青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ひだ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ひ~ ~ひい ひい~ ひき~ ~ひし ひし~ ~ひそか ひそか~ ひたい~ ひたすら~
ひだ~
ひっそり~ ~ひつ ひつ~ ひで~ ~ひと ひと~ ~ひとつ ひとつ~ ~ひとり ひとり~

「ひだ~」 1551, 17ppm, 6787位

▼ ひだ~ (176, 11.3%)

2 さへ, 坐つて

1 [172件] あつた, あつたとい, あつて, あの世から, あらで, ありて, ある人, いちいちあの, いつか禍根と, いらだたしげ, お爺さんと, かげを, こうえ, ここかしこに, さつきちらりと, したり, その姿, その顏, それを, ちやうど, つひに, つまり七千年か, できた小さな, とても永い永い, どういふ, どこへ, なお固く, ながれて, なし, なんの, のぞけて, はっきりと, はりつめて, ひそひそ声, ほのかな, ぼくも, ぼんやり彳, まづまづ自分, ゆくりなく風, よせて, わが日本, わたしは, わびし気, バラの, パイプが, 一体それ, 一体何ん, 一寸写し, 一度お, 一度も, 一語の, 七つの, 上の, 不二雄さんは, 不老泉といふ, 両側の, 乱暴な, 二人の, 二人は, 交つての, 交代の, 会つて来た, 伴左衞門は, 何か, 何でも, 何の, 何ものか, 作つた, 作つたもの, 作つた歌, 入れて, 八五郎は, 几帳面らしく, 前の, 助八, 医師来り, 半二はを, 取上だの, 古寺や, 吹き寄せられた黒雲, 喰ひ入る, 噛みたばこが, 夏も, 夜やうやく, 大根さんは, 大海の, 奧の, 姫王と, 家の, 小さい荷類, 小さくても, 少しの, 川の, 幾人かの, 幾人も, 座席の, 張りつめて, 彷徨し, 彼女の, 徹り青空, 心じ, 心配さうに差しのぞい, 忠藏は, 悲痛淋漓の, 感じるの, 或ひ, 所々空間が, 手頃な, 折に, 挟まれた十五分, 掘られた溝, 揉まれて, 既に許多, 月に, 本質的な, 柔らげられ, 棗の, 權三と, 残された唯一, 殘らんには, 母屋とは, 求めようと, 浚渫される, 海の, 混血し, 漠然と判斷, 潜みし軍兵出づ, 物質的な, 理非曲直を, 生ぐさい液体, 生じる漠然たる, 生まれその, 生まれた奇妙, 生れた子供, 男としての, 白き足, 白赤黄淡紅の, 眉つきとか, 眺めつ, 祈りといふ, 私は, 秤を, 空に, 突き出しその, 立つて, 第一, 紙コツプのを, 聳ゆ, 芝兼さんを, 行はれ, 見ると, 親しまれて, 詠まれたもの, 詠んだと, 谷の, 路銀も, 身を, 退散した, 造り酒屋は, 連り, 遠く近く, 適は, 金沢の, 雨ふりぬ, 雲のうへも, 青いあかるい芽, 青木卓一の, 風の, 鳶の, 鸚鵡のから, 黄いろや, 黒いご

▼ ひだ~ (113, 7.3%)

