青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ぬい~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

なんら~ ~におい におい~ ~にくい にくい~ にこにこ~ にわかに~ ~ぬ ぬ~ ~ぬい
ぬい~
~ぬけ ぬけ~ ぬる~ ぬれ~ ~ね ね~ ~ねえ ねえ~ ~の の~

「ぬい~」 2251, 22ppm, 5161位

▼ ぬい~ (996, 44.2%)

60 いた 44 いる 20 いたの 17 いるの 11 いて 10 きて 8 いるよう 7 いること, ゐた 6 いました 5 いたところ, それを 4 ある, いたこと, いった, いる様子, しまうの, しまった, 自分の 3 いたから, いたが, いると, いるもの, おる, しまう, しまうと, やる, やろうと, 来て

2 [45件] いたもの, いたん, いた師, いた彼, いらしたん, いるうち, いるこの, いるという, いるとか, いるので, いるま, いるん, いる最中, おせき, おりまする, くれる, これも, しまったの, しまったん, しまって, しまつ, すてました, みせる, みせるよ, みたり, みると, やろう, ゐる, ゐるの, トリの, 出て, 喰べ, 少しも, 居る, 居るの, 手に, 敵の, 来たの, 流る, 相手の, 私の, 聳えて, 見せた, 身を, 逃げ廻る女

