青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ぬ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

なんとも~ なんにも~ なんら~ ~におい におい~ ~にくい にくい~ にこにこ~ にわかに~ ~ぬ
ぬ~
~ぬい ぬい~ ~ぬけ ぬけ~ ぬる~ ぬれ~ ~ね ね~ ~ねえ ねえ~

「ぬ~」 113074, 1122ppm, 76位

▼ ぬ~ (7785, 6.9%)

213 云ふ 172 いふこと 137 思って 109 思った 106 思ふ 101 いって 100 すれば, 思う 91 いう 70 言ふ 68 いふの 66 いうので 64 私は 55 見えて 52 思つた 51 言って 50 云うの 49 思います 46 云って 42 思うの 41 見える 38 思うと 36 いふ, 考えて 35 なると 34 思ひます 32 考えた 30 あれば 28 彼は 25 いふ事, 云うこと 24 すると, 云う 23 いふので, 思いました 22 云ふこ, 申すの 21 思いながら 20 ある, いうて, 申すか 19 信じて, 思ふの, 決心した 18 いうが, いった, いつて 17 云う事, 思ったの, 考える 16 なれば, 云うので 15 あっては, 申して, 考へて, 聞いて 14 いうか, みえる, 主張する, 云つた, 思うて, 思ったから, 思ったので, 思つてゐる 13 みえて 12 いふ気, 云えば, 思ふが, 考えました, 言う, 言うの 11 いふわけ, 気が, 答へ, 考えられて, 言った

10 [11件] あって, あらば, いうと, して, 云うて, 云うよう, 心に, 考えたの, 考へた, 言うて, 言つた

9 いうのに, いえば, いふに, いふもの, 同様に, 存じます, 思われる, 答えた, 覚悟し, 言ひ

8 [11件] いうから, いうに, いうほどの, いふが, 僕は, 思うから, 思うが, 思ふと, 決心し, 考へる, 見て

7 [11件] いうだけ, いうほど, 主張した, 云う風, 云ふと, 云われて, 思い, 思いながらも, 思うこと, 思えば, 思つたから

6 [19件] あきらめて, いうだけの, いっても, いふと, いへば, する, ならば, 云うから, 云う意味, 云っても, 信じます, 思いましたから, 思ったか, 思ひながら, 思ふので, 申すに, 私が, 覚悟を, 言いながら

5 [32件] あつて, いうならば, いうより, いふところ, いふ筈, されて, しよう, ひそかに, 主張し, 云うならば, 云うに, 云ば, 余は, 寺方も, 心の, 心得て, 思ったり, 思われたの, 教えて, 書いて, 注意し, 申します, 矢代は, 知りながら, 知ると, 知れて, 考えたから, 考えること, 聞きて, 見たか, 観念し, 述べて

4 [42件] いうでは, いふほどの, いふ点, いわれて, きめて, このよう, これだ, 云う人, 云う者, 云った, 云ったが, 云つても, 云に, 云はれ, 云ひ, 云へば, 云を, 厳重に, 同じよう, 存じまして, 心を, 思い込んで, 思うほど, 思うもの, 思うよう, 思う人, 思つ, 思つてゐた, 思はれる, 思ふこと, 思へば, 想像する, 感じた, 申すこと, 申せば, 知って, 考えられる, 考えるの, 考へるの, 見ゆ, 言うこと, 言うので

3 [108件] あり, いうかも, いうよりは, いつたやう, いつた風, いふから, いふを, いわれるの, お三, お力の, かえそん, したならば, すぐに, するならば, するの, せば, はさみで, みゆる, 一応は, 主張された, 云いました, 云うでは, 云うのに, 云うは, 云う点, 云つて居る, 云にぞ, 云わねば, 人の, 仮定し, 仰せられます, 仰言, 信ずる, 内儀さまに, 凄い顔, 力足を, 叫ぶ, 叫んで, 叱られて, 同じこと, 同じに, 同時にその, 同樣, 命が, 困るから, 女房が, 嫣然として, 存じましたゆえ, 左の, 彼女は, 御遠慮, 心配し, 思いこんで, 思いまして, 思うか, 思え, 思ったが, 思っても, 思はれて, 思ひながらも, 思ひぬ, 思ひますが, 思ふか, 思ふから, 思われて, 思われます, 思われるよう, 思召し, 感じて, 教へ, 文吾は, 斯う, 此の, 気を, 決めて, 泣くに, 注意した, 潮の, 申しました, 申しまして, 申しますと, 申すもの, 確信し, 祖母さんが, 神尾が, 私の, 私も, 答えると, 考えたので, 考へたの, 聞く, 見えますな, 見えるな, 見たの, 見られて, 見れば, 覺しく, 言い出した, 言えば, 言ったが, 言はれた, 言われて, 誰が, 諦めて, 謂ふ, 青年は, 首を, 駄々を

2 [344件] あるに, いいその, いいました, いいますが, いいますと, いうだけで, いうであろう, いうならそれ, いうには, いうばかり, いうほどに, いうまで, いうを, いえり, いかん, いけないから, いつた様, いつた樣, いつた顏, いつても, いつまた, いはるるならば, いふか, いふて, いふとき, いふならこれ, いふには, いふよりは, いふん, いふ性父は, いふ時, いへども, いわぬばかりに, いわれた, いわれたこと, いわれる, いわれるであろう, おっしゃるの, おもつ, お利代, お医者, お思い, お思われ, お解り, かたく決心, かや, きく, きまって, きまれば, きめること, この人, これが, さへ, した, したところ, した所, しらを, するとき, する點, そう云っ, そう考えた, そこに, そのよう, それから, それは, では, なったら如何, なり, ふさはれ, ふもの, ぶった斬るぞ, まことし, みえますな, みえるな, みて, もし火, ように, よろしよと, わかって, わかつて, わが家の, わが民族, わしは, わたくしは, 一人前の, 一途に, 主人の, 久慈は, 予, 二人の, 二人は, 云い切って, 云い張って, 云うだけ, 云うと, 云うわけ, 云うを, 云う事実, 云う人間, 云う其の, 云う様, 云う此, 云う程, 云う約束, 云っただけ, 云った方, 云った風, 云つた様な, 云つた樣な, 云つてゐる, 云て, 云は, 云はれた, 云ひ出した, 云ふて, 云ふで, 云ふなら, 云ふ疑ひ, 云わば, 人々は, 人と, 人に, 人は, 人を, 人間は, 今の, 今度は, 他の, 仮定する, 仰し, 仰しゃって, 仰しゃるのですか, 仰しやりまする左, 仰しやれば, 仰っしゃって, 伝えて, 何を, 信じた, 信じると, 信ずるところ, 信ずるまで, 信ぜられて, 俺は, 先刻は, 公然と, 公言し, 凄い顏, 出づ, 分つたので, 初めは, 判ると, 判別する, 判定を, 利く右, 力んで, 即座に, 友人葵亭翁が, 口を, 口説く, 合邦が, 同じく今, 同じ事, 同様である, 同様の, 告白し, 咽喉太の, 唸りける, 喝破し, 嘘を, 固く信じ, 大臣は, 女房から, 妙な, 姫君は, 存じて, 寒中に, 察して, 少し引きしめた, 己が, 幾度も, 心から感謝, 必死に, 怒って, 怖れ, 思いお, 思いたもう, 思いつつ, 思いますから, 思いますが, 思いますので, 思い私, 思い返して, 思うたこと, 思うので, 思うふう, 思う心, 思ったこと, 思ったに, 思ったもの, 思った時, 思った為, 思つたが, 思つたのだ, 思つて居る, 思て, 思はれるの, 思はれる一事, 思ひき, 思ふて, 思わざるを, 思われた, 思われるの, 思われるほどの, 急に, 悟ったの, 惟う, 想像される, 想像し, 愚痴を, 感じたこと, 感じました, 感心された, 戒めて, 承知が, 折紙が, 推論し得よう, 掻きためて, 支那の, 教ゆれ, 断った, 断って, 断つて, 断言し, 断言した, 斷り, 明言し, 期して, 期待し, 村の, 極って, 歌は, 殺すとか, 気の, 氣が, 決すれば, 決定する, 決心する, 滾して, 澄まして, 物に, 狸の, 獨り, 甚蔵が, 申さば, 申さるるに, 申されて, 申されませぬ, 申したの, 申した筈, 申しつけて, 申しても, 申しながら, 申しますが, 申しますので, 申す訳, 申て, 申を, 痛感し, 相手に, 知ったか, 知ったとき, 知った時, 知り乍ら六ヶ, 確定する, 秀吉は, 称して, 空辞誼は, 答う, 答ふる, 素顔を, 罵って, 考えざるを, 考えた点, 考えます, 考えられた, 考えられるかも, 考えられるの, 考えられる時, 考えるから, 考えるが, 考える理由, 考へ, 考へたが, 考へたので, 考へます, 耳を, 聞いた吉野, 肚の, 自分で, 自分に, 苦情を, 蒼くなっ, 薫は, 見えたり, 見えるから, 見えるね, 見たので, 見へ, 見るの, 規定される, 覚りました, 覚悟した, 観念した, 言います, 言い張った, 言い張って, 言うに, 言うもの, 言うよう, 言うん, 言う人, 言っても, 言つ, 言つた性な, 言つては, 言つて見物は, 言ひおこせつ, 言ひ出る, 言へば, 言わぬばかりに, 言われるの, 言葉を, 記して, 誓って, 説いて, 説くもの, 誰にか, 誰も, 論じた, 謂って, 警戒した, 身を, 頭の, 駿介は

1 [3139件 抜粋] あきらめた, あきらめるや, あちこち心当たりを, あとで, あの者たち, あゆは, あるが, ある夜, あんたから, いいこの, いいながらも, いい久美子, いい張って, いうかの, いうじゃ, いうなども, いうなら唐天竺, いうほどな, いうんで, いえ帝, いけない, いけません, いったからには, いったもの, いったら金輪奈落一角, いつたて, いつた面持, いはれて, いひぬ, いふことぢ, いふなら左河岸, いふ人のみにて, いふ方, いふ論である, いみじくも決心, いわはりました, いわれたが, いわれりゃやっぱり, いわれ父, うろうろと, おっしゃいますか, おっしゃれば, おもいましたので, およそこれら, お医師, お松は, お爺さんは, お藤, お鉢を, かなたこなた, きいて, きつぱり斷言, くるり體, こういっ, こう言われた, このまま, この冬風, こぼされる, こんな気, さそいに, さまざまに, しいて, したらこの, したら何, したら此の世, した宗教界, しも, すぐ予後, すべてが, するならそれ, する岡本権判官, する理由, する開拓使, そ, そう思われる, そちの, そのまま寝室, その所謂父, その重み, そんな事, ただやきもき, たよりに, つい忘れ, つめたい水, とんだ事, なして, なったら, なった由, ならば最う, なりませぬが, はつきり申し, ひとまず川島, ふと思った, ますます口, また今度, みえその, みずからなぐさめる, むちゃくちゃに, もしびの下, ゆく道, よく調べ, わかりません, わしの, インドへ, オペラの, キリストは, シラを, ツトまた, ボヤいたさ, モヤも, ヴォルテールが, 一刀流月輪の, 一年中ひもじい, 一時は, 一瞬邪推した, 三造は, 不安の, 世俗に, 主人は, 主張します, 乞食役者どもへ, 二人血相かえ, 云いたいの, 云いました爾, 云い且つ又, 云い張る, 云い縺れて, 云うこたア, 云うだけの, 云うな, 云うばかり, 云う一心, 云う中, 云う側, 云う問題, 云う恐れ, 云う所, 云う様子, 云う理屈, 云う考, 云う誓文, 云う譬え, 云う間際, 云たる, 云ったな, 云ったら旦那, 云つ, 云つた理合ぢや, 云つてゐ, 云つて出た, 云つて忿懣を, 云つて私等二人を, 云ひます, 云ふも, 云わざるを, 云われました, 云われる場合, 云ッても, 云者なり, 井上君入局し, 今ある, 今更その, 他人事, 仰しゃった言葉, 仰せあって, 仰せられた, 仰せられるか, 仰っしゃる, 仰ゃるなら, 仰有る, 伐つて, 何かに, 何れほどか, 作の, 保証しました, 信じる, 信ずるの, 信者が, 充分覚悟, 先刻云った, 光代は, 全身で, 其方で, 内心は, 出口に, 分らぬ所, 判つた, 判断した, 前に, 力づく, 労働は, 医師から, 半分は, 博士は, 厭味を, 又飛出し, 取りあえず御, 受合しを, 口走って, 叫ばれたこと, 叱られまする, 右左より, 同じくいかに理知, 同じく罪悪, 同じ悲し, 同時にかえって新しき, 同時にもう一方, 同時に夫, 同時に立山, 吐きやがるか, 吾輩は, 告白する, 呻吟い, 咎められると, 喜ぶ隙, 嗤われ, 嚇して, 困るがね, 固く戒められ, 土手の, 報告し, 夜中にな, 大きな張合い, 大勢の, 大股で, 太刀討は, 女中の, 妙に, 始めて其處, 婆さんに, 子供に, 存ずる, 宋応昌に, 定りました, 宣給ふ, 家は, 察するの, 射つぞ, 小夜衣が, 尼に, 差止められた駒井能登守, 常にお, 幾何学は, 弘法様に, 強情ものの, 彼も, 往時権現様得意の, 御先代, 御重役, 心で, 心得た者, 志を, 念入りの, 怖ろ, 思いそっと, 思いたって, 思いの外それを, 思いましたイエ本統, 思いソロソロ, 思い今日, 思い出される当然, 思い四方, 思い帰朝後, 思い散髪屋, 思い深夜, 思い知る, 思い蒼惶, 思い込んだゆえ, 思うけれども, 思うたの, 思うても, 思うにも, 思うよって, 思う時代, 思う節, 思う間, 思ったけれど, 思ったほど, 思ったらわずらって, 思った人, 思った途端, 思つたなり, 思つた事と, 思つて台所を, 思つて荷物を, 思はせるやう, 思はれるが, 思ひさうかと, 思ひひそか, 思ひ出した, 思ひ発表, 思ふして, 思ふところ, 思ふらん, 思ふ私, 思わぬこと, 思われたこの, 思われふと, 思われるほど嘲笑的, 思われる節, 思ッたからず, 急いで, 恐れて, 恨まれる以外, 悟つたか, 悦び云, 悲鳴を, 意を, 感じさせた, 感じ早速, 慌てて, 憤りて, 戒めあいました, 所謂虚構を, 手強くはねつける, 承知せぬ, 拝まれも, 捨身の, 推理する, 支那通は, 教えたが, 教ゆる, 敬四郎だんなを, 断じた, 断りますと, 断念めた, 斷つ, 日夜を, 明け暮れ友情を, 昔から, 時には額, 暗に制御, 書いた, 最初思うた, 有るに, 未だはみ, 杉村は, 来てるから, 案じて, 極った, 楽でない, 歎くにぞ, 此槍が, 母から, 気がかりに, 気が付いた, 気づき羽衣, 気持ちが, 氣取つてさ, 汝南地方は, 決れば, 沁, 洩れ承る, 淀君へ, 湯も, 為十郎の, 焦慮した, 熟読黙想し, 物忌みの, 独り思案の, 理性で, 用には, 申さば主税之, 申され明治四十三年向島, 申したこと, 申したれば, 申します彼, 申し候, 申し渡した, 申すなら宮津七万石, 申す事, 申に, 申立たるに, 画に, 疑いさえ, 疑を, 発射する, 白洲に, 盲に, 直むき, 眠られぬと, 眼中の, 知った役人, 知りつつ, 知れと, 示威する, 禁しめられ, 私どもの, 称する人, 竊かに, 端午の, 等しくこの, 答えたり, 答えるより, 精霊は, 結んで, 縋るおとせ, 美の, 考えきょう一日, 考えたかの, 考えたマルクス主義文学運動, 考えてでも, 考えられたと, 考えられるであろう, 考えると, 考える一種, 考えれば, 考え自分, 考へさせた, 考へること, 考へる点, 考へ開, 聞いたなら東京辺, 聞かされた時, 聞きしより, 聞き候, 聞くに, 肩の, 腹が, 自らを, 自分を, 自白する, 良い方, 草の, 虱の, 褒める代, 見えたりと, 見える余, 見える現, 見え四年前, 見え襤褸, 見たとき, 見て取った署長, 見るとき, 見極めて, 覚しくすでに, 覚ふ, 覚悟致しました, 観念したらしく, 触れ渡されて, 言いおわって, 言い出したもの, 言い張った故郷, 言い残して, 言い通します, 言うたぢ, 言うなら遊山, 言うテンヤワンヤ, 言う意味, 言う蜜柑中毒, 言ったから, 言ったら俄, 言ってる由, 言つた不思議な, 言つてその, 言つてを, 言つて居る, 言はずしかし, 言ひます, 言れた, 言われたらどんなに, 言んと, 言葉も, 訴うる, 評する外, 詰め寄るので, 話す, 誓う方, 語られた兆民先生, 誡めた, 説く, 誰に, 論ぜられたの, 諦め神戸, 謂うては, 謂わねば, 謝罪し, 警視庁の, 責められて, 足らぬ加えると, 身上をば, 辞退する, 迯出す, 迷信的に, 逃げは, 道祖神は, 部落の, 金縛りだ, 長火鉢の, 關を, 限らぬ勢, 雌雄を, 電話が, 頑ばり乙女, 頻りに学問, 飛びあがるのであつたがあの, 飼い馴れぬもの, 駄目で, 騒ぎおりましたゆえ, 鬼塚の

▼ ぬ~ (6011, 5.3%)

78 よい 60 それは 49 私は 43 これは 39 兎に 30 いい 23 それが 20 ともかくも, 併し 18 何か 15 自分の 14 よいぞ, わたくしは, 僕は 13 何でも, 私の 12 これも, それを, 他の 11 今は 10 自分は 9 これが, 彼の, 私が 8 これを, さう, それに, それも, なんでも, 僕の, 或る

7 [14件] しかしその, そのため, とにかくに, どうした, よいと, よかろう, 人の, 今日の, 仏で, 仏の, 何に, 好い, 少くとも, 当時の

6 しかしこの, そなた, そのよう, その代り, た, ために, 仏とは, 其でも, 日本の, 自分が

5 [15件] あちらの, いいぞ, いずれも, しかしこれ, そこは, そのかわり, それには, それより, それよりも, わたくしの, 上に, 何を, 兎も, 昔は, 此の

4 [33件] いずれに, お身, かような, こよい, これで, その他の, それで, それなら, とにかく今, よろしい, 世の, 人間の, 今の, 仏, 何う, 何も, 多くの, 多し, 大體, 女の, 実際は, 山の, 御蓋山, 我々の, 昔の, 是は, 是を, 父の, 男の, 私に, 私には, 試みに, 頭の

3 [84件] あなたの, おれが, お浦, こ, ここは, この際, この頃, これなども, これに, これらの, しかしそれ, しかしやはり, すつく, そういうこと, そこに, そちの, そのお, その方, その時, その頃, それから, それと, それにも, そんなこと, ためなり俗人, よいか, ようござる, よろしゅうございます, わたしは, 一心に絲, 一方から, 一方には, 一種の, 不思議で, 世間の, 中, 之に, 之を, 予は, 事に, 今から, 今まで, 今度は, 今日では, 今日は, 今晩は, 仏という, 以前は, 何とかせし, 作者の, 作者は, 元禄の, 其は, 其れ, 前に, 前の, 多い, 多寡が, 夜の, 始終喜助, 子の, 宜い, 家の, 少くも, 少なからぬ, 幸いに, 後の, 怜悧な, 急に, 憎くし, 支那の, 此方は, 決して御前, 父は, 現在の, 確かに, 私たちの, 私たちは, 私どもの, 種々の, 自分には, 花で, 見つけもの, 近頃は

2 [288件] あの子, あやつめが, あるに, いいぜ, いいの, いづれに, おぬ, おれは, お互いに, お望み, お父様, かくの, こいつは, ここでは, ここに, ここには, こちらの, この, このよう, この区別, この句, この心持ち, この暑中休暇, これこそ, これでは, これと, これによって, こればっかりは, これほど, これまた, これらは, こんな悲しい, こんな風, ごとし, さうなら, さすがに, さればとて, しかし之, しかし事実, しかし人間, しかし彼, しかもよく, すると毎朝, せっかくの, そうかと, そうで, その中, その原因, その後の, その意味, その眼, その節, それこそ, それでもこの, それでもよい, そればかり, それらの, それ以上に, それ程の, たいていは, ただこの, ただその, ただ一つ, ただ私, たった一つ, だが私自身, つまりは, でもそれだけ, とにかくその, とにかく今日, とにかく彼等, とにかく私, ともかく神, ともかく非常, どうぞ御, どうだ, どうやら人物, なる, ほんとうの, ほんとうは, まことは, まずこの, ままに, もしお, もしそれ, もつと, やうに, よい大抵, よし, よしと, よろしいと, よろしかろう, われらの, われわれは, マアこの, 一の, 一心に糸, 一方に, 一般に, 一般の, 不思議な, 不思議に, 不意に, 中に, 中味は, 中国の, 主人は, 主筆なら, 之が, 之れ, 予の, 事実は, 人々は, 人生の, 仏とやら, 仏像を, 以前の, 仮りに, 仰山に, 伊原青々園の, 何うし, 何と, 何の, 何れに, 何分にも, 余の, 余は, 佛, 佛とは, 佛像を, 作品が, 価値必要の, 俺の, 僅に, 僕が, 僕には, 元來此方, 先は, 先頃ある, 兎にも, 兵隊帽の, 其が, 其の名, 其時は, 其處へ, 其頃竹山は, 写真だけ, 前後の, 勝手それ宜しく, 十八歳で, 又た, 又十郎, 取り上せては, 古ぼけた形, 可い, 同時にまた, 同時に衝突, 同様の, 君の, 器量よし, 国を, 地図に, 多分この, 多分は, 多分前者, 多分新, 大きなもの, 大それた, 大層な, 好いと, 如くに, 如し, 妾には, 妾は, 子どもは, 定て, 定なら, 宜しゅうございます, 実はそんな, 実物の, 家に, 寒地に, 察する, 寫眞だけ, 少しでも, 少しも, 少なくともこの, 工面の, 己は, 年の, 弄ばれる男, 強ひ, 彼は, 彼らが, 彼らに, 彼女は, 後に, 後には, 御上屋敷, 御覧の, 恐らくこの, 恐らくはこれ, 恐ろしい大きな, 想像力の, 憎くて, 我々は, 我輩には, 手に, 折々ひときわ鋭く, 折角の, 拙者にとっては, 拙者は, 故で, 故に, 敵の, 文化の, 文学を, 新に, 新漬, 日が, 日本では, 早乙女主水之, 明治の, 是の, 普通の, 最初は, 未来には, 本当の, 本来の, 柏軒の, 棄てられぬ行事, 横丁まがる, 此処に, 此紅葉館は, 此處に, 此頃は, 民種改善学の, 気の毒にも, 決してそんな, 浪は, 海に, 港内には, 漸くに, 火を, 然しあの, 然し何物, 然し僕, 然ら, 爲に, 物の, 物を, 狂氣の, 猿の, 現代の, 當時の, 相手が, 相手は, 真に悩む, 真実に, 眼に, 知らぬ事, 知性が, 祖先の, 私も, 私共は, 考へて, 能い返禮, 自身の, 花と, 要するに作家以外, 要するに路, 計ったか, 話が, 話を, 読んで, 誰でも, 道が, 鐘の, 鑛毒の, 霊沢金水と, 非常に, 順平は, 顔を, 馬の, 馬鹿な, 馬鹿の, 鬼涙音頭なる, 鼻の

1 [4215件 抜粋] ああどうにもこう, あさはかな人間, あなたを, あの劇的, あの折, あの紐, あらぬ嫌疑, あるいは牙髪塔, ある者ども, あんたが, いかなる血筋, いずれの, いそいで, いつもより, いまでも, いろいろな, うちで, えへん, おじい様, おそらく標題, およそ団体, おれには, お前に, お尋ねの, お慰みに, お美しい, お身体, かうして, かたじけのう, かの難波, きつと, けれどもまた歌道, こういう時勢, こうは, ここでも, このごろず, この一条, この二者以外, この先, この吉宗, この大, この嵐, この恨み, この柿, この男, この船, この退屈男, この馬鹿馬鹿しい, これなる, これ以上御, ごとくいわゆる, ご両替, さいぜんも, さだ子様, さながらに, しかしお, しかしとにかく, しかしよしんば, しかし何やら, しかし同じ, しかし我々, しかし決して, しかし考え方, しかし黄金郷, しかも私, しばらく過ぎる, すくなくともわが, すでに芸術, せめてもの, そういう事, そうした事, そうばかり, そち達が, そのとき, その上, その仮面, その前後, その多く, その実施, その弁護, その感情, その時期, その火, その研究, その自覚, その裏, その豊太閤由緒, その非難, そもそも武松, それだけで, それでは娘, それでもやはり, それとこれ, それにしてもこれ, それについて, それ以前の, そんな人達, たいていの, たしか浄土宗, ただどこ, ただ十兵衛様, ただ産土, たった一人, たまたま外遊熱, だいがくと, ちと不審, ちょっと先, つい覚え, つまるところお, とてもうまかっ, とにかくそうすべて, とにかく其最初, とにかく完成, とにかく投網, とにかく磁力, とにかく菩提樹, とにかく進藤巌君, ともかくそういう, ともかく見, どうか許し, どうしても今日中, どうぞお, どうも一, どうやら宮方, どこからでも, どんどんくだい, なかなか凝, なにぶんにも, なんとかし, のろを, ひとの, ひろ子は, ほとけの, まあ刻刀, ましと, まず下等, また, また以, まだまだ小次郎, まづ二度行, むかうの, もうそれ, もう十七, もう若殿, もしはたして鳩垣内, もし叙事詩, もちろん最初, もはや今日, やはりぜんたい, やはり慰めきれない, ゆえに強い, よいとは, よい勇気, よきやら, よしそれにしても, よろしい普通, わが賢明, わずかに, われらは, アフリカに, オクゼは, クズ屋という, シカシこれとても, ダアトの, ドイツの, パーキンスが, ボソボソという, 一たび他の, 一伎あらはれ, 一寸掻い摘ん, 一度見た, 一時お宅へ, 一種たけ長く, 七兵衛は, 万葉集あたりに, 三寸ばかりに, 上総, 下二段で, 不意の, 世々字を以て, 世の常じゃった, 両方ともに, 中間に, 之によ, 予かつて, 事実から, 事毎に, 二十二か, 云つた人間を, 亞剌比亞語の, 京都へ, 人を, 人間同士の, 今とは, 今夜も, 今日お, 今日御, 今朝本堂前の, 仏だ, 仏竹, 他に, 他面では, 仮にそうだった, 伜どもも, 低い声, 何かの, 何じゃか, 何だか自分, 何とか名案, 何にでも, 何れ小, 何分離縁状を, 余りと, 佞弁利口の, 例の, 信玄の, 個人が, 傳習係通譯以前の, 元右衞門, 元禄宝永年間この, 先ずこういう, 先づこ, 先に, 先静かに, 全くそういった, 八時ちよつと, 六十を, 其の人, 其の爲, 其中榛柏二子の, 其前夜御殿場の, 其方の, 其頃は, 内心, 冤罪で, 出たばかりの, 分別ある, 別して女, 別段厭, 前夜来, 剣道は, 効果が, 勝家様自身これへ, 北津軽郡の, 十両か, 十年も, 千葉県印旛郡で, 南の, 去年秋銃猟の, 又打つ, 取りあえず一つ, 口に, 古い語, 古代日本では, 只今それを, 可笑, 右門の, 同じ後藤系, 同時に大師, 同類殺, 君は, 吾輩幼時迄, 和田さま御, 唯くれぐれも案じら, 唯一軒ここという, 善後策を, 器量が, 囲碁なら, 土百姓の, 堪忍が, 墨汁一滴の, 夏涼しく, 外國人から, 多分また, 多分自分, 夜気に, 大きな地震, 大人や, 大勇なり, 大局を, 大概箱根前後位と, 大要今日の, 天下無二の, 太閤様は, 夷隅は, 女に, 好い節, 如き神妙, 如何いたしました, 如何に優良, 始めよう, 嫁に, 孔子が, 孫兵衛縮緬ぞ, 宋以來の, 宜く, 宜と, 実は今, 実地に, 実際自分, 宿屋の, 實際は, 将来は, 小さければ, 小林様の, 少しく考え, 少なくともフレ, 少なくとも憂国, 尚此歌, 山, 山谷へ, 工事を, 左様な, 差當り, 師冬が, 常にある, 帽子と, 平家勢が, 年齢の, 幼少からの, 広い焼けあと, 座主も, 引き算式に, 張子の, 弾けも, 当時大いに, 形極めて, 彼に, 彼批評家には, 後から, 従容死に, 御判読, 御性格, 御膳汁粉と, 心臓は, 志す方角, 怖ろ, 恆信風を, 恐らくは江戸, 恥ずべきこと, 悲しい事, 意地の, 慾も, 我れ, 或はそういう, 戦場は, 所謂兵法家者流の, 手工の, 折々に, 拙な, 挨拶を, 支那は, 政府筋でも, 故人の, 教へ, 敵方は, 文学者仲間の, 斯う, 新しく町内会, 既に元禄頃, 日本より, 日本国民の, 早く逃げよ, 明瞭なる, 星氣を, 是も, 時は, 普通な, 暗いこの, 曩の, 最初藩閥思想の, 月が, 服紗には, 朦朧として, 本木の, 村を, 東京の, 松を, 柳の, 根本原因は, 棟数は, 標準に, 欧米との, 此あたりを, 此処へ, 此等の, 武士にも, 歩き出したの, 死生の, 残念なり, 母に, 毎晩その, 水が, 永く生きない, 決してそうでない, 沈黙家と, 津軽越中守様じゃ, 浮世の, 深く穿鑿, 源内どの敬四郎先生の, 濡れずに, 為めには, 無理で, 焼酎を, 父祖の, 物好きな, 狂気の, 猫じゃらしが, 獸や, 現在は, 瓦は, 生命を, 用だけ, 男が, 異風と, 痩せこけた醜い, 百姓への, 皮膚病だけは, 目途は, 相應, 真に頼むべき, 眼を, 矢張り極めて, 硫酸は, 神職の, 秀子が, 私としては, 私共の, 科学者である, 突然とびかかっ, 筆し置く, 篤と腹, 紙です, 結局むかし家あたりへ, 網を, 縣會議員を, 羅針盤が, 義理の, 老子は, 股の, 能狂言から, 自らは, 自分等に, 自然淘汰が, 舌を, 良策と, 花だ, 苔むした大いなる, 若しも弱者, 若者の, 茲に, 荒ぶる神, 蒲団の, 薄き蒲団, 藩政に, 蜂須賀村は, 街道筋の, 複雑極まる, 西洋文化に対する, 要するによく訓練, 要するに毛利, 見たところポルザ協会, 覚えた伝来, 触らないに, 訴状は, 詮する, 読書の, 誰一人立ち退かなかった, 諡が, 豪猪を, 貴下は, 購買する, 足下と, 身共につけ, 較や, 近ごろでは, 近藤という, 退屈払いし, 逢って, 遊び事の, 道幅なども, 選択を, 都会に, 量るに, 銅雀台の, 長い間塩原, 門松なら, 阿部家への, 随分大きな, 雑誌や, 露伴には, 面白い研究問題, 順序だ, 頼みない, 飛んでも, 香に, 驢も, 高貴の, 魔性の, 鶴原卿も

▼ ぬこと~ (5409, 4.8%)

184 はない 179 である 124 になる 123 もない 120 がある 11878 では 66 になっ 62 であった 59 です 53 になった 52 にし 43 でも 41 じゃ 39 だった 38 だと 31 はあるまい 29 が多い, であつ 28 だが 27 をした 26 は無い 25 もある 24 なの 23 にした 22 になつ, になり 21 となる, は明かである, をいう, を言 20 であろう, でした, を 19 を知っ 18 なり, になります, はなかっ, もあるまい, をし 17 であります, のよう, をお 16 であると, でご, にする, もなかっ 14 があっ, があった, になりました 13 であるが, になつて 12 だから, であるから, ですが, には, を言っ 11 があつ, と思う 10 があれ, であったから, となった, にしよう, はありません, はなかつた, は勿論, を考え, を言う

9 [12件] が, だったの, で, はこの, は明らか, もなかつた, をする, を云, を口走っ, を意味, を知る, を示し

8 があります, があろう, でございます, は, は云, は云う, ばかりだ, を伺う, を申す, を私

7 があり, だろう, であらう, でござる, のない, を知った, を知り

6 [14件] か, がこの, がわかる, だったが, だつた, でしたが, はその, は当然, ばかりで, もあります, を口走り, を感じた, を発見, を知つて

5 [31件] がよく, がら, がわかった, が多かっ, が沢山, が私, だぞ, でありますから, であろうと, でもあった, となっ, となつ, なれば, になろう, にはこの, はありますまい, はいう, はすでに, はなかろう, は今, は私, は誰, もあった, もお, をいっ, を云っ, を云つて, を口, を承る, を考へ, を自覚

4 [45件] かも知れない, がいろいろ, がご, だし, だつたの, であ, であったが, であって, でありました, でありまして, ですから, で自分, というの, とはいえ, などと申す, なので, ならずや, になるであろう, に思い, に決心, のやう, はこれ, はどう, はなく, はもちろん, は多い, は決して, は自明, は言, ばかり, もあり, もありません, もまた, も多い, をいふ, をよく, を口走る, を叫び, を思っ, を思ふ, を注意, を知らぬ, を考える, を表す, を言い

3 [81件] がありました, がありましょう, がございます, がしばしば, がその, ができる, が出, が分るだろう, が多く, が山, が彼, が明らか, が明瞭, が第, が肝要, が起っ, が起った, じゃない, ぞ, だけれど, だよ, であったに, でありまた, であろうが, ですよ, でそれ, で私, とはいい, と思います, と思ふ, と思われ, と思われます, なれども, にきめ, にしましょう, になれ, に思っ, に思召, に気, に気がついた, に氣, に決めた, の一つ, の多い, はござりませぬ, はないだろう, はよも, は上述, は不可能, は全く, は知らぬ, は確か, は言うまでもない, ばかりな, ばかり申, もありました, もありますまい, もあろう, もなかろう, も云, も無い, やは, よ, をやっ, をわめき, を云い, を今, を口走った, を感じ, を痛感, を約束, を考えた, を耳, を聞く, を自分, を致し, を言った, を訊く, を証明, を述べ, 勿論である

2 [239件] あらば, あり, あり父, あれば, から喧嘩, から起つた, があったら, があらう, がいくら, がおこりました, がたった, がひとつ, がわかっ, がわかるであろう, が一つ, が二つ, が云, が僕, が分っ, が分った, が分つた, が分る, が判明, が少く, が当然, が往年, が御座います, が必要, が手, が書い, が有, が無, が知られる, が起りました, が起る, こそあるまい, せめて大宰府, せめて太宰府, だけは確か, だけれども, だったに, だったので, だったろう, だという, だろうと, だわ, であったかも, であったという, であったろう, でありましょうから, でありますが, であるに, であるの, でいわゆる, でお, でこの, でこれ, でしかも, でしょう, ですし, でない, でないみなの衆, で人, で大, で御座います, とお, とし, とする, とて足, となり, となろう, とは云い, とは申せ, と存候, と彼, と思われまする, と思われる, と私, なあ父樣一遍勇さん, なかりき, ながら, ながらわし, ながら私, などという条件, なん, に, にいたします, にきめた, にしました, にちょっと, になりまし, にはこれ, にもなる, にもなろう, にも心, によって解かれる, に争い, に奥義書, に定めた, に思, に思いました, に思った, に感情, に気がつい, に気がつく, に決め, に爾来一層, に相成ります, に腹, に自責, に頭, のある, のみ口走り, の理由, の甚, はいつも, はこういう, はございますまい, はございません, はござるまい, はし, はする, はたった, はできぬ, はわかっ, はわが国, はデカルト, は上, は之, は今日, は他, は何一つ, は余りに, は分明, は問題, は始め, は容易, は小説, は少し, は我々, は政治, は明かであろう, は無かったろう, は當時, は確, は私自身, は第, は自分, は自然, は自然的, は論, ばかしであった, ばかりじゃ, ばかりである, ばかりです, まんざら敵同士, もしばしば, もないだろう, も亦, も共に, も忘れ, も無かっ, も無く, らしい, をいい, をいい出した, をいい出す, をいたしました, をいった, をいつた, をうかがいます, をおうか, をお尋ね, をされた, をしでかし, をしでかす, をしゃべり, をつぶやい, をぶつぶつ, をやる, をズバリ, を主張, を云いつづけました, を云った, を他面, を会得, を信じ, を力説, を叫ぶ, を叫んだ, を告白, を呑込, を呟い, を問, を容易, を少し, を当然, を彼女, を彼自身, を忘れ, を忘れない, を念じた, を思う, を悲しんだ, を感じる, を憾み, を我が, を承知, を承認, を押しつけ, を教, を教える, を書い, を欲, を歎, を涙, を牛乳, を申し, を知ろしめさぬなるべし, を示した, を示す, を神, を考へる, を自ら, を見た, を見出すであろう, を見抜い, を言い出し, を言い出した, を言つて, を訊きました, を認めた, を認識, を語る, を説明, を身, を述べた, を遺憾, 知るべし

1 [1759件 抜粋] あきらめられぬこと, あらじと, ありてこそ, いったい中央, おびたゞしい, お聞きくださいましょう, かお手前重々, かと多少, かもしれず, からご, からついに, から夫婦仲, から話しはじめ, か人間普通, があまりに, があるなら, がお, がおこる, がかずかずある, がございまし, がさ, がたくさん, がだんだん, がどう, がはじめて, がまま, がもち, がわずらわしく, が不思議, が世間, が今後, が出来, が分かる, が分り, が原始的思想, が可能, が大切, が如何に, が寂しい, が帰結, が恐しい, が意外, が明, が明かである, が最大原因, が本当, が残, が浮んだ, が狂おしい, が略, が秘密, が童心, が考えられた, が臨終, が要求, が解る, が証明, が起つた, が身, が雑多, ぐらいは将軍, こそ不道徳, この尾羽打, この飛騨, こんな私邸, さういふとき, さぞやおかえり, しかし主張, しばしばなる, じゃがお, じゃが他, じゃな, じゃ覚えない, すら不幸, するより, そうでなけれ, その味, それから病気, ぞと顧み, だけいい去らず, だけに紀, だけは信じ, だそれ, だった熊城, だとは, だのう, だらけですが, だ一, だ直ぐ, って, であったああ, であったそこで, であったのみ, であり, であります水銀, でありトルストイ, であり平次, であり罰, であるけれど, であるという, であるばかり, である普通, であろうからと, でいい, でけが, でございました, でございますお蔭様, でござった, でござんす, でしょうか, ですすぐ, ですね, でとやかく, ではござりませぬ, でもいい, でもやかましく, でわざわざ, で事, で何, で其処, で史學史上注意, で女主人, で実に, で当り散らす, で御, で恨めしい, で捨て, で正徳三年, で泣く, で生命, で第三者, で興奮, で行って, で近頃, とあきらめ, といわば, とした, としなけれ, とてうまく, とて何かと, とて毎度仕事場, となるべく, とはいえない, とはもうせ, とは思い, とは直ぐ, ともなる, とも思った, と云え, と分っ, と嘆き沈ん, と夫人, と広い, と思い, と思ひました, と怪しまれた, と教え, と時々, と為し, と相, と考えた, と致しましょう, と触れ廻りし, と近い, ども罵り廻る, なお新聞記者山本, ながらわが, ながら故主, ながら終日怏々, なく知ろう, なし機嫌, などである, などの特別, などを固く, などを懇, ならぜひ, なら最初, なりまして, なり然, なれど, にあらず, にかけ, にきまる, にございましょう, にしたなら, にすれ, にたいへん, については正義擁護, について過去二年間, にて少し, になっとる, になつて來よう, になりかねない, になるだろう, にはおさまらぬ, にはただ, にはとさっそく, にはならない, には一般, には何とか, には地位, には彼, には此方側, には破れッこ, には鎌倉殿, にみずから, にもなりましょう, にも奔走, にゃ世間, によって充分, による, に一生, に全力, に出会う, に努める, に堪へられない, に少から, に当ろう, に思い到った, に思え, に思へ, に惑い, に成つて畢つたの, に昂奮, に期待, に比, に気づく, に決定, に滑りこん, に直ぐ, に立, に苦勞, に覚悟, に違い, に非常, のありし, のため, のひとつ, のみし出したる, のみ多き, の不安, の出来た, の圧迫, の方, の積み上っ, の行なわれた, の骨頂, はあの, はある, はいづれ, はおの, はきわめて, はござりますまい, はござりませんでしたが, はすでにしばしば, はそう, はたしか, はできない, はどうにも, はどんなに, はなぜ, はほか, はもはや, はよく, はクサリ, はハバ, は一見, は丈太郎氏, は事実, は云わぬ, は今更ら, は何ひとつ, は値段, は先覚, は分っ, は判り切っ, は前もって, は北原ミユキ, は厳密, は合理的, は哲學, は地方, は夥多, は完全, は少なくとも, は幾許, は彼, は想像, は承知, は支配階級, は新聞協会, は明かでなけれ, は時, は材料, は止む, は水茶屋渡世, は滅多, は現在, は申しますまい, は相当, は確実, は細か, は至極, は苟も, は行く, は言う, は記録, は説明, は身の上話, は項, ばかりおこる, ばかりきい, ばかりだった, ばかりにこだわってる, ばかり思っ, ばかり續, ほざき召さると, また楽, までかれこれ, まで想, まで親切, むしろ反, もあの, もあるだろう, もう両, もこのごろ, もすべて, もなかつたら, もやあらん, もよく, も不可思議, も余, も同じ, も多くっ, も宮, も御座るまい, も感じた, も捨て, も明白, も氣持, も知っ, も確か, も罪, も苦, も行い, も話し, も頗る, やら, や小作人, ゆえお, ゆえ初め, よりも社会, をあそばします, をいいだしました, をいい始めた, をいちいち, をいわず, をうつ, をお互い, をかくそう, をきく, をこの, をさとらず, をしました, をすでに, をせし, をたくさん, をただ, をつぶやき, をと思い, をなされた, をなにか, をはじめ, をひとり, をまったく, をもうす, をも了解, をも答えける, をやり, をわずか, をハッキリ, をモットー, を不愉快, を予, を云い出し, を云ってる, を人, を今さら, を仕事, を仮にそう, を仰っしゃいます, を伺います, を信じたがらぬ, を働く, を全然, を前提, を十分, を即座, を口走らせる, を吐かす, を告げ, を呶, を唸る, を喋つて, を喚き, を嘆きました, を囁き, を天人共, を妻, を婦, を定められた, を密か, を察した, を希望, を強う, を後, を心配, を念, を思い, を思い出させ, を思った, を恥じた, を悔ん, を悟ったです, を悲しん, を感じさせた, を手, を拾い上げる, を指し示す, を改めて, を新聞記者, を暗に, を望む, を柳田君, を武蔵, を気, を求める, を混ぜ, を父, を狙うた, を理解, を申しおった, を申しやがっ, を申し渡す, を百, を真実, を知らなかった, を知るだろう, を確信, を空頼み, を約した, を縣廳, を考えぬ, を聞かし, を聽, を致した, を苦, を表示, を見つけ, を規定, を解, を言います, を言い放った, を言はつ, を言わぬ, を言明, を訊ねる, を詰ったら, を誇つ, を認めるであろう, を誓っ, を誓約的, を説かれた, を論じ, を證明, を赤白両派, を道, を金切り声, を長, を陰陽師, を餞別, を高調, 主體, 久しいもの, 別して奥羽地方, 即ち生活, 喜ばぬこと, 夥し, 実は波野, 少なくとも共犯者, 思ひの, 憎まぬこと, 故甚だ, 早く金, 決して間違い, 漠然たる不吉, 疑うを, 第八日, 遊ばずに, 重いトランク

▼ ぬ~ (4903, 4.3%)

1086 である 391223126 です 112 であった 103 だが 96 であるが 95 では 91 じゃ 87 であります 67 だから 53 だと 50 であるから 31 であろう 28 は当然 21 でありますが 20 であろうか, ですが 19 であって 17 はこの 16 だった 15 ぢや, ですから, はその, は勿論 14 と同じ, を見 13 でした 12 ですか, は 11 だろう, は私 10 が普通, が残念, だつた, は残念 9 が不思議, だという, だよ, だろうか, もある 8 かえ, かも知れない, がある, だそう, でございます, も無理 7 が常, でしょう, でも, はどう, は何, を見る 6 であろうと, はあの, はそれ, は遺憾, 一点張りで

5 [20件] かと思う, かな, かもしれぬ, かも知れぬ, が今, が何より, じゃない, だし, だな, だらう, だろうと, でありまして, であるけれども, であると, であろうが, はもちろん, は実に, は当り前, は甚だ, を知る

4 [18件] かそれ, かと思った, が多い, が当然, が癖, じゃな, であったが, でありました, ならば, はこれ, は出たとこ勝負, は朝臣, は自然, もそれ故, ような, を幸い, を憐むや, を美徳

3 [45件] かと考へる, がお, が当り前, が当時, が道理, じゃから, ださうだ, だつたね, だらうか, ぢゃ, つそり, であるけれど, でございますか, でございますが, でござるよ, ですよ, でない, で御座います, で御座んするか, と宜, と思ふ, はおかしい, はここ, はない, は事実, は云う, は今, は何故, は大, は大きな, は無理, もその, もまた, も道理, ように, を原則, を幸, を知つて, を遺憾, 一ト言にて, 一点張で, 命の, 境に, 客の, 心に

2 [133件] いは, おかめ, かい, かお, かこの, かそこ, かそれとも, かっ, かということ, かと彼, かと思, かと思っ, かと思ふ, かと考える, かもしれない, かもしれません, かも知れません, かビニール, か凝, か南, か返事, がいかにも, がいる, がかえって, がほんとう, がよい, がウソ, が人生, が人間, が却って, が気, が沢山, が當時, が私, が苦しかっ, が軽部, が通例, が遺憾, くにから, じゃろう, だがね, だけれど, だぞ, だといふ, だね, だもの, であり, であるか, であるならば, である云々, である殊に, である道理, であろ, でございまする, でしたが, でしょうと, と, とこれ, とそんな, に気がつい, はあまり, はいう, はお, はご, はすなわち, はそういう, はただ, はどういう, はまた, はよい, は一つ, は一人, は一体どう, は上, は不思議, は主筆, は人間, は今日, は他人, は何故か, は余り, は全く, は前, は努力, は困る, は妙, は御, は志村, は日本人, は明らか, は武村兵曹, は物, は理想, は知れた, は言, は誰, もうお, もこの, もそんな, も不思議, も仕方, も何, も全く, も実際, も尤, も尤も, も御, も致しかたない, やら, をなげきました, を不審, を不平, を不思議, を云, を何, を口実, を心, を恥, を感じ, を残念, を殘念, を氣, を痛感, を知っ, を知らぬ, を知り, を見向き, 一點張りで, 何のと, 方を, 歟と, 詮議は, 電報を

1 [1226件 抜粋] いはば, うまくさんまん, かあるいは, かこれ, かしらえい, かしら等と, かそれら, かという, かといっ, かといふいらだたし, かとしばらく, かとは何事, かと不思議, かと念, かと思われる, かと聖書, かと質, かなぜそう, かなァ, かまったく, かもしくは, かも知れなかつた, かわれわれ, かゲー, か不思議, か何処, か其意味さ, か判らぬ, か和田呂宋兵衛, か夫とも, か嫁さん, か小走り, か思え, か惜しい, か探偵, か最初, か未来, か清三, か熱, か目, か知らぬ, か祭り, か答える, か自然, か顎十郎, か高倉, があっ, がありません, がくやしい, がこの世, がしかれ, がその, がつら, がどうにも, がはじまりで, がほんと, がまず, がスクナ, が一つ, が上分別, が世, が中でも, が事済, が云, が人間世界, が伝説文学, が利益, が半年顔, が却つて迷惑, が原因, が口惜し, が合戦, が多かっ, が夜, が官庁, が少く, が常法, が彼ら, が待, が心配, が恐しい, が悲しい, が慣ひで, が手落ち, が教師, が日本人, が最, が本統, が此, が民, が洋画家, が火, が玉, が知識階級, が私たち, が結局母親, が美しい, が自慢, が衣紋竹, が辛かっ, が道徳, が難, が非常, ぎれに, こと, ことを, さ, さ夏子, じゃが, じゃが御用, じゃそう, じゃちと, じゃと云います, じゃ屋敷, じゃ文天祥, すること, その生, だからとも, だからね, だけども, だこの, だしかし, だそれ, だとも, だなに会津, だひとり, だらうと, だろうかね, だナ, だ人, だ勿論, だ大義名分, だ折角, だ爾, だ礼儀, だ種々訳, だ自分, であったから, であったの, でありこれ, でありそれから, でありますけれども, でありまするが, であり何樣, であり新, であり自然物, であるがた, であるそれ, である之, である云云, である十羽, である庭, である繰返すという, である自然, である血, である身體, であれど, であろうけれど, であろうな, であろう桑, でございました, でございましよう, でございますのに, でござった, でござるが, ですえ, ですけれど, ですしかし, ですつかり安心, ですね, ですナニ私, です何故, です場合, です彼, です若し, です頭, でなく生, で御座いますから, というそんな, といふこと, とかれこれ, とどんな, とは問題, とよりことさら, と乾燥, と云う, と単純, と奥, と少しも, と様々, と犬, と言, なかなかそれどころ, ならいい, なら船酔い, にお, にはいささか, にははたと, には夫人, には理由, に上がり込んだ, に似, に助ける, に向う, に大, に抜い, に濡れ, に異ならぬ, に読んだ, に逃げ, に黙りこくっ, の上, はあなたさま, はいかに, はいまだ, はえらい, はお供, はお雪ちゃん, はこう, はござんせん, はざんき, はそれだけ, はそれゆえ, はたとえば, はともに, はどんな, はなかつた, はなまけ者, はべらぼう, はまったく, はみ, はむり, はやむをえぬ, はわかっ, はアマリエンボルグ宮, はオロシャ, はズルズル, はトヨアシハラ, はフョードル・パーヴロヴィッチ, はヨオロッパ人, はルミ, は一方, は七月八月, は不合理, は不平, は不親切, は世評, は乞丐, は二つ, は今ここ, は今日本願寺, は仏心, は仮病, は何たる, は何れ, は余りに, は例えば, は俗物, は俳優, は俺ら, は元来, は兄者, は先生, は其為, は冷害, は分つ, は前々, は勝家, は即, は又, は可笑しい, は各自, は吾輩, は商人道, は因幡, は困った, は地名, は埼玉県下, は多年, は大変, は大衆, は夫, は奇怪, は如何に, は娯楽, は学問, は実に当然, は宮廷隠事, は寂しい, は小学校, は尤も, は已む, は幕府, は平生, は店, は弁証法, は当りまえだ, は彼, は彼等, は徳川幕府, は必, は必条, は性格描写, は怪しから, は恐らく全く, は情, は惜福, は慚愧, は憾むべきである, は政治, は文化, は新, は日本, は是, は最近, は本意, は村長, は横, は此大輕氣球, は武田博士, は気の毒, は池谷医師, は法家, は滑稽, は火, は片, は物語, は玉目三郎, は生活, は申す, は畢竟, は痩せ細る, は目, は知っ, は社会, は神経系, は科学, は稲実斎屋, は第, は細胞, は美姫, は義務, は能楽喜多流, は自分たち, は自然的生, は芝, は蠅男, は西洋, は見, は親戚故旧友人徒弟, は親類共, は許す, は話し, は賢明, は趣向, は輿論, は近世, は道理, は遠い, は邪道, は都合, は鍛冶橋内, は関東, は隣村, は飛行機, は馬鹿者, は駿介, ばかりを身, も, もうお目にかかる, もかえって, もちょっと, もむりはない, もやむをえざる, もよい, も不愍, も主, も亦, も億劫, も別言, も夜なか, も少く, も彼ら, も思っ, も感心, も時節, も此為, も気, も無口, も神, も臆したる, も解し, も飽き, やま, や下る, をいたく, をおそれ, をこうして, をじっと, をちよ, をどんなに, をば墨家, をひとかたならず, をみせつける如く, をもどかし, をよい, を一途, を久良, を人民, を何故か, を作法, を冷やかした, を前, を口惜し, を嘆き, を始, を宜, を察し, を幸江戸俗曲, を彼等, を徳, を忘れた, を怨めし, を恥じます, を悲しむ, を惨め, を感じました, を慨, を憐むよう, を我慢, を折口君, を推察, を散, を曉, を案じ, を此奴め, を煩っ, を理, を発見, を着せ, を確め, を神仏, を笑, を自分達, を裸身, を見つけた, を見れ, を誇り, を買おう, を退屈そう, を離す, を食えぬ, を鶴見, 一大厳命, 一点ばり, 一点張りだった, 一点張りです, 一點張で, 一點張りでした, 不義のと, 争いなどは, 二重発展にて, 判断は, 利害が, 千恵の, 問答からの, 問題だつたら, 境だ, 声である, 声を, 女房の, 娘を, 子から, 家の, 小細工の, 居た部屋, 属, 帰りを, 意, 慾張っ, 手前を, 批評は, 持參金道具迄も, 昔を, 死んで, 水を, 溜めた汗, 生家は, 目色を, 知ったこと, 競馬を, 考へが, 胎児が, 苦情が, 話を, 議が, 身辺は, 連続だ, 首あ, 騷ぎではなかったのだ

▼ ぬもの~ (4110, 3.6%)

255 である 137 はない 118103 がある 69 だと, でも 60 のよう 44 であった 42 か, があった 36 です 34 では 32 はなかっ 31 じゃ 27 だから 26 が多い 23 があつ, であつ, であるが 22 になっ 21 だった, であります, なの 20 があります 19 であること, なり 18 となる 17 ならば, もある, もない 16 ですから, らしい 14 だが 13 がない, となっ, よ, を感じた 12 が多く, なれば 11 であらう, となつ, と信じ, になつ, はありません 10 があろう, と見える, はあるまい, を 9 があり, だつた, だという, であるから, であるという, でした, となり, になつて, はなかつた, は無い 8 であって, であると, であろう, はなかろう, を見

7 [12件] さ, だろうか, であ, であったが, でご, と諦め, のある, のやう, の一つ, はなく, を持つ, を見た

6 [12件] があっ, であったこと, であろうか, ですが, とすれ, と考え, にし, になる, の如く, はこの, は一人, を見る

5 [13件] がありました, が沢山, でしょうか, ですよ, とされ, とせられ, となった, と思う, と覚悟, に見え, のあるべき, もあった, を抱い

4 [36件] がありましょう, がなかっ, が其, が多かっ, が心, が残っ, ぞ, だらうか, でありました, であるのに, でお, ですね, で私, という, とし, と思っ, と思つて, と私, と考へられ, と見え, と見えた, なので, になった, になつたこ, に對, は, はありませぬ, はその, は何, を彼, を感じ, を感じさせます, を感じさせる, を感ずる, を無理, を長吉づれ

3 [75件] かと思, かどう, から, があらう, があれ, がこの, がその, がたくさん, が一つ, が僕, が多, が彼, が潜ん, が無数, が私, さえある, じゃな, ぞなき, だけれども, だそう, だったが, だな, だろうかと, で, でありその, でありながら, でありまして, でありますが, であるか, であるかという, であるかを, であるけれども, であるの, である事, でこれ, でございますが, でその, でな, と, とあきらめ, とした, との間, と思え, と決め, と考えられ, と見, と観念, なし, なれど, に, にした, になり, に候, に奉仕, に心, に見えた, のため, はただ, はほとんど, は一つ, は之, は人間, は少ない, ばかりで, ばかりである, ましてや土方, もありましょう, もなし, をこの, をよ, を作る, を含ん, を持っ, を私, 知るに

2 [162件] かしら, かとそれ, かと思う, かな, かもしれません, かも知れない, か一向に, が, があるだろう, がここ, がどこ, が三つ, が出来, が叫びだす, が少く, が感じられた, が日本, が有る, が殘つて, が自分, じゃて, だからな, だけを除い, だぞ, だったし, だったに, だったの, だつて, だらうかと, であったと共に, であったに, であったの, であったので, であったろう, であっても, であり, でありましょう, であり従って, であり悪, であり真, であり習慣, であり魂自体, であるからと, であるとか, であるとも, である以上, であろうかと, であろうが, であろうと, でござる, でしか, でしょう, でせう, でなければ, で今, で専一, で彼, で有る, で病院, として, としてその, として自然的, とせられた, とてはない, とても堪忍, との区別, とは知り, と不思議, と人, と仮定, と信じる, と思ひ, と思われます, と昔, と理解, と考へた, と自負, ないこの, ならあの, ならもう少し, なら生れても, なるが, なること, なん, にかき現した, にぞくする, についての言葉, にて候, になつて來, にや, に向っ, に思はれた, に思われた, に等しい, に見える, のご, のさとし, のない, のなかっ, の一, の中, の影, の意志, の手, の為め, はありますまい, はことごとく, はこれ, はぜひ, はなかりけり, はひとり, はもちろん, はよき, は一ツ, は人, は多く, は寺, は少い, は彼, は恐らく, は感受性, は殆ど, は水車, は無, は知らぬ, は自分, は自己, は頭, ばかりであった, ばかりでした, へちらめく, もあつ, もなかっ, も多い, も皆, やらわかりません, らしかつ, をいかに, をその, をと悟りぬ, をもの, を使っ, を取出す, を同じ, を含む, を嗅ぎ出せ, を嚇, を変り果てたる, を尊敬, を彼等, を心, を斬っ, を書いた, を書き出した, を殺した, を獲得, を目, を胸, を自分, を要請, を覚えた, を買っ

1 [1443件 抜粋] あきらめられないもの, あらず, あり, あり又, あるが, あること, あ仕方, おも, かこの, かそれとも, かという思い, かとその, かと世間, かと今, かと左思右考, かと思いあたった, かと患者, かと田舎武者, かと考えます, かなあ, かも知れぬ, からいさまし, からから衣, からよほど, かわたし, か何ん, か剣, か当時, か朋輩, か秋, があ, があったであろう, がありまし, があるであろう, があるなら, がいちめん, がお, がすなわち, がそのまま, がただ, がつい, がど, がはいだし, がみえる, がジッ, が三万何千人, が与えられる, が之, が人生, が何, が余り, が光ります, が出来る, が又, が在る, が夫人, が孕ん, が少なく, が届いたであろう, が引き出される, が必ず, が感じられます, が捲き起っ, が教学的精神, が既に, が有らう, が横たわっ, が歴然と, が池田, が混じ, が溜まる, が狂言用語, が現に, が真, が確, が籠っ, が職業的野心, が腹中, が蟠まった, が覗い, が讀めなかつた, が遂に, が隠され, が頻りに, が馬, こそすれ, これから先, さということ, じゃさぞ, じゃという事, じゃね, じゃ怖い, すなわちエタ, そして根源, その膠, ぞとて懷, ぞと諦めれ, たること, だけが, だこの, だったから, だったと, だて, だとは, だなどと, だねと, だらうかといふ, だろうと, だ上方勢, だ権力, だ聖道, であったでありましょう, であったと, であったらもともと, であらね, でありませんよ, であり反感, であり後れて, であり誰, であるかも, であるしたが, であるだらう, であるとき, であるとの, であるま, である争われぬもの, である動物, である故, である筈, であろうとも, でいまだに, でこうして, でこんな, でございましょうから, でございますよ, でござった, でごはん, でしたから, でしょうかといった, ですけに, です今頃, でただ, でとうとう, でないかといふ, でなくむしろ, でましてや, でもあった, でよく, で三日四日, で人知れず, で同じ, で国造, で家人夜, で小説, で往年予, で抛って, で日々, で概して, で毛頭, で無いという, で百円, で筋力, で連載, で長い, とあきらめた, というしかない, という古今東西, という意, という観念, といふ暗示, といわれ, とかねがね, とか色々, ときまっ, ときめ, としたら, としてこの, としてさっさと, としてそれ以上, として之, として何かしら意味, として密か, として扱, として断つ, として私, として要求, として諦めよう, として選手, とする, とてご, とてはありませんでした, とてまえ, となく, となほ, となり得ない, となろう, との掟, とはそん, とは定められぬ, とは自覚, とばかりに相, とみえる, とも考へ, とゆえ, と一笑, と云い得よう, と云われ, と信じおる, と信じられ, と初めて, と同一, と夥しい, と存じます, と定まる, と定められ, と察し, と常に, と思, と思うだろう, と思ふ, と思われる, と成り, と推察, と断定, と次第に, と申さる, と知つた魂, と結婚, と考, と考えました, と考えられる, と考へる, と脳髄, と自分達, と見くびられ, と見ます, と見込, と解し, と諦ら, と食われ, ないのに, なかりき, ながらこの, なきも, なき無邪気, なく隨分苦勞, などどこ, ならいつそ, ならその, ならひでよ, ならむと, なら一旦, なら兄, なら日ごろ, なら自分, なら進んで, なりけり, なりとて, なり重ね, なるを以て, にあら, にこう, にされ, にぞありける, にていかに, にて法案, にならう, になります, には, にはあれ, にはふしぎ, には三文, には想像, には開けられない, にまで堕した, にも使, にも臭い, にも譬喩, に与えられた, に似, に候ひき, に取りつかれ, に向け, に害され, に対して気まり, に対する悲しみ, に対する盲目, に引掛り, に心得, に思はせた, に恥, に成り, に支, に服從, に樺太, に犯される, に耽つ, に襲われた, に言, に逆, に限つて, に静か, のあった, のいう, のしるごとし, のはからい, のみでしょう, のみを残し, のデマゴギー, の上無し, の云い, の力, の卑吝, の名, の声す, の始末, の恋, の批評, の様, の流通, の由, の終り, の言草, の間, はあ, はあらじ, はいかなる, はいったい, はおもしろく, はきまって, はこんな, はさ, はすでに, はそう, はため, はともに, はないでしょう, はなかッ, はふるい落され, はまごつかさせられた, はまれ, はむしろ, は一々, は一番, は予言者, は今, は体力, は何ん, は全力, は分らぬ, は到る, は危険, は取次い, は名利, は多から, は女性, は実に, は少, は廣瀬川, は彼等, は怒る, は感動, は持たぬ, は方円, は是非, は書かない, は栄養, は死刑, は浅間神社, は無から, は父母, は現代, は生, は生産費, は知らない, は社会, は素直, は自然法それ自身, は見ますまい, は討ち棄てい, は谷川, は遂に, は鋭く黒く, は難, ばかり, ばかりだ, ばかり背負っ, まして露國, までが平然と, まで神様, もあっ, もありません, もいろいろ, もその, もなかりけり, ももはや全く, も亦, も多かっ, も意思, も決して, も無い, も米穀菜蔬, も蔭, やある, やひと, や瀬田, ゆえひょっとしたら, よしや深山, よりも幅, らしく思われるから, をあんな, をいろいろ, をこれ, をさぐりあてる, をし, をだ, をとのたまひき, をと口癖, をどう, をなに, をひたすら, をまだそんなに, をもつ, をやっ, をやり出す, をアカ, をサナゴ, を一時間, を二, を人非人, を何と, を便り, を其団長, を出来る, を剿襲, を匂, を取交す, を喰, を多少, を奪われ, を家来, を少年, を強, を当, を得よう, を怖, を悔い, を想像, を感じだした, を感じる, を我々, を戸惑い, を押, を指す, を描い, を数千万, を書い, を書し, を案じ, を残し, を湛, を無下, を犯し, を現, を用いた, を盗った, を省略, を着ふくれ, を秘蔵, を納めた, を美しい, を考え耽けつ, を自己, を蔽うた, を見たがる, を見て取つた, を見れ, を覚え, を説い, を貰, を買い集めた, を買わなかった, を送り出し, を除い, を頻りに, を駿介, 優しい娘, 卑しいもの, 取たて, 多くなりたれ, 思ひさ, 故に仮り, 故ややもすれば, 故和製, 来て, 次には, 求めれば, 甚だ多く, 第三, 見せても

▼ ぬよう~ (3712, 3.3%)

208 にし 14695 になった 82 になっ 58 にする 56 なこと 51 な気 44 になる 33 である, なもの 28 な顔 27 に注意 2625 になり 24 にした 22 に思われる 21 だが 20 では, になりました 18 であるが 17 に見える 16 に思う, に気 14 な事, にしたい, にしなけれ, に用心 13 であった 12 にせね, にそっと, にその 11 な気持, にしよう 10 な場合, にな 9 に努め, に思われ 8 な, な心持, にお, にこの 7 なところ, な状態, になれ

6 [13件] でした, です, なの, な不安, な話, にお願い, にしろ, に出来, に御, に心がけ, に思っ, に私, に静か

5 [14件] じゃが, で, な人, な小さな, な日, にそして, にそれ, につとめ, にまた, に心掛け, に急い, に感じ, に身, に願います

4 [27件] でも, な声, な始末, な感じ, な有様, な様子, な色, な風, にあの, にいたせ, にしなく, にでき, にと注意, になさい, によく, にわざと, に人, に何, に声, に工夫, に心, に思われた, に思召, に持っ, に自分, に致し, に見えた

3 [54件] くれぐれもお, じゃ, すで, だから, であったが, なあの, なお, なふり, ならば, なり, な大, な心持ち, な思い, な性質, な恐ろしい, な恐怖, な所, な時, な物, な者, な調子, な遠い, な顔付, な馬鹿, にいつも, にこっそり, にご, にしかし, にしてやる, にしない, にします, にじっと, にせよ, にただ, にと, にというの, にといっ, にと心掛け, にどうか, にどこ, になつ, になりまし, にソッ, に云った, に充分注意, に努めた, に常に, に彼, に思った, に歩い, に祈る, に致したい, に致せ, に見

2 [173件] あらかじめセロファン, すでした, そっとこの, だった, だったらすぐ, でい, でご, でござる, ですが, ですね, との御, なあんな, なそんな, なぼそぼそ, なまた, なようす, な一種, な不, な不思議, な世に, な事情, な人間, な何, な光, な力, な味, な品, な場所, な境涯, な変, な大変, な失敗, な妙, な婦人, な学問的圧迫, な山, な工合, な巧み, な心地, な思想, な急, な怪物, な悲喜いずれ, な振舞い, な方法, な日記, な時期, な暗い, な気持ち, な法外, な理由, な生返事, な男, な異常, な目, な破目, な美しい, な羽目, な習慣, な表情, な複雑, な設備, な訳, な趣, な返事, な鋭い, な青年, な面, な風采, にあと, にいう, にうまく, にお前, にこれ, にされ, にされた, にされる, にしずか, にしっかり, にしました, にすこし, にすべきである, にすれ, にずっと, にせぬ, にそうした, にそうっと, にそこ, にそろそろ, にたれ, につい, につと, にとくれぐれも, にとする, にとそれ, にとつとめ, にと云った, にと合点, にと宮, にと彼等, にと心, にと心配, にと念, にと祈っ, にと祈り, にと祈る, になったら, になります, にの, にぴったり, にまたは, にもなる, にランプ, に一気に, に一面, に万事, に万全, に上方, に下, に世間, に中, に仕向ける, に何とか, に例, に僕, に充分, に出来る, に力, に努める, に努力, に厳重, に堅く, に大, に大急ぎ, に存ぜられます, に心掛けね, に思え, に思われます, に感じた, に早く, に横身, に決定, に生きぬ, に男, に登っ, に眉, に着物, に祈ります, に窓, に縛り上げ, に聞い, に胸, に表, に装っ, に襖, に要心, に見えました, に見張っ, に解釈, に言う, に言っ, に言った, に話, に謂わ, に足音, に軒, に遮る, に雪, に頭, に頼む, に頼ん, に顔, に願いたい

1 [1644件 抜粋] あらかじめ切にお願い申, あわぬよう, おこさぬよう, お子達, お諌めしなけれ, かけたる水引, こころよく仔牛, この兄, ご内密, しかと抑, じゃがハテ, じゃな, じりじりと, すこし離れ, すだつたじや, すでしきりに, すでキョロキョロ, すで動, すで悲し, すで結飯, すーっと, せねば, そっとそっとひとり, その下調べ, それとなく断っ, だけれども, だったが, だったら山, だねえ, ちょっと肩, であったから, であって, であるにも, でうるさく, でござるな, でしたらこれ以上, でその, でまだ, で人, で其実, で往来, で朋友, で蚯蚓, という縁喜, としてある, ともあれ布陣, と云われる, と念じ, と荒く, と願い, なあいまい, ないや, ないわゆる, なおとなびた黒ずんだ声, なけったい, なご, なしめし合わせ, なそわそわ, なできごと, ななかなか確り, なので, なふう, なめんどう, なやくざ侍, なよう, なら一同, なら御免, なりただ, なるべく早う拙, なアッパッパ映画, なタービン, なドド, な一つ, な一節, な上官, な不自然, な不都合, な主人, な事実, な事象, な人工, な仕組み, な佳い, な僧房住まい, な全身灰色, な冷陰, な切ない, な動機, な勢い, な印象, な口ぶり, な名, な善, な図面, な地名, な境遇, な外国, な大声, な夫婦関係, な奮戦ぶり, な奴, な字, な学問, な実に, な小さい, な小柄, な嶮峻, な布置, な弁解, な強敵, な律義, な御馳走, な微行, な念, な怪奇, な恋, な恰好, な悪性, な悲惨, な情勢, な愉し, な意図, な態度, な戦勝, な手痛い, な手配り, な支那文字, な早, な景色, な暴力的, な曲がった性格, な木々, な果断, な柔和, な桁外れ, な次第, な歩, な母親, な気根寄生木, な江戸パッチ, な油断, な涙, な淋しい悲しい, な準備, な澄み切った瞳, な熟視, な犬畜生, な玄関, な生活, な申訳, な異様, な痛憤, な眩暈, な社会的, な私, な答え, な素振り, な経済的, な絶望感, な罪, な美人, な肉体, な良心, な苦しい, な茨, な行い澄し, な見事, な見解, な観念, な語気, な谷, な貴い, な身の上, な透明さ, な速力, な過大, な遠まわし, な醜態, な野暮, な闇夜, な集団的偏見, な震え声, な静, な顔つき, な風情, な高い, にあそばせ, にありたい, にいいおい, にいそい, にいたしまし, にいたす, にいった, にうしろ, におくらし成る, におっしゃっ, におれ, にかぎ, にがまん, にきき返した, にきれい, にここ, にこんな, にさえ思われた, にさせます, にさっし, にしい, にしたなら, にしてじ, にしてやらね, にしばらく, にじりじり, にすき, にすべて, にせられた, にそっとう, にそれとなく, にそわそわ, にたび, につつましく, にて路, にとあった, にという事, にとうとう, にとくに, にとこうして, にとさしひかえ, にとそのまま, にとな, にとのこと, にとの御, にとはいえなかった, にとばかり考え, にとみな毒, にとヤキモキ, にと伝言, にと内々心, にと勤め, にと取りきめ, にと咲子, にと奮発, にと宇治, にと後, にと心がける, にと思う, にと抜き足, にと昼, にと生垣, にと窓, にと約束, にと苦心, にと言う, にと運動, にと野獣, にどうして, になさるべき, になっとる, になよい, になられない, になるたけ, にな自分, にねがいます, にはし, には充分, にひがまぬ, にひどく, にまだ, にみえる, にもお, にもと, にも思われる, にも考えられた, にやさしく, によろしい, にわし, にわたし, にアルバム, にガラス管, にコソコソ, にゴム, にソワソワ, にハンダ, にベッド, に一ツ一ツ笊, に一文, に一点, に三野村, に不自由, に丸い, に乱れ, に云いきっ, に五助, に介三郎, に仕向けた, に何ヶ月前, に作られた, に作業, に保護, に俯向, に停車場, に備え, に儲かる, に光三, に八丁, に内密, に冴え冴えし, に出る, に切, に前夜, に努めね, に励まし, に動き停った, に十文字, に参りましょう, に取りだし, に取片付け, に叮嚀, に各, に周囲, に命じられ, に啼き出し, に団体行動, に地味, に堪え, に変遷, に大切, に如何, に存じ, に存候, に守り, に密封, に寝, に寧, に小さく, に小夜子, に小首, に屑よう, に嵌め, に巧み, に帰, に帽子, に平田殿, に座席, に引き開けた, に引っ捕えろ, に強い, に形, に彼女, に後悔, に御覧, に徳子, に心学本, に忠告, に思いこまれ, に思えた, に思わるる, に患者, に感じられた, に慈しみまする, に成層圏, に我と, に戦き出した, に手, に打たれた, に抑えやり, に抜, に押え, に指, に捨て, に揃え, に教育, に新しい, に旨く, に明るく, に暮す, に木, に本堂, に枯草, に栞, に棹, に極めてそっと, に櫂, に歩いてる, に死体, に母うえ, に毎日毎夜, に気イ, に汚し, に油紙, に涙ぐむ, に済ませろ, に源氏, に濃, に火中, に焦, に片手, に現在, に用心おし, に番頭, に盗ん, に相, に相手, に瞳, に示す, に神様, に穏, に立ちいたる, に立っ, に笑っ, に答えました, に粉々, に素早く, に結びつけた, に締切っ, に縛め上げ, に羽二重, に考えられます, に聞える, に育てたる, に能登守, に脚部, に自分共, に船, に色々, に若い, に落ちつき, に薬味, に蝶, に行われた, に衝立, に袖, に裏口, に見う, に見ぬ, に覚え, に言い, に記臆, に話しかけられ, に誦ん, に請, に警戒, に貴様, に走っ, に軍人式, に軽い明るい, に近寄る, に送る, に這った, に運ぶ, に道徳的秩序, に遮っ, に配慮, に釘, に長く, に関係, に陸, に隊列, に隠し, に隠れ, に難民, に震え, に頬かぶり, に頼り, に風呂, に駆けた, に骨, に鳥, に麦わら, はたして妻, ふたたび綿入れ, ほぼ実在, また口, もう少し考えぬ, やや温かく, 作った履故, 充分見張り, 出来得る限り生活, 取計らって, 善いよう, 多く持ち, 帰るところ, 幾重にもお願い, 引抜いて, 心がけること, 心掛け手紙, 押しつけて, 斬釘截鉄的, 本当に気, 殺して, 然るべきところ, 看て, 祈ったの, 緩かに, 翻然なに, 致したく候, 行届いた注意, 見られぬよう, 計らいくだされたいと, 追いかけろッ, 願います

▼ ぬという~ (2326, 2.1%)

141 ことは 98 ことに, ような 90 ことを 75 のは 62 ことが 57 のである 44 ことである 33 のが 30 ことも 29 ように 27 ことだ 23 のか 18 風に 16 のだ, のも 14 理由は 12 ので, ふうに 11 のであった, わけで, 事に, 気が 10 こと, ことで, ことです, 事は 9 ところから, 事を, 人が 8 ことには, のです, 意味の 7 ことと, のを, 法は, 理由が, 考えが 6 事が, 人は, 様な, 考えから 5 ことじゃ, ことであった, ことの, のと, はずは, 点で, 点に, 理由も, 筈は, 訳で

4 [12件] ことから, ことだった, ことにも, ところに, ものが, わけは, 法が, 点が, 結果が, 結論に, 自信を, 顔を

3 [23件] ことであっ, ことより, のであります, ふうで, ものも, ものを, んだ, 事実は, 事実を, 必要が, 怖れ, 意味を, 懸念から, 有様であった, 点である, 理由で, 約束を, 考えも, 者が, 者も, 訳は, 道理は, 風で

2 [104件] ありさ, お心, ことそして, ことだけが, ことだけしか, ことであります, ことな, ことなど, ことにさえ, ことによって, ことほど, ことよりも, それは, た, ためしは, ところへ, ところまで, のかね, のだろう, のなら, のなら教え, ひとが, ものじゃ, ものです, ものの, ものは, わけだ, わけである, わけには, わけにも, んです, 一点を, 不安な, 不安も, 不安を, 不文律を, 主張から, 事で, 事であった, 事である, 事でした, 事にも, 事の, 事実である, 事情が, 人も, 以上に, 体で, 信念を, 問題を, 喩えに, 堅い決心, 場合には, 奇妙な, 女が, 妙な, 始末, 始末で, 始末では, 完成にまで, 心を, 思想に, 惧れ, 想に, 意味だ, 意味で, 意味な, 意見に, 態度に, 時である, 時に, 有様に, 条件で, 条件の, 気に, 気勢を, 気持が, 気持は, 点も, 状態に, 理屈に, 理由には, 理由の, 理窟は, 理論は, 男, 程の, 程度に, 立場から, 考え方が, 考え方は, 者あら, 訳である, 訳に, 話, 話だった, 話であった, 話は, 説が, 面持で, 顔つきだ, 顔つきで, 顔つきを, 風な

1 [862件 抜粋] あいまいの, あの憂慮, ありふれた道徳的意識, いささか利己的, いやな, うたい出しです, うわさが, お布令, お断りは, お考, お考え, お達しが, きびしい掟, きまりが, ぐあいにほれ, けんまくです, ことこそ, ことこの, ことさえ, ことそういう, ことそれは, ことであり, ことでした, ことですじゃ, ことなく, ことなども, ことなら, ことについては, ことまたは, ことをも, こと也, こと二三月来飄零の, こと労働者党が, こと実は, こと自身つまり, この精神, ご猜疑, ご趣旨, さんざん押問答, しくみが, しるしだった, じつに異様, ずば抜けて, そうだ, そのお, そのものの, そのよう, その土地, その屈辱的, その心持, その蒙昧, その道筋, その銭, それだけの, そんな偏, たとえも, たはず, ためであった, だがあの, ところが, ところで, ところの, とんでもない, なるたけ早く, なれば, のじゃ, のであっ, のでありました, のであろう, のとが, はずが, ひとな, ふうであった, ふみきりが, むずかしいところ, もっぱらの, ものこう, もので, ものである, ものなどは, ようだ, ようなあり, ような力み, ようにさえ, わけか, わけだろう, わけです, んでしょう, クレオパトラの, ゾルレンが, モラルの, ロジックも, 一つの, 一事だ, 一事のみの, 一条が, 一点張な, 一種の, 一般的な, 七歳を, 下心が, 不便さ, 不合理が, 不幸が, 不幸に, 不文律が, 不経済, 不都合の, 世の中に, 世評を, 中でも, 中心的な, 主張それ自身が, 主張であろう, 主旨であった, 主義な, 久慈の, 予想が, 事だ, 事であれ, 事と, 事も, 事もなげなる, 事件の, 事実が, 事実には, 事実よりも, 二重性の, 人物, 人物の, 人間生来の, 今日の, 仕事は, 仕方や, 代りに, 伝説が, 伯父自身の, 位事件の, 価格で, 俗謡が, 保証を, 信仰を, 修養を, 傾きが, 傾向を, 先に, 公理が, 公理も, 其様な, 内々の, 冷静の, 凄文句, 処に, 処女の, 切なくはげしいもの, 利益が, 劇場は, 効果の, 勉強で, 医師の, 印象を, 危惧の, 危険が, 危険に, 原則が, 厳格な, 厳達である, 反鼻, 古人の, 句作法を, 名を, 命令が, 命令を, 哀れな, 喜劇を, 噂さを, 噂の, 因果な, 図は, 国体を, 国家の, 圧制の, 型どおりの, 埓も, 報告が, 場合が, 場合とは, 場合に, 場合も, 場合牛に, 場所に, 境まで, 壮麗な, 声に, 外面的な, 大事件, 大力の, 大思想, 大著などは, 夫の, 契約を, 奮発心を, 女の, 学問の, 宋の, 宗旨とは, 定則は, 実状に, 家人の, 対策を, 尤もな, 常識の, 平和主義を, 幻想が, 店の, 強い情熱, 強い意地, 強い研究心, 強い責任感, 強味も, 強猛, 形に, 役に, 役員の, 御意見, 御決心, 心から, 心が, 心の, 心持で, 心持も, 心掛けは, 心配から, 心配は, 必然の, 必然性は, 必然的な, 必要は, 必要条件である, 念慮が, 怖るべき, 思いを, 思想が, 急流で, 性質の, 恐れから, 恐ろしい瞬間, 恐怖観念が, 悪い傾向, 悲劇に, 悲惨の, 想いが, 意かと, 意味での, 意味と, 意気を, 意気込みから, 意見が, 意識が, 愚痴が, 感じが, 感じも, 感情の, 感情を, 態度が, 態度で, 態度は, 態度を, 慣行は, 憎しみは, 憐れなあり, 懐疑である, 懸念を, 戒慎の, 戒懼の, 所から, 所信を, 手段を, 手紙が, 批評を, 挨拶, 掟に, 政治思想の, 数は, 文学上の, 文豪は, 断乎たる, 方が, 方法の, 方法を, 日ごろの, 日下開山これが, 日本の, 昔からの, 時が, 時代で, 時代には, 時勢の, 時部下思いの, 暗流が, 書式だ, 有様, 有様である, 有様でした, 朝寝坊の, 本能が, 本能である, 本能を, 村の, 条件との, 条件を, 松永貞徳などの, 根本関係が, 様の, 様子で, 標しに, 権高と, 次第だ, 次第で, 止みがたい, 死者の, 段と, 比喩の, 気分が, 気性で, 気持だけは, 気持ちに, 気持にさえ, 気持の, 気質が, 氷を, 汚職の, 江戸ッ児は, 決心で, 決心と, 決心を, 決意を, 法や, 法律でも, 注意が, 浅ましい本能, 滑稽且つ, 潜望鏡の, 激しい不安, 点さえも, 点だけが, 点は, 点を, 無邪気な, 燃えるが, 特徴が, 特殊事情が, 犯人が, 状態でしょう, 状態にまで, 独我論に, 現状は, 理屈で, 理由による, 理窟を, 生命力の, 生活を, 用心である, 用意でも, 男は, 異常な, 疑が, 疑問を, 病気に, 盛況と, 相談に, 真に恐るべき, 眼つきで, 矛盾を, 礼儀を, 社会主義教育の, 社会倫理上の, 社会的必要が, 私の, 科学的な, 程で, 積りな, 第三, 筈が, 答案で, 簡単な, 精神の, 約定だった, 約束です, 純粋な, 組掟が, 結果と, 結果を, 結論は, 絶体絶命の, 義なり, 義務を, 義務的な, 老人が, 考えかたでは, 考えでした, 考えなら, 者です, 胸の, 臆測を, 自分に, 自覚, 自負が, 至って気楽そう, 興醒めな, 花江の, 苦心の, 落ちぶれた大名, 藕糸織り, 虞も, 蜂須賀家の, 行を, 表情で, 要も, 要求から, 要求をも, 見出しで, 見方から, 見通しが, 規則であっ, 規定と, 規定の, 覚悟を, 親切な, 解釈を, 言い掛りでした, 言葉は, 言葉を, 言質を, 訓に, 記録を, 訳な, 訳なら, 訳を, 証拠になどは, 証明には, 詫びを, 誇りを, 誓約の, 誤解を, 説は, 説を, 説明を, 課題である, 調子で, 論で, 論理と, 論理的に, 論者です, 諦めによって, 諺の, 謎でしょう, 講義も, 警戒であっ, 譬えの, 譬喩に, 議論を, 負担を, 責は, 責任感から, 買われぬという, 趣が, 身に, 辞誼を, 返事であった, 返事である, 返電が, 迷信は, 逆説即ち, 通知であった, 運命に, 道理も, 道理を, 遠慮を, 部落は, 野獣の, 関係それ自体の, 限は, 非道の, 非難が, 面もちだ, 面もちで, 面白味が, 音楽に, 顔だった, 顔つきである, 顔つきです, 顔付きで, 類の, 風でも, 風には, 風を, 風采も, 騒も, 鷹揚な

▼ ぬ~ (1845, 1.6%)

47 がある 45 である 40 はない 3023 もない 22 なれば 21 になっ 19 もある 17 だと, を言 16 では, なり, になった 14 になる 13 になつ, はあるまい 12 にし, は無い 11 が多い, をした 10 だが, をし, を訊く 8 であつ, でした, です, なの, を知つて, を言っ 7 があります, じゃ, であった, でも, となる, になります

6 [11件] が有る, だから, であるが, になつて, になり, はあるまじ, を, をする, を云う, を考え, を考へ

5 であるから, ですが, となった

4 [18件] あり, あれば, があつ, が沢山, が訣つて, が起った, して, とし, と存候, の驚き, はなかつた, はなし, は有, ばかり教, もあるまい, を云っ, を言う, を言った

3 [39件] いひ出して, か, があった, が出来ました, が多, が有, だし, だつた, だわとて, であると, であろう, でござんすとて, でしょう, と思う, と美登利, なりと, に仕, に候, に極めて, のよう, はありません, はその, は勿論, ばかりだ, もあるまじきなれ, も有るまい, をブツブツ, を並べ, を云, を人, を仰せ, を口走った, を口走る, を叫ん, を思ひ寄まし, を言い, を言つて, を言ひも, を談

2 [107件] かな, から上役, があっ, があり, が一ツ, が分る, が御座います, が有っ, が起つ, しか描い, じゃない, だった, だよ, だろうと, だ詳しく, であ, であったが, であったの, であるけれども, であるし, でご, というの, とて今朝, となり, とは存じ, とは思ひ, とは申, と存じ, と存じます, と思召, と覚悟, と言い, ならば, なりとて, なり然, なるを, にきめ, にする, になつたの, に成っ, に成った, に成ります, に致した, に苦労, に遭遇, のあり, のある, のない, の一つ, は, はなかっ, はなかろう, はよし, は一つ, は前日, は我々, は此書, は無, は無論, は私, は言, ばかり書い, まで口走り, まで見透しです, もあつ, もあり, もあれ, もあろう, も出, も有, も沢山, も無い, も無き, も言, やある, をいちいち, をいふ, をお, をお尋ね, をきく, をくどくど, を不快, を云った, を口, を口走っ, を呟き, を教, を教える, を書く, を根問い, を気, を申, を申す, を知っ, を知る, を絶叫, を耻づる, を胸, を訊きます, を誓, を語つて, を證, を身, を頼り, 兎角くれ, 成れば, 第二

1 [826件 抜粋] あらじを, ありその, ありと, あるを, いの, いふて, おびただしい, かさんざ, かそれ, かと思ふた, かと腹, かと起ち別れ, かなとロオザ, かなと我兩手, かも知れない, かやはり, からこれ, からはしなくも, から十一代前, か一文貰, があったら, がありました, があれ, がいくら, がございます, がしゅったい, がどんなに, がまだまだ, がまま, がよく, が一つ, が一切, が云わず語らず, が出来した, が出来た, が出来致す, が分りました, が別に, が即ち, が多く, が必然的, が惜しい, が想像, が折々, が書い, が有り, が有れ, が気, が満ち, が狐, が色色, が記し, が起こっ, が起ります, が起る, ことにおじさま, さえある, じゃがまず, じゃで, じゃと, じゃのう, それから云々, ぞそれ, たけれども, だけは分る, だけは既に, だそう, だつたので, だに一人洋服, だ余, だ專門家, だ既に, ちと手本, であったかも, であったであろう, であらう, であります, でありますが, であるのみ, である我ら, である薩長, でお上, でこの, でございますが, ですあの, ですね, です貴女, でだから, でと笑つて, でもやっ, でも書いた, でわが, で今, で何卒, で其爲, で奥方様, で将軍家, で山の上, で恐らく, で新, で木彫り, で水夫共, で眞達, で笑いだす, で蹉跌, で金, で飛んだ, という, とおも, とがある, としてしばらく, としてその, として排斥, として竿, として見のがし, とする, とそれから, とて余計, とて御見舞, とて早足, とで足り, となった如き, との区別, とは, とは申し, とは知り, とは言い条, とも云われぬ, とわざ行, と健全學, と六右衞門, と其二子, と大目, と少し, と御, と思い, と思うた, と思つて, と成った, と戸, と承り, と最初, と決定, と為り, と知る, と見える, と解し, と言うた, と認めた, と諦め, と頷い, と黙っ, どもうちつ, ども言, ながらしばらく, ながらと感喜踊, ながらわれ, ながら何やら, ながら小生一人, ながら徒ら, ながら我が, ながら鉄漿蓴汁, なく答, なく西洋, なござるぞよ, なしと, などがある, などもある, なので, ならばと, なら人手, なら少し, なりしなればと, なり其仔細有, なり其方大切, なり此, なり言, なり豫, なれど, なん, に, にいたしまする, にくよくよ, にこだわっ, にさ, にしませう, につとめた, にてのど, にて死, にて胸騷ぎ魂, になつてしまつた, になるだろう, になるで, になるでせう, になるらしい, になツ, にはここ, には一寸, には口, には明るく, には有, には覚悟, にもくよくよ, にもせよ, にも作り笑い, に依る, に俺たち, に力, に大きな, に大変, に嫉妬, に定められた, に對, に就い, に思い, に思ひ, に感ずる, に成つて, に成れ, に時, に殺生, に気がつく, に決めたら, に決心, に疾く, に確定, に考えられ, に胸, に自ら, に致します, に触れた, に返事, に迷っ, に関心, に驚き, に驚き合っ, のみつい, のみなる, のみなるべく, のみを論ずる, のみ口走りおりたる, のみ多けれ, の信じ, の出, の喩え, の如く, の嬉し, の悲し, の有る, の正体, の糺問, の誰, の起り, はいくら, はこれら, はございません, はござるまい, はせぬ, はただ, はならぬ, はむしろ, はめったに, はもちろん, はやはり, はわし, は一層, は三年前, は世, は云えぬ, は人間, は何, は何時, は何處迄, は全体犬, は分つ, は分らぬ, は前, は動詞, は去年, は嘆い, は天, は宇宙, は寐, は少ない, は平生, は彼, は戸倉仙五郎, は明かだ, は明らか, は昔, は有りますまい, は有るまじ, は楊雄, は止せ, は此種, は死, は殆ど, は浄海入道, は無から, は照, は申せません, は疑心, は百太夫, は知られ, は知りません, は確か, は神楽, は神様, は笑, は答えられる, は西光寺住職杉本宥玄氏, は誰, は院長, は頸, ばかり, ばかりがなかなか, ばかりで, ばかりならべました, ばかりに没頭, ばかりやつて, ばかり喋りまし, ばかり多かっ, ばかり言, ばかり起る, ばっかり, までもいつか知つて, までも存じ, までも馬, まで口走りました, まで心, まで教えくれた, まで能, まで遠慮, もあった, もあらう, もあらん, もありませう, もこの世, もございまし, もたまっ, もなくなっ, もや, も久しく, も多い, も有り, も浮ん, も言い, やあるべき, や子供, よといふ, よと京, らしいぞ, をいたした, をいたします, をおそれ, をかいた, をきっかけ, をぐるぐる, をこう, をしおるで, をすつかり忘れ, をせぬ, をそれ, をた, をたより, をとがめ, をと言った, をなさね, をば無碍, をべら, をほのめかす, をも偶然, をも己, をも意味, をやっ, をやつ, をわからぬ, をわめき始めた, をわめく, をコヂつけ, を一々, を一向, を予期, を云い出した, を云い出しました, を云つて私, を云わない, を五頁, を仕出, を仕様, を他, を企らむのではあるまいか, を伺います, を伺う, を伺ふ, を信じ, を僕等, を力強く, を取つ, を口走りたく, を吹聴, を告げ, を呪, を問, を問い給う, を問われたらしく, を喋っ, を喋つて, を大, を宛, を小, を庶子, を強う, を彼自身, を心から, を忘れなかった, を怒つ, を思いだすらしく込上げる, を思い知りました, を思ひ, を思ひ及ん, を思ふ, を怠, を恥ぢる, を恨んだ, を悟り, を感じる, を感心, を我が, を戒め, を承, を持つ, を擇, を教師, を斥, を書, を書い, を書きつけた, を歌, を歌い続け, を氣, を爲, を犯した, を理屈, を申しました, を申上長庵, を発見, を發見, を知つた者, を知らぬ, を知らね, を知り, を祝し, を私, を答える, を考えた, を考えまい, を考え出す, を考へ始める, を聊か, を聞かれた, を聞く, を聞せられた, を自分, を致しまする, を色々, を見られた恥づ, を言いました, を言い出した, を言つてしまつたの, を言わぬ, を訊き出せ, を話した, を話しました, を話す, を誰, を諭す, を趣向, を述べ, を述べん, を遺憾, を隙間, を隠し, 一体どうした, 何卒た, 何卒此事, 包まずお, 多かるべし, 多かれば, 多くある, 多く祖父, 多少でも, 従っては, 御奉行樣宜敷, 更に高飛車, 段々聞, 殺されかけて, 照らす光, 疑はれまいもの, 祈らぬが

▼ ぬうち~ (1703, 1.5%)

6122 にその 20 にお, に早く 19 にもう 18 にまた 16 にこの, に私 1410 に彼 8 に死ん, に自分 7 に二人, に又, に死ぬ, はこの 6 であった, にここ, にはや, に其の, に父 5 からもう, だった, に夜, に東京, はここ 4 にいきなり, にそれ, にどこ, に一刻, に今度, に御, に突然, のこと, は決して

3 [30件] にあの, にさ, にたちまち, にまたもや, に一つ, に事, に事件, に八五郎, に再び, に大きな, に女, に家, に年, に彼女, に必ず, に忽ち, に急い, に早, に母, に消え, に疾く, に第, に花, に被, に逆, に途中, に雨, に飛ん, はお, は素見

2 [106件] からあの, からその, から何, から新聞, から東京, であつ, でした, と官兵衛, と私, にいっ, にかへらね, にきっと, にこの世, にこんな, にじゆん, にすでに, にせめてもう, にそう, にそんな, にと思っ, には帰京, には歸京, にぱっと, にまったく, にみるみる, にもはや, にわたし, にわれ, にサッと, に一度, に三日五日, に乱, に五六十, に人, に人々, に伴三郎, に何とか, に修繕, に俺, に僕, に全快, に凍, に叔父, に口, に坂井, に埒, に塔, に大きく, に妻, に妻木君, に姫, に姿, に富江, に少し, に川, に巣鴨中, に床, に底, に引, に彼ら, に恐ろしい, に悉く, に戻っ, に手, に拙者, に提灯, に文吾, に日, に日本, に晩餐, に曹操, に最早, に村, に格子, に極めて, に次, に死, に消し, に王城, に王宮, に発射, に皆んな, に秀吉, に立消え, に老婢, に腕, に誌, に足, に門, に闇, に高子, はその, はそれ, はたとい, はやはり, は人, は出す, は夜中, は妹, は安心, は死ん, は滅多, は自分, は行く, は誰, 早くも

1 [1050件 抜粋] あの一勢, お暇, お銀様, かかる貴人, からあなた, からいっそう, からかれ, からすでに, からつまり, からの力, からはたして, からはや, からみんな巡査, からスタンド, からモー一升壜, から何で, から勝手, から半兵衛, から喝采, から大, から妹, から子, から寢, から強請むの, から待兼, から怯み立っ, から敗北, から既に, から晴着, から曹操, から校正, から氏神, から熊蔵, から物置, から玄關, から私, から老人, から自分, から若松屋, から襟首, から起っ, から身支度, から酒倉, から麥, がよい, が面白い, こそじゃ, こそ情愛, こそ花, この靄, じゃよ, じゃ曖昧, せいぜい開かれた, その巨躯, だ, だけで, でありました, で好かっ, とその, ともあれお目にかかった, と信じ居り, と大急ぎ, と彼, と淀, なにか叩く, ならば, なんて矢, にあっと, にある, にあわて, にいかさま, にいささか, にいつしか, にいつのまにかすっかり, にいよいよはっきり, におい, におそらく, におそろしく, にお父さん, にお茶の水, にかれ, にがたん, にげろ, にこちら, にこんど, にさっさと, にしだいに, にしるし, にすくなくも, にすこし, にすばやく, にすやすや, にそこ, にそこはかとなく, にそち, にそれら, にた, にたくさん, にだまっ, にちゃんと, についで, につけ慕っ, にである, にとある, にという, にとうとうふわふわ, にとすぐ, にとほとんど, にとまだ, にと云, にと兄弟ども, にと原書, にと姉宮, にと庭, にと彼ら, にと石塔, にと言う, にど, にどうぞ, になく, になくなっ, になくなる, になん, になんとか, にはしゃぐ, にはやく, にひどく, にひらり, にふ, にふたたび, にふら, にま, にまず, にまだ, にもうがんがんと, にもならぬらしき, にも一人の, にやっと, によい, によそう, にわざと, にアーク灯, にオヌシ, にキレイ, にサイパン玉砕, にセル, にタカ子, にチョッキ, にハッ, にバルセローナ銀行頭取, にフハン, にペトゥルーシャ, にボースン, にマリニャン, にヤア, に一介, に一掃, に一日, に一生, に一言先, に七時夕食, に三たび, に三左, に三度目, に上様, に下女部屋, に丞相府, に久枝, に事務所, に二, に二匹, に二本, に五時, に亡くなった, に亡くなりました, に今井, に他所, に伝右衛門, に何故か, に余, に価格, に信長, に倒れた, に僅か, に先ず, に光春, に入口, に全国, に六人, に内庭, に処分, に出かけたい, に出よう, に出発, に切腹, に利家, に前, に加藤次, に勇蔵, に勝手, に十国峠, に十本あまり, に半分, に原, に友, に古式, に右端, に吊り, に名人, に向い, に吻, に味方, に和睦, に唐, に四散, に土藏, に城太郎, に堕胎, に塩鯛, に多分, に大兄, に大村, に大阪, に天, に天国, に夫婦別れ, に失っ, に奔牛, に好い, に妙子, に姉, に娘, に媼さん, に孔明, に完了, に富士男, に察知, に将軍家, に小太郎, に小役人, に尼二人, に尾道, に山勘横町, に山盛り, に島五六郎, に左源太, に帰った, に帰らね, に平尾男爵, に幸い, に庄吉, に度々, に廊下, に弦三, に彫られた, に後生大事, に心, に志津, に怒, に思いがけず, に急, に惣平次, に感激, に成仏, に我々, に戻され, に戻りましょう, に戻れ, に扉, に手足, に承諾, に拡声器, に捕えられ, に捨て, に揉み消し, に攻める, に斬られ, に新, に新内語り, に新選組, に既に, に日露戦争, に早一ヶ月, に春, に時節, に暴力, に書い, に書き上げ, に書け, に月, に木, に村上さん, に杣, に松子さん, に柏軒, に桶, に樹陰, に止めた, に正木博士, に歯, に歸つて, に死にました, に死骸, に段々日, に母上, に氏, に気分, に気絶, に永い, に汚れ, に河田翁, に泣きしきる, に洋上, に流弾, に浮田村, に涙, に激しく, に火の手, に然, に片づけ, に片寄せた, に狂, に猫間犬丸, に玄徳, に王様, に理髪師, に田舎, に町, に病, に痛み, に発表, に白馬, に百円, に目, に目的地, に相, に省作, に真, に眠っ, に着くであろう, に矢木沢, に破い, に破損, に神, に神尾家, に私達, に空, に突い, に立っ, に立派, に筆, に簡単, に粉雪, に素早く, に終る, に給仕, に縁故, に署内, に老公, に聟養子, に胆, に胸, に自分たち, に與, に船, に芋, に苦笑, に茫々, に草刈, に荒れた, に落せ, に葉子, に藤枝, に衆座, に行き着けるだらう, に行家, に裏, に見す, に見る, に見世物小屋, に見聞, に解宝, に言っ, に記念帳, に誰, に谷口, に賢, に起き出で, に起出, に跡かた, に踏み潰され, に車, に辞し, に追いついた, に追討ち, に退散退散, に逃げだした, に連れ, に遊ぼう, に道, に道具方, に酔う, に里, に金色, に銀行, に陣幕, に障子, に隣室, に雷雨, に霧, に青年会, に非常手段, に鞍, に頭上, に食事, に飢え死に, に首尾, に駈け, に骨, に高い, に鬼頭, の事, の方, の養生, はいかなる, はうごく, はこれ, はご, はぜひ, はそちたち, はちと, はといふ, はとひとえに, はと奔馬, はどうも, はどんなに, はびた一文, はまだ, はめし, はめッ, はやく途中, はや蹴, はわれわれ両人, は一応, は上がるまい, は他, は出来ません, は前途, は参りませぬ, は口外, は吟味, は多少, は奉行所, は将軍家, は山牢, は帰られない, は帰国, は御, は怨み, は手, は断じて, は昼, は書き出そう, は東京, は梁山泊, は死ねない, は氣, は汝, は無益, は生き, は眠る, は笛, は総理大臣, は肩, は腰, は草紙, は視力, は許す, は退かじ, は通す, は都, は開門, は顔, は駄目, またかならず, も捨て, アッという間に真, 切り取って, 又物音, 各砦, 失せるもの, 帰ろうと, 御工夫, 早くいこう, 早く早く, 早よう, 温直に, 疾く疾く蜀, 老将, 逃げるよう

▼ ぬから~ (1582, 1.4%)

140 である 4113 です 9 それは 8 じゃ, だと, であります, 私は 7 仕方が 6 では, なの 5 それが, だである, であつ, であろう 4 ここに, で, 今日の, 余は, 勝手に, 安心し, 左様心得ろ, 私が

3 [11件] いまの, お下り, して, それを, 何の, 俺の, 先に, 少し休ん, 方が, 殺して, 致し方が

2 [68件] お前が, お吉, これは, これを, そのつもり, だそう, だった, だという, であった, であるが, でこれ, どこか, なので, まず長命, わたくしは, 中, 了ません, 人の, 今の, 今度は, 以上の, 何でも, 何なら, 例の, 僕は, 兎も, 其樣な, 兼て, 別に名誉, 勢ひ, 午前か, 右の, 困る, 困るという, 土地の, 多少の, 夫れ, 女房が, 如何とも, 小説を, 島流しに, 己は, 已むを, 彼は, 従来の, 我身を, 手の, 折角の, 持って, 木といふ, 機会が, 止せと, 此の, 此奴裏切り者である, 此方へ, 母の, 気臆が, 水が, 浪が, 私達は, 種々の, 結局は, 自分で, 自分は, 自分も, 見て, 非常に, 髷を

1 [1107件 抜粋] ああし, あちらに, あても, あらかじめ御, あるいは前後, あるいは血引き, ある旅籠屋, いい出したらしい王充, いくら問われ, いくら種類, いさ, いずれ海外, いつでも, いまこの, いまだほとんど異教的, いらぬよけい, いわん, おいでに, おかしいと, おそらくは用い, おのずから私, お使, お前は, お母様も, お由羅殿, お紺, かかる制度, かなりおくれ, かりに意味, きっと小言, きつと, こうし, こうして待っ, こうと, このこの乳, このとおり, この兩人, この勝負, この擧, この縁談, こりゃはやおやかましゅう, こりゃア何, これから宿直, これで, これも, こんな処, さうし, さっそく実行, しかとした, しっかり読むべし, しばらく徳川時代, じゃ不便, すぐに, すぐ埋め, するので, ずぶ, せめてはこ, そういうもの, そういう批評, そこでどんな, そちには, そっと其儘, そのいう, そのお迎え, そのものは, その体, その儘, その問題, その年代, その手續, その死ぬ, その点, その論, それだけの, それでお, それで余部, それで夫婦喧嘩, それのみが, それまでは, そんなこと, そんな仕事, そんな質問, ただハイ, ただ身, だが, だそれ, だだとは, だといふ, だんだん貰っ, だ竜, ちやんと, ちょっと話したい, つねに不幸, であ, であらう, でありまた, であること, であると, であるらしい, である隨つて, でございます, です今日, ではた, でも, で到る所, で庚申塚, で暢気, で親父, とうぶんは, とにかく泣きたい, どういふ, どうかし, どうか奥中将, どうか母, どうしてもその, どうぞわたし, どうぞ奥様, どうもますます疑わしい, どぎまぎし, どんな方, なお私, なにも, なるべく言葉短, なんとかならぬだろう, はたしていつ, ぶじで, ほんとうの, まあ安心, ますます迷う, まず力寿, またおめおめ, また引っ返し, また蛇, まだこれ, もう帰ろう, もしその, もし諸君, ものそのものは, やむをえず水竇中, やむを得ぬ事, よいが, よくあらためて受けとり, よく心して申す, よろしくない, わからなかったが, わしも, わたくしの, われながら, オレは, クラーク先生を, サンフランシスコに, ステッキは, ドーゾ不相, バタと, フランスの, 一々弁ぜず, 一つ所に, 一人気の, 一刀に, 一同は, 一寸判定, 一度は, 一応郷里, 一日も, 一旦罷め, 一概に信用, 一生懸命逃げた, 一萬千三百町の, 一通りあの, 万国の, 三人は, 上る事, 上書だけを, 不審であろう, 両人の, 主人は, 之は, 乾草の, 事実を, 二人とも, 五經であります, 亭主を, 人を, 人柱抔全く, 今から, 今までの, 今一場, 今一粒飲ん, 今回情死した, 今度の, 今日申しませぬ, 仕様が, 他人も, 他室へ, 他日若し, 代りばんこに, 仰天する, 何うしようこっそり, 何がな商法, 何とか定め直さね, 何なり, 何れとも, 何処まで, 何分頼む, 何卒親, 何時の, 何時までもべん, 何様な, 余儀なく働き, 使用人として, 俗物輩の, 借入する, 偉大だ, 僕なんか, 僕を, 兆民は, 先ず其の, 先だ, 先方の, 先生の, 入るが, 其のたび, 其の以後, 其の様, 其の相棒, 其下に, 其処で, 其辺は, 内の, 再度と, 出たゴシップ, 分らぬ, 切腹し, 判然致しませぬ, 別にその, 到る処, 前知事, 動かぬか, 匍匐う, 千種は, 卑怯な, 又たまに, 取り合, 可なり心, 各自競争し, 吉原では, 名字は, 君だけ, 吾子が, 咄嗟の, 唯無言, 喪服は, 困って, 困ること, 図太い事, 土着の, 墓誌銘を, 夏は, 外国トオキイに, 多分私, 夜縄で, 大に, 大平氏に, 大木を, 大砲の, 夫も, 奇妙と, 奥の, 女の, 好い加減の, 如何なる簡単, 始末に, 字が, 安堵し, 安心せよ, 宜いか其の, 実証的と, 家を, 家内中の, 宿泊出来ぬ, 密と, 寧そ切腹致そう, 寺の, 小太郎新太郎などと, 小農共は, 少しばかり, 少しも気, 尚更和, 島津家の, 左手で, 己十風の, 師匠が, 帰られないと, 平壌から, 幾許かに, 庭でも, 廊下を, 引き続きやってくる, 引つ返したといふ, 当人が, 当分遠ざかっ, 当時の, 彦と, 彼方の, 彼自身無事である, 後ろ向きに, 御伴, 御参考, 御安心, 御面倒, 心得ましたと, 必ず化け物沙汰, 必然お, 忍耐し, 思ひ止, 怠状, 怪しいの, 恐る, 悠々と, 愈, 成る丈, 或いはこれ, 戸を, 手が, 手もちぶさたに, 手真似や, 手織りの, 抜け殻を, 拙者と, 拠所なく, 按摩が, 探究心も, 推して, 敏雄だけは, 教育家たる, 文学でも, 料理屋へ, 斬って, 断言は, 新に, 旅を, 日本の, 日頃の, 旨くは, 早く取る, 早く燈光, 早川様が, 早速旅行券, 昇例の, 明日二時頃に, 昨今反, 是の, 是れ, 是非とも, 昼の, 時を, 暗い道, 暫く別もの, 書物を, 最古い, 有無を, 本を, 本書が, 村では, 桑港に, 模様を, 次に原文, 歐洲の, 止めようとでも, 此奴は, 此手段とて, 此村を, 死んで, 殘し, 殺せば, 毎日通っ, 気絶する, 氷を, 決着し, 況や以前, 泣きたいばかりの, 注意に, 洗いか, 浄めて, 浴衣だけ, 淋しいもの, 漸うの, 濡れたところ, 無に, 無暗に, 無言の, 特にラサ府, 狐つきは, 狐憑きの, 理科を, 生命価, 生計に, 用意萬端兵部が, 甲州屋の, 男らしく正直, 留守に, 略して, 當分五十嵐の, 病み付いた事, 皆落胆, 相当つきあ, 省いた, 省略する, 真に私, 真面目一途で, 矢張り斬罪に, 矢張三年行つて来る, 知つてゐる, 知れて, 石や, 碌な, 示教を, 秀れた, 秀郷貞盛は, 私に, 私も, 私一人来ました, 穀物の, 第一, 精査を, 素徒は, 終に絶望, 結局東西の, 総ての, 縁の, 罪悪という, 耳からの, 聞くまで, 胸倉を, 腹こなしを, 臥床に, 臨終の, 自分の, 自動車は, 自然その間に, 至急に, 船を, 色も, 芸が, 若し何ぞ御用, 草鞋に, 葡萄酒でも, 虎の, 螢狩は, 行くの, 行け, 行先に, 術を, 衝突を, 解事者を以て, 言は, 訳を, 詰まらない, 話せない, 詳しいこと, 説話体を, 論争する, 諦めよ忘れよという, 謹慎させ, 貴方を, 起きて, 起して, 躊躇する, 軽く叩い, 辛抱する, 農民の, 近くへ, 返すなどと, 退屈凌ぎに, 逃げると, 連れて, 遂に西洋種, 運の, 遠国に, 選擧用紙に, 邸に, 部屋を, 酔ひ紛れに, 金円品物は, 鉄の, 長く伸びた, 開化の, 雜と, 雨が, 零な, 青森からは, 面倒と, 頭を, 食物の, 馬鹿, 駄目である, 駕籠へ, 高らかな, 魚の, 鳥の

▼ ぬので~ (1050, 0.9%)

74 あつた 20 私は 13 ござります 12 あらう 11 あらうか 10 あつて 7 彼は 5 ござりまする, それが, 二人は 4 あらうと, 有つた 3 あらう情ないとても, この女, これは, これを, せう, それを, 今は, 幾度も, 有る, 私が

2 [44件] うつくしい可愛らしい, おざる, これも, そのま, のぞいて, また欄干, もう一度勘定, わたくしは, 一月ばかり, 中は, 二人の, 人々は, 人に, 人間に, 内心の, 利害得失の, 医者も, 女は, 定めて, 少しは, 市郎は, 庭へと, 揉まれ揺られて, 晩成先生は, 更にまた, 最初から, 有った, 此処に, 此頃では, 活字函を, 無口な, 燈火の, 甥も, 私の, 筆が, 自分で, 自分の, 自分は, 自然に, 見物は, 近江屋といふ, 途方に, 飛んだ我, 鵜呑に

1 [762件 抜粋] あちこち探し, あつたなら, あつて個々, あなたが, あらうが, あるいは炭焼沢, ある日, あゝそれほど, あゝまで, いきなりと, いくたび, いずれも, いつそ私, いつもあたし, いつも寸づまり, いやもう, いよいよ心細く, いろいろの, うしろへより, おたずねした, おつぎ, お上に, お勢, お幸, お母様は, お玉は, お蔦が, お迎えに, かくては, かくの, かく諸国, かれは, くどいのね, こういう夜, こうして四五日来ここ, こそつぱい儘, この土手町, この夜, この意味, この訳, こらえて, これが, これ以上に, こんな殺風景, ございます, ござりましょう, ご新造, さがして, さきに, さっきから, さてこそ, さては謀反, さりげなく, しばし呆然, しばらく寄木, じっと辛抱, じれて, すっかり多鶴子, すっかり自信, せうかの, せうが, そうこうする, そうした若林博士, そこから, そこで弱い, そこに, そのままどこ, そのまま口, その取, その味, その大, その心細, その方, その果, その準備, その点, その町, その胆力試験, その間は, その頃, それでお, それで実際, それには, そればかりは, た, ただいまごき, ただもう, ただ不思議不思議, ただ呑んだ, ただ役者, ただ首, たとい少々声, たまたまにしか, ちらりと容子, ついつぎほがなくて, ついには, ついに七月一日, つい忘れ, つとめて運動, つまらなく引き返し, とうとう保, とうとう森, とうとう活版所, とうとう近所隣, どういう治療, どうかし, どうした, どうしても味, どうなっ, どうもそう見られ, どう手出し, どこにも, どれも, どんどん戸, はじめてふらふらと, はっきり見定める, ひそかに, ひとりで, ひどく苦しんだ, ふだん優しく, ほんとうに, ほんの通信教授, ます, まず可, また聞きたくなった, まだそれほどの, まだやっ, まったく死んだ, みんなからりこう, もうあきらめ, もうしばらくお待ち, やっと安心, やっぱり我流, やむを得ず是々非々主義, わからぬが, わたくしと, わたしは, アドミラルに, イクラ働い, ソコデ, ニャートンの, ブロックは, リッジ通し辿った, 一人車房に, 一体どうなっ, 一体日本, 一同玄関の, 一名鴛鴦の, 一寸出し, 一層その, 一層深く, 一日二食主義を, 一本薄の, 一滴甞める, 万一彼奴, 万作の, 三谷氏の, 三造と, 下げて, 下宿屋に, 不便だ, 不安を, 不平で, 不幸な, 不意打ちに, 両三人, 両方の, 久い, 久や, 之を, 乙鳥音吉に, 乞食も, 事が, 事皆成らず, 二三の, 二人で, 二十輪の, 二日ほど, 京橋口も, 人からは, 人の, 人間には, 今では, 今一つ, 今一應尋ね, 今度は, 今復岩波氏, 代わりと, 仲間の, 仲間同志で, 住人自身までが, 何か, 何とも云え, 何とも為, 何よりも, 何を, 何気なく通り過ぎ, 余は, 例の, 便りも, 俊男は, 保は, 保胤の, 俥屋さんも, 僕も, 優善徳安の, 先ず高崎, 先に, 兎に, 兩手を, 六月十九日に, 其爲めに, 兼太郎は, 再び手紙, 再び聞い, 再び郷里, 再応出願せられ, 冷い, 凄いの, 出入りの, 出席生徒の, 別に不思議, 到底眠る, 前回の, 前橋へ, 力の, 匆々に, 卓の, 博徒の, 即ち種々, 又新に, 友が, 口論も, 古本ばかり, 只今では, 只今下絵浄書中でございます, 可也気味が悪い, 可厭, 同志の, 同時に御免, 否文学, 周三は, 和名鈔には, 唇の, 唯黒い, 喃七十三万石も, 困って, 困つて, 土地の, 土地經濟が, 地面は, 増長した, 売って, 夏山の, 夕暮の, 夜の, 夜間など, 大きに失望, 大くさり, 大急ぎで, 大抵和服, 天照大神の, 天錫の, 失望する, 失礼だ, 女主人は, 女房が, 如何かし, 妹らよ, 姑く, 姫君時代の, 嬉しかった, 存外疲れる, 孝道の, 安心した, 宗匠と, 実に困りました, 実に心外千万, 家が, 家の, 富士男を, 寒かつ, 寝台の, 寧ろ足手纏, 対州の, 将来の, 小さなつぼみ, 小僧は, 小生は, 小百姓の, 屋敷の, 屋根は, 山里丸加番土井が, 巡査等は, 巡査等も, 已むこ, 已むを, 帰すの, 帰宅する, 年を, 幸福に, 幾日でも, 広い立場, 広間が, 序に, 廊下に, 引き上げて, 弱つて, 当時の, 彼も, 彼女は, 往って, 往復の, 後から, 従ってこまかい, 御正体, 心から神様, 心配の, 必竟貴所に, 忌みの, 思いきつて肉体労働, 思いを, 思い立って, 思い返して, 恐ろしいとも, 恐ろしく面倒, 悩み居るの, 悩んで, 愛犬に, 憤つて, 手や, 手古摺って, 押しかけて, 抽斎は, 指図に従って, 捕まえること, 推察に, 敵は, 數, 文明十八年に, 文書を, 斯様な, 新橋へ, 方々を, 方向を, 日々人知れず, 日の, 日夜苦痛に, 早く起き, 時々山, 時による, 普通の, 暫く借宅, 曾乃刀自に, 最初は, 有らう, 有ろうか, 有名である, 本を, 村の, 条件を, 東京と, 枚方で, 栗鼠を, 桑の, 楓の, 極力諫め, 横へ, 止むを, 止めた, 正直な, 正誤表の, 此の際に, 此方は, 殆ど染, 残念そうに, 残念ながら, 母屋では, 毎度かの, 氏郷の, 気が, 気にも, 気味悪くヌラヌラ, 氷った儘, 氷嚢で, 沢山の, 泣きの, 泣せがむ, 泥酔すべき, 清七殿ひどく, 湯町で, 準備を, 漢學者はを, 火の気の, 火種を, 無用の, 然ら, 煩悩と, 父にも, 父親は, 物足りなかった, 特にコンドル, 王は, 現にそういう, 甚く, 甚だ失礼, 用が, 田島は, 留守を, 略述する, 異様に, 疱瘡を, 癪に, 發憤し, 皆んなは, 皆異なった, 盛んに, 相手が, 眼だけ, 矢島周禎の, 矢張り鐵道馬車で, 知らぬ人, 短いもの, 碁は, 碁将棋または, 神経ピリ, 禪宗と, 私も, 私共を, 立ち止まり行く手, 立往生を, 競馬場も, 籐椅子や, 約束は, 結局やはり, 結局涙泉の, 翌日迎へに, 耕地は, 腕まで, 腕を, 腹一杯たべ, 自から, 自然借り手が, 自由に, 良正は, 芸人たちは, 苦しがる, 草に, 著物, 蒲伏し, 見ること, 見れば, 親父は, 記憶に, 詮議は, 誠に具合, 読む方, 調戯に, 諸君の, 諸士溜所, 警察の, 貝を, 貞之進はた, 貧民に対する, 貰って, 買ふなら, 足跡などは, 踵を, 軍備は, 軽蔑されてる, 辞職した, 近ごろ新聞雑誌で, 返辞も, 退出しない, 退屈する, 通ると, 通訳官に, 進行を, 遂に免れた, 遂僕の, 過ちは, 過日来昼夜交代で, 道臣と, 遣り場の, 銀行へ, 銭も, 門から, 閾の, 隣の, 雨が, 青々園伊原さんに, 面倒臭くなっ, 題詩から, 飛んだ我まま, 駕を, 駕賃も, 驚いて, 骨が, 高氏が, 鯉がの

▼ ぬ~ (1015, 0.9%)

32 が多い 17 がある 15 はない 10 であつ, である, の手 9 であった, はあるまい, もある 8 もあるまい 7 の顔, もない 6 が多く, が見たら, になっ, のよう, を見る 5 だ, なので, のため, の俤, の名, の心 4 が多かっ, です, なの, に縁, のやう, の中, の前, の声, の子, の歌

3 [20件] ぞ多く, であったが, でその, と呆れ, なし子供, なれば, にて新, には想像, の, のこと, の妻, の姿, の気配, の言葉, はありません, は大方, は小首, もあり, をよく, 多し

2 [63件] があります, がいる, がない, が来, じゃ, だから, だと, だね, であって, であります, ですよ, とてない, となっ, と一緒, と思った, と言い, なり, になった, になりました, に助けられ, に言葉, に買, に逢, に預けられた, のある, のいう, のすさび, のところ, のない, の世, の仕事, の住む, の影, の生, の言, の訪問, の誰, の讒言, の身, の身の上, の頭, は, はなかろう, は一足, は何とか, は俳句, は案山子, は死ね, は無い, は知らず, ばかりである, もあった, もあつ, もなく, も多い, も多く, も少なく, も沢山, を思ふ, を思ふなりけり, を慕う, を迎え, 死ぬ夕