2 うちに, ことで, やうに, 多いスカート, 欧洲戦役の, 爺さんから, 瘤をかへ

1 [99件] あいだから, あいだで, あいだには, あいだを, ある, あるつめ襟, ある短い, ある赤い, おおいスカート, お祭り, かすかな, かみどの, かん定を, がごたごた, きちんと通っ, くま取りは, ことだ, こと侯爵細川護立氏の, こと大西氏の, すきから, たくさんある, ついた帽子, ついた頸根っこ, つけようから, ない血, なかを, ひろいよ, まだ隆起, ものと, を持つ, ブローチ, 一つ一つをすら, 一種の, 上で, 不平といふ, 不思議な, 事だつ, 事アメリカの, 事久世氏は, 事骨董屋は, 仲だち, 休息といふ, 具合何処に, 冷めたい領解, 刻み方, 助言だ, 商売で, 堤の, 多いたれ幕, 多い幕, 多い服, 多い洋服, 多い花模様, 多い衣, 奥深い老境, 娘が, 寒烈, 小気味の, 小路から, 小間使だ, 恐ろしい生活, 悲劇で, 愛の, 所を, 掘割に, 晩, 晩に, 柔らかさ, 永遠を, 淋しい街道, 深さ, 無い裳, 煩慮, 犠牲を, 狭い道, 狹い, 男の子を, 痕忘れやしぬら, 白痴だ, 白痴だの, 真に, 石段を, 競馬は, 米初穂の, 経験か, 美しさ, 自分の, 足の, 連勝を, 酒の, 酷い暑気, 開きに, 間なんかには, 間に, 雀と, 青い帽子, 黒く顕れた, 黒玉に, 默契である

▼ ひだから~ (111, 7.2%)

4 錢形の 2 さう, 其手紙を, 考へて, 親分

1 [99件] あなた散歩し, いやらしいことばツ, いや運転手, うつかり, お母さんを, お父さま, こちらを, せめて髭, ぜひ遠, その, その窓, それで, そんなに腹, そんな話, ちよツとでも, ちらちら見える, であります, です, で何ん, どうも自分, ひどく損, ほらあなた, ぽとんと, まあ今度, まるで磨ぎすました, みえる山山, もうし上げようと, もう一度調べ直し, もう一度錢形, ろくな行火, わたしを, ナマ身の, 一人の, 一寸お, 一寸上りたい, 一日一刻も, 下へ, 下手人を, 二度ばかり, 五年前捨兒に, 今日から, 今日一日は, 仕か, 何か, 何んとか, 來て, 八五郎さんその, 八五郎親分錢形の, 出して, 取つた蜜蝋, 君が, 君の, 塚田八段この, 夕陽は, 多くの, 大急ぎで, 好からう, 封を, 帰つて私苦しく, 彼に, 性的な, 所つ, 扉を, 敬吉は, 斯く花やか, 早く追, 朝寢坊に, 此處で, 歸りませう, 死んだ氣, 殺して, 氣を, 白い煙, 真の, 真紅な, 眺めた, 神輿を, 私の, 私は, 綺麗な, 美しい弁慶蟹, 聞えた, 自然癖が, 色んな柄, 蜜蝋の, 行つ, 西洋の, 親分さん八さんに, 親分さん方一と, 親分に, 親愛な, 誰にも, 財布を, 遠州, 遣つて, 長さ一フィート, 青もの, 静かに, 魚は

▼ ひだ~ (95, 6.1%)

8 云ふ 5 思つた 4 思ひます, 言ふ 3 思はれるほど 2 あれ程, いつて, 勵ませ, 思つてゐた, 思ふ, 考へて, 見えて

1 [57件] いうて, いふから, いふと, いふので, いふ日, したらですよ, へんな, バーの, パツと, 云つた, 云つてゐた, 云つて居り, 云はれた, 云ひ, 云ふこ, 云ふも, 他巳吉, 先生は, 分かつたの, 判断しなけれ, 励ませば, 口外する, 子供らしく, 廣言した, 彼は, 思うたが, 思つ, 思つてちよつくら, 思つて油斷する, 思ひますね, 思ひませんか, 思ひ当, 思ひ違, 思ふがな, 思ふで, 思ふやう, 抗弁は, 放置し, 斷言の, 更にもう一辺, 書いても, 案内を, 氣づく, 申した位, 疑ぐりだすから, 私は, 称しその, 笑った, 答へれ, 老主人, 聽いてる, 言つたまで, 言つて刄物を, 言つて相手にも, 言ひ, 野村は, 頑張つて

