青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ひと~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~ひそか ひそか~ ひたい~ ひたすら~ ひだ~ ひっそり~ ~ひつ ひつ~ ひで~ ~ひと
ひと~
~ひとつ ひとつ~ ~ひとり ひとり~ ~ひどい ひどい~ ~ひどく ひどく~ ひな~ ~ひない

「ひと~」 11257, 122ppm, 870位

▼ ひと~ (1800, 16.0%)

25 ことを, 顔を 22 ような 21 ために, ように 14 ところへ 11 心を 10 ための 9 眼に 8 ことは, 心の, 手に 7 家の, 気も 6 前では, 家へ, 秘密を, 顔が

5 [12件] ことだ, ことで, 中に, 前に, 命を, 心に, 生活の, 生活を, 目を, 話では, 間に, 顔の

4 [16件] ことなんか, ことに, ことも, ごちそうに, すがた, ものを, 作品を, 切符を, 口真似を, 名を, 姿を, 家に, 手を, 数は, 眼を, 話に

3 [33件] いのちは, いのちを, うちに, うちの, おもちゃに, すること, ためにも, もので, ものも, ようで, よさそう, わるい冗談, 世に, 中にも, 事を, 傍に, 口から, 名は, 名前を, 姿が, 姿は, 娘を, 家で, 方が, 物を, 生れ年だ, 生命を, 胸に, 許に, 話を, 身の, 頭を, 顔も

2 [111件] いうこと, いちばんの, いふこと, うちへ, おかみさん, おかみさんとも, お嬢さんの, お父さんが, からだを, こ, こと, ことが, ことなど, ことの, ことばかり, ごとき乞食, さいわいの, しのびて, すぐすま, せいで, せいに, みざるま, みちの, みち又, めかけに, もって, ものに, ものは, やうな, ようだった, よさ, よの, われに, 一生も, 中で, 事に, 体に, 分まで, 前で, 名で, 噂に, 噂を, 四谷の, 国の, 場合は, 声が, 多いこと, 失敗を, 奥さんだ, 女房を, 好んで, 妻として, 子の, 子を, 子供を, 幸福を, 影が, 役に立たぬもの, 御胸, 心から, 思惟に, 恩を, 悪口を, 悲しみの, 感情の, 感情は, 成功を, 手には, 手は, 文学の, 方は, 方を, 書いたもの, 書いた小説, 書いた本, 様子を, 気持は, 注意を, 深切には, 為に, 烟と, 着付だ, 瞳に, 瞳孔に, 知らないこと, 程度という, 純粋さえ, 経験は, 絵は, 絵を, 耳を, 肩越しに, 能力を, 苦しさ, 襟あしみなほのかなれ, 見さ, 見たる幻想, 親切を, 言うこと, 言葉が, 言葉を, 訪問を, 話で, 買物を, 身なんどは, 身に, 身の上を, 迷惑を, 運命は, 道が, 酒の

1 [1135件 抜粋] あとで, あり, いい佐藤伝四郎, いい博士, いう, いたという, いつと, いとしさ, いのちの, いはく, いやみ, いること, いろいろの, うたったの, うちで, うらみも, おかげという, おっかさんから, おとなしく七三, おもいの, おもひで, お取り持ち, お嬢さんに, お宅, お手紙, お父さんな, お見舞, お金を, かしらと, かたちを, かわりに, きぬにすら, ことその, ことだって, ことどう, ことなどの, ことについて, ことばかし, ことみたいな, こと処では, こと夏の, このみ, こひし, こんな詩句, ごときは, さひ, ししあい, して, すこし北歐訛り, するとおり, せいの, せつかくの, そばで, そんな気持, ためたいへん, ためなら, ためにだって, ためには, つもりで, つれあ, できないさ, ときには, ところには, ところ番地を, とふ, どこか, どの人も, ない海岸, なかにも, なさけの, なれバ, はいて, はきもの, はなはだ美しい, は庭上小池, ひびきが, ふところを, へそを, ほうが, ほかには, みち教団へ, もちものの, もの, ものだけ, ものと, ものなんか, ものわかり, もやれる, やって, よいところ, よい無学, ようであったろう, ようにさえ, よに, よろこびを, わきに, わるい綽名, アパートには, アパートを, スメ, タイプと, タッチは, デカダン生活は, プロフィルに, ボロの, 一人であろう, 一本調子の, 一生は, 一番下手な, 三倍時間を, 下に, 不一致, 不幸の, 不親切や, 世で, 世話で, 世話には, 中から, 主観からの, 久遠の, 乳房を, 事な, 事なら, 事の, 事みたいに, 事務所で, 二つは, 二倍も, 二階へ, 云うの, 云おうと, 云ったの, 亡くなったとき, 人格までが, 人生態度に迄, 人間性さえも, 他にも, 件, 伴れらしい, 住所には, 何かの, 何気ない化粧, 作つた詩どれか, 作品は, 使いようを, 例は, 俤だった, 個性という, 側から, 側へに, 優しさ, 儲ける金, 兄さんが, 光沢は, 全然知らない, 全部が, 六十パアセントは, 内部から, 写真でも, 凉しい, 出入りが, 分も, 判断に従う, 到達した, 前へ, 前途を, 力相応と, 労働貸金は, 動作の, 区別, 区別は, 十人の, 十倍二十倍も, 厄介に, 参観を, 友情が, 口に, 口は, 台処で, 名が, 名まえ, 名前が, 名前も, 告げ口などに, 命自分の, 哀しさ, 唇から, 問ひたら, 善い老人, 喋るよう, 嘘をば, 噂とは, 四年居, 国と, 國籍である, 執念の, 堪へ難く, 場合ひとを, 境遇にも, 声の, 声音に, 多くは, 大いそがし, 大きな姿, 大戦後の, 天下では, 奥さんでしょう, 奥さんにも, 奥さんもう, 奥様の, 女房と, 女房は, 好ききらいは, 好意にばかり, 妹である, 妻に, 妻君に対する, 姓名は, 姿, 姿しか, 姿でした, 姿まで, 婿に, 子に, 子は, 子供の, 孫が, 実に偉大, 室へ, 家まで, 家を, 容貌まで, 寝室に, 寝間なんぞ, 審美眼で, 小説みたいに, 少女の, 居間に, 屋敷へ, 川床は, 己れ, 希望も, 席まで, 幸福と, 幸福も, 幼い自分, 店の, 建築に, 弱さ, 弱点を, 当然の, 後を, 徒弟として, 御様子, 心それらの, 心なんて, 心は, 心や, 心持として, 心持も, 心理については, 心痛の, 心配を, 心靈に, 忠言を, 思いの, 思はくに氣, 思惑など, 思索力について, 性質で, 性質は, 恋愛なんか, 恥辱と, 恩賜を, 息子です, 悪いところ, 悪る, 悪口も, 悪食趣味つて, 情なれ, 惡さうな, 意見も, 愚痴が, 愛を, 感情が, 感情でさえ, 感情を, 感覚が, 態度などという, 懐中を, 懸命の, 戸主である, 手と, 手の, 手伝を, 手紙なんか, 技術なり, 折角の, 持ち物を, 指先にさえ, 指紋の, 掌は, 損害は, 放談に, 故郷が, 教える, 数倍の, 文学理論の, 文章が, 新の, 方の, 方も, 日記の, 旦那様の, 明るさ, 智恵を, 暗示に, 曲尺を, 書いた庭訓, 書くもの, 書く論文, 服裝もちや, 末路とのみは, 本の, 本を, 本貫, 机の, 来たの, 枕の, 格子を, 歌に, 武骨な, 死が, 死に方, 死んだこと, 残酷なら, 気が, 気もちを, 気分に, 気持ちを, 気質という, 求めて, 法弟でも, 洗たく物は, 流れとだけ, 涙の, 混つたなんだか, 漕ぐ艇, 災難を, 無垢を, 爪そのもの, 父であり, 父親には, 片影なりとも, 物という, 物腰だけ, 玩弄物では, 甚だしくある, 生活と, 生活について, 生活へ, 生活力の, 生涯でも, 生涯は, 用事を, 由でした, 男を, 画集に, 畑に, 病な, 病状が, 発言が, 白い咽喉, 皿ばかり, 目に, 目も, 眞つ, 真の, 真実を, 真面目な, 眠を, 眼の, 眼や, 眼愛情が, 瞳を, 知らないうち, 知らない片隅, 知らぬ間, 社会生活における, 秘呪とり, 稚ない, 立志伝が, 笑いの, 笑い顔には, 笑ひ, 節の, 精神が, 精神に, 純粋度が, 素直な, 細君を, 経費は, 給料を, 絵姿を, 総身の, 縄張りへ, 美しい指, 美質と, 羨むよう, 羽織が, 考えかたに, 考えつかぬよう, 耳にまで, 肉筆, 肋を, 肩に, 背たけの, 背後には, 脊中の, 腕などを, 腹でも, 自嘲的な, 自慢らしく, 自由だ, 舌, 艶書の, 花火見あ, 苦心の, 落したもの, 葬式を, 蒲団へ, 薬を, 行く北海道くん, 行為に, 見さかい, 見てる前, 親切な, 親切に, 言う事, 言ふ, 言葉つきも, 言葉では, 言葉に, 計略には, 証人なら, 詩を, 話からも, 説に, 読みちが, 誰人もが, 貧乏な, 賢愚をすら, 赤ちゃんは, 趣味や, 身なりが, 身の上から, 身分が, 転変と, 迷惑などを, 道では, 違ふ, 遺志を, 部屋な, 都合も, 醜聞を, 金を, 鉄の, 長眠, 間接の, 陳述は, 階級人としての, 際立った不思議, 難儀に, 霰の, 青眉, 面ざし, 面影も, 音声が, 頬を, 頭だ, 頭は, 頭上へ, 額は, 顏を, 顔さへ, 顔だち, 顔とも, 顔には, 顔ばかり, 顔や, 食いものに, 食慾が, 館に, 馬にばかり, 馬を, 骨折りで出来そう, 髪の毛なんか, 髪を, 鳶いろ, 鼻の

▼ ひと~ (1274, 11.3%)

9 それを 8 自分の 6 私の 5 一人も, 自分が 4 知って, 私を, 誰でも 3 いいひと, そのこと, 不確実, 不確實, 何よりも, 男の, 私が, 立派な, 誰も

2 [82件] あたしの, いま一生懸命勉強し, おかみさんを, おのれの, きつと, このやう, これまで, さまざまの, しばしば解放, すでに二千年, そう思っ, そう言っ, そこに, たしかに私, ただ丈夫, ただ他, ただ想像, たよりに, どうした, どこかの, どこで, どんな顔, ないだらうか, ないだろうか, ないと, ないの, なかつたの, なぜ生き, なんにも, もと, ゆく, よろこびました, わたしの, マルクス主義の, 一ことも, 世にも恐ろしい, 人間の, 何と, 全く自由, 勤勉だけで, 唯ひとり死, 夏に, 大変疲れ, 大外套, 好きだ, 嫉妬する, 容易に, 小説を, 少しも, 彼の, 思って, 思索の, 愛と, 愛に, 愛において, 感性を, 手を, 指を, 敗北主義から, 星を, 時として他, 書きながら, 未來について, 椅子から, 次の, 温かさ, 無限に, 珍らしい, 痩せて, 瞑想を, 知りながら, 硝子戸を, 私に, 結婚し, 絶望から, 自分と, 自己の, 自己を, 言ひ, 賑かな, 金が, 髪を

1 [1038件 抜粋] ああいう, ああロシヤ, あたしを, あなたたちと, あなたの, あなたを, あの作品, あまり知らぬ, ありません, あるもの, あれでも, あわれである, い, いい紙, いうが, いかにも物分り, いかめしいよろいかぶと, いくつに, いずれ平凡, いったい何, いつもの, いつも手, いつも父, いつ休む, いないかしら, いないね, いなくてよ, いへ, いません, いまに, いやおまえ, いらっしゃらないと, いろいろ疑問, うつかり, うれしそう, おいでに, おそらく乱軍, おちぶれた異人, おのずから惚れ込ん, おやと, お前に, お母さんが, お爺さんけれど, かえり私, かすかに, かゆとも, きっとわたくし, きまっておとなしく, きわめて少なかっ, くるりと, こういう話, ここが, こころば, このつねに, この世の, この厭, この感情, この過程, この頃, この頃明治初年, こんな室, ごろつと, さうは, さり, したなる秋, しばしば行動的, しらじな, しり行っ, じきしな, すぐ思い出し, すっかりよそ行き, そういい, そういうこと, そういう今日, そういう点ユーモラス, そういっ, そうは, そう話した, そのよう, その二つ, その坊や, その室, その直, その相反, その背後, そばに, それからたび, それだけで, それで数寄屋, それについて, それは, それまで, そんなに笑わず, たいていこんな, たいへん不幸, ただあなた, ただ善い, たった三日ロンドン, たまし, だいたいいいえ, だ脱いで, ちぎれた海藻, ちゃぶだいにいろいろな物, ちょっと片手, つねに源泉, てんでダメ, とかくに, とてもダメ, どういうもの, どういう性格, どうしてこんなに野郎言葉, どうして物ごと, どうでも, どう思うでしょう, どこが, どこに, どっちみち自分, どの位, どんなおじさん, どんな世の中, どんな化かされ, どんな気, どんな返事, ないだろう, ないもの, なお何等, なかった, なくなって, なほ何を, なんでも, なんと云, なんな, な衣, ねむれり, ばの, ひとへに, ひとりで, ひとりも, ひょうばんに, ふつと, へんに, ほしいと, ほのかに, ほんとに生き, ほんのわずか, ほんものさね, ぼやけた電気, まがいもの, まずありません, またよく, また別, また美しい, まだ生き, まだ私, まったく驚喜, まるでめちゃ, みじんも, みな, みなひきあげた, みな千早とやら, みな悪法を, みんなきつ, みんなそういう, みんな覚え, むっとした, めったに男, もうよほど世間, もう二十七八, もう島, もう愛し, もう決して見出されない, もう随分永い, もんの, やっぱりどこ, やはり三十, やはり全く別, やはり少しも, やりてなん, よく云っ, よし誰, よほど派手, わが歌, わたしより, ゐても, ゐませんよ, アントロポロギーが, クリーム色の, シェクスピヤおよび, スピノザの, ダイナマイトで, チャアミングな, トルストイの, ドイツの, ニヤリと, バスケットを, ヒューマニティの, ブロンドです, ホーリネスの, マアありませんです, ミシガン大学の, ムシャ氏の, ロシア語が, 一ヵ年一つところに, 一人でも, 一寸声が, 一心に英作文, 一般的教養に, 万物の, 三圓取られる, 上着は, 不思議な, 不良少女だ, 世間に, 並んで, 中海といふ, 主観的に, 事務所へ, 二つに, 二週間ほど, 云うん, 云へ, 五十六十に, 京都へ, 人に, 人生の, 今何という, 今日の, 仏恩報ぜん, 他の, 以前, 伊東署の, 伸子にたいして, 何, 何だ, 何ていう, 何といえ, 何とか落ちつく, 何とも云え, 何と大人, 何の, 何事も, 何度わたしを, 何故小銭, 余り自分, 來訪する, 信じて, 偏狭に, 健ちやんから, 偶然あなたと, 僕なんぞから, 元は, 元気の, 先ず始めなけれ, 先に, 先日話し, 全く独特, 全部知っ, 写って, 凡ての, 初めから, 到って, 前にも, 勿体ない, 医学の, 十一年後の, 十九や, 単に相手, 却って端的, 原因の, 厭だ, 又それなり, 口づたえの呪文の, 右腕を, 同書の, 名も, 君なかなか, 呟くよう, 哲学を, 唇でだけ, 問題を, 善良な, 嘘を, 固より, 垣根を, 基礎經驗の, 夕飯に, 外国の, 多いだろう, 多く読まなけれ, 多賀ちゃんが, 大きい鼻, 大塚から, 大変いい, 大変図式的な, 大島伯鶴という, 天才では, 夫の, 失礼します, 奈落に, 女に対して, 女より, 女優の, 女給の, 妙な, 姉さんよりも, 姿勢を, 娼婦と, 子供の, 子役から, 存じ候へども, 孤独を, 宗教家でも, 実にストーリイ・テラー, 実際まめ, 宿屋の, 寧子にとって, 小さいすこし, 小児痲痺を, 小猫, 小食だ, 少くとも, 少くなっ, 少ないで, 少なしなどと, 岡山の, 帝國大, 帯を, 平常から, 幽霊写真の, 座敷に, 当分の, 彼女が, 律気者で, 後に, 御主君, 御存知ない, 心中する, 必ず美人, 快い息, 忽まち無邪気に, 思い掛けぬ真理, 思はなくなつ, 思へぬお, 性質の, 患者が, 愛するもの, 感動した, 憤り大人, 我々に, 戰爭に, 所謂貴族の, 打つて, 技術によって, 指に, 探しても, 握り飯を, 教員の, 新刊書に, 新進作家の, 日ごろ何, 日本じゅうに, 日本風に, 昔から, 昔小, 春に, 更にこれ, 更紗模様の, 最も自分, 最後に, 有閑的か, 未だ少女, 本に対する, 本当にいい, 本当にこの, 本当に私, 本質的には, 林には, 染の, 格別不思議そう, 案外そんな, 棺桶へ, 楽器の, 横浜の, 歌人としても, 正当な, 死にました, 死人の, 殺せない, 母娘きりな, 気が, 気違いだ, 水色襷を, 永年病気な, 沈黙って, 河の, 洋画を, 海賊の, 淋しそう, 満足に, 漢方の, 濫読の, 無い, 無口だ, 熱い涙, 物の, 犬や, 玄関の, 珍しく来た, 現代の, 現象の, 生きて, 田宮君との, 甲板に, 男より, 町の, 癇が, 白つ, 皆ここを, 皆そうです, 皆秀吉は, 益々出口, 相変らず, 相手が, 眉の, 真剣な, 知らずこの, 知らず蝶子, 知ら無い, 砲術長, 祖国の, 秀吉を, 私と, 私なぞ, 私ほど, 程度が, 突然, 立派と, 笑うだろうが, 第二次大戦後, 約束を, 素直に, 組合の, 結局みなそれぞれの, 絵具代が, 綜合しない, 縁側に, 縫物が, 美しい, 美しい紅いリボン, 習慣によ, 翔ぼうとも, 職業的に, 肥前彼杵で, 胡適と, 自分も, 自分自身の, 船から, 色々自分, 若くなっ, 苦笑の, 菅野きみ子と, 著者が, 蝦夷地に, 西ドイツから, 見つくろって, 言ったが, 言はれない, 言へど, 評論とは, 説得されます, 読んでないの, 誰だ, 誰にも, 谷村さんから, 貸家さがし, 赤ちゃんを, 身を, 身寄りかね, 軽蔑された, 輕蔑された, 辯證法の, 迷惑しか, 通ったが, 過去の, 違ふも, 遙かに, 邪道を, 釘を, 長火鉢にも, 陛下に, 離れつぱなしなン, 電車の, 非常な, 頬あかく美しけれ, 額で, 風に, 駈使丁, 鰻が, 鳥の, 黙ったまま

