判が, 評判の, 誰あろう, 誰しもの, 賢いの, 起って, 趣味で, 辛いから, 辛いん, 近世の, 近頃の, 近頃は, 返す返すも, 逆に, 途中で, 這入つて, 通例でした, 通常の, 遅くなった, 運が, 運命だ, 道である, 適当である, 適当と, 遲れた, 邪魔に, 重な, 重要な, 間違いである, 間違いな, 間違の, 関の山です, 限りなく, 際立つて, 難有, 雨に, 青白き大佐, 面倒であった, 面倒です, 面倒臭くな, 面白くな, 順です, 順当じゃ, 頭の, 頭を, 風で, 飛んで, 首を, 馬鹿, 馬鹿に, 骨だ, 鼻に

3 [970件 抜粋] あたりまえでございます, あたり前です, あったそれ, あつしの, ありそこ, ありますからね, ありませう, あり同じ, あるでしょうか, あるでせう, あるに, あれは, いいかも, いかにも苦痛, いたが, いちばん安全, いぢ, いました, いやでも, いるぜ, いるよう, うまいと, うれしそう, おかしいくらい, おくれて, おそろしかった, おちであった, おめ, おもしろいの, おわかり, お勢, お嫌い, お父様, お米, お角さん, かなりに, かわいそうだ, がらりと, きまり悪い, くやしいの, ことの, このよう, この世に, この子, この書, この現象, この病, この辺, こびりついて, こわくなった, ざらに, しきりなし, しょうばい, すぐに, すらりと, せいぜいです, そうでない, そこらに, その人たち, その例, その名, その性質, その本質, その歳, その若い, そもそもよく, それか, それらの, そんなに悪い, たくさんあった, ただの, だから, ちよつと, つねだ, つまらなくて, とても嬉しい, とても苦しい, どうかする, どれだけ, ならは, なんでも, はずかしかった, はっきり見える, ひどく眼, ふつうだった, ほしい, ほんとうだろう, ほんとな, また, まだしもの, まちがいである, むしろ自然, めっけ, もう一つ, もとな, もどかしかつ, やはりこの, よいかと, よくて, よく見え, よさそう, れいの, わからないか, わからんか, わずかの, わに, ゐると, ゐるん, イヤで, オカしい, カントの, チベット人の, ドイツの, ヒダの, フシギです, ポリドールに, 一っ, 一つで, 一人いる, 一人も, 一列に, 一同の, 一層彼, 一日千秋の, 一杯で, 一枚あった, 一枚ある, 一番よかろ, 一番安全だ, 一番悪い, 一番近道である, 一目に, 七兵衛の, 万全の, 三時, 上手に, 上策と, 下の, 不安だった, 不平な, 不幸の, 不思議ぢや, 不思議でたまらなかつた, 不思議にさえ, 不愉快である, 不満だった, 不足らしく, 主に, 主眼で, 二つある, 二上山の, 二人と, 二人には, 二人ばかり, 二時半, 五月の, 人々を, 人情であります, 人間として, 今いう, 今宵は, 今後の, 今朝は, 仕合せで, 代りに, 仰がれた, 何で悪い, 何ともいえず, 何よりじゃ, 何より好い, 何より嫌, 何時か, 例であっ, 侍の, 便利であろう, 偶然助かつて, 僅かに, 先き, 先の, 入った, 八月の, 其の時代, 其様に, 冬の, 出来たの, 分らんの, 切れて, 初めてで, 初めです, 利いて, 前句, 力の, 動機と, 十二時, 十人の, 午前の, 危険である, 却ってよかっ, 原則と, 原因だった, 原因な, 又八, 双方の, 口惜いと, 古いの, 可なり, 可哀そうで, 可笑しいほど, 合図だった, 合理的である, 名盤, 向の, 唯一つ, 商賣, 問題な, 四人の, 四時, 困難です, 基で, 変で, 外に, 多くそれ, 多年の, 大きくなっ, 大なる, 大事な, 大仕事, 大切である, 大変だった, 大好きだった, 大嫌いであった, 夫婦の, 奇妙である, 奥の, 好い運さ, 好であった, 妥当で, 始まりだ, 始終私, 嫌ひだつた, 嬉しいよう, 嬉しさ, 嬉しそう, 学者の, 宇治山田の, 完全に, 定法である, 実情である, 実際だろう, 客の, 家来の, 寂しくて, 尋常の, 少くなかった, 少し不思議, 少し面倒, 少年の, 居るぜ, 居ると, 山を, 岸本の, 左の, 常であっ, 常と, 常識だ, 常識であった, 幅を, 平安朝の, 年を, 幸運で, 幾日も, 廊下にまで, 当りまえさ, 当り前かも, 当り前でしょう, 当世の, 当然ぢ, 当然という, 当面の, 役目で御座います, 彼である, 彼女は, 彼奴の, 彼自身にも, 待遠い, 得意だ, 得意に, 御所の, 御自慢, 心外であった, 心持ちが, 心細かった, 心配な, 必要であった, 忌々しかった, 忍術の, 怖いと, 怖いよう, 怖しかった, 思い出された, 急務では, 恋の, 恐しさ, 恥かしくなった, 恥ずかしいくらい, 恨めしくて, 悪いという, 悲しいと, 悲劇の, 惜く, 惜しさ, 惡か, 愉快である, 意外だった, 感じられるの, 慣ひ, 慣わしである, 所謂, 批評家の, 折から, 指の, 掟であった, 提灯の, 文芸の, 日の, 日課の, 早くなった, 早すぎる, 明けの, 星の, 時間が, 普通でしょう, 暫くの, 最もいい, 最も効果的, 最も重要, 最初に, 最正しい, 有りますから, 有難かった, 望みです, 朝廷の, 未来の, 本人の, 本名である, 本当であった, 本望な, 本来である, 本義で, 東京に, 根本である, 楽しいの, 楽しそう, 楽み, 欠点で, 次郎の, 正しいで, 正当だ, 正當, 此お, 此年の, 武蔵の, 死ぬほど, 死んで, 残念, 殘念で, 毎度の, 気に入らないの, 気を, 氣が, 江戸で, 沢山に, 洋燈の, 流行だ, 浮世の, 源氏の, 漠然と此人, 無数に, 無理か, 無理である, 煙草の, 物足らない, 特に目, 特別な, 珍しいの, 現れる, 現代人の, 現実に, 理由で, 生徒の, 田丸の, 異彩を, 異様であった, 畳の, 病みつきで, 病気の, 百人中間に, 目的であっ, 目的でない, 目立ちます, 相図, 眞に, 真実だ, 眼にと, 知れる, 確に, 礼儀である, 社会の, 神様の, 私である, 私にも, 窮屈で, 窺われた, 竜之, 精いっぱいで, 精一杯と, 緑雨の, 縁の, 罪の, 羞しい, 羨しい, 義雄には, 耳について, 聞え出した, 肝腎です, 腹立たしかつ, 自分な, 自分達の, 自然であった, 至当じゃ, 至当だろう, 舞台の, 良かろう, 芝居道の, 若い時, 苦しいから, 苦しそう, 莫迦らしくなった, 落ちな, 葉子には, 血を, 表へ, 見えそして, 見えたと, 見える許, 見っけ, 見ゆる, 見られるであろう, 見付かったの, 覗かれた, 親父の, 記憶に, 証拠で, 詩である, 誤りである, 誰よりも, 變だ, 豹吉の, 走って, 趣味な, 躊躇された, 転がって, 辛いと, 辛そう, 近道だ, 返事だった, 退屈に, 通る, 通例であります, 通例な, 遅れて, 道の, 道理に, 遠くに, 遥かに, 適當である, 遲かつ, 重ねて, 釣りの, 門の, 間に, 間違いで, 間違である, 阿武隈川, 隣の, 集まって, 雲の, 面倒くさかつ, 面白いです, 面白くなかつた, 順だ, 順でございます, 順な, 順序であります, 順当であろう, 飛込んで, 馬鹿らしくて, 骨が, 魚の, 鮮やかに

2 [3082件 抜粋] あざやかに, あたりまえであろう, あったかしら, あったな, あつたら逃す, あなたで, あの方, あぶない, ありましたので, ありまするが, あるあれ, あるわけ, ある女, あわれである, いいであろう, いい事, いくらか自分, いけなければ, いたね, いちばん安心だ, いつの, いますがね, いやでございます, いるだろう, うつったの, うるさいと, おいおいに, おくみ, おそかったら, おちであろう, おぼろに, おもな, お京, お前でない, お増, お染, お綱, お見え, お鳥, かえって間違い, かねての, きた, きらい, ぐっと胸, ここであった, こっちから, この世の中, この前, この少年, この文章, この深夜, この自分, この遊び, これだろう, こわいから, こんなにイヤ, ござるこれ, さぞ骨, しきたりに, すうっと, すでに遅い, せいいっぱいだった, せつなくて, そう見えた, そのため, その使命, その国, その秋, その起原, そもそも私, それでしょう, そんなに恥しい, たいへんでした, たくさん見え, たのしみで, たまらなく好き, だんだん厭, ちら, つい自分, つちり, できた, とてもいい, とびついて, どうしておかしい, どうも変, どっさりある, なかなか困難, なにかしら, なんだか恐ろしい, なん刻, はからずも真面目, はじめから, はっきりわかる, はっきり聞えました, ばかばかしい, ひどく八五郎, ひびいて, ふしぎでした, ふと目, ほの, ほんものの, ましだ, またひどく, また楽しみ, まだしもだ, まどろ, むしろ当然である, むらむらと, もうたまらない, もう黄昏, もっともです, もとの, もの静かで, やっとです, やはり彼, ゆかいで, よいとも, ようございます, よくなる, よく聞えた, よく解ります, れいに, わからないん, わたしにとっては, ゐます, アイヌの, イヤさに, エライでも, キマリが, サクラの, チラチラと, ニュートンの, パッと, フト順風耳に, ホントに, ムシュー・ドファルジュの, ロダンには, 一ばんつらかっ, 一体, 一基, 一所に, 一昨年赤痢で, 一枚だけ, 一番うまい, 一番で, 一番よろしかろ, 一番味が, 一番安全な, 一番真相に, 一番近道だ, 一組帯が, 一貫した, 一通りや, 七つお, 三上於菟吉で, 三年の, 上分別かと, 上杉家の, 下手だった, 不可能だった, 不審に, 不快でならなかった, 不思議でなり, 不気味に, 不自然である, 不足な, 世上の, 両三名, 中絶え, 主眼であっ, 九時ちょッと, 乞食の, 事実と, 二つと, 二人同じ, 二時, 云うまでも, 五六十枚竹筒に, 亜米利加の, 人事の, 人民の, 仇と, 今年は, 今朝に, 仕合せだ, 任務では, 佐, 何がなしに, 何だか生物, 何となくイヤ, 何となく羨ましい, 何にも, 何より大切, 何んの, 何時に, 余所目には, 便利な, 信徒の, 健康法の, 僕を, 兄弟分だ, 先代の, 全くの, 六三郎の, 其処の, 内の, 処女の, 出家の, 分かって, 分らぬか, 初めてである, 判らぬか, 別に, 利家で, 前坂和子君です, 劇興行の, 勘当された, 北海道の, 十七日の, 十六人死んだ, 十本の, 半分で, 即ちお, 却って親切, 厭は, 又素的, 取柄だ, 古い信仰, 古来からの, 可哀相な, 台所に, 各地に, 同君の, 名指, 含まれて, 唇の, 商法の, 善いとか, 嘘か, 四季の, 因果で, 国史の, 地獄の, 堪らなかつた, 変なら, 夕顔の, 多かったろう, 多ければ, 大きい声, 大へん呑気, 大変だろう, 大好, 大概の, 天下国家の, 失敗だ, 奇妙な, 奥山の, 女には, 好いので, 好だ, 妙です, 始まった, 始まりでとうとう, 娘さんの, 嬉しいもの, 子を, 孤家で, 官兵衛, 定説だ, 実はその, 実際であった, 宿の, 實は, 専門家の, 小坂部の, 少くなく, 少し癪, 居るさ, 山キの, 川上の, 巧みで, 常例に, 常習だつた, 常識な, 平気な, 幸いに, 幾人か, 店先き, 廻って, 張る氣, 当り前でございます, 当然でありましょう, 影の, 役目である, 彼にも, 彼等は, 後へ, 得意だつた, 御爺さん, 心外じゃ, 心理学者の, 心配だ, 忌なら, 忽ち人気, 怖いので, 思ひがけ, 怪しい第, 恐しい, 恐ろしくなる, 恥しかった, 恰度やつれた, 悪いやう, 悲しくも, 情なかつた, 惜しまれるやう, 愉く, 愉快でならなかつた, 愚かな, 慣い, 慣例と, 憐れであった, 或時朝, 戸口から, 手の, 抑の, 振って, 掲げて, 政治的に, 敬太郎の, 文展である, 新しいの, 旅する, 日想観である, 日本語の, 早いぜ, 早かっただ, 明神下の, 春と, 時々ある, 普通かも, 普通人の, 曹操の, 最も当っ, 最も賢い, 最初からの, 最近に, 有ました, 有名だ, 本体か, 本当だって, 本意だ, 本筋だ, 本道な, 来るの, 柿丘秋郎の, 案外な, 棄てた棹, 極めて多い, 楽である, 横合から, 欣しかった, 正しいやう, 正当であった, 此国の, 此方からでも, 歯がゆいの, 殆どつね, 残念でした, 段々に, 毎日この, 気に入ったの, 気まり悪く, 気持の, 永の, 治って, 法家の, 流れ出して, 浅草馬道の, 淋しくなり, 渠の, 溜らないから, 滝の, 漸っと, 無いので, 無事な, 無理だった, 無理も, 焼けて, 片隅に, 物哀れで, 特徴だった, 特殊な, 玄関に, 現れた, 現実であろう, 理由であった, 瑠璃子の, 生の, 生物界に, 男で, 町子の, 當然ぢや, 病な, 痛々しいほど, 癪だった, 白砂に, 皆んな本当なら, 目くるめくばかりに, 目前の, 目的らしかった, 相応に, 真実に, 真白な, 眼下に, 矢張また, 硯友社の, 礼です, 祖先への, 禍いの, 私にさえ, 稼業で, 空を, 立つて, 第一回, 粥河圖書で, 精一杯さ, 紛ふ, 絶対的に, 繁って, 羨ましいん, 翁が, 習いと, 老妓の, 聞えそれ, 聞えるから, 聽え, 肝心じゃ, 腰を, 自分たちの, 自分一生涯の, 自然じゃ, 至当であっ, 芝居の, 苦しくな, 英吉利の, 菊之助の, 落で, 蒼黒い, 薫の, 表に, 裏から, 要る, 見えただけ, 見えるとも, 見えんの, 見て取られた, 見るに, 見受けられたという, 観客の, 言う, 訣る, 話した後, 誤りであった, 論より, 谺し, 貼りつけて, 起こって, 軍人だ, 辛いわ, 辰夫の, 近代的な, 近頃府内, 透いて, 通念と, 遅くなっ, 過ちの, 道楽だ, 遠慮を, 遺憾で, 酒の, 重なり合って, 金持ちに, 銀子の, 開化の, 間違ってるん, 関の山, 陸軍の, 障子に, 離室の, 雪之, 青木には, 面倒である, 面白かろう, 順序であった, 頗る困難, 頼もしい, 風邪を, 飾られて, 騒動の, 鳴ると

1 [26103件 抜粋] 〇・一五ないし, あたりまえでありまし, あったら少し, あのテレーズ, あの燃え出した, あまりに意外, ありましたいま怪塔王, ありゃ今, あり扁桃, あるくらい, あるみんな観, ある私, あんな社会, いい知れず, いかにも恥, いかんの, いささか不平, いちばんほねがおれました, いちばん適し, いつか肥満した, いつの間にか腰, いとしい爲, いま一人前の, いよいよ只事, いわば女主人側, うつつた, うるさくなっ, おおぜ, おしい, おちだろう, おもしろく見えた, お互に, お安, お照, お雪ちゃんの, かえって大, かえりにより, かの小林浩平, きくの, きまりな, くやしいという, こうした客観的情勢, こつこつと, このはるか, この不快, この友だち, この姿見井戸, この折しも, この海岸, この秋山少尉, この覆, この陰惨, これから私, こんなに大きく, ござりまし, さしむ, さら, しげった雑木, しようば, すくすくある, すっかり擦れ, すなわちマルタン, すべてオセチであった, せいぜいだつた, そう悲しく, そのままうなずけた, その借り主, その子供, その新内語り, その特長, その膚, その雨, そもそも英ソ軍事同盟, それで全部, そんなに沢山ありませんでした, たくさんいるか, ただ遺憾, たのもしい, だいぶありました, だんだん面白く, ちょうどよい, ちょっとだけ, ついこんな, つとめだ, つみかさねて, できませんから, とてもつらかっ, とれず, どうして自分, どうも竜, どっさりいました, どんなに過, なおのこと癪に, なかろう, なつて, なんだかへ, なんとなく淋しく, のぞみだった, はじめ二三度は, はばかられた, ぱっと明るみ, ひと月と, ひよい, ふと勝入, ほかならない, ほんとうか, ぽっと目元, まじつてゐた, またたくうち, また実に, まだしも仕合せさ, まだ眼, まるでお, みじめな, むしろ幸い, むりだとわかると主人は, もう三十分, もう真平に, もっとも有効, もの足りなく, やっとその, やはりデモ倉, やりきれない, ようございましょう, よく判ります, より妥当, わからいえば, わかる位, わたしどもには, ゐましてね, アルバムに, ウイスキイの, カイロの, ギゴチなく, コンデンスミルク大, シューベルトの, センバであった, チャンと, ドイツ魂であっ, ハッキリ聞える, ヒョッコリと, フト思出した, ホトケの, ミニィル・ヴァン・デル・ヴェルド君である, ヨーロッパや, ヴァレリイで, 一つ水泳自慢に, 一ん日の, 一人いるらしい, 一体三日めに, 一子分の, 一層肚, 一方には, 一杯一銭五厘入れた, 一番つら, 一番味いね, 一番心安かっ, 一番気味が悪い, 一番褒められる, 一瞬間みなの, 一般武家邸の, 一隻の, 七万ぐらいの, 七月二十二日の, 三井寺へ, 三十分ほど, 三日めごろから, 三百ばかり, 上手でありました, 下村宏君であった, 不安でならない, 不思議なくれえだ, 不用意に, 世の中である, 両隣り, 中野君の, 主意だつた, 之を, 九時近く四時迄, 争論の, 二つ三つあった, 二三十枚ぢや, 二人飛び出し, 二十歳である, 二本ころが, 云ふまで, 五十ばかりに, 五銭だ, 人力に, 人間たる, 今しがた按摩が, 今度だけ, 今日謂う, 仕事でありました, 以てのほか拂底で, 伐つたん, 佐川一人でない, 何だか奇妙, 何となく不吉, 何とも計りかね, 何より嬉敷, 何人か, 何本か, 作中の, 侘しくなり, 信者達の, 偉いよう, 傾斜の, 優れたものの, 先か, 先刻紙入れを, 党主の, 全然ない, 八洲亭渋谷の, 六時前老, 其の理由, 其角一流の, 写った, 処で, 出入した, 出来れば, 分ってる癖, 分る黄昏, 初めは, 別所一族の, 前提せられ, 加は, 勝太郎である, 北どなりの, 十一時半三荘やっ, 十二月八日浅野家が, 十字四十五分, 十許り這入, 午前十一時, 半数以上と, 卯刻半, 即ち切棒駕籠, 即服従, 却つて其を, 原宿の, 又なかなかひま, 双眼鏡に, 叙景詩である, 古い卒塔婆, 叫んだ, 可笑しいやう, 吉岡流の, 同日午後十時だった, 吏全の, 呟いた, 咲き盛るの, 商売かい, 嘆かは, 四十二人も, 四月十二日以上明治二年十一月から, 困難だった, 土臺間違つた話で, 坪内逍遥だった, 堪えられぬ怖し, 墜落し, 夕日を, 多い勝ち, 多く用いられ, 夢だ, 大キライ, 大分当時, 大変困つ, 大岡政談といふ, 大正十年の, 大門通りの, 天気の, 夫婦乞食でした, 奥の手であろう, 奴メの, 好じゃ, 如何にも気, 妨げられる, 始めから, 婿の, 嬉しいかの, 子直, 学術上の, 安楽じゃ, 定法と, 実に厄介センバン, 実は他殺, 実証科学の, 家例に, 富士山である, 寧ろ故意, 将然にやの, 小奴さん, 小鈴, 少し可哀相, 少年は, 局外的雑誌や, 屡々ほんの, 山颪の, 川棚温泉である, 差出人だった, 帰宅した, 常識として, 平気で, 幸福, 幾片と, 廊下で, 弘法大師である, 当ったので, 当時一般の, 役だ, 彼女自身で, 待ち遠しくなった, 後半であります, 從來の, 御覽, 心もとなくさいわい, 心細く一生懸命, 忌諱に, 怒ろしく無愛想, 思い取られるまで, 性分で, 恐いとか, 恐ろしくって, 恥ずかしくも, 悟ったの, 悪運の, 惜しいとでも, 想像通り中った, 愛国である, 慈悲の, 憎い風情, 成立する, 戦争じゃ, 所謂準, 手落ちだった, 折々ある, 指が, 探偵小説家の, 改築の, 散らばった, 文化十四年十二月長男幸太郎が, 斎部の, 新橋あたりには, 既に大正五年発刊, 日本人では, 旧儀, 早道でも, 明治二十年の, 映画人だ, 昼に, 晩く, 暗い竹, 書きつけて, 最も情なく, 最後, 有つたろ, 服部時計台の, 木こりに, 本だ, 本当らしく思われます, 本筋であるべき, 朱羅宇の, 来ます, 松下だ, 果物畑に, 格子戸ご, 森彦などと, 楽しいといふ, 模範農場だ, 欠かされなかった, 次第に見え, 止めに, 正式な, 此処な, 此邊迄も, 死んだ親父, 残り惜しく思はれた, 殺された妹, 毎月十五日円山の, 気に入らなかつた, 気持ちがよ, 水鶏橋で, 池田喜平次で, 河の, 泣くなあ, 流れました, 浜子であった, 消え始めた, 清五郎です, 測らずも, 滅法好い, 漸次意義, 火葬に, 無くただ, 無邪氣, 熱を, 物々しければ, 特に山の手, 狙いな, 玄人らしく馴れた, 現われました, 理想と, 生き出すの, 用意せられ, 男女恋情の, 當然過ぎる, 痛いらしく, 発行された, 白馬の, 皆まっすぐ, 目の下に, 直き, 相槌を, 真向けざまの, 眼にまで, 矢張り子供らしい, 石橋で, 磯屋さんの, 神戸に, 秀俊には, 私自身です, 稼業な, 突けんどんな, 立ったこと, 笑止である, 筋が, 米国ビクターに, 糸屋の, 素早くて, 結局いちばん幸福じゃ, 絶品だった, 縫い目に, 美味いので, 翌々日の, 老来禿, 聞えだした, 聞こえそれ, 肝心である, 脅迫罪で, 膝すりよせ, 自意識過剰の, 至当じゃァねえか, 舟崎という, 色が, 芸術に, 苦しい夏, 茶わんと, 華表だ, 著しく分つた, 薄明るく, 蘭川だ, 行くか, 衷心の, 西郷らの, 見えながら, 見える我々, 見かけられるやう, 見られたはず, 見当らないため, 親切で, 解らなかつた, 訝しいほど, 誇りという, 誰かに, 警笛の, 販路を, 賢明な遣り, 越え難い, 蹴裂明神, 輕蔑される, 近いと, 近頃お, 逆しまに, 通則であった, 遂にその, 運動場に, 道楽だった, 遠慮なく繁茂, 還俗した, 重いほど, 金京善と, 鉄砲では, 鑄物の, 開け放しに, 間違ひなのだ, 限りも, 際立った特色, 離れにくく, 震え上る, 靜か, 面憎くも, 鞠躬如として, 順路であり, 頼綱の, 飛び込んで, 養父等の, 馬鹿気て, 骨折りでは, 鬼ヶ島, 黄昏だ

▼ の~ (57206, 10.3%)

29982375 から 1836968898 ということ 851776 がその 727 そうだ 725 そうです 671 がそれ 639 と思う 431 そうである 429 という 399 からね 395 といふ 361 がこの 332 からその 297296 と思った 286 もの 277 と思っ 258256 と云, と云う 255 と思ふ 232 が私 226217 からな 216 そうで 208 けれど 190 といっ 184 からこの 183 がね 182 からそれ 176 がこれ 171 が今 169 と私 167 と言 161 がしかし 159 から仕方 156 と思います 153 からこれ 144 から私 124 が彼 123 が併 121 と云っ 110 というの 109100 と言っ 9695 という事, と思 86 が今日, と言う 85 がそこ 83 から何, がそれでも 82 そうでございます, と彼 81 がどうも 80 というよう, と思つて 79 が何, とすれ 72 と思いました, と思ひます 69 がそんな 68 があの 67 が僕, とする 64 と考え 63 がどう, が自分 62 がさて 61 そうな 58 と云った 57 からお, がお, けれども, と思われる 56 から今 55 からである, からなあ, がもう, と思い, んだら 54 かそれ, がここ, がそう, と信じ, と説明 52 からもう, といった 50 そうだった, と云つて, と言った 48 かわからない 4645 としたら, とみえ, と自分 44 から自分, が彼女, と考える 43 さう, といつ 42 がさ, と考えた 41 からそう, から僕 40 から彼, とお, ッ 39 がそういう, しそれ 38 からそんな, から無理, から面白い 37 けれどその, って 36 がまだ 35 が今度, それを 34 がな, つた, という気, ネ, 私は 33 から誰, という話, といふやう, と想像 32 から少し, が誰, なア 31 からここ, から始末, か分らない, がいま, が君, けれどもそれ 30 からねえ, から早く, と解釈 29 からたまらない, があれ, がやはり, けれどもその, といつた, と思われます, と聞い 28 が実は, が実際, けれどそれ, という説, と思え, なと思った 27 からあなた, からこんな, からそこ, からどうしても, が之, が然し, とのこと, なあ

26 [11件] かその, からお前, からどう, からわたし, から之, がただ, がなあ, とある, とさ, と彼女, と申します

25 からせめて, がふと, が女, といいます, と申し

24 からそういう, から実に, しまた, とそう, と僕, と答えた, ねえ, ナ

23 からいくら, からさ, からもし, から堪らない, がもし, が日本, けれどこの, これは, という事実, と思はれる

22 [12件] か, からあの, から人間, から間違い, がとにかく, がまた, が人, が相手, そうであった, といふ風, と答, と考へ

21 [11件] からこう, から君, がお前, がこんな, がそれにしても, がどうしても, が夫, が此, しその, と聞いた, と言つて

20 からしかた, からただ, からどんな, からよく, から不思議, がこう, がまあ, けれど私, という噂, と主張

19 [12件] から他, から全く, から同じ, から当然, が今夜, が何しろ, それが, つて, という風, といふ話, とばかり思っ, と母

18 [21件] からいい, からいよいよ, からと云っ, からどうか, からまず, から手, から決して, から驚く, がよく, が其の, が彼等, が或, けれどもこの, し又, それは, というふう, という考え, と心, と気がついた, と甲斐, と考へる

17 [15件] からいつ, からだ, から気, か自分, がそして, がそれでは, がどこ, が一度, が又, が後, といいました, といわれ, と申す, と見, 自分の

16 [24件] からすぐ, からどうも, から大した, から女, から是非, から此, から相当, があまり, がある, がその間, がそれから, がどういう, がやがて, がわたし, が人間, が俺, が処, が少し, けれどお, けれども私, つたと, と聞く, と見える, と話した

15 [27件] からあまり, からこれから, からどこ, からなかなか, から二人, から今日, から大, から実際, から日本, から話, か知らない, か私, がさすが, がそれら, がでも, が世間, けど, けれどそれでも, そうであります, そうでした, といい, とこう, とも云, と気がつく, と考へた, なと思, など

14 [37件] からし, からそして, からつまり, からまして, からまだ, からまるで, から人, から問題, から安心, から彼等, から文句, から致し方, から随分, か分からない, があいにく, がいや, がきょう, がこういう, がつい, がなにしろ, が二人, が母, が父, が生憎, て, といえ, とその, ともいう, と分った, と思いこん, と思つた, と教え, と見る, と言われ, なと私, 彼は, 相です

13 [32件] からお前さん, からまことに, からやはり, から別に, から恐ろしい, から罪, がああ, があなた, がいつ, がそこで, がその後, がどうか, がなかなか, が一つ, が中, が其, が幸い, これが, さうだつ, という意識, とか, とそんな, と人, と富岡, と思い込ん, と思ったら, と思ひ, と思われ, と書い, と矢代, と見え, と訊く

12 [48件] からあと, からあれ, からずいぶん, からそれだけ, からそれで, からと, からと思っ, からどうせ, からなおさら, からのう, からまあ, からネ, から先生, から大変, から家, から心配, から自然, がおれ, がこんど, がしかも, がちょうど, がなん, が今年, が何分, が男, が話, けれどこれ, っけ, つたから, という人, という意味, という気持, という自覚, とはっきり, ともいえる, とゆき子, とわたし, と云い, と云います, と云え, と俺, と思つたの, と知る, と確信, なと思い, なと思っ, 僕は, 私の

11 [44件] かさっぱり, からそんなに, からという, からといっ, からもっと, から今度, から仕様, から何とか, から御, から我々, から止む, から母, かわかりません, がいよいよ, がこうして, がこれから, がすぐ, がなお, がなぜ, がねえ, がみんな, が一体, が丁度, が不思議, が例, が惜しい, が手, が是, が突然, とあきらめ, という点, とすぐ, とそれ, との事, とわかった, とわかる, と判断, と思える, と感じた, と知った, と考えられる, と言いました, と話し, なと思いました

10 [39件] おれは, お前は, かどう, からいずれ, からきっと, からこっち, からとても, からどうぞ, からどうにも, からなア, からほか, から今夜, から其の, から外, から後, か何, がそのうち, がどんな, が不幸, が他, が勿論, が同時に, が子供, が御, が急, が近頃, が道, が頭, けれど今, し私, それに, という感じ, という説明, とも言, と信じた, と思われた, と言います, と許, んご

9 [48件] お前の, からいや, からおれ, からと云う, からやりきれない, から一度, から他人, から余程, から困る, から多分, から妙, から東京, から気の毒, から無論, から相手, があと, がいつも, がそれでいて, がだんだん, がつまり, が事実, が先生, が兎, が口, が昔, が村, が気, が特に, が若い, けれども自分, つたかも, という結論, とみえる, とわかりました, と云われ, と女, と思わず, と気, と気がつい, と氣, と知りました, と称し, と誰, なと思う, ものと, 此の, 相だ, 相である

8 [79件] かまた, からおかしい, からぜひ, からちょっと, からまったく, からやっぱり, からよほど, から一向, から先方, から兎, から変, から大抵, から容易, から平気, から彼女, から本当に, から皆, から確, から駄目, かわかりませんでした, か判らない, がいずれ, がかう, がこっち, がこんなに, がそうして, がともかく, がどうせ, がぼく, がまず, がまるで, が一向, が人々, が伸子, が何だか, が何処, が同じ, が娘, が斯, が残念, が現在, が遂に, が雨, が顔, けれどどうも, けれども彼女, そうですね, そうで御座います, つけ, というもの, という自信, といふ噂, といわん, とおもう, とも言える, とよく, とわかっ, と世間, と人々, と信じます, と分る, と思うた, と思ひました, と教, と直感, と知っ, と答えました, と答える, と聞かされ, と聞かされた, と解し, なと思ふ, の, のに, よお前, わね, ん, 何か, 彼の

7 [120件] からあるいは, からい, からいかに, からいっそ, からいつも, からいま, からこいつ, からだれ, からつまらない, からと言っ, からどんなに, からなお, からの, からほんとう, からむしろ, からもはや, からわし, から一つ, から一応, から一緒, から世間, から今更, から何とも, から作家, から全然, から口, から夫, から心細い, から必ず, から恐らく, から敵, から新, から是, から普通, から父, から確か, から神, から結局, から若し, から読者, から驚いた, か一向, があまりに, がいろいろ, がお前さん, がかれ, がけれども, がこのごろ, がそれで, がついに, がどうして, がどうにも, がどちら, がなか, がなア, がまさか, がもと, がやっぱり, が一人, が何故か, が余り, が兄, が全く, が別に, が変, が夜, が如何, が妻, が年, が当時, が彼ら, が心, が時々, が未だ, が流石, が結局, が見る, が途中, けれどでも, けれども今日, けれど何, しそれに, というその, という感情, という確信, という者, という解釈, とおもいました, としか思われない, とはどうしても, とは思えない, ともう, とも思う, と云いました, と今, と信じる, と判った, と口, と噂, と幼い, と思はれます, と思へ, と悟った, と意識, と感じる, と推察, と断定, と気がつきました, と申しました, と考えました, と聞きました, と言い, と言え, よこの, エ, 今の, 余は, 俺の, 私が, 自分は

6 [143件] いいか, かいない, かちょっと, かよく, からうまく, からおまえ, からかなわない, からこうした, からこちら, からことに, からしたがって, からそこで, からた, からたいへん, からたまりません, からちょうど, からどうして, からなんとか, からはなはだ, からまた, からもう少し, からもちろん, からやがて, から万一, から主人, から何処, から作者, から俺, から出, から初め, から到底, から又, から可, から嘘, から困ります, から多少, から夜, から大丈夫, から少なくとも, から愉快, から楽, から油断, から特別, から男, から目, から眼, から第, から腹, から誠に, から金, から間違, か全く, か分りません, か見当, があんまり, がいつの間にか, がうまく, がこ, がこちら, がさっき, がそうした, がそれだけ, がた, がたぶん, がだが, がちょっと, がとうとう, がところが, がとに角, がどの, がなにか, がなんとなく, がほか, がほとんど, がむろん, が一向に, が一方, が一日, が丸万, が主人, が仕事, が何と, が例えば, が右, が外, が家, が小, が己, が朝, が東京, が果して, が渠, が病気, が確か, が第, が芥川, が若し, が金, けれどあの, けれどお前, けれどそこ, けれどもいま, けれどもこれ, けれどもしかし, けれどももう, けれども何, けれど今日, し僕, し自分, そしてそれ, それで, とあと, という印象, といつも, といへ, といわれた, とか云, ときい, とこの, とこんな, としか思へない, とほんとう, とも云う, と仰, と初めて, と卓一, と嘘, と存じます, と察した, と弁解, と後で, と思えた, と斯, と気づいた, と申, のう, ものを, よお, 何でも, 何も, 何を, 併し, 傘屋の

5 [208件] あれは, かそんな, かはっきり, かもう, からああ, からあんな, からいろいろ, からおそらく, からおもしろい, からこういう, からその間, からそれから, からたとい, からとお, からと云つて, からと思う, からと言つて, からどちら, からどの, からなん, からひどく, からまア, からむろん, からもうこ, からもうすこし, からやむをえない, から一寸, から丁度, から万事, から世話, から中, から事実, から人生, から其, から助からない, から博士, から可笑しい, から呆れる, から堪, から大して, から大切, から小, から山, から怖, から悪い, から或は, から氣, から水, から牛, から猫, から笑わせる, から見物, から途中, から酒, から音, から頭, から骨, か何だか, か知れない, があんな, がいったい, がいつか, がおまえ, がけさ, がこうした, がさっぱり, がし, がしばらく, がじつは, がする, がたまたま, がだから, がでは, がとても, がなんだか, がなんと, がはじめ, がもしも, がもとより, がアメリカ, がネ, が一緒, が今や, が仕方, が何となく, が何ん, が余程, が依然として, が元来, が先方, が出, が初め, が前, が唯, が多分, が大きな, が大体, が妙, が姫, が実, が客, が島, が帰る, が年齢, が幸, が恐らく, が成, が日, が日本人, が昨日, が普通, が最近, が本, が此処, が決して, が皆, が目, が素子, が考え, が而, が舞台, が運, が長く, が間もなく, けれどあれ, けれどいま, けれどそう, けれどそんな, けれどもう, けれどもそれでも, けれども日本, けれどやはり, げっとも, これで, しお, しこの, その時, それから, それだ, それも, そんなこと, つてね, といいたい, というところ, というわけ, といえる, といった方, といふ考, といわぬ, とおっしゃる, とおも, とかいうこと, ときく, ときめ, とこれ, とさとりました, としみじみ, との説, とは, とはじめて, とは云, とは思えなかった, とまた, とみずから, とも見られる, とわかつた, と云わぬ, と仮定, と余, と先生, と分っ, と分つた, と君, と告げた, と土地, と察し, と後, と思うでしょう, と思はれ, と思わせ, と感じました, と或, と承知, と推定, と早合点, と母親, と父, と知つて, と知れ, と考えます, と自分自身, と見れ, と観念, と解する, と証明, と評し, と詰問, と説く, と谷村, と豹一, どうした, なと, よきっと, よ私, わい, 人間は, 何が, 俺は

4 [345件] おれが, かそれとも, からあて, からいけない, からいざ, からいっそう, からいわば, からうっかり, からうんと, からおよそ, からお金, からかえって, からきょう, からこんど, からこんなに, からさすが, からすこし, からすべて, からそうした, からそれら, からそれ以上, からたいした, からたいてい, からたとえ, からちよ, からといつ, からと云, からと言った, からどっち, からなに, からなるべく, からなんと, からふしぎ, からほとんど, からまさか, からまちがい, からみんな, からやむを得ない, からやり切れない, からゆ, からよくよく, からよもや, から一層, から一般, から世の中, から今後, から仔細, から以前, から何より, から余り, から元, から全, から前, から勝手, から勿論, から厭, から吾輩, から堪りません, から大きな, から夫婦, から如何, から娘, から子供, から実は, から小さい, から少々, から当人, から当分, から当時, から従って, から心, から思い切っ, から批評, から折角, から拙者, から文学, から斯, から新しい, から新聞, から早速, から時間, から本来, から根, から此処, から残念, から温泉, から無, から無駄, から甚だ, から益々, から真, から真に, から社会, から秀吉, から突然, から耐ら, から自重, から致方, から良人, から若い, から見, から訳, から貴方, から阿, から非常, から風, から駒井, から驚い, から驚きます, から黙っ, か今, か僕, か解らぬ, か誰, があすこ, がいい, がいかにも, がいかんせん, がいくら, がいまだに, がいよ, がかうした, がかえって, がかなり, がかの, がきみ, がこいつ, がさらに, がすると, がせめて, がそいつ, がそのまま, がその他, がそれでもなお, がそれなら, がそんなに, がたつた, がだめ, がちっとも, がといっ, がといふ, がとりわけ, がどうやら, がなに, がなにせ, がはたして, がもともと, がよし, がわざわざ, がわし, が中学, が事情, が今宵, が以前, が何故, が僅か, が元, が全体, が内心, が古い, が周囲, が夏, が多く, が大, が女中, が妹, が実に, が家康, が容易, が宿, が左手, が忘れ, が恐らくは, が悲しい, が意外, が戦争, が文学, が昨夜, が時, が最も, が最後, が本人, が本当に, が本来, が次に, が此頃, が母親, が氏, が汝, が汽車, が然, が眼, が神, が私共, が空襲, が窓, が美しい, が耳, が胸, が脚, が腹, が船, が若松屋惣七, が見, が見た, が読ん, が諸君, が警察, が軽部, が近ごろ, が非常, けれどああ, けれどこんな, けれどどう, けれどまだ, けれどもある, けれどもお, けれどもきん, けれどもまだ, けれども彼, けれども相手, けれど僕, けれど彼, けれど彼女, けれど私たち, けれど要するに, ここに, この女, これも, しあの, しおまけ, しこれ, しこれから, しそう, し第, そうでございまし, ぞえ, ぞと云, ぞや, ぞよ, とあの, というん, という希望, という想像, という証拠, という返事, といったよう, といはれる, といひ, といふ事実, といふ意味, といふ意識, といふ感じ, といふ自信, とおっしゃいました, とおれ, とかそんな, とか言っ, とさう, とさとった, とし, としか思えない, としたなら, とします, とでもいう, となぜ, となる, とね, とは思い, とは思はない, とは思わない, とは直ぐ, とひそか, ともいい, ともいっ, ともいわれ, とも云われ, とも思ふ, とも思われる, とも考えられる, とも言った, と云われた, と仰し, と伝えられ, と伝えられた, と何, と信ずる, と公言, と反省, と合点, と固く, と夫人, と思ったであろう, と思ってる, と急, と感じ, と感づいた, と感心, と断, と池上, と理解, と甚だ, と痛感, と登, と白状, と知らされた, と知り, と答え, と簡単, と結論, と考へられる, と自ら, と解せられ, と言ったら, と話しました, と語った, と誤解, と説い, と説いた, と謂, なといふ, なと思つて, などと云う, ね君, のは, べ, よそれ, わねえ, んいん, んから, んに, んびらを, んぶ, 一体, 不思議な, 人の, 人を, 何う, 何の, 僕の, 八, 君は, 彼女の, 誰か, 誰に

3 [614件 抜粋] あい, あとは, あの女, あれが, えお前, お前が, お前さんは, お浦, かそこ, かともかく, かない, かまたは, かまだ, かまるで, からあえて, からあたし, からありのまま, からあんまり, からいい加減, からいささか, からおたがいに, からおとなしく, からお礼, からかく, からかまわない, からきみ, からけっして, からこれ以上, からこれ程, からさては, からしかし, からしっかり, からしようが, からそれでも, からそれほど, からたしかに, からたった, からたま, からだらし, からちっとも, からです, からとうてい, からとにかく, からと打, からど, からどれ, からなるたけ, からはじめ, からはっきり, からひと, からひどい, からほんの, からぼく, からま, からまだまだ, からもつ, からもとより, からやはりさ, からゆっくり, からよ, からろくな, からわからない, からわれわれ, からウッカリ, から一体, から一切, から万, から世界観, から二つ, から些, から人手, から今や, から仮, から仮り, から何だか, から何となく, から何人, から便利, から兄, から先ず, から全体, から全部, から其樣, から内心, から再び, から処女, から別, から勉強, から即ち, から吃驚, から名誉, から向う, から否, から周囲, から堪忍, から大体, から女房, から好い, から如何にも, から子, から小説, から崖, から己, から幸せ, から後で, から従っ, から忘れ, から忘れる, から怖い, から思え, から情けない, から愈, から日本人, から明日, から昔, から時々, から時代, から最初, から来, から来年, から案外, から次, から正確, から殊に, から気分, から洋服, から特に, から犯人, から猶, から生活, から男女, から町, から痛快, から目的, から知らぬ, から私自身, から結構, から考えれ, から肉体, から荷物, から表面, から親, から言, から詳しい, から読者諸君, から調子, から身, から近所, から長い, から面白く, から頗る, から驚きました, か分らなかつた, か判然, か悪い, か悲しい, か知りません, か解らない, があるいは, がいかに, がいつの間に, がうかつ, がうっかり, がうつ, がおかしい, がお前の, がこの間, がこれら, がすこし, がせっかく, がその道, がそれだけに, がそれ以前, がそれ程, がたま, がだ, がだれ, がときどき, がどっち, がなあ己ら, がなるほど, がのち, がはつきり, がひろ子, がふだん, がふとした, がほんと, がまったく, がもう一度, がもう少し, がもちろん, がやっと, がロク, が一寸, が一旦, が一般, が下, が不, が中途, が事, が今回, が今朝, が仲, が何とか, が便宜上, が信さん, が兄貴, が先, が先ず, が出る, が北海道, が単に, が博士, が反対, が同じく, が名, が向, が向う, が土地, が声, が大した, が大阪, が夫人, が女房, が嫁, が子路, が小説, が少々, が少なくとも, が席, が帰っ, が強い, が当の, が後で, が後者, が思え, が思ひ, が恋, が息子, が恰も, が扨, が折, が支那, が故郷, が時には, が暫く, が更に, が書く, が来ない, が来る, が来年, が此方, が此違, が気の毒, が水, が沢山, が海, が無論, が犬, が狸, が町, が直ぐ, が祖母, が穴, が米友, が結果, が義雄, が聲, が自然, が自然科学, が英国, が行く, が要するに, が親, が親爺, が豹一, が貴方, が足, が身, が身分, が農村, が近所, が逢, が都合, が酒, が鉄, が隣, が霧, が面倒, が顏, が風, きみの, けれどあまり, けれどきっと, けれどきょう, けれどすっかり, けれどそれと, けれどどうしても, けれどなに, けれどもあいにく, けれどもあの, けれどもそう, けれどもそういう, けれどもた, けれどもどう, けれどもわたし, けれども不思議, けれども今, けれども今夜, けれども実際, けれど何だか, けれど実, けれど家, けれど此, けれど自分, この変わり者, これを, さ, しこちら, しね, しまして, しもう, し君, し金, そうしてその, そしてその, そのため, それより, そんな事, つけと, つたが, つてさ, とあっ, とい, といい伝え, というなら, という取沙汰, という心持, という新しい, という疑い, という自分, という評判, という誇り, という顔, といおう, といひます, といふ事, といふ結論, といふ説, とおもいます, とおもっ, とかいう噂, とかいろいろ, とかう, とか申します, とか聞きました, ときいた, とこういう, とさをかしい, とさ衣, とするなら, とそういう, とたずねる, とつくづく, とどうして, との話, とは夢にも, とは思わず, とは知らない, とは知り, とばかり思いこん, とばかり思った, とばかり思つて, とまるで, とみんな, とも, ともまた, とも取れる, とも思った, とも考えられない, とも聞い, とわし, とオレ, とサ, と久慈, と之, と云ったら, と今更, と伝え, と信じ切っ, と信如, と兵馬, と分つ, と取沙汰, と吹聴, と告げたい, と告白, と多鶴子, と夫, と少年, と常に, と弁明, と御, と心ひそか, と心得, と思いかえし, と思い出した, と思い込んだ, と思うだろう, と思ったらしい, と思ったらしく, と思はれた, と思ひこん, と思ひ込ん, と思へた, と思わない, と息子, と想う, と感じます, と改めて, と放言, と教えられた, と断言, と本気, と決め, と注意, と然, と由良, と皆, と真面目, と知ったら, と知つた, と知れた, と考, と聞きます, と自信, と自慢, と良寛さん, と覚った, と覚悟, と言い出した, と言い触らした, と言われた, と訊いた, と論ずる, と諦め, と豪語, と近頃, と頓馬, どうしたら, どつち, なとその, なと初めて, なと彼, なと感心, なと気がついた, なと義雄, なと考える, などといっ, ねお, ねほんとに, ね今朝, ね僕, ね誰, のが, み聲, もの喜ん, もの憎く, もん, よあの, よお前さん, よこれ, よそう, よその, よねえ, よもう, よ君, よ親, わこの, わしは, んどり, アよ, ッた, ヨ, ワ, 人間が, 今でも, 今日の, 他の, 勿論カムパネルラ, 大先生, 夫を, 好きな, 己れ, 気を, 神妙に, 私に, 私も, 蒲田屋の, 誰が

2 [1846件 抜粋] あいつが, あの老人, いったい, おいらは, お前を, かこの, かなに, かほか, からある, からいか, からいた, からいったん, からいろんな, からお母さん, からかづら, からこ, からこりゃ, からしょせん, からすごい, からせつない, からそのまま, からそろそろ, からたまたま, からちつ, からつまらぬ, からでは, からとっさ, からと思ふ, からなにか, からねえこの, からはたして, からひょっとしたら, からほんとに, からまんざら, からもしも, からやっと, からよけい, からわが身, からわたしたち, からカンベン, からトテモ退屈, から一, から一升, から一杯, から一目, から下, から不平, から中学, から事, から井戸, から仕, から仲間, から何と, から何度, から例, から俺達, から働く, から充分, から其処, から凄い, から別段差閊, から割, から勢, から半分, から危険, から可哀そう, から同盟, から君一人, から呆れた, から喜, から因果, から固, から地主, から大丈夫さ, から大騒ぎ, から奇妙, から妻, から婿, から學校, から定めし, から宜, から寝, から小さく, から尚更, から工夫, から帰っ, から幸い, から庄吉, から強, から彼処, から心得, から急, から恨み, から愈々, から感じ, から或, から技術, から持っ, から放っ, から文学者, から方法, から明らか, から昨日, から暫く, から書斎, から有難い, から本当にどう, から標準, から正直, から歩く, から殊更, から比較, から沢山, から消費, から滑稽, から爾, から王女, から生, から畢竟, から百姓, から知らない, から神さま, から福子, から秋, から空気, から素人, から義雄, から腕, から自然科学, から船室, から落着, から要するに, から覚え, から許し, から読まない, から警視庁, から責任, から足跡, から辛い, から遍路, から重, から隠し, から静か, から馬, から高価, から鶯, かわからなかった, かわたし, か何処の, か分り, か大きな, か少し, か想像, か無我夢中, か知っ, か短い, か語学, か鼻唄, があんた, がいっしょ, がええ, がおよそ, がか, がけふ, がこれこれ, がさあ, がしかしながら, がすっかり, がずっと, がそれさ, がそれ以上, がちょい, がつひぞ, がというよう, がとかく, がとんでも, がと思っ, がと愚痴, がなす, がねあの, がはっきり, がふられ, がぽ, がまア, がもしそう, がやり始める, がわが, がわれわれ, がサテ, がファシズム, がラジオ, が一時, が一週間目あたり, が万一, が三週間, が世界中, が久しく, が事態, が二十分, が云, が五文字出来, が今それ, が今更, が代, が体, が何處, が備前少将, が儲け仕事, が入口, が内, が写真, が初犯以来, が到頭, が即ち, が只, が吉田, が同様, が品子, が喧嘩, が国, が壺, が夢, が大抵, が天, が女性, が婿, が学校, が家政婦, が小さな, が小胆, が川, が師匠, が床, が弘, が往来, が急い, が憎む, が戦争中, が探偵小説, が文壇, が映画, が昼間, が時間, が本家, が松江, が根, が様々, が次第に, が此方面, が歩き, が殊に, が水道局, が注文, が漱石氏, が熱, が牧野さん, が狭い, が環境, が生活, が由来, が病人, が皿, が相談, が矢張, が短, が私の, が笑い, が終戦直後, が美食家, が聞い, が肝心, が脇, が良人, が苦しい, が落ち, が薬, が要, が親愛, が許し, が謙遜, が起きる, が近く, が逆, が野中, が鎖, が長男, が随分, が雑誌, が静か, が食べ, が馴れた, が騒ぎ, が黒田如水ら, が齷齪, けどあの, けど近所, けれどいろいろ, けれどそいつ, けれどどうして, けれどなんとなく, けれどみんな, けれどもいよいよ, けれどもそこ, けれどもでも, けれどもやはり, けれども今度, けれども僕, けれども又, けれども大体, けれども止せ, けれども然し, けれども田部, けれども誰, けれど下駄, けれど何しろ, けれど動く, けれど最初, けれど気, けれど男, けれど考え, けれど退屈, こ, こっちの, この文句, これこそ, こんな所, しかし, しし, しそして, しどうせ, しまだ, し一日, し悔み, し毎日, ぜ道, そうかなあ, そうでし, そう思っ, そして, その上, その時計, それにあの, ぞというよう, ただじ, だがその, つて母様が, といううわさ, というようす, という具合, という太, という安心, という日頃, という真理, という自然, という評, という風評, といきなり, といはれた, といふ心, といふ樣, といふ私, といふ自覚, といま, といわれれ, とおっしゃっ, とかあんまりはっきり, とかということ, とか何, とこいつ, とさえ思った, としきりに, としてゐる, とそれだけ, とて二人, とな, とはまだ, とは何, とは心, とは思った, とは想像, とは知らず, とは言い, とばかり考え, とぼく, とむしろ, ともいわれた, とも伝えられた, とも想像, とも聞いた, とも言われ, とよ, とジャン, とマリユス, と不吉, と二人, と云うた, と京吉, と仰有る, と伸子, と信じこん, と信じられ, と冷, と判っ, と半, と反問, と取る, と司令部, と問, と善意, と多く, と孝次郎, と家, と尋ねる, と小声, と山, と平二郎, と強情, と思いかねない, と思いついた, と思い違い, と思はせた, と思わざる, と悟つた, と感違い, と承りました, と放, と断じて, と昔, と栄介, と正三, と気がつき, と沁, と澄江, と由子, と申しまし, と直ぐ, と知, と祖母, と繰り返した, と考えなおした, と考へられ, と聽, と自覚, と藤吉, と見られる, と観察, と解決, と言つた, と評判, と諦める, と述べた, と頭, どうだ, ないの, なそれで, なと今更, なと感じた, なと知る, などとは一度, などと言, など云います, なんといふ, ねお母さん, ね何, べも, ものこんな, ものね, もの誰が, よそうして, よどう, よハネ, よ深い, わそして, んじゃ, ナしめた, ユラリユラリと, 七, 今夜の, 今日も, 仕方がねえ, 何事も, 僕も, 全体の, 勿論一物, 嘘を, 妻の, 宣には, 屹度恥かしい, 庫の, 彼等は, 打木田は, 早く此方, 気の, 無闇に, 男に, 瞳に, 罰當り, 自分で, 退治る, 錢形の

1 [13448件 抜粋] あ, あの今道鏡, あれで, いくら富有, いやひょっとしたら, えお常さん, おい, お前そんな, お金で, かさしせまった, かとにかく, かまあ, からあけしい, からいかなる, からいろ, からおそらくさ, からお菜一つ, からきたなく, からこれからまだ, からしんき, からその後, からたと, からついぞ, からといった具合, からとにかくもう, からと云われた, からと宥め, からと最後, からと言葉, からなか, からな俺, からねハハハ, からひとしお, からまご, からもうよく, からやむを得ません, からアッ, からギリシア人, からスパンベルグ來訪以來五十年, からナカナカ事, からヒヤ, からボロい, から一々, から一日中, から一見, から三十分, から不埒, から中間, から二人共悪魔, から五石二人扶持, から今日芸術院会員, から休み, から何でも, から侮辱, から傷あと, から六ヵ月後, から冷静, から刀, から前者, から勢暴威, から半月, から反動的, から右翼学生団, から君達, から商売, から困つ, から堂々たる, から夕方, から大方, から太郎, から妖しい, から存分, から実業家政治家諸君, から密か, から小説同様, から山尼, から帰り, から床屋, から弟子, から往, から心細かっ, から怪しから, から情ない, から成, から手跡, から捏造, から政府, から文章, から日水, から時親, から月輪, から本質的, から根ッ, から次手, から此那事, から比較的, から永遠, から泰然自若, から清人, から炭, から父子兄弟, から狼狽えた, から生命, から畷, から發音, から相方, から知り, から神田本郷辺, から竜, から紀久ちゃん, から統制, から義妹, から胆, から自由, から若く, から落伍者, から袋イソメ, から親子, から詩人, から謝まれ, から買わん, から軍部, から追放, から過労, から邸, から金椎, から開いた, から雑作, から頼ん, から饂飩屋, から鶴, かフレンチ, か入り, か判る, か姉妹, か忘れた, か殆, か知らせ, か色, か顔, があんなに, がいは, がおかしな, がお父さん一人, がくらしぶり, がさし出し人, がしまいに, がその後東京, がそんなふうに, がちゃんと, がといわれました, がともすれ, がと思う, がどうもすぐ, がなと思いました, がねだが, がのう, がひと言, がまだとても, がむろんはっきり, がやれ, がわたし自身子供, がオカマ, がコーヒー一杯, がタイトル, がナ, がヒロシ, がマス, がロベエル・コンシャアル, が一切, が一足, が三度目, が下着, が両国, が久しぶり, が二十, が五日目, が今ここ, が他方, が但し, が余人, が保険金, が傍, が光, が兵馬, が内容, が出張, が前々, が動き, が十二時頃被害者, が半年, が友人, が只今剃髪, が同時にある程度, が命令, が四五百噸, が土蔵, が墨色, が多田君, が大柄, が失礼, が奴凧, が子規氏, が定家, が宿酔, が小作料, が尤も, が岸田, が市蔵, が幼, が弁当, が役所, が心酔, が思ふ, が悲しく, が懐手, が手もと, が抽斗, が放火殺人, が文芸主義的文芸批評, が旅客, が早く, が時々やはり, が更に単に, が朝鮮王, が村人, が果して実際, が梢, が横, が此医者, が毎日キチョウメン, が汚い, が派手, が渡辺さん, が為合せ, が牡鹿, が獲れた, が生れつき小心, が畑, が発作, が目下, が瞳, が社會, が私立探偵宗像博士, が立体, が純情, が結局私, が纏め, が聊か, が脇腹, が興醒めた, が茂助, が蓑田胸喜氏, が行きがかり, が要は, が解決, が誰か顔, が買いたい, が越後, が轡川, が透きとおる, が道會議員, が野枝さん, が長, が阿部, が電線, が頭文字, が馭者, が鳥居, ぐらいに考える, けど文字, けれどおよそ, けれどずゐ, けれどどの, けれどもあなた方, けれどもかぐ, けれどもそのもの静か, けれどもほんのその, けれども一ヶ月, けれども仕方, けれども北京, けれども妙子, けれども悪人, けれども朝子, けれども海, けれども笑い, けれども赤ん坊, けれども鼻, けれど下, けれど何となく, けれど十二, けれど太郎の, けれど急がしい, けれど未定, けれど父親, けれど耳, けれど銭, ここから, この体, この私, これこの, さいぜんの, しいつ, しかし誰, しそれで, しもの, し世間, し何しろ, し勿論, し天気, し当人, し新聞, し爆撃以前, し自身, し逃げたつ, すきな, そういう中, そうですね大人, そこで全く, そして不如意, そして謂わ, その喜び, その理由, それから先, それと, そんな噂, ぞと威張つ, ただカント, だから今ごろ, だけど僕, つたこれも, つてありまさ, つて決して, でね, といいだした, というそう, という人々, という同房者, という居直り, という感傷, という林檎畑, という発見, という自己陶酔, という軽い, といった所, といふ一種, といふ容子, といふ疑問, といふ辨慶縞, とうれしく, とかあいまい, とかそういった, とか上手く, とか洋服, とくり返し, とさえしか思われなかった, としか思えなくなる, としても今更, とそば, とでもおっしゃる, とのみ, とはなかなか, とは全く, とは思われぬ, とは考えたくない, とばかりも云え, とふれ歩いた, とむき, とも伝えられ, とも昔, とやかましく, とウッカリ, とハース氏, と一緒, と予感, と云つた樣, と付添婦, と佐治さん自身, と倉島竹二郎, と前置き, と危く, と叱り付ける, と嘉六, と太陽, と察しました, と平然と, と心づいた, と思い込まなかったら, と思はせない, と怪塔王, と愚痴, と手伝い, と新奇, と暢気, と柳田国男先生, と気づかせた, と深く, と珍, と療治, と知ったなら, と称え, と算盤, と考えなく, と肺尖加答児, と萩, と見上げ, と言いたまえ, と言わぬ, と認めました, と諦らめ, と追及, と附加, と首, どうぞご, どんな偉い, なさけないなさけないと, なという淋し, なと亀田先生, なと思いかえす, なと気が付い, なと駒井, などとは気づかなかった, などと申し, なまあけっこう, なんて最初, な悪党め, ねえ死ぬ, ねやっぱり, ね歯齦, のにサ, ひとりの, まさかお前, まだ神仏, もしあの, ものおれは, ものふやさなきゃ煮, もの後援者の, もの若し, ようまく, よしもう一, よと彼, よ上の室, よ可哀そう, よ御, よ熱, よ返答, わちがい, んで, エライことが, チビ, ナ奸夫, ーれ, 一番人の, 与八いいかえ, 二三日後に, 今から, 他から, 何っ, 余も, 優しく謙虚, 其の方, 別れよう別れようの, 博士に, 口出しを, 君も, 問題が, 多分知合い, 太平洋が, 姉さん人が, 実にばかばかしい, 尊敬されたけれ, 川手氏は, 幼少からの, 彼を, 急に, 情実関係も, 或いは此, 拙者をな, 新吉咽喉頸に, 明日からは, 最後に, 枯木も, 正真正銘の, 気の毒である, 泥坊が, 無の, 牧二郎が, 理想が, 畳を, 相談に, 神田君は, 等と, 義務が, 自分では, 若し貸さなけれ, 西野郷へ, 諸君は, 近頃緩怠, 鈴慕の, 青竜王

▼ のです~ (30327, 5.5%)

46272908144813431247 から 605 もの 569 がその 461 からね 416 がそれ 342 って 223 がこの 214190186 からその 161 がね 157 ものね 155 が私 146 がこれ 133 けれど 112 から私 105 がしかし 96 からこれ 89 が今 82 がお 77 からこの, がどうも 74 からそれ 71 がそれでも 64 があなた 60 があの 57 がどう, の 55 が何 52 からお 48 かね 47 がここ, がそこ, けど 44 けれども, 私は 43 がそんな 42 からな, ぞ 41 がさて, がもう 38 かい, がいま, ってね 36 が彼 35 からもう, がそう 32 がただ, が僕 30 からねえ 29 からあなた, がでも, がやはり, が今日 27 がこんな, わね 26 が実は, が御 25 からそこ, から御, がどうしても, がもし 24 からそんな, からどう, から何, がそういう, がなにしろ 23 かな, からどうぞ 22 がそれから, がまだ 21 からこんな, がどこ 20 かえ, からいくら, からここ, からどこ, がとうとう 19 かそれとも, がともかく, がどんな, が何しろ, つて, と 18 がねえ, がわたし, が何分, し, ねえ 17 が今度, が少し, が自分, けれどそれ, ぜ 16 からとても, から今, から仕方, から全く, から実に, がつい, がとにかく, がまた, がやっぱり 15 かねえ, があと, がきょう, がどうして, が女, が急, が誰, しそれ

14 [11件] からあの, からそう, から自分, がある, があれ, がこちら, が一度, が不思議, が如何, が相手, それは

13 [16件] からそういう, からよく, がいつも, がさ, がそれにしても, がどういう, がふと, がわたくし, が併, が前, が夜, が残念, けれどもその, けれどもそれ, それを, ネ

12 [16件] からただ, からどんな, からまして, からわたし, から彼, があまり, がこんど, がちょうど, がどの, がなんだか, がまあ, が人, が実際, が父, ものねえ, 僕は

11 [27件] かその, かそれ, からなあ, からもし, からネ, から手, から決して, から随分, がこう, がこういう, がさすが, がその間, がそれら, がな, がほか, がよく, が人間, が兄, が子供, が家, が後, が日本, が昔, が然し, けれど私, よ私, 私の

10 [20件] からあと, からいつ, からこれから, からどうか, からなかなか, からまあ, から二人, から今度, から誰, か私, があいにく, がすると, がちょっと, がなに, が先生, が其の, が妙, それに, つてね, のに

9 [19件] あなたは, からいま, からたまりません, からだれ, からどうも, からまだ, からまるで, から今日, から大, から当然, がそれでいて, がそれでは, がどうか, がやがて, が一方, が中, が当人, が恐らく, けれどこの

8 [29件] え, からまことに, からやはり, から少し, から本当に, がいずれ, がこれから, がそれほど, がなかなか, がなん, がまず, が今夜, が先方, が兎, が夫, が当時, が彼女, が此, が私たち, が話, が途中, けれどあの, けれども私, これは, それが, のよ, ものお, よその, わたしは

7 [45件] かあなた, かあの, からいよいよ, からこう, からすぐ, からせめて, からそこで, からそのまま, からそれで, からたとえ, からちょっと, からむしろ, から中, から僕, から外, から女, から無理, から非常, がいつ, がこ, がそして, がその後, がだれ, がだんだん, がとても, がなにぶん, がふたり, が不幸, が主人, が例, が全く, が唯, が幸い, が最後, が最近, が母, が生憎, が男, が肝腎, が要するに, が顔, けれどその, と言, ねその, 何か

6 [53件] からいや, からきっと, からまず, からまったく, からもちろん, から一時, から不思議, から主人, から人間, から夜, から日本, から早く, があんな, がいかが, がいったい, がいろいろ, がさあ, がする, がそこで, がどちら, がまったく, がまもなく, がゆうべ, がよい, が一つ, が一人, が今年, が兄さん, が勿論, が妾, が娘, が小林君, が時々, が時に, が案外, が気, が犬, けど私, けれどしかし, けれどそれでも, けれどそんな, けれどでも, けれどもしかし, けれどわたし, しその, という, と言った, ものを, よお, わい, ナ, 此の, 私が

5 [80件] あなたの, かお, かそれでは, かときく, かどう, からいかに, からことに, からさ, からさすが, からじつに, からたとい, からつまり, からともかく, からほんとう, からみなさん, からみんな, から三人, から世間, から余程, から実際, から家, から彼女, から普通, から父, から米友, から貴方, がああ, があちら, があんまり, がいつか, がお雪ちゃん, がこうした, がこうして, がこのごろ, がしばらく, がじつは, がすぐ, がそのまま, がた, がたしかに, がたった, がもとより, が一体, が丁度, が今朝, が仕事, が以前, が大, が奥さん, が姉, が実に, が年, が幸, が彼等, が惜しい, が時間, が東京, が段々, が皆さん, が米友, が非常, けどでも, けれどあなた, けれどもこの, けれど今, しまた, そこへ, といっ, とさ, とも, と云, なあ, なア, ねそして, よ親分, ヨ, 其れ, 彼の, 彼は, 貴方は

4 [142件] かしら, かと聞く, からあんな, からいずれ, からいわば, からお話, からこういう, からこちら, からすべて, からずいぶん, からそれら, からたちまち, からどうして, からなにか, からべつに, からぼく, からまた, からやっぱり, からわたくし, から一, から一寸, から今更, から先生, から同じ, から大した, から奥様, から子供, から学校, から怪人, から昔, から曲者, から本当, から村, から極めて, から猶, から相手, から私たち, から立派, から身, から間違, か僕, か御, があい, があまりに, があるいは, がいざ, がいよいよ, がうち, がお母さま, がお金, がかなり, がこいつ, がご, がしかも, がせめて, がそれで, がところが, がどうやら, がなぜ, がなるべく, がなんとなく, がひとつ, がひどく, がほんとう, がまさか, がまるで, がもちろん, がやっと, がイヤ, が事実, が二人, が二十面相, が今更, が何だか, が何とも, が何ん, が余り, が去年, が叔父, が口, が可哀そう, が同時に, が君, が外, が客, が平次, が御覧, が思い, が怪物, が意外, が或, が明智探偵, が更に, が本, が本人, が根, が正月, が死ぬ, が決して, が無論, が現在, が用心, が田舎, が結局, が考え, が若い, が若し, が見, が親, が足, が近頃, が金, が長い, が間もなく, が頭, が風, が馬, が駄目, けれどお, けれどこれ, けれどどうしても, けれどもここ, けれどもこれ, けれどもどうしても, けれども明るい, けれど何, それも, といふ, と云う, ねこれ, ね私, もの私は, よそれ, よでも, よ旦那, わたしが, わねえ, 彼が, 所が, 目, 私も, 自分の

3 [280件] あの人, あれは, かあれ, かお嬢さん, かこれ, かそう, かそうして, かただ, かとたずねました, かと私, からあしからず, からあたし, からあなた方, からあまり, からある, からいざ, からいろいろ, からうっかり, からおそらく, からかなり, からじっと, からすこし, からぜひ, からそれに, からそんなに, からと云っ, からどうしても, からなに, からなんにも, からにわかに, からねわたくしたち, からほか, からほんとに, からほんもの, からまさか, からまちがい, からむずかしい, からめったに, からもう少し, からゆ, からわざわざ, から一概に, から丁度, から世の中, から二十面相, から人, から今さら, から今夜, から他, から他人, から仮令, から何とか, から充分, から全体, から出来る, から別に, から勿論, から古い, から只, から堪りません, から堪忍, から多分, から多少, から大丈夫, から大変, から夫, から尚更, から平次, から心, から心配, から必ず, から怪物, から恐らく, から我々, から明日, から是, から本来, から止む, から正気, から水, から江戸中, から特に, から相, から真に, から祖母, から私達, から結局, から縁側, から考え, から自然, から若い, から誤解, から貴女, から逃げだす, から途中, から道, から間違い, から驚いた, かわたし, か今, か何, か貴女, があなた方, があなた様, があゝ, がい, がいかにも, がいや, がかう, がからだ, がきのう, がけれども, がここら, がこれら, がごらん, がじつに, がすでに, がそちら, がそのうち, がそもそも, がそれだけに, がそれに, がそれ程, がたぶん, がちっとも, がつまり, がと云う, がどうせ, がどうにも, がなお, がなか, がなるほど, がねこの, がはたして, がひとり, がほんとに, がぼく, がみなさん, がみんな, がむろん, がもと, がもともと, がよくよく, がわざと, がネ, が一寸, が下, が世間, が人物, が仕方, が他, が何処, が例えば, が偶然, が元, が元来, が其, が単に, が博士, が又, が同じ, が商売, が四十面相, が四方, が場所, が多分, が大人, が妻, が始め, が姑, が学校, が実, が實, が帰っ, が後で, が或は, が戦争, が手紙, が折, が拙者, が故, が文学, が斯, が新しい, が新聞, が既に, が日記, が明智, が昨年, が是, が書い, が最初, が本当に, が本来, が来, が果して, が母親, が汽車, が泰二君, が清吉, が無理, が皆, が目, が相, が確か, が突然, が竜, が第, が箱, が肝心, が腹, が自動車, が芝居, が見た, が見れ, が詩, が貴女, が貴方, が遂に, が運, が部屋, が都合, が酒, が陛下, が雨, が面白い, が音楽, が駒井, が黒い, けどそれ, けども, けど兄, けれどいま, けれどそう, けれどね, けれどもあの, けれどもう, けれどもそこ, けれどもね, けれどももう, けれどやはり, けれど非常, ここに, さうし, しあの, しそう, し又, し私, すると老人, そうです, それには, そんないい, ってさ, て, といった, といふお前, といふ困, とその, どうです, に, ねそれ, ものその, ものと, ものどうして, ものどんな, もの本当に, よあなた, よそんな, よとて母, よわたし, よリザベタさん, よ今, 今の, 今まで, 僕が, 先生, 吾, 夫は, 或る, 親分

2 [781件 抜粋] あなたが, あの世の, あるもの, おかしいじゃ, お察し, お駒, かああ, かこの, かこんなに, かそんな, かといらざる, かときいた, かと云っ, かと眞面目, かと訊き返す, かと訊く, かなあ, かねす, からああ, からいかなる, からいつも, からおたがいに, からおだやか, からおのずから, からお化け, からお母さん, からかえって, からがっかり, からこれくら, からこんなに, からさしずめ, からし, からじ, からそちら, からその間, からたいへん, からたしか, からたまった, からちと, からついに, からでは, からときどき, からどんなに, からなおさら, からなん, からなんと, からねこの, からねこれ, からねエ, からはっきり, からひと, からびっくり, からふしぎ, からますます, からまだまだ, からむにゃむにゃ, からもう一度, からもと, からやがて, からゆっくり, からよもや, からわけ, からピストル, からフロックコート, から一体, から一層, から一度, から一日, から一旦, から一通り, から三十五, から下手, から事, から二三日, から五郎兵衛, から今後, から伊太夫, から何もかも, から偉い, から兄さん, から其の, から再び, から医者, から単に, から口, から同情, から品, から喜ん, から嘘, から土地, から場所, から夢, から大勢, から大抵, から女一人, から女中, から始末, から子供ら, から定め, から対馬守, から小さい, から少しも, から少女, から左様, から帆村, から帰り, から幸福, から強く, から彼等, から後, から急がない, から恐ろしい, から手がかり, から改めて, から政府, から既に, から日本人, から是非, から昼間, から本所中, から机, から此, から段々, から毒, から気, から河内屋, から満足, から源助, から無論, から爾, から猶々, から現世, から現在, から田舎, から町, から畑, から疑う, から直ぐ, から確か, から社, から神尾, から私自身, から第, から素直, から結論, から繁忙, から聞い, から若し, から蒼白い, から衆生, から表向き, から被害者, から見る, から誠に, から豹, から賊, から迚, から過去, から重い, から野心的, から震災記念, から面白い, から驚く, かネ, か一体, か前, か少し, か親分, があ, があした, があやにく, がいい, がいくら, がいちど, がいったん, がいつぞや, がいま目, がいよ, がうれしい, がお前さん, がお姫さま, がお母さん, がお母様, がお許し, がかうした, がかんじん, がきゅう, がけさ, がこんなに, がご存じ, がさっぱり, がさも, がしかしまた, がじっと, がすこし, がそうした, がそこら, がそれだけ, がそれ以来, がたとえば, がだ, がついに, がとう, がとかく, がとたんに, がとつぜん, がと答えた, がど, がどっち, がどれ, がなにか, がねそれに, がねそんな, がね兎, がね貴君, がひらいた, がふしぎ, がふつう, がほんと, がみょう, がむこう, がもうこう, がもしか, がやっ, がわし, がわれわれ, がイタリヤ, がナオミ, がノロちゃん, がパッ, がポケット小僧, がマア, がミドリちゃん, がリヽーちやん, が一個, が一年間, が万一, が三人, が三日, が三河, が上野, が下手, が世, が世界, が中国, が之, が事実上, が二つ, が二年, が二度と, が京都, が人々, が今に, が今日の, が伊太夫, が体, が何やら, が何卒, が何處, が作品, が俊夫君, が俳優, が傷, が兄貴, が先ず, が先代, が先頃, が全体, が公開, が六三郎, が再び, が処刑, が別に, が前々, が加茂家, が勢, が十二時, が十余年前, が十日, が友達, が反, が同郷, が向う, が和田倉門外, が問題, が四人, が図らず, が土, が土地, が場合, が声, が夜なか, が大事, が大学, が大師, が天野君, が太郎丸氏, が奥, が奥様, が安彦氏, が家庭, が宿, が小さい, が小夜子サン, が少く, が少年, が尼御台さま, が幼い, が広い, が弁信, が弟, が彼方, が御存じ, が心, が念, が息子, が悪者, が悲しい, が或いは, が折角, が敵, が新, が旅, が日本人, が早くから, が明智夫人, が明暦三年, が昨夜, が昨日, が書画屋, が月, が朝, が柳田平治, が機会, が歌, が此方, が歯, が死ん, が殊に, が気違い, が水心, が法王, が流れ, が然, が牢屋, が犯人, が王, が由, が略式, が病気, が白雲, が盥, が真に, が眼, が石炭, が社会的, が祖父, が私達, が稲妻, が窓, が立派, が精神, が約, が絵, が老, が老人, が職人, が腕, が若, が薪木, が蟹江, が西洋人, が西洋画, が見渡した, が読者, が警察, が貴君, が賊, が近く, が遠見, が重力, が野呂, が金杉, が鍵, が長, が附近, が雪, が電話, が青年, が頼む, が餘, が黙っ, けどこれ, けどどう, けどもう, けれどあ, けれどあまり, けれどいつも, けれどとても, けれどどう, けれどなぜ, けれどねえ, けれどもある, けれどもそういう, けれどもどうも, けれどもばか, けれどもまるで, けれども今, けれども何, けれども恭一, けれども恰度, けれど主人, けれど今日, けれど他, けれど何だか, けれど何となく, けれど幼い, けれど朝, けれど若し, けれど貴方, ここへ, この頃, これでは, さう, しおまけ, し旦那, し第, そして, その前, その方, その点, それと, ってその, ってよ, というよう, といふやう, とおっしゃいました, と云っ, と云った, と私, と私許, と答えた, と答える, と言っ, どうか今度, どうした, どうせ馬鹿, どうぞ御, な実は, な結局, ねお, ねお嬢さん, ねさあ, ほかに, ほんとうに, もし人違, ものあの, ものそう, ものそれよりか, ものでも, ものもう, ものネ, もの幻の, もの御, もの是非共あなたに, もの貴方が, よお父さん, よそして, よと云う, よスル, よ僕, よ命, よ御新造, よ肩揚, よ自分, よ誰, よ酒, よ非常, ジエィン, テ, 一刻も, 不思議な, 今は, 今家に, 何でも, 外の, 夫だ, 失礼な, 山田は, 御承知, 恋は, 手に, 支那の, 日本の, 私を, 等と, 茂ちゃん, 茲は, 貴下よ, 貴方に

1 [6184件 抜粋] □□□□□□□□□□□□□、もし, あなたに, あの物音, いいえ弁信さん, いつもの, うちのは, おそらく先生, お勘定, お綾さん, かあゝ, かお母さん, かすると, かちつ, かときい, かと伺い, かと尋ねた, かと矢崎舎人, かと訊いたら, かなかなか, かまるで, からあい, からあっち, からあんまり, からいっそう, からおか, からおまけ, からお母さま, からかくれる, からかわいそう, からこうして, からこわがらない, からじいさん, からぜんたい, からそれから, からたとえば, からつごう, からと, からどうかできるだけ, からどのみち, からな今度, からねお, からねなんと, からね嘲る, からはずかし, からふつう, からまずく, からめいめい, からやたら, からわかった, からオカシラつき料理, からズル, からナマリ, からフクさん, からロケット, から一挙両得, から一種, から三つ, から下図, から両, から二三百万円, から五円, から人間界, から仙台六十万石, から休暇中, から何ひとつ, から余す, から俳人, から先づ, から全員, から其時, から分り, から到底, から勢い, から半襟, から取っくみあい, から可哀想, から呼息時, から四十五人, から地濕, から売ろう, から夜な夜な, から大将, から太刀山, から好い, から子, から官命, から富山, から小乗, から屡, から席上, から幾代, から弱点, から彼ら, から徳川初期, から怖, から恐縮, から悲しい, から感傷的逃避的, から手際, から捜査課長, から敵, から方角, から景色, から月, から本当は, から根本的, から欠点, から残る, から気の毒, から法王, から消防方, から漢画水墨, から熟睡, から猫, から生きた, から申立て, から療治, から真剣, から社会的, から積, から精神的, から絵巻物, から老, から脊肉, から舅姑, から草, から血液, から見えない, から親類, から読もう, から豚吉, から足軽, から近所, から道しるべ, から部屋, から鐵槌, から隠居, から霰粒一つ, から顔面, から餘, から骨, かわたしのぶ, かラザルスさん, か何たる, か危, か夫, か愛し, か村, か甲州, か自分, か院, があせれ, がありがたい, がいささか, がいまだ, がおい, がおば, がお父さん氏, がかねて, がくるしい, がこと, がこんなふうに, がさら, がしらべ, がせまい, がその後これ, がそれら法律的, がたかが, がたれ, がつけなけれ, がとけない, がと彼, がどうもはっきり, がなその, がなれぬ, がにわかに, がねちょうど, がね僕, がね運送屋, がはて, がひろ子, がぼくたち, がまわり, がもうちっと, がやっぱりなんだか, がよかっ, がわざとふさったような姿勢, がア, がオフィリヤ, がケロリ, がシサイ, がセロ, がドナタ, がノッペラ坊, がビレラフォン, がホウ, がメルチセデク, がルリ, がワタクシ, が一先, が一度こう, が一生懸命, が一通り, が三尺, が上役, が不良, が中村警部, が久助, が事務, が二十四日, が五百両, が人間の, が今度みなさん方, が今晩一晩, が仙台, が伝六, が何せどうも突然, が何千年, が便所, が傍, が先づとにかく貴下方, が全然, が兵馬, が内容, が凝, が利子, が動けない, が十中八九, が半, が友, が只, が同夜八時ごろ, が和泉屋, が図面, が在宅, が増村, が外部, が大体十日, が大概, が夫婦, が女性, が姉たち, が学生, が実に実に, が富士山, が小川村, が小野小町, が山の内, が工場, が常々彼女, が広, が張り, が役者, が御家人崩れ, が思い出せない, が恩賜, が成功, が所謂, が技巧, が指, が握りつぶし, が数学, が文献, が新築, が日米タイムス, が明律, が昨年算哲, が時化, が曲者, が月田まち子, が未だに, が机上, が枕, が柳生, が椿, が次第に, が此化粧水, が武士, が殿さま, が気立, が河辺, が浅草方面, が温泉場, が演出家, が為朝, が父親, が特に, が獅子岩, が生きた, が町民, が病臥中, が皆目, が瞼, が石体そのもの, が神村, が秩序, が笠松博士, が粘, が結局何, が美しい柔かい, が聖書, が背中, が自惚れ, が船長, が花祭り, が荒武者, が薗原山, が血気盛ん, が西沢半四郎, が言明, が話し, が諸君, が買いそこね, が赤飯, が車, が近所, が通っ, が道庵, が金十郎, が長たらしい, が降る, が隠, が霜, が風景, が馬耕, が高橋, が魯迅, がP, けどいっ, けどそれでも, けどひと口, けど何だか, けど温い, けれどあんな, けれどかいこがない, けれどそこ, けれどといっ, けれどなん, けれどもあいにく, けれどもこう, けれどもそれら, けれどもまあ, けれどもモー, けれども九時, けれども信じ, けれども大体三つ, けれども差支え, けれども早く, けれども母, けれども粉食, けれども返事, けれどガラス玉, けれど事実, けれど何卒, けれど医家, けれど変, けれど山姥, けれど思いよう, けれど最初妾たち, けれど水面, けれど画い, けれど編輯長, けれど訣, けれど遂に, こういった, この僕, これから再, ごらんなさい, しかしいずれ, しかもその, しそして, しまして, し南瓜, し拒め, し無手, すると, そういう自分, そうして海, そこを, そして今後, そのこと, その唯一, その様式, その角度, それだけ, それで私, それ故, たいていの, だからお嬢さん, だがヴィデさん, ってそれ, ってね米友さん, って気丈, つまり寒暖計, では一週間後, といいました, といはれた, とてもよくやる, とトムさん, と告白, と思う, と申せ, と蚊, と誰, どうしても生き, どこの, なかなか汗, なアー, ねえお松さん, ねそんなに, ねどんな, ね一方, ね尤も, ね直せ, ね雲雀さん, は其夜, ぼくも, まア何と, もしそうし, ものあっちの, ものさ, ものどうにか, ものシュピネルさん, もの又, もの夫は, もの感謝こそ, もの私には, やはり尾張, よい編集者, よこれ, よただ人, よと云いたかった, よと隣家, よまだ, よアッタスンさま, よ一応, よ何処, よ奥様, よ日本, よ甚蔵, よ舟, よ院長様, わたしも, ア, サア何う, トキ子さんに, ブリュウテンツワイクさん, 一体この, 三ヶ月の, 事が, 人はかりそめ, 今日の, 何しろ司法省, 何んで, 例へば悪魔, 兄者人, 先生靴の, 其の通り, 刀の, 医者を, 取分け既に拘引, 否お, 四十幾歳の, 場合に, 大日本, 夫位の, 姐さん, 実は烏金丸, 尤も私, 建前の, 後から, 心配し, 悪い日本, 戸を, 數週前に, 日頃の, 昨日や, 晩餐に, 本当です, 極々下等, 此方から, 毛唐の, 沢庵さんお, 然し十一月, 物を, 生れ代りたく, 白骨に, 矢張り一人と, 私だけには, 竹生島へ, 純金ばかり, 署長さんの, 脂肪質な, 色の, 萩の, 詳しくおっしゃっ, 赤瀬さんは, 道時が, 錢形の, 需要の

▼ の~ (28888, 5.2%)

877 無理は 761 ある 244 あった 223 無理の 207 忘れて 183 あれば 144 そのため 138 無理で 136 あるが 126 あります 111 あつた 105 知らずに 96 一つの 69 ありました 68 つまりは 67 無理が 64 一つは 60 あるし, その頃 55 気が 54 面白い 51 その時 50 あって 49 それが 47 同じこと 46 い, ようを 44 変だ, 私の 43 よかろう, 変な 42 これが, 厭だ 41 この頃, どうかと, またこの, 自分の 40 この時 39 その一つ, 彼の, 見える 38 いやだ 37 事実である, 何かの, 当然である 36 尤もだ 35 いる 34 ありますが, むりはない, 当然の, 知らないで, 道理である 33 いいが 32 当然だ, 聞かずに 31 仕方が, 此の 30 いた, もっともだ, 悪くは, 自然の 29 よい, 厭に, 悪くない, 無理も, 私には, 見えた 28 それは 27 いい, いやな, いやに, 何か, 気に 26 この人, 偶然では, 面倒だ 25 もっともな, 不思議は, 嫌だ, 目に 24 きかずに, むりではない, 妙な, 決して無理, 道理だ 23 構わずに 22 あろう, やはりその, 不思議で, 無理から 21 そのころ, 一つには, 止むを, 畢竟は, 知って, 自然である 20 あるの, おもしろい, これに, 不思議である, 不思議です, 今の, 同じだ, 彼が, 業腹だ 19 あったが, ありまた, そのせい, それと, むりはありません, 不思議な, 尤もな, 恥かしい, 結局は

18 [11件] お前の, そこに, やはりこの, わるくない, 一種の, 同じ事, 気の毒だ, 決して偶然, 私は, 覚えて, 變だ

17 いい加減, この時代, これまた, それから, 変です, 私が, 面白くない

16 [12件] いいだろう, おかしい, ここに, その人, やの, よいが, よくない, わすれて, 厭な, 実はこの, 思えば, 残念だ

15 [16件] あなたの, この男, これと, これも, なかに, 不思議だ, 嘘では, 容易で, 当然であろう, 当然です, 彼は, 気の, 知らなかった, 見て, 間も, 面白かろう

14 [15件] あながち無理, あるから, それに, イヤだ, 厭であった, 同じよう, 容易な, 尤もである, 彼であった, 怖ろ, 無理ならぬ, 自分が, 興味が, 見た, 道理

13 [17件] おかしいが, この年, またその, よからう, 何も, 全く無理, 女の, 少しは, 已むを, 当然であった, 彼である, 理由の, 癪に, 皆な, 考えて, 道理です, 間が

12 [17件] きかないで, その為, その頃の, また自然, もとはと, ようは, よろしくない, 一に, 事実だ, 全くこの, 可哀そうだ, 実はその, 待たないで, 悪いと, 洒落て, 第一, 見ました

11 [24件] ありましたが, あると, いいかも, くずと, これで, さすがに, そこだ, 今は, 何だ, 元はと, 多い, 妙に, 小さいの, 尤である, 当時の, 当然な, 彼女の, 待たずに, 早かった, 無氣味, 無理ない, 無駄で, 面白からう, 馬鹿

10 [35件] あるそう, いやです, お気の毒, こ, それだ, それを, また無理, もっともです, やはり同じ, ゐる, 事実で, 他の, 僕の, 好い, 好きだ, 嫌に, 少くない, 尤もです, 当然で, 忘れたよう, 悪いの, 所詮は, 是非が, 珍しかった, 異なもの, 皆この, 眼に, 考えものだ, 考へもの, 耳に, 聽か, 道理で, 道理な, 非常に, 面白かった

9 [36件] あるという, あるよう, あれは, いいけれど, かまわずに, きまりが, このころ, しかたが, ぜひが, そのこと, その時分, それである, また一つ, みんなこの, もとは, やめて, 一興だ, 一興である, 不思議であった, 事実です, 今から, 例の, 億劫な, 先生の, 厭です, 同様である, 嫌だった, 嫌な, 当然だった, 御尤も, 昔の, 本当だ, 自分を, 退儀, 面白いが, 面白いこと

8 [56件] あつて, あなたが, あの男, あるん, いや, いやだった, おかしいと, ここの, このこと, このため, このとき, この前後, この女, さう, そこの, その故, その通り, なんです, またやむを得ない, むりではなかった, やむを得ない, イヤに, ムリが, ムリは, 一興であろう, 事に, 事実だった, 二人の, 人が, 今と, 何の, 具合が, 厭だった, 可笑しい, 同じである, 同じ理由, 大人げない, 妙だ, 少しも, 強ち, 当り前だ, 彼だった, 彼には, 故ある, 気づかずに, 氣が, 理由が, 癪だ, 確かに, 結構である, 聴かずに, 自己の, 變ぢや, 間違って, 面白いで, 面白いと

7 [62件] あの女, ありません, あるので, あるよ, いいと, いかがな, いるん, おかしなもの, かまはずに, このよう, この時分, こんな時, そこであった, そこでした, その部屋, ない, へんな, またそれ, また事実, また当然, ようが, 事実であった, 交って, 亦この, 亦た, 人間の, 今に, 今日の, 元は, 全くその, 其為である, 去年の, 可怪しい, 同じで, 同然だ, 同然です, 多かった, 大変な, 女だ, 嬉しかった, 実を, 少しおかしい, 居る, 当り前の, 彼, 彼だ, 心の, 惡く, 束の間で, 残念である, 気の毒な, 氣に, 氣の, 無理はねえ, 珍らしくない, 知らないよう, 結構です, 考えものである, 苦しかった, 諾か, 面倒で, 面倒な

6 [96件] あったの, ありあるいは, あるかも, あるまいが, いいかげんに, いかがと, おかしいし, くずに, ここから, このあたり, この時期, これを, ごもっとも, さうし, ぜひない, そうである, そこから, そこそこに, その一例, その日, その結果, それも, そんなこと, なか, なかを, なるほどと, なんだ, へじ, また同じ, みんな自分の, むだで, よかった, わしの, わるくは, ゐた, 丁度その, 不思議に, 人の, 今が, 今では, 今日が, 他では, 何だか変, 何を, 俺の, 億劫で, 出て, 厭で, 可笑しいが, 同様な, 同樣, 君の, 哀れです, 困る, 多くは, 多分は, 大人気ない, 好い加減に, 妙である, 容易でない, 少くは, 居た, 当然と, 彼らの, 彼女であった, 御無理, 心持が, 忘れたやう, 怪しむに, 愉快だ, 打ち忘れて, 承知で, 旅の, 是非ない, 極りが, 楽じゃ, 構はずに, 決して悪い, 無理でない, 無駄だ, 珍らしい, 皆その, 私に, 程が, 結構だ, 考え物だ, 聞かないで, 肯かないで, 胸に, 自然と, 興味ある, 見えて, 變です, 赤いの, 道理この, 面白いだろう

5 [114件] あったり, あなたを, あの時, あり, ありましょう, ありますし, あるけれど, あるには, います, いるし, おかしかった, こういう時, ここで, この娘, この点, これは, ございます, すべてこの, そこです, そのはず, たいていは, つまりこの, つまりその, ふしぎは, ほんの一瞬, ほんの束の間, まじって, みんなその, むりではありません, もっともである, もどかしげ, もどかしそう, やはり同様, やを, わたしの, ゐるし, 一興じゃ, 中の, 主人の, 人生の, 今だ, 今日は, 他に, 偶然でない, 僕だ, 億劫だ, 億劫に, 其頃から, 前世の, 口の, 同じです, 同じ意味, 同じ道理, 同様だった, 同様に, 嘘で, 困ったもの, 変じゃ, 多少は, 失礼だ, 好いが, 好からう, 子供の, 宜いが, 実にその, 寂しかった, 少なくない, 尤だ, 工合が, 年を, 彼らが, 彼等の, 恥ずかしいこと, 憚られる, 打忘れ, 承知の, 日本の, 早い, 昔だ, 普通の, 最近の, 有った, 有る, 極度に, 楽で, 毎日の, 洒落れて, 淺ましい, 物憂かった, 田居のも, 畢竟この, 皆自分, 知らず身, 私です, 稀に, 程に, 美しい, 義理が, 聞えた, 聞くの, 肯かずに, 胸の, 自分だ, 自然だ, 自然であった, 見え出した, 見たこと, 話の, 變な, 道理であった, 遠くは, 面白いかも, 面白いし, 面白いじゃ

4 [244件] あたりま, あたりまえだ, あったよう, あの人, あの頃, ありましたし, ありますよ, あり又, あんたの, いいこと, いいさ, いいし, いうまでは, いかがです, いずれも, いつもの, いまは, いやで, いやであった, いやでした, いれば, うれしい, おかしな話, おっくうな, おまえが, おもしろくない, お前が, お恥, お民, お菊, かつては, かれの, かわいそうだ, ここだった, ここである, この二人, この伯母, この土地, この季節, この日, この理由, この私, この種, この辺, これである, そう云う, そう遠く, そこを, そのおかげ, そのとき, そのひとつ, そのままに, その原因, その女, その意味, その点, その爲, その理由, その目的, それからの, それで, それには, それらの, それ故だ, そんな事, ただあの, ちょうどこの, どこか, どっちも, なかつた, なかの, ひとつには, ひとつの, ひとつは, ほかの, まさにその, また一興, まったくその, みなその, みんなあの, むりはねえ, もとを, やが, やっとの, やっぱりこの, やはりこれ, やはり一種, やむをえないこと, やむを得ないこと, よいかも, ようと, よくわかる, よろしい, わかるよう, わけは, わしが, わたくしの, 一人の, 一度や, 一応は, 一所に, 一方法, 一時の, 一生に, 一興, 一興だろう, 丁度この, 不安だった, 不思議じゃ, 不思議と, 不愉快だった, 世の中の, 主に, 久しぶりだ, 人を, 仕方ない, 低いの, 何んだ, 何時か, 偶然なら, 僕には, 兄さんの, 入れて, 切ない胸, 初めてで, 別に不思議, 前に, 前の, 勿体ないと, 博士の, 危険です, 厄介だ, 原因の, 原因は, 厭は, 厭わずに, 古いこと, 可哀想だ, 可笑しかつ, 可笑しな, 合点が, 同様だ, 同様であった, 同然だった, 同然な, 哀れであった, 嘘だ, 困難な, 変である, 変に, 多いの, 多かろう, 多分この, 夢の, 大儀だ, 大儀で, 大儀に, 大切な, 大変だ, 大変でしょう, 天の, 失礼です, 好きな, 如何な, 妹を, 嬉しい, 嬉しかつ, 実はそれ, 実は彼女, 實に, 實は, 尤もと, 平和の, 当然, 当然であります, 彼に, 彼女が, 彼女である, 彼女に, 彼女は, 必しも, 忌だ, 怖しい, 怪しむには, 恋の, 悪か, 悪かった, 悲しかった, 惜しい, 惡い, 愚かな, 感じが, 憚られた, 或る, 手に, 新らしい, 早いの, 早くて, 時にとっての, 智恵が, 本当な, 構は, 樂みでした, 此頃です, 武士の, 残念です, 残念な, 気の毒じゃ, 気の毒で, 気の毒と, 決して不思議, 満更の, 珍らしく, 理の, 生きて, 當然である, 相好の, 知らなかったの, 知らぬげに, 知らぬ気, 神様の, 私を, 腹が, 自分で, 自分に, 自然で, 自然です, 興味の, 良くない, 見えました, 見えます, 見えるの, 見られた, 親の, 近いうち, 運命, 遠いこと, 遠慮し, 間の, 面白いもの, 面白うございます, 面白かつ, 面目ない, 餘り

3 [461件] あいつの, あったし, あったそう, あったね, あとで, あの娘, あの晩, あの海岸, あの辺, あらむ, ありましたね, ありまして, ありますから, ありますからな, ありますけれども, あり中, あり唯, あり色々, あるいはこの, あるけれども, あること, あるだらう, あるだろう, あるだろうが, あるでしょう, あるです, あるといふ, ある位, あろうが, いいかと, いいじゃ, いいよう, いくらも, いけない, いけないと, いぢ, いっしょに, いって, いとわずに, いまの, いやがって, いやでございます, うなづけます, うれしいこと, うれしかつ, おかしいじゃ, おかしいでしょう, おかしいよう, おかしなこと, おそらくこの, おめ, おもしろかった, おれたちの, お前だ, お前だろう, お吉, お糸, お道理, かような, きみの, くあみ, こうなる, こちらの, このゆえ, この事件, この亭主, この地方, この城, この夜, この夫婦, この子供, この月, この理, この笑顔, この血, この道, この門, この際, こやつ, さして, ざんねんです, じつはその, じつを, すべては, そいつの, そういう時, そうする, そうであろう, そなた, その, そのままで, そのよう, そのわけ, その一室, その事, その半蔵, その叔父, その家, その時代, その為め, その現れ, その相談, その筈, その精神, その証拠, その話, その辺, その道だ, その間の, その際, それか, それだった, それな, そんなわけ, た, ただこの, ただごとでは, ちょっと面白い, ぢやも, つまらないと, つまるところは, つらいが, どうかし, どちらかと, どちらも, どんなもの, ないが, ないで, なかった, なかなかに, なかなかの, なかなか容易, なければ, なにかの, なんの, はっきりと, ひだるいやう, ひだるいよう, ひっきょうは, へんだ, へんです, ほんとうに, ほんの名ばかり, ぼくだ, また, また不思議, また偶然, また同様, また已む, また戦法, また捨て, また私, また見, まんざら無理, みなこの, みんなあなたの, むだな, めんどうだ, めんどうな, もっともで, もっともと, もっともに, もっとも至極, もどかしいと, やっぱりその, やはり不快, やはり彼, やはり父, やむを得なかった, よいけれど, よいこと, よいであろう, よいと, よいの, ようから, ようで, ようの, ようも, ようやくの, よくある, よくねえ, よくわかります, らくでは, わけの, わすれたよう, わたしが, わるくないでしょう, フシギでは, 一応の, 一興で, 一興でしょう, 万更無理で, 上海である, 不安心だ, 不審なら, 不審の, 不快な, 不思議でない, 不愉快で, 不本意である, 不氣味, 不破の, 世の, 世渡りの, 世間に, 主人が, 事実な, 二人や, 亦事実, 人は, 人情だ, 今夜が, 何となし, 何んかの, 俺が, 俺だ, 偶然だ, 億劫だった, 入って, 全くこれ, 其だ, 其の時, 具体的の, 冬の, 出來, 出来た, 出来て, 出来る, 分った, 分って, 切ないし, 初めてな, 初めは, 判って, 加えて, 動くの, 勿論それ, 勿論の, 半ばは, 半分は, 厭だつた, 受取れないこと, 口惜しいので, 可いが, 可愛かつ, 右の, 同じに, 同じやう, 同じ日, 同様です, 同様の, 同然であった, 同然の, 名ばかりで, 名ばかりの, 君だ, 味気ない, 嘘じゃ, 因縁であろう, 困ると, 固より, 国民の, 変で, 夏の, 外では, 多いが, 夢中で, 大きいの, 大へん, 大変だった, 大變, 失礼な, 失礼の, 奇妙である, 好いだらう, 好いと, 好きで, 妙です, 妨げには, 婦人の, 嫌, 嫌いだ, 嫌だつた, 嫌で, 嬉しいこと, 季節の, 宜敷く, 実はと, 実は彼, 実は私, 実際です, 実際やむをえなかっ, 家の, 家康の, 容易じゃ, 容易であった, 容易に, 容易の, 少くありません, 少し変, 尠く, 尤もで, 尤もでした, 巧い, 平次の, 幾分か, 幾度であったろう, 当らない, 当を, 当人の, 彼で, 彼女だった, 心ない, 心苦しい, 心苦しいの, 必要だ, 忌です, 忍びない, 忘れた, 思うに, 怪むに, 恐らくその, 恐らくはその, 恥ずかしかった, 恥ずかしくて, 恥だ, 悪いし, 悪いよう, 悪かろう, 惜しいから, 惜しいと, 惜しいよう, 惡いと, 愉快である, 意味が, 愚である, 感じないで, 感心だ, 懷かしい, 我慢し, 或はこの, 持って, 捨て難い, 敢て, 敵は, 文明人が, 断って, 新聞では, 早いが, 早え, 春の, 是れ, 是非の, 時の, 時勢の, 智慧が, 最も多く, 最初は, 月の, 有名な, 本意ない, 本當, 来る, 根拠の, 業腹な, 楽しかった, 樂ぢや, 止めて, 正しくない, 正を, 此だ, 残念と, 殺すの, 殺生だ, 母の, 気の毒です, 気まりが, 気付かずに, 気恥かしい, 気持が, 気附か, 決して誇張, 流石に, 混って, 烏滸がましいが, 無理じゃ, 無理とは, 無理なし, 無言の, 然り, 父の, 猿に, 珍しい, 珍らし, 生活の, 申さば, 畢竟その, 當り, 疑えば, 癪な, 皆お, 皆同じ, 皆私の, 目的の, 相当の, 矢張り同じ, 知らないの, 知らぬげ, 知らん顔で, 知るまい, 知れてるけれども, 秀吉の, 私へ, 空が, 結局同じ, 結構でしょう, 罪が, 罪な, 罪の, 考えようによっては, 考へて, 聞いた, 聞いたこと, 聞えて, 聞こえた, 自分と, 自身の, 興が, 良し惡, 芸が, 苦しい, 苦痛である, 莫迦らしい, 薄気味が, 要するにこの, 要するにその, 見るの, 言葉の, 誰の, 起りは, 辛いから, 辛かった, 迷惑な, 運命だ, 道理が, 道理こそ, 道理その, 道理であっ, 道理と, 遠い事, 遠い将来, 酒の, 重要な, 長いこと, 門之, 隣の, 雨の, 面倒である, 頓着なく, 馬鹿げて, 馴れて

