青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ひつ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ひき~ ~ひし ひし~ ~ひそか ひそか~ ひたい~ ひたすら~ ひだ~ ひっそり~ ~ひつ
ひつ~
ひで~ ~ひと ひと~ ~ひとつ ひとつ~ ~ひとり ひとり~ ~ひどい ひどい~ ~ひどく

「ひつ~」 2538, 27ppm, 4260位

▼ ひつ~ (595, 23.4%)

83 来る 33 來た 32 行つた 21 来た 17 来て 16 ゐた, 來る 12 行くと 11 ゐる, ゐるの, 來て 8 見ると 6 きた, 来ました 5 しまつ, 来たの 4 ゐて, ゐると, 行く 3 いつた, くる, ゐたの, 居る, 来ると

2 [32件] いきました, きたの, きて, さかんに, みた, ゆく, ゆくの, ゐたが, ゐたこと, ゐたやう, ゐない, ゐないの, ゐました, ゐますから, ゐるが, ゐるし, ゐるん, 仕事を, 仲裁し, 何さ, 來ました, 十時少し, 尻を, 来たもの, 来た時, 来るもの, 私と, 行くこと, 行けば, 行つたら, 行つた黒い, 見せなければ

1 [211件] あたかもこれ, あるもの, いつたこと, いつて, いろいろな, いろいろ書きものを, おらん, おれは, お金を, きたセンイチ, くるの, くる二人, くれた方, こい, こたつに, ことは, この時, さまざまな, しばらくそれ, しまつたと, しまつた後でなけれ, しまつてまだ, しまふのに, すぐ病院, すぼめぬ穴, ずぶ濡れの, その入, それが, それはけしからぬ, たんです, ついうかうか, どの位, ねむる癖, ひとりで, ぶる, ほかの, またごろりと, まつ二つに, みたが, みたり, みる, みる気, みろ, むつつりし, もつと, ものが, もんは, やらうと, ゆくし, ゆくとき, ゆくやう, ゆく人々, ゆく餘地, ゆけ, われ, ゐさ, ゐたさ, ゐたので, ゐたん, ゐた郷里, ゐては, ゐないかと, ゐないで, ゐないやう, ゐなかつたもの, ゐなかつたらいくら, ゐながら, ゐます, ゐるかの, ゐるきり, ゐるそして, ゐるので, ゐる中学, ゐる位, ゐる夕刊, ゐる如露, ゐる息子, ゐる竹, ゐる部分, んだ, トーストで, 一しよ, 一心に剣術, 一心に劍術, 一所懸命犬じ, 一方を, 一杯召し上る, 三人は, 三匹の, 仏蘭西語を, 以来二十年あまりの, 仮泊する, 休ませて, 何う, 何です, 作つた, 來たらしく, 來てど, 來ても, 來ない, 冷かして, 北支那の, 午食の, 南北の, 卵を, 君の, 坊さんの, 宵の, 居た, 居たと, 居なかつた, 居らぬ, 居らぬやう, 居られたから, 居りまして, 居りますと, 居りますとか, 居るが, 居るもの, 待つた, 御台所, 御飯を, 悠然と放水, 憩みませう, 或る, 文字を, 新しく盛ん, 晝飯を, 服部躬治氏を, 本棚の, 来たか, 来たが, 来たと, 来たといふ, 来たとは, 来たので, 来たもん, 来たらすぐ, 来た一日本人, 来た子, 来た様子, 来た男, 来た青年たち, 来なかつたらそれ, 来ます, 来られるらしい, 来るけは, 来るやう, 来る一人, 来る嶺太郎, 来る迄は, 樺色の, 欲しいと, 死んで, 殘つてゐる, 泣いて, 泣き顔を, 泳いだ, 消される, 満場期せずし, 直ちに右, 石や, 社會部に, 禅師さまの, 私共は, 竹を, 箱のうへには, 約十年間, 自分で, 行かうと, 行かなければ, 行かねば, 行かれた彼女, 行かれて, 行かれます, 行きさ, 行きとある, 行きました, 行きましたよ, 行くこれ, 行くところ, 行くの, 行くまいと, 行く決心さ, 行く自分, 行けさ, 行けないの, 行つたのは, 行つたのを, 行つた兵隊が, 行つて, 行つてふん, 行つて其處で, 行つて未墾の, 行つて石鎚山の, 見えなくなつ, 見た, 見たくなつ, 見ても, 見なければ, 見ますと, 見られたならば, 講談本を, 運動会を, 酒を, 金屬の, 間も, 頂きたい, 頭をか, 鰻を, 鶴が

▼ ひつそり~ (407, 16.0%)