1 [648件 抜粋] あくまでもかれ, あげたこと, あたりには, あたりを, ありましたから, ありますので, あるし, あるだけの, あるだろうという, ある旗, ある暖簾, ある法被, あッと, いかにし, いかにもそこ, いきなりあっちこっち, いきなり三人, いきなり小藪, いきなり竹童, いくの, いたあげく, いたお, いたか, いたことし四十四歳, いただけ, いたと, いたので, いたほど, いたらしい, いた人物, いた城中, いた城兵, いた妹, いた心, いた折, いた持ち前, いた明智探偵, いた月江, いた朱実, いた沢庵, いた涙, いた火, いた牛若, いた甲賀家, いた矢, いた筈, いた闇, いた面持, いた風, いながら, いましたよ, いますから, いらっしゃるの, いるか, いるかに, いるけれども, いるそれ, いるであろう, いるであろうこと, いるであろう重要, いるに, いるふう, いるもん, いる一羽, いる与吉, いる事, いる千浪, いる声, いる大将, いる奇妙, いる客, いる弥之助さん, いる後ろ, いる憤怒, いる晩, いる次第, いる永田, いる玄石, いる相手, いる眼, いる義貞, いる苦労人, いる軍勢, いる通り, いる野武士, いる頃, いる顔つき, うまくまげ, おいたこと, おいたでは, おいたん, おいても, おきませう, おったぞ, おつがえ, おらが, おられるお方, おりその, おりながら, おり西洋物, お母さんと, かいたとして, きたこの, きたせゐだその, きた女, きた娘, きては, くる, くれたであろうもの, くれたん, くれた驚くべき美, くれないの, くれよ, くれるお, くれるぞう, くれるぞと, くわえさした, こい, こけ脅し, ことばを, この名, この女の子, この縄, こぼれて, こんなにつかれ, ごくごく飮ん, ごらんに, さつきの, しばらくお客, しぼめたビニール, しまいました, しまいます, しまい四年, しまい果物好き, しまうだんな, しまうばかり, しまう危ない, しまえば, しまえばね, しまったと, しまったので, しまったわけ, しまった木箱, しまった経営者側, しまふ, しまふかも, しまふ事, すぐむい, すでに彼, すわつたとき, ずぶりと向う, そこらじゅう刺し, そこらを, そして今日, そっと紫, そのあと, そのオレンヂ色, その場, その本性, その棹, その歯, その面, その魂, その黒柿, それから, それからりっぱ, それに小, それに玉太郎たちのぶ, つきぬけた矢, できの, とびかかって, なお, なにも, なめきって, はおりまする, はぎとりはがき二枚, ひとり暮しの, ふかして, ふりかざしどっと, ぶらさげたまま, ほどよきところ, まいりたいと, まじまじと, またお, まだ私, まはる, みごとだった, みごとに, みせなかった, みせよう, みせ戦いぬいて, みたいん, みたか, みたが, みて, みようとの, みる, みるもの, みる女ごころ, みんなの, みんなよく, もう少し深い, もらうよう, もらふ, やったとか, やったり, やって, やっと解いた, やつと, やまなかった, やりたいと, やりました, やるから, やるぞ, やるよ, やれと, やろうという, やわらかくなった, ゆくもの, ゆっくり火, ようやく得意, よこした隠密, わいわいと, わたしの, ゐたやう, ゐながら, ゐました, ゐるからと, ゐるが, ゐるだらう, ゐるもの, ゐるやう, ゐる友人, ゐる富本憲吉氏, ゐる時分, カンジキ著けたまま太股の, ケーキと, サイソクに, サッと消えた, ドアを, ハッシ, ハナを, ピンで, ペロリ, ポケットにを, 一人で, 一匹の, 一同へ, 一尺ほども, 一足お先に, 上段に, 下に, 中なる, 中途で, 丹花の, 主人を, 乾杯しよう, 了おう, 了ふ, 二人の, 云うこと, 五六丈も, 今日まで, 仏の, 仕組まれなければ, 仕舞え, 伸びる草, 何かしら弱々し, 使うん, 働きはじめる, 先へ, 八丈縞の, 共通な, 兼等汝りや俺れこと, 円かに, 出来るだけ, 切先が, 刺し透すの, 前借は, 十五六人の, 半助, 南に, 口から, 同衾を, 向う側が, 向う側へ, 君江の, 呉れい, 咲きやがて, 嗅ぐと, 四つに, 困った, 国の, 地下に, 地下道を, 地面の, 壜の, 売ったん, 夕飯は, 大きな手, 大一番, 大勝利, 大変長, 夫の, 女たちの, 女房子供を, 如才の, 安心し, 寄せつけなかった, 寄越すよう, 小さくおりたたみ, 小倉氏自身の, 尾を, 居たの, 山台に, 川中へ, 師の, 幾人か, 幾本も, 幾片かに, 後の, 御所の, 御覧あそばせ, 心の, 思案は, 恐しい神, 悠々と, 意外な, 感情の, 手あたり次第に, 手ばやく四日半, 打ち返して, 投げろ, 担ぎだしたが, 拡げそこ, 持ちかえるの, 持つて, 捨てて, 捨てる程, 掠つて行つた戦争, 改造案を, 数の, 整理する, 料理屋の, 斬ったんで, 斬って, 斬りかかって, 斬りつけようと, 斬りつけること, 斬り払うわけ, 斬り返した房吉, 新しい罠, 新喜劇座, 日々お待ちに, 明智方でも, 星の, 暑い二階, 暴れぬいて, 書き寫して, 最初に, 来た, 来たあの, 来たこと, 来たよう, 来た一本, 来た人たち, 来た国許侍, 来た王家世襲, 来た生, 来る, 来れば, 東に, 枕を, 槓杆と, 正宗白鳥が, 正面の, 武器と, 気が, 気勢を, 水中へ, 氷の, 沙金を, 海の, 海は, 海面へ, 清水一学が, 清盛の, 溢れさすため, 滅多なぐり, 漱石の, 激さして, 灌漑した, 火を, 無色の, 焼きすてて, 煙る柳, 熊坂大伍を, 燈心を, 片端から, 犬の, 狐の, 現すから, 甚作に, 田も, 病気に, 登場させる, 白状するなら, 百の, 盛装し, 目の, 目を, 相手を, 真っ向から, 眼に, 神格視したがる, 私に, 私は, 稲妻の, 立ち上りましたが, 立って, 笛を, 箱に, 箸を, 簾の, 紅で, 紙面に, 素ぶりを, 素子が, 絶叫し, 綿密に, 縁側へ, 美しかった, 考えて, 考えないよう, 考えること, 肝心の, 腫物の, 腰から, 自分だけ, 自分で, 自分ながら, 自然に, 舅の, 船員の, 色の, 芽出たく, 苦悩の, 菜種の, 血を, 行かず何と, 行く, 行くおまけ, 行く力, 行ったかと, 行ったという, 行って, 行つた, 見せたいわば, 見せました, 見せます, 見せる事, 見たくなった, 見られるから, 見る気, 角, 言いよるの, 言ひあてる, 諦めては, 赤い糸, 赤い農民美術, 起こるの, 足腰の, 身構えする, 辱を, 返しを, 追い払うと, 送金を, 逃げて, 造っちゃ, 邪魔する, 酒呑童子の, 釣糸に, 長い方, 開いて, 開かれるやう, 陽が, 雪冠を, 雷震を, 静に, 頂戴早く早く, 頭の, 風にも, 飛びかかる, 食器らしい, 飯粒を, 飼って, 馬の, 高く怒号, 高谷君に, 麦笛の