2 [1470件 抜粋] あいつに, あたりまえだろう, あったけれど, あったよ, あつたり, あながち誇張, あなたには, あの二人, あの多情者, あの手, あの車, あはれです, あまり長い, あらん北条足利時代の, ありは, ありますがね, あり二手先, あり助かるの, あり若い, あるいはそんな, あるであろう, あるやう, ある事, ある或いは, あれで, あろうし, あんたがた, いいなと, いい事, いい気持, いくらか, いたんだよ, いて, いますから, いろいろの, うべなる, うれしかった, おかしいけれど, おかみさんが, おそろしくは, おとよ, おなじです, おまえに, おもしろいこと, おもしろかろう, おれば, お内儀, お前さんの, お恥ずかしい, お節が, お里が, かく申す, きつと, くねじ, けっして無理, こいつの, こういう場合, ここであった, こちらから, この, このわし, この中尉, この兄, この声, この山, この戦争, この曠野, この正香, この細君, この連中, これまで, これ限りだ, ご尤も, しばしば見た, じつにふしぎ, すべてが, ぜひここ, そうだ, そこな, そのお, その一, その仕事, その儘, その夜, その実は, その彼, その晩, その根本, その現われ, その瞬間, その罪, その訳, その運命, それ, それぞれに, それです, そんなところ, そんな風, たくさんあった, ただその, たぶんこれ, ためら, だれの, ちやうど, ちょっと悪く, ぢや, つい昨日, つかのまたちまち, つまらないので, つまらぬと, つらい, どこかで, なかなか愉しい, なんとかし, にせものだった, はじめてである, ひどく手堅い, ふしぎでは, へんに, ほんとうの, まことに無理, またあの, またつらい, また世間, また当時, また早い, また楽しい, また興味, まったく突然であった, まんざら悪く, みんなお前の, むりは, むりはなかった, もうこの, もうわずかの, もう間近い, もったいないと, もっともでした, もともとその, ものうそう, やっとだ, やっぱりそれ, やに, やはりそうだった, やはり二十九年, やはり天命, やはり意味, やはり食物, やむを得ないの, ゆるを, よいでしょう, ようなども, ようや, よく見え, よし, よろしいが, わからない, わかる, わたくしには, わびしかった, わるかつ, われわれは, イヤな, グラチアだった, バカの, マンザラ悪く, 一つ奥に, 一ツの, 一位のも, 一因である, 一方に, 一概に否定, 一理は, 一生懸命だ, 一瞬の, 一間二間の, 一面夢想家ゆゑの, 上に, 下手人の, 不快で, 不思議でございます, 不憫です, 不自然で, 不自由な, 世の中を, 世間から, 並大抵の, 主としてこの, 之と, 事実でした, 事實だ, 二三里の, 二度目であった, 云って, 些と, 亦当然である, 亦理由, 亦面白い, 人に, 人間と, 今しばらく, 今年, 今日かぎりだ, 仏の, 仙太郎に, 伸子と, 似たよう, 体裁が, 何だかゆとり, 何だか心残り, 何だか気, 何で御座います, 何と云う, 何んと, 余り面白く, 信じて, 停車場という, 僅か半年, 僕は, 充分に, 先程から, 全くの, 全く先生, 八月だった, 共に四桁, 其の性情, 其の研究, 其問題な, 其間の, 其頃画いた, 凄まじいが, 出たが, 分るだろう, 初めてである, 前と, 勝手だ, 勿論だ, 勿體ない, 半蔵である, 卑怯な, 厭うよう, 厭や, 参考と, 又何, 受取つて呉れた, 口惜しいと, 古びた黒い, 可哀相だ, 可笑しいじゃ, 同じくまた, 同じだった, 同じもの, 同じ匕首, 同じ訳, 同様で, 向の, 哀れな, 唯だ, 善人な, 嘘なら, 因は, 困るが, 国家社会の, 堪えて, 声を, 外から, 多くの, 多分その, 夜中に, 大したもの, 大儀そうであった, 大抵は, 大概は, 天命です, 失礼でございます, 奇妙な, 奇縁と, 女性の, 好い気持, 好きだった, 好くねえ, 如水で, 妻が, 娘の, 嫌伯母さん此處の, 存じて, 完全に, 実にこの, 実はあの, 実は貴方, 実際やむをえぬ, 家持の, 容易ぢや, 少からず, 少なくは, 尤もであった, 居たろう, 己の, 平次が, 平氣, 幾戸か, 当り前, 当然であっ, 彼です, 彼にとっては, 彼を, 彼女には, 彼等に, 待って, 後で聞け, 徒爾では, 御免だ, 御尤, 御邸, 心残りの, 心苦しいので, 心配な, 忌な, 忘れなかった, 忠義の, 怖かつ, 思へば, 急に, 恐らくこの, 恐らく法律談, 恐ろしい程, 恐ろしくて, 恥ずかしいが, 悪い, 悪い気, 悪くなかつた, 悪くねえ, 悪趣味, 惜しいもの, 愉快で, 意外だ, 愚かしいこと, 愛の, 憚られ, 懶くなった, 我ながら, 或は其, 戸袋の, 手数だ, 捨てて, 支那のも, 敬虔な, 敵の, 日本だけ, 日頃の, 早いし, 明かに, 昔から, 昨日や, 時々出, 時代の, 有るが, 有難い, 未だ法, 本意でない, 束の, 束の間やがて, 某の, 格別変りの, 業腹だつた, 楽しいこと, 楽しみだった, 楽だ, 楽に, 橋の, 歌に, 正成の, 此処で, 此故である, 此為である, 武士として, 死んだの, 残念だろう, 毒だ, 気がかりであった, 気に入つた, 気の毒の, 気障だ, 汁の, 汚れるの, 決してそれ, 沢山あります, 油断が, 洪水の, 浅いの, 涙の, 淵だ, 混つてゐる, 満更悪い, 滅多にない, 滿更惡い, 火の, 無念だ, 無理ぢや, 無用な, 無礼な, 無駄であった, 無駄に, 煩いでは, 父に, 犬を, 珍らしくなかった, 甚だ多い, 用事が, 男児だ, 畢竟同じ, 異国の, 疲れの, 痛快な, 白いの, 皆何となく, 直接の, 眠るの, 矢ツ張り, 矢張り, 知らずまた, 知らなかったが, 知らねえん, 知識の, 確かである, 礼儀の, 祭の, 私だけには, 私どもの, 秋の, 穢らは, 立憲政治の, 策を, 素子であった, 結果に, 結構な, 美くしい, 考えると, 聞いて, 聞く, 肯かず憤然, 胸くそ惡く, 能が, 腹を, 自分である, 自分ばかり, 自然であります, 自然に, 自由に, 至極尤も, 興味ふかい, 良かろう, 色氣が, 花の, 苦しいだろう, 苦しいほど, 苦しくなった, 苦労でございます, 莫迦らしくなっ, 薬です, 表面だけ, 見えるし, 見すぼらしくは, 見ちや, 見ら, 見苦しいこと, 覚悟し, 解って, 許されない, 話したいが, 誠にやむを得ない, 貴方の, 賊を, 踏みはだけたらしい股, 辛いが, 辛いの, 近い頃, 迷惑だ, 逃げたの, 遊び場で, 過半は, 道理ある, 道理では, 遠すぎる, 醜いの, 長い山旅, 長畑さん, 間違いだった, 院の, 難くは, 難有, 非礼だ, 面倒です, 面倒臭かった, 面白いん, 面白くは, 頭が, 風の, 飲むの, 鰹節を

1 [12631件 抜粋] ああも, あたらずと, あつて、けた, あながち狡猾, あの不思議, あの大阪, あの老婦人, あまりに意気地, あまり美人, ありこの, あります白い, あり仲哀天皇, あり子, あり有益, あり皆水干, あり遠く, あるいは今, あるごとく古い, あるらしいッ, ある散る氣, あれについて, あんな土百姓, いいのよ, いかにもあ, いけないこと, いただきたいわ, いつまで, いふの, いやその, いよいよ嘘, いわばあなた, うちらしく, うらやましくお, えたに, おかしいな, おじさんの, おそらく父, おなじ軍卒頭, およそこの, お前さんが, お夏, お榮, お蔭であった, かうし, かえって病人, かたっぱしから, かまはず送つ, かまわず家, からたち垣だった, きかず無言, きみに, くづと, けた, こいつらである, こうした型, ここでは, このお, このビル, この事実, この危さ, この夢, この川, この恥ずかしい, この時刻, この海岸, この石舟斎, この花夜叉, この遊行坂時代, この黄, これだけの, こわいので, ごく時たま教会, さくとして, さほど困難, しばしば引用, じつはこの, すぐに, すっかり知っ, すべてどこを, ずいぶん時代, そういうとこ, そういう心理, そうした社会学者的功績, そう気, そちたちか, そのひと, その人物, その勝手口, その大, その岩, その感情, その最, その河岸, その相棒, その見, その間であった, それから幾ら, それで何だか, それ自身は, そんな捫着, たくさんだ, ただそれだけ, たといそれ, ためらわれ必ず, ちゃんと正当, ちらりと見た, つかの間であっ, つまりさ, つまり頭上, でるの, とり乱しに, どうも変, ないこの, なかなかだて, なか手に, なにか人, なんだか憚, はかないわけ, はばかられたし, ひし, ひどく嫌, ふとこぼれた, ほかに, ほんとに欣ん, まあお, まことに感服もの, またいま, または日向, また中村, また圭介氏創設, また心中, また根拠, また田沼先生, また辛い, まだその, まったくこれ, まるで気, みっともないもの, みな岩井さんの, みんなが, みんな八橋さんの, みんな持っ, みんな神様の, むしろ当然である, むりではなかったのである, むろん彼, もうここ十日, もう十日, もう身, もっともかも, もとよりの, もどかしさうに, やがて積極的攻勢, やっぱり一種, やつぱり不思議な, やはりはかない, やはり何ん, やはり君, やはり未来, やはり私, やむをえない事, やめ困った顔, ゆるされない今朝, よい編集者, よかろうで, よく考える, よし転売, わかってる, わざと夕方, わたくし自身も, アイノが, オックウであり, ググググと, ジャネットでした, チーズトーストそれに, ノズドゥリョフが, フシギに, ボクの, ムリの, ローマに, 一つ偉い, 一仕事の, 一奇という, 一応さし, 一枚あっ, 一生を, 一見識と, 丁度雨, 三元の, 上せて, 下宿の, 不可解な, 不快でした, 不潔だ, 与八としては, 中には, 主として此, 久しぶりです, 乞食の, 事実でありました, 二三あった, 二年前であり, 云うの, 亡くなった先祖たち, 亦人生, 亦心残り, 亦自ら持續期限, 人形なれ, 人間らしくて, 今云った, 今日から, 今自分, 他と, 仰ぐの, 伸子にとっては, 何しろ書留, 何だか気持, 何となく憚, 何よりの, 何時もの, 余り良い, 例外的の, 信吉が, 個人としての, 偶然旅路の, 億劫じゃ, 兄との, 先進芸からの, 全く三人, 全く平家, 全で, 六十歳の, 其で, 其他皆さんの, 具体的には, 写し取りましたか, 出した彼の, 刃物と, 初々しかった, 別に俳句, 制御出来ない, 劇場の, 動かす方法, 勿体なかった, 北里と, 千世子には, 単なる白色, 印象の, 却ってファシズム, 原因だった, 厭わずそこ, 又つくばい, 又風情, 口惜しくは, 只ごとじゃあ, 可愛想, 台所の, 同じく昭, 同じ人, 同じ氣持, 同前であります, 同然せっかく, 向うの, 呑氣過ぎや, 哀な, 啓助だ, 嘘かも, 四次元振動を, 困難だつた, 地方に, 塀の, 夏らしい, 多くなり, 夜来六波羅の, 大きなもの, 大事だ, 大分ある, 大層美味しゅう, 大納言様の, 天民と, 夫なれ, 奢を, 女御が, 好い周子, 好んだ, 妥当で, 嫂に, 嬉しく誇らしい悦び, 学問と, 宗碩である, 実に忍び, 実はやはり, 実は心理現象, 実は破壊, 実際何, 家及び, 富山城の, 対象の, 小北, 小沢が, 少く締り, 少し氣, 尤もだろう, 居るであろうが, 山国の, 島田を, 巫山戯るため, 常例で, 年寄の, 幾人かは, 度重なって, 弟子とは, 当らぬこと, 当然であったろう, 彼らしい, 彼等であったろう, 待ちきれず馬の背, 徒事では, 御聴き入れ遊ばさず, 心なし, 心苦しいし, 必し, 必竟野々宮が, 忘れたという, 忘れるの, 快かった, 思い出すの, 性質から, 恐いよう, 恐らく戦災後, 恐ろしい致命的, 恨めしいこと, 悦んだの, 悲しいです, 惜しいし, 惜しむよう, 愉しかつ, 愚かの, 感心しねえ, 憂い眼, 懶くての, 我等の, 或人, 所謂之より, 承知しなかつた, 指針が, 控えられた, 政治では, 数えて, 文学者に, 新子の, 日が, 日本独特の, 早くその, 明日に, 春は, 時から, 時日に, 暫くは, 書家が, 最早古い, 有る物故, 朝日では, 本居宣長, 本来この, 来た, 板倉重宗が, 根は, 梵語らしい, 極自然, 構はず店に, 構わず一心不乱, 様々の, 歌ふんです, 正成を, 此処に, 此理由が, 歩いて, 残り惜しいよう, 母が, 気がかりに, 気づかず段々, 気の毒殊に, 気懸り, 水上さんの, 江戸子だ, 決して彼等, 決して虚偽, 沢庵に, 注意せん, 浅草だ, 淋しかった, 済まさずに, 滄桑の, 濁ったの, 無役, 無理じゃあ, 無電小僧の, 煩さいと, 父菊五郎を, 物憂いよう, 狂乱の, 猫は, 珍しくありませぬ, 理由と, 甚三で, 田圃へ, 画の, 畢竟此うち, 當然だ, 痛いもの, 百八十余人の, 皆んなこの, 皆学資給せざる, 皆源氏の, 益軒として, 直接あるいは, 真実だろう, 瞬間自らの, 矢張り長寿と, 知らず, 知らず懸命, 知らないこと, 知らぬ氣, 知恵の, 碁が, 神代の, 私たちが, 秋であった, 程遠からぬ, 空々しかった, 立派かも, 笹屋だ, 精一ぱいであった, 純日本趣味, 終止言から, 絲屑や, 縛られないの, 美しい眺め, 義務とか, 考えもので, 耻しい, 聞かず勇躍, 聞こえねげに, 肚が, 腹だたしいの, 自分のも, 自殺する, 自由自在である, 舞台の, 良風良俗の, 芸者は, 苦しいくら, 英国で, 華美な, 薄々この, 蛍と, 術を, 西鶴の, 見あたらなかった, 見かけます, 見のがしたん, 見料無しの, 覚えない, 解し難い, 許されないもの, 話したの, 読書が, 謂は, 貞世が, 資朝卿や, 趣の, 身体が, 辛いに, 近い中, 迷惑です, 造作ない, 運命であった, 道理でした, 道理身代を, 遠慮だった, 酔い痴れた, 野球人として, 鉱毒問題は, 長すぎる, 間近かった, 関西に, 陸軍の, 障子越に, 難有いが, 露を, 面倒くさく懶かった, 面白いぢ, 面白く感じられる, 頑固に, 風土色の, 食物次第で, 馬鹿げた話, 驚くに, 鮎川と

▼ の~ (28340, 5.1%)

12225 はない 3004 はなく 2066 はあるまい 1019 はありません 1000 はなかろう 888 はなかっ 777 もない 492 はないでしょう 360 もなく 330 はないだろう 311 は無い 274 はなから 267 はある 224 はなかつた 209 はございません 188 はなくし 179 もあろう 144 はありますまい 115 もなけれ 106 もなかっ 94 あらう 89 は決して 84 もある 77 は無く 70 はあった 6963 はなかったろう 62 もありません 61 はないだらう 56 はありませぬ 52 はございますまい 46 もあらう 45 もあるまい 40 はありませんでした 38 はございませぬ, もわかる 36 も何, も無い 33 は有るまい 25 はないです, はなし, は何 24 も分る 22 はとても 21 はござらぬ, はわからない 20 は無かっ, は駄目 19 もあつ 18 もなし 16 はあります, はあろう 15 はその, はなくっ, は勿論, は御座いません, は有りません, もなん 14 はいけない, はなかつたらう, は困る, もそれ 13 は無, よくは 12 あらうか, あらうと, はお, はこの, はございます, はもう 11 は全く, は少し, は私, は面白く 10 はあつ, はなん, は御座いませぬ 9 あらうが, はございませんでしょう, はどう, はな, もありましょう, もな, もないでしょう, も無く 8 はまだ, はもちろん, は到底, は必ずしも, は無から, は話, もございましょう, もわかりました, も分ります, も無けれ

7 [11件] せう, はとうてい, はどうも, はなかろ, は仕方, は御, は自分, も, もありませんでした, もその, もなかろう

6 [22件] はあらう, はいつ, はけっして, はこれ, はせっかく, はたまらない, はどうしても, はどうにも, はなかなか, はまた, はもとより, は断じて, は有, は毛頭ない, は無かろう, もあり, もあります, もあれ, もお, もそう, もよく, もわかります

5 [25件] あつて, はあまり, はあまりに, はご, はそれ, はただ, はだめ, はどんな, はどんなに, はね, はねえ, はやはり, は分らない, は彼ら, は意味, は日本, は気, もいい, もこの, もございません, も判る, も私, も解ります, も解る, 困って

4 [33件] しかない, はいかに, はかえって, はさぞ, はすぐ, はそんな, はないでし, はますます, はまるで, はむろん, はろくな, は人, は仕様, は何時, は充分, は大, は容易, は少々, は本当, は真, は結局, は読者, は誰, は足りない, もすぐ, もそこ, もなくし, もやはり, もよい, も何ん, も分かる, も有らう, も無し

3 [59件] あらうけれども, あらうさ, はあの, はあり, はありましょう, はありませんでしょう, はいくら, はいけません, はいささか, はいずれ, はいや, はきり, はございました, はござるまい, はござんすまい, はどうして, はどこ, はなおさら, はまことに, はよく, は不充分, は人間, は今, は何とも, は何等, は余り, は全然, は割, は可憐さ, は問題, は夜, は女, は将来, は尚更, は御座いますまい, は所詮, は果して, は死ん, は火, は無くし, は無し, は無論, は物足りない, は理由, は男, は留守, は相, は相手, は第, は絶対, は腹の虫, は自分たち, もありませぬ, もござらぬ, もないだろう, もなから, も相手, も知られる, も見た

2 [174件] あつた, あらうけど, いり話, ござりました, ござります, ござりまする, さえあれ, さえおっくう, さえ馬鹿, しかなかっ, せうか, はあったであろう, はありませんです, はあんまり, はいかん, はいっこうに, はうまく, はお金, はかつお, はきっと, はこれから, はこんな, はございましょう, はございませんでした, はござらん, はごぜ, はしかた, はずいぶん, はそういう, はそのまま, はその間, はたいへん, はたまった, はたまるまい, はだれ, はちっとも, はちょっと, はつまらない, はつまり, はどちら, はどれ, はなかつたであらう, はなくなる, はなんとなく, はほんとう, はまず, はまずい, はまったく, はみじめ, はもの, はやりきれない, はやり切れない, はわからなかった, はわからぬ, はわかりません, はわかるまい, はわし, はわたくし, はわたし, はインテリゲンチャ, はコロムビア, はダメ, はビクター, はリヽー, は一向, は一日, は一番水嵩, は一般, は世の中, は今日, は何だか, は何ん, は信じられない, は其の, は分らなかった, は別に, は前, は力, は助からない, は効果, は十分, は単なる, は危険, は却つて恋, は厶, は同じ, は吾, は商売, は喧嘩, は困ります, は堪らない, は大変, は失礼, は如何, は完全, は実際どうも, は小店, は少なくも, は尚, は左, は帰り, は彼女, は後, は後日, は心, は思い, は我々, は手, は承知, は折角, は探し, は敵, は旅, は更々, は更に, は有らう, は有名, は本, は母, は無理, は物, は生き, は画, は私たち, は科学的, は罪, は色々, は費用, は遅い, は金, は間にあわない, は間尺, は骨, もおよそ, もしれました, もそれだけ, もなささうだ, もまず, もまた, もよ, もわかりましょう, もソレ, も一見, も之, も事, も人, も全校, も分るだろう, も勿論, も困る, も大略, も実は, も少し, も彼, も折れ, も敬礼, も有, も有ろう, も毛頭ない, も決して, も焼いた, も知られる如く, も知る, も知れます, も花, も訣, も這裏, も鞘, も高木, よくわかりません, 帰って, 有った, 行って, 食って

1 [1340件 抜粋] あつて主體そのもの, あらうけれど, あらうそこ, あらう丁度, あらう兩手, あらう小さい, あらう簡易, あらう蒼茫, いいところ, おあり, こそ人, さ, さえいいすぎです, さえすでに, さえもどん, さえも判る, さえ二人がかり, さえ公然, さえ喪服, さえ大急ぎ, さえ心, さえ恥, さえ明, さえ無駄, さえ相当, さえ非常, しくじったん, すらこの, その手紙, ね, のぼせあがって, はあたし, はあっけない, はあなた, はありませぬです, はあり得ない, はあれ, はいいえ, はいく, はいけますまい, はいたずら, はいつか日夏耿之助, はいわば, はうんざり, はおぼえきれません, はおろかさ, はお嬢さん, はお座, はお目にかかり, はかい, はからだめ, はきっとまた, はこっち, はこれからてくてく, はこんど, はございませんでしたろう, はござんせぬ, はさ, はさすが, はさら, はすこしも, はすべて今, はせいぜい, はそう, はそちら, はそっち, はそば, はそれ位, はただ内, はたとへば, はたんす, はつ, はつまらぬ, はてんで, はということ, はとガツカリ, はと私, はと話, はないっ, はなか, はなかつただらう, はなかなかそう, はなく思いつづけ, はなく焙る, はなけれ, はなるほど, はなんにも, はのう, はびっくり, はぷつぷつ, はほんの, はまだ真に, はまにあわんであろう, はみんな, はもうまるで, はやや, はゆかぬ, はよほど, はわかり, はわが, はわるい, はウンラート, はカルシウム, はガラツ八, はジャーナリズム, はタスカローラ, はドア, はフランス, はホロヴィッツ, はマレー映画, はモノ, は一人一日, は一向に, は一日十八里, は一番, は一部分, は七月, は三, は三木, は下手, は不可能, は不憫, は世間, は丸取り, は主格, は事件, は二重, は五十, は亜米利加帰り, は人間一代, は人類, は今後私, は仕事, は代る, は低い, は何で, は何年, は余, は作物, は俊一君, は俳人芭蕉, は僕, は入り口, は全部, は其処, は其後, は凡て, は分, は分るまい, は別れ, は勅使, は勿躰, は区別, は千円, は却って, は又, は反っ, は可, は叱られる, は合計四円, は向こう, は君, は呑気, は命, は商船, は四川, は困りでしょう, は国, は国語教育, は地名, は地震, は堪るまい, は塔, は大伴, は大分此頃, は大和魂, は大概岡惚, は大臣, は奇襲, は女手, は妹, は威勢, は子供だまし, は字, は学者, は実に, は実相, は客, は家業, は寺, は専門的批評文学者, は小次郎, は小説, は少なくとも, は屋根, は岩, は川上機関大尉, は常に, は平凡, は引き合うまい, は強請, は役, は役に立たぬ, は彼, は後援, は得る, は御座るまい, は徴塵, は心から, は必ず, は恥さらし, は患者, は悲境, は惡者, は感興, は成, は或, は手ごたえ, は手数, は技術者, は指導権, は掘, は損, は数年, は文化, は料簡, は日, は旧, は早く, は明治三十八年, は春画, は暑う, は書家, は最早, は有る, は朝食, は木, は末, は条件, は東洋, は柳生, は桔梗, は楽, は正直, は此方, は死にたく, は死陣, は母上, は気に入らない, は水, は汁, は泥棒, は流石, は浮ぶ, は湯気, は満足, は滅茶, は火焔, は無かったろう, は無るまい, は然, は牛, は犯人, は猫婆, は現在, は理解, は生きがい, は生甲斐, は田, は田阪, は町内, は當然, は病気, は発生, は百年千年, は目先, は直さん, は真黒, は眺める, は研究者, は確, は種々, は空家, は立ち消え, は端的, は紋太郎渋面, は紛失, は結局一種, は結局胃, は絶対的, は縫いぐるみ, は義理, は考えなく, は聞かない, は胸, は臣下, は自分等, は良心, は芝居, は若い, は苦楽座, は落ち着き, は葉, は行く, は見た目, は見当, は規準様式, は角, は解釈, は訴訟狂, は誇り, は調和, は議員, は貯金, は貴方, は赤面, は足, は身, は近く, は迫った, は這入っ, は遁, は遊び相手, は遣り切れない, は酷い, は重々, は鋼鉄, は長い, は間にあいません, は間に合わなくなっ, は関羽, は陸奥, は隠しよう, は雌波, は霧, は面, は頭, は飛騨, は飽き, は駄目ぢ, は驚く, は髯, は鷲, は黒, ばなを挫, まいって, もあまり, もありませう, もあるらしい, もい, もいつ, もおれ, もからかっ, もこういう, もござらう, もすべて, もせっせと, もそんな, もたく, もつひ, もとにかく, もどれ, もなかッ, もなく薄い, もねぼけ, もふざけ, もほぼ, もみな, もみんなけいこ, もよし, もわかるで, もわかろう, もウンザリ, もスケッチ, もトルストイ, もフリーダ, もロシア, も一匹, も一生懸命骨, も三味線, も三月四月, も中途半端, も二十枚, も今, も何千人, も信念以外, も俺等, も全部, も其一斑, も分りましょう, も判, も判ろう, も化学変化, も十円, も又, も口, も召上つて, も同情, も名高い, も否定, も四五十秒, も地震, も墜ち, も大きな, も始め, も学生風, も宿屋中, も少なくも, も崩れた, も常に, も幾らか, も弓, も形骸以外, も御, も念, も恐らく, も悪戯心, も意氣地, も懸ったら, も手入れ, も持ツ, も損害, も既に, も明かだ, も明かである, も智慧, も最後, も有りましょう, も村, も構, も歌麿, も死ぬ, も毒殺, も気, も汽罐, も洋服, も洒落, も灸, も瓦, も病氣, も百米, も直ちに, も知られます, も知れる, も精力抜群, も素性, も結構, も肺病, も腰, も自分, も良吉, も蚊, も西側, も見ません, も親しみ, も解かる, も豚コロ, も逆上, も道化, も郷里, も銀, も階子, も青大将, も食, も香の物, も鼻, よくその, よく聴き取れない, よったら五分前, わかるやう, ハリキる, 三百目位の, 他に, 出しゃばった, 削って, 助かって, 受けとって, 和尚さんも, 将軍が, 弱った, 当ったん, 御釈迦様, 手紙を, 支那料理を, 明かである, 泣いて, 満点を, 目星を, 立ち寄って, 終っちま, 終わってるその, 良くわからなかった, 見得, 計って, 買って, 這入って, 通人仲間に, 酔うと, 風を, 駄目先刻再

▼ の~ (21978, 4.0%)

584252 どうか 251 それは 180 知らないが 151 私には 142 知ら 132 私は 124 それを 123 自分でも 103 それが 98 知らん 85 わからない 76 見当が 74 少しも 71 それも, はりに 68 しらん, 分らない 64 わからなかった 62 急に 60 いないの 56 彼は 53 ないの, ッ 52 分らなかった 50 その辺 48 わかりません 46 知らんと 44 かつた, 僕には 43 知らと 42 そんなこと 38 知りませんが 37 それさえ 36 判らない 35 分らないが, 私の 34 知らぬが, 誰も 33 悪いの, 見当も 32 わからないが, わけが 31 その理由, 何の, 死んで 30 どうかは 29 それとも, 僕は, 彼には, 自分にも 27 何か, 何を 26 いずれに, これは, 知って 25 そうでなけれ, 誰にも 24 まるで見当, 分らないよう, 無いの, 自分の, 訳が 23 そのこと, どうかを 22 それとも何 21 そのわけ, それらの, わからないの 20 そこの, 生きて, 知らない 19 さっぱり見当, さつ, わからないよう, わからなかつた, 何が, 分らなかったが, 悲しいの, 知らないの, 知れないが 18 えだま, そいつは, その点, どうだ, わたしは, 君は, 彼の 17 お前は, 気が, 自分で

16 [12件] して, そこは, ともかくも, どうかも, わからなくなって, わかりませんが, わたしには, 不思議に, 判らないが, 知らねえが, 私にも, 聞いて

15 不思議な, 俺は, 兎に, 分らないの, 彼女は, 見て, 解らない

14 [11件] これも, それすら, どちらか, よくは, よく分らない, 今は, 判らなかった, 姿を, 影も, 自分には, 自分は

13 [14件] そのへん, それとも他, それとも自分, よくわからない, 今の, 分らなくなって, 判りません, 否か, 忘れて, 知らないけれど, 私が, 聞えないの, 見當, 解らなかった

12 その時, それともその, ぶとを, わかりませんでした, ゐないの, 但しは, 姿が, 彼女には, 見当の, 誰が

11 [14件] あ, これが, その子細, だれも, われながら, 一人の, 人の, 何う, 何も, 女の, 妙に, 知れない, 考えて, 自分ながら

10 [19件] さう, すこしも, そういうこと, そこが, その訳, それともどこ, それとも私, だれにも, ちよつと, はっきりしない, よくわからなかった, わからなかったが, 二人の, 今では, 死んだの, 知らなかった, 知らんが, 自分に, 黙って

9 [24件] いずれとも, さっぱりわからない, さっぱりわからなかった, しらんと, それともこの, とおも, どっちだ, またその, わからないほど, ア, エ, 二人は, 人に, 僕の, 分らなかつた, 判りませんが, 判然しない, 此の, 死んでるの, 男は, 眼を, 自分が, 調べて, 部屋の

8 [38件] お前の, そうで, そこに, その意味, それから, それには, そんな事, どうかと, どこに, どっちに, ひとりで, へりに, よくわかりませんでした, わからないこと, わからないので, わからなくなりました, 今度は, 例の, 俺の, 八, 其とも, 分らぬ, 分りません, 判らなかったが, 判らなかつた, 区別が, 合点が, 妙な, 居ないの, 彼自身にも, 手を, 気に, 理由が, 知らないけれども, 私も, 解らないが, 解らなかつた, 頭が

7 [28件] あるひ, かげも, そこまでは, その仔細, その日, それともまだ, それに, ただしは, どうした, わかって, わからぬ, 不意に, 分らないから, 分りませんが, 判らぬ, 女は, 家の, 彼女の, 教えて, 本気な, 皆目見当が, 眠って, 知らずに, 知らぬ, 解らぬ, 言って, 非常に, 顔を

6 [69件] あいい, あたしには, あるいは他, あるいは何, いつまでも, いつもの, おい, おれは, きいて, さっぱりわけ, さっぱり分らない, しないの, すこしもわかりません, そうでない, そこには, そこへ, そのいずれ, その差別, その秘密, それさえも, それともほか, それとも誰, それについては, ちょっと見当, どうな, どちらとも, どっちか, なんの, はっきりと, はっきりは, またこの, またどうして, またはその, よく分らなかった, わからなかったの, わからなくなった, わたしの, ハッキリしない, 今まで, 今日は, 他の, 何に, 俄かに, 分らないと, 分りませんでした, 判らなくなって, 判断が, 半七, 口を, 君の, 夢を, 彼が, 彼にも, 彼も, 彼女が, 救ひ, 日本の, 殆ん, 泣いて, 父は, 目を, 眼が, 知れたもの, 笑って, 見えなかった, 訣らぬ, 頭の, 首を, 馬鹿な

5 [82件] あの人, え何, お前には, かつてゐる, かれは, こいつは, こちらへ, これで, さっぱりわかりません, さっぱり訳, しらんが, せつないの, そいつが, それで, それともそれ, それとももう, それともわざと, それとも別, それとも彼, それなら, それについて, てんで見当, どうかという, どうか知りません, ふしぎで, ぶとの, ほば, ぼくには, または何, または自分, まるでけんとう, よくわかりません, わかったもの, わからないし, わからないという, わからないやう, わからなくなつ, わからぬが, わからぬよう, わるいの, 一つの, 下の, 不明である, 云って, 些とも, 人間が, 何うし, 何し, 何と, 何れとも, 俺には, 僕にも, 冗談な, 分って, 分らないで, 分らないほど, 分らないやう, 初めは, 判らないの, 夫とも, 存じませんが, 容易に, 恐ろしいの, 情けないの, 意味が, 持って, 救いは, 更に見当, 武蔵は, 水が, 水の, 理由は, 知れませんが, 確かに, 考へて, 話して, 話を, 誰に, 誰の, 起きて, 足が, 頭を

4 [187件] あたしは, あとに, あなたは, あるいはその, あるいはそれ, あるいは自分, あれは, いくら考え, いやに, うちの, かつて, くる, けんとうも, ここで, このごろは, この野郎, これを, さもなく, すがた, せいの, そこらの, そこを, そしてその, その人, その区別, その見当, その間の, それさへ, それすらも, それでなけれ, それとももっと, それとも一種, それとも例, それとも僕, それとも外, それとも本当に, それとも男, た, たれも, ちっともわからない, ちっとも分らない, ちっとも見当, ちつとも, つきつめて, とにかく私, どうかが, どうし, どうしても, どうして彼, どう考え, どう自分, どこにも, どこへ, どちらだ, どっちであろう, どっちとも, どつち, なにも, はっきりした, はっきりしなかった, はっきりとは, はっきりわからない, はりも, びっくりした, ふと目, ぶつて, ほ, ほかの, ぼくは, またなぜ, また何, まるでわからない, まるで知らない, やうな, よく判らない, よく知らない, わからずに, わからないから, わからないくらい, わからないけれど, わからないで, わからないと, わからない場合, わからなくなる, わかりも, わけを, わたくしは, われわれには, われわれの, ナア, ペンギン, 一向わからない, 不審に, 不思議だ, 丸で, 二人とも, 二階の, 人が, 人を, 今に, 伸子に, 何かの, 余は, 僕も, 先に, 全く見当, 出直して, 分からなかった, 分からなくなって, 分らないので, 分らなくなった, 分らなくなる, 判らないやう, 判らないよう, 判りませんでした, 判断に, 判然せぬ, 判然と, 別の, 博士は, 厭な, 名前は, 君, 否, 吾, 咄嗟に, 土地の, 声を, 夜の, 夢の, 妾には, 娘の, 娘は, 子供の, 年寄りな, 店を, 待って, 心が, 忘れたが, 思えば, 悪いもの, 想像も, 憎んで, 我ながら, 手に, 新吉は, 明瞭でない, 母は, 気の, 父には, 理解できない, 生きてるの, 相手の, 知らないけど, 知らないで, 知らぬ間, 知りたいと, 知りたくて, 知ること, 知れません, 私に, 笑ってるの, 聞かして, 胸の, 腹が, 臆病な, 自分も, 裏の, 見えない, 見ようと, 覚えて, 覚えは, 解らないの, 解らないので, 解らなくなった, 解らぬが, 負けたの, 身を, 返事も, 迷って, 途中で, 途方に, 通じないの, 道理で, 長三郎には, 頓と, 顔の

3 [345件] あたりは, あちゃん, あとは, いうこと, いくらさがし, いそいで, いっこうに, いって, いつでも, いつまで, いねえの, いまだに, いやな, ういふところ, おそらく後者, おぼえて, おれが, お前, お前に, お綱, お通, かの女, がんりきの, きょうは, きらいな, けじめが, こ, ここの, ここらでは, ことも, ことり, このへん, この人, この時, この点, この頃, こまって, こんなこと, こんな事, さすがの, さっぱり分らなかった, さっぱり判らない, さっぱり合点, さつきから, さりとは, しばらくする, しれない, じぶん, すぐには, すべては, そこん, そしてこの, そしてそれ, そのお, そのほう, そのま, その下, その前, その原因, その方, その晩, その目的, その説明, その謎, その逆, それだけは, それともあの, それともこれ, それともただ, それとも亦, それとも人間, それとも他人, それとも全く, それとも全然, それとも別に, それとも前, それとも単に, それとも夢, それとも実際, それとも少し, それとも自然, それまでは, そんなもの, だの, だまって, だれを, ちっともわからなかった, ちっとも判りません, ちやんと, ちょっと判断, つかつかと, づらき山, てめえは, である, とにかく彼, とんと分らない, どういふ, どうかすら, どうもよくわからない, どこか, どこの, どつちだ, どれが, ど口, なぜこんな, なぜそんな, なぞと, なんだ, なんという, はじめは, はっきりわからなかった, はりを, はる事, ひとりの, ふいに, ふしぎな, へるの, ほつき, ほを, ほんとうに, ぼんやりし, またいつ, またそれ, またどう, また自分, まだ帰っ, まるでわけ, まるで解らなかった, みずからわからなかった, もうその, よくわかっ, よくわからず, よく判りません, よく知っ, よし, わからないもの, わからないわ, わからなくて, わからぬと, わけの, わしにも, わたくしにも, わたくしの, わたくしも, わたしに, イクラ考え, コトリとも, ッて, ツカツカと, ハッと, ハッキリは, ワッと, 一匹の, 一向にわかりません, 一向に見当, 一向判らない, 一向見当, 一寸判らなかつた, 一寸見当, 一羽の, 不幸に, 不思議で, 不思議でならなかった, 不思議と, 不明です, 世間の, 両腕, 中の, 乃至は, 了解に, 二つに, 二つの, 二度も, 五人の, 人々は, 人は, 人間の, 今でも, 今までの, 今もっ, 今朝から, 今私には, 他人に, 伯父さんと, 伸子には, 伸子は, 何だ, 何でも, 何故其方, 俄に, 俺にも, 元気を, 先生は, 兎も, 八五郎の, 出て, 分からない, 分からないの, 分かりませんが, 分らずに, 分らないくらい, 分らない位, 分らない調子, 分らなくて, 分らなくなつ, 分らぬが, 分らぬこと, 分らぬまま, 初めから, 判らないという, 判らねえ, 判断も, 前の, 勝手に, 勿論わからない, 医者にも, 口の, 否かも, 否かを, 唇の, 問題に, 嘘な, 四辺が, 声は, 外に, 夜に, 大勢の, 夫人は, 女である, 女な, 女中は, 尋ねて, 小さいの, 小声で, 少しずつ, 少しの, 少年の, 山の, 左へ, 師匠, 年より, 年を, 底が, 彼等は, 後へ, 心に, 心持が, 忘れたの, 惡い, 想像が, 或いはそう, 或いは自分, 或はその, 或は又, 或る, 扉の, 支那の, 文句を, 明かでないが, 明らかでない, 明瞭に, 暫くは, 曖昧な, 最後に, 朝から, 朝の, 本当の, 村の, 来たの, 次の, 此は, 母が, 気づきも, 氣の, 池の, 波の, 泣いてるの, 涙が, 涙を, 煙草の, 父の, 片手を, 理解できなかった, 理論的には, 甚だ曖昧, 痒いの, 直義, 眠つてゐる, 知っても, 知つてゐる, 知らないし, 知らなかつたが, 知らぬの, 知らねえか, 知らんという, 知りたいの, 知りも, 知れたもん, 知れぬ, 知れぬが, 確かな, 私共には, 私達は, 窓の, 竜之, 第一, 考えても, 耳が, 聞えなかったの, 肝心の, 肩の, 腑に, 腰を, 腹を, 自分たちの, 自分を, 自然に, 若くは, 要領を, 見ること, 見分けが, 見当さえ, 覚めて, 覺え, 解らないやう, 解らなかつたが, 解らぬよう, 訊いて, 記憶が, 記憶し, 詳しいこと, 認めないの, 誰か, 誰れ, 赤ん坊は, 足の, 返事が, 返事を, 道の, 酒を, 金が, 錢形の, 障子に, 高が, 黒の

2 [1112件 抜粋] あいさ, あきらめたの, あたふたと, あの温和, あるいはかの, あるいはもう, あるいは不, あるいは外, あるいは戦地, あれを, いい加減, いきなりそこ, いずれも, いつか動物の, いつもその, いまは, いろいろと, うしろから, えたいの, え兄哥, え冗談, おそらく二つ, おめ, おれには, おれも, お前を, お清, お米, お酒, お高, かすかな, かれには, かんべんし, きくと, きゅうに, ぎょっとした, ぐうたらと, ここでは, こちらからは, こちらを, このお, この事件, この家, これだ, こんどは, さいぜんの, さして驚く, さっき望遠鏡で, さっぱりわからん, さっぱり分からない, さめて, しいんとしずまりかえっ, しばらくの, しりませんが, しれないが, しれぬと, すこしもわけ, すられたの, そうだった, そう思っ, そしてどう, そして何, そのけじめ, そのどっち, その不思議, その事情, その何れ, その判断, その夜, その後の, その本当, その消息, その現場, その由来, その音, それからは, それだけが, それで胸, それともお前, それともすでに, それともそう, それともなにか, それともまた, それとも一人二人, それとも一週間, それとも人, それとも何もの, それとも偉大, それとも単なる, それとも友だち, それとも夫, それとも年, それとも敵, それとも気, それとも海, それとも犬, それとも病気, それとも真面目, それとも見つける, それとも関係, それにも, ぞろぞろと, ただ上部, だれ一人, ちっとも判らない, ちゃんと知っ, ちょっとも, ちょっと分らぬ, ぢかに, ですって, とてもその, とにかくここ, とにかくどこ, ともかく容易, どういう関係, どうかする, どうか分りません, どうしてもわかりません, どうすれ, どこを, どちらが, どっちでしょう, どんなこと, なかなか出, なければ, なぜまた, なにかの, なにしろ不思議, はしらないが, はっきりわからず, はっきり判らぬ, はっとした, はりにと, はる光り, ひどく歎息, ひに, ふしぎです, ぶつた, へりを, へるかな, へるを, ほと, ほとんどわからなかった, ほんまに, ぼくに, ぼんやりした, ますます分らなくなっ, また, またそう, またどの, または夢, または話, また何ん, また心, また恋人同士, まだその, まだ考へ, まったくわからなくなっ, まるっきり見当, まるでわからなかった, まるで僕, まるで判らなかった, まるで理解, まるで顔, もういちど, もうこの, もうどうしても考えつきませんでした, もう影, もう見えなくなりました, もはや自分, や, ゆき子は, よく思い出せない, よく考え, よく覚え, わかった, わかっては, わからないその, わからないまま, わからないん, わからない位, わからない気持, わからない眼, わからなかったので, わからなくな, わからなくなり, わからぬ廻り, わからんの, わかりませんか, わかりませんな, わかるの, わけも, わしには, わしは, わたくしには, カチカチッ, ガラツ八には, クリストフに, コゼットは, ジエィン, ジョンは, チツトも, ニコ, ハズミを, ハハハハと, バケツを, ブルブルと, ポケットから, 一々丁寧, 一台の, 一向に判らぬ, 一寸は, 一寸周章て, 一時は, 一種の, 一言も, 三味線の, 下手な, 不思議だった, 不思議です, 不明の, 不貞の, 丘の, 中は, 中村は, 丸切り見当が, 之を, 了解する, 事実だった, 二十日に, 京吉には, 人間な, 今だに, 今夜だけ, 今日の, 今考え, 仕様の, 他に, 他人の, 伸子たちは, 何うも, 何びとも, 何れに, 何処へ, 何故飲まない, 何枚も, 依然として猛烈, 保は, 僕に, 元の, 兄は, 入ったの, 全くわからない, 全然知らない, 其の人, 其は, 其辺の, 凝として, 分からないよう, 分らずただ, 分らないけれど, 分らないじゃ, 分らないん, 分らない気持, 分らない表情, 分らなかったから, 分らなくなりました, 分らぬながら, 分らん, 分りかねた, 分りませんでしたが, 判って, 判らないので, 判らない位, 判らなくなった, 判りかねて, 判断は, 判然とは, 前列後列が, 北へ, 南へ, 博士の, 原因は, 又その, 又は先達て, 又は父, 叔母さんの, 取られたの, 史上最高の, 右往左往と, 同じところ, 向うの, 君あ, 吾輩には, 周平には, 咳の, 啓吉は, 困ったわ, 地面から, 城太郎の, 声も, 夕方が, 夜なかに, 夢だった, 大した心掛, 大口を, 大根の, 夫れで, 女房の, 好運という, 始めから, 嬉しいの, 子供は, 存じませんけれど, 孰れ, 家は, 家賃が, 寄って, 寝て, 将又, 小次郎には, 小走りに, 少しく当惑, 少女は, 屋根の, 左の, 己には, 帆村が, 帰るの, 平次に, 平次にも, 年よりの, 底の, 強ひ, 当惑し, 彼を, 彼奴は, 彼自身でも, 後に, 後ろの, 得体の, 志保は, 怒って, 思うて, 思へば, 恂に, 悲しんで, 惡いものか, 意味を, 愛が, 憎むこと, 成程, 或はお, 或は何, 或は妻, 或ひ, 扁理自身にも, 手前は, 手掛りらしい, 折られた脚, 改めて省察, 數枚の, 断わるに, 日の, 明智は, 昨日着いた, 昼な, 時間が, 暗い中, 最初の, 未だよくわからない, 本人の, 本当に取り違えた, 来ねえの, 東作, 果然その, 柳屋に, 栄子は, 様々の, 横の, 次第に職業的, 武蔵には, 殺さなかったの, 毎日毎日この, 毒酒の, 水に, 水を, 法水は, 津田は, 清二には, 火の, 熱が, 牛が, 物珍らしく思っ, 犯人は, 珍らしい, 理屈が, 理解し, 理解できぬ, 瑠璃子は, 田舎島田の, 男が, 疲れて, 痴, 白状しろ, 皆目見当, 目に, 相変らず, 眇目の, 真赤に, 眠ってるの, 眠りながら, 眼は, 睡って, 知ってるか, 知ってるの, 知らして, 知らないけれ共, 知らん兎, 知りたいという, 知りませんけれど, 知る由, 確かには, 秀吉は, 私どもには, 私を, 穴の, 窓から, 立って, 立派な, 第三者には, 等の, 答えること, 粉を, 糸子は, 素子の, 美奈子には, 翌日から, 老婆は, 考える力, 耳を, 聞きとること, 背中で, 能く, 腕が, 自動車は, 船が, 船室の, 花敷温泉には, 若い僧, 荻原の, 葉の, 藻, 行方不明に, 見えなくなって, 見つからなかった, 見なかったの, 見れば, 見判, 見当は, 覚えが, 親の, 解せないこと, 解らないよう, 解らぬの, 解釋の, 言葉の, 訣らない, 訳の, 詳か, 説明出来ない, 誰だ, 貧窮の, 貴女の, 貴様は, 贅沢だ, 足音も, 軽く上品, 近頃は, 追窮する, 遂に見いだす, 道ばたに, 酒に, 野垂れ死を, 銀太という, 鐘五郎自身にも, 長すぎる, 間抜けな, 阿星右, 隣室の, 面を, 音も, 頭から, 頭上に, 顔が, 顔丈も, 馬鹿に, 駅前に, 鶯の, 黒いの

1 [10505件 抜粋] ああ, あきらめるが, あっちむきだった, あの口, あの蝶, あやまりたまえ, あるいはこっち, あるいはまた何, あるいは不思議, あるいは坐禅, あるいは彼ら, あるいは気, あるいは胸膈, ある小さな, あわてるよう, い, いきなりわっと, いくらかきまわし, いたましい事実, いっこう無頓着, いつのまにか邸内, いづらかっ, いま投げ, いよいよ変, うすうすその, うれしそう, えとか, え感心, え額, おじさんの, おのずからざっとこぼれる, おれにも, お前新聞を, お島婆さん, お由さん, お話しねがえません, かうして, かまふも, きこうにも, ぎりさけびつづけてみよしへ進まん, くらくらっと, けりゆく, ここへ, このおばけみたい, この僧正どの, この屈辱感, この白頭巾, この隙, これしきの, こわいもの, こんな素敵, ささやき合うよう, さっぱりわからなくなっ, さっぱり解らねえ, さもなければ思う, ざかみにも置かれない, しきは, しどろもどろの, しらべて, じっと横たわった, すぐ判った, すさまじい物音, すべてが, せわの, そうしてその, そう云われれ, そしていつ, そして独逸国, そのため, そのまま云い出さず, そのボール, その体, その大きな眼, その彼, その文句, その正体, その瞬間, その見透し, その限界, それきりだまりこんでしまつ, それでは明後日, それともうるさい, それともす, それともひどい, それともまた玉, それともガラッ, それとも世, それとも体, それとも共にそう, それとも只, それとも外界, それとも嫌い, それとも当り前, それとも悲劇, それとも星, それとも死ん, それとも煙筒文明, それとも眠つて, それとも絶望, それとも色男, それとも超脱, それとも雑品, それによって, そんだら俺, そんな訳, たしかに見, ただ拡げてる, たった二ぜん, だまりこんで, ちっとも要領, ちょっとそれ, ちょっと聞かした, ついそこで, つきたて, つまり芸術さ, でなければその他, とうとう大声, とじつくり自問自答, とにかくあと, とにかく何, とにかく業, とにかく間髪, ともすると自分, とんと感じ, どうかといふ, どうしても三千両, どうして判る, どうにも判断, どうも見当, どこで, どっちの, どの出っ鼻, どれ位時が, どんな生活, なかった, なしさ, なぜ太陽, なにかそんな, なるほど, なア, のぞいた, はじめての, はっきり判らなかった, はにかまない, はりの, ば類とか, ひとつ様子を, ひどく刺激的, ひょっとこの, ふしぎがっ, ふと気, ぶと帽が, へりだらう大, べつたり, ほとんど意義, ほりものである, ぼんやりと, まことに申し訳, まず夕飯, またはつけないで, または双方合併, または悪い, または遠く, また別の, また日頃, また階下, まだよくわからない, まだ守り, まだ茶, まったくの, まともに, まるで体, まるで癇癪, みずからわからなくなった, むつと, もう一ぺん, もう彼, もう道化師, もちろんわたくし, もはやわからなくなっ, やけくそな, やはり黙っ, ゆるく遠く, よくわかりませぬ, よく石地蔵, よし君, わかったろう, わからないじやあ, わからないみたい, わからなかったもの, わからぬ位, わかりませぬが, わかんないん, わずかの, ゐて, イ, オリヴィエの, ガビオな, クレゾオルの, サッパリ見当が, シンと, ソレを, デブさんの, ニヤニヤと, ハンガリーの, ピストルを, ホントに, ムク犬は, ヨソ目には, ヴイオリンを, 一人でに, 一切忘れ, 一向に見, 一向要領, 一幕, 一時代前の, 一知が, 一首の, 三十万の, 三造の, 下宿の, 不審し, 不思議や, 不親切も, 両側から, 主たる題名, 九月二十日が, 事務室を, 二十分ほど, 二百年前の, 五里霧中を, 人ごみの, 人間だろう, 今不意に, 今朝急に, 仕方の, 仮死か, 会社の, 低くなっ, 何かと, 何ていう, 何れか, 何所と, 何様か, 余り話したがらず, 価は, 修学旅行にでも, 停まつたきり, 僕たちに, 兄と, 光と, 全く分からない, 全住民, 兩の, 兵庫開港を, 其次の, 内部なる, 冷えた杯, 出るより, 分からぬという, 分らず袋, 分らない例, 分らない生活, 分らなくなるよう, 分らんこと, 分り様が, 判じて, 判らない田舎旅館, 判らン, 判然しませぬ, 利子さへ, 前三回, 加賀へ, 匂いの, 十数匹と, 半蔵門の, 危険とは, 又はこの, 又は酒, 友人には, 口に, 只一刺にと, 右門が, 名前さえも, 君達も, 呑んで, 哲學は, 問題の, 喞筒は, 噴嚔を, 国家の, 地図のみが, 城太郎を, 声が, 夕餉の, 夜だ, 大きな川, 大分趣が, 大庭常子の, 大盤振舞いである, 天婦羅丼を, 奇蹟的に, 女出入か, 妙見さまへ, 姐さんの, 嫌ひなのか, 学生が, 完全に, 実はあまりハッキリ, 実際朱雋, 家搜し, 寒いのに, 寸分も, 小ッポケ, 小旗, 少しと, 少年には, 居睡り, 岡な, 巡査には, 市木さんの, 帰るまで, 平気な, 幹太郎は, 底に, 建物の, 強いて呼, 形ばかりの, 彼女にも, 待ちなと, 御用ぢょうちんをつけた早, 心配そうに, 快活な, 思いだせない, 思ひ惑つて, 怪しんだ, 恐らく釘, 悪い人, 情けなくなる, 意向が, 愛を, 憐れむべきなの, 我を, 或いはカフェー, 或いは浮浪民, 或はドン, 或は夢, 或は本当に, 戦争中日本で, 手桶ごと持つ, 技巧的な, 拙者には, 捉え難かっ, 推察も, 放心し, 数日は, 料理場の, 新聞が, 日は, 早う行っ, 明が, 昔私が, 是非一度は, 時には, 暮し向きの, 書物を, 朝まで, 未熟な, 本所の, 材料が, 松風の, 栄蔵は, 案外穏, 楕円形の, 樹陰の, 次第に皮膚, 此処は, 歩いてるの, 死体に, 段々と, 毎日竜一の, 気分でも, 水は, 江戸に, 沈没し, 波打つたやう, 津田には, 浅黒い琥珀色, 淡く灯, 渋い縞もの, 源六, 漕ぎての, 灸を, 無理算段した, 煙草入が, 爾では, 犢ぐらいの, 猛然として, 玄坊は, 珍しく又, 甘さ, 生れぬ前, 田上, 男子として, 異様に, 病気じゃ, 白い, 白金巾の, 皆目不可解, 目, 相当に, 真中の, 眠つて居る, 睡眠不足で, 知つてゐぬらしい, 知らないがね, 知らなかった知らなかった, 知らんけれども, 知らん東京, 知りたいん, 知れない煉瓦, 石段を, 礫は, 福島市松には, 秋川は, 突如向う, 窪い, 竝んで, 笑ったよ, 答えに, 約束し, 素知らぬ風, 結局前もって, 緑山寺の, 繁昌し, 義を, 老公は, 考へが, 聞かずに, 聞き耳を, 肉體的な, 胡麻の, 腐敗した, 自ずと倒れた, 自己の, 至極混雑, 良人も, 芸術な, 苦も, 荷物の, 葵は, 薬が, 蛾次郎には, 血痰の, 街頭な, 西北の, 見きわめようとして, 見ようとも, 見届けたかったから, 見馴れない子供, 解からず, 解らない涙, 解らん, 訊きながら, 話せないと, 読者は, 調査を, 警察方面から, 貧乏ゆるぎ, 貸さんの, 赤髪鬼は, 距離が, 身体を, 軽蔑した, 近頃の, 追ひ出し, 途呆けた, 遅うご, 道誉, 郡県政治の, 重機関銃, 金助という, 銀子を, 長い間それ, 間口だけでも, 陣十郎, 階下に, 離縁した, 霧や, 静物の, 音の, 頭には, 風が, 食糧が, 馬の, 駅夫の, 高尚で, 魯達が, 鷦鳥が, 黒雲の

▼ のである~ (17418, 3.1%)

721 がその 489 がそれ 438407378 がこの 373 から 262 がこれ 257 がしかし 178 からその 167 が私 125 からこの 115 が今 100 が彼 97 がそれでも 9284 ことを 74 からこれ 66 からそれ 59 という 56 から私 51 が併 49 からし 48 がここ, ということ 45 と思う 44 がさて, が今日 43 がそういう 41 がそこ, がそんな 40 が自分 38 が何 36 がお, が之 35 がそう 33 が今度 32 がただ 31 から彼 29 があの, がまた, が此 28 から今, がやはり, が実は 27 が僕, ことは 26 がこれら, がともかく, がどうも 25 がいま, がしかも 24 が彼女, と云, と云う 23 から自分, がそして, がその後, が其の, が後 22 かも知れない, がとにかく, がまだ, がもう, が前, が日本 21 がそれにしても, がそれら, が実際, が然し 20 がどこ, がやがて, が同時に, ことが, といふこと 19 からもし, が他, と思ふ 18 がさ, が我々, が現在, とすれ 17 がその間, が其, が源氏, 而し 16 がある, がこう, がこんな, がもし, が当時, が更に 15 からである, から何, がこういう, がそれでは, が宮, が母, しまた, と思います 14 がそうした, が中, が何分, が是, が相手, が結局, が途中, というの, というよう 13 からまして, から人, があまり, がなお, が先生, が第, 私は 12 がかかる, がかれ, が今や, が御, が昔, 事を

11 [14件] かそれ, からそんな, がこうした, がそのうち, がどう, が一方, が人, が人間, が女, が最初, が特に, が若し, が要するに, それは

10 [24件] かということ, かどう, かもしれない, から之, から当然, から此, から誰, がけれども, がちょうど, がでも, が一度, が不思議, が今夜, が元来, が問題, が多く, が家, が少し, が彼等, が父, けれどもそれ, といっ, と云っ, と私

9 [23件] からここ, からそういう, から実に, から彼等, から普通, から決して, から第, か私, がかの, がさすが, がそれから, がだれ, がふと, がよく, が初め, が夫, が或, が果して, が自身, が若い, そうだ, それが, という事

8 [31件] からいずれ, からかかる, からそこ, からまことに, から彼女, から自然, があれ, がいつも, がいよいよ, がこうして, がどうしても, がまさか, が丁度, が何しろ, が余り, が処, が夫人, が尚, が彼ら, が普通, が正直, が私たち, が結果, けれどもこの, ことも, それを, ぞ, と主張, と思っ, と言う, 彼は

7 [45件] かといふ, かもしれぬ, かも知れぬ, からいつ, からもとより, からよほど, から今度, から今日, から他, から少し, から我々, から話, から随分, がきょう, がけだし, がこ, がこれから, がそれでいて, がなぜ, がなにしろ, がぼく, が一体, が事実, が余, が作者, が元, が吾, が夜, が幸, が恐らく, が惜しい, が時々, が現実, が眼, が雪子, けれどその, けれどそれ, といふ, とのこと, と云った, と彼, と考えられる, と考える, と言, と言っ

6 [63件] かそれとも, からいよいよ, からお, からかれ, からそれら, からただ, からなかなか, からわたし, から人間, から仕方, から単に, から吾, から多く, から従って, がいずれ, がこちら, がどういう, がなん, がほか, がもちろん, がわたし, がわれわれ, が不幸, が世間, が二人, が今年, が例へば, が別に, が博士, が大, が子供, が実に, が少く, が幸い, が心, が急, が手紙, が斯, が最後, が未だ, が来, が此処, が気, が片, が男, が而, が薫, が誰, が間もなく, けれどもその, ことに, これは, しその, しそれ, そうな, とお, とこんな, とする, と言った, のに, のは, 彼の, 是れ

5 [88件] かその, かまた, からいかに, からおそらく, からかく, からこういう, からすぐ, からせめて, からちょっと, からどうしても, からどこ, からまず, から一種, から今後, から先生, から全く, から別に, から問題, から大いに, から實, から従っ, から急, から恐らく, から新しい, から甚だ, から読者, があいにく, がいかに, がいかにも, がいざ, がいつの間にか, がおそらく, がかく, がことに, がじつは, がすでに, がそこで, がその他, がそれに, がた, がなるほど, がなんと, がまず, がわが, がわたくし, が一, が一つ, が一人, が他方, が兎, が半, が古い, が右, が場所, が外, が実, が小さい, が折, が日, が明治, が時には, が東京, が次, が段々, が決して, が生憎, が西洋, が話, が近年, が近頃, が道, が遺憾, し又, それに, と云つて, と伝えられ, と信じ, と思った, と思われる, と答えた, と考え, と聞い, と説く, なぜなら, のを, ように, 併し, 自分が

4 [119件] かあるいは, かそして, かと云, からあるいは, からこれら, からさ, からすべて, からそこで, からそして, からたとい, からとても, からどう, からどんな, からにわかに, からもちろん, からやはり, から先ず, から其の, から到底, から前, から右, から外, から夫人, から学問, から容易, から当時, から或, から日本, から早く, から最初, から此処, から深く, から無理, から現在, から非常, か否, か或は, があと, がいつ, がいつしか, がいまだ, がおよそ, がかつて, がこのごろ, がこれ等, がこんど, がされ, がすぐ, がすべて, がすると, がそのまま, がその同じ, がたしかに, がたとい, がどんな, がなか, がはたして, がもと, がわずか, がカント, が一向, が一旦, が一般, が不, が主人, が事情, が二, が今回, が今朝, が他人, が代, が何となく, が何処, が例えば, が先ず, が同じ, が唯, が客, が恰も, が支那, が文学, が早く, が時間, が暫く, が本, が案外, が次に, が止む, が漸く, が猶, が確か, が私達, が紫, が老, が茲, が蓋, が見る, が遂に, が酒, が院, が雪, が高木, けれどこの, けれどこれ, けれどもこれ, けれども余, こと, さう, しかしその, そしてこの, としたら, と源氏, と考えた, と自分, と解釈, と院, のが, 乎, 自分は

3 [271件] あの人, かいずれ, かまたは, からある, からいっそ, からいま, からこれ以上, からずいぶん, からそう, からその後, からた, からたとえ, からつまり, からと思っ, からと思召, からどうも, からなるべく, からまた, からまだ, からまったく, からむしろ, からもう, からもはや, からよく, からわざわざ, から一つ, から一人, から一般, から万一, から両者, から並大抵, から中, から云わ, から京都, から今夜, から何となく, から作家, から作者, から俳優, から傍, から充分, から全体, から再び, から出来る, から勿論, から十分, から又, から單, から多少, から大, から女, から実は, から実際, から将来, から将門, から已む, から帝, から当人, から後, から本来, から母, から無, から無論, から父, から皆, から相当, から相手, から私たち, から結局, から結果, から親, から評判, から近所, から遂に, から院, から頭, から食物, から驚い, か何, があさ子, があなた, があまりに, があるいは, がい, がいかんせん, がいまや, がいわゆる, がかりに, がさりとて, がしかしまた, がしばらく, がじっと, がすっかり, がする, がそれだけ, がそれだけに, がそれで, がそれでもなお, がそれなら, がそれほど, がそれ以前, がそれ以外, がため, がだんだん, がちょっと, がついで, がどうか, がどっち, がなかんずく, がなんとなく, がはからずも, がひと月, がほとんど, がまことに, がまったく, がもっとも, が一々, が一夜, が一部, が一面, が世界, が乳母, が予, が事件, が二つ, が人々, が人類, が今宵, が今私, が仮り, が何時, が余りに, が例, が依然, が信長, が兄, が全, が全く, が其中, が其他, が其処, が其頃, が冬, が勝家, が勿論, が古, が周囲, が場合, が声, が大体, が大学, が奥, が女三, が女房, が女王, が妻, が姫君, が娘, が子, が宮中, が宿, が實際, が小説, が少女, が少将, が山, が帝, が帰っ, が年, が彼自身, が思う, が思え, が恐らくは, が悉く, が悲しい, が意外, が或は, が手, が抑, が支那人, が故, が敵, が既に, が日ごろ, が日本人, が昨夜, が昨日, が昼, が最も, が最近, が月, が木, が本人, が本当, が極めて, が殿下, が母親, が流石, が深く, が満, が演劇, が無論, が然, が物, が現代, が當時, が皆, が秀吉, が筆者, が結婚, が美しい, が翁, が老人, が考え, が肝腎, が蓋し, が見た, が見方, が言葉, が訳者, が調子, が賊, が赤, が距離, が近い, が非常, が風, けれどもしかし, けれども日本, こ, これが, これも, こんなこと, さうし, さうだ, さうだつ, しかしこの, しそれから, そこに, という話, といった, とこういう, とし, とそう, とその, との説, と判った, と取る, と土地, と断言, と聞いた, と見, と語った, と説明, にし, にも拘らず, のにそれ, 事が, 事は, 云々, 云云, 他は, 余が, 土牛の, 我々の, 此の, 真の, 私の, 第一, 自分の, 若し私

2 [758件 抜粋] いは, かと, かという, かと考え, かは不明, かも知れなかつた, からあたかも, からあれ, からいかん, からいつの間にか, からいは, からかの, からきょう, からこうした, からここら, からこんな, からさして, からしかた, からしたがって, からそれほど, からそろそろ, からただちに, からだれ, からと, からという, からと思い, からと思う, からどの人, からどれ, からなか, からなに, からほか, からむやみ, からもっと, からよろしく, からわれ, からイザコザ, からポオ, から一方, から一日, から上, から上頤, から不用心, から世界, から予防的妨げ, から人々, から人民, から今にも, から仕事, から他人, から体, から何だか, から余り, から余程, から俄, から信用, から傑作, から僕, から兎, から全部, から凡て, から別段, から前途, から勢い, から午前三時頃, から各, から各人, から同時に, から君, から困難, から国家, から土地, から在外正貨, から地方民, から外国語, から大将, から大尉, から大臣, から女王, から姉, から学校, から宮中, から家, から対等, から小, から小説, から少く, から己, から市場, から幕府, から平和, から往復, から往来, から心配, から必ずしも, から恋人, から悲しい, から感激, から戦争, から手, から手紙, から抗議, から支那, から政府, から文学, から日本人, から時々, から時間, から東京, から果たして, から案外, から次, から此點, から武士, から残念, から気, から気候, から江戸, から況して, から況ん, から浮世, から浴槽, から源之助, から源氏, から熊, から特に, から狼狽混乱, から瑠璃子, から畢竟, から當時, から眼, から確, から秀次, から空間, から突然, から簡単, から米, から繪, から老境, から肉, から興味, から芸術, から若い, から萬一, から蓋し, から西洋人, から要するに, から見物, から記憶, から諸人, から警官, から議事, から足, から迂闊, から通貨, から酒, から金, から銀狐, から面白い, から驚く, から髪の毛, から魚, から鳥, から9, か之, か又, か考へた, か若し, か面白い, がああ, があたかも, があたり, がいくら, がいっ, がいったん, がいつのまにか, がいまだに, がいろいろ, がうるさい, がお袋, がかなり, がかよう, がこっち, がことし, がこの間, がこんなに, がしかしそれにしても, がしかしながら, がしまいに, がずっと, がぜひ, がそもそも, がそれと, がそれ等, がたいそう, がただし, がたつた, がたとえば, がだいたい, がちやう, がちよ, がでは, がとうてい, がところが, がとたんに, がと云, がどうして, がどうにも, がどうも一向に, がどれ, がなかなか, がなにぶん, がのろのろ, がはじめ, がひとたび, がほんと, がほんとう, がまま, がまるで, がむろん, がやっぱり, がやや, がよそ, がわが国, がイワン, がジイド, がソーンダイク, がチェーホフ, がヘーゲル, がボオイ, がユタ, がラヂオ, が一ツ目小僧, が一向に, が一昨年, が一番, が三人, が三日目, が上述, が両方, が主, が主として, が乗ろう, が乙姫, が二時間, が二男, が云, が五, が五郎さん, が京都, が人物, が今度の, が今後, が今月, が仮に, が何ぞ, が何とも, が何故, が何故か, が何處, が作家, が個人, が假, が僧都, が先の日, が全体, が其外, が其日, が内側, が凡そ, が出発, が助, が勘弁, が単に, が却って, が去年, が又, が反対, が叔父, が吉田, が同氏, が君子, が品子, が啓蒙, が国際間, が地方, が大きな, が大臣, が夫婦, が女房たち, が好奇心, が如何にも, が妙, が妙子, が孔子, が学生, が実在, が実験, が寒, が対象, が少年たち, が尚侍, が岸, が川上, が巧, が帆村, が帰る, が帰途, が平中, が平素, が幼児, が式, が当, が往々, が待っ, が従来, が心理学的, が念, が忽ち, が憶良, が成績, が我が, が我国, が戯曲, が所在, が扉, が扨, が探偵小説, が政府, が文中, が斯ん, が旦那, が明日, が春, が昨今, が昨年, が是等, が時たま, が時に, が普通スキーヤー, が書く, が最期, が有, が朝凪, が木造, が末摘花, が来年, が桃太郎, が樹, が欅, が次第に, が此の間, が歴史, が殆, が残念, が毎朝, が水, が水温, が沖縄, が河津, が津田青楓氏, が海, が温泉, が漱石, が無, が無理, が牧君, が特殊, が獨, が王, が理窟, が甚だ, が生活, が田楽, が町, が画風, が病床, が病気, が目, が直ちに, が相, が真杉静枝, が矢張り心中, が祖父, が秋, が科学, が稍, が空, が突然, が童心, が竹刀, が箸, が簡単, が糸, が終に, が翌日, が翌朝, が耳, が聞い, が育ち, が腰, が自殺, が自殺者, が舟, が良人, が若, が苦しい, が藤野さん, が裏畑, が西, が西田哲学, が見, が親, が親愛, が言い, が訓示, が詳しい, が語学力, が諸君, が谷村, が車夫, が軍隊, が通例, が過, が重, が長く, が陛下, が院長, が青扇, が面白い, が須磨, が顔, が馬場, が馬車, が驟雨, が高い, が黒鯛, けれどもわけても, けれども人間, けれども併, けれど実際, これで, これを, しかし伊東氏, しこの, しそれ以前, し入れられん, し更に, し駈けつけ, そこで私, そこへ, それ故, というふう, という確信, という風, といふ事, とかれ, ともいう, と一般, と世間, と之, と伝える, と信じます, と囁い, と夫人, と彼等, と思い, と思つた時自分, と思召, と斯, と申します, と考へた, と自ら, と解し, と言つて, と認知, と論じ, と述べ, のだ, のに特に全く, やうに, ゆえこの, 両者の, 人間は, 今日の, 余は, 即ち世界的世界, 吉公の, 幸に, 彼が, 憂を, 我々は, 是に, 本心と, 殊に飾り, 水の, 王の, 神は, 茲に, 近頃は

1 [5800件 抜粋] あいにく灯台, あれでは, いや描かず, かが次に, かすべて, かという現実, かと反問, かと慄然, かどうも, かのやう, かま, からあらためて, からいっそう, からおもしろい, からかならず, からこのごろ, からさらに, からその亡き, からたいてい, からつくり, からとことさら, からと夫人, からと言い, からなどと眠れぬ, からはなはだしく, からほとんど, からもう随分, からゆめ, からアメリカ, からサンドウィッチ, からニクエサ, からマチガヒだらけ, から一つ矢倉石, から一年, から一身, から三次元, から不祥, から中身, から久秀, から事実上効力, から井下伯, から今や, から付着, から伴五郎, から余計そう, から俊寛, から僅か, から先客, から兵部卿, から其道理, から凡そ, から初めて, から劉, から匂宮, から午前四時, から却つて語彙, から受動的, から各々, から向, から喧嘩, から在, から埴輪, から売る, から夢殿村, から大師, から天災, から女主人公, から妙, から孤立河北軍, から実刑, から家族, から専門, から少なから, から巌窟, から平土間一間, から廉子, から強く重い, から後人, から微行, から思いがけぬ, から恋愛, から愕, から成敗, から手数, から持續, から教, から新しく, から日頃, から時, から朝野, から東京都, から検事, から樹, から正確, から此自己, から死骸, から氣, から波中, から涙, から潜水器, から牢内, から玉鬘, から理窟, から申し分, から疾く, から相対性原理, から知らん, から祖母, から科学的精神, から立派, から精神的解放, から組織立つた, から練習用, から老婆, から肯定, から自由, から芸術上, から蒲生軍, から表向き, から観, から話題, から諸君, から責任, から身体, から逆, から道, から郷土, から釣り, から門田どの, から関口屋, から隠し, から青年特有, から願っ, から驚かざる, から麻酔剤, かを能, か先, か山掛け, か疑, か言う, があまり声, がいくつ, がいつか雑木林, がいま水神丸一党, がおさえ, がお湯, ががけ, がここら, がさし, がさんざん, がしみじみ, がそういった, がその後大分, がその間裏手, がそんなふうに, がたぶん, がぢ, ができあがった, がとつぜん, がと思われた, がなおそれでも, がなんだか, がはぢめ, がひどく, がほんの, がまもなく, がもし嘗て, がやまと新聞社, がアネサ, がイワノフ博士, がカケコミ, がクロポトキン, がザヴィニー, がスミス, がトルレス, がビール, がポアンカレー, がヨブ記, がロシア, が一九二八年以前, が一団体, が一時無理, が一目, が七つ八つ, が三吉, が上手, が不明, が中ごろ缺卷, が中興, が久保田君, が争, が二十五歳, が二歩, が五月一日, が人工, が今やもう, が今私たち, が他面, が伊豆, が低い, が何となくどっしり, が余り問題, が便宜上, が信心, が偉大, が價値, が先年, が入院後, が公園芸者, が兵隊, が其時分此処, が其間, が円柱, が出た, が列車, が前の, が劇場, が勝治, が十, が十六ミリ級, が午前五時十六分前, が南部, が及第, が口やかましい, が史上, が吉林, が名, が周り, が唐土餅, が噴火, が団十郎, が國民, が地方紳士, が売手, が外国, が夢中, が大将, が大河内正敏氏, が天王山, が奎吉, が如何に, が婦人作家たち, が季節, が宇宙, が実例, が家族等, が實, が小, が小鳥ども, が尾田, が岩, が左大臣, が布, が幕府, が年寄, が幾ら私, が延徳三年, が引つ, が当て推量, が当時私, が後々二つ, が御寺, が必ずしもそう, が思はず, が怨恨, が悲しみ, が慥, が我輩, が手袋, が折節, が搜, が政治制度, が数多く, が文庫, が新た, が旅さき, が日比谷, が早朝, が明治十年以後, が春琴, が時節がら, が暦法, が最近プルウスト, が朝寢坊, が末造, が村人, が枕, が栄華物語, が楠公夫人, が樺太, が歐洲人, が此像, が此猛烈, が武士, が死前, が氏真, が氷上, が沖仲仕, が泣声, が浅虫家, が液汁, が港, が演劇革新, が火事, が無心, が熱心, が特別, が玉章, が現場, が生徒, が田舎, が疎開, が百種, が相川良之介, が真空, が知るべき, が硝子管, が神官, が私たち東洋, が稿, が端, が精神的畸形, が級長, が結局昨年, が絵, が縁談, が翻って, が肉眼, が腸, が自己表現欲, が舞台, が色白, が若しも, が英米側, が菊池, が薬の, が蝶々, が衣子, が西斑牙, が親類, が言う, が訪れる, が誦経, が諸公, が議論, が貴公, が身体, が迂, が近所, が途中暴風, が遊行坂時代, が遠のけ, が郵便局長, が釵, が長女, が関西, が陸羽間, が隼人, が霙, が非常時局, が頼もしい, が餌, が驚くべき, が鱒, が黄村先生, けれどしかし, けれどもその間, けれどもショッペンハウエル氏, けれども以, けれども同時に, けれども忘れ, けれども氏, けれども第, けれども進化學, けれど其處, けれど恐怖, けれど自分たち, ここまで, こと必然事である, この乞児, この意味, こほろぎは, さうなが, しかしそれ, しかもこの, しプロレタリア作家, し反駁, し敵, し自分, すなわち変体仮名, そうして好事家, そこで意外, そしてまた拒絶, そして新, そのほか, その現象, そりゃあそういう, それでどうにも, ぞこれ, ため結び上げた, だが意識活動, とあきらめ, という分別, という感, という観念, といふわけ, といわね, とかう信ぜられる, ところがその後, としか思えなかった, とそういう, との意, とひそか, とも思った, とアリストテレス, と云つて著述, と信ずる, と分る, と同情, と尼君自身, と思われた, と我輩, と明瞭, と気がついた, と申しました, と答えます, と考へられる, と見たい, と言うべく, と語られた, と適切, どんな宿命, などと皆, に外, のにいったん, のに反対, ばかりでなく, また蓮華群峰, もし作者, ゆえあたかも, ゆえ鎌子が, イエスは, モツと, 一方の, 上下に, 之を, 二人づれで, 人間の, 他日我等が, 会津藩の, 何となれ, 例へば今日, 傷心の, 兵の, 其樣なる, 加代は, 印度では, 即ち滅亡, 古人は, 否流転, 嗚呼世, 外は, 大師の, 如何いう, 宋高僧傳の, 将来は, 尚又約, 岸と, 弟子と, 従って私, 悲しい事実, 或は雨, 政府が, 故に西洋文明, 數學的フォーミュラーの, 旦浦で, 晩行一は, 未婚の, 根本的に, 正しい認識, 死傷者の, 気流が, 流浪者の, 無水と, 然るに君等, 犬でも, 瑠璃鳥の, 画像が, 相変らず, 福田氏は, 糸車の, 腹蔵なく, 自衛上已むを, 萬一を, 表装を, 認識は, 趣味を, 進化論では, 酒を, 震災非常時の

▼ の~ (10631, 1.9%)

284 同じよう 179 同じこと 124 同じである 83 違って 80 一緒に, 同じ事 77 同じやう 73 同様に 61 もう一つ 60 同じだ, 同様である 56 同じで 52 びらを 45 いって 41 同じに 39 少しも 38 云って, 全く同じ 34 びらが, 云ふ 32 同じ意味 30 ちがって, 同樣 29 言って 28 似て, 同様な 27 ほりに, 一つは 26 同じです 23 同じもの 22 一緒でした, 反対に, 同じな 21 同時であった, 同様の 20 同じだった 18 いっしょに, 一しょに, 同じであった, 同じ程度, 同一の 17 二つの, 言ふ 16 同じ様, 小さいの 15 一つには, 同じ結果, 同時だった, 殆ん 14 どちらが, ほとんど同じ, 同じわけ 13 この二つ, しに 12 おなじよう, それに, ほとんど同時, よく似, 何の, 同じ位, 変りは, 比べて 11 いっても, それは, どっちが, 似たよう, 同じくらい, 比べると 10 おなじこと, そんなこと, まったく同じ, 前後し, 勝手な, 同じ理窟, 同様だ, 自分の

9 [11件] それが, それを, ちょうど同じ, ばりの, ほぼ同じ, ほりの, 一般である, 云うもの, 反対の, 反對, 同じ気持

8 [15件] いつて, いろいろな, しから, ないの, 云う, 云うの, 今一つは, 同じじゃ, 同じ理由, 同様で, 少くとも, 彼の, 比較し, 私の, 騒いで

7 [23件] いう, そっくりの, それから, である, ばりに, ばりを, ほりである, 云っても, 何方が, 全く同様, 取り換えて, 同じく, 同じぐらい, 同じでした, 同じ効果, 同じ心理, 同じ方法, 同一である, 同時で, 殆ど同じ, 殆ど同時, 異つて, 見える

6 [26件] ある, いないの, ちがうか, どこか, ばりが, びらの, ほりだ, まつた, 一緒で, 並んで, 二人の, 云う事, 云う訳, 云ふも, 似たもの, 同じい, 同じであろう, 同じ心持, 名を, 大した変り, 悪いの, 時を, 比較する, 白いの, 私が, 聞くと

5 [38件] いうが, いろいろの, そうでない, もしび, よく似た, 両方で, 並べて, 云うよう, 云ったって, 云ったところ, 人の, 今年生え, 他の, 何か, 僕が, 入れ違いに, 同じ, 同じくらいに, 同じであります, 同じ人間, 同じ形, 同じ手, 同じ調子, 変りが, 多少の, 大差は, 山の, 或る, 歯の, 異って, 相手が, 眼の, 自分が, 見えて, 言は, 較べて, 違うか, 違うて

4 [67件] あまり変らない, いうと, おなじだ, おなじである, おなじに, くらべて, これを, しで, ばりは, ほり彼, まつたく同じ, もう一人, 一しよ, 一緒だった, 二つには, 二人で, 二通りある, 云つた, 人に, 人間の, 位づける, 低いの, 何も, 取り換, 合せて, 合わせて, 同じくらいの, 同じ仕方, 同じ場所, 同じ方向, 同じ理屈, 同じ言葉, 同じ関係, 同時でした, 同時にこの, 同時にその, 同時にそれ, 変な, 変らない, 外から, 大きいの, 大した相違, 大差の, 娘の, 寒いの, 寸分違わない, 対照し, 少しは, 年が, 彼が, 思って, 悪口を, 本人が, 正反対に, 気の, 父が, 申しても, 相俟, 相違する, 膝を, 見て, 言われて, 言葉が, 贅沢を, 近所の, 部屋の, 非常に

3 [186件] あって, あるが, いいながら, いうから, いうほどの, いえば, いった, いつし, いろんなこと, いわれて, おなじで, おなじもの, おなじやう, おんなじです, お清, お縫, かれが, くい先, こっちが, この頃, さわいで, し, しつき, しは, しまで, そっくり同じ, その場, ちかが, ちっとも変り, なかい, なんの, ほり, ほりお送り申候へども, ほりです, ほりも, まことし, また一つ, また一方, まったくおなじ, もうひとつ, 一方の, 一緒であった, 三つの, 不審を, 並行し, 丸で, 之は, 二種類ある, 云いながら, 云うが, 云うこと, 云うと, 云うので, 云った, 云は, 今まで, 今夜は, 今日の, 仕事に, 代えて, 信じて, 値段が, 入れちがいに, 入れ違, 入れ違い, 全くおなじ, 全く同, 全く同一, 出会った, 出鱈目の, 別々に, 別の, 反比例に, 取換えて, 古いの, 同し, 同じころ, 同じさ, 同じだから, 同じほど, 同じ事情, 同じ人, 同じ名, 同じ型, 同じ大き, 同じ年, 同じ心, 同じ性質, 同じ恰好, 同じ態度, 同じ時, 同じ条件, 同じ樣, 同じ気持ち, 同じ状態, 同じ理, 同じ種類, 同じ考, 同じ色, 同じ訳, 同じ靴, 同なし, 同一筆法で, 同時だつた, 同様だった, 同様であった, 同様であります, 同様であろう, 同様です, 同然である, 同等の, 同類の, 名づけて, 味が, 呼んで, 嘲つて, 変わりは, 大きなこと, 大した違い, 女の, 定文句, 宜く, 宜くも, 寸分も, 寸分違わぬ, 尋ねて, 少しも違うた, 岸破, 左様な, 平次が, 年齢の, 役場で, 後に, 思ひますれば, 思ふか, 思ふても, 思ふ時, 急な, 意味が, 択ぶところ, 持って, 敵の, 文句を, 昨夜の, 書いて, 横に, 気が, 泥の, 無いの, 申すの, 異ならない, 眼が, 等しい, 習ひ立てた, 聞いた, 胸を, 腕が, 自分は, 自分も, 色の, 見た目にか, 見比べて, 覗き込んで, 言うけれど, 言うと, 言っては, 言つても, 言はれ, 言はれし, 言ひ, 違いは, 違いまして, 違いますか, 違う, 違つてこいつは, 違ひまつ, 違ふ, 遠くから, 選ぶ所, 酷似し, 間違えたの, 非常な, 面倒な, 頭の, 顔を, 鼻の

2 [562件 抜粋] あしたは, あたりが, あなたが, あの人, あります, あるけれど, いうところ, いうの, いうほど, いきを, いくらか, いずれが, いち, いつても, いろ, おえのに, おっしゃって, おっしゃるの, おなじです, おなじ位, おなじ名に, おれが, おんなじな, お前に, お篠, お腰元, お藤さん, お角, お言いなさる, かえて, かつは, きんは, くいの, くるが, こちらから, このは, この上, この男, これが, これらの, さう, さすがに, さよう, さんざんに, したり, しを, し生れ, し藤原為兼卿佐渡, すべての, そういったよう, そこに, そこらに, そして平次, そそんな, そっくりそのままの, そっくりです, そっくりな, そっくりに, そつくり, そつくりな, そのよう, その人物, その他に, その容貌, その度毎, その思想, その方, その時, その男, それぞれ語られる, それだけが, それと, それらの, そんなもの, そんな事, そんな勿体ない, そんな噂, そんな馬鹿げた, ただそれ, ちがいますか, であった, どう違う, どこが, どつち, どれほどの, なまじ前, ならんで, はみ出して, ばか踊り, ばつちりが, ばりそ, ひとの, びらに, ほい, ほかに, ほかにも, ほくし, ほぼ同時, ほりあの, ほりでございます, ほりな, ほる夜ふけ, ほんと, ほ山, また二つ, まつて, まるでお, むらひ, わかめを, ゐないの, カロリーの, ソックリです, ソックリ同じ, バンカラ喜劇小辰大, ルウヴルが, 一しょであった, 一つで, 一つも, 一と, 一家中毒の, 一所で, 一所に, 一方には, 一緒, 一緒片, 一般だ, 一週間ばかり, 一類の, 丁度同じ, 七ツに, 上手に, 下らぬこと, 不吉な, 世間で, 二つしか, 二つに, 二人を, 二本の, 二色ある, 二重の, 云うから, 云うに, 云うむずかしい, 云うものの, 云うよりも, 云う言葉, 云っては, 云て, 云ひ募る, 交際を, 人間が, 今のと, 今一つには, 今度の, 他人の, 仙太が, 伊織が, 伏見屋の, 似たこと, 似たり, 体が, 何かの, 何ら異なる, 余り変らない, 余計な, 作者の, 信州の, 俺の, 働らくのと, 優美な, 入交って, 八五郎が, 兵藤が, 其鷹揚な, 別な, 別に, 前に, 匹敵する, 区別する, 区別を, 十数年前最初に, 千之助の, 半々位で, 卯八の, 又然, 反比例し, 取りかえたの, 取り替えて, 取代, 口から, 口に, 口惜いの, 合併し, 吉村が, 同じか, 同じくこの, 同じくら, 同じく一種, 同じく人間, 同じく彼, 同じく彼ら, 同じく自分, 同じく質料的, 同じすべて, 同じであり, 同じにおい, 同じやり方, 同じ世界, 同じ信仰, 同じ咽喉, 同じ声, 同じ妙, 同じ形式, 同じ役割, 同じ意義, 同じ感じ, 同じ日, 同じ時刻, 同じ様子, 同じ物, 同じ現象, 同じ白, 同じ確実さ, 同じ礼儀, 同じ程, 同じ空っぽ, 同じ立場, 同じ笑柄, 同じ筆法, 同じ罪悪, 同じ肯定的, 同じ能力, 同じ苦痛, 同じ行き方, 同じ要領, 同じ角度, 同じ論法, 同じ趣, 同じ道理, 同じ部屋, 同じ頃, 同なじ, 同一だ, 同一で, 同一轍である, 同巧, 同日の, 同時である, 同時にこれ, 同時にそれら, 同時に彼, 同時に暗い, 同時に湧い, 同時に男, 同時トットットッ三四歩前に, 同様, 同様この, 同比例, 同然だ, 同然だった, 同然な, 同程度, 同種の, 同義語な, 吾, 呼ばれるもの, 品行の, 喚いて, 土の, 土地に, 坊主の, 声を, 変らないの, 夜が, 夜に, 大きな事, 大して変り, 大それた, 大なる, 大体同じ, 大同小異で, 大差ない, 女教師の, 好一対の, 好一対を, 妙な, 妹の, 娘可愛, 子供が, 学校の, 客を, 家柄が, 寺で, 小五月蠅, 小柄な, 少し違つて, 巌流の, 巨大な, 布衍すれ, 平常の, 平生耳を, 年を, 年中コッピドクたたかれ, 度の, 引違いに, 弟は, 弱いの, 役者の, 彼女に, 往来が, 心得て, 急の, 性の, 意味がちが, 愚にも, 態度の, 我儘な, 我儘を, 手代の, 揆を, 撰む所は, 教場へ, 斯う, 新らしい, 新橋の, 日が, 明瞭に, 星の, 時刻が, 普通の, 暗いの, 暗殺者を, 暮の, 暴れたので, 更に新, 机の, 東京の, 板の, 柱や, 根柢は, 桶の, 橋の, 次から, 正反対の, 正直な, 此の, 此二つの, 死んで, 殆ど同時に彼女, 母が, 母の, 母親の, 毒草鳥兜か, 比べては, 比べものに, 比べれば, 比例し, 水が, 水の, 汚らしいもの, 法外に, 波子は, 泣くの, 混ぜて, 混同し, 湯の, 無暗に, 父の, 片笑靨, 牛の, 物事を, 狭い量見, 理窟は, 生きたの, 申して, 申しまして, 申す人, 申す段, 男の, 留吉が, 畜生さあ, 略ぼ, 異つた芸術, 異な, 異り, 病弱な, 痛いの, 痛いので, 白旗直八が, 百姓町人と, 盛に, 目白が, 相対し, 相当の, 眠いの, 眼に, 眼敏い, 眼鏡を, 着古した, 着換, 着物に, 着物の, 知れた, 石炭の, 磨る墨, 福子に, 私は, 称して, 空地の, 空気が, 窓の, 立派な, 笑つてお前などは, 第二, 等しいから, 等しかつ, 簡単に, 紅生姜の, 素子が, 経済上の, 結果は, 絵解を, 聞いて, 聞いても, 聲の, 聾な, 肥料の, 背の, 背景が, 腕の, 自分に, 自分のと, 花鳥の, 若いの, 苦情を, 菊之助には, 蚊が, 要次郎, 見えます, 見くらべて, 親切に, 言うの, 言うん, 言えば, 言った, 言ったって, 言ったところ, 言っても, 言つてゐる, 言つて居た, 言ひ出す, 言ふけ, 言へば, 言われては, 言葉の, 言葉を, 諦め切れないの, 貧乏人を, 賊の, 足が, 足の, 距離が, 踏込んだの, 身扮の, 軽くて, 軽蔑する, 較べると, 農家が, 近所中の, 途方も, 連帯責任を, 連日の, 道が, 違います, 違うの, 違うやろか, 違つてゐる, 違ひ, 酒の, 酔って, 銅のと, 間に, 間違へ, 阿漕に, 附屆を, 陰に, 陸軍科学研究所の, 震動が, 頗る煩い, 顏を, 顔が, 類を, 類似し, 類似した, 食物の, 飯櫃を, 騒ぎ立てて, 髪の毛の, 麓から, 鼻筋の

1 [5483件 抜粋] あくたいずくめに, あなたの, あべこべに, あまり流行臭い, あるか, あれから, いいかかった時タクシ, いい年, いうても, いかによき, いくら無頓着, いったいいずれ, いってるくせ, いつもいう, いま一つは, いろいろ取沙汰, いわないの, いわれる看板, うるさいからな, おそらくひもじい, おどろいたの, おなじな, おなじ時計塔, おれの, おんなじ調子, お客の, お正, お訊きしましたら, かっこうと, からまし合いを, がくや, きく, ぎやさんから長講一席を, くりを, こい出かけて, こうして夕飯後, こっちの, この二重, この邊, これじゃ, こんなスープ, さしひきしたらええいい, されて, しあたり, したがって今, しには, しらを, し疱瘡, すぐ医者, すっかりみんな, すれちがった, そういう都会人的, そこい, そのいずれ, そのダンサー, その功相, その奥, その庭, その手, その無骨, その芝生, その附近, それからさとり, それから何かしら食器類, それから梨枝子, それだけを, それより, そんなこんなで, そんな不吉, そんな時, そんな話, たずねますと, たった二人切り, だらしのねえ, ちがい屈辱, ちがった美しい, ちとばかり, ちょっかいを, ついこの間, つねづね難題, である碾割, とりかえました, どうせ訊いた, どこの, どれが, なこ, ならべたてて, なんら変わり, のもに, はや, ばりなどが, ひとつに, びさったあとをふりかえりました, ふざけたの, ふりむいて, ほいの, ほく夜, ほつた理由, ほとんど劣らない, ほぼその, ほりこっち, ほりはたらかうと, ほり世捨て人, ほり南北アメリカ, ほり尾が, ほり柴を, ほり茶碗を, ほるさ夜更, まう一度翁, また一念, また直接, まちがえて, まるでそつくり, まるで違った, めしを, もう人, もっと強い, やかましく人, ゆうべ碌々に, よく言う, わい, わざわざ矛盾, アイスクリーム, ウインドヤッケの, オールマイティーの, クド, ゴタゴタやった, ジルノルマン氏が, ソ連が, ッ着いた, ヌエが, バケツを, ブツ, ポーッと, レコードキャビネットが, 一つである, 一万円とど, 一八九〇年のと, 一定の, 一度でも, 一方徭役, 一生卑怯者に, 一致し, 一萬兩の, 丁度, 三人で, 三州屋てえ, 三通りくらいに, 下つ, 下等な, 不景気が, 世間の, 中から, 久しぶりに, 九谷の, 争って, 二つあ, 二つ停車場まで, 二人分に, 二本道中差が, 二種類いる, 二通到来, 云い出すこと, 云うた覚, 云う人, 云う文字, 云う考え, 云ったの, 云つてむやみに, 云はう, 云われたそう, 五六匹も, 亡くなった内儀, 人が, 人柄は, 今のとの, 今見た, 代へて, 仰っしゃる都会人, 伝説が, 似たエゴイスチッシュ, 似てるという, 住僧の, 何しろどれ, 何を, 何時間も, 余り違った, 便利至極なる置き, 借りられる縁, 傾斜とで, 儲る, 光らないの, 入り違, 全くちがう, 全体が, 八方から, 其の時お前さん, 写して, 出あうとき, 分ったよう, 判で, 別当のと, 前方の, 力の, 勸初める, 十七八歳かとも, 十本づゝを, 南北相対し, 厳しくって, 又非常, 叔父さんの, 取りちがえて, 取り替へた, 取沙汰だけは, 口前を, 口調から, 台所に, 各処, 吉田が, 同じかも, 同じくできるだけ努力, 同じくクレッヴァス, 同じく偏頗, 同じく彈, 同じく漫画風, 同じく魚, 同じぢ, 同じという, 同じクスリぢ, 同じ下女, 同じ保護色, 同じ半紙, 同じ問, 同じ実験, 同じ御利益本位, 同じ愚問, 同じ新鮮, 同じ根據, 同じ気味悪, 同じ病気, 同じ紙片, 同じ虫, 同じ訣, 同じ趣味, 同じ銅色, 同じ香水, 同一人物, 同一轍洒落には, 同断であろう, 同時にいつ, 同時にもう一つ, 同時に変, 同時に探偵小説, 同時に物, 同時に飛ん, 同様であるだろう, 同様努力すれ, 同様自然の, 同等である, 名づけられるよう, 吐ざかせてこの, 吻合する, 呼ばれる名前, 呼ンダレド呼ンダレドだれも, 問ふたら己れ, 喧嘩ばかり, 噂し, 四人同じ, 国の, 地車や, 堕落坊主の, 壕の, 変りの, 夏目漱石のと, 外出が, 多忙で, 大きな菓子皿, 大して変りありません, 大凡三通り程, 大差な, 大納言の, 大體幸運, 太陽に, 奔走駆逐騒ぎ廻る, 女賊を, 好個の, 姐御, 婢が, 字の, 安いの, 官等で, 家から, 密会した, 察せられる水, 対照させ, 小さい殺傷沙汰, 小舟の, 少しぬり過ぎる, 少し耳, 局部から, 山鶯の, 工藝が, 差引勘定けっして, 帰省の, 平行し, 幽に, 店が, 弁解した, 弛んだ氣, 形を, 彼女のとを, 後立山, 御義理, 心外の, 忍術使う, 怖い怖いで, 思い思いに, 思ったこと, 思ひは, 思も, 性質が, 恐ろしく忠實, 息ぐるしいの, 悪え, 悲しいの, 意識的な, 慮る馬鹿神経, 我の, 戸外への, 手広くやりだし, 手習を, 技術知の, 拾われるの, 挙動の, 探偵小説では, 撫肩の, 放水が, 敬語を, 斉彬の, 新しい持主, 方々で, 日に, 早合點, 明智の, 是等の, 時時ピヤノ, 暁の, 更けるに, 替えて, 會つ, 朝から, 本陣の, 来て, 林泉幽邃の, 株式会社や, 格別相違の, 梯子段から, 極限の, 横山城の, 次ぎ次ぎと, 正比例し, 武家出の, 死んだ骸, 殆ど大差, 段々に, 母夫人の, 比らべて, 民謡に, 気色に, 水道の, 沢子は, 泣きぬれて, 洒落の, 浮藻が, 淡黄色, 清田の, 溜つた, 濡れないの, 無いと, 無関繋には, 熱つ, 牡丹色の, 物語の, 狩犬の, 玉らしい, 琉球の, 生な, 産の, 申したわけ, 申すむづかしいお話, 男が, 畏しい, 異なって, 異らぬ, 疲労とで, 白の, 皆んなうそだ, 目で, 直して, 相向っ, 相違し, 眼病の, 知ってれば, 短いの, 石鹸箱とを, 祓除を, 私たちは, 称えたもん, 稼業に, 窈窕たる, 竹刀で, 第二図の, 筋が, 粗末とは, 純台所用, 細かい間道, 結果に, 総髪に, 纜に, 美しい小間使たち, 老主人, 考える身の上, 聞いたが, 聞覚えの, 肩の, 能く, 腐つた女郎, 臓物が, 自動車が, 興味を, 良正が, 色つ, 若い兄妹, 茂みの, 荘重の, 著しい違, 蔵書を, 虚号を, 血まよう, 行手の, 袖摺り合った, 西洋の, 見なれない侍, 見比べると, 親達の, 言います, 言う, 言う事, 言ってる中, 言つて喰ふ, 言ひ延ばし, 言われたチャールズ, 評することわざ, 誘って, 読較べる, 諦める, 譲るの, 負けず劣らず綺麗, 貴方の, 質素な, 趣を, 身体が, 軍資金に, 較べても, 近藤さんからの, 逆に, 通風が, 遅筆の, 違いま, 違うもの, 違つた, 違つて催馬楽式に, 違つて柔軟な, 違わないの, 遺跡を, 酒とは, 重いこと, 野村が, 鈴子の, 錢形平次の, 開けた車窓, 関係が, 降りるの, 隅から, 集めて, 雨を, 露出し, 靴の, 領置し, 額から, 風流めかした, 食べるの, 餘計な, 馬鹿な, 騒いだつて, 騒ぎ立てられては, 驢馬に, 髯月代人手に, 鶯茶の, 黒い松林

▼ の~ (10082, 1.8%)

284 気がついた 161 驚いた 153 なると 144 違いない 107 気づいた 103 反して 95 ちがいない 94 比べて 92 驚いて 90 ちがいありません 86 気がついて 78 似て 76 相違ない 74 気づいて 67 ほひを 55 ほひ 50 ほひが, 気がつくと 46 不思議は 43 気がつきました 42 驚く 41 違いなかった 39 気が付いた 34 骨が 32 比べると 31 して 30 驚かされた 28 ほひの 27 気がつく, 気づきました, 非常に 26 ほひに 25 きまって, 少しも, 気づくと 24 適して 23 ほひと 22 出会った, 気付いて, 過ぎない 21 おどろいた 20 必要な, 驚きました 19 便利な 18 夢中に, 違いありません 17 びっくりし, ほひがし, 困って, 気がついたの, 気が付いて, 驚いたの 16 くらべて, 何の, 感心した, 気付いた, 適当な, 馴れて 15 ちが, ほひは, 十分な, 引きかえて, 比べれば, 気が付きました, 逢った, 過ぎないの 14 ほひも, 出逢った, 苦しんだ, 都合が 13 しては, よると, 使用する, 慣れて, 比して, 無理は, 苦しんで, 較べて, 骨を 12 しても, なって, ひきかえて, びっくりした, 乗じて, 出會, 困難を, 持って, 答えて 11 困った, 心づいた, 成功した, 苦労した 10 あった, なりますと, 会った, 出逢, 呆れて, 就いて, 感心し, 氣が, 連れて

9 [11件] おどろいて, くらべると, さへ, まかせて, 充分な, 出て, 堪えなかった, 懲りて, 気がついたが, 気づいたの, 気付くと

8 おどろく, 任せて, 十分だった, 十分であった, 都合の, 限ります, 驚くの, 驚ろいた

7 [25件] いい機会, つけこんで, なれて, ぶつかった, ほひや, よれば, 一驚を, 付け込んで, 出あいました, 出会した, 向って, 安心し, 對し, 徴し, 心づいて, 時間が, 来て, 気が, 気がついたので, 見ても, 閉口し, 限って, 限ると, 驚いたが, 驚いたと

6 [25件] あったの, つけ込んで, ほひで, 不便な, 不審を, 充分であった, 困つて, 困難な, 役立った, 応じて, 感心しました, 成功し, 満足し, 私は, 続いて, 苦心し, 苦心した, 苦心を, 越したこと, 辟易し, 造作は, 過ぎなかった, 非常な, 驚かされる, 驚くこと

5 [37件] すぎない, ちがいなかった, ちよつと, つけて, ほひだ, 一人で, 一時間も, 乗って, 任せた, 使って, 加えて, 呆れた, 喫驚した, 堪へなかつた, 夢中だった, 引換えて, 彼は, 感心する, 比べては, 気がついた時, 気を, 気付いたの, 決って, 熱中し, 眼を, 耳を, 足るもの, 較べると, 較べれば, 遇つた, 違ひない, 邪魔に, 頓着なく, 飽きて, 驚かされて, 驚かれた, 驚くであろう