▼ ひだ~ (94, 6.1%)

7 てゐた, てゐる 5 てし 4 てしまふ 3 たりする, て 2 さへ, てしまひました, て私, に行かなく

1 [57件] さう, さうです, さうに, さうにし, さうになりました, さうにみえる, たりし, たりした, たりそこら, たりそんな, たり中, たり娼家, たり怒つ, てうけ, てから僕, てから記秋山圖始末, てき, てさびしくなつた, てしまつて, てしまふだらう, てどきりと, てな總代さん, てみんな, てわめく, てゐました, てイヤ, てヨボ, て五人目, て今, て何, て何となく, て困ります, て実は, て小声, て年, て幾らか, て彼, て恐縮, て来, て気, て気まぐれ, て涙, て温か, て花子, て見, ながら, ながらへんじしました, ながら月, ながら私, はせぬ, また独り芸術的, みんなは, 寄席は, 将来それが, 彼は, 浪人の, 私たちから

▼ ひだした~ (73, 4.7%)

8 のは 54 のだ, のである 2 といふ, のだらう, ものだ, やうに

1 [44件] あと, ある秋, か, かも知れなかつた, からで, からである, から書き付け, か国民日常, か金, が恐らく, ことも, その動機, つてを, といふ一節, といふ噂さ, とき肥つた男は, の, のが, のであらう, のでおやおや, ので何, ので彼, ので私, のも, のを, ものが, もので, やうな, んです, 以上は, 勿論私, 時に, 暗がりならぬ, 流行歌であります, 浪花節肉弾三勇士の, 私は, 私も, 約束に, 約束の, 言葉は, 詞を, 談片だ, 酒好きで, 露路な

▼ ひだつた~ (61, 3.9%)

3 かも知れません, よ 2 ことは, と思ふ, んだ

1 [49件] かといふ, かもしれない, かも知れない, から, からこんな, から何時, から六十七歳, から日和下駄, から明日, から氣, から露, がここ, がせめて, がなかに, が人柄, が今度, が何, が八重歯, が外国人, が彼, が火花, が父, が結婚, が蝉丸, ことが, ことに, この弟, ごとく彼, し徳川夢声君, し若し, ぜ, でせう, と, といふこと, といふ岩下先生, とお母さま, とすれ, に違, のでせう, のでそんな, のでフト, ので名前, ので木山, ので誰, ばかりで, やうな, らしい, んです, ネ

▼ ひだ~ (58, 3.7%)

4 垂れ黒い 2 作りながら, 取って, 縫ふ

1 [48件] うって, うねうねと, おいてから, がさがさ行け, くだれり, くま取った, ぐるぐるま, さすったり, ちょっと直し, ちよいちよい往復する, ちらっと乱す, つくって, つけんこと, つけ握ると, つまみあげいま, とられた衣, ながれるもの, ぬけて, ぬけ市長, ねつて, ひとりで, まし, わけて, キチンと, ピタピタたたく, 作って, 分けて, 勝手次第に, 喜んで, 夢中で, 大仰に, 幽かに, 往つ, 感じた, 打って, 抽きいで, 撫でて, 数条に, 正して, 洋々として, 潜るやう, 濃くし, 登つて行きます, 自動車が, 見ると, 蹈み, 這ひ, 通ると

▼ ひだ~ (54, 3.5%)

2 秀吉は

1 [52件] あの奥田, ある, あるので, お組, これも, さう, たたまれて, たツ, ついて, なくて, なんだか青い, ひきしめられて, ふかい淵, まさかそんな, まだよく発育, やっつけなの, 京都と, 今更それ, 他には, 住替へ, 何う, 何とか一, 健康ではちきれ, 入って, 入つて, 八丁堀の, 向うへ, 四段に, 太鼓は, 奥では, 学校から, 己は, 必しもさ, 意見の, 態度においては, 数えられる大, 日本の, 旦那の, 浮出たごとく, 滿足氣で, 獨逸語は, 畳まれて, 矢張り斯の, 細かい, 美の, 腕は, 表に, 逆境である, 運不運の, 険しい雲ゆき, 靡く, 驚くばかり