67 して 42 とした 12 としてゐる 10 としてゐた 7 と, として居る, となつ 5 した, として 3 としてその, として只, とする, と靜まり, と音

2 [24件] した夜, した山, する, とし, としてゐます, として人, として音, としな, とせし, と住ん, と息, と日光, と枝, と横, と止る, と水面, と私, と草木, と鎭, と障子, と静か, と靜, 暮すこと, 暮らせば

1 [182件] うずくまつ, お酒, さい, したあたり, したお勝手, したな, したの, したもの, したやう, したゆるい, した台地, した坂路, した夏, した室, した家, した山底, した山麓, した帳場, した建物, した往来, した暗闇, した村, した樣, した殆ど人氣, した氣持ち, した水底, した沈黙, した淋しい, した深い, した燈明臺, した片隅, した町裏, した畑, した療養所, した白樺, した秋, した花壇, した視線, した通路, した避難所, した部屋, した頃, した高い, した高台, してるた, してるトム商会, します, し柵, である, とうつ, とうつとり, とおだやか, とおちつい, とお寺, とかぜ, とくらし, としたで, とした暮し, としてぺんぺん草, としてみのむし, としてゐ, としてゐました, としてをりました, として一揺れ, として乾いた, として人通り, として何, として全く, として八ツ手花, として叔父, として咳拂, として垂れた, として声, として夕暮, として家, として少し, として居た, として居ました, として居ります, として広く, として店, として物, として物音といつて, として空, として耀, として葉, として隙間, として青葉若葉, として靜, とつめたく, となつて, となる, とはひよつ, とみみ, とホウホケキヨ, と並ん, と人気, と住みつい, と僕, と元, と光, と光つて, と垂れ, と垂れた, と声, と夏, と夜, と存在, と守つて, と寂寞, と寂滅, と寝鎮まりました, と少女, と展開, と底, と廣, と建つ, と影, と怖気, と成つた, と扉, と拡がつ, と拾ひとつ, と按摩, と改めて, と明るく, と松, と桜, と桜さき, と欅大門, と次に, と沈まり返つ, と沈んだ, と流動, と清らか, と独りクラヴサン, と産みたい, と画, と眺めら, と砂, と竹, と紡錘形, と絶壁, と聲, と自分, と草隠れ, と落葉, と葉, と藜, と貧しい, と走つ, と蹲つて, と輪, と鍍金, と鎧戸, と鎮ま, と闇い, と雨, と静まつ, と静まり, と静まり返, と静まり返つた, と静まり返り, と風景, と魂, と黄, と黄色い, と黒う, と黙つ, はひつ, 並んで, 古い宿屋, 咲いて, 坐つた小さい, 坐りこんで, 寝静まつて, 帰る, 抱いて, 浸つて, 澱んだ深い, 生きて, 生きながら

▼ ひつかけ~ (124, 4.9%)

7 てゐる 3 て, てぐつすりと, てゐた 2 たりした, てごまかす, てそして, てほろ, て寝た, て寝る, て街

1 [94件] あらい革, から遠, が切れ, このヤロー, そして焚付, その勢ひで, たり, ていた, てお, ておいた, ておばあさん, てからだ, てからぶら, てから行かなけれ, てきた, てぐう, てぐつすり, てぐつすり眠つた, てしまつた, てしまはう, てしまふ, てす, てすべて, てそこそこ, てその, てそれから, てはこき下し, てもコツプ, てやら, てやらう, てやりた, てやりたく, てやる, てゐ, てライスカレー, てランプ, てヴエランダ, て与太話, て了つた, て例, て元気回復, て入浴, て出かける, て別れる, て呉れ, て富岡, て居た, て山村, て帰つた, て帰庵, て弘, て待つ, て愚痴, て我慢, て戻つた, て房, て救, て斧, て新聞, て新聞社, て昼寝, て来た, て此, て歩く, て死ぬ, て温泉浴, て現, て理髪, て病室, て相沢, て眼, て破, て細い, て胡魔化, て表, て裂いた, て赤, て開業したて, て雑魚, て駅, ながら, ながらかう, に, は下手, ひつかけ, ほどよい, よりもその, を舞臺, 一服や, 帶, 帶の, 折から, 純白の, 素足に

▼ ひつ~ (104, 4.1%)