4 [98件] い, いろいろな, かかって, かかわらずその, きまつて, くらべれば, さ, しよう, それが, それを, たちました, つづいて, なるの, なんの, ほひよ, ほへる妹, みても, 一度も, 不思議が, 不思議な, 今日は, 会って, 似たもの, 似たよう, 使ふ, 便利である, 免じて, 出会うと, 出喰, 出逢いました, 出遇, 出遇った, 十分で, 反し, 反しこの, 吃驚した, 同情し, 同情した, 困る, 堪えられないよう, 堪えられなかった, 夢中でした, 大骨, 大骨折り, 好い, 好んで, 始めて, 引き易, 当って, 役立つこと, 役立つの, 役立つもの, 心付いた, 忙が, 恰好な, 感服した, 手間が, 時間を, 書いて, 欠くべからざるもの, 比べますと, 比較し, 気がついたよう, 気が付いたの, 気が付きまして, 気づいたが, 気づいたので, 気づき出した, 気づく, 気づくであろう, 気の毒だ, 気付きました, 注意を, 濡れて, 焦れて, 疲れて, 相当する, 相違なく, 罹って, 自殺する, 苦労し, 苦労を, 行かないの, 行き逢った, 躊躇した, 辟易した, 追いついた, 過ぎないが, 過ぎぬ, 過ぎません, 邪魔だ, 釣られて, 閉口した, 限る, 驚いたこと, 驚いたという, 驚きながら, 骨は

3 [144件] あきれて, あらず然, ある, おびやかされて, かぎる, かこつけて, かぶせて, かまけて, した, する, ずいぶん苦労, たいへんな, つれて, なぜ私, なる, びつくりし, ぶつかって, ほかならない, ほひして, ほひする, よく似, よる, 一生懸命でした, 三日も, 不便だ, 不便です, 不自由は, 交って, 会う, 似た仲居, 住んで, 依ると, 先立って, 入って, 具合の, 出くは, 出会いました, 出会う, 動いて, 十分だつた, 参加する, 参考に, 反対し, 反対する, 反比例し, 呆れました, 善いの, 困ったと, 困りました, 困りますから, 困ること, 困ると, 困難は, 堪えられなくなって, 堪へられなくな, 多くの, 多少の, 夢中であった, 夢中である, 夢中な, 大切な, 大変です, 如何に, 妙な, 妙を, 始まる, 始まると, 少くとも, 少しおどろいた, 少しの, 就いては, 引かえ, 弱つて, 彼女は, 得意に, 忍びない, 忍びなかっ, 忙しかった, 急で, 惚れて, 感じて, 感心を, 感服し, 憤慨し, 手を, 手間取って, 替えて, 欠くこと, 比すれば, 比例し, 比較する, 気がついたから, 気がつき, 気がつくの, 気づかずに, 気づかなかった, 気付きます, 氣の, 決まって, 泣いたり, 注意する, 満足した, 無理に, 由るの, 登った, 目を, 相違ありません, 相違なかつた, 笑って, 紛れて, 聞いて, 聴いて, 苦しみました, 苦しむ, 落ちて, 触れて, 誘われて, 誰も, 越した事, 足を, 躊躇する, 返事も, 迷うの, 迷って, 透して, 逢いました, 逢って, 遇った, 違いなかろ, 遭う, 邂逅し, 長い時間, 間に, 限りますね, 随分苦労, 面倒だ, 音を, 驚いたので, 驚いたよう, 驚かされました, 驚きまして, 驚くばかり, 驚嘆した, 黙って

2 [462件] あうこと, あかりが, あたたかい優しい感情, あたって, あったが, あつらえ向き, あらず, あらずや, あると, あるの, あんまり夢中, いそがしい, いそがしかった, いちばんいい, いろ, うっとりと, うるさい, うろたえて, えらい苦労, おどろいたの, おどろいたよう, おどろかされた, おびえて, お乗り, お倉, お場, お目, お秀, かかわらずこの, かかわらず大阪, かぎって, かまわず, きめて, ぐずぐずし, こうが, こよかにしも, これほど, さえ目, さへも, したがって, しなければ, しのびませんでした, します, しませうか, しろ, すぎないの, するつもり, すると, する手合, すれば, すれ違った, ずいぶん骨, せよそれ, せんだん, そろ, たまりかねて, だ, だつて, だね, ちがいあるまい, ちがいは, ちょっと驚かされた, ちよツと, つ, つかまって, つけても, つけ入って, つごうが, つごうの, つり込まれて, であいました, とどめた, とりかえそれから, とりかかります, どうする, なにも, ならって, なりました, なるか, なること, はまり込み, ひと苦労, びっくりする, ぶつかる, ぶつかると, ほかならぬ, ほひかな, ほひには, ほひにも, ほひのやうに, ほひ新し, ほひ燈明, ほひ痛き, ほひ空虚, ほふところ, ほふ日向, ほふ隣, まぎれて, まさつて, むかつて, もってこいの, やって来て, らくな, コツが, 一と, 一人の, 一分の違ひも無しに, 一所懸命だった, 一生懸命で, 一生懸命です, 一番いい, 一番都合の, 一週間も, 一驚した, 丁度十二時間の, 七日や, 三万六千年を, 三日かかった, 不便であり, 不安を, 不審が, 不快を, 不足の, 中国は, 乗る機会, 了る, 二つの, 二日かかった, 二時間ちかく, 二時間も, 二週間かかった, 云々という, 人の, 今から, 今だに, 仔細は, 付き添って, 代って, 仰天し, 会いました, 会ったこと, 会ったの, 似たしかし, 似たり, 似た愉快, 何う, 何が, 何十億とかの, 余念も, 使うあの, 使うの, 使うよう, 使う海苔簾, 使う餌, 使われて, 依るの, 依るので, 便宜な, 倣ったの, 僕は, 充分だった, 先だつて, 入れて, 入用な, 全然足, 冬の, 出かける, 出くわした, 出た, 出られては, 出る, 出会うこと, 出会したの, 出会って, 出合った, 出逢って, 切り結んだり, 判って, 劣らず愛し合って, 劣らず道理, 努力が, 努力し, 努力した, 努力を, 労働の, 匹敵する, 十分だろう, 十分である, 十分でした, 十分も, 十年, 半刻, 却て, 厭きて, 反し憎みは, 反し日本, 取換, 可哀想に, 可成, 吃驚し, 合せて, 同行した, 同音を, 向うから, 向つて, 呆れます, 呆れる, 命じて, 喜んで, 因ると, 因るの, 困じて, 困ったもの, 困つたが, 困るの, 困るよう, 困るわね, 困難だ, 困難であります, 基づいて, 堪へなかつたの, 堪りかねて, 声を, 変って, 変わりは, 夢中で, 大へん, 大変だ, 大変な, 大変骨が, 大奮闘, 大満員, 大騒ぎする, 失望し, 奉公し, 好い場所, 好都合だ, 好都合な, 妨げられた, 始まるの, 安心した, 宗助は, 寝て, 対比し, 小一時間, 少からず, 少し手間, 少し早い, 少なからず, 帰って, 引かへて, 引かれて, 引き換えて, 引込まれて, 弱って, 弱りました, 張り合いが, 張合が, 張合の, 当り本所両国, 当惑し, 役だつばかり, 役に立つたの, 役に立つの, 役立って, 役立つかも, 役立つだけ, 役立つよう, 彼女の, 往生した, 従って, 従属し, 御奇特, 御心, 御苦労だ, 心を, 心付きその, 心配が, 必要だ, 必要である, 怯えて, 息が, 惚れ込んで, 意外に, 感じた, 感心な, 感激し, 成功する, 我慢し, 手が, 手つだって, 手伝って, 手数が, 手間どって, 手間取った, 拘らずその, 挨拶を, 換えて, 敬服し, 文句は, 日時は, 日本の, 映ると, 時間は, 暇が, 暇がか, 替りズボン, 有難いとも, 来ない, 来なければ, 来年まで, 柳沢は, 案内し, 極まって, 構わず続けた, 欺かれて, 止めて, 此の, 歩いて, 死んだの, 死んでしまつた, 比しては, 比すべくも, 気がついたか, 気がついたとき, 気がついたとたん, 気がつかないの, 気がつきながら, 気がつきます, 気がつき出した, 気がつくであらう, 気がつくであろう, 気がつくよう, 気が付いたので, 気づいたから, 気づかないの, 気づき, 気づきそこ, 気づきそれ, 気づきますと, 気づき旅行, 気の毒な, 気付いても, 気付きそれ, 気付くだろう, 没頭した, 泊る, 注意し, 注意した, 添えて, 渇いた咽喉, 濡色が, 無理も, 無理を, 焦れた, 父の, 特別な, 特別の, 甘えて, 生きて, 生れて, 用いて, 用いられて, 用いる, 異ならぬ, 百円の, 百台の, 百日も, 相違ございません, 眺め入った, 眼が, 知らねえふり, 秀でて, 私が, 私も, 笑うという, 笑ったり, 等しい, 約一時間, 約五百メートル, 絆されしばらく, 絶好の, 聞えないの, 脅かされなければ, 腰を, 臨んで, 自分は, 至極困難, 興味を, 花は, 苦しんだが, 苦労してる, 苦心する, 落着く, 行かなければ, 行くの, 行って, 見て, 見とれて, 見入つてゐる, 見当が, 見惚れて, 見込んだの, 訳は, 話を, 誘はれて, 負けて, 足の, 躊躇しない, 近いもの, 返事を, 追いついたが, 追われて, 造った者, 連れられて, 過ぎないので, 過ぎなかつた, 過ぎぬもの, 違いあるまい, 違いません, 遠慮は, 適した言葉, 適する, 適当し, 適当した, 適当の, 適當な, 邪魔な, 邪魔を, 酌を, 閉口する, 間に合った, 間も, 間違いは, 限らず一般, 面倒の, 頼んで, 飛込まれては, 飽いて, 馴れた, 驚いたから, 驚いたくらい, 驚いたり, 驚いた様子, 驚いた私, 驚かされたの, 驚かされながら, 驚かされます, 驚かされること, 驚かざるを, 驚かれる, 驚きましたよ, 驚きます, 驚きまた, 驚き今, 驚くと, 驚くという, 驚くよりも, 驚ろかず, 驚嘆し, 骨の, 骨折った

1 [4292件 抜粋] ああ何人, あきた女, あきれながら, あって, あまり不体裁, あらなくに, あるそれ, あわれ啼きぬいて, いいからなのよ, いい心持, いき遇った, いたずらに, いって, いる神主, うす暗い, うんざりし, おそき田舎, おどろいた心, おどろく太い, お会いした, お客様である, お燗番, お閻魔さま, かかっては, かかわらずこれ, かかわらずバスチャン・ルパアジュ, かかわらず日本人, かかわらず表向, かけられるに, かぶりつく, からみついて, きかず, きたなくし, ぎはひに比し, くらべてさえ, こうお, ことよせて, この草, こりて, こんなに暑い, さういふこと, させとけば, されて, しきり, した方, しはると, しろともかく, じき気が付きました, じれて, すぎぬ, すみ子のは, ずいぶん過ぎた, せで通るそこ, そうな, そっと首, そら昔, た, たいへん驚かされた, たとえ妹, たまらなくなっ, だん, ちなんで, ちょっと困る, つか, つけこんだらしい馴れ馴れしい, つぶしたから, てまどったの, とがめられさえ, とどまって, とりかかりましょう, どうにかし, どんなに難儀, なかなか埒, なさいよ, なぜ吠える, なったが, ならない, なりよりも, なれ孤独, のみ燃さる, はかまつてゐられず, はね君ちゃん, ひきかえ怪人物, ひとすぢ, ひどく持て余し, ひよつくり出会した時, びつくりしました, ふさわしい情勢, ぶっつかるには, ほいは, ほとんど外部, ほひか, ほひこほし, ほひぞ, ほひな, ほひふふむらむ, ほひ吐く草花, ほひ羽, ほふお, ほへるに, まかして, まごついたに, まだ名, まだ来ません, まだ鮮, むかって, めんどうじゃ, もってこいです, やくだつばかり, やや通じる, ょうぼうよと人に, よくこんな, よべる如く, よわって, わざと見せる, アナタの, コロコロという, ダメを, ヒントを, プロフェッサー何, ロロの, 一五〇年の, 一匹が, 一応フシギ, 一日ほど, 一時間を, 一村総出で, 一生懸命だった, 一番困難を, 一番邪魔で, 一苦労でした, 丁寧な, 三十五円月給取る, 三四時間も, 三時間以上を, 上がり込んだこと, 下手な, 不図テレ, 不自由しない, 両手を, 久しく馴れない, 乗じ山紫水明, 乗りつけた, 乗れと, 予想とは, 二三日も, 二倍三倍の, 二度失敗し, 二週間以上を, 五, 京二郎が, 今に, 仏と, 仕樣, 代らせ子供, 仰天させられる, 任せるばかり, 会う日, 会ったり, 似あわず引っ込み思案, 似た焦燥, 似も, 似合わず空気, 佐藤さんは, 何よりであり, 何処へ, 何故代役, 何故起し, 何時間も, 作つたもの, 使う真っ黒, 使った毒薬, 使用せられる, 価する仕事, 便宜でない, 俺が, 倦きる, 健康な, 働いたこと, 元旦の, 充分である, 入らず, 入れられないの, 全力を, 六ヶ敷い, 兼用し, 出あいいかに, 出かけたのよ, 出させて, 出られたらミミズ酒どころ, 出会す事, 出会った人たち, 出喰わした, 出来ないと, 出逢ったそう, 出遇ったら被告, 分け隔て, 初めて没骨法, 別段不便, 割り込ませるやう, 劣らず派手, 助かる, 努力中であります, 動かされるもの, 勝子の, 十一月十日ごろ迄とか, 十分とは, 十四年かかった, 千兩積ませる, 半年近くかかった, 危険思想と, 参会者は, 反しわが, 反し体液学派, 反し小林, 反し本能, 反し腦, 反って, 収まって, 取りかかる, 口説かれちや美, 吃驚しました, 同じ大, 名前に, 呆れたという, 呆れ返りました, 和しテラス, 嘆くよう, 四ジョウに, 四半刻近くかかった, 因んで, 困った揚句五六里, 困りぬいて, 困るからネ, 困惑を, 困難で, 在るので, 基くという, 堪えないから, 堪えられなくなりました, 堪へない気持, 壊したり, 変だ, 多いといふ, 夢中だつた, 大きな酔, 大儀がる, 大勉強, 大変よい, 大望遠鏡, 大谷から, 大骨折りだ, 失望した, 好いと, 好都合だった, 始まったの, 委せること, 子供二人ワッシャワッシャでは, 定って, 実用なる, 宿泊した, 対照し, 小せん, 少々手こずる, 少し暇, 就いたこと, 届ければ, 巧みだった, 帰因する, 平尾氏が, 幾通りも, 引きかえとなり, 引きつけられたの, 引くら, 引寄せられ, 引越した時, 強く力, 当り今, 当惑し切っ, 役だつはず, 役立つた, 役立つよ, 待っても, 御たのみし, 御心當, 御苦労だった, 心から何, 心づきました, 心づき覚えず, 心付きや, 心配する, 忍びなかつた, 忙しいといった, 忙しない眼つき, 快適な, 思いあたる, 思い切って, 思ひ付いた, 急いで, 怯え立ち, 恥ぢ入, 悩みぬいて, 惚れた, 想像出来, 愛想を, 感づいて, 感服させられ, 慊ぬ, 慣れ慣れしくそんな, 懲りいま, 成つてゐた, 戯れる様子, 手傳つて少し, 手間は, 手頃の, 打明けたか, 抱かれたよう, 押入れの, 拘らず土俵上, 拘らず米友, 拠っても, 捉われる, 揃つて來られ, 擽られて, 放任し, 散りか, 数日間の, 新しい近い通路, 早くお, 昔から, 時間く, 暫く隠れ, 替へたテーブルクロス, 最も適し, 有効だ, 木曜から, 来ないらしいと, 来る人, 桂子は, 極の, 横着を, 止むを, 死に別れたという, 段々倦ん, 比し近代, 比べ第, 気がついたであろう, 気がついた僕, 気がつきこれ, 気がつき冷汗, 気がつき最初, 気がつく三枚, 気が付いただらう, 気が付かずに, 気が付かぬか, 気づいたし, 気づいたろう, 気づかずいきなり, 気づかんなんて, 気づきふと, 気づき朔郎, 気づくこと, 気付いたから, 気付きましたが, 気持が, 永くかかった, 汽車に, 泊った, 泊る一宿二飯, 注いで, 注目した, 浮きあがって, 淡く肉体的, 添って, 温かいこと, 滝本の, 火を, 無の, 無理であった, 無關心, 照らして, 熱中した, 爽やかな, 特殊な, 猛り狂った大, 甚だしく頭, 産まれないという, 用ひた, 留ってないで, 異ひなかつた, 疲れきり人, 病臥し, 白紙の, 目が, 相対立, 相談は, 省みないと, 着いた, 着更, 矢代は, 礼を, 私ひとりぽつり, 穿きかえて, 立ち会うよう, 笑うなんて, 答えながら, 紛れよう, 紹介の, 結っても, 絶好な, 總領の, 習って, 耐えられなくなり二人, 聞き入って, 肝心の, 能勢来らず, 自分たちファブリカ・クーフニャ, 自然の, 致しましても, 色々世話, 苦しみつ, 苦しめられた, 苦労しました, 英蘭の, 荷を, 落胆し, 血眼に, 行き合わせると, 行つて見る, 裏切者を以て, 覆面頭巾で, 見事髪毛を, 見惚れながら, 観世捻, 言い付けて, 訪ねて, 誇りを, 誠に惜しい, 誰よりも, 谷崎氏で, 買いもとめたこと, 費やす其の, 赤, 越したもの, 足りなかつたの, 蹌踉, 身を, 辛くてね, 近い印象, 近道である, 追はれ出した, 逃がしちまった, 這うん, 逢いましたが, 逢った摺れ違い様, 連日連夜汗を, 遇つたら, 過ぎないじゃ, 過ぎぬであろうし, 違いありますまい, 違えねえだ, 遣って, 適した形, 適しない, 適宜な, 邪魔である, 重ねました, 鋭利だった, 長い架, 閉め切つた部屋, 間に合うで, 附いて, 限らずすべて歴史, 随って, 集まって, 離れて, 雪が, 非常の, 面倒よ, 頑張った五十左右, 頼めば, 食べて, 飲んで, 飽きないこと, 首尾よく, 馴れ自分自身, 驚いたといふ, 驚いたらしい, 驚いた或, 驚いちゃった, 驚かされたが, 驚かずには, 驚かれも, 驚きはじめて, 驚き其処, 驚き発明, 驚くであろうと, 驚く外, 驚異の, 魅せられるであろう水

▼ のかも~ (7098, 1.3%)

2077 知れない 989 しれない 512 知れません 368 知れぬ 276 しれません 253 知れないが 182 知れないと 121 しれぬ 114 しれないが 111 しれないと 101 知れなかった 84 知れませんが 70 しれなかった 69 知れないの 65 知れぬが 56 わかりません 53 知れん 47 知れぬと 40 知れなかつた, 知れませんね 35 しれないわ 34 わからない 32 しれぬと 31 知れないな 30 知れないよ 25 知れないね 24 知れないぞ 23 知れねえ 22 知れないし, 知れないわ 21 知れないという 19 しれないね, 知れませんよ 18 しれないぞ, しれませんね 17 しれないわね, しれぬが 16 分らない 15 しれないよ, しれませんよ, しれん 14 しれないという, しれないの, しれませんが, 知れないから 13 しれないし, 知れないけれど, 知れませぬ 12 知れませんわ 11 しれないけれど, 知れませんな 10 知らぬが, 知れないけれども, 知れんが 9 知れないけど, 知れないとも 8 しれないん, 知れないわね 7 しれないけれども, しれないなどと, しれませんわ, 分りません, 知れなかったが, 知れねえが 6 しれないこと, しれないとも, しれなかつた, しれませぬ, わからなかった, 知れねえぜ, 知れねえな, 知れませぬが, 解りません

5 [13件] しれないから, しれないがね, しれないぜ, 分らなかった, 判らない, 知れないがね, 知れないじゃ, 知れないぜ, 知れないといふ, 知れないなどと, 知れませんけれど, 知れんぞ, 知れんな

4 しれねえ, しれんよ, 知らなかった, 知れずそれ, 知れないからな, 知れぬぞ, 知れぬという, 知れぬな, 知れませんぜ, 知れんと

3 [29件] しらぬが, しれないけど, しれないじゃ, しれないぞと, しれないな, しれないねえ, しれないのに, しれませんわね, わからないので, わからぬ, 分らぬ, 分りませんが, 存じません, 知らない, 知らないが, 知らぬ, 知れないしかし, 知れないそう, 知れないぞと, 知れないって, 知れないとさえ, 知れぬの, 知れねえぞ, 知れませんからね, 知れませんし, 知れませんや, 知れんて, 知れんね, 見当が

2 [70件] うわから, うわからない, しれずいるに, しれないさ, しれないとか, しれないなあ, しれないよう, しれないわねえ, しれなかったが, しれねえぞ, しれませんから, しれませんからね, しれませんけれども, しれませんねえ, しれませんのね, しれんが, しれんぜ, しんね, わからないが, わからないし, わからないと, わからないの, わからないわ, わかりませぬ, わかりませんでした, 分かりません, 分らないと, 分らないよう, 分らないん, 判らないと, 判らぬ, 容易に, 忘れて, 知らずに, 知らず母親, 知らないで, 知らぬの, 知りません, 知れずあるいは, 知れずまた, 知れず根気不足, 知れないお前, 知れないこと, 知れないさんざん, 知れないそれ, 知れないただ, 知れないぢ, 知れないなどといふ, 知れないので, 知れないのに, 知れないのね, 知れない暫く, 知れなくつて, 知れぬから, 知れぬそして, 知れぬといふ, 知れぬとも, 知れねえや, 知れねえよ, 知れませぬけれども, 知れませんがね, 知れませんけど, 知れませんそう, 知れませんぞ, 知れませんねえ, 知れませんわね, 知れませんナ, 知れんそれ, 解りませんぜ, 解りませんよ

1 [381件] ういなかった, うその, かれは, これじゃ, さっぱりわかりませんでした, さっぱり分らなかった, しらなかった, しらん, しらんよ, しれずすこし, しれずその, しれずつまり, しれずひどい, しれずまた, しれず一八シリング, しれず奔放, しれず果して, しれず金庫, しれたもの, しれないあと, しれないあの, しれないからと, しれないからね, しれないこの, しれないしな, しれないそう, しれないそうして, しれないそんな, しれないだがそれにしても, しれないって, しれないでしょう, しれないですから, しれないとさえ, しれないとは, しれないどこ, しれないなと, しれないなどという, しれないなんて, しれないので, しれないのね, しれないまあ, しれないまたは, しれないもちろんもっと, しれないんでさ, しれないネ, しれない仏教, しれない否, しれない噫, しれない宮, しれない幸運, しれない建てて, しれない彼女, しれない等, しれない見込み, しれない迷惑, しれない金持, しれなかったの, しれなかつたが, しれなくってよ, しれぬけれど, しれぬとも, しれぬにおい, しれぬの, しれぬまた, しれぬテ, しれぬ敵, しれねえが, しれねえな, しれませぬぞ, しれませぬでな, しれませんお, しれませんきっとそう, しれませんけれど, しれませんじゃ, しれませんぜ, しれませんそういう, しれませんだから, しれませんでした, しれませんな, しれませんや, しれません可, しれません大船, しれません岩本さん, しれません詳しい, しれんけれど, しれんし, しれんて, しれんですよ, しれんという, しれんとも, しれんな, しれんね, しれんわい, その家庭, その時, それは, どこへ, なぜあんな, はっきりしない, はっきりしなかった, はつきりしなかつた, ほとんど知らない, まだわからん, まだ考え, まるで覚え, みずからわからず, みずからわからなかった, よくわからず, よくわからない, よく知っ, わからずどうも, わからず毎夜我々, わからず筋肉, わからず見舞, わからないよう, わからないわね, わからないアンゴラ, わからなかったし, わからなかったならば, わからなかつたけれども, わからぬまま, わからんし, わかりませんが, わかりませんね, わかりませんワ, わたしには, 一向知らず, 一般の, 伸子に, 何を, 何處へ, 全く知らない, 全然考えられない, 分かつ事, 分からず又, 分からない, 分からない位, 分からなくな, 分からん奴, 分かりませんが, 分って, 分らずに, 分らないほど, 分らないやう, 分らないわ, 分らない偉い, 分らない入って, 分らない可哀相, 分らない熱い, 分らなかったのよ, 分らねえ, 分らん, 分りは, 分りませんから, 分れしません, 判じられなかったが, 判らなかつた, 判らん, 判りませんわ, 判断できなかった, 判然しなかった, 師匠は, 彼には, 感じなかった, 或いは知れません, 料られん, 明らかでない, 死んで, 深くはしらない, 測られないが, 測りがたい, 理解する, 理解できない, 知ませんが, 知らないお, 知らない詩人, 知らなかったが, 知らなかったし, 知らなかったの, 知らなかつたの, 知らぬけれど, 知らぬこと, 知らぬ僕等, 知らねえな, 知らん, 知らんね, 知らん一寸, 知りませんが, 知りませんでしたけれど, 知る由, 知れず, 知れずいわば, 知れずおどろくよう, 知れずさ, 知れずその, 知れずもしくはまた, 知れず世界秩序, 知れず又, 知れず又は, 知れず女, 知れず或は, 知れず技法, 知れず柱暦, 知れず盲目, 知れず若い, 知れず菅原通人, 知れせません, 知れないあまり, 知れないある, 知れないいい, 知れないからって, 知れないからね, 知れないことに, 知れないこの, 知れないすくみ勝, 知れないそうして, 知れないそして, 知れないその, 知れないそれで, 知れないそれとも, 知れないそれにしても, 知れないたしかにそう, 知れないだからこそ, 知れないて, 知れないですね, 知れないでは, 知れないといった, 知れないとネ, 知れないどう, 知れないどうしても, 知れないどうもそう, 知れないなあ, 知れないなぜ, 知れないなぞと, 知れないなぞとも, 知れないなど, 知れないなどという, 知れないなどとも, 知れないねえ, 知れないねという, 知れないふと, 知れないまだ, 知れないまるで, 知れないもう, 知れないもう少し, 知れないや, 知れないよう, 知れないわよ, 知れないシエッペラアク, 知れないソレ上州, 知れない一つ, 知れない一体, 知れない七人, 知れない何, 知れない何しろ, 知れない例, 知れない光子, 知れない兎, 知れない千代子, 知れない否, 知れない奇妙, 知れない子供, 知れない小さな, 知れない少く, 知れない彼, 知れない従って, 知れない或いは, 知れない或は, 知れない斯, 知れない早く, 知れない映画, 知れない案外, 知れない死場所, 知れない滝川教授復職問題, 知れない煙草盆, 知れない状態, 知れない猫, 知れない私自身, 知れない等, 知れない筒井, 知れない考えると, 知れない若しそう, 知れない薄暗い, 知れない見物気分, 知れない言うこと, 知れない通りがかり, 知れない運, 知れない野, 知れない黙って, 知れなかったし, 知れなかったの, 知れなかつたが, 知れなくってよ, 知れなくてよ, 知れぬいずれ, 知れぬけれど, 知れぬけれども, 知れぬして, 知れぬその, 知れぬそれ, 知れぬぞと, 知れぬて, 知れぬとすら, 知れぬとは, 知れぬゆっくり, 知れぬイヤ, 知れぬ又, 知れぬ宇治拾遺あたり, 知れぬ山, 知れぬ或は, 知れぬ所謂, 知れぬ松岡, 知れぬ第, 知れぬ腹, 知れねえいや, 知れねえから, 知れねえからな, 知れねえからの, 知れねえという, 知れねえん, 知れねえ一つ, 知れねえ何, 知れへんぜ, 知れま, 知れませぬけれど, 知れませぬぞ, 知れませぬので, 知れませんああ, 知れませんから, 知れませんけれども, 知れませんそこで, 知れませんそれから, 知れませんただ, 知れませんちょっと, 知れませんでございますよ, 知れませんでした, 知れませんと, 知れませんの, 知れませんのねえ, 知れませんほんとう, 知れませんわねえ, 知れません何, 知れません奥様, 知れません浅井さん, 知れません部屋, 知れや, 知れんいつも, 知れんからな, 知れんがね, 知れんし, 知れんぜ, 知れんですな, 知れんですわ, 知れんなあ, 知れんなどと, 知れんの, 知れんのう, 知れんのさ, 知れんよ, 知れんわ, 知れん何, 知れん大井広介, 知れん誠に, 知れん馬琴, 私に, 私には, 私は, 第一, 考えられずそう, 考えられなかった, 自らわからず, 自分には, 蒲団や, 見えなくなつ, 解らない, 解らないじゃ, 解らんですよ, 計られないと, 計られぬ, 訣らぬ, 語らなかったが

▼ のだろう~ (6199, 1.1%)

2131190 と思う 174 と思っ 114108 と思った 68 と思います 5651 と思いました 46 ということ, と考え 4543 と私 36 と思い, と思われる 3128 かそれとも, がそれ, と 26 と云う 25 かと 24 と想像 21 と考えた 18 というの 16 と思われます 13 がその, と不思議, と考える 12 かということ, から, がそんな, といっ 11 かと思った, かと考え, か私, という, という疑問, と云っ 10 とその, と思われた 9 かと思う, がこの, が私, という気, とお, とそれ, ねえ, 位に 8 というよう, という説, と噂, と推測, と自分 7 かしら, かと思いました, かと思っ, といった, と不審, と気, と解釈, と言う

6 [15件] かと私, かと考えた, がおれ, がこれ, が今, が何, けれど, とある, と彼, と思いまし, と思える, なあ, に, 彼は, 私は

5 [15件] かその, かという疑問, かと考える, かまた, があの, がそう, という事, という想像, という意味, とふしぎ, と察した, と思ったら, と思われました, と推察, と見

4 [24件] かいや, かと云う, かと疑っ, かと考えました, かまたは, がしかし, がね, が実際, それが, それを, という噂, という者, とそう, とのこと, と村, と矢代, と考えました, と言った, と訝り, と誰, 余は, 彼の, 私の, 自分の

3 [46件] かあるいは, かこの, かそして, かそれ, かと想像, か或は, がそれにしても, がどうも, がまあ, が一つ, が併, が僕, が自分, が顔, ぐらいに思っ, けれども私, さ, しまた, それは, という好奇心, という意見, といわれ, とつくづく, とは思う, とは思った, とむつ, とも思う, とようやく, とわたし, と云った, と云われ, と人, と人々, と判断, と勝手, と察し, と心配, と思, と思い出した, と思われ, と我, と考えます, と言っ, どこに, ネ, 他の

2 [150件] あれは, かこれ, かこんなに, かしらん, かというところ, かというの, かという事, かという点, かという疑い, かといろいろ, かときいた, かとびっくり, かとふと, かとむつ, かと彼, かと思い, かと思います, かと怪しまれる, かと怪しみ, かと怪しんだ, かと梶, かと疑う, かと疑った, かと矢代, かどう, かなどと考え, かね, かもう, からその, からね, から君, から私, か今, か俺, か出稼ぎがどこへなにしにいったものか, がお, がこう, がこうして, がこっち, がこんな, がじつは, がそいつ, がとにかく, がどの, がなあに, が女, が彼, が昔, が最初, が百々子, が非常, くらいに考え, くらいに軽く, ぐらいに考えた, けれどだれ, けれども, けれど私, こっちの, さすがに, し又, そうだ, そうなれ, その人, それに, とあきらめ, というもの, という思い, という話, という説明, という顔つき, といつも, といぶかし, といぶかり合う, とおもいます, とおもう, とおもっ, とこう, としみじみ, とすぐ, とただ, とのぞい, とまた, とみんな, とも思っ, とも推察, とよく, とわたくし, とニールス, と二人, と今, と何, と余, と信じ, と僕, と兵馬, と妙, と存じました, と察しられる, と小林君, と弁護, と心, と思い返し, と思うた, と思え, と思ってた, と思わせる, と怪しみました, と怪しむ, と情なく, と感じ, と推定, と推量, と期待, と正吉, と毎日, と気がつい, と疑, と疑い, と疑う, と疑った, と笑い, と考えられた, と考えられる, と胸, と見当, と覚悟, と言い出した, と言われた, どこへ, のう, のに, 乎, 何が, 何の, 僕が, 大蝶丸, 妙な, 師匠の, 数日にわたって, 曲者は, 木の, 正直に, 甲斐が, 登は, 砂の, 若旦那も, 茂次は, 道でも, 長屋の, 風に

1 [1770件 抜粋] ああ, あの小説家, あんなもの, いい機嫌, いかにも憎々し, いつまでも, いつ現れる, いよいよという, うぉううぉうと虎, おくに, おまえは, お久米, お客様は, お蓮様, かあれ位, かうつむい, かかえって, かきめ, かさがる, かしらと全然, かしら時, かそういう, かそんな, かだのそういう, かってお父さん, かという一層, かという処, かという変, かという気, かといささか, かとうたがわなかった, かとかなしく, かとさえ疑った, かとその, かとついで, かとなんだか, かとひとごと, かとまた, かとわくわく, かと不, かと久慈, かと人工的, かと僕, かと受け身, かと哀れ, かと奇異, かと寿子, かと待っ, かと心配, かと思い出した, かと思わざる, かと思案, かと悲しくっ, かと戸口, かと敏ちゃん, かと歎, かと清十郎, かと男, かと真に, かと考えなかった, かと聞い, かと訝しかっ, かと近頃, かどっち, かなあー, かなどきき, かなり大きく, かねハイロ君, かふと, かまたはただ, かやがて, からあの, からおれ, からそれ, からという云, からどんな, から三船君, から云い換えれ, から何, から実に, から我々, から父, から知らない, から隠さず云え, かを注意, かソレ, かヒイフウ, か与えられたい, か何かと, か健三, か分っ, か卓上, か右, か問題, か多鶴子, か失敬, か学士, か家, か忍びきれぬ, か恐ろしく, か時, か母親, か沈黙, か清々, か物好き, か疑, か白鳥, か知っ, か神官, か絶える, か老, か藤吉郎, か親分, か途方, か随分, か首, があと, がある, がいながらにしてちゃんと, がうど, がかわいそう, がこういう, がこまかい, がさすが, がじつに, がそうそう, がそれで, がただ, がちょうど, がとても, がどんな, がなら, がのち獨立, がほ, がまだ一向, がもう少し, がわいわい, がギリギリ, がピカソ, がムダ, が一体, が七六ツかしく, が世間知らず, が両親, が之, が人間, が以前, が何と, が元, が兎, が前, が動物, が十人, が吉弥, が君, が図案, が夕頃, が大勢, が娘, が家康, が山, が市長さん狼狽, が平さん, が当節, が慥か, が抑, が断じて, が旦那, が朝鮮, が松平家, が沼間夫人, が父, が現場, が生活, が百年お待ち, が石秀, が立派, が若い, が見る, が退屈, が酷い, が銀行, が青白い, きっとこの, くらいに簡単, ぐらいの度胸, けど四月一日, けれどがんりき, けれどもあんな, けれどもそれでも, けれども伸子, けれども見た目, けれど元来, けれど途中, こう寂し, ここで, こっちへ, この人々, この食い潰し, これは, こんな小さな栗, さもなければ広く, しかしいつか, しきりに唱歌, しこの, しばらくは, し多少, じゃがあせん, すまんが, そういう感懐, そうしてまだ, そう意地, そこには, そしてよく, そのとき, そのままスタスタ踵, その啼声, その理由, その陰影, それでも能, それも, そんな方, たてつけが, たまらないや, だから時として, だの工事, っていつか, ついに金襴, て, とあと, とあやしまれる, といいました, というふう, という中傷, という作者, という工合, という推定, という疑, という結論, という衆議, という質問, という顔, といつ, といまさら, とうわさ, とおっしゃる, とおもえる, とかいう詰問, とかこちら, とか主人, ときめ, とこちら, とこれ, とさき, とさわぎ出す, としま, とそういう, とそれで, とちょっと, ととりあっ, となま, との説明, とはらはら, とは思い, とは誰, とひらひら, とまじめ, とみんな舌, とも一応, とも思います, とやじられた, とより江, とカンカン, とシヅ, とママ, と一度, と上, と世人, と予期, と今年, と代, と信じた, と先生, と冷やかしたくなる, と出かけ, と初めて, と別段, と千鶴子, と危ぶまれ, と又八, と口惜しくっ, と右, と呆れる, と善意, と圭子, と大いに, と好奇, と子爵, と家中, と少しく, と市郎, と度胸, と後悔, と怒っ, と思いかえし, と思いやります, と思い始め, と思うでございましょう, と思ってる, と思わなかった, と怪しまれた, と恐れ, と悔い, と慄, と我慢, と批評, と教え, と旅川, と時々, と村人, と栄介, と歎, と池田, と淡い腹立たし, と独断, と申しまし, と疑わず, と直ぐ, と瞳, と神尾, と秘か, と答える, と素人, と考えこまず, と考え付く, と肯きました, と自, と苦笑, と表, と見つめ, と言ったら, と訝しく, と話しあった, と話しました, と認定, と説明, と質問, と軽く, と重い, と鑑定, と順二郎, と駒井, と驚ろ, どういう訳, どうだ, どこから, なあと思っ, なぜ早く, なぞといっ, なと念, などと, などといや, などと上, などと思っ, などと考え, などと言われ, なにしろ墨丸, なに一人ぐらいの, なんだって, なんと僅か, にこやかには, に台所, に近ごろ, ねと恨みごと, ね御, のに何, ひとつ違いの, ふところから, へたな, ほんとうに, まさか消え, また土, まだどこ, まっ蒼, まもなくおさまるだろう, みんなあの, もうわかった, もし役人, やがて戻っ, よく見る, より女, わい, わっと, カアルよ, サーちゃんは, ダイヤの, ナ, ビラなんぞに, ポケットから, ヴェリチャーニノフは, 一体何, 一番と, 一風変った, 不快な, 中根はんは, 互いに支えあい, 人に, 今の, 以来厳寒の, 低くなった, 何しろ勤王, 余り智慧, 侍が, 傘を, 先生は, 具合でも, 割合気軽, 十三四に, 卿等は, 叔父が, 口を, 只の, 和学の, 喧嘩だ, 圓太に, 声の, 夜に, 大きな渦巻, 大地震, 天涯この, 夫婦とは, 嫂には, 子供たちは, 実にみな厳粛, 宮と, 封印の, 小さい袋, 小姓が, 小肥りな, 少しも, 屍体の, 島には, 左手に, 布にも, 平五, 度胆を, 彼女の, 急に, 恩師の, 悪寒でも, 憎らしいと, 所が, 手や, 拙者に, 敵勢小路へ, 時々その, 最近では, 木の実の, 杏いろ, 権助は, 正直者には, 民弥は, 沙魚の, 熊井とは, 犬の, 猿若, 生々しく赤くこう, 甲斐は, 病気の, 白い房, 眼に, 瞼が, 私に対しても, 秋の, 端の, 笑わかす, 絵に, 翌る, 肥田の, 脇へは, 臀部から, 自然智愛と, 船頭さん, 茨の, 藻西太郎か, 血相の, 袴を, 話を, 諸君も, 走り寄っ, 軽い登山姿, 道を, 野中という, 長くても, 雨だれの, 青木が, 面倒臭いこと, 頬膨らました, 馬は, 高座から

▼ のかと~ (5699, 1.0%)

441 思うと 398 思って 140 思った 122 思ふと 75 いうと 71 思う 60 思つた 55 私は 48 思えば 45 思ったが 44 聞くと 36 彼は 33 訊くと 32 不思議に 29 いえば 25 思いました, 思つたら 24 考えて 23 思ったの 22 訊いて 21 きくと 20 思いながら, 思われた 19 聞いて, 訊いた 18 思うほど, 見て 17 思つてゐた, 思ふ 16 おもうと, 云ふ, 思うよう, 思われる, 聞いた 15 いって, 尋ねた, 思へば 13 いふと, たずねた, 思います, 思われるほど 12 たずねると, 云うと 11 いうに, 不審に, 思いましたが, 思つてゐる, 考えると 10 僕は, 思いましたよ, 思いますと, 思うが, 思ったよ, 考えた, 訊ねた

9 [12件] きいた, それが, 不思議な, 尋ねました, 心配し, 念を, 思ったらそう, 思ったり, 矢代は, 考へて, 聞きました, 自分の

8 ふしぎに, 云って, 尋ねると, 思つてゐました, 思われるくらい, 申しますと, 眼を, 訊ねると

7 おもって, わたしは, 尋ねて, 思いまして, 思はれるやう, 思ふやう, 思われるよう, 案じて, 見ると

6 [12件] きいて, たずねました, 云ふと, 妙な, 彼に, 彼女は, 思つ, 思はれるほど, 急に, 私に, 聞きますと, 言うと

5 [32件] あっけに, いいますと, いう, いへば, きく, 云えば, 人々は, 反問した, 心配した, 思うた, 思うて, 思うの, 思ったくらい, 思ったこと, 思ったのに, 思ってね, 思つてゐたら, 思はれた, 思はれる, 思ひながら, 思われて, 怪しんで, 気を, 源氏は, 疑って, 私の, 考へると, 見れば, 言って, 訊かれると, 訊けば, 訊ねて

4 [41件] おどろいて, お銀, そのこと, その時, それを, そんなこと, なると, びっくりし, 云うこと, 云った, 問いました, 問うた, 妙に, 富岡は, 思ったら, 思ったらそれ, 思ったら何, 思ったわ, 思つて居た, 思ひました, 思ひましたよ, 思ふほど, 思われました, 思われます, 思われるの, 思われるばかり, 怪しみながら, 想像し, 此の, 由良は, 疑った, 瞻り, 私が, 聞けば, 胸を, 自分は, 詰問した, 重ねて, 首を, 驚いた, 驚いて

3 [80件] あたりを, あなたは, いひますと, いふに, おもつ, お尋ねに, お思い, さへ, そう思っ, たずねて, びっくりした, びっくりする, わたくしも, 不安に, 云いますと, 云うの, 云う事, 人は, 伸子は, 何か, 余は, 俺は, 初めは, 半七, 君は, 問うて, 問はれ, 声を, 尋ねたが, 尋ねたところが, 尋ねられた, 小次郎は, 心配に, 思いつつ, 思いますが, 思うくらい, 思うほどの, 思えるほど, 思ったって, 思ったらその, 思ったら私, 思ったら自分, 思った程, 思つたのです, 思ひましたが, 思ふが, 思ふこと, 思ふの, 思われたが, 思われるほどに, 思われる位, 思われる程, 想ふと, 感心した, 気が, 気がついて, 気づくと, 疑つて, 疑問を, 目を, 私も, 考えたり, 考えました, 考へた, 耳を, 聽く, 自分に, 自問し, 良寛さんは, 苦笑し, 落ついて, 言いたい, 言った, 言ふと, 詰問する, 質ねた, 質問した, 質問する, 長三郎は, 長平は

2 [242件] あきれて, いいますに, いずれも, いふこと, いまさらの, いろいろに, いわれれば, おどろくほど, おもわないでは, お峰, お徳, お思ひ, お聞き, お蝶, きかれたので, きかれて, きかれると, さすがに, さびしく思いました, すぐに, その方, その日, そればかりを, そんな気, そんな邪推, たずねたの, たづねました, びっくりしました, みなさんに, もんは, ゆき子は, わざと自分, わたくしは, わたしも, われながら, 下を, 不安な, 不審そうに, 不思議そうに, 不思議だった, 不思議で, 不思議の, 両親から, 久助君は, 二人は, 云うに, 云うよう, 云う様, 云う疑問, 云う風, 云へば, 云われた, 云われると, 五助は, 些か心, 京吉は, 人々も, 人に, 今に, 今更驚かれる, 仔細に, 何となし, 何心なく, 信一郎はた, 信吉は, 俺も, 僕たちは, 僕には, 内々愚痴, 初めて反省, 加奈子は, 半ば感情を, 吃驚し, 吻つ, 呆気に, 哀れに, 問うたの, 問うと, 問うに, 問えば, 問ね, 問われた, 問われても, 変な, 変に, 女房たちは, 姉は, 始めは, 嬉しかつ, 存じて, 存じますと, 孝次郎は, 尋ねたらお, 尋ねた時, 尋問せらるれ, 小六, 少なからず, 尾田は, 彼の, 彼女に, 待って, 後悔の, 御息所は, 心の, 心を, 心外に, 心配相な, 思いその, 思いそれ, 思いの, 思い待って, 思い惑った, 思ううち, 思うであろう, 思う位, 思う程, 思えた, 思えど, 思ったそう, 思ったと, 思ったほど, 思ったもん, 思ったらそんな, 思ったらば, 思ったらやっぱり, 思ったら何だか, 思ったら昔, 思ったん, 思っちゃった, 思ってたら帰って, 思っても, 思つたのに, 思つて, 思つてさ, 思つても, 思つて居る, 思つて時計を, 思つて聞い, 思つて電話に, 思はれたが, 思はれます, 思はれるが, 思ひましたわ, 思ひまして, 思ひます, 思ひますと, 思ひ乍ら, 思ふ位, 思ふ程, 思ふ調子, 思へるほど, 思わせるよう, 思われるが, 思われるころ, 思われるほどの, 思案した, 怪しく思う, 怪しく思っ, 怪しまれたの, 怪しまれる程, 怪み惑うた, 想う, 想像される, 想像した, 想像する, 意外に, 愚問を, 感心し, 感慨に, 推諒する, 改めて情けない, 書いて, 最初は, 村の, 栄二が, 気がつくと, 泣いて, 淋しくなった, 片唾, 甲斐が, 男の, 疑いながら, 疑らねば, 疑わずには, 疑われた, 疑われるほど, 疑われる位, 疑われる程, 百々子が, 直吉は, 知ると, 私たちも, 突然質問, 縁側へ, 繰返して, 美奈子は, 考えたの, 聞いたら二, 聞かれても, 聞かれれば, 聞き出した, 聞く, 聞くので, 肩を, 胸は, 自分が, 自分で, 自分を, 薫は, 藤吉は, 見ますと, 見詰めて, 見送って, 言いますと, 言うん, 言えば, 言つた, 言つたさうである, 言ふ, 言へば, 訊いたが, 訊いたら嫁, 訊かれた, 訊きました, 訊き返した, 訊ねますと, 訝りながら, 訪ねた, 豹一は, 足を, 軽い失望, 迷ふ, 追求する, 追求せられ, 途方に, 錯覚した, 長吉は, 院は, 非常に, 驚いた位, 驚く, 驚くよう

1 [2101件 抜粋] あきれるばかり, あまりの, あやぶみながら, ある小さな, いいよる, いうだろう, いうよりは, いくらか私, いそいそと, いったら薬研, いつに, いひたいほど, いふので, いぶかしくお, いぶかった, いまさらながら, いやらしい想い, いわぬばかりの, うその, うたがわれて, うるさくそれ, うんざりした, おきき, おせい, おっしゃたの, おっしゃる意味, おどろかれも, おびえて, おもいなおし感激, おもいます, おもしろはんぶん, おもわれます, お三輪, お吉, お嬢さんに, お案じいたし, お疑われ, お訊ね, お高, かれら, きいたよ, きいたら戦災, きいた庄, ききたいん, きき糺したところ, きく人, くさって, くやしく思, こう妾ア, こつそり, この期, こんどは, さうも, さっせられます, しきりに訊きました, しばし人霞, しゅろなわの結び目, じっと考え, すこし反抗, すると, そう思う, そぞろおもう, そつと, そのどれ, そのまま足, その人, その売り手, その湯, その計, それとこれ, それは, たいした思い, たずねたが, ただこれ, たづね, だしぬけに, ちょっとお, ちょっと瞼, ちょっと魂消, ついに八木, つくづく情けなく, つくづく驚かされた, ときどきこれ, どなった声, なんだか恐ろしい, にわか芸人大次郎を, はっと瞬間目, ひとり飲み込み, びっくりいたした, ふき出す話, ふしんに, ふと淋しい, ほうも, ほっとする, ぼくは, また一人, まったく不思議, みずから疑う, みょうな, むしろ不審, もうまるで狐, もじもじやっ, やや気, よく父, わざとぼんやりきく, わたしが, アアミンガアドは, ギョッと, クーパーは, ジェミイが, ソッと, ハッと, ブランデーやけした, ボクも, ラン子は, 一つ家の, 一同が, 一寸不思議, 一往不服らしい, 一時は, 一瞬の, 三人の, 下へ, 不安でならなかった, 不審の, 不平を, 不思議がるだろう, 不思議でなりませんでした, 不本意, 世人に, 中江は, 久慈の, 二三人の, 云うくらいの, 云う問, 云う気持, 云う鋭い, 云っても, 云つて横顏を, 云はれた, 云ふも, 云われ一々, 人の, 人知れずしきりに思う, 今さらどちら, 今でも, 今日も, 他人事, 仰しやれば, 伊之, 伊部熊蔵が, 佐吉も, 作家の, 信じて, 偲う, 僕も, 先ず思った, 光悦も, 全く惜, 其の証拠, 内心すこしく, 円形の, 冗談を, 刀を, 初めて由良, 初めて驚く, 勘ちがいし, 北叟笑む者, 半信半疑で, 単純に, 厭で, 反問し, 反省を, 口惜しいよう, 可哀そうの, 叱りつけは, 吃驚さされる, 呆っ, 呆れるばかり, 周子は, 咏嘆した, 唯医師, 問い返したれば, 問はれた, 問ひ返される, 問われて, 問懸ける, 喜んで, 喫驚し, 嗤笑した, 噛みしめるよう, 固唾を, 声さえ, 多鶴子は, 大いに感じさせられた, 大学病院へ, 大笑いしました, 夫人を, 奥さんが, 女の, 好奇心に, 婆は, 子供の, 宇津は, 定吉は, 家の, 富岡の, 察する, 寺田は, 尋ねそれから, 尋ねたさ, 尋ねたら笑, 尋ねましたら夫, 尋ねられて, 尋ねる人, 小沢は, 少し吻, 屑竹は, 川辺みさ子自身の, 師直と, 平中は, 幾度か, 庄太は, 庸三は, 弥吉が, 役人たちの, 彼女も, 待兼ね, 御たずね, 御訊き, 心ひそかに, 心持わるく, 心細く物思い, 心配するだろう, 念の, 怖くな, 思いいまだに, 思いだした, 思いでも, 思いの外私の, 思いましたらべつだん, 思いますると, 思いまどった, 思い一つ, 思い庭園, 思い思い手紙, 思い書家, 思い煩って, 思い直した, 思い肥った人, 思うからね, 思うたゆえ, 思うだろう, 思うに, 思うわ, 思う夢, 思う時, 思う途端, 思えるから, 思ったから, 思ったところ, 思ったばかり, 思ったらうんざり, 思ったらくるり, 思ったらごろん, 思ったらそれとも, 思ったらつくづく, 思ったらどうしてどうして, 思ったらひとりでににやにや, 思ったらまだ, 思ったらブダ, 思ったら三味線, 思ったら割合, 思ったら大仏, 思ったら実は, 思ったら本当に, 思ったら流石, 思ったら矢島さん, 思ったら踊り, 思った事, 思った素六, 思ってさ, 思ってると, 思つたに, 思つたほど, 思つてあわて, 思つてお祖父さんは, 思つてた, 思つてました, 思つて上り掛けに, 思つて別の, 思つて後ろから, 思つて急い, 思つて私随分, 思つて膽を, 思つて軍曹の, 思つて金ちやんを, 思はせた, 思はれるくら, 思はれるほど条理, 思はれる程, 思ひつかずに, 思ひや, 思ひ本, 思ひ額, 思ふだらう, 思ふほどに, 思へた, 思わせられるよう, 思われたから, 思われましたが, 思われるふし, 思われるほど目, 思われる様, 思ッたら, 怨み泣いた, 怪しまざるを, 怪しまれるほど, 怪しまれる重症者, 怪しむどころ, 怪ま, 怪訝な, 恐れ戦いて, 恨めしく思う, 息子は, 悲し, 悲観し, 情けなくなっ, 惘然と, 想うと, 想像せられる, 愚鈍な, 感慨が, 感違ひし, 慌てて, 憂へた, 懐しく思った, 戦かれるので, 手に, 折には, 振り返って, 揺り起されて, 改めて淋しい, 敢て, 文吾は, 断られた武蔵, 新子が, 日本左衛門が, 早呑みこみ, 春隆は, 時々思ふ, 暗に斯様, 暫く默つて膳, 朝井刑事の, 来られては, 松本は, 柱時計を, 栄蔵は, 案じられ始める, 楓は, 樂んだ, 歎か, 正造は, 死の, 母に, 毎日, 気がつくにつけ, 気づいた時, 気に, 気も, 氣が, 決して見られない, 泣いた, 注意し, 淋し, 清に, 満足する, 漸く合点, 熟, 物暗く, 特に当時, 猜疑に, 玉太郎は, 甚だ判断, 甲斐は, 申す者, 疑いたくなったろう, 疑いを, 疑ったが, 疑はれるし, 疑わしくて, 疑われる温和, 痛切に, 登は, 皆まで, 直吉が, 真から, 眺めて, 瞬間目玉を, 知りたがった, 砂馬は, 神仏に, 秀子は, 私で, 私達も, 空おそろしい, 突きつめて, 立ちどまって, 笑いながら, 筒井は, 素子に, 罵ると, 考えただけでも, 考えた事, 考えても, 考えますると, 考える, 考え出した, 考え直しまして, 考へますと, 聖書を, 聞いたの, 聞いたらまあ, 聞いたら中学生, 聞いたら娘, 聞いたら田舎, 聞いても, 聞かれること, 聞きたがります, 聞きましたらいきなり, 聞き返した, 聞く人, 胸が, 腹だたしくみずから, 自分でも, 自分自身に, 船の, 苛責に, 草吉が, 藤吉が, 行く末の, 裏切られた気, 襖ご, 見える程, 見まわすと, 見廻したが, 見破ったから, 親さえも, 解けぬ謎, 言いたげである, 言うから, 言ったら民さん, 言つてゐる, 言ひ出した, 言われるかも, 計らざる感服, 訊いたら, 訊いたん, 訊きかえした, 訊きたく思った, 訊く人, 訊ねたところ, 訊ねましたが, 訊ねること, 訝かる, 訝つて, 許り, 詰めよった, 語りあって, 読者諸君は, 談判される, 謂ふ, 谷村は, 貴方は, 質問しました, 軽い疑問, 軽蔑する, 近所の, 迷われも, 逆に, 運転手の, 邪推され, 郵便屋に, 金太郎は, 長いあいだ不思議, 閉じた眼, 闇に, 院長の, 青木は, 頗る青楓氏, 頷かれた, 顔を, 馬鹿らしさ, 驚いたと, 驚いたよう, 驚かる, 驚きました, 驚くの, 驚嘆の, 魏帝は

▼ のであろう~ (4782, 0.9%)

206377 と思う 51 と思われる 34 と思っ, と想像 31 がその 27 と思った 26 がそれ 24 が, と思います 22 と思い 16 が私, というの 15 かと 14 ということ, とお, な 12 がこの, と源氏 11 かそれ, がこれ, と思いました 10 がしかし, がそれにしても, と半 9 かそれとも, かということ, が今, と, という, とこんな, と思われた, と私 8 と云う, と考え, と考える, よ 7 かその, が彼, と彼 6 か私, ことを, というよう, という説, と不思議, と察した, と思われます, と考えられる

5 [12件] かあるいは, かと不思議, が僕, が自分, とそれ, と察せられた, と言う, と言った, に, 彼は, 彼女は, 私の

4 [15件] かというの, かとにかく, かと云う, かと思う, かまたは, がとにかく, とその, と察せられます, と後悔, と思われ, と考えた, と自分, と解釈, も知れない, 一人の

3 [27件] いつもの, かと思っ, かと考え, かどう, か今, か何, か自分, が人間, が今日, が結局, けれど, しそれ, ぞ, とある, といわれ, とのこと, とも思われる, とわたし, と信じ, と推察, と推量, と考えました, と言っ, も知れぬ, 何の, 余は, 自分の

2 [141件] かいずれ, かいや, かこの, かこれ, かそんな, かというよう, かという点, かという疑問, かといろいろ, かとは思われた, かと不審, かと僕, かと思わず, かと歎, かと歎息, かと矢代, かと考えた, かどこ, かのう, かまた, から, か妻, か尾田, か彼, か顔色, があの, がいかに, がいずれ, がいま, がお, がこう, がこんな, がそう, がそういう, がそれでも, がそれら, がそんな, がた, がともかく, がどうして, がどんな, がな, がぼく, が一つ, が一方, が中, が人, が他, が何, が写真, が大きい, が大体, が当時, が御, が心, が恐らく, が惜しい, が昔, が是, が東京, が特に, が現在, が雨, けれどこの, けれども, ことも, これが, それは, それも, という事, という噂, という忌わしい, という者, といろいろ, とおばあさん, ところの, と一同, と中将, と乳母, と二人, と云った, と叔父, と右近, と大いに, と宮, と察し, と少将, と尼君, と尾田, と幸子, と彼女, と心, と心苦しく, と心配, と思いますでございます, と思召, と推定, と昔, と暢気, と栄, と気, と気がついた, と父, と玉太郎, と由良, と矢代, と考えられます, と臆測, と自身, と言い, と言われ, と誰, と諦め, と近所, と金兵衛, と院, などとも思った, などと思っ, にこやかな, の, のう, もっともである, 一人は, 二人の, 今も, 嘘か, 姉は, 彼の, 所の, 武蔵は, 玄関の, 町の, 眼の, 私が, 私は, 自分は, 自分を, 茂次は, 誰を, 身を, 雨戸を

1 [1537件 抜粋] ああ, あの子, あるいはまたその, あるいは煙, いつのまにやら, いやさ, おくに, お互い同士が, お政, お筆, お雪, かいかなる, かきっと, かくり返し, かさかん, かじつに, かそういう, かそれから, かだれ, かでも, かという好奇心, かといぶかった, かときい, かとさすが, かとしばし, かとそこ, かとつくづく, かとふしぎ, かとまた, かとも思うた, かとよ子, かと不安, かと人, かと分りきった, かと噂, かと大尉, かと山木, かと弱く, かと思, かと思いやる, かと思わざる, かと思われます, かと恨めしく, かと想わざる, かと推測, かと注目, かと滋幹, かと疑っ, かと考えましたら, かと聞かず, かと苦しん, かと院, かと靴さき, かどんなに, かない, かなどとわれわれ, かなどと結局, かなり間遠, かはた, かもう, からお前達, からなるべく, から今, から好, から時間, から私, から誰, かわけ, かアネット, かドドドドン, かヒルミ夫人, か一灯台, か三十いくつ, か不思議, か二三度, か他人, か兎, か凶, か半眼, か否, か塗上げ術, か天正十三年頃, か如何にも, か尾瀬附近, か平ら, か幸い, か彼女, か忽然と, か恋愛, か悟らせよう, か憮然, か政府, か昔, か机上, か武田博士, か水, か浅い, か無い, か物隠し, か生命, か疑問, か知ら, か突然, か絶入る, か胸, か花, か荒れ狂う, か西方, か警察, か身動き一つ, か金兵衛, か頗る, か首, があたし, があまり, がいかさま, がかれ, がこちら, がしたがって, がすっかり, がせんだって, がその間, がそれほど, がでも, がどうも, がなお, がひとたび, がふたり, がまた, がもしも, がやはり, がわれ等, がコントロール, がドイツ軍, がパイプ, がモロー彗星, が一往, が上半身, が不幸, が世間, が之, が云われず, が今に, が佐八, が何事, が作品, が克彦, が円朝, が前身, が午前小使, が博士達, が古代, が向う, が善く, が土管, が外見, が大切, が天数, が女二, が妻, が宇宙万物, が実地演習, が寺池, が少く, が島, が平素, が幸い, が当時妾, が後世, が悪因悪果, が手, が支倉事件, が数年前, が斯, が日本料理, が時節, が書きおろし, が次, が此方, が水戸附近川口, が浣熊, が犬, が現に, が由良, が白い, が眼窩, が社会的, が第, が綿, が背, が船, が虫, が見逃す, が言葉, が誰, が贈り物, が遠く, が闇, が革命, が馬上, ぐらいに思っ, けれどこれ, けれどその, けれどほとんど, けれども今, けれども宇野さん, けれども終に, けれど明らか, こうして小半時, ことは, この大きな内海, これも, さすがに, しかし何, しそう, しばらくする, しょんぼりうなだれ, し又, し或は, すでにウニベルサール紙, ずしりずしりという, そうして何百万年, そう言っ, そしてそれ, そして債権者ども, そのあくる日, そのとき幸子, その上衣, その周囲, その眼, その間には, それが, それではと, それにしてもだれ, そろそろと, たいてい眼鏡, ただ教授, だれかの, ちらと, とあきらめ, とあまり, というはなはだ, という不安, という女らしい, という左衛門君, という旧, という疑問, という鑑定, といつも, とうらやましく, とおもっ, とかわいそう, とここ, ところどころで, とされ, とじ, とそう, とたより, となん, との考え, とは坪井博士, とばかり思っ, とぼんやり, とまた, ともお, とも云, とも思った, とも言い, とやはり, とテッド隊長, と一度, と丁度, と不安, と世間, と久慈, と云っ, と今更, と伯母, と信じる, と先生, と兵馬, と勇み, と友松, と吉五郎, と周囲, と喜兵衛, と堅く, と大空, と女御, と子供心, と存じます, と密か, と小坂部, と小竹, と尼, と彼科学者, と心細, と思い合せ, と思い続ける, と思つて, と急, と怪訝, と悲しく, と意味, と感慨, と我, と抗議, と推想, と書い, と村びとら, と水戸, と滋幹, と煩悶, と物音, と玉鬘, と申, と疑う, と相, と穢れ, と考えられた, と耳, と花柳界, と荒々しい, と薫, と見えた, と見て取った, と見れ, と言い合った, と話, と諸人, と贔負目, と途中, と鑑定, と驚い, どうも誠にお前さん, どこから, どんな機会, なおも額, など, などと女房たち, などと言い, にこにこと, にと赤い, のに今さら, はッ, ふところから, ぼろぼろと, まさか盗ん, まだ一点, むしろ反対, もうそれ, もしこの, もののうっかり, も知れず, やがてその, やはり白麻, ゆるゆると, わがクロクロ島, ガタピシ扉を, コトコトと, ゼーロンの, ドチャーン, ハタハタハタと, フランク, 一向に私, 一旦は, 一鳥声せず, 三方から, 下瞼, 丘子の, 両方の, 丸い目, 乎, 二つに, 二人とも, 二十畳間くらいの, 五十ばかりの, 人波を, 今にも抜け, 仏壇の, 他の, 位に, 何となく淋し, 何を, 何処へ, 余, 係の, 信頼し, 傍らの, 優雅な, 全くどこ, 全身腐乱し, 冷い, 初めは, 別に何らの, 割木を, 加代の, 十八十九の, 千鳥足を, 厨の, 友人は, 右衛門は, 命の, 唯一旒, 四五分経つ, 土の, 城太郎は, 塚の, 大きい空, 大きな靴跡, 大形の, 天辰の, 太鼓笛ちゃんぎり世間は, 好きと, 姿を, 子供が, 孤独な, 実にいたわり, 寂しい笑い, 小さいあぐら, 小判と, 小次郎が, 少しく眉, 屋根だけ, 巡査は, 帝皇の, 平七郎つと, 平生よりも, 座敷に, 当事者どうしで, 彼に, 往来の, 得物を, 微醺を, 急に, 悠然として, 惜しげも, 憎まれ役などと, 揉み上げの, 断乎たる, 昔の, 時々ぶりき, 普通の, 最初は, 朝に, 木口間取り家つきの, 朱実の, 松林に, 桑の, 歟, 母は, 気が, 江岸の, 洋刃を, 涙雨の, 滝太郎と, 炬燵ぶとんの, 煩悶などは, 片眼, 猩々卯, 田圃を, 町からは, 白い物, 相木熊楠は, 真蒼, 神よ, 秋だ, 立派な, 紗の, 絶えず風, 織江の, 老売卜者, 聖僧の, 脚絆や, 臆病な, 自分までが, 舞踊の, 艶な, 茶の間の, 蓋が, 角に, 誰か, 誰も, 買物を, 軽薄そうな, 途中山吹が, 遠い野面, 郷左衛門も, 釣洋燈が, 鈴の, 鏡の, 閂が, 闇の, 階下の, 雨に, 鞭で, 頼朝は, 風の, 餅を, 鶴よりも

▼ のでしょう~ (3676, 0.7%)

191533739362721 かね 20 と思います 19 がそれ 18 かそれとも 17 から 16 ねえ 11 がその 10 かしら, が私 9 けれど 8 がこの 6 かな, がしかし, に 5 かねえ, がそんな, がどうも, 私は 4 かこれ, かその, かそれ, がお, それは, それを, と思う, と思っ, 乎, 親分

3 [17件] かそう, かどう, かまるで, からね, か何, か私, がそういう, がそれでも, がそれにしても, がもう, がわたし, が今, けれども, とお, のにね, ネ, 私の

2 [59件] あしたの, お町, かいつ, かいつも, かいや, かお, かこんど, かとにかく, かともかく, かまだ, からこれ, から私, か今日, か平次, か御, がここ, がこちら, がこれ, がこんな, がそう, がそこ, がその間, がそれでは, がとにかく, がともかく, がどういう, がなにしろ, がやはり, が人間, が今度, が何, が何しろ, が僕, が悪い, が私たち, が近頃, けど, けれどもこの, けれどもそれ, けれど私, ことなし, これは, し, そうでしょう, その男, それが, それで, それに, と, といった, と思われます, ねそちら, ねわたし, ね又, のに, 何か, 平次は, 彼は, 急に

1 [916件 抜粋] ああいう, あっと言う間に二少女, あながち小鹿様, あなたの, あなたほどの, あのうらぶれ, あの女, ある夜, あれは, あんな無邪気, いくらか長く, いつでも, え, おかみさんとの, おじさまに, おとついの, おのずから, お医者様, お敏, お角さん, お鶴, かあと, かあるいは, かいくらか, かうたがわしい, かお気付き, かがくがく, かくれぐれ, かここ, かこの, かしかし, かすかに, かそういう, かそれでも, かそれにしても, かたいへん, かたった, かだまされる, かつきぬけない, かつむじ風, かということ, かという質問, かとまた, かと呟いた, かと案内, かと玄察, かと訊く, かどんな, かなんだか, かにわかに, かね全く, かね無, かばらばら, かまことに, かみんな佐吉さん, かもし, からあなた, からいま, からさすが, からそこ, からな, からわたしたち, から一概, から僕, から名前, から沈み切っ, から自由, かわいそうと, かドストイェフスキー, かナ, かポケットナイフ, か一人, か丈, か人情, か俗人, か俳句内容, か僕, か半分, か去年私, か命令, か声, か夢見る, か大変失礼, か大男, か実に, か少し, か年十五, か幾らロマンチスト的, か必ず, か急, か悲しん, か斯, か日本左衛門, か晩年, か月人たち, か松原, か死んでる, か泉子, か海, か漂白硝子器, か無条件降伏, か爾来しばしば, か男, か知ら, か神様, か私たち, か自分, か若い美しい, か虚栄, か親分, か赤い, か運, か金, か門, か院, か非常, か馬場様, か馬鹿, か黒, か黒みがかった, があり, がいかが, がいつか, がいま, がう, がうまく, がお話, がかべ紙, がかほど, がきゅう, がこ, がこうして, がことに, がこんな大きな, がさて, がすべて天上, がぜひ, がそれなら, がぞべぞべした, がだれ, がちょうど, がどうしてどうして, がどこ, がなん, がはじめ私, がびっくり, がほか, がまた, がよしんば, がりこ, がわし, がわたくしども, がわれわれ, がエロチック, がシャツその他, がタデアイ, がドコ, がハズミ, がバラバラ, がレンズ, が万力, が三造, が両立, が二度三度, が人, が何となく, が倶楽部員, が入口, が前後, が勤め先, が十手捕縄, が友, が取り, が固定, が声, が夜会, が大, が大和, が妙, が実は, が実際たった, が家, が家内, が岩蔵, が廊下, が形, が怒り, が怪物, が恰度御神輿様, が手洗鉢, が料理屋, が早川, が是, が最初, が未知, が東京, が此頃, が殺された, が江戸, が犯人, が甚五, が皆, が相手, が祖母, が立ちあがる, が結婚, が美しい, が自分自身, が若い, が藤吉, が詩人, が進歩, が遠く, が重複, が鈴子夫人, が面, が食堂, が黒松, きっと, きっと林さん, くやしいぐらい, けどお, けども心, けど飯島, けれどいつも, けれどここ, けれどしかし, けれどそば, けれどそんな, けれどもいかに, けれどもずっと古く, けれどもね, けれども一般私たち, けれども聞く, けれど今, けれど北原, けれど好き, こういった, ここへ, このごろに, この話, これまでに, これも, こんな星, しお母さん, しきりに欠伸, しこっち, しそれ, しそれに, しとても, しまた, し作者, し小説, し彼, し文学, せめてあの, そういう女, そうで, そうやっ, そう思え, そこで山, そして男らしく, そして行っ, そのほか馬, その与力, その小さい, その後は, その朝, その遺産, それから, それでなく, それで自分, それに同, それも, そんなこと, たしかにそれ, たしか食, ただ, たった一度, たぶんこの, だから面白い, だんだん時代, ちょいとの, ちょうど右腕, って書い, でもみんな, といい, といっ, とうとうこの, とうとう今日, ときどきマンドリン, とすみません, とそんな, とても居つく, となお, とにかく女, とにかく生活, ともかく見せ, とチョット, と不思議, と云う, と云っ, と取, と存じます, と本人, と申し, と相手, と答え, と答える, と聞いた, と言う, と須利耶, どうしておれ, どうしてそんな, どうして何とな, どうも人, どこへ, どんな悪い, なあ, なあなた, なぜなら私, など傍, なによりの, なんという, な林, にくらしい, にねえ, にほんとに, に毎日, ねあなた, ねえそう, ねえフレッド, ねきっと, ねこういう, ねこの, ねさもなければ, ねそこ, ねそれ, ねと貞之助, ねねえ, ねもしや, ねエ, ね何だか, ね余程, ね全く, ね地, ね子供, ね山田, ね未着, ね本当に, ね気づかずおっしゃった, ね濤, ね目, ね紙, ね頭, ね食事, のどを, ひどく反感, ほらへん, また砂土, まだ紛々, まるで見当, むっくりはね起き, もし俺, やがて私, ゆえしばし, よく口笛, よし誰, よろよろと, わけても沢庵, わたしには, わたしも, アンナ・リヴォーヴナや, エ何所へ, グラグラ揺れるではござりませぬ, サンサーンスや, ジーナは, チラッと, ツイ敷居を, ヘエ, ルミちゃんには, 一人一日, 一点似た, 一瞬の, 一説に, 三眺, 下に, 下男の, 両手の, 二た, 二人は, 京都の, 今まで, 今夜わたくし共より, 今日は, 仔犬の, 何しろその, 何しろ私, 何者かが, 偶然に, 兄さん, 兎も, 全くお, 全然裸, 内密の, 初め何だか, 勿論山村, 即ち血, 又御, 叔母は, 向こうの, 地平の, 変です, 外の, 大きな桶, 大変見事な, 太刀と, 夫だ, 夫や, 女の, 女は, 学校に, 家の, 宿の, 小学校の, 少しせき込んだ, 少しは, 平次が, 庄吉この, 影は, 彼の, 御免なさい, 御姉さま, 心持が, 思う存分探させ, 思召し, 悠々として, 戸は, 折返し今年の, 支那音と, 斯う, 新八, 旦那は, 早くも, 昔からの, 時々立, 本当についここ, 本物の, 柔かくは, 桜の, 棗の, 歯は, 気の毒に, 気軽に, 清潔な, 満足な, 滅茶滅茶に, 火勢は, 爪先に, 物の, 狂人でしょう, 狸は, 王女は, 男と, 発作的に, 白と, 目を, 硝子戸が, 神の, 私だっても, 私には, 算哲様は, 紹介する, 罪人として, 義理の, 肉の, 胸苦しい, 腰繩の, 舟は, 苦しい下, 苦しそう, 苦痛を, 虎狩に, 蜘蛛は, 記録も, 誰にでも, 諭吉は, 貴方が, 達也さえ, 酷く私, 銭形平次は, 門から, 門並その, 階段を, 青い顔, 頬を, 顔の, 風の, 馬小屋で, 髪だけ

▼ のであった~ (2809, 0.5%)

168 がその 111103 がそれ 68 がこの 63 から 36 がしかし 33 が今 2524 が私 19 がお, がこれ, が彼 18 がやがて 15 がそれでも 14 がさて 12 がまた, がやはり, が今度, と思う 11 からこの, がそう, が心 10 がここ, がしかも, が自分 9 がさすが, がどう, が宮, そうだ, のだ 8 かもしれぬ, からその, がそういう, がそこ, がそんな, が何, が彼女 7 がある, が女, が少し, に相違

6 [14件] かと思う, かも知れない, からこれ, からである, から源氏, がただ, がふと, がもし, が今日, が幸子, が源氏, という, のかも, のに

5 [12件] から今, があの, がいま, がそうした, がそれから, がなかなか, がもちろん, がゴーリキイ, が二人, が併, が幸い, と

4 [20件] がいずれ, がこう, がこうした, がこうして, がそれにしても, がちょうど, がまもなく, が今や, が今朝, が夫人, が此, が武蔵, が気, が現実, が葉子, が遂に, ことを, そうである, としたら, と思われる

3 [45件] かも知れぬ, からもちろん, から帝, から薫, がいよいよ, がすぐ, がすでに, がその後, がそれら, がたまたま, がついに, がでも, がとにかく, がなにぶん, がまだ, がもう, が一度, が不思議, が今夜, が何ぞ, が何分, が僕, が六条院, が同じ, が女房, が妻, が実際, が当時, が急, が或, が時, が暫く, が最後, が最近, が案, が父親, が要するに, が途中, が非常, そうな, ということ, とのこと, に, のである, 私は

2 [112件] かそれ, かもしれない, からこちら, からそう, からそこ, からそれ, からだ, から不思議, から女房たち, から妹, から宮, から得意, から最も, か或は, があたり, があまり, がいかにも, がいつも, がいろいろ, がかかる, がきょう, がこんど, がこんな, がさも, がさらに, がそこで, がそのうち, がその間, がそれでもなお, がだれ, がともかく, がどういう, がどうも, がなんと, がにわかに, がふっと, がよく, が一人, が一方, が丁度, が中, が之, が井谷, が人, が今一つ, が今宵, が作家, が例, が偶然, が充分, が初め, が命, が夜, が大, が夫婦, が守, が小夜子, が尚侍, が庸三, が弦, が当人, が後に, が恐らく, が意外, が故人, が昔, が昨今, が時々, が時平, が更に, が最早, が来, が案外, が次第に, が正直, が母, が玉鬘, が田舎, が男, が相手, が私たち, が稲子さん, が第, が花, が衛門督, が見た, が誰, が貞之助, が身体, が迎い, が運, が銀子, が青年, が風, が驚いた, が驚くべし, けれどそれ, けれどもその, しまた, それは, といっ, と思い, と思います, と残念, と考えられる, と記憶, にせよ, のか, のです, のに今, ものを, 彼は

1 [1251件 抜粋] いつごろから, かいま, かその, かとその, かと気づかざる, かと驚歎, かな, かはっきり, かも分らない, からあまりに, からいわば, からかえって, からきっと, からこちら側, からし, からすごい, からずっと, からそう身, からたまらない, からつらい, からどうしても, からまた, からもう, からわざと, からサル, からレイモンド嬢, から一般文学, から主人, から了解, から二町野, から人気, から他店, から以前, から供, から先生, から別に, から効験, から可憐, から同, から品質, から喜び, から大臣, から姫君, から小さい, から尚侍, から弁証法, から彼, から従って, から忍び, から愛吉, から所期, から教育界, から昔, から時方, から暇, から未亡人, から波瀾淪, から為世, から特に, から目だたなかった, から社会, から科学, から美しい, から自然, から若菜, から見舞い, から車, から違った, から院, かを知らない, か全く, か憫然, か程なく, があえて, があんまり, がいざ, がいち早く, がいつか世間, がいつか老母, がいまや, がいま帰り路, がうかうか, がおいで, がおのれ, がお力, がかえって, がかけ違っ, がきっと, がくわしい, がこの間, がこれら, がさあ, がさっ, がさらによく, がしかしそれでも, がしばらく, がじっと, がずっと, がぜひ, がそちらこちら, がそのまま, がその間目撃, がそれぞれ, がそれで, がそれ以上, がたしか, がたとい, がたびたび, がだんだん, がつい, がでかける, がとたんに, がとても, がとんだ, がと残念, がどうか, がどの, がなぜ, がなんとなく, がはっきり, がひとたび, がふとした, がぼく, がまさか, がまじめ, がまだしばらく, がまだなかなか, がもう一度, がやがてそのまま, がようやく, がわけても, がアルブケルケ, がカント, がキング女, がシナ仏教, がジョアン王, がトテモ, がフランス, がミリカ, がルネーサンス期, がワリニャーニ, が一九三七年, が一九四五年八月十五日, が一家, が一日, が一緒, が一葉, が一閑, が七月, が三ヵ月, が三年, が上手, が不幸, が世の中, が世間, が並んだ, が中宮, が久さん, が久能, が乳人, が予審判事, が二三, が二日三日逗留, が二百余人, が五人, が五日, が人々, が人民, が人間, が今回, が今年偶然, が今彼, が今朝未明, が仕事, が代わる, が仮に, が伸子, が佐助, が何しろ, が何度, が何時, が余人, が作者, が俊寛, が信仰, が倒れる, が偶, が兄, が先だって中, が先生死後, が兎角, が八, が公私, が其時, が其皺だらけ, が内職, が内面的, が凡庸, が出, が分け, が初雪, が別れた, が剣橋大学, が匂宮, が北斉, が十六夜, が十数匹, が半歳, が去年, が友達芸妓, が叔母, が古い, が可哀相, が同時に, が名古屋, が吾人, が味方, が商売不振, が啓吉, が喫煙室, が囚人たち, が四辺, が困る, が土着, が地蔵眉毛, が堅人, が増, が外出, が多忙しい, が夜中, が夢遊病, が大分, が大海人皇子, が天気, が太陽, が奥, が女らしい優し, が女学校, が女患者, が好意, が妙子, が娘たち, が婆さん, が存外, が宗三郎, が客観的, が宣教師, が宰相中将, が容易, が寛大, が将門方, が小径, が少なくとも, が少年, が尾田, が岡部, が工事, が市長, が師走, が帰っ, が常春藤, が平手中務, が年々, が幸, が広島, が康子, が引返す, が弱々しい, が弾正台, が当然, が彼ら, が後, が徴兵検査前, が思いがけぬ, が思う, が性, が恰好, が悩乱状態, が悲哀, が惟光, が意識, が愛らしかっ, が戸石君, が所望, が打ちつづいた, が掠奪, が換気法, が攀じる, が敵, が文章, が斯, が新しい, が日ごろ, が日本内地, が早く, が明治四年, が春琴, が昨年, が昭和十四年現在, が時に, が時刻, が時間, が暖房屋, が更衣, が最大時速, が月光, が朝, が期日, が本人, が本当は, が村中, が東京市, が東宮, が松永弾正, が校長, が格子窓, が検察, が槍, が樹のぼり, が歌舞伎座, が武則, が死人, が殿下, が毒薬, が気心, が水戸様石置き場, が江戸, が沈子, が法水等三人, が泳ぎ, が流石, が浪路, が深夜, が湖処子, が漱石, が無, が無駄, が熱い, が爺さん, が物々しい, が狐, が玄関, が現実生活, が琴子, が甚だしい, が生来, が男の子, が町, が異口同音, が病気, が盆地特有, が目, が看経中ば, が眠, が眼, が矢代たち, が知人, が磊落, が私自身, が程なく, が突然, が立っ, が笑っ, が笹村, が精根, が約束, が終に全く, が結婚, が総て, が罵っ, が義理, が翌朝, が老人, が考慮, が聞き覚え, が聞こえ, が膝, が自制, が自然科学, が舞踏室, が船, が船長, が良順, が花見小路, が荒々しい, が落選, が蒔絵, が蔵人少将, が藍子, が蜂, が表面, が袴腰山, が襲来, が見つける, が覚平, が親方, が解除, が言っ, が記念祭, が誘い出され, が読書, が論理, が貞子, が貧民, が赤, が路用, が輪講, が迂, が近頃, が途, が運命, が過ち, が遠来, が部屋, が重く, が野村, が鏡家, が間, が陣場夫人, が雪, が電気協会ビル事件, が電車, が青森, が静か, が順平, が須磨, が頭, が題目, が飲め, が首, が鬼火, が麪包, けれどこの, けれどしかし, けれどなん, けれどもそれでは, けれども情, けれども美沢, けれど伊代, けれど武士共, けれど雨, ことが, ことも, このな, しかし檜枝岐, しかるにミハイル, し同じ, し文学, し身体, すなわち人類, そうで, そのため, その準備, それでいったい, たとえそれ, つまり鉛筆, という話, といえ, ところが文子, とすれ, との事, とは, と云う, と伝えられ, と察せられる, と思える, と明瞭, と考え, と解, なぞいう, にと思っ, に拘らず, のであった, のでそれ, のなら, のにフリッシュアイゼン・ケーラー, のに素子, のね, ほど執拗, もっと巧妙, ろうにと, んだろう, バラモン僧正も, 一同は, 云云, 伊平は, 先生は, 入浴の, 嘉門の, 奥州に, 左へ, 彼の, 彼女の, 最初薬は, 格子縞の, 父に, 省作は, 第一左団次自身, 袖の, 限りそれ自身に

▼ のじゃ~ (2561, 0.5%)

276 ないか 206 ない 201 ないかと 14586 ありませんか 81 ないかしら 78 ないの 7256 ないでしょうか 50 なくて 35 ないかね 31 ありません 30 ないかな 292625 ないよ 22 あるまいか 20 ないですか 18 アない 17 なくって 15 ないだろうか 14 ないが 13 そうな 12 なかろうか 11 ありませんよ, ないかという, ないと, ねえか 10 あるまいな, ないかしらん, ないかなあ, ないん, なかったの 9 ありますまいか, から, ないかい, ないぞ 8 あるまいかと, ないかしらと, ないかとも, ないのよ, なかった 7 ございませんか, ねえ, わい 6 ありますまいね, あるまい, からな, ございません, ないかとさえ, わ, ナ 5 ありませんかね, あるまいね, い, ないかなど, ないから, ないし, ないでしょうね, ね, アありません 4 ありませんが, あるまいし, あるめ, ないでしょう, ないわ, ろか, アねえ

3 [20件] ありませんの, あれは, からなあ, からのう, からわし, けど, それは, それを, て, ないさ, ないだろう, ないね, ないわよ, なかったん, なくってよ, なしに, ねえの, わいな, ア無い, ッ

2 [33件] ありませんかしら, ありませんぜ, あるまいが, あるまいと, からそれ, からどこ, からナ, から安心, から御, この後, ございませんかしら, ございませんの, ございませんわ, その酒, それでわし, それも, なあ, ないかって, ないこと, ないだろうな, ないって, ないです, ないですかな, なかったかも, なかろうかと, なア, もの, もののう, アあるまい, アね, 何を, 彼は, 無いよ

1 [571件 抜粋] あいそづかし, あござりませぬ, あとの, あとを, あの児, あはははは, ありありましねえか, ありますまい, ありますまいかな, ありませんあんまり, ありませんお, ありませんかな, ありませんかなあ, ありませんから, ありませんからね, ありませんけれど, ありませんこの, ありませんさようなら, ありませんそれ, ありませんね, ありませんまじめ, ありませんもっと, ありませんや, ありませんわ, ありませんわたし, ありません悪い, ありません意気地, ありません案内役, ありません米友さん, ありません裏道, ありゃしない, ありやせぬけれど, あるまいかな, あるまいかなどと, あるまいかね, あるまいかの, あるまいなあ, あるまい江戸, あるめえな, あろうナア, あんたの, いいかげんに, いいかな, いおうったって, いくら酔う, い巡礼, えい腹が, えらく隙, おそらくお前, おそれ多く, おぬ, おまえが, おまえの, お恥, お葉, お長屋, からあくまで, からあの, からあまった, からいよいよ, からこう, からことに, からさっぱり, からせめて, からぜひ, からその, からだれ, からと上, からなにか, からな結局, からね, からはやく, からまず, からもうこ, からイヤモウ, からチャン, から一々, から今, から何, から何処, から兄弟じゅう, から却, から始, から客扱い, から後, から恐らく, から成長, から敵, から気, から腕, から被害者, から辛抱, から遊び半分, から都, がしかしまた当然, きっと討てる, けどあちら, けど妙, けに日本, けれどな戻った, けれどまた, けれどもなア, けれども今, けれど勝, けれもう, けん, け売ったら, ここの, こちら様の, こっちへ, このよう, この城, この無法者, この経, この者, この通り不自由者, この道, これという, これは, ございますまいが, ございますまいと, ございますまいね, ございませぬ, ございませんでしょうか, ございません伯耆, ございません先祖代, ござらぬ, ござらんか, ござりませぬ, ご加増, さあ寒い, さあ水, さすがは, さぞ幼い, さてお, さようこいつ, さ人目, しかし彼, じゃあ仕方, すくなくとも昨日, すぐにな, せに, そいから, そうして甲府勤番, そうそうに, そうに, そうにござります, そうも, そこを, そしたら八, そしてここ, そして電気, そっと耳, そのたんび, その上, その他の, その姿, その方, その木, その結果, その駕籠, それからわし, それでなにか, それと, それに, そんな事, ぞあれ, ぞえ, ぞそれ, ぞまだ, ぞガベル, ぞ山鳥, ただただ塔, たわけもの, ちと思い立った, っけえ, つまり普通, て仕方, で, で到る処俺, で釣れようが, で随分, とてもだ, とんでもない, どういうもの, どうぞあらためて貴, どうだ, どうもこれ, どこでも, ないあなた, ないあの, ないあまり, ないあわれんだに, ないいいえ, ないお前, ないかしらって, ないかといった, ないかとまで, ないかなと, ないかなんて, ないかねえ, ないからな, ないからね, ないかナ, ないかネ, ないけ, ないけど, ないけれど, ないこうした, ないこれ, ないしかし, ないし得なかったん, ないじゃ, ないそれ, ないぞや, ないだろうかという, ないだろうにね, ないだろうね, ないだろうのに, ないつまり, ないでしょうかしら, ないでしょうかな, ないでしょうネ, ないですが, ないですよ, ないとも, ないなるが, ないに, ないのけ五卿様, ないへそ, ないまア, ないみな, ないもの, ないよと, ないら, ないらしい, ない世間一般, ない今ここ, ない今さら, ない俺, ない僕, ない出来ないの, ない勘弁, ない失格, ない実は, ない寒い, ない少し, ない引, ない弱い, ない彼女, ない懺悔, ない手, ない文学, ない明るい, ない普通, ない武蔵, ない清, ない王様, ない男, ない米国, ない聞いたの, ない胴着, ない薩長共, ない薬, ない見るの, なかか, なかったか, なかったかな, なかったかね, なかったから, なかったが, なかったと, なかったに, なかったのね, なかったよ, なかったッ, なかなか大役, なからうか, なかろうかという, なかろうね, なくあなた, なくお前, なくお母さん, なくただ, なくてよ, なくむさし, なく友達, なく農, なし, なしさ, なしもの, なし一時間, なし普通, なぜなら彼等二人, なぜ早く, なだが, なとこう, なと御意, なと気づく, などうして, なはッ, なれども, なんとかならん, なウム, な悪戯, な政府, な最う, ねえかしら, ねえかと, ねえぜ, ねえだから, ねえだれ, ねえだろう, ねえという, ねえん, ねえ人手, ねえ家, ねえ底, ねえ行者, のう会津四十万石, ばかな, びっくり致した, ぶちこわしだからね, ほれ大菩薩峠, ましてそ, まだ駄目, まちがいは, もし愛し, やら, やりきれないが, よしかし, よだいぶ, よわし, よ金烏玉兎, わいなと, わからない, わからぬか, わしが, わしにとっては, わしの, わしは, わしも, わしを, わたわけ, わッ, アございません, アなかっ, アなし, アねえや, ハツハッハ, 一生懸命神様に, 一番こういう, 万に, 三人で, 上へ, 中には, 之が, 二十両ほど, 些とも, 京都を, 人に, 人の, 人を, 今すぐ, 今にもお, 今夜も, 今度は, 仔細は, 仕方が, 仕様が, 仲よくお, 会って, 伯耆の, 何か, 何だか友だち, 何とかよい, 何者だ, 値打において, 先祖以来の, 全く以, 其の女子, 其の病, 其許を, 典膳よ, 出来ぬ装うても, 分ったか, 初めから, 制作も, 助力し, 勿論館, 包まず話して, 十日の, 又ちちと, 又小, 吉原へ, 同時に人心, 君を, 呉羽之, 商売に, 困っちゃうね, 坐ったまま, 夜が, 夜中に, 大変じゃ, 大王申陽侯が, 姥も, 威勢よく, 娘には, 婆さんや, 子供と, 孔夫子は, 孔子は, 小倅の, 小母御, 就ては, 屋台は, 屋敷の, 幸内が, 幾歳に, 弓削田宮内が, 彼女に, 彼等は, 御免を, 御座いません, 御座いませんの, 御座いませんので, 御座らぬ, 御挨拶, 心の, 必し, 必ず長く, 怖がって, 思い掛けない事, 怠慢至極, 悠くりと, 悪い心持, 打開の, 教えてたも, 敵討の, 文天祥が, 斬った奴, 早う致せ, 早く申せ, 早速出向い, 昨夜も, 是非何とか取り計らっ, 昼の, 時に十九日, 有りませんか, 有りませんが, 有りませんがネ, 本所から, 朱実朱実, 東京の, 梅五郎の, 武士の, 殊にユダア人, 殊に彼, 毎度あいす, 気に入らないわ, 気を, 汝が, 決してない, 決めて, 泥棒崇拝は, 無いから, 無いが, 無いけれど, 父上や, 王給諌に, 甘うも, 甲州の, 疑わしい事, 相良, 知れる限り, 神妙に, 私は, 秋から, 程よくひい, 種々先祖, 穢を, 第一, 老中罷免の, 舟の, 色気が, 茅屋が, 葛籠を, 言わば私, 貧しい御馳走, 貴下お, 通じないからな, 連れ添う女房, 遠慮する, 金を, 間に, 静かにという, 頼んだぞ, 駕の, 骨細男とは, 黙って

▼ のには~ (2340, 0.4%)

59 驚いた 29 何か 28 理由が 20 閉口した 17 驚きました 14 さすがの 11 私も 10 びっくりした 9 違いない, 違ひない, 驚いて 8 どうしたら, わけが, 感心した, 気が, 閉口する 7 おどろいた, 一つの, 私は, 訳が 6 これは, 少からず, 弱った, 私の, 驚く, 骨が 5 まだ間, 二つの, 今の, 僕も, 常々くすりとも, 慣れて, 次の, 驚いたが, 驚かされた

4 [23件] いろいろの, おどろきました, それが, ちがいない, ちょっと驚いた, びっくりし, 一同が, 他に, 困った, 彼は, 愕いた, 或る, 持って, 理由らしい, 眼も, 種々の, 自分の, 誰も, 都合が, 面喰った, 驚かざるを, 驚きましたよ, 驚ろいた

3 [33件] うんざりし, それ相当の, どうする, なにかわけ, びっくりしました, ほんとうに, もってこいの, もっと深い, 一驚した, 僕は, 呆れて, 困つた, 困る, 実に驚く, 弱りました, 意味が, 時間が, 相当の, 相違ない, 第一, 胆を, 腹が, 自分でも, 自分ながら, 自分は, 舌を, 訣が, 都合の, 間が, 非常に, 馴れて, 驚いたね, 驚嘆した

2 [117件] あきれた, いうに, いって, いま迄, いやに, いよ, いろ, いろんなこと, おどろかされた, おどろくほか, お前が, きみは, このよう, この位, これに, これほど, さう, さすがに, すこしも気, すっかり感心, その場合, それぞれの, それは, どうした, どれだけの, なるほど, ほかに, ほかの, ほんとに困ります, また一苦労, まだ早い, まだ時間, みんなが, みんなも, もう少し心, やはり, わしも, わたくしは, キモを, 一定の, 一寸表面, 一寸驚いた, 一通りで, 人間の, 今は, 今更ながら, 今更の, 他の, 仰天した, 何うし, 余る位, 余程の, 俺も, 全く閉口, 全く驚いた, 全く驚きます, 別の, 前にも, 南方氏の, 原因が, 及ばない, 吾, 呆れた, 呆れました, 呆れ返った, 困ったもの, 困つて, 困りました, 多くの, 多少の, 大いに迷惑, 大に, 女が, 如何に, 実にこの, 容易ならぬ, 少々驚いた, 少からず驚かされた, 少し偏, 少なからず, 弱ったよ, 彼も, 往生した, 御承知, 急に, 悪魔の, 感心する, 感謝した, 敬意を, 早かった, 時代と, 此の, 毒を以て, 流石に, 無慙な, 燃える情熱, 理由の, 男が, 笑った, 答えないで, 肝を, 若干の, 貴方の, 足りない財産, 適して, 金が, 釣れて, 長い時間, 閉口いたしました, 降参した, 非常手段に, 餘り, 驚いたよ, 驚かされました, 驚かされる, 驚きも, 黒い洋服

1 [1551件 抜粋] あきれたな, あきれるほどよ, あすこの, あなたが, あの廃院, あまりに人手, あまりに恐ろし, あまりに立派, あまり大切, あまり早い, あらゆる奇術, ある妨げ, あれです, あんたはんが, あんまり縁, いうまでも, いくらかそんな, いくらか時間, いささか手前, いちめんに, いつもあちら, いつも感激, いつも驚かされる, いる, いろいろトリック, いろんな条件, おかみさん, おとき, おどろいたであります, おどろきましたこれ, おのずから頭, およばない, おれも, お互に仲よく, お寮はん, お構いなし, お遊さん, かう二, かなひませんでした, かなり悩まされた, かなわなかった, かれこれ二週間, きまって, げっそりさせられた, こういうこと, こういう話, こちらも, この主観, この子, この店, この珠, この際一刻, こりて, これくらいの, これまた, これ程都合, こんな手, さしもの, さっきも, さまで, しかし三年, じつは手前ども, すくなくとも大型トラック三台, すこしも, すっかりびっくり, すべからく船底, ずいぶん強い, ぜひその, そういうの, そういう頭, そうです, そう掛りません, そのおり, その人, その宮歳, その教祖, その生活, その首, それだけの, それでホッ, それには, それを, そんなもの, たいへん不便, たしかに神, ただ唖然, たまげた, だからどの, ちがいありませんが, ちっとも気, ちょうどよい, ちょっと不便, ちょっと癪, ちょっと驚かされた, つい先達て, つらい場所, とてもびっくり, とりの, とんと閉口, どうかといふ, どうしても, どうしてもそれだけの, どうしても二階, どうしても書斎, どうしても男, どうして親方, どうすれ, どうにも, どうも役, どこかしら, どっちみちどこ, どれ程の, どんな心得, なお一層, なかった, なくては, なにか別, なるまいが, なんども, はたと当惑, ひか何, ひどい自制, ひどく困難, びっくりいたしました, びッくりした, ほっとした, ほとほと腹, ぼくたちが, まずあらかじめ安心, まず弓矢八幡, まず自分, またそれ, また驚きました, まだ三時間, まだ少し間, まったくふしぎ, まったく呆れる, まづ大体次, むしろいつも以上, むろん理由, もうひとつ, もう一日, もう弱い, もしその, もったいない, もってこいという, もっとも関係, もて余したが, やっぱり特別, やはりこれ, やはり相当, やや神経, よかろう, よく斯ん, よごと, よほど劇場当事者, よほど気転, より大きな, わけは, わたくしも, アイソが, ウンザリした, ゲッと, スコーネじゅうを, ダアと, ツと, ニュートンを, ビックリした, ヘキエキだ, ホントに, モーターも, 一つは, 一体何, 一匹の, 一家の, 一寸もじ, 一寸面喰つた, 一山二十銭の, 一度は, 一往理由の, 一時間に, 一本気な, 一貫した, 丁度いい, 万葉集を, 三人とも, 三徳が, 下から, 不思議は, 不賛成であっ, 両親とも, 中学程度の, 主人鹿右衛門を, 之亦, 九州で, 二つに, 二人分の, 二十五カペーカ銀貨ばかり, 二度目と, 二時間あまりも, 二重に, 五月では, 些少に, 人に, 今から, 今ほどの, 今一人赤人の, 今頃の, 仕事の, 代参の, 会わずに, 似ず不思議, 似合はず男に, 何かも, 何でも彼ん, 何やら必ず一つ, 何を, 何故と, 何處か, 余りに恐ろし, 作平一番念入に, 例へばジエネヴア, 係の, 停車場近く, 僅でも, 僕の, 充分であろう, 先づ生徒の, 先生は, 全くあきれ返っ, 全くその, 全く感心, 全く驚喜, 兩方から, 六条院へ, 其商人に, 其部の, 凡ての, 切に望ましい, 別にまた, 別に新た, 前に, 前期の, 動物的な, 匙を, 十分である, 十吉ちゃんは, 半年も, 卜部や, 却つて都合が, 参ったが, 参るて, 又流石, 及ばないが, 及ばなかったと, 反対だ, 古典を, 可也手間どりました, 右衛門の, 同じ動機, 呂宋兵衛も, 呆れかへ, 呆れますが, 呆れ返ったよ, 唯々として, 喜びイ喜びイとうとう, 四百年の, 困ったよ, 困つたが, 困りますと, 困却した, 国尽くし, 土肥庄次郎も, 堪えられないからと, 変です, 夙に敬服, 多過ぎる, 大いに不満, 大いに困難, 大きくなりすぎ, 大きな原因, 大きに謂, 大して役に立たない, 大分の, 大変骨が, 大骨, 失笑した, 女の, 好都合だった, 如何なる借金, 子供ながら, 季節の, 宇宙の, 定って, 実に二つ, 実に貧書生, 実は俺, 実際恐れ入る, 宮も, 家族の, 寧ろ驚かされます, 専次を, 小さな穂, 小學校, 少々困った, 少々驚かされた, 少からず驚いた, 少しく意味, 少し工合, 少し無理, 少し老けた, 少し語弊, 少なくとも十年, 尚他, 尠から, 尾が, 屋根から, 山木勢も, 嵌って, 市には, 平気で, 幸いそんな, 広い場所, 度々行ったけれ, 弱ったが, 弱って, 弱りましたよ, 当人の, 役人が, 彼より, 彼女は, 御本人, 心づかないやう, 心境に, 必ず別に一般的, 必ず鰹節, 応用出来ない, 思わずほほえんだ, 恋人が, 恐ろしいくら, 悩まされた, 惜しいくらいの, 意外に, 感じ入った, 感心されます, 感心します, 感服いたします, 感電を, 懲りて, 或いは埋れたる, 手で, 手間が, 抑, 拒み難い, 支那の, 敵わ, 斯かる, 日常心得ぬい, 早いからと, 明らかに, 明日手紙書いた, 是非とも高い, 時々驚かされる, 暇がか, 更に驚かざる, 最も便利, 最初から, 有り難い説教, 未だ間, 村右衛門が, 杪, 根拠が, 格好の, 桑を, 棚田の, 極めて無力, 構わずに, 此から, 此方が, 歯痒くて, 死ぬほどの, 母の, 毒が, 気がついても, 気がつかないほど, 気が付かなかったらしい, 気附かぬ, 水に, 決して琺瑯鍋, 決して頼り, 泣かされたとの, 洗練された, 涙ぐまれた, 深い原因, 清之介君悉皆, 満足できなかった, 演技場内から, 無かった, 無論訳, 然まで, 爆笑し, 父親が, 物が, 特別投資を, 獅子の, 理智が, 甚だ理由, 申し分が, 番号が, 疲れ過ぎて, 白雪が, 皆を, 目を, 相応な, 相違ありません, 真白の, 矢張り隋書と, 確かに, 神経の, 私に, 私少し, 秩序といふ, 窓の, 笑はずには, 筋の, 簡単だった, 約三箇月, 紺の, 絶好な, 縮み上った, 聊か一驚, 聞えなかったであろう, 肩胛いと, 膽を, 自分ながらを, 興が, 色魔式が, 苦労しました, 苦笑させられた, 苦笑ひ, 葛根湯を, 藁よりも, 血気盛んに, 裁判長は, 見て, 見当も, 証拠が, 語学は, 議會に, 豚の, 資料が, 赤インクだの, 足を, 身を, 辟易しました, 迫力に, 逢わなかった, 遅々と, 遇はずじ, 違いなかろ, 適しない, 適当でございません, 那です, 郭註に, 酔わなくちゃ, 醫者の, 野蛮な, 錢を, 長い紐輪, 閉口, 閉口しました, 閉口頓首, 降参させられた, 院は, 随分よく似た, 随分苦労, 隨分骨が, 難しい, 雪が, 面白いん, 面白い話, 音楽の, 頃合いである, 頓着なし, 題詠と, 飛んだ喰, 首領のる, 馴れつこ, 驚いたがね, 驚いたト, 驚いた馬鹿, 驚かされますね, 驚かずには, 驚きましたと, 驚き入ります, 驚くの, 驚ろきました, 驚目された, 鬢が, 魯国新聞の