▼ ひだ~ (24, 1.5%)

1 [24件] いくつ靴下カバンは, いらないもの, その音, どうもと, どうやら一生懸命, どこの, サラセン風の, 一層雪, 一歩も, 一進一退する, 人間でなく, 何の, 作中に, 命が, 学校の, 帽子を, 御ツ, 決して冷却, 波が, 生きて, 私は, 自分で, 誠の, 黙つて

▼ ひだには~ (22, 1.4%)

1 [22件] いろいろ変, このう, この第, さまつて, すでに七つ, ときどきたわい, どこか, まるで赤, もう何, エレヂイなんか, 今年の, 吾人も, 大きな盆地, 家出する, 恐らく二人, 既に牢, 椿や, 派手な, 畑が, 胸を, 自分の, 銀製の

▼ ひだといふ~ (20, 1.3%)

2 ことは, ことを

1 [16件] ことが, ことな, ところ迄, のです, のは, のも, ものも, やうに, 一点を, 事を, 人に, 噂だつた, 深刻な, 理由で, 筈も, 説も

▼ ひだ~ (20, 1.3%)

1 [20件] あんた大学病院へ, いつも暗い, いろんな逸話, うすい静か, それを, まさ子は, ボダンおれ, 二人は, 云つた, 俺の, 出て, 妙に, 某社の, 溜池に, 演説に, 皇族に, 荷物を, 途中の, 雨は, 風を

▼ ひだつたの~ (15, 1.0%)

6 です 2 だが 1 か, かもしれない, だ, だけど, であります, は外, は若旦那

▼ ひだにも~ (13, 0.8%)

1 [13件] あつた, かつては, のべつ怪我人, はらよるべし, ゆくりなく人, 兄は, 振舞へたほど, 時は, 武者修行は, 殺伐な, 畠が, 肚の, 頬の

▼ ひだ~ (12, 0.8%)

1 [12件] さへ, なんだかやっぱりあひるさん, 一般に, 不斷, 困り者, 圧迫された, 將來時を, 済むうち, 相手を, 笑つて暮す, 行な, 評判で

▼ ひだされ~ (11, 0.7%)

2 てこの 1 いつからか, たり碁, てし, てしまつたの, てたまらなかつた, ても格別驚き, て以来, て東京, 借金サイソクの

▼ ひだ~ (11, 0.7%)

2 ゆうから 1 う僕, う塗つた事, つと動かず, ゆうあたし, ゆうに春蒔麦, ゆうまるで, ゆう痙攣的, ゆう私, ゆう頭痛

▼ ひだとか~ (11, 0.7%)

1 [11件] かなり私, それくらゐ, で店, で行住坐臥, 云ふ, 云ふこ, 何とかいつ, 何とか云, 工場で, 牡蠣や, 物事の

▼ ひだまで~ (10, 0.6%)

2 してた仕事, 一一はっきり 1 はっきり見え, 七年ばかりの, 市民一同が, 瓢箪なりにしか, 足ならしの, 雛児だ

▼ ひだ~ (10, 0.6%)

2 に十七 1 がその, がベルヴェデエル・ヒル, に初子, はほんの, は全く, は君, を屈託, 見つけちやつたん

▼ ひだけれど~ (9, 0.6%)

3 私が 1 あの気性, お前一人が, これで, 句品は, 自分には, 身体に

▼ ひだつたら~ (7, 0.5%)

1 こんなところ, よく忠告, 今年一年もか, 俺の, 夕方五時から, 妾は, 記念の

▼ ひだでは~ (7, 0.5%)