1 [586件 抜粋] あり確か, うなだれつつ, かもしれない, からこうして, からでもほほえみかけられる, から医学士, から歌, から見たら, が, があらわれました, があろう, がいい, がいっ, がかれこれ, がかわり, がこういう, がこの, がこれ, がこんな, がしみじみ, がそう, がそで, がそれ, がたくさん, がたまたま, ができ, がどれ, がよそ, がゐた, が一人, が一晩中使用, が今日, が仲, が住ん, が何人, が入っ, が出来た, が到着, が多かろ, が學園, が実際, が富士, が差入れ, が思はぬ, が恋しく, が戦争, が手, が普通, が最近, が有ろう, が来会, が求婚者, が沢山, が澤山, が無理, が現代, が第, が素晴らしい, が絶え間, が英語, が表口, が被害者, が要領, が見, が見た, が見たなら, が言い出した, が趣味, が通る, が酔っ払った, が隠れ, こそ口惜, さえ多く, さめぬ扇もとむるわが衣ずれ, すなわち若い, すらあった, すらある, ぞあわれ, ぞなかりける, ぞ貴人, たるべく遠く, だけが買, だけは別, だったから, だったのに, だつたの, だなどと, だもの, だよしんば, ってそうたんと, であったかも, であったけれども, であったとも, であったならば, であったに, であったのに, であっても, でありその, でありますが, であるから, であること, であるなどと, であれば, であろう, であろうと, でした, ででもあれ, でない, ではあつ, ではあり, ではある, ではない, では肝心, でもこの, でもとにかく, でもなかっ, でもなし, でも勝たせたい, でも待っ, でも肖かり, で優善, で有, で村人, で板場人, で江戸前, で無く, で賑, で逢い, とあたった, というもの, といっ, といふでは, とがある, とし, としてた, として住ん, として見知らぬ, となされ, となった, となる, とのみはいえない, とは会っ, とは共に, と五年ぶり, と人為的, と会っ, と冬籠, と君, と呼ぶ, と夫婦, と家庭, と思っ, と思つた, と思ひ, と思われる, と為したる, と甘えた, と相, と結ばれ, と考え, と行かじ, と見え, と見えた, と言わね, と食事, ながらただ, なき位, なき大東新報社長ジョン, なき日, なくよき聟, なとの想像, などは内, なら却って, なら必ず, なりき, なりその, なりと再度, なり又, なんとへんじ, に, にあんまり, にお, にお金, にかえって, にする, にせられた, にその, にだ, にだって鼎, については今, につれられ, にて, にて死し, にでも, にでも誰, にとってはただ, になつて來, になる, になれ, には, にはあけ, にはわし, にはアッ, にはピッタリ, にはルナアル, には伝へ, には何, には信じられない, には兎, には全く, には危険, には口, には多少, には毛, には玄関払い, には異なるべく, には登攀困難, には聞い, には興味, には見当, には解り, には誰, には随分, には鰻, にまで, にまでう, にまで風聴, にもぢぢ, にも創意, にも効く, にも夫, にも自己, によく, にわからぬ, にコン, に一生, に会う, に会っ, に会った, に伝える, に何, に何で, に出くわした, に出会した, に危難, に取り, に向, に向かっ, に声, に多い, に対しても相当, に対する跪拝, に對, に戀, に料理法, に物, に理解, に生れた, に疑い, に礼, に祟り, に自分, に落ちぬべし, に行, に見せるべき, に託し, に訴え, に逢う, に違, に邂逅, に酷, ねと云, のあやまち, のあれ, のいった, のいと, のごと, のちとせ, のつら, のなか, のなさけ, のならい, のまえ, のみにはあらず, のみやげ物, のみ住ん, のみ多し, の一旦, の人, の介抱, の何時, の便り, の出現, の力, の勧告, の口, の名刺, の好, の如き, の姿かたち, の室内, の家, の宿命, の寄稿, の尋ねたまい, の帰来, の弟, の御, の思はく, の思ひ, の怪しみ, の恋しく, の悪い, の悲しい, の情, の想像, の愛人, の慰め言, の我等, の批判, の批評, の推し, の故, の旅, の有る, の杖, の歯, の気, の氣, の涙, の為め, の為る, の父母, の片手, の特長, の群, の群れ, の義理明, の義理明らか, の習, の習いと, の與, の興奮, の荷物, の行方, の衣, の言う, の計らざる, の記憶, の訪れ, の許, の話, の誰彼, の謂いである, の通るべき, の邪魔立, の郎党, の門口, の闖入, の附けた, の難儀, の面影, の頭上, の顏, の鼻, はあの, はあらじ, はおのれ, はことさら, はござんすまい, はた, はだいたい, はつくづく, はどうか, はなかつた, はなから, ははなはだ, はまず, はわが, は一人, は上, は之, は云っ, は五, は人形, は今日私, は低かろ, は何とも, は余程, は分らぬ, は喫煙者, は困るだろう, は大急ぎ, は少い, は心, は必ずしも, は恐怖, は愛し得べき, は戦争, は東銀子, は気の毒, は永遠, は生きる, は皆さん, は矢張り童子, は知るまい, は神様, は私, は窓, は級中, は話せぬ, は讃歎, は身分, は金錢, は青森, は驢, ばかりだ, ばかりで, ばかりであった, ばかりです, ほど實, までぐいぐい, もあらう, もあらし, もありました, もありましょう, もありません, もあれ, もいました, もいる, もし, もその, もたくさん, もないえらい, もなき, もなけれ, もまだ, もゐる, も出, も少なかろ, も幾分, も御, も気の毒, も無い, も無から, も知らぬ, も見ぬ, も軍, も酔う, も醉, も長き, やとそむき, や人, や山, や山の端, や眞, や真に, より少しく, よ掌, らしく露八, をあくまで, をしたひし, をどうして, をはたと, をまでも詩境, を下知, を世話, を仇, を今日, を信じた, を入れ, を前, を合わね, を呼び止めた, を哂, を家, を待っ, を得た, を思う, を恃むより神佛, を悼み, を愛した, を愛し得る, を愛する, を斬つ, を斬る, を私, を秋風, を素直, を置い, を評し, を論ぜず, を間, を雪, 忽ちにわれ, 故松助, 来て, 知れない苦しみ, 見るとても, 転びつる夜

▼ ぬやう~ (1011, 0.9%)

60 になつ 56 にし 2318 にする, になる 14 である 12 な気 11 なこと, なもの 8 にな 7 だが, では, な心持, な氣 6 であつ, にそつ, に成つた, に注意 5 な事, な顔, にお, になり 4 なところ, なり, に思, に思はれる, に気, に育てられ, に見, に長く

3 [24件] であるが, との心配り, な, な心, な気持, な状態, な顏, にした, にも無い, に存候, に小, に小針, に廊下, に心がけ, に成りけり, に成りぬ, に用心, に相成, に私, に自分, に見え, に見える, の心, 心がけて

2 [56件] だ, であります, でございました, です, なこの, なの, な不思議, な事情, な人間, な仕事, な低, な動作, な危, な大きな, な小さな, な惡感, な態度, な時, な氣持, な破目, な苦し, な面持, にこつ, にしたい, にしてやる, にしなけれ, にしよう, にせね, にそこ, にその, にできる, にとそれ, にと思, になりました, になるだらう, にも思はれる, に努力, に声, に守つて, に心掛け, に思はれ, に思はれた, に思ふ, に感じ, に感じた, に極めて, に次, に氣, に消え, に焦, に眼, に部屋, に静, に食事, 心掛けて, 致したく候

1 [492件] あの橋, あらじと, ありたいと, ありたし, いでその, おねが, したいと, して, すです, するとの, だけれども, だと, だね, で, でありますが, であるけれども, ですが, でも, でゐ, で寢, で有, とのいましめ, ないへば, なお, なおもひ, なこれ, なさしめん, なし給, なせひ, なそして, なとき, なところが, なはつきり, なひがみが, なへん, なまた, なものの, なやから, なやり方, なゆ, なら必ず, なら飯, なりと, なること, なるべく早う拙, なる声, なる饗應, なイタヅラ, なフラ, な一つ, な一種微妙, な上カモ, な下らぬ考, な不可思議, な乾物, な事実, な人, な何とも, な例へば, な俳優, な傑, な僞物, な先入, な冷, な力, な厄介, な厭, な口, な口喧嘩, な口振り, な句, な史料, な名所, な和やか, な哀れさ, な唯, な問題, な喜び, な嗜虐癖, な四十四五, な地域, な坊主, な場合, な境遇, な声, な変, な外観, な大き, な太甚, な奇々怪々, な奇妙, な好, な如何なる, な始末, な威張りかへ, な学生, な小, な小さい, な少女, な山地, な弱々しく, な形, な彼, な御, な微か, な心地, な思ひすら, な思ひも, な怪しから, な恩澤, な悪感, な悲惨, な悲痛, な情況, な惘れ顏, な意味, な感じ, な慳貪, な懲罰, な戯曲, な所, な支離滅裂, な昆虫類, な時代, な時間, な格好, な森閑, な樣子, な次第, な気分, な決心, な沈黙, な油断, な浮気, な無作法, な無造作, な焦立, な片隅, な物, な物腰, な物語, な生々, な男, な目, な眠り, な知識, な社会, な種類, な突飛, な立場, な立派, な符徴, な粉飾, な素振り, な細い, な結果, な縫紋, な義理合, な羽目, な老獪, な者, な肌, な色, な苦痛, な萬一車代, な薄化粧, な行爲, な複雜, な親しい, な言葉, な詞, な話, な誤つた観念, な論議, な諸, な警戒気分, な譯, な迷信, な遊びかた, な釜, な鈍痛, な錯覚, な間遠, な険しい, な靜かな所, な顏付, な顔つき, な風, な駄洒落小説, にいた, にいつた, にいへる, におし, にお婆さん, にき, にこころ, にこつそり, にこれら, にしたかつた, にしなき, にしませう, にしろ, にし向けた, にす, にすべきなり, にするなり, にせ, にせよ, にそ, にそれ, にた, にだまつて薔薇, にぢ, につと, にて何となく, にて屑, にといつた, にといとも, にといふ, にとか全員火の玉, にとっくり, にとの使, にとの思召, にとの意味, にとは父, にと三谷, にと再び, にと出発, にと力め, にと嚴重, にと彼等, にと心掛け, にと念じ, にと思つて, にと懷爐, にと戸外, にと注意, にと特に, にと祈つ, にと私, にと考へ, にと自ら努力, にと色々, にと言, にと頸巻, にどし, になあんな, になさい, になぞ, になど, にならう, にならん, になりかけ, になりし, になりたい, になれ, ににこ, にはし, にはしない, にはどうしても, には考へられ, にひら, にぴつたり扉, にみえ, にみえる, にみせた, にみだれ, にも思, にも見える, にウハヽヽヽ, にジョージ旅館, にハツキリ, にピアノ, にブラ, にワザ, に一ッぱし, に一度, に世間, に人, に人堵, に今, に仕向け, に仕向けられ, に仕組ん, に仰向い, に何卒, に何者, に俯い, に借り, に側, に備, に兩腕, に六郎兵衞, に其, に其の, に其女事務員, に其強迫觀念, に其等, に出歩く, に制御, に力, に努, に努め, に努めた, に努めね, に効果, に勉め, に勤める, に取りだし, に召しませ, に叱り続ける, に呪, に品格, に唯, に嘉吉, に固めた, に土埃, に土手, に埋れたれ, に壁, に変らぬ, に外, に多く, に夜中, に太田, に子供達, に子孫, に完成, に家老等, に寄附金, に密, に少く, に少し, に居るべき, に引つ, に当時, に彼等, に待つ, に心, に心から, に心がけた, に心掛けませう, に必然的, に忍び込ん, に忽, に思つて, に思つて差し控, に思ひます, に思ひ直した, に思へる, に急かれ, に恐れ, に息, に悪い, に意, に成, に成つて, に成らう, に戸, に扉, に手のひら, に手の平, に手拭, に手紙, に打ち解け, に抑, に持つ, に振り, に捕へられ, に掛合, に接吻, に擬し, に斯ん, に旅行案内, に時時, に暖かい, に暗, に書かれ, に書く, に望ん, に朦朧, に東京府, に染み出すだらう, に柵, に椅子, に横, に機械, に此, に江戸, に注意力, に深い, に炬燵, に為る, に為れ, に焼きはらつ, に煙草盆, に燃され, に爲, に片づけ終せた, に物, に現, に生き, に用意, に病苦, に登つて, に目, に相手, に眩し, に知覺, に祈る, に私達, に程度, に穏, に空中, に窃, に竹丸, に笑, に米櫃代用, に紙, に紙屑買, に結び直し, に練習, に縛つた上, に繃帶, に繼續, に美し, に考, に考へます, に考へられ, に考へる, に聞, に聞え, に肩, に肩口, に自分達, に致します, に船, に芥川, に茅葺, に茅葺き, に落, に薪, に行き過ぎよう, に袂, に裝, に襖, に見えます, に見張る, に覚, に覚えた, に言, に言つて手, に計, に記臆, に詠ま, に語りきかせ, に調節, に負けよう, に買, に赤い, に起る, に軽い, に軽妙, に這, に通つて, に避け, に防ぎ止め, に防ぐ, に降り, に障子, に静か, に靜, に頭, に頷けり, に頻りに, に頼みます, に願ひま, に風, に馳, の英雄収攬術, の英雄收攬術, 何で生れた, 力める, 可笑, 大劇場頭取市川左団次, 御注意, 御用心, 心掛けねば, 急げ, 然るべき機関, 祈ります, 追出して

▼ ぬところ~ (1000, 0.9%)

49 である 45 がある 2013 があった 12 であった, を見る 11 であろう, にある 10 です 8 だが 7 があっ, があり, のもの 6 であると, でご 5 があります, がない, で, はない 4 じゃ, だから, だった, だと, であるから, へ, もある

3 [12件] から, があつ, であらう, でその, でもある, と覚悟, と観念, なれば, へ押流, まで来, もあっ, をもっ

2 [46件] あり, からお, から傳, から出, から老, から若い, があろう, が多い, が面白い, じゃが, だったの, だろう, だ白状, であって, であります, であるが, でございます, ではある, では毎日, で飢死, と思った, なり, にあり, にいる, にそれ, にもう, に広場, に来, に現代, に隠し, のある, の一つ, の何物, の穴, はその, はなかっ, はみんな, は分らぬ, は手, へき, もあつ, もあり, もあろう, も多かれ, を知るべし, を見れ

1 [600件 抜粋] あるが, あれば, か, かもしれません, かも知れない, からかんしゃく, からさまざま奔走, からし, からつまらぬ, からなに, からほぐれ, からぼんやり光, からぽつねんと, からやって来た, から一時洛西高雄, から一歩二歩, から不意, から人々, から伝えなかった, から伝へなかつた, から低い, から出来る, から切符, から古事記伝, から向い, から器械的, から場中, から女, から察, から小鳥, から平素風前, から推し, から更に, から泥, から火の手, から甲良屋敷, から真紅, から破門, から自然, から舌, から舞いこん, から襲いかかっ, から説明者, から起った, から起る, から那辺, から霊魂, から頭, があったら, があなた, がありまし, がありました, があるらしく, がいくら, がお, がこ, がございます, がすこぶる, が一つ, が何とも, が余, が出, が出来, が却つて, が吾輩, が多かっ, が多く, が奇妙, が彼, が旨い, が残っ, が殘, が気にいっ, が澤山, が現れ, が生ずる, が自然, が近代, こそ利休, さ, さればぞ, しかし日頃, じゃいい, じゃった, じゃによってお, それからマルクシズム, ぞ, だけれども, だそう, だそれ, だったが, だったので, だつた, だみんな申, だ勾坂甚内, だ岩, だ皆んな申, だ神妙, だ觀念, であったから, であったが, であったとは, であったに, でありまた, でありもし, であり人生, であるかも, であるまた, であるらしい, であるイヤ, である相, であろう事, でいささか, でうるさい, でお, でお目にかかります, でこの, でこれ, でございますからね, でござった, でござるぞ, でござるな, でしたろう, ですね, ですべて表面, でせう, でそ, ではないだろう, ではよく, では人助け, では役, でひっかかり, でひょっくり, でもあります, でも地面, でも捨て, でわが子, でメッセンジャーボーイ, で一致, で何, で信用, で僕, で再び, で勇ましい, で十年目, で向う, で喚く, で妻, で寺, で少尉, で彼女, で御, で御座います, で意外, で旧悪, で未来, で村, で横溢, で煙硝いじり, で狸囃子, で生き, で生ずる, で真, で耳, で背, で腕立て, で自分, で自分一人, で花, で苦労, で行き悩む, で評価, で誰, で辟易, で逢いました, で逢うた, で酸苦, で闇太郎, で飛んだ, で食事, で馬脚, と, とある, とお気, とがこの, とはいえ, とは知り, とわざと, と合点, と専門家, と尋常, と思う, と悟った, と老いたる, と聞い, と腹, と見, と覚っ, どうじゃ, なければ, などもよく, なの, なるぞ, なる事, なん, に, にあからさま, にあっ, にあつ, にあと二百米, にいたずら, にかえって, にかれ, にさほど, にし, にすべて, にその, にその小さな, にとめ, にどこ, にはまだ, にはまだいっぱい, にはスパイ, には古い, には皆, には馬鹿, にほんとう, にまで四方, にものすごく, にも世界, にやや, にわたくし, にバス, にマヂメさ, に一艘, に二樣三樣, に人造人間, に人間, に今日, に住む, に住ん, に住居, に余情, に候, に僕, に内心, に到達, に力こぶ, に化物, に匿せり, に印ししられた, に却, に友, に味方, に問題, に喧嘩以上, に固有, に在った, に塵埃, に変化, に夕やけ, に外れよう, に妙, に存, に完全, に宝塚ホテル, に実, に実用価値, に尊厳, に居, に帽子, に年寄り, に彼重蔵, に思いがけぬ, に思ひ, に怪しい, に恩人, に悠々, に意地, に我, に持彦自身, に捨て, に新しい, に時代, に本名, に来る, に林, に根, に樫, に欠点, に次, に止め, に歴史, に海, に清澄, に無理, に父, に理由, に生き, に生みつけ, に産, に疼い, に發展, に私, に移っ, に突, に立っ, に立つ, に自然, に興味, に舞台, に萬葉びと, に行くだらう, に見えなけれ, に見どころ, に豊か, に負けた, に起こる, に躓き, に身, に迷いこん, に迷いこんだ, に連絡, に逸し去つ, に道徳, に部屋, に郷土学, に鍵屋, に隠され, に隠した, に隠れたる, に隱, に雉子, のとある, のひとつ, のほう, のゆかしく, のよう, のピュロー公, の一種風格, の人, の備わった, の刃, の声, の妖しい, の學問, の室戸丸, の富士見原, の崖, の帝国, の従って, の抽象, の挨拶, の未だなんら, の杖槍, の永久眞理, の深い, の演目, の知識, の籐椅子, の絵, の繪, の美味, の觀念, の路, の陰戦, はあくまで, はあっ, はあまりに, はありません, はある, はこれ, はさらによく, はなく, はぬかし, はねえ, はまた, はまっ, は一つ, は一ヶ所, は不思議, は二者, は何處, は助けなけれ, は文明的, は新しい, は有り得ない, は有形無形, は流石, は自分, は関さん, は面倒くさい, は面憎き, へいっ, へうつされ, へお, へしんばり棒, へちょうど, へと思う, へながなが, へゆく, へ人, へ使い, へ別, へ十行ぐらゐで, へ参りました, へ又もや, へ建て, へ押し, へ来り, へ歩い, へ永久, へ法月弦, へ片, へ現れ, へ現れた, へ眼, へ置い, へ蔵, へ虚勢, へ行っ, へ話, へ赤い, へ送られた, へ逐い詰め, へ連れ, へ進ん, へ陥込ん, へ電話, へ飛び立つ, へ飛ん, へ飛んでしまつた, まず心配, まだ見ぬ, までかすん, までせりつめ, までのさばり出, まで押しよせ, まで来る, まで発達, まで知り, まで続いた, まで落ち, まで行つて, まで調べ, まで追いつめ, もあった, もなく, も又, も多い, も感じず, も有, も現実, も絵筆, やっぱり百姓め, やひとりぎめ, やほか, や語法, より子供, らしい, らしいの, らしく彼女, をいっ, をさる, をそうした, をそれ, をみる, をみれ, を俗情, を六里, を兵馬, を凝視, を凝視め, を合唱, を喋々, を土地臺帳面, を大谷家, を己, を心, を感じる, を押えたら, を押えつけ, を斯様, を武器, を歩い, を歩く, を洩した, を流珠, を縫う, を聞き, を補い, を補っ, を補った, を見, を見せたくなかった, を論破, を迷い, を非常, 大きな或もの, 穢き振る舞い行

▼ ぬ~ (940, 0.8%)

54177 して, 知らぬが 6 蕎麦か, 言は 5 それが, それは 4 えと誘はれ, これを, それを, 彼は, 袋を

3 [17件] えと笑, これは, さう, さお, それも, である, ッう, ッた, 伯母さんが, 何が, 何故逢, 己れ, 柱に, 相か, 私に, 美登利が, 訣らず

2 [55件] おれは, お前が, お浪さん, かく恐ろしき, この墓地, これどう, しからざれば, そのよう, それさへ, それとも不足, そんなこと, つぎを, つての, どうか, どうかという, どうか見, みそから, みその, 一方ならぬ, 人の, 他人の, 何う, 何ぢや, 入りても, 其處ほどは, 冷水で, 分らぬから, 十六武藏でも, 十年つれ, 喜びを, 夫れ, 女, 女は, 寛怠なり, 少しも, 平次殿, 悲しや, 或は公書, 文学者たる, 昔見し, 此奴, 猿も, 知らぬのに, 知らん, 知りませぬが, 約束の, 芝八山に, 荷が, 見て, 誰ぞ, 誰樣も, 足に, 野郎, 雨が, 雨である

1 [652件 抜粋] ああ腸, ああ見ぬ, あなたは, あの塔, あの雲, あまた, あめに, あるいは仏像仏寺, あるいは何, あれ, あれあの, あれあれ危, あんさんは, あゝ腸, あゝ膓, いかに尊い, いちばい尊氏に, いっそ御, いとあやしき, いろいろ自他, うつくしき, えと誘われ, え仲, え此, おいたわしい, おくがた, おこ, おそらくは気, おばば, おれたちの, おれも, お互いに, お告者, お孝, お島, お祈祷所, お綺麗, お肚, かれこれ最早や, きっと済みませぬ, きめて, きめなければ, くし事に, くれた著想, ぐや姫に対して, ここしばらく, ここに, ここの, ここまで, ここ数日間蜀の, このタブノキ, この作品, この大, この大入り, この徳川, この文, この母, この渡場, この私, この見苦しい, この通り, これ, これでも, これらの, これ孝助一旦, ごと人とが, ご存じない, さあさあこれ, さてさて鈍, さても, さて夫, さらば今日, さる富豪, しばらく猶予, しよつてな, しれぬと, しれませんが, すぐ分かります, せっかく汝, せぬかと, そういう問題, そうどうも信用, そこどころちと, そっと, そのくらいの, そのどちら, その仏, その代り, その女, その客, その度胸, その晩, その歌, その残念, その理由, その男, その節, その謎, その運命, その音楽家, それか, それただ, それだけい, それとも一時借金, それならわし, それなら男, それにあなた, そんなところ, そんなにむずかしい, たじろぎも, ただジーッ, だ, だいぶ疲れ, だと, ちょっと見, ついこの, つた道を, つゆよ, であった, であったが, であったの, どういう責任, どうかと, どうかといふ, どうぞ柔順, どこかで, どちらかに, なければ, なぜ持っ, なぜ飲まぬ, ならぬかと, なれなれしすぎ, なろうと, はかりも, はらぬま, はりには, はり欅, ふるさとの, まあ可, ましてこのごろ, まずそれ, またはいくら鶏, またはその, または実に, または餓死, まだ, まだ分らない, まだ判然, まだ新しき, まだ来ぬ, まゆすみの, まるでわからぬ, みそには, みそ漬を, もしくはおれ, もしくは食い気, もはや目, やがて卷きあげ, やがて巻きあげ, やってきた一貫, よろめくよう, るること, れるという, れるよう, わからない, わからないの, わからぬほど, わからぬ位, わからぬ本船, わからぬ芝居, わがこころ, わしを, わたしが, われや, われらの, われわれが, ガタガタ胴を, ッおのれその, ッさっきは, ツ, トラック次第, ナアと, ネームプレート製作所にとって, モウ今日あたりは, ロセッチの, 一つを, 一人住み, 一体どんな, 一同は, 一寸計算, 一方には, 一族に, 一昨年の, 一週間経つ, 一高が, 丁字さんの, 下げぬかと, 下郎っ, 不明です, 両家の, 之を, 九州の, 予は, 二人に, 二人の, 云い換えれば, 云へ, 今の, 今も, 今日の, 今日も, 今朝から, 今誓わね, 仲間の, 件の, 但しや, 佐助は, 佐太郎主に, 何うじゃ, 何ぞお, 何とも答, 何よりかより, 何れか, 何んと, 何出る, 何卒柔順, 余が, 余り馬鹿, 來い, 信心の, 信長の, 偽偽偽, 僕は, 元通りに, 兄さまも, 兄の, 兎に, 兩人の, 八郎太が, 兵法大講会三日の, 其では, 其の嬉し, 其代り, 其処ほどは, 其方が, 其方共は, 内々危んだ, 内匠頭どの, 内蔵助が, 冤罪か, 冬がれの, 出て, 刃向は, 分からぬよう, 分らないが, 分らないやう, 分らなかったらしい, 分らなかった私, 分らぬが, 分らぬ危害, 分らぬ程, 分るそう, 判らぬ仕事, 判らぬ位, 判らんもの, 判断に, 力の, 加賀と, 北条左母次郎, 十中八九までは, 十六武蔵でも, 半々との, 即ち今, 又はどこ, 又は頭, 双方の, 反問さえも, 取るにも, 古門村の, 合わぬなれば, 同地の, 名告, 否やを, 味噌が, 命までを, 問い合わせて, 喜びさせるにもほどがあるじゃごわせんかッ, 喜びと, 喜びも, 嘲られは, 噂には, 噂を, 国へ, 国主の, 地の, 声遠く, 大問題, 大変な, 大江の, 天下の, 夫は, 契約は, 奥様の, 女の, 女史は, 女連は, 如何ぞ, 如此と, 妾と, 婆や, 婚姻の, 富武五百之進の, 将軍を, 專任として, 小野忠雄は, 尼は, 屋形の, 山のと, 左京之, 左大臣は, 左膳殿, 帰れぬか, 平次, 広大なる, 廷尉, 弓矢の, 弱き花と, 彼に, 待ち遠しい事, 御面倒, 御順, 心は, 心足ひ, 志賀の, 性悪者めと, 怨むぞ, 恥じないか, 息子, 意地の, 愚か者奴が, 愛し我子, 慮外せ, 憎まれは, 成程, 我々の, 我が祖父, 我は, 或いは之, 或は侮, 或時旦那さま, 手を, 折角汝, 抜け出ぬか, 抽斎を, 捜して, 提灯は, 政府の, 敬坊は, 数えあげられるもの, 敵の, 敵は, 新たに, 新たには, 新田義興は, 日本の, 早く左様, 早苗さんたちが, 春の, 昨夏以来北の, 昨夜は, 昨日までは, 是非とも, 時刻が, 時間に, 暗く嚴, 書き紛らは, 月見を, 木沢殿, 未だ, 未だ眼病, 来い来い, 来は, 松影射しぬ, 栗美くしう, 梅の, 梅雨よ, 森田さんの, 此の, 此一箇月許り, 此詩を, 殿には, 殿中の, 殿様は, 気を, 水に, 汝さらば, 汝らが, 洩れは, 浅草へ, 浦里は, 渡る度, 測りがたき, 源三郎, 漂流者崩れの, 漬けの, 漬の, 無用心千万, 爺っ, 猫の, 玄徳の, 玉蘭の, 理解する, 琵琶湖で, 用あり, 用意の, 田にでも, 男の, 病み臥しは, 白石十太夫を, 皆その, 眞暗, 真っ暗で, 真実わが, 知ら, 知らすば, 知らない, 知らねども, 知らんなんぞと, 知れないけれども, 知れない様, 知れぬ, 知れぬうち, 知れぬが, 破傷風が, 確かめに, 礼を, 秀吉は, 秀太郎は, 私が, 私の, 秋山要, 立たぬか, 立合って, 答は, 範覚範覚, 結城氏, 翁は, 翌日から, 習慣あやしく, 老公が, 聞き定めた後, 自分フユカイに, 興亡の, 若い者, 若し僕, 荷馬車が, 葛籠うら, 葬式が, 蒸しつつも, 蠢蟲めと, 血に, 行燈を, 袋か, 親とても, 観るものの, 解らなく返事, 訊いて, 記者が, 訣らずなった, 誰様も, 赤鼻の, 起つたら何, 足が, 身動ぎも, 辻斬り屋の, 迂濶者め, 近頃一向安さん, 近頃山田, 週に, 達者で居ます, 那の, 銭形の, 鏑木さんの, 開けて, 阿修羅の, 陽気に, 雑談の, 雨, 雨で, 雨に, 雨むすぶ, 非常に, 頃の, 顔を, 食わぬかと, 養老院という, 駒下駄の, 高鼾で, 黙って, 鼻には

▼ ぬ~ (886, 0.8%)

50 はない 35 もない 20 はなかっ 16 のない 13 は無い 12 はあるまい 10 は一人 8 がある, が多い, はなく 7 があろう, です, はありません 6 である, もある 5 の如くならじ, の手, の魂 4 が多く, なれば, もあり, もなき, もなく, を殺した

3 [15件] がない, でも, ならば, には何, のみなれ, の心, の悩み, の無い, の眼, の言, はあるまじく, はなかつた, は人間, は無かっ, もなかっ

2 [50件] がかえって, がこの, がなかっ, がなく, が何, が多, が多かっ, が掛かる, が見たら, だ, だから, だつた, だと, であるが, でございますが, ですが, でないこと, とお, とし, とてはない, とてはなかつた, となる, とに論, どもなれ, ない, なしといふ, なり, なりと, なるを, なれども, にし, に付, のあるべき, のよう, の人間, は, はおそらく, はこれ, はござりませなん, はどう, はなかろう, は借り物, は如何なる, もありません, もあろう, もなし, も無き, をお, を朝敵, を集め

1 [489件] あらゆる者, ありと, いよいよ明けし, お見受け申す, か, かな早々, から幾多, か定綱, か當春大井川, か衣類, があっ, があらう, がありましょう, があります, があれ, がいうなら, がいる, がお腹, がござる, がござろう, がたくさん, がたずね, がただ, がだんだん, がちょこちょこ, がなぜ, がまいっ, がまだ, がまだ少し, がまだ沢山, がやった, がよしんば, がゐる, が一人, が一寸, が上ずっ, が下等, が世間, が亡びる, が人殺し, が何故, が出, が出入, が出入り, が勝, が大, が如何, が尠, が巣箱, が左様, が幾人, が忽然と, が手筈, が撰集, が有らう, が有ろう, が来, が果たして, が案外, が殺害, が気がつい, が水, が沢山, が無い, が爾, が片隅, が眼, が笄, が籠, が結局陵, が聞け, が自己, が船員, が若しも, が蘭麝, が言, が転生身, が遣っ, が随分, こそなかりけれ, こそ平定, さえある, さえも驚き, さえ加え, じゃ, じゃお, じゃがお前, すらあった, すらも連歌, ぞと云う, ぞ無, だけが人, だけが他, だけにかぎる, だという, だろうか, で, であっても, であつ, でありました, であり思想, であるから, であるけれども, であること, であるという, である事, である将軍政治, であろう, でいた, でから, でご, でございます, でしょうか, ですから, でなくなる者, でも盛ん, でも認めない, で二十九歳, で南北戦争, で娘, で心, で有る, という意味, といふこと, としてその, としてなかなか, としても斯様, として斬ったなら, として進退問題, とすれ, とてない, とてなかった, とては独り, となっ, となり得ない, との仲, との御, との間, とほどよく, とみ, とみくびっ, とを差別, と一再, と人, と傷, と嘲, と幾度, と彼, と思い詰め, と思ひし, と思われた, と或, と断念, と斯, と死なね, と決して, と相, と相場, と結べる, と考えられ, と袁譚, と見る, と見れ, と言, と記録所, と話し, と頻りに, と鼻, どうかあるじ, ども小, なかりしかば, なき乱暴猫, なく今, なく其身, なく口々, なく日置流, なければ, なしと, なし紋太夫, など, などには理解, などには虚妄, などに習う, ならず, なら余, なら遅かれ早かれ, なり山賊迚, なり正しく, なり此越前, なり益, なること, なれ其, にいきなり, にうしろ, にうばわれまし, にきめ, にそう, にてお, にてか, にて先頃同宿, にて又, にて村方, にとってはいかに, にとってはそれ, にとってはただ, にとってはまた, にとっては謎, になっ, になった, になにか, になり, になる, になんで, にはおのずから, にはこれ, にはその, にはちょっと, にはどうして, にはみんな鬼, にはよけい, には力, には平, には平気, には平生どおり兵器, には心, には必要, には憧憬, には死ぬ, には首領, にみえた, にも当時, にも降らせ給う, にも頗る, に会いました, に出会つた時, に分け与, に呼ばれる, に大事, に如何, に子, に寄進者, に対して議論, に対して質問, に導かれる, に御, に思はれ, に惨い, に愛着, に慰め, に持たせ, に文学, に殺された, に比べれ, に決め, に濫用, に猥, に眼, に脅かされ, に見せ, に謀反, に金高, のいない, のこと, のさ, のその, のため, のなかっ, のほう, のみが許される, のみであったなら, のみを恐るる, の一人, の上無し, の不幸, の中, の兇行, の卑しい, の及ぶ, の叙任昇進, の名, の多い, の多数, の夢, の好き地位, の如き, の如く, の姿, の家, の寒厨, の悲し, の想像, の愛, の所為, の所行, の方, の最期, の歌, の死骸, の殺人犯, の潜入闖入, の為, の能くする, の臆測, の自力, の芸術, の苦しい, の迂, の間にあっ, の集團, はあっ, はあらざる, はありませぬ, はあるいは, はいなかった, はございますまい, はございません, はすべて, はすべて処刑, はぜひ, はその, はたくさん, はないだろう, はなから, はなかりき, はなかりける, はひとり, はほとんど, はまず, はまずまず, はみがかれぬ, はやむをえず殺さなけれ, はメクラ, は一時笑ッ, は不幸, は云う, は人, は何ぞ, は其の, は勇ましく, は千人, は半数以上, は如何, は宜しき, は寄っ, は少ない, は張角自身, は彼, は必ず, は怖, は思想, は恐らくは, は愚, は愚か, は成る, は我, は斬首, は時めき, は更に, は極めて, は横, は正しい, は決して, は無, は無く, は焼け出された, は燒, は珍, は男, は町中同罪, は皆敵, は目, は直, は知らぬ, は神, は禍, は立ちどころに, は竜, は竟, は竹箒, は箸, は終, は考古學, は聞い, は聞け, は花, は芸術, は落穂, は討て, は誰, は路傍, は迷, は酒, は酔, は関所, は頭, は飛び出した, は馬鹿, ばかりがいる, ばかりだった, ばかりの中, まずハムレット, までが人, まで昨今, まで自分, もあっ, もあった, もあらう, もあります, もあるだらう, もあるまい, もおお, もございません, もない恐ろしい, もなけれ, もやはり, もゐた, も不幸, も予言者, も交じっ, も喰, も多かっ, も多く, も少く, も意識, も扶, も文学者, も文学者たる, も段々, も無, も無い, も無り, も間々, やあらん, や自暴自棄, よとひと言, よりも多数, よりより, より良い, より見れ, よフヽン, を, をあなた, をかえって, をかな法師, をとて択びたるなり, をも面白く, をよし, をキリスト教, を世間, を乗せず, を伐つ, を何程劣等, を供, を匿藏, を卸, を取り次いだ, を嘲笑, を困らし, を大, を妻, を彼等, を怖, を憎む, を批評家, を投げ与える, を披, を斬った, を殺し, を求むる, を無, を生かし, を知らぬ, を罰し, を脂肪親族, を見れ, を調査, を貧乏人, を迎え, を追っ, を遂に, を食わぬ, 元はと云, 即主観客観, 多くその, 構えて, 無く実に, 無く惡縁, 程恐ろしい, 駆け出

▼ ぬほど~ (884, 0.8%)

20 である 11 だった 10 であった 9 ある 76 だが 5 なれば, 多くの, 立派な 4 では, なれど, よく似, 青雲が 3 であつ, であるが, な闇, 巧みに, 胸が, 込上る

2 [51件] あるが, あると, かすかに, それは, たくさんの, だつた, だと, であったが, でご, で同居人, ならば, なるを, な大, ピッタリと, 似て, 優れて, 厳重に, 堅固な, 多い, 多いであろう, 嬉しそう, 安かった, 完全に, 巧い, 形の, 彼の, 彼は, 心よく, 恬澹であった, 悲しいこと, 悲劇に対して, 意外な, 手に, 明瞭に, 歯切れの, 泥に, 深い, 無気味だ, 猛烈な, 美しいのに, 美しいもの, 美味かった, 苦しくなった, 賑やかに, 逞しい固太り, 酔うたらば, 重大な, 静かな, 静かに, 首尾一貫し, 驚いた

1 [670件 抜粋] あくまで神妙, あたりは, ありました, あるだろうから, あるでしょうが, ある上, いい芝居, いかに有益, いたいたしいもの, いっそう大きい, いるそう, うす暗くなっ, うるさくなり, うれしく感ぜられる, おそろしい苦悩, おもしろかった, おもしろく愉快, おん優しい, お互いに, お付き, かすかな, かすんで, かん高く笑った, きたならしい, きちんとし, くわしいの, こね返え, このラジオ大学, この男, こまめに, これに関する, しあわせな, しこたまプログラム, じっと瑠璃子, すり切れて, すんで, せわしげ, そち自身の, そとの, その一間, その時, その理性, その筆力, その頬, ぞっとした, た, ちがって, ぢつと, つづいて, つや, つよかった, づゝ何所からとも, であったそう, でありましたが, であるか, であろうか, でした, です, でないこと, で御座いまして, で有るけれど, なご, なぜいたくを, なよい, なら, ならここ, ならその, なら医者学問, なら戦, なら死ねとまでも, なりここ, なりし, なるに, な不具, な低い, な切れ味, な功, な動作, な大船列, な将士, な小声, な微, な微風, な悄ゲかた, な感激, な時局, な流木, な田楽, な病態, な病気, な蓬, な財宝, な遠く, な霞, にぎやかな, のす早, のを, はげしく捉え, はてさて, ひそまり返って, ひどい顫, ひどかった, ふさがって, ふとって, ふるえだし殆, ふるえながら, ふれ, ほがら, まじめな, またはげしい, まつ黒, まばゆく見事, みぎひだりと, むごくも, ゆえ大脳, ゆっくりし, よい, よくなった, よく伸びました, りっぱな, イヤに, ガッシリした, グラ, ヌメヌメと, ピツタリと, マンサニータや, 上流の, 上等である, 不信義な, 不安な, 不安に, 世人の, 主税は, 二人は, 些細な, 京吉には, 人の, 人情の, 人間臭い, 今年は, 今日も, 仕事に, 他の, 伯爵に, 低い声, 低くとぎれとぎれ, 低微な, 体が, 余は, 健全で, 健康に, 働き居られ候健作, 優れた他, 優秀である, 充満し, 全てが, 六波羅配下の, 其聲に, 内気な, 内海達郎は, 円熟し, 冷やかには, 冷静で, 出ました中, 劣悪な, 動物的な, 勝手が, 卓越し, 単純で, 印象に, 厚い友情, 厳と, 厳粛な, 収容する, 収穫の, 古い弥勒, 可愛らしかった, 可笑しくも, 哀れに, 唇の, 因循でない, 固く凝り結んだ, 固く心, 固定され, 坂田は, 埒も, 堆かく, 変った御仁, 多いから, 多いと, 多数な, 多額だった, 大いなる変革, 大きいの, 大きいもの, 大きくする, 大きなもの, 大きな希望, 大きな渦卷, 大切な, 大切なる, 大勢お伴し, 大小数千艘の, 大河の, 失恋の, 始末の, 姫君は, 威厳が, 嬉しかった, 嬉しさうに笑つて, 安いもの, 安寿は, 安易への, 宋江その, 実際上の空, 密接し, 寒かった, 寒む寒むとした, 対岸の, 尊公は, 小さければ, 小さな, 小さなもの, 小人でも, 小説家としての, 少く店, 山々ある, 左右の, 巧者に, 巨大であり, 差迫ったこと, 広々した, 広かった, 広汎に, 店を, 廣汎に, 引っ叱っ, 弛いばかりか, 弱々しかった, 弱くて, 強い口調, 強い時, 強い者, 強烈な, 役者は, 彼に, 彼等は, 待ち申して, 後方からの, 得意げに, 微かな, 微かに, 心が, 心の, 心持を, 急な曲った, 急調に, 急速に, 性根が, 怨しく思はれるに, 怨しく思われるに, 恋しく思はれ, 恋しく思われ, 恐しい, 恐ろしいもの, 恐怖の, 恐怖を, 恥しかった, 息せき切って, 悒しい, 悪い事, 悲い, 悲しい一生, 悲惨な, 惡く, 惻隠の, 意地に, 意識が, 憔悴し居, 憤激すべき, 懐かしみを, 戦慄すべき, 扇形の, 手早く仮借, 抱琴が, 押重なっ, 拡がって, 整列さし, 敵の, 新しい材料, 旅を, 早くこの世, 早く經つて, 明治の, 明白な, 明瞭である, 星祭りに, 映って, 昼と, 暗かった, 暮れて, 曲折の, 望みほし, 朝は, 未熟者, 松の, 格式張った構え, 桃色の, 植込ん, 楠公父子また, 横着な, 橋の, 次第に私, 歎き続け, 此の, 死者も, 残忍な, 気が, 気の, 気の毒な, 気押され, 氣持を, 永い旅, 汚れて, 沈んで, 沢山あります, 沢山な, 沢山の, 浅いが, 浅ましい, 浮子の, 深いの, 深いもの, 深い分別, 深かった, 深くえぐられ, 深く眠っ, 深刻な, 混乱し, 混乱した, 漁りたいもの, 澄みきつて, 澤山新調しなけれ, 濃くまつわり, 濃霧が, 烈しく慟哭, 無知で, 焼けただれて, 爽かに, 物寂しく聞きなされた, 物静かな, 狂暴的な, 狭いので, 猛烈に, 獅噛みつい, 生々しいと, 生ぬるい, 男の, 異様に, 疎遠な, 疲れて, 瘠せて, 癡け, 的確に, 皺が, 盛な, 目下困窮を, 目立たぬ人, 直接的に, 省略され, 看病に, 真っ暗な, 真に迫っ, 睦くして, 睦み合いて, 瞬時も, 砂ほこりの, 砂ぼこりが, 私どもの, 私の, 私も, 種々さまざま, 種類が, 穏な, 立派である, 立派に, 竜譚が, 簡単である, 粗末な, 粗雑な, 糸針の, 素晴らしいもの, 索漠と, 経験した, 絶対暗黒であった, 緊密に, 締めにくい, 緩怠で, 縒って, 繁昌する, 美しい, 美しいき, 美しからぬ, 美しく粧う, 義貞の, 耄碌は, 耳が, 耳近く口を, 腹が, 臆病風が, 自分が, 自己独自の, 興奮させた, 舌鼓を, 色も, 色彩の, 艶の, 苦しい, 苦しくて, 苦しんだよ, 茂って, 茫漠たる, 茫然として, 荒らされて, 荒涼と, 莫大な, 著しき変化, 蘆を, 街の, 装甲され, 製造し, 複雑な, 複雑に, 襟筋の, 見た女, 見つめるの, 覚者が, 誰かが, 調和し, 調子の, 豊富だ, 豊富な, 貧困である, 貧民を, 貴いもの, 走りよ, 転倒した, 軽蔑され, 軽蔑し, 辛く思われた, 込み入った物, 迅速に, 速く動き, 進歩し, 進歩した, 達者に, 遠いうしろ, 遠いところ, 遠い間隔, 遠くな, 遠く駈け抜けた, 酔って, 酩酊し, 重かつ, 重苦しい感銘, 金に, 鈍くなり, 長くて, 長く伸び, 開いて, 階級が, 隔たっても, 際立って, 雄大であった, 集めた, 雑然として, 震えて, 霧深き, 静な, 静に, 面白い油絵, 音色の, 領地も, 頬に, 頭の, 顔にも, 顔を, 顫えた, 顫って, 風が, 館は, 饑は, 騒いだ, 高い, 高く澄みわたり, 高く評価, 高價, 高目に, 鮮かに, 黒くなっ

▼ ぬかと~ (795, 0.7%)

17 思うと, 思ふ 15 云ふ 13 思って 10 思う 9 思ふと, 思われる 8 いうと 7 心配した, 思つた 5 いふと, 私は 4 いう, それを, ひそかに, 云う, 云うこと, 云うと, 心配し, 思うて, 気を

3 [15件] いって, いふ, 云ふこ, 余は, 問うた, 存じますが, 存じまする物, 思うほど, 思えば, 思に, 思われた, 恐れて, 立どまる途端, 考えて, 額際を

2 [63件] いうて, いふに, きいて, そこらを, ちよつと, 不安に, 云うよう, 云って, 云つた, 勧めて, 危むのである, 問うに, 團扇の, 尋ねて, 左の, 幾度も, 彼は, 心の, 心配の, 思いながら, 思うから, 思うよう, 思ったから, 思つたから, 思ひます, 思ふの, 思ふほど, 思へば, 思わるる程, 思われます, 思われるほど, 思われるほどの, 思われるよう, 思われる程, 怨んでも, 怪ま, 想像する, 感じた, 期待し, 気が, 気づかって, 気に, 申さる, 申せば, 疑つて, 疑はれた, 直ぐにも, 相談を, 眼を, 私を, 耳を, 聞いた, 聞けば, 脆くも, 見て, 言った, 言って, 言はれた, 言ひ, 言ひ出した, 遠慮し, 遽に, 非常に

1 [466件] ある人, いいますと, いい四分の一世紀前, いうに, いうので, いえば, いった, いったの, いったら, いったら山陽, いふところ, いふので, いへば, いまは, いわれた, いわれ六波羅殿, うち仰げ, おそれたの, おっしゃりますから, おもつ, お思い, お案じ, かわるがわる甲板, きき尋ねましたところ, ぎゅうぎゅういわせ, この様, これは, ご不満, ご立腹, さそいに, さて瞻め, さへ, しづかに, すこしも辺幅, すすめた, すすめに, すすめられたが, そういうよう, そこが, そのこと, そのそう, そのへん, その事, その場合, その夜, その日, それが, そればかり, そんじょそこらの, そんな事, ぞんじますが, ただそれ, ただに, たのんだの, ためらって, ちょっと縁, つい眠りえず, つねに心, どきどきする, なおも彼, ぬかすから, ひどく苦労, ふびんで, まさかに魂, またし, また一日外, みずから虞れ, もう首, よくよくあたり, よくよく見きはめ, わざ, わしも, わめくボーイ, ウィリアムは, ケートが, ビックリシャックリ息を, ホームの, 一心に耳, 一散に, 一昨日より, 一歩々々に, 一生懸命見張っ, 三人皆思った, 上を, 不安で, 不安です, 不安で溜らない, 争う前, 二三の, 二三度耳を, 二度も, 云いながら, 云うだろう, 云うて, 云う原因, 云う問題, 云う声, 云う理由, 云う疑問, 云う相談, 云う訳, 云う説, 云う顔付, 云え, 云えば, 云たら, 云った話, 云つて來る, 云ひけれ, 云ふから今お, 云ふだらう, 云る, 云われた時, 云聲聞て, 今度は, 今更冷汗色, 今朝も, 仏が, 仰いで, 仰し, 仰っしゃいますか, 仰言, 伺って, 何となく名残り, 何度も, 何度云ふたか, 依頼した, 催促され, 催促される, 催促し, 先づきいた, 先生連日余に, 其方ばかりを, 内心それを, 冷, 前から, 加賀家奥向きから, 勧めたが, 勧めるので, 勸めた, 千種は, 半ば氣づかひ, 危ぶまれて, 危ぶまれる, 危ぶまれるほど, 危ぶむくらい, 危ぶむよう, 危ま, 危まれて, 危むのです, 又し, 叱ったので, 叱られぬ爲め夜明前, 周囲を, 呼ばはると, 呼ばわる, 唯其計り, 問うと, 問ひかけた, 問ふ, 問へば, 問ましたら, 問ます, 問る, 問われて, 問われますゆえ, 問われるなら吾, 嘆かぬでは, 四辺を, 団扇の, 困って, 執成すを, 場所柄だけに, 塾に, 声を, 夕方に, 外界を, 夢想し, 大笑, 大納言は, 大音に, 夫思いの, 夫思ひ, 奥様の, 女中に, 女房たちは, 女房に, 始終氣, 威張って, 存じて, 存じまして, 存じられまする, 存じ候えども, 存じ奉り候, 宗春に, 実あ河原, 宮は, 寧ろそれ, 尋ねた, 尋ねる, 小さい心, 小君を, 少し後ろ, 居士の, 山口巴の, 常に戦々兢々, 幾度と, 延び上がり延び上がり眺めた, 役人が, 彼女に, 彼女は, 彼方此方見廻し, 待たれたの, 待ちに, 待つて, 待構え, 待構へて, 御煩悶, 心付いた時碌, 心付きては, 心待ちに, 心配, 心配する, 心配するらしく, 心配そうに, 心配に, 心配を, 心配相に, 思いました, 思いましたが, 思います, 思い如何にも, 思い遠慮, 思ううち, 思うところ, 思うばかりに, 思うばかりの, 思う点, 思う程, 思ったこと, 思ったところ, 思ったので, 思ったらさすが, 思つて檢した, 思はる, 思はるる靜けさ, 思はれた, 思はれる, 思はれるばかり, 思はれるほどの, 思はれる程輕微, 思ひきり, 思ひたるおろか, 思ひ遠く, 思ふやう, 思ふ位, 思ふ物凄, 思むと勢きりつめ, 思わるるもの, 思わるる事, 思わるる静けさ, 思われたから, 思われて, 思われましたから, 思われるだけ, 思われるばかりに, 思われる自若, 急いで, 怪しんだ, 恐れた, 恐れたの, 恐ろしくびくびくもの, 恠訝な, 恥ずかしく思われ, 恨らまれて, 悟られぬ様, 悠然たる形容, 惧れた, 想像した, 惴, 愚案を, 懸念した, 懸念しつ, 懸念に, 懼れた, 我が見た, 戦々兢々たる, 所望した, 打仰げ, 折々心, 振り動かし, 探して, 散りかけて, 時々気, 書いて, 書物屋乞候故, 最も多く, 有に, 本人も, 案じたため, 案じられた, 模様を, 檢べて, 此の, 残念でならない, 毫も辺幅, 気づいたため, 気にか, 気味の, 気味わるく, 気遣いつつ, 気遣いながら, 気遣いながらも, 気遣ったが, 気遣った併, 気遣って, 気遣わしい心, 気遣われるほど大袈裟, 気遣われるほど意気地, 氣づかつ, 氣を, 氣遣つて來た, 永く永く待, 決定し, 決然いはれ, 泉原は, 深く省, 無體, 片方の, 物色する, 独り心配し, 理事官の, 生きた気, 甥子まで, 申されければ, 申しました, 申します内, 申し込んだ, 申すが, 申すの, 申に, 疑いの, 疑い朝夕, 疑えば, 疑った, 疑った点, 疑って, 疑つた, 疑はれる, 疑ひしなり, 疑わしめた, 疑わるまで, 疑わるる事, 疑われるので, 白曰く家中新たに, 皆と, 相談する, 真面目に, 眺めて, 眼の, 瞳を, 確かめた後静か, 禁足された, 私ヤ其れ, 種々尋, 空嘯いて, 突っこんで, 突然の, 竦んで, 竹丸は, 筑前様にも, 絶えず其顔色, 絶えず心配, 絶えず注意, 絶えず階上, 絹川の, 翁が, 老師は, 考うる, 考えたので, 考えられます, 考える, 考えると, 考えるの, 考え付いた, 考へ, 考へた, 考へて, 考へてる位, 考へら, 考へるの, 聊か残念, 聞いたら彼, 聞くと, 聞て, 聞に, 胸が, 胸の, 胸を, 腕時計を, 臆し, 自ら疑う, 自分の, 自然に, 苦しゅうございます, 苦労に, 落胆したおもむき, 行つてよこす, 被せかけるを, 被思候, 要せられさすが, 見えた, 見える花柳界, 見ましたが, 見廻したが, 見廻しながら, 見張つて, 言いましたので, 言い放ち自分, 言う, 言うから, 言うて, 言うと, 言うの, 言うので, 言ったが, 言ったこれ, 言ったの, 言つてゐた, 言ひも未だ, 言ふ, 言へば, 言れ, 訊いたが, 訊ねたの, 訊ねて, 詞を, 詰問せらる, 誘うた, 誘うと, 誘さうた, 誘われたけれど, 誘われたので, 調べて, 調べ始める, 警保局長に, 警察署の, 豫期恐怖する, 責めるの, 責めクリスト, 躊躇し, 身悶えした, 透かして, 遠くへは, 遠慮され, 長く見, 雨が, 頼むと, 頼んだ, 頼んだこと, 頼んだ所, 願った事, 首を, 驚く寝覚, 高田中を, 鵜の

▼ ぬ~ (723, 0.6%)

52 しても 9 相違ない 7 や, 反して, 違いない 5 つけて, 依って, 於ては, 日月を 4 あらねど, 越したこと 3 きまって, ちがいない, 何の, 定つて, 愁らから, 我は, 早や, 母さま母さま私を, 美登利は, 非ず

2 [49件] あらねども, ある, いかでと, いたる, いにしへ思ほ, うち勢ひ, かぎる, かく罵詈, きまっておる, きまつて, こころづきて, しろきバス, せよ規範意識, そこかしこは, つけても, まばゆきほど, 上の, 人の, 免じて, 到らば, 到る, 女と, 家に, 平常は, 心を, 散りはつる, 敵の, 時雨の, 木の葉が, 村あり, 死んだ, 気が, 水仙花, 決まって, 沾れ, 燈に, 社内に, 私から, 耄ろく, 胸に, 膩気少く, 虹立つ, 踏む足, 身に, 這, 限る, 限ると, 驚きて, 鳴く千鳥

1 [485件] あの御, あまたも, あらず, あらずわが, あらず金, あらぬ夕かげ, あらねどこ, あるか, ある年江州, いかなる露, いきなり切り出し, いきなり多, いたったの, いたつたこ, いぶせさ添, いま我数奇を, いま我數奇を, うばい, おしなべ, おそろしき勢, おふる, おもほ, おれから, お出ましに, お怜悧, お房, お政, かかる花, かかわらずつきつめた者, かかわらずどうしても, かかわらずのんべんだらり, かかわらずまず, かかわらずやがて, かかわらず古人, かかわらず吉田総理, かかわらず好い, かかわらず当然, かかわらず机, かかわらず極めて, かかわらず物, かかわらず皆それ相応, かかわらず脳神経, かかわりなく, かぎつけられちゃ, かささして, かにが, かのうへは, かの村, きまって居る, きまっとるから, くれな, ぐるひまなし, ここのは, ここへ, この始末, この旅亭, この蟒, この騷ぎで, こらッ, これに, これは, これを, こんな故事, さほど執し, しくはござりませぬ, したところ, した所, しろきっと, しろとにかく, しろぼく, しろハイハイ, しろ不具, しろ哲造, しろ少く, しろ懐旧, しろ文三, しろ本間氏夫妻, しろ氏, しろ軽蔑, じみが, せの, せよその, せよともかく, せよ俗界, せよ其名, せよ出雲, せよ半月, せよ古内どの, せよ大阪表, せよ数多く, せよ文学的材料, せよ日置, せよ発電, せよ目科, せよ知るに, せよ道徳問題, せよ黄信, その翌日, その薄き, その裏, その身, その重, その面倒, その顏, その顔, そんな所, ちがいありません, ちがいは, ちょっとその, ちょろりかいず, どこかを, どれも, なんで, はいと, はや先立ちし, はや我, ひたすら心, ひとしい, ほつつ, ほつとして, ほと, ほととぎすに, ほひにて, ほひも, ほひを, ほひ溢れたり, まして短歌, また姿勢, また橋, まれ此の, みあへ, もうひとつ別, もう大晦日, もう大臣, もう爺さん辛抱, もう第, もう風呂, やあらむ, よい役, よくほか, わたくしは, ガタ, ガラリ格子戸, コツコツと, サッと驚き, ピーターヘッドの, ブルブルふるえ, ベシーは, ベルナルドオが, ボーッと, 一人の, 一夜地上に, 一散に, 一斉の, 三度までも, 上村と, 下層凡俗それ相応に, 下手も, 不孝の, 不安を, 不審たて, 世話好の, 中善く, 主人の, 主家に, 乗じて, 二度目に, 亭主には, 人も, 人影山に, 人間また, 今の, 今は, 今又, 今度は, 今日までは, 付け込んで, 付木村が, 伊勢參宮と, 会ったこと, 似たり, 似たれども, 似たれば, 似て, 似合わぬ中, 何が, 何し, 何じゃやら, 何やら船中, 何事も, 何故取った, 余吾之, 作さんの, 候は, 倦みて, 傍より, 傘をと, 先んじて, 先んずるが, 先方から, 光代の, 全国に, 全身痩削し, 兩人は, 六人の, 其美人妊みぬ, 内職の, 初めて心付き, 到りひむが, 劣らずたち, 勝負は, 十字軍は, 厭き果, 参らする, 又鏡, 及んだ, 反し一方, 反し亀洞, 反し探偵, 反し氏, 反し翁, 反し豐後, 反し鉱物, 取り返されて, 口あんぐり, 古へ, 同じ, 向うで, 向こうから, 向って, 吾が先, 呆れ右, 味方の, 和郎は, 唖の, 問いかけた, 喃瀧口殿, 嘉吉の, 四九, 因って, 因る, 困じたり, 困じ果てて, 困りはてる醫者, 困りますよ, 在るが, 垂れて, 基因する, 塞がれて, 塩壺を, 夜氣に, 大場の, 大師の, 大路は, 大隅守は, 天に, 天井から, 天位を, 天国の, 失明した, 如くは, 妹が, 妹の, 妻の, 妻隱し, 始めて知つた親, 子供は, 宗三が, 宛然糸を, 寝た振すれば, 小き, 小三郎は, 小官吏, 小親, 小説家に, 少し不興, 山茶花の, 屹と, 師は, 常磐の, 庸三の, 廃した, 引出した米友, 引易へて, 引窓の, 弟子の, 彼の, 彼方も, 待てっ, 後方の, 徒にも, 得右衛門, 御一同, 御心さ, 御腹, 心づき驚きて, 忽ち室, 思わずアッ, 怪しい姿, 情なくこの, 憎くき, 憖ひ, 懐中電燈の, 我等は, 我聲は, 我身は, 或日私, 戸の, 打負け, 扨は, 折入っ, 拘らずその, 拘らず永遠, 拘らず認識論的, 拘らず貴殿, 拘わらず総計, 探偵は, 提燈持ち, 敏われ, 散る青葉二つ三つ, 斉しい, 斥候は, 斯く罵詈, 新聞記者の, 於は, 旅だ, 日は, 早くも, 早く既に, 早く此都會, 早合点, 早速自宅保養, 明くる, 明けぬと, 明るさざなみ, 映画の, 是非なく, 暇を, 曲者の, 朝夕の, 本屋の, 本意なく, 朽ちかかる歯朶, 束縛され, 杢若が, 来りて, 枯木に, 桜田門の, 梅林松弥という, 極つて, 極まって, 極めて近々に, 榊の, 槍を, 横臥した, 歌の, 此方の, 此様な, 武家も, 歸る, 死んで, 殊にはな, 殺人鬼鏡照子の, 母親に, 毎日用, 気を, 汗を, 江戸を, 決まったか, 洋燈を, 消ゆる, 滝の, 滴つれ, 漸く心安から, 濃納戸地, 灯は, 為晨けれ, 然う, 犬追物, 独り打笑む, 独り食い付く, 玄道は, 琴琵琶など, 生れいでて, 生憎降頻る, 男寢衣を, 異ならず, 異らず, 白粉気なき, 白露の, 相違あるまい, 相違ござらぬ, 相違は, 相違無い, 石磴の, 破り棄て給, 碑文に, 私が, 私に, 私の, 私は, 私語く, 穴の, 穹窿の, 空さりげなく澄める, 立到った, 竜池は, 笑ひ, 紙門を, 絆を, 絶命しました, 続いて, 綾無き, 聞いて, 聞く, 聞けば, 聟の, 胸を, 至ったという, 至ったの, 至らしむる設計等, 至りけるに, 至る, 至るであらう, 至れば, 花は, 若い二人, 若い男友達, 若くは, 荒木と, 落胆し, 落膽し, 蜂の巣を, 蝦夷松前は, 行かば, 要らぬ詮索止め, 訊ねた, 諸大名, 譬えたが, 豪い騒動, 贈る椿油, 越した事, 跳び上がり沈み, 身を, 車に, 迚も, 逡巡ひぬ, 過ぎて, 過ぎないの, 過ぎぬ主張, 違い無い, 違ひない, 違ひも有めへ, 遠慮も, 邪魔を, 部屋の, 部屋中にと, 酒を, 酔つた, 重四郎成程金兵衞親方, 鏡子は, 長政を, 門前客が, 関らず, 関わらず御, 関わらず道ばた, 降る雨, 限った物, 限らぬ, 限らぬ今日, 限ります, 限るの, 雑草は, 雲の, 非ずや, 頭の, 顔は, 飛んだ御苦労, 飢も, 馬琴は, 驚かざるを, 驚きしが, 髮も, 鹿股川は, 默れ

▼ ぬ~ (695, 0.6%)

20 なし 19 ない 14 なかった 13 亭主ばかり 7 別として 6 人の 5 不縁の, 末代の 4 なう, なかりけり, 勿論の

3 [18件] ありません, あるまじ菊, ないが, なきに, なしである, 不心中, 亭主の, 何の, 別問題, 彼の, 憂し散る, 我れ, 植村といふ, 浮世の, 無理も, 知れたこと, 知れて, 見すぼらしく人事我事分別

2 [28件] あらず, いうまでも, ございません, ないから, ないの, ない中, なく筆, もちろんである, 一時の, 上々なり, 世の, 云うまでも, 今の, 何う, 勿論である, 唯自分一箇, 問題でない, 察して, 小佛さ, 思った, 恥も, 明らかである, 残念と, 漬物屋に, 無いといふ, 無し, 貧乏のならひ, 道理なり

1 [484件] あさは, あたかも日本, あっても, あつちの巧, あなた様の, あの物, あらざるならん, あらざるべければ, あらねば, あんまり義理, いかなる戀, いかにと, いかにとお, いちども, いつその, いつの, いもが, いよよ見, うきに, うなずいて, おかみさんが, おじさんに, おとなしいけれども, おれの, おろかたとえば, お前の, お客の, お情, かえって無礼, かしこの, かなかるべき, かの娘, かの澱める, ぎにあげて見せける, こけの, こちらの, こっちの, ことによる, この故, この村, この間旦那が, これぞ響板, これなく, これを, これ也, ございませんこういう, ごもっとも, ご勝手, さあ菓子, さして咎むべ, さすが芸術世界, さては天上皇帝, さばさばした, した女, しばらく見ない, すぐお, すべなき, ぜひない, そこに, そのかたち, そのご, その嘉吉, その後すこし, その物, その絹衣, その翌日, その霊, そばに, それが, だか, だれも, ちは, とくに気, ともかくかねて予算, ともかくとして, ともかくも, どういふ, どうした, ないきのう, ないと, ないほど, ないやう, ない今や, ない否, ない小山夏吉, ない彼女ら, ない温厚人, ない盆地, ない竜, ない英傑, ない阿野廉子, なおさらに, なかったであろう, なからう, なかりき, なかりしこと, なかろう, なかろうと, なきが, なきぞ, なきもの, なきやう, なき一, なき世, なき花盛り, なく, なくこの, なくぞ, なくため, なくどう, なくほん, なく一, なく伊勢屋, なく候, なく各自こと, なく子供ら, なく恥しく, なく意外, なく謀, なく鰻, なく麦, なけれど, なければ, なこその, なしです, なしと, なし夜更け, なし夜更け人定まり, なし己, なし弁, なぜだろう, ひとたまり, ひとり都市街巷の, ふた心, ふと嘉吉, ほんの乱れ足, まことに稀, まず我慢, また武門, まだ, もう素浪人, もしやなだれ, もちろんたったこれ, もちろんながら, もちろんよもや突然の, もちろん時々の, もっともじゃが, もっともだ, もとよりである, もとよりなれ, やがて一切, やっぱり腰抜け, やはり手書き, ゆきかけて, ゆる, よくもおれ, ろかに, わが心中, わざと改まった, わしの, わたくしの, イ, ウ列の, ドノバンの, 一に, 一体どこ, 一寸八分の觀音樣ある, 一様なり, 三人の, 上に, 不可解と, 不埒と, 不審と, 不幸なり, 不思議である, 不思議成とて, 不本意, 不行き届きだ, 不都合なり, 世上の, 世話人の, 主上である, 主翁, 久兵衛に, 亀岡藩の, 事実ならん, 事實よく, 二の次と, 云い出した, 云ふ, 井戸端で, 亡き師匠, 亭主, 亭主ばかりなりっての, 人でなしとは, 人に, 人坐さぬらしすさぶ, 人間でも, 今日なり, 仏で, 仏というまでに, 何, 何ぼう無念じゃ, 何やら淋しい, 何故である, 何故此儘, 何日ぞ, 何者だ, 何者という, 何處にか, 何處まで, 使いに, 信なりと, 傍で, 兄の, 兎も, 全く度外視, 其方の, 其筈の, 冥加でない, 凡夫の, 分かりきったこと, 切禿に, 別としても, 別な, 利口物なり, 前節に, 勿論人類, 勿論何かという, 勿論驚くべき誤, 単に使用人, 即答しまい, 去れ, 又大丈夫, 又訊いた, 受合也, 各己, 合點の, 同じぢ, 同一である, 名匠の, 君が, 吾心のみ, 味方の, 唖なら, 問題で, 問題でなかろう, 問題では, 嘉吉が, 嘉吉を, 四つに, 因果でござる, 団子の, 固より, 国家への, 土地気候等が, 地上の, 坐したるまま, 夕ぐれの, 大不承知, 大功は, 大将の, 天の, 天を, 天意でござる, 如何なるわけ, 如何なる天魔, 如何なる意, 如何なる所存, 如何なる譯, 如何に, 如何にも不思議, 妹ある, 妻到底, 妾の, 妾も, 嬌かしく云った, 子供が, 実に困った, 実に種属死活, 実の, 宵に, 家主が, 家内の, 寂しきを, 小仏ささ子, 小僧の, 少くなんありける, 少ないであろう, 尤とは, 尤もお前, 局を, 山を, 山屋を, 左右, 己が, 年期同じ, 年齡で, 幸いじゃ, 弗箱の, 当然だ, 当然である, 当然の, 彼のみ, 彼を, 往ぬるは, 御上人様五重塔は, 御両親, 御卑怯, 御心, 御本尊様, 御立なされた, 御身分でも, 徳川幕府じゃ, 心小學校通ひ, 心落着か, 必定かならず, 必定なり, 必定の, 必定函根の, 必竟僕が, 忠義なる, 思い遣らる, 思ふに, 怨みそねみ又, 恥見る, 悲むべし, 悲鳴を, 惜しい, 惜しい者, 愁らから, 意地わるでは, 愚か程近い, 愚でござる, 慈悲じゃ, 憂し, 憎いとも, 憎悪とまで, 憐れといふも, 成らず語, 我々旗本の, 我ために, 我とアヌンチヤタ, 我儘勝手と, 我身の, 戯れに, 手に, 手古奈が, 手書じゃと, 損と, 操なら, 敵たり, 敷島の, 文人無頼の, 日本の, 日本人だけ, 早く明, 明なる, 昨日の, 是が, 是非も, 昼と, 普通の, 暗い庭さき, 更に一度, 最不審, 最寄警察, 未だ勢力, 来馴れたる上野, 松澤が, 根が, 森主, 検査官も, 業深き, 構いませぬ唯, 横着なら, 次女である, 歎ずべきである, 止むを, 正気か, 武蔵野市の, 歩きぶり足の, 死罪璃鶴は, 残念, 残念じゃが, 残念千万でござる, 水の, 水を, 汐も, 汝の, 汝等が, 決して相手, 浮き世の常, 渾名を, 烏滸なるべく, 無いくらい, 無きまでに, 無きもの, 無く, 無くさ, 無ければ, 無り, 無を, 無之候, 無御座, 無理なら, 無能力である, 燕同様短き, 父君の, 父君のみ, 狛家の, 独り文が, 獣状人心だ, 珍らしい, 現に弦月丸, 生れし日, 生死の, 由あり, 男ぬ, 男の, 町の, 畢竟第二義, 白蛇の, 皆岡崎氏の, 盜人なり, 矢張倫理とか, 知って, 知れた事, 知れ切つた事, 確かに, 神か, 私の, 稀な, 稀なら, 稀なり, 第二, 紋の, 素より当然の, 素早いから, 老いの, 老功, 腹ふくる, 自ら遺憾と, 自分の, 自然である, 自然の, 船頭こそ, 良人の, 花瀬が, 茶の間を, 荘子と, 蓄が, 蟹根性とでも, 袖几帳した, 見易き歸結, 言うまでもなく草木, 言ふ, 許して, 誰へで, 貂を, 責むる方が, 身の, 逢うに, 遊佐なり, 遮断機の, 遺憾だ, 金の, 釘勘だ, 釜の, 陛下の, 青々と, 題材が, 額の, 願といふは, 風が, 風呂敷包から, 食い逃げの, 饒舌の, 驚きながら, 驚き入つたもの, 魂ぬけし, 魅力が, 鰈の, 黒出たちに

▼ ぬ~ (684, 0.6%)

3714 に彼 12 にその 8 に私, に自分 5 にこの, にもう, に大きな 4 にあの, に涙, の桜, は 3 にそっと, にそれ, にひどく, に夢, は決して

2 [44件] である, なれど, にここ, にこれ, にこんなに, にすっかり, にそこ, にと草履片足, にほとんど, に乙, に二人, に仕事, に住まゐ, に何時, に余, に兄さん, に変れ, に外, に夜, に年, に彼等, に拾, に持, に散る, に早, に早く, に時間, に母, に活力, に消え, に物価, に研究, に私たち, に落ちた, に討手, に誰か, に豆拾乎, に過ぎ, の出来事, の抜けた, の暗, の洗濯, の露, をはかり

1 [471件] から暗い, が一つ, だったよ, だつた筈, であった, であったこと, であつ, であるほど, ですから, ではあった, ではない, と心して, と心むずつけども同伴, と木, にあの世, にあらゆる, にある程度, にいざ, にいずれ, にいつか死, にいつか残暑, にいつか金持, にいつしか, にいつのまにか, にいなくなっ, にうかうか, にお前, にかかる, にかなり, にからっぽ, にかれ, にき, にこう, にこっそり, にこのごろ, にこんど, にこんなにも, にさういふ, にさっき, にし, にしびれ, にすでに, にそう, にそっち, にだいぶ, にだれ, につい, についうとうと, につや, にであった, にという心づかい, にとう, にとく, にとけ, にと御, にと思っ, にと片手, にと町見物, にどこ, にどこぞ, にどれ, にはずれ, にはや, にはやく, にはやじっとり, には下手, にひざ, にひっそり, にほろほろ, にまき散らす, にまた, にまったくよくも, にまつたく, にまばら, にもうひょこひょこ, にもう一度, にもと, にもウ, にやがて, にやや, によくもこう, にわたくし, にわれ, にアジヤ主義者, にアメリカ人, にイタリー, にグングン, にコペンハゲン, にシヤツ, にダイヤモンド, にチャント福澤, にチョッピリ, にデパート, にヒース, にホテル, にポルーション, にマロニエ, に一尺, に丁度, に七分, に三造, に下り, に世にも, に世界, に中味, に主人自慢, に久保, に亀, に五徳, に井戸, に些, に亡び, に人, に人足達, に人間派, に人魚, に今度, に他, に他人, に付着, に以前, に会堂側, に会長名, に体格, に何, に何処, に余っ, に便所, に俺, に傷害沙汰, に僕, に僵, に儀右衛門, に先, に全く, に其の, に其姿, に内, に再興, に冷, に出かける, に出で, に出ぬ, に出来た, に出来上がった, に切, に刻一刻, に前歯, に半分, に南, に厠, に厩, に又, に取る, に口, に口笛, に台所, に吉次, に同様, に同門, に名取, に君, に吹かるる, に和議, に咽, に善良, に四郎, に園, に埋め隠, に城, に城地, に堕落, に変, に変り行く, に外出, に大きく, に大勢, に大塚, に大臣, に天草生まれ, に夫婦, に奥, に女房, に始末, に娘, に媼, に嫣然, に子供, に宮, に家庭生活, に将門, に少し, に少しく, に屍, に嵌め, に巌流, に川上, に左端, に己, に希望, に帰っ, に帰つて, に干戈, に年月, に幾らか, に幾度, に序幕, に庭, に廬, に弓子, に引きあげた, に引返し, に弥五右衛門, に当時, に影, に彼ら, に彼女自身, に心, に心変り, に心理学者, に忽ち, に思ひ, に急死, に悟っ, に惜しみなされ, に意地, に感じ, に感得, に懶き, に我が家, に我等, に戻っ, に手, に手捷, に手早く, に打殺せ, に折角, に抜かれ, に拔, に持っ, に振袖, に推摩居士, に散っ, に斬っ, に旅装, に早々, に早く早く, に時, に最早, に朝, に木, に木部, に本屋, に桜, に椽, に横行, に檢事局, に次第に, に歩い, に死ぬ, に死んだ, に殺され, に殺し, に母親, に毒薬, に毛孔, に水, に汝, に汝自ら, に汽車, に河内, に法水, に浴舍, に海, に消えた, に清三, に減る, に湯島, に滑り出, に演ぜられた, に漲りわたっ, に潜ん, に火, に火葬場, に無人郷, に焼けた, に爪先上り, に用意, に男, に疲れ, に病勢, に療養所, に白い, に皮膚, に盗まれた, に盗坊, に目, に直に, に相当, に眞, に眠り, に砂利場, に礼儀作法, に祭壇, に秀子, に私共, に秤, に空しく, に空中, に突然, に立派, に童子, に笊蕎麦, に笛, に笠, に第, に筆, に約束成立, に紅顔, に細道, に絶息, に縦横, に繩, に續, に置い, に美しく, に耳環, に肥満女, に胸, に腐る, に腹切りたく, に自ら全体, に自分ひとり, に自分一人, に自然, に自然推戴, に舟, に舵, に芟除, に花々しい, に荒れた, に落され, に葉子, に著, に著作者, に蒲団, に蔭, に薫る, に藪, に蝦夷長崎, に行, に行く, に行為, に見えなくなり, に見ろ, に親分, に親族会議, に解決, に記憶, に誰, に變, に豫定, に貫一, に賊, に起こっ, に起っ, に路, に蹂, に身, に車, に転寝, に近づい, に送り, に逃, に通っ, に通り過ぎた, に逝つて了つた, に連れ出した, に過ぎた, に過ぎ去っ, に過ぎ去る, に道, に還り, に都, に酔, に醸され, に里, に野, に野矢駅, に銀ちゃん, に長兄, に開, に陰士, に雨戸, に雲, に零れた, に電柱, に静, に非常, に順調, に食む, に駆, に骰子, に黒い, に龜の子, のあれ, のうち接近, のこと, のとてつもない, の報道, の夢, の大, の朝顔, の樹立, の沙, の洗濯時, の片恋, の瞬間, の石, の終, の長い, の面杖, はいっそう, はお雪伯母, はその, はなか, はなんと, はもちろん, はハイ, は一人, は世, は人気, は今後, は僕, は到底, は十分, は妻, は家, は幾遍, は拙者, は是非, は時頼, は書斎, は望, は未だ, は村本位, は此犬, は決してふたたび, は生得, は病気, は私, は非難, もがな, もない, もなし, もわれわれ, も忘れ, を, をそ, をラヴェン, を心, を急いだ, を根限り, を毎日, を疾く, を白砂, を蝮, を軽々しい, を追い越せ, を速, を随

▼ ぬ~ (627, 0.6%)

231 をし 51 して 197 をする 6 をした 4 である 3 だった, でその, になっ, を見

2 [23件] いろであった, が出, だ, でお, です, でもと, で亭主, で仕事, で何, で出, で呟いた, で婢, で彼, で待っ, で立っ, で肩, で見, で話, と顔, になり, もできない, を上げ, を見まわし

1 [251件] いろながら, いろを, がはいっ, がみえ, がより, がウヨ, が唯, が流れ, が現われ, が続き, この店, ごまかして, しつつ, しながら, しぬ島媼, ただ生命, だったが, だよ, であたり, であった, であったが, であて名人, であなた, でいう, でうずくまっ, できい, できいた, できみ, でここ, でこの, でこれから, でしばらく, ですうと, ですが, ですぎて, ですぐ, ですまし, ですました, ですまして, でそう, でつっ立っ, でつり, でとつい, でなれなれしく, ではない, でますます, でまた, でまだ, でむらがる, でもし, でもぞもぞ, でやってきた, でやつ, でゆっくり, でよそ, でサミユル博士邸, でタイキ, でチャンウー, でドア, でニコニコ, でパイ, でプラットホーム, でボンヤリ, で云い出した, で人, で今, で仕事場, で修道院長, で元通り郵便受け, で入りこん, で入り込ん, で八幡サマ, で勢, で勤務, で北町奉行所, で又, で同じ, で命じました, で園外, で塾, で壊れた, で外, で夜網, で大, で大きな, で大石先生, で妙庵, で家, で宿, で寺, で居た, で帰った, で帰る, で帰城, で床, で廊下, で彼等, で心斎橋, で思いめぐらした, で思ひめぐらした, で悪い, で所長, で抹殺, で政宗, で教室, で日本, で書物, で朝食前, で格別, で椅子, で次, で此処, で歩い, で歩きはじめました, で歩き出した, で殿, で母, で河岸, で済まし, で温泉浴, で澄まし, で澄まし込んだ, で火元, で煙草, で病院, で盃, で相手, で祖国, で立ち寄りたがる, で答えた, で答えました, で米, で納めましたる, で紙幣, で老母, で聞いた, で腹蔵, で自動車, で船, で艀, で蒲団, で行燈, で表, で裏口, で見張り, で見流しつづけ, で見送っ, で親分, で観察, で警察, で警視庁, で豊田, で踊っ, で逃げ, で通っ, で通りすぎ, で遠く, で野次馬, で針助, で鏡台, で陳べ続ける, で障子, で静子, で顕微鏡, で食べさせた, で首, で馬上, で駅, となった, とをぶら提げ, と花房一郎, なりしかな, にかえる, にし, にてこれ, にて過, になる, にふり向き, にサッサ, に似る, に出会した, に四方, に変る, に帰っ, に汗, に相対, に高禄, に鰻屋, に黙然と, のあくる日, のうえ, のよう, のヤアフネンコ, のヤツ, の主税, の朧, の眼, の群, の色今日, の警部, はし, はそれ, はどういう, はひとつ, は光つて, は憂へず, ばかりであった, まるで投げた, もあった, も僅か二日目昨日, も知らない, よ, よりも一そう, をお, をこの, をするなら, をせね, をそちら, をそれから, をだす, をわざとほてらしていたのが, をヒユー, を上げい, を作ッ, を例, を強い, を愛嬌, を持った, を挙げます, を擡げ, を横, を次の間, を河岸, を満, を漸く, を照らし, を真正面, を硬め, を示した, を美しく, を見あわせ, を見せます, を見る, を見上げました, を見廻し, を覗きました, を赤める, を赭, を造ろう, 悠々と, 早く頬摺

▼ ぬ~ (536, 0.5%)

18 である 8 であつ, のもの 5 だから, では 4 だ, に, 堅い豆腐 3 であった, にし, になった, になつ, の低い, の小声, 作者は

2 [34件] じゃ, だけれど, だった, だつた, ですが, なもの, なり, なるに, にそっと, になる, に燻つて, に生きたがる, に肉体, に舌打, に衰弱, に言つて, に面白い, の事, の微風, の早, の美し, の農家, やさしくする, よく出来た, 低く云, 凹んで, 悲しんで, 愚昧に, 暗くな, 繁つた枝, 自然は, 草が, 薄暗くな, 賑かな

1 [391件] あった, ありがたく感じた, ある, あるが, あるなどは, あるのに, あるよ, いけないもの, いまいましかった, うまいらしい, うまかった, おとなしかつ, お互に, こんがらかって, しか残っ, ずつ派し, その全身, その品物, その少女, その競争, それだけ又, それ程みじめ, それ程対象, たくさんな, だが, だそう, だったが, だのに, だミルトン, つかれて, であ, であります, であるが, である何しろ, である或は, でしたが, でしたそれ, でした何がなし, でした其時, です, ですから, ですけれど, ですね, ですもの, でそうして, でも, で到底, で本島, で流れる汗, で近頃, と為り, と蛙, と見えます, どこか, なやさし, なら柳生流, なりき, なりし, なり医師, なるべし, なる一個, なれば, な動作, な唇, な奥, な小心者, な広, な稀有, な逸駿, な間ごと間ごと, にお, にくやしく, にすげなく, にとて又, にともと来し, にと本, にと越ヶ谷, にどうぞ, になっ, になり, にやっ, にソロソロ, に並べられた, に今, に低い, に低く, に何人, に便気, に便氣, に元来, に其文才, に和ん, に喧嘩, に囁く, に四散, に報酬, に壓迫, に変りたる, に外形, に嫉妬, に小さい, に小さく, に小指, に引ずられ, に強, に強い強い, に強く, に彼此, に徐々に, に心, に忙しい, に思っ, に思った, に押合い, に月, に歪曲, に氷, に汚れ, に混ぜ, に激しく, に濃く, に炉, に為つた事, に産出, に癒ゆ, に私, に稀有, に窓, に立込み, に絶望, に背, に自然科学, に荒涼たる, に薄, に衰え, に見える, に読む, に軽く, に轟々と, に這つて, に進ん, に醜態, に降らし, に響い, に馬鹿気, の, のくらやみ, のそれ, のよ, のトラ, の不出來, の不幸, の不満, の事件, の亢奮, の人出, の偏執, の健康, の傾斜, の其財宝, の内容, の内気者, の冷, の凄い, の出, の力, の勇気, の勇氣, の卑さ, の口惜しい, の古い, の咒語, の四辺, の困苦, の城壁, の壮観, の声, の多く, の多数群, の大, の大軍, の大金, の天, の女, の容体, の宿怨, の實, の小さ, の差し迫つた苦勞, の平凡, の広, の強か者, の御, の御苦労, の微々たる, の微妙, の徳, の心, の思ひ, の思想内容, の恐ろしい, の悲痛, の憎悪, の我儘娘, の戦慄, の手柄, の敬礼, の数, の敵味方, の昔, の暗, の有様, の歓喜, の水蒸氣, の澄んだ, の無限地獄, の熟柿臭い, の熱心さ, の熱情, の熱気, の物, の状態, の狐狸, の珍, の用件, の病気, の痴女子, の祝福, の細い, の細か, の終始, の罪, の罪悪, の脆, の自然, の自然さ, の良人, の苦痛, の荒れ, の莫迦者共, の虫, の親切, の観れ, の話, の負担, の財産, の赤字, の軽い, の迂愚, の近い, の重, の重大, の重態, の鈴, の静けさ, の頭痛, の風, の飄逸, の首ッたけ, の高い, の魂, はつきり, ひどい目, ひどい苦痛, まで貧乏, みむなみ, むしろ旗, もっと重大, もの静かに, も世上名代, も泥酔, ゆえ得難い, ドイツ語に, ヒシヒシと, 一點ポツン, 俺は, 優れて, 厳粛な, 古い種, 古かった, 古き世, 喜んで, 固定した, 壯大な, 変って, 変つた様式と, 多かった, 多くの, 多く立て, 大きい, 大きい暖炉, 大きい煖爐, 大きなもの, 大きな立派, 嬉しい事, 富んで, 尊い恵, 小さいの, 小さく降り, 巧いものである, 巧緻を, 弱って, 強い事, 強く烈しい陶酔, 彼は, 彼等の, 後から, 微音, 心が, 心苦しいこと, 忽ちに空腹, 怒つて, 急がしいと, 恐しく断篇化, 恐ろしい出来事, 恐ろしく適切, 恐怖の, 恭三は, 悲しげ, 憎くなっ, 故健啖, 教養の, 日本における, 日本は, 日本画そのまま, 早く出来る, 暑く思える, 有効期間が, 朽ち果て, 根柢に, 比喩に, 気分が, 汚なく, 沢山あった, 沢山ある, 沢山の, 沢山打て, 注ぎ込んで, 海を, 淋しがった, 深い印象, 深い悲しみ, 深い血筋, 深い谷底, 深く且つ, 深酷, 満ち溢れて, 激しかった, 焦ら立つた心, 煙が, 熱烈な, 物凄い, 狡くなつた, 狭い所, 理由も, 生涯の, 疲らせた, 痛々しく一パイ, 痛んだ, 眞白に, 神言の, 私を, 立ち並んで, 粗末な, 繰り返して, 美しいところ, 美しい景色, 聖化した, 腐って, 色々の, 若々しく, 若かった, 荒れに, 荘園も, 蒸暑い夜, 蛇を, 複雑に, 讀む他, 貧しい者, 起つて, 進歩し, 酔って, 重いもの, 釣れて, 長い説明, 随分苦し, 面白い油絵, 面白くなくなっ, 風土記の, 高まって, 魏に

▼ ぬ~ (507, 0.4%)

5 それに 4 ある女, 又そんな 3 づけさ, もしまた, 此方は

2 [17件] かくまでに, が常陸, ことによる, そうむやみ, そのため, それは, だった, またこれ, またその, ゆんしゆんとして, 一人で, 仁一郎ぬ, 動じない美しい, 有効供給が, 焼けた以上, 罷めなくても, 自分の

1 [451件] あしたの, あの人, あの仁, ありながら, ありやまた, ある人, あれ以来, あんたも, いうが, いくら望ましく, いざという, いずれに, いつしかぺこぺこ頭, いつ何時, いつ頃, いつ髯, いと氣色, いはずとれなの, いふ, いま笑った, いろいろな, いろいろ考えます, うしろの, えらばず胸, おつる坊, お医者様, お父さんも, お脈, お通, かくいう, かたがた大阪に, かついえ公, かつは, かつ何故, かつ子供, かつ現在, かりそめならぬこと, がかつて, がささやく, がそこ, がそれほど, がなんと, がほしい, がわし, が一匹, が三郎兵衛, が上洛, が不, が人づて, が今, が今にも, が其の, が勤役中, が四年前, が容貌, が当分, が御, が御用, が江戸表, が生涯, が畜生, が白兎, が知らぬ, が秀吉, が至上, が藩, が関西五路, が高, きょうの, くすしのわ, くたびれぬかよ, くらすけられ, こうして佐助, ここを, ことごとしい式, このかた, このよう, この像, この明白, この辺り, こんにゃくは, ごとき父, ごとき犬, ご家老, さうし, さきに, さらには, さらにまた, さらに一層わからない, さりとてなお秀吉, じつはよくわからない, じゃ, じゃよ, じゃろ, そういう行為, そうかと, そうで, そしてその, そして其職業以上, そして又, そちも, そのほか, その人, その他家財道具一切を, その兵学, その後肩は, その用途, そりゃアほんとう, それきりおこえも, それこそ, それで刃物, それを, そんなもの, たとへば獅子, たぶんに, だ, だが, だったか, だったかが, だったので, だとて, ちょいちょい逢いたい, ちょっとあがっ, ちょっとその間, つら, づけきまでに, てっきりこれ, です, とある処, といつて言はずに, どうしてそれ, どうして明日, どうして知っとる, どう思う, どう読んだ, どこかの, どみや山, なかなか便利, なかなか話せる, ながながお世話, なぞ殺す, なむ, ならなお, のすがた, ひそという, ほんとにやる, まあ断つた, まごまごし, まして之, またかかる, またこのごろ, またそれ, また不幸そのもの, また人, また今日, また住居, また咎められる, また土語, また小田原評定, また引合わぬ, また日陰, また未來永劫, また未来永劫さ, また本性, また東京, また概して, また殿様, また求める, また渇望, また笑っ, また精神サクラン, また置かないであろう, また蕎麦屋, また贅沢, まだまだこの, まだ物忘れ, まだ若い, まったく妙, まつ, みこころ, もうどうしていい, もしも浅草あたり, もし昼飯, やたれ, やっと午後, やる気か, ゆらさ, ようやく字数, よき日本国, よしまた, わがため, わしも, サボタージュ性繁忙を, スキーには, テレない, テンで, ビステキなども, ラッセルする, 一そう慎重に, 一ぱい飲んだら, 一人が, 一人こちら様の, 一個に, 一走り行っ, 三十分間に, 上部八風斎である, 下を, 世間でも, 世間も, 二日三日の, 五万石の, 人の, 人夫も, 人間一悟門に, 今から, 今こそ, 今に, 今は, 今日は, 仕事は, 他は, 以来の, 伊助も, 伊織とかいう, 体の, 何にでも, 何を, 何屋じゃ, 使いにも, 供給が, 供給は, 便る方, 信ぜぬ輩, 俯仰天地に, 俺が, 公判記録も, 其の用途, 其根柢に, 内容は, 再度元, 出抜け得ると, 別に貯金, 力の, 動けぬし, 勝つ気, 又, 又そう, 又その, 又それ, 又た, 又も, 又個体鑑別論, 又其の, 又同時に, 又國産車, 又大石殿, 又御, 又故人, 又毒, 又調べる, 取り上げるだけは, 受けとるもの, 口ほど, 古くなれ, 召使たちの, 右衛門七の, 吉岡の, 吉岡道場などに, 同じもの, 同じ値段, 同時に見る, 同時に食物, 同道で, 名は, 君命を, 命令に, 和殿が, 咽喉は, 品物の, 哲学などに, 唯そこ, 囲碁も, 国家の, 地方や, 坐に, 城内の, 場所が, 変るもの, 外から, 外に, 夜の, 大学に, 大言は, 大雑把な, 夷人だ, 奮起する, 女が, 女王に, 如きが, 如き者, 嬰児の, 実践的にも, 家名の, 家隆や, 寝返りを, 小僧を, 小六が, 小太郎を, 尤もな, 居ると, 屋敷払いに, 左は, 帽子は, 平三は, 年齢は, 年齢ばかり, 引つぎ, 形の, 得力の, 必ず討たれる, 必らず, 怒って, 思っても, 怪しいとは, 恩賞の, 悪用も, 悲しむべきこと, 感じて, 我が地球, 手伝いも, 手伝に, 手利は, 承知し, 技の, 抒情詩では, 折角人と, 抱きしめられて, 救いの, 散所者, 断る口実, 日本の, 早く麾, 明るいので, 明日は, 是から, 時間も, 普通の, 暴れて, 更にその, 有名な, 材料も, 東吉の, 柴又の, 栄三郎も, 格闘の, 様という, 権威も, 次に右, 正義の, 此部の, 武家奉公いたし, 武蔵の, 歯が, 死後は, 死者の, 氏の, 気が, 気は, 気違い扱いを, 江橋林助にも, 沢庵な, 涌谷さまも, 然も, 父の, 牧の, 犬飼ぬ, 猿楽を, 生産費が, 生食を, 申上る, 皆の, 真冬の, 真夜半, 眼鏡を, 矢絣の, 知りも, 神にも, 秀吉の, 私の, 私は, 秋は, 秘帖も, 突然の, 笛の, 第一, 第一社会的, 第一障子, 等よい若い, 等二人, 算盤を, 系図を, 納豆を, 結局十二月から, 老婆も, 考えて, 聞き給, 聽耳も, 自分も, 自分を, 自己を, 船だ, 若干の, 茂助と共に, 薬草は, 行きたうなけれど, 行って, 見事に, 親を, 訊いて, 許すこと, 語りも, 語源等も, 谷村の, 負擔, 起されず其, 軽々しくて, 辻町様, 近畿の, 逃げだすこと, 造船海運の, 遊ばねば, 達この, 達二匹の, 達人なみの, 里人への, 重役の, 金は, 長く伊丹, 関西に, 隅から, 階級は, 霎時の, 風さえ, 風来坊の, 飢えるべきでは, 飲むが, 駿三には, 高が, 髪ひとつ結う, 魔が, 鰐どもは

▼ ぬといふ~ (470, 0.4%)

43 やうな 13 風に 11 やうに 7 法は, 風で 5 風な 4 氣が, 理由は

3 [11件] お母さんはと, ふみきりが, まあ嘘, 嘘を, 大酒家, 妙な, 平民かと, 状態に, 理由も, 考へ方, 顏を

2 [33件] ひとつの, ふうに, 一札を, 不便が, 事情が, 人が, 人も, 信仰が, 其男の, 場合が, 少女が, 性質の, 意味で, 意味である, 意味では, 意味を, 意識が, 懸念が, 時節である, 有樣, 樣に, 気持で, 漠然とした, 状態で, 立場に, 考が, 考へで, 藕絲織り, 見解を, 言葉は, 道理は, 顔つきで, 風を

1 [277件] あれ寝た, いと廣, おのれの, お前は, お考, お達しな, お達しの, きびしさ, ぐらゐになつてゐます, ことである, ことにな, この二つ, さびしみ, しろものの, しんから, せつぱ詰つた氣持ちから, そのお, その戯作者, その限界, たさうな, ただその, ときは, ところが曲者, ならすつぱり手, ふうだつた, ほのかな, まことによく己, まつたく例外, みじめな, 一人ストライキを, 一例に, 一念と, 一種の, 一縷の, 一般的原理を, 万善の, 不安から, 不安が, 不完全な, 不都合な, 主張から, 主張と, 主意に, 事實を, 事情は, 二つの, 云ひつたへが, 人々を, 人の, 人情に, 今日の, 仕儀万一, 仕末, 代わりに, 代物オヤ小, 仮定が, 位の, 位ひ, 余情が, 例として, 信念の, 信條から, 全責任, 冷血な, 制限に, 制限は, 前に, 博士である, 原則に, 口吻で, 吉右衛門氏の, 呪ひか, 問題も, 噂は, 図は, 国民の, 型が, 堅い自信, 場合に, 場合も, 境界即ち, 変り種である, 夜私は, 大力の, 大方の, 失礼な, 奇妙な, 女金貸, 奴等だ, 始末で, 始末である, 始末まことに, 孝道の, 客觀的認識は, 家憲を, 容子と, 小唄の, 尼御台さまの, 尾花が, 山道の, 川田久長氏の, 己惚れを, 布令が, 布令を, 幽邃境で, 弱点に, 強猛, 役場からの, 彼の, 從兄の, 御主, 御意気込み, 心から, 心の, 心持ちが, 心理状態に, 心配が, 必要を, 忙しいこと, 悲壯劇の, 悲観説をとなへ, 想像は, 意では, 意味だ, 意味に, 意味には, 意見が, 意見も, 意見を, 態度言辞を, 戒律と, 戒律の, 手合が, 手段より, 摩訶不思議な, 文體は, 日本の, 最後の, 最極, 有様, 有様は, 未練が, 條件で, 條件を, 梨枝子を, 極く, 概の, 様な, 様子で, 様子である, 様子です, 樣子を, 歸結は, 気も, 気持から, 気持が, 気質が, 氣持からだけ, 氣持が, 水に, 決心から, 決心の, 決心は, 決意の, 法が, 注意書が, 注進で, 激しい好奇心, 無邪気な, 牡丹雪が, 特権が, 状態な, 状態の, 状態を, 独りよがりの, 理由で, 理由には, 理由による, 理窟は, 理窟も, 環境に, 甚だ厄介, 生きた例, 生れつき無力無能に, 男の, 盛況を, 破目, 禁欲の, 私の, 秘蔵の, 程私の, 立派な, 箇所とが, 節度が, 約束だ, 約束で, 約束も, 素子からの, 結論だ, 結論は, 結論を, 絶対の, 義務から, 義務を, 羽目に, 習慣を, 考へから, 考へは, 考へも, 自ら顧み, 自覚で, 落椿, 藕糸織り, 藕絲織を, 要請とが, 見地これは, 見方を, 見極めを, 見榮, 見解に, 見解も, 規定で, 覚悟と, 觀念が, 言葉を, 言葉乃至, 言訳を, 訣では, 証文でも, 評判, 評判を, 話だ, 誓を, 誓文沙汰, 誓言立て, 誡めが, 諦めが, 諭旨を, 議論であります, 議論に, 議論を, 貞女, 賛同の, 趣旨の, 身に, 身構へを, 辞誼を, 農家が, 返事を, 迷信, 連中が, 運命を, 道徳的陶冶を, 配慮から, 鈴蘭に, 長壁の, 關係は, 露は, 非難は, 面白い現象, 面魂でも, 頑強な, 顔つきを, 顔色を, 願が, 風, 風が, 風だ, 風だった, 風の, 風潮で, 飛んでも, 高橋君を, 鹽梅で, 點で, 點に, 點にばかり

▼ ぬ~ (455, 0.4%)

78 である 53 はない 4511 だが, のもの 10 がない, では, はなく 8 なのに 7 だのに, です 6 じゃ, なの, はなかつた 5 だと, は無い 4 であった, であるが, はあるまい, はなかっ 3 だから, だった, だったの, だという, であるのに, と押, なん, の身, はなし

2 [17件] が無い, だよ, だろう, だ余, であつ, であります, であるし, であると, なりと, なり然, なるに, のこと, のこの, の事, はありません, は有, もない

1 [100件] お身, があらう, がございましょう, がなかつた, が有る, けれども私, じゃった, じゃわ, だけれど, だたとえ, だつたが, だとまで, だネ, つきましては, であったが, であらう, でありゃ, であり事実, であるお, であるから, であるこれ, であるに, であるハテ, でご, でございます, でした, でしたろう, ですから, ですが, ですがねえ, ですのに, でそれ, でも, で元, で有る, で而, ときめ, と不用意, と私, と覺つたため, なれども, なれば, になっ, にもかかわらず, に書かれた, に極, のそ, のところ, のカニョーフ, のヒノキ, の人, の何物, の作品, の哲学, の大粒, の妾, の客観性, の専門, の御, の徳川, の拓本, の政治家, の文字, の文法, の書物, の檜, の此地, の無い, の父母, の町, の立場, の純粋, の総合評論雑誌, の自分, の資本, の輪太郎, の道理, の金銭, の闕所屋敷, の高村軍曹, はありませぬ, は御座いませぬ, は有りますまい, は有りません, は無から, は無論, もなかろう, もなく, も無い, も無く, ゆえ朝夕, よ此品, をと或, を今日, 恋しいと, 故自宮者, 殊に戦国, 貴妹, 逃げ込むなどとは, 随分清吉

▼ ぬ~ (431, 0.4%)

16 である 12 がある 11 はない 9 を見る 7 だ, であろう 5 もある 4 が有る, なり 3 あり, だと, で思わぬ, にあった, はなく, へ隠し, まで來, まで来た, もあり, を見れ

2 [25件] からよく, から思わぬ, から毎日, があった, があつ, があり, がございまする, が多い, だから, であった, であつ, であります, であるが, で蹉跌, に, に在る, に妙, のもの, の劣等, へ出, へ行っ, も多い, を先生, を求め, を見

1 [276件] ありやと, あり横鎗, あれば, かへつて興, かむしろ, から, からうらら, からし, からそれ, からどんと, からヂッ, から世人, から主人公, から之, から今度, から半歳足らず, から卑怯, から噴火山, から声, から家中手分け, から思いがけぬ, から推す, から柵内, から生れる, から能くも, から自然, か手, があります, が入, が君子, が多かっ, が妙, が是, が有, が有れ, が無い, が第, が美し, が表面, が見える, が読書家, が面白い, すら少く, ぞかし, だが, ださうで湯, だったが, だつた, だつたが, だろうと, だッ, だ戸, だ爾, だ秀子, で, であったが, であった斯様, であります玄奘, であり彼, であるから, であるさ, であるもし, でお, でございました, でございますのに, でしずか, でした, でしたが, です, でそれ, ではこういう, ではし, では岩茸採り, では草木, でもあつ, でもう, で一向, で亡父, で仕, で冗費, で古, で君, で宮, で實行, で弾丸, で彼, で後世印度人, で思いがけぬ, で成るべく, で新鮮, で明かし, で有っただろう, で検め, で正しき, で発見, で私, で絶えず, で読ん, とあります, とては少し, とのある, と思う, と思はまし, と捨身, と断念め, と自分, と覚悟, と覺悟, なきこと, なきに, なきもの, なく一挙手一投足, なりしと, なりとかそ, なり何日, なり得手勝手而已申立, なり暫く, なれど, にあり, にあり過ぎる, にいる, にうかがわれ, におられた, におります, にぐんぐん, にし, にては独り落涙, になっ, には優待条件, にひょいひょい, にも俗間信仰, にも甚だ, に九谷焼, に他人, に何等, に保たれる, に候, に備え, に入れ, に出, に力瘤, に原稿, に参っ, に大入道, に宮方, に彼, に彼女自身, に意識的, に敵意, に是, に晴れ晴れ, に残存, に瀬戸内内海, に犯罪, に生活, に眞, に臥し, に自分, に舟, に苦労, に薫, に行かなけれ, に行こう, に行ってるだろう, に行つた, に設けられ, に足, に通過, に逸し, に陥り, に隠す, に面白味, に頂, のある, のほう, のみ多く, の一つ, の一個, の光景, の名, の在, の多い, の少々, の崖道, の帝王, の御行, の感興, の有る, の木戸, の松並木の下, の正常的, の異, の般若, の資金, の運送業, の銀, はあっ, はあるです, はすておきし, はなかっ, はもう, は何, は何処, は何處, は分らぬ, は図, は想像, は有ります, は炭坑, は留り, は留り留り, は相, は省い, ばかり, へこの, へそれ, へつれ, へでしゃばる, へはいっ, へやれ, へゆく, へスッ, へ予, へ埋め, へ始終, へ姿, へ往き, へ意外, へ投げやられた, へ目, へ腰, へ自分, へ落ち込んだ, へ行, へ行かね, へ行く, へ行け, へ蹄, へ追い立てい, へ運ん, へ遠く, へ飯, また苦情, までこう, まで参, もあります, もしくは両方, も二つ三つ, も出でき, も声, も有り, やある, や錠, より余儀なく, より庄兵衞, より言, より遺恨, をまで究め, をまで見て取り得た, をアテ, を人為的, を何度, を想像, を抜く, を持つ, を歩行, を流れ, を漕い, を皿一つ, を老人, を補足, を覗き込む, を説明, を質し, を選ん, 又知らう

▼ ぬ~ (430, 0.4%)

29 になつ 26 にし 15 である 7 にする, に注意 6 な事, な気, になる 5 になり 4 では, にした, になっ, になった, に見えた 3 だ, な方法, に, にせね, に仕, に心, に笠, に願います

2 [20件] であった, な, なこと, なもの, な場合, な恐ろしい, な顔, にしたい, にすべし, になりました, になれ, にもなる, にも思われる, に何, に姿, に御, に思はれる, に思われる, に見える, を見

1 [239件] あらかじめ時間, きびしくいい渡し, しばりあげられて, すこし階段, すべしと, だが, だった, だったが, だね, であったが, であつ, でい, でまた, でフラフラ, で呆然, で客一同, で室, で意味, で有った, で毎晩, となつ, との喧しい, なあり様, ながらちょ, ながらん, なつまらぬ埋草, など見る, なので, なもどかしい, なら寧そ輪田夏子, なり, なりし, なりて, なハメ, な一つ, な世の中, な久しい, な人, な仕合, な其ん, な口, な声, な大切, な奇怪千万, な実質的, な尋常, な店, な心, な情態, な情緒, な意匠, な所, な教育, な時代, な椿談, な温雅, な無理, な物, な理想, な理由, な男, な癖, な皆, な目付, な秀子, な私, な素質, な至って, な言葉, な話, な語り物, な語原解釈, な身上, な身分, な道, な隙間, な風, な高尚, にあたり, にあちこち, にあなた, にいたし, にいつも, にお計, にかうする, にきめ, にくるみ, にさせ, にしたく, にしっかり, にしつらえなけれ, にしてやらう, にしてる, にしなさい, にしなさる, にすべり込む, にせさせた, にせん, にそこ, について行く, について行った, につとめ, にてわたらせ, にて死, にとする, にとの注意, にとの約束, にとフチ, にと今度, にと心, にと念, にな, になさい, になったなら, になら, になるなり, になれり, にねがいます, にもあります, にも致します, によく, にソッ, にブツ, に一つ宛, に下車, に下駄, に中, に丸めた, に事穏便, に云う, に云った, に亡び, に伏せ果せたなら, に伯母さん, に伺いました, に作り直す, に使, に候ひき, に内側, に処理, に出, に出来, に刀, に努め, に努めた, に勉めた, に厚い, に反対, に口, に叩きつぶし, に右手, に固め, に埋め, に堅く, に妨げ, に始末, に守つて, に室, に家, に尾, に左様さ, に引き寄せる, に往, に後見, に徐々, に心がけ, に思っ, に思った, に思ひました, に思ふ, に思へる, に恋, に慰めた, に成っ, に成った, に成つて, に成る, に打, に拭きとっ, に持出す, に故, に斯書, に早く, に暫し, に書き散らしたる, に本集, に極めて, に櫂, に此, に水, に泳ぎ, に浴場, に混ぜ, に漉毛, に煎餅, に爾, に瓢箪, に生れ替わらせる, に生涯一つ処, に用心, に男, に皆, に目, に眉, に石塊, に笑, に笑いました, に管理, に細工, に総て仕組, に縁側伝, に考え, に考へます, に致そう, に行き, に被, に見受けられた, に話した, に読書, に軒伝い, に逃がさぬ, に運ん, に運命, に適度, に避け, に長い, に階下, に障子, に隠し, に顔色, に願, の怪我, の手入れ, らしい, をし, を冷静, を賞美, 縛り鹿, 致せば

▼ ぬばかりに~ (428, 0.4%)

20 して 4 目を 3 なって, なつて, 手を, 眉を, 笑い出した, 顔を

2 [22件] されて, した, するの, そこの, ちよつと, もとの, 伴れ, 呼止めました, 喜ばれ見れば, 声を, 庭の, 愛想も, 手順よく, 敵を, 案内し, 置いて, 言うの, 身を, 開いて, 頼みました, 頼み入ります, 飛出しました

1 [342件] あざわらいさえ, あとじさり, あの両名, いきなり, いそいそと, いった, いつでも, いつまでも, いどみかかって, いふの, いよいよ勢い, うなずいた, うなずいて, うなずきました, うわの空の, うんと右, おそろしい顔, お玉を, かき口説くの, かた手, かの女, かばんの, かぶりを, がんばりました, きちきちと, きょとんと, ぎろり中を, ぐるぐると, けろりと取澄まし, こう言う, ここに, これも, さっさと表, さもふてぶてし, さらして, しきりにくんくんない, しぶしぶ立っ, しみじみと, し太刀, じっともと, じっと倭文子, するさ, ずいと立ち上がっ, せがむの, そこに, その傍, その木戸, その背筋, その軽挙, それを, そろりそろりと, ただ微笑した, たちまち千鳴り太鼓, たのんで, ちいさな泡, ちらりとさし, つづいて, とりかえしの, どこかへ, なおじっと, なっては, なでて, なむ, にこにこし, にやりと笑っ, にんめ, のこりの, のっし, のっしのっしと, はしゃぎ出した, ひたと寄っ, ひら, びっくりし, ぴしゃりと, ふわりふわりと, ぶっきらぼうに, ぶつくさ呟き, ぶらりぶらりと的, ほのめかしながら, まくし立てます, またクルッ, みえました, みどり子を, もったいぶって, やがて案内, ややしばしことば, やや軽蔑, よく飲む, よろこんだの, わが腕, わびた, われ, シヤア, ジロジロと, ナルシッサスは, ニヤニヤ笑っ, パンばかり, ピタリ物見, フラフラと, ヘラヘラ脂下がった, ペロペロと, ムキになつて, 一人が, 一同し, 一学は, 一尺以上の, 一座の, 一揆に, 一生けん命おねがいする, 一生懸命に, 三老臣は, 不思議な, 世話を, 主人の, 二人を, 云い返した, 云わねば, 人込の, 人集りが, 今度は, 仲よく二つ, 体中に, 何も, 例の, 俊基は, 備えられて, 僕と, 元の, 先の, 八五郎は, 内山彦次郎が, 内心で, 出も, 別に驚き, 刺笑し, 副官が, 割込んで, 動顛し, 勧めましたが, 取り縋って, 受けずとも, 叡山が, 口を, 口惜しがっ, 口説いた, 告げて, 問いました, 問われない部分, 喜んで, 嘆息した, 図書館から, 土州侯が, 圧迫が, 坐り, 大口あい, 大声を, 大手を, 天まで, 天道様の, 太鼓の, 奧の, 女を, 好奇の, 威張り散らす税, 孔明は, 宇治山田の, 導き入れるの, 小僧に, 居並んで, 履歴書を, 山道を, 左右の, 席を, 平気な, 座下駄が, 庭下駄が, 引き立てられて, 引入れます, 引留めて, 弟の, 弥兵衛老人が, 弱り切って, 彼女は, 後を, 快睡, 忽ち通せんぼ, 思いわ, 思わず両手, 悠然と糸, 愍笑を, 憎いほどにも, 我が子, 手数の, 手燭と共に, 手真似し, 打けむつて, 投げかけるの, 投げ出して, 押し並んで, 拜むのと親分の, 拝むの, 持ちかけたので, 挑戦的な, 振り廻して, 捜し抜きましたが, 擡頭し, 故ら無帽, 故意と, 教室の, 斯う, 日の本の, 旧友を, 曹操は, 木の, 杯盤酒肴を, 松村武が, 柔らかな, 構へて, 横着な, 次郎は, 欣々として, 止めるので, 此方を, 死んだおかみ, 死体の, 死骸の, 氷面を, 永く知らず, 沢庵は, 浅ましい色, 海には, 涼しい顔, 滅多打ちに, 濁った水, 無限に, 父の, 片手の, 片手を, 猪口の, 生ひ, 田中に, 田圃路を, 甲斐甲斐しく身支度, 甲野さんは, 申して, 申しましたの, 番台の, 番士の, 目に, 相好を, 相手の, 眼を, 眼顔で, 睨み詰めて, 石原の, 礼を, 私たちを, 私は, 突き飛ばされた, 窓の, 立って, 立処に, 笑って, 答う, 策を, 粋な, 紅葉こぼるる, 紋三を, 紐まで, 罵ったその, 美しく美しく笑っ, 羽を, 老審問官, 老翁は, 聞きかえしました, 肩の, 肩を, 胸を, 腕組し, 膝こごめ, 膝の, 膝を, 自分から, 自然石の, 船暈を, 苛酷に, 若林の, 苦しくて, 苦るしむ, 莞爾と, 萩井家の, 落ちて, 蟀谷の, 裏門から, 襲つて來た, 親たちは, 言う, 言って, 訴へて, 評判の, 詫けれ, 詫び入るの, 認めて, 謡うて, 警視庁の, 象牙の, 負けず劣らずに, 走寄る自分, 越度を, 足音さえも, 軽蔑した, 近づいて, 近づく, 追いやり煙管, 速水の, 進寄り, 遮つた, 遽かに, 金庫へ, 鈴木君の, 長瀬小, 閉めきった戸, 開放的に, 露骨に, 頷首き, 頼まれたが, 頼むぢやありませんか, 頼むの, 頼めば, 頼んだので, 飛び廻って, 食物問題を, 飾られて, 首を, 馬上から, 驚いて, 驚きたり, 鬼の, 鳴いたいじらしい, 鶴子を, 黒く逞しく筋肉, 鼻毛を

▼ ぬ~ (411, 0.4%)

14 が来た 9 がある 6 である 4 が, が来る, だつたの, の迫つて, は 3 が來, だと, です, なの, のこと, はない

2 [29件] が来ました, であったが, であつ, であります, といっ, とては無い, には, にはそれ, には非常, にも替, に於, に至っ, に見る, に遊び, のほか, の流れ, の訝し, はあり, はお, はその, はやむを得ず, は人, は其の, は御, は饒舌, もあった, もあり, もある, 暗き隅

1 [286件] あり, あり資通大弐, から早く, から絵, があった, が一刻, が参った, が怖, が想像, が来, が来たなら, が来たら, が来るなら, が決して, が続い, が近づい, さえたびたびでござります, しかいうまい, その井戸, その時, その民一切, だけにし, だった, だったが, だったの, だったので, であった, であったから, であって, であらう, であり幕間, であるから, であること, であろうが, でしたから, ですから, ですら, でなければ, ではない, でもある, でも夢, で大抵, で料亭, という, という意味, とがある, とてもなかっ, とところで, となつ, とはこれ, とはなれり, とは人相, と下げね, と場所, と考えました, どんな, なく寸, などにやむなく, などのため, などは折々, などは自分, ならぬ時, ならば, なら格別, なり, なり糸子, にあんな, にいつも, におれ, にこれ, にその, にたしなめられた, にだけは明石夫人, になりました, になる, にはあばれ, にはあるいは, にはき, にはこれ, にはその, には人, には仕方, には会社員, には利息, には努め, には大変, には天才, には廟, には映画館, には最早, には泣い, には淡, には石, には笑う, には肖柏, には自分たち, には落第, には追放, には鷹, には鼠, にもっさり, にやって来る, に人, に何, に出あっ, に出く, に出逢うであろう, に卒然, に大, に子, に岡, に差し上げ, に御, に忍齒, に思いがけぬ, に思わぬ, に急ぎ, に急ぎよう, に成り, に戞, に打つ, に放て, に来ました, に此別莊, に玄関, に生け捕っ, に申し上げましょう, に當つたの, に當つて, に直面, に祈り, に神楽師, に私, に私服, に襖, に車, に轟然, に限っ, に際会, のわざ, の事, の仏頼み, の作家, の凄, の勢い, の心細, の思はぬ, の感情, の憑, の撰, の新子, の方, の渇き, の神頼み, の第, の落ちついた, の語気, の迫っ, はあらざるなり, はありません, はいっそ, はいつ, はいや, はいわゆる, はかなた, はせめて, はたいてい, はだ, はともに, はながれ, はなく, はひそか, はまた, はもう, はやがて, はピタリ, は一人, は一夕, は一生旅寝, は三人, は事面倒, は二十四孝, は何, は來, は倭文子, は其家, は其方, は再度, は刃物, は切り死, は別人, は刺し違え, は前足, は北, は却つて首尾惡, は号泣, は合の手, は向う, は吹かず, は城下, は夕暮, は奉行所, は女房, は如何, は妻, は寄っ, は富貴, は小さな, は巡査, は師, は平和, は彼, は御免, は御前, は心細, は怒った, は悪声, は悪者, は感, は成るべくよぼ, は手頃, は折角, は拙, は拷問, は斬り殺す, は断然, は新町, は是等, は月番, は武士, は歸, は殆, は決して, は無, は無口, は無理, は用捨, は確か, は私, は算筆, は篠谷側, は素直, は罪, は能, は腕, は腹, は自ら衝突, は自分, は舌, は船頭衆, は誂, は論外, は質的, は踏め, は酒, は重恩, は非常, は預け, は額, は駈, は黒三, ばかり最も, ばたばたと, ほど悔, もっとも適当, も候, も全く, も唇, も壁間, も知らぬ顔, よめる歌, よりしつこく, わが眼, を問, を待った, を狙っ, を経た, を經, を過した, 不平家, 入ったので, 憂傷, 書き替えられるべきもの, 清き者, 耳慣れたる聲音, 迄の目印

▼ ぬ~ (396, 0.4%)

31 がよい 17 がいい 11 を見 8 へ眼, を向い 7 がい, がよろしい 5 を見つめ 4 がよかろ, が得策, を眺め, を瞶め

3 [11件] がお, が勝, が却って, が可, が宜, が宜いと, が宜しい, が良い, であったから, へ持っ, を見詰め

2 [20件] がまし, が利益, が多い, が好い, が自分, が賢い, であるが, です, に向っ, に發展, に蒼, ばかり見, へのみ飛ぶ, へ向い, へ急, へ話, をじっと, を見た, を見る, を見廻し

1 [213件] かへつて, からは総て幾等, からひょっこり, から報酬, から思わぬ, から竹槍, から聞こえる, から酬, から霧, が, がえ, がおいで, がお互い, がお前ら, がでせう, がなに, がはるか, がむしろ, がよかっ, がよかつ, がよく, がよし, がよろしから, がよろしかろ, が万全, が不思議, が不自然, が仲, が便利, が却つて, が合理的, が善い, が増し, が奥床しく, が好から, が安全, が宜し, が寧ろ, が尊い, が幸い, が当然, が手短, が望ましい, が本当, が正しい, が無事, が白く, が私, が第, が結果, が美しくっ, が良かろ, が若く, が行く末, が進み, が高い, じゃ, じゃがきょう, そうして何時も, だが, だった, だと, だという, だのに, で, であった, であったが, であつ, である, であるいは, でございます, でしてな, ですね, ですねえ, でべつ, でも, で酒, で頭, とは存ずる, とは思い, と思う, なので, なら何故, なるべし, なる上, なれども, にそ, になびかず, にのみ動揺, には少々, には幽霊, にほんのり, にも迷, に借財, に動い, に動きかけた, に反れ, に向い, に向き直っ, に向け, に向けられ, に向ける, に持っ, に放つ, に止, に消耗, に燿, に犬, に磯づたひせず, に自分, に視線, に話, に輝き, に迷, に飛躍, に馳, のずっと, の声, の店, の後, の性質, の手, の眼, の空, の考え, の花, の趣味, は, は憤然町内, ばかりを眺める, ばかり探し, へ, へそらした, へそれ, へと燃えあがり, へと走り玉, へと踏み迷い, へと迷い入った, へと退却, へと逃げ出し, へと逃れる, へのみ落ちよう, へやつ, へ力, へ動い, へ反らせた, へ向かわせ, へ向け, へ向けた, へ向っ, へ吸いつけられ, へ外らし, へ奪, へ導く, へ心, へ急速, へ手, へ投げやった, へ抛り出し, へ歩いた, へ求める, へ波, へ洩らさん, へ流れ出した, へ発展, へ發展, へ目, へ突き飛, へ立ち去られた, へ紛らそう, へ耳, へ行っ, へ行った, へ行つた方, へ話頭, へ走る, へ身, へ連れ, へ逸らした, へ釘勘, へ面, へ韜晦, へ顔, へ馳, へ驚き, まで発展, まで發展, もあるであらう, もなき, よしと, より, よりはいい, よろしからん, よろしく候, らしくいつも, を, をきょとん, をきよ, をながめ, をにらみつ, をにらん, をば, をキョトン, を向いた, を彷徨つて, を目戍, を睨ん, を見つめた, を見やった, を調べ, 宜からん, 恵まれた方, 打ち目

▼ ぬとは~ (361, 0.3%)

6 限らない 5 限らぬ, 限るまい 4 どうした, 知りながら 3 いいながら, いうものの, さても, どういふ, なんという, 何という, 言はれぬ

2 [20件] いえなんと, いえません, いわさぬ, いわさんぞ, いわない, なんたる, なんだ, 何を, 何故です, 余り馬鹿, 保障し, 思つてゐない, 情けない, 扨, 気の毒な, 申さぬ, 申せ前, 言えない, 言つても, 限りませぬ

1 [276件] あいつも, あなたの, あまりに浅薄, あまり不通, あんな思い, あんまりな, いいかねるかも, いいこと, いい条, いえ, いえしかも, いえそういう, いえない, いえないであろう, いえぬが, いえまいな, いえカテリーナ・リヴォーヴナ, いえ今, いえ常に, いえ彼, いえ慚愧, いえ貨幣利潤, いえ近代個人, いつも考え, いはず我, いはない, いはぬ, いよいよもっ, いわさぬぞい, いわさねえぜ, いわぬの, うかつ千万, おかしい, おかしいぞ, おもいながら, おもしろい, かぎらぬの, かねがね考え, こっちの, このこと, この三人, これも, さてさてあわれむべき, さてさて不便, さてさて世帯気, さてさて愚か, さてもさ, しゃくに, すなわち吾一身, そなた, その人, その環境, ぞんじますなれど, たいへん違う, たとへさう思つた, つくもの, どういう宝, どういう意味, どういう理, どう考え, どこが, どっちの, どやつ, なぜである, なんといふ, なんと悲しい, はて何, ひどいじゃ, ひどく悲しい, もはや探索, やはりある, よくいつた, よく云, われわれ二人神や, アア既に, イヤイヤ若者, イヤハヤ心外の, ウソだ, マラリアの, ムリな, ヤクザ者じゃ, 一体何事, 不似合, 不公平極まる, 不埒な, 不思議な, 不愍な, 不都合だ, 予て聞い, 予の, 予想せず, 二の次, 云いきれぬ, 云い切れぬ, 云う様, 云えそれ, 云えない, 云えぬ, 云えますまい, 云えますまい第, 云え宛, 云え然, 云つても, 云わせぬの, 云わない, 云わぬが, 人非人とも, 今の, 仰せられまい, 何ごとじゃ, 何たる情け, 何たる醜態, 何だ, 何と, 何といふ, 何と云, 何の, 何よりも, 何んと, 何んという, 何んといふ, 何事ぞ, 何事だ, 何事である, 何故云, 余りと, 余りな, 余り残念, 保証が, 保証でき, 保証できない, 僕は, 僕も, 兄と, 八州の, 其の人, 到底い, 前世紀, 十分に, 卑怯であろう, 又何, 同情に, 吟味方筆頭も, 問題でない, 單に, 外面如菩薩内心は, 太, 失敬極まる, 奇しからずや, 女の, 好んで, 如何にも受取れぬ, 孔子さまでも, 定まらぬ, 実にあきれ, 実に国民, 容易ならぬ, 察しられる, 少将も, 己を, 形式主義者シクロフスキーの, 彼が, 彼も, 得云うまい, 心の, 心ぼそい, 心得られぬこう, 心得られぬ話, 思いつつ, 思いませぬ弾丸ひとつ, 思いません, 思うが, 思ったが, 思って, 思はぬか, 思はぬけれども, 思ひながらも, 思ふが, 思わない, 思わぬけれども, 思われませんが, 悪い合点, 情けない配下, 愚老の, 感心にて, 戦うという, 指点す, 昔からの, 是れ, 書いて, 最初から, 朝鮮の, 欧人も, 此の, 此事だ, 気の毒みたいだ, 汝十兵衛よくも, 汝十兵衞よくも, 浮世には, 無情であろう, 無礼者, 無論云えぬ, 狭いぞ, 理不尽な, 申さぬが, 申されぬ, 申されまじこの, 申されまじ此月末, 申されますまい, 申しながら, 申しません, 申しませんまた, 申すまじ是, 申せませぬ父上, 申せ最初, 異なつて, 真以外に, 知って, 知っても, 知つてゐる, 知りつつも, 知ッて, 神仏にも, 私にも, 私の, 種族において, 竜や, 米国では, 約束せぬ, 義理ずくで, 考えて, 考えない, 考えられません, 能う造つた事, 自然と, 茲の, 見て, 言い兼ねました, 言えないだろうし, 言えまい, 言っても, 言ひ兼ねました, 言ふ, 言へ, 言わぬが, 言わぬぞ, 言葉が, 誰が, 誰でも, 誰も, 誰れ, 論理上よりは, 貴様よほど, 身を, 近頃誰, 限らず且つ, 限らないし, 限らない印度, 限らぬと, 限らぬゆえ, 限らぬ勢, 限りませぬ尤も, 限りませんからな, 限るまいが, 限るまいせめて, 随分非, 難なれ, 餘まり氣強き罪造り何樣か, 餘り, 餘り迂, 馬鹿に, 駈け出し, 驚いたな, 驚き入るの, 鳥獸に, 麁言なり

▼ ぬけれども~ (334, 0.3%)

6 それは 3 兎に

2 [14件] かつて仇十州, ひとめ見た, まず普通, マア今まで, 二六時中目の, 何でも, 娘は, 心の, 想像は, 此の, 現代の, 私は, 自分の, 金を