5 のである 3 のは, 時には 2 ことが, ことは, のでございませう, のです, 時に, 袋を

1 [81件] かはひらぬ, からである, がさすが, がやがて, が努力, が店, が翌日, きりその, きりで, きり彼は, ことの, その隣り, つる, といふの, といふわけぢ, といふ方, とき主任の, ところに, ところの, となる, と思, と見え, のかしら, のが, のだ, のだつた, のでした, のでせう, のに先生, のに気, はる, はる姿は, ばかりのところ, ばかりの情報, ばかりの時分, ばかりの頃, へた巨樹大木が, へ聞き, もの, もんです, やうな, わけで, カクテルを, ヨハネは, 一枚の, 一瞬間汽車の, 中に, 僕は, 制帽とか, 十字路の, 大きな釜場, 家と, 小高い丘, 帽子は, 当座も, 後も, 後彼の, 後良平は, 手品の, 指の, 採集鞄を, 昔の, 春年と, 時から, 時は, 時われわれは, 時分の, 時噺は, 時女は, 時福間先生に, 時良平は, 毛布を, 煮出し袋を, 直吉は, 箱が, 花婿だ, 襖を, 赤い帶, 赤色の, 頃年の, 高価な

▼ ひつ~ (103, 4.1%)

13 てゐる 7 て, てゐた 6 て来た 5 て來 4 て来る 3 ても飽き足らぬ, て来 2 てし, てしまつ, て居る

1 [49件] たりし, たりした, たり剥がれ, たり咽喉, たり理想, たり細い, たり飜訳小説, てあがりました, ていきなり, ておや, てくる, てしまつたの, てしまふだらう, てその, てもう, てやつ, てゆき, てろくに, てゐたい, てゐました, てアワヤ, てエモリみたい, てポン, て一時, て何時, て全く, て兩方, て口まめ, て地団太, て声, て居りました, て御覧, て復, て戦, て救, て暫く, て来ない, て殘, て私, て精神, て花, て萱草, て表, て見, て見る, て言, て身動き, て離れまい, て馬鹿

▼ ひつくり~ (94, 3.7%)

20 かへる 16 かへつて 9 かへし 5 かへり 4 かへつた 3 かへす, かへつ, かへりました, 返ること 2 かへされた, かへつたやうに

1 [24件] かへした, かへせ, かへつた忍, かへつてポロ, かへつて來, かへつて僕, かへつて後頭部, かへつて空, かへつて降参, かへれ, 返した, 返つた, 返りそう, 返りの, 返りましたそれから, 返り滅茶苦茶, 返り相, 返るとき, 返るに, 返るの, 返るん, 返る事, 返る番がま, 返る胸

▼ ひつかける~ (53, 2.1%)

2 ことは, この一杯, と薄い, 気持は, 煙草を

1 [43件] うまい酒, からそれ, かコヒ, ことが, こと濁酒一杯焼酎一杯, これで, そしてそれ, そして人, そして休んだ, その元気, それから駅通り, それで辛うじて, と, とす, とその, とてもうまい, ともう, と津田, と言ひも, どうも酒, のんびりと, ほろ酔機嫌で, ほんに酒飲み, むろんカケ, 一時緑平居着腹から, 七日ぶりの, 事に, 佐山では, 余裕は, 傷ける, 十二銭天国だ, 味噌を, 朝飯を, 極楽, 流行感冒にでもか, 湯町の, 熊本は, 真似を, 石油を, 話や, 買物を, 酒を, 饅頭を

▼ ひつ~ (52, 2.0%)

9 かつた 3 かつてゐる, きまは, ない 2 づいて, なかった, ぶつた, ぶつて

1 [26件] かつたらしく, かつたり, かつて, かつてしまつた, かつてとまり, かつてひとりでに動いた, かつてひろ子, かつてゐ, かつてゐた, かつてゐます, かつて口, かつて怪我, かつて木, かつて自分, かつて谷, きはじめて, き傷だらけで, つた, つた通り風に, ないくさり, ないやう, ない感じ, なかつた, なくな, なければ, ぬところ

▼ ひつきりなし~ (48, 1.9%)

2 に電話

1 [46件] に, にあげられた, にかち, にくる, にけた, につづく, にやつ, にやり, により明らか, にトラツク, にパチパチ, にヒクヒク, にミシ, に人, に咳, に唾, に喰物, に崩れ, に彼方此方, に往き, に往来, に拳, に指, に揺れ返, に流れ, に浮んだ, に漆, に火, に煙草, に瑠璃子, に眠たい, に禮服, に續, に荷馬車, に話しかけられる, に走つ, に起つた, に身體, に軍用トラック, に通る, に遲, に閃め, に電線, に響い, に頭, の銃声

▼ ひつかけた~ (42, 1.7%)