▼ ぬい~ (786, 34.9%)

12 それを 9 汗を 8 しまった 7 いた 6 上に 5 いると, 手に, 額の 4 しまいました, もとの, 丁寧に, 椅子に, 置いて

3 [14件] あった, いる, しまえば, しまって, じぶん, その中, ていねいに, ふつうの, 上りますと, 下さい, 淵の, 足を, 頭の, 頭を

2 [42件] あがった, いたの, いました, いるの, いる伸子, いる間, お辞儀を, しまいたい, しまうと, しまうの, しまったの, ぺたぺたあるい, みせました, やって, ゐる, ハンケチで, ベッドに, 会釈を, 冷水摩擦を, 十文字, 壁の, 太郎さんを, 女の, 小腋, 書いて, 正体を, 洋服の, 片手に, 畳に, 白粉を, 真裸に, 素顔を, 肩に, 肩にかけて, 腕に, 腰を, 腰掛の, 草に, 行く, 足に, 跣足に, 風呂場へ

1 [583件 抜粋] あいてに, あがって, あがり, あがり眠って, あげること, あずけるとき, あたしに, あったという, あった部屋着, あつた, あらわれたよう, あるし, あるでしょう, あるところ, あるアンペラ草履, ある女靴, いかにもきれい, いきなり廊下, いく, いそう, いたが, いただきたいん, いた片肌, いた重吉, いた長靴, いったの, いつてね, いなかった, いられること, いるかも, いるが, いるくらい, いるせい, いるという, いるま, いるもの, いるらしい影, いるソフト, いる三枝, いる帽子, いる男, いる間中, うしろに, うちの, うまくまとめ, おいたたび, おいた着物, おいて, おきなさいね, おく, おくん, おひ, おやじの, お上り, お低頭, お先へ, お前に, お手ずから, お艶, かくしてしまえ, かけた外套, かさかさ薄い, かして, かぶり直した, かるく会釈, きれいな, くつと, くつろぐと, くつ下の, くるほど, くれたらどう, くれたん, くれて, くれと, くれないか, くれぬか, くれるよう, くれる気, げんくわん, こう言った, こちらへ, これで, こんなしかけ, ごきげんよう行っ, ごらん, さっさとひとり, しずかに, しっとりと, しぼって, しまいさえ, しまいそれ, しまう, しまうし, しまったと, しまったわけ, しまった後, しまった紺フェルト, ずきずき疼く, そこの, そっと内, そつと, そのこ, そのまま寝床, その上, その帽子, その用意, その肩, それと, それときかえました, それ羽織っ, ちと大時代, つかつかと, づかづかと, とびあがったの, どうしよう, どこかへ, どっかと座, どんどんかいだせ, ねむるの, はありません, はいって, はだかでゾウ, はる子に, ぱつぱと躯を, ひかる, ひどくしかつめらしく, ふたつとも, ふだんぎの, ふだんの, ふだん着の, ふところへ, ほうりだして, ぽいと, またかぶっ, まだ前髪, まったくちがった, みせないか, みせますぜ, みたり, みても, みようかね, みようがなあ, みんなの, むせる足, もらえまいかと, もらおうか, やけにシャツ, やったが, やりました, やるぞ, やると, やるとき, やれ, やろうかな, ゆく, よいお茶, よほどそこ, ろうじんの, ろばたで, ゐた, ゐるせゐか, ゐる三枝, ゐる自分, ゐる間中, アンペラ草履と, カラーを, ガランと, クションの, コウモリの, シャツだけに, シャツと, シャツの, シャツ一枚に, シヤツだけにな, シュタイグアイゼンという, ジャンパー姿に, スキーヤーの, スリッパに, スリツパに, ズボンだけに, タンカを, ダイヤモンドへ, チョッキ一つに, テーブルの, ネクタイを, ノミを, ピストルとともに, フワリと, フンドシ一つに, ブールワークに, レースの, ワイシャツの, ワイシャツを, 