1 [297件] ああ死なせたく, あの時貴方様, ある原則, あゝ云う, いかにもそれ, いやで, いよ, いわばどちら, およそ実際的, お優しく, お松の, お遊さん, かつて井上哲次郎氏, かような, こうした見方, こっちでは, このまま, この場合, この局部, この疑問, この若い, これが, これで, これは, これまでの, これ以上複雑な, しかしこれら, しかしただ私, しかしながら私, しかしながら金, しかしわれわれ, しかし今日, しかし私, しかし著者, しかもなほ, しかも亦我と, しかも外, しぐさは, しばらく便宜, せめてお前様, せんねん, そう仰っし, そこに, そのあと, そのころ, その傍ら, その内容, その夢, その大要, その幕臣全体, その敵機, その日, その曼荼羅繍帳, その答, その計算, それかと, それが, それだ, それも, それらの, それを, ただ今申, ただ余の, たとえば平野謙, ついには, つまり短い, とてもつらい, とにかく四郎, とにかく新聞, とにかく私, とにかく複数, ともかくこんな, ともかく考へ, ともかく重能, どうぞお, どこかに, なお甚だ, なにか意味, なるべく自分, はつなつの, ほかの, まさかここ, まず広く, みんな治部殿の, もう一個月, もしや王様, もしや臨時汽車, もし悪, もはや陽気, やはり, やはり人間, やはり漢学, よぼ, わが生徒監, わたくしは, われわれの, グッと, サァおれと, タクミの, トムスンの, ドウゾ私も, 一念に, 一族の, 一般に, 一見全く別種, 下総の, 世人の, 中の, 之によ, 人の, 人道上正義上而し, 人間は, 今に判然, 今夜のは, 今年に, 他方において, 以上の, 以上は, 以前から, 伊予の, 低いとは, 何か, 何し, 何と, 何の, 何方に, 余りながく, 優い, 元来そういう, 元来チベット人, 先生は, 光線を, 兎も, 其うちに, 其中には, 其他の, 内田魯庵氏は, 前に, 勝海舟と, 古事記や, 右の, 司馬晉の, 合戦が, 同感の, 君も, 吾人の, 吾等は, 周圍は, 和漢ないし, 哲学が, 喪服の, 四五磅を, 困難だ, 国家の, 土俗に, 土木事業を, 地勢から, 士族は, 売ると, 変てこで, 変身の, 夕御飯の, 多いの, 多分フリント, 夢遊病に, 大方母, 大浦博士と, 大砲が, 大變精密, 大體何時頃, 夫なる, 嬢次様の, 存外続い, 実に穿ッ, 実例の, 実際の, 實際には, 専門学校へ, 少しずつ, 少しばかり, 峠の, 嵯峨の, 差し当りこれ, 巻によって, 平安朝の, 幾分か, 当時は, 当時人, 彼にとって, 彼の, 彼女が, 後者は, 從來の, 思うに, 恐らく千以上, 想像を, 愚僧は, 愚民の, 憲法の, 成功より, 成就しない, 我々が, 或一部分, 戦争が, 所々に, 手渡しを, 支那の, 支那を, 改良には, 文章を, 断食し, 新しいこと, 日に日にやせ, 日蓮宗の, 昔の, 是は, 是を, 昼からの, 晩に, 普通人狐の, 景色も, 暗に人, 暗黙の, 有らん限り, 朝廷の, 未だなんびと, 未開人よりは, 末の, 村上天皇の, 来手, 東京では, 桓武天皇樣の, 桜の, 死んだと, 殆ど馬, 残つてゐる, 殺された青年, 民間にて, 源氏は, 然う, 焼失し, 特にその, 現在の, 理知では, 生存し, 畫伯たるには, 病気に対する, 盜跖篇の, 直接に, 眞墨田神社といふ, 着たものの, 知性や, 社会では, 神々しく媚めかしく, 神武天皇が, 私などは, 私には, 私の, 稲の, 穏やかな, 窪んだ目, 粘土さえ, 精神的に, 素晴らしい良種, 絵の, 而かも, 聞くところ, 脇息にも, 自分が, 自分では, 自分達より, 自然主義者の, 若し今日, 若林博士よりも, 藤枝の, 藩士が, 被害人民の, 要するに日本犬, 要するに英独両国, 見えない眼, 話しの, 誰も, 議會の, 議論に, 貴公も, 起きて, 道を, 遠く畑打, 金が, 金毘羅社である, 鎭守府の, 露国にては, 非常に, 面白い句, 順を, 食われ残り, 黒岩万五は

▼ ぬ~ (333, 0.3%)

169 である 8 であつ 7 だと, なので 4 だった, であるから, でした, と女, になつて 3 が一人, じゃ, だから, だが, ではない, なの, の前, の身

2 [27件] がいる, がベンチ, が何, が立っ, だつた, だな, であった, であったから, であったが, と共に失踪, なりと評せし, に, に見えた, に身, の, のよう, の声, の言葉, は猿, は答えた, まさりである, も平凡, や家族, よ, をあげた, を怨めしく, 振にが

1 [188件] いわば取る, か, かどう, からマドレーヌ, から寄越した, から時々, から突然, から顔, がああ, があっち, がお, がことさら, がしゃがれ, がやはり, がコツプ, が三人, が二人, が其処, が其處, が市長, が店中, が弟子, が彼, が来, が死ぬ, が無けれ, が現れた, が由良, が突っ, が立った, が肌, が若い, が随分, が飛ん, じゃから帯刀, じゃぞ, じゃない, じゃの上人様, だけれど, だし, だその, だったの, だったので, だという, だとは, だよ, だろう, だオネエギン, だ帰ったら糾明, ついついお気, で, であって, であらう, であるが, であること, でお, でご, でしてな, でしまいに, でしょうが, です, ですが, ですけれども, でないから, ではあった, ではある, でまだ, でもない, で且, で人, で先ごろ, といふ男, とが一人, として定評, とてなす, とて為す, となっ, とにらん, との夜毎, との蛮的, とはいえ, とは見え, とばかり思っ, とみえる, と固い, と思へ, と抱擁, と暗闇, と極まっ, と男, と睨まれ, と知らぬ, と知り, と結婚, と罵られ, と見える, と願, なのに, なりけり, なりなど云, なれば, にさ, にだまされ, になっ, になつ, になり, になりさがった, になる, には嫁, に両方, に会, に侍く, に娘, に對つて訴, に御, に微笑みかけ, に忙しい, に応接, に思われるであろう, に渡し, に相違, に裏切られた, に農村, に通じ, のいふ, のこと, のだみ声, のつもり, のふみ, の一人, の一念, の二の腕, の僕, の冷, の土人形, の姿, の屍体, の影法師, の意地, の手紙, の殺風景, の気息, の無駄骨, の眼, の筆跡, の胤, の脚, の踊, の闖入, の電話, の顔, の馴, はこう, はさっき, はしきりに, はなお, はなかっ, は人, は己, は引か, は斯, は此の世, は真面目, は筆蹟, は絶対, は船, は誰様, は通り, ばかりじゃ, もあらう, もいた, も世, よな, をあやめる, を七匹, を好こう, を嫌, を引っ張っ, を引入れ, を愛し, を戀, を指し, を浮いた, を見た, を観察, 参りまして, 故要, 突然川島家

▼ ぬとも~ (331, 0.3%)

53 限らぬ 19 限らない 9 限らぬと 6 かぎらぬ 5 かぎらない, 限らないの, 限らぬから, 限らぬの 4 限らぬが, 限りません 3 かぎりません, その落著, 思った, 限らぬし, 限るまい

2 [22件] いえぬ, かぎりますまい, この寂び, せめては, 人材を, 名状も, 思う, 思うの, 思って, 思ふ, 思われた, 我中心に, 留め置かまし大和魂, 覺え, 言える, 言は, 返事を, 限らないから, 限らないと, 限らぬので, 限らん, 限らんよ

1 [157件] あの人, あるいは病い, いいたくなる, いえない, いえぬの, いえる, いずれでも, いはぬ, いふ, いわずしばらく, いわず例, いわず有耶無耶, いわなかった, おもう, おもふ, かからぬと, かぎらず安心, かぎらないの, かぎらぬからのう, かぎらぬと, かなりはつきり, きまらずに, この一こと, この手, しれたもの, せぬ, そこに, その名, その木, その縁, それは, つかぬ変, づなをきって天神岸から, なくすこぶる, なくどこ, なく活字, なく紫檀, なく聞く, なく言いすて, はっきりしない, はっきりと, はっきり態度, まこと, みえるその, やがてその, わからないと, シエクスピイヤに, 事業を, 云い切れない, 云い難く, 云う, 云た, 云はれよう, 云ひ得るであらう, 云へ, 云わる, 付かぬ, 仰せられて, 何とか決め, 保証は, 信じて, 其は, 可なり, 君が, 喀血の, 塩噌なく, 定めの, 宜しいもの, 尽きざら, 思えたり, 思つた, 思はぬ, 思はれた, 思ふあたり, 思ふの, 恐るべき事, 惧れた, 感じて, 我れ, 我塗り替へん, 拒めまい, 料り難く, 曹操は, 末世末代名は, 極めないで, 氷の, 決しかねて, 決らずに, 無く時, 片の, 片着かぬ, 申されません, 留めおかまし大和魂, 病まないとも, 称えられて, 絶ゆる, 線香花火が, 考えた, 考えたこと, 考えたり, 考えて, 考えられて, 考えられよう, 考えられる, 考えられるから, 考えられるの, 考える, 考えるであろう, 裏側に, 覚えねども, 言いえぬほどに, 言い得られよう, 言つて平七は, 言ひ, 言へ, 言わぬ, 計りがたい, 語話を, 請ふ止まり, 謂うこと, 軒ばの, 返事が, 道に, 限らずかく, 限らず目覚時計, 限らず目覺時計, 限らず眼, 限らないし, 限らないぞ, 限らないであろう, 限らないので, 限らない創作生活, 限らなかった, 限らなかったであろう, 限らぬからな, 限らぬこれ, 限らぬその, 限らぬぞと, 限らぬであろう, 限らぬという, 限らぬところ, 限らぬのに, 限らぬ籠る一夜, 限らねえ性質, 限られず, 限られぬ, 限られませねば, 限りませぬ, 限りませぬで, 限りませぬゆえ, 限りませんから, 限りませんが, 限りませんし, 限るまいぞ, 限るまいと, 限るまいに, 馴れ来つる真木

▼ ぬ~ (330, 0.3%)

9 見て 6 幸ひ 5 見れば 4 見ると 3 今こん春は, 意味する, 男心といふ

2 [24件] いかでわれ, いふにや, かたくななる, たださ, とめご, ほそぼそと, よしと, 傷みぬ, 小雨降る, 幸いに, 日の, 旱はげしき, 木群には, 枯れしとて, 楓の, 知って, 知れば, 硯は, 見る目, 見透かせば, 覺り, 論じて, 身を, 領格の

1 [249件] あざけり子供, あな喜ばし, いかにか, いかにせ, いくさと, いふの, いぶかられて, うれたみゆハ, おん身に, お峯, お民なほ, お言いやり, お風邪, かえりみて, かなたは, こが, この夜頃, この頃, これが, さなき昔, さなくて, さなごか, しても, じれったくも, ただこの, ためおし, どりを, などてみゆき, ぬきに, ば察し玉ふ, ひそかに, また寝, みれば, むなしくなりし, もどかしがっ, もどかしがるあり, もどかしき事, や, よく, よくよく汝, よしとしても, りを, われらは, シャロットの, ソロバンで, ハシと, ホーズも, 一人さびしむ, 不審し, 且那さま半睡, 主人役に, 主義と, 予期し, 人や, 伯母や, 何ぞ悟らざる, 何どか, 何に, 何の, 例と, 侮る種, 便と, 倖い, 切髪に, 原文の, 又誰, 口惜しく思う, 叱つて, 合点で, 呟きしもの, 咎め我, 問わず一切, 問わず急いで, 問題に, 喜びぬ, 嘆かれ今回和平, 困り途方, 多少でも, 夢と, 奇貨として, 奈何せ, 奈何せん, 好い事, 好機として, 如何, 妻と, 媼の, 嫌う故, 孝と, 定規に, 察すべし, 尋ねはし給, 幸いどこ, 庄太郎は, 度量劣れり, 引寄せ火ば, 引汐に, 彼は, 待ち設, 待つと, 得ないの, 得ぬであらう, 得よう, 心に, 念ひ, 怒りこれ, 怒りほとんど, 思い更に, 思ふと, 怪しと, 怪しみ杖, 怪しみ母, 恋ふる, 恐れてか, 恥じ恨みて, 恥と, 恨むごとくに, 恨むもの, 恨めば, 悟らし生きること, 悟りし乎, 患えて, 悦ばずして, 悦び事, 悲しく思い, 悲しむ如く醜, 悶かしがり, 愍んだ, 愛して, 感じたれば, 憂いその, 憂へこそ, 憤懣し, 憾みせめて, 憾みと, 我見ても, 手柄顏に, 承知の, 押し通して, 押し通すため, 振か, 捨てて, 採る, 撫でさすりつ, 方様も, 旅に, 旨として, 明に, 有毒と, 栄と, 業という, 業といふ, 此方も, 残念と, 残念に, 殺生戒とは, 母上は, 気の毒がり, 水の, 法と, 法則と, 流石男, 漸, 濫僧と, 無言に, 片づけてから, 牛が, 狭島, 畜生に, 疑い他, 疾て, 病気とは, 痛みぬ, 発見する, 直覚し, 直覺, 知った弥生, 知りけり, 知りたるなるべし顏, 知りたるは, 知りつつ, 知る, 石竹と, 示して, 示すあし, 示すこそ, 示すべきなれ, 示す蘆原, 笑うが, 経たるなり, 繰返して, 罪と, 耳と, 耳に, 聴くこれ松浦川, 興ある, 花の, 若此縁, 萩の, 藁蓆しけこき, 蛸壺の, 行く, 見せた次第, 見た, 見たという, 見たとき, 見てかの, 見ては, 見て取りし如く唯, 見など, 見ました, 見る, 見るその, 見るにつけ, 見るの, 見るべし, 見尤め, 見抜いたの, 見極めああ, 見細君, 見給, 覚えて, 覚りました, 覚るであろう, 親といふ, 親なし, 観じて, 覺りました, 言い通すつもり, 言ふ, 訝りて, 認めたい, 誓ひ, 説いたの, 謂ふ, 證せん, 證せん料に, 貧しと, 賢明と, 起して, 足に, 道なき, 重んじ不徳界, 門閥家なる, 間題に, 願いて, 願うぞうたて, 願ひ, 鬼子と

▼ ぬわけ~ (327, 0.3%)

33 である 32 では 18 はない 1610 にはいかなかった 9 でも 8 がある, には行かなかった 6 だが, には行かない, もない 5 です, にはいかない, にはゆきません 4 にはいきません, にはゆかなかった, にはゆかぬ, には行かぬ, にゆかない, に行かぬ

3 [11件] があった, だと, にいかない, にいかなかつた, にいかぬ, になる, にはいかぬ, にはゆくまい, にゆかなかった, に行かなかった, はありません

2 [14件] だから, だったの, でありますから, であるから, なの, にはゆかない, にもゆかぬ, にゆかなかつた, に往かなかった, に往かなかつた, のある, はなかっ, はなく, をいろいろ

1 [75件] え女, か, があつ, がありましょう, がない, がほか, がわからない, さ, じゃありません, じゃがついては, じゃない, だろう, でありました, であります, であるが, でございます, でしたがって, でしょう, ですが, ですね, で前, で叔父, で従って, で日常普通, で言, で駄目, となった, にいかなかった, にはいかなかつた, にはいかなく, にはいかん, にはいくまい, にはまいりませんでした, にはゆかなかつた, にはゆかん, にはゆきますまい, には往かない, には行きませぬ, には行きません, には行くまい, にまいりませぬ, にもいかなかった, にもいかぬ, にもいくまい, にもまいるまい, にもゆかない, にもゆかなくなった, にもゆくまい, にも行かず, にゆかぬ, にゆかん, にゆきません, にゆくまい, に参りません, に行かなかつた, に行きませんで, のもの, はあるまい, はおそらく, はございませぬ, はなささう, は二つ, は内裏, は後代, は無い, は無かっ, もござりませぬな, もなかろう, も今, も相, よ, をいう, をそれ, を察してた, を糺し

▼ ぬほどの~ (314, 0.3%)

4 ものである

2 [14件] ことを, しめやかな, ものだ, ものは, 不信用, 城壁に, 弱さ, 彼の, 暗さ, 深刻な, 財産が, 速度で, 難役である, 高さ

1 [282件] あの子, あるもの, いら, おかしいこと, おとなしさ, お変わり, お客を, お扶持, かすかさです, かたさ, こえで, ことが, こん日の, さびしさである, さび背は, すばやさ, たけ高い, たよた, ひどいもの, まるで人, むなしい飾り, ものだった, ものだつた, ものでありました, ものであろう, ものわたくしどもに, ものを, やむを得ぬ事情, やるせなさ, よい機, コツの, ツレを, ハニカミ見たいな, 一種凄, 不一致には, 不便利, 不如意を, 不安が, 不思議に, 乱脈で, 乱闘の, 事が, 事であった, 事件では, 人が, 人であれ, 人でも, 人出, 人出であった, 人口を, 人口支持力を, 人物である, 人通りである, 人間は, 低い聲, 低さ, 低声, 低賃銀, 例の, 信用を, 信者でありし, 傷を, 光ったもの, 分量に, 切なさ, 切れの, 別乾坤, 前代未聞の, 創を, 剽悍な, 力と, 危急に, 同風光, 名器を, 和やかさが, 問題を, 喜びを, 喜劇スターが, 圧迫感むしろ, 埃が, 境遇に, 多数に, 多額だ, 大いなる希望, 大きさ, 大きな変化, 大きな難しい, 大事業, 大入りと, 大入りに, 大時代物, 大混乱, 大混雑, 大計略, 大逆の, 天才でも, 奇妙な, 奇警なる, 奇麗な, 女性が, 好男子らしい, 姉や, 嬉しい哀愁, 容体でなけれ, 寂しさ, 寒さ, 小ひさい, 小声で, 少女では, 少数で, 就封に, 山への, 嵐の, 差が, 差別は, 差支えでは, 広さ, 強い誘惑, 強烈な, 後悔を, 得意ささえ, 御財産, 御難儀, 微妙な, 微細な, 心を, 心痛を, 必要も, 忍音に, 忙しさ, 思想上の, 恐ろしい速さ, 恐怖唇まで, 恥ずかしさ, 悧巧さを, 悪名と, 悲哀は, 情けない転変, 情なさ, 惨状を, 想像力の, 愚なる, 感の, 感情も, 態度が, 憫むべ, 手がるな, 拵えの, 敗北感が, 数であった, 数の, 数を, 文化人だ, 早さ, 早業で, 昂り方, 昔から, 春の, 春風もがな, 時こくで, 暗い大阪市, 暮しを, 書生では, 有様と, 朗らかさと, 木強漢では, 未開な, 束に, 林でも, 格式で, 次第に有, 殘酷な, 気品の, 永い永い年代, 汲込み, 沢山の, 海風が, 深い大きい谷, 深い海, 深い瞳, 深窓に, 準禁止税, 濃き色, 炎暑で, 無性猫と, 無気味さを, 無知で, 煉瓦を, 熱心を, 熱情を, 物を, 狭さ, 珍宝は, 現象では, 理由ない, 理由には, 異常な, 異常なる, 病人とは, 病気に, 相違が, 眉根濃く, 石炭の, 秘密を, 種々の, 種類を, 積雲が, 竜巻きが, 粗食とも, 紙屑で, 経営で, 経国の, 縁であった, 美しさ, 義理も, 義理合いの, 者, 耕地の, 聲で, 自分一人の, 興奮で, 舞台技術を, 若づくりでは, 苦しみは, 苦しみを, 苦痛と, 荒涼たる地方, 菓子折を, 萱も, 薄化粧を, 薄暗さ, 薄暗で, 複雑な, 見るからに, 親しみが, 親しみを, 記憶は, 語調で, 説を, 變り, 豆と, 豪の, 負担が, 財宝が, 財産さえ, 貧乏で, 貧困に, 貴いもの, 貴き苦悶, 賑わしさ, 輕侮を, 速さ, 速力を, 道也で, 遠方にも, 遷り変りを, 部下の, 重圧感で, 重大な, 重量では, 量で, 金を, 鋭角であった, 闇の, 雑沓, 雑沓だった, 難渋な, 青二才では, 非常なる, 音楽の, 頭痛が, 頭痛は, 額に, 風が, 風に, 風波が, 馳走であった, 驚きだつた, 高い所, 魂の, 鱶が, 鴉が

▼ ぬ~ (300, 0.3%)

5 姿 3 人の, 倉も, 坊さまの, 言葉

2 [19件] 別れの, 勢の, 君は, 噂を, 増の, 富は, 心に, 心の, 浦, 秋, 綱の, 職業はと, 賽錢下され, 身で, 身の, 通の, 鈴を, 雪は, 顔を

1 [245件] あかの, いやでもござりましょう, かたが, かたでは, かた様は, かみさんの, かめじやと, からだでござる, ことば, ことばで, ことばです, ことばを, ことば伝右衛門は, ことば然, こぼれを, さよは, せわで, それが, たずねじゃ, つとりした大まか, てなみ, はずかしきもの, はなしも, はまを, ばばの, ほたの, まきの, むずかりよう, むづかりやうぢや, めき声, ものがたりなど, もひでした, もひなりけれ, ツとりと, 三保であった, 三輪と, 世襲の, 世辞, 世辞と, 世辞まで, 世辞も, 主の, 互ひ, 京である, 人, 人せがれも, 人たちも, 人でござる, 人な, 人なりける, 人は, 人よし, 人善し, 今が, 今の, 仕事を, 付きの, 代官陣屋の, 仲なれ, 仲間たちだ, 休みに, 住居も, 体で, 体を, 侍だ, 働き実に, 像を, 優しいの, 光が, 光は, 内儀はん斯うい, 加代という, 助太刀を, 勢さハッハッハッ, 千絵の, 千絵様, 台所の, 名前であった, 君さんに, 君だ, 君の, 吹替えの, 味方など, 味方に, 咎めを, 品で, 品の, 喋舌り, 国の, 国へ, 国侍の, 国許の, 國といふ, 園は, 園を, 團子だけは, 地蔵さんで, 坊さんが, 坊さん質の, 坊ッちゃんで, 声がかり, 声がかりの, 変人では, 外出ゆゑこれを, 大尽でした, 奉行様の, 妻が, 妻であった, 姉さんの, 姉さんぶりで, 姿を, 嬢さま是れ, 孝を, 宅の, 尻が, 岩さま, 島の, 師だ, 師の, 師匠様や, 引立てを, 役御免を, 役目です, 役目を, 得意が, 心から, 心で, 心であった, 心やと, 心入れの, 心極, 心遣いお, 志の, 恥か, 恥かしい, 恨みな, 悲しみであった, 情け深いお方, 情け生涯忘れ, 手の, 手一つにて, 手前らが, 手廻しよ, 手紙でも, 手紙ばかり, 振舞い, 接介, 接待何と, 政は, 政も, 数でさえ, 新は, 方様から, 方様と, 旅路の, 暇乞に, 望なら, 杉の, 梅さん御苦労ながら, 梅は, 止山という, 殿様の, 比丘尼を, 気持ちも, 気遣いが, 沙汰じゃ, 浦だけは, 浦には, 浦は, 涌自身の, 濱を, 父さんの, 琴の, 疑い, 疑いの, 疑いを, 百姓衆の, 目の, 目出度いこと, 眼力の, 禮の, 稲ちゃんと, 立ち合いなされ, 立場に, 答へも, 米だつた, 米の, 粂と, 紅であった, 紺婆を, 綱には, 美尾は, 考えかと, 考えです, 聖人様み, 腹の, 色に, 艶とやらへ, 芳親子も, 若さ, 荷物と, 荷物に, 荷物は, 菰様の, 蘭が, 蝶の, 褒めである, 見やんせ蝋燭, 覚悟で, 覚悟の, 角さんであります, 角さんは, 言葉と, 訊ねを, 調子ぶりの, 賽銭下され, 身でも, 身の上に, 身を, 身体であった, 辰は, 迎いが, 返辞を, 連れでは, 部屋が, 酒に, 銀様である, 銀様と, 銀様という, 長は, 關を, 雪の, 露の, 静の, 静は, 題目を, 顏色と, 顔, 顔で, 顔と, 顔色の, 館です, 館様を, 馴染みであります, 驚きと

▼ ぬはず~ (297, 0.3%)

57 はない 23 である 1610 がない, です, のもの, はあるまい 9 だが 8 じゃ, だった, はありません 6 であります, なのに 5 はなかろう 4 だと, であるが, はなく 3 であった, では, はございません, はなかっ, よ 2 だから, だよ, であると, でご, のところ, もあるまい, もない

1 [70件] がありましょう, がありません, がある, があるまい, があろう, がござろう, がなく, が無い, しかし有名, じゃがそれ, じゃどうしても, じゃ絵, だがと, だったので, だったのに, だつた, であったから, でありましたけれど, であるなどという, であるにも, でこういう, でした, でしたが, ですが, ですけれど, でないか, で露骨, という軍学, といったところ, と思う, と説い, なの, なり, なり彼, なり身動き, にご, になっ, に候, の, のおれ, のない, のタイル張り, の事, の二つ, の危地, の君, の彼, の所, の私, の稲妻小僧, の第, の葵, の身, の雲, はありますまい, はあるまじく, はございませぬ, はござりませぬ, はござるまい, はないだろう, はないでしょう, はなかつた, はなから, は断じて, は決して, もなかっ, よあれ, よといふ, 今王, 随分清吉

▼ ぬ~ (292, 0.3%)

21 がし 16 がした, がする 14 になっ 5 か, がします 4 になつて, の男 3 がしました, のお, のする, の強い, の彼, の表情, を出し, を起させた

2 [17件] がするであろう, で, であった, であつ, でその, でも, と見える, な素振り, の人, の剛, の夫, の子供, の弱い, はい, もした, をつけ, を出した

1 [149件] かそれ程, かと, かはっきり, から, か召使, か言つてみな, があそばされる, がある, がいた, がすぐ, がつきませぬ, が立っ, が見え, が許さなかった, が起こっ, が起る, ぞ汝, だ, だが, だった逸話, だな, であったから, であっても, である, であるの, でうたい出した, でうろ, できっぱり, ですから, でそう, でね, でもする, で一口, で口, で告白, で存分, で弁ずる, で敏捷, で燃え立ち, で肩, で苦労, で赤い, で遣たので, で鴨, となり, と闘志, なその, なの, ならなぜ, な尖った鼻, な彼, な態度, な注意深い, な顔, に, にいくばく, にとりすまし, になり, になりました, になります, になる, に一輪, に後ろ, に御返事, に最も, に来る, に潜り戸, に相, に篠田の面, に繋留作業, に美しい, に見, に車内, に闇, のいた, のがっしり, のされる, のよ, のよう, の一徹者, の上, の丑, の利いた, の勇敢, の半面, の奥様, の女, の姉, の婆どの, の子猫, の宰八, の小娘, の強か, の強かっ, の彼女, の性根, の春水, の椿岳, の業腹, の殿, の気象, の水商売連, の父ッさん, の爺さん, の生粋, の痩我慢, の知事, の私, の老爺, の腕白小僧, の腕白者, の若者, の見える, の親仁, の貞奴, の長い, の青, の顔立ち, は口先, もございます, もされた, もし, もする, も幾分, らしい, らしいところ, らしい上さん, らしい大胆, らしい張り, らしい日本人, らしい白蝋, らしい精博, らしい精悍, らしい細君, らしい頤, らしく太い, らしく頭振り, をみせ, を出す, を後, を微笑, を晴らさなけれ, を私, を起し, 振でも, 負ひ, 遣ひおま, 遣ひないかならず, 障つぽ

▼ ぬけれど~ (290, 0.3%)

4 それは, 何も 3 何にも, 兎に, 出際, 千度も, 朝飯あがる, 此の, 秀子の, 私が, 自分は, 頻に

2 [13件] 仕方が, 何だか二重廻し, 其子も, 出來, 半年程, 口元に, 妻は, 彼の, 確かに, 私の, 私は, 自然西山を, 長い間大川氏

1 [226件] あの井戸, あの内部, あの山木さん, いつまで, いろいろ不思議, お兄いさま, お浦, お紺, かの和, きはめて, こ, こういつた, このあたり, この問題, この甲府城, この隅, これこそは, これを, ごらんなさいませ, さうし, さて然, さりとてまた一種, さりとて余, しかしほか, せめて母, そういつ, そうした社会, そう諄, その人々, その子, その実, それが, それにしても探偵小説, それには, それよりも, それを, そんなら, でもたった, とにかくこの, ともかく明智, どうやらかの, どの電車, どんな人, なぜここ, なにもかもまるで青蚊帳, ひそかに, ひとりは, またその, もし向う, やはり蛾次郎, わしばかりの, わたしには, ズッと, ボールを, 一種の, 下の, 不幸の, 両親も, 中に, 丸部家の, 之を, 二十歳を, 享禄五年に, 人差指の, 人間研究の, 今の, 今まで, 今其跡, 今日も, 今朝の, 今来って, 何かしら普通でない, 何しろ火星世界, 何だかいい, 何だか可哀相, 何だか廊下, 何でも, 何となく薄気味悪く, 何となく長居, 余は, 余ほど, 余り気, 僕が, 僕の, 僕は, 兄の, 充分に, 兎も, 全くの, 其の五番目, 其の室, 其の時限り, 其の顔, 其れ, 其多方面なる, 其弟子なる, 其所此所を, 内部は, 再び中佐, 出来ずは, 分らぬ事だらけ, 切口は, 創作壇が, 動く途端, 博士は, 厭な, 又思う, 同じ日, 味いという, 唯気味が悪い, 固く心, 壁に, 外ならぬ阿, 外に, 外には, 夜に, 夜間に, 大隅君のは, 夫れ, 女には, 実際よりも, 密旨に, 寒さ, 小角の, 少くとも, 少し合点, 少年は, 尚同, 島の, 崇尚, 工場という, 左様な, 庭木に, 弱り切った心臓, 彼が, 後で聞いた, 心の, 心臓に, 念の, 思えば, 性の, 恐ろしさ, 憎いやつ, 或は埃, 或は女, 或実業家, 或實業家, 戦争の, 手などの, 拉丁語と, 捨て残されるこの, 文代さんが, 日本の, 旨く居, 明方の, 昨日今日は, 是も, 暗の, 暗黒星と, 最早陽気, 服装の, 未だ御存じ, 本統だ, 来るに, 柱も, 案外に, 棚に, 検査には, 此の先生確かに, 殆ど落ちん, 殿が, 浮名が, 火渡りの, 無論其の, 爾でない, 爾サ, 甚く, 目附なり, 直ちに又, 真に其の, 着物の, 瞰い, 矢絣の, 神経の, 秀子と, 秀子に, 秀子には, 第一, 筋肉の, 精神的活動が, 罵り合う声, 美しいもの, 背く事, 能く, 腕の, 自慢じゃ, 臭い許, 色々の, 若しこれ, 若しや, 若し出来る, 若し咒語, 若し現われ, 若者が, 苦しいの, 詮方なく, 谷間の, 貴方に, 越後国の, 足下の, 身動きも, 連歌を, 遊廓種と, 遊郭種と, 酔うた時, 鎖まで, 長く引く, 長秋記, 陸上にも, 階段の, 隠れようと, 露顯します, 餘り, 高輪田は, 鰻の, 鶴谷の

▼ ぬ~ (287, 0.3%)

19 の知る 7 なれば 54 であ 3 となっ, となつ, なの, なれども, になった, の戸, の空涙

2 [19件] じゃ, だ, だと, であるから, であれば, です, となり, にご, にしあれ, には操る, に心地, のその, の夢, の大, の左様, の果, の私, の行末, 振が

1 [193件] おめぐみ下, かああ, か嗚呼, がその, が今さら, が伝奏, が殉教者, が羨ましい, が道, こそつらけれ, ことさら芸道大切, しばし御, じゃで, じゃなん, じゃ程に自分, そうだ, ぞ, だつた, だという, であった, であったの, でありながら, である, であるが, であるという, であるといふ, であるならば, でございますから, でございまする, でさえある, ですから, でなくては, では, ではない, ではるばる, では迚, でもない, でも力, でやっと, でわずか, で何故, で立派, となら, となりしか, となりはて, となり果てつ, と今, と為りたれ, と爲, どうして思っ, ながら, ながらに相手, ながら一心, ながら少し, ながら粟, なし, ならずや, なるにより, なれど, なればこそ, にあの, にかな, にこむる, についた, になつ, になつて, になり, にはこういう, にはどう, には事実, には只, には声, には容易, には恁云, には知る, には間違い, にもある, に一夜二夜, に何方, に備わった, に分る, に副, に大事, に成っ, に成り, に時, に氣, に消え, に添わぬ, に百年, に身, に青柳いと子, のあはれ, のお, のかなし, のこなし, のそれ, のつまり, のとこしなえ, のひとり, のまさかに, のまわり, の一人, の丁坊, の世, の予想, の仮, の何で, の余り, の兄長庵, の出世, の切な, の因果, の固め, の失せ, の小姓兩人, の峰吉, の左右, の差別, の思ひ, の悲し, の慰藉, の斷言, の是非, の時間, の有様, の格太郎, の業繋, の此方, の気, の気づく, の疾病, の皮, の知り, の礼節, の移ろい, の端, の素性, の羅摩, の美尾, の聖賢, の萩原新三郎, の藪, の袖うち, の親父, の誰, の軽い, の露知らず, はお, はさながら, は戸, は旅烏, は痩せ, は羨し, ばかりが身もだえ, もおのずから, もたかどの, もなぐさむ, もまた, も動作, も大, も戀, も神, よんどころなく父, をあせっ, をこそ恨め, をし, をせ, をどう, をば歎かじ, をもがき, をもせめて, をもっ, をもて貪, をわびし, を主人夫婦, を以て俳壇, を以て如何, を以て寡居, を以て百餘里, を別れたい, を前提, を嘆かわしく, を大事, を小早川殿, を心, を捨て, を暗く, を無自覚, を詫び, 思いきって, 成しを, 振

▼ ぬこの~ (284, 0.3%)

5 ような 3 国の

2 [15件] ことお, ことを, ものが, やうな, 三つの, 不幸な, 人が, 俺の, 國の, 夜は, 子を, 念, 怖ろ, 無駄話そのものの, 男の

1 [246件] あっしの, あどけない顔つき, いのちあと, おれ以外の, お十夜, かなしみは, ことが, ころは, ごま塩頭だ, しづけきに, とき文, ひとだ, ひと時を, ま, ままゴールに, まま引取って, やくざな, ように, わたしが, をさ, アイルランド問題について, クヴィエーは, ジャーナリズムの, ピカピカし, モスク, 一カ年の, 一人旅行の, 一学の, 一心斎が, 一戦, 一行に, 一転機を, 上人前で, 不幸の, 乱世を, 乳呑兒は, 事は, 二人の, 二人は, 五つの, 五助, 井戸の, 人でなしを, 人と, 人達の, 伜を, 伝六様が, 作品の, 催告か, 傲慢痴夢我執人間侮辱, 兄さんの, 出来事は, 別れ, 利己主義男か, 刳貫, 力を, 匂いの, 匂ひ, 千鶴子の, 南海の, 印度の, 印象だ, 取計らひは, 同勢で, 周馬と, 和尚さんに, 哀れな, 問題は, 因果の, 国においては, 国を, 国民に, 国長が, 地に, 地方では, 城を, 場じ, 場で, 場の, 場は, 場合の, 声が, 変化は, 多根めが, 夜一夜おのれが, 大垣村右衛門が, 大垣村右衞門が, 大收, 大都, 夫人は, 女は, 女を, 女物を, 姑だった, 娘が, 娘の, 娘子軍の, 客である, 家から, 家ひと夜に, 家へ, 家よ, 家一夜に, 小生の, 小男の, 少年には, 屋敷を, 山々は, 山に, 山の街の, 山中に, 山奥に, 岩が, 島で, 差当っ, 巾着も, 年頃を, 幼い姉妹, 店には, 庵の, 強い詞, 役目は, 後は, 微温なりき, 心配で, 恥辱の, 患者独特の, 悲しさ, 感情は, 憎さ, 拙者じゃ, 拙者だ, 拙者に, 文化的自由主義の, 方に, 日の, 日まで, 日本の, 時貴, 時黄金丸は, 景色が, 暗さ, 會合が, 期に, 札を, 村人の, 栄華の, 森を, 業物に, 樹が, 歌絹に, 歎き, 正成の, 歴史的社会という, 殿の, 水の, 永田が, 河合で, 浮世, 海に, 深山はや, 港の, 炭焼小屋に, 点だ, 無用なる, 無秩序ぶりで, 無限の, 父の, 物語を, 珍物を, 生れた家, 用捨し, 用箋が, 男かも, 男と, 男に, 病院に, 病骨へ, 相剋, 相州さまの, 真理を, 瞬間, 短日月間に, 破壊の, 破格の, 福岡市内に, 筆の, 節に, 純芸術性, 紙も, 細流の, 綱は, 緊羯羅は, 美しい孔雀, 美女は, 翁が, 肉体と, 胸の, 胸を, 自分に, 自分の, 自己誇張癖などこそ, 芝居で, 苦戦の, 荒渓の, 荒溪の, 荒野とも, 菊に, 裁判せね, 規定を, 話の, 議論は, 谷の, 費用の, 超越した, 身な, 身ながらも, 身の, 身の程を, 身は, 身体と, 車井戸の, 軍が, 軽い綿, 辛抱づよさというものを自分は, 農村低, 辺に, 辺の, 辺へ, 近いところ, 通り眼を, 道を, 部屋の, 部落に, 里の, 野郎, 長い袖, 関守それから, 闇の, 離れ島に, 雪に, 頃の, 頃殊に, 風の, 馬鹿奴, 高く秀でし

▼ ぬかも~ (274, 0.2%)

39 知れない 35 知れぬ 33 知れぬが 14 しれぬが 11 しれぬ 10 しれない 9 知れないが 7 知れません 6 知れませんが 5 しれません, 知れぬと 4 知れんぞ 3 しれん, 知らぬが, 知れないの, 知れぬけれども, 知れぬの, 知れん

2 [11件] しれないが, しれぬと, しれぬという, しれませぬ, 知れないと, 知れぬけれど, 知れぬという, 知れぬ何, 知れぬ良心, 知れませぬ, 知れませぬが

1 [56件] うましらに, こよなし, しらぬ, しらんが, しれず中らぬこと, しれず候, しれないけれど, しれないので, しれない幾たび, しれなかった, しれぬけれど, しれぬけれども, しれぬすぐ, しれぬでな, しれぬの, しれぬ土地, しれませんね, わからぬ機会, わが心, 僅, 分らぬ事, 存じませぬが, 存ぜず候, 早や, 知らん, 知れないから, 知れないこの, 知れないこりゃ, 知れないのう, 知れない澄子さん, 知れない貴重, 知れなかつた, 知れなくなつ, 知れぬから, 知れぬぞ, 知れぬといふ, 知れぬところが, 知れぬなどと, 知れぬのう, 知れぬゆえ, 知れぬ不安, 知れぬ伊勢路, 知れぬ又或は, 知れぬ或いは, 知れぬ毒蜘蛛, 知れぬ秀子, 知れねど, 知れませぬけれど, 知れませんから, 知れませんけれど, 知れませんけれども, 知れませんな, 知れんが, 知れんな, 知れんの, 私は

▼ ぬ~ (274, 0.2%)

8 のこと 7 に既に 5 にもう, の世 3

2 [12件] から動い, から眼, から知つて, だ, にそれ, には盛ん, にわかる, に炬燵, に破廉恥漢, の東京, の電球, 髮の

1 [222件] から, からあった, からある, からし, からすぐ, からすでに, からそう, からそれ, からともすると, からどうして, からのこと, からの信仰, からの友, からの續, から不良性, から五六年, から伝わっ, から信じよう, から先刻, から口火, から婦人參政權, から婿殿, から山, から引継がれた, から彼等, から従兄, から御無沙汰, から敵軍, から楯氏, から欠伸, から母, から気早, から照, から疾, から痩せ細った, から種々, から織, から自治団体, から花鳥風月, から茶碗, から親しみ, から詫び, から読本, から頓狂者, がさうだ, きの月明りという, こそ今, すでにそれ, その梗概, だから, だけ少し, だったから, だで, であつ, である, であるから, でしたが, でまだ, で先頃, で暴風雨, とどこ, とは全く, と同様, と後, と知った, ならとにかく, なら何, なら知らぬこと, なりと, にあつ, にある, にあんた, にいや, にこう, にこちら, にこの, にこんな, にす, にそ, にそこ, にその, にちゃッ, にちょっと, にというの, にといふの, にとても, にと万事, にどうか, になった, にはあの, にはロンドン, には存在, には宇宙間, には将軍, には播州室津, には敬吉, には決して, にもっと, によす, にオランダ領事, にグラッドロン, にジユリアン, にトーキーカット, にポツツリ終つて, に一日, に三遍, に上方, に世の常, に亡くなっ, に何, に何とか, に何処, に働かれる, に出, に利家, に吉之助ら, に国分寺, に国香, に地蔵様, に地藏樣, に城, に大火, に姫, に娘, に学校, に市川辺, に市民, に廢物, に弟, に御, に心, に志, に思う, に恋, に或, に戸口, に戻る, に手, に採, に採っ, に提げた, に日本, に早, に書かれた, に有力, に木村父子, に東京, に松王, に梯子, に正月十五日, に死亡, に死体, に残し, に殺戮, に汝, に江戸屋敷詰, に深田, に火薬庫, に王, に生, に申, に疾風, に皮細工, に盆, に祈るなる, に稼ぎ取っ, に答, に篠原さん, に約, に船, に落ち, に見, に見た, に言うべき, に調理, に逃げ出す, に錢, に雪国, に飛び出す, のご, の世界, の事, の別, の地球, の天, の子供たち, の宇宙, の己, の形, の彼, の御, の感傷主義, の我, の杖, の江戸, の瀧口, の葺屋町, の貞操, の越方, の高氏, はあんな, はいい, はこう, はそう, は母, は自ら, までは, までは環境, も出た, よりも自然, より豪傑, 又遠, 天皇の, 小さい馬車, 岳の, 恐い地震, 慌てて, 懇望され, 死んで, 路に, 長え, 髪の毛の

▼ ぬその~ (273, 0.2%)

10 ような 5 光りの 4 時は 3 中に, 人を, 前に, 夢の

2 [13件] ことが, ひまには, 凍土に, 前は, 娘の, 影が, 方も, 日の, 時の, 株ごとに, 理由は, 調子は, 道も

1 [216件] あなたに, うちと, うちに, お友達, お爽やかさ, お言葉, かの声, くちを, くらいなら, ことな, ことに, こと自体は, さま眞を, さま行け, さま衷より, たった一本, ために, ためには, ときは, とき恵まれた, ところを, まごころ, むかし, やうに, やや上流, よりよき, ヂレンマを, ブルジョア気質である, ブルジョア的な, ボル派の, 一歩手前の, 一言も, 一隅であった, 三つみなを, 上この, 上に, 上を, 上何うして, 下枝に, 不成績に対する, 二度添という, 五体を, 人たちを, 人である, 人に, 仇無, 仔細を, 仕事として, 仕事に対して, 仕末ぶり, 代はり, 代り, 代り就職口が, 代り帰りには, 以外の, 侍は, 価値に, 内から, 内より, 冷静さが, 切なさ, 判決に対して, 制札を, 前を, 前死せ, 創作の, 十兵衛に, 千載一遇の, 危険を, 厳しさ, 口に, 周囲には, 呼び貝, 問題が, 因縁の, 地に, 地獄絵の, 場で, 場合が, 夜のほどに, 大江戸の, 太, 女に, 女の, 妹を, 姿が, 婦人の, 学生としての, 実は換算, 室に, 家々の, 家の, 容貌には, 小さいひさご, 小間使に, 年取った男, 幻を, 幽霊水から, 形式の, 影象, 後ろ背に, 心を, 志の, 思いつめよう, 思想性に, 性に, 恐怖の, 恩恵に, 惧れ, 態度には, 慣わしを, 所謂イデオロギーの, 折は, 拇指その, 持主を, 教以外に, 方が, 方で, 日より, 時に, 時を, 暗い部屋, 曲者を, 有様を, 木の, 木箱に, 村にさえ, 枝葉です, 横には, 横死, 機会が, 死体を, 母胎である, 水の, 浪路という, 海の, 涯に, 済まぬは, 温泉とは, 点は, 父と, 物の, 物数寄な, 物音は, 犬な, 獣の, 生命の, 産院の, 用意が, 用意にと, 田中兵部大輔殿でござる, 男にでも, 男は, 男を, 畢生を, 畫工は, 癖を, 癖年輩は, 発言者が, 的に, 相手の, 相談の, 眼を, 眼付と, 眼眼眼眼, 瞬間に, 矢筒, 硝子面を, 社会とは, 社会的機能を, 神聖な, 筈だ, 紳士が, 経験を, 網目を, 美貌と, 義とは, 義務の, 者を, 胸の, 膝に, 興行は, 舌の, 色白の, 花魁の, 苦心談である, 苦痛をも, 蓼の, 虚無を, 蝶を, 訳とは, 訳は, 証拠には, 証拠物件には, 話に, 趣は, 身もて, 身体は, 農民の, 迅さ, 過ちを, 金を, 鐘の, 隙に, 青年について, 面に, 面影なりと, 頃の, 顔は, 顔を, 體には, 高さ一尺, 髯は, 鬚, 麗は, 鼻よりは

▼ ぬのに~ (267, 0.2%)

4 人の, 気が, 違ひない 3 それが

2 [16件] お前も, それに, またし, テツさんを, 前に, 呂律も, 女の, 女中が, 孫四郎はとも, 思案深, 揚幕の, 早くも, 是を, 氣が, 相違ない, 眼玉だけが

1 [220件] あの成り行き, あらゆる品, あれでも, あんな風, あゝ遣っ, いかにも自慢, いつに, いもの, いろはも, おまえは, お兼, かく相討ち, きやんきやんごうごう, げっそり痩せ, こうして主君, ここの, この人, この荒れ, さう, さうし, さきへ, そういうこと, そうご, そこまで, そっとあたり, そつけなくいつた, その人, その心, その荷物, その記述, その頃試み, それぞれ一銭ずつを, それでもしたう, それほどで, それも, それより, それを, そんなこと, そんな事, ただただお, たった一人, だんだんおくれ, つひぞ父, つまらない役, とんとんと, どうかする, どうした, どうしてお気, どうしてここ, どうして中毒, どうして図書館, どうして私, なんで召捕られた, なんとした, はや定刻, ひとしい, ます, まだまだそれ, まるで主人, みすみす眼, もう今年, もう十人, もう南山, もう早く, もう玄関, もう疲れ出し, もう空, もう空腹, よく検, よく高瀬, わざわざ何だかだ, アア分った, ウツカリは, キューネの, ドアに, ヒドク酔っ払った, メシチャンスカヤ街の, 一人で, 一人壮士風の, 一人旅を, 一糸乱れぬ, 一驚し, 三十五日四十九日の, 三四日逗留し, 不満を, 世話を, 事実は, 五百年生きる, 人に, 他の, 佐佐木, 何ぞ織田殿, 何でこれ, 何といたした, 何として, 何事をか, 何故かお, 何程僞り, 余所から, 作家よりも, 使命は, 先刻から, 先進国から, 八尾の, 共鳴の, 其の四阿, 化粧を, 卜に関する, 又, 又も, 向う峰の, 唱ふ, 問うすべ, 四つの, 場所もこそ, 売ろうと, 夜なべを, 夜通し痛がっ, 大信寺の, 大変に, 大阪へ, 天下国家社会民衆の, 天保二年の, 失礼な, 奉行が, 女が, 女は, 女中の, 妻が, 子路という, 室の, 寝室を, 寺の, 尋問が, 對し, 屈託し, 屋根も, 布を, 幾許半歳, 強て, 役者に, 御褒美, 感動を, 感激し, 折々遊び, 抜足差足音は, 押して福岡, 拔足差足音は, 指井が, 推參した, 斯うし, 旗本以下彼に, 早まつ, 早や, 明治大正の, 昨夜四つ過, 是な, 是のみ, 時々昔話, 朝夕の, 業を, 横着にも, 次の, 此の, 此詩集が, 毎日こうして, 汝ら身を, 況して今, 涙が, 深川行の, 深潭に, 漫然と箸, 物なんぞ, 独り合点し, 現在の, 病気であった, 病氣で, 皆な枯れ, 皆目姿, 空には, 空を, 突然わん, 緊く, 美しい女給, 能く分らぬ, 自分から, 自分だ, 自分の, 色々と, 若し闇太郎, 茶山は, 草花を, 落着いた, 血道を, 街頭に, 裾縫の, 複式では, 襟巻を, 親方を, 言ひかける, 訪づれるあの, 課長の, 足駄を, 近代以前の, 違ひなかつた, 邪魔を, 都会に, 間違いなく, 随分乱暴, 雑誌社までを, 青雲の, 音の, 飛び込んで, 饒舌り出した, 鵺が, 鶴子の, 麥を, 黒暗々として, 黒狐の, 默りこくつて

▼ ぬ~ (267, 0.2%)

135 に彼 4 の出現 3 ことの, にまた, の中

2 [34件] があった, があつ, がはたらいた, としての女, となる, と若やぐ, と訓, なる者, にお, にこの, にその, にはや, に候補者, に手, に眠っ, に秀吉, に私, に絡んだ, に自分, のまなゐの, の一つ, の一統, の信仰, の地名, の神名, の若い, は早く, もみぬ, 山である, 真名井式の, 神と, 神との, 神は, 類の

1 [168件] あるいはみ, および関係, がつみ, すら健夫, ぞおもしろき, だるこさ, つくや, づやる文へ, という名, という語, と云, と言, にあご, にいかで, にいろいろ, にうしろ, におとし, にかならず, にかなり, にきれい, にこう, にここ, にこそ, にこっそり, にこなた, にこんど, にじわりと, にずんと, にそこ, にたっ, にとなり, にと多量, にと雪, にどこ, にどんな, ににげださう, にぷいと, にほとんど, にほのか, にみなペロリ, にもちがっ, にもっと, にゆるん, にザ, に一刻あまり, に一気に, に一目, に主, に予期, に二の腕, に今日, に代々木荘, に以前, に伝六, に何, に作っ, に六波羅, に冷やか, に出どころ, に別れ, に刺殺, に千百三十両, に午, に吉田山の下あたり, に吉田殿, に四面, に国じゅう, に変っ, に夜, に夜来, に大, に大きく, に大分, に夭死, に家康, に寂しく, に密事, に寝返られ, に将監, に少し, に屋敷, に峠, に崩れ出し, に年, に庭, に庭先, に当家, に彼等, に御, に忍び足, に我, に我胸, に房, に房一, に打ち出された, に捕手, に推移, に携え, に敵軍, に旅包み, に早く, に枯れぬる, に武松, に死ん, に海, に涙, に湧き上った, に溶け去る, に犯人, に生じ, に町端, に疾風迅雷, に病気, に痼疾, に盗難, に省作, に眠った, に石動, に秀麗たぐい, に秋, に窓, に窯, に箕作落城, に篠, に素早く, に胃袋, に脣, に自動車, に花, に茶屋女, に荷物, に薊州, に藩, に見違える, に読ん, に贋造紙幣, に起き, に趙雲, に身, に逃げ帰る, に逆立ちしました, に遊び, に遺臣, に酒宴, に重大, に釣魚, に長屋, に闇, に降っ, に降る, に陥した, に風, に飛び出した, に食べ, に高かっ, に黒血, のあはれ, のこほり八海山, のほとり, のよう, の所, の涙, へのこと, への息, ぼろしの, を突入, 及び関係, 或はみ

▼ ぬ~ (265, 0.2%)

5 の事 4 に, に婢女, に私 3 で酒, は仕方, 早くも

2 [16件] から私, にあっ, にこの, にその, にまた, にもう, にや, に二人, に彼, に御, に忽ち, に早く, に良夫, に身代, は是非, ふいと

1 [207件] いつからという, お雪, から, からその, からの行きとどいた, から万燈, から下町, から中空, から二階, から八方, から売立, から早く, から無理, から砂糖, から軽業師, から開門, から顏, から顔, が生, が花, こそ莟, しっぽを, ぞ長閑けき, である, でなく故人, で全員必死, で孫権, といっ, とてさすが, とならはね, となりける, となりし, と思ひ, ならば, なる上, なれば, にいつか自分, にお立ち, にきっと, にすっかり, にそろそろ, にそんな, にたとへば, にとっぷり, にとてまた, にと思つて, にと急ぎます, になんと, にはどうしても, にはふ, にばらばら, にひょいひょい, にぼく, にもそれ, にもはや, にも一寸, にも怪我, にも考慮, にも虫喰, にわし, にジャカジャカジャン, にナポレオン, にパッ, にヒーッ, にラサ府, に一人姿, に一坪余り, に一寸奢り, に一日, に上, に事, に二階, に亡つた, に亡びた, に今, に今一度雪江さん, に他講, に伯父さん, に例, に全然, に其處, に出来, に切っ, に切り穴, に前掲, に労働, に包まれ, に十七字, に十分, に参る, に又, に双方, に取片付け, に古式, に同窓, に四天王達, に売り切れ, に夕立, に女中, に婆, に學校, に客, に富山, に居る, に届け, に岸, に崖頭, に帰準備, に平三, に幻影, に廻り逢う, に彼女, に忠一, に性格, に愛ちやん, に或, に抜きかけた, に書い, に柳町, に此通り弘まつ, に歸準備, に死し去りたる, に死んだ, に殺され, に母, に水辺, に江戸, に流し, に消えた, に深切, に澄子さん, に濟, に火口, に父, に白状, に白髪, に直ちに, に着く, に石垣島, に突然, に立ち消え, に罷め, に腹, に自動車, に船, に花, に西暦二百二十三年, に話, に誘ひ, に谷郷村, に逃げれ, に逢はる, に連れ, に遣っ, に階下, の友, の友垣, の契り, の男, の紙幟, の継子根性, の縁者, の老, はさほど, はその, はどんなに, はホン, は些, は傍観, は別個條, は多少, は実際, は御, は朝, は此通り, は決して, は無益, は爪印申付, は生, は目蓋, は眞, は知れやせん, は私, は蹣跚, は農産物, ふと其, またわるく, やはり遠藤, ゆゑ親類内相談の, より素, わが身一つに, を到頭, を船, 國魂を, 急いで, 戸口を, 放り込まれること, 是非一度おい, 更に更に新しい, 歸るべし, 清岡は, 濟す, 白状致せ, 盗み去りし者, 絵にも, 逢せ, 階級の

▼ ぬ人間~ (239, 0.2%)

115 なの 4 であつ, である 3 だつた, と思う, のよう, の運命 2 が明日, が飛込ん, だった, だと, の情, の相, の行動, は犬猫牛豚同様, 生きるから

1 [185件] お君さん, から是, から武門, が, がいくら, がいる, がおる, がこの世, がその, がたくさん, がどこ, がま, がやつ, が一度, が中央, が今, が住ん, が個々, が判断, が善政, が嚴, が多数, が少なく, が拵, が最後, が現れ, が自分, が見たら, が転がっ, が途中, が隠れ, さ, たる乃公, だが, だったという, だったの, だという, だとか, だの畜生, だよ, だろうか, であった, であっても, であらう, でありたいと, である事, でございます, でござる, でしたが, でしょう, です, ですから, ですよ, でせう, でそんな, でたいして, ではあり得ない, ではある, ではない, では決して, でもない, でも一, でも尊敬, でも生かさなく, でも非常, で善い, で有ったなら, で理論的, というわけ, といふくら, といふもの, といふやつし, とお, とがある, とこの, として, として森口, となれる, とのある, とは即, と同, と同様, と思っ, と戦える, と稼い, と結婚以後, ながら僕, なりし, なん, に, にこうした, になった, になつ, には到底, には存, には思いがけぬ, には書物, にまた, に口, に心, に思われた, に投票, に物, に神, に話しかける, に鋳, に驚い, の, のくせ, のゼイタク, の一団, の上半身, の体内, の傍, の僧, の前, の口, の在り, の地上, の型, の基本, の姿, の安心立命, の必定, の必定墮, の悪, の悲しみ, の憂愁, の智慧, の望み, の木乃伊, の本音, の死, の消息, の消滅, の渦, の温か, の犇めき, の目, の答え, の群, の脱皮, の苦痛, の言葉, の足, の都合, の酒呑み共, の銅像, の霊的生命, の風態, の骨, はありゃしねえ, はいづれ, はその, はパン, は又, は恋, は有り得ない, は殆ど一人, は決して, は確か, は社会, は自分, は苦しみ, は裸, ばかりです, ほど相手, もあった, もある, もどこ, も下, も他, も随分, や職人ども, や自然, よりも多少, をつかまえ, を一つ今日, を今しがた, を修養, を容易, を玩具, を相手, 生まれながらの, 自體

▼ ぬ~ (232, 0.2%)

11 八卦 10 ない 3 ありは, おは, 八卦と, 逢坂の

2 [14件] あったもの, あり, ありません, あるもの, それは, ようでございます, 一緒に, 八卦という, 八卦を, 勝手とは, 同じ事, 尋常の, 無い, 甚だしい

1 [171件] あさまし, あたりま, ありけり, ありゃあし, あり丁度, ある, おきれい, お低頭, お前さまの, お湯漬, この折, ございません, ございませんわ, さだめなき世の中也, しかたが, しょせんは, すぐに, すさまじいその, すむや, ただの, つと大切, つと深い, つまりは, とんとひとつ, どうしてこんなに皆, ないこれ, ないです, ないの, ないはじめ, ないはず, ないッ, ない常識どおり, ない御, ない自分, なかった, なかつた, なくそんな, なしと, ねえじゃ, のしが, ひとつの, ほかの, また画面, みなその, みんなすでに, むりではない, もちろん大切, もっともじゃと, もつともか, ようでございました, よし, われ世に, スパルミエント未亡人に, ーっと, 一ど, 一に, 一日一日の, 一様にわ, 丁寧に, 万事あんたの, 三十人ばかり, 不思議正しく, 不覚な, 主人の, 二本差しなら, 人, 今さらの, 今一言, 今更の, 八卦そう, 八卦です, 八卦の, 八郎太も, 具合悪い, 具合惡いといつた, 初めから, 単に私, 厭どう, 同じとて, 同じ風, 名だたる六波羅, 君愛ほしく, 哀れと, 噂の, 多少の, 夜深, 大方その, 天命です, 女中の, 待つ間もなく, 御座りませぬ, 御辺, 忽ち一大家族, 悪るい, 憂しと, 我, 拙者は, 斯う, 明日から, 明日身不, 暴風の, 會津家ぐらゐの大名には, 木綿の, 机は, 正成の, 残念である, 母のちからと, 母は, 氣に, 深き心, 潛かに, 濁酒を, 無かりき, 無く仏陀教, 無く此やう, 無しと, 無理ならぬ, 無理は, 無禮, 理ぞ, 理ならず, 理ならずや, 理なり, 甚だしい繍, 病なき, 皆お前故, 皆将軍家, 直接又, 眼の, 知らなきゃわれ, 知れないと, 神の, 私が, 私は, 程が, 素人も, 羨まぬは, 義理も, 聞きて, 苦しかりけり, 茶を, 草鞋を, 見舞って, 親しく冗談口, 親の, 観客は, 言うだけ, 読むも, 辛し言, 近隣の, 運じゃ, 道場荒し, 道理, 道理おそらく, 道理か, 道理こそ, 道理こんな, 道理じゃ, 道理だつたらう, 道理でございます, 道理にこそ, 道理店の, 道理某方という, 長いと, 集って, 雨次第じゃが, 雨風多き, 雲だ, 雲奴の, 飲込んで, 高麗村の

▼ ぬしは~ (231, 0.2%)

3 ここで, 今の, 自分の, 誰だ 2 どう思う, わしを, 何と, 何も, 拙者の, 明日わが, 確かに, 腹が, 自分で, 長崎以来の

1 [199件] あの奈良井, あの娘, あの母親, あの青銅, あれから, いいよう, いつもか, いつもわし, いぬる日猛虎金眸, いろいろ言う, おつる坊, お千賀どの, お頭, きつい勘違い, きらわれたの, ここに, ここまで, このこと, このわし, この内蔵助, この旅人, この沢庵, この頃, これまで, すぐこれから足, そのよう, その人間, その後の, そもそも武蔵, それに対して, それほど憎い, それを, そんなにも, たいそう髪, ちと行き過ぎ, とうに見破っ, とがめられまい, どうあっ, どうする, どうな, どうも小胆者, どうも玉藻, どう働いた, どこに, どこにも, なぜあの, なんだ, なんで阿, なんというた, ほんとに忠平公, まず第, まだそこ, まだ本心, まだ神学, まだ若い, まだ部屋住同様, まだ酩酊, まるで蝦夷, もう古い, もっと仏陀, わからないが, わしという, アイノの, カラフトの, 一体, 一体何者, 一同白洲へ, 一年に, 三十二三の, 三浦の, 主の, 云いたいの, 京へ, 人間か, 今から, 今なにを, 今も, 今宵と, 今宵何の, 今年幾歳に, 仔細あっ, 令孃なりけり, 何かに, 何事も, 何処の, 何者か, 何者だ, 何者で, 何處から, 使番かの, 信長公の, 俺より, 元姫路藩, 兄正成と, 其中の, 其與四郎が, 分って, 分らない仮装, 加茂に, 勝政, 北京の, 医者へ, 午の, 卑怯者じゃ, 即兄たち, 又売つちまつ, 君の, 呼び出せし和吉, 奥様でも, 女であった, 好んで, 嬰児の, 家名の, 小室の, 少しいぜんの, 山仕事を, 山浦真雄の, 左大臣の, 己が, 平次だ, 年来の, 幾歳に, 彫刻を, 待って, 御当家, 御普請, 心の, 念を, 怎麼に, 思わないか, 急遽鎌倉, 悪人だ, 情実婚礼を, 惜しい男, 意気沈ん, 我が昔, 抜かずに, 抜き取った, 抜け目が, 押付婚礼を, 敗者の, 数人の, 明智小五郎に, 昨年の, 村じゅうの, 果たしてかの, 果たして小坂部, 権叔父の, 欺かれつ, 死な, 死のうとも, 死んだと, 死んでも, 気が, 江戸へ, 法水先生の, 満足は, 源介から, 無口の, 片はし, 片目だ, 独り無事でいたい, 現状の, 田舎へ, 男の, 町奉行の, 町奉行を, 畜生じゃから, 異国の, 眼が, 神にを, 禅師へ, 稲葉山へ, 羽柴氏の, 翠蓮の, 老木おれは, 聞いたろう, 腕を, 船を, 若いが, 萩井家の, 著しく筆録時代, 血も, 西口東口南口街道筋の, 覚悟し, 誰じゃ, 誰だろう, 近頃毎日, 退くなら退くが, 郊外の, 郎党を, 都に, 酒を, 鍛冶の, 鏡という, 雑作も, 顏立ちも, 黙って, 點頭て

▼ ぬばかり~ (230, 0.2%)

14 である 13 です 12 では 6 だ, な顔 3 だった, でなく, でなくこの, な面持, な顔つき, 屹と, 春秋しらぬ 2 でなくその, な体, のが, 亭主の, 後では, 糸七が

1 [146件] いつに, おち付いて, お糸, かさに, きょとんと, しばらく無遠慮, すすめたが, その事, その可憐, ただちに招, ただ黙礼, ちょっと眉, つれふし歌後生願ひ, であった, であるから, でいと, でお, でくちおし, でした, でしたから, でなくうまく, でなくさらに, でなくずっと, でなくそこ, でなくて, でなくまる, でなく人, でなく仇敵, でなく何, でなく全体何, でなく切支丹, でなく同じ, でなく工場, でなく左様, でなく敵, でなく文字, でなく時局下, でなく更に, でなく生国, でなく私法, でなく精神的方面, でなく肉, でなく花圃, でなく金融資本段階, でにやりと, でにんめ, で名人, で次第に, で無く, で群衆, で見たら逃げると, どんどん歩, なおすすめ, なの, なので, なり, なんだ, なんの, な冷笑, な凱歌, な口ぶり, な口吻, な囚人, な声, な姿, な威, な愕, な態, な態度, な真心, な眦, な眼, な眼光, な絶望, な自負, な血, な襟度, な軍令, にぎょうてんしたのを, ふたたび見あげよう, ふるえて, ぽっかりと, よろこんだの, わたくしの, ジュウタンの, 二ヵ所ほどから, 人間も, 傍らの, 出た日, 呶鳴っ, 固い表情, 城の, 夜ごと夜ごとに, 大自然, 天晴風采池田の, 妙な, 季子の, 実証を, 宥り, 寄り添つて人中, 小学生が, 巡査は, 平伏した, 平次に, 平気な, 心から平伏し, 怪訝な, 憤慨し, 我意を, 手を, 手柄顔に, 扱い過ごし, 掻消す, 植込の, 正直な, 此方を, 気負い立って, 沈黙を, 泣いて, 泥除に, 涙を, 烟を, 無数の, 独りこの, 玄蕃允の, 監視は, 目の, 眉を, 知らず知らずいかにも, 石舟斎は, 秋と共に, 絵に, 続いて, 肝いりて, 背に, 街の, 覆いかぶさって, 諄々と, 車掌の, 辰弥は, 辱ない, 近くの, 追はれる, 頭の, 頼朝は, 飽かない顔

▼ ぬため~ (228, 0.2%)

84 である 3 だと

2 [11件] だ, であると, であろう, にお, にかく, にこの, にそれ, にわたくし, に日頃注意, に私, の意味

1 [191件] あのセルロイド, あわれ物乞い, いさぎよくわざと, かあるいはまた, かえって製作, か内容, か足, こうして働きはじめた, こうして全, ことさらめき, このよう, さだめし気, じゃ, そういう決心, その制作, その日, だったでしょう, だったと, だという, だらうか, ついいろいろ差支え, であった, であったこと, であって, であつ, であるか, であろうと, であろう全面純白, でございます, でしょうが, でもあり, でもあろう, で今日, で渋, という, という考え, という自責, といっ, とか, とか佛, と思った, と思われます, と考える, なの, にあらゆる, にある, にいくら, にいわゆる, におびただしい, にお礼, にかねがね, にかわいい, にくやしく, にこう, にさては, にその, にそんなに, にだれ, についに, にな, になおのこと, にはつねに, にはと, にはまず, には入用, には勿怪, には変名, には常に, には思想, には日本人, には物質的文明, には細心, には絶えざる, には自分, には要するに, には論文, にふらふら, にまた, にも心がけられる, にわざと, にわたし, に一さい, に一字一行, に一寸, に一方, に不良, に中沢氏, に事件, に今一人, に他, に伸び, に候, に初め, に別, に助かった, に勤倹, に却って, に口, に声, に多, に多く, に学ぶ, に対立, に巾一間半, に布海苔, に年, に彼, に思想, に性悪説, に悲しむ, に我是鬼, に我血, に手袋, に打首, に折角, に掛ける, に放免, に敢えて, に新宿, に暴力団, に書きたい, に有難う, に架空, に梟, に次兄, に母子三人, に気がつかない, に気分, に消極的, に満, に漸次, に物, に現代, に現場, に生じた, に生じる, に生命, に疑い, に直に, に自分, に自然, に舟渡し, に若君, に苦むの, に著者, に試みた, に誤解, に貧乏神, に近衛, に迷わざる, に過ち, に遠隔, に金, に青年, に青年たち, に頼業, に首, に馬, のそんな, のコンタン, のラジオ, の上洛, の例年, の力, の力瘤, の反響, の咄嗟, の唯一, の妙策, の技巧, の用心, の用意, の蒼白い, の見, の軍備, ばかりで, もあります, もちろん娘, らしい, わざと食物, 先ず自活, 勝っても, 却って軽佻, 参るにも, 引返し地図, 極力生活, 汲み棄てるばかり, 深い山, 温かい潮, 行って, 見届けに

▼ ぬ~ (224, 0.2%)

5 だ, の声 4 だと, なの, のこと, の人 3 の身, 菩薩の

2 [14件] が昨日, が見た, である, です, ではない, なれど, の, のしり, の分, の心, の手, の眼, はある, もあるまい

1 [164件] が, がけあいどり, がすくなく, がた, がどうして, がどこ, がもうちっと, が何億人, が坐, が天下, が居る, が毎日, が生活, が生涯, が突然, が花, が訪ね, じゃで, だから, だち物恥, だったから, だったが, だもの, だわ, であった, であったかを, であったの, であったろうが, であっても, であること, であるしかも, であると, であるとの, でいつも, でございますが, でさえ中村鴈治郎, でした, ですからね, ですの, でどう, ではある, でもしか, で占領, で愛慾流転, とお, とが声, として生活, となりました, との作った, との集まり, と寸分, と思う, と書い, と腕, と言, などは目先, なり, なりと長三郎, なれば, にございます, にそう, について問い, にて, になっ, にはまり込ん, には相違, にひ, に与え, に惚れ, に教え, に艶書, に近づい, に通じ, に逢った, のため, のひと, のやけ腹, の下駄, の使用品, の児, の判断, の力, の叫声, の吐息, の姿, の家全体, の寝, の幼児, の後, の心理状体, の心理状態, の性格, の恨み, の悲, の愁嘆, の数, の文, の本能, の物ごし, の狗, の生命, の画姿, の立聞き, の緩, の美し, の肉体, の胸, の腕, の装飾, の赤ん坊, の霊魂, の顏, の顔, の風情, の魂, は, はありますまい, はない, はなかっ, はみんな道ばた, は容貌, またさらし, までがお, も動かね, も皆無, や一日中シェパード, や子供, よりも寧ろ, よりも身, わらべの, をお, をどこ, をみた, を伴, を刺し透す, を妻, を害め, を抱いた, を押しつけられる, を拾っ, を普通, を相, を相当, を見初めた, を説く, 即或, 哉と, 奴, 客を, 故どの, 教師が, 教師の, 止むを, 殊に姿, 相手の, 自身の, 色っぽく何かと, 菩薩枕邊に, 親の, 賊と, 車掌は, 隠居の, 隱居の, 髪剣のみ

▼ ぬ~ (223, 0.2%)

14 はない 7 はなし 5 の光, はなかっ, はなかつた 4 が来た, はあっ 3 があった, がある, が來, ぞなき, であった, とてはなく

2 [17件] がつづいた, が必ず, ぞ面白き, であつ, とてない, なき人, には家, の照る, はあれ, はなく, は其処, は内, は無い, は稀, もなかりし, もなし, を送る

1 [127件] か, があっ, があつ, があり, がきた, がきました, がくる, がつ, がつづい, がつづく, がない, がやって来た, がやつ, が一月以上, が何, が参った, が多, が多い, が多く, が果たして, が目, が續, が迫っ, この日, しもなき, すぐお, ぞおもしろき, だつた, だね, てる星てるふたり, であっても, でありなつかしい, である, であろう, といえ, とてございますまい, とてなか, とてはありませんでした, とてはございませんでした, とてはなかっ, とてはなかつた, とては無, とてもあらざりし, とても陰, となっ, となった, と思ひ, と辿り, なく, なり, なりき, に, にご, にさる, にてありな, にはたいてい, に出会っ, に当, に振舞, に来い, に電車, のある, のいとせめて, のさびしさ, のつもる, のない, のなかっ, のひかり, のよう, のわれ, の事, の夕ぐれ, の大いなる, の憶, の我, の手紙, の東京文化, の東京街上, の重なる, の重なれ, はあ, はあたかも, はあらざりき, はあらざりし, はありません, はある, はお, はただ, はなくなっ, はふりこ, はぽかんと, は一日, は主, は何となく, は孔子, は寂しから, は寝, は早く, は昔, は海, は無し, は自然, は迫つて, は鈴子, までこの, もあつ, もきょう, もない, も浪立て, も無い, をこの, を一日, を何と, を待ち望み, を怖, を経, を覺束, を費し, を送った, を送つた, を送らぬ, を送り, を送れり, を過ごしぬ, 取に, 多く打, 来向

▼ ぬ場合~ (222, 0.2%)

15 がある 10 が多い 8 もある 7 が多く 53 がない, が多かっ, である, と思った 2 にはこの, に陥る, は当方, もあった, もあらう, も亦

1 [153件] あるいはそう, があり, があるらしい, がいかに, がお, がたった, がたびたび, がなお, が多, が多う, が少なく, が往々, が来た, が生じた, が生ずる, が稀, ことに清浄, だった, だまた, であった, でありますから, であるから, であるかれは, である慶喜ら, であろう, です, ですから, でなくては, ではあり, でもそれ, でもやはり, でも一人, でも折, で思, とがある, とて我々, となれり, とは申せ, とまた, と思う, どうした, などに母, なん, にさし迫っ, にそなえる, になった, になったら, になる, にのみ, にのみこれ, にはいつ, にはきまって, にはここ, にはずいぶん, にはそれ, にはまた, にはフランス提督, には事情, には今, には何等, には停止的人口, には可, には唐以前, には多数, には山童, には幾らか, には彼, には急, には握り飯, には文字, には法医学教室, には眼, には神仏, には自害, には金属それ自身, には間接, にもはや, にもまさしく, にも心, にも猶, に二千万, に今, に個人, に備える, に卜筮, に始め, に念仏, に恋, に悟りすました, に数限り, に殊に, に比べる, に滑稽趣味, に直面, に立ちいたっ, に立ち到った, に立ち到りました, に立ち至った, に立ち至りました, に立ち至れり, に立至った, に迫っ, に遭遇, に限っ, に際会, のある, のこと, のごとき, の各人, の専門家, の方, の秘法, の避難, は, はある, はかならず, はしばしば, はふし, はわれら, は国民, は多かっ, は奴, は少く, は屡, は自分たち, またそれ, もあったであろう, もありました, もありましょう, もあろう, もございます, もすでに, も出, も多い, も多少, も少く, も尠, も往々, も有る, も極めて, も生じ, も考へられ, も起りがち, や又は, らしく思われる, を埋める, を多く, を控え, を除い, を顧慮, 兎角満場倦怠, 別して無邪気, 故五人

▼ ぬふり~ (212, 0.2%)

93 をし 33 して 18 をする 6 をした 32 をしよう, を装い

1 [55件] した, するもの, する事, せしが, そんな様子, だ, であがっ, であんな, でいちど, でいる, でいるらしい, です, でその, でたずね, でもつそり突, でやり過ごす, でビール, で二階, で娘, で少し, で平気, で手傳はず, で歩い, で飛び跳ね, で默つて, にうち, にて独語, になつて, に歩みこし, に見せかけ, に黙っ, のお, のできる, の致し合い, はそれら, は出, もし, もならぬ, も出来ません, をあそばし, をきめこん, をさせ, をしてやった, をしてやる, をしとおした, をしなけれ, をし合っ, をなさんす, をなすった, を仕様, を保ち, を続けた, を装っ, 聞いて, 聞かぬふり

▼ ぬ~ (204, 0.2%)

5 に深く 4 に骨 3 を抱い

2 [16件] で消え, になっ, には徹底, には無用, の中, の動き, の悩み, の明鏡, の闇, はい, は心, ぼそさ, を, をもっ, を持っ, を持つ

1 [160件] か, かな, から寂しい, から自, がお松, がその, がハッキリ, が之, が乱れませぬ, が嘖, が大層, が宇治, が少し, が帰り, が必要, が急く, が搦, が致しまする, が誠, が起る, が辛うじて, こそ人, その爲, だかさ, であったから, であったと, である, であると, であろう, では正成, でまた, でもあった, で他人, で優柔不断, で彼, で念仏, で愛した, で持てあまし, で見つめ, で記憶, で詳しく, と, というもの, とて, となり, との間, と二つ, ながらに小夜, なの, なむありける, なり, なりけれ, なりとも, に, にあらはれぬ, にてこそあれ, にて生涯頭, になった, には人世, にめで, に何物, に兼吉, に恨み, に考へ, に腹, に足, に鞭, に馴れ, のうつくしい, のおごり, のくるし, のす, のすさみ, のときめき, のなか, のほど, のほどを口元, のもの, のゆきかい, のわずか, のわな, の一部, の主, の介抱なほ, の余裕, の傷, の子心, の安楽, の屈託, の底, の弱り, の弾み, の恐れ, の恐ろしい, の悲し, の惱, の戦き, の持ちぬしで, の持ち主, の数々, の染班, の止み, の清, の渇き, の激動, の焦燥, の状態, の現象, の痛み, の矛盾, の私, の色, の苦しみ, の苦悩, の苦惱, の裏, の複雑さ, の道, の錠, の隠, の音楽, はその, はなほ, は弦, は源氏, ゆるせぬ時世, より, をいだく, をきめ, をゆする, を使った, を出す, を如何, を客席, を平靜, を思ふ, を慰めた, を我, を抱き, を持ち, を持つた, を改めて, を有, を現, を生み, を眼, を破る, を示し, を籠め, を見せなけれ, を語り, を誤解, を起こし, を起こす, を養う, 何故それ, 多き物, 常に落付, 怒れども, 知るべく

▼ ぬ~ (203, 0.2%)

2110 じゃ 9 だと 4 には候 3 だな, です, とても相談, を家

2 [15件] がある, が僕, だが, である, ではある, と一途, と宣言, と思っ, と恨み, と見ゆる, に見込, はあ, は木ぶつ, は馬鹿, もある

1 [117件] お取りつぎ, か, から下らぬ, がい, がいる, がつい, が一番, が不意, が何で, が小やかましい, が有ります, が歌, が潜ん, が火, が無代, が現われる, が脅迫状, さね, じゃが早乙女主水, じゃこれ, じゃそう, じゃったが, じゃで, じゃわい, じゃ切腹, じゃ包まず申せ, じゃ天神様, じゃ恬, じゃ拙者, じゃ無礼, じゃ腹, そのよう, だあんな, だから, だけ信じる, だつた, だなんて, だナ, だ何とか, だ生意気, だ道さん, であった, であつ, であらう, であるという, である云々, でございまする, でした, ですが, での, ではあるまい, でも或, でアカリ, で俺, で吾, で弱った, で言う, といふ御, ときっと, とみえる, と後で, と怒, と怒っ, と思う, なの, なり, なり先, なり手錠申付明日, なれバ, なんという, にお前, にさらわれ, には, には一二貫目, には反吐, には薬, に喧嘩, に対しては燐, に限つて鼻息, の先, の所, の歯, はあやしい, はこの, はつまり, はない, は世渡り, は人気, は仲間, は何者, は來い, は出来ん, は容赦, は心身共, は必ず, は暗室, は朱褒, は来い, は此の方, は片, は神様, は結局此, は読まぬ, は金持ち, は面白く, は頓馬, ばかりで, ひかえて, への押え, ほと, まして貴殿, らしいが, を呼んだ, を峰越し, を痩我慢, を買, 勿論呪い

▼ ぬしの~ (199, 0.2%)

7 ような 4 ために, ように, 命が 3 父親は 2 ことか, 事じゃ, 命の, 夫へ, 手に, 話で, 身に, 身の

1 [161件] いわゆる薄, うちの, おふくろを, おふくろ殿には, おもかげ, お妾, お定, お客は, お百姓さんたち, ことだ, ことで, ことについては, ことばは, ことばを, ことや, ことゆえ, すること, せいだ, その姿, ためじゃ, ためゆえじゃ, ところへ, ないしめ, ない子, なか, ほんとの, むかしの, もの其もの, も脱ぎすて, よい手鑑, 一念が, 上に, 世の, 世話に, 乞食が, 事業を, 今度の, 仕打ちに対して, 住ふ, 住居に, 信心ぶ, 処に, 前でや, 前に, 勇気は, 勇気も, 化けたの, 友達として, 口吻を, 周りに, 命である, 命に, 命は, 命を, 命令で, 図星通りじゃ, 墨書が, 外には, 外来魂の, 外能く, 大将に, 大男は, 好きな, 妹とでは, 姉, 姿は, 嫌いな, 実力を, 実在を, 家内どもは, 専門は, 小屋に, 尽力その, 年齢を, 幸吉で, 役目よ, 後には, 御事又は, 御情, 御顔ばせ夜毎, 心がかりは, 心に, 忠義な, 怒りは, 性格として, 性格は, 性格を, 悲しい時, 情詩の, 所在を, 所望は, 手引きにて, 手紙を, 拝借米や, 挙動を, 敵でも, 文字などは, 方が, 方で, 方は, 智慧の, 書状に対して, 札も, 樣な, 歌の, 正直は, 正統エホバの, 武士が, 武運を, 母親と, 母親に, 母親は, 気性と, 気持は, 渾名だ, 演説あり, 無い膳, 父は, 生れた越後, 生れ性とは, 生命が, 生命は, 生活を, 病気と, 眼にも, 眼は, 短所は, 祖先も, 神と, 笠原太郎さんだ, 系統を, 織田説には, 義務が, 肉体は, 胸に, 舟, 菩提寺が, 落胤と, 落胤に, 蛇が, 袖に, 見損ないだぞ, 言葉よりも, 許嫁だ, 許嫁で, 豊田を, 身と, 身の上ばなしに, 身も, 道じゃ, 陣場へ, 陰謀だ, 頭の, 頭を, 頭脳が, 顔にも, 顔も, 香奠として, 馬子達に, 駒は, 魂魄は

▼ ぬ~ (195, 0.2%)

13 がある 4 である 3 だ, のもの 2 から時々, だろう, なれば, に見つけ出した, の, の否定的契機, へ行っ, もある, もなく, を見る

1 [152件] ありて, ありと, から, からわざわざ, からわたし, から井桁, から今, から其の, から其地, から小宮山, から折々, から斯, から来る, から此話, から水田, から片手打, があっ, があった, があつ, がない, が出来, が多い, が多かっ, が妙さ, が沢山, が白け, が面白い, だが, だったちゅうものだ, だと, であった, であり又, であり而, であるにも, であろう, でぎょっと, では十分, でひっかかっ, でバッタリ行き, で夜, で大きな, で幾人, で御座いましょう, で御座います, で御札, で感化, で民族精神, で田楽, で私, で突然, で道草, ときまった, とて半, と夜中, と見え, ならずや, なるが, なるべし, なれト, にいる, にその, にてお仕置, にても差支, にて両方, にて然, にて間違, にはいっこう, にもぐり込ん, に一室, に候, に古, に在る, に当り障り, に思いがけない美しい, に意志, に成り立つ, に来た, に横たわる, に気がつく, に無限, に知, に空間, に立っ, に繋がれ, に考, に見え, に読書研究, に通ずる, に達した, に邂逅, に随分, に隠し, のクリティシズム, のマルクス主義理論, の任意, の体験, の存在, の導出, の或, の民衆, の無, の病院, の範疇, の純正, の義務教育, の者, の要するに, の障子, は下駄, は二白, は今一方, は其俤, は分らぬ, は字引, は実は, は岩野清子氏, は必ず, は想像, は諸方, へ, へこげ, へと思へ, へにげる, への探険者, へ出, へ出た, へ奉公住, へ平生大飯, へ打ち, へ持っ, へ肥え, へ藁, へ行かう, へ迷い込ん, までも段々, までも酒, まで来, もあった, もない, も有, や意義, をお前達, をたっ, を両人, を例年, を善き, を少なく, を洞斎兄, を示し, を見た, を見詰め, 幽妙

▼ ぬ~ (193, 0.2%)

151273 なき, 死なぬぞ, 返しは 2 かなしきという, よいか, よき, ツ, 恨みなる, 悲しき, 早く死ぬ, 来い, 見苦しい

1 [132件] あの緑青色, あはれなる, い, いづれ娘, いと憂けれ, いわせぬぞ, え何処, え此前, お國, お心, かし, こうなった, ことによる, この殺人訪問者め, この頃, これから地獄, これだけは, これへ, これより, さっさっと, そなた, その手, その方座頭, それにしてもなぜ, それより, たしかにその, ちゃ, どうだ, どこか, なか, まだ, もしひょんな, もし口外, やか, よき天地, よしか, コリヤ主人五兵衞並に, コレ, シテ農人の, ッ者ども, ハタと, ハッハッハッ馬鹿, ハツハツハツ馬鹿な, マーガレツトの, 一人も, 一式, 一応中, 一応父上, 一應中を, 万々一人の, 万一町人共, 下がれ, 今日中に, 何ぞ用事, 何処かへ, 余の, 余は, 余計な, 假令頭たり, 元と, 公儀に, 其手で, 其方は, 其源次郎と, 半蔵殿と, 又不確か, 又同じ, 只今九郎兵衞が, 吉良上野介の, 命は, 唯膳部係, 多き, 女房は, 好き, 嬉しい, 察する, 少し解せねえ, 左樣に, 己れ, 幕府を, 弘法様の, 御隠居さま, 心の, 必ず其方, 忍藻, 手柄争いを, 手柄爭ひ, 手紙を, 抜けば, 控られよ, 斯く睨合つて, 春の, 是なる, 是甚だ, 最後に, 某が, 此上にも, 此段屹度申渡す, 此騷ぎを, 武蔵どの, 殿, 殿軍の, 気を, 汝が, 江戸に, 決していわせぬ, 然ながら, 爰を, 片っ端から, 琴も, 町方の, 畏くも, 痩せても, 痴漢小森彦太郎便所を, 癡呆の, 知らぬぞ, 神妙に, 私が, 篤と了簡, 自分は, 至らぬぞ, 若い若い, 若し口外, 萬, 観念しろ, 解せぬぞ, 諂いはせぬぞ, 貴様こそ, 貴様等の, 長居を, 隙見し, 鶴次郎は

▼ ぬ~ (189, 0.2%)

4 だが 3 だ, であった, にし, に思す, の気配, をあの, をお

2 [18件] が猶, ぞと諦めれ, でしかも, では, ならば, なり家, なれば, の師匠, の葉, の言いよう, の間, はない, を, を味, を我が, を持込ん, を見る, 思ひは

1 [128件] ありと, いづれ病後, うき世, おも, かとぞんじまする, かも知れない, からいさまし, があった, がある, がはいっ, が出, が本当, が牧馬, が生き, が目, が見え, じゃ, じゃとわかる, じゃと解かる, ずきなるよ, ぞかし, だけの物, だという, であっても, であつ, であるかの, であるが, ですから, でも, という物, とては足, と争わぬ, と洗, と田安御門, と聞及び, と見える, と認め, と貶し, なら何万円, なら離縁, なり, なりと, に, にあこがれ, になつ, になつたの, になりましょう, になる, にはいっさい, には実は, には決して, に何, に候, に向つた, に懼, に成, に我, に異, に腰, に言, のある, のあるべき, のけは, のわかった, の云, の判断, の助, の化, の外, の少ない, の弾み, の影, の最少限, の正体, の氣, の為め, の相愛, の窪, の臭, の言, の間違, の香, の馨, はある, は夙, は思い惑う, は無い, は瓦, は運ん, ばかり, まで喰っ, まで遣る, も多い, や何, よ香月左門, をきめ, をせいぜい, をもっ, をよく, をわたし, を何かと, を入れた, を喫む奴, を喰っ, を売っ, を多く, を思ふ, を我がこの, を持っ, を持つ, を旨, を書い, を書いた, を照らし, を獲得, を知っ, を見た, を読んでる, を買, を買い, を賣, を追い払おう, を食つて生活, を食わね, 寂れた家, 思ひが, 思ふらししのすすき, 足らぬ発見

▼ ぬ~ (186, 0.2%)

54 の姿 3 からお, が内職, である, には父さん, は何

2 [11件] がポッカリ, が惡, です, の少年時, の心, はこの, は此人, は申譯, も, も嬢様, を御

1 [140件] がいきなり, がかよう, がこの, がやらぬ, が今それ, が何故, が娘, が悪う, が憖, が我, が我まま, が最も, が行け, しさ, しの, し勿, だったの, であり仕事, であること, であるの, でございますが, でさ, でさえただ, ですが, ではない, といえ, としては, と思った, ながらいとし, なの, にし, にその, にとっては暑く, になんで, にはそこ, にはそんな, にはどうして, には分りません, には十分の保護, には茲, にも容易, にも拘らず, にも生れた, に其手紙, に変わっ, に属する, に屬, に御, のいる, のお, のせつな, のため, のばかばかし, の万歳, の事, の今日, の境遇, の如き, の妻, の宝, の居室, の師匠, の心持, の心象, の性情, の恋人, の手, の方, の昔, の様子, の母, の淋し, の烏滸, の病気, の目録, の真心, の結社, の習性, の苦痛, の行い, の覚書, の論, の趣味, はあなた, はいう, はいつも一概に, はお前, はこれ等, はさらに, はせめて, はその, はただこうして, はつい, はひどく, はやはり, はウンザリ, はラプンツェル, は二セント, は今度, は他, は何だか, は作家, は全く, は別, は向島, は呑気, は唯, は変, は巴里, は急ぐ, は我, は泣虫, は猶も, は現在, は申訳, は町, は結局それ, は胸, は腹, は自然, は若い, は身, は過去, は階級, は馬鹿, は高嶺, まではははは, もその, もそれ, も共に, も夫人, も貴, をあまりに, をそれ, を仲間, を恋し, を無理, を生ん, 如きに, 常に窮

▼ ぬ~ (181, 0.2%)

5 にもう, に彼, に私 4 にまた 3 からはや, に, に情, に日 2 にお, にと急がれた, に入浴, に帰る, に有耶無耶

1 [140件] かかる貴人, から, からかく, から取れた, から斯, から會社, が人生, こそ峯, こそ知りたい, こそ露, せめては, とや, なら承知, なら第, にあなた, にあの, におす, にお急, にきつ, にここ, にこの, にこれ, にその, につくであろう, にと思い, にと挨拶, にと神戸, にと考え, にオルガンチノ, にグワラリ, にコスモグラフィー, にスック, にチャン, にテルラチナ, に一人, に一刻, に一郡騷動, に三十七羽, に上げ汐, に上げ潮, に上手, に下僚, に丙, に両手, に久さん, に二人, に五町, に何, に余, に例, に侍, に切腹, に刑事群, に別れ, に卯平, に又, に和尚, に大, に寝入っ, に封, に小, に山, に帰つて頂戴, に帰り, に息切れ, に我, に我々, に扱帶, に採録, に文三, に書き始め, に書留めおく, に最初, に最早, に極まる, に横堀, に横須賀, に次第に, に死する, に死に, に母, に滅盡, に燃え上る, に痛, に皆, に祈祷, に種々, に米国, に素早く, に終っ, に考え, に自分, に自室, に自然, に舟, に船, に若い, に藁, に蘭国, に話, に課長, に警官, に退い, に逃げだし, に途絶え, に這, に速, に部屋, に重ね重ね, に領主, に館, に麻生, の人物評論, はいくら, はいつ, は一切馳走, は何, は去るまじ, は安心, は晝食, は殺した, は産む, は祖父, は秀郷竜宮入り, は虫, は雨風, ふし被, へだって新聞, よりかえって, 其挨拶が, 再度の, 峠は, 帰らぬ旅, 早く往, 早く金, 突然四辺, 蒙古, 追払おうか, 遊びに, 闇に

▼ ぬ様子~ (181, 0.2%)

108 である 7 であった, であつ 5 だ, だった, をし 4 であったが, でした, です 3 で平次 2 だから, だったが, でしたが, で天井, なので, の者, をする, を示した

1 [103件] からそれ, がある, が夫, が見えた, そのまま後, だが, だけは文面, だぞ, だつた, だシテ, だ尤も, であったから, であった人, であります, であるから, である之, である未だ, でかつて, でことば, でしきりに, でしたから, でしたな, ですから, ですが, でそんな, でた, でなに, でなにか, でやがて, でキョロキョロ, でノッソリ, でモジモジ, で万, で五月, で人, で何かと, で傍, で半開き, で却って, で右往左往, で実に, で居間, で差出した, で常盤橋, で座, で彼, で手袋, で支配人, で明智, で昼間盛ん, で有, で木村, で板の間, で此方, で毎日頭巾目深, で渋々, で濡鼠, で煙草, で畳, で眼, で破れソフト, で私, で私共, で立ちすくん, で立ち上がった, で聞く, で良久しく, で血だらけ, で賑やか, で足, で足踏み, で辺り, で降り立った, で頭, として映, とをよく, と云う, なれど, なれども, にお前さん, にぎょっと, にて坐り, にて大小, になっ, に作られ, に候, に平次, に見えた, に見えます, に驚い, まずよか, も美しく, を, をしてる, をし出した, を後で, を現, を聞き, を肯定, を見せました, を見る, 一応もっとも, 取られた利腕

▼ ぬまま~ (178, 0.2%)

3 にその, に私 2 にいろいろ, にこう, にし, に何, に文三, に自然, に袂別

1 [158件] あの時, いれて, おっかぶせるよう, お稲荷様, がむしろ, がよい, すっかり落ち着いた, すでにこれら, そのままに, その処理, その手紙, ただひとり家, ただみんな, つい答え, であったとしても, でありましたが, でいる, でそちら, ではあった, ではない, では何とも, では帰りよう, で今, で死ぬであろう, で私, で臨終, で若君, で落ち, で進ん, で頓死, に, にある, にいよいよ, にう, にうすらさむい, にうなづい, にうろつきまわり, にからだ, にきわめて, にこの, にしかし, にしばらく, につづいた, にて發表, にどこ, になおし, になっ, にはし, には素通り, にふと, にふらふら, にまじまじ, にもいい, にもう, にもどこ, にも暫く, にも直義, にも身, によそ, にウトウト, にキョトン, にニコニコ, にフォーク, にフト夜風, にボンヤリ, にボーイ長, に一同, に一念発起, に一日一日, に今日, に八五郎, に前進, に十余年間, に千鶴子, に厠, に又, に取り出し, に国政, に女, に妻, に少し, に平次, に年, に座敷, に引, に彦右衛門, に彼, に得意, に思い明かした, に急, に恐ろしく, に悩み悶え, に我々, に或, に捨て, に推移, に描い, に数年, に枕, に案出, に模倣, に残し, に涼み, に深夜, に済ませた, に済ん, に潤い, に片岸浜, に犯人, に狂浪, に生命, に着のみ着のまま, に純文学, に繁り合っ, に群像, に考える, に耳, に胆, に若い, に蒲團, に蒼く, に蛇, に観念, に赤く, に起き出で, に路易, に過ぎ, に過去将来, に遥か, に金吾, に鍵, に陶器, に雲, に静か, に頭, に顫, に食堂, に鵜呑み, のこって, の変化, の姿, の無造作, の素朴, の荒々しく, また歩い, よ書, 唸って, 啼くこおろぎ, 喰い尽しけるに, 威張って, 持たして, 捕われた者ども, 残された女, 消えがち, 色々と, 観て, 起きて, 駆けつけたよう

▼ ぬ~ (178, 0.2%)

3 小僧も 2 か一, でもあらう, 煎茶を

1 [169件] あなた様を, あばれ放題, あまり軽少, いつそ筵, いづれの, いろ, お気に, か終, ここに, このままお, この世において, これからさしとめまする, これからそち, これから心当り, これで, これは, こんどは, しやが, すっかりお話し, そつと, そのよう, その中, その天然, その遊び, その限り, その際反省, それに, それは, それ自らの, た, たずね候所, ちょっと一策, ちょっと中座, つい近頃, であらう, であります, である, と, と日頃, と観念, どうか一ツ, どうか御, どうぞお, どうで, どうなる, なら仕方, なり兎角に, なるべし, に参った, はアポローン, まあまあお気, まず妙趣, まず当分, もあ, やはりお年, やはり之, ようやく気がついた, をもつ, を以つて, クヲテン怒, 中間たちであったら, 事の, 事情斟酌の, 二人に, 二銭の, 亡き者, 人にも, 人生全体としての, 人間道に, 今ここで, 今は, 今夜の, 今後は, 今日の, 今日は, 今暫く, 今暫く猶, 今見る如き, 代りに, 何とか了簡, 何やら分らず, 余は, 來年も, 例の, 俗人的の, 傍邊の, 僕が, 充分ともにお気, 先ず助け, 先此奴を, 八畳の, 到底致し方, 半分山分けに, 半分或は, 双参せ, 古来無用の, 合点ゆかぬなり, 吉野杉の, 向う疵の, 吾知らず, 噂の, 在郷へ, 城主しかる, 執念深い, 塔の, 境木などに, 夕方までには, 夜に, 大いに困った, 大切に, 太守自ら人柱に, 如何し, 如何なし, 客の, 容赦なく, 宿へ, 宿を, 小の, 小倉にて, 小兵衞も, 帝様は, 帰洛の, 幸内から, 彼是と, 必ず此方, 忌むと, 我等は, 我等母を, 或る, 手に, 扨こそ, 時の, 更に, 東郷元帥の, 極めて小, 概念的認識が, 此間中駈出し, 殺さぬと, 汝を, 法律問題に, 活きいるつもり, 消え失せた, 淵川へ, 牙や, 猶も此, 王を, 畢竟徒労, 真つ, 督促に, 知らぬふり, 私の, 私は, 立戻っ, 紙屑に, 結局は, 肉を, 自ら身代りに, 臭い消しに, 諸所尋ね, 足の, 身体悪臭を, 追って銓衡, 遠慮申し, 遠近の, 錐で, 長屋の, 關心の, 隱居所の, 雲雨ふれ

▼ ぬ~ (177, 0.2%)

8 きに, に 5 から 4 に廬 3 からすでに, の父 2 からもう, から余計, から私, から訣つて, から雨戸, から餘計, にそれ, よりこがれ

1 [130件] からいとしゅう, からおそれいった, からたしかに, からにこにこ, からの織, からの許嫁, からの酔うた声, からも余, から俊雄, から分つ, から勝ち祝い, から國粹, から壱岐びと, から夫, から平次, から引返し, から当人, から後生, から心, から断り, から既に, から泣き, から突然, から給仕女, から胸算用, から腰, から自分, から見ぬく, から解つて, から訣, から驚くだろう, が人間, きから, きなるは, こそ露, づ縹草初夏の, であったから, と同じ, なら兎, にいっそ, にお, にこちら, にこっち, にごらん, にでも見た, にとその, にと思っ, にど, にどっか, になるほど, にぶんどっ, にみごと, にわが, にわれ, にガラリ, にグッ, にストトントン, にポンポン, にマーヴラ, に一葉二葉, に上, に不義不孝, に事, に云, に俊夫君, に俺, に先生, に克彦, に処分, に向う二人, に品川, に変節, に如是閑君, に姿, に対手, に小歌, に少しはっと, に己, に弁解, に弁護, に引き分ける, に往に, に忘れたる, に忠顕, に恐れ入っ, に手巾, に拍手, に早く, に死ぬる, に消えた, に渡られぬ, に港, に甲府, に申出た, に病毒, に白き, に白井刑事, に白状, に相談, に真っ, に窓下, に聞いた, に自動車, に自然, に若い, に行者, に見せ, に返答, に逃げ, に逃げた, に逃げよう, に逃げ去ろう, に道人様, に默, に黙りましょう, に鼻子, のひれ, の事, の事ゆえ自分, の先, の国, の珠, の親, の誰, の軍, の金争い, は会ったら, へ嫁がせ, までをしゃべり出した, よりその

▼ ぬ~ (174, 0.2%)

13 である 6 であった 5 のもの, の事 4 であつ, にし 3 だ, なのに, になっ, の程度 2 です, で随分, に

1 [119件] あの人がら, ある山腹, いだ, い乞食, お上手, このサナトリウム, すばらしく細かく, ずつ語彙, だが, だったそう, だつた, だろうと, ちらちらちらちら降っ, であ, であったろう, であったろうと, でありまするから, であろうが, であろうと, でございます, でさすが, でした, でしたが, でしょう, ですナント馬鹿, でせう, でそれ, では世, で假令醫術, で黒い固い, なものニ, なら一層, なら他, なら打たせられに, なら武士, なら死んで, なれば, な一人前, な少, にお, にすぐれ, にその, になつて, になりました, に上手, に低く, に切り詰められ, に古び, に可愛い, に味, に呶鳴つて, に困難, に変, に残骸, に犠牲的, に発達, のあわただし, のこと, の了見, の仕方, の僅か, の力, の劣等至極, の善人, の声, の女, の小声, の山奥, の峠, の年輩, の微か, の徳川末期, の怪奇島, の意気込み, の所, の打撃, の曲線, の有様, の極微量, の眼鼻立ち, の着物, の細い, の細かい, の給料, の美し, の習慣, の財産, の闇, の隙間, は西洋, ひどく揺られた, ひ大きな, ふるえ出した, よい, ゐ, ゐで, ゐな, ゐに, ゐの, ゐよく, ゐ優しい, ゐ私, ゐ霧, グングンと, 古びて, 固くなっ, 嬉しかつ, 寒かった, 小さいもんダ, 弱って, 御茶, 持って, 採り溜めて, 数多く舞台, 早く正確, 晴れ渡ること, 況して維新政府, 込み入った各種, 重いもの

▼ ぬまでも~ (170, 0.2%)

5 少くとも 4 笛吹川の 3 思ひに 2 かかる厭味, この一場, それに, 天誅, 我が良人, 授業にも, 苦痛が

1 [144件] おだにの, お家の, ぎくりとした, ここで, このうえ, この場, この密室, この胸, これで, これへ, これらを, さだめしジタバタ, しばしだ, しみじみと, せみょう, せめては, せめて二つ, その出, その憎悪, その進行, それと相, それを, たしかに当代, ちよつと, つとめて, ともかくも, なお注意, なかなか油断, なるべくそういう, にくめるには, めったにお, もう御, やって, やや自分, ビッグ, マア嫌疑の, 一太刀怨み, 万が一敵の, 三人四人で, 不断の, 世の, 世間の, 二百兩といふ, 今日尚, 今迄の, 何か, 何かしら云っ, 何とぞ堀尾殿, 依然としてわが, 傍看, 兎に, 八幡この, 兵機さえ, 冥々の, 凡そ人間, 切り込んで, 剣の, 勝負しよう, 区々たる, 十三歳や, 半以上此に, 危篤に, 名だけは, 君側の, 命を, 喜んだ傾向, 園絵様の, 多くは, 多少は, 大罪に, 嫌われるはず, 実体を, 家並すなわち, 少なくともりっぱ, 少なくとも次第に軽く, 常から, 心に, 必ず非常, 我々一同にて, 手当を, 抗戦派に, 押寄する, 放縦に, 政府に, 文学の, 文章に, 机の, 来やがったか, 東京に, 棄措く, 棺の, 段々結合, 殿には, 氷の, 注意深き觀察者, 無益に, 然るべき返歌, 牧の, 特に大きな, 猶刻々に, 理解は, 生活に, 生活活動の, 皮切を, 眞志屋の, 石が, 社会的に, 神を, 祟りにて, 禁欲の, 私と, 究竟な, 突きとばして, 競って, 笑顔で, 粗末に, 納めさせる用意, 耳を, 肺を, 自分に, 自然に, 興奮剤として, 花々しく討死, 虐待し, 見苦しからぬ, 記載の, 記録上に, 訪ねて, 試み給はず, 諫めて, 諸陣, 軍部と, 追っかけて, 追つかけ, 遂に一度, 過泄, 闘った, 防いで, 雪の, 頼みに, 頼朝の, 駈け付けるの, 高き姿, 鴫わな張る

▼ ぬ振り~ (170, 0.2%)

86 をし 27 して 5 をする 3 で見 2 もなりません, を装い, を装っ

1 [43件] ができなかつ, が出来る, が私, した自分, しつつ, するやう, だつた, で, でさっさと, でもし, でボール, で切り, で別, で実は, で帰った, で歸つたの, で狸寐入り, で行き過ぎよう, で行儀, で表面, で見た, で見送っ, というよう, に取りつくろっ, に放任, に見送る, に驚くべき, のやう, の我, は仕切れ, は出来なかった, をしてやらう, をしてる, をしとく, をしよう, をたしなみ, をなさつ, をよそおっ, を保つ, を示し, を装, を装う, を装つて其場

▼ ぬほどに~ (167, 0.1%)

5 なって 3 して, 心配を, 跡を 2 夫れ, 小隠れた, 御座候, 最う何, 餘計な, 驚かしたの

1 [141件] あの音色, いきり立って, いやでした, うちやられたる枕, おくれて, おのづか, お気持, お美しかっ, がたがたと, きれいに, こしらえた両刀, こつちへ, この分別, この問, この衣, ございます, さう, した, しなしなと, しんと, そっと位置, そのあたり, その声鏗鏘, それは, それも, ちやほやし, なった, なったの, なった一般的, なった処, なつた, なつて, なりました, ふるへゐたたまれなくな, ほのかなる, みえます, もう何, キッパリと, 一途で, 下落する, 不規則なる, 乗り込んだ登山者, 人々我を, 仕附けられて, 付いた血, 余計な, 作者の, 優雅に, 入念に, 劣って, 動かして, 十貫目出せ, 半ば腐爛し, 口に, 口惜しがっ, 同じもの, 向島より, 吹き人々行楽, 啼けかし, 坂を, 墮落した, 変わり果てわずか, 変化の, 多いの, 大きなさみし, 大切な, 始終将門, 完全に, 小さくなっ, 尾を, 山本氏がり, 川幅が, 底深い, 延長する, 弱ったお, 強いの, 思い込んだこと, 悔み悲しんだ, 悶えて, 憎いとは, 手短かに, 投げ出して, 握られて, 敏感に, 數を, 文学の, 明かでありましょう, 明るい夏, 時を, 時代の, 柔らかな, 植ゑて置く, 様子を, 止しに, 正しくて, 此分別は, 気分が, 汚れた三尺, 涼しい, 灰が, 烈しく活動, 煤けて, 生かされて, 甲が, 當世に, 疾く滑らす, 発銃くらいは, 白粉を, 眠って, 着て, 破壊され, 穏である, 窮屈な, 立込み大半, 笑う, 簇つて来, 美しい, 背が, 背骨を, 腹立たしくなる, 自分は, 自足した, 興奮し, 落ちたの, 落ちついた身, 葉子を, 見えた, 論じ詰め, 貧弱なる, 身に, 這いまわって, 進んで, 開けて, 附いた血, 静かに, 香水を, 驚いたと, 驚き同時に, 高かった, 髪を, 鮨押し

▼ ぬ~ (166, 0.1%)

5 様子で 4 恩を

2 [13件] 厄介に, 厚情に, 好意を, 心配を, 様子が, 様子でございました, 縁です, 縁と, 縁の, 縁を, 贔屓を, 迷惑を, 配慮を

1 [131件] いたつき, 上様の, 不快と, 世話様に, 両家の, 両所の, 主人の, 人品は, 人格には, 仕事が, 会釈, 会釈ぶり, 体で御座いませう, 作法上役人とも, 修行, 俸給ながら, 兄なつかし, 先に, 公達の, 力添えを, 助勢を, 勝利と, 卓見私たのまれ, 厄介を, 器量よし, 城下へ, 城主への, 執心と, 執心に, 場所でも, 女の, 好意に, 姿ながらも, 婦人には, 嫌疑を, 存在です, 安堵なさいませ, 安心くだされませ, 安心下さいまし, 客様で, 家中の, 家族が, 家老様の, 容体で, 容儀と, 容姿なら, 容子にて, 寵愛を, 尊貴の, 尋なり, 尋ね, 尋問を, 崎の, 庇護に, 当家の, 心痛でのう, 心配なり, 志の, 志は, 快事では, 恩なり, 恩に, 恩仇で, 恩受けさせた, 恩報じ, 恵もて, 愛情によって, 感情が, 憾みは, 懇命を, 懐かしさ, 手紙は, 政務は, 救いが, 方針で, 時節柄で, 書面と, 最期を, 様子だ, 様子であった, 様子にも, 様子ゆえどう, 母さんは, 母宮を, 気色に, 決断と, 消息の, 熱心が, 片付けは, 独身生活だ, 用意, 番城の, 病気, 百姓の, 短慮, 禮の, 秘密の, 立腹を, 節介致した, 細腰は, 縁, 縁じゃ, 縁で, 縁でも, 縁という, 美貌の, 義理だった, 老女様には, 艱難を, 若衆御, 苦労した, 見致候而来, 覽なされまし, 言葉, 言葉です, 言葉どう, 言葉を, 言葉哉假令證文は, 贔屓の, 身分です, 身分にて, 身分の, 辞儀を, 辺だ, 造営の, 遊歩である, 運じゃ, 配慮に, 門番を, 面影を, 顏を

▼ ぬ理由~ (164, 0.1%)

17 がある 13 はない 7 があつ 3 があった, しらぬ人, である, を説明 2 があろう, がどこ, が何処, で, のある, は, は少し, もある, もない

1 [97件] ありましょうか, からおそらく, からだった, から日ごろ, から此方側, から自然, があっ, があり, があるだろう, がざっと, がほか, が一つ, が一體どこ, が与えられる, が判らん, が判る, が可, が肯け, が誰, が頓, づけで, であった, であり従って, です, でもあつ, で白浜温泉, で長生き, というの, として, としてナターリヤ・ヴァシーリエヴナ, として歴史, とはならなかった, と名義, などなに, になる, によって入れられた, によって審判官, のあつ, のもと, の下, の最も, はありませぬ, はありません, はあり得ない, はいづ, はここ, はこの, はございません, はさ, はそこ, はその, はなお, はなかっ, はなから, はなく, はまだ, はまだ少し, は何処, は元, は別, は別に, は実は, は幾つ, は恰も, は数え上げる, は最早, は毫も, は民間, は確か, は自然, は蕪村, は解し, は読者, もあ, もあった, もあらう, もあります, もここ, もほぼ, も必要, も決して, を, をさ, をそれ自身, をもっ, を以て妾, を仰っしゃい, を存じた, を得, を持っ, を明, を有った, を発見, を立て, を認めた, を貴下, を述べる

▼ ぬくらい~ (162, 0.1%)

7 だった 6 である 3 だ, であった, 静かに 2 でしたが

1 [138件] あばれまわって, いいん, いずれも, うまかった, おろかしい感懐, かすかに, この言葉, されば, じゃ, じゃな, ずっとずっと安楽, その容貌, それで私, それも, たくさんの, だから, だが, だったあの, だんだんに, であったが, でありました, であるから, である頓, でご, でした, でしょう, ですから, ですのに, ですわ, でトテモ世間並, で御座いますから, で葭簾, で蝶子, ならば, ならよすほう, ならわざわざ, なるが, なんだ, な微風, ねじつけられ, ひどかった, ひらべったくなっ, ふといやらしかっ, まばらである, まるで違った, やるし, ゆえ無論, ゆっくりと, よいこと, われわれは, カッと, ガタガタと, ガタガタ顫いであった, セチ辛い, ドローレスに, ノンキであっ, 世話に, 仲が, 低い声, 倹約し, 力強い音, 動揺する, 勝気の, 勤勉な, 収容定員の, 古びて, 否その, 味が, 喜びまた, 多かった, 多くは, 大きかった, 大人しい北山, 夫を, 女にかけては, 実に猛烈, 実に酷い, 小さなこと, 少しだ, 尠く, 巧みに, 広々と, 強大な, 彼女に, 微かな, 心苦しさ, 怒って, 急である, 恥も, 息も, 悩まされ初め, 悩まされ続けて, 意地も, 損害を, 日本の, 旺盛な, 明かに, 昔の, 暑くおまけ, 洒落た服装, 深い印象, 深い闇, 深く鋭く貴く美しく純化, 混雑し, 烈しい感情, 烈しく胸, 煤が, 熱い, 狭く生い茂った, 狼狽させられなけれ, 甘くて, 生々しい感覚, 発達した, 眠りこけて, 硬いので, 穏かに, 経験し, 緊張した, 緩慢な, 美しい女, 老けて, 考え悩んだの, 肉の, 腹が, 良いところ, 途方も, 違って, 遠い先, 遠ざかった, 醜かった, 醜く下卑, 金が, 陰気な, 靄が, 顔を, 風呂好きであった, 馬鹿である, 驚きながら

▼ ぬ~ (160, 0.1%)

24 をし 65 を装っ 4 であつ 3 だった, で何 2 であった, であったが, である, でいつ, でお, で木像, で食事, に, は追

1 [97件] あるを, があった, がある, がすう, がそ, がソヨ, が吹い, が妙, が折々, が明治時代, が突然, が見えた, しつつ, して, だから, だつた, であったから, であっち, でありましたが, であるが, であッ, でいる, でそつ, で一同, で何人目, で冷汗, で唸つた, で外国人, で居れる, で屹, で朗々, で椅子, で次第に, で歩い, で歩いたであらう, で汽車, で浮, で目, で草, で薄, で話, で身動き, で速記, で階下, といふ調子, と武士, なので, にこちら, にふるえ, に嘯い, に土堤道, に彼, に彼方, に振り向き, に散りゆく, に立ち, に装い, に見えた, に變化, に過し, に響い, に首, のゆるぎ, の便り, の力, の吹き廻し, の夜, の女, の如われ, の接吻, の柳, の畷, はし, はねが, はのみ込まぬ, は折々, は空中, は飄忽, ばかりが今, まづい, もある, もなかなか, も渡らぬ, も行, をした, をしてやらう, をする, をみてとる, を博士, を粧, を装う, を装お, を裝, を見, を見せた, 時々に, 燃えぬ炎

▼ ぬ~ (149, 0.1%)

19 である 6 をし 5 だ, であった, であるが, のよう 4 だが 3 だと, ではない, をする 2 でありますが, となった, なり, にもくるりくるり, に新吉, は所詮, もありましょう

1 [77件] かもしれない, があるであらう, がいまどき, がご, ができよう, が出る, が多い, じゃけに, じゃここら, じゃない, じゃのう, じゃわい, たとえば政治, だから, だけれど, だけれども, だらうが, だわねえ, だ止しなさい, ってねえ, でございませぬか, ですと, ですね, ですわい, ではあつ, ではある, では御座います, でズーッ, で外國人, で彼自身, で跛盲, で金, で長い, というもの, とは, とはこうした, と思った, など色々, など読む, にお出まし, にこもる, になつ, になつて, にもくるり, のタネ, の様子, の真偽, の筋, はあまり, はありません, はない, はなし, は一つ, は何程才学, は大分, ばかりであった, ばかり多い, まで聞かされたで, もあらう, もしなけれ, も多い, をされる, をしかけ, をした, をしたかった, をするなり, をそれなり筋, を何, を何かと, を大きな, を妙, を持ち出され, を為, を聞かされる, を言っ, 広く行われ, 聴くも

▼ ぬばかりの~ (147, 0.1%)

13 顔を 3 様子を, 顔つきを 2 口調である, 様子で, 面を

1 [122件] おことば, おどけ顔が, おどろ, からみ文句, ことばを, この土砂降り, すまし方, ひどい見幕, もどかしさ, やうに, ゆき子の, ジョンドレット, ニベな, 丁寧な, 下司根性見, 不平を, 冷たい調子, 勢いで, 勢いでした, 勢を, 十日月の, 口ぶりで, 口占で, 口吻だ, 口吻であった, 口吻を, 口調であった, 命令を, 喜びやうです, 大衆の, 好地点, 姿勢です, 小面の, 平然たる表情, 年始状, 底に, 御依頼, 心持です, 心細さ, 念佛だ, 思惑を, 恰好を, 悠々たる, 意気込みでした, 態度で, 態度にも, 態度を, 懲めか, 批判は, 挨拶と, 振舞それも, 文句すら, 春秋知らぬ, 書き方の, 有様が, 松本の, 樣子で, 樣子にて, 權幕だ, 殺風景で, 気負いが, 決心を, 流眄を, 狸も, 生々しい丸太, 眼が, 眼つきを, 眼を, 眼付を, 眼遣, 瞬を, 索然と, 絶望の, 色でありました, 色目を, 苦笑を, 表情で, 表情に, 表情を, 見幕, 見幕を, 言い分は, 誉め方, 語気が, 語気を, 語調で, 説も, 調子で, 調子でありました, 調子の, 論達である, 諭達である, 謎で, 趣で, 身構えで, 身構へ, 軽薄さが, 返辞だった, 運命に, 銅塊に, 非難の, 面して, 面持ちで, 面持であった, 面持にて, 面構え, 面構えは, 音調で, 頼みです, 顏を, 顔いろだった, 顔つきで, 顔つきです, 顔で, 顔付で, 顔色です, 顔附で, 風が, 風を, 馴れきつ, 高慢の, 鳥羽殿には

▼ ぬ~ (147, 0.1%)

9 事件が 5 事件に 2 恩を, 森林の, 欠伸を, 發展を, 繁昌を, 變な

1 [121件] あくびを, さの, しくじりを, ずぼら振りは, せつなる, それた芸当, それた願い, たわけ僣越至極, なるもの, なる悲しみ, なる缺陷, なる魚, のかつぎ, の証拠, スズキを, ペテン師です, 事件だった, 事件であった, 事件の, 事件を, 事業であった, 人物だ, 人物である, 仕事じゃ, 仕事だ, 作家に, 作曲家は, 傷が, 内記の, 利あり, 名士の, 問題が, 問題であった, 問題です, 問題を, 嗔恚を, 嘘つきである, 器量の, 圍爐裡で, 変事を, 変転に, 多数の, 失態では, 失敗を, 失策です, 失策を, 奸物両者を, 姫君は, 學なら, 宋の, 対馬, 将軍と, 將は, 川端に, 工事彼女に対する, 幸福を, 彗星の, 思想が, 恥を, 悪人でございます, 悪党だっ, 悪魔の, 愁嘆場を, 愁歎で, 戦場だった, 手術だ, 捕物だった, 政治家でございました, 旦那様お, 柱の, 森林を, 椿事だ, 汗を, 決戦を, 海原に, 混雜です, 渦を, 煩悶を, 熱, 猿に, 猿小猿が, 獲物に, 町人室町の, 画像は, 発展を, 白痴, 百貨店と, 穴が, 立腹, 維新であった, 罪人に, 罪人の, 膽不敵の, 苦悶が, 苦鬪, 衝立を, 規模な, 親分として, 警戒です, 責任を, 通人じゃよ, 遊楽大, 都会に, 都會に, 酒だ, 醜聞, 金儲けの, 金持の, 錨を, 鏡が, 長者に, 集団と, 音声, 音揚げ, 風流も, 食いな, 馬鹿ものもう, 馬鹿者だ, 馬鹿者の, 騒で, 騒動が

▼ ぬ~ (143, 0.1%)

16 には行かぬ 10 に行かぬ 9 である 7 では, には行かなかった 5 だ, はない 4 でも, には行かなかつた 3 がある, だから, であります, にいかなかつた, にゆかない 2 あって, であるが, に往かない, は無い

1 [53件] がここ, がございます, が一つ, けである, けなり, させめて, だが, だし, だった, だ何たる, であった, でありますそこで, であるから, でございますから, です, ですて, でどちら, でないか, で両々相調和, とそこ, なり, にいかなかった, になります, にはいかない, にはいかぬ, にはいく, にはなり申さず, にはまいられませぬ, にはゆかなかった, にはゆかなかったであろう, にはゆかぬ, にはゆきますまい, には往かぬ, には行きますまい, には行きませんでした, にもゆかぬ, にも行かなくなっ, にも行かぬ, にゆかず, に往かなかつたらう, に行かず, に行かない, に行かなかった, に行かなく, に行かなくなり, はあるまじ, はなかっ, はなく, は何かと, もなかっ, も先後, も無い, を話し

▼ ぬかの~ (142, 0.1%)

21 ように 5 うちに, ような 4 昔の 3 やうに, 虹の, 間に 2 境い目と, 境目だ, 声聴きてけり, 如くに, 様に, 樣な

1 [86件] あめみみずの, いくらか, いずれか, うち頼母木も, かよわい少女, ころ, ごとく, ごとくピタリ, ごとく俯, ごとく博士, ごとく血の気, ごとく装うて, しめりで, ついたまま, ところまで, やうだ, やうな, ようだ, 一つでは, 上が, 中に, 二つの, 二筋道に, 便りだけでも, 俵ぐらい, 分れ目に, 初陣の, 判断は, 古い天水桶用, 司馬懿仲達であります, 君は, 問題だ, 問題でし, 問題を, 囁きを, 夜つ, 天上の, 如き口氣, 如く声を, 如く考へる, 如く装う, 子供が, 實際についても, 小雨に, 山東問題の, 山荘へ, 年で, 底で, 感が, 懸引くら, 文筆労働者で, 新入りでござる, 昼日中である, 時で, 時分この, 時分に, 東条という, 植木の, 極めて危険, 樣に, 樣子で, 檢査を, 武蔵奴は, 活動である, 瀬戸際背に, 焔より, 理由が, 町の, 疑惑の, 示唆は, 船は, 若さ, 若者たちそして, 苦しい境, 見当が, 言うは, 試練である, 説明の, 責め道具に, 賭に, 際どいクライマックス, 青年時代から, 面魂を, 騒ぎだ, 騷ぎだ, 齢だ

▼ ぬ自分~ (134, 0.1%)

4 だと 3 の心 2 がこの, だけの人生, だけの独自, というもの, の作品, の姿, の立場, の言葉, の身

1 [109件] からも離れ, がこれから, がなんで, がなんとなく, がほんとに, が出, が収めた, が寂しかっ, が恨めしい, が筆, が見, でありながら, であるが, でなければ, ではあります, では想像, で今何, にとっては珍, になぜこう, にも俄, にも腹, に彼等, に愛想, に洋食, に罪, に腹, のお伽噺, のところ, の一粒種, の不思議, の亭主ぢ, の人生, の体, の全, の其学校, の出生, の名, の名誉, の命, の哲学, の在る, の地処, の声, の大きな, の姿態, の娘ダフウト, の嫁, の嫉妬, の完成, の実体, の家, の巴里滞在期, の心持, の性分, の性格, の息子, の惨めさ, の意久地, の感受性, の所作, の手, の料簡, の最も, の気持, の涙, の瞑想, の空虚さ, の職業, の自画像, の行灯, の見栄坊, の記憶, の運命, の部分, の重責, の面目, の顔, の骨像, の魂, はどう, は今, は唯, は決して, は笑, は詩, は軍国主義, もうた, も伊豆守, も自由討究, をお, をはっきり, をも不幸, を安二郎, を寂しく, を寧ろ, を思う, を感じる, を感ずる, を時代, を省み, を省みた, を省みる, を知つて, を自慢, を自覚, を見, を見いだした, を覚っ, を責めず

▼ ぬ限り~ (134, 0.1%)