2 元気で

1 [40件] うまい酒, から見せ, が, がいつも, がうまく, がさ, がそんな, がつい, がにがい, が不眠, が焼酎, が苦し, が足らない, が酒そのもの, が酒屋, ことで, そしてさらに, それからまた一杯, のださう, のでだいぶ, のでほろ, ので悪酔, のと, ほろ, ままとつぜん, ピストルを, 七日ぶりの, 三日分三合たてつ, 今夜は, 作と, 女の, 安くて, 宗三郎は, 格魯謨色の, 漬物皿炭等々を, 牡丹色の, 男は, 積りだ, 肩掛けを, 輩が

▼ ひつよう~ (36, 1.4%)

4 がある 3 があった, はない 2 があります, なもの

1 [22件] があり, がない, が一層, が多く, が大きく, が生じた, さえあった, だった, であった, であったが, であって, でありしたがってまた, なとき, なの, な場合, な本, な知識, におうじ, のよう, は田舎, もない, をみとめなくなった

▼ ひつくるめ~ (27, 1.1%)

3 て言

1 [24件] て, ていふ, ていへ, ておと, てここ, てこれから一体どう, てしまう, てしまふ, てつくる, ての所謂上層建築, てま, てやはり, てケイベツせり, て一万, て一様, て出来る, て女房方言, て感心, て政策, て此等, て申す, て私, て背, て藝術

▼ ひつづけ~ (27, 1.1%)

11 てゐた 3 てゐる 2 て平

1 [11件] いよいよ軽妙, いよいよ輕妙, てみた, てみる, てゐられる, て行かなけれ, て見聞感動, て貰, ながらどんな, 今やつと, 候ひぬ

▼ ひついた~ (23, 0.9%)

2 蛭の, 鬱蒼たる

1 [19件] かも知れなかつた, ことが, といふやう, ときお, ところだ, ところを, のか, のでありました, のである, のです, ように, らい, 二人の, 僕の, 処を, 時の, 最初の, 様な, 蠑

▼ ひつ~ (21, 0.8%)

1 [21件] さして捉, その底, たつて, つひに, て杉, て行, て行つた, て行つて順吉, ないやう, ながらはて, にき, よ, られずに, られずには, られる, られるから, られるたち, られると, られるところ, られるに, 何もかも奪

▼ ひつさげ~ (19, 0.7%)

1 [19件] て, てこの, てアキリュウス, て仕事, て大, て帰る, て御, て忍び込む, て文壇, て来る, て泳い, て登場, て訪れた, て躍り出, て酒, 庶民宗教としての, 木賃を, 林檎の, 素晴しい

▼ ひつかれ~ (18, 0.7%)

1 [18件] さうで, さうになりました, さうになります, たり, ては眠った, てもはや, てゐた, てゐる, て上, て其の, て如何程, て愕, て断末魔, て死に, て泣き出す騒ぎ, でもしたら, 木陰に, 禍難を

▼ ひつぱり~ (18, 0.7%)

7 出して

1 [11件] たうとう, 出されしそ, 出された, 出されて, 出されました, 出した, 出したとか, 出すの, 出すほう, 起した, 込んで

▼ ひつたり~ (17, 0.7%)

3 して

1 [14件] する, そこに, とかの筧, とついた, と其の, と吸, と寄つて, と父, と着け, と肩, 可なり旅行, 散歩し, 本郷で, 破れたり

▼ ひつこん~ (16, 0.6%)

2 でしまひました, でしまふ

1 [12件] でいらし, でいろいろ, でしまう, でたため, でたら, でばかりゐる, でろ, でゐ, でゐた, でゐる, で了つた, で草双紙

▼ ひつ~ (14, 0.6%)

7 はありません 2 はない 1 ありませんよ, ぬかれるとか, はねえ, は無い, 抜いて

▼ ひつこめ~ (11, 0.4%)

1 [11件] あいつも, この心臓女, たりし, てこつ, てしまひました, てまた, てゐる, て何, て口, ながら言, もせずにぬ

▼ ひつそり閑~ (11, 0.4%)

2 としてゐる 1 とした, としてゐ, としてをりました, として戸外, として朝, として竹, となつ, と無, と鎭まり

▼ ひつ~ (11, 0.4%)

4 はれつ 1 はれつこの, はれつした, はれつして, はれつの, はれつ入り乱れて, はれつ到頭, はれつ風車

▼ ひつてから~ (10, 0.4%)

1 この方私は, ででも, もう山, 一流の, 友人と, 妻は, 彼は, 梨枝子は, 私は, 著しく現

▼ ひつぶし~ (10, 0.4%)

2 てゐる 1 てしまはう, てま, て行つた分, の古い, の紺, の見事, もので, 古瓦竈

▼ ひつかう~ (9, 0.4%)