1 ありましたが, そんなこと, 依然たる, 寛喜の, 眞に, 知らないもの, 知らない人

▼ ひだ~ (7, 0.5%)

2 錢形の 1 あれ以上の, お前なんぞは, で話, ムツツリは, 八

▼ ひだ~ (6, 0.4%)

1 何んだ, 果実の, 知らないが, 花の, 解らないし, 霧のに

▼ ひだされた~ (6, 0.4%)

1 のだ, のである, 中学時代に, 彼は, 時には, 邪慳さとで

▼ ひだつて~ (6, 0.4%)

1 いふぢ, えこと, お上品, なるやう, 下すつたの, 何だつて

▼ ひだとは~ (6, 0.4%)

1 つきり云, 思はない, 思ひますが, 言つてゐた, 言は, 誰れ

▼ ひだされる~ (5, 0.3%)

1 ことは, と彼, 不撓不屈つひ, 言葉は, 雨

▼ ひだしたくなる~ (5, 0.3%)

2 のであつ, やうな 1 ばかりだ

▼ ひだなんて~ (5, 0.3%)

2 おつ 1 あなたは, 云つておきながら, 疑つたの

▼ ひだ~ (5, 0.3%)

2 手を 1 すつかり陥ちこん, 姿を, 柄を

▼ ひだ~ (4, 0.3%)

1 仕舞ひだ, 低頭を, 時も, 駒の

▼ ひだその~ (4, 0.3%)

1 やうな, 匂ひ, 男は, 臨終まで

▼ ひだ~ (4, 0.3%)

1 か, たらしく史書經書, たらしく大神宮樣, たりする

▼ ひだつて言~ (4, 0.3%)

1 つたらどう, つたんぢ, ふぢ, やがる

▼ ひだ~ (4, 0.3%)

3 も私 1 の香ばしい

▼ ひだ~ (4, 0.3%)

1 から目, から縫取り, の縫, 少し気分

▼ ひだ~ (4, 0.3%)

1 は佛蘭西人, は煙, は赤裸, をよろこばせる

▼ ひだあの~ (3, 0.2%)

1 ふつくらした, 土地に, 尼子

▼ ひだからと~ (3, 0.2%)

1 云つても, 云ふ, 言つて寺子は

▼ ひだ~ (3, 0.2%)

2 のぢ 1 様子は

▼ ひだだけ~ (3, 0.2%)

1 啼く鳥, 母親の, 眞暗

▼ ひだでも~ (3, 0.2%)

1 少々吃る, 決して眼, 田や

▼ ひだとて~ (3, 0.2%)

2 種なし 1 受けなかつた

▼ ひだ~ (3, 0.2%)

1 どうしてもそれ, のにもうそんなに, 世の中には

▼ ひだ~ (3, 0.2%)

1 今夜も, 時が, 自分が

▼ ひだもの~ (3, 0.2%)

1 お悔み, だから, で知らない

▼ ひだより~ (3, 0.2%)

1 こぼれ失せる様, 我船と, 落つ

▼ ひだ~ (3, 0.2%)

21 がな臭う

▼ ひだ京都~ (3, 0.2%)

1 で会つた事, に滯在, の衣笠村

▼ ひだ~ (3, 0.2%)

1 のこころ, は毎日夕方, は緑

▼ ひだ~ (3, 0.2%)

1 の生活, はちら, は少年

▼ ひだ~ (3, 0.2%)

1 たまへ, て来た, 失つてゐた

▼ ひだいや~ (2, 0.1%)

1 でも身, はやえらい

▼ ひだうち~ (2, 0.1%)

1 の人々, の栗拾

▼ ひだがら~ (2, 0.1%)

1 から廣津さん, がどの

▼ ひだけど~ (2, 0.1%)

1 全体を, 我慢し

▼ ひだけれども~ (2, 0.1%)

1 眞箇な, 私が

▼ ひだしたら~ (2, 0.1%)