13 もない 86 はこの 4 はない 2 は到底, もありませぬ, もありません

1 [97件] いかなる時, この上二度, この地方, この増加傾向, この攻撃速度, この状態, この見ごと, し立ちくれば, そういう御返事, そういう気持ち, その亢奮状態, その地位, その日, その縁家先, その近村, である, ではありません, でもない, においては名品, には決して, に於, はいかなる, はお, はこちら, はこれ, はさかい, はとうてい思い通り, はとても, はまず, はまた, はやはり, は何となく, は名字, は如何, は妄り, は対, は帰国, は幾度, は彼等, は後, は微行, は慶安謀叛, は手, は批評, は拓かるべき, は断定, は既に, は此, は歴史, は永劫発病, は留守, は疾病, は盗む, は相手, は神隠し, は絶対, は荒き, は西洞院, は誰, は諸国, は貴方, は退化, は隣里, は飢寒, また来る, まだ云い出す, もございませぬ, もなし, もねえ, を尽くし, 予めこれ, 伐って, 何ぞ首, 再び書き返す, 別段初め, 即ち他者性, 即ち單, 即ち自他共存, 同じ生物, 唯無限, 変るもん, 崇めろと, 必ずしも小俣, 忽ち化物, 恐らく谷村, 昔ながらの, 格別頑固, 死にきれませぬ, 殆ど實際, 決してもの, 消えぬもの, 焼けないだけの, 生かしては, 直觀, 第二, 耳遠い古風, 親熊

▼ ぬ~ (133, 0.1%)

7 である 6 になつ 4 な氣, にし 3 にした, に注意 2 にする, になら, になりました, になる, に思はれる, に笠, に見えた

1 [92件] いたし度, であるし, ですが, で呆然, で國手, で室, で毎晩, と, とり紊, と願, ながらん, なさねば, なやつ, なわが, なポーズ, な事, な偉大, な六月廿五日, な口, な容子, な心, な情緒, な温雅, な無理, な然, な男, な目附, な短, な自, な薄馬鹿, な衣物, な身分, な遲鈍, に, にしてる, にせね, にせよ, にとた, にと呉, にと心, にと細心, になさん, になし, になつたの, になつて, になり, になれ, にもせね, にもてなし, にも聞, にブツ, に一つ宛, に丁寧, に上草履, に下, に以後, に伯母さん, に先, に力め, に努め, に努めた, に勝, に厚い, に又, に取, に屈んだ, に御, に心, に心掛け, に思うたる, に思ふ, に思へる, に成つた, に暗く, に極めて, に水, に漸, に用心, に男, に目, に相成けり, に稼ぎ, に縁側傳, に致されよ, に致しな, に致す, に致事, に警戒, に障子, に頼まん, を見, 宜しく云

▼ ぬゆえ~ (132, 0.1%)

2 である

1 [130件] あの子, あらためてしかとの, いいえあの, いかなるご, いかなる動植物, いかにもお力, いっそ思いきっ, いろいろと, ええまま, およろしく, お乳, お勢, お城, お心, お蘭どの, かかる動物, かような, こうして道場, このぶん, このまま, この二十五日, この前, この場, この学問, この手札, この折, この虫, この説, この青年, ご出役, ご懸念, さらに補佐, すぐにも, せっぱつまって, せめても, せめて三つ四つ, ぜひにも, そういう血気, そのあと, そのこと, そのところ充分, そのよう, その中, その二里, その改正, その方, その極, その点, その荷, その返事, だれいうと, つい思いあまっ, つい欲, つねに大いに戒め, であって, でございまする, とうとう思いあまっ, とッ, と帰国, どうした, どうぞこちら, どうぞだんなさま, なかなか品, な今, に, にこの, にたとい, にできぬ, にふたたび, にもう少し, によんどころなく, に何, に割る, に推定, に新, に歌, に牛乳, に突然変異的, に表面, に誰, に豪胆, に貴公, の放逸, の破談, はやすみやか, はよう何もかもいう, ほんのお礼, まことに我まま申, まず各, もうお, もうお許し, もう一度お, もう何もかもいっ, もう何もかも申しまする, もう少しお, もう駕籠, もしや不, もしや置き去り, もとよりきわめて不完全, やむを得ず走り下り続け, ゆかせて, ようやくご用, よも後日, わざと伊那丸さま, 万一の, 中らぬかも, 便宜上これ, 其の機, 勢い都会, 厚かましいとは, 大いに心中, 実は五十歩百歩, 寝ながらの, 少しばかり, 当たって, 必ず危険, 早う止め, 正しい籤, 死ぬまでの, 残して, 比較的はなはだ短い, 消えぬよう, 申し難う, 申す段, 盗み出されぬよう, 知らぬが, 見違えるばかり, 観て, 責めて, 追っ払って

▼ ぬとの~ (126, 0.1%)

5 こと, ことで, 事だ 4 ことだ, ことである 3 ことです, 相違に 2 事で, 事であった, 事である, 事で御座います, 事なり, 志は, 新説を, 返事だ

1 [81件] お叱り, お手紙, きついお達し, ことせっかく, ことだった, ことであった, ことでございました, ことに, ことにて, こと不思議な, こと而も, ご諚, 一言を, 上意なりと, 主張の, 予感が, 争いが, 争い不, 事, 事でした, 事は, 事を, 事潜より, 仰せじゃ, 仰せに, 信仰地方政治に, 儀に, 先生の, 内訓, 分量の, 印象を, 厳しい父, 取沙汰であった, 喩えもござります, 報せが, 報せに, 変化遷移に, 如きは, 実感が, 宣誓を, 差である, 御仰せ, 御叱責, 御意でありました, 御意気込み, 御見立, 御院代様, 意であろう, 意を, 意見が, 意見まで, 懸念から, 条件によって, 条件の, 業平の, 熱心に, 理窟を, 相違にて, 知識慾に, 確信を, 答えだ, 結果であろう, 義務感に, 考へ方, 考を, 聞えだった, 自信を, 要求が, 見込みから, 覚悟は, 観念が, 説と, 説を, 論なく, 警告の, 議論も, 貼出し, 趣きなり, 返事其の, 間にゃ, 関係の

▼ ぬ気持~ (126, 0.1%)

7 になる 4 であった, である, になっ 3 がする, だった, で, でした 2 がした, であろう, でこんな, でその, で暮し, で胸, になった, になり

1 [79件] から自分, があつ, がし, が残った, が窺われる, が鎮まる, そんなもの, だけである, だったもの, であったが, であったそう, であつ, でありました, でありまた, であるが, でお, でこの, でございました, でそこかしこ, でそそくさ, でそれ, でつる, でのそり, でびっくり, でビール, で一日一ぱい火燵, で人々, で前, で師走, で帰る, で待っ, で愚図, で昇天, で片ちんば, で考え, で言い, で足ば, で酒, で降り, で黙っ, というの, とであろう, と別して, におそわれ, にさせた, にせめたてられ, になつ, にもさせた, に妨げられた, に押し押され, に誘惑, に迄達し, に迫っ, に鋭い, に駆られた, のなか, のまま, のスウッ, の緊張, の順序, はわかる, は一貫, は解けなかった, までひろがる, をおさえ, をひたすら抑, をもっ, をわかつ, を与え, を告白, を強い, を感じた, を持っ, を持てあまし, を深める, を無理, を聞い, を見せ, を解い

▼ ぬそれ~ (123, 0.1%)

3 ならば 2 には日本, を湯水, を親方

1 [114件] かと言つて, から四事不可思議, がこの, がし, がしも五万三千石, がたがい, がため, がなく, がわからない, がをかしき, が伝統, が全部, が即ち, が急務, が技術的範疇, が私, が空しき, こそは安, じゃまるで, じゃア三十両, では困る, で取るべき, で媾和, と同じ, につけ, にはどうしても, にはまず, には一戦, には万一, には万事お前, には及ばぬ, には古い, には普通, には調査料, には遂に, にひっかかり, に対しては, に見つかった, に近頃, に風, はいつ, はお, はおそらく, はこの, はご, はさ, はジョン少年, は一つ, は不安心, は主人, は乃信姫, は井戸, は何等, は党派, は十日前故郷, は取り, は史実, は哲學, は外, は山, は彼, は昨年, は灰白色, は當然, は私, は米主, は紋十郎, は飽くまでも, は駄目, ばかりか, への執着, もこれ, もまた, もよし, もホン, も己一人死, も非常, も面倒, よりは新平, よりは気, よりは鬼, よりもこの, よりもエドワアド・コオク, よりも丁度, よりも差し当り, よりも謀叛, よりも鷹揚, をあきらめる, をひとつ, を事実, を作る, を全, を堪えろ, を嫌っ, を探し, を措い, を明かし, を是非, を有, を果たさぬ, を知る, を聞いた, を苦痛, を護っ, 故なし得る, 故にうき, 故よく, 故少し, 故御無沙汰, 故生前, 故適宜, 走れ, 追えッ, 追へ

▼ ぬとか~ (121, 0.1%)

4 いって 3 云って, 云ふ 2 あいつは, 二人が, 或は或, 理屈でも, 申して, 種々な

1 [99件] あの風, あるいはまた充分, あるいは人, あるいは俺, あるいは睡眠中, あるいは自分, いうが, いうて, いろいろと, いろんな噂, いわば器, お前さまお, かかる場合, この部屋, そういう主観的, そういう無理, そうした考え, そんなこと, そんなの, つとめて華美, で彼, で結局失業, なんとか取り立て, ひととおり何人も, または人, または草, やたらに, ように, イヤ爾うでない, カフエエに, コンクリートの, タツは, 一事を, 下手で, 不浄の, 之は, 云うこと, 云うの, 云うよう, 云う人, 云う仕事, 云ひ, 仇討の, 体系的, 何とか程よく, 倶に, 兎に, 公平無私でなけれ, 力んだところ, 半端だ, 却って地方財政, 又は閉線, 叔母は, 叱られて, 啓蒙は, 夜中の, 家の, 家庭生活は, 役者が, 性が, 意地悪を, 感ずるだけ, 戒めるとか, 所天が, 才能が, 打ち打擲, 抔との, 斬新な, 春雨の, 極めるの, 歌に, 瀕死の, 父兄に, 申されて, 申しまして, 申します今日, 男が, 癲癇や, 知りませぬとか, 社会にとって, 私の, 称めも, 群衆が, 臓腑の, 菊五郎が, 藩借, 西洋の, 言いますがな, 言って, 言ふ, 話が, 談合し, 退屈とかと, 開会も, 除名する, 離婚を, 非常に, 食物を, 騒がれて

▼ ぬとき~ (119, 0.1%)

43 だと 2 かもしれない, がある, に彼, はどう, は必ら

1 [102件] あくまでも真直, があっ, がきた, がきたら, がまいりましたら, が未来, が来, が来た, が近づいた, けど中, この一人, すなわち上空, すなわち理想, だ, だった, だったので, だのに, であった, であつ, である, でした, となっ, に, にいたりまし, にいちばん, にお, におもわぬたすけ, にこの, にそこ, にとつぜん, になっ, にはからず, にはこの, にはそれ, にはただ, にはみずからそれ, には不利, には心, には本当, にひょっこり, にわかにか, に似た, に何ん, に動いた, に心, に捕吏, に来, に空腹, に色づいた, に莞爾, に行う, に訴状, に起る, に迫っ, に限られ, のこと, の用意, の霊魂, はありませんでした, はいかなる, はおなじ, はお前さん, はこんど, はじりり, はどこ, はまるで, はよい, は一日, は一死, は中央亞細亞, は他人, は儲からん, は卵パン, は周公, は大いに, は天下, は媒酌人, は尚, は嶺, は必ず, は必然, は断乎, は普通, は本, は武士, は気弱, は物寂し, は瑾, は相手, は自殺, は茄子一本, は西藏文, は赤外線, は迎, は開け, もある, もあろう, よりも神経質, を見定め, 屡ば, 紅の, 高く笑っ

▼ ぬ~ (117, 0.1%)

2 [15件] が白, が続いた, となれ, などは今頃丑さん, なれば, に入り, のあと, のため, の夢, の影, の甘, の空, の色, もありき, をほめぬ

1 [87件] あり愛, があった, があつ, がその頃, がつ, がつづいた, がつづかぬ, がつづきました, が多く, が幾日, が有, が淋しく, が続い, が続き, だが, ちらちら鏡, であった, とてもない, とに耐える, とひる, などには度々, などにむらむら, など子供, など自分, なのに, なるかな, になる, にやがて, に孤独, のあけ, のうち, のくらやみ, のこと, のさつき雨, のなぐさみ, のよう, のピアノ淫, の出来事, の室, の家具, の山, の床, の思ひ, の月, の気, の涙, の淋し, の物, の登城, の白砂, の窓, の翌日, の苦し, の道, の間, の闇, の雨ふり, は, はおの, はまた, は人, は六日, は千秋, は己, は帳場, は漸, は雲場, ばかりだつた, もあつ, もある, もまた, も多し, も苦しい, やたれこめ, や起, をきしきし, を催す, を冴え, を出, を持てあました, を早川, を重ねられた, を隔つる中, を雨, を雨知らず鶯, を驚かせ, 登る能

▼ ぬ~ (117, 0.1%)

4 の人 3 であった, の姿 2 が一人, だった, の一生, の傑作, の反骨, の太郎, の家, の心, は少し, 射ちぬ

1 [87件] がそれ, がはて時, が充分, が前ぶれ, が実際, が後, が月江, が知らなかつた, だが, だけの心, だつたこと, であつ, ではない, で又, にとってはこれ, にはこれ, には前, には容易, に対, のなやみ, のま, の一派, の勿体ぶつ, の同僚, の君, の唇, の団員, の声, の大喝一声, の小さい, の巣窟, の市, の心情, の性情, の恋, の息子夫婦, の悩み, の意気, の態度, の故に, の様子, の演説, の爲め, の現実探求, の用意, の瞳, の肉体, の胸, の胸中, の自惚れ, の身, の身體, の運, の面, の黒衣, はそれ, は丁字形, は人, は今頃地団太, は休ん, は傷, は国際的放浪者, は実に, は家族, は怒, は文字通り, は既, は暗, は朝, は案外, は死ぬ, は殷賑, は洗濯衣, は渋い, は無為徒食, は熱い, は猶, は疾く, は真実, は箸, まんまと斬りそこね, れであつ, をし, を一室, を作りあげ, を強, 未だ余

▼ ぬ~ (113, 0.1%)

34 をし 11 して 5 をする 2 にて是, に今夜, に切つて, に平次, に鰻屋

1 [53件] おや知らぬ, がもう, が只管恐怖, である, でお, ですが, でそれ, ではあった, でゐます, でをり, で入, で出, で危ふく入棺前, で平次, で押し通す, で私, と着物, なる牡丹, にせつ, にていよ, にて仰せ, にて何, にて其場, にて居, にて我が家, にて早足, になる, に互, に威張り散らし, に居, に悠々, に打, に日, に毎日道場, に算盤, に虚寢, に過す, に首, の中, の其心, はなかつた, をあら, をした, をヒュー, を出す, を持つ, を次の間, を水, を突き合せ, を見せます, を見上げました, を見合せ, 引しまりたる顏

▼ ぬつもり~ (112, 0.1%)

209 である 5 だが 4 であるが, でいた 3 か, でございます, です, でも 2 じゃ, だこれ, でしたが, ですが, では, でゐる, で病院

1 [44件] かッ, か色, が又, だから, だし, だった, だったが, だつたけれど, だね, であったから, であったが, であったそう, であったと, であつ, でありました, でいる, でおりました, でおる, でございますが, でございまする, ですっかり, でまさか, で今日, で働いた, で出よう, で函根, で吸取紙, で居ります, で彼, で村, とよめた, と見える, なの, なり, なればこそ, なんで, におりまする, にし, にてゴム引き, に候, の声, の放言, の身体, 否皆さん

▼ ぬとて~ (110, 0.1%)

3 一日大立腹で, 何たら, 又もや大, 打泣く, 至極曖昧 2 あわてふためく, ころ, 其後は, 斷つても, 純銀の, 驅け

1 [83件] いたくお, うば抱き, おどろかし給, お身たち, お館, これを, ころころと, すぐに, すぐ女房, その後は, それで, たかの, なりけり, ひたすらに, やがて均平滿漢, やがて立憲, エリゼ・ルクリュの, カミナリノキ幹が, 一同と共に, 主人自ら来たりて, 久下村より, 今以, 今迄, 伐り始めたが, 先祖の, 其の夜, 出さずに, 刄物三昧致し, 分翰, 又窓, 司令部管理部抔にては, 合意の, 困って, 奇怪にまで, 妹馬が, 孤身の, 官職を, 小言いはれぬ, 居たまいたり, 強ち, 強情を, 彼長三の, 我等を, 捨てんもの, 断つても, 昨日今日の, 是れ, 栗橋在は, 泣き出したの, 泣き出すの, 漸, 煙草でも, 狐狩やん, 狐狩りする, 王を, 男一匹美事な, 百姓共が, 直ちに歎, 矢張酒が, 社会は, 神や, 祭りの, 立役が, 笑うの, 罷めたるなり, 脈が, 脱ぎ変, 腰を, 臺所へ, 苦に, 虎に, 蟹江の, 裁判所に, 西洋人が, 見えぬ親, 親たちも, 貴女は, 走りか, 身の, 長家は, 雲南に, 鞘ぐるみで, 駆け出すを

▼ ぬ~ (109, 0.1%)

4 の恨み, もする 3 の意趣返し 2 が不思議, にあこがれ, の道, よ, をし, をした

1 [86件] からまた, があらう, が死し, だから, つくる玉簾, であったとは, であるおそろしい, でも空想, とあきらめ, というもの, と無常, と知っ, なら, にこがれ, にこひ, にも憧憬, に不自由, に基く, に悶え, に憧れた, に憧れる, に死んだ, に沈む, に胸, に走る, に迷, に過ぎなかつた, に長く, に陥った, の, のいき, のため, のみち, のやけ腹, の世, の主, の仕返し, の初め, の力, の境地, の夢, の如く, の対象物, の心, の悲しみ, の情火, の情熱, の意趣, の掟, の果て, の桟橋, の楽し, の滝登り, の無駄, の病, の痛み, の破滅, の種, の罪悪, はかく, はでき, は一度, は心, は昼, ふと云, もまた, よりも一層, をこそ祈れ, をささげ, をしてる, をつ, をでも遂げ, をどこ, を叶え, を告げられた, を商買道具, を展開, を押し通そう, を持つ, を未来, を死後, を求めます, を続け, を重ね, 故に辛抱, 逢った恋

▼ ぬ~ (108, 0.1%)

18 がある 54 があります, が多い, である 3 が多々, に於, もあった 2 では

1 [62件] あまり好都合, から言え, がいくつ, がいくら, がいろいろ, がそこ, がはなはだ, が人々, が少し, が少なく, が残る, が私, が譬喩, が身上, だと, だろう, で, であった, であります, であると, でしよう, でゆくゆく, で幾分, といい, とだけが違っ, と思う, なの, なん, なんざ一つ, にある, にいたっ, には殆, に興味, のある, の多い, は, はこの, はなるべく, はシェーラー, はマルクス主義, は事実, は印象, は夫, は将来, は忌憚, は武蔵, は私, へ来, もある, もない, もはなはだ, をみる, を了解, を憫笑, を持っ, を杉丸太, を理解, を発見, を聞き返す, を読者, 次には, 迄をも強いて

▼ ぬ言葉~ (105, 0.1%)

3 なり, を使 2 が突い, です, にさすが, を出し

1 [91件] があの, がかわされ, がなかつた, が一つ, が咽喉, が声, が多い, が此, が残っ, が気, が聞え, が聲, じゃ, すくなく, だけに捜し, って何, つづきと, であった, であつ, であるが, であると, であろう, でいつ, でこの, でした, でしゃべり合っ, ですが, でもっ, で医語, で叫ぶ, で息, で機関室, で江戸顔見世, で洋子たち, で罵った, というもの, とで今日, と緊張, と言, にお, になっ, にはッ, に出しませぬ, に動揺, に呆然, に平次, に彼女, に早苗, に私, に表現, のあや, のふし, の一つ, の中, の剛直さ, の多き, の手品, の果し, の裏, の農民, の音, はない, は絶対, ばかりだ, もあった, もない, も相, をきい, をしゃべり, をするどく, をたくみた, をはげしい, を主張, を云った, を交し, を僕, を口走った, を口走る, を妙, を弄ん, を残し, を漏らし, を現在, を発し, を禅問答みたい, を突然, を繰返し, を聞く, を飾る, 遣ひが, 遣ひである

▼ ぬ人々~ (104, 0.1%)

3 の間 2 が, が事務室, が多い, が存在, の中, は

1 [89件] から二人, から銭, があっ, があった, がある, がいた, がこれ, がその, が三時間目, が何, が古い, が如何, が強烈, が絵, が腹, が草鞋, が西郷, が見たら, そのいずれ, その双方, その骸, ぞ多き, だ, だった, だったの, だ鶴, であるしかして, でこれ, でござる, ではなく, とあわれな, と物, と話し, なり, なればこそ, にお, にとっては一坪, には是, には知られ, に伴われ, に小説, に接触, のあらゆる, のこと, のさまざま, のその, のなさけ, のみなれ, の一人, の一団, の人傳, の今, の仰天, の仲間入り, の余った, の便宜, の叫喚, の夢, の寄贈, の幸福, の心, の怨恨, の支持, の言葉, の運命, はおそらく, はそれ, はよくそう, は久しい, は必ず, は愈, は立ち騒い, は貧乏, までもよく, までも同情, までも強, までカバカワ, も, もその, も入り込ん, も生じ, も袈裟, よ利己心, よ君たち, よ君等, をこそどんなに, をぼんやり, をもふくん, を養う

▼ ぬそう~ (100, 0.1%)

2113 である 119 です 3 だが, でございます 2 しなければ, じゃ, で, ですが, では

1 [30件] いえば, いって, かといっ, して, じゃ況ん, すること, すれば, であった, であります, でげして, でご, でございますが, でござるが, ですな, ですねえ, ですねと, で担当, で箱根サンショウウオ, なっては, なると, なれば, はいかぬ, 云う連中, 云って, 仰しゃってどうしてもおききにならなかったのでねえ, 厳命で, 思いきめまして, 思いひっかかって, 思しめし, 思ったり

▼ ぬ程度~ (99, 0.1%)

7 のもの 2 で, である, で笑つたもの, に於

1 [84件] が必要, であったに, であったらしいが, でありますが, でこの, でしかも, でしょう, ではいくらか, で上, で共存, で土, で大, で巧み, で廻転, で打ちあけた, で暮す, で現われ, で談論, なの, に, にうけ答え, にお, において十分, にからだ, にきれい, にする, にその, にだれ, になる, にはつむじ, には合槌, にまで作品, にまで紛糾, にまで落ちぶれ果てた, にまで進ん, にルーズ, に主婦, に今, に何卒, に出来ましょう, に利子, に呟い, に呟いた, に小量, に幾分, に扁め, に昂然, に暖まった, に欷, に比例, に男親, に疲労困憊, に聞い, に舌打ち, に薄, に訊きだし, に遊ん, に達し, に顕著, のぐたぐた, の一生, の不満さ, の労働, の囁き, の奇妙, の家族, の小言, の巧み, の弱音, の微動, の怪弁, の日本, の模造品, の横揺, の淡色, の花, の親しみ, の誤解, の貧乏人, の高, までお, までに明, まで発達, まで知識

▼ ぬ~ (99, 0.1%)

4 である, や木 2 があっ, の顔, を, を咲かせ, を尋ね

1 [81件] あやめ, がなから, が咲き, が咲きみだれ, が咲き出でる, が夜半, が安閑, が数, さえ綺麗, さきぬ, ぞ咲きける, ぞ咲くなる, だ, だが, だった, だ僞善, であつ, で見, と咲かせ, と知らなん, ながら, なり, なれば, にてをかしからず, にも厭き, のお, のかげ, のけしき, のす, のそれ, のひと, のみぞ咲く, のもと, の中, の事, の今, の内部, の匂い, の名残り, の咲いた, の塵, の如き, の如し, の姿, の宿り, の散らぬ, の数群, の枝, の種, の種子, の花盛り, の街, の都, の隧道, の露鮮やか, の香り, はこぼれぬ, は依然として, ふむ木曾, もありけり, もし, もた, も咲, も咲いてた, や, や咲く, や手, よ, より団子, をば恨め, をみほ, を匂, を咲かせる, を変, を愛づる, を手折っ, を持った, を生ぜしか, を知らない, を結んだ, を見る

▼ ぬ仕事~ (98, 0.1%)

7 である 4 でしたが 3 がある 2 でした, ではあった, は一つ, までほめ, をし, をする

1 [72件] いかに精力, かどう, かな, があっ, があった, があり, がいろいろ, がほか, がほん, が実に, が山, が待っ, が身体, が連想, じや, だから, だった, だと, だといふ, だね, であ, であった, であつ, であるが, である之, であろう, であろうと, でただ, でも有りません, で命, で掌, といえ, といつ, といへ, とか区別, なんかさぞ, なんかする, にあき, にこき使われ, に営々, に従事, に持前, のある, のくせ, のため, のベルト, の一, の上, の中, の工夫, はすべき, はでき, はない, はもっと, は出来, は手, は明治, は真実, は真実何, までも自分, や遊び, をいろいろ, をした, をたくらん, をやっ, をやめ, を一応, を受持たされる, を愉快, を持ちかけ, を素町人並, を誰

▼ ぬ~ (97, 0.1%)

3 を開い 2 の色, を上げ, を剥きます, を斑, を空

1 [84件] からしきりに, から溢れる, があった, があつ, がその, が働い, が元, が恐しく, くばりや, ざしだった, ざし定まりて, で, でじっと, でその, でそれ, でどこ, でなんど, でまざまざ, で兄, で小鳥, で数馬, で次の間, で而, で自分, で見つめ, で見よう, で親しみ, と心, にあわされる, にて黒羅紗, になる, には興, には驚かる, にも見る, にわが子, にハッキリ, に何, に四辺, に涙, に物, に走る, に陶然, のあたり, のうるほひ, のため, の下, の光, の夢, の玉, の輝き, は俺ら, は見えない, もあく様, もあはれ, よ, を, をうるませた, をし, をしばたたき, をぱっちり, をまたたいた, をみはっ, をむい, をむき, をわざと, をわずか, を休ませ, を四囲, を声, を外らせる, を大きく, を娘, を恨みし, を挙げます, を擦りつ驚く, を擧げます, を未練げ, を海上, を病め, を瞬いた, を見えぬ, を見開い, を長き, を開き

▼ ぬ~ (96, 0.1%)

4 で, を出した 3 を出し, を立て 2 が奥, じゃ, をあげ, をしぼり出し, を挙げ, を発した

1 [70件] かも, がある, がし, がした, がしました, がする, がもれた, が一瞬天地, が口々, が名人, が彼, が耳, が聞えた, が聞こえた, が聞こえました, が走った, が響いた, が飛んだ, さえ聞かん, だから, だった, だったの, であった, であつ, である, でいった, でお気に入り, でしずか, でもう, で主席助手, で俊夫君, で勝手元, で叱咤, で申しました, で答えました, で繰りかえした, で言いました, で言っ, で鳴き, とは思へり, なり, におどろい, にびっくり, に伝へ, に聞え, は威嚇的, は膚, へ心, まで聞し, も三伝, や姿, をうめき, をかけ, をし, をたて, をふり, をふりしぼっ, を上げ, を不作法, を以て, を使う, を出します, を出す, を出すです, を出そう, を振立て, を立てた, を絞っ, を聞いた, 聴く

▼ ぬつと~ (95, 0.1%)

6 顔を 5 入つて 4 立つて 3 上るおや, 伸しあ, 前へ 2 お婆さんが, 出した, 私の, 立ちあがつて, 頭を, 顏を

1 [59件] その巨きい頭, もたげて, 一人の, 両手を, 何者かが, 入つて行, 入来る, 出したん, 出して, 出しみそ, 出す顔, 出たら狸, 出た怖, 出た身の丈抜群, 出て, 出で, 出でしと, 前に, 十兵衞半身あらは, 卓子の, 周三の, 大きな汚, 小山の, 差出される, 帰つてものいひ, 旅人の, 暖簾を, 死骸が, 海亀息吹きにたり, 現す, 現はれ, 現はれた, 現れた, 現れて, 相手の, 突きつけられた, 突き出たマドロスパイプ, 突き延した, 突つ立つ, 突つ立つた, 突立つ, 突立つた, 立ちはだかりそこ, 立つたの, 立つ此, 立現れ, 胸を, 腕を, 衝立つてゐる, 起きあがつたり, 足を, 這入つて, 這入り懐紙, 進み出て, 鎌首を, 雨の, 頭の, 頸を, 首を

▼ ぬふう~ (95, 0.1%)

10 をし 4 で, であった, にし 3 である 2 だった, であつ, であるの, にいった, を装っ, を見せた

1 [58件] か, が見え, が見える, だ, だったが, てん, であくまで, であたり, であったから, であったが, でいようと, でございます, でした, です, で中, で中将, で呑気, で椅子, で機嫌, で相変わらず, で続いて, で見るも, で言葉巧み, で訪ねて, で語るの, で過ごして, で食卓, な夫人, な庭, にこの, にただ, になっ, に下, に世の中, に乗っ, に作らせ, に待ち, に涙, に源氏, に無邪気, に聞い, に見える, に車, に退け続け, の尼君, はさすが, は見せられ, をした, をする, をよそおう, を作っ, を示した, を装い, を装う, を見せ, を見せまし, を見せる, を見せ続け

▼ ぬ運命~ (95, 0.1%)

4 を持っ 2 じゃ, だった, だと, にある, に定められ, に置かれた, の岐路, をもっ, を持つ

1 [73件] があらわれ, がある, が一刻一刻, が分る, が彼, が待ち構え, が恨めしかっ, が悲しく, が発見, が瞬間, が迫っ, じゃで, だ, だつた, である, であるから, である故, であろう, でしょうか, です, でで, でもある, で自分, となる, とはいえ, と宿業, と死, と観念, にあった, におかれ, にぢ, についてしつこく, に勇気, に在った, に立ちいたった, に立ち至りました, に立至った, に置かれ, に落ちいっ, に賭け, に追, に陥っ, に顫, のほどを悲しみました, の人, の何, の地, の底, の手, の暗影, の深淵, の神様, の転変, の転換, は思いがけぬ, へ駆り立てられ, もある, をおそろしく, をこの, をはかない, をぼんやり, をマザマザ, を作った, を免れない, を引き続く, を思い知りまし, を括り付けられた, を持った, を有, を有し, を私, を負う, を遁

▼ ぬ~ (94, 0.1%)

2 うぞ, うだと, うで下品, うなりとも, か, か胸, でもない, の事, の様, の此身

1 [74件] うか, うかして, うして, うしても, うすれ, うでも, うも, うやら, う見, う言訳, かかう, かがある, かが取引, かが孕ん, かが彼女, かが生々しく, かその間, かである, かに人, かのこ, かの偉大, かの力, かの絆, かは知らず, かやつ, かをやつ, かを考へ, かドッシリ, か一ぺん脇, か六ヶ敷事, か別, か寂しき, か尊い, か巾, か意味, か憂鬱, か是, か書付, か歴史, か残酷, か治政上, か理外, か理由, か非常, が何ん, が原因, して, でも八競馬, でも大事, でも苦学, でも試さぬ, といふこと, とし, と云われ, なら妾, なりと, にしろ, のこの, のため, の屈託, の条件, の此程, の理由, はさておき, も別に, も好ん, も書けない, も知らぬで, も結構, をうろたえ, を惡, を扨, を痴言, を語ら

▼ ぬ思い~ (94, 0.1%)

7 がした 6 がし 2 だった, であります, でした, をした, をする

1 [71件] があった, があり, がしたろう, がぞくぞく, が先立つ, が濃かっ, が胸, だったでしょう, であった, であるけれど, です, でただ金, でひとまず, でもう, でもう一度, でもがく, で子, で抗議, で松島, で気, で私, で聞いた, で茫然, で頬, で飛びまわり, にこがれ, にわななき, に堪えない, に悩んだ, に暫く, に燃え立つ, に胸, に腰, に責められ, に駆った, に駆りたてられる, のまま, の宵, の続きました, はさせません, はない, は拭うべく, も寄らぬ, をあらしめる, をいたした, をいだい, をさせる, をし, をしたであろう, をするであろう, をせず, をそそる, をなさしめ, を味, を夫妻, を対象, を懐い, を抱い, を抱いた, を抱きました, を抱くであろう, を致される, を致しました, を蔵, を誘われ, を語り, を諦めよう, を飾らず打ちあけ, 思わず起っ, 残せしことなか, 生きた心

▼ ぬ~ (94, 0.1%)

22 をし 2 だましいは, で, で言いました, の皮

1 [64件] がさいぜん, がまえ, がまえし, ざし向けて, だましいを, でいつも, でいま顎, でこの, ですごすご, でそんな, ではない, でもあるまい, でやっ, でやって来る, で今日, で兵馬, で口, で多景島, で大津, で小屋がけ, で山稼ぎ畑, で差出口, で座, で御機嫌, で格子, で機関, で測量, で男子席, で突然, で立, で立っ, で竹刀, で答え, で答える, で背中, で舳先, で言いかけた, で象山, で頑張っ, にあと, にされ, にてヘイ其節, にてヘイ是, にて其季節, にて恐れ, にて恐れながら, には過されず, に一種, に引上げ, に白芙蓉, のすずしい, の仏頂寺, の半兵衛, の眉, ほそりして, もある, やつれせしわ, よな, を井戸, を合わせ, を擡げ, を灼く, を現, を突き出した

▼ ぬ~ (93, 0.1%)

4 はない 3 の中, は稀 2 が多く, である, のこと, の前, は無い, もある, や村

1 [69件] あるじと, がある, がよく, が二軒, が散らばつ, たたき起して, だが, だったら, つきならずは, であったならそこ, であつ, ですから, ではあつ, でも皆一家, で寝る, で裏, というの, とてない, とては更に, との間, には人影, に住, に医者, に坐り込ん, に寝, に歸, のなか, のひさし, の一大事, の不自由, の二階, の内, の内情, の名前, の周囲, の周圍, の四方, の夕顔さ, の奥, の婦人, の店頭, の庭, の物置, の用事, の礎, の門, はある, はその, はなかっ, は会釈, は多い, は富み, は打毀し, は殆, は無く, は破滅, は私, ばかりであった, へきた, へそれ, へはじめて, へやる, も興, や枇杷, よ鍵, を出でず, を叩き起し, を見つけ, 約を

▼ ぬ~ (92, 0.1%)

44 たまの 23 玉の 4 ならぬ 3 たまのは 2 あいが, ならぬの

1 [14件] あいには, あやが, しむ, てれんと, てれんの, と堆, なりませぬ, なるまい, ぬば, ゆ何処より, るる, るるにつけ, 得衛も, 格別立派な

▼ ぬ~ (92, 0.1%)

14 くと 6 と立った 2 とその, と出, と現れ, と立っ, と頭, と顔

1 [60件] おぼえて, きさ, きさま, つかまえたぞ, てとこ, てな, とした, としてクンクン, とそこ, とそれ, とのぞい, とのびた, とはいっ, と一声, と下, と丸髷, と人間, と伸ばし, と入っ, と入りゃ, と其の, と出る, と動く, と壜, と姿, と左右, と引っ提げ, と彼, と悠々, と戸口, と曝し出された, と横ざま, と橋, と浮び出た, と片手, と現れた, と突きつけ, と突き出された, と突き出した, と窯, と立ちあがっ, と立ちはだかっ, と立ちはだかった, と築地わき, と肩, と腰, と自分, と舟べり, と見え, と足, と鉄杖, と銃, と首, と駕籠, どうする, よくも, 洒落たまね, 重武, 離して, 離せ

▼ ぬながら~ (91, 0.1%)

3 無言の 2 我児も, 私は

1 [84件] およそ, およそ深き, お世話致します, お長屋, こ, こうして仲, ここは, この火, ぜひなく, その人, それは, それを, ただ懸命, とうとうこの, とにかく来る, ともかく人並, どことなく総て, なるほど雪, もはや工場, やっぱり泣き顔, やはり決定的, カチャロフの, 一つ競駈, 一の, 一應念入りに, 不完全にも, 中心の, 久し振りで, 仕事を, 何か, 偶然に, 傾聴し, 兎に, 共感を, 再現したく, 分ったと, 力にも, 君子は, 四條の, 声だけの, 大急ぎで, 姉君の, 嬉しくて, 学者の, 小野から, 少しずつ, 微笑んで, 心の, 心眼という, 忠実な, 急に, 想像すれ, 意思は, 感覚には, 手を, 拓けつつ, 是も, 書斎で, 次回より, 此御堂に, 死者に, 段々と, 法科へ, 浮きつ沈みつして, 物語りを, 田舎は, 相槌を, 立上がりました, 立派な, 竪き, 糊口の, 聲調は, 自分の, 薄い片, 行き行けば, 見上げる枝, 足は, 身に, 身を, 身振りを, 述べて, 酒肴の, 長く宮中, 顔を

▼ ぬ~ (91, 0.1%)

4 に, の曾祖母 3 に生, の習 2 が來, が来, となり, の人, の外, の義理, や

1 [63件] うれしも, がどうぞ, が住み, が恋, こそあら, だ, である, で忠義, とかはり, なりけり, なり木曾道中, なれば, にさり, になる, には, にはまぶり, には槍, に二個, に候え, に在, に残され, に生れ, のこと, のならい, のまこと, の一言, の人ごと, の人心, の尊敬, の幾許, の恨事何物, の昔, の曽祖母, の来ら, の果敢な, の楽器, の様, の波風, の浮事, の知らぬ, の祖, の移り, の習い, の習はし, の色, の變遷, の黒い, の龍宮, はあらじ, は來, は女, は戦国, まい言, もし, を, をば頼まん, を下, を住める, を念じ, を捨てた, を果敢, を残酷, を買い被っ

▼ ぬかという~ (90, 0.1%)

6 ことを 5 ことは, ような 2 ことが, ことの, ことも, ように, 事は

1 [64件] うちに, お心細, お気持ち, ことでなく, ことと, ことにつき, ことに関する, こと及び, たよう, でしょう, ところで, ところともかく, のだ, のであった, わけを, 一点に, 不安が, 不安に, 予想が, 事であった, 事を, 位の, 光秀の, 危惧から, 危惧ほど, 問合せが, 問題が, 問題は, 問題を, 困難が, 女気の, 好奇心が, 彼女の, 心配は, 必然性を, 怖れ, 怖ろ, 恐怖が, 惧れだ, 愚痴であった, 懸念が, 懸念の, 懸念は, 懸念も, 懸念牢屋への, 期待に, 気が, 気に, 消極的で, 点が, 点は, 現象の, 理由は, 理窟を, 疑問を, 相談を, 考えを, 観念が, 訊問に, 話, 誘いの, 迷いを, 遠まわしの, 風に

▼ ぬ証拠~ (89, 0.1%)

4 を押え 3 がある, である 2 をお, をつきつけ, を提供, を握る

1 [71件] があります, がありゃ, がない, がなけれ, が出来る, が君, が立たず, だ, であります, であろう, でかかる, でこれ, でも無けれ, で女房, で御座います, とさえなるであろう, としてである, としては御墨付同様, となっ, となった, とはいえないだろう, と裁判官, なり, にし, になった, によって所謂紳士泥坊, に車, に養子, のつもり, の為前, の穴, の風呂敷, はこの, は実は, は山, は彼女, は文芸統制, は源氏物語, は生物学, は眼, も, もお, もしひよつ, をあげ, をたやすく, をつかみ, を作ろう, を右門流, を岩井通保, を手, を抑え, を押える, を押さえなけれ, を掴み上げ, を握っ, を握った, を握られる, を次々, を私, を突きつけ, を突きとめ, を突付けられ, を蒐集, を見せ, を見せつけられ, を見せつけられる, を見せられ, を見付け, を踏まえ, を集め, 突き止めようとしての

▼ ぬ恐怖~ (88, 0.1%)

5 を感じた 3 に囚われ, のため 2 と不安, におそわれ, に襲われた, に駆られる, を感じる, を語る

1 [65件] から滴, がいつ, がまったく, が入道雲, が彼, が私, が背筋, が船全体, そして底, だつた, であった, です, とその, とも憐憫, と不思議, と哀憐, と快感, と悲愁, と情熱, と戦慄, と用心, と苦悩, と苦痛, などは一時精神上, にうちのめされ, にとらわれ, には耐えられぬ, にふるへた, にサッと, にゾッと, に包まれ, に囚, に囚われた, に固く, に強く強く, に打, に翳つて, に胸, に襲, に襲われ, に身, に震えあがった, のせい, の前, の対象, の念, の旋風, の泉, の為, の絶叫, の表情, は丑松, をたたえた, を以て併, を以て瞶め, を以て私, を唆, を後, を感じ, を感じないで, を感じました, を漠然と, を表した, を覚えました, を誘う

▼ ぬしが~ (85, 0.1%)

2 あの誠実, 棲んで

1 [81件] あっても, いて, おねだり, おれに, お気にいらない, お蔭で, お通, きっと保証, ここに, その船, ひそかに, ふたりきり, もらうも, よき樣, 一番その道に, 下に, 下るついで, 予ね, 人と, 会って, 何者である, 僕に, 分って, 力だ, 力を, 勝たば, 厄介に, 取った人間, 受けただけの, 天鬼様を, 女々しゅうなったそもそもはみな奥方, 好きという, 如何に, 履歴と, 帝の, 帰りの, 平良持の, 強いに, 当家の, 思ふに, 恩を, 悦ばしき報告, 悲しむと, 所持の, 手に, 手下を, 抱いた大逆, 持ち合わせて, 揣ろうともの, 教へに, 書いたの, 村の, 槍の, 正直者だ, 武道者を, 活機明斷凡なら, 無理か, 物語に, 生命を, 留守に, 知って, 知れる品, 祟りを, 祟るの, 私の, 考えて, 耳に, 脂下った, 腹を, 自分で, 藻という, 行かいでも, 行って, 見えたの, 見えて, 賢明なる, 逃げ廻る先, 遲く, 都よりの, 錦の, 高田の

▼ ぬ~ (85, 0.1%)

2 だ, となっ

1 [81件] あり妙, があっ, がある, がこの, がこれから, がさせた, がそれら, がどこ, がなかっ, がはいっ, が保たれ, が出る, が執拗, が漲つ, が漲り出た, が生じ, が籠っ, が自分, が船, が躍りたっ, こそ浦上復興, だった, であつ, であらね, でたぐり込まれる, でもっ, で人力車, で今日, で僅か, で働い, で地上, で彼等, で斉彬, として現し世, となつ, とならず, と勇, と声, と美, と美し, なきお, におどろいた, にかつぎあげられ, にぐっと, にひかされ, に従っ, に打たれた, に抵抗, に押えつけられ, に犯されてる, に誘われ, のない, の出せる, の及ぶ, の圧迫, の持主, の男, の発現, の籠つた賛辞, の翼, の連鎖, の進展, は何より, も考え, や大きな, をわびぬ, を出し, を分けた, を増すだろう, を感じ, を感じさせる, を持ち得た, を揮い, を搾つた, を歌, を画面, を発揮, を籠め, を逞しゅうする, 弱さ, 無いもの

▼ ぬなどと~ (83, 0.1%)

2 いう, いって, 考へて, 考へる, 考へるの

1 [73件] いうて, おっしゃって, お考え, すっかり大胆, それが, そんな馬鹿, でたらめな, なかなか見くび, ほざく奴, よしや殿, 云いおるが, 云いたいの, 云い出す男, 云い欺いて, 云うの, 云って, 云て, 云われて, 云われますから, 互に噂, 人の, 今さらながら, 仰せら, 厳重に, 同情が, 喜んで, 嚇しに, 大きな顔, 姫君が, 尋常な, 小心翼々臆病無類の, 帝の, 常識的に, 強いて自ら, 彼とて, 御新政向き, 思つて居た, 愚かな, 感じても, 曖昧な, 板場らしい, 父上ちと, 狂気の, 申して, 申します, 申すを, 白ば, 皆で, 突然云い出す, 笑われた彼, 義経の, 考える者, 考え及んだ, 肩を, 能く, 莫迦氣た, 薫は, 言い切って, 言うもの, 言う人, 言って, 言っては, 言つたのは, 言伝え, 言訳を, 訓んで, 話しあつ, 誰かが, 返すべきでなかったから, 邪, 非論理的, 騒ぐまいぞ, 高言し

▼ ぬまでに~ (83, 0.1%)

6 なって 2 なったの, なりしかば, 全身を, 吹いて, 歪まされたと

1 [67件] あさましくなりはてた, あわてて, ぎつしり繁茂し, さんざめく船, し遂に, どろ, なった, なつて, なり行きしかば, わざと損じた, 僅かの, 再演し, 厩の, 問題は, 四辺が, 固くひからびた, 変って, 変形し, 天地は, 屹度帰れる, 強くその, 彼らは, 彼女の, 徐々として, 恐れ入てぞ, 悦び漸, 惑へるなり, 憤りと, 手込み, 打ち頽, 整った贅沢さ, 整備完成された, 未知の, 梳かしつけ薄, 横づけ, 淋しいこと, 火傷した, 烈しく引, 熟燃し, 狂い怒った, 現責, 甚しく, 疑ひの, 疲れ果てて, 相成り申して, 着古したるを, 窮迫し, 笑ひ, 綺麗に, 纏わるる, 自分を, 荒廃に, 落魄せしめるなら, 蔽いかぶさった所, 証明せられ, 負傷した, 賜えかし, 赤面する, 転訛し, 近い所, 這い広がり蔭, 雑糅され, 霞も, 食指は, 驚き果て中, 高くなるであろう, 鬼気が

▼ ぬ場所~ (82, 0.1%)

2 だ, だった, で平次, に住ん, に候, に安置, を選ん

1 [68件] があっ, がある, がおよそ, が多い, が近づく, さえある, じゃ, だぞ, であった, であったから, であつ, である, であること, でご, です余り, でそうした, では純然, では親子, でもあり, でもあろう, でも猫, でケース, で不意, で半年, で思い, で本位田又八, という, とはいえ, と時間, と言, に, にあつ, にかくし, になっ, になつて, になるであろう, にぬけだそう, にぼんやり, に一時間余, に出現, に大きな, に山, に泊り, に牛, に籠る, に置かれる, に腫れ物, に藪, に身, に通路, に遠のく, の争奪戦, の共同椅子, はギラギラ, へかくし, へかくした, へじつに, へ初めて, へ観客, へ通う, へ運ばれ, へ運びさり, へ隠そう, も五, をこしらえました, を御, を発見, を發見

▼ ぬ姿~ (81, 0.1%)

4 です, を惟 3 であった, でした 2 したの, で泣い, なるべし, にはそれ, のよい

1 [57件] がときどき, がやっと, が何人, が入り込ん, が大覚, こそ清く尊い, じゃ, だつた, だと, で, である, で口, で歎, で石, で荒木勢, で質問, といつ, となる, とも考へられよう, と内容, ながら, なり, にされ, になっ, になった, になつ, に包まれ, に手, に於ける, に比べられるだろう, に翻弄, に返す, のもの, の佗しげ, の現実, の若い, はおかしかっ, ははなはだ, は優しい, は手, は甚だ, へ話しかけた, をあっけ, をここ, をする, をつきつけ, を一層, を侍, を家, を恥じ, を持っ, を泣く, を現し, を見た, を見よう, を認め始めた, 新しき聲

▼ ぬ次第~ (81, 0.1%)

18 である 5 であります, であるが 4 だ, でありました, です 3 であった 2 だから, で, でございます, ではある, ではない, となった

1 [26件] だが, だった, だな, であったとも, であるけれども, であると, であろう, でさ, でしょう, ですが, ではあるまい, ではございます, でもあり, で国家, といえよう, となっ, となつ, となりました, となる, と存じます, と確信, と考えられます, なの, なり, なり支配内, 故私

▼ ぬあの~ (80, 0.1%)

4 方が 2 女の, 子は

1 [72件] うすあばた, お二方, お君, お方の, お邸, お關, むすめ, クララから, ドロドロした, リーザだって, 一世を, 一種特別の, 三下奴でした, 不愉快な, 不浄に, 不自然な, 丸の内演芸館内の, 主様を, 乱暴狼藉同宿の, 二人に, 人と, 人の, 今出した, 健康な生き, 児なら, 冷厳な, 化けもの, 古ッ, 古島さん自身の, 右門流です, 喰せ, 大友, 大海人で, 太郎が, 奇怪極まる, 姿に, 娘じゃ, 婦人連の, 弥生さまの, 怖ろ, 悪魔, 憎しみで, 暴力の, 木を, 様な, 此樣な, 気品の, 海に, 源二郎爺の, 男が, 男を, 畑を, 白々しい無表情, 監視兵の, 目が, 神の, 米友さんは, 系図に, 系図を, 縁側の, 花染の, 荒野の, 落ちつきの, 行為を, 裏山の, 辺の, 霊魂の, 青い顔, 顔が, 駒井能登守, 鬼女が, 黄金怪人が

▼ ぬからと~ (79, 0.1%)

12 いって 3 いうて, 云って, 言って, 言ふ 2 いうので, 辞を

1 [51件] いう, いうこと, いうの, いう事, いったが, いふので, いふのに, いふよりも, お久良, お伊勢さま, これは, そこは, また一人, アッサリ, 一応御, 三度に, 云うて, 云う挨拶, 云えり, 云つて北京へ, 云つて彼女の, 云つて都べての, 云て, 云ふ, 云われたり, 全部大学に, 別れて, 大事を, 実際に, 宣告した, 家にのみ, 己は, 市で, 弱つて, 念を, 怒ったり, 断はる, 斯う, 曾て, 親心を, 言い右大将, 言うくらいの, 言うので, 言つて出, 言はれ, 言ふんで, 誰にとも, 謂ツても, 陰で, 頼むよう, 頼んで

▼ ぬ~ (79, 0.1%)

26 に祟り 8 に祟 7 にたたり 3 に, に崇 2 がある, の存在, の宮

1 [26件] があった, があつ, が内在, というよう, となされ, に社費, に祟無し, に障り, のみたらし, の代, の前, の力, の声, の庭, の方, の時代, の計ら, はない, は常に, もいまさば, もいらぬ, もそこ, もない, もなし, も要らぬ, より離れ

▼ ぬ不安~ (78, 0.1%)

3 に打たれた, を感じ 2 があった, がアリ, が潮, が起つ, と死, に襲われた, の影, の念, を感じた

1 [54件] からすわ, がありました, がある, がきざし始める, がせまっ, がムラムラ, が歩く, が漲っ, が立て, が萠, と動揺, と焦慮, と絶望, ながらもこのごろ, な感情, な模索, な気, な色どり, におそわれはじめた, にかられた, にさまよい, になやまされはじめた, に充ちた, に締めつけられ, に襲, に襲われ, に閉された, に駆られた, に駆りたたれ, に駆りたてられ, の光, の原因, の境, の情, の文学, の極点, の気, の気持, の胸, の色, は, は矢ッ張り事実, も感じない, も知っ, をまた, を心, を感じ始め, を植ゑ, を湛へた, を突然, を覚, を覚え, を覚えた, を覚えました

▼ ぬ不思議~ (78, 0.1%)

5 なもの 3 な女 2 なこと, な事, な力, な心持, な曲者, な現象, な生活, な美し, な魅力

1 [52件] きわまる出来事, と申す, などよめき, な世界, な事件, な人, な人物, な仮面, な催し, な出来事, な匂い, な味, な商売, な場所, な夢, な威力, な小母さん, な少年, な屍体二個, な微笑, な思ひきり, な感じ, な感動, な態, な慰安, な戦慄, な抹殺, な捕縛法, な時代, な曲線, な正体, な死, な気持, な気転, な法宴, な浮世, な縁, な美しい, な肌, な脈, な色, な色合い, な芸, な若い, な草, な行, な表情, な音, にもみすぼらしい, の衰, をも偶, を産み出した

▼ ぬ事情~ (78, 0.1%)

7 があった 4 がある, のため 3 があつ 2 があります, が起つた, のある, もあった

1 [52件] ありて, からこの, から引退, から生じた, があっ, があったらしい, があり, がおこつた, が判明, が合併, が揃っ, が残るであろう, が秘められ, が起りました, だったが, であつ, であらう, でこうした, でこの, ですから, でついに, ではない, でも出来た, で中止, で最後, で無期延期, で結婚, というの, というもの, とから大連以外, とがある, となった, など聞かぬ, にあった, にあります, におかれ, になつ, に接するであろう, に村それ自身, に立ち至った, に立ち至る, に苦慮, のもの, の下, もあつ, もあり, もあります, もある, もあれ, を抱い, を産む, を説き

▼ ぬ問題~ (78, 0.1%)

13 である 6 がある 4 だと 2 だ, だが, であると

1 [49件] がありましょう, があります, がありまする, がここ, がそこ, がなく, が多い, が後, が必然的, が提出, が起こっ, が起っ, だから, だけにわれわれ, だけに当惑, だよ, であって, であるが, であるだろう, であろうと, でさほど, でもある, でも或, で森, として文献, として響い, とは資本主義, と数正, なの, なり帰京, について口角泡, について進ん, になっ, になる, にはなった, にめぐり逢う, に向っ, に引っ, に御座候, に確答, に苦しん, のよう, の一つ, の女, はどの, は蓋し, もある, よ, をもっ

▼ ぬ~ (78, 0.1%)

4 をし 3 を動かし 2 あり, を目, を見

1 [65件] があつ, があり, がある, が曾, が浮びます, が見え, だ, だった, で, でその, で一面, で考えこん, で詰, で認め, とこそ見れ, と形, と物体, と空間, になり, に匂, に導い, のあった, のつややか, のなつかし, のタペストリ, の分けたる, の分けたるで, の動く, の変化, の曲, の松一本, の炎, の白い, の膝行袴, の釉, の黒, の黒い, はなし, は変りません, もなく, もなし, やかな村村, や匂, や音, よと前田玄以, をあらわした, をありあり, をかへつて, をした, をたたえ, をつつん, をな, をみせた, をみた, を以て神尾一派, を浮べ, を浮べる, を深く, を湛え, を漂わせ, を見た, を誇る, を讀んだ, を辰弥, 黒き天鵞絨

▼ ぬ~ (77, 0.1%)

732 じゃ, となっ, に, に言った, を装っ

1 [57件] いと堅牢, だった, であっても, である, でこう, でこちら, でこの, でこれ, でそれ, でなぐさめた, でもあるしのう, でよもやま, で一般, で云った, で其の, で反問, で夕食, で妙子さん, で尋ねかけた, で座, で廊下, で改めて, で明智, で晁蓋, で次, で熱心, で立派, で答える, で鼻紙, とあまりに, となった, なので, にいい出す, にこの, にし, にて, にてなお, にて何故, にて田舎, にもてなし, に控え目, に答えたりき, に聴きゐたるなりけり, に落着, に見え, のまま, は, は何, をそう, をつくろっ, をむりやり, を二階, を動かし, を動かす, を揺すぶった, を装う, を運ん

▼ ぬ大きな~ (77, 0.1%)

4 穴の 3 力に 2 事を, 力である, 力の, 古株から, 声を, 差異が, 拳骨が, 湖の

1 [54件] うそを, プロメテウス的な, ローラーが, 一面が, 亀の甲が, 事件に, 事實に, 会社と, 出来事であろう, 力即, 問題である, 塊を, 声で, 声は, 変化の, 娘を, 存在という, 存在に, 宿です, 川を, 差が, 平野が, 悩みである, 意志を, 手掛りを, 散財を, 敵が, 日本間の, 暗示にも, 楽しみでも, 欠びをして懷から, 武運が, 水面が, 深い憤り, 物または, 特徴が, 現象であった, 理由が, 産業能力を, 秘密が, 穴が, 肉汁鍋が, 船に, 良識を, 蕈が, 謎でありました, 賭け事だ, 迫害を, 遺産と, 頭を, 魚を, 鳥が, 齟齬に, 龜の甲が

▼ ぬ~ (77, 0.1%)

3 の人, の心, をつづけ 2 なれば, に出る, に赴く, の空

1 [60件] あきうど, あきんどながら, か, ご, じゃが, すがた, ってやつ, でありました, でこれ, ではない, というの, とおっしゃるなら, と云殊, ながら早速, なるかも, なれど, なれども, なんて話, になった, に京, に出, に出た, に出でた, に旅立っ, に立た, に立たせる, に立っ, に立った, に行き給うた, に行空, に赴きけり, に赴きぬ, に近道, のお, のこころ, の侍, の名残り, の形式, の心配, の情, の男, の百姓, の装い, の見納め, の足, の路, の身, の門出, へと上った, へと立った, へと赴きしか, へ出, へ立つ, めいた浮かれ心地, もする, も急行, をした, をする, をつづける, を陸路

▼ ぬ~ (76, 0.1%)

5 を見た 3 に見, のよう 2 だ, でも見た, とぞ思ふ, の樣, を見

1 [55件] た, であった, でしょう, ですよ, では何事, と憧れ, と消え, と過ぎ去った, などを死後, なる人, なれば, なれや, に, にだにやまず, にて, になし, になつて, にや摘ま, に菫, に見る, に該当, のあれこれ, のうち, のごとき, のつ, のまど, のやう, の世, の中, の命, の宝, の尾, の恨み, の恨めしき, の様, の為, の秩序, の行衞, の象徴, の跡, はいつ, はまた, は醒め, も見つ, より夢, を洗っ, を洗つて熱茶一杯, を結び, を結べや, を見る, を語っ, を護る, を追っ, 之助, 又夢

▼ ぬ時代~ (76, 0.1%)

4 がまだ 3 となっ 2 がやがて, であった, であつ, であろう, になっ, になつて, の事

1 [55件] から一足飛び, がきた, がこの, がずつとあつ, が有っただろう, だから, だったけれども, だつた, であったから, でありました, である, であるから, であるが, ですが, というべきである, となった, とも知っ, なおぜひ, なの, ならとにかく, なり, なんて今, にかえって, になつ, にはひつ, には川, には帳面, には熱, には見, にやはり, に入る, に建築, に終, に鎌倉, に際会, の人心, の作物, の原始人, の姿, の彼, の怒, の歴史, の流れ, の潮, の用例, の要求, の跫音, の近づい, の迷信, まで学者, もあつ, もそれ, も到着, を思い, 即ち儒家

▼ ぬ状態~ (76, 0.1%)

8 にある 4 だつた, にあった 2 であつ, である, になっ, に固着, に置かれ, のなか

1 [48件] からお, が人間, が発見, だつたの, だと, であったから, であったし, であったの, であるから, であるに, でこれ, でした, でもあった, で彼, で成戸, で残され, で父, で続け, で裁判, となり, ながら密林, なの, なので, にあ, にあつ, におい, におちいった, におわす, にしばしば, になった, にまで生長, に似, に歩み入らしめる, に立, に立ち到っ, に立ち至つた, に追い込んだ, に陥っ, に陥つた, に陥り, のこと, はこの, はめったに, は西洋演劇, をつづけ, を詠んだ, を認め, 揉ませて

▼ ぬ深い~ (75, 0.1%)

3 ものが

2 [11件] ため息を, 仔細が, 傷を, 因縁が, 因縁の, 因縁を, 感情の, 淵へ, 穴や, 訳が, 雪に

1 [50件] かがやき, ところを, ものだ, ものと, ツナガリが, 事情が, 何かが, 味いが身に, 夜の, 天然の, 宗教味を, 峡谷や, 怨みを, 恩を, 息づかいで, 息を, 悲しみといふ, 悲哀が, 意味が, 意味を, 愛と, 愛を, 感じに, 感じの, 感情を, 感慨に, 憂愁と, 憂愁の, 所で, 断崖である, 根を, 森が, 歎息を, 水が, 水底の, 泉の, 淵だ, 淵です, 淵の, 滿足と, 祈りミレエの, 経験が, 繃帯の, 美に, 訳合が, 谷底へでも, 趣味を, 関係, 関係が, 闇に

▼ ぬ~ (74, 0.1%)

4 の中 2 となり, の湖, の雫, はない, を一つ, を持っ, 眠る

1 [56件] おくへ, かな, だ, だと, だ特殊, つづき一方, でありましたが, と思える, と思つた此, と思ひし, と田, にふみ, に棲める, の, のけしき, のしづくに, のもみぢ, の人, の名, の奥, の奧, の娘, の庵, の旅人, の日, の春, の洞, の無頓着, の祠, の秋, の蔭, の輪郭, の道, の雨, の雪, の頂, の魔, の麓, はあるまい, はさびし, はただ, は富士, へはいった, へわけこまず, へ神, へ行けっ, もなかっ, もなく, も猶, も見ゆらん, をムレ, を離れ, ん中, 之助, 又山, 尋ね迎

▼ ぬ~ (73, 0.1%)

5 の世 3 のうち, も今 2 となっ, は堪へえ, は身, 世にも亦

1 [54件] いちど立ち会え, こ, こそ人, こそ小屋, し江, だ, ではのう, にまでも及ん, に判る, に見ろ, のあり, のまま, のやう, の世の中, の中, の位地, の先, の内, の処, の医師, の場合, の境遇, の少女, の希望, の度胸, の我, の暮し, の生涯, の立場, の語らひ, の身, の間, はこぎ, はた空し, はみ山に, はもう, は世に, は二人, は云えぬ, は朕人, は榜ぎ出, までと同じ, までのおれ, まで妹, まで自分, まで通り嫁舅, も見え, より曙覧, 出来の, 唯學部所論, 我等宿将を, 此の, 迄に書かれた, 迄は無

▼ ぬぞと~ (69, 0.1%)

3 威張たてるを, 念を 2 云うよう, 彼女は

1 [59件] あたふた百花園, いい置き家, いうかの, いうと, いきまき居り候, いわぬばかり, このよう, そう故意, わが夫, わしからも, 丁寧に, 云いきかせた二人, 云った, 云ふ, 云を, 十左は, 堅く申渡され, 声を, 威され林藏, 威嚇かす, 子供の, 宣ま, 心に, 心得恋, 思いそれとなく, 思いまた, 思い侘びつつ, 思うと, 思うの, 思ったの, 思った曲, 恚る, 息子を, 押え附けて, 押へ, 断はっとく, 断乎として, 斯様に, 暗に嚇し, 有ける, 淺ましく, 源八へ, 無言に, 申し伝えい, 申せ, 申渡すに, 眼を, 睨め付, 矢代は, 知らぬ事, 確と, 羽で, 考えたの, 考へだして, 言って, 言はる, 誓った, 踊らせました, 逼る

▼ ぬ~ (69, 0.1%)

4 から日, のこと 3 しと 2 さ, に返る, の夢, の武蔵野, の雪, は知らず

1 [46件] からさうでありました, からの大阪, からの定法, からの木, からの根, がかえって, が恋し, しは, しより, である, でし, とかはり, と同じく, と変り, と思い切っ, と諦めれ, と諦らめ, なつかし, にあった, に人, に土中, に戀, に支那, に返す, に返った, に飛び込ん, のお話, のフランス, の今, の友, の名, の小説, の悔し, の私, の秘密, の若, の袴, の話, はともかく, は折々, は返らぬ, をとぶら, を愚かしい, を語る, を追懐, 忍び泣きしたま

▼ ぬ必要~ (67, 0.1%)

9 がある 5 があった 4 はない 2 が生じ, を感じる

1 [45件] からです, からアンリエット, から人, から押し出され, があります, があるなら, があれ, がどこ, がなくなりました, が前, が生じた, が生じたです, が起こる, とは耕作者, と薬草, なもの, な條件, にある, によって穀物, に迫られ, に迫られた, に迫られました, に逢着, のものぢ, は少し, は更に, は決して, は無い, もあった, もあつ, もない, もなく, もなし, も必然性, も意趣, も感じなかった, や必然性, をどこ, を感じ, を感じた, を感じました, を生じ, を私, を認めなかった, 有るからの

▼ ぬしも~ (66, 0.1%)

2 知って

1 [64件] あの大臣, あんまり誉めた, おれと, きょうの, くどいこと, このたび, この暗黒, これからが, こん度こそ, ござれと, さすがに, そうわが, その一人, その手下, そんな囈言, たや, だいぶ都, ともに開封東京, どこか, なし, ばくち, またこの, まだこの, もう十四, もう酒, やれよ, ろくな智嚢, わしを, 不孝者か, 伊吹の, 俺の, 俺も, 夜中は, 子では, 客間で, 寝ざめて, 察して, 寢ざめて聽け, 岡崎に, 御馬前で, 持つて, 推辭に, 早く妻, 来て, 根は, 桓武天皇から, 歸つて來た, 死ぬるか, 母の, 気が, 浅野内匠頭じゃ, 清水の, 無事かや, 無二斎, 畜生じゃぞよ, 畜生では, 私と, 考えて, 聞き給, 興世王どのも, 褒美を, 見たの, 貞盛を, 食べるか

▼ ぬといった~ (66, 0.1%)

14 ような 3 ようすで, 調子で, 風に 2 のは, ふうに, ように, 風で

1 [35件] あんばいで, ことは, ごとく断じて, そうだ, その, その刀, ところで, ふう, ふうで, ものでした, ものです, 世の中です, 体に, 始末私も, 式の, 強硬な, 形であった, 形に, 感じで, 態度で, 様な, 様子で, 様子での, 気持ちが, 物忌の, 眼を, 程度の, 言葉を, 証を, 調子に, 錯誤が, 顔で, 顔であった, 風だ, 風の

▼ ぬ世界~ (66, 0.1%)

5 のもの 3 を見 2 だから, であった, との密接, なの, のまっ, を求め, を誘致

1 [44件] がさびしい, が決して, が蠢い, が見え, じゃ, つまり個性, であり人, である, であるが, です, にうつらうつら, に対, に彼ら自身, に棲ん, に活躍, に私たち, に突然, に身, のこと, の中, の事, の暗黒, の樹イュグドラジール, の歴史, の珍本, の生き物, の生活, の紹介者, の言葉, へでもはいった, へでも来た, へ伴っ, へ引き, へ引き戻された, へ持ち去られる, へ来し, へ踏み入ろう, もござろう, を発見, を示しだした, を見ん, を覗い見, を覗かされた, を釣り出す

▼ ぬ土地~ (66, 0.1%)

2 から一刀彫り, ではこの, に来, に来た, に走らん, へ来

1 [54件] が生き生き, さえある, だと, でありその, である, です, ではご, でもかねて, でもユロリ・ユルリ, で人, で自分, で隠れ, というもの, とはいえ, と離れる, なれども, において僅か, にはじめて, にもこれ, に今, に使用, に入っ, に放り出された, に水, に泊る, に行つて, に踏み込ん, のお山, のこと, のため, の人, の人間, の土, の旅舎, の生まれでない, の顏役, の風物化, は多い, は少なく, は頼り, へいっ, へ珍しい, へ發向, へ移され, へ行く, もなく, も全国, も多く, を巡歴, を探し, を神, を言い, を賭け, 故応頼

▼ ぬ~ (65, 0.1%)

6 うである 3 うです, と米 2 ういふ時, うして, うだ, うだが, うで近所, ぐもり雨は, はあれ

1 [39件] うした, うしを, うだつた, うで, うでは, う云, う強く, う気, う言, かけ棒, があった, が布帛, こそ無念, これで, しずを, すりては, すれば, たいまつらする, たいまつる, に当, の流される, はいへ, はれい, は着物, は言, へある, へ恨めしく, もらひび, やうの, や食物, ような, りと, をかざし, を混同, を献, ア何で, ア手前が, ア済まぬ, 袋の

▼ ぬ~ (65, 0.1%)

5 とだ, ツと, 人の 3 びと 2 とはたしかに, と森, と臭い, なは, びとが, びとの, ツとの, 人も, 早さ

1 [29件] がたは, がたを, ぎはひ人の, くみを, ぢには, つくと, つとだつた, として来た, とでもする, とぬ, と狐め, と草, なおな, びとうがちてぬすまざるところの天に, びとうがちてぬすむ所の, びとたけだけしいとはこの, びととねずみは三輪の, びとのあしノ, びとはぎの実を, びとも, びと匪賊でござる, びと同様ゆるし, むおぬしもやはり畜生じゃ, ッと, ッとどもは, ッ裸で, 人からでも, 人ゆたんは, 盗が

▼ ぬ以上~ (65, 0.1%)

2 この傳, は, はたと, は何, は何心配

1 [55件] あだし男, いかなる運命, いかに国民, いつどう気, この三角, この伝, この伝え, この學問, この想像, さしずめ最も疑うべき, そんな疑い, と云う, どんな深い, はいかなる, はいかに, はお上, はここ, はこの, はこれ, はすべからく, はせっかく, はそう, はその後, はな, はやはり, はスコット, は今, は何千万人, は傍人, は充分, は写さるる, は如何なる, は妄測, は小説, は形式, は御, は必ず, は急い, は新しい, は日本, は時間性, は服従性, は決して, は秀吉, は秀子, は裁判, は遠心力, は金, またそれ, 主體, 何らかの方法, 依然として生活, 決して無理, 考へ難き, 走らずに

▼ ぬ感じ~ (65, 0.1%)

4 がする, だった 3 がした, が身, を與 2 がし, だ, であった, である, を持っ

1 [38件] があった, がある, がいや, がこみあげ, がするだろう, が致しました, が起こっ, だが, であつ, であるが, でうつむい, でさう, でそうして, でぴょんぴょん, で別れる, で思い出すまい, で日記帳, で皮膚, で笠井さん, にうたれました, におそわれた, によろめき, に打たれた, に捕えられ, の鈍い, もした, を与えた, を与えました, を与える, を前, を嘗めるであろう, を懐きました, を抱いた, を抱かせ, を母, を現, を起させました, 強く味

▼ ぬまで~ (62, 0.1%)

2 だ, 八重散りしける

1 [58件] あった, いそいそし, おびたゞしく, じゃ, そよそよと, だった, だと, である, です, なめらかな, なり, もとて, もとなほも, もと甲斐, もと見返りお, やるの, よい影響, よく楽, 何度も, 優れたエキスパート, 力の, 包んで, 吹きや, 吹き飛ばしても, 奮戦した, 射て, 尾の上の, 己の, 心身ともに, 必死を以て, 接近した, 散々に, 普通に, 格子の, 櫟林は, 死なせて, 決心が, 浮かれ歩, 深きに, 滿足と, 濃きを, 焦げ煤けし, 父君を, 狂わしく熱し, 砕け潰れ終った, 空さへ, 端艇其他の, 粘りつく, 續きました, 美色で, 胸を, 落魄するなら, 見送, 赤面させ, 身に, 達者なり, 遠く里, 驚かすらん

▼ ぬ心地~ (62, 0.1%)

8 がする 54 もする 2 がし, がした, だつた

1 [39件] がいたします, がしました, がせられた, が先立っ, が致す, さえする, したり, して, する, するなど, するは, すれど, せらるるに, ぞする, でした, ではあり, で咽ぶ, で問, で暮らし, で果てなく立ち迷う, で櫓, で眺め, なるは, にすこし, にてなに, にて新, になっ, になり, に成, に打たれ, のし, のなか, の中, はし, ばかりし, もし, や, 未だ知らぬ, 致され候

▼ ぬ態度~ (60, 0.1%)

2 に揶揄, を示し

1 [56件] か或いは, が三つ, が市ヶ谷, が思ひうかんだ, が杉田, こそ大勢, ことに青年, だったの, だと, であります, である, でいつた, でしかし, です, ではあるまい, ではなかろう, でふざけ, でもあった, でもうひとしきり, で応じた, で拾っ, で木部, で私, で鋼鉄宮殿, とによって一般, とユーモア, と性, と麗わし, などはもとより, ならもう, になり, にめんくらい, に出る, に帰った, は初瀬, は変らなかった, は断然, は葉茶屋, も心もとなく, も有, やら赤黒い, よりもたち, をいつも, をお, をした, をする, をとる, を不愉快, を全身, を取っ, を取らなけれ, を必要, を持つ, を示した, を装った, 如何なる事情

▼ ぬ~ (60, 0.1%)

2 に引かれ, に薙刀, を延し, を拍

1 [52件] おちじや, おちと, がズボン, が再び, が彼, が斯, が殖えた, が邪魔, でしっかり, ではたかれ, で一掴み, で持ち去られる, で風呂敷, ということ, と膝, なぐさみや, にぎりや, によってあき, に和子, に急速, に殺され, に無垢, に珠数, に盗まれ, に育てる, に触るる, に重い, の拳, ばかりでなく, をしきりに, を全身, を切るまえ, を取っ, を小池, を延ばし, を引込め, を打っ, を打て, を指し, を接吻, を擧げ, を膝, を離せ, 抜り, 振が, 數でした, 續である, 詰の, 輩は, 違が, 酷しい厳談, 附で

▼ ぬ~ (60, 0.1%)

4 と覺悟 2 とて半, に見つけ出した, へ行かう, もあつ

1 [48件] あるが, あるは, から一般人民, から色ツ, がある, が無い, だから, である, ではない, でもある, で小室, とて塀越し, ながら直, なしされど, なり, なりしが, なるにより, にあり, には生, にぽつり, にまで氣, に他, に候, に刺し塞ぎ, に同, に植ゑ, に瀬戸内, に理想, に發生, に繋がれ, に義理張つて, はない, は分らぬ, は如何, は自分, は落武者, は雜木林也, へ寂, まで見きはめ, よりはからぬ, を兩人, を否定, を夫, を妹, を平, を班昭, を見た, 女らしい色香

▼ ぬかに~ (59, 0.1%)

2 ある, 末は, 水量と, 言つて眤と, 降り積り消

1 [49件] その中, その二階, その墓, とつぜん呼びとめられ, なれば, みゆるが, もとな, コップの, 丁寧な, 全身が, 向うの, 塀の, 変った若林博士, 子供が, 小太郎の, 就て, 山内の, 彼の, 思ほ, 恋ひ思ふ, 恋ふと, 拘らずもう既に, 散らふ和ぎにかも, 早くも, 早や, 格子戸を, 次の, 此世を, 水が, 眼が, 矢庭に, 縺れゆくものみなあはれ, 苛立たしさ, 襖を, 見えた, 見えたが, 見える全く, 見受けられる, 跳り, 迷つた, 釘, 釘でありました, 釘の, 隣の, 雷が, 音樂の, 駕の, 魚の, 黙然と座し

▼ ぬしに~ (59, 0.1%)

3 返し長途

1 [56件] おなりよ, お成り, きくがな, さからいませぬが, ぜひ承知, はこやつら, また会おう, よくある, われらの, 一肌ぬい, 上座を, 似て, 保険料さえ, 再び逢う, 出来ぬこと, 刀は, 分ったか, 呼びかけるよう, 声を, 大事を, 女を, 委せても, 引止められて, 引渡すの, 弱音を, 怒りを, 思い知らせるため, 愚痴は, 持つて, 救はれた, 敵わ, 欣んで, 武道の, 殺されそく, 殺されれば, 渡して, 疑義が, 習ったからよ, 自まま, 著いて, 行って, 表門の, 見せて, 見付られ, 言わせると, 言上せし, 詐りなき, 買って, 返して, 追はれし, 追れし, 逢はれ, 関係は, 難なく見参, 電話を, 預けて

▼ ぬ人物~ (59, 0.1%)

3 です 2 であった, である, であること, の一人

1 [48件] か, がある, がここ, がその, がぞろぞろ, がニコニコ, がビール, が死, が残っ, が番兵, が跋扈, じゃ, だが, だと, だという, であったらどう, であつ, でありしかも, であるに, ですな, でもありました, で日本語, で早く, で武帝, で臍, とさえ思われた, としてこしらえ, とする, となった, となり, とみ, なのに, なり, なん, にはからずも, にボク, に出会, に出会し, に変装, に媒介, に対する思慕, に数えられた, に見え, の巣窟, は沢山, を主, を急遽, を見いだし

▼ ぬ~ (59, 0.1%)

3 の前, をふつ 2 に遭わせる, の凹んだ, をし

1 [47件] から涙, から見た, でじっと, でチラリチラリ, で認め得る, で辺り, で透し, なざしもて打ち仰ぎその, なら楊子江, にはいかにも, には見えないであろう, にも二人斉, にも是, にジリジリ, に会う, に会わね, に出会つて, に口紅, に燈, に逢つて, に逢わせる, に遭っ, に遭った, に遭わせます, のもと, のゆゑと, の不自由, の交通, の毒, の苦痛, の重, は, は露, よりはさ, よりも才子, をこすり, をしばたたいた, をしばたたき, をつぶっ, をふっと, を上, を合せ, を地上, を更に, を見, を開い, を開ける

▼ ぬ~ (58, 0.1%)

1 [58件] ざりませぬ, とおくが, めいわくを, やうすな, 不審だろう, 不興に, 人数この, 仁が, 介抱お礼の, 使命で, 信心家で, 元気で, 入来に, 前様の, 助力で, 危篤です, 厄介を, 堪忍を, 家人の, 家来を, 容子で, 容子であった, 容子です, 容子に, 容子を, 後援を, 心配だ, 心配を, 恩に, 所存か, 方針とも, 来駕は, 様子, 様子だった, 様子で, 様子を, 気性だった, 気性なる, 無礼ふかく, 立腹であった, 縁という, 行動では, 要心でも, 親切, 訓育法術の, 評議の, 諚か, 貴殿が, 貴殿こそは, 貴殿でござる, 辛労が, 辛苦だったでしょう, 配備です, 配慮に, 重態との, 随意に, 難儀かと, 風貌いかなる

▼ ぬのみか~ (58, 0.1%)

1 [58件] お顔, かえってあなた, かえって害, かえって彼ら自身, かえって蛇足, かえって食っ, かかる迷惑, この上手, この窟, こんどに, さらにいっそうまさろう, しだいに高ま, その品, それでは現在, たまたま方様, なおその, ますます濃く, むしろ手前, やがて, わざと避け, コンな, 人目には, 他人の, 其の旧悪, 再び寝床, 到るところ, 却つて募る, 却つて心服され, 却つて憎い, 却つて時を, 却て, 双眼鏡を, 同志である, 同時に立派, 善と, 如何なる条件, 家族皆, 少しは, 屍骸取片付け, 往々に, 数ならぬ, 日々見聞きする, 明らさまには, 時には, 普請の, 更に奇異, 此の, 洋風の, 種々の, 立派だ, 紀州は, 縦し, 股引に, 若くて, 迂闊に, 返つて自分, 食物は, 黄蓋は

▼ ぬ事件~ (58, 0.1%)

43 が起きた, である 2 が起った, が起りました, に發展, のよう, の展開

1 [38件] が出来いたしました, が出来した, が史家, が展開, が思い, が生じた, が突発, が起っ, が起つ, が起つた, が降っ, じゃ, だぞ, であった, です, でも或は, でも起っ, で人, で有る, という見込, と認め, にならう, にまで発展, に出逢う, に半日, に対する不安, に発展, に違, のあと始末, の渦中, の突発, の進行, はこの, は父, への端緒, や思わぬ, を持ち込ん, を種彦

▼ ぬ有様~ (58, 0.1%)

7 である 43 です 2 だった, だったの, であった, であつ, でした, で通る, なの

1 [30件] じゃ, だから, だつた, だと, であります, であると, でご, でございましたが, でして, ですから, ですけれど, です併, ではない, でまことに, で出入り, で又, で大, で良人, で静, となっ, となる, と為っ, にて家, になった, になる, に引, に曹操, は何事, を見せ, 全く気の毒千万

▼ ぬかを~ (57, 0.1%)

1 [57件] きめるという, しきて, ためしただけ, だん, はつきり知る, ようやく思いだす, より明瞭, 世間に対して, 人々は, 今説い, 今身, 吟味する, 問うの, 実物について, 待とう, 心配し, 思いさすが, 思うとき, 払いながら, 推理し始めるであろう, 推知する, 明らかに, 気に, 決し智力, 決するもの, 決めるため, 熟慮するであろう, 熟知し, 疑ひて, 疑へるなり, 知らなかった, 知りすぎるほど, 研究の, 確める, 私は, 考うべきです, 考えその, 自分の, 虞る, 見るが, 見届けた上, 訊ねた, 証明した, 証明する, 試しに, 話して, 語つてゐた, 語つてゐる, 語るであろう, 調べたが, 調べるため, 調べる爲, 賭けたの, 述べなければ, 述べませう, 食べるとは, 飲み込んだと

▼ ぬとしても~ (56, 0.0%)

2 これを, それは, 少くとも

1 [50件] この仮説, この傾向, さきの, そしてそれ, その事実上, それには, もし今, もし唯一人, やはり最も多量, わたしは, プロレタリヤの, 一氣疾く, 主なる, 人生には, 他山の石として, 何ゆえに, 僕は, 兎に, 全源氏軍, 十円に, 各, 吉夢を, 吾, 孝道の, 宜しい, 布目の, 当時の, 形式だけは, 彼れ, 後で秀子, 忠清が, 我が身も, 探偵森主水の口から, 接合が, 教育の, 日日の, 春秋戰國時代に, 曹操の, 曾て, 未来永劫小樽の, 歌の, 歴史家としては, 父祖の, 現在民國, 疎んじて, 純國産織物, 自然的生における, 記紀の, 金力に, 関係の

▼ ぬ~ (55, 0.0%)

3 それが 2 ふニ, ふ御

1 [48件] あの男, うせられい, この地, こんな娘, さあこの, さが, さである, さなり, さは, し人伝, そのお, そんなこと, つて猶, はい, ひ, ふなりたり, ふ此儀, アウシュコルン, チョイナチョイナ, マーガレットの, 事に, 井上, 仲時も, 何だか物, 何卒皆さん此方, 俺の, 元膩, 其れ, 写真の, 処女造庭境を, 口外し, 叱りは, 向こうが, 大丈夫, 大丈夫じゃ, 奧樣も, 女など, 尺八を, 崇めるばかり, 我等の, 探偵を, 気の毒だ, 永生の, 汝が, 消えませぬよ, 盗まれたらしい, 罪人には, 譬ふれ

▼ ぬ~ (55, 0.0%)

3 に候, に御座候 2 ながら, ながら万葉以外, を不, を投げ落し

1 [41件] が入, ぞ, だという, だな, であった, であり路傍, であるという, であるらしい, です, となっ, ながら萬葉以外, など消息, なの, にて歌, にて非常, になる, には出, によい, に何, の, のたより, の声, の聲, は何処, ふべきこと, まで収録, もある, もうたわせぬ, もなく, もなけれ, も少い数, をあわれな, をうたつ, をしあげた, をブツブツ, を口ずさむ, を口ずさんでる, を唄い出した, を多く, を絶えず, を詠ん

▼ ぬにも~ (54, 0.0%)

10 程が 2 せよ拙, せよ母, 拘らず之

1 [38件] あらず, あらずこれ, あらで物, あらぬ昔, かかわらずしかも, かかわらずそれ, かかわらずはや, かかわらず日本, このところ, せよだれ, せよもう, せよ何とか, せよ妄, せよ手, よらず, マア大変な, 何も, 先づ既に, 心は, 拘らずもはや, 拘らず又, 拘らず而, 拘わらずちょうど, 有らぬを, 此なし, 生れて, 甲の, 町は, 知られ米屋酒屋, 関わらず, 限らぬ, 限らぬと, 限らぬとは, 限りません, 限りませんけれども, 限るまい, 頓着せず, 驚く

▼ ぬ一種~ (54, 0.0%)

2 の, の同情, の哀調, の希望, の悲哀, の魅力

1 [42件] きびきびした, のいや, のおかしな, のおそろしい, の不, の不可思議, の不安, の不快, の不良少年, の兇暴獰悪, の冷徹, の制服姿, の制服目, の和気, の壓迫, の巫女, の快い, の思い, の恐ろしい, の悔悟, の想念, の愉快, の感情, の感歎, の懐疑論, の懸念, の日本的風習, の清新, の矛盾, の精悍, の精気, の興味, の調子, の連絡係り, の遊民, の陰惨, の顰蹙, の馬鹿, の驚愕, の鬼気, の鳥, の麻痺状態

▼ ぬ事実~ (54, 0.0%)

16 である 3 だ, であります 2 がある

1 [30件] があるらしく, がたとえば, が証明, じゃ, だが, だけを断片的, だった, だったなら日本, だと, であった, であろう, でした, です, として見よ, となっ, となり, とのこと, と固執, と思, と考え, などの聞かされる, なの, に触れ, に驚い, の中, は内海達郎, や実際, をあばき出され, を御, を発見

▼ ぬ感情~ (54, 0.0%)

2 がある, が三人, が私, である, のため, の行違い

1 [42件] からいくら, から出発, から引き上げ, が彼等, が汪洋, が波うっ, が浮き上る, が湧き起こっ, が湧き起った, が胸, が起こっ, が身内, だった, であった, でふるえ, にある, に彼, のなき, のはたらき, の必然性, の横溢, の波, の爲め, の牢, の狂い, の重, の餌食, の黒い, はあった, は通俗, もあります, も細か, も義理, をなほ, をもつ, を乱費, を以てテクテク, を抱い, を持ちあつかひかね, を疾風, を私, を表情

▼ ぬかは~ (53, 0.0%)

3 別問題, 知らぬが 2 別として

1 [45件] あなたがたの, おれの, かすかな, こつちの自由, この考察, これを, すべて明らかな, それを, ただ死に際, だからもはや, まだ聞いた, わしも, われわれ自身の, ベルギーにとっては, 与之助に, 主として支配階級, 人々によ, 保証し, 全然理解, 初瀬には, 固より, 天意に, 姑く, 存じませぬが, 容易に, 専らこつ, 彼自身でも, 後に, 必ずしも明らか, 恐らく議論, 想像に, 拝見しなけれ, 既に述べた, 日本の, 明らかに, 最も基本的, 決定出来ない, 理性の, 疑問である, 知れきって, 知れぬが, 神様だけが, 見たうえ, 規定的には, 通人ならぬ

▼ ぬこれ~ (53, 0.0%)

1 [53件] がつらい, がなかなか, がほんとう, が注意, が熊さん, が目的, が臣下, くらいの景色, すなわち女, だ, だけの構, だけは屹度, でも, でも外来, でも足りぬ, で充分, というも城内, ならば, なん三百六十, にはなにか, には年数, の子, はいっさい, はいったい, は互に, は些少, は共同生活, は即ち, は定石, は幼い, は強烈, は此行四人, は浴衣がけ, は甚殘念, は田村左四郎, は私, は華奢, へ, までにされ, までのよう, もた, も分らぬ, も又, も知らぬ, も要らぬ, も足利党腹心, や一夜, よりは隠, より伊勢路, を名づけ, を脱い, を見, 相見

▼ ぬ~ (53, 0.0%)

3 ぞあの, の可憐さ 2 だと, である, で早くから, になった, の名, は鬼っ子

1 [35件] か彼女, があっ, が多い, が皆, であった, ではある, としてその, となった, なれば, になる, に母, に油断, のお, のなど我が, のやう, の亡骸, の方, の淋しく, の薄, の行い, の鬼子, はさらに, はなき, は鬼子, まで成せ, を, をみごもった, を叱らない, を子, を諭す, を連れ, を門辺, 煩惱などは, 狗が, 鼠の

▼ ぬ性質~ (53, 0.0%)

22 のもの 3 だから 2 であった, であつ, を持っ

1 [22件] かも知れない, があつ, じゃ, だ, だったから, であったから, である, でわたし, で他, として到底, となる, とは幾許, と化した, なの, なり是犬, の一部, の好い, の容疑, を備え, を帯びた, を持つ, を見抜き

▼ ぬだけの~ (52, 0.0%)

2 重要性を

1 [50件] お支度, こと, ことじゃ, ことに, とむらいを, ものに, ものを, 事は, 人間に, 価値が, 信念が, 力の, 取締りは, 地は, 天分を, 心構えを, 心遣いは, 意味でなく, 教養も, 文明に, 本来の, 極端なる, 理由で, 用意が, 策略を, 約束が, 美容の, 自信は, 自信を, 自負心を, 落付きと, 裁の, 装飾仕, 覺悟は, 言葉が, 話かも, 話で, 話である, 財を, 資産が, 資金を, 速力で, 速力を, 違いじゃ, 金を, 金額に, 長さ, 雅量を, 馴れと, 魅力を

▼ ぬ~ (52, 0.0%)

2 が私, が膝, に手巾, の様, を流し

1 [42件] か, がその, がにじみ出た, がはらはら, がひたす, がぽたぽた, がわい, が出, が含まれ, が湧き出た, が滾れ, であったとしても, でしたから, ではなかっ, にてこの, に掻, に掻き暮れ, に浮き, に濡れる, に霞む, のおのずから, の憂き, の淵, の熱, の痕, もあったろう, もある, もほろほろ, や音無し, をかくして, をこぼした, をとおし, をながす, を噛み留め, を墓前, を手, を払った, を拂, を決して, を流そう, を私, を見せ

▼ ぬ~ (52, 0.0%)

43 である 2 にも少から, に用, の用意

1 [39件] か気持, このよう, ずっと右, だ, だから, だつた, だらうが, であった総て, である夫, であろうか, でもあらう, で有ろう, と身, にする, にそれ, に両立, に全体, に又, に反動的, に四肢, に天井, に屋上, に常に, に或, に攻められかかった, に特に, に生命, に疑ひ, に皮屋, に祟る, に読み始めた, に車, に遷延, の嗜, の禁欲, の策, の蕗, 押し入れ毛皮, 見るに

▼ ぬ美しい~ (52, 0.0%)

4 この老い 2 声の, 女が, 娘, 色を

1 [40件] お心, ことや, のが, ものに, ものの, キャバレーで, 一ツの, 上品な, 世界が, 印象を, 声が, 声と, 声を, 女と, 実が, 容貌が, 少女が, 山水を, 微笑によって, 心が, 心の, 想ひ, 愛で, 日に, 椀と, 椅子が, 模様を, 熔岩は, 絃の, 結綿の, 色の, 花が, 芳香が, 變貌を, 顏を, 顔が, 顔だった, 顔に, 顔を, 鳥の

▼ ぬさき~ (51, 0.0%)

3 から, に 2 に大, に蹴られる, の世

1 [39件] からひったくる, からもう, から乳母, から何となく, から妙, から尻込み, から猫, から私, から葉藏, から首肯いた, から鳴かう, にいかで, にいちはやく, にうり出し, にすり出し, にそっと, にといそぐ, にに屡, にわが, に先ず, に口走っ, に君, に帰られ, に彼女, に御前, に戦争, に手, に払, に汝, に綱手, に資朝卿, に遁, に運試し, のお, へ立っ, よりぞ, より恐ろしい, より早く, 織を

▼ ぬ~ (51, 0.0%)

2 だ, だと, と見えた, なれば

1 [43件] かけても, じゃ, ぞ彈丸, だがもう, だにあら, つれなくも, であるの, でしたらあの, です, というなら, といま, となりし, との実感, と思った, と甚七, と知っ, ながらえて, ならば, ならまし, ならめ, なりけり, にきまった, になっ, に代, の一筋, の恩人, の早く, の男, もいざ, より明らか, をつながん, をむざむざ, を大事, を存ら, を思っ, を愛しみ, を捨てぬ, を欲する, を歎, を無用, を生きる, を生むであろ, 同じくは

▼ ぬ~ (51, 0.0%)

2 供は, 溝の, 蝶なんぞは, 造りの, 駅に

1 [41件] い方, つぶが, なるもの, な町, ブルジヨアが, 伜が, 供に, 供も, 供を, 商人は, 婢の, 學生に, 家が, 店員を, 庭には, 庭を, 改良と, 旗を, 智恵で, 桜屋の, 椿水に, 民の, 汽船が, 法師に, 点あり, 猫かな, 猿の, 窓を, 端艇に, 競合を, 笹原と, 萩からの, 萩この, 萩その, 萩たとえ, 藩だ, 輩なら, 部屋が, 隆起が, 駅が, 魚が

▼ ぬ~ (51, 0.0%)

7 の夜 4 の日 3 の香 2 のこころ

1 [35件] が参りました, が早く, が来た, と秋, なけば, のあけぼの, のあさ, のあわ雪, のくれ, のなかば, の天下, の床, の旅人, の日影, の景色, の月, の月八阪, の氷, の稲妻, の草, の雲, の鳥, の鶫, までの内, もやや, も遠から, やむかし, や昔, らしい感じ, を催しやした, を匂, を呈し, を彼ら, 過ぎ去りて, 鳴けばといった

▼ ぬすっと~ (50, 0.0%)

3 がくる, の汚名 2 うと, うを, だ, の罪

1 [36件] うか, うが, うに成っ, うの領分に, うめ, う女, が入る, が逃げ, じゃねえ, たちの, だぞ, だとか, だなどとは, です, なんて云われた, にされた, にされる, にし, にはいられた, に金, のにせ, の下手人, の元締めさん, の同類, の家, の手がかり, の用心棒, の男強盗, め, めが, もある, をしない, 何人が, 待てと, 根性が, 猫の

▼ ぬ~ (50, 0.0%)

10 あらうが 7 せう 6 あらう 3 あらうから, せうか, 漸と 2 あらうに

1 [16件] あらうし, あらうでは, あらうやう, あらう個所, あらう安堵, あらう家, あらう無, いたが, いた方, せうが, せうと, そのとき, どういたします, ドウし, 云い張ろうとしても, 押し通した

▼ ぬほう~ (50, 0.0%)

9 がいい 6 がよい 3 がよかろ, がよろしゅう 2 が無事, が賢明

1 [25件] がおかしい, がなにか, がなんと, がよかっ, がよろしかろ, が倖, が多い, が安全, が当人, が父子いずれ, が都合, だ, でご, に外れ, に連れ, の山内, の男, へたぐられ, へと三人ひとかたまり, へと飛ん, へ伸び, へ来ぬ, へ眼, らしい, を通る

▼ ぬだけ~ (49, 0.0%)

12 である 54 では 2 だと, なの, 媒介者との

1 [22件] それだけのんき, それだけ猫, だったの, でか, でなく興味, で人, で実際, で漸次, で無く, なお勝入, ならまだ, よいぞ, らしいですね, 一層平和, 余計に, 別に何ん, 却って仕合せ, 皆様が, 私の, 賢明であった, 身體の, 霜雪を

▼ ぬながらも~ (49, 0.0%)

1 [49件] あの怪しい, うらやましかった, お懲らしなさる, この愚楽, この正成, この辺, この邊, これが, すぐと, その言葉, それでいて彼女, それでも一生懸命, とかく兄, とにかく敵, ともかくこの, どこかの, やさしきもの, 一言もの云え, 不遇な, 佐々成政北陸に, 何か, 兵員たちと, 其金子を, 刀の, 切合を, 取敢, 同行に, 唯今の, 帰らねば, 幸子だけは, 心の, 最早や, 東宮御所の, 歌の, 気に入って, 水の, 生涯を, 皆誠, 真裸で, 私は, 積って, 縁台の, 群小諸山の, 考えて, 自信の, 読んで, 退屈せず, 長年馴れっ, 頭を

▼ ぬ苦労~ (49, 0.0%)

9 をした 4 をし 2 がある, をする

1 [32件] があった, があったであろう, があります, がいる, が多, だったろう, であって, でございます, で千浪, といふの, とか或は, にぶつかった, に窶れ, のすえ, のほどを御, の山々, はあつ, もある, もしなさんす, も少ない, をかけた, をし続け, をなめました, をもした, をもっ, を嘗め, を掛け, を積ん, を要した, を諄々, を重ね, を重ねる

▼ ぬ~ (49, 0.0%)

7 の中 2 となっ, に降りいでし, の底

1 [36件] がある, がいつ, だ, だつた, だまり, であった, とし, となった, となつ, となり, と変りはてた, なので, にかがまり, にとざされた, にとざゝれ, にムダ, に住みな, に堕ち, に彷徨, に槍, のうち, のかなた, のくるめき, のただ, の世, の世界, の人, の夜, の如く, の手, の方, の森, よ, をつよい, を境, を辿っ

▼ ぬわが~ (48, 0.0%)

2 こ, 前を

1 [44件] あがき夢と, あそび色, かなしみを, かひな, こころ, これを, そよぐ舌, 世の, 二十五の, 侘住居, 厭離の, 墓の, 夢に, 左手の, 影を, 心中の, 思, 思ひ, 思ひわ, 思思を, 恋か, 日本だけ, 春とは, 最愛の, 望みの, 汗の, 泣く涙, 生命を, 眉間の, 知らぬ大き, 終焉の, 胸に, 胸の, 著作を, 誕生の, 身一つは, 身体にも, 過去に, 道州には, 髪の, 魂の, 魂は, 魂よ, 鳥は

▼ ぬ一つ~ (48, 0.0%)

3 のもの, の謎 2 の姿, の水草, の理由

1 [36件] だったの, であらう, であります, の, のこと, の乃至, の予感, の事実, の力, の動き, の勤め, の声, の外的, の存在, の客観的, の対象, の心, の悪, の愛, の点, の状景, の現実的, の癖, の眼, の秘密, の絶対性, の藝術, の衛生上, の言葉, の記憶, の電燈, の面, の鞄, の香, はお, は恋愛

▼ ぬ若い~ (48, 0.0%)

3 女を, 男で 2 女, 娘を, 憧憬に

1 [36件] が二たび, の聞かっし, の聞かつ, フランスの, レヴュガールを, 主という, 人, 人達が, 人達に, 内儀さんの, 女が, 女と, 女共が, 女房の, 姉弟であった, 姉弟衆の, 娘さんたちが, 娘の, 婦人は, 少尉も, 教師を, 教授を, 日本人を, 時分には, 男が, 男に, 男女の, 白人の, 盛りの, 美女を, 者は, 芸術家たち, 虎は, 記者が, 身空で, 車掌の

▼ ぬ~ (48, 0.0%)

4 の事 2 であつ, である, で面籠手

1 [38件] から凡太, から又, から折, から私, から耳, から聞えはじめる, かれこれ十六七年前, そのあたり, だ, だった, だつた, だと, であたり, であった, であります, では, なので, にあった, にお, において信長, にその, にて兄, にはユリ, には彼, に作った, に出立, に四五歳, に成つたの, に新, のこと, の記憶, は享保十一午年, は重, より苦しき, をはかっ, 御主人, 育ったとは, 醜いしかも

▼ ぬくらいの~ (47, 0.0%)

2 ものである, 声で, 深い眠り

1 [41件] おそろしいもの, かすかな, ことは, ところである, なりを, カヌカが, 亀裂が, 事だろう, 低い声, 円筒形を, 凡倉である, 剛猛な, 力で, 動揺を, 勢いを, 問題です, 善人かつ, 大きさ, 大規模, 宏壮さである, 寒さ, 小さな声, 恐ろしい勢力, 意識状態に, 懸念は, 理性が, 生活が, 破戒無, 素早さ, 表情を, 覚悟で, 財産を, 身代を, 身動きを, 速さ, 道程を, 邪魔物でありました, 金を, 隙間から, 障壁が, 額だった

▼ ぬのみ~ (47, 0.0%)

4 ならずまた 3 ならずかえって, ならずその, ならず自分 2 ならずそれ

1 [32件] であつ, である, でなくこちら, でなくまた, でなく恐らくは, でなく諸, では, で無く, ならずただ, ならずたまたま, ならずむしろ, ならず一切他家, ならず二者, ならず今日調査, ならず卻つて禍, ならず反って, ならず吾等, ならず地, ならず増すばかり, ならず天稟, ならず家族, ならず常, ならず更に, ならず河, ならず清国, ならず現に, ならず第, ならず罪科, ならず自己, ならず舞台表現, ならず藤崎, ならず語句

▼ ぬ~ (47, 0.0%)

5 の詞 43 なので 2 を動かし, を開い

1 [31件] であったな, であるが, でそう, では唯, で何, で母チャン母チャン, で飲む, とがある, と広く, ながらゆっくり, ながら二つ三つ老人, なの, にこそ, にその, にてお, に指, のき, のゆがめ, のよう, の上, の初, の塩谷氏, の苦, は発くまい, まで寒し, も利けぬ, をかたく, をきい, を利かぬ, を利くなっ, を開き

▼ ぬ時間~ (47, 0.0%)

3 の間, を費した 2 がある, であつ, のうち

1 [35件] がもう, が経っ, が迫つて, しかもたない, だった, で急激, で運転, というもの, といふの, となつて, と精力, なぜなら, に妻, に家, の中, の切迫, の差, の意味, の損失, の距, は私, もいらぬ, をしい, をとり, を努めて, を善意, を存分, を持ち, を私, を空費, を費やさされた, を費やした, を選んだ, を食い, を食った

▼ ぬ相手~ (47, 0.0%)

3 のない 2 です, は荘田勝平

1 [40件] から引っ, が君, だぞ, だ勇, であった, でございましたため, でござる, ではあった, ではない, とさ, とでも協同一致, とながめ, とみた, と暗闇, と結婚式, と見破りました, にしたく, につかまった, にどう, にどなりつけました, にもせぬ, にもなっ, にピンピン, に叫び, に小言, に歎息, に添, に見, のため, の境遇, の女, の女房, の性格, の氣組, の水司又市, の白い, の調子, は真理, まで自我, を警戒

▼ ぬ~ (47, 0.0%)

2 なれば, に尋常

1 [43件] があった, が方法, しかなかっ, ぞ悲しき, だけにかえって, だと, である, でしたが, です, というもの, とさとり, と知っ, にさ, にま, に唆, に踏み迷っ, に踏入つた事實, のみを前方, の夜, の手, の辻, の長路, はあるまい, は片割月, ふさぎの, まで苦労, まよ, も日數經, をう, をとく, をやや, をガヤガヤ賑やか, をグングン, を一歩一歩, を一途, を卜, を参ります, を安心, を急いだ, を急ぐ, を波, を迷いあるき, を通っ

▼ ぬくらいに~ (46, 0.0%)

3 なって 2 なった

1 [41件] くしゃくしゃと, これが, しっかりし, して, なった闇, なまぐさくまた, はっと一瞬, ふてくされて, よく出来た, ブルブルと, 不安である, 不安に, 不敏の, 単純だった, 呼吸づまり緊張し, 土砂降りで, 変る, 多くを, 大切な, 微かで, 怒って, 愛して, 手強く打たれ, 昂奮し, 明るく非常, 柔らかである, 気が, 流れて, 物凄く杉木立, 狼狽した, 発展し, 直截である, 硬ばり切っ, 祖国を, 考えて, 自分の, 血を, 貴い品性, 酔って, 長く感じた, 静かな

▼ ぬには~ (46, 0.0%)

8 あらねど 5 あらず 2 あらざれど

1 [31件] あらざるべし, あらじ家, あらじ明日, あらねども, おかぬの, きまって, ただ嘉吉, なけれ共, へんに, また嘉吉, 人間やはり, 仕方なし, 余りに長い, 原因が, 古く理由, 困って, 困りはてる医者, 困りはてる醫者, 定まらずあわよくば, 実に感心, 有まじ, 此上も, 甚だ困り, 相違ない, 限らぬなるべしおそろしき, 限らぬの, 限らぬ箪笥釣台, 餘り, 馬の, 驚かされました, 驚かざるを

▼ ぬ二人~ (46, 0.0%)

2 の間

1 [44件] がなか, が味方ほしさ, が辨當, が間, だけの離れ家, だと, であった, でありましヨ, である, であること, なの, にもしも, に候え, のさけび, の上, の争い, の二十女, の人物, の人間, の命, の問答, の女, の子, の子供, の宿縁, の忍耐, の息子, の情, の意気込, の意氣込み, の男, の目的, の神, の美くし, の若々しい, はすでに, はよしや, は只, は最早, は見返り, は長い, へ笑顔, を引き出し, を目がけ

▼ ぬ~ (46, 0.0%)

2 がお玉さん一家, がこの, とは思う, のみ多い, も立つ, を伝えられ, を立てた, を立てる

1 [30件] あり, があり, がある, がいったい, がなかなか, が私達, が立っ, が立てられ始めました, が飛びましょう, さえ立っ, であった, です, でも流れ, でも立つ, でも聞きたがり, とはどの, とは伝四郎, などされる, に猛り立った, はこれ一ツ, までを鎌倉, やかげ, や風聞, をされる, をたて, をもした, を為, を立て, を立てさせ, を立てられ

▼ ぬ~ (46, 0.0%)

2 だと, と戦う

1 [42件] がずいぶん, が多い, ぞときつく, であった, である, であるが, です, とかく, として重視, と争っ, と何, と取っ組み合っ, と怖, と見, なので, におどりかかっ, には手出し, には施す, に一太刀, に会っ, に対して身構え, に怯, に惱, の中, の喊声, の恐怖, の持久策, の総帥孫策, の首, はぜひ, はな, や災い, を作った, を兵, を向う, を想像, を打つ, を有る, を見かけた, を軽, を近く, を追い払おう

▼ ぬ義務~ (46, 0.0%)

13 がある 3 はない 2 があった

1 [28件] があつ, がどこ, が残っ, が生ずる, だ, である, でもあった, と云う, のある, の増大, の有る, の負担, はある, はないでしょう, はなく, は持たぬ, は無かっ, もない, をそれ自身, をわすれ, を他人, を意識, を感じ, を持つ, を有し, を果した, を課せられた, を負

▼ ぬかといふ~ (45, 0.0%)

3 ことを, やうな 2 ことである, やうなおも, 心配が

1 [33件] ことが, ことなぞも, ことは, こと若し, 不安と, 事に, 交渉が, 位の, 勧誘を, 危惧を, 問ひであつ, 問題が, 問題です, 問題ほど, 夢幻の, 妙に, 工夫を, 年配の, 懸念も, 打算的杞憂から, 様な, 点である, 点に, 理由を, 用意の, 疑を, 疑問が, 程なる, 論旨で, 警戒を, 風な, 風に, 鼻息で

▼ ぬ美し~ (45, 0.0%)

12 さを 8 さが 4 さの 3 さで, さと, さに 2 さ, さだ, さです 1 さである, さとが, さな, さに対しては, さ清らかさ気高, さ若々し

▼ ぬ興味~ (45, 0.0%)

4 を持っ, を覚えた 2 がある, をもっ, を有する

1 [31件] と勇気, と恐るべく, と情趣, と色彩, のため, の念, の泉, の源泉, の的, はあった, をそそっ, をそそられ, をひいた, をひく, をもった, を与える, を以てその, を惹かれた, を感じ, を感じた, を感じる, を持ちはじめ, を持った, を有っ, を有つてそれ, を添えしめる, を覚えたらしく, を覚える, を起させるであろう, を面, 強いて言え

▼ ぬ関係~ (45, 0.0%)

7 がある 5 にある 3 のある

1 [30件] ありて, から主観的, から山の手, から羽目, があっ, があった, があったらしく, があるであろう, がついた, ができ, が出来, が募り募っ, でそれ, でも出来, と説く, にあった, になっ, になった, にまで近づい, に嵌め込み, の底, の所々, の競争者, はない, をたくさん, をもっ, を有し, を有っ, を生じた, を結びました

▼ ぬでも~ (44, 0.0%)

15 なかつた 7 なかつたが 5 御座りませぬ 3 他の

1 [14件] いい, いいし, いけるかも, かまいませんが, これは, なかつたものの, よろしいの, 人は, 兄上, 大分に, 宜しい手前, 幾らか慣れ, 構わないけれども, 陰気な

▼ ぬ子供~ (44, 0.0%)

3 の心, もなし 2 のやう, の時, の時分

1 [32件] あまたおもしろ, がいる, が戀, だけが殘つて, っぽい豹一, であった, と云い閉じ込める, に酒, のすて, のそば, のそれ, のよう, のよそ, のアスピレーシヨン, の事, の愛, の方言葉, の智慧, の耳, の親代り, はできない, ばかりだ, もおお, もほとんど, や厚かましい, らしい喜び, らしい声, らしさ, を孕ん, を思い切る, 生むとも, 見惚

▼ ぬ~ (44, 0.0%)

3 がする 2 がした, に御返事, の毒, を起させた

1 [33件] おくれを, から毛嫌, がし, がとめど, であつ, である, でさう, で一口, で二十一歳, で考へた, と優し, にても金子, になつて來, になり, に靜, のお, のきつ, の大尉, の小, の毒至極, の氣象, の無い, の爺さん, の狂, の腕白小僧, の諸, はひ, らしさ, をさ, 取られては, 高い情, 高い淒, 高さ

▼ ぬ道理~ (44, 0.0%)

10 である 6 はない 2 が有る, だ, であるが, です, はありません, はなく

1 [16件] がある, が分っ, ござりませぬ, じゃ, じゃ歩兵隊, であるから, でしょう, でやはり時々, で昔, で有る, で風流, とは申せ, の分らぬ, はあるまい, はなかろう, は無い

▼ ぬばかりか~ (43, 0.0%)

1 [43件] うかうか世間, おのれも, かえってそれ, かえって身辺, かつて自分, きびしい目, この態, こんな物, その感情, その片鱗さ, その聞き, それは, たうとう, だんだん右, どうかした, どんなに血, むしろ迷惑, カムポスが, フシが, 一語の, 主命も, 伝言を, 八月中よりも, 其の名, 却っていつの間にかこちら, 却て, 四隣に, 大風で, 客来の, 弾力ある, 彼の, 御自身, 恐らく内心, 日を, 昔に, 横柄の, 次々と, 狂ほしい, 目に, 腰や, 路で, 除害工事も, 雷霆の

▼ ぬ~ (43, 0.0%)

2 であるから

1 [41件] ありと, から国, から持てる, がありましょう, があろう, だけにいつ, だと, であった, であります, では特別, と見え, と見える, なの, なればこそ, においては結婚, にわれ, に値, に渡り, のことば, の中, の中央, の人間, の力, の名, の困難さ, の大船, の思わぬ, の村落, の王様, の秘事, の風景, はありません, は戦争, は極めて, へ, へおい, へ渡っ, へ漂泊, を取っ, を旅行, 或は異国

▼ ぬ~ (43, 0.0%)

2 だそれ, を人

1 [39件] があった, がいる, がかかっ, がどれほど, が二三万, が入っ, が報酬, が少し, が必要, が欲し, が轉げ, さえ出せ, だった, だ仕方, である, です, で買う, とでもいう, となった, なり斷念, なる時, なんか儲けなく, にさ, にさえなれ, の亀, をつぎ込ん, を使わね, を借りた, を入れた, を工面, を拐帯, を拵, を更に, を渡し, を盗られた, を費, 受取る事大嫌, 渡せしに, 遣わないで

▼ ぬまた~ (42, 0.0%)

2 無は, 誰も

1 [38件] おかしからずや, おそらく思惟, この店, する気, その中, とれぬ男, どの点, もつて, わたくしは, 一つ, 一定の, 一家の, 両立し得ぬ, 事実そんな, 利口かも, 勇にのみは, 古代印度のみ, 外に, 天使等は, 恐らく思惟, 戦地へ, 持病を, 新たに, 更に, 男子をも, 知った人, 知つてゐ, 知りたくも, 美味いの, 自ら持する, 若し繋, 蘭医養生所の, 裸に, 話して, 起ちて, 軍隊も, 重成法師の, 風を

▼ ぬ用心~ (42, 0.0%)

3 である, をし, をした, をする 2 のため

1 [28件] がこの, が第, が肝腎, さつせえと, して, しや, するなり, たる事, だ, だという, だろう, であった, であろう, であろう函, ででも有ろう, として警察, とにある, なりとて, に, に寒気, に岩, に平次, に指, に涼傘さ, に靴, に風呂敷, は昔氣質, をしなけれ

▼ ぬ魅力~ (42, 0.0%)

4 がある, となっ 2 です, をもっ, を感じ, を感じる, を発揮, を覚える

1 [22件] があります, がそこ, が私, である, で牽きつけられ, というもの, とならず, とを持っ, に心, に酔い, の持主, をさ, をさえ感じ, を与え, を以てぐんぐん, を以て三郎, を感じた, を持っ, を持った, を有, を見て取, を覚えました

▼ ぬやつ~ (41, 0.0%)

82 じゃ, なの

1 [29件] がおる, がこの世, が世の中, が加十, だと, だな, だろう, でず, でのう, ではなかっ, とは一語, と見, にまで引つたくられる, の傍, はこの, はない, は厳罰, は弟子, は政治家, は斬る, は木佛金佛石, は末, は柔道, は蛆虫, は軍律, は近頃, への見せしめ, ほど恐い, をね

▼ ぬ一人~ (41, 0.0%)

5 の女, の男 2 で着る, なりしが, の水兵

1 [25件] が声, して, じゃ, であるので, でございます, です, ですが, と一人, になった, によって表, の中年男, の他人, の侍, の夜, の小さな, の少女, の巡査, の清い, の無法者, の童子, の老女, の若い, の見物人, の香具師, 出すよう

▼ ぬ~ (41, 0.0%)

3 のお 2 の夏書

1 [36件] お夏, がやつぱりたゞの肉体, がバンジョー, が妻, が立っ, が立つ, が自分, だったが, だつたが, である, であるから, でご, でした, で人, と, としか考えられぬ, としては出来過ぎ, とのこと, には軽い, に天, に打たせた, の, の心, の性格, の愛人, の放埒, の胸, の萩野, の身の上, の顔, はやう, は美形, も無い, を一人, を仕立てる, 打遣つ

▼ ぬ~ (41, 0.0%)

3 しさ 2 に続け, ま, れ, を攻むる

1 [30件] からも感じる, ながら歌, なれど, なれば, に足らじ, の苦しく, はかく, はみぬ, はわが, はわが身, は夜もすがら, は感謝, は敢, は汝, は生, また盲, も眠く, も覚悟, も親しく, やにほひ, れいかばかり, れに, れも, れ遠き, を, を居らせ, を梟, を見, を見た, 力もて

▼ ぬ~ (41, 0.0%)

3 の中 2 のお, のよう, の上

1 [32件] だ, だったが, です, というもの, に, になった, になつたの, により, に映つる, に枕, に縁, のただ, の其方, の分配, の渦卷, の湧く, の瀬, の相, の隈, の静かさ, の面, は唯, は朦朧, は絶えず, ばかりを飲ん, や燃料, を司る, を探し求め, を渡りぬ, を見よう, を飮む丈, 慣れぬ気候

▼ ぬ喜び~ (40, 0.0%)

4 の不安 3 を感じ 2 の色

1 [31件] がハッ, が心, が生れる, だったろう, であった, であり感激, で最う, とは何, と丹精, と初めて, と平和, と幸福, と満足, と驚き, に出, に彼, に浸りました, に胸, に輝く, の一つ, の因, の姿, の海, の表情, や悲しみ, を人, を別ち, を感じた, を持つ, を結びつけ, を與

▼ ぬ故に~ (40, 0.0%)

2 や候らん, 歌が, 違ひない

1 [34件] あえてこれ, いつも平和, かねて用心, この三月十四日, この入門書, こんな方法, たと, 一時は, 主観の, 主観は, 人間は, 偉大だ, 傍に, 吾, 大抵城と, 子供を, 年季の, 彼には, 後悔せず, 愛しく日, 日中は, 本郷より, 果して化, 物自体は, 特に原文, 特に説破, 生活の, 甲冑を, 発明も, 研究し, 神に, 節度無き, 老王, 適に

▼ ぬ秘密~ (40, 0.0%)

1 [40件] があ, がありましょう, がある, がなけれ, が潜ん, というもの, として持っ, なの, ならば, な力, な半面, に突入, のもの, の事, の仕掛け, の品々, の実在, の希望, の役目, の方, の核心, の深, の点, の生活, の臭い, の通路, の逢い, の隠れ井戸, は形式, までもうち, やら事情, をお, を伝授, を打ちあける, を抱い, を握っ, を残らず見とどけた, を聴き出した, を蔵する, を隠し

▼ ぬ結果~ (40, 0.0%)

4 になっ 2 になつ, に陥る

1 [32件] いちいち指揮官, かと考え, からだった, であった, であります, であろう, でした, として他, となつ, となる, なるべしと, になった, になりました, になろう, に至る, のこと, の敍述, をもたらした, を來, を呈出, を必然, を思い出す, を惹き起こす, を招いた, を招く, を拾つた有様, を来たす, を生じた, を生じる, を示し, を見る, を齎す

▼ ぬ~ (40, 0.0%)

4 の中 3 なれば 2 のときめき, の内, の波動, も

1 [25件] うらめしく君樣, に一物, に十字, に捨て, の, のお, の動揺, の動搖, の嵐, の思, の悪く, の戦き, の秘奥, をやっと, を抱いた, を抱か, を押, を更に, を痛めける, を秒ごと, を落ちつける, を討ち, を躍らせ, を運ん, 悪さ

▼ ぬげに~ (39, 0.0%)

2 もげにも

1 [37件] こうして楽しみ, こうして歩い, ためらいはじらいつつも, と種々, みられました, 与里は, 世の, 余吾之, 例の, 勇ましき光景, 右手の, 奥の, 寒さ, 寝つづけて, 帳場の, 弥生の, 御座れば, 快く眠っ, 悠久と, 昂然として, 暖かに, 校庭に, 残暑の, 気を, 用人黒川と, 眠って, 眠る貞世, 空嘯いた, 臥て, 見えた菊路, 見え申した, 見ゆ, 見ゆる武骨一遍, 見ゆれど, 言い出すの, 言うと, 静かな

▼ ぬ~ (39, 0.0%)

52 いたらく, がらで, ならぬて, 乗ると

1 [26件] あいばかり, いだったが, いです, いで脅えきって, えから, え云え, え彼, え是, え気の毒, これから愚僧, ためしして, っちゃん, ふ義, ふ自暴気味, ふ見解, ふ長安, まえの, ゆらぐも, わざわざ石灯籠, ハッハハハ, 何うし, 併し, 口唱し, 泣癖が, 湯に, 第一

▼ ぬ~ (39, 0.0%)

3 が名 2 かな, かも, が室内

1 [30件] がこと, がさま, がそれ, がにほひ, が御代, が春, でもない, と君, と夕占, と歩みし, と雪江さん, なれど, にあ, に後れ, のかた, の名, の心, の恩, の頼み, はいま, はつれなし, は寂しき, は騎士, もうた, も恨めしく, わびず隅, をいつしか, を待つ, を思ひ切り, を思へ

▼ ぬ心持~ (39, 0.0%)

2 がする, であつ, でした, で床

1 [31件] がした, が淋しい, が自分, であった, である, でいた, でござるよ, でしたの, でどこ, でまず, でゐた, で三十分余り, で時々, で白骨谷, と世間, と全, にい, にした, になっ, になった, になる, に暫く, のした, のする, の準備, の隅, もした, をのみ起さしめる, を或, を托し, を有つて

▼ ぬ~ (39, 0.0%)

3 の様 2 の時

1 [34件] うるさいことおさつ, おくに, のくやし, のけばけばしい, のタンク, のポール, の上, の仕事, の利己主義男, の地球, の場, の塩から, の壮, の夜, の子, の季節, の家, の密教, の心理, の思ひ出よ, の手袋, の時代, の有様, の機, の無用, の狼狽我, の目的, の窟, の老女, の耄碌婆め, の者, の蔓草, の頃, の風土

▼ ぬ羽目~ (39, 0.0%)

7 になった 3 になっ, に陥つた 2 になつ, になり, に陥る

1 [20件] となった, とは違い, にいる, におちいった, になったらしい, になりました, になりましょう, になる, に置き, に自分, に落ち込んだ, に追, に追いたて, に追い込んだ, に陥ち込んだ, に陥っ, に陥った, に陥つ, に陷, を外し

▼ ぬ~ (39, 0.0%)

3 である, にはゆかぬ, にゆかない, に行かなかつた 2 でありますが, であるから, です, にいかなかつた, には行かない

1 [17件] ある故, だが, であります, でありません, であるが, であるけれども, である確實, ですて, でもある, でもない, なれど, にいかなつた, にはならぬ, には行かぬ, にゆかなかつた, にゆかぬ, に行かなく

▼ ぬいや~ (38, 0.0%)

2 で成らぬ田舍, な感じ, な臭い, 鳥に

1 [30件] あな気持に, これだろう, これは, そう断定, その三十円, それが, それ以上の, でも書かね, で成らぬ田舎, とはいわせねえ, なこと, なにおい, ならいや, な心持, な笑い顔, な縞, な臭, な音, にやにさがった, にナマ, に道徳的, はつきりとは, はや掏摸, もう来, も頓, 最後に, 無駄に, 解ったつもり, 解つた, 鎌倉中の

▼ ぬかぎり~ (38, 0.0%)

10 もない 2

1 [26件] あり得ぬこと, いろいろと, この中, その気流, たんに, なり, はたとい, はわれら, はコタツ, は人, は勝負, は寸時, は殘らん, は活動力, は百姓, は省みられぬ, は真, は社会的, は秀政, ほとんと, まずあんた, まだ当分, もあるまい, やがては, 到底できる, 踏み出せなかった

▼ ぬただ~ (38, 0.0%)

1 [38件] あくまでも此処, あなた方に, あの漆, いまでは, お芝居, この太刀先, その上, に愛しき, の十八文, の太郎次郎, の怪訝, の石ころ, の野武士, ひとりの, われらの, 一つの, 一本の, 事実上にのみ, 今日はじめて, 先陣の, 吾, 夕顔の, 外観的な, 好きな, 幼児の, 恐ろしい, 抜群であれ, 本能的な, 気長く, 沈黙そのものに, 淋しいところ, 生きたいから, 科学さえ, 詩の, 貴嬢, 郁太郎の, 静かな, 願うは

▼ ぬ他国~ (38, 0.0%)

2 のよう, を旅

1 [34件] から遠く, から金, での辛苦, では怪しん, でほんとう, で偶然同郷, で同国人, で如何, で解散, で辛い, にあっ, にいる, に行かね, のこと, のもの, の人, の奥州くん, の我, の敵, の旅, の旅客, の道, の都会, の雪霜, へなんど, へも平気, へ出る, へ参りまし, へ参ります, へ苦労, へ走る, も同然, を当て, を流浪

▼ ぬ樣子~ (38, 0.0%)

5 です 3 で平次 2 であつ, である, にお前さん

1 [24件] あらぬ方, でした, で人々, で問, で彼, で支配人, で板の間, で疊, で相, で眉, で賑やか, で這, なので, なりしが, なりそれほど, なれば, にてイヤモウ意氣地, に平次, の元, は映つた, をした, をその, を見, を見る

▼ ぬ決心~ (38, 0.0%)

4 で出 3 をし, をした 2 が自然的, でございます, をかため

1 [22件] か, がいる, が見られた, さえ必要, したと, であった, であったが, でありこの, という話, にて, のもと, の奴, はかえって, は眉, をしたらしい, をつけた, をどうしても, をもっ, を取った, を示し, 告げるに, 故さよう