▼ のなら~ (2310, 0.4%)

29 私は 23 それは, ばそれ 15 何も, 僕は 14 ば何 1312 いいが, ばその 11 これは, ば私 9 仕方が, 俺は, 話は 7 それが 6 それも, ばこの, まだいい, 何でも, 私の 5 お前の, それを, ね, 僕も, 兎に, 妾は

4 [18件] おれは, どんなにで, ばこれ, ばまだ, ば彼, ば確か, ば自分, ほかの, まだしもだ, わたしが, わたしの, 今の, 何の, 俺も, 兎も, 別だ, 妾も, 安心だ

3 [34件] いざ知らず, いつでも, おれが, お前が, これほど, こんなこと, そこに, そのとき, その前, それでいい, どんなこと, なんでも, ばお, ばともかく, ばなぜ, ばまた, ばもっと, ばわし, ば今, ば仕方, ば僕, ば其の, ば格別, まだ話, よいが, よかった, わしは, 世の中は, 今から, 何か, 何を, 彼女は, 自分で, 自分は

2 [131件] あたしも, あとから, あなたは, あの人, あれほど, いいけれど, いっその, いやだ, うんとある, お半, ここで, ここに, こっちにも, こっちも, このまま, この赤ちゃん, この金, これからも, これで, これも, こんなもの, さう, すぐに, そのお, その場合, その後を, その方, その晩, その用語, それこそ, それだけでも, それでもかまいません, それより, ともかくも, どんなにか, なにも, ばこれから, ばこんな, ばそれで, ばだ, ばとにかく, ばどんな, ば之, ば事, ば今日, ば他, ば別, ば又, ば問題, ば家, ば少なくとも, ば彼女, ば意味, ば止む, ば死んだ, ば犯人, ば美しい, ば話, まだあきらめ, もうやらない, もう少し細工, わざ, わたしは, わたしも, 之は, 人は, 今すぐ, 今日は, 今頃は, 他の, 何かの, 何程でも, 余は, 俺が, 僕が, 僕にも, 僕の, 初めから, 別です, 勝手に, 午前中確かに, 君は, 堪忍し, 夜更けに, 夢殿の, 大抵あります, 大目に, 失礼です, 女性も, 好きな, 始めから, 安いもの, 家に, 家へ, 已むを, 幾らでも, 息子さんよりも, 放火狂野郎は, 早い方, 早く出し給え, 是非も, 木の葉に, 杭にとも, 松五郎に, 格別だ, 此の, 此家を, 死骸は, 流紋玻璃を, 無理に, 犬が, 狷之介に, 直ぐに, 直ぐ自動車, 相談に, 私この, 私も, 筋が, 美奈子さんの, 自分たちの, 自分等としての, 荘田家へ, 血だらけな, 訳が, 話に, 誰か, 議論は, 貴女は, 逆の, 金高が, 非常に

1 [1602件 抜粋] ああ云う, あすこは, あたしそれで, あなたが, あなたにだって, あの時, あまりうれしく, あれだけの, あんないたずら書き, いい, いいじゃ, いいとして, いいわ, いくらだ, いくらでも書く, いくらでも見, いくら春, いちばんいい, いっそいかぬ, いっそ乞食, いっそ地震, いっそ本当にそんな, いつもという, いまでも, いまの, いやとは, うちへ, ええもう, おのぞみどおり, おらもうこの, おれの, お仙なぞも, お前達の, お午飯, お斷申, お母さんを, お父様, お薬, お顔, かえっておもしろい, きっとおもしろい, きっと泣いたでしょう, こいつも, こうも, こちらには, こっちの, このまま父, この前, この小さい, この暗がり, この男, この箱, この静か, これからあなた, これまでの, こんど私が, こんなに五十分間, こんな好都合, こんな恥ざら, こんな曖昧, こんな街, こんな首, さうも思はない, さっさと話しかけ, さっそく戒, さて困, しかたそっくり, しばらく頭, しをれた, すぐそこ, すぐ手配, すこしも早く, せめてお, せめて姉さま, そいつは, そうし, そうでも, そう言え, そつちの方は, そのくらいの, そのほう, その人物, その分, その呼吸, その地位, その弟, その本人, その死骸, その照子, その計画, その限りジェスチューア, そりゃあ引き渡す, それから出た, それだけの, それでも間, それで問題, それには, それはかへ, そんなこつ, そんな我侭, そんな神様, たしかにあの, ただ正直, たった今でも, たぶんぺこぺこ, ちょうど署名, ちょっと軽率, とうに書い, とにかくわずか一部分, とにかく宇宙観, とにかく小, ともかく, ともかくちゃんとした, ともかく氷点下何十度, と考える, どういう解釈, どうか正直, どうしてこんな, どうしてひと言, どうしてケーベル博士, どうしよう, どうぞ筆, どこで, どこへでも, どのよう, どんなにみんな, どんなに楽しい, ない手かせ足かせ, なおオモロイ, なお良かっ, なぜそう云う, なぜはるばる北京, なぜ人, なぜ先刻, なぜ婆, なぜ此方, なぜ群集, なにゆえに, なんにも言われる, ねえのそんな, はしに, ばあした, ばあるいは, ばいっそ, ばおまえ, ばかかる, ばぐづぐづしてはをれない時刻, ばこれから直ぐ, ばさぞ, ばすべて, ばたしかに, ばとうに, ばと人々, ばと自分, ばなお, ばみっともない, ばもう, ばもつ, ばよい, ばわたし, ば一事, ば一方, ば三方四方, ば世間, ば交際, ば伸子, ば何処, ば何處, ば作者, ば先ず, ば分っ, ば労働文学, ば危険, ば原子爆彈, ば呼び起し, ば外国人, ば大山, ば奴隷, ば安兵衛, ば屹度私の, ば帰る, ば強, ば後世, ば思い切っ, ば我々, ば戦争目的, ば捉え, ば故郷, ば文学, ば最も, ば有難い, ば東京, ば此, ば清吉, ば照子, ば當然彼, ば痩腕, ば目, ば石, ば第, ば結構, ば興味, ば若い, ば西國, ば論, ば返さね, ば酒, ば錯覚, ば面白い, ば首肯, ひとしく又, ひとまず帰っ, ひょっとしたら奴, べつだ, ほんとうの, ぼくにも, ぼくらは, まあそれでも, まことに残念, まさに紳士荘, まず文学そのもの, また出直し, まだいるだろう, まだしもであっ, まだしも妙, まだしも本気, まだしも素直, まだよかっ, まだ危険, まだ成績, まっすぐ向う, まアよい, むしろ光栄, めったな, もうずっと昔, もう一度大江春泥, もう少しを, もう来なくっ, もちろんはるか, もっとうまく, もっと以前, もっと後, もっと時代, もはや彼女, やっと着きました, ゆづつてもいゝんだが貴方の, よいと, よかつ, よしやそう云う, よろしいの, わが咽喉, わけアない, わしだって, わしを, わたくしを, わたしとしては, わりゃとっととこの家ば, んでゐる, アメリカの, イザ知らぬ, ウイスキー, カスティレへ, コロンタイが, ジンか, ネ, ヒルトン私たちは, フランスだって, ボートルレにも, ミストの, ルウドイヒ二世の, 一しょに, 一つ思い切った, 一も, 一分でも, 一層の, 一度自分, 一思いに, 一昼夜水へ, 一本二本惜むにゃ当るまい, 一番上のを, 一言ぐらい, 一郎も, 上等です, 下手人ぢや, 世話を, 中に, 主に, 乞食に, 争議も, 二十五座の, 二十金も, 云々と, 人間が, 今一つ聽く, 今夜の, 今度だって, 今晩から, 仕方も, 他動にを, 伊賀の, 伸子は, 何だ, 何で自分, 何とかその, 何にも, 何んと, 何処までも, 何故人間, 何故楽, 何時でも, 作家は, 信用できる, 俺達の, 偽物を, 僕嬉しい, 儂も, 先生の, 八月頃にでも, 六日には, 兵太郎君が, 其で, 其者こそ, 出席し, 別さ, 別に大した, 到底専門学者, 勘弁してやろう, 勿論科学者, 十人あれ, 十時に, 千生さんは, 卑しむべ, 危険は, 却って私, 却て, 又無理, 可い, 台本に, 同等の, 向うで, 君たちも, 吾, 呑気な, 哲學辭典が, 問答は, 四畳半か, 坊様らしく, 多少の, 大いに安心, 大したもの, 大へん, 大層好い, 大胆で, 大馬鹿もの, 天若日子に, 失礼ながら, 女だって, 女も, 好いで, 妾に, 妾やもう, 子代部, 学校は, 學校へ, 宜しうございます, 実際幾度, 密告の, 将来の, 小雨降る, 少しも, 少なくともここ, 工場の, 差支ない, 己も, 師匠も, 帰りに, 年上の, 幸義兄さんには, 幾分苦痛, 弾を, 当然久美子, 彼の, 彼女が, 待合さんから, 後者を, 御朋輩, 必ず平次, 怪しくは, 恐ろしくない, 悪魔の, 我また, 或いは梅三爺, 或程度, 手前は, 手紙でも, 抱月さんと, 捕縄を, 散歩にでも, 文学が, 新しく別, 日本の, 日本軍の, 早く帰れ, 早く綱, 早苗姫が, 明ら樣に, 明日は, 易しいが, 昨夜あんな, 是非とも行っ, 晩に, 書を, 最初に, 有田屋を, 望遠鏡は, 未成年者に, 本当に自分, 本望です, 東京へでも, 柏村や, 格別として, 格別わざと企らん, 格別何, 格別頑是, 槌を, 此処で, 死骸が, 水音が, 江戸中には, 泰文が, 海岸を, 演習を, 無理かも, 無論近い, 物欲しそうな, 率直に, 現在と共に, 理論上だけでも, 生き肝ぐらい, 男くぼんだ, 病の, 百マイルや, 皆で, 目出たい, 眉を, 真面目な, 矢文を, 神を, 私お, 私たちの, 私だ, 私としては, 私にでも, 私を, 空襲神経衰弱な, 算數の, 籤を, 紐ぐらい, 結婚は, 總督から, 置手紙も, 義雄が, 自分にだって, 自分も, 船酔いの, 芸術家の, 苦情は, 葉子が, 薬は, 融通し, 表紙裏の, 見当は, 親に, 証明し, 誰に, 誰の, 課長に, 論争そのものが, 豹一と, 責任の, 貴様の, 賊の, 辛抱も, 運動は, 遠い所, 遠慮なく話し, 酒でも, 野暮な, 鉄砲は, 長年午前中に, 間違いありません, 関はず褒め返す, 随分食う, 雜作も, 電報料だけが, 静かな, 顔を, 首相が, 高等學校から, 黒血が

▼ のでございます~ (2194, 0.4%)

41730211771 から 6058 もの 423221 がその 20 がそれ, な 17 からね 13 からその 12 からそれ 11 がこの 10 からお, からな 8 から私, が私, ねえ 7 けれど, のよ 6 かな, から御, がお, がでも, がね 5 が今, が何分

4 [11件] からあなた様, からどうぞ, からねえ, からもう, がこれ, が只今, が御, けれどその, けれどもそれ, のに, わね

3 [20件] かと駄目, かね, からこの, からどう, からどうか, から何, から嘘, があの, がこんな, がしかし, がそうした, がそれでも, がちょうど, がどう, がどうも, がまだ, がもう, が今日, が話, よそれ

2 [69件] え私, お父様, かい, からこれ, からこんな, からとても, からどうしても, からどこ, からはい, からまして, から余程, から唯今, から少し, から此, から現世, から痛い, から目, から途中, かわたし, か私, があと, があまり, がいかが, がいつも, がこう, がさ, がさすが, がそれでは, がただ, がどうか, がどなた, がな, がなかなか, がなにぶん, がなんと, がねえ, がひどく, がまあ, がよく, がわたくし, がわたし, が一人ボンヤリ, が二人, が何, が何せ, が家, が将軍家, が戦さ, が此, が相手, が警察, が途中, けれども, こういうわけ, それは, それを, それ故に, ってね, つて, とも, どうか, のに私, ものね, ものを, もの御, よあなた, よでも, わい, 今時は

1 [641件 抜粋] あそこへ, あちらへ, あの晩, あゝ云う, いかなる大事, いったい鈴慕, えらいこと, おそろしさ, お俊, お握飯, お気の毒, お見知り, お賤, お願いです, かあの, かその, かたいそう, かとこう, かと聞く, かねえ, かもしや, かよろしく, からあきらめる, からあそばすならすぐれた, からあの, からありがたい, からいくら, からいまさら, からおいで, からおん手, からお嬢様, からきょう, からこうして, からこちら, からご存じ, からさぞ, からし, からすこし, からそこ, からそこで, からそちら, からそれで, からそんな, からそんなに, からたかが, からちやほや, からちょうど, からつまり, からと義, からどうかいくらか, からどんな, からどんなに, からなあ実に, からなにぶん, からなるべく, からねえわたし, からねまして, からふいる, からまことに, からまだまだ, からもう何もかも, からもう暫く, からもし, からやはり, からよく, からわたくし, からハツキリ, からバタ, から一応, から一意, から一緒, から三千子, から不思議, から人民, から人間, から今日, から今更, から何卒, から先, から全く, から叔父, から只, から向う様, から呼吸, から地元, から堤防, から多助, から大丈夫, から大和, から大方, から天狗, から妙, から妾, から子供, から尼, から居残り, から当時, から当然, から御簾, から思ふ, から悲しみ, から戻っ, から教え, から旗太郎様, から早く, から未, から本, から本当に, から検視, から死ぬ, から死後, から沈み切っ, から私たち, から私ども, から私残念, から空気, から縁談, から考えれ, から聡明, から茂之助, から草鞋, から荒尾さん, から親, から誰, から諸君, から身動き, から追, から重態, から順, から驚かし, から鴉, かわからなくなりました, かわたくし, か別に, か奥様, か急, か或いは, か昨日, か本所, か生き, か自分, があ, があせれ, があなた, があなた様, がいざ, がいつ, がいや, がえ, がおいおい, がおかみさん, がお前さん, がお立ち, がかんじん, がきっと, がけっ, がけれども, がここ, がことに, がこのごろ, がさて, がさりとて, がすぐ, がずいぶん, がずっと, がそう, がそこ, がそっと, がそのうち, がただ今, がとにかく, がと云う, がどうしても, がどこ, がなあに, がなうかと, がなこれ, がなぜ, がなにしろ, がなん, がな朝, がね当分, がはなはだ, がふと, がぶら, がほんとう, がまさか, がまた, がまだなんにも, がもし, がやがて, がやっと, がやっぱり, がやはり, が一等二等, が丁度, が三十八歳, が下人, が不, が中途半端, が五月, が今度, が今日あなた, が今晩の, が以前, が仮面, が何しろ, が何と, が何故か, が何時も, が使い, が僅か, が僧舎, が先生, が六時頃, が前橋, が努力, が午後, が又, が取り調べ, が古い, が右, が同時に, が名, が周囲, が唯, が四月, が外観, が大人, が大臣, が夫, が失礼, が奥様, が如何, が姫君, が娘, が字, が宗仙, が実, が実は, が室, が専念, が少し, が幸, が幸い兵ども, が店さき, が当, が当時, が役人たち, が御覧, が心掛, が思召, が恰度そこ, が手前, が抽斗, が持斎堂, が数え, が旧来, が昔, が普通, が最初, が月, が木曾さま, が未だ, が本来, が校正, が槍, が欲, が死骸, が殊, が殿様, が毎日, が決して, が生憎, が申し上げられません, が當時, が病人, が石松猟師, が磯五, が私たち, が私ども, が私達, が納屋, が絹, が考へ, が胸, が舞, が色彩, が行っ, が裏口, が親方, が賭け事, が身体, が連, が進みかけ, が道楽気, が重, が長く, が門野, が院, が雑誌, が風, が食, が香油, が駕籠, が髪結床, けどそれでも, けどつい, けどまだ, けど一台, けど今に, けれどあの, けれどこうして, けれどしかし, けれどそれ, けれどそんな, けれどだんだん, けれどもその, けれどもやっぱり, けれども一般, けれども此方, けれどわたくし, けれど何, けれど何時, けれど執念, けれど実は, けれど尼寺, けれど必ず, けれど是非申, こういう身の上, このお, このやう, この名園, この御, これが, これは, さあお通り, さあ落着, さいぜんから, さ斯, しせん, しわたし, し私, ぜ, そいつが, そうして二人, そこが, そしてもう, そして何, そして平之丞さま, その大金, その娘, その方, それからもし, それでお, それです, それでなるほど, それで普通, それに, それより, ただあの, ただの, ちょっとは, って答え, で, でな, と, といいます, というの, というん, という事情, とこう, とさ, とても悪い, とな, と悪気, と泥, と申し上げました, と申し立て, と申す, と自分, どうかゆるし, どうぞ私, なあに直ぐ, なにかあの, な有難う, ねあの, ねお, ねそれでも, のこんど, ので, のでしょう, ので道灌山, のに嫉妬, のに宮様, のに考えますれ, のを, の好き, まあほんとに途方, もう女, もう少し休ん, もしわたし, ものお, ものそして, ものどんなに, もの夢中だって, もの疑っ, よお嬢様, よきっと, よけいな, よこれ, よさようさよう, よそして, よその, よと一足二足, よどうして, よねえ, よみんな, よわたくし, よグリゴリイ・ワシーリエヴィッチ, よマア, よ人殺し, よ何, よ剣術, よ実は, よ左内様, よ当分, よ放火商売, よ昨年, よ本当に, よ松脂, よ猿, よ皆さん, よ若旦那, よ親分さん, わたくし風情が, わたしも, わたしを, わ松尾, グリゴリイ・ワシーリエヴィッチは, ッて, ヘイ, 三味の, 三布蒲団を, 世間は, 之が, 人民が, 今後悪あがきを, 今日まで, 今美代吉が, 他に, 仮令宗悦, 何う, 何卒私, 全く委細, 全く自己流, 其れ, 別世界な, 勘定書を, 千古斧斤を, 吃驚し, 大黒暖かい, 奥様は, 家を, 尤も世話, 後ろから, 御病気, 恋し合った, 恐ろしいと, 悲しいこと, 旅で, 日済の, 旦那さま, 明日も, 有難う誠に, 朝日権現様は, 村尾さんが, 次の, 此の程は, 此處だけ, 殿様が, 田舎の, 町内では, 眼からも, 確かり遊ばせ, 神尾の, 神父様三つに, 私に, 私は, 種が, 素人の, 罪は, 色々申, 苦しがらせ, 蚊帳の, 赤坂の, 身体の, 身体も, 限りの, 鼻は

▼ のであっ~ (2043, 0.4%)

126 てその 84 てこの 77 てそれ 47 てこれ 4123 てただ 22 てみれ 18 て彼, て決して, て私 17 て之 16 てもし, て単に 14 てそこ 13 て何 12 てそう 11 てそういう, て従って 10 てしかも 9 てここ, てそして, て今 8 て日本 7 てこれら, てすなわち, て他, て別に, て夫, て実は, て必ずしも, て自分 6 てはならない, て人, て例えば, て即ち, て彼等, て我々, て特に, て第

5 [12件] てある, てかよう, てそれら, てどこ, てまた, て元来, て全く, て却って, て吾, て現在, て自然, て見れ

4 [18件] ていわゆる, てつまり, てまだ, てむしろ, てわれわれ, て事実, て今日, て仮に, て実際, て寧ろ, て従っ, て既に, て昔, て現に, て真に, て科学, て而, て要するに

3 [39件] ていずれ, てかえって, てかかる, てけっして, てこういう, てことに, てすべて, てその他, てその後, てその間, てそれ自身, てぼく, て一体, て一般, て世の中, て中, て今後, て例, て初め, て単なる, て問題, て客観, て当時, て彼ら, て抽象的, て探偵小説, て政治, て文芸, て新しい, て普通, て最初, て本当に, て現実的, て真, て秀吉, て私自身, て考え, て自身, て認識

2 [86件] てあなた自身, てあの, ていつも, ていわば, てかく, てかつて, てかの, てさらに, てしたがって, てすぐ, てすでに, てそもそも, てそれほど, てそんな, てたとえば, てだれ, てちょうど, てどの, てどんな, てはその, てまず, てもしも, てカント, て一方, て一旦, て丁度, て上手, て世界観, て両者, て主体, て何故, て俳優, て先生, て其の, て出来るなら, て前, て前者, て勿論, て原稿, て又, て同時に, て土地, て夜分, て媒者, て宗教, て実験, て小説, て左, て彼自身, て御, て心, て恰も, て或, て或いは, て手, て数学, て文学, て新, て日常生活, て未だ, て本当, て本格的, て本質的, て東京, て極めて, て殆, て氏, て源氏, て無, て父, て物, て特別, て現世的, て生き, て真物, て私たち家族, て空間, て立派, て経験, て結局, て結晶, て自然的価値, て言わば, て言語, て道, て雪

1 [889件 抜粋] てあえて, てあと, てあまり取り, てあらゆる, てあんな, ていい, ていったん, ていつか, ていまだかつて, ていろいろ, てうなぎ, てうれしい, ておおげさ, ておそらく, ておのれ, てお返し, てかくして, てかりそめ, てがんりき, てくれれ, てこう, てこうした, てこれ以上, てこんど良雄, てさまざま, てさも, てしまいに, てすべて女, てせめて, てそして一方, てそちら, てそれで, てそれ以前, てそれ位, てそれ故, てた, てだからこそ, てとうてい, てとかく, てとり, てどうか, てどうも, てどれ一つ, てなお, てなんら, てはいささかニヤリ, てはそれ, てはなやか, てはまだ, ては何と, ては目前, てぱっと, てひくい, てほか, てほんとう, てまかり間違え, てまさか, てまさに, てましてたとえ, てまだそのまま, てみずから建設, てみなさんたち学徒, てむしろ用, ても, てもこんなに, てもじつは, てもその, てもともと, てもはや, てもわたし, てもエタ, ても彼ら, ても自由, ても誘惑, てやはり, てよし, てわざわざ, てわたし, てアジア, てアッ, てアントアネット, てイギリス軍, てインテリ, てグイグイ, てシェクスピア, てジャンナン氏, てセゲスタ, てテーマ, てトルストイ, てネズミ, てノエマ, てハイゼンベルク, てパリー, てビク, てフォード, てフロイスたち, てプラトン, てプロフェッサー, てベートーヴェン, てマルクス主義, てミンナ, てヨーロッパ, てライン河, てレッテル, てロシア人, て一, て一つ, て一例, て一八五〇年, て一大変動, て一度, て一所, て一般民衆相手, て一見, て一部, て七八百年間, て三稜形, て上代人, て下, て下等, て不名誉, て世上, て世界, て両親, て中世, て主体的, て久松家, て事態, て二人, て二条家風, て云々, て井戸, て交換価値, て人民, て人間社会, て人類, て今に, て仏像, て仏教, て以上, て仮にもし必ず, て任意, て会堂, て伯母, て低調, て佐竹, て何れ, て何人, て何物, て作家, て価値感, て個人, て個人的画家, て倒錯, て僅か, て僕, て僕自身, て先ず, て全体, て全般, て全部, て公正, て其ため, て其妻, て内容, て内容的, て冬, て出, て分け, て初心者, て別段, て前掲, て創造, て勘兵衛, て勝手, て医学, て匿名批評, て南極, て南海, て印象, て参詣, て反, て取りかえし, て古く, て古参たち, て可能的問題, て右手, て各, て同, て同一, て同輩, て名詮自性表向き, て向こう, て和歌, て哲学上, て哲学的思惟, て哲学的言葉, て哲学自身, て商品ジャーナリズム, て問題解決, て嘘, て噴火, て団十郎, て国体明徴, て国民そのもの, て国王, て土一キロ, て在家, て地理, て堀, て場合, て夕べ, て外聞, て多く, て多分, て夢, て大きい, て大切, て大弐, て大正年間, て大衆, て天, て天然, て天皇, て太郎, て太閤さん, て失敗, て奉公先, て女御, て女房たち, て奸党, て如何, て如何なる, て姫君, て子, て孔子, て学者, て安政二年, て宏子, て宗論, て実に, て実体, て実験的, て客観写生, て室想, て宮, て家鴨, て寒い, て対日戦, て専門, て将来, て将軍徳川藩, て尋常一様, て小林多喜二, て少しく, て少なくとも, て尼, て屋根, て島, て巡察使ワリニャーニ, て左大将, て帝国, て常に, て常識, て年令, て幾日滞在, て店先, て強いて, て当該, て形, て彼等倶楽部員, て往来, て後者, て後述砲弾型, て得意, て微細, て心得, て必要, て忙しい, て思惟自身, て思索, て怪奇物語, て恋人, て恨まれ, て悦楽, て悪魔ファネル, て意味, て意欲, て感謝, て慨, て憎むべき, て成り, て所謂, て所謂五七調, て所謂直観, て手数, て払暁, て批判的, て批評家, て抑, て押し, て探求心, て搗き上がる, て支配者, て政治家, て政治的, て政治道徳, て教師, て数々, て数学者, て文学主義者, て文筆言論, て新た, て既往, て日, て日本国, て日本独特, て旦那様, て旧い, て明日, て明治十七年, て春, て昨夜成戸六松, て昼, て時代思想, て曽つて, て最年少, て最近外務省案, て有力, て本, て本家, て本書, て本来, て札幌, て来た, て枕探し, て果して, て桑木先生, て検事長, て極端, て概念, て正味, て武士, て歳月, て歴史, て歴史科学的概念構成以前, て殺す, て毎年, て民事的伝統, て気温, て水戸家, て江戸時代, て決定論, て沸騰, て法学的素養, て波長, て湿った, て滑稽, て澄みきった, て激しく, て為世, て無抵抗, て無理, て無論, て然るに, て煬帝, て父夏彦, て物質不滅, て特殊的, て狩尾博士, て独自, て猪, て玄関ひとつ体裁, て現代, て現実, て理不尽, て理窟, て理解, て理論的主張, て生まれ, て用心, て田舎, て甲, て男, て畠中氏, て異国, て疑い, て発見, て白人中, て百般, て皆さん, て盛大, て目的それ自身, て直接それ, て真理, て着手中, て知事自身, て破るべき, て社会, て社会ファシスト, て社会科学, て神尾, て私たち二人, て科学的カテゴリー, て科学的認識, て種々, て空, て立場, て端的, て第三者, て米友征伐, て精作, て精読, て純粋, て素人, て終局, て経済, て経済学, て結局文化それ自ら, て統制者側, て美そのもの, て群集, て習慣, て職田一町, て肩, て胸, て脱却, て自ら, て自分達, て自然科学, て自然観照, て自称, て舞台, て良い, て花, て芸術, て若い, て華やか, て落下, て衆人環視, て衣食住, て裁判, て西, て西田先生, て西田哲学, て要は, て親, て解り, て言わせ, て言論, て評判どおり, て詩人, て詳しく, て誠に, て誰, て調査マン, て論旨, て論理外, て論理的, て議論, て豪華絢爛, て貧しい, て貨幣, て買う, て質量, て身体, て農村匡救, て逆, て通貨, て進歩, て過つ, て過去十年, て道学者, て遠来, て部落, て金魚, て鉱山, て鑑賞, て門番, て間もなく, て関東州法曹団, て降雪中殆ど戸外, て階級, て随分, て隠し, て隠れ, て震災, て青年学生, て非, て革命, て音楽, て頬, て頭脳それ自身, て飯島, て饑饉, て高, て高橋哲学, て高等警察, て黒い, て齢

▼ のだらう~ (1582, 0.3%)

43565 と思ふ 33 と思つて 29 と思 2219 と私 17 と云 15 と思ひます 14 が, と思はれる 13 と考へ 11 と言 10 と思はれた, と考へた, よ 9 といふ, と思ひ 8 かそれとも, と自分 7 と, な 6 かと思ふ, がそれ, といふやう, と不思議, と云つて 5 とお, と思ひました, と義雄, 位に 4 かそれ, がさ, と思つたの, と想像, と考へる

3 [19件] お前何か, かと, かと不思議, かと云, かと思つて, から我々, か僕, がその, が今, が私, とおも, とその, と人々, と察した, と彼, と思つた, と推察, 己れ, 彼男は

2 [53件] いろいろの, かさ, かそして, かそんな, かといふ, かとそれ, かとそんな, かと今更, かと思, かと想像, かと私, かと考へた, かと考へる, から, から澁, か人殺し, か私, がそんな, がね, が其, が同じ, が女学校, が自分, さ, そんな真似, て, といつ, といふ好奇心, とさ, とさすが, とそれ, とわたくし, と信じ, と彼女, と思ひ込まされ, と思へ, と思へた, と急, と暫く, と源助さん, と答, に, ジエィン, ドン, 位ひ, 何處からか, 彼女の, 数枚の, 私の, 私は, 等と, 自分にも, 自分の

1 [584件 抜粋] あの大きな小屋, あの遊び, あるとき大曲, あゝあの, あゝすまないすまない, いいえ飲みません, お忙しいなら, かあんなに, かお前, かさつき, かしかし, かその, かぞろぞろ, かだが, かちら, かといふこと, かといふやう, かといふ反省, かといふ悲しい, かといふ気, かといふ變, かとお, かとその, かとそれとなく, かとつひ考へ, かとの詮索, かとふしぎにさへおもはれる, かとみんな熱心, かともん, かとも思, かとも思ふ, かとも考へた, かとも考へられる, かと不安, かと不審, かと不審相, かと云つて, かと信一郎, かと僕, かと富岡, かと彼, かと後悔, かと思はれた, かと思ひます, かと怪しん, かと桂子, かと獨, かと疑はれます, かと空想, かと考, かと考へ, かと胸算用, かと見, かと谷村, かと頻りに, かなあ, かなしくなる, かなどといろ, かなどと私, かなどと考へ, かね, かねえあんた, かひよつ, かぼやけた, かもし, かもしか, からそれ, からな, からもう, から今度, から例外, から早く, から渋, から避難船, か一室一燈, か一體, か乘客, か今日, か何, か何時何処, か働い, か凧, か刈りとられた, か吃り, か多分, か大, か少し, か或, か朝, か横着, か死んだ, か沙漠, か畑, か自分, か薄暗い, か薄暗がり, か近い, か隔離, か青年, がいつたい, がいや, がええ, がおれ, がかれ, がこいつ, がこれ, がしかしそれ, がそり, がそれでも, がただ, がたと, がともかく, がどの, がなにせ, がひる, がまあ, がよく, が三日目, が三田, が下, が二代目, が二十世紀的, が何, が俺, が傍, が僕, が僕達, が全体, が動く, が北, が北海メール, が北海道, が十六艘, が坂田, が外ヶ浜北端, が大, が大変楽, が好んで, が宿, が實, が屋上, が店, が彼, が往来, が心配, が思ふ, が木箱, が板行, が殴られる, が泰太, が烟, が然し, が生憎さ, が皆, が目, が相手, が福助, が結果, が聞えぬ, が芥川, が表向, が見る, が読まず, が逞, が長い, が面白い, が音田, が麦藁帽子, くよ, ぐらゐに思つてのこのこ, ぐらゐに考へ, けど僕, けれど, けれどそれ, けれどそんな, けれどまめ, けれども古来, けれども夢, けれども居ない, けれども茶, けれど何しろ, けれど何だか, けれど僕, けれど婆, けれど木乃伊, けれど本宅, けれど此土地, ここも, この老いぼれ, この薬, これで, こんなに長く, こんな風, さう, しかし彼, しばらくは, し實際東京, すると皆, そこでさ, そこに, そしてそれ, そしてゆる, そして何, そして恐らくは, そして私, その人, その姿, その影, その氷島, その難苦, その首尾, それが, それ迄, そんなこと, そんなに好き, そんなら, ただ読ん, だから妻, つて, つて不審が, て何, て思つて, でなければいくら, といくら, といつた, といつも, といふ予感, といふ二人, といふ人間, といふ大観, といふ想像, といふ疑ひ, といふ解釈, といふ評判, といぶかる, とう, とか主人, とけ, としか思案, とそっと, とちよ, とぢ, とでも思, とでも思ひ, とにかく無事, とにかく私, とは思, とは氷峰等, とばかり僕, とばかり思つて, とひつぱり, とふい, とふしん, とぼんやり, とま, とまた, ともん, とも思, とも思つて, とも思ひました, とも思ひ直した, とも考へられる, とも言, とゆき子, とよそ, とりよ, とわり, とカルサビーナ, とガリヴア, とボルドー, と一度, と不, と不審, と人知れず, と今, と今更, と代, と何となく, と信じます, と内心ぢ, と冷やかしたくなる, と冷吉, と分ってる, と卓一, と危, と反射的, と取沙汰, と合点, と同情, と唐桟, と問, と嘉吉, と子供, と安川, と安心, と實, と幾分, と引返しかけた, と後, と後で, と心, と思っ, と思った, と思つて氣, と思つて注意, と思つて私, と思はせる, と思はれ出しました, と思ひつ, と思ひなし, と思ひ出し, と思ひ込んでしまつた, と怪しまれ, と怪しみ見ぬ, と怪しんだ, と悔いられた, と情けなく, と想, と戸, と手, と推測, と早合点, と村, と横, と母, と気の毒, と深く, と滝本, と激しい, と熱い, と理解, と疑, と疑ぐれ, と疑つた, と私たち, と窮屈, と考, と考へられた, と考へられる, と聞いた, と臆測, と自ら云, と良寛さん, と草吉, と見, と見た, と見る, と見れ, と解る, と言つて笑つて, と訝らず, と話, と話しあうた, と話した, と誘はれる, と説く, と誰, と谷村, と身, と追悼記, と遠慮, と雄二, と頻, と餘, どういふ, どうして來, どうして私, なあ何, なといふ, なと思つた, なと汚れた, など, などといつ, などとは思, などと上, などと不思議, などと云, などと初め, などと思つて, にと思ひ思ひ致しました, ねえ, ねえこれ, ねお前, ねとあら, ふと立止, ぼんやりひとこと, ぽか, まあ, また一つ, ま時, もつともらしい, やがて盲目, やつぱり将軍の, ゆき子の, シインとして, ツて, プログラムらしい, 一人が, 一体に, 一体何処, 一生に, 三間ばかりも, 五十銭玉二つを, 今さらこの, 今まで, 今度は, 今日から, 仕事は, 仲, 位ゐ, 何と云, 何に, 何にも, 何処から, 俺が, 偉いこと, 兄が, 先へ, 兎も, 其に, 冬は, 別にこだ, 別れの, 割り合に, 割合気軽, 勘当の, 北原白秋君の, 半ば起きかけ, 印袢纏の, 厭に, 口で, 口を, 名古屋の, 君が, 四里八町所か, 声で, 夜にな, 夢では, 大變, 如何にも寒, 始終良心, 安永は, 官も, 容易に, 少し位, 少し腹, 山から, 岡田は, 帰途かねて, 平次とやら, 彼の, 後に葉山先生, 従来の, 御用は, 徳利は, 徳次は, 急に, 悪魔の, 抔といつてを, 散文では, 斯の, 明治卅五年十一月九日から, 暫らく投げやりに, 果してその, 構内では, 檣の, 此う, 気の毒に, 江戸へ, 渠は, 田舍者じみ, 画面に, 留守中に, 白の, 直ぐ後ろ足, 破滅か, 磁石がと, 私が, 私たちが, 私に, 空気の, 等とお, 籍を, 練吉は, 脇差は, 脊の, 自宅へ, 芝居が, 花嫁につき, 若い売笑婦, 荷馬車の, 裃を, 解雇した, 話声一つ聞え, 豈夫, 軽い笑顔, 青白い瓦斯灯, 頭が, 馬は, 鳥が

▼ のであります~ (1396, 0.3%)

63 がそれ 62 がその 4442 がこれ 39 がこの 31 がしかし 29 が私 18 から 16 からこの 13 からその 11 か, からそれ 10 からこれ, から私, がそういう 8 からし, がただ, が今, けれどもその 7 がさて, が日本 5 がここ, がそう, が其の, が此 4 からそういう, からもし, がしかも, がそれでは, がどうも, が今日, が例へば, が兎, が実は

3 [16件] から容易, がある, がこれら, がさ, がそこ, がまた, がわれわれ, がインド, がザヴィエル, が人, が唯, が段々, が漢, が若し, な, 而し

2 [75件] え, からいろいろ, からいわば, からさ, からどうも, からまことに, からもっと, から一応, から之, から何, から其の, から前, から国家, から将来, から彼ら, から日本人, から昔, から是, から時々, から誠に, から諸賢, から非常, がいずれ, がいま, がお, がこういう, がこれから, がその間, がそれでも, がそれにしても, がた, がどうか, がひとたび, がまず, がまだ, がもっとも, がもとより, が世の中, が今度, が何分, が例えば, が儒教, が先程, が前, が印度, が又一方, が可, が品川弥二郎, が唐, が国民, が実際, が實, が少し, が已に, が当時, が彼, が御, が果して, が歴史, が決して, が福井, が私ども, が聞く, が自分, が自然, が近頃, が面倒, けれども, けれどもこれ, けれどもそれ, けれども今, それは, と私, 例へば石塔, 此の

1 [687件 抜粋] いや變つて行つたの, お化粧中, かそれとも, からあたかも, からあの, からいかに, からいかにも, からいづれ, からおのずと, からがたがた, からこれ綱紀, からしかた, からすこし, からそこ, からそのまま, からちょっと, からできるだけ, からどうぞ, からどちら, からどの, からどんな, からほんとう, からま, からますます, からまず, からまったく, からまるで, からもしも, からもともと, からわかりませぬ, からガソリン節約, からドチラ, からヨーロッパ, から一つ, から一度, から一概, から一體どれ位, から不思議, から世の中, から主人, から二つ, から五類, から今, から今一冊子, から今日, から今晩, から今更, から他, から仮名, から会員, から作行, から個性, から値, から先住, から先方, から公衆, から其學問, から其條項, から前後, から前条句意, から創立, から勝れた, から勢, から即ち, から厳密, から受け取る, から同姓, から吾, から咎むべ, から唯今, から問題, から壻, から外國, から大分, から奴婢, から威勢, から子供, から安心, から寔, から山形, から左母二郎, から幾分, から徒刑一年, から徒刑二年半, から従っ, から性欲, から戦争, から支那, から教え, から文化, から日本, から日本独特, から早い, から明律, から智力, から服従, から杖九十, から東洋, から此苦樂, から歴史的思想, から段々, から比較的, から気持ち, から江戸, から治平, から法華経, から漢文, から漫, から煙, から牛刀, から物, から現在, から甚だ, から産婦, から當時, から発車, から皆, から短気, から石, から科学, から種々, から筆者, から紀, から結果其物, から続々, から考え, から考えよう, から考古學, から自ら開拓, から自慢, から色々, から覚え, から親, から言葉, から言語, から調和, から趣意, から身分, から遠ざかる, から間違, から陶器芸術, から餘程, から驚く, から魯頌, か軍曹どの, があの, がいかに, がいかにも, がいま決闘, がお話, がかかる, ががんりき, がこ, がこうして, がこんな, がさすが, がざんねんなことに, がしかしまた, がすこしも, がすでに, がせっかく, がせめて, がそうして, がそこで, がそして, がそのため時, がそのまま, がその後, がその間紆余曲折, がそれから, がそれだけに, がそれで, がそれら, がそれ程, がたとえば, がたまさか, がつまるところ, がとうとう, がとにかく主として, がとにもかく, がともかく, がど, がどういう, がどうして, がどこ, がどの人, がなかでも最も, がなかなか, がなかなか思う様, がなん, がはからい, がはからずも, がはなし, がふと, がま, がまあ, がまァ, がもし, がもと, がやはり, がやり方, がよく, がイタリイ滯在, がイプセン, がキリスト教, がサテ, がタイ, がドウ, がニンジ, がパン一種, がフランシスコ・ザヴィエル, がヘルン, がホン, がラ, が一つ, が一万年, が一寸, が一度, が一歩譲つて, が丁度, が万一, が万葉仮名, が不肖, が与八, が世間, が中, が中国人, が中江藤樹, が主として, が事, が事実, が二葉亭主人, が些, が京都, が今度何, が今日日本, が今日誰, が仏蘭西革命, が仕合せ, が他, が仮名, が会長, が何せ, が何事, が余程, が併, が併し乍ら, が信仰対象, が俳句, が僅か, が先づ茲, が其図, が其張本人, が其時, が其次, が兼良, が前途, が劉, が劉向, が北海道, が南側, が去来, が又, が反対, が古い, が史上, が右図案, が各位, が同じ, が吾, が問題, が土器, が地名研究, が堅い, が大きい, が大体政治, が大変, が大正二年, が天子, が天守, が夫人, が夫等, が子供, が学術, が安芸, が実に, が実相感, が客, が家人, が密陀絵, が富永, が將來此, が尚, が岸, が左傳, が帰っ, が平安朝頃, が平家, が年寄り, が幾度, が弥次郎, が当直将校, が彼ら, が彼ら自身, が後醍醐天皇, が御馳走酒, が必ずしも, が急, が恥ずかしい, が患者, が意識的, が我々, が戦争, が折柄小生, が數百年, が斯く, が斯様, が明, が明日, が明治四十二年, が春夏秋冬四季, が是, が時, が時代, が普通, が書いた, が最初, が最後, が木像, が木函, が未だ嘗て, が李景雲, が材料, が果して然, が栗田博士, が次に, が正史, が此処, が此種類, が死ぬ, が死体, が毎年立春, が氏, が汚れ, が法律, が活気, が浪士, が温祚, が漸進主義者, が然し, が爺さん, が爾来, が牛若, が特に, が狐, が猿, が現実, が理屈, が理想, が環境, が皆さん, が皿, が真, が神戸氏, が神父, が稲村, が童話, が第, が紅梅, が純, が結局, が結局話, が絶対, が繁雑, が罪, が羅馬人, が職域, が職業上, が色々, が芸術, が芸術的生命, が苦行, が處, が蝋燭, が要するに, が見る, が見慣れない, が親房, が論, が貴下, が軍事界, が辛うじて, が近藤, が近藤勇, が連続, が遺憾乍ら私, が都合, が酔い, が金, が釘鋲等, が間接, が關西地方, が陶器, が青磁, が順序, が頭部, が饑饉, が馬上, が魚, が鳥, が鳴子の, けれどもこの, けれどもさて, けれどもしかし, けれどもとにかく, けれどもまた, けれども一方, けれども一般, けれども世に, けれども今日, けれども何せ, けれども何分, けれども元来, けれども兄, けれども分量, けれども印刷物, けれども同時に, けれども大体能, けれども實際想像, けれども左傳, けれども是, けれども権道, けれども比較的, けれども結局それ, けれども鄭樵の, けれど仔細, けれど盛ん, この種, これと, これに対して, さう, さうし, さきほど十八名, しいま自ら購, したがって芸術, し何れ, し消えた, し神, そういう風, そこが, そしてそこ, その中日, その他モティフは, その牧場, その絵, それから前, それで之, それで延暦, それで暫らく, ぞ, ために, で尚, で無根水, と, といふ, とそれ, と云う, と言う, と諧謔, などと余計, またたとえば最後, よ, シヴアに, 一番初めて, 事実から, 人力を, 何故に, 佛教に, 例へば婚禮, 兎に, 其の行, 其關係と, 前に, 前年来, 多くは, 夫から, 後世では, 從來宗祖大師の, 思わず識ら, 愈四十日經つた所, 我國の, 故に, 昔は, 殊に近頃印度, 画風は, 皆自動車で, 種子物の, 米國へ, 素敵, 西洋人が

▼ の~ (1212, 0.2%)

31 小さいの 1711 しきへ 10 がな 9 ないか 8 ぞ, 青いの 76 で, なア, よつて 5 いろいろの, しきに, しきを, ねの上, わ

4 [11件] いろ, おまへん, さかいな, ぜ, また稜, まの, もん, 短いの, 若い僧たち, 黄色いの, 黒いの

3 [22件] いろいろな, おへん, がなお, けれど, さかい, そうです, そうに, そのほか, て, ないの, また, もの, ろか, 其の他, 円いの, 小さなの, 新しいの, 無数の, 白いの, 赤いの, 足の, 高角山の

2 [61件] いろいろありました, おぼろに, がこれ, が無理, けど, さかえ, しきが, しきの, そうかと, その他いろいろ, その老人, それが, それとは, それは, それ等が, ぞという顔, だよ, つめが, と言う, どれも, はらかい, はらかな, まである, まなし, まは, むべから, もうたくさん, もん生れ, わいね, アルミニウムの, チャキチャキ鳴る, 七平に, 低いの, 何か, 何十ぴきという, 凝った品, 口の, 味噌汁が, 四五人の, 大根の, 姿勢の, 実にめちゃくちゃ, 川崎家旧, 川崎家舊藏の, 形の, 情け深いの, 林檎の, 柿の, 沢山の, 洗ってないの, 生の, 耳の, 肥えたの, 色々だつた, 貴方の, 辛いの, 雨戸を, 青田の, 顎の, 黄いろいの, 黄のや

1 [836件 抜粋] あかんの, あった, あっちこっちに, あまり少ない, あらへんか, あるいはまたきらら, あるかないかの, あれしまへん, あれへんで, いうよう, いくつも, いじけたよう, いつまで, いりみだれて, いろいろあった, いろいろある, いろいろでありました, いろいろは, いろんなの, いんげん, うす色, うつくしげ, うようよ槙屏, おおぜ, おかめ, おわかり, お互いに, お前, お嬢様を, お悔み, かたはまた, から, から一日, から楽, があっ, がお前, ががま口, がそりゃ, がと思った, がと院長, がどだい, がな芸者, が二円五十銭, が何ぞ, が何ん, が俺とこ, が出ません, が消防, が秋公, が金縁, きざかな, きまってしもうた, くちびるをまつかにぬつたのもいる, ぐらといっしょにけぶりになってしまうのだろうか, ぐらの, けどあまり人, けどうち, けどお, けどせん, けどなんぼ, けどなハ, けどわ, けどマア, けど今度, けど危う, けど成績, けど放と, けれどすいた, けれどももう, けれど私, この町役人, これには, こんがらかって, ごっちゃに, さう, さうし, さかいいいはる, さかいお前, さかいなア, さかいよう知, さかい仕方, さかい余計, さかい僕, さかい命, さかい手塩, さかい薄い, さかい難, さしに, さまざまで, さまざまの, し, しきだ, しきで, しきであった, しきへは, しきニ引取て, しみだらけの, しめった木, し今, し組, すけさ, すべてこれを, すみでございます, すりに, すり箱へ, そういう音的効果, そういったほんのわずか, そうでございます, そうや, その他を, その他種々な, そや, そやったら, それからまた, それから近づく, それやな, それらは, そんな風采, ぞお, ぞ何, ただ一つぎりのやさまざまでありました, たまったの, ちやんと, つまんで, つめ綿に, てなえらい, て急, でな, で一つ, で踊り手, とこ, とみんなそ, とん, とガツカリ, と思う, と自身, と非難, どかり, どに着け, どへまいり, なあ, なあ思, なあ金目, ないかいな, ないかと, ないけど, ないし, ないや, ない言う, なかにはお, なぎの, なぎ倒されたまま顛覆, なち, なべての, ねからこの, ねで, ねのとった, ねへはしご, ねへも陛下, ねを見おろす, はげか, はしごの, はなはだしいの, はらだ, ほそいの, ほとんど区別, ほん, ほんまに, まがったの, またはシャツ, または冬瓜, また刈り取った, また暮, また洋傘, また粟, また青い, また黒, まだ新しい, まだ茶色, まぼし, ま上野, むおもむきは, むくんだ紫色, むなきにいたるまでは根気よく, もうそんな, もっと大きい, やがて枯れ, やわらかすぎ, よう気いおつけ, よって淡路, よつて一杯, わかるの, わこんな, キレ類の, サラサの, シチューの, ショート, ジョン自身の, ダイヴィングが, テンヤワンヤの, テーブルの, バナナを, ビロードの, ピアノで, ピンセットの, プープーという, ホット・ドッグの, ボソボソ何, ミシンの, メソメソした, ー, 一人暮しに, 一日一日と, 一連の, 上り込んだ, 上込んだ, 不精ツたい家も, 並外れて, 中から, 中古の, 乱暴な, 二三日空家に, 二日間の, 人の, 仆れ, 今にも断れ, 今流行ってる, 他の, 仮綴の, 何かで, 何も, 何百ぴきという, 俺と, 偽物を, 僕等は, 先後の, 八人の, 兵士が, 写真の, 出すの, 出鱈目に, 刷毛で, 創口が, 加佐米の, 勝手に, 勢いこん, 化物の, 十センチあまりの, 千本の, 半分ぐらい, 南瓜を, 厳めしい, 古び汚れた, 同じ顔, 品数を, 唇を, 四番の, 土地によ, 土製の, 堅, 塀を, 塗ったの, 壁の, 夕刊うりの, 外にも, 大かたは, 大きい犬, 大きな家, 大和菩提寺の, 天井の, 天地紅の, 天秤で, 太いやの, 太閤さんを, 奈良平安朝の, 女の, 女の子に, 妙に, 威儀を, 娘らしい, 嫁に, 子供が, 季節と, 実にさまざま, 家の, 寒いもん, 寝汗かいた, 小さい四角い伝単形, 小さすぎる, 小さな小さなし, 小盗の, 少しずつ, 少し不, 尖ったの, 屋根の, 山羊の, 崖下の, 巻煙草の, 平ったい, 年取ったの, 店の, 庭の, 弱いの, 役人の, 彼が, 彼女の, 彼家へ, 思いまして, 怪しげな, 息子でも, 意気地の, 或は木理, 手創を, 手廻しの, 手足が, 折々怒鳴りつけられ, 折れたの, 授業中一学年の, 数えきれないくらい, 斑な, 日本風な, 早うこっち, 早出し, 映画館の, 時としては, 時による, 曲りくねったの, 有難いもん, 木の, 木版刷の, 朽ちた材木, 来ないの, 東部の, 枯れ葉を, 柏木村を, 柱時計の, 桃色の, 棒みたいな, 檣から, 武将や, 歯並みの, 毛艶の, 水色の, 水芸でしょう, 河岸が, 洋服を, 流れを, 浅いの, 海老やん, 海苔卷き, 淡い日差し, 港の, 湯気を, 漬物桶の, 濃い紫, 瀬戸ひき鍋の, 炭俵を, 無いの, 無精髯のや, 無縫, 煉瓦色を, 煙草の, 燻つたのや, 父親から, 狂信狐憑きの, 狼に, 王さまの, 球の, 田上山は, 田舎の, 男さんの, 畑の, 病的に, 痛烈な, 白い瀬戸もの, 白と, 白黒の, 百姓の, 目顔で, 真っ向を, 真赤な, 眼脂で, 知らないのだらけ, 知らんが, 短いので, 砂や, 砂山が, 破れたの, 福松君です, 禿げたの, 私たちが, 秋田も, 種々に, 種々雑多な, 稽古着に, 穂の, 空の, 空罐を, 立って, 端ぎれを, 箱根の, 籠手脛当に, 糊壺インキの, 紅味が, 紫が, 紫ぐんだのやそういう, 紫のや, 紫や, 紫色がかった, 細いの, 綺麗に, 緑のや, 線路の, 縁台の, 美しいの, 羽の, 羽目を, 羽織が, 老いぼれやらの, 聞いても, 肉の, 肥ったの, 膝を, 至極天下泰平, 良人の, 色々だった, 色々の, 色とりどりの, 花束などが, 若い僧, 苦しいの, 茗荷だの, 茶や, 荒い瀬なみ, 蒸しタオル, 蓋の, 薄い桃色みたい, 薄汚ない扮裝, 藍色の, 螽, 衿足の, 袖無のや, 裳の, 裾が, 褪色した, 西洋菌に, 見たこと, 観音様の, 角ばった, 諸工場, 諾威船の, 谷崎潤一郎氏の, 象の, 象牙で, 買わいせな, 赤つ, 赤に, 蹈みつけられた, 軟派を, 軽薄な, 近年まで, 透明な, 途中で, 運送店や, 遠ざかつたのや, 郡代官の, 酒飲みの, 酷いの, 野趣満々たる, 鉄屑の, 錆びた金属, 鎌倉へ, 鏑の, 長い捲, 附かない木, 陶器の, 雑音雑臭の, 電気技師の, 青いきれ, 青い胴体, 非常に, 靴下を, 頼まれて, 顔じゅう傷跡だらけに, 顔ふきの, 馬と, 馬車が, 馬鹿な, 髪の毛まで, 魚の, 魚屋さんに, 鶸色な, 麦酒の, 黄い, 黄色い太い煙突, 黄色つ, 黄色のを, 黒いダッタン人, 鼠でも, 鼠色の

▼ のだった~ (1170, 0.2%)

8375 がその 44 がそれ 25 から 20 がこの 15 がしかし, ね 14 が彼 13 が今, よ 11 がそう, が庸三, が銀子 98 がこれ, な 7 がそこ, が私 6 かも知れない, がそうした, がそれでも, が彼女, そうだ, のに 5 がある, がそんな, が時には, が葉子, ということ 4 かも知れぬ, がそれだけに, がちょうど, がもう, が今日, が伸子, が後, わ

3 [18件] かな, がいつも, がここ, がさて, がさりとて, がしばらく, がそうして, がそれだけ, がとにかく, がどこ, がなぜ, がやがて, が今夜, が実は, が少し, が来, と思った, に

2 [60件] かなあ, からこの, からその, から結局, があと, がいつの間にか, がいま, がお, がおそらく, がお母さん, がかく, がこうして, がこんど, がさすが, がしかも, がすぐ, がすると, がずっと, がそういう, がそして, がその間, がそれから, がただ, がどう, がどういう, がどうか, がなるほど, がはじめ, がふと, がまた, がもちろん, が一旦, が主人, が今度, が何と, が午後, が吉田, が土地, が声, が思った, が来る, が次, が次郎, が母, が然し, が父, が笑い, が船, が誰, が途中, が順平, けれど, けれどこうして, けれどそれ, けれども誰, としたら, と思う, のかも, のだ, のです

1 [514件 抜粋] かあるいは, かしら, かしれない, かそう, かとにかく, かと判った, かと心づい, かね, かもしれない, かもしれぬ, からだ, からね, からもうこう, から三人, から不, から今や, から今度, から仮に, から個々, から多分, から実際, から家, から巧, から正直, から清潔, から記入, から謡, かりにも, か今, か左, か忘れ, か果して本当に, か水曜, か素子, か覚え, か覚えない, がいったい, がいつ, がいつから, がいつかれる, がいつのまにか, がいつの間に, がいや, がおいし, がおさえれ, がおそらくは, がおよそ, がお八つ, がかれ, がきかなかった, がきょう, がぎん, がけっして, がけっしてゆっくり, がこういう, がこうした, がこんな, がこんや, がさっそく, がすぐけろりと, がすでに, がすもう巧者, がそうすると, がそうなると, がそのうえあまり, がそのうち, がそのうちだんだん, がそのうちまず, がその後, がそれでは, がそれに, がそれにしても, がそれほど, がそれら, がそれ以来, がたまに, がだしぬけ, がちら, がついに, がとうとう, がところで, がともかく, がとりわけ, がと思い, がどうしても, がどうも, がどちら, がどんより, がなあに, がなお, がね, がはじめて, がはッきり, がひと, がふだん, がべつに, がほか, がほとんど, がぽ, がまだ, がまったくよく, がまもなく, がみんな, がもうこう, がもうずっと, がもとより, がもはや, がやや, がよく, がわざと, がわずか, がイタリア人, がカテリーナ・リヴォーヴナ, がテッド博士, がデパート歩き, がドノバン, がバルブ, がフランス, がフリーダ, がマズルカ, がマリ子, がモスクヴァじゅう, がランプ, が一々, が一九二八年, が一滴, が一面, が丁度, が三四人輪, が三年, が下, が不思議, が不断, が与えられた, が世の中, が世帯, が世話, が中学時代, が中江, が中途, が丸抱え, が久三, が乗鞍岳, が事情, が二疋, が二階, が云うべき, が交通, が亭主, が人, が人影, が今それ, が今更, が今葉子, が以後, が仲居, が会わす, が何, が何しろ, が何せ, が何ぞ, が何らかの, が作家, が例, が例えば, が俄然, が俺, が倉地, が倉持, が倣岸, が傍, が入れ, が全身, が其後, が内蔵助, が写真, が写真屋, が処, が分, が分け, が分れ道, が初めて, が初太刀, が別れ, が前, が創作, が加世子, が千一夜物語, が原因, が反対, が叫ぼう, が合理的, が吉良, が同じ, が同窓会, が名前, が和泉屋, が商人, が問題, が喋り, が困った, が園田, が均平, が塩釜, が多, が多分, が多勢, が夜, が大抵, が失敗, が女の子, が女将, が好き, が妙, が姐さんたち, が姫君, が子供, が学生, が安二郎, が実際, が宿酔発散後, が対手, が寿子, が小判, が小川先生, が岩, が川瀬, が工科, が左膳, が差向い, が己, が帰っ, が帰り, が年, が年暮れ, が幼い, が座, が引き裂いた, が当の, が当時チャアリング・クロス, が彼ら, が彼自身, が待つ, が後で, が御, が必要以上, が思う, が急, が悲しい, が悲しみ, が意味, が意外と, が或, が房枝, が打ち, が打っ, が打撃, が抱え, が抱え主, が拒まれた, が推論, が支倉, が教頭, が数多き, が文検, が文次, が文芸, が新聞, が既に, が日, が昔, が映画, が春月亭, が昨夜, が暫く, が書きはじめた, が曾呂利本馬, が朝, が木下, が木曜会, が本来稟質, が材料, が来ない, が東京, が松の内, が槍, が槙三, が横幅, が樫, が此, が武蔵, が死んだ, が母親, が気, が泊, が法水, が浮かびあがった, が深夜, が深川, が清子, が渋い, が湯, が満, が源作, が潰れかかった, が無軌道, が父親, が片や, が牛, が特別, が独り, が玄関, が現在, が生徒たち, が男, が留女, が疑惑, が疫痢, が病室, が癇癪, が登恵子, が皆令, が相手, が相手そのもの, が真相, が眼前世の中, が着座, が矢代, が知らなかった, が知らぬ存ぜぬ, が石子刑事, が礼儀, が突如, が突然, が素子, が素早く, が素足, が結局, が結局どっち, が結果, が考え, が而, が職人同士, が職掌柄, が職業それ自体, が肝腎, が脆弱い, が腺病質, が自分, が自動車, が船長, が良人, が色, が芸術, が苛酷, が若造, が荷, が菜食食堂, が行先, が裁判所事務局, が見る, が覚え, が親, が親父先生, が親爺, が言葉, が話, が話題, が誰ひとり, が誰一人, が警察, が赤い, が赭, が起きそろった, が身分, が近, が近ごろ, が近所, が逃げられ, が進歩的, が遂に, が遅かっ, が過去, が道中, が部屋, が酒, が鉄屑ぶと, が銀座, が錯覚, が間もなく, が陽子, が雀, が雨, が雪, が青年たち, が顔, が風呂, が食料, が飯, が馬淵, が驚く, が黒チック, が鼓村師, けね, けれどあまり, けれどこの, けれどただ, けれどもこう, けれどもこれ, けれどもそれ, けれどもそんな, けれども何と, けれども合, けれども嵌, けれども彼女, けれども従来彼対犯人, けれど今, けれど家, けれど真実, ことは, ことを, し, しおまけ, しレヴェズ, し婦人, し彼, し雨, ぜ, そうで, そうである, そうです, そして今, その石田重吉, っけ, っけと思い出した, ではなぜ, でもだんだん, と, というの, というよう, という考え, という話, といえよう, といえる, とお, ときけ, としても二人, とでも言う, とね, とはじめて, ともいえる, とも考えた, とやっと, と主人, と云, と云った, と後悔, と思いつき, と思います, と昨夜, と残念, と申します, と知る, と考え直す, と自分, と見えた, と語っ, どんなもの, なあ, なと思い起し, などとも思う, においてをや, にすぎない, にまあ, のさ, のだろう, ので, のである, ので考え, のにと後悔, のに今年, のに私, のね, のナポレオン, ようだ, わずかに, わネ, んだ, んです, 三重顎の, 兼子を, 又八, 彼も, 死人は, 殊に今, 残念を, 私は, 舞台が, 茶を, 雲の

▼ のとは~ (1013, 0.2%)

64 違って 24 反対に 22 違う 16 ちがって, 違ふ 13 反対の 12 わけが 11 非常に 9 別の, 反對, 比較に 8 別な, 訳が 7 異って 6 ちがう, 全く別, 異った, 違います 5 ちが, ちがいます, まるで違った, 全く違った, 大変な, 違うの, 違うよう 4 ほとんど同時, まるでちがっ, まるで違う, 別にもつ, 少し違う, 様子が, 異ふ, 逆に

3 [19件] たいへんな, まるで反対, まるで違っ, ワケが, 全く反対, 全く異, 別である, 同日の, 大ちがい, 大分に, 少しばかり, 少し訳, 少し違, 根本的に, 格が, 異り, 違うが, 違うと, 違つてゐる

2 [54件] おのずから別, ちがうの, ちがうのよ, ちがうん, ちがった, ちがわあ, どうして鑑別, どこか, どっちも, また別, また異, まるでちがった, まるで別, まるで違, 丸で, 些と, 何うし, 余ほど, 全く性質, 全く趣, 全く違う, 全然ちがう, 全然違った, 別で, 同じもの, 大いに違う, 大きさ, 大に, 少し意味, 少し違った, 少と, 性質が, 意味が, 打って, 打つて, 正反対の, 正反對, 比べものに, 汝の, 異つて, 異る, 變り, 質が, 趣を, 較べもの, 違うかも, 違うぞ, 違うて, 違うん, 違ったところ, 違つて少し, 違つて居る, 違ひ, 雲泥の

1 [529件 抜粋] ああんまり, あたかも密林, あたりを, あべこべな, あんまり違う, いえ一躍, いえ少し, いくらか違つて, いささかわけ, いまだに記憶, うって, おそらく性質, おっかなく違う, おなじく簡単, おのずからちがっ, おのずからちがった, おのずから事, おのずから違った, お話に, かうした関係, かけ離れて, かつての, かなり違つて, がらりと, こうしたお客, ことが, こと違い源十郎を, この場合, この点, これだけ, すこしちがう, すこし違う, すこぶるその, すこぶる感じ, すっかり違っ, ずいぶんちがう, ずいぶん差, ぜんぜん別, ぜんぜん意味, そこに, その人, その伊勢陣, その信念, その動機, その時二十分近く, その目的, その趣, たちが, たぶん意味, たまらなく新, だいぶこれ, だいぶん趣, だいぶん違っ, だいぶ趣, だいぶ違う, だいぶ違っ, だいぶ違った, ちがいが, ちがいますね, ちがいますもの, ちがいサルジニア, ちがうおのずから, ちがうか, ちがうから, ちがうし, ちがうぞ, ちがうでしょう, ちがうと, ちがう匂い, ちがう革命, ちがう題材, ちがったほがら, ちがったほほ笑み, ちがった何処, ちがった反感, ちがった声色, ちがった形, ちがった父, ちがった見かた, ちがった見解, ちっとわけ, ちとわけ, ちと廣言, ちょうど逆, ちょっと変った, ちょっと考える, ちょっと違っ, ちょっと違った, とっくの, どうしても感じ, どうな, どうも一緒, どうも様子, どうやら少, どう云う, どっちが, なりぬ, はてあり, はんたい, べつらしい, ほとんどその, ほぼ同, ほんのしばらく, まことに遙, まさかおまえ, また気持, また違う, また違った, まだかなりちがった, まったくちがう, まったくちがった, まったくべつ, まったく別, まったく違った, まつたく趣き, まるっきりちがった, まるっきり違った, まるつ, まるつきり, まるでちがいます, まるで勝手がち, まるで味, まるで好み, まるで比較, まるで気持, まるで異, まるで逆, まるで違つた, まるで違つて, むろん違う, もちろんちがう, もっと広大, もはや事實認識, やや一致, やや異, やや違う, よほど趣, よほど違っ, ガラリと, コロボックルに, チト出来が, ハッキリ違っ, 一寸別だ, 一寸説明, 一寸違っ, 一応はつきり, 一緒には, 一致する, 不調和な, 事変り, 事情が, 事違い雪は, 二つの, 二ケタぐらい, 云つ, 些か趣, 些違って, 仕事が, 代を, 仰しゃらなかったし, 似て, 何か, 何だか大分様子, 何だか違, 何事ぞ, 何事だ, 何処とも, 何處か, 余程趣, 保存が, 信徒は, 全くそれ, 全くちがいます, 全くちがう, 全くちがっ, 全くちがった, 全くの, 全く個人的, 全く同, 全く同じ, 全く同時, 全く忘れ, 全く様子, 全く異なっ, 全く異なった, 全く異なつ, 全く逆, 全く違, 全く違います, 全く違っ, 全く違つて, 全で, 全るでち, 全然もっ, 全然変った, 全然情緒, 全然意味, 全然正, 全然異なった, 全然違いました, 全然違う, 全然違っ, 其處で, 内容の, 出から, 分ちが, 初めが, 初対面の, 別, 別だ, 別にもっと廬, 別に西行, 別ものである, 別人, 別人の, 別問題でなけれ, 別物であっ, 別物である, 別種だ, 別種な, 別途に, 到底比較, 前房, 動物の, 勝手が, 又ちがった, 又別, 又異い, 又違う, 又違つた, 反対で, 反対よ, 反対側の, 可なりに, 各個人, 同じく誣, 同じじゃ, 同じほど, 同じ底, 同じ感心, 同一もの, 同日に, 同時だつた, 同時であった, 同時です, 同時でない, 同時に似, 周囲も, 味が, 品は, 品物が, 圖が, 場合が, 場所が, 変って, 変つた, 変つてゐた, 変つて来た, 多少趣, 多少違っ, 大いに趣, 大いに違っ, 大いに選, 大きな相違, 大した相違, 大ち, 大ぶんわけ, 大ぶ違う, 大へん趣, 大分ちがいます, 大分ちがった唸り, 大分事情が, 大分内容を, 大分変っ, 大分変つてゐる, 大分容子がちが, 大分見当が, 大分趣きが, 大分違うらしい, 大分違つてゐる, 大分違ふ, 大変に, 大変趣きの, 大層消化, 大層違う, 大違い, 大違いの, 天地の, 天壌の, 如何なる場合, 完全に, 富士山の, 寒暖計で, 対照的で, 少々違つて, 少しく違います, 少しちがう, 少しちがっ, 少し心持, 少し意味合, 少し手順, 少し格好, 少し異う, 少し違います, 巧まざる面白い, 年齢に, 幾らか違っ, 幾分趣, 弁信法師ならず, 形の, 形は, 形も, 形式は, 彼女の, 心持が, 心持に, 必ずしも同時, 怖れ, 思いながら, 思わずずっと, 思われません, 性得で, 怪しからんぢ, 想像以上に, 感じが, 或は同じ, 撰が, 明らかに, 期せずし, 根本に, 根柢的に, 案外の, 正しく意味, 正反対で, 正反対に, 殆ど一緒で, 殆ど同時, 殆ん, 比べも, 比べよう, 気が, 気の, 気持が, 火の, 状態を, 甚く, 甚だしい相違, 甚だ酷く, 生涯忘れる, 申しますまい, 異い何やら, 異い幾人, 異い自由, 異う, 異っ, 異なって, 異なりつまり一種, 異なるから, 異にし, 異ふけれ, 異様の, 相当鋭敏, 知らず言って, 知らなかった, 硬水と, 確かに, 私には, 種類が, 等差が, 粒の, 精神に, 結局お, 考えられずに, 脱ぎ替えて, 自から, 自から人, 自づと意味, 自ら別である, 自ら違っ, 自分の, 自然に, 自然違う, 自然違つた方法を, 芸術家だったら, 著しい対照, 見えなかってよ, 見違えるよう, 規則が, 言い憚, 言えませんが, 言わせませんよ, 言わない, 言わないもの, 記叙の, 話が, 話に, 語気から, 誰が, 調子が, 質は, 趣が, 趣きを, 趣旨は, 足く, 足並が, 辛酉の, 道が, 違い, 違いいやしくも, 違いだんだん, 違いどこ, 違いました, 違いましょう日蓮上人, 違いますか, 違いますから, 違いますし, 違いますねえ, 違いますもの, 違います肉親, 違いスッカリ腕, 違い一大帝国, 違い三つ番, 違い人狐, 違い国民全体, 違い手の平, 違い日本の, 違い深く, 違い進行, 違うか, 違うからな, 違うからね, 違うけれども, 違うしねえただ, 違うじゃ, 違うぜ, 違うそれ, 違うたもの, 違うね, 違うのよ, 違うはず, 違うゆいしょありげな一基, 違うよ, 違うらしい, 違う他, 違う建物, 違う怖, 違う横浜生まれ, 違う白い若い, 違う苦しみかた, 違った, 違ったいかにも, 違ったもっと, 違った原因, 違った又, 違った家, 違った工合, 違った底流れ, 違った感情, 違った方向, 違った湯槽, 違った生き生き, 違った用意, 違った給仕, 違った自然, 違った調子, 違った風, 違った風回り, 違っちゃ, 違ってるよ, 違つた, 違つた原因から, 違つた稍老人らしい, 違つてこの, 違つても, 違つてる, 違つてゐます, 違つて何か, 違つて只漁村の, 違つて大, 違つて将軍家の, 違つて居た, 違つて更に, 違つて樹木ばかりが, 違つて瓜の, 違つて窕子が, 違つて過去の, 違ひます, 違ひまつせ, 違ふかね, 違ふさかい, 違ふだらう, 違ふと, 違ふんです, 金銭や, 限らない, 限らない何, 雲泥の差である, 非常な, 非常なる, 頗る我ら二人

▼ のであり~ (897, 0.2%)

13 これは 12 それが, それは 11 そしてこの 10 而も 7 従って又 5 かくて, そこに, そしてその, そのため, 之を 4 これを, その意味, 之に, 人間の 3 そうし, そうしてその, そしてそれ, そしてもし, そして吾, それを, 他の, 吾, 彼が, 私の

2 [50件] かよう, けだし食物, このよう, これが, これによって, すなわちその, そしてかかる, そしてこれ, そしてこれ等, そしてそこ, そして彼, そして而, その事実, その点, その結果, その限りすべて, それであれ, それの, それ以上の, ながら今, ながら抱かう, ほかの, またこの, またそう, またその, また実に, キリスト教においても, マルクス主義の, 一つは, 中華民国そのものは, 人の, 今までの, 初篇, 創造する, 又それ, 夢は, 大学その他へ, 娘に, 従ってこの, 従ってその, 我々は, 故に又, 殊に校正, 現実に, 用意の, 私にとって, 第二, 肉体的な, 若干の, 虚しい平和

1 [661件 抜粋] あなたが, あの人, あるいは釈明, ある場合, いかなる輸出奨励金, いっさいを, いつもの, いま一つは, いわば一種, いわば輝く, いわゆる天孫降臨, おきみ, おそらくはその, おそらくわが, おふくろの, お菜が, かくしてその, かくして彼, かつかく, かつ老人自身, けだしこれ, けだし彼, こういう怠慢, こうした, ことに土器, このもの, このノルマル, この二つ, この刺戟, この反対関係, この地位, この外界, この学問構成, この必然的擺動, この志, この明け方, この歴史的必然性, この比率, この法廷, この理解, この産業上, この種, この自覚, この観点, この道, これら諸, ご自分, さうでない, さえすれ, しかもこの, しかもその, しかもフランス革命, しかも単に, しかも投下時, しかも真に, したがってその, したがってただこの, したがって伊東氏, したがって自己, したがって開顕, すなわちそれ, すなわち同, すなわち土地資源, すなわち彼, すなわち第, すべてが, すべてこれらの, そういう問題, そういう娼家, そういう理想状態, そうした世界, そうした道義上, そうしてそれ, そうでなけれ, そうなっ, そうやっ, そこでは, そこにしか, そしてお, そしておそらく, そしてか, そしてかく, そしてかよう, そしてたぶん, そしてともすれば瞼, そしてどんなに, そしてもし実際, そしてやがて, そしてウロア, そして一個人, そして一国, そして一時的, そして世論, そして両者, そして事実後者, そして今, そして元, そして別に, そして博士, そして各人, そして唯一, そして地方銀行, そして多少, そして天子, そして安楽, そして所領, そして救済, そして文明人, そして特に, そして科学, そして自分, そして農業主義, そして通常, そのうえで独自, そのつど, そのつど陣十郎, そのとき, そのよう, そのニマム, その世界, その依っ, その内在価値, その内最大, その前後, その副業, その取り組み, その威厳, その定義, その実際, その意志, その数, その時, その根本概念, その様子, その死に, その矛盾, その細君, その美し, その質, その間に, その高く, それから他, それだ, それだけその, それだけにつぎ, それで驚異, それと, それによって, それに対して, それほど彼, それゆえに, それをめぐって, それ故にこそ, そんなこと, ただし後, ただそう, ただその, ただ女, たづさは, ために, だからその, だから一見, つまり偽, つまり所謂意識によって, どれも, なお彼, なお残っ, ながらその, ながらどうして, ながら宮, ながら而, なぜそれ, ふところを, まして自然科学, まして通俗, また, またあり, またこういう, またそこ, またそれら, またそれ等, またウォールデン, また一家, また一番初め, また人, また出生, また前述, また否定, また察する, また實, また平八, また彼ら, また惑溺, また憂うる, また探偵小説, また文明, また止まる, また法律, また私, また穀物, また穀物条例, また貨幣, また走る, また部分的, もう一つ, もしこの, もしそうした, もしその, もしそれ, よく社, アメリカを, ギニイ金貨が, クラシシズムの, コチジロの, シュライエルマッハー, ダアウィンの, ドイツが, バルナバスは, ヒューマニズムとは, フィロロギー精神, フランス革命に関する, ブルジョアジー自身の, プラトンは, ムクは, リップスが, ルシジ河の, ヰヱ音が, 一つの, 一は, 一方には, 一首の, 三日前の, 下位の, 不思議な, 世界の, 両者の, 両者は, 主人公が, 主水様, 之が, 之こそが, 九千度という, 交換理論は, 人に, 人間性の, 今では, 今は, 今日この, 今日では, 今日の, 仏蘭西のは, 他人が, 他方又, 仮にそうでなく, 仲時の, 会津は, 佐助も, 何の, 何処まで, 何樣し, 佛蘭西のは, 例えばプロレタリア文学, 例えば文学, 個人的慎慮, 個別的社会における, 値打ちの, 充分に, 全経済学, 其壽は, 刊行された, 初めて安心立命, 利殖という, 前者の, 創造される, 勤勉質素温順倹約などの, 十畳敷き, 単なる数量的空間的, 単に個人的報復, 単に夫婦, 却って国粋的, 又この, 又そこ, 又どの, 又もし, 又ファシズム, 又今日彼等, 又分析, 又却って, 又大河内氏, 又將, 又彼, 又文学以前, 又時代, 又第, 古賀も, 台湾にも, 史家みずから当時の, 同じ方法, 同時にその, 呉服は, 和算から, 和算の, 唐の, 図引きは, 土地の, 堀も, 外務省文化事業部や, 大に, 大衆が, 天保十一年, 天皇という, 夫が, 夫は, 如来の, 婦人なら, 子供も, 学問の, 宋学も, 完全に, 実際年, 実験や, 客観的表現的な, 寧ろ世間, 対立の, 将に, 少なくとも統制, 山下は, 川の, 巧みに, 師から, 常に農村生活, 幽玄の, 幾らか学問好き, 広い意味, 弁証法的に, 弱小な, 当時在満, 彼にとって, 彼の, 彼らが, 彼らは, 後々の, 後に, 後者だ, 後者わ, 従ってあらゆる, 従ってかく, 従ってインテリ, 従ってエリザベス法律, 従ってキリスト教徒, 従って両者, 従って事物, 従って二つ, 従って個人, 従って労働, 従って単に, 従って右, 従って同じ, 従って善良, 従って国際性, 従って将来何, 従って少く, 従って当然, 従って慎, 従って或, 従って敗北, 従って易, 従って昼, 従って最も, 従って欠乏, 従って流通界, 従って消費, 従って至極, 従って英蘭銀行, 従って莫大, 従って飢饉, 従つて大衆文学に, 從つてその, 從つて右の, 從つて實在, 從つて私は, 必ずしも犯人, 思想の, 恋の, 悪く云え, 惜福の, 想像され, 愛情の, 愛読書と, 感覚にも, 我が国では, 我を, 我等の, 或いはそういう, 或いはその, 或いは民族神話的, 所詮は, 所謂, 技術の, 換言すれ, 支那の, 政宗は, 政権を, 文章は, 新しい活動, 新官僚的, 日本では, 日本の, 日本人の, 明らかに, 明日を, 時代的といふ, 更に一九二九年, 更に二十五日, 更に又, 最後の, 木村嘉平の, 本妻の, 村長の, 柱状の, 桂介や, 次いで右, 正面に, 此爲替相場の, 歴史的にも, 歴史的社会の, 殊に十八章, 殊に末座, 民衆には, 民間から, 氣の, 江戸初期に, 決して, 海神の, 滝川は, 濁り川は, 火災は, 物を, 特に文化現象, 特殊の, 王法は, 現代日本の, 現在そこに, 現実の, 現行法の, 理由は, 生活あっ, 生産物が, 生産的であろう, 男は, 男子が, 画家が, 病半兵衛も, 直観的に, 磨鏡党とは, 神を, 秀吉家康の, 私が, 私も, 科学は, 第二回, 筋も, 素朴に, 絵本から, 総じて戦争技術家, 習慣的に, 耳に, 聖武天皇と, 自分の, 自分ゼーマンが, 自分一個の, 自然物と, 良人も, 色眼鏡や, 芸術も, 苦しみの, 著者たちは, 血行の, 表徴と, 表現的に, 角と, 解釋に, 言葉で, 語中語尾の, 課税の, 諸大名, 諸関係, 赤坂の, 赤坂城の, 蹴鞠にまで, 近代唯物論への, 遁れ, 遂には, 鉄道の, 銀の, 長州でも, 限界が, 随って, 雑魚を, 麦を

▼ のでなく~ (855, 0.2%)

8 てはならない 7 却て 65 逆に 4 てはならぬ, て自分, 自分の 3 つては, てはなりません, むしろその, 一つの, 彼が

2 [58件] しかも全く, そのよう, その国々, それを, ただこの, ただその, ただ現実, てある, てその, てそれ, てどうして, ては, ては言葉, てむしろ, て人間, て例, て却って, て唯, て皆, て私, どこまでも, また招く, むしろ不, むしろ人生そのもの, むしろ情念, むしろ神話, むしろ精神, むしろ過程, タイプは, 下手な, 主人の, 主観に, 人に, 他者を, 何か, 何等かの, 地方の, 大勢の, 天然の, 幹は, 恋の, 我々が, 我々の, 既に他, 構想力に, 歴史的に, 渠自身に, 物の, 物を, 生も, 私が, 私どもは, 自分が, 自分自身を, 虚無である, 記述する, 量的な, 青年に対して

1 [686件 抜粋] あたかも機械, あとで, ある所, いつか私自身の, いつも彼自身, いろいろ違った, うちの, うまいくせ, おなじ業を, おのおのその, かえってそれ, かえって両者, かえって市場, かえって死, かえって背, かえって表現, かかる行為そのもの, かやく, この仕事, この点, この獣, この間紅矢兄様が, これは, すでに潛在的, すなわち自然, すべての, そういう境地, そこでも, そこには, そなた, そのほか, その中, その人情, その周囲, その存在そのもの, その客観性, その対象性, その意欲間, その操作, その時代, その樹幹, その特殊部門, その窓, その素質, その織った, その貸金, その逆, その順序, それが, それぞれの, それと, それらの, それらは, たしかに痕跡, ただおどかし, ただぼんやり, ただ人間的衝動, ただ公, ただ小さい, ただ技, ただ投与, ただ説明, ただ道, たとえそれ, たまたま衷心, だれでも, ちゃいい, ちゃいや, ちゃだめ, ちゃ駄目, つて体全体が, つて社会を, つねに現実, つまりは, ていい, ていわば, ていわゆる, てお伽噺, てかえってそう, てかき飛ばされ, てからだ, てたいてい, てどこ, てね, てはあり得ない, てはいつ, てはけっして, てはすべて, てはできない, てはとても, てはどうしても, てはならなかつた, てはもっ, ては信用, ては出, ては制度, ては多く, ては大きな, ては徹底的, ては教育者, ては散歩, ては旨く, ては本当, ては浪, ては真, ては真面目, ては自己, てま, てみな烈風, てもやはり, ても夜具, ても自分たち, てわたし, てわれわれ, てイブセンそのもの, てデスク用, てベデカ, て一大夫, て一定段階, て一本, て一箇, て上, て下, て二つ, て人, て他, て何, て何処, て作者自身, て信仰, て偶然第三者, て入, て入江, て全く, て割石, て単に, て卵, て叱る, て同, て女, て女子, て定家, て寧ろ, て専ら, て年々, て彼, て往来, て感性, て憲法斎, て成人, て拭いた, て描い, て時々, て時代, て暖かい, て木, て木綿七分, て本当に然, て染物, て歌, て汝, て河上肇博士, て消え, て特別, て生かされ, て生き, て積極的, て第二義以下, て老, て自分自身, て茶, て赫灼, て車券, て途中, て金持ち, て首, て魚, ともよく, とも後暗い, とも自殺, どうも世間, どこの, のりとの, ばこれ, ば下句, ひとつの, ぶつ切りの, ほぼ成る, まさに現在, まず家, また単に, また楽しい, また消費, また生産, また蓬莱, まん, むしろこれ等, むしろしばしば悲劇的, むしろ主観, むしろ全, むしろ出来る, むしろ存在, むしろ当らない, むしろ根本的, むしろ物の, むしろ環境プラス主体, むしろ社会的政治的活動, むしろ自然研究, むしろ計らず, むしろ音楽, むしろ音樂, もう一ぺん通り庭, もっと深い, もつと, もはや卓一, やがて自分, やがて西草深, ややキャソリック的, ゆっくりと, よく生きよ, われから, イギリスの, カツブシだけ, タオルの, ッちゃあ, レオ, 一つだけは, 一本の, 一歩一歩に, 一種の, 三大学の, 上古以来の, 上奏する, 不当利得を, 世界から, 両方の, 中世日本の, 丹精を, 主観の, 乗組船員を, 乱を, 事実や, 二人は, 二個の, 二者の, 二階へ, 人が, 人材の, 人物と, 今後も, 仕事に, 他の, 他人が, 他方我々自身が, 他殺された, 伝宣する, 何かを, 何と, 何やら人, 何物も, 作用が, 使途を, 便利の, 元禄の, 先ず会, 先生自身の, 光秀そのものが, 光線に, 全般に, 其根芽つながつ, 内亦, 処女らし, 切り石の, 前から, 前に, 割合に, 功利主義道徳も, 加害者も, 勇敢に, 勿論殺意, 単なる日常性, 単に良人, 危険ある, 即ち自然, 却って人間, 却って個々, 却って判断, 却って歴史, 却って汝, 却って物, 却って物理的意味, 却って現実的, 却って知識, 却って芸術的意味, 却って身体, 却つて奴隷を, 却つて現, 又前述, 又直接, 友さん以外の, 受話機を, 古合羽, 古来人間が, 同時に内在的, 同時に自己, 同時に超越的, 名誉な, 向こうから, 唯わかつた, 唯一句の, 唯漠然と名, 商工省あたりの, 商店の, 四人に, 土地を, 地主軍需生産者旧, 売買されなくなった, 外から, 多と, 大きく腕, 大学に, 大抵の, 天といふ, 奈良の, 好悪は, 妙な, 妻に対する, 子供を, 存在が, 存在するであろう, 実にその, 実に文学, 実は戸籍, 実際の, 客観的である, 家に, 家族的な, 富士見町に, 寧ろ光榮, 寧ろ金, 專らそれ自身において, 對象が, 少し泥, 山盛一ぱいのせ, 岸田さん自身も, 巻向川, 常世神を, 幼少の, 広い意味, 強さ, 当初から, 形成作用の, 形相を, 彫工会が, 彼の, 彼も, 彼女も, 彼自身の, 征服せられる, 後来文学として, 御自身, 心から心, 思想が, 思想を, 恐らく夕顔亭, 悠々として, 想像が, 意見を, 意識する, 感情によって, 懷疑から, 成算も, 或いはとだけで, 戦いに, 戯曲を, 所謂お忍び的行為が, 手おくれ, 手の, 扮装せる, 折朽ちた, 授業が, 文化科学をも, 文学批評そのものに, 文学者としての, 方法的に, 旅館から, 旧教派, 早く成人, 明治時代の, 星と, 映画, 春大人は, 書出し中軸立女形座頭という, 月に, 服従するなら, 木炭と, 本当は又, 本能的に, 村の, 板張りに, 次郎という, 此方の, 氣分に, 氣持ちから, 永貞童女である, 涙の, 潮流によって, 無理に, 物と, 物に, 物類を, 特にこの, 特殊の, 現実が, 現実の, 現実的な, 生活に, 生産器具そのものに, 田船を, 異状性格や, 疾病から, 皆それぞれ膳箱を, 皆んなが, 皇居は, 目前の, 直接, 直接に, 真に理屈, 真実平一郎を, 真理の, 真面目に, 眼前の, 知的な, 知能の, 石で, 社会意識の, 神に対しての, 私に対する, 私の, 私達の, 空手の, 竈が, 端を, 純粋に, 細工し, 結句が, 絵画的な, 絶えず新た, 考えごとに, 自分から, 自分で, 自分を, 自己が, 自殺し, 自然に, 自然を, 臭い物, 舊來の, 舞台に, 色を, 色彩に, 芯から, 芸術品として, 若い娘等, 荒浪の, 蔵原が, 薩長等が, 行きなり, 行き当りばつたりに, 行路の, 表面幕府の, 被害民が, 解脱し, 語争ひ, 誰でも, 豊富な, 貨物輸送に, 赤い鉢巻, 軒下に, 途中の, 過去が, 道子一人を, 選挙が, 重荷が, 野猪既に, 金を, 釣台の, 長い間埃, 長者が, 関係概念において, 雑賀党熊野衆高野山などの, 静かに, 頭から, 顔と, 食物の, 香の, 馬に, 駄菓子屋や, 高大将家の, 鶯は

▼ のにも~ (829, 0.1%)

12 関らず 9 似て 7 気が 6 自分の 5 彼は, 相当の, 都合が, 驚いた 4 何か, 程が 3 かかわらず, 不思議は, 係はらず, 無理は, 理由が, 違いなかった

2 [50件] い, いろいろ計画, かかわらずその, かかわらず彼, かかわらず私, なれて, びっくりした, よるが, 一時間くらい, 二人は, 似ず何かとよく, 係らず影法師, 出あいました, 制服制帽を, 口を, 同じ事, 均しい, 変は, 妙を, 実はこんな, 小鳥の, 心づかないで, 心を, 意味が, 感心した, 拘はらず夫人, 拘らずその, 拘らずよく, 拘らず勝彦, 拘わらず夫人, 気がついた, 気がつかないよう, 気づかないで, 気づかなかった, 気を, 理由は, 相手の, 私は, 綴りが, 訳が, 誠に昏, 退屈した, 逢つた, 違ひない, 関はらず, 頓着せず, 頓着なく, 飽きて, 驚きました, 黙って

1 [649件 抜粋] あいつの, あきれた, あった, あとで, あとを, あの位, あぶなくない, あらず余, あらず蝦夷の, あるひ, いいお天気, いいん, いくらか, いくらか此, いちいちきす, いっしょに, いついつか, いまは, いよいよ苦労, いろいろお金, いろいろの, いろいろわけ, いろんな意味, うその, うとっぷり, うねる, おどろいたが, おどろきましたが, おもしろい相手, お母さんが, お経, お酒, かえって多く, かかわらずあの, かかわらずいささか, かかわらずかの, かかわらずただ, かかわらずちっとも, かかわらずなぜ, かかわらずまた, かかわらずまだすこし, かかわらずみんな, かかわらずわたしたち, かかわらずポケット, かかわらず一心不乱, かかわらず全く, かかわらず多く, かかわらず夫婦, かかわらず床, かかわらず思い上がり切って, かかわらず恋人, かかわらず支那, かかわらず時代, かかわらず正太, かかわらず海, かかわらず無理, かかわらず舌, かかわらず見かけたところ, かかわらず遂に, かかわらず青木, かなりびっくり, かまわずに, かまわず正吉, きけば, きっと日暮, くるしそう, こっそり後, ことさら食事, このよう, この満足, これだ, これを, こんなにまで, さして気まり, ざらざらと, しかし插繪, しば, すくなからず, すべて自分で, ずいぶん苦心, ずい分種類が, ずっと離れた, ずるい考, せいせい息を, せっぷんしました, そう難儀, その主張, その人, その圓, その生活, その疾風迅雷的, その痩せた, その鞄, それぞれわけが, それぞれ秘密を, それは, そんなに骨, そんな諷刺, たいへんだった, ただグルグル, ちゃんと原因, ぢき飽きるだらう, つきはじめた, てつだって, できるだけ, とちゅう, どれだけ, どんなにその, なかなか手間, なかなか面倒, ならないだらう, なるたけ彼ら, なんとなく奸計, はつきり分る, ひとつきまえ, ひどくほ, ほかの, ほとほと永い, ほとんど自分, ほとんど音, ぼくは, ぽっと頬, まことに無理, またちよ, また幾分, また無理, また驚かされた, ままごと遊びを, まるで官庁, みること, もっともな, ものを, もらい手が, やはり呼吸, やはり微笑まず, やはり才能, よい材料, よく, よく云う, よく出逢う, よること, よるの, よろよろとして, わけが, わざ, ウッかり出る, ジャズの, スピノザの, ダーウィンの, ハツキリする, ヤキモチを, 一々平常から, 一つの, 一人前の, 一向さからわず, 一向にその, 一向調子, 一日を, 一時間近くも, 一理は, 一言も, 一部分は, 一銭宝物遺物を, 三種ある, 上の空の, 下枝を, 不思議の, 中毒し, 之に, 乾した大蒜, 二人の, 二十年に, 二日違いで, 人から, 人手が, 人目を, 人間が, 仁王は, 今日は, 今話した, 以前と, 任せて, 伯父らしい, 似ずどこ, 似ず案外, 似ず私, 似た罪, 似合わない, 体中の, 何かと便宜, 何の, 何不自由なく, 何度か, 使って, 使用する, 例の, 便利だ, 係らず何, 係らず何やらもう一度, 係わらずこの, 係わらず台所, 係わらず皮肉, 俳味が, 俺し, 僕は, 先入観と, 先生が, 全身を, 其の實, 其人の, 其用意が, 出かけるの, 出くわした, 出会う, 出逢ったが, 分ける, 分明した, 別れ小屋, 制帽を, 前から, 力の, 劣らない深い, 劣らぬ不安, 労働者等が, 勝って, 化粧を, 十分安心が, 半町手前で, 南方に, 原因が, 原因するであろう, 厭きちやつた, 厭きて, 厳重な, 又飛行機, 及ばないかも, 及ぶまいに, 只笑った, 只障子, 台詞らしい, 合って, 同情される, 同様の, 呂昇の, 呆れ返らずに, 周囲に, 唇を, 因るの, 困ったが, 困ったと, 困りますよ, 困ると, 困るという, 困るので, 困難を, 埋もれたる意味, 堪えやらぬよう, 堪えられなかった, 堪へられなくなつ, 声を, 夕食後が, 夢と, 大いに役立った, 大ぶ, 大屋根, 奉書の, 女将は, 好まれます, 始めて, 始終頭, 娘が, 學校の, 安いの, 安くて, 実用と, 宮は, 家柄としての, 少し道理, 岩野氏とか, 幾らかの, 幾組か, 広海屋, 度胆を, 弊害が, 張りが, 張り合いが, 当惑した, 彼らは, 彼女に, 彼女は, 往々文章, 御同情, 心が, 心惹かれ, 心配故, 必ず制服制帽, 必ず明智, 応じなかったの, 応接間で, 忽ち假睡, 思いきり塩, 怪しい, 怯懦で, 恐縮した, 意地を, 感傷にも, 感心させられた, 感心しました, 慌くつて, 手ごたえの, 手伝わなければ, 手間取るし, 抵抗する, 拘はらずあわて, 拘はらずふしぎ, 拘はらず乗ること, 拘はらず墓地, 拘はらず瑠璃子, 拘らずこの, 拘らずしつこく, 拘らずそれ, 拘らずどうして, 拘らずなぜ, 拘らずますます, 拘らずわし, 拘らずソ連側, 拘らず不幸, 拘らず二三年, 拘らず使徒, 拘らず僅か, 拘らず其印象さ, 拘らず女, 拘らず室外, 拘らず彼女, 拘らず緊張, 拘わらずその, 拘わらず七三郎, 拘わらず三年, 拘わらず坂下鶴吉, 拘わらず墓地, 拘わらず朝倉征伐, 拘わらず青年, 描いてな, 散歩でない, 早く飛ぶ, 早過ぎた, 旻は, 明らかであり, 時々出逢っ, 普通の, 暇乞を, 最初から, 會へる, 本当はある, 来客に, 根拠だけは, 根拠は, 格別疑いを, 構はずそれこそ, 構はず偶偶の, 構わずらっぱ, 正成は, 此辺の, 武士の, 死ぬの, 殆ん, 段々ある, 段々快い, 比較されよう, 民さんという, 気おくれ, 気がついた様, 気がつかずお, 気がつかず新子, 気がつかない, 気がつかないわけ, 気がつかない風, 気がつかなかった, 気づかず彼, 気づかないらしく小門, 気づかぬらしく通りすぎようと, 気は, 気付かずに, 気付かず執達吏, 気付くやう, 氣づい, 氣付いた, 水の, 決していい, 決して手間取らなかった, 泣いて, 注いで, 注意が, 注意した, 注意してる, 洋間を, 浮き立ちも, 涙を, 深く同情, 潮は, 火傷し, 無理の, 無頓著, 熱情が, 片時離さず連れ歩いた, 理由あ, 理窟は, 異様な, 白身を, 皆んなを, 相手が, 相當, 眠るの, 眺める人, 石の, 確かに, 社会とともに, 私が, 積極的な, 空中を, 竈に, 立派に, 笑ふ, 第一, 等しい, 羊は, 胸が, 胸襟の, 膝かけから, 自ら持續期限の, 自分より, 自分一人で, 自動車を, 自然写生に, 良い作, 若き日, 若しや, 苦しんだ, 著しい遅速, 衛門督は, 被さって, 西洋には, 見上げるの, 見馴れて, 観衆者が, 言ふ, 言葉を, 許可が, 読まなかったん, 譬ふべき, 譬ふれ, 譯は, 負けぬ白い, 足らないもの, 足りないぐらい, 足駄でなけれ, 跟い, 軽膚, 近頃は, 送られるの, 這入りましたが, 通つた, 違いございません, 違ひなかつた, 遠ざかって, 適って, 避けよう, 部落中の, 郷愁に, 銘刀を, 鋭敏な, 鑑賞上の, 附いて, 限度が, 陶酔を, 階級の, 隔世の, 雪枝さんのにも, 霞んだ空, 頓着し, 頓着しなかった, 頭を, 頷けるもの, 顔を, 類した格別, 風変わりな, 飽いて, 飽きたと, 飽きた男, 馴れたが, 驚いたが, 驚いたわけ, 驚いて, 驚かされた, 驚かれた, 驚く, 驚ろく, 驚嘆させられる, 驚歎させられる, 鮮かな

▼ のでした~ (826, 0.1%)

55 がその 463926 がそれ 22 から 18 がこの 14 が私 139 がしかし 87 がそれでも, が今 6 がもう 5 がお, がこのごろ, が彼, わね 4 か, からね, から私, がそこ, がどうも, がね, が後

3 [17件] からそれ, があの, があんまり, がこれ, がそれら, がどうしても, が今日, が何, が何だか, が同時に, が家, が母, しカムパネルラ, それは, っけ, な, のに

2 [43件] かね, からお, からすぐ, からだまっ, からまったく, から少年, から当時, があせっ, がある, がいつも, がここ, がそれから, がそんな, がただ, がちょっと, がどう, がぼく, がまた, がやがて, がやっぱり, がやはり, がセエラ, がパストゥール, が一度, が二人, が何ぶんひま, が其の, が又, が少し, が忠敬, が日曜, が最初, が次, が毎日, が父, が蹄, が近頃, が途中, けど, けれども米山, さうし, のを, わねえけど

1 [371件] かどうしても, かねえ, からいかに, からいよいよ, からいわば, からおよそ, からお手数, からお雛様, からかれ, からがこの, からきっとどうにか, からこれ, からさすが, からしばらく, からちょっと, からどの, からなにさま, からまことに, からまさか, からもう, からもうこう, からパン, から二回分, から何びと, から余り, から再縁, から別に, から右門, から夏, から外人, から女の子, から実際, から少し, から彼, から心, から思わず, から慢心和尚, から振り向き, から撥落, から敢, から是非, から昼過ぎ, から普通, から東京, から歌人, から自分, から血相, から診察室, から足袋, から追手, から間もなく, から非役, か伝六, があたり, があと, があれ, がいつ, がいつのまにか, がいつの間にか, がいつもがっかり, がいらない, がいろいろ, がおのずから, がお父さん, がかねて, がきょう, がきれい好き, がぐっすり, がこう, がこういう, がこんな, がこんなにも, がさしつけられた, がさらに, がすぐ, がすっかり, がそう, がそちら, がそのまま, がその後, がその間, がそれだけに, がそれでいて, がそれでは, がそれと, がだんだん, がちょうど, がついに, がつきあっ, がでっ, がとうとう, がとたんに, がとほく, がとろんと, がどういたしまして, がどうも何だか, がどんな, がなあに, がふと, がほんの, がぽつりぽつり, がま, がまだ, がみんな, がもうあんまり, がもしも, がやっと, がやつぱり低能, がよらず, がわたくし, がわたし, がわなわな, がガリレイ, がグレプニツキー, がケプラー, がダーウィン, がネルロ, がファラデイ, がマルヌ, がミンチン先生, がメンデレーエフ, がラザフォード, がラプンツェルひとり, がリリパット, がリリー・レーマン, がルル, が一ぺん洪水, が一八〇六年, が一八七〇年, が一八五八年, が一八四一年頃, が一方, が丁度, が万が一, が三人共, が三浦以外, が下手, が不幸, が不思議, が世間, が中, が主人, が主役, が之, が乞食衣, が事実, が事態, が二年, が二日, が京都, が人々, が人体解剖, が今夜, が今年, が今度, が仕事, が会う, が伯良, が余り, が俄, が俊夫君, が偶, が優しい, が先生, が全く, が全身真っ黒, が共生農園, が出迎えられた, が初めて, が到頭, が前, が勿論, が千代子, が午後, が半分, が印形, が厭, が友田, が只, が台所, が同, が同じ, が噛め, が夕方, が大三, が大人, が大方水洗い, が太郎, が女流数学者, が妹さん, が学問, が宗教, が実, が実際, が家附, が山男, が席, が帰っ, が弄, が形, が役人, が役人たち, が彼女, が御, が微生物, が必要, が思え, が恰度先代萩, が悪魔, が惜しい, が態, が慣れぬ, が或, が手, が手紙, が折, が教室, が敵王, が方福山, が日本人, が明日, が明治二十二年, が明治維新, が時, が時男さん, が時間, が普通, が暫く, が更に, が木戸番, が杉田玄白, が李一, が来, が栗毛, が橄欖, が武官, が死, が母さん狐, が毎朝, が気, が沖, が流石, が湯元, が源内, が澪, が無き, が燕, が燕尾服, が父園田氏, が特別, が犬, が王子, が生憎, が白衣, が百舌, が直ちに, が知らせ, が秀岡, が私自身, が突然, が第, が筆記, が米友, が結局ワット, が結局落ち, が絹, が翌年五月, が翌朝, が老年, が職人, が肴町の, が能登守, が自分, が舞, が若しそのまま, が西条様, が見える, が誰, が財産, が路, が近年事業, が遂に, が遊び, が運動以外, が都合, が酸素, が醸造家, が金剛氏, が間もなく, が随分, が雨, が雪, が電池, が電話, が顔, が魚達, が鰯, が鹿ども, けどあまり, けどもちょうど, けど思い切っ, けど私, けれど, けれどあまりに, けれどこの, けれどそれ, けれどもまた, けれどもむつ達, けれども今, けれども恐らく, けれども白雲, けれどモンペ, けれど今回實地, けれど然し, けれど私, けん, し, しかし其, しそれから, しそれに, し五十幾つ, し学校, し後, し母, そういう仕儀, そしてやっぱり, そして午後, そのとき, その時母親, その髪, それで莫大, それなら, それまでは, そんなはなし, って, つけ, ともある, と後, と思います, どうも普通, なよほど, に, ねえ, ねえお父さん, ねそして, ので応分, のにせっかく, のにベルナアルさん, のに取りかえし, のに気の毒, のに私, ものを, わところが, メグと, 仲間の, 何処かの, 例によって, 其れで, 学生や, 当時トウブチに, 当然, 彼女は, 御免なさい, 或日一人, 披い, 検温器を, 此時などは, 船が, 藤色の, 雑誌も, 鼠の