5 とする 1 といふ, とします, と思へ, と試みた

▼ ひつたくる~ (9, 0.4%)

3 やうに 2 とぱつと戸外 1 と身, や否, ように, 様に

▼ ひつかかり~ (8, 0.3%)

2 親兄弟 1 があつ, がある, てゐる, のない, を作つた, を忘れ

▼ ひつ~ (8, 0.3%)

1 て手向, ながら大森, やう, やうは, やう自分の, 芳さまお, 襟足などに, 逆流する

▼ ひつきり~ (7, 0.3%)

2 なく笑 1 ないざわめき, なく涙, なく走らせ, なく鳴く, のない

▼ ひつつい~ (7, 0.3%)

2 てしまふ 1 たり人, てまるで, てゐる, て來, て眼

▼ ひつても~ (7, 0.3%)

1 いい, もうもとの, よくつて, よろしいです, 天位に, 決して意氣, 盤面が

▼ ひつぱつて~ (7, 0.3%)

1 来た, 来た自分, 歩きます, 深くうなずいた, 行かれて, 見せる成, 見る

▼ ひつぶれ~ (7, 0.3%)

2 てゐる, 一人は 1 てしまふ, て仕舞, て蒲團

▼ ひつかつて~ (6, 0.2%)

1 かの女, きた口上, ゐる事, 天へ, 独逸軍の, 西洞院蛸薬師の

▼ ひつくり返し~ (6, 0.2%)

2 おつくり返し火 1 いい気, てみよう, 元の, 裏から

▼ ひつたく~ (6, 0.2%)

2 つたそして 1 つておし, つて一巡目を, つて窓から, つて行く

▼ ひつたへ~ (6, 0.2%)

1 かもしれない, があつ, が決して, はお, をそのまま, を信じる

▼ ひつ~ (6, 0.2%)

1 ごはんが, つたと, つて居る, またいせ, 底に, 蓋を

▼ ひつれい~ (6, 0.2%)

2 ですが 1 させて, しました, でなかつたらこちら, とは思ふ

▼ ひつかき~ (5, 0.2%)

1 まはさ, まはし, 廻して, 廻しながら, 鑢を

▼ ひつかけたい~ (5, 0.2%)

3 のを 1 しといふやう, と思ふ

▼ ひつこく~ (5, 0.2%)

1 つきまとって, てあんまり, 小言を, 聞いて, 言ったので

▼ ひつつき合つて~ (5, 0.2%)

3 出来て 1 ついて, ゐると

▼ ひつ~ (5, 0.2%)

1 入れて, 大きな罅, 残した, 移して, 移す

▼ ひつかい~ (4, 0.2%)

1 たりした, ては小さな, てやつ, て走り廻つて

▼ ひつかかる~ (4, 0.2%)

1 のは, 左右の, 玄也も, 蜘蛛の

▼ ひつかけよう~ (4, 0.2%)

1 とした, としてゐる, とする, と苦心

▼ ひつかけられ~ (4, 0.2%)

1 てでもゐる, ては竹, てゐよう, にやならん

▼ ひつかつ~ (4, 0.2%)

1 た, たと, たとき, た口上通り

▼ ひつから~ (4, 0.2%)

2 まつて, んだ

▼ ひつきよう~ (4, 0.2%)

1 人間の, 境地の, 空虚の, 絶対の

▼ ひつこみ~ (4, 0.2%)

1 がちな, な, のつかない, をつけたい

▼ ひつ~ (4, 0.2%)

4 とした

▼ ひつたくつ~ (4, 0.2%)

2 てその 1 てめ, て滅多矢鱈

▼ ひつたくり~ (4, 0.2%)

1 ついでに, 小さな庄吉, 買つた, 車の

▼ ひつたら~ (4, 0.2%)

1 あまり声を, おれは, やつと, 馬場は

▼ ひつつけ~ (4, 0.2%)

1 たりする, てある, て心臟音, 普通の

▼ ひつべき~ (4, 0.2%)

1 かこの, をトンネル, 所に, 所や

▼ ひつ掴ん~ (4, 0.2%)

1 で, でぽかぽか, で毎日, で突きたふす

▼ ひつかく~ (3, 0.1%)

1 といつ, と忽ち, 刺や

▼ ひつかへ~ (3, 0.1%)

2 して 1 しも

▼ ひつかれたら~ (3, 0.1%)

1 もはや万事休す, 何う, 痛からう

▼ ひつかれる~ (3, 0.1%)

1 し足, と思ふ, のを

▼ ひつくら~ (3, 0.1%)

1 かへし, はうと, 返さねえやう

▼ ひつこんだ~ (3, 0.1%)