▼ ひと~ (1101, 9.8%)

13 出て 12 来て 11 自分の 9 ある 8 いて, しら 7 いる, 悪い 6 あった, ありますか 5 あって, あるの, 私の 4 あるかも, あるだろうか, あるん, 多いの, 立って

3 [15件] あたしを, あつて, あるかと, いるでしょう, いると, いるの, ほかに, わるい, ゐた, 一緒に, 何か, 何を, 或る, 誰だ, 黙つて

2 [64件] あつた, あなたを, あると, あるという, あるまいとまで, あるらしいと, あれば, いいの, いいのねえ, いくらかの, いた, いたの, いって, いるから, いれば, いろいろの, お照さん, お茶を, きて, この家, この雑誌, こはい, ついて, どさん, なかった, ひとの, ふつと, みえると, ゐるけれど, ヒューマニストである, 一ばんいい, 一斉に, 三十何年間も, 乗った自動車, 二三人あった, 云って, 今日は, 他の, 伸子に, 入って, 外套を, 奥から, 好きだ, 好きで, 始終来, 寝て, 居るのに, 帰って, 幸福について, 徳の, 悪いわね, 戻って, 持って, 日本の, 来てから, 来ました, 来るのよ, 横浜に, 死んで, 無いん, 私を, 笑いながら, 親切に, 馬鹿に

1 [806件 抜粋] ああいう, あちこちに, あったそう, あったの, あったので, あったらそれ, あったら私, あった頃, あなたに, あのひと, あの沼, あまりにも, あまり弱, ありました, ありまして, あります, ありますもの, あるけば, あるっていうのよ, あるなんて, あるには, あるわ, あるン, あれから, あんぱんをいっぱいかかえてかえりそうな気, いいぢ, いいん, いかにも失業者, いそがしそう, いたと, いたとか, いたらここ, いたり, いった, いつぱいつまつてゐた, いないかと, いないという, いなかったらつまらない, いなかったらなん, いましも, います, います大きい, いやでも, いりませんいりませんと, いるだろうホラ唇, いるもの, いるよう, いる方, いろいろ家庭, いろんな相談, うちへ, うつかり, うらやましくなっ, うらやましくなった, おくるもの, おじいちゃん何, おそろしい早技, おりきた, お婆さんの, お福さん, かえってきました, かえって来, かけて, かぶって, かわいそうだ, きいた, きっと生き, きまった, きわめて少ない, くる, こいしい, こいしくて, ここの, こない探しとるのに, このオリガ, この世に, この映画, この点, この頃, この馬さん, これらの, こんないのちがけ, こんな新鮮さ, ございます, さう, さし当りの, じたじたと, すぐ好き, すぐ諒解, すこし負担, すっかり成人, するので, すれば, ずゐぶん, せっかく緋桜, そういう物語, そう言っ, そこで, その主観, その傍, その地方, その専門, その映画, それぞれ婦人作家としての, それほど問題, そんなに自分, そんな冗談, たくさんいます, たたずむ気配, ちいさいむすこ, ちいさな汚点, ちがったよう, ちよつと, つぎつぎに, てんでに団扇, できた, とかく抽象的, とてもきざ, とりも, どうしてその, どうしてそんな, どうして生き, どう思う思わない, どう思っ, どっさり歩い, どのよう, どんなにお, どんな思い, どんな格好, ないそれ, ないわけ, なかったでしょう, なかったら, なかなかじみ, なぜもっと佐伯氏, なにかいう, なにもかも無条件, なんと言っ, なんの, のめるよう, はっきり説明, ばかだ, ひつそりと, ひとも, ひとりで, ひとり死にゃ, ひょっくりやって来た, ひょっこり顔, ぶたれるの, ほとんどいなくなっ, ほめるの, ほらあれ, ぼっとし, まさに火中, まぜて, まだいる, まだ処女, みえまして, みつかつ, みても, みれば, みんな起き, むつと, めいめい自分の, もう一旦書いた, もう生活, もしこういう, もって, ものを, もの売を, やがて一人, やっと参ります, やっぱりゴ, やつて, やはり本, やはり雨宿り, やるよう, よいけれど, よく知つて, よそへ, より希望, わが小箱, わが身の, わるいよ, ゐる, ゐるだらう, アメリカに, ウィーンに, コーヒーこしらえ, サーヴし, シュバリエとの, テントへ, デパートに, ドーリスキイとやらの, ハンドバッグを, パッと, ピオニェールという, マネージし, リヤカーと, 一つの, 一人いかにも, 一人は, 一刻も, 一定の, 一生かかる, 一生けん命綯った, 一生自分で, 一笑に, 一身上の, 三人ゐる, 三分の一を, 三十五に, 上着を, 下を, 世話し, 両ひじ, 中央に, 中野秀人という, 主に, 乗り一人, 事件に, 事務所を, 二人あった, 二人いたら, 二人れいの, 二人部屋の, 二十代の, 二度目に, 云った, 云ったときお母様, 人生への, 今度は, 仙台市か, 伸子たちを, 住んで, 何と, 何故に, 使うかも, 倒れて, 借りて, 傍に, 働いて, 先に, 再びこれ, 出して, 出來, 出来た, 出来たと, 出来て, 出来ても, 出発の, 別荘から, 別荘に, 割合ふだん, 劣等だ, 十七年で, 単純に, 又が, 可哀想助け, 司令部へ, 各部屋, 呆気に, 呑気だ, 呼んでも, 問題を, 喜びさうに何時, 土橋の, 土間の, 変ったよう, 変り者に, 外国から, 外国行の, 多い, 多いこの, 多いらしく, 多くて, 大すき, 大変感服した, 大学を, 天幕から, 夫の, 女つ, 好き, 好きだった, 娼婦じみた, 嫌いだって, 子供と, 孤独でない, 学校を, 宜川, 家々の, 宿命的に, 審査員に, 尋ねて, 小市民, 少くとも, 少しも, 尠く, 尺八を, 居た気, 居るの, 山を, 工場へ, 差し入れ人の, 帰らなければ, 帽子に, 帽子を, 幼い時, 幾分同じ, 店に, 彼を, 彼女と, 御奉公, 心配し, 忘れて, 思想善導の, 急に, 恋しくも, 悪いぞ, 悪いです, 悪いところ, 悪いねえ, 悪いのねえ, 悪いわ, 悪魔の, 意志の, 懐疑し始める, 懷疑し始める, 戸塚に, 戻つて, 手拭を, 投書し, 折角たづ, 持つて, 指摘し, 振り返つて, 捕まって, 揉みくちやに, 教誨なさる, 敬意を, 文学作品の, 新太郎君を, 旅行に, 旦那何処へ, 普通の, 暑さ, 書いた小説, 書いた歴史, 最初に, 朝早く, 本を, 本当の, 朽葉色の, 来たから, 来ただよ, 来たとき, 来たろう, 来ます, 来ること, 来るという, 来るの, 来るもの, 桃割れに, 案内し, 棄てられた妻, 植えたもの, 楽に, 横浜へ, 次の, 此の間やって来, 歯の, 死ぬなんて, 死んだから, 死んでしまつたの, 毎日見なれ, 毎晩出, 水を, 油絵を, 波の, 泣くのに, 消えて, 涼んで, 渋味の, 溯るよう, 澗を, 無いわけ, 無数に, 煙草を, 熱心に, 父御, 特に幸福, 犬を, 猫の, 玄関へ, 現はれます, 現れても, 現れでも, 生きるにゃ, 生活しはじめた, 男などと, 男の子を, 留守だ, 疲れて, 癒った, 百貨店へ, 皆馬鹿に, 盗みを, 目を, 真面目に, 着た方, 知らないん, 研究し, 研究する, 社会において, 私たちの, 私に, 稀に, 突然あたし, 窪川鶴次郎氏だっ, 立ちあがった, 立ち上り堂々, 立てて, 笑っても, 笛かという, 素肌で, 細君に, 結婚し, 結婚した, 結婚の, 絹子に, 維納の, 置いて, 美しい町, 義雄の, 聞いたらさぞ, 聞いたらふき出, 聴いとるもの, 育った家庭, 自分たちの, 自分で, 自分との, 自慢する, 良いから, 良人は, 芸術家だった, 若い, 若い女, 苦しんだり, 草の, 薔薇の, 蛾を, 行末を, 裃を, 襖の, 見たらなん, 見たら何, 見たら蛙, 見ると, 見習船員を, 言った, 言って, 計られると, 記事を, 訳したの, 話したところ, 誤解され, 読者に, 誰も, 論じて, 買えなくなる有様, 赤と, 赤糸の, 足りない事, 路頭に, 近頃よくある, 逃げ出して, 這入って, 通訳し, 遂にその, 遊んで, 過去に, 道連れにな, 遠い處, 郵便物に, 配合されなけれ, 重宝がる, 金を, 鉄砲を, 長らく泊っ, 長を, 間にあったの, 隠して, 集まって, 静かな, 面白半分, 飲み屋の, 馴れた手付, 騷いでいる, 鳥の, 鳥取の

▼ ひと~ (647, 5.7%)

6 ものを 5 向って, 書いて, 連れられて 4 しられぬ, なって

3 [11件] して, だまされて, ちがいない, 与ふる哀歌, 似て, 就いて, 私は, 見て, 違いない, 金を, 頼んで

2 [33件] あらねども, きいて, さう言つて, しようかとも, それを, たのみました, ほんとうに, 会うの, 出て, 取り巻かれて, 可愛がられる資格, 在るの, 席を, 接するとき, 未練は, 来て, 気を, 深切を, 物を, 直接に, 立派な, 見せて, 見られるの, 許すと, 許すよう, 話すこと, 迷惑を, 逃げられたもの, 逢う, 逢った, 逢ひた, 阿ること, 駅まで

1 [519件 抜粋] あずけて, あずけてから, あったこと, あったらその, あって, あてて, あなたが, あなたの, あなたは, あのひと, あやまりながら, ありがち, ありせば, あるもの, いい友達, いうと, いうよう, いちどたずね, いった, いつもなんとなく心, いつも郷愁, いふの, いわないの, うまれて, うらまれる訳, うらむべき, うるさがられる, おくれを, おそらくはこれ, おだてられると, おのれの, おもねって, お会い, お祭り, お聞きなさる, お話しする, お話しなさる, お返ししたい, お酒, かえしながら, かくしたくち, かしました, からかいたい気持, からかわれまいと, きかれたとしても, きけば, きまった, きょう美術館で, ぎりづつ, くちを, くらべたらうっとうしい, ことづてをたのまれたのでどうしても, こないだの, このからだ, このこわ, こんなこと, こんなはげしい, こんな乱暴, ごちそうし, ごちそうしたい, させた, させるが, されて, されようとも, さわがれて, さんざん喋らせ, しかし笑っ, したって, しちや, しては, しても, しろそういう, しろ心, すすめました, すすめられて, すっかり惚れ込ん, すは, すまないから, そういう女, その女, その意志, その男, その金, そんなご, そんな事, そんな素振り, たからうと, たずねること, たのまれて, たのみに, たのみます, たのむこと, たのんで, だまされたり, だまされないこと, だまされるという, ちがいありません, ついて, ついて行って, つよくひかれた, つれられて, とつて, とられたって, とられて, とられるの, どうしてそんな, どうしても冷淡, なじめない私, なった, なったからでも, なったの, なにか問いかけ, なにも, なべてを, なほしも, ならなければ, なら優しい, なり切ろうと, なる, なるの, にくまれたり, はじめて出会った, はね, ぶつかつて, ぶつけて, ほめられたこと, ほめられて, ほんたうに気の毒, ほんたうに氣, ほんとうの, ぼくは, まかせて, まかせること, まといついて, まとまって, まぶし付, まるで知識, みちた仕事, みられて, みられるの, むかって, むかつて, むかひ氏, むずかしいこと, めいわくを, めぐりあったよう, めぐりあつ, やさしくし, やって, やらせて, やらせ他人, やること, やるの, よく似, よく話し, よまれて, よれば, ろくな人, わからない新しい, わかりやすい, わかるの, わかるはず, わかるもん, わるくて, ゐるわ, エプロンを, カレーなんばんを, コーヒーは, タバコを, ダンス習つてンです, ピストルを, ボールなげこむ, 一つでも, 一応は, 一目お, 三つの, 三時間ほど, 不安の, 与えたくない心, 与えた大きな, 与えると, 与えるの, 与えれば, 世話を, 事情を, 云うこと, 云うても, 云はれ, 今の, 仕官の, 会いました, 会うかね, 会うと, 会う約束, 会えず住所, 会えないながらも, 会つた時云う, 会つてし, 伝えて, 伝えるには, 伴われて, 伸子は, 似ては, 似る, 似合わず珍, 体に, 作品を, 作用するでしょう, 使うこと, 使われるもの, 侍りけるよし, 侮りを, 侮辱を, 信じさせた大, 働きかけて, 儲けさせるの, 兄と, 充ちた眼, 充ち足るほど, 内緒に, 内証で, 冷やかされちや, 冷水なんぞ, 出す御飯, 出会いました, 出会わず伸子, 出逢うと, 分らなくても, 判断の, 別れたくながって, 別れました, 力を, 功名を, 劣らない武勲, 助けられた上, 勧められて, 千万の, 友達からの, 取りかこまれ, 口を, 口説きかけたらうれしく, 可愛がられて, 可愛がられる事, 合って, 同情し, 吠えたてて, 告げるとか, 味方してる, 呼びかけると, 呼び返され何ぞ, 哺育され, 喋りちらして, 喋舌らせ, 喋舌る, 喜ばれて, 喧嘩を, 喫茶店の, 嗤われたくねえ, 嘘を, 嘱した, 外ならなかった, 多賀ちゃんの, 夢中に, 天国の, 失敬だ, 奨励金の, 奪われた, 好かれぬ男, 好意を, 姿を, 嫌われるか, 嫌悪感ある, 子が, 子供が, 安心し, 宛てて, 家の, 尊敬せられ愛されよう, 尋ねて, 對し, 導かれるとしても, 小説を, 就いての, 就て, 帰って, 幽霊が, 強要し得る, 彌次馬的な, 後者が, 御馳走する, 御馳走を, 心で, 心の, 必要な, 忘れられて, 快感を, 念仏を, 怒って, 思いやりの, 恨まれるやう, 惚れこませるだけの, 惚れて, 惚れてるン, 意見なんて, 愛されたい好かれたい嫌われたくないと, 愛されようと, 愛される事, 愛想づかし, 感じはじめたの, 感謝を, 憇ひ, 憚る, 憩いを, 手放しで, 手数を, 手渡したこと, 手渡したどうも, 手渡して, 手紙の, 打明けるつもり, 払う分, 払わせるって, 投げこまれたの, 抱かれたの, 押しつけるの, 押しつけ身軽, 指揮を, 挨拶し, 挨拶だけ, 教えて, 教えられると, 敬意を, 斬られるか, 早く起し, 明瞭であった, 映って, 時々会います, 曲げられると, 書かせないの, 書きつけを, 書の, 最も気, 最後に, 来た手紙, 案内し, 欺されつづけ, 死ぬかも, 残念ながら, 気づきなぜだか, 求められて, 求める女, 決して肌身, 注意を, 洩らす気づかいは, 洩れては, 無駄な, 理解が, 甘えること, 甘ったれて, 甘つたれ, 生き写しでした, 異変を, 百万円あてさせ, 直して, 相談する, 相談を, 真実を, 知られずに, 知られずふいと, 知られたくないじぶん, 知れたらわし, 知れないよう, 石黒が, 研いで, 示したり, 示そうと, 移されこの, 窓の, 笑を, 索引も, 紹介などは, 紹介も, 聞えたらたいへん, 聞かせる事, 聞かれますると, 聞かれるの, 聴かして, 背負い投げを, 脊椎カリエスの, 與へ, 芸術を, 菓子など, 行かんすべ, 行って, 褒められたいの, 褒められる為, 見えたと, 見えたの, 見えました, 見えますよ, 見せたいとかいう, 見せたいの, 見せたいもの, 見せたくないの, 見せては, 見せないもの, 見せるもん, 見っとも, 見られたら困ると, 見られて, 見られないよう, 見られる心配, 見咎められては, 見捨てられたやう, 親の, 親切を, 観せるの, 言いふらすの, 言うの, 言った時, 言っちゃ, 言われて, 言葉を, 訊かねば, 話しかけ私たち, 話した, 話したって, 話して, 話すと, 話すほどには, 誓つて頂戴, 誘かけられても, 誘はれて, 語ったそう, 語らなければ, 説明し, 説明する, 説明できる, 読んで, 調べて, 調査を, 譲らん, 譲る意志, 負けたこと, 負けないで, 負けないキャラコさん, 負けない佐倉屋, 負けまいと, 責められるの, 責任を, 買いかぶらせるところ, 貸して, 貸しても, 貸す, 貸すこと, 貸すの, 貸す金, 転嫁する, 較べたら私, 辱められん, 近くなる, 返さぬうち, 返事の, 迷惑の, 迷惑のか, 通じたの, 通じなかったとき, 通じなかつたとき, 逢いまた, 逢うため, 逢うと, 逢ったほう, 逢ったらジェネ, 逢っては, 逢ひたいと, 連れて, 遅れを, 遊興費を, 道を, 遣っちまおう, 選んで, 鄭重に, 酬いる雨, 釈明する, 金の, 限らずここ, 限らない日本人全体, 電話を, 霧を, 非合法で, 面白い事, 靴を, 頼りすぎた, 頼んだの, 顔を, 養われて, 餘り語らない, 騙されたこと, 髪の毛を, 鼓を