▼ のでない~ (660, 0.1%)

114 ことは 23 ことを 1914 ことが 13 かと思う 11 ということ 9 ことだけは, とする 7 のは 6 かと思いました, かと思ふ, かと思われる, ことも, 限りは 5 かと思った, かと言, から, 事は 4 かと心配, という事, ように, 限り 3 かしらん, かと思われた, かと考へる, からその, という証拠, とすれ, と主張, 事を

2 [28件] かと, かということ, かという気, かと気, かと源氏, かと考えられる, かなどと彼, からこれ, からわざと, から流石, ことに, といけない, とよい, と云, と云う, と動かされ得ない, と同じく, と孫, と意識, と知った, と私, にし, のです, のを, ものが, ような, 証拠は, 限りその

1 [295件] いろいろな, お初つ, お客そのものも, お隱, かぎりたがい, かしら, かしらんそして, かしら他人あての, かというよう, かという不安, かという噂, かという恐怖, かという疑, かといふ, かといふこと, かといふ懸念, かといふ氣, かとこういう, かとさ, かとそっと, かとは明石, かとも思われました, かとも思われる, かとも考えた, かと云, かと云う, かと危ぶまれた, かと場合, かと大きく, かと思っ, かと思つて, かと思はれる, かと思ひ当る, かと恐れる, かと想, かと憂い合った, かと私ども, かと笑った, かと考え, かと考える, かと考へ, かと考へます, かと考へられる, かと胸, かと見えた, かと言い出した, かと言う, かと誤信, かと顔, かと顔色, かどう, かなどという者, かなどと語っ, かね, かもしれません, からあるいは, からいい, からいわゆる, からかしら, からし, からそれ, からた, からである, からともかく, からなお, からには自力, からよく, からわたし, から一々, から仕方, から倒, から僧殘, から単に, から厭, から同じ, から多忙, から大師, から幾らか, から心掛け, から心配, から息, から文句, から時々, から模倣, から無論, から現実的, から確か, から秀麿, から能, から草原, から落つる, から詳細, から軒下, から違う, から鎌, かを惧, か若し, がその, がウエルス, が万事, が上手, が中世, が作者, が前, が此等, が空中, が部分的, けれど入れた, けれど食事, ことくどく, ことの, こと人体に, この書, すぐに, ぜ, そこで, その一分二分, それは, ぞ, と, とある, といい, という, というかも知れぬ, という事実, という申し, という言葉, といふこと, といふの, といふ事, といふ思想, といわれ, ところに, ところの, とさえ思われる, としたなら, としても地蔵尼, としても蓮, とすべて, とするなら, とそれ, とつまらない, となったら, とはいえまい, とは卯女子, とまにあわない, とカガ, と使, と全く, と同じ, と安心, と心持, と必ず, と思え, と思った, と思ひ, と恁, と恐縮, と手, と材料, と流した, と父親, と生きた, と疲労, と発育, と発音, と考え, と考えたら, と考える, と言われ得る, と説明, と誰, にしろ, にもせよ, の, のが, ので, のであります, のである, のなら, のにカチャロフ, のに金, のもし, また己, まだ考える, までもとにかく, もうこっち, もっと面白い, やうな, やうに, わたくしにとっても, わッ, 一日, 事だけは, 事も, 事丈は, 二十二萬圓の, 人が, 人間は, 人類の, 以上いつかは, 以上そう, 以上は, 以上信じられない, 以上却って, 以上山を, 以上戦争の, 以上自分たちの, 以上舊主へ, 作品は, 俺が, 僕の, 先生が, 光を, 其人民を, 其場に, 出処は, 前の, 即興歌のより, 古代の, 唯その, 噛り付い, 嚴正に, 固有の, 国が, 国では, 場合には, 外国人が, 大きな草, 大杉に, 女の, 女房が, 寒中の, 寧ろ唐人, 小説読者の, 御存知の, 悪むべ, 所以を, 方が, 方のを, 方を, 日記にまでも, 旨を, 早く死ね, 本職の, 楔形文字を, 横に, 欲の, 正しい家, 法則の, 注文なら, 爲かも, 甲の, 疲れは, 突貫する, 者には, 者の, 者は, 自分きりの, 自分の, 自然石でも, 自発的な, 苛酷な, 証拠に, 証拠には, 證據が, 證據だ, 證據は, 議決にな, 身に, 銭は, 間取りが, 限は, 限りかくも, 限りちっとも, 限り両, 限り之は, 限り人民の, 限り以前に, 限り何かの, 限り到底, 限り同種の, 限り吾, 限り土地は, 限り彼女の, 限り文化の, 限り日が, 限り有利である, 限り母たる, 限り結婚まで, 限り自体さうし, 限り解釈は, 限り路傍の, 限り逆に, 食物を

▼ のでなけれ~ (625, 0.1%)

92 ばならぬ 87 ばならない 1512 ばこの 10 ばその 8 ば私 6 ばならなかった, ば決して 5 ば存在 4 ばそれ, ばなりません, ば我々

3 [11件] ばいかなる, ばいけない, ばいけません, ばこういう, ばこれ, ばなるまい, ば何, ば本当, ば正しく, ば結婚, ば絶対

2 [40件] ばいい, ばいったい, ばいま存, ばここ, ばそれら, ばただ, ばだ, ばできない, ばとても, ばどう, ばどの, ばならないであろう, ばもはや, ばダメ, ばマルクス主義, ば之, ば人間, ば何事, ば何等, ば作品, ば口, ば問題, ば夫, ば完全, ば小幡一家, ば彼, ば征服, ば恐ろしい, ば情念, ば意味, ば批評, ば無限, ば理解, ば生き, ば科学的, ば結局, ば自分, ば自然, ば証明, ば誰

1 [259件] は征服, ばああ, ばあの, ばあんな, ばいくら, ばうまく, ばお宮, ばこう, ばさいわい, ばそうした, ばそのまま, ばそれで, ばそんな, ばたぶん, ばだめ, ばだれ, ばちょっと, ばてんから, ばでき得ない, ばです, ばとっくに, ばと思, ばどうぞ, ばどんなに, ばなお, ばなかなか, ばなまじっか, ばならず, ばならなかつた, ばなんで, ばのんき, ばほか, ばほん, ばほんとう, ばまつたく, ばみな, ばむなしく, ばもう, ばもうとっくに, ばもう少し, ばもったいない, ばやがて, ばやってのける, ばやはり, ばわが, ばイヤ, ばジャーナリズム, ばスコットランド語, ばスポーツ, ばゼンゼン, ばチヤーチル氏, ばヤーコプ, ばリッケルト, ば一体認識, ば一定, ば一生懸命, ば一番おしまい, ば一頭, ば不便, ば不可能, ば不正確, ば不良少女, ば主義, ば事実数学的認識, ば事物, ば云, ば人間天皇, ば人類, ば今日, ば他, ば他流仕合, ば仮り, ば何ら, ば何人, ば何処, ば使, ば価値, ば信じられません, ば信用, ば俳優, ば充分, ば全, ば全く, ば冬, ば出し, ば切れ状, ば刑事部屋, ば到達, ば努力, ば効能, ば勉強, ば勝負, ば匍匐的, ば北京, ば単なる, ば反軍取締り, ば古典, ば吾, ば味方, ば哲学, ば嘘, ば國, ば國内, ば在世, ば地, ば基本的, ば士気, ば外, ば夢, ば大家名人, ば太政官, ば奈々子, ば女官, ば如何なる, ば婦人作家, ば子供, ば存在論, ば學問, ば実は, ば実在, ば客観, ば将門, ば尋常, ば少なくも, ば少年, ば山, ば常に, ば平戸, ば幸, ば幸い, ば店, ば形式的, ば後, ば得る, ば得意, ば徹底, ば快楽説, ば思いやり, ば思惟, ば意志, ば意義, ば意識現象, ば成功, ば戴かない, ば払いきれない, ば批判, ば承服, ば承知, ば抵抗線上, ば拙い, ば探偵小説, ば政府, ば文化問題, ば文化社会学, ば新しく, ば新聞, ば方法, ば日本, ば日本人, ば時に, ば時間性, ば智慧, ば暴力団, ば本質, ば果して, ば梗概書, ば構成, ば権威, ば歓び, ば歩い, ば歴史理論, ば歴史的社会的存在, ば死ん, ば民主主義, ば民族間, ば氷, ば氷河期, ば永久, ば求道者, ば法則, ば浄土往生, ば浮浪人, ば消え失せる, ば淋しい, ば満足, ば演劇本来, ば無, ば無意味, ば無理, ば父, ば物, ば物自体, ば特別, ば獄, ば玉の井稲荷, ば現代, ば現実的, ば理論, ば理論上不都合, ば生甲斐, ば産院, ば男性, ば発達, ば皇室, ば眞, ば真, ば真に, ば真実, ば真理, ば知識, ば碁, ば社会, ば社会的存在, ば秀吉, ば科学政策, ば科学的進歩, ば積極的, ば空想, ば納得, ば統一, ば統一的, ば罪悪, ば美しい, ば美味しく, ば美点, ば群雄, ば聊か, ば自ら重力, ば自害, ば自然科学, ば自発的, ば舞台, ば色, ば行われない, ば製品, ば見当, ば観念論的, ば計略, ば評論, ば試みる, ば話, ば話す, ば誤り, ば誰か, ば論そのもの, ば貴顕縉紳, ば起こる, ば通俗小説, ば遍歴, ば道場, ば酒, ば酔ざめ, ば銅像, ば阿, ば霧, ば非買同盟, ば非難, ば飛び降りた, や不可能

▼ の~ (601, 0.1%)

95 それが, へある 4 へ嫌, へ寒く, へ忘れ 3 え, 人を, 何が, 吉ちやん, 急に

2 [26件] あの人, うして, お前さんは, この人, これでも, その方, それだ, それを, とおかっちゃん, へもある, へコセ, へ億劫, へ幾筋, へ恥, へ憚, へ憚ら, へ気, へ苦しく, へ苦痛, へ見える, 人の, 僕は, 厭らしい, 君は, 松さん, 相手の

1 [503件 抜粋] ああなる, あいたくて, あいつも, あたしはね, あとで, あとは, あなたの, あの中, あの女, あの頃, あれは, あれ大変呻吟く, あんたなんかに, あんなこと, あゝ困, いえね, いきなり人, いきなり悪口, いけ好かない, いちゅう, いちゅうこの, いちゅうだわ, いちゅう眠っ, いっその, いっそ何ん, いったいおまえ, いって, いつかこんな, いつもいつもまだ出来ません, いやらしい, ういふ運動, えあんた, ええ, おいらずいぶん, おかしなひと, おとなしくいく, おばあ, おまえは, おまえ達は, おまへを, おやもう, およそ六, おらが, おれには, おれもう, お光さん, お前, お前がたにも, お前さん, お前さんだから, お前さんなんかは, お前さんやりやしない, お前さん早く, お前の, お前は, お前御, お島, お父さん, お目付衆, お紺さん, お艶ちゃん, お蔭で, お袖さん, お金なら, お雪ちゃんの, かみさんに, きょうぐらい, けれども何分, こ, こういう, こうやっ, こう真っ, ここから, この男, この維新, この野郎, この間は, これからみんな, これから力, これここにね, これには, これは, こんどは, こんな店, さぞ不自由, さつきも, しかし段々, しかもその, しみよく, じゃあおまえ, じゃその, すると女, そうすると馬鈴薯, そしてお前, そして今, そして神様, そのお前, そのお金, その上, その大した徳分, その大事, その時, その点, その無邪気, その犯罪, その翌々日, その證據, そりゃあ景色は, それから先, それだけの, それではお前, それで到, それで畜生, それにあの, それには, それに君, そればかりじゃ, そんで, そんでも, そんなこと, そんなとこ今, そんなとこ男, ただしその, ただね, ただ叔父さん, だからうんと, だからおまえ, だからもう一度, だからやっと, だから一つ, だから初め, だから博士, だが刑事, だけどあいつ, だけど女, だつて妾, ちっとは, ちょいと, ちょうど御飯, ちょっとくらい, ちょっと湯, つくってる時, つまりマスロフ, つまり人助け, つまり恐ろしい, つまり用意, つまり神, つまるところね, つやちゃん, つんぼの, ですって, でなけれ, ではあなた, でも危ない, でも踏台, と, といふいつも, ところがきのう, ところで其の, とすましきっ, とにかく行っ, とにかく金, と先づわかり, と彼, どうかする, どうしてくらす, どうせ自分, どこへ, どっさり積ん, なにしろおれ, なにせ丙種, なまけ者の, なまじつか, なんかというの, なア, ねえこれ, ねえそう, ねえ何, はじめの, はりに, ばか, ばかばかしい, ばかばかしいと, ばつた, ひつじ飼い, ふしぎに, へ, へあつ, へいま, へお, へたまらない, へひどく, へふと, へほんのり, へむづかしく, へもう, へもやつ, へも見かける, へやかましく, へわかりました, へ不, へ不安, へ不気味, へ不自由さうに, へ中止, へ何かと, へ何となく, へ何ん, へ偲ばる, へ其の, へ危ぶまれ, へ却つて魅力, へ厭, へ哀れ, へ堪らない, へ多い, へ大儀, へ奇, へ好まなかつた, へ姿, へ嫌ひな位, へ嫌ひな佛性, へ宦官たち, へ容易, へ少し, へ常に, へ座, へ彼等, へ心苦しい, へ忘れなかつたら, へ忘れる, へ怖がる, へ悲し, へ想像, へ意識, へ感ずる, へ懶, へ懶い, へ我儘, へ我慢, へ承知, へ拒まれた, へ指, へ擧げ兼ねた, へ森野, へ止め, へ氣, へ氣紛れ, へ無用, へ物, へ留んだ, へ知らなかつた, へ窺, へ耳, へ腹だたしく, へ臆劫, へ自分, へ自慢, へ舌がくツ付き氣味, へ苦々しい, へ薄気味悪, へ見え, へ覺, へ解し, へ觸, へ言, へ路傍, へ辟易, へ返さない, へ遠慮, へ重, へ間, へ難儀, へ電車, へ面白, へ頼り, へ馬鹿, へ馬鹿らしく, へ鮮, ほんとにお前, ほんとに照ちやん, ほんの少し, また誰, まだ起き, まるで鳩ヶ谷, まァいい, むれえ, もうおつけ, もうおなか, もしもこんど, もし白, よく氣, よく注意, よしひっぱたい, わからないの, わからなかったの, わざわざ, わしが, わしも, わたしたちには, わたしの, ァ, ァあの, アお前は, アリョーシャこれが, ガラガラポーンと, ジエィン, スエ子が, セリョージャ, セリョージャそんな, ソヴェトの, ダーネー君, ッあぶない, ニキータの, ニューラ, ハツハツハ, ハヽヽヽヽ, フツフツフ, マアそこにじっ, ムッソリーニなんて, ラストまで, 一たい, 一本手前までしか, 一滴の, 万人と, 三十錢か, 三田さん, 二つか, 二人で, 二人目は, 人間は, 今まで, 今までの, 今夜一晩ここへ, 今時お前さんの, 今時それぐらいの, 今頃まで, 仕方が, 仙さん, 何かの, 何してん, 何とか彼, 何も, 何んで, 何時までも, 併し, 俗物の, 信州の, 僕の, 全く, 全体なら, 八, 兼さん何でも, 分ってるべよ, 初会客だ, 初桜, 匕首よりは, 十分か, 千三, 半分は, 博士が, 又私, 取り返されたら大変, 口の, 可笑しくつて仕様, 君の, 呑んだと, 器量が, 壯吉も, 夏子は, 夕方でも, 大昔の, 大槻玄卿が, 女の, 妾に, 始めて橋本, 威張りかへ, 娘心は, 嫂さん, 子供の, 宇津木さん, 客は, 家にゃ, 審問官は, 岡っ, 左の, 巨億の, 平の, 幾らにも, 庄さん, 張って, 彼奴の, 彼奴等の, 後で気, 後世に, 御尤様, 微塵も, 志村, 思えば, 怪我でも, 息を, 情夫ぢや, 惜しいこと, 惡い, 手前の, 扱帯が, 持って, 持主の, 挨拶も, 探偵学でも, 撲られても, 教えて, 昼間は, 普通に, 朝っぱらから, 本當, 村の, 東京は, 柳吉の, 橋といふ, 正眞正銘, 此間は, 武二が, 歩けば, 死んだ姑, 母親はな, 気が, 気狂い, 気障だ, 氣障だ, 求林斎それまでは, 江戸の, 決して私, 沢山金を, 渡宋なんて, 澄さんの, 無駄な, 現にこの間, 生かして, 用です, 田舎者だ, 畜生奴, 異人さん異人さんって, 病人だ, 病気, 痛いぢ, 白状する, 皮膚と, 知らないッ, 知れると, 神様なんて, 私この, 私は, 私ばかり, 私も, 空想を, 終には, 繩が, 義理なんか, 聞いてるの, 自分で, 芝居の, 花ちゃん, 芸人だって, 見す見す出鱈目, 親しそう, 解り切ったこと, 言われた通り, 話を, 誰だ, 誰にでも, 誰の, 警部の, 議論には, 賭博打の, 赤い綺麗, 足りないの, 跟い, 踊らずには, 軍隊の, 道人様の, 達者な, 邪魔さねえ, 酒を, 酔って, 野伏と, 金蓮さん, 金蓮さんしっかり, 間が, 防ぎながら, 離して, 零点だ, 電人, 面倒だ, 顔が, 馬さん, 馬鹿だ, 馬鹿馬鹿しくって, 鬼火の, 鳥は

▼ のから~ (599, 0.1%)

183 だが 22 だから 21 して 17 だと 8 先に, 考えると, 見ても 6 見れば, 順々に 5 だの, だを, 小さいの, 風が 4 考えても, 見ると

2 [19件] たぐり出したの, だとともに, だながら, だには, だは, でした, ふくろ, ふご, みると, ッ風に, 命に, 察する, 想像する, 我に, 推したの, 稽古せよ, 聞いたん, 見て, 足が

1 [254件] あなたへの, あらゆる不潔物, うたうたふ, うたは, うた作りなど, うどより, うどん位の, おいでに, お年賀, お預かり申した, かさだ, かさは, かさを, かつた, かみでありとき, かみとか, かみふすまで, かみを, かみ取り, くににまで, くれな, こには, この山, さきに, さきにかけて, さわぎ, すさんですね, すっかり謝罪, すべてが, その糸, その蒼白い, そもそも喧嘩白雲, だ, だからと, だがね, だじゃ, だぜんたい, だでした, だですよ, だという, だとの, だとは, だとも, だに, だにかけて, だについて, だについては, だにつき, だにゃ, だのう, だば, だを通して, だんだん太い, だ中, だ全体, つ風, であつ, であります, でしたから, でしょう, です, でたもの, でぬぎちらした服, でめざす相手, で神, なにから, なわで, なん, なんか蟻, はじまって, はじまり九ツ, びぬはなしむら時雨, びんが, まつの, まつ林と, みれば, もぎとりました, やくそく, やるぞ, ウブ湯まで, カレーうどんきつねうどん, グイと, ッ風が, ッ風云うたら, ッ風秋の, トラックが, バ, 一歩進めた, 三万円即金の, 三十歳前後まで, 上席を, 下は, 下書きにか, 下流の, 下級武士たちが, 二十前後の, 二度位に, 人々た, 人が, 付会し, 伝わって, 何か, 作家同士或は, 先づ死にだした, 先へ, 入った, 全く離れた, 内観の, 出したので, 出た言葉, 出て, 出る文芸評論集, 出來, 函や, 刈りたまえと, 判断し, 刺戟を, 割り出して, 動き出して, 北風が, 厳しい督促, 反抗を, 受洗した, 古いの, 右列の, 向ひ, 咯血から, 変だ, 大騒ぎに, 太いの, 奇怪な, 子供を, 学生大会で, 守り燦爛, 守ろうとでも, 察して, 察すれ, 小さなの, 小者まで, 小芳, 尻には, 左の, 帰って, 幾分かの, 店子の, 弁じて, 引き離して, 微かに, 思いついたと, 思い付いたわけ, 思い出して, 思い寄せ, 思ひ付いたわけ, 想像し, 想像した, 我れ, 扇を, 手を, 手紙が, 打つべくなりぬ茶, 採ったもの, 推したので, 推しても, 推し量ると, 推すと, 推せば, 撃ち殺すの, 救われるかも, 数えると, 数ヤードも, 新しいの, 日の, 書かう, 杉寛の, 来たもの, 来た推測, 東へ, 松の, 横濱の, 檜は, 次に公孫樹, 比べると, 気ぜわしいようす, 気の, 氣が, 浅葱の, 焼出され, 燈心を, 牛乳の, 猫の, 申しましょうか, 申し上げたいと, 白癡二十五座の, 目路も, 短いの, 破って, 私が, 私は, 積む, 突き落されて, 箒茶碗石鹸などまでを, 箱が, 箱に, 紅ゐ見る, 紐だけ, 罎などを, 翻刻した, 考えて, 考へて, 聞いたの, 聞かされた, 聽い, 肩書も, 脛と, 自動車が, 自然に, 臼では, 落ちては, 衣被, 見るに, 解放され, 語るの, 読んで, 買つて帰つた事が, 贅沢だ, 起こったもの, 身投げを, 転じて, 転化し, 較べれば, 逆に, 連想した, 運命が, 遙かに, 酷められ, 鍔を, 間違って, 除, 離されずに, 電話し, 順に調べる, 順よく, 頼まれて, 風に, 風の, 風ひゆう, 風ひゆうひゆう, 飛移る, 食べ初め, 駕籠が, 騒ぎなどには, 高いの, 高い方, 黄色いの

▼ の~ (597, 0.1%)

17 行く 16 行って 9 いを, さきに 8 入って 7 だての 6 いの 5 さきから, のも, のもへ 4 入る

3 [11件] いたいを, こ帯を, さきが, さきの, だてを, 案内し, 私は, 立ちて, 足を, 連れて, 顔を

2 [28件] お伺い, かけて, こ帯が, たのまれて, だてが, ぽつりと, ツぽ, 佐吉も, 信吾は, 入り込むつもり, 入れて, 冠せて, 出かけて, 出る, 出るん, 匕首が, 参詣する, 徳山, 明日明後日の, 書き込んで, 案内される, 目を, 着く, 細工を, 聞きに, 蛙を, 蠅が, 行くと

1 [417件] い, いざで, いざであった, いざでした, いたいかと, いたいが, いたいや, いちん, いつづきでした, いつづきの, いとへ, いに, いのそ, うべう, えちょっと, えったはず, おいで, おいでなさる, おいでに, おさまる, おつかわしくだされた, お届け, お湯を, お着き, かえるという, かかった, かき夜, かくて, かけても, かけるの, かけ持ちし, くっ付いたり, くるんで, げにはさん, こ, こういっ, こおび, こ帯はちよつと, こ帯ヘルメット帽, こ帶握りぎんた, ご出席, さえこたえも, さきには, さきは, さきばかりに, さきを, させるので, さる八月吉日, しゃがれた奴, すすむとい, そちらへ, その藤八猿, それぞれ嘆願書や, そッくり衣裳を, たりし頃, だてなど, だてに, だては, だても, ちょうど好い, ちょっと手, ちょっと玄関, ち実り, つか, つてゐる, つりが, つりや, つんと頭, とめぐつて倉庫, どの如し, どろ, なければ, ぬうと, のへと, のもへの, のんだくれの, はいって, はいつた, ばりかたは, ひとつ見参し, ひとまず落着, ぶつかつて, ぼんやり耳, ます, まもなく怪我人, みれば, む, やった, やはりその, やるの, ゆくなるほど, ゆくの, ようしが, り, わたしは, アカイアの, カッと, キッと, キャラコさんが, ゲモニイの, ソだって, ソを, ッて, ッへ, ツド・ライトが, バケツを, バターと, バターを, ペタリと, マムシヨ入道, リオトロープは, レモンと, レモンの, ンリーが, ーヴィー・レーンの, 一二年前から, 一塩宛て, 一寸出る, 一寸寄り, 一挺の, 一時の, 一間へ, 三人が, 三人ぎりで, 三度ばかり, 三益が, 上るだね, 不思議そうに, 中学生が, 久保田さんは, 乗り込んだ, 九女八は, 二つとも, 二つに, 二挺の, 二枚書く, 二重蓋を, 五六枚に, 五合樽の, 些の, 今明日オザ, 仕事に, 他の, 付けて, 以て, 仮名文字が, 任せて, 伊庭の, 伝染し, 住み込むこと, 住み込んだ, 余興で, 僕の, 充分に, 先生が, 先生の, 入った, 入ったバス, 入らっしゃいました, 入りすし, 入りました, 入りハイボール二, 入り天ぷら, 入り込んで, 入ること, 入る清, 入れあげて, 入れるつもり, 入院させ, 八五郎が, 共立講堂, 兵頭は, 出かける, 出かける暗い, 出て, 出ます, 出るたあ, 出ると, 出席する, 出席座った, 出演の, 勇を, 匂ふ, 参りましょう, 参るには, 参詣を, 口を, 右側の, 合わせて, 吉村は, 向けて, 向った二人, 向って, 向ふ, 咬筋の, 咲きかかった藤, 善造と, 四方から, 坐って, 坐り居て, 堅牢の, 夏の, 外から, 夜は, 夜も, 夢の, 夥しい蜘蛛, 大納言の, 奔放に, 妻と, 妻君と, 嫁きたがる, 嫁づく, 字は, 実に久しぶり, 容態を, 宿まる, 宿を, 寄ったり, 寄って, 寄つてみた, 寄る, 寄る無事, 封じた書面, 小さいお, 小判で, 小楊枝を, 小走, 少し塩, 届けて, 岸の, 島村は, 己が, 帶びて誇らふ, 帽子も, 平次は, 平気で, 座員十何名余興に, 引きつけられて, 引っぱられお仕置, 引っぱり込みました, 引被せ, 当てはめて, 往って, 得たころ, 御挨拶, 意識が, 戦勝の, 房州に, 手が, 手を, 手紙を, 投げ懸けし, 投げ掛くる大, 投じました, 抜ける街道, 押つ冠せ, 押返して, 指先の, 掛けても, 掛つた, 提灯を, 斬込むこと, 新人を, 新聞を, 昼の, 暫く逗留, 月俸金四円也で, 有名な, 来た時分, 来ました, 松林が, 松江は, 案内され, 案内された, 案内されました, 桜を, 正枝, 此郷に, 歩く, 沢山かけ, 泊ったが, 泊って, 泊つた母子二人の, 泊つて見よう, 泊りました, 泊る, 泊ること, 洋介は, 涙垂る, 深雪が, 深雪は, 湧き出るその, 満点を, 源氏の, 漢字を, 火を, 烈しく手, 父圓太郎の, 物凄く叫び戰, 現われて, 異常な, 登り風, 白い糸, 白玉を, 皆で, 盛って, 目だたぬよう, 相槌を, 相談に, 眞先に, 眞晝ころ, 眞逆, 真先に, 眼を, 着いた時, 着ける時, 瞳を, 矢もて, 社殿の, 神経を, 移って, 移つて, 突き落し, 竜太郎は, 第一, 筒抜けの, 細筆で, 紹介され, 絡みつく, 給ひぬ, 義理で, 羽根の, 聴耳を, 職人が, 脚加へ, 自分が, 自分の, 花札を, 花鰹を, 草鞋を, 菊千代は, 落ちて, 號室には, 蛾次郎いちいち, 行きそれから, 行きトップ, 行きポタージュ, 行き一席, 行くこと, 行く勝太郎, 行く安く, 行く汚く, 行こうでは, 行こうと, 行った, 行ったこと, 行ったらウイスキー, 行つ, 行つて來た, 行つて来た, 行つて見よう, 襲ひ打つ, 見ること, 見慣れない一人, 言うには, 言ったって, 誇張を, 誰かが, 貼って, 赤い色繻子, 走ったから, 足踏みを, 踏み込んで, 踏出しの, 軽く会釈, 載せら, 迎への, 這入り真っ暗, 通ずる街道, 通る, 連れ込まれそれから, 進み來, 遊びに, 遊声は, 運ばれて, 遣つて, 選手として, 邑あり, 配って, 酒を, 醤油と, 長崎屋いみじくも, 阪急社長佐藤氏の, 附いて, 降る雨, 隆貞は, 階下に, 隠れたの, 雲深く, 青銅を, 音吉は, 頭を, 頭戴かじ, 顎を, 顔色を, 飛びこむ, 飛びこんで, 飛び込むと, 飛行機を, 首を通して, 首途の, 馬を, 駈けつけた, 高く引上ぐる, 魔手を, 鮮血に

▼ の~ (594, 0.1%)

6 ことを, 中に 5 上に, 方が 4 ような, 中には, 話を 3 しりの, やうに, 事は, 前に, 字を, 方は, 肩を

2 [29件] しつた, しらべも, しッ, ほうへ, もつと, ように, よろこびは, 二人三人は, 具合を, 出て, 名が, 大きなだけ, 女の, 娘に, 字の, 存在を, 家から, 家に, 家具も, 文字を, 方へ, 珍奇な, 用事で, 看板を, 肌を, 色を, 見知らぬ花, 観念を, 間を

1 [481件] あっちこっちに, あまりを, あめ, あらう道理, あらねば, ありがたがりぶり, あるパウト, ある事, ある壮麗, ある小さな, ある横丁, い, いぢ, いまちょうど, いま真青な, いろんな樹木, いろんな白, いろんな鍋, うず高く, うちでも, うちに, うちの, うめ合せには, おいしそう, おそいこと, お仲間, お料理, お父様, お礼まで, かすよう, がらくたの, ことが, ことだろう, ことに, ことばが, さまざまな, さんいくつ, しつたり, しりが, しりに, しりは, しりや, しり声, しり声が, しり声と, しり声や, しり方, しり語の, しるこえ, しるしを, しる様子, しれど, すべてである, その時代文化, そばへ, それが, た, ために, ちゃん, ついたの, なかに, なかの, なき辺, なくなったいま, ならべて, のっかって, のと, はいって, はさまった, はらの, ばらの, ひよわい若木, ほうを, ほかは, ほか雑誌に, ますと, みつからない光君, めざましいくらい, もういらない, やうで, やうである, やうな, やうにも, やう思はれ, やつと, ややこしいもの, ようよ, りっぱなきれで, ろうそくを, わかるの, われらにて, ゴチャゴチャと, ピアノが, ポストを, ルバーシカを, レースの, ーの, 一つから, 一つに, 一人です, 一人でも, 一方が, 一節だった, 一節を, 一行は, 三階に, 上には, 上へ, 上り下りが, 下に, 世帯持ちは, 世話を, 並んだせまい, 並んだ前, 並んだ横丁, 中だ, 中で, 中の, 中へ, 丸い硝子玉, 主人が, 事で, 事ばかし, 事を, 人々は, 仕事を, 仕業か, 他には, 代わりに, 仮の, 伝記には, 住宅や, 何なる, 何物なる, 作つてゐる, 作者ばかり, 作者も, 価は, 価値が, 像を, 元気よく, 兄貴という, 先生だつた, 光景の, 入ったもの, 八合目ころから, 内わけ, 再吟味, 出来た時, 出現は, 列が, 刺繍を, 前, 前半でしょう, 割りこみ, 力を, 力学は, 勉強が, 勝れるに, 匂いと, 医者だつた, 十羽分以上は, 半ば御多分に, 反対だ, 叔父が, 叙述が, 口から, 口が, 口の, 吉野の, 同意をも, 名を, 名前は, 名前を, 名高い駅路, 向うに, 哀しさ, 唄や, 商売は, 問いに, 啼くの, 喬木ばかりが, 図を, 地名が, 地車の, 基準が, 堂塔の, 堆の, 場合に, 墓へでも, 壁の, 声に, 声は, 声音に, 売り手たちが, 壻に, 外に, 多いの, 多い事, 多い四川料理, 多くは, 多くまじっ, 夥しく並ん, 大宝石商, 大木の, 太夫連が, 奇怪な, 女房すなわち, 如きは, 如きもの, 如くである, 如くに, 如く想, 如く見, 如し気の毒なる, 妨げと, 姿が, 姿に, 姿を, 娘で, 娘と, 嬉しさ, 子かも, 子どもが, 字が, 字に, 字二ツ附けたる, 存在から, 存在にも, 存在は, 存在をすら, 宅は, 宝石が, 実は懐しい楽しい, 実現の, 家へも, 家跡か, 密訴の, 尊さ, 小さい火花, 屋敷へ, 屋根の, 山である, 岸本由豆流は, 巣を, 巧かつ, 市民を, 席へ, 平らかさ教ふる, 幹の, 広告絵大相撲の, 店を, 店先を, 庭へ, 建物である, 建物の, 張って, 形で, 形式を, 影が, 影だった, 影では, 影響が, 役目を, 後を, 御心當, 心地よい酔, 思い出の, 恋愛を, 悲歌を, 意は, 意味は, 意見と, 感じが, 感じは, 感情に, 憲法全, 我々を, 手あてや, 手を, 手入を, 手前私の, 投書が, 改良の, 教育する, 数寄を, 料理は, 早いには, 早いの, 明滅電灯の, 時だけ, 月賦販売者です, 服地は, 本質は, 本體, 来訪が, 枯れて, 柾目の, 案内書であり, 案内者と, 棟を, 植つた小ぢんまり, 極く小さい, 概念を, 槍が, 様な, 標準について, 模様が, 横縁の, 横顔を, 機能と, 檻を, 正体を, 武勇談さ, 死顔に, 残せるひとす, 残りで, 残虐が, 母親かね, 母親に, 毛出し内職を, 気を, 汚れかえっ, 沙汰ばかり, 活動は, 流派に, 浅草の, 涙こぼるる, 深い短篇, 滝の, 漢名が, 潅木類は, 濃緑色の, 点には, 為めに, 無数の, 煙が, 物語で, 特別な, 犠牲は, 猫騒動の, 珍らしい, 甘煮なら知っ, 生い茂り乱れもつれ合って, 生にか, 男の, 畑を, 略章の, 番号を, 疲れた着物, 痕を, 皆忘れ, 皮が, 盆栽が, 相手が, 看板が, 真只中に, 真意は, 眼から, 着物きせ, 着物を, 知らざる所, 知らせにて, 硝子玉が, 秀麗な, 私にも, 私は, 秋草の, 移住が, 種類を, 稽古が, 稽古し, 稽古を, 積みかさねて, 立つて, 童話を, 符合が, 第一義は, 等閑に, 精神を, 紹介が, 結婚を, 絵葉書だらう, 縞や, 缶詰を, 美しく綺, 美しさ, 考へでは, 肉は, 肉を, 肌は, 脣に, 自分なぞは, 色が, 色刷絵が, 色彩を, 花で, 花と, 花は, 花を, 芳香が, 苗木が, 茂つた処女林を, 草に, 荒法師ばらに, 菩提寺であった, 落着きを, 葉は, 蔓草が, 蔭で, 蔭を, 行き過ぎるの, 衝動も, 表戸, 被害の, 裂目の, 装飾が, 装飾は, 要約上どうも, 見えない事, 見えるところ, 見える五分刈, 見事な, 見本が, 見本を, 観方, 觀念である, 言葉には, 訴で, 詩, 話が, 話に, 語が, 諸作, 講釈を, 警蹕も, 豆の, 貞実に, 貪欲さです, 貴様が, 買物に, 賃仕事を, 賃銀を, 趣味の, 足の, 足音が, 足音の, 農具が, 通る淋しい, 過去三十年の, 道, 道具が, 道具類が, 郊外に, 重なった袖口, 重ねて, 重大な, 金の, 間で, 間に, 附録絵が, 隣で, 集りだ, 雑多な, 靈が, 青みに, 青柳の, 音は, 音も, 頁を, 頬を, 頭へ, 額の, 顔が, 顔を, 風呂敷づつみをとりひろげた中に, 馬車で, 驚歎に, 高価らしい, 魂が, 鳴聲

▼ のという~ (560, 0.1%)

30 ような 24 のは, ものは 22 ものが 21 ことは 14 ものを 12 ことが 11 ものの 9 のが 7 言葉を 6 ものも, 言葉は 5 ので 4 ことを, のも, ものに, 事を, 名が 3 ことには, ものには, わけで, 人が

2 [21件] ことで, ことに, ことの, ときに, のを, やつは, ように, んじゃ, 奴が, 小冊子, 心配は, 文字を, 時は, 気障, 理窟は, 者も, 言葉が, 訳で, 連中が, 連中は, 騒ぎを

1 [295件] あくどいみ, あの小男, あらゆる, あらゆる気づかい, いい加減な, いやな, うらなり芸術, うるさい付け, おかしい面, おなじ店の, おもしろい号, ぐあいに西洋皿へ, ことほど, ことよりも, こと云わず, この古風, この呪わしい, さまざまの, さよう, そのころ一ばん, その当時, それこそ, そんなケチ, そんな洒落, たちの, たてものと, つけ黒子を, ところで, ところを, のじゃ, のだ, のの, のよ, はっきりした, ばかげた話, ひとな, ひとは, みんなユダみたいな, むずかしい事, むずかしい神, もくろみじゃ, もっと溌剌, ものから, ものについての, もの実は, やつに, やりかた, よほど高, んだったら, ウルサイ役目を, スローガンが, ハイカラな, ロンドンあたりでは, 一流どこの, 不名誉きわまる, 不確実情報, 中に, 了見は, 事は, 事柄では, 二千五百米突以下の, 云い様, 人々は, 人たちを, 人に対して, 人は, 人ばかり, 人も, 人数は, 人物が, 人達です, 人間の, 仁義と, 仕事は, 伝説が, 伝説の, 作品を, 便利の, 係り筋は, 信仰は, 停留場を, 傍に, 児戯に, 公卿へ, 具合に, 冗弁は, 冷罵を, 出版社が, 出鱈目な, 分け隔てなく力, 前の, 労働者たちが, 動物が, 動物を, 区別は, 区別を, 千山万水の, 印刷物も, 即興を, 口の, 古めかしい文字使い, 古風な, 句が, 句を, 名だけにも, 名だたる将軍, 名で, 名を, 名乗りの, 名前ばかり, 名望と, 名目で, 呼び声が, 呼び方, 問題じゃ, 問題とは, 問題も, 噂で, 器用な, 囁きが, 地名が, 地味な, 基礎学は, 堅硬, 声が, 変な, 大きい小, 大きな川, 大仰な, 大喧嘩, 大藩とも, 太平楽な, 奇体な, 奇怪な, 女が, 女だ, 女客が, 奴らは, 娘しか, 娘だった, 婆アが, 嫌な, 字が, 字の, 字は, 字を, 実に種々様々, 実用的な, 家が, 家老重職の, 小あんまたち, 小植物, 小禽が, 山の神さまや, 山は, 川に, 幸吉には, 幾ヵ所も, 形容詞が, 御心配, 御神灯の, 心か, 心が, 心は, 心を, 心臓は, 必要は, 念毛頭, 怪花を, 情趣を, 意味さ, 慇懃な, 手は, 手合いだけが, 手間暇なし, 技芸では, 抽象概念の, 捉か, 数は, 文字の, 新刊の, 新妻じゃ, 方言は, 旗本屋敷の, 星座さえ, 映画の, 景気の, 智恵が, 本が, 札を, 村が, 極めて平凡, 概念で, 様な, 歴史の, 段には, 気は, 気もちは, 気性の, 気組だ, 水草が, 汚名を, 温泉が, 無理な, 熱は, 父を, 物々しい縁起, 物を, 物騒な, 特別な, 特別の, 犬を, 珍しい結晶, 甚だ, 生易しいの, 生温い問題, 生温い青春, 画史の, 番号附け, 目や, 眼の, 短篇を, 短篇鼠柿人間よませ, 碌でも, 称呼は, 種類の, 童名は, 符徴を, 箱庭程度の, 絵双紙屋から, 綽名が, 置き場に, 考えは, 考えを, 者だけに, 者の, 者自身が, 腹心の, 自分では, 自分には, 苗字の, 菓子の, 華やかな, 蒼蠅い, 血腥い事件, 血迷った考え, 衒い気味, 装置を, 複雑深刻なる, 西洋風の, 観念ぽい, 言いにくい, 言葉さえも, 言葉の, 言葉も, 評判が, 評判とうとう, 詩的な, 話を, 誇張した, 誇悪, 誘惑的な, 語が, 語も, 語を, 論文を, 賑やかな, 軽い気もち, 農具は, 近代生活にまで, 退職手当は, 連中に, 部分は, 部分品だけを, 重宝な, 重臣たちも, 野暮な, 金の, 金を, 長官が, 陸にばかり, 階級の, 雑然たる穿物, 雑誌を, 面から, 面からの, 面だけを, 面倒なんぞは, 題で, 顔役から, 類の, 騒ぎが, 騒ぎの, 騒動に, 魔薬を

▼ のより~ (457, 0.1%)

34 どころを 26 大なる 15 どころと 12 どころが, どころは 7 どころも 5 どころに 3 どころであった, どころとして, 肥沃な

2 [24件] かお高く, こっちの, どころさえも, どころな, どころの, どれだけ, ゆたかな, 以上の, 劣って, 合理的な, 塊った, 小なる, 幸福な, 広汎な, 後悔に, 急速な, 本質的な, 来ると, 現実的な, 社会的な, 豊富な, 遙かに, 重大な, 集って

1 [289件] あがる沼, いいです, いいという, いっそう恐ろしい, いっそその, いやだった, いやな, うまくなかった, おいしいと, お前が, かたな, きっと余計, この, この人, この方, これが, さらに一嵩, さらに美しい, しまつ, しゃんとより豊富, すぐったロケット隊, すこし上等, すすんだ段階, すれば, ずっとい, ずっとシャッキリ, ずっと古い, ずっと気持, ずっと高かっ, せいぜい数回, たくさん産む, たるにて, ちょっと話したい, づっといゝ, づっと面白い, てきぱきした, てつとり早く, どころ, どころから, どころという, どころとしてしか, どころとしての, どころとは, どころない, どころないしは, どころについて, どころや, どころ中心が, どころ実在感の, どころ真理と, どころ評価の, どころ迄を, ぬきの, ねらいが, のぞましい変革, はるかに, ひろがりと, ひろく高い成長, ほかに, ましで, まだ軍, むしろ名も, もそとの, もっとひどい, もっともっと気, もっと不気味, もっと便利, もっと嘲, もっと手早い, もっと熱烈, もっと薄い, もっと賢い, もつと, やはりこうした, ややその, やや大きい, やや詳しく, やや進ん, よき工夫, よく生きたい, よく生きん, よく育つた, よっぽど美しい, よほど長い, ウンと, ゲンナマ, パハマンの, 一寸仲よくした, 一層ひどい, 一層積極的, 一歩の, 一段と小さい, 一段下の, 一般化された, 一般的な, 上手で, 上等だ, 上等です, 下手な, 不利な, 不美味い, 世界史的覚醒の, 事理に, 五倍も, 人間らしい願望, 他の, 仰言って, 低いと, 低い哲学, 低廉な, 低級な, 何倍も, 何程か, 倍ある, 倍も, 健やかなる, 健全な, 僕らには, 優れた作品, 優れて, 優良という, 八分の一音だけ, 公た, 具象的な, 処と, 劣る土地, 勤勉な, 十倍も, 却ってうまみ, 厳格な, 口当りだけでも, 古くさび, 合い勘定, 合せ数により, 合理的な組みかえ, 外には, 外の, 多かった, 多く出た, 多量に対しても, 多量の, 多量を, 大きいです, 大きいの, 大きい反対, 大きい方, 大きく別, 大きく生かされる, 大きく立派, 大きく薄, 大衆的な, 大規模, 奇妙な, 奇麗だ, 女は, 好みなんか, 好みを, 學問的で, 安全な, 完全な, 客観的な, 富むため, 寒いの, 小さく疎ら, 少くは, 少したち, 少し下手, 少し余分, 少し前, 少し大きい, 少し大きく, 少し小, 少し長い, 少し長く, 少し高い, 少し高く, 少なくは, 尚生きる, 尠い, 工合や, 巨大な, 年も, 幸福である, 幾分大きく, 広くなっ, 広く自然, 強くは, 強くはっきり, 強壮で, 強烈でない, 徹した運用, 念が, 思掛け, 成績が, 文字が, 料理に, 新しく作られ, 明確で, 更につらい, 更に大, 更に悪い, 更に激しい, 更に長く, 望みが, 条理そなわった, 来る様, 柔らかみが, 根柢的な, 此の方を, 比べものに, 民衆的な, 気に, 永久的な, 活溌な, 浅い森, 深き真実, 深められた理解, 深奥を, 渋味づけられた, 溌剌な, 照子ひとりが, 熱いお湯, 燃えさしの, 特れ, 特徴ある, 生粋な, 疵は, 癇高い, 發展した, 百姓が, 皮相見, 真つ, 確かなる, 社会的性質の, 神で, 積極的な, 立ち入った分析, 立ち入った問題, 立派だ, 端的な, 粗末な, 紐は, 純粋なる, 細くその, 結構だ, 美しい状態, 美しくは, 美味うございます, 美味しいと, 自分には, 自然で, 自由な, 舊りたるべし, 良いという, 良いといふ, 良く暮し, 蕪雑な, 表面的なる誤った, 複雑な, 規模の, 記録を, 許可を, 詩でない, 謡いての, 豊かに, 豊富さより, 豐富なる, 貴下は, 赤茶けて, 進んだ事情, 進んだ国民, 進んだ心境, 進んで, 遙に, 遥かに, 遥に, 部分的なる, 重く負担, 金の, 長い, 関西風の, 集まり畜生ども, 集り, 鞏固な, 高くより, 高く揚る, 高度な, 高次の, 魅力的な

▼ のやら~ (439, 0.1%)

6 少しも 5 それは 4 私には

3 [11件] さっぱりわからなかった, さっぱり見当, さつ, そんなこと, わからない, わけが, 何を, 分らなかった, 分らなくなった, 自分にも, 見当が

2 [30件] さっぱりわからない, すっかり待ち, それが, それも, とにかく賑, どこへ, ないの, まったく見当, まるで夢中, わからなかった, わしには, 下げたの, 仕出かすの, 何と, 例の, 全く見当, 全く途方, 分らないが, 分らないと, 分らぬほど, 分らぬよう, 悪いの, 無いの, 目の, 私は, 自分でも, 自分の, 見当も, 調べて, 鞠の

1 [331件] あちこちに, あとを, あの晩, あるいは, あるいはいまだかつて, あるいはまた小説, あるいは屑籠, あるいは祖父, あるいは蛇, あれほど, いくら飲ん, いたずらに, いちど兄貴の, いっこうに存じません, いっこうに腑, いっこう分らぬ, いつの間にかボツンボツン, いても, いないの, いまだに妾, いろいろであった, いろんな人, お豆, かいくれ見当, ぎよつとしたのやら途方もねえ, こっちも, こないの, この広く, こまって, これを, さっぱりわかりません, さっぱり腑, さらに差別, しきりに独り合点, して, しないの, すこし驚かされた, すて鉢な, そこが, そこに, そして何故, そちが, そのままで, そのエンジン, その事情, その区別, その境目, その状態, その辺, その道の, その題目さ, それから, それこそ, それさえ, それさえも, それすら, それとも私自身, それについては, それにどんな, た, ただかわいそう, ただしは, だ, だあれ, だれが, ちっとも分からない, ちょっとわからない, つかないの, つくづく分からなくなる, てんでツキアイ, てんで知り, ときどきヒューッ, とてもわからない, とにかく雑多, とんと合点, とんと我ら, とんと痛し痒し, とんと記憶, とんと霧中, どうしてこんなに沢山, どうにも確りした, どうやらそれ, どこに, どちらつかず, どんな気持, どんな苦悩, なぜ, なにを, はたの, はたまた, ひっそりと, ひょいと気, ふと思はず, ふと曲亭馬琴, ふと長屋, へえ, まさしく風, またどの, またどんな, またなぜ, またはそこ, またはタイラダケ, または戯, また助かった, まともな, まるきり分らない, まるでそれ, まるでもうわかりません, まるで知らなかった, まるで考え, まるで見当, まるで覚え, まるで解らなかった, みかげ石の, もうすっかり忘れ, もう見当, もしくは人, ややしばらくは, よくも聞きとれなかった, よくわからない, よくわからなくなった, わかったもん, わからずまた, わからず縋るべき人, わからないよう, わからなくなって, わからなくなりました, わからぬの, わからんですわ, わからんなどという, わかりませんのでね, わが行先, わけの, わたしにも, アカーキイ・アカーキエウィッチには, インディアンに, バカバカしいもの, 一円合点の, 一向に思い出す, 一向見, 一向見当, 一寸ばかり, 一足後れ, 不明な, 二三度電車が, 五六疋入つたのを, 人には, 人足軽, 人足軽子その, 今では, 今に, 他の, 会社の, 何が, 何となく物淋しい, 何もかも分らなくなっ, 何やらも, 何時また, 便りも, 僕には, 僕は, 僕ほもうすつかり忘れ, 全く解, 冷ややかな, 出して, 分からない深遠, 分らずに, 分らない, 分らないあいまい, 分らないこと, 分らないもの, 分らない気持, 分らなかったが, 分らぬ, 分らぬが, 分らぬこと, 分らぬやう, 分らへん等, 分りませんから, 判らなくなって, 判然と, 別段用事, 又いろ, 又どの, 又は悲しん, 反りかえって, 口さあげ, 叩いたところ, 可愛さうに, 向うに, 君には, 呆れたの, 唯茫然と, 問ば, 嘲けるもの, 国民には, 坊やが, 女が, 妾ちっとも, 委しいいきさつ, 娘気という, 婦人や, 嬉しいの, 子供は, 季節も, 寒いの, 寝て, 対局当日に, 小さなの, 小姓めは, 小屋は, 小説は, 帯が, 帰らないの, 帰らぬの, 年寄りやら, 幸不幸誰の, 幾種類にも, 弥七郎めはば, 当座も, 彼女には, 径が, 得態の, 思わず口走った, 恰で, 悲しいの, 情けないの, 意味は, 或は, 房枝には, 手を, 手紙を, 挨拶にも, 捕われて, 捜すほう, 既に杳, 明して, 時子にも, 暑いの, 曇って, 更に見当, 本人の, 枯れた足元, 様子が, 機に, 武装の, 殆ど判りませんでした, 殆ど途法, 気に, 気の, 気味が, 気忙しくて, 池が, 泣いて, 浜町の, 深い意味, 漁師は, 炎に, 無感動無表情, 無数の, 物が, 生きたの, 皆目わからない, 皆目わからなかった, 皆目見当, 目ばかり, 直ぐに, 相手に, 真面目に, 眠って, 眠らなかったの, 知らないの, 知らぬが, 知るよし, 砂の, 確かな, 神社の, 禅僧を, 私あ, 私たちにも, 私たちの, 私とは, 私自身にも, 突き止められなかったの, 立体の, 糸も, 考究の, 聞えぬの, 脈が, 腐したの, 腑に, 腹の, 腹立たしいの, 自嘲な, 舅姑が, 船出した, 若い人たち, 草花の, 蔽わりかかって, 薩張り解らなかつた, 行衛も, 見えないが, 覚えて, 解らないので, 解らない母親, 解らなかった, 解らぬ, 言葉や, 訳なし, 訳も, 誰も, 誹られたの, 調べも, 賛成やら, 赤みを, 込み上げて, 近くに, 迷惑な, 退屈を, 長いこと, 隠居市長の, 雷が, 靈媒が, 非実存主義的, 頓と, 頭振, 飜訳といふ, 食える木の実, 首を, 馬術を, 鶴岳宮に

▼ のさえ~ (405, 0.1%)

18 ある 10 あった 6 忘れて, 気が 3 いやだ, やっとの, 大変な, 見て, 避けるよう

2 [11件] いやに, 何んと, 厭だった, 厭に, 変な, 彼には, 眼に, 聞えるよう, 見えた, 面倒だった, 面倒に

1 [328件] あたりまえだ, あったの, あって, ありますから, あるが, あると, あるん, ある始末, あれば, い, いい心持, いささか妙, いとって, いまわしい, いやがりました, いやだった, いやである, いやな, うるさいん, うんざりした, おっかなびっくり, おどろくのに, お構いなけれ, お直, お駒, かえって寂しく, かえって貴う, かえって露草の根, かえって魅力, かまわなければ, きたないよう, きっと罰, きわめて光栄, こころ嬉しく, この世の中, この家一軒, この眼, ござります, さげすまれた, ざえしい笑顔を, ざえした無邪気な, ざえした血色に, ざえとした音とは, しみたれた, すっくと立つ, すまない気, そうし, そこには, その籾, たくさんに, ためらわれて, だいぶ暇, ちらほら見える, つらい, てれ隠しでは, できた, どうにも, どうやら意見, なんとなく小気味, なんとなく気, のどかに, はじめてです, はっきりと, ひどく羞, ふしぎであります, ふしぎな, ほんとなら, まったく気づかぬ, みすてて, みずから情けない, みのがさないくらい, むずかしい, むずかしく大, もったいない, もどかしかった, もどかしく感じました, ものものしく見なけれ, やかましいのに, やっとで, やっとである, やめさせきらない多, やめて, よほど後, ろくに眼, わからないくらい, わかる, わしは, わたしは, ハッキリと, 一人で, 一人も, 一種の, 一言金鉄の, 三人の, 三昧燗という, 不安な, 不幸の, 不快だった, 不快らしく, 不思議で, 不思議である, 不思議な, 不気味だ, 不気味に, 不潔で, 不自由そうに, 不都合である, 世の, 並たいてい, 中腰に, 二三見られる, 云わば, 今の, 今は, 今夜は, 今朝は, 今見るごとく, 仲, 伝二郎には, 何か, 何だか怖い, 何だか気味が悪い, 何ともいえない, 何とも畏れ多い, 何の, 余り好みません, 余り町じみる, 余計, 作って, 侮辱だ, 億劫がって, 億劫だ, 億劫に, 出来て, 出来るだけ, 分らない程, 分るだろう, 初めてである, 十数年前だった, 危険である, 厭うらしいので, 厭がります, 厭であった, 取締上害に, 可笑しいほど, 可笑しい歳頃, 問い質して, 困難な, 変に, 多くは, 大なる, 大儀そうだった, 大儀だ, 大儀に, 大変, 大汗, 好かなかった, 好みません, 妙な, 嫌いな, 嫌に, 実はいやいや, 実は容易, 宮は, 容易でない, 容易でなかった, 容易でなかろう, 容易な, 寒く眺められる, 少くない, 少しつかれ, 少なからず, 居るん, 左内には, 常に増し, 幸福だ, 引繕う, 彼女を, 後を, 御恥しい, 心得がたい, 心細くて, 忌々しかろ, 忌むとしてござります, 忘れたかの, 怖い思い, 怖がるから, 怖くて, 思いがけないのに, 思出さね, 怠儀, 怪しいと, 恐ろしいと, 恐ろしかった, 恐ろしくて, 恐ろしくなった, 恐ろしくなり, 恥しいなりを, 恥て, 息苦しそう, 情ない, 惜しがる, 感じられます, 感じられるその, 感じられるよう, 感づかない程, 憚かられた, 憚かられる, 憚られ, 懶かった, 我慢出来ながっ, 手に, 承知しなかった, 抱えの, 拒まれた, 挙げ兼ねたと, 探偵し, 数えられる, 敵の, 既によほど戸惑った, 早い時刻, 早や, 昼間も, 有ると, 極めて困難, 楽しみだ, 樹の, 次郎を, 此世の, 歯切れよく, 死ぬよう, 残念で堪りません, 毒虫に, 気がかりだった, 気がついて, 気づかない程, 気づかぬ様子, 気の毒な, 気付かずに, 気味が悪かった, 気味の, 池の, 沽券に, 浮世離れの, 涙が, 淡くくるくる, 滑稽の, 漸, 無礼であろう, 照れる男, 煩かしい, 爺さんは, 物あり, 物惰く, 珍しいが, 用の, 異国めい, 病人だけ, 病気か, 痛々しいよう, 癪で, 白い巨大, 百斤の, 相当日数, 知らず一生, 知らなかったくらい, 確と, 確とは, 礼を, 秘しおお, 空怖, 簡単です, 精一杯だった, 精一杯です, 紫色に, 美味しがっ, 美津さん婦は, 考えるほど, 耳に, 聞いてれば, 聞える, 聞える近, 胸が, 胸糞悪く, 臆劫そうに, 臆劫な, 艶が, 苦しい思い, 苦しかった, 苦しくなる, 苦しそう, 苦痛だった, 薄気味悪くて, 見えました, 見えます, 見える, 見つけますと, 見のがしたの, 覚えて, 覚束ない, 認めたの, 認められた, 謹まねば, 辛, 辛い, 辛かった, 辛くなった, 辛抱すれ, 退儀, 遠慮がちに, 遠慮し, 避けたい類, 酒で, 間違って, 随分面倒, 難義, 非常に, 面倒で, 面倒でなかったら, 頃日の, 頤の, 顔を, 馬士は, 馬鹿, 馬鹿げて, 驚くべき効果的, 驚異です, 鰓の

▼ のとで~ (398, 0.1%)

8 私は 5 かれは 4 誰も 3 急に

2 [20件] おせき, お豊, かたがた例よりは, しばらくは, すぐに, どこの, なかま, わたしは, 一時は, 二十四五にも, 人に, 伸子は, 如何な, 幾分か, 有年も, 村の, 毎晩どうも, 近所の, 非常に, 風の

1 [338件] あたりは, あつた, あとから, あとに, いくらか疎遠がち, いっさいを, いっそ紅葉, いつの間にやら, うつろに, おてい, お藤, お角さん, お近, お高, かえって水嵩, かなり大きな, きゅうに, こういう場合, ここは, この数日一寸, この火炎, この種, これだけの, これも, さう, さっきから, じっとし, すつかり, すんで, ずっと滞在, ぜひなく, そこだけに, そこに, そこらは, その半月, その年, その後一二年は, その感ずる, その挿入, その男, その界隈, それぎりその話は, それなり駒込, それに, それほど繁昌, それを, それ以上に, そんな風, ぞっとしました, たしかめたの, たとい私, ちつとも, つい眠り, つまり半ば, とう, とうとうキリレンコ, とうとう私, とうとう飯田, とてもこんな, とび起きました, どうしても行かない, どうしても証人, どう答え, どこと, どこへ, どの道, なやんで, なんだか酔った, なんだか頭, なんら怪しむべき, はっきり見る, ひと先ず, ひどく心持, ほとんど顧みる, ほんの容態, ますます不成績, また立寄っ, まだいけない, まだ独身, まだ越さず, まっさおな, まるでちがった, みなそれぞれに, みんなむきな, みんなも, むしろここ, むっと胸, もう真直, もちろん詳しい, やめた, ようやく人心地, よく聞きとれなかつた, わずかな, シナに, ショウモンとさえ, ションボリし, ダルトンは, ピンで, ファウストが, ミサ子は, 一つ嚇か, 一と, 一刻も, 一圓ばかりの, 一層きまり, 一層我々, 一所懸命の, 一日二日の, 一時両国の, 一滴も, 一行稍疲れ気味が, 一部の, 七兵衛は, 万吉は, 上げられない, 上にも, 上京し, 上気した, 上演の, 下なる, 並大抵の, 乾いたパン, 予て計画, 二三年か, 二人前です, 二人顔を, 二百五十万人が, 互に言葉, 五六遍で, 人々は, 人の, 人は, 人通りが, 今までは, 今朝は, 仕事は, 仕方が, 伊四郎は, 体を, 何が, 何だか気持, 何とかし, 何となく家, 何となく明るく, 何の, 何を, 何処と, 何時の間にやら, 何疊とは, 余程凌げたけれ, 余程注意, 余計商売, 作物の, 借金の, 傷は, 僕の, 先生は, 八時に, 六匹, 其壮観に, 内藤を, 処女造庭境という, 切り取ること, 列車の, 初日前の, 初興行, 判断する, 別に返事, 別れて, 到底後妻, 前のを, 割愛し, 医者が, 十疋じゃ, 半七, 去年から, 参った, 右と, 各自の, 吉五郎は, 同級生仲間に, 周囲の, 四挺の, 塀を, 大人気ない, 大勢の, 女の, 女の子たちに, 娘たちは, 嫉ましくも, 嫌ひであつ, 子供たちの, 季節が, 学生一般から, 実に生き, 客は, 家へ, 少し赧, 少なからず, 山葵おろし, 山葵卸の, 岬へ, 崖縁まで, 嶮峻の, 己を, 師匠は, 帳場に, 平気で, 年もしか, 年輩に, 庄五郎が, 庭の, 当時ここに, 彼と, 彼は, 往来は, 御殿女中や, 徹夜した, 心が, 心理的には, 忠三郎は, 思いのほかに, 思ったより, 息が, 我には, 手ぬぐいに, 押出しが, 数千巻買つて持つ, 斑尾の, 斯くも, 方角を, 日一日人ツ子一人來ない, 日一日人ツ子一人来ない, 旨く寝付かれない, 昨冬来俗衆の, 時には聴く, 時の, 晝餐でも, 暑いこと甚, 暗い宿, 書生さん等は, 未だ同じ, 本年などは, 本当に事実上, 桃子は, 案外いそがしく, 案外早く, 横道に, 欠が, 次第にゆるん, 次第に奥, 欣びが二倍であった, 此家へ, 歩く距離, 死人の, 殆ど商売は, 殺された, 毎日毎時間どんなに, 比較的地味, 比較的明瞭, 毛皮を, 気分すぐれない, 泣きたいよう, 洋服を, 海は, 清逸は, 無駄を, 熱い湯, 父は, 父も, 狙ひ, 猟夫も, 病人の, 登攀調査する, 皆出払っ, 目を, 直接に, 眠りにくかっ, 眼が, 知られて, 社会の, 神の, 神田番町あたりへまでも, 神経質に, 私も, 立上る, 竹は, 素子と, 綱宗は, 綾子の, 義雄は, 考えると, 聞えた男, 聞えなかったそして, 胸が, 腹が, 膝が, 自分で, 自分は, 自在に, 自由に, 至って静か, 若い女中, 荷物を, 菰田源三郎の, 蛇の, 街の, 街燈も, 表面だけは, 裏に, 見るから, 見る見る消えて, 評判だった, 買うよりは, 賊難の, 起きあがるまでの, 足音を, 辰伊勢の, 近所は, 遊びたくも, 部屋の, 釜から, 閊の, 随分いろいろ, 随分寒く, 隣では, 静かであった, 鞘へ, 頭が, 顔の, 顔を, 風呂に, 飲みくいする屋台店, 饂飩を, 驚ろかされた, 高松さんは, 高瀬は, 黒部の

▼ のかという~ (321, 0.1%)

33 ことを 24 ことは 21 ような 18 ことが 14 ことに 9 ことである 7 ように 6 ことも 5 ことだ, のが 4 問題が, 意味の, 質問を 3 ことです, ことの, 事が, 事を, 点に, 理由を, 疑問が, 風に

2 [12件] ことさえ, ことだった, ことについて, ことについては, ふうに, 事は, 問題に, 問題を, 声と, 意識が, 気も, 疑問も

1 [119件] ありがたい感激, いきさつが, こと, ことおよび, ことから, ことぐらいは, ことこそ, ことさ, ことだけ, ことで, ことであった, ことであったろう, ことどんな, ことな, ことにつきましては, ことまた, ことまで, ことや, ことをさえ, ことをまで, ちょっときわどい, ところが, ところまで, のだ, のである, ぼんやりした, むずむずした, もっともわかり, わけで, わけです, んだ, 一種の, 不安を, 不平が, 事です, 人も, 何か, 偉い御, 切実な, 区別を, 原因について, 口ぶりであった, 口吻である, 口調だった, 咄嗟の, 問いに対しては, 問であった, 問題これは, 問題だ, 問題だった, 問題は, 嘆息まじり, 声は, 声を, 大切な, 奇異感と, 好奇心に, 宗教的の, 屈辱感から, 当てつけ, 微妙な, 怒りか, 想像を, 意味が, 意味だ, 意味であった, 掛念に, 昨日の, 根本の, 様な, 様子を, 段に, 気が, 点が, 点だ, 点で, 点である, 点です, 点について, 点には, 点にまで, 点を, 現実の, 理由は, 疑いが, 疑が, 疑問である, 疑問には, 疑問は, 疑問を, 疑念が, 疑惑の, 眼付を, 私の, 稗田の, 積極的な, 答えであった, 考えが, 考えだけで, 表情で, 表現の, 親しい感動, 話であった, 詳しいこと, 誤解を, 説明には, 論議の, 質問から, 質問は, 釈明を, 鋭い感情, 頼り無, 顔つきです, 顔つきを, 顔を, 顔付を, 顔附きです, 風な, 驚きを

▼ のでございましょう~ (298, 0.1%)

14124161087 ねえ 4 かしら 2 か私, がそれ, がわたくし, それを

1 [80件] あの立派, かあの, かそうした, かとにかく, かと存じます, かと心配, かな, かやっぱり, から, か今, か何, か名, か新聞, か田舎, か舞台正面, か部隊, か鐘, がこれ, がしかし, がそれから, がとても, がとにかく, がほんとに, がまた, が今度, が何処, が叔父, が此, が私, けれど, けれどもとにかく, けれどもどうやら, このあたり, このごろわたくしは, こんな夜, しあるいは, しそうした, しばらくの, そう申し, その三四ヶ月, その検屍, それが, それならわたくし, ちょうど二, というの, とお, と云う, と存じます, と尋ねましたら, と思います, と私, どこやら, に, ねお通し, ね不意, ね数日来, ばち, まあいっそ心中, もう少しで, や, よ何ん, 以前の, 仰せの, 伴を, 切支丹とやらの, 加茂川の, 又何故, 問屋の, 声とも, 少しやすみすごしました, 悠々と, 或る, 昨日家を, 本当に奥様, 松明を, 産土の, 粟田口の, 血すじに, 途中から, 馬へ

▼ のに対して~ (290, 0.1%)

6 私は 4 これは, 彼は 3 彼女は 2 これを, 之は, 婦人の, 潮田春樹は, 答えた, 紫玉は

1 [261件] あくまで芸術的, いかにも原始的, いかにも惨め, いかにも煤け, おかみさん, お久, お孝, お雛遊び, かう云つて, かう言ひつ, こういうこと, こういう実験, こう答えた, ここでは, このちぐはぐ, この中心, この二句, この写生派, この方, これが, これに, こんどは, こ奴, ご不満, さながら女王, さも生き, そぞろに, その反対者, その新, その第, その虚偽, その超, それぞれの, それを, たいへん悦び合う, だと, なおさら腹, ならきっと, なんとなく不快, にわかに質問, はっきりした, むしろ終止言, もう済し, よたとん, わが三吉, わざと異, わたしの, われわれが, アイヌは, アリス, イギリスでは, インカの, オーバーケルナーが, カタリナが, カフカの, コルシカの, シヨオペンハウエルは, シンカラ首肯い, ジーナは, スペインに, チェーホフは, デッサウアーは, ナポレオンは, パストゥールは, ヒュームは, ビレラの, フロレンス自身洩らした, ブルジョア文学は, ヘンデルの, ベントレイが, ペルーは, マックの, ミチェルと, モネス探偵は, モリスは, ラジオ講演乃至, 一方丹波丹六, 一縷の, 一般民衆の, 三位以上の, 三十巻に, 上人の, 下士以下兵卒は, 下弦の, 不要の, 世間の, 中の, 中心に, 五月田植ゑの, 人間生活に, 今は, 仕事によって, 仲間の, 佃が, 佐文の, 何う, 何か, 作品批評は, 俺は, 倭文子も, 傅, 僕は, 先生は, 児島三郎高徳は, 六郎兵衛は, 其為事を, 冷眼に, 初めは, 別に甚だしい, 前者は, 割合に, 勝頼は, 勢力平均の, 十二月七日附で, 十座五箇所は, 南の, 博士は, 友の, 口惜しかった, 古瀬戸茶入鎗の, 右は, 吉松少佐は, 吉田の, 同年調べの, 名づけられたもの, 吾輩の, 唯一人延若が, 四人は, 夕霧が, 外国が, 多くは, 大助は, 大型ビックの, 大姫君, 大宅氏は, 大島の, 大阪には, 天狗を, 奈良坂非人が, 奏上する, 女子四二パーセント増しと, 女学生の, 嫌気を, 孤立の, 学界の, 実践家は, 富沢は, 富田勢源が, 専ら精神的魅力, 小生は, 少々家庭, 山の神である, 山居の, 岩魚は, 巨大な, 平塚さんからは, 年上で, 幸吉の, 底装式スナイドル銃と, 彼はもじ, 彼らは, 彼女自身の, 後者では, 後者は, 後者を, 忠興は, 抗議を, 指無しの, 挨拶の, 探偵は, 損得を, 操が, 敢て, 敵軍は, 新しい武家, 新たな, 日本の, 日本人は, 日本軍は, 普通民すなわち, 晶子の, 望みどおりに, 木村は, 未亡人は, 本当に恒久的, 本所深川の, 村君も, 検事が, 検事局は, 極めて通常, 横光は, 此は, 氏は, 民政掛の, 江戸の, 決してこれ, 法師の, 法螺丸の, 流行は, 液体の, 涼しいという, 無関心, 特に強調, 特別の, 独立の, 猛然と立ち, 皆川社長から, 直接には, 相手側の, 知性的な, 短いお, 石堂右馬之, 秀吉は, 私が, 私には, 私の, 私共は, 竪, 笑はれる, 答うべき, 答えも, 素気なく, 素直で, 細君が, 経験の, 結果論者は, 給仕頭は, 習慣は, 自分は, 自殺既遂者の, 自然主義的な, 船舶の, 芝居観賞家は, 芥川の, 英雄的悲壮美を, 茫然自失僅かに, 藤枝は, 補強薬の, 言憎い, 記号説は, 赤ん坊位にしか, 赤鉛筆は, 軽い反感, 辛うじて婦人作家, 辺境の, 近世において, 近代の, 近代のは, 返辞は, 連句は, 道徳的な, 達者な, 関東の, 院内局側は, 雪枝さんは, 音読の, 頼朝が, 養父には, 馬鹿野郎と, 駅員は, 鶴次郎は

▼ のよりも~ (290, 0.1%)

5 もつと, 遙かに 4 はるかに, 幾分古い, 粗朴 3 宜く見えた, 遥かに, 遥に

2 [13件] い, さらに高く, どうも澄ん, もっと低く, 人間が, 優れて, 大きかつ, 好い, 微妙です, 柔かい, 立派に, 美しい, 自分の

1 [233件] いいの, いいよう, いくらか低く, いささか不細工, いっそう猛烈, いっそう身分, うまかった, こうやっ, この方, こんな風, さらに熱く, しばしばより, すさまじさが, ずっとうまい, ずっときれい, ずっとよく人間, ずっとよけい, ずっと大きく, ずっと小さかっ, ずっと手前, ずっと果敢, ずっと疳高い, ずっと綺麗, ずっと重かっ, ずッ, そうぞうしいの, そのほう, その他の, たとえば仮り小屋, つと古風, なおいけない, なお黒い, のめのめ捨て, ひときわ大きく, ふくらんで, また今日われわれ, まだ, みっともない, みんなの, むかしの, むしろ表面上何, むずかしいん, もっといい, もっとうつくしい, もっときらきらした, もっとぴかぴかする, もっとみっともない, もっともっと美しかっ, もっと付け加えました, もっと古い, もっと大きい, もっと大きく, もっと気持, もっと長い, もっと長く深い, もつともつと美し, やっぱり大きい, やや大きい, やや奥まっ, やや小さく, やや突き出, よくまね, よけい小さい, よほど細い, より多く, エジプトのよりも, エロである, ガサガサし, ズット楽な, ビリで, 一き, 一フィート高く, 一向効果的, 一寸から, 一層つまらない, 一層むずかしくっ, 一層判然, 一層完全, 一層恐ろしい, 一層深かっ, 一番早く, 一箱四ダースに, 一週間ばかり, 上等な, 不善で, 不得手な, 中, 二間あまり高く, 人目を, 以上に, 低く見える, 何らの, 余程おそく, 余程深い, 余程短い, 余程長い, 偉大な如くいう, 優れたもの, 優れた点, 先づ白木の, 全く異, 円味が, 凄まじいわあ, 制作年代が, 前に, 割が, 割合に, 効果的だ, 十五円程, 十五圓程, 危なげが, 却つてす, 却つて荒川のを, 却つて邪鬼の, 厚くもっと, 古いので, 可愛らしく顔立ち, 同情できる, 君の, 味が, 困難である, 地平高き, 多い訳, 多く出来ます, 多く諸, 夜一緒に, 大きい, 大きいと, 大きいという, 大きい鉢, 大きく立派, 大きな日本, 大分旨かっ, 大分緩く, 大変柄が, 大變柄, 天子の, 女が, 実際安く, 容易だった, 寒くなっ, 小さいから, 小さいこと, 小さくまた, 少かった, 少し軽い, 巧みな, 己を, 幾分はやく, 幾分重, 強い, 彼の, 後でついた, 後れて, 快活で, 悪いでしょう, 惡いでせう, 愉快である, 或いは古い, 担ぎにくい, 数倍或いは, 数倍高価である, 敷島の, 早うに, 早くその, 早く花田, 春が, 時間が, 時間を, 暗かった, 更に恐ろしい, 更に深い強い, 更に長く, 有りふれて, 有力な, 柔いほどに, 棒に, 此の, 殆ん, 気持が, 沢山に, 海の, 淋しいもん, 激しい悪たれ口, 激しく間近, 濃くし, 無論骨, 熱かった, 熱かつ, 特別な, 狭いの, 猶一層上手, 玉子の, 珍しもの好き, 甚しい, 甚だ適当, 目立って, 直観的で, 短い, 短かつ, 確信的な云い, 稍ハッキリ, 稍古りた, 稍大型の, 稽古する, 約五〇年, 紅葉の, 緑な, 美しいこと, 美味しいくらいの, 聞取よい, 聡慧, 臭いの, 興味が, 良い都市政制度, 良く治り, 花々しいカロル踊り, 花が, 若々しいくらいに, 親しみやすい, 講談の, 距離が, 近世の, 逃げたの, 速いという, 重い, 長くこんな, 靈山子の, 青年が, 頭布の, 風采が, 高い煉瓦塀, 髪の毛の

▼ のかは~ (288, 0.1%)

10 知らないが 7 つきり, 分らないが, 知らない 6 知らぬが 5 少しも, 私には 4 問題である, 知りませんが 3 らの, わからなかった, 不明である, 分らなかった, 誰にも

2 [19件] まだ判らない, まるでわからなかった, もとより, らはは, りて, りやう, わからない, わからないけれども, わかりませんでした, ハッキリしない, 判らない, 判らないけれども, 判らなかつたが, 口を, 疑問である, 知らなかった, 知らなかつた, 私にも, 訣らない

1 [180件] あいまいな, あきらかで無い, あてに, あとで, あまり明らか, あーんナルペソ, いい子, いかにし, いくら緊張, いずれわかる, いっこうにわからない, いと云う, いまだにハッキリとは, いまだに私, いらしいヒガラ, いらしい手紙, いらしい日本人, いらないの, うそといふ, うろついて, おそらくなかなか推断, かかる比率, かつて一度, かりがたい, この写真, この話, これからごらん, ござんすまい, すぐ露, すっかり忘れ果て, す会話, せを, そこでは, その場かぎり, だれにも, ちっとも知らないで眠っ, ちと酷, ついにわからなかった, つい聞き糺し, つたうち, つた出来事も, つた方が, つた色事が, つて, づ昼闌け, づ晝闌け, とうてい判らない, とんと私, はあ山崎, はっきり分りませんでした, はっきり判らない, はっきり思い出せない, はっきり見定められなかった, ほんとうは, まだはっきりしなかった, まだまったくはっきりとは, まだよくは, まだわかっ, まだわからない, まだ判っ, まったく明らか, まるで分らない, もうそろそろと, もうわからなかった, もうわからなくなっ, もう追究, ゆい笑顔, ゆかった, ゆさ, よくお, よくは, よくわかった, よくわからない, よく分らない, よく分らなかった, りはて, わからずただ, わからないながらも, わからないに, わからないの, わからないん, わからない昂軒, わからなかったが, わからぬが, わからぬけれども, わからぬの, わかりませんでしたが, わたしには, ア招ばれる, 一つも, 一件の, 上に, 不明であった, 不明でした, 不明です, 中国人でさえも, 久って, 二人の, 今もっ, 今年十五歳に, 偉人史観論者にとっては, 全く知らない, 其文に, 凡そ器用, 分からないが, 分らない, 分りませんが, 分りませんでした, 判らないが, 判らなかった, 判らなくなるの, 別として, 別問題, 区別が, 原稿も, 問わぬと, 大原にも, 夫が, 存じませんが, 学者には, 完全に, 定めがたい, 実はあまり, 容易ならぬ, 容易に, 少し明らか, 彼には, 彼らには, 彼女の, 心理自身では, 忘れて, 想像が, 打明けなかった, 日本に, 明かでない, 明かでないが, 明かでなく生年月日, 明らかで, 明らかでない, 気がつかない, 永久に, 泥棒世界の, 測られぬが, 無論わかりません, 田舎の, 疑います, 相当慎重, 知って, 知らないけれども, 知らないの, 知らなかったが, 知らぬけれど, 知らんが, 知りませんけれど, 知るよし, 知る事, 知れぬが, 私に, 私も, 聞きもらしたが, 聞こえなかった, 自分でも, 行つてみなく, 見えない, 見わけ, 見当も, 覚えないが, 解らない, 解らないの, 解らぬが, 言わなかったが, 記してないから, 記憶し, 訣りません, 説明しなかった, 誰も, 農民自身にとって, 遂にわからない, 遂に彼, 道江自身にも

▼ のでありまし~ (283, 0.1%)

21 てその 13 て, てそれ 10 てこの, てこれ 6 て日本 5 て今日 4 て殊に 3 てかう, てそこ, て何, て其の, て是

2 [13件] てさて, てただ, てつまり, てまだ, てわれわれ, て一方, て中, て主人, て人間, て例へば, て同じ, て汽車, て英語

1 [160件] てある, ていわば, てか, てかく, てかよう, てこ, てこういう, てことに, てこれら, てしかも, てしょせん, てしんじつ, てすべて, てそういう, てそういった, てそうなると, てそこら, てそして, てそれでは, てそれ以外, てた, てたとえ, てだから, てつい, てどういう, てどうしても, てどちら, てどのみち, てな唯至って, てはなはだ, てひと度, てまことに, てまさしく, てまた, てもし, てもちろん, てよい, てよく, てわが, てわれわれ国民, てオ段, てザヴィエル, てジェスイット, て一定, て一挙両得, て一番, て一部分, て丁度, て三井, て上, て下々, て不思議, て両者, て久米仙あたり, て之, て亂, て予防命令, て二百六十余字, て交通不便, て京都, て低い, て何等, て余り, て佛教, て例えば, て俳句, て個人, て假名, て兄, て先ず, て先年, て内地, て冬向, て出そう, て初め, て前, て加茂, て北部イタリヤ, て古, て古い, て唐律, て唯今純粋, て四世紀間, て国家非常, て奈良朝頃, て奥様, て如何, て実に, て岩代, て常陸, て弱い, て形, て彼, て彼等, て待遇改善, て後, て従って, て従つて考, て從つて内亂, て從つて文學至上的, て從來儒教, て心理学, て必ずしも, て恐らくは, て戒律, て戦争, て所謂今日文化, て所謂非常時局, て支那, て敵, て斯, て明, て昭和十二年末, て時に, て時には, て曲った, て本, て東周以後, て此, て此中, て殆, て溌剌強靭, て漢書, て無理, て物質的, て生活, て男の子, て皇室, て相, て真に, て社會上, て神経係り, て私ども, て私共, て私自身, て第, て終止形以下, て結婚, て結婚披露, て羅馬帝国, て美国人, て美術, て而, て職人, て自分等, て自然, て自然美, て色々, て芸術, て若い, て若し, て萩, て言語体, て谷峨, て辛辣, て通常赤外線, て道風, て鈍根, よう蓬, よう衿白粉が

▼ のかしらと~ (255, 0.0%)

25 思って 7 思った 5 思いながら, 考えて 4 僕は 3 不思議に, 思います, 思う, 思うの, 思ひながら, 私は

2 [14件] いぶかりながら, たまらなく心細いこと, ふと私, クリストフは, 云って, 彼は, 心配に, 思いました, 思われるよう, 思われる位, 怪しんだ, 正三は, 毒の, 流石に

1 [163件] あたりを, あやしんだ, いい加減びっくり, いくら考え, いったって, いったらその, いって, いつた冷淡, いふこと, いぶからざるを, いらいらし, うたがわれるほど, おそるおそるガラス戸, おもう, お台所, お君, かえって眉毛, かなしいさびしいおもいを, このと, さいしょは, しきりにおもい, そう思っ, そんなこと, たずねて, なんだか急, ひどく不安, ひょいと見る, びっくりし, びっくりしました, びっくりする, ふしぎに, ふと考えました, べつの, まことに子供, また心配, ゆき子は, わたしは, われながら, ハッと, ベソを, 一応は, 一應は, 一時は, 万吉は, 三根夫は, 不安であった, 不審を, 不思議な, 中江は, 云ふ, 仰つて, 伸子は, 何心なく, 信じ難く, 冷笑しました, 半七, 厭な, 反省させられる, 反省し, 叔父上に, 向こうへ, 噂を, 大探しし, 始終思, 始終思っ, 床柱の, 彼も, 彼女は, 心配で, 心配です, 怒って, 思いつづけて, 思いとうとう, 思いましたが, 思うこと, 思うほど, 思うよう, 思う位, 思う心持, 思ったから, 思ったが, 思ったけれど, 思ったとたん, 思ったなり, 思ったら全身, 思ったら政府, 思ったら考えた末, 思ったわ, 思つた, 思つたほど, 思つた人も, 思つて, 思つてゐた, 思つて居た, 思つて彼が, 思はせるほど, 思はれた, 思ひ何処, 思ひ出すこと, 思ひ当, 思ふて, 思ふわ, 思わず見直す, 思わず顔, 思わないでは, 思われた, 思われて, 思われての, 思われても, 思われる不快, 怪しみおどろいた, 怪しんで, 恨みを, 昨夜も, 最初は, 本気で, 来て, 梨枝子は, 気がかりに, 父母の, 独りで, 王子は, 疑った, 疑つた, 疑わしく云う, 疑われた, 眉を, 眺めて, 稀にゃ, 稲ちゃんと, 空恐ろしくも, 笑った, 笑止がっ, 考えた, 考えました, 考えられます, 考えると, 考えるの, 考へると, 肩へ, 腹立たしいよう, 自分の, 自分は, 自分を, 自問自答した, 興を, 葉藏の, 見て, 見まわすと, 言いながら, 訝って, 讀むの, 距離の, 道ばたばかり, 遭難者である, 部屋中を, 錯覚した, 雁江は, 雄二は, 青白い男, 面白く思った, 面白半分, 顔見合わせ

▼ の~ (252, 0.0%)

5 それが 3 きっと, 先生, 私は 2 いいでしょう, この頃, しんベエを, オ, 一つは, 今に, 八五郎親分, 御免なさい, 私の, 親方

1 [218件] あしたか, あたい喧嘩しちゃった, あたしの, あちらから, あっちへ, あなたに, あなたにも, あなたは, あの慾, あるの, あれの, あれは, あれ食べた, あんたが, あんな怖い鋭い, いいね, いい勤め口, いかに暮し, いけませんって, いつかお尋ねしよう, いのちの, いまに, いやね, えいこったろう, ええ幾度, え解った, おじさ, おじさんあれは, おつ, おとなに, おばさまは, およろこび下さい, お前, お姉さま, お婆さんに, お小姓さん, お杉, お母さんが, お父さんは, お這入り, お金頂戴, お銀様, がっちり轡, きっとね, きょうは, きらって, けど小母様, こ, この間二千円と, この頃余り滋養分, これ, これこそ, これだけは, こわいの, さうし, さで, じきやめちゃった, ずっと眼, ずーっと昔短篇, そういうもの, そうし, そうしてあなた, そこで小椋さん, そこへ, そしてああ, そしておあいそ, そしてそこ, そしてわかっ, そしてわたし, そしてアパート, そして周圍, そして多分, そして私, そして食べる, そのため, そのわけ, そら芝居, それから台所, それだ, それでええ, それでこの, そんなに世話, たっぷり一晩, たべて, だから自分, だつて, だもん, ちょっと珍しい, ですから, ですから戸棚, では, でもこんなにくさくさ, とてもこむ, どうぞ御, どうです, どっこいしょと, どれにも, どんなにたのしみでしょう, ねえあの, ねえさん若い, はかない人間, ひどいでしょう, ほんのその辺, ほんの少時, むろん, もうお, もうそんな, よくって, よくよくのぞい, わたしとても, わたしの, アリョーシャ, イケマセンカ, ウ, ウフフフ, オホホホ, ガアゼ取り替え, ザラつきます, ダーシェンカ, ッ, ツつき, トレゾールつて名前な, パパからの, パパみたいに, ヘレン私が, ムズムズし, ユリは, ローレライが, 一緒に, 丈夫な, 久しぶりに, 人類の, 他の, 何, 何しろ石炭, 何だか分らない, 何卒お, 健康の, 内地へ, 動坂へ, 十円札や, 単に肉親的関係, 古風な, 可愛い坊ちゃん, 可笑しいでしょう, 台所用, 咲ちゃ, 四次元世界という, 困りましたこと, 坊主なんて, 大した奥様ぶり, 天狗は, 太郎な, 女の, 妙な, 婆や, 嬉しか, 子供って, 子供のちゅうちゅうとメルチセデク夫人のちゅうちゅうとそれから, 家の, 家へ, 家庭では, 寿江子は, 小さい時, 少し歩きましょう, 尾の, 左う, 差引きでさ, 広島で, 庭でしょう, 強情な, 役者に, 御主人, 御存じ, 御存じで, 御存じでしょう, 怒らないで, 情人が, 愛吉, 抱いて, 指定の, 林町迄, 柄頭をな, 栄さんだ, 此の, 此処でも, 此方お, 此處に, 母子とも, 気に, 気持が, 気象課に, 津川さんなんか, 現に無実, 田山先生でなけれ, 痛い時, 眼の, 短篇で, 私が, 私も, 私を, 肌に, 自宅へ, 芸名は, 行燈は, 見て, 親を, 話が, 話しを, 貴女の, 貴女真個に, 貴方は, 過去と, 隅で, 面白いこと, 面白いでしょう, 飯たき, 高ちゃんは

▼ のだつた~ (236, 0.0%)

2013 がそれ 10 がその 8 がこの 6 が私 5 かしら, ね 4 か, がもう, が彼 3 がこれ, が今, よ

2 [11件] かな, か今, がさ, がそれさ, がそれで, がそれにしても, がそんな, がでも, が彼女, が福子, が頭

1 [126件] かと初めて, かねハヽヽ, かもう, かも解らない, かを考へた, か僕, か其, か忘れた, か私, か覚えない, があと, があに, がある, がいかにも, がいつ, がいつの間にか, がいま此処, がおばあさん, がかつ, がこんなに, がしかし, がそれ以来ちよいちよい, がちよ, がとても, がどこ, がにわかに, がひだるい, がひどく, がまた, がむかし, がもう少し, がやがてだんだん, がやはり, がり, がフユ子, が一坪, が一緒, が七つ, が三日, が下六番町, が下宿, が不, が不思議, が世事, が二日酔, が今や, が今度, が仕事, が佐太郎, が何, が何時, が修一, が偶然, が傍聴席, が僕, が先, が先方, が兎, が全部, が公使, が効き目, が千登世, が又, が友情, が呑気もの, が固く, が圭子, が夕方, が大きな, が大事, が女, が富岡, が屋敷, が島, が己, が平常, が平生だんまり, が幸, が幾, が強く, が後, が徒ら, が心もとない, が急, が持點, が斯, が斯ん, が旦那, が明日, が時には, が晴代, が来, が此方, が母, が滝, が百合子, が相手, が知らぬ, が窓, が自分, が若い, が荷, が行列, が見る, が軍治, が重吉, が顔, が馬酔木さん, が麒麟山, けな, けれどひどい, けれどもしかも, けれどもん, けれども窓, けれども自分, けれど女, けれど是非, けれど毎日, けれど病院, けれど知らぬ, さ, し, し十一月, し守一, もので, わ

▼ のほか~ (222, 0.0%)

55 はない 51 はなかっ 13 はありません 9 は無い 7 は無かっ 6 なかった 5 はあるまい, はなかつた 4 ない 3 ないで, はありますまい 2 ないこと, ないであろう, にない, はなく, は大抵

1 [51件] あらず, ありません, ありませんので, あるまいが, ことごとく拵えもの, その固有, ないと, ないの, ないよう, ない事情, ない窮地, なかつた, なから, なきに, なき結果, なく一人, なく候, なし, なしと, にとうてい, になかっ, にはどう, にはなかっ, には感じられない, には芸, に何事, に望み, に途, に道, の沖縄, は, はあと, はありませんでした, はすべて天火, はたいてい, はだれ, はないだらう, はなかろう, はねえ, はや他事, は冬期中毎日風雨, は外国船, は概して, は無, べつによき, ほとんど皆無, また何ら, 何らの, 決して他, 皆戦死, 逃げる路

▼ のだったら~ (216, 0.0%)

5 彼は 3 われわれは, 私は 2 あの人, それは, それも, それを, たいへんだ, どうします, どんなにか, なにも, 私も

1 [187件] ああいう, あたしも, あてが, あまり気, あらためてこの, あれ程, あんたの, いいけど, いいじゃ, いっその, いったいどうしたら, いったい彼女, いま受け取りたい, いや味, おそらくはその, おれ達は, お前さんは, お役に立たない, お隠し, かつての, きっともっと景色, きっとわたし, きっとサンタクロス, きよすに, こういう世の中, こういう役人, こっちの, このパレート批評者, この世に, この内どれ, この場合, この場面, この涙, この球皮, この騎馬隊, これからすぐ医者, これは, これも, こんなに何, こんな抜書, こんな無理, こんな苦心, こんな話, さして不思議, しかたが, ずっとその, そうしたら餅, そうする, そうは, そうコソ, そこに, そしてそれから, そのあと始末, その出獄, その子供, その思い違い, その案内人, その発掘, その空間, その電子, そりゃ偉い, それから先, それの, それよりも, それらは, たいへんね, たとえ泥棒, たまらないと, と, とても私, と峯子, と思う, と望みました, どういうこと, どうしてこんな, どうしよう, どうする, どうぞ早く, どうぞ早くと, どうだろう, どうでしょう, どうなさる, どうやら我慢, どこから, どんなにうれしい, どんなにおもしろい, どんなに話した, どんなひどい, なあ, などと評判, なんで庵主さま, なんと慕い悲しんだ, ね四, ばどんなに, ほかの, まさか彼, まずそういう, まずまちがい, まだしも見物, まったく, むしろ御, もう雑誌, もっとどうにかなった, もっと存分, もっと旺盛, わが火星, サイレンか, サッサと, ライスカレーを, レースを, 一同は, 一部屋位は, 万事が, 九十九万円には, 二人で, 二人は, 二十万が, 今にも人, 今の, 何で明智さん, 何の, 何を, 俺は, 僕が, 僕の, 僕は, 全然気, 公然の, 典型的な, 別荘の, 到底信じなかった, 即座に, 却ってさばさば, 卵が, 去年の, 又入れましょう, 可笑しいという, 同じ絃歌, 堂々と, 大変である, 夫を, 女が, 好きで, 妹で, 子供の, 孫は, 屹度淫売を, 己は, 彼らに, 彼女は, 怨みの, 恐らく次に述べる, 悪いはず, 或る, 数学を, 日本を, 日本語が, 映画を, 是は, 是非とも末段だけは, 森下雨村は, 樊遅の, 正にこういう, 無教育, 特攻隊くずれ, 理論は, 申訳ない, 直写し, 矢野氏も, 研究という, 神様の, 私の, 積極的に, 結果は, 義賊尾越千造だ, 腹も, 自分から, 自分自身で, 薄茶ぐらい, 躊躇する, 身受けし, 軍医の, 軽々しい行動, 錘を, 長い間, 閉口だ, 願い下げよ

▼ のかしら~ (215, 0.0%)

20 んと 7 ないが 3 これが, 時々種々 2 ああでは, あなたの, こんなこと, こんなに沢山ある, んが, んという, 一匹あたしの

1 [168件] あしたにでも, あたしが, あたしは, あたしッて, あたし初めて, あたし踊りたい, あなたにとって, あの人, あの方, あれを, あんなつまらない, いえいえそんな, いくらかうした, いまさら尋ねる, いやいやそんな, いやそんな, いろいろ考え, うつむいて, えい待遠, えらい汽車, お高, こ, この娘, この苦, これでは, こんなに烈しく, こんな騒動, さう, ずいぶん丈夫そう, せいは高い, そういう不安, そういえ, そうと, そう思い, そう思う, そう思っ, そう思った, そう思ったら, そこを, そして若し, そのよう, その十円, その拾円, それが, それであんなに, それと, それとも, それともうち, それともこの, それともこんな, それともまだ, それとももうこ, それとも僕, それとも別, それとも好い, それとも強, それとも止む, それとも生物, それとも眠, それとも髪, それに, それにしても今日, それにしても朝寝坊, それは, そんなにも, そんな地味, そんな妙, たとえばうしろ, ぢや, でも沢山, どうかしら, どうした, どうも家光, どんな夢, ない, ないけれど, ないけれども, なぜこんなに心, なんだかみょう, なんと思っ, なんども, はたして坊さん, ひどく遅い, まさか, もう私, もしやおそろしい, もみの, やっぱり冗談, わからないが, わたしは, わたしを, アパートの, ウッド卿は, カンカン日, シラフの, ジャンボーを, チュチュンチュンチュンと, ヒヨツト知らない, 中の, 久しく恋して, 二人で, 二十歳ほど, 人に, 今頃に, 仲が, 伊那丸さまも, 何だか気味が悪い, 何を, 俺は, 價値の, 出来そう, 厭な, 去年頃から, 君らは, 喧嘩つてきらひよ, 困ったこと, 困ったもの, 坑の, 夜中に, 夢を, 大抵の, 天国にも, 女房でも, 好く飲まない, 実際の, 宿命とか, 射とめたなんて, 小父さんが, 希望の, 広重の, 想像も, 我々は, 押しかけ女房, 支那蕎麦に, 文学とは, 斯う, 本やの, 本当に死ぬ, 来ないの, 板の, 死んで, 気でも, 法体した, 涙が, 燿子さん少し, 狭い露地, 皆, 着物の, 瞞される, 矢張り校長先生に, 私が, 私は, 私を, 種の, 空家な, 笑うよう, 翫具一箇有りやしない, 自分が, 若しかする, 茶色の, 蛇な, 見て, 話が, 誰でも, 遠くから, 鉄砲疵には, 階下へ, 鼻緒の

▼ のかを~ (214, 0.0%)

6 知らない 5 考えて, 説明する 3 怪しんだ, 知ろうと

2 [19件] はっきりと, よく知っ, 父は, 率直に, 知った, 知って, 知らうと, 知らなかった, 知らなければ, 知らねば, 知りたいと, 確めようと, 考えた, 考えること, 考へたり, 自ら知らない, 見て, 見る必要, 訊ねたところ

1 [154件] あなたが, あなたに, あやしんで, いろいろと, かしな, ききますと, くわしく説明, さぐりに, さへ, すぐにでもはつきり, そしてわれわれ, そのまま投, たしかめようと, たしかめん, だんだんと, つけたして, どつち, なおも尋ねよう, なんとかし, ひとり考える, ひどく知りたい, ふかく思っ, ほんやくする, みんなに, もっと曇り, もっと省みる, れる庭, わたしたちに, ハッキリ考え, 不審に, 不思議に, 了解した, 人々は, 今述べね, 列挙し, 判断し, 判断する, 十分学生に, 十分推察する, 合点が, 問うたらば, 問うより, 地図の, 学ぼうと, 尋ねたら, 尋ねて, 小さい鋭い頭, 少しも, 少し情けなく, 工人たちに, 彼は, 彼女は, 忘れて, 忘れやう, 思い迷うこころもち, 思い迷って, 感じた, 感じわけること, 我々は, 抜目なく, 指示する, 探求する, 推測しかね, 敏感に, 早く突き, 明らかに, 暗に尋ねた, 検事に, 決しかねて, 決定しない, 注意し, 現実に, 理解する, 疑いながら, 疑うでしょう, 疑うばかり, 疑ふよ, 痛いほど, 知ったなら恐ろし, 知った瞬間, 知つ, 知らずに, 知らず固, 知らないと, 知らぬまま, 知らぬ人, 知らんもの, 知りたい切, 知りながら, 知りました, 知り合って, 知ること, 知るため, 知るであろう, 知ると, 知るに, 研究しはじめた, 確かめる手段, 確めた, 確めて, 究明する, 細君は, 置いて, 考えなかった, 考えようと, 考える, 考えると, 考えるひま, 考えるまでの, 考える事, 考える前, 考え身体, 考へさせられた, 考へた, 考へて, 考へるやう, 聞いた後, 聞きた, 聞きわけること, 聞くと, 聞こうと, 聽かう, 自らに, 自ら問うた, 自分に, 苦に, 見た, 見たく思って, 見なかった様, 見ようと, 見ようとして, 見るため, 見るの, 見るよう, 見わけようもの, 見定めるため, 見抜いて, 見極めねば, 覗いて, 記憶せぬ, 訝しみます, 試んと, 詰問したい, 語って, 語ること, 語るよう, 読者は, 調べて, 調べると, 識らない, 選び出さねば, 鄭重に, 青白き大佐, 顧みる暇

▼ の如き~ (212, 0.0%)

9 ものである 5 もの 4 ことを, もので 2 ものと, ものの, ものを, 人ある, 大なる, 性質の, 意味に, 華族に

1 [174件] か, かとあなた, かな昼夜, がそれ, ことは, のみ彼, の輩年, は, はかえって, はこれ学問, はその, は一番槍, は世界経綸家, は人, は今日, は何人, は完成, は時代, は正に, は殆, は猛々しい, は謬妄, ものか, ものかと, ものさ, ものであっ, ものであり, ものであるべきで, ものであれ, もののみによって, もひとしく, も其, も戒重城, をし, インテリゲンチアの, 不幸の, 主體, 乞食を, 事を, 事情の, 事態は, 交渉の, 人の, 人は, 人を, 人民の, 人間の, 仕事は, 他の, 作は, 傍若無人の, 刑罰を, 制限は, 前振, 創造無より, 力の, 勢いを以て, 即ち愛, 反省判断で, 合戦だったら, 名で, 名詞とも, 場合その, 場合に, 場合を, 境地に, 境地を, 境遇を, 増大号の, 夢想は, 大変動, 奇怪な, 妥協的な, 姿である, 婦人の, 実情に, 小身者は, 幽婉, 建物の, 形式的決定を, 微細な, 微細の, 徹底的象徴性を, 心地に, 惠みの創造の, 意味の, 意味を, 意味を以て, 意義において, 愛は, 感激を, 態度は, 文化性から, 文字を, 方式によって, 方法で, 既成観念に, 日本建築の, 時機に, 普遍的なる, 景色が, 有様, 有様であっ, 有様です, 条件に, 構造を, 様式の, 権威を, 歓喜と, 汚辱を, 没音律の, 河に, 洪水あらしめじ, 浩瀚なる, 無造作な, 物凄いもの, 物活論的な, 特恵を, 状態が, 獨立の, 現象が, 理想を以て, 異分子の, 皆それである, 監獄は, 目的地を, 直接的體驗である, 直観が, 相違ある, 相違が, 相違以上には, 矛盾に, 神聖なる, 禍を, 秩序が, 稟資の, 窮乏の, 精力の, 精神によ, 純粋の, 純粹形相, 終止言が, 絶景ある, 美は, 者あり, 腥臭くし, 自滅を, 自由は, 花穂の, 苦心惨憺の, 観念を, 解決法を, 語が, 誤解に対して, 論を, 諸関係, 輩から, 連想に, 過を, 道徳律の, 道徳律は, 遠距離に, 重大誤解を, 野卑な, 野心を, 量としてのみ, 量を, 隊形に, 階級を, 音を, 題号を, 飛躍上昇を, 體驗への, 高次の

▼ のかい~ (191, 0.0%)