1 あとへ, 家運も

▼ ひだすか~ (2, 0.1%)

1 と思ひ, 知れませぬが

▼ ひだそんな~ (2, 0.1%)

1 ものを, 話は

▼ ひだ~ (2, 0.1%)

1 つつうつつ, になる

▼ ひだつて云~ (2, 0.1%)

1 つたぜ, つてるん

▼ ひだとでも~ (2, 0.1%)

1 いふの, 云は

▼ ひだとも~ (2, 0.1%)

1 考へた, 釈けるの

▼ ひだなどといふ~ (2, 0.1%)

1 うちに, のは

▼ ひだなどに~ (2, 0.1%)

1 みる媚びた美し, 十分明らかに

▼ ひだなどには~ (2, 0.1%)

1 もう暗紫色, 現実を

▼ ひだほら~ (2, 0.1%)

2 あの若い

▼ ひだまり~ (2, 0.1%)

2 の亀

▼ ひだ~ (2, 0.1%)

1 て, てほんと

▼ ひだ亡くな~ (2, 0.1%)

1 つたイギリス文壇の, つてし

▼ ひだ~ (2, 0.1%)

2 ちが

▼ ひだ助け~ (2, 0.1%)

2 てやつ

▼ ひだ夢み~ (2, 0.1%)

2 てゐた

▼ ひだ屡々~ (2, 0.1%)

1 圭子の, 死にたい気持

▼ ひだ日本~ (2, 0.1%)

1 で最も, に帰つて

▼ ひだ殊に~ (2, 0.1%)

2 幸な

▼ ひだ無言~ (2, 0.1%)

1 に肩, のまま

▼ ひだ祖父~ (2, 0.1%)

1 の語り草, はぐつすり寐込ん

▼ ひだ自分~ (2, 0.1%)

1 の家, も人間

▼ ひだ身動き~ (2, 0.1%)

1 の音さへた, もせず

▼ ひだ~ (2, 0.1%)

1 が訪れ, の音

▼ ひだ飾り~ (2, 0.1%)

1 が二すじ, のついた

▼1* [328件]