一人の, 一休みする, 一段高まった, 上がりかけたの, 上がりますと, 上がると, 上げるん, 上った, 上ったばかり, 上りながら, 上ると, 上るね, 上れば, 上ろうと, 上着の, 下すった, 下に, 下着を, 不器用な, 不満な, 中を, 中入りに, 丸めて, 丸刈頭に, 丹前を, 二人の, 井戸の, 人の, 仕て, 他の, 他人に, 仰向けに, 伸子が, 何度も, 傍の, 傘と, 先ず靴, 先月以来ここに, 先生は, 内へ, 出かけなければ, 利助さんの, 前掛けに, 助力する, 勇気を, 卓越し, 単身薄暗い, 原人まで, 又打つ, 友禅の, 友禪の, 口ひげと, 叩きつけると, 叮嚀に, 台の, 台所から, 台所の, 右手で, 呉れること, 唯の, 問いかけたその, 喉まで, 喪章を, 国から, 垂れてる, 塗った, 墨染めの, 外へ, 外出用の, 外套の, 夜逃げし, 大上段, 大化粧, 大急ぎで, 大辻さんに, 天命を, 女中さんの, 女中の, 妃に, 娘に, 子どもに, 実家へ, 宿屋の, 寝るとき, 寝床に, 寝床の, 寝床へ, 寢る, 将校に, 小さな石, 小僧に, 小径の, 小流れ, 居ります, 屋根裏の, 山も, 岩づたいに流れを, 島崎の, 川に, 左手に, 差出すと, 市中見物の, 布教に, 帯の, 帯を, 帽子と, 床に, 店員に, 座席の, 座敷へ, 庭掃除や, 弟子入りでも, 彫青, 彼に, 彼は, 待って, 後ろに, 御客様, 思ひも, 急いで, 慇懃に, 慌て出して, 懐中電灯を, 懸命に, 手を, 手伝って, 手渡す, 手紙を, 手袋を, 打ち明けて, 投げ捨て帯, 持参の, 捜索を, 揃へて, 撲ろうと, 支度を, 敵意を, 新しい生命, 旅順港から, 早速登っ, 昔風の, 昼飯を, 暇を, 暖炉の, 木の, 木之, 木綿の, 机の, 来た, 来るから, 松の, 板じきの, 板の間へ, 板壁の, 梁や, 梅津君に, 棺桶を, 検べ, 横に, 歩いた, 段々ウス, 段が, 母屋の, 毛布に, 水で, 水色の, 洋服に, 浄光を, 浴衣に, 消えて, 渋々三十銭, 渡した釣人, 湯風呂の, 漁師の, 澹山は, 火鉢に, 無条件降服した, 片手を, 牡丹刷毛を, 狼の, 猿股ひとつに, 玄関に, 玄関へ, 王姫を, 瓜を, 生き生きと, 生絹の, 男の, 畳の, 痩せ萎びた細君, 白旗を, 白無垢の, 白縮緬に, 相手に, 真裸の, 眼を, 着せて, 着換えを, 着物に, 着物の, 着物を, 石の, 砂場に, 砂馬は, 禿げあがった額, 私が, 私に, 私の, 種も, 稽古を, 窓の, 端坐し, 端然と坐り直し, 笥の, 築山の, 篠崎と, 粟立つやう, 純白の, 素肌に, 素袷と, 細い上体, 続け打ちに, 緑と, 縁に, 縁側に, 縁端に, 置いた上衣, 肌襦袢一つに, 肩掛と, 背中へ, 胡坐を, 腰に, 自分で, 自分を, 自動車の, 芝生の, 茶の間へ, 茶を, 草履に, 草履を, 草色の, 虱を, 蚊帳の, 行き負けつづけた女, 行つた石階の, 行李の, 袂に, 袖だ, 袴の, 袷と, 裾を, 襟首を, 襯衣の, 襯衣一枚に, 見せました, 見せろよ, 見ました, 見ますと, 詰め寄る形相, 警官の, 讓り, 貰いたいこと, 貰わに, 貰わねば, 赤い下着, 起ち上がった, 足袋はだしに, 足袋跣足に, 跣足にな, 路傍に, 身体を, 逃げや, 透明人間と, 這入れと, 造花の, 部屋に, 部屋着に, 酔いませんか, 重い禿げた, 鉄鉢を, 鍵だけを, 鎚と, 鏡台に, 長椅子に, 降って, 降参する, 階子を, 階段に, 隠から, 雨で, 雫を, 震えながら, 靴下ばかりに, 鞍に, 頂きたいの, 頭に, 風を, 風船を, 食べないかぎり英国, 饅頭山の, 駿三を, 髪に, 鶉坂の, 鶏に, 鷹の, 黒繻子に, 黙って