3 お前は, 親方 2 お利代, お前さん, それは, のろのろもたついてる, ランプも, 一本つけ, 姉さん, 宮さん, 戸袋の, 鼻の

1 [165件] あきれたね, あきれたもん, あきれた物知らず, あにき, あのスッテンドウジ, あのミツ豆みたい, あの人, あの女, あの悪党, あの残虐, あの男, あの若い衆, あんなに美しい, いま死ん, え, えあいつ, えっ, おいお蝶さん, おい大人たち, おじさん, おじさんは, おばさん, おふみさん, おまえさんは, おれたちの, おれの, お前が, お前さんは, お前に, お品さん, お客さん, お島さん, お神さん, お通さん, こ, このお, このやくざ, このわし, この人, この地面, この巨大, この悪党め, この浮気婆奴, この犬, これよりか, こわいこわい, こんなところ, こんな自分, さあ何, じゃいらない, じゃ一緒, じや, そいつは, そのくらい, その本, それが, それで安, それともおれ, それともお爺さん, それとも千円札, それとも口, それとも向う, それとも嫁, それとも腹の中, それとも親孝行, それなら有, そんなこと, そんなにこ, そんなのいや, そんなわけ, たいへん顔色, ただねる, てある, ていた, て聞く, どうした, どうしても, どうせ三人, どうり, なに近江屋の, なんで俺ら, にんじん, へえーあれ, まだ早い, もうお, もう十分, もう長い, わからなくなったらフイシュ・スキン, わしは, アイツは, ハッハッハッハッこいつ, ヘヘヘ, 一体, 一体これは, 一緒に, 与八さん, 久馬ちやん, 人殺しを, 人間って, 今呼んだ, 今夜は, 仏も, 仙吉, 住吉へ, 何か, 何も, 作者を, 俺が, 僕が, 僕の, 僕を, 先生, 八よく, 八兄哥銭形の, 兵学の, 冗談じゃあねえ, 可哀想な, 可哀想に, 可愛い人, 吉次, 君あ, 君は, 呆れた野郎, 呉羽さんから, 夜稼ぐ, 大層嬉し, 大根畠の, 女なら, 女に, 女の, 女を, 妾が, 始終, 媒を, 富山の, 富沢町が, 岩で, 御亭主, 感心なこった, 成程, 旦那は, 有難いな, 本阿弥さん, 林檎の, 榊原政職つていふ, 此奴, 死ぬって, 気の毒だ, 河野さんへ, 爺さんわけも, 用事でも, 番頭さん, 神様は, 粟を, 若い私, 親分, 誰よりも, 諸君は, 貴方気に, 遅かった, 道を, 酒井様の, 雇人は, 飲みたきゃ井戸端, 默り込ん

▼ の~ (187, 0.0%)

31 そりと 13 ぴきならぬ 7 ぴきならない 6 そりは 5 そり 4 し, そりとして, そりに 3 そつし, そりの, そりめと, そり入, ぽの 2 そつ床の, そりが, そりした, そりも, そり歩い, てある, ぴきならず

1 [84件] か, かつてゐる, がふと, しとあり, しと腰, そつ夜明を, そりかんと, そりし, そりそこへは, そりだけで, そりで, そりでも, そりといふ, そりとは, そりめが, そりめも, そりめ彼奴は, そりを, そりハッ, そり下り, そり出, そり列車の, そり十兵衞が, そり十兵衞と, そり十兵衞は, そり十兵衞皆の, そり夫婦が, そり奴は, そり奴を, そり奴一体なら, そり姿を, そり客車に, そり室の, そり少し, そり川崎造船所の, そり左様とは, そり引下つた, そり明るみへ, そり片腕の, そり益, そり相手に, そり突つ立つ, そり立ち上が, そり立ち上りざま, そり自動車に, そり茶の間へは, そり這ひ出し, そり部屋の, そり門からは, そり降り, そり顔を, そり黙, なも切れました, はものの, ぴきなら, ぴきならなかつた, ぴきならなくなつ, ぴきならなくなる, ぺい, ぺらぱうか目一つか, ぺらぼうさ, ぺらぼうである, ぺらぼうな皮を, ぺらぼうな顏かたちにしか, ぺらぼうの玄関先で, ぺらぽんのすつぺらぽんすつ, ぺらぽんの赤頭巾, ぺら坊が, ぺら坊に, ぺら棒だ, ぺりしただだつ, ぺりした感じで, ぺりした日本風の, ぺりした顔が, ぺりしてゐた, ぺりとしたる細長き, ぺりとした理論を, ぺり男とは, ぽで, ぽと, ぽな, ぽ榎, ゥば, ペい

▼ の~ (182, 0.0%)

6 当り前や 5 気な 4 やつたら 3 イヤや, 聞いて 2 うそや, やったら自分, 何や, 嫌です, 止めて, 見て

1 [149件] あたりまえやの, あの男, ありますねん, あれへんで, あんたの, いやどす, いやや, ええこと, ええ加減, おかしいそれ, かいな, かて矛盾, かめへんけど, けったいなし, けったいや, こうによって, さいムカムカする, さっぱり知らんかった, ざっと一時間, し, じいッと, じっと押し鎮め, でる薬, どういう訳, なると, にようあんな, やいうたある, やったらあて所, やったらあの, やったらあんた等, やったらこんなり, やったらちゃんと, やったらどんな, やったらもう, やったらよう場所, やったら会うても, やったら何, やったら僕とこ, やったら出来た方, やったら恨み, やったら本望, やったら殺したらええ, やったら聞かして, やったら薬, やったら誰それさん, よう知った, よう知ってた, イヤな, イヤやし, イヤやなんて, イヤやの, 一二時間お, 一番ええ, 一番恐い, 上手やし, 不思議でなれしません, 不良や, 中性や, 五百円に, 仕方あれしません, 何とも申訳, 何の, 出して, 分ってるがな, 分ってる一体, 動物の, 勿体ない, 半分で, 半分と, 厭がっ, 口惜しい, 困るからと, 好きな, 好きや, 姉ちゃん, 姉ちゃんだけ, 姉ちゃんばっかり, 嫌いや, 嫌か, 嫌がってるみたい, 嫌でっせ, 屁とも, 幸いその, 幸いに, 当りまえのこっちゃ, 彼の, 待ちかねて, 待ちど, 待ち構えたよう, 待って, 待ってから, 待つよう, 御免や, 心配し, 忘れたよって, 忘れてしもてん, 忘れまして, 思い出して, 恐がるよう, 恥や, 悪い癖, 抱き起すと, 拭こうとも, 校長さんの, 根エも, 極まり悪, 止めとき, 死ぬより, 気さを, 気とは, 気の, 気ばかり, 気相な, 氣な, 無理に, 珍しいこと, 目的とは, 着て, 知ったはる, 確かに, 祈ってるよう, 竹という, 竹は, 第一, 罪悪や, 考えなん, 聞いた, 自分だけや, 見ましたらそん, 見抜いてながら, 覚えて, 読みさしの, 読んで, 豚小屋みたいに, 買うて, 躊躇せえへん, 身贔屓かも, 辛抱し, 違いますや, 違いますやろか, 違うか, 違うかしらん, 違うやろかと, 選って, 間違うてるし, 雪姉ちゃん, 頼みに, 食べましてん, 黄疸に

▼ のでも~ (178, 0.0%)

40 あった 19 なかつた 6 あったが, あったろう, 知れる 5 明らかである 2 あったから, かまわない, なかつたが, 分った, 察せられる

1 [86件] あったかの, あったし, あったの, あったらと, あったらへた, あったり, あったろうか, あったろうが, あって, いいから, いいがら, いいの, いいわけ, いいん, いや, いるから, いろいろな, ござろうか, ちっとも悪酔い, つかって, なかつたがと, なかつたけれど, なかつたらうが, ひっくりかえったの, よろしい, よろしいから, わかったし, わかつたの, わかつて, 上等の, 不服でも, 不満な, 伺われる終堆石, 似かよった影響, 住むに, 出来るだが, 分って, 分つた, 判った, 叫ぶの, 大助り, 大好きよ, 如何に, 嫌ひがる, 宜しいから, 容易じゃあ, 容易な, 寝込んで, 察すること, 強いるの, 待つこと, 待とう, 恐れるやう, 推すこと, 新しい説, 明らかだつた, 明白で, 晴れるの, 構いは, 構いません, 構わぬ, 構わねえチョイ, 知ってるし, 知れよう, 知れるが, 知れるし, 糖尿の, 結構で, 絶体絶命の, 翻すの, 考えられた, 聞いて, 自由に, 見ること, 見ると, 解った, 解って, 訪れるの, 証拠立てられました, 足りないすべて, 送って, 鄭重に, 鈍ったの, 駄目である, 驚いた, 驚いたの

▼ の必要~ (175, 0.0%)

12 がある 9 はない 5 あり 4 ありと, がない, なし, なること, を見ず 3 あること, あるは, はなかっ, もなく, を唱, を感じ, を認めぬ, を説く, 無之

2 [19件] あらむか, あると, あるとに, あるに, あるべきは, がなく, なかりしに, なきに, なきを, に迫られた, のなき, はなく, は全然, を信じたる, を感じた, を感ぜず, を認むる, を説き, 最も大

1 [64件] あらば, あらんや, ありや, あるかも, あるが, あるなり, あるもの, ある土地, ある所以, があった, があらう, がありました, がありましょう, があります, があるであろう, があろう, が生じ, が認められ, とは価格, なかる, なく只余, なく恐らくは, なしただ, なしと, なし唯, なし直ちに, などに促された, などばかりである, なるは, なるゆえん, なる所以, な条件, にも迫られ, に迫られ, に迫られたる, に迫られる, のため, はありますまい, はありません, はあるまい, は必ず, は無論, もなけれ, もなし, も生じ, をも認め, を主張, を始め, を感じたる, を感じました, を感ぜしめ, を感ぜり, を持っ, を減少, を生ずる, を生ぜり, を知らしむ, を見ざれ, を見る, を認め, を認めない, 或は絶えず, 無し依, 起る

▼ のって~ (167, 0.0%)

2 あるもん, ちょっと突い, 云うの, 区別あっ, 苦しいめ

1 [157件] あなた今じゃ, あなた私しゃこの, あのひと, あの有名, あの男, ありゃしない, ありゃどうしても, ありやしない, あるじゃ, あんまり, いいわねえ, いざと, いた, いる赤い, いろいろの, うるさいかた, えことア, えもの, え事, おかしい, お前, お話にゃ, があ, きくと, きっと巡査上り, きみの, くたびれるわ, ことが, この頃, これまで, こんな目, さっぱりしなく, さまざまな, しきりに警句, じつにいろいろの, じーっと見てる, すぐむずかしく, すぐ横町, すっかり私, すべて毒に, ずいぶんおかしな, ずいぶん大騒ぎ, そのて, その窓, そりゃ君, そりゃ御前, それからって, それは, そんなもん, そんな事わたしゃ, そんな大, そんな費用, そんな贅沢, そんな通, そんな高い, てめえは, でたらめばかり, とんでもない, ないた, なかなかおもしろい, なつかしい川, なにも, なまじ余計, のは, ふ風, へえ大層, ほんまに, またたくうち, まるで小, まアうるせ, むやみに, ものは, ゆけるよう, よくあるこった, カチ, バタくさいこと, モスク, 一体どうした, 下らない事, 不気味な, 世間の, 事は, 二時間二十分か, 云うん, 云ったって, 云ったら, 云ひ出した, 人を, 今年の, 仰しゃるけどね, 伺ったのよ, 低気圧, 何う, 何しろ一方, 何て, 何でも, 何ん, 何方でも, 余りあり, 余計な, 俺に, 個人の, 叔母さんよりも, 口々に, 塵一つさえ, 変り者が, 大きな口, 大した御用, 大変さ, 大変むずかしい, 大嫌い, 好き勝手な, 始めから, 始末に, 子供の, 山盛に, 己は, 心配する, 思っては, 感じの, 手紙に, 新しい病気, 方々へ, 方角ちげえ, 時代おくれ, 朝から, 本当に目, 村中大笑いで, 来た二輪馬車, 物騒な, 現在の, 甘ったるい事, 申しますからね, 男の, 発表出来ません, 直ぐ帰らないで, 眼から, 私あなたが, 縁が, 置いた筈, 聞くと, 脅かして, 色んなこと, 色彩の, 薄気味の, 行って, 見たくも, 見っとも, 言うの, 言えたこっちゃねえ, 誰が, 貴郎, 連中は, 野に, 金ばかり, 門を, 餅の

▼ のかとも~ (160, 0.0%)

11 思った 10 思われる 9 思ったが, 思われるが 7 思う 6 思われた 5 思って, 考えて, 考えられる 4 思つた, 思われます 3 云った 2 思うが, 思ったの, 思つてゐる, 思はれたが, 思ふが, 疑ったが, 見えた, 見ゆるその

1 [66件] いろいろに, おどろかれます, おもわれる, じいつと, ひがんで, 取れたけれども, 存ぜられます, 察しられる, 察せられます, 後でね, 思いました, 思いましたが, 思い又は, 思い見料, 思うけれど, 思うの, 思える, 思ったので, 思ったん, 思はれたで, 思はれる, 思はれる位, 思ふ, 思へた, 思へました, 思へる, 思へるし, 思われたが, 思われないでは, 思われましたそう, 思われますが, 思われるから, 思われるくらい, 思われるの, 思われるほど, 思われ信長, 思われ実は, 怪しまれる, 想われる, 想像される, 想像する, 想望せられる, 母が, 猜せられなく, 疑はれる, 疑われる, 瞬間に, 矢代は, 私は, 考う, 考えそれにしても, 考えた, 考えたが, 考えられた, 考えられるが, 考えられる点, 考へた, 考へられる, 考へる, 聞えるし, 自分は, 見えるが, 言えます, 言わないで, 辛棒し, 邪推される

▼ のとが~ (157, 0.0%)

11 ある 8 ほとんど同時 5 あるの 4 まじりあつ 3 同時だった, 殆ん, 目に 2 あるが, いっしょだった, この山上, はなはだありがたい, 交って, 殊に目立っ

1 [108件] ありましたが, あります, あり時刻, あり死んだ水, あるばかし, あるもの, あるよう, あるん, いっしょに, いろどり美しく, お父様, しきりに抜い, すべてを, すべて隣りあっ, すれすれに, その次, そんな相違, たまらぬと, だと, ちがうだけじゃ, ついた, つたおそろし, つたのが, つた冷つこ, つた角は, つた黒い, つてゐる, できて, どやどやと, なられるの, なる鬢, にんとして, はずれて, ばっと, まじりあって, まぶしい日光, むるあらばわれ又更に, むる香を, やって来た, 一度に, 一緒くたに, 一緒に, 一風変った, 上海の, 二人だけ, 何よりで, 偶然この, 偶然また, 傷に, 儲けもんで, 全く同時, 出来たが, 出来て, 台所や, 同じよう, 同じ四日目, 同一人, 同一視, 同年氣質は, 同時で, 同時であった, 同時に來, 同時同, 唄本に, 多分母, 大事の, 大嫌ひなの, 天子在す, 妙に, 対立し, 惡感を, 意識された, 拭込むだ柱に, 拭込んだ, 教師に, 文吾の, 断れつ続きつ聴, 最も頻繁, 根もとから, 正夫の, 殆ど同時, 残って, 混ぜて, 添へて, 無くては, 現在の, 由良にとって, 相半ば, 相重なり合い, 石器時代地名表の, 神官としての, 私の, 素人眼にも, 置いて, 聞えるだけ, 肩を, 蘆の, 見えた, 見えるばかり, 誇らしげに, 転がって, 這入って, 遊客を, 野面を, 間に, 陽はに, 青島を, 餘計に

▼ ので御座います~ (156, 0.0%)

2516127 から, ね 6 がその, がそれ 3 からね, が私 2 がこれ, がしかし, が如何, もの

1 [63件] お伴れ, お耻, かしら, かそれとも, かほんとに, からこの, からこれ, からさぞかし, からよく, から全, から色々, がいよいよ, がうろ, がしかも, がその間, がそれでも, がちょうど, がとかく, がとやかく, がどうも, がね, がねどうしても, がもし, がわたくし, がサテ, が一方, が今, が今度, が今日, が何分, が余儀ない, が只今, が女, が実は, が思い切っ, が或, が果して, が真上, が立三味線, が藍丸王, が貴方, が踊り, けれど私, けれど馴れる, ぞ, と云, と涙片手, ねえ夏子さん, ね早く, ものそれは, ものどうして, よほんとに, よホヽヽヽ, よ今晩, よ何だか, よ先生, よ全く, よ是, よ能くまア, よ貴方, 中央新聞に, 後ろから, 私は

▼ のかな~ (150, 0.0%)

576 アと 3 もし 2 あの娘, そんな筈, 八, 師匠, 番頭さん, 確かに, 那

1 [70件] あがって, あそこの, あの公高失踪事件, あの明智, あれは, あゝとんでも, いやいやさうで, うんあの, えたんばさん, おかしなもん, おれで, こいつは, こいつも, こりゃことに, これは, さうい, そうだ, その烏啼, そんな風, だれも, とおも, とんと見当, ふりむいても, へえ, ほかでも, みょうにふるえた, よしやつたなかる, アさ, アその後なんとも, ア世の中に, ア先生は, ア共同戦線といふ, ア多勢の, ア心持が, ハハハハ, ピカピカする, 一挙一動でも, 両方に, 人死にが, 他に, 何だか様子, 大膽, 家の, 小生が, 差配を, 帰途が, 御主人, 御門番, 心配, 旦那は, 早く呼ん, 早く帰らない, 昔からの, 昔の, 梯子の, 棕梠繩が, 次平, 此先は, 水口藩か, 烈日が, 然しサギ, 然し男, 犬を, 田舎に, 留守な, 石原の, 石原町と, 虎の, 虚弱だ, 騙されてるん

▼ のある~ (139, 0.0%)

5 ことを 4 のを, ばかり 3 かしら, 以上は

2 [12件] お互, のが, んす, 声で, 女の, 小判を, 強調から, 所へ, 杖で, 者は, 顔を, 風景だ

1 [96件] うちは, お方ね, お顔, かい, かな, かない, かなき, くせに, ことが, ことで, ことな, ことは, そして誰, という, ところと, ところに, ところへ, と知れたら, のは, のよ, は知れ, は知れきった, ふかい思想, ものが, ものであっ, もんか, ゆうべの, よと, わけは, ステップが, フランス料理を, 一の, 事など, 亭主を, 人でも, 人は, 人豹變する, 人間なら, 人間を, 仕事で, 信長を, 処置と, 吃驚した, 声を, 女を, 奴に, 如くに, 如水の, 娘を, 家具, 家柄誠に, 寝台に, 寸の, 小学校を, 平次が, 御新造の, 性格の, 戈を, 所にゃ, 扉の, 手巾などは, 方で, 暖い, 杖が, 櫃が, 滝野川巣鴨葛飾の, 点から, 煙管を, 特に官職, 甘さ, 生活を, 男一方は, 男女の, 白雲堂が, 秋の, 箱の, 素子の, 紺木綿の, 羽目の, 芳香を, 言葉を, 話を, 諸君には, 象牙の, 選擇を, 野菜ばかり, 野郎が, 金曜日の, 銀煙管の, 門の, 間に, 電柱に, 顎房, 顔や, 風味を, 食事を

▼ の~ (131, 0.0%)

38 やない 2012 ろい 11 ろく 3 やあるまい 2 こ, やありません, やなく, ろいものが

1 [39件] けんでぼく, げむの, こが, さき国府津ゆき, びきを, ぶんから, ぶんが, ぶんと, ぶんよりも, ゃあありますめえ, ゃあありますめえね, ゃああるめえか, ゃああるめえし棒を, ゃあないかとおっしゃるがそんなこともあるまい, ゃあるめえか, ゃあるめえかと思っ, ゃあるめえかと思った, ゃあんめえか, ゃそうでござります, ゃとおっしゃるのでござりまするか, ゃろうがなもし, やございません, やする, やと人, やと思ひ, やどこ, やなかろ, やなし, やわかりません, や亭主, や抑, や然し, ろき, ろくお, ろさ, ろさに, ろの, ァね, 梅咲国トランクと

▼ のとの~ (124, 0.0%)

5 ためである, ために 4 相違が, 間に 3 さまが, 間には 2 ぐもりこもれる君が, さまの, もの小米花闌け, もの月夜ふけに, 両方で, 二つである, 相違は

1 [86件] あいだに, この三つ, さまたちの, さまは, さまも, それぞれの, ためだろう, ためであっただろう, ためヤッコの, ちがいだけ, とり一白, ほかない, ゐ猿ひとり音, 一団が, 一対が, 三カ条に, 三通りといふ, 両方面, 両極端が, 中からの, 中に, 中間ぐらいの, 事を, 二つが, 二つの, 二ツの, 二枚の, 二種の, 二種類に, 二種類の, 二通りが, 優劣は, 全然相, 出来るの, 分れる, 判を, 別が, 別は, 区別が, 区別である, 区別による, 区別は, 区別を, 區別が, 喧嘩を, 外には, 外決して, 大体二つであるらしい, 差であります, 差に, 差丈け, 差別が, 影が, 意なる, 様がた皆, 様を, 為で, 為めに, 爭ひ, 爲め義雄は, 相違で, 相違であります, 相違です, 相違も, 相違を, 筆話に, 紛紜が, 結婚を, 考へは, 興味に, 見分け方, 触廻り, 輪郭の, 違いが, 違いだけ, 違いは, 違いを, 違い程の, 違は, 違ひ, 違ひだわ, 違ひであらう, 間の, 関係も, 関係をも, 関係上何度一塊の

▼ のじゃあ~ (123, 0.0%)

15 ないか 9 ないかと 8 ない 6 ありません, あるめ 4 あるまいかと, ないの, 無いかと 3 ないかしら 2 あるまいか, ございません, ないよ, ないん, なかった, なくて, ねえが

1 [50件] ありませんか, ありませんかね, ありませんこと, あるまいかという, あるまいと, いくらも, お俊, この六月, ございませんか, ございませんですから, ございませんほんの, ございません脊伸, さア, その詮議, どうも仕方, ないかしらん, ないかという, ないから, ないが, ないけれど, ないでしょうか, ないと, ないどうしても, ないのよ, ないわれわれ, ない懐, ない投げ込んだ, ない日本, ない療治代, なかろうかと, なかろうかなんて, なかろう可哀相, なかろう生命, なくって, なくッ, なし勘定書, なにしろ金目, ねえかしら, ねえから, ねえの, ねえん, 仕方がねえ, 判らないかも, 完全な, 幾らも, 店賃も, 恐らく一人, 無いん, 見当が, 駿河屋で

▼ のであれ~ (117, 0.0%)

85 ばそれ, ば私 3 ばこれ, ばその 2 いずれに, ばある, ばいい, ばこの, ばやはり, ば何

1 [81件] いつもの, その救済, それともまた, ど僕, ど誰, ど野菊, ばあきらめる, ばあなた, ばあるいは, ばあゝ, ばいっそまるきり, ばいよいよ, ばおそらく, ばお許し, ばかかる, ばかならず, ばこそ一つ, ばこそ一見思惟, ばこそ彼, ばこそ方法, ばこんな, ばたとえ, ばどうか, ばどんな, ばどんなに, ばなおさら, ばなんと, ばはじめ, ばま, ばむろん, ばもう, ばわたし, ば一戦, ば世話, ば二人, ば人件費, ば仕方, ば他, ば何者, ば何音楽会, ば作家, ば全く, ば助手, ば勿論, ば半分負担, ば君, ば君ら, ば否, ば善蔵氏, ば大して, ば好意的, ば定めし, ば宜しい, ば尊敬, ば少なくとも, ば常に, ば心, ば惜しい, ば招聘状, ば日本, ば最後, ば格別, ば玉堂, ば純粋銅, ば結構, ば自動車, ば血, ば証人, ば遠慮, ば難, ば飛びこむ, やこれ, われわれは, ツェッペリンの, 丈通を, 何か, 入口を, 然なく, 要求された, 途中で, 鏘然と

▼ のをも~ (117, 0.0%)

6 忘れて 5 見た 2 耳に, 聞いた

1 [102件] おきき, おさえ悲しい, かげでは, かまは, きかずに, ぢや, どうしても忘れない, ひとつ持っ, またさうして, また見る, むきにて, やはりくわしや, やはりトト, よく気, わざとそのままに, ッと, ツとも, 一本頼む, 一杯貰った, 一緒に, 一羽だっても, 丹念に, 乞はれ, 併せて, 係わずやはり, 切つた, 厭わず深更, 取り難く, 同様に, 含めての, 善くし, 嘉門は, 大変見たく感じました, 失って, 奈良坂勢を, 好まなかった, 封じて, 尚描く, 強いて嬉し, 当座の, 待たずには, 待たないで, 微に, 心に, 忘れたであろう, 忘れては, 忘れない, 思わずしまいに, 悲しまねば, 感じた, 慮って, 我慢する, 承諾し, 押して, 押しと, 押しとどめて, 振り解いて, 排して, 斷つてその, 梓行せんと, 楽しみの, 構わず彼, 殆ん, 残念がる, 気がつかず通り過ぎようと, 注意し, 珍しく眺める, 異国情緒, 発見し, 目に, 目の, 眺めて, 眺め乍ら, 知った, 知らずに, 知らないで, 知らなかった, 私に, 種子は, 等しく漠たる, 聴かず女, 臨時のをも, 見して, 見たが, 見たの, 見て, 見るに, 見出すこと, 見捨て生き残った二人, 見遁, 覚えて, 観た, 訝しがっ, 買って, 辞せないもの, 辭し, 迎え送るの, 返すよ, 遠慮し, 遮らなければ, 集めて, 黙殺した

▼ のかね~ (116, 0.0%)

3 あれは 2 君, 君は, 男の

1 [107件] あたしが, あのミミ族, あの人, あの半, あの家, あるいは君, あゝ言つて, いったい, うなされて, え, ええ, えっ臭くっ, えもし, おかみさん, おれの, お前には, お前ばかり, お父, かまいたち, くわしくいえ, ここから, このひと, この体たらく, この家, この辺, これが, これは, そのお, その奥さん, その広東服, その時, それとも他, そんなにこの, そんなら, そんな仕掛, とんでもない, どれ, どんな奴, なんぼ僕, はいたと, ひょっとしたら太宰, ひょっとする, まあお待ち, まさか一年, まだ胸, まったく, もしそうだったら, われわれ人類に対して, カークハム君, ゲスト, ハッパで, ベンかね, ホーテンス君, 一人残らず帰っ, 一体, 不思議じゃあねえか, 不思議ぢやあ, 久我さん, 事女に関しては, 二時間ほど, 今夜も, 今度は, 何か, 何故君, 併し, 俺の, 僕だ, 僕は, 先生は, 勿論分りません, 北海道の, 口は, 名前は, 君たちは, 君なんか, 喧嘩わかれ, 大阪のね, 女なんか, 女一人で, 好く続く, 婦長, 嫌つ, 安さん, 悪いの, 房州で, 手紙と, 旦那の, 昔の, 是は, 柄でも, 正吉君, 気の, 男一匹が, 皆あの, 神さまが, 空襲の, 草に, 親切や, 親父は, 身に, 通学, 過失で, 重營倉つて, 野郎, 鉄の, 鉄造さん, 馬鹿馬鹿しい

▼ の~ (116, 0.0%)

17 んの 14 んだ, んのって 8 んのっ 6 んのという 4 が, のだ 3 の, のである, わを 2 がめかな, がめも, は大きく, んのて

1 [32件] あったたぢゃな, いろんなもの, かじの, かまの, がひと, がめは, がめを, が泣き, ぐさめにせんとのねがいのみにござそろ, けむ, げきの, のだらう, のでございます, のです, のに彼, は今年ア, は今年ア來, まもち, ま半可, ゆのぶかく, よ, よび, わから, んざああなたと, んざあ外聞惡くつて, んざ一人も, んだなのっ, んのといふ, ンかが, ンの, 俺らどう, 飴だ

▼ のとを~ (108, 0.0%)

3 比べて, 比較し 2 くらべて, らふ見れ, 一緒に, 利用し

1 [94件] あかず喜んで, あくるけしき, いっしょに, おいて, ごつちや, ぢつと, とって, のけては, はにかんで, ぶつからせたり, めいさとは, もつて, やかましく別, わたるふな, わたる舟人, ポケットへ, 一つに, 一つの, 一括し, 不快に, 両方取り混ぜ, 主人が, 交換し, 何となく同じ, 併せ考えて, 入れ替えもと, 加えて, 区別し, 区別する, 區別し, 単純に, 取りかへ, 取り換, 取交ぜて, 合せて, 同じ位, 同時に感じた, 四分六分位の, 女の, 好い加減に, 好まないばかりか, 娘に, 嬉しいと, 差加え, 平民の, 思ひ合せて, 恐れて, 愛します, 感ぜずには, 憂えて, 手に, 折中した, 披い, 拵えて, 拾い五, 持たして, 持って, 接近させぬ, 撮りアガり, 撰り分け, 新春の, 書き背中, 板に, 比較区別する, 沢山混ぜ, 混ぜ張り方, 混同し, 渡る船人, 瑕に, 瓶に, 疵に, 矢野浩一は, 突嗟に, 立てた, 綿密に, 聞いた, 見た, 見分けるの, 見守って, 見比べた, 見比べて, 見間違えるなんて, 認めるに, 認めるに従って, 読んで, 責めたが, 買って, 通算し, 選り分けた, 選り分けて, 都合の, 重ねて, 除いて, 隔て

▼ のでござる~ (107, 0.0%)

28255 が, な 3 がその, ぞ, わ 2 かな, かの, がそれ, がもとより

1 [27件] かと息, からことに, からねえ何, からの, か月江殿, がこの, がこれ, がご, がちょうど, がな, がまだ, が不意, が何せ, が急い, が死骸, が申し上げない, が貴殿, これから先々, それを, と磊落, と言っ, と言った, よのう, よ手習い, わい, 又孔子, 我等を

▼ のよりは~ (107, 0.0%)

2 ましな, ズッと, 少し大きい, 自然である, 遙に

1 [97件] あぶなげ, いいと, いい声, いい家, いくらか, いっそう人, ずっとよろし, ずっとわれわれ, ずっと上等, ずっと尊敬, ずっと小さく, ずっと楽, ずっと長い, つまらない生涯, づっといゝ, はつきりと, はるかに, また少し, もっとずっと強い, もっと下手, もつと, もつとずつと, やや年, よい, よい位, よほどよかっ, わしの, わるか, タシカに, 一尺ばかり, 一段と意見, 三インチも, 上等で, 五瓩ぐらい, 五瓩ぐらゐ多, 今朝ほど, 何とかほか, 余ほど, 余程古い, 倍も, 全く性悪, 全集と, 其用途は, 剥がしやすい, 十層倍も, 却っていい, 却って今夜, 却って猥ら, 古今六帖に, 可愛い樣, 安い, 安く, 小さい児, 少々重, 少し下, 少し低い, 少し小さく, 少し小さな, 少し綺麗, 少し色, 少し若い, 平べ, 年も, 広い位, 悪かった, 惣菜味の, 数等堅牢で, 日本の, 暑い, 書きいい, 構造も, 樂だ, 樂で, 気分が, 永続的で, 汚気, 神秘的だ, 私には, 穴が, 美の, 美味だつた, 肥えて, 色の, 若い妻君, 規模が, 解らなくするの, 賃金も, 遅かった, 遙かに, 遥かに, 遥に, 際立つて, 面と, 面白い, 餘程古い, 高く二千疋, 麻酔した

▼ のまで~ (106, 0.0%)

3 見えた 2 はっきりし, はつきりと, 可哀想に, 待たねば, 知って, 祖父母や, 見た, 認めた, 辿り着いた, 飛び出して

1 [83件] あった, あったの, あります, いくつも, おそろしく氾濫, お絹, かえって伝吉, きこえて, ぎっしりと, こっとり円い, ごろごろし, したが, すっかり見られ, すべて寸分も, その中, はいった込んだ地質, はっきりした, はっきり見える, ひとしお女, もとふと, よいもの, よく見えました, ハラハラし, 一ツ残さず食いあげ, 一本一本わかる, 一目で, 一眸に, 七八本ばかり, 三十丁も, 丹念に, 何でもかでも並べる, 作ります, 僕の, 分るさ, 判然と, 口惜しくて, 喜んで, 小さく瞰, 懐しく目, 手を, 斷わ, 春の, 棒に, 次々に, 気に, 水を, 洗うよう, 無数と, 無限の, 物々しい妖気, 疑っては, 疑つて, 皆しかな, 皆持つ, 眼に, 瞭然と, 瞳に, 硝子窓の, 私が, 突き留めた, 突っくるめ, 竜之, 結びつけた小, 綺羅星の, 聞えます, 見える, 見えるという, 見え実は, 見て, 見てる, 見分けが, 見屆, 見損, 覚えて, 車窓から, 軒下へ, 連れて, 金ずくで, 金づくで, 釣合わない, 階下へ, 驚歎を, 默つて見

▼ のといふ~ (103, 0.0%)

7 ものは 6 ものを 5 ことは, やうな 4 のは 3 ものが 2 ことも, ことを, ので, 難解な

1 [65件] おそろしい熱病, ことが, ことすら, ことによ, ことよりも, さうさ, といつてこぼした, のである, のへ, のを, ひものを, むづかしい神, もので, アイヌの, 事, 人々と, 人が, 人たちが, 人間に, 代物は, 俗世の, 優秀な, 前景が, 動物が, 名稱, 国名は, 外来語を, 夢の, 大きな望, 女ださうで, 奴が, 奴に, 妙な, 字が, 川に, 左様な, 弖爾波を, 心は, 怖いこと, 惡いものに, 批評が, 方が, 星を, 楽器を, 様な, 気組だ, 汚い方, 甘い言葉, 病気を, 程の, 符牒が, 綽名が, 肩書の, 自分には, 自意識も, 言葉は, 言葉を, 輩は, 金の, 閑談を, 類ひだつた, 騒ぎだつた, 騷ぎがあつたこと, 騷ぎだ, 高齢の

▼ の~ (103, 0.0%)

2 あんた, きっと, そのこと, 私を

1 [95件] あした行けない, あたいおじさまと, あっちでは, あなた, あなたが, あなたは, あなた御, あの方, あんたおし, あんたは, あんなに大きい, いっそ可愛いい, いやだ, えつら, えと婢, え娘, え相手, え素人, え野郎, おじさまが, おめでとう, お出先, お婆さん, こういう心理, こうして話し, ここは, こんなに, しかも決して, しめますから, しょっちゅうだ, すぐあきる, そうし, そうやっ, そこで御飯, そしてそれ, そして加内, そして効果, そして自分, そもそもあの, そんなこと, たしか, たまには, でもそれだけ, でも日本文学, とおすえ, どうしてとかく初め, どうなさった, ほほでも, もう怒, わたしの, シュピネルさんわたくしほんとうに, ドストイエフスキーが, ドレゴさん, ヨーロッパ諸国の, 世界文学という, 何が, 何とそれ, 内側は, 内緒で, 前後し, 北の方では, 叔父さん逢わし, 台所で, 変に, 女にも, 姉さん, 子供みたいに, 専門で, 彼等にとって, 感心ねえ, 浅はかな, 漱石なんか, 皆あの, 着物も, 私だって, 私は, 純白の, 自分から, 自分の, 荒しも, 蜂雀話し, 要心なさい, 親切の, 送別会だけは, 逆に, 邪魔しない, 金剛石, 銀三十枚, 関係上, 霜が, 面白い方, 面白そう, 題も, 飛び下りたん, 駅から

▼ のばかり~ (103, 0.0%)

7 では 4 えらんで, である, でした, です 3 だ, なの 2 で, とるの, 三人, 待って, 目に

1 [64件] して, そしてどれ, それに, ためたん, だから, だった, だったが, だったもの, だつた, だね, ぢや, であった, であなた, であるが, である捻紙, でございましたわ, でしたわ, ですけど, ですねえ, でそのうえ, でなくたわわの, でね, でめいめい, でも, でよ, で具体的, で出たの, で学者の, で帶, で拵えた手拭浴衣, で海, なん, なんだ, まって, 丁寧に, 先生に, 出して, 取り残して, 口惜しが, 口惜しがっ, 可愛がらねえでたま, 売って, 多い村中, 待つて, 感じられた, 択って, 択り出しました, 採って, 揃つて居ります, 撰んで, 樂しみに, 生活と, 百種ほど, 目立った, 眺めて, 蒸して, 行くじゃ, 見えたと, 見えたん, 見ちや虫, 見得, 見慣れて, 青年部と, 食べるって

▼ のかなと~ (101, 0.0%)

9 思って 8 思った 7 私は 3 思いながら 2 不思議に, 云ふ, 思うと, 松吉は, 考えて, 落着い

1 [62件] あたりを, おれは, お思い, じいっと坐った, その時, ふしぎに, ゆき子は, オカへ, バカな, 中江は, 久慈は, 云ったそう, 五郎は, 人間てえ, 大巻先生は, 女帝の, 妙な, 尋ねると, 山田は, 彼が, 彼は, 彼女は, 心に, 心ひそかに, 心配し, 思いその, 思いました, 思う位, 思ったが, 思ったの, 思った位, 思つた, 思つて, 思はれ鳥羽, 思ひながら, 思ひ返したが, 思ふやう, 恐ろしいうた, 想ふと, 感心し, 栄二は, 歩きながら, 気に, 疑えば, 眺めて, 瞻り, 考えたが, 考えたの, 考えたもの, 考えたり, 考えながら, 考えました, 考える, 考える事, 股野に, 自分だけ, 舌を, 言ったくらい, 野村は, 鏡を, 長平は, 驚いて

▼ のごとき~ (101, 0.0%)

3 ものである, 重税を 2 ものあり, ものなら, 作用を

1 [89件] いまの, さざめきをみせていたものでしたから, その一念, ところに, ところへ, の処置, はたとえば, はまず, は不安, は打ちつけ, は沢山, は現に, ものたらしめた, ものであり, ものであれ, ものと, ものに, も私たち処世上, やみである, ィ, キレタ感情を, 一生を, 一系統である, 世界的歴史的動向を, 事も, 事実の, 事実は, 二つの, 人よ, 人間の, 信仰を, 信念を, 内面性の, 出張製造の, 勇気を, 勢力を, 危険物を, 卵が, 問題を, 場合に, 夜空に, 大罪に, 奇談は, 形における, 性質の, 悲惨な, 想像しうる, 意味で, 意味である, 愚かな, 感動を, 懐疑に, 方則の, 明るくはなやか, 最大不幸の, 最大幸福の, 有り様であった, 有利なる, 条件の, 欠陥あり, 正しい高い意味, 歴史的研究に, 永遠に, 法の, 無事泰平を, 理由で, 由緒ある, 目を, 相談を, 真理体得の, 社会の, 算段によりて, 考えの, 者あり, 肖像を, 自信と, 自己疎外において, 草花面白き, 莫大なる, 虚偽や, 言を, 言葉で, 軍の, 逸事が, 邑落を, 重大な, 雑煮を, 非業な, 類例は

▼ のだつたら~ (100, 0.0%)

6 私は 5 あなたは 4 どうだらう 2 あなたの, それは, 僕は, 彼は

1 [77件] あたしは, あのやう, あの時分, あんなに始終微笑, お馬鹿さん, きまりが, こ, こんなこと, こんな結構, さう, さぞ立派, せめて死様, そこに, それには, それも, たとえこの, とても嚴肅, どんなに男達, どんなに面白い, ね, はじめから, まだよ, もうと, もう學校, もう私, ゆつくりなす, よく今日の, イヤな, オレと, ロツクフエラアは, 一日に, 今あなたが, 今だつ, 今彼の世話, 他の, 何うなる, 何とかいふ, 先年伊豆に, 初めてこの, 別にかう, 別に事新しい, 別に家, 友達の, 困難も, 国道を, 夏休みに, 大きにここ, 大抵立派, 子供だけは, 子供と, 實際, 寧そ今から, 從妹よ, 悪くする, 手紙でも, 方法を, 日本語が, 是非この, 有頂天に, 未だし, 歌舞妓芝居に, 無事で, 煙草耕作の, 用心や, 直ぐにも, 相場で, 眼に, 私容赦しません, 翌朝は, 老人は, 自分に, 若い女, 運座ほど, 遠慮なく早く云つて, 遠慮なし, 門衛の, 青酸加里なんて

▼ のでしたら~ (98, 0.0%)

4 私は 2 あなたに, きっとあの

1 [90件] あたしは, あたしみっちり, あたし何を, あなたも, あの人, あゝ逃げ廻る, いいけど, いったいその, おそらく柳斎どの, おやめ, おゆるし, お伺い, かわいそうだ, きっとな, こう簡略, この場合, これは, さうなる, すぐあたっ, そうします, そのホント, その場合, それが, それこそ, それでもよろしい, そんな風, たいへんです, ただ矢鱈, とんでも無い, と思っ, どうぞお, どうぞな, どうぞわたし, どうぞ私, どんなこと, ね贅沢, ひとつ身代りを, ほんとに喜ん, まあこれ, もうこんな, やっぱりお子様達, やはりずっと愛し, わたくしを, わたしが, わたしの, わたしも, われわれ一統に, 一つ防堤に, 一万円じゃ, 一度拝見, 一昨日の, 今ちよつと, 今より, 今後は, 仕方ありません, 仕方も, 何も, 信用される, 僕は, 儂から, 全部現金と, 十六日は, 叔父も, 只今でも, 可哀そうになんか, 国訳漢文大成の, 大目に, 寝床に, 岩倉村へ, 左の, 形の, 後日きっと, 愚見を, 慈悲そのもので, 憚りながら私, 戦争そのものへの, 散歩や, 早い方, 毎晩抱い, 決して決してお, 社長の, 私にも, 私の, 私も, 私を, 私印度へ, 立派に, 細かい調べ, 腐敗瓦斯の, 駅前の

▼ のに対し~ (98, 0.0%)

2 これは, 十六歳の, 英国は

1 [92件] あとから, あるドイツ人, いたわられて, お前は, かのお化け鞄, きみは, ここでは, この歌, その兄嫁, その組合長, それは, たいへん面白い, とやかく云われた, またまた食パン, やさしく, わが古人, イギリス軍の, ギリシャ人に, グレアム・ウォーラスが, ソークラテースや, チェーホフは, ハリ・ドレゴは, ポルトガル人が, マストリリのみは, モリスは, ロザレの, 中尉は, 丹那トンネルを, 他の, 何の, 俳優は, 側面の, 六条の, 凡兆の, 別の, 割れ目の, 北斎は, 北野劇場への, 反対側の, 和歌が, 堕落派の, 太田君は, 女学生の, 女性は, 孔子は, 実験的科学らしい, 富貴な, 少なからぬ, 少女は, 尾崎一雄さんが, 左衛門は, 師の, 平靖号は, 彼の, 彼等は, 後者においては, 思い込んだ顔付き, 我が日本艦隊, 我らは, 技巧主義的である, 抗議として, 政党は, 散兵戦術, 日本が, 検事は, 正造は, 洪青年は, 父が, 猫女は, 現代の, 瓊子からは, 矢部は, 神秘学は, 立体を, 米国聯合艦隊側では, 純然たる, 経済学の, 翁は, 職業に, 自分は, 自由主義の, 艇長が, 英国では, 蔵原は, 藷や, 西洋が, 読後感を, 返事を, 適宜の, 関西では, 防空は, 非常に

▼ のであったら~ (95, 0.0%)

3 それは 2 これは, 一つの, 僕は, 私は

1 [84件] ああ其の恐るべき, あくまで合法的, あなたは, あれだけの, あんなに辛く, いかにし, いっその, おそらくこの, おそらく火流, かくも, きっとあなた, けっして我慢, ここで, このまま自分, このよう, この渦, せめてもう一度だけ, そうも, そこに, そこには, そしてあの, その困難, その時, その若い, そもそもは, それで孤独, それによって, たとえば若い, たとえ父, とうの, と心, どうして自身たち, ばと思う, ばどんな, ば作者, まことに規模雄大, もし私, やっぱり歴史, よしや其, よしんばそれら, ホテルや, 一夜とて, 一番よい, 一葉の, 一読者の, 二人の, 今頃までには, 体の, 何を, 其の住居, 到底今日, 加茂の, 効果は, 十七世紀の, 十九世紀の, 十倍二十倍の, 家主に, 広告の, 彼が, 彼は, 彼らは, 彼女の, 彼女は, 必ずしも長寿, 患者の, 手数は, 教えかたで, 普通人の, 武芸者の, 決して, 津浪は, 珍しくて, 病人を, 白鳥洋子という, 皆親切に, 私たちは, 結果は, 自分など, 訴訟などは, 諸君は, 連中も, 関西財界の, 随分たんまりと, 離婚は

▼ のだって~ (94, 0.0%)

2 四日に, 母様が

1 [90件] ああし, あたいじゃ, あたしの, あった, あなたなら, あの人, あるさ, ある人たち, あれより, いいん, いってたそう, いつかみたいに, いろんな蝶蝶, いわば手当, おかあ, お師匠様, お父様, お薬びん, かりに私, きっとソルディーニ, こっちの, ことあ, ことは, そういう点, そうだ, その人, それや, たいして芸, たいていで, ただで, つまりは, とっとき, どういうお, どうかと, なかなか大変, みんなこの, みんな儘ならぬ, みんな死ぬ, もう大, もっとしみじみと, やっと出来る, やっぱり私, ソヴェトにおける, 一分前まで, 云ったよ, 今夜は, 今日も, 仕事, 仕事を, 何も, 俺等を, 傍の, 僕の, 元來, 兄さんには, 兄貴に, 分るん, 前もって知らせ, 動物性から, 十分ひでえ, 城を, 容易な, 少なくともわれわれ, 市電夜なかに, 平気であった, 平気よ, 当り前です, 当然だ, 愧じます, 我慢できない, 手摺は, 断りさえ, 源氏の, 甘い良茶, 私が, 私は, 私何度か, 結局は, 繃帯を, 育てて, 自分の, 自分を, 若し出来る, 蜈蚣にゃ, 言いますが, 言ってや, 誰が, 謂わば, 貴女貴女の, 送って

▼ のでありましょう~ (90, 0.0%)

592

1 [29件] お母さんに, か供回り, か手, か金田, がいう, がこの, がそう, がその, がたとえば, がどう, がひとり, が今日, が右, が夫婦諸共兇悪, が守戸, が意外, が永き, が私, が第, けれどなかなか, し将来, それは, と, のう, 夜の, 手裏剣少年が, 玉の, 私は, 鳥籠に

▼ のだけは~ (86, 0.0%)

5 止して 3 覚えて 2 やめて, 助かりましたが, 勘辨し, 止せよ

1 [70件] あやかりたいくらいの, ありがたいが, いまだに記憶, うんざりする, おそろしく近く, およし, お止しなさい, かなわない, かんべんし, この私, この私ぢ, ごめんだ, ぜひ取り消し, その大和田氏, たしかに浪次, どうかな, どうしても, どうする, どうやらそれ, どんなに風俗, なぜか, はっきり覚え, はつきりと, ほんの常談, まあよし, ましです, まだ説明, やめた, やめるが, よして, よしと, よしねえ, よせ, よろめきながら, 一人前に, 事実であった, 何分にも, 分る, 厭だ, 吹矢だけ, 嘘だ, 堪忍し, 変えねえ, 妙に, 嬉しい, 形も, 御遠慮, 憎いが, 我慢の, 止しなよ, 止めんと, 止んだん, 流石に, 浮んだん, 物足りなかつた, 生きて, 異数として, 異數, 癒った, 矢張り屋敷であろう, 知らなかったん, 紙くずかごに, 自分で, 見えて, 解ったな, 許して, 賞めて, 遠慮する, 遺憾だ, 醜いの

▼ のはね~ (84, 0.0%)

2 あちらに, あのひと, 先生と

1 [78件] あなたは, あの女, あの次, あの青髪山, あれさ, うまさ, おまえさんに, きみの, こういうこと, こういう点, こうして牛小屋, この世の中, この批評家紫式部, この昨日, この部屋, この間偶然あちらに, この頃, それ能狂言に, そんな周囲, ただこれ, ただ親父, つまりあたし, どういうわけ, どっか私立学校の, ほらこうして, まあ聞い, まきに, まず年, やはり下関, ゆうべお, わしも, コソコソしない, マサカズの, ママの, モスク, ヴェルサイユ門の, 一つの, 一つは, 一人の, 一所に, 丁度その, 両方共お, 人が, 人に, 今いう, 今時分から, 仮にも, 何しろそんな, 何でも, 余計は, 僕に, 僕を, 先ず略式, 千二君地上から, 午後から, 半熟の, 君が, 君ただの, 君の, 夜中に, 女でも, 妾の, 子分の, 実はもう, 当局から, 御金, 手紙でも, 日本人が, 死をも, 番兵さん自分たちの, 社会から, 私が, 私と, 私の, 背が, 茂之助が, 貧乏人から, 金の

▼ のだけ~ (80, 0.0%)

35 れ共 5 では 2 である, でそれ

1 [36件] あれば, いくつある, およし, たべて, だつたな, ちらちらする, であったろう, ですぜ, でなくはつきり言, で一つ, どこかへ, ほぐして, ましと, フウイヌム一人について, 一本引つこ抜い, 二十五種か, 何卒苦笑, 出荷する, 喰べて, 四五人誘合って, 幽に, 待って, 択らせるなら買いましょう, 持つて, 捕ったの, 捕つたの, 掲げると, 損を, 昨夜調べ, 煮たきする, 煮たきを, 記して, 記憶に, 集めて, 食うの, 食べるのよ

▼ の~ (79, 0.0%)

18 はこと 3 うちは, のと 2 うちが, がひ, くつた, くつてる, なで, のた, 打廻っ

1 [41件] あちっと, あ訳, あ違う, うち, うちで, うちと, うちを, うち廻る, うッ, からもの, がひめ, ぐひいづれ, ぐひで歌とも, ぐひなり, ぐひ跳ねゆきぬ, ぐひ都へも, づねあてた, と芳夫, と蛇, と行く, ど, ね, ねとしておられました, のかな, のたし, のたしてない, のたと, のた歩き, のみだったらしい, のみをゆるす, はふれ, はふれせ, ふとき光, ふとき動者, まひしか, まひしかば, も木, ア違わ, ンびに, 打廻るだ, 打間に

▼ のでありました~ (79, 0.0%)

7 がその 4 がそれ 3 が, が今 2 がこの, がそれでも

1 [58件] からこの, からその, からなかなかたいへん, から世間, から五人, から今年, から夫婦, から市五郎, から後, があの, がある, がさすが, がさり, がしかも, がすぐ, がただ, がたま, がともかく, がどういう, がどうか, がどれ, がなるほど, がびっくり, がもし, がやっぱり, がドイツ軍配置, が一度, が久しく, が乗手, が今や, が今日, が兵馬, が前途, が同好, が學者, が実, が小野, が帰朝, が弥次郎, が彼, が心ならずも, が或, が日, が村, が由, が私, が能登守, が轟然, が閣下, けれどもさらに, けれど考え, しまた, それは, ので部屋, よ, 其の小説, 是から, 眉山人と

▼ のとでは~ (79, 0.0%)

2 たいへんな, よほど違, 味も, 大きな相違, 大なる, 大変な, 私の

1 [65件] おなじかなし, おのづか, かなりの, これが, これで, これらの, ずいぶん感じ, そこに, そのとり入れ, その二つ, その印象, その表情, その鍛え, それこそ, だいぶその, だいぶちがった, ちがうもの, ちよつと, とても比較, どっちが, ひじょうなちがいが, びっくりです, まるきり物, まるっきり調餌室, まるで効果, まるで斬れ, まるで違, やはりかなりちがった, やり口が, われら重責を, 一般の, 世の中は, 余りにあつけない, 作戦上重大な, 全く文化精神, 其の働き, 出来上りにおいて, 味が, 坐り方, 大い, 大いに違う, 大きな違い, 大分人生観が, 大分違ひます, 大変なち, 大変感じに, 大變, 天と, 後者の, 情味においては, 意味が, 意義がちが, 感じが, 感情の, 批評の, 民草の, 確かに, 米友としても, 考え方に, 聞いて, 見る時, 質的の, 距離に, 速度の, 連想に

▼ のかといふ~ (75, 0.0%)

10 やうな 8 ことを 2 ことが, ことも, 氣も, 理由を, 疑ひを, 考へが, 風に

1 [43件] いらだたしさ, ことさへ, ことだけを, ことで, ことなどは, ことに, ことについて, ことの, やうに, より撮つ, 不安が, 不審と, 事さへ, 事の, 事を, 印象を, 問ひ, 問題が, 問題である, 問題では, 問題に, 嘆きで, 大事な, 好奇心を, 心配が, 意味で, 意味です, 感想も, 根本の, 気も, 点である, 疑問が, 疑問に対して, 疑問を, 疑念も, 立派な, 納まらぬ顔附, 考へだけで, 腹に, 自問が, 質問を, 顏付で, 顔を

▼ のかの~ (75, 0.0%)

5 女を 3 二つの, 女は 2 匪賊, 女には, 女の, 物質化を, 響き

1 [54件] い, いずれかで, お米, お縫, ごとく, ごとくいいなしたもの, といつて今も, ふる椅子, オルベルアムメルゴウ村の, 一点を, 三つの, 三位一体の, 事実上の, 仮空的分類, 傭兵ニュミイド人等を, 出来事それは, 判定は, 勘弥の, 北方の, 十四ヵ条の, 問題が, 地に, 地の, 壮年の, 壯年の, 大国家, 字だ, 字も, 恐ろしい幻影, 息女, 感じすら, 朝飯を, 柿の木に, 榎は, 浜薔薇よ, 焼跡を, 狂人の, 理由だけが, 理由については, 男の, 男を, 界, 相談が, 知識者と, 老人は, 船の, 説明にまで, 趣意すらも, 辨慶も, 部分より, 酒屋の, 非大衆的大衆概念, 駒井徳三氏は, 鼠小憎

▼ のなどは~ (74, 0.0%)

2 まことにただ, 口に, 素より振り向い

1 [68件] あまり新しい, ありません, いい調和, いやだ, お駒ちゃん, かえってこうした, かなり頭, かわゆく自然, さうし, せっかくの, その例, その証拠, その證據, それらの, たま, なかなかに, はなはだ容易, ほかに, まだ確, めづらしいと, もうかれには, ものの, もはや頓着, よい方, よろしくない, 一つも, 一人も, 一枚も, 下に, 不思議だ, 何と興味, 何に, 何にも, 先蹤を, 全くうまい, 切り取って, 勿論計算, 夢よりも, 如何にも放庵, 宛然支那の, 寧ろ愉快, 寧ろ我々, 常に篠田, 平気の, 度外視した, 引いては, 感官的連想からの, 摘んでも, 最も興味, 最も鑑賞力, 樂しい, 決して苦, 流すという, 皮肉な, 真暗で, 秀逸の, 私を, 美しかった, 自分には, 著しい例, 見た事, 見るから, 見るの, 誰も, 軽蔑し, 頼まれても, 食べるとき, 高さ五六丈

▼ のでございまし~ (73, 0.0%)

256 よう 4 てね 3 て私 2 てこの, ようか

1 [31件] てあの, てあれ, てお, てけれども, てこれ, てされ, てそら, てそれ, てただ, てどうも, てな, てね山, てひとつ, て世間, て人民, て住居, て六十フラン, て内大臣家, て厩戸, て向う, て多く, て本当に, て私ども, て私共, て私自身, て自分, て舞台, て舟稼業, て表, て財, て長く

▼ のかが~ (72, 0.0%)

5 よふ, よふ見れ 3 わからなかった 2 やける見れば, わからない, 不思議だつた, 吾, 問題である

1 [49件] おのずから分明, さっぱり人間, すでに問題, どうしても説明, どうもはっきりと, どの執筆者, なかなか了解, ふしぎな, まだ展開, まった七十歳, まり工合は, やけるもと, やっとわかりました, よいとでも, わかって, わからずこの, わからない一本, わからなかったん, わからぬ, わかる, ハッキリしない, 一般に, 不思議である, 九里丸長屋の, 何處からとも, 分からぬため, 分らないの, 分らなかった, 分らなかったから, 分らなかつたから, 分らなくては, 判らない, 判らないし, 判らなくなる, 問題だ, 問題であります, 問題と, 問題な, 問題に, 次の, 次第にはっきりし, 気に, 知りたかった, 知りたかつたの, 知りたくて, 私には, 見えると, 解りましたぞ, 遂に全く理解

▼ の~ (72, 0.0%)

17 はない 8 なし 6 はなかっ 2 は無い, は誰, 全然藩閥

1 [35件] あまり知るまい, ありません, なくな, なしと, ならず, に, には無い, には風の音, に何等, に絶大, に途, の最も, はありません, はお, はなかつた, はなく, はなし, は上, は何, は僅か, は大概, は必ず, は教理, は此, は決して, は皆外国語, は總, は館, ほとんど日本, また花鳥, 又他意, 多數, 少くも, 絶えて, 行い難い

▼ のとも~ (71, 0.0%)

4 一つは, 亦違う, 考へ 3 違う 2 想像が

1 [54件] がら道を, しれないしろい, しれない下駄, しれない鐘, すれちが, すれちがった, すれば, そうであった, ちがう口, つかぬ笑い声, とれる, ひとつは, らいを, わからずに, わからぬ叫び声, わからぬ指紋, 一しよ, 一つ穴師大兵主神社といふ, 一つ複雑した, 一般である, 云はれ, 云ひたくなる, 云われますけれども, 仰しゃいません, 分からぬ声, 分らぬの, 同じである, 同じです, 同じでない, 定まらねど, 少しちがう, 少し違う, 思へない, 異り, 知らず正太, 知らぬ小舟, 知れないかます莨入れ, 知れない一本, 知れない嘲笑, 知れない草履, 笑うの, 縁が, 考えられずとにかく実際, 違いただ, 違います, 違いますけど, 違いもっと, 違いペスタロッチ, 違うから, 違う何, 違う書きぶり, 違つて居た, 違ひました, 違ふ

▼ の~ (62, 0.0%)

4 に, のやう 32 と並んだ, のごとく, のみ虚空, は, をかたむけ

1 [41件] がご, がねんせうする, が見渡された, となつ, との自然, と人, と職, に入り来れり, に渇き, のあらしまろ, のおの下, のじ, のと, のなか, のむれ, のチラ, の中, の前, の子いま, の宮, の幻影, の影, の泣くごとく, の白, の見えし, の透き, はげしき, はなか, はもえたち, まれそしりは, を, をう, をかんじ, をたもち, をつくり, をなびかせ, をひびかせ, を地, を燃し, 僕が, 色白の

▼ のじゃが~ (59, 0.0%)

2 さっきも, それが, 何と

1 [53件] あせん, あなたは, あれになんぞ, あれは, いかに思い返し, ここに, この席, こんなの, ご本意, しかしその, そういう勝手, そこが, そのほか, その巌, その所有権, その時, その点, それでは世間, それも, ただ職, どういうわけ, どうじゃ, どうだろう, どうでしょう, なも, なア, わしは, 七海の, 三日経つ, 上杉家の, 世の中には, 今の, 今度は, 何しろ相手, 何処か, 何分にも, 参ると, 只今この, 味方を, 女王には, 娘が, 宜え, 待てよ, 御用の, 急須が, 故あっ, 朝晴で, 殊に真弓, 沢庵坊主め何と, 肝腎斎き, 蒼海の, 退屈しのぎに, 間に合わせて

▼ のなんか~ (57, 0.0%)

2 いやです, およしな, 忘れて

1 [51件] ありません, あんまり恥, いいわね, いけないと, いやそれだけ, いやだ, いやなこっ, お止め, こうなっ, すぐになほつてしまひます, その筋道, たまらない, ちつとも, でも, とてもしゃく, まるで子ども, みんな早, みんな面白, むずかしくって, やつと, やめましょうよ, タカが, ヘイチャラだつた, 二の次若しくは, 仕方がねえ, 何ともありゃ, 到底我慢, 子にとって, 子供へ, 実に愉快, 平気だ, 廢めて, 当てに, 形式主義の, 待って, 心配し, 忘れた様, 振り向いても, 疳の, 真っ平だ, 真平だ, 眺めて, 着せて, 禿げ頭, 秋も, 素敵だった, 腹立たしくも, 若え, 見たこと, 見たことア, 食べないわよ

▼ の~ (56, 0.0%)

10 がある 6 を用意 4 が用意 3 はこれ, をだし 2 があった, があれ, だ, のその

1 [22件] がうまく, がかくして, がのこし, がわかった, が出る, が掛る, が残っ, だったと, だよ, でした, です, と言った, にあう, にかかっ, はじゅうぶん, は出せない, をすっかり, をだそう, を出しおった, を考えついた, を考える, を見た

▼ のあまり~ (55, 0.0%)

2 これを, それを, 夫人の, 家康支持に, 彼の

1 [45件] あなたの, あんな顔つき, この生意気, そのやう, その人, その実際, その殺意, つまり驚喜乱舞, どこからとも, わしは, ピエートロをも, 一時は, 一種の, 京都も, 何后何進らの, 先生の, 内容の, 告げ来, 善悪に対して, 声まで, 好かないから, 小生にも, 惜しげも, 意を, 憂ひが, 文吾の, 文学の, 桜の, 森彦は, 正義の, 源次郎の, 現在自分の, 病気に, 知らずしらず迷信, 神の, 祭典を, 私の, 秘密に, 聘物を, 自分の, 自己の, 術文の, 見だても, 頬ツぺを, 饒舌を

▼ のであるまい~ (54, 0.0%)

392 かと思った

1 [13件] かという心配, かといふ悲しい, かとひそか, かとふと, かと思う, かと思われた, かと思われる, かと想う, かと推し及ぼした, か興味, か途中, しまるで, 乎と

▼ のはを~ (54, 0.0%)

11 かしい 5 かしいぢ 3 かしいと, かしな 2 かしいが, かしいなあ, かしいね, かしいやう, 出でん

1 [22件] かしいけれども, かしいぢやあ, かしいですね, かしいでねえか, かしいといふ, かしいの, かしいよ, かしいわ, かしい上, かしい事, かしかつ, かしから, し, しいから, たてたよう, ちの思想である, とこ, とこ犬斯うし, なぶるよ, ひろって, りません, んな

▼ の~ (54, 0.0%)

25 終って 53 済んで

1 [21件] あんまりい, いつもの, からハリ, から景気, が済む, すんで, に来ず, の最中, の汗, は, はとっくに, ます, むろん大, やって, をやっ, を終る, 大いにダレ, 既に満員, 済んでから, 終ったの, 腐演

▼ のなど~ (50, 0.0%)

2 もさうである

1 [48件] あり, いうこと, いよいよ同様, いよいよ大正風景, いろ, ええもの, さまざま重なり合っ, その比, たまたま眼, だつたが, つまらないから, どうしてエイゼンシュテイン, なかなか会社, また数えきれぬ, やはりよい, アフリカの, アンリー・ルソーの, パンにも, 云ふさわ, 今でも, 何うかと, 何だかいや, 何れも, 単にそれ, 夏の, 大きらい, 彼と, 彼女は, 我慢する, 暗示し, 流行った, 狂乱の, 猫の, 病院らしい, 目立つ, 相手に, 私の, 第一, 細い指, 絵馬が, 聞き流しに, 自分自身の, 見ると, 阿呆の, 面白し古風, 食ふ, 駿介は, 高言する

▼ のださうだ~ (49, 0.0%)

3 よ, 何お 2 がよしや, が町

1 [39件] がこの, がさ, がさも, がその, がその後, がそれでは, がそんな, がどうも, がどこ, がなるほど, がね, がまあ, が不幸, が不思議, が中村地平, が今日, が大, が嫉妬男, が故, が板の間, が極端, が特に, が真裸, が私, が義雄, が近頃, けどちょうど, けれど今度, けれど家, けれど暑い, けれど當, けれど直径一尺, けれど自分, けれど青木さん, そんなこと, でも博多, 多くの, 百舌が, 私の

▼ のごとく~ (48, 0.0%)

1 [48件] いっしょに, ごうごうと嵐, その一国, その晩, その翌日, ただいま私, といを, にし, になった, になれ, に思い悩む, に賞賛, ふわりと, 中和性において, 二つの, 二畳敷御殿の, 人の, 人間の, 仲が, 区々である, 半国, 回想し, 多くの, 大王の, 実隆に, 寂しく凝固, 尊き有様, 岩角を, 平らにも, 幼稚で, 彼と, 御座候恐惶謹言, 悠久二千六百年祝典の, 手腕また, 死の, 民主主義に, 沸騰し, 清らかに, 濃く頬麗丹脣, 現在の, 盛んに, 相い争う, 美妙な, 落合ひ, 近来和歌は, 露骨に, 顔から, 黒く美しいこと

▼ のだけが~ (48, 0.0%)

2 わかる, 生き甲斐な, 記憶に, 違って

1 [40件] うまいの, お前の, お役目, きこえます, とりえで自分, はっきりと, はっきり彼女, ひどく切なく, まち遠, やっとらしい, ハツキリ聞える, 不満でした, 何だか心強い, 何だか野卑, 何の, 作業に, 俺のに, 僅かの, 分かった, 分った, 分つた, 分りました, 初子の, 却ってぶ, 取柄で, 妙に, 方便である, 旅の, 欠点だ, 気にか, 気に入らないという, 淋しい, 眼に, 眼を, 聞える, 聞えるほど, 見えた, 見えるの, 認められた, 重大な

▼ のにと~ (48, 0.0%)

3 源氏は 2 思った, 思って

1 [41件] あらためて久保, いうて, いった, いふべき所, お君, わたしは, 不愉快げに, 云い帰り, 云った, 云ふ, 云ふ望めない, 云われて, 何といふ, 女王は, 宮は, 怒りながら, 思いながらも, 思いましたが, 思う, 思うこと, 思うね, 思ったもの, 思つて待ちこがれ, 思つて文吾は, 思つて見る, 思ひかういふ思想, 思ひながら, 思われるの, 感じて, 明石は, 末摘花の, 男は, 痛感させられた, 真心から, 祖母が, 級長達と共に, 署長は, 考えたらしかったの, 考えて, 言ったが, 誰もが

▼ のらしい~ (48, 0.0%)

2 が伊作, という, のである, わ, んだ, んです

1 [36件] からそれで, からをかたぶき, がかしこい, がすぐ, がそう, がどうも, がどうも聊か, がどこ, がマア決着, が児玉先生, が成功, が照子, が腹, が華麗, が誰一人, けれども二人, ただ温和, と, といふ, と云う, と思いました, と思った, どちらが, のでした, のです, よ, 一方に, 十一文の, 女房も, 様です, 泣き声を, 白いネル, 自転車が, 荻村が, 蕃山の, 黒点を

▼ の如く~ (48, 0.0%)

2 使用する, 松本といふ

1 [44件] うれしい手紙, これを, しまいこん, その嘗て, その脳漿, 下水の, 両手を, 低廉であっ, 価値付ける, 内心に, 利用せしめなけれ, 到着し, 又権田, 地代と, 増進する, 大勢来庵澄君井君高君藤君そして, 如是の, 少ない原因, 尠い, 忠実な, 急速に, 悲観し, 懐しさ, 敬治君が, 敬治君来庵間もなく, 文廷式氏より, 暮羊君来庵酒と, 本能の, 来庵, 模糊として, 横浜総領事を通じて, 樹明は, 気紛れな, 無情なる, 生に, 目的の, 私達と, 複雑に, 観察し, 覺ゆる, 迎に, 遺棄する, 酒を, 長夜の

▼ のこそ~ (47, 0.0%)

2 不合理です, 勿怪の, 天人の, 自分の

1 [39件] あたりまいな事, おかしいと, お体, どうやら果心居士, ほんとうに, ほんとうの, ほんとに面目玉, まだい, まちがって, やめねば, クソ馬鹿らしい, ナチス党員の, 下らない躊躇, 勿体ね, 又と, 呂宋兵衛に, 唯一の, 女の, 幸いである, 当然な, 形式的です, 彼女の, 心得ぬ, 指導書である, 新堀端であった, 春宵の, 最大苦痛を, 本当の, 正しい態度, 知性の, 終生の, 置きましたが, 膚と, 見返りお, 身分柄定められた, 逆に, 進歩的恋愛論の, 運の, 順序であろう

▼ のであったろう~ (47, 0.0%)

233 と思う, と思われる

1 [18件] かと, かどう, から町, から私, か小屋, がそれにしても, がわしの, が冷, が雑用, けれど, けれど米友, と, とはほとんど, と懐しく, と推察, 五手与, 政府から, 英人二名が

▼ のでございました~ (46, 0.0%)

3 か, がただ 2 が, が時刻

1 [36件] あなた様が, からこれ, からなるほど, がこの, がこれ, がその, がそれ, がどうもはっきり, がどこ, がまことに, が今度, が帰り途, が幽明交通, が憂鬱, が日本左衛門, が昨夜, が私, が私ども, が貴方さま, が重, けれどすぐ, けれどそれ, けれども, そうです, な, のです, のにその, のに今, のに許し, まことに人, わ, わけで, ッて, 右とか, 米友さんは, 責任が

▼ のなども~ (46, 0.0%)

4 あつた 3 ある 2 もう皮肉, 妾の, 見えて

1 [33件] あった, あつて, いた, この方面, その傾向, その類, そんな故, ひとつは, よく見かける, わかった, 一つで, 丁寧で, 不思議と, 他にも, 其家に, 分析すれ, 半兵衛が, 同じよう, 地固めという, 夥しくある, 尠く, 我輩は, 持たせて, 沢山持っ, 混つてゐる, 源氏が, 目に, 私に, 自信の, 見えた, 見えるの, 親の, 金も

▼ の~ (46, 0.0%)

12 のって 2 が何, の, のってとても

1 [28件] ういう, かお, か悲しい, がどう, が悪い, が楽, でもありゃしない, のこれ, のってあっし, のってお話, のってこうして, のってこの間, のってし, のって丸, のって夏, のって大した, のって大騒ぎ, のって私, のって結局ニュース, のというの, のという魂胆, のといつて孫悟空, のといふ其様, の耳, もいふ, も皮肉, をなさる, んの

▼ のでございませう~ (45, 0.0%)

1542 それまでよりは, な, 何時もの

1 [20件] かお, かその, かなん, かねえ, からあんな, か別段, か御, か昨年, か私, か麥, がそこ, がなんにも, が共に, けれど, けれどもほんの, その三四ヶ月, ねえ, 将軍家の, 徳川と, 粟田口の

▼ のいう~ (44, 0.0%)

4 ような 3 ことは, ままに 2 ことを, とおりし, のは, ものは, ものを, ように

1 [22件] がごとく, ことが, ことなど, ことなどは, こと思い止まるいう, とおりに, なりにする, にはこれ, に従え, は全く, ものが, ものの必要, ものも, 事を, 宗教は, 者が, 荒っぽいところ, 通りこの, 通りちっと, 通りを, 通り死は, 馬鹿らしい形容

▼ のいや~ (43, 0.0%)

5 だよ, だわ, よ 3 なん 2 だ, です

1 [21件] か, じゃありません, だから, だった, だってそれだけ, だなあ, だもん, ですから, ですよ, ですわ, で丁度, で六日, という, な客, な性分, になつ, ね, もうよし, んな, 守れないの, 小母さん

▼ のかべに~ (43, 0.0%)

2 かけて, なって, 四角な, 大きな, 大小さまざまの

1 [33件] あてました, かかって, かこまれた一メートル四方, かこまれて, くりぬいたよう, ぐるりと, さわりながら, そって, たまって, とりつけたベル, とりつけられて, どんなふう, なにか光った, ぴったり身, ぽっかりとくらい, まっくら, むかしふうの, やっと人間ひとり通り, スーッと, ピッタリと, 一メートル四方も, 三十センチ四方ほどの, 六十センチ四方ほどの, 円い窓, 大きな鏡, 少女と, 目が, 直径一メートルほどの, 窓が, 腹合わせに, 赤や, 身を, 近づいて

▼ のだの~ (41, 0.0%)

2 一番橋手前のを, 伊尹の, 大きいの, 短いの, 長いの

1 [31件] かくれがさ, しかも俺等, つまらないの, アリランの, ゴチャ交ぜ, 七個ばかりの, 三か月の, 三角のだ, 何か, 元結よりだの, 大きいん, 大方巡礼にでも, 少し大きく, 斯う, 木綿物に, 本で, 東京という, 江戸へ, 牛だの, 犬の, 白色レグホンの, 税金の, 紙の, 紫蘇だ, 薄彩色, 薄黄色, 蝦蟇が, 贅沢な, 長谷の, 長靴の, 駄菓子の

▼ のどす~ (41, 0.0%)

873 けど 2

1 [21件] えなー, えチヤーン, え今, え可愛い, か案内しまほう, が今, が時折, けどあんたはん, けどこの, けど上京, けど松井さん, けど物, けど赤ちやん, けれど, さかい, さかいあの, さけ, て, よってあんたはん, よつて, キツトどこぞで

▼ の~ (40, 0.0%)

5 に非 3 たれば 2 なり, に非ずし, の居ない

1 [26件] が時代, が笑っ, たり, ではない, というの, として决, となりました, と共に之, なり侯, なり彼, なるを, にては予, に乏しき, に聴, のため, の想像, の詞, はその, ははなはだ, を偽, を惡, を愚物視, を見ざる, 尽きて, 来って, 豪くは

▼ のかど~ (39, 0.0%)

4 でに 2 あって, でを, で検挙

1 [29件] あり, ありお, ありが, ありとて, ありとは, あるによって, であること, でかつて, でご, でしばらく, です, でせっかく, でワーグマン, で十吉, で大門, で客待ち, で憲兵隊, で捕えた入牢中, で臨席, で自転車, で見事, で身, で逮捕, で重い, で頭, によつて, わが前髪, 之有り, 開く

▼ のださうで~ (39, 0.0%)

2 それは, 私は

1 [35件] この三浦氏, この探, これにか, さうし, すべて官有林で, その子, その官打ち, その少年時代, その晩はちよ, その自分, それじゃあ, また承, まだ後十日くら, みんなで, もともとその, やがて後, 一と, 下の, 主人榮右衞門の, 二年の, 十八九の, 大変なさわぎ, 奇妙な, 家の, 少しも, 意外に, 此の, 母親は, 無色無臭實に, 特にエスパーニャ側, 直接当, 碁盤の, 窒息し, 立樹の, 辛抱し

▼ のなれ~ (39, 0.0%)

3 ど, ど正太さん 2 ど明日, ばあり, ば參ら

1 [27件] どいかにも, ども元, どよう, ど何, ど墨, ど夫, ど御身ゆえ, ど思へ, ど癇癖, ど薬, ば, ばそれ, ばとにかく, ばなり, ばわし, ば今一應聞定め, ば其責任, ば参らね, ば外, ば大変, ば平気, ば彼, ば滅ぶる, ば濁たる, ば胃腸, ば自分, ば遠慮

▼ のをと~ (39, 0.0%)

3 呼ばせる趣向, 思って 2 云って

1 [31件] あの茶店, ことを, つてゐた, づれさへに思ひ, やせんとばかり, わざと遠慮, 云う註文, 云った処, 云つても, 今日の, 命じて, 問うと, 左足を, 幾つか, 思いました, 思いましたが, 思いましてな, 思うが, 思うと, 思ったけれど, 思ってさ, 思っても, 指さすと, 探して, 気前を, 笑いながら, 見ると, 註文し, 誂えたん, 頂を, 頼むと

▼ のしか~ (38, 0.0%)

4 かつて來 3 かつてくる, かつてゐる, かつて来る 2 かつてゐた

1 [23件] おいてなかった, お使いなさらない, かからなくな, かつた, かつてややもすれば言葉, かつてゆく, かつて二人, かつて來よう, かつて来た, かつて邪魔, するに, ないから, ないが, ないの, ないので, わからなかった, 作ること, 恵まなかったそして, 目に, 知らないな, 見えなくなる, 見なかったから, 降らない

▼ のすら~ (38, 0.0%)

5 見える 2 植物と

1 [31件] あぶなげ, ある, あるくらい, いたいたしいよう, いやに, つぎあわせて, 出て, 勿体ない程, 勿体ない非常時, 勿体なく出来る, 厭ふやふ, 大儀な, 大儀に, 平民には, 忘れさすくらい, 忘れたと, 怖くな, 思い出せないよう, 恥かしい, 恥かしくって, 恥しいと, 恥ずかしいと, 政府は, 既に悪, 気づかずに, 疑われるのに, 見て, 見受けられるの, 身ぶるいし, 露八には, 面倒だつた

▼ のない~ (38, 0.0%)

432 の, のって, や

1 [25件] か, ことを, じゃない, ぜ, ている, のと, のに物, もので, ように, わねえ, わ女, 与次郎も, 人間の, 微笑を, 忿怒を, 搜し, 未來までも, 清らかな澄みきった, 眞間の, 縊死を, 苦難の, 足は, 野天の, 金を, 馬鹿話が

▼ のを以て~ (38, 0.0%)

5 見れば

1 [33件] きこえて, みても, むしろ幸福, わしは, 世に, 世を, 世界に, 主意と, 仏の, 仕来りとして, 例と, 勝利と, 却つて王に, 可なり, 嚆矢と, 天下の, 所謂エタ源流中の, 推すと, 明哲保身の, 正である, 法と, 満足する, 濫觴と, 爺さんが, 特徴と, 知ること, 礼儀と, 私の, 科擧を, 聞こえた備中国下道郡邇磨郷, 良しと, 見ますと, 視ても

▼ の~ (38, 0.0%)

9 がある 4 あり 2 あらしめたり, があった, なきを, に堪えない, を生じ

1 [15件] あらん, あるなり, があり, があるであらう, がございます, がするであろう, に堪えなかった, もあつ, を与えた, を抱かざる, を抱かし, を抱き, を浮かぶ, を深める, を覚える

▼ のなどが~ (37, 0.0%)

5 目に 2 見えた, 見える

1 [28件] あった四五人, ありますし, いちめんに, ごた, その最近, つみあげて, ならべられた, ひょいと目, 一寸皮肉, 個人展に, 入りまじって, 半破れた, 多くて, 岸の, 松を, 楽しみでも, 残って, 気に入つた, 注目されます, 流れて, 流れ寄ること, 生じて, 眼に, 自然と, 見えたり, 見え家屋, 見られた, 見下せる

▼ の~ (36, 0.0%)

2 よしよ, 父様は

1 [32件] いや, いやでしょう, すきか, たあ, たみの, たみを, とぎばなし, もひ, やめに, よしなさ, よしなさいね, わかりに, 出先の, 分りでしょう, 君さんしっかり, 嗜みなさいよと, 墓から, 姉さんには, 姉様が, 嫌い, 局さまを, 師匠さん, 戯けなます, 文公の, 梶, 止しなさい, 止しなさいてば, 止しよ, 線香でも, 考えなく, 金持ちの, 風呂の

▼ のかべ~ (35, 0.0%)

3 です

1 [32件] いっぱいに, かけが, かけで, が, がある, がうつっ, がじゃま, がすっかり, がまたもと, がまるで, がみしみし, がみるみる, が怪力線, が立ちふさがっ, が金庫, が静か, が音, ぎわに, ぎわにおき一本の, ぎわへ, こなんぞ, すを, ぜんたいが, でかこまれて, でした, でふさがれて, どこにも, にずしんと, 床は, 木の, 板に, 紙に

▼ の~ (35, 0.0%)

5 ある 3 がらは 2 がらを, づつなさ

1 [23件] あきつは, いどから, がらな, がらの, がら名乗りを, き弾兵, した, す, すかと, すが, すさびに, すよ, すりに, そうも, だてを, まえの, まえ表面, 台所では, 如何する, 安心し, 庄さんは, 座敷へ, 藤本も

▼ のといった~ (35, 0.0%)

7 ような 3 ところで 2 ものは

1 [23件] あんばいに, いろんなくだらない, いろんな楽しい, いろんな連中, うえに, ことに, ことは, これまで, まったく思い, ものが, ものに, もんだ, 代用学校が, 明らかに, 有難い呼び名, 殺伐な, 物ばかり, 自家できの, 連中が, 連中は, 連中や, 風な, 風の

▼ のとに~ (35, 0.0%)

2 人好きの, 原因し, 驚いた, 驚かされないわけ

1 [27件] ひかされて, びつくりし, よる, 不気味な, 何となくびっくり, 依つて, 分れて, 呑まれて, 大別する, 帰着する, 御任せなすっ, 忙が, 悩まされたが, 悩まされて, 感心した, 油断し, 相違が, 眼が, 苦しまなければ, 角文学的真理探究と, 角統一的な, 言の, 近し, 近似しいる, 迫られ天候, 附會し, 附添われ

▼ のなどを~ (35, 0.0%)

2 見ると

1 [33件] いかにも不安そう, いつまでも, こまごまと, これが, さげて, しばしば発見, すっかり小さな, ずっとお, みると, チラリと, 並べて, 伸子は, 分けて, 初め祭具武噐食噐等に, 売るおかず屋, 彼は, 思い出しそういう, 手伝つて居た, 持ち運んで, 撫でて, 木立の, 渡した, 眺めて, 眺めやるたびごと, 眼に, 見た, 見つめて, 見て, 見ても, 覗くと, 認めると, 買って, 食わせた

▼ の~ (35, 0.0%)

5 である 3 にし, をいう 2 であります

1 [22件] が多々, だ, だと, で, であらう, であるという, で一旦, で弦, で獸, なり眠息, なるを, にあらざる, にちがい, にて相生, に終るだらう, はみな文字, は外縁, は多少, は手腕, をいい, を云, 往々これ

▼ のであったなら~ (34, 0.0%)

32 ばおそらく, ばこの, ばそれ

1 [25件] おそらく後, すべては, その計画, と思う, ばあの, ばいわゆる, ばすぐ, ばもっと, ば今, ば何, ば前者, ば叫ぶ, ば吾, ば彼, ば私, ば統制時代, ば自然, ば貞奴, ば遠心力, ば選択, 僕は, 冷眼に, 故人を, 穏健な, 葉子は

▼ の余り~ (34, 0.0%)

1 [34件] かねてから本願寺軍, からそういう, この崖, これを, さきには, ついに椅子, であったろう, です, とんでもない, ひそかに, 二階三階を, 人が, 今更の, 何とか政友, 単独にて, 又心配, 命が, 坂本城を, 奇計を, 妾の, 山賊の, 己の, 徳川方に, 我輩を, 本妻の, 死を, 死んだので, 水に, 生じた一つ, 男子が, 監禁を, 自己の, 覚之, 遂に一個

▼ のださう~ (33, 0.0%)

2131 でいかにも, なおや, なソーセージ, な何とか, な毒, な田舎, な目前, や, よ

▼ のについて~ (33, 0.0%)

2 歩いて

1 [31件] このお, これは, それぞれ発音の, ったら駅, どんな事, もちろん嘘, ゆかう, 一寸説明を, 來た, 前日クリストフに, 山へ, 強く反対, 思いも, 揚屋町の, 早くこの, 書いた, 某科学雑誌記者, 源氏は, 申し上げましょう, 申上げ, 知って, 私が, 私も, 種々な, 竹村に, 簡短な, 話して, 趣向が, 長々厄介, 非常に, 風向きが

▼ のかさえ~ (32, 0.0%)

3 見当が 2 わかって

1 [27件] はっきりとは, もうまるで判別, もう彼, もう覚え, よくは, よくわきまえ, わからない, わからなかった, わからんの, 今でも, 伸子は, 分らない, 分らない始末, 分らなかったくらいの, 判らず思い悩んだこと, 判らなかった, 判明しない, 彼女は, 忘れて, 明らかでない, 本当に彼, 津田には, 知らない, 知りません, 知りよう, 知ること, 見分けられないよう

▼ の~ (32, 0.0%)

125 やない 2 やありません, やなく

1 [11件] やあるまい, やが, やそして, やな, やなから, やよ, やらう, や商, や弁, や連添, や黙つ

▼ のにさえ~ (32, 0.0%)

3 骨が

1 [29件] きめて, こんなに気兼, そうし, その名, はっきり御返事, やれ従者, 両手の, 五円近くの, 困難を, 堪えられなくなった, 大いなる難儀, 大体一ヵ月三四百円は, 大分時間が, 大騒ぎを, 彼は, 心が, 怯えるの, 手が, 掟の, 暇が, 気兼を, 私は, 苦心し, 蓄髪願という, 遠慮を, 遠退いた, 重々しく厄介, 非常に, 骨を

▼ の意味~ (32, 0.0%)

4 である 2 あり, であらう, ならん

1 [22件] からでも進ん, からひとり僧尼, が籠っ, だそう, だろうと, であ, であるとの, です, ではありませぬ, ではなかっ, で他, で御機嫌, なきに, なん, に用い, に解釈, に過ぎない, は十分, もあるべきなれ, よりか先年, をもっ, を含有

▼ の止む~ (32, 0.0%)

17 なきに 13 を得ざる 1 なきを, なき状況

▼ のつかない~ (31, 0.0%)

3 ことに, ことを, 事を 2 事に

1 [20件] からだ, ことが, ことは, ものでした, ような, 不幸であった, 事がらを, 冒涜だった, 危地に, 否定的な, 堕落の, 失敗を, 実践的な, 打撃を, 漢だ, 無能や, 破滅に, 破滅にまでも, 罪を, 谷間の

▼ のはと~ (31, 0.0%)

3 言ひ捨て

1 [28件] いうか, いうと, いうより, お光, そう云う, たずねますと, つくの昔かす, つこうつこの, 云いたげなに, 云い出した, 云ひ出した, 云われるかしら, 危くいいかけ, 問ひ反す, 問わせたまうに, 存じましたので, 当りを, 思うと, 思った, 思切って, 慎しみがちに, 書けば, 気附い, 申さなければ, 訊いたらそう, 身体を, 近所の, 野だ

▼ の~ (31, 0.0%)

3 にいっぱい

1 [28件] がぬけ, たいへんさびしく, に, にいつ, にちゃう, には木曾, には遂に, に一抹, に世界, に在り, に思いのほか, に於, に汽船, に置い, に過ぎた, はあたかも, はこの, はたとい, は到底, は張る, は未だ, は衰弛, も茶道, も蓋し, を得つ, 仮令幾年, 各松明, 通らんと

▼ のじゃろう~ (30, 0.0%)

832

1 [17件] いかにも済ん, かとこの, かどうも, かな, がいつ, がなん, しかし考え, そしてそれ, といわれた, ところでいったん, と存じまし, と邪推, なねえ, なア, のう, 明日は, 訝しな

▼ の覚悟~ (30, 0.0%)

2 あるを, がなく, ならば, を有す

1 [22件] あらば, があっ, があるなら, があれ, がなけれ, が欲しい, が無けれ, でいた, でこれ, と見える, なくば, なれば, は明らか, もとより生還, をし, をもっ, を以て世間, を以て自, を取る, を有せね, を決めた, を閣下

▼ のかどを~ (29, 0.0%)

2 まがらうと, まがりました, まがると, まがろうと, 曲って

1 [19件] のぼり頭, まがったところ, まがって, まがりましたが, まがりゆらぐ水面, 一つまがる, 出す, 小さく食い切っ, 左に, 慌てて, 挙げて, 曲がると, 東へ, 消えて, 潜った, 申しこんど, 謝りぬいた, 開くべき, 黒いもの

▼ のかなどと~ (29, 0.0%)

1 [29件] いろいろと, おれは, それも, たずねるとは, たずねるの, ぼくが, センチメンタルな, 不審を, 云って, 問いかけた, 問い出した, 問ひ出した, 家中で, 幾人かが, 思ひながら, 改めて四角張る, 根掘り, 極端に, 皆さまが, 盛んに, 考えた, 聞いて, 聞く, 自分に, 要らぬ不敬, 言い大, 訊いて, 訊いても, 訊き糺した

▼ のをば~ (28, 0.0%)

2 感じて, 私は

1 [24件] この夏, ただ不思議そう, ちが, ちやんが, みたま, 不思議な, 国語の, 墨家は, 変に, 太政官は, 幸いにな, 斥けねば, 是真実道是無上道是清浄道是安楽道と, 最適と, 根拠として, 無理無体に, 維新の, 聞いて, 若殿様あなたは, 薄暗い木蔭, 見たけれど, 認めて, 鎮魂祭と, 非常に

▼ の~ (28, 0.0%)

4 なり 2 である, では, とす

1 [18件] であったかも, であって, であろう, であろうと, で梵語等, で異族, なし, なしとて, なり去るほどに, なれば, になつ, に相違, に説け, に非, は上述中禅寺, より名, らしくトウシ, をも含む

▼ の自由~ (28, 0.0%)

2 を有, を有す

1 [24件] さえもなき, という, なき日本, に任せる, に動かせない, に対して支払われた, はもたぬ, は我ら, は有, をとりもどす, を与えられました, を僕, を取り戻し, を失っ, を得せしめた, を得ました, を得ん, を持たない, を持たぬ, を持つ, を持て居ます, を指, を有する, を有せしめられん

▼ のいい~ (27, 0.0%)

2 でしょう

1 [25件] お客さんを, お料理, かをりに, ことだ, ことな, こどもたちが, ぢや, であり人, であり神, でしょ, においが, ね, の, はずの, わね, 土地, 子だ, 心持よ, 方で, 方でない, 景色を, 気持ねえ, 河野さんが, 綴だ, 背の

▼ のじゃと~ (27, 0.0%)

1 [27件] いい放った言葉, いう, いうて, いうに, いって, おいで, お怒り, この頼長, こんなこと, みな生れ, みれば, よくあきらめ, ッとと, 下の句を, 云いますがの, 吹き澄ましいたが, 噂が, 彼方此方で, 思う, 思って, 思わるるかも, 是々非々噂し合った, 申されます, 申して, 老人の, 見える, 言うた

▼ のつかぬ~ (27, 0.0%)

3 想いに 2 ところまで, 事に

1 [20件] ことが, ことだった, ことと, ことに, ことにな, ところであった, ものか, ように, 一大事を, 二重の, 大きい傷, 悲劇を, 想いが, 想いで, 気が, 気持だった, 油断を, 結果を, 運命に, 道連の

▼ のらしく~ (27, 0.0%)

1 [27件] あたしに, いろいろな, すぐそば, そしてあの, またおとなしく, まだ信州, も思われた, わたしは, シャブズンという, 一声かけ, 丈夫な, 丸い峯, 先月の, 右の, 壁に, 夕方に, 影灯籠の, 時々発作的, 滑粉を, 眉の, 立て付けの, 自分で, 行違いに, 跛を, 釜前から, 階下は, 顔を

▼ の悪い~ (27, 0.0%)

13 のと 2 のという, 人 1 じゃない, と思っ, のが, のというは, の云う, の問題, の言い立て, よ, 報いか, 男議論において

▼ の驚かない~ (27, 0.0%)

124 ので 2 のって, のつて 1 なんて顔色, のじゃ, のそれ, のぢ, のゾッと, の両者, の恟

▼ のかって~ (26, 0.0%)

1 [26件] あっしは, いうこと, いうん, おっしゃった, お家様も, きくと, きくの, ここへ, こっちも, ことを, それを, ぼくを, わたしたちは, イヤ違う違う, 事を, 云うこと, 君知らない, 室の, 私の, 聞いて, 聞いてるん, 聞きに, 言うん, 訊いたん, 訊かれるでしょう, 訊くと

▼ のかべを~ (26, 0.0%)

2 てらして, はいおりた, 破って

1 [20件] さぐって, しらべて, しらべました, しらべ床板, じゅうぶんしらべました, たたきまわりひとり, つきぬけたの, つたうよう, ふたつならべた, へだてて, むこうへ, グルッと, サラサラと, 下まで, 作ったあと, 指さしながら, 照らして, 照らしました, 苦も, 調べました

▼ のもを~ (26, 0.0%)

6 かしい, かしいが 4 かしかつ 3 かしな 1 かしいぢ, かしいと, かしいね, かしいよと, かしくない, かしくなかつた, かしくは

▼ の~ (25, 0.0%)

2 血筋の

1 [23件] ありが, おんなじ事, お前か, お前さんみたいな, ごめんだ, ちつと, つて, ばよで塩花, ひだ松浦川と, ほうが, まつたく珍, むしられ, ンな, 一体何処, 大嫌いで, 女だけ, 悪え, 権四郎爺さ, 死ねと, 知れきってるって, 見つかりつこないから, 誰だっ, 閉口だろう

▼ のなん~ (25, 0.0%)

21 のと 2 でもない 1 のちゅう事が, のッ

▼ のにつれて~ (25, 0.0%)

2 こんなこと

1 [23件] あるもの, その変化, その幻影, ほかの, アヤ子の, 三田は, 他の, 備うる, 其知らぬ, 富士洞窟の, 小屋中の, 庖丁も, 彼と, 揺籃の, 故郷の, 暗くなる, 父親の, 球は, 皆振子の, 益々強く, 目だたぬながら, 隅で, 鞠子といふ

▼ のやむなき~ (25, 0.0%)

7 に至った 2 に立ち到った, に立ち至った, に至りました

1 [12件] にいたった, にいたらしめた, にまで, に立ち至りました, に至っ, に至つた點, に至らされ, に至りし, に至る, に至れり, 事態に, 場合も

▼ のでありまする~ (24, 0.0%)

1 [24件] か, から, からまず, からもう, から哀れさ, がその, がそれ, が一国, が三太, が婆さん, が小宮山, が廊下, が或いは又, が故, が春葉君, が真夜中, けれどもつくづく, しかよう, そう致します, ぞ, と並ん, 勿論容体, 女は, 小宮山は

▼ のまでが~ (24, 0.0%)

1 [24件] おかしなこと, はつきり見える, べたりとくっつい, よく見えます, わかる, わかる田, 何しろ天下, 何だか変, 却て, 各地に, 問題に, 天才的だ, 怖しく不器用, 思ひ出された, 慌しい感じ, 散在し, 皮肉に, 見えた, 見えてるん, 讒謗の, 遂相槌打つ, 首だけ, 馬鹿に, 黙つて静

▼ のんで~ (24, 0.0%)

1 [24件] いわれる通り, お梅どん, ここで, しッ, そいから, そない, そんな人間, たしかにそういう, だんだん調べたら, どうにもこうにも, はあはあ苦しい, みんなまで, よう知っ, ベッドの, 一往あんたの, 今陣場さん, 何ぞ訳, 光子さんの, 口惜しいて, 夫も, 嫁に, 慌てて, 枕もとに, 難儀した

▼ のかなあ~ (23, 0.0%)

3 ぼくには

1 [20件] あいつは, あとが, あんなにご, あんまり話す, おれは, お父様, かわいそうに, この辺り, これで, そういうお前さん, そうかなあ, そしてこんなに, そんなこと, つまらないなあ, ほらほらほら, み獄窓, 各人各様に, 春さんには, 私ァ, 髪の毛が

▼ のかへ~ (23, 0.0%)

2 しを, し難き

1 [19件] さに, さの, しなからでやは, しなどを, しに, しには, し陽, つたのも, つたのを, つてあしき, つて沈痛悲壯の, つて膨脹しゐたる, つて行く, られない都合, りから, エー, ッへ, ツ, 唄を

▼ のでなかったら~ (23, 0.0%)

1 [23件] あの瞬間, あらためてそれ, この有様, これに, こんな風, せっかく独自, そうと, その作品, どうして人々, どうして詩, ばその, ほんとにそうし, 人は, 仮にまあ長い, 何とか言い給え, 何に, 値段は, 先生が, 再び昔, 夫婦道という, 満足出来へん, 自分は, 駄目だ

▼ のほど~ (23, 0.0%)

3 いつまでも

1 [20件] いいと, みせて, もす, よう燃えるほ, イデヤが, 今までよりは, 何処へ, 具体的な, 口中に, 忝く, 恐るべしとも, 恐ろしいもの, 悲しいもの, 早く出, 渦巻が, 程度は, 願います, 願い参らせ候今, 願ひ上げ, 風情が

▼ のだけを~ (22, 0.0%)

2 見て

1 [20件] ありがたく, 不思議に, 保存する, 傷に, 取り出して, 取残して, 少し書きぬい, 彼は, 待つて, 感じた, 択んだもの, 拾い出して, 拾って, 採るの, 気がかりに, 渡したという, 満足そうに, 自由に, 蔵つ, 言おう

▼ のをの~ (22, 0.0%)

6 のき 3 んで 2 命と

1 [11件] ことも, この恋, こは, こも, つそり, づから, のき君, のく, のをを, びあがりのびあがりここで待った, みこに

▼ の云う~ (22, 0.0%)

2 ことは, ような, 事は

1 [16件] ことする, ことだ, のが, までもない, 意味は, 親の, 通りお, 通りこりゃあ, 通りだ, 通りに, 通りを, 通り一すじの, 通り三年以上長年する, 通り犯人は, 通り藻西自身だ, 通り鵜を

▼ のがを~ (21, 0.0%)

3 かしい 2 かしいと, かしくて

1 [14件] かしいぢ, かしいつて, かしいの, かしかつ, かしくって, こつい, しいと, しいので, しくなる, しまれて, り, りますが, りますよ, りませんでしたか

▼ のさと~ (21, 0.0%)

2 あさ子が, 云った, 云って

1 [15件] そこは, ひさ, れいの, 云うの, 云うよう, 云ったらそれ, 云った歌ちゃん, 云ふ, 彼は, 思いこんで, 皆こんどは, 覚悟も, 言おうとして, 語るの, 説明したら

▼ のたり~ (21, 0.0%)

3 のたりと 2 ついて

1 [16件] ついたところ, ついて行くその, つきました, つくの, つく有様, ないやつ, ない人間, まわる, 出ながら, 切れ, 廻る幸内, 着いて, 行く者, 込むと, 込んだ寝床, 込んで

▼ のに対する~ (21, 0.0%)

2 彼の

1 [19件] アメリカ大使館への, スペシァルな, ベートーヴェンの, 反動だ, 名とも, 局外者の, 弁護から, 弁駁が, 御礼状であっ, 愛好心が, 態度など, 憎悪は, 礼状な, 答申書であっ, 虚栄心に, 認識の, 返事だ, 遺憾から, 驚きだけ

▼ の~ (21, 0.0%)

3 を爲 2 あるを

1 [16件] が有, で, である, とを示し, なれば, にいたるべき, にいたるべきなり, は今日我国, をなさしめぬ, をなす, を以て臨まん, を以て進歩, を得たるや, を得る, を成せり, を為せり

▼ の~ (21, 0.0%)

4 あり 3 があった, がある 2 ありしも, あるは 1 あった先生, ありしもの, あるに, かれら, は憚, をもっ, を示し

▼ の生きる~ (21, 0.0%)

10 のと 3 のという, のといふ 1 のやいのやいの, のッ, の夫婦, の手切れ, の騷ぎだつたさうですよ

▼ の~ (21, 0.0%)

2 は他

1 [19件] などすべて兵法, に出た, に出なかった, に及ばぬ, に成功, はありませぬ, はいたって, は一, も知っ, やら準備, を主張, を執りし, を決せしめ, を用いず, を立つる, を立て, を考える, を講ず, を講ずる

▼ の結果~ (21, 0.0%)

2 となった, を生ずる

1 [17件] その充血, た, ただ貧苦, でもなく, として人格, として天下, として心, となる, となるであろう, と思われます, になる, になるだろう, にほかならざる, に帰着, は人, を生み出した, を論じた

▼ の驚かねえ~ (21, 0.0%)

21

▼ のださうです~ (20, 0.0%)

3

1 [17件] から, からよく, から修行, が, がそれ, がなかなか, がや, が坂, が小さい, が少し, が日本, が昨日, が村, が相州さま, が私, だから餘計, よ自分

▼ のにたいして~ (20, 0.0%)

2 ド・カストリは

1 [18件] あいては, こちらで, この馬鹿娘, これは, ひそかに, ぼくは, ペエル・ギュントは, 三郎自身は, 伊藤は, 伸子は, 冬の, 四日目に, 大正末期に, 彼の, 時を, 職け, 肥後守へ, 金座の

▼ のに従って~ (20, 0.0%)

1 [20件] いいと, このままここ, そう云う, その光, ふるえふるえしん, 一層人通り, 下人の, 今度は, 先刻の, 切り燈台の, 坑道を, 必然的に, 打ち仰がれた富士, 検事次長の, 玄白は, 私の, 蛙が, 街道の, 金で, 錦切れの

▼ のばかりが~ (20, 0.0%)

3 眼に 2 揃って

1 [15件] いらいらする, ごちや, そろって, みえる, よいの, 乗り合わせて, 二十数冊読めた, 前そのまま, 商業でなく, 変な, 嬉しいもの, 小説でも, 羨しい, 見られる, 高僧では

▼ の~ (20, 0.0%)

2 にいた, に誰

1 [16件] ありと, で使っ, には和倉温泉, に不規則, に召使, に銃, の真中あたり, へすり寄っ, へ来た, へ行かう, へ運ん, まで来る, を思いきっ, を通, を離れる, を離れれ

▼ の言う~ (20, 0.0%)