ひだひだに, ひだあちらを立つ, ひだあんまりお母さんい, ひだあゝいふ処, ひだいい縮が, ひだいひしらぬ安穏と, ひだいろいろ御心配, ひだうち水戸へ行つて, ひだえあゝ口惜しい真実, ひだおとうさんからかたく, ひだおら街を歩く, ひだお上人さまは南無阿弥陀仏々々々々々々, ひだお伽に土産話, ひだお前のやう, ひだお家の犬, ひだお待ちなさい, ひだかつておいた, ひだかと言ふ, ひだかの女は, ひだからこそそんな細かい, ひだからとか下手だ, ひだからはけばけばしい模様, ひだからも水が, ひだがね小學時代, ひだきよとんとした, ひだくだらないと自分, ひだけがおれのたつた, ひだけが前よりも一層, ひだけども泥坊つて言は, ひだこき使はれた, ひだここで食べた, ひだことにヤツコで, ひだこの桶へ, ひだごとに一人, ひださせたり妙, ひだしいつせいに, ひだしかし酒の, ひだしたいやうな, ひだしとしとと重たくわが, ひだしましてな, ひだしましたので今日, ひだしますよ, ひだしまめを織り出し, ひだしやよかつ, ひだし葬ることも, ひだすかなにをしでかす, ひだすしこんな話, ひだーつと, ひだ馬鹿, ひだそこに佇ん, ひだそのままの恰好, ひだその如何なる栄光その如何なる, ひだそれに怪しげ, ひだそれでも晴代は, ひだためらつてゐたが, ひだつて雪が, ひだだけしか通じない言葉, ひだだけは笑ひ, ひだだけへ三日月なりに, ひだだしたがそれ, ひだだらけで馬鹿, ひだちかしまの, ひだちのよくない, ひだちの山の中, ひだちよつと讀んだ, ひだつけネあの, ひだつたあたしといふ子供, ひだつたこれで木賃料三十銭, ひだつたさうで, ひだつたさうで多分大きな, ひだつたな八, ひだつたのさもうもうお金, ひだつたのさ本物の塔, ひだつたわけであらう, ひだつたわたしはわたし, ひだつた俺も同様, ひだつた光子との二人姉妹, ひだつた國府津の塚越, ひだつた坊さんにだ, ひだつた少年は母, ひだつた彼はう, ひだつた散会したの, ひだつた源兵衛さんは六尺豊か, ひだつた病気なん, ひだつてあれぢや磨きやう, ひだつてそれぢやどう, ひだつて二本差しに違, ひだつて云つてゐたわよ, ひだつて云ふからな, ひだつて人に負けねえ, ひだつて手前なんかよりぐつと立派, ひだつて正確だ, ひだつまらぬ音譜が, ひだですからながめ, ひだといつても隨分澤山, ひだといふばかりでなく何, ひだといふもの殆ん, ひだとおもはん, ひだとしてはいけない, ひだともかく走筆, ひだどうかおいら, ひだどこまでも一人, ひだなしの袴, ひだなと感心した, ひだなど実になめらか, ひだなどは頗るよく似, ひだなにがし区なにがし町のなにがしおでん屋, ひだならず誠の, ひだねなどと言ふ, ひだのといふものが, ひだひとつ場所に坐つ, ひだびりつこけだつた面目, ひだふと横を, ひだほんたうに嫌ひだ, ひだほんのしばらくお待ち, ひだまたそんな事, ひだまだ一人の, ひだまってゐた, ひだておく, ひだもう一度念入りに, ひだもなアイノリ, ひだ折り目が, ひだよくしんおも, ひだにかきつけ, ひだわいと悲壯な, ひだわれ知らずうつらうつら, ひだをとほるとき, ひだイエスは四方, ひだグルグルまはつ, ひだナラエが一遍, ひだファルスでも書き残し, ひだブツブツ不平を, ひだペトゥローは一度, ひだボックスに腰, ひだミトローニク氏の声, ひだラジオでの伯鶴, ひだ一つ行かうか, ひだ一人この裏, ひだ一回ぐらゐギブスを変, ひだ一晩に十六本, ひだ一番はつ, ひだ一緒に暮し, ひだ一貫して, ひだ三峰の法師, ひだ三幕の戲曲, ひだ三幕物の喜劇, ひだ三時間ほど停車場前, ひだ三晩つづけて, ひだ三河屋で一緒, ひだ上野精養軒で開かれた, ひだ不思議な黄いろ, ひだ世間