▼ ぬいさん~ (181, 8.0%)

4 がそれ 3 の家, の眼, は園

2 [11件] が可哀そう, に向っ, のその, の前, の心, の方, の顔, はその, はそれ, を愛し, を見やり

1 [146件] があの, がいった, がこの, がすでに, がだんだん, がつかえる, がつき, が与えられ, が凛々しく, が処女, が受けるであろう, が可愛い, が善人, が園, が奥, が小刻み, が座, が彼, が忍び泣き, が悩ん, が普通, が無言, が眼, が聞いたら, が茶, が進め, が遠い, が静か, くらい美しく, だけに聞い, だった, だって女, だという, って可愛いい, でも, という女性, とお, とが親切, とその, とどう, との筆蹟, との結婚, との間柄, とは妹, とは生れ, とを眼, と対坐, と面, にこの上なく深い, については一言, にとどけ, にとどける, にどんな, にはある, にはふさわしく, にはまったく, には園, にも頓着, にやさしく, に何, に嫌われる, に対する態度, に対する自分, に少々, に微か, に惚れ, に惚れてる, に惚れろ, に教える, に渡す, に牽きつけられ, に英語, に視線, に送った, のいう, のこと, のそれ, のよう, の処, の出, の前髪, の声, の姿, の尋ねた, の復習, の所, の手紙, の指, の気持, の無邪気, の稽古, の苦痛, の英語, の顔色, の髪, の齢, は, はきちんと, はきっと, はしっかり, はたびたび, はひどく, はほっと, は何, は処女, は婆, は少し, は平気, は忙, は慌て, は折れ, は星野さん, は机, は渡瀬, は生まれ代った, は産婆, は異性, は畳, は立っ, は素直, は誘っ, は障子, は顔, もだいぶ, も変, も家, らしいと, を, をはるか, を弁護, を彼, を愛する, を憎ん, を教える, を本当に, を泣く, を眺めなおさず, を知ってる, を苦しめ, を裏切っ, を要する, を見, を見た, を見る, を見上げ見おろした, 逃げるなら今

▼ ぬい~ (60, 2.7%)

2 心の

1 [58件] あまりに押しつけがましい, いつでも, いろいろな, かねてから, ここぞと, しんみりと, そうしたまま, そのすえた, その感触, その時, その解決, その間に, それを, とうとうそっと起き上った, ほっと溜息, また烈しい, もうこの, もしやと, ようこそ, よく考え, ストーヴに, ユニオンの, 一度のばした, 不思議にも, 今見た, 何か, 何もかも忘れ, 別に, 変な, 大変な, 大急ぎで, 始めの, 家に, 平気で, 幾度と, 怖れる, 思わず, 思わず肘, 情けなかった, 手さぐりで, 昨日の, 死物狂いに, 母が, 決心した, 渡瀬さんの, 眼が, 眼に, 眼を, 知り抜いて, 立ち上ると, 老境に, 袖口を, 読本に, 軽い羞恥, 遊廓という, 障子を, 露ほども, 非常に

▼ ぬい~ (48, 2.1%)

3 立って 2 出す, 出た一名, 出て

1 [39件] あり, 上つて其の, 二ツ仕切を, 伸ばいて, 出したが, 出して, 出し人, 出す高野君, 出た, 出たこの, 出たもの, 出づ, 出ました, 出る, 出額, 前へ, 半身で, 天井に, 廊下へ, 引っこ抜いて, 手を, 渠等の, 突いた賤, 突出した, 突出す, 突立った, 立ちはだかった胸, 立ったは, 立った魚屋, 立つた, 立つたの, 端折った傍若無人, 縁側から, 腕まくりで, 起つと, 越す, 青切符を, 顔を, 顕れたの