▼ ぬ~ (38, 0.0%)

2 ではない, の敵

1 [34件] が体, であつ, となっ, と母, にとって恩給, に焼き直せ, に話せ, に誇る, のそば, のま, の介抱, の円団治, の出現, の墓前, の姿, の怒, の正直, の死, の眼, の言葉, の記念, の身, の顔, はお茶, はつひ, は久々, は彼自身, は結いあげた, ほどに實際, まつる日, も泪, を帰る, を恨めし, を見出した

▼ ぬ~ (38, 0.0%)

5 をつけられた 2 に恬然

1 [31件] がある, がつい, がつきかけ, がぬけない, がまだずいぶん, で始終, とのこと, に, にお, にここ, にた, になんとか, にわかい, に一寸好き, に人, に何, に十八, に大分頭, に大切, に急, に悪念, に憎い憎い, に発作的, に私, に耶蘇教, に金銭, のある, のかなし, の嗅ぎ煙草, の彼, らしい

▼ ぬ苦しみ~ (38, 0.0%)

2 なの

1 [36件] が有っ, が深く, さえなかっ, だ, だ私, であった, であったそう, であつ, でいつ, でございました, です, に, にもさして, に対して恐れ戦く, に御座候, に襲われ, の, の態, の涙, は忍びよう, もいろいろ, や寂し, をし, をした, をする, をなめ, をマッチ箱, を何, を味, を感じ, を持つ, を甞, を良人, を苦しみ抜い, を苦しみ抜く, を身

▼ ぬ調子~ (38, 0.0%)

52 であつ, で一, で男

1 [27件] がいよ, がふくまれ, だ, だったが, であった, でいう, でおう, でことば, です, でそんな, でぺらぺら, で太鼓, で役目柄, で掛けた, で現われ, で答えた, で言, で言った, で話しかけ, で話しかける, で返事, で述べ立てる, につれ, になります, のいい, のもの, はやりきれない

▼ ぬ~ (38, 0.0%)

4 之丞 3 の上, の中 2 のよう, の衣, はまんべんなく

1 [22件] がますます, ぞ降りける, となり, ともいひ, のそれ, のみぞふる, の伊勢佐木町, の原, の庭伝, の日, の深い, の深山路, の紅梅, の結晶, の音, はいよ, は一時間, ふかい連山, もかなり, や来ん, を履, を踏しめ踏

▼ ぬ~ (37, 0.0%)

1 [37件] があたふた, が自ら秀子, であるけれども, と春子, と権田, にさえそれ, には不思議, には余, に死, のいかで, のごとき, の刺された, の叔父, の名前, の思い得ぬ, の意見, の来る, の自由, の頭, はついに, は何, は何事, は倫敦, は其の, は又, は必死, は悶, は意思, は慰め, は昨夜探偵森主水, は曠野, は此, は足, は迫, は遽しく, は頭, は顔形

▼ ぬ因縁~ (37, 0.0%)

2 がある, が時, でありました, の糸, の絆, もある, を説いた

1 [23件] があり, があれ, がお, がここ, が結ばれた, が結ばれたらしく, だと, でございます, でござろう, でその, というべきである, といはね, に引かされ, のあった, のある, のよう, の有する, の結ばれた, は忘れよう, をもっ, を持っ, を持った, を持つ

▼ ぬ~ (37, 0.0%)

2 の方, よりは氣, れかと, を我

1 [29件] から又, が手前, じゃと喞, だから, でございましたが, でもぬ, で御座いましたが, とならび, との区別, ともまさかの, とも何処, とも思っ, と共, にしあれ, には二階, のこと, の傍, の身体, の遺, の顔色, は妻, ほど不幸, よと歎, よりは御, より千太郎, れから, を待っ, を横たえ, を選ぶ

▼ ぬ心配~ (37, 0.0%)

3 をした 2 がある, までが出, や気苦労, をさせる, をする

1 [24件] かは知らず, が湧いた, さして, だと, である, でしたわ, でなりませぬ, で二人, というもの, なこと, はない, までし, もいたした, よりも早く, をうち, をかけます, をし, をしやした, をせね, をもった, を一つ, を呼び起す, を掛けた, を致しおりまする

▼ ぬ~ (37, 0.0%)

52 で毎日, に鞭打っ

1 [28件] あらば, でうたった, でお呼び, でしゃべり, でむにゃむにゃ, で切符売場, で叫び, で叫ん, で咄, で弁, で怒鳴り歩いた, で早口, で昔どこ, で注文, で物, で物さ, で甲高く, で管, で自分, で騒ぎ立てた, によって空気, に菓子, に鞭打ち鞭打ち, の先, はわざわざ, をもどかし, を必死, を精いっぱい

▼ ぬある~ (36, 0.0%)

2 ものが, 日の, 物が, 種の

1 [28件] ものに, ものを, 不可思議な, 不可抗力にも, 割り切れぬもの, 境地であります, 容易ならざる, 寺院で, 尼でした, 想念が, 感情の, 感情上の, 慾望の, 新事実, 時の, 時同志の, 暖かい薄, 権力を, 法則によって, 清さ, 物に, 物傲然たる, 秘密な, 自然的生産物に, 観念に, 部分が, 階級の, 鶏は

▼ ぬ~ (36, 0.0%)

2 はこれ

1 [34件] からは武士, からは観念, にあはれ, にいい, にその, にねむく, にムレ, に全く, に其男, に動い, に参詣人, に口, に呑気, に大, に嫌気, に家, に寺, に幼児, に日露戦役以前, に植木屋, に武術, に歯, に海, に至る, に非力, のご, の方, の暗中摸索, は, はこの, はやつぱり嘘, は乗り越す, は軽々しく, を水

▼ ぬ今日~ (36, 0.0%)

2 のこの, の現状

1 [32件] あまり性急, からでもお, そも何者, となつて, となり, と雖, なれば, に似た, に於, の人, の思想, の悲しみ, の悶々者, の日, の會席, の様, の社会, はきっと, はその, は怪から, は朝, は此大家, は誰, は輕井澤, まであまり未だ, までのご, までもまだ, まで貴様, も暮れぬ, 一度出た, 来い明日, 無報酬

▼ ぬ~ (36, 0.0%)

4 にご 2 でご, でござる

1 [28件] いささかの, いざお, がたくさん, じゃ, じゃとかの, でござる故に, とお, となり, とも思われます, と存じ, と存じ候, と御, と心得, と思われます, と断っ, と蔭, なりと云, なれど, なれば, にて既に, に御座候間, は御, は有, もある, を家老中, を申す, 御神罰, 構わず卒

▼ ぬ~ (36, 0.0%)

2 で, に起されました, の前, はあらゆる

1 [28件] があつ, がいる, がえらく, がわれわれ, が二人, が明神下, が来, が泊っ, が阮, だった, でピリッ, には胆, に会っ, に驚い, のひとり, のよう, の来訪, の訪れる, はまごつき, もいない, もくどくど, らしいと, をも招待, を拾った, を相手, を見る, を遠慮なく, 呼びを

▼ ぬ~ (36, 0.0%)

4 をし 32 で彼

1 [27件] たらく, だった, だったが, であったの, でしかし, ですぐ, でまた, で同じ, で寧ろ, で微笑, で益々, で食事, とし, なりけれ, にしまってる, に腰かけ, に見えた, に見えたろう, に見えます, の人物, の何, の功名心, の病人, の自信, をまもり, を持つ, を装つて

▼ ぬ~ (36, 0.0%)

3 の親はるか 2 だった, とお, にわが, の上

1 [25件] がどうも, が当りました, であった, ではない, というもの, と聞い, なき国, に対し家老, の一念, の今夜, の口惜しく, の古い, の慈愛, の苦しい, の苦労, の身, の面影, はどんなに, は安兵衛, は安兵衞, は義理, を一目, を母, を見た, 亡き故に

▼ ぬ~ (36, 0.0%)

11 である 2 ではない, はない, もなし, を尋ねよう

1 [17件] があつ, がある, だが, だけれども, だと, であつ, であるが, でもない, で屡, にはいかない, にはいかぬ, にはゆかなかつた, には行かない, には行かぬ, にゆかなかつた, にゆかぬ, もない

▼ ぬとして~ (35, 0.0%)

2 ある, 見て, 見れば

1 [29件] あります, おられるの, おる毛利家, ここに, この自然, そのまま殘, それでは水葬, それなれ, よく清掃, 万一それ, 今一つの, 出来る限り, 同じ円本出版, 君は, 問題は, 宜い, 扠大寺は, 擱い, 断わったが, 浮薄な, 漠然とした, 經典と, 置くとか, 翻訳に, 要求され, 認めた結婚, 認めた結婚法, 陸路を, 鼻の

▼ ぬ~ (35, 0.0%)

2 げきが, ッ

1 [31件] あははは, あれは, うんひとつ, おのれ, お断りする, かめに, がめであった, がめに, げきの, こうして数, しっかりなされ, しぶとい女, すべて理詰めで, ずかしきその, づさひ, とんと存ぜぬ, どうも実には, はくり, まねこな, やみは, ア, アハハハハ, ア思い立ったら遣る, ア面白い, 今朝は, 併し, 其方共まで, 商売品で, 娘衆が, 悪口を, 黙って

▼ ぬ~ (35, 0.0%)

2 仕合と, 満足を

1 [31件] きりやうです, 二の, 信用の, 倖な, 合事實の, 孝太郎さんに, 安心とも, 屆なる, 届者面談せ, 平が一度に, 平家で, 平衡の, 廉な, 快きは, 本意でございましたでしょう, 機嫌の, 氣味なう, 滿と, 生産的な, 経済極まる, 縹緻で, 義理を, 臣な, 臣の, 虔な, 調和, 運児か, 道である, 適者を, 顕著な, 養生家である

▼ ぬ代り~ (35, 0.0%)

3 のある 2 に友人, に敵, に落

1 [26件] きっと外れる, に, にせめて, にその, にはびこり, に一人, に一旦, に不自由, に人, に味方, に安い, に平和, に枯れた, に海老塚, に玉枝, に目, に自分, に菌数, に道理, に遠く, に酔う, ひとたび受けた, まことに苦り切った, 取次いでも, 来るたび, 決して優雅

▼ ぬ~ (35, 0.0%)

3 のみ立派, を人

1 [29件] じゃ, だ, だが, だったが, だと, ではある, とも限らない, のみである, の町, も恐ろしき, も知らぬ, をうたわれる, をばここ, をや散らさん, を占有, を流し, を立てる, を負, を附し, 助手であった, 墨が, 宰相伊豆守です, 捕手と, 探偵だ, 探偵である, 探偵の, 文章だったろう, 稱を, 譽の

▼ ぬ我が~ (35, 0.0%)

3 思ひかな

1 [32件] ごと夢に, なき後, 世も, 儘な, 噂なるべし, 國民が, 子に, 子に迄, 家産を, 宿も, 庭の, 弟の, 後來の, 心, 心である, 心乱れし, 思ひ, 思止まず, 恋妻を, 故郷を, 旅の, 朝日新聞社員横川勇次氏を, 業力ここに, 母の, 病癒え, 眼に, 袖は, 貯へ, 身体にも, 送る日, 運命を, 道伴れ

▼ ぬ~ (35, 0.0%)

3 に晴 2 から音, を一寸

1 [28件] といったところ, に向う, に往生院, に投げられ, に浮く, に蜘蛛, に雲, のうへ, のかなた, のけは, のさびしささがしゐて獄塀, の下, の中, の中途, の二つ, の何処, の光り, の変わり, の太陽, の晴れたる, の暗, の月, もなかりけり, を映し, を見上げた, を視, を誰, 見慣れぬ人間

▼ ぬ~ (35, 0.0%)

2 を重ねた

1 [33件] さえある, だに女々しい, というもの, と感ぜられ, なれども, なれば, にご, になる, により得, に対する恐怖, に帰すべきである, に帰せね, に触れる, に陥, のあれ, のかげ, のゆるし, の快感, の手, の無い, はおれ, を, をき, をわ, を世人, を作っ, を作つて, を作る, を己, を犯す, を知り, を石秀, を荷

▼ ぬ以前~ (34, 0.0%)

4 からの風, のこと 2 からすでに

1 [24件] ある夏, からこう, から日野朝臣, から此人柄, から猟夫, とても定めし, ならお, に一頓挫, に与八, に伊勢一円, に出, に大, に密教將來, に此處, に読者, のよう, の久慈, の俗, の姿, は一花, は娘, まだ小室, よりも賢く, 殊にその

▼ ぬ始末~ (34, 0.0%)

4 であつ 3 でした, なので

1 [24件] それで私ども兄, だ, だった, だったの, だつた, であった, である, でお, です, でそこ, でな, で人々, で何とも, で私, となります, となる, と申され, になる, に悪い, に男, に私一人, に立ち至る, はこれ, もさせぬ

▼ ぬ悲し~ (34, 0.0%)

5 さに, さを 3 さが, さと, さの, そうな 2 げな, さ 1 さからの, さきょうの, さであった, さとで, さは, さやらに, さサタンだ, めど

▼ ぬ~ (34, 0.0%)

4 みに 2 を持っ

1 [28件] が満たされ, が生じた, だろう, であつ, というもの, とに対する普遍, と憎み, と誠, に感激, に眺, に胸, のため, の常かげ, の心, の手紙, の泉, の花草讃め, の誓い, をかける, をそそい, を妻, を捧げる, を書ける, を経験, を補う, を誓い合う, を誓つて, を語ろう

▼ ぬしら~ (33, 0.0%)

1 [33件] こそどこ, こそ何者, どうじゃ, にはない, にも平常, に用, のつかう, の中, の前身, の力, の容喙, の帯刀, の考え, の考える, の荷, の護らん, は, はお, はそれ, はよう, は五十名, は哀願, は善良, は女房, は若い, も, もやがて, もヘタ, も抜かりあるな, も目, も知っ, わが現地, 長い先

▼ ぬ境遇~ (33, 0.0%)

3 である 2 にいる, に苦しん

1 [26件] から一時, であったから, ですが, でその, でもなく, で宮家, となっ, となつ, となり, にある, にいます, におかれ, になった, に不, に在る, に立たせられ, に身, に追いこん, に陥った, の中, の変化, の気楽さ, やその, をいかに, を持つ, を振り

▼ ぬ~ (33, 0.0%)

2 に対する愛撫, の事, までとは彌

1 [27件] であった, と可愛がられたる, と吾, と顔, なれば, にとってはそこ, になっ, に久し振り, に似合, のそぶり, のため, のよう, の一面, の心, の留守, の顔, は火, は郷内, は離別, への激しい, までとは弥, も子, わかれ我, をも捨て, を去られた, を持つた, を捨て

▼ ぬ~ (33, 0.0%)

5 の光 3 も折 2 はいよ

1 [23件] が出, が出た, が廂, であつ, である, なれど, のある, のぼる, の光り, の大軍, の影, の旅, の辻, はやすい, は見し, もあっ, もやあらぬ, も日, や枯野, を見る, 出ぬ, 出ぬ雲, 吹きかへ

▼ ぬ生活~ (33, 0.0%)

5 をし

1 [28件] がいや, が一年あまり, が待っ, させて, である, でして, で初め, で張り, にはいる, に入る, に君, に於, に親しん, に追いまくられ, の中, の停滞, の友, の基, の心配, の感情, の方, はどちら, をしない, をする, をつ, を営ん, を明るく, を送る

▼ ぬ~ (33, 0.0%)

3 の風 2 の夜, の暮, の水

1 [24件] かぜ少, が意外, が来た, であったが, のおとづれ, のくれ, のまだき, の一日, の中, の夜長, の日瓶, の月, の湖, の空, の色, の草, の蔭, の蟲, の雨, の霜, の霞, の音信, も終り, を恐み

▼ ぬ立派~ (33, 0.0%)

4 なもの 3 な青年 2 な声, な学者

1 [22件] なお方, な上流紳士, な人物, な位牌, な句, な士君子, な女優, な姿, な帝国臣民, な服装, な業績, な江戸, な犯跡, な男, な者, な腕前, な言葉, な記録, な身分, な酋長, な香料師, に勝たなけれ

▼ ぬ~ (33, 0.0%)

2 がある, だ, なの, の深い, の血筋

1 [23件] ありしならん, ありと, かと思わず, じゃものチ, で, であるといふ, でこうして, でしたが, ではある, というわけ, となった, と知り, に繋っ, のある, の契機, の春, の有者此, の端, の糸, の糸巻き, の聯想, をむすび申した, 近い座敷

▼ ぬ苦痛~ (33, 0.0%)

1 [33件] じゃ, だった, であったに, であったろう, であつ, である, といえ, となっ, とはまるで, と不安, なの, になっ, の焔, の生涯, の瞬間, の色, の身, はよな, は感情, は我が, は自然, もしかし, らしかった, をそっと, を一寸, を取り除く, を恨ん, を感ずる, を払います, を覚, を覚えた, を覚えたであろう, を訴え

▼ ぬ~ (33, 0.0%)

4 であった 2 だったに, である, なるべし

1 [23件] があった, がひそん, さ, じゃ, だった, である次, である苦痛, であろうとも, でも解く, となりました, に対, に髪の毛, のある, の事件, の樣, の解決, はあの, ほど解い, を押しつけられ, を考え, を解くべく, を追い求める, 置きて

▼ ぬ~ (32, 0.0%)

3 形のか 2 此間の

1 [27件] この間の, そこに, た孔子仁, た彼, も咒語, 上述の, 今日申上げます, 他の, 何時不意に, 來る, 其の智識如何, 其方の, 十住心論の, 博士が, 同町に, 國會議員にも, 征く, 思想とか, 是を, 盜難と, 相當, 罪を, 茲で, 薩州の, 行わなければ, 誰か, 青年も

▼ ぬ~ (32, 0.0%)

2 である, ならば, 障の

1 [26件] かな, じゃ, だろうと, だ逆らって, であった, でありませうエジプト文明, であるけれども, ではなかろう, というもの, といふ重荷, と敬遠, と與, と言葉, なりこれ, なりと覺ゆ, なるべし其の, にヒビ, に親しん, のごとき, の水標棹, は仕方, をし, をすれ, をせよ, を択, を歎

▼ ぬ~ (32, 0.0%)

2 が揺れ, も見わかず

1 [28件] えの, だ, となれ, とはいう, とも空, なじかは, なれば, に対するあの, に来, に落ち, のかなた, のほとり, の上, の不思議, の向こう, の子等, の幸, の底, の様, の歌, の自在さ, の靈獸, の香, へ沈ん, へ行った, を制し給う, を御し給う, を見

▼ ぬ立場~ (32, 0.0%)

3 にある 2 であった, になっ, に置かれ, をやがて

1 [21件] お察し, が歯がゆく物足りなかっ, だ, でありそういう, である, でもあった, などからフッツリ縁, なの, にあった, にあり, にいた, においては絶對者, になつ, になる, に変った, に現在タッタ今, に置かれました, に自分, に至っ, のもの, の私達夫妻

▼ ぬ覚悟~ (32, 0.0%)

2 を固め

1 [30件] が国民, が肝要, じゃ, だと, であったそう, であった筈, であつ, であろう, でいなさい, でおりまする, でご, でございます, でござる, ですが, でそのまま, で問いました, で嫁ぐ, で母艦, で遺言, と悪意, なの, にて唯, の様, はし, をきめ, をすえ, をもっ, を極め居, を要する, を見せん

▼ ぬしかし~ (31, 0.0%)

1 [31件] これとて, こんな峰頂, そうでない, そのこと, その四つ, その時, てこなた, とにかく社会的階級, どうして貴く, どう考え, ないよりは, なにぶん順吉, 何らかの仕方, 何等かの, 僕の, 出したら後, 古賀は, 場合に, 安綱, 拙者の, 新しく手, 日本の, 明日は, 昨夕千曲川の, 檜垣の, 波斯の, 芭蕉翁に, 貴女の, 進取の, 重要な, 金の

▼ ぬじゃ~ (31, 0.0%)

17 ないか 2 ありませんか, ないですか 1 いかぬと, おッ, と申し, ないかとか, ア, アありません, アない, ア宜, 子供が, 私が

▼ ぬだけに~ (31, 0.0%)

1 [31件] いやお, お胸, かえって先生, この問題, その他の, それは, それを, とっさの, まだしも仕合せ, よけい泣きました, 一そう凄みが, 一向苦, 一層不気味, 一方には, 人の, 仕度も, 何事かと, 余計泣きました, 塞いで, 女親ほどにまで, 弱らせて, 彼らの, 怒ったらきかないご, 気骨の, 用心を, 秀れた, 童謡か, 脆き命, 自然の, 花を, 進歩しなけれ

▼ ぬ~ (31, 0.0%)

3 こんな風

1 [28件] うらめしきはの, この中津, これ不壊に, しやう, その事, だ其時分, だ業, ねどうも, 借上, 叔父に, 品格の, 基督教徒は, 山林を, 早く幽霊塔, 是非一度帰省し, 此の, 犬の, 異国から, 秀子を, 舞踊の, 蒼白い顔, 貧乏で, 貴女に, 近づかぬよう, 道徳の, 鐘の, 静かに, 風呂敷の

▼ ぬ大事~ (31, 0.0%)

2 が父, であると, の品

1 [25件] がある, がござる, だが, であった, である, であるよう, でございました, では, となる, と思い, なの, なりと, な人, な人物, な将棋, な数字, な時事問題, な点, な秘密, にたちいたる, のこと, の一條人, の瀬戸際, の身体, の金

▼ ぬ寂し~ (31, 0.0%)

8 さを 5 さが, さだ 3 さに 2 心の 1 さ, さか, さだった, さだつた, さと, さとを, さならず, さも

▼ ぬ~ (31, 0.0%)

3 をした 2 でその, とつぶやく

1 [24件] がある, が奈良朝, だ, でときどき, で待遇, で現れました, で花道, で記念, で読ん, といい, となっ, と色, の品, の問題, の変化, の従つて衰, の目, の色眼鏡, の道, の雲, ばかりの入口, をつぶやく, をなさぬ, を表す

▼ ぬ~ (31, 0.0%)

2 だと, を借りた, を愛した

1 [25件] がある, がなかっ, が多い, が載っ, だけは皆, つ身, であ, である, で大師, との間, と思え, にまで行きとどい, にも一つ, に就, の内容, の研究, の間, は繰り返し, もあった, を作っ, を勘, を楯, を膝, 又はなく, 読む気

▼ ぬ~ (31, 0.0%)

2 が身, 婦人の, 牛の, 頭

1 [23件] が今朝, が命, が行方, なれど, の一轍金鉄, の眼, ひの, 僧とが, 僧の, 僧や, 先生だった, 先生の, 夫婦が, 夫婦の, 奸雄なりき, 婦人に, 学究の, 杉の, 武族の, 牛馬の, 猿である, 百姓女の, 頭なり

▼ ぬ~ (31, 0.0%)

2 の軽, を追い立てられ

1 [27件] でゆっくり, で歩い, で病院, にし, にて躄り, に下駄, に煩, に蹼, の一撃, の床, の甲, は鹿, も地, をうしろ, を寒, を引, を引き摺っ, を引ずり, を投出し, を持つ, を曳き, を湯島, を踏みしめ, を蹈しめ, を進めつ, を運ん, 立たずして

▼ ぬ~ (31, 0.0%)

2 の声, の聲, は, はいざ

1 [23件] ありて, がそこ, がキキキヽヽヽヽヽ, が乱れ立つ, が渡っ, が無数, が頻りに, さえも啼かぬ, その鳥, だから, だと, である, のキイキイ, の優しい, の卵, の叫び, の啼声みたい, の病, は空, も, もありけり, や獣, 啄めり赤き

▼ ぬ~ (30, 0.0%)

3 なかった 2 石狩川を, 芦の

1 [23件] えに, この岩山, さらにまた, それが, だけどね, だもの, てこな, でも, なければ, のまぬけ, はいも, まぬけした, わざというべきでした, 出して, 出でし, 手に, 杖に, 柳原の, 畑の, 真っ直ぐに, 穴が, 術, 遽に

▼ ぬものの~ (30, 0.0%)

1 [30件] うら悲しさ, ごとくいった, ごとくみずから卑下, ごとくションボリ, ごとく悲しき, ごとく汽車, ごとく考えられて, ごとく自作討幕, たとえに, やがては, やはり栄三郎, 多きに, 如く, 如くひたすら, 如くモジモジ, 如く声, 如く変えて, 如く女, 如く折, 如く振舞って, 如く松島氏, 如く考えこれ, 如く装って, 如く見える, 如く黙つて, 昔から, 気澄み, 永年心に, 確かに, 長くも

▼ ぬ主人~ (30, 0.0%)

2 の娘

1 [28件] からもその, がこの世, が不思議, が出, なので, にとっては定めし, にも一臂, に対してそちたち, に待ち, に思ひ知らせ, の事, の佐五兵衛, の姿, の屋敷, の親友, の郷太郎自身, の顔, の鼻, は, ははなはだ, は以前, は思う存分, は故郷, は非道不法, は首肯い, を出せ, を待つ, を拒ん

▼ ぬ事柄~ (30, 0.0%)

3 がある, である

1 [24件] かは知らぬ, が描かれ, だつた, だと, だのに, であるが, である以上, でございまして, です, でどうも, でも文字, となる, なるに, におい, について簡潔, の処置, もなかつた, も少なく, をお, を彼女, を擁護, を無理, を申, を言い出す

▼ ぬ他人~ (30, 0.0%)

3 の事, の車夫さん

1 [24件] がしかも, がなん, であ, であった, と思っ, にとられたら, に名, に恵み, に相談, に誰, に迷惑, のした, の世界, の中, の労力, の方, の殊に, の私, の胸, の話, ばかりで, を導くべき, を殺した, を見る

▼ ぬ努力~ (30, 0.0%)

2 がいる, をし

1 [26件] があつ, だった, であった, でな, で話, と工夫, と忍耐, と誠実さ, によって木田, によって業務, によって關流, に対して尊敬, のあつ, のうち, のため, の不足, の精神, はあ, は幸私, をなす, を払つて, を払わせられた, を煩, を竭, を続けなけれ, 或は無

▼ ぬ恐ろしい~ (30, 0.0%)

1 [30件] すみずみ, ぞっとする, ものが, 予感が, 事が, 光が, 力で, 力を, 叫び声が, 境遇に, 大罪を, 妖怪変化と, 姿を, 対話が, 幻が, 形相, 悪魔です, 悲鳴が, 気持ちが, 物の, 犯罪である, 男に, 空を, 結果が, 結果であった, 話である, 道楽者だ, 道樂者だ, 顔に, 顔のな

▼ ぬ~ (30, 0.0%)

2 實の, 智な, 禮を

1 [24件] にし, の淵, 何有の, 幻の, 底の, 得心者と, 感動な, 數の, 時間性に, 智の, 智を, 智階級では, 氣味な, 沙汰の, 爲の, 礼者, 礼者が, 禮だ, 警戒な, 躾さで, 邪氣さ只, 邪氣な, 関心さが, 際限の

▼ ぬ苦心~ (30, 0.0%)

3 をした 2 が払われ, を費した

1 [23件] があったであろう, があり, がある, がぬけきれない, が存する, が払, が重ねられ, でした, ですが, とその, と勉強, と年月, と注意, はかくして, は三日三晩, は数々, をいたし, をいたしました, をし, をしなけれ, をする, を払, を重ねた

▼ ぬ~ (30, 0.0%)

3 はなく

1 [27件] かな, が悪い, こそ業, だ, とか子, と子, ながら近所, にはめぐりあわせ, にまさった, に對, に連れられ, のこころ, の因果, の家, の愛, の昔, の眼, の遺産, もありません, もたぬ子, をしたう, を憎い, を親, を馬鹿, 代々の, 先祖に, 持つほどの

▼ ぬ~ (30, 0.0%)

2 と風, なり

1 [26件] かも, が三日降り, が数, だ, といえ, なら降るまでは, に傘, に出, のあけぼの, のなか, のまくら, の中, の十日, の径, の日, の根, の糸, の類, はふり, は上りたれ, は必ず, は降らぬ, ふる街, やさ, をながめる, 知る花

▼ ぬとかいう~ (29, 0.0%)

5 ような 4 ことは

1 [20件] ことじゃ, ことを, これも, ごとき文句, ごとき規則, のであろう, のでない, はっきりした, 命令は, 啓蒙主義は, 噂が, 弱点のみを, 形容が, 心の, 意味を, 所謂, 物理に, 見識が, 話である, 話らしい

▼ ぬ人たち~ (29, 0.0%)

2 からグード・モーニング, である

1 [25件] からも安易, があれ, がたずね, がどんなに, が不便, が住む, が来年, が言う, たとえば掛り人, だつた, だろうあの, であって, であること, と遊びたい, によって染色, のよう, の中, の集まり, はこういう, はどうして, は喜ん, は社会生活, は遠く, は金持ち, を強い

▼ ぬ代物~ (29, 0.0%)

3

1 [26件] がな, が田辺町, じゃがしかし, すら見出された, だから, だが, だったの, だつた, だつたか, だわい, であった, であつ, である, である訳, でこちら, でこれ, でな, で凡そ, で聞いた, で誰, と考えられます, と首, になっ, はない, を取っ, 若い者

▼ ぬ存在~ (29, 0.0%)

2 であった, である, となった, なの

1 [21件] であっただけに, であつ, であるが, であるという, である事, です, で今度, としてつづい, となっ, となり, と思えた, と思へた, と見逃し, になつて行, になる, になろう, のため, の源, はなかっ, を失ふ, を與

▼ ぬ意味~ (29, 0.0%)

4 がある 3 をもっ 2 のある

1 [20件] があった, が含まれ, が書かれ, で, であると, でのいわゆる, とは取り, とも取れる, にとつ, に解せられる, の歌, の深い, も判らぬ, も活かされるであろう, をつた, をも含ん, をも現した, を持っ, を法言, を諷する

▼ ぬ~ (29, 0.0%)

3 るもの, る力 2 る日, る異, る種

1 [17件] はくの, る一種, る微妙, る感情, る感覚, る技量, る清浄, る清淨, る男, る異常, る程度, る落ちついた寂し, 宵は, 年, 物に, 町へ, 考へが

▼ ぬ~ (29, 0.0%)

2 とおも, なれども, にはあり, の端

1 [21件] すら, すら妹, すら花咲きみ, と釉薬, になり, には千磐, にぶつかった, のこの, の栓, の森, の立, の箱, の花, の藪, は苦しめられない, も無い, をことさら, を挽く, を松, を枯損木, 隠龍太郎

▼ ぬ~ (29, 0.0%)

9 さを 5 さに 2 さの

1 [13件] さ, さが, さその他朝子の, さだ, さっていう, さで, さとを, さを以て, 宮の, 山理学士だった, 秘の, 藍色の, 酔を

▼ ぬ用事~ (29, 0.0%)

7 がある 3 があった 2 があっ, があつ, のため

1 [13件] があります, が出, が出来た, が有, だよ, である, です, の外, の為大急ぎ, ばし, ばしあれ, までもふり捨てた, を機械的

▼ ぬ~ (29, 0.0%)

8 です 2

1 [19件] あのお, あればこそ, かねて聞き及ん, でございます, です勿論はっきり, で見物衆, ないところ, なれども, なれば, にご, にて来ず, に候, わざわざ伊那, をいまいちど, を立ち帰っ, を認め, 云いに, 弱ったこと, 申越されぬと

▼ ぬ異様~ (29, 0.0%)

4 なもの 2 な気持

1 [23件] ないでたちだつた, なたの, なる色, な光, な印象, な叫び, な場内, な場所, な声, な恐ろし, な悪臭, な情景, な情緒, な愛着, な感覚, な男, な腥, な色彩, な表情, な間柄, な顔つき, な風体, の感

▼ ぬ~ (29, 0.0%)

3 の葉 2 が生え, ながら, に秋

1 [20件] があった, である, では無論, で名, とのがれ, に坐れ, に触れ, のあり, のやう, の丘, の種類, の花, の蔓, は喰, も木, も無し, やそういう, や木, をその, を朱

▼ ぬ~ (28, 0.0%)

112

1 [15件] お上人様五重塔は, がま, さあ菓子, すれな, その代り, たづみの, びしがりとうき世知りで, ッ斬れ斬れ, 左様な, 竜之, 誰でも, 貴様の, 青牛よ, 願いというは, 風が

▼ ぬ不快~ (28, 0.0%)

2 が忽ちに, と苦痛, な憤怒, を感じた

1 [20件] でならなかつた, と公憤, なもの, な力, な心地, な心持, な想念, な感じ, な籠居, な胸苦し, な臭気, に襲われ, のある, の感, の面持, をともなった, を感じ, を求めた, を耳, を覚える

▼ ぬ世の中~ (28, 0.0%)

43 になった 2 ではない, となっ

1 [17件] がどの, がなぜ, だから, だと, だ鼻, である, であるからと, です, でも此旅人, で何, ならば, にあっ, にいか, にさらに, には女, の多く, の峰

▼ ぬ世話~ (28, 0.0%)

4 になった 3 になり 2 して, になっ, になりました, を焼く

1 [13件] あ焼く, から出る, が旅客, になつて, に逢った, に預かった, の掛る, はお, はやかれた, をし, をやい, を受けた, を焼き過ぎ

▼ ぬ~ (28, 0.0%)

4 のもの 3 の多く 2 國の

1 [19件] でお, のいろいろ, の一面, の何もの, の北狄, の困難, の女, の影響力, の文字, の方面, の無, の無数, の貨物, の賊, の驢, 國で, 國へ, 方面へと, 領の

▼ ぬ其の~ (28, 0.0%)

3 中に

1 [25件] うちに, 不成績に対する, 人々歸り, 何年に, 作つた富は, 傍に, 凄まじい色彩, 吉凶如何と, 夜は, 天然を, 当座幾日の, 従者共, 心持は, 折に, 昔の, 時には, 民族を, 澤山の, 物凄い事, 皮膚の, 眠りの, 誤謬を, 辺の, 面に, 餅を

▼ ぬ~ (28, 0.0%)

3

1 [25件] いくら冠せ, がのぞい, じゃ置い, であるそう, でご, でございますが, でございますゆえ, ですか, ですから, ですが, ではない, なので, なり是非共受, のいい, のよ, のよい, のわるい, の可, の良い, もあつ, も静か, をうりつける, を鑑定, を隠し, を隱

▼ ぬ~ (28, 0.0%)

2 なおかし, なもの, な事, な感じ, な気, な気持

1 [16件] なお, な形, な文句, な日, な気分, な気苦労, な眺め, な色, な苛ら, な表情, な詰物, な責められるやう, な逡巡, な音, な顏, な顔

▼ ぬ容子~ (28, 0.0%)

3 である 2 であった, を粧

1 [21件] だ, だから, だが, でいつた, ではない, でもある, でやがて, で尚, で洋傘, で独り口, に有頂天, に驚いた, のある, のもと, の千鶴子, もある, をし, をつくっ, を使者, を保つ, を粧う

▼ ぬ小さな~ (28, 0.0%)

2 如何にも雲, 汽車は

1 [24件] ことの, ものの, 不快な, 事務から, 光を, 入江の, 哀れな, 池の, 瀑壺であった, 獨逸製の, 玉が, 白や, 神の, 穴から, 肉の, 船宿へ, 草が, 薄赤い, 赤兒である, 遊び方でさえも, 鈴などが, 鈴の, 銀の, 陽気の

▼ ぬ~ (28, 0.0%)

3 時代の

1 [25件] しみと, らしい, らしい噴出, らしい笈摺, らしき美, 世界への, 事実が, 事實が, 事業を, 停車場で, 兵衛では, 制度として, 參十太夫の, 吉が, 君の, 学説が, 島嶼である, 工夫の, 建てが, 梅屋敷百花園は, 次は, 熟字の, 発見の, 築地劇団の, 遭難船の

▼ ぬ部分~ (28, 0.0%)

4 がある 2 もある

1 [22件] から透し, が多い, が残つて, が英国, こそ夜眠, すなわち家号, であつ, でそれぞれ, と根こそぎ, にはゼニ苔, には工夫, のある, の事, の創作者, の家, の母, はそこ, もあり, もたくさん, や性質, をなす, を勤勉

▼ ぬ顔つき~ (28, 0.0%)

5 をし 3

1 [20件] が両側, が露骨, して, である, でお喋り, でざわめき, で口, で問わるる, で戻っ, で手紙, で横眼, で生, で目立たぬ, で考えこん, になっ, になった, は目立った, を人, を見せる, を見る

▼ ぬ~ (27, 0.0%)

3 われな 2 だ心, はひと, 邪魔だ

1 [18件] さは, ざやけき黄と, その時, たり, だを, だ者, どこから, ぬすつとか, ひびきの, まだ御存じ, よくも知っ, われを, 京極方に, 出羽だなっ, 師匠の, 気まりが, 気狂いか, 苦しい

▼ ぬ暗い~ (27, 0.0%)

2 所へ, 気持に, 池へ, 翳が

1 [19件] うちにと, に島田, 六畳の, 台所だった, 四方と, 堂内に, 夜は, 夜道を, 底へ, 思いが, 息も, 晩だつた, 流れが, 燐の, 表情を, 運命は, 陰に, 陰湿な, 隅で

▼ ぬ~ (27, 0.0%)

6 れども 3 らば 2 すれば, らざれ, るを

1 [12件] ういう, うすると, ども勇氣, ば新藤夫婦, ば殺害, も湯上り, やうの, り余, るとき, るところ昔海, れ共, 乍ら娘も

▼ ぬ表情~ (27, 0.0%)

2 をし

1 [25件] がその, が浮かん, が起った, だった, だつた, で, であつ, で急, で笑う, で答えた, で通つて, になっ, に笑, のなか, の動き, の持主, をした, をその, をとる, をも作り得るだろう, を与えた, を湛えた, を湛へた面, を読み, を重く

▼ ぬお世話~ (26, 0.0%)

3 じゃねえ, になっ 2 じゃ, だよ, になった, を焼い

1 [12件] おぬ, さ, だ, ですよ, といえ, にあいなった, になつた私, になりました, に相成った, に相成りまし, はない, を蒙

▼ ぬお方~ (26, 0.0%)

2 じゃ, にお, のふところ手

1 [20件] から手紙一本, この小さな私, じゃて, だ, であった, であつ, であるかは, でございましたが, でございましたので, で御, とか, とご, と誰, なの, のお, のお祈り, のたまたま, のひとり, は御免, へお目にかかった

▼ ぬこそ~ (26, 0.0%)

2 よけれ一人氣, 是非なけれ

1 [22件] このましけれ, しつこいじゃ, じつは頼もしい, はかなけれさる, まだしもその, よけれと, よけれ一人気の毒, よろしく侍らめ, 仏への, 大きな間近い, 好けれと, 寧ろ意外, 恨なれ, 恨みなれと, 悲しけれ, 殘惜しけれ, 無念なれ, 男子たる者の, 目出度けれ, 見劣りは, 道理なれ, 面白い

▼ ぬ~ (26, 0.0%)

3 しながら, し此 2 しお, し余

1 [16件] しそれ, し下, し兎, し問い試, し小林, し待てよ, し思案, し悲しい, し日頃自慢, し明日, し果して, し現在, し組み打ち, し蜘蛛, し馬, ながら人道

▼ ぬ~ (26, 0.0%)

2 を放ち

1 [24件] ありて, があれ, がさし込ん, が存在, が安, が残る, たが, となっ, なの, なりけれ, なれば, に悦び充ち足りた, のべたるみ空趁, はその, はもとより, は天雲, は月, もある, や, を, を含ん, を帯びた, を放てる, を見

▼ ぬ光景~ (26, 0.0%)

3 であった 2 だと, を見せ

1 [19件] が人々, でありまた, である, であると, であろう, でございます, でした, とを聞い, なり余, にさすが, になっ, に出逢った, に感ずる, はこの, を任意, を呈した, を発見, を肴, を見た

▼ ぬ~ (26, 0.0%)

7 がある 2 がありまし, があります, のある, ひ江戸

1 [11件] いという, があった, であると, で翫味, のもの, はひだ, ひの, を保有, を持っ, を探し当てる, を有する

▼ ぬ愛情~ (26, 0.0%)

1 [26件] が必要, である, ですって, で足, というもの, なんていう, のため鼓動, のゆるみ, のクモの巣, の響, はまことに, へ帰っ, をあの, をおぼえ, をこめ, をつない, をどう, をば注い, をもっ, を告白, を寄せ, を持っ, を持つ, を注い, を続けたい, を表わす

▼ ぬ方法~ (26, 0.0%)

2 である

1 [24件] が見出せない, じゃ, であったので, であり, でないと, で何人, で利用, で始末, で彼自身, で文章, で焼く, で現場, で知らした, として私, とその, と程度, によってそれ, のみとは限らない, はない, をめぐらし, を彼自身, を用, を用い, を講じ

▼ ぬ~ (26, 0.0%)

19 さで 1 さである, さの, やも來, や一里余, 穂田粳稲, 穗田粳稻, 起地獄だ

▼ ぬ習慣~ (26, 0.0%)

5 がつい 3 になつ 2 になっ

1 [16件] から漁村, がある, がちかごろ, が生ずるであらう, だから, だったから, であ, でした, に化した, に引っかかっ, はつけ, はむしろ, は寸, や又, を持っ, を示す

▼ ぬ考え~ (26, 0.0%)

2 を起した

1 [24件] が湧き上がっ, が発展, が突如, じゃ, だお, だと, だ単に, であった, であったが, でございます, でぼんやり, に沈み, に耽り, のうち, はあり得ない, はやめさせよう, をいだいた, をし, をする, をそっと, を反映, を聞く, を起こした, を起し

▼ ぬくせ~ (25, 0.0%)

2 にこちら

1 [23件] がつい, に, にあなた, になお, にはははは眼, に以来, に何, に作法, に卜斎, に大面, に小さな, に我意, に抒情, に汗, に泥棒猫, に生意気, に生血, に神経質, に私, に考へる, に金銭ずく, ものまんまと, をだまし

▼ ぬしと~ (25, 0.0%)

1 [25件] おほ, なり切って, なる, ねるとき, み戸, わしとが, 一処でなけれ, 二人し, 二人で, 二人連れで, 云ふわ, 俺との, 別れると, 同じよう, 寝ようか, 浅からず, 知らずに, 綽名され, 見えて, 言いたい墓, 言うもの, 言って, 言ふ, 距離が, 闘うこと

▼ ぬひと~ (25, 0.0%)

3 呼ばれて

1 [22件] があったら, がはいりこみ, であるならとやかく, であれば, ではない, との結合, に逢う, のきぬ, のこ, のそば, のよう, の戀, の訪問, はだいたい, びとが彼の, へに謝する, への好意, もいる, を, をどり, 呼ぶと, 太刀

▼ ぬ~ (25, 0.0%)

2 ではなかっ, の人

1 [21件] だ, だったが, だったの, だつた, だと, であったが, である, ではある, ではない, ではなく, となった, となつ, なの, にご, に落ち, の人間, むつましさ, をこんなに, を割かれた, を復讐, を無理

▼ ぬ~ (25, 0.0%)

2 がある

1 [23件] ありとも, かや浅木様, が多い, が随分, しは, である, であるから, ですからな, なり, なれば, になっ, の大, の母, の汐ふき, の物, の生物的, の詰物, の頭, は禅家, を多く, を挙げ, 少なからぬ, 所詮は

▼ ぬ所以~ (25, 0.0%)

10 である 2 を説明

1 [13件] がここ, だそれとも, であらう, であり他人, です, なく畢竟, のもの, の大体, はあらゆる, もかつて, を吾, を説き, を論ぜられ

▼ ぬ手紙~ (25, 0.0%)

2 である, の主, を持つ

1 [19件] か, が私, だが, ではある, で東京, に目, のこと, の來, の文言, の返事, はやはり, は右, ばかりを書い, も書かない, をもらいました, を受けとった, を受取った, を書い, 最も深い

▼ ぬ曲者~ (25, 0.0%)

42 だと, です, と四つ

1 [15件] だよ, だ明日, である, であること, であろう襖, で薩長, と存じ, なりと夫, なれば, に絞り殺され, に背後, に襲, に隣, のため, の手腕

▼ ぬ義理~ (25, 0.0%)

4 がある 3 ありされど, ありて 2 もある

1 [13件] がお, である, で人, で日本座敷, で黒石家, と云, にせめられ, の悪い, もなけれ, をたて, を感じ, を立て, 合いに

▼ ぬ遠い~ (25, 0.0%)

2 彼方の

1 [23件] ところで, ところへ, とも近い, どこかの, むかしに, 世界へ, 中でも, 他国へ, 処から, 処へも, 夢, 必然性が, 所から, 方から, 方を, 旅路に, 日の, 昔に, 波は, 深慮やら, 熱帯の, 空から, 空の

▼ ぬ風情~ (25, 0.0%)

2 がある, であった, はあ

1 [19件] が川瀬, です, で妙子, で眼, なり, なりき, にこれ, にて貴殿, に急用, に驚ろ, のなよなよ, の人, はあはあと, も聞き, をし, をもっ, を叙, 咲くべき蕾, 御賢察

▼ ぬこんな~ (24, 0.0%)

2 身体を

1 [22件] きょうだ, ことだろう, ことを, ところで, 事も, 光景が, 分らない戦争, 境遇に, 夜々には, 姿に, 微妙な, 心は, 時に, 時一層, 未開の, 根性の, 機会は, 秘密の, 美しい湖一つ, 薄情な, 話に, 風で

▼ ぬそして~ (24, 0.0%)

2 不愉快な

1 [22件] あたらしい彼, このもの, その交際, その場合, その茶筅, それに, それは, まだ私, ロマンチック気質が, 剥がれた皮, 大胆な, 妙に, 山と, 感謝の, 男らしい感じ, 畏怖を, 知らぬが, 私は, 穢多の, 聞いては, 見つかれば, 談話は

▼ ぬ出来事~ (24, 0.0%)

2 が起った, である, を一々

1 [18件] がある, がこの, がつぎつぎ, が城内, が心, が我等, が起り, だ, について詳しく, にであい, によって中断, によつて中絶, にセリファン, のため部署, の原因, の為, はすくなくとも, を取り扱った

▼ ぬ~ (24, 0.0%)

2 の様

1 [22件] がぽっかり, が萎れ, が青ざめた, こそ映れ, その影, だった, だと, として譬へば, となっ, と影, にしありけれ, にたつた, に怯えられ, のやう, のよう, ぼふし, も小石川音, をしるし, を慕うごとく, を投げ, を投じ, を映し

▼ ぬ悲しい~ (24, 0.0%)

2 厭な, 奈々子の, 思いが, 記憶を

1 [16件] ことに, ばかりに寂し, ほど美しく, 人たちな, 人生の, 同情の, 小屋だ, 心の, 心地に, 心持が, 気持ちを, 決意を, 清潔な, 習性を, 色が, 魂に

▼ ぬ淋し~ (24, 0.0%)

8 さを 6 さが, さに 1 さで, さであった, さです, そうな

▼ ぬ~ (24, 0.0%)

4 があつ 2 もある

1 [18件] あり, ありと, が, がある, が多い, が思いの外, が無い, が見えるで, こそ嬉し, には食いつい, のみぞ多, の多かっ, は何, もあっ, もあつ, もお, もない, 多く男女

▼ ぬ~ (24, 0.0%)

5 の白き 4 の声

1 [15件] がきた, がさかん, がしきりに, がウジウジ, が来た, なれど, のため, のよう, の動き, の思ひ, の誕生, の飛ぶ, や尾, を一匹, を籠

▼ ぬ~ (24, 0.0%)

14 りに 4 りの 3 りだ 1 の顔, りで, りでは

▼ ぬ連中~ (24, 0.0%)

2 なの, なるべし

1 [20件] かもしれない, がかえって, がマスコミ, が乗組ん, が言い合せた, だから, だ子, であった, である, なぞは一つ新開地, に夜, に落札, の息抜き場, はぞろ, はどこ, は人間, ばかり, までが, まで題, を付き添わせ

▼ ぬ青年~ (24, 0.0%)

2 の問

1 [22件] が提げ, が煩悶, だ, だつた, である, であるという, でしたが, でも好かっ, でも好かつた, なりとても, のこと, の不幸, の中心, の持参, の訪問, の頃, はいよいよ, はどこ, は夢, らしい活き活き, らしさ, 又は生れ付き学問

▼ ぬ面持~ (24, 0.0%)

42 だった

1 [18件] して, だ, だったが, であった, であったが, である, で呟い, で広い, で暫く, で朦朧, で村山巡査, で腕組, で言葉, で頭, になる, に青木, の同人, をし

▼ ぬ~ (24, 0.0%)

4 声で 2 が相手, さから, さを

1 [14件] さで, さなり, さに, である, に上ろう, びしゃであったのだろう信州の, 加索の, 峰を, 時公の, 聲で, 聲を, 調子だ, 調子に, 調子無心の

▼ ぬからとて~ (23, 0.0%)

3 お倉, 乞食にも, 義母が

1 [14件] やたらに, アンマリひどい, 一つ年上の, 不確實, 事実無根とは, 何も, 其のま, 卑下する, 大騒ぎし, 女子どもには, 応募しよる, 昔も, 言って, 赤い雪崩紐

▼ ぬくら~ (23, 0.0%)

3 ゐで 2 ゐどつさりあるとかいふ

1 [18件] ゐそれ, ゐだ, ゐである, ゐであるから, ゐであるが, ゐですが, ゐに, ゐにくし, ゐには, ゐの, ゐまるで, ゐ丸焼け, ゐ甚だ, ゐ素晴らしく, ゐ逞し, ゐ静か, ゐ風体, ゐ高い

▼ ぬさま~ (23, 0.0%)

2 心憎し

1 [21件] かたち, だ, である, となりぬ, なり, なり花子, なるに, なれそれ, なれど, にた, にてイイエ, にならせられ, にやや, に四, に小雨, に欄干, に聳え, に草むしり, に黒み, の苦し, をつくった

▼ ぬ悲しみ~ (23, 0.0%)

1 [23件] から清水, があった, が胸, である, であると, で心, というよう, と畏怖, に鎖され, のうち, の唯一無二, の情, は却って, は完全, へ誘い込んだ, も苦しみ, や寂し, を含ん, を持つ, を歌つて, を話題, を誘うた, を語っ

▼ ぬ新しい~ (23, 0.0%)

2 境へ

1 [21件] もので, シャツなど, リアリズムの, 世界が, 世界に, 伝染病が, 住家へと, 問題が, 境地を, 学問を, 家が, 局面を, 慕念が, 文化の, 木の, 民族国家主義を, 着物を, 草履なら, 道だ, 面が, 魅力を

▼ ぬ方角~ (23, 0.0%)

2 へ出, へ解決

1 [19件] からおのずから, からさ, からワーッ, から二手, から他, から来た, の山吹躑躅, へさっと, へすっ飛ん, へそれ, へむけられ, へ強力, へ投げ付けた, へ矢, へ進ませ, へ飛ん, をじっと, を指し, を視詰め

▼ ぬ現象~ (23, 0.0%)

4 である 3 なの 2 で天寿

1 [14件] が日本以外, が知られる, だつた, だと, であって, であろう, です, ではない, なれども, のそば, の到来, の推移, の起る, を記載

▼ ぬ生命~ (23, 0.0%)

1 [23件] がない, だ, とを得る, と存じまし, と思い, と思へ, ならイクラ, に生き, のあした桃, の流れ, の火花, の炬火, の点ぜられた, の發動, の點, は早く, もいらぬ, も愛し, をそのまま, をどこ, をもっ, を持っ, を真実

▼ ぬ身分~ (23, 0.0%)

3 の者 2 の差

1 [18件] か, じゃ, だから, であったら, であつ, であります, であるから, ではあります, でもない, と名称, と職業, なの, のもの, の人, の窮屈さ, をもどかし, を加えた, を嘆いた

▼ ぬ~ (23, 0.0%)

2 して, にて夫

1 [19件] なりしが, なり斯, にてしばらく, にて元, にて其, にて其方, にて半, にて合點, にて否, にて平兵衞, にて感應院, にて煙草, にて私, にて這, に其所, に居間, に申, をし, を見る

▼ ぬあなた~ (22, 0.0%)

2 のお

1 [20件] か, が, が体, ではない, と私, にお尋ね, には小春さん, に見, のご, のため, のテンポ, の事, の御, の横顏, の毒口, の生れつき, は人間, は無論, もふりしきる, をお

▼ ぬかが~ (22, 0.0%)

1 [22件] そんな事, ついて, ほうぼうに, やきが, 一元的には, 主要な, 之で, 分る, 分るでしょう, 判って, 判るだろう, 判ると, 勝負で, 又番頭さん, 問題だ, 問題で, 当藩, 決定し, 疑問だ, 行儀よく, 遂に説明, 遡行の

▼ ぬせい~ (22, 0.0%)

1 [22件] かし, かそれとも, かたまたま, かない, かひどく, かハダカ, か和琴, か姫, か彼, か心, か最初, か見事, か見違える, か道誉, か颯爽, だと, であろう, であろうと, です, では, と後で, もあろう

▼ ぬなど~ (22, 0.0%)

1 [22件] いふこと, いふ人も, だ, 云い甚, 云った意味, 云ふ, 云ふと同じく, 仰山に, 仰有る事, 信ずる学者, 克は, 妙な云い, 少々の, 捨て得むや, 明らさまに, 板場らしい, 無法な, 言ふ, 言葉巧みに, 話を, 近所の, 長く言

▼ ぬ~ (22, 0.0%)

3 なるから, に候

1 [16件] か, が非常, となる, なの, にも致せ, の山, はいう, はつきません, はない, をつい, をついた, を云っ, を吐かれた, を竝, を言った, 吐きだと

▼ ぬ困難~ (22, 0.0%)

2 だと, の末, を感じ

1 [16件] があつ, が予想, が伴, が横たわり待ち設け, が立ち塞がっ, と時間, なら本道, な位置, につきあたり, に想像, をあらためて, をつぐなっ, を伴ったであろう, を伴つた, を感ぜず, を経

▼ ぬ大切~ (22, 0.0%)

4 なもの 2 なこと, な問題, の品

1 [12件] なピアノ, な事, な代償, な切所, な品物, な妻, な役割, な知識, な言葉, の事, の幼, の腰の物

▼ ぬ大金~ (22, 0.0%)

3 をもらっ 2 です

1 [17件] が転がり込んだ, が轉, が隠してない, が隱, ころがりこんで, であった, であつ, である, ではある, の入った, の財布, をすり取つ, を奪取, を恵まれた, を持っ, を持ってる, を持つ

▼ ぬ奇妙~ (22, 0.0%)

3 な困惑, な声 2 な恰好

1 [14件] なこと, なところ, なまつ, なもの, な一枚, な事, な御, な微笑, な感じ, な感情, な男, な神神, な音, な髪

▼ ぬ幸福~ (22, 0.0%)

2 が湧い

1 [20件] が舞い降り, であった, でございますけれど, で住み, とし, などでは仕方, な囁き, な身, に対する晴れ, に恵まれた, に火照る, のお方, の幸, の拾いもの, を圓朝, を得られた, を想像, を感じ, を誇り, を齎す

▼ ぬ日本~ (22, 0.0%)

2 としては当然, としては或いは

1 [18件] だった, でも或は, にとって正に, にない, の, のことば, のハラキリ, の今日, の兄弟諸君, の図工, の国宝, の國, の奥地, の婦人作家群, の母親たち, の雑誌王国, の風土, へかえったら

▼ ぬ時分~ (22, 0.0%)

2 であった, のこと

1 [18件] からどんな, からの家同志, この近所, だから, であろう, でございますが, ではありますまい, でもあれ, で彼, で能, なるに, にこれ, にこんな, にパット燃上, に彼女, に早く, に武蔵, に部屋

▼ ぬ~ (22, 0.0%)

2 といふは古, といふも世, とおなじ, に似た, を視

1 [12件] である, であること, の側, の様, の海, の雫, や熱帯海の, や熱帶海の, をふく, を吐く, を消す, 焚き場

▼ ぬ~ (22, 0.0%)

20 さで 1 さと, さに

▼ ぬもう~ (21, 0.0%)

3 一つの 2 其話し

1 [16件] あのお方, いくつかの, いちど申し, その話し, つつぬかそう, にがさないぞ, 一名の, 一本貸し, 一階上へ, 二年間あの, 亡いものと, 今では, 暁方も, 自分は, 見えぬ, 見えぬもう

▼ ぬ不幸~ (21, 0.0%)

3 な運命

1 [18件] があり, がわい, が襲っ, が訪れた, が起こった, が起こります, てふも, でさえも, な事情, な人々, な宿命, な認識, にあい, に陥った, に陥る, はむしろ, を予感, を生ぜ

▼ ぬ仕儀~ (21, 0.0%)

2 となった, となり

1 [17件] だった, であった, でご, でござるな, ということ, となっ, となったなら, となりぬ, となる, となろう, とは申し, にて今, になっ, に叔父, に立ち, は小娘, や欲求

▼ ぬ印象~ (21, 0.0%)

1 [21件] があった, が私, そのままであった, だという, でせう, として残った, となっ, と強い, の一つ, は土佐国, をうけ, をうけます, をとめ, をぶちこわし, を与えた, を与える, を僕, を得た, を残し, を残した, を殘

▼ ぬ少年~ (21, 0.0%)

3 の心 2 でした, はその

1 [14件] がそれ, ですから, なり, に酒, のかなし, のよう, の下駄先, の事, の大, の私, の身, はおのれ, は私, をたずさえ

▼ ぬ彼女~ (21, 0.0%)

2 を私

1 [19件] であ, ではありました, としては家, との別離, なりき, のよろこぶ, の一挙一動, の信仰, の夢, の微笑, の眼, の良心, の若, の裸体, は咄嗟, は唇, もしたがっ, もふと, を待

▼ ぬ微笑~ (21, 0.0%)

3 を浮べ 2 に誰, をうかべ, を浮かべ, を無理 1 が, がなごや, であった, で答え, の影, をし, を交換, を浮かべた, 持って, 持つて

▼ ぬ~ (21, 0.0%)

10 ろしい 2 れと 1 さだ, さです, るべき一族, るべき生活, れが, れに, れの, れを, ろしきもの

▼ ぬ~ (21, 0.0%)

2 なもん, の人

1 [17件] だから, だったから, であつ, です, ですが, でもあった, で朝教室, とて高雄山, と見え, なの, の憂鬱, の本然, の秘密, より出, らしい, らしく見えた, を持つ

▼ ぬ~ (21, 0.0%)

2 計を, 酒の

1 [17件] いたずらなり, さと, ではない, どい表情, の嘆美時代, は善, 体を, 侍が, 僕なり, 時代を, 智を, 智恵だ, 智慧比べじゃ, 虐の, 虐を, 虐偏見人為の, 運命の

▼ ぬ時期~ (21, 0.0%)

2 がくる

1 [19件] があつ, がある, が来た, が来ない, が来る, であった, であつ, でもある, にあっ, にも用語例, に到達, に来, に行き当るでしょう, に該当, に迸発した, に達し, に限る, のロマン, はないだらう

▼ ぬ自然~ (21, 0.0%)

3 の大

1 [18件] なた, に深入り, のおとめ, のてい, のなか, の儘, の口調, の器械的, の掟, の流れ, の理法, の粉本, の表現, の誇り, の諸, の風景, らしさ, を草木土石

▼ ぬ~ (21, 0.0%)

3 でも買 2 に胸

1 [16件] だが, に便所, の中, の二日醉, の匂い, は中田, は気, は矢はり, も家業, も来りぬ, をグビリグビリ, を喰らった, を杯, を注ぎ, を飲ん, 売りの

▼ ぬ~ (21, 0.0%)

4 もなく 3 もない 2 もなき, もなし 1 なき平家, なき心持, なく, なく到る, なく宇宙, なく尋ね, はなく, もなかりし, もなかるべく, も無く

▼ ぬというは~ (20, 0.0%)

3 小さき智慧袋

1 [17件] ありませんその, このへん, ない, ないはず, 一つも, 一応は, 一般に, 下手な, 世の中に, 主観的である, 余り至愚, 優勝劣敗あるいは, 国の, 実に遺憾, 平日の, 無礼である, 褒めれば

▼ ぬとでも~ (20, 0.0%)

2 いうの, いったよう

1 [16件] あったの, いいたげに, いうかの, いう惧, いったふう, いった風, いって, いふやう, お思い, 云はう, 云われたら事, 思つた, 申すの, 考えたの, 言うの, 言われようもの

▼ ぬどころか~ (20, 0.0%)

1 [20件] あの人, いずれも, ごやっかい, そんなもの, 今少, 偉い人, 却つて惡く, 商標偽造で, 場合によっては, 安っぽい感激, 家屋も, 小林の, 当夜未亡人は, 後にも, 現実の, 現実のうはべだけを, 相見ぬ, 蘭学書生と, 行く先々, 飯にも

▼ ぬ地獄~ (20, 0.0%)

2 じゃ, のチョンガレ, の責め苦

1 [14件] だ, であります, です, の, のよう, の入口, の取沙汰, の噂, の山, の恐怖, の最も, の気配, の火, へ吸い込まれ

▼ ぬ性分~ (20, 0.0%)

2 だから, なので

1 [16件] がある, だった, だとかには, であった, であったから, であったの, である, です, ではある, でもある, で御座いましたので, で猪, とみゆる, なの, なん, の利国

▼ ぬ方向~ (20, 0.0%)

2 へ展開

1 [18件] から謙吉, で幽玄, にばかりわれ, に動き出した, に姿, に話, に還俗, へそれ, へ一跳足, へ向けられた, へ導い, へ引き, へ船, へ行, へ走り去っ, を凝視, を指し, を採る

▼ ぬ~ (20, 0.0%)

2 に於

1 [18件] から家, から悪事露見, が非, だけの事, では何, ならば, に反し, は何, は堀, は新婚, も気, より直に, より種々饗應, れは, れ一つ, れ私自身, れ第, れ蓋し

▼ ぬ時刻~ (20, 0.0%)

3 の客 2

1 [15件] だ, だという, であったため, にえらい, にお, にはいつも, に乗船, に大手御門, に客, に店, に源氏, に突然, に薫, に食事, は少し

▼ ぬ~ (20, 0.0%)

1 [20件] なむと, なり, にこころ, にも死なれぬ, に向っ, に脅かされ, に迫られ, に驚いた, ぬる迄の, のよろこび, の世界, の到来, の海, の翼羽搏, は生, を彼, を待つ, を思い, を思ひ, を選んだ

▼ ぬ~ (20, 0.0%)

4 はない 3 やある

1 [13件] があろう, ではあるまい, になつて來, の不思議, の浄地, は勧める, は無い, もある, もなかろう, も一所, を心得おらなく, を教える, を知つて

▼ ぬ積り~ (20, 0.0%)

2 だ, だつた

1 [16件] だったが, だという, であった, であります, である, であるから, であろう余, でい, でいろ, でございます, でしたが, でしたけれど, です, で夫, で家, で有ろう

▼ ぬ~ (20, 0.0%)

2 を作り出さね

1 [18件] が引きあっ, が繋がっ, が面白い, だったねえ, でひっぱられ, で引かれる, で引き戻される, で縛り上げられたごとく, で視線, で魂, につながれた, に操られる, に曳かるる, に曳かれる, のなわ, をより, を繰っ, 取女

▼ ぬ身の上~ (20, 0.0%)

2 だ, なれば

1 [16件] だった, であった, である, であるから, でお父さん, です, ですから, とならなけれ, なの, になろう, に成っ, に成り果てまし, の話, も聞い, を思ひ続けつ, を日記

▼ ぬ身体~ (20, 0.0%)

2 じゃ

1 [18件] が悪, だけそ, だったの, であったが, であの, でしたから, で充分, となった, なの, なのに, になっ, のどこ, は揺られる, を制御, を床, を旅仕度, を自動車, を自暴

▼ ぬ~ (20, 0.0%)

2 の所詮, は本復

1 [16件] がフィリップ, が多く, が多数, が黒羽二重, と交, と思われ, に素読, のみ多い, は, は余儀なく, は信ぜぬ, ばかり, もある, もおりまし, を強いて, 見る眼

▼ ぬ~ (20, 0.0%)

2 の色, を眺め

1 [16件] おそらく天地開闢以来, か煙, と水, などの出でたら, ならば, に覆われた, に隠るる, のうへ, のお, のみ無心, のよう, の夕映, の外, の影, の海, の運動

▼ ぬ黒い~ (20, 0.0%)

2 髪と

1 [18件] ものを, 土の, 巨人は, 影は, 影法師は, 手の, 斑点を, 旗の, 森が, 池が, 波濤の, 海に, 海の, 男が, 線, 翼の, 肉体を, 銃口の

▼ ぬかとの~ (19, 0.0%)

2 勧誘を

1 [17件] おそれ, お誘いに, ことで, ことであった, ノッピキならぬ, 事であった, 事私は, 依頼故, 心配から, 憂を, 最後の, 期待が, 気遣, 疑念から, 疑念も, 老婆心から, 非難を

▼ ぬされど~ (19, 0.0%)

2 も父

1 [17件] いずこ, か, この答, これすら, そこに, そを, も堅甲, も天, も死者, われ生れ, 其槍敵將の, 右にも, 彼等身を, 恩惠の, 我また, 村人は, 目には

▼ ぬわたし~ (19, 0.0%)

4 は尊徳

1 [15件] が一生懸命, が大, が手, が挿したなら, のよう, の不時, の膝, の部屋, はただ, はどう, はひとり, はもう, は行かぬ, は願っ, よいこと

▼ ぬ~ (19, 0.0%)

2 っと現われた, っと長く

1 [15件] っと, っとした, っとのび, っとまっか, っと伸び出し, っと出し, っと大きな, っと姿, っと延び上った, っと或は, っと浮上, っと立っ, つと腕, つと這入, と凌い

▼ ぬ人達~ (19, 0.0%)

2 の間

1 [17件] かも知れない, が出来た, が少く, が色々, こそかえって, だと, であったの, に比べ, のこと, のする, の中, の寮, の葬送, の見る, はその, は彼等, を守らん

▼ ぬ~ (19, 0.0%)

2 には何とも

1 [17件] が里子, であるから, なりしを, のこと, のごとき, の実, の家, の役, の誤謬, の赤子, はこ, はたいへん, は同様, は文學者, は文書, は雪雲, までが本国

▼ ぬ~ (19, 0.0%)

4 も見ぬ 2 のかをり, の畑

1 [11件] が今, に埋め, のかたまり, の上, の下, の中, の児ら, の牢, の香, の香り, は湿っ

▼ ぬ奇怪~ (19, 0.0%)

3 なもの

1 [16件] な事, な仏像, な感じ, な物語, な獣性, な種々, な笑い声, な符号, な美し, な落ちつかぬ樣子, な題材, な飲みもの, な騒ぎ, な黒影, の歴史, の讓位

▼ ぬ好い~ (19, 0.0%)

3 方で

1 [16件] かおりに, ところへ, 味で, 問題である, 喉で, 声で, 心地にな, 心持で, 時候だ, 気味で, 男でございます, 閲覽人で, 陽気です, 陽氣です, 香で, 香りが

▼ ぬ嬉し~ (19, 0.0%)

5 さが 4 さを 3 さで, さに 1 さ, さでは, 相な, 薬に

▼ ぬ~ (19, 0.0%)

1 [19件] で腹, と小綺麗, などの様, には四季, には隣, に時雨, に落葉積り, のすみ, の中, の人だかり, の土蔵, の木立, の柔かい, の樹木, の瀧, の雑草, の面, ばかりをながめ, へ進む

▼ ぬ愚痴~ (19, 0.0%)

2 を並べ

1 [17件] じゃ, だが, だった, であっても, というもの, ながら私, なぞをいくら, になりました, に同志, のよう, ばかりこぼし, ばかり聞い, もいわね, も惚れた, をこぼした, をならべる, をも今夜

▼ ぬ方面~ (19, 0.0%)

2 からその

1 [17件] からの物質, からぱらぱら, から出, から単語, から思いがけぬ, から抉り出し, から現われた, から魔, だと, でその, に姿, の仕事, へ来た, へ発展, へ發展, へ転じ, より起る

▼ ぬ早業~ (19, 0.0%)

2 でその, で早く

1 [15件] があの, だ, だつた, である, でさっと, でな, でアツ, で一羽, で心, で手術, で石突き, で突き, で轡, に値段, 両樋

▼ ぬ~ (19, 0.0%)

5 の風 2 の老女達

1 [12件] があり, がありました, が多い, だがだれ, では家, とては禁裡, と云, の人人, の子供等下, の家長たち, の小名, の青年會

▼ ぬ東京~ (19, 0.0%)

2 のこと

1 [17件] から医者, での暮し, で想像, に, に一度, に住む, の, の一劇団, の上野, の勤務, の様子, の真ん中, の街, の話, の雨わたくし, へ帰っ, へ帰りたくなった

▼ ぬ用意~ (19, 0.0%)

3 のある 2 をし

1 [14件] が秘められ, が閑却, して, だったというくらい, だの要害, である, にか, にシタシタ, に蓆, の上, の下, の十分, をととのえ, を致す

▼ ぬ約束~ (19, 0.0%)

3 をし

1 [16件] があった, がある, じゃと思うた, だが, である, ではございません, などにはすこし, なるべく高貴, に, にある, にも分相応, の履行, の秘事, の辻往, をした, を電話

▼ ぬ苦し~ (19, 0.0%)

4 さを 2 さから, さであった, さと, さに, さは 1 さ, さである, さなんどを, さの, さ予は

▼ ぬ部屋~ (19, 0.0%)

3 の中 2 の隅

1 [14件] であつ, であるが, ではある, なれぬベッド, には夕方, に置く, に長崎, のうち, のひとつ, の悪臭, の机, へ静, を借りる, を見

▼ ぬ~ (19, 0.0%)

2 の花, は凍みぬ, も暮れぬ

1 [13件] つ鳥, つ鳥雉, に, に妙, の中, の土, の春かぜ, の曇り, の末, の道, の雜草, の面, 干我が

▼ ぬ静か~ (19, 0.0%)

1 [19件] なる顔付, な一すじ, な人, な凪ぎであつた, な午後, な哀愁, な安息, な宵, な寺院, な微笑, な心持, な愛, な淋しい, な深い, な澱み, な濁水, な生活, な色, にさっしゃい

▼ ぬ~ (19, 0.0%)

1 [19件] がひびく, が男, が静寂間, だ, で熟語, とタイム, なので, にやかけ, に驚かされ, のよう, の感覚, の渦, をさせ, をなし, を保つ, を刻み, を聞かされた, を聴いた, を脣

▼ ぬ顔色~ (19, 0.0%)

2 です, になっ, を見る

1 [13件] それでもお, だった, で, であった, できたの, で今, で周囲, にて急が, に受け, の底, をし, を作り, を見

▼ ぬあたり~ (18, 0.0%)

2 のもの

1 [16件] に, にある, に天草, に柿の木, に極めて, に絶えず, に落ち, に鳥, のこと, の光景, の暗, の珍し, の空気, は墨画, まで平らか, まで肩

▼ ぬそんな~ (18, 0.0%)

2 勿体ない事

1 [16件] こと, ことが, ことは, ことも, のが, ものだ, ような, 乱暴な, 事が, 作が, 境遇が, 教師も, 敵愾心めいた, 気性は, 生命観も, 読み方を

▼ ぬ~ (18, 0.0%)

2 の浦, は神, 又はみる

1 [12件] っけもの, っこ, っこく, って来る, っとし, など, などと変化, るが, るなし早, るなし早稲田, る氷, る繊

▼ ぬわし~ (18, 0.0%)

2 や渡る

1 [16件] が今日, が死ぬ, じゃ, だ, であろうな, とどっち, なの, にかまわず, にすら見えた, の姿, の家, はお前, はちと, もあの, も忙しい, を主人

▼ ぬわれ~ (18, 0.0%)

3

1 [15件] いかでためろうべき, いつく母, こそ, さるひじ, とわが, なれど, に, のいのち, の長, は益, は直ちに, また彼, もすがりぬ, を召す, 再びこの

▼ ぬ世間~ (18, 0.0%)

2 に下女, の人

1 [14件] だから, にぼろ, に対する無言, に悪評, に惡評, の取沙汰, の口々, の奴, の恩, の批評, の衆, の雑事, は彼, 見ずの

▼ ぬ人生~ (18, 0.0%)

1 [18件] であった, であり真実, なの, の, のいろいろ, のうわっ, のけは, のこれから, の一部, の冷たい, の営み, の姿, の落ち, の鑑識, を忘れ, 再スタート, 即ち民族精神, 悠々たる

▼ ぬ原因~ (18, 0.0%)

1 [18件] がある, がどこ, がひそん, が蔭, であった, でしょう, でだ, で躓い, といふ, により生, に基く, の最大, はいつたい, はほか, は夫, は水治, は雇人, も云われない

▼ ぬ~ (18, 0.0%)

3 には言

1 [15件] がなさけ, だったの, であり伴侶, である, でも出, といへ, と呼ぶ, のなか, の消息, の無能, の行方, の訪れ, もがな, よ友, を沁

▼ ぬ品物~ (18, 0.0%)

2 である

1 [16件] があまり, がある, が品物, が見え, だった, でこ, でございます, です巡査, で貴方, なぞ注文, には売値, に売値, ばかりで, をお, を以て蔽う, を壊した

▼ ぬ変化~ (18, 0.0%)

1 [18件] がおころう, がき, が人, が憑, が渠, が現れ, が起っ, である, の早わざ, の早業, の量, は社会組織, は続け, をし, を充分, を徐々に, を経, 傾いて

▼ ぬ多く~ (18, 0.0%)

1 [18件] のこと, のもの, の事実, の人, の仕事, の伽藍, の兆候, の原因, の名画, の問題, の懺悔, の火花, の珠玉, の環, の発明創意, の詩歌, の遊星, の過去

▼ ぬ工夫~ (18, 0.0%)

2 をしろ

1 [16件] がされた, がし, である, に一倍, に捻じれ, をしなけれ, をする, をするでしょう, をせられた, をと身分, をなし, をなす, を専一, を無理, を立, を編みだした

▼ ぬ~ (18, 0.0%)

4 のもの 2 に群

1 [12件] くれな, で大きく低く, のりんりん, のワーツ, の傑作, の根強い, の清浄潔白, の緊密, の過失, を知る, を覗い, 知れぬ悲しみ

▼ ぬ彼ら~ (18, 0.0%)

1 [18件] が三合, が少年, が己惚, だが, である, なの, に譲吉, の心事, の胸, の運命, の部落, の阿片窟, は別, は暫時柳, は東寺, は次第に, は若き, を悼ましく

▼ ぬ文字~ (18, 0.0%)

3 を書

1 [15件] かも知れない, が, がその, が使用, が多い, が案出, が見えました, であるが, で書き埋めた, などは彼, の予言, は, も多い, を以て書記し, を活動写真

▼ ぬ気色~ (18, 0.0%)

2 である

1 [16件] だ, であつ, で元, で叫んだ, で彼, で新吉, で私, で駆け, なので, に圧倒, のいい, をみせ, を伝え, を帯び, を悟つた, 見ゆるにぞ

▼ ぬ氣持~ (18, 0.0%)

1 [18件] がしない, であつ, である, ではとても, で眼, で考える, で過し, になつ, になつて, になる, になツ, にひたり得つる, に成ました, に泣かね, に駿介, の駒平, も一時, を起させます

▼ ぬ~ (18, 0.0%)

2 があり, がある, でもある

1 [12件] がござる, が済ん, が私, とは何, にいる, に手紙, に立てれ, のふえた, は何, もあった, を達し, 有しを

▼ ぬ病気~ (18, 0.0%)

1 [18件] がある, が祈り, じゃ, であると, で不意, で死ん, と悟つた, と決定, ならば, のため, の数々, は治らぬ, や, をこの世, をし, をみつけ出される, を巧妙, を抱いてる

▼ ぬ~ (18, 0.0%)

5 の闇 2 逆に

1 [11件] のこと, の主人, の友, の恋愛, の犯人, の理由, の闇夜, 仰向けに, 暗闇が, 暗闇の, 油を

▼ ぬ~ (18, 0.0%)

1 [18件] が私達, き粧, くしさ, としての美し, と才, と浄楽, にみち, に満ち輝いた, に胸衝, の最も, の礼讃, の類型, より分らなかった, を持っ, を発見, を自分, を蔵する, 麗しい心

▼ ぬ老人~ (18, 0.0%)

1 [18件] がしずか, がそれでは, がたった, がだんだん, が私, が背負われ, だ, だつたさうである, とされた, について自ら矜, には相違, の久木男爵, の或, の腕前, はこらえこらえた, は長く, らしい其の, を訪問

▼ ぬ~ (18, 0.0%)

9 して 1 て何者, もそれ, も人類, も前例, も堂々たる, も最も, も死ぬなら, も脱獄, も自然

▼ ぬ興奮~ (18, 0.0%)

3 です 2 を感じ

1 [13件] だった, であった, でわたくし, で色艶, で顔, と哀愁, にその, に燃え立ち, や誇張, を示し, を見せ, を覚え, を追って

▼ ぬ~ (18, 0.0%)

3 の中 2 の旅

1 [13件] が舫, で心細い, というもの, と兵力, にゐ, に乗る, のよう, の乘降, の大きい, の影, はわが身, を下れ, を塗

▼ ぬ~ (18, 0.0%)

2 れだと

1 [16件] かと喋っ, かと喋つて, か此風, がなんと, だと, にともなし, にもせよ, にもオレ, にも素性, も構わなけれ, も相手, も見えぬ, やらが歌つた, よりも一番, れゆゑ, れ待ちて

▼ ぬ責任~ (18, 0.0%)

3 がある 2 を感じた, を青木君

1 [11件] があります, が在る, そういうもの, とか必要, のある, の磐石, ははい, を否応なしに, を感じました, を感ずる, を有っ

▼ ぬ~ (18, 0.0%)

3 がある 2 である, であるが

1 [11件] ありて, があった, があります, がありますでしょう, が漂っ, であった, であろう, でした, は少し, をなし, を仰せ開かれましたなら

▼ ぬいい~ (17, 0.0%)

1 [17件] ことが, というまで女中, ところらしい, 匂で, 味が, 天気の, 御亭主, 恰好で, 懸りだ, 所が, 景色だ, 景色の, 気持ちだった, 話が, 道楽だ, 音色が, 香りが

▼ ぬかな~ (17, 0.0%)

4 しからずや

1 [13件] あみの, いかなる人, えらい永逗留, おれの, しめる顔, ではご免, もし宿, わしが, 姥捨の, 我が心, 我も, 漲るといふ, 貝十郎

▼ ぬがち~ (17, 0.0%)

1 [17件] がふ, だ, つと強, であった, であらうわい, である, でも, なので, なるさ, な家, な時間, に入用, のその, の寝台, の現代為政者, の生意気ざかり, の生活

▼ ぬ~ (17, 0.0%)

2 なたの

1 [15件] が督責状, そんなこと, と有りける, なたたち, なたとの, なたならそんな, はこの, はとまれ, は一, は我等路, は是彼, は汝, をやき, をよむ, を吸

▼ ぬ~ (17, 0.0%)

2 ぅぅ

1 [15件] うだつた, つらよ, つれづれと, はらかな, 又此處, 同じ色, 垂れたる枝, 忍び忍びに, 手代よりも, 拙者は, 栗毛の, 森のは, 水に, 父が, 誰も

▼ ぬ~ (17, 0.0%)

3 のもの 2 である, の口小言 1 であること, ですから, で困つた, で私, で醜, なる上九郎兵衞, なる養育, の事, の布団, 入様

▼ ぬ夫婦~ (17, 0.0%)

3 のよう, の間 2 多しと 1 であると, でいよう, でも縁, となり, になりましょう, の気持, の進化, の道, は折ふし

▼ ぬ失策~ (17, 0.0%)

4 をし

1 [13件] であった, でありしよ, なの, にすっかり, にひどく, にむかっ腹, に毎日毎日, をした, を仕出かし, を仕出かした, を仕出かす, を思いわずらっ, を演じなけれ

▼ ぬ好奇心~ (17, 0.0%)

1 [17件] がある, がむらむら, が唆, と大げさ, にかられる, に悩まされる, に満たされ, の満足, の血, もあった, や詮索, をいだい, を加え, を加えました, を惹かれた, を生じた, を起さず

▼ ぬ~ (17, 0.0%)

3 をし 2 であつ, において現われ, を引受けた 1 で通例二十四, になり, をいいつかっ, を取つ, を拝命, を活かした, を演じ終る, を笑

▼ ぬ怪物~ (17, 0.0%)

1 [17件] がそこ, がのこの, が日本全国, が木々, が潛, だ, だった, だ流石, である, というべきであった, と思はない, に相対, の巣, の背中, の顔, はそもそも, をさがす

▼ ぬ~ (17, 0.0%)

3 がする, がない 2 がある, が起る 1 が起らぬで, に堪ぬ, に打たれた, のみが多く, も愈, を懷, を起させる

▼ ぬ~ (17, 0.0%)

3 樣で 2 樣, 樣です, 樣に 1 つる世に, 樂座の, 樣であります, 樣である, 樣でした, 樣にて, 樣私は, 體に

▼ ぬ災難~ (17, 0.0%)

2 でした

1 [15件] から浮き巣, がお, が見舞, が降りかかっ, が降りかかる, であったが, である, でげし, でございます, で押切, に会う, に逢っ, に逢つて, に遇, の前兆

▼ ぬ物音~ (17, 0.0%)

2 がし

1 [15件] がさいぜん, がした, がしました, が起った, であるから, でも起り, と叫び声, にたちまち, に五八, に沖, に耳, に走せ出でぬ, のなか, はそれ, を感じた

▼ ぬ理窟~ (17, 0.0%)

2 だ, になる

1 [13件] がある, で五合桝, となる, などを考へ, にはなるだろう, はない, はやめまし, をいう, をつけるない, を付けた, を言, を言った, を買いかぶります

▼ ぬ~ (17, 0.0%)

2 の哀愁, の懊悩, 若い者

1 [11件] そのものは, に充ち溢れ, の一面, の墓石, の憩い, の泉, の絵の具, を有らしめ, 栗を, 素麺に, 若い身

▼ ぬ~ (17, 0.0%)

3 の床

1 [14件] がしきりに, であった, であって, ではない, とはきく, ともまた, と承, に公, の, のかげ, のため, の催す, の身我さ, 怠る嫁

▼ ぬ神秘~ (17, 0.0%)

2 の結び方

1 [15件] が観察者, だったと, であつ, と詩味, なもの, な事情, な光りの, な力, な奇怪, な生命感, に, につつまれた, の衣, を持った, 幽幻

▼ ぬ空想~ (17, 0.0%)

2 の翼

1 [15件] で芸術, で芸術はか, などが異様, にその, に時, に走り, に身, に過ぎない, の喜び, の浮ぶ, もきれい, や妄想, をさえ描いた, をめぐらし, を馳せ

▼ ぬ空気~ (17, 0.0%)

1 [17件] がきんじ, が内在, が満ち, が醸された, だ今晩, にもか, に充たされ, に驚異, のある, の中, の絶項, の適度, を一家, を察した, を感じた, を鋭敏, ジーンと

▼ ぬ~ (17, 0.0%)

2 と泥

1 [15件] がいろいろ, が指, と人体形成, と力, に染まるだろう, に飢えた, のいづる, のいろ, のすじ, のなか, のぼせければ, の滲む, を以て歴史, を拭い, 臭くて

▼ ぬ~ (17, 0.0%)

4 である 2 であるが

1 [11件] が永く, だつたの, であった, であつ, であること, として単なる, なの, に出く, を用, を用い, を饒舌

▼ ぬ風景~ (17, 0.0%)

3 である

1 [14件] がなお, が明, だったこと, だと, であ, であったに, といふもの, と見返り, に心, の一つ, の間, ばかりが浮かん, へ五竜, を探つ

▼ ぬ~ (17, 0.0%)

2 の方

1 [15件] か何, があっ, がある, が入っ, が築地, だけは弱い, とを持っ, の力, の引き合わせ, の行く, ひにのみ, も預り親, をいとど, を打, 坐つたまま

▼ ぬたち~ (16, 0.0%)

3 であるが 2 なの

1 [11件] だったから, だと, ですし, でどちら, でもあり, で私, で話, なので, なのにも, の男, の者

▼ ぬとまで~ (16, 0.0%)

1 [16件] いわれたもの, おもしろく思われる, そなた, 云って, 云はれ, 云張った, 威張って, 官憲の, 廻文を以て, 思いつめたる望, 思い込んだ女子, 慷堂に, 懐かしく思っ, 細語いた, 言われるよう, 高じて

▼ ぬながらに~ (16, 0.0%)

1 [16件] こうして眼前, こうして突っ, ごもつ, その男女相対, どうかし, 又兩性的, 女房も, 妻ノブ子は, 姦通すれ, 少しはやっ, 彼らと, 心持が, 母に, 相沢の, 青年には, 驚嘆させる

▼ ぬなりに~ (16, 0.0%)

3 菊の 2 それについて

1 [11件] はっきりきこえ, ひどく目, 久しく守られ, 予が, 予も, 審理を, 屈服し, 揺れの, 笑顔に, 納まって, 面白がって

▼ ぬ~ (16, 0.0%)

8 えちゃん 1 えち, ざめたたずむ野の, たみと, ぼけまなこの, まり石地蔵, むりまどけき土間の, 価は, 此三幅対の

▼ ぬまだ~ (16, 0.0%)

2 くくみ

1 [14件] しき大根ま, それさへも, ほんのほ, 一家の, 五年と, 人間に, 内縁でございまし, 固い琥珀, 夜の, 広言を, 暮れぬと, 此の先に, 生きて, 立たんな

▼ ぬ~ (16, 0.0%)

2 と傍ら

1 [14件] として訪者, と出, と出た, と出る, と前, と坐つた, と彼, と突き, と突き出し, と突き出した, と義雄, と軒, と這つて來, と顔

▼ ぬ勇気~ (16, 0.0%)

2 がある

1 [14件] あって, あればこそ, があり, がひしひし, がわい, が湧い, と忍耐, にかて, は全身, や智恵, をもった, を得, を要した, を起し

▼ ぬ危険~ (16, 0.0%)

1 [16件] が無, が起り, じゃからよ, とに対して彼ら, な事, に出, に出あ, に遭遇, の方, も千鶴子, よりはむしろ, を克服, を感じた, を感じはじめた, を感じる, を直義自身

▼ ぬ唯一~ (16, 0.0%)

4 のもの

1 [12件] の原因, の国, の好み, の恩人, の智識, の楽器, の点, の秘密国, の租税, の芸術, の道, の願ひで

▼ ぬ~ (16, 0.0%)

2 の上

1 [14件] があろう, では坂路, に其読者, に墓, に棲み, に生活, の底, の營所, の窓辺近く, は一郷一村, は銚子港, も許さぬ, を見た, 見慣れぬ空

▼ ぬ好意~ (16, 0.0%)

2 を示し

1 [14件] であったの, とみなけれ, と親愛, の示しかた, をお, をもっ, をもつ, をよく, を寄せ, を寄せる, を持っ, を故人, を示した, を覚えた

▼ ぬ少し~ (16, 0.0%)

2 忘れて, 錆の, 頑固らしい 1 ずつの変更, の物音, は残つて, ばかりの不自由, も, も分らない, も驚かぬ, 前の, 見積つても, 黙って

▼ ぬ~ (16, 0.0%)

1 [16件] お饑饉, とった父, とって, と占われ, に前, のころ三十一, のはじめ, の後方, はとったれ, は七十ぢ四つ, は凶作, は我生涯, は滅多に, は無い, をこそ秋, 若く美しき女

▼ ぬ強い~ (16, 0.0%)

4 薫を

1 [12件] た情熱, ところが, 共感を, 力に, 奴で, 心が, 精神に, 角度で, 関係交渉を, 關係が, 雨が, 香りで

▼ ぬ彼等~ (16, 0.0%)

1 [16件] がやり, であつ, の不幸, の多く, の姿, の正しき, の神經, の血相, の頭, はさすが, は仕入れ, は善き, は自然, もまだ, をも嘉し, 即ち皆汀

▼ ぬ愉快~ (16, 0.0%)

3 を感ずる

1 [13件] がある, であつ, である, となつ, な境, な華美, な鳥, に日, に節々, をかれ, を感じた, を感じました, を覚え始めた

▼ ぬ望み~ (16, 0.0%)

2 と共に, を持つ

1 [12件] がある, だ, だと, だろうか, でありました, であると, ではない, のため, のない, をかけたる, をもっ, を持ちます

▼ ぬ~ (16, 0.0%)

2 を描い

1 [14件] あらく, がものう, が立つ, が表面, にまかせ, に過ぎなくなった, に騒いだ, のやう, の上, の立ち, は燃え, を切り裂い, を立て, 裂くるとき

▼ ぬ現在~ (16, 0.0%)

2 のわれわれ

1 [14件] では父, どうも治まり, において永遠的生, のあなた方, の勢力, の悲しみ, の青年男女, は一定, は過去, までの有様, も亦, を確保, 即ち永遠, 無くならぬ今

▼ ぬ~ (16, 0.0%)

2 の暁, もがな二人

1 [12件] あたたかき, に出, の, の人々, の児, の女, の月, はなけれ, は住む, もあれ, もがなふたり, やある

▼ ぬいろいろ~ (15, 0.0%)

1 [15件] とお話, な事件, な事情, な品物, な女, な機械, な誤謬, のこと, のもの, の原因, の手紙, の欲望, の疑問, の策, の花

▼ ぬかい~ (15, 0.0%)

53 来ぬかい 1 とんだ暑がり, 何ぢや, 案山子, 案山子来ぬ, 気忙しない, 添え兼目付, 飛だ

▼ ぬしかも~ (15, 0.0%)

3 一度や 2 知れない 1 これに, その句, それが, や観音, 何やら彫刻, 堪えがたいはげしい恐怖, 愈々花, 知れないどう, 緊急に, 重要な

▼ ぬなどという~ (15, 0.0%)

2 ことは

1 [13件] ことも, そんな大, ので, もので, ものの, わけで, わけは, 人間が, 大胆不敵な, 契約に, 絶体絶命の, 詫びは, 間柄は

▼ ぬまでの~ (15, 0.0%)

2 人がら參詣人へも, 変化が

1 [11件] ことそれを, ことです, 事, 事べつに, 事情を, 人がら参詣人へも, 内ヶ崎代議士の, 境にまで, 涙声に, 渦を, 純潔さと

▼ ぬ~ (15, 0.0%)

6 の夜 2 の山 1 の山路, の日, の日向, の暮れ, の町, の白い, もめでたき

▼ ぬ~ (15, 0.0%)

3 な心持, やな 2 な気持 1 な声, な感じ, な感銘, な暗い, な聲, な顏, らしき氣もち

▼ ぬ地方~ (15, 0.0%)

1 [15件] から何, から入っ, がある, でつくられ, ではその, では時々, にのみ行われ, に多数存在, の党員, はありません, もあり, もある, もすでに, を奔走, を巡回

▼ ぬ婦人~ (15, 0.0%)

2 にいたずら

1 [13件] かが粧い, がある, がゐる, が側, が彼, が時々, が活動, であること, と面会, のみが公民, の無自覚, も自然, を載せたる

▼ ぬ家庭~ (15, 0.0%)

2 を作つた

1 [13件] あり断然, であった, というもの, に飽く, の一幕, の人, の息子, の瑣事, の調和者, の變, の雰囲気, は彼, を離れ

▼ ぬ宿命~ (15, 0.0%)

2 を持っ

1 [13件] であらう, であるかも, にある, に置かれ, のもと, の傷, の力, の鹿, は疾く, を与えられ, を信じ, を担っ, を有っ

▼ ぬ影響~ (15, 0.0%)

2 を与え, を与える, を及ぼした 1 も官吏, を与えた, を与へる, を世に, を受けた, を受ける, を受けるだろう, を多く, を蒙らせました

▼ ぬ思想~ (15, 0.0%)

3 は無 2 である 1 だったと, であります, となる, と感覚, と興味, のそれ, の宝, はあり得ない, も亦, を抱いた

▼ ぬ恨み~ (15, 0.0%)

1 [15件] が, がある, が無い, が胸, の眼, はまた, は濡衣, をいだく, をかえす, をくり返す, をのこ, をわし, を懐いた, を持っ, を買

▼ ぬ日本人~ (15, 0.0%)

1 [15件] が, が随分, なの, なんか日本人, にもなお, の文章, の自然さ, の訪問, の間, の高潔, はよろしく, はヨオロッパ, は一人, は容易, も知らぬ

▼ ぬ~ (15, 0.0%)

5 の中 2 がある 1 に一歩一歩, のした, のともし, のなか, の奧, の間, や草原, 主水

▼ ぬ気配~ (15, 0.0%)

2 も動い

1 [13件] がする, が感ぜられた, が感ぜられ出し, である, で床, におどろき, にはつ, に圧せられ, に愛子, は残っ, をさえ感じ, をみせ, を知る

▼ ぬ~ (15, 0.0%)

2 が出

1 [13件] が眼, が親, その時他, にはちょっと, には一寸, の繪, はかなし, は然, は知られぬ, は許さぬ, も老いけり, をさわ, 打ちぬ血

▼ ぬ~ (15, 0.0%)

1 [15件] だつた, である, でもあらう, といふも知れ, とて居酒, と今一つ, にしたる, に不知, に兩人, に呼吸, に買, に近頃, に進化, に難, の特別

▼ ぬ病人~ (15, 0.0%)

1 [15件] があっ, がただ, がたった, だから, だといふ, であるなれば, というの, に向かっ, のため, の不謹慎さ, の清き美し, はありません, はよごれ, をほとんど, をま

▼ ぬ~ (15, 0.0%)

1 [15件] があがる, が平次, だ, だが, であつ, でお, で私, で納戸, はなく, をあげる, を出し, を出しました, を出します, を張りあげます, を掛け

▼ ぬ自己~ (15, 0.0%)

2 を感じる

1 [13件] から愚か, が自己, その者, になつて客觀, に対してまた, に對, に留まらしめる, の将来, の所有, の欲望, を先輩, を國民, を育ん

▼ ぬ~ (15, 0.0%)

3 かしさ

1 [12件] かさそれ, かさ寛永寺, かしき影, しい様子, のよい, めいた香, めかしい匂い, めかしさ, めきが, やかさ, やかな顏, をもっ

▼ ぬ證據~ (15, 0.0%)

1 [15件] があつ, がある, が出, で現在, なりと申せ, に候, の積り, をお, を押, を掴ん, を揃, を提供, を握つ, を突付けられ, を集め

▼ ぬ迄も~ (15, 0.0%)

1 [15件] まるで年下, われ, 一應相談致すべし, 力の, 只そんな, 愚僧の, 斯る, 権田時介に, 永く後々, 爭で, 矢張り, 私は, 誰か, 諸侯から, 願つて見ん

▼ ぬ~ (15, 0.0%)

2 のよ

1 [13件] が全然, でただ, と屋根, と煎じつめられた, と肚, になった, の悪, の悪い, の柔かい, は重く, をひねっ, を久光, を働かし

▼ ぬ~ (15, 0.0%)

2 がある, である

1 [11件] があつ, がキリスト教, においては彼等, において又, に於い, は和蘭商館, は多, は推奬, もある, を云, を交

▼ ぬおれ~ (14, 0.0%)

1 [14件] がいったん, がじきじき, がその, がやめる, が槍先, じゃったら気, だが, にはわからぬ, にも考え, の袖, の負債, はこんど, は酒井侯, を壁際

▼ ぬお前~ (14, 0.0%)

1 [14件] があの, がいつ, でないの, には済みませぬ, のこと, の依頼, の兄貴, の姉, の思う, の癖, はお前, は何, もこれから, 樣は

▼ ぬかく~ (14, 0.0%)

2 貧しきが

1 [12件] ていと, てまた, てわが, て一生懸命, て其後, て勇める, て君, て激戰, て開き, のごと, のごとき, の通り

▼ ぬこう~ (14, 0.0%)

3 とする

1 [11件] かも知れぬ, するぞ, すれば, だと, とし, と努力, と決心, 云うこと, 思ったか, 考えると, 言う種類

▼ ぬここ~ (14, 0.0%)

1 [14件] が第, この通り, で見出されるであろう, で逢った, なる花, には私すべて, に大手, の川洲, の気分, はポローニヤス, へ通せ, まで追いつめ, を何と, を通る

▼ ぬころ~ (14, 0.0%)

1 [14件] かも, からなさけ, から勝邸, から口, であった, であったろう, ではなかっ, なので, に一人, に中, に車, のこと, の千鶴子, ポツリポツリと

▼ ぬによって~ (14, 0.0%)

1 [14件] かくいま一度検視, ここを, ご不幸, さらに釘貫, そなた, どうかふた, 一箸喰べて, 世に稀, 今度の, 俺の, 後は, 恋の, 暫時お待ち下されたい, 用の

▼ ぬもどかし~ (14, 0.0%)

3 さに, さは 2 さ, さと, さを 1 さが, さその

▼ ぬより~ (14, 0.0%)

1 [14件] なるべければ, ぬ何, ましと, ヤケに, 事を, 來る, 其障子外に, 参考に, 彼の, 愉快である, 権現の, 父に, 老媼は, 長い時間

▼ ぬ不満~ (14, 0.0%)

1 [14件] あり, から起る, がこみあげ, がまた, と怒り, やこんな, や不快, を以, を抱い, を抱き, を持っ, を消す, を覚えた, を隠し

▼ ぬ事實~ (14, 0.0%)

4 である 1 だ, だから, だが, だった, であつ, でした, で彼, で有るけれども, ならば, も亦

▼ ぬ事態~ (14, 0.0%)

2 になっ

1 [12件] が窺われる, である, と考え, に立ちい, に立ちいたる, に立至っ, に迎えられ, に陥った, のため, の発生, はない, を見

▼ ぬ~ (14, 0.0%)

1 [14件] が, だった, ではある, といっ, にわからない, の姿, の影, の源太郎, の眼, の言う, の訪れ, の遺骨, は, を殺した

▼ ぬ~ (14, 0.0%)

3 懐しさ 2 く午前中 1 き由, く覚え, し, なり修練を, 哀い, 恐い海, 恐しい, 懐いおとなしやか, 懐い思出

▼ ぬ~ (14, 0.0%)

1 [14件] からは医学士, なりき, にも内, に手元, に此の方面, に確, のお, の坊主, の心配, の監獄入り, はない, は椅子, へ出, もまたたき

▼ ぬ女性~ (14, 0.0%)

1 [14件] が四五人, が相当, であります, であろうか, ではあり, ではある, というの, というもの, として指摘, に愛, のこうした, の嫉妬, の生涯, は生まれ

▼ ぬ嫉妬~ (14, 0.0%)

2 であんな, を感じ, を覚えた 1 であろうか, の念, の焔, の谷, の雲, もて, を覚える, を起し

▼ ぬ尊い~ (14, 0.0%)

5 姿が 1 お方で, お血統, ものである, 存在であった, 御旗, 收獲, 清らかさです, 精進を, 綾が

▼ ぬ少女~ (14, 0.0%)

1 [14件] が上, ではあった, とは髮, と見合い, なりけり, に名刺, のよう, の如く驚かね, の虐殺屍体, は直ちに, は自分, を強いて, を殺った, を見出した

▼ ぬ形勢~ (14, 0.0%)

1 [14件] ありければ, が現われ, だが, であった, であったの, であつ, になっ, に候内職, に推し移っ, に見える, をはらん, を案じ, を見せ, を語っ

▼ ぬ想い~ (14, 0.0%)

1 [14件] がかえって, がした, がする, がなくなった, で気, に小沢, に私, に胸, に重く, に顔, は義経, ばかりを独り胸, をした, を追っ払おう

▼ ぬ挨拶~ (14, 0.0%)

2 です, に千太郎, をする 1 であつ, である, に吉六暫時, のよう, をし, をした, をしました, を交わし

▼ ぬ旅路~ (14, 0.0%)

1 [14件] ぞ哀れ, だ, であった, に多く, に往くべし, に白雲, に行きくれたる, に赴かれました, に送りこん, の中, の海岸, の空, へのぼっ, へ赴

▼ ぬ~ (14, 0.0%)

3 さの 2 さであった 1 きみなぞ, さが, さのしか, の世, の中, 愁が, 愁の, 愁を, 討ちとは

▼ ぬ楽しみ~ (14, 0.0%)

1 [14件] があっ, があるらしく, だった, だった時代, である, とを考え, に候, の一つ, もある, を味わう, を思う, を楽しむ, を見出す, を覚えた

▼ ぬ武士~ (14, 0.0%)

3 の道

1 [11件] が伴, であったが, となるであろう, に二言, に勤皇, のなさけ, の意地, の最後, の着る, は月, や人足

▼ ぬ母親~ (14, 0.0%)

1 [14件] が言った, が言つたの, でしたけれども, です, でできるだけ, にいらぬ, に対する同情, のお, の亡魂, の悲しみ, の袖, は喜び, もある, を驚かし

▼ ぬ気持ち~ (14, 0.0%)

1 [14件] から今日, があっ, があった, がする, であった, であと, でいる, で二度, で別れね, にせき立てられる, になっ, に出逢った, のまま, を感じ

▼ ぬ~ (14, 0.0%)

1 [14件] じゃ時, であったが, なぞを居間, なれども, にしゃぶられ, にたいしてはただ, にもいまだ, にもこれ, に劣りし, の声, の歯型, は尾, は東京, を呼ぶ

▼ ぬ理想~ (14, 0.0%)

2 であると, ではない 1 が出来, こそ, であったし, では颯爽, とがある, をもっ, を云, を抱く, を求めん, を鴎外理想

▼ ぬ~ (14, 0.0%)

2 ぞとばかり足

1 [12件] から町, である, で友達, にた, のはずれ, の中, の人々, の光景, の夜, の高等學校, をひもじ, をぶらつい

▼ ぬ疑い~ (14, 0.0%)

1 [14件] から, がせきたてた, が行っ, さえ被り, でもあっ, でもかかっ, とたまらない, に茫, のもと, をかけられた, をこうむる, を受け, を掛けられる, を認めたい

▼ ぬ真実~ (14, 0.0%)

2 もある

1 [12件] であろう, ではあっ, な友情, にこう, に如是, の処, の無間地獄, をと早速, を命, を聞きつけた, を見せられた, 済まぬきっと

▼ ぬ~ (14, 0.0%)

3 の中 2 に葬られ, の芒 1 か隅っこ, だ, の中途, の底, は唯, へ水, を見出す

▼ ぬ絶望~ (14, 0.0%)

1 [14件] からの死, がある, が喰ひつ, でその, と懊悩, にあるいは, にさ, のため, のとき, の念, の悲しみ, の淵, の色, へおちこん

▼ ぬ親切~ (14, 0.0%)

3 な人 2 な男 1 なお世話, な両親, な人間, な爺, な野爺, に七兵衞, は余計, を受け, を新田先生

▼ ぬ~ (14, 0.0%)

2 つぐに, のすゑ, 歩きを 1 さが, さであり, さな, さに, びとよ死ねや, 寺に, 處新來の, 蛙

▼ ぬかた~ (13, 0.0%)

2 の人

1 [11件] ぞといふなれ, にのみうるほふ, に乱れ飛ぶ, ばかりを見, へと向けられ, へ匍, へ眸, へ走らせ, ゐなりけり, をぼんやり, を見つめ

▼ ぬしこそ~ (13, 0.0%)

1 [13件] いよいよで, お通, とかく逸り気, どうした, どうしていた, どうしよう, なぜ捕えぬ, また影法師, 中風を, 何を, 先ずここ, 太刀の, 陣中も

▼ ぬ~ (13, 0.0%)

5 や, やない 2 やありません 1 やから

▼ ぬところで~ (13, 0.0%)

9 あつた 2 自然研究者は 1 それには, 化の

▼ ぬとばかり~ (13, 0.0%)

1 [13件] あたま, いって, では, で何うに, はや岡焼き, ゆゑ掃部は, ゆゑ立花左仲は, 二月から, 仰しゃっては, 思って, 教えられた私, 翌日各, 鼻の

▼ ぬギリギリ~ (13, 0.0%)

2 でなければ, では, なの, なら生きた人間, の人間, の相 1

▼ ぬ三人~ (13, 0.0%)

2 の大男, の娘 1 とも切っ, に懸っ, に懸つ, に逢っ, に逢つて, に遠く, の口, の若い, はただ

▼ ぬ不覚~ (13, 0.0%)

2 でした, をとる 1 である, をとった, をとつ, をとりし, を取っ, を取り, を取りまし, を取る, を踏んだ

▼ ぬ位置~ (13, 0.0%)

2 に立つ

1 [11件] が中, でまた, にある, におかれ, におかれた, にはなはだ, に建設, に黒, やけち, を占め, を認識

▼ ぬ使命~ (13, 0.0%)

2 がある

1 [11件] がお互い, が俺, という, と責任, はわれ等労働者, をふつつか, をまだ, をもっ, を帯びた, を持たせた, を持つ

▼ ぬ~ (13, 0.0%)

1 [13件] が持つ, が行く, だと, ではない, と比べ, の作った, の口, の心弱, の悲し, の目鏡, は呪う, は知らぬ, も何

▼ ぬ別れ~ (13, 0.0%)

2 を第

1 [11件] というの, の中, の別れさい, の思い, の鳥, をあそばされた, をさする, を惜しむ, を惜む友ひとり, を敢えて, を歎

▼ ぬ動物~ (13, 0.0%)

1 [13件] がおそろしい, がやって来, がよく, が探検隊, くさい喜び, と同じく, に過ぎん, の剥製, の報復, はいかなる, は少い, へのあたたか, もやはり

▼ ぬ反感~ (13, 0.0%)

4 まで唆 2 や個人的陰謀 1 から努めて, を唆, を強, を強いられ, を持つ, を買っ, を買つて

▼ ぬ~ (13, 0.0%)

3 である 2 であっても 1 だという, であるけれど, で一, となれり, の如く思ひし, は折々, も随分沢山, を得

▼ ぬ同じ~ (13, 0.0%)

2 筆でした

1 [11件] ことに, 人間は, 四つ足の, 姿が, 根岸の, 瞬間な, 色の, 花瓶は, 蒲団の, 逸見の, 顔を

▼ ぬ妄想~ (13, 0.0%)

2 にとりすがり, を起す 1 からそれなら, である, に過ぎない, に過ぎなかった, の中, の閾, の類ひで, はすべて運星, をはらいのけよう

▼ ぬ実に~ (13, 0.0%)

2 子宝の

1 [11件] がツ, 不思議千万な, 容易な, 巧な, 彼のくらいの, 怖かった, 悪むべ, 残酷な遣り, 無能力な, 空前の, 鮮明を

▼ ぬ~ (13, 0.0%)

1 [13件] が, が姿, が文, と吾, なの, のうち, の内, の白い, は思っ, は蟻, もあり, をうらめしい, を少し

▼ ぬ小鳥~ (13, 0.0%)

2 のさびしさ

1 [11件] がとび立った, が一つどこ, が奇妙, が鳴いた, の影, は枝, よ眠り, らしいの, をベーコン, を追, 啼いて

▼ ぬ~ (13, 0.0%)

6 を占う 2 を求むるためにうらわかい町 1 と申, にその頃文部省, にめぐりあった, にゐ, を

▼ ぬ~ (13, 0.0%)

3 なれば 1 があった, で掛値, で見つけ, といえ, となった, になり, のよう, の寂しい, の隠居, へ立寄る

▼ ぬ微妙~ (13, 0.0%)

2 な味, な心持 1 なところ, な対立, な心理, な曲線, な無声, な甘い, な線, な香気, の言

▼ ぬ~ (13, 0.0%)

4 さを 2 味が, 速力で 1 よい微笑, よい線, よい証明, 樂を, 速力である

▼ ぬ思い出~ (13, 0.0%)

2 がある

1 [11件] であります, でございましてな, となっ, になっ, になる, のある, の一つ, の中, を与え, を残した, を辿る

▼ ぬ性格~ (13, 0.0%)

1 [13件] から招いた, がある, ができ, だつたので, であったから, である, とそれ, の人物, の幅, をよむ, を思いあわせ, を持った, を確り

▼ ぬ悩み~ (13, 0.0%)

1 [13件] があった, があつ, であるから, と淋し, に悶え, に捉, に苦しめられ, の種, の重なる, は下らない, は生き, も嘆き, をもっ

▼ ぬ悲哀~ (13, 0.0%)

2 を感じた

1 [11件] がこもった, がその, が彼, が苦痛, と憎悪, な感銘, のこもった, の情, の落ち, を感じ, を感ぜしめる

▼ ぬ~ (13, 0.0%)

2 に不自由

1 [11件] つくる玉簾, とは知らで, と諦らめ別, に破れし, に落ちた, の恨み, の爲め, の理想, は, を胸, を身

▼ ぬ時機~ (13, 0.0%)

3 だと 1 が来た, が迫つて来, だ, であつ, であると, です, に迫っ, に迫られ, に達し, に際会

▼ ぬ景色~ (13, 0.0%)

1 [13件] いと多く, がやはり, だから, である, でございます, ながら腕, なので, なり, なるべし, に寶澤, を叙, を明滅, を見る

▼ ぬ服装~ (13, 0.0%)

8 をし 1 でなかには, で山輿, になっ, になつ, をつけ

▼ ぬ模様~ (13, 0.0%)

1 [13件] ある故, だ, だった, だったが, だつた, である, であると, でございます, で自分, なりけり, のこと, は前, を非常

▼ ぬ殊に~ (13, 0.0%)

2 子供手を

1 [11件] お照, お隅, これは, パリの, 五十嵐家の, 其の用心, 古代印度の, 學術の, 手を, 汝は, 穴の

▼ ぬ江戸~ (13, 0.0%)

2 まえの

1 [11件] で御, とやらへ参っ, と云此所, の夜道, の昔, の町人共, の町人達, の空, へ出たい, へ出る, を偲び

▼ ぬ浮世~ (13, 0.0%)

2 ではある

1 [11件] が恨めしい, とは此, に何事, に思ふ, に苦しみ反逆, のふわふわ, の樣, の習い, や癪, をかこち合う, 定めなき浪人

▼ ぬ白い~ (13, 0.0%)

2 粉が

1 [11件] ものを, 体で, 小い, 小さな草花, 幕舎が, 斑らそれに, 焔の, 農園道は, 頬へ, 顔の, 齒を

▼ ぬ~ (13, 0.0%)

2 の知識

1 [11件] がいい, が出世, との議論, と当り前, の舌, の都合, はつい, は俺, は想像, は猫間, は這入らなく

▼ ぬ~ (13, 0.0%)

2 さです

1 [11件] さが, さと, さの, さを, ざかりを, 侍だ, 後家ごろの, 松屋惣七な, 桐, 殿様の, 鷹丸探険隊の

▼ ぬ若者~ (13, 0.0%)

2 である

1 [11件] でもお, と侮り訝, なれど, に囲繞, の勢い, の千太郎, の感覚, はそれ, はむらがっ, を眼, を見かけました

▼ ぬ~ (13, 0.0%)

1 [13件] だとか, でも取り出し, なりさる, にも及ばぬ, もなに, も何, を再三, を喰, を籠め, を買いあさっ, を飲まし, を飲みまし, 売りは

▼ ぬ表現~ (13, 0.0%)

1 [13件] からさ, からそう, であり自然, であるが, であると共に, です, で一般, に彼, の中, の変化, の柔和さ, も何, をばかりあさり

▼ ぬ複雑~ (13, 0.0%)

5 な感情 1 なもの, な内心, な戦略的理由, な美, な考え, な興味, な部落民, 極まる大

▼ ぬ郎女~ (13, 0.0%)

5 の耳 4 にし, のこと

▼ ぬ重要~ (13, 0.0%)

3 な問題 1 なもの, な地, な朱, な条件, な歯車, な特別, な精神, な関係, な関係者, の歯車

▼ ぬ香気~ (13, 0.0%)

2 がする

1 [11件] が客間, が馥郁, が鼻, すら感じられる, なの, に眼, や女性, をただよわせ, を嗅ぐ, を放, を送っ

▼ ぬ~ (13, 0.0%)

2 である, の身 1 にしあれ, の名, の大, の数, の数々, の料理, の族, の腹, を眼前

▼ ぬ~ (13, 0.0%)

2 の先, の表現 1 がつい, が一種類, づらは, でなくては, と何, に金縁, の低, の表情, 薄い眉

▼ ぬそういう~ (12, 0.0%)

1 [12件] ことを, 圧力の, 地位に, 意味におきまして, 旁, 気持です, 決議を, 特別な, 看護婦の, 社会制度を, 表現は, 身分であり

▼ ぬそこ~ (12, 0.0%)

2 にし 1 が即ち, じゃて, に, に並ん, に成り立つ, のところ, へ木戸, へ置け, を去る, を標準

▼ ぬそこで~ (12, 0.0%)

1 [12件] かれは, 三好松洛の, 事務の, 俗界の, 僕は, 其の方法, 口上役の, 塾の, 急に, 文字に, 檀一雄を, 親族の

▼ ぬだから~ (12, 0.0%)

2 姙娠を 1 こんなもの, どうか明夜彼, どれに, カドで, 一女子の, 世界の, 夫は, 女子持つ, 将来滅亡する, 朝鮮人は

▼ ぬつまり~ (12, 0.0%)

2 は和熟 1 この大胆さ, われ, われわれの, 一切を, 人間らしくない, 吾, 唐代以前の, 粘着力の, 静止が, 靜止が

▼ ぬどころ~ (12, 0.0%)

6 では 2 でないと 1 が手頼り, でなく逆, で無い詐り, の騒ぎ

▼ ぬもし~ (12, 0.0%)

1 [12件] あったとしても, お逢, この小, それを, そんなこと, できますならば, 中村屋の, 千鶴子が, 召捕りそこねた時, 彼が, 文芸を, 過って

▼ ぬわい~ (12, 0.0%)

51 いろいろの, おそらく一生, その時, のはやく, はてこの, ニョ, 越前あ

▼ ぬわれわれ~ (12, 0.0%)

1 [12件] でも降参, にとってはその, にはどうもあまり, に取っ, のお, のむっつり, の主人公, はひと, は宿酔, は平生はさ, は肉, もまた

▼ ぬフリ~ (12, 0.0%)

6 をし 1 いまさら口, しつつ, でこの, の切な, の客, をしてやった

▼ ぬ一個~ (12, 0.0%)

1 [12件] の, のブロンズ製, の人物, の屍体, の思ひ, の怪しい, の抽象体, の抽象體, の旅鞄, の法月弦, の淫獣, の翁

▼ ぬ一夜~ (12, 0.0%)

2 をすごした, を過し 1 であった, であつ, の宿, を明かした, を明し, を送った, を送つた, を過す

▼ ぬ~ (12, 0.0%)

2 の物 1 と夫, な原因, に取りたい, の侠氣, の俤, まうけに, よわが, 從之に, 水, 水之

▼ ぬ~ (12, 0.0%)

2 は天下 1 が丁度, が微積分的方法, に悪人悪女, は文学一般, は決して, は非, れが, を政府, を此方, を着

▼ ぬ何物~ (12, 0.0%)

2 もない, をも持ち合せなかったであろう 1 か, かが次第に, かに心から, かを, かを追っ, かを閉め込んだ, にもさ, をも持つ

▼ ぬ借金~ (12, 0.0%)

2 だ, だけだ 1 が殖える, でナ, で差引かれる, の穴埋め, までし, も出来ぬ, を作った, を奇麗

▼ ぬ優し~ (12, 0.0%)

3 さの 2 さと, さに, さを 1 さが, さやがて, さ明る

▼ ぬ~ (12, 0.0%)

1 [12件] すなわち大, だから, で其金, には蜀, に扱った, は明年十一月, は次号以下, は着物, は阿波, 前が, 疏などは, 疏に

▼ ぬ~ (12, 0.0%)

1 [12件] ぶねを, コンクリート塀が, 下駄を, 入道じゃ, 天鵞絨の, 寫經の, 帳面を, 廟の, 池を, 金など, 錦の, 鷹だ

▼ ぬ哀れ~ (12, 0.0%)

2 な男 1 がある, なこと, なジャップ, な後宮, な文士仲間, な日本民族, に誘われ, に響く, の妻, 深く美しい歌

▼ ぬ大声~ (12, 0.0%)

3 を出し 1 だ, でわめいた, で噪ぎ, で泣きわめい, で笑い出した, にいくら, にて怒鳴り立てる, をあげ, を発し

▼ ぬ~ (12, 0.0%)

1 [12件] つ神, つ雁, に上らん, のうれひあり, の一角, の指図, の禍, の與, の雨水, の香, の香具山, をとめ

▼ ぬ女子~ (12, 0.0%)

3 があら 2 とさげすみ 1 だまあ, とお, としては無理, のこころ, の世, よな, をあはれ

▼ ぬ寂しい~ (12, 0.0%)

2 景色を 1 あきらめの, 哀愁を, 声が, 山路であった, 形に, 思いで, 思いを, 気が, 顔や, 鳥が

▼ ぬ小さい~ (12, 0.0%)

2 庭が 1 くせに, もので, 事ぐらい, 墓の, 娘の, 子供たちが, 家を, 眼玉を, 神社が, 者に

▼ ぬ意志~ (12, 0.0%)

2 の力 1 がある, がはたらき, であったに, によって王宮, に支配, のはたらき, の強い, の強固, を明, 弱きものの

▼ ぬ感激~ (12, 0.0%)

1 [12件] がまだ, が彼, が火花, が胸, と祈り, に打たれた, の街道, をおぼえ, を与え, を丑松, を受け, を覚え

▼ ぬ~ (12, 0.0%)

1 [12件] からあり, からの歌, から兄, とて彼, ながらなおかつ, には家族, に埋めよう, もありし, もだいぶ, をおどおど, を得, を覗つて

▼ ぬ~ (12, 0.0%)

3 になつて 1 からそう, がある, であった, であつ, である, にし, にしばられ, になっ, は忌わしい

▼ ぬ~ (12, 0.0%)

1 [12件] があの, がまたたい, が路頭, が音, と宝玉, と草履, のいき, のこころよなつかしく, の存在, の影, ばかりを探す, も見えぬ

▼ ぬ暗闇~ (12, 0.0%)

4 の中 1 と共に黄泉, に, にかくれ, に鬼, の夜, の草原, の触覚, へと這入っ

▼ ぬ材料~ (12, 0.0%)

2 を用 1 が二つ, が思わぬ, が水, であったが, で建てた, の持ち運び, の簪櫛指輪, の製作, を二つ, を獲る

▼ ぬ~ (12, 0.0%)

1 [12件] つあんならぬ弟, のあるじ, の下風, の大木, の姿, の巨木, の瘤, の緑, の聲都, の道行, は邃, も蔦

▼ ぬ注意~ (12, 0.0%)

2 を払う 1 が肝要, が行届い, だろう, のよう, ぶかさ, をはらっ, をもっ, を一般社会, を払った, を拂

▼ ぬ煩悶~ (12, 0.0%)

2 が怪しく, をする 1 がお, であった, であるが, に苦しむ, の, の状, を誘つた, を重ねた

▼ ぬ~ (12, 0.0%)

4 の恐し 3 實の 1 つないたより, 實と, 實を, 實的生においては, 心に

▼ ぬ現実~ (12, 0.0%)

1 [12件] がぐんぐん, が道, だと, であります, である, とは彼自ら, のマットウ, の勢力, の生活, への厳しい, を少し, を見

▼ ぬ疑問~ (12, 0.0%)

3 である 1 であった, であつ, であり之, であるが, に心, をいだかせられ, をもつ, を抱かせる, を残し

▼ ぬ相談~ (12, 0.0%)

2 ではあつ 1 だ昔王位, で, というもの, と申す, なばかりか, なるが, の車座, をもちかけられた, をやっ, を始め勝地

▼ ぬ~ (12, 0.0%)

1 [12件] からその, があちこち, となり, には人, に死にたる, の中, の彫刻, ふね, へ獅噛附, をしきりに, 捨てて, 蹴る蹄

▼ ぬ秀子~ (12, 0.0%)

1 [12件] が一人, が人殺し, でなくば, とて無論, と同様, に逢う, の後, の為, は怪しみ, は非常, も自ら余, を保護

▼ ぬ種類~ (12, 0.0%)

2 のもの, の直 1 がある, が動物, が多い, のこと, の最も, の歌さ, の男, もある

▼ ぬ~ (12, 0.0%)

2 のある 1 かな, があった, に射し込み, に来, のかげ, の下, の中, の顔, を流れ, を通して火影

▼ ぬ~ (12, 0.0%)

1 [12件] がこんど, が少く, であっても, となっ, に成っ, の額, は描かん, を二三十枚, を喜ぶ, を持ち込まれる, を描い, を貼り

▼ ぬ緊張~ (12, 0.0%)

1 [12件] がそれ, した眼つき, した表情, した音, で一パイ, とは文化, のせい, の幾夜, の色, を帶びて來, を抱い, を見せ

▼ ぬ美人~ (12, 0.0%)

1 [12件] がき, が山, が此鞦韆, だと, だ年, でした, で色白, なの, の訪問, の顔, は三階, をそこ

▼ ぬ~ (12, 0.0%)

1 [12件] だから, である, へでゐる, へとく, へなり, へを持つ, へを起し, へを起した, へ事, を打消す, を抱い, を持つ

▼ ぬ親しみ~ (12, 0.0%)

2 を感ずる 1 いぢ, があり, で久闊, と年毎, のない, の念, の感情, をもつ, を覚, を覺

▼ ぬ~ (12, 0.0%)

2 にてかかる 1 だ, だが, であります, である, ひたやす, ひ換, ひ方, を吐いた, を闘わし, 懸に

▼ ぬ返事~ (12, 0.0%)

2 をし, をする 1 であった, はどう, をした, をしよう, をその, を一口, を聞いた, を認めさせた

▼ ぬ過去~ (12, 0.0%)

1 [12件] からの網, がある, で何一つ, と同, において正しく, のこと, のこれら, のもの, の偉大, の追想, はこうして, 見究められぬ将来

▼ ぬ重大~ (12, 0.0%)

3 なこと 1 なる失言, な事実, な出来事, な役割, な役目, な操作, な時期, な理由, な謎

▼ ぬ~ (12, 0.0%)