▼ ひと~ (533, 4.7%)

15 ばかに, 馬鹿に 14 どり 8 小馬鹿に 5 好きに 4 助けて, 連れて 3 こんなに待たせ, 呼ばむ, 好きな, 欺す, 殺したの, 見て

2 [29件] いつたいどう, こんな目, して, つれて, どんなひと, みつけて, やたらに, 乞食あつかい, 分ちがたき, 呼びました, 尊敬し, 市場へ, 幸福に, 待って, 打つひびきが, 案内し, 欺く記憶, 殺して, 泊めて, 疑う事, 知って, 私は, 笑は, 笑わせ自分, 腐らせては, 莫迦に, 見つけて, 見ると, 誘惑する

1 [392件] あざみし, あざむいて, あざむく事, あたしの, あてに, あわれと, あんなにひどく, あんまりおばさん扱い, いじめないと, いたはるよそ人, いたわること, いたわるの, いやみ, いら立たせた, うたがった自分, うらやましがる, えらばずただ, えらばれずた, おいて, おおげさに, おからかい, おこしては, おだてたり, おとし入れるため, おとりに, おどすよう, お君さん, お嫁さん, お母さんと, お父さんが, かきわけるだけでも, かばって, かばわなければ, からかうもん, からかって, けなすより, こけに, ここの, ここへ, ことと, このまま, この頃, ころしたおぼえの, ころしたの, ころしては, ご存じの, さがして, さわがせたり, しり目に, すっかり悩ませる, そう呼ぶ, そのまま中二階, その女, そらさぬ女, たくさんこしらえ, たずねる, ただ不幸, たづねる, たのむ気安, たのもしくさえ, たのんだの, たのんで, だましたりなど, だまして, だますこと, だますという, つかって, つかまえては, つけねらって, どう思う, どこまで, どっかに, どりひやるろ, どり耶蘇, どんなに恨ん, なぐったな, なだめて, なぶった覚え, にらんだり, ねたんで, のせたダットサン, はぐらかすよう, はじめて見出した, ひとつお母さんの, ひとり世話し, ひとを, ふみつけるにも, ぶじょくしてはいけないと, ぶつた, ほんとにおなか, ぼんやり見, まっすぐに, みかけたから, みたいもの, みて, みれば, みんなで, みんなでか, みんな女神みたいに, むけて, もって, もっと公然と, もてすべて, やったの, よこさないで, よこすこと, よぶよう, よんだり, よんで, わが弟子, わけも, わざわざ志貴子, わたしは, われわれ作家は, コキおろし, コントロウルできれ, タクシーで, バカに, ムカムカさせる, 一人つれ, 一定の, 一緒に, 上野驛へ, 不幸に, 二階の, 人として, 今置い, 仮に, 仮にもずつと, 伸子は, 何だ, 使うの, 使う使いかた, 侮辱し, 侮辱したい, 保護し, 信じよう, 信じ切らずその, 信用し, 先頃も, 免かれんため, 入れるわけ, 公方への, 其鋭ど, 再び見直す, 出すよう, 判断しよう, 判断する, 利用してやろう, 利用する, 前に, 助けようと, 助けられそう, 助けると, 動物的だ, 区別する, 十六人目の, 単純な, 合せて, 吟味し, 含んだ幾道, 呪った罰, 味つた, 呼びだすなんて, 呼び出せば, 呼び止めて, 呼ぶ, 咬むの, 唯求め, 啓蒙する, 喰ったよう, 喰った笑いかた, 喰ってるわ, 嘲弄ひく, 嚇か, 嚇すため, 困らせようと, 土地の, 地上に, 変えるなんて, 夢や, 失つた青少年の, 好きで, 好きでない, 好きとおし, 妻と, 妻に, 嫉妬し, 子ども扱いに, 子供だって, 守って, 守ってるの, 尊敬する, 尋ねるべきだったと, 小ばか, 屈服させる, 平気で, 平氣, 底知れず疑い, 廻るの, 弄びすぎる, 引摺り込む, 引見する, 強め高めるの, 待たせて, 待つ, 御存じでしょう, 御覧なさい, 御馳走に, 心持の, 忘れて, 忘れない, 思いきり自由, 思はせた, 恐れ心, 恐ろしく憎く思い, 恐怖さす, 恨めば, 悦ばせて, 悪く言っ, 悲惨の, 想い出すから, 愚に, 愚弄する, 愛しその, 愛したこと, 愛して, 愛しとお, 愛しはじめると, 愛しよう, 愛すること, 愛するなら妻, 愛人と, 感傷的に, 憎まず愛さずにこり, 扱ったに, 抱いたり, 抱きしめて, 招いたり, 掏る, 掬いあげたりは, 掬いあげること, 搜し, 救いの, 救うほどの, 救おうと, 救って, 散々待たし, 斬るほど, 春日山の, 暗君とは, 最も非, 最高を, 本当に好き, 本気に, 束縛する, 欺いたの, 欺くという, 欺し, 死なせて, 死なせても, 殴るなんて, 殺させたと, 殺した, 殺したもの, 殺すこと, 殺すの, 殺せば, 殺せるよう, 母として, 気の毒に, 決して恨ん, 沢山みます, 河原者色子あがり, 泊める家, 泣き落しに, 浮べる, 浴びせ乍ら, 涙に, 焚きつける, 焦らして, 焦らすよう, 煙に, 煽てちゃあ, 熱中させる, 犠牲に, 獲しかも, 獵つて見ろ, 玄関から, 玩具に, 現在眼の, 生かすため, 田中と, 疑は, 疑わなくちゃ, 発見し, 相手として, 眺めた, 睡気, 睨んでや, 知らんと, 知りましたので, 知りました何, 知りませんか, 私の, 突き出して, 窘めると, 立ちあがらせやがて, 竦みあがらせるよう, 笑うほどな, 笑はせる, 笑わせながら, 笑わせるひょっとこ, 納得させよう, 素子は, 細君に, 紹介された, 紹介し, 紹介しよう, 縛つ, 縛るという, 繰返しました, 置かなくては, 置くこと, 置くに, 美禰子さんの, 羨ましがらせる, 羨むの, 考えた時, 脅かすん, 與へて, 舐めやがって, 良人に, 苦しめようと, 見あげるよ, 見あげ見おろししてたが, 見た, 見たので, 見つけること, 見てからは, 見ても, 見なおすと, 見なくなりましたが, 見ますと, 見る目つき, 見ろって, 見わけるしか, 見下すにも, 見直した, 見込んでの, 見送り, 見降すの, 覚えないでも, 言現はせる, 訪ねて, 説いて, 調弄う, 貰つて出發した, 貶しつ, 起して, 超えて, 蹴っとばすよう, 軽蔑し切った, 軽蔑する, 近所の, 述べて, 追い出せると, 追っかけて, 逃がしたの, 連れこむのに, 選ばずとも, 選ばれずひたすら, 選んで, 選手と, 部下扱いに, 銜へ, 集めて, 雇いなさい, 雇って, 電車の, 食うか, 食うそう, 食つた廣告文だ, 食ふか食は, 食ふさうである, 食べさせて, 飲んだ気, 騙して, 騙しやがって, 驚かすの, 驚かせようなんて, 驚す

▼ ひとたち~ (448, 4.0%)

7 のこと 6 の生活 4 は半分うしろ 3 なの, に向っ, の感情, は, はその, は自分

2 [30件] が, がその, がなん, が口, にこの, にしろ, にそう, にたから, のあいだ, のお, のそんな, のところ, のなか, のねむっ, の前, の噂話, の心, の恋愛, の犯罪, の眼, の言う, の話, の間, はあなた, はみんな, は今, は頬被り, も心から, をひとり, をみ

1 [353件] あらゆる文学, からなまけもの, からならず, から合力, から洗濯, から生活, から聞かされた, がああ, があつまっ, がある, があるだろう, があれ, がいくつ, がいたら, がいつも, がいよいよ, がお, がおと, がおやすみ, がかたまっ, がこの, がこめられ, がこんなに, がしずみ, がしっかり, がじろじろ, がそういう, がそれ, がそれぞれ, がただ, がとても, がどんな, がひとしく, がみな幸福そう, がむつ, がむやみ, がもし, がれつ, がインフェリオリテども, がドイツ, がヘクザ館, が一等, が二十人, が五六百万回, が五十, が何人, が円く, が出払ってる, が十二月, が四百人, が多い, が大騒ぎ, が床の間, が批判, が時々, が海, が焼夷弾, が片っ端, が生活, が相当, が私, が立派, が自身, が良人, が街頭, が見る, が赤い, が鬱金, くだらないこと, こそよく, こんなところ, だ, だけがいわゆる, だけがしらない, だけはどうしても, だこと, だって神月, である, でご, です, でときどき, でも以上, で気, とあたしたち, とお, とちがった, とてもあたし, とでは随分, とは気分, とは知合い, とトランプ, と一匹, と同じ, と同居, と知合, と知合い, と行動, と違う, と遠く, と附, なので, ならこっち, ならゲリラ, なん, にお金, にした, にすれ, にそれ, にとってはそんな, にならっ, ににんまり, にはこの, にはじめて, にはそんな, にはちよ, にはよく, には区別, には同情, には時々, には無断, にめざめ, にも, にもいい, にもくつろぎ, にもと, にもわかる, にも挨拶, にも期待, にも男, にも関係, に同情, に大事, に対して, に対して想像以上, に対する一種, に愛想, に果して, に漠然と, に無言, に片端, に言いふらし, に言われ, に読ん, に譲つて, に関係, ね, の, のあてがう, のため, のにおい, のひと, のほう, のほか, のもん, のよこ, のよろこぶ, のタイプ, のテーブル, のフランス白粉, の世界, の事, の共通性, の内, の判断, の努力, の勇気, の十五年目, の同情, の向上心, の喧嘩, の声, の大, の姿, の客, の家, の家族, の店先, の座談会, の心持, の必死, の愛, の所, の日常, の来る, の来客, の様, の権利, の気持, の深い, の火鉢, の無茶苦茶, の生きる, の生涯, の目, の結婚, の考え, の考えかた, の腕, の良人, の親, の身, の運動, の階級, の集っ, の顔, はあっ, はあの, はあらゆる, はある, はあれ, はあんな, はいつ, はお, はおくれ, はこう, はこの, はこんな, はじ, はそう, はそれ, はそれでも, はそろっ, はたくさん, はだれ, はでは, はどう, はどうしてあんなに, はどうしてこう, はどじょう, はどっち, はどんな, はどんな大きな, はみな嘘つき, はみな夏, はみんなみんな有名病, はみんな十分会合, はみんな現代, はみんな駄目, はもっと, はもつ, はもとより, はよく, はわたし, はアパート, はアメリカ人, はモンペ, は世帯, は伸子, は何と, は偶然, は先輩, は全く, は公判, は共通, は勿論, は単純, は否定, は呑気, は喰, は大社様, は女, は婦人作家, は尻からげ, は山, は意地, は戦争, は文化, は旅行, は暗い, は構内, は毎夜毎夜あちこち, は気持ち, は派手好き, は深い, は理解, は皆, は社交的, は祖母, は結婚, は罪, は翌, は考えた, は自信満々, は自分たち, は自覚, は舞台, は舞臺, は苦しい, は見捨てず, は言いたい, は身, は逆, は顔, は飾りたてた, は馬屋, は髪, ばかりで, ばかりである, ばかりな, ばかりなら, ばかりなん, ほんの駆けだし, までがこの, まるで会わない, もいました, もいや, もすべて惡人, もどうか, もまた, もみんな殆ど十年, もむこう, もシナ人, も一畑さん, も三十歳, も亦, も入れましょう, も序文, も心配そう, も恐れい, も手, も来なくなった, も浮ばれまい, も苦労, も電車, も非常, も顔, も驚い, や中館公一郎, よりももっと, よりも文学史的活動, より今, より元気, らしくゆっくり, らしく辛棒, をとむらいます, をどんな, をみな, をみる, をよろこばせ, をよん, をタバコ, を丈夫, を保護, を十分指導, を待たせ, を恐れさせ, を招い, を温かく, を送り, を集め, を驚かせ, 斬ったには, 来たから

▼ ひと~ (360, 3.2%)

8 ある 4 あるが, あろうに 3 あらうが, あるかも, あるもの, いる, ないの, ないもん, 可哀想だ, 我も

2 [22件] あったよう, ありましたが, あります, あるし, あるん, あれば, いるの, おのれも, じを, それは, たまには, ない, なげな, われも, 今は, 出すひと, 心の, 来て, 私の, 自分も, 若いもん, 違ふ

1 [276件] ВОКСの, あったが, あったり, あっと云う, あつた, あつて, あの宿屋, あまりやって来ない, あまり行末, あらば, あらわれて, ありいつ, ありからい, ありそれ, ありどうか, ありましたし, ありましたのに, ありまして, ありますが, ありますけど, ありませんから, ありやす, あるかと, あるくらい, あるけど, あるけれど, あるだらう, あるだらうが, あるでしょう, あるでしょう美味, あるでせうし, あるとか, あるの, あるまいと, ある世の中, あれで, あろう, あんまり利巧, いいけれど, いた, いたの, いたり, いない, いないし, いないでは, いふべき惡臭, いましたが, いますからね, いるという, いるのにと, いれば, いろいろ固定, えろう, おうち, おかしかった, おるなあ, お嫁さん, きっと不幸, きっと賛成, ことごとくとは, この頃顔, ございました, ございましたが, ございますけれど, ございませう, さう, さう云, されるひと, じか, じと, じなんで, じの, じは, じほう, せず多き, そういう, そういっ, そうやっ, そのほか何人, その一人, その大, その息子たち, そんなに仕合せぢ, ちょっとやけ, ちょっと考えつかない, つかず得意, つかない笑, つかぬかたち, つかぬトーテム, つかぬ風, つつましく気, できようし, とてもこれぢ, どっさり今日, ないであろう, ないもの, ないわ, ないん, なかった, なかつたし, なく, なくその, なくちや, なくて, なくなった, なく物, なげな挨拶, なし, なつかしや, ならう, なること, なんとも云, にやにや笑った, はっきりつかまず, まあ折角, またその, みえなかつた, みっともない妙, みな好奇の, みな新しい, みな面白, もうちらほらに, もう大, もって居ります, やがて来ました, やっぱりそういう, やっぱり何, やはりこの, やわらかいの, わかったこと, ゐますし, グラついた, ショールを, ハナの, ムッテリアンだ, 一緒に, 三四人来た, 世間も, 云って, 云つた, 云ふべき, 云へる, 今の, 今度こそは, 今度は, 付かぬ家々, 伊豆の, 伸子と, 住むもの, 何人か, 何氣ない, 信仰の, 偉くなっ, 偽らずに, 働きによって, 僕等の, 元気そうに, 先ず女, 前から, 勉強らしい, 北海道だった, 医者も, 十二三位から, 十二月から, 千葉を, 原料が, 去年十二月からは, 又意義, 可哀想です, 可愛がっ, 同じだ, 同じ気持, 同様ね, 呼出しで, 和歌を, 多い, 多いそう, 夜も, 奔馬性肺結核とかで, 女として, 女の, 家庭と, 寝ぶそく, 少くない, 少ないであろう, 少女という, 居なくなりわたし, 居合せず, 崩れ自分, 年をと, 幾人か, 幾人かは, 度々だ, 度々の, 必要だ, 思ふが, 怪人から, 恋しい, 恒友や, 愛されたいひと, 愛せるもの, 成長させ, 我を, 手紙かい, 托鉢とも, 抵抗できない, 日本の, 時たま大谷さん, 時には, 有るまいが, 服裝よりは, 朝鮮から, 本を, 来つくしたよう, 来るひと, 東京千葉と, 楽に, 此際急に, 死にあと, 気がついて, 気の毒です, 気まぐれでし, 決して悪い, 泣きたまひ, 洋装で, 海の, 混って, 無いし, 無いので, 無い総て, 牛の, 珍しいと, 生きて, 生きもんだ, 申せるでございませう, 病気に, 発展させず, 盲腸を, 眉間に, 知らないひと, 福岡の, 立ち上って, 笑いながらの, 素子と, 結婚し, 罪を, 肺をわ, 腕に, 自分たち以外の, 自分と, 自分に, 自分の, 芝居がかった, 若いひと, 若い頃ここ, 苦労しなはる, 荒つ, 落着く, 襟に, 見て, 親切に, 觀た, 言って, 言へ, 認めて, 講習生の, 貧乏な, 貴方を, 贅沢が, 足利, 身の, 辛いの, 過労つづきです, 離家で, 面白く思い, 馬も

▼ ひと~ (231, 2.1%)

8 結婚する 6 一緒に 5 なりを 4 話して 3 このわれ, 話を

2 [11件] おりお, ふたりきりひそひそ, ほりの, 云うもの, 六年も, 暮して, 生活し, 結婚した, 結婚を, 自分との, 言ふ

1 [180件] あたり前に, あなたと, あなたとは, あのひと, あんまり違い, いて, いること, いると, いわれて, おなじに, おなじ空気, おりならずよろこんだ, おりならないこと, おりならない苦心, おりならぬもの, おりならぬ手数, おり女給, お茶を, この辺, ころげそり, したしくする, したらいい, しばらくままごと遊び, ずっと一緒, たくさん逢っ, ちがうよう, ちがう生活, つき合, つき合える人間, どうして結婚, なって, なりいつしか, なりて後國, なりで人, なりについて, ひととの, びとんで山ノ井の, びにかけあがっていきます, びにその辺り近く, ふたりで, ほりお話ししませう, ほりしらべて, ほりその, ほりは, ほり事実として, ほり嘗めたつもり, ほり噛つてゐる, ほり歩いた, ほり濟んだ, ほり片附い, まことよろしく, まるで全然ちがっ, ものがたる, よくよく見くらべ, よそで, われとを, ピクニックに, ワルツを, 一度は, 一方に, 一種共通した, 一緒じゃ, 一緒の, 丁寧な, 万一ご, 万象と, 並んで, 乗りあわせると, 争う心, 二つ三つの, 二人きりで, 二人っきりで, 二人連れで, 云つても, 云ふ, 会って, 会談する, 伸子には, 何でも, 何時間も, 作品です, 働らか, 僕との, 共同で, 凄かった, 初めて会った, 別れて, 別れると, 動きを, 十五年近くも, 口を, 同じよう, 同じ顔, 同棲を, 呼ぶ彼女, 喧嘩し, 喧嘩を, 四十分ばかり, 変らないの, 大あつあつ, 女とは, 女の, 始めて知り合った, 娘だ, 婦人の, 子供を, 実際の, 平氣, 座談を, 彼とが, 彼との, 御一緒, 思われて, 所帯を, 握手を, 散歩を, 文通し, 新しいアッタッシェ, 日本の, 晴れた日, 最も愛しい, 本当に同じ, 来たらいつたん, 椿といふ, 武内という, 歩いて, 歩いてたでしょう, 歩くの, 死なうと, 泰造の, 深いつき合, 添へる, 父との, 生活する, 白黒の, 目礼を, 相対する, 知りあひに, 知り合った, 私, 私が, 稱した, 等しい人間的尊厳, 結婚したい, 結婚します, 結婚なさい, 結婚なさる, 自分と, 自分とで, 自分への, 藤村禿木柳村などの, 視線が, 親しくし, 言い争い, 言は, 話が, 話も, 談話する, 論判めいた, 貴方は, 逢いに, 逢うこと, 逢うたんび, 逢うと, 逢うの, 逢えるよう, 逢っても, 逢ってる時, 遊び歩い, 遊んでは, 過す夜, 違い化粧, 違って, 違ふ, 鉄兵とが, 面白くなやましくすべて, 食べに, 飯事を, 駅へ, 默禮を

▼ ひと~ (216, 1.9%)

17 にいえ 5 にいう, に云 4 に言, に言え, に言っ 3 に, に申せ, のん, 飲んだ, 飲んで 2 いただいて, にあんぐり, にいったら, にいつ, にいや, には言えない, にカヤ, に云っ, に申しますれ

1 [144件] あおったとたん, いただきますよ, おあがりなされた, おあがんなさい, お湿し下さいまし, かじったので, かふた, かぶりついた, くれい, くれないか, ぐっと呑み干す, ぐらいい, ぐれえ義理, しめしなよ, しゃくっては, しゃべりゃだんなばくちの, すぐに, すすった, すすったが, ずつたいへん, ずつやりたまえ, ずつ飲み, ずつ飲みまわしまし, だけで, つき合って, つづいて, でいう, でも吉良上野, で色調, といっぱい, どう父さん, なすび, なすびに, なめさせたいと, なめて, なりと, なんにもございません, にありふれた, にいいます, にいい切っ, にいっ, にいふなら, にいへ, にいわれ, にうなぎ, におばあさん, にきめる, にここ, にたい, にはいえません, にはなんとも, にまぐろ, にケリ, にショウモン, にモーツァルト, に七十四個, に中国料理, に中国筋, に中野, に云い召され, に云う, に入道, に六波羅, に典雅, に冷笑, に助手, に千鳥, に吉原, に団菊左, に変り者, に奥, に小説筆記, に愛情, に敗残軍, に木偶の坊, に栗, に橋, に武運, に無分別, に瓦楽, に申さ, に申します, に申す, に異なった, に白, に百人, に盲官, に祭, に程度, に空き地, に空位, に空地, に精神的暴動, に紅葉, に羽, に自然, に自由, に苦力, に茶袋, に草野, に言います, に言う, に説明, に貶し, に速記, に関所破り, に降灰, に頬ばつ, に食った, に食べ, に飲みほした, に飴屋, に麹町小学校出身者, のことば, のせて, のって, のむと, の割麦, の年賀, はいい, も主, も物, も開かなかった, やりながら, やれ, を今や, を自分, を飲み込んだ, 乗って, 呑んだ, 啜って, 拵えるに, 持って, 美しく飲んだ, 舐めるほどずつ, 頬張っては, 食って, 飲ませて, 飲みなよ, 飲み干したと, 飲むと, 飲んだもの, 飲んだら身の毛, 飲んでから

▼ ひと~ (164, 1.5%)

5 どの紳士 4 けらも, どのこと, どの男 3 どの者, どの見識

2 [13件] うたげの, けらの, どのもの, どの事を, どの人間, どの侍, どの俳人, どの分別, どの哲学者, どの御, どの武芸者, ど通, 知らないけれど

1 [115件] いふの, けらぐらい, けらぐらはいいだろう, けらだ, けらでも, けら位が, けら探しあてられる, けら有る, それでどうして, それは, そんなこと, そんなところ, でありまして, どおとな, どちらだろう, どどころ, どな武士, どのいい, どのおとな, どのおん, どのさとり, どのどろ, どのりっぱ, どの人物, どの仕事, どの伊達男, どの作家, どの作者, どの偉, どの具眼者, どの冒險, どの功, どの名妓, どの土地者, どの士族, どの大人, どの奉公, どの女, どの学者, どの官吏, どの将棋さし, どの役柄, どの後見人顔, どの得意先, どの徳利, どの思想家, どの悪党, どの意地, どの意見, どの曲者, どの歌人, どの武士, どの武術, どの演劇学者, どの理屈, どの理由, どの理窟, どの琵琶法師, どの用, どの男振り, どの異端評論家, どの紳士なみ, どの芸者, どの苦労人, どの薬剤師, どの裁縫師, どの見物, どの語学者, どの読書家, どの謀士, どの通人, どの邸宅, どの鉄屋, どの長者, どの門戸, どの音楽家, どの顔, どの風騒, どの首領, どの高僧, ど与助, ど利口, ど商戦, ど善人, ど手なみ, ど旦那, ど物, ど生活, ど苦労, ふくひとが, わからない外国人, わで, 下品な, 云つても, 井戸の, 何とか言つて, 其外平安朝に, 女性の, 或はたいへん, 手が, 涙とかで, 潤ほ, 理解の, 知らないけど, 繊細さとかいふ, 義理とかいふ, 羽ごろもうす, 蒙古, 見でも, 誰も, 金が, 金髪か, 金髮か, 非常な, 風習の

▼ ひと~ (149, 1.3%)

1875 ということ, と思つて 4 そうだ, と思っ, ね 3 と思う, な 2 から, とはどうしても, と思, と思いました, と私, もの

1 [84件] あの令嬢, あれや, えて, かそれ, からあたし, からいやに, からいよいよ, からお誘い, からきっと, からこんな, からだから, からと先, からな, からひと, からむだ, から仏蘭西, から死ぬ, から筋, から自殺, か会っ, がおれ, がこんな, がそれ, が今度, が老父, が誰, が道, が鷹揚, けどお, けど出す, けれど, けれどもざつくばらんのやうにみえて, こと, し島野, じゃモスク, ぜ, そうです, つたなア, つたのに, つていふ, つてお金を, つて云つたわ, と, という, という事, といふ, とお, とかそうした, とかよい, とすぐ, とは思, とは思い, とは考へ, とよ, と云, と勝手, と唸る, と思った, と思ひ, と思ふ, と思われ, と思われる, と憎らし, と手紙, と教え, と聞きました, と言, と風評, なとなほ, なと思っ, なと思つた瞬間, などと言い言い, なア, ねえ, のが, のに卒業, のに縁, ほんとうにか, よこの, わね, わねえ, 潔癖な, 結婚したい, 絵も

▼ ひと~ (112, 1.0%)

19 んだ 14 のだ 116 のね, んです 5 のよ 4 のか 3 のかも, のです, んだろう, んでしょう 2 つてゐる, んでせう, ンだ

1 [29件] つたのか, つた意見は, つた訣である, つた高等学校の, つて, つてしまつ, つて勤務を, つて永遠の, つて神の, つて部屋の, どうも戦犯, のかしら, のかね, のが, のさ, のだろう, のであらう, のである, のでしょう, のでまるでもう, ので平気, ので旅興行, ので独領時代, ので話し, のに, のに伊田, のねとなか子, のね伊藤整, ンです

▼ ひとから~ (111, 1.0%)

3 お金を, ものを 2 何か, 聞いて, 見れば

1 [99件] いつも明る, おどかされて, お聞きなすった, かくしたろう, きょうは, げにし, げに出, げに安く, げに引ッ, げに論じる, げの, さまざま承りました, さわられぎらいを, じかに伸子, その名曲, その生命, その風呂敷包み, たづねられると, だいぶ意見, とどくもの, とめられて, なんと言われた, はなしかけられると, まるで特殊, もらったもの, もらった手紙, サービスだけ, 云いつけられて, 侮辱され, 僕の, 優しくされたい, 優しくされる, 先生と, 出て, 千代乃さんから, 受けたほんの, 命令される, 嗤われねえ, 噂を, 大虐殺, 尊敬される, 差し入れ弁当が, 帰国する, 御馳走に, 怨みを, 悦ばれたり, 意見を, 愛されるくらいが, 愛撫される, 托されたの, 押しつけがましくすすめられる, 押しつけられた材料, 招待され, 放庵の, 教えられない自分, 未来を, 欺し, 毎日の, 求婚し, 注意されない, 無礼を, 物を, 獄中で, 目を, 相談され, 知らされたり, 私は, 紹介された, 習った, 老人あつかひ, 考えたら何, 聞いた, 聞いたり, 聞いたイタドリ, 聞いても, 聞かされて, 聞かれる度, 腕を, 見ますと, 見られたくて, 触れられるの, 言はれたくない, 言われたこと, 誘惑される, 貰ったボロ, 赤紙つきの, 軽蔑される, 逃げたくなって, 遺産相続の, 酒後の, 金を, 鉱業権を, 離れたのみか, 離れまい, 電話が, 預ったん, 頭を, 頼まれごと, 頼まれて

▼ ひと~ (107, 1.0%)

23 見て 4 見たとき, 見た印象, 見ると 3 見た者

2 [11件] た, でわかる, で識別, にかかつ, に見えた, また逢, もはぢ, をつ, 見せて, 見た, 見た少女

1 [47件] お墓, お眼, お逢いしたい, がすく, そのお, その笛, てゐる, でいい, です, でそれ, でみわたす, でも垣間見よう, でモニカ, で人, で伸子たち, で新入生, で脛, で見込んだ, で青扇, にかからず, にそれ, にはわかり, にはマイナス, に波浮, のうち, の關, の高, ましたが, みせてと, もできない, を欺く, 仰ぎ見て, 会おうと, 会って, 見たいと, 見たいとおつし, 見たいとさえ, 見たいもの, 見たきり, 見たとたん, 見たの, 見た梅雪入道, 見た黄金色, 見るより, 見わたしたとたん, 逢いたくて, 避けつつ

▼ ひと~ (102, 0.9%)

8 あつた

1 [94件] おこりつぽい, おひささん, かつ義侠心, こちらで, この位量感, この家, この小説, これは, さかんに, しよう, すら, ずっと反物, せう, せっぱつまると, そういう勉強, そう美人, その他を, その何割, その土地, その女給時代, その家, その点, その王国, その肌, その頃, ついぞ人民, であろうか, どうやら看護婦さん, なしッ, ね夫婦, むかし吉原の, むしろあんまり平凡, よくお, よく言葉, わたし岡惚れの, クラスの, チドリに, ボクを, ボクパパの, 一人前の, 一介の, 三ヶ月程, 中年に, 二十歳の, 亭主曰ク, 会つた, 何か, 僕の, 光学の, 全然の, 前の, 十五から, 参加し, 可哀そうな, 周から, 唇が, 坐りはじめたら褄, 多少政黨, 女性ながら, 妹とは, 婦人の, 子房が, 小峯喬君の, 小説を, 嵐雪も, 御主人, 心の, 忠実に, 思うこと, 戦争未亡人だ, 数学の, 新潮社に, 柚子の, 母の, 気力も, 派出婦を, 生徒たちに, 眉目秀麗な, 着古した, 私の, 立ち姿の, 細っそり, 組でも, 結婚は, 自身の, 良人に, 色々な, 蕎麦の, 見よう見, 言葉なども, 谷村さんは, 賢い人, 金物屋の, 長い間外国

▼ ひと通り~ (100, 0.9%)

11 でない 5 でなかった 4 の挨拶 3 のお, のもの, の話 2 では, ではない, のこと, の知識, の筋道, の説明, は調べ

1 [57件] お聴きとりねがいます, この真言, でありませんでした, であるまい, でない熱意, でなくわけて, でなく子供, でなく新た, ではありません, ではなかっ, に達し, のない, の予備知識, の仏具, の劍道, の化粧, の取り調べ, の報告, の夜具布團, の女学生, の好奇心, の家具, の役目, の意見, の感情, の掛け合い, の探索, の昼食, の武芸, の気, の準備, の百姓家, の筆算帳面, の答弁, の考, の記述, の調査, の諸, の贅沢, の辻褄, の鑑賞眼, の風模様, はといふママ, は何, は心得, は洗っ, は知っ, は詮議, は説明, も二通り, も出来る, やつて, やふた, や二通り, を聞かされた, 聞いた, 見終つて

▼ ひとたまり~ (92, 0.8%)

58 もなく 10 もない 4 もありません, もなかつた 3 もあるまい, もなかっ 2 もある 1 なく一掃, もなかろう, もなくひっくり返っ, もなくわられ, もなく振り飛ばされ, もなく深い, も無かっ, も無く

▼ ひととおり~ (90, 0.8%)

5 では, のもの 4 でない 3 やふた 2 のこと, の挨拶

1 [69件] おききください, しか持ち合わさない, して, すむと, そういう脅迫的, その要点, たのしむと, できあがった政治上, でき上がった, でない奇怪さ, でない心配, でない苦労, でなかった, でなく神, でなく長い, ながめて, な美人, な麗人, に遊ん, の, のあいさつ, のお, のさし, の人, の労力, の寒, の幻術修業, の才人, の歴史, の痩我慢, の登山丈, の者, の落ちつき, の身の上話, はおさめた, はし, はその, はやる, はりっぱ, は婬, は幸福, は心得, は身, よりない, わかりは, 伺いましょう, 古い都, 書いたらもう, 歩いたこと, 済んだ時, 片づいたあと, 片づいて, 片づいてからも, 片づく算術, 終るの, 考え一箇所, 聞いて, 見て, 見わたそう, 見終ると, 訊いてから, 話しおわってから, 話した, 話して, 調べましたが, 謀った後, 述べた, 述べるつもり, 飾られて

▼ ひとには~ (85, 0.8%)

2 それが, ひとの, 云えない, 見えないん

1 [77件] ああは, あの白い, いいが, いちばい太平記も, いはせて, おくさん, おのずから礼, かつおの, かなひません, ききとれにくい, これと, さっぱり好かれない, その効果, それまで, だまされないン, ちょいと, ちょっとこういっ, ちよつと, どうかわかりません, どう見える, どんな風, なかなかお, なかなか腹, なにもかも本気, はじめも, まだ一度, まだ多く, みめぐみ, もうお, もうなん, やっぱり理詰め, やはりそれぞれ贔屓, よい意味, わからないで, わからない皮肉, わかりますまい, わかるまい, わかる筈, バカげて, ムカムカし, 仏印の, 伊豆に, 何か, 何て, 何を, 全然わからぬ, 全身に, 其が, 分らないほど, 分らない要点, 分りません, 分りませんでした, 参って, 古典中の, 哥薩克魂といふ, 奥さんと, 家紋入りの, 少量をという, 当分ない, 往復の, 樂しい, 死神が, 気にいったよう, 洩らしたくないと, 活, 王様から, 瑕の, 眞似られる, 裏切られたが, 見えませんね, 見ぬか, 見られたくない性, 誂えむき, 違いなかった, 金を, 随分多い, 面白そう

▼ ひと~ (81, 0.7%)

6 にそれ 5 でいい 4 でそれ 3 でその 2 で分る, にわかる

1 [59件] だけ, だけお目にかかられます, だけでもお目もじ, だけ甥, で, であの, であッ, でこと, でこの, でこれ, でただ, でにせもの, でみる, でわかった, でわかりました, でわかる, でインテリ, でショウバイニン, で事情, で在郷者, で好物, で強盗, で彼, で日本人, で気, で泥棒, で男, で知っ, で私, で見渡す, で見渡せる, にいなか, にかからず, にかからぬ, にし, にずんずん, にどこ, ににせもの, にまがい, にも, に丁半師, に余る, に八丁堀衆, に子ども, に実直, に御家人, に手踊り, に数え, に知れる, に若, に裕福, に見とおされる, に見渡し, のうち, のたくさん, は, はつ, 見したちまち, 見て

▼ ひと~ (77, 0.7%)

12 のうち 3 やふた 2 でいい, に一枚, に咲かせ, 泊った, 泊まって, 泊めて

1 [50件] いて, かかって, このまま森, じゃいけない, すごそうじゃ, ずつ山車, そのこと, だ, だけさ, だけでも芸術家, だけは兄, だけ大辻君, だけ眠らない, だけ蕨, でええ, でもあの, でもいい, でもとの枕, でもふた, でも参詣, でも数百, でよい, とまった翌日, とまって, とめて, にせいぜい, にもっと, に一度, に五人, に十五, ねむれなかった, のおくれ, のお客, の拘留, の辛抱, はこの, は花菱, もうひとつ晩, も家, やすんだから, やつかい, を過ごし, 寝て, 寝も, 帰りませんなん, 欲ばって, 泊まりまして, 眠ると, 踊って, 降りつづけて

▼ ひと~ (73, 0.6%)

3 はりする, はりも 2 づペンを, はりした, はり大きく

1 [61件] おきてを, づくみ, づこ, づここ, づこつ, づこの, づこれで, づこれを, づさつと, づそこに落着きは, づそこに香を, づそれぞれの, づそれを, づです, づヨーロッパへ, づ一難すぎさ, づ二階に, づ今月限りといふ, づ仮面を, づ仲直りが, づ体裁を, づ例によ, づ僕の, づ先へ, づ家に, づ宿へ, づ帰宅つてとも, づ引退ります, づ手を, づ打ち切る, づ方様の, づ東京へ, づ此辺で, づ歸り, づ母親の, づ河邊の, づ田端に, づ畳ん, づ破棄し, づ筆を, づ終局を, づ考へなけれ, づ胸を, づ船の, づ落ちつき, づ落ちつく, づ見られなく, づ踏台から, づ身柄を, づ都に, づ釈放といふ, づ難を, に密, に母, の庵, はり, はりし, はりすれ, はりひとま, はり小さい, はり祈祷の

▼ ひと~ (70, 0.6%)

3 おいた向う, のうち 2 の隅, を借り

1 [60件] から出, がこれらすべて, が眼, ずつしかない, ずつの部屋, ちが, である, でうす暗い, でした, では, で品, で殆ど, ながら私, に, にいる, においてはしなくも, にかの四人, にこもった, にすわりました, になっ, には書棚, にぽつねんと, にやすませました, に唸り, に姿, に寄り合っ, に寝かせ, に引き籠っ, に待たせ, に独り, に衾, に貧しく, に隠れた, のみ, のバラック, の中, の内, の家, の空気, の障子, はま, は中庭, は往來, は折り, は薄暗い, へだてた中, へつれ込ん, へはいっ, へひっこんだ, へ不義者, へ入った, へ呼び入れられ, へ監禁, へ通された, へ連れ込み, をあらかじめ, をまん中, を隔てた隣り, 隔てた次, 離れたやはり

▼ ひといふ~ (68, 0.6%)

13 ものは 7 のは 6 ものを 3 ことも, やうな 2 ことが, ことに, ことを, と, もので, ものに, わけで

1 [22件] ことの, ことはじめばや, ではない, と左右, と殺しぢ, のが, ので, のと, のを, ものが, ものだ, ものです, ものと, もんだ, よりは氏族制度, わけに, わざによつて倖, んです, 世にも殘酷, 気が, 程ぢ, 程で

▼ ひとへに~ (67, 0.6%)

2 夢む道遠き, 花を, 親鸞一人が

1 [61件] あなたの, あはれ深し, お願, ここに, しや, そこに, その寛容, その私心私情, その駿馬パトロクロス, それが, ただあの, たのみ, ひる強盜, ゆふ, わが, わけて, 世態の, 亡友菊池氏の, 人間の, 他力に, 他力を, 全くニイチェ, 全身の, 君の, 君子の, 吾が, 国家の, 夫の, 夫人の, 完結の, 家康の, 寄縋る, 局長が, 庶民の, 弥陀の, 彼の, 御歎願, 御芳志, 御願ひ致します, 思ふ河海, 我と我が, 昼強盗と, 暑さ, 月影を, 歴代天皇の, 氏が, 父の, 物は, 生涯の, 白い, 私の, 絵の, 聞けどいろ見れば, 良人に, 良心の, 表象相互の, 言は, 謝するところ, 釈迦如来の, 難思往生, 食ひもの

▼ ひとわたり~ (56, 0.5%)

2 それを, 家の

1 [52件] あつて, お御堂, お酒, ぐるりと, この人ごみ, ずっと読ん, の教え, の話, はいろいろ, はぜひ, は心得た, ひろひ, ぶらついたり, ぶらぶらし, むしり終, グルリと, パリの, 一円が, 一同を, 一座の, 剃りが, 周囲を, 子供を, 家搜しした, 店の, 悪態の, 感情教育を, 承知した, 拭つた, 拾って, 指を, 朝の, 目で, 目を, 芸が, 見回した, 見廻した, 見廻して, 見廻してから, 見渡したが, 見物し, 観察した, 読み返して, 調べが, 讃めて, 軽口を, 近所の, 部屋の, 雑談の, 難癖を, 鳥の, 黒頭巾を

▼ ひと~ (55, 0.5%)

3 てその, て連れられ 2 て金, 己の

1 [45件] てその間, てとり込まれた, てはお, ては受取り, ては嫌ひだ, ては最優秀船, てよい, てゐた, てビスケト, て三十五圓, て之, て仲, て何時, て働きかけ, て僕, て充分, て勝負, て多く, て奉公, て廃れた, て廢, て律儀, て徐々に, て御, て或は, て払, て持つ, て村人, て田, て皆さん, て私, て秋成, て綺麗, て繰り返し, て虚妄, て行, て表, て諸, て貴い, て送りけり, て連れ, て避けね, て離れ, 心を, 露ほども

▼ ひと思ひ~ (55, 0.5%)

73 に東京, に自殺 2 に殺し, に突いた, に行つてしま

1 [36件] とは宛然一樣, にさ, にすべて, にそこ, にその, にどう, にぶちまけ, に住, に向, に失踪, に左翼, に引返し, に彼, に怒鳴りつけたい苛立たし, に扨, に文子, に文子さん, に景気, に書い, に橇, に正面, に死に, に死にたかつた, に死んじ, に死花, に清水, に片腕, に破, に私, に突き上げた, に脱い, に自分, に行つて, に離別, に首, に鳴川留

▼ ひと~ (49, 0.4%)

4 もおちず 2 きこえて, の中, はうるむ, は白き, をやがて, 濁れり光

1 [33件] かげに, その白い, とて, と思ひし, なにかきこえ, なりけり, なり夏, にのし切っ, のみ, のわざ, の姿絵, の神々しい, は思惟, は樓上, は知らずつらかりし, は雨, ひねもす, ひびかふ冬, も人, も晴れ, わが心, わが想, わが精舎, を保たず, を夫, 吹き去りし風速, 堪へて, 楽しむ豆柿, 腹だちぬ, 萎れねば, 語る伴侶, 赤く胡椒刈り, 遊ばむ

▼ ひと先ず~ (45, 0.4%)

2 帰され順平, 死骸を

1 [41件] あなたの, おぎん, お徳, ここを, この面箱, これで, これを, そこに, そこを, その兜, その本人, それを, みんなを, ジョージを, 下田端の, 中止の, 主人預けとして, 京都へ, 屯を, 帰した, 帰り仕度, 引きあげたが, 彼を, 東京に, 横浜を, 浅草の, 玉太郎を, 番屋に, 立ちどまった, 筆を, 箱根権現の, 紋七を, 自分の, 自宅へ, 落ちついたさき, 落着かれた, 落着した, 警察署へ, 途切れた, 重兵衛, 頼って

▼ ひと~ (44, 0.4%)

2 はかく, もおちず

1 [40件] あくれ, あるき廻り暁, えにし, があけました, が最後, この庭先, しかこの, というもの, とて吉原, に不具, に二度, に寺, のあいだ, のお, の夢, の宿, の愛人, の楽しい, の歌, の気紛れ, の物さび, の結縁, は, は双六, は語らい明かし, よりない, をお, を共に, を凌ぎ兼ねます, を彼ら, を明かした, を楽しく, を点れ, を神秘, を迎える, 与へよ, 取れよ花, 寝て, 寝に, 置きたれば

▼ ひとところ~ (39, 0.3%)

5 にじっと 2 に集め

1 [32件] あった, が赤い, たぎつすなはち, つきあって, で足ぶみ, にあつまっ, にあつめた, にいっしょ, にじつ, にすえ, にたむろ, には緑色, にゐ, に停滞, に支え, に群がっ, に蒐め, に閉じこめられ, の, の新派大悲劇的悪人, の貸, へかたまった, へ噛, へ集め, を繰り返し, を見つめ, を見据え, を離れず, 少しその, 見せよう, 開いて, 開かれて

▼ ひと~ (38, 0.3%)

2 にきようきよう, に寒く, に黒く

1 [32件] かなかなか, であっても, である, ではない, で云え, とをはつらつ, とを思ひ浮べる, と見, なの, に, にとざされ, に塗りこめ, に染まる, のある, のさえざえとした群青色, のじつにすっきり, の優しい, の埴輪, の平, の暗黒, の水, の真っ, の花, の記憶, の銀世界, の青, の音, の黒い, はひと, はひと色, もまじえない, を強く

▼ ひとかた~ (36, 0.3%)

3 ならぬご 2 ならぬ御

1 [31件] ずつお, でない, でないし, でないぞ, でなかった, でなくどこ, でなく諸人, ではございませぬ, ではなかっ, ならざる丹精, ならない, ならないと, ならないもの, ならない関心, ならなかった, ならぬおこ, ならぬきずな, ならぬ世話, ならぬ信頼, ならぬ御事, ならぬ心案じ, ならぬ愛, ならぬ注意, ならぬ砂糖, ならぬ苦労, ならぬ通り, ならぬ関心, ならぬ難儀, の竹若さま, はいった, は郷士達

▼ ひとまわり~ (34, 0.3%)

16 して 2 した, 太かったら

1 [14件] させたもの, させ髪, したこと, します, し指, するため, すると, せねば, できるほどに, と出かけましょう, ふられて, 小さくなった, 眺めやった, 見回すと

▼ ひとにも~ (33, 0.3%)

1 [33件] いくらか助け, いわないですから, いわないよう, ずいぶん好かれ, コップを, 両方に, 云えない, 云ひ, 似たところ, 何とか言われる, 信仰は, 公然と, 内包され, 厳格に, 噴水の, 持たれつづけると, 確認する, 第一, 紺の, 羨まれ彼自身, 考えられる, 自分にも, 色の, 茶話に, 解らぬが, 言えぬ恥, 話して, 話せる悲劇, 語つた, 迷惑と, 通じる目安, 重宝がられ, 鋭く暗い気分

▼ ひとでも~ (32, 0.3%)

2 みんな何べ, みんな好きよ

1 [28件] ある, あれでは, いふならとにかく, いふべきもの, おんなじこと, かくの, この頃, すぐ気がつく, その人々, できたの, ないらしく, なし戻つ, はたからは, ひとつくらいは, また歌う, やつて, 一日の, 云ふ, 出来て, 右と, 明治以来日本の, 汽車の, 火鉢に, 申しませうか, 目前に, 老成した, 顔を, 馴れ合うこと

▼ ひと~ (31, 0.3%)

3 の着物, を着 2 の隣り

1 [23件] がフワリ, たけに, だ, だからこの, だに, だ折, で真に, の内, の妙覚寺, の桜, の相, の背中合せ, の道, の隣りである, はもう, もの, ものを, よ, 一枚で, 一枚に, 外には, 川一すじの, 彼方の

▼ ひと~ (31, 0.3%)

3 の細い 2 の矢

1 [26件] ございましても, ずつ消し, で三年前, とおっ, なわで, にあこがれ, につながる, にとおっ, にも手, に兄, に貫い, のさびしき, のながき, のにおい, のもの, の家, の巻鬚, の希望, の手槍, の涙, の火箭, の白い, の糸, の通路, の道, 残らずは

▼ ひとつき~ (28, 0.2%)

2 の家賃, ほど経っ

1 [24件] くらいつづい, すねて, に二度くら, のびた, ほどここ, ほどのパリ生活間, ほどま, ほどまえ, ほど得意, まえから, も帰らぬ, も祕密, も経たぬ, も經, 刺した, 寝れば, 程は彼, 経たぬうち, 経ちふたつき, 経って, 経つて, 経つと, 続いた雨, 通ってから

▼ ひとです~ (27, 0.2%)

532

1 [17件] かねえこれ, から, からおそらく, からそこ, が, がつまり, がでも, がどの, がねそう, が奥さん, が実は, が日本, って, と話し, ねえ, もの, 達ちゃんより

▼ ひと~ (27, 0.2%)

3 になっ 2 となっ, の連中

1 [20件] あれば, がむこう, が手風琴, が来ました, が路ば, こしらえたという, この隠居藤屋, ずつ年番, だけを残し, だけ採る, だけ滞在, です, で二十両, にしつっこく, に二, の参詣人, の夫婦, の老, ははじめひと, 暮れて

▼ ひとでは~ (26, 0.2%)

6 ない 2 ありません, ありませんか, ないか, なかった

1 [12件] ありませんかと, あり粧いから, あるが, あわてて, ないから, ないが, ないと, ないらしい, なかったろうが, みんな顔色を, もとは, 何も

▼ ひとなら~ (26, 0.2%)

1 [26件] あたしの, あたしも, あのひとこと, お母さんに, それくらい, そんな髭, たのもしいけれど, だれだって, なにも, なほい, ばきっと, ば一応, ば気軽, ひとめ見, やれやれこれ, りっぱに, ん偉業を, ラインだけは, 僕は, 奥に, 東京で, 留守番に, 話が, 誰でも, 面白いインタヴュウ, 高校に

▼ ひと~ (26, 0.2%)

2 にし, の人参, は紫, を持っ

1 [18件] おいて, がぴんと, ずつもどかしく, にすれ, にたばね, に丸め, に腰, の新聞紙, の書類, の百合, の真っ黒, の草花, の鍵, の長, の髪の毛, は, ほどに折り集め, を引き抜い

▼ ひと~ (25, 0.2%)

1 [25件] ああな, が二三人, が何の, が戻, が荒々しく, それからこの, でありある, とはテムペラメント, と並ん, と自分たち, にこう, に圍まれ, の矛盾, の立場, の集り, の顔, は, はちょっと, はまるで, は何で, は生活, へ作品, もフンガイ, を二人, を玄関

▼ ひと~ (24, 0.2%)

2 でない, ならない

1 [20件] が出這入りなすっ, ちと気ごころ, ではござりますまい, ではござりませぬ, ならずがっかり, ならずチャーム, ならず不審, ならず楮幣, ならず目, ならず親しく, ならぬお, ならぬもの, ならぬ世話, ならぬ混雜, ならぬ苦労, なるに, に限らなかつた, の御, もいつも, を質

▼ ひとだった~ (22, 0.2%)

1 [22件] からたいてい, がいかにも, がこんど, がシゴイさん, が劇, けれどこの, そうで, そうです, だけに思わず, とばか, と幸せ, のだ, のでそういう, ので対米英戦, ので誰, のよ, ようで, んだろう, んで, んでしょう, んです, 岡安と

▼ ひと~ (22, 0.2%)

2 に花

1 [20件] いかにもいたいたし, だった, であった, でも私, なり, に咲く, のあら, の後, の美觀, の食事, の香, はある, はこの, はしずか, は生絹, は飯尾さん, も忘れざるなり, を, 栄えし画工, 苦しんだが

▼ ひといろ~ (20, 0.2%)

2 で塗り潰され, のなびき

1 [16件] ぞ足らぬ, たりない, で云, に塗りつぶされ, に塗り潰され, に総括, の世界, の声, の松虫, の松蟲, の白, の舞台, の花, の蘭花, まるで道化師, 紅空木の

▼ ひと~ (18, 0.2%)

1 [18件] に, にいそがしき, にこれ, にそれほど, にひとしい, にギラリ, にムツ, に世これ, に人, に大笑い, に彼等, に思い, に有頂天, に栄える, に琵琶法師, に祝言, に自分, に迷惑

▼ ひと~ (17, 0.2%)

2 ばの, びそへてむ

1 [13件] ばずつ手, ばに, ばのぼろ布, ばの折紙, ばの紙, ばの紙幣, ばの薄, ばの薪, ばの藁, ば折っ, びおそいきたらばサクラ号は, びはをさなみかどのおんあとをうみにいりましし建礼門院, びもゆしあんずるいとまも心あわた

▼ ひとじゃ~ (16, 0.1%)

2 ないと, ないん, なし大急ぎ 1 ない, ないか, ないかと, ないかね, ないの, ないはず, なかか, なかったのね, なくて, わしは

▼ ひととは~ (16, 0.1%)

1 [16件] あの睡眠, なれて, なんだか話, みえないなごやかな表情, もう三カ月, れいの, 全く別人, 別々の, 多分二十三日, 思えない, 思えないうれし, 思へないほど, 恋愛による, 死に, 私の, 行かないところ

▼ ひと~ (16, 0.1%)

1 [16件] ごろもの, だ, づゝひらけむはひとへ, づゝ八重山吹は, なる山吹, にた, にたのみ, 向ふ, 帶締めて, 幾枚も, 機密を, 激しく報いる, 物ちりめんと, 物を, 襲ね, 託しても

▼ ひと晩じゅう~ (16, 0.1%)

1 [16件] あるきまわって, かかって, かきくどきました, かんがえあかしました, こうして坐っ, しめて, でも弾い, なやませつづけたこと, にこの, ほとんど眠らなかった, やめないつもり, ゴソゴソなにかやっ, 寝ずに, 泣いて, 眠らないはず, 考えて

▼ ひと~ (15, 0.1%)

6 ぢの 3 ぢを 21 ぢ動かさず, ぢ射しぬ, ぢ徹り, つかり見損

▼ ひととの~ (15, 0.1%)

1 [15件] あらゆる經緯, いきさつには, かかりあいが, へて, 人生に, 恋愛問題が, 愉快の, 暮しを, 永いつき合い, 現実の, 経験の, 結合が, 話題とは, 運命へ, 間に

▼ ひと~ (15, 0.1%)

1 [15件] か二所, が時々, にあ, にいず, にいる, にかたまっ, にかため, にじっと, に取り入れ, に寄せ, に寄り添うた, に集められる, をながめ, 切って, 黒いしみ

▼ ひと握り~ (15, 0.1%)

2 の糠

1 [13件] して, ずつ手繰っ, ずつ束, のほどの糠, の人, の人たち, の特権者, の石ころ, の米, の粟, の被告, の鹽, 打つけ合

▼ ひとさま~ (14, 0.1%)

1 [14件] からうしろ指ひとつ, から戴いた, から馬鹿, がみ, が助かります, が陰口きく, に迷惑, のもの, の娘, の施し, の生, の裁縫, の読む, をあ

▼ ひとという~ (14, 0.1%)

3 ものは 2 のは 1 ことに, のが, ので, のに, のも, 古い関係, 心持で, 感じが, 響に

▼ ひと~ (14, 0.1%)

2 から

1 [12件] じぶん, そのほか, それらから, まずつの, 坊やまで, 恋人が, 持ち味, 教育学応用数学の, 船から, 薄緑, 野尻と, 黒と

▼ ひとらしく~ (14, 0.1%)

1 [14件] お仲, かんちがいし, こんな減らず口, てわたし, もなく, も無く, ドイツ語の, 保羅という, 内気さと, 小枝, 御結婚, 感傷する, 楽しそう, 甲高い声

▼ ひと~ (14, 0.1%)

3 しめしまいらせそろ

1 [11件] かいて, けえ, とりいそぎ候まま, に書い, の御, の続け, 御書, 御染筆, 持って, 書くん, 書け

▼ ひとって~ (13, 0.1%)

2 のは

1 [11件] ありゃア, いうなら自然自分, そりゃあ僕には, たいてい女, どういう意味, ほんとうに, ものは, 切羽詰ると, 妙ね, 実際に, 案外派手

▼ ひとごと~ (12, 0.1%)

1 [12件] ながら, ながらいささか, ながらこう, ながらほんとに, ながらもう, ながら先, ながら強い, ながら心配, ながら気恥しい, ながら浅まし, ながら腹, ながら見

▼ ひとなる~ (12, 0.1%)

1 [12件] か自分, か赤髪, か赤髮, ことは, ぞ, と同じ, と思ひ, のです, ものだらう, ものは, 小さな物, 生き物の

▼ ひと~ (12, 0.1%)

1 [12件] かつてわたくし, さに, すこやかに, とかく遊ぶ, ながまさ公, ひとこと打ちあけ, わが友, 丸めの, 二よの, 僕は, 我に, 細い雨

▼ ひとよし~ (12, 0.1%)

2 だと, の癖 1 いつまでも, だから姉さん, であると, でどう, につけ込ん, に見えるだろう, の坊主, の町人

▼ ひとられ~ (12, 0.1%)

2 てし, てしまふ, てゐた 1 その彼自身, てくる如く, てしまふだらう, てゐる, て仕舞, て黒く

▼ ひと~ (12, 0.1%)

1 [12件] か, にかかりたる, にさばい, に五十七人, に渡し, に渡そう, に渡る, に統合, は上棚, は下, を煩わし, 御指南

▼ ひとがら~ (11, 0.1%)

1 [11件] から言っ, がまったく, その前半生, なおっとり, にすっかり, になりました, に威, の, のかしこ, を愛し, を映す

▼ ひとその~ (11, 0.1%)

3 ひとによって 1 こども, ひとによ, ひとは, ひとり, 才能の, 旦那さんつて, 死に場所まで, 良人の

▼ ひとだって~ (11, 0.1%)

1 [11件] あるの, この頃, みんな言う, よろこぶ事, わたしに, モスク, 困ってるだろうから, 在るの, 急所は, 放って, 淋しがり

▼ ひと~ (11, 0.1%)

1 [11件] いかに物堅き, おれは, がらしてやろう, がらたてて, がらちょうだいする, そのひとり, みだりがは, 彼の, 恋は, 父が, 疑ひも

▼ ひとより~ (11, 0.1%)

1 [11件] いい商品, ちょっとでも, ひとに, もっと叮嚀, 丈夫で, 先に, 図抜けて, 少ないとは, 早く感ずる, 深刻です, 近くかいま見よう

▼ ひと切れ~ (11, 0.1%)

1 [11件] ずつ切っ, でも大根一本, にし, のトースト, の香, はさむ, をさも, を手, 取って, 買って, 食べて

▼ ひとかけ~ (10, 0.1%)

2 ずつパン, 置いて 1 すらない, でも, でも落ちてる, のこらずその, の糞, 与へ

▼ ひとなり~ (10, 0.1%)

1 か, その跡, ては何, 僕は, 厭でも, 多くの, 救ひ, 極く貧しい, 河水の, 結局預りと

▼ ひと~ (10, 0.1%)

2 ふことは 1 ふは, ふもの, ふやう, ふよりも, ふ事, ふ様, ふ観念, へばで

▼ ひと~ (10, 0.1%)

2 の野稗 1 でなければ, にふれ, のしだれ柳, の松, の短, を, 見出しては, 黒く枝

▼ ひときれ~ (9, 0.1%)

2 の真実 1 おっかなびっくらたべました, とじゃがいも, の丑の日, の愛情, の純情, を取出し, を捕える

▼ ひとさえ~ (9, 0.1%)

1 あの夥しい, いて, いる位, ごくまだ尠い, そういうなら, そこに, 傍に, 出て, 立派に

▼ ひとであった~ (9, 0.1%)

1 からこの, から読む, が長い, ことは, そうで, とも考えられる, ので, 事実を, 父が

▼ ひととも~ (9, 0.1%)

1 にしんめり, わかれて, 云える, 喧嘩し, 思える, 思はれぬほど, 思わぬ太田原伝三郎, 思われぬほど, 考へられた

▼ ひとなみ~ (9, 0.1%)

1 な声, にお, にキチン, にブウウ, に恋, の技, の気, の生活, の程度

▼ ひとなんか~ (9, 0.1%)

2 おかないで 1 いないのに, できるはず, まるで近所, もともと始め, 云ふこ, 別にいや, 無いん

▼ ひと~ (9, 0.1%)

2 やうに 1 かたある, かのやう, ことも, クリステンデムの, 天下なら, 気持にも, 約束を

▼ ひと一人~ (9, 0.1%)

2 を殺す 1 がか, だけの趣向, にかかわり, に通ずる, の割, の話, 死んだこと

▼ ひといつ~ (8, 0.1%)

2 でもあんなに 1 しよに, だって鉄騎士, ていい, ても何, ても鳥右さん, て馬鹿

▼ ひとけの~ (8, 0.1%)

2 なくなった家 1 ない一階, ない大どおり, ない奥, ない小屋, 無いグラウンド, 無くなった家

▼ ひとそろい~ (8, 0.1%)

1 お届けいたしました, そろえると, ならべて, の着手, もお, をたい, をどさり, を届けた

▼ ひとである~ (8, 0.1%)

1 かどう, かを私, かを言いあてよう, が却って, が弟, と執事船田ノ入道, ゆえに, 点で

▼ ひと~ (8, 0.1%)

1 おかしいのよ, お嫁さん, きっと, そんなこと, むりもせんで山から, 兄ちゃん知ってるでしょう, 秘書だ, 雑誌送っ

▼ ひとのみに~ (8, 0.1%)

3 しようと 1 して, するよう, できるよう, のんで, 傾け捧げ乱れ

▼ ひとばかり~ (8, 0.1%)

1 お思ひ, だった, でなくその, で暗い, なので, なんで, 三人上衣を, 横に

▼ ひとらしい~ (8, 0.1%)

1 ことね, て, と思つて, わ, 味に, 独特の, 自然さが, 風です

▼ ひと掴み~ (8, 0.1%)

1 しかない, にされた, になる, の毛, の米, ほどの白髪, ほどの雲, 分けて

▼ ひと~ (8, 0.1%)

1 から云われなく, に御, のお客, のこと, の好悪, の娘, の御, の部屋

▼ ひと~ (8, 0.1%)

2 の鴨鳥 1 がきっと, だったの, の客, の羊, は空うち, 茂った林

▼ ひと飛び~ (8, 0.1%)

1 にあっち, にまた, に乗りきっ, に乗りつけた, に湯島, に車道, に追い迫っ, に飛ん

▼ ひとくみ~ (7, 0.1%)

2 の中, の男女 1 かくして, の五人, の十人

▼ ひとしか~ (7, 0.1%)

1 しらず余, つた, つたこと, つたと, つた自分の, つた運動場は, 見えないだらう

▼ ひととして~ (7, 0.1%)

2 憶えて 1 御一緒, 心に, 日本へ, 決して便利, 生存し

▼ ひとにとって~ (7, 0.1%)

1 もうこっち, わたしは, 一七年は, 何たるくちおし, 学校は, 自分の, 車にも

▼ ひとによって~ (7, 0.1%)

2 ちがったわずか 1 かかれたもの, ちがったわ, やたらに, 扱われた婦人, 書かれた二つ

▼ ひと~ (7, 0.1%)

1 がある, が強く, が現われました, が目, とりだして, はおどろく, は一筋

▼ ひと打ち~ (7, 0.1%)

1 がお前, だ, でその, という権幕, のよう, 強盗の, 風を

▼ ひと構え~ (7, 0.1%)

2 です 1 お城, として独立, に金三郎, のこちら, をあご

▼ ひと~ (7, 0.1%)

1 うかばぬ濁, すら咀, つみませこの, にも涙, に柔らか, は, はいあがって

▼ ひとこそ~ (6, 0.1%)

1 あらめ, いふべけれ云々, さいなんだと, しらね, ほんものの, 正銘の

▼ ひとごろ~ (6, 0.1%)

1 し, しいっ, しと, しなら, しは, しを

▼ ひとだろう~ (6, 0.1%)

1 ええ, からさ, し舞台, と思った, 切株接穂淘汰手入れその, 情の

▼ ひとでした~ (6, 0.1%)

1 から, から古風, がそれ, けれど僕たち, ので上野, 女は

▼ ひとについて~ (6, 0.1%)

2 思ふこと 1 なんにも, やること, 具体的に, 彼は

▼ ひともと~ (6, 0.1%)

2 照るばかり 1 すなお, の梅, の草, は君

▼ ひと知れず~ (6, 0.1%)

1 あなたお, よく苦笑, 今生の, 心を, 悲嘆を, 苦労した

▼ ひと~ (6, 0.1%)

1 のしごき, のもの, の襖, の違い, の隣り, 廻らした大きな

▼ ひといつた~ (5, 0.0%)

2 やうな 1 人柄に, 有樣, 無為の

▼ ひといふ事~ (5, 0.0%)

1 がいよ, で後, になる, もお, も見え

▼ ひとかど~ (5, 0.0%)

1 では, ふたかど, もったいらしく気どっ, 小さい学者, 良い心持

▼ ひとであろう~ (5, 0.0%)

21 かとやりきれなく, がその, と感じられる

▼ ひとどこ~ (5, 0.0%)

1 にいる, にも吹出物, にゐる, に隠れ, まで行っ

▼ ひとへの~ (5, 0.0%)

1 好意自分には, 心からの, 心くばり, 花びらに, 衣つく

▼ ひとまで~ (5, 0.0%)

1 この頃, そうだった, 入れちゃ, 大騒ぎを, 幸福に

▼ ひとみたい~ (5, 0.0%)

1 な太い, な足音, に押入れ, に眼つき, ね

▼ ひと~ (5, 0.0%)

1 かふた, にひとたび, に二度, の五月, をこの

▼ ひと~ (5, 0.0%)

1 その市街地, は斎藤家, は相, は精一杯, も敵軍

▼ ひと振り~ (5, 0.0%)

1 した, しましたが, すれば, 強く紀久子, 振って

▼ ひと晩中~ (5, 0.0%)

1 この上, この寄席, その木かげ, に真っ黒, よう睡り

▼ ひと~ (5, 0.0%)

1 うえて, の大きい, の柳, の福寿草, の臘梅

▼ ひと~ (5, 0.0%)

1 ずつ頬張った, つぶやき, でもかまわない, や二, 附きしたので

▼ ひと~ (5, 0.0%)

1 とも結婚, のこと, の切腹, の方, は決して

▼ ひと~ (5, 0.0%)

1 あるいはふた, の万年青, の空, の草, を持っ

▼ ひと~ (5, 0.0%)

1 すぐれた強力, と思はれる, 柔らかい触り, 白い襟足, 逞しい鼻白鹿毛

▼ ひと~ (5, 0.0%)

1 あらば, に蕾, のあと, は晴れ, ぱらぱらと

▼ ひとあたし~ (4, 0.0%)

2 そんなに悪い, を女優

▼ ひとある~ (4, 0.0%)

1 かい, かなき, ことを, や有ら

▼ ひといき~ (4, 0.0%)

1 いまひといきと, です, というところ, と暗い

▼ ひといる~ (4, 0.0%)

3 かしら 1 からや

▼ ひと~ (4, 0.0%)

1 つし, ぬけお, 兄様と, 弁当に

▼ ひとかと~ (4, 0.0%)

2 思って 1 聞いた日, 驚く

▼ ひとかも~ (4, 0.0%)

1 判らなかつた, 知れない, 知れないけど, 知れないと

▼ ひと~ (4, 0.0%)

1 は大柄, は強く, は目立つた, は高く

▼ ひとこれ~ (4, 0.0%)

1 かれ酒なに, がこの世, は豆腐屋, より大

▼ ひと~ (4, 0.0%)

1 ういふところ, う言, へ云, へ思はれる

▼ ひとっていう~ (4, 0.0%)

2 奴が 1 のは, 意味だ

▼ ひとであれ~ (4, 0.0%)

1 ばこれゃア, ばゆたか, ば倖, ば自分

▼ ひとでの~ (4, 0.0%)

1 しるしを, ような, 殻なぞ, 間を

▼ ひととしては~ (4, 0.0%)

1 いい方法, 品は, 悪口の, 日本に

▼ ひととせ~ (4, 0.0%)

2 なりき 1 このがん, そりゃア

▼ ひとなど~ (4, 0.0%)

1 放って, 暫く東京, 自炊し, 都会風の

▼ ひとなんて~ (4, 0.0%)

1 あるかい, いうん, ひとりも, もういない

▼ ひとによ~ (4, 0.0%)

1 つてある, つてち, つてでき, つて違ふ

▼ ひとに対して~ (4, 0.0%)

1 もつ感情, 子供が, 弁解という, 非常に

▼ ひと~ (4, 0.0%)

1 らも, 哥よみ, 夜ひとよ, 夜もすがら神佛

▼ ひとひら~ (4, 0.0%)

1 そっとどける, またひと, 植木箱の, 白き冬

▼ ひとびと~ (4, 0.0%)

2 は帽子 1 の眼, は必ら

▼ ひとほど~ (4, 0.0%)

1 他人の, 巧いと, 日本の, 陰で

▼ ひとやの~ (4, 0.0%)

1 うちに, やみなら, ゆふ, 窓の

▼ ひとよりも~ (4, 0.0%)

1 あなたは, 先に, 早く女, 社会の

▼ ひとをも~ (4, 0.0%)

2 蔑視したがる 1 キリストは, 大切に

▼ ひと一倍~ (4, 0.0%)

1 しみじみと, 感じやすい, 早く, 興味深く読み覚え

▼ ひと一緒~ (4, 0.0%)

1 に, にお, に暮らさなけれ, に澁紙張

▼ ひと働きし~ (4, 0.0%)

1 てあげよう, てご, ては, てみよう

▼ ひと好し~ (4, 0.0%)

1 すぎると, とでも言おう, に打ち負け, の彼

▼ ひと寝入りする~ (4, 0.0%)

1 かな, からな, にもそつ, んだ

▼ ひと~ (4, 0.0%)

4 てゐる

▼ ひと~ (4, 0.0%)

1 のなか, の白壁, は盲目, を拝領

▼ ひと~ (4, 0.0%)

2 は神無月 1 の移り変わり, 見なければ

▼ ひと申す~ (4, 0.0%)

1 ことが, のでございませう, のは, はこれ

▼ ひと~ (4, 0.0%)

1 あるなあ, に黒砂糖入り水羊羹, のかり, 唄ってから

▼ ひと美食~ (4, 0.0%)

4 と酒

▼ ひと響き~ (4, 0.0%)

4 びしとしたのは鳥などの

▼ ひといづれ~ (3, 0.0%)

3 の行

▼ ひといない~ (3, 0.0%)

1 かしら, のよ, わ

▼ ひといふべき~ (3, 0.0%)

1 か不幸, ものが, ものでない

▼ ひといろで~ (3, 0.0%)

1 大まかに, 海老色の, 陰気だ

▼ ひと~ (3, 0.0%)

1 から夕風沼, ねのぼった, 馬鹿に

▼ ひとおも~ (3, 0.0%)

1 て, ふに, ふ額

▼ ひとかかえ~ (3, 0.0%)

2 もある 1 に胸

▼ ひとからの~ (3, 0.0%)

1 借りもの, 手紙, 手紙に

▼ ひとからは~ (3, 0.0%)

1 一銭も, 村井さんの, 次々と

▼ ひとくせ~ (3, 0.0%)

1 ある顔, かわったこと, 籠ったもの

▼ ひとくるめ~ (3, 0.0%)

1 にあの, にし, に片づけ

▼ ひとこの~ (3, 0.0%)

1 ひとと, ひと皆, 生活に

▼ ひとする~ (3, 0.0%)

1 が故に, ので, 輩ばかり

▼ ひとそういう~ (3, 0.0%)

1 ことが, 人を, 表現の

▼ ひとそれ~ (3, 0.0%)

1 に今一つ彼, はごきげん, を私

▼ ひとたらし~ (3, 0.0%)

1 ほど拝借, もない, 二たらし

▼ ひとだけ~ (3, 0.0%)

1 ひとり目立っ, らしかった, 書くの

▼ ひとだけに~ (3, 0.0%)

1 かかわった現実, 山男の, 気丈夫で

▼ ひとだったら~ (3, 0.0%)

1 まだ帰らない, 私に, 風呂へ

▼ ひとだつた~ (3, 0.0%)

1 か知ら, わ, んだ

▼ ひとだの~ (3, 0.0%)

1 愛だ, 濃い縞, 青い着物

▼ ひとっきり~ (3, 0.0%)

1 の新聞小説, やって, 睡って

▼ ひとつ折~ (3, 0.0%)

3 入って

▼ ひとでない~ (3, 0.0%)

1 と, 対象を, 限りたとえ

▼ ひとでなけれ~ (3, 0.0%)

1 ば, ばならぬ, ばわからない

▼ ひととを~ (3, 0.0%)

1 並べて, 招ぐに, 見なければ

▼ ひとどう~ (3, 0.0%)

1 した, してる, しようかしら

▼ ひとない~ (3, 0.0%)

1 かどう, ことない, と思つて

▼ ひとなどは~ (3, 0.0%)

1 おろおろし, さすがに, 砂袋みたいな

▼ ひとにだけ~ (3, 0.0%)

1 きこえる声, きこえれば, 立ち会つて

▼ ひとに対する~ (3, 0.0%)

1 女それぞれの, 愛が, 責任を

▼ ひとねじりねじ切っ~ (3, 0.0%)

1 てつかわしたら, てつかわせ, て頂きとう

▼ ひとねむりする~ (3, 0.0%)

1 かな, なんてふつう, みたいに

▼ ひとのみの~ (3, 0.0%)

3 肉と

▼ ひとひらに~ (3, 0.0%)

1 さえ音, も及ばない, 過ぎぬらし

▼ ひとひる~ (3, 0.0%)

2 がへり 1 はひねもす

▼ ひと~ (3, 0.0%)

1 ぜいもふた, で私, ンばりし

▼ ひとまた~ (3, 0.0%)

1 いとこにあたる, ぎしさえ, 来て

▼ ひとやには~ (3, 0.0%)

2 あらぬ花籠 1 日々に

▼ ひとわたり眺め~ (3, 0.0%)

1 ながら何, まは, まはす

▼ ひとわれ~ (3, 0.0%)

1 にあし疾, にかがみ, に脚とき馬

▼ ひと~ (3, 0.0%)

2 を入れる 1 とをもたせる

▼ ひと同じ~ (3, 0.0%)

1 だこれアたしか, だわ, であります

▼ ひと吹き~ (3, 0.0%)

1 の風, 千両の, 大きく吹い

▼ ひと~ (3, 0.0%)

1 でも男, の人, の笑

▼ ひと寝入りし~ (3, 0.0%)

1 て世間, て目, て顔

▼ ひと寝入りした~ (3, 0.0%)

1 かと思う, せいか, 後子分たちの

▼ ひと寝入りしよう~ (3, 0.0%)

21 と戸棚

▼ ひと~ (3, 0.0%)

1 とを取らせた, の紙, をま

▼ ひと心地~ (3, 0.0%)

1 のない, もない, もなく眠っ

▼ ひと~ (3, 0.0%)

1 れあ, れに, れの

▼ ひと撃ち~ (3, 0.0%)

1 で割った, といったよう, とばかりつかみかかった

▼ ひと番い~ (3, 0.0%)

1 の闘鶏, の飼い, を買いました

▼ ひと盛り~ (3, 0.0%)

2 ですね 1 を過ぎる

▼ ひと称し~ (3, 0.0%)

1 て愛飲, 世間で, 従来の

▼ ひと纏め~ (3, 0.0%)

1 にし, にした, に某氏

▼ ひと葉ひと葉~ (3, 0.0%)

1 に柔らか, は, はいあがって

▼ ひと跨ぎ~ (3, 0.0%)

1 に廊下, に見える, の近

▼ ひと跳び~ (3, 0.0%)

1 というの, の尾, の意気

▼ ひと違い~ (3, 0.0%)

2 なん 1 だった

▼ ひと間違~ (3, 0.0%)

1 へつこ, へて追, へられる

▼ ひと~ (3, 0.0%)

1 さわさわと, 入れて, 変って

▼ ひと~ (2, 0.0%)

1 は, へり

▼ ひといい~ (2, 0.0%)

1 人だ, 人だった

▼ ひという~ (2, 0.0%)

1 て正座, 汚ない

▼ ひといふ感じ~ (2, 0.0%)

1 が全て, も手傳つて彼

▼ ひといへ~ (2, 0.0%)

1 ばそれ, ば京都博物館

▼ ひといます~ (2, 0.0%)

1 かあの, かと騒ぎたてる

▼ ひといや~ (2, 0.0%)

1 だつて, と申します

▼ ひとかじり~ (2, 0.0%)

1 ずつかじっ, にやられ

▼ ひとかどに~ (2, 0.0%)

1 なる秀才, やって

▼ ひとがねえ~ (2, 0.0%)

1 僕に, 僕にか

▼ ひとくさり~ (2, 0.0%)

1 結婚以来の, 語り終ると

▼ ひと~ (2, 0.0%)

1 なき夜, なき陣屋

▼ ひと~ (2, 0.0%)

1 させるに, まするやう

▼ ひとこゑ~ (2, 0.0%)

1 ありがたしありがたし, 高く嘶け

▼ ひとしけく~ (2, 0.0%)

2 かはゆき

▼ ひとしずまりする~ (2, 0.0%)

2 ともう

▼ ひとじち~ (2, 0.0%)

1 にいた, をぬすみ出され

▼ ひとすべき~ (2, 0.0%)

1 か, ことで

▼ ひとそろえ~ (2, 0.0%)

1 の懸垂装飾, を入れてたい

▼ ひとそんな~ (2, 0.0%)

1 ひとぢ, 場合いかなる

▼ ひと~ (2, 0.0%)

1 しる, 聞えし

▼ ひとたちみんな~ (2, 0.0%)

1 あたくし, お寿女さん

▼ ひとたひら~ (2, 0.0%)

1 つぶりつぶりと, 渡船は

▼ ひとだけが~ (2, 0.0%)

1 感じうるやるせない, 金を

▼ ひとだけは~ (2, 0.0%)

1 どんなこと, 知って

▼ ひと~ (2, 0.0%)

1 やない, やなかつた

▼ ひとつかみ~ (2, 0.0%)

1 の金貨, を取っ

▼ ひとつや~ (2, 0.0%)

1 すらひ, すらふ

▼ ひとては~ (2, 0.0%)

2 天柱くだけ

▼ ひととおりフランス~ (2, 0.0%)

1 やイギリス, らしいもの

▼ ひととおり新聞~ (2, 0.0%)

1 を読み終る, を読む

▼ ひととおり説明~ (2, 0.0%)

1 した, したあと

▼ ひとところあけ~ (2, 0.0%)

2 おきて

▼ ひととても~ (2, 0.0%)

1 ありや, 無理してた

▼ ひとなで~ (2, 0.0%)

1 あごを, にかき鳴らした

▼ ひとなりの~ (2, 0.0%)

1 判断を, 前進を

▼ ひとにだけは~ (2, 0.0%)

1 びしびし叱られた, 私の

▼ ひとにと~ (2, 0.0%)

1 つてわかり易く, 云われて

▼ ひとにとっては~ (2, 0.0%)

1 仕事も, 私が

▼ ひとにとっても~ (2, 0.0%)

1 それは, 生きて

▼ ひとに対しては~ (2, 0.0%)

1 どんな綽名, 夫や

▼ ひとに対しても~ (2, 0.0%)

1 それを, 抱いて

▼ ひとねむり~ (2, 0.0%)

1 グッスリ, 仕様と

▼ ひとのみ~ (2, 0.0%)

1 です, 思はれて

▼ ひとはという~ (2, 0.0%)

1 冒頭で, 風に

▼ ひとはに~ (2, 0.0%)

1 かいへ, 新らしく

▼ ひとはね~ (2, 0.0%)

1 ほんた, ほんとうに

▼ ひとばん~ (2, 0.0%)

1 はきっと, わたくしが

▼ ひとへを~ (2, 0.0%)

1 へだててるばかり, 着て

▼ ひとほんとに~ (2, 0.0%)

1 好男子だ, 船すき

▼ ひとまかせ~ (2, 0.0%)

1 で暮し, で結構

▼ ひとまたぎ~ (2, 0.0%)

1 に七里, のお

▼ ひとめぐりし~ (2, 0.0%)

1 ている, て神奈川

▼ ひとめそれ~ (2, 0.0%)

2 を見る

▼ ひとめ逢ひたい~ (2, 0.0%)

1 だのなん, と切に

▼ ひともの~ (2, 0.0%)

1 どのところ, の善し悪し

▼ ひと~ (2, 0.0%)

2 うと

▼ ひとられた~ (2, 0.0%)

1 に過ぎなかつた, 刹那に

▼ ひとられる~ (2, 0.0%)

2 やうな

▼ ひとわかつた~ (2, 0.0%)

1 位なら, 音楽会への

▼ ひとわたり見~ (2, 0.0%)

1 わたし字の, 検べたきりで

▼ ひとわたり見廻す~ (2, 0.0%)

1 とこれ, やうな

▼ ひとをを~ (2, 0.0%)

2 しむとこよひより

▼ ひと一つ~ (2, 0.0%)

1 になつて, に御

▼ ひと三人~ (2, 0.0%)

1 も手, を音蔵さん

▼ ひと二人~ (2, 0.0%)

2 の問題

▼ ひと~ (2, 0.0%)

1 に迷惑, の物語

▼ ひと住まぬ~ (2, 0.0%)

1 大き家, 空家の

▼ ひと~ (2, 0.0%)

1 するひと, を食べてる

▼ ひと~ (2, 0.0%)

1 に一列, の中央

▼ ひと傲り~ (2, 0.0%)

2 かに育ちふる

▼ ひと出る~ (2, 0.0%)

2 もありけり

▼ ひと~ (2, 0.0%)

2 なもう

▼ ひと~ (2, 0.0%)

1 き頬, けに押し包ん

▼ ひと刺し~ (2, 0.0%)

1 にナ, に刺させた

▼ ひと口もと~ (2, 0.0%)

2 にはかなき

▼ ひと口水~ (2, 0.0%)

1 をお, をのむ

▼ ひと句切り~ (2, 0.0%)

1 ずつ口移し, になった

▼ ひと同時に~ (2, 0.0%)

2 及第し

▼ ひと~ (2, 0.0%)

2 はいへ

▼ ひと吸いし~ (2, 0.0%)

1 ている, てから歩こう

▼ ひと呼ばれ~ (2, 0.0%)

2 て今

▼ ひと呼ぶ~ (2, 0.0%)

1 ことが, と聞き

▼ ひと~ (2, 0.0%)

2 まりも

▼ ひと~ (2, 0.0%)

2 りに

▼ ひと好き~ (2, 0.0%)

1 だ, だわ

▼ ひと子供~ (2, 0.0%)

1 が口髭, だなんて

▼ ひと富み富み~ (2, 0.0%)

2 て失ひし

▼ ひと巡り~ (2, 0.0%)

1 の巡礼, はやも

▼ ひと帰っ~ (2, 0.0%)

1 たってもう, て来ない

▼ ひと度何人~ (2, 0.0%)

2 かの面前

▼ ひと張り~ (2, 0.0%)

1 しかなかっ, を奥

▼ ひと当て~ (2, 0.0%)

1 やろうと, 当てよ

▼ ひと当り~ (2, 0.0%)

1 当って, 当て申さん

▼ ひと~ (2, 0.0%)

1 に対して総, めでたく今日

▼ ひと悲しみ~ (2, 0.0%)

1 と, を深め

▼ ひと撫でし~ (2, 0.0%)

1 て, 戸締りを

▼ ひと日夜~ (2, 0.0%)

2 も乞

▼ ひと時隔~ (2, 0.0%)

2 きに

▼ ひと晩ぢ~ (2, 0.0%)

1 ゆうあたし, ゆうもか

▼ ひと~ (2, 0.0%)

2 しきりにさびし

▼ ひと柔か~ (2, 0.0%)

1 みとが, みとは

▼ ひと死ん~ (2, 0.0%)

2 でも忘れない

▼ ひと~ (2, 0.0%)

1 の涙, の酒

▼ ひと~ (2, 0.0%)

1 女郎の, 詞を

▼ ひと申しませう~ (2, 0.0%)

1 か, か昨夜

▼ ひと~ (2, 0.0%)

1 にせまっ, のひと

▼ ひと~ (2, 0.0%)

1 ばれて, へました

▼ ひと~ (2, 0.0%)

1 入れるも, 笑って

▼ ひと粒種~ (2, 0.0%)

1 でござんすゆえ, の娘

▼ ひと~ (2, 0.0%)

1 にお, にくく

▼ ひと聖なる~ (2, 0.0%)

1 愛, 愛とは

▼ ひと薙ぎ~ (2, 0.0%)

1 その衝撃, にされる

▼ ひと見え~ (2, 0.0%)

1 たり, て五円也

▼ ひと見える~ (2, 0.0%)

2 筈自分ながら

▼ ひと走り~ (2, 0.0%)

1 お使い, 行つて来ます

▼ ひと~ (2, 0.0%)

1 おくれたらおれたち, 踏み出す

▼ ひと身體~ (2, 0.0%)

1 との分離, とをあまりに

▼ ひと逢う~ (2, 0.0%)

1 ひとことごとく, ひとみんな私を

▼ ひと過ぎ~ (2, 0.0%)

2 さる夏

▼ ひと重ね~ (2, 0.0%)

1 と練絹ひと巻, にし

▼ ひと間きり~ (2, 0.0%)

1 しかない, の家

▼ ひと間住居~ (2, 0.0%)

1 とやらにでもなりんす, などと騒い

▼1* [875件]

ひとあいさつもしない, ひとあそばすに, ひとあたり庭先の水, ひとあちらに住んでる, ひとあては茶碗, ひとあのひとと, ひとあまり大差のないひどい, ひとありてかの書, ひとあればお, ひとあんたは, ひとあんな意地惡してる, ひとあんなに思ひつめられるもの, ひとあゝあのひと, ひといいかげんにパリジェンヌ, ひといきついている, ひといきついたという形, ひといぬうへす, ひといはねばならぬ, ひといはれるほど釣りが, ひといふらんらんたるもの, ひといふ事はじめばやもとより, ひといふ仕事から演劇活動, ひといふ名儀だが, ひといふ圖だ, ひといふ奴がある, ひといふ年ではなし, ひといふ男で危ない, ひといふ病気は治る, ひといふ結論に達し, ひといふ訳でもない, ひといふ話に決め, ひとうちの女給ぢ, ひとうるさくて私, ひとえぐりで息, ひとおとなしいし好き, ひとおどしおどせば日支問題, ひとおのづから, ひとおまツしやろ, ひとおもいに大, ひとお話しましたか, ひとかえりやって見よう, ひとかかえ取り上げそれを, ひとかが再び, ひとかけかじるよ, ひとかけきりでそれ, ひとかけだしのサラリイマン, ひとかけ口にする, ひとかけ合セにて打, ひとかげはありません, ひとかさねを行綱, ひとかせぎして来ましょう, ひとかせぎしような, ひとかたここへ来られまし, ひとかっせんし, ひとかで夕涼みらしい, ひとかなでをも被, ひとかへしは, ひとかまうづらしまれ, ひとからかいからかって, ひとからも見なされて, ひとかわを呼売りしたら, ひとかを無雑作, ひとがけふ警察, ひとがさあたいの, ひとがと思われるよう, ひとがねロンドンの, ひとがはいつて, ひとがをらんので, ひときっとこの胸, ひときつと貴女, ひときほひ嵐は, ひときめるのは, ひときらびやかさといつたら, ひときりついて, ひとくきあかき曼珠沙華秋季皇霊祭の, ひとくぎり八時間に, ひとくぎりして椅子, ひとくぎりで四十二年以来は, ひとくくり無雑作, ひとくるま唐辛子積めり, ひとくれにももん, ひとこえですしもう, ひとこしを差し, ひとこそは愛と, ひとことごとく礼服である, ひとこまがよしんば, ひとこまらせだよこんな, ひと自身の, ひとさまのとは品物, ひとさもなければどんな親しく, ひとさやぎ歎きもつるる, ひとさらいみたようね, ひとさわぎおこして, ひとさわぎ起こすことを, ひとしからざるもいづれ, ひとしからしめもって文明, ひとしきりに私の, ひとした北向の, ひとしっかりもの情の, ひとしなければなるまい, ひとしばし汗を, ひとしれぬ馬鹿な, ひとじゃけにおとうさんも, ひとすくひの, ひとすくい土が, ひとすすりして語りだした, ひとすちに學ひな, ひとすべからず, ひとすらかくの, ひとぢ真実一心, ひとそして急に, ひとそれから自分の, ひとそれにあのひと, ひとそれほど私を, ひとそろい人を小, ひとそろい手に入れた, ひとそろい食器を並べさせました, ひとそろひになつ, ひとただの書生さん, ひとたちお召のゾロリ, ひとたちここから出し, ひとたちったら何と考え, ひとたちなんなの, ひとたちみなサインしたわ, ひとたちファゼーロとロザーロ, ひとたち一日何時間ずつ課業, ひとたち別れぎわのうるさい, ひとたち相手にする, ひとたち私たちは私たち, ひとたち自身にわたしたち, ひとたれがいちばん, ひとだけにはおかあさんにも, ひとだけの考えで, ひとだけを集めたい意向, ひとだった亡くなった母親そっくり, ひとだってぇことが, ひとだらうか, ひとちつとも罰, ひとちゃんと字引きひい, ひとちょっとうるさいからね, ひとつかみのよりどころ, ひとつきうしろからどんと, ひとつきごとに礼拝, ひとつきふたつき暮して, ひとつき自分はその, ひとつき通つてからおい, ひとつき間の生活, ひとつき風呂へ行かなく, ひとつこつちをたのむ, ひとつござりませぬのになんと, ひとつて悪い結果, ひとつねにいはく, ひとつまどはむ, ひとつらぬきにした, ひとつらね揺りかがやけり, ひとづき合の, ひとづま琴の音, ひとてでやって, ひとてに負わされて, ひとであって女の子, ひとであったら同じ事情, ひとでありんす, ひとでありましたが書画, ひとであるならとやかくいう, ひとであるらしい様です, ひとでしてね, ひとでしかないん, ひとでしょうね, ひとでと序に, ひとでなくちゃならない, ひととおり二人の問答, ひととおり人々の目, ひととおり今度のいきさつ, ひととおり何人も首肯, ひととおり初対面の挨拶, ひととおり収容された, ひととおり口上を述べた, ひととおり周囲に顔, ひととおり四季の色, ひととおり圓馬写しに腐心, ひととおり市中の見物, ひととおり幸福なの, ひととおり彼相応に順序, ひととおり必要な教科書, ひととおり戸締まりを見まわる, ひととおり教養がある, ひととおり整頓を終る, ひととおり椀や皿, ひととおり正常な性, ひととおり死体の検案, ひととおり注意して, ひととおり牛の下見, ひととおり用事をすませた, ひととおり目を通した, ひととおり耕吉の話, ひととおり背後をふりかえっ, ひととおり芸がおわる, ひととおり薫物が焚きしめられた, ひととおり話が終る, ひととおり説明報告した, ひととおり読経と焼香, ひととおり輪郭を話し, ひととおり遭難の話, ひととおり邸内の人々, ひととおり酒食をさせね, ひととおり顔を直す, ひととかへませうよ, ひととが臨時の, ひとところただにうち凹め, ひとところチョークでもなすりつけた, ひとところ下宿であるん, ひとところ夜目には見え, ひとところ渦を巻い, ひとところ煌々と無数, ひとところ燈火の点いてない, ひとところ畳を見つめ, ひとところ畳一枚敷ぐらいの所, ひととしての壺井栄さんが, ひととせあまり忘れゐし味, ひととせ大病にかかつて, ひととともにあるの, ひととに向って, ひととのへ物々しく振り, ひととのみ思ひ初め, ひととびにする, ひとともにわが問, ひととりがらし, ひとつか違, ひとどういうんだいおそろしく, ひとどれだけの相違, ひとなかなかないでしょう, ひとながら海北友松の, ひとながれみづうみの方は, ひとなぎ必殺の, ひとなぐりしてわたし, ひとなしに考えられない, ひとなすごとく, ひとなすりするほどの影, ひとなす事なく永く相, ひとなす者は即ち, ひとなせし傳説中の, ひとなですると顔, ひとなでなでながらぴかぴか, ひとなどが式服の, ひとなどの行きかた, ひとなども去年の, ひとなみ以上の心得, ひとなめしてから身, ひとなりたる例は, ひとなりにいろいろ学ん, ひとなるべき偉大の, ひとなれば, ひとなんかと踊りたくも, ひとにがみが, ひとにたいする自分の, ひとにだって同じだけ, ひとについてだけのことで, ひとについてはネゲティヴに, ひとにでも聞かれたらたまったもの, ひとにばかり附合わし, ひとにもをしへ, ひとにやにや笑いなんか, ひとによるのね, ひとにらみに目, ひとに対し調子に, ひとに関してはどうしても嘘, ひとねいり話声に, ひとねいりしたがまだ, ひとねえお話中だ, ひとねじりねじ切らす, ひとねと云ひ, ひとねむりつもる話だけ, ひとねをかしいのよ, ひとのねがひ, ひとのみとちかづきました, ひとのやしきへ, ひとはかへつて娘よりも, ひとはしりあそばされげんばどのを, ひとはたとへ, ひとはとほくを, ひとはどない思うやろ, ひとはねはねるとすぐ, ひとはりを受領, ひと捜しなっせ, ひとばかにし, ひとばかしじゃないん, ひとばかりのようだ, ひとばっかりでも, ひとひしぎに執り押えよう, ひとひとどこまで行っ, ひとひとひとどこまで行っ, ひとひと固有の達成, ひとひらふくらみかけるつぼみの, ひとひろわに, ひとふくよかなる滿足, ひとふりむすこに, ひとへにわづらは, ひとへやの階下, ひとほんとうにどう, ひとほんとにどうしていいか, ひとまがりしてとある, ひとまがりしますとむこう, ひとまがりすると別, ひとまことにさちありなんと, ひとましまさずばあに, ひとまじめに働い, ひとまたぎだし此処からも, ひとまたぎであることも, ひとまたぎでなければならなかった, ひとまたぎなんです, ひとまわしまわすと鰊, ひとまわり以上違うの, ひとまわり散歩するの, ひとみえるやうな, ひとみしりした由, ひとみたいぢやない, ひとみな私をまだまだ, ひとみんない, ひとみんな私を警戒, ひとむかしあたしの膝, ひとむしりのパン, ひとむらがりに群, ひとめあなたが見たい, ひとめお母さんに逢わせました, ひとめくらになった, ひとめぐり将た, ひとめぐりしたがきょう, ひとめぐりしようとすぐ, ひとめぐり嗅ぎても徃, ひとめぐり歩いて来る, ひとめむげには, ひとめ信長の天下, ひとめ園子さんをなどと言っ, ひとめ御覧になつて, ひとめ拝したいと, ひともう行ったろうかしら, ひともしかしたらあの, ひともめあるぞ, ひとやっぱり叔父さんの, ひとやにて八年ま, ひとやめて, ひとやらで吉原へ, ひとやらの姿を, ひとゆえ久しぶりに訪ね, ひとゆくさ致候, ひとゆすり帆前船の, ひとゆすりゆすりあげてから悠々, ひとゆれしておそろしい, ひとよか太いん, ひとよがほどに塵灰と, ひとよく知らないん, ひとよこさないでちょうだい, ひとよの宿を, ひとよよのつねの, ひとらうちをどる, ひとらかすみにうごく, ひとらしくなったのだ, ひとられずに生き, ひとれる鷲, ひとわかり相手が, ひとわかりましたよ, ひとわかるひろい部屋, ひとわざわざことわって, ひとわたりあった後やはり, ひとわたりてらしてからそこ, ひとわたり儲けてさて, ひとわたり眺め渡す暇が, ひとわたり見いそがず藤堂駿平の, ひとわたり見た後に, ひとわたり見まわすひろ子の, ひとわたり見るだけで満足, ひとわたり見回すと私, ひとわたり見廻わした, ひとわたり調べまわっていた, ひとわびしさとを, ひとわりかたみんな気持いい, ひとゐたンだ, ひとをかばつて, ひと処へ, ひとん所の恩, ひとカイちゃんにちがい, ひとカムアゲンしか知らない, ひとギリシャ詞華集のあの, ひとタッチずつの中, ひとッ風呂浴びて, ひとッ風呂朝湯へ飛び込む, ひとハワイ帰りに似合わず, ひとところ, ひと一ばい熱心に見入る, ひと一人一人としての労働者, ひと一人先に金清楼, ひと一倍他人の視線, ひと一倍孝行ものでございましたゆえ, ひと一倍恩にむくいたい, ひと一倍涙もろい藤吉郎, ひと一口に言, ひと一生仕合せに暮させる, ひと七日をすます, ひと上簇期に近い, ひとゑましさ, ひと下化衆生の願ひと, ひと不良少女になっちゃう, ひとへだてて, ひと世の中にない, ひと並みにのびのび, ひとへ家, ひと久しぶりで気軽く, ひと云つてもそれ, ひと云つてしまへよ, ひと云ふんでせう, ひと五年以来すつかり役者, ひと井戸の中, ひと亙り室内を, ひと交錯する趣き, ひと京おしろいのにほ, ひと迄この, ひと今日は奮發, ひと仕事やらうか, ひとにそんなに, ひとを見る, ひと代用食の買, ひと以上興味をもつてる, ひと以外だれも信じられなく, ひと何だかこわかった, ひと何方が卑怯, ひと作曲するひと, ひと例えば金子しげり, ひと信じられて九州, ひと修業とを始める, ひと贈らうかな, ひと健康な處女, ひとはきらい, ひとりと, ひと儲けさせてとらそう, ひとへねる, ひと先づ一応は, ひと先づ井荻の家, ひと先づ勝負がつく, ひと先づ安心はし, ひと先づ小田城に入る, ひと先づ引揚げる外, ひと先づ打切つてアントワヌ座で従来, ひと先づ東京に歸ら, ひと先づ此処で, ひと先づ終つた, ひと先づ解散す, ひと先づ遠慮すること, ひと先づ重荷をおろした, ひと先づ金の算段, ひと先づ頭を下げるべき, ひと先入見を, ひと先整理をつけなけれ, ひと光りひかったかと思う, ひと光線に感じ, ひと全体から受ける, ひと共に立上つて界の, ひと其の時劍持は, ひと冷やかな笑, ひと凄いわね, ひと出たらおれが, ひと切りずつ読む, ひと切り二朱などさまざま, ひと切れ直径一寸五分ばかり厚, ひと初めは氣, ひと別に好奇心以上の, ひと刷毛の力, ひと刺し象のまわり, ひと剃りふた剃り, ひと勘定して, ひととを示すごとく, ひと包みだけはいっ, ひとして, ひと匙口い持つて, ひと十五分の出勤も省略, ひと原子爆弾でふ, ひとの椿, ひと口ごとに太閤どの, ひと口すすつた, ひと口それから焙った, ひと口口をつけ, ひと口由吉はコップ, ひと口癖のやう, ひと口茶をすすっ, ひと可愛いいところが, ひと同一である, ひと同様と称, ひと吐月峯を叩く, ひと向きに葉子, ひと君識らないかな, ひと吸いふた吸いした, ひと吹きで大の, ひとするなり, ひと呻く熊野の, ひと呼應して, ひと和んで来る, ひと喜びとをもつ, ひと嗅ぎしてみる, ひと囃しくれべいと, ひと回りして, ひと固有の達成, ひとほどの空地, ひと堪りもない, ひと夕方夕燒けが眞赤に燃える, ひと夜あさりするそ, ひと夜ごとに夜具, ひと夜づまの形で婚, ひと夜ひと夜に不具, ひと夜二人の恋人, ひと夜妻またの, ひと夜寢てわが, ひと夜武蔵から聞いた, ひと夜濱邊にやどり, ひと夜眼の冴え, ひと夜神絽蚊帳の裾, ひと夜笑いさざめく声, ひと夜高根の風越, ひと大いにおどろいて, ひと大きな声で, ひと大変ですね, ひと大好きよ, ひと大様な心, ひと大衆の生活, ひと奥さんですよ, ひと奮発です, ひと好かれるたちね, ひと妥協で暮し, ひと姿勢とは, ひとのやう, ひと嬉しさを, ひと孤独のあの, ひとへ帰, ひと家庭を持っ, ひと寝いりしてから出発, ひと寝入りをいたしました, ひと寝入りせんか, ひと寝入りで寝足りた小田島は, ひと寧子は又右衛門, ひと對立の續, ひと小説書くひと, ひと少くとも熱中, ひと少しびっこのようでした, ひと少女を使っ, ひと島田のお母さん, ひと川村さんの親戚, ひと巡り見てあるいた, ひと巡り見まわって降りた, ひと巻きふた巻き, ひと巻き二まきほごされて, ひと巻き縄をかけ, ひとに張れる, ひと帰らねえかなあ手紙, ひと年上洛して, ひと年弥五郎一刀斎が舟, ひと年武蔵は出羽, ひと年都に出, ひと度生をうけ, ひと座りの坐禅, ひと廻りしないかと申し出た, ひと強くなつて, ひと弾きに弾かれる, ひと弾みとを加, ひとに信濃守某, ひと心残りに乱されず, ひと怒りに泣きあかした, ひと怖いのよ, ひとつたもの, ひと思いにほうり出せない, ひと思つてお前に勝手, ひと思はれて玄関番, ひと思はれるのは, ひと思ふほども考へた, ひと思へば譯, ひと思へどお目, ひとにむつつり, ひと怨みに引き歪められ, ひと恨みの數, ひと恰度同じよう, ひと患って働けない, ひと悪口云われるため, ひと感じとを何処, ひと感激のない, ひと慰めの御, ひと懐中に手, ひと成り立ちが似, ひとれながら, ひと或はひきうどと, ひと闘って, ひと戦争には勝つ勝つ, ひと所ぐらゐ褒めたといふ, ひと所謂高天原傳來との交錯状態, ひと手勲いたして, ひと候, ひと抉り抉ったのである, ひとを中元, ひと抱さきの口説, ひと押し手が, ひと押し押しこんでいったら, ひと押し押しまくられ気勢頓に, ひとにし, ひと渾心の, ひと掬い彼の, ひと掴み客の前, ひと揃え抱えたおくみ, ひと握りひと握り打つけ合, ひと握りよう売らないなんて, ひと握り紙に包ん, ひと揺りしていっ, ひと撫ですることを, ひと撲いだなあ, ひとし落し, ひと文字血のけの, ひと日いや親しくも, ひと日ただあてもなう, ひと日ひと日の姿絵, ひと日ひと日年をとる, ひと日わが行く, ひと日ベルナルドオは我前, ひと日三たびの食物, ひと日來て啄, ひと日光なし色, ひと日夢に草花美, ひと日家を追, ひと日富士をまとも, ひと日年をとる, ひと日戰きぬかくて, ひと日旅順にすさみ, ひと日暮れ果てて, ひと日朝戸出に小野, ひと日木の葉ちらし吹き荒みたる風, ひと日木原に往き合うた, ひと日樹の實, ひと日正月ともいう, ひと日母が手, ひと日泣きも疲れ, ひと日浮身をや窶し, ひと日浴みし肺病, ひと日海のほとり, ひと日監獄の鳩, ひと日風やまず, ひと日高みの朝戸出, ひと早熟だわ, ひと時あはれ仰ぐは, ひと時ぐらゐの時間は經, ひと時深夜の寂寞, ひと時片手を休め, ひと時疾驅したおかげ, ひと時茫然と草, ひと晩あそこへ寝, ひと晩きりじゃねえ, ひと晩ぎりで皆どこ, ひと晩じゅうにぎやかでたのしかっ, ひと晩じゅうエリーザはお, ひと晩じゅう夢に見た, ひと晩じゅう彼を苦しめた, ひと晩じゅう玉の中, ひと晩じゅう耳鳴りがする, ひと晩じゅう膝ぐみになっ, ひと晩じゅう臺所でぱちぱち, ひと晩じゅう葵のそば, ひと晩じゅう話をし, ひと晩つき合つて, ひと晩どこかをうろうろ, ひと晩ひと晩のお客, ひと晩ゆつくり口づて, ひと晩一緒にゐた, ひと晩中安心である, ひと晩仲ようしや, ひと晩十人くらいしか出ませんで, ひと晩安次を置いとい, ひと晩廻り廻って, ひと晩彼女のそば, ひと晩水の中, ひと晩泊りの出張, ひと晩演るだけの, ひと晩自分の部屋, ひと晩遊びに行った, ひと晩騷ぎ疲れて, ひと暖まりして馬, ひと曲がりふた曲がり, ひと曲りしてそれ, ひとの夢, ひと木戸番だつた男, ひと本菅はひとり, ひと本薄うなか, ひとの前, ひとの涙, ひと来させになる, ひと来たので不, ひと来てるから念, ひとに似ず, ひとのみ, ひと格以上の見識, ひとはね上って, ひと桝小判で買っ, ひと棲まぬ空家の, ひと椿の花, ひと楽欲とに, ひと構えここにお, ひと横顔の輪郭, ひと機嫌好く酒, ひと欧米の料理界, ひと歌声とがだんだん, ひと歌沢の師匠, ひと正しき愛に, ひと歯するのを, ひとすらし, ひとには老躯, ひと段ごとに土砂, ひとという夫人, ひとでものみかねない, ひと気前はい, ひと水師のそば, ひと汚物の臭氣, ひとの日蔭, ひとの香ひで, ひと泣いてるわ, ひと泣き泣きに, ひと流れ舟にし, ひと浴び冷やっ, ひと浴びしただけで, ひと浴びせッ, ひと浴びせまいるぞ, ひと浸りしてやがて, ひと混雑の方, ひと渡りその日, ひと渡り見て参りまし, ひと温い液體の, ひと溜まりもなく陥ち込ん, ひと火事見舞と燒, ひと関心が, ひと焼心臓に止め, ひと煙草を一つ, ひと煩悶してたわ, ひと燻べ焚きますから体, ひと片づけつけてかたがた, ひと牛医とに此瞬刻, ひと物悲しげに, ひと特にジェニファーに, ひと球づつ百合の根, ひと葛のに, ひと田舎へ行っ, ひと申しては變, ひと申します男女の, ひとは寡婦, ひといだけ品川, ひと故に強烈, ひと癲癇病みの, ひと発音するだらうと, ひと白木家の長命, ひとに鶏, ひと盛り鯔が釣れる, ひと目君を見し, ひと相俟つて男性の好奇心, ひとでも千鶴子, ひと睨んだのは, ひと知ると今日, ひと知れば大方, ひと知れず死んで行った, ひと知れず泣いてゐない, ひと知れぬ泉を, ひと知恵絞らなきゃならねえようだからね, ひと祝言とを兼ね, ひとを問う, ひと私女中さんという顔ぶれ, ひと秋ちゃんといいます, ひと称するものを, ひとで満足, ひとする, ひと稲ちゃん自分皆何とちがうでしょう, ひと突きと小坂部, ひと立寄り先づ酒を, ひとを長く, ひと筆お便り申しあげます, ひと筆巴屋からとして書い, ひと筆雁のってその, ひと等しく認めるところ, ひと筋紫色をし, ひと筋部屋のなか, ひと節筋骨の鍛え, ひと粒雨が音, ひとの匂, ひと組づつの創作, ひと組ひと組暮れて, ひと組みがくつわ, ひと組九月九日の夜, ひと結婚して, ひと続きのもの, ひと纒めに下げ, ひと群れの踊り, ひとに千里, ひと羽ばたきで払い退けられる, ひと翻る川の, ひとへ白猪, ひと聞いて是非, ひと聞えしお高昨日, ひと聞きの悪い, ひと聞しが傍, ひと胸飾を着け, ひと腐れゆく石鹸の, ひとさして, ひと乗り出した宗悦, ひと自分の職務, ひと自由とは寧ろ, ひと自覚して, ひと舐めふた舐めした, ひとの愛し, ひと色ひと色味はつて, ひと色味はつて, ひと色彩ある靄, ひと苦味とをもつた, ひと苦笑をもつ, ひと苦面をし, ひと落着き払ふ母, ひと薄暗い隧道とが人を, ひと血の道は患つた覺, ひと行違に成つた, ひとの蕎麦, ひと要領よくて, ひとてわざと, ひと見え相手にせず, ひと見せる爲めでも, ひと見たと言, ひと見つけたいわねえあなた, ひと覚えてやしない, ひと観るひと共に, ひと言うてゐる, ひと言うたのは, ひと話してゐる, ひと誘っちゃいけない, ひとも私, ひと調子が違, ひと謂う孔子衛に, ひと謗りとの間, ひとの解らぬ, ひとなひと, ひと責任を感じる, ひと蹴りしたのであつ, ひと蹴り蹴ってやらない, ひとをわかち, ひと軍籍はくじ, ひとに個人的, ひとやふた通, ひと通りやつたね, ひと通り作つておきたいと, ひと通り店中の者, ひと通り意見のある, ひと通り拝見いたしましたが, ひと通り自然科学の知識, ひと通り舞台のイメーヂ, ひと通り買ふことは, ひと達始めっから, ひと郷土精神の歪められた, ひと酔っ払ってるんです, ひと醒まししてからまた, ひと野上彌生子の大石, ひと金子さんのお母さん, ひと針ごとに母, ひともってるの, ひと長男じゃない, ひと間こっきりの家, ひと間っきりの家, ひと間距てた武蔵, ひと関聯する事, ひとをもつ, ひと際立派な屋根, ひと際途上に見送る, ひと集りして, ひと飛びとびのいて大きく, ひと香気につつまれた, ひと香水のかをり, ひと駈るゼーロンの, ひと骨折ろうと快諾, ひとの汁物, ひと鶴嘴を道具, ひとにまみれた思ひ