2 ことは, ことを, ように

1 [14件] がまま, ことが, ことだ, ことに, とおり, とおりの, のには, のは, のを, ままに, 事が, 事は, 通りだまっ, 通りもう

▼ のあれ~ (19, 0.0%)

2 ども彼, ども是, ども高島一派, は

1 [11件] かもしれん, からどうして, が圓錐型, が静岡, ども瀧口, はやっぱり, は付届け, ば, ばうけ, ば下流, やなんでしたつけ

▼ のかげ~ (19, 0.0%)

2

1 [17件] から出, から源三郎, でじつに, でそっと, にあの, にあらざる, にかくれる, にからだ, にこの, にソッ, にチラ, に身, のなか, の弱, まで行く, をすかした, を払い

▼ のかとさえ~ (19, 0.0%)

2 思った

1 [17件] おそれ出したもの, 思うかも, 思うの, 思えたが, 思ったほど, 思われた, 怪しまれた, 疑った, 疑われたらしい, 疑われる, 疑われるが, 私は, 考えた, 考えて, 考えられるの, 考えること, 言う人

▼ の~ (19, 0.0%)

2 がある, と光榮

1 [15件] から雀, が多く, しのぶである, つつジロリジロリ, づたいにまるで, とも見られる, と啜泣き, と讀む, ながらつっかかっ, ながら一日, ながら焚火, はそのまま, をくりぬい, を感じた, を見つめ

▼ のごとし~ (19, 0.0%)

3 とすれ

1 [16件] いわんやわが国, いわんや魔魅障礙, ただ帝政派, と, とある, という, というのみに止まっ, という感, といえ, とせ, と云, と見え, はた余比丘の, 吾人いずくんぞ, 士嘉これきっと, 神竜の

▼ のであるなら~ (19, 0.0%)

2 ばそれ, ば吾

1 [15件] いかなる犯罪, ば, ばかよう, ばこの, ばさし, ばその, ばサンパン, ば一つ, ば即ち, ば学校, ば念仏, ば男, ば粗, ば農業利潤, 又私達

▼ のでなかった~ (19, 0.0%)

1 [19件] か, かどう, かな, から更に, が, が永い, けれども道, ことが, ことだ, ことに, ことは, と, と思いました, にと後悔, のだ, のは, べ, んです, 証拠に

▼ のと共に~ (19, 0.0%)

2 一言も, 室の

1 [15件] おくみ, さし向, そこの, なんともいえない, はや幾人, ズンと, 人の, 余りにも, 四五人いっしょに, 大拍手大喝釆, 新らしい, 次第に湧き上っ, 田舎の, 西山荘へも, 鈍い音

▼ のなんて~ (19, 0.0%)

2 えこと

1 [17件] あれは, いうもの, いつも小言, いふ差別, そんな間抜, たいてい一組, とてもたまらなく, よく云い云いし, わたしは, 事は, 何だかおかしい, 入らっしゃい, 当擦り, 糞くらえだ, 言や, 誰にも, 馬鹿らしい真平

▼ のねえ~ (19, 0.0%)

1 [19件] あれは, お母さん, ことじゃ, ことも, この人, さあお寝なさい, どうしたら, どうして友吉, どこでも, どころか大, のが, は江戸方面, ほらお話, ものが, 今ここに, 灯を, 白山白水谷の, 謙一さんが, 貴下は

▼ のはな~ (19, 0.0%)

1 [19件] あんたが, あんたに, いろ, そして今朝わし, そっちが, まいき, まはん, むけに, もうみがきたて, 二度ともどっ, 何です, 借金の, 全く恢量大度, 学問のね, 有りゃ有って, 本当は天井, 浪を, 白蓮李そして, 躯じゅう八万八千の

▼ のばかりを~ (19, 0.0%)

3 待って

1 [16件] さまよって, りますから, 一刻千秋の, 俺達へ, 好いと, 待ちこがれて, 描いて, 楽しいと, 樂しみに, 残して, 見て, 見馴れた自分, 覺え, 覺えて, 買いましたが, 身に

▼ の~ (19, 0.0%)

2 は侯

1 [17件] あらば, がお, が変る, だ, で手裏剣, ながら歯朶, なしと, にとまつた, に限度, のあまり, もっぱらなれ, をば生ぜずし, を深く, を生ずべし, を生ずれ, を起しました, 我が思はなく

▼ の~ (19, 0.0%)

2 がいよいよ

1 [17件] いよいよ深く, が一層, が普通, が胸いっぱい, は強かっ, は自ずから, も起り, よりか, より出し, をおごそか, を世人, を加え, を強める, を有し, を生ずれ, を私情的, 愈

▼ の~ (19, 0.0%)

2 に堪えなかった, に堪へなかつた

1 [15件] ありて, あるが, が二人, が真実, に乏しき, に出たる, に堪えない, に耐, はその, はやがて, は日本人, は露骨, を催す, を懐抱, 愈

▼ の~ (19, 0.0%)

2 たと, であろう

1 [15件] あり黄蓋, だとも, であり他日, でなく僕, で神, とする, とすれ, なしと, なり, をあらわす, を外面, を寓, を見る, を起さしめし, 至れり馬

▼ のかさ~ (18, 0.0%)

5 つぱり 3 つぱり見当 2 つぱりわからなかつた 1 ういふ, つさと, つぱりわからない, つぱりわからないのであります, つぱりわからないやうな, つぱりわからぬといふ文学者, つぱりわかりません, 恨みって

▼ のかねと~ (18, 0.0%)

2 聞く事, 訊ねたの

1 [14件] いふする, きくん, そんな風, 上から, 云った, 俥屋は, 僕は, 叔父が, 申すので, 聞いたら文鳥, 聞き返すと, 芥川が, 訊いたり, 訊ねました

▼ のさえも~ (18, 0.0%)

2 忘れて

1 [16件] お拒み, この頃, よして, 一々丁寧, 不安心で, 何か, 大儀そうでした, 待ち切れずに, 気が, 気づかないで, 畏れ遠慮, 皮肉な, 窮屈で, 肯かないこの, 莫迦莫迦しくなっ, 飽きが

▼ のだけでも~ (18, 0.0%)

2 もう沢山

1 [16件] お送りいたしましょう, 三つくらい, 九人だ, 二百以上です, 今度で, 何十種とかに, 四つ重い, 大變, 容易で, 救って, 有難くこよなき法悦, 氏の, 物足りません, 男の, 百枚以上ありました, 積重ねれば

▼ のによる~ (18, 0.0%)

6 のである 2 のであろう 1 ことかも, ことを, この異常, のか, ので, のであり, のでした, ものであり, ものなる, 抑制女子に関する

▼ のへの~ (18, 0.0%)

2 字に

1 [16件] ふところに, へて, へで, 人影は, 同情に, 寶帶解きぬ, 希求に, 桑の, 焔は, 若歴木われ久, 茨が, 踊りという, 返事, 返事です, 鐘の, 風に

▼ の危険~ (18, 0.0%)

2 を冒さなけれ

1 [16件] あり, がある, がな, なること, な事, にまでもたらしめた, に瀕, はことに, は更に, は諸君, ばかりで, をあらかじめ, を恐る, を慮っ, を有, を認むることに於

▼ の~ (17, 0.0%)

4 てゐる 2 てゐた

1 [11件] がたい罪, て, ている, て卷, て居られる, は, は身, をはたし, を僅か, を果たさしめられる, を見出す

▼ のかとか~ (17, 0.0%)

1 [17件] お前たちの, その他これに, どうしていつ, なぜ奥さん, まるでお寺, 今の, 何とかゴテゴテ, 何とか二三言葉, 何事もね, 兄さんの, 姉妹で, 家庭の, 小母さんは, 彼女に, 淋しくは, 親の, 調子は

▼ のかべの~ (17, 0.0%)

2 前に

1 [15件] ところまで, ほうに, まえに, まるいあな, 一つが, 一方に, 上と下と, 上の, 中で, 中へ, 人間が, 大きな鏡, 方へ, 自分の, 長さ

▼ のそれ~ (17, 0.0%)

1 [17件] から, が不思議, が十カペイキ, こそ汚, じゃわたし, であります, とも可愛がらない, に何故, に対する報償, はあすこ, はあなた, は卑怯, は考え, や, やいい, をあんた, を聞かし

▼ のだったろう~ (17, 0.0%)

91 かと疑っ, がおれ, がやがて, が同時に, が自分, けれど, と思う, と考え

▼ のついた~ (17, 0.0%)

1 [17件] しごく具合, ぞうりの, ランプが, 伝六も, 小さなへや, 山松の, 山松ばかり, 枝を, 椅子を, 槍まつ青に, 紐を, 羅紗の, 腕を, 若鶏, 被布を, 鈴を, 髪を

▼ のでござん~ (17, 0.0%)

4 す, すが 2 すから 1 すえ, すか, すかえ, すかね, すからね, すから一刻, すべえ

▼ のとか~ (17, 0.0%)

1 [17件] う見, これまで, さっきも, なり類した, はらなかつた, はりが, はりは, へて, 不姙, 理智一方の, 目も, 立派な, 絵の, 言つて騒ぐ, 言つて騷ぐのだつたらもう, 足が, 車の

▼ のやろ~ (17, 0.0%)

32 不思議や

1 [12件] か, かといっ, かと思いまし, がどう, けど, さかいちっとも, と図星, と心配, と思います, と言う, ほんに無理, 人を

▼ の~ (17, 0.0%)

2 に忘れ

1 [15件] から其, に, にこわれ, にそこ, に冷めき, に到達, に大川, に役所, に悪魔, に気づい, に知, に解つて, に過ぎ去つ, やつて, 死んで

▼ の~ (17, 0.0%)

2 約が

1 [15件] がいま, が相手, が知らない, ちっとも知らなかった, とても面白い, の知, の読書力, はそれ, はどんなに, はマア, は好い, は真個, を苛め, 何だかいや, 面白いと

▼ のかどに~ (16, 0.0%)

2 すぐだちて

1 [14件] なった所, ひとりの, へんてこな, 咲いて, 帰って, 張って, 消えて, 白い顔, 石が, 磯五が, 身を, 陽溜りの, 青色の, 音を

▼ の~ (16, 0.0%)

151 えお前

▼ のでありませう~ (16, 0.0%)

61 から成, か何とも, が, がこれ, がさ, が十八歳, が後, が感情, と思ひます, ステツキに

▼ のによって~ (16, 0.0%)

2 生じたもの

1 [14件] その考, だった, はっきりと, ようやく物思い, 察せられる, 思い寄る, 思うので, 由良は, 知られる, 知られるが, 知れる, 考えると, 見れば, 連想の

▼ のかねえ~ (15, 0.0%)

1 [15件] あれも, あんなの食つて行, いつでも, うれしいよ, えらく顫, おじさんだって, この, それとも十年前, そんな了見ぢ, 印度の, 君を, 手や, 私が, 親分, 誰が

▼ のしない~ (15, 0.0%)

3 樣子です 2 のと 1 ねつとりした, ので, ので長屋中, のという, ほうだ, やうな, 上等の, 女の子を, 態度で, 顏で

▼ のだろ~ (15, 0.0%)

1 [15件] うけれ共, か, かつて予, このところ, この意地悪め, これらで, しあたい, て皆, といった, と言う, また柳田氏, ハヽヽヽヽ, レオ, 支那でも, 望外な

▼ のでなくっ~ (15, 0.0%)

1 [15件] ちゃいけない, てお, てごく, てその, てはと云う, ても善かろ, てやッ, てインド, てダージリン近所, てポン教, て味, て模様, て物, て皆人, て自分

▼ のどう~ (15, 0.0%)

2 のと

1 [13件] いふわけ, お思い, かしら, かと思, するの, するんだい, だの, だろう, であるの, なの, のって, のということ, のというさわぎ

▼ のはなはだしき~ (15, 0.0%)

2 なり

1 [13件] にあらずや, にしたがっ, に至る, は我利一偏, もの, もので, ものである, ものであれ, ものと, ものなり, ものには, や, をもってあるいは

▼ のはよ~ (15, 0.0%)

10 かつた 3 つぽ 1 ういじゃ, かつたらう

▼ の~ (15, 0.0%)

2 何故である

1 [13件] かぎ小田原で, これと, して, づかに, づかばかりの, なかった, むしろ神意, やはりこの, 勿論産卵, 当然しかも, 恐らく漁撈者, 資本主義はなやかなりし, 鮭に

▼ の余儀なき~ (15, 0.0%)

4 に至った 2 にいたった, に至らしめた 1 にいたるだろう, に至らされるなら, に至り, に至りたる, を信じ, 状態に, 立場に

▼ の~ (15, 0.0%)

2 ある如き即ち

1 [13件] あり, ありき, ありしに, ありて, あり誠に, あれども, があります, が起り, なれば, はまた, を奨励, を成し, を生じ

▼ のかべは~ (14, 0.0%)

1 [14件] お堀のど, かたいコンクリート, もとの, コンクリートで, コンクリートな, サンゴで, 三方とも, 全部ガラス張りの, 天井の, 天井まで, 朝日の, 見えないはず, 赤レンガの, 黒い幕

▼ のとともに~ (14, 0.0%)

1 [14件] この世を, はっきりとうしろ前, ほろびて, またも別離, また先, やはり日本, カソリックの, 両大関, 御男子出産, 白い布, 相手が, 短く切り捨て, 謹慎日である, 酒楽の

▼ のはの~ (14, 0.0%)

1 [14件] お前の, きたない女, こぼれに, たてる門辺, よく通った, んこう, オ爺さまや, 同義語として, 字も, 強情を, 月, 矢質とられ, 聞かっしゃれお, 霞の

▼ のはも~ (14, 0.0%)

1 [14件] うい, うずゐ, きえて, くせい, しさうでないと, ずが, つけの, なきむさしの, なくて, ツと, ツとも, 一つ茸で, 少し土地, 少し小ぶり

▼ の勢い~ (14, 0.0%)

6 あり 1 ありと, あるが, あるに際し, なるは, にし, を以てこの, を示し, 盛なる

▼ の~ (14, 0.0%)

3 なきに 2 ひあり 1 あり, あるが, あるもの, あれども, だから, なこッ, になったろう, ひ, んたよ

▼ のおく~ (13, 0.0%)

4 の手が 1 のおく, のとて, の手だ, の手を, の木ぶかい, へと, へとこれ, へにげました, 山猿と

▼ のかなあと~ (13, 0.0%)

3 思う 1 あれつきり話, そんなこと, 彼は, 思いながら, 思った, 思ったなどと, 思って, 思つた, 思ひぼく, 言った

▼ のであり従っ~ (13, 0.0%)

4 て又 1 てここ, てこれら, てこれら一切, てこれ以下, てそれ, てつまり, て彼, て私, て遊べる

▼ のでございましたら~ (13, 0.0%)

1 [13件] お願いでございます, がらっとし, この方, これは, すぐに, その辺, それこそ, ひそかに, また別, もっと自分, 死後の, 私が, 高は

▼ のでなかったなら~ (13, 0.0%)

2 ばこんな

1 [11件] ば, ばああ, ばおそらく, ばそれ, ばたとい, ば大きな, ば彼ら自身, ば私, ば結局無意味, ば西田哲学, 私は

▼ の~ (13, 0.0%)

2 だけど, だな, よ 1 か, だわ, でない, なこったわ, になった, になる, ね

▼ の困難~ (13, 0.0%)

2 なるは

1 [11件] からかまたは, がある, とを物語っ, によって一クヲタア, に逢着, はいう, は時に極めて, は迷宮, もなく, を留意, を覚えなけれ

▼ の~ (13, 0.0%)

4 を有す 2 あり 1 あらば, あり国教宗, あるのみ, は教正, を得せし, を有する, を獲得

▼ の~ (13, 0.0%)

2 は亦

1 [11件] に象, は公, また大いに, をなす, をば逐一, を写す, を為し, を為せる, を爲, を見る, 描き得て

▼ の~ (13, 0.0%)

4 をなす 3 に立った 1 あり, なし我汝, に供, に供せ, に比較, を為し

▼ のあった~ (12, 0.0%)

2 ことは, ことを 1 ちょうどその, のが, 一景は, 事でしょう, 女を, 彼では, 浪島とは, 百万遍を

▼ のかすら~ (12, 0.0%)

2 一向に見分け 1 わからなくな, 分からないの, 分らない内, 判断する, 判断出来ない, 思いだせないよう, 戦の, 知らない文公, 自分で, 見当の

▼ のがと~ (12, 0.0%)

1 [12件] くいなのです, つても, なにかに, まずシルクハット, まつて, 云って, 思うよう, 思えば, 或る, 私は, 膝を, 見る間

▼ のがは~ (12, 0.0%)

1 [12件] いつて, うめえつて, やつた, やつたら, ッきりわたくしに, ッきり見えた, ッと, 一円二十二銭しるだ, 一目見りや分りあん, 下市ゆく, 乃ち東向きの, 水陰草の

▼ のだず~ (12, 0.0%)

12 おん

▼ のっていう~ (12, 0.0%)

2 のは 1 のが, むずかしやも, ものが, 人も, 奴は, 娘の, 忍者のや, 料理が, 料理屋は, 段じゃ

▼ のであろ~ (12, 0.0%)

3 私が 21 ぉ, ぉか, ぉで, とある人, に, 台所の, 姿は

▼ のどく~ (12, 0.0%)

2 なりこれ雪国, びを 1 でならない, なほどのご, なよう, な人, になる, びなのだ, びをしめられたままあがきを, ニて

▼ のなき~ (12, 0.0%)

2 人ニて 1 ことは, ごゑのなかに, ごゑのなかにしづみ, に非, 一丁羅渠奴小西屋の, 乎, 御子の, 樣に, 者なら, 者なる

▼ のにて~ (12, 0.0%)

1 [12件] 一日部屋の, 人にも, 候何し, 先づ申さば霍亂なりとて, 出発, 去る, 天命を, 姉樣の, 惣領の, 才と, 深山に, 行燈を

▼ のにでも~ (12, 0.0%)

1 [12件] その事柄, その黄いろい, そんなこと, なかなかお金, なったの, ならなければ, ふた種の, 云いつけられたら, 伐り倒さずに, 使ふ, 気を, 炭や

▼ のに対しては~ (12, 0.0%)

1 [12件] その亭主たる者, たやすくは, むしろむくむくと, 喜ばないの, 弟子として, 彼は, 批評を, 特別に, 真っ向から, 絶対に, 芸術は, 非常な

▼ の便~ (12, 0.0%)

3 を得せしめ 2 がある, を得 1 に供せり, を与, を与え, を主, を得たる

▼ の~ (12, 0.0%)

2 にし 1 などではない, に由つて惡趣, の中, の打ちひらけ, はきわめて, はそ, は教師, をにやし, を棄て, 何ぞ必らずし

▼ の殺す~ (12, 0.0%)

5 のと 2 のという 1 ぞの, の, のあなた水の, のそれは, のそんな

▼ の難き~ (12, 0.0%)

2 のみならず 1 に肖, は人皆これ, は仏人, は常に, よりも難き, よりも難く, を嘆, を渠, を知らざる, を肝

▼ の青き~ (12, 0.0%)

2 ほの 1 かな, ソロの, 善吉ら, 幻燈の, 春の, 瓦斯の, 金色と, 銀色の, 雪の, 霧の

▼ のいふ~ (11, 0.0%)

2 ものが, 言葉が 1 おも, ことが, ものの, ものは, やう, やうな, 品々が

▼ のかしらん~ (11, 0.0%)

1 [11件] お祭礼用, そう考えた, その筋道, 人知れず鬼, 何と, 光子さんと, 彼女には, 時々同じ, 私は, 若しもっ, 英国は

▼ のかに~ (11, 0.0%)

2 就いて 1 こ, なると, やっとほくそえん, やりにやりと, 就いては, 疑問を, 至るまで, 迷って, 迷つた

▼ のがも~ (11, 0.0%)

3 くて 1 うると, こもこの, そつと, ッとも, 一匹やって来る, 一枚ある, 少し早かっ, 行つた

▼ のでござんす~ (11, 0.0%)

3 あの小さな子心 2 お人, とて寄る 1 おいでに, かい, けれども, とて寄る辺

▼ のでないなら~ (11, 0.0%)

2 ば恐らく 1 という意味, ばそれ, ばもはや, ば咎める, ば決して, ば負債, ば食物, 吾, 己は

▼ のによっても~ (11, 0.0%)

2 察せられよう 1 その同一性質, 傍証せられる, 察せられる, 明かである, 明白だ, 理解する, 知ること, 立証せられる, 解せられる

▼ の~ (11, 0.0%)

2 犬ッて, 見て 1 つかり, とっけら, なんか怪しから, みんなで, やめて, ア教へて, 待つて

▼ のほどを~ (11, 0.0%)

1 [11件] あなた様よりも, あらためてお願い, おねがいいたします, お願, こうお願い, へい, 店賃の, 知らしめ給, 見せて, 見て, 願わしゅう存じ

▼ のもと~ (11, 0.0%)

3 思って 1 いくぶん気兼, そんな心掛け, よに似, アルベール自身が, 思い康子, 思ったから, 思つたから, 恥かしくも

▼ のよと~ (11, 0.0%)

2 言つた 1 まるで娼婦, 云いにぎり緊め, 云った, 喋ったでしょうから, 嘘を, 思う宵, 笑い合う経験, 言ふと, 軽く一蹴

▼ のをもって~ (11, 0.0%)

2 款待の 1 勉強と, 大風呂横町, 教育の, 来ました, 松田の, 池袋へ, 満足する, 源水横町その, 碇泊中の

▼ の事実~ (11, 0.0%)

1 [11件] がある, はとうてい, は古今世, は断じて, を伝聞, を想像, を発見, を見よ, を見るべし, を証する, を認め

▼ の余りに~ (11, 0.0%)

1 [11件] そんな事, なしたこと, 一時一処の, 両手に, 人の, 勤める朝夕, 彼が, 彼は, 法王に対しては, 清教徒の, 道鏡の

▼ の~ (11, 0.0%)

2 へつづい 1 へあんな, へたどっ, へつれこまれました, へとすすん, へはいっ, へ入っ, へ歩い, へ行っ, へ逃げ出しました

▼ の~ (11, 0.0%)

1 [11件] じゃ, として何, なりと, にあらざる, は己, を求めざるべからず, を知らざる, を知らず, を立つる, を設けざるべから, を講ずる

▼ の準備~ (11, 0.0%)

2 ありと, に着手 1 として相当, もなく, も無く, を今日, を彼, を為しつ, を爲

▼ の甚だしき~ (11, 0.0%)

3 なり 2 ものと 1 かは自ずから, だと, に拘わらず, に至らぬ, を見る, 爲め全然

▼ の白き~ (11, 0.0%)

1 [11件] かな, 乙女の, 光りの, 影と, 日蓮上人辻説法跡の, 湖の, 石階を, 野を, 鉄の, 露台の, 顔に

▼ の~ (11, 0.0%)

7 がある 1 があった, を呈し, を呈したる, を呈す

▼ のかかった~ (10, 0.0%)

1 こやなどが, ようでありました, パッサージの, ランプが, 上框へ, 地方に, 男数人, 白木の, 鏡台の, 鏡台やが

▼ のからの~ (10, 0.0%)

2 なかに 1 その体, そば, やうに, タクシーが, 上に, 中には, 竹皮や, 苞苴が

▼ のこの~ (10, 0.0%)

1 お母さんを, はにない, ひと, 木の, 線路道から, 若ものが, 軍用鉄道の, 頃は, 風が, 黄色いの

▼ のさん~ (10, 0.0%)

1 が松さん, ただ大変, だよ, に彼, のよう, の家事, の心, は舅, を可愛がっ, 誠に御無沙汰

▼ のじや~ (10, 0.0%)

1 が, がと何, がどうか, が入, ぞ, ぞ容す, て, な, なけれど, ね

▼ のそんな~ (10, 0.0%)

1 ことまで, こともう, ことを, こと無理だ, こと言うなら, もの二つも, 人なんか, 労作は, 野暮な, 馬鹿な

▼ のたりと~ (10, 0.0%)

2 橋を 1 天上まで, 座敷に, 流れサロニカ風, 生気の, 登って, 緩い脚, 蚯蚓が, 首を

▼ のでございまする~ (10, 0.0%)

31 がいや, が其, が小説中, が御, その方, それ故, 公儀様の

▼ のでし~ (10, 0.0%)

21 ぜん手軽に, てね, て止む, やう, やうそれなれ, やうと, やうほんとに, やう大きな

▼ ので御座いましょう~ (10, 0.0%)

71 かとその, が川船, な

▼ のにつれ~ (10, 0.0%)

2 だんだん急, もう全然僕 1 あのゴオガン, いつかすつかり消え, シエクスピイアの, ワイシャツの, 次第に失はれ, 沾めつた靴や

▼ のにゃ~ (10, 0.0%)

1 お源坊, ほろりと, もうあきあきしちゃった, 気が付かないで, 良いでしょう, 赫と, 随分手こずらされた, 顔まけだ, 驚ろきました, 骨が

▼ のはに~ (10, 0.0%)

1 いとま, いるを, らいと, 入むとぞおもふ, 月いで, 栗は, 組だった, 花も, 見し月, 近し

▼ のよし~ (10, 0.0%)

2 て, てちょうだい 1 ておくれ, てち, てよ, とこうっ, とする, な

▼ のらし~ (10, 0.0%)

10 かつた

▼ の一点~ (10, 0.0%)

1 にし, に在る, に存, に存する, に帰せざるべからざる, に帰着, に心, に至っ, よりし, をめぐって崩れ

▼ の何の~ (10, 0.0%)

1 といっ, とは怖, と乱暴, と云, と云う, と云った, と大きな, と我儘, と血, と言っ

▼ の嫌い~ (10, 0.0%)

3 はある 1 あり殊に, がある如く見える, それとも好き, だってさ, なん, も無かっ, よ

▼ の引く~ (10, 0.0%)

6 のと 3 のという 1 のといふ

▼ の~ (10, 0.0%)

1 があろう, がない, に到達, をとらえた, を待たん, を得た, を得たる, を得る, を求める, を逸

▼ の用意~ (10, 0.0%)

2 を整え 1 ある旨, が, が出来ました, と見えます, をなす, を怠っ, を欠ける, を缺

▼ の要は~ (10, 0.0%)

2 ない 1 ありません, あるまい, この心事, その身, ないであろう, なかった, なくエスプランディアン, なくポリダマス

▼ の~ (10, 0.0%)

1 あれど, か言, とせ, となっ, となれり, とも知られぬあり, と解する, に曰く, は彼, もまた

▼ の~ (10, 0.0%)

2 に供する, を以て純然 1 となす, に供, に供し, に当てられ, を以てし, を得し

▼ のあり~ (9, 0.0%)

1 かを聞いた, さま, さまなり, さまなる, てはその, とは覚えず, と複合, と言, 二十分やる

▼ のかいと~ (9, 0.0%)

1 お蔦が, ききました, たずねました, 呼んで, 大きな声, 言って, 言つて男は, 訊ねた, 訊ねると

▼ のかとばかり~ (9, 0.0%)

2 思つてゐた 1 思って, 思つてゐたら, 思はれた深井, 思われまして, 滝本は, 目を, 私は

▼ のかべには~ (9, 0.0%)

2 いろいろな 1 いちめんに, なんの, 上の, 大きな大西洋, 生きて, 肖像画が, 花で

▼ のがね~ (9, 0.0%)

1 ある晩, うちの, やはりアンナ, 先刻お前さんは, 唾を, 松明が, 若衆歌舞伎の, 貴方, 起きて

▼ のがよ~ (9, 0.0%)

5 かつた 1 うく見える, かりさうな, どう言うだ, 一掬いにず

▼ のくらい~ (9, 0.0%)

1 いやな, とこを, ならそれ以上, 往來には, 往来には, 性能優れた, 穴の, 色電気の, 長くもつ

▼ のこれ~ (9, 0.0%)

1 あ, じゃなかった, には嫂, に噛まれる, は, は冀願, は農業, までは仕方, もあなた

▼ のた打ち廻る~ (9, 0.0%)

2 人間と 1 が好い, のだ, ほど苦しかっ, ような, 気力も, 若い娘, 薪十郎

▼ のださうである~ (9, 0.0%)

2 から余程 1 からわたし, が, があまり, がその, が私, 十二月に, 稜線の

▼ のだだ~ (9, 0.0%)

3 白い明るみ 1 が悲しい, をこねる, ッ広い, 廣い, 白い光, 白さ

▼ のでありません~ (9, 0.0%)

2 か, よ 1 からいわゆる, から知ろう, が彼奴, 両方から, 家庭料理へ

▼ ので無い~ (9, 0.0%)

2 とすれ 1 か知ら, とも見られよう, と甚, と答える, と聞い, のが, 出処は

▼ のとして~ (9, 0.0%)

1 ある, いかなる宗教, ゐた信仰, 人間を, 区別する, 番頭以下足軽組まで, 疎外せられた, 知られたり, 面白く拝見

▼ のなぞ~ (9, 0.0%)

2 見えますけれども 1 ひどく自然, ゆき子には, 中, 嫌だ, 嫌です, 数え立てれば, 見るの

▼ のならひ~ (9, 0.0%)

1 か, かかる事, この身, ながら親, にて, 人す, 實の, 早々打立候, 是非も

▼ のなんかは~ (9, 0.0%)

1 どこと, もう忘れられ, ものずき, ものの, 全く駄目, 山の手に, 知るだけの, 私の, 馬鹿だ

▼ のなんかも~ (9, 0.0%)

1 いく分か, おッ, さうい, とてもしゃく, ひどいじゃ, まあ普通, みんなから, 實際泥繩式だ, 近頃考へ

▼ のに対しても~ (9, 0.0%)

1 はっきりした, みなが, 全く比較, 反対した, 山谷浜町しかるべき, 本家からは, 相済まぬ, 簡単に, 親しみをも

▼ の~ (9, 0.0%)

2 はりに 1 があります, に, にま, に寝, はりを, へおん入り, へへだい

▼ のをすら~ (9, 0.0%)

1 おぼえるの, ききはばからせない, 一ぴきも, 帝は, 忘れて, 發見し, 穢と, 見ること, 障げ

▼ の三道楽~ (9, 0.0%)

3 に身 1 だ, であった時分, で日本, で私, と同列, の外

▼ の光栄~ (9, 0.0%)

4 に浴 1 には未だ, に接し, に浴する, を有, を有する

▼ の知っ~ (9, 0.0%)

6 ている 2 ていた 1 ているだろう

▼ の~ (9, 0.0%)

3 ている 1 ても仕方, てわざと, てわたし, て黙っ, に反対, に来た

▼ の部屋~ (9, 0.0%)

1 から茶の間, から調理場, にいる, には何, にひみつ, のドア, の鏡, へいこう, を出

▼ のあなた~ (8, 0.0%)

1 がもう, が小倉さん, って怖い, でしょ, に聴い, の画, は, はめったに

▼ のあの~ (8, 0.0%)

1 あやに, ね此の間田舎, ま, わら人形が, 書にも, 氷を, 生腥, 草の

▼ のあまりに~ (8, 0.0%)

1 これは, その悪事, はただ, 先生の, 兼ねて, 出でたもの, 博士が, 氣を

▼ のいった~ (8, 0.0%)

3 ことを 1 けれどこれから, とおりに, のが, 手段を, 通りお

▼ のかか~ (8, 0.0%)

1 あときたら, あと二人の, はりを, アか, アは, アを, ッた, ッて

▼ のかしらとも~ (8, 0.0%)

2 思ふ 1 思ったの, 思わないでも, 考えます, 考える, 考えるの, 考へる

▼ のかといった~ (8, 0.0%)

3 ような 2 風に 1 のは, 問題口笛を, 顔付で

▼ のかとは~ (8, 0.0%)

2 情無い 1 いいませんでした, いって, 云ったが, 何事だ, 想像も, 無礼な

▼ のかどが~ (8, 0.0%)

1 あって, あると, あるという, あるに, あるので, ある者, あればこそ, いくらも

▼ のかべが~ (8, 0.0%)

2 あった, できて 1 どんなになったであろう, ふるえた, 三方だけ, 見えるって

▼ のかわを~ (8, 0.0%)

2 きて 1 きたにん, はいで, はいでわるい, はがされたので, はがれまる, もって

▼ のこう~ (8, 0.0%)

4 するの 3 だの 1 ですかと

▼ のであるらしい~ (8, 0.0%)

1 がもはや, が夫, けれども全然, ことが, ことは, ことも, ことを, のである

▼ ので御座いました~ (8, 0.0%)

3 がその 1 かもう, が, があと, がそれでも, が考えれ

▼ のなぞは~ (8, 0.0%)

1 その典拠, 地下の, 平安朝の, 当人に, 火の, 無數なか, 無頓着に, 隨分困つた

▼ のにという~ (8, 0.0%)

1 ような, 勝手な, 場合には, 意も, 紋切り形の, 苦しみであります, 訴えを, 顔つきを

▼ のはう~ (8, 0.0%)

1 からあらつたら, がず, そっぱちだよ, で, は, はべばかしさとあ, へにげ, むにふがそはつたものとおもはれる

▼ のはか~ (8, 0.0%)

1 あちゃんと, はいさうだと, はいさうです, はいさうですから, はいさうの, やうな, りゅうどの, ッと

▼ のはは~ (8, 0.0%)

1 うちはかへで, ただ魚, だかの, ひつた, びとたづねゆかれた, びとたづね行かれた, ぼ西紀一四五年頃, 多分あてぶといふ語の

▼ のよく~ (8, 0.0%)

1 とれる島, 兄さんに, 分る, 分るな, 動く男, 合は, 眠るじゃ, 肥つた眼の

▼ のをさえ~ (8, 0.0%)

2 感じた 1 ぎつて話しつ, 人々は, 抑えて, 極力いさめ, 避けるよう, 雅な

▼ の~ (8, 0.0%)

1 に乏しく, はあった, はなはだ弱し, はもはや, は固, を備えしめず, を持ってる, を有する

▼ の~ (8, 0.0%)

1 にあらざれ, において強い, は父母たる者, を思う, を追う, を追わせた, 再びしずか, 猶卿等

▼ の~ (8, 0.0%)

1 なから, なかるべし, なし, なしと, なし唯, はない, もなき, をみ

▼ の最も~ (8, 0.0%)

2 大なる 1 なる道, 卑しむべ, 卑むべ, 有効なる, 適当なる, 適當なる

▼ の深い~ (8, 0.0%)

2 年よりは 1 プリンスだつた, 人な, 孫達である, 溜息が, 自他を, 言葉を

▼ の生活~ (8, 0.0%)

1 じゃない, だよ, であるか, となる, なりき, のこと, は社會, を一生涯

▼ の白い~ (8, 0.0%)

31 のた, の黄ろい, テーブル, マフラを, 服の

▼ の~ (8, 0.0%)

2 にし 1 つくりな女, によってまさに, に問う, は時効, をきっと, を六族

▼ の行動~ (8, 0.0%)

2 あらば, あるは, あるを, を抑制

▼ の赤き~ (8, 0.0%)

1 かな, くるしみうめきご, までの白色, を捕, 冬空, 尖塔よ, 瞼の, 薔薇

▼ の~ (8, 0.0%)

2 爺の 1 曾布だ, 父さんは, 爺に, 難と, 難を, 魔を

▼ のあら~ (7, 0.0%)

2 ば即ち 1 ば, ばこそ, ば恒藤, ば我立所, まあ

▼ のおっ~ (7, 0.0%)

3 かあ 2 かあなんか 1 かあの, 母さんにも

▼ のこもった~ (7, 0.0%)

2 調子で 1 ことを, ひたむきの, 口ぶりで, 旗じる, 眼つきで

▼ のじゃから~ (7, 0.0%)

1 だ, ツイウッカリし, 不祥せい, 其の方, 早く来い, 皆ぬい, 間違いは

▼ のその~ (7, 0.0%)

1 お娘, ときあたしは, ま, 上にの, 上には, 夕闇を, 夜は

▼ のた打つ~ (7, 0.0%)

1 のを, ほど苦, 大蛇の, 影とを, 浪の, 状し, 音

▼ のだつたらう~ (7, 0.0%)

32 と思ふ 1 しといつ, 別段相談

▼ のであるされ~ (7, 0.0%)

1 ばこれ, ばもし, ば今彼等, ば伊賀, ば化粧, ば旅, ば自然

▼ のでござろう~ (7, 0.0%)

2 が, な 1 か, がの, よ

▼ のでござんせう~ (7, 0.0%)

3 何も, 貴君の 1

▼ のでた~ (7, 0.0%)

1 いくつだ, うとう少し, うとう気絶, うとう清盛, かをく, がいに, 少年たちだけが

▼ のでなかつた~ (7, 0.0%)

21 ことのみは, ことを, といふこと, のにと気が付いた, 為か

▼ ので御座いませう~ (7, 0.0%)

1 あの方, かとその, からそれ, が決して, それを, ね, 那裡にも

▼ のなんぞは~ (7, 0.0%)

2 見たこと 1 そう下手, なんの, 大層好い, 特別ま, 高櫓

▼ のはから~ (7, 0.0%)

2 ひが 1 だです, のと, ひとすべき, ひや, ふご

▼ のはずつと~ (7, 0.0%)

2 後の 1 おくれて, 前の, 後だ, 後年の, 此方へ

▼ のばかりは~ (7, 0.0%)

2 痛め吟味 1 いないと, ない, ねえん, 恐れるね, 瞞着する

▼ のやれ~ (7, 0.0%)

1 どそれでも, どほんとに, ど山王, 人使いが, 住宅に, 冷いの, 小作本位の

▼ のよき~ (7, 0.0%)

2 日に 1 が参可申, 人を, 朝光と, 草の, 質料である

▼ の今日~ (7, 0.0%)

4 に於 1 こそはお前, において宇内, はじめてね

▼ の努力~ (7, 0.0%)

1 さえ払われるなら, であるかも, となっ, によつて, によつて新た, に向, より視界

▼ の~ (7, 0.0%)

1 しかも新, となるべし, にあらずや, に明日, へおく, をつくっ, をなさざるべからず

▼ の場合~ (7, 0.0%)

2 に在り 1 においては生産機関, において神経, にも至るべき, に至るべきなり, に至るべし

▼ の~ (7, 0.0%)

2 に非ずし 1 はみな, は必ず, は日夜此事, 極めて乏しき, 鑑みざるべからず

▼ の~ (7, 0.0%)

1 が加はつ, が加わった, さえ立てる, によって現前, は尽く, を聞く, 近づきぬ

▼ の大きい~ (7, 0.0%)

1 ことに, のと, ばかりでなく, 妻と, 眼を, 顔の, 騎士の

▼ の大変~ (7, 0.0%)

1 だあの, でしょ, でしょう, に, にうれしゅう, よ, 悪かつ

▼ の~ (7, 0.0%)

1 がある, なる, なるには, に至る, はあらず, はこの, を言顕

▼ の小さい~ (7, 0.0%)

1 のが, のを, んだの, 小林君には, 眼を, 秀吉床几から, 金物が

▼ の工夫~ (7, 0.0%)

2 もなかるべからず 1 に乏しき, に至, も爲, を缺, を運ら

▼ の幸福~ (7, 0.0%)

1 なる人, な恋愛, にまされる, に入るであろう, を得た, を得べし, を深く

▼ の時期~ (7, 0.0%)

2 あるを, なければ 1 が早晩到来, が来る, はまだ

▼ の~ (7, 0.0%)

1 く僅か, その美的価値, ならずや, なるもの, 子を, 所謂淫祠邪神に, 教科書以外教科書以上に

▼ の機会~ (7, 0.0%)

2 を多く 1 が多く, に接する, を得ました, を有し, を有しなかった

▼ の殴る~ (7, 0.0%)

3 のと, のッ 1 の取っ

▼ の深き~ (7, 0.0%)

1 に應, はつまり, は繰り返し, や豈, 決して渠, 米舂く, 記憶を

▼ の知らない~ (7, 0.0%)

31 でせう, の, わ, 變つた花を

▼ の約束~ (7, 0.0%)

3 にし 1 が果されよう, なるが, を与えられました, を結び

▼ の~ (7, 0.0%)

1 しかも亦極めて, ではありません, なりやと, なるやをこれ, は, は彼, ばかりだった

▼ の計画~ (7, 0.0%)

2 にし 1 が出来上りました, と怖, のごとき, は主として, を立て

▼ の~ (7, 0.0%)

1 なかりしなりプラトー, なしここ, なりと信じ, にあらず, にし, を切る, を白せり

▼ の電燈~ (7, 0.0%)

2 は雪 1 が見え始めた, が輝き出した, のたくさん, の光, を裡

▼ の面白い~ (7, 0.0%)

1 かもしれません, がの, ことです, ことね, しそう, でしょう, と思います

▼ のあたし~ (6, 0.0%)

1 なんかぐっと, もう聞く, もたびたび, をそんな, 大反対, 見たこと

▼ のいと~ (6, 0.0%)

2 まなし 1 まが, まなき, まを, やすかるを

▼ のかさえも~ (6, 0.0%)

1 はっきりしなかった, わからないの, わからないらしかった, 彼は, 知りません, 私には

▼ のかどから~ (6, 0.0%)

1 そっとむこう, ノヴァミルスキーが, 二十人余りの, 四番原を, 四番原三番原, 目ばかり

▼ のかどまで~ (6, 0.0%)

1 きたとき, 呼んで, 引っ返して, 来た, 来ると, 行って

▼ のかなとも~ (6, 0.0%)

1 おもいました, 思いそこで, 思いながら, 思はれ蒲團, 考えた, 考えたので

▼ のかなど~ (6, 0.0%)

1 お尋ねに, 中年以上の, 冷かされては, 思う事, 申して, 言って

▼ のかなどという~ (6, 0.0%)

2 ことは 1 ことを, 予て彼, 想像を, 疑問を

▼ のかよ~ (6, 0.0%)

1 そこに, はい希, ひ路, よう姉さん, ウ, 伝六

▼ のさよな~ (6, 0.0%)

2 きどりに, きどりは 1 きどりが, きどりの

▼ のだす~ (6, 0.0%)

1 か, がなあその, が今, が華族さん, な, なあ外

▼ のだつ~ (6, 0.0%)

2 しやろ 1 たかね, たらい, たりし, てまだ

▼ のであっただろう~ (6, 0.0%)

31 がさすが, が死, と思う

▼ のであるし~ (6, 0.0%)

2 て見る 1 かしこ, て見れ, 共産的の, 利害は

▼ のですです~ (6, 0.0%)

1 から, から世間, から今度, から昨夜, から熊本, が何故

▼ のとて~ (6, 0.0%)

1 なかり, みずむ, 何処の, 全体何の, 若き妻, 譯も

▼ のとでも~ (6, 0.0%)

1 あつた, まただいぶ, 判ったの, 同じで, 問いたげな表情, 若干の

▼ のどの~ (6, 0.0%)

2 部分も 1 かわきを, ように, 乾きと, 奥から

▼ のなく~ (6, 0.0%)

2 ような, 市民が 1 ねがきこえました, 手を

▼ のなり~ (6, 0.0%)

2 とてはたと 1 さあ賜, といひし, といへ, 否花見の

▼ のなんぞ~ (6, 0.0%)

1 ございません, ちっとも気, 何のその酒の, 發見けても, 直したらお, 誰も

▼ のにより~ (6, 0.0%)

2 多くの 1 小さい行為, 少い労働で, 適当である, 遺憾なく

▼ のはが~ (6, 0.0%)

1 いこつの, いさ, しげって, つかりしたので, つしり, みを

▼ のへは~ (6, 0.0%)

1 これから何里, ごくまれ, ぢめた, 好意を, 探りても, 書きたくも

▼ のへも~ (6, 0.0%)

2 のくひて 1 お見舞, かしらも, つい暇, 鉛筆で

▼ のもよ~ (6, 0.0%)

2 かつた, ほしに 1 ござんすね, ほしごと

▼ のやったら~ (6, 0.0%)

1 あんなもの, こら学校, ちょっと簡単, どこかで, 拷問したら, 綿貫捨て

▼ のやまい~ (6, 0.0%)

1 か, があらたまる, がこのごろ, のわざと, をここ, を嫌っ

▼ のやめ~ (6, 0.0%)

1 て, てお前, てしまいなさい, てもいい, て御, な

▼ のやらない~ (6, 0.0%)

4 のやら 1 のという, のやらさえ

▼ のやを~ (6, 0.0%)

2 一々丁寧 1 ふしぎな, 塗りつける, 添へに, 見かけた者

▼ のわるい~ (6, 0.0%)

1 し, と思う, のと, わ, 気は, 粉つ

▼ のをか~ (6, 0.0%)

2 しみが, ぶつて 1 しみも, それならいま

▼ の~ (6, 0.0%)

2 あるのみ 1 ならん, なりけり, 大奇事, 小渠

▼ の一人~ (6, 0.0%)

1 がきまっ, では, で見てた, は他, もいない, も知った

▼ の一手~ (6, 0.0%)

31 しかありません, じゃ, でした

▼ の何だか~ (6, 0.0%)

1 いやに, きまりが, 変ね, 妙だ, 惜しいなあ, 退屈な

▼ の便利~ (6, 0.0%)

2 あり 1 あれば, な場所, にしかず, 且つ必要

▼ の多き~ (6, 0.0%)

2 を以て勝つ 1 こそかえって, は埼玉縣, もよく, 放翁

▼ の~ (6, 0.0%)

1 に作り, に生れた, の汚れた, の通り, は損, を野雉

▼ の寒く~ (6, 0.0%)

4 ないの 1 なるよう, ねえの

▼ の思ひ~ (6, 0.0%)

2 有之 1 がした, がする, 付も, 依然

▼ の意思~ (6, 0.0%)

2 なきとを以て 1 あるや, なき者, なくし, も相当徹底

▼ の~ (6, 0.0%)

1 と同一, をしましょう, を即刻, を敢, を為さず, を爲

▼ の~ (6, 0.0%)

2 遠きに 1 いまだ到らざる, に至るべし, は, を待たれたい

▼ の~ (6, 0.0%)

1 はこの, はた春岳, をこの, をつたえ聞い, を唱い始め, を見る

▼ の無い~ (6, 0.0%)

2 かしらねと懸命 1 ぞ貴様, のという, わよあたり, 搜しものなど

▼ の~ (6, 0.0%)

1 が怒った, でなくては, とでも言う, やない, を信ずる, 鳴や

▼ の要求~ (6, 0.0%)

2 を包含 1 として現, を伴, を別に, を為し

▼ の~ (6, 0.0%)

1 じゃない, ではない, なし, は理学, もこの, を立

▼ の~ (6, 0.0%)

2 を免 1 を免れざる, を免れざるべし, を免れぬ, を受け

▼ の~ (6, 0.0%)

2 のお 1 があらわれたで, とそれ, はまだちゃんと, をこの

▼ の~ (6, 0.0%)

2 であり浦粕, は映画 1 のお, の先輩

▼ の黒い~ (6, 0.0%)

2 衣服を 1 の, のと, の泳い, 麻の

▼ のあたい~ (5, 0.0%)

1 こんなにちんぴら, のいる, もう誰, もう黙っ, も行きたい

▼ のいけない~ (5, 0.0%)

2 のと 1 かしら, とおっしゃる, わよ

▼ のうれしい~ (5, 0.0%)

21 の, わねえ, んです

▼ のかけ~ (5, 0.0%)

1 たけた声, て, はしは, ばが, ものの

▼ のかしらという~ (5, 0.0%)

1 いたずらな, のが, ような, 気持孤独感, 謙遜な

▼ のかべも~ (5, 0.0%)

1 てんじょうも, コンクリートで, シットリと, 半分は, 安楽椅子の

▼ のかべや~ (5, 0.0%)

1 てんじょうが, 天井に, 天井は, 床の, 自動車の

▼ のかナ~ (5, 0.0%)

1 すべからく人, それとも林町, それにしてもこの, 看護婦の, 違うはず

▼ のかネ~ (5, 0.0%)

1 お前さんは, 君, 君は, 私は, 花ちやん

▼ のがか~ (5, 0.0%)

1 あいい, あいそう, かつた, ひである, へるさ

▼ のがかへ~ (5, 0.0%)

1 つていやな, つて一脈不, つて吾, つて美しい, つて趣ある

▼ の~ (5, 0.0%)

2 だちの中, はい 1 のみを持つ

▼ のじゃあねえ~ (5, 0.0%)

2 かえ 1 大事の, 耳が, 踊らせるの

▼ のじゃがな~ (5, 0.0%)

5 もし

▼ のじゃろ~ (5, 0.0%)

1 か, かな, が, な, なに心配が

▼ のそう~ (5, 0.0%)

1 お菓子を, して, じゃない, だな, 囁きたいぐらいの

▼ の~ (5, 0.0%)

1 お, きから, きたるサチロ, きまどの, むものはおいしいものばかりといいたげにごく

▼ のた打ち~ (5, 0.0%)

3 まはつ 1 ながらいつ, 廻つて居るで

▼ のた打ち廻っ~ (5, 0.0%)

3 ている 1 たり逃れよう, て断末魔

▼ のた打っ~ (5, 0.0%)

2 たりし, ている 1 て転げだした

▼ のだから~ (5, 0.0%)

2 何を 1 ねあたし, わたしを, 私は

▼ のださうでございます~ (5, 0.0%)

1 が, がお, がそれ, がまだ, が生憎

▼ のだに~ (5, 0.0%)

1 この人, どうしたら, 先に, 去年亡くなった, 怨みの

▼ のつしのつ~ (5, 0.0%)

1 しとこの, しとのし, しと奥, しと歩み, しと歩調

▼ のでありますまい~ (5, 0.0%)

31 かキリスト, か私

▼ のでなかろう~ (5, 0.0%)

41 かそれ

▼ のとても~ (5, 0.0%)

2 嫌な 1 いいところ, 一郎に, 可愛がってらした

▼ のとばかり~ (5, 0.0%)

1 では, 心得, 思つてゐた, 思ひ込んだので, 考え鉄砲

▼ のなどと~ (5, 0.0%)

1 オダを, 云って, 其様な, 組合わされた一円なにがし, 詰らん事

▼ のについては~ (5, 0.0%)

2 一草亭氏の 1 さらに他, それは, 陰に

▼ のにまで~ (5, 0.0%)

1 いろいろ贅沢, 喰って, 影響し, 心配し, 新鮮な

▼ の~ (5, 0.0%)

2 くみ刈りつる人も 1 くみで, くみを, しは女

▼ のねと~ (5, 0.0%)

1 いった, この間は, 云った時, 想像力という, 申す山

▼ のはかへ~ (5, 0.0%)

1 すが, つてうれし, つて勝負に, つて厭味な, つて雪を

▼ のはけ~ (5, 0.0%)

2 だもの 1 しからぬと, しからぬという, ふの

▼ のはじめて~ (5, 0.0%)

2 でしょう 1 よ, 見たよ, 麦の

▼ のはだに~ (5, 0.0%)

1 あざの, うつって, さわって, ふれた土, 寒さ

▼ のほどは~ (5, 0.0%)

1 おそろしゅうござります, 保証の, 判らない, 明らかでない, 知らる

▼ のやむを得ざる~ (5, 0.0%)

1 に出でた, に立ちいたりました, に至らしめられ, に至りました, 程で

▼ のやらも~ (5, 0.0%)

1 ふと山ふところ, また帝, わからず葡萄酒, 知らぬといふ, 解らない

▼ のわたし~ (5, 0.0%)

1 いや, うれしかった, には全然, は名声, をだまさう

▼ のをけ~ (5, 0.0%)

1 あらひと, つく好い, ない描き, ない部屋, はいで感じとった

▼ のをでも~ (5, 0.0%)

1 さがして, やるか, 待つよう, 聞くよう, 見るやう

▼ のをや~ (5, 0.0%)

1 はらかに, ッと, ッとの, ツた, 仮り着せるなら

▼ のをを~ (5, 0.0%)

1 かしいと, しへて, りを, 使は, 能と

▼ の不幸~ (5, 0.0%)

1 に遇えり, に遭遇, に陥り, を招き, を来せるなりけり

▼ の二人~ (5, 0.0%)

1 しては, と細君, にはよい, のみが館内, を年上の

▼ の位置~ (5, 0.0%)

1 にある, に布陣, に立ちたりき, に立つ, の関係

▼ の作用~ (5, 0.0%)

2 を示す 1 である, を具する, を爲

▼ の~ (5, 0.0%)

1 で随分, なきに, なり, の悪, ましてや家

▼ の~ (5, 0.0%)

1 だけがそだった, なら見込み, もありません, を尽くさざるべからず, を誤らざる

▼ の動く~ (5, 0.0%)

2 群に 1 のと, のにつれて, 影を

▼ の動機~ (5, 0.0%)

2 を促進, を啓 1 や恐怖

▼ の古い~ (5, 0.0%)

1 のが, や第, 形式の, 用語例に, 言葉は

▼ の名誉~ (5, 0.0%)

1 をどうしても, をもってる, を得た, を有する, を正式

▼ の~ (5, 0.0%)

3 だわ 1 だという, な眼つき

▼ の~ (5, 0.0%)

1 喜びの, 夕立と, 式典を, 罪人なりと, 革命を

▼ の学これ~ (5, 0.0%)

2 を心理学, を生理学 1 を物理学

▼ の~ (5, 0.0%)

2 がある 1 があろう, はあっ, はあれ

▼ の~ (5, 0.0%)

1 か然, であったらしくいわゆる, でありパヴー, で縁覚, をいう

▼ の~ (5, 0.0%)

1 やめなすってネ, 同感でしょう, 奉公天晴なる, 病中お, 贔屓に

▼ の怒らない~ (5, 0.0%)

1 の, のそれぎり, ので, のと, のもと正直

▼ の~ (5, 0.0%)

1 あること, あるもの, は此観念, を妨害, を養成

▼ の性癖~ (5, 0.0%)

2 あるは, あるを以て 1 を除いたら

▼ の持っ~ (5, 0.0%)

3 ている 1 てお, て帰っ

▼ の~ (5, 0.0%)

1 に余一日, の事ニ及ビ候, は多し, を其時分我々, 未嘗

▼ の機會~ (5, 0.0%)

1 に益々, を作らん, を得ざれ, を有せざりし, を逸したる

▼ の死ぬ~ (5, 0.0%)

3 のと 1 ことが, のが

▼ の決心~ (5, 0.0%)

2 あらば 1 がある, が必要, を固めた

▼ の白う~ (5, 0.0%)

1 仰向いて, 咲出で, 暮れて, 柳涼しく, 流れ渡って

▼ の知らず~ (5, 0.0%)

1 に居つた, のお, のだけに, 江戸の, 識らず

▼ の突く~ (5, 0.0%)

4 のと 1 のという

▼ の~ (5, 0.0%)

1 あって, といったこと, は大, を, を眺め

▼ の致す~ (5, 0.0%)

2 所に 1 ところである, ところなり, 所である

▼ の見る~ (5, 0.0%)

1 とこんな, とたちまち, ととう, と内匠頭, も賤

▼ の~ (5, 0.0%)

1 でもあった, に尋ねた, は僕, をよく, を一度

▼ の運動~ (5, 0.0%)

2 に着手, を開始 1 でも仕兼ねまじき

▼ の類これ~ (5, 0.0%)

5 なり

▼ のあんた~ (4, 0.0%)

1 そんなむずかしい, の僻, は, も男

▼ のうつくしい~ (4, 0.0%)

4 燐光を

▼ のおかしい~ (4, 0.0%)

1 かもしれない, なあ, よはな, わ

▼ のおき~ (4, 0.0%)

1 な, をなし得た, を黒く, 場所が

▼ のかかっ~ (4, 0.0%)

1 ていよう, ている, ておる, て居た

▼ のかたき~ (4, 0.0%)

1 はこの, は兄貴, を伝六, 討などは

▼ のかとの~ (4, 0.0%)

2 叔母の 1 問い合せが, 疑に

▼ のかとを~ (4, 0.0%)

3 かしかつ 1 かしく思つた

▼ のかなんて~ (4, 0.0%)

1 そんな皮肉, のか, 事は, 談判され

▼ のかべと~ (4, 0.0%)

1 びらひさしなど, まどが, 同じ色, 宝石を

▼ のからは~ (4, 0.0%)

1 これまでに, 全く独立, 大きな伐木, 藁に

▼ のからも~ (4, 0.0%)

1 かいと, ぬけの, 変で, 想像せられる

▼ のがずつと~ (4, 0.0%)

1 今より, 前から, 後の, 身を

▼ のきれ~ (4, 0.0%)

2 がヒラヒラ 1 がまるめ, のかげで

▼ のぐらい~ (4, 0.0%)

1 でそこら, で勤め, なもの, な処

▼ のさね~ (4, 0.0%)

2 親分 1 おわかりかえ, 母さんさ

▼ のしも~ (4, 0.0%)

1 うって, たやには, ゆ風吹き, り釣り

▼ のしろき~ (4, 0.0%)

2 を見れ 1 藤, 髑髏舞

▼ のじゃあねえかと~ (4, 0.0%)

1 思う, 思うが, 思って, 近所じゃあ

▼ のすたる~ (4, 0.0%)

2 ぢや 1 ぢやとも, ぢやの

▼ のそして~ (4, 0.0%)

1 ねもう, ひとに, 直ぐにまた, 背中が

▼ のそねむ~ (4, 0.0%)

4

▼ のそら~ (4, 0.0%)

1 がひらい, の右側, を, を透かし

▼ のぞな~ (4, 0.0%)

1 もし, もしと, もしなどと, 無茶しよ

▼ のたれ~ (4, 0.0%)

1 かが創案, ている, て乾きゆく, というの

▼ のた打ちまわっ~ (4, 0.0%)

3 ている 1 て悲鳴

▼ のだあきつ~ (4, 0.0%)

1 はそう, はそっと, は心, は感動

▼ のだ死ん~ (4, 0.0%)

1 でしまへ, で念, で血の気, で豊太郎

▼ のだ生き~ (4, 0.0%)

1 てい, ている, て動い, て行けない

▼ のだ見~ (4, 0.0%)

2 給へ 1 ている, 覺え

▼ のっしり~ (4, 0.0%)

1 とあたり, とした, のっしり, 悠々と

▼ のての~ (4, 0.0%)

3 ひら 1 席には

▼ のであったであろう~ (4, 0.0%)

1 からその, がそれ, が夫人, が少く

▼ のであら~ (4, 0.0%)

1 うかとあやしむ, うかと疑, ばすなわち, ば過っ

▼ のでございますまい~ (4, 0.0%)

31 かわが

▼ のでござんしょう~ (4, 0.0%)

21 な, なもう

▼ のでしたろう~ (4, 0.0%)

21 か六月出版, がそれ

▼ のでしょ~ (4, 0.0%)

1 その漁師, 平生くらい, 彼奴が, 彼奴も

▼ のでじ~ (4, 0.0%)

2 つと何 1 つと眼, ぶんが

▼ のですつかり~ (4, 0.0%)

1 喉が, 安心を, 濟んだ, 重荷を

▼ のでねえ~ (4, 0.0%)

21 んだ, 物が

▼ のとち~ (4, 0.0%)

2 がつて 1 がひます, つともち

▼ のととの~ (4, 0.0%)

1 うたあでやかさは, つたひとりの, つた丸太小屋が, つた滑らかな打ち

▼ のどこ~ (4, 0.0%)

1 に, にいる, へ, までも仁科六郎

▼ のなし~ (4, 0.0%)

1 さ氷屋, だの, です, 得べき事

▼ のなら判る~ (4, 0.0%)

1 がさんざ, がジャーナリズム, が鰐, けれどまさか

▼ のなら教え~ (4, 0.0%)

1 てくれ, てもやろう, てやろう, て遣りたい

▼ のなら知らず~ (4, 0.0%)

2 今の 1 わづか, 直接に

▼ のなら許し~ (4, 0.0%)

1 てください, てくれ, ても差支えない, て下さい

▼ のなら連れ~ (4, 0.0%)

1 てい, ていっ, て行っ, て行つて

▼ のなんぞを~ (4, 0.0%)

1 使って, 女は, 真面目に, 遠くから

▼ のにや~ (4, 0.0%)

1 ならないん, ア半分は, 丁度よ, 十桶の

▼ のに従い~ (4, 0.0%)

1 いつかオレンジに, そして酢, やはり次第に股, 十歳頃まで

▼ のはど~ (4, 0.0%)

1 つちだ, つちだつけ, つちだらう, ないな

▼ のはや~ (4, 0.0%)

1 だい, はらかな, むにやまれぬ殺気という, ッぱり井筒屋の

▼ のばっかり~ (4, 0.0%)

1 です, なので, 七十何円八十何円, 多いという

▼ の~ (4, 0.0%)

1 ンチに, ーリング海だの, 哩数を, 金の

▼ のまでは~ (4, 0.0%)

1 ひつて, 使いを, 意識し, 望んで

▼ のまでも~ (4, 0.0%)

1 ヒラメに, 恐怖を, 綺麗に, 酔い得る間

▼ のもう~ (4, 0.0%)

1 よします, 分ってるわ, 古いわよ, 来たの

▼ のもか~ (4, 0.0%)

1 あいさう, はいさうだと, はいさうぢ, ような

▼ のもさう~ (4, 0.0%)

1 いふ訳でございます, 云ふ, 大して長い, 手間は

▼ のもっとも~ (4, 0.0%)

1 善き手段, 大なる, 得たる策, 捷路たるべき

▼ のもに~ (4, 0.0%)

1 出づれば, 散る落葉, 照り渡り, 牛すける

▼ のやさう~ (4, 0.0%)

21 どす, やが

▼ のやらう~ (4, 0.0%)

1 けれど思ひ出しません, な, まるで夢, 神さんの

▼ のやん~ (4, 0.0%)

21 かんそふも, ちやは

▼ のよせ~ (4, 0.0%)

2 て来し, よ

▼ のよそう~ (4, 0.0%)

1 というの, ね泣く, よ, よと妻

▼ のよりか~ (4, 0.0%)

1 こっちは, ずっと元気, 一その, 夐に

▼ のよりもずつと~ (4, 0.0%)

1 一卷の, 上等の, 念を, 長かつ

▼ のわが~ (4, 0.0%)

2 うれひ 1 友, 命せまし

▼ のをが~ (4, 0.0%)

1 あるから, たまの, つくりと, ます麻布

▼ のをは~ (4, 0.0%)

1 づして下さいました, ア二十本以上も, 大抵偶人, 意味は

▼ の一例~ (4, 0.0%)

1 として提供, となるべし, ともなるべけれ, を掲げた

▼ の一種~ (4, 0.0%)

1 である説, なり, の心持, の愛情

▼ の不便~ (4, 0.0%)

1 あらん乎, なしに, を思い, を避け

▼ の~ (4, 0.0%)

1 で怨, で通読, で體, に非

▼ の~ (4, 0.0%)

1 損いから, 樣も, 科の, 給せらるる

▼ の何と~ (4, 0.0%)

1 いい心持, 多さ, 涙つ, 言うて

▼ の~ (4, 0.0%)

2 は必ず 1 ですらも, に出

▼ の使~ (4, 0.0%)

2 を給 1 に行く, を設け

▼ の便宜~ (4, 0.0%)

2 なるに 1 なるを, を得

▼ の入った~ (4, 0.0%)

1 小柄に, 弁当も, 手先まで, 腹合せの

▼ の出ない~ (4, 0.0%)

1 うちに, の, のと, のといふ

▼ の出来ぬ~ (4, 0.0%)

1 のが, のと, ものなり, 大醜聞

▼ の初めて~ (4, 0.0%)

1 だけれど, だし, だわ, 見ました

▼ の~ (4, 0.0%)

2 に於 1 いうところ, にまず

▼ の~ (4, 0.0%)

1 あり, か君, などをあて, を掲げ

▼ の~ (4, 0.0%)

1 いかなる所, の大将, は砂糖, は衰亡

▼ の如し~ (4, 0.0%)

1 てふ, という始末, といえ, 流鏑馬殊に

▼ の如何~ (4, 0.0%)

2 に困難 1 による造られし, は功徳

▼ の~ (4, 0.0%)

1 が沢山沢山, の道, は重く厚き, も云わなかった

▼ の小さき~ (4, 0.0%)

1 めの, 犯罪を, 生涯を, 鶏冠その

▼ の小さな~ (4, 0.0%)

1 家に, 気だ, 花を, 顏には

▼ の希望~ (4, 0.0%)

1 とその, なりと, の如き, をし

▼ の広い~ (4, 0.0%)

2 場所に 1 場所で, 洞窟に

▼ の~ (4, 0.0%)

1 はほか, は教正一名, は教正一名ほか, を行

▼ の張った~ (4, 0.0%)

1 のと, のという, 網の, 脊の

▼ の~ (4, 0.0%)

1 の懸命さ, はお, はどことなく, はよほどどうか

▼ の待っ~ (4, 0.0%)

1 てい, ています, ている, て左膳

▼ の惜しい~ (4, 0.0%)

1 と思う, ような, んです, 気が

▼ の意見~ (4, 0.0%)

2 を製造 1 の相違, を立てた

▼ の持たざる~ (4, 0.0%)

4 ものは

▼ の~ (4, 0.0%)

1 としよう, となすべく, となつ, ともなるべき

▼ の新しい~ (4, 0.0%)

2 のと, の勘定

▼ の早く~ (4, 0.0%)

3 ないの 1 みんなやめる

▼ の~ (4, 0.0%)

1 があるべき, がまいりました, が待っ, が来ります

▼ の本当に~ (4, 0.0%)

1 いやだった, 君は, 結構です, 考えものに

▼ の次第~ (4, 0.0%)

1 である上, で三井, で四十五銭, で四十五錢

▼ の欲する~ (4, 0.0%)

3 ものを 1 ことを

▼ の止むべから~ (4, 0.0%)

2 ざるが, ざるを

▼ の~ (4, 0.0%)

1 ではない, ならん, にはあらざらん, ほひ常陸介藤原維幾朝臣

▼ の気象~ (4, 0.0%)

2 とぼしこの 1 あり, を抑え

▼ の無き~ (4, 0.0%)

1 に極まりたれ, 事と, 伊勢大廟の, 兩親に

▼ の甚だ~ (4, 0.0%)

1 奇なる, 遅かりし, 適当なる, 適當なる

▼ の生る~ (4, 0.0%)

2 のと 1 のつて騒ぎ, のという

▼ の~ (4, 0.0%)

2 をなす 1 はば何とせむ, を受ける

▼ の~ (4, 0.0%)

1 であつ, はとびだす, よりもさとく, を見張っ

▼ の~ (4, 0.0%)

1 俄かに, 外國人に, 術が, 願いまする

▼ の程度~ (4, 0.0%)

1 ではない, にとどめ, によって火, は到底

▼ の~ (4, 0.0%)

1 一の, 一変化には, 一外聞が, 二の

▼ の~ (4, 0.0%)

1 ありし, ありて, あるを以て, をなしたるなり

▼ の至当~ (4, 0.0%)

2 なるを 1 なること, なるは

▼ の~ (4, 0.0%)

1 なり, なり離, にあらざる, を解せしめたい

▼ の~ (4, 0.0%)

1 なかるべし, なきこと, なし, を唱

▼ の覚え~ (4, 0.0%)

3 ていらっしゃるでしょう 1 ていらっしゃる

▼ の~ (4, 0.0%)

1 が無い, を抱きたる, を生じ, を疑い

▼ の議論~ (4, 0.0%)

1 は前編, は満腹溢, は誠に, をなす

▼ の~ (4, 0.0%)

1 なし, に進まん, のともすれ, を清淨

▼ の~ (4, 0.0%)

1 おもはく, に行く, のしのぶ, を迷

▼ の食べる~ (4, 0.0%)

1 とおなか, とオナカ, ものが, ものだ

▼ の驚か~ (4, 0.0%)

3 ねエの 1 ねエの生垣

▼ のあたり~ (3, 0.0%)

1 がぐるぐる, で聞える, ならむと問

▼ のあたりまえ~ (3, 0.0%)

1 じゃない, です, の考え

▼ のあと~ (3, 0.0%)

1 で来る, へ鼠, を待ち兼ねる

▼ のあるいは~ (3, 0.0%)

1 俳句を, 暴徒が, 犯罪が

▼ のいる~ (3, 0.0%)

1 ことを, ところを, 秋景

▼ のええ~ (3, 0.0%)

1 ことは, 不可い, 奥さんこれが

▼ のおや~ (3, 0.0%)

1 お子さん方が, しきに, 抜身の

▼ のお前さん~ (3, 0.0%)

1 の事, の名, の名前

▼ のかけど~ (3, 0.0%)

2 ほしさ 1 ほしだ

▼ のかつて~ (3, 0.0%)

1 しつつ, 聞いたん, 阪井さんは

▼ のかば~ (3, 0.0%)

2 焼の 1 岩ほ

▼ のかや~ (3, 0.0%)

1 そしるの, ッぱり生れた, 物怪変化が

▼ のからが~ (3, 0.0%)

1 パチン, 不思議に, 女の

▼ のかをも~ (3, 0.0%)

1 忘れて, 知らずに, 頼母の

▼ のかナと~ (3, 0.0%)

1 実に一瞬, 思って, 疑いを

▼ のがて~ (3, 0.0%)

1 くりて, まえども, まえの

▼ のがの~ (3, 0.0%)

1 うてな, ッそりと, 字も

▼ のこり~ (3, 0.0%)

2 惜しさ 1 をうまく

▼ のさとは~ (3, 0.0%)

1 わけが, 言いかねて, 言っても

▼ のじゃった~ (3, 0.0%)

1 がそこで, が完成, な

▼ のじゃという~ (3, 0.0%)

1 ことに, のだ, のは

▼ のすき~ (3, 0.0%)

1 じゃない, です寿江子みたい, まの

▼ のすこし~ (3, 0.0%)

1 早すぎやしない, 窮屈に, 辟易です

▼ のそんなに~ (3, 0.0%)

1 して, はげしい気候, 飲んで

▼ のたとえ~ (3, 0.0%)

1 でご, のよう, を引き

▼ のだいっ~ (3, 0.0%)

1 てみよう, てみれ, 嫌いな

▼ のだおちぶれた~ (3, 0.0%)

3 人に

▼ のだかう~ (3, 0.0%)

1 いふ瞬間は, した星の, なつ

▼ のだけに~ (3, 0.0%)

1 そっくり男, 惚れ込んだの, 財産として

▼ のだけの~ (3, 0.0%)

1 ところという, ものだ, 名称を

▼ のだた~ (3, 0.0%)

2 べな 1 とひ

▼ のだっ~ (3, 0.0%)

1 あなた様の, たりすれ, ぺ

▼ のだら~ (3, 0.0%)

1 えいげっ, 俺は, 労れた

▼ のだ殺した~ (3, 0.0%)

3 のだ

▼ のだ話し~ (3, 0.0%)

1 てみる, て笑っ, て見る

▼ のつく~ (3, 0.0%)

1 ことだ, ことで, ことも

▼ のつた~ (3, 0.0%)

1 皿を, 赤塗りの, 頭を

▼ のつち~ (3, 0.0%)

1 ことでなく, に立てり, をうる

▼ のであったかれ~ (3, 0.0%)

1 はいま九百, はそれ, はわが

▼ のであるかれ~ (3, 0.0%)

1 はバウンド, は十六, もあまり

▼ のである従っ~ (3, 0.0%)

1 てそこ, て又, て私

▼ のである生きる~ (3, 0.0%)

1 ことは, もの, 土地を

▼ のであろ聞いた~ (3, 0.0%)

2 計でも 1 ばかりで

▼ のできる~ (3, 0.0%)

1 くらいの修養, のも, 世の

▼ のでございません~ (3, 0.0%)

1 から, からね, けれど

▼ のでござった~ (3, 0.0%)

1 があまり, のに, わい

▼ のでござんしよ~ (3, 0.0%)

3 と投出した

▼ のでござんす恨まれる~ (3, 0.0%)

2 は覺悟 1 は覚悟

▼ のですだ~ (3, 0.0%)

2 もんだ 1

▼ のですつ~ (3, 0.0%)

1 てそして, て病気, とする

▼ のでつ~ (3, 0.0%)

3 しやろ

▼ のでないだろう~ (3, 0.0%)

3

▼ のでなかつたなら~ (3, 0.0%)

1 ばそれ, ば私, 私は

▼ のでなかつたら~ (3, 0.0%)

1 おそらく眼, この場, 僕は

▼ のでなく作る~ (3, 0.0%)

1 ことによ, ことによって, という立場

▼ のでやす~ (3, 0.0%)

1 か, な, よ

▼ のでよつ~ (3, 0.0%)

2 ぽど 1 ぴて寢ね

▼ ので御座いまし~ (3, 0.0%)

1 てねああ, てネお前, よう

▼ ので御座る~ (3, 0.0%)

1 その事, ぞ, よ

▼ ので御座んす~ (3, 0.0%)

2 けれど 1 誠は

▼ ので御座んする~ (3, 0.0%)

2 かそれ 1 か夫

▼ のというは~ (3, 0.0%)

1 まさかの時, もとよりお, 間違ってるこの

▼ のとがが~ (3, 0.0%)

1 あつて, あるん, あろう

▼ のとしては~ (3, 0.0%)

1 切り捨てるべき部分, 牛系統の, 黙って

▼ のとしも~ (3, 0.0%)

2 何も 1 おも

▼ のとだけは~ (3, 0.0%)

1 少し不調和, 幾分此者, 食ひ

▼ のとなへ~ (3, 0.0%)

2 なりす 1 言である

▼ のとには~ (3, 0.0%)

1 だれもが, キヨロ, 感歎せざる

▼ のとによって~ (3, 0.0%)

1 助けられた気味, 生じたもの, 見れば

▼ のなかつた~ (3, 0.0%)

1 のも, 傍若無人の, 形に

▼ のなごむ~ (3, 0.0%)

3 家がまへ

▼ のなぞが~ (3, 0.0%)

1 おまえさんに, その代表的, 獲物も

▼ のなどには~ (3, 0.0%)

1 その場, 別に不自由, 欠かさなかったお前

▼ のならある~ (3, 0.0%)

1 とはっきり, とはつきり云つて, わ

▼ のならだ~ (3, 0.0%)

21 げっとも

▼ のならつれ~ (3, 0.0%)

2 ていっ 1 て来

▼ のならぬ~ (3, 0.0%)

1 ものとな, 分際の, 身分の

▼ のならわかる~ (3, 0.0%)

1 がこれから, がねむらされた, けれどもだんだん

▼ のなら出~ (3, 0.0%)

1 ていけ, て来なけれ, て行つて

▼ のなら喜ん~ (3, 0.0%)

1 で伺わせ, で先生, で見る

▼ のなら持っ~ (3, 0.0%)

2 て行っ 1 て行け

▼ のなら知らない~ (3, 0.0%)

1 こと, こと生きよう, 事

▼ のなら諦め~ (3, 0.0%)

2 もつく 1 ようも

▼ のなんぞも~ (3, 0.0%)

1 こうして米友, よっぽどたってから, 是認される

▼ のなんだか~ (3, 0.0%)

1 イヤだ, 忌に, 淋しいわ

▼ のにばかり~ (3, 0.0%)

1 熱中し, 結う, 苦勞する

▼ のはうぬ~ (3, 0.0%)

1 かッ, じゃない, ぢや

▼ のはという~ (3, 0.0%)

1 わけです, 意見です, 言葉と

▼ のはなんて~ (3, 0.0%)

1 いふの, 図々しい奴, 大きな市松

▼ のはわ~ (3, 0.0%)

1 ちきが, づかなる弟子, づかに

▼ のばかりじゃ~ (3, 0.0%)

1 ない, ないかと, ないから

▼ のひどく~ (3, 0.0%)

1 ないの, 忌むよう, 蒸しむし

▼ のへと~ (3, 0.0%)

1 七月の, 笑み妄言を, 絶えず外側

▼ のほか何~ (3, 0.0%)

1 が今, の余裕, の經

▼ のほどが~ (3, 0.0%)

1 うるさいからなあ, 現れて, 見えて

▼ のまた~ (3, 0.0%)

1 それより, 遊ぶの, 額から

▼ のまでを~ (3, 0.0%)

1 ありがたく思う, 文三の, 直ぐ引つ捕へ

▼ のまるで~ (3, 0.0%)

1 お芝居, 河の, 泥棒猫が

▼ のもけ~ (3, 0.0%)

1 しからぬ心, しからぬ自分, ふ限り

▼ のもつ~ (3, 0.0%)

1 かのま, ねであった, ひわすれ

▼ のもな~ (3, 0.0%)

1 ええか, その目的, 今更

▼ のもは~ (3, 0.0%)

1 ひつて, 一面の, 雪の

▼ のやむをえざる~ (3, 0.0%)

2 に至れり 1 状態である

▼ のやらが~ (3, 0.0%)

1 おって, 一種汚らしい美し, 浮いて

▼ のやらと~ (3, 0.0%)

1 戸惑うた万豊, 疑った, 途惑ふた

▼ のよしなさい~ (3, 0.0%)

21

▼ のゐる~ (3, 0.0%)

1 もんです, んです, 方へと

▼ のをこそ~ (3, 0.0%)

1 下町娘である, 好かれます, 昔は

▼ のをまで~ (3, 0.0%)

1 そつくり, 嫌ふ, 志願し

▼ のをよ~ (3, 0.0%)

1 い, つく聞いとけよ, つて拾つてくれた

▼ のをよけ~ (3, 0.0%)

1 ようと, ようとして, ようとしてか

▼ のをわ~ (3, 0.0%)

2 づかに 1 びしくもまたおもしろくも思った

▼ のを以ても~ (3, 0.0%)

1 その人となり, 分かる, 聞えます

▼ の~ (3, 0.0%)

1 いいけれど, うすみ, ないが

▼ の一事~ (3, 0.0%)

1 にいたり, にてはいまだ, よく眼前咫尺

▼ の一戦~ (3, 0.0%)

21 を図ろう

▼ の一手段~ (3, 0.0%)

2 たりし 1 として武備機関

▼ の一条~ (3, 0.0%)

1 は, は日本説話, をもって世

▼ の一語~ (3, 0.0%)

1 が出る, は低い, は孔子

▼ の不利~ (3, 0.0%)

1 は夙く, を説いた, を證

▼ の不思議~ (3, 0.0%)

2 なり 1 だわ

▼ の乗った~ (3, 0.0%)

1 年増盛り, 旅車の, 春の

▼ の云った~ (3, 0.0%)

1 ことを, ような, 言葉が

▼ の~ (3, 0.0%)

1 から楽しみ, は楽しみ, 出て

▼ の伯母さん~ (3, 0.0%)

3 の痘痕

▼ の~ (3, 0.0%)

1 です, とござい, より神経

▼ の何故~ (3, 0.0%)

2 に本 1 つてそれは

▼ の余地~ (3, 0.0%)

1 なかるべきのみ, はなかっ, も見出せなくなっ

▼ の傾向~ (3, 0.0%)

2 があつ 1 あること

▼ の優れる~ (3, 0.0%)

2 に如かず 1 を見る

▼ の元気~ (3, 0.0%)

1 はあった, はなくなった, を再

▼ の~ (3, 0.0%)

1 ありしかして, であろう, というほか

▼ の光る~ (3, 0.0%)

1 あれは, 蛍の, 銀糸の

▼ の入る~ (3, 0.0%)

1 のと, の摺った揉んだ, の騒ぎ

▼ の~ (3, 0.0%)

1 で一つ, となす, と為し

▼ の~ (3, 0.0%)

1 て來, て行け, 京費を

▼ の出来る~ (3, 0.0%)

2 男女の 1 んです

▼ の~ (3, 0.0%)

1 がある, すら出, なりき

▼ の~ (3, 0.0%)

1 しもせ, のよう, り変つたの

▼ の~ (3, 0.0%)

1 哀さうな, 哀に, 恐いわね

▼ の~ (3, 0.0%)

1 にし, は, を以て附合

▼ の困難さ~ (3, 0.0%)

1 が案外, だと, である

▼ の変った~ (3, 0.0%)

1 形として, 楽器を, 親類が

▼ の多少~ (3, 0.0%)

1 なり, に從, は後

▼ の大き~ (3, 0.0%)

2 さに 1 さであります

▼ の大きな~ (3, 0.0%)

1 フールスカップの, 東洋人と, 黒犬の

▼ の大事~ (3, 0.0%)

1 なこと, を生ぜん, を防ぐ

▼ の好き~ (3, 0.0%)

1 じゃない, なの, よ

▼ の好けれ~ (3, 0.0%)

3 ば日

▼ の~ (3, 0.0%)

2 のお 1 にする

▼ の寂し~ (3, 0.0%)

1 かつたかい, さに, さも

▼ の寧ろ~ (3, 0.0%)

2 公の 1 誤れるに

▼ の将然~ (3, 0.0%)

1 からちら, からふ, 言が

▼ の少し~ (3, 0.0%)

1 いやな, おっくうだ, 禿た

▼ の居る~ (3, 0.0%)

2 ところへ 1 方へ

▼ の~ (3, 0.0%)

1 をいただける, を戴ける, を被

▼ の~ (3, 0.0%)

1 あるに, が伴う, に陥りしなるべし

▼ の強く~ (3, 0.0%)

2 ないの 1 ねえの

▼ の忘れた~ (3, 0.0%)

1 けど海軍少佐, けれど台所, けれど血

▼ の思い~ (3, 0.0%)

1 あり, がある, で伝令

▼ の思う~ (3, 0.0%)

2 ように 1 ほど気楽

▼ の~ (3, 0.0%)

1 の贈り物, は即ち, よこの

▼ の悪く~ (3, 0.0%)

1 ないの, ねえの, 思わないで

▼ の~ (3, 0.0%)

1 る日, 場合には, 植物は

▼ の或は~ (3, 0.0%)

1 在野の, 生れ変ると, 適切なる

▼ の抽象~ (3, 0.0%)

2 である 1 は愈

▼ の~ (3, 0.0%)

1 縱が, 縱を, 膽不諱剛愎不遜の

▼ の方法~ (3, 0.0%)

1 であって, を与え, を取らずし

▼ の時間~ (3, 0.0%)

1 が惜しい, ではあつ, にし

▼ の~ (3, 0.0%)

3 さを

▼ の暗い~ (3, 0.0%)

1 へやから, 海の, 空に

▼ の書いた~ (3, 0.0%)

1 嘲罵文などのみを, 証文へ, 雄の

▼ の有様~ (3, 0.0%)

2 でありました 1 なりき

▼ の望み~ (3, 0.0%)

1 この愛, を有せし, 換言すれ

▼ の望む~ (3, 0.0%)

1 ままに, やうな, ような

▼ の木の実~ (3, 0.0%)

1 とは公平, は机, を将

▼ の~ (3, 0.0%)

1 ないい, なるのみ, みに

▼ の死んだ~ (3, 0.0%)

1 のと, 人々の, 頃より

▼ の決定~ (3, 0.0%)

1 のみに候, をなし, 相成しもの

▼ の~ (3, 0.0%)

2 七の 1 七で

▼ の済まない~ (3, 0.0%)

1 のじゃ, のって, のと

▼ の為す~ (3, 0.0%)

1 ところを, なき混乱, 所だ

▼ の~ (3, 0.0%)

2 らしく寒 1 らしいん

▼ の~ (3, 0.0%)

1 あらんや, があろう, を解すべからず

▼ の甚しき~ (3, 0.0%)

2 に驚かざる 1 や或は

▼ の申す~ (3, 0.0%)

1 ことお, で, 手輩に

▼ の痛く~ (3, 0.0%)

3 ないの

▼ の~ (3, 0.0%)

1 がありました, がある, なきに

▼ の白んだ~ (3, 0.0%)

1 女の, 硬張つた顏, 空の

▼ の~ (3, 0.0%)

1 あるよう, なきに, なきを

▼ の相違~ (3, 0.0%)

2 がある 1

▼ の~ (3, 0.0%)

1 ていらっしゃるでしょう, てゐる, 歩なりと

▼ の知ってる~ (3, 0.0%)

1 かい, くせに, とおりありゃあ

▼ の知る~ (3, 0.0%)

2 ところでは 1 とその

▼ の短い~ (3, 0.0%)

1 のいろ, のいろいろ, 靴下を

▼ の立たぬ~ (3, 0.0%)

2 のという 1 のと互

▼ の~ (3, 0.0%)

2 ある乎 1 あり

▼ の精神~ (3, 0.0%)

1 でここ, に伴, はすこぶる

▼ の紅う~ (3, 0.0%)

1 して, らを, 茅屋の

▼ の紅き~ (3, 0.0%)

1 枯芝に, 蕾と, 薔薇

▼ の置い~ (3, 0.0%)

2 てある 1 て行った

▼ の~ (3, 0.0%)

1 が冴えた, だつた, は南北

▼ の能力~ (3, 0.0%)

1 がない, のない, を失っ

▼ の至らぬ~ (3, 0.0%)

2 事を 1 ところから

▼ の若い~ (3, 0.0%)

1 先生の, 男を, 百姓が

▼ の苦し~ (3, 0.0%)

1 かつた, さに, さにも

▼ の薄き~ (3, 0.0%)

1 を気, 光を, 紙片に

▼ の行く~ (3, 0.0%)

1 えにも, えを, 道は

▼ の見えなかった~ (3, 0.0%)

3 ねえ

▼ の見た~ (3, 0.0%)

1 ことある, わ, 彼等の

▼ の~ (3, 0.0%)

1 それ一策である, 畫は, 較に

▼ の~ (3, 0.0%)

1 を作る, を書かう, を縷々

▼ の~ (3, 0.0%)

21 は益々

▼ の~ (3, 0.0%)

1 の目, の睾丸, れぞ

▼ の譏り~ (3, 0.0%)

1 は免, も犯さず, を受ける

▼ の~ (3, 0.0%)

1 ひに, 調えて, 集めて

▼ の買っ~ (3, 0.0%)

1 てきました, て下さい, て来た

▼ の賢明~ (3, 0.0%)

2 なる人物 1 あり以

▼ の起る~ (3, 0.0%)

1 やうな, を防ぎ得なかった, 余地が

▼ の~ (3, 0.0%)

1 の, の入訳, を隠す

▼ の転んだ~ (3, 0.0%)

2 のって 1

▼ の~ (3, 0.0%)

1 を正銘本気, 濶さに, 濶なる

▼ の速く~ (3, 0.0%)

3 ないの

▼ の遅き~ (3, 0.0%)

2 を怨む 1 を母

▼ の~ (3, 0.0%)

1 家へ, 罪あれ, 謀に

▼ の青い~ (3, 0.0%)

1 のゴールデン, の紫, ものだの

▼ の~ (3, 0.0%)

1 であ, を上げる, 聞かむ板葺

▼ の~ (3, 0.0%)

2 の形 1 のかたち

▼ の~ (3, 0.0%)

1 ひいと, ひの, ひを

▼ の風習~ (3, 0.0%)

1 ある我が国, があった, が盛ん

▼ の食事~ (3, 0.0%)

1 がならびました, をすました, をもたない

▼ の飲む~ (3, 0.0%)

1 のよ, んだ, 者が

▼ の驚きません~ (3, 0.0%)

1 ので, のではござりませぬ, のと

▼ の鳴く~ (3, 0.0%)

1 まねが, 声だ, 聲の

▼ のああ~ (2, 0.0%)

1 とかいふ言葉, 云う利益

▼ のあかき~ (2, 0.0%)

1 朱鷺の, 立穂の

▼ のあしき~ (2, 0.0%)

1 にいひ, をいへる

▼ のあらい~ (2, 0.0%)

1 ものだった, 横浜へ

▼ のありません~ (2, 0.0%)

1 か, わ

▼ のあるあり~ (2, 0.0%)

1 いずれを, て未

▼ のあんな~ (2, 0.0%)

1 平凡な, 性格を

▼ のいたみ~ (2, 0.0%)

1 がひどく, もわすれ

▼ のいつ~ (2, 0.0%)

1 にもない怖い, の時代

▼ のいつも~ (2, 0.0%)

2 白い神経

▼ のいろ~ (2, 0.0%)

1 がただよっ, に彩られ

▼ のいろいろ~ (2, 0.0%)

1 と事情, の心持

▼ のいわるる~ (2, 0.0%)

1 にはそれ程, 通りここまで

▼ のうずい~ (2, 0.0%)

1 とはちがっ, はぐるぐる

▼ のうまいく~ (2, 0.0%)

2 ないの

▼ のうる~ (2, 0.0%)

2 はし

▼ のうれひ~ (2, 0.0%)

2 をかたりつ

▼ のえん~ (2, 0.0%)

1 じゃでなければ, どうのみ

▼ のおす~ (2, 0.0%)

1 がたが, がたを

▼ のおそき~ (2, 0.0%)

1 こと友の, を表示

▼ のおばちゃん~ (2, 0.0%)

1 という名, よ覚え

▼ のかう~ (2, 0.0%)

1 がうし, したの

▼ のかえって~ (2, 0.0%)

1 恥じゃ, 易きかとも

▼ のかかは~ (2, 0.0%)

1 あんなじゃ, いかん

▼ のかかる~ (2, 0.0%)

1 ように, 大罪を

▼ のかがよ~ (2, 0.0%)

2 ひに

▼ のかぐ~ (2, 0.0%)

1 の木の実を, や姫

▼ のかげん~ (2, 0.0%)

1 がお, が面白く

▼ のかしらね~ (2, 0.0%)

2 えが

▼ のかっせ~ (2, 0.0%)

1 んが, んのみ

▼ のかとでも~ (2, 0.0%)

1 思ふ樣子, 言いたそう

▼ のかとに~ (2, 0.0%)

1 角それが, 角も

▼ のかどでも~ (2, 0.0%)

1 そんな女, 苔の

▼ のかどと~ (2, 0.0%)

1 あるその, 田舍聲の

▼ のかどは~ (2, 0.0%)

1 お互いと, 丸くとれました

▼ のかども~ (2, 0.0%)

1 これあり候わ, 有之

▼ のかどをもって~ (2, 0.0%)

1 大勢の, 閉門謹慎を

▼ のかなしい~ (2, 0.0%)

2 んです

▼ のかなどといふ~ (2, 0.0%)

1 ことの, 事を

▼ のかなわない~ (2, 0.0%)

1 ぞ, のという

▼ のかについて~ (2, 0.0%)

1 そのとき, 考えて

▼ のかについては~ (2, 0.0%)

1 わかりません, 北条新

▼ のかねえと~ (2, 0.0%)

1 つぶやかせるよう, やはり心配顔

▼ のかはを~ (2, 0.0%)

1 剥かれたため, 剥がれたため

▼ のかもと~ (2, 0.0%)

1 よりわかろう, より判明

▼ のかもに~ (2, 0.0%)

2 なるよう

▼ のからでも~ (2, 0.0%)

1 想像せられる, 食わせるが

▼ のからと~ (2, 0.0%)

1 なって, 相成り居り候

▼ のかわ~ (2, 0.0%)

1 づかに, ほんが

▼ のかをさえ~ (2, 0.0%)

1 思い出されて, 知らないの

▼ のがが~ (2, 0.0%)

1 くりと, つちり

▼ のがぞ~ (2, 0.0%)

1 つくりと, ろ

▼ のがはを~ (2, 0.0%)

2 痩ぎす

▼ のがり~ (2, 0.0%)

1 こうだ, こうだろう

▼ のきく~ (2, 0.0%)

1 若公卿, 頂上へ

▼ のきまった~ (2, 0.0%)

1 ことを, 意見が

▼ のくち~ (2, 0.0%)

1 で子どもたち, につつかれ

▼ のくる~ (2, 0.0%)

1 で来馬, わへ身

▼ のここ~ (2, 0.0%)

1 に入れ, へ

▼ のこそは~ (2, 0.0%)

1 マタ・アリの, 本当にびっくり

▼ のこわい~ (2, 0.0%)

1 わ, わあたし

▼ の~ (2, 0.0%)

1 一緒に, 殿に

▼ のごく~ (2, 0.0%)

1 たまです, 穏やかな

▼ のごとくである~ (2, 0.0%)

1 かを訝り問わん, ために

▼ のさしくる~ (2, 0.0%)

2 眼自分で

▼ のさわぐ~ (2, 0.0%)

2

▼ のしかるべき~ (2, 0.0%)

1 朝飯の, 自由の

▼ のしづけかりけり~ (2, 0.0%)

2 石に

▼ のしまっ~ (2, 0.0%)

2 てある

▼ のじゃあね~ (2, 0.0%)

2 えかね

▼ のじゃがの~ (2, 0.0%)

1 その長者どの, 毒には

▼ のじゃに~ (2, 0.0%)

1 依って, 助けて

▼ のすけ~ (2, 0.0%)

1 は思案, もこ

▼ のすたるじ~ (2, 0.0%)

1 やで, や思慕

▼ のすみ~ (2, 0.0%)

1 ずみまで, によこたわりました

▼ のすらが~ (2, 0.0%)

1 古い幼, 物憂くな

▼ のずつと~ (2, 0.0%)

1 前身は, 小さな様

▼ のせまい~ (2, 0.0%)

1 ことで, 伸子は

▼ のそこ~ (2, 0.0%)

1 いら, に太郎

▼ のそれで~ (2, 0.0%)

1 今日御, 子供なら

▼ のそれとも~ (2, 0.0%)

1 そんなこと, 何かに

▼ のぞよ~ (2, 0.0%)

2 こちらが

▼ のただ~ (2, 0.0%)

1 それだけよ, 一目お

▼ のたべ~ (2, 0.0%)

1 ものが, ものを

▼ のたまらない~ (2, 0.0%)

2

▼ のたれ死し~ (2, 0.0%)

1 ても東京, てゐる

▼ のた打ちまわる~ (2, 0.0%)

1 ところを, 波紋の

▼ のた打ち回る~ (2, 0.0%)

1 ようだった, 自分自身の

▼ のた打った~ (2, 0.0%)

1 あげく多量の, のを

▼ のだい~ (2, 0.0%)

1 おばば, ておくれ

▼ のだかれ~ (2, 0.0%)

1 は逃げた, らこそ

▼ のだけしか~ (2, 0.0%)

1 御座いません, 見えなかつた

▼ のだけで~ (2, 0.0%)

1 宜いよ, 満足し

▼ のださうであります~ (2, 0.0%)

2 が全く

▼ のだし~ (2, 0.0%)

2 てみる

▼ のだする~ (2, 0.0%)

1 とその, と私

▼ のだだつ~ (2, 0.0%)

1 広い邸, 広い顔

▼ のだったなら~ (2, 0.0%)

1 ば, ばその

▼ のだつまり~ (2, 0.0%)

1 さう, そなた

▼ のだな~ (2, 0.0%)

2

▼ のだまえ~ (2, 0.0%)

2 から彼

▼ のだもつ~ (2, 0.0%)

1 とこれから, と大きな

▼ のだるく~ (2, 0.0%)

1 なるの, なるよう

▼ のだろうあわて~ (2, 0.0%)

1 て海老団治, て耳

▼ のだわかるまい~ (2, 0.0%)

2 などとそれ

▼ のだ下らぬ~ (2, 0.0%)

2 のだ

▼ のだ出~ (2, 0.0%)

1 てもわずか, 來る

▼ のだ呆れ~ (2, 0.0%)

2 てしまふ

▼ のだ戻っ~ (2, 0.0%)

1 ておれ, て同役

▼ のだ死ぬ~ (2, 0.0%)

1 にも生きる, までに一つ

▼ のだ泣い~ (2, 0.0%)

1 ているで, ても笑

▼ のだ泣く~ (2, 0.0%)

1 どころじゃ, な妹

▼ のだ見すてる~ (2, 0.0%)

2 わけに

▼ のだ言っ~ (2, 0.0%)

1 て聞かす, て見れ

▼ のだ逢う~ (2, 0.0%)

1 てうれし, のか

▼ のだ飛び込ん~ (2, 0.0%)

2

▼ のだ黙っ~ (2, 0.0%)

1 ていろ, て僕

▼ のちっとも~ (2, 0.0%)

1 いやな, お世辞

▼ のちょっと~ (2, 0.0%)

1 そこまで, ひどいよ

▼ のっきゃ~ (2, 0.0%)

1 あなくっ, ないの

▼ のっし~ (2, 0.0%)

1 とこちら, ゃと尋ねた

▼ のっしりした~ (2, 0.0%)

1 厳い姿が, 持前の

▼ のつい~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐる

▼ のつちう~ (2, 0.0%)

1 のが, 奴等病人の

▼ のつつ~ (2, 0.0%)

1 うて喰, っぽを

▼ のつとめ~ (2, 0.0%)

1 を致さね, を行いました

▼ のつまらない~ (2, 0.0%)

1 かしら, わ

▼ のつら~ (2, 0.0%)

1 さを, に水

▼ のてえ~ (2, 0.0%)

1 のは, ものは

▼ のでありしからざれ~ (2, 0.0%)

2 ば吾

▼ のでありのみならず~ (2, 0.0%)

1 かやう, かよう

▼ のでありましたら~ (2, 0.0%)

1 わが艦隊, われわれは

▼ のであるもつ~ (2, 0.0%)

1 とくは, と突

▼ のであるらし~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼ のであるらしく~ (2, 0.0%)

1 トーアホテルで, 前駆の

▼ のである依~ (2, 0.0%)

1 て此, て知る

▼ のである書い~ (2, 0.0%)

1 ても出せない, てゐる

▼ のであろうあわて~ (2, 0.0%)

1 て膳, て高

▼ のできない~ (2, 0.0%)

1 ことについては, ものが

▼ のでござい~ (2, 0.0%)

1 す, まス

▼ のでございます辷り~ (2, 0.0%)

2 はいたしませぬ

▼ のでござれ~ (2, 0.0%)

1 ど, ば

▼ のでしたら出来る~ (2, 0.0%)

1 だけお, だけ早く

▼ のでしょうです~ (2, 0.0%)

1 から故郷, から醜婦

▼ のでしょうわかっ~ (2, 0.0%)

1 ています, ててよ

▼ のでしょう出~ (2, 0.0%)

1 て往, て来た

▼ のですする~ (2, 0.0%)

1 とある, と見た

▼ のですのみならず~ (2, 0.0%)

1 下の, 其の事

▼ のです帰る~ (2, 0.0%)

1 とて今時分何処, のです

▼ のです待っ~ (2, 0.0%)

2 てください

▼ のです忘れない~ (2, 0.0%)

2 ように

▼ のです死んだ~ (2, 0.0%)

1 お夏, 後までも

▼ のです生き~ (2, 0.0%)

1 て行きたい, 拔きたい

▼ のです聞い~ (2, 0.0%)

1 て下さい, て呉れましょう

▼ のです腹立ち~ (2, 0.0%)

2 紛れに

▼ のです阿~ (2, 0.0%)

1 父さんで, 父は

▼ のでっし~ (2, 0.0%)

2

▼ のでつひ~ (2, 0.0%)

1 には昔, 笑つたら

▼ のでないらしい~ (2, 0.0%)

2 ことは

▼ のでなくもつ~ (2, 0.0%)

1 と机上, と深奥

▼ のでの~ (2, 0.0%)

1 お殿様, 意で

▼ のでのう~ (2, 0.0%)

1 て何で, て狐

▼ のでもねえ~ (2, 0.0%)

1 煉瓦場が, 男と

▼ ので御座んせう~ (2, 0.0%)

2 我身の上にも

▼ のといふほどの~ (2, 0.0%)

2 もので

▼ のとから~ (2, 0.0%)

1 威張に, 想像した

▼ のとかを~ (2, 0.0%)

2 停車場毎に

▼ のとがを~ (2, 0.0%)

1 宮お, 憾めば

▼ のとけ~ (2, 0.0%)

2 つくはを

▼ のとしての~ (2, 0.0%)

1 整斉を, 文学が

▼ のとちつ~ (2, 0.0%)

1 とも変り, とも違

▼ のとという~ (2, 0.0%)

1 字の, 風に

▼ のとによる~ (2, 0.0%)

1 ことで, ものであろう

▼ のとのみ~ (2, 0.0%)

1 合点し, 思い込み御馳走

▼ のとはずつと~ (2, 0.0%)

1 毛色が, 異なつた自分

▼ のとやを~ (2, 0.0%)

1 帰るところ, 見て

▼ のとよ~ (2, 0.0%)

1 はた雲, 女だけには

▼ のどういう~ (2, 0.0%)

1 のかと, んだろう

▼ のどうしても~ (2, 0.0%)

1 僕発動機を, 百八十円

▼ のどくだ~ (2, 0.0%)

1 けれども私, けれど私

▼ のどくな~ (2, 0.0%)

1 のでその, ものは

▼ のなくなった~ (2, 0.0%)

1 心, 涎で

▼ のなぜ~ (2, 0.0%)

1 なの, 御飯が

▼ のなぞを~ (2, 0.0%)

1 気を, 見ると

▼ のなつかしい~ (2, 0.0%)

1 でしょう, 薫香の

▼ のなに~ (2, 0.0%)

1 が気, をたのしみ

▼ のなみ~ (2, 0.0%)

2 だを

▼ のならいっ~ (2, 0.0%)

1 てみなさい, てもむだ

▼ のならいづれ~ (2, 0.0%)

1 又格別, 細工の

▼ のならひなれ~ (2, 0.0%)

1 ば申す, ば隨分

▼ のならやっ~ (2, 0.0%)