2 のしろき 1 が降りた, ぞおきける, の前, の壓, の気, の氣, の蘆荻, の針, ふかくおりたる, 防ぐならし

▼ ぬ~ (12, 0.0%)

2 栗の, 苔の 1 いいろ, さに, 光りが, 淵の, 蠅と, 赤の, 銭と, 錢と

▼ ぬ顔付~ (12, 0.0%)

3 をし 1 で, でまだ, で出仕, で戻つ, になり, の一同, をしました, をする, を見る

▼ ぬからの~ (11, 0.0%)

2 論だ 1 ことじゃ, ことで, ことです, ことなり, 事で, 事私に, 名で, 横着に, 誤りである

▼ ぬなつかし~ (11, 0.0%)

3 さを 1 さが, さで, さでした, さと, さに, さの, さを以て, 味を

▼ ぬにや~ (11, 0.0%)

2 塵ひ 1 あらん, さるにても, 以下次號と, 國にては, 將永の, 小屋には, 我が父君, 薄仮粧, 鈴の

▼ ぬ~ (11, 0.0%)

3 坐敷 1 で膳, に落ち敷きぬ, の思ひ, へ一直線, より遙, 働の, 賤の, 髯の

▼ ぬ不気味~ (11, 0.0%)

1 [11件] なもの, な天候, な快感, な気もち, な生動, な白地, な笑い声, な表象, な謎, な鐘, にも醜い

▼ ぬ不自由~ (11, 0.0%)

2 な身, を忍ん 1 と困難, な境涯, な状態, な目, に銀行以外, に陥り, をし

▼ ぬ~ (11, 0.0%)

3 である 2 の夥多, を入れ 1 だ, であります, であること, を民衆

▼ ぬ作品~ (11, 0.0%)

2 である, であるかも 1 がどんどん, しか残り, だと, であったろうか, に接したい, の中, はきまっ

▼ ぬ作家~ (11, 0.0%)

1 [11件] が思わぬ, が才能, であったこと, であったの, とのみ思っ, とを差し引いた, と小説, と沢山金, に対しての合評, に比べ, の場合

▼ ぬ傾向~ (11, 0.0%)

3 がある 2 である華族 1 があり, が出来た, が増え, と言わね, の方, を生じた

▼ ぬ優しい~ (11, 0.0%)

1 [11件] ところが, 並木路で, 匂やかな, 声で, 声を, 弘さんに, 微笑, 手の, 歌の, 空想を, 聲で

▼ ぬ先生~ (11, 0.0%)

2 の御 1 で通れる, としての遠慮, なればこそ, に意地, のた, の前, の江戸前, は彼奴, も何だか

▼ ぬ叫び声~ (11, 0.0%)

2 を立て 1 がし, がでよう, が聞える, が銀座四丁目, の如き, をあげた, をたて, を発し, を耳

▼ ぬ国民~ (11, 0.0%)

2 だという 1 がいま, である今後彼女西欧, なりといふ断定, の寄生虫, の立場, の複雑, はない, は大, も

▼ ぬ~ (11, 0.0%)

1 [11件] であったのに, でもさ, なりまた, にいろいろ, に候, に入る, に對, に身, に闖入, はない, をも宿

▼ ぬ夜半~ (11, 0.0%)

4 の冬 1 ぞ春, において彼, にひとり奥, の待人, の殘燈, の鐘, をいかに

▼ ぬ女房~ (11, 0.0%)

2 は胸 1 などはほか, なれば, のお, のこと, の生き残った, は声, は解い, も娶らぬ, を蔵

▼ ぬ威厳~ (11, 0.0%)

2 があった, と品格 1 があっ, がそ, と温情, と美, のよう, を持っ, を持った

▼ ぬ~ (11, 0.0%)

2 がある, を書き 1 があった, だ, だから, でかい, となった, は一字, を呼ぶ

▼ ぬ定め~ (11, 0.0%)

2 であるから, やら≫ 1 じゃ, だ, だったの, だと, になっ, になつ, 故他

▼ ぬ~ (11, 0.0%)

1 [11件] が見えた, だ, でもある, といふ所, の, の上, の様子, の野生, は一体, へ, を指さした

▼ ぬ~ (11, 0.0%)

2 れの 1 が恋ごころ, が路, の地位, の性格, の顔, は近日, れを, れ自身, ハア気

▼ ぬ役目~ (11, 0.0%)

1 [11件] があつ, であった, と云つて, と存ぜられます, なれども, まで背負わされ, をする, をつとめ, をもっ, を負, を遁

▼ ぬ恰好~ (11, 0.0%)

2 の話相手, をし 1 があわれ, だったろう, でうずくまっ, で互に少し, で自分, に染め抜いた, の男

▼ ぬ悪臭~ (11, 0.0%)

2 がその 1 がたちこめ, が噴きだした, が立ち上っ, と気味悪い, はふと, をかいだ, を吹きかける, を放ち, を放っ

▼ ぬ愛嬌~ (11, 0.0%)

2 があっ, と自然 1 があつ, と機敏, に充ち満ちた, はあっ, も下男奉公, を以てここ, を湛へた

▼ ぬ憂愁~ (11, 0.0%)

2 の境 1 にい, にいじめられ, に閉ざされる, の感覚, の浪, も賤民, を, をう, を象徴

▼ ぬ我々~ (11, 0.0%)

2 が罰 1 がまことに, が何百年, である, の命, は, はお前, はどうか, は一足先, は濃霧

▼ ぬ戦慄~ (11, 0.0%)

1 [11件] がはしりすぎた, が全身, が彼, が私, が腹, に満ち満ち, に襲われた, の淵, をお, を感じ, を我慢

▼ ぬ文句~ (11, 0.0%)

2 が一歩一歩竹藪 1 が隠語, であった, で養命保身, のもの, をそれでも, をのべたて, を取ってつけたよう, を吐き, を笑うべき

▼ ぬ文章~ (11, 0.0%)

1 [11件] である, というもの, としてその, として嵌め込んだ, になる, の巧, はほか, は永久性, をその, を書きたい, を道楽文章

▼ ぬ~ (11, 0.0%)

2 もなく 1 にし, になり, に思ひかけき, に水霧, に袖, の上, の半, もなし, をことさら

▼ ぬ機会~ (11, 0.0%)

1 [11件] が今, が来た, が来よう, で今, に会った, に逢着, に遭遇, はほか, は現代, をいささか, を待つ

▼ ぬ歴史~ (11, 0.0%)

1 [11件] があっ, があった, がこの, が多く, であつ, である, として持ち伝へた, のしたたる, の学, の本質, を書き足し

▼ ぬ沙汰~ (11, 0.0%)

41 あるも, かな, じゃが, ではなかっ, をいたします, をした, を耳

▼ ぬ深み~ (11, 0.0%)

2 へと吸いこまれ 1 から流れ出る, が生じ, と距, にも花, に沈潜, へ吸い取っ, へ吸い込んでる, へ落ち込ん, より何ごと

▼ ぬ満足~ (11, 0.0%)

2 を与えた 1 した恐るべき, それに又私, だつた, でこう, の色, をまず, を感じ, を感じる, を覚えた

▼ ぬ~ (11, 0.0%)

2 して, であつ 1 で, でうろ, で座敷, ながら式, にただ, に耳許, に附

▼ ぬ~ (11, 0.0%)

2 の其の, の子 1 がちゃんと, に例えられる, のこと, の動作, の空, の群, もなし

▼ ぬ田舎~ (11, 0.0%)

1 [11件] である, で起った, に住ん, の人, の教師, の模範少年, の若者たち, へは帰らね, へ行っ, ものの寐言, をいそぎ

▼ ぬ疑惑~ (11, 0.0%)

2 をもっ 1 と動揺, に包まれる, に捕えられ, の念, の雲, を他人, を受ける, を懐いた, を掛けた

▼ ぬ発見~ (11, 0.0%)

2 をした 1 だそう, であると, にわが, に思慮, に息, は残酷, への驚異, をし, をせね

▼ ぬ~ (11, 0.0%)

1 [11件] が微か, の勝, ひが, ひの, ひを, ひ声, ひ聲, ひ話, ひ顔, を含ん, を見せた

▼ ぬ~ (11, 0.0%)

2 一の, 二の 1 一に, 一は, 一夜の, 一秀子の, 一証拠が, 一項であろう, 八図は

▼ ぬ~ (11, 0.0%)

1 [11件] がある, でその, には故, に仕, に因っ, の力, の恋文, をとりました, をもっ, をムリ, を執る

▼ ぬ者ども~ (11, 0.0%)

2 を懼 1 が, だいずれ, だった, に対する怖, の戒名, はみなおん供, は当分御門内, も日ごろ, を折伏

▼ ぬ苦悶~ (11, 0.0%)

1 [11件] が全身, に胸, のうち, の呻き, の境地, の声, の後, を味, を強, を抱い, を訴

▼ ぬ衝動~ (11, 0.0%)

2 を受けた 1 があっ, だろうか, にかられた, に駆られるらしかった, の主人, の発揮, をあたえた, を与えたらしかった, を世に

▼ ぬ要素~ (11, 0.0%)

3 である 2 ではない 1 が非常, と考へられる, の一つ, の上, の夾雑物, をそれぞれ

▼ ぬ~ (11, 0.0%)

3 嬢は 1 さを, にしみ, 夫人持ちの, 嬢の, 嬢も, 方様で, 方様の, 辺の

▼ ぬ~ (11, 0.0%)

1 [11件] だった, だつたが, であつ, である, でそれ, ではあった, では有る, なの, なれば, の権利, の違った

▼ ぬ~ (11, 0.0%)

1 [11件] いつぱい, にこそ迷え, になり, にむか, に出合, の一つ, はひどく, は先, は田舎, を旅人, を覚束

▼ ぬ迷惑~ (11, 0.0%)

2 を蒙る 1 であると, で避難, をかけ, をかける, をこう, を人々, を感じ, を蒙, 致すを

▼ ぬ~ (11, 0.0%)

2 にも希 1 というもの, のさま, のふし, の娘, の旅, の街, の貴女たち, の酒, へわざわざ

▼ ぬ長い~ (11, 0.0%)

1 [11件] お志, ものが, 一夜を, 坂に, 外國名前だ, 峠路を, 時代の, 笑い方で, 血の, 触手が, 間の

▼ ぬ非常~ (11, 0.0%)

1 [11件] な忍耐, な苦心骨折, な魚群, に不気味, に印象, に差異, の変, の手段, の決断, の決斷, の際

▼ ぬ面白~ (11, 0.0%)

2 さで, さでした, さを 1 さだ, さである, さと, さなりき, そうな

▼ ぬ~ (11, 0.0%)

1 [11件] あるは, がある, でやっと, というもの, に鞍, の力, の名, の霊, もある, を半分, を知らぬ

▼ ぬ騒ぎ~ (11, 0.0%)

1 [11件] が起っ, だった, となった, となりました, につけ, になっ, のよう, もございました, やめて, をし, を見

▼ ぬ高い~ (11, 0.0%)

1 [11件] ところに, 中空に, 処に, 壁が, 山の, 山の上から, 崖の, 所に, 絶壁を, 調べの, 音が

▼ ぬかつて~ (10, 0.0%)

4 ゐた 1 ゐたと, ゐた道, ゐました, ゐる, ゐるし, 歩き難

▼ ぬぐらい~ (10, 0.0%)

2 静かである 1 だ, でした, なんでも, 冷めたかった, 別して母屋, 古墳が, 気を, 物狂おしく乱れ

▼ ぬ~ (10, 0.0%)

1 じきの, ちゃあ新造, はかく, はよもすがら, は彼, は我, は虚し, ひの, よいのぶ, よいは

▼ ぬこの世~ (10, 0.0%)

2 なりせ 1 とこの, ならぬ冷厳, に, において救, の歓楽, の苦しみ悲しみ, や, を如何に

▼ ぬすなわち~ (10, 0.0%)

1 乱の, 人間を, 厳格なる, 常に重荷, 曠職の, 月の, 甲と, 神は, 私が, 科学は

▼ ぬぞという~ (10, 0.0%)

1 お達しだ, のであった, ふうが, わしの, 希望の, 忍耐と, 気が, 目顔で, 眼ざし, 鋭さが

▼ ぬだが~ (10, 0.0%)

1 いったいそれ, こ, この宇宙, この男, ね河合少年, まあよし, まあ当分, 乞食商売を, 大変車が, 義不義正邪黒白の

▼ ぬところが~ (10, 0.0%)

1 あつて, おまえたちには, 俗に, 十兵衛だ, 十兵衞だ, 幾箇処も, 彼らの, 從來の, 忍侯松平正敏様田沼殿の, 身体より

▼ ぬと共に~ (10, 0.0%)

1 いったん読み去った, それの, なるほどそう, 凸凹し, 又変換, 又論理, 基督釈迦孔子など, 更に山西, 自ら言った, 規則的に

▼ ぬなどとは~ (10, 0.0%)

1 云われない, 八ツ裂き, 到底云われぬ, 夢想は, 存ぜず却, 彌, 極惡不道, 毛頭考え, 片は, 言わないの

▼ ぬ~ (10, 0.0%)

1 くりや, すぎ世すぎの, づうみの上, なりで, めうの橋の, をつくし, 山の, 山辺の, 島が, 空の

▼ ぬもん~ (10, 0.0%)

1 か, かさ, じゃ, じゃぞね, じゃ何, だ, だってば, ちゃく, ですから, でない

▼ ぬよし~ (10, 0.0%)

1 かこち来, などけざやか, の断り, は直義, を聞い, 中宮寺の, 千五百萬圓の, 大方に, 夫なら, 折々見た

▼ ぬわが身~ (10, 0.0%)

2 の旅 1 か獄, さびしも, ぞ, だが, なりけりで十六世紀, につまされ, を熊狼, 投げて

▼ ぬ不便~ (10, 0.0%)

1 がある, な場所, な間取り, に気がつい, はあっ, もあった, も二人, をなげかね, を感じ, を感ずるであらう

▼ ぬ不敵~ (10, 0.0%)

2 な奴 1 なもの, なやつ, な妹, な振舞, な瞳, の一歩, の連中, もの

▼ ぬ二つ~ (10, 0.0%)

1 に割れた, のもの, の事, の伝統的, の奇文, の白痴, の眼, の道具, の部屋, の風聞

▼ ぬ動揺~ (10, 0.0%)

1 が映, が起こっ, である西南戦争, で何百人, の起った, の起つた, をうけた, をよび起し, を与えられた, を打ちます

▼ ぬ~ (10, 0.0%)

2 でそれでも 1 である, でパチッ, で仕事, の下, ひでした, ひに, や, を得

▼ ぬ原稿~ (10, 0.0%)

2 は芥川, を書い 1 があっ, が幾種, とはこの, に執念深く, はのせられぬ, を書き出した

▼ ぬ口惜し~ (10, 0.0%)

3 さぢれ, さに 1 さという, さの, さも, さを

▼ ぬ同情~ (10, 0.0%)

3 や感傷 1 は面, をし, をもっ, をもつ, を我々, を持たせられ, を有

▼ ぬ~ (10, 0.0%)

1 である, にどうして, に在る, の都, はない, は亡國, は寧ろ, へ落ちよう, へ行き, をみさす

▼ ぬ境地~ (10, 0.0%)

2 に到りぬ 1 からきっぱり, からの声, がからり, にあった, に住, の恐ろし, を拓いた, を禅

▼ ぬ~ (10, 0.0%)

2 な気持 1 だと, なこと, な事, な心持, な様子, な気持ち, な笑い, な観劇者

▼ ぬ大望~ (10, 0.0%)

2 を抱く 1 がまだ, と申し, にこころ, をいだい, をおい, を抱い, を負っ, 持った大事

▼ ぬ~ (10, 0.0%)

1 が庭, が死に, とはいえ, と五十歩百歩, のこと, の弓子, の方, は大きな, もいらぬ, を

▼ ぬ~ (10, 0.0%)

3 に行つた身, 入せぬ 1 が君, は姑, は支那, を貰

▼ ぬ小説~ (10, 0.0%)

2 を書き 1 というジャンル, にあるらしい, の主人公, の代, の謂, や賞, を他人, を批評

▼ ぬ~ (10, 0.0%)

5 の上 1 から落ちた, があっ, があつ, の方, の草叢

▼ ぬ幼児~ (10, 0.0%)

1 に久しぶり, に言, のほか思い, の夜具地, の姉弟, の様, の次々, の生命, の顔, を連れ

▼ ぬ広い~ (10, 0.0%)

1 世界が, 世間の, 原に, 土塀を, 日本建てと, 海です, 海を, 緑は, 線は, 部屋に

▼ ぬ~ (10, 0.0%)

1 だった, であったと, でもなお, に吉林駅, のこと, の事, の嘆聲, の慰め, の月, の橋

▼ ぬ恋人~ (10, 0.0%)

1 というもの, として家庭, と隠れ, の妹, の悩み, の胸, をあらん, を宮, を待つ, を念じ

▼ ぬ悲劇~ (10, 0.0%)

1 がもっとも, が持, が生まれる, だつたん, となり, に終らなかつた, は潜ん, もある, を生む, を見

▼ ぬ~ (10, 0.0%)

2 を見せた 1 であらう, である証拠, でしかも, の水, の濃, もございました, を張っ, 無い物淋しい情意

▼ ぬ想念~ (10, 0.0%)

1 があった, がふつふつ, であった, であったの, となっ, のまた, のもの, の応接, を持っ, を振

▼ ぬ意地~ (10, 0.0%)

3 くね悪 2 くね惡さ 1 だ, で人, と見栄, 悪い悪魔的, 悪い眼付

▼ ぬ感覚~ (10, 0.0%)

2 によるの 1 が指先, が齎ら, であり心境, につかわれる, の反応, の訓練, も私, をもった

▼ ぬ憎悪~ (10, 0.0%)

2 の念 1 からであったろう, が伝へられる, に煮えくり返る, のため, をもつ, を感じ, を感じた, を胸

▼ ぬ手段~ (10, 0.0%)

1 である, であろう, でな, として武蔵, によって再び, をいろいろ, をもっ, を唆, を執る, を用

▼ ぬ拙者~ (10, 0.0%)

1 がご, が妻, が宰領, でもござりませぬ, として皆, にだけはお便り, には十数人, に斬っ, は立退こう, も門跡

▼ ぬ振舞~ (10, 0.0%)

2 をし 1 じゃ, だ, であったかという, でございます, です, に渡り, の三十棒, を憎み

▼ ぬ~ (10, 0.0%)

1 がこういう, がまた, だ, であったと, である, であろう, ではあり, でも幼い, に上り, へ方

▼ ぬ方針~ (10, 0.0%)

1 が久しく, である, であるから, なの, にした, に決して, をとった, を取る, を執り, を執る

▼ ぬ時節~ (10, 0.0%)

1 がまもなく, が参りました, が来る, が遠から, じゃ, じゃで, であるから, ではない, になっ, になつて

▼ ぬ時計~ (10, 0.0%)

2 だったの, だつたの, はあやふや, を大尉 1 が彼女, を持っ

▼ ぬ智慧~ (10, 0.0%)

4 を抱いた 1 が一つ巣, のない, の失策, の泉, もきかぬ, を絞っ

▼ ぬ暗示~ (10, 0.0%)

2 があります 1 がある, がそこ, が古く, となりました, に胸, をする, を与えられた, を与へる

▼ ぬ書物~ (10, 0.0%)

1 から大変, がある, ではある, のみなり, のみ書庫, の一つ, は無い, を五万二千冊, を無闇, を買っ

▼ ぬ~ (10, 0.0%)

2 になれ, 取に 1 ではござりませぬ, となった, となつ, になっ, になり, 不埓

▼ ぬ淋しい~ (10, 0.0%)

1 千日前だった, 場所で, 夜その, 子に, 山の, 心もちで, 心地が, 気持が, 無常な, 黒木立の

▼ ぬ深夜~ (10, 0.0%)

1 だし, だった, に死ぬ, に起き上っ, に近い, の人影, の客, の道連れ, の酔漢, 相府

▼ ぬ~ (10, 0.0%)

1 があり, が口, でものぞきこむ, となっ, となつ, に浮び, の外, へ吸いこまれ, や切崖, をめぐれる

▼ ぬ烈しい~ (10, 0.0%)

2 木枯が 1 それは, 口調で, 夕栄の, 嫉妬感に, 欲望を, 爆音が, 稽古ぶりであった, 罵声に

▼ ぬ無数~ (10, 0.0%)

2 の蟻 1 の事実, の人々, の人間, の傘, の小さな, の極貧者, の漣, の肉音声

▼ ぬ~ (10, 0.0%)

4 輪に 1 こひ, 付方を, 絲の, 羽に, 脚の, 輪の

▼ ぬ~ (10, 0.0%)

8 の皮算用 1 でも皮算用, の

▼ ぬ理屈~ (10, 0.0%)

2 を付けられ 1 だが, であるに, です, ですが, と皮肉, を並べ, を並べる, 申して

▼ ぬ生涯~ (10, 0.0%)

1 だ, であつ, にあつ, のほどを死灰, の汚辱, はその, を月, を硫黄, を終つた妹, を送っ

▼ ぬ笑い~ (10, 0.0%)

1 が一面, が顔, にいつ, をもらした, をニヤリ, を恵まれました, を泛, を浮べ, を笑い得る, を笑っ

▼ ぬ経験~ (10, 0.0%)

3 を後 1 がある, が一つ, であった, である, によって成長, をしました, を具体的

▼ ぬ~ (10, 0.0%)

1 がある, じゃ, だ, だて, だと, で邪魔, にも立たせ, に佳人, は十分, を揮う

▼ ぬ芝居~ (10, 0.0%)

1 だ, では相手役同士, に会, に前, は一切, は何, や講談, を屡々, を打とう, を演じなけれ

▼ ぬ若し~ (10, 0.0%)

1 や既に, 其の様, 如何に, 左樣なる, 是れ, 死ぬに, 秀子が, 諸君が, 過つて, 附き纒

▼ ぬ苦悩~ (10, 0.0%)

1 があつ, である, にのたうち, にも頷い, の淵, や喜悦, をした, を忍び, を胸, を餌食

▼ ぬ~ (10, 0.0%)

1 くらがりに, の穂根刈り, の葉, 寝惚けた足取り, 日和, 蒲団身に, 雲の, 靄の, 青い夢, 青い死斑

▼ ぬ裸体~ (10, 0.0%)

1 であった, でお, でよく, で左手, となった, になっ, のまま, のよう, の美人, を聯想

▼ ぬ見事~ (10, 0.0%)

2 なもの, な最期 1 な体術, な沃野, な物, な白髪, な腕, な體術

▼ ぬ計画~ (10, 0.0%)

1 があるべき, されぬ精神的, だった, であるだが, でもある, というもの, については云わなかった, のもと, の規模, をし

▼ ぬ誇り~ (10, 0.0%)

2 を感じ 1 と悦び, と権利, に目, をもっ, をもつ, を感じさせました, を感じた, を生産

▼ ぬ誤解~ (10, 0.0%)

2 を受け 1 から仲違ひと, がもと, が奥さん, と反撥, なりしなるべく, は消え, をし, を受けたくなかった

▼ ぬ豪傑~ (10, 0.0%)

3 のうち 2 が七人 1 が穏, である, とてもここ, の中, の面

▼ ぬ道庵先生~ (10, 0.0%)

1 が不憫, でありましたから, であります, です, とても行, と米友, の挙動, の武勇, は, はお

▼ ぬ遠く~ (10, 0.0%)

2 の方 1 からくる, に眺め, の土地, の空, の辻, へいつ, 死の, 灯つけ

▼ ぬ遠慮~ (10, 0.0%)

3 をし 1 からもう, にはおよばぬ, よりし, をする, をせず, をちよ, を時々

▼ ぬ鋭い~ (10, 0.0%)

1 ものが, カンで, カンと, 剣を, 嗅覚を, 意匠だらう, 意匠だろう, 気合が, 白刃, 眼で

▼ ぬ~ (10, 0.0%)

3 の際 1 のかなめ, の戸, はなかっ, を待つ, を戸ごと, を訪れ, 之丞

▼ ぬ雑草~ (10, 0.0%)

1 がぐんぐん, がしんみり, が一杯, が生, が茫々, が蔓, が重なりあっ, に遮られ, の差入れ, は彼

▼ ぬ~ (10, 0.0%)

1 が珠, が降り, であった, のもと, の世, の命, の村, も帯びぬ, や牡丹, を忍ばせ

▼ ぬ~ (10, 0.0%)

3 です 1 だったので, づける道士, であったと, の痛み, の金, を見せまい, を頻りに

▼ ぬおせっかい~ (9, 0.0%)

1 じゃござんせん, じゃわい, じゃわッ, だ, だよ, とばかりに鋭く, をした, をしなかったら, を癪

▼ ぬかとか~ (9, 0.0%)

2 父兄は, 石盤は 1 ふすま, 何とか言った, 便所から, 口々に, 色々の

▼ ぬがと~ (9, 0.0%)

1 いって, いっても, いぶかれたが, わたしも, 云って, 厭に, 宜く, 差配さんが, 断りながら

▼ ぬくみ~ (9, 0.0%)

1 がある, がなくなっ, がまして, でおまえ, と柔軟さ, になっ, のやう, の工合, を追って

▼ ぬけは~ (9, 0.0%)

71 ひぞひそむなれ, ひなり

▼ ぬそれで~ (9, 0.0%)

1 やはり私相應, 仕方なし, 公平に, 其の勞力, 文字の, 此の, 私は, 聖という, 近傍の

▼ ぬなんて~ (9, 0.0%)

1 おれと, ことも, 一言一言とがめられる, 嘸忙しい, 妙な, 実ー, 式部も, 操を, 気の

▼ ぬひとり~ (9, 0.0%)

1 したまつ赤, でもよい, で動い, のあやし, のある, のしょう, の侏儒, の老人, の肉親

▼ ぬものぢ~ (9, 0.0%)

2 や, やと, やと説かれ, やない 1 やよ

▼ ぬわたくし~ (9, 0.0%)

1 というもの, と致しまし, の口, の子, の小さい, の志, の性格, の琵琶, は怪しい

▼ ぬ一大事~ (9, 0.0%)

1 がある, じゃ, で, でも企てられる, でウッカリ, とは, をひきおこし, を噺, 疾く

▼ ぬ~ (9, 0.0%)

1 があり, がきれい, さえうけた, じゃ, のいたみ, ましい気持, を呪いました, を負, を負う

▼ ぬ働き~ (9, 0.0%)

3 をやる 2 をし 1 をいたす, をした, をします, をする

▼ ぬ~ (9, 0.0%)

21 にし, に一隅, に何時の間にか, に余りあら, に止つて, に私, 唯お

▼ ぬ~ (9, 0.0%)

2 裸体で 1 世紀有数の, 収穫が, 裸体, 裸体それを, 裸体の, 體で, 體として

▼ ぬ全く~ (9, 0.0%)

1 同じ魚族, 悪魔の, 惣内夫婦を, 次の, 疑念が, 目に, 知られて, 蒸発でも, 親の

▼ ぬ凄まじい~ (9, 0.0%)

3 物音が 1 ものが, ものだ, 大景観, 形相です, 死にやう, 鳴音

▼ ぬ切な~ (9, 0.0%)

2 さ, さは 1 さその, さとで, さに, さの, さ辛らさが

▼ ぬ即ち~ (9, 0.0%)

1 この運動, 京都の, 外務大臣の, 深く愚禿, 物が, 知らず識らずし, 私は, 絶対空間に, 運動の

▼ ぬ友情~ (9, 0.0%)

1 にとても, にひた, をありがたい, をさらに, を以, を契り, を示した, を続け, を誓っ

▼ ぬ古い~ (9, 0.0%)

1 事情は, 友人の, 尾張の, 時代でありました, 時代の, 物語を, 社が, 約束に対して, 鉄門が

▼ ぬ~ (9, 0.0%)

1 その場, だ貴, った今, の田甫, 不思議な, 僕身神共に, 呆れて, 悲しいとき, 景樹時代には

▼ ぬ可憐~ (9, 0.0%)

2 なたより, な姿 1 なもの, なる妻, なる子雀八羽, な人, な小さい

▼ ぬ命令~ (9, 0.0%)

1 が心, である, である余, です, のやう, のよう, を下す, を山口, 即ち何ら

▼ ぬ~ (9, 0.0%)

1 が薄く, に, に込め, のわな, の捺形, は, は千度百度, へ塗りつけた, を持っ

▼ ぬ地位~ (9, 0.0%)

3 にある 1 である, に置かう, に置かれました, の人, を占むべ, を手

▼ ぬ場面~ (9, 0.0%)

1 が涌いた, だから, であった, であらう, へ来た, をつくり出し, を想像, を聯想, を見た

▼ ぬ~ (9, 0.0%)

2 の夜, は暑い 1 の入り口, の日, の虫, を呼ぶ, を呼ん

▼ ぬ失敗~ (9, 0.0%)

2 を招く 1 ではなかつた, のやう, は他人, や不幸, をし, をした, を来す

▼ ぬ宿~ (9, 0.0%)

1 ながらつれなき, におりまし, に孔雀明王像, のさ庭, の小女, は無くし, へも倶楽部, も菜の花, を兼ね

▼ ぬ寂寥~ (9, 0.0%)

2 の感 1 がうち, が一時, が常, が私, は甚だ, や怒り, よ

▼ ぬ~ (9, 0.0%)

3 さを 1 さかな, さが, さで, さな, さに, さの

▼ ぬ平和~ (9, 0.0%)

1 と瞑想, ないい, な入日, な友, な満足, な趣, な雰圍氣, の愛着, は今日

▼ ぬ~ (9, 0.0%)

2 であつ 1 であったらしい, といつも, のマチラ, の清さん, の身, を教えいたわる, を淋し

▼ ぬ強情~ (9, 0.0%)

2 の加減 1 とどっち, なもの, は止, を, を突っ張っ, 張るの, 阿魔め

▼ ぬ必ず~ (9, 0.0%)

1 これを, 二階三階と, 仔細が, 先づ意思論, 博士論文でなく, 惨憺たる, 有るに, 木棉を, 案じるなかれ

▼ ぬ感動~ (9, 0.0%)

2 をこめ 1 が鶴代, だった, に思わず, のよう, をつたえた, をもつ, を與

▼ ぬ感謝~ (9, 0.0%)

1 と同時に, の念, の意, の眼付き, をのこした, を忘れ, を抱い, を捧げ, を贈る

▼ ぬ打撃~ (9, 0.0%)

1 だった, であつ, であつたらしく, でもあつ, と云, に少し, をうけ, を与へた, を見舞

▼ ぬ早く~ (9, 0.0%)

1 お逃げなさい, これが, 乗て, 帰れ, 幽霊塔へ, 死にたい, 燈点けずや, 百姓をと, 院御所を

▼ ぬ時に~ (9, 0.0%)

2 なつて 1 これを, 仮名を, 優しき歌, 妙である, 往来し, 意外な, 誰も

▼ ぬ~ (9, 0.0%)

2 はない 1 があっ, が幾夜, だぞ, であること, のヘレン, はお, もあり

▼ ぬ暗黒~ (9, 0.0%)

1 が海, である, とが現われ, なところ, なる事情, になつて, に転げ墜ち, の夜, の部屋

▼ ぬ最大~ (9, 0.0%)

2 の原因 1 の不幸, の何ん, の実際, の意味, の比率, の点, の責務

▼ ぬ~ (9, 0.0%)

1 で道, の六ツごろ, の湯, の谷間, の静か, は凍える, も昼, も晩, や日

▼ ぬ条件~ (9, 0.0%)

1 ができた, ではなかろう, の下, は吊り, は多く, は持っ, をもつ, を持ち出される, を用い

▼ ぬ~ (9, 0.0%)

2 の宿 1 に相, の實, の老木, の花, を取出し, を嗅ぎ出し, 見かな

▼ ぬ深き~ (9, 0.0%)

2 歎き 1 わけ重なり, 空より, 縁と, 萱の, 處に, 闇の, 陶酔境に

▼ ぬ深刻~ (9, 0.0%)

1 たといがたき, なもの, なる皮肉, な不安, な悲劇, な情慾, な打撃, な淋し, な負け

▼ ぬ深淵~ (9, 0.0%)

3 のよう 21 が口, である, のごとき, を覗き込む

▼ ぬ清い~ (9, 0.0%)

5 心に 1 ものであった, 伴奏を, 光が, 高貴な

▼ ぬ獲物~ (9, 0.0%)

2 を追う 1 がある, があるであろう, であった, とよろこんだ, なれば, に大, を発見

▼ ぬ~ (9, 0.0%)

1 があつ, で仰いだ, で空間, に絶えず, は唯狂, は蒟蒻玉同然, よ唇, を, を朦朧

▼ ぬ粗末~ (9, 0.0%)

2 なもの, な品 1 な服装, な背廣, な衣類, な身扮, な黒パン

▼ ぬ精神~ (9, 0.0%)

1 が必要, のこと, のひとつ, の全, の勇気, の安息, の溌剌さ, の発動, の響

▼ ぬ~ (9, 0.0%)

3 を読む 1 をはじめ, をよむ, を繰返す, を誦む, を誦むで, を門前

▼ ぬ者共~ (9, 0.0%)

2 を幕府 1 が動揺, であったから, です, とは違っ, にむざむざ, に加えた, の動静

▼ ぬ職業~ (9, 0.0%)

1 だから, だと, といえる, なので, にありつけない, にかじりつい, の増加, も色々, を軽蔑

▼ ぬ~ (9, 0.0%)

1 に浪, に移し, の雨, の露, はあらじ, もさく, もしめり, も涼, を別

▼ ぬ詮議~ (9, 0.0%)

2 をする, を蔭 1 じゃわい, だては, というもの, の筋, の者

▼ ぬ諸君~ (9, 0.0%)

2 を毒する 1 が反, には想像, のため, のよう, の前, の思慮, は果して

▼ ぬ距離~ (9, 0.0%)

1 からは容易, だつたが, である, であるし, の計測, の間, まで退い, をでも, を有っ

▼ ぬ邪魔~ (9, 0.0%)

2 が入っ, をする 1 だて, ばかり出, をした, 立てすると, 立て致して

▼ ぬ~ (9, 0.0%)

2 壓と, 病人を 1 五郎殿忝け, 四郎如何にも, 大事の, 大事らしく, 病人に

▼ ぬ面白い~ (9, 0.0%)

2 味が 1 ところが, 仕事を, 皮肉です, 話だ, 話相手として, 調子に, 風情である

▼ ぬ馬鹿~ (9, 0.0%)

1 なこと, な努力, な女, な戦, に幸福, の奴, ばかり言う, もない, を言う

▼ ぬ驚き~ (9, 0.0%)

1 がその, が一つ, であった, であったらしく, の色, をした, を味, を味わいました, を次

▼ ぬ鬼神~ (9, 0.0%)

5 から人間 2 に殺された 1 も来る, を感ぜし

▼ ぬあれ~ (8, 0.0%)

1 が軍船, では学生, の事, は気違い, は氣違, は菜食植物, も常に, や

▼ ぬいざ~ (8, 0.0%)

2 鏝を 1 ご介錯, や別れむ, わが文, 子供卯月八日の, 幕を, 摘まん

▼ ぬいずれ~ (8, 0.0%)

1 かの海辺, にし, にもせよ, もなまめかしく, も静か, 帰った上, 御恩, 永日御

▼ ぬおそろしい~ (8, 0.0%)

2 ことが 1 ありさ, めに, 世音の, 危機が, 運命に, 顔が

▼ ぬお話~ (8, 0.0%)

21 で何, で御座いますが, などはあと, ばっかりな, をお伝え, をし

▼ ぬかで~ (8, 0.0%)

1 あつた, この句, ござりましょう, さっきから, ワルシャワには, 決まるもの, 決るん, 玉井家の

▼ ぬかとも~ (8, 0.0%)

2 考えて 1 存じます, 存じられまするが, 思はぬでは, 思ふ, 考える, 考へられるが

▼ ぬかや~ (8, 0.0%)

5 大鳥は 2 堪忍し 1 此後は

▼ ぬからには~ (8, 0.0%)

1 やましい覚え, 一ヵ月の, 仕方が, 何か, 反軍的な, 宮は, 御辺, 清風山の

▼ ぬぐふ~ (8, 0.0%)

1 が如き, なり, はいまし, ひまも, 夜も, 子もがな, 朱雀院を, 露あり

▼ ぬ~ (8, 0.0%)

3 であった 1 だった, だったが, であ, でなもし, は何ん

▼ ぬさあ~ (8, 0.0%)

1 このおじさん, どちらへでも, 之から, 何と, 拙者と, 行け帰れ何処, 行け歸, 酌ぎますぜ

▼ ぬそうして~ (8, 0.0%)

1 お父様, その三百六十余日, その八幡, その相間, ムクによって, 一年二年と, 人間的に, 婦人の

▼ ぬぞよ~ (8, 0.0%)

1 あの塵間塚, これは, 三吉其方は, 小童, 後を, 武蔵と, 遁が, 餘計な

▼ ぬとさえ~ (8, 0.0%)

2 考えられた 1 この場合, 云って, 叫んで, 恐れられて, 考えるに, 言われて

▼ ぬなり~ (8, 0.0%)

1 やみとは, コルギャル池を, 何かの, 余は, 子を, 早々詮議, 桜の, 殊に又

▼ ぬまなざし~ (8, 0.0%)

4 がぢ 1 がじっと, でしばらく, で恩田, で見上げ

▼ ぬむかし~ (8, 0.0%)

2 の夢 1 ぞした, であたかも, の無一物, の細布, の通り, をおしのびなされ

▼ ぬもてなし~ (8, 0.0%)

1 が何, じゃ, であります, である, であるから, というもの, は胆薬, を示し

▼ ぬ~ (8, 0.0%)

1 あって, けに猶, けのよい, けの事, にても明白, に其習慣, の苦勞, は先ず

▼ ぬ不愉快~ (8, 0.0%)

1 と威壓, な姿, な感じ, な気持, な薄気味, な陰惨, を感じた, を覚えた

▼ ぬ乍ら~ (8, 0.0%)

2 に甚 1 なんだか好い, も一方, も己, も私, 沈ましむ, 立ち上がりました

▼ ぬ~ (8, 0.0%)

1 だ, でなければ, となった, と住め, にならん, の法会, の立像, の笑まひ面

▼ ぬ信仰~ (8, 0.0%)

1 がある, そのま, の殆, は死物, をもつ, を以てそれ, を伴, を寄せ

▼ ぬ個所~ (8, 0.0%)

2 もある 1 があれ, が出来, が四つ, が多い, が限り, で現存

▼ ぬ~ (8, 0.0%)

1 いうて, むかれぬと, も偽, 君子なりと, 山伏の, 文書では, 紳士です, 行者だ

▼ ぬ冷たい~ (8, 0.0%)

2 ものが 1 ものを, 声それは, 夫婦の, 氣持が, 表情で, 運命の

▼ ぬ動機~ (8, 0.0%)

2 で行く 1 がなかっ, が作っ, と機縁, の一ツ, よりほしき, をなし

▼ ぬ~ (8, 0.0%)

2 ひが 1 が, が半纏, して, ひ, ひそよ吹く風毎, へる君

▼ ぬ千鳥~ (8, 0.0%)

2 なく夜 1 のなか, の中, の声, を聴い, を聴く, 啼く夜

▼ ぬ同志~ (8, 0.0%)

1 が, であるから, では嘸, で予期, に巡り会っ, の卑し, の軍用金, を得た

▼ ぬ周囲~ (8, 0.0%)

1 に対して平和, のため, の中, の事情風物, の形勢, の暴力, の者, の者ども

▼ ぬ哀愁~ (8, 0.0%)

1 がこめ, が浮かび出, に打たれた, に満ちた, の思ひ, を含んだ, を感じ, を覚えた

▼ ぬ外国~ (8, 0.0%)

1 からの漂着者, で俳句, にもある, のその, の先進資本国, の港, へ渡り, へ行け

▼ ぬ大き~ (8, 0.0%)

2 さで, さにな 1 さだった, さを, なるキヤベツ, 家の

▼ ぬ大変~ (8, 0.0%)

1 が起つた, でありました, とは魂消, なご, な事, な事件, な代物, な発見

▼ ぬ天下~ (8, 0.0%)

1 のお, の大, の妖気, の江戸城, の皮算用, の風雲, への野望, をば

▼ ぬ夫人~ (8, 0.0%)

1 であるの, に, に縋る, の目, の耳, の顔, は灼けつく, を見かね

▼ ぬ女中~ (8, 0.0%)

3 のお 1 がつくる, が台所, が白い, とが妙, は前後

▼ ぬ嫌悪~ (8, 0.0%)

2 の情 1 があった, の念, の感じ, を感じた, を覚えた, を覚える

▼ ぬ家柄~ (8, 0.0%)

2 ですが 1 が無い, だ, だったこと, でご, でもある, の息女

▼ ぬ少数~ (8, 0.0%)

1 であるそう, で事務, となっ, のもの, の外国人, の為, の者, の馬

▼ ぬ屈辱~ (8, 0.0%)

1 だつた, と妨害, に業, の思い, の思ひ, を埋め合わせる, を忍ばん, を感ずる

▼ ぬ~ (8, 0.0%)

2 が流れ 1 があろう, ながら船, になっ, のあなた, の姿, の流れ

▼ ぬ~ (8, 0.0%)

2 の日, 若の 1 あらめやも, ならぬ世, の心, 州第

▼ ぬ座敷~ (8, 0.0%)

2 である 1 で明石, で衣物, なので, の上, の入口, の片隅

▼ ぬ弱い~ (8, 0.0%)

1 からだの, 人間では, 客商売の, 尻を, 御性質, 性格の, 所でも, 軍隊されど

▼ ぬ~ (8, 0.0%)

3 さが 1 さを, ってお, って飲め, て背け, 剣だ

▼ ぬ心境~ (8, 0.0%)

2 だと 1 です, にまで押し上げました, に在る, に身, を傳, を歌

▼ ぬ快楽~ (8, 0.0%)

2 をも心得 1 すなわち幸福, と宿願, と秘密, のうた, は靴, を重ね来りし

▼ ぬ~ (8, 0.0%)

1 がします, きて, て梃子, である, をし, をなさし, を与えた, を胸

▼ ぬ悲惨~ (8, 0.0%)

1 でそれ, なしくじりが, な叫声, な状態, な結果, に堕ちた, に死ぬ, の光景

▼ ぬ愛着~ (8, 0.0%)

2 を感じ 1 と尊敬, をよびさまし, を感じる, を感じ出した, を持っ, を持つ

▼ ぬ感傷~ (8, 0.0%)

2 にとりつかれ 1 にふと, に囚われ, のなか, は今かぎり, をどう, を持っ

▼ ぬ戦争~ (8, 0.0%)

1 だ, で死屍累々, にならぬ, の際, は大嫌い, は遂に, をした, を始め

▼ ぬ所存~ (8, 0.0%)

1 かと申さる, である, でお, でご, でござる, でまだ, にご, にて車上

▼ ぬ才能~ (8, 0.0%)

1 と見, と言, に絡みついた, を少し, を有, を発揮, を要する, を認められ

▼ ぬ損失~ (8, 0.0%)

2 である 1 が来る, だと, でしたから, ではない, のやう, を受けた

▼ ぬ文学~ (8, 0.0%)

2 である 1 であり自分, の一般的, の問題, の本質的問題, の紹介者, の領域

▼ ぬ旅人~ (8, 0.0%)

1 が来, が沢山, にこうして, にも親切, の, も酌む, を見, 聞かば

▼ ぬ日々~ (8, 0.0%)

4 を送らね 1 であった, の快い, の燥宴, もあった

▼ ぬ~ (8, 0.0%)

1 さで, さであった, は迅くに以前, をいっ, を答える, を言いよこした, を述べた, を銀行

▼ ぬ明る~ (8, 0.0%)

2 さが 1 さだった, さで, さです, さなど, さの, さ温

▼ ぬ~ (8, 0.0%)

1 と評, になっ, に至る, も渉猟, も澤山出來, をいひおとし, を読む, を読ん

▼ ぬ最初~ (8, 0.0%)

2 にし, の冷たい 1 の問題, の年, の想像, の抱擁

▼ ぬ最後~ (8, 0.0%)

1 に立ち至つた, の場, の夜, の対決, の手段, の欲望, の理由, の釘

▼ ぬ月日~ (8, 0.0%)

2 を重ね 1 がたっ, であつ, もどんどん, も随分, をいつも, を送

▼ ぬ~ (8, 0.0%)

2 の糸 1 と交す, と残り, にしばし, に受ける, の葉, 散る

▼ ぬ~ (8, 0.0%)

1 が皆白銀, すなわちゴンズイ, であるから, であると, なの, のす, のよう, は少い

▼ ぬ欲望~ (8, 0.0%)

2 であるの, のため 1 に迫め, に駆られた, を節制, を見ぬい

▼ ぬ気分~ (8, 0.0%)

1 が大切, でしばらく, で謙吉, で黙っ, になる, に蔽われ, に追われ, の昂揚

▼ ぬ気性~ (8, 0.0%)

1 があらわれ, が歯, だから, である, の方, を具え, を持っ, を持つ

▼ ぬ洒落~ (8, 0.0%)

2 を言い 1 かに之, だな, などに足, はその, はよせ, をまくしたてる

▼ ぬ滿足~ (8, 0.0%)

3 を覺 1 だつた, の溜息, を以て心安く, を感ずる, を與

▼ ぬ激しい~ (8, 0.0%)

1 ものも, 動物などを, 感傷が, 戦だ, 気色の, 目眩ひ, 眼の, 苦悩の

▼ ぬ無限~ (8, 0.0%)

2 なもの, の距離 1 の寂莫, の時空, の時間, の責め苦

▼ ぬ焦躁~ (8, 0.0%)

4 に悶えた 1 といったら, となっ, をもっ, を感じた

▼ ぬ然し~ (8, 0.0%)

1 俺には, 取り入れても, 同じ本, 大体に, 御希望, 懸命な, 法相宗の, 評判はい

▼ ぬ父親~ (8, 0.0%)

1 とを貢い, にそれ, にはもそ, に對, のこと, の恰好, の手, の赤く

▼ ぬ~ (8, 0.0%)

1 う云う, が殊勝さ, して, すれば, だ何, だ此, りとて, れば

▼ ぬ物語~ (8, 0.0%)

1 かりに喝采, がある, が生まれました, だ, であるから, というもの, をし, 望んでは

▼ ぬ特色~ (8, 0.0%)

3 である 1 がある, です, という可, の一つ, を有し

▼ ぬ異常~ (8, 0.0%)

1 なこと, な事件, な事態, な心, な期待, な熱意, な表情, の夢

▼ ぬ~ (8, 0.0%)

1 だ, でやつ, で現, で現われる, にも自然, 圖には, 済まぬこと, 異が

▼ ぬ真似~ (8, 0.0%)

2 して, をする 1 をいたす, をし, をした, を致す

▼ ぬ眺め~ (8, 0.0%)

2 である 1 じゃなあ, だ, だったでご, であったが, であつ, はあれ

▼ ぬ着物~ (8, 0.0%)

2 を着 1 がきちんと, が要するに, でございます, に血, をまとい, を選ん

▼ ぬ研究~ (8, 0.0%)

1 であること, となる, の力, の広い, は根柢, は止し, や事実, を十分

▼ ぬ社会~ (8, 0.0%)

1 とは全く, にいつも, においてのみ起こる, に対して旧家, の住民, の罪, の要求, は作家

▼ ぬ笑顔~ (8, 0.0%)

1 だったもの, でひとり, で受けた, とはこの, にかえって, をする, を一層, を作っ

▼ ぬ~ (8, 0.0%)

1 からの圧迫, だ, ならねど, なり又七, の来歴, の通つた話, へ忠義立て, もあり

▼ ぬ~ (8, 0.0%)

1 であったから, に鹽入れ, のこと, のなる, の俵, は作っ, は四邊, をつい

▼ ぬ~ (8, 0.0%)

1 きくづれぬ床, つけてを, の粉, の色, の霞, や白, や紫, や緑

▼ ぬ~ (8, 0.0%)

1 がふくれ, が空, でいる, に生まれた, を据え, を探られ, を揣摩, を断ち割っ

▼ ぬ自信~ (8, 0.0%)

2 はあった 1 があり, とその, と世の中, は持つ, をえた, をもっ

▼ ぬ自由~ (8, 0.0%)

1 と楽し, なる家, な物言ひも, な甘, な生活, の天地, の意識, を持つ

▼ ぬ舞台~ (8, 0.0%)

2 の奥 1 が想像, だつて, の急変, の様子, へ上, を蹈む事

▼ ぬ色々~ (8, 0.0%)

1 なこと, な問題, の条件, の物質, の種, の草, の貝類, の鬼事術語

▼ ぬ~ (8, 0.0%)

21 だが, で大雅堂, と思われた, にはございまする, の執, を出す

▼ ぬ~ (8, 0.0%)

1 が漾, であった, であったから, であったが, であるが, でもあった, はおばしま近く通ひつ, は御

▼ ぬ~ (8, 0.0%)

1 で行留り, などのある, にいと, に墜ち失せ, の上, の洞, の鶯, 暗く風

▼ ぬ貴重~ (8, 0.0%)

3 なもの 1 なる時間, な材料, な症例写真, な秘密, の身

▼ ぬ赤い~ (8, 0.0%)

2 巨大の 1 光りの, 糸が, 絲が, 色です, 草花は, 貨車の

▼ ぬ迄に~ (8, 0.0%)

1 なったのよ, 小さくなっ, 悲しかった, 慄へながら, 有難う存じ, 癒して, 近づいて, 黒み赤貝へ

▼ ぬ道具~ (8, 0.0%)

2 である, ですが 1 であります, や品物, らしい, を借りた

▼ ぬ間柄~ (8, 0.0%)

1 だつたので, でありましたから, であろう, ではない, ではなかつた, ではなかろう, で特に, とはいえ

▼ ぬ~ (8, 0.0%)

1 があった, におとなびたる, にもぎ取った, に東京, に突, を狙っ, を考, を覘ッ

▼ ぬ雪子~ (8, 0.0%)

3 の身, は喜ん 1 にいきなり, にどうか

▼ ぬ~ (8, 0.0%)

2 かな傾斜 1 かな朝, かな樂, かな淨土院, かな淵, かな濁水, かな離れ島

▼ ぬ面倒~ (8, 0.0%)

1 から教授, さについても, な怪物, な日課, をみ, を裁判所, を見, を避ける

▼ ぬ面魂~ (8, 0.0%)

21 がそもそも, が怖し, です, に光らせ, をし, を三斎隠居

▼ ぬ頼み~ (8, 0.0%)

2 だが 1 ある中, があ, がある, ご懇望, です, に

▼ ぬあはれ~ (7, 0.0%)

3 な筋立て 2 といひ 1 な物語, わが春

▼ ぬあらゆる~ (7, 0.0%)

1 人たちを, 作物は, 北国地方では, 可能性を, 異性の, 論証は, 論證は

▼ ぬあるいは~ (7, 0.0%)

1 ありがたいところ, かえってそれ以上, 必らず, 曰く彼は, 経験という, 背中で, 自由さという

▼ ぬいま~ (7, 0.0%)

1 のこの, の道弁, はなんと, むくむくと, も, 暫くの, 直ちに浜松城

▼ ぬかたち~ (7, 0.0%)

1 でしよんぼり, で何やら, で同じ, で坐つた, で根, に歪めなし, の舟

▼ ぬかなた~ (7, 0.0%)

2 へと 1 にあく, の世界, の心, の森, までも続い

▼ ぬかわり~ (7, 0.0%)

1 にいつ, にはこの, には声音, にほんの, に穴, に餅, よく歌った

▼ ぬここち~ (7, 0.0%)

1 がし, がした, がします, こそすれ, して, の禁め, もした

▼ ぬことこれ~ (7, 0.0%)

2 が第, ほどの虚し 1 はもう, は何, 又私

▼ ぬことば~ (7, 0.0%)

1 じゃ, だったが, でなし, で語る, に人々, はあまりに, や挙動

▼ ぬさりとて~ (7, 0.0%)

3 お寺の 1 は其の, は百両投出, 世には, 百両と

▼ ぬだけが~ (7, 0.0%)

1 一層の, 取り得か, 取得と, 慈悲と, 普通の, 能では, 近衛よりは

▼ ぬつて~ (7, 0.0%)

2 ゐたと 1 お城, たので, ゐる, ゐるが, をつた

▼ ぬてい~ (7, 0.0%)

2 にし 1 で申されます, には密か, に沈々, の勇気, をし

▼ ぬとに~ (7, 0.0%)

1 かかわらず一つ, 因りて, 拘りなく, 拘わらず, 関係なく, 關する, 關はりなく

▼ ぬどう~ (7, 0.0%)

2 ともなれ 1 して, だと, だ汝, で下品, なりともしろ

▼ ぬどうぞ~ (7, 0.0%)

1 おゆるし下さいまし, お助け, お放し下さい, お暇, この足どり, またなき, 堪忍し

▼ ぬどこ~ (7, 0.0%)

1 かの人, かの叢林, かの小僧, か大家, でもよう, へ行きおった, までも軽い

▼ ぬなか~ (7, 0.0%)

1 で時々, に云, に咲い, に御簾, の事, の長き, はひめ

▼ ぬなどは~ (7, 0.0%)

2 一層小児 1 それは, 下種の, 仕方も, 心細い, 甚だ陽気

▼ ぬひとつ~ (7, 0.0%)

2 の原始的 1 の, のベッド, の形式, の立場, の袋小路

▼ ぬふし~ (7, 0.0%)

1 がある, がみえる, が多い, もあろう, もなく, や多から, を刪正

▼ ぬ~ (7, 0.0%)

2 み手折り持ち見れ 1 うぞ, う思はるれ, からず, からずそ, み

▼ ぬやら~ (7, 0.0%)

1 いろ, それは, わからぬでしょう, 其の様, 判りも, 我れ, 松葉の

▼ ぬよい~ (7, 0.0%)

1 か, 事と, 例である, 心持で, 心持であった, 道筋を, 香りの

▼ ぬよりは~ (7, 0.0%)

1 いいだろう, いた方, ましだ, ましで, まづ先代, 受けた方, 知つただけ

▼ ぬ一日~ (7, 0.0%)

2 が暮れ 1 である, にする, の苦悩, も早く, を袖子

▼ ぬ一面~ (7, 0.0%)

1 があり, がある, が得, のある, のローズ色, もある, もなくなっ

▼ ぬ事故~ (7, 0.0%)

2 から烏有, のある 1 お熊殿年, を語った, 直に筋違橋内戸田能登守

▼ ぬ事業~ (7, 0.0%)

1 だった, だったの, である, でして, は菰田家, を大成, を成す

▼ ぬ些事~ (7, 0.0%)

1 だ, だが, である, とは自分自身, にも一應, に拘泥, に過ぎなかった

▼ ぬ人影~ (7, 0.0%)

1 があらわれた, がパッ, が佇ん, が右往左往, が近く, のたたずん, を振り放そう

▼ ぬ人情~ (7, 0.0%)

2 である 1 が本能的, で今夜, で山子出, の世界, 深い云

▼ ぬ仔細~ (7, 0.0%)

2 がある 1 がなく, ない, はこう, もあらん, もある

▼ ぬ何もの~ (7, 0.0%)

1 かが籠っ, かが蟠, かであろう, かに導かれ, かへ從つて結局實, かをつかまえ, かを感じる

▼ ぬ何事~ (7, 0.0%)

1 かだ, かを発表, ぞをと, もならぬ, も不, も多く, も無く

▼ ぬ何者~ (7, 0.0%)

1 かが住ん, かが彼女, だ, であるか, にも明かさぬ, に頼まれ, の威力

▼ ぬ侮辱~ (7, 0.0%)

2 を受ける 1 だつた, ですから, を加え, を受けなけれ, を感じた

▼ ぬ偶然~ (7, 0.0%)

2 の集合 1 だった, な事, に足, の糸, の絲

▼ ぬ~ (7, 0.0%)

1 の不破, の姿, の所, の瀧口, よりかれ, より無益, 駒井能登守の

▼ ぬ元気~ (7, 0.0%)

2 な声 1 だつた, でやっぱり, で突撃隊, な姿, な足取り

▼ ぬ~ (7, 0.0%)

2 れは 1 れぢ, を承知, を是非, 人恋しくなる, 苦しさ

▼ ぬ内容~ (7, 0.0%)

1 がある, が窺われます, が雲, に自然, のある, をその, を察した

▼ ぬ冷汗~ (7, 0.0%)

2 です, にすり減 1 から堪らなく, におびやかされた, にすり減つた

▼ ぬ~ (7, 0.0%)

1 じいものである, じい木枯である, じい氣組が, 婉な, 気に, 然たる声, 艶な

▼ ぬ凄味~ (7, 0.0%)

3 のある 1 が烈々, に夜, を帯, を添え

▼ ぬ勝ち~ (7, 0.0%)

1 であり島, である, でございまして, なる生活, になる, の旅仕度, の私

▼ ぬ勢い~ (7, 0.0%)

21 ですぐ, でどこ, で悔恨, で漏斗形, を示した

▼ ぬ~ (7, 0.0%)

21 僧生活を, 死の, 纒着が, 職人に, 裸体の

▼ ぬ去年~ (7, 0.0%)

3 は仁和賀 1 であった, のあらし, の初秋, の秋

▼ ぬ収穫~ (7, 0.0%)

1 こそ何より, さえあった, である, です, として残った, をえた, を得

▼ ぬ~ (7, 0.0%)

1 一事実の, 一組合内での, 夢を, 時代的矛盾を, 業者に, 版同, 藩の

▼ ぬ名前~ (7, 0.0%)

1 だけでも数えきれぬ, など知らん, に少し, の事件, の花束, の草花, を組み立

▼ ぬ名残~ (7, 0.0%)

2 を惜しみ 1 の惜しまれ, の惜まれ, をいかに, を惜しむ, を語り暮し

▼ ぬ商売~ (7, 0.0%)

1 だから, だからと, だった, だチビ公, であるが, をした, をやっ

▼ ぬ囁き~ (7, 0.0%)

4 に日 1 の樣, を, を氣

▼ ぬ~ (7, 0.0%)

1 が多い, だ, だと, であった, であったろう, であろう, ではある

▼ ぬ地名~ (7, 0.0%)

1 が多い, が進歩, だから, だが, である, であるから, は記憶

▼ ぬ地点~ (7, 0.0%)

1 から上陸, と一度, になっ, に敵, に潜在, に達し, まで押しすすめ

▼ ぬ堂々たる~ (7, 0.0%)

2 ものです 1 へちまに, ペテン師の, 威厳が, 構えの, 横綱の

▼ ぬ~ (7, 0.0%)

2 うらの, の底 1 があったであろう, へ投げこんだ, もやう

▼ ぬ大空~ (7, 0.0%)

2 の, の下 1 に圧しつけられ, に壓, を嵐

▼ ぬ契り~ (7, 0.0%)

1 でも, とぞ思ふ, のあかし, のしるし, の末, の誰, も過

▼ ぬ姿勢~ (7, 0.0%)

1 であったに, でおおらか, と軽い, なので, になっ, になつ, を直す

▼ ぬ~ (7, 0.0%)

2 な気持 1 がある, な感じ, な気, ひが, やな

▼ ぬ嫌疑~ (7, 0.0%)

1 からお, がかけられ, が自分, となったらしい, をうけ, をこうむり, を受け

▼ ぬ学生~ (7, 0.0%)

1 が訪ね, であろうと, に同情, に教え, のこと, のため, の裏

▼ ぬ学者~ (7, 0.0%)

1 が指, だった, だという, である, ではある, の奥様, はこんな

▼ ぬ宇宙~ (7, 0.0%)

1 がある, であって, の気勢, の真理, は要するに, を想像, を認める

▼ ぬ小勢~ (7, 0.0%)

1 が十万以上, であったとは, である, といえ, をひきつれ, をもっ, を引い

▼ ぬ~ (7, 0.0%)

1 に飛沫, の上, の山道, の斜面, は動か, も無い, をうつ

▼ ぬ~ (7, 0.0%)

2 こそなかりけれ 1 がそびえ, こそなかりけり, のあま雲, の石陰, の衆徒

▼ ぬ崇高~ (7, 0.0%)

2 な精神 1 なもの, な奇蹟, な姿, な幸福, な本性

▼ ぬ廊下~ (7, 0.0%)

1 での光景, には何, の外れ, の戸, の片隅, の隅, をぐるぐる

▼ ぬ~ (7, 0.0%)

1 さが, さを, つてゐる, に, 氣の, 身を, 點を

▼ ぬ形相~ (7, 0.0%)

1 だ, で久良山三五郎, となっ, に驚いた, の侍, をし, を持つ

▼ ぬ待遇~ (7, 0.0%)

4 でした 2 を受け 1 に甘んじなけれ

▼ ぬ御馳走~ (7, 0.0%)

1 が二時間, が彼等, にありついた, の散乱, の話, をもらった, を深き

▼ ぬ怒り~ (7, 0.0%)

1 がありました, がこみあげ, が満ち, であろうか, に肩, の色, を現した

▼ ぬ~ (7, 0.0%)

4 かしさ 1 かしい取調べ, も受けつべし, を掻かせよう

▼ ぬ悔恨~ (7, 0.0%)

1 であった, と疲労, にうち, に似た, に淋しく, に耽つ, に耽りました

▼ ぬ患者~ (7, 0.0%)

1 が呻吟, に, に麻酔, は余, もある, をひきつける, を病室

▼ ぬ悦び~ (7, 0.0%)

1 があふれ, であらう, に透明, をそツ, を伴います, を味, を感じた

▼ ぬ悲痛~ (7, 0.0%)

1 な印象, な同時に, な空気, な顔, に惱, の傷, の泣き音

▼ ぬ悲鳴~ (7, 0.0%)

1 が聞えた, である, と川, に驚い, の演舞, をあげた, を聞け

▼ ぬ情な~ (7, 0.0%)

32 さに 1 さだ, さを

▼ ぬ惨状~ (7, 0.0%)

21 ですよ, で鉱毒, なり, を呈し, 日ごろ筋違い

▼ ぬ意見~ (7, 0.0%)

1 からゼラール中尉, があったら, はそのまま, は忽ち, もなかなか, も聞かぬ, を勘

▼ ぬ或いは~ (7, 0.0%)

2 虎井夫人の 1 お浦, その修験者, 仮に日本古来, 余の, 寝呆け

▼ ぬ或は~ (7, 0.0%)

1 いや, チアム語の, 何かの, 判断に, 殆ど加, 秀子が, 飲めぬ手合

▼ ぬ~ (7, 0.0%)

1 などが幾何, に何物, の隙, もない, をわれる, を叩く, を自分

▼ ぬ手つき~ (7, 0.0%)

1 でうどん, でさも, でキザミ, で工場, で揉みだした, で撫でおろし, で頭髪

▼ ぬ手柄~ (7, 0.0%)

1 が立てられぬ, だ兄貴, にたしかに, のよう, をあらわす, を立てたい, を聞い

▼ ぬ手練~ (7, 0.0%)

2 と解ります 1 が見え, の小, の早業, の槍, を知っ

▼ ぬ故郷~ (7, 0.0%)

2 で育つ 1 に, の町, の赤城, へ, へ皈

▼ ぬ故障~ (7, 0.0%)

1 か脳髄, が一つ, が起き, が起こった, が起り, はあらざりき, を

▼ ぬ敬意~ (7, 0.0%)

1 とを以てこの, と親しみ, をいだいた, を催, を表し, を表します, を表せざる

▼ ぬ~ (7, 0.0%)

2 う見え 1 うも, う思う, う思って, る御, る所ろ

▼ ぬ方々~ (7, 0.0%)

1 があるで, については言, に満たされ, のため, の云い草, の為, ばかりで

▼ ぬ明るい~ (7, 0.0%)

1 お心, ものを, 光を, 午後開山堂の, 止めども, 気持ちの, 真直ぐな

▼ ぬ映画~ (7, 0.0%)

1 でくさる, のよう, の方面, はかく, を作らなけれ, を作る, を面白

▼ ぬ昨日~ (7, 0.0%)

1 に変る, に身, の御, までのあの, までは思へ, も此近傍, 唯あの

▼ ぬ最も~ (7, 0.0%)

1 具体的か, 恐ろしい当時, 憎むべき性質, 正しい名称, 深き縦坑, 選ばれた貴族たち, 重要な

▼ ぬ楽し~ (7, 0.0%)

2 さが, さを 1 げない, さと, さ面白

▼ ぬ~ (7, 0.0%)

1 が突っ, とて随分, により, の穗先, ぶすま, を喰らっ, を揮っ

▼ ぬ殺気~ (7, 0.0%)

1 があっ, が四隣, が漲ります, に覆い尽されました, の中, の持主, を感ずる

▼ ぬ民族~ (7, 0.0%)

2 であるから 1 というもの, と看做し, の問題, の道徳, は日本

▼ ぬ気勢~ (7, 0.0%)

1 が聞こえる, が見えた, が高まりました, であちこち, なり, に私共, を添え

▼ ぬ~ (7, 0.0%)

1 のあちら, の女, の底鳴り, の水, の面, は疲れた, を覗き込む

▼ ぬ決して~ (7, 0.0%)

3 お力の 1 云ひ, 人に, 案じて, 行くな

▼ ぬ決意~ (7, 0.0%)

1 がありあり, が当然, された或, について話し, の籠ってる, をし, を語気

▼ ぬ海上~ (7, 0.0%)

1 から霧, でわが, に浮び上った, の情熱, の炬火, をうろつく, を照らす

▼ ぬ混雑~ (7, 0.0%)

1 した中, だった, であつ, にいくら, につれて結びつい, を呈し, を醸

▼ ぬ~ (7, 0.0%)

1 に入り, の中, の匂, やどの, をチヤブチヤブ, を汲みだし, を汲み出した

▼ ぬ滑稽~ (7, 0.0%)

2 なもの 1 が生じます, ですね, では, な気, はこの

▼ ぬ~ (7, 0.0%)

1 がメラメラ, となっ, なりけれ, の執拗さ, の蛇, もひとつ根, を立つれ

▼ ぬ無邪気~ (7, 0.0%)

1 な口実, な子供, な目, な眉, な自慢話, な顔, な魂

▼ ぬ然るに~ (7, 0.0%)

1 大岡忠相ぬ, 宇宙は, 宗教は, 彼の, 是が, 此の, 裸男事故あり

▼ ぬ物凄い~ (7, 0.0%)

2 睨視 1 一場の, 有樣, 物体だった, 野性, 静けさを

▼ ぬ特別~ (7, 0.0%)

1 な事情, な理由, な雰囲気, の事柄, の使命, の美味, の資料

▼ ぬ犠牲~ (7, 0.0%)

1 となっ, となる, によって買われる, の巌, をはらっ, を払, を払っ

▼ ぬ犯罪~ (7, 0.0%)

1 だったこと, で監獄, の思い出, の深, へ傾い, をひき起す, を行っ

▼ ぬ~ (7, 0.0%)

1 じゃ, に邂逅, のごとく, のつら, のよう, の伸び, の吐く

▼ ぬ現状~ (7, 0.0%)

2 である 1 であった, であるらしい, にあり, は腑甲斐, を作らせ

▼ ぬ~ (7, 0.0%)

2 を見る 1 で頻り, に實, の茄子, の霜, もかくれぬ

▼ ぬ異変~ (7, 0.0%)

2 が起こった 1 があった, があり, が生じた, であつ, な声

▼ ぬ百姓~ (7, 0.0%)

2 などといふもの 1 でございます, には刀, へ送り, ほど哀れ, 大腹ナレバ国富ミテ兵強ク

▼ ぬ~ (7, 0.0%)

1 の信仰, の存在, の愛, の男, の闇, の闇漸, ん圓

▼ ぬ真理~ (7, 0.0%)

1 である, の一, はほとんど, は恋, を受取るべきで, を発見, を貰う

▼ ぬ矛盾~ (7, 0.0%)

2 を厚顔 1 が圧倒的, と不安, に悩まされ通しだ, の本質, や不

▼ ぬ空虚~ (7, 0.0%)

1 と寂寞, な傷, な動作, のイジラシサ, の底, の感じ, を感じ

▼ ぬ空間~ (7, 0.0%)

2 を見つめ 1 がある, と大地, の好き, も根本的, を眺め

▼ ぬ窮地~ (7, 0.0%)

2 に陷ら 1 から遁, におち, におちいった, に落ちた, に陥ろう

▼ ぬ~ (7, 0.0%)

2 粹の 1 なそして, な情感, 平民的文化を, 文芸家です, 誠純一な

▼ ぬ素直~ (7, 0.0%)

1 なかの, なよ, なる処女, な人間, な心, な気質, にしねえ

▼ ぬ結婚~ (7, 0.0%)

1 であるから, に縛られる, の最初, をし, をする, を父, を致しました

▼ ぬ絶叫~ (7, 0.0%)

1 が乱れ飛びます, が亂, が聞えます, であった, と滅茶, と滅茶滅茶, をあげ

▼ ぬ羞恥~ (7, 0.0%)

1 と硬い, にかられ, に打たれ, の念, の情, の苦痛, を覚え

▼ ぬ肉体~ (7, 0.0%)

1 が歓び, すでに半, というもの, になっ, をごろうじろ, を美しく, を肉体

▼ ぬ良人~ (7, 0.0%)

1 のため, の子, の容子, の帰宅, の素行, の舟出, を待ち侘び

▼ ぬ良心~ (7, 0.0%)

4 を恥 1 の呵責, はいつも, を持っ

▼ ぬ苦しい~ (7, 0.0%)

1 しかし当然, ものだ, 世界が, 吐息を, 地位に, 感情を, 真夜中に

▼ ぬ華やか~ (7, 0.0%)

1 な光景, な楽しい, な樂, な渦, な空気, な空氣, な美し

▼ ぬ~ (7, 0.0%)

1 が酔った, が長閑, のいひぬ, のま, の秋, の羽根, を追

▼ ぬ~ (7, 0.0%)

2 が身 1 がズン, がパーッ, がパーツ, が飛ん, の身

▼ ぬ西洋~ (7, 0.0%)

1 のきれ, の幻影, の幻覚, の怪しき, の真, の鎧, へのあこがれ

▼ ぬ~ (7, 0.0%)

2 を歌 1 がある, にアヌンチヤタ, の内, も真実大事, も道理

▼ ぬ~ (7, 0.0%)

1 であるが, で支那, と思う, なり下女, に対しては何, より証拠, を爲す者

▼ ぬ~ (7, 0.0%)

2 問題の 1 事情によって, 大名も, 徳雄々しく, 払いが, 誕は

▼ ぬ貫一~ (7, 0.0%)

1 が胸, が身, なれば, に引添, は何, は職業, は肉

▼ ぬ質問~ (7, 0.0%)

3 をし 2 をした 1 だから, ですが

▼ ぬ贅沢~ (7, 0.0%)

1 おびただしい宝石, だ, な仕掛, をし, をする, を云います, を問題

▼ ぬ趣向~ (7, 0.0%)

1 がたくらまれ, であります, である, なりこの, なり此歌, なるかは, をも言語形式

▼ ぬ足どり~ (7, 0.0%)

1 で, でふと, でよろめき, で双子, で漸く, で雨, を急がせ

▼ ぬ~ (7, 0.0%)

1 の上, の奴城内, の横腹, の泥, の荷, はご, は行く

▼ ぬ迅さ~ (7, 0.0%)

1 で, であった, である, でさっと, で五騎, で再び, で横

▼ ぬ進歩~ (7, 0.0%)

5 が年々 1 には反対, の跡

▼ ぬ遠き~ (7, 0.0%)

4 旅に 1 になお, 島より, 限は

▼ ぬ~ (7, 0.0%)

2 の木 1 さに, 事や, 怪な, 怪の, 関係を

▼ ぬ關係~ (7, 0.0%)

1 ありて, があらう, がある, が付いた, にある, に立ち, を有つて

▼ ぬ障害~ (7, 0.0%)

1 が起った, が起り過ぎる, に出っ, に出つ, に出逢わしました, や蹉跌, を除却

▼ ぬ~ (7, 0.0%)

3 はその 1 のなか, の中, の如く淀ん, の海

▼ ぬ静けさ~ (7, 0.0%)

3 である 1 がその, が感ぜられた, ですが, なの

▼ ぬ~ (7, 0.0%)

1 も知らぬ, 人間だ, 人間的な, 具体的な, 文化的原始宗教の, 曲を, 社交的な

▼ ぬ面色~ (7, 0.0%)

1 がある, しながら, であります, で咎める, にて某, の中, をそっと

▼ ぬ~ (7, 0.0%)

1 があります, が伝わる, が幽, なり, を伝うる, を伝え, を持っ

▼ ぬ願い~ (7, 0.0%)

1 だっ, だと, でございましょうか, でございますああ, なの, なら兄, の鬱憤

▼ ぬ~ (7, 0.0%)

5 ひの 1 の著作, は是

▼ ぬ~ (7, 0.0%)

1 の傷, を振っ, を斬れ, を無理, を無理やり, 折れれ, 掻かれて

▼ ぬ~ (7, 0.0%)

2 のする 1 がする, がそこら中, である, にも仄めい, の有る

▼ ぬ鬼気~ (7, 0.0%)

1 がウッスリ, こもる縁, と沈黙, と神経, なの, めいたもの, を身

▼ ぬああ~ (6, 0.0%)

1 いう曲, 心配に, 息詰む, 数千億年の, 越中と, 運命だ

▼ ぬあと~ (6, 0.0%)

1 からたちまち, で申し上げる, の二人, はみんな女, は自分たち, 悲しゅうなったら

▼ ぬあんな~ (6, 0.0%)

1 ありふれた坊主, おやさしい, しれ者, たわ言を, だらしの, 売卜者ずれの

▼ ぬいかなる~ (6, 0.0%)

1 仔細が, 徴収の, 標的へ, 藝術の, 観念も, 觀念も

▼ ぬいかに~ (6, 0.0%)

1 かせむ, と若者姉妹, 上野介殿の, 困難な, 無力な, 美しの

▼ ぬ~ (6, 0.0%)

1 すらひぬ, すら淋しい, ぬう, ぬだな, ぬっ, ぬてめえ

▼ ぬうわさ~ (6, 0.0%)

1 とな, にまどわされ, をきい, をたて, を信じ, を言いたてられる

▼ ぬ~ (6, 0.0%)

1 にしという, も言, 大事な, 心配は, 我先祖は, 茶袋とは

▼ ぬおそろし~ (6, 0.0%)

3 さに 1 いうなり, さだ, さです

▼ ぬおのれ~ (6, 0.0%)

1 がさすが, の前, の命, の幻, も飽きぬ, や秋

▼ ぬけな~ (6, 0.0%)

2 鱸に 1 ことになる, 人間の, 男に, 顔を

▼ ぬけに~ (6, 0.0%)

1 いずれ又, お客に, ウルサイ, ホテルを, 何卒御, 松倉どんも

▼ ぬことさ~ (6, 0.0%)

2 へ珍しく 1 へあります, へある, へもその, へ並

▼ ぬことそれ~ (6, 0.0%)

1 で抱き上げなけれ, についてロダン, の秩序, はすべて自ら手, よりはまた, よりも

▼ ぬさて~ (6, 0.0%)

1 いかに, その法師, も何事, も東叡山, 出て, 只今王が

▼ ぬしを~ (6, 0.0%)

2 判然と, 弁別する 1 不具者に, 見かぎって

▼ ぬすぐ~ (6, 0.0%)

1 にだ, に申せ, に破っ, に追っかけ参りましょう, 手配を, 派出も

▼ ぬためし~ (6, 0.0%)

2 はない 1 がある, ぞかしこし, の如く, 受けむに

▼ ぬつら~ (6, 0.0%)

2 さを 1 さ, さから, さなる, だましいでありました

▼ ぬとても~ (6, 0.0%)

2 それは 1 あなた方の, この世の, 夫れ, 生涯を

▼ ぬとともに~ (6, 0.0%)

1 またその, フィヒテ哲学も, 又觀ら, 最も卑くつ, 本年の, 神戸へ

▼ ぬとな~ (6, 0.0%)

2 ツては, 斯う 1 つても, 二本棒では

▼ ぬどんな~ (6, 0.0%)

1 ことが, 事が, 事で, 伝統が, 新しいゆきかた, 縺れが

▼ ぬなと~ (6, 0.0%)

3 思へば 1 不思議に, 思った, 私は

▼ ぬにて~ (6, 0.0%)

3 上手な 2 おのれを 1 思ひ合

▼ ぬにより~ (6, 0.0%)

1 何れ又, 大岡樣とやら, 妻子を, 尋ね出し同伴, 據ころなく, 直樣宿

▼ ぬのどか~ (6, 0.0%)

5 な心 1 な声

▼ ぬはいふ~ (6, 0.0%)

1 にいやまさる, にいや増, にまさる, に増す, までもない, も更

▼ ぬひと言~ (6, 0.0%)

3 ふもの, ふ娘

▼ ぬひま~ (6, 0.0%)

1 した, に二条, に立去りし, の手習, は, を

▼ ぬふしぎ~ (6, 0.0%)

2 なもの 1 がおこった, です, な光景, な動物

▼ ぬめら~ (6, 0.0%)

2 かに, せた鰻 1 かなる, とした

▼ ぬやさし~ (6, 0.0%)

2 さに 1 おん手の, さだった, さで, みを

▼ ぬやさしい~ (6, 0.0%)

1 ことばを, 声な, 手つきで, 花が, 顔は, 顔を

▼ ぬやみ~ (6, 0.0%)

3 の中 2 の夜 1 のトンネル

▼ ぬよう注意~ (6, 0.0%)

2 せよと 1 して, し祈つて, せねば, に注意

▼ ぬよき~ (6, 0.0%)

1 収得を, 条件の, 母よ, 演技あり, 父よ, 絵馬師かも

▼ ぬをば~ (6, 0.0%)

1 さびしやと, われ爭で, 写し留め, 寫し留めて, 思はぬもの, 意の

▼ ぬパン~ (6, 0.0%)

1 の原料, の幾種類, の節, をたべた, を指, を食み

▼ ぬ一事~ (6, 0.0%)

1 あり前日汝, であるに, のみは玉, は不肖, は彼, を発見

▼ ぬ一点~ (6, 0.0%)

2 に於 1 だよ, に関して彼, の底, を見つめ

▼ ぬ一言~ (6, 0.0%)

1 だ, であつ, である, であるという, と思った, も言わせぬ

▼ ぬ不具~ (6, 0.0%)

2 になっ, もの 1 という妙, にされ

▼ ぬ不具者~ (6, 0.0%)

2 となっ 1 が床, で齡, となり, になっ

▼ ぬ不可思議~ (6, 0.0%)

2 の光景 1 な大きな, な殺人事件, の世, の事件

▼ ぬ予感~ (6, 0.0%)

1 にはっきり, にサッと, に襲われた, の様, をいだかせ, を感じ

▼ ぬ事ども~ (6, 0.0%)

1 かな他, にてすべて遲延, は, を言い触らし, を言い触らそう, を述べよう

▼ ぬ人ども~ (6, 0.0%)

1 よ, を平, を悉, を言向け, を言向け和, を退け

▼ ぬ人形~ (6, 0.0%)

1 が園内, であること, なんかを買っ, に隱, の異変, を見る

▼ ぬ人数~ (6, 0.0%)

1 しか残っ, で行動, におどろき, のよう, も慥, を以てそれ

▼ ぬ人柄~ (6, 0.0%)

1 が備わっ, であつ, です, ではない, なり, の能い

▼ ぬ今度~ (6, 0.0%)

1 こそ切る, の一件吾儕, の決心, はわたしたち, は簀巻, 来るなら臼

▼ ぬ他郷~ (6, 0.0%)

1 こそ恋しけれ, で死ぬ, に咲かせよう, に流, に漂浪, へ行っ

▼ ぬ企ら~ (6, 0.0%)

3 みが 1 みで, みでも, み致しおったか

▼ ぬ伯母~ (6, 0.0%)

21 の人, の家, の容態, の遺産

▼ ぬ何とか~ (6, 0.0%)

1 の藪知らず, よい工夫, 口実を, 商売の, 脱れよう, 言葉だけででも

▼ ぬ作者~ (6, 0.0%)

2 がそんな 1 から受取ろう, の感慨, の手法, もいた

▼ ぬ偉大~ (6, 0.0%)

3 な力 2 なる感激家 1 なる説教

▼ ぬ光明~ (6, 0.0%)

1 が見出される, と美, の言い知れぬ, の輪, を亡ぼす, を投げつ

▼ ぬ八五郎~ (6, 0.0%)

1 がやつ, さ, だつたの, はその, ほど調法, をすつかり

▼ ぬ~ (6, 0.0%)

1 が飛びのった, しか応じ, と充分, と共に雨, の陣場, はなかっ

▼ ぬ冷酷~ (6, 0.0%)

1 なそれで, な太, な態度, な目, な表情, に強く

▼ ぬ処女~ (6, 0.0%)

1 が噛む, が悪い, だった, の体, の体臭, の姿

▼ ぬ~ (6, 0.0%)

1 がある, であること, と分り, を使う, を左手, を正眼

▼ ぬ~ (6, 0.0%)

1 に良法, のもの, の世界, の人, の淋し, 人物では

▼ ぬ利益~ (6, 0.0%)

1 もいらぬ, を与へる, を受けるだろう, を得た, を得る, を與へた

▼ ぬ効果~ (6, 0.0%)

1 に巡り会う, を収め, を収めた, を生む, を生ん, を表わした

▼ ぬ勘定~ (6, 0.0%)

2 になる 1 だから, だが, だ是, である

▼ ぬ千鶴子~ (6, 0.0%)

1 がこの, だった, だったが, に手紙, の母, の眼

▼ ぬ反撥~ (6, 0.0%)

2 を感じ 1 が語られ, しのびがたき, し合, とだけがある

▼ ぬ口調~ (6, 0.0%)

1 でくどくど, でだしぬけ, で云っ, で云った, で言っ, で言った

▼ ぬ同士~ (6, 0.0%)

1 が西, であつ, であるから, というはなつかしい, の弁信, 討ちが

▼ ぬ~ (6, 0.0%)

1 さらずば, とも応, 単に俗間的, 厭わぬでは, 敵を, 進んで

▼ ぬ~ (6, 0.0%)

1 にあわせ, ひやう, をあどけない, をうたい出しました, を唄っ, を歌い出した

▼ ぬ~ (6, 0.0%)

1 に居る, の人びと, はワーテルロー平原, は持てぬ, をお, を空想

▼ ぬ夜々~ (6, 0.0%)

1 が数々, のうそ寒, のため, の長, をどう, を明かしました

▼ ぬ大勢~ (6, 0.0%)

3 の中 1 の声, の客, の来客

▼ ぬ大漁~ (6, 0.0%)

1 がありました, だつたので, になりました, に会うた, に味, をした

▼ ぬ大病~ (6, 0.0%)

21 になっ, も本, も本当, を斯

▼ ぬ失望~ (6, 0.0%)

1 がふと, の色, はその, をあたえた, をした, を次

▼ ぬ~ (6, 0.0%)

2 の方 1 として待遇, の一間, の客, へ向

▼ ぬ~ (6, 0.0%)

1 地位を, 材料が, 機会を, 記念が, 轉を, 青年武士で

▼ ぬ如く~ (6, 0.0%)

1 にやはり, にソソクサ, に国民, に思はれ, に此庄兵衛, に無数

▼ ぬ~ (6, 0.0%)

2 なるは 1 ながら妹, の前, の重患, をさえ信じる

▼ ぬ~ (6, 0.0%)

4 は何時の間にか 1 が名, のこと

▼ ぬ威力~ (6, 0.0%)

1 が宿っ, が罪ぶかい, に驅ら, の源, をもっ, を認める

▼ ぬ季節~ (6, 0.0%)

1 がある, だ, である, になった, のかわり目, の香

▼ ぬ孤独~ (6, 0.0%)

2 の中 1 と寂寥, の境界, の淋し, の身

▼ ぬ~ (6, 0.0%)

2 の巧み 1 が出来, の可愛, の息災延命, の病気

▼ ぬ~ (6, 0.0%)

2 であった 1 と思え, と聞い, などと系統, の山

▼ ぬ実際~ (6, 0.0%)

1 だろう, の事業, の私, 上の, 居士は, 的な

▼ ぬ客人~ (6, 0.0%)

1 があっ, なりかし, なり然, の来訪, も大, よ

▼ ぬ~ (6, 0.0%)

2 の隅 1 なども有る, なので, にはあれ, の内

▼ ぬ容貌~ (6, 0.0%)

2 で年 1 になるでしょう, になるでせう, をし, を形づくっ

▼ ぬ~ (6, 0.0%)

1 があり, でございます, と冒険, と雄弁, を与えた, を作り上げた

▼ ぬ小娘~ (6, 0.0%)

1 が這入っ, と不良少年, の死骸, の私, の身, の青いすい

▼ ぬ~ (6, 0.0%)

3 しい崖 2 しさ 1 しい所

▼ ぬ巨大~ (6, 0.0%)

1 なもの, なエネルギー, なクッション, な十字形, な夢, な怪物

▼ ぬ平次~ (6, 0.0%)

1 が歯噛み, でしょう, です, に飛んだ, の正義感, の顏

▼ ぬ幾多~ (6, 0.0%)

1 の女性, の新式, の美談, の苦心, の障碍, 重要の

▼ ぬ~ (6, 0.0%)

1 にはいっ, に寺寺, に臥し, に身, に這入, のためいき

▼ ぬ床し~ (6, 0.0%)

3 の頬 1 さが, さに, さや

▼ ぬ弱点~ (6, 0.0%)

1 がある, すなわち好奇心, であろう, でもあった, を多く, を見つ

▼ ぬ役者~ (6, 0.0%)

1 として甘く, の方, の本名, の身, はさぞかし, 多し怪しからん

▼ ぬ御身~ (6, 0.0%)

1 なれば, にてはよも, まで匿, をばはや, を以てはとても, を殺す

▼ ぬ心理~ (6, 0.0%)

1 だ, なぞは勿論, については勝っ, になっ, の足跡, の関係

▼ ぬ快感~ (6, 0.0%)

1 に身, のさなか, を惹き起し, を感じ出した, を楽しむなりき, を覚え

▼ ぬ快活~ (6, 0.0%)

1 で控え目, な声, な御, な鳥, の境地, の奉仕

▼ ぬ忿怒~ (6, 0.0%)

1 がサッと, がサツ, が児玉, が捉, が燃えます, にう

▼ ぬ怨み~ (6, 0.0%)

1 があの, のよう, の数々, もあったろう, もない, も買

▼ ぬ怪しい~ (6, 0.0%)

1 中国人の, 力と, 坂である, 影法師が, 物音が, 舞いを

▼ ぬ怪我~ (6, 0.0%)

2 もありました 1 でもし, なり, もこの, をし

▼ ぬ恐れ~ (6, 0.0%)

1 がある, が生じた, と不安, のある, のほか, の為

▼ ぬ恐ろし~ (6, 0.0%)

2 さを 1 いうなり, さが, さに, の腕

▼ ぬ恥辱~ (6, 0.0%)

1 に堪へかね, の思い出, をお供, を受け, を妻, を見る

▼ ぬ悪寒~ (6, 0.0%)

1 がし, がする, が頸筋, に捉, は繰返し襲つて, を感じた

▼ ぬ悲壮~ (6, 0.0%)

2 な気持 1 なる死, な幸福, な気持ち, な痛烈

▼ ぬ情ない~ (6, 0.0%)

3 事を 1 事で, 身じゃ, 身ぢゃ

▼ ぬ情趣~ (6, 0.0%)

3 に整 1 に整え, を味, を醸し出した

▼ ぬ愛想~ (6, 0.0%)

3 づかし正太 1 のよ, 手早くおなじ, 手早く同

▼ ぬ感慨~ (6, 0.0%)

1 がこもっ, が米友, でその, に耽らせました, を与える, を覚えました

▼ ぬ~ (6, 0.0%)

1 あり, ありて, はある, もあり, 目に, 目を

▼ ぬ憂鬱~ (6, 0.0%)

2 な気持 1 が印せられ, な状態, の谷, を感じた

▼ ぬ~ (6, 0.0%)

3 がある 1 があつ, がない, は一生償

▼ ぬ懐し~ (6, 0.0%)

5 さを 1 さと

▼ ぬ我身~ (6, 0.0%)

1 かと効, ぞ, だにつひ, とぞ思ふ, の不甲斐な, の心尽し

▼ ぬ手際~ (6, 0.0%)

2 で乱暴 1 です, でなければ, と工夫, を要する

▼ ぬ教育~ (6, 0.0%)

1 が必要, だと, なり, や教育, をのこし, を受けた

▼ ぬ~ (6, 0.0%)

1 など送られ, のはやし, の此, は写せ, も語る, 書ける時

▼ ぬ文化~ (6, 0.0%)

2 があった 1 と政略, の姿, の媚態, は発出

▼ ぬ明智~ (6, 0.0%)

1 がいかに, のやつ, の支那服姿, はじき, は小林少年, は椅子

▼ ぬ是非~ (6, 0.0%)

1 が無い, ともおん肌小袖, とも気, 何の, 参るよう, 東京へ

▼ ぬ朝夕~ (6, 0.0%)

3 の秋風身 2 を送る 1 を送

▼ ぬ梵音~ (6, 0.0%)

6

▼ ぬ極めて~ (6, 0.0%)

2 多くの 1 よい態度, 冷淡の, 小さい諸, 細いもの

▼ ぬ構え~ (6, 0.0%)

1 が要る, であった, であったが, で誰, の道場, をつけ

▼ ぬ様々~ (6, 0.0%)

1 な人, な卑しい, な顔, の事, の感想, の苦痛

▼ ぬ機械~ (6, 0.0%)

1 があちこち, がいくつ, だった, などがたくさん, の附属, はこの

▼ ぬ~ (6, 0.0%)

2 きの 1 きあり, きが, きは, きを

▼ ぬ歓び~ (6, 0.0%)

1 にはしゃぎ立つ, をもっ, を与, を微笑, を思い出すまい, を明るい

▼ ぬ気品~ (6, 0.0%)

2 がある 1 があった, の身, を備え, を見せ

▼ ぬ気象~ (6, 0.0%)

1 から来る, が人, であったならお, なの, のわれ, 即ち

▼ ぬ永い~ (6, 0.0%)

4 昔である 1 別れを, 哀れを

▼ ぬ永遠~ (6, 0.0%)

1 のいのち, のヴァガボンド, の夢, の天界, の美, の若返り

▼ ぬ汚い~ (6, 0.0%)

2 女形が, 部屋で 1 老婆が, 花が

▼ ぬ沢山~ (6, 0.0%)

1 な顔, に, の例, の問題, の数字, の高山植物

▼ ぬ~ (6, 0.0%)

2 であった 1 から湧き流れる, にぞ汲む, の水, をすぎ

▼ ぬ活動~ (6, 0.0%)

1 であつ, である, に適する, の規定, をつづけ, を続けた

▼ ぬ流れ~ (6, 0.0%)

1 が出来, であろうかと, にも似, のまん中, の叢, は日本橋

▼ ぬ浅間~ (6, 0.0%)

1 しい姿, しい娘, しい怨念, しい時代, しさ, の山

▼ ぬ清らか~ (6, 0.0%)

1 なところ, なるもの, な渓流, な空気, な美しい, の生活

▼ ぬ源氏~ (6, 0.0%)

1 だった, と稀, の勢い, の歌, は一切, を百遍

▼ ぬ激情~ (6, 0.0%)

1 が胸, に駆られた, のため, を味わせ, を燃やし, を謹み

▼ ぬ濡衣~ (6, 0.0%)

1 にもあらざれ, をきせられた, をも着せた, を着せよう, 被せられむ事, 被せられんこと

▼ ぬ無作法~ (6, 0.0%)

4 で近々と 1 をいたしました, を仕った

▼ ぬ無理~ (6, 0.0%)

1 ができ, が生じ, な註文, に逃げれ, に陥るであろう, の存在

▼ ぬ~ (6, 0.0%)

2 が出 1 さが, をもつ, を帶びて, を手柄顔

▼ ぬ父母~ (6, 0.0%)

1 に何, に僅少, に訴えた, をさがし, をたずね, を恋い慕い

▼ ぬ牡丹~ (6, 0.0%)

4 かな 1 の花, をつづり

▼ ぬ特殊~ (6, 0.0%)

1 な問題, な婦人, な皮膚, の味わい, の性質, の歴史的法則

▼ ぬ状況~ (6, 0.0%)

2 になった 1 だったが, となった, のもと, をつくる

▼ ぬ~ (6, 0.0%)

1 兵が, 毒性から, 獸の, 男には, 相を, 訓練

▼ ぬ~ (6, 0.0%)

1 ありぬ, お其外, 大部分, 太の, 念の, 深く気遣え

▼ ぬ珍しい~ (6, 0.0%)

1 もので, 婦人であった, 性格の, 朱鞘を, 物に, 話だった

▼ ぬ~ (6, 0.0%)

2 の音 1 に音, のしらべ, は緒, をかき鳴らせ

▼ ぬ~ (6, 0.0%)

2 樣な 1 國的な, 心の, 族で, 變が

▼ ぬ皮膚~ (6, 0.0%)

1 がほのか, が破れ, の接触, の焦, の瑞々し, の色

▼ ぬ~ (6, 0.0%)

1 が吊り上がっ, でながめ, でひろい, をかっと, をそ, を凝らし

▼ ぬ知識~ (6, 0.0%)

1 がある, に迷わされる, の主体, の理論, をこの, を見せびらかし

▼ ぬ破局~ (6, 0.0%)

2 をまねいた 1 に導かれた, に陷, への突進, へ乘

▼ ぬ種々~ (6, 0.0%)

2 な事 1 なる行程, の事, の娯楽, の引力斥力

▼ ぬ素早~ (6, 0.0%)

5 さで 1 さであった

▼ ぬ細い~ (6, 0.0%)

1 唇, 声で, 横町の, 聲で, 路が, 鼻を

▼ ぬ結論~ (6, 0.0%)

2 である 1 であること, でございます, に到達, を考えれ

▼ ぬ縁故~ (6, 0.0%)

2 なるあらずこれ 1 があっ, があった, で先生, 一先ずわが

▼ ぬ繁昌~ (6, 0.0%)

1 でしたが, で藤原一家, で雨, の国小判, の地, を呈し

▼ ぬ~ (6, 0.0%)

4 しである 1 とは知り, ひ何事

▼ ぬ~ (6, 0.0%)

1 で坐つ, にも通じた, に眠り, に聞く, に調, に鶏

▼ ぬ~ (6, 0.0%)

2 を取る 1 なれば, の森武蔵守長可, も取らぬ, も舅

▼ ぬ~ (6, 0.0%)

1 が立ち, の刀, の曲った, を据え, を更けぬ, を無理

▼ ぬ~ (6, 0.0%)

2 斎の 1 と他, 働車は, 働電話や, 惚が

▼ ぬ~ (6, 0.0%)

1 ひなら風下にも, 氣が, 氣を, 氣氣も, 癖見た, 細き道

▼ ぬ~ (6, 0.0%)

1 が今晩, が惡, と同じく, のごと, の一一, を行

▼ ぬ良い~ (6, 0.0%)

1 ものであった, バリトンで, 女房振です, 女房振りです, 男でした, 頭脳の

▼ ぬ芸術~ (6, 0.0%)

1 である故, の主体, はない, は大抵外剛内柔, は所詮, もいらぬ

▼ ぬ薄暗い~ (6, 0.0%)

1 中に, 光に, 室に, 室の, 部屋の, 駅の

▼ ぬ要求~ (6, 0.0%)

1 から打ち出した, であると, に迫られ, に駆られ, をもなすまい, を感ずるであらう

▼ ぬ親子~ (6, 0.0%)

1 なの, のめぐり逢い, のよう, の中, の半面, の情

▼ ぬ評判~ (6, 0.0%)

1 でもたちまし, はもう, もある, をしたがる, を取りました, を耳

▼ ぬ~ (6, 0.0%)

1 あるいは詩, の旨, の続出, の體, ばかり出, を談ぜしめ

▼ ぬ詩人~ (6, 0.0%)

1 がみんな歌人, が其主観, そんな詩人, である, というもの, といふもの

▼ ぬ~ (6, 0.0%)

2 であるが 1 が一部, であった, である, なれども

▼ ぬ赤き~ (6, 0.0%)

3 チョークもて 1 は豆柿, セエリーを, 火の

▼ ぬ趣き~ (6, 0.0%)

1 あり, があった, がある, のある, もあつ, を持っ

▼ ぬ身なり~ (6, 0.0%)

2 といふ 1 しかなと日, して, しに, であったが

▼ ぬ輝き~ (6, 0.0%)

2 があった 1 があつ, がお, について, に満ち

▼ ぬ~ (6, 0.0%)

1 だ, 廣がり, 愛らしく思ふ, 接吻し, 暗くなった, 氣遣は

▼ ぬ~ (6, 0.0%)

2 つ附け娘たち, 懷と, 着いて

▼ ぬ醜い~ (6, 0.0%)

1 ものとして, 仮面の, 女とが, 男を, 邪悪な, 顔に

▼ ぬ鋭さ~ (6, 0.0%)

2 が見られる 1 があった, で下, において感ずる, の欠けた

▼ ぬ~ (6, 0.0%)

2 逗留の 1 の振袖, 庵が, 庵である, 廊下を

▼ ぬ陰謀~ (6, 0.0%)

1 がありまし, だ, とは思いました, とは思ひました, を企て, を企てん

▼ ぬ~ (6, 0.0%)

1 のお, の方, の暗, は漆黒, もある, やかくれ

▼ ぬ~ (6, 0.0%)

1 がしずか, とつばくらめ, のなんと, の卵, の子, も来啼かん

▼ ぬ雲行き~ (6, 0.0%)

1 が兵馬, です, に襲われ, はすっかり, を見, を見せ

▼ ぬ静かさ~ (6, 0.0%)

1 だ, で, である, で何処, に花片, は膚

▼ ぬ面影~ (6, 0.0%)

1 が現在, だ, に肖, に肖たる, の負担, は最

▼ ぬ風習~ (6, 0.0%)

1 があっ, だと, に狎れ, の重, は現に, もある

▼ ぬ驚愕~ (6, 0.0%)

2 の念 1 と恐怖, に大きく大きく, の色, を押し

▼ ぬ高き~ (6, 0.0%)

3 をはき 1 上に, 地に, 姿を

▼ ぬ~ (6, 0.0%)

1 ながければ, の端, の結び方, は結立, も落ちめ, をはなせ

▼ ぬあなた様~ (5, 0.0%)

1 でございます, にお, はもっと, はよく, をたずね

▼ ぬあゝ~ (5, 0.0%)

1 ひどいこと, ロムバルディアの, 大きな声, 師の, 心配に

▼ ぬいたずら~ (5, 0.0%)

1 そうして下っ端, としても楚王, など必ず必ず, をした, を思いついた

▼ ぬいのち~ (5, 0.0%)

1 だろう, のなか, の夢, を太陽, を憂い

▼ ぬいわゆる~ (5, 0.0%)

1 ありがたい年齢, 僻地窮境に, 品行方正の, 平和の, 筋の

▼ ぬおも~ (5, 0.0%)

2 ひと 1 ひもぞ, ふこと, へば

▼ ぬからこそ~ (5, 0.0%)

1 一日も, 憤ろしくなったの, 起って, 身の上を, 顔を

▼ ぬがの~ (5, 0.0%)

1 あらしとなどを, あらしとの, 日和さえ, 日和さへ, 通りがかりに

▼ ぬこちら~ (5, 0.0%)

2 はそれ 1 から逆, へお, へ取っ

▼ ぬことぢ~ (5, 0.0%)

21 やが, やて, や相手

▼ ぬさびし~ (5, 0.0%)

2 さを 1 さ, さと, さならず

▼ ぬしから~ (5, 0.0%)

1 おなじ事, おぬしらしい, そもじへ, 口止めされ, 話して

▼ ぬしっかり~ (5, 0.0%)

1 したところ, した書, たのむぞ, ものの小林芳雄君, 者だ

▼ ぬしという~ (5, 0.0%)

1 ことだ, 一個の, 五十ぐらいの, 子は, 現代人の

▼ ぬしへ~ (5, 0.0%)

1 いって, ケシかけよう, 与えられた美しい, 確かに, 隠して

▼ ぬしるし~ (5, 0.0%)

1 ありと, である, には草木, には追風, を見せん

▼ ぬそち~ (5, 0.0%)

1 によく, に太刀とり, に限る, は間もなく, も懸命

▼ ぬそれでは~ (5, 0.0%)

1 俺の, 手厚くし, 棄置かれんと, 皆の, 聞いて

▼ ぬだけは~ (5, 0.0%)

1 あっても, あやまって, やっと落着き, 拾いものであった, 賞讃に

▼ ぬだて者~ (5, 0.0%)

4 であつ 1 であった

▼ ぬできごと~ (5, 0.0%)

1 だと, だなと, に相違, に見物席, のため

▼ ぬといふは~ (5, 0.0%)

1 なし, 正しく勘藏, 猶胸苦しき, 羅馬にての, 馬鹿な

▼ ぬといふも~ (5, 0.0%)

3 勇さんの 1 あれば, 皆智識上の

▼ ぬとかいふ~ (5, 0.0%)

1 が脚がかり, ことを, のは, んぢや, 態度は

▼ ぬどれ~ (5, 0.0%)

1 か一人, がむめやらうめぢややら, が先, 帰らうかい, 帰ろうかい

▼ ぬなぜ~ (5, 0.0%)

1 お里, かと申す, ならば, なら物, なら現在

▼ ぬなどといふ~ (5, 0.0%)

1 事に, 事は, 例の, 教も, 無理論な

▼ ぬはや~ (5, 0.0%)

3 さで 1 もからころ, わざに

▼ ぬひどい~ (5, 0.0%)

2 目に 1 もの也, 姿に, 屈辱を

▼ ぬへん~ (5, 0.0%)

1 なもの, な場所, な表情, にもやもや, に不気味

▼ ぬほのか~ (5, 0.0%)

1 な微笑, な響き, な香, に楽しい, に白い

▼ ぬまして~ (5, 0.0%)

1 一坐, 下々の, 人間一人, 叔父の, 摩羯陀國の

▼ ぬまでは~ (5, 0.0%)

1 ここを, 屋敷が, 極の, 此の, 遠く去らず

▼ ぬむしろ~ (5, 0.0%)

1 その反対, ひそかに, 偽者を, 反対に, 従えと

▼ ぬよう用心~ (5, 0.0%)

1 した, しつつ, するん, の男, を頼ん

▼ ぬよくも~ (5, 0.0%)

1 かくまで, 人の, 人を, 多年姿を, 存分に

▼ ぬりっぱ~ (5, 0.0%)

1 なからだ, なしょうこ品, なもの, な人物, な討死

▼ ぬ~ (5, 0.0%)

4 すんだ 1 すんで

▼ ぬ一切~ (5, 0.0%)

1 がくだらぬ, のもの, の悪, の物, 知らぬ

▼ ぬ一方~ (5, 0.0%)

1 ならぬ騒ぎ, の大将, の村, ばかりを凝, へ向い

▼ ぬ一時颪~ (5, 0.0%)

5 の凄い

▼ ぬ一生~ (5, 0.0%)

1 の大事, の御, を塵, を無駄, 逢えぬ骨

▼ ぬ一致~ (5, 0.0%)

2 を見出した 1 がある, を示し, を遺し

▼ ぬ一行~ (5, 0.0%)

1 が陣取っ, だった, について行った, の殿, の興じ

▼ ぬ一部~ (5, 0.0%)

1 である, なの, のブルジョアジー, の一致, をなす

▼ ぬ万一~ (5, 0.0%)

1 これが, のこと, の事, 売主が, 手ぬかりを

▼ ぬ丈夫~ (5, 0.0%)

1 と思ひし, な余, な男, にならせたい, のやう

▼ ぬ三味線~ (5, 0.0%)

2 の沈んだ, の音 1 を手

▼ ぬ不吉~ (5, 0.0%)

1 なもの, な不安さ, な予感, な悲痛, の声

▼ ぬ不審~ (5, 0.0%)

1 があった, しさ, でありました, と疑惑, は疑ひ

▼ ぬ不平~ (5, 0.0%)

1 があった, は洩らすまい, やボス根性, を何者, を藏

▼ ぬ中年~ (5, 0.0%)

1 のおっさん, の一人, の日, の男, の男性

▼ ぬ主従~ (5, 0.0%)

2 と心得 1 の御, の縁, の隔て

▼ ぬ乙女~ (5, 0.0%)

1 であるという, とも見える, の生, は何さま, は水の上

▼ ぬ~ (5, 0.0%)

21 に泣く, をおいし, を血まみれ

▼ ぬ~ (5, 0.0%)

1 の山, の日, の湯の山, の見物, を吹く

▼ ぬ人人~ (5, 0.0%)

1 が嘘, の, の多く, の慈悲, も多かっ

▼ ぬ人相~ (5, 0.0%)

3 で見まする 1 がはなはだ, が江戸ッ児

▼ ぬ仕方~ (5, 0.0%)

1 であろう, です, なしに, よさき, 早く引き上げ

▼ ぬ~ (5, 0.0%)

1 にこれ, の樣, の祖, を嘆, 價で

▼ ぬ仰せ~ (5, 0.0%)

1 ですさ, なり御, のごとく, の通り私共, をうけたまわります

▼ ぬ伊達~ (5, 0.0%)

3 には通る 1 な趣き, な顎

▼ ぬ会話~ (5, 0.0%)

1 が聞こえ, には非常, の抑揚, を交え, を取交わし

▼ ぬ何処~ (5, 0.0%)

1 の素浪人, へなり, までいっ, までも私, までも遣る

▼ ぬ何故~ (5, 0.0%)

2 彼樣で 1 あんなで, 緑盤は, 複数を

▼ ぬ何等~ (5, 0.0%)

1 かの祕密, かの秘密, の理由, の科学的根柢, 過去の

▼ ぬ~ (5, 0.0%)

3 しさ 1 しい心地, しそう

▼ ぬ作用~ (5, 0.0%)

1 でもある, によってまるで, をし, をそして, を持っ

▼ ぬ佳い~ (5, 0.0%)

1 匂が, 名である, 声よ, 客の, 薫が

▼ ぬ~ (5, 0.0%)

1 がふたり, きを, に目, の義理, を選ん

▼ ぬ借財~ (5, 0.0%)

1 が出来, さえ出来た, の筋, もあり, をも受け

▼ ぬ倦怠~ (5, 0.0%)

1 が宿つて, な夜中, のうち, のよう, の中

▼ ぬ~ (5, 0.0%)

1 か筍掘り, でもお, とおの, のあと, を自発的

▼ ぬ~ (5, 0.0%)

2 に角, も角 1 の玩具

▼ ぬ入口~ (5, 0.0%)

1 から駈け込ん, が十, であるやう, であるよう, にうずくまり

▼ ぬ冒険~ (5, 0.0%)

1 である, なん, に腕白小僧, はもう, を試みよう

▼ ぬ冗談~ (5, 0.0%)

1 にも時々にっこり, はいわぬこった, をいひかける, をいふ, を云う

▼ ぬ凄い~ (5, 0.0%)

1 ところが, 処に, 様な, 程美しい, 色を

▼ ぬ処置~ (5, 0.0%)

1 かも知れぬ, とし, となっ, に関して僕, をとった

▼ ぬ分別~ (5, 0.0%)

2 が大切 1 が肝要, と考えたらしい, と考へたらしい

▼ ぬ~ (5, 0.0%)

1 あられ, に立, 客の, 嵐, 蕨なり

▼ ぬ~ (5, 0.0%)

2 しさ 1 しい情愛, しい戦ひを, しい戰

▼ ぬ労力~ (5, 0.0%)

2 の差 1 がかかっ, をはぶいた, を利用

▼ ぬ労苦~ (5, 0.0%)

1 は世人, も今, を与, を嘗めた, を要する

▼ ぬ勉強~ (5, 0.0%)

1 しなせえ, だけだ, によって福岡地方, をし, をした

▼ ぬ勝手~ (5, 0.0%)

1 な理窟, な発育, にしろ, にな人樣, の振舞い

▼ ぬ勿論~ (5, 0.0%)

1 これは, 両人全く, 何の, 斯う, 衣服も

▼ ぬ医者~ (5, 0.0%)

1 だからと, の仕上げた, の卵, や貧, らしく粉薬

▼ ぬ危機~ (5, 0.0%)

1 かとまで思われます, である, ではない, の上, は次第に

▼ ぬ叔父~ (5, 0.0%)

1 がある, の田舎, の病気, の説, は仲

▼ ぬ可愛い~ (5, 0.0%)

2 男を 1 さで, 動物の, 感じである

▼ ぬ右門~ (5, 0.0%)

1 のこと, のだんな, のゆかしい, はさっそく, もなに

▼ ぬ吉野~ (5, 0.0%)

2 の目 1 の奥, の御山, の河

▼ ぬ名物~ (5, 0.0%)

2 を万人 1 である故, のひとつ, の一つ

▼ ぬ味方~ (5, 0.0%)

1 がいた, だ, に力, を失う, を見なかった

▼ ぬ喧嘩~ (5, 0.0%)

1 ながら書いた, にあらずや, に刀, の本色, はする

▼ ぬ嘆き~ (5, 0.0%)

1 と悩み, にああ, に堪え, の沼, の言葉

▼ ぬ図々しい~ (5, 0.0%)

1 という以上, 姿を, 宣伝文を, 屁理屈を, 態度で

▼ ぬ土蔵~ (5, 0.0%)

2 の中 1 に閉じこめ, の腰部, の間

▼ ぬ執着~ (5, 0.0%)

1 と興味, を, を感じ, を持ちうる, を見いだし

▼ ぬ堅い~ (5, 0.0%)

2 男だ 1 寝床や, 床板な, 煎餅は

▼ ぬ報告~ (5, 0.0%)

2 です 1 をしたため, を持つ, を聞かされる

▼ ぬ変てこ~ (5, 0.0%)

2 なもの 1 な人物, な物, な物すごい

▼ ぬ大小~ (5, 0.0%)

2 が掛け 1 であった, の植木, の歯車

▼ ぬ天使~ (5, 0.0%)

1 としてゲミュート, のよう, の様, の樣, を育てた

▼ ぬ失礼~ (5, 0.0%)

2 を致しました 1 な奴, を, をいたした

▼ ぬ~ (5, 0.0%)

1 には, のすゑ, を結び, を誰, を重ねた

▼ ぬ女たち~ (5, 0.0%)

1 がいくら, が身の上話, ではある, と一緒, にとつて

▼ ぬ女どうし~ (5, 0.0%)

5 の競技

▼ ぬ奴等~ (5, 0.0%)

1 じゃこんな, じゃと思, だナニ其所, だ兄, でございます

▼ ぬ如水~ (5, 0.0%)

2 であつ 1 ではなかつた, のこと, はもとより

▼ ぬ~ (5, 0.0%)

1 として余生, に見え, は色々, は語, やが周章て

▼ ぬ子供たち~ (5, 0.0%)

1 だけを手放し, であったが, の群れ, はみな, を親身

▼ ぬ室内~ (5, 0.0%)

2 の人々 1 では殊に, には薄, に仰臥

▼ ぬ容色~ (5, 0.0%)

2 を持っ 1 と才智, にこがれ, も南地

▼ ぬ寝言~ (5, 0.0%)

1 にもならない, をかきならべ, を云っ, を呟いた, を言

▼ ぬ将来~ (5, 0.0%)

1 において, のある, のため, の見通し, の誓い

▼ ぬ小林少年~ (5, 0.0%)

3 でした 1 が何, はいくら

▼ ぬ山中~ (5, 0.0%)

1 で名前, に一人殘, の斯様, の白日, の闇

▼ ぬ山奥~ (5, 0.0%)

1 か谷間, の人, の洞窟, へはいりたく, へ栄吉

▼ ぬ山路~ (5, 0.0%)

1 に一人憩ん, に迷, へはいりたい, をしばらく, を御

▼ ぬ山里~ (5, 0.0%)

1 かな思え, なれど, に, の光明, へ来

▼ ぬ希望~ (5, 0.0%)

2 と妙 1 と喜び, と楽しみ, のため

▼ ぬ平凡~ (5, 0.0%)

2 な女 1 なやくざ, な人物, な風采

▼ ぬ年月~ (5, 0.0%)

1 が長かっ, だと, に亙る, の間, を要するだろう

▼ ぬ~ (5, 0.0%)

1 が総立, が總立, で其幹, の頂, 之介殿お前様

▼ ぬ~ (5, 0.0%)

1 か, にあの, に我身, の花, を抱き締める

▼ ぬ幼い~ (5, 0.0%)

1 のが, 人の, 住民の, 悦楽を, 頭では

▼ ぬ建物~ (5, 0.0%)

1 が動い, にはいり, に泣, に泣い, や珍しい

▼ ぬ強敵~ (5, 0.0%)

2 を控 1 だ, であった, と見

▼ ぬ彼自身~ (5, 0.0%)

2 の皮膚, の魂 1 を嘲っ

▼ ぬ往来~ (5, 0.0%)

2 がいつも 1 その頃馬方, で森田屋, は夕暮

▼ ぬ後悔~ (5, 0.0%)

1 するな, などしなく, に追, をした, を招く

▼ ぬ心がけ~ (5, 0.0%)

1 が窺われる, であつ, をしなけれ, を持った, を要したであろう

▼ ぬ心得~ (5, 0.0%)

2 のある 1 たりと, でこの, の準備

▼ ぬ心痛~ (5, 0.0%)

2 をした 1 お蝶, から妙, もあり

▼ ぬ思慕~ (5, 0.0%)

1 のやう, の哀傷, の的, を寄せ, を捧げ

▼ ぬ~ (5, 0.0%)

1 がわしげ, な坂, な御, に立去, 飛脚で

▼ ぬ~ (5, 0.0%)

3 を受け 1 にも着せ申さぬ, にも着た

▼ ぬ悪魔~ (5, 0.0%)

1 にお菓子, のそそのかし, の恋, の戯れでした, の翼

▼ ぬ情熱~ (5, 0.0%)

1 というもの, とを持った, と遊ぶ, のどんづまりにおいて, を持っ

▼ ぬ惨めさ~ (5, 0.0%)

1 が, だった, に幾たび, に彼, よりも俗悪

▼ ぬ~ (5, 0.0%)

1 が籠っ, に打たれ, に胸塞, ひが, ひに

▼ ぬ~ (5, 0.0%)

1 と見, りに, を動かし, を婉曲, 口惜しく思わ

▼ ぬ意趣~ (5, 0.0%)

2 があれ 1 で自分, に鹿, 晴らしツ

▼ ぬ愚か~ (5, 0.0%)

1 なおなご, な嫁, な男, な者, な茶番

▼ ぬ愚劣~ (5, 0.0%)

1 なこと, なもの, な例, な誤解, の連続

▼ ぬ愛著~ (5, 0.0%)

3 を覚え 2 を覺

▼ ぬ感想~ (5, 0.0%)

1 に打たれた, の源泉, はわざと, をそそる, を述べる

▼ ぬ感興~ (5, 0.0%)

1 があります, が私, をでも覚えた, を与えます, を起させる

▼ ぬ感銘~ (5, 0.0%)

1 です, の一つ, をこの, を与えた, を与えられ

▼ ぬ~ (5, 0.0%)

2 ッくい, 惡に 1 念に

▼ ぬ憤怒~ (5, 0.0%)

1 であつ, と嫌悪, に転じ, の気, の眦

▼ ぬ我が身~ (5, 0.0%)

1 です, ならこの, なれど, の死する, は如何

▼ ぬ我儘~ (5, 0.0%)

2 から君 1 で勝気, なところ, をいはむ

▼ ぬ~ (5, 0.0%)

1 だが, であったか, のため, の真先, はした

▼ ぬ所業~ (5, 0.0%)

1 なれども, ばかり致す, を, をする, をなさしめる

▼ ぬ批評~ (5, 0.0%)

1 に対して下手, に接した, をし, を承っ, を私

▼ ぬ支那~ (5, 0.0%)

1 では蓋し, に於ける, の各, の芝居, 本來

▼ ぬ数々~ (5, 0.0%)

1 のもの, の女, の難儀, をハッキリ, を見出し

▼ ぬ断崖~ (5, 0.0%)

1 がそそり立っ, に咲く, のあ, のうち, の上

▼ ぬ既に~ (5, 0.0%)

1 リードに, 去年冬より, 己が, 是だけの, 病気は

▼ ぬ昂奮~ (5, 0.0%)

1 からやや, にいつか調子, に全身, のうち, を感じ

▼ ぬ~ (5, 0.0%)

1 に, のよう, の夢, の靄, は共に

▼ ぬ暇つぶし~ (5, 0.0%)

1 でもした, と舌打ち, にしびれ, をした, を取りもどすべく急ぐ

▼ ぬ暮し~ (5, 0.0%)

1 だ, である, は絶えぬ, をし, を続け

▼ ぬ曖昧~ (5, 0.0%)

1 なお, なもの, な態度, な状態, な色合

▼ ぬ更に~ (5, 0.0%)

1 こ, 人影は, 其の由, 嫉みぬ, 進んで

▼ ぬ~ (5, 0.0%)

1 一度突き当たっ, 上等の, 下等動物は, 美な, 親の

▼ ぬ期待~ (5, 0.0%)

1 が直ぐ, で逃さず読ん, なら氣, のもと, を持たせられた

▼ ぬ木の葉~ (5, 0.0%)

1 が舞い, の中, の凋み, の露, を数枚

▼ ぬ未亡人~ (5, 0.0%)

1 であるに, の外, の妖艶, を取囲ん, 何でもかでも自分

▼ ぬ~ (5, 0.0%)

2 の月 1 に, の屍, の眦

▼ ぬ~ (5, 0.0%)

3 の上 1 にしがみつき, に向

▼ ぬ~ (5, 0.0%)

1 に軒, の上, はや, をもたげ, を取交えた

▼ ぬ~ (5, 0.0%)

3 つから 1 も卸さぬ, をはった

▼ ぬ~ (5, 0.0%)

1 かなと作った, が二三本, が開い, の花びら, やあらん

▼ ぬ椿事~ (5, 0.0%)

1 が出来いたしました, でもが勃発, に不吉, のため, 出来その

▼ ぬ極度~ (5, 0.0%)

2 な感覚風, な感覺風 1 の恐怖

▼ ぬ横町~ (5, 0.0%)

1 が幾筋, なので, に這入る, の風景, 不性

▼ ぬ~ (5, 0.0%)

1 がこわれ, であること, の上, の歩み, は叩い

▼ ぬ歓喜~ (5, 0.0%)

1 が漲る, を洩らし, を漲らす, を自分, を覚えた

▼ ぬ正体~ (5, 0.0%)

2 の不明 1 であった, もない, をあらわした

▼ ぬ此生活~ (5, 0.0%)

5 に家

▼ ぬ武器~ (5, 0.0%)

2 にひるむ 1 です, の使用方法, を用いる

▼ ぬ武蔵~ (5, 0.0%)

1 の姿, の足, へ, へ出向い, よりは御

▼ ぬ死骸~ (5, 0.0%)

2 の前 1 がある, となつ, に成った

▼ ぬ~ (5, 0.0%)

1 あったと, が貴人, の聲, は一能, を作り

▼ ぬ気もち~ (5, 0.0%)

1 さえいたし, だった, で焦れ, のため, をのこし

▼ ぬ気味~ (5, 0.0%)

2 の悪い, わるさ 1 のわるい

▼ ぬ水面~ (5, 0.0%)

1 には大, に影像, はひときわ, は深い, をじっと

▼ ぬ沈黙~ (5, 0.0%)

1 が落ち, その沈黙, の中, を悲しく, を破る

▼ ぬ~ (5, 0.0%)

1 があり, である, のよう, の水面, の隈回

▼ ぬ法律~ (5, 0.0%)

1 がある, によって思惟, はたとい, はない, を犯し

▼ ぬ~ (5, 0.0%)

1 でも, ながら帆柱, に船, の涼しい, の船

▼ ぬ灌木~ (5, 0.0%)

2 の叢生 1 が芽, が雑草, ばかり大樹

▼ ぬ~ (5, 0.0%)

1 いろの, がいつ, にさえかず書く, の上, 濁め

▼ ぬ灰色~ (5, 0.0%)

1 と光り輝く, の海, の混濁, の雲, をなすった

▼ ぬ災害~ (5, 0.0%)

1 が玄機, に會つたの, に逢着, の並び臻, は是

▼ ぬ為め~ (5, 0.0%)

1 であれかし, と存候, なりと云う, に, にこれ

▼ ぬ焦燥~ (5, 0.0%)

1 から車, が襲っ, つたい感, に煩えた, に駆られ

▼ ぬ煙草~ (5, 0.0%)

1 があり, をくわえ, を口, を吸, を無闇

▼ ぬ熱い~ (5, 0.0%)

1 ものが, 土地へ, 涙が, 涙を, 茶碗を

▼ ぬ熱情~ (5, 0.0%)

1 となった, と親切, の泉, をお, を傾け

▼ ぬ田舍~ (5, 0.0%)

2 に住ん, へは歸ら 1 に行く

▼ ぬ由緒~ (5, 0.0%)

2 のある 1 あるお寺, の土地, を持っ

▼ ぬ發展~ (5, 0.0%)

1 に驚い, をしさうです, をした, を遂げ, を遂げました

▼ ぬ白髪~ (5, 0.0%)

2 の油気 1 が有, ではない, 多く妾

▼ ぬ~ (5, 0.0%)

1 で首, 御身の, 日本の, 樣も, 生きて

▼ ぬ相貌~ (5, 0.0%)

1 であったが, であつ, となっ, の方, をし

▼ ぬ眠り~ (5, 0.0%)

1 にねむりかけ, に陥, に陥ち, を装う, を補っ

▼ ぬ瞬間~ (5, 0.0%)

1 いきなり下り, が度々, に切り付けられた, の印象, を窺い

▼ ぬ破滅~ (5, 0.0%)

1 から逃げ出し, が来る, となろう, に落ち, に陥ち

▼ ぬ確か~ (5, 0.0%)

2 な証拠 1 なもの, な平和, りしたもの

▼ ぬ神経~ (5, 0.0%)

1 が一本, で精神, の緊張, へわれわれ, をはたらかせ

▼ ぬ~ (5, 0.0%)