▼ ぬい~ (20, 0.9%)

2 ある千草

1 [18件] ある半襟, ある服地, そばに, 中に, 十二の, 口からは, 声にも, 床を, 心は, 心を, 眼の, 羽織の, 肩で, 訳読を, 身の上として, 頬を, 額ぎわをじっと見つめ, 顔を

▼ ぬいたり~ (13, 0.6%)

1 [13件] いそがしそう, けずったり, した, して, しながら, する, するところ, する役目, ぬかれたり, ストラビンスキーという, 何か, 動かしたり, 雑作ない

▼ ぬいとり~ (13, 0.6%)

5 をした 3 のある 1 があった, の文字, もはい, をし, をつけた

▼ ぬいても~ (12, 0.5%)

2 ぬいても, 草の 1 お前は, そのあと, はじまらん, まだ窮乏, 出して, 容易に, 正味十五時間は, 武蔵が

▼ ぬいだり~ (11, 0.5%)

2 して 1 かぶったり, きたり, です, はいたり, バタバタと, 洋服を, 着たり, 腰に, 足を

▼ ぬいもの~ (9, 0.4%)

4 をし 1 もあみもの, やはり, をあてがい, をもする, ベスと

▼ ぬいでは~ (8, 0.4%)

3 だかに 1 どうだ, どうです, ぬいでは, 子供に, 汚水を

▼ ぬい~ (7, 0.3%)

1 そうだ, 一たび受けた, 不断感じ, 加減でも, 十四の, 母を, 父を

▼ ぬいては~ (7, 0.3%)

1 いた, いたが, いるが, ならぬ, まったく私たち, 佇み又, 客に

▼ ぬい~ (7, 0.3%)

1 あなたの, まじろがずに, もとより, 反射的に, 好意を, 父の, 自分の

▼ ぬいには~ (6, 0.3%)

1 かなり苦しい, なかった, よけい興味, 始めて, 心持として, 思いだされるの

▼ ぬい~ (6, 0.3%)

1 がさっき, だと, でした, のところ, の刀, を一本

▼ ぬい~ (4, 0.2%)

1 かかりました, させたらば, 加勢し, 部屋の

▼ ぬい~ (4, 0.2%)

1 をすこし, をとい, をとき, を開い

▼ ぬいながら~ (3, 0.1%)

1 そっと家, 戦場へ, 魔法を

▼ ぬいさん一人~ (2, 0.1%)

1 だぞという, らしかった

▼ ぬいざこ~ (2, 0.1%)

2 とむけむ

▼ ぬい~ (2, 0.1%)

1 ものを, 物を

▼ ぬいぢやつ~ (2, 0.1%)

2

▼ ぬいてから~ (2, 0.1%)

1 人生には, 次へ

▼ ぬいてを~ (2, 0.1%)

1 りなべて, りました

▼ ぬいであった~ (2, 0.1%)

1 外套を, 掛けぶとんを

▼ ぬいでからも~ (2, 0.1%)

1 まだ半蔵, 桟の

▼ ぬいでも~ (2, 0.1%)

1 いいもの, そのさむ

▼ ぬいとの~ (2, 0.1%)

1 やうな, 襷が

▼ ぬいにとっては~ (2, 0.1%)

1 それが, 汲みつくせない慈愛

▼ ぬいのち~ (2, 0.1%)

1 かな, をたすけられ

▼ ぬいはく~ (2, 0.1%)

2 のある

▼ ぬい~ (2, 0.1%)

1 まったく見忘れ, 見やりながら

▼ ぬい~ (2, 0.1%)

1 なんかちっとも, のところ

▼1* [20件]

ぬいお前はもう, ぬいかたがだんだん, ぬいさん僕が悪, ぬいさん園さんがお, ぬいざうちよりて神をたた, ぬいそして一気にアフガニスタン国, ぬいだりかぶつたり, ぬいちゃイヤ, ぬいちゃあ書きとりにか, ぬいつつ兵曹長の, ぬいづれあやめが憚りながら葉, ぬいてもへいきな, ぬいであるところを, ぬいでないものに, ぬいとを静かに, ぬいへにては行者の, ぬいもののお手伝いを, ぬいだらな, ぬいへ入る, ぬい自身には判らない