1 て置い, て見給え

▼ のなら働い~ (2, 0.0%)

2 て取返す

▼ のなら参ります~ (2, 0.0%)

2

▼ のなら構わない~ (2, 0.0%)

1 といいます, と思いました

▼ のなら止む~ (2, 0.0%)

1 を得ない, を得ません

▼ のなら止める~ (2, 0.0%)

1 より仕方, 必要が

▼ のなら生き~ (2, 0.0%)

1 ていた, てたって

▼ のなら知らぬ~ (2, 0.0%)

1 こと, ことわが家の

▼ のなら縛られ~ (2, 0.0%)

2 ても繋がれ

▼ のなら見た~ (2, 0.0%)

1 ことも, と云う

▼ のなら話し~ (2, 0.0%)

1 てね私, て見た

▼ のなら譲っ~ (2, 0.0%)

1 てやらない, て上げよう

▼ のなら逃げ~ (2, 0.0%)

1 て見ろ, ようが

▼ のなら遣り~ (2, 0.0%)

1 方を, 方をさえ

▼ のなら麾い~ (2, 0.0%)

2 てやる

▼ のなら黙っ~ (2, 0.0%)

1 て命ぜられた, て頷き

▼ のなんかには~ (2, 0.0%)

1 あんまりお, とりわけ好い

▼ のなんかより~ (2, 0.0%)

1 この木, もっと美しい瑞々しい

▼ のなんかを~ (2, 0.0%)

1 聞くと, 見て

▼ のなんぞと~ (2, 0.0%)

1 そんねえな, 滅相も

▼ のにだけ~ (2, 0.0%)

1 出した, 役立つわけ

▼ のにつき~ (2, 0.0%)

1 あひ, 当りながら

▼ のにといふ~ (2, 0.0%)

1 気が, 由子の

▼ のにな~ (2, 0.0%)

1 ほらないの, ア

▼ のにはに~ (2, 0.0%)

1 差せる光, 連れゆくとの

▼ のによるか~ (2, 0.0%)

1 または移住, または蘇格蘭

▼ のによるという~ (2, 0.0%)

1 のだ, 方が

▼ のに対しての~ (2, 0.0%)

1 吟らしい, 感想を

▼ のに際して~ (2, 0.0%)

1 是非とも厚い, 食物に

▼ ののった~ (2, 0.0%)

1 こひつじという, ところで

▼ ののみ~ (2, 0.0%)

1 救はれる, 詞の

▼ のはい~ (2, 0.0%)

1 ぢらしい, やみである

▼ のはおぬ~ (2, 0.0%)

1 しじゃ, しだ

▼ のはかしら~ (2, 0.0%)

2 とよむ

▼ のはかの~ (2, 0.0%)

1 お豊, 無学者

▼ のはぞ~ (2, 0.0%)

1 うさない, つとしなかつた

▼ のはて~ (2, 0.0%)

1 に翔けり行く, まえ自身

▼ のはとに~ (2, 0.0%)

1 角一応, 角不正

▼ のはとにも~ (2, 0.0%)

2 かくにも

▼ のはやる~ (2, 0.0%)

1 だけの資格, 瀬の

▼ のはよけ~ (2, 0.0%)

1 ないわけ, ない訣

▼ のばかりか~ (2, 0.0%)

1 こうして直接, なかには白髪頭

▼ の~ (2, 0.0%)

1 ン捲られ, 給ふ

▼ のひら~ (2, 0.0%)

1 から溢れる, 一ぱい痛い

▼ の~ (2, 0.0%)

1 にはもとより, の墓標

▼ のふける~ (2, 0.0%)

1 にした, につれてま

▼ のふりみだした~ (2, 0.0%)

2 髪が

▼ のへながら~ (2, 0.0%)

1 母は, 然しなほ朦朧

▼ のへに~ (2, 0.0%)

1 なみだしながるなさけ, 出た

▼ のべし~ (2, 0.0%)

1 時われ目を, 眞の

▼ のべつに~ (2, 0.0%)

1 作を, 真直に

▼ のぺっとした顔~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ のほそ~ (2, 0.0%)

1 みち, 道の

▼ のほっ~ (2, 0.0%)

1 て置い, て置いた

▼ のほども~ (2, 0.0%)

1 少ないであろう, 承りたしとの

▼ のほどより~ (2, 0.0%)

1 彼方の, 陸路を

▼ のほんとに~ (2, 0.0%)

1 おしいこと, お可哀

▼ のぼやぼや~ (2, 0.0%)

2 つめたい白髪

▼ のまあ~ (2, 0.0%)

1 それも, 面白いわね

▼ のまい~ (2, 0.0%)

1 でどう, 日

▼ のまちがった~ (2, 0.0%)

1 考えなんぞは, 観察から

▼ のまでに~ (2, 0.0%)

1 悲しみを, 涙が

▼ のみたい~ (2, 0.0%)

1 なもの, に百円

▼ のみっともない~ (2, 0.0%)

1 じゃない, のにね

▼ のむこう~ (2, 0.0%)

1 がなに, のす

▼ のむれ~ (2, 0.0%)

1 ものの實, を染め

▼ のめで~ (2, 0.0%)

2 あつた

▼ のめでたき~ (2, 0.0%)

1 にも増し, を見

▼ のめらめら~ (2, 0.0%)

2 の今

▼ のもうす~ (2, 0.0%)

1 事に, 鬼魅が

▼ のもっ~ (2, 0.0%)

1 てフトン, て来よう

▼ のもなあ~ (2, 0.0%)

1 お蔭で, キレーに

▼ のもね~ (2, 0.0%)

1 お母さんの, やっぱりその

▼ のもの~ (2, 0.0%)

1 そり, 抱え

▼ のもほどが~ (2, 0.0%)

1 ある, あるよ

▼ のもほどほどに~ (2, 0.0%)

1 して, するが

▼ のもわ~ (2, 0.0%)

1 づかの, づらはしいくら

▼ のやった~ (2, 0.0%)

1 かてまだ, なア

▼ のやみ~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ のやめなさい~ (2, 0.0%)

1 よ, よね

▼ のやめる~ (2, 0.0%)

1 とか何とか, わ今夜

▼ のやも~ (2, 0.0%)

1 知らなかった, 知れぬ

▼ のやらいない~ (2, 0.0%)

2 のやら

▼ のやろう~ (2, 0.0%)

1 けれど, と存じます

▼ のよい~ (2, 0.0%)

1 女の子が, 家庭の

▼ のよかっ~ (2, 0.0%)

1 たと, た若い

▼ のよりはずつと~ (2, 0.0%)

1 廣く, 高い建物

▼ のらしかった~ (2, 0.0%)

1 がそれ, ぜ

▼ のわい~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ のわる~ (2, 0.0%)

1 さでは, ひのき

▼ のわるく~ (2, 0.0%)

1 ないと, ないの

▼ のをさ~ (2, 0.0%)

2 沢庵かなんかで

▼ のをだけ~ (2, 0.0%)

1 姫君は, 理解した

▼ のをても~ (2, 0.0%)

2 このもに

▼ のをという~ (2, 0.0%)

1 ような, 後ろめたさ

▼ のをといふ~ (2, 0.0%)

2 心持ちが

▼ のをとと~ (2, 0.0%)

1 なり, ひ削つた濃い

▼ のをとは~ (2, 0.0%)

1 大出来, 註文しかねた

▼ のをばかり~ (2, 0.0%)

1 望んだの, 望んで

▼ のんも~ (2, 0.0%)

1 けったいなし, しまいには

▼ のんや~ (2, 0.0%)

1 いうこと, ないか

▼ のイヤ~ (2, 0.0%)

1 です, らしい

▼ のリヽー~ (2, 0.0%)

2 が可愛く

▼ の一つ~ (2, 0.0%)

1 ぐらいあっ, 小さいの

▼ の一ツ~ (2, 0.0%)

2 なるべし

▼ の一助~ (2, 0.0%)

1 としたい, となるべき

▼ の一原因~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ の一回~ (2, 0.0%)

1 のみであった, 終って

▼ の一夜~ (2, 0.0%)

1 であります, を共有

▼ の一日~ (2, 0.0%)

2 も速

▼ の一時~ (2, 0.0%)

1 に際し昂然, に際し靦然

▼ の一段~ (2, 0.0%)

2 に至り

▼ の一渠~ (2, 0.0%)

1 あり, を得

▼ の一秒~ (2, 0.0%)

1 がじれつたく, の生

▼ の一要義~ (2, 0.0%)

1 は実に, は實

▼ の丈夫~ (2, 0.0%)

1 なひと, な方

▼ の~ (2, 0.0%)

2 に庭

▼ の不可能~ (2, 0.0%)

1 なること, なるを

▼ の~ (2, 0.0%)

1 また云わ, 助は

▼ の乾いた~ (2, 0.0%)

1 のあらゆる, 髪の毛や

▼ の事実明白~ (2, 0.0%)

1 となる, にし

▼ の~ (2, 0.0%)

2 大勢力

▼ の云い~ (2, 0.0%)

1 争いの, 渡しだった

▼ の云っ~ (2, 0.0%)

1 ておきたい, て御

▼ の~ (2, 0.0%)

2 必らずしも

▼ の仕事それ~ (2, 0.0%)

1 未だ見出しません, 見出すこと大切

▼ の仕度~ (2, 0.0%)

1 して, に駈け

▼ の仕込んだ~ (2, 0.0%)

1 糊で, 糊は

▼ の~ (2, 0.0%)

1 が天下, を布

▼ の~ (2, 0.0%)

1 云る, 云れる

▼ の~ (2, 0.0%)

1 のため, の絶え間

▼ の~ (2, 0.0%)

1 の昔, は見えます

▼ の何ん~ (2, 0.0%)

2 のつて

▼ の余儀ない~ (2, 0.0%)

1 有様だった, 破目

▼ の余裕~ (2, 0.0%)

1 がありませんでした, もなに

▼ の余銭~ (2, 0.0%)

2 なくほとんど

▼ の~ (2, 0.0%)

2 の志

▼ の信ずる~ (2, 0.0%)

1 ところを, 正しい真実

▼ の信ぜざる~ (2, 0.0%)

2 所を

▼ の~ (2, 0.0%)

1 に, は

▼ の偽善~ (2, 0.0%)

1 だわ, であるという

▼ の傾き~ (2, 0.0%)

1 ある其中, がある

▼ の傾きあり~ (2, 0.0%)

1 しかして改進派, 日本は

▼ の傾きある~ (2, 0.0%)

2 に反し

▼ の優しい~ (2, 0.0%)

1 子で, 顔が

▼ の兄貴~ (2, 0.0%)

2 によく

▼ の~ (2, 0.0%)

1 のお母さん, 知らせか

▼ の入らない~ (2, 0.0%)

1 のって, のと

▼ の全く~ (2, 0.0%)

1 ありがたく, よ

▼ の~ (2, 0.0%)

1 は彼処, れに

▼ の冒険~ (2, 0.0%)

1 をあえて, を試み

▼ の凄く~ (2, 0.0%)

2 ねえの

▼ の凖備~ (2, 0.0%)

2 のみ

▼ の~ (2, 0.0%)

1 をかんじた, をかんじる

▼ の~ (2, 0.0%)

1 仰せて, 御用心

▼ の出来ない~ (2, 0.0%)

1 のそんな, 母親の

▼ の分らない~ (2, 0.0%)

1 ただの, フィルムの

▼ の~ (2, 0.0%)

1 がある, のいれ

▼ の利く~ (2, 0.0%)

1 森本庄右衛門の, 直線な

▼ の前先づ藩閥元老~ (2, 0.0%)

2 の承認

▼ の勇気~ (2, 0.0%)

1 なく殆ど, を持つた

▼ の匂う~ (2, 0.0%)

1 眉これは, 谷あいの

▼ の十時~ (2, 0.0%)

1 にあの, までにです

▼ の卑怯~ (2, 0.0%)

1 だわ, です

▼ の厚き~ (2, 0.0%)

1 情も, 程此方は

▼ の~ (2, 0.0%)

1 斗百姓並に, 着で

▼ の受容力~ (2, 0.0%)

2 を有せざれ

▼ の~ (2, 0.0%)

1 から彼, を利かぬ

▼ の可愛い~ (2, 0.0%)

1 のと, の嫉み

▼ の~ (2, 0.0%)

1 に対してどんな, は

▼ の君子人~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ の吹く~ (2, 0.0%)

2

▼ の周到~ (2, 0.0%)

2 なるを

▼ の啼かない~ (2, 0.0%)

1 のと, 日は

▼ の啼く~ (2, 0.0%)

1 ころより, 声は

▼ の~ (2, 0.0%)

1 なるが, 大鼓

▼ の~ (2, 0.0%)

1 とならん, となります

▼ の困らない~ (2, 0.0%)

2 のって

▼ の固き~ (2, 0.0%)

2 を説明せり

▼ の~ (2, 0.0%)

1 に近づいた, に達し

▼ の堅き~ (2, 0.0%)

1 こと鉄石の, 者ならず

▼ の~ (2, 0.0%)

1 を得, を聞けり

▼ の境遇~ (2, 0.0%)

2 に在り

▼ の~ (2, 0.0%)

2 の日

▼ の外他~ (2, 0.0%)

1 に比すべき, を勧化

▼ の外多く賞讃~ (2, 0.0%)

2 するに

▼ の外大概~ (2, 0.0%)

1 は牛, は病人

▼ の多い~ (2, 0.0%)

1 ね, の唄にまで

▼ の~ (2, 0.0%)

1 に余念なかりき, のやう

▼ の大切~ (2, 0.0%)

1 なること, なるを

▼ の大度~ (2, 0.0%)

2 と群情

▼ の大胆~ (2, 0.0%)

1 に過, 即ち是

▼ の天性~ (2, 0.0%)

2 或は人

▼ の失敗~ (2, 0.0%)

1 に終った, に陥った

▼ の失礼~ (2, 0.0%)

1 ですが, ねえ

▼ の契約~ (2, 0.0%)

1 なるが, は生命

▼ の奥まった~ (2, 0.0%)

1 ところから, 一つの

▼ の~ (2, 0.0%)

1 時節に際し, 時節は

▼ の好かない~ (2, 0.0%)

1 のと, のなんて

▼ の如きで~ (2, 0.0%)

1 さえ同一, さへ

▼ の如何に~ (2, 0.0%)

1 注意深き神経質, 注意深き神經質

▼ の始め~ (2, 0.0%)

1 てだった, てです

▼ の威勢~ (2, 0.0%)

2 を有せり

▼ の嬉しい~ (2, 0.0%)

1 な, をののきが体

▼ の字型~ (2, 0.0%)

1 にひん曲っ, に比し

▼ の安い~ (2, 0.0%)

2 のと

▼ の完全~ (2, 0.0%)

2 なるに

▼ の~ (2, 0.0%)

1 と赤土, を一粒

▼ の実力~ (2, 0.0%)

1 ある政治家, を有し

▼ の実際~ (2, 0.0%)

1 家に, 愉快な

▼ の客部屋~ (2, 0.0%)

1 のほう, のドア

▼ の~ (2, 0.0%)

1 に凍えた, へ帰っ

▼ の~ (2, 0.0%)

1 と知り, の人

▼ の容易~ (2, 0.0%)

1 さである, なる事

▼ の寂しい~ (2, 0.0%)

1 夕暮れであった, 気分を

▼ の寒い~ (2, 0.0%)

1 日に, 風の

▼ の少い~ (2, 0.0%)

2 のと

▼ の少ない~ (2, 0.0%)

1 のって, のと

▼ の~ (2, 0.0%)

1 ばかりがぶらぶら, 帽に

▼ の~ (2, 0.0%)

2 とけふより

▼ の属する~ (2, 0.0%)

1 国家が, 社会の

▼ の~ (2, 0.0%)

1 と田, をかかけ

▼ の~ (2, 0.0%)

1 の玉藻, の玉藻刈り

▼ の帰る~ (2, 0.0%)

1 さ路ば, のを

▼ の常に~ (2, 0.0%)

2 して

▼ の~ (2, 0.0%)

1 がある, を経

▼ の建議案~ (2, 0.0%)

2 を提出

▼ の弱い~ (2, 0.0%)

1 ものも, 彫刻家で

▼ の弱かっ~ (2, 0.0%)

1 たせい, たわり

▼ の当れる~ (2, 0.0%)

1 に若かない, を思へる

▼ の~ (2, 0.0%)

1 に終止形, を取っ

▼ の往く~ (2, 0.0%)

1 者と, 者は

▼ の待つ~ (2, 0.0%)

1 てられない, 人の

▼ の心理作用~ (2, 0.0%)

2 が今度

▼ の必ずしも~ (2, 0.0%)

2 不合理でない

▼ の忍耐~ (2, 0.0%)

1 だ, をもったなら

▼ の忘れ~ (2, 0.0%)

1 ていた, てゐました

▼ の忘れない~ (2, 0.0%)

2 でよ

▼ の思い出し~ (2, 0.0%)

1 たりし, て棒

▼ の怪しき~ (2, 0.0%)

2

▼ の恋する~ (2, 0.0%)

1 のという, 女人の

▼ の恐し~ (2, 0.0%)

1 い筆使い, さよ小敵

▼ の恥ずかし~ (2, 0.0%)

1 がったり, がって

▼ の悩ん~ (2, 0.0%)

2 でいる

▼ の~ (2, 0.0%)

1 かありません, 精霊の

▼ の惜しき~ (2, 0.0%)

2 もこと

▼ の惜しく~ (2, 0.0%)

1 ないの, 島巡りを

▼ の感ぜられる~ (2, 0.0%)

2 ことが

▼ の憂い~ (2, 0.0%)

1 なからし, なく云々

▼ の我と~ (2, 0.0%)

1 は觀, 我有り

▼ の戦争~ (2, 0.0%)

1 するの, は一日

▼ の手段~ (2, 0.0%)

1 であらう, のみ

▼ の批評家~ (2, 0.0%)

2 多きが

▼ の持つ~ (2, 0.0%)

1 てゐる, て来

▼ の~ (2, 0.0%)

1 毛に, 毛は

▼ の描い~ (2, 0.0%)

1 ている, てもつまらない

▼ の支度~ (2, 0.0%)

1 をし, を訪ねる

▼ の故に~ (2, 0.0%)

1 彼らに, 我の

▼ の教え~ (2, 0.0%)

1 て, を乞いたい

▼ の整う~ (2, 0.0%)

2 のを

▼ の敵愾心~ (2, 0.0%)

2 がどう

▼ の斬る~ (2, 0.0%)

2 のと

▼ の方便~ (2, 0.0%)

1 なく再び, はさまざま

▼ の~ (2, 0.0%)

1 という, と言

▼ の明るかっ~ (2, 0.0%)

2

▼ の明日~ (2, 0.0%)

1 の日, は

▼ の易き~ (2, 0.0%)

1 ことあたかも, 水の

▼ の時に~ (2, 0.0%)

1 及び國事, 於て

▼ の時代~ (2, 0.0%)

2 は既に

▼ の普通~ (2, 0.0%)

1 だわよ, よりもズット

▼ の書く~ (2, 0.0%)

1 ために, と気

▼ の書ほこりつもり~ (2, 0.0%)

2 暑き日なか

▼ の有する~ (2, 0.0%)

1 広大なる, 廣大なる

▼ の有利~ (2, 0.0%)

1 な権利, に立った

▼ の本能的~ (2, 0.0%)

1 な喜び, に

▼ の材料~ (2, 0.0%)

1 とならぬ, に供せられた

▼ の~ (2, 0.0%)

1 には方今高堂連閣, に其独化

▼ の来ない~ (2, 0.0%)

1 でクサ, のと

▼ の来る~ (2, 0.0%)

1 のばかり, のを

▼ の果し合い~ (2, 0.0%)

1 である以上, とはいい

▼ の~ (2, 0.0%)

1 とは, は危険

▼ の案ずる~ (2, 0.0%)

2 には近い

▼ の~ (2, 0.0%)

2 の小路

▼ の業縁~ (2, 0.0%)

1 が尽きました, が尽きる

▼ の概以~ (2, 0.0%)

2 て見る

▼ の権義~ (2, 0.0%)

1 あり, なくし

▼ の歌う~ (2, 0.0%)

1 たいで, 声が

▼ の止むべからざる~ (2, 0.0%)

1 ものある, 所以なり

▼ の止める~ (2, 0.0%)

1 わよ, んだ

▼ の正しい~ (2, 0.0%)

1 こと, 路は

▼ の~ (2, 0.0%)

1 しけるを, と信じ

▼ の死んだら~ (2, 0.0%)

1 どうなる, また代り

▼ の殆ど~ (2, 0.0%)

1 無意味なる勝り, 無理

▼ の残った~ (2, 0.0%)

1 その首筋, のにつり針

▼ の殺される~ (2, 0.0%)

2 のと

▼ の~ (2, 0.0%)

1 なる内省, の心

▼ の~ (2, 0.0%)

1 がひける, に触った

▼ の気の毒~ (2, 0.0%)

1 だけれど, なる境遇

▼ の決意~ (2, 0.0%)

2 を示し

▼ の決議~ (2, 0.0%)

1 を為さしめ, を爲

▼ の沈む~ (2, 0.0%)

2 のが

▼ の泣く~ (2, 0.0%)

1 夜と, 梟の

▼ の流れる~ (2, 0.0%)

1 のを, の熱う

▼ の深く~ (2, 0.0%)

1 して, なるにつれて

▼ の添った~ (2, 0.0%)

1 ものであった, 痩せぎすな

▼ の清き~ (2, 0.0%)

2 くちづけ

▼ の激しい~ (2, 0.0%)

1 喧嘩を, 時には

▼ の濃き~ (2, 0.0%)

2 は淡き

▼ の無く~ (2, 0.0%)

2 て咽

▼ の無理~ (2, 0.0%)

1 ありませんわね, なること

▼ の~ (2, 0.0%)

1 つたの, つたのが

▼ の煮える~ (2, 0.0%)

2 のなどは

▼ の熱い~ (2, 0.0%)

1 の大, 熔岩の

▼ の熱心~ (2, 0.0%)

1 とその, に乗じたる

▼ の特権~ (2, 0.0%)

1 に与, を有し

▼ の状態~ (2, 0.0%)

1 となっ, を見る

▼ の甘言たる~ (2, 0.0%)

2 に過ぎず

▼ の生かす~ (2, 0.0%)

2 のと

▼ の生涯~ (2, 0.0%)

1 である, をどうにも

▼ の田居~ (2, 0.0%)

1 に雁鳴き, の夜空

▼ の留さん~ (2, 0.0%)

2 のほう

▼ の~ (2, 0.0%)

1 に陥り, に陷

▼ の痛う~ (2, 0.0%)

2 なかつたの

▼ の~ (2, 0.0%)

1 ばかり拵, ばかり拵え

▼ の白む~ (2, 0.0%)

1 のが, 汽車の

▼ の百合~ (2, 0.0%)

2 の花

▼ の目的~ (2, 0.0%)

2 を達せ

▼ の~ (2, 0.0%)

1 だ, にて又

▼ の知った~ (2, 0.0%)

1 ことじゃあねえ, ことを

▼ の知れない~ (2, 0.0%)

1 流れ矢に, 鼠色の

▼ の知覚~ (2, 0.0%)

2 を失せざる

▼ の短夜~ (2, 0.0%)

2 もはや半ば

▼ の研究~ (2, 0.0%)

1 には自分, を幾ら

▼ の祈り~ (2, 0.0%)

1 方だ, 方である

▼ の神事~ (2, 0.0%)

1 から上覧踊り, であ

▼ の私情~ (2, 0.0%)

2 は胸襟

▼ の種子~ (2, 0.0%)

1 となった, となら

▼ の立たない~ (2, 0.0%)

2 のじゃ

▼ の細く~ (2, 0.0%)

1 て粘っこい, て長い

▼ の終止法~ (2, 0.0%)

1 か連体法, がし

▼ の組織法~ (2, 0.0%)

2 より成れり

▼ の絶対~ (2, 0.0%)

1 にだめ, に必要

▼ の~ (2, 0.0%)

2 を切り破る

▼ の~ (2, 0.0%)

1 手が, 疵の

▼ の置き~ (2, 0.0%)

1 どころが, 場所が

▼ の聞いた~ (2, 0.0%)

1 ことない, ってびっくり

▼ の聞きたい~ (2, 0.0%)

1 の, の聞きたい

▼ の聡明~ (2, 0.0%)

1 あれば, なき人

▼ の~ (2, 0.0%)

1 へ手, をたたく

▼ の自分~ (2, 0.0%)

1 かりようと, でももう

▼ の良く~ (2, 0.0%)

1 ても掘, ないんぢ

▼ の~ (2, 0.0%)

1 が悪い, の黒き

▼ の苦しい~ (2, 0.0%)

1 こと其生活の, と思う

▼ の茂っ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ の~ (2, 0.0%)

1 に凝り, を摘ままし

▼ の荒い~ (2, 0.0%)

1 この家, やつだ

▼ の落ちつく~ (2, 0.0%)

1 ことも, 先き

▼ の~ (2, 0.0%)

1 の中, の茂る

▼ の虚言~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ の行かない~ (2, 0.0%)

1 のと, のを

▼ の見える~ (2, 0.0%)

1 のを, 地面が

▼ の見事~ (2, 0.0%)

1 に千年, に滑る

▼ の規定~ (2, 0.0%)

1 なり又, なるも

▼ の親切~ (2, 0.0%)

1 なること, は残りました

▼ の計算~ (2, 0.0%)

1 であった, なし

▼ の語らひし~ (2, 0.0%)

1 宿の, 空ぞ

▼ の語る~ (2, 0.0%)

1 のを, 平曲の

▼ の誠意~ (2, 0.0%)

1 おわすとも, から出た

▼ の誤った~ (2, 0.0%)

1 概念に, 考え方である

▼ の論結~ (2, 0.0%)

1 に帰, に歸著

▼ の資望~ (2, 0.0%)

2 あるもの

▼ の資格~ (2, 0.0%)

1 なかるべし, はゆるされない

▼ の趣味~ (2, 0.0%)

2 より推し

▼ の足らぬ~ (2, 0.0%)

1 春暁の, 蒙昧人の

▼ の踊り~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ の踏んだ~ (2, 0.0%)

2 のという

▼ の軟派~ (2, 0.0%)

2 あるべしと

▼ の~ (2, 0.0%)

1 さこれほど, さ自己の

▼ の迄が~ (2, 0.0%)

1 見える, 讒謗の

▼ の近い~ (2, 0.0%)

1 うち, 事を

▼ の近き~ (2, 0.0%)

1 にすゝめ, に迫り来れり

▼ の迫った~ (2, 0.0%)

1 美しい山, 部屋の

▼ の逃げねえ~ (2, 0.0%)

1 の, の日本一の

▼ の~ (2, 0.0%)

1 なるに, なるを

▼ の遅い~ (2, 0.0%)

1 からここ, わ

▼ の道徳的~ (2, 0.0%)

1 な思慮, な考

▼ の道理~ (2, 0.0%)

1 で次第, にし

▼ の遠い~ (2, 0.0%)

1 つてのは, つながりの

▼ の~ (2, 0.0%)

1 しない言葉, はしき

▼ の~ (2, 0.0%)

1 詔, 詔を

▼ の~ (2, 0.0%)

1 はこれ, を買つて

▼ の醜く~ (2, 0.0%)

2 さを

▼ の鋭敏~ (2, 0.0%)

2 なること

▼ の錯覚~ (2, 0.0%)

2 におちいり

▼ の長い~ (2, 0.0%)

1 のだ, の凄い

▼ の長く~ (2, 0.0%)

1 ないの, 續いた

▼ の門戸~ (2, 0.0%)

2 を開き

▼ の間調薬看病~ (2, 0.0%)

2 の暇

▼ の間郎従四人~ (2, 0.0%)

2 忽ち死亡

▼ の関係~ (2, 0.0%)

1 を保持, を習成

▼ の附かない~ (2, 0.0%)

1 みじめな, 大木が

▼ の随分~ (2, 0.0%)

1 残念だった, 疾いんです

▼ の離れ~ (2, 0.0%)

1 てしまっ, にゐるらしい

▼ の~ (2, 0.0%)

2 からざる

▼ の~ (2, 0.0%)

1 に心, のかかる

▼ の青白い~ (2, 0.0%)

2 年寄で

▼ の~ (2, 0.0%)

1 なるは, を悟り

▼ の面倒~ (2, 0.0%)

2 を避け

▼ の面白く~ (2, 0.0%)

1 ないの, ないわ

▼ の頼む~ (2, 0.0%)

2 は本当

▼ の~ (2, 0.0%)

1 は研がれ, は血みどろ

▼ の風向き~ (2, 0.0%)

2 が違う

▼ の風度~ (2, 0.0%)

2 あるを

▼ の風流~ (2, 0.0%)

1 にも抜かり, も知らず

▼ の風聞~ (2, 0.0%)

1 を耳, を聞き

▼ の~ (2, 0.0%)

1 引も, 引を

▼1* [3226件]

あおじろいあかりの, のあかきふかみに, のあかれるみればささ, のあさって渡すの, のあすこへ建つ, のあたいきゅうに怖く, のあたかもカサノヴァ伝を, のあたしいやだわ, のあたし嫌いよ, のあたたかき春と, のあたたまるわびごころ胡桃わり, のあたり前ですもの, のあっても小机, のあったらしい形跡は, のあなた水の出端, のあぶねえ仕事だ, のあまいのと, のあまりあらかじめこれを, のあまりかえって句と, のあまりすでに書いた部分, のあまりとうとう脳貧血を, のあまりなんとかして, のあまりにともに醵金し, のあまりひしひしと城塁, のあまりふたたび昔の, のあまり強いて冷静の, のあまり時に悪を, のあまり遂にその消, のあやまらないのという, のあらう筈も, のあらゆる健康な, のあるべきやれお歸りか, のあるらしかつた, のあるらしい女が, のあろう筈は, のあゝ汝神の, のいあわせないのは, のいいえ聞いて, のいかに無情なる, のいくことが, のいくたびにそうなの人が, のいくつかとかけれ, のいくらお家に, のいずこにも, のいずれかを余儀なく, のいたのである, のいちばん美しい夢, のいっそちいさこ部屋, のいったいそれ, のいっぱいはいった釜, のいにわれとわが身, のいばらの花, のいろがかはって, のいわぬの争い, のいわれがあるだろう, のいわれた通り炉の, のいわれなきことを, のいわれる国王は, のうせんかつら, のうつったものが, のうまいものは, のうまかった, のうまくさんまんだ, のうら寒く, のうらぶれた静かさが, のうらやましいな, のうらやましくもある, のうるさかった, のうるさく無いの, のうれしきあの夜, のうわずったお声, のわたしも, のおいや, のおいしさでは, のおいらもさいころ, のおいらこれッきりだの, のおうだの苦, のおおいやだ, のおおきいことさ, のおくで大きなかし, のおこらないのって, のおこらぬのも, のおしいもん, のおしやれだつたから, のおじさまあたいも外, のおじさまおじさま慄え出しちゃった, のおそのという人, のおそれこれ有り候う, のおそれなきに非, のおそろしさは, のおそろしき雨かなと, のおちましたのは, のおちんこを, のおっしゃって嘲笑, のおとなって南, のおどかさないのなど, のおどろきは申す, のおびえの, のおまけにぬ, のおん瞼にあらゆる, のおん許の姓名, のお前たちが大きく, のお化けが出る, のお待ちになってる, のお母さん大安心, のお父つぁん夜釣りにゆく, のお笑いになる, のお腹がすい, のお茶に, のお願いだから, のかいなとぼんやり, のかうするのと, のかおらなかったんだ, のかかには逃げられたし, のかかのお酌, のかかへてきた大きな, のかからかふの, のかかをすれば, のかがとを揃えピシッ, のかくごを, のかくれ場マンホールも, のかくれないのか, のかぐらいに思って, のかぐらいはうすうす知っ, のかけんとうが, のかことことという, のかさうでないかが, のかしこがよい, のかしらって気に, のかしらなぞと思って, のかしらなど考える, のかしらなどと思って, のかしらなどとも思います, のかしらなんて思う様, のかしらんなどと考えた, のかすものは, のかぞへて, のかたりしま, のかだってそいつは, のかだのみんなで, のかちつともわかりやせん, のかっやいっ, のかてがつけられない感じ, のかというかのように, のかというぐらいのことに, のかとがつかりして, のかとなをこが, のかとにもかくにも, のかとのみ思わせられるの, のかとまで決着を, のかどなど発見したら, のかどにどつかと, のかどによって査問に, のかどにより変電所の, のかどへ入つて, のかどやの冷房グリルへ, のかなしき願望を, のかなぞということが, のかなって心配, のかなという印象を, のかなとさえ考えて, のかなとてかたの, のかなとは思ったが, のかなどに就いて, のかなどのことを, のかなども怪しんで, のかななどと思ふと, のかななどとも考へました, のかなんかと可愛がっ, のかなんぞと思つたら, のかなんぞということの, のかにが笑いを, のかについてのもう一つ, のかについても得るところ, のかねえなんてねお噂, のかねとからかひ半分, のかねとでも言いたげな蔑視, のかねなどと云って, のかので二時と, のかはのうすくお, のかはははと声を, のかへで若楓歸り, のかべでとりかこみそうして, のかべというのは, のかべにあたってひびいた, のかべにも床にも, のかべばかりで戸, のかべへ押しつけた, のかほどなくわたし, のかまで知って, のかまわないじゃありません, のかやとて御顏あかみ, のかよってくる, のかよと思うのよ, のからかひや, のからだけでした, のからだけでもしまって, のからとともに先座の, のからになって, のからばかりがたまりもう, のかれぬる冬の, のかわいた磧を, のかわすと云う, のかわへ行きつきました, のかんそのこと, のかんべんして, のかナという風です, のかナなぞと考えたり, のかネと云ったが, のかネなどと自分一個の, のがかどを通ると, のがくらい行燈の, のがというところへ, のがとに角一寸媚めかしい, のがななえには, のがなあうちの, のがなども返りでねえけり, のがなんぞ持つて, のがねえどんなに嬉し, のがのう皆の, のがはにまはり, のがばかりぢや, のがめつぱふ上手な, のがもぞりが, のがもっけの倖いだ, のがやッぱりここが定宿の, のがわアッ, のきいてると苦しく, のきかない程に, のきかなくなるほどくたぶれてしまった, のきかれますのは, のききめでした, のきっと今にも熱が, のきで舟を, のきなば人, のきまっている, のきらいなん, のきらひだよ, のきれいだった, のくすぐッたい, のくずれが澱ん, のくたびれが出, のくだらぬことを, のくだ狐は竹筒, のくっついたままの, のくらいじゃありませんよ, のくらいに考えて, のくらやみの中, のくるしみもなし, のくわえていた, のぐずだのと, のぐれい大目に, のぐれえ卑怯な, のけちなさむ, のけど一寸も, のけれど鞄の, のこきて月見ん, のこくなる海, のこけ猿の, のこしらえて, のこないだの蜂雀, のこのわたはどう, のこまかく言って, のこまないの, のこもっている, のこらば汝, のこらえて四十分, のこるあかりに, のこれお前には心配, のこれから真面目に, のこれんばっち, のこれ以外には未知, のころんだのと, のこんなのって, のこんなに家の, のございません僕なんざ年の, のござんすからね, のごちそうは藁, のごときありさまに, のごとき求める者の, のごとくしたるや, のごとくであってしかも, のごとくなす時は, のごとくなったのである, のごとくならずば天国, のごとくなれと好, のごとく使われておる, のごとく振舞うことが, のごとく描いて当り前, のごとく書いている, のごとく洩れて下, のごとく見ゆと, のごとく解するものである, のごとく騒ぎ立てるのは, のごとしされば前後, のごめんなさいねだって, のご存じかしら, のご覧になる, のさあ坊や, のさうならなほい, のさえが明らかに, のさえだって恐ろしいとは, のさえはづかしかつ, のさかあちゃん, のさかい兄貴お前わいの, のさかだちしたってない, のさがすものは, のさくらがその, のさけどもおらアその, のさけびだったとしたら, のさずかるみちは, のさせるわざだ, のさぞ面白いこと, のさってこんなふうに, のさっき俺があの, のさって怒ったでしょう, のさっぱりして, のさという女の, のさといふ風な, のさなあ兄さん, のさなんて気持が, のさびしいうた, のさまざまの風, のされちまうのを, のさネ俳優の, のざんすよ先刻私, のしいやご, のしからず朝食は, のしきゃないのだ, のしずけさの, のしずまったあとに, のしだいと赤井寅三, のしっかりさっししっかり, のしなかつた亭主も, のしもどを打かれ, のしものしたり, のしもべたちは, のしゃくれた顔色白で, のしらぎぬかばかりに染めしは, のしらないことは, のしりあう人声, のしれども後へは, のしれない政治性に, のしれぬ奇病が, のしろき浅夜不二なれ, のしろくにほふ, のしんぼう出来ませんけん, のじっとして, のじゃあねえか知ら, のじゃあねえかという噂です, のじゃあねえかとも思うの, のじゃがとその不気味, のじゃがよこの辺り, のじゃっ権叔父っ, のじゃとのこと, のじゃなこれから新撰組, のじゃねアリョーシャおまえに, のじゃははははだいぶ探し廻った, のじる内に, のすぎの木, のすくないの, のすぐそこよ, のすぐれた侍二十人を, のすっかりの長, のすべき問題でなかつた, のすめらみことと, のすらも古い幼, のすりかえるのという, のすれる音は, のすんだあとの, のすゝりなく, のから動く, のずうっと向う, のずるいわ, のどうもそん, のせっかくのお, のせっしょうをしたくない, のせないで私, のせぬのとは, のせわしいのそれ, のせんのって土台, のっちょう, のぜいたくをいっ, のそういう場所の, のそうどうにまぎれ, のそうろうの浅蜊, のそしりを免れざる, のそそり節も, のその他を見たい, のその間には習俗, のそりやアあなた, のそれから上高地の, のそれだけはお, のそれでいていつも棗, のそれほど弁信さんという, のそれ以来金魚は擬人法, のぞが痛い, のぞなというた, のぞなどいう, のぞや我れ, のたいぼくを, のたいた焚火であろう, のたかりはいけねえ, のたくった様な, のたくりまはつ, のたずさえていた, のたたかわれた場所場所を, のたたまるように, のたって行く, のたった女なら, のたといろんな坂, のたどきを知ら, のたのしそうね, のたのしいわ, のたまふに, のたらしめようと努めた, のたらせるものも, のたらなかった千世子は, のたりたりで余るくらい, のたりのたってその, のたりをのみたれ尾, のたるを, のた打ちまわりながら味方, のた打ち叫んでいた, のた打ち廻ったがどうか, のた打ち廻り重い足枷, のた打ち荒れ狂う浪を, のた打てのた打て, のた歩いてゐる, のた歩き段々広く, のだあけて見る, のだあけはなつて浴衣, のだあげたいあげたいと念じ, のだあぶなかつた足すべらし, のだあるにはあっ, のだいいかね君に, のだいけアしねえ, のだいこから自分, のだいそれは, のだいへんじゃない, のだいるにし, のだいろ恋の, のだい君は, のだうか, のだうなされている, のだおっかあ, のだおどかしではない, のだおりおり海浜の, のだかうした晩は, のだかえったらひでよし, のだかたまつて居れ, のだかむとハラハラ, のだかように両, のだきさまらは, のだぐずッか, のだけとも俺は, のだけどその方, のだけには奴等閉口する, のだけるど, のだけんさっき, のだことわってくれれ, のだこらえろよナこらえろ, のだこ奴はと梶, のださうで出て来た, のださがしている, のださしあたってなんとか, のださわりたくないのだ, のだしないではおれない, のだじゃれをまる呑み, のだたたかふのだ, のだただそなたまでも尼, のだたとへ澄まぬ, のだだまって持っ, のだちょうをいけどろうとほっておいたおとし穴の, のだっしゃろ, のだったいずこいかなるところ, のだったでしょうか, のだったらうか, のだったらしい様子です, のだったらなってみたい, のだったらゆるしがたいこと, のだったら出て行け, のだったら別れてもよろしい, のだったら断ろうと思い, のだったら止むをえない, のだったら疲れてしまう, のだったら見るものの, のだったら診てもらっ, のだってというのを, のだつたらもつと早く, のだつたらよして呉れ, のだつたら呼べば達, のだつたら尋ねて来れ, のだつたら連れて戻, のだではあの, のだであるからこの, のだとかれはみずから, のだなっし仙台様, のだなりませんよ, のだになかりせば, のだのみならず土右衛門も, のだふだふとした前垂, のだふやけてるんだ, のだまちがえば尊い, のだむせむせする晩春の, のだむせ返る濁った空気が, のだめぐまれた者と, のだめほんとのこと, のだやすつてん, のだやる前の, のだよごれて疲れ, のだらういつたいこれからどうなる, のだらうたうとうこの, のだらうつて大相, のだらうとわれながら恨めしく, のだらうもつたいない明早朝さ, のだらう困つた奴さんだ, のだらう急ぐ必要は, のだらう振り切つて二階を, のだらう曳いてゐる, のだらう看給へ, のだらけであると, のだらしない生活の, のだらんと下った, のだるいのも, のだろうあいてはしばらく, のだろういても島, のだろうかいでみたまえ, のだろうかようの次第で, のだろうかれは震える, のだろうけしかけたものが, のだろうこみあげてくる, のだろうつづいてそう, のだろうわからんな, のだろうホレ娘は, のだろう乗りかかった船で, のだろう分かれていた, のだろう助けてやろう, のだろう包まず言うたらよいぞ, のだろう危ぶむような, のだろう去定は, のだろう古びた風鈴が, のだろう呟くと同時に, のだろう呼び出されるものも, のだろう好き好んで苦しみ, のだろう崩れたところが, のだろう引き出して見る, のだろう恐しい勢いで, のだろう戻って来ない, のだろう持って来た, のだろう提げている, のだろう握っている, のだろう書いていけない, のだろう来ないのかな, のだろう来るのだろう, のだろう死ぬまで幸福, のだろう死ねば義理, のだろう煤けて背骨, のだろう煮あげたぼろは, のだろう痩せ犬すらも, のだろう着ている, のだろう笑ってしまった, のだろう繋がれている, のだろう考える迄もない, のだろう聞いてみたい, のだろう腐れかかった溝板を, のだろう落ち込もうとして寄っ, のだろう行ってみろ, のだろう見ている, のだろう見る見るうちに, のだろう見下げ果てた方だ, のだろう覗いている, のだろう訊きもしない, のだろう跳び立つように, のだろう迷わずにすっと, のだろう附いて来た, のだろう頼んだのは, のだろう馴れてくれ, のだろう騙しただなんて, のだわからずにいる, のだわかるか甲斐, のだゐて知らない, のだ上ってる積りで, のだ云ってごらん, のだ云わば鉱脈, のだ仕樣が, のだ借りておこう, のだ働かない方が, のだ働かぬ働かぬと怒鳴った, のだ働くのだ, のだ光るのは, のだ入らざる余計な, のだ出しゃばって華美好き, のだ出来さうにない, のだ分ったお浦, のだ分らんか, のだ別れるほうが, のだ力尽きればやむをえない, のだ動けるのだ, のだ呼んだのは, のだ困つたものだ, のだ売節漢と, のだ売ろうとすれ, のだ寝るのだ, のだ居ねえといふの, のだ希わないものに, のだ帰らねえか, のだ帰るッたら帰る, のだ当らねえには極まらねえ, のだ待ちかねたよ, のだ待つ外に, のだ待ておいで今, のだ忘れていた, のだ忘れるのだ, のだ怒鳴らないで云ってみな, のだ思い切って声, のだ思い知らせたいのだ, のだ思えば思え, のだ思っている, のだ思ふに汝, のだ急げ急げと独言, のだ恥ぢろ恥ぢ, のだ恥づべし鞭つべし, のだ恵まれている, のだ惚れたのだ, のだ成るほど犬, のだ手繰ってみる, のだ打ってくれ, のだ折られたという, のだ振の紅い, のだ振向いた瞬間極, のだ描く奴も, のだ斬りさえすれ, のだ更けてゆく, のだ有る可き, のだ有るべき道理あっ, のだ来たってあゝ, のだ来なければ来ない, のだ構うものか, のだ止めるといかん, のだ死ねないのだらう, のだ死んだと思ったなら, のだ殺された爲吉の, のだ殺してしまう, のだ殺したら殺したと云い, のだ殺しゃアしねえ, のだ注ぐのだ, のだ煮て喰う, のだ生かして置きたい, のだ生きる者は, のだ盗むくらいなら盗み了せたら, のだ知ってい, のだ知らずに聞い, のだ知らぬものを, のだ知れなければ御門, のだ知ろうとせぬ, のだ縛られる覺え, のだ聞いてくれ, のだ行かなければならない, のだ褒めてやれ, のだ見えるものは, のだ見下ろすやうに, のだ見給え口笛を, のだ許してやっ, のだ詣でて死刑, のだ諦めよう采女, のだ貰って早く, のだ買った娘は, のだ赦してくれ, のだ逃げ出したくなるのだ, のだ這入りにくがっ, のだ通すがよい, のだ逢わないうちに, のだ連れて逃げる, のだ過ったらしい過っていれ, のだ鎮まるべきものなら, のだ開くからし, のだ間違ってしまっ, のだ頼まれたからよんどころなく, のだ食うものさえ, のだ食って美味い, のだ飲みな飲み, のだ駈下りたじゃア, のだ驚いていただきたい, のだ黙つてつつ, のちかきたのもしのみや, のちなみに額田博士の, のぢやつた, のっしり歩いて立ち止まっ, のってから理窟は, のってなんです, のってほど華族の, のっときたそりゃあおめえあたりきじゃねえか, のっぽうのそれでいて, のついたやせたあごが, のついた古びた眼出帽を, のついた黒ずんだ長持を, のついてる字でも, のつかうとしてゐる, のつかない打ちこわしで, のつかれよりも大きかっ, のつかん過ちを, のつしりのしり, のつじ切りでも, のつそりうしろに, のつそりいつちまつたことが, のつそりくたばれと大喝, のつそり立つて往つて, のつたらうと思ふ, のつちつたつて仕, のつづくかぎりやる, のつてないよ, のつてそれやむづかしいもんよ, のつのった末には, のつまったのだの, のつまんないや, のつらいわ, のつらきに身, のてあつた, のてる日に, のであったがかれはいま, のであったして見れ, のであったしからば自分, のであったするとそれから, のであったでしょうがふと, のであったらこまったものだ, のであったらしいが滋幹, のであったらほかならぬ恋人の, のであったら例え二畳でも, のであったら見ている, のでありいはば單, のでありかれらの, のでありしぜん講和の, のでありしたがつて, のでありたいものだ, のでありなり得るものに, のでありましたろうぞ, のでありますでありますから他, のでありませぬゆえ守将の, のでありゃあそれ, のであり云うまでもなく, のであり出されたものは, のであり尽きせぬ喜びが, のであり採られた決断が, のであり気がついてもそれ, のであり生きている, のであり考え得るあらゆる可能, のであり聞いて感得, のであり若返る意に, のであり見て感得, のであり言い換えればその, のであるいはば街頭心理, のであるうつると同時に, のであるかしこまったのは, のであるしなければならなかつた, のであるすぐれた作者の, のであるたとへその道, のであるだらけたからだにはつら, のであるちつとも腥く, のであるでは無い, のであるであるから老, のであるですからわずか, のであるのみならず此の, のであるひは違つて, のであるまかせて去った, のであるやめた人も, のであるよせてをま, のであるらしく思うのであります, のである与へられるだけ与へられる, のである云ってしまっ, のである出来た人でなけれ, のである判ったか, のである古ぼけた紙看板の, のである困つた代物である, のである屠手の, のである忘れられた茗荷の, のである怒られてもよい, のである思い上がった心で, のである慣れない船上徃来には, のである打ち続く処女林が, のである止むを得ず, のである歩いてゐる, のである歩きつづけている, のである殺さるるとも殺し, のである汚したり粗末, のである片づいたのである, のである生きておれ, のである立っている, のである繰返すというの, のである耐えられない沈黙と, のである聞き得るとはこの, のである聴くだけでも気味, のである見渡すところ日本画壇では, のである言い換えれば恐るべき, のである間違ってはいけない, のである飲んでもやりきれない, のである黙って佐和山, のであれたえまの, のであろうかれの姿, のであろうして見る, のであろうだのと, のであろうつづいて自分, のであろうとがった口から, のであろうなろう事なら, のであろうひょろ, のであろうふいに水の上, のであろう乱れかかる鬢の, のであろう仰向いて空, のであろう写し終えて綴じた, のであろう冴えたように, のであろう分らない者から, のであろう助かりそうも, のであろう古びた八束台の, のであろう嗅ぐ人の, のであろう執れとも判り兼ねる, のであろう寝入ってしまった, のであろう干鯣を, のであろう打つ太刀が, のであろう折り折り小さな波紋, のであろう押せども引け, のであろう持っていた, のであろう挙げている, のであろう揉む手に, のであろう更けた夜空を, のであろう死んだ姫君に, のであろう沈めた肩を, のであろう泣くより笑い, のであろう洗って山, のであろう犯せる罪の, のであろう立ちどまって振り向いた, のであろう立ってもいられぬ, のであろう腐った汐の, のであろう見て知らぬ, のであろう見上ぐる空際を, のであろう長ずるに及ん, のであろう阿濃は, のであろう隠してもあった, のであんめえ, のでうか, のでがすからね, のできようも, のできないさげすみの悲し, のできぬ素性の, のできれぎれに, のでございましたろうか, のでございましょうむかつくような, のでございましょう迎えにまいる, のでございましょう飛んでもない, のでございますれば大道具, のでございます暴れるやつを, のでございます楽しめば一竿, のでございます死ぬなどと, のでございます殺されるのが, のでございます生きて一目, のでございます見たもの因果見られた, のでございませういけませんの, のでございませうむかつくやうな, のでございませんでしょうか, のでござんしてな, のでござんすかしらん, のでしたなら私を, のでしたらもつといい, のでしたら承りたいものです, のでしたら聴いてあげ, のでしたら逃げ出してしまう, のでしょうあきらめて立去り, のでしょういきおいこんで真っ, のでしょうおう冷たいあ, のでしょうじッと, のでしょうたのしみだと思い待たれます, のでしょうだまって首, のでしょうふき出すほどうまく, のでしょうまぎれもない, のでしょうみつけた時は, のでしょうわからないものを, のでしょう匂うという, のでしょう呼んでみよう, のでしょう咲き崩れた大輪の, のでしょう寝ながらみんな, のでしょう急がずにあと, のでしょう怪しみの声, のでしょう戴いていい, のでしょう打ち込むや否, のでしょう折り重なった捕手の, のでしょう拝むように, のでしょう持って帰っ, のでしょう捨てたらしいこれは, のでしょう歩いていた, のでしょう気がついたときは, のでしょう泣いたり怒っ, のでしょう澄ました顔で, のでしょう生きて邪魔, のでしょう畳みかける様に, のでしょう立てかけてあった, のでしょう笑いながら手, のでしょう笑ったりふざけ, のでしょう考えてみれ, のでしょう褒めてやる, のでしょう見たものここに, のでしょう通りかかった人が, のでしょう黙っていました, のですいづれも下地, のですいることは, のですおせつかいな, のですくだらんことを, のですさればといつ, のですしきりとあの, のですしめし合わせて裏口, のですじつと見, のですじゃよ, のですつかり怒つてしまひました, のですつかり悦んでしまつて妙, のですつかり読んでゐる, のですつかり驚いてし, のですで又今後, のですとりたいと思う, のですなア, のですによつて構, のですましていた, のですまつたく戀ゆゑに, のですゆるされた年齡環境に, のですわかっている, のですわからないもんです, のですわかりきったことの, のです伸びつつある, のです兼ねて私, のです出来ないのです, のです助けてください, のです取り上げてからはモッ, のです古びた山小屋が, のです叩き出した一個の, のです叩くだけにし, のです叱り懲らしてしまえ, のです困って居る, のです寝ている, のです居ないので, のです帰ってください, のです待ちきれないのです, のです怒れば怒った, のです恨むとか腹, のです惚れた女が, のです慌てて, のです持って来た, のです救うていた, のです教える先生に, のです散るのです, のです濡れてるようにね, のです生れてから後, のです目だたぬようにと, のです知っている, のです砕けて言え, のです移して以, のです窺うのです, のです耳馴れない音調で, のです行くのです, のです見せて上げれ, のです見ると全く, のです見送ってください, のです詰り其日に, のです買わないであちら, のです起きてください, のです逃げ出したりなんかし, のです連れて行った, のです違うのです, のです離れたがったのは, のです願えましょうか, のです驚きましたね怪しから, のでないしようとしたら逃げた, のでないだらうか, のでないであろうか, のでないならとらえることが, のでない亡びるのである, のでない気に入らぬので帰す, のでない見えることなら, のでなかったら恐がらなくともいい, のでなかったら生きる力としての, のでなかつたならかう云ふ, のでなきあ安心, のでなきゃア似合わない, のでなくいはば現象, のでなくかれらは, のでなくじぐざぐに乱れ, のでなくそむけて言う, のでなくちぁね, のでなくつてい, のでなくとらえられるのである, のでなくながめをへ或は, のでなくわかっている, のでなくわからないのである, のでなく与えられたものそれ自身が, のでなく伝へたのは, のでなく停めるので, のでなく働くことによって, のでなく戦わざるうちから, のでなく持っている, のでなく書く条件を, のでなく殺されて首, のでなく漂って行く, のでなく生きている, のでなく生きた文芸として, のでなく生れ変るのだ, のでなく登った山を, のでなく知れる限りにおいては, のでなく覗くように, のでなく逃げてき, のでなけりゃあいけない, のでもっけの幸と, のでもねえとすれば, のでもはいつて, のでやして, のでやしょうがそれ, のでりはさし, ので御座んすか私が, ので御座んしよなと問, のというも年来の, のといったというのも, のとかの呟きの, のとがった縁反りの, のとがとおぼすぞ, のとがに連なる者, のとがは尊氏の, のとがもあるべき筈, のとけない樣子で, のとけぬご容子, のとさかさまにますます, のとしてもその過, のとぞ聞えし, のとだけの相違です, のとだの八朔だの, のとっておき, のとった煙草の, のとては一つも, のとでからだが, のとでわづかなうち, のととのへ勧むる薬は, のとどめをさしました, のとなかいとラップランドの, のとなかいとはそれなりふたり, のとなんてまあ魂消た, のとね即外根, のとびこむ音が, のとへこ帯の, のとへへへへへまそこら, のとほどほに, のとまで綽名を, のとまるつきり違ふん, のともよ蔭も, のとや愚しき君よ, のとやにヤボ臭い, のとよという茶汲女が, のとよとよとありて, のとよりことさらに, のとよをうまいこと, のとりぞ, のとろんこの眼, のとんがっていない, のとナ口々に, のと程結果に, のにくひつき, のどうしてなったん, のどうも変ね, のどくがってわざと, のどくだったともなんと, のどことなく神主じみた, のどしたえな, のどすやろと仰云った, のどっさかい安, のどなられの庭先へ, のどんな乱軍にも, のどんなにすくなくとも五万円いただかなく, のなかもふだら, のなかったこと, のなかなかわるくありません, のながら扇を, のなぐさむのという, のなぐさめが欲しく, のなすところだ, のなぞという見え透いた脅しは, のなぞに依って, のなぞには気が, のなぞも美しい図, のなどから考へて, のなどということは, のなどとともに食う飯, のなどになると, のなどねあんなの, のなどはずつと楽しいもの, のなどよりずッ, のなほ変態ぢやない, のならあいている, のならあきらめようも, のならあげますよ, のならあやまるまあおちつい, のならありますよ, のならいくたりなとお出で, のならいただきたいと考え, のならいつそさつ, のならうけとれるが江戸, のならおいてお, のならかうした事は, のならかまわないのです, のならさしつかえないが時々, のならしても結構, のならたつた一言さう, のならちつとあれ, のならつかい道の, のならですが何, のならとめるというわけ, のならないの論では, のならなくなったのが, のならなすべきことに, のならぬいて風通し, のならはくぼくに, のならはねつけることが, のならはらひであるがはら, のならばって奥様, のならひであるから成功, のならひですから風来坊, のならひなるをか, のならひ見る目の, のならふへい, のならほんたうにい, のならむかしゃ仙台さま殺しゃせぬで, のならもつと不遇, のならやらないとお, のならやり切れぬなと思った, のならやれないとはっきり, のならゆかないことも, のならゆこうだが乱暴, のならよろこんでいます, のならゐる事に, のなら下さるたって戴きません, のなら云ったと答える, のなら会いに行きたい, のなら会ってあげ, のなら会わないでもいい, のなら信じることが, のなら出したでもいい, のなら出た跡が, のなら出来たで可い, のなら出来るだけ委しく, のなら分け前よこせ, のなら分っている, のなら別れるより仕方, のなら勤めなきゃいいでしょう, のなら包まず仰しゃいな, のなら及ばずながら僕, のなら呼ばなくッても, のなら埋める品物が, のなら始めつから約束, のなら威張ったような, のなら嫉ましいでもう少し, のなら尋ねようと思つて, のなら差支えないが第, のなら帰ってお, のなら帰ったでよい, のなら帰りたまえ, のなら帰るのを, のなら引返して汽車, のなら忘れられても仕方, のなら思ひの外奧行, のなら打ち明けておくれ, のなら押しかけて行く, のなら持つて行つて, のなら振り向くものも, のなら捕えたらいいでしょう, のなら掛けて見る, のなら探してみたら, のなら来ていただきたい, のなら来たでいいと, のなら構わねえで置け, のなら止せば好い, のなら死ぬる覚悟で, のなら死ぬ張り合いだってある, のなら死んでみせる, のなら残された人造人間を, のなら気に入らない見本でも, のなら消えたりあらわれ, のなら済みませんがそこ, のなら渡してくれた, のなら生きてるより死んだ, のなら生き返つた筈でございます, のなら申しあげなければよう, のなら留めるでいいが, のなら直してくれ, のなら立っておくれ, のなら置いてゆく, のなら聞こえた話です, のなら行かなければ好い, のなら行くことが, のなら行ってあげなきゃ, のなら裂かれた二頁も, のなら見てもいい, のなら覚えている, のなら解かるがただ, のなら諦めなければならない, のなら買いますがね, のなら買ってあげます, のなら貼りついていべき, のなら賣つても, のなら起きますよ, のなら近づけば逃げるだろう, のなら返り血は, のなら逃げられさうなものぢやあ, のなら逃げるように, のなら逃げればよい, のなら逆らうとかえって, のなら逢いそうな, のなら遂げても字, のなら違うけれども, のなら還つて阿, のなら離れ座敷の, のなら食べないことは, のなら驚かないが二千年前, のなりたいわ泣きたくなる, のなんかがだんだんたまっ, のなんかじゃなくて, のなんかと言うの, のなんぞという悪い料簡, のなんぞには余り迷, のなんぞより事が, のなんのと申されます, のなんのかんのってっ, のなんぼだ, のにあたりはじめに, のにあたりは暗く弱い北風, のにかけて何種類か, のにが笑いに, のにさえも多少の, のにすら不機嫌な, のにたいしてのことばであった, のにたいする新聞紙の, のにだけしか役に立たないの, のにだって何日かかる, のについての事だろう, のについてもいろいろ世話, のにといったような, のにとってなくては, のになあと思う, のになど呟きつつ, のになどと思つて居た, のにね今年こそ, のにはがつかりした, のにはなむけた詩, のにはばかりがあるもの, のにはへ父は, のにへいこうでの, のにへにならつし, のにもななえには, のにもねんにねんを入れるの, のにもほどがあらあ, のにもよつた, のによりて考へると, のによると述べて, のにをつけたもの, のに対してもも少し情, のに関して驚くべく無知, のに際し山田は, のぬくき垣内の, のねって, のねったのを, のねは雁がねのねの, のねらって来た, のねんねえだ, のねエ口の, のねッ私は, ののさ人生これ別れ辛き, ののぞまないんです, ののどでケタケタ, ののみを引き降して, のはいいってん, のはいりません結城紬の, のはかへって与へた人, のはからの檻だけ, のはかる茎の, のはけはしいけは, のはけばをおとし, のはげしいのは, のはげしき身の, のはげしくゆれる電車, のはげしくすさまじい雨が, のはこぶの清, のはさほどでない, のはじつさいえらい, のはじまる音を, のはぜにさしの, のはたなにあげ, のはたいたのと, のはだのなめらかなかがやき, のはつるといふ, のはどぜうで魚扁, のはなあちゃんが, のはなどの意, のはなはだ困難なる, のはなんぞといへば, のはなんぞはからん白秀英, のはねえと云う宅, のはねに強いアクセント, のはね云うも恐ろしい, のはははははどれ, のはばあやの声, のはばかりに引きこもらなければ, のはばかりへ廻縁に, のはばかりを借りには, のはぶきみだが殺人, のはへつらいだ, のはべんべらものの, のはまった古い輪, のはまるつきりの, のはむしずが, のはめつきり少なく, のはもの哀れよりも, のはもは例外の, のはやらないわよ, のはよかッた, のはよ程大胆な, のはりきったさわやかな, のはれたけれど舞台, のはをのづから人, のはんと申すなる, のはナ新身の, のばかげきった話だ, のばかげてるわ, のばかし喰はせ, のばかしとは限らない, のばかりかと思ってた, のばかりかも知れない, のばかりと来て, のばかりに夢中に, のばって, のばつかしよんでるんじ, のひとつ家に啄木鳥飼, のひどい仕打ちを, のひねつこびれの吃り, のひらだよ黒い, のひらんなかへ, のひろいあなへ, のびっくりなさるでしょう, のびゆくもののよりどころ古い柱, のびるので纏まらず追っかけて, のふかいために, のふかかった, のふさぎの虫, のふっくらとした, のふとった内儀さんが, のふなばた, のふるところ, のふるいわ, のふるえが止まなかった, のぶよぶよぢや, のへしかつめ顏, のへたり心にも, のへっついが, のへば双方真顔にな, のへやだけは見せ, のほかうしろは一面, のほかお詫びすることば, のほかすべて官業に反対, のほかウェリントンはもはや, のほか三老職そろって, のほか今の自分, のほか他に知るべき, のほか何ものもない, のほか何事もできない, のほか別になすべき, のほか当日読書すること, のほか持口の守備, のほか数個の専制的君主国, のほか法王は礼拝堂, のほか無之候, のほか皆亡び失はる, のほか皆その後につい, のほか秀吉家康の上, のほか終日目に触るる, のほか花のうつくし, のほか通例の文化模倣, のほか都々逸端唄川柳はもとより, のほしいけど, のほそっこい骨を, のほつかりと夕月, のほてりを冷ます, のほとり願はくは黄塵, のほどにも練れて, のほどねがひ候也, のほどのところに, のほめきに, のほらお帽子よ, のほら穴の前, のほれば, のほろぼされるのと, のほ飛ぶが如く, のぼってりとした, のぼつたり下, のぼろツ兒より高い, のーんと, のまがっている, のまざった小さなふるえ, のました様に, のませやがったに違い, のまアちゃんは, のみんなつまらないこと, のみんな不仕合せなん, のむしむしとした, のむしろ得策なる, のむずかしいことを, のむずかしき舞の, のむっちりとした, のむべいにな, のむらがってさく, のめんどうくさいでしょう, のもうすぐ来るでしょう, のもかの女並びに, のもからだの, のもぐあいが, のもごうはらだからな, のもござりやア, のもござりませぬで希有じゃと, のもさういふわけ合で, のもつれないように, のもてまえ一人, のもというところも, のもにて魚が, のもののと七面倒に, のもはや両三日, のもへ野郎今夜は, のもむしずが, のもネありゃ銀太, のやあ僕の, のやいな, のやかと思うと, のやがあります, のやくそくも, のやこまいのを, のやちうさかいなア, のやっちゃ大いに, のやったら聞くように, のやってるから女, のやっと辛棒してる, のやつも此転音, のやと太子様が, のやどりの, のやならそれは, のやの外には, のやはりお万殿, のやぶ柑子だ, のやまいだといわれる, のやまいでしてね, のやむをえないという事, のやむを得なかったの, のやむを得ぬに立, のやめたん, のやめましょうね, のやや避け難き, のやらさえ考える事, のやらさつぱり見当の, のやらの処分を, のやらを苦に, のやれ洩るのやれ, のやろ泣いてこましたろ, のやわいの, のやわらかい顔を, のゆかぬ赴任二日目である, のゆかんこと夥しい, のゆきとどいた大きなへや, のゆく路, のゆずらぬのと, のゆたかなしずかさ, のゆったりした風貌, のようで正反対, のよかあかん, のよさないか, のよしたらどうだ, のよってぼく, のよとは申しません, のよなんて言って, のよねいいこと, のよりて起こるところ, のよりの混った, のよりはずつとずつと小さなの, のよりもかへって簡單である, のよりゃよっぽど人間, のよりやアまだ, のよろこばしい感じで, のらしいしみつたれと仲間, のらしく見えるものとが, のろくなつて居る, のわかっていた, のわかったわね, のわかつている, のわからんかねえ, のわかるとし子は, のわかれにふい, のわけないよ, のわたうつらうつらに, のわたしきまりが悪い, のわたりに家, のわびしさの, のわらの上, のわりに身がるに, のわれわれだってはじめて, のをかへつて氣味の, のをから威張りの, のをからかひ顏, のをずつと見て, のをだに拒もうと, のをつつ抜けに, のをてまえが, のをとや角言っ, のをとをと水通のを, のをどすおさく, のをなまかじりしてる, のをに組の, のをねいいだろ, のをへつるん, のをべんべ, のをよけながらなお順助, のを通して聞くよりも, のを通じてどういふ, のんでして中川, のんは後に, のんやしむやみに, のアそりゃア兄い些, のアメリカ趣味とでも言う, のア家のもの, のインチキというん, のウアンナコトウまアエロ, のウソよウ, のオレが生れ, のグヮンという衝撃, のサアー一ぱいついでちょうだい, のサ何うすれ, のサ真直に進む, のシノプシスとする, のスケッチといへ, のタブゥなん, のとの事, のッぺりしたような人嫌いですよ, のぽなからだ, のテレパシーっていうん, のテンハオだよ, のトニオとハンス, のトニオさん聞かせて, のトロと中, のロン, のドイツの男, のナンセンスで可笑しかっ, のあさ, のハラハラする, のバクチ場なんぞに出入り, のパリジャンだなんて, のフライトラツプが自ら食物, のブチのめす, の短調の, のメンドウくさいやと, のモモンガアが出る, のだな, のヤセ我慢の屁理窟, のヤレ穢れるの, のヨダレをくっ, のリストは二流, の一しょに都, の一ぴきほしいなあ, の一コの首, の一争いとうとう居合抜き, の一令は言っ, の一件なんぞも僕, の一便法に過ぎぬ, の一切の葛藤, の一剣もなく, の一剣こいつで汝ら, の一匹婦も知らず, の一字さえわかれ, の一実例を与えた, の一寸でいい, の一尺五十銭やや太い, の一手ほかに当り障り, の一手感涙にむせぶ, の一時間も, の一杯ひっかけりゃ癒, の一枚にあ, の一案しかない, の一水あり, の一水西北に入るあり, の一法なり, の一点張で如何, の一生であって, の一画を掛, の一端に外, の一箇所に自分, の一節に至り, の一親友たらしめよと, の一輪黄色い奇麗, の一通あり未だ, の一郎に, の一部分みたいにいう, の一銭もいらない, の一階段にて異端, の一際美しい藻, の一面を示す, の一項を読まん, の一首をつくづく, の七律あり, の万更あなたのため, の大機関, の三両で絎け, の三人みんな満足な男, の三分の二ほどをのぼっ, の三列に腰掛け, の三十日ほどかかる, の三四人がとび出し, の三日朝から晩, の三百三十二名は三千一名, の三聲續けてきち, の三道樂の外, の三重の誤解, の上々吉だの, の上がって来る, の下がるの米価が, の下げて歩ける, の下さるんです, の下らぬ言葉が, の下手人の, の平均を, の不具を発見, の不合理なるは, の不吉ですよ, の不味いのと, の不安その広, の不幸あらしむるとするも自由党は彼, の不幸あらしむるとするも自由黨は彼, の不当なること, の不服はいっ, の不条理なるは, の不潔で不, の不義を咎むることなく, の不自然を攻撃, の不遇をする, の不遜をお, の不都合なること, の与かり知らざるものなく, の与せざるところ彼の, の世上の噂, の両方の目, の中二階のやう, の中條さんでは, のには大, の久しき岩石漸く, の久しくして, の久しぶりのよろこびであった, の乗つた頃に, の乗つたさかりで丁度, の乗んの, の九時起き, のふの, のだれ限り, の乱暴な目, の乾草を刃物, の亂暴を働いた, の争いが起きかねない, の争闘は漸く, の事ゆゑ何共致し方御座無候間金子五十兩何卒才覺致しな, の事實明白となる, の事態が醸し出された, の二・二六事件というの, の二三あるとの, の二事でございます, の二人切で行く, の二匹より一匹, の二十四五の男, の二字を彼, の二寸を隔て, の二将はいちはやく, の二本前太いと, の二階の窓口, の云う如くわしの, の云われた小次郎様が, の五人のひとくみ, の五日十日積るの, の五番であつ, の亡くなった人は, の人それを教える, の人それ皆豪い, の人たるを看るべき, の人情は世界中, の人生は面白い, の人聲それは昨夜, の人間ではない, のを抱き, の今度あ, の今日現実のもの, の仕た業です, の仕事でないだけに, の仕損じがない, の仕組なり, のは無い, の付いて居ります, の付かない事に, の仙吉ってば, の代理の愛人, の仮想ならん, の仮面であるならそれ, の仰せつかった使命の, の仲立に夕立, のりが, の企てありと聞く, の企画をやめ, の会いたくても飛び出せ, の会ってみたく, の会わせないのって, の会わぬのと, の会社あり, の伸子さんじゃありませんです, の似合う秋です, の似合ふかも知れない, の位牌のと不吉, の低いのという, の低きに庭さき, の低劣さをやめ, の住んでゐる隣り, の何ぞと問, の何とかさ, の何もかも回り出すのよ, の何本も伐る, の何神様のお, の佗びしい浪宅へ姿, の余りにしきりに幽冥の, の余りについ口に, の余り卒中を起し, の余り吃り気味なので, の余り天主教に帰依, の余り思わぬ災害に, の余り慕うの余り, の余り泣かんばかり叱った, の余其女主人公に就き, の余戯に過ぎざる, の余時有りて, の余此間病悩頗る其恃, の余義なきを, の余習で国史, のあり中, の作ってく, の作った法律を, の作りし大それた, の作りものにすぎない, の使っていたい, の使つた踏臺に登る, の例漁夫の流, の供給地となす, の怙による, の価値あり, の便宜法行なわれん, のに心酔, の保証人たり, の信仰が如何, の信心者に伝えね, の修さんと私, の修業として時として, の俳句じゃない, の候酷寒針で刺す, の假枕あかつきがたの雲, の偉い女に, の偉大さをもっ, の傾があるの, の働かないの全く, の働き感ぜぬはなかりけり, の働くさまを, のはよしましょう, の僥倖もあらん, の僭越なる經緯, のならん, のくふだから, の儲からんのと, の允可を得る, の兆しありとする, の兆なりといふおそろしい, の先まわりして, の先生がどうしてそう, の入れ替えるのという, の入道ならねば, の入院するのに, の全然違うん, の八刻の上げ潮, の六字を点, の其時拵へた, の具に供しよう, の円い首ふりスタンド, の冷たくないの, の凄いのオレが, の処此事を聞き, の処置を随時, の処自ら御鬢一筋, の処蛾眉の宮人, の出た中学な, の出ねえの縁の, の出るのと, の出来ませんよ, の刀剣は一転, の刄物で斬る, の分からぬ太平で, の分かるか, の分らぬトンマな, の分別がなけれ, の分離するの, のなると, の切なさにも, の切るのと, の切れたのも, の切れないの死ぬ, の切腹である, の初期の洋画家, の判るわだけど, の別になぜと申す, のもあり, の利いたものか, の利益がある, のかんところには, の鉢や, の制規なり, の刻げんになりました, の前先づ足下が公人, の前日艦長は滯港中其市民, の力これなく候いしか, の力もなく都邑人士の, の力一杯なんだ, の力多かる, の功徳にも相成り, の加わった防備隊だ, の加賀の白山, の助けをなし, の助けるのという, の著しき故, の効いもあろう, の効く筈が, のを起し, の勇氣を以てあたるべし, の勉強盛なら洋燈, の動かしかたも, の動けぬ病人だ, の勘定は帳場, の勘弁して, の勝つたのと, の勝れりと為す, の勝れるに如かざるなり, の勝負となったら, の勿体ない気が, の化け物のやう, の化ものの言葉, の北野家の大切, の北陸の者, の区別だけは残し, のと, の十二のをとめ, の十四の星, の十四字儒侠文左衛門の面目, の十四日夜越前への帰国, の十畳の間, の十秒とも経たぬ, の千倍も大きい, の半纏を駕籠, の卑怯者だの, の卒業するの, の博士と云, の危険それは米友, の厚ぼったくて着られ, の原因にし, の原義である, の厭うべきを知っ, の厳かなるを, の厳寒の道, のつた後念吉黙, の去つたらしい悦び, の去るのと, の参考と為, の又は百八十兩貯へたの, の双生児のよう, の反ってよい, の取そろえましてね驚くべき, の取って投げた, の取った道が, の取らせている, の取れない魂が, の受けないのつて話, の受持ちの先生, の口利きでは貝, の口吻をなし, の口惜しいんです, の口惜しくないの, の則に, の可否を論ずる, の可哀想だから, の可哀相だから, の可愛いい頬は, の可笑し味が, の可笑しかったこと, の可笑しくねえの, の可能性を有する, の叱られないので, の史文恭をとらえ, のを用, の合わせ目に, の合戦にそこら, の吉星の巡る, の夜具将軍家の, の吊った棚へ, の同じ問題が, の名前は, の吐いた血が, の吐きたるものに, の向方で, の含む不明の, の含羞草が感情的, の呉服屋へ行く, の呪った広海屋, の呼び上げを聞く, の和歌山へ, の咲きほこるなかを, の咽喉を突く, の咽喉笛に喰いついてやん, ののある, の哭く聲風の, のにまで歌っ, のであり間もなく, の問題ぢやない, の善いのと, の喘ぎと盲目的, の喜びがベアトリーチェ, のにもれず, の喩えもある, のとなり, の器量が有った, の四度読みましたが, の四辻に赤子, の困ったから電報, の固まつたものの, のは决, のを憚, のと朽ち, のに打たれ, の地味な服装, の地有樹木并巨竹を産し, の地球の外, の地蔵様の申し子, の地震が起る, の席が, の垂れさうなコーモリ傘, の執拗を有し, のなりき, のについ, の壮士もある, の壮大なる悲劇, の壮観オオ・ミステイクの不良少年少女, の物な, の売ってやしない, の売った邸宅財物の, の売る人が, の変らないのって, の変わった人を, の外いたし方ないの, の外すべてが孝, の外せんすべなかるべし, の外その他の三艘, の外一切近づき前, の外何れも六種揃つた, の外多数の実業家, の外昼も人跡罕, の外昼夜止むこと, の外村の物識り, の外玄奥なる宗教, の外皆必ず辮髮, の外西北東のいずれ, の外西洋料理屋の料理, の外言葉なし登時忠相, の外近年は全く, の多かった頭, の多大の財力, の多忙しい小山の, の多数である, のもご, の夥しさである, の大丈夫おれは負かし, の大人びた顔を, の大好きだわ, の大学生の議論, の大戦は汝, の大江さんのい, の大罪を犯す, の大計を度外, の大長者どののお, の大騒ぎであった, のに行く, の天下をし, の天分ありとは, の甚しき者なり, の太い白い襟から, の太田先生がかい, の太鼓を拍, の失われた気持で, の失儀をお, の奇觀を呈す, の化符州判の, の奉行所へかつぎ込もう, の奥さんのある, の奮発心を起す, の女々しく愚痴なる, の女中はそのまま, の好いもの書く, の好いた人だけに, の好かった太政官, の好かれたのという, の好かれるのという, の好きぢや, の好き対だ, の好くないの, の好むところを, の如いやつぎ, の如くあつかわれていた, の如くある神秘的な, の如くしづやかに黄昏れそめた, の如くである上に, の如くなすべしといい, の如くなって行け, の如くにらみ合つ, の如く名づけるのは, の如く変り得るのであるなら, の如く張られてゐる, の如く指し示され軍人は, の如く早まったことは, の如く来てくれた, の如く殺そうとし, の如く用いないならば彼, の如く用いることによって, の如く見るならば北部地方, の如く費す方を, の如しである之が, の妙語紙上に相, の妨げとなる, の姿や妖婉, のとなら, のたらざらん, の媒たるを知り, の媒介なれば, のの体格検査, の嫌うものこそ, の嫌がって又, の嫌われ者と, の嬉しさに, の嬲るのというは, の子供がそんな, の存在が目だつた, の季節となった, のにし, の学問なり, の学塾にし, の安きもてなしに, の安全なところ, の安宅の関, の安定を保つ, の安逸なるを, のっている, の実に一人で, の実は見て, の実感が起らざる, の実用に適する, の実行を阻障, の実証なきはなんぞ, の家道の衰, の富めるを愛, の寒き鹹と, の寒し棹さし連れぬ二人づつゐて, の寛大なる度量, のらえぬ, の寝ざるらし子らが, の寝てるうちに, の寝られないような, の寝られんのという, の寸法らしい, の曹を, のとき所縁を, の尊き徴號いよ, の尊く無いの, の尊敬を払いはじめた, の尋ねる人かも, の導く道に, の快感を, の小ぢんまりした住居, の小屋をたずねた, の小皿をそこ, の小間物から下駄穿物, の小鳥の巣みたい, の少々ゆるすぎる, の少なきを悲むがために, の少年は日, の尖り帽子を, の尚更当に, の尤もね, のに成る, のへつれ, のと猪, の居た部屋は, の届かない盾裏の, の届く出所進退を, の屋形船なく花, の者で, の山口屋が下手人, の山本のところ, の屹度音ちやんは来られるだらう, のの人目, ののところ, のの下, の川越の方, の左右両大臣以下, の左様わしでさえ, の巧みなるを, の巨躯と当惑, の差異がある, の己惚は存外, の帝王よりも三台, のに関係, の帰って呉れる, の帰らうねえ, の帰らないというの, の帰らぬうちに, の魚船に, の平気ですよ, の年春暖漸く催, の年月も分らず, の年瞻は三十七, のをえ, の幸運に達せり, の広くないの, の床しく身に, の底冷がする, のがどう, のとなる, の庭先へ引きすえ, の廻らないのと, の引いて来た, の引つくり返つとる, の引つ放して來ん, の弛んだ重い小, の弱って来た, の弱まったせいだろう, の張る氣の, の強きに於, の当たれるにしかず, の当らざること暗, の当りまえだい, の当りまえだい, の当りませんよというの, の当り前のこと, の当分はこれ, の当時においてをや, の当然だわね, の形勢に至れ, のになれ, の影法師をお化け, の役に立とうとは不思議, の彼国の美術心, の彼宅は御, の彼那家だのに, の待たないのと, の待たぬの, の待たんの, の待ち切れぬ空腹, の待ち遠しく心も, の後六月に至って, の後孝陵に謁, の後眼を患, の後起座し折烏帽子, の得策たるにしかざる, の御免だな, の御存じでしょう, の御覧になった, の御馳走に山, の御馳走さまどこに, の微かな光, の徹底的な快楽, の心事を知る, の心亢り好んで, の心地する, の心得なれども広き, の心持で進まなけれ, の心汝を動かさず, の心理で金吾, の心細くなって, の心臓の形, の心配がなくなった, の必要品にとどまらず, の必要條件である, の忘れたべしちえ, の忘れちもうた, の忘れてたわ, の忘れられた水族館の, のきに, の味に, の快感が身, の快活にする, の快調を以て即座, の念仏踊りに惹き込まれ, の念願を遺言, のを避, の怒りっぽいし, のありき, の思あらしむ, の思い上がっている, の思い出すわ, の思っている, の思はしくない事, の思ひあらしめたであらう, の思ひありいかなる神人, の思ひして容易, の思ふこと, の思わくも面目ない, のだった, の性情にし, の性根を叩き直し, の性質のある, の怨むのと, の怨霊が見たい, の怪しからないと, の怪物に目方, の恋すてふ, のもある, の恐あり且つ又, の恐いから当分, の恐しい目に, の恐なき能はず, の恐なく又宗教, の恐るべき誤りに, の恐れありしといわん, の恐れなきにしも非, の恐れなくまたその, の恐ろしいのと, の恐ろしきかな, の恐怖恋愛が自己, のを曝す, の恥ずかしいのね, の恨むのと, のを隆ん, の恩賞にあずかりたい, の息むまで我, の虐なる, の悟らないのって, のを避け, の患いはなかるべし, の患いあれども理, の悦びたとへん方なく, の悪かったこと, のみなし, の悲しさは, の悲しみであります, の悲しむべき過失を, の悲壮な場面, の悲痛を描い, の悶着があつ, の情けないわ, の情一倍して, の惚れないのという, の惚れねえのと, の惚れられるのそんな, のを演じた, の惨禍を招いた, の想いがあった, の想ひで豆粒ほどの土, のれりと, の愉快に越した, の意ヤソ教のほか学問上, の意図を有する, の意志あれば, の意気ありしにも, の愚かなるを, の愚かしきによる, のはその, の愛くるしき顏なり, の愛さないのっていう, の愛さんあなたこの, の愛して居る, の愛し合った男女誓い合った, の愛するもの, の感あらしむるに至りし, の感じてくる, の感ぜらる, の感づかぬの騷ぎではなかったのだ, の感甚切なり, のだった, の態勢を執った, のい誰, のも遠く, の憂なきを期すべからず, の憂ひなければなり, の憎いので, の憤らないので, のに堪へぬ, の懶きに絶えず, の合でも, の成るべく汚い車, の成敗するの, の成算を開示, の我儘な姉, の我慢してたん, のにあらず, の戦士たらなければ, の戰慄である, のを転ずれ, のまでひらかせ, の手伝おうか, の手伝っておくれよ, の手前達にせ, の手数を省い, の手紙では解らない, の手速きに拠った, のに乏し, の才女めきたる行, の打ち込んで行く, の打っつけに, の打つ音に, の打つであるまたいつた, の打てなくてどう, の扱う鷹や, の批評なり己, の技倆を持たない, の投げなわ, の投票権は当時内閣, の投票權は當時内閣, の抛るのと, の抱いている, の押しつけてもわしア, の拍子木が雲, の拠りどころが, の持ちあつかい, の持った提灯を, の持つてないんです, の持とて川, の持寄り品を, の指した方を, のあるを, のはない, の捜さねえのって, の纏は, の立小屋が, の掘り方では, の掛からない以上また, の採っては味噌漉し, の控えべ, の揃つた硝子戸に突当, の描いた竜虎の, の描きやすい方法, の描き納めでただ, の描く半円を, の揚げ土に, の揺らがぬ程もの静か, の揺れないのでない, の摂氏十八度に保たれ, の摺った揉んだのあげく, の撓むまで, の撰んだ証類本草が, のあるを, の擧動とも解釋, の攻め方は, の放さないの, の放言だとは, の政党なるべし, の政治となる, の政策にし, の政黨なるべし, の敗れは愚か, のや難し, の教室に集まった, の教育が始まる, の散々な目, の敦子さんごらんにならない, のへ難く, の整ったというの, のをうつ, の料たらざるは, の斬られたのの, のはっち, のうする, のさん, の新井町の石井様, の新町がどう, の新築をなす, の日本一の臆病者, の日東照廟大猷廟, の日雨晴る, の旦那さまにお, の早口のとても, の昇るの降る, のあらば, の明し影つけ, の明らかなるや, の易からぬは, の易く体の, の昔かすになつて, の昔兄きは, の昔百も承知, のは空, の映った銀色の, ののなごりの, の時々悪寒する, の時候が時候, の時機来らば, の晝飯の茶碗, の景色はわれ幾たび, の晴れて一緒, の暖かき無何有の郷, の暖めたのコーヒー, の暗くて恐い, の暴れぬくうちは, の暴行を敢, の曇り空で長屋建, の曰うに, の曲がるのという, の曲りくねった松の木など, の曲谷のいしきり, の曲輪にあたってにわかに, の書いて呉れる, の書唐の張又新, の書経を読む, の書院を清め, の大切な, の最中独り自ら醒め独行勇進, の最後の智慧, の月夜半ばにし, の有り金を残らず, の有るものなら, の有れば貸し, のを有し, の望ましきことは, の望まない事を, の望みあるならばなんぞ墓場, の朝大阪の宿, の朝払ひが, のだの, の木の下の地面, の木ぶかい所まで, の未然形に接續, のが家出, のは教化, の本当にそうきめましょう, の本意いずれのところ, の本義らしい, の本能だけは残っ, の朽ちにける, のでこの, のなんぞある, の来らんとする, の来るべき時代を, の東京に生まれ, の東国の源氏, の林町と東片町, のを見つ, の果して当を, の果てででももと, の果報者に, の柘榴石が生長, の根問いをする, の桔梗さまも泣い, のの花, の棲む渓流, の棲んでいる, の植わっていました, の業一つでございます, の極ついにその落第, の極めて便利なる, の極度と言うべし, の極端が食肉, の極終に生命を以て, の極遂に明白なる, の楽しさを, の楽しいねえ, の楽しみなよう, の概しての道, ののさき, の様子ゆえもはやのがれん, の模樣に見れ, の権作老爺に頼ん, の権利をあらかじめ, の橋廊下をこえ, の機今日にあり, の機能を授かっ, の機轉すらなし, のにきのう, の欠けてゐる, の欠点あること, の次第に鶴は, の次郎は, のをもっ, の欲しき君かも, の欲求である, の悲し佐久, の歡喜である, の止して頂戴, の止すの, の止まない声で, の止み難きを, の止めてしまえ, の止めないという問題, の孝はん呼びなまし, の正しくないの, の正直な俚言, の正道だと, の此処へ往, の武士道が相, の武蔵って, の歩いてゆく, の歩き方は, の歩くような, の歪んだ線の, の死躰を見せたくない, のんど, の殊に篤きに, の残された唯一の, の残したお菜に, の残り少なき御法なりとも, の残念なる次第に, の殴らぬよりもこッちの方, の段取りとならなけれ, のに斗, のでも盛る, の毛並を払, の毛利の帷幕全体, の民心が危険, の気がついていらした, の気に入らなければ私, の気に入らぬところでも, の気力さえない, の気味が悪いじゃない, のにて火氣, の水晶を刻む, の水難がある, の永い間には, の決して妄想迷説たらざる, の決断に出た, の沁むや青み, の泊って行け, の泊るの, の法猛獣を自在, の泣かねえばかりの声, の泳いでゐる, の洒落である, の洒落たものだ, の洞穴を見, の洩れようとしない, の活きるのと云った, の派その他自家の反対党, のを出でなかった, の流なるをもて, の流れている, の浅草には何, の浅黒い顔きっちり, の浮いている, の浮かみ出た証拠に, の浮浪人たらざる, のへ行きたい, の海老で, のが流れた, の涼しい天気に, の涼しきは茗荷, の淀むのが, の淋しいわね, の淡いのを, の淡き齒痛を, のさは, の深いよいひとで, の深かった御, の混乱になっ, の淺紫なるに, の淺見にし, の済まぬうちは, の済みませんけれど三両, の済むのを, の済んでゐる, の済んだら其処へ, の渋い調子であります, の渋くないの, の減ってしまう, の減らないの, の渡さないの, の渡って行った, の温かった, の温き山も, の温まるやうな, の器だ, の湿っぽい午後, の湿つた土の, の満ちわたる海と, の準拠となりしか, の溜まるのばかり, の溜めた汗臭い, の溢れ出るのを, の滴る風情を, の漂う加減に, の漂った部屋の, の漲った海の, のなり, の潔きに越した, の潰すのという, の激しかった場所, の激戦が行われた, の濃い陰翳と, のをつけ, の鶉蛋だの, の為ることを, の烈しさと, の烈しかった時代, の無く成つたら酷く晴々, の無情なること鬼, の無慈悲なる行為, の無道なる不忠不義至極, の焦立たしい気持ちに, のかも濁った, の焼いたのを, の煙管を路傍, の照り輝く太陽だ, の煩わしさに, の煮えくりかえるのを, のと視た, の熱き血潮に, の熱る女の, の熱狂と興奮, の熱考を読者, の燃えてる時であった, のは点け, の燒芋屋になる, の父様がなれる, の物憂そうな, の特に急なる, の特許を得, の状大河が世界, の狂うはずは, の狂わない処だったろう, のは悪, の狭き畑下戸の, の猛者だった, の献じたものは, のくぞ, の珍しいので話, のを蜘蛛, の現金すぎて, の現金政治を去り, の理法ありて, の甘いよ, の甘き香もぞ, の甚だしいものと, の甚だしく困難なる, の生かしておけ, の生きて居る, の生じる理由が, の生れて始め, の生れたれの子, の生んだ池田全安の, の生活それがすなわち, の用語に於, の田草を採る, の同坐, の由其聞有るに, のじゃない, の男ぶりだけじ, の男らしくもない, の男優連だつて, のに臨みたるなれ, のる可, の留めるのも, の畜生道は眼, の異なった言い方が, の異例をゆるされたい, の疑ひを持出しました, の疲れるのという, の病いがある, の病弱気力の薄弱, の病棟へ投じる, の痛むことおびただしい, の癒そうとして, のにさわる, の発する熱量を, の発明あらんと, の白かったこと, の白し広野の, の白っぽくて蛆, の白河を越える, のであったばかり, ののやう, のなる声援, の盛んなるより, の盛観を呈し, の目がけたところは, の目だたない旅館へと, の目立たぬ身装茶室である, の盲挙をなさしめた, の直截なるに, の直截簡明なるに, の直覚力が鋭く, の直覚的烱眼を有し, の相手が本当に, の相談が持ち上っ, の相談相手にならない, の真剣に聴い, のに訴, の着くものである, の着られやしないわ, の着物を暖炉, の着類は揃い, の知らないですか, の知らなかったンだ, の知らぬのという, の知らねえよ, の知れたもんさ, の知れるならむ, の石川氏であるから, の砂村へお, の破れないのと, のとなっ, の確かりして, の社会上の名誉, のをいとなみ, のをつづけ, の神出雲の神様でございましたなあ, の神威を感ず, の神経の作用, の神経質らしい人, の禁ずる能は, の秀吉では, の秀子を滅, の私ほんとうはあなたたち, の私不賛成だな, の私腹が立つ, の私邸であったらしい, のは作家, の秋子をまねけ, の科學的知識がなけれ, の秘密室なの, の程とも知らねど, の種類であらう, のなり, の稽古槍にすぐ, の穴師の山, の究極の目的, のなるや, の空いたところへ, の空けた私には, の空しさが, の空しからで毒蛇, のをのぞく, の窮境を辞する, の窮屈のよう, の窮鼠となっ, の立ちこめた町の, の立つような, の立派な人格者, の立花伯爵のお, の童話が壱岐, の等地方色豊かだ, の筋違いかも知れません, の策問之有, の管理するの, の築いたものである, の篤きのみならず, の米価が騰貴, の粗忽なるや, の粗末な店, の粘りになっ, の精妙を極め, の糞小便は大地, のは必ずしも, の紅かったの, の紅葉を見る, のがいる, の素振りにも表わす, の細い木を, の終った報告が, の終り藤山が, の終る頃から, の終止法名詞に種々, の終止言につらふ, の組頭の庄助, の結婚に就い, の結果われより苦痛, の結果フランス国が失いし, の結果三之助なる者, の結果予の親愛, の結果彼の英身, の結果此の如し, の結果筆力が形, の結果美を構わない, の絡み付く身体を, の綺麗な寝室, の綾子さんの鞄, の緊要なるを, のが動く, のの下, の縛るのなんて, の縞目も見えぬ, の繁き尾の上を, の繁華な商店街, の繋いで曳い, の織江様と仰せられる, の纏う廃屋の, の置かないのなぜ, の置かれた境遇の, の罹らぬ内早く, のを持っ, の美しさを, の美しい娘振りでした, の美術をどう, の義人旗下に参ぜよ, の義天を照らす, の羽ばたく昼に, のを免れず, の習慣存する所, の習癖を馴致, の翳るまでは誰, のを扶, のが芽生え始めた, の考えてはいない, の考えるとうれしい, の考へ方に, の考案なきに, の者たちの書きあげ, の者どもだった, の者一同を容赦, の者凡そ九百八十八人なり, の耐えてご, のまで口, の聞いてい, の聞いてたらみんな忘れつちまつた, の聞えたもんだ, の聞えやせんが, の聞かなけりゃクビだ, の聞せてよ, のと未, の聰明あれば, の聲之に和, の聴いちゃいられねえ, のに従事, の肢體より, の肥えないの水, の肥ったのお, の育った環境を, の胆智あるを, のの高い, の胚珠をやし, のによう問, のけだしたいの, の脱がすのは, の腐るほど集り, のを切れ, の臘梅八つ手五葉の松, の自分のもよい, の自動車へ乗, の自然と融合, の自由性を有し, の自由貿易主義に則り, の至り五ヵ国の, の致せしのみ, の舁かせている, のを貪る, ので顏, のにも菊造り, の舎宅へ案内, のの場, のに三人, の艇内をちょっと, の良工もあるべし, の花間に息, の芸子にはめずらしい, の芸者にする, の苦しくないの, の苦しむ癆咳にも, の苦労というもの, の苦心は資本, の苦慘を快, の苦痛なしに, の苦衷を物語り, の苦闘を嘗め来った, の茂った往来端の, の草原の中, の荒池を眺める, ののお, の莫迦に忙し, の菊ちゃんこれいつか話したあたし, の落ちついた声で, の落つると共に路, の落付かない, の落合うところだ, のは碧玉, のがあり, の著しい相違は, の葬法の古く, の蒼い靄の, の蒼きまでの白色, の薄ぐらいところに, の薔薇の花, の薩摩に西郷, の薫る襟裏へ, の助どん, のを呑め, の虎吉おまえはみんな, のがよ, の蛇大好きなの, のまりから, のをのん, の行き交う旅人に, の行って, の行ったの, の行ってればいい, の行李をサロン, の行為多きは, の衝動となる, の衝動甚し, のか裾, の装飾にし, の製也上世の遺跡, のへささっ, の襲うて掠, の襲って来る, の西洋料理を奢れ, の要するものを, の要らないじょうぶな, の要らんよ君, の要用を感じ, の見えざるばかり高く, の見えなかつたねえ, の見たるを免れず, の見つけて買っ, の見とむないぜ, の見ぬのとの, の見ませんかといはれ, の見上ぐる上, の見上げるやうな, の見捨てないのと, の覗いている, の親しき友は, の親父がやかましい, の親類なん, の観あった大ピアニスト, の観ありしも可笑しから, の観音様の御堂, の解らねえのつて, の触れぬのと, のを爲, の言い立てて見た, の言っている, の言ったことを, の言わないので, の言われる通り船中みな気を, の言わん方が, の言葉なり, の記念碑たるに過ぎざるなり, の設け崇め尊ま, の設備をし, のりが, の許さないのという, の許さぬのと, の証明書を与う, のを唱え, の話しかたを, の詳論は憚り, のを新た, の誉められぬのと, の誘惑に危く, の語其中に機関, の語松陰においてはその, の語根はさく, の語西のは冷罵骨, の語頗意味深長なるを, のを外, の誠実あること, の誤った恥じらいから家, の誦する経巻とを, の読んで黙っ, の読書家たりと雖, の誹りもまぬがれますまい, の調であるが, の論ずる所は, の論派なりしかれ, の論理がない, の膚を, のなり, の謙遜がなけれ, の講義にあらず, の講習会が入り込ん, の謹さんと貴女, の譬えで振向い, の讀經の諧音, の豊後の邸, の豪華な馳走, の財宝の分け前, の貢ぐのという, の貧しさを, の貧しい野戦食を, の責めないのじゃ, の貰ったの, の貴きを知る, の貴女が御, の買うことが, の買えばいい, の買った女は, の買つた富札の番號, の買つて遣つたんで, の貼り交ぜ屏風であった, の賢き頭よ, の賣れねえのと, のあるとに, の與は, の贈遺を彼, の赤い靴を, の赤き丸き月一つ, の赤し幸福に, の赤電を追っかけ, の走つた跡でも, の走るような, の起こっている, の起こったとき一万二千里は, の起こった痩せた体を, の起っている, の起ったのは, のを存, のい切るの, の足らざるが恨, の足らなかつたものである, の足りないものを, の足りませんね, の跫音が聞える, の踊れば, の上の, の蹴るのとは, の身ぶるいするの, の身体を大切, の身分も存ぜね, ので長崎橋, の軽蔑するの, のあらば, の辛くやっとの, のやら爾後, の農業か, の辺土の山, のすてないのね, の迄を見てから, の近くまで来, の近づくのを, の返せないのと, のも面白い, の迫って来る, の迫る中に, の迷惑だってよく, の追いこんだの枇杷葉湯, の退隱に, の退かぬという者, の退隠に同情, の送ってき, の逃げないの一生懸命, のなり千古不滅, のを備, の途中一たび開戦の報, の途次親しく諸国, の途次馬車中に於, の這う古く懐かしい, の通さねえの安宅の, の通じないんじゃ, の通って行った, の通ったところが, の通らぬの, の造れる自より, の連れてっ, の連想よりき, の進歩主義なりと言うべし, の進歩党の策略, の進歩黨の策略, のは白鳥氏, の過度なるのみ, の道具も衣裝, の道楽が嵩じ, の道路に向う, の達しがあり, の違うのと, の違えば違う, のに予, の遠謀を説き明かされ, の遣らねえのといった, の遣らんのとの, の遣繰りが付く, の適切な例, の適当なるゆえん, の遺臣のうち, の邪魔物であると, の部すんで表へ行き, の部ロクローが声, の部万才も, の部二階のつっ, の部今日から花井, の部入り薄し, の部声全くいかん, の部声色源之助だけやっ, の部夜の部共, の部大辻何の芝居, の部渡辺セリフを突如, の部舞台でもくさい, の都會といはれる, の酸っぱくした牛乳, のさを, の釈尊自身の中道, の里見の芸談, の重くないの, の重なる理由であるらしい, の重要な一原子, のがない, の金吾さん迷惑でしょうね, の金沢へ行く, のなぞ盗ん, のが急, のとなり, の鎮まるのを, の長きを知る, の長命寺というお寺, の長夜の宴を昨日, の長屋にす, の開いている, の開いた柔かな, の開運必然のといふ俗信, の閑暇と折々, の間もなくて早く, の間カナダ地方に接続, の間世上無為に属す, の間仰せ奉りて, の間其愛妻とすら衾, の間小野田が多く外まわり, の間山の尤も, の間左右する能はず, の間役所で標本, の間彼の前途, の間御輿を用, の間暁更に臨み, の間杜若目に動き, の間滅亡する者其数, の間遠近の御家人群, の間面々に結構, の間駿河国富士郡に下向, の関するところでない, の闇夜の太刀, の附いた服などは, の神術も, の降るのとて, のだ, の陣取っている, のに君, の障子にうつる, の隠れていなけりゃならない, の隠密となっ, の雄々しかった事, の雅量なきを, の集まった権威ある, の雑色というもの, の難く濁るの, のはそれ, のを, の青し日の, のちやん, の静まらざる如く, の静まるのを, の非常に有益, の非道なるは, の非難はあらん, の面倒くさいわチキンライス, の面倒くさくなっちゃった, の鞣外套の男, の韻事をも解せざりし, の順序を厭う, の預っている, の預り物生若い衆の御, の頻りに放歌し始める, の頼まないのって, の顔立も相当, の類いずれも愚民, の類たるがごとく, の類其例决して, の類後者の例, の風致はげに, の風采であるそう, の風雅人果して都, の飛ぶように, の飛んで行く, の食いつかれたらどうする, の食う物を, の食ってゆける, の食ってるなと笑, の食つて行つちやつたのさ, の食べさせてやる, の食わないのって, の飲まねえのと, の飲んでるなあそりゃ, の飾らないのが, の飾るのという, の養子ハ如何様なる, のり片時, の首のと, の馬鹿らしさと, の馬鹿氣たこと, の駄仕事にしきゃ当らねえ, の駄目だよ, の駆けねえの, の騒ぎですが, の騙だのとは, のだち飛むで, の騷ぎですが, の驕りであったとしか, の驕奢品たるがご, の驚いたのに比較, の驚かなかったの私, の驚か無いのと, の骨折と煩苦, のいとこから, の高き地に, の高きひくきをさだめん, の高尚な犠牲心, の魂消ないのまるで, のにあらざる, の鳩ヶ谷の三志様, の鳴いている, の黄玉が漸く, の黄色き月の, の黒き祈り心を, の黒塗りの小舟, の黒色鏡がかかっ, の黙って聞い, の齎すものは