1 がそこ, になっ, を引き起した, を招ぐ, を遺す

▼ ぬ~ (5, 0.0%)

3 を犯した 1 とは, もござれ

▼ ぬ窮境~ (5, 0.0%)

1 に立ち, に追, に追い込まれ, を実地, を憐

▼ ぬ箇所~ (5, 0.0%)

1 がある, で手, の堤, はない, は勝手

▼ ぬ算段~ (5, 0.0%)

1 があつ, して, である, ばかり, をし

▼ ぬ範囲~ (5, 0.0%)

1 で, で医学, と深刻, において何等, に於

▼ ぬ~ (5, 0.0%)

2 を見せ 1 な羅紗服, の上, をみせ

▼ ぬ細君~ (5, 0.0%)

1 には勝手, に甘んじ, の腰, はただ, をもっ

▼ ぬ結界~ (5, 0.0%)

4 を犯し 1 の淨らかさ

▼ ぬ繰り言~ (5, 0.0%)

1 だ, である, ばっかり言ってる, をいう, を打ち切る

▼ ぬ罪人~ (5, 0.0%)

2 なりと思ふ 1 である, なの, の生活

▼ ぬ聖人~ (5, 0.0%)

2 の真似 1 となり, のよう, の霊的苦痛

▼ ぬ~ (5, 0.0%)

1 に寒い, の合, の清らかさ, は小, は少し

▼ ぬ自身~ (5, 0.0%)

1 だつた, だろう, に対し此, の幸福, の方

▼ ぬ色白~ (5, 0.0%)

2 で身, の背 1 な娘

▼ ぬ若々し~ (5, 0.0%)

1 さが, さで, さである, さは, さを

▼ ぬ若々しい~ (5, 0.0%)

1 お気持ち, 声と, 挙動も, 擧動も, 言葉と

▼ ぬ若人たち~ (5, 0.0%)

4 はもう 1 にとつて

▼ ぬ苦惱~ (5, 0.0%)

1 がコビリ, の深淵, の色, の象徴, を發想

▼ ぬ莫大~ (5, 0.0%)

2 な金 1 なお札, な価値, の財産

▼ ぬ~ (5, 0.0%)

1 つぱ, と稈, の日, も, 之助

▼ ぬ葉子~ (5, 0.0%)

1 に仕える, に無残, のこと, の狂体, はたまらなかっ

▼ ぬ~ (5, 0.0%)

1 のま, のまま, の中, を並べ, を持っ

▼ ぬ蜘蛛~ (5, 0.0%)

2 の糸 1 が巣, が隊, の網

▼ ぬ血潮~ (5, 0.0%)

2 の跡 1 が赤い, したたり, とまで見え

▼ ぬ行為~ (5, 0.0%)

2 である 1 あるもの, があつ, に立ち入った

▼ ぬ~ (5, 0.0%)

1 の様子, の科学者, の鉄火, まで出かけ, を歩く

▼ ぬ~ (5, 0.0%)

1 に微笑, の事情, の塵塚, の庭, の物置

▼ ぬ西洋人~ (5, 0.0%)

1 が安心, の思惑, の顔, も牡蠣, を感ずる

▼ ぬ親友~ (5, 0.0%)

3 なので 1 であったこの, の祝い

▼ ぬ計り~ (5, 0.0%)

1 だ, でない一歩, なり稍有つて泣聲出し是申長庵殿御, の母, の顏

▼ ぬ誠に~ (5, 0.0%)

1 よりて, 何う, 心配な, 情ないつらい話, 損な

▼ ぬ警戒~ (5, 0.0%)

1 である, の聲, をし, をしなけれ, をつづけ

▼ ぬ豹一~ (5, 0.0%)

2 に同情 1 の心, の申出で, は仕事

▼ ぬ貧弱~ (5, 0.0%)

1 な体格, な冊数, な小, な式, な漁村

▼ ぬ貴い~ (5, 0.0%)

1 ことである, もので, 御法則, 気配が, 氣配が

▼ ぬ貴方~ (5, 0.0%)

1 で御座いました, なの, のこと, の御, 御自身

▼ ぬ資本~ (5, 0.0%)

2 並びにその, 及び労働の 1 を辛うじて

▼ ぬ~ (5, 0.0%)

1 が伏屋, が男, しいみすぼらしい, しい体, の乙女

▼ ぬ辛苦~ (5, 0.0%)

1 だった, に充たされる, を今さら, を嘗めた, を舐めさせ

▼ ぬ途中~ (5, 0.0%)

1 から上る, でまた, で和, で無, の拾い物

▼ ぬ道庵~ (5, 0.0%)

1 ではある, に対し今日, まだ洗足, をかく, を今日

▼ ぬ邂逅~ (5, 0.0%)

1 から妙, があった, なすたび, の情, は彼

▼ ぬ部下~ (5, 0.0%)

1 の侮辱, の十二, の者共, はたくさん, もいる

▼ ぬ重い~ (5, 0.0%)

1 口で, 御輿を, 芸でありまし, 苦痛と, 苦笑に

▼ ぬ重態~ (5, 0.0%)

1 です, となられた, にいきなり, をつづけ, ウンウンうなっ

▼ ぬ重荷~ (5, 0.0%)

2 を負 1 とあきらめ, として私, は求めない

▼ ぬ~ (5, 0.0%)

1 なの, の合金, の怒号, の眩, の門

▼ ぬ錢形平次~ (5, 0.0%)

1 がしかも, と八五郎, の姿, の話, は一面

▼ ぬ~ (5, 0.0%)

1 に歪められ, に移る, のかげ, のよう, の天下

▼ ぬ間違い~ (5, 0.0%)

1 から喧嘩, から自分, があるだろう, の元, をする

▼ ぬ関心~ (5, 0.0%)

1 をいだいた, をよび起された, を抱い, を持たされた, を持っ

▼ ぬ~ (5, 0.0%)

1 はあり得ません, はわれ, は受取, は旗山, もあらぬ

▼ ぬ限り彼~ (5, 0.0%)

1 が何人, が想, の眼, はこの, は常に

▼ ぬ陰鬱~ (5, 0.0%)

1 きは, で奇異, なところ, な結果, の気配

▼ ぬ陸上~ (5, 0.0%)

2 の大工 1 に居る, の偵察機, の運動

▼ ぬ階級~ (5, 0.0%)

1 です, の人, の人々, の人間, をかこ

▼ ぬ雨戸~ (5, 0.0%)

3 を鎖す 1 が横, の釘穴

▼ ぬ~ (5, 0.0%)

1 が無言, の国, の宿り, の様, の深緑

▼ ぬ霊魂~ (5, 0.0%)

1 がある, とは同じ, なるもの, に少し, の調べ

▼ ぬ青い~ (5, 0.0%)

1 官服の, 灯鬼火が, 葉と, 鳥だ, 鳥を

▼ ぬ靜けさ~ (5, 0.0%)

3 である 1 で梢, のま

▼ ぬ面もち~ (5, 0.0%)

2 したる男 1 で, にて打ち沈み居り, にて殊勝気

▼ ぬ~ (5, 0.0%)

1 にも無, の糸, ひの, を更め, 湧く海

▼ ぬ風采~ (5, 0.0%)

2 の四十年輩 1 であつ, の男, を常

▼ ぬ食物~ (5, 0.0%)

1 である私, はいかに, は魚并, も障り, を取る

▼ ぬ香り~ (5, 0.0%)

1 がある, だ, でした, に濃き, 洩れて

▼ ぬ騒動~ (5, 0.0%)

1 が持, だつた, になり, になる, を知る

▼ ぬ騷ぎ~ (5, 0.0%)

1 が始まつ, が始まりました, だ, になりました, 沸き立つ興奮

▼ ぬ驚異~ (5, 0.0%)

1 だったと, でありましたが, にうたれた, を感じ, を誘う

▼ ぬ高尚~ (5, 0.0%)

1 な事, な人, な感情, な香, な香気

▼ ぬ~ (5, 0.0%)

2 の滝登り 1 のなんと, の滝のぼり, の滝昇り

▼ ぬあいだ~ (4, 0.0%)

1 にまったく, は彼ら, は決して, は神

▼ ぬあまり~ (4, 0.0%)

1 おかしいので, の事, 奥様が, 褒めたもの

▼ ぬうれし~ (4, 0.0%)

1 さう, さで, さである, さを

▼ ぬおしゃべり~ (4, 0.0%)

2 をした 1 ですよ, をし

▼ ぬおもしろ~ (4, 0.0%)

1 さ, さが, さである, 味あり

▼ ぬお喋り~ (4, 0.0%)

1 などをする, をし, をはじめます, を聞き流し

▼ ぬお金~ (4, 0.0%)

1 が十兩屆, が手, の有る, を一夜

▼ ぬかお~ (4, 0.0%)

2 をし 1 でそのまま, で突ッぱなすこともならない気

▼ ぬかなしき~ (4, 0.0%)

3 影を 1 かな愚禿鸞

▼ ぬかなや~ (4, 0.0%)

2 月も 1 指を, 立つ波

▼ ぬからだ~ (4, 0.0%)

1 で死ん, になっ, を持ち煩う, を苦心

▼ ぬからは~ (4, 0.0%)

1 君公への, 美とは, 茲を, 骨を

▼ ぬきずな~ (4, 0.0%)

1 であった, で結ばれ, の力, をもっ

▼ ぬきっと~ (4, 0.0%)

1 この事, この懐剣, 何物か, 済みませぬか

▼ ぬきまり~ (4, 0.0%)

2 悪さ 1 であるから, をつけた

▼ ぬぎりぎり~ (4, 0.0%)

2 の人間 1 のところ, の相

▼ ぬぐらいの~ (4, 0.0%)

1 人から, 口髭が, 新円, 読書は

▼ ぬこころ~ (4, 0.0%)

1 か, に, や雨中天, 持つと

▼ ぬこと教~ (4, 0.0%)

4 へて賜れ

▼ ぬこれから~ (4, 0.0%)

1 の楽し, 古法通り, 大石殿を, 談す

▼ ぬごく~ (4, 0.0%)

1 分った事件, 古い時代, 小さな時分, 懇意な

▼ ぬさか~ (4, 0.0%)

1 さまに, づき, ひに, ひ私

▼ ぬささやか~ (4, 0.0%)

1 な日, な源, な発見, に紙障子

▼ ぬさん~ (4, 0.0%)

1 ともお, にあげ, になにか, に云われた

▼ ぬしきたり~ (4, 0.0%)

1 か, じゃそう, になっ, を可愛い

▼ ぬしとは~ (4, 0.0%)

1 むかしは, 同国だ, 心も, 許婚の

▼ ぬじゃま~ (4, 0.0%)

1 が伏在, が入りました, だて, なんかさせ

▼ ぬすべて~ (4, 0.0%)

1 のもの, の偶像, の外交計画, の性質

▼ ぬせめて~ (4, 0.0%)

1 も心, キャラコの, 己れ, 輪郭だけでも

▼ ぬそうした~ (4, 0.0%)

1 ことが, 時期に, 未来を, 物質的存在の

▼ ぬそのまま~ (4, 0.0%)

1 でお尋ね, でよい, の意, 寄れ

▼ ぬそもそも~ (4, 0.0%)

1 この儀, の最初, 王家母系のみを, 裁判の

▼ ぬそら~ (4, 0.0%)

2 ごとを 1 ここに, 語り中の

▼ ぬそれから~ (4, 0.0%)

1 先は, 出鱈目に, 午後の, 竜が

▼ ぬたった~ (4, 0.0%)

1 一人で, 一人の, 今川ン中へ, 婦だ

▼ ぬたとえ~ (4, 0.0%)

1 いかなること, 一時たりとも, 厳しく咎められず, 地を

▼ ぬだに~ (4, 0.0%)

1 おびえる處, 口やかましきは, 忌は, 我が心覺束

▼ ぬというのみ~ (4, 0.0%)

2 である 1 であった, で今

▼ ぬとお~ (4, 0.0%)

1 もはれる, もひ, もふ, もふま

▼ ぬとぞ~ (4, 0.0%)

1 いふなる, 見る, 見るひま, 語りし

▼ ぬとにかく~ (4, 0.0%)

1 この一行, これも, 寺内氏は, 艶書などの

▼ ぬどよめき~ (4, 0.0%)

1 が起っ, が起つ, をたてた, をもう

▼ ぬなに~ (4, 0.0%)

1 かによって別, かの物音, かを, 見のがすもの

▼ ぬなん~ (4, 0.0%)

1 いと口惜し, かと, なら妾, のこれ

▼ ぬなんと~ (4, 0.0%)

1 いういや, それを, 孤児と, 遺憾の

▼ ぬにおい~ (4, 0.0%)

1 がした, がむっと, というの, の高い

▼ ぬのにと~ (4, 0.0%)

2 余は 1 思った, 豹一は

▼ ぬはかない~ (4, 0.0%)

1 感傷的な, 気分で, 花の, 運命の

▼ ぬはげしい~ (4, 0.0%)

1 ものが, 意地の, 敵意に, 防戦を

▼ ぬはた~ (4, 0.0%)

1 つぶたちて, 危ぶみぬ, 嘆かひぬ, 消えぬ

▼ ぬはなし~ (4, 0.0%)

1 だと, だの, と承る, は嘘

▼ ぬほか~ (4, 0.0%)

1 に人, に穀断, のどんな, の男

▼ ぬほどずつ~ (4, 0.0%)

1 京の, 体は, 衰勢に, 違って

▼ ぬほどにて~ (4, 0.0%)

3 申しては 1 やね

▼ ぬほどは~ (4, 0.0%)

3 不孝の 1 艶なる居ずまい

▼ ぬほども~ (4, 0.0%)

1 ある, あるの, 早く白い塊, 痛いだろう

▼ ぬほんとう~ (4, 0.0%)

1 に珍しい, に若, の下手人, の郊外

▼ ぬほんの~ (4, 0.0%)

1 一瞬を, 一言, 僅かの, 間に合せの

▼ ぬぼく~ (4, 0.0%)

1 などに迄サイン, にも連想, のエゴチズム, は癇癪

▼ ぬもっと~ (4, 0.0%)

1 みに, 大事な, 立派な, 考えて

▼ ぬものそれ~ (4, 0.0%)

2 が真理 1 だけに引きずられ, は器

▼ ぬやつら~ (4, 0.0%)

1 がやかましく, が首, でつまらぬ, のこと

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

2 ゑもうこれ 1 へ也, へ初

▼ ぬゆゑ~ (4, 0.0%)

1 どうかあの, もうこれ以上, 即ちそれ, 篤と認めし

▼ ぬわいと~ (4, 0.0%)

1 うるさく云う, 五月蠅云ふ, 思いながら, 額を

▼ ぬわざ~ (4, 0.0%)

1 あり今, であるあるいはまた, の, の謎

▼ ぬイヤ~ (4, 0.0%)

1 一度小さな, 其の様, 少くとも, 汝れ

▼ ぬタチ~ (4, 0.0%)

2 で内助 1 で中, で性来虚弱

▼ ぬマジナイ~ (4, 0.0%)

1 がある, でも多少, に船, を信用

▼ ぬラヂオ~ (4, 0.0%)

2 のニユース 1 に夢中, のニュース

▼ ぬロシア~ (4, 0.0%)

1 のスペシャリスト, の奥地, の旦那衆, を捨て

▼ ぬ一家~ (4, 0.0%)

2 の識見 1 にした, のあるじ

▼ ぬ一徹~ (4, 0.0%)

1 な御仁, に頑強, の時頼, の気象

▼ ぬ一流~ (4, 0.0%)

1 が国民, のこころ, の人たち, を生じ

▼ ぬ一点張り~ (4, 0.0%)

1 で, で押通した, で通し, で通そう

▼ ぬ一群~ (4, 0.0%)

1 の人, の人々, の傾向, の語句

▼ ぬ三つ~ (4, 0.0%)

2 になる 1 の大勝, の小さな

▼ ぬ三日~ (4, 0.0%)

2 の間 1 でも四日, も来ぬ

▼ ぬ上人様~ (4, 0.0%)

2 は俗用 1 のお召, の御召ぢ

▼ ぬ下手~ (4, 0.0%)

1 なもの, な事, の舞舞, をやり出す

▼ ぬ下郎~ (4, 0.0%)

1 ではある, でまことに, と称し, をもっ

▼ ぬ不埒~ (4, 0.0%)

2 な奴 1 なやつ, な非人風情

▼ ぬ不気味さ~ (4, 0.0%)

1 が朝, であった, にひるまない, に思わずゾッと

▼ ぬ世間話~ (4, 0.0%)

2 に大口 1 など決して, をし

▼ ぬ丘陵~ (4, 0.0%)

1 が続い, の重, の間, また殊に

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 の腕, 三年が, 探題は, 眼を

▼ ぬ中流下層階級~ (4, 0.0%)

4 の貧困

▼ ぬ主義~ (4, 0.0%)

1 でしたから, などがそれ, の男, やいがくり頭

▼ ぬ久慈~ (4, 0.0%)

1 に度び度び電話, に矢代, の口吻, の気持ち

▼ ぬ乱暴~ (4, 0.0%)

1 な返事, な鉛筆, は止められい, を働く

▼ ぬ事だらけ~ (4, 0.0%)

1 である, ではある, で夢, の怪美人

▼ ぬ二三~ (4, 0.0%)

1 の, の事件, の人, の話声

▼ ぬ五丁町~ (4, 0.0%)

4 の賑

▼ ぬ五分心~ (4, 0.0%)

4 の洋燈

▼ ぬ交渉~ (4, 0.0%)

1 のしかた, をお, をし, をつづけん

▼ ぬ交際~ (4, 0.0%)

1 だから, の潜める, は求めず, を続け

▼ ぬ人びと~ (4, 0.0%)

1 の目, はお, よ, よわれら

▼ ぬ人声~ (4, 0.0%)

1 が飛びこみました, などで異様, に今, を聞きつける

▼ ぬ人民~ (4, 0.0%)

1 であるから, は土地, は大, は大喜

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 がただならぬ, でお, の向側, を以て管仲

▼ ぬ介抱~ (4, 0.0%)

1 が大いに, で悪性, に逗留, をし

▼ ぬ仮令~ (4, 0.0%)

1 い弾丸, 何んな, 姦婦である, 貴方の

▼ ぬ仲間~ (4, 0.0%)

1 ともなろう, なれば, のなか, へは加えぬ

▼ ぬ伊集院五郎~ (4, 0.0%)

3 である 1 であった

▼ ぬ伏兵~ (4, 0.0%)

1 が現れた, である, であるから, の用意

▼ ぬ会合~ (4, 0.0%)

1 が午前午後, であつ, にも不義理勝ち, にも何かと

▼ ぬ伝六~ (4, 0.0%)

2 でした 1 いっこうに筋道, です

▼ ぬ伴侶~ (4, 0.0%)

1 だったの, であったこと, である, となった

▼ ぬ体質~ (4, 0.0%)

1 だったため, とみえます, の者, を作った

▼ ぬ何卒~ (4, 0.0%)

1 こうせい, して, 御堪忍, 旦那

▼ ぬ何處~ (4, 0.0%)

2 へなり, までも私

▼ ぬ余命~ (4, 0.0%)

1 あり淋し, のいのち愛, のすべて, を隠れ

▼ ぬ侘し~ (4, 0.0%)

1 げな, さが, さを, そうな

▼ ぬ便宜~ (4, 0.0%)

1 がある, となった, を与えた, を有っ

▼ ぬ修行~ (4, 0.0%)

1 が控え, こそ真, であり鍛錬, に行業

▼ ぬ俳優~ (4, 0.0%)

1 となつ, のみの称呼, の顔触れ, の魅力

▼ ぬ優越感~ (4, 0.0%)

2 であろう, を覚えた

▼ ぬ兄貴~ (4, 0.0%)

1 いくなら行って, に貸, のこと, は大角豆

▼ ぬ光栄~ (4, 0.0%)

1 ある任務, であった, とし, のため

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 と見える, に, の心, の癖

▼ ぬ兵力~ (4, 0.0%)

1 だ, をこめ, を尊氏, を持っ

▼ ぬ其方~ (4, 0.0%)

1 とも思わな, にても有可ざる, には早要は, 何と思ふ

▼ ぬ内心~ (4, 0.0%)

2 の夢 1 の呼び, の悶え

▼ ぬ写真~ (4, 0.0%)

2 は例 1 や絵, を撮る

▼ ぬ凡そ~ (4, 0.0%)

1 予想も, 今迄, 侵略とは, 古文學派

▼ ぬ凡て~ (4, 0.0%)

1 が只管, のもの, の人, の者

▼ ぬ切ない~ (4, 0.0%)

1 もので, ものであった, 心持が, 未練を

▼ ぬ助け~ (4, 0.0%)

1 がつい, となる, に出会っ, を得た

▼ ぬ労働~ (4, 0.0%)

2 及び資本 1 と苦痛, の役割

▼ ぬ動き~ (4, 0.0%)

2 もせぬ 1 からどうしても, がその

▼ ぬ化身~ (4, 0.0%)

4 の人

▼ ぬ千山~ (4, 0.0%)

2 の渓 1 の岩, の路

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 のお, の古都, の島, の海

▼ ぬ単に~ (4, 0.0%)

1 センベツの, 太陽と, 形式的な, 生きて

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 い橋, い溶け崩れるよう, い立場, つかしさ

▼ ぬ厄介~ (4, 0.0%)

1 なこと, な問題, な旅, をかけた

▼ ぬ厳粛~ (4, 0.0%)

2 なもの 1 な悲しみ, のお

▼ ぬ友だち~ (4, 0.0%)

21 にでも出, も忘れ

▼ ぬ友達~ (4, 0.0%)

1 であるの, にたのん, の一人, も多くあつ

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 くに反, 對し, 對意見が, 歯の

▼ ぬ古代~ (4, 0.0%)

1 に既に, の文章, の村人ども, の荒々しい

▼ ぬ古物語り~ (4, 0.0%)

3 であつ 1 であった

▼ ぬ古色~ (4, 0.0%)

2 がある 1 もある, を帯びた

▼ ぬ古風~ (4, 0.0%)

1 なデヴォンシャ, な懐しい, な野天, な龕灯

▼ ぬ名残り~ (4, 0.0%)

1 だと, と殺害者, はある, を惜しみ

▼ ぬ名誉~ (4, 0.0%)

1 がある, であると, のため, もいらぬ

▼ ぬ君子~ (4, 0.0%)

1 が出没, である賢者, に素早い, も山野

▼ ぬ吾身~ (4, 0.0%)

1 とも存候まま, にはその, に待ち受けた, の運命

▼ ぬ和歌~ (4, 0.0%)

1 というよう, の浦千鳥, ばかり作つて, を学ん

▼ ぬ商人~ (4, 0.0%)

1 がある, となにやら, と見れ, のみの口

▼ ぬ問答~ (4, 0.0%)

1 に問答, をはじめた, を始め, を續

▼ ぬ善い~ (4, 0.0%)

2 も悪い 1 人が, 心持に

▼ ぬ器械~ (4, 0.0%)

1 が部屋いっぱい, と薬, やお, より猶

▼ ぬ囈語~ (4, 0.0%)

1 しながら, やらとり, をいつ, を言

▼ ぬ因果~ (4, 0.0%)

1 なりけん, の網, の覊絆, の道

▼ ぬ団体~ (4, 0.0%)

2 は負け 1 は次第に, は滅び失せ

▼ ぬ国柄~ (4, 0.0%)

1 であった, でありました, であるから, でげし

▼ ぬ地上~ (4, 0.0%)

1 では一個, に印す, に落ち, の繁栄

▼ ぬ坊主~ (4, 0.0%)

1 が越前どの, で豕, と見え, になっ

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 というもの, といふもの, の作業服, ばかりの手続き

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 の樣, の色, りだな, を立てよう

▼ ぬ基礎~ (4, 0.0%)

1 である, になっ, の上, をもつ

▼ ぬ堪忍~ (4, 0.0%)

1 して, するが, せよと, を自分

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

4 や岩群

▼ ぬ塵埃~ (4, 0.0%)

2 が際立つ 1 のむら, の中

▼ ぬ境涯~ (4, 0.0%)

1 だ医者, とも考, なまけては, を示し

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

2 に物いふ 1 に耳, や障子

▼ ぬ外国人~ (4, 0.0%)

1 が長い, なのに, の愛撫, の態度

▼ ぬ多少~ (4, 0.0%)

1 の寂し, の思慕, の斑點, は恋

▼ ぬ大きい~ (4, 0.0%)

1 傷を, 古塚, 建物には, 陰影の

▼ ぬ大井川~ (4, 0.0%)

1 と同じ, などと大きな, の奥, も鼻唄

▼ ぬ大判小判~ (4, 0.0%)

2 の波 1 が入, が入っ

▼ ぬ大名~ (4, 0.0%)

1 がなかなか, そだちでは, にそれぞれ, も多い

▼ ぬ大将~ (4, 0.0%)

1 である, なら私, よ, よと信長

▼ ぬ大敵~ (4, 0.0%)

1 が生れ, だのに, と知っ, への闘志

▼ ぬ天候~ (4, 0.0%)

1 である颱風来, の激変, の異変, を思いだすまい

▼ ぬ天然~ (4, 0.0%)

2 の風景 1 の美貌, の芳香

▼ ぬ太鼓~ (4, 0.0%)

2 の磨り, の鳴る

▼ ぬ奇異~ (4, 0.0%)

1 な場面, な物, な物象, の珍宝貨財眼

▼ ぬ奇縁~ (4, 0.0%)

1 か, があっ, じゃ, のよう

▼ ぬ女の子~ (4, 0.0%)

1 などの知った, は自分, よ, を苛む

▼ ぬ妙味~ (4, 0.0%)

2 がある 1 があった, など食

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 にまでも音沙汰, に席, のこの, の生命

▼ ぬ姫君~ (4, 0.0%)

1 がうれし, のよう, は中, をお

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 かしいもの, しい最明寺殿, の眼, を含ん

▼ ぬ嬰児~ (4, 0.0%)

1 だ, であった時, としてこの世, を失ひ

▼ ぬ子ら~ (4, 0.0%)

2 を思へ 1 の夢, を扶

▼ ぬ子孫~ (4, 0.0%)

1 が撰集, にまで遺ろう, はどこ, を思い

▼ ぬ孔明~ (4, 0.0%)

1 であった, に自分, の言葉, もこの

▼ ぬ安心~ (4, 0.0%)

2 して 1 せい, を得よう

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 であるから, のいつた, を風, 人生の

▼ ぬ実は~ (4, 0.0%)

1 それと, 貴殿の, 野尻の, 音楽の

▼ ぬ実在~ (4, 0.0%)

1 との関係如何, の人物, の他, を把握

▼ ぬ実感~ (4, 0.0%)

1 であ, と今一つ, のこもつた, を以てさながら

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 なぞにはかならず, に浮かし, の寒き, や春

▼ ぬ家々~ (4, 0.0%)

1 の生活, の背中同士差迫つた, もまだ, も多かっ

▼ ぬ家族~ (4, 0.0%)

2 の一人 1 の一員, の者

▼ ぬ容体~ (4, 0.0%)

1 でおわす, と為った, なり, のお

▼ ぬ密林~ (4, 0.0%)

1 です, に歩, の切磋琢磨, の奥

▼ ぬ寛容~ (4, 0.0%)

1 があるらしい, が示され, なよう, な声

▼ ぬ寝床~ (4, 0.0%)

1 に睡っ, のなか, の上, の側

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 さに, さよ, にてお, むべき

▼ ぬ小さき~ (4, 0.0%)

1 星, 柔ら手, 矜持をも, 身を

▼ ぬ小男~ (4, 0.0%)

1 が大きな, しばらくその, でして, にも六尺

▼ ぬ小説家~ (4, 0.0%)

1 なの, の数, はまア, は杖

▼ ぬ小額~ (4, 0.0%)

2 の金 1 だつた, であった

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 から割り込ん, の割目, 押せず柔順, 振り立てて

▼ ぬ屋敷~ (4, 0.0%)

1 にせよ, の前, へ参らぬ, へ奉公

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

2 ればとて 1 の目, の腕

▼ ぬ巨人~ (4, 0.0%)

1 になった, のやう, の化物, をその

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 に縄, をでも投げ懸けよう, をまい, をわざわざ

▼ ぬ平民~ (4, 0.0%)

3 は大道 1 の娘

▼ ぬ平静~ (4, 0.0%)

1 が湧い, な然し, を以て次の間, を以て答え得られた

▼ ぬ年齢~ (4, 0.0%)

2 である 1 になっ, を生き永らえ

▼ ぬ幻影~ (4, 0.0%)

1 になつ, に悩まれ, の幸福, も見

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 ないおまえ, な児, な子, な話

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 窓に, 里子の, 雅な, 龕に

▼ ぬ幽霊~ (4, 0.0%)

1 なりしかばさては, の仕業, の姿, の書物

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

4 に孔雀明王像

▼ ぬ弁解~ (4, 0.0%)

1 も少し, をし, をした, を呟き

▼ ぬ当時~ (4, 0.0%)

1 のこと, の知識青年小山内薫, の禅徒ら, は北国

▼ ぬ役人~ (4, 0.0%)

1 に至りまし, のほう, の妻, の態度

▼ ぬ役割~ (4, 0.0%)

1 におかれ, の作中人物, をもっ, を演じた

▼ ぬ御方~ (4, 0.0%)

1 じゃな, です, なり, のみのよう

▼ ぬ御用~ (4, 0.0%)

1 があった, だッ, のもの, をここ

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 物を, 笑みの, 醉機嫌の, 黯の

▼ ぬ心事~ (4, 0.0%)

1 であろう, とする, を疑はれ, を知つたの

▼ ぬ心底~ (4, 0.0%)

1 がまざ, です, なり先達て云, 必ず充分

▼ ぬ心掛~ (4, 0.0%)

1 が自然, すでに大時代, の若者, を以てした

▼ ぬ心細い~ (4, 0.0%)

1 こと夥しい, 事は, 声を, 次の

▼ ぬ必死~ (4, 0.0%)

1 な望み, の場合, の瀬戸際, の覚悟

▼ ぬ必然性~ (4, 0.0%)

1 があった, がなけれ, を意味, を有

▼ ぬ忍耐~ (4, 0.0%)

1 が必要, が要る, と忠実, をも必要

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 があるなら, で出, は知る, を持

▼ ぬ思案~ (4, 0.0%)

2 に身 1 の末, の果

▼ ぬ性慾~ (4, 0.0%)

1 だ, に身悶え, の對象, は恣

▼ ぬ怪しげ~ (4, 0.0%)

1 なる泣き声, な七五調, な服, な講演

▼ ぬ恐し~ (4, 0.0%)

1 い, い怖い, い苦痛, さの

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

2 に頭 1 を堪へた, を黒

▼ ぬ息子~ (4, 0.0%)

1 だ, として現れた, の帰宅, も息子

▼ ぬ悔い~ (4, 0.0%)

1 に打たれた, のなき, ばかり呶鳴, や憂い

▼ ぬ悪戯~ (4, 0.0%)

1 から御, がお, である, をしおった

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 の様子, みが, を何時, を思はし

▼ ぬ悲愁~ (4, 0.0%)

1 に襲, に襲われる, の響, を感

▼ ぬ情景~ (4, 0.0%)

1 である, なり気分, をぼんやり, を目撃

▼ ぬ想像~ (4, 0.0%)

1 ではない, にそれ, をえがい, をめぐらせ

▼ ぬ意思~ (4, 0.0%)

1 がなけれ, とはエネルギー, まで忖度, を明

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 とはおもう, な女, の口惜し, を演ずる

▼ ぬ慈悲~ (4, 0.0%)

1 である, のない, の仏, の精舎

▼ ぬ慰め~ (4, 0.0%)

1 だったの, などでまぎれる, を見出す, を鼓吹

▼ ぬ憤激~ (4, 0.0%)

21 がこんな, の情

▼ ぬ憾み~ (4, 0.0%)

2 がある 1 があった, があつ

▼ ぬ懸念~ (4, 0.0%)

1 に脅かされた, はいらぬ, は追いはらっ, を誘われた

▼ ぬ我等~ (4, 0.0%)

1 このたび, となりぬ, の生命, は

▼ ぬ手合~ (4, 0.0%)

1 があり, さえある, にやんわり, はない

▼ ぬ才媛~ (4, 0.0%)

2 は野蛮人 1 が多く, 多い

▼ ぬ損害~ (4, 0.0%)

1 であったが, を受けた, を受ける, を蒙っ

▼ ぬ支那人~ (4, 0.0%)

1 が二人パリ, が戰爭, ではない, の中華意識

▼ ぬ支障~ (4, 0.0%)

2 でフイ 1 が八五郎, を來

▼ ぬ敏捷さ~ (4, 0.0%)

1 でい, でその, で二三足横, に細君

▼ ぬ教師~ (4, 0.0%)

1 だつた, に一瞬間, の蔵書, を今度

▼ ぬ教養~ (4, 0.0%)

2 のある 1 の貧困, を受けた

▼ ぬ料理~ (4, 0.0%)

1 うで, がある, して, で粉食

▼ ぬ斯く~ (4, 0.0%)

1 て衆軍, と見, はかなき事, 式広を

▼ ぬ新九郎~ (4, 0.0%)

1 が永い, だが, の太刀, の身の上

▼ ぬ旅僧~ (4, 0.0%)

1 が来, で草, の姿, の手練

▼ ぬ旅行~ (4, 0.0%)

1 だそれ, であったわい, に疲れた, を企てる

▼ ぬ明智探偵~ (4, 0.0%)

1 そのひと, だったの, の出現, の助手

▼ ぬ時勢~ (4, 0.0%)

1 になつて, に向う, に順応, をとくと

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 と精力, にもはや, に疾く, を潰しました

▼ ぬ暖か~ (4, 0.0%)

1 さ, さでありました, さ親し, な懐かし

▼ ぬ暗夜~ (4, 0.0%)

1 にこれ, にする, の中, の道

▼ ぬ暗雲~ (4, 0.0%)

1 が漂っ, が立ち込め, の下, を未然

▼ ぬ朝ぼらけ潮~ (4, 0.0%)

4 もかなひぬ

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 完成な, 完成の, 感染兒童, 熟者

▼ ぬ未だ~ (4, 0.0%)

1 幼なく, 此上にも, 痛む身体, 追

▼ ぬ未来~ (4, 0.0%)

1 に響く, の, の日本, を楽しみ

▼ ぬ未練~ (4, 0.0%)

1 がある, な男, な黒吉, も出

▼ ぬ本心~ (4, 0.0%)

2 を見つめ 1 だつた, を知った

▼ ぬ本性~ (4, 0.0%)

1 がそれ, が大事, である, のひとつ

▼ ぬ本能~ (4, 0.0%)

1 があった, が芽, に引き止められ, の発露

▼ ぬ果実~ (4, 0.0%)

1 としてだれ, の健かさ, を夢みれ, を摘む

▼ ぬ柴木山~ (4, 0.0%)

4 も若

▼ ぬ栄三郎~ (4, 0.0%)

1 がそうやすやす, と世に, の苦しみ, は一つ

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

2 にしありけり 1 の実, の木

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 から黄, の姿, の雫巖, も心して

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 か何, のよう, の稽古, をもっ

▼ ぬ森林~ (4, 0.0%)

1 と広漠, の闇, の雄叫び, の香

▼ ぬ楽しい~ (4, 0.0%)

1 時だった, 気分を, 物語を, 生活それを

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

2 しさ 1 しい心持, の音

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 の室, の村, の花, の訪れ

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

2 し欲 1 に迷いし, は変

▼ ぬ款待~ (4, 0.0%)

2 をする, を受け

▼ ぬ正しい~ (4, 0.0%)

1 勇気を, 歩行であったでしょう, 源家の, 絵画を

▼ ぬ正成~ (4, 0.0%)

1 が全, とさえこの, のことば, の決意

▼ ぬ正月~ (4, 0.0%)

1 が來, が来た, なりしとは, 早々とて

▼ ぬ殺生~ (4, 0.0%)

1 なれど, をした, をする, をせね

▼ ぬ母子~ (4, 0.0%)

1 の愛情, の生活, の相似, は無理

▼ ぬ民衆~ (4, 0.0%)

2 の労作 1 の生活力, の自治組織そのもの

▼ ぬ気味悪~ (4, 0.0%)

2 さが 1 さで, さに

▼ ぬ水底~ (4, 0.0%)

21 の砂原, へ沈ん

▼ ぬ氷河~ (4, 0.0%)

1 から吹く, の亀裂, の割目, の底

▼ ぬ沈み~ (4, 0.0%)

3 ぬゆられけるを 1 ぬゆられけるは

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 がある, なり, を垂らし, を袖

▼ ぬ洋服~ (4, 0.0%)

1 でお, の客, の男, を着た

▼ ぬ洞窟~ (4, 0.0%)

1 がある, の中, の如く, の深み

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 に, に影, の面, の響き

▼ ぬ消息~ (4, 0.0%)

1 であった, であります, を待っ, を送っ

▼ ぬ深切~ (4, 0.0%)

1 と温い, なる者, な話, にし

▼ ぬ深海~ (4, 0.0%)

2 の潮 1 の, の水底

▼ ぬ演説~ (4, 0.0%)

1 をし, をした, をする, をわざわざ

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 である, です, なの, の一生

▼ ぬ漢語~ (4, 0.0%)

2 はすべて使 1 や新しい, を交ぜ

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 まや, 山吹, 情を, 紅椿

▼ ぬ濃い~ (4, 0.0%)

1 なぞでした, ニユアンスを, 煙を, 眉だけは

▼ ぬ濃霧~ (4, 0.0%)

1 がこの, だ, である, なので

▼ ぬ火事~ (4, 0.0%)

1 がある, が起った, が起つた, だ

▼ ぬ火急~ (4, 0.0%)

1 と伺っ, な大事, の事, の用事

▼ ぬ火鉢~ (4, 0.0%)

3 の灰 1 のふち

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 が入っ, の色, は青, やら関所

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

4 ふる西の宮

▼ ぬ熟睡~ (4, 0.0%)

1 ぞせまし, ということ, に耽っ, の最中

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 に於, に朝家諸国, に諏訪明神, は名

▼ ぬ犧牲~ (4, 0.0%)

1 の魂, を忍ん, を拂, を最も

▼ ぬ犯人~ (4, 0.0%)

1 がなけれ, と推定, の為, の証拠

▼ ぬ狂気~ (4, 0.0%)

2 の夜々 1 である所, と淫蕩

▼ ぬ独特~ (4, 0.0%)

1 な微笑, な才能, の持ち味, の錬金術

▼ ぬ狭い~ (4, 0.0%)

1 ところへ, 小島で, 庭へ, 道を

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

2 の群 1 のよう, の眼

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 らしい子供, らしい果実, らしい習俗, らしき物

▼ ぬ珍事~ (4, 0.0%)

1 が貞之進, でもが突発, なるを, に煮えくり返る

▼ ぬ生死~ (4, 0.0%)

2 の境 1 の覚悟, の運命

▼ ぬ生物~ (4, 0.0%)

1 があっ, なるもの, はない, を捕虜

▼ ぬ田居~ (4, 0.0%)

4 ばかりである

▼ ぬ留守~ (4, 0.0%)

1 にこの, に一寸, の袖, を其方達守つて呉

▼ ぬ畜生~ (4, 0.0%)

2 の分際 1 ではござりませぬ, 侮ツ

▼ ぬ異国~ (4, 0.0%)

1 の乙女, の人, の奴, の穿鑿

▼ ぬ疲れ~ (4, 0.0%)

1 がある, きつたす, をみせ, を感じる

▼ ぬ皮肉~ (4, 0.0%)

1 な微笑, な意味, らしいこと, を感じない

▼ ぬ目的~ (4, 0.0%)

1 が, は何辺, または強, を持っ

▼ ぬ真夜中~ (4, 0.0%)

1 に人, に堅い, に行うべき, のこと

▼ ぬ真暗~ (4, 0.0%)

1 なロンドン, な家, な穴, になった

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

2 には就いた 1 さを, に入ら

▼ ぬ矢代~ (4, 0.0%)

1 に疑問, のこと, の膝, は暫く

▼ ぬ神様~ (4, 0.0%)

1 のお蔭, の生誕, の街, や幸福

▼ ぬ私たち~ (4, 0.0%)

1 の足, の顔, は, は殆

▼ ぬ私自身~ (4, 0.0%)

1 であって, であつ, の気持, の経歴

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 が内儀さん, が生える, の嬰児, は生えん

▼ ぬ穀物~ (4, 0.0%)

1 に就い, の総称, をくすね, を好む

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 だ, であつ, です, で御

▼ ぬ空洞~ (4, 0.0%)

4 がいよいよ

▼ ぬ筈ぢ~ (4, 0.0%)

3 やない 1 や亭主

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 である, に吉蔵, をのみし, を期する

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

2 の中 1 のごとき, やら風呂敷

▼ ぬ糸子~ (4, 0.0%)

1 なり, に海, の目, の眼

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

2 振神々しく 1 はだ, 速さ

▼ ぬ素子~ (4, 0.0%)

1 であつ, の夢, の心, の破綻

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

2 の枝 1 の雲, を心して

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 と白, の色, は蒸しぬ, を悲しく

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

2 で縛られ 1 につながれ, を以て死骸

▼ ぬ罪業~ (4, 0.0%)

1 の人, の重, はない, を重ねし

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 である, と受け取った, にあっ, をお

▼ ぬ美しき~ (4, 0.0%)

1 ものを, 捕虜の, 日の, 町へ

▼ ぬ群集~ (4, 0.0%)

1 がまだ, ではあった, の流れ, も日本

▼ ぬ老女~ (4, 0.0%)

1 が石けん行商, が私, の幸蔵主, は入

▼ ぬ老爺~ (4, 0.0%)

1 がお, で火傷, の姿, の癖

▼ ぬ聖賢~ (4, 0.0%)

2 はない 1 はあ, はあっ

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

2 と腰 1 に舁きまいらせた, を推し

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 に, の低い, の痒い, の高い

▼ ぬ腑甲斐~ (4, 0.0%)

2 なさ 1 ない女, ない自分

▼ ぬ自分自身~ (4, 0.0%)

1 の態度, の目, の鼻, を見た

▼ ぬ臭い~ (4, 0.0%)

1 がする, が立ち昇っ, であろうと, 奴に

▼ ぬ臭気~ (4, 0.0%)

1 が鼻, は公衆, を放っ, を放つ

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 を催す, を添えた, を覺, 去らば

▼ ぬ色合~ (4, 0.0%)

2 になる 1 のせゐか, を呈し

▼ ぬ芸当~ (4, 0.0%)

1 じゃ, じゃのう, である, で時に

▼ ぬ若き~ (4, 0.0%)

2 女の 1 日の, 老いたる

▼ ぬ苦い~ (4, 0.0%)

1 日々を, 涙を, 経験を, 食物で

▼ ぬ苦勞~ (4, 0.0%)

1 がある, をし, をしたせゐ, を重ねた

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 が世に, で一つ我身, で嬉しい, で恩

▼ ぬ草花~ (4, 0.0%)

2 が霜枯れ 1 の使命, をだまつて

▼ ぬ荒磯~ (4, 0.0%)

21 に怒, はたちまち

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

2 をからげ 1 をば負わされ, を宮廷

▼ ぬ薄い~ (4, 0.0%)

1 筐様の, 紫色の, 霧が, 黄の

▼ ぬ虚無~ (4, 0.0%)

1 がある, とのため, にとらわれた, の街

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 かな, がない, の大群, の音

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 にて易行往生, ひが, ひは, を正しく

▼ ぬ行い~ (4, 0.0%)

1 があった, などすべて, をし, を仕事

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 のそ, は誰, をば着せん, を着た

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 の玄関, の色, 小使である, 道具の

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 にピピーッ, に人, に女, に機体

▼ ぬ見識~ (4, 0.0%)

1 か或いは, がない, だから, をもつ

▼ ぬ視線~ (4, 0.0%)

1 だ, であたり, を前後左右, を走らせ

▼ ぬ観念~ (4, 0.0%)

1 であった, であります, なの, の

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

3 の質屋 1 の笛

▼ ぬ解釈~ (4, 0.0%)

2 である 1 さえある, はこういう

▼ ぬ言語~ (4, 0.0%)

2 や擧動 1 を哺育, を話し

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 の心持, もある, をし, 畫が

▼ ぬ記憶~ (4, 0.0%)

1 になっ, の流れ, を刻み付けられ, を歴史

▼ ぬ話題~ (4, 0.0%)

1 から思はぬ, だった, なの, をすぐ

▼ ぬ認識~ (4, 0.0%)

1 が混合, というもの, という機能, の一部分

▼ ぬ誤り~ (4, 0.0%)

1 である, より遥か, を正, を犯し

▼ ぬ説明~ (4, 0.0%)

2 である, を用い

▼ ぬ論理~ (4, 0.0%)

1 か知らぬ, と実際, の最も実際, ばかりの世界

▼ ぬ謙虚~ (4, 0.0%)

2 な人柄 1 な動物, や自信

▼ ぬ議論~ (4, 0.0%)

2 をした 1 になる, の間

▼ ぬ負担~ (4, 0.0%)

1 だつたの, でありました, の思ひ, を持っ

▼ ぬ財産~ (4, 0.0%)

1 の一部, の買手, をこしらえ, をもらった

▼ ぬ貨物~ (4, 0.0%)

1 なり, の全量, の生産, を輸出

▼ ぬ貴人~ (4, 0.0%)

2 の顏, の顔

▼ ぬ費用~ (4, 0.0%)

1 に至っ, も必要, をかけ, を投じた

▼ ぬ趣味~ (4, 0.0%)

2 のもの 1 となる, 臭さ

▼ ぬ路傍~ (4, 0.0%)

1 で悟浄, で起りました, の人, の草

▼ ぬ身扮~ (4, 0.0%)

1 と違っ, と違つて, につ, につつんだ

▼ ぬ辛抱~ (4, 0.0%)

1 するが, だと, を余儀なく, を気長

▼ ぬ農民~ (4, 0.0%)

1 があれ, と商人, のこと, は問題

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 から乗ぜられる, にあった, に六畳, に春

▼ ぬ返辞~ (4, 0.0%)

2 をし 1 をすれ, を投げた

▼ ぬ迷い~ (4, 0.0%)

1 が湧い, のうち, は, を

▼ ぬ速度~ (4, 0.0%)

1 があった, で発射, で空, を以て伸び

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 が思わぬ, と諦められい, り合せ, をさ

▼ ぬ運動~ (4, 0.0%)

1 であること, の転回, をした, を企てまする

▼ ぬ過失~ (4, 0.0%)

1 なりしと, の一つ, の罪悪感, を引き起こす

▼ ぬ道徳~ (4, 0.0%)

1 のアプリオリ, の学, の方, を壞

▼ ぬ道草~ (4, 0.0%)

1 で時間, をくつ, を喰っ, を食っ

▼ ぬ達者~ (4, 0.0%)

1 が何で, でございます, なシレ者, な兵士

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 かなもの, かなる, かな山, かの後

▼ ぬ遠方~ (4, 0.0%)

1 のさ, の人, へ追放, へ逝きぬ

▼ ぬ遥か~ (4, 0.0%)

1 なるもの, な契り, の後, 裏門までの

▼ ぬ遺産~ (4, 0.0%)

1 がある, を受継いだ, を残した, を残す

▼ ぬ郡村~ (4, 0.0%)

4 に地割り

▼ ぬ郷愁~ (4, 0.0%)

1 があるで, が喰らいつい, が喰らひつ, のよう

▼ ぬ都会~ (4, 0.0%)

1 と後, のこと, の勤め人, の家庭生活

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 が云わせた, が出, のため, の案ぜられ

▼ ぬ金持~ (4, 0.0%)

1 と為っ, の知人, の養子, らしい

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 があつ, でげす, となっ, をふいた

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 で迚, をその, を出し, を襟

▼ ぬ阿呆~ (4, 0.0%)

1 というわけ, どうせ阿呆, らしい喜劇, 同じ阿呆

▼ ぬ限り農村~ (4, 0.0%)

2 に本質的, の魂

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 へ行き, を投げ, 微の, 然たる

▼ ぬ陰影~ (4, 0.0%)

2 のなか 1 のかげ, をよどませ

▼ ぬ陽気~ (4, 0.0%)

1 な座敷, な掛け声, な若い, な調子

▼ ぬ陽炎~ (4, 0.0%)

2 の東 1 の燃える, を踏み潰した

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 ではない, を慕う, 蜂は, 辯です

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

4 に有

▼ ぬ雑沓~ (4, 0.0%)

1 が始まった, だった, で悪く, をそして

▼ ぬ雑誌~ (4, 0.0%)

1 が欲しい, であるから, に育て上げた, の校正

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 がなけれ, 事業で, 作業だった, 義現在の

▼ ぬ雰囲気~ (4, 0.0%)

1 がすでに, と醸しいだす, のない, の無い

▼ ぬ電光~ (4, 0.0%)

2 の疾し 1 の様, の樣

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

2 ながら月 1 が平原, に覆いつくされた

▼ ぬ青二才~ (4, 0.0%)

1 だった, だよ, でたのしく, に一身

▼ ぬ面目~ (4, 0.0%)

1 ない話, にかかずらっ, のない, を感じ

▼ ぬ音楽~ (4, 0.0%)

1 に対する愛情, の中, をした, を何故

▼ ぬ順序~ (4, 0.0%)

1 である, となつ, になっ, になった

▼ ぬ顔立~ (4, 0.0%)

2 であった 1 だが, の中

▼ ぬ風体~ (4, 0.0%)

1 である, で現れた, の変, の男

▼ ぬ風俗~ (4, 0.0%)

1 が出来上る, で恐らく, にあく, をした

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 が其の, は食め, を喰, を生活一切頓著

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

3 である 1 を彼女

▼ ぬ駄洒落~ (4, 0.0%)

1 だ本当に, に欠伸, を振りまわし, を飛ばし

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 が舎利, を折っ, を折った, を折らせる

▼ ぬ高価~ (4, 0.0%)

1 い炭, な商品, な茶器, な金額

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 かなしいこと, の出現, の存在, の客

▼ ぬ魔力~ (4, 0.0%)

1 と云う, にまだ, によって彼ら, をもっ

▼ ぬ魔物~ (4, 0.0%)

1 のこと, のよう, を, をはなれ

▼ ぬ~ (4, 0.0%)

1 が頻, ぞしみ, のうた, を養成

▼ ぬあつ~ (3, 0.0%)

1 かいを, ぱれの, んぼ

▼ ぬあなたさま~ (3, 0.0%)

1 とはなん, のお, のこと

▼ ぬあやしい~ (3, 0.0%)

1 力は, 家の, 家へ

▼ ぬあれこれ~ (3, 0.0%)

1 と迷, ばかりかと思われた, を

▼ ぬいつ~ (3, 0.0%)

1 でも御, までつづく, までなりと逗留

▼ ぬいつも~ (3, 0.0%)

1 の時刻, の癖, 同じき存在

▼ ぬいわば~ (3, 0.0%)

1 下手もの, 人殺しの, 敵方の

▼ ぬうえ~ (3, 0.0%)

1 にまして, に乳呑児, に聯合組

▼ ぬうすい~ (3, 0.0%)

1 感じと, 線が, 膜と

▼ ぬうら若い~ (3, 0.0%)

1 女性だった, 求学者の, 求學者の

▼ ぬおだやか~ (3, 0.0%)

1 なところ, な日, な調子

▼ ぬおもい~ (3, 0.0%)

1 にとざされた, もある, 川恋わたる

▼ ぬお前さん~ (3, 0.0%)

1 でなくては, はどうせ, は粂

▼ ぬお前一人~ (3, 0.0%)

3 でお

▼ ぬお力~ (3, 0.0%)

2 など 1 などと名ばかり

▼ ぬお客~ (3, 0.0%)

1 じゃけにのう, の顔さ, の黒ソフト

▼ ぬかくして~ (3, 0.0%)

1 一週間も, 二を, 時も

▼ ぬかとさえ~ (3, 0.0%)

1 危ぶまれる, 歎息し, 考えた

▼ ぬかにと~ (3, 0.0%)

1 する道筋, 続いた語, 言ふ

▼ ぬからな~ (3, 0.0%)

1 そのつもり, ア, ア彼奴が

▼ ぬがか~ (3, 0.0%)

2 ような 1 閑山から

▼ ぬがという~ (3, 0.0%)

1 ことで, 意味は, 挨拶を

▼ ぬがな~ (3, 0.0%)

1 お前, 藪紋太郎には, 装束が

▼ ぬがめつけ物~ (3, 0.0%)

3 なれど

▼ ぬがんりき~ (3, 0.0%)

2 の百 1 の百蔵

▼ ぬきつい~ (3, 0.0%)

1 お叱りで, 色どりで, 苦痛な

▼ ぬきのふ~ (3, 0.0%)

3 も植村

▼ ぬきみ~ (3, 0.0%)

2 の悪い 1 をつき出され

▼ ぬくま~ (3, 0.0%)

1 なしされど, なした, もない

▼ ぬぐひ~ (3, 0.0%)

1 の皮, を取り出し, 去られて

▼ ぬぐひ長提燈賽ころ~ (3, 0.0%)

3 振る事

▼ ぬぐらいに~ (3, 0.0%)

1 付けると, 思って, 肩と

▼ ぬけさかげん~ (3, 0.0%)

1 がお, とき, に自分

▼ ぬけど~ (3, 0.0%)

1 が女, 大問題, 確かに

▼ ぬけども~ (3, 0.0%)

1 が洋上, 世間多くの, 鎌の

▼ ぬこぐら~ (3, 0.0%)

3 かつた

▼ ぬこそを~ (3, 0.0%)

2 かしけれ思ひの 1 かしけれ教法

▼ ぬことだらけ~ (3, 0.0%)

1 だ, なの, なら自分

▼ ぬこと今日~ (3, 0.0%)

1 は乱れる, までは信濃, 突然貴様

▼ ぬこと家~ (3, 0.0%)

3 に居る

▼ ぬこと彼~ (3, 0.0%)

1 が人間, の人格, は今度

▼ ぬこと普通~ (3, 0.0%)

1 にいう, の処女, の土

▼ ぬこと甚~ (3, 0.0%)

2 しい 1 しいが

▼ ぬこと等~ (3, 0.0%)

1 やまた, を命ぜられた, を説い

▼ ぬさすが~ (3, 0.0%)

1 に彼女, に母, の田中

▼ ぬさと~ (3, 0.0%)

1 ちりか, 名にこそ, 訓べし

▼ ぬさの~ (3, 0.0%)

1 おひ, 引く手あまたに, 系統には

▼ ぬさまざま~ (3, 0.0%)

1 な仕事, の妄想, の理解

▼ ぬざわめき~ (3, 0.0%)

1 があがりました, が立ち昇っ, が起った

▼ ぬしかして~ (3, 0.0%)

1 たとへば朝, われこれとともに, 最近に

▼ ぬしとの~ (3, 0.0%)

1 一つ暮しも, 手合わせ久しぶりだ, 番人にも

▼ ぬしとも~ (3, 0.0%)

1 お別れじゃ, 見えたり, 言へる

▼ ぬしの名~ (3, 0.0%)

1 は有名, をか得め, を他

▼ ぬしの家~ (3, 0.0%)

1 とわし, へ行つた, も店

▼ ぬしや~ (3, 0.0%)

2 誰れ 1 おれたちは

▼ ぬしんみり~ (3, 0.0%)

1 した口調, した声, と安らか

▼ ぬすさまじい~ (3, 0.0%)

1 剣気を, 印象を, 形相を

▼ ぬずっと~ (3, 0.0%)

2 前から 1 このごろ宮は

▼ ぬその間~ (3, 0.0%)

1 に, にまた, 通る

▼ ぬそれだけ~ (3, 0.0%)

1 お聞き申せ, はよく, は止めろ

▼ ぬそれでも~ (3, 0.0%)

1 汗に, 汗にな, 結局の

▼ ぬそれほど~ (3, 0.0%)

1 も悪い, も私, をもっ

▼ ぬそれゆえ~ (3, 0.0%)

1 これからは, にモウ一度, に何

▼ ぬそれら~ (3, 0.0%)

1 の場合, の正体, の者

▼ ぬぞへと~ (3, 0.0%)

3 諫め立てる

▼ ぬぞや~ (3, 0.0%)

1 よしや汝, 疲労が, 迚夫より

▼ ぬだけでも~ (3, 0.0%)

1 ふところ手を, 余の, 骨が

▼ ぬつい~ (3, 0.0%)

1 こないだの, そこな, 忙しいもの

▼ ぬとかの~ (3, 0.0%)

1 区別は, 問題も, 心配は

▼ ぬとが~ (3, 0.0%)

1 お能, 二通りの, 他人の

▼ ぬとこう~ (3, 0.0%)

1 思うと, 言う方々, 論駁した

▼ ぬとすら~ (3, 0.0%)

2 言はれ 1 思われた

▼ ぬともかく~ (3, 0.0%)

1 も福島, も親方様, 鳳凰の

▼ ぬとや~ (3, 0.0%)

1 君が, 夫は, 我心あたりの

▼ ぬどうか~ (3, 0.0%)

1 厄介を, 心に, 明日に

▼ ぬどうしても~ (3, 0.0%)

1 か, 観音の, 逃げ出したに

▼ ぬなが~ (3, 0.0%)

1 しめを, 夢の, 紅ぞ

▼ ぬなつかしい~ (3, 0.0%)

1 何人かを, 想像に, 憧憬を

▼ ぬなともも~ (3, 0.0%)

3 ゆらに

▼ ぬなどとも~ (3, 0.0%)

1 いうの, 大言を, 私は

▼ ぬなはの~ (3, 0.0%)

1 枯る, 花の, 若芽掻きよせ

▼ ぬなんぞと~ (3, 0.0%)

1 あなたの, 自慢する, 言ました

▼ ぬなんど~ (3, 0.0%)

1 と, と主張, の物語

▼ ぬにおいては~ (3, 0.0%)

1 この宮中, 庄屋を, 立ちどころにその

▼ ぬにては~ (3, 0.0%)

1 あらざりき, なけれど, なけれども

▼ ぬのう~ (3, 0.0%)

2 お身たち 1 ご兄妹

▼ ぬのっそり~ (3, 0.0%)

1 に大切, に謝罪ら, の憎

▼ ぬはげし~ (3, 0.0%)

1 さが, さだった, さで

▼ ぬはじめ~ (3, 0.0%)

3 の中

▼ ぬはめ~ (3, 0.0%)

2 に立ち到る 1 に至ります

▼ ぬひぐらし~ (3, 0.0%)

2 のなく 1 の声

▼ ぬひさむ我~ (3, 0.0%)

3 れが

▼ ぬひも~ (3, 0.0%)

1 がとかれた, のする, をくりだし

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 の光, 哭く, 泣きたり

▼ ぬふぐり~ (3, 0.0%)

1 がその, の花, やはこべ

▼ ぬべつ~ (3, 0.0%)

1 な, な女性, な離反者

▼ ぬぼんやり~ (3, 0.0%)

1 した所, した明るみ, した薄

▼ ぬまあ~ (3, 0.0%)

1 約束を, 聞いて, 話半分と

▼ ぬまっ~ (3, 0.0%)

3 くらな

▼ ぬまったく~ (3, 0.0%)

1 の我流, の明盲, 不思議な

▼ ぬまね~ (3, 0.0%)

3 して

▼ ぬまま彼~ (3, 0.0%)

1 は長い, は階段, も自分

▼ ぬまるで~ (3, 0.0%)

1 幼児の, 悪魔の, 締め殺される様

▼ ぬまんま~ (3, 0.0%)

3

▼ ぬまア~ (3, 0.0%)

1 呉服屋などで, 少し様子, 随分大きな

▼ ぬみどり子~ (3, 0.0%)

1 が, がというところ, を

▼ ぬむずかしい~ (3, 0.0%)

1 ことばかりを, 旅であっ, 立場に

▼ ぬむつかしい~ (3, 0.0%)

1 事を, 問題である, 顔に

▼ ぬもう少し~ (3, 0.0%)

1 お聞かせ下さいまし, の辛抱, 親不孝を

▼ ぬものこれ~ (3, 0.0%)

1 ほど悲惨, も三歳以下, も貴殿

▼ ぬものすごい~ (3, 0.0%)

1 さけび声, ひびきでした, 洞穴の

▼ ぬもののふ~ (3, 0.0%)

1 が必要, にこの, の八十

▼ ぬもはや~ (3, 0.0%)

2 前進する 1 関わぬ此

▼ ぬやう自分~ (3, 0.0%)

3 に言

▼ ぬやがて~ (3, 0.0%)

2 は明治 1 参れ

▼ ぬやるせな~ (3, 0.0%)

1 さに, さの, さを

▼ ぬゆゑ可愛想~ (3, 0.0%)

3 とも思ふ

▼ ぬようす~ (3, 0.0%)

1 で, でこたえる, でご

▼ ぬようソッ~ (3, 0.0%)

1 とあと, とその, と車

▼ ぬよう心~ (3, 0.0%)

1 に掛け, をつかい, 懸けて

▼ ぬよう眼~ (3, 0.0%)

1 をくばり, をはなたず, 立たぬよう

▼ ぬよう自分~ (3, 0.0%)

1 で読み直す, に言い聞かせる, もまた

▼ ぬよく~ (3, 0.0%)

1 世間に, 御存じ上げ, 調べて

▼ ぬよし級~ (3, 0.0%)

3 は上

▼ ぬよそ~ (3, 0.0%)

1 の子, の子猫, ほひしつ

▼ ぬよって~ (3, 0.0%)

1 この不浄, 多一さん, 被告人は

▼ ぬよと~ (3, 0.0%)

1 云って, 冗談の, 素ッ気なく

▼ ぬよりも~ (3, 0.0%)

1 こッちの方が, やった方, 老鋪代や

▼ ぬらく~ (3, 0.0%)

1 のすが, の安し, は玉

▼ ぬわがまま~ (3, 0.0%)

1 な処女, な山家者, な處女

▼ ぬわとて~ (3, 0.0%)

2 連れらる 1 連れらるる

▼ ぬわれら~ (3, 0.0%)

1 でないわ, のあいきょう男伝六, を見

▼ ぬをの~ (3, 0.0%)

3 のき

▼ ぬをも~ (3, 0.0%)

1 云ふ, 自然ならしめき, 覚りて

▼ ぬを以て~ (3, 0.0%)

1 也, 即ち事業, 吾等の

▼ ぬアイヌ~ (3, 0.0%)

2 の悲哀 1 が住

▼ ぬアパート~ (3, 0.0%)

1 に住ん, のこと, の部屋

▼ ぬアメリカ~ (3, 0.0%)

2 の兵隊 1 の最も

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 と出る, と立った, と首

▼ ぬハメ~ (3, 0.0%)

1 になる, に陥っ, に陥り

▼ ぬバカ~ (3, 0.0%)

1 である, なところ, 歌だ

▼ ぬフリーダ~ (3, 0.0%)

1 からじゃありません, だけにあこがれ, であるという

▼ ぬモウ~ (3, 0.0%)

3 いひませぬ決して

▼ ぬヴァイオリン~ (3, 0.0%)

1 が壁, のこと, の名器

▼ ぬーッ~ (3, 0.0%)

1 ともちあがった, と入っ, と出し

▼ ぬ一ふし哀れ~ (3, 0.0%)

3 も深く

▼ ぬ一人旅~ (3, 0.0%)

1 に出, に出立, をし

▼ ぬ一冊~ (3, 0.0%)

1 だけ持っ, の古手帳, の歌集

▼ ぬ一刻~ (3, 0.0%)

2 も早く 1 の揉み合いであった

▼ ぬ一室~ (3, 0.0%)

1 ではある, にい, に吉保

▼ ぬ一座~ (3, 0.0%)

1 の上, の人々, の大

▼ ぬ一式小一郎~ (3, 0.0%)

1 であった, でピッタリ, で口先

▼ ぬ一抹~ (3, 0.0%)

1 の凄, の愁い, の雲

▼ ぬ一旦~ (3, 0.0%)

1 中津川へ, 思い捨つる上, 思ひ捨つる上

▼ ぬ一本~ (3, 0.0%)

1 の剣, の扇, の草

▼ ぬ一歩~ (3, 0.0%)

1 あやまてば, でも下, を引き留めた

▼ ぬ一物~ (3, 0.0%)

1 ではない, となっ, に刺された

▼ ぬ丁度~ (3, 0.0%)

1 いい大きさ, そこに, 毒薬を

▼ ぬ七日~ (3, 0.0%)

3 の朝

▼ ぬ三年~ (3, 0.0%)

2 なりとも 1 の月日

▼ ぬ三男~ (3, 0.0%)

2 の雄三 1 の佐殿

▼ ぬ上手~ (3, 0.0%)

1 と成し, な話し方, に太く

▼ ぬ下手人~ (3, 0.0%)

1 に正面, の証拠, を登場

▼ ぬ不安さ~ (3, 0.0%)

1 にこの, に呼吸, よ

▼ ぬ不愉快さ~ (3, 0.0%)

1 をどう, を彼, を覚えた

▼ ぬ不意~ (3, 0.0%)

1 な出来事, な熱情, の聲

▼ ぬ不義~ (3, 0.0%)

1 につい, は霧島京弥, をいどみかけ

▼ ぬ不足~ (3, 0.0%)

1 の全量, もいはず, を補

▼ ぬ世に~ (3, 0.0%)

1 なつた, なつて, 無用の

▼ ぬ中途半端~ (3, 0.0%)

1 なもの, な存在, な彼

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 で手品, に, の上

▼ ぬ丸木~ (3, 0.0%)

1 であった, であったの, の杖

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 といふ, といふ問題, 旨いから

▼ ぬ乳母たちさ~ (3, 0.0%)

3 へ腹

▼ ぬ了簡~ (3, 0.0%)

1 にて谷中, 成ん其心, 据えた

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 なればこそ, は数年前堺枯川, は洋杖

▼ ぬ争い~ (3, 0.0%)

1 が有っ, でもした, はやめ

▼ ぬ事おの~ (3, 0.0%)

2 づから其中 1 づから

▼ ぬ事がら~ (3, 0.0%)

1 だから, である, にまで私

▼ ぬ事小半時~ (3, 0.0%)

3 坐には

▼ ぬ二十三日~ (3, 0.0%)

2 の午剋 1 の昼頃

▼ ぬ二重~ (3, 0.0%)

1 の想い, の爽快感, の蝶

▼ ぬ五日六日~ (3, 0.0%)

3 と家

▼ ぬ些細~ (3, 0.0%)

1 な問題, な突發的, のこと

▼ ぬ交わり~ (3, 0.0%)

1 して, もなし, をし

▼ ぬ人となり~ (3, 0.0%)

1 なんこと, ぬ, ぬべきかな

▼ ぬ人今~ (3, 0.0%)

3 詫びたからとて

▼ ぬ人気~ (3, 0.0%)

1 だ, というもの, のない

▼ ぬ人波~ (3, 0.0%)

2 にもまれ 1 にのまれ

▼ ぬ人種~ (3, 0.0%)

1 になっ, は悲惨, もある

▼ ぬ人立ち~ (3, 0.0%)

1 がし, で, の中

▼ ぬ人馬~ (3, 0.0%)

1 が騒, の霊, を蔽いつつんだ

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 っぽい大, とは存じ, の血

▼ ぬ仇敵~ (3, 0.0%)

1 だ, とまで世上, の詐術

▼ ぬ今夜~ (3, 0.0%)

1 こそは, は玉子酒, も彼是

▼ ぬ今宵~ (3, 0.0%)

2 かな 1 を埋

▼ ぬ仕組~ (3, 0.0%)

1 でありましょう, になっ, を覺つた

▼ ぬ令孃~ (3, 0.0%)

1 に憎く, の殊に, は大方

▼ ぬ任務~ (3, 0.0%)

2 を感じ 1 がいつの

▼ ぬ企て~ (3, 0.0%)

1 がある, が台聴, なの

▼ ぬ伊賀~ (3, 0.0%)

1 の暴れん, の暴れン坊, の源三郎

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 でござるが, の幹事, へ東

▼ ぬ会社~ (3, 0.0%)

1 なもの, のこと, の重役

▼ ぬ伝統~ (3, 0.0%)

1 の桎梏, の深, の綱

▼ ぬ位お袋~ (3, 0.0%)

3 は時たま

▼ ぬ低い~ (3, 0.0%)

1 叫び声を, 声で, 家に

▼ ぬ佐太郎~ (3, 0.0%)

1 が阿, のみさき, は二度

▼ ぬ何より~ (3, 0.0%)

2 の証拠 1 の證據

▼ ぬ何ん~ (3, 0.0%)

1 でも, といういとしい, の放します

▼ ぬ何人~ (3, 0.0%)

1 かの人々, かを關係, が通信

▼ ぬ余り~ (3, 0.0%)

1 の事, 可笑い, 癪に

▼ ぬ価値~ (3, 0.0%)

1 はたしか, をもっ, を有

▼ ぬ信さん~ (3, 0.0%)

2 は背 1 は脊

▼ ぬ信長~ (3, 0.0%)

1 という奴, なの, を物

▼ ぬ修羅場~ (3, 0.0%)

1 である, になる, は砲声剣光

▼ ぬ俳句~ (3, 0.0%)

1 はその, を作り申した, を考え

▼ ぬ個処~ (3, 0.0%)

1 が存外, に出会す, はあ

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 すなわち成長, の人, の方

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 と袂, の白ゆき往來, をさし

▼ ぬ傲慢~ (3, 0.0%)

1 であるが, な半四郎師匠, の精神

▼ ぬ傲慢さ~ (3, 0.0%)

1 が彼, が随時, だとか

▼ ぬ傷口~ (3, 0.0%)

1 が合わぬ, の痛み, を押え

▼ ぬ僅少~ (3, 0.0%)

1 の事, の親しき, の金一封

▼ ぬ價値~ (3, 0.0%)

2 はたしか 1 がある

▼ ぬ優雅~ (3, 0.0%)

1 なところ, な言葉, な音

▼ ぬ兄弟~ (3, 0.0%)

1 が鼻面, の情, は白虎山

▼ ぬ光子~ (3, 0.0%)

1 だが, の御方, も文彦

▼ ぬ兎角~ (3, 0.0%)

1 いふうち, するうち新築, は貧

▼ ぬ全盛~ (3, 0.0%)

3 をうらなひ

▼ ぬ全裸~ (3, 0.0%)

1 な若い, の肢体, の豊満

▼ ぬ共通~ (3, 0.0%)

1 があった, な, のコース

▼ ぬ其中~ (3, 0.0%)

1 と櫛笄, に多く, に水

▼ ぬ内気~ (3, 0.0%)

1 なもの, な人, な娘

▼ ぬ再び~ (3, 0.0%)

1 おん目にか, 蝋燭を, 諸

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 い男, い風, き湿気

▼ ぬ冷た~ (3, 0.0%)

1 さから, さが, さを

▼ ぬ凄まじ~ (3, 0.0%)

2 さです 1 い死に

▼ ぬ出来ごと~ (3, 0.0%)

1 がつづい, のため, らしく誰か

▼ ぬ出現~ (3, 0.0%)

1 にすっかり, の正し, はマン

▼ ぬ初め~ (3, 0.0%)

2 は我 1 より

▼ ぬ初恋~ (3, 0.0%)

21

▼ ぬ制度~ (3, 0.0%)

1 が更に, の起源, をとった

▼ ぬ剛気~ (3, 0.0%)

1 なはつきり, の丈夫, の胆力

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 で打たせ給うた, の光, 斬らぬ腕

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 ふるに, 之なほそれ, 之禪宗

▼ ぬ助力~ (3, 0.0%)

1 をおしまれなかった, を呼び出す, を得

▼ ぬ労働者~ (3, 0.0%)

1 が多く, と駆け落ち, はない

▼ ぬ勇士~ (3, 0.0%)

1 たれ, に世, の態度

▼ ぬ動作~ (3, 0.0%)

1 でその, とひびく, に李子

▼ ぬ匂い~ (3, 0.0%)

1 がある, といったよう, をオレ

▼ ぬ包み~ (3, 0.0%)

2 の中 1 のよう

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

2 である 1 にあたっておる

▼ ぬ十八九~ (3, 0.0%)

2 の賢 1 の色白

▼ ぬ十兵衛~ (3, 0.0%)

1 だんだんと, には口, の答え

▼ ぬ南方~ (3, 0.0%)

1 の佛教徒, の小禽, の蛮人

▼ ぬ単なる~ (3, 0.0%)

2 言葉や 1 才能や

▼ ぬ博士~ (3, 0.0%)

1 であるから, の御, を苦しめる

▼ ぬ卯平~ (3, 0.0%)

1 の前, の狹, の目

▼ ぬ印度人~ (3, 0.0%)

1 がその, だし, はかわいそう

▼ ぬ危急~ (3, 0.0%)

1 から顎十郎, となった, の状景

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 と恥づる, にかがやき, の底

▼ ぬ原則~ (3, 0.0%)

1 として樹立, となつ, の第

▼ ぬ厳し~ (3, 0.0%)

1 さが, さである, さを

▼ ぬ厳重~ (3, 0.0%)

1 な取調べ, な調査, な警備

▼ ぬ反省~ (3, 0.0%)

1 となまぬるい, もあり, や検討

▼ ぬ反逆~ (3, 0.0%)

1 の塊, を潜在意識, を試みた

▼ ぬ口実~ (3, 0.0%)

1 を作, を捜し出し, を造つて

▼ ぬ口説~ (3, 0.0%)

2 にのりだす 1 でいった

▼ ぬ口論~ (3, 0.0%)

1 でよかっ, はやめろ, をする

▼ ぬ叫声~ (3, 0.0%)

1 がし, をあげ, を挙げ

▼ ぬ召使~ (3, 0.0%)

1 の女, ひに, を立ち去らせた

▼ ぬ可笑し~ (3, 0.0%)

1 さが, さと, さを

▼ ぬ同時に~ (3, 0.0%)

1 エドモンズ夫人にも, 我々は, 頼もしい見物

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 が名主様, は何でも, も多から

▼ ぬ吹雪~ (3, 0.0%)

1 のため, の荒野, を衝い

▼ ぬ吾が~ (3, 0.0%)

1 児の, 哀れ老い, 夫よ

▼ ぬ吾子~ (3, 0.0%)

1 の頬, の魂, よいそ

▼ ぬ吾輩~ (3, 0.0%)

1 がこの, の関知, は一策

▼ ぬ告げ口~ (3, 0.0%)

2 しや 1 をする

▼ ぬ周到~ (3, 0.0%)

1 といわね, なる吟味, な計画

▼ ぬ呪文~ (3, 0.0%)

1 のよう, めいた合図, を高らか

▼ ぬ味わい~ (3, 0.0%)

1 がある, の深い, をいろいろ

▼ ぬ味気~ (3, 0.0%)

2 なさ 1 無い姿

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

2 をした 1 をし

▼ ぬ咽喉~ (3, 0.0%)

1 の中, の方, を聞かす

▼ ぬ品位~ (3, 0.0%)

1 があり, がある, なるもの

▼ ぬ哲学~ (3, 0.0%)

2 のある 1 を呟く

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 なりき, ひを, をも設けたるなり

▼ ぬ啓示~ (3, 0.0%)

1 のある, は絶対, や発見

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 の空想, はあり, は最も

▼ ぬ善人~ (3, 0.0%)

1 で主人, で本多, で通った

▼ ぬ喜劇~ (3, 0.0%)

1 が現れ, の主人公, をお

▼ ぬ喜悦~ (3, 0.0%)

1 のため, の情, の色

▼ ぬ嗚呼~ (3, 0.0%)

1 哀哉, 小さな嗚呼, 艶福なる

▼ ぬ器量~ (3, 0.0%)

1 があり, が一生, なしの

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

2 しさ 1 しい調子

▼ ぬ団員~ (3, 0.0%)

2 があった 1 の生命

▼ ぬ国家~ (3, 0.0%)

1 ならば, なるもの, のため

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 の, の木, の牡丹

▼ ぬ地下~ (3, 0.0%)

1 の人, の暗室, の花火係

▼ ぬ地歩~ (3, 0.0%)

2 を占め 1 を貞奴

▼ ぬ地面~ (3, 0.0%)

1 の上, の湿, をたくさん

▼ ぬ坊さん~ (3, 0.0%)

1 がいる, は言葉, も居た

▼ ぬ境内~ (3, 0.0%)

1 ではある, のこと, のことゆゑ

▼ ぬ境界~ (3, 0.0%)

1 に堕ちた, に置かれたかれ, の一線

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 のあと, のよう, の痕

▼ ぬ士官~ (3, 0.0%)

1 おしなされ, はお, はおおむね

▼ ぬ売薬~ (3, 0.0%)

2 を売り付ける 1 に目

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 があちこち, がいくつ, の中

▼ ぬ変事~ (3, 0.0%)

1 が次, じゃすぐ, に相違

▼ ぬ多数~ (3, 0.0%)

1 の人, の名, の少年

▼ ぬ夜光虫~ (3, 0.0%)

1 の光, の光り, の発する

▼ ぬ夜空~ (3, 0.0%)

1 がある, に愛用, の谺

▼ ぬ大丈夫~ (3, 0.0%)

1 が医師, の態度, 歩いて

▼ ぬ大人~ (3, 0.0%)

1 とてはない, の真似, をあわれむ

▼ ぬ大人物~ (3, 0.0%)

2 で司法大臣 1 やら小

▼ ぬ大家~ (3, 0.0%)

1 として扱, になりました, のお嬢さん

▼ ぬ大役~ (3, 0.0%)

1 がある, でございます, の頼み

▼ ぬ大樹~ (3, 0.0%)

1 のた, のたわわ, 黄いろくもみぢ

▼ ぬ大海~ (3, 0.0%)

1 が広々, で汐, を漂浪

▼ ぬ大胆~ (3, 0.0%)

1 なこと, な場面, な物腰

▼ ぬ大袈裟~ (3, 0.0%)

3 な美し

▼ ぬ大阪~ (3, 0.0%)

2 の知り 1 でうろうろ

▼ ぬ大雪~ (3, 0.0%)

1 にて戸口, になっ, のため

▼ ぬ天上~ (3, 0.0%)

1 からひらひら, の子, を同時に

▼ ぬ天才~ (3, 0.0%)

1 が閃, の不遇, を以て追跡

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 え野郎, さです, 十だ

▼ ぬ太い~ (3, 0.0%)

1 声で, 棍棒が, 腕力が

▼ ぬ太刀~ (3, 0.0%)

1 の功名, をふりかぶ, を差し

▼ ぬ失恋~ (3, 0.0%)

1 の沙漠, の苦しみ, を製造

▼ ぬ夷ども~ (3, 0.0%)

2 の書き集めたる 1 の打ち囲み奉れる

▼ ぬ奈落~ (3, 0.0%)

1 へと沈め, へ抜けます, へ抜ける

▼ ぬ奥様~ (3, 0.0%)

1 のお, の恋, の気質

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

2 の浦 1 の部屋

▼ ぬ奴ら~ (3, 0.0%)

1 からこんな, だ, だという

▼ ぬ如何なる~ (3, 0.0%)

1 画にも, 眞の, 真の

▼ ぬ如何にも~ (3, 0.0%)

1 嬉しそう, 実在し, 道理ある

▼ ぬ妨げ~ (3, 0.0%)

1 が入, ともなっ, をなす

▼ ぬ姉さん~ (3, 0.0%)

1 からランドセル, がさう仰やる, にし

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 おまん, などと云う, の鼻

▼ ぬ婆さん等~ (3, 0.0%)

1 と火, は表, は酒

▼ ぬ媚態~ (3, 0.0%)

2 あり 1 なところ

▼ ぬ孤獨~ (3, 0.0%)

1 なマルテの, の寂し, の道

▼ ぬ学問~ (3, 0.0%)

1 にわれわれ, も少い, をする

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

2 れに 1 れの

▼ ぬ安堵~ (3, 0.0%)

1 だつた, の溜息, の色

▼ ぬ安物~ (3, 0.0%)

1 だからの, であった, なので

▼ ぬ実物~ (3, 0.0%)

1 が事実, として現れた, の黒ビロード

▼ ぬ実験~ (3, 0.0%)

1 という操作, のスウィッチ, をし

▼ ぬ客観性~ (3, 0.0%)

1 はあらゆる, は範疇組織, を如何

▼ ぬ客車~ (3, 0.0%)

1 で行, で行った, をさがす

▼ ぬ宮川茅野雄~ (3, 0.0%)

2 であった 1 である

▼ ぬ家康~ (3, 0.0%)

2 で狸 1 も知らぬ

▼ ぬ宿縁~ (3, 0.0%)

1 かそれとも, とおぼえ申す, を持っ

▼ ぬ富士~ (3, 0.0%)

1 の全, の白雪, の高嶺

▼ ぬ将士~ (3, 0.0%)

1 がそうして, が幾十人, の指揮

▼ ぬ小人~ (3, 0.0%)

1 の好, の死, の身

▼ ぬ小使~ (3, 0.0%)

2 のニキタ 1 が足

▼ ぬ小僧~ (3, 0.0%)

2 と指さ 1 は無我無心

▼ ぬ小径~ (3, 0.0%)

1 とがある, の奥, の砂

▼ ぬ小歌~ (3, 0.0%)

1 には堪た, の詞, はふい

▼ ぬ小舟~ (3, 0.0%)

1 が一つ入江, が二, も多かっ

▼ ぬ小野さん~ (3, 0.0%)

1 では, ははたして, はまた

▼ ぬ少く~ (3, 0.0%)

1 ともその, とも三つ, とも此処

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 もっと怒る, ピタゴラスは, 終りに

▼ ぬ尺八~ (3, 0.0%)

1 の一管, の音, も妻

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 が送り届けられ, にならね, は駒井能登守

▼ ぬ尽力~ (3, 0.0%)

1 によって彼, をし, を私

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

2 の羽根 1 鳴しの

▼ ぬ屈辱感~ (3, 0.0%)

1 で憂鬱, にやられ, に身悶え

▼ ぬ屋根~ (3, 0.0%)

1 の下, の歪んだ, を考案

▼ ぬ屍体~ (3, 0.0%)

1 だが, とが到る, の焼かれ

▼ ぬ山道~ (3, 0.0%)

1 の置露, を, を歩く

▼ ぬ山陰~ (3, 0.0%)

21 に落ちつき払っ

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 が二つ, っ引, の陰

▼ ぬ岩根~ (3, 0.0%)

2 靡く藻 1 のよう

▼ ぬ巡査~ (3, 0.0%)

1 でも見付けたら, の心持, も人々

▼ ぬ工風~ (3, 0.0%)

1 をした, をせね, を廻らし得べし

▼ ぬ左様~ (3, 0.0%)

1 いへば, なお, な人

▼ ぬ巧み~ (3, 0.0%)

1 な場所, な技巧, な曲線

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 きさ, きな, きなもの

▼ ぬ差別~ (3, 0.0%)

1 があっ, があった, を争

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

2 をも廣げ 1 をも広げし

▼ ぬ市中~ (3, 0.0%)

1 の日蔭, の賑, を騒がす

▼ ぬ市井~ (3, 0.0%)

1 のただ, の噂話, の雜事

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 かけ舟, は, を揚げん

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 だと, の騒がしい, へ押掛けた

▼ ぬ常識~ (3, 0.0%)

1 だった, ならば, にはこだわらぬ

▼ ぬ幕府~ (3, 0.0%)

1 のやう, の隠密, を戴く

▼ ぬ平々凡々~ (3, 0.0%)

2 たる旧家 1 な先生

▼ ぬ幸い~ (3, 0.0%)

1 であったと, といわなけれ, わたくし子供の

▼ ぬ幸運~ (3, 0.0%)

1 が来た, に面接, を拾った

▼ ぬ幼き~ (3, 0.0%)

1 強がりの, 甥の, 者の

▼ ぬ幼稚~ (3, 0.0%)

2 沁みたもの 1 な態

▼ ぬ庄吉~ (3, 0.0%)

2 がみるみる 1 のこと

▼ ぬ廻り~ (3, 0.0%)

3 くどい調子

▼ ぬ弁天~ (3, 0.0%)

1 お蝶, と申す, なら罰

▼ ぬ弊害~ (3, 0.0%)

1 があらわれる, だ, を伴おう

▼ ぬ強烈~ (3, 0.0%)

1 な日光, な神秘, な絶望

▼ ぬ当の~ (3, 0.0%)

1 グルーシェンカが, 敵あり, 早苗さんが

▼ ぬ彼地~ (3, 0.0%)

1 ではもはや, の劇界, の形勢

▼ ぬ彼方~ (3, 0.0%)

1 にどっと, のもの, へ行き

▼ ぬ後ろ~ (3, 0.0%)

1 からそっと, の人, より吾

▼ ぬ徒ら~ (3, 0.0%)

1 に心配, に町人泣かせ, を企ん

▼ ぬ徒然~ (3, 0.0%)

1 に堪えられなくなった, に堪へられなく, の寒き

▼ ぬ得体~ (3, 0.0%)

2 の知れぬ 1 の知れない

▼ ぬ得分~ (3, 0.0%)

3 ありと

▼ ぬ得意~ (3, 0.0%)

1 の笑み, の速記, を感じる

▼ ぬ御代~ (3, 0.0%)

1 ぞめでたき, とせん, なれや

▼ ぬ御前~ (3, 0.0%)

1 が眼, でご, の云わぬ

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 がある, であらう, を備え

▼ ぬ心一ぱい~ (3, 0.0%)

2 に我が 1 に我がまま

▼ ぬ心労~ (3, 0.0%)

1 にたえかね, ひを, も多かろ

▼ ぬ心情~ (3, 0.0%)

1 であろう, の発露, は規約

▼ ぬ心持ち~ (3, 0.0%)

1 があるであろう, がする, を代表

▼ ぬ心掛け~ (3, 0.0%)

1 がつねにもっとも, の人間, の校長

▼ ぬ心細~ (3, 0.0%)

1 さと, さに, さを

▼ ぬ心遣い~ (3, 0.0%)

1 からであろう, と努力, は夫人

▼ ぬ必然~ (3, 0.0%)

2 の勢力 1 だから

▼ ぬ忠義~ (3, 0.0%)

1 だて, の久八六右衞門, の心

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 の為, へば, を押す

▼ ぬ急所~ (3, 0.0%)

1 をついた, をつかれた, を知っ

▼ ぬ急用~ (3, 0.0%)

1 がありました, が出来いたしたれ, だ

▼ ぬ性癖~ (3, 0.0%)

1 について又, のこと, を私

▼ ぬ怨めし~ (3, 0.0%)

1 げな, さに, さは

▼ ぬ怪人~ (3, 0.0%)

1 と階段, に襲, はふくんだ

▼ ぬ恋中~ (3, 0.0%)

21 かなど思ふ

▼ ぬ恋愛~ (3, 0.0%)

1 だから, の世界, を怖

▼ ぬ恍惚~ (3, 0.0%)

2 と悲哀 1 の空

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

2 があり 1 がある

▼ ぬ恐るべき~ (3, 0.0%)

1 他の, 外界から, 障害物が

▼ ぬ恩人~ (3, 0.0%)

1 である, なるを, に対する感謝

▼ ぬ恩顧~ (3, 0.0%)

1 を受け, を蒙った, を蒙つた

▼ ぬ悦楽~ (3, 0.0%)

2 の亢奮 1 のよう

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 ある者, より錨, を感じた

▼ ぬ悪い~ (3, 0.0%)

1 事を, 女子な, 金貨が

▼ ぬ悪人~ (3, 0.0%)

1 だ, であること, なりとは云え

▼ ぬ悪党~ (3, 0.0%)

1 とは, なり, よ

▼ ぬ悪口雑言~ (3, 0.0%)

1 に侮辱, を並べたてる, を吐い

▼ ぬ悪漢~ (3, 0.0%)

1 だ, である事, に欺かれ

▼ ぬ悲しき~ (3, 0.0%)

1 境界を, 寢醒の, 樵夫

▼ ぬ悲慘~ (3, 0.0%)

1 の中, の容貌, の風景

▼ ぬ情け~ (3, 0.0%)

1 と知らる, ねえ, の油

▼ ぬ情勢~ (3, 0.0%)

1 となっ, にある, に来

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 いこと, い女, ひ根性

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 れが, れつつ, れも

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 ましい日, みを, を感じた

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 ひが, ひの, ひを

▼ ぬ意外~ (3, 0.0%)

1 であった, な言葉, に空気

▼ ぬ意気~ (3, 0.0%)

1 とを, にある, 添えだつたの

▼ ぬ愚かし~ (3, 0.0%)

3 さを

▼ ぬ愛敬~ (3, 0.0%)

1 がある, と慕情, のある

▼ ぬ感化~ (3, 0.0%)

1 あるを, を与える, を受けた

▼ ぬ慈愛~ (3, 0.0%)

1 に富ん, の下, の品

▼ ぬ慎しみ~ (3, 0.0%)

1 だけは今, であつ, とも云

▼ ぬ慣例~ (3, 0.0%)

1 であったと, に従え, に從

▼ ぬ慣習~ (3, 0.0%)

1 が根強く, はこの, を養成

▼ ぬ慰安~ (3, 0.0%)

1 ではある, を人, を感じ

▼ ぬ憂い~ (3, 0.0%)

1 の色, の雲, を感ずる

▼ ぬ憎しみ~ (3, 0.0%)

1 が感じられ, の情, もそこ

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 ひを, ひ優しく, ひ幾度び

▼ ぬ懐かし~ (3, 0.0%)

2 さと 1 さに

▼ ぬ懐かしい~ (3, 0.0%)

2 心持に 1 心地が

▼ ぬ戀人~ (3, 0.0%)

1 の手紙, はこの, は毎日

▼ ぬ成功~ (3, 0.0%)

1 をする, ををさめ, を収むるのであります

▼ ぬ戦い~ (3, 0.0%)

1 ではない, の中, を持続

▼ ぬ戦国~ (3, 0.0%)

1 によく, の生涯, の群雄たち

▼ ぬ戯れ言~ (3, 0.0%)

1 も隔てぬ, をいう, を口

▼ ぬ所用~ (3, 0.0%)

1 があっ, がある, を持っ

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 がこの, はついに, は奥

▼ ぬ手跡~ (3, 0.0%)

3 により

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 はたとへば, をも有, を少し

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 はと嬉しく, は何所, は猶

▼ ぬ扮粧~ (3, 0.0%)

3 とおも

▼ ぬ扮装~ (3, 0.0%)

1 の人物, をし, をした

▼ ぬ扱い~ (3, 0.0%)

1 がいよいよ, になります, を受けた

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

2 の雨 1 の冴え

▼ ぬ拷問~ (3, 0.0%)

2 を堅忍 1 にかけろ

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 にさぐれ, にペン, を離す

▼ ぬ挙動~ (3, 0.0%)

1 に及ぶ, をのみ, を察し

▼ ぬ探偵小説~ (3, 0.0%)

1 というもの, なんてあり, を書く

▼ ぬ援助~ (3, 0.0%)

1 がなかっ, がなけれ, だという

▼ ぬ放埒~ (3, 0.0%)

2 で家 1 な女

▼ ぬ放言~ (3, 0.0%)

2 さらぬも 1 はやめ

▼ ぬ政府~ (3, 0.0%)

1 がこれ, だ, の説明

▼ ぬ政治~ (3, 0.0%)

1 に目覚めた, の独裁, を施す

▼ ぬ故人~ (3, 0.0%)

1 のこと, の案内, の霊

▼ ぬ教訓~ (3, 0.0%)

1 となる, をすら汲み, を学んだ

▼ ぬ文学者~ (3, 0.0%)

1 が, と云う, などというもの

▼ ぬ新手~ (3, 0.0%)

2 をあみだす 1 の出現

▼ ぬ方様~ (3, 0.0%)

1 にあれ, のお, の紀念

▼ ぬ日常~ (3, 0.0%)

1 の二人, の確信, を送っ

▼ ぬ日数~ (3, 0.0%)

2 の後 1 ではあった

▼ ぬ日輪~ (3, 0.0%)

2 みれば 1 と團

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 儀, 山道が, 末広座を

▼ ぬ早わざ~ (3, 0.0%)

1 である, でした, です

▼ ぬ早技~ (3, 0.0%)

1 で, です, でひ

▼ ぬ易者~ (3, 0.0%)

3 などにでも見

▼ ぬ昔話~ (3, 0.0%)

1 に十風, をあなた, をする

▼ ぬ春雨~ (3, 0.0%)

1 に牛, のよう, を棕櫚

▼ ぬ時鳥~ (3, 0.0%)

1 などが啼く, のやう, の声

▼ ぬ普通~ (3, 0.0%)

1 の不作, の人情, の男女

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 さは, さを, 氣で

▼ ぬ暗がり~ (3, 0.0%)

1 にキセル入れ, のうち, の中

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 のうすら赤地, の日, の気

▼ ぬ曠野~ (3, 0.0%)

1 が今にも, に, の旅

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 もキャラコさん, を, をひい

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 がありましょう, をさえいだいた, を持った

▼ ぬ木立~ (3, 0.0%)

1 と雑草, の中, の間

▼ ぬ木綿~ (3, 0.0%)

2 の古 1 の袷

▼ ぬ木蔭~ (3, 0.0%)

1 から生々しい, でこの, につない

▼ ぬ未知~ (3, 0.0%)

1 の世界, の人物, の土地

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 たのもしい面相骨柄, は夫婦, ふと最前

▼ ぬ本当~ (3, 0.0%)

1 なれば, の理由, の部屋

▼ ぬ来客~ (3, 0.0%)

1 があつ, にろくろく, の告げ

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 が一枚, と葭簀, や棒

▼ ぬ板の間~ (3, 0.0%)

1 にこ, に切っ, に坐った

▼ ぬ果報~ (3, 0.0%)

1 で, に憧憬, を羨むまじき

▼ ぬ果敢なく~ (3, 0.0%)

3 味気なく

▼ ぬ果物~ (3, 0.0%)

1 に手, や野菜, を無駄

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 が今日, に然, まで恩賞

▼ ぬ柔らか~ (3, 0.0%)

1 さう, な夜, な寛仁大度

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 が枝, の實, の樹

▼ ぬ根拠~ (3, 0.0%)

1 である, ではない, になる

▼ ぬ根気~ (3, 0.0%)

1 は敬服, よさ, を要した

▼ ぬ椅子~ (3, 0.0%)

1 の肘掛, や卓子, を離れ

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

3 の中

▼ ぬ歌よみ~ (3, 0.0%)

3 の言

▼ ぬ歌人~ (3, 0.0%)

1 そして俳人, であったという, の出られる

▼ ぬ此処~ (3, 0.0%)

1 で死ななけれ, で見るなら, なれば

▼ ぬ此身~ (3, 0.0%)

2 は遊藝手藝學校 1 の事

▼ ぬ武道~ (3, 0.0%)

1 のたしなみ, の意地, の意気地

▼ ぬ歴史上~ (3, 0.0%)

2 の疑問 1 の事実

▼ ぬ死出の旅~ (3, 0.0%)

1 だとよ, とわたし, と歌

▼ ぬ残酷~ (3, 0.0%)

1 ですが, なもの, の効果

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 り惜し, るは, るもの

▼ ぬ気の毒~ (3, 0.0%)

1 なやう, な様子, な気持

▼ ぬ気まずい~ (3, 0.0%)

1 別れでした, 生活を, 空気だった

▼ ぬ気候~ (3, 0.0%)

1 ですから, にあてられ, の切迫

▼ ぬ気苦労~ (3, 0.0%)

1 が今, であったり, をしなけれ

▼ ぬ気質~ (3, 0.0%)

1 だ, で一時, で此

▼ ぬ気軽~ (3, 0.0%)

2 さで 1 さに

▼ ぬ気遣い~ (3, 0.0%)

1 ないかならず, は無い, をし

▼ ぬ氣遣~ (3, 0.0%)

1 はし, は無い, ひおま

▼ ぬ水蒸気~ (3, 0.0%)

2 の群 1 の一団

▼ ぬ汽車~ (3, 0.0%)

1 に乗っ, に乗つ, は瞬く

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 に出で, の小島, へかけ

▼ ぬ沖合~ (3, 0.0%)

1 からの叫び, で秘か, を駛

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

2 の上 1 の昼顔

▼ ぬ法則~ (3, 0.0%)

2 であります 1 を樹立

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 ぬま, のなか, のやう

▼ ぬ泥沼~ (3, 0.0%)

1 の時, へ一歩々々, へ落ち込む

▼ ぬ活計~ (3, 0.0%)

3 をし

▼ ぬ流石~ (3, 0.0%)

1 なり商, に氣, に氣根

▼ ぬ流言~ (3, 0.0%)

1 ありて, は弘, を申す

▼ ぬ浄ら~ (3, 0.0%)

3 かな花

▼ ぬ浪路~ (3, 0.0%)

1 が拒もう, の胸, の胸中

▼ ぬ浮気心~ (3, 0.0%)

2 のある 1 にすぎない

▼ ぬ深山~ (3, 0.0%)

2 の孤家 1 に漂泊生活

▼ ぬ混乱~ (3, 0.0%)

1 におち入った, に陥らせない, の中

▼ ぬ清水~ (3, 0.0%)

1 が山, と人, になどかなき

▼ ぬ清浄~ (3, 0.0%)

2 の地 1 なもの

▼ ぬ清純~ (3, 0.0%)

1 たる恋, な恋そのもの, な感じ

▼ ぬ渇望~ (3, 0.0%)

1 からささやか, からであった, でいっぱい

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

2 の頭 1 に取

▼ ぬ温かい~ (3, 0.0%)

1 家庭的情味に, 愁いが, 空気が

▼ ぬ温和~ (3, 0.0%)

1 しさ, しそう, なる人々

▼ ぬ温順~ (3, 0.0%)

3 しさ

▼ ぬ渾沌~ (3, 0.0%)

1 たるもの, の, の世

▼ ぬ湖水~ (3, 0.0%)

1 には白波, に跳びこみたい, の真中

▼ ぬ源さん~ (3, 0.0%)

3 も又

▼ ぬ源泉~ (3, 0.0%)

1 である, であるところ, として活気

▼ ぬ潔白~ (3, 0.0%)

2 な心 1 の身

▼ ぬ火傷~ (3, 0.0%)

1 がそれ, を負, を負った

▼ ぬ火災~ (3, 0.0%)

1 がひん, が辻, を傍観

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 でも燃え, というごとく, に煽られ

▼ ぬ無人~ (3, 0.0%)

1 のさかい, の地, の小島

▼ ぬ無名~ (3, 0.0%)

1 のこの, の民草, の石神様

▼ ぬ無垢~ (3, 0.0%)

2 の乙女 1 の道

▼ ぬ無惨~ (3, 0.0%)

2 なもの 1 なこと

▼ ぬ無残~ (3, 0.0%)

1 い姿, な死によう, の体

▼ ぬ無礼~ (3, 0.0%)

1 だからね, であるが, を常

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 原であった, 原の, 屍体が

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 が見えます, のよう, を増し

▼ ぬ煩い~ (3, 0.0%)

1 で困りおる, をのこす, を起したらしい

▼ ぬ煩悩~ (3, 0.0%)

1 の絆, の綾糸, は血気盛り

▼ ぬ熱心さ~ (3, 0.0%)

1 が大胆不敵, でベルリン行, のおかげ

▼ ぬ父さん~ (3, 0.0%)

3 は年

▼ ぬ父上~ (3, 0.0%)

1 なつかしや, の仰せ, の顔

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 が肩, それでもこの, に変装

▼ ぬ片糸~ (3, 0.0%)

1 の, のくりかえしたる, を手渡せ

▼ ぬ片隅~ (3, 0.0%)

1 で自分, で静か, にすわった

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 に物足りな, の草間, の顔

▼ ぬ物体~ (3, 0.0%)

1 なの, に過ぎなかった, を無理

▼ ぬ物的証拠~ (3, 0.0%)

1 に外, をあげる, をとりそろえ

▼ ぬ特徴~ (3, 0.0%)

1 があ, を具え, を示す

▼ ぬ狂人~ (3, 0.0%)

1 ありあらかじめ, の群れ, めいた昂

▼ ぬ独自~ (3, 0.0%)

1 の性質, の結核療養所, の美学

▼ ぬ独語~ (3, 0.0%)

1 などをし, などをしゃべっ, を思ひ

▼ ぬ独身~ (3, 0.0%)

1 なるが, の労働者, の変り者

▼ ぬ狼狽かた~ (3, 0.0%)

3 がをかしき

▼ ぬ狼藉~ (3, 0.0%)

1 いたされますると, なそこら, に四人

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 が枕頭, が枝, のお

▼ ぬ獄窓~ (3, 0.0%)

2 に来 1 の日向

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 ぞちりける, の緒, を差上げた

▼ ぬ現代~ (3, 0.0%)

2 の社会 1 の日本人

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 が有, である, は無い

▼ ぬ理論~ (3, 0.0%)

1 だと, であるが, の混乱

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

3 さあれ

▼ ぬ甘い~ (3, 0.0%)

1 微笑に, 情調が, 香が

▼ ぬ甘美~ (3, 0.0%)

1 なもの, な哀愁, な贅沢

▼ ぬ生徒~ (3, 0.0%)

1 の肩, は恐らく, を先生

▼ ぬ生活力~ (3, 0.0%)

2 と虚偽 1 が浮かび出るなら

▼ ぬ用向き~ (3, 0.0%)

1 がござる, が生じた, でのう

▼ ぬ由縁~ (3, 0.0%)

3 のある

▼ ぬ男たち~ (3, 0.0%)

1 には目, に取りまかれ, を殺す

▼ ぬ男らしく~ (3, 0.0%)

3 思ひ切る時

▼ ぬ男女~ (3, 0.0%)

1 が次々, の信頼, の氣まぐれ

▼ ぬ男性~ (3, 0.0%)

1 なり, にやつぱり情, の好色癖

▼ ぬ町人~ (3, 0.0%)

1 だつた, の気強, もこの世

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 になった, になつ, の当の

▼ ぬ異郷~ (3, 0.0%)

1 でいたいけ, で同じ, の夜

▼ ぬ疲労~ (3, 0.0%)

1 と烈しく, の蓄積, をどっと

▼ ぬ病身~ (3, 0.0%)

1 になっ, になつ, は痩せぬ

▼ ぬ痛々し~ (3, 0.0%)

2 さです 1 さが

▼ ぬ痛み~ (3, 0.0%)

1 が突き刺す, のため, を感じる

▼ ぬ発音~ (3, 0.0%)

1 の歓声, をした, 多かるもの

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 が一言, さに, つぽい

▼ ぬ白雪~ (3, 0.0%)

3

▼ ぬ目つき~ (3, 0.0%)

1 である, で私, で雪

▼ ぬ目録~ (3, 0.0%)

1 であります, となつ, のたぐい

▼ ぬ盲人~ (3, 0.0%)

1 になりました, は盲人, は顔色音声

▼ ぬ盲目~ (3, 0.0%)

1 にされた, になり, の身

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 があっ, 觀の, 高と

▼ ぬ相撲~ (3, 0.0%)

1 に骨, を寝, を負けた

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 と兜, の歴史, の由来

▼ ぬ看護~ (3, 0.0%)

3 の人

▼ ぬ真情~ (3, 0.0%)

2 を持ちつづけた 1 と僕

▼ ぬ真面目~ (3, 0.0%)

1 なお方, な声, の顔

▼ ぬ真黒~ (3, 0.0%)

1 な化石, な残忍冷酷, な煙

▼ ぬ眼つき~ (3, 0.0%)

2 をし 1 で弁信

▼ ぬ眼前~ (3, 0.0%)

1 に広大, の事実, の変遷

▼ ぬ眼色~ (3, 0.0%)

1 をし, を光らし, を見せた

▼ ぬ知己~ (3, 0.0%)

1 でしたね, というもの, を拾っ

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 かい梯子, かい腕を, 笛

▼ ぬ短い~ (3, 0.0%)

1 もので, 期間続い, 間であった

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 だ巧, の手, をうつ

▼ ぬ確証~ (3, 0.0%)

1 を得, を掴ん, を掴んだ

▼ ぬ祖先~ (3, 0.0%)

1 の衝動, の魂, をこの世

▼ ぬ祖父~ (3, 0.0%)

1 と祖母, なりし人, の遺言

▼ ぬ神尾主膳~ (3, 0.0%)

1 でありました, の口, の声

▼ ぬ神社~ (3, 0.0%)

1 にしよう, に土, を潰し

▼ ぬ神秘的~ (3, 0.0%)

1 な悩み, な生き甲斐, な言葉

▼ ぬ神霊~ (3, 0.0%)

1 に引緊, のあり, の拠り給う

▼ ぬ禍い~ (3, 0.0%)

1 に逢いまし, に遭っ, をかける

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 の字, よかな肉, よかな腿

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

2 が意味 1 の声

▼ ぬ秀吉~ (3, 0.0%)

2 でも 1 へ官兵衛

▼ ぬ科学者~ (3, 0.0%)

1 だって真理, に名, の欲望

▼ ぬ程静か~ (3, 0.0%)

1 であつ, な男, に更け

▼ ぬ種子~ (3, 0.0%)

2 は生えぬ 1 は結局初め

▼ ぬ稲妻~ (3, 0.0%)

1 かと見る, のごとく懸っ, を畝

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 かな漕ぎ, かな空, かな言葉

▼ ぬ空白~ (3, 0.0%)

2 の時代 1 であって

▼ ぬ空蝉~ (3, 0.0%)

2 はからを見つ 1 はからを見

▼ ぬ窮屈~ (3, 0.0%)

1 な境遇, な外套, を感じ

▼ ぬ窮屈さ~ (3, 0.0%)

3 に足もと

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

3 之助

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 が頭, とが土, のした

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

2 の線 1 の塗り箸

▼ ぬ竹藪~ (3, 0.0%)

1 の中, の迷路, の道

▼ ぬ竿~ (3, 0.0%)

1 で鰹, なり, のある

▼ ぬ笑い声~ (3, 0.0%)

1 のよう, をたてました, を立てた

▼ ぬ笑み~ (3, 0.0%)

1 がこみあげ, て言, も含ませ

▼ ぬ答え~ (3, 0.0%)

1 をし, を望ん, を返した

▼ ぬ節々~ (3, 0.0%)

1 が幾つ, も多い, を感づい

▼ ぬ範囲内~ (3, 0.0%)

1 で芝居, において知, において自己

▼ ぬ精力~ (3, 0.0%)

1 になつて, の消費, を自分

▼ ぬ紅葉~ (3, 0.0%)

1 かな, の里, を描いた

▼ ぬ素姓~ (3, 0.0%)

1 なの, をいう, を物語つて

▼ ぬ素性~ (3, 0.0%)

1 が分れ, の者, の聞きたき

▼ ぬ素振り~ (3, 0.0%)

1 でいた, を多く, を示し

▼ ぬ素裸~ (3, 0.0%)

1 です, に剥い, の娘

▼ ぬ細かい~ (3, 0.0%)

21 皺は

▼ ぬ紳士~ (3, 0.0%)

1 は私, もカレイライス, よ

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

3 を作り出さね

▼ ぬ絶壁~ (3, 0.0%)

1 のとっぱなに, の中途, の削り立った

▼ ぬ絶対~ (3, 0.0%)

1 にお断り, のコマ, の矛盾

▼ ぬ絶望感~ (3, 0.0%)

1 が私, とそこ, のため

▼ ぬ經驗~ (3, 0.0%)

2 を後 1 を貶する

▼ ぬ綺麗~ (3, 0.0%)

1 な服装, な服裝, に癒え

▼ ぬ縁側~ (3, 0.0%)

1 に涼し, の方, へ忍びやか

▼ ぬ縮緬~ (3, 0.0%)

2 の大幅 1 の白無垢

▼ ぬ繁み~ (3, 0.0%)

2 かへる 1 の方

▼ ぬ繊細~ (3, 0.0%)

1 で上品, な感じ, な能力

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

3 につながれ

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

2 かしさ 1 かみや

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 かと心得まする, が御, のため

▼ ぬ義憤~ (3, 0.0%)

2 に駆られ 1 を感じた

▼ ぬ義理合~ (3, 0.0%)

2 になつ 1 は少し

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 をのばし, を伸さう, を渦

▼ ぬ者たち~ (3, 0.0%)

1 と呼ばれる, にくる, ばかりで

▼ ぬ聖道~ (3, 0.0%)

3 の諸

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 と心, のおもい, や

▼ ぬ肖像~ (3, 0.0%)

1 の下, を描きだし, を頂戴

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 だった, の底, をきめた

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 の如き, の煎れる, 癪持ちだ

▼ ぬ背景~ (3, 0.0%)

1 がある, であった, を負った

▼ ぬ脅威~ (3, 0.0%)

1 であります, のよう, の正体

▼ ぬ腹立たし~ (3, 0.0%)

2 さが 1 さを

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 の未開紅, の紐, を黒く

▼ ぬ臆測~ (3, 0.0%)

1 が囁き交され, をこね廻してる, を口走った

▼ ぬ臆病者~ (3, 0.0%)

1 じゃ, とほのか, らしく早

▼ ぬ臥床~ (3, 0.0%)

2 を降り 1 の上

▼ ぬ自ら~ (3, 0.0%)

2 の境遇 1 の情慾

▼ ぬ自分たち~ (3, 0.0%)

1 がくじ, に関する統計表, の運

▼ ぬ自分一人~ (3, 0.0%)

1 で, にかけられ, の力

▼ ぬ自動車~ (3, 0.0%)

1 の内, をやめ, を買

▼ ぬ自壊作用~ (3, 0.0%)

1 が起り, となっ, を起させよう

▼ ぬ自負~ (3, 0.0%)

2 を持つ 1 をもっ

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 ひぬ, を舞う, 振かな

▼ ぬ色桃~ (3, 0.0%)

3 に見る

▼ ぬ色気~ (3, 0.0%)

1 があった, があつ, がある

▼ ぬ色香~ (3, 0.0%)

1 かなと紹巴法橋, も昔, を添えつ

▼ ぬ花壇~ (3, 0.0%)

1 が出来, となる, をつくっ

▼ ぬ芳香~ (3, 0.0%)

1 がフワリ, が部屋, をあげ

▼ ぬ芸術家~ (3, 0.0%)

1 である, と科学者, に敬意

▼ ぬ若しも~ (3, 0.0%)

1 他日秀子と, 意思が, 高輪田長三の

▼ ぬ若人~ (3, 0.0%)

1 と知らぬ, と育てあげた, への

▼ ぬ若干~ (3, 0.0%)

1 の人, の沿革, の著者名

▼ ぬ若葉~ (3, 0.0%)

1 の樹, の頃, よ薫れ

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 が, がわらい, を以て人

▼ ぬ苦っぽ~ (3, 0.0%)

2 ろい笑い 1 ろい

▼ ぬ苦み~ (3, 0.0%)

1 があるらしい, である, をする

▼ ぬ苦境~ (3, 0.0%)

1 に居ました, に陥る, に陥れられた

▼ ぬ苦戦~ (3, 0.0%)

2 であるが 1 で敵

▼ ぬ苦界~ (3, 0.0%)

2 よと 1 の勤め

▼ ぬ苦笑~ (3, 0.0%)

1 を漏らした, を禁じ得なかった, を覺

▼ ぬ苦闘~ (3, 0.0%)

1 だから, の含蓄, をつづけ

▼ ぬ茂太郎~ (3, 0.0%)

1 がいる, は番兵さん, も一枚一枚

▼ ぬ荒屋~ (3, 0.0%)

2 のあはれ 1 に妻子

▼ ぬ落度~ (3, 0.0%)

1 が一つ, であった, である

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 で泣いた, にいる, の御

▼ ぬ薄笑い~ (3, 0.0%)

1 のもれよう, を浮かべ, を浮かべた

▼ ぬ薫り~ (3, 0.0%)

1 がいつ, と舌, を含ん

▼ ぬ虚空~ (3, 0.0%)

1 で兄, に飛び散る, をみつめ

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 のあはれ, のやう, の声断続

▼ ぬ行事~ (3, 0.0%)

2 として長い 1 も間々

▼ ぬ行動~ (3, 0.0%)

1 だったから, で示し, を敢

▼ ぬ街路~ (3, 0.0%)

1 の上, へ放たれた, を吹雪

▼ ぬ街道~ (3, 0.0%)

1 の騒動, も後, をガラガラ

▼ ぬ表象~ (3, 0.0%)

1 である, はない, より根源的體驗

▼ ぬ裏通り~ (3, 0.0%)

1 が出来, が通り抜けられ, を行け

▼ ぬ襤褸~ (3, 0.0%)

1 が出た, も着せぬ, を着

▼ ぬ要害~ (3, 0.0%)

2 を内 1 を中

▼ ぬ見ず知らず~ (3, 0.0%)

2 の他 1 の最初

▼ ぬ親し~ (3, 0.0%)

2 さが 1 さを

▼ ぬ親分~ (3, 0.0%)

2 ですもの 1 の心

▼ ぬ親愛~ (3, 0.0%)

1 と信頼, と尊敬, の縁

▼ ぬ観世銀之丞~ (3, 0.0%)

3 であった

▼ ぬ観察~ (3, 0.0%)

2 をし 1 である

▼ ぬ觀念~ (3, 0.0%)

1 せい, の, の眼

▼ ぬ誠実さ~ (3, 0.0%)

1 がまわり, が見え, を帯び

▼ ぬ読者~ (3, 0.0%)

1 がとんだ, である自分, は何

▼ ぬ諸々~ (3, 0.0%)

1 のもの, の事項, の工風考案

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

21 はば一つ

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

2 をし 1

▼ ぬ貢献~ (3, 0.0%)

1 ができる, をし, をもたらしたらしく思われる

▼ ぬ貧しい~ (3, 0.0%)

1 生活であったなら, 私生児, 良民ほど

▼ ぬ貧乏~ (3, 0.0%)

1 こそすれ, な旅人, な百姓等

▼ ぬ貧乏人~ (3, 0.0%)

1 が実に, が非常, だっせしかし

▼ ぬ貪婪~ (3, 0.0%)

3 な陋劣

▼ ぬ貴公~ (3, 0.0%)

1 から是非, の命, の発明

▼ ぬ貴族~ (3, 0.0%)

1 とてはこの, の子弟, の家

▼ ぬ貴重品~ (3, 0.0%)

1 だが, でありますが, なの

▼ ぬ資格~ (3, 0.0%)

1 がいろいろ, である, の国

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 というもの, の一団, の手下

▼ ぬ賓客~ (3, 0.0%)

1 として遇, の同伴者, を迎えた

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 かりしかも, の他人, の模様

▼ ぬ路地~ (3, 0.0%)

1 に柳, の中, を鐵砲玉

▼ ぬ躊躇~ (3, 0.0%)

1 が来た, に見え, の折

▼ ぬ身の上お話し~ (3, 0.0%)

3 にも成りませぬ

▼ ぬ身支度~ (3, 0.0%)

1 で顔, に, のできた

▼ ぬ身體~ (3, 0.0%)

1 がわるく, が惡, を動かし

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

2 をし 1 強請って

▼ ぬ軍勢~ (3, 0.0%)

1 がある, の上陸, を率い

▼ ぬ軍馬~ (3, 0.0%)

2 なりしか夜 1

▼ ぬ軽い~ (3, 0.0%)

1 もので, 木で, 調子で

▼ ぬ軽輩~ (3, 0.0%)

1 とわし, の身, ほどそれ

▼ ぬ輪廓~ (3, 0.0%)

1 であつ, で物象, は決して

▼ ぬ辛い~ (3, 0.0%)

1 思いを, 思ひで, 想いに

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 さです, さに, 処の

▼ ぬ近く~ (3, 0.0%)

1 て沼津, に見た, は嫩艸

▼ ぬ迷宮~ (3, 0.0%)

1 である, に迷い込むだろう, に首

▼ ぬ退屈~ (3, 0.0%)

1 だ, を感じ, を植えつける

▼ ぬ透明~ (3, 0.0%)

2 の空 1 な粘液

▼ ぬ通行人~ (3, 0.0%)

1 で東野南次, までが飛びこん, を止めよう

▼ ぬ速力~ (3, 0.0%)

1 だ, で大島, にて走りおる

▼ ぬ連歌師~ (3, 0.0%)

2 の身 1 と実隆

▼ ぬ遊び~ (3, 0.0%)

3 に耄

▼ ぬ道化者~ (3, 0.0%)

1 だった, だつた, の役割

▼ ぬ道場~ (3, 0.0%)

1 に時, はない, を建て

▼ ぬ道路~ (3, 0.0%)

1 とは私たち, は左側通行, を行

▼ ぬ部落~ (3, 0.0%)

1 だったが, では例, で谷

▼ ぬ郷里~ (3, 0.0%)

1 の男, へ帰省, へ歸省

▼ ぬ醜態~ (3, 0.0%)

1 である, でも演じなけれ, を示し

▼ ぬ醫師~ (3, 0.0%)

2 が云 1 ではあるまい

▼ ぬ重圧~ (3, 0.0%)

2 となつ 1 となっ

▼ ぬ重要性~ (3, 0.0%)

1 をもっ, を国民, を有

▼ ぬ野人~ (3, 0.0%)

1 か偽, でござれば, の手

▼ ぬ野山~ (3, 0.0%)

2 の涯 1 の霞

▼ ぬ野性的~ (3, 0.0%)

2 な眼差 1 な豪快さ

▼ ぬ金公~ (3, 0.0%)

1 でげす, なるもの, にかぶせ

▼ ぬ金額~ (3, 0.0%)

1 あの夫婦, の前借, を旅費

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 ながしだ, の小鳩, の鎖

▼ ぬ銀杏~ (3, 0.0%)

1 の落葉, の葉, 返で白粉

▼ ぬ銀貨入れ~ (3, 0.0%)

3 の重き

▼ ぬ錢形~ (3, 0.0%)

2 の平次 1 の親分

▼ ぬ長い長い~ (3, 0.0%)

1 年月に, 旅, 暗黒に

▼ ぬ長き~ (3, 0.0%)

1 夜の, 日を, 睫毛に

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 が行く, の権威, は立派

▼ ぬ闇黒~ (3, 0.0%)

1 の世界, は全部, ばかり

▼ ぬ闖入者~ (3, 0.0%)

1 の丸い, を庇, を庇う

▼ ぬ阿波~ (3, 0.0%)

1 の吉野, の御, や塩

▼ ぬ限りこれ~ (3, 0.0%)

1 を倶記, を悪しざま, を田

▼ ぬ陰惨~ (3, 0.0%)

1 な印象, な気持ち, の気

▼ ぬ隅々~ (3, 0.0%)

1 から初冬, ではどの, には眼

▼ ぬ隙間~ (3, 0.0%)

1 からのぞいた, が家, といふもの

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 であったから, に堪えかね, は牛の首

▼ ぬ障礙~ (3, 0.0%)

1 がある, の出, を突破

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 のテーブル, の人, の細君

▼ ぬ雑巾~ (3, 0.0%)

2 をお 1 を踏みにじった

▼ ぬ雑言~ (3, 0.0%)

1 が耳, を吐き散らし, を申す

▼ ぬ難事~ (3, 0.0%)

1 だったの, ではありませぬ, を為しとげる

▼ ぬ難病~ (3, 0.0%)

1 であって, に取りつかれ, 所詮わたし

▼ ぬ難題~ (3, 0.0%)

1 が横たわっ, であったに, であるが

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 が聞こえる, というの, の鳴り様

▼ ぬ電燈~ (3, 0.0%)

2 の光 1 の下

▼ ぬ震動~ (3, 0.0%)

1 が葉子, を世に, を幼い

▼ ぬ霊的~ (3, 0.0%)

2 の冷静味 1 なもの

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 かくれの, には少し, の懸つた

▼ ぬ青春~ (3, 0.0%)

1 が匂, のうずき, のこと

▼ ぬ青空~ (3, 0.0%)

1 が映っ, が驚異そのもの, の存する

▼ ぬ非難~ (3, 0.0%)

1 が出た, に燃え, の色

▼ ぬ面持ち~ (3, 0.0%)

1 で例, で訊ねた, を続け

▼ ぬ面白く~ (3, 0.0%)

2 ない情ない悲しい心細い 1 ない情ない

▼ ぬ鞍馬~ (3, 0.0%)

1 にも今に, の竹童, へ帰ったら

▼ ぬ音色~ (3, 0.0%)

1 であった, なの, を興

▼ ぬ音響~ (3, 0.0%)

1 がかすか, のする, を召使

▼ ぬ頑丈~ (3, 0.0%)

1 なる根, な座敷牢, な木造

▼ ぬ領域~ (3, 0.0%)

1 であります, で自分, の事

▼ ぬ頼もしい~ (3, 0.0%)

1 やつだ, 男塔は, 馬鹿野郎が

▼ ぬ頼り~ (3, 0.0%)

1 ない亭主, ない気持, 無い憤懣

▼ ぬ顏色~ (3, 0.0%)

1 です, にて九助, をし

▼ ぬ顔立ち~ (3, 0.0%)

1 ではある, なのに, の娘

▼ ぬ風聞~ (3, 0.0%)

1 があり, さえこう, に何とも

▼ ぬ風評~ (3, 0.0%)

1 が立ちはじめました, もあり, を致す

▼ ぬ風説~ (3, 0.0%)

1 は人, を唱える, を巷

▼ ぬ風貌~ (3, 0.0%)

1 の持ちぬしで, の持主, を示し

▼ ぬ風雲~ (3, 0.0%)

1 や世, を地上, を孕ん

▼ ぬ飛躍~ (3, 0.0%)

1 がある, に於, を遂げ

▼ ぬ饒舌~ (3, 0.0%)

1 したよう, などこの, によ

▼ ぬ香具師~ (3, 0.0%)

1 であった, などをお側, の猪右衛門

▼ ぬ香水~ (3, 0.0%)

2 のかおり 1 の嵐

▼ ぬ馬鹿者~ (3, 0.0%)

2 にしよう 1 だから

▼ ぬ駒井甚三郎~ (3, 0.0%)

1 が当然, ですけれども, は保田

▼ ぬ駿介~ (3, 0.0%)

1 の顏, はその, は自分

▼ ぬ騒音~ (3, 0.0%)

1 になっ, に聞きほれ, をまきちらす

▼ ぬ骨折~ (3, 0.0%)

1 じゃった, ですが, をし

▼ ぬ骨頂~ (3, 0.0%)

1 で今, というほか, というもの

▼ ぬ魅惑~ (3, 0.0%)