を狭め, ひだからは自由行動, ひだ中みんなといつ, ひだ殺しと, ひだ乾び来し雑の, ひだ二行に敷かれた, ひだ亡き祖父の, ひだ亡くなつた鴎外森林太郎氏は, ひだ人家が斷, ひだ今夜はつづいた, ひだ今更タンボ這ひ, ひだの委員, ひだ何事をば皆, ひだ保つてゐた, ひだ信用しと, ひだ修業をさし, ひだはお前, ひだ先生の御, ひだの修業, ひだ兵庫の福原, ひだ凡五里ばかり, ひだて來, ひだ出したばかりだ, ひだ初めて窓ご, ひだ到頭入つて, ひだ剃つたばかりです, ひだづくでは, ひだ十吉はあらためて, ひだ千尺二千尺ぐらゐのあざれた山脈から海, ひだ午前のうち, ひだ卓一も由子, ひだ物思ひ, ひだ司祭さんの絵, ひだひ合つて, ひだ呂木はその, ひだ嘗てお脇, ひだ在学してから, ひだの下, ひだ地上に降り, ひだ坊ちやんとお, ひだ垂れて, ひだ場数を踏ん, ひだ堺衆なにがしの茶席, ひだは多, ひだ夢寐にも忘れる, ひだ夢聲君から事前教育, ひだ嫌ひ, ひだ大杉栄氏が田端, ひだ大水が出, ひだ夫人は軒端, ひだ奇妙に不吉, ひだ奥さんに会, ひだとはとても仲よく, ひだは子ら, ひだされて, ひだ存續する時間, ひだ宗右衛門はそれ, ひだ室生さんは藤澤清造, ひだで寝, ひだ尤もあの男, ひだ履いて出られた, ひだ左門は隣り, ひだ平和な日, ひだ平河さんへ着, ひだ幽霊は扉, ひだ幾百年をへた, ひだ弥陀の本願, ひだ彼女は自分, ひだ彼女ら母子とエリヤ, ひだ彼家にし, ひだ彼方見て, ひだ彼此三十年ものあ, ひだ彼等の求め, ひだ待ちのぞんで, ひだ待つことに, ひだ微動する気配, ひだ忘れてゐた, ひだ急用で京都駅, ひだひと愁, ひだ愛読して, ひだ打つ道の, ひだへて, ひだ拳固が飛ぶ, ひだ指輪拵へるさかい, ひだ旅人も卓, ひだ日本的香気といふべきだらう, ひだ明るい灯の, ひだ暴力団だやれ, ひだ書いた通りだ, ひだ月光の下, ひだつたこと, ひだ木の葉のやう, ひだ木造の建築, ひだ朱紫国全土を捧げ, ひだ松浦川と玉島川, ひだ果して今日も, ひだ枯萩の枝, ひだ染みに蔽いかかる, ひだを手, ひだ止した方が, ひだの柿, ひだ此處へ來, ひだ歳月は一様, ひだんど, ひだ殆ど毎日の, ひだ殺してくれ, ひだ毎晩僕を訪ね, ひだ気がかりになつ, ひだにかけてゐた, ひだのやう, ひだ水上さんに誘はれ, ひだ治る見込みの, ひだ波蘭王麾下の貴族たち, ひだ渡したのが, ひだ然し草吉の, ひだ燃えた日の, ひだは, ひだの糞, ひだ王女たちは互に, ひだと死, ひだ田丸浩平は家, ひだと一緒, ひだでつり竿, ひだ病気されて, ひだ百五十坪ぐらゐの穴で深, ひだ盆栽に毛虫, ひだを瞠, ひだ神戸のある, ひだ私たちは傍ら, ひだ立ち合つて, ひだ竹さんにあげ, ひだ籐椅子を動かなかつた, ひだ総領事などを勤め, ひだ考へてゐた, ひだ耶蘇ばかり振り廻はし, ひだ聖者になる, ひだ與謝野晶子さんの, ひだ良きに計, ひだ芝耕の芝居, ひだ若い娘が, ひだ茂作ぢやない, ひだを成し, ひだ西洋からお, ひだ見ないうちに, ひだ見馴れもし, ひだ親分お粂, ひだ角力の方, ひだ託児所のこと, ひだ記憶ばかりか私, ひだななぞ, ひだ豐彦の雪中山水, ひだ近々にお, ひだつて, ひだ遠くもない, ひだ遠出はならぬ, ひだ遠遠しくなつて, ひだ適用を許され, ひだ郷里を離れ, ひだいれぬパン, ひだ野々宮は慇懃, ひだ野村の良い, ひだ銭湯へ通つて, ひだの縁, ひだ鎌倉のひだ, ひだを貰つて, ひだのなか, ひだ隙つぶしに踊り子, ひだ離ればなれになつて, ひだ離れられなかつた故郷に, ひだも露, ひだ雲華寺の和尚さん, ひだ青年はめくるめく, ひだ順順に譲り渡される, ひだを見る折り, ひだ養つてくれたあの, ひだを動, ひだ黒岩は黙