1 眉の, 眼で, 隙に

▼ ひつ~ (3, 0.1%)

2 乍ら踊を 1 とばかり

▼ ひつそりかん~ (3, 0.1%)

1 としてぺんぺん草, として誰, と静

▼ ひつそり立つ~ (3, 0.1%)

2 てゐる 1 てゐた

▼ ひつたへられ~ (3, 0.1%)

3 てゐる

▼ ひつついた~ (3, 0.1%)

1 ものらしい, 兩脚を, 貧弱な

▼ ひつつめ~ (3, 0.1%)

2 の銀杏返し 1 の桃割れ

▼ ひつつり~ (3, 0.1%)

1 さうだ, 手足を, 歪んで

▼ ひつてた~ (3, 0.1%)

1 お手玉が, がなかにも, ものらしい

▼ ひつてない~ (3, 0.1%)

2 桐の 1 胃袋がちようど

▼ ひつ~ (3, 0.1%)

2 隣部屋で 1 いはれて

▼ ひつとら~ (3, 0.1%)

1 へて切り, へられ, へるの

▼ ひつのる~ (3, 0.1%)

1 ので初め, ばかりで, 傾きが

▼ ひつ~ (3, 0.1%)

2 んねん 1 くつ

▼ ひつらめ~ (3, 0.1%)

3 さりとも

▼ ひつ~ (3, 0.1%)

1 へた, へて行, へるやう

▼ ひつ掴み~ (3, 0.1%)

1 いきなり床, に飛び, の薬罐頭

▼ ひつかいた~ (2, 0.1%)

1 が手, ことが

▼ ひつかけない~ (2, 0.1%)

1 冷然たる, 月を

▼ ひつかけなかつた~ (2, 0.1%)

2 この教育法

▼ ひつかせ~ (2, 0.1%)

1 てあつ, 又下り

▼ ひつかれた~ (2, 0.1%)

1 から義雄, やうな

▼ ひつかん~ (2, 0.1%)

1 といくら, ばかりに大口

▼ ひつき損~ (2, 0.1%)

1 った, ったかと

▼ ひつくるめた~ (2, 0.1%)

1 代表の, 彼女全体が

▼ ひつくるめる~ (2, 0.1%)

1 ことは, とそれ

▼ ひつこい~ (2, 0.1%)

1 ことだ, ですねん

▼ ひつこう~ (2, 0.1%)

1 にねちねち, に附き

▼ ひつこない~ (2, 0.1%)

1 のは, 人の

▼ ひつこなし~ (2, 0.1%)

1 だ, にしよう

▼ ひつこむ~ (2, 0.1%)

1 と入れ, 世の中な

▼ ひつこめた~ (2, 0.1%)

1 だけで, 男の

▼ ひつつれ~ (2, 0.1%)

1 てゐる, 腰の

▼ ひつてからは~ (2, 0.1%)

1 別として, 小説に

▼ ひつてる~ (2, 0.1%)

1 のか, 物を

▼ ひつない~ (2, 0.1%)

1 でいく, でゐる

▼ ひつぱたいて~ (2, 0.1%)

1 くるりと, 呉れるのに

▼ ひつぱつて行~ (2, 0.1%)

2 つた

▼ ひつぱられる~ (2, 0.1%)

2 腹立たしさ

▼ ひつぱる方~ (2, 0.1%)

2 へ五六間

▼ ひつぶれる~ (2, 0.1%)

1 か野呂, 前に

▼ ひつべし~ (2, 0.1%)

1 未だ甚だしく, 碧空澄める

▼ ひつぺがして~ (2, 0.1%)

1 いきなりまた, 迄外さなくつたつ

▼ ひつらん~ (2, 0.1%)

1 となん, と存じ候

▼ ひつ~ (2, 0.1%)

1 ていく, 一時に

▼ ひつ二つ三つ拾~ (2, 0.1%)

2 ひやめられぬ栗

▼ ひつ~ (2, 0.1%)

1 きか, し殊に

▼ ひつ張りあげなけれ~ (2, 0.1%)

2 ば駄目

▼ ひつ~ (2, 0.1%)

1 へると, へ振り廻し

▼ ひつ掻き~ (2, 0.1%)

1 まは, まはす

▼ ひつ~ (2, 0.1%)

2 てあちこち気儘

▼ ひつ提げ~ (2, 0.1%)

1 てゐる, ながらも忘れ

▼ ひつ~ (2, 0.1%)

1 つたかと, へやにはに笥

▼ ひつ歌ひつ足速~ (2, 0.1%)

2

▼ ひつ~ (2, 0.1%)