1 をおぼえた, をも感じた, を持っ

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 が入っ, に憑かれた, の日魔

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 の棲む, ひたすとて, 浸すとて

▼ ぬ鮮かさ~ (3, 0.0%)

1 だ, を以て刻まれ, を示された

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 が有名, の宵鳴き, の音

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 が一歩, の所業, の翔らん

▼ ぬ黄金~ (3, 0.0%)

1 の欲望, よ, を

▼ ぬ~ (3, 0.0%)

1 でもあるまい, でもない, で著書

▼ ぬあかき~ (2, 0.0%)

1 心を, 灯の

▼ ぬあきらめ~ (2, 0.0%)

1 といふもの, をもっ

▼ ぬあくまで~ (2, 0.0%)

1 無罪を, 研究の

▼ ぬあしら~ (2, 0.0%)

1 ひ, ひです

▼ ぬあちら~ (2, 0.0%)

1 からの手紙, の御

▼ ぬあなた方~ (2, 0.0%)

1 がある, なら打ち明けても

▼ ぬあまりに~ (2, 0.0%)

1 純粋だった, 見事の

▼ ぬあやかし~ (2, 0.0%)

1 に悩まされ, に惱

▼ ぬあんま~ (2, 0.0%)

2 の笛

▼ ぬいいわけ~ (2, 0.0%)

1 にもし, めいて

▼ ぬいかにも~ (2, 0.0%)

1 可愛らしい娘, 脱走すらしかね

▼ ぬいきさつ~ (2, 0.0%)

1 なの, を考え

▼ ぬいたいけ~ (2, 0.0%)

1 な子ども, な小娘

▼ ぬいたずら者~ (2, 0.0%)

1 だが, の腕白ども

▼ ぬいらいら~ (2, 0.0%)

1 しさ, とした

▼ ぬいろんな~ (2, 0.0%)

1 小道具柳甲李など, 話に

▼ ぬうさぎ屋~ (2, 0.0%)

2 の最中

▼ ぬうち先~ (2, 0.0%)

1 の様, をこし

▼ ぬうち先廻り~ (2, 0.0%)

2 して

▼ ぬうち彼~ (2, 0.0%)

1 のふところ, はカアマイクル氏

▼ ぬうち自分~ (2, 0.0%)

1 が敗れ去った, はもウ

▼ ぬうっかり~ (2, 0.0%)

1 して, すると

▼ ぬうつけ~ (2, 0.0%)

1 と思う, はない

▼ ぬうらみ~ (2, 0.0%)

1 がある, をこめ

▼ ぬうらやまし~ (2, 0.0%)

1 さに, さを

▼ ぬうわ~ (2, 0.0%)

1 ごとを, ははははは

▼ ぬおい~ (2, 0.0%)

1 でなされ, としい

▼ ぬおお~ (2, 0.0%)

1 ぜい, どこの

▼ ぬおかし~ (2, 0.0%)

1 さは, みとが

▼ ぬおかしな~ (2, 0.0%)

1 ことばかり, 顔を

▼ ぬおし~ (2, 0.0%)

1 べは虻, ゃべりもうやめろ

▼ ぬおそらく~ (2, 0.0%)

1 予期した, 隼人の

▼ ぬおとなしい~ (2, 0.0%)

1 ことを, 性質の

▼ ぬおとめ~ (2, 0.0%)

1 の身, までがそれ

▼ ぬおまけ~ (2, 0.0%)

1 に三好, に余

▼ ぬおもしろい~ (2, 0.0%)

1 ものと, 殿よ

▼ ぬおよそ~ (2, 0.0%)

1 これらの, 昔も

▼ ぬおり~ (2, 0.0%)

1 はない, もなかっ

▼ ぬお伽噺~ (2, 0.0%)

1 の国, を

▼ ぬお化け~ (2, 0.0%)

2 の顔

▼ ぬお喋り坊主~ (2, 0.0%)

1 であること, のおかげ

▼ ぬお客樣~ (2, 0.0%)

2 は手前店

▼ ぬお礼~ (2, 0.0%)

1 が言わず, をださね

▼ ぬかかる~ (2, 0.0%)

1 恐怖に, 時取り出し

▼ ぬかぎりここ~ (2, 0.0%)

1 のどん詰り, の御

▼ ぬかしこ~ (2, 0.0%)

2 で私

▼ ぬかすか~ (2, 0.0%)

1 な夫婦, な音

▼ ぬかつ~ (2, 0.0%)

1 は艦長松島海軍大佐, 喘息ぎつゝ

▼ ぬかなしみ~ (2, 0.0%)

2

▼ ぬかなど~ (2, 0.0%)

1 事に, 聞いた

▼ ぬかなどと~ (2, 0.0%)

1 いえば, 案じて

▼ ぬかについて~ (2, 0.0%)

1 考えなければ, 自覺

▼ ぬかにの~ (2, 0.0%)

1 形が, 語調を

▼ ぬかにへ~ (2, 0.0%)

2 うへ

▼ ぬからき~ (2, 0.0%)

1 さまたちは, ッと

▼ ぬからでも~ (2, 0.0%)

1 あつた, あらうが

▼ ぬからという~ (2, 0.0%)

1 わけな, 原理と

▼ ぬからとかと~ (2, 0.0%)

2 飽くまでも難癖

▼ ぬかれん~ (2, 0.0%)

1 な, 遂に拷問四十三日目

▼ ぬがて~ (2, 0.0%)

1 まえの, まえは

▼ ぬがといふ~ (2, 0.0%)

2 意味は

▼ ぬがとに~ (2, 0.0%)

1 角大学教育の, 角投書は

▼ ぬがに~ (2, 0.0%)

1 咲ける石楠花, 花さきに

▼ ぬがを~ (2, 0.0%)

1 かしく思はれる, さまらぬ

▼ ぬきたない~ (2, 0.0%)

1 ことばを, 子供の

▼ ぬきれい~ (2, 0.0%)

1 な乙女, な声

▼ ぬぎはららかず霜晴~ (2, 0.0%)

2 の午

▼ ぬくに~ (2, 0.0%)

1 は心眼, 敏い彼

▼ ぬくみ刈りつる人~ (2, 0.0%)

2 もうち

▼ ぬくらいには~ (2, 0.0%)

1 できそう, 歓待した

▼ ぬぐやまつはる紐~ (2, 0.0%)

2 いろ

▼ ぬぐらゐ~ (2, 0.0%)

1 そこで万やむを得ず, 焦れつたいもの

▼ ぬけしき~ (2, 0.0%)

1 なり, にて花

▼ ぬけと~ (2, 0.0%)

1 云うであろう, 見えるて

▼ ぬけの~ (2, 0.0%)

1 ようで, 大馬鹿者

▼ ぬこういう~ (2, 0.0%)

1 仮名遣いだ, 自由を

▼ ぬこうして~ (2, 0.0%)

1 おられませぬこうして, はおられませぬわいな

▼ ぬことあなた~ (2, 0.0%)

1 には出来ます, のよう

▼ ぬことわし~ (2, 0.0%)

1 からは金輪際, が通る

▼ ぬことわり~ (2, 0.0%)

1 あり, や夏羽織

▼ ぬこと人~ (2, 0.0%)

1 に寄せる, を裁く

▼ ぬこと今~ (2, 0.0%)

1 の世, まであの

▼ ぬこと代診~ (2, 0.0%)

2 の傍

▼ ぬこと其他~ (2, 0.0%)

1 の季節, は赤坂

▼ ぬこと呼血器~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ ぬこと武士~ (2, 0.0%)

1 が象戯, という気持

▼ ぬこと現在~ (2, 0.0%)

1 このまま, と比べ

▼ ぬこと私~ (2, 0.0%)

1 の身, も残念

▼ ぬこと良人~ (2, 0.0%)

1 に相談, はそんな

▼ ぬこと青道心~ (2, 0.0%)

2 の僕以上

▼ ぬこと馬~ (2, 0.0%)

1 へご, を乗り入れ

▼ ぬこまか~ (2, 0.0%)

1 なる木生, な作法

▼ ぬこれら~ (2, 0.0%)

1 のもの, の民器

▼ ぬこんこん~ (2, 0.0%)

1 たる情味, と常に

▼ ぬご苦労~ (2, 0.0%)

1 だが, をかけました

▼ ぬさあさあ~ (2, 0.0%)

1 こちらへ, 一所に

▼ ぬさえずり~ (2, 0.0%)

1 であった, とをもった

▼ ぬさかい~ (2, 0.0%)

1 いかん, 一心に阿弥陀様

▼ ぬさっき~ (2, 0.0%)

1 はきわめて, 低く吠えた

▼ ぬさながら~ (2, 0.0%)

1 の闇夜, 検察の

▼ ぬさは~ (2, 0.0%)

1 さりながら, ふ磐余

▼ ぬさびしい~ (2, 0.0%)

1 広っぱを, 気が

▼ ぬさまで~ (2, 0.0%)

1 いきなりに, 世界は

▼ ぬさる~ (2, 0.0%)

1 にても彼, ほどに今

▼ ぬしかしながら~ (2, 0.0%)

1 日が, 竜之

▼ ぬしかるに~ (2, 0.0%)

1 この絵, 彼等強慾に

▼ ぬしぐさ~ (2, 0.0%)

1 で二度, やわけ

▼ ぬしだ~ (2, 0.0%)

1 から主として, の手品師

▼ ぬしだけが~ (2, 0.0%)

1 倭成す, 知って

▼ ぬしでも~ (2, 0.0%)

1 ある, ある事

▼ ぬしとして~ (2, 0.0%)

1 人気の, 本筋の

▼ ぬしとて~ (2, 0.0%)

1 去る日斯様, 許しは

▼ ぬしにも~ (2, 0.0%)

1 このくらい, どうだ

▼ ぬしによって~ (2, 0.0%)

2 違って

▼ ぬしののめ~ (2, 0.0%)

1 にとりあへぬ, の道

▼ ぬしばらく~ (2, 0.0%)

1 御無沙汰し, 監禁いたし

▼ ぬしほどの~ (2, 0.0%)

1 さむらい, 力量が

▼ ぬしろ~ (2, 0.0%)

1 びかりの平原を, ものである

▼ ぬじゃが~ (2, 0.0%)

1 あれは, 日短と

▼ ぬすがすがし~ (2, 0.0%)

1 さだった, さを

▼ ぬすこし~ (2, 0.0%)

1 のなだれ, 広き所

▼ ぬすごい~ (2, 0.0%)

1 力だ, 赤味を

▼ ぬすばや~ (2, 0.0%)

1 さで, さでは

▼ ぬずるい~ (2, 0.0%)

1 遣りかた, 鳥である

▼ ぬせいぜい~ (2, 0.0%)

1 十四等官風情の, 気を

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 あんな危険人物, 夫に

▼ ぬぜいたく~ (2, 0.0%)

1 な屋形船, のよう

▼ ぬそのうち~ (2, 0.0%)

1 こちらから, 血気に

▼ ぬそぶり~ (2, 0.0%)

1 だつた, を憎く

▼ ぬそれそれ~ (2, 0.0%)

2 お法衣

▼ ぬそれぞれ~ (2, 0.0%)

1 の人間, の苦悩

▼ ぬそれに~ (2, 0.0%)

1 小さな青桐, 彼地から

▼ ぬぞへ~ (2, 0.0%)

1 今更に, 長庵殿私

▼ ぬぞよと~ (2, 0.0%)

1 威張つて, 有るに

▼ ぬぞんざい~ (2, 0.0%)

2 な口

▼ ぬたった今~ (2, 0.0%)

1 この門前, 進んで

▼ ぬたって~ (2, 0.0%)

1 お前さん怖い, 殺さいでも

▼ ぬたのし~ (2, 0.0%)

1 さに, さを

▼ ぬため私~ (2, 0.0%)

1 と妻, の悲しみ

▼ ぬため非常~ (2, 0.0%)

1 な高所, にお気

▼ ぬたわごと~ (2, 0.0%)

1 をわめき散らす, を口走った

▼ ぬだらし~ (2, 0.0%)

1 なさ, のない

▼ ぬちから~ (2, 0.0%)

1 で兵部, の歓喜

▼ ぬちっぽけ~ (2, 0.0%)

1 なすずめ, な一労働者

▼ ぬちと~ (2, 0.0%)

1 そろ, みに

▼ ぬって~ (2, 0.0%)

1 あひるさんの, どんなこと

▼ ぬつくり~ (2, 0.0%)

1 とした, と起つた

▼ ぬつま~ (2, 0.0%)

1 ではない, な重ねそ

▼ ぬつめたき~ (2, 0.0%)

1 声に, 拒絶と

▼ ぬてめえ~ (2, 0.0%)

1 と弦, も一緒

▼ ぬでは~ (2, 0.0%)

1 どうぞ御機嫌, 何でございましょう

▼ ぬといふだけ~ (2, 0.0%)

1 である, ならまだしも

▼ ぬとかで~ (2, 0.0%)

1 もちきつ, 投げ出す事

▼ ぬとかに~ (2, 0.0%)

2 斷食し

▼ ぬとこ~ (2, 0.0%)

1 から, で笑っ

▼ ぬとこそ~ (2, 0.0%)

1 おもへ, 申しけれ

▼ ぬとしてとに~ (2, 0.0%)

1 角一定の, 角宣伝が

▼ ぬとしては~ (2, 0.0%)

1 はじめて他人, 教の

▼ ぬとだけ~ (2, 0.0%)

1 では, でむなしく

▼ ぬとのみ~ (2, 0.0%)

1 家の, 思われる水底

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 どうで, 毒を

▼ ぬどこどこ~ (2, 0.0%)

2 までも悪因悪果

▼ ぬどじ~ (2, 0.0%)

1 を踏む, を踏んだ

▼ ぬなお~ (2, 0.0%)

1 しばらくでも, 鴎外露伴らに

▼ ぬなおまた~ (2, 0.0%)

2 想像し

▼ ぬなぞ~ (2, 0.0%)

1 と不平, の青

▼ ぬなどが~ (2, 0.0%)

1 ありまた, あり又

▼ ぬなどの~ (2, 0.0%)

1 論が, 難行事

▼ ぬなにか~ (2, 0.0%)

1 の新しい, 苛

▼ ぬなは~ (2, 0.0%)

1 ひつじ草たぬき藻杉藻など, 生ふ

▼ ぬなほ~ (2, 0.0%)

2 また想像

▼ ぬなまけ者~ (2, 0.0%)

1 が焼き, で実学実業

▼ ぬならず者~ (2, 0.0%)

1 が人, のため

▼ ぬならば~ (2, 0.0%)

2 袴でも

▼ ぬなりで~ (2, 0.0%)

1 やつて, 散会した

▼ ぬにこやか~ (2, 0.0%)

2 な顔

▼ ぬにぞ~ (2, 0.0%)

1 さては天狗, 心ならずも鷲郎

▼ ぬにつけ~ (2, 0.0%)

1 入つて, 名句も

▼ ぬのでは~ (2, 0.0%)

1 ッと, ツと

▼ ぬのと~ (2, 0.0%)

1 互ひ, 答えた

▼ ぬのみかは~ (2, 0.0%)

1 何も, 勉て

▼ ぬばかしの~ (2, 0.0%)

1 顏し, 顔し

▼ ぬばかりにて~ (2, 0.0%)

1 國元の, 漸

▼ ぬひかり~ (2, 0.0%)

1 です, をみる

▼ ぬひとり息子~ (2, 0.0%)

2 の身の上

▼ ぬひひ~ (2, 0.0%)

1 なぬすみ, ら笑ひぬ

▼ ぬびて~ (2, 0.0%)

2 宿れば

▼ ぬふと~ (2, 0.0%)

1 もわれ笑, 中房

▼ ぬふるい~ (2, 0.0%)

1 でそれだけ, 木に

▼ ぬふるさと長崎~ (2, 0.0%)

2 の夢

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 つらふ物, 寄進した

▼ ぬへんてこ~ (2, 0.0%)

1 なしわざ, なもの

▼ ぬべから~ (2, 0.0%)

1 し, し吾が

▼ ぬほとぼり~ (2, 0.0%)

1 が無性に, のまま

▼ ぬほどしか~ (2, 0.0%)

1 下落せず, 残って

▼ ぬほどで~ (2, 0.0%)

1 二人の, 其の顔形

▼ ぬほどな~ (2, 0.0%)

1 極めて平々凡々, 裏面運動と

▼ ぬほどなり~ (2, 0.0%)

2 ければ

▼ ぬほどにとて~ (2, 0.0%)

1 一呼し, 出で

▼ ぬほどにな~ (2, 0.0%)

1 これさ, つてゐた

▼ ぬほどには~ (2, 0.0%)

1 あらず, なって

▼ ぬほどにも~ (2, 0.0%)

1 あらねば, なりしかば

▼ ぬほどまで~ (2, 0.0%)

2 明瞭性に

▼ ぬほんとに~ (2, 0.0%)

2 人の

▼ ぬほんに~ (2, 0.0%)

1 一時に, 骨身を

▼ ぬまえ~ (2, 0.0%)

1 からの仇敵, の異常

▼ ぬまこと~ (2, 0.0%)

1 の心, の忠臣

▼ ぬまさに~ (2, 0.0%)

1 このひと, 皺腹ものである

▼ ぬましてや~ (2, 0.0%)

1 これしきの, 是しきの

▼ ぬまじめ~ (2, 0.0%)

1 な商売, な眼光

▼ ぬまでには~ (2, 0.0%)

1 思ひなりぬ, 老耄せん

▼ ぬみか~ (2, 0.0%)

1 ど, 放鷹

▼ ぬみじめさ~ (2, 0.0%)

1 を哀れ, を感じ

▼ ぬみどり~ (2, 0.0%)

1 ごの, を呼べ

▼ ぬみの神大山祇神~ (2, 0.0%)

2 の女

▼ ぬむごたらし~ (2, 0.0%)

1 い死に, さを

▼ ぬもうけもの~ (2, 0.0%)

1 だ, でした

▼ ぬもう一度~ (2, 0.0%)

1 念の, 芥川に

▼ ぬもしくは~ (2, 0.0%)

1 しかする, それらの

▼ ぬもしも~ (2, 0.0%)

1 薬草道人が, 踏込むなら打払えと

▼ ぬもちろん~ (2, 0.0%)

1 帯も, 衣服も

▼ ぬもどかしい~ (2, 0.0%)

1 もののつき纏う, 感じが

▼ ぬものうい~ (2, 0.0%)

1 気分に, 音を

▼ ぬものさ~ (2, 0.0%)

2 へも

▼ ぬものだらけ~ (2, 0.0%)

1 だ, だが

▼ ぬものニ~ (2, 0.0%)

1 てべつに, て候

▼ ぬもの之~ (2, 0.0%)

1 は形式的, を私

▼ ぬもの其~ (2, 0.0%)

1 でも先方, ん中でも

▼ ぬもの好き~ (2, 0.0%)

1 でなくては, との區別

▼ ぬもの経験~ (2, 0.0%)

1 の乏しい, の浅い

▼ ぬやう我身~ (2, 0.0%)

2 が頓死

▼ ぬやう用心~ (2, 0.0%)

1 して, せねば

▼ ぬやう郵便爲替~ (2, 0.0%)

2 にて證書面の

▼ ぬやから~ (2, 0.0%)

1 は彼, は村

▼ ぬやに~ (2, 0.0%)

1 拝しまする, 見ゆるが

▼ ぬやも~ (2, 0.0%)

1 しれぬ, 知れぬゆえ

▼ ぬやり方~ (2, 0.0%)

1 で片道飛行機専門, らしい

▼ ぬやわらか~ (2, 0.0%)

1 さである, 味が

▼ ぬゆえこれ~ (2, 0.0%)

1 に対してならば, を挽き割らん

▼ ぬゆえそれ~ (2, 0.0%)

1 が何より, もついで

▼ ぬゆえに~ (2, 0.0%)

1 この乳母, や候らん

▼ ぬゆえん~ (2, 0.0%)

2 である

▼ ぬゆえ今~ (2, 0.0%)

1 しも件, その辺

▼ ぬゆえ他~ (2, 0.0%)

1 と異なった, の例

▼ ぬゆえ子供~ (2, 0.0%)

1 は知らず, や無

▼ ぬゆえ此~ (2, 0.0%)

1 のたび, の件

▼ ぬゆえ私~ (2, 0.0%)

1 の身の上, は引き取ります

▼ ぬゆかり~ (2, 0.0%)

1 のある, の深い

▼ ぬゆったり~ (2, 0.0%)

1 した調子, とした

▼ ぬゆゑ是~ (2, 0.0%)

1 までも兎角, より直に

▼ ぬようお願い~ (2, 0.0%)

1 申しあげます, 申します

▼ ぬようそれ~ (2, 0.0%)

1 だけを附記, のみを祈りまする

▼ ぬよう努力~ (2, 0.0%)

1 せにゃ, を尽し

▼ ぬよう希望~ (2, 0.0%)

1 して, するし

▼ ぬよう念~ (2, 0.0%)

1 をいれ, を入れ

▼ ぬよう気~ (2, 0.0%)

1 をつけろい, を配っ

▼ ぬよう窓~ (2, 0.0%)

1 のすき, をつけ

▼ ぬよけい~ (2, 0.0%)

1 なもの, な憎まれ言

▼ ぬよしや~ (2, 0.0%)

1 さこそは, 身は

▼ ぬよほど~ (2, 0.0%)

1 前から, 辛いもの

▼ ぬよも~ (2, 0.0%)

1 のけたもの, のけだもの

▼ ぬらん~ (2, 0.0%)

1 くろ髪山, 見るまま

▼ ぬるる~ (2, 0.0%)

2 夜の

▼ ぬわかき~ (2, 0.0%)

1 瞳に, 神草には

▼ ぬわがまま者~ (2, 0.0%)

1 だった, の学問

▼ ぬわが子ら~ (2, 0.0%)

2

▼ ぬわが身ひとつ~ (2, 0.0%)

1 は本, は花鳥

▼ ぬわたつみ~ (2, 0.0%)

1 のふか, の国

▼ ぬわよ~ (2, 0.0%)

1 ほほほ, ホホホホホ

▼ ぬわる~ (2, 0.0%)

2 さを

▼ ぬゑゝ~ (2, 0.0%)

2 憎くらしい

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 である, という伊勢物語

▼ ぬアジ~ (2, 0.0%)

1 の大漁, の大群

▼ ぬイイダ姫~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ ぬウラミ~ (2, 0.0%)

1 があっ, がある

▼ ぬエゴイズム~ (2, 0.0%)

1 に満ちる, の妖光

▼ ぬエスカレーター~ (2, 0.0%)

2 から免れ

▼ ぬエセックス~ (2, 0.0%)

1 に見当はずれ, はとき

▼ ぬエリス~ (2, 0.0%)

1 が悠々, のところ

▼ ぬオッチョコチョイ~ (2, 0.0%)

2 の存在

▼ ぬオモチャ~ (2, 0.0%)

1 だから, ではない

▼ ぬカン~ (2, 0.0%)

1 高い喧騒, 高い声

▼ ぬガラッ~ (2, 0.0%)

1 八が, 八の

▼ ぬガラツ八~ (2, 0.0%)

1 が顏, の暢氣さ

▼ ぬキザ~ (2, 0.0%)

1 な虚栄, な野郎

▼ ぬキチガイ~ (2, 0.0%)

1 じみた街, 祟りなし式

▼ ぬキチガイ地獄~ (2, 0.0%)

2 じゃ

▼ ぬギャグ~ (2, 0.0%)

1 が出, に笑い興じ

▼ ぬクリティシズム~ (2, 0.0%)

1 のこうした, はあり得ない

▼ ぬグロテスク~ (2, 0.0%)

1 な世界, な幻影

▼ ぬコケオドシ~ (2, 0.0%)

1 である, の法則

▼ ぬゴーリキイ~ (2, 0.0%)

1 であった, をもその

▼ ぬザイル~ (2, 0.0%)

2 をライフ

▼ ぬシャガ~ (2, 0.0%)

1 の寂し, の遺

▼ ぬシャン~ (2, 0.0%)

2 とした

▼ ぬシーン~ (2, 0.0%)

1 とし, としてゐる

▼ ぬストリップ~ (2, 0.0%)

1 で, の意味

▼ ぬテーブル~ (2, 0.0%)

1 の彼方此方, を一つ

▼ ぬテーマ~ (2, 0.0%)

1 であること, ではないだろう

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 は云え, 語るを

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

2 タン場に

▼ ぬドゥ・ミュッセエラマルティイヌ~ (2, 0.0%)

2 の後

▼ ぬドウ~ (2, 0.0%)

1 しても, もソレ

▼ ぬニコニコ顔~ (2, 0.0%)

1 で一同, のおし

▼ ぬハイ~ (2, 0.0%)

1 ありがとうござります, 有り難うご

▼ ぬバラ~ (2, 0.0%)

2 の小判

▼ ぬパーヴェル・パーヴロヴィチ~ (2, 0.0%)

1 のよう, を引立て

▼ ぬヒルミ夫人~ (2, 0.0%)

1 の外科病院, の生命

▼ ぬピサロ~ (2, 0.0%)

1 だったの, との相違

▼ ぬフョードル・パーヴロヴィッチ~ (2, 0.0%)

1 だという, の息子

▼ ぬフランス語~ (2, 0.0%)

2 を二言三言

▼ ぬブリョオゼン~ (2, 0.0%)

1 という村, といふ村

▼ ぬプロレタリアート~ (2, 0.0%)

1 の独裁, を母

▼ ぬホテル~ (2, 0.0%)

1 のベット, の生活なぞ

▼ ぬボロボロ~ (2, 0.0%)

1 のもの, の船

▼ ぬメエルハイム~ (2, 0.0%)

2 がごとき

▼ ぬモメント~ (2, 0.0%)

1 が排除, はどこ

▼ ぬヤカラ~ (2, 0.0%)

1 のみで, はいまだ

▼ ぬヤケクソ~ (2, 0.0%)

1 の夢幻, の題

▼ ぬヨーロッパ~ (2, 0.0%)

1 の土, の思慕

▼ ぬロンドン人~ (2, 0.0%)

1 が月, を甲板

▼ ぬワケ~ (2, 0.0%)

1 にはゆくまい, はなかっ

▼ ぬワナ~ (2, 0.0%)

1 がある, にはめない

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 と身上, 坐の

▼ ぬ一ふしあはれ~ (2, 0.0%)

2 も深く

▼ ぬ一ツ~ (2, 0.0%)

1 ぞ今, の謎

▼ ぬ一介~ (2, 0.0%)

1 の丁稚, の書生風

▼ ぬ一件~ (2, 0.0%)

1 が起った, で手前共

▼ ぬ一双~ (2, 0.0%)

2 の眼

▼ ぬ一同~ (2, 0.0%)

1 たとえ張子, はその

▼ ぬ一味~ (2, 0.0%)

1 が当局, の清新

▼ ぬ一場~ (2, 0.0%)

1 の夢記, の挙動

▼ ぬ一寸~ (2, 0.0%)

1 お目にかかりたいと, 馬券を

▼ ぬ一対~ (2, 0.0%)

1 の夫婦, の蟋蟀

▼ ぬ一度~ (2, 0.0%)

1 帰れ, 踏み出して

▼ ぬ一応~ (2, 0.0%)

1 御旅切手だけを, 御様子

▼ ぬ一所~ (2, 0.0%)

1 に死のう, の内

▼ ぬ一文~ (2, 0.0%)

1 でも人, も出さぬ

▼ ぬ一本立~ (2, 0.0%)

2 の御用聞

▼ ぬ一枚~ (2, 0.0%)

1 のドア, の古

▼ ぬ一片~ (2, 0.0%)

1 の画像, の雲

▼ ぬ一生溝~ (2, 0.0%)

1 でもい, でもいじっ

▼ ぬ一目~ (2, 0.0%)

1 がこれ, に見渡せない

▼ ぬ一種不可思議~ (2, 0.0%)

1 の心理作用, の手段

▼ ぬ一種奇怪~ (2, 0.0%)

1 な笑い声, の動物

▼ ぬ一種異様~ (2, 0.0%)

1 な輝き, の感じ

▼ ぬ一筋~ (2, 0.0%)

1 なる御, の街

▼ ぬ一節~ (2, 0.0%)

1 である, ではあるまい

▼ ぬ一般民衆~ (2, 0.0%)

1 なの, のこと

▼ ぬ一要素~ (2, 0.0%)

1 であるの, は弟子

▼ ぬ一角~ (2, 0.0%)

1 であるだけに, を眺め

▼ ぬ一足~ (2, 0.0%)

1 なりと一人, も

▼ ぬ一身上~ (2, 0.0%)

1 のそれ自身, の都合

▼ ぬ一郎~ (2, 0.0%)

1 は卓越, は心から

▼ ぬ一間~ (2, 0.0%)

1 であったが, に引籠

▼ ぬ一陣~ (2, 0.0%)

1 の兵, の凄

▼ ぬ一隊~ (2, 0.0%)

1 が馬煙, の工夫

▼ ぬ七兵衛~ (2, 0.0%)

1 の実家, も今ここ

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 からぬ, に一つ

▼ ぬ三合目陶器師~ (2, 0.0%)

2 であった

▼ ぬ三崎~ (2, 0.0%)

2 の町

▼ ぬ三輪~ (2, 0.0%)

1 の町, の町いっぱい

▼ ぬ上人~ (2, 0.0%)

2 の蔑視

▼ ぬ上品質~ (2, 0.0%)

1 いずれ親方親方, いづれ親方

▼ ぬ上天気~ (2, 0.0%)

1 だった, を約束

▼ ぬ上機嫌~ (2, 0.0%)

1 とを愉快, な気色

▼ ぬ上総~ (2, 0.0%)

1 の船, より来

▼ ぬ上野~ (2, 0.0%)

1 かな, が関東

▼ ぬ下僕~ (2, 0.0%)

1 だけやっ, なども主人

▼ ぬ下品~ (2, 0.0%)

1 な匂, な卑劣漢

▼ ぬ下女~ (2, 0.0%)

1 はした, もいずれ

▼ ぬ下心~ (2, 0.0%)

1 であること, を疑られ

▼ ぬ下級品~ (2, 0.0%)

2 をつく

▼ ぬ不利~ (2, 0.0%)

1 となる, に陷

▼ ぬ不可能~ (2, 0.0%)

1 なこと, なれば

▼ ぬ不器量~ (2, 0.0%)

1 なそして, な醜い

▼ ぬ不思議さ~ (2, 0.0%)

1 であったが, と共に私

▼ ぬ不敬~ (2, 0.0%)

1 である, の探索

▼ ぬ不明瞭さ~ (2, 0.0%)

2 で絶間

▼ ぬ不死身~ (2, 0.0%)

1 の俺等, の武装

▼ ぬ不潔さ~ (2, 0.0%)

1 にそろそろ, にヘキエキ

▼ ぬ不破~ (2, 0.0%)

1 の古関, の関屋

▼ ぬ不自由さ~ (2, 0.0%)

1 に沈むであろう, に陥るであろう

▼ ぬ不調和~ (2, 0.0%)

1 な地位, の底

▼ ぬ不躾~ (2, 0.0%)

1 なやり方, な所業

▼ ぬ不遇~ (2, 0.0%)

1 と不平, な人々

▼ ぬ不運~ (2, 0.0%)

1 なる場合, な事実

▼ ぬ不遜~ (2, 0.0%)

1 な挑戦, な行為

▼ ぬ世にも~ (2, 0.0%)

1 夢かと, 恐ろしい大

▼ ぬ世代~ (2, 0.0%)

1 というもの, の大

▼ ぬ世帯~ (2, 0.0%)

1 の窮屈, の魂胆

▼ ぬ世態~ (2, 0.0%)

1 と国, にある

▼ ぬ世界一~ (2, 0.0%)

1 の珍, の馬鹿

▼ ぬ世評~ (2, 0.0%)

1 が貴公, のこと

▼ ぬ世語り~ (2, 0.0%)

2

▼ ぬ世間咄~ (2, 0.0%)

2 しの

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 の上, へ登つた

▼ ぬ中国人~ (2, 0.0%)

1 であったの, の債務

▼ ぬ中女主人~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ ぬ丸い~ (2, 0.0%)

1 さしぢち, 眼と

▼ ぬ丸顔~ (2, 0.0%)

1 の色, を傾け

▼ ぬ丹後守~ (2, 0.0%)

1 の度量, は客

▼ ぬ主君~ (2, 0.0%)

1 に仕え, の前

▼ ぬ主張~ (2, 0.0%)

1 を信ずる, を最後

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 に奉仕, の村

▼ ぬ九十九里浜~ (2, 0.0%)

1 の長い, の類

▼ ぬ九州~ (2, 0.0%)

1 の南, の梅谷

▼ ぬ乱れ~ (2, 0.0%)

1 の中, の跡

▼ ぬ乱暴者~ (2, 0.0%)

1 でご, になっ

▼ ぬ了見~ (2, 0.0%)

1 からさらしもの, 起こせしとも

▼ ぬ事ぢ~ (2, 0.0%)

1 や, やが

▼ ぬ事ゆえ~ (2, 0.0%)

1 お見舞, 只馬鹿

▼ ぬ事ドストイエフスキ~ (2, 0.0%)

2 に対する盲目的感激

▼ ぬ事也~ (2, 0.0%)

1 とて心あたり, とて頓

▼ ぬ事神仏~ (2, 0.0%)

2 の力

▼ ぬ事許~ (2, 0.0%)

2 りなので

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 の太刀, の扉

▼ ぬ二人連れ~ (2, 0.0%)

1 の男女, を畜生

▼ ぬ二年~ (2, 0.0%)

1 まえ父, や三年

▼ ぬ二月~ (2, 0.0%)

1 の十一日, の末

▼ ぬ二通~ (2, 0.0%)

2 も同じく

▼ ぬ二階~ (2, 0.0%)

1 で登り, へ返事

▼ ぬ云々~ (2, 0.0%)

1 といふ文句, と書

▼ ぬ互いに~ (2, 0.0%)

1 名乗れば, 顔を

▼ ぬ五時ごろ~ (2, 0.0%)

1 からひしめき集う, の

▼ ぬ五月~ (2, 0.0%)

1 の心理, の時鳥

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 に, の中

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 と世辞, と寛げ

▼ ぬ交響楽~ (2, 0.0%)

2 を彷彿

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 も逢はめ, 二三日に

▼ ぬ亭主~ (2, 0.0%)

1 のねばり強, の坂田

▼ ぬ人さ~ (2, 0.0%)

1 へあ, へかく

▼ ぬ人世~ (2, 0.0%)

1 という古い, の行路難今

▼ ぬ人体~ (2, 0.0%)

1 じゃもん, である

▼ ぬ人出~ (2, 0.0%)

1 で大, の気配

▼ ぬ人同志~ (2, 0.0%)

2 が同じ

▼ ぬ人名二三~ (2, 0.0%)

2 には

▼ ぬ人命~ (2, 0.0%)

1 が奪われ, を失った

▼ ぬ人家~ (2, 0.0%)

1 が近い, が近づいた

▼ ぬ人家頬髭~ (2, 0.0%)

2 長き猶

▼ ぬ人工的~ (2, 0.0%)

1 であッ, 非科学的

▼ ぬ人格~ (2, 0.0%)

1 と人, の者

▼ ぬ人気者~ (2, 0.0%)

1 であつ, という形

▼ ぬ人立~ (2, 0.0%)

1 の中, を可

▼ ぬ人足~ (2, 0.0%)

1 に刻まれ, を対手

▼ ぬ人間たち~ (2, 0.0%)

1 が朽ちかかつた, は霜

▼ ぬ人間生活~ (2, 0.0%)

2 の汗

▼ ぬ人間自身~ (2, 0.0%)

1 が作り出し, であるという

▼ ぬ人非人~ (2, 0.0%)

1 なりと罵りける, のよう

▼ ぬ人類~ (2, 0.0%)

1 であるか, の名誉

▼ ぬ仁君~ (2, 0.0%)

1 だ, でカプシン僧

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

2 暗い坂

▼ ぬ今に~ (2, 0.0%)

1 お会い, 後悔する

▼ ぬ今や~ (2, 0.0%)

1 吾等の, 我国の

▼ ぬ今年~ (2, 0.0%)

1 の正月, は菊

▼ ぬ今時分何~ (2, 0.0%)

2 しに

▼ ぬ今朝~ (2, 0.0%)

1 になっ, の手紙

▼ ぬ今死~ (2, 0.0%)

2 ぬる馬鹿

▼ ぬ仕儀工夫~ (2, 0.0%)

1 に余っ, に餘つて

▼ ぬ仕打ち~ (2, 0.0%)

1 をしただ, 如何なるわけ

▼ ぬ仕掛け~ (2, 0.0%)

1 になっ, になる

▼ ぬ仕業~ (2, 0.0%)

1 であります, はこんな

▼ ぬ仕組み~ (2, 0.0%)

2 になっ

▼ ぬ他界~ (2, 0.0%)

1 の幽霊, の蔭

▼ ぬ以上それ~ (2, 0.0%)

1 が思惟, までの藥價

▼ ぬ以上何~ (2, 0.0%)

1 かの意味, の手がかり

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 のうち, も光俊

▼ ぬ会心~ (2, 0.0%)

1 と昂奮, のいたりだ

▼ ぬ会見~ (2, 0.0%)

1 であった, はこれきり

▼ ぬ伯父~ (2, 0.0%)

1 の消息, の筆

▼ ぬ伶人~ (2, 0.0%)

2 めきし奈良

▼ ぬ位杉~ (2, 0.0%)

2 の葉

▼ ぬ位素振り~ (2, 0.0%)

2 などがいかにも

▼ ぬ低劣~ (2, 0.0%)

1 な鼻, の結末

▼ ぬ住吉~ (2, 0.0%)

1 のまつ此度, の社

▼ ぬ住居~ (2, 0.0%)

1 さりとて向島根岸, なれども

▼ ぬ体裁~ (2, 0.0%)

1 も内容, を装っ

▼ ぬ何ぞ~ (2, 0.0%)

1 して, 箭を

▼ ぬ何と~ (2, 0.0%)

1 なれば, 云ふ

▼ ぬ何となく~ (2, 0.0%)

1 別人の, 醤油くさく

▼ ぬ何とも~ (2, 0.0%)

1 彼とも, 言えぬばかり

▼ ぬ何やら~ (2, 0.0%)

1 の音, んと

▼ ぬ何所~ (2, 0.0%)

1 かに智馬, 迄も事実

▼ ぬ余生~ (2, 0.0%)

2 を愚痴

▼ ぬ作物~ (2, 0.0%)

1 である, まで利用

▼ ぬ作略~ (2, 0.0%)

1 で宗匠, をした

▼ ぬ使~ (2, 0.0%)

2 ひ手

▼ ぬ使い~ (2, 0.0%)

1 に行く, を飛ばし

▼ ぬ使者~ (2, 0.0%)

1 が殿, をうけ

▼ ぬ例へば~ (2, 0.0%)

1 二と, 皇帝は

▼ ぬ例外~ (2, 0.0%)

1 だ, もない

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 ある世, 高き花束

▼ ぬ価格~ (2, 0.0%)

2 でももう

▼ ぬ侮蔑~ (2, 0.0%)

1 と兇猛, の色

▼ ぬ便利~ (2, 0.0%)

1 なる代り, を感じた

▼ ぬ俊雄~ (2, 0.0%)

1 なれば, の狼狽える

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 な念願, な苦労

▼ ぬ俗人~ (2, 0.0%)

1 じゃ, の俗膓

▼ ぬ俚諺~ (2, 0.0%)

1 にも鉄, に思いあたっ

▼ ぬ保証~ (2, 0.0%)

2 を与え

▼ ぬ信者~ (2, 0.0%)

1 のその, は

▼ ぬ修業~ (2, 0.0%)

1 の仕事, を積みました

▼ ぬ修羅~ (2, 0.0%)

1 の旅, を現

▼ ぬ個性~ (2, 0.0%)

1 について作家的, の発露

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

2 せに

▼ ぬ停車場前~ (2, 0.0%)

2 の情景

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 の気性, の氣性

▼ ぬ偶像~ (2, 0.0%)

1 です, としてで

▼ ぬ偽物~ (2, 0.0%)

2 だったの

▼ ぬ傳説~ (2, 0.0%)

1 が一部, が實際

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 に二千九百圓, に指先

▼ ぬ僅か~ (2, 0.0%)

1 な地所もろ, に十時三〇分

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 となつ, と見えざる

▼ ぬ僞物~ (2, 0.0%)

1 だつたの, である

▼ ぬ僻地~ (2, 0.0%)

1 であろう, でその

▼ ぬ儀式~ (2, 0.0%)

1 がいくつ, の手本

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 さなどを, さを

▼ ぬ優秀~ (2, 0.0%)

1 なもの, な体格

▼ ぬ儼然~ (2, 0.0%)

1 たる事実, たる事實

▼ ぬ兄妹~ (2, 0.0%)

1 でも遺骨, なの

▼ ぬ先方~ (2, 0.0%)

1 の婿, の親戚

▼ ぬ先水~ (2, 0.0%)

2 をまけ

▼ ぬ光線~ (2, 0.0%)

1 を室内, を透された

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 に此憂苦, よ

▼ ぬ八ツ橋~ (2, 0.0%)

2 の状

▼ ぬ八丈~ (2, 0.0%)

2 が島

▼ ぬ八卦~ (2, 0.0%)

1 をたてた, を下す

▼ ぬ八戸~ (2, 0.0%)

2 の町

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 に敵討ち, の場合

▼ ぬ公式~ (2, 0.0%)

1 な根拠, を勉強

▼ ぬ共同~ (2, 0.0%)

1 の敵, を設置

▼ ぬ共通点~ (2, 0.0%)

1 を持つ, を見出した

▼ ぬ兵隊~ (2, 0.0%)

1 のひとり, の観兵式

▼ ぬ兵馬~ (2, 0.0%)

1 が黎陽, のため

▼ ぬ其やう~ (2, 0.0%)

2 に茶利

▼ ぬ其上~ (2, 0.0%)

1 でお前, を用捨

▼ ぬ具合~ (2, 0.0%)

1 になっ, に造られ

▼ ぬ典型的~ (2, 0.0%)

1 な坊ちや, な秘書

▼ ぬ円形~ (2, 0.0%)

2 を作り

▼ ぬ円陣~ (2, 0.0%)

1 をつく, をはっ

▼ ぬ円鼎~ (2, 0.0%)

2 で足

▼ ぬ再会~ (2, 0.0%)

1 の日, を喜んだ

▼ ぬ冠上~ (2, 0.0%)

1 のきぬ, の衣

▼ ぬ冥界~ (2, 0.0%)

1 の人, へ身

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

2 えかへ

▼ ぬ决心~ (2, 0.0%)

2 で出

▼ ぬ冷たき~ (2, 0.0%)

1 ねやに, 菊の

▼ ぬ冷たく美しい~ (2, 0.0%)

2 ものです

▼ ぬ冷やか~ (2, 0.0%)

1 な厳粛, な調子

▼ ぬ冷厳~ (2, 0.0%)

1 な孤独, な重圧

▼ ぬ冷気~ (2, 0.0%)

1 に凍える, に襲われ

▼ ぬ冷淡さ~ (2, 0.0%)

1 があった, で過去

▼ ぬ冷笑~ (2, 0.0%)

1 が含まれ, の様

▼ ぬ冷静~ (2, 0.0%)

1 な官僚, な面持

▼ ぬ凄み~ (2, 0.0%)

1 がある, をマニラじゅう

▼ ぬ凄惨~ (2, 0.0%)

1 なうめき声, なシルエット

▼ ぬ凡人~ (2, 0.0%)

1 の為, を西伯利亜

▼ ぬ凡夫~ (2, 0.0%)

1 の淺, の身也

▼ ぬ凶事~ (2, 0.0%)

1 に身, の跫音

▼ ぬ出来栄え~ (2, 0.0%)

1 であつ, の確か

▼ ぬ出発~ (2, 0.0%)

1 がある, をした

▼ ぬ出鱈目~ (2, 0.0%)

1 を並べよう, を句籠勝

▼ ぬ切れ目~ (2, 0.0%)

1 が, の小さい

▼ ぬ切実さ~ (2, 0.0%)

1 で塚田, に打たれた

▼ ぬ切迫~ (2, 0.0%)

1 したもの, した事情

▼ ぬ初秋~ (2, 0.0%)

1 の夕暮, の夜

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

2 を捺さぬ

▼ ぬ判断~ (2, 0.0%)

1 がで, が文化

▼ ぬ別人~ (2, 0.0%)

1 じゃそう, であった

▼ ぬ別天地~ (2, 0.0%)

1 がひらけた, に頻

▼ ぬ利分~ (2, 0.0%)

2 や小遣

▼ ぬ制限~ (2, 0.0%)

1 からその, された意識

▼ ぬ刺戟~ (2, 0.0%)

1 となっ, を与え

▼ ぬ前世~ (2, 0.0%)

1 の宿, の宿縁

▼ ぬ剛勇~ (2, 0.0%)

1 のアキルリュウス, の人

▼ ぬ剣術~ (2, 0.0%)

1 とは徒ら, の家

▼ ぬ功徳~ (2, 0.0%)

1 をお, をなす

▼ ぬ功績~ (2, 0.0%)

1 を残した, を立てた

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 三が, 太夫の

▼ ぬ助太刀~ (2, 0.0%)

2 頼んで

▼ ぬ劫初~ (2, 0.0%)

1 にきざし, の代

▼ ぬ励み~ (2, 0.0%)

2 は成らん

▼ ぬ労作~ (2, 0.0%)

1 であった, である

▼ ぬ勇まし~ (2, 0.0%)

1 さである, さは

▼ ぬ勇者~ (2, 0.0%)

1 でもなけれ, の背後

▼ ぬ務め~ (2, 0.0%)

1 にも深い, はその

▼ ぬ勝負事~ (2, 0.0%)

2 を好まぬ

▼ ぬ勝造~ (2, 0.0%)

1 の指図, の指圖

▼ ぬ勞苦~ (2, 0.0%)

1 と無, を省く

▼ ぬ勤め~ (2, 0.0%)

1 に手辨當, 振と

▼ ぬ勲章肩~ (2, 0.0%)

2 じるし

▼ ぬ化学~ (2, 0.0%)

2 の方程式

▼ ぬ北国~ (2, 0.0%)

1 の古き, の風物

▼ ぬ北方~ (2, 0.0%)

1 の曇天, の煙霞

▼ ぬ区域~ (2, 0.0%)

1 が多い, に鍵

▼ ぬ十九~ (2, 0.0%)

1 の春, の萩乃

▼ ぬ十二神貝十郎~ (2, 0.0%)

2 であった

▼ ぬ十兵衞~ (2, 0.0%)

1 には口, の答

▼ ぬ十日~ (2, 0.0%)

1 あれば, の朝

▼ ぬ十歳~ (2, 0.0%)

2 の少年

▼ ぬ千代松~ (2, 0.0%)

1 は三度目, は手持無沙汰

▼ ぬ午前~ (2, 0.0%)

2 の八時頃

▼ ぬ半ば~ (2, 0.0%)

2 開いた其眼

▼ ぬ半兵衛~ (2, 0.0%)

1 でござる, を極めこん

▼ ぬ半分~ (2, 0.0%)

1 の大, 減じて

▼ ぬ半纏~ (2, 0.0%)

1 を被, 被に

▼ ぬ半面~ (2, 0.0%)

1 だけを見, をもやはり大いに

▼ ぬ卑しい~ (2, 0.0%)

1 ものと, 者たちの

▼ ぬ卓子~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ ぬ印度~ (2, 0.0%)

1 に於, の魔法使い

▼ ぬ危害~ (2, 0.0%)

1 は全く, は当分

▼ ぬ危險~ (2, 0.0%)

1 にさらされる, を感じた

▼ ぬ危難~ (2, 0.0%)

1 にご, を突破

▼ ぬ即死~ (2, 0.0%)

2 でございますがと

▼ ぬ厄介者~ (2, 0.0%)

1 だ, を売附ける

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 さに, 味の

▼ ぬ原始~ (2, 0.0%)

1 の山野, の森

▼ ぬ厭味~ (2, 0.0%)

2 を覚えさせられる

▼ ぬ厳しい~ (2, 0.0%)

1 調子でした, 調子です

▼ ぬ又は~ (2, 0.0%)

1 好ましい主義, 潔しと

▼ ぬ又或は~ (2, 0.0%)

1 然樣, 真に秀吉

▼ ぬ友無し~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ ぬ反対~ (2, 0.0%)

1 に出会った, の条件

▼ ぬ反抗~ (2, 0.0%)

1 かとみえた, の気勢

▼ ぬ収入~ (2, 0.0%)

1 にありつく, をあげ

▼ ぬ叔母~ (2, 0.0%)

1 を, を教えよう

▼ ぬ取沙汰~ (2, 0.0%)

1 がいつ, を行

▼ ぬ取締り~ (2, 0.0%)

1 が完備, のない

▼ ぬ取越苦労~ (2, 0.0%)

1 をし, をした

▼ ぬ叡智~ (2, 0.0%)

2 においてすべて

▼ ぬ口さし出申候~ (2, 0.0%)

1 から, から恥

▼ ぬ口ぶり~ (2, 0.0%)

1 で察せられる, 軽く受け

▼ ぬ口上~ (2, 0.0%)

1 すらすらと, もいう

▼ ぬ口吻~ (2, 0.0%)

1 でもう, で何事

▼ ぬ口髭~ (2, 0.0%)

1 をつけ, を生し

▼ ぬ古き~ (2, 0.0%)

1 世界には, 神

▼ ぬ古寺~ (2, 0.0%)

1 であった, の門前

▼ ぬ古来~ (2, 0.0%)

1 の感覚, の革命

▼ ぬ古里~ (2, 0.0%)

1 に, に散る

▼ ぬ可愛~ (2, 0.0%)

1 の息子, 気が

▼ ぬ可愛いい~ (2, 0.0%)

1 振舞いを, 顔をと

▼ ぬ右手~ (2, 0.0%)

2 の農家

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 戯曲が, 秀次公の

▼ ぬ合戦~ (2, 0.0%)

1 などに及んだ, もいや

▼ ぬ合点~ (2, 0.0%)

1 がゆかぬ, の行かぬ

▼ ぬ同人雑誌~ (2, 0.0%)

2 をたくさん

▼ ぬ同僚~ (2, 0.0%)

1 は哀悼, や部下

▼ ぬ同情者~ (2, 0.0%)

1 となっ, の一人

▼ ぬ同族~ (2, 0.0%)

1 であるの, を招く

▼ ぬ同行~ (2, 0.0%)

1 のつれ, の諸君

▼ ぬ名人~ (2, 0.0%)

1 でした, の名人わざ

▼ ぬ名人芸~ (2, 0.0%)

1 にただ, は生れる

▼ ぬ名刀~ (2, 0.0%)

1 の銀づくり, をさし

▼ ぬ名状~ (2, 0.0%)

2 し難い

▼ ぬ名目~ (2, 0.0%)

1 だが, をその

▼ ぬ吐息~ (2, 0.0%)

1 や微笑, をつい

▼ ぬ向う~ (2, 0.0%)

1 が折, の辻

▼ ぬ向き~ (2, 0.0%)

1 が多い, もあつ

▼ ぬ向上心~ (2, 0.0%)

1 からいつのまに, だと

▼ ぬ君ゆゑ~ (2, 0.0%)

2

▼ ぬ含み~ (2, 0.0%)

1 がある, のあるべき

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 し衣, は

▼ ぬ吾ら~ (2, 0.0%)

1 の身, の身の上

▼ ぬ吾人~ (2, 0.0%)

1 の氣, は死ぬ

▼ ぬ告白~ (2, 0.0%)

1 です, をする

▼ ぬ呪詛~ (2, 0.0%)

1 あれ, の声

▼ ぬ味い~ (2, 0.0%)

1 があっ, の一つ

▼ ぬ命がけ~ (2, 0.0%)

1 の挑戦, の挑戰

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 しだが, だ

▼ ぬ和やか~ (2, 0.0%)

1 な態度, な笑み

▼ ぬ咲き~ (2, 0.0%)

2 ぬと

▼ ぬ哀し~ (2, 0.0%)

2 さに

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 の人生, の女等

▼ ぬ唯物弁証法~ (2, 0.0%)

1 だった, 乃至弁証法的唯物論

▼ ぬ唸り声~ (2, 0.0%)

1 であった, を出した

▼ ぬ問い~ (2, 0.0%)

1 には道誉, を発した

▼ ぬ善き~ (2, 0.0%)

1 事も, 待遇を

▼ ぬ善良~ (2, 0.0%)

1 な人物, な少年

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

2 の声

▼ ぬ喜色~ (2, 0.0%)

1 があった, をうかべ

▼ ぬ嘆息~ (2, 0.0%)

1 をつい, を僅か

▼ ぬ嘘はいふ~ (2, 0.0%)

1 までもなく, 迄も無く

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 じゃが今日, でございます

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 でいわゆる, でおもしろく

▼ ぬ四つ~ (2, 0.0%)

1 の段階的観察点, 又はこんな

▼ ぬ四人~ (2, 0.0%)

1 のもの, は四様

▼ ぬ四時過ぎ雪まみれ~ (2, 0.0%)

2 になった

▼ ぬ四辺~ (2, 0.0%)

1 に響いた, の風光

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 て予, で酷算段

▼ ぬ因循さ~ (2, 0.0%)

2 が自然主義以来牢固

▼ ぬ困惑~ (2, 0.0%)

2 の色

▼ ぬ困窮~ (2, 0.0%)

1 に陥っ, に陥り

▼ ぬ困苦~ (2, 0.0%)

2 と反抗

▼ ぬ図柄~ (2, 0.0%)

1 は一体, を我々

▼ ぬ固有~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ ぬ國家~ (2, 0.0%)

1 が承知, の爲

▼ ぬ土人形~ (2, 0.0%)

1 でもこう, でも斯

▼ ぬ土台~ (2, 0.0%)

1 というの, ね

▼ ぬ土塀~ (2, 0.0%)

1 と古い, の如く

▼ ぬ土手~ (2, 0.0%)

1 の往来, は青芝

▼ ぬ土木事業~ (2, 0.0%)

1 とも庭作り, の中止

▼ ぬ土産~ (2, 0.0%)

1 があった, を持参

▼ ぬ圧迫~ (2, 0.0%)

1 と苦闘, に似た

▼ ぬ圧迫感~ (2, 0.0%)

1 めいたもの, を覚えた

▼ ぬ地主~ (2, 0.0%)

1 などはなく, の娘

▼ ぬ地味~ (2, 0.0%)

1 で黒っぽい, な好み

▼ ぬ地球~ (2, 0.0%)

1 というこの, のむきだし

▼ ぬ執念~ (2, 0.0%)

1 に神谷, の手

▼ ぬ場処~ (2, 0.0%)

1 に於, も祭り

▼ ぬ場末~ (2, 0.0%)

1 の街筋, めいた感じ

▼ ぬ堺兄~ (2, 0.0%)

1 に先, は軽

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 がつかへ, のやう

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 の雪, を立てた

▼ ぬ増長慢~ (2, 0.0%)

1 じゃ, の賊

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 であった, になれ

▼ ぬ声音~ (2, 0.0%)

1 で, で叱

▼ ぬ変動~ (2, 0.0%)

1 が来るであろう, の中

▼ ぬ変装~ (2, 0.0%)

1 の名人, をし

▼ ぬ夏檜葉~ (2, 0.0%)

2 のうへ

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 の雲, も花

▼ ぬ夕暮~ (2, 0.0%)

1 どきじゃ, に

▼ ぬ外人~ (2, 0.0%)

1 に質せ, の心

▼ ぬ外国人同士~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ ぬ外國~ (2, 0.0%)

1 の港, へ行つた者

▼ ぬ多分~ (2, 0.0%)

1 は叔父, インドで

▼ ぬ多勢~ (2, 0.0%)

2 に無勢

▼ ぬ多額~ (2, 0.0%)

1 の貸借, の費用

▼ ぬ夜中~ (2, 0.0%)

1 にこっそり, の数時間

▼ ぬ夜分~ (2, 0.0%)

1 を選ん, 寝る時

▼ ぬ夜風~ (2, 0.0%)

1 に吹かれた, の冷た

▼ ぬ夢想~ (2, 0.0%)

1 のうち, のこと

▼ ぬ夥しい~ (2, 0.0%)

1 このお, 赤煉瓦の

▼ ぬ大いなる~ (2, 0.0%)

1 力が, 影が

▼ ぬ大任~ (2, 0.0%)

1 である, ですが

▼ ぬ大分~ (2, 0.0%)

1 に汝, 御心配

▼ ぬ大口~ (2, 0.0%)

1 の禿, 利いて

▼ ぬ大吉~ (2, 0.0%)

1 が二挺三味線, 生まれたその

▼ ぬ大官~ (2, 0.0%)

1 の罪, はまず

▼ ぬ大師~ (2, 0.0%)

1 の埀跡, の歸朝後

▼ ぬ大敗~ (2, 0.0%)

1 となりましょう, をうけた

▼ ぬ大木~ (2, 0.0%)

1 が幾万本, が聳え立つ

▼ ぬ大木老樹たち~ (2, 0.0%)

1 が平均一本, が平均一本六錢

▼ ぬ大河~ (2, 0.0%)

1 の寂しけれ, の相

▼ ぬ大洋~ (2, 0.0%)

1 の上, を安全

▼ ぬ大物~ (2, 0.0%)

1 でしょう, でせう

▼ ぬ大理石~ (2, 0.0%)

2 の階

▼ ぬ大男~ (2, 0.0%)

1 が急ぎ足, が立ちはだかり

▼ ぬ大石先生~ (2, 0.0%)

1 に昔どおり村, は小柄

▼ ぬ大竹藪~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ ぬ大胆不敵~ (2, 0.0%)

1 な悪党, の小男

▼ ぬ大臣~ (2, 0.0%)

1 が居られた, はたびたび

▼ ぬ大葉樫~ (2, 0.0%)

2 の花

▼ ぬ大衆~ (2, 0.0%)

1 に向っ, は自ら

▼ ぬ大路~ (2, 0.0%)

2 に見る

▼ ぬ大軍~ (2, 0.0%)

1 が上っ, はいまや

▼ ぬ大過~ (2, 0.0%)

1 であった, を犯した

▼ ぬ大野ら~ (2, 0.0%)

2

▼ ぬ大陸~ (2, 0.0%)

1 であったものの, へ昔羅馬人たち

▼ ぬ大騒ぎ~ (2, 0.0%)

1 となつ, をし

▼ ぬ天子~ (2, 0.0%)

1 がある, のお

▼ ぬ天晴れ~ (2, 0.0%)

1 の勇者, の名工

▼ ぬ天気~ (2, 0.0%)

1 である, ですね

▼ ぬ天狗~ (2, 0.0%)

1 の面, らしき者

▼ ぬ天皇~ (2, 0.0%)

1 であり天皇, は自分

▼ ぬ天空~ (2, 0.0%)

1 にとびだし, の雷獣

▼ ぬ天質~ (2, 0.0%)

1 の人, の閃き

▼ ぬ太吉~ (2, 0.0%)

2 の死骸

▼ ぬ太子~ (2, 0.0%)

1 の宮中, の抑留

▼ ぬ太平~ (2, 0.0%)

1 であつ, の世

▼ ぬ太閤~ (2, 0.0%)

1 が出なけれ, はすでに

▼ ぬ夫ぢ~ (2, 0.0%)

1 やと喞, やア

▼ ぬ夫婦生活~ (2, 0.0%)

1 である, に慣らされ

▼ ぬ失態~ (2, 0.0%)

1 が百出, である

▼ ぬ奇声~ (2, 0.0%)

1 をあげた, を発し

▼ ぬ奇禍~ (2, 0.0%)

1 で白痴, を買っ

▼ ぬ奇蹟~ (2, 0.0%)

1 であろうか, を行なっ

▼ ぬ奈良~ (2, 0.0%)

1 という事臆, の帝様

▼ ぬ奉公人~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ ぬ奉行~ (2, 0.0%)

1 たるわし, の手

▼ ぬ契機~ (2, 0.0%)

1 としてそれら, のある

▼ ぬ契約~ (2, 0.0%)

1 が秘められ, であるが

▼ ぬ奥山~ (2, 0.0%)

1 に心, へでも入った

▼ ぬ奥行~ (2, 0.0%)

1 がある, は幾間

▼ ぬ奧樣~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

2 られるの

▼ ぬ女らしい~ (2, 0.0%)

1 狭量と, 艶

▼ ぬ女乞食~ (2, 0.0%)

1 の顏, の顔

▼ ぬ女声~ (2, 0.0%)

1 の速射砲, の音調

▼ ぬ女形~ (2, 0.0%)

2 でいつも

▼ ぬ女王~ (2, 0.0%)

1 であったから, は苦し

▼ ぬ女童~ (2, 0.0%)

1 が指揮, のころ

▼ ぬ女等~ (2, 0.0%)

1 が新しき, 若し

▼ ぬ女給~ (2, 0.0%)

1 の勤め, ばかりのカフェー

▼ ぬ奴ども~ (2, 0.0%)

1 だ, の催す

▼ ぬ奴め~ (2, 0.0%)

1 と御, と怒る

▼ ぬ奸智~ (2, 0.0%)

1 に長けた, の智慧袋

▼ ぬ好男子~ (2, 0.0%)

1 なれば, の美し

▼ ぬ妄執~ (2, 0.0%)

1 で十手, をもつ

▼ ぬ妄言~ (2, 0.0%)

1 であり同書主術, である

▼ ぬ妄説~ (2, 0.0%)

1 と定まり, にすぎない

▼ ぬ妖し~ (2, 0.0%)

1 さと, さに

▼ ぬ妖気~ (2, 0.0%)

1 が漂っ, に驚かされた

▼ ぬ妖艶~ (2, 0.0%)

1 しさ, たる手弱女

▼ ぬ妙子~ (2, 0.0%)

1 の体臭, の魂

▼ ぬ妨害~ (2, 0.0%)

1 からこの, をなし

▼ ぬ妹ども~ (2, 0.0%)

2 が不憫

▼ ぬ妻子~ (2, 0.0%)

1 のこと, もいらぬ

▼ ぬ妻朝~ (2, 0.0%)

2 も晩

▼ ぬ姉御~ (2, 0.0%)

2 と対酌

▼ ぬ姥桜~ (2, 0.0%)

1 の未亡人, の艶姿

▼ ぬ姫君たち~ (2, 0.0%)

1 だけでもお, にも今

▼ ぬ姿態~ (2, 0.0%)

1 だった, のない

▼ ぬ威儀~ (2, 0.0%)

1 で役僧全部, を具

▼ ぬ娘かし~ (2, 0.0%)

2 づく絹屋

▼ ぬ娘たち~ (2, 0.0%)

1 であろう, の姿

▼ ぬ婚姻~ (2, 0.0%)

1 の聖, はさも

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 は片手, を恁

▼ ぬ婿~ (2, 0.0%)

1 と決つて, に智識

▼ ぬ孃さま~ (2, 0.0%)

2 では

▼ ぬ子ども~ (2, 0.0%)

1 だけでもじつに, はなく

▼ ぬ子供達~ (2, 0.0%)

1 の曳い, は皆

▼ ぬ子猫~ (2, 0.0%)

1 が一匹, を抱い

▼ ぬ学校~ (2, 0.0%)

1 で自分等, の生徒

▼ ぬ守り~ (2, 0.0%)

1 にこれ, に日本中

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 けさの, つぽ

▼ ぬ安らかさ~ (2, 0.0%)

1 が二人, を味

▼ ぬ安易~ (2, 0.0%)

1 な封鎖, に変

▼ ぬ安楽~ (2, 0.0%)

1 な, な状態

▼ ぬ完全~ (2, 0.0%)

1 な文法的, な翻訳

▼ ぬ完璧~ (2, 0.0%)

2 の強者

▼ ぬ官能~ (2, 0.0%)

2 のご

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 も目, も訴訟依頼人

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

2 き粧

▼ ぬ宝典~ (2, 0.0%)

1 でもあったらしい, で此

▼ ぬ宝玉~ (2, 0.0%)

1 じゃ, を

▼ ぬ実意~ (2, 0.0%)

1 のあれ, の有れ

▼ ぬ宮川覚明~ (2, 0.0%)

1 であった, で杖

▼ ぬ害悪~ (2, 0.0%)

1 でありそして, である

▼ ぬ家人~ (2, 0.0%)

1 に打ち明ける, を目ざま

▼ ぬ家作持~ (2, 0.0%)

1 と言, と言われる

▼ ぬ家具類~ (2, 0.0%)

2 のなか

▼ ぬ家名~ (2, 0.0%)

1 も母親, を持たぬ

▼ ぬ家筋~ (2, 0.0%)

1 や村, を子孫

▼ ぬ家系~ (2, 0.0%)

1 が多い, でございまする

▼ ぬ家計~ (2, 0.0%)

2 を足る

▼ ぬ容姿~ (2, 0.0%)

1 の俳優, をよく

▼ ぬ宿世~ (2, 0.0%)

1 の業, を哀しみ

▼ ぬ宿屋~ (2, 0.0%)

1 だが, の亭主

▼ ぬ宿業~ (2, 0.0%)

1 に置かれ, を負

▼ ぬ寂莫~ (2, 0.0%)

1 がこもつ, の感

▼ ぬ寄生木~ (2, 0.0%)

1 が大樹, の生

▼ ぬ密接~ (2, 0.0%)

1 な交通, な関係

▼ ぬ富士山~ (2, 0.0%)

1 がある, であつ

▼ ぬ寒い~ (2, 0.0%)

1 朝彼は, 風が

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 に世, に空空寂寂補捉すべ

▼ ぬ實在~ (2, 0.0%)

1 として取扱, として扱

▼ ぬ寧そ~ (2, 0.0%)

1 手軽く, 行かずに

▼ ぬ寧ろ~ (2, 0.0%)

1 声を, 舞台的魅力の

▼ ぬ寵愛~ (2, 0.0%)

1 を利用, を加えられ

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 は, への奉納

▼ ぬ対立~ (2, 0.0%)

1 の中, を持

▼ ぬ将軍家~ (2, 0.0%)

1 ではございません, 御允許

▼ ぬ尊敬~ (2, 0.0%)

1 の念, を現

▼ ぬ尋常~ (2, 0.0%)

1 なその, な最期

▼ ぬ小児~ (2, 0.0%)

1 が大いに, の事

▼ ぬ小唄~ (2, 0.0%)

1 に, を謡

▼ ぬ小屋~ (2, 0.0%)

1 のなか, の中

▼ ぬ小川~ (2, 0.0%)

1 の氷, やうす汚い

▼ ぬ小心~ (2, 0.0%)

1 な恨み, な潔癖

▼ ぬ小橋~ (2, 0.0%)

1 の下, を見る

▼ ぬ小犬~ (2, 0.0%)

1 が紛失, をだれ

▼ ぬ小禽~ (2, 0.0%)

1 の囀り, の樹間

▼ ぬ小細工~ (2, 0.0%)

1 ばかり弄, をした

▼ ぬ小鳥鳴き~ (2, 0.0%)

2 やんだ小鳥

▼ ぬ少女子~ (2, 0.0%)

1 の, まじり

▼ ぬ少年少女~ (2, 0.0%)

1 があっ, の時

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 ては一字一句, ては秀吉

▼ ぬ尾張~ (2, 0.0%)

1 の国一円, の歌

▼ ぬ尾鰭~ (2, 0.0%)

2 をつけ

▼ ぬ局面~ (2, 0.0%)

1 の転換, をうち

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 こきである, のよう

▼ ぬ居丈~ (2, 0.0%)

2 ばかりに

▼ ぬ居心地~ (2, 0.0%)

1 のい, のよい

▼ ぬ屈託~ (2, 0.0%)

1 がある, のない

▼ ぬ屑金物入~ (2, 0.0%)

2 の箱

▼ ぬ山たづ~ (2, 0.0%)

1 ね迎, の迎

▼ ぬ山の上~ (2, 0.0%)

1 に來, へ藪

▼ ぬ山の上水~ (2, 0.0%)

2 の際

▼ ぬ山家~ (2, 0.0%)

1 の旅, の無頼漢

▼ ぬ山河~ (2, 0.0%)

1 までが昔, を越え

▼ ぬ山草~ (2, 0.0%)

2 の塩漬

▼ ぬ山鐘~ (2, 0.0%)

2 もご

▼ ぬ山間~ (2, 0.0%)

1 の小, の部落

▼ ぬ山陽~ (2, 0.0%)

1 の吉備, の播磨

▼ ぬ山鳥~ (2, 0.0%)

1 が一鳴き, はうて

▼ ぬ屹度~ (2, 0.0%)

1 あらためて, 殺して

▼ ぬ岐路~ (2, 0.0%)

1 から突兀, に立っ

▼ ぬ岡引~ (2, 0.0%)

1 の半, の岡八

▼ ぬ岨路~ (2, 0.0%)

1 から手拭, もなくなり

▼ ぬ岩壁~ (2, 0.0%)

1 の下, の奥深く

▼ ぬ岩木山~ (2, 0.0%)

2 は十月

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 にたてり, のはな

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 なれど急, の町

▼ ぬ島吉兄哥~ (2, 0.0%)

1 が困っ, が困つ

▼ ぬ島嶼~ (2, 0.0%)

1 のかげ, の附近

▼ ぬ島田~ (2, 0.0%)

1 が今日, が今日斗

▼ ぬ峻厳~ (2, 0.0%)

1 なるその, の態度

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 が起っ, に葉

▼ ぬ川面~ (2, 0.0%)

1 のあたり, をながめ

▼ ぬ工作~ (2, 0.0%)

1 が始まった, をする

▼ ぬ左膳~ (2, 0.0%)

1 の恐ろし, を待ちこがれ

▼ ぬ巧妙さ~ (2, 0.0%)

1 でベエコン, に達し

▼ ぬ巧妙無造作~ (2, 0.0%)

1 な変装ぶり, な変装振り

▼ ぬ巧妙精緻~ (2, 0.0%)

2 な風太郎

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 に在れ, の侠豪

▼ ぬ市子~ (2, 0.0%)

2 はそれ

▼ ぬ市郎~ (2, 0.0%)

1 は首肯いた, も実に

▼ ぬ布施~ (2, 0.0%)

1 のしよう, の仕様

▼ ぬ布片~ (2, 0.0%)

2 に五万十万

▼ ぬ布陣~ (2, 0.0%)

1 である, を詰めた

▼ ぬ帆村~ (2, 0.0%)

1 だった, であった

▼ ぬ師家~ (2, 0.0%)

1 になられた, の慢心和尚

▼ ぬ帰結~ (2, 0.0%)

1 となっ, と言えよう

▼ ぬ常磐木~ (2, 0.0%)

1 でして, の心

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 なき男, の更に

▼ ぬ干渉~ (2, 0.0%)

1 を受け, を受けず

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 かな語調, の心

▼ ぬ平中~ (2, 0.0%)

1 がひょっこり, であるらしいこと

▼ ぬ平手造酒~ (2, 0.0%)

2 であった

▼ ぬ平野町~ (2, 0.0%)

2 に住ん

▼ ぬ年波~ (2, 0.0%)

1 が一年一年, の寄る

▼ ぬ年貢~ (2, 0.0%)

1 が課せられる, の金

▼ ぬ年頃~ (2, 0.0%)

1 でも既に, で小柄

▼ ぬ年齡~ (2, 0.0%)

1 であります, に達し

▼ ぬ幽か~ (2, 0.0%)

1 な姿, な青白い

▼ ぬ幽霊塔~ (2, 0.0%)

1 の話, へ現われる

▼ ぬ幾つ~ (2, 0.0%)

1 かの物, もの言語

▼ ぬ幾人~ (2, 0.0%)

1 かの友, かの情人たち

▼ ぬ幾何学~ (2, 0.0%)

1 の知識, を一般に

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 海屋の, 野原の

▼ ぬ広大~ (2, 0.0%)

1 な屋敷内, な御

▼ ぬ広野~ (2, 0.0%)

1 の中, をただ

▼ ぬ庄太郎~ (2, 0.0%)

1 は我, は早

▼ ぬ床しい~ (2, 0.0%)

1 武士の, 芳香が

▼ ぬ床下~ (2, 0.0%)

2 に三年以上

▼ ぬ底力~ (2, 0.0%)

1 が字, の富んだ

▼ ぬ底意~ (2, 0.0%)

1 です, もある

▼ ぬ庭先~ (2, 0.0%)

1 で一番, の小園

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 い煙草, がある

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 のこと, の繁昌

▼ ぬ弁証法~ (2, 0.0%)

1 だという, であるべきだが

▼ ぬ弓弦~ (2, 0.0%)

2 の音

▼ ぬ弥生~ (2, 0.0%)

1 ではなかっ, と

▼ ぬ強み~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ ぬ強靭~ (2, 0.0%)

1 な代赭色, にし

▼ ぬ弾丸~ (2, 0.0%)

2 に打ち抜かれ

▼ ぬ当家~ (2, 0.0%)

1 のお, の存亡

▼ ぬ当然~ (2, 0.0%)

1 なこと, な心持ち

▼ ぬ当面~ (2, 0.0%)

1 の緊急課題, の責任者

▼ ぬ形式~ (2, 0.0%)

1 だけである, で御所

▼ ぬ彦太郎~ (2, 0.0%)

1 の態度, はにやにや

▼ ぬ役廻り~ (2, 0.0%)

1 でしたそれ, になっ

▼ ぬ役柄~ (2, 0.0%)

1 も多, も多かっ

▼ ぬ彼我~ (2, 0.0%)

1 に曰, の事

▼ ぬ往還~ (2, 0.0%)

1 に立ち, り實

▼ ぬ後味~ (2, 0.0%)

1 でした, となっ

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

2 のや

▼ ぬ徒歩~ (2, 0.0%)

1 なれば, の旅

▼ ぬ徒輩~ (2, 0.0%)

1 である, を一気に

▼ ぬ従順~ (2, 0.0%)

1 でなければ, なる点

▼ ぬ得意さ~ (2, 0.0%)

1 が動い, でにやりと

▼ ぬ御簾~ (2, 0.0%)

2 の間

▼ ぬ御苦労~ (2, 0.0%)

1 わけて, を掛けました

▼ ぬ御諚~ (2, 0.0%)

1 です, にご

▼ ぬ御身等~ (2, 0.0%)

2 我が処女

▼ ぬ微動~ (2, 0.0%)

1 さえ起さない, だも

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 も無言, を見せる

▼ ぬ心づくし~ (2, 0.0%)

1 のほど, の春霞花

▼ ぬ心一つ居處~ (2, 0.0%)

2 をたしかに

▼ ぬ心中~ (2, 0.0%)

1 だが, の苦痛

▼ ぬ心意気~ (2, 0.0%)

1 からだろう, を洋服

▼ ぬ心構え~ (2, 0.0%)

1 が押し出され, ということ

▼ ぬ心理的欠陥~ (2, 0.0%)

2 に乗ぜられた

▼ ぬ心的状態~ (2, 0.0%)

1 である, にでも立ち至つ

▼ ぬ心苦し~ (2, 0.0%)

1 さ, さに

▼ ぬ心配事~ (2, 0.0%)

1 が起っ, が起るでなけれ

▼ ぬ必然さ~ (2, 0.0%)

1 との間, と我々

▼ ぬ忌わしい~ (2, 0.0%)

1 事と, 事を

▼ ぬ志田君~ (2, 0.0%)

2 と隣つて

▼ ぬ忘恩~ (2, 0.0%)

2 の徒

▼ ぬ忙し~ (2, 0.0%)

1 さだった, さで

▼ ぬ忙しい~ (2, 0.0%)

1 時にも, 疾風の

▼ ぬ忠相~ (2, 0.0%)

1 がひとり心, ぬしは

▼ ぬ快適~ (2, 0.0%)

1 な音楽, の込み上げ

▼ ぬ念い~ (2, 0.0%)

1 に歎, を追いつめ

▼ ぬ念願~ (2, 0.0%)

1 があつ, である

▼ ぬ怖し~ (2, 0.0%)

1 いの, さを

▼ ぬ怜悧~ (2, 0.0%)

1 なるが, な軍人

▼ ぬ急務~ (2, 0.0%)

1 となつ, に迫られ

▼ ぬ怪しき~ (2, 0.0%)

2 陰翳が

▼ ぬ怪塔王~ (2, 0.0%)

1 の姿, の首

▼ ぬ怪奇~ (2, 0.0%)

1 な事件, に充ちた

▼ ぬ怪異~ (2, 0.0%)

1 の殺人, を覚えた

▼ ぬ恋慕~ (2, 0.0%)

1 にある, をよせ

▼ ぬ恋路~ (2, 0.0%)

1 みたやう, みたよう

▼ ぬ恐ろしき~ (2, 0.0%)

1 報酬を, 道かな

▼ ぬ恐ろしく~ (2, 0.0%)

1 たどたどしいくせ, 気随気儘な

▼ ぬ恨めしい~ (2, 0.0%)

1 とも情けない, 心は

▼ ぬ恩義~ (2, 0.0%)

1 を御, を蒙っ

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 さえ塞, 吐きし身

▼ ぬ息苦し~ (2, 0.0%)

1 さが, さだつた

▼ ぬ悠々~ (2, 0.0%)

1 さ, と次

▼ ぬ悦ばしい~ (2, 0.0%)

1 心で, 状態を

▼ ぬ悩まし~ (2, 0.0%)

1 さは, さを

▼ ぬ悪事~ (2, 0.0%)

1 としか思えなかった, を企ん

▼ ぬ悪徳~ (2, 0.0%)

1 であ, である

▼ ぬ悪感~ (2, 0.0%)

1 をもっ, を持つ

▼ ぬ悪罵~ (2, 0.0%)

1 を浴びせた, を私

▼ ぬ悪霊~ (2, 0.0%)

1 の所為, を追

▼ ぬ悲願~ (2, 0.0%)

1 をこめ, を血

▼ ぬ悶々~ (2, 0.0%)

2 の情

▼ ぬ悽愴~ (2, 0.0%)

1 な光景, な色

▼ ぬ情けない~ (2, 0.0%)

1 気持だった, 運命が

▼ ぬ情報~ (2, 0.0%)

1 が掲げ, を彼

▼ ぬ情慾~ (2, 0.0%)

1 などはすっぱり, を混

▼ ぬ情況~ (2, 0.0%)

1 の中, の荒涼さ

▼ ぬ惡魔~ (2, 0.0%)

2 にお菓子

▼ ぬ愁嘆場~ (2, 0.0%)

2 です

▼ ぬ愈々~ (2, 0.0%)

1 着いて, 研究的な

▼ ぬ愉し~ (2, 0.0%)

1 かりけり, みを

▼ ぬ愉悦~ (2, 0.0%)

1 を感じる, を覚

▼ ぬ意恨~ (2, 0.0%)

1 あり, を含ん

▼ ぬ意気地~ (2, 0.0%)

2 立てそれ

▼ ぬ意気込み~ (2, 0.0%)

1 だった, でありました

▼ ぬ意義~ (2, 0.0%)

1 のもの, を持っ

▼ ぬ愚かさ~ (2, 0.0%)

1 であつ, に我

▼ ぬ愚僧~ (2, 0.0%)

1 も実は, 早走り

▼ ぬ愚文~ (2, 0.0%)

1 ではある, を長つた

▼ ぬ愛らし~ (2, 0.0%)

1 さの, さは

▼ ぬ愛子~ (2, 0.0%)

1 なれば, のゆくえ

▼ ぬ愛宕~ (2, 0.0%)

2 の郡

▼ ぬ愛慾~ (2, 0.0%)

1 と黄金, の世界

▼ ぬ愛憐~ (2, 0.0%)

1 の情, を運ん

▼ ぬ感心~ (2, 0.0%)

1 な役者, な腕

▼ ぬ感情的~ (2, 0.0%)

1 な思考, な発言

▼ ぬ慌しい~ (2, 0.0%)

1 ほどの往来, 帰休であった

▼ ぬ慧眼~ (2, 0.0%)

1 の持ち主, を有し

▼ ぬ慾望~ (2, 0.0%)

1 の亡霊, はどう

▼ ぬ憂き~ (2, 0.0%)

1 人人も, 思ひさて

▼ ぬ憂し~ (2, 0.0%)

2 や身

▼ ぬ憂苦~ (2, 0.0%)

1 のうち, を妹

▼ ぬ憎く~ (2, 0.0%)

2 しと

▼ ぬ憐れ~ (2, 0.0%)

1 なもの, な悟浄

▼ ぬ憤慨~ (2, 0.0%)

1 の念, を覚え

▼ ぬ憤懣~ (2, 0.0%)

1 の念, を感じた

▼ ぬ懐しい~ (2, 0.0%)

1 おとなしやかな, 感情と共に

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 かしい旅, かしさ

▼ ぬ戀やみ~ (2, 0.0%)

2

▼ ぬ戀路~ (2, 0.0%)

1 に世, をば行衞

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 程わし, 程堤防

▼ ぬ我が家~ (2, 0.0%)

1 の屋, へと立ち帰った

▼ ぬ我と~ (2, 0.0%)

1 なりたり, 相成筆

▼ ぬ我ら~ (2, 0.0%)

1 が軍, もまた

▼ ぬ我慢~ (2, 0.0%)

1 なるに, をし

▼ ぬ我慾~ (2, 0.0%)

2 の強い

▼ ぬ戦乱~ (2, 0.0%)

1 となりました, の世

▼ ぬ戦況~ (2, 0.0%)

1 など安から, に業

▼ ぬ戦陣~ (2, 0.0%)

1 の留守, の身

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

2 甘くし

▼ ぬ戸口~ (2, 0.0%)

1 とは利益, の響板

▼ ぬ所作~ (2, 0.0%)

1 である, までもしなけれ

▼ ぬ手がかり~ (2, 0.0%)

1 もつくであろう, をにぎっ

▼ ぬ手仕事~ (2, 0.0%)

1 に精魂, を膝

▼ ぬ手前~ (2, 0.0%)

1 も仔細, 少々は

▼ ぬ手合い~ (2, 0.0%)

1 ではござる, 戦えば

▼ ぬ手品~ (2, 0.0%)

1 のやう, の種

▼ ぬ手当~ (2, 0.0%)

1 をし, を受取つて

▼ ぬ手拭~ (2, 0.0%)

1 の文字, の洗濯

▼ ぬ手数~ (2, 0.0%)

1 でしたが, をつくした

▼ ぬ手桶~ (2, 0.0%)

1 をも其処, をも其處

▼ ぬ手真似~ (2, 0.0%)

1 の早業, をし

▼ ぬ手腕~ (2, 0.0%)

1 は十分, を偲ばせる

▼ ぬ手落ち~ (2, 0.0%)

2 になります

▼ ぬ手足~ (2, 0.0%)

1 は急速, を

▼ ぬ手違い~ (2, 0.0%)

1 から家来共, をふん

▼ ぬ手配~ (2, 0.0%)

1 さえし, を完了

▼ ぬ才人~ (2, 0.0%)

2 で五年前先代

▼ ぬ技巧~ (2, 0.0%)

1 であらう, をこらし

▼ ぬ技術的精神~ (2, 0.0%)

1 によって貫かれね, をその

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 とは何故, と申し

▼ ぬ抜目~ (2, 0.0%)

2 のない

▼ ぬ抵抗~ (2, 0.0%)

1 とはそもそも, に打ち勝つ

▼ ぬ拍手~ (2, 0.0%)

1 と何故か, を制し

▼ ぬ拙作~ (2, 0.0%)

1 と知れる, ながらほんの

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 ひ子, ひ物

▼ ぬ拾いもの~ (2, 0.0%)

1 をし, をする

▼ ぬ拾い物~ (2, 0.0%)

2 をした

▼ ぬ指図~ (2, 0.0%)

1 はともかく, をしよる

▼ ぬ指輪~ (2, 0.0%)

1 が一ツ, は貰っ

▼ ぬ振舞い~ (2, 0.0%)

1 である, に出よう

▼ ぬ探偵~ (2, 0.0%)

1 であった, も巡査

▼ ぬ探究精神~ (2, 0.0%)

1 が社会, こそ

▼ ぬ提灯~ (2, 0.0%)

1 と侍, の灯

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 にゃあ, にやあ

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

2 だぞ

▼ ぬ摩訶不思議~ (2, 0.0%)

1 を行, を行い

▼ ぬ撞見~ (2, 0.0%)

2 しては

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 の名, の色

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

2 き殺して

▼ ぬ支那語~ (2, 0.0%)

1 のよう, の言語学的研究

▼ ぬ放縦~ (2, 0.0%)

1 な性分, を尊ん

▼ ぬ故お~ (2, 0.0%)

1 別れします, 見舞も

▼ ぬ故御~ (2, 0.0%)

1 奉行樣へ, 笏代りと

▼ ぬ救い~ (2, 0.0%)

1 であろう, を求め

▼ ぬ救援~ (2, 0.0%)

2 の手

▼ ぬ教会~ (2, 0.0%)

1 で長谷川, の大

▼ ぬ教養人~ (2, 0.0%)

2 が多い

▼ ぬ散歩~ (2, 0.0%)

1 だから, を続け

▼ ぬ敬愛~ (2, 0.0%)

1 もいだい, をひしと

▼ ぬ敬虔~ (2, 0.0%)

1 の念, の情

▼ ぬ数名~ (2, 0.0%)

1 の犯人, の背広姿

▼ ぬ数学者~ (2, 0.0%)

1 の行動, らしい鋭い

▼ ぬ敵同士~ (2, 0.0%)

1 だ病気見舞, です

▼ ぬ敵将~ (2, 0.0%)

1 の声, の嫡子

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 の呪, を無限

▼ ぬ文人気風~ (2, 0.0%)

2 の幻影的習性

▼ ぬ文化人~ (2, 0.0%)

1 が充ち満ち, は死

▼ ぬ文士~ (2, 0.0%)

1 として責めた, のくせ

▼ ぬ文明~ (2, 0.0%)

1 のメランコリア, も文化

▼ ぬ文明人~ (2, 0.0%)

2 は論争

▼ ぬ文書~ (2, 0.0%)

1 だつた, の材料

▼ ぬ文盲浅学~ (2, 0.0%)

2 まして小説

▼ ぬ文面~ (2, 0.0%)

1 であるから, は面白から

▼ ぬ斑点~ (2, 0.0%)

1 のよう, を増し

▼ ぬ斟酌~ (2, 0.0%)

1 ご無用, だ

▼ ぬ新し~ (2, 0.0%)

1 さが, さで

▼ ぬ新人~ (2, 0.0%)

1 の作品, の小説

▼ ぬ新婦~ (2, 0.0%)

1 かざすしら萩, の気色

▼ ぬ新撰組~ (2, 0.0%)

1 の隊長, へ盗賊

▼ ぬ新田殿~ (2, 0.0%)

1 と申されよう, の手の者

▼ ぬ新米~ (2, 0.0%)

2 の職業婦人

▼ ぬ新聞~ (2, 0.0%)

1 が置い, なの

▼ ぬ新芽~ (2, 0.0%)

1 の手づる, をお

▼ ぬ旅立ち~ (2, 0.0%)

1 だったこと, も老母

▼ ぬ旅行者~ (2, 0.0%)

1 のよう, の歴史

▼ ぬ旅館~ (2, 0.0%)

1 がある, などへ行く

▼ ぬ旋盤~ (2, 0.0%)

2 で廻した

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 や看板, 立ちて

▼ ぬ日中~ (2, 0.0%)

1 にのみ之, の明る

▼ ぬ日和~ (2, 0.0%)

2 であるが

▼ ぬ日本左衛門~ (2, 0.0%)

1 と万太郎, の気の毒

▼ ぬ日本語~ (2, 0.0%)

1 の誤り, をぶつぶつ

▼ ぬ日頃~ (2, 0.0%)

1 のうち, の持ち前

▼ ぬ旦那~ (2, 0.0%)

1 について行く, には黄金

▼ ぬ旧友~ (2, 0.0%)

1 でありやがてこれから, をしかも

▼ ぬ旧縁~ (2, 0.0%)

1 のある, の仲

▼ ぬ早い~ (2, 0.0%)

1 うちが, うち人に

▼ ぬ早口~ (2, 0.0%)

1 で子供, で次

▼ ぬ早速~ (2, 0.0%)

1 その窓, 通せ

▼ ぬ明け~ (2, 0.0%)

1 ぐれに, ぐれの

▼ ぬ明滅ため~ (2, 0.0%)

2 に僕

▼ ぬ明白~ (2, 0.0%)

1 なる答, に承りたい

▼ ぬ昏迷~ (2, 0.0%)

1 と猜疑心, の世界

▼ ぬ映像~ (2, 0.0%)

1 です, を焼きつけられた

▼ ぬ春日~ (2, 0.0%)

1 の横顔, よろしみ

▼ ぬ春秋十四年雨つゆ~ (2, 0.0%)

2 に打たれ

▼ ぬ春風~ (2, 0.0%)

1 が, に濛々

▼ ぬ昨年~ (2, 0.0%)

1 の一月廿八日, の十月

▼ ぬ時として~ (2, 0.0%)

1 は吾血潮, は非常

▼ ぬ時人~ (2, 0.0%)

1 は自殺, を牲

▼ ぬ時僕~ (2, 0.0%)

1 はひとり, はまるで

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 の始め, の曲

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 が白, のけは

▼ ぬ晩年~ (2, 0.0%)

1 に筆, の気品

▼ ぬ普遍的~ (2, 0.0%)

1 な主義, な真理

▼ ぬ景観~ (2, 0.0%)

1 が出現, だ

▼ ぬ晴れやか~ (2, 0.0%)

1 なところ, な眉

▼ ぬ智恵~ (2, 0.0%)

1 で梶原, の毛

▼ ぬ智惠者~ (2, 0.0%)

1 でどうしても, で喃

▼ ぬ暁闇~ (2, 0.0%)

1 の数寄屋河岸, の空

▼ ぬ暗き~ (2, 0.0%)

1 あたり, 心根世に

▼ ぬ暗号~ (2, 0.0%)

1 めいたもの, を喜ぶ

▼ ぬ暗合~ (2, 0.0%)

1 か符牒みたい, も護持院隆光

▼ ぬ暗涙~ (2, 0.0%)

1 をたたえた, を催す

▼ ぬ暗鬱~ (2, 0.0%)

1 と恐ろし, な意固地さ

▼ ぬ暗黒世界~ (2, 0.0%)

1 じゃ, の中

▼ ぬ暢気~ (2, 0.0%)

1 でお人好し, らしさ

▼ ぬ暴動~ (2, 0.0%)

1 とまでなった, にかりたてられた

▼ ぬ暴君~ (2, 0.0%)

1 となる, よくいう

▼ ぬ暴挙~ (2, 0.0%)

1 である, をあえて

▼ ぬ暴言~ (2, 0.0%)

1 である, を

▼ ぬ暴風~ (2, 0.0%)

1 が渦巻き, に吹きまくられる

▼ ぬ更衣~ (2, 0.0%)

1 は何, を罪

▼ ぬ書生~ (2, 0.0%)

1 の事, はもう

▼ ぬ最上~ (2, 0.0%)

1 のもの, の真珠

▼ ぬ最大幸福~ (2, 0.0%)

2 です

▼ ぬ最近~ (2, 0.0%)

1 の分, の子

▼ ぬ月出~ (2, 0.0%)

2 でぬ

▼ ぬ朋友~ (2, 0.0%)

1 と共に逍遙遊, と皮一重

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 かな気持, 然和上

▼ ぬ朗らか~ (2, 0.0%)

1 な楽天家, な調子

▼ ぬ朗読劇~ (2, 0.0%)

1 などであてこすり, なんかをはじめて

▼ ぬ朝寝坊~ (2, 0.0%)

1 がひどく, でナカナカ

▼ ぬ朝晩~ (2, 0.0%)

1 に何, は何

▼ ぬ朝霜~ (2, 0.0%)

1 はもう, を履

▼ ぬ木柵~ (2, 0.0%)

2 の頭

▼ ぬ本来~ (2, 0.0%)

2 の意義

▼ ぬ本能的~ (2, 0.0%)

2 な女性

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 の木立, の花

▼ ぬ杉並木~ (2, 0.0%)

2 の風情

▼ ぬ杉田~ (2, 0.0%)

1 と別れ, の胸中

▼ ぬ杉田二等水兵~ (2, 0.0%)

1 が爆弾, の姿

▼ ぬ村人たち~ (2, 0.0%)

1 は配達人, もこの

▼ ぬ村人達~ (2, 0.0%)

1 から最も, であつ

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 の必要, を山陽

▼ ぬ杞憂~ (2, 0.0%)

1 に終った, を抱いた

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 から呑む, はさして

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 の方, の関

▼ ぬ東国~ (2, 0.0%)

1 の山, の野性

▼ ぬ東山~ (2, 0.0%)

1 の翠巒, の胴

▼ ぬ東洋人~ (2, 0.0%)

1 であると, の心理

▼ ぬ東洋的~ (2, 0.0%)

2 な深み

▼ ぬ松島~ (2, 0.0%)

1 が憤慨, を迎え

▼ ぬ板敷~ (2, 0.0%)

1 だから, はから拭きされ

▼ ぬ果敢ない~ (2, 0.0%)

1 ことが, 身の上だ

▼ ぬ枝道~ (2, 0.0%)

1 がある, に長く

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 からのがれる, に繋ぎとめ

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 でもないだろう, を選ん

▼ ぬ柔和~ (2, 0.0%)

1 な態度, な相

▼ ぬ柔軟~ (2, 0.0%)

1 な自然, な香り

▼ ぬ柳吉~ (2, 0.0%)

1 と一緒, の食意地

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 の上, の体験

▼ ぬ根づよ~ (2, 0.0%)

2 さと

▼ ぬ根性~ (2, 0.0%)

1 に至る, を持つ

▼ ぬ根本~ (2, 0.0%)

1 のささえ, のもの

▼ ぬ格言~ (2, 0.0%)

1 で今更, めいた奇抜

▼ ぬ梅雨~ (2, 0.0%)

1 の松, の空

▼ ぬ條件~ (2, 0.0%)

1 がどう, ではない

▼ ぬ棒切れ~ (2, 0.0%)

1 のよう, を右手

▼ ぬ植物~ (2, 0.0%)

1 の産, を山

▼ ぬ椿~ (2, 0.0%)

1 かな, の花

▼ ぬ極々~ (2, 0.0%)

1 正直な, 親しい間

▼ ぬ極楽~ (2, 0.0%)

1 の恋しい, の音

▼ ぬ極貧~ (2, 0.0%)

1 は一切, は決して

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 しかるべき夏来, なるべし

▼ ぬ楽み~ (2, 0.0%)

1 と致候, をし

▼ ぬ楽器~ (2, 0.0%)

2 を奏で

▼ ぬ概念的~ (2, 0.0%)

1 なもの, の精神

▼ ぬ構成~ (2, 0.0%)

1 に要する, のもの

▼ ぬ様相~ (2, 0.0%)

1 になっ, になつ

▼ ぬ樣あはれ~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 に空間, 肥りに

▼ ぬ横山~ (2, 0.0%)

2 のごと

▼ ぬ横恋慕~ (2, 0.0%)

1 を寄せた, 致して

▼ ぬ横着者~ (2, 0.0%)

1 ではある, でもある

▼ ぬ横顏~ (2, 0.0%)

2 を睨ん

▼ ぬ横顔~ (2, 0.0%)

1 がわれわれ, を睨ん

▼ ぬ機運~ (2, 0.0%)

1 にあった, に置かれ

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 かざして, に風

▼ ぬ欠点~ (2, 0.0%)

1 あり, が生じた

▼ ぬ次に~ (2, 0.0%)

1 くる問題, 押入を

▼ ぬ次男~ (2, 0.0%)

1 の方, は何

▼ ぬ次第に~ (2, 0.0%)

1 より枉げて, 候

▼ ぬ歓呼~ (2, 0.0%)

1 となった, よ

▼ ぬ歓待~ (2, 0.0%)

1 であつ, を受け

▼ ぬ正当~ (2, 0.0%)

2 な態度

▼ ぬ正月六日~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ ぬ正義~ (2, 0.0%)

1 の制裁, をなし

▼ ぬ此上~ (2, 0.0%)

2 は如何

▼ ぬ此土地~ (2, 0.0%)

1 の人々, の淀

▼ ぬ此点~ (2, 0.0%)

1 から見, は目下計画相談中

▼ ぬ武家~ (2, 0.0%)

1 でした, の幕府

▼ ぬ武家姿~ (2, 0.0%)

2 です

▼ ぬ武男~ (2, 0.0%)

1 が母, もようす

▼ ぬ武芸~ (2, 0.0%)

1 のあらゆる, のたしなみ

▼ ぬ武門~ (2, 0.0%)

1 の主人, の身

▼ ぬ歩行方~ (2, 0.0%)

2 をする

▼ ぬ歳月~ (2, 0.0%)

1 がかかる, で明

▼ ぬ死人~ (2, 0.0%)

1 である, を見る

▼ ぬ死体~ (2, 0.0%)

1 が出, はまだ

▼ ぬ死敵~ (2, 0.0%)

1 だった, だつた

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

2 んど

▼ ぬ殆ど~ (2, 0.0%)

1 夢と, 賣買

▼ ぬ残暑~ (2, 0.0%)

1 の一情景, の西日

▼ ぬ段階~ (2, 0.0%)

1 がすでに, として何故

▼ ぬ殺人鬼~ (2, 0.0%)

1 の手中, の目

▼ ぬ殺伐~ (2, 0.0%)

1 な睨視, な雰囲気

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 をかぶった, を負

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 の兩端, をかぶつたち

▼ ぬ殿ぶり~ (2, 0.0%)

1 に宵, を見初め

▼ ぬ殿堂~ (2, 0.0%)

1 が出来た, の

▼ ぬ殿様~ (2, 0.0%)

1 のお, は前

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 の怨言, を食わ

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 と皮, の三倍

▼ ぬ氏族~ (2, 0.0%)

1 である, の嫉視

▼ ぬ気がかり~ (2, 0.0%)

1 があっ, はご

▼ ぬ気の毒さ~ (2, 0.0%)

1 が感じられた, である

▼ ぬ気休め~ (2, 0.0%)

1 になる, をいわれ

▼ ぬ気力~ (2, 0.0%)

1 ありしが, がしっかり

▼ ぬ気取り~ (2, 0.0%)

1 の人生, や

▼ ぬ気味合~ (2, 0.0%)

1 が有る, で眼

▼ ぬ気味悪い~ (2, 0.0%)

1 葛や, 部屋怪気な

▼ ぬ気高い~ (2, 0.0%)

1 秘密な, 顔し

▼ ぬ気魄~ (2, 0.0%)

1 が迸っ, を読む

▼ ぬ氣流~ (2, 0.0%)

1 となつ, の中

▼ ぬ氣色~ (2, 0.0%)

1 です, をみすべき

▼ ぬ氣象~ (2, 0.0%)

1 が人, のわれ

▼ ぬ氣違~ (2, 0.0%)

2 ひ街道

▼ ぬ水品陣十郎~ (2, 0.0%)

2 であった

▼ ぬ水槽~ (2, 0.0%)

2 の底

▼ ぬ水色ぎぬ~ (2, 0.0%)

2 の裳裾

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 にさ, の室

▼ ぬ永久~ (2, 0.0%)

1 の御座, の秘密

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 を伴った, を拭き拭き

▼ ぬ汚らしい~ (2, 0.0%)

2 襤褸の

▼ ぬ汚れ~ (2, 0.0%)

1 の深み, を身

▼ ぬ汚名~ (2, 0.0%)

1 をきせられる, を着せられた

▼ ぬ汝ら彼ら~ (2, 0.0%)

1 の家, の知恵

▼ ぬ汝等彼等~ (2, 0.0%)

1 の家, の智慧

▼ ぬ江戸一番~ (2, 0.0%)

1 の人, の人入れ稼業

▼ ぬ江戸川~ (2, 0.0%)

2

▼ ぬ江戸時代~ (2, 0.0%)

1 に御用お側, の古本書肆

▼ ぬ決して決して~ (2, 0.0%)

2 不了簡

▼ ぬ汽船~ (2, 0.0%)

1 が二艘碇泊, の錆びた

▼ ぬ沈着~ (2, 0.0%)

1 いた態度, な男

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 の代価, の爪先

▼ ぬ沙磧~ (2, 0.0%)

1 ああかかる, あゝ如是もの

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 の流れ, を見ん

▼ ぬ河岸~ (2, 0.0%)

2 であるが

▼ ぬ河柳~ (2, 0.0%)

2 ちらと

▼ ぬ油断~ (2, 0.0%)

1 がならぬ, をくやまない

▼ ぬ油絵~ (2, 0.0%)

1 といふもの, においても名手

▼ ぬ法師~ (2, 0.0%)

1 あたま, となり

▼ ぬ泡沫~ (2, 0.0%)

1 と観るべき, の上

▼ ぬ波瀾~ (2, 0.0%)

1 の最中, を経

▼ ぬ波間~ (2, 0.0%)

1 に溺れゆく, よりてふ

▼ ぬ泥濘~ (2, 0.0%)

1 である, の深み

▼ ぬ泰平~ (2, 0.0%)

1 のご, の浮世

▼ ぬ泰軒~ (2, 0.0%)

1 に追われる, の乞食ぶり

▼ ぬ洋上~ (2, 0.0%)

1 には先刻, に浮ぶ

▼ ぬ洋風~ (2, 0.0%)

1 の小屋, の建築

▼ ぬ派手~ (2, 0.0%)

1 なネックレース, な方

▼ ぬ流行~ (2, 0.0%)

1 でまた, として過ぎ去り

▼ ぬ流説~ (2, 0.0%)

1 にちがい, をまい

▼ ぬ流離~ (2, 0.0%)

2 の国

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 碧の, 翠の

▼ ぬ浦和~ (2, 0.0%)

1 にいた, に往

▼ ぬ浪人者~ (2, 0.0%)

1 で稻葉屋, の方

▼ ぬ浮名~ (2, 0.0%)

1 を受けた, を立てられ

▼ ぬ浮説~ (2, 0.0%)

2 である

▼ ぬ浴衣~ (2, 0.0%)

1 だに涼しき, の袖

▼ ぬ海原~ (2, 0.0%)

1 に, に天

▼ ぬ海岸~ (2, 0.0%)

1 にも右, に達した

▼ ぬ海辺~ (2, 0.0%)

1 に立て, の墓

▼ ぬ液体~ (2, 0.0%)

1 のなか, の中

▼ ぬ涼し~ (2, 0.0%)

1 さだった, 早稲苗

▼ ぬ淋しき~ (2, 0.0%)

2 半生に

▼ ぬ淡い~ (2, 0.0%)

1 恋心を, 霞が

▼ ぬ淡き~ (2, 0.0%)

1 命の, 愁に

▼ ぬ淨ら~ (2, 0.0%)

2 かな花

▼ ぬ淫婦~ (2, 0.0%)

1 なん, の本然

▼ ぬ深刻さ~ (2, 0.0%)

1 があります, と正確さ

▼ ぬ深窓~ (2, 0.0%)

1 の処女, の御方

▼ ぬ深遠~ (2, 0.0%)

1 な学理, な恋

▼ ぬ混迷~ (2, 0.0%)

1 に陥っ, の中

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 ましい品, ましさ

▼ ぬ清き~ (2, 0.0%)

1 流水の, 魂の

▼ ぬ清吉道益~ (2, 0.0%)

2 が帰りし

▼ ぬ清純さそれ~ (2, 0.0%)

2 を見る

▼ ぬ温か~ (2, 0.0%)

2 さが

▼ ぬ温かみ~ (2, 0.0%)

1 を感じた, を感じ得

▼ ぬ温帯~ (2, 0.0%)

1 に居る, の国

▼ ぬ温泉~ (2, 0.0%)

1 であるが, は温泉

▼ ぬ温顔温情~ (2, 0.0%)

1 ありがたしありがたし, の持主

▼ ぬ渺々~ (2, 0.0%)

1 たる海, とした

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 のごとし, のよう

▼ ぬ湖上~ (2, 0.0%)

1 に, のあかつきびとに

▼ ぬ満開~ (2, 0.0%)

1 の桜, の花

▼ ぬ溌溂~ (2, 0.0%)

1 さが, さを

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 には流れ, 之丞さま

▼ ぬ溜息~ (2, 0.0%)

1 が出, のごとき

▼ ぬ溝渠の~ (2, 0.0%)

2 にほひ

▼ ぬ滋味~ (2, 0.0%)

1 を持っ, を汲む

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 かな美し, なる床

▼ ぬ滑稽感~ (2, 0.0%)

1 が頭, を覚ゆる

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 のよう, の落ち口

▼ ぬ漁師~ (2, 0.0%)

1 がハヤブサ丸, のお

▼ ぬ漠然と~ (2, 0.0%)

1 した不安, した意識

▼ ぬ漸く~ (2, 0.0%)

1 中山の, 縊られる

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 のさしひき, の陣

▼ ぬ激し~ (2, 0.0%)

1 さが, さの

▼ ぬ激怒~ (2, 0.0%)

1 が湧き上っ, の発作

▼ ぬ激賞ぶり~ (2, 0.0%)

2 で而

▼ ぬ濁音~ (2, 0.0%)

1 であらう, を放つ

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 である, などがあっ

▼ ぬ濡れ~ (2, 0.0%)

2 にけら

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 に立っ, に立つ

▼ ぬ瀬戸際~ (2, 0.0%)

1 で厶, まであらかじめ

▼ ぬ火星人~ (2, 0.0%)

1 なの, の大

▼ ぬ灯影~ (2, 0.0%)

1 にすかし, に驚き

▼ ぬ灰雲~ (2, 0.0%)

1 の眞中, の真中

▼ ぬ災禍~ (2, 0.0%)

1 に会っ, の元

▼ ぬ為私~ (2, 0.0%)

1 が合, は非常

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 の声, の闇

▼ ぬ無上~ (2, 0.0%)

1 のもの, の物

▼ ぬ無形~ (2, 0.0%)

1 の意, の精神

▼ ぬ無念~ (2, 0.0%)

1 がまだ, もある

▼ ぬ無明~ (2, 0.0%)

1 の夢, の旅

▼ ぬ無気味~ (2, 0.0%)

1 な刻, な東野

▼ ぬ無法者~ (2, 0.0%)

1 が現われました, だ必ず

▼ ぬ無用~ (2, 0.0%)

1 な嘘, のもの

▼ ぬ無益~ (2, 0.0%)

1 なもの, な腕立て

▼ ぬ無知~ (2, 0.0%)

1 と探偵小説, の者

▼ ぬ無花果~ (2, 0.0%)

1 の枯葉, を通り

▼ ぬ無論~ (2, 0.0%)

1 出来得る限り, 唯物論と

▼ ぬ無辺~ (2, 0.0%)

2 の幅員

▼ ぬ無頼漢~ (2, 0.0%)

1 にも度胸, は土地

▼ ぬ焼け跡~ (2, 0.0%)

1 に呆然と, に差し

▼ ぬ煙突~ (2, 0.0%)

1 からじっと, や望楼

▼ ぬ煙管~ (2, 0.0%)

1 を弄り, を弄り廻し

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 がある, をかけ

▼ ぬ熊さん~ (2, 0.0%)

1 が居る, の半生

▼ ぬ熊笹~ (2, 0.0%)

1 の崖, の荒地

▼ ぬ熱心~ (2, 0.0%)

1 な努力, を以て提唱

▼ ぬ燈火~ (2, 0.0%)

1 は暗し, を輝

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ ぬ燒鳥~ (2, 0.0%)

2 の夜店

▼ ぬ爆撃被害~ (2, 0.0%)

2 を蒙る

▼ ぬ父君~ (2, 0.0%)

1 との間, の親王

▼ ぬ爺さん~ (2, 0.0%)

1 が居る, であつ

▼ ぬ片田舎~ (2, 0.0%)

1 とは言, にある

▼ ぬ片足~ (2, 0.0%)

1 の吉次, を投げ出した

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 の中, の格子

▼ ぬ物すごい~ (2, 0.0%)

1 形相に, 意味で

▼ ぬ物事~ (2, 0.0%)

1 を夢みる, を見

▼ ぬ物好き~ (2, 0.0%)

1 から人一人, を後悔

▼ ぬ物思い~ (2, 0.0%)

1 に沈む, を心

▼ ぬ物理学~ (2, 0.0%)

1 などに志し, の系統

▼ ぬ物蔭~ (2, 0.0%)

2 に踞

▼ ぬ物象~ (2, 0.0%)

1 が入り乱れた, はない

▼ ぬ物質~ (2, 0.0%)

1 は可能, を使い

▼ ぬ特定~ (2, 0.0%)

1 の刺戟, の場合

▼ ぬ特質~ (2, 0.0%)

1 のある, を見

▼ ぬ犯罪性質~ (2, 0.0%)

1 を持った, を持つた

▼ ぬ犯行~ (2, 0.0%)

1 の現場, を自供

▼ ぬ狂態源吉~ (2, 0.0%)

2 の膝

▼ ぬ狂言~ (2, 0.0%)

1 でワンサ, ながらかう

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 が本性, の眼つき

▼ ぬ独立~ (2, 0.0%)

1 して, も出来ぬ

▼ ぬ狼煙~ (2, 0.0%)

1 と火焔, の音

▼ ぬ猛烈~ (2, 0.0%)

1 な麻痺, の意志

▼ ぬ猛獣~ (2, 0.0%)

1 の場合, 大格闘

▼ ぬ猥談~ (2, 0.0%)

1 が聞える, に笑いこける

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

2 之松

▼ ぬ率直~ (2, 0.0%)

1 な善良さ, な物語

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 の最も, は武勇

▼ ぬ玩具~ (2, 0.0%)

1 じみたもの, であった

▼ ぬ珍味~ (2, 0.0%)

1 ぞといふうち膳, にありつく

▼ ぬ珍客~ (2, 0.0%)

1 が訪れた, とお

▼ ぬ珍饌~ (2, 0.0%)

1 となっ, となつ

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 だと, となっ

▼ ぬ現に~ (2, 0.0%)

1 も, 此の

▼ ぬ現世~ (2, 0.0%)

1 の執着, の記憶

▼ ぬ現場~ (2, 0.0%)

1 の様子, をおさえ

▼ ぬ現金~ (2, 0.0%)

1 を入れた, を懐中

▼ ぬ理解~ (2, 0.0%)

1 は常に, や品

▼ ぬ琵琶~ (2, 0.0%)

1 だきて, の音

▼ ぬ瑣細~ (2, 0.0%)

1 なこと, の事

▼ ぬ甘いなつかしい~ (2, 0.0%)

1 感覚に, 気持に

▼ ぬ甚だ~ (2, 0.0%)

1 卑怯な, 奇妙な

▼ ぬ生きもの~ (2, 0.0%)

1 ではない, は奇妙

▼ ぬ生き証人~ (2, 0.0%)

1 は誰, を見せ

▼ ぬ生れつき~ (2, 0.0%)

1 だて, ではあつ

▼ ぬ生存競争~ (2, 0.0%)

1 から生み出される, では本当

▼ ぬ生活かた~ (2, 0.0%)

2 に日

▼ ぬ用件~ (2, 0.0%)

1 で遅刻, のよう

▼ ぬ用心深い~ (2, 0.0%)

2 太平の

▼ ぬ用途~ (2, 0.0%)

1 に多量, はさらに

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 と田地, にはげんげ

▼ ぬ田中~ (2, 0.0%)

1 はそんな, はなんと

▼ ぬ田圃~ (2, 0.0%)

2 の中空

▼ ぬ田沼様~ (2, 0.0%)

1 じゃ美しい, へ犠牲

▼ ぬ田畑~ (2, 0.0%)

1 は実際, をもち

▼ ぬ由子~ (2, 0.0%)

1 では, の大胆

▼ ぬ甲賀世阿弥~ (2, 0.0%)

1 の像, は客死

▼ ぬ甲野さん~ (2, 0.0%)

1 はぽ, も何となく

▼ ぬ甲高い~ (2, 0.0%)

1 うぶ声を, 悲鳴を

▼ ぬ申しわけ~ (2, 0.0%)

2 を立て

▼ ぬ男ぢ~ (2, 0.0%)

1 やの, やナ

▼ ぬ男らしい~ (2, 0.0%)

1 思想の, 態度

▼ ぬ男子~ (2, 0.0%)

1 により, の屍体

▼ ぬ画家~ (2, 0.0%)

1 であるという, を雇

▼ ぬ畏し~ (2, 0.0%)

2 い処

▼ ぬ畢竟~ (2, 0.0%)

1 は死すべき, 其の心

▼ ぬ異形~ (2, 0.0%)

1 の人物, の小

▼ ぬ異性~ (2, 0.0%)

1 との恋愛, にでなけれ

▼ ぬ異見~ (2, 0.0%)

2 に千太郎

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

2 の敵

▼ ぬ當時~ (2, 0.0%)

1 か, の人

▼ ぬ畸形~ (2, 0.0%)

1 の徒, の海獣

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 忽を, 狂の

▼ ぬ疑念~ (2, 0.0%)

1 なき人なつこさ, をさしはさむ

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 つきぬ, は猶

▼ ぬ疼痛~ (2, 0.0%)

1 を復讐, を感じ

▼ ぬ疾さ~ (2, 0.0%)

1 でくりだした, で駈けあがる

▼ ぬ病氣~ (2, 0.0%)

1 の診察, を抱いてる

▼ ぬ病的~ (2, 0.0%)

1 な恐怖, な美し

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 がある, を残し

▼ ぬ痛々しい~ (2, 0.0%)

1 御心配, 色が

▼ ぬ痴漢~ (2, 0.0%)

1 である, と見える

▼ ぬ癇癖~ (2, 0.0%)

1 と苦悩, の證據

▼ ぬ発作~ (2, 0.0%)

1 に駆られ出す, のため

▼ ぬ登山~ (2, 0.0%)

1 なるスポーツ界, の痕迹

▼ ぬ登山者~ (2, 0.0%)

1 が一人, が路

▼ ぬ白々し~ (2, 0.0%)

2 さで

▼ ぬ白き~ (2, 0.0%)

2 華ぞ

▼ ぬ白妙~ (2, 0.0%)

2

▼ ぬ白日~ (2, 0.0%)

1 に涙, の夢

▼ ぬ白根~ (2, 0.0%)

1 の山, の峰

▼ ぬ白百合~ (2, 0.0%)

1 の, の芽

▼ ぬ白足袋~ (2, 0.0%)

1 をぬぎ, を穿き

▼ ぬ白雲~ (2, 0.0%)

1 の, をかけし

▼ ぬ白骨~ (2, 0.0%)

1 が積重なっ, の冬

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 がれた, が分明

▼ ぬ盛岡~ (2, 0.0%)

2 の市

▼ ぬ盛況~ (2, 0.0%)

1 であつ, である

▼ ぬ目標~ (2, 0.0%)

1 である, とする

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 ひし児, ひぬくくく

▼ ぬ直に~ (2, 0.0%)

1 労働者と, 私部の

▼ ぬ直接~ (2, 0.0%)

1 にあちら, をもつ

▼ ぬ直義~ (2, 0.0%)

1 つつがなく使い, とそれ

▼ ぬ直観~ (2, 0.0%)

1 があった, の持主

▼ ぬ直談判~ (2, 0.0%)

2 を始めた

▼ ぬ相談事~ (2, 0.0%)

1 であったらしい, の中

▼ ぬ相違~ (2, 0.0%)

1 がある, だろう

▼ ぬ眞實~ (2, 0.0%)

2 の處

▼ ぬ眞珠~ (2, 0.0%)

1 の光, を

▼ ぬ真剣勝負~ (2, 0.0%)

1 です, とくと拝見

▼ ぬ真相~ (2, 0.0%)

1 じゃ, を示す

▼ ぬ真紅~ (2, 0.0%)

1 の実, の花

▼ ぬ真間~ (2, 0.0%)

2 の弘法寺

▼ ぬ眠い~ (2, 0.0%)

2 時にも

▼ ぬ眷属~ (2, 0.0%)

1 が擁護, の前駆

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 なれど, はまた

▼ ぬ眼差~ (2, 0.0%)

1 で, でじっと

▼ ぬ眼差し~ (2, 0.0%)

1 でサト子, を動かし

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 ごし, の間

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 りと, を持ち

▼ ぬ知性~ (2, 0.0%)

1 に富ん, も発育

▼ ぬ知恵~ (2, 0.0%)

1 だっ, もいらぬ

▼ ぬ短剣~ (2, 0.0%)

1 をキラリ, をスラリ

▼ ぬ短夜~ (2, 0.0%)

1 に, の物語

▼ ぬ石炭~ (2, 0.0%)

1 のよう, を大阪

▼ ぬ砂丘~ (2, 0.0%)

1 の廣みのまんなか, を狭め集め

▼ ぬ砂山~ (2, 0.0%)

2 と無窮

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

2 い眼

▼ ぬ確り~ (2, 0.0%)

1 したもの, 者で

▼ ぬ確信~ (2, 0.0%)

1 と決意, にもえ

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 を一度, を打ち込ん

▼ ぬ礼儀~ (2, 0.0%)

1 と娯楽, になっ

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 の屋, 大党

▼ ぬ社会的価値~ (2, 0.0%)

1 を有しえた, を有し得た

▼ ぬ社會~ (2, 0.0%)

1 が成立, はさ

▼ ぬ祝言~ (2, 0.0%)

1 させようと, をさせよう

▼ ぬ神々しい~ (2, 0.0%)

1 ところが, 生動を

▼ ぬ神祕~ (2, 0.0%)

1 に, の極み

▼ ぬ神聖~ (2, 0.0%)

1 な事業, な感激

▼ ぬ神話~ (2, 0.0%)

1 が多い, などよりは形

▼ ぬ神谷~ (2, 0.0%)

1 が人間豹, の姿

▼ ぬ禮儀~ (2, 0.0%)

1 なり, に違う

▼ ぬ秀麗~ (2, 0.0%)

1 な顏, な顔

▼ ぬ私ども~ (2, 0.0%)

1 にも一方, はその

▼ ぬ私ひとり~ (2, 0.0%)

1 の路, を抱きしめ

▼ ぬ私共~ (2, 0.0%)

1 まで心, もまた

▼ ぬ私財~ (2, 0.0%)

1 も投じ, を投じ

▼ ぬ秋風~ (2, 0.0%)

1 の下, をかへる

▼ ぬ秋鳥~ (2, 0.0%)

2

▼ ぬ秘事~ (2, 0.0%)

1 かのよう, を囁き合う

▼ ぬ称号~ (2, 0.0%)

1 を与えられ, を返上

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 な場景, には

▼ ぬ程きれい~ (2, 0.0%)

1 になった, に底

▼ ぬ程不愉快~ (2, 0.0%)

1 だった, だつた

▼ ぬ程動悸~ (2, 0.0%)

2 がする

▼ ぬ程危險~ (2, 0.0%)

1 な事, な處

▼ ぬ程忙~ (2, 0.0%)

1 がしい, わしゅう

▼ ぬ程気~ (2, 0.0%)

1 が優しく, が弱く

▼ ぬ程沢山~ (2, 0.0%)

1 の伝, の蜘蛛

▼ ぬ程滑稽~ (2, 0.0%)

2 に見え

▼ ぬ程煤びきつて表紙~ (2, 0.0%)

2 の襤褸

▼ ぬ程退屈~ (2, 0.0%)

1 して, し切って

▼ ぬ程食慾~ (2, 0.0%)

2 を催し

▼ ぬ稗勝~ (2, 0.0%)

2 の飯

▼ ぬ穂薄~ (2, 0.0%)

2 の風

▼ ぬ積極的~ (2, 0.0%)

1 な方面, な理由

▼ ぬ積立貯金~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ ぬ穢れ~ (2, 0.0%)

1 だ, にあいました

▼ ぬ穴倉~ (2, 0.0%)

1 が並び, の前

▼ ぬ空井戸~ (2, 0.0%)

1 の中, の闇

▼ ぬ空合~ (2, 0.0%)

1 なのに, に詮方

▼ ぬ空腹~ (2, 0.0%)

1 と恐怖, をかかえ

▼ ぬ空虚感~ (2, 0.0%)

1 から来る, は初瀬

▼ ぬ空裏~ (2, 0.0%)

1 に繋ぐ, に過ぎた

▼ ぬ空言~ (2, 0.0%)

2 にてありし

▼ ぬ空頼み~ (2, 0.0%)

1 だった, をアテ

▼ ぬ穿鑿~ (2, 0.0%)

1 するばかりで, というもの

▼ ぬ突風~ (2, 0.0%)

1 が時の間, に見舞

▼ ぬ立派さ~ (2, 0.0%)

1 が具わっ, を見た

▼ ぬ立腹~ (2, 0.0%)

1 がたちまち, 易くて

▼ ぬ童女~ (2, 0.0%)

1 が出, のやう

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

2 を孔

▼ ぬ端居~ (2, 0.0%)

1 やあまり, やあまり数

▼ ぬ競争~ (2, 0.0%)

1 と苦, を目

▼ ぬ竹箒~ (2, 0.0%)

2 で引払い

▼ ぬ笏もち~ (2, 0.0%)

1 て, に大

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 と木魚, の音色

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 きて, のうら

▼ ぬ符号~ (2, 0.0%)

1 でみんな, をしゃべっ

▼ ぬ第三者~ (2, 0.0%)

1 はすっかり, を陥入れよう

▼ ぬ筋合い~ (2, 0.0%)

1 になりました, は全く

▼ ぬ筋肉~ (2, 0.0%)

1 もあれ, を酷使

▼ ぬ筑前~ (2, 0.0%)

1 じゃ, へ和談

▼ ぬ箇条~ (2, 0.0%)

1 が顧みられない, を書き並べ

▼ ぬ節廻し~ (2, 0.0%)

1 で聞え, で聞かせる

▼ ぬ節操~ (2, 0.0%)

1 といふ釘, をもっ

▼ ぬ節穴~ (2, 0.0%)

1 があった, ほどな

▼ ぬ節食~ (2, 0.0%)

1 せねば, によって彼

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 に燃, の影

▼ ぬ篤と~ (2, 0.0%)

1 御覧下されい, 考へ

▼ ぬ簡便~ (2, 0.0%)

1 な図書室, な建築法

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

2 の鳥

▼ ぬ米友~ (2, 0.0%)

1 がお, の頑強

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1 すなわち粃, は皆

▼ ぬ~ (2, 0.0%)

1