1 なしの, のない

▼ ひつ足速~ (2, 0.1%)

2

▼ ひつ込ん~ (2, 0.1%)

1 でしまつたのさ, で行く

▼ ひつ附い~ (2, 0.1%)

1 てゐ, て瞬き

▼1* [289件]

ひついたら容易に, ひついたら放さぬことさ, ひついた事になつ, ひついた祟り神を, ひついちやくれません, ひついてたがふと, ひつかかつた, ひつかかり出して道, ひつかかれた青紫斑が, ひつかきまわしてみ, ひつかきまわしましたのでからは, ひつかきむしりながらうめき, ひつかき合ひが, ひつかき回しに来た, ひつかき廻し地獄の騒ぎ, ひつかき破つて遂に, ひつかく者や喞, ひつかけさせて貰, ひつかけしながら房一, ひつかけずに済まされる, ひつかけたかういふ場合の, ひつかけたくなつて, ひつかけたくなる大急ぎで, ひつかけたらより憂欝, ひつかけなくなるから文学, ひつかけられたやうに, ひつかけられる一種の, ひつかけるたうとう, ひつかける歩けなくなつて, ひつかけんぞと反りくり返つ, ひつかせるよ, ひつかまへられ, ひつからげて笞, ひつかりはしません, ひつかるのだ, ひつかれないやうに, ひつかれなかつたならば君, ひつかれまいとあせつ, ひつきかかりでもした, ひつきし時は勢, ひつきたいやうな, ひつきたる樹の, ひつきたれど辺り, ひつくされたことである, ひつくまでみんな, ひつくら返し見て, ひつくら返しひつくら返し見て, ひつくりかえし眼の, ひつくりかえつたりは決して, ひつくること煩は, ひつくるめられる体言が, ひつ片端には, ひつけどほりに, ひつけなさつたけれどもそれ, ひつけなすつたことは, ひつけられてゐます, ひつけり神は, ひつこかったが, ひつこきねぢ, ひつこねえさ, ひつこの命, ひつこまなければしんじつ, ひつこみあひをしました, ひつこみつかずあちこちと, ひつこめし顔綺麗, ひつこめようとする, ひつこめるのを, ひつこもるなどの意, ひつこんちまふ, ひつこ無しにしよう, ひつさらふの, ひつさらつてまるでアペタイザ, ひつしかも我ま, ひつそりしづかになる, ひつそりなつたもの, ひつそりひつそりはひつ, ひつそり切つてゐるの, ひつそり収つてゐる, ひつそり寢靜まつて, ひつそり日向ぼつこをし, ひつそり暮れそめた霧, ひつそり暮れるよ蛙, ひつそり湯槽にひたつ, ひつそり火の消えた, ひつそり眠つてゐた, ひつそり竹の子竹になる, ひつそり蕗のとう, ひつそり蹲つて湖を抱きかかへる, ひつそり隠れるやうに, ひつそり雑草の中, ひつそり静まつて, ひつそり静まつた寺院, ひつそり靜まつて, ひつたいれものを, ひつたこと伯爵, ひつたためそのま, ひつたつて二日, ひつたではない, ひつたであらうか, ひつたらしくおタキさん, ひつちやつたわ, ひつちやぶいてマメイド, ひつぢ穂やわれ, ひつこく押しつけよう, ひつついてるそれだけにな, ひつつうたれた, ひつつかまれてゐる, ひつつかみそ, ひつつかむと逃, ひつつかんだとお, ひつつきさうだ, ひつつけることは, ひつつつたま, ひつつめ銀杏の青白い, ひつつよしと思ひぬ, ひつつらせながら言, ひつつるやうな, ひつつんでゐる, ひつづけられてて一年三ヶ月, ひつてからが仲, ひつてからの事で, ひつてからも眠つかれない, ひつてきするもの, ひつてはそこだけに, ひつてもよかつた, ひつなぐ金が, ひつぱたいたりなんか出来ないこと, ひつぱたいてやりなさいよ憎らしい, ひつぱたいて房髪をむしれ, ひつぱたいて相済まんだ, ひつぱたかれたとか本郷の金光教会, ひつぱたかれたやうな氣持だつた, ひつぱたかれて細長い瘤, ひつぱたかれて腹を立てた, ひつぱたかれながら扱き使はれて, ひつぱたかれるような呑気なおし, ひつぱたかれるようにハッと, ひつぱたかれる位ゐの, ひつぱたきさうな亭主の手, ひつぱたきながらもとの部屋, ひつぱたきひつぱたく河は瀕死, ひつぱたくのを満身の快, ひつぱたく女が下, ひつぱたけとそのやう, ひつぱたけ何なりと, ひつぱつたりお, ひつぱつただけでぴりぴりと裂ける紙, ひつぱつたつもりなんですがその中, ひつぱつたときにじつにすばらしい, ひつぱつたりしたつい昨日までのこと, ひつぱつたゴムを手, ひつぱつてあげようか知ら, ひつぱつていつたものは單なる功名心, ひつぱつていれば林田の乗ずる, ひつぱつてきてくれた三八九第六集, ひつぱつてここのちひさい孔, ひつぱつてそつと伊留満, ひつぱつてひきずり落さうと, ひつぱつてゆく蟻でも屋根, ひつぱつて云つた, ひつぱつて台なしに, ひつぱつて外へ出た, ひつぱつて居間の方, ひつぱつて答へました, ひつぱつて腹をつき出し, ひつぱつて船をたぐり寄せた, ひつぱつて行商して, ひつぱつて防空壕の中, ひつぱつて顕微鏡の前, ひつぱなしにするあたりはあいつの一流だ, ひつぱらないバクチもうたない, ひつぱられうしろからは押されて, ひつぱられて来た, ひつぱりあげて木箸のさき, ひつぱりこむやうにその木屑, ひつぱりださうといふいきほひで話して, ひつぱりだしたことたとへばフイラデルフイア, ひつぱりだして飲み歩いた, ひつぱりだしてただもうその機嫌を損じる, ひつぱりだして散歩するそして, ひつぱりながら盤を睨む, ひつぱりながら遊泳して, ひつぱりましたがだめです, ひつぱりまはされたところだまた因, ひつぱり他を追, ひつぱり凧にし, ひつぱり出し着物の襟, ひつぱる大きい獲物, ひつぱるといふ始末でな, ひつぱるのである, ひつぱるのでございます確もう梅, ひつぱるのに気がついた, ひつぱるみたいに話のシメククリ, ひつぱるやうにしてせきたてまたわたくし, ひつぱるやうに答へました, ひつぱる度にピクツ, ひつぱる読経の声, ひつぱれば抜けるの, ひつに悔ゆ, ひつびり竹の子竹になる, ひつぶしだつたで, ひつぷりはひどく砕けたところ, ひつう, ひつぺかすやうに過去の雲, ひつぺがすなア造作はねえや, ひつ来し, ひつめそつと両手, ひつめものの商人, ひつめようとした, ひつめ手こそ振上げなかつた, ひつめ父親の伊豆屋徳兵衞, ひつめ狼狽させたの, ひつ目録に, ひつやがて其上に, ひつらむ云云晝はいと, ひつれい質屋をひち, ひつ引ったくっ, ひつアキルリュウスの答, ひつ立つて, ひつトロイア軍はイリオン, ひつユキになやめる, ひつ付いてやつ, ひつ何処やらの人, ひつ何處やらの人, ひつが新村, ひつ入りし穴, ひつはれつ, ひつ坐りつ底には, ひつ大原の野路, ひつくツ, ひつ好いは好い, ひつ幾つかの歌, ひつ弁疏せり, ひつ張つて窓の外, ひつ張られて夕方, ひつ張り寄せますだよ, ひつ張りやがつたらう, ひつ張る足を, ひつをたのしませ, ひつ忽ちわれに, ひつ懸けておけ, ひつ懸りを持つ, ひつはれつ, ひつつて肩へ, ひつ括るなりぽん, ひつ振りだ, ひつ掛けてやりたい, ひつ掴まうとしてゐる, ひつ掴むやうに, ひつ掴めえて捻り上げた, ひつ掻いて見, ひつ掻かれたり殆, ひつ放しで帰つて仕舞, ひつ放つ矢に, ひつれ左, ひつ敵軍を追, ひつ日輪の, ひつ時雨しぐる, ひつの秋, ひつを以て我が, ひつ泣くをのみ, ひつに赤らめる, ひつ去りに, ひつ理りのまま, ひつつちやつた, ひつでおました, ひつ立つて櫺子窓, ひつ立てて玄関, ひつ笑ひつ心をたのしませ, ひつ振れば, ひつ藝づくしをし, ひつつた, ひつはれつ, ひつ謠ひつ藝づくしをし, ひつ踊りつ煩さ, ひつを顫, ひつ込みじあんに居すくまつ, ひつ込み思案な東北人, ひつ込むで居る, ひつ込められたがすぐ, ひつへつし, ひつ返さうかひつ, ひつ返して来た, ひつ返すまいかと戸口, ひつ迷ひつ軈て, ひつ雜草の丘, ひつ青銅の二條, ひつかに顧みれ, ひつ飛